KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

森川 敏生モリカワ トシオ

プロフィール

所属部署名薬学総合研究所 / 薬学研究科
職名教授
学位博士(薬学)
専門生薬学、天然物化学、食品薬学
ジャンル医療・健康/漢方・中医学
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/823-morikawa-toshio.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/11/25

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    世界各地の伝統医学に用いられる天然薬物のうち、食材としても用いられる“薬用食品”素材から、メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防や初期症状の改善に資する化合物を探索しています。

学歴・経歴

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学 薬学総合研究所 教授
  •   2011年04月,  - 現在, 近畿大学 大学院薬学研究科
  •   2007年06月,  - 現在, 近畿大学 アンチエイジングセンター 所員
  •   2010年04月,  - 2015年03月, 近畿大学 薬学総合研究所 准教授
  •   2005年04月,  - 2010年03月, 近畿大学 薬学総合研究所 講師
  •   2001年04月,  - 2005年03月, 京都薬科大学 助手

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 環境、天然医薬資源学
  • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学

研究キーワード

  • 食品薬学, 生薬学, 天然物化学, ケミカルバイオロジー

論文

  • Synthesis of salacinol-d4 as an internal standard for mass-spectrometric quantitation of salacinol, a potent α-glucosidase inhibitor found in a traditional ayurvedic medicine “Salacia”, Genzoh Tanabe, Sanami Teramae, Yousuke Kunikata, Shuhei Okugawa, Shinsuke Marumoto, Fumihiro Ishikawa, Weija Xie, Toshio Morikawa, Osamu Muraoka, Heterocycles, Heterocycles, 97, 1,   2018年, 査読有り
  • Total Synthesis of γ-Alkylidenebutenolides, Potent Melanogenesis Inhibitors from Thai Medicinal Plant Melodorum fruticosum., Tanabe G, Manse Y, Ogawa T, Sonoda N, Marumoto S, Ishikawa F, Ninomiya K, Chaipech S, Pongpiriyadacha Y, Muraoka O, Morikawa T, The Journal of organic chemistry, The Journal of organic chemistry, 83, 15, 8250, 8264,   2018年, 査読有り
  • Diastereoselective Synthesis of Salacinol-Type α-Glucosidase Inhibitors, Fumihiro Ishikawa, Kazumi Jinno, Eri Kinouchi, Kiyofumi Ninomiya, Shinsuke Marumoto, Weijia Xie, Osamu Muraoka, Toshio Morikawa, Genzoh Tanabe, The Journal of Organic Chemistry, The Journal of Organic Chemistry, 83, 1, 185, 193,   2018年, 査読有り
  • 生薬・薬用植物研究が明らかにする漢方の実力 カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa)の耐糖能改善作用成分, 森川敏生, 森川敏生, 月刊ファインケミカル, 月刊ファインケミカル, 46, 6, 13‐19,   2017年06月15日
  • 薬学領域からの機能性食品素材開発―サラシアの抗糖尿病効果―, 森川敏生, 森川敏生, 大阪府薬雑誌, 大阪府薬雑誌, 68, 6, 51‐58,   2017年06月01日
  • 歴代教科書・解説書に見られる生薬の効能に関する記載のデータベース化(1), 矢作 忠弘, 石内 勘一郎, 渥美 聡孝, 三宅 克典, 森永 紀, 伏見 裕利, 大山 雅義, 森川 敏生, 田中 謙, 有田 正規, 牧野 利明, 生薬学雑誌, 生薬学雑誌, 71, 1, 1, 19,   2017年02月
  • 歴代教科書・解説書に見られる生薬の効能に関する記載のデータベース化(2), 矢作 忠弘, 石内 勘一郎, 渥美 聡孝, 三宅 克典, 森永 紀, 伏見 裕利, 大山 雅義, 森川 敏生, 田中 謙, 有田 正規, 牧野 利明, 生薬学雑誌, 生薬学雑誌, 71, 1, 20, 36,   2017年02月
  • Labdane-Type Diterpenes, Galangalditerpenes A–C, with Melanogenesis Inhibitory Activity from the Fruit of Alpinia galanga, Manse Y, Ninomiya K, Nishi R, Hashimoto Y, Chaipech S, Muraoka O, Morikawa T, Molecules (Basel, Switzerland), Molecules (Basel, Switzerland), 22, 12, 2279, 2279,   2017年, 査読有り
  • サラシアエキス末配合食品の長期摂取時および過剰摂取時の安全性の検討 プラセボ対照二重盲検比較試験, 小林 正和, 赤木 淳二, 山口 康代, 山崎 寛生, 森川 敏生, 二宮 清文, 吉川 雅之, 村岡 修, 薬理と治療, 薬理と治療, 44, 3, 399, 408,   2016年03月
    概要:サラシナエキス配合食品を試験食、同エキス未配合食品をプラセボ食としてプラセボ対照二重盲検試験を行い、その長期(12週)摂取時、過剰(5倍量4週間)摂取時の安全性について検討した。長期摂取試験被験者は42名(男女各21名、平均年齢49.3歳)で、理学的検査項目は両群間に有意差はなかった。血液・生化学的検査では両群とも標準値範囲内の軽微変動で、尿検査では両群とも異常変動はなかった。血糖関連では試験食群で1,5-アンヒドロ-D-グルシトールの有意な高値を認め、両群でグリコアルブミンの有意な低下を認めた。HbA1cは両群とも大きな変動はなかった。過剰摂取試験被験者は41名(男性28名、女性13名、平均年齢48.7歳)で、理学的検査項目は両群間に有意差はなかった。血液・生化学的検査は両群とも標準値範囲内の軽微な変動であった。尿検査で異常な変動はなかった。長期摂取時・過剰摂取時とも試験食摂取と関連した有害事象は認めず、安全性を確認した。
  • Hydrophobic substituents increase the potency of salacinol, a potent α-glucosidase inhibitor from Ayurvedic traditional medicine 'Salacia'., Tanabe G, Xie W, Balakishan G, Amer MF, Tsutsui N, Takemura H, Nakamura S, Akaki J, Ninomiya K, Morikawa T, Nakanishi I, Muraoka O, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 24, 16, 3705, 15,   2016年, 査読有り
  • rDNA ITS領域の塩基配列によるSalacia chinensisの鑑別, 中村恭子, 赤木淳二, 赤木淳二, 石伏史明, 谷恭輔, 森川敏生, 森川敏生, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 村岡修, 村岡修, 早川尭夫, 角谷晃司, 角谷晃司, 生薬学雑誌, 生薬学雑誌, 69, 2, 53, 58,   2015年08月
  • Evaluation of Salacia Species as Anti-diabetic Natural Resources Based on Quantitative Analysis of Eight Sulphonium Constituents: A New Class of α-Glucosidase Inhibitors., Akaki J, Morikawa T, Miyake S, Ninomiya K, Okada M, Tanabe G, Pongpiriyadacha Y, Yoshikawa M, Muraoka O, Phytochemical analysis : PCA, Phytochemical analysis : PCA, 25, 6, 544, 550,   2014年, 査読有り
  • Research progress of synthesis and structure-activity relationship studies on sulfonium-type α-glucosidase inhibitors isolated from salacia genus plants, Xie W, Tanabe G, Xu J, Wu X, Morikawa T, Yoshikawa M, Muraoka O, Mini-Reviews in Organic Chemistry, Mini-Reviews in Organic Chemistry, 10, 2, 141, 159,   2013年, 査読有り
  • In silico design, synthesis and evaluation of 3'-O-benzylated analogs of salacinol, a potent α-glucosidase inhibitor isolated from an Ayurvedic traditional medicine "Salacia"., Tanabe G, Nakamura S, Tsutsui N, Balakishan G, Xie W, Tsuchiya S, Akaki J, Morikawa T, Ninomiya K, Nakanishi I, Yoshikawa M, Muraoka O, Chemical communications (Cambridge, England), Chemical communications (Cambridge, England), 48, 69, 8646, 8,   2012年, 査読有り
  • Quantitative analysis of neosalacinol and neokotalanol, another two potent α-glucosidase inhibitors from Salacia species, by LC-MS with ion pair chromatography., Muraoka O, Morikawa T, Miyake S, Akaki J, Ninomiya K, Pongpiriyadacha Y, Yoshikawa M, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 65, 1, 142, 8,   2011年, 査読有り
  • Isolation, structure identification and SAR studies on thiosugar sulfonium salts, neosalaprinol and neoponkoranol, as potent α-glucosidase inhibitors., Xie W, Tanabe G, Akaki J, Morikawa T, Ninomiya K, Minematsu T, Yoshikawa M, Wu X, Muraoka O, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 19, 6, 2015, 22,   2011年, 査読有り
  • サラシアエキス配合食品の食後血糖上昇抑制効果, 小林 正和, 赤木 淳二, 山下 耕作, 森川 敏生, 二宮 清文, 吉川 雅之, 村岡 修, 薬理と治療, 薬理と治療, 38, 6, 545, 550,   2010年06月
    概要:サラシアエキス配合食品の単回摂取における食後血糖値上昇抑制効果について評価した。糖尿病境界型および空腹時血糖値正常高値者32名を対象として、クロスオーバー法による二重盲検試験にて米飯負荷試験を行い、摂食終了から0.5、1、2、3時間後の血糖値とインスリンを測定した。その結果、試験食を摂取すると糖負荷30分後の血糖値上昇が有意に抑制され、糖負荷後3時間までの血糖値の曲線下面積(AUC)も有意に低下した。また、インスリン値についても糖負荷30分後と2時間後でそれぞれ有意な上昇抑制効果が認められ、AUCも有意に低値を示した。サラシアエキス配合食品は正常にコントロールされている血糖値を下げないことが確認されており、糖尿病境界型や空腹時血糖値正常高値者が食事の際に摂取することで、食後の血糖値やインスリンの上昇を抑制できる有用な食品であると考えられた。
  • 食品薬学:薬食同源の視点から薬用食品を科学する-デイジーフラワーの中性脂質上昇抑制作用サポニン成分-, 森川 敏生, 村岡 修, 吉川雅之, 薬学雑誌, 薬学雑誌, 130, 5, 673, 678,   2010年05月
  • Acylated Oleanane-Type Triterpene Bisdesmosides: Perennisaponins G, H, I, J, K, L, and M with Pancreatic Lipase Inhibitory Activity from the Flowers of Bellis perennis, Morikawa T, Nishida E, Ninomiya K, Muraoka O, Li X, Nakamura S, Matsuda H, Oda Y, Yoshikawa M, Helv. Chim. Acta, Helv. Chim. Acta, 93, 3, 573, 586,   2010年03月
  • Characteristic alkaline catalyzed degradation of kotalanol, a potent α-glucosidase inhibitor isolated from Ayurvedic traditional medicine Salacia reticulata, leading to anhydroheptitols: another structural proof, Muraoka O, Xie W, Osaki S, Kagawa A, Tanabe G, Amer M.F.A, Minematsu T, Morikawa T, Yoshikawa M, Tetrahedron, Tetrahedron, 66, 21, 3717, 3722,   2010年, 査読有り
  • カンカの肝保護作用成分, 村岡修, 二宮清文, 森川敏生, 若山広子, 松田久司, 吉川雅之, 李征, 食品と開発, 食品と開発, 43, 10, 82, 83,   2008年10月01日
  • 選択性の高い細胞増殖抑制作用を有する新規血管新生阻害物質(B・生薬・天然物化学), 森川 敏生, ファルマシア, ファルマシア, 44, 6, 562, 563,   2008年06月01日
  • カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa)の肝保護作用成分, 二宮 清文, 森川 敏生, 若山 広子, 松田 久司, 村岡 修, 吉川 雅之, Journal of Traditional Medicines, Journal of Traditional Medicines, 24, Suppl., 80, 80,   2007年08月
  • Inhibitors of nitric oxide production from the rhizomes of Alpinia galanga: Structures of new 8-9′ linked neolignans and sesquineolignan, Morikawa T, Ando S, Matsuda H, Kataoka S, Muraoka O, Yoshikawa M, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 53, 6, 625, 630,   2005年, 査読有り
  • Bioactive constituents from Chinese natural medicines. XIV.1 new glycosides of β-carboline-type alkaloid, neolignan, and phenylpropanoid from Stellaria dichotoma L. var. lanceolata and their antiallergic activities, Morikawa T, Sun B, Matsuda H, Wu L.J, Harima S, Yoshikawa M, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 52, 10, 1194, 1199,   2004年10月, 査読有り
  • カラシと大麻の意外な共通点 : TRPチャネルを介する興奮作用(A・化学系薬学), 森川 敏生, ファルマシア, ファルマシア, 40, 9, 857, 858,   2004年09月01日
  • (7R,8S) and (7S,8R) 8-5′ linked neolignans from Egyptian herbal medicine Anastatica hierochuntica and inhibitory activities of lignans on nitric oxide production, Yoshikawa M, Morikawa T, Xu F, Ando S, Matsuda H, Heterocycles, Heterocycles, 60, 8, 1787, 1792,   2003年, 査読有り
  • Antiallergic principles from Alpinia galanga: Structural requirements of phenylpropanoids for inhibition of degranulation and release of TNF-α and IL-4 in RBL-2H3 cells, Matsuda H, Morikawa T, Managi H, Yoshikawa M, Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 13, 19, 3197, 3202,   2003年, 査読有り
  • Regioselective BH3-hydride reduction of inosine derivatives, M. Yoshikawa, T. Morikawa, H. Matsuda, G. Tanabe, O. Muraoka, Tetrahedron Lett., Tetrahedron Lett., 43, 4, 653, 655,   2002年01月, 査読有り
    概要:ヌクレオシド類の部分修飾法の開発を目的として、 プリンヌクレオシドに対するヒドリド還元剤の反応性を検討した。 その結果、 ボラン (BH3) がイノシン類の 2, 3 位を位置選択的に還元することを見出した。 (英文)
  • Absolute stereostructure of potent α-glucosidase inhibitor, salacinol, with unique thiosugar sulfonium sulfate inner salt structure from Salacia reticulata, Yoshikawa M, Morikawa T, Matsuda H, Tanabe G, Muraoka O, Bioorganic and Medicinal Chemistry, Bioorganic and Medicinal Chemistry, 10, 5, 1547, 1554,   2002年, 査読有り
  • Medicinal foodstuffs. XXIX. Potent protective effects of sesquiterpenes and curcumin from Zedoariae Rhizoma on liver injury induced by D-galactosamine/ lipopolysaccharide or tumor necrosis factor-α, Morikawa T, Matsuda H, Ninomiya K, Yoshikawa M, Biological and Pharmaceutical Bulletin, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 25, 5, 627, 631,   2002年, 査読有り
  • Structural requirements of flavonoids for inhibition of antigen-Induced degranulation, TNF-α and IL-4 production from RBL-2H3 cells, Mastuda H, Morikawa T, Ueda K, Managi H, Yoshikawa M, Bioorganic and Medicinal Chemistry, Bioorganic and Medicinal Chemistry, 10, 10, 3123, 3128,   2002年, 査読有り
  • スズメガのお気に入り? : 摂食誘導ステロイドサポニン(B・天然物化学,生薬学), 森川 敏生, ファルマシア, ファルマシア, 38, 1, 60, 61,   2002年01月01日
  • Acylated iridoid glycosides with hyaluronidase inhibitory activity from the rhizomes of Picrorhiza kurroa Royle ex Benth., Morikawa T, Nakanishi Y, Inoue N, Manse Y, Matsuura H, Hamasaki S, Yoshikawa M, Muraoka O, Ninomiya K, Phytochemistry, Phytochemistry, 169, 112185, 112185,   2020年, 査読有り
  • Quantitative Determination of Principal Aporphine and Benzylisoquinoline Alkaloids Due to Blooming State in Lotus Flower (Flower Buds of Nelumbo nucifera) and Their Hyaluronidase Inhibitory Activity, Morikawa Toshio, Okugawa Shuhei, Manse Yoshiaki, Muraoka Osamu, Yoshikawa Masayuki, Ninomiya Kiyofumi, NATURAL PRODUCT COMMUNICATIONS, NATURAL PRODUCT COMMUNICATIONS, 14, 6,   2019年, 査読有り
  • Foreword., Morikawa T, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 67, 7, 632, 633,   2019年, 査読有り
  • A Review of Biologically Active Natural Products from a Desert Plant Cistanche tubulosa., Morikawa T, Xie H, Pan Y, Ninomiya K, Yuan D, Jia X, Yoshikawa M, Nakamura S, Matsuda H, Muraoka O, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 67, 7, 675, 689,   2019年, 査読有り
  • Salacia chinensis stem extract and its thiosugar sulfonium constituent, neokotalanol, improves HbA1c levels in ob/ob mice, Kobayashi M, Akaki J, Yamaguchi Y, Yamasaki H, Ninomiya K, Pongpiriyadacha Y, Yoshikawa M, Muraoka O, Morikawa T, Journal of Natural Medicines, Journal of Natural Medicines, 73, 3, 584, 588,   2019年, 査読有り
  • Glucose Tolerance-Improving Activity of Helichrysoside in Mice and Its Structural Requirements for Promoting Glucose and Lipid Metabolism., Morikawa T, Nagatomo A, Oka T, Miki Y, Taira N, Shibano-Kitahara M, Hori Y, Muraoka O, Ninomiya K, International journal of molecular sciences, International journal of molecular sciences, 20, 24,   2019年, 査読有り
  • Structural Requirements of Alkylglyceryl-l-Ascorbic Acid Derivatives for Melanogenesis Inhibitory Activity, Taira N, Katsuyama Y, Yoshioka M, Muraoka O, Morikawa T, International Journal of Molecular Sciences, International Journal of Molecular Sciences, 19, 4,   2018年, 査読有り
  • Degranulation inhibitors from the arils of Myristica fragrans in antigen-stimulated rat basophilic leukemia cells, Toshio Morikawa, Ikuko Hachiman, Kiyofumi Ninomiya, Hiroki Hata, Kaoru Sugawara, Osamu Muraoka, Hisashi Matsuda, Journal of Natural Medicines, Journal of Natural Medicines, 72, 2, 464, 473,   2018年, 査読有り
  • Two new aromatic glycosides, elengiosides A and B, from the flowers of Mimusops elengi, Morikawa T, Manse Y, Koda M, Chaipech S, Pongpiriyadacha Y, Muraoka O, Ninomiya K, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 72, 2, 542, 550,   2018年, 査読有り
  • Ellagic acid glycosides with hepatoprotective activity from traditional Tibetan medicine Potentilla anserina, Morikawa T, Imura K, Akagi Y, Muraoka O, Ninomiya K, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 72, 1, 317, 325,   2018年, 査読有り
  • Collagen Synthesis-Promoting Effects of Andiroba Oil and its Limonoid Constituents in Normal Human Dermal Fibroblasts., Morikawa T, Nagatomo A, Kitazawa K, Muraoka O, Kikuchi T, Yamada T, Tanaka R, Ninomiya K, Journal of oleo science, Journal of oleo science, 67, 10, 1271, 1277,   2018年, 査読有り
  • Ergostane-Type Sterols from King Trumpet Mushroom (Pleurotus eryngii) and Their Inhibitory Effects on Aromatase, Kikuchi T, Motoyashiki N, Yamada T, Shibatani K, Ninomiya K, Morikawa T, Tanaka R, International Journal of Molecular Sciences, International Journal of Molecular Sciences, 18, 11, 2479, 2479,   2017年, 査読有り
  • Quantitative Determination of Stilbenoids and Dihydroisocoumarins in Shorea roxburghii and Evaluation of Their Hepatoprotective Activity, Ninomiya K, Chaipech S, Kunikata Y, Yagi R, Pongpiriyadacha Y, Muraoka O, Morikawa T, International journal of molecular sciences, International journal of molecular sciences, 18, 2, 451, 451,   2017年, 査読有り
  • A Review of Anti-inflammatory Terpenoids from the Incense Gum Resins Frankincense and Myrrh., Morikawa T, Matsuda H, Yoshikawa M, Journal of oleo science, Journal of oleo science, 66, 8, 805, 814,   2017年, 査読有り
  • Aromatase Inhibitory Activity of Geranylated Coumarins, Mammeasins C and D, Isolated from the Flowers of Mammea siamensis, Ninomiya Kiyofumi, Shibatani Kanae, Sueyoshi Mayumi, Chaipech Saowanee, Pongpiriyadacha Yutana, Hayakawa Takao, Muraoka Osamu, Morikawa Toshio, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 64, 7, 880, 5,   2016年, 査読有り
  • Inhibitory Effects of Oligostilbenoids from the Bark of Shorea roxburghii on Malignant Melanoma Cell Growth: Implications for Novel Topical Anticancer Candidates, Moriyama Hiroyuki, Moriyama Mariko, Ninomiya Kiyofumi, Morikawa Toshio, Hayakawa Takao, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 39, 10, 1675, 1682,   2016年, 査読有り
  • Quantitative Determination of Principal Alkaloid and Flavonoid Constituents in Wintersweet, the Flower Buds of Chimonanthus praecox, Kitagawa N, Ninomiya K, Okugawa S, Motai C, Nakanishi Y, Yoshikawa M, Muraoka O, Morikawa T, Natural Product Communications, Natural Product Communications, 11, 7, 953, 956,   2016年, 査読有り
  • The Antiproliferative Effect of Chakasaponins I and II, Floratheasaponin A, and Epigallocatechin 3-O-Gallate Isolated from Camellia sinensis on Human Digestive Tract Carcinoma Cell Lines, Kitagawa N, Morikawa T, Motai C, Ninomiya K, Okugawa S, Nishida A, Yoshikawa M, Muraoka O, International journal of molecular sciences, International journal of molecular sciences, 17, 12,   2016年, 査読有り
  • Melanogenesis inhibitory activity of a 7-O-9'-linked neolignan from Alpinia galanga fruit., Manse Y, Ninomiya K, Nishi R, Kamei I, Katsuyama Y, Imagawa T, Chaipech S, Muraoka O, Morikawa T, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 24, 23, 6215, 6224,   2016年, 査読有り
  • Acylated oleanane-type triterpene saponins from the flowers of Bellis perennis show anti-proliferative activities against human digestive tract carcinoma cell lines., Ninomiya K, Motai C, Nishida E, Kitagawa N, Yoshihara K, Hayakawa T, Muraoka O, Li X, Nakamura S, Yoshikawa M, Matsuda H, Morikawa T, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 70, 3, 435, 51,   2016年, 査読有り
  • Efficient Use of a Crude Drug/Herb Library Reveals Ephedra Herb As a Specific Antagonist for TH2-Specific Chemokine Receptors CCR3, CCR4, and CCR8., Matsuo K, Koizumi K, Fujita M, Morikawa T, Jo M, Shibahara N, Saiki I, Yoshie O, Nakayama T, Frontiers in cell and developmental biology, Frontiers in cell and developmental biology, 4, JUN, 54, 54,   2016年, 査読有り
  • New biofunctional effects of the flower buds of Camellia sinensis and its bioactive acylated oleanane-type triterpene oligoglycosides., Matsuda H, Nakamura S, Morikawa T, Muraoka O, Yoshikawa M, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 70, 4, 689, 701,   2016年, 査読有り
  • Neolignans from the Arils of Myristica fragrans as Potent Antagonists of CC Chemokine Receptor 3., Morikawa T, Hachiman I, Matsuo K, Nishida E, Ninomiya K, Hayakawa T, Yoshie O, Muraoka O, Nakayama T, Journal of natural products, Journal of natural products, 79, 8, 2005, 13,   2016年, 査読有り
  • Quantitative Determination of Alkaloids in Lotus Flower (Flower Buds of Nelumbo nucifera) and Their Melanogenesis Inhibitory Activity, Morikawa T, Kitagawa N, Tanabe G, Ninomiya K, Okugawa S, Motai C, Kamei I, Yoshikawa M, Lee IJ, Muraoka O, Molecules (Basel, Switzerland), Molecules (Basel, Switzerland), 21, 7, 930, 930,   2016年, 査読有り
  • Hepatoprotective Limonoids from Andiroba (Carapa guianensis), Ninomiya K, Miyazawa S, Ozeki K, Matsuo N, Muraoka O, Kikuchi T, Yamada T, Tanaka R, Morikawa T, International journal of molecular sciences, International journal of molecular sciences, 17, 4,   2016年, 査読有り
  • Simultaneous quantitative analysis of 12 methoxyflavones with melanogenesis inhibitory activity from the rhizomes of Kaempferia parviflora., Ninomiya K, Matsumoto T, Chaipech S, Miyake S, Katsuyama Y, Tsuboyama A, Pongpiriyadacha Y, Hayakawa T, Muraoka O, Morikawa T, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 70, 2, 179, 89,   2016年, 査読有り
  • Phenylethanoid and phenylpropanoid glycosides with melanogenesis inhibitory activity from the flowers of Narcissus tazetta var. chinensis., Morikawa T, Ninomiya K, Kuramoto H, Kamei I, Yoshikawa M, Muraoka O, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 70, 1, 89, 101,   2016年, 査読有り
  • Carapanolides M-S from seeds of andiroba (Carapa guianensis, Meliaceae) and triglyceride metabolism-promoting activity in high glucose-pretreated HepG2 cells, Inoue T, Matsui Y, Kikuchi T, Yamada T, In Y, Muraoka O, Sakai C, Ninomiya K, Morikawa T, Tanaka R, Tetrahedron, Tetrahedron, 71, 18, 2753, 2760,   2015年, 査読有り
  • Total Synthesis of 4,5-Didehydroguadiscine: A Potent Melanogenesis Inhibitor from the Brazilian Medicinal Herb, Hornschuchia obliqua., Tanabe G, Sugano Y, Shirato M, Sonoda N, Tsutsui N, Morikawa T, Ninomiya K, Yoshikawa M, Muraoka O, Journal of natural products, Journal of natural products, 78, 7, 1536, 42,   2015年, 査読有り
  • Oleanane-type triterpene saponins with collagen synthesis-promoting activity from the flowers of Bellis perennis., Morikawa T, Ninomiya K, Takamori Y, Nishida E, Yasue M, Hayakawa T, Muraoka O, Li X, Nakamura S, Yoshikawa M, Matsuda H, Phytochemistry, Phytochemistry, 116, 1, 203, 212,   2015年, 査読有り
  • Dipeptidyl peptidase-IV inhibitory activity of dimeric dihydrochalcone glycosides from flowers of Helichrysum arenarium., Morikawa T, Ninomiya K, Akaki J, Kakihara N, Kuramoto H, Matsumoto Y, Hayakawa T, Muraoka O, Wang LB, Wu LJ, Nakamura S, Yoshikawa M, Matsuda H, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 69, 4, 494, 506,   2015年, 査読有り
  • Salacinol and Related Analogs: New Leads for Type 2 Diabetes Therapeutic Candidates from the Thai Traditional Natural Medicine Salacia chinensis., Morikawa T, Akaki J, Ninomiya K, Kinouchi E, Tanabe G, Pongpiriyadacha Y, Yoshikawa M, Muraoka O, Nutrients, Nutrients, 7, 3, 1480, 93,   2015年, 査読有り
  • Andirolides W-Y from the flower oil of andiroba (Carapa guianensis, Meliaceae)., Sakamoto A, Tanaka Y, Yamada T, Kikuchi T, Muraoka O, Ninomiya K, Morikawa T, Tanaka R, Fitoterapia, Fitoterapia, 100, 81, 7,   2015年, 査読有り
  • Chemical Structures and Hepatoprotective Effects of Constituents from Cassia auriculata Leaves., Nakamura S, Xu F, Ninomiya K, Nakashima S, Oda Y, Morikawa T, Muraoka O, Yoshikawa M, Matsuda H, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 62, 10, 1026, 31,   2014年, 査読有り
  • Hepatoprotective triterpenes from traditional Tibetan medicine Potentilla anserina., Morikawa T, Ninomiya K, Imura K, Yamaguchi T, Akagi Y, Yoshikawa M, Hayakawa T, Muraoka O, Phytochemistry, Phytochemistry, 102, 169, 81,   2014年, 査読有り
  • Dimeric pyrrolidinoindoline-type alkaloids with melanogenesis inhibitory activity in flower buds of Chimonanthus praecox., Morikawa T, Nakanishi Y, Ninomiya K, Matsuda H, Nakashima S, Miki H, Miyashita Y, Yoshikawa M, Hayakawa T, Muraoka O, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 68, 3, 539, 49,   2014年, 査読有り
  • Acylated phenylethanoid glycosides, echinacoside and acteoside from Cistanche tubulosa, improve glucose tolerance in mice., Morikawa T, Ninomiya K, Imamura M, Akaki J, Fujikura S, Pan Y, Yuan D, Yoshikawa M, Jia X, Li Z, Muraoka O, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 68, 3, 561, 6,   2014年, 査読有り
  • Research Progress of Synthesis and Structure-activity Relationship Studies on Sulfonium-type alpha-glucosidase Inhibitors Isolated from Salacia Genus Plants, Xie Weijia, Tanabe Genzoh, Xu Jinyi, Wu Xiaoming, Morikawa Toshio, Yoshikawa Masayuki, Muraoka Osamu, MINI-REVIEWS IN ORGANIC CHEMISTRY, MINI-REVIEWS IN ORGANIC CHEMISTRY, 10, 2, 141, 159,   2013年05月, 査読有り
  • Acylated dolabellane-type diterpenes from Nigella sativa seeds with triglyceride metabolism-promoting activity in high glucose-pretreated HepG2 cells, Morikawa T, Ninomiya K, Xu F, Okumura N, Matsuda H, Muraoka O, Hayakawa T, Yoshikawa M, Phytochemistry Letters, Phytochemistry Letters, 6, 2, 198, 204,   2013年, 査読有り
  • Quantitative analysis of catechin, flavonoid, and saponin constituents in "tea flower", the flower buds of Camellia sinensis, from different regions in Taiwan., Morikawa T, Lee IJ, Okugawa S, Miyake S, Miki Y, Ninomiya K, Kitagawa N, Yoshikawa M, Muraoka O, Natural product communications, Natural product communications, 8, 11, 1553, 7,   2013年, 査読有り
  • Flavonol glycosides with lipid accumulation inhibitory activity and simultaneous quantitative analysis of 15 polyphenols and caffeine in the flower buds of Camellia sinensis from different regions by LCMS., Morikawa T, Ninomiya K, Miyake S, Miki Y, Okamoto M, Yoshikawa M, Muraoka O, Food chemistry, Food chemistry, 140, 1-2, 353, 60,   2013年, 査読有り
  • Structures of Two New Phenolic Glycosides, Kaempferiaosides A and B, and Hepatoprotective Constituents from the Rhizomes of Kaempferia parviflora, Chaipech Saowanee, Morikawa Toshio, Ninomiya Kiyofumi, Yoshikawa Masayuki, Pongpiriyadacha Yutana, Hayakawa Takao, Muraoka Osamu, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 60, 1, 62, 9,   2012年, 査読有り
  • Suppressive effects of coumarins from Mammea siamensis on inducible nitric oxide synthase expression in RAW264.7 cells., Morikawa T, Sueyoshi M, Chaipech S, Matsuda H, Nomura Y, Yabe M, Matsumoto T, Ninomiya K, Yoshikawa M, Pongpiriyadacha Y, Hayakawa T, Muraoka O, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 20, 16, 4968, 77,   2012年, 査読有り
  • Quantitative analysis of acylated oleanane-type triterpene saponins, chakasaponins I-III and floratheasaponins A-F, in the flower buds of Camellia sinensis from different regional origins., Morikawa T, Miyake S, Miki Y, Ninomiya K, Yoshikawa M, Muraoka O, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 66, 4, 608, 13,   2012年, 査読有り
  • Promoting the effect of chemical constituents from the flowers of Poacynum hendersonii on adipogenesis in 3T3-L1 cells., Morikawa T, Imura K, Miyake S, Ninomiya K, Matsuda H, Yamashita C, Muraoka O, Hayakawa T, Yoshikawa M, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 66, 1, 39, 48,   2012年, 査読有り
  • New flav-3-en-3-ol glycosides, kaempferiaosides C and D, and acetophenone glycosides, kaempferiaosides E and F, from the rhizomes of Kaempferia?parviflora., Chaipech S, Morikawa T, Ninomiya K, Yoshikawa M, Pongpiriyadacha Y, Hayakawa T, Muraoka O, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 66, 3, 486, 92,   2012年, 査読有り
  • Antidiabetogenic oligostilbenoids and 3-ethyl-4-phenyl-3,4-dihydroisocoumarins from the bark of Shorea roxburghii., Morikawa T, Chaipech S, Matsuda H, Hamao M, Umeda Y, Sato H, Tamura H, Kon'i H, Ninomiya K, Yoshikawa M, Pongpiriyadacha Y, Hayakawa T, Muraoka O, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 20, 2, 832, 40,   2012年, 査読有り
  • Anti-hyperlipidemic constituents from the bark of Shorea roxburghii., Morikawa T, Chaipech S, Matsuda H, Hamao M, Umeda Y, Sato H, Tamura H, Ninomiya K, Yoshikawa M, Pongpiriyadacha Y, Hayakawa T, Muraoka O, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 66, 3, 516, 24,   2012年, 査読有り
  • A New Method for Sex Determination Based on Detection of SRY, STS and Amelogenin Gene Regions with Simultaneous Amplification of Their Homologous Sequences by a Multiplex PCR, Morikawa Toshio, Yamamoto Yuji, Miyaishi Satoru, ACTA MEDICA OKAYAMA, ACTA MEDICA OKAYAMA, 65, 2, 113, 22,   2011年04月, 査読有り
  • Medicinal flowers. XXXII.1) Structures of oleanane-type triterpene saponins, perennisosides VIII, IX, X, XI, and XII, from the flowers of Bellis perennis, Morikawa T, Li X, Nishida E, Nakamura S, Ninomiya K, Matsuda H, Hamao M, Muraoka O, Hayakawa T, Yoshikawa M, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 59, 7, 889, 95,   2011年, 査読有り
  • New terpenoids, olibanumols D-G, from traditional Egyptian medicine olibanum, the gum-resin of Boswellia carterii., Morikawa T, Oominami H, Matsuda H, Yoshikawa M, Journal of natural medicines, Journal of natural medicines, 65, 1, 129, 34,   2011年, 査読有り
  • Pharmaceutical Food Science: Search for Anti-obese Constituents from Medicinal Foods-Anti-hyperlipidemic Saponin Constituents from the Flowers of Bellis perennis-, Morikawa Toshio, Muraoka Osamu, Yoshikawa Masayuki, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 130, 5, 673, 678,   2010年05月, 査読有り
  • Cucurbitane-type triterpenes with anti-proliferative effects on U937 cells from an egyptian natural medicine, Bryonia cretica: structures of new triterpene glycosides, bryoniaosides A and B., Matsuda H, Nakashima S, Abdel-Halim OB, Morikawa T, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 58, 5, 747, 51,   2010年05月, 査読有り
  • Characteristic Alkaline Catalyzed Degradation of Kotalanol, a Potent alpha-Glucosidase Inhibitor Isolated from Ayurvedic Traditional Medicine Salacia reticulata, Leading to Anhydroheptitols: Another Structural Proof, Muraoka O, Xie W, Osaki S, Kagawa A, Tanabe G, Minematsu T, Morikawa T, Yoshikawa M, Tetrahedron, Tetrahedron, 66, 21, 3717, 3722,   2010年05月
  • Bioactive constituents from chinese natural medicines. XXXVI. Four new acylated phenylethanoid oligoglycosides, kankanosides J1, J2, K1, and K2, from stems of Cistanche tubulosa., Pan Y, Morikawa T, Ninomiya K, Imura K, Yuan D, Yoshikawa M, Muraoka O, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 58, 4, 575, 8,   2010年04月, 査読有り
  • Suppressive effect of the tablet containing Salacia chinensis extract on postprandial blood glucose, Kobayashi M, Akaki J, Yamashita K, Morikawa T, Ninomiya K, Muraoka O, Yoshikawa M, Japanese Pharmacology and Therapeutics, Japanese Pharmacology and Therapeutics, 38, 6, 545, 550,   2010年, 査読有り
  • [Search for TNF-alpha sensitivity degradation principles from medicinal foods-hepatoprotective amide constituents from Thai natural medicine Piper chaba]., Morikawa T, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 130, 6, 785, 91,   2010年, 査読有り
  • [Pharmaceutical food science: search for anti-obese constituents from medicinal foods-anti-hyperlipidemic saponin constituents from the flowers of Bellis perennis]., Morikawa T, Muraoka O, Yoshikawa M, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 130, 5, 673, 8,   2010年, 査読有り
  • Structures of novel norstilbene dimer, longusone A, and three new stilbene dimers, longusols A, B, and C, with antiallergic and radical scavenging activities from Egyptian natural medicine Cyperus longus., Morikawa T, Xu F, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 58, 10, 1379, 85,   2010年, 査読有り
  • Quantitative determination of potent alpha-glucosidase inhibitors, salacinol and kotalanol, in Salacia species using liquid chromatography-mass spectrometry., Muraoka O, Morikawa T, Miyake S, Akaki J, Ninomiya K, Yoshikawa M, Journal of pharmaceutical and biomedical analysis, Journal of pharmaceutical and biomedical analysis, 52, 5, 770, 3,   2010年, 査読有り
  • Iridoid and acyclic monoterpene glycosides, kankanosides L, M, N, O, and P from Cistanche tubulosa., Morikawa T, Pan Y, Ninomiya K, Imura K, Yuan D, Yoshikawa M, Hayakawa T, Muraoka O, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 58, 10, 1403, 7,   2010年, 査読有り
  • Inhibitory effects of acylated acyclic sesquiterpene oligoglycosides from the pericarps of Sapindus rarak on tumor necrosis factor-alpha-induced cytotoxicity., Morikawa T, Xie Y, Ninomiya K, Okamoto M, Muraoka O, Yuan D, Yoshikawa M, Hayakawa T, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 58, 9, 1276, 80,   2010年, 査読有り
  • Four new ursane-type triterpenes, olibanumols K, L, M, and N, from traditional egyptian medicine olibanum, the gum-resin of Boswellia carterii., Morikawa T, Oominami H, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 58, 11, 1541, 4,   2010年, 査読有り
  • Docking and SAR studies of salacinol derivatives as alpha-glucosidase inhibitors., Nakamura S, Takahira K, Tanabe G, Morikawa T, Sakano M, Ninomiya K, Yoshikawa M, Muraoka O, Nakanishi I, Bioorganic & medicinal chemistry letters, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 20, 15, 4420, 3,   2010年, 査読有り
  • Acylated phenylethanoid oligoglycosides with hepatoprotective activity from the desert plant Cistanche tubulosa., Morikawa T, Pan Y, Ninomiya K, Imura K, Matsuda H, Yoshikawa M, Yuan D, Muraoka O, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 18, 5, 1882, 90,   2010年, 査読有り
  • A new amide, piperchabamide F, and two new phenylpropanoid glycosides, piperchabaosides A and B, from the fruit of Piper chaba., Morikawa T, Yamaguchi I, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 57, 11, 1292, 5,   2009年11月, 査読有り
  • Absolute stereostructures of olibanumols A, B, C, H, I, and J from olibanum, gum-resin of Boswellia carterii, and inhibitors of nitric oxide production in lipopolysaccharide-activated mouse peritoneal macrophages., Yoshikawa M, Morikawa T, Oominami H, Matsuda H, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 57, 9, 957, 64,   2009年09月, 査読有り
  • Medicinal flowers. XXX. Eight new glycosides, everlastosides F-M, from the flowers of Helichrysum arenarium., Morikawa T, Wang LB, Ninomiya K, Nakamura S, Matsuda H, Muraoka O, Wu LJ, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 57, 8, 853, 9,   2009年08月, 査読有り
  • Novel Megastigmanes with Lipid Accumulation Inhibitory and Lipid Metabolism-promoting Activities in HepG2 Cells from Sedum sarmentosum, Muraoka O, Morikawa T, Zhang Y, Ninomiya K, Nakamura S, Matsuda H, Yoshikawa M, Tetrahedron, Tetrahedron, 65, 21, 4142, 4148,   2009年05月
  • Medicinal Flowers. XXVIII. Structures of Five New Glycosides, Everlastosides A, B, C, D, and E, from the Flowers of Helichrysum arenarium, Wang L.B, Morikawa T, Nakamura S, Ninomiya K, Matsuda H, Muraoka O, Wu L.J, Yoshikawa M, Heterocycles, Heterocycles, 78, 5, 1235, 1242,   2009年05月
  • Medicinal flowers. XXVII. New flavanone and chalcone glycosides, arenariumosides I, II, III, and IV, and tumor necrosis factor-alpha inhibitors from everlasting, flowers of Helichrysum arenarium., Morikawa T, Wang LB, Nakamura S, Ninomiya K, Yokoyama E, Matsuda H, Muraoka O, Wu LJ, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 57, 4, 361, 7,   2009年04月, 査読有り
  • Acylated Flavonol Bisdesmosides, Sinocrassosides A(3)-A(7) and B-3, with Aminopeptidase N Inhibitory Activity from Sinocrassula indica, Morikawa Toshio, Xie Haihui, Wang Tao, Matsuda Hisashi, Yoshikawa Masayuki, CHEMISTRY & BIODIVERSITY, CHEMISTRY & BIODIVERSITY, 6, 3, 411, 20,   2009年03月, 査読有り
  • A new amide, piperchabamide F, and two new phenylpropanoid glycosides, piperchabaosides A and B, from the fruit of Piper chaba, Morikawa T, Yamaguchi I, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 57, 11, 1292, 1295,   2009年, 査読有り
  • Absolute stereostructures of olibanumols A, B, C, H, I, and J from olibanum, gum-resin of Boswellia carterii, and inhibitors of nitric oxide production in lipopolysaccharide-activated mouse peritoneal macrophages, Yoshikawa M, Morikawa T, Oominami H, Matsuda H, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 57, 9, 957, 964,   2009年, 査読有り
  • Medicinal flowers. XXVIII. Structures of five new glycosides, everlastosides A, B, C, D, and E, from the flowers of Helichrysum arenarium, Wang L.-B, Morikawa T, Nakamura S, Ninomiya K, Matsuda H, Muraoka O, Wu L.-J, Yoshikawa M, Heterocycles, Heterocycles, 78, 5, 1235, 1242,   2009年, 査読有り
  • Medicinal flowers. XXX. Eight new glycosides, everlastosides F - M, from the flowers of Helichrysum arenarium, Morikawa T, Wang L.-B, Ninomiya K, Nakamura S, Matsuda H, Muraoka O, Wu L.-J, Yoshikawa M, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 57, 8, 853, 859,   2009年, 査読有り
  • Novel megastigmanes with lipid accumulation inhibitory and lipid metabolism-promoting activities in HepG2 cells from Sedum sarmentosum, Muraoka O, Morikawa T, Zhang Y, Ninomiya K, Nakamura S, Matsuda H, Yoshikawa M, Tetrahedron, Tetrahedron, 65, 21, 4142, 4148,   2009年, 査読有り
  • Structures of acetylated oleanane-type triterpene saponins, rarasaponins IV, V, and VI, and anti-hyperlipidemic constituents from the pericarps of Sapindus rarak., Asao Y, Morikawa T, Xie Y, Okamoto M, Hamao M, Matsuda H, Muraoka O, Yuan D, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 57, 2, 198, 203,   2009年, 査読有り
