八軒 浩子 (ハチケン ヒロコ)

  • 薬学部 医療薬学科 助教
Last Updated :2024/02/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    医薬品情報をはじめとした医療関連情報について、テキストマイニングおよびデータマイニング手法を用いた解析を行っています。

研究者情報

学位

  • 博士(薬学)(近畿大学)

ホームページURL

J-Global ID

現在の研究分野(キーワード)

    医薬品情報をはじめとした医療関連情報について、テキストマイニングおよびデータマイニング手法を用いた解析を行っています。

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療薬学

学歴

  •         - 1984年   近畿大学   薬学部
  •         - 1984年   Kinki University   Faculty of Pharmaceutical Science

研究活動情報

論文

  • 「薬学統計学」講義におけるLearning Management Systemを用いた自己評価ルーブリックの有用性について
    松野 純男; 八軒 浩子
    薬学教育 2 2018年 [査読有り]
  • Y Miki; Y Tsuzaki; C Kai; H Hachiken
    HETEROCYCLES 57 9 1635 - 1643 2002年09月 [査読有り]
     
    Reaction of 1-benzylindole-2,3-dicarboxylic anhydride with anisole in the presence of titanium(IV) chloride gave 2-(4-methoxybenzoyl)indole-3-carboxylic acid as the sole product. However, 1-benzenesulfonylindole-2,3-dicarboxylic anhydride with anisole afforded 3-(4-methoxybenzoyl)indole-2-carboxylic acid. These carboxylic acids could be converted to the corresponding benzoylindoles.
  • 三木 康義; 八軒 浩子; 柳瀬智英
    J. Chem. Soc. Perkin Trans. 1 2001 18 2213 - 2216 The Royal Society of Chemistry 2001年09月 [査読有り]
     
    1 (4 メトキシベンジル) インドール 2, 2 ジカルボン酸無水物と 4 チタノピリジンとの反応を利用してエリプティシンの合成を行った。 (英文)
  • Y Miki; H Hachiken; A Kawazoe; Y Tsuzaki; N Yanase
    HETEROCYCLES 55 7 1291 - + 2001年07月 [査読有り]
     
    Treatment of 1-benzenesulfonylindole-2,3-dicarboxylic anhydride with methylenetriphenylphosphorane gave the corresponding ylide. After esterification of the carboxyl group and removal of the benzenesulfonyl group of the ylide, the obtained ylide was reacted with aldehydes to yield alpha,beta -unsaturated ketones, which were converted to pyrrolo[1,2-a]indoles. We also examined the reactivity of the anhydride with (carbethoxymethylene)triphenylphosphorane and (carbethoxyethylidene)triphenylphosphorane.
  • Y Miki; N Nakamura; R Yamakawa; H Hachiken; K Matsushita
    HETEROCYCLES 53 10 2143 - + 2000年10月 [査読有り]
     
    Reaction of indolizine-1,2-dicarboxylic anhydride with Grignard reagents gave 2-acylindolizine-1-carboxylic acids, which were converted to 2-acylindolizines. The anhydride reacted with anisole in the presence of titanium chloride(IV) to afford 2-(4-methoxybenzoyl)indolizine-1-carboxylic acid, which was also led to 2-(4-methoxybenzoyl)indolizine. Successive treatment of the 2-acylindolizine-1-carboxylic acids with phosphorus pentachloride and aluminum(III) chloride provided the corresponding quinones.
  • Y Miki; N Nakamura; R Yamakawa; H Hibino; H Hachiken; K Matsushita
    HETEROCYCLES 53 10 2123 - + 2000年10月 [査読有り]
     
    Reaction of indolizine-1,2-dicarboxylic anhydride with (3-bromo-4-pyridyl)triisopropoxytitanium gave 2-(3-bromoisonicotinoyl)-3-ethoxycarbonyl-indolizine-1-carboxylic acid as the sole product. The indolizine-l-carboxylic acid could be converted to 5,12-dimethylindolizine[2,1-g] isoquinoline in six steps.
  • E Matsumura; T Nishinaka; H Tsujibo; H Hachiken; Y Miki; Y Sakagami; Y Inamori
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 23 2 254 - 256 2000年02月 [査読有り]
     
