KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

川瀬 篤史カワセ アツシ

プロフィール

所属部署名薬学部 医療薬学科
職名准教授
学位博士(薬学)
専門生物薬剤学・薬物速度論
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/689-kawase-atsushi.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/80411578.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2020/11/25

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    薬物の作用や副作用を決定する因子のひとつである薬物体内動態(吸収・分布・代謝・排泄)について。薬物体内動態を制御することで薬の効果を最大限に得るドラッグデリバリーシステムについて。

学歴・経歴

学歴

  • 2002年04月 - 2005年03月, 京都大学大学院, 薬学研究科
  • 2000年04月 - 2002年03月, 京都大学大学院, 薬学研究科

経歴

  •   2018年04月,  - 現在, 近畿大学 薬学部 准教授
  •   2008年04月,  - 2018年03月, 近畿大学 薬学部 講師
  •   2007年04月,  - 2008年03月, 近畿大学 薬学部 助教
  •   2005年04月,  - 2007年03月, 近畿大学 薬学部 助手

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 医療薬学

研究キーワード

  • drug delivery, inflammation, toxicity, トランスポーター, 肝障害, 多剤耐性, 炎症

論文

  • Drug interactions between tacrolimus and clotrimazole troche: a data mining approach followed by a pharmacokinetic study., Uno T, Wada K, Hosomi K, Matsuda S, Ikura MM, Takenaka H, Terakawa N, Oita A, Yokoyama S, Kawase A, Takada M, European journal of clinical pharmacology, European journal of clinical pharmacology, 76, 1, 117, 125,   2020年01月, 査読有り
  • Changes in Radixin Expression and Interaction with Efflux Transporters in the Liver of Adjuvant-induced Arthritic Rats, Atsushi Kawase, Misaki Nakasaka, Hatsune Bando, Saori Yasuda, Hiroaki Shimada, Masahiro Iwaki, Inflammation, Inflammation,   2019年10月, 査読有り
  • Decrease in Multidrug Resistance-associated Protein 2 Activities by Knockdown of Phosphatidylinositol 4-phosphate 5-kinase in Hepatocytes and Cancer Cells, Atsushi Kawase, Yuta Inoue, Miho Hirosoko, Yuka Sugihara, Hiroaki Shimada, Masahiro Iwaki, Journal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, Journal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences,   2019年, 査読有り
  • Radixin knockdown improves the accumulation and efficiency of methotrexate in tumor cells, Atsushi Kawase, Yuta Inoue, Sayaka Nakazaki, Erika Koizumi, Masahiro Iwaki, Oncol Rep, Oncol Rep, 42, 283, 290,   2019年, 査読有り
  • Prediction of hepatic clearance of stereoselective metabolism of carvedilol in liver microsomes and hepatocytes of Sprague-Dawley and cytochrome P450 2D-dificient Dark Agouti rats, Masahiro Iwaki, Toshiro Niwa, Hiroyuki Tanaka, Atsushi Kawase, Hiroshi Komura, 22, 72, 84,   2019年, 査読有り
  • Involvement of diclofenac acyl-b-d-glucuronide in diclofenac-induced cytotoxicity in glutathione-depleted isolated murine hepatocytes co-cultured with peritoneal macrophages, Atsushi Kawase, Ayaka Kaneto, Mao Ishibashi, Akihiro Kobayashi, Hiroaki Shimada, Masahiro Iwaki, 29, 3, 203, 210,   2019年, 査読有り
  • 各世代のとろみ調整剤が血糖値に与える影響, 松浦正佳, 島田紘明, 岸本理咲, 藤本和佳, 大鳥徹, 川瀬篤史, 岩城正宏, 薬局薬学, 薬局薬学, 10, 1, 131, 139,   2018年04月, 査読有り
  • Impact of the CYP3A5 genotype on the pharmacokinetics of tacrolimus in Japanese heart transplant patients, Takaya Uno, Kyoichi Wada, Sachi Matsuda, Yuka Terada, Akira Oita, Atsushi Kawase, Mitsutaka Takada, Eur J Drug Metabol Pharmacokinet, Eur J Drug Metabol Pharmacokinet,   2018年, 査読有り
  • 各世代のとろみ調整剤が血糖値に与える影響, 松浦正佳, 島田紘明, 岸本理咲, 藤本和佳, 大鳥徹, 川瀬篤史, 岩城正宏, The Journal of Community Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, The Journal of Community Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, 10, 1, 9,   2018年, 査読有り
  • Profiling of hepatic metabolizing enzymes and nuclear receptors in rats with adjuvant arthritis by targeted proteomics, Atsushi Kawase, Shunsuke Tateishi, Akira Kazaoka, Biopharm Drug Dispos, Biopharm Drug Dispos, 39, 6, 308, 314,   2018年, 査読有り
  • Stability evaluations of montelukast tablets under conditions of single dose packaging, Masayoshi Matsuura, Toru Otori, Atsushi Kawase, Hiroaki Shimada, Hideyuki Nakanishi, Masahiro Iwaki, Int J Pharm Tech, Int J Pharm Tech, 9, 4, 31079, 31087,   2017年, 査読有り
  • ALTERATIONS IN EXPRESSION AND FUNCTION OF EZIRIN/RADIXIN/MOESIN PROTEINS FOR TRANSPORTERS IN ADJUVANT-INDUCED ARTHRITIS RATS, Iwaki Masahiro, Kawase Atsushi, Sakata Misato, Nakasaka Misaki, Kato Yukio, DRUG METABOLISM REVIEWS, DRUG METABOLISM REVIEWS, 47, 275,   2015年11月20日, 査読有り