  • Oleanane-type triterpene oligoglycosides with pancreatic lipase inhibitory activity from the pericarps of Sapindus rarak., Morikawa T, Xie Y, Asao Y, Okamoto M, Yamashita C, Muraoka O, Matsuda H, Pongpiriyadacha Y, Yuan D, Yoshikawa M, Phytochemistry, Phytochemistry, 70, 9, 1166, 1172,   2009年, 査読有り
  • Hepatoprotective amide constituents from the fruit of Piper chaba: Structural requirements, mode of action, and new amides., Matsuda H, Ninomiya K, Morikawa T, Yasuda D, Yamaguchi I, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 17, 20, 7313, 23,   2009年, 査読有り
  • Acylated flavonol bisdesmosides, sinocrassosides A3-A7 and B3, with aminopeptidase N inhibitory activity from Sinocrassula indica., Morikawa T, Xie H, Wang T, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemistry & biodiversity, Chemistry & biodiversity, 6, 3, 411, 420,   2009年, 査読有り
  • Bioactive constituents from Chinese natural medicines. XXXII. aminopeptidase N and aldose reductase inhibitors from Sinocrassula indica: structures of sinocrassosides B(4), B(5), C(1), and D(1)-D(3)., Morikawa T, Xie H, Wang T, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 56, 10, 1438, 1444,   2008年10月, 査読有り
  • Bioactive constituents from Chinese natural medicines. XXXI. Hepatoprotective principles from Sinocrassula indica: Structures of sinocrassosides A(8), A(9), A(10), A(11), and A(12), Ninomiya Kiyofumi, Morikawa Toshio, Xie Haihui, Matsuda Hisashi, Yoshikawa Masayuki, HETEROCYCLES, HETEROCYCLES, 75, 8, 1983, 1995,   2008年08月, 査読有り
  • Bioactive Constituents from Chinese Natural Medecines. XXXI. Hepatoprotective Principles from Sinocrassula Indica: Structures of Sinocrassosides A8, A9, A10, A11, and A12, Ninomiya K, Morikawa T, Xie H, Matsuda H, Yoshikawa M, Heterocycles, Heterocycles, 75, 8, 1983, 1995,   2008年08月
  • Medicinal foodstuffs. XXXIII. Gastroprotective principles from Boesenbergia rotunda (Zingiberaceae) - Absolute stereostructures of Diels-Alder type addition prenylchalcones, Yoshikawa Masayuki, Morikawa Toshio, Funakoshi Kanako, Ochi Momotaro, Pongpiriyadacha Yutana, Matsuda Hisashi, HETEROCYCLES, HETEROCYCLES, 75, 7, 1639, 1650,   2008年07月, 査読有り
  • Bioactive constituents from chinese natural medicines. XXXI.1 hepatoprotective principles from sinocrassula indica: Structures of sinocrassosides A8, A9, A10, A11, and A12, Ninomiya K, Morikawa T, Xie H, Matsuda H, Yoshikawa M, Heterocycles, Heterocycles, 75, 8, 1983, 1995,   2008年, 査読有り
  • Bioactive constituents from chinese natural medicines. XXXII.1 aminopeptidase N and aldose reductase inhibitors from sinocrassula indica: Structures of sinocrassosides B4, B5, C1, and D1-D3, Morikawa T, Xie H, Wang T, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 56, 10, 1438, 44,   2008年, 査読有り
  • Protective effects of amide constituents from the fruit of Piper chaba on D-galactosamine/TNF-alpha-induced cell death in mouse hepatocytes., Matsuda H, Ninomiya K, Morikawa T, Yasuda D, Yamaguchi I, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry letters, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 18, 6, 2038, 42,   2008年, 査読有り
  • Perennisosides I-VII, acylated triterpene saponins with antihyperlipidemic activities from the flowers of Bellis perennis., Morikawa T, Li X, Nishida E, Ito Y, Matsuda H, Nakamura S, Muraoka O, Yoshikawa M, Journal of natural products, Journal of natural products, 71, 5, 828, 35,   2008年, 査読有り
  • Medicinal foodstuffs. XXXIV. Structures of new prenylchalcones and prenylflavanones with TNF-alpha and aminopeptidase N inhibitory activities from Boesenbergia rotunda., Morikawa T, Funakoshi K, Ninomiya K, Yasuda D, Miyagawa K, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 56, 7, 956, 62,   2008年, 査読有り
  • Medicinal flowers. XXIV. Chemical structures and hepatoprotective effects of constituents from flowers of Hedychium coronarium., Nakamura S, Okazaki Y, Ninomiya K, Morikawa T, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 56, 12, 1704, 9,   2008年, 査読有り
  • Medicinal flowers. XXIII. New taraxastane-type triterpene, punicanolic acid, with tumor necrosis factor-alpha inhibitory activity from the flowers of Punica granatum., Xie Y, Morikawa T, Ninomiya K, Imura K, Muraoka O, Yuan D, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 56, 11, 1628, 31,   2008年, 査読有り
  • Medicinal flowers. XXI. Structures of perennisaponins A, B, C, D, E, and F, acylated oleanane-type triterpene oligoglycosides, from the flowers of Bellis perennis., Yoshikawa M, Li X, Nishida E, Nakamura S, Matsuda H, Muraoka O, Morikawa T, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 56, 4, 559, 68,   2008年, 査読有り
  • Medicinal Foodstuffs. XXXIII. Gastroprotective pronciples from Boesenbergia rotunda (Zingiberaceae) -Absolute Stereostructures of Diels-Alder Type Addition Prenylchalcones-, Yoshikawa M, Morikawa T, Funakoshi K, Ochi M, Pongpiriyadacha Y, Matsuda H, Heterocycles, Heterocycles, 75, 7, 1639, 1650,   2008年, 査読有り
  • Medicinal flowers. XII.(1)) New spirostane-type steroid saponins with antidiabetogenic activity from Borassus flabellifer., Yoshikawa M, Xu F, Morikawa T, Pongpiriyadacha Y, Nakamura S, Asao Y, Kumahara A, Matsuda H, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 55, 2, 308, 16,   2007年02月, 査読有り
  • Bioactive saponins and glycosides. XXVIII. New triterpene saponins, foliatheasaponins I, II, III, IV, and V, from Tencha (the leaves of Camellia sinensis)., Morikawa T, Nakamura S, Kato Y, Muraoka O, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 55, 2, 293, 8,   2007年02月, 査読有り
  • Bioactive constituents from chinese natural medicines. XXV. New flavonol bisdesmosides, sarmenosides I, II, III, and IV, with hepatorprotective activity from Sedum Sarmentosum (Crassulaceae), Zhang Y, Morikawa T, Nakamura S, Ninomiya K, Matsuda H, Muraoka O, Yoshikawa M, Heterocycles, Heterocycles, 71, 7, 1565, 1576,   2007年, 査読有り
  • Structures of steroidal alkaloid oligoglycosides, robeneosides A and B, and antidiabetogenic constituents from the Brazilian medicinal plant Solanum lycocarpum., Yoshikawa M, Nakamura S, Ozaki K, Kumahara A, Morikawa T, Matsuda H, Journal of natural products, Journal of natural products, 70, 2, 210, 4,   2007年, 査読有り
  • Potent anti-obese principle from Rosa canina: structural requirements and mode of action of trans-tiliroside., Ninomiya K, Matsuda H, Kubo M, Morikawa T, Nishida N, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry letters, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 17, 11, 3059, 64,   2007年, 査読有り
  • Megastigmanes and their glucosides from the whole plant of Sedum sarmentosum., Yoshikawa M, Morikawa T, Zhang Y, Nakamura S, Muraoka O, Matsuda H, Journal of natural products, Journal of natural products, 70, 4, 575, 83,   2007年, 査読有り
  • Medicinal flowers. XV. The structures of noroleanane- and oleanane-type triterpene oligoglycosides with gastroprotective and platelet aggregation activities from flower buds of Camellia japonica., Yoshikawa M, Morikawa T, Asao Y, Fujiwara E, Nakamura S, Matsuda H, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 55, 4, 606, 12,   2007年, 査読有り
  • Bioactive saponins and glycosides. XXVII. Structures of new cucurbitane-type triterpene glycosides and antiallergic constituents from Citrullus colocynthis., Yoshikawa M, Morikawa T, Kobayashi H, Nakamura A, Matsuhira K, Nakamura S, Matsuda H, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 55, 3, 428, 34,   2007年, 査読有り
  • Bioactive saponins and glycosides. XXV. Acylated oleanane-type triterpene saponins from the seeds of tea plant (Camellia sinensis)., Yoshikawa M, Morikawa T, Nakamura S, Li N, Li X, Matsuda H, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 55, 1, 57, 63,   2007年, 査読有り
  • Bioactive constituents from Chinese natural medicines. XXVI. Chemical structures and hepatoprotective effects of constituents from roots of Rhodiola sachalinensis., Nakamura S, Li X, Matsuda H, Ninomiya K, Morikawa T, Yamaguti K, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 55, 10, 1505, 11,   2007年, 査読有り
  • Bioactive constituents from Chinese natural medicines. XXIII. Absolute structures of new megastigmane glycosides, sedumosides A(4), A(5), A(6), H, and I, and hepatoprotective megastigmanes from Sedum sarmentosum., Ninomiya K, Morikawa T, Zhang Y, Nakamura S, Matsuda H, Muraoka O, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 55, 8, 1185, 91,   2007年, 査読有り
  • Bioactive constituents from Chinese natural medicines. XXII. Absolute structures of new megastigmane glycosides, sedumosides E1, E2, E3, F1, F2, and G, from Sedum sarmentosum (Crassulaceae)., Morikawa T, Zhang Y, Nakamura S, Matsuda H, Muraoka O, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 55, 3, 435, 41,   2007年, 査読有り
  • Bioactive constituents from Chinese natural medicines. XX. Inhibitors of antigen-induced degranulation in RBL-2H3 cells from the seeds of Psoralea corylifolia., Matsuda H, Sugimoto S, Morikawa T, Matsuhira K, Mizuguchi E, Nakamura S, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 55, 1, 106, 10,   2007年, 査読有り
  • Bioactive Saponins and Glycosides. Part 29. Acylated Oleanane-Type Triterpene Saponins: Theasaponins A6, A7, and B5 from the Seeds of Camellia sinensis, Morikawa T, Matsuda H, Li N, Li X, Yoshikawa M, Helv. Chim. Acta, Helv. Chim. Acta, 90, 12, 2342, 2348,   2007年
  • Bioactive Constituents from Chinese Natural Medicines. XXIV. Hypoglycemic Effects of Sinocrassula indica in Sugar-Loaded Rats and Genetically Diabetic KK-Ay Mice and Structures of New Acylated Flavonol Glycosides, Sinocrassosides A1, A2, B1, and B2, Yoshikawa M, Wang T, Morikawa T, Xie H, Matsuda H, Chem. Pharm. Bull., Chem. Pharm. Bull., 55, 9, 1308, 15,   2007年, 査読有り
  • Structures of new flavonoids, erycibenins D, E, and F, and NO production inhibitors from Erycibe expansa originating in Thailand., Morikawa T, Xu F, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 54, 11, 1530, 4,   2006年11月, 査読有り
  • Monoterpene constituents from Cistanche tubulosa--chemical structures of kankanosides A-E and kankanol-., Xie H, Morikawa T, Matsuda H, Nakamura S, Muraoka O, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 54, 5, 669, 75,   2006年05月, 査読有り
  • Bioactive constituents from Chinese natural medicines. XVII. constituents with radical scavenging effect and new glucosyloxybenzyl 2-isobutylmalates from Gymnadenia conopsea., Morikawa T, Xie H, Matsuda H, Wang T, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 54, 4, 506, 13,   2006年04月, 査読有り
  • Triterpene saponins with gastroprotective effects from tea seed (the seeds of Camellia sinensis)., Morikawa T, Li N, Nagatomo A, Matsuda H, Li X, Yoshikawa M, Journal of natural products, Journal of natural products, 69, 2, 185, 90,   2006年, 査読有り
  • Phenylethanoid oligoglycosides and acylated oligosugars with vasorelaxant activity from Cistanche tubulosa., Yoshikawa M, Matsuda H, Morikawa T, Xie H, Nakamura S, Muraoka O, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 14, 22, 7468, 75,   2006年, 査読有り
  • Inhibitory effects of coumarin and acetylene constituents from the roots of Angelica furcijuga on D-galactosamine/lipopolysaccharide-induced liver injury in mice and on nitric oxide production in lipopolysaccharide-activated mouse peritoneal macrophages., Yoshikawa M, Nishida N, Ninomiya K, Ohgushi T, Kubo M, Morikawa T, Matsuda H, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 14, 2, 456, 63,   2006年, 査読有り
  • Inhibitors from the rhizomes of Alpinia officinarum on production of nitric oxide in lipopolysaccharide-activated macrophages and the structural requirements of diarylheptanoids for the activity., Matsuda H, Ando S, Kato T, Morikawa T, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 14, 1, 138, 42,   2006年, 査読有り
  • Glucosyloxybenzyl 2-Isobutylmalates from the tubers of Gymnadenia conopsea., Morikawa T, Xie H, Matsuda H, Yoshikawa M, Journal of natural products, Journal of natural products, 69, 6, 881, 6,   2006年, 査読有り
  • Anti type I allergic property of Japanese butterbur extract and its mast cell degranulation inhibitory ingredients., Shimoda H, Tanaka J, Yamada E, Morikawa T, Kasajima N, Yoshikawa M, Journal of agricultural and food chemistry, Journal of agricultural and food chemistry, 54, 8, 2915, 20,   2006年, 査読有り
  • Bioactive saponins and glycosides. XXIII. Triterpene saponins with gastroprotective effect from the seeds of Camellia sinensis--theasaponins E3, E4, E5, E6, and E7., Yoshikawa M, Morikawa T, Li N, Nagatomo A, Li X, Matsuda H, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 53, 12, 1559, 64,   2005年12月, 査読有り
  • Inhibitors of nitric oxide production from the rhizomes of Alpinia galanga: structures of new 8-9' linked neolignans and sesquineolignan., Morikawa T, Ando S, Matsuda H, Kataoka S, Muraoka O, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 53, 6, 625, 30,   2005年06月, 査読有り
  • Inhibitors of nitric oxide production from the flowers of Angelica furcijuga: structures of hyuganosides IV and V., Matsuda H, Morikawa T, Ohgushi T, Ishiwada T, Nishida N, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 53, 4, 387, 92,   2005年04月, 査読有り
  • Structure-activity relationships of 1'S-1'-acetoxychavicol acetate for inhibitory effect on NO production in lipopolysaccharide-activated mouse peritoneal macrophages., Matsuda H, Ando S, Morikawa T, Kataoka S, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry letters, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 15, 7, 1949, 53,   2005年, 査読有り
  • Floratheasaponins A-C, acylated oleanane-type triterpene oligoglycosides with anti-hyperlipidemic activities from flowers of the tea plant (Camellia sinensis)., Yoshikawa M, Morikawa T, Yamamoto K, Kato Y, Nagatomo A, Matsuda H, Journal of natural products, Journal of natural products, 68, 9, 1360, 5,   2005年, 査読有り
  • Bioactive constituents from Chinese natural medicines. XV. Inhibitory effect on aldose reductase and structures of Saussureosides A and B from Saussurea medusa., Xie H, Wang T, Matsuda H, Morikawa T, Yoshikawa M, Tani T, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 53, 11, 1416, 22,   2005年, 査読有り
  • 1'S-1'-Acetoxychavicol acetate as a new type inhibitor of interferon-beta production in lipopolysaccharide-activated mouse peritoneal macrophages., Ando S, Matsuda H, Morikawa T, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 13, 9, 3289, 94,   2005年, 査読有り
  • Structures of new beta-carboline-type alkaloids with antiallergic effects from Stellaria dichotoma(1,2)., Sun B, Morikawa T, Matsuda H, Tewtrakul S, Wu LJ, Harima S, Yoshikawa M, Journal of natural products, Journal of natural products, 67, 9, 1464, 9,   2004年09月, 査読有り
  • Nigellamines A3, A4, A5, and C, new dolabellane-type diterpene alkaloids, with lipid metabolism-promoting activities from the Egyptian medicinal food black cumin., Morikawa T, Xu F, Ninomiya K, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 52, 4, 494, 7,   2004年04月, 査読有り
  • Structures of new sesquiterpenes and hepatoprotective constituents from the Egyptian herbal medicine Cyperus longus., Xu F, Morikawa T, Matsuda H, Ninomiya K, Yoshikawa M, Journal of natural products, Journal of natural products, 67, 4, 569, 76,   2004年, 査読有り
  • Structures of new aromatics glycosides from a Japanese folk medicine, the roots of Angelica furcijuga., Morikawa T, Matsuda H, Nishida N, Ohgushi T, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 52, 11, 1387, 90,   2004年, 査読有り
  • Novel dolabellane-type diterpene alkaloids with lipid metabolism promoting activities from the seeds of Nigella sativa., Morikawa T, Xu F, Kashima Y, Matsuda H, Ninomiya K, Yoshikawa M, Organic letters, Organic letters, 6, 6, 869, 72,   2004年, 査読有り
  • New isoflavones and pterocarpane with hepatoprotective activity from the stems of Erycibe expansa., Matsuda H, Morikawa T, Xu F, Ninomiya K, Yoshikawa M, Planta medica, Planta medica, 70, 12, 1201, 9,   2004年, 査読有り
  • New crinine-type alkaloids with inhibitory effect on induction of inducible nitric oxide synthase from Crinum yemense., Abdel-Halim OB, Morikawa T, Ando S, Matsuda H, Yoshikawa M, Journal of natural products, Journal of natural products, 67, 7, 1119, 24,   2004年, 査読有り
  • New amides and gastroprotective constituents from the fruit of Piper chaba., Morikawa T, Matsuda H, Yamaguchi I, Pongpiriyadacha Y, Yoshikawa M, Planta medica, Planta medica, 70, 2, 152, 9,   2004年, 査読有り
  • Carnosic acid, a new class of lipid absorption inhibitor from sage., Ninomiya K, Matsuda H, Shimoda H, Nishida N, Kasajima N, Yoshino T, Morikawa T, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry letters, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 14, 8, 1943, 6,   2004年, 査読有り
  • Bioactive constituents from Chinese natural medicines. XIV. New glycosides of beta-carboline-type alkaloid, neolignan, and phenylpropanoid from Stellaria dichotoma L. var. lanceolata and their antiallergic activities., Morikawa T, Sun B, Matsuda H, Wu LJ, Harima S, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 52, 10, 1194, 9,   2004年, 査読有り
  • Antiallergic phenanthrenes and stilbenes from the tubers of Gymnadenia conopsea., Matsuda H, Morikawa T, Xie H, Yoshikawa M, Planta medica, Planta medica, 70, 9, 847, 55,   2004年, 査読有り
  • Anti-allergic principles from Thai zedoary: structural requirements of curcuminoids for inhibition of degranulation and effect on the release of TNF-alpha and IL-4 in RBL-2H3 cells., Matsuda H, Tewtrakul S, Morikawa T, Nakamura A, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 12, 22, 5891, 8,   2004年, 査読有り
  • Anti-allergic activity of stilbenes from Korean rhubarb (Rheum undulatum L.): structure requirements for inhibition of antigen-induced degranulation and their effects on the release of TNF-alpha and IL-4 in RBL-2H3 cells., Matsuda H, Tewtrakul S, Morikawa T, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 12, 18, 4871, 6,   2004年, 査読有り
  • Absolute stereostructures of polypodane-type triterpenes, myrrhanol A and myrrhanone A, from guggul-gum resin (the resin of Balsamodendron mukul)., Matsuda H, Morikawa T, Ando S, Oominami H, Murakami T, Kimura I, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 52, 10, 1200, 3,   2004年, 査読有り
  • Absolute stereostructures of polypodane- and octanordammarane-type triterpenes with nitric oxide production inhibitory activity from guggul-gum resins., Matsuda H, Morikawa T, Ando S, Oominami H, Murakami T, Kimura I, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 12, 11, 3037, 46,   2004年, 査読有り
  • Antiallergic principles from Alpinia galanga: structural requirements of phenylpropanoids for inhibition of degranulation and release of TNF-alpha and IL-4 in RBL-2H3 cells., Matsuda H, Morikawa T, Managi H, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry letters, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 13, 19, 3197, 202,   2003年10月06日, 査読有り
  • Structures of new friedelane-type triterpenes and eudesmane-type sesquiterpene and aldose reductase inhibitors from Salacia chinensis., Morikawa T, Kishi A, Pongpiriyadacha Y, Matsuda H, Yoshikawa M, Journal of natural products, Journal of natural products, 66, 9, 1191, 6,   2003年09月, 査読有り
  • Bioactive constituents from Chinese natural medicines. XI. inhibitors on NO production and degranulation in RBL-2H3 from Rubia yunnanensis: structures of rubianosides II, III, and IV, rubianol-g, and rubianthraquinone., Tao J, Morikawa T, Ando S, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 51, 6, 654, 62,   2003年06月, 査読有り
  • Protective effects of polygodial on gastric mucosal lesions induced by necrotizing agents in rats and the possible mechanisms of action., Pongpiriyadacha Y, Matsuda H, Morikawa T, Asao Y, Yoshikawa M, Biological & pharmaceutical bulletin, Biological & pharmaceutical bulletin, 26, 5, 651, 7,   2003年05月, 査読有り
  • Medicinal flowers. VIII. Radical scavenging constituents from the flowers of Prunus mume: structure of prunose III., Matsuda H, Morikawa T, Ishiwada T, Managi H, Kagawa M, Higashi Y, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 51, 4, 440, 3,   2003年04月, 査読有り
  • Protective effects of steroid saponins from Paris polyphylla var. yunnanensis on ethanol- or indomethacin-induced gastric mucosal lesions in rats: structural requirement for activity and mode of action., Matsuda H, Pongpiriyadacha Y, Morikawa T, Kishi A, Kataoka S, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry letters, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 13, 6, 1101, 6,   2003年03月24日, 査読有り
  • Anastatins A and B, new skeletal flavonoids with hepatoprotective activities from the desert plant Anastatica hierochuntica., Yoshikawa M, Xu F, Morikawa T, Ninomiya K, Matsuda H, Bioorganic & medicinal chemistry letters, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 13, 6, 1045, 9,   2003年03月24日, 査読有り
  • Effects of sesquiterpenes and amino acid-sesquiterpene conjugates from the roots of Saussurea lappa on inducible nitric oxide synthase and heat shock protein in lipopolysaccharide-activated macrophages., Matsuda H, Toguchida I, Ninomiya K, Kageura T, Morikawa T, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 11, 5, 709, 15,   2003年03月06日, 査読有り
  • Anti-hyperlipidemic sesquiterpenes and new sesquiterpene glycosides from the leaves of artichoke (Cynara scolymus L.): structure requirement and mode of action., Shimoda H, Ninomiya K, Nishida N, Yoshino T, Morikawa T, Matsuda H, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry letters, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 13, 2, 223, 8,   2003年01月20日, 査読有り
  • [Biological activities of Salacia chinensis originating in Thailand: the quality evaluation guided by alpha-glucosidase inhibitory activity]., Yoshikawa M, Pongpiriyadacha Y, Kishi A, Kageura T, Wang T, Morikawa T, Matsuda H, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 123, 10, 871, 80,   2003年, 査読有り
  • Structures of new friedelane- and norfriedelane-type triterpenes and polyacylated eudesmane-type sesquiterpene from Salacia chinensis LINN. (S. prinoides DC., Hippocrateaceae) and radical scavenging activities of principal constituents., Kishi A, Morikawa T, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 51, 9, 1051, 5,   2003年, 査読有り
  • Structures of new dammarane-type Triterpene Saponins from the flower buds of Panax notoginseng and hepatoprotective effects of principal Ginseng Saponins., Yoshikawa M, Morikawa T, Kashima Y, Ninomiya K, Matsuda H, Journal of natural products, Journal of natural products, 66, 7, 922, 7,   2003年, 査読有り
  • Structures of new cyclic diarylheptanoids and inhibitors of nitric oxide production from Japanese folk medicine Acer nikoense., Morikawa T, Tao J, Toguchida I, Matsuda H, Yoshikawa M, Journal of natural products, Journal of natural products, 66, 1, 86, 91,   2003年, 査読有り
  • Structural requirements of flavonoids for nitric oxide production inhibitory activity and mechanism of action., Matsuda H, Morikawa T, Ando S, Toguchida I, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 11, 9, 1995, 2000,   2003年, 査読有り
  • Potent anti-metastatic activity of dimeric sesquiterpene thioalkaloids from the rhizome of Nuphar pumilum., Matsuda H, Morikawa T, Oda M, Asao Y, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry letters, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 13, 24, 4445, 9,   2003年, 査読有り
  • Medicinal foodstuffs. XXXI. Structures of new aromatic constituents and inhibitors of degranulation in RBL-2H3 cells from a Japanese folk medicine, the stem bark of Acer nikoense., Morikawa T, Tao J, Ueda K, Matsuda H, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 51, 1, 62, 7,   2003年01月, 査読有り
  • Gastroprotective effects of phenylpropanoids from the rhizomes of Alpinia galanga in rats: structural requirements and mode of action., Matsuda H, Pongpiriyadacha Y, Morikawa T, Ochi M, Yoshikawa M, European journal of pharmacology, European journal of pharmacology, 471, 1, 59, 67,   2003年, 査読有り
  • Absolute stereostructures of new arborinane-type triterpenoids and inhibitors of nitric oxide production from Rubia yunnanensis., Morikawa T, Tao J, Ando S, Matsuda H, Yoshikawa M, Journal of natural products, Journal of natural products, 66, 5, 638, 45,   2003年, 査読有り
  • Inhibitors of nitric oxide production from the bark of Myrica rubra: structures of new biphenyl type diarylheptanoid glycosides and taraxerane type triterpene., Tao J, Morikawa T, Toguchida I, Ando S, Matsuda H, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 10, 12, 4005, 12,   2002年12月, 査読有り
  • Structural requirements of flavonoids for inhibition of antigen-Induced degranulation, TNF-alpha and IL-4 production from RBL-2H3 cells., Mastuda H, Morikawa T, Ueda K, Managi H, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 10, 10, 3123, 8,   2002年10月, 査読有り
  • New flavonol oligoglycosides and polyacylated sucroses with inhibitory effects on aldose reductase and platelet aggregation from the flowers of Prunus mume., Yoshikawa M, Murakami T, Ishiwada T, Morikawa T, Kagawa M, Higashi Y, Matsuda H, Journal of natural products, Journal of natural products, 65, 8, 1151, 5,   2002年08月, 査読有り
  • Medicinal foodstuffs. XXIX. Potent protective effects of sesquiterpenes and curcumin from Zedoariae Rhizoma on liver injury induced by D-galactosamine/lipopolysaccharide or tumor necrosis factor-alpha., Morikawa T, Matsuda H, Ninomiya K, Yoshikawa M, Biological & pharmaceutical bulletin, Biological & pharmaceutical bulletin, 25, 5, 627, 31,   2002年05月, 査読有り
  • Absolute stereostructure of potent alpha-glucosidase inhibitor, Salacinol, with unique thiosugar sulfonium sulfate inner salt structure from Salacia reticulata., Yoshikawa M, Morikawa T, Matsuda H, Tanabe G, Muraoka O, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 10, 5, 1547, 54,   2002年05月, 査読有り
  • Bioactive constituents of Chinese natural medicines. VII. Inhibitors of degranulation in RBL-2H3 cells and absolute stereostructures of three new diarylheptanoid glycosides from the bark of Myrica rubra., Matsuda H, Morikawa T, Tao J, Ueda K, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 50, 2, 208, 15,   2002年02月, 査読有り
  • Structural requirements of flavonoids and related compounds for aldose reductase inhibitory activity., Matsuda H, Morikawa T, Toguchida I, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 50, 6, 788, 95,   2002年, 査読有り
  • Protective effects of polygodial and related compounds on ethanol-induced gastric mucosal lesions in rats: structural requirements and mode of action., Matsuda H, Pongpiriyadacha Y, Morikawa T, Kashima Y, Nakano K, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry letters, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 12, 3, 477, 82,   2002年, 査読有り
  • New farnesane-type sesquiterpenes, hedychiols A and B 8,9-diacetate, and inhibitors of degranulation in RBL-2H3 cells from the rhizome of Hedychium coronarium., Morikawa T, Matsuda H, Sakamoto Y, Ueda K, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 50, 8, 1045, 9,   2002年, 査読有り
  • Medicinal flowers. VI. Absolute stereostructures of two new flavanone glycosides and a phenylbutanoid glycoside from the flowers of Chrysanthemum indicum L.: their inhibitory activities for rat lens aldose reductase., Matsuda H, Morikawa T, Toguchida I, Harima S, Yoshikawa M, Chemical & pharmaceutical bulletin, Chemical & pharmaceutical bulletin, 50, 7, 972, 5,   2002年, 査読有り
  • Labdane-type diterpenes with inhibitory effects on increase in vascular permeability and nitric oxide production from Hedychium coronarium., Matsuda H, Morikawa T, Sakamoto Y, Toguchida I, Yoshikawa M, Bioorganic & medicinal chemistry, Bioorganic & medicinal chemistry, 10, 8, 2527, 34,   2002年, 査読有り
  • Characterization of new sweet triterpene saponins from Albizia myriophylla., Yoshikawa M, Morikawa T, Nakano K, Pongpiriyadacha Y, Murakami T, Matsuda H, Journal of natural products, Journal of natural products, 65, 11, 1638, 42,   2002年, 査読有り
  • Absolute stereostructures of three new sesquiterpenes from the fruit of Alpinia oxyphylla with inhibitory effects on nitric oxide production and degranulation in RBL-2H3 cells., Morikawa T, Matsuda H, Toguchida I, Ueda K, Yoshikawa M, Journal of natural products, Journal of natural products, 65, 10, 1468, 74,   2002年, 査読有り
  • Bioactive saponins and glycosides. XIX. Notoginseng (3): Immunological adjuvant activity of notoginsenosides and related saponins. Structures of notoginsenosides-L, -M, and -N from the roots of Panax notoginseng (Burk.) F. H. Chen, Yoshikawa M, Morikawa T, Yashiro K, Murakami T, Matsuda H, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 49, 11, 1452, 1456,   2001年, 査読有り
  • Inhibitors from rhubarb on lipopolysaccharide-induced nitric oxide production in macrophages: Structural requirements of stilbenes for the activity, Kageura T, Matsuda H, Morikawa T, Toguchida I, Harima S, Oda M, Yoshikawa M, Bioorganic and Medicinal Chemistry, Bioorganic and Medicinal Chemistry, 9, 7, 1887, 1893,   2001年, 査読有り
  • Inhibitors of nitric oxide production and new sesquiterpenes, 4-epi-curcumenol, neocurcumenol, gajutsulactones A and B, and zedoarolides A and B from zedoariae rhizoma, Matsuda H, Morikawa T, Toguchida I, Ninomiya K, Yoshikawa M, Heterocycles, Heterocycles, 55, 5, 841, 846,   2001年, 査読有り
  • Medicinal foodstuffs. XXVIII.1). Inhibitors of nitric oxide production and new sesquiterpenes, zedoarofuran, 4-epicurcumenol, neocurcumenol, gajutsulactones A and B, and zedoarolides A and B, from Zedoariae Rhizoma, Matsuda H, Morikawa T, Toguchida I, Ninomiya K, Yoshikawa M, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 49, 12, 1558, 1566,   2001年, 査読有り
  • New noroleanane-type triterpene saponins with gastroprotective effect and platelet aggregation activity from the flowers of Camellia Japonica: Revised structures of camellenodiol and camelledionol, Yoshikawa M, Morikawa T, Fujiwara E, Ohgushi T, Asao Y, Matsuda H, Heterocycles, Heterocycles, 55, 9, 1653, +,   2001年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • ブラジル生薬アンディローバ(Carapa guianensis)由来リモノイド成分の脂肪代謝促進作用およびその作用機序の解明, 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 丸本真輔, 酒井千恵, 村岡修, 村岡修, 菊池崇, 山田剛司, 田中麗子, 森川敏生, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2019年03月05日
  • マツリカ(Jasminum sambac,花部)の成分探索, 井上尚樹, 二宮清文, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2019年03月05日
  • センキュウ(Cnidium officinale,根茎)の新規フタリド配糖体および芳香族化合物, 山本紗也, 二宮清文, 塩谷美幸, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2019年03月05日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部に含まれるプレニルクマリンのアロマターゼ阻害活性, LUO Fenglin, 二宮清文, 柴谷華苗, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADAHCA Yutana, 村岡修, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2019年03月05日
  • 更年期肥満モデルマウスに対する漢方薬「大柴胡湯」の抗肥満効果, 橋本統星, 赤木淳二, 来福七央人, 荒井哲也, 山崎寛生, 二宮清文, 森川敏生, 基礎老化研究,   2019年
  • ブラジル生薬アンディローバ(Carapa guianensis)由来リモノイド成分の糖および脂質代謝改善作用, 長友暁史, 二宮清文, 丸本真輔, 酒井千恵, 村岡修, 村岡修, 菊池崇, 山田剛司, 田中麗子, 森川敏生, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2018年10月13日
  • 延命草(Isodon trichocarpus,地上部)由来テルペノイド成分のメラニン産生抑制活性, 萬瀬貴昭, 加藤和寛, 岡崎茜, 岡田(西田, 枝里子, 岡田(西田, 枝里子, 今川貴仁, 二宮清文, 柳田満廣, 中村翔, 森川敏生, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2018年10月13日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis由来ゲラニルクマリンのがん細胞増殖抑制活性, 森川敏生, 杉田秀美, 村木謙一, 佐伯竣介, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 二宮清文, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2018年10月13日
  • 伝統薬物資源からの新規機能性天然物の探索, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2018年10月01日
  • 川芎に含まれるフタリド成分の糖消費亢進作用, 二宮清文, 宮坂賢知, 酒井千恵, 塩谷美幸, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2018年10月01日
  • 茉莉花および胡黄連の新規イリドイド成分の構造解析, 二宮清文, 井上尚樹, 中西勇介, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2018年10月01日
  • タイ天然薬物Goniothalamus macrophyllusおよびAnaxagorea luzonensisからの肝細胞内中性脂肪低減作用成分の探索, 二宮清文, 北村周平, 外村奈央, 保呂奈津子, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 長友暁史, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2018年10月01日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部クマリン成分のCYP19阻害活性, 二宮清文, 二宮清文, LUO Fenglin, 柴谷華苗, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 石川文洋, 田邉元三, 田邉元三, 森川敏生, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2018年10月01日
  • メース(Myristica fragrans Houtt.,仮種皮)含有ネオリグナン成分の糖消費促進活性, 二宮清文, 二宮清文, 宮坂賢知, 八幡郁子, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2018年08月31日
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum花部含有butenolideの一酸化窒素産生抑制活性, 二宮清文, 坂本裕介, 田邉元三, 田邉元三, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2018年08月31日
  • 生活習慣病の予防・改善に資する機能性関与成分に関する研究, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2018年08月31日
  • マツリカ(Jasminum sambac)花部の新規イリドイド配糖体成分, 二宮清文, 二宮清文, 井上尚樹, 柴谷華苗, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2018年08月31日
  • 川芎(Cnidium officinale,根茎)の新規フタリド配糖体およびフェニルプロパノイド, 二宮清文, 山本紗也, 塩谷美幸, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2018年08月31日
  • ミシマサイコ(Bupleurum falcatum L.)含有サポニンの抗炎症作用, 二宮清文, 赤木駿, 今野拓哉, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2018年08月31日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部含有プレニルクマリンのアロマターゼ阻害活性, 二宮清文, 羅鳳琳, 柴谷華苗, 杉田秀美, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2018年08月31日
  • ローズヒップ由来trans‐tilirosideの脂肪代謝促進作用の解析, 長友暁史, 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 松本亜衣, 児玉高幸, 川上宏智, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2018年08月31日
  • ローズヒップ由来アシル化フラボノール配糖体の糖・脂質代謝改善作用, 長友暁史, 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 松本亜衣, 松本亜衣, 児玉高幸, 川上宏智, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集,   2018年05月17日
  • 釣藤鈎(Uncaria rhynchophylla鈎部)由来トリテルペン成分の神経様突起伸長作用, 菅原碧, 二宮清文, 河端千尋, 今野拓哉, 南野享, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2018年03月05日
  • 川きゅう(Cnidium officinale,根茎)の糖代謝改善作用成分, 宮坂賢知, 二宮清文, 二宮与, 酒井千恵, 塩谷美幸, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2018年03月05日
  • マツリカ(Jasminum sambac,花部)のアロマターゼ阻害活性成分, 井上尚樹, 二宮清文, 二宮清文, 柴谷華苗, 佐々木佑人, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2018年03月05日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の新規プレニルクマリン成分とがん細胞増殖抑制活性, 杉田秀美, 二宮清文, 村木謙一, 佐伯竣介, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2018年03月05日
  • ローズヒップエキスおよびtrans‐tilirosideが肝細胞内脂質代謝におよぼす影響, 長友暁史, 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 松本亜衣, 松本亜衣, 児玉高幸, 川上宏智, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2018年03月05日
  • 川きゅうに含まれる新規フタリド配糖休の化学構造, 山本紗也, 二宮清文, 塩谷美幸, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2018年
  • 柴胡含有サポニンの肝細胞内中性脂肪低減活性, 二宮清文, 矢田佳凜, 今野拓哉, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2018年