    Of a series of synthetic alkyl 2-(acylthio)benzoate (1-20), all the derivatives except for n-butyl 2-butyrylthiobenzoate (18) and n-butyl 2-n-valerylthiobenzoate (20) showed clear photogrowth-inhibitory activity. All the compounds tested except for methyl 2-butyrylthiobenzoate (3) exhibited cytotoxic activity on mouse splenic T cells, Strong phytogrowth-inhibition and cytotoxic activity were found with 1, 6, 11 and 16 with an acetylthio group at C-2, suggesting that the acetyl group seems to play an important role in both activities of alkyl 2-(acylthio)benzoates. Among them, methyl 2-acetylthiobenzoate (1) was the strongest inhibitor. On the other hand, potent inhibition of prolyl endopeptidase was exhibited by 2, 7, 12 and 17 with a propionylthio group at C-2. These findings imply that a propionyl group might be useful for increasing the inhibitory activity against on prolyl endopeptidase.
  • Y Miki; H Hachiken; Y Kashima; W Sugimura; N Yanase
    HETEROCYCLES 48 1 1 - 4 1998年01月 [査読有り]
     
    Deprotection of 9-p-methoxybenzylcarbazole with DDQ gave a carbazole. However, methyl 1-p-methoxybenzylindole-2-carboxylate and dimethyl 1-p-methoxybenzyl-2,3-indoledicarboxylate were treated with TFA to yield the corresponding methyl indole-2-carboxylate and dimethyl indole-2,3-dicarboxylate.
  • Y Miki; H Hachiken; Y Sugimoto; N Yanase
    HETEROCYCLES 45 9 1759 - 1766 1997年09月 [査読有り]
     
    Reaction of 1-benzylindole-2,3-dicarboxylic anhydride with methylenetriphenylphosphorane (Ph3P=CH2) and carbethoxymethylenetriphenylphosphorane (Ph3P=CHCOOEt) gave [2-(3-carboxyindol-2-yl)-2-oxoethylidene]triphenylphosphorane derivatives, which were converted to cyclopenta[b]indol-3-ones after decarboxylation and treatment with aldehydes. On the other hand, the anhydride reacted with carbethoxyethylidenetriphenylphosphorane (Ph3P=C(Me)COOEt) to afford a mixture of two enol lactones.
  • Y Miki; H Hachiken; Yoshikawa, I
    HETEROCYCLES 45 6 1143 - 1150 1997年06月 [査読有り]
     
    Reaction of indole-2,3-dicarboxylic anhydride with methylmagnesium bromide and phenylmagnesium bromide gave 2-acetyl- and 2-benzoyl-indole-3-carboxylic acids, but with tert-butylmagnesium chloride, 3-pivaloylindole-2-carboxylic acids were obtained as the main products. Treatment of 2-acylindole-3-carboxylic acids with copper chromite in quinoline or potassium hydroxide gave the corresponding 2-acylindoles.
  • Y Miki; Y Tada; N Yanase; H Hachiken; K Matsushita
    TETRAHEDRON LETTERS 37 43 7753 - 7754 1996年10月 
    N-Benzylindole-2,3-dicarboxylic anhydride (1) was reacted with (3-bromo-4-pyridyl)triisopropoxytitanium to give 2-(3-bromoisonicotinoyl)indole-3-carboxylic acid (2) as the sole product in high yield, which could be converted to ellipticine in six steps. Copyright (C) 1996 Elsevier Science Ltd
  • Miki, Yasuyoshi; Kobayashi, Seiji; Ogawa, Noriko; Hachiken, Hiroko
    Synlett 12 1001 - 1002 1994年12月 [査読有り]
     
    Treatment of 1,3-bis(2'-benzyloxy-4'-methoxyphenyl)-propen-1-one with phenyliodine(III) bis(trifluoroacetate) gave a rearrangement product, 1,2-bis(2'-benzyloxy-4'-methoxyphenyl)-3,3-dimethoxypropan-1-one, which was converted into (+/-)-homopterocarpin.
  • Y MIKI; S YAGI; H HACHIKEN; M IKEDA
    HETEROCYCLES 38 8 1881 - 1887 1994年08月 [査読有り]
     