  • Changes in mRNA Expression and Activity of Xenobiotic Metabolizing Enzymes in Livers from Adjuvant-induced Arthritis Rats, Atsushi Kawase, Syoko Wada, Masahiro Iwaki, Pharmacology & Pharmacy, Pharmacology & Pharmacy, 4, 478, 483,   2013年
  • Diurnal Variation of Nuclear Receptors in Mice with or without Fasting, Atsushi Kawase, Tetsuya Ohgami, Iho Yoshida, Yu Tsunokuni, Masahiro Iwaki, Pharmacology & Pharmacy, Pharmacology & Pharmacy, 4, 240, 243,   2013年
  • ALTERATION ON THE MRNA EXPRESSION OF ABC AND SLC TRANSPORTERS IN LIVER AND INTESTINE OF ADJUVANT-INDUCED ARTHRITIS RAT, Iwaki Masahiro, Uno Satoshi, Kawase Atsushi, DRUG METABOLISM REVIEWS, DRUG METABOLISM REVIEWS, 40, 213, 214,   2008年, 査読有り
  • Gastrointestinal Absorption of Hesperidin and Hesperetin after Oral Administration of Immature Citrus Unshiu Extract to Rats, Tadashi Fujita, Atsushi Kawase, Nanae Nishijima, Megumi Masuda, Hideaki Matsuda, Masahiro Iwaki, Shoyakugaku zasshi, Shoyakugaku zasshi, 62, 8, 14,   2008年
  • 塩酸デクスメデトミジンの体循環および肺循環に及ぼす影響, 稲森雅幸, 川瀬篤史, 岩城正宏, 古賀義久, Med J Kinki Univ, Med J Kinki Univ, 32, 243, 251,   2007年
  • Inhibitory effect of Ocimum gratissimum leaf extract on post-prandial increase of blood glucose, Hiroaki Shimada, Chiaki Kuma, Taichi Iseri, Shin-ichi Matsumura, Atsushi Kawase, Masayoshi Matsuura, Masahiro Iwaki, Nat Prod Commun, Nat Prod Commun, 14, 10,   2019年10月, 査読有り
  • Clotrimazole troches can alter everolimus pharmacokinetics in post-transplant patients: A case report, Takaya Uno, Kyoichi Wada, Sachi Matsuda, Megumi Ikura, Hiromi Takenaka, Nobue Terakawa, Akira Oita, Satoshi Yokoyama, Atsushi Kawase, Kouichi Hosomi, Mitsutaka Takada, Br J Clin Pharmacol, Br J Clin Pharmacol, 85, 9, 2176, 2178,   2019年09月, 査読有り
  • Changes in transporters and metabolizing enzymes in the livers of rats with bile duct ligation, Atsushi Kawase, Akira Kazaoka, Rei Yamamoto, Risa Minakata, Hiroaki Shimada, Masahiro Iwaki, J Pharm Pharm Sci, J Pharm Pharm Sci, 22, 1, 457, 465,   2019年, 査読有り
  • Impact of the CYP3A5*1 Allele on the Pharmacokinetics of Tacrolimus in Japanese Heart Transplant Patients., Uno T, Wada K, Matsuda S, Terada Y, Oita A, Kawase A, Takada M, European journal of drug metabolism and pharmacokinetics, European journal of drug metabolism and pharmacokinetics, 43, 6, 1, 9,   2018年04月24日, 査読有り
  • Correlation between glucuronidation and covalent adducts formation with proteins of nonsteroidal anti-inflammatory drugs, Hiroaki Shimada, Yuri Kobayashi, Sakiko Tanahashi, Atsushi Kawase, Taro Ogiso, Masahiro Iwaki, Eur J Pharm Sci, Eur J Pharm Sci, 112, 132, 138,   2018年01月15日, 査読有り
  • Relative contribution of rat CYP isoforms responsible for stereoselective metabolism of carvedilol, Masahiro Iwaki, Toshiro Niwa, Yukiko Nakamura, Atsushi Kawase, Hiroshi Komura, J Toxicol Sci, J Toxicol Sci, 43, 1, 59, 63,   2018年, 査読有り
  • Involvement of Reactive Metabolites of Diclofenac in Diclofenac-induced Cytotoxicity in Sandwich-cultured Rat Hepatocytes, Atsushi Kawase, Ryota Hashimoto, Mai Shibata, Hiroaki Shimada, Masahiro Iwaki, Int J Toxicol, Int J Toxicol, 36, 3, 260, 267,   2017年05月
  • Stereoselective Hepatic Disposition of Ibuprofen in the Perfused Liver of Rat with Adjuvant-induced Arthritis, Misato Uraki, Atsushi Kawase, Masahiro Iwaki, Xenobiotica, Xenobiotica, 47, 11, 943, 950,   2017年
  • Effects of Fasting on Pravastatin Disposition in Perfused Rat Liver, Atsushi Kawase, Ayumi Handa, Masahiro Iwaki, Int J Pharm Pharm Sci, Int J Pharm Pharm Sci, 8, 12, 130, 134,   2016年
  • Age-related Changed in mRNA Levels of Hepatic Transporters, Cytochrome P450 and UDP-glucuronosyltransferase in Female Rats, Atsushi Kawase, Ayami Ito, Ayano Yamada, Masahiro Iwaki, Eur J Drug Metabol Pharmacokinet, Eur J Drug Metabol Pharmacokinet, 40, 2, 239, 244,   2015年06月
  • Pravastartin Modulate Niemann-pick C1-like 1 and ATP-binding Cassette G5 and G8 to Influence Intestinal Cholesterol Absorption, Atsushi Kawase, Seiji Hata, Mai Takagi, Masahiro Iwaki, J Pharm Pharm Sci, J Pharm Pharm Sci, 18, 5, 765, 772,   2015年