  • 胡黄連のコラゲナーゼおよびヒアルロニダーゼ阻害活性成分, 井上尚樹, 二宮清文, 中西勇介, 松浦豪之, 植松一貴, 村岡修, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2018年
  • 加齢に伴う肥満症の進展に対する防風通聖散の効果, 赤木淳二, 王蔚, 井上誠, 荒井哲也, 山崎寛生, 二宮清文, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2018年
  • 肉豆こう衣の糖消費促進活性成分, 宮坂賢知, 二宮清文, 八幡郁子, 村岡修, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2018年
  • 生活習慣病の予防・改善に資する機能性食品成分の探索, 森川敏生, 村岡修, 森川敏生, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2018年
  • 4,5‐ジデヒドロアポルフィン型アルカロイドの合成およびメラニン形成抑制活性評価, 白戸美希, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 丸本真輔, 石川文洋, 村岡修, 森川敏生, 田邉元三, 田邉元三, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2018年
  • メース(Myristica fragrans Houtt.仮種皮)含有ネオリグナン成分の糖消費促進活性, 二宮清文, 宮坂賢知, 八幡郁子, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2018年
  • 加齢に伴う内臓脂肪蓄積に対する防風通聖散の効果, 赤木淳二, 荒井哲也, 和田篤敬, 山崎寛生, 二宮清文, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2018年
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部含有クマリン成分のアロマターゼ阻害活性―阻害様式と酵素特異性に対する検討―, 二宮清文, 柴谷華苗, 末吉真弓, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2018年
  • サイコ(Bupleurum falcatum L.)含有サポニン成分の抗TNF‐α作用, 二宮清文, 赤木駿, 今野拓哉, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2018年
  • サラシア属植物に含有されるポリフェノール成分のLC-MS 定量分析, 森川敏生, 森川敏生, 赤木淳二, PONGPIRIYADACHA Yutana, 吉川雅之, 二宮清文, 二宮清文, 村岡修, 村岡修, 日本食品化学学会誌,   2018年
  • 砂漠人参カンカニクジュヨウの血糖上昇抑制作用メカニズムの解明, 島田紘明, 卜部裕一, 岡本雄平, 李征, 川瀬篤史, 森川敏生, 森川敏生, 村岡修, 村岡修, 村岡修, 岩城正宏, 岩城正宏, 岩城正宏, 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集,   2017年10月26日
  • 西洋ハーブからの肝脂肪低減を介した生活習慣病予防改善物質の探索, 二宮清文, 森川敏生, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2017年10月10日
  • アンディローバ(Carapa guianensis)含有リモノイド成分の脂肪性肝炎抑制作用, 二宮清文, 酒井千恵, 丸本真輔, 長友暁史, 菊池崇, 山田剛司, 田中麗子, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2017年10月10日
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)のケモカイン受容体CCR3アンタゴニスト様作用を指標とした抗アレルギー作用成分の探索, 森川敏生, 八幡郁子, 松尾一彦, 西田枝里子, 二宮清文, 二宮清文, 義江修, 村岡修, 村岡修, 中山隆志, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2017年10月10日
  • 天然薬物”サラシア”由来サラシノール類縁体のジアステレオ選択的合成及びin vivo α‐グルコシダーゼ阻害活性評価, 石川文洋, 神農佳澄, 薗田直樹, 木内恵里, 赤木淳二, 二宮清文, 村岡修, 吉川雅之, 森川敏生, 田邉元三, 田邉元三, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集,   2017年10月04日
  • 漢薬コウズクの肝細胞内中性脂肪低減活性成分, 二宮清文, 二宮与, 酒井千恵, 萬瀬貴昭, 村岡修, 森川敏生, 肥満研究,   2017年09月22日
  • マテ(Ilex paraguariensis)葉部の血中中性脂肪上昇抑制活性成分, 森川敏生, 森川敏生, 福井裕介, 長友暁史, 阪本千夏, 芝坂彩, 村岡修, 村岡修, 二宮清文, 二宮清文, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2017年08月25日
  • 国産蓮花(Nelumbo nucifera,花部)の開花度による含有アルカロイド成分の変動, 二宮清文, 二宮清文, 奥川修平, 川口泰生, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2017年08月25日
  • カンカニクジュヨウ中主成分エキナコシド,アクテオシドのグルコース/Na+共輸送トランスポーター阻害作用, 島田紘明, 卜部裕一, 岡本雄平, 川瀬篤史, 李征, 森川敏生, 森川敏生, 村岡修, 村岡修, 村岡修, 岩城正宏, 岩城正宏, 岩城正宏, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2017年08月25日
  • ローズヒップエキスおよびtrans‐Tilirosideの脂肪蓄積抑制作用, 長友暁史, 長友暁史, 西田典永, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 二宮清文, 二宮清文, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2017年08月25日
  • アルキルグリセリルアスコルビン酸のチロシナーゼ関連タンパク発現阻害によるメラニン産生抑制活性, 平徳久, 勝山雄志, 吉岡正人, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2017年08月25日
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum含有butenolide類のメラニン産生抑制活性, 萬瀬貴昭, 田邉元三, 二宮清文, 二宮清文, 今川貴仁, 安藤恵里, 福田梨沙, 福田友紀, 石川文洋, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2017年08月25日
  • 川きゅうの耐糖能改善作用成分, 二宮清文, 宮坂賢知, 塩谷美幸, 二宮与, 酒井千恵, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2017年08月25日
  • 茶花含有サポニンのヒト消化管由来がん細胞増殖抑制活性とその構造活性相関, 奥川修平, 奥川修平, 二宮清文, 二宮清文, 西田文香, 甕千明, 甕千明, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2017年08月25日
  • センキュウ(Cnidium officinale、根茎)の糖消費促進活性成分の探索, 宮坂 賢知, 二宮 清文, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2017年08月
  • センキュウ(Cnidium officinale、根茎)の耐糖能改善作用成分の探索, 二宮 清文, 二宮 与, 酒井 千恵, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2017年08月
  • 延命草(Isodon trichocarpus、地上部)に含有するエンメインのヒト毛乳頭細胞増殖促進作用, 萬瀬 貴昭, 二宮 清文, 加藤 和寛, 楢崎 紘生, 岡田 枝里子, 山野 友希, 柳田 満廣, 要 欣志, 中村 翔, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2017年08月
  • 機能性食品素材ローズヒップエキスの有効性および安全性評価, 長友暁史, 長友暁史, 西田典永, 吉川雅之, 村岡修, 二宮清文, 森川敏生, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集,   2017年06月01日
  • ローズヒップエキスおよびtrans‐tilirosideの肝内脂肪低減作用, 長友暁史, 長友暁史, 西田典永, 田中幸雅, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 二宮清文, 二宮清文, 森川敏生, 森川敏生, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,   2017年06月
  • 耐糖能異常者におけるサラシアエキス配合食品摂取による食後血糖低下作用~持続血糖モニターを用いたクロスオーバー試験~, 小林正和, 赤木淳二, 山口康代, 山崎寛生, 森川敏生, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 絵本正憲, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2017年04月28日
  • ローズヒップエキスおよびtrans‐tilirosideの肝細胞内脂質代謝促進作用, 長友暁史, 長友暁史, 西田典永, 田中(東)幸雅, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 二宮清文, 二宮清文, 森川敏生, 森川敏生, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2017年04月28日
  • 延命草(Isodon trichocarpus,地上部)含有ジテルペノイド成分のメラニン産生抑制活性, 加藤和寛, 萬瀬貴昭, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 今川貴仁, 松本拓, 岡崎茜, 岡田枝里子, 岡田枝里子, 要欣志, 中村翔, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2017年03月05日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部のアロマターゼ阻害活性, 柴谷華苗, 二宮清文, 田邉元三, 筒井望, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2017年03月05日
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum由来成分のNO産生抑制活性および含有butenolide類の全合成, 安藤恵里, 萬瀬貴昭, 田邉元三, 福田梨沙, 福田友紀, 筒井望, 三宅史織, 中屋友紀子, 山添晶子, 松本朋子, 松田久司, 二宮清文, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2017年03月05日
  • 蓮花(Nelumbo nucifera,花部)含有メラニン産生抑制アルカロイド成分を指標とした品質評価, 奥川修平, 奥川修平, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 甕千明, 甕千明, 田邉元三, 亀井惟頼, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2017年03月05日
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum由来NO産生抑制活性Butenolide類の合成およびその活性評価, 田邉 元三, 森川 敏生, 福田 梨沙, 福田 友紀, 萬瀬 貴昭, 二宮 清文, 松本 朋子, 眞野 みのり, 松田 久司, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集,   2017年03月
  • 延命草(Isodon trichocarpus、地上部)含有ジテノペノイドのヒト毛乳頭細胞増殖促進活性, 萬瀬 貴昭, 二宮 清文, 楢崎 紘生, 加藤 和寛, 岡崎 茜, 山野 友希, 岡田 枝里子, 要 欣志, 中村 翔, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集,   2017年03月
  • Chakasaponin類の消化管がん細胞に対する細胞増殖抑制活性の構造活性相関, 二宮 清文, 甕 千明, 西田 文香, 奥川 修平, 北川 仁一朗, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集,   2017年03月
  • ローズヒップ含有成分の肝細胞内中性脂肪代謝促進作用, 長友 暁史, 西田 典永, 田中 幸雅, 吉川 雅之, 村岡 修, 二宮 清文, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集,   2017年03月
  • ブラジル生薬Carapa guianensis含有リモノイド成分の肝保護作用, 二宮 清文, 宮澤 聖也, 尾関 快天, 松尾 菜都子, 村岡 修, 菊地 崇, 山田 剛司, 田中 麗子, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集,   2017年03月
  • アルキルグリセリルアスコルビン酸誘導体の分子構造とメラニン産生抑制作用の関係, 平 徳久, 勝山 雄志, 吉岡 正人, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集,   2017年03月
  • 佐賀県産蓮(Nelumbo nucifera)の花部の開花状況による含有アルカロイドの成分変動, 川口泰生, 奥川修平, 二宮清文, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2017年
  • フェニルプロパノイドの肝臓中脂肪低減を介した耐糖能改善作用, 二宮清文, 萬瀬貴昭, 二宮与, 森祐樹, 酒井千恵, 村岡修, 森川敏生, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集,   2016年11月11日
  • ブラジル生薬アンディローバ由来リモノイド成分の脂肪肝低減作用, 森川敏生, 二宮清文, 二宮与, 丸本真輔, 酒井千恵, 村岡修, 菊池崇, 山田剛司, 田中麗子, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2016年10月29日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis由来クマリン成分のアロマターゼ阻害活性, 森川敏生, 二宮清文, 柴谷華苗, 田邉元三, 筒井望, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2016年10月29日
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum由来butenolide類の全合成およびNO産生抑制活性評価, 萬瀬貴昭, 田邉元三, 福田梨沙, 福田友紀, 筒井望, 三宅史織, 中屋友紀子, 山添晶子, 松本朋子, 松田久司, 二宮清文, 村岡修, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2016年10月01日
  • ローズヒップエキスおよびtrans‐Tilirosideの脂質代謝促進作用, 二宮清文, 長友暁史, 長友暁史, 西田典永, 田中(東)幸雅, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2016年10月01日
  • 釣藤鈎の機能性成分―神経突起伸長作用成分およびその作用機序―, 二宮清文, 河端千尋, 今野拓哉, 南野享, 菅原碧, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2016年10月01日
  • センキュウの肝臓中脂肪低減を介した耐糖能改善作用, 二宮清文, 二宮与, 酒井千恵, 塩谷美幸, 森川敏生, 肥満研究,   2016年09月20日
  • サラシア・キネンシス熱水抽出エキスの糖質消化酵素に対する阻害活性プロフィール, 赤木淳二, 赤木淳二, 小林正和, 山口康代, 山崎寛生, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2016年08月25日
  • 茶花由来サポニンのヒト消化管由来がん細胞増殖抑制活性―chakasaponinの作用機序―, 二宮清文, 甕千明, 甕千明, 西田文香, 奥川修平, 奥川修平, 北川仁一郎, 北川仁一郎, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2016年08月25日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の機能性成分(7)―含有クマリン成分のアロマターゼ阻害活性―, 二宮清文, 柴谷華苗, 田邉元三, 筒井望, 末吉真弓, 佐伯竣介, 杉田秀美, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 早川堯夫, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2016年08月25日
  • 延命草(Isodon trichocarpus,地上部)のメラニン産生抑制活性成分, 二宮清文, 萬瀬貴昭, 萬瀬貴昭, 今川貴仁, 松本拓, 岡崎茜, 岡田枝里子, 岡田枝里子, 要欣志, 中村翔, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2016年08月25日
  • アンデローバ含有成分のコラーゲン分泌促進作用, 二宮清文, 北沢可哉子, 村岡修, 菊地崇, 山田剛司, 田中麗子, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2016年08月25日
  • ケモカイン受容体を標的とした天然由来シーズの探索研究(2):ロウバイカ(Chimonanthus praecox花蕾部)のCCR6およびCCR7アンタゴニスト活性成分, 森川敏生, 松尾一彦, 奥川修平, 奥川修平, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 二宮清文, 中西勇介, 村岡修, 村岡修, 中山隆志, 中山隆志, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2016年08月25日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の機能性成分(6)―含有成分のがん細胞増殖抑制活性―, 二宮清文, 杉田秀美, 村木謙一, 佐伯竣介, 末吉真弓, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2016年08月25日
  • 日常の食生活を想定したサラシア・キネンシスエキスの食後血糖上昇抑制作用の評価, 小林正和, 赤木淳二, 赤木淳二, 山口康代, 山崎寛生, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2016年08月25日
  • サイコ(Bupleurum falcatum L.)の肝細胞内中性脂肪代謝作用, 二宮清文, 今野拓哉, 矢田佳凛, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2016年08月25日
  • 茶花由来サポニンのヒト消化管由来がん細胞増殖抑制活性―chakasaponin IIおよびその誘導体の構造活性相関―, 二宮清文, 甕千明, 甕千明, 西田文香, 奥川修平, 奥川修平, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2016年08月25日
  • サラシア・キネンシス熱水抽出エキス配合食品のヒトでの利用, 小林正和, 赤木淳二, 赤木淳二, 山口康代, 山崎寛生, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集,   2016年06月02日
  • サラシア・キネンシスに含有される抗糖尿病作用成分, 赤木淳二, 赤木淳二, 小林正和, 森川敏生, 二宮清文, 木内恵里, 田邉元三, PONGPIRIYADACHA Yutana, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集,   2016年06月02日
  • 茶花由来アシル化サポニンのヒト口腔癌由来細胞株HSC‐2に対する細胞増殖抑制活性, 森川敏生, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 甕千明, 甕千明, 奥川修平, 奥川修平, 西田文香, 吉川雅之, 村岡修, 二宮清文, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2016年04月25日
  • メラニン産生抑制活性を有する蓮華含有アルカロイド成分の安定性評価, 二宮清文, 奥川修平, 奥川修平, 甕千明, 甕千明, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 田邉元三, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • Chakasaponin IIおよび関連サポニン成分のヒト口腔癌由来細胞株HSC‐2に対する細胞増殖抑制活性, 二宮清文, 甕千明, 甕千明, 西田文香, 奥川修平, 奥川修平, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • センキュウ(Cnidium officinale)根茎の抗炎症作用成分, 二宮清文, 塩谷美幸, 尾関快天, 松尾菜都子, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • 釣藤鈎の機能性成分(7)―含有成分の神経突起伸長作用―, 二宮清文, 河端千尋, 柴谷華苗, 南野享, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • 歴代成書にある生薬の効能に関する記載のデータベース化, 矢作忠弘, 渥美聡孝, 三宅克典, 石内勘一郎, 森永紀, 伏見裕利, 大山雅義, 森川敏生, 有田正規, 田中謙, 牧野利明, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • 延命草由来ジテルペノイド成分のメラニン産生抑制作用, 二宮清文, 萬瀬貴昭, 萬瀬貴昭, 岡田枝里子, 松本拓, 岡崎茜, 要欣志, 中村翔, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • 漢薬女貞子(Ligustrum lucidum,果実)の機能性成分(4)―含有成分のアロマターゼ阻害活性―, 二宮清文, 柴谷華苗, 居村克弥, 坂本幸栄, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • ケープアロエ葉末の抗炎症作用成分, 二宮清文, 大山更紗, 赤木淳二, 赤木淳二, 松本拓, 松尾菜都子, 尾関快天, 岡田拓也, 吉田郁代, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum由来NO産生抑制活性を有するButenolide類の全合成, 田邉元三, 森川敏生, 小川哲平, 薗田直樹, 至田智行, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 筒井望, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • アンデローバ含有成分の脂肪肝低減作用成分, 二宮清文, 酒井千恵, 村岡修, 菊地崇, 山田剛司, 田中麗子, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • 柴胡含有サポニン成分の肝細胞内中性脂肪低減活性成分, 今野拓哉, 二宮清文, 矢田佳凜, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2016年
  • コウズク(Alpinia galanga,果実)の耐糖能改善作用成分, 二宮清文, 二宮与, 酒井千恵, 萬瀬貴昭, 村岡修, 早川堯夫, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2016年
  • 川きゅう(Cnidium officinale,根茎)の耐糖能改善作用物質, 二宮与, 二宮清文, 酒井千恵, 塩谷美幸, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2016年
  • サラシア・キネンシス熱水抽出エキスの長期摂取時および過剰摂取時の安全性, 小林正和, 赤木淳二, 山口康代, 山崎寛生, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2015年10月15日
  • 茶花(Camellia sinensis,花蕾部)由来サポニン成分のヒト消化管由来癌細胞株に対する細胞増殖抑制活性, 二宮清文, 甕千明, 甕千明, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 吉原和弥, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2015年10月15日
  • 紅豆く(Alpinia galanga,果実)由来フェニルプロパノイド成分の肝細胞内中性脂肪代謝促進作用, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 西亮介, 橋本佳典, 酒井千恵, 二宮与, SAOWANEE Chaipech, SAOWANEE Chaipech, 早川尭夫, 村岡修, 森川敏生, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2015年10月15日
  • 蓮華(Nelumbo nucifera,花部)のメラニン産生抑制活性成分を指標とした品質評価, 森川敏生, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 奥川修平, 奥川修平, 甕千明, 甕千明, 田邉元三, 亀井惟頼, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2015年10月15日
  • 漢薬 センキュウ(Cnidium officinale,根茎)の肝脂肪低減作用成分の探索, 二宮清文, 酒井千恵, 塩谷美幸, 森川敏生, 肥満研究,   2015年09月08日
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum由来NO産生抑制活性を有するButenolide類の全合成, 田邉元三, 森川敏生, 小川哲平, 薗田直樹, 至田智行, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 筒井望, 村岡修, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2015年09月05日
  • Nigella sativa種子由来ジテルペン成分の肝脂肪低減作用, 二宮清文, 奥村尚道, XU Fengming, 松田久司, 早川堯夫, 村岡修, 吉川雅之, 森川敏生, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2015年09月05日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の抗炎症作用成分, 森川敏生, 二宮清文, 佐伯竣介, 宮澤聖也, SAOWANEE Chaipech, SAOWANEE Chaipech, YUTANA Pongpiriyadacha, 早川堯夫, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2015年09月05日
  • 紅豆く(Alpinia galanga,果実)のメラニン産生抑制活性成分, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 西亮介, 亀井惟頼, SAOWANEE Chaipech, SAOWANEE Chaipech, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2015年09月05日
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)の新規ネオリグナン成分, 八幡郁子, 二宮清文, 尾関快天, 西田枝里子, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2015年09月05日
  • 茶花由来サポニンchakasaponin IIおよび関連サポニンのヒト消化管由来細胞増殖抑制活性, 二宮清文, 甕千明, 甕千明, 北川仁一郎, 北川仁一郎, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2015年08月31日
  • アンデローバ含有リモノイドの肝細胞内中性脂肪低減作用, 二宮清文, 酒井千恵, 村岡修, 村岡修, 菊地崇, 山田剛司, 田中麗子, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2015年08月31日
  • 紅豆くの機能性成分(6)―フェニルプロパノイド成分の肝細胞内中性脂肪代謝作用および構造活性相関―, 二宮清文, 萬瀬貴昭, 橋本佳典, 酒井千恵, 二宮与, SAOWANEE Chaipech, SAOWANEE Chaipech, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2015年08月31日
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)の機能性成分(6)―新規ネオリグナン成分の化学構造―, 二宮清文, 八幡郁子, 田邉元三, 早川堯夫, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2015年08月31日
  • デイジーフラワー(Bellis perennis,花部)の機能性成分(7)―含有サポニン成分の胃がん細胞増殖抑制活性―, 二宮清文, 甕千明, 北川仁一朗, 吉原和弥, 西田枝里子, 李雪征, 松田久司, 中村誠宏, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • 紅豆蒄の機能性成分(5)―含有フェニルプロパノイド成分の肝細胞内中性脂肪代謝促進作用―, 二宮清文, 橋本佳典, 萬瀬貴昭, 西亮介, 酒井千恵, CHAIPECH Saowanee, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • ケープアロエによる炎症性サイトカインTNF‐αの細胞障害に対する保護作用, 赤木淳二, 二宮清文, 大山更紗, 松本拓, 尾関快天, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の機能成分(4)―新規プレニルクマリンの化学構造―, 森川敏生, 佐伯竣介, 松本拓, 末吉真弓, 二宮清文, CHAIPECH Saowanee, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • 茶花(Camellia sinensis,花蕾部)由来アシル化サポニンのヒト消化管由来癌細胞株に対する細胞増殖抑制活性, 二宮清文, 甕千明, 北川仁一朗, 吉原和弥, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)の機能性成分(5)―新規ジアリルノナノイド‐ネオリグナン付加体成分の化学構造―, 森川敏生, 八幡郁子, 二宮清文, 早川堯夫, 田邉元三, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • ハス(Nelumbo nucifera,花部)の機能性成分(3)―含有アルカロイド成分の抗炎症作用―, 二宮清文, 奥川修平, 北川仁一朗, 松尾菜都子, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • ニホンスイセン(Narcissus tazetta var.chinensis)花部の機能性成分(2)―新規フェニルエタノイド配糖体成分の化学構造および含有成分のメラニン産生抑制活性―, 森川敏生, 倉本博行, 二宮清文, 亀井惟頼, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • ニホンスイセン(Narcissus tazetta var.chinensis)花部の抗炎症作用成分, 二宮清文, 倉本博行, 尾関快天, 松尾菜都子, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2015年
  • ハス(Nelumbo nucifera)花部の抗炎症作用アルカロイド成分, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 二宮清文, 奥川修平, 奥川修平, 松尾菜都子, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2015年
  • 紅豆蔲(Alpinia galanga,果実)由来フェニルプロパノイド成分のメラニン産生抑制作用, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 西亮介, 橋本佳典, 亀井惟頼, SAOWANEE Chaipech, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2015年
  • ロウバイカ(Chimonanthus praecox,花蕾部)のメラニン産生抑制成分の定量分析, 奥川修平, 奥川修平, 二宮清文, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 中西勇介, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2015年
  • 茶花(Camellia sinensis,花蕾部)含有サポニンのヒト消化管由来癌細胞に対する細胞増殖抑制活性, 甕千明, 甕千明, 二宮清文, 北川仁一郎, 北川仁一郎, 吉原和弥, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2015年
  • 肉豆蔲衣(Myristica fragrans,仮種皮)の脱顆粒抑制作用成分, 八幡郁子, 二宮清文, 松田久司, 畑裕基, 菅原かおる, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2015年
  • 紅豆蒄の機能性成分(4)―新規ネオリグナン成分の化学構造およびメラニン産生抑制作用―, 二宮清文, 萬瀬貴昭, 西亮介, 橋本佳典, 亀井惟頼, CHAIPECH Saowanee, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • 遺伝的肥満モデルob/obマウスに対するSalacia chinensisの抗糖尿病作用, 小林正和, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 木内恵里, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • 川芎(Cnidium officinale,根茎)の機能性成分(3)―含有フタリド成分の一酸化窒素産生抑制活性―, 塩谷美幸, 二宮清文, 尾関快天, 松尾菜都子, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2015年
  • アロエ属植物による炎症性サイトカインTNF―αの感受性低減作用, 大山更紗, 赤木淳二, 赤木淳二, 松本拓, 松尾菜都子, 尾関快天, 吉田郁代, 二宮清文, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2015年
  • サラシア属植物のα‐グルコシダーゼ阻害活性成分を指標とした品質評価, 森川敏生, 赤木淳二, 二宮清文, 田邉元三, 吉川雅之, 村岡修, 生薬分析シンポジウム講演要旨,   2014年11月07日
  • アーユルベーダ天然薬物“サラシア”由来salacinolをシードとするα‐グルコシダーゼ阻害剤のin silico設計,合成及びin vivo評価, 田邉元三, 松田侑也, 筒井望, 森川敏生, 赤木淳二, 二宮清文, 仲西功, 中村真也, 吉川雅之, 村岡修, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2014年11月01日
  • サラシア属植物含有α‐グルコシダーゼ阻害活性成分salacinolおよびその類縁体の食後過血糖改善作用, 森川敏生, 赤木淳二, 二宮清文, 木内恵里, 田邉元三, 仲西功, 中村真也, 吉川雅之, 村岡修, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2014年11月01日
  • メースの機能性成分(4);ケモカイン受容メースの機能性成分(4);ケモカイン受容体CCR3選択的アンタゴニスト作用成分の探索, 森川敏生, 八幡郁子, 松尾一彦, 二宮清文, 村岡修, 中山隆志, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2014年08月27日
  • 紅豆蔲の機能性成分(3):新規フェニルプロパノイドおよびジテルペン成分の構造とメラニン産生抑制活性, 二宮清文, 萬瀬貴昭, 西亮介, 亀井惟頼, SAOWANEE Chaipech, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2014年08月27日
  • エバーラスティングフラワーの機能性成分(7)―新規カルコン2量体成分の化学構造―, 森川敏生, 二宮清文, 倉本博行, 松本友里恵, 中村誠宏, 松田久司, 王立波, 呉立軍, 早川堯夫, 吉川雅之, 村岡修, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2014年08月27日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の機能性成分(3):新規プレニルクマリンの化学構造, 森川敏生, 佐伯竣介, 松本拓, 末吉真弓, 二宮清文, CHAIPECH Saowanee, 村岡修, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2014年08月27日
  • 茶花由来サポニンの胃癌細胞MKN‐45増殖抑制活性, 二宮清文, 甕千明, 甕千明, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 吉原和弥, 中村誠宏, 松田久司, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2014年08月27日
  • α‐グルコシダーゼ阻害活性物質salacinolおよびその誘導体の血糖値上昇抑制活性, 森川敏生, 木内恵里, 赤木淳二, 二宮清文, 田邉元三, 仲西功, 中村真也, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2014年08月27日
  • ロウバイカ(Chimonanthus praecox)のメラニン産生抑制アルカロイド成分の定量分析, 森川敏生, 奥川修平, 奥川修平, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 中西勇介, 二宮清文, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2014年08月27日
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)のマクロファージ活性化抑制作用成分, 八幡郁子, 二宮清文, 尾関快天, 西田枝里子, 村岡修, 早川堯夫, 森川敏生, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2014年04月30日
  • ローズヒップ(Rosa canina,果実)の肝臓内脂肪低減作用成分, 酒井千恵, 二宮清文, 北原潤美, 堀佑一郎, 村岡修, 早川堯夫, 森川敏生, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2014年04月30日
  • ヒトα‐グルコシダーゼに関するサラシノールおよびその類縁体の阻害活性プロフィール, 木内恵里, 赤木淳二, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 田邉元三, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2014年04月30日
  • サラシア属植物由来スルホニウム塩型および既存α‐グルコシダーゼ阻害剤の同時分析, 赤木淳二, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 三宅荘八郎, 三宅荘八郎, 田邉元三, 吉川雅之, 村岡修, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2014年04月30日
  • 異なる生物種由来α‐glucosidaseに対するsalacinol類の阻害活性プロフィール, 村岡修, 村岡修, 赤木淳二, 赤木淳二, 二宮清文, 木内恵里, 田邉元三, 吉川雅之, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2014年
  • タイ天然薬物Mimusops elengi花部の機能性成分(2)―ヒアルロニダーゼ阻害活性成分の探索―, 森川敏生, 二宮清文, 金敷辰之介, 早川堯夫, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2014年
  • アロエエキス・コラーゲン配合化粧液の肌改善効果検証, 杉浦由理, 桑島真美, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 長尾淳二, 上田太郎, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2014年
  • 漢薬 胡黄連(Picrorhiza kurroa,根茎)の機能性成分(6)―新規イリドイド2量体成分の化学構造―, 森川敏生, 中西勇介, 二宮清文, 早川堯夫, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2014年
  • ハス(Nelumbo nucifera)のアルカロイド成分の定量分析, 森川敏生, 奥川修平, 奥川修平, 李宜融, 松本拓, 二宮清文, 北川仁一朗, 吉川雅之, 松田久司, 中村誠宏, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2014年
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部由来クマリン成分の抗TNF‐α活性成分, 二宮清文, 森川敏生, 宮澤聖也, 松本拓, 末吉真弓, CHAIPECH Saowanee, 早川堯夫, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2014年
  • 釣藤鈎の機能性成分(4)―含有成分の神経突起伸長作用成分―, 二宮清文, 河端千尋, 松本拓, 南野享, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2014年
  • ニホンスイセン(Narcissus tazetta var.chinensis)花部含有アルカロイド成分のメラニン産生抑制作用, 倉本博行, 森川敏生, 二宮清文, 亀井惟頼, 村岡修, 吉川雅之, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2014年
  • 茶花(Camellia sinensis,花蕾部)のサポニンおよびフラボノイド成分の定量分析, 北川仁一朗, 森川敏生, 奥川修平, 二宮清文, 三宅荘八郎, 三木芳信, 吉川雅之, 李宣融, 村岡修, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2014年
  • 延命草の機能性成分―含有ジテルペン成分のメラニン産生抑制作用―, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 岡田枝里子, 松本拓, 忍海邊綾子, 岡崎茜, 亀井惟頼, 要欣志, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2014年
  • ハス(Nelumbo nucifera)のメラニン産生抑制作用成分の定量分析, 奥川修平, 森川敏生, 北川仁一朗, 二宮清文, 松本拓, 吉川雅之, 中村誠宏, 松田久司, 李宣融, 村岡修, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2014年
  • キダチアロエエキスの頭皮環境改善効果, 福田敬子, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 大山更紗, 富裕孝, 長尾淳二, 上田太郎, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2014年
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)のケモカイン受容体CCR3選択的アンタゴニスト作用を指標とした抗アレルギー作用成分の探索, 森川敏生, 松尾一彦, 八幡郁子, 二宮清文, 村岡修, 中山隆志, 天然有機化合物討論会講演要旨集(Web),   2014年
  • 釣藤鈎の機能性成分(3)―含有成分の抗炎症作用―, 尾関快天, 二宮清文, 松本拓, 南野享, 松尾菜都子, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2014年
  • 柴胡の機能性成分―含有サポニン成分の肝障害抑制作用―, 今野拓哉, 二宮清文, 松田久司, 吉川雅之, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集,   2014年
  • エジプト天然薬物Nigella sativaの肝脂肪低減作用物質, 二宮清文, 奥村尚道, 村岡修, XU Fengmin, 松田久司, 吉川雅之, 早川堯夫, 森川敏生, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集,   2013年11月01日
  • α‐グルコシダーゼ阻害剤,Salacinolの構造活性相関研究―トルイル酸型置換基による3’位疎水化の効果―, 田邉元三, 中村真也, 筒井望, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 仲西功, 吉川雅之, 村岡修, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集,   2013年11月01日
  • タイ天然薬物Melodrum fruticosum花部の一酸化窒素生産抑制活性成分, 森川敏生, 金敷辰之介, 二宮清文, 牛尾名恵花, 松田久司, 松本朋子, 一川怜史, 袴田祐理, 三宅史織, 吉川雅之, 早川尭夫, SAOWANEE Chaipech, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2013年10月05日
  • 紅豆蔲(Alpinia galanga,果実)の中性脂肪代謝促進活性成分, 森川敏生, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 西亮介, 酒井千恵, SAOWANEE Chaipech, 早川堯夫, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2013年10月05日
  • α‐Glucosidase阻害剤,Salacinolの構造活性相関研究:3’位脂溶性化が活性に及ぼす効果, 田邉元三, 中村真也, 筒井望, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 仲西功, 吉川雅之, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2013年10月01日
  • カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa,肉質茎)含有フェニルエタノイド配糖体成分の抗糖尿病作用, 二宮清文, 森川敏生, 赤木淳二, 今村美緒, 藤倉翔太, PAN Yingni, 吉川雅之, YUAN Dan, JIA Xiaoguang, LI Zheng, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2013年10月01日
  • タイ天然薬物Kaempferia parviflora由来メトキシフラボノイド成分のメラニン産生抑制作用, 森川敏生, 二宮清文, SAOWANEE Chaipech, 三宅荘八郎, 坪山晃大, 早川堯夫, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2013年10月01日
  • 茶花(Camellia sinensis,花蕾部)の生物活性サポニンおよびフラボノイド成分の定量分析, 森川敏生, 奥川修平, 奥川修平, 二宮清文, 三宅荘八郎, 三木芳信, 北川仁一朗, 吉川雅之, LEE I‐Jung, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2013年10月01日
  • サラシア属植物含有α‐グルコシダーゼ阻害活性成分の消化管内吸収性と作用時間の評価, 赤木淳二, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2013年10月01日
  • エジプト天然薬物Nigella sativa種子成分の肝細胞内中性脂肪代謝促進活性成分, 二宮清文, 奥村尚道, 村岡修, 許鳳鳴, 松田久司, 吉川雅之, 吉川雅之, 森川敏生, 肥満研究,   2013年09月25日
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum花部の機能性成分(2)―含有ブテノリド成分の一酸化窒素産生抑制活性―, 森川敏生, 金敷辰之介, 牛尾名恵花, 二宮清文, 松田久司, 松本朋子, 一川怜史, 袴田祐里, 三宅史織, 吉川雅之, 早川堯夫, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, 村岡修, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2013年08月20日
  • 台湾産茶花(Camellia sinensis,花蕾部)のサポニンおよびフラボノイド成分の定量分析, 森川敏生, 奥川修平, 奥川修平, 李宜融, 三宅壮八郎, 三木芳信, 二宮清文, 岩佐一毅, 吉川雅之, 村岡修, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2013年08月20日
  • 紅豆蔲(Alpinia galanga,果実)の機能性成分(2)―新規フェニルプロパノイドおよびジテルペン成分の構造と中性脂肪代謝促進活性―, 二宮清文, 萬瀬貴昭, 西亮介, 酒井千恵, CHAIPECH Saowanee, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2013年08月20日
  • 漢薬女貞子(Ligustrum lucidum,果実)の機能性成分(3)―含有トリテルペン成分のアロマターゼ阻害活性―, 二宮清文, 居村克弥, 坂本幸栄, 十川慶太, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2013年08月20日
  • 釣藤鉤の機能性成分(1)―含有アルカロイドおよびトリテルペンの抗TNF‐α活性成分―, 二宮清文, 尾関快天, 南野享, 早川堯夫, 木下充弘, 掛樋一晃, 掛樋一晃, 宮田信吾, 遠山正彌, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2013年08月20日
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)の機能性成分(3)―含有ネオリグナン成分の一酸化窒素産生抑制活性―, 二宮清文, 八幡郁子, 西田枝里子, 尾関快天, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2013年08月20日
  • 漢薬胡黄連(Picrorhiza kurroa,根茎)の機能性成分(5)―含有フェニルエタノイド配糖体のアルドース還元酵素阻害活性―, 二宮清文, 中西勇介, 木内恵理, 赤木淳二, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2013年08月20日
  • 川芎(Cnidium officinale,根茎)の機能性成分(2)―含有フタリド成分の脂肪代謝促進活性―, 二宮清文, 酒井千恵, 中西勇介, 宮本陸平, 早川堯夫, 木下充弘, 掛樋一晃, 掛樋一晃, 宮田信吾, 遠山正彌, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2013年08月20日
  • サラシア属植物の品質評価(7)―salacinolおよび市販α‐グルコシダーゼ阻害剤の同時分析法の検討―, 赤木淳二, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2013年08月20日
  • 川芎(Cnidium officinale,根茎)の脂肪代謝促進活性成分, 酒井千恵, 二宮清文, 中西勇介, 宮本陸平, 早川堯夫, 木下充弘, 掛樋一晃, 宮田信吾, 遠山正彌, 森川敏生, J Tradit Med,   2013年07月29日
  • カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa,肉質茎)由来フェニルエタノイド配糖体成分の抗糖尿病作用, 二宮清文, 森川敏生, 赤木淳二, 今村美緒, 吉川雅之, 潘英媛, 袁丹, 賈暁光, 李征, 村岡修, J Tradit Med,   2013年07月29日
  • 紅豆蔲(Alpinia galanga,果実)由来フェニルプロパノイド成分の中性脂肪代謝促進活性, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 酒井千恵, 西亮介, 村岡修, 早川堯夫, SAOWANEE Chaipech, 森川敏生, J Tradit Med,   2013年07月29日
  • デイジーフラワー(Bellis perennis,花部)の中性脂質上昇抑制作用成分, 森川敏生, 西田枝里子, 李雪征, 二宮清文, 松田久司, 山下千裕, 伊藤友紀, 中村誠宏, 村岡修, 早川堯夫, 吉川雅之, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2013年04月30日
  • サラシア・キネンシス根部の抗糖尿病作用成分およびその作用メカニズム, 赤木淳二, 森川敏生, 今村美緒, 二宮清文, 三宅荘八郎, PONGPIRIYADACHA Yutana, 吉川雅之, 村岡修, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2013年04月30日
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)の脱顆粒抑制作用成分, 八幡郁子, 西田枝里子, 松田久司, 畑裕基, 菅原かおる, 吉川雅之, 二宮清文, 村岡修, 早川堯夫, 森川敏生, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2013年04月30日
  • デイジーフラワー(Bellis perennis,花部)成分のコラーゲン産生促進作用, 高森康暢, 森川敏生, 二宮清文, LI Xuezheng, 西田枝里子, 松田久司, 中村誠宏, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2013年03月05日
  • 漢薬 蝋梅花(Chimonanthus praecox,花部)のメラニン産生抑制アルカロイド成分, 中西勇介, 森川敏生, 二宮清文, 松田久司, 中嶋聡一, 三木尚子, 宮下優, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2013年03月05日
  • 砂漠人参カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa,肉質茎)成分のα‐グルコシダーゼおよびアルドース還元酵素阻害作用, 今村美緒, 森川敏生, 藤倉翔太, 二宮清文, 赤木淳二, PAN Yingni, 居村克弥, 吉川雅之, YUAN Dan, JIA Xiaoguang, LI Zheng, 村岡修, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2013年03月05日
  • デイジーフラワー(Bellis perennis,花部)成分の脂質代謝改善作用, 森川敏生, 二宮清文, LI Xuezheng, 西田枝里子, 山下千裕, 山田友視, 松田久司, 中村誠宏, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2013年03月05日
  • サラシア属植物の機能性成分―キサントン配糖体成分mangiferinのDPP‐4阻害活性―, 二宮清文, 今村美緒, 赤木淳二, 森川敏生, 三宅荘八郎, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • 漢薬胡黄連(Picrorrhiza kurrooa,根茎)の機能性成分(4)―含有フェニルエタノイドおよびイリドイドのコラーゲン産生促進作用成分―, 森川敏生, 中西勇介, 二宮清文, 沖野健二, 高森康暢, 松浦豪之, 早川堯夫, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • 食品薬学―機能性食品素材に生活習慣病の予防および改善に有用なシーズを求めて―, 森川敏生, 和漢医薬学総合研究所特別セミナー講演要旨集,   2013年
  • エバーラスティングフラワー(Helichrysum arenarium花部)の機能性成分(6)―含有フラボノイドのDPP‐4阻害活性―, 二宮清文, 松本友里恵, 柿原なみ子, 赤木淳二, 王立波, 中村誠宏, 松田久司, 呉立軍, 早川堯夫, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • Neokotalanol含有サラシアエキスの遺伝性肥満モデルob/obマウスに対する抗糖尿病作用, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 三宅荘八郎, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • Salacinolをシードとするスルホニウム塩型α‐グルコシダーゼ阻害剤のin silico設計,合成及び評価:3’位アルキル化の効果, 田邉元三, 國方雄介, 中村真也, 筒井望, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 仲西功, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • タイ天然薬物Mimusops elengi L.花部の機能性成分(1)―新規フェニルプロパノイド配糖体の化学構造―, 森川敏生, 金敷辰之介, 二宮清文, CHAIPECH Saowanee, 早川堯夫, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • エバーラスティングフラワー(Helichrysum arenarium花部)の機能性成分(5)―含有フラボノイドのコラーゲン産生促進活性―, 二宮清文, 高森康暢, 沖野健二, 王立波, 中村誠宏, 松田久司, 呉立軍, 早川堯夫, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • タイ天然薬物Mammea siamensis由来プレニルクマリンmammeasin類のiNOS合成酵素発現抑制作用および好中球様細胞活性化抑制作用, 森川敏生, 末吉真弓, 松本拓, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, 二宮清文, 松田久司, 野村友起子, 梅山美樹子, 吉川雅之, 向井秀仁, 木曽良明, 早川堯夫, 村岡修, 天然有機化合物討論会講演要旨集(Web),   2013年
  • Salacinolをシードとする新規α‐グルコシダーゼ阻害剤のin silico設計,合成および評価, 田邉元三, 中村真也, 筒井望, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 仲西功, 吉川雅之, 村岡修, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集,   2012年11月01日
  • トウツルキンバイ(Potentilla anserina)の新規トリテルペン成分および肝保護作用, 森川敏生, 二宮清文, 居村克弥, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2012年10月27日
  • フタバガキ科植物Shorea roxburghii樹皮の抗糖尿病活性成分, 二宮清文, 奥村尚道, 八木亮平, SAOWANEE Chaipech, 吉川雅之, 村岡修, 早川堯夫, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2012年10月01日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis由来クマリン成分の誘導型一酸化窒素合成酵素発現抑制作用, 森川敏生, 末吉真弓, SAOWANEE Chaipech, 三宅荘八郎, 松本拓, 松田久司, 野村友起子, 家邊美久子, 松本朋子, 二宮清文, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2012年10月01日
  • Salacinolをシードとするスルホニウム塩型α‐グルコシダーゼ阻害剤のin silico設計,合成及び評価, 田邉元三, 中村真也, 國方雄介, 土屋聡史, 吉長正紘, 筒井望, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 仲西功, 村岡修, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2012年10月01日
  • Salacinolをシードとするスルポニウム塩型α‐グルコシダーゼ阻害剤のin silico設計,合成及び評価, 田邉元三, 中村真也, 吉長正絋, 筒井望, BALAKISHAN Gorre, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 仲西功, 吉川雅之, 村岡修, 天然有機化合物討論会講演要旨集(Web),   2012年09月01日
  • タイ天然薬物Shorea roxburghii樹皮由来オリゴスチルベノイドおよびジヒドロイソクマリンのメタボリックシンドローム予防作用, 森川敏生, CHAIPECH Saowanee, 二宮清文, 三宅荘八郎, 奥村尚道, 八木亮平, 松田久司, 濱尾誠, 梅田洋平, 佐藤宏樹, 田村晴佳, 紺井悠, 吉川雅之, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 天然有機化合物討論会講演要旨集(Web),   2012年09月01日
  • 漢薬 蝋梅花(Chimonanthus praecox,花部)のメラニン産生抑制作用成分, 森川敏生, 中西勇介, 二宮清文, 早川堯夫, 村岡修, 松田久司, 中嶋聡一, 三木尚子, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2012年08月31日
  • タイ天然物Shorea roxburghii樹皮の機能性成分(7)―含有スチルベン成分の脂肪代謝促進作用―, 二宮清文, 奥村尚道, CHAIPECH Saowanee, 吉川雅之, 村岡修, 早川堯夫, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2012年08月31日
  • タイ天然物Shorea roxburghii樹皮の機能性成分(6)―含有スチルベン成分のTNF‐α感受性低減作用―, 二宮清文, 八木亮平, CHAIPECH Saowanee, 吉川雅之, 村岡修, 早川堯夫, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2012年08月31日
  • タイ天然薬物Kaempferia parviflora根茎の機能性成分(4)―含有フラボノイド成分のメラニン産生抑制作用および定量分析―, 二宮清文, CHAIPECH Saowanee, 三宅荘八郎, 坪山晃大, 勝山雄志, 吉川雅之, 村岡貴, 早川堯夫, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2012年08月31日
  • 漢薬カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa,肉質茎)の抗糖尿病作用成分, 二宮清文, 今村美緒, 赤木淳二, 藤倉翔太, 居村克弥, 吉川雅之, 村岡修, 早川堯夫, 森川敏生, 潘英媛, 袁丹, 賈暁光, 李征, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2012年08月31日
  • デイジーフラワー(Bellis perennis,花部)の機能性成分の探索(6)―含有サポニン成分のコラーゲン産生抑制活性の構造活性相関およびSmad発現におよぼす影響―, 二宮清文, 高森康暢, 勝山雄志, 西田枝里子, 村岡修, 早川堯夫, 森川敏生, 松田久司, 李雪征, 中村誠宏, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2012年08月31日
  • 砂漠人参カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa,肉質茎)の抗糖尿病作用, 今村美緒, 森川敏生, 藤倉翔太, 二宮清文, 赤木淳二, PAN Yingni, 居村克弥, 吉川雅之, YUAN Dan, JIA Xiaogung, LI Zheng, 村岡修, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2012年04月27日
  • 砂漠人参カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa,肉質茎)の肝保護作用, 森川敏生, 二宮清文, PAN Yingni, 居村克弥, 松田久司, 吉川雅之, YUAN Dan, JIA Xiaogung, LI Zheng, 村岡修, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2012年04月27日
  • サラシア属植物のα‐グルコシダーゼ阻害活性成分およびそのLC‐MS定量分析, 森川敏生, 三宅荘八郎, 赤木淳二, 二宮清文, YUTANA Pongpiriyadacha, 吉川雅之, 村岡修, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • サラシア属植物に含まれるスルホニウム化合物の血糖上昇抑制効果, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 三宅荘八郎, 吉川雅之, 村岡修, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • ファラオ天然薬物Nigella sativa種子成分の肝細胞内中性脂質代謝促進活性成分, 二宮清文, 森川敏生, 奥村尚道, 村岡修, 許鳳鳴, 松田久司, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2012年03月05日
  • 漢薬女貞子(Ligustrum lucidum,果実)の機能性成分(1)―新規イリドイド成分の化学構造―, 森川敏生, 居村克弥, 二宮清文, 坂本幸栄, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集,   2012年03月05日
  • サラシア属植物中の新規α‐グルコシダーゼ阻害活性成分のLCMS定量分析と活性評価, 森川敏生, 三宅荘八郎, 赤木淳二, 二宮清文, 吉川雅之, PONGRIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2011年10月01日
  • ナガコショウ(Piper chaba,果実)成分の生体機能―胃保護,肝保護および抗糖尿病作用―, 松田久司, 中村誠宏, 森川敏生, 二宮清文, 村岡修, 吉川雅之, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2011年10月01日
  • サトウヤシ(Borassus flabellifer)花部の抗糖尿病作用成分, 吉川雅之, XU Fengming, 中村誠宏, 森川敏生, PONGPIRIYADACHA Yutana, 松田久司, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2011年10月01日
  • 垂盆草(Sedum sarmentosum)成分の肝細胞における中性脂肪蓄積抑制作用, 二宮清文, 山田友覗, YI Zhang, 中村誠宏, 松田久司, 村岡修, 吉川雅之, 森川敏生, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2011年10月01日
  • オリゴスチルベノイドのメタボリックシンドローム予防作用, CHAIPECH Saowanee, 森川敏生, 二宮清文, 三宅荘八郎, 松田久司, 濱尾誠, 梅田洋平, 佐藤宏樹, 田村晴佳, 吉川雅之, PONGPIRIYADACHA Yutana, 早川堯夫, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2011年10月01日
  • タイ天然薬物Shorea roxburghii樹皮の機能性成分(4)―新規ジヒドロイソクマリンphayomphenol類の化学構造と中性脂質および糖吸収抑制作用―, 森川敏生, SAOWANEE Chaipech, 二宮清文, 早川堯夫, 村岡修, 松田久司, 濱尾誠, 梅田洋平, 佐藤宏樹, 田村晴佳, 吉川雅之, YUTANA Pongpiriyadacha, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2011年09月01日
  • タイ天然薬物Kaempferia parviflora根茎の機能性成分(2)―新規フラボノイド配糖体kaempferiaoside類の化学構造と肝細胞障害抑制活性―, SAOWANEE Chaipech, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, YUTANA Pongpiriyadacha, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2011年09月01日
  • ムラサキフトモモ(Syzygium cumini)種子成分およびその関連化合物の抗炎症作用, 松田久司, 中村誠宏, 梅山美樹子, 吉川雅之, 中嶋聡一, 向井秀仁, 木曽良明, 森川敏生, 居村克弥, 村岡修, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2011年09月01日
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の機能性成分(1)―新規プレニルクマリンmammeasin類の化学構造とNO産生抑制活性―, 森川敏生, 末吉真弓, SAOWANEE Chaipech, 二宮清文, 早川堯夫, 村岡修, 松田久司, 野村友起子, 家邊美久子, 松本明子, 吉川雅之, YUTANA Pongpiriyadacha, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2011年09月01日
  • タイ天然薬物Shorea roxburghii樹皮の機能性成分(5)―含有スチルベン成分の肝保護作用と定量分析―, 二宮清文, 森川敏生, SAOWANEE Chaipech, 三宅荘八郎, 赤木良典, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, YUTANA Pongpiriyadacha, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2011年09月01日
  • サラシア属植物の品質評価(6)―LCMSを用いたポリフェノール成分の定量分析, 赤木淳二, 三宅荘八郎, 村岡修, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, YUTANA Pongpiriyadacha, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2011年09月01日
  • サラシア属植物のα‐グルコシダーゼ阻害活性成分とLC‐MS定量分析による評価, 村岡修, 森川敏生, 三宅荘八郎, 赤木淳二, 二宮清文, PONGPIRIYADACHA Yutana, 吉川雅之, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2011年04月25日
  • サラシアエキス末配合食品の糖尿病境界型および空腹時血糖値正常高値者における食後血糖上昇抑制効果, 小林正和, 赤木淳二, 山下耕作, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2011年04月25日
  • サラシア・キネンシス幹部に含有されるスルホニウム化合物のラットにおける血糖上昇抑制効果, 村岡修, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 三宅荘八郎, 吉川雅之, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2011年04月25日