    Reactions of pyrazolo[1,5-a]pyridines with Eschenmoser's salt, activated alkenes and alkynes, and chlorosulfonyl isocyanate provided general routes to 3-substituted pyrazolo[1,5-a]pyridines such as 3-dimethylaminomethyl- and 3-(2-nitroethyl)pyrazolo[ 1,5-a]pyridines, 1-phenyl-3-(pyrazolo[1,5-a]pyrid-3-yl)-2-propen-1-ones, 4-(pyrazolo[1,5-a]pyrid-3-yl)-3-buten-2-one, pyrazolo[1,5-a]pyridine-3-carboxamide, and pyrazolo[1,5-a]pyridine-3-carbonitrile.
  • Y INAMORI; C MURO; H YAMANAKA; K OSAKA; H HACHIKEN; H TSUJIBO; Y MIKI
    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 58 6 1150 - 1152 1994年06月 [査読有り]
     
    Methyl and ethyl 3-alkylthiazolidine-4(R)-carboxylates (1-6 and 7-12), which were newly synthesized, inhibited growth of the roots of Brassica campestris L. subsp. rapa HOOK fil. et ANDERS. Of the methyl esters, methyl 3-methylthiazolidine-4(R)-carboxylate (2) was the strongest inhibitor. Of the ethyl esters, ethyl 3-methylthiazolidine-4(R)-carboxylate (8) was the strongest inhibitor. The chlorophyll concentration in the cotyledons of plants treated with any of the compounds, except for 7, was decreased.
  • Y MIKI; S YAGI; H HACHIKEN; M IKEDA
    JOURNAL OF HETEROCYCLIC CHEMISTRY 30 4 1045 - 1046 1993年07月 [査読有り]
     
    Reaction of pyrazolo[1,5-a]pyridines with aldehydes in the presence of trifluoroacetic acid gave bis(pyrazolo[1,5-a]pyrid-3-yl)methanes in high yields.
  • Miki, Yasuyoshi; Hachiken, Hiroko
    Synlett 5 333 - 334 1993年05月 
    4-Benzyl-1-tert-butyldimethylsiloxy-4H-furo[3,4-b]indole (2) was synthesized by selective reduction of 1-benzylindole-2,3-dicarboxylic anhydride with sodium borohydride, followed by treatment of the resulting lactone with base and tert-butyldimethylsilyl chloride. Diels-Alder reaction of the furoindole (2) with methyl acrylate and then treatment of die resulting adduct with boron trifluoride etherate gave methyl 9-benzyl-4-hydroxycarbazole-3-carboxylate in a regioselective manner, which was converted to murrayaquinone-A.
  • Y MIKI; H HACHIKEN; M YOSHIKAWA; S TAKEMURA; M IKEDA
    HETEROCYCLES 32 4 655 - 658 1991年04月 [査読有り]
     
    Treatment of 2,3-dihydro-2-methyl-3-phenyl-1H-pyrazino[3,4,5-cd]indolizine 2-oxides (5) with trifluoroacetic anhydride gave new heterocyclic six-membered betaines (6) which underwent 1,3-dipolar cycloaddition reaction with dimethyl acetylenedicarboxylate and maleimides in hot toluene to yield the corresponding cycloadducts (7) and (8). Treatment of the maleimide adducts (8) with p-toluenesulfonic acid in boiling acetic acid gave the [2.3.4]cyclazines (9).
  • Miki, Yasuyoshi; Hiroishi, Yuji; Hachiken, Hiroko; Takemura, Shoji
    Journal of Heterocyclic Chemistry 28 1 45 - 48 1991年01月 [査読有り]
     
    Treatment of 1-(alpha-hydroxybenzyl)- and 3-(alpha-hydroxybenzyl)indolizines with trifluoroacetic acid in dichloromethane gave phenylbis(alpha-indolizinyl)methanes, bis[alpha-(indolizinyl)benzyl] ethers and indolizines, depending upon the presence or absence of the substituent at the 2- or 5-position and the reaction conditions used.
  • Y MIKI; H HACHIKEN; K NOGUCHI; M OHTA; A NAKANO; K TAKAHASHI; S TAKEMURA
    CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 38 12 3257 - 3260 1990年12月 [査読有り]
     