  • Increased Effects of Ginsenosides on the Expression of Cholesterol 7a-hydroxylase but not the Bile Salt Export Pump are Involved in Cholesterol Metabolism, Atsushi Kawase, Ayano Yamada, Yuko Gamou, Chika Tahara, Fumiaki Takeshita, Kazuya Murata, Hideaki Matsuda, Keiichi Samukawa, Masahiro Iwaki, J Nat Med, J Nat Med, 67, 3, 545, 553,   2013年07月
  • Alteration in Plasma Protein Binding Properties of Propranolol and Flurbiprofen during Development of Adjuvant-induced Arthritis in Rats, Atsushi Kawase, Hiroyuki Ikuta, Satoshi Uno, Kana Yamamoto, Naomi Akitsu, Tomoaki Nagao, Masahiro Iwaki, Xenobiotica, Xenobiotica, 43, 3, 246, 252,   2013年03月
  • Strain Differences of Cytochrome P450 3A1 and 3A2 and Nuclear Receptors Inductions in the Liver by Phenobarbital and Dexamethasone in SD and DA rats, Atsushi Kawase, Toru Ohtori, Akiyuki Fujii, Ayano Yamada, Hiroshi Komura, Masahiro Iwaki, J Health Sci, J Health Sci, 57, 5, 414, 419,   2011年10月
  • Ginseng Extracts Facilitate Cytochrome P450 Xenobiotic Metabolism in Primary Cultures of Rat Hepatocytes, Atsushi Kawase, Fumiaki Takeshita, Ayano Yamada, Kazuya Murata, Hideaki Matsuda, Keiichi Samukawa, Masahiro Iwaki, J Health Sci, J Health Sci, 55, 5, 809, 813,   2009年10月
  • Enhanced CTL Response by Controlled Intracellular Trafficking of Antigen in Dendritic Cells Following DNA Vaccination, Keiko Isaji, Atsushi Kawase, Mitsuhiro Matono, Xin Guan, Makiya Nishikawa, Yoshinobu Takakura, J Control Release, J Control Release, 135, 3, 227, 233,   2009年05月
  • Differential Effects of Chrysin on Nitrofurantoin Pharmacokinetics Mediated by Intestinal Breast Cancer Resistance Protein in Rats and Mice, Atsushi Kawase, Yukako Matsumoto, Motoshi Hadano, Yui Ishii, Masahiro Iwaki, J Pharm Pharmaceut Sci, J Pharm Pharmaceut Sci, 12, 2, 150, 163,   2009年
  • Changes in mRNA Expression of ABC and SLC Transporters in Liver and Intestines of the Adjuvant-induced Arthritis Rat, Satoshi Uno, Misato Uraki, Ayami Ito, Yuki Shinozaki, Ayano Yamada, Atsushi Kawase, Masahiro Iwaki, Biopharm Drug Dispos, Biopharm Drug Dispos, 30, 1, 49, 54,   2009年01月
  • Comparative Evaluation of 12 Immature Citrus Fruit Extracts for the Inhibition of Cytochrome P450 Isoform Activities, Tadashi Fujita, Atsushi Kawase, Toshiro Niwa, Norimichi Tomohiro, Megumi Masuda, Hideaki Matsuda, Masahiro Iwaki, Biol Pharm Bull, Biol Pharm Bull, 31, 5, 925, 930,   2008年05月
  • Effect of a Novel Ascorbic Derivative, Disodium Isostearyl 2-O-L-ascorbyl Phosphate, on Normal Human Dermal Fibroblasts against Reactive Oxygen Species, Hiroharu Shibayama, Masayoshi Hisama, Sanae Matsuda, Atsushi Kawase, Mamitaro Ohtsuki, Katsumi Hanada, Masahiro Iwaki, Biosci Biotechnol Biochem, Biosci Biotechnol Biochem, 72, 4, 1015, 1022,   2008年04月
  • Anti-allergic Effect of a Combination of Citrus Unshiu Unripe Fruits Extract and Prednisolone on Picryl Chloride-induced Contact Dermatitis in Mice, Tadashi Fujita, Takehumi Shiura, Megumi Masuda, Masashi Tokunaga, Atsushi Kawase, Masahiro Iwaki, Takeshi Gato, Masahiko Fumuro, Katsuaki Sasaki, Naoki Utsunomiya, Hideaki Matsuda, J Nat Med, J Nat Med, 62, 2, 202, 206,   2008年04月
  • Impaired Intrinsic Chiral Inversion Activity of Ibuprofen in Rats with Adjuvant-induced Arthritis, Satoshi Uno, Misato Uraki, Hiroshi Komura, Hiroyuki Ikuta, Atsushi Kawase, Masahiro Iwaki, Xenobiotica, Xenobiotica, 38, 11, 1410, 1421,   2008年
  • Prediction of Metabolic Clearance of Diclofenac in Adjuvant-induced Arthritis Rats Using a Substrate Depletion Assay, Satoshi Uno, Akiyuki Fujii, Hiroshi Komura, Atsushi Kawase, Masahiro Iwaki, Xenobiotica, Xenobiotica, 38, 5, 482, 495,   2008年
  • Differences in Cytochrome P450 and Nuclear Receptor mRNA Levels in Liver and Small Intestine between SD and DA Rats, Atsushi Kawase, Akiyuki Fujii, Makiko Negoro, Ryosuke Akai, Miki Ishikubo, Hiroshi Komura, Masahiro Iwaki, Drug Metab Pharmacokinet, Drug Metab Pharmacokinet, 23, 3, 196, 206,   2008年

