亀田 孝嗣 (カメダ タカツグ)

  • 工学部 機械工学科 准教授
Last Updated :2023/01/24

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    流体関連機器内あるいは外部の流れはレイノルズ数と呼ばれる無次元数が大きく、乱流である場合が多い。乱流せん断流について混合拡散や物体抵抗制御に関して研究を行っています。

研究者情報

学位

  • 博士(工学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 流体工学   Fluid Engineering   

現在の研究分野(キーワード)

    流体関連機器内あるいは外部の流れはレイノルズ数と呼ばれる無次元数が大きく、乱流である場合が多い。乱流せん断流について混合拡散や物体抵抗制御に関して研究を行っています。

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学

経歴

  • 2012年04月 - 現在  近畿大学工学部機械工学科准教授
  • 2010年  - 山口大学大学院理工学研究科(工学)大学院理工学研究科(システム設計工学系学域)(工学)機械エネルギー工学分野大学院理工学研究科(工学)大学院理工学研究科(システム設計工学系学域)(工学)機械エネルギー工学分野 大学院担当准教授
  • 2010年  山口大学大学院理工学研究科(工学)大学院理工学研究科(システム設計工学系学域)(工学)機械エネルギー工学分野大学院理工学研究科(工学)大学院理工学研究科(システム設計工学系学域)(工学)機械エネルギー工学分野 大学院担当准教授
  • 2010年  - Associate Professor,Graduate School of Science and Engineering Systems Design and Engineering(Engineering),Graduate School of Science and Engineering(Engineering),YAMAGUCHI UNIVERSITY
  • 助手
  • Research Associate

学歴

  •         - 1998年   山口大学   理工学研究科   設計工学
  •         - 1998年   山口大学   Graduate School, Division of Science and Engineering

所属学協会

  • 日本流体力学会   日本機械学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 日本機械学会 (担当:分担執筆範囲:)日本機械学会 2022年04月 ISBN: 9784888983266 vii, 326p
  • 流体力学の基礎と流体機械
    福島千晴; 亀田 孝嗣; 上代良文; 宇都宮浩二; 角田哲也; 大坂英雄 (担当:共著範囲:1.2節;2.4節;2.6節;3.1節;3.5節)共立出版 2015年10月
  • 流体工学の基礎
    大坂 英雄; 藤田 重隆; 一宮 昌司; 望月 信介; 宇都宮; 浩司; 福島; 千晴; 亀田 孝嗣; 上代 良文 (担当:共著範囲:1.1節;2.4節;4.1節;8.1節)共立出版 2012年03月

講演・口頭発表等

  • LESを用いたスキャニングドップラーライダーによる風況観測の評価
    田口 誠景; Goit Jay; Prakash; 嶋田進; 亀田孝嗣
    日本機械学会 中国四国支部 第60期総会・講演会 2022年03月
  • 二次元チャネル乱流における網粗度の影響
    砂川弘樹; 亀田孝嗣; Goit Jay Prakash
    日本機械学会 中国四国支部 第60期総会・講演会 2022年03月
  • 片壁面に付加された粗さ要素の粗さピッチ比がチャネル流に及ぼす影響(空間平均量に基づく調査)
    亀田孝嗣; 望月信介,Jay; Prakash GOIT
    日本機械学会第99期流体工学部門講演会 2021年11月
  • 二次元鈍頭物体の抗力に対する脈動流の影響
    井芹鴻樹; 亀田孝嗣
    日本機械学会 中国四国支部 第59期総会・講演会 2021年03月
  • 二次元物体の空力特性に対する非定常流の影響
    井芹鴻樹; 亀田孝嗣
    日本流体力学会 年会2020 2020年09月 口頭発表(一般)
  • 二次元物体の空力特性に対する脈動流の影響
    井芹鴻樹; 亀田孝嗣
    日本機械学会2020年度年次大会 2020年09月 口頭発表(一般)
  • 一様流中に置かれた物体の空力特性に作用する脈動流の影響
    井芹鴻樹; 亀田孝嗣
    日本機械学会 中国四国支部 第58期総会・講演会 2020年03月 口頭発表(一般)
  • 片壁に矩形粗さ要素が付加された二次元チャネル流に対する粗さピッチ比の影響
    大町直也; 亀田孝嗣
    日本機械学会 中国四国支部 第58期総会・講演会 2020年03月
  • 二次元チャネル流の粗さ底層内流れに対する粗さピッチ比の影響  [通常講演]
    大町直也; 亀田 孝嗣
    日本機械学会 中国四国支部 第57期総会・講演会 2019年03月 口頭発表(一般)
  • 低レイノルズ数域における十分発達したチャネル流に対する粗さの影響  [通常講演]
    亀田孝嗣; 望月信介
    日本機械学会2018年度年次大会 2018年09月
  • 正方形噴流の初期領域に対する二次流れの影響  [通常講演]
    亀田 孝嗣
    日本機械学会2017年度年次大会 2017年09月 口頭発表(一般)
  • 1503 乱流境界層の相似則に及ぼす圧力勾配の影響
    天野 光一; 鈴木 博貴; 亀田 孝嗣; 望月 信介
    流体工学部門講演会講演論文集 2015年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    Detailed experiments have been made for effect of the adverse and favorable pressure gradients on the low of the wall in turbulent boundary layers. The local wall shear stress was measured by a direct measurement device. Mean and turbulent velocity profiles were measured by hot wire anemometer. A new velocity scale defined by considering significant contribution of inertia term in integrating the equations of motion was applied to the near wall statistical properties. The log-law modified with the new velocity scale agrees well with experimental data. The streamwise turbulent intensity profile in the wall layer is likely to be scaled successfully with the new velocity scale.
  • S0510105 粗面乱流境界層の仮想壁面高さに対する粗さ要素近傍はく離流れの影響
    亀田 孝嗣; 望月 信介
    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2015年09月 一般社団法人日本機械学会
     
    LDV Measurement has been made within roughness sublayer for turbulent boundary layer over rough surface consisted of two-dimensional rectangular roughness elements. The roughness height is proportional to streamwise distance. The experiments were performed in the momentum thickness Reynolds number R_θ=6000 and roughness Reynolds number k^+=150. Streamwise mean velocity profile averaged by cavity width is scaled with the velocity defined from pressure drag and the cavity width. Reynold stress profile deduced from Reynolds equation analytically is well consistent with LDV results. Virtual surface height increases with roughness pitch ratio and can be represented as a function of the ratio of pressure drag and total drag, the roughness pitch ratio and the ratio of roughness height and the cavity width.
  • Sublayer Plate Method for Local Wall Shear Stress Measurement
    Shinsuke Mochizuki; Makoto Fukunaga; Takatsugu Kameda; Motoyasu Sakurai
    19th Australasian Fluid Mechanics Conference 2014年12月
  • 0709 層流境界層内に設置された頂角を有する物体に形成される渦構造(OS7-2 渦流れのダイナミクス,OS7 渦流れのダイナミクス)
    栗原 浩二; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    流体工学部門講演会講演論文集 2013年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    Effect of apex angle 2α and rotated angle γ has been investigated on the behavior of the necklace vortex generated at the bottom front of a pyramid placed in a laminar boundary layer. Reynolds number based on the height of pyramid H is ReH≒610 and relative boundary layer thickness is δ/H=0.71, considering the symmetry, two typical conditions for γ are chosen, namely, γ = 0° and 45°. For the case of γ = 0°, bottom width D of the pyramids are 16.1mm and 60mm for 2α=30° and 90°, respectively. LDV was employed for velocity measurement. Distribution of spanwise vorticity can be understood by considering convection and production terms in vorticity transport equation .
  • 0512 順圧力勾配下に発達する乱流境界層おけ壁法則(OS5-3 壁乱流:統計,構造,動力学の理解,OS5 壁乱流:統計,構造,動力学の理解)
    徳永 仁; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    流体工学部門講演会講演論文集 2013年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    Effect of favorable pressure gradient on the structure of turbulent boundary layer has been investigated experimentally. The wall shear stress measurement was made with direct drag balance and mean and turbulent velocity components were obtained from hot-wire measurement with constant temperature anemometers. The new velocity scale for turbulence proposed by considering momentum budget was applied to the similarity in the wall layer. The logarithmic velocity profile normalized with the friction velocity apparently reasonably agrees with the standard log-law in the wide area of the boundary layer, In addition, a modified log-law with the new velocity scale agrees well with experimental results. The new velocity scale reduces difference between normalized streamwise turbulent intensities in zero and favorable pressure gradients.
  • 0519 壁面粗さの急変化による撹乱を受けた円管乱流の応答(OS5-4 壁乱流:統計,構造,動力学の理解,OS5 壁乱流:統計,構造,動力学の理解)
    小島 廉章; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    流体工学部門講演会講演論文集 2013年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    Asymptotic process of turbulent pipe flow has been investigated experimentally in relaxation process after sudden change in wall roughness from smooth to rough. k-type rough wall was placed at the position where the fully developed smooth pipe flow is established. Mean velocity and turbulent quantities were measured with hot-wire anemometer, and velocity and length scales were obtained from experimental data. Behavior of boundary layer thicknesses are considerably difference between for rough to smooth and smooth to rough. However, development of internal boundary layer thickness and streamwise distance to reach the asymptotic equilibrium situation are roughly the same for smooth to rough and rough to smooth.
  • W051002 せん断流中の物体抗力と壁面せん断応力の計測 : 簡単な原理とその計測例(【W05100】EFDワークショップ『流体力とせん断応力の計測』,流体工学部門企画,ワークショップ)
    亀田 孝嗣
    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2013年09月 一般社団法人日本機械学会
     