  • タイ天然薬物Phayom(Shorea roxburghii,樹皮)の機能性成分(3)―新規4‐phenylisochroman‐1‐one化合物の化学構造―, 森川敏生, CHAIPECH Saowanee, 二宮清文, 村岡修, 早川堯夫, PONGPIRIYADACHA Yutana, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2011年03月05日
  • エバーラスティングフラワー(Helichrysum arenarium,花部)の機能性成分(4)―新規カルコン二量体成分の化学構造―, 森川敏生, 王立波, 中村誠宏, 松田久司, 柿原なみ子, 三木芳信, 二宮清文, 村岡修, 早川堯夫, 呉立軍, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2011年03月05日
  • サラシア属植物の品質評価(5)―各種サラシア属植物に含まれるフェノール性化合物の定量分析―, 赤木淳二, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, PONGPIRIYADACHA Yutana, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集,   2011年03月05日
  • HL‐60由来好中球様細胞を用いた人参果(Potentilla anserina)成分maslinic acidおよび関連化合物の抗炎症作用, 松田久司, 梅山美樹子, 向井秀仁, 居村克弥, 中村誠宏, 森川敏生, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2011年03月05日
  • 漢薬蕨麻の肝障害抑制活性成分および作用機序の解明, 二宮清文, 森川敏生, 居村克弥, 赤木良典, 山口貴大, 村岡修, 吉川雅之, 早川堯夫, J Tradit Med,   2010年08月06日
  • 漢薬女貞子のTNF‐α誘発細胞障害抑制活性成分, 居村克弥, 森川敏生, 二宮清文, 坂本幸栄, 藤倉翔太, 村岡修, 吉川雅之, 早川堯夫, J Tradit Med,   2010年08月06日
  • 漢薬胡黄連の肝障害抑制活性成分, 森川敏生, 二宮清文, 松浦豪之, 赤木良典, 村岡修, 吉川雅之, 早川堯夫, J Tradit Med,   2010年08月06日
  • 糖尿病境界型および空腹時血糖値正常高値者に対するサラシアエキス配合食品の食後血糖上昇抑制効果, 赤木淳二, 小林正和, 山下耕作, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, J Tradit Med,   2010年08月06日
  • タイ天然薬物Kaempferia parviflora由来フラボノイド成分のHL‐60由来好中球様細胞の活性化抑制作用, CHAIPECH Saowanee, 松田久司, 森川敏生, 菅原かおる, 梅山美樹子, 向井秀仁, 中村誠宏, 木曽良明, 村岡修, 早川堯夫, J Tradit Med,   2010年08月06日
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)のフラボノイド成分の脂質代謝改善作用およびLCMS定量分析, 三木芳信, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 岡本将揮, 村岡修, 吉川雅之, J Tradit Med,   2010年08月06日
  • ククルビタン型トリテルペンの細胞増殖抑制活性, 中嶋聡一, 松田久司, 久留米愛, 中村誠宏, 森川敏生, BASHIR Abdel‐Halim Osama, 山下正行, 吉川雅之, J Tradit Med,   2010年08月06日
  • サラシアエキスに含まれるα‐グルコシダーゼ阻害活性成分の消化管内安定性および吸収性の評価, 三宅荘八郎, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, J Tradit Med,   2010年08月06日
  • ヒュウガトウキ(Angelica furcijuga)成分の肝脂質代謝促進作用および定量分析, 水野修一, 二宮清文, 森川敏生, 三木芳信, 三宅荘八郎, 赤木良典, 村岡修, 吉川雅之, J Tradit Med,   2010年08月06日
  • サラシアエキス配合食品の食後血糖上昇抑制効果, 小林正和, 赤木淳二, 山下耕作, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 薬理と治療,   2010年06月20日
  • α-Glucosidase 阻害剤 salacinol およびkotalanol の側鎖部デオキシ体の合成およびそれらの阻害活性評価, 村岡 修, 田邉 元三, 峯松 敏江, 森川 敏生, 二宮 清文, 吉川雅之, 日本薬学会第130回年会,   2010年03月05日, 日本薬学会第130回年会
  • 漢薬人参果(Potentilla anserina L.,塊根)の肝保護活性成分, 森川敏生, 二宮清文, 居村克弥, 横山英理, 村岡修, 吉川雅之, 早川堯夫, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • サラシア属植物Salacia chinensisの栽培化およびその評価, 村岡修, YUTANA Pongpiriyadacha, 三宅荘八郎, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • タイ産Salacia chinensis幹部に含まれるα‐グルコシダーゼ阻害活性成分の消化管内安定性および吸収性の評価, 赤木淳二, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • 台湾産茶花(チャ,Camellia sinensis,花部)成分と品質評価, 李宜融, 中村誠宏, 森川敏生, 三宅荘八郎, 岡本将揮, 松田久司, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • 市場に流通するサラシア配合食品のLCMSを用いた品質評価, 三宅荘八郎, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • ムラサキフトモモ(Syzygium cumini L.)種子の抗TNF‐α活性成分, 松田久司, 森川敏生, 二宮清文, 山口貴大, 片岡慎也, 中村誠宏, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • 漢薬胡黄連(Picrorrhiza kurrooa,根茎)成分の抗TNF‐α活性成分, 森川敏生, 二宮清文, 松浦豪之, 村岡修, 吉川雅之, 早川堯夫, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • エバーラスティングフラワー(Helichrysum arenarium,花部)の肝保護作用成分, 松田久司, 森川敏生, 二宮清文, 中嶋聡一, 横山英理, 柿原なみ子, 中村誠宏, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)のフラボノイドおよびサポニン成分の生体機能および品質評価, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 岡本将揮, 村岡修, 松田久司, 吉川雅之, 生薬分析シンポジウム講演要旨,   2009年12月03日
  • フラボノイドの肝細胞内脂肪低減作用, 二宮清文, 森川敏生, 岳誉泰, 三木芳信, 松田久司, 吉川雅之, 村岡修, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集,   2009年11月10日
  • タイ産Salacia chinensisの抗糖尿病作用成分とサラシノール類のLCMS定量分析, 村岡修, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 三宅荘八郎, 吉川雅之, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2009年10月21日
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)の肝脂質代謝改善作用成分とLCMS定量分析, 森川敏生, 岡本将揮, 二宮清文, 三宅荘八郎, 村岡修, 松田久司, 吉川雅之, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2009年10月21日
  • アーユルベーダ薬用植物,Salaciaの新規抗糖尿病成分の構造とその合成研究, 田邉元三, 坂野実加, 峯松敏江, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2009年10月21日
  • 蓮を用いた茶の各種ラジカル捕捉活性と活性成分の同定, 北尾悟, 礒部観世, 森川敏生, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2009年10月21日
  • 羅布麻(白麻,Poacynum hendersonii)花部の抗糖尿病作用成分, 森川敏生, 居村克弥, 二宮清文, 三宅荘八郎, 村岡修, 山下千裕, 松田久司, 吉川雅之, 食品薬学シンポジウム講演要旨集,   2009年10月21日
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)の品質評価―含有フラボノイド成分のLC/MS法による定量分析―, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 岡本将揮, 村岡修, 中村誠宏, 杉本幸子, 松田久司, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2009年09月15日
  • タイ天然薬物Phayom(Shorea roxburghii,樹皮)の抗TNF‐α作用スチルベン成分, 森川敏生, CHAIPECH Saowanee, 二宮清文, 三宅荘八郎, 村岡修, 松田久司, 吉川雅之, PONGPIRIYADACHA Yutana, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2009年09月15日
  • 漢薬人参果(Potentilla anserina L.,塊根)の新規トリテルペン配糖体成分, 村岡修, 森川敏生, 二宮清文, 居村克弥, 山口貴大, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2009年09月15日
  • デイジーフラワー(Bellis perennis,花部)の機能性成分の探索(4)―新規サポニンperennisoside XIV‐XIXおよびコラーゲン産生促進活性―, 森川敏生, 西田枝里子, 二宮清文, 安江美里, 村岡修, 松田久司, 李雪征, 中村誠宏, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2009年09月15日
  • ヒュウガトウキ(Angelica furcijuga)根部の糖代謝改善作用成分, 二宮清文, 森川敏生, 赤木良典, 堀佑一郎, 村岡修, 松田久司, 吉川雅之, 水野修一, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2009年09月15日
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)の肝細胞内中性脂質蓄積抑制フラボノイド成分, 森川敏生, 二宮清文, 岡本将揮, 村岡修, 中村誠宏, 杉本幸子, 松田久司, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2009年09月15日
  • サラキア属植物由来抗糖尿病成分の構造とその関連化合物の活性評価, 村岡修, 田邉元三, 森川敏生, 二宮清文, 松田久司, 吉川雅之, 天然有機化合物討論会講演要旨集,   2009年09月01日
  • 大花羅布麻(白麻,Poacynum hendersonii)の抗糖尿病作用成分, 居村克弥, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 笹川翔, 松田久司, 山下千裕, 村岡修, 賈暁光, 吉川雅之, J Tradit Med,   2009年08月07日
  • 日本民間薬ヒュウガトウキ(Angelica furcijuga)の糖代謝改善作用, 水野修一, 二宮清文, 森川敏生, 赤木良典, 堀佑一郎, 松田久司, 村岡修, 吉川雅之, J Tradit Med,   2009年08月07日
  • タイ産サラシアSalacia chinensisの抗糖尿病作用およびLCMSを用いた品質評価, 赤木淳二, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 岡田真弓, YUTANA Pongpiriyadacha, 吉川雅之, 村岡修, J Tradit Med,   2009年08月07日
  • タイ天然薬物Shorea roxburghii由来スチルベン成分の血中中性脂質上昇抑制作用, CHAIPECH Saowanee, 森川敏生, 二宮清文, 松田久司, 浅尾恭伸, 濱尾誠, 村岡修, YUTANA Pongpiriyadacha, 吉川雅之, J Tradit Med,   2009年08月07日
  • ウイグル天然薬物カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa)新鮮肉質茎のTNF‐α感受性低減作用成分, 村岡修, 森川敏生, 二宮清文, 居村克弥, 潘英ひ, 潘英ひ, 山口貴大, 袁丹, 賈暁光, 吉川雅之, J Tradit Med,   2009年08月07日
  • 垂盆草(Sedum sarmetosum)の中性脂肪蓄積抑制フラボノイド成分, 森川敏生, 二宮清文, 山田友視, YI Zhang, 中村誠宏, 松田久司, 村岡修, 吉川雅之, J Tradit Med,   2009年08月07日
  • タイ天然薬物Sapindus rarak由来サポニン成分の血中中性脂質上昇抑制作用, 岡本将揮, 森川敏生, 松田久司, 浅尾恭伸, 濱尾誠, 謝媛媛, 村岡修, 袁丹, YUTANA Pongpiriyadacha, 吉川雅之, J Tradit Med,   2009年08月07日
  • タイ産Salacia chinensis幹部抽出物のKK-Ayマウスに対する抗糖尿病作用, 村岡 修, 森川 敏生, 二宮 清文, 吉川雅之, 日本薬学会第129年会,   2009年03月05日, 日本薬学会第129年会
  • デイジーフラワー(Bellis perennis花部)の機能性成分の探索(3)―肝細胞内中性脂肪蓄積抑制活性フラボノイド成分―, 森川敏生, 二宮清文, 李雪征, 山田友視, 松田久司, 中村誠宏, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2009年03月05日
  • 薬用食品素材からの抗肥満および抗糖尿病作用シーズの探索およびその機能解明, 森川敏生, 二宮清文, 松田久司, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2009年03月05日
  • タイ天然薬物Sapindus rarak果皮の新規セスキテルペン配糖体成分, 森川敏生, 謝媛媛, 岡本将揮, 二宮清文, 松田久司, 浅尾恭伸, 村岡修, 袁丹, PONGPIRIYADACHA Yutana, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2009年03月05日
  • タイ天然薬物Salacia chinensis葉部の新規トリテルペン成分, 吉川雅之, 中村誠宏, 松田久司, ZHANG Yi, 二宮清文, 森川敏生, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集,   2009年03月05日
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)の新規フラボノイド成分の構造と部位,産地別のフラボノイド組成, 村岡修, 森川敏生, 岡本将揮, 三宅荘八郎, 二宮清文, 中村誠宏, 杉本幸子, 松田久司, 吉川雅之, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2009年03月05日
  • アシル化フラボノール配糖体の肝細胞内中性脂肪蓄積抑制および代謝促進活性, 二宮清文, 森川敏生, 岳誉泰, 北原潤美, 松田久司, 伊藤友紀, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2009年03月05日
  • サラキア属植物の品質評価(2)―α‐グルコシダーゼ阻害活性成分salacinolおよびkotalanol脱硫酸エステル体のLC/MS法による定量分折―, 三宅荘八郎, 森川敏生, 赤城淳二, 二宮清文, 岡田真弓, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集,   2009年03月05日
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)フラボノイド成分の肝細胞内中性脂肪蓄積抑制活性, 二宮清文, 森川敏生, 岡本将揮, 松田久司, 杉本幸子, 中村誠宏, 村岡修, 吉川雅之, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2009年03月05日
  • デイジーフラワー(Bellis perennis花部)の機能性成分の探索(2)―新規サポニンperennisaponin G‐Mおよびリパーゼ阻害活性―, 森川敏生, 二宮清文, 李雪征, 西田枝里子, 松田久司, 山下千裕, 中村誠宏, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2009年03月05日
  • ウイグル天然薬物カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa)新鮮肉質茎の新規イリドイド成分と抗TNF‐α作用, 森川敏生, 二宮清文, 潘英尼, 潘英尼, 居村克弥, 米倉央, 村岡修, 袁丹, 賈暁光, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2009年03月05日
  • Salacinol 関連成分の合成研究とLCMS定量分析による品質評価, 村岡 修, 田邉 元三, 森川 敏生, 二宮 清文, 吉川雅之, 第17回天然薬物の開発と応用シンポジウム,   2008年11月01日, 第17回天然薬物の開発と応用シンポジウム
  • デイジーフラワー(Bellis perennis,花部)のサポニン成分と中性脂質上昇抑制作用, 森川敏生, 李雪征, 西田枝里子, 二宮清文, 伊藤友紀, 山下千裕, 松田久司, 中村誠宏, 村岡修, 吉川雅之, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2008年11月01日
  • ハナシュクシャ(Hedychium coronarium)花部の新規ジテルペン成分と肝保護作用, 松田久司, 岡崎美江, 中村誠宏, 吉川雅之, 二宮清文, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2008年09月01日
  • タイ産Salacia chinensis葉部の肝保護作用成分, 二宮清文, 森川敏生, 村岡修, 松田久司, ZHANG Yi, 中村誠宏, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2008年09月01日
  • サラキア属植物の品質評価―LCMSを用いたα‐グルコシダーゼ阻害活性成分salacinolおよびkotalanolの定量分析―, 村岡修, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 赤木淳二, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2008年09月01日
  • インド産天然薬物Cassia auriculata葉部の新規成分の構造と生物活性, 松田久司, 許鳳鳴, 中村誠宏, 王涛, 尾田好美, 吉川雅之, 二宮清文, 森川敏生, 石原直美, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2008年09月01日
  • タイ天然薬物ムクロジ(Sapindus rarak)果皮の血中中性脂質上昇抑制作用成分, 森川敏生, 謝媛媛, 岡本将揮, 二宮清文, 村岡修, 松田久司, 浅尾恭伸, 濱尾誠, 吉川雅之, 袁丹, YUTANA Pongpiriyadacha, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2008年09月01日
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)の抗アレルギー作用成分, 森川敏生, 西田枝里子, 二宮清文, 村岡修, 松田久司, 畑裕基, 菅原かおる, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2008年09月01日
  • ラフマ(Apocynum hendersonii)花部の生物活性成分, 森川敏生, 居村克弥, 二宮清文, 村岡修, 松田久司, 山下千裕, 吉川雅之, 賈暁光, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2008年09月01日
  • エバーラスティングフラワー(Helichrysum arenarium,花部)の抗TNF‐α作用成分, 森川敏生, 二宮清文, 横山英理, 村岡修, 松田久司, 王立波, 中村誠宏, 吉川雅之, 呉立軍, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2008年09月01日
  • タイ天然薬物チョウマメ(Clitoria ternatea)花部の肝保護作用フラボノイド成分, 岡本将揮, 二宮清文, 森川敏生, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 松田久司, 吉川雅之, J Tradit Med,   2008年08月11日
  • デイジー(Bellis perennis)花部の血中中性脂質上昇抑制作用成分, 西田枝里子, 森川敏生, 李雪征, 伊藤友紀, 山下千裕, 村岡修, 中村誠宏, 松田久司, 吉川雅之, J Tradit Med,   2008年08月11日
  • ザクロ(Punica granatum)花部成分の肝細胞内中性脂肪含量に及ぼす影響, 居村克弥, 二宮清文, 森川敏生, 謝媛媛, 村岡修, 賈暁光, 袁丹, 松田久司, 吉川雅之, J Tradit Med,   2008年08月11日
  • 漢薬垂盆草(Sedum sarmentosum)の肝保護および抗TNF‐α活性成分, 二宮清文, 森川敏生, 村岡修, ZHANG Yi, 中村誠宏, 松田久司, 吉川雅之, J Tradit Med,   2008年08月11日
  • B 生薬・天然物化学 選択性の高い細胞増殖抑制作用を有する新規血管新生阻害物質, 森川敏生, ファルマシア,   2008年06月01日
  • 冬虫夏草(Cordyceps sinensis)菌糸の分離と培養条件の検討, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 森川 敏生, 二宮 清文, 村岡 修, 掛樋 一晃, 薬学部, 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年03月05日, 日本農芸化学会2008年度大会
  • 漢薬垂盆草(Sedum sarmentosum)の肝保護および抗TNF‐α作用成分, 二宮清文, 森川敏生, 村岡修, 松田久司, YI Zhang, 中村誠宏, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2008年03月05日
  • デイジーフラワー(Bellis perennis 花部)の機能性成分の探索(1)―新規サポニン成分および中性脂肪上昇抑制作用―, 森川敏生, 李雪征, 西田枝里子, 伊藤友紀, 松田久司, 中村誠宏, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2008年03月05日
  • 機能性食品素材“サラシア”の機能と生物活性成分およびその品質評価, 村岡 修, 田邉 元三, 森川 敏生, 二宮 清文, 吉川雅之, 第36回生薬分析シンポジウム,   2007年11月22日, 第36回生薬分析シンポジウム
  • アシル化フラボノール配糖体trans‐Tilirosideの抗肥満作用, 松田久司, 二宮清文, 久保瑞穂, 森川敏生, 村岡修, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集,   2007年11月09日
  • α-Glucosidase阻害物質salacinolおよびkotalanolの類縁体合成と構造活性相関およびLC-MSによる品質評価, 村岡 修, 田邉 元三, 峯松 敏江, 二宮 清文, 森川 敏生, 吉川雅之, 第2回食品薬学シンポジウム,   2007年10月01日, 第2回食品薬学シンポジウム
  • 砂漠人参カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa)の肝保護活性成分―構造活性相関と作用機作―, 村岡修, 二宮清文, 森川敏生, 若山広子, 松田久司, 吉川雅之, 薬学雑誌,   2007年10月01日
  • 薬用食品スイボンソウ(Sedum sarmentosum)の新規配糖体成分と肝保護作用, 森川敏生, 二宮清文, 村岡修, 松田久司, ZHANG Yi, 中村誠宏, 吉川雅之, 薬学雑誌,   2007年10月01日
  • 庫頁紅景天(Rhodiola sachalinensis)の肝保護作用成分, 中村誠宏, 李雪征, 松田久司, 吉川雅之, 二宮清文, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2007年09月01日
  • 垂盆草(Sedum sarmentosum)の新規配糖体成分の肝保護作用, 森川敏生, 二宮清文, 村岡修, 松田久司, ZHANG Yi, 中村誠宏, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2007年09月01日
  • カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa)の肝保護作用成分, 二宮清文, 森川敏生, 若山広子, 松田久司, 村岡修, 吉川雅之, J Tradit Med,   2007年08月20日
  • サトウヤシ(Borassus flabellifer)花部の新規サポニン成分と抗糖尿病作用, 吉川雅之, 許鳳鳴, 森川敏生, PONGPIRIYADACHA Yutana, 中村誠宏, 浅尾恭伸, 熊原彬, 松田久司, 日本薬学会年会要旨集,   2007年03月05日
  • 碾茶(Camellia sinensis)の抗アレルギー活性サポニン成分, 松田久司, 森川敏生, 中村誠宏, 加藤泰世, 松平幸大, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2007年03月05日
  • ツバキ科植物チャ(Camellia sinensis)種子の機能性成分の探索 (4)―新規サポニンおよびフラバノン配糖体成分の化学構造―, 森川敏生, 李寧, 中村誠宏, 松田久司, 李銑, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2007年03月05日
  • カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa)の血管拡張作用成分, 村岡修, 松田久司, 森川敏生, 謝海輝, 中村誠宏, 李征, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2007年03月05日
  • 垂盆草(Sedum sarmentosum)の新規megastigmane配糖体成分, 中村誠宏, YI Zhang, 森川敏生, 松田久司, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2007年03月05日
  • ファラオ天然薬物から生体機能分子の開拓, 森川敏生, 松田久司, 吉川雅之, 薬学雑誌,   2006年11月01日
  • カンカニクジュヨウ (Cistanche tubulosa) の新規血管拡張作用成分, 村岡 修, 森川 敏生, 吉川雅之, 第1回食品薬学シンポジウム,   2006年10月01日, 第1回食品薬学シンポジウム
  • チャ(Camellia sinensis)花部の新規機能性サポニン成分, 吉川雅之, 森川敏生, 中村誠宏, 加藤泰世, WANG Tao, 播磨章一, 松田久司, 薬学雑誌,   2006年10月01日
  • タイ天然薬物Khaa(Alpinia galanga,根茎)から抗アレルギー・抗炎症作用成分の開拓, 松田久司, WANG Qilong, 久保瑞穂, 安藤伸, 馬奈木裕美, 片岡慎也, 吉川雅之, 森川敏生, 安原智久, 萬瀬貴昭, 森本陽之, 村岡修, 薬学雑誌,   2006年10月01日
  • オウギヤシ(Borassus flabellifer,花部)の生体機能性サポニン, 吉川雅之, XU Fengming, 浅尾恭伸, 中村誠宏, 森川敏生, 長友暁史, 松田久司, 薬学雑誌,   2006年10月01日
  • 人参花(Panax ginseng,蕾)の生体機能性サポニン, 中村誠宏, 杉本幸子, 松田久司, 浅尾恭伸, 高山紗綾, 森川敏生, 吉川雅之, 薬学雑誌,   2006年10月01日
  • チャ(Camellia sinensis)およびツバキ(C.japonica)花部,種子および葉部の生体機能性サポニン, 中村誠宏, 森川敏生, 加藤泰世, LI Ning, 長友暁史, CHI Guiha, 大串輝樹, 浅尾恭伸, 松田久司, 吉川雅之, 天然有機化合物討論会講演要旨集,   2006年09月15日
  • 人参花(Panax ginseng,蕾)の新規サポニン成分とがん細胞浸潤抑制作用, 中村誠宏, 杉本幸子, 松田久司, 浅尾恭伸, 高山紗綾, 吉川雅之, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2006年09月01日
  • 大良姜のマクロファージ活性化抑制成分とその作用機序, 久保瑞穂, 松田久司, 安藤伸, 森川敏生, 吉川雅之, J Tradit Med,   2006年08月10日
  • 漢薬“石蓮花”の抗糖尿病作用とアシル化フラボノール配糖体成分, 王涛, 松田久司, 謝海輝, 森川敏生, 吉川雅之, J Tradit Med,   2006年08月10日
  • 「α-Glucosidase 阻害剤,Salacinolの構造活性相関研究:アザ類縁体における脱硫酸エステル体の合成とその活性について」, 村岡 修, 田邉 元三, 峯松 敏江, 森川 敏生, 吉川雅之, 日本薬学会第126年会,   2006年03月06日, 日本薬学会第126年会
  • 「大良姜 Alpinia galanga より単離された1'-Acetoxychavicol Acetateをシードとする抗アレルギー薬の探索研究」, 村岡 修, 安原 智久, 森川 敏生, 吉川雅之, 日本薬学会第126年会,   2006年03月06日, 日本薬学会第126年会
  • ブラジル産ナス科植物Solanum lycocarpurn(果実)のステロイドアルカロイド成分と抗糖尿病および胃粘膜保護作用, 松田久司, 中村誠宏, 尾崎健一, 熊原彬, 長友暁史, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2006年03月06日
  • セスキテルペン類のTNF‐α誘発アポトーシス阻害活性成分と構造活性相関, 松田久司, 安田大恭, 二宮清文, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2006年03月06日
  • α‐Glucosidase阻害剤,salacinolの構造活性相関研究:側鎖デオキシ体の合成とその活性について, 村岡修, 吉海和哉, 畑中上憲, 峯松敏江, 田邉元三, WANG TAO, 森川敏生, 松田久司, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集,   2005年11月10日
  • フェニルプロパノイド類のTNF‐α誘発細胞死阻害活性と構造活性相関, 松田久司, 安田大恭, 二宮清文, 森川敏生, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集,   2005年11月10日
  • エジプト産ファラオ天然薬物:キク科植物(Dichrocephala integrifolia)の新規セスキテルペン成分およびNO産生抑制作用, 吉川雅之, ABDEL‐HALIM Osama B, 安藤伸, 松田久司, 森川敏生, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2005年11月01日
  • タイ天然薬物“Dee plee”の新規酸アミド成分と肝保護作用, 松田久司, 二宮清文, 森川敏生, 山口頂, 吉川雅之, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2005年11月01日
  • 大良きょう(Alpinia galanga,根茎)から新規抗アレルギー・抗炎症作用成分の開発, 松田久司, 森川敏生, 安藤伸, 馬奈木裕美, 片岡慎也, WANG Qilong, 久保瑞穂, 吉川雅之, 村岡修, 森本陽之, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2005年11月01日
  • α‐Glucosidase阻害剤,Salacinol類縁体の合成と構造活性相関, 村岡修, 吉海和哉, 畑中上憲, 峯松敏江, YING Shao, 田邉元三, 吉川雅之, 松田久司, 森川敏生, WANG Tao, 天然有機化合物討論会講演要旨集,   2005年09月15日
  • 薬用食品の機能性開拓を志向した探索研究―肝保護,抗糖尿病および抗アレルギー作用成分―, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2005年08月19日
  • チャ(Camellia sinensis)種子のサポニン成分(3), 吉川雅之, 森川敏生, 松田久司, 李寧, 李銑, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2005年08月19日
  • 補骨脂の一酸化窒素産生抑制活性およびアルドース還元酵素阻害活性成分研究, 松田久司, 杉本幸子, 森川敏生, 久保瑞穂, 王涛, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2005年08月19日
  • 銀柴胡(Stellaria dichotoma)の新規アルカロイドおよびリグナン配糖体成分と抗アレルギー作用, 松田久司, 森川敏生, TEWTRAKUL Supinya, 播磨章一, 吉川雅之, 孫博航, 呉立軍, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2005年08月19日
  • 漢薬“石蓮花”の新規アシル化フラボノール配糖体成分(2), 森川敏生, 謝海輝, 松田久司, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • ゲッケイジュ(Laurus nobilis)葉のTNF‐α誘発アポトーシス阻害活性成分と構造活性相関, 松田久司, 安田大恭, 二宮清文, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • 6員環チオ糖構造を有するSalacinol類縁体の合成, 村岡修, 畑中上憲, 森本陽之, 峯松敏江, 田辺元三, 吉川雅之, 松田久司, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • チャ(Camellia sinensis)花部の機能性成分(1)―茶花の生物活性評価―, 吉川雅之, 松田久司, 越智桃太郎, 王涛, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • チャ(Camellia sinensis)種子の機能性成分(1)―theasaponin A1‐A3およびE3‐E6の化学構造―, 吉川雅之, 李寧, 森川敏生, 松田久司, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • エジプト産ファラオ天然薬物:コロシント(Citrullus colocynthis,果実)の新規ククルビタン型トリテルペン配糖体成分と生物活性, 森川敏生, 小林央典, 松田久司, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • チャ(Camellia sinensis)花部の機能性成分(2)―floratheaponin A,BおよびCの化学構造および脂質吸収抑制作用―, 吉川雅之, 森川敏生, 山本香, 加藤泰世, 長友暁史, 松田久司, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • Alpinia galana中の主杭アレルギー成分1’‐Acetoxychavicol acetateの構造活性相関研究, 村岡修, 森本陽之, 吉川雅之, 松田久司, 森川敏生, 片岡慎也, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • α‐Glucosidase阻害剤Salacinolのアザ類縁体の合成および阻害活性評価, 村岡修, 吉海和哉, 畑中上憲, 峯松敏江, 田辺元三, 吉川雅之, 松田久司, 森川敏生, 王涛, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • フキ(Petasites japonicus)地上部含有成分の抗I型アレルギー活性, 下田博司, 山田恵水, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • 香辛料(西洋ワサビおよびカラシ)の胃粘膜保護作用―Sinigrinおよびallyl isothiocyanate―, 松田久司, 越智桃太郎, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • チャ(Camellia sinensis)種子の機能性成分(2)―theasaponin B1,B2,F1‐F3の化学構造および生物活性―, 吉川雅之, 森川敏生, 李寧, 松田久司, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • 川骨アルカロイドのアポトーシス誘導活性および構造活性相関, 松田久司, 浅尾恭伸, 吉田利和, 宮川克敏, 根本裕美子, 森川敏生, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム・日本薬学会医薬化学部会年会講演要旨集,   2004年11月24日
  • フェニルプロパノイドの一酸化窒素産生抑制活性および構造活性相関, 森川敏生, 松田久司, 安藤伸, 片岡慎也, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム・日本薬学会医薬化学部会年会講演要旨集,   2004年11月24日
  • エジプト産ファラオ天然薬物:キンポウゲ科植物(Nigella sativa,種子)の新規ジテルペンアルカロイド成分および脂質代謝促進作用, 森川敏生, 松田久司, XU Fengming, 二宮清文, 吉川雅之, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2004年10月22日
  • エジプト産ファラオ天然薬物:カヤツリグサ科植物(Cyperus longus,全草)の新規セスキテルペン成分および肝保護作用, 松田久司, 森川敏生, XU Fengming, 二宮清文, 吉川雅之, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2004年10月22日
  • 香辛料の胃粘膜保護作用成分と構造活性相関および作用機序―マウンテンペパー,大良姜,ジャワナガコショウ,タイ人参―, 松田久司, 森川敏生, 越智桃太郎, YUTANA P, 吉川雅之, 天然有機化合物討論会講演要旨集,   2004年09月01日
  • カラシと大麻の意外な共通点:TRPチャネルを介する興奮作用, 森川敏生, ファルマシア,   2004年09月01日
  • タイ薬用植物Boesenbergia rotunda(根茎)の新規Diels‐Alder付加型プレニルカルコン成分と胃粘膜保護作用, 松田久司, 森川敏生, 船越加奈子, 越智桃太郎, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2004年08月09日
  • 国産フキ地上部含有成分の抗I型アレルギー活性, 山田恵水, 下田博司, 森川敏生, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2004年08月09日
  • エジプト産ファラオ天然薬物:キク科植物(Dichrocephala intezerifolia,地上部)の新規セスキテルペン成分およびNO産生抑制活性, 森川敏生, ABDEL‐HALIM O B, 安藤伸, 松田久司, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2004年08月09日
  • 辛味成分の胃粘膜保護作用―polygodial,piperineおよび1’S‐1’‐acetoxychavicol acetateの作用比較―, 松田久司, 森川敏生, 越智桃太郎, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2004年03月05日
  • タイ天然薬物 (9):ショウガ科植物Boesenbergia rotundaの新規Diels‐Alder付加型prenylchalcone成分とNO産生抑制活性, 吉川雅之, 森川敏生, 船越加奈子, 安藤伸, 松田久司, 日本薬学会年会要旨集,   2004年03月05日
  • 漢薬“手掌参(Gymnadenia conopsea,塊茎)”の新規配糖体成分 (2), 森川敏生, 謝海輝, 松田久司, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2004年03月05日
  • エジプト産ファラオ天然薬物 (7):ブラッククミン(Nigella sativa)の新規diterpene alkaloid成分の構造 (2), 森川敏生, 許鳳鳴, 松田久司, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2004年03月05日
  • 川骨アルカロイドのがん細胞毒性とアポトーシス誘導作用, 松田久司, 根本裕美子, 浅尾恭伸, 吉田和利, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2004年03月05日
  • タイ天然薬物 (10):タイ産ガジュツの抗アレルギー作用成分, 松田久司, SUPINYA T, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2004年03月05日
  • Phenylpropanoidの一酸化窒素産生抑制活性および構造活性相関, 松田久司, 森川敏生, 安藤伸, 片岡慎也, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2004年03月05日
  • 美白効果を有する白泥・パラオホワイトクレイの活性成分, 朴善美, 森川敏生, 松田久司, 吉川雅之, 久保道徳, 松田秀秋, 森浦俊次, 浜田武雄, 日本薬学会年会要旨集,   2004年03月05日
  • 環境汚染と生体障害,とくに内分泌かく乱,遺伝毒性およびアレルギーに関する薬学的研究 タイ天然薬物Khaaの抗アレルギー作用成分 フェニルプロパノイドの脱か粒抑制活性と活性発現の必須構造, 吉川雅之, 松田久司, 森川敏生, 環境汚染と生体障害,とくに内分泌かく乱,遺伝毒性およびアレルギーに関する薬学的研究 平成14-15年度 研究成果報告書,   2004年
  • タイ天然薬物“Thao lin suea”および“Dee plee”の肝保護作用成分の探索および構造活性相関, 森川敏生, 松田久司, 二宮清文, XU Fengming, 山口頂, 吉川雅之, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2003年11月01日
  • 数種のファラオ天然薬物から得られた新奇化合物の構造と薬理活性, 松田久司, 森川敏生, XU Fengming, 加嶋洋祐, 二宮清文, 安藤伸, 吉川雅之, 天然有機化合物討論会講演要旨集,   2003年09月01日
  • エジプト産ファラオ天然薬物(4):カヤツリグサ科植物Cyperus longusの新規セスキテルペン成分と抗アレルギー作用成分, 森川敏生, 松田久司, XU Fengming, TEWTRAKUL Supinya, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2003年08月05日
  • タイ天然薬物(8):コショウ科植物Piper chabaの新規アルカロイド成分と肝保護作用, 松田久司, 森川敏生, 山口頂, 二宮清文, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2003年08月05日
  • エジプト産ファラオ天然薬物 (2) Anastatica hierochunticaの肝保護作用成分と新規骨格phenylflavanone anastatin A,Bの化学構造, 吉川雅之, 許鳳鳴, 森川敏生, 二宮清文, 永原靖久, 松田久司, 日本薬学会年会要旨集,   2003年03月05日
  • 手掌参(Gymnadenia conopsea)の新規dihydrophenanthrene成分と抗酸化活性, 松田久司, 謝海輝, 森川敏生, 王涛, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2003年03月05日
  • 西洋ハーブの機能解明 (8): セイジおよびローズマリーの抗肥満活性成分, 吉川雅之, 二宮清文, 森川敏生, 松田久司, 下田博司, 西田典永, 笠島直樹, 吉野友恵, 河原有三, 日本薬学会年会要旨集,   2003年03月05日
  • タイ天然薬物 (5) ショウガ科植物Alpinia galangaの胃粘膜保護作用成分, 松田久司, PONGPIRIYADACHA Yutana, 森川敏生, 越智桃太郎, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2003年03月05日
  • タイ天然薬物 (6): コショウ科植物Piper chabaの新規alkaloid成分と胃粘膜保護作用, 松田久司, 森川敏生, 山口頂, PONGPIRIYADACHA Yutana, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2003年03月05日
  • エジプト産ファラオ天然薬物 (3): Anastatica hierochunticaのNO産生抑制作用成分とhierochin A,B,Cの化学構造, 森川敏生, 許鳳鳴, 松田久司, 安藤伸, 永原靖久, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2003年03月05日
  • 発癌予防物質の開拓を志向した天然素材からの一酸化窒素産生抑制活性物質の探索, 吉川雅之, 松田久司, 森川敏生, 分子認識を基盤とする抗エイズ薬および抗がん薬の開発研究 平成10-14年度 私立大学学術研究高度化推進事業学術フロンティア推進事業研究成果報告書,   2003年
  • フェニルプロパノイドの抗アレルギー作用 脱か粒抑制作用と活性発現の必須構造, 森川敏生, 馬奈木裕美, 中村章栄, 上田絵美子, 西景子, 松田久司, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム・日本薬学会医薬化学部会年会講演要旨集,   2002年11月05日
  • フラボノイドの一酸化窒素産生抑制作用および構造活性相関, 松田久司, 森川敏生, 安藤伸, 戸口田巌, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム・日本薬学会医薬化学部会年会講演要旨集,   2002年11月05日
  • ステロイドサポニンの胃粘膜保護作用 活性発現の必須構造と作用様式, 松田久司, YUTANA Pongpiriyadacha, 来住明宣, 片岡慎也, 森川敏生, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム・日本薬学会医薬化学部会年会講演要旨集,   2002年11月05日
  • フラボノイドのRBL‐2H3細胞における脱か粒抑制作用と構造活性相関, 松田久司, 森川敏生, 馬奈木裕美, 上田一穂, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム・日本薬学会医薬化学部会年会講演要旨集,   2002年11月05日
  • ドリマン型セスキテルペンpolygodialおよび関連化合物の胃粘膜保護作用 活性発現の必須構造と作用機作, 松田久司, YUTANA Pongpiriyadacha, 森川敏生, 加嶋洋祐, 中野恭子, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム・日本薬学会医薬化学部会年会講演要旨集,   2002年11月05日
  • 薬用ハーブに抗肥満作用成分を探る Salacia,Arichoke,Sage, 吉川雅之, 下田博司, 二宮清文, 西田典永, 笠島直樹, 吉野智恵, 森川敏生, 松田久司, 天然有機化合物討論会講演要旨集,   2002年09月01日
  • 薫香生薬“没薬”の一酸化窒素産生抑制テルペノイド成分, 森川敏生, 松田久司, 安藤伸, 大南英雄, 吉川雅之, 杉原義享, 恒枝宏史, 木村郁子, J Tradit Med,   2002年08月05日
  • 川骨の一酸化窒素産生抑制および癌転移抑制作用成分, 松田久司, 戸口田巌, 森川敏生, 小田麻美子, 吉川雅之, J Tradit Med,   2002年08月05日
  • 雲南省産漢薬“重楼”の胃粘膜保護作用成分, 松田久司, PONGPIRIYADACHA Yutana, 来住明宣, 片岡慎也, 森川敏生, 吉川雅之, J Tradit Med,   2002年08月05日
  • ポリフェノール類の機能解明 (4) フラボノイドのアルドース還元酵素阻害作用および構造活性相関, 松田久司, 森川敏生, 戸口田巌, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2002年03月05日
  • メグスリノキ(Acer nikoense)の新規環状型ジアリルヘプタノイドの化学構造とNO産生抑制作用, 松田久司, 陶晶, 森川敏生, 戸口田巌, 安藤伸, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2002年03月05日
  • ジアリルヘプタノイドのβ‐hexosaminidase遊離抑制作用を指標とした抗アレルギー作用および構造活性相関, 松田久司, 森川敏生, 上田一穂, 陶晶, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2002年03月05日
  • 環境汚染と生体障害,とくに内分泌かく乱,遺伝毒性およびアレルギーに関する薬学的研究 菊花の抗アレルギー作用成分―フラボノイド類のβ‐ヘキソサミニダーゼ遊離抑制活性と活性発現の必須構造―, 松田久司, 森川敏生, 吉川雅之, 環境汚染と生体障害,とくに内分泌かく乱,遺伝毒性およびアレルギーに関する薬学的研究 平成13年度 研究成果報告書,   2002年
  • サラキア属植物からの肥満および糖尿病予防作用成分の開拓, 吉川雅之, 松田久司, 森川敏生, 文部科学省学術フロンティア推進事業創薬科学フロンティア研究プロジェクト研究成果報告書 平成13年度,   2002年
  • サラキア属植物からの肥満および糖尿病予防作用成分の開拓, 吉川雅之, 森川敏生, YUTANA P, 二宮清文, 来住明宣, 西田典永, 松田久司, 下田博司, 河原有三, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集,   2001年11月28日
  • タイ天然薬物Salacia chinensis L.のテルペン成分とアルドース還元酵素阻害作用, 吉川雅之, 来住明宣, 森川敏生, YUTANA P, 松田久司, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2001年10月01日
  • 薫香生薬 乳香(Boswellia carterri BIRDW.)のテルペン成分とNO産生抑制活性, 松田久司, 森川敏生, 大南英雄, 吉川雅之, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2001年10月01日
  • 薫香生薬(没薬,乳香,木香)の一酸化窒素産生抑制テルペノイド成分, 森川敏生, 松田久司, 大南英雄, 蔭浦禎士, 戸口田巌, 吉川雅之, 天然有機化合物討論会講演要旨集,   2001年09月01日
    概要:Nitric oxide (NO), an inorganic free radical, has been implicated in physiological and pathological process such as vasodilation, non-specific host defence, ischemia reperfusion injury and chronic inflammation. NO is produced by the oxidation of L-arginine by a NO synthase (NOS). In the family of NOS, inducible NOS in particular is involved in a pathological aspect with overproduction of NO, and can be expressed in response to pro-inflammatory agents such as interleukin-1β, tumor necrosis factor-α, and lipopolysaccharide (LPS) in various cells including macrophages, endothelial cells, and smooth muscle cells. In the course of our characterization studies on bioactive constituents of natural medicines, we found that the methanolic or 80% aqueous acetone extract of several fragrance herbal medicines such as Myrrh (the resin of Balsamodendron mukul HOOK.), Olibanum (the resin of Boswellia carrerri BIRDW.), and Saussurea root (the root of Saussurea lappa CLARKE) showed NO production inhibitory activity in LPS-activated macrophages. Through bioassay-guided separation, four new bicyclic triterpene constituents, myrrhanols A and B and myrrhanones A and B were isolated from the methanolic extract of Indian Myrrh together with fourteen known compounds including a progestational hormone, progesterone. On the similar procedure, the 80% aqueous acetone extract of Egyptian Olibanum was purified by various chromatographies to furnish thirteen new terpene constituents named olibanumols A-M together with twenty-nine known compounds such as epilupeol. The stereostructures of their new constituents were elucidated on the basis of chemical and physicochemical evidence. In addition, saussureamines A-E, five new amino acid-sesquiterpne conjugates, were isolated from the methanolic extract of Chinese Saussurea root together with costunolide and dehydrocostus lactone etc. The absolute stereostrucutres of saussureamines A-E were determined on the basis of synthetic evidence. Thus, saussureamins A-E and the related amino acid-sesquiterpene conjugates were synthesized using Michael type addition reaction of amino acid to the α-methylene-γ-lactone moiety of sesquiterpenes. Finally, the isolated constituents such as bicyclic triterpenoids (myrrhanols A and B, myrrhanones A and B) from Myrrh, lupane- and ursane-type triterpenoids and dammarane-type nortriterpenoid (lup-20(30)-ene-3,29-diol, urs-12-ene-3(3β,11α-diol, 3β-hydroxymansumbin-13(17)-ene-l6-one) from Olibanum, and amino acid-sesquiterpene conjugates (saussureamines A and B) from Saussurea root were found to strongly inhibit the NO production. Saussureamines A and B inhibited iNOS induction in accordance with induction of heat shock protein 72 (HSP 72). These results suggested that, as one of their mechanisms of action, amino acid-sesquiterpene conjugates induced HSP 72 thereby preventing nuclear factor-κB activation followed by iNOS induction.
  • ジャムゥ薬物の機能解明 (1) ジャワニンジン(Talinum paniculatum)の肝保護作用成分, 吉川雅之, 西田典永, 二宮清文, 陶晶, 森川敏生, 松田久司, 下田博司, 河原有三, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2001年08月07日
  • タイ天然薬物 (4) Albizzia myriophyllaの甘味成分 新規トリテルペンサボニンAlbizziasaponin A‐Eの化学構造, 松田久司, 森川敏生, 中野恭子, YUTANA P, 村上敏之, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2001年08月07日
  • 薬用食物Tasmannia lanceolata葉部の胃粘膜保護作用成分 (2) Polygodial及び関連化合物の構造活性相関, 松田久司, YUTANA P, 中野恭子, 森川敏生, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2001年08月07日
  • エジプト産Cyperus longusの抗酸化作用成分 新規スチルベン2量体の化学構造, 松田久司, 森川敏生, 許鳳鳴, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2001年08月07日
  • ヒュウガトウキ(Angelica furcijuga)花及び葉部の新規クマリン配糖体成分及びNO産生抑制作用, 松田久司, 森川敏生, 石和田朋子, 小田麻美子, 村上敏之, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2001年08月07日
  • タイ天然薬物 (3) Salacia chinensis L.の新規テルペノイド成分の化学構造およびaldose reductase阻害作用, 吉川雅之, 来住明宣, 森川敏生, YUTANA P, 戸口田巌, 松田久司, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2001年08月07日
  • 楊梅皮(Myrica rubra)の新規環状型ジアリルヘプタノイド類の化学構造とNO産生抑制作用, 松田久司, 陶晶, 森川敏生, 戸口田巌, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2001年03月05日
  • ポリフェノール類の機能解明 フラボノイド類のNO産生抑制活性および構造活性相関, 松田久司, 戸口田巌, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2001年03月05日
  • 厚朴(Magnolia obovata)含有成分のNO産生抑制活性成分, 松田久司, 小田麻美子, 陰浦禎士, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2001年03月05日
  • 虎杖根および大黄のエストロゲン活性成分 アントラキノン類の構造と活性, 松田久司, 下田博司, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2001年03月05日
  • 一酸化窒素(NO)産生抑制活性を指標とした駆お血生薬(がじゅつ,木香,大黄)からの発癌予防物質の探索, 吉川雅之, 松田久司, 森川敏生, 文部省学術フロンティア推進事業創薬科学フロンティア研究プロジェクト研究成果報告書 平成12年度,   2001年
  • 駆お血漢薬 大黄のNO産生抑制及び抗酸化活性成分 スチルベン類の活性発現の必須構造と作用機作, 松田久司, 森川敏生, 戸口田巌, 蔭浦禎士, 小田麻美子, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム・日本薬学会医薬化学部会年会講演要旨集,   2000年11月08日
  • 蚕砂および白きょう蚕の糖尿病予防作用成分, 松田久司, 戸口田巌, 森川敏生, 吉川雅之, 播磨章一, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2000年08月08日
  • 薬用食物“菊花”の機能性成分 (3) 中国産“野菊花”の配糖体成分の探索及びアルドース還元酵素阻害活性, 松田久司, 森川敏生, 戸口田巌, 播磨章一, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   2000年03月05日
  • 月桂樹セスキテルペン類のNO産生抑制活性 活性発現構造および作用特性, 松田久司, 蔭浦禎士, 戸口田巌, 森川敏生, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム・日本薬学会医薬化学部会年会講演要旨集,   1999年11月02日
  • 駆お血生薬がじゅつ,木香,川骨および大黄の科学的解析 NO産生抑制活性,血管拡張,肝障害抑制成分, 松田久司, 蔭浦禎士, 森川敏生, 戸口田巌, 二宮清文, 村上敏之, 吉川雅之, 天然有機化合物討論会講演要旨集,   1999年09月01日
    概要:In Chinese traditional medicine, Zedoariae Rhizoma (the rhizome of Curcuma zedoaria), Saussureae Radix (the roots of Saussurea lappa), Nupharis Rhizoma (the rhizome of Nuphar pumilum), and Rhei Rhizoma (the rhizome of Rheum undulatum) has been prescribed for the treatment of "Oketsu" syndrome caused by blood stagnation and inflammation. Inducible NO synthase (iNOS) is involved in pathological processes mediated with overproduction of NO and is expressed in response to pro-inflammatory agents such as interleukin-1β, tumor necrosis factor-α and lipopolysaccharide (LPS) in various cell types including macrophages. Inhibition of iNOS enzyme activity or its induction may have therapeutic effects in various types of inflammation. In the course of our studies on bioactive principles from Chinese herbal medicines, we have found that sesquiterpenes (furanodinene, costunolide, dehydrocostus lactone, santamarine, saussureamines A and B) from Zedoariae Rhizoma and Saussureae Radix, dimeric sesquiterpene thioalkaloids (6-hydroxythiobinupharidine, 6,6'-dihydroxythiobinupharidine, 6-hydroxythio-nuphlutine B) from Nupharis Rhizoma, and stilbenes (rhapontigenin, piceatannol, resveratrol) from Rhei Rhizoma showed NO production inhibitory activity in LPS-activated macrophages. And some structural requirements for the activity was elucidated. Several sesquiterpenes (curcumenone, furanodiene, germacrone, etc.) from Zedoariae Rhizoma and the stilbenes and stilbene glycosides (rhaponticin, piceatannol 3'-O-β-D-glucopyranoside, etc.) from Rhei Rhizoma showed hepato-protective activity in D-galactosamine/LPS-induced liver injury in mice. Many sesquiterpenes from Zedoariae Rhizoma and Saussureae Radix showed vasorelaxant activity in vitro. These results may be related to the treatment effects of those Chinese herbal medicines for "Oketsu" syndrome.
  • 薬用植物“菊花”の生物活性成分 野菊花(Chrysanthemum indicum)の新規セスキテルペン, 吉川雅之, 森川敏生, 村上敏之, 松田久司, 播磨章一, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   1999年09月01日
  • 益智(Alpinia oxyphylla)の薬理活性セスキテルペノイド, 吉川雅之, 森川敏生, 村上敏之, 松田久司, 村岡修, 藤本学, 田辺元三, 久保道徳, 播磨章一, 日本生薬学会年会講演要旨集,   1999年08月19日
  • 木香含有セスキテルペン成分のiNOSおよびHSP誘導に及ぼす作用, 蔭浦禎士, 松田久司, 戸口田巌, 村上敏之, 森川敏生, 山原条二, 吉川雅之, 和漢医薬学会大会要旨集,   1999年08月02日
  • ハナシュクシャのセスキテルペン及びジテルペン成分とNO産生抑制活性, 吉川雅之, 村上敏之, 坂本保子, 太田利夫, 森川敏生, 山原条二, 松田久司, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   1998年10月
  • スリランカ産天然薬物“Kotala himbutu”(Salacia reticulata)の抗糖尿病作用成分:新奇なチオ糖スルホニウム硫酸分子内塩構造を有するα‐グルコシダーゼ阻害成分Salacinol及びKotalanolの構造, 吉川雅之, 村上敏之, 森川敏生, 社謙一, 松田久司, 村岡修, 田辺元三, 山原条二, 天然有機化合物討論会講演要旨集,   1998年08月
  • 薬用食物“菊花”の機能性成分 (2) 中国産野菊花の新規セスキテルペンkikkanol類の化学構造, 村上敏之, 松田久司, 蔭浦禎士, 山原条二, 吉川雅之, 森川敏生, 播磨章一, 日本生薬学会年会講演要旨集,   1998年08月
  • 大黄の駆お血作用の研究 (第3報) 韓国産大黄(Rheum undulatum L.)の抗アレルギー作用とその有効成分, 松田秀秋, 高聖権, 平場啓一郎, 久保道徳, 森川敏生, 播磨章一, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   1998年03月
  • スリランカ産天然薬物“Kotala himbutu”(Salacia reticulata)の抗糖尿病作用成分 新奇なチオ糖スルホニウム硫酸分子内塩構造を有するα‐グルコシダーゼ阻害成分Salacinolの絶対構造, 吉川雅之, 村上敏之, 島田ひろみ, 森川敏生, 社謙一, 松田久司, 村岡修, 田辺元三, 山原条二, 日本薬学会年会要旨集,   1998年03月
  • 薬用食物“菊花”の機能性成分 (1) 中国産“野菊花”のaldose reductase阻害活性及びNO産生抑制活性成分 新規セスキテルペンkikkanol類の化学構造, 松田久司, 森川敏生, 村上敏之, 戸口田巌, 吉川雅之, 播磨章一, 山原条二, 日本薬学会年会要旨集,   1998年03月
  • 漢方生薬の薬理学的解明 (1) 厚朴の鎮けい作用成分, 松田久司, 坂本保子, 李育浩, 温素へい, 森川敏生, 吉川雅之, 山原条二, 播磨章一, 日本薬学会年会要旨集,   1998年03月
  • 大黄の駆お血作用の研究 (第2報) 韓国産大黄(Rheum undulatum L.)のNO産生抑制活性及び抗酸化活性成分, 松田秀秋, 平場啓一郎, 久保道徳, 播磨章一, 森川敏生, 松田久司, 村上敏之, 二宮清文, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集,   1998年03月
  • 漢方生薬の科学的解明 福建省産がの含有成分 (2) がじゅつセスキテルペン類の構造と薬理活性, 松田久司, 島田ひろみ, 坂本保子, 二宮清文, 森川敏生, 吉川雅之, 西条玲子, 山原条二, 日本薬学会年会要旨集,   1997年03月
  • 漢方生薬の科学的解明 四川省産がじゅつのセスキテルペン成分 (3) Gajutsulactone A及びB,Neocurcumenol,4‐Epicurcumenol, 島田ひろみ, 森川敏生, 松田久司, 吉川雅之, 西条玲子, 山原条二, 日本薬学会年会要旨集,   1997年03月
  • 薬用食物の機能性成分 トンブリ(ホウキギ,Kochia scoparia,果実)の生物活性成分 (3) Kochianoside類の糖吸収抑制活性, 松田久司, 島田ひろみ, 松村なるみ, 村上敏之, 森川敏生, 吉積智司, 吉川雅之, 山原条二, 日本薬学会年会要旨集,   1997年03月
  • ゼドアリー(かじゅつ)の生物活性セスキテルペン成分の解明と品質評価, 松田久司, 島田ひろみ, 森川敏生, 坂本保子, 二宮清文, 吉川雅之, 山原条二, 日本香辛料研究会講演要旨集,   1996年11月
  • 漢方生薬の科学的解明 福建省産がじゅつの含有成分, 吉川雅之, 島田ひろみ, 坂本保子, 森川敏生, 松田久司, 山原条二, 西条玲子, 日本生薬学会年会講演要旨集,   1996年08月
  • 薬用食物の機能性成分 “トンブリ”(ホウキギ,Kochia scoparia,果実)の生物活性成分 (2) 新規olean‐18‐ene型サポニンkochianoside類, 吉川雅之, 島田ひろみ, 森川敏生, 吉積智司, 村上啓寿, 松田久司, 山原条二, 日本生薬学会年会講演要旨集,   1996年08月
  • 漢方生薬の科学的解明: 四川省産がじゅつのセスキテルペン成分 (2) Curcumenonols A及びB, 吉川雅之, 島田ひろみ, 森川敏生, 村上啓寿, 松田久司, 山原条二, 西条玲子, 日本生薬学会年会講演要旨集,   1996年08月
  • 薬用食物の機能性成分 “トンブリ”(ホウキギ,Kochia scoparia,果実)の生物活性成分 (1) 糖吸収抑制活性サポニン, 松田久司, 島田ひろみ, 松村なるみ, 森川敏生, 吉積智司, 村上啓寿, 吉川雅之, 堀一之, 山原条二, 日本生薬学会年会講演要旨集,   1996年08月
  • 漢方生薬の科学的解明:四川省産がじゅつのセスキテルペン成分 (1), 村上啓寿, 森川敏生, 島田ひろみ, 吉川雅之, 山原条二, 西条玲子, 日本薬学会年会要旨集,   1996年03月