講演・口頭発表等

  • Modulation of transporter activities in hepatocytes and cancer cells by knockdown of transporter-associated proteins, 川瀬篤史, The 2nd Workshop for Korea-Japan Young Scientists on Pharmaceutics,   2018年07月10日
  • カンカニクジュヨウ中主成分エキナコシド,アクテオシドのグルコース/Na+共輸送トランスポーター阻害作用, 島田紘明, 卜部裕一, 岡本雄平, 川瀬篤史, 李 征, 森川敏生, 村岡 修, 岩城正宏, 日本生薬学会第64回年会,   2017年
  • 病態時のトランスポーター変動と特異体質性肝障害発症機序の解明, 川瀬篤史, 病態情報薬学分野設立20周年記念講演会,   2017年
  • マウス肝細胞-腹腔マクロファージ共培養系におけるグルタチオン枯渇のジクロフェナク毒性に対する影響, 川瀬篤史, 金藤彩加, 石橋真央, 小林諒裕, 中村 暉, 島田紘明, 岩城正宏, 第44回日本毒性学会学術年会,   2017年
  • 薬物誘発性肝障害に伴う肝プロスタグランジンE2動態変動, 橋本凌汰, 島田紘明, 東田千代, 青木 彩, 川瀬篤史, 岩城正宏, 第59回日本脂質生化学会,   2017年
  • Correlation between Formation of Glucuronide Metabolite and Covalent Protein Adducts of Nonsteroidal Anti-inflammatory Drugs, Hiroaki Shimada, Atsushi Kawase, Taro Ogiso, Masahiro Iwaki, Pharmaceutical Sciences World Congress 2017,   2017年
  • Effects of Glutathione Depletion on Diclofenac-induced Cytotoxicity in Mouse Hepatocytes, Atsushi Kawase, Ayaka Kaneto, Mao Ishibashi, Hiroaki Shimada, Masahiro Iwaki, Pharmaceutical Sciences World Congress 2017,   2017年
  • Effect of Hepatic and Renal Functions of Pharmacokinetics of Naproxen in Guinea Pigs: Acyl Glucuronide Concentration and Irreversible Binding to Plasma Protein, Masahiro Iwaki, Taro Ogiso, Hiroaki Shimada, Atsushi Kawase, Pharmaceutical Sciences World Congress 2017,   2017年
  • 能動的学習を促す双方向授業方法の検討と学習効果 -総合演習科目へのレスポンスアナライザーの導入-, 大内秀一, 松野純男, 伊藤栄次, 川?直人, 川瀬篤史, 岩城正宏, 第1回日本薬学教育学会大会,   2016年
  • Protein Kinase N Family-dependent Regulation of Hepatic Cytochrome P450 2C in Mice, Atsushi Kawase, Nobuyuki Nimura, Marina Yamashita, Yuki Ono, Koji Kubouchi, Nanae Sawada, Hiroaki Shimada, Ryosuke Satoh, Ayako Kita, Hideyuki Mukai, Masahiro Iwaki, Reiko Sugiura, 日本薬物動態学会第31回年会,   2016年
  • Stability of Echinacoside and Acteoside, Components of Cistance Tubulosa, in Gastrointestinal Tract and Liver, Hiroaki Shimada, Yuichi Urabe, Yuhei Okamoto, Mayumi Komura, Yuki Yamashita, Atsushi Kawase, Toshio Morikawa, Osamu Muraoka, Masahiro Iwaki, 日本薬物動態学会第31回年会,   2016年
  • Effect of ERM Protein Function Depression on ABC Transporter Activities, Yuta Inoue, Atsushi Kawase, Sayaka Nakazaki, Erika Koizumi, Hiroaki Shimada, Masahiro Iwaki, 日本薬物動態学会第31回年会,   2016年
  • Involvement of Reactive Metabolites of Diclofenac in Cytotoxicity in Sandwich Cultured Rat Hepatocytes, Ryota Hashimoto, Atsushi Kawase, Mai Shibata, Hiroaki Shimada, Masahiro Iwaki, 日本薬物動態学会第31回年会,   2016年
  • 多糖類を主成分とするとろみ調整剤からのグルコース生成に関する基礎的研究, 松浦正佳, 岸本理咲, 加治工衛, 前田智昭, 大鳥 徹, 川瀬篤史, 島田紘明, 岩城正宏, 第10回日本薬局学会学術総会,   2016年
  • Protein Kinase N (PKN) Family-dependent Regulation of Hepatic Cytochrome P450 2C and Metabolic Profile Analysis in PKN Mutant Mice through Targeted Metabolomics by LC-MS/MS, Atsushi Kawase, Nobuyuki Nimura, Marina Yamashita, Yuki Ono, Koji Kubouchi, Nanae Sawada, Hiroaki Shimada, Ryosuke Satoh, Ayako Kita, Hideyuki Mukai, Masahiro Iwaki, Reiko Sugiura, 第12回プロテインホスファターゼ国際カンファレンス,   2016年
  • Influence of Radicin Knockdown on Drug Efflux Transporters of Cancer Cells, Yuta Inoue, Atsushi Kawase, Sayaka Nakazaki, Erika Koizumi, Hiroaki Shimada, Masahiro Iwaki, 第12回プロテインホスファターゼ国際カンファレンス,   2016年
  • Contribution of Human Hepatic Cytochrome P450 Isoforms to the Stereoselective Oxidation of Carvedilol, Masahiro Iwaki, Saya Bandoh, Atsushi Kawase, Hiroshi Komura, Toshiro Niwa, 日本薬物動態学会第30回年会,   2015年
  • Inhibitory Effects of Pravastatin on the Expression of Intestinal Niemann-pick C1 Like 1, Atsushi Kawase, Seiji Hata, Mai Takagi, Masahiro Iwaki, 日本薬物動態学会第30回年会,   2015年
  • Protein Kinase Nファミリー遺伝子改変マウスを用いた薬物代謝酵素の解析, 小野祐輝, 窪内康二, 木戸友絵, 澤田奈々, 二村信之, 山下真理奈, 川瀬篤史, 岩城正宏, 向井秀幸, 喜多綾子, 佐藤亮介, 杉浦麗子, 第65回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2015年