    It is one of important issues in fluid engineering to measure drag acting on an obstacle placed in a uniform or shear flows. The similarity and friction laws can be proposed experimentally from the measured drag. The drag is measured with indirect or direct methods. The indirect method is based on similarity laws like the law of the wall. On the other hand, the direct method is measured with no assumption of the similarity laws. This paper will introduce the principles of the direct method for the wall shear stress acting on the plate and the drag acting on the obstacle placed in a boundary layer, and give measurement examples in a wind tunnel.
  • J057031 壁面粗度のスパン方向不連続により生成された縦渦(〔J057-03〕乱流における運動量、熱、物質の輸送現象(3))
    望月 信介; 吉岡 浩; 亀田 孝嗣
    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2013年09月 一般社団法人日本機械学会
     
    An experimental study has been made to investigate production mechanism of secondary currents generated by spanwise discontinuity of wall roughness. Spanwise discontinuity of roughness, which consists of k-type roughness, is located on the bottom surface of the fully developed two-dimensional channel flow. Mean velocity measurements certainly shows secondary currents accompanied with longitudinal vorticity along boundary between rough and smooth surfaces. The mechanism was studied by means of production terms involved with longitudinal vorticity transport equation; Prandtl's first and second kinds of production mechanisms. The experimental evidences state that non-uniform and non-isotropic Reynolds stress distribution is able to produce the longitudinal vorticity.
  • 0137 後縁に三次元性をもつ平板翼を用いた壁面噴流の操縦(OS1 噴流,後流および剥離流れ現象の探求と技術革新,オーガナイズドセッション)
    坂口 貴之; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    流体工学部門講演会講演論文集 2012年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    A flat plate wing was applied to flow management of stronger wall jet with constant velocity ratio of U_m/U_e=4. The normal straight flat plate and three-dimensional wing with notched trailing edge were employed and located at center of the outer layer in the jet with constant angle of attach of -4 degree. The two wings increase the maximum velocity and velocity in the outer layer. Turbulent intensity profile and Reynolds shear stress profile was decreased by flat plate wings. Streamwise mean momentum flux integrated in cross streamwise plane is increased by flat plate wings. The increasing rate of momentum flux is enhanced by the three-dimensional wing.
  • 0119 三次元粗面上に発達する境界層の乱流構造(OS1 噴流,後流および剥離流れ現象の探求と技術革新,オーガナイズドセッション)
    村上 智哉; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    流体工学部門講演会講演論文集 2012年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    Turbulent structure in a boundary layer developed over two different types of three-dimensional rough walls, namely, cavity and protrusion has been investigated to understand effect of the geometrical feature on turbulent statistics. Experiments were made under the zero pressure gradients with constant free stream velocity of 7m/s. Over the protrusion type of rough wall, the local skin friction coefficient Cf is much larger than those of d-type and cavity type rough wall flows. As R_θ increases, the local skin friction coefficient tends to almost the same value over d-type and cavity type rough walls. Deficit in mean velocity profile is the largest over the protrusion type and takes almost the same over the cavity and d-type rough walls. Certain differences corresponding to the geometrical feature are observed near wall and around outer edge of boundary layer in skewness profile of S(ν)
  • 0120 壁面粗さの急変化に対する円管内流れの応答に関する実験的研究(OS1 噴流,後流および剥離流れ現象の探求と技術革新,オーガナイズドセッション)
    小島 亮太; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    流体工学部門講演会講演論文集 2012年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    Response of the fully developed turbulent pipe flow has been investigated to sudden change of wall condition from smooth to rough. Experimental study of mean and turbulent quantities focuses on recovery process and distance required to reach to new equilibrium state. The inner diameter and total length of the pipe flow equipment are D=70[mm] and L=12[m] (=17 ID), respectively. Ak-type roughness composed of array of square bars is employed as rough wall and velocity measurement was made by a constant temperature anemometer and a single-hot wire probe. Derivative of wall static pressure with respect to the longitudinal direction takes the minimum value at x/D=15 and then approaches asymptotically to constant for jc/D=40〜50. The mean velocity and turbulent intensity profiles suggest that the internal boundary layer reaches to the pipe center at around x/D=15.
  • 0122 順圧力勾配下の乱流境界層における壁面せん断応力の計測(OS1 噴流,後流および剥離流れ現象の探求と技術革新,オーガナイズドセッション)
    古山 史祥; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    流体工学部門講演会講演論文集 2012年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    Applicability of law of the wall to turbulent boundary layers under favorable pressure gradient has been studied using direct measurement of the wall shear stress. The effect of lip pressure that would produce extra force acting on a floating element of the direct measurement has been investigated for improving reliability of measured wall shear stress. The experimental results suggest that the lip pressure is unable to be ignored in the direct measurement. The logarithmic mean velocity profile using friction velocity determined by the direct measurement is disagreed with the standard log-law. The favorable pressure gradient reduces magnitude of the streamwise turbulent intensity normalized with the friction velocity compared with that of zero pressure gradient.
  • 0123 境界層内に設置された物体に作用する力計測(OS1 噴流,後流および剥離流れ現象の探求と技術革新,オーガナイズドセッション)
    持木 雄介; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    流体工学部門講演会講演論文集 2012年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    Direct flow drag measurement device for obstacles placed in the boundary layer has been developed and effect of angle of attack for drag acting on the pyramid has been investigated experimentally. Reliability of the developed measurement device was confirmed with a corn which drag force can be obtained by wall static pressure measurement. Apex angel of the pyramid is 2_α=60° and ratio between the height of the pyramid and the boundary layer thickness is δ/h≒0.52. Flow drag was measured at various angle of attack γ for the pyramid. Drag coefficient takes the maximum value near γ=0° and almost constant at |y|≧15°. Variation of the drag coefficient for angle of attach has abrupt change at |γ|=3°.
  • 1006 層流境界層内に設置された正四角錐体周りに形成される渦構造(OS10 渦流れのダイナミクス,オーガナイズドセッション)
    安達 征輝; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    流体工学部門講演会講演論文集 2012年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    Effect of apex angle 2α and angle of attack γ have been investigated on the behavior of the necklace vortex generated at the bottom front of a pyramid placed in a laminar boundary layer.Reynolds number based on the height of pyramid H is R_≒610 and relative boundary layer thickness is δ/H=0.71,considering the symmetry,two typical conditions for γ are chosen,namely,γ=0° and 45° .For the case of γ= 0°,bottom width D of the pyramids are 16.1mm and 60mm for 2α=30° and 90°,respectively LDV was employed for velocity measurement.The strength of the necklace vortex observed in the visualization study can be evaluated with magnitude of spanwise vorticity.The spanwise velocity gradient δW/δz|_ H/U_∞,well correlated to Ω_z|_ H/U_∞ is larger at γ=0° compared to γ=45° for the two apex angles.
  • 層流境界層内に設置された正四角錐体周りに形成される渦構造  [通常講演]
    安達征輝; 亀田 孝嗣; 望月信介
    日本機械学会流体工学部門講演会 2012年11月 同志社大学 日本機械学会流体工学部門講演会
     
