村上 幸祐 (ムラカミ コウスケ)

  • 医学科 医学部講師
Last Updated :2024/04/23

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    婦人科癌、鏡視下手術(腹腔鏡・ロボット)、がん生殖

研究者情報

学位

  • 博士(医学)(2022年03月 近畿大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 60734671

ORCID ID

J-Global ID

プロフィール

  • 研究テーマ


    ・卵巣がんの発生メカニズムと腫瘍免疫(特に内膜症関連卵巣がん)


    ・手術療法 子宮頸がん・体がんMIS(腹腔鏡・ロボット) 卵巣がんR0切除

研究キーワード

  • 婦人科腫瘍学   内膜症関連卵巣癌   腫瘍免疫学   センチネルリンパ節   鏡視下手術   

現在の研究分野(キーワード)

    婦人科癌、鏡視下手術(腹腔鏡・ロボット)、がん生殖

研究分野

  • ライフサイエンス / 産婦人科学
  • ライフサイエンス / 免疫学
  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

経歴

  • 2022年07月 - 現在  Johns Hopkins University, The Bloomberg~Kimmel Institute for Cancer Immunotherapypostdoctoral fellow
  • 2020年04月 - 現在  近畿大学医学部産科婦人科学教室医学部講師
  • 2014年04月 - 2020年03月  近畿大学医学部産科婦人科学教室助教
  • 2013年04月 - 2014年03月  倉敷中央病院産婦人科専門修練医
  • 2010年04月 - 2013年03月  倉敷中央病院産婦人科シニアレジデント
  • 2008年04月 - 2010年03月  倉敷中央病院教育研修部ジュニアレジデント

学歴

  • 2018年04月 - 2022年03月   近畿大学   大学院医学研究科   女性機能病態・周産期医学分野
  • 2002年04月 - 2008年03月   神戸大学   医学部   医学科

所属学協会

  • 日本婦人科ロボット手術学会   日本がん・生殖医療学会   日本ロボット外科学会   日本癌学会   日本生殖医学会   日本産婦人科手術学会   日本内視鏡外科学会   日本産科婦人科内視鏡学会   日本周産期・新生児医学会   日本婦人科腫瘍学会   日本産科婦人科学会   

研究活動情報

論文

  • Shiro Takamatsu; Kosuke Murakami; Noriomi Matsumura
    Scientific Data 11 1 2024年02月 [査読有り]
     
    Abstract While large publicly available cancer cell line databases are invaluable for preclinical drug discovery and biomarker development, the association between homologous recombination deficiency (HRD) and drug sensitivity in these resources remains unclear. In this study, we comprehensively analyzed molecular profiles and drug screening data from the Cancer Cell Line Encyclopedia. Unexpectedly, gene alterations in BRCA1/2 or homologous recombination-related genes, HRD scores, or mutational signature 3 were not positively correlated with sensitivity to platinum agents or PARP inhibitors. Rather, higher HRD scores and mutational signature 3 were significantly associated with resistance to these agents in multiple assays. These findings were consistent when analyzing exclusively breast and ovarian cancer cell lines and when using data from the COSMIC Cell Line Project. Collectively, the existing data from established cancer cell lines do not reflect the expected association between HRD status and drug response to platinum agents and PARP inhibitors in clinical tumors. This discrepancy may extend to other tumor characteristics, highlighting the importance of recognizing potential limitations in cell line data for researchers.
  • Masato Shono; Kosuke Murakami; Mamiko Ohta; Hidekatsu Nakai; Noriomi Matsumura
    Japanese journal of clinical oncology 2023年12月 [査読有り]
     
    Drug-induced interstitial lung disease (DIILD) is one of the most common and important adverse drug reactions. Still, the details of the clinical presentation of DIILD caused by poly (adenosine diphosphate-ribose) polymerase (PARP) inhibitors are unknown. A 73-year-old Japanese woman was started on niraparib maintenance therapy after radical surgery and adjuvant chemotherapy for high-grade serous carcinoma originating from the fallopian tube. Forty-seven days after starting niraparib, she presented to the hospital with dyspnea and was diagnosed with DIILD caused by niraparib. The drug was discontinued, and the patient was treated with steroid pulse therapy, and her condition improved. In clinical trials of PARP inhibitors, DIILD was reported in 0.13% of patients with olaparib, but no DIILDs, including pneumonia or pneumonitis, were reported in any patient with niraparib. This is the first report of DIILD caused by niraparib worldwide. In the future, the frequency of DIILD caused by niraparib should be clarified in real-world data.
  • Reona Shiro; Yasushi Kotani; Mamiko Ohta; Hanako Sato; Yoko Kashima; Kosuke Murakami; Kaoru Kawasaki; Hidekatsu