  • 炎症時におけるトランスポーター変動とERMタンパク質の関連, 川瀬篤史, 第64回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2014年
  • Alterations in Expression and Function of ABC Transporters and ERM Proteins in Inflammation, Atsushi Kawase, Global Education Seminar West 2014,   2014年
  • Alterations in Expression and Function of ABC Transporters and ERM Proteins in Adjuvant-induced Arthritis Rats, Atsushi Kawase, Masahiro Iwaki, Anti-Aging International Mini-Symposium 2014,   2014年
  • Development for Hemiacetal Ester of New Quinolone Avoiding Chelation with Metal Containing Drugs, Together with Avoiding Pseudomembranous Colitis, Kenji Matsuyama, Tohru Ohtori, Atsushi Kawase, Masahiro Iwaki, Tetsutaro Kimachi, Yoshikazu Ishii, 19th North American Regional ISSX Meeting and 29th JSSX Meeting,   2014年
  • Alterations in Expression and Function of Ezrin/radixin/moesin Proteins for Transporters in Adjuvant-induced Arthritis Rats, Masahiro Iwaki, Atsushi Kawase, Misato Sakata, Misaki Nakasaka, Yukio Kato, 19th North American Regional ISSX Meeting and 29th JSSX Meeting,   2014年
  • アジュバント関節炎ラットにおけるABCトランスポーター発現変動, 足立満実子, 川瀬篤史, 岩城正宏, 日本薬学会第133年会,   2013年
  • 炎症時におけるERMタンパク質発現変動, 矢田凪沙, 阪田美里, 足立満実子, 川瀬篤史, 加藤将夫, 岩城正宏, 第8回トランスポーター研究会年会,   2013年
  • Concentration-independent Contribution of Human Hepatic Cytochrome P450 Isoforms to the Stereoselective Metabolism of Carvedilol, Masahiro Iwaki, Saya Bandoh, Megumi Itoh, Yukiko Nakamura, Hitomi Hirose, Toshiro Niwa, Hiroshi Komura, Tadatoshi Tanino, Atsushi Kawase, 日本薬物動態学会第28回年会,   2013年
  • Alterations in Hepatic ABC Transporters and ERM Proteins in Adjuvant-induced Arthritis, Nagisa Yada, Misato Sakata, Atsushi Kawase, Yukio Kato, Masahiro Iwaki, American Association of Pharmaceutical Scientists 2013,   2013年
  • Effects of Adjuvant-induced Inflammation on Disposition of Diclofenac and Diclofenac Metabolites in Perfused Rat Liver, Misato Uraki, Hiroyuki Sayama, Atsushi Kawase, Yuka Matsushima, Hiroshi Komura, Masahiro Iwaki, American Association of Pharmaceutical Scientists 2013,   2013年
  • Effects of Pravastatin and Ezetimibe on the Expression of Intestinal Niemann-pick C1 Like 1 and ABCG5/G8, Atsushi Kawase, Seiji Hata, Mai Takagi, Masahiro Iwaki, American Association of Pharmaceutical Scientists 2013,   2013年
  • 高コレステロール時におけるNPC1L1発現とラット・マウス間種差, 川瀬篤史, 荒木康羽, 植田元子, 瀬谷佳子, 秦 誠治, 中崎紗也香, 岩城正宏, 日本薬学会第132年会,   2012年
  • 脂質異常症または絶食時におけるトランスポーター変動とプラバスタチン肝内動態に関する検討, 川瀬篤史, 半田亜由美, 篠原広樹, 岩城正宏, 第7回トランスポーター研究会,   2012年
  • 紅参含有ジンセノサイドのコレステロール代謝酵素CYP7Aに対する発現促進作用, 川瀬篤史, 村田和也, 寒川慶一, 松田秀秋, 岩城正宏, 日本薬学会近畿支部第62回総会・大会,   2012年
  • Stereoselective Contribution of Human Hepatic Cytochrome P450 Isoforms to the Metabolism of Carvedilol, Hitomi Hirose, Megumi Itoh, Hiroshi Komura, Tadatoshi Tanino, Atsushi Kawase, Masahiro Iwaki, 日本薬物動態学会第27回年会,   2012年
  • エノキサシンキレート子のピボキシルエステル化による金属含有制酸剤併用時の血中エノキサシン濃度への影響, 沖吉慶子, 今仲 洸, 大鳥 徹, 藤本脩太, 岡本佳世, 瀬川雅彦, 西脇敬二, 川瀬篤史, 岩城正宏, 松山賢治, 日本薬学会第131年会,   2011年
  • 高脂肪食摂取および絶食ラットにおけるプラバスタチンの肝内動態への影響, 半田亜由美, 川瀬篤史, 岩城正宏, 日本薬剤学会第26年会,   2011年
  • メトトレキサートと非ステロイド系抗炎症薬の相互作用:非ステロイド系抗炎症薬のグルクロン酸抱合体のMRP2および4に対する輸送阻害作用, 岩城正宏, 山本泰希, 半田亜由美, 川瀬篤史, 医療薬学フォーラム2011,   2011年
  • Stereoselective Inhibitory Effects of Glucuronides of Nonsteroidal Anti-inflammatory Drugs on the Transport Mediated by Multiple Resistance-associated Protein (MRP) 2 and MRP4, Masahiro Iwaki, Taiki Yamamoto, Ayumi Handa, Atsushi Kawase, BioMedical Transporters 2011,   2011年
  • Alterations in P-glycoprotein in Intestine, Liver, Brain, and Kidney of the Adjuvant Arthritis Rat, Atsushi Kawase, Sari Norikane, Masahiro Iwaki, BioMedical Transporters 2011,   2011年
  • CYP2D遺伝的欠損DAラットにおけるカルベジロールのin vitroおよびin vivo立体選択的代謝, 田中裕之, 寺口和宏, 廣瀬仁美, 大城 巧, 川瀬篤史, 岩城正宏, 第61回日本薬学会近畿大部総会・大会,   2011年
  • 学生のニーズ把握と具体的な問題解決手法の修得を目的とした学生ワークショップの試み, 安原智久, 川?直人, 八木秀樹, 川瀬篤史, 伊藤栄次, 大鳥 徹, 和田哲幸, 松山賢治, 岩城正宏, 日本薬学会第130年会,   2010年