    層流境界層内に設置された正四角錐体上流側下部に生成される首飾り渦構造に対する頂角2αおよび設置角度γの影響を明らかにした。正四角錐体高さHに基づくレイノルズ数ReH≒610および相対境界層厚さδ/H=0.71であり,流れ場の対称性を考慮してγ=0°および45°を取り扱った。正四角錐体の寸法はγ=0°の場合,2α=30°および90°,H=30mm,D=16.1mmおよび60mmである。速度測定にはLDVを用いた。可視化で明確に観察された首飾り渦の強度は負のスパン方向渦度で評価され,2αによらず∂W/∂z|maxH/U∞値はΩz|maxH/U∞値に対応してγ=45°と比較してγ=0°において大きい。
  • 後縁に三次元性をもつ平板翼を用いた壁面噴流の操縦  [通常講演]
    坂口貴之; 亀田 孝嗣; 望月信介
    日本機械学会流体工学部門講演会 2012年11月 同志社大学 日本機械学会流体工学部門講演会
     
    速度比Um/Ue=4のStrongerWallJetの外層に平板翼を挿入することによって流れ場の操縦を試みた。平板翼は二次元と流れ場の寸法を考慮した三次元性を付加したものを用いた。中心断面における平均速度分布において,平板翼の設置は最大速度および外層における速度を増加させた。平板翼の設置は乱れ強さおよびレイノルズせん断応力の値を減少させる。平板翼の設置は流れ方向運動量の断面内積分値を増加させ,三次元性の付加はその増加率を高める。
  • 境界層内に設置された物体に作用する力計測  [通常講演]
    持木雄介; 亀田 孝嗣; 望月信介
    日本機械学会流体工学部門講演会 2012年11月 同志社大学 日本機械学会流体工学部門講演会
     
    境界層内に設置された3次元物体の抗力計測装置を開発し,正四角錐体に作用する流体力に及ぼす設置角度の影響を実験的に調査した。正四角錐体は頂角2α=60°のものを使用した。正四角錐体高さと境界層厚さの比はδ/h=0.52である。正四角錐体の設置角度γを変化させて流体力の計測を行った。抗力係数はγ=0°近傍で最大値をとり,|γ|≧15°でほぼ一定値となった。抗力係数の設置角度による変化において,|γ|=3°付近で急激な変化がみられた。
  • 順圧力勾配下の乱流境界層における壁面せん断応力の計測  [通常講演]
    古山史祥; 亀田 孝嗣; 望月信介
    日本機械学会流体工学部門講演会 2012年11月 同志社大学 日本機械学会流体工学部門講演会
     
    順圧力勾配下において速度成分および壁面せん断応力の直接測定を行い順圧力勾配下の乱流境界層における壁法則の成立について実験的に調査した。直接測定を行う際に測定値に対する不確かさ要因であるリップ圧力の影響を明らかにし,測定値に対する信頼性の向上を図った。実験結果より測定値に対するリップ圧力の影響は無視できない。直接測定による摩擦速度を用いた対数速度分布は対数法則と一致しない。摩擦速度を用いて無次元化した流れ方向乱れ強さ分布は順圧力勾配により最大値および内層における値は減少した。
  • 壁面粗さの急変化に対する円管内流れの応答に関する実験的研究  [通常講演]
    小島亮太; 亀田 孝嗣; 望月信介
    日本機械学会流体工学部門講演会 2012年11月 同志社大学 日本機械学会流体工学部門講演会
     
    十分発達した円管乱流中において壁面を滑面から粗面へと急変化させ,十分発達した粗面流に至る過程および平衡状態に達する距離を平均流および乱流量分布から明らかにする。本実験装置は管内径が70[mm],全長12[m]である。粗面はk形粗面を使用し,平均速度分布の計測にはI型プローブと定温度型熱線流速計を用いた。壁面静圧係数の変化率x/D=15付近で最小値を取り,x/D=40~50において一定値に漸近する。平均速度およぶ乱流量分布の変化から,内部境界層の管中心への到着はx/D=15付近と推測された。
  • 三次元粗面上に発達する境界層の乱流構造  [通常講演]
    村上智哉; 亀田 孝嗣; 望月信介
    日本機械学会流体工学部門講演会 2012年11月 同志社大学 日本機械学会流体工学部門講演会
     
    円柱形状が溝を形成している粗面と突起を形成している粗面上に発達する乱流境界層特性を比較し,粗さ形態が乱流場に及ぼす影響を実験的に調査した。局所壁面摩擦抵抗係数cfの値は,突起粗面流が最も大きい。溝粗面流と二次元粗面流はRθが増加するにつれて同程度の値を示した。平均速度分布は滑面流と比較したとき層内において突起粗面流が最も減速し,溝粗面流と二次元粗面流は同程度の減速を示した。三次元粗面を比較すると,スキューネス分布S(v)は壁近傍および外層の間欠領域において差異がみられた。
  • 薄い境界層中に置かれた物体周りに生じる渦と流体抵抗  [通常講演]
    望月信介; 亀田 孝嗣; 持木雄介; 安達征輝
    日本流体力学会年会2012 2012年09月 高知大学 日本流体力学会年会2012
     
    薄い境界層中に設置された円錐形の物体によって生じた流体抵抗や渦が実験的に調査された.特に,円錐体頂角に対する挙動に着目した.円錐体表面の静圧が計測され,抵抗はその圧力分布の積分値により計算された.抗力装置を製作し,その装置により測定された値と圧力分布から算出した値の比較検討を行った.二つの方法により算出された抗力は頂角60°の円錐体において良好に一致することを確認した.円錐体上流側表面上の静圧は頂角15°~90°の頂角において抗力に対して主要な寄与をなすことがわかった.流体抵抗の正確な評価には,渦系と円錐体の上流側表面の圧力の関係を解析することが必要である.
  • 7・2・3 乱流外部流れ(7・2 乱流,7.流体工学,<特集>機械工学年鑑)
    望月 信介; 亀田 孝嗣
    日本機械学會誌 2012年08月 一般社団法人日本機械学会
  • 1016 溝列を規則配置した粗面に対する円管乱流の応答に関する研究(流体力学III)
    渡邊 純; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2012年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1017 境界層の乱流構造に及ぼす三次元粗さの影響(流体力学III)
    新谷 晃浩; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2012年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1113 小型チャネルの製作と壁面せん断応力発生メカニズムの調査に関する研究(流体力学VI)
    菊池 拓磨; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2012年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1018 微細な縦溝を付加した2次元粗面上に発達する境界層の壁面近傍における乱流構造(流体力学III)
    田中 大樹; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2012年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1214 壁面上に置かれた物体の抗力測定装置の開発(流体力学IX)
    持木 雄介; 亀田 孝嗣; 望月 信介
    講演論文集 2012年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1104 圧電アクチュエータを用いた正方形噴流の操縦(流体力学IV)
    妹尾 晋作; 亀田 孝嗣; 望月 信介
    講演論文集 2012年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1102 3次元性を付加した平板翼を用いた壁面噴流の操縦に関する研究(流体力学IV)
    濱本 恭平; 望月 信介; 亀田 孝嗣; 坂口 貴之
    講演論文集 2012年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1004 層流境界層内に設置された正四角錐体周りに形成される渦構造に関する研究(流体力学I)
    安達 征輝; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2012年02月 一般社団法人日本機械学会
  • J056014 壁面粗度のスパン方向不連続により生成された二次流れ([J05601]乱流における運動量,熱,物質の輸送現象(1))
    吉岡 浩; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2011年09月 一般社団法人日本機械学会
     