    The synthesis of two kinds of propranolol analogues, A and B, with a rigid skeleton was investigated. The compounds were designed to help identify the conformation involved in beta-adrenergic receptor-propranolol interaction.1) The key intermediate, 2-hydroxy.2,3-dihydronaphtho[1,8-bc]pyran (5), was obtained starting from acenaphthenone (1). On sequential dehydration, hydroboration, and oxidation, 5 gave 2,3-dihydronaphtho[1,8-bc]pyran-3-one (8), which was converted to compound A. Compound 5 was also derived to 2-formyl-2,3-dihydronaphthol[1,8-bc]pyran (13) via the 2-vinyl compound (12). Condensation of nitromethane with 13 followed by reduction and alkylation produced the desired compound B. The beta-blocking activities of A and B were examined.
  • Y MIKI; M OHTA; H HACHIKEN; S TAKEMURA
    SYNTHESIS-STUTTGART 4 312 - 312 1990年04月 [査読有り]
  • Y MIKI; N NAKAMURA; H HACHIKEN; S TAKEMURA
    JOURNAL OF HETEROCYCLIC CHEMISTRY 26 6 1739 - 1745 1989年11月 [査読有り]
  • Inamori, Yoshihiko; Tsujibo, Hiroshi; Hachiken, Hiroko; Miki, Yasuyoshi; Takemura, Shoji
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin 36 3 1252 - 1255 1988年03月 [査読有り]
  • Miki, Yasuyoshi; Tomii, Osamu; Nakao, Hayami; Kubo, Mayumi; Hachiken, Hiroko; Takemura, Shoji; Ikeda, Masazumi
    Journal of Heterocyclic Chemistry 25 1 327 - 331 1988年01月 [査読有り]
  • Y MIKI; H HACHIKEN; S TAKEMURA; M IKEDA
    HETEROCYCLES 22 4 701 - 703 1984年 [査読有り]