  • 紅蔘エキスの脂質代謝に関わるチトクロムP450およびトランスポーターに対する影響, 川瀬篤史, 蒲生悠子, 田原知佳, 山田彩乃, 山下友希, 寒川慶一, 竹下文章, 村田和也, 松田秀秋, 岩城正宏, 日本薬剤学会第25年会,   2010年
  • アジュバント関節炎発症ラットにおけるトランスポーターの変動, 赤井亮介, 川瀬篤史, 法兼沙理, 岡本怜也, 岩城正宏, 日本薬剤学会第25年会,   2010年
  • ラット肝臓および小腸におけるチトクロムP450とP-糖タンパク質の誘導に対するフェニトイン投与期間の影響, 田中裕之, 川瀬篤史, 廣瀬仁美, 山崎和哉, 大鳥 徹, 岩城正宏, 日本薬剤学会第25年会,   2010年
  • 薬学部4年制課程から6年制課程への移行に伴う本学学生の就職意識動向調査, 川瀬篤史, 長井紀章, 木下充弘, 関口富美子, 桑島 博, 鈴木茂生, 西田升三, 松尾圭造, 掛樋一晃, 医療薬学フォーラム2010,   2010年
  • 調剤薬局における薬剤師需要の動向予測に関する研究, 長井紀章, 川瀬篤史, 木下充弘, 関口富美子, 桑島 博, 鈴木茂生, 西田升三, 松尾圭造, 掛樋一晃, 医療薬学フォーラム2010,   2010年
  • 高用量レボフロキサシンの薬物動態を検討した血液透析症例, 浦田元樹, 太田美由希, 北村芳子, 稲荷場ひろみ, 岡村幹夫, 川瀬篤史, 岩城正宏, 第55回日本透析医学会,   2010年
  • 血液透析患者におけるレボフロキサシンの薬物動態の検討, 太田美由希, 浦田元樹, 北村芳子, 崔 吉永, 岡村幹夫, 稲荷場ひろみ, 根来伸夫, 川瀬篤史, 岩城正宏, 第75回大阪透析研究会,   2010年
  • エノキサシンキレート子のピボキシルエステル化による金属含有制酸剤併用時の血中エノキサシン濃度への影響, 今仲 洸, 大鳥 徹, 沖吉慶子, 岡本佳世, 瀬川雅彦, 西脇敬二, 川瀬篤史, 岩城正宏, 第20回日本医療薬学会,   2010年
  • 血液透析患者における高用量レボフロキサシン薬物動態の検討, 太田美由希, 浦田元樹, 北村芳子, 崔 吉永, 岡村幹夫, 根来伸夫, 川瀬篤史, 岩城正宏, 第20回日本医療薬学会,   2010年
  • The Effect of Fasting and Hyperlipidemia on the Disposition of Pravastatin in the In Situ Perfused Rat Liver Model, Masahiro Iwaki, Ayumi Handa, Atsushi Kawase, Pharmaceutical Sciences World Congress 2010,   2010年
  • Effects of Mrp2- and Mrp3-knockdown in Mice on Covalent Adduct Formation of Acyl Glucuronide Using shRNA-expressing Adenovirus Vector, Atsushi Kawase, Ayano Yamada, Taiki Yamamoto, Sayaka Tomatsu, Masahiro Iwaki, Pharmaceutical Sciences World Congress 2010,   2010年
  • アジュバント関節炎発症時における肝臓,小腸および脳のトランスポーターmRNA変動, 宇野敏志, 浦木美里, 川瀬篤史, 岩城正宏, 日本薬学会第129年会,   2009年
  • Changes in mRNA Expression of ABC and SLC Transporters in Liver and Intestines of the Adjuvant-induced Arthritis Rat, Satoshi Uno, Misato Uraki, Ayano Yamada, Atsushi Kawase, Masahiro Iwaki, 69th International Congress of FIP,   2009年
  • Differences in Cytochrome P450 and Nuclear Receptor mRNA Levels in Liver and Small Intestines between SD and DA Rats, Atsushi Kawase, Akiyuki Fujii, Ryosuke Akai, Masahiro Iwaki, 69th International Congress of FIP,   2009年
  • 紅蔘エキスの脂質代謝に関わるシトクロムP450およびトランスポーターに対する影響, 山田彩乃, 竹下文章, 蒲生悠子, 田原知佳, 寒川慶一, 村田和也, 松田秀秋, 川瀬篤史, 岩城正宏, 第59回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2009年
  • ラットおよびマウスにおけるBCRPを介したニトロフラントイン体内動態に対するChrysinの影響, 川瀬篤史, 岩城正宏, 第3回食品薬学シンポジウム,   2009年
  • ラット肝臓および小腸におけるCYP3AとP糖タンパク質の誘導に対するフェニトイン投与期間の影響, 大鳥 徹, 岡亜沙美, 川瀬篤史, 田充隆, 岩城正宏, 第18回日本医療薬学会年会,   2008年
  • ラット肝還流法を用いたジクロフェナクの肝内動態と慢性炎症の影響, 浦木美里, 松島由佳, 宇野敏志, 川瀬篤史, 岩城正宏, 日本薬剤学会第23年会,   2008年
  • CYP2D遺伝的欠損ラットを用いたin vivo-in vitro間の薬物相互作用の予測, 藤井晃行, 根來真貴子, 石窪未来, 小村 弘, 川瀬篤史, 岩城正宏, 日本薬剤学会第23年会,   2008年
  • Alteration on the mRNA Expression of ABC and SLC Transporters in Liver and Intestine of Adjuvant-induced Arthritis Rat, Satoshi Uno, Atsushi Kawase, Masahiro Iwaki, 2nd Asian Pacific Regional ISSX Meeting,   2008年
  • Differences in Cytochrome P450 and Nuclear Receptor mRNA Levels in Liver and Small Intestine between SD and DA Rats, Atsushi Kawase, Akiyuki Fujii, Masahiro Iwaki, 2nd Asian Pacific Regional ISSX Meeting,   2008年
  • マイクロRNAによるIRESを介した多重遺伝子発現系における発現制御, 杉尾久美子, 櫻井文教, 川瀬篤史, 岩城正宏, 川端健二, 水口裕之, 第8回遺伝子・デリバリー研究会,   2008年
  • 各種未熟柑橘類エキスによるCYP阻害作用と成分含量との関連, 藤田 忠, 川瀬篤史, 友廣教道, 増田めぐみ, 松田秀秋, 岩城正宏, 日本薬学会第128年会,   2008年
  • トランスポーターを介した薬物相互作用:フラボノイドchrysinのラットおよびマウスbreast cancer resistance protein (Bcrp)に対する影響, 川瀬篤史, 松本優香子, 羽田野素司, 岩城正宏, 日本薬学会第128年会,   2008年
  • 塩酸デクスメデトミジンの肺循環に及ぼす作用, 稲森雅幸, 塩川泰啓, 中村正人, 川瀬篤史, 岩城正宏, 古賀義久, 第54回麻酔学会,   2007年
  • フラボノイドChrysinのマウスBcrp/ABCG2に対する影響, 川瀬篤史, 松本優香子, 羽田野素司, 岩城正宏, 第2回トランスポーター研究会,   2007年
  • Inflammation Impairs Intrinsic Chiral Inversion Activity of "Profen", Nonsteroidal Antiinflammatory Drug, Masahiro Iwaki, Misato Uraki, Satoshi Uno, Atsushi Kawase, Pharmaceutical Sciences World Congress 2007,   2007年