    An experimental study using two-dimensional channel flow was performed to investigate the possibility of a spanwise discontinuity of wall roughness as a device to generate secondary currents associated with longitudinal vortex. A k-type rough wall, which consists of an array of two-dimensional rectangular roughness elements, is placed on the wall and makes discontinuity of wall roughness. Mean velocity and turbulent intensity were measured with hot-wire anemometers and crossed wire probes. Velocity vector plot in cross streamwise plane clearly shows that the discontinuity of wall roughness is able to produce secondary currents. It is expected that the secondary currents are associated with longitudinal vorticity. There are certainly some evidence that the secondary currents transport fluid particles and make deformations in the mean velocity and turbulent intensity contour maps.
  • S054012 2次元粗面に付加した微細な縦溝が乱流境界層の相似則に及ぼす影響([S05401]噴流,後流,およびはく離流れの基礎と応用:最前線(1))
    亀田 孝嗣; 望月 信介; 秋根 弘貴
    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2011年09月 一般社団法人日本機械学会
     
    Measurements of mean velocity throughout a layer and surface pressure around a rough surface have been performed to investigate the effect on three-dimensionality of a roughness element due to micro-grooves. All experiments were made at a unitary Reynolds number of 6.24 x 105 (m-1) and in zero pressure gradient. The representative scale normalized with an averaged roughness height has little effect of the three-dimensionality of the rough surface. The pressure drag coefficient has almost same value with that of a two dimensional rough surface. Roughness function can be represented as a function of the Reynolds number based on the representative roughness scale, and the intercept term of the function depends on the three-dimensionality of the rough surface.
  • 十分発達した円管流に対する粗面壁の影響  [通常講演]
    Aung Tyuyein WIN; 亀田 孝嗣; 望月 信介
    ASME-JSME-KSME Joint Fluid Conference 2011 2011年07月 Hamamatsu ASME-JSME-KSME Joint Fluid Conference 2011
  • 逆圧力勾配下の乱流境界層の実験的調査  [通常講演]
    中村 高紀; 亀田 孝嗣; 望月 信介
    ASME-JSME-KSME Joint Fluid conference 2011 2011年07月 Hamamatsu ASME-JSME-KSME Joint Fluid conference 2011
  • 粗面壁撹乱に対する十分発達した管内乱流の垂直レイノルズ応力の変化  [通常講演]
    Aung Thuyein WIN; 亀田 孝嗣; 望月 信介
    2011年04月 Bali Island
  • 1101 微細な縦溝を付加した2次元粗面上に発達する境界層の乱流構造(流体力学I)
    秋根 弘貴; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2011年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1203 層流境界層中に設置された正四角錐体周りの流れ : 頂角の変化が流れに与える影響(流体力学IV)
    河野 裕之; 亀田 孝嗣; 望月 信介
    講演論文集 2011年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1006 三次元粗面上に発達する乱流境界層の平均量特性(流体力学VII)
    遠藤 靖幸; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2011年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1214 粗面乱流境界層の仮想壁面高さ位置に対する乱流構造の影響(流体力学VI)
    星野 智紀; 亀田 孝嗣; 望月 信介
    講演論文集 2011年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1213 スパン方向粗さの不連続性による二次流れの生成に関する研究(流体力学VI)
    伊勢家 一馬; 吉岡 浩; 望月 信; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2011年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1102 順圧力勾配下に発達する乱流境界層に関する実験的研究(流体力学I)
    石川 孝; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2011年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1005 外層に挿入した平板翼を用いた壁面噴流の操縦に関する研究(流体力学VII)
    久枝 大亮; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2011年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 長友 広光; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 山田 誠治
    中国四国支部総会・講演会 講演論文集 2011年 一般社団法人 日本機械学会
  • 粗面壁によって錯乱を受けた十分発達した円管流の乱流構造  [通常講演]
    Aung Thuyein WIN; 亀田 孝嗣; 望月 信介
    2011年01月 Dubai
  • 0137 2次元粗面に付加した微細な縦溝に対する乱流境界層の応答(OS1-7 噴流,後流および剥離流れ現象の解明と制御,オーガナイズドセッション)
    亀田 孝嗣; 望月 信介; 秋根 弘貴
    流体工学部門講演会講演論文集 2010年10月 一般社団法人日本機械学会
     
    Mean velocity and turbulent intensity measurements have been made for the turbulent boundary layer developed over two-dimensional square rib rough surface with longitudinal micro-grooves. The measurement was performed under a zero pressure gradient and momentum thickness Reynolds number of 8200. The velocity components were measured with a single hot wire probe and a constant temperature anemometer. The mean velocity and turbulent intensity close to the rough surface increase in comparison with those of two-dimensional rough surface. Then, the integral length is about 1.2 times of that the two-dimensional rough surface. As the result, it is expected that an error in origin has a large value compared with that of the two-dimensional rough surface.
  • 0135 2種類の粗面壁により攪乱を受けた円管乱流の弛緩過程(OS1-7 噴流,後流および剥離流れ現象の解明と制御,オーガナイズドセッション)
    ウィン アング トゥーレイ; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    流体工学部門講演会講演論文集 2010年10月 一般社団法人日本機械学会
     
    An experimental study has been made on recovery process of the fully developed pipe flow disturbed by surface roughness. Two types of roughness were employed as disturbance, namely, k-type and d-type roughness. After disturbance of certain roughness pipe, mean velocity and Reynolds stresses were measured and discussion was made to response to the roughness and fundamental turbulent structure in the recovery process of turbulent pipe flow.
  • 薄い境界層中の円錐体周りの流れの可視化およびLDV計測  [通常講演]
    亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    The 3rd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows 2010年09月 Cincinnati The 3rd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows
  • 1401 壁面粗度の急変化による撹乱を受けた円管乱流の応答に関する研究(流体力学IV)
    戎本 圭佑; ウィン アングトゥーレイ; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2010年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 1403 粗度のスパン方向不連続をもつチャネル乱流に関する研究(流体力学IV)
    出戸 隆道; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2010年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 山根 大宜; 望月 信介; 亀田 孝嗣; 山田 誠治
    中国四国支部総会・講演会 講演論文集 2010年 一般社団法人 日本機械学会
  • G703 薄い境界層に設置された円錐体周りの流れ : 円錐体表面圧力分布の頂角に対する変化(GS-7 物体周りの流れ・連成振動,一般セッション)
    亀田 孝嗣; 角田 哲也; 望月 信介; 大坂 英雄
    流体工学部門講演会講演論文集 2009年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    The pressure measurement has been made on surface of a cone placed in a thin turbulent boundary layer. The apex angle 2α of cone is less than 90° and the height is 50mm. The Reynolds number based on the height is 2.31×10^4 and the relative boundary layer thickness is 0.42. The pressure distribution at θ=0° (θ=0° is the upstream position at symmetric plane.) is strongly depends on 2α. The maximum value at θ=0° can be represented with squared-cosine function of α. When 2α increases, it is expected that a branch flow at θ=0° occurs toward the bottom and top of the cone.
  • 0216 乱流境界層の平均速度場に対する逆圧力勾配の影響(OS2-4 乱流の計測・解析・制御,オーガナイズドセッション)
    中村 高紀; 亀田 孝嗣; 望月 信介
    流体工学部門講演会講演論文集 2009年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    Detailed experiments have been made for the effect of the adverse pressure gradients on the law of the wall in turbulent boundary layers. The wall shear stress was measured by a direct measurement device and scaling law of the mean velocity was discussed with high accuracy experimental data. Consequently it was seen that ignoring the inertia term in the equation of motion was not allowed in the inner layer because of the effects of the adverse pressure gradients. By considering significant contribution of the inertia term, a new velocity scale is defined and a similarity law was yielded for the mean velocity profile, which agrees well to the experimental data.
  • 213 平板上に置かれた円錐体周りの流れに関する実験的研究(流体工学IX)
    小川 典甫; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2009年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 217 層流境界層中に設置された円錐体周りの流れの研究(流体工学IX)
    小曳 脩介; 亀田 孝嗣; 望月 信介
    講演論文集 2009年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 618 LDVを用いた粗面乱流境界層における粗さ要素近傍流れの計測(流体工学VIII)
    小西 暢之; 望月 信介; 亀田 孝嗣
    講演論文集 2009年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 601 粗度が急変化する円管流れの応答に関する研究(流体工学V)
    島原 直彦; 望月 信介; 亀田 孝嗣; Win Aung Thuyein
    講演論文集 2009年02月 一般社団法人日本機械学会
  • LDVを用いた粗面乱流境界層における粗さ要素近傍流れの計測  [通常講演]
    中国四国支部第47期総会・講演会 講演論文集 2009年
  • 粗面上の乱流境界層の仮想壁面について  [通常講演]
    亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂
    The 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference 2008年10月 Sapporo The 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference
  • 強さを半径が周期的に変化する縦渦対による平面壁面噴流の操縦  [通常講演]
    望月 信介; 亀田 孝嗣; 山田 誠治
    The 2rd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows 2008年09月 Berlin The 2rd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows
  • 413 粗面乱流境界層の粗さ要素近傍における渦構造に関する実験的研究(流体工学III)
    大谷 勇喜; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2008年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 513 単一気泡の上昇挙動に関する実験的研究(流体工学VI)
    八代 将宗; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2008年02月 一般社団法人日本機械学会
  • LDVを用いた粗面乱流境界層の平均量分布の計測  [通常講演]
    2008年度年次大会・講演論文集Vol.2 2008年
  • 単一気泡の上昇挙動に関する実験的研究  [通常講演]
    中四国支部第46期総会・講演会 2008年
  • 粗面乱流境界層の粗さ要素近傍における渦構造に関する実験的研究  [通常講演]
    中四国支部第46期総会・講演会 講演論文集 2008年
  • 205 乱流境界層の乱流量分布に対する粗さの影響(2)(OS2-2 壁乱流の計測と制御,OS2壁乱流の計測と制御)
    亀田 孝嗣; 大谷 勇喜; 望月 信介; 大坂 英雄
    流体工学部門講演会講演論文集 2007年11月 一般社団法人日本機械学会
     