MISC

  • 生薬センキュウのインスリン様糖消費亢進活性成分, 二宮 清文, 宮坂 賢知, 山本 紗也, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 肥満研究, 25, Suppl., 290, 290,   2019年10月
  • 生薬センキュウのインスリン様糖消費亢進活性成分, 二宮 清文, 宮坂 賢知, 山本 紗也, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 肥満研究, 25, Suppl., 290, 290,   2019年10月
  • 更年期肥満モデルマウスに対する漢方薬「防已黄耆湯」の抗肥満効果, 橋本統星, 赤木淳二, 来福七央人, 荒井哲也, 山崎寛生, 二宮清文, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 66th, 176,   2019年08月31日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902219826592123
  • マツリカ(Jasminum sambac)花部の新規セコイリドイド配糖体オリゴマー成分, 二宮清文, 井上尚樹, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 66th, 91,   2019年08月31日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902224808490958
  • Mammea siamensis花部由来クマリン成分のエストロゲン様作用に関する研究, 二宮清文, 羅鳳琳, 柴谷華苗, SAOWANEE Chaipech, YUTANA Pongpiriyadacha, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 66th, 194,   2019年08月31日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902238181523943
  • センキュウ(Cnidium officinale,根茎)の新規配糖体成分, 二宮清文, 山本紗也, 塩谷美幸, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 66th, 205,   2019年08月31日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902288028863795
  • コウズク含有フェニルプロパノイドの抗炎症作用, 坂本 裕介, 二宮 清文, 萬瀬 貴昭, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 36回, 108, 108,   2019年08月
  • マテ葉部含有サポニン成分の血中中性脂質上昇抑制作用, 井上 尚樹, 二宮 清文, 長友 暁史, 阪本 千夏, 芝坂 彩, 曽根 万柚子, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 36回, 109, 109,   2019年08月
  • 川きゅう含有フタリド成分の糖消費亢進作用, 山本 紗也, 二宮 清文, 宮坂 賢知, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 36回, 109, 109,   2019年08月
  • Mammea siamensis花部のプレニルクマリン成分のアロマターゼ阻害活性, 羅 鳳琳, 二宮 清文, 柴谷 華苗, チャイペック・サワニ, ポンピリヤダチャ・ユタナ, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 36回, 110, 110,   2019年08月
  • チャボトケイソウ地上部成分の時計遺伝子発現亢進作用, シュレスタ・サリタ, 二宮 清文, 寶田 徹, 清水 稔仁, 竹田 翔伍, 下田 博詞, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 36回, 113, 113,   2019年08月
  • コウズク含有フェニルプロパノイドの抗炎症作用, 坂本 裕介, 二宮 清文, 萬瀬 貴昭, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 36回, 108, 108,   2019年08月
  • マテ葉部含有サポニン成分の血中中性脂質上昇抑制作用, 井上 尚樹, 二宮 清文, 長友 暁史, 阪本 千夏, 芝坂 彩, 曽根 万柚子, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 36回, 109, 109,   2019年08月
  • 川きゅう含有フタリド成分の糖消費亢進作用, 山本 紗也, 二宮 清文, 宮坂 賢知, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 36回, 109, 109,   2019年08月
  • Mammea siamensis花部のプレニルクマリン成分のアロマターゼ阻害活性, 羅 鳳琳, 二宮 清文, 柴谷 華苗, チャイペック・サワニ, ポンピリヤダチャ・ユタナ, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 36回, 110, 110,   2019年08月
  • チャボトケイソウ地上部成分の時計遺伝子発現亢進作用, シュレスタ・サリタ, 二宮 清文, 寶田 徹, 清水 稔仁, 竹田 翔伍, 下田 博詞, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 36回, 113, 113,   2019年08月
  • 更年期肥満モデルマウスに対する漢方薬「大柴胡湯」の抗肥満効果, 橋本 統星, 赤木 淳二, 来福 七央人, 荒井 哲也, 山崎 寛生, 二宮 清文, 森川 敏生, 基礎老化研究, 43, 2, 90, 90,   2019年06月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902238492812346
  • ローズヒップエキスおよびアシル化フラボノール配糖体の肝細胞内脂質代謝改善作用, 森川 敏生, 長友 暁史, 児玉 高幸, 川上 宏智, 二宮 清文, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 73回, 250, 250,   2019年04月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902215595380311
  • マテ(Ilex paraguariensis)葉部に含まれるサポニン成分の血中中性脂質上昇抑制作用, 井上 尚樹, 二宮 清文, 長友 暁史, 阪本 千夏, 芝坂 彩, 曽根 万柚子, 村岡 修, 森川 敏夫, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 73回, 250, 250,   2019年04月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902265331601964
  • パッションフラワーに含まれる時計遺伝子発現亢進物質の探索, Shrestha Sarita, 二宮 清文, 寳田 徹, 清水 稔仁, 竹田 翔伍, 下田 博司, 森川 敏生, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 73回, 212, 212,   2019年04月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902278276034553
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部に含まれるプレニルクマリンのアロマターゼ阻害活性, LUO Fenglin, 二宮清文, 柴谷華苗, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADAHCA Yutana, 村岡修, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2019, ROMBUNNO.1D5a08 (WEB ONLY),   2019年03月05日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902219112091962
  • センキュウ(Cnidium officinale,根茎)の新規フタリド配糖体および芳香族化合物, 山本紗也, 二宮清文, 塩谷美幸, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2019, ROMBUNNO.1D5a07 (WEB ONLY),   2019年03月05日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902219930215913
  • マツリカ(Jasminum sambac,花部)の成分探索, 井上尚樹, 二宮清文, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2019, ROMBUNNO.1D5a06 (WEB ONLY),   2019年03月05日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902246077423123
  • ブラジル生薬アンディローバ(Carapa guianensis)由来リモノイド成分の脂肪代謝促進作用およびその作用機序の解明, 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 丸本真輔, 酒井千恵, 村岡修, 村岡修, 菊池崇, 山田剛司, 田中麗子, 森川敏生, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2019, ROMBUNNO.4B1a11 (WEB ONLY),   2019年03月05日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902282421006481
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部含有プレニルクマリンの抗炎症作用, 二宮 清文, 坂本 裕介, 杉田 秀美, 佐伯 竣介, 宮澤 聖也, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 139年会, 2, 135, 135,   2019年03月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902225662474180
  • 肉豆く衣のインスリン様糖消費亢進活性成分の探索, 二宮 清文, 宮坂 賢知, 八幡 郁子, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 139年会, 2, 134, 134,   2019年03月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902249831951943
  • マツリカ(Jasminum sambac、花部)より単離した新規セコイリドイド配糖体成分の化学構造, 井上 尚樹, 二宮 清文, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 139年会, 2, 94, 94,   2019年03月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902252037029903
  • タイ天然薬物Mammea siamensis由来ゲラニルクマリンのがん細胞増殖抑制活性, 森川敏生, 杉田秀美, 村木謙一, 佐伯竣介, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 二宮清文, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 62nd, 122‐124,   2018年10月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201902224434484459
  • 延命草(Isodon trichocarpus,地上部)由来テルペノイド成分のメラニン産生抑制活性, 萬瀬貴昭, 萬瀬貴昭, 加藤和寛, 岡崎茜, 岡田(西田, 枝里子, 岡田(西田, 枝里子, 今川貴仁, 二宮清文, 柳田満廣, 中村翔, 森川敏生, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 62nd, 119‐121,   2018年10月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201902248521360802
  • ブラジル生薬アンディローバ(Carapa guianensis)由来リモノイド成分の糖および脂質代謝改善作用, 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 丸本真輔, 酒井千恵, 村岡修, 村岡修, 菊池崇, 山田剛司, 田中麗子, 森川敏生, 森川敏生, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 62nd, 116‐118,   2018年10月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201902260777989646
  • 川きゅうに含まれるフタリド成分の糖消費亢進作用, 二宮清文, 宮坂賢知, 酒井千恵, 塩谷美幸, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 22nd, 98‐100,   2018年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802246740438381
  • タイ天然薬物Goniothalamus macrophyllusおよびAnaxagorea luzonensisからの肝細胞内中性脂肪低減作用成分の探索, 二宮清文, 北村周平, 外村奈央, 保呂奈津子, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 長友暁史, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 22nd, 132‐134,   2018年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802218359132034
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部クマリン成分のCYP19阻害活性, 二宮清文, 二宮清文, LUO Fenglin, 柴谷華苗, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 石川文洋, 田邉元三, 田邉元三, 森川敏生, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 22nd, 129‐131,   2018年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802213440413492
  • 茉莉花および胡黄連の新規イリドイド成分の構造解析, 二宮清文, 二宮清文, 井上尚樹, 中西勇介, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 22nd, 126‐128,   2018年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802233784922654
  • 肉豆く衣の糖消費促進活性成分, 宮坂 賢知, 二宮 清文, 八幡 郁子, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 35回, 136, 136,   2018年09月
  • 加齢に伴う肥満症の進展に対する防風通聖散の効果, 赤木 淳二, 王 蔚, 井上 誠, 荒井 哲也, 山崎 寛生, 二宮 清文, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 35回, 135, 135,   2018年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802228921267484
  • 柴胡含有サポニンの肝細胞内中性脂肪低減活性, 二宮 清文, 矢田 佳凜, 今野 拓哉, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 35回, 144, 144,   2018年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802256107496907
  • 川きゅうに含まれる新規フタリド配糖体の化学構造, 山本 紗也, 二宮 清文, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 35回, 126, 126,   2018年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802288894520698
  • 胡黄連のコラゲナーゼおよびヒアルロニダーゼ阻害活性成分, 井上尚樹, 二宮清文, 中西勇介, 松浦豪之, 植松一貴, 村岡修, 森川敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 35th, 130, 130,   2018年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802252971563720
  • 肉豆く衣の糖消費促進活性成分, 宮坂 賢知, 二宮 清文, 八幡 郁子, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 35回, 136, 136,   2018年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802213767324489
  • ローズヒップ由来trans‐tilirosideの脂肪代謝促進作用の解析, 長友暁史, 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 松本亜衣, 児玉高幸, 川上宏智, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65th, 90, 90,   2018年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802253334654603
  • マツリカ(Jasminum sambac)花部の新規イリドイド配糖体成分, 二宮清文, 二宮清文, 井上尚樹, 柴谷華苗, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65th, 174, 174,   2018年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802284958639907
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum花部含有butenolideの一酸化窒素産生抑制活性, 二宮清文, 坂本裕介, 田邉元三, 田邉元三, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65th, 244, 244,   2018年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802214723298072
  • メース(Myristica fragrans Houtt.,仮種皮)含有ネオリグナン成分の糖消費促進活性, 二宮清文, 二宮清文, 宮坂賢知, 八幡郁子, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65th, 242, 242,   2018年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802251840420060
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部含有プレニルクマリンのアロマターゼ阻害活性, 二宮清文, 羅鳳琳, 柴谷華苗, 杉田秀美, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65th, 243, 243,   2018年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802256657629269
  • 生活習慣病の予防・改善に資する機能性関与成分に関する研究, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65回, 18, 21,   2018年08月
  • ローズヒップ由来trans-tilirosideの脂肪代謝促進作用の解析, 長友 暁史, 二宮 清文, 松本 亜衣, 児玉 高幸, 川上 宏智, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65回, 90, 90,   2018年08月
  • マツリカ(Jasminum sambac)花部の新規イリドイド配糖体成分, 二宮 清文, 井上 尚樹, 柴谷 華苗, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65回, 174, 174,   2018年08月
  • メース(Myristica fragrans Houtt.、仮種皮)含有ネオリグナン成分の糖消費促進活性, 二宮 清文, 宮坂 賢知, 八幡 郁子, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65回, 242, 242,   2018年08月
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部含有プレニルクマリンのアロマターゼ阻害活性, 二宮 清文, 羅 鳳琳, 柴谷 華苗, 杉田 秀美, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65回, 243, 243,   2018年08月
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum花部含有butenolideの一酸化窒素産生抑制活性, 二宮 清文, 坂本 裕介, 田邉 元三, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65回, 244, 244,   2018年08月
  • ミシマサイコ(Bupleurum falcatum L.)含有サポニンの抗炎症作用, 二宮 清文, 赤木 駿, 今野 拓哉, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65回, 203, 203,   2018年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802259239246381
  • 川きゅう(Cnidium officinale、根茎)の新規フタリド配糖体およびフェニルプロパノイド, 二宮 清文, 山本 紗也, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 65回, 130, 130,   2018年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802284840026381
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)のケモカイン受容体CCR3選択的アンタゴニスト作用を指標とした抗アレルギー作用成分の探索, 森川 敏生, 松尾 一彦, 八幡 郁子, 二宮 清文, 村岡 修, 中山 隆志, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 56, 0,   2018年07月19日, http://ci.nii.ac.jp/naid/130007399508
    概要:<p>1.はじめに</p><p> ケモカインは,白血球やリンパ球などの免疫担当細胞の細胞遊走を誘導するサイトカインとして広く認識されており,現在までにヒトにおいては50種類近くのリガンドと18種類のシグナル伝達型受容体が知られ,さらに5種類のスカベンジャー/デコイ型受容体も存在する.ケモカインにはよく保存された4つのシステイン残基が存在し,そのうちのN端側の2つのシステイン残基が形成するモチーフにより,CXC,CC,CX3CおよびXCの4つのサブファミリーに分類される.これらのケモカインは免疫応答の制御にとどまらず,アレルギー疾患,自己免疫疾患,感染症やがんの病態発症においても重要な役割を果たしていることが明らかとなっている.近年,種々の疾患の発症や増悪などのキーファクターとなるケモカインおよびその受容体が解明されるにつれ,新たな創薬ターゲットとしてケモカイン受容体アンタゴニストの探索が精力的に展開されている.アレルギー疾患の発症や増悪に関与するケモカイン受容体として,CCR3,CCR4およびCCR8が挙げられる.これらのなかでCCR3は,好酸球の最も主要な遊走制御因子であり,好酸球,好塩基球およびTh2細胞の一部に選択的に発現する (Figure 1).<sup>1,2)</sup> </p><p> </p><p> </p><p> 我々はアレルギー疾患をはじめとした難治性炎症性疾患の新たな治療薬シーズの探索研究として,これまでにi.肥満細胞のモデル細胞であるラット好塩基球性白血病細胞(RBL-2H3) を用いた抗原刺激による脱顆粒抑制活性およびTNF-αおよびIL-4産生抑制活性,ii.マウス受身浮腫アナフィラキシー (PCA) に対する抑制作用 (in vivo),iii.マクロファージ様 RAW264.7 細胞を用いたリポ多糖 (LPS, lipopolysaccharide) 誘発一酸化窒素 (NO) あるいはiNOS 発現抑制活性,およびiv. HL-60 細胞由来好中球様細胞からの fMLP (N-formylmethionyl-leucyl-phenylalanine) 刺激による脱顆粒抑制活性,などを指標として検討してきた.<sup>3)</sup>これらの生物活性評価試験において見いだされた天然資源について,単一のケモカイン受容体のみを遺伝子工学的に過剰発現し樹立したケモカイン受容体安定発現細胞株を用い,細胞遊走阻害活性を指標として種々のケモカイン受容体に対するアンタゴニストの探索を行った.その結果,薬用のみならず香辛料として食用にも用いられるメース[ニクズク科(Myristicaceae) 植物Myristica fragrans Houtt. 仮種皮]のメタノール抽出エキスに,CCR3選択的なアンタゴニスト活性を見いだしたことから,その活性寄与成分の探索に着手した.</p><p>2.メタノール抽出エキスのケモカイン受容体アンタゴニスト作用試験</p><p> マウスB細胞株L1.2 細胞を用い各種ケモカイン受容体を過剰発現させた細胞株を樹立し,ケモタキシスチャンバーを用いた細胞遊走抑制作用を指標にアンタゴニスト作用を評価した.すなわち,各発現細胞を細胞遊走バッファー (0.5% BSA,20 mM HEPES pH7.4,RPMI-1640 without phenol red) で洗浄を 2 回行った後,8 × 10<sup>6</sup> cells/mL となるように懸濁した.リガンドとなるケモカインを細胞遊走バッファーで希釈して下部ウェル</p><p>(View PDFfor the rest of the abstract.)</p>
  • ローズヒップ由来アシル化フラボノール配糖体の糖・脂質代謝改善作用, 長友暁史, 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 松本亜衣, 松本亜衣, 児玉高幸, 川上宏智, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 24th, 102,   2018年05月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802210996465978
  • 川きゅう(Cnidium officinale,根茎)の糖代謝改善作用成分, 宮坂賢知, 二宮清文, 二宮与, 酒井千恵, 塩谷美幸, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2018, ROMBUNNO.3A19a05 (WEB ONLY),   2018年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802269514348702
  • 釣藤鈎(Uncaria rhynchophylla鈎部)由来トリテルペン成分の神経様突起伸長作用, 菅原碧, 二宮清文, 河端千尋, 今野拓哉, 南野享, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2018, ROMBUNNO.3A19a04 (WEB ONLY),   2018年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802291796879055
  • ローズヒップエキスおよびtrans‐tilirosideが肝細胞内脂質代謝におよぼす影響, 長友暁史, 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 松本亜衣, 松本亜衣, 児玉高幸, 川上宏智, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2018, ROMBUNNO.3A19a03 (WEB ONLY),   2018年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802230417293745
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の新規プレニルクマリン成分とがん細胞増殖抑制活性, 杉田秀美, 二宮清文, 村木謙一, 佐伯竣介, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2018, ROMBUNNO.3A19a02 (WEB ONLY),   2018年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802233728060995
  • マツリカ(Jasminum sambac,花部)のアロマターゼ阻害活性成分, 井上尚樹, 二宮清文, 二宮清文, 柴谷華苗, 佐々木佑人, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2018, ROMBUNNO.3A19a01 (WEB ONLY),   2018年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802267384815367
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部含有クマリン成分のアロマターゼ阻害活性 阻害様式と酵素特異性に対する検討, 二宮 清文, 柴谷 華苗, 末吉 真弓, Chaipech Saowanee, Pongpiriyadacha Yutana, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 2, 199, 199,   2018年03月
  • メース(Myristica fragrans Houtt.仮種皮)含有ネオリグナン成分の糖消費促進活性, 二宮 清文, 宮坂 賢知, 八幡 郁子, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 2, 199, 199,   2018年03月
  • 加齢に伴う内臓脂肪蓄積に対する防風通聖散の効果, 赤木 淳二, 荒井 哲也, 和田 篤敬, 山崎 寛生, 二宮 清文, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 3, 157, 157,   2018年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802232010999546
  • サイコ(Bupleurum falcatum L.)含有サポニン成分の抗TNF-α作用, 二宮 清文, 赤木 駿, 今野 拓哉, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 2, 199, 199,   2018年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802226105324691
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部含有クマリン成分のアロマターゼ阻害活性―阻害様式と酵素特異性に対する検討―, 二宮清文, 柴谷華苗, 末吉真弓, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 138th, 2, ROMBUNNO.27PA‐pm171, 199,   2018年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802229331120113
  • メース(Myristica fragrans Houtt.仮種皮)含有ネオリグナン成分の糖消費促進活性, 二宮清文, 宮坂賢知, 八幡郁子, 村岡修, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 138th, 2, ROMBUNNO.27PA‐pm172S, 199,   2018年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802245453707812
  • 4,5‐ジデヒドロアポルフィン型アルカロイドの合成およびメラニン形成抑制活性評価, 白戸美希, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 丸本真輔, 石川文洋, 村岡修, 森川敏生, 田邉元三, 田邉元三, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 138th, 2, ROMBUNNO.27PA‐pm093, 186,   2018年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802257656280994
  • 機能性成分のマルチインテイクによる疾病予防と健康増進への貢献 生活習慣病の予防・改善に資する機能性食品成分の探索, 森川 敏生, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 1, 188, 188,   2018年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802287827360685
  • サラシア属植物に含有されるポリフェノール成分のLC-MS 定量分析, 森川 敏生, 赤木 淳二, Pongpiriyadacha Yutana, 吉川 雅之, 二宮 清文, 村岡 修, 日本食品化学学会誌, 25, 3, 130, 138,   2018年, 10.18891/jjfcs.25.3_130, http://id.ndl.go.jp/bib/029439886
    概要:A simultaneous quantitative analytical method for eight polyphenols, e.g. mangiferin (1), gallic acid (2), protpcatechuic acid(3), (+)-catechin (4), (–)-epicatechin (5), gallocatechin (6), (–)-epigallocatechin (7), and (–)-4'-O-methylepigallocatechin (8),as functional constituents in the roots and stems of the genus Salacia species (Hippocraceae) was developed. The content ofcaffeine (9), which showed similar chromatographic behavior under the analytical conditions, was also determined. The optimumconditions for separation and detection of these polyphenol constituents were achieved on an ODS column (3 μm particle size, 2.1mm i.d. × 100 mm) with methanol / 0.1% aqueous formic acid solvent system as the mobile phase, associated with MS equippedwith an electrospray ionization source. Totally 47 Salacia samples from the different origin including S. chinensis (2 roots and 28stems), S. reticulata (6 roots and 3 stems), and S. oblonga (8 roots) were analyzed, and the results indicated that mangiferin (1) hada characteristic distributions due to the plant part [roots (1.95–40.5 mg/g from the dried material) > stems ( < 0.258 mg/g)]. Amongthe root part, the inner root bark was found to observe the richest content of mangiferin (1).
  • 砂漠人参カンカニクジュヨウの血糖上昇抑制作用メカニズムの解明, 島田紘明, 卜部裕一, 岡本雄平, 李征, 川瀬篤史, 森川敏生, 森川敏生, 村岡修, 村岡修, 村岡修, 岩城正宏, 岩城正宏, 岩城正宏, 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 39th, 56‐57,   2017年10月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802279906981382
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)のケモカイン受容体CCR3アンタゴニスト様作用を指標とした抗アレルギー作用成分の探索, 森川敏生, 森川敏生, 八幡郁子, 松尾一彦, 西田枝里子, 二宮清文, 二宮清文, 義江修, 村岡修, 村岡修, 中山隆志, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 7th, 134‐136,   2017年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702219970879037
  • 天然薬物”サラシア”由来サラシノール類縁体のジアステレオ選択的合成及びin vivo α‐グルコシダーゼ阻害活性評価, 石川文洋, 神農佳澄, 薗田直樹, 木内恵里, 赤木淳二, 二宮清文, 村岡修, 吉川雅之, 森川敏生, 田邉元三, 田邉元三, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 35th, 252,   2017年10月04日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802280565741383
  • 漢薬コウズクの肝細胞内中性脂肪低減活性成分, 二宮 清文, 二宮 与, 酒井 千恵, 萬瀬 貴昭, 村岡 修, 森川 敏生, 肥満研究, 23, Suppl., 218, 218,   2017年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702281471194073
  • 国産蓮花(Nelumbo nucifera,花部)の開花度による含有アルカロイド成分の変動, 二宮清文, 二宮清文, 奥川修平, 川口泰生, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 64th, 192,   2017年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802276137028648
  • 延命草(Isodon trichocarpus、地上部)に含有するエンメインのヒト毛乳頭細胞増殖促進作用, 萬瀬 貴昭, 二宮 清文, 加藤 和寛, 楢崎 紘生, 岡田 枝里子, 山野 友希, 柳田 満廣, 要 欣志, 中村 翔, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 34回, 82, 82,   2017年08月
  • センキュウ(Cnidium officinale、根茎)の耐糖能改善作用成分の探索, 二宮 清文, 二宮 与, 酒井 千恵, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 34回, 93, 93,   2017年08月
  • 川きゅうの耐糖能改善作用成分, 二宮 清文, 宮坂 賢知, 塩谷 美幸, 二宮 与, 酒井 千恵, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 64回, 114, 114,   2017年08月
  • センキュウ(Cnidium officinale、根茎)の糖消費促進活性成分の探索, 宮坂 賢知, 二宮 清文, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 34回, 114, 114,   2017年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702258922320624
  • 茶花含有サポニンのヒト消化管由来がん細胞増殖抑制活性とその構造活性相関, 奥川 修平, 二宮 清文, 西田 文香, 甕 千明, 北川 仁一朗, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 64回, 120, 120,   2017年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802241093222754
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum含有butenolide類のメラニン産生抑制活性, 萬瀬 貴昭, 田邉 元三, 二宮 清文, 今川 貴仁, 安藤 恵里, 福田 梨沙, 福田 友紀, 石川 文洋, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 64回, 122, 122,   2017年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802254505833102
  • アルキルグリセリルアスコルビン酸のチロシナーゼ関連タンパク発現阻害によるメラニン産生抑制活性, 平 徳久, 勝山 雄志, 吉岡 正人, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 64回, 265, 265,   2017年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802256499470686
  • ローズヒップエキスおよびtrans-Tilirosideの脂肪蓄積抑制作用, 長友 暁史, 西田 典永, 吉川 雅之, 村岡 修, 二宮 清文, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 64回, 262, 262,   2017年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802263291367585
  • マテ(Ilex paraguariensis)葉部の血中中性脂肪上昇抑制活性成分, 森川 敏生, 福井 裕介, 長友 暁史, 阪本 千夏, 芝坂 彩, 村岡 修, 二宮 清文, 日本生薬学会年会講演要旨集, 64回, 158, 158,   2017年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802291323414244
  • 佐賀県産蓮(Nelumbo nucifera)花部の開花状況による含有アルカロイドの成分変動, 川口 泰生, 奥川 修平, 二宮 清文, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 34回, 126, 126,   2017年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702244625383367
  • カンカニクジュヨウ中主成分エキナコシド、アクテオシドのグルコース/Na+共輸送トランスポーター阻害作用, 島田 紘明, 卜部 裕一, 岡本 雄平, 川瀬 篤史, 李 征, 森川 敏生, 村岡 修, 岩城 正宏, 日本生薬学会年会講演要旨集, 64回, 113, 113,   2017年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802265898730700
  • アーユルベーダ天然薬物 ”サラシア” 由来スルホニウム塩類のジアステレオ選択的合成及びin vivo α-グルコシダーゼ阻害活性評価, 石川 文洋, 神農 佳澄, 薗田 直樹, 木内 恵里, 赤木 淳二, 二宮 清文, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 田邉 元三, 第59回天然有機化合物討論会講演要旨集, 363, 368,   2017年08月, 査読有り
  • ローズヒップエキスおよびtrans‐tilirosideの肝内脂肪低減作用, 長友暁史, 長友暁史, 西田典永, 田中幸雅, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 二宮清文, 二宮清文, 森川敏生, 森川敏生, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 17th, 233, 233,   2017年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702247519642687
  • ローズヒップエキスおよびtrans-tilirosideの肝内脂肪低減作用, 長友 暁史, 西田 典永, 田中 幸雅, 吉川 雅之, 村岡 修, 二宮 清文, 森川 敏生, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 17回, 233, 233,   2017年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702247519642687
  • 機能性食品素材ローズヒップエキスの有効性および安全性評価, 長友暁史, 長友暁史, 西田典永, 吉川雅之, 村岡修, 二宮清文, 森川敏生, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 23rd, 63,   2017年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702286196685854
  • ローズヒップエキスおよびtrans-tilirosideの肝細胞内脂質代謝促進作用, 長友 暁史, 西田 典永, 田中 幸雅[東], 吉川 雅之, 村岡 修, 二宮 清文, 森川 敏生, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 71回, 362, 362,   2017年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702225815179909
  • 耐糖能異常者におけるサラシアエキス配合食品摂取による食後血糖低下作用 持続血糖モニターを用いたクロスオーバー試験, 小林 正和, 赤木 淳二, 山口 康代, 山崎 寛生, 森川 敏生, 吉川 雅之, 村岡 修, 絵本 正憲, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 71回, 219, 219,   2017年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702233206410560
  • 延命草(Isodon trichocarpus,地上部)含有ジテルペノイド成分のメラニン産生抑制活性, 加藤和寛, 萬瀬貴昭, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 今川貴仁, 松本拓, 岡崎茜, 岡田枝里子, 岡田枝里子, 要欣志, 中村翔, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017, ROMBUNNO.2C13p07 (WEB ONLY),   2017年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702274283487139
  • 蓮花(Nelumbo nucifera,花部)含有メラニン産生抑制アルカロイド成分を指標とした品質評価, 奥川修平, 奥川修平, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 甕千明, 甕千明, 田邉元三, 亀井惟頼, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017, ROMBUNNO.2C13p08 (WEB ONLY),   2017年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702219110612021
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum由来成分のNO産生抑制活性および含有butenolide類の全合成, 安藤恵里, 萬瀬貴昭, 田邉元三, 福田梨沙, 福田友紀, 筒井望, 三宅史織, 中屋友紀子, 山添晶子, 松本朋子, 松田久司, 二宮清文, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017, ROMBUNNO.2C13p10 (WEB ONLY),   2017年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702222962860790
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部のアロマターゼ阻害活性, 柴谷華苗, 二宮清文, 田邉元三, 筒井望, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017, ROMBUNNO.2C13p09 (WEB ONLY),   2017年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702272648563876
  • 延命草(Isodon trichocarpus、地上部)含有ジテルペノイドのヒト毛乳頭細胞増殖促進活性, 萬瀬 貴昭, 二宮 清文, 楢崎 紘生, 加藤 和寛, 岡崎 茜, 山野 友希, 岡田 枝里子, 要 欣志, 中村 翔, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 2, 214, 214,   2017年03月
  • アルキルグリセリルアスコルビン酸誘導体の分子構造とメラニン産生抑制作用の関係, 平 徳久, 勝山 雄志, 吉岡 正人, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 3, 119, 119,   2017年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702223483907324
  • ブラジル生薬Carapa guianensis含有リモノイド成分の肝保護作用, 二宮 清文, 宮澤 聖也, 尾関 快天, 松尾 菜都子, 村岡 修, 菊地 崇, 山田 剛司, 田中 麗子, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 2, 86, 86,   2017年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702270718840944
  • ローズヒップ含有成分の肝細胞内中性脂肪代謝促進作用, 長友 暁史, 西田 典永, 田中 幸雅[東], 吉川 雅之, 村岡 修, 二宮 清文, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 2, 198, 198,   2017年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702289447637098
  • Chakasaponin類の消化管がん細胞に対する細胞増殖抑制活性の構造活性相関, 二宮 清文, 甕 千明, 西田 文香, 奥川 修平, 北川 仁一朗, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 2, 214, 214,   2017年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702235072633340
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum由来NO産生抑制活性Butenolide類の合成およびその活性評価, 田邉 元三, 森川 敏生, 福田 梨沙, 福田 友紀, 萬瀬 貴昭, 二宮 清文, 松本 朋子, 眞野 みのり, 松田 久司, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 2, 241, 241,   2017年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702245629332270
  • フェニルプロパノイドの肝臓中脂肪低減を介した耐糖能改善作用, 二宮清文, 萬瀬貴昭, 二宮与, 森祐樹, 酒井千恵, 村岡修, 森川敏生, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 34th, 97,   2016年11月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702290582579036
  • 釣藤鈎の機能性成分―神経突起伸長作用成分およびその作用機序―, 二宮清文, 河端千尋, 今野拓哉, 南野享, 菅原碧, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 21st, 169‐171,   2016年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602243928202384
  • ローズヒップエキスおよびtrans‐Tilirosideの脂質代謝促進作用, 二宮清文, 長友暁史, 長友暁史, 西田典永, 田中(東)幸雅, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 21st, 166‐168,   2016年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602262660640423
  • センキュウの肝臓中脂肪低減を介した耐糖能改善作用, 二宮 清文, 二宮 与, 酒井 千恵, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 肥満研究, 22, Suppl., 242, 242,   2016年09月
  • 川きゅう(Cnidium officinale、根茎)の耐糖能改善作用物質, 二宮 与, 二宮 清文, 酒井 千恵, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 33回, 77, 77,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602248722714402
  • 柴胡含有サポニン成分の肝細胞内中性脂肪低減活性成分, 今野 拓哉, 二宮 清文, 矢田 佳凜, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 33回, 78, 78,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602258385537474
  • サイコ(Bupleurum falcatum L.)の肝細胞内中性脂肪代謝作用, 二宮 清文, 今野 拓哉, 矢田 佳凜, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63回, 153, 153,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602240781129156
  • 延命草(Isodon trichocarpus、地上部)のメラニン産生抑制活性成分, 二宮 清文, 萬瀬 貴昭, 今川 貴仁, 松本 拓, 岡崎 茜, 岡田 枝里子, 要 欣志, 中村 翔, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63回, 164, 164,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602275896902815
  • コウズク(Alpinia galanga、果実)の耐糖能改善作用成分, 二宮 清文, 二宮 与, 酒井 千恵, 萬瀬 貴昭, 村岡 修, 早川 堯夫, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 33回, 70, 70,   2016年08月
  • 川きゅう(Cnidium officinale、根茎)の耐糖能改善作用物質, 二宮 与, 二宮 清文, 酒井 千恵, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 33回, 77, 77,   2016年08月
  • 柴胡含有サポニン成分の肝細胞内中性脂肪低減活性成分, 今野 拓哉, 二宮 清文, 矢田 佳凜, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 33回, 78, 78,   2016年08月
  • コウズク(Alpinia galanga、果実)の耐糖能改善作用成分, 二宮 清文, 二宮 与, 酒井 千恵, 萬瀬 貴昭, 村岡 修, 早川 堯夫, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 33回, 70, 70,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602254564415064
  • アンデローバ含有成分のコラーゲン分泌促進作用, 二宮 清文, 北沢 可哉子, 村岡 修, 菊地 崇, 山田 剛司, 田中 麗子, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63回, 163, 163,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602258131908034
  • 茶花由来サポニンのヒト消化管由来がん細胞増殖抑制活性 chakasaponinの作用機序, 二宮 清文, 甕 千明, 西田 文香, 奥川 修平, 北川 仁一郎, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63回, 186, 186,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602229257799732
  • サラシア・キネンシス熱水抽出エキスの糖質消化酵素に対する阻害活性プロフィール, 赤木 淳二, 小林 正和, 山口 康代, 山崎 寛生, 森川 敏生, 二宮 清文, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63回, 171, 171,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602236897539517
  • 茶花由来サポニンのヒト消化管由来がん細胞増殖抑制活性 chakasaponin IIおよびその誘導体の構造活性相関, 二宮 清文, 甕 千明, 西田 文香, 奥川 修平, 北川 仁一朗, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63回, 185, 185,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602240263094763
  • 日常の食生活を想定したサラシア・キネンシスエキスの食後血糖上昇抑制作用の評価, 小林 正和, 赤木 淳二, 山口 康代, 山崎 寛生, 森川 敏生, 二宮 清文, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63回, 170, 170,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602249919470954
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の機能性成分 含有クマリン成分のアロマターゼ阻害活性, 二宮 清文, 柴谷 華苗, 田邉 元三, 筒井 望, 末吉 真弓, 佐伯 竣介, 杉田 秀美, Chaipech Saowanee, Pongpiriyadacha Yutana, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63回, 177, 177,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602226072640442
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の機能性成分 含有成分のがん細胞増殖抑制活性, 二宮 清文, 杉田 秀美, 村木 謙一, 佐伯 竣介, 末吉 真弓, Chaipech Saowanee, Pongpiriyadacha Yutana, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63回, 176, 176,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602250678177977
  • ケモカイン受容体を標的とした天然由来シーズの探索研究 ロウバイカ(Chimonanthus praecox花蕾部)のCCR6およびCCR7アンタゴニスト活性成分, 森川 敏生, 松尾 一彦, 奥川 修平, 北川 仁一朗, 二宮 清文, 中西 勇介, 村岡 修, 中山 隆志, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63回, 146, 146,   2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602251743247114
  • サラシア・キネンシスに含有される抗糖尿病作用成分, 赤木淳二, 赤木淳二, 小林正和, 森川敏生, 二宮清文, 木内恵里, 田邉元三, PONGPIRIYADACHA Yutana, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 22nd, 66,   2016年06月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602234039701751
  • サラシア・キネンシス熱水抽出エキス配合食品のヒトでの利用, 小林正和, 赤木淳二, 赤木淳二, 山口康代, 山崎寛生, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集, 22nd, 67,   2016年06月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602274492954623
  • 茶花由来アシル化サポニンのヒト口腔癌由来細胞株HSC-2に対する細胞増殖抑制活性, 森川 敏生, 北川 仁一朗, 甕 千明, 奥川 修平, 西田 文香, 吉川 雅之, 村岡 修, 二宮 清文, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 70回, 316, 316,   2016年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602285102724472
  • ケープアロエ葉末の抗炎症作用成分, 二宮 清文, 大山 更紗, 赤木 淳二, 松本 拓, 松尾 菜都子, 尾関 快天, 岡田 拓也, 吉田 郁代, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 2, 220, 220,   2016年03月
  • センキュウ(Cnidium officinale)根茎の抗炎症作用成分, 二宮 清文, 塩谷 美幸, 尾関 快天, 松尾 菜都子, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 2, 226, 226,   2016年03月
  • 釣藤鈎の機能性成分 含有成分の神経突起伸長作用, 二宮 清文, 河端 千尋, 柴谷 華苗, 南野 享, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 2, 226, 226,   2016年03月
  • 延命草由来ジテルペノイド成分のメラニン産生抑制作用, 二宮 清文, 萬瀬 貴昭, 岡田 枝里子, 松本 拓, 岡崎 茜, 要 欣志, 中村 翔, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 2, 227, 227,   2016年03月
  • メラニン産生抑制活性を有する蓮華含有アルカロイド成分の安定性評価, 二宮 清文, 奥川 修平, 甕 千明, 北川 仁一朗, 田邉 元三, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 2, 230, 230,   2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602211607935138
  • アンデローバ含有成分の脂肪肝低減作用成分, 二宮 清文, 酒井 千恵, 村岡 修, 菊地 崇, 山田 剛司, 田中 麗子, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 2, 60, 60,   2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602217920972034
  • 漢薬女貞子(Ligustrum lucidum、果実)の機能性成分 含有成分のアロマターゼ阻害活性, 二宮 清文, 柴谷 華苗, 居村 克弥, 坂本 幸栄, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 2, 221, 221,   2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602229929687969
  • Chakasaponin IIおよび関連サポニン成分のヒト口腔癌由来細胞株HSC-2に対する細胞増殖抑制活性, 二宮 清文, 甕 千明, 西田 文香, 奥川 修平, 北川 仁一朗, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 2, 216, 216,   2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602291646628505
  • タイ天然薬物 Melodorum fruticosum 由来NO産生抑制活性を有するButenolide 類の全合成, 田邉 元三, 薗田 直樹, 福田 梨沙, 福田 友紀, 萬瀬 貴昭, 筒井 望, 二宮 清文, 森川 敏生, 村岡 修, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 58, 0, Poster26, 236,   2016年, 10.24496/tennenyuki.58.0_Poster26, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602219432413622
    概要:

    1.はじめに

    バンレイシ科 (Annonaceae) 植物Melodorum fruticosumは, タイの北部および北東部に広く自生する灌木で, タイではLamduanと称され, シーサケート県の県木・県花に指定されている. その花部は古くから失神や目眩の改善に利用されているほか,アロマテラピーにも用いられている. これまでに我々は, M. fruticosum花部の MeOH抽出エキスに, マクロファージ様細胞 (RAW264.7) におけるリポ多糖刺激によるNO産生抑制活性を見いだし, 活性を指標に活性寄与成分の探索を実施した. その結果,活性寄与成分として3種の新規 butenolide (1–3) および既知 butenolide (4) が, 強力な NO 産生抑制活性 (1.3– 3.8 mM) を示すことを明らかにしている.1) その強度は, 陽性対照として用いたNF-kB阻害剤, CAPE (3.8 mM) と同程度以上であった. しかし, 既知化合物 (4) を含め新規butenolide 1–3の6位不斉炭素の立体化学は明らかになっていない. そこで, これらの絶対立体構造の解明および両対掌体の活性評価を目的として, 1–3の両対掌体の合成に着手した.

    Fig. 1

    2.Butenolide 類 (1–4) の合成

    まず, 6位ベンジルオキシ基の立体化学がS配置のbutenolide (S-1 および S-2) を次のようにして合成した. 文献2) に従って, D-ribose (D-5) の2,3位水酸基のアセタール化によりアセトニド (6) に変換後, 6の5位水酸基のTBDPS化を経てシリルエーテル (7) を90%の収率で得た. さらに, 7をPh3P=CHCO2CH3とのWittig反応による増炭反応に付し, Z-オレフィンエステル (Z-8) を好収率で得た (Z/E = ca. 4/1, 83%). 主生成物 (Z-8) を分離精製後, 酢酸存在下で脱アセタール化を伴うラクトン化によりbutenolide環を一挙に構築し, 化合物 (9) を73%の収率で得た. 引き続き, 9を2種類の塩基Et3N, DMAPの共存下, 無水安息香酸 (Bz2O) と処理し, 6位水酸基のベンゾイル化および4,5位への二重結合の導入を行い, Z-10およびE-10を, それぞれ53%および22%の収率で得た. これら2種の化合物の二重結合の立体化学は, Scheme 1に示す NOE により確認した. 最後にZ-10およびE-10を脱シリル化に付し, S-1およびS-2をそれぞれ好収率で得た. 合成品S-1およびS-2の1Hおよび13C NMRスペクトルは天然物1および2のものとよく一致した. また, S-1およびS-2の合成経路に従って, これらのエナンチオマー (R-1 および R-2) を, L-ribose (L-5) を出発原料にして合成した (Scheme 1).

    Scheme 1. Reagents and conditions: i) acetone, conc. H2SO4, rt; ii) TBDPSCl, imidazole, DMF, 0°C; iii) Ph3P=CHCO2CH3,CH2Cl2, reflux; iv) AcOH–H2O, 70°C; v) Bz2O, Et3N, DMAP, CH2Cl2, rt; vi) TBAF, AcOH, THF, 0°C-rt.

    以上のように両対掌体が得られたので, キラルカラム (Ceramospher Chiral RU-1) を用いたHPLC分析により天然1および2との保持時間の比較を行い, 6位の立体化学の決定を行った. その結果, 両天然物とも 6S配置の異性体S-1およびS-2を過剰に含んだ6R体R-1およびR-2との混合物で, 対掌体過剰率がいずれも約65%程度であることが判明した (Fig. 2).

    Fig. 2. HPLC analysis

    (View PDFfor the rest of the abstract.)

  • タイ天然薬物 Melodorum fruticosum 由来NO産生抑制活性を有するButenolide 類の全合成, 田邉 元三, 薗田 直樹, 福田 梨沙, 福田 友紀, 萬瀬 貴昭, 筒井 望, 二宮 清文, 森川 敏生, 村岡 修, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 58, 0, Poster26,   2016年, 10.24496/tennenyuki.58.0_Poster26, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602279256442841
    概要:

    1.はじめに

    バンレイシ科 (Annonaceae) 植物Melodorum fruticosumは, タイの北部および北東部に広く自生する灌木で, タイではLamduanと称され, シーサケート県の県木・県花に指定されている. その花部は古くから失神や目眩の改善に利用されているほか,アロマテラピーにも用いられている. これまでに我々は, M. fruticosum花部の MeOH抽出エキスに, マクロファージ様細胞 (RAW264.7) におけるリポ多糖刺激によるNO産生抑制活性を見いだし, 活性を指標に活性寄与成分の探索を実施した. その結果,活性寄与成分として3種の新規 butenolide (1–3) および既知 butenolide (4) が, 強力な NO 産生抑制活性 (1.3– 3.8 mM) を示すことを明らかにしている.1) その強度は, 陽性対照として用いたNF-kB阻害剤, CAPE (3.8 mM) と同程度以上であった. しかし, 既知化合物 (4) を含め新規butenolide 1–3の6位不斉炭素の立体化学は明らかになっていない. そこで, これらの絶対立体構造の解明および両対掌体の活性評価を目的として, 1–3の両対掌体の合成に着手した.

    Fig. 1

    2.Butenolide 類 (1–4) の合成

    まず, 6位ベンジルオキシ基の立体化学がS配置のbutenolide (S-1 および S-2) を次のようにして合成した. 文献2) に従って, D-ribose (D-5) の2,3位水酸基のアセタール化によりアセトニド (6) に変換後, 6の5位水酸基のTBDPS化を経てシリルエーテル (7) を90%の収率で得た. さらに, 7をPh3P=CHCO2CH3とのWittig反応による増炭反応に付し, Z-オレフィンエステル (Z-8) を好収率で得た (Z/E = ca. 4/1, 83%). 主生成物 (Z-8) を分離精製後, 酢酸存在下で脱アセタール化を伴うラクトン化によりbutenolide環を一挙に構築し, 化合物 (9) を73%の収率で得た. 引き続き, 9を2種類の塩基Et3N, DMAPの共存下, 無水安息香酸 (Bz2O) と処理し, 6位水酸基のベンゾイル化および4,5位への二重結合の導入を行い, Z-10およびE-10を, それぞれ53%および22%の収率で得た. これら2種の化合物の二重結合の立体化学は, Scheme 1に示す NOE により確認した. 最後にZ-10およびE-10を脱シリル化に付し, S-1およびS-2をそれぞれ好収率で得た. 合成品S-1およびS-2の1Hおよび13C NMRスペクトルは天然物1および2のものとよく一致した. また, S-1およびS-2の合成経路に従って, これらのエナンチオマー (R-1 および R-2) を, L-ribose (L-5) を出発原料にして合成した (Scheme 1).

    Scheme 1. Reagents and conditions: i) acetone, conc. H2SO4, rt; ii) TBDPSCl, imidazole, DMF, 0°C; iii) Ph3P=CHCO2CH3,CH2Cl2, reflux; iv) AcOH–H2O, 70°C; v) Bz2O, Et3N, DMAP, CH2Cl2, rt; vi) TBAF, AcOH, THF, 0°C-rt.

    以上のように両対掌体が得られたので, キラルカラム (Ceramospher Chiral RU-1) を用いたHPLC分析により天然1および2との保持時間の比較を行い, 6位の立体化学の決定を行った. その結果, 両天然物とも 6S配置の異性体S-1およびS-2を過剰に含んだ6R体R-1およびR-2との混合物で, 対掌体過剰率がいずれも約65%程度であることが判明した (Fig. 2).

    Fig. 2. HPLC analysis

    (View PDFfor the rest of the abstract.)

  • アンディローバ(Carapa guianensis)含有リモノイド成分の脂肪性肝炎抑制作用, 森川 敏生, 菊地 崇, 山田 剛司, 田中 麗子, 二宮 清文, 二宮 与, 丸本 真輔, 酒井 千恵, 宮澤 聖也, 尾関 快天, 松尾 菜都子, 村岡 修, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 58, 0, Poster36,   2016年, 10.24496/tennenyuki.58.0_Poster36, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702261686530761
    概要:

    1.はじめに

    食生活をはじめとした生活習慣の変化に伴う内臓脂肪蓄積型の肥満人口の増加とともに,肝臓(とくに肝細胞)に中性脂肪が蓄積する病態である脂肪肝に,肝実質の炎症・壊死,繊維化をともなう病態である脂肪性肝炎が注目されている.その組織像はアルコールの常習的な摂取過多によって引き起こされるアルコール性肝障害 (ALD) に類似しているが,肥満や2型糖尿病,脂質異常症などの生活習慣病を基礎疾患として有していることなどから非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) と称されている.NASH は,遺伝的素因を背景に脂肪肝とインスリン抵抗性を基礎病態として発症する症候群であり,しばしば肝硬変や肝細胞がんへと進展することが知られている.1) 脂肪組織から分泌されるアディポネクチンは,肝細胞において新規脂肪合成を抑制し,脂肪酸の b 酸化を亢進することにより脂肪肝の改善を促すことが知られているとともに,D-galactosamine (GalN) / lipopolysaccharide (LPS) 誘発肝障害モデルにおいて肝保護作用を示すことが明らかとなっている.2) 今回,アンディローバ (Carapa guianensis)から見いだした主要リモノイド成分に,マウスを用いた GalN/LPS 誘発肝障害モデルにおいて有意な血中トランスアミナーゼ活性の上昇抑制作用が認められたことから,その肝保護作用メカニズムを解析した.

    2.アンディローバ含有リモノイド成分の探索

    アマゾンの熱帯雨林に分布するセンダン科 (Meliaceae) 植物 C. guianensis は,ブラジルやコロンビアでアンディローバと称され,材木として使用されるのみではなく,民間薬として防虫,抗炎症, 抗マラリアなどを目的に利用されている.我々はこれまでに,アンディローバの種子および花部の圧搾油の含有成分を精査し,これまでに 3 種の脂肪酸 (oleic acid, stearic acid および palmitic acid) を GC-MS 分析により同定するとともに,Fig. 1 に示す主要リモノイド成分 (1–17) などを見いだした.3-12)

    3.アンディローバ含有リモノイド成分の肝保護作用

    GalN/LPS 誘発肝障害モデルは,GalN で障害を受けアポトーシスを受けやすくなった肝細胞に,LPS 刺激により活性化されたクッパー細胞やマクロファージなどが産生する TNF-a などの炎症性サイトカインが作用し,肝細胞死を起こすと考えられている.アンディローバの主要リモノイド成分である gedunin (1), 6a-acetoxygedunin (2) および 7-deacetoxy-7-oxogedunin (3) について検討したところ,いずれも 25 mg/kg の経口投与において有意な血中トランスアミナーゼの上昇抑制作用が認められた.その活性強度は,肝機能改善などに用いられているオオアザミ (マリアアザミ,Silybum marianum) に含有される活性寄与成分である silybin よりも強いものであった (Table 1).

    Figure 1. Limonoids (1–17) from flower and seed oils of C. guianensis

    Table 1.Inhibitory effects of 1–3 on GalN/LPS-induced liver injury in mice

    (View PDFfor the rest of the abstract.)

  • 歴代成書にある生薬の効能に関する記載のデータベース化, 矢作忠弘, 渥美聡孝, 三宅克典, 石内勘一郎, 森永紀, 伏見裕利, 大山雅義, 森川敏生, 有田正規, 田中謙, 牧野利明, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 136th, ROMBUNNO.28AB‐PM320,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602265085164783
  • 蓮華(Nelumbo nucifera,花部)のメラニン産生抑制活性成分を指標とした品質評価, 森川敏生, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 奥川修平, 奥川修平, 甕千明, 甕千明, 田邉元三, 亀井惟頼, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 6th, 48, 50,   2015年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502201082321573
  • 紅豆く(Alpinia galanga,果実)由来フェニルプロパノイド成分の肝細胞内中性脂肪代謝促進作用, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 西亮介, 橋本佳典, 酒井千恵, 二宮与, SAOWANEE Chaipech, SAOWANEE Chaipech, 早川尭夫, 村岡修, 森川敏生, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 6th, 84, 86,   2015年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502211743987579
  • 茶花(Camellia sinensis,花蕾部)由来サポニン成分のヒト消化管由来癌細胞株に対する細胞増殖抑制活性, 二宮清文, 甕千明, 甕千明, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 吉原和弥, 吉川雅之, 村岡修, 森川敏生, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 6th, 51, 53,   2015年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502213470341029
  • サラシア・キネンシス熱水抽出エキスの長期摂取時および過剰摂取時の安全性, 小林正和, 赤木淳二, 山口康代, 山崎寛生, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 6th, 81, 83,   2015年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502214336287502
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum由来NO産生抑制活性を有するButenolide類の全合成, 田邉元三, 森川敏生, 小川哲平, 薗田直樹, 至田智行, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 筒井望, 村岡修, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 59th, 291, 293,   2015年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602205886617354
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)の新規ネオリグナン成分, 八幡郁子, 二宮清文, 尾関快天, 西田枝里子, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 59th, 328, 330,   2015年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602207382044852
  • 紅豆く(Alpinia galanga,果実)のメラニン産生抑制活性成分, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 西亮介, 亀井惟頼, SAOWANEE Chaipech, SAOWANEE Chaipech, 早川堯夫, 村岡修, 森川敏生, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 59th, 325, 327,   2015年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602208613970263
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の抗炎症作用成分, 森川敏生, 二宮清文, 佐伯竣介, 宮澤聖也, SAOWANEE Chaipech, SAOWANEE Chaipech, YUTANA Pongpiriyadacha, 早川堯夫, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 59th, 195, 197,   2015年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602216527249244
  • Nigella sativa種子由来ジテルペン成分の肝脂肪低減作用, 二宮清文, 奥村尚道, XU Fengming, 松田久司, 早川堯夫, 村岡修, 吉川雅之, 森川敏生, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 59th, 192, 194,   2015年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602218880691590
  • 漢薬 センキュウ(Cnidium officinale、根茎)の肝脂肪低減作用成分の探索, 二宮 清文, 酒井 千恵, 塩谷 美幸, 森川 敏生, 肥満研究, 21, Suppl., 199, 199,   2015年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502201958532453
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)の機能性成分(6)―新規ネオリグナン成分の化学構造―, 二宮清文, 八幡郁子, 田邉元三, 早川堯夫, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 62nd, 117,   2015年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602283609548607
  • アロエ属植物による炎症性サイトカインTNF-αの感受性低減作用, 大山 更紗, 赤木 淳二, 松本 拓, 松尾 菜都子, 尾関 快天, 吉田 郁代, 二宮 清文, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 32回, 86, 86,   2015年08月
  • 川きゅう(Cnidium officinale、根茎)の機能性成分 含有フタリド成分の一酸化窒素産生抑制活性, 塩谷 美幸, 二宮 清文, 尾関 快天, 松尾 菜都子, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 32回, 92, 92,   2015年08月
  • 紅豆く(Alpinia galanga、果実)由来フェニルプロパノイド成分のメラニン産生抑制作用, 萬瀬 貴昭, 二宮 清文, 西 亮介, 橋本 佳典, 亀井 惟頼, Chaipech Saowanee, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 32回, 73, 73,   2015年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502219241572660
  • ニホンスイセン(Narcissus tazetta var.chinensis)花部の抗炎症作用成分, 二宮 清文, 倉本 博行, 尾関 快天, 松尾 菜都子, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 32回, 72, 72,   2015年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502219367883725
  • 肉豆く衣(Myristica fragrans、仮種皮)の脱顆粒抑制作用成分, 八幡 郁子, 二宮 清文, 松田 久司, 畑 裕基, 菅原 かおる, 吉川 雅之, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 32回, 92, 92,   2015年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502210318808362
  • 茶花(Camellia sinensis、花蕾部)含有サポニンのヒト消化管由来癌細胞に対する細胞増殖抑制活性, 甕 千明, 二宮 清文, 北川 仁一郎, 吉原 和弥, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 32回, 73, 73,   2015年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502211712838532
  • ロウバイカ(Chimonanthus praecox、花蕾部)のメラニン産生抑制成分の定量分析, 奥川 修平, 二宮 清文, 北川 仁一朗, 中西 勇介, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 32回, 101, 101,   2015年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502218039016074
  • ハス(Nelumbo nucifera)花部の抗炎症作用アルカロイド成分, 北川 仁一朗, 二宮 清文, 奥川 修平, 松尾 菜都子, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 32回, 100, 100,   2015年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502220271772262
  • アンデローバ含有リモノイドの肝細胞内中性脂肪低減作用, 二宮 清文, 酒井 千恵, 村岡 修, 菊地 崇, 山田 剛司, 田中 麗子, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 62回, 174, 174,   2015年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602251555495882
  • 茶花由来サポニンchakasaponin IIおよび関連サポニンのヒト消化管由来細胞増殖抑制活性, 二宮 清文, 甕 千明, 北川 仁一郎, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 62回, 175, 175,   2015年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602280305429055
  • 紅豆くの機能性成分 フェニルプロパノイド成分の肝細胞内中性脂肪代謝作用および構造活性相関, 二宮 清文, 萬瀬 貴昭, 橋本 佳典, 酒井 千恵, 二宮 与, Saowanee Chaipech, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 62回, 73, 73,   2015年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602219663803781
  • ケープアロエによる炎症性サイトカインTNF-αの細胞障害に対する保護作用, 赤木 淳二, 二宮 清文, 大山 更紗, 松本 拓, 尾関 快天, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 2, 225, 225,   2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502256728908606
  • バンレイシ科植物、Hornschuchia obliqua由来4,5-didehydroguadiscineの合成およびそのメラニン形成抑制活性評価, 田邉 元三, 白戸 美希, 菅野 雄太, 森川 敏夫, 二宮 清文, 筒井 望, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 2, 233, 233,   2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502275179876998
  • 茶花(Camellia sinensis、花蕾部)由来アシル化サポニンのヒト消化管由来癌細胞株に対する細胞増殖抑制活性, 二宮 清文, 甕 千明, 北川 仁一朗, 吉原 和弥, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 2, 229, 229,   2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502240147509375
  • 遺伝的肥満モデルob/obマウスに対するSalacia chinensisの抗糖尿病作用, 小林 正和, 赤木 淳二, 森川 敏生, 二宮 清文, 木内 恵里, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 2, 182, 182,   2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502202951410048
  • 紅豆蒄の機能性成分 新規ネオリグナン成分の化学構造およびメラニン産生抑制作用, 二宮 清文, 萬瀬 貴昭, 西 亮介, 橋本 佳典, 亀井 惟頼, Chaipech Saowanee, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 2, 132, 132,   2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502207359778220
  • ニホンスイセン(Narcissus tazetta var.chinensis)花部の機能性成分 新規フェニルエタノイド配糖体成分の化学構造および含有成分のメラニン産生抑制活性, 森川 敏生, 倉本 博行, 二宮 清文, 亀井 惟頼, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 2, 216, 216,   2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502222400823989
  • ハス(Nelumbo nucifera、花部)の機能性成分 含有アルカロイド成分の抗炎症作用, 二宮 清文, 奥川 修平, 北川 仁一朗, 松尾 菜都子, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 2, 233, 233,   2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502228528700586
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の機能成分 新規プレニルクマリンの化学構造, 森川 敏生, 佐伯 竣介, 松本 拓, 末吉 真弓, 二宮 清文, Chaipech Saowanee, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 2, 224, 224,   2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502249920275017
  • 紅豆蒄の機能性成分 含有フェニルプロパノイド成分の肝細胞内中性脂肪代謝促進作用, 二宮 清文, 橋本 佳典, 萬瀬 貴昭, 西 亮介, 酒井 千恵, Chaipech Saowannee, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 2, 225, 225,   2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502265692273713
  • デイジーフラワー(Bellis perennis、花部)の機能性成分 含有サポニン成分の胃がん細胞増殖抑制活性, 二宮 清文, 甕 千明, 北川 仁一朗, 吉原 和弥, 西田 枝里子, 李 雪征, 松田 久司, 中村 誠宏, 吉川 雅之, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 135年会, 2, 229, 229,   2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502276927227570
  • Phenylpropanoids from Alpinia galanga with Lipid Metabolism-promoting Activity in High Glucose-pretreated HepG2 cells, MANSE Yoshiaki, NINOMIYA Kiyofumi, NISHI Ryosuke, SAKAI Chie, CHAIPECH Saowanee, HAYAKAWA Takao, MURAOKA Osamu, MORIKAWA Toshio, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 12th Asian Congress of Nutrition, 259,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502275412960210
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)の機能性成分(5)―新規ジアリルノナノイド‐ネオリグナン付加体成分の化学構造―, 森川敏生, 八幡郁子, 二宮清文, 早川堯夫, 田邉元三, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, ROMBUNNO.27PB-PM176S,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502232437898178
  • サラシア属植物のα‐グルコシダーゼ阻害活性成分を指標とした品質評価, 森川敏生, 赤木淳二, 二宮清文, 田邉元三, 吉川雅之, 村岡修, 生薬分析シンポジウム講演要旨, 43rd, 60, 71,   2014年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402214817843443
  • サラシア属植物含有α‐グルコシダーゼ阻害活性成分salacinolおよびその類縁体の食後過血糖改善作用, 森川敏生, 赤木淳二, 二宮清文, 木内恵里, 田邉元三, 仲西功, 中村真也, 吉川雅之, 村岡修, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 20th, 75, 77,   2014年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402243896519257
  • アーユルベーダ天然薬物“サラシア”由来salacinolをシードとするα‐グルコシダーゼ阻害剤のin silico設計,合成及びin vivo評価, 田邉元三, 松田侑也, 筒井望, 森川敏生, 赤木淳二, 二宮清文, 仲西功, 中村真也, 吉川雅之, 村岡修, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 20th, 72, 74,   2014年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402296037414156
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の機能性成分(3):新規プレニルクマリンの化学構造, 森川敏生, 佐伯竣介, 松本拓, 末吉真弓, 二宮清文, CHAIPECH Saowanee, 村岡修, 日本生薬学会年会講演要旨集, 61st, 142,   2014年08月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402229448150002
  • 釣藤鈎の機能性成分 含有成分の神経突起伸長作用成分, 二宮 清文, 河端 千尋, 松本 拓, 南野 享, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 31回, 91, 91,   2014年08月
  • 柴胡の機能性成分 含有サポニン成分の肝障害抑制作用, 今野 拓哉, 二宮 清文, 松田 久司, 吉川 雅之, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 31回, 115, 115,   2014年08月
  • 釣藤鈎の機能性成分 含有成分の抗炎症作用, 尾関 快天, 二宮 清文, 松本 拓, 南野 享, 松尾 菜都子, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 31回, 122, 122,   2014年08月
  • 延命草の機能性成分 含有ジテルペン成分のメラニン産生抑制作用, 萬瀬 貴昭, 二宮 清文, 岡田 枝里子, 松本 拓, 忍海邊 綾子, 岡崎 茜, 亀井 惟頼, 要 欣志, 森川 敏生, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 31回, 127, 127,   2014年08月
  • キダチアロエエキスの頭皮環境改善効果, 福田 敬子, 赤木 淳二, 森川 敏生, 二宮 清文, 大山 更紗, 富 裕孝, 長尾 淳二, 上田 太郎, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 31回, 127, 127,   2014年08月
  • 茶花由来サポニンの胃癌細胞MKN-45増殖抑制活性, 二宮 清文, 甕 千明, 北川 仁一朗, 吉原 和弥, 中村 誠宏, 松田 久司, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 61回, 116, 116,   2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402272456258583
  • α-グルコシダーゼ阻害活性物質salacinolおよびその誘導体の血糖値上昇抑制活性, 森川 敏生, 木内 恵里, 赤木 淳二, 二宮 清文, 田邉 元三, 仲西 功, 中村 真也, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本生薬学会年会講演要旨集, 61回, 235, 235,   2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402298435973745
  • ニホンスイセン(Narcissus tazetta var.chinensis)花部含有アルカロイド成分のメラニン産生抑制作用, 倉本 博行, 森川 敏生, 二宮 清文, 亀井 惟頼, 村岡 修, 吉川 雅之, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 31回, 104, 104,   2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402291051024334
  • ハス(Nelumbo nucifera)のメラニン産生抑制作用成分の定量分析, 奥川 修平, 森川 敏生, 北川 仁一朗, 二宮 清文, 松本 拓, 吉川 雅之, 中村 誠宏, 松田 久司, 李 宜融, 村岡 修, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 31回, 126, 126,   2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402298583436155
  • 紅豆くの機能性成分新規フェニルプロパノイドおよびジテルペン成分の構造とメラニン産生抑制活性, 二宮 清文, 萬瀬 貴昭, 西 亮介, 亀井 惟頼, Saowanee Chaipech, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 61回, 226, 226,   2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402208423751497
  • エバーラスティングフラワーの機能性成分 新規カルコン2量体成分の化学構造, 森川 敏生, 二宮 清文, 倉本 博行, 松本 友里恵, 中村 誠宏, 松田 久司, 王 立波, 呉 立軍, 早川 堯夫, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本生薬学会年会講演要旨集, 61回, 204, 204,   2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402226593715469
  • メースの機能性成分 ケモカイン受容体CCR3選択的アゴニスト作用成分の探索, 森川 敏生, 八幡 郁子, 松尾 一彦, 二宮 清文, 村岡 修, 中山 隆志, 日本生薬学会年会講演要旨集, 61回, 118, 118,   2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402294364708616
  • ロウバイカ(Chimonanthus praecox)のメラニン産生抑制アルカロイド成分の定量分析, 森川 敏生, 奥川 修平, 北川 仁一朗, 中西 勇介, 二宮 清文, 吉川 雅之, 早川 堯夫, 村岡 修, 日本生薬学会年会講演要旨集, 61回, 255, 255,   2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402299112046272
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)のマクロファージ活性化抑制作用成分, 八幡 郁子, 二宮 清文, 尾関 快天, 西田 枝里子, 村岡 修, 早川 堯夫, 森川 敏生, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 68回, 230, 230,   2014年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402240557880839
  • ローズヒップ(Rosa canina,果実)の肝臓内脂肪低減作用成分, 酒井 千恵, 二宮 清文, 北原 潤美, 堀 佑一郎, 村岡 修, 早川 堯夫, 森川 敏生, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 68回, 241, 241,   2014年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402251379055294
  • ヒトα-グルコシダーゼに関するサラシノールおよびその類縁体の阻害活性プロフィール, 木内 恵里, 赤木 淳二, 森川 敏生, 二宮 清文, 田邉 元三, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 68回, 230, 230,   2014年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402289222742805
  • サラシア属植物由来スルホニウム塩型および既存α-グルコシダーゼ阻害剤の同時分析, 赤木 淳二, 森川 敏生, 二宮 清文, 三宅 荘八郎, 田邉 元三, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 68回, 230, 230,   2014年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402290492553689
  • アロエエキス・コラーゲン配合化粧液の肌改善効果検証, 杉浦 由理, 桑島 真美, 赤木 淳二, 森川 敏生, 二宮 清文, 長尾 淳二, 上田 太郎, 日本薬学会年会要旨集, 134年会, 3, 134, 134,   2014年03月
  • 異なる生物種由来α-glucosidaseに対するsalacinol類の阻害活性プロフィール, 村岡 修, 赤木 淳二, 二宮 清文, 木内 恵里, 田邉 元三, 吉川 雅之, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 134年会, 2, 85, 85,   2014年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402298900950706
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部由来クマリン成分の抗TNF-α活性成分, 二宮 清文, 森川 敏生, 宮澤 聖也, 松本 拓, 末吉 真弓, Chaipech Saowanee, 早川 堯夫, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 134年会, 2, 159, 159,   2014年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402247348616550
  • ハス(Nelumbo nucifera)のアルカロイド成分の定量分析, 森川 敏生, 奥川 修平, 李 宜融, 松本 拓, 二宮 清文, 北川 仁一朗, 吉川 雅之, 松田 久司, 中村 誠宏, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 134年会, 2, 166, 166,   2014年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402258003045896
  • タイ天然薬物Mimusops elengi花部の機能性成分 ヒアルロニダーゼ阻害活性成分の探索, 森川 敏生, 二宮 清文, 金敷 辰之介, 早川 堯夫, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 134年会, 2, 160, 160,   2014年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402295887050912
  • 漢薬 胡黄連(Picrorhiza kurroa,根茎)の機能性成分(6)―新規イリドイド2量体成分の化学構造―, 森川敏生, 中西勇介, 二宮清文, 早川堯夫, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, ROMBUNNO.28L-AM02,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402263395723653
  • 茶花(Camellia sinensis,花蕾部)のサポニンおよびフラボノイド成分の定量分析, 北川仁一朗, 森川敏生, 奥川修平, 二宮清文, 三宅荘八郎, 三木芳信, 吉川雅之, 李宣融, 村岡修, 和漢医薬学会学術大会要旨集, 31st, 104,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402265008224175
  • メース(Myristica fragrans,仮種皮)のケモカイン受容体CCR3選択的アンタゴニスト作用を指標とした抗アレルギー作用成分の探索, 森川 敏生, 松尾 一彦, 八幡 郁子, 二宮 清文, 村岡 修, 中山 隆志, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 56, 0,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130007399508
    概要:<p>1.はじめに</p><p> ケモカインは,白血球やリンパ球などの免疫担当細胞の細胞遊走を誘導するサイトカインとして広く認識されており,現在までにヒトにおいては50種類近くのリガンドと18種類のシグナル伝達型受容体が知られ,さらに5種類のスカベンジャー/デコイ型受容体も存在する.ケモカインにはよく保存された4つのシステイン残基が存在し,そのうちのN端側の2つのシステイン残基が形成するモチーフにより,CXC,CC,CX3CおよびXCの4つのサブファミリーに分類される.これらのケモカインは免疫応答の制御にとどまらず,アレルギー疾患,自己免疫疾患,感染症やがんの病態発症においても重要な役割を果たしていることが明らかとなっている.近年,種々の疾患の発症や増悪などのキーファクターとなるケモカインおよびその受容体が解明されるにつれ,新たな創薬ターゲットとしてケモカイン受容体アンタゴニストの探索が精力的に展開されている.アレルギー疾患の発症や増悪に関与するケモカイン受容体として,CCR3,CCR4およびCCR8が挙げられる.これらのなかでCCR3は,好酸球の最も主要な遊走制御因子であり,好酸球,好塩基球およびTh2細胞の一部に選択的に発現する (Figure 1).<sup>1,2)</sup> </p><p> </p><p> </p><p> 我々はアレルギー疾患をはじめとした難治性炎症性疾患の新たな治療薬シーズの探索研究として,これまでにi.肥満細胞のモデル細胞であるラット好塩基球性白血病細胞(RBL-2H3) を用いた抗原刺激による脱顆粒抑制活性およびTNF-αおよびIL-4産生抑制活性,ii.マウス受身浮腫アナフィラキシー (PCA) に対する抑制作用 (in vivo),iii.マクロファージ様 RAW264.7 細胞を用いたリポ多糖 (LPS, lipopolysaccharide) 誘発一酸化窒素 (NO) あるいはiNOS 発現抑制活性,およびiv. HL-60 細胞由来好中球様細胞からの fMLP (N-formylmethionyl-leucyl-phenylalanine) 刺激による脱顆粒抑制活性,などを指標として検討してきた.<sup>3)</sup>これらの生物活性評価試験において見いだされた天然資源について,単一のケモカイン受容体のみを遺伝子工学的に過剰発現し樹立したケモカイン受容体安定発現細胞株を用い,細胞遊走阻害活性を指標として種々のケモカイン受容体に対するアンタゴニストの探索を行った.その結果,薬用のみならず香辛料として食用にも用いられるメース[ニクズク科(Myristicaceae) 植物Myristica fragrans Houtt. 仮種皮]のメタノール抽出エキスに,CCR3選択的なアンタゴニスト活性を見いだしたことから,その活性寄与成分の探索に着手した.</p><p>2.メタノール抽出エキスのケモカイン受容体アンタゴニスト作用試験</p><p> マウスB細胞株L1.2 細胞を用い各種ケモカイン受容体を過剰発現させた細胞株を樹立し,ケモタキシスチャンバーを用いた細胞遊走抑制作用を指標にアンタゴニスト作用を評価した.すなわち,各発現細胞を細胞遊走バッファー (0.5% BSA,20 mM HEPES pH7.4,RPMI-1640 without phenol red) で洗浄を 2 回行った後,8 × 10<sup>6</sup> cells/mL となるように懸濁した.リガンドとなるケモカインを細胞遊走バッファーで希釈して下部ウェル</p><p>(View PDFfor the rest of the abstract.)</p>
  • α‐グルコシダーゼ阻害剤,Salacinolの構造活性相関研究―トルイル酸型置換基による3’位疎水化の効果―, 田邉元三, 中村真也, 筒井望, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 仲西功, 吉川雅之, 村岡修, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 31st, 112,   2013年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302293709502559
  • エジプト天然薬物Nigella sativaの肝脂肪低減作用物質, 二宮清文, 奥村尚道, 村岡修, XU Fengmin, 松田久司, 吉川雅之, 早川堯夫, 森川敏生, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 31st, 80,   2013年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302204342525074
  • 紅豆く(Alpinia galanga,果実)の中性脂肪代謝促進活性成分, 森川敏生, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 西亮介, 酒井千恵, SAOWANEE Chaipech, 早川堯夫, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 57th, 342, 344,   2013年10月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402227784063948
  • タイ天然薬物Melodrum fruticosum花部の一酸化窒素生産抑制活性成分, 森川敏生, 金敷辰之介, 二宮清文, 牛尾名恵花, 松田久司, 松本朋子, 一川怜史, 袴田祐理, 三宅史織, 吉川雅之, 早川尭夫, SAOWANEE Chaipech, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 57th, 345, 347,   2013年10月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402216786385371
  • 茶花(Camellia sinensis,花蕾部)の生物活性サポニンおよびフラボノイド成分の定量分析, 森川敏生, 奥川修平, 二宮清文, 三宅荘八郎, 三木芳信, 北川仁一朗, 吉川雅之, LEE I‐Jung, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 5th, 190, 192,   2013年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302224880631870
  • タイ天然薬物Kaempferia parviflora由来メトキシフラボノイド成分のメラニン産生抑制作用, 森川敏生, 二宮清文, SAOWANEE Chaipech, 三宅荘八郎, 坪山晃大, 早川堯夫, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 5th, 187, 189,   2013年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302233647402428
  • サラシア属植物含有α‐グルコシダーゼ阻害活性成分の消化管内吸収性と作用時間の評価, 赤木淳二, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 5th, 181, 183,   2013年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302298997203406
  • α‐Glucosidase阻害剤,Salacinolの構造活性相関研究:3’位脂溶性化が活性に及ぼす効果, 田邉元三, 中村真也, 筒井望, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 仲西功, 吉川雅之, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 5th, 178, 180,   2013年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302287130931814
  • カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa,肉質茎)含有フェニルエタノイド配糖体成分の抗糖尿病作用, 二宮清文, 森川敏生, 赤木淳二, 今村美緒, 藤倉翔太, PAN Yingni, 吉川雅之, YUAN Dan, JIA Xiaoguang, LI Zheng, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 5th, 184, 186,   2013年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302251729380854
  • エジプト天然薬物Nigella sativa種子成分の肝細胞内中性脂肪代謝促進活性成分, 二宮 清文, 奥村 尚道, 村岡 修, 許 鳳鳴, 松田 久司, 吉川 雅之, 森川 敏生, 肥満研究, 19, Suppl., 184, 184,   2013年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502209795371083
  • 川きゅう(Cnidium officinale、根茎)の機能性成分 含有フタリド成分の脂肪代謝促進活性, 二宮 清文, 酒井 千恵, 中西 勇介, 宮本 陸平, 早川 堯夫, 木下 充弘, 掛樋 一晃, 宮田 信吾, 遠山 正彌, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 60回, 151, 151,   2013年08月
  • 釣藤鉤の機能性成分 含有アルカロイドおよびトリテルペンの抗TNF-α活性成分, 二宮 清文, 尾関 快天, 南野 享, 早川 堯夫, 木下 充弘, 掛樋 一晃, 宮田 信吾, 遠山 正彌, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 60回, 232, 232,   2013年08月
  • 台湾産茶花(Camellia sinensis、花蕾部)のサポニンおよびフラボノイド成分の定量分析, 森川 敏生, 奥川 修平, 李 宜融, 三宅 壮八郎, 三木 芳信, 二宮 清文, 岩佐 一毅, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本生薬学会年会講演要旨集, 60回, 120, 120,   2013年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402283837334997
  • サラシア属植物の品質評価 salacinolおよび市販α-グルコシダーゼ阻害剤の同時分析法の検討, 赤木 淳二, 森川 敏生, 三宅 荘八郎, 二宮 清文, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本生薬学会年会講演要旨集, 60回, 179, 179,   2013年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402200752678465
  • 漢薬胡黄連(Picrorhiza kurroa、根茎)の機能性成分 含有フェニルエタノイド配糖体のアルドース還元酵素阻害活性, 二宮 清文, 中西 勇介, 木内 恵理, 赤木 淳二, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 60回, 72, 72,   2013年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402207467506965
  • メース(Myristica fragrans、仮種皮)の機能性成分 含有ネオリグナン成分の一酸化窒素産生抑制活性, 二宮 清文, 八幡 郁子, 西田 枝里子, 尾関 快天, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 60回, 64, 64,   2013年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402209276145884
  • 漢薬女貞子(Ligustrum lucidum、果実)の機能性成分 含有トリテルペン成分のアロマターゼ阻害活性, 二宮 清文, 居村 克弥, 坂本 幸栄, 十川 慶太, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 60回, 113, 113,   2013年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402234981330539
  • 紅豆く(Alpinia galanga、果実)の機能性成分 新規フェニルプロパノイドおよびジテルペン成分の構造と中性脂肪代謝促進活性, 二宮 清文, 萬瀬 貴昭, 西 亮介, 酒井 千恵, Saowanee Chaipech, 早川 堯夫, 村岡 修, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 60回, 63, 63,   2013年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402240307041491
  • タイ天然薬物Melodorum fruticosum花部の機能性成分 含有ブテノリド成分の一酸化窒素産生抑制活性, 森川 敏生, 金敷 辰之介, 牛尾 名恵花, 二宮 清文, 松田 久司, 松本 朋子, 一川 怜史, 袴田 祐里, 三宅 史織, 吉川 雅之, 早川 堯夫, Saowanee Chaipech, 村岡 修, 日本生薬学会年会講演要旨集, 60回, 65, 65,   2013年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402294474350148
  • 川芎(Cnidium officinale、根茎)の脂肪代謝促進活性成分, 酒井 千恵, 二宮 清文, 中西 勇介, 宮本 陸平, 早川 堯夫, 木下 充弘, 掛樋 一晃, 宮田 信吾, 遠山 正彌, 森川 敏生, Journal of Traditional Medicines, 30, Suppl., 97, 97,   2013年07月
  • カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa, 肉質茎)由来フェニルエタノイド配糖体成分の抗糖尿病作用, 二宮 清文, 森川 敏生, 赤木 淳二, 今村 美緒, 吉川 雅之, 潘 英媛, 袁 丹, 賈 暁光, 李 征, 村岡 修, Journal of Traditional Medicines, 30, Suppl., 61, 61,   2013年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302229102910496
  • 紅豆蒄(Alpinia galanga, 果実)由来フェニルプロパノイド成分の中性脂肪代謝促進活性, 萬瀬 貴昭, 二宮 清文, 酒井 千恵, 西 亮介, 村岡 修, 早川 堯夫, Saowanee Chaipech, 森川 敏生, Journal of Traditional Medicines, 30, Suppl., 96, 96,   2013年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302219681791635
  • メース(Myristica fragrans、仮種皮)の脱顆粒抑制作用成分, 八幡 郁子, 西田 枝里子, 松田 久司, 畑 裕基, 菅原 かおる, 吉川 雅之, 二宮 清文, 村岡 修, 早川 堯夫, 森川 敏生, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 67回, 127, 127,   2013年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302200582430512
  • サラシア・キネンシス根部の抗糖尿病作用成分およびその作用メカニズム, 赤木 淳二, 森川 敏生, 今村 美緒, 二宮 清文, 三宅 荘八郎, Pongpiriyadacha Yutana, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 67回, 144, 144,   2013年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302240694220504
  • デイジーフラワー(Bellis perennis、花部)の中性脂質上昇抑制作用成分, 森川 敏生, 西田 枝里子, 李 雪征, 二宮 清文, 松田 久司, 山下 千裕, 伊藤 友紀, 中村 誠宏, 村岡 修, 早川 堯夫, 吉川 雅之, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 67回, 217, 217,   2013年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302242158297688
  • デイジーフラワー(Bellis perennis,花部)成分の脂質代謝改善作用, 森川敏生, 二宮清文, LI Xuezheng, 西田枝里子, 山下千裕, 山田友視, 松田久司, 中村誠宏, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013, 3A20A08 (WEB ONLY),   2013年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302205618148802
  • 砂漠人参カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa,肉質茎)成分のα‐グルコシダーゼおよびアルドース還元酵素阻害作用, 今村美緒, 森川敏生, 藤倉翔太, 二宮清文, 赤木淳二, PAN Yingni, 居村克弥, 吉川雅之, YUAN Dan, JIA Xiaoguang, LI Zheng, 村岡修, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013, 3A20A07 (WEB ONLY),   2013年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302242166223286
  • 漢薬 蝋梅花(Chimonanthus praecox,花部)のメラニン産生抑制アルカロイド成分, 中西勇介, 森川敏生, 二宮清文, 松田久司, 中嶋聡一, 三木尚子, 宮下優, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013, 3A16A03 (WEB ONLY),   2013年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302265173110136
  • デイジーフラワー(Bellis perennis,花部)成分のコラーゲン産生促進作用, 高森康暢, 森川敏生, 二宮清文, LI Xuezheng, 西田枝里子, 松田久司, 中村誠宏, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013, 3A20A09 (WEB ONLY),   2013年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302277413396219
  • Neokotalanol含有サラシアエキスの遺伝性肥満モデルob/obマウスに対する抗糖尿病作用, 赤木 淳二, 森川 敏生, 二宮 清文, 三宅 荘八郎, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 133年会, 2, 217, 217,   2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302229134079110
  • サラシア属植物の機能性成分 キサントン配糖体成分mangiferinのDPP-4阻害活性, 二宮 清文, 今村 美緒, 赤木 淳二, 森川 敏生, 三宅 荘八郎, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 133年会, 2, 217, 217,   2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302293915185284
  • エバーラスティングフラワー(Helichysum arenarium花部)の機能性成分(6) 含有フラボノイドのDPP-4阻害活性, 二宮 清文, 松本 友里恵, 柿原 なみ子, 赤木 淳二, 王 立波, 中村 誠宏, 松田 久司, 呉 立軍, 早川 堯夫, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 133年会, 2, 94, 94,   2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302251092020603
  • エバーラスティングフラワー(Helichrysum arenarium花部)の機能性成分 含有フラボノイドのコラーゲン産生促進活性, 二宮 清文, 高森 康暢, 沖野 健二, 王 立波, 中村 誠宏, 松田 久司, 呉 立軍, 早川 堯夫, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生, 日本薬学会年会要旨集, 133年会, 2, 182, 182,   2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302200220859650
  • 漢薬 胡黄連(Picrorrhiza kurrooa、根茎)の機能性成分 含有フェニルエタノイドおよびイリドイドのコラーゲン産生促進作用成分, 森川 敏生, 中西 勇介, 二宮 清文, 沖野 健二, 高森 康暢, 松浦 豪之, 早川 堯夫, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 133年会, 2, 193, 193,   2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302270323907678
  • Salacinolをシードとするスルホニウム塩型α‐グルコシダーゼ阻害剤のin silico設計,合成及び評価:3’位アルキル化の効果, 田邉元三, 國方雄介, 中村真也, 筒井望, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 仲西功, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, ROMBUNNO.29K-AM06S,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302228922628560
  • タイ天然薬物Mimusops elengi L.花部の機能性成分(1)―新規フェニルプロパノイド配糖体の化学構造―, 森川敏生, 金敷辰之介, 二宮清文, CHAIPECH Saowanee, 早川堯夫, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, ROMBUNNO.29AMA-260,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302202509410263
  • タイ天然薬物Mammea siamensis由来プレニルクマリンmammeasin類のiNOS合成酵素発現抑制作用および好中球様細胞活性化抑制作用, 森川 森川, 向井 秀仁, 木曽 良明, 早川 堯夫, 村岡 修, 末吉 真弓, 松本 拓, Chaipech Saowanee, 二宮 清文, 松田 久司, 野村 友起子, 梅山 美樹子, 吉川 雅之, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 55, 0, PosterP, 30,   2013年, 10.24496/tennenyuki.55.0_PosterP-30, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802279595206327
    概要:

    1.はじめに

    潰瘍性大腸炎 (UC, ulcerative colitis) は,おもに大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患で,クローン病とともに炎症性腸疾患 (IBD, inflammatory bowel disease) に分類されている.おもに血便,下痢を自覚症状とし,発熱や体重減少などを伴うが,寛解と再発を繰り返しながら重症化し,大腸がんを併発する頻度も高くなる.1973年に旧厚生省より特定疾患に指定されるなど難治性疾患のひとつとされているが,その患者数は増加の一途をたどっており平成20年には10万人を超え,またその発症年齢も30歳代をピークに働き盛りの20-50歳代に多く分布している.最近,UC の活動部位の潰瘍部においてマクロファージや好中球などの誘導型一酸化窒素合成酵素 (iNOS) 陽性細胞が非活動部位の腸管と比較にて顕著に増加していることから,UC の活動性と iNOS 発現との相関が示唆されている.1) また,UC 患者においては,血中の好中球エラスターゼが重傷度に応じて高濃度に観察されるなど,UC の増悪に好中球の活性化が深く関与していることが示されている.2,3)我々は,UC をはじめとした難治性炎症性疾患の新たな治療薬シーズの探索研究として,i. マクロファージ様 RAW264.7 細胞を用いたリポ多糖 (LPS, lipopolysaccharide) 誘発一酸化窒素 (NO) あるいはiNOS 発現抑制活性,およびii. HL-60 細胞由来好中球様細胞からの fMLP (N-formylmethionyl-leucyl-phenylalanine) 刺激による活性化抑制活性を指標として検討したところ,タイ天然薬物であるテリハボク科(Calophyllaceae) 植物Mammea siamensis (Miq.) T. Anders. 花部の MeOH 抽出エキスに強い活性が認められたことから (IC50 = i. 28.9 mg/mL; ii. 7.7 mg/mL),その活性寄与成分の探索に着手した.

    2.Mammeasin類の単離・構造解析

    タイ産M. siamensis 花部から調製したMeOH抽出エキス (25.66%) について,各種クロマトグラフィーおよびHPLCにより分離,精製したところ,4種の新規クマリン mammeasin A—D (1—4) を単離し,NMRおよびMSスペクトルなどの詳細な解析などにより構造決定するとともに,15種の既知クマリン (5—19) などを単離・同定した (Figure 1).

    Mammeasin A (1) は負の旋光性 ([a]D27 —25.4, c = 1.08, CHCl3) を有する淡黄色物質として得られ,EI-MS および高分解能 EI-MS から分子式C28H36O7を有することが明らかとなった.1H, 13C-NMRスペクトルおよび各種二次元NMRスペクトルの解析から,1 はクマリン骨格の4, 6, 8位にアルキル基を,また,5および7位に水酸基を有する構造であることが明らかとなった.また,絶対配置既知の化合物であるkayeassamin A (8) をアセチル化することにより,1 が得られたことから,1' 位の絶対立体化学を含む全化学構造を決定した (Fig. 2).

    Figure 1. Coumarin constituents (1—19) from flowers of M. siamensis

    Mammeasin B (2) についても同様に,MSおよびNMRスペクトルの詳細な解析により決定したところ,1 と8位側鎖部が異なる構造であることが明らかとなった.1' 位の立体化学については,Fig. 2 に示すように既知化合物であるsurangin D (7) を含め,改良Mosher法の適用により決定した.

    (View PDFfor the rest of the abstract.)

  • Salacinolをシードとする新規α‐グルコシダーゼ阻害剤のin silico設計,合成および評価, 田邉元三, 中村真也, 筒井望, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 仲西功, 吉川雅之, 村岡修, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 30th, 88,   2012年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302290760779426
  • トウツルキンバイ(Potentilla anserina)の新規トリテルペン成分および肝保護作用, 森川敏生, 二宮清文, 居村克弥, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 56th, 319, 321,   2012年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202200614053387
  • Salacinolをシードとするスルホニウム塩型α‐グルコシダーゼ阻害剤のin silico設計,合成及び評価, 田邉元三, 中村真也, 國方雄介, 土屋聡史, 吉長正紘, 筒井望, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 仲西功, 村岡修, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 19th, 125, 127,   2012年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302201319088644
  • タイ天然薬物Mammea siamensis由来クマリン成分の誘導型一酸化窒素合成酵素発現抑制作用, 森川敏生, 末吉真弓, SAOWANEE Chaipech, 三宅荘八郎, 松本拓, 松田久司, 野村友起子, 家邊美久子, 松本朋子, 二宮清文, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 19th, 152, 154,   2012年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302215575375031
  • フタバガキ科植物Shorea roxburghii樹皮の抗糖尿病活性成分, 二宮清文, 奥村尚道, 八木亮平, SAOWANEE Chaipech, 吉川雅之, 村岡修, 早川堯夫, 森川敏生, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 19th, 128, 130,   2012年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302244901318000
  • タイ天然薬物Kaempferia parviflora根茎の機能性成分 含有フラボノイド成分のメラニン産生抑制作用および定量分析, 二宮 清文, Chaipech Saowanee, 三宅 荘八郎, 坪山 晃大, 勝山 雄志, 吉川 雅之, 村岡 修, 早川 堯夫, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 59回, 127, 127,   2012年08月
  • 漢薬蝋梅花(Chimonanthus praecox、花部)のメラニン産生抑制作用成分, 森川 敏生, 中西 勇介, 二宮 清文, 早川 堯夫, 村岡 修, 松田 久司, 中嶋 聡一, 三木 尚子, 吉川 雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集, 59回, 122, 122,   2012年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302291172324818
  • タイ天然薬物Shorea roxburghii樹皮の機能性成分 含有スチルベン成分の脂肪代謝促進作用, 二宮 清文, 奥村 尚道, Chaipech Saowanee, 吉川 雅之, 村岡 修, 早川 堯夫, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 59回, 219, 219,   2012年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302265237366822
  • タイ天然薬物Shorea roxburghii樹皮の機能性成分 含有スチルベン成分のTNF-α感受性低減作用, 二宮 清文, 八木 亮平, Chaipech Saowanee, 吉川 雅之, 村岡 修, 早川 堯夫, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 59回, 218, 218,   2012年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302262992221819
  • 漢薬カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa、肉質茎)の抗糖尿病作用成分, 二宮 清文, 今村 美緒, 赤木 淳二, 藤倉 翔太, 居村 克弥, 吉川 雅之, 村岡 修, 早川 堯夫, 森川 敏生, 潘 英媛, 袁 丹, 賈 暁光, 李 征, 日本生薬学会年会講演要旨集, 59回, 129, 129,   2012年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302236442539519
  • デイジーフラワー(Bellis perennis、花部)の機能性成分の探索 含有サポニン成分のコラーゲン産生抑制活性の構造活性相関およびSmad発現におよぼす影響, 二宮 清文, 高森 康暢, 勝山 雄志, 西田 枝里子, 村岡 修, 早川 堯夫, 森川 敏生, 松田 久司, 李 雪征, 中村 誠宏, 吉川 雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集, 59回, 217, 217,   2012年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302232573984091
  • 砂漠人参カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa、肉質茎)の肝保護作用, 森川 敏生, 二宮 清文, Pan Yingni, 居村 克弥, 松田 久司, 吉川 雅之, Yuan Dan, Jia Xiaogung, Li Zheng, 村岡 修, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 66回, 140, 140,   2012年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202281756934577
  • 砂漠人参カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa、肉質茎)の抗糖尿病作用, 今村 美緒, 森川 敏生, 藤倉 翔太, 二宮 清文, 赤木 淳二, Pan Yingni, 居村 克弥, 吉川 雅之, Yuan Dan, Jia Xiaogung, Li Zheng, 村岡 修, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 66回, 139, 139,   2012年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202292452224575
  • 漢薬女貞子(Ligustrum lucidum,果実)の機能性成分(1)―新規イリドイド成分の化学構造―, 森川敏生, 居村克弥, 二宮清文, 坂本幸栄, 吉川雅之, 早川堯夫, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集, 132nd, 2, 128,   2012年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202267534390550
  • サラシア属植物に含まれるスルホニウム化合物の血糖上昇抑制効果, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 三宅荘八郎, 吉川雅之, 村岡修, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012, 2J12P05 (WEB ONLY),   2012年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302246811490648
  • サラシア属植物のα‐グルコシダーゼ阻害活性成分およびそのLC‐MS定量分析, 森川敏生, 三宅荘八郎, 赤木淳二, 二宮清文, YUTANA Pongpiriyadacha, 吉川雅之, 村岡修, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012, 2J12P04 (WEB ONLY),   2012年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302255912283626
  • ファラオ天然薬物Nigella sativa種子成分の肝細胞内中性脂質代謝促進活性成分, 二宮 清文, 森川 敏生, 奥村 尚道, 村岡 修, 許 鳳鳴, 松田 久司, 吉川 雅之, 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 2, 121, 121,   2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202276034737986
  • Salacinolをシードとするスルホニウム塩型α-グルコシダーゼ阻害剤のin silico設計,合成及び評価(ポスター発表の部), 田邉 元三, 吉川 雅之, 村岡 修, 中村 真也, 吉長 正絋, 筒井 望, Balakishan Gorre, 赤木 淳二, 森川 敏生, 二宮 清文, 仲西 功, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 54, 0, 285, 290,   2012年, 10.24496/tennenyuki.54.0_285, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010013841
    概要:To develop more potent α-glucosidase inhibitors whose seed-compound is salacinol (1), a potent natural α-glucosidase inhibitor isolated from Salacia reticulata of Ayurvedic traditional medicine, a series of 3'-O-benzylated analogs of 1 were designed with the aid of in silico method. Intensive docking studies proposed several promising compounds. To verify the computational SAR assessments, designed derivatives were synthesized and evaluated in vitro. Their α-glucosidase inhibitory activities against rat intestinal α-glucosidases were so potent as were expected by the docking studies, and all the compounds showed superior inhibitory activities to the original sulfonium sulfate (1). Among the sulfonium salts designed, one with 3'-O-(ortho-nitrobenzyl) moiety (8k) was found to be the most potent, and ca. forty times as potent as 1, the compound being the strongest inhibitor among the sulfonium type inhibitors synthesized so far. [chemical formula]
  • タイ天然薬物Shorea roxburghii樹皮由来オリゴスチルベノイドおよびジヒドロイソクマリンのメタボリックシンドローム予防作用(ポスター発表の部), 森川 敏生, 佐藤 宏樹, 田村 晴佳, 紺井 悠, 吉川 雅之, Yutana Pongpiriyadacha, 村岡 修, Saowanee Chaipecha, 二宮 清文, 三宅 荘八郎, 奥村 尚道, 八木 亮平, 松田 久司, 濱尾 誠, 梅田 洋平, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 54, 0, 555, 560,   2012年, 10.24496/tennenyuki.54.0_555, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010013886
    概要:A Dipterocarpaceae plant Shorea roxburghll G. DON is widely distributed in Thailand and the neighboring countries, Cambodia, India, Laos, Malaysia, Myanmar, and Vietnam, etc. The plant is locally called "Phayom", and its bark has been used as an astringent or a preservative for traditional beverages in Thailand. In addition, the bark has also been used for treatments of dysentery, diarrhea, and cholera in Indian folk medicine. In the present study, isolation and structure elucidation of five new 3-ethyl-4-phenyl-3,4-dihydroisocoumarins, phayomphenols (1-5), are presented. Several oligostilbenoids isolated concurrently from this medicinal plant were found to show preventive effects from metabolic syndrome, i.e. inhibiting effects against plasma glucose elevation in sucrose-loaded and triglyceride elevation in olive oil-loaded mice. To clarify the mode of action of the antihyperglycemic and antihyperlipidemic activities, effects of the active oligostilbenoids on gastric emptying in mice, glucose uptake in isolated intestinal tissues as well as inhibitory activities against intestinal a-glucosidase were examined and discussed. In addition, the protective effects of these stilbenoids against liver injury and fatty liver revealed in the present study will also be presented.
  • オリゴスチルベノイドのメタボリックシンドローム予防作用, CHAIPECH Saowanee, 森川敏生, 二宮清文, 三宅荘八郎, 松田久司, 濱尾誠, 梅田洋平, 佐藤宏樹, 田村晴佳, 吉川雅之, PONGPIRIYADACHA Yutana, 早川堯夫, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 4th, 178, 180,   2011年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102200610847721
  • ナガコショウ(Piper chaba,果実)成分の生体機能―胃保護,肝保護および抗糖尿病作用―, 松田久司, 中村誠宏, 森川敏生, 二宮清文, 村岡修, 吉川雅之, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 4th, 100, 102,   2011年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102246434912597
  • 垂盆草(Sedum sarmentosum)成分の肝細胞における中性脂肪蓄積抑制作用, 二宮清文, 山田友覗, YI Zhang, 中村誠宏, 松田久司, 村岡修, 吉川雅之, 森川敏生, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 4th, 79, 81,   2011年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102205879979448
  • サラシア属植物中の新規α‐グルコシダーゼ阻害活性成分のLCMS定量分析と活性評価, 森川敏生, 三宅荘八郎, 赤木淳二, 二宮清文, 吉川雅之, PONGRIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 4th, 97, 99,   2011年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102257410492882
  • ムラサキフトモモ(Syzygium cumini)種子成分およびその関連化合物の抗炎症作用, 松田久司, 中村誠宏, 梅山美樹子, 吉川雅之, 中嶋聡一, 向井秀仁, 木曽良明, 森川敏生, 居村克弥, 村岡修, 日本生薬学会年会講演要旨集, 58th, 204, 204,   2011年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302264288507440
  • タイ天然薬物Mammea siamensis花部の機能性成分 新規プレニルクマリンmammeasin類の化学構造とNO産生抑制活性, 森川 敏生, 末吉 真弓, Chaipech Saowanee, 二宮 清文, 早川 堯夫, 村岡 修, 松田 久司, 野村 友起子, 家 美久子, 松本 明子, 吉川 雅之, Pongpiriyadacha Yutana, 日本生薬学会年会講演要旨集, 58回, 206, 206,   2011年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302232464743777
  • タイ天然薬物Shorea roxburghii樹皮の機能性成分 含有スチルベン成分の肝保護作用と定量分析, 二宮 清文, 森川 敏生, Saowanee Chaipech, 三宅 荘八郎, 赤木 良典, 吉川 雅之, 早川 堯夫, 村岡 修, Pongpiriyadacha Yutana, 日本生薬学会年会講演要旨集, 58回, 144, 144,   2011年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302230913462670
  • サラシア属植物の品質評価(6)―LCMSを用いたポリフェノール成分の定量分析, 赤木淳二, 三宅荘八郎, 村岡修, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, YUTANA Pongpiriyadacha, 日本生薬学会年会講演要旨集, 58th, 349,   2011年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302203548036146
  • タイ天然薬物Kaempferia parviflora根茎の機能性成分 新規フラボノイド配糖体kaempferiaoside類の化学構造と肝細胞障害抑制活性, Saowanee Chaipech, 森川 敏生, 二宮 清文, 吉川 雅之, 早川 堯夫, 村岡 修, Yutana Pongpiriyadacha, 日本生薬学会年会講演要旨集, 58回, 328, 328,   2011年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302277170705234
  • タイ天然薬物Shorea roxburghii樹皮の機能性成分 新規ジヒドロイソクマリンphayomphenol類の化学構造と中性脂質および糖吸収抑制作用, 森川 敏生, Saowanee Chaipech, 二宮 清文, 早川 堯夫, 村岡 修, 松田 久司, 濱尾 誠, 梅田 洋平, 佐藤 宏樹, 田村 晴佳, 吉川 雅之, Yutana Pongpiriyadacha, 日本生薬学会年会講演要旨集, 58回, 143, 143,   2011年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302280570020347
  • サラシア・キネンシス幹部に含有されるスルホニウム化合物のラットにおける血糖上昇抑制効果, 村岡 修, 赤木 淳二, 森川 敏生, 二宮 清文, 三宅 荘八郎, 吉川 雅之, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 65回, 153, 153,   2011年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102275035524974
  • サラシアエキス末配合食品の糖尿病境界型および空腹時血糖値正常高値者における食後血糖上昇抑制効果, 小林 正和, 赤木 淳二, 山下 耕作, 森川 敏生, 二宮 清文, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 65回, 153, 153,   2011年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102292141876270
  • サラシア属植物のα-グルコシダーゼ阻害活性成分とLC-MS定量分析による評価, 村岡 修, 森川 敏生, 三宅 荘八郎, 赤木 淳二, 二宮 清文, Pongpiriyadacha Yutana, 吉川 雅之, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 65回, 153, 153,   2011年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102293280242567
  • HL‐60由来好中球様細胞を用いた人参果(Potentilla anserina)成分maslinic acidおよび関連化合物の抗炎症作用, 松田久司, 梅山美樹子, 向井秀仁, 居村克弥, 中村誠宏, 森川敏生, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 131st, 2, 227, 227,   2011年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102200528684725
  • エバーラスティングフラワー(Helichrysum arenarium,花部)の機能性成分(4)―新規カルコン二量体成分の化学構造―, 森川敏生, 王立波, 中村誠宏, 松田久司, 柿原なみ子, 三木芳信, 二宮清文, 村岡修, 早川堯夫, 呉立軍, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 131st, 2, 240,   2011年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102212104269394
  • サラシア属植物の品質評価(5)―各種サラシア属植物に含まれるフェノール性化合物の定量分析―, 赤木淳二, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, PONGPIRIYADACHA Yutana, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集, 131st, 2, 219,   2011年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102205276975170
  • タイ天然薬物Phayom(Shorea roxburghii,樹皮)の機能性成分(3)―新規4‐phenylisochroman‐1‐one化合物の化学構造―, 森川敏生, CHAIPECH Saowanee, 二宮清文, 村岡修, 早川堯夫, PONGPIRIYADACHA Yutana, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 131st, 2, 239,   2011年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102258118810276
  • 漢薬女貞子のTNF‐α誘発細胞障害抑制活性成分, 居村克弥, 森川敏生, 二宮清文, 坂本幸栄, 藤倉翔太, 村岡修, 吉川雅之, 早川堯夫, J Tradit Med, 27, Supplement, 82,   2010年08月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102254667796522
  • 漢薬蕨麻の肝障害抑制活性成分および作用機序の解明, 二宮清文, 森川敏生, 居村克弥, 赤木良典, 山口貴大, 村岡修, 吉川雅之, 早川堯夫, J Tradit Med, 27, Supplement, 83,   2010年08月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102298645580140
  • 漢薬胡黄連の肝障害抑制活性成分, 森川敏生, 二宮清文, 松浦豪之, 赤木良典, 村岡修, 吉川雅之, 早川堯夫, J Tradit Med, 27, Supplement, 81,   2010年08月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102244820067050
  • 糖尿病境界型および空腹時血糖値正常高値者に対するサラシアエキス配合食品の食後血糖上昇抑制効果, 赤木淳二, 小林正和, 山下耕作, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, J Tradit Med, 27, Supplement, 94,   2010年08月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102244620233303
  • タイ天然薬物Kaempferia parviflora由来フラボノイド成分のHL‐60由来好中球様細胞の活性化抑制作用, CHAIPECH Saowanee, 松田久司, 森川敏生, 菅原かおる, 梅山美樹子, 向井秀仁, 中村誠宏, 木曽良明, 村岡修, 早川堯夫, J Tradit Med, 27, Supplement, 80,   2010年08月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102239029435858
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)のフラボノイド成分の脂質代謝改善作用およびLCMS定量分析, 三木芳信, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 岡本将揮, 村岡修, 吉川雅之, J Tradit Med, 27, Supplement, 82,   2010年08月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102224514162404
  • サラシアエキスに含まれるα‐グルコシダーゼ阻害活性成分の消化管内安定性および吸収性の評価, 三宅荘八郎, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, J Tradit Med, 27, Supplement, 94,   2010年08月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102210761700663
  • ヒュウガトウキ(Angelica furcijuga)成分の肝脂質代謝促進作用および定量分析, 水野修一, 二宮清文, 森川敏生, 三木芳信, 三宅荘八郎, 赤木良典, 村岡修, 吉川雅之, J Tradit Med, 27, Supplement, 81,   2010年08月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102202943388271
  • 台湾産茶花(チャ,Camellia sinensis,花部)成分と品質評価, 李宜融, 中村誠宏, 森川敏生, 三宅荘八郎, 岡本将揮, 松田久司, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 130th, 2, 223,   2010年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002234139824753
  • 市場に流通するサラシア配合食品のLCMSを用いた品質評価, 三宅荘八郎, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集, 130th, 2, 239,   2010年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002214019199927
  • 漢薬胡黄連(Picrorrhiza kurrooa,根茎)成分の抗TNF‐α活性成分, 森川敏生, 二宮清文, 松浦豪之, 村岡修, 吉川雅之, 早川堯夫, 日本薬学会年会要旨集, 130th, 2, 94,   2010年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002209935963809
  • サラシア属植物Salacia chinensisの栽培化およびその評価, 村岡修, YUTANA Pongpiriyadacha, 三宅荘八郎, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 130th, 2, 222,   2010年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002262501527367
  • α‐Glucosidase阻害剤salacinolおよびkotalanolの側鎖部デオキシ体の合成およびそれらの阻害活性評価, 田邉元三, 坂野実加, 峯松敏江, 二宮清文, 森川敏生, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集, 130th, 2, 258,   2010年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002285728477030
  • ムラサキフトモモ(Syzygium cumini L.)種子の抗TNF-α活性成分, 松田 久司, 森川 敏生, 二宮 清文, 山口 貴大, 片岡 慎也, 中村 誠宏, 村岡 修, 吉川 雅之, 日本薬学会年会要旨集, 130年会, 2, 217, 217,   2010年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002212158909200
  • エバーラスティングフラワー(Helichrysum arenarium、花部)の肝保護作用成分, 松田 久司, 森川 敏生, 二宮 清文, 中嶋 聡一, 横山 英理, 柿原 なみ子, 中村 誠宏, 村岡 修, 吉川 雅之, 日本薬学会年会要旨集, 130年会, 2, 220, 220,   2010年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002203572895891
  • タイ産Salacia chinensis幹部に含まれるα-グルコシダーゼ阻害活性成分の消化管内安定性および吸収性の評価, 赤木 淳二, 森川 敏生, 三宅 荘八郎, 二宮 清文, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 130年会, 2, 226, 226,   2010年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002259102387070
  • 漢薬人参果(Potentilla anserina L.、塊根)の肝保護活性成分, 森川 敏生, 二宮 清文, 居村 克弥, 横山 英理, 村岡 修, 吉川 雅之, 早川 堯夫, 日本薬学会年会要旨集, 130年会, 2, 94, 94,   2010年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002262592230590
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)のフラボノイドおよびサポニン成分の生体機能および品質評価, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 岡本将揮, 村岡修, 松田久司, 吉川雅之, 生薬分析シンポジウム講演要旨, 38th, 13, 25,   2009年12月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902276225600624
  • フラボノイドの肝細胞内脂肪低減作用, 二宮清文, 森川敏生, 岳誉泰, 三木芳信, 松田久司, 吉川雅之, 村岡修, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 28th, 136, 137,   2009年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002271488266531
  • 羅布麻(白麻,Poacynum hendersonii)花部の抗糖尿病作用成分, 森川敏生, 居村克弥, 二宮清文, 三宅荘八郎, 村岡修, 山下千裕, 松田久司, 吉川雅之, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 3rd, 120, 122,   2009年10月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231260507870
  • 蓮を用いた茶の各種ラジカル捕捉活性と活性成分の同定, 北尾悟, 礒部観世, 森川敏生, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 3rd, 156, 158,   2009年10月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902252975592660
  • アーユルベーダ薬用植物,Salaciaの新規抗糖尿病成分の構造とその合成研究, 田邉元三, 坂野実加, 峯松敏江, 森川敏生, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 3rd, 162, 164,   2009年10月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278537800534
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)の肝脂質代謝改善作用成分とLCMS定量分析, 森川敏生, 岡本将揮, 二宮清文, 三宅荘八郎, 村岡修, 松田久司, 吉川雅之, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 3rd, 144, 146,   2009年10月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278976971515
  • タイ産Salacia chinensisの抗糖尿病作用成分とサラシノール類のLCMS定量分析, 村岡修, 赤木淳二, 森川敏生, 二宮清文, 三宅荘八郎, 吉川雅之, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 3rd, 168, 170,   2009年10月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286952208961
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)の品質評価―含有フラボノイド成分のLC/MS法による定量分析―, 森川敏生, 三宅荘八郎, 二宮清文, 岡本将揮, 村岡修, 中村誠宏, 杉本幸子, 松田久司, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集, 56th, 117,   2009年09月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298257835589
  • タイ天然薬物Phayom(Shorea roxburghii,樹皮)の抗TNF‐α作用スチルベン成分, 森川敏生, CHAIPECH Saowanee, 二宮清文, 三宅荘八郎, 村岡修, 松田久司, 吉川雅之, PONGPIRIYADACHA Yutana, 日本生薬学会年会講演要旨集, 56th, 194,   2009年09月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902293763019569
  • 漢薬人参果(Potentilla anserina L.,塊根)の新規トリテルペン配糖体成分, 村岡修, 森川敏生, 二宮清文, 居村克弥, 山口貴大, 吉川雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集, 56th, 196,   2009年09月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290654917388
  • ヒュウガトウキ(Angelica furcijuga)根部の糖代謝改善作用成分, 二宮 清文, 森川 敏生, 赤木 良典, 堀 佑一郎, 村岡 修, 松田 久司, 吉川 雅之, 水野 修一, 日本生薬学会年会講演要旨集, 56回, 186, 186,   2009年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261868190531
  • 茶花(Camellia sinensis、花部)の肝細胞内中性脂質蓄積抑制フラボノイド成分, 森川 敏生, 二宮 清文, 岡本 将揮, 村岡 修, 中村 誠宏, 杉本 幸子, 松田 久司, 吉川 雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集, 56回, 195, 195,   2009年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902239490969017
  • デイジーフラワー(Bellis perennis、花部)の機能性成分の探索 新規サポニンperennisoside XIV-XIXおよびコラーゲン産生促進活性, 森川 敏生, 西田 枝里子, 二宮 清文, 安江 美里, 村岡 修, 松田 久司, 李 雪征, 中村 誠宏, 吉川 雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集, 56回, 197, 197,   2009年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282479994746
  • タイ天然薬物Sapindus rarak由来サポニン成分の血中中性脂質上昇抑制作用, 岡本将揮, 森川敏生, 松田久司, 浅尾恭伸, 濱尾誠, 謝媛媛, 村岡修, 袁丹, YUTANA Pongpiriyadacha, 吉川雅之, J Tradit Med, 26, Supplement, 88,   2009年08月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902227492109084
  • 大花羅布麻(白麻,Poacynum hendersonii)の抗糖尿病作用成分, 居村 克弥, 森川 敏生, 三宅 荘八郎, 二宮 清文, 笹川 翔, 松田 久司, 山下 千裕, 村岡 修, 賈 暁光, 吉川 雅之, Journal of Traditional Medicines, 26, Suppl., 89, 89,   2009年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902291967527471
  • 日本民間薬ヒュウガトウキ(Angelica furcijuga)の糖代謝改善作用, 水野 修一, 二宮 清文, 森川 敏生, 赤木 良典, 堀 佑一郎, 松田 久司, 村岡 修, 吉川 雅之, Journal of Traditional Medicines, 26, Suppl., 92, 92,   2009年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902267802120093
  • タイ産サラシアSalacia chinensisの抗糖尿病作用およびLCMSを用いた品質評価, 赤木 淳二, 森川 敏生, 三宅 荘八郎, 二宮 清文, 岡田 真弓, Pongpiriyadacha Yutana, 吉川 雅之, 村岡 修, Journal of Traditional Medicines, 26, Suppl., 90, 90,   2009年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902258062047231
  • タイ天然薬物Shorea roxburghii由来スチルベン成分の血中中性脂質上昇抑制作用, Chaipech Saowanee, 森川 敏生, 二宮 清文, 松田 久司, 浅尾 恭伸, 濱尾 誠, 村岡 修, Pongpirivadacha Yutana, 吉川 雅之, Journal of Traditional Medicines, 26, Suppl., 87, 87,   2009年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902255997602501
  • ウイグル天然薬物カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa)新鮮肉質茎のTNF-α感受性低減作用成分, 村岡 修, 森川 敏生, 二宮 清文, 居村 克弥, 潘 英ひ, 山口 貴大, 袁 丹, 賈 暁光, 吉川 雅之, Journal of Traditional Medicines, 26, Suppl., 112, 112,   2009年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902249023213982
  • 垂盆草(Sedum sarmentosum)の中性脂肪蓄積抑制フラボノイド成分, 森川 敏生, 二宮 清文, 山田 友視, Zhang Yi, 中村 誠宏, 松田 久司, 村岡 修, 吉川 雅之, Journal of Traditional Medicines, 26, Suppl., 87, 87,   2009年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902237850707679
  • タイ天然薬物Salacia chinensis葉部の新規トリテルペン成分, 吉川雅之, 中村誠宏, 松田久司, ZHANG Yi, 二宮清文, 森川敏生, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集, 129th, 2, 227,   2009年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902270363795527
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)の新規フラボノイド成分の構造と部位,産地別のフラボノイド組成, 村岡修, 森川敏生, 岡本将揮, 三宅荘八郎, 二宮清文, 中村誠宏, 杉本幸子, 松田久司, 吉川雅之, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009, 14,   2009年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267598766558
  • サラキア属植物の品質評価(2)―α‐グルコシダーゼ阻害活性成分salacinolおよびkotalanol脱硫酸エステル体のLC/MS法による定量分折―, 三宅荘八郎, 森川敏生, 赤城淳二, 二宮清文, 岡田真弓, 吉川雅之, 村岡修, 日本薬学会年会要旨集, 129th, 2, 96,   2009年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264771155030
  • 茶花(Camellia sinensis,花部)フラボノイド成分の肝細胞内中性脂肪蓄積抑制活性, 二宮清文, 森川敏生, 岡本将揮, 松田久司, 杉本幸子, 中村誠宏, 村岡修, 吉川雅之, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009, 14,   2009年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902237110644991
  • デイジーフラワー(Bellis perennis花部)の機能性成分の探索(2)―新規サポニンperennisaponin G‐Mおよびリパーゼ阻害活性―, 森川敏生, 二宮清文, 李雪征, 西田枝里子, 松田久司, 山下千裕, 中村誠宏, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 129th, 2, 71,   2009年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902218940864680
  • タイ天然薬物Sapindus rarak果皮の新規セスキテルペン配糖体成分, 森川敏生, 謝媛媛, 岡本将揮, 二宮清文, 松田久司, 浅尾恭伸, 村岡修, 袁丹, PONGPIRIYADACHA Yutana, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 129th, 2, 71,   2009年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902273260018327
  • デイジーフラワー(Bellis perennis花部)の機能性成分の探索(3)―肝細胞内中性脂肪蓄積抑制活性フラボノイド成分―, 森川敏生, 二宮清文, 李雪征, 山田友視, 松田久司, 中村誠宏, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 129th, 2, 71,   2009年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902294514954092
  • ウイグル天然薬物カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa)新鮮肉質茎の新規イリドイド成分と抗TNF-α作用, 森川 敏生, 二宮 清文, 潘 英尼, 居村 克弥, 米倉 央, 村岡 修, 袁 丹, 賈 暁光, 吉川 雅之, 日本薬学会年会要旨集, 129年会, 2, 71, 71,   2009年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200816168407
  • アシル化フラボノール配糖体の肝細胞内中性脂肪蓄積抑制および代謝促進活性, 二宮 清文, 森川 敏生, 岳 誉泰, 北原 潤美, 松田 久司, 伊藤 友紀, 村岡 修, 吉川 雅之, 日本薬学会年会要旨集, 129年会, 2, 71, 71,   2009年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902265643232680
  • タイ産Salacia chinensis幹部抽出物のKK-Ayマウスに対する抗糖尿病作用, 赤木 淳二, 森川 敏生, 二宮 清文, 三宅 荘八郎, 吉川 雅之, 村岡 修, 日本薬学会年会要旨集, 129年会, 2, 96, 96,   2009年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902271659779221
  • 生薬学の伝統と革新 将来像に求められるものとは? 薬用食品素材からの抗肥満および抗糖尿病作用シーズの探索およびその機能解明, 森川 敏生, 二宮 清文, 松田 久司, 村岡 修, 吉川 雅之, 日本薬学会年会要旨集, 129年会, 1, 142, 142,   2009年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290188357423
  • サラキア属植物由来抗糖尿病成分の構造とその関連化合物の活性評価(口頭発表の部), 村岡 修, 田邉 元三, 森川 敏生, 二宮 清文, 松田 久司, 吉川 雅之, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 51, 0, 1, 6,   2009年, 10.24496/tennenyuki.51.0_1, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009757608
    概要:Salacinol and kotalanol are new class of potent glycosidase inhibitors, isolated by presenters from Ayruvedic traditional medicine Salacia reticulata, having the unique zwitter-ionic structure comprising of 1-deoxy-4-thio-D-arabinofranosyl cation and the sulfate anion in the alditol side chain. Elucidation of the stereostructure of kotalanol, which has long been unknown and very recently approved by Pinto and co-workers by the synthesis, by the independent manner involving the degradation of natural kotalanol is presented. In the detradation of 2, characteristic deprotective cyclization of heptitols to anhydroheptitols was found to occur to a large extent. Structural elucidation of salalprinol, one of the sulfonium analogs recently isolated from the same species, by the synthesis is also presented. Revisions of the structures of new constituents from Salacia species, neosalacinol and 13-membered cyclic sulfoxide, recently reported as constituents responsible for the α-glucosidase inhibitory activity by Minami and Osaki and co-workers, respectively, are presented. In relation to this study, synthetic route of de-O-sufonated salacinol, which was proved as potent as 1, has been developed. Finally, conditions for the quantitative analysis of 1, 2, and their de-O-sulfonates (3 and 4) by LC-MS for the qualitative evaluation of Salacia extracts is discussed.
  • Salacinol関連成分の合成研究とLCMS定量分析による品質評価, 村岡修, 田邉元三, 森川敏生, 三宅荘八郎, 赤木淳二, 二宮清文, 吉川雅之, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 17th, 75, 76,   2008年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902208176168708
  • デイジーフラワー(Bellis perennis,花部)のサポニン成分と中性脂質上昇抑制作用, 森川敏生, 李雪征, 西田枝里子, 二宮清文, 伊藤友紀, 山下千裕, 松田久司, 中村誠宏, 村岡修, 吉川雅之, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 17th, 101, 102,   2008年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288392015081
  • インド産天然薬物Cassia auriculata葉部の新規成分の構造と生物活性, 松田 久司, 許 鳳鳴, 中村 誠宏, 王 涛, 尾田 好美, 吉川 雅之, 二宮 清文, 森川 敏生, 石原 直美, 日本生薬学会年会講演要旨集, 55回, 180, 180,   2008年09月
  • ハナシュクシャ(Hedychium coronarium)花部の新規ジテルペン成分と肝保護作用, 松田 久司, 岡崎 美江, 中村 誠宏, 吉川 雅之, 二宮 清文, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 55回, 181, 181,   2008年09月
  • メース(Myristica fragrans、仮種皮)の抗アレルギー作用成分, 森川 敏生, 西田 枝里子, 二宮 清文, 村岡 修, 松田 久司, 畑 裕基, 菅原 かおる, 吉川 雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集, 55回, 60, 60,   2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246873734370
  • ラフマ(Apocynum venetum)花部の生物活性成分, 森川 敏生, 居村 克弥, 二宮 清文, 村岡 修, 松田 久司, 山下 千裕, 吉川 雅之, 賈 暁光, 日本生薬学会年会講演要旨集, 55回, 61, 61,   2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902227088593312
  • タイ天然薬物ムクロジ(sapindus rarak)果皮の血中中性脂質上昇抑制作用成分, 森川 敏生, 謝 媛媛, 岡本 将揮, 二宮 清文, 村岡 修, 松田 久司, 浅尾 恭伸, 濱尾 誠, 吉川 雅之, 袁 丹, Pongpiriyadacha Yutana, 日本生薬学会年会講演要旨集, 55回, 62, 62,   2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902249628749868
  • エバーラスティングフラワー(Helichrysum arenarium、花部)の抗TNF-α作用成分, 森川 敏生, 二宮 清文, 横山 英理, 村岡 修, 松田 久司, 王 立波, 中村 誠宏, 吉川 雅之, 呉 立軍, 日本生薬学会年会講演要旨集, 55回, 213, 213,   2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902202703146400
  • サラキア属植物の品質評価 LCMSを用いたα-グルコシダーゼ阻害活性成分salacinolおよびkotalanolの定量分析, 村岡 修, 森川 敏生, 三宅 荘八郎, 二宮 清文, 赤木 淳二, 吉川 雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集, 55回, 296, 296,   2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902260408656900
  • タイ産Salacia chinensis葉部の肝保護作用成分, 二宮 清文, 森川 敏生, 村岡 修, 松田 久司, Zhang Yi, 中村 誠宏, 吉川 雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集, 55回, 124, 124,   2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267453577501
  • タイ天然薬物チョウマメ(Clitoria ternatea)花部の肝保護作用フラボノイド成分, 岡本将揮, 二宮清文, 森川敏生, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 松田久司, 吉川雅之, J Tradit Med, 25, Supplement, 79,   2008年08月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902272431795576
  • デイジー(Bellis perennis)花部の血中中性脂質上昇抑制作用成分, 西田枝里子, 森川敏生, 李雪征, 伊藤友紀, 山下千裕, 村岡修, 中村誠宏, 松田久司, 吉川雅之, J Tradit Med, 25, Supplement, 100,   2008年08月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902268604501100
  • ザクロ(Punica granatum)花部成分の肝細胞内中性脂肪含量に及ぼす影響, 居村克弥, 二宮清文, 森川敏生, 謝媛媛, 村岡修, 賈暁光, 袁丹, 松田久司, 吉川雅之, J Tradit Med, 25, Supplement, 100,   2008年08月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902246274362228
  • 漢薬垂盆草(Sedum sarmentosum)の肝保護および抗TNF‐α活性成分, 二宮清文, 森川敏生, 村岡修, ZHANG Yi, 中村誠宏, 松田久司, 吉川雅之, J Tradit Med, 25, Supplement, 78,   2008年08月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902225630237444
  • デイジーフラワー(Bellis perennis 花部)の機能性成分の探索(1)―新規サポニン成分および中性脂肪上昇抑制作用―, 森川敏生, 李雪征, 西田枝里子, 伊藤友紀, 松田久司, 中村誠宏, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 128th, 2, 7, 7,   2008年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902212831654634
  • 冬虫夏草(Cordyceps sinensis)菌糸の分離と培養条件の検討, 角谷晃司, 齋藤裕介, 瀧川義浩, 森川敏生, 二宮清文, 村岡修, 吉川雅之, 掛樋一晃, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008, 83,   2008年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278310222500
  • 漢薬垂盆草(Sedum sarmentosum)の肝保護および抗TNF-α作用成分, 二宮 清文, 森川 敏生, 村岡 修, 松田 久司, Yi Zhang, 中村 誠宏, 吉川 雅之, 日本薬学会年会要旨集, 128年会, 2, 7, 7,   2008年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902294159500905
  • 機能性食品素材”サラシア”の機能と生物活性成分およびその品質評価, 村岡修, 森川敏生, 二宮清文, 田邊元三, 松田久司, 吉川雅之, 生薬分析シンポジウム講演要旨, 36th, 13, 23,   2007年11月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257862544750
  • アシル化フラボノール配糖体trans‐Tilirosideの抗肥満作用, 松田久司, 二宮清文, 久保瑞穂, 森川敏生, 村岡修, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 26th, 138, 139,   2007年11月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264133438466
  • 庫頁紅景天(Rhodiola sachalinensis)の肝保護作用成分, 中村 誠宏, 李 雪征, 松田 久司, 吉川 雅之, 二宮 清文, 森川 敏生, 日本生薬学会年会講演要旨集, 54回, 156, 156,   2007年09月
  • 垂盆草(Sedum sarmentosum)の新規配糖体成分の肝保護作用, 森川 敏生, 二宮 清文, 村岡 修, 松田 久司, Yi Zhang, 中村 誠宏, 吉川 雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集, 54回, 167, 167,   2007年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902250316611778
  • カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa)の血管拡張作用成分, 村岡修, 松田久司, 森川敏生, 謝海輝, 中村誠宏, 李征, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 127th, 4, 65, 65,   2007年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902244352552346
  • 碾茶(Camellia sinensis)の抗アレルギー活性サポニン成分, 松田久司, 森川敏生, 中村誠宏, 加藤泰世, 松平幸大, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 127th, 4, 65, 65,   2007年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263148134106
  • 垂盆草(Sedum sarmentosum)の新規megastigmane配糖体成分, 中村誠宏, YI Zhang, 森川敏生, 松田久司, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 127th, 4, 9,   2007年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902219827447130
  • タイ天然薬物Khaa(Alpinia galanga,根茎)から抗アレルギー・抗炎症作用成分の開拓, 松田久司, WANG Qilong, 久保瑞穂, 安藤伸, 馬奈木裕美, 片岡慎也, 吉川雅之, 森川敏生, 安原智久, 萬瀬貴昭, 森本陽之, 村岡修, 薬学雑誌, 126, Suppl.3, 126, 127,   2006年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902272057527309
  • カンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa)の新規血管拡張作用成分, 村岡修, 松田久司, 森川敏生, XIE Haihui, 中村誠宏, LI Zheng, 吉川雅之, 薬学雑誌, 126, Suppl.3, 102, 103,   2006年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902231067416957
  • 大良きょうAlpinia galangaより単離された1’‐Ace‐toxychavicol Acetateをシードとする抗アレルギー薬の探索研究, 安原智久, 万瀬貴昭, 森本陽之, 村岡修, 松田久司, 王啓隆, 森川敏生, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 126th, 4, 99,   2006年03月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902255822324932
  • α‐Glucosidase阻害剤,Salacinolの構造活性相関研究:アザ類縁体における脱硫酸エステル体の合成とその活性について, 田辺元三, しょう穎, 松浦義治, 羽生恭子, 吉海和哉, 峯松敏江, 村岡修, 王涛, 森川敏生, 松田久司, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 126th, 4, 138,   2006年03月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213033998940
  • セスキテルペン類のTNF-α誘発アポトーシス阻害活性成分と構造活性相関, 松田 久司, 安田 大恭, 二宮 清文, 森川 敏生, 吉川 雅之, 日本薬学会年会要旨集, 126年会, 4, 189, 189,   2006年03月
  • フェニルプロパノイド類のTNF‐α誘発細胞死阻害活性と構造活性相関, 松田久司, 安田大恭, 二宮清文, 森川敏生, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 24th, 106, 107,   2005年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902210533622972
  • α‐Glucosidase阻害剤,salacinolの構造活性相関研究:側鎖デオキシ体の合成とその活性について, 村岡修, 吉海和哉, 畑中上憲, 峯松敏江, 田邉元三, WANG TAO, 森川敏生, 松田久司, 吉川雅之, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 24th, 72, 73,   2005年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902269691236731
  • タイ天然薬物“Dee plee”の新規酸アミド成分と肝保護作用, 松田久司, 二宮清文, 森川敏生, 山口頂, 吉川雅之, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 49th, 268, 270,   2005年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902214424555608
  • エジプト産ファラオ天然薬物:キク科植物(Dichrocephala integrifolia)の新規セスキテルペン成分およびNO産生抑制作用, 吉川雅之, ABDEL‐HALIM Osama B, 安藤伸, 松田久司, 森川敏生, 村岡修, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 49th, 271, 273,   2005年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902292074868820
  • 大良きょう(Alpinia galanga,根茎)から新規抗アレルギー・抗炎症作用成分の開発, 松田久司, 森川敏生, 安藤伸, 馬奈木裕美, 片岡慎也, WANG Qilong, 久保瑞穂, 吉川雅之, 村岡修, 森本陽之, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 15th, 218, 221,   2005年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205917808468
  • α‐Glucosidase阻害剤Salacinolのアザ類縁体の合成および阻害活性評価, 村岡修, 吉海和哉, 畑中上憲, 峯松敏江, 田辺元三, 吉川雅之, 松田久司, 森川敏生, 王涛, 日本薬学会年会要旨集, 125th, 4, 65,   2005年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902208344646777
  • Alpinia galang中の主杭アレルギー成分1’‐Acetoxychavicol acetateの構造活性相関研究, 村岡修, 森本陽之, 吉川雅之, 松田久司, 森川敏生, 片岡慎也, 日本薬学会年会要旨集, 125th, 4, 121,   2005年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902214835358838
  • 6員環チオ糖構造を有するSalacinol類縁体の合成, 村岡修, 畑中上憲, 森本陽之, 峯松敏江, 田辺元三, 吉川雅之, 松田久司, 森川敏生, 日本薬学会年会要旨集, 125th, 4, 65,   2005年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266938066436
  • ゲッケイジュ(Laurus nobilis)葉のTNF-α誘発アポトーシス阻害活性成分と構造活性相関, 松田 久司, 安田 大恭, 二宮 清文, 森川 敏生, 吉川 雅之, 日本薬学会年会要旨集, 125年会, 4, 202, 202,   2005年03月
  • P-60 α-Glucosidase阻害剤,Salacinol類縁体の合成と構造活性相関(ポスター発表の部), 村岡 修, 王 涛, 吉海 和哉, 畑中 上憲, 峯松 敏江, 邵 穎, 田邉 元三, 吉川 雅之, 松田 久司, 森川 敏生, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 47, 0, 619, 624,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006682616
    概要:Salacinol (1a) is a new class of potent natural glycosidase inhibitor isolated by presenters from Ayruvedic medicine Salacia reticulata, having the unique spirobicyclic-like configuration comprised of 1-deoxy-4-thio-D-arabinofranosyl cation and 1-deoxy-L-erythrosyl-3-sulfate anion. The characteristic feature of 1a represented as sulfonium cation and the side-chain bearing sulfate anion have been supposed to be the origin of its α-glucosidase inhibitory activity. In this study, aza analogue (1b), its enantiomer (4b) and diastereomer (5b) were synthesized by applying the ring-opening method of cyclic sulfate (2a and 2b) with D- and L-azasugars (D- and L-3b) in order to explore the effect of heteroatom substitution in the 5-membered sugar ring on the α-glucosidase inhibitory activity. Three sulfonium analogs (6, 7, 8) lacking hydroxyl and/or hydroxymethyl groups of the side chain of 1a and two O-desulfonated sulfoniums (9a, 9b) with CH_3OSO_3^- or Cl^- as a counter anion were also synthesized and their inhibitory activities were examined and compared with those of 1a. Upon substitution of sulfur atom with nitrogen, 1b sustained the modest inhibitory activity, however, the inhibitory activities of 4b and 5b were reduced considerably. Three deoxy analogs (6, 7, 8) also showed less inhibitory activity compared to 1a, and proved the importance of cooperative role of the polar substituents to exhibit the α-glucosidase inhibitory activity. Interestingly, O-desulfonated analogs 9a and 9b sustained the potent α-glucosidase inhibitory activity equal to that of 1a irrespective of the counter anions, thus the sulfate anion moiety of 1a was found to be not essential for the inhibitory activity.
  • エジプト産ファラオ天然薬物:キンポウゲ科植物(Nigella sativa,種子)の新規ジテルペンアルカロイド成分および脂質代謝促進作用, 森川敏生, 松田久司, XU F, 二宮清文, 吉川雅之, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 48th, 213, 215,   2004年10月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902233335987477
  • タイ天然薬物“Thao lin suea”および“Dee plee”の肝保護作用成分の探索および構造活性相関, 森川敏生, 松田久司, 二宮清文, XU F, 山口頂, 吉川雅之, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 14th, 168, 171,   2003年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902296826902076
  • タイ天然薬物"Thao lin suea"及び"Dee plee"の肝保護作用成分の探索及び構造活性相関, 森川 敏生, 松田 久司, 二宮 清文, 許 鳳鳴, 山口 頂, 吉川 雅之, 薬学雑誌, 123, Suppl.3, 168, 171,   2003年11月
    概要:マウス初代培養肝細胞を用いたD-ガラクトサミン(D-GalN)又はD-GalN/TNP-α誘発の肝細胞障害抑制作用試験を一次スクリーニングとして実施し,タイ天然薬物の"Thao lin suea" Erycibe expansa幹部及び"Dee Plce" Piper chaba果実の抽出エキスに肝保護作用が認められた.活性成分の探索及び活性成分の構造と活性相関解析を実施した.E.expansa幹部の肝保護作用成分として,isoflavone成分にD-GalNによる細胞障害に対する保護作用が認められると共に,isoflavoneやrotenoid成分にLPS刺激で活性化したマクロファージなどから産生されるNOや炎症性サイトカインの過剰産生を抑制することことが示唆された.P.chaba主成分のpiperineはD-GalNで障害を受けた肝細胞において,マクロファージなどから産生されるTNF-αの作用を減弱させ,肝細胞のTNP-αの感受性を低下させることにより,肝保護作用を発現させていることが示唆された
  • タイ天然薬物(8) コショウ科植物Piper chabaの新規アルカロイド成分と肝保護作用, 松田 久司, 森川 敏生, 山口 頂, 二宮 清文, 吉川 雅之, 日本生薬学会年会講演要旨集, 50回, 48, 48,   2003年08月
  • エジプト産ファラオ天然薬物(2) Anastatica hierochunticaの肝保護作用成分と新規骨格phenylflavanone anastatin A,Bの化学構造, 吉川 雅之, 許 鳳鳴, 森川 敏生, 二宮 清文, 永原 靖久, 松田 久司, 日本薬学会年会要旨集, 123年会, 2, 136, 136,   2003年03月
  • 西洋ハーブの機能解明(8) セイジおよびローズマリーの抗肥満活性成分, 吉川 雅之, 二宮 清文, 森川 敏生, 松田 久司, 下田 博司, 西田 典永, 笠島 直樹, 吉野 友恵, 河原 有三, 日本薬学会年会要旨集, 123年会, 2, 164, 164,   2003年03月
  • タイ天然薬物 (7) : ヒルガオ科 Erycibe expansa の新規フラボノイド成分と肝保護作用, 森川 敏生, 松田 久司, 許 鳳鳴, 二宮 清文, 吉川 雅之, 和漢医薬学雑誌, 20, 0, 126, 126,   2003年, http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10949005
  • 115(P-66) 数種のファラオ天然薬物から得られた新奇化合物の構造と薬理活性(ポスター発表の部), 松田 久司, 森川 敏生, 許 鳳鳴, 加嶋 洋祐, 二宮 清文, 安藤 伸, 吉川 雅之, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 45, 0, 677, 682,   2003年, 10.24496/tennenyuki.45.0_677, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232195244499
    概要:In the course of our studies on the bioactive constituents from Egyptian herbal medicines, we characterized the chemical structures and pharmacological activities of the constituents from several Egyptian herbal medicines, Anastatica hierochuntica, Cyperus longus, and Nigella sativa. 1. Anastatica hierochuntica: The whole plants of A. hierochuntica (Cruciferae), which is a winter annual plant of the Sahara-Arabian deserts, are prescribed in Egyptian folk medicine for fatigue and uterine haemorrhage and are used by women as a charm for child birth. Two novel skeletal benzofuranoflavanones, anastatins A (1) and B (2) and three new neolignans termed hierochins A (3), B (4), and C (5) were isolated from the methanolic extract of this herbal medicine. Their absolute stereostructures were determined on the basis of chemical and physicochemical evidence. The inhibitory effects of anastatins (1, 2) and isolated flavonoids (6-10) on D-galactosamine (D-GalN)-induced cytotoxicity in primary cultured mouse hepatocytes were examined. As a result, hepatoprotective activities of 1 (IC_<50>=20μM) and 2 (17μM) were stronger than those of other flavonoids and commercial silybin (40μM), which is well known to show potent hepatoprotective activity. In addition, we examined inhibitory effects of isolated lignans from A. hierochuntica on nitric oxide (NO) production in lipopolysaccharide (LPS)-activated macrophages. Among them, three neolignans, 12 (IC_<50>=31μM), (+)-dehydrodiconiferyl alcohol (13, 26μM), and (+)-balanophonin (14, 23μM) inhibited NO production and induction of inducible NO synthase (iNOS) without cytotoxic effects in the MTT assay. Furthermore, in order to clarify the structural requirements of flavonoids for inhibitory activities of NO production and antigen-induced degranulation from RBL-2H3 cells, we examined inhibitory effects of 73 flavonoids on NO production and the release of β-hexosaminidase from RBL-2H3 cells and clarified several structural requirements for the activities. 2. Cyperus longus: C. longus (Cyperaceae) is widely distributed in Mediterranean, western and central Europe, tropical Africa, and western and central Asia. The whole plants of C. longus have been used as a diuretic and tonic in Egyptian traditional medicine. From the methanolic extract of this herbal medicine, a new nor-stilbene dimer, longusone A (22), three stilbene dimers, longusols A-C (23-25), and six new sesquiterpenes, cyperusols (26-31), were isolated. In addition, the constituents of C. longus were found to show DPPH radical scavenging activity and inhibitory effects on the release of β -hexosaminidase from RBL-2H3 cells and D-GalN-induced cytotoxicity in primary cultured mouse hepatocytes. 3. Nigella sativa: The seeds of N. sativa (common name "Black Cumin") have been used for foods, spices, and also prescribed in Egyptian folk medicine for asthma, flatulence, polio, kidney stones, and abdominal pain, etc. Two new dolabellane-type diterpene alkaloids 43, 44 were isolated from the methanolic extract of this herbal medicine and found to show potent reduction of triglyceride levels in primary cultured mouse hepatocytes.
  • 60(P-31) 薬用ハーブに抗肥満作用成分を探る : Salacia,Artichoke,Sage(ポスター発表の部), 吉川 雅之, 下田 博司, 二宮 清文, 西田 典永, 笠島 直樹, 吉野 智恵, 森川 敏生, 松田 久司, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 44, 0, 349, 354,   2002年, 10.24496/tennenyuki.44.0_349, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902198352490276
    概要:Obesity is one of the most risk factor against many life-style diseases, such as diabetes mellitus, hyperlipidemia, and hypertension. Since anti-obesitic compounds are useful for prevention or treatment of these life-style diseases, we examined the effects of three herbal medicines, Salacia, Artichoke, and Sage, on in vivo anti-obesitic and hypolipidemic activities and in vitro lipase inhibitory activities, such as pancreatic lipase (PL), rat adipose tissue-derived lipoprotein lipase (LPL), and glycerophosphate dehydrogenase (GPDH) activity in rat adipose tissue, etc. 1. Salacia reticutala The roots and stems of S. reticulata (Hippocrateaceae) have been used for prevention or remedy of diabetes in Sri Lanka and India. Previously, we reported the characterization of two α-glucosidase inhibitors named salacinol and kotalanol were isolated from the methanolic extract of this natural medicine. As a continuing study of this natural medicine, we examined the anti-obesitic effects of the water extract using obese rat models, such as female Zucker fatty rats and male SD rats fed a high fat-diet. Body weights in both obese model rats tended to be suppressed by oral administration of the water extract for 27-30 days. To clarify the mode of action of anti-obestic activity for the water extract of S. reticulata, several in vitro assays were examined. Thus, the water extract of S. reticulata tended to enhance lipolysis in rat adipocytes and was found to inhibit lipase activities (PL, LPL) and GPDH activity. By bioassay-guided separation, the following phenolic compounds were isolated as the active constituents, 1) lipolysis activity: mangiferin (1),(-)4'-O-methylepigallocatechin (2); 2) PL inhibitory activity: (-)-epigallocatechin (4), (-)-epicatechin-(4β→8)-(-)-4'-O-methylepicatechin (5); 3) LPL inhibitory activity: (-)-epicatechin (3). 2. Cynara scolymus The leaves of C. scolymus (Compositae), which is commonly called "artichoke", have been used for the treatment of hepatitis and hyperlipidemia in European traditional medicine. The methanolic extract from the leaves of C. scolymus was found to show hypolipidemic activity in olive oil-loaded mice. By bioassay-guided separation, principal guaiane-type sesquiterpenes, such as cynaropicrin. aguerin B, and grosheimin, were isolated as the active constituents. As to the structural requirement of guaiane-type sesquiterpenes for hypolipidemic activity, it was suggested that the oxygen functional groups in the guaiane skeleton and exo-methylene moiety in the α-methylene-γ-butyrolactone ring were essential for the activity. Since the methanolic extract and active constituents also suppressed gastric emptying in olive oil-loaded mice, the inhibitory activity of gastric emptying was considered to be involved in the hypolipidemic activity. 3. Salvia officinalis The leaves of S. officinalis (Labiatae, common name "Sage") have been used for the treatment of inflammation for throat, dyspepsia, and disorders. The methanolic extract and diterpene constituents from the leaves of S. officinalis were found to show the potent PL inhibitory activity.
  • サラキア属植物からの肥満および糖尿病予防作用成分の開拓, 吉川雅之, 森川敏生, YUTANA P, 二宮清文, 来住明宣, 西田典永, 松田久司, 下田博司, 河原有三, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 13th, 146, 149,   2001年11月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902103165387738
  • ジャムゥ薬物の機能解明(1) ジャワニンジン(Talinum paniculatum)の肝保護作用成分, 吉川 雅之, 西田 典永, 二宮 清文, 陶 晶, 森川 敏生, 松田 久司, 下田 博司, 河原 有三, 日本生薬学会年会講演要旨集, 48回, 177, 177,   2001年09月
  • 益智(Alpinia oxyphylla)の薬理活性セスキテルペノイド, 吉川雅之, 森川敏生, 村上敏之, 松田久司, 村岡修, 藤本学, 田辺元三, 久保道徳, 播磨章一, 日本生薬学会年会講演要旨集, 46th, 183,   1999年08月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902158019496648
  • 駆瘀血生薬莪,木香,川骨および大黄の科学的解析 : NO産生抑制活性,血管拡張,肝障害抑制成分(口頭発表の部), 松田 久司, 蔭浦 禎士, 森川 敏生, 戸口田 巌, 二宮 清文, 村上 敏之, 吉川 雅之, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 41, 0, 217, 222,   1999年, 10.24496/tennenyuki.41.0_217, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902139025273400
    概要:In Chinese traditional medicine, Zedoariae Rhizoma (the rhizome of Curcuma zedoaria), Saussureae Radix (the roots of Saussurea lappa), Nupharis Rhizoma (the rhizome of Nuphar pumilum), and Rhei Rhizoma (the rhizome of Rheum undulatum) has been prescribed for the treatment of "Oketsu" syndrome caused by blood stagnation and inflammation. Inducible NO synthase (iNOS) is involved in pathological processes mediated with overproduction of NO and is expressed in response to pro-inflammatory agents such as interleukin-1β, tumor necrosis factor-α and lipopolysaccharide (LPS) in various cell types including macrophages. Inhibition of iNOS enzyme activity or its induction may have therapeutic effects in various types of inflammation. In the course of our studies on bioactive principles from Chinese herbal medicines, we have found that sesquiterpenes (furanodinene, costunolide, dehydrocostus lactone, santamarine, saussureamines A and B) from Zedoariae Rhizoma and Saussureae Radix, dimeric sesquiterpene thioalkaloids (6-hydroxythiobinupharidine, 6,6'-dihydroxythiobinupharidine, 6-hydroxythio-nuphlutine B) from Nupharis Rhizoma, and stilbenes (rhapontigenin, piceatannol, resveratrol) from Rhei Rhizoma showed NO production inhibitory activity in LPS-activated macrophages. And some structural requirements for the activity was elucidated. Several sesquiterpenes (curcumenone, furanodiene, germacrone, etc.) from Zedoariae Rhizoma and the stilbenes and stilbene glycosides (rhaponticin, piceatannol 3'-O-β-D-glucopyranoside, etc.) from Rhei Rhizoma showed hepato-protective activity in D-galactosamine/LPS-induced liver injury in mice. Many sesquiterpenes from Zedoariae Rhizoma and Saussureae Radix showed vasorelaxant activity in vitro. These results may be related to the treatment effects of those Chinese herbal medicines for "Oketsu" syndrome.
  • 大黄の駆お血作用の研究 (第2報) 韓国産大黄(Rheum undulatum L.)のNO産生抑制活性及び抗酸化活性成分, 松田秀秋, 平場啓一郎, 久保道徳, 播磨章一, 森川敏生, 松田久司, 村上敏之, 二宮清文, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 118th, 2, 133,   1998年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902189330379992
  • スリランカ産天然薬物“Kotala himbutu”(Salacia reticulata)の抗糖尿病作用成分 新奇なチオ糖スルホニウム硫酸分子内塩構造を有するα‐グルコシダーゼ阻害成分Salacinolの絶対構造, 吉川雅之, 村上敏之, 島田ひろみ, 森川敏生, 社謙一, 松田久司, 村岡修, 田辺元三, 山原条二, 日本薬学会年会要旨集, 118th, 2, 108,   1998年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902128105841157
  • 12 スリランカ産天然薬物"Kotala himbutu" (Salacia reticulata) の抗糖尿病作用成分 : 新奇なチオ糖スルホニウム硫酸分子内塩構造を有するα-グルコシダーゼ阻害成分Salacinol及びKotalanolの構造(口頭発表の部), 吉川 雅之, 村上 敏之, 森川 敏生, 社 謙一, 松田 久司, 村岡 修, 田辺 元三, 山原 條二, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 40, 0, 67, 72,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006679618
    概要:The roots and stems of Salacia reticulata WIGHT ("Kotala himbutu" in Singhalase, Celastraceae) have been extensively used as a specific remedy for diabetes in Ayurvedic system in Indian traditional medicine. As a continuing part of our screening for antidiabetogenic principles of natural medicine and medicinal foods, we have found that the water-soluble fractions from the roots and stems of S. reticulata strongly inhibited the increase of serum glucose levels after the administration of sucrose or maltose, but not glucose, in rats. Furthermore, the fractions inhibited rat intestinal maltase and sucrase in vitro, although the extract even at high dose did not have any effect on experimental hyperglycemia induced by injection of alloxan in mice. On the other hand, the lipophilic fraction showed inhibitory activity for rat lens aldose reductase and, as the active components, new triterpene kotalagenin 16-acetate (5) was isolated together with several diterpenes and triterpenes. Through bioassay-guided separation, two potent α-glucosidase inhibitors called salacinol (1, 0.0079%) and kotalanol (4, 0.0002%) have been isolated from the water-soluble fraction together with many sugars and glycosides. The absolute stereostructure of salacinol was determined on the basis of chemical and physicochemical evidence, which included the alkaline degradation to 1-deoxy-4-thio-D-arabinofuranose (2) and the X-ray crystallographic analysis. The molecular conformation showed the unique spiro-like configuration of the inner salt comprised of 1-deoxy-4-thio-D-arabinofuranosyl sulfonium cation and 1-deoxy-D-erythrosyl-3-sulfate anion. The structure of kotalanol was also elucidated in a similar manner as that of 1 to be the inner salt comprised of 1-deoxy-4-thio-D-arabinofuranosyl sulfonium cation and 1-deoxyheptosyl-3-sulfate anion. Salacinol (1) and kotalanol (4) were found to exhibit the competitive inhibition for the intestinal α-glucosidase of rat. Their inhibitory activities against sucrase and maltase were nearly equal to those of a commercial α-glucosidase inhibitor acarbose, whereas their activities against isomaltase were much more potent than that of acarbose. 1-Deoxy-4-thio-D-arabinofuranose (2) lacked the activity (IC_<50>>400 μg/ml) and its methyl sulfonium iodide (3) showed weak activity (sucrase: IC_<50> 129 μg/ml; maltase: IC_<50>>400μg/ml). This evidence revealed that the spiro-like inner salt structure of 1 and 4 was essential for the potent α-glucosidase inhibitory activity. Furthermore, 1 more strongly inhibited the increase of serum glucose levels in sucrose-loaded rats than acarbose.
  • 漢方生薬の科学的解明 福建省産がの含有成分 (2) がじゅつセスキテルペン類の構造と薬理活性, 松田久司, 島田ひろみ, 坂本保子, 二宮清文, 森川敏生, 吉川雅之, 西条玲子, 山原条二, 日本薬学会年会要旨集, 117th, 2, 153,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902114450866269
  • ゼドアリー(かじゅつ)の生物活性セスキテルペン成分の解明と品質評価, 松田久司, 島田ひろみ, 森川敏生, 坂本保子, 二宮清文, 吉川雅之, 山原条二, 日本香辛料研究会講演要旨集, 11th, 1, 2,   1996年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136077275453

特許

  • 胃粘膜保護剤, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2018-094485, 特開2019-199433
  • ヒト毛乳頭細胞増殖用組成物, 村岡 修, 森川 敏生, 二宮 清文, 吉川 雅之, 特願2018-093527, 特開2019-199410
  • グルコース輸送阻害剤及びグルコース輸送阻害用の機能性食品, 岩城 正宏, 島田 紘明, 村岡 修, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2017-162174, 特開2019-038776
  • コラーゲン産生の促進を特徴とする組成物およびリモノイド, 村岡 修, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2017-035192, 特開2018-140947
  • カンカニクジュヨウから得られる抗糖尿病剤、ヒト又は動物用医薬および機能性食品, 村岡 修, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2012-237309, 特開2014-084319, 特許第6151003号
  • ニホンスイセンの花部より得られるメラニン産生抑制剤, 村岡 修, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2015-019578, 特開2016-141657
  • 人参果から得られる抗TNF−α作用剤及び肝保護作用剤、ヒト又は動物用医薬、新規サポニン化合物、及び新規ポリフェノール化合物, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2010-086612, 特開2011-219370, 特許第5892719号
  • アッサムチャ花部から得られる脂肪分解阻害剤及び胃がん細胞増殖抑制剤、並びに新規サポニン化合物, 吉川 雅之, 村岡 修, 松田 久司, 中村 誠宏, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2014-028679, 特開2015-151387
  • デイジーから得られる中性脂質吸収抑制剤及びサポニン化合物並びにその用途, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 松田 久司, 特願2008-081460, 特開2009-234962, 特許第5675034号
  • 脂肪代謝改善剤、該脂肪代謝改善剤を含有する医薬及び食品、並びに新規フラボノイド化合物, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2009-204012, 特開2011-051950, 特許第5620660号
  • 垂盆草から得られる脂肪代謝改善剤、該脂肪代謝改善剤を含有する医薬又は食品、並びに垂盆草から得られる新規メガスチグマン及びフラボノイド化合物, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2008-050450, 特開2009-209045, 特許第5620629号
  • カンカニクジュヨウから得られる抗糖尿病剤、ヒト又は動物用医薬および機能性食品, 村岡 修, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2012-237309, 特開2014-084319
  • 垂盆草から得られる肝保護剤、該肝保護剤を含有する医薬又は食品、及び垂盆草から得られる新規メガスチグマン化合物。, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 二宮 清文, 松田 久司, 特願2007-115305, 特開2008-266272, 特許第5462996号
  • カンカニクジュヨウから得られる肝保護剤及び抗TNF−α作用剤, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 二宮 清文, 松田 久司, 特願2008-038017, 特開2009-196905, 特許第5410683号
  • α−グルコシダーゼ阻害活性を有する化合物の定量方法、及びサラキア属植物又はその抽出液のα−グルコシダーゼ阻害活性評価法, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 特願2007-265750, 特開2009-092597, 特許第5212687号
  • カンカニクジュヨウの抽出物より得られる強壮剤又は強精剤、配糖体化合物及びそれらの用途, 吉川 雅之, 松田 久司, 森川 敏生, 村岡 修, 特願2006-010382, 特開2007-191416, 特許第4936507号
  • カンカニクジュヨウの抽出物より得られる強壮剤又は強精剤、配糖体化合物及びそれらの用途, 吉川 雅之, 松田 久司, 森川 敏生, 村岡 修, 特願2006-010382, 特開2007-191416, 特許第4936507号
  • 人参果から得られる抗TNF−α作用剤及び肝保護作用剤、ヒト又は動物用医薬、新規サポニン化合物、及び新規ポリフェノール化合物, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2010-086612, 特開2011-219370
  • デイジー花部から得られるコラーゲン産生促進作用を有する皮膚外用剤, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2010-086111, 特開2011-213699
  • 抗アレルギー剤, 下田 博司, 村井 弘道, 森川 敏生, 吉川 雅之, 特願2005-064602, 特開2006-213694, 特許第4822246号
  • 脂肪代謝改善剤、該脂肪代謝改善剤を含有する医薬及び食品、並びに新規フラボノイド化合物, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2009-204012, 特開2011-051950
  • サラシア属植物由来の組成物、および該組成物の製造法, 村岡 修, 赤木 淳二, 三宅 荘八郎, 森川 敏生, 吉川 雅之, 特願2009-051033, 特開2010-202597
  • アブラナ科植物の抽出物とその用途, 吉川 雅之, 松田 久司, 森川 敏生, 永原 靖久, 特願2003-167787, 特開2005-002052, 特許第4554895号
  • 脂肪蓄積・代謝改善剤、抗TNF−α作用剤、及び新規トリテルペン化合物, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 二宮 清文, 松田 久司, 特願2008-266237, 特開2010-095459
  • ラン科植物の含有成分とその用途, 吉川 雅之, 松田 久司, 森川 敏生, 特願2003-200555, 特開2005-041788, 特許第4472281号
  • デイジーから得られる中性脂質吸収抑制剤及びサポニン化合物並びにその用途, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 松田 久司, 特願2008-081460, 特開2009-234962
  • 皮膚外用剤または皮膚化粧料, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 北尾 悟, 吉岡 正人, 坂本 一民, 橋本 直哉, 村越 紀之, 特願2008-051994, 特開2009-209063
  • 垂盆草から得られる脂肪代謝改善剤、該脂肪代謝改善剤を含有する医薬又は食品、並びに垂盆草から得られる新規メガスチグマン及びフラボノイド化合物, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 二宮 清文, 特願2008-050450, 特開2009-209045
  • カンカニクジュヨウから得られる肝保護剤及び抗TNF−α作用剤, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 二宮 清文, 松田 久司, 特願2008-038017, 特開2009-196905
  • α−グルコシダーゼ阻害活性を有する化合物の定量方法、及びサラキア属植物又はその抽出液のα−グルコシダーゼ阻害活性評価法, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 特願2007-265750, 特開2009-092597
  • 胃粘膜保護剤, 松田 久司, 森川 敏生, 吉川 雅之, 特願2002-312828, 特開2004-143126, 特許第4222810号
  • 胃粘膜保護剤, 松田 久司, 森川 敏生, 吉川 雅之, 特願2002-312828, 特開2004-143126, 特許第4222810号
  • 垂盆草から得られる肝保護剤、該肝保護剤を含有する医薬又は食品、及び垂盆草から得られる新規メガスチグマン化合物。, 村岡 修, 吉川 雅之, 森川 敏生, 二宮 清文, 松田 久司, 特願2007-115305, 特開2008-266272
  • ウコギ科植物の花部の抽出物とその用途, 吉川 雅之, 松田 久司, 森川 敏生, 特願2002-316341, 特開2004-149457, 特許第4024128号
  • 抗アレルギー剤, 下田 博司, 村井 弘道, 森川 敏生, 吉川 雅之, 特願2005-064602, 特開2006-213694
  • ラン科植物の含有成分とその用途, 吉川 雅之, 松田 久司, 森川 敏生, 特願2003-200555, 特開2005-041788
  • アブラナ科植物の抽出物とその用途, 吉川 雅之, 松田 久司, 森川 敏生, 永原 靖久, 特願2003-167787, 特開2005-002052
  • 抗アレルギー剤, 吉川 雅之, 松田 久司, 森川 敏生, 特願2002-359342, 特開2004-189669
  • ウコギ科植物の花部の抽出物とその用途, 吉川 雅之, 松田 久司, 森川 敏生, 特願2002-316341, 特開2004-149457
  • 新規なステロイドサポニン化合物, 松田 久司, 森川 敏生, 吉川 雅之, 特願2002-312827, 特開2004-143125
  • 野菊花に含まれる新規化合物およびこれを含む機能性食品, 播磨 章一, 吉川 雅之, 森川 敏生, 特願平10-047843, 特開平11-246455, 特許第2958296号
  • 野菊花に含まれる新規化合物およびこれを含む機能性食品, 播磨 章一, 吉川 雅之, 森川 敏生, 特願平10-047843, 特開平11-246455, 特許第2958296号

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 食用資源からの糖・脂質代謝改善効果を有する機能性成分の探索, 伝統・伝承医薬学において薬用に供される天然資源のなかで,食用資源としても利用される素材から,糖および脂質代謝改善効果を有する機能性成分を探索する.すなわち,内臓脂肪蓄積を成因基盤とする糖尿病あるいは脂質異常症の予防およびそれらの初期症状の緩和に効果のある食用資源を探索し,その活性寄与成分を明らかにするなどの科学的評価を実施,エビデンスに基づいた新たな機能性食品あるいは植物性医薬品の候補素材の提案・開発を実践する.加えて,見いだした活性寄与成分をテンプレート(医薬シーズ)として,その全合成および類縁体合成・評価を実施し,新たな医薬候補物質の創製をめざす.すなわち本研究は,『薬』・『食』両面からのアプローチによる国民の健康寿命の延伸に資する食用資源の科学的評価を実施することを目的とする. このような背景のもと,事業初年度である平成30年度は,食後過血糖に対する血糖上昇抑制効果を有するアールユヴェーダ生薬のサラシア (Salacia chinensis) に関する新たな品質評価法を確立した.すなわち,サラシアの機能性表示食品としての機能性関与成分である salacinol のサロゲート体を用いた定量分析および,高含有するポリフェノース成分である mangiferin などのポリフェノール成分の LC-MS 定量分析を確立した.加えて,タイ天然薬物の Melodorum fruticosum および ブラジル生薬の Carapa guianensis など,世界各地の伝統・伝承薬物に含まれる新規化合物の構造を解析した.
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 薬用食品からの経口投与可能なインスリン代替物質の探索及び新規糖消費亢進機構の解明, 伝承・伝統医薬学において薬用に供される生薬,ならびに主に食用に供される植物を素材として,本課題のインスリン様作用を有する物質を探索した.糖尿病の薬物治療においては,「糖尿病治療ガイド」に記載されているように,生活習慣の改善が指導されるとともに,種々の医薬品が血糖値の制御を目的に使用されている.しかしながら,血糖値の制御が既存の医薬品により十分に出来ない場合には,インスリン製剤が使用されることになる.即ち,現状において使用可能な薬剤の中で,最も強力な血糖値の低減が期待出来る方法は,インスリンと同じくインスリン受容体へのアゴニスト作用であることがわかる.しかしながら,インスリンはペプチドからなる分子構造を有することから経口投与ではバイオアベイラビリティが低く,患者による自己注射が必要な製剤として提供されている. 本研究課題では,前記した生薬や食用に供される植物由来の成分,特に中,低分子量の含有成分を中心にインスリンと同様の薬理活性を示す成分をひろく探索した.その結果,生薬センキュウおよびニクズクイ抽出エキスが,インスリンと同様,筋芽細胞である L6 細胞の糖消費を有意に亢進させることを見いだした.さらにこれらの含有成分についても評価を進めた結果,それぞれの含有成分から活性寄与成分を明らかにした.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 食用資源からの糖・脂質代謝改善効果を有する機能性成分の探索
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 補完代替医療素材の科学的評価とその機能性成分をシーズとする食品薬学研究, 世界各地の補完代替医療素材について,その機能の科学的評価と機能を発現する分子(機能性成分)の特定,およびその機能性成分をシーズとした医薬候補物質の創製を志向した食品薬学的研究を行う.とりわけ,メタボリックシンドロームおよびその成因基盤として認知されている内臓脂肪蓄積型肥満などに対する予防効果を有する薬用食品素材について,その機能性成分を探索・特定・評価するとともに,セルフメディケーションやセルフプリベンションに利用し得る,安全で有効な機能性食品の開発を志向した実学研究を行う.また,その機能性成分を鋳型とした高活性アナログの網羅的合成による創薬科学研究を併せて実施することを目的とする.
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 薬用食品から高インスリン血症の改善を機序とする生活習慣病改善作用成分の探索, 本課題は,肥満の形成過程などにおいて観察される高インスリン血症を改善することで過度の肥満,種々生活習慣病の発症を抑制する物質を探索することを目的とする. 本研究の成果は,生薬コウズクより得たフェニルプロパノイド成分,生薬センキュウより得たフタリド成分,およびブラジル生薬である Carapa guianensis より得たリモノイド成分の一部が肝細胞中の中性脂肪含量を有意に低下させることを見いだした.さらにマウスを用いた in vivo での評価では,コウズクから得たフェニルプロパノイドの3日間の投与により,糖負荷時の耐糖能の改善,肝臓中中性脂肪含量の有意な低下が観察されることを明らかにした.
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 炎症性腸疾患の克服をめざした新規治療薬シーズの探索, 世界各地の伝承・伝統薬物資源から潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患の治療に有用な医薬シーズを探索することを目的とする.すなわち,炎症性腸疾患の活動期において観察されるTNF-αの過剰産生により惹起される各種臓器障害や炎症反応などの種々の生体内イベントを軽減あるいは調節できる天然由来低分子化合物を探索するとともに,その活性発現の必須構造や構造活性相関を明らかにする.加えて,その病変部に顕著な増加が認められているマクロファージや好中球などのiNOS陽性細胞の活性化抑制作用およびその作用機序解明研究を実施し,もって新たな難治性炎症性疾患治療薬シーズを発見,提案することを目的とする.
  • 公益財団法人 小林国際奨学財団, 第3回(平成26年度)研究助成, メタボリックシンドローム予防および改善効果を指標としたタイ天然薬物からの新規機能性食品素材の探索
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 機能性食品から肝臓内中性脂肪低減を機序とする新規抗糖尿病作用成分の探索, 本研究では,既存医薬品の作用機序とは異なり,肝臓中の中性脂肪含量の低減を介して,肝臓による糖取り込み能の亢進によってもたらされる血糖値改善作用物質を探索した. その成果として,報告者はタイ産のフタバガキ科植物 Shorea roxburghii 樹皮からスチルベンオリゴマー (-)-hopeaphenol や (+)-isohopeaphenol,ベンケイソウ科植物 Sedum sarmentosum より,flavonol 配糖体 sarmenoside 類,エジプト産ブラッククミン (Nigella sativa 種子) から nigellamine A5 などを明らかにした.
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), タイ天然薬物を素材としたメタボリックシンドローム予防および治療薬シーズの探索, 熱帯から亜熱帯に位置し,薬用資源の世界的に豊富なタイ地域の薬用植物資源のうち,タイ伝統医薬学に用いられ,かつ,食経験があるなど安全性が確立している素材について厳選し,メタボリックシンドロームに対する予防効果を有する新規医薬シーズの探索研究を実施した.その結果,i. 小腸からの糖および中性脂質吸収抑制作用,ii. ラットおよびヒト小腸由来 α-グルコシダーゼ阻害作用,iii. リポ多糖刺激によるマクロファージ活性化抑制作用,およびiv. ヒト肝がん由来HepG2細胞を用いた中性脂質代謝促進作用を有するタイ天然薬物を見いだすともに,その活性寄与成分および構造活性相関に関する知見を得た.
  • 一般財団法人 鷹野学術振興財団, 平成25年度研究奨励, サラシノールをシードとする新規糖尿病薬の開発研究
  • 財団法人 武田科学振興財団, 薬学系研究奨励, 香辛料由来成分をシーズとする生活習慣病予防・改善物質の開拓
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), TNF-α感受性低減作用を作用点とする肝保護作用成分の探索, 炎症性サイトカインとして知られているTNF-αの感受性を低減することにより, TNF-αの過剰産生により惹起される各種臓器障害や炎症反応などの種々の生体内イベントを軽減あるいは調節できる天然由来低分子化合物を探索することを目的とし,各種薬用資源素材抽出エキスについてTNF-α高感受性株であるL929細胞を用いたTNF-α誘発細胞障害抑制活性試験を実施した.その結果,数種のタイ天然薬物(Piper chaba果実, Sapindusrarak果皮, Kaempferia parviflora根茎, Shorea roxburghii樹皮, Mammea siamansis花部)やカンカニクジュヨウ(Cistanche tubulosa肉質茎)などから種々の活性寄与成分を明らかにするとともに, GalN/LPS誘発肝障害モデルマウスを用いたin vivo肝保護作用試験を検討するとともに,それらの活性発現の必須構造,構造活性相関および作用メカニズム解析を実施した.
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 薬用食品からの脂肪蓄積抑制および脂肪代謝促進作用成分の探索, 伝統・伝承薬物として薬用に供される一方で,食材としてあるいは料理の香味付けやスパイスなどの食用としても用いられる薬用食品素材について,脂肪蓄積抑制作用および脂肪代謝促進作用成分の探索を実施することを目的とする.その結果,キク科植物の西洋ハーブであるデイジーフラワーやタイ産ムクロジから中性脂質吸収抑制サポニンおよびベンケイソウ科植物である垂盆草からHepG2細胞を用いた脂肪蓄積抑制作用メガスチグマン化合物などを見い出した.
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 香辛料由来薬用食品の抗アレルギー作用およびアルコール障害予防成分の探索, 今や国民病ともいわれる花粉症は代表的なアレルギー性疾患で,現在では日本人の20〜30%が罹患していると推定される.また,食事や飲酒などの食生活が疾病の発症・進展に関与する胃潰瘍や肝炎などの疾患も急増しており,これらの予防や初期段階の改善に様々なサプリメントや機能性食品が開発されている.しかしながら,これらのなかには科学的根拠が乏しいものがあるのも事実で,これらによる健康被害が社会問題となっている.その為,サプリメントや機能性食品素材についての物質科学的根拠(マテリアルサイエンス)に基づいた機能解明が急務であり,またそれらの活性成分を見い出だすことで,新たな医薬シーズを提案することが可能となる.本研究は,香辛料として食用にも利用される薬用食品からアレルギーやアルコール摂取による各種臓器障害に予防的あるいはその初期段階の改善に有用な機能性食品素材の提案をおこなうとともに,生物活性を指標に分離・精製し,NMRをはじめとした各種スペクトルの解析から活性成分および新規化合物の構造解析を実施する.今年度は,昨年度に実施した予備的検討により選抜した数種の薬用食品素材(1.漢薬"補骨脂",2.碾茶,3.エジプト天然薬物コロシント)の抗アレルギー作用成分および(4.椿花)のアルコール誘発胃粘膜保護作用成分を探索し,種々の新規活性成分を単離・構造決定した.中国やエジプト地域の天然素材のほか,日本人に馴染み深い茶(碾茶)や椿(花部)などの薬用食品素材に抗アレルギーおよび胃保護作用を有することを見いだすとともに,その活性成分を明らかにするなどの成果が得られたことから,今年度の当初計画は充分に達成できたと考える.
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 医食同源の視点から薬用植物中のがん転移抑制および分化誘導物質の探索, 本研究では抗がん作用あるいは長寿・延命効果が伝承されている薬用植物を選び,それらから単離した化合物について基底膜浸潤阻害作用,MMP産生抑制作用およびヒト白血病細胞における分化誘導作用について実施し,以下の成果を得た. タイ天然薬物Erycibe expansaにヒト繊維肉腫HT1080細胞の基底膜浸潤に対する阻害活性を見出した.その活性成分の探索を行ったところ,deguelin, tephrosin, rotenoneおよび12a-hydroxyrotenoneなどのロテノイドに有効性を見出した.さらに,メカニズムについて実施した結果,MMP-9の産生を阻害することが明らかになった.また,これらの化合物は浸潤抑制活性を示した培養24時間までは細胞の増殖抑制活性をほとんど示さなかったが,48時間以上培養することで細胞の増殖抑制活性が認められた.さらに,イソフラボンgenisteinにはヒト前骨髄性白血病細胞株HL-60に対する分化誘導能が報告されているが,NBT還元能をHL-60の分化誘導マーカーとしたアッセイ系においてdeguelineやtephrosinにもgenisteinとほぼ同程度の活性を有することが明らかになるなど,新しい抗がん薬のシーズとして期待できた.さらに,多数のフラボノイドについて検討したところ,isoquercetinなどのフラボノイドに有意な抑制活性が認められた. さらに,Nuphar pumilumを基源とする川骨から単離した含硫黄セスキテルペン二量体アルカロイド類に強力なアポトーシス誘導活性を見出し,構造活性相関を明らかにするとともに,作用機序に関する知見を得た. その他,がんに有効と伝承されているNigella sativaから新規ジテルペンアルカロイドnigellamine類を単離・構造決定した.また,大良姜に含まれる1'S-1'-acetoxychavicol acetateおよびその誘導体に核内転写因子NF-κBの阻害活性などが見出され,抗腫瘍活性との関連性が推察されるなど,研究課題の当初計画をほぼ達成したものと考えられる.
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 新規抗糖尿病および抗肥満シード化合物の開拓を志向したファラオ天然薬物の探索研究, エジプト伝統薬物(ファラオ天然薬物)から糖尿病や肥満症予防に有効と判断される伝承薬物および薬用食物を入手し,各種スクリーニング試験を経て肥満あるいは糖尿病予防効果に有望な素材を探索した.その結果,エジプトやトルコにおいて喘息などの治療に用いられるとともに食品としても供されているNigella sativa種子から,マウス初代培養肝細胞を用いた脂質代謝促進作用を指標に活性成分を探索し,活性成分としてdolabellane型新規ジテルペンアルカロイドnigellamine A_1-A_5,B_1-B_3,CおよびDを単離・構造決定した.Dolabellane型ジテルペンは,これまでに軟体動物や褐藻類,苔類から単離されているが,高等植物からの報告は殆どなく珍しい例である. また,地中海沿岸地域を原産とし,日本においてもハーブとして用いられるセイジ(Salvia officinalis,葉)に,オリーブ油負荷マウスでの血中中性脂質上昇抑制作用が認められ,活性を指標に分離・精製した結果,活性成分としてabietane型ジテルペンcarnosic acidを見いだした.更に高脂肪食飼育マウスにおいて,carnosic acidは5mg/kg/day(p.o.)の2週間連日投与で,その内臓脂肪の有意な蓄積抑制作用が認められた. 一方,エジプト伝統薬として慢性の便秘症や糖尿病などの治療に用いられてきたコロシント(Citrullus colocynthis,果実)について,ショ糖負荷ラットにおける血糖値上昇抑制作用及びI型アレルギー反応即時相のin vivoモデルである受身皮膚アナフィラキシー(PCA)反応に及ぼす影響を検討したところ,有意な抑制作用を見出した.活性を指標に分離・精製し,主要cucurbitane型トリテルペン配糖体cucurbitacin E 2-O-β-D-glucopyranosideが活性成分であることを明らかにするとともに,新規cucurbitane型トリテルペン配糖体colocynthoside AおよびBを単離し,それらの化学構造を決定した.その他,主にサハラ砂漠などに分布し,子宮出血や婦人病の治療に用いられるアンザンジュ(Anastatica hierochuntica,全草)から新規骨格のフラバノンanastatin AおよびBおよび新規ネオリグナンhierochin A-Cを単離,構造決定した.含有成分について肝保護作用を検討したところ,anastatin AおよびBに強い活性を見出すなど,本研究課題の当初計画についてほぼ達成したものと考えられる.
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 生体内マイケル付加反応を介して作用発現する天然由来成分の探索と機能解明, 本研究課題において昨年度までに,マウス腹腔マクロファージを用いたリポ多糖刺激によるNO産生抑制活性を一次スクリーニングとし,アーユル・ヴェーダやユナニー医学において炎症性疾患の治療に用いられている没薬から,myrrhanol Aをはじめ数種の含有テルペノイド成分にNO産生抑制活性が認められた.また,これら候補化合物のiNOSに及ぼす影響を検討したところ,myrrhanol Aは,iNOSに対する酵素阻害活性は殆ど認められず,iNOSの発現を抑制することが判明した.同様にエジプト地域に自生するヒガンバナ科植物のCrinum yemenseの球根部から3種の新規ヒガンバナアルカロイドyemenin A-Cを単離・構造決定するとともに,yemenin Aをはじめ数種の含有アルカロイド成分がiNOS発現抑制活性に起因するNO産生抑制活性を有することを見いだすなど,新しいタイプの天然由来化合物(低分子リガンド)にα-methylene-γ-butyrolactone構造を有するセスキテルペノイド類であるconstunolideやdehydrocostus lactoneなどと共通する作用メカニズムを見いだした.今年度はこれまでに得られた結果をふまえ,タイ料理のトムヤンクンなどに香辛料として用いられるAlpinia galangaから得られたフェニルプロパノイド成分の1'S-1'-acetoxychavicol acetateを低分子リガンドとして,NOの過剰産生に至るシグナル伝達機構に関与するタンパクあるいは遺伝子の発現に及ぼす影響を解明した.また,日本民間薬のヒュウガトウキからクマリン類やアセチレン化合物を,さらには漢薬良姜からジアリルヘプタノド類を新たなタイプの低分子リガンドとして見いだすなど,今年度の当初計画をほぼ達成した.
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), アーユルヴェーダ天然薬物から肥満および糖尿病予防物質の開拓, アーユルヴエーダ医学において肥満や糖尿病の予防や治療に用いられるSalacia reticulata(幹,根部)をはじめとしたSalacia属植物について,抗肥満および抗糖尿病作用の解析ならびに活性成分の探索研究に着手した結果,スリランカ産S.reticulata MeOH抽出エキスに,二糖類であるショ糖および麦芽糖負荷ラットにおける強い血糖値上昇抑制作用が認められた.一方,単糖のブドウ糖負荷モデルにおいては殆ど作用を示さなかったことから,その作用様式としてα-グルコシダーゼ阻害活性が示唆された.そこで,ラット小腸刷子縁膜由来α-グルコシダーゼ阻害活性を指標に活性成分の探索を実施したところ,新奇なチオ糖スルホニウム硫酸塩構造を有するsalacinolおよびkolatanolを単離し,その化学構造をNMRおよびX線結晶構造解析などにより決定した.さらに,salacinolについてin vivoにおける糖負荷試験を検討した結果,市販α-グルコシダーゼ阻害剤のacarboseよりも強い血糖値上昇抑制作用が認められ,これらのチオ糖誘導体が新たなα-グルコシダーゼ阻害剤の候補化合物として有望であることが示された. また,Salacia属植物(S.chinensis)に含有されるキサントン配糖体mangiferinやトリテルペン成分に,白内障や神経障害などの糠尿病合併症の予防効果が期待できるアルドース還元酵素阻害活性が認められた.一方,S.reticulataの熱水抽出エキスについてZucker fattyラットや高脂肪食飼育ラットにおける体重増加の抑制傾向が認められ,また含有ポリフェノール成分にはブタ由来膵リパーゼおよびラット脂肪組織由来リポプロテインリパーゼ阻害活性が認められたことから,小腸からの脂肪の吸収と脂肪蓄積の両方を抑制すると示唆される結果を得,肥満や高脂血症予防に有効であることが明らかとなった. その他,アーティチョーク(Cynara scolymus L.,葉部)含有セスキテルペンに血清中中性脂質抑制作用が認められ,また,flavonoid類について,アルドース還元酵素阻害活性,AGEs生成抑制活性およびラジカル消去活性における活性発現の必須構造や構造活性相関を明らかにするなど,本研究課題の当初計画についてほぼ達成したものと考えられる.
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 薬用食物の新規機能開拓を基盤とした癌転移抑制物質の探索, 平成14年度に引き続き,癌転移に対し促進的に作用する過剰な活性酸素種や活性窒素種などの酸化ストレスの消去系亢進の指標として,NO産生抑制活性を一次スクリーニングとして実施したところ,新たに漢薬"小紅参"(Rubia yunnanensis,根部)およびエジプト産天然薬物Anastatica hierochuntica(全草)の抽出エキスに活性が認められたことから,活性を指標に分離,精製し,有効成分を探索した.その結果,小紅参から新規化合物としてarborinane型トリテルペンrubianol-a-g, arborinane型トリテルペン配糖体rubianoside I-IVおよびアントラキノンrubianthraquihoneを単離,構造決定するとともに,含有環状ペプチド配糖体RA-XII (IC_<50>=0.85μM)およびそのアグリコン部であるdeoxybouvadin (IC_<50>=0.015μM)に顕著なNO産生抑制活性を見出し,その活性強度はチロシンキナーゼ阻害剤であるherbimycin A (IC_<50>=0.094μM)よりも強い活性であった.また,RA-XIIおよびdcoxybouvadinの作用点のひとつにiNOSの誘導を抑制することを明らかにし,これら環状ペプチド類が本課題の候補化合物として有望であることが示唆するなどの結果を得た.次いで,我々が保有するflavonoid化合物ライブラリー73種のNO産生抑制活性スクリーニングを実施し,活性発現の必須構造や構造活性相関を明らかにするとともに,漢薬"木香"の含有セスキテルペン成分やそのアミノ酸付加体に,NF-κBの活性化や熱ショック蛋白(HSP-72)の発現抑制作用を認めるなど,NO産生抑制作用メカニズムに関する知見を得た. 上記の手法を用いピックアップした候補素材のうち,日本薬局方生薬の"川骨"(Nuphar pumilum,根茎)MeOH抽出エキスおよび含有成分について,B16メラノーマ4A5細胞を用いたコラーゲンコートメンブランにおける癌細胞浸潤抑制活性(in vitro)およびマウスを用いた癌細胞転移抑制作用(in vivo)試験を実施した.その結果,エキスのアルカロイド分画および含有成分である含硫黄セスキテルペンアルカロイド2量体6-hydroxythiobinupharidineに顕著な癌転移抑制作用を見出し新たな医薬シーズの探索に成功するなど,平成15年度の当初計画をほぼ達成した.
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 消化管の神経系を介して作用発現するトリテルペンサポニンの探索と機能開発, 地膚子(Kochia scoparia,果実)の主サポニンmomordin Icおよび西洋トチノキ(Aesculus hippocastanum)種子サポニンescin類の胃排出能抑制作用および小腸内輸送能亢進作用に関与する神経メディエーターについて検討した.いずれのサポニンも胃排出能抑制作用にはドーパミン(DA)がメディエーターとして関与しており,DA_2受容体刺激によってプロスタグランジン類(PGs)を遊離させ,最終的に胃排出能を抑制させることを明らかにした.一方,小腸内輸送能亢進作用にはDAは関与しておらず,セロトニン(5-HT)合成阻害剤および5-HT拮抗薬を用いた実験結果から,5-HTがメディエーターとして重要であることが判明した.さらにPG合成阻害剤や一酸化窒素合成阻害剤を併用した実験結果から,5-HT_2受容体刺激によって一酸化窒素(NO)またはPGsを遊離させ,最終的に小腸内輸送能を亢進させることが明らかとなった.また,escin類のMg^<2+>吸収促進作用には小腸内輸送能作用と同様,少なくともNOが関与していることを証明した. 機能性サポニンの探索研究として,フェヌグリーク(Trigonella foenum-graceum,種子)からフロスタノール型サポニンtrigoneoside類,フサザクラ(Euptelea polyandra,葉)からノルオレアナン型サポニンeupteleasaponin類,茶(Comellia sinensis var.assamica,種子および葉)からアシル化ポリヒドロキシオレアネン型サポニンassamsaponin類,エンドウ豆(Pisum sativum,種子)からオレアネン型サポニンpisumsaponin類,沖縄県産ニガウリ(Momordica charantia,果実)からククルビタン型サポニンgoyaglycoside類とオレアナン型サポニンgoyasaponin類など計54種の新規サポニンを単離し,それらの化学構造を決定した. これらサポニンに血糖値上昇の抑制,胃排出能抑制,胃粘膜保護,小腸内輸送能亢進,薬物耐性の抑制,血小板凝集亢進,アルドース還元酵素阻害および免疫増強活性のあることを明らかにした.