  • Effects of CAR on Bilirubin Metabolism in Mouse Collagen-induced Arthritis, Atsushi Kawase, You Tsunokuni, Masahiro Iwaki, Pharmaceutical Sciences World Congress 2007,   2007年
  • Substrate depletion assayによる慢性炎症モデルラットにおけるジクロフェナク代謝クリアランスの予測, 藤井晃行, 宇野敏志, 川瀬篤史, 岩城正宏, 第127年会日本薬学会,   2007年
  • 未熟ハッサクの抗アレルギー作用に関する研究, 友廣教道, 森川 普, 伊藤仁久, 志浦健文, 増田めぐみ, 藤田 忠, 川瀬篤史, 岩城正宏, 我藤 雄, 文室政彦, 佐々木勝昭, 宇都宮直樹, 松田秀秋, 第127年会日本薬学会,   2007年
  • 慢性関節炎発症時における核内レセプターの変動とビリルビン代謝に及ぼす影響, 川瀬篤史, 津國 優, 岩城正宏, 第1回トランスポーター研究会,   2006年
  • コラーゲン誘導関節炎マウスでのCAR変動がビリルビン代謝に及ぼす影響, 川瀬篤史, 津國 優, 岩城正宏, 第21回日本薬物動態学会,   2006年
  • 未熟な柑橘類果実の血行改善作用温州ミカン (Citrus unshiu)の血液レオロジー向上作用, 得永雅士, 藤田 忠, 友廣教道, 増田めぐみ, 安松谷真, 江後絵美, 川瀬篤史, 岩城正宏, 松田秀秋, 佐々木勝昭, 文室政彦, 我藤 雄, 宇都宮直樹, 日本生薬学会第53回年会,   2006年
  • アジュバント関節炎ラット肝細胞を用いたイブプロフェンのキラル変換に関する検討, 宇野敏志, 浦木美里, 川瀬篤史, 岩城正宏, 第21回日本薬物動態学会,   2006年
  • 青い柑橘類果実に新規機能性を求めて-青ウンシュウミカンの抗アレルギー作用, 友廣教道, 志浦健文, 前園知子, 藤田 忠, 岩城正宏, 川瀬篤史, 松田秀秋, 第1回食品薬学シンポジウム,   2006年
  • 抗アレルギー作用および美白作用, 友廣教道, 藤田 忠, 伊藤仁久, 松田秀秋, 川瀬篤史, 岩城正宏, 我藤 雄, 佐々木勝昭, 宇都宮直樹, 久保道徳, 第35回生薬分析シンポジウム,   2006年
  • 柑橘類果実の血行改善作用に関する研究, 友廣教道, 藤田 忠, 伊藤仁久, 松田秀秋, 川瀬篤史, 岩城正宏, 我藤 雄, 佐々木勝昭, 宇都宮直樹, 久保道徳, 第126年会日本薬学会,   2006年
  • 未熟な柑橘類果実の血行改善作用, 友廣教道, 藤田 忠, 伊藤仁久, 松田秀秋, 川瀬篤史, 岩城正宏, 我藤 雄, 佐々木勝昭, 宇都宮直樹, 久保道徳, 第126年会日本薬学会,   2006年
  • Alteration in Factors Affecting Drug Disposition during Development of Adjuvant-induced Arthritis in Rats, Atsushi Kawase, Satoshi Uno, Kana Yamamoto, Naomi Akitsu, Tomoaki Nagao, Masahiro Iwaki, 第20回年会 JSSX-ISSX合同学会,   2005年
  • 柑橘類果実,特にハッサクCitrus hassakuの美白効果に関する研究, 松田秀秋, 友廣教道, 藤田 忠, 川瀬篤史, 岩城正宏, 我藤 雄, 佐々木勝昭, 宇都宮直樹, 久保道徳, 天然薬物の応用と開発シンポジウム,   2005年
  • DNAワクチン療法における抗原の細胞内動態の制御による細胞障害性T細胞活性の増強, 川瀬篤史, 伊佐次圭子, 的野光洋, 西川元也, 高倉喜信, 第21回日本DDS学会,   2005年
  • Improved Antigen Presentation Efficiency by Dendritic Cells with Plasmid DNA Encoding Structure-modified Antigens, Keiko Isaji, Makiya Nishikawa, Atsushi Kawase, Ayumi Yamaoka, Yoshinobu Takakura, 5th Globalization of Pharmaceutics Education Network (GPEN) International Graduates Student Meeting,   2004年
  • In Vivo Manipulation of Dendritic Cell Migration and Activation to Elicit Immune Response by Polyplex-based DNA Vaccination, Atsushi Kawase, Ayumi Yamaoka, Makiya Nishikawa, Yoshinobu Takakura, 5th Globalization of Pharmaceutics Education Network (GPEN) International Graduates Student Meeting,   2004年
  • Control of Intracellular Trafficking of Genetically Delivered Antigens in Dendritic Cells for Improved DNA Vaccination, Keiko Isaji, Makiya Nishikawa, Atsushi Kawase, Ayumi Yamaoka, Yoshinobu Takakura, Pharmaceutical Sciences World Congress 2004,   2004年
  • Increased Dendritic Cell Migration to the Vaccination Site and Enhanced Immune Response by Polyplex-based DNA Vaccine, Atsushi Kawase, Ayumi Yamaoka, Makiya Nishikawa, Yoshinobu Takakura, Pharmaceutical Sciences World Congress 2004,   2004年
  • メチル化BSAを利用したプラスミドDNAによる抗原特異的抗体産生の増大, 伊佐次圭子, 川瀬篤史, 山岡あゆみ, 西川元也, 高倉喜信, 第13回アンチセンスシンポジウム,   2003年
  • カチオン性高分子/プラスミドDNA複合体化によるDNAワクチン効果の増強およびそのメカニズム, 川瀬篤史, 伊佐次圭子, 小林直樹, 西川元也, 高倉喜信, 日本DDS学会第19年会,   2003年
  • ハイドロダイナミクス (Hydrodynamics)法による肝細胞への効率的遺伝子デリバリーメカニズム, 小林直樹, 川瀬篤史, 西川元也, 高倉喜信, 日本DDS学会第19年会,   2003年
  • カチオン性高分子キャリアーを用いたプラスミドDNA複合体化によるDNAワクチン効果の制御, 川瀬篤史, 伊佐次圭子, 小林直樹, 西川元也, 高倉喜信, 日本薬剤学会第18年会,   2003年
  • Control of Disposition Characteristics of Plasmid DNA after Local Administration by Complexation with Cationic Macromolecules, Atsushi Kawase, Naoki Kobayashi, Kiyoshi Yamaoka, Yoshinobu Takakura, 29th Annual Meeting and Exposition of the Controlled Release Society,   2002年
  • メチル化BSA複合体化によるプラスミドDNAの局所投与時の動態および免疫応答の制御, 川瀬篤史, 小林直樹, 高倉喜信, 遺伝子・デリバリー研究会第2回シンポジウム,   2002年
  • メチル化BSA/プラスミドDNA複合体の筋肉内投与の体内動態と遺伝子発現, 川瀬篤史, 山岡 清, 高倉喜信, 日本薬学会第122年会,   2002年
  • プラスミドDNAの局所投与時の体内動態と遺伝子発現機構に関する検討, 川瀬篤史, 山岡 清, 高倉喜信, 日本薬剤学会第16年会,   2001年