    Reynolds shear stress profile has been discussed on roughness effect for the turbulent boundary layer over a rough wall under a zero pressure gradient. The value of Reynolds shear stress normalized with friction velocity is lower than that of smooth wall turbulent boundary layer. The value in the logarithmic layer can be represented with the sum of both the wall shear stress and integral of correlations value between velocities and vorticities fluctuations in the roughness sub-layer by analyzing the x-direction Reynolds equation. From the results of the correlations, it is indicated that the Reynolds shear stress in the logarithmic layer has a lower value than the wall shear stress.
  • 519 壁面噴流中に周期的に導入した縦渦対の影響(流体工学VI)
    相原 健史; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2007年03月 一般社団法人日本機械学会
  • 乱流境界層の乱流量分布に対する粗さの影響  [通常講演]
    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集 2007年
  • 粗面乱流境界層の壁法則に対する粗さの効果  [通常講演]
    日本機械学会創立110周年記念 2007年度年次大会 講演論文集 Vol.2 2007年
  • 1109 乱流境界層における対数速度分布に及ぼす逆圧力勾配の影響(2)(OS11-2 広範囲レイノルズ数におけるせん断流,OS11広範囲レイノルズ数におけるせん断流)
    望月 信介; 太田 圭亮; 亀田 孝嗣; 大坂 英雄
    流体工学部門講演会講演論文集 2006年10月 一般社団法人日本機械学会
     
    Detailed experiments have been made for the effect of the adverse pressure gradients on the log-law in turbulent boundary layers. The wall shear stress was measured by a direct measurement device and scaling law of the mean velocity was discussed with high accuracy experimental data. By considering significant contribution of the inertia term in the equations of motion, a new velocity scale is defined and a similarity law was yielded for the mean velocity profile subjected to the adverse pressure gradient.
  • 1107 乱流境界層の外層領域におけるレイノルズ応力分布の相似性(2)(OS11-2 広範囲レイノルズ数におけるせん断流,OS11広範囲レイノルズ数におけるせん断流)
    亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    流体工学部門講演会講演論文集 2006年10月 一般社団法人日本機械学会
     