講演・口頭発表等

  • 薬剤師国家試験のテキストマイニング解析から得られる薬学教育の変遷 -改訂モデル・ コアカリキュラムに伴う影響の解析-
    大野克也; 船上仁範; 和田哲幸; 八軒浩子; 大内秀一; 松野純男
    第71回 日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月
  • 医療用語を含む文章におけるテキストマイニングを用いた難易度判定  [通常講演]
    小野田美華; 筒井凌; 大内秀一; 中村武夫; 伊藤栄次; 和田哲幸; 八軒浩子; 大星直樹; 松野純男
    第13回日本薬局学会学術総会 2019年10月 ポスター発表
  • 薬学部新入生に対する意識調査による学生メンタル状況の解析  [通常講演]
    永井希佳; 大内秀一; 中村武夫; 伊藤栄次; 和田哲幸; 八軒浩子; 大村香奈子; 松野純男
    第4回日本薬学教育学会大会 2019年08月 ポスター発表
  • 医薬品副作用データベース(JADER) を用いた機械学習による副作用の予測  [通常講演]
    小野田良; 松井大樹; 山下由依亜; 中村武夫; 伊藤栄次; 大内秀一; 和田哲幸; 八軒浩子; 大星直樹; 松野純男
    第28回日本医療薬学会年会 2018年11月
  • テキストマイニングを用いた薬剤師国家試験出題のトレンド分析 1996〜2018年の年次推移および新薬の出題傾向に関する解析  [通常講演]
    山下由依亜; 小野田良; 八軒浩子; 中村武夫; 伊藤栄次; 大内秀一; 和田哲幸; 松野純男
    第68回日本薬学会近畿支部大会 2018年10月
  • 早期体験学習における不自由体験の教育効果について  [通常講演]
    和田 哲幸; 小野田 良; 山下 由依亜; 中村 武夫; 伊藤 栄次; 松野 純男; 大内 秀一; 八軒 浩子
    日本薬学会第138年会 2018年03月
  • ヒューマニズム教育としての人体臓器観察の客観的解析  [通常講演]
    大内 秀一; 山下 由依亜; 小野田 良; 中村 武夫; 伊藤 栄次; 松野 純男; 和田 哲幸; 八軒 浩子
    日本薬学会第138年会 2018年03月
  • 初期救命救急講習を通しての早期体験学習参加学生の評価およびその解析  [通常講演]
    八軒 浩子; 小野田 良; 山下 由依亜; 中村 武夫; 伊藤 栄次; 松野 純男; 大内 秀一; 和田 哲幸
    日本薬学会第138年会 2018年03月
  • 「薬学統計学」講義におけるLMS(Moodle)を用いた双方向支援効果の検証  [通常講演]
    松野純男; 八軒浩子
    第2回日本薬学教育学会大会 2017年09月
  • 早期体験学習を通しての地域薬局見学における学生の意識調査  [通常講演]
    八軒浩子; 伊藤栄次; 中村武夫; 大内秀一; 和田哲幸; 松野純男
    日本薬学会第137年会 2017年03月
  • 学生への「おくすり教室」の教育効果と課題  [通常講演]
    八軒浩子; 伊藤栄次; 中村武夫
    第19回近畿薬剤師学術大会 2016年11月
  • 地域薬局薬剤師による早期体験学習参加学生の評価およびその解析  [通常講演]
    八軒浩子; 伊藤栄次; 松野純男; 大内秀一; 和田哲幸; 中村武夫
    日本薬学会第136年会 2016年03月
  • テキストマイニングによる早期体験学習レポートの年度変化の解析  [通常講演]
    松野純男; 八軒浩子; 伊藤栄次; 中村武夫; 大内秀一
    日本薬学会第135年会 2015年03月
  • 人命救助意識の向上を指向した早期体験学習の教育効果  [通常講演]
    八軒浩子; 伊藤栄次; 松野純男; 大内秀一; 中村武夫
    日本薬学会第135年会 2015年03月
  • 初期救命救急講習を通しての救命意識の向上  [通常講演]
    八軒浩子; 伊藤栄次; 松野純男; 大内秀一; 中村武夫
    日本薬学会第134年会 2014年03月
  • Difference between the frequencies of antisecretory drug prescriptions in users of buffered versus enteric-coated low-dose aspirin therapies.  [通常講演]
    八軒 浩子
    Hiroko Hachiken, Ai Murai, Kyoichi Wada, Takeshi Kuwahara, Kouichi Hosomi and Mitsutaka Takada. 2013年10月
  • テキストマイニングを用いた日米の医療薬学研究の変遷に関する計量的分析  [通常講演]
    八軒浩子; 梶田正紀; 木下佐昌子; 髙田充隆
    日本薬学会第132年会 2012年03月
  • 平成22年度近畿大学薬学部生涯教育研修会受講者に対するアンケート結果の解析  [通常講演]
    島倉 知里; 松野 純男; 八軒 浩子; 髙田 充隆; 伊藤 栄次; 西脇 敬二; 掛樋 一晃; 森本佳明
    日本薬学会第131年会 2011年03月 静岡 日本薬学会第131年会
     
    【目的】近畿大学薬学部は近畿大学薬友会(同窓会)と協力し,卒業生を含む薬剤師が薬の専門家として高い水準を維持し続けることを目的として平成5年度から「生涯教育研修会」を開催している。研修会のプログラムは,前年度受講者のアンケートを元にその時々の変化に応じた課題をテーマとして取り上げているが,さらに受講生に有意義な研修会を目指して,多変量解析により詳細なアンケート分析を行う事とした。 【方法】学生を除く研修会受講者を対象に無記名にてアンケート調査を実施,その結果を集計し,多変量解析手法を用いて受講者の特徴などについて解析した。 【結果と考察】平成21年度のアンケートについて主成分分析を行った結果,「内容についての理解度」,「テーマに対する興味」,「新しく得た知識の量」,「業務に対して役立つ程度」の4項目の間には正の相関があった。また,積極的な方法で研修会を知った受講者ほど受講料を安いと感じ,受動的
  • Quantitative analysis of Japanese journal articles on medical pharmacy  [通常講演]
    髙田 充隆; 後藤佐昌子; 八軒 浩子
    16th JSPE and 5th ACPE joint meeting 2010年10月 東京 16th JSPE and 5th ACPE joint meeting
     