MISC

  • 砂漠人参カンカニクジュヨウの血糖上昇抑制作用メカニズムの解明, 島田紘明, 卜部裕一, 岡本雄平, 李征, 川瀬篤史, 森川敏生, 森川敏生, 村岡修, 村岡修, 村岡修, 岩城正宏, 岩城正宏, 岩城正宏, 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 39th, 56‐57,   2017年10月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802279906981382
  • カンカニクジュヨウ中主成分エキナコシド、アクテオシドのグルコース/Na+共輸送トランスポーター阻害作用, 島田 紘明, 卜部 裕一, 岡本 雄平, 川瀬 篤史, 李 征, 森川 敏生, 村岡 修, 岩城 正宏, 日本生薬学会年会講演要旨集, 64回, 113, 113,   2017年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802265898730700
  • 初年次における分野横断的統合型薬学教育の試み, 安原 智久, 川 直人, 八木 秀樹, 伊藤 栄次, 川瀬 篤史, 大鳥 徹, 和田 哲幸, 松山 賢治, 岩城 正宏, YAKUGAKU ZASSHI, 130, 12, 1647, 1653,   2010年12月, 10.1248/yakushi.130.1647, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000451722
    概要:The six-year pharmacist education course has begun, and now first-year students receive clinical training. Interdisciplinary problem-solving capabilities covering chemistry, biology, molecular biology, pharmacology, pathology, and pharmacokinetics are necessary for new pharmacists. However, the conventional pharmaceutical science education was so separate from other fields that education for interdisciplinary cooperative capability was insufficient. This was especially true of elemental science courses, because they are not directly connected with clinical knowledge, and there is a problem of low student interest in those courses. As a result, students acquired only recall-level knowledge in clinical courses and their problem-solving capabilities in clinical treatment and drug development deteriorated. Therefore we offered a trial lecture aimed to help students recognize the important relationship between elemental science courses and clinical courses and increase their motivation to enroll in these courses. Specifically, the trial lecture covered cancer therapy, in reference to mechanisms of carcinogenesis, epidemiology, physiology of cancer, anticancer drugs with explanations of the mechanism of action of carcinogens, anticancer drugs, and molecular-targeted drugs from the viewpoints of organic chemistry and biochemistry by a specialized teacher. This paper reports on this experimental lecture with evaluations from students.
  • P1-245 エノキサシンキレート子のピボキシルエステル化による金属含有制酸剤併用時の血中エノキサシン濃度への影響(一般演題 ポスター発表,薬物動態・TDM・投与設計,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学), 今仲 洸, 大鳥 徹, 沖吉 慶子, 岡本 佳世, 瀬川 雅彦, 西脇 敬二, 川瀬 篤史, 岩城 正宏, 松山 賢治, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 20,   2010年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008108627
  • P2-258 血液透析患者における高用量レボフロキサシン薬物動態の検討(一般演題 ポスター発表,薬物動態・TDM・投与設計,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学), 太田 美由希, 浦田 元樹, 北村 芳子, 崔 吉永, 岡村 幹夫, 稲荷場 ひろみ, 根来 伸夫, 川瀬 篤史, 岩城 正宏, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 20,   2010年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008109256
  • 20-P3-469 ラット肝臓および小腸におけるCYP3AとP糖タンパク質の誘導に対するフェニトイン投与期間の影響(薬物動態(基礎),来るべき時代への道を拓く), 大鳥 徹, 岡 亜沙美, 川瀬 篤史, 高田 充隆, 岩城 正宏, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 18,   2008年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006964412
  • 未熟温州ミカンエキスのラット経口投与時におけるヘスペリジンおよびヘスペレチンの消化管吸収性, 藤田 忠, 川瀬 篤史, 西島 七恵, 増田 めぐみ, 松田 秀秋, 岩城 正宏, 生薬學雜誌, 62, 1, 8, 14,   2008年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008729795
    概要:Hesperidin and hesperetin having an antiallergic effect are contained abundantly in immature fruit of Citrus unshiu. However, the gastrointestinal absorption of hesperidin and hesperetin as an aglycone of hesperidin after oral administration of Citrus unshiu extract (CU-ext) has not been clarified. We developed a simultaneous HPLC analysis for hesperidin and hesperetin in plasma and investigated the pharmacokinetics of hesperidin and hesperetin after oral administration of CU-ext compared with that after hesperidin solution or suspension in rats. Much higher plasma concentrations of hesperidin and hesperetin were observed after administration of CU-ext compared to those after hesperidin suspension. The maximum plasma concentration (Cmax) and bioavailability of hesperidin was 835 ng/mL and 3.5-7%, respectively, after administration of CU-ext (200 mg/kg), although respective values after hesperidin suspension were only 144 ng/mL and 0.5-1.5%. Comparison of the ratio of AUC o fhesperetin to that of hesperidin also demonstrated that a part of hesperidin was absorbed after conversion to hesperetin. This study showed that the form of CU-ext could promote the absorption of hesperidin.
  • 塩酸デクスメデトミジンの体循環および肺循環に及ぼす影響, 稲森 雅幸, 川瀬 篤史, 岩城 正宏, 古賀 義久, 近畿大学医学雑誌, 32, 4, 243, 251,   2007年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007025594
    概要:塩酸デクスメデトミジン(Dex)は,重症患者の鎮静に用いられるため,低酸素血症を誘発する可能性がないことを確かめておく必要がある.そこで,肺循環への作用を明確にする目的で,家兎循環動態標本ならびに肺動脈送血,左心房脱血の定流量再潅流標本を作成し,Dexの持続投与による全身の循環動態への影響およびHPV反応に及ぼす影響を検討した.また,心臓手術後の集中治療室入室患者に対し,Dex持続投与による循環動態の変化を検討した.Dexを全身麻酔下の家兎に投与したところ,平均動脈圧(MAP)は投与初期に低下したが,平均肺動脈圧(MPAP)は変化しなかった.心拍数(HR),心拍出量(CO)は投与後速やかに減少したが,一回拍出量(SV)の減少は認められなかった.血中濃度は投与後約60分で定常状態に達すると推測された.HPV反応はDex投与により増強も減弱もしなかった.しかし,臨床使用濃度の約400倍と考えられる高濃度では肺動脈圧の上昇が認められた.心臓手術後患者に初期負荷投与を行わずDexを持続投与したところ,初期負荷投与で生じる急激な高血圧,低血圧などの循環動態の変動は認められず,60分後には鎮静レベルも良好であった.Dexは早期開始により循環動態の変動を少なくすることができ,また,HPV反応に与える影響がないため,低酸素血症を引き起こす可能性は極めて少ないものと考えられた.

受賞

  •   2016年10月, 日本薬局学会, 日本薬局学会ポスター優秀演題賞
  •   2014年12月, 日本薬剤学会, Global Education Seminar Presentation Award
  •   2014年01月, 日本薬学会, 日本薬学会近畿支部奨励賞
  •   2002年05月, 遺伝子・デリバリー研究会, 遺伝子・デリバリー研究会奨励賞

競争的資金

  • 独立行政法人 日本学術振興会 科学研究費助成(基盤研究(C)), トランスポーター周辺タンパク質は抗がん薬多剤耐性克服のターゲットとなり得るか?
  • 独立行政法人 日本学術振興会, 科学研究費助成(基盤研究(C)), 特異体質性肝障害にアシルCoAチオエステル中間代謝物は関与しているか?
  • 独立行政法人 日本学術振興会, 科学研究費助成(若手研究 (B)), ERMタンパク質リン酸化状態およびトランスポーター機能に対する炎症因子の影響
  • 独立行政法人 日本学術振興会, 科学研究費助成(若手研究 (B)), 炎症時におけるERMタンパク質変動とトランスポーター機能との関連
  • 公益財団法人 上原記念生命科学財団, 研究奨励金, アデノウイルスベクターを利用した特異体質性肝障害機序の解明
  • 独立行政法人 日本学術振興会, 科学研究費助成(基盤研究(C)), 反応性代謝物を介する肝障害発現に関与する機能タンパク質の解明

その他

  •   2017年04月, 標的プロテオミクス法による炎症時のトランスポーター機能および薬物動態解析, 近畿大学学内奨励研究助成金 SR03
  •   2015年04月, アクティブ・ラーニングを取り入れた双方向授業の導入と評価法の構築―学生参加型学習推進のための問題抽出とその対策, 近畿大学学内研究助成金 21世紀教育開発奨励金【教育推進研究助成金】KS01
  •   2014年04月, 種々の炎症モデルにおけるERMタンパク質およびトランスポーター機能に対する影響, 近畿大学学内奨励研究助成金 SR04
  •   2010年04月, アデノウイルスベクターを利用したNSAIDSの肝毒性機構の解明, 近畿大学学内奨励研究助成金 SR03
  •   2007年04月, フラボノイドまたはフラノクマリンによるBCRP阻害効果と臓器選択的薬物送達への応用, 近畿大学学内奨励研究助成金 GS05

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 薬物動態学, 近畿大学薬学部
  • 総合演習2, 近畿大学薬学部
  • 総合演習1, 近畿大学薬学部
  • 基礎ゼミ, 近畿大学薬学部
  • 生物学入門, 近畿大学薬学部
  • 基礎生物学, 近畿大学薬学部
  • 生命の科学, 近畿大学
  • 生物学英語, 近畿大学薬学部
  • 薬物速度論, 近畿大学薬学部