    An experimental study has been performed on the similarity of the Reynolds stress profiles for smooth- and rough-wall turbulent boundary layers under zero-pressure-gradient. The new scale of turbulent momentum flux was defined with considering both wall shear stress and mean flow momentum flux coming from the slope of mean streamline. Then, the wall shear stress was determined by direct measurement with a floating element device. The Reynolds stress profiles, normalized with the new scale, for the smooth- and rough-wall turbulent boundary layer at high Reynolds number almost collapse on a single curve.
  • 315 逆圧力勾配下に発達する乱流境界層の平均量特性に関する実験的研究(流体工学III)
    太田 圭亮; 望月 信介; 亀田 孝嗣; 大坂 英雄
    講演論文集 2006年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 317 主流から導入した縦渦対と乱流境界層との干渉過程 : 秩序構造に及ぼす影響(流体工学III)
    朝長 伸哉; 望月 信介; 亀田 孝嗣; 大坂 英雄
    講演論文集 2006年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 乱流境界層における対数速度分布に及ぼす逆圧力勾配の影響  [通常講演]
    日本機械学会 流体高額部門講演会 講演概要集 2006年
  • 乱流境界層の外層領域におけるレイノルズ応力分布の相似性  [通常講演]
    日本機械学会 流体工学部門講演会 講演概要集 2006年
  • Scaling Law od the Near Wall Flow subjected to an Adverse Pressure Gradient  [通常講演]
    IUTAM symposium 2006年
  • Non-Equilibrium and Equilibrium Boundary Layer without Pressure Gradient  [通常講演]
    IUTAM symposium 2006年
  • 壁面噴流中に導入した縦渦対の影響  [通常講演]
    中国四国支部第45期総会・講演会 講演論文集 2006年
  • 710 平衡境界層の外層構造に対する摩擦パラメータの影響(OS7-2 噴流及びせん断流の構造と制御(壁面噴流・境界層),OS7 噴流及びせん断流の構造と制御,オーガナイズドセッション)
    亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄; 檜垣 克哉
    流体工学部門講演会講演論文集 2005年10月 一般社団法人日本機械学会
  • 粗面上に発達する厳密な平衡境界層の壁近傍構造  [通常講演]
    日本機械学会2005年次大会講演論文集 2005年
  • 主流中から導入した縦渦対により変形を受けた乱流境界層 : 対称面におけるレイノルズ応力分布(OS1-6噴流制御,噴流、後流及びせん断流の基礎と応用)
    望月 信介; 大坂 英雄; 亀田 孝嗣; 福島 千晴
    流体工学部門講演会講演論文集 2004年11月 一般社団法人日本機械学会
  • 自己保存条件を満足する粗面乱流境界層の乱流構造(OS1-2噴流、せん断流の特性,噴流、後流及びせん断流の基礎と応用)
    亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄; 檜垣 克哉
    流体工学部門講演会講演論文集 2004年11月 一般社団法人日本機械学会
  • 縦渦対により撹乱を受けた二次元チャネル流 : 変形と弛緩過程(G.S. 内部流の実験と計算,OS2:乱流中の渦構造および流れの制御)
    米田 裕貴; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2004年10月 一般社団法人日本機械学会
  • 2次元矩形粗面上に発達した乱流境界層に関する粗さ底層内のLDA計測  [通常講演]
    亀田 孝嗣; 大坂 英雄; 望月
    12th International Symposium of Application of Laser Anemometry 2004年07月 Lisbon 12th International Symposium of Application of Laser Anemometry
  • 流れ方向突起により変形を受ける乱流境界層に関する研究(流体工学X)
    高橋 佳徳; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2004年03月 一般社団法人日本機械学会
  • 自己保存条件を満足する粗面上に発達する乱流境界層に関する研究(流体工学VIII)
    檜垣 克哉; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2004年03月 一般社団法人日本機械学会
  • 逆圧力勾配下に発達する乱流境界層に関する実験的研究(流体工学VIII)
    加地 暁; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2004年03月 一般社団法人日本機械学会
  • 横方向撹乱を加えた縦渦対と乱流境界層の干渉に関する研究(流体工学IX)
    本多 宏昭; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2004年03月 一般社団法人日本機械学会
  • 自己保存条件を満足する粗面乱流境界層の平均流特性  [通常講演]
    日本機械学会2004年次大会講演論文集 2004年
  • LDV Measurement in Roughness Sub-layer beneath Turbulent Boundary layer Developed over Two-dimensional Square Rough surface  [通常講演]
    Application of Laser Anemometory 2004年
  • 流れ方向突起により変形を受ける乱流境界層に関する研究  [通常講演]
    日本機械学会 中四国支部第42期総会・講演会 2004年
  • 横方向撹乱を加えた縦渦と乱流境界層の干渉に関する研究  [通常講演]
    日本機械学会 中四国支部第42期総会・講演会 2004年
  • 自己保存条件を満足する粗面上に発達する乱流境界層に関する研究  [通常講演]
    日本機械学会 中四国支部第42期総会・講演会 2004年
  • 逆圧力勾配下に発達する乱流境界層に関する実験的研究  [通常講演]
    中四国支部第42期総会・講演会 2004年
  • 1203 粗さピッチ比が及ぼす乱流境界層への影響
    亀田 孝嗣; 佐賀 圭輔; 大坂 英雄; 望月 信介
    流体工学部門講演会講演論文集 2003年09月 一般社団法人日本機械学会
  • 低レイノルズ数下のk形粗面上に発達する境界層の壁近傍乱流構造  [通常講演]
    亀田 孝嗣; 大坂 英雄; 望月
    Proceeding of 4th ASME\JSME Joint Fluid Engineering Conference 2003年07月 Honolulu Proceeding of 4th ASME\JSME Joint Fluid Engineering Conference
  • 410 縦渦対導入による二次元チャネル流の変形と弛緩過程に関する研究
    岩橋 繁弘; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2003年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 自己保存条件を満足するk形粗面乱流境界層の実験的試行  [通常講演]
    日本機械学会2003年度年次大会 2003年
  • 粗さピッチ比が及ぼす乱流境界層への影響  [通常講演]
    日本機械学会流体工学部門講演会 2003年
  • 是石 一任; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan 2001年09月 可視化情報学会
  • 517 横方向擾乱を持つデルタ翼から生成された縦渦対の挙動(流体工学VI)
    小林 洋司; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2001年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 607 k形粗面乱流境界層における壁近傍の組織構造(流体工学IX)
    是石 一任; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2001年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 520 零変位方式による壁面せん断応力直接測定装置の開発(流体工学VI)
    小濱 大輔; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2001年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 519 逆圧力勾配下に発達する乱流境界層における平均量分布(流体工学VI)
    村本 健太朗; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2001年02月 一般社団法人日本機械学会
  • k形粗面乱流境界層の壁近傍における組織構造(可視化観察と多点同時計測)  [通常講演]
    可視化情報全国講演会(山口2001) 2001年
  • 403 乱流境界層の外層領域における速度分布の相似性
    亀田 孝嗣; 大坂 英雄; 望月 信介
    流体工学部門講演会講演論文集 2000年09月 一般社団法人日本機械学会
  • 412 乱流境界層の構造に及ぼす逆圧力勾配の影響(流体工学IV)
    小田 康雄; 亀田 孝嗣; 望月 信介; 大坂 英雄
    講演論文集 2000年02月 一般社団法人日本機械学会
  • 411 乱流境界層の外層構造に関する相似性(流体工学IV)
    亀田 孝嗣; 大坂 英雄; 望月 信介
    講演論文集 2000年02月 一般社団法人日本機械学会
  • k形粗面境界層の粗さ要素近傍における平均量特性
    亀田 孝嗣; 大坂 英雄; 望月 信介
    年会一般講演 1999年07月
  • K形粗面乱流境界層の構造に関する実験的研究
    亀田 孝嗣; 大坂 英雄; 望月 信介
    年会一般講演 1998年07月
  • k形粗面乱流境界層の壁面摩擦応力の評価と平均量特性
    亀田 孝嗣; 大坂 英雄; 望月 信介
    年会一般講演 1997年07月

MISC

  • Shinsuke Mochizuki; Hiroki Suzuki; Hitoshi Tokunaga; Takatsugu Kameda Proceedings of the 5th International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows 1 (1) 317 -324 2016年08月
  • Sublayer Plate Method for Local Wall Shear Stress Measurement
    Shinsuke Mochizuki; Makoto Fukunaga; Takatsugu Kameda; Motoyasu Sakurai 19th Australasian Fluid Mechanics Conference 284 2014年12月
  • Similarity in the Equilibrium Boundary Layer in Accelerating Free Stream Velocity
    Hitoshi Tokunaga; Takatsugu Kameda; Shinsuke Mochizuki 19th Australasian Fluid Mechanics Conference 285 2014年12月
  • Turbulent Structure in a Boundary Layer Developed over Three-dimensional Rough Wall
    Tomoya Murakami; Shinsuke Mochizuki; Takatsugu Kameda Proceedings of International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows 4 1054 2013年09月
  • Management of Stronger Wall Jet by Flat Plate Wing with Three-dimensional Trailing Edge
    Takayuki Sakaguchi; Shinsuke Mochizuki; Takatsugu Kameda Proceedings of International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows 4 1061 2013年09月
  • Disturbed Turbulent Structure of Fully Developed Pipe Flow by Rough Walls
    Aung Thuyein WIN; Shinsuke MOCHIZUKI; Takatsugu KAMEDA Proceeding of International Conference on Fluid Dynamics and Thrmodynamics(ICFDT2011) 73 (3) 403 -408 2011年01月
  • Takanori Nakamura; Takatsugu Kameda; Shinsuke Mochizuki ASME-JSME-KSME 2011 Joint Fluids Engineering Conference, AJK 2011 AJK2011-16013 2011年
  • Aung Thuyein Win; Shinsuke Mochizuki; Takatsugu Kameda ASME-JSME-KSME 2011 Joint Fluids Engineering Conference, AJK 2011 AJK2011-13003 2011年
  • Aung Thuyein Win; Shinsuke Mochizuki; Takatsugu Kameda 2011 IEEE 3rd International Conference on Communication Software and Networks, ICCSN 2011 219 -223 2011年 [査読有り]
  • LDV Measurement and Visualization Study on the Flow around a Cone in a Thin Boundary Layer
    Takatsugu KAMEDA; Shinsuke MOCHIZUKI; Hideo OSAKA The 3rd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows 2010年09月
  • Takatsugu Kameda; Shinsuke Mochizuki; Hideo Osaka IUTAM Bookseries : Symposium on The Physics of Wall-Bounded Turbulent Boundary Layer 22 43 -48 2010年07月
  • Turbulent Boundary Layer subjected to Adverse Pressure Gradient
    Shinsuke MOCHIZUKI; Takanori NAKAMURA; Takatsugu KAMEDA Proceedings of the 8th China-Japan Workshop on Turbulent Flows 2009年04月
  • On the Virtual Surface for the Turbulent Boundary Layer over a Rough Wall
    Takatsugu KAMEDA; Shinsuke MOCHIZUKI; Hideo OSAKA The 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference 2008年10月
  • Flow Management of a Plane Turbulent Jet by a Streamwise Vortex pair with Periodic Variation in Strength and radius
    Shinsuke MOCHIZUKI; Seiji YAMADA; Takatsugu KAMEDA The 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows 2008年09月
  • Scaling Law of the Near Wall Flow Subjected to an Adverse Pressure Gradient
    Shinsuke MOCHIZUKI; Keisuke OHTA; Takatsugu KAMEDA; Hideo OSAKA IUTAM bookseries: Symposium on Computational Physics and new Perspectives in Turbulence 4 191 -196 2006年09月
  • Non-equilibrium and Equilibrium Boundary Layers without Pressure Gradients
    Takatsugu KAMEDA; Shinsuke MOCHIZUKI; Hideo OSAKA IUTAM Bookseries: Symposium on Conputational Physics and New Perspectives in Turbulence 4 197 -202 2006年09月
  • LDA Measurement in Roughness Sub-layer beneath Turbulent Boundary Layer Developed over Two-dimensional Square Rough Surface
    Takatsugu KAMEDA; Hideo OSAKA; Shinsuke MOCHIZUKI 12th International symposium of Application of Laser anemometry 28.3 2004年07月
  • Near-Wall Turbulent Structure for the Boundary Layer Developing over a k-type Rough wall in Low-Reynolds-Number
    Takatsugu KAMEDA; Hideo OSAKA; Shinsuke MOCHIZUKI Proc.4th ASME/JSME Joint Fluid Engineering Conference 2003年07月
  • Shinsuke MOCHIZUKI; Takatsugu KAMEDA; Hideo OSAKA Fluid Mechanics and Its Applications 74 297 -300 2002年09月
  • Mean Flow Quantities for the Turbulent Boundary Layer over a k-type Rough Wall
    Takatsugu KAMEDA; Hideo OSAKA; Shinsuke MOCHIZUKI Proc. 13th Australasian Fluid Mechanics Conference 357 -360 1998年12月
  • Re-examination of the Reynolds-Number-Effect on the Mean Flow Quantities in a Smooth Wall Turbulent Boundary Layer
    Hideo OSAKA; Takatsugu KAMEDA; Shinsuke MOCHIZUKI Proc. International Conference on Fluid Engineering 3 1433 -1438 1997年07月