    日本における医療薬学研究全体の変遷を系統的に把握することを目的に、医療薬学研究論文タイトルのテキストマイニングによる解析を行った。その結果、医療薬学の研究対象として「薬剤学的検討」は大きく減少、「薬物療法」は大きく増加したことから、物質としての薬剤の研究から臨床で患者の治療を行うための薬剤の研究へ変化したことが明らかとなった。(英文)
  • テキストマイニング手法による医療薬学研究トレンド解析  [通常講演]
    高田充隆; 後藤佐昌子; 八軒 浩子; 細見 光一; 北小路 学
    第18回クリニカルファーマシー・シンポジウム 2010年07月 広島 第18回クリニカルファーマシー・シンポジウム
     
    テキストマイニング手法の医薬品および医療情報解析への応用の試みとして、薬剤師による医療薬学研究の論文タイトルを解析した。特徴的な語彙間の関係を抽出したことで、薬剤師の研究対象が、物質としての薬剤の研究から臨床で患者の治療を行うための薬剤の研究へ変化したことを明確に捉えることができた。
  • 近畿大学薬学部における模擬患者養成の取り組み  [通常講演]
    大鳥 徹; 木村 健; 安原 智久; 北小路 学; 船上 仁範; 石渡 俊二; 谷野 公俊; 村上 悦子; 八軒 浩子; 高田充隆
    日本薬学会第130年会 2010年03月 岡山 日本薬学会第130年会
  • Remark Office OMR5?を用いたOSCE評価表成績集計の評価  [通常講演]
    大鳥 徹; 八軒 浩子; 髙田 充隆; 木村 健
    日本薬学会第129年会 2009年03月 京都 日本薬学会第129年会
     
    OCRを利用したOSCE評価表集計システムに関する報告。
  • 病院実務実習におけるモデル・コアカリキュラムの実施状況  [通常講演]
    八軒 浩子; 大鳥 徹; 北小路 学; 石渡 俊二; 木村 健; 高田充隆
    日本薬学会第129年会 2009年03月 京都 日本薬学会第129年会
     
    4年制の病院実務実習における実務実習モデル・コアカリキュラムの到達目標の実施状況について学生に調査を行い、平成19年度と20年度の結果を比較した。その結果、現在の4週間病院実習においてもモデル・コアカリキュラムの学習項目が導入、実施され、改善されていることがわかった。
  • 2-4週間薬局実習におけるモデル・コアカリキュラムの実施状況  [通常講演]
    八軒 浩子; 大鳥 徹; 北小路 学; 石渡 俊二; 木村 健; 髙田充隆
    日本薬学会第128年会 2008年03月 横浜 日本薬学会第128年会
     
    実務実習モデル・コアカリキュラムに示されている到達目標の実施状況について、保険薬局および学生に対して調査を行った。現在の短期実習においてもモデル・コアカリキュラムの学習項目が導入・実施されていることがわかった。さらに、学習項目の実施について、指導薬剤師と学生の認識の違いはなかった。
  • 病院で実施した早期体験学習の評価  [通常講演]
    大鳥 徹; 八軒 浩子; 髙田 充隆; 木村 健
    日本薬学会第127年会 2007年03月 富山 日本薬学会第127年会
     
    近畿大学医学部3病院で行った早期体験学習に対する学生の満足度調査に関する報告。
  • 近畿大学における実務実習に関する学生の意識調査  [通常講演]
    八軒 浩子; 大鳥 徹; 石渡 俊二; 北小路 学; 木村 健; 高田充隆
    日本薬学会第127年会 2007年03月 富山 日本薬学会第127年会
     
    6年制教育における長期実務実習および事前実習をより充実させる目的で、学生に対して実務実習に関する意識調査を行った。実習内容については充実していたとの感想が80%以上を占めた。さらに深く学びたいと思った内容としては服薬指導が高く、次いで在宅医療(薬局実習)、チーム医療(病院実習)であった。指導については、約90%の学生がわかりやすかったと高い評価をしていた。
  • 保険薬局および病院実務実習に対する学生の意識調査  [通常講演]
    北小路 学; 石渡 俊二; 石本 真美子; 船上 仁範; 八軒 浩子; 多賀 淳; 八木秀樹; 和田 哲幸; 田邉 元三; 市田 成志; 西田 升三
    日本社会薬学会第25年会 2006年09月 徳島 日本社会薬学会第25年会

MISC

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 薬学研究におけるテキストマイニングによる解析
  • Study on Synthesis of Indole Alkaloides

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.