受賞

  • 2018年04月 日本機械学会 日本機械学会賞(論文)
     
    受賞者: 亀田孝嗣;望月信介;大坂英雄
  • 2016年11月 日本機械学会 流体工学部門 貢献賞
     
    受賞者: 亀田 孝嗣
  • 1999年 日本機械学会賞(論文)
     JPN 
    受賞者: 大坂英雄;亀田孝嗣;望月信介

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ナノギャップ壁面せん断応力直接測定装置によるリブレット面の普遍的壁法則への挑戦
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2020年04月 -2024年03月 
    代表者 : 望月 信介; 鈴木 博貴; 亀田 孝嗣; 伊藤 萌奈美
  • 平均渦度輸送方程式に基づく乱流渦構造に対する壁面粗度の影響の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 亀田 孝嗣
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 亀田 孝嗣; 望月 信介
     
    本研究課題では,2次元チャネル流の片壁面に設けた粗さ要素によって生じる圧力抵抗の発生要因を速度勾配テンソルの第2不変量の符号および大きさに基づき明らかにした.粗さ要素は2次矩形形状とし,粗さピッチ比を2,4および8とした.壁面抵抗係数は粗さピッチ比により増加し,その増加は圧力抵抗によることが確認された.平均速度勾配テンソルの第2不変量の分布から,粗さ底層内の粗さ要素間溝部下流側粗さ要素側面近傍において,粗さピッチ比により第2不変量は負値でその絶対値は増加する.これは,溝部下流側粗さ要素側面における圧力に対して正値の寄与し,圧力の正値は粗さピッチ比によって大きくなることに対応する.
  • 機械的振動を利用した噴流発達制御とその発達機構の解明
    サタケ技術振興信仰財団:
    研究期間 : 2013年04月 -2014年03月 
    代表者 : 亀田 孝嗣
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 亀田 孝嗣; 望月 信介
     
    本研究は,微細な縦溝(マイクログルーブ)が付加された二次元矩形粗面上に発達する乱流境界層について,微細な縦溝により導入された粗さ要素のスパン方向3次元性が平均量および乱流量に与える影響を調査した.境界層の発達は,微細な縦溝によりほとんど影響を受けない.それに対応して,流れ方向平均速度および乱れ強さ分布は外層領域において2次元粗面流の結果と良好に一致する.一方,粗面壁近傍において粗さ要素間溝中央位置における流れ方向平均速度および乱れ強さ分布は, 2次元粗面流の結果に比べ増加する.壁近傍場での詳細な計測から,粗さ要素間溝部上流側において平均速度および乱れ強さ分布は微細な縦溝後方で増加,微細な縦溝間要素後方で減少するスパン方向に周期的な変化をする.粗面壁に作用する抗力は2次元粗面流の結果とほぼ一致するが,粗さ要素表面圧力分布から評価された仮想壁面高さ位置は2次元粗面流に比べ下方に移動する.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 望月 信介; 亀田 孝嗣
     
    壁面粗度のスパン方向不連続が縦渦を誘起することを実証し、その生成機構を明らかにした。縦渦は粗度の不連続に沿って生成し、二次流れを誘起した。縦渦の輸送方程式における生成項を評価し、乱流量分布が縦渦の生成に寄与することを示した。これにより、縦渦の生成機構が提案できた。また、突起状の渦発生器を用いることなく縦渦を生成でき、はく離抑制および混合促進への応用が可能であることを示した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2006年 -2008年 
    代表者 : 亀田 孝嗣; 大坂 英雄; 望月 信介; 亀田 孝嗣
     
    本研究は, 自己保存性が成立する粗面乱流境界層の壁面抵抗に対する粗さの効果および普遍法則(壁法則)の再吟味に着目して調査を行った.粗面壁に作用する壁面抵抗(摩擦抵抗と圧力抵抗の和)に対して, 粗さ要素により生じる圧力抵抗がその約95%を占める.壁面抵抗の作用点位置を原点とした高さ方向距離を用いて壁法則の検討を行ったところ, 滑面乱流境界層と同様な傾きをもつ対数速度分布となることを実験的に確認した.壁面抵抗の作用点位置は, 第1 近似的に摩擦速度で無次元化されたレイノルズせん断応力分布を粗さ要素間溝部内で積分して得られる積分長さに等しい.さらに, 粗さ要素間溝内部における平均速度分布の解析解から壁面抵抗の作用点位置と粗さ密度の関係式を導出した
  • 渦塊のヒエラルキー構造を操作することによる乱流境界層の動的制御
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 望月 信介; 大坂 英雄; 亀田 孝嗣
     
    本研究の目的は時間および空間スケールを管理した縦渦を乱流境界層の壁領域に導入し、渦塊(Eddy)のヒエラルキー構造を変更することによりせん断乱流の制御を行うことである。その制御による影響が乱流の自己相似性において極めて重要な壁法則に及ぼす影響を実験的に明らかにすることが最終目標である。 実験は乱流境界層、二次元チャネル、および工業的利用価値の高い壁面噴流を用いて行われた。両流れ場は壁面乱流に分類され、壁法則の成立が確認されている。両流れにおいて検証を行うことにより、より一層の価値が明らかになる。 ・乱流境界層における研究においては、逆圧力勾配下において壁法則、特にヒエラルキー構造に関係する渦寸法について調査を行った。直接測定による壁面せん断応力の計測に基づき、逆圧力勾配下においては速度の尺度における補正が必要であること、ヒエラルキー構造を表す渦寸法の分布には変化が無い。 ・壁面噴流における実験においては、製作した渦発生器を用いて渦の空間スケールを時間的にコントロールした渦塊を導入し、流れ場の応答、回復、相似性に与える影響、および工業的有用性を調査した。 ・空間スケールを制御した渦塊を導入することにより、流れ場をコントロールし、運動量流束の増加と壁面近くに保持される。特に、空間スケールを固定した場合に比べて両効果が工業上より価値の高いものである。 ・空間スケールを制御してヒエラルキー構造に近い渦塊の導入を行った場合、非撹乱流の相似性への回復が早い。 ・渦発生器の周期的駆動に同期した周期平均操作により、渦塊と流れ場との干渉を調査した。生成した渦の非線形効果により、空間スケールを固定した場合に比べてより運動量の壁面方向への輸送が促進された。 これらのことから、ヒエラルキー構造に近い形態で空間スケールを制御して導入した渦塊により、相似性への回復が早く、運動量輸送も促進されることが明らかとなった。
  • 乱流の自己相似性に対する壁近傍の擬周期的乱流構造の役割
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 亀田 孝嗣
     
    今年度は,自己相似性となる粗面乱流境界層の壁近傍構造と境界層大渦構造との関係を調査するため,圧力変動プローブの製作と圧力変動および熱線プローブを用いた圧力速度同時計測を行った. 製作された圧力変動プローブの計測結果の妥当性は,以下に示す方法により検証した.(1)スピーカーを用いて,任意の周波数の音圧を生じさせ,圧力変動プローブで測定される信号の平均量が発生させた音圧とほぼ一致することを確認する.(2)二次元チャネル流の壁面圧力変動を本プローブで計測して圧力変動強度を求め,他研究者による実験結果および数値計算結果との比較を行う.これらより,本圧力変動プローブは良好に変動圧力の計測が可能であることを確認した. 圧力速度同時計測は,圧力変動プローブを粗さ要素溝底面部(溝内部の平均流線が溝底面部と平行となる位置)に,一方X形熱線プローブをその上方位置に設置して行った.ポアソン方程式を基礎にすると,空間任意の点の圧力変動は,速度の空間微分値の2乗値(渦度や散逸に関係)の空間積分値として表現される.そこで,本研究では溝底面部の圧力変動に対して,多層構造である乱流境界層のどの領域の渦構造からの寄与が大きいかを圧力変動と変動速度勾配の空間相関値から調べてみた.その結果,外層の渦構造との相関はほとんど無視でき,圧力変動には内層の壁近傍領域との関係が強いことが示された.さらに,その相関値は負の値であり,内層領域で強い渦度が生じるとき,変動圧力は負の変動が生じると考えられる.また,壁面近傍溝内部領域の流れの様相を把握するため水槽による可視化観察を二次元矩形粗面流で行った.溝内部では渦の形成・崩壊・放出が生じており,その流れの様相変化の周波数を本実験の条件に当てはめると約100Hz程度であった.そこで,変動圧力のスペクトル解析を行うと,圧力変動強度に対して100Hz付近の周波数からの寄与が大きいことが明らかになった.
  • 縦渦対による乱流境界層中のストリーク構造の制御
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2002年 -2004年 
    代表者 : 大坂 英雄; 望月 信介; 亀田 孝嗣
     
    本研究の目的は、主流中に設置したデルタ翼にスパン方向の周期的な振動を与え、翼から生成されるTrailing vortices(縦渦)と乱流境界層との干渉過程を実験的に調査することである。中でも、壁近傍における乱流構造に及ぼす影響を考察することである。 研究期間終了年度において、多点プローブによるストリーク構造の計測とストリークの間隔に及ぼす縦渦対の影響を実験的に調査した。実験はこれまでに時間平均量や周期平均量分布が明らかになっているcommon-flow downの条件で行った。多点プローブは12本の単一熱線センサからなるものを自作した。単一熱線センサはスパン方向にその間隔が2mmで配置された。この間隔は縦渦を導入するまえの非撹乱流における粘性長さの30倍程度であり、12本のセンサからなる同時計測プローブの全幅は粘性長さのおよそ500である。このプローブを縦渦対と乱流境界層が干渉した領域の壁近傍(壁面からの距離は粘性長さの15倍)に設置し、計測を行った。 低速ストリークの検出にはVITA法と二点の速度相関を用いる方法により行った。この方法により非撹乱の運動量厚さに基づきレイノルズ数がおよそ2000における低速ストリークのスパン方向平均間隔は、粘性長さの150倍であった。この値は従来から得られている粘性長さの100倍のオーダーであり、本検出法の妥当性を確認できた。 多点同時計測プローブと検出法を用いて縦渦対と干渉した領域における低速ストリークの間隔を調査した。粘性長さで無次元化したスパン方向間隔は吹き下ろし領域においては増加、吹き上げ領域において減少する結果が得られた。それにより、低速ストリークの間隔には外部からの撹乱の影響が作用することがわかった。それらはそれぞれ、単位スパン方向当りのバーストの発生頻度の減少および増加に結びつくと考えられた。
  • 乱流境界層におけるエントレインメント機構と1/f^α構造との関係に関する実験的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 望月 信介; 亀田 孝嗣; 大坂 英雄
     
    本研究の目的は、乱流境界層のエントレインメント機構をフラクタルにより議論されている1/f^a構造に基づいて理解することである。そのため、零圧力勾配下および逆圧力勾配下に発達する平衡境界層の2種類に的を絞り、両者の比較から構造の普遍性と外的条件のべき指数への影響を明らかにする。 2年度目においては、壁面摩擦抵抗の直接測定装置による計測を実施し、速度およびレイノルズ応力分布の相似性の確認を実施した。べき係数m=0.188の平衡境界層の成立する領域において、壁面せん断応力の直接測定装置による計測を行なったところ、カルマン定数κ=0.41、付加定数C=5.0の零圧力勾配下の対数速度分布と良好に一致する速度分布が得られた。この件に関して、前年度のプレストン管におけるせん断応力の計測方法における精度を向上させた。 零圧力勾配下における乱流境界層において、乱流-非乱流の識別に基づいて乱流塊の通過間隔の確率分布がこれまでに報告されたべき定数で示されることが分かった。2本のプローブを外層に配置し、乱流-非乱流の識別に基づく2点速度相関関数分布の計測を行なった。2点の速度相関関数のスパン方向分布に基づき、乱流塊内において卓越する大規模な運動の推測を行なった。乱流塊中においてはcommon-flow upの形態をもつ縦渦構造が推測され、非乱流中においては壁面への吹き下ろしを生じる大規模な運動が推測された。逆圧力勾配下においては、乱流塊のスパン方向寸法が流れ方向に対して減少することが観察された。乱流塊の通過間隔におけるべき定数と空間スケールとに関する調査が期待される。
  • 縦渦のスパン方向周期撹乱による乱流境界層の空間変動の制御
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2000年 -2001年 
    代表者 : 大坂 英雄; 亀田 孝嗣; 望月 信介
     
    1.主流中で生成する縦渦対(迎角8゜のデルタ翼、翼弦長50mm、翼幅40mm)にスパン方向に周期的変動(振動数0、0.5、1Hz)を与え、それから生じる後曳き渦(Trailing vortex)を、下流で発達する乱流境界層中に導入した。このとき、迎角は±8゜とし、スパン方向振幅10mmとしている。 2.測定は、縦渦列と乱流境界層との干渉開始位置厚境界層さδ_0の70倍下流まで(6断面)、熱線流速計を用いて時間平均量の計測と周期平均量の計測について実行した。 3.発生する縦渦列の渦度には変化がないが、分布はスパン方向に広がることを確認した。デルタ翼上下面の圧力分布を計測し、それに基づき循環を評価し、両者の結果がほぼ一致することを確かめた。 4.時間平均場、時間変動場への影響 (1)(1)スパン方向擾乱が作用する空間全体への運動量流束には寄与しない。(2)周期平均乱れ強さu^^〜(流れ方向成分)は、平均速度のスパン方向変化と擾乱の振幅とが強く影響する。(3)周期平均乱れ強さv^^〜(垂直方向成分)は、二次流れ速度Vのスパン方向変化の影響を受け、擾乱の振幅に依存する。(4)各量間には、時間平均成分が周期変動成分と時間変動成分の和で表示されるという線形関係がみられる。 (2)測定範囲内で、局所的に対数法則は成立し、かつ三次元剥離が生じることはみられない。 (3)摩擦抵抗係数の変化は局所の速度分布に依存してスパン方向変化を生じる。 5.周期平均および時間変動乱流量の生成 (1)(1)3成分分解による生成項の評価から、各項の寄与の程度が明らかとなった。渦中心では-^^^-∂U/∂yがよく対応する。(2)渦中心付近では、スパン方向擾乱は時間変動エネルギの生成に強く寄与する。 (2)本実験の振動数範囲では、摩擦抵抗の低減、局所相似の崩壊はみられない。

委員歴

  • 2020年04月 - 2022年03月   日本流体力学会   代議員
  • 2016年04月 - 2017年03月   日本機械学会   流体工学部門広報委員
  • 2002年 - 2003年   日本機械学会・流体工学部門広報委員   日本機械学会・流体工学部門広報委員   日本機械学会・流体工学部門広報委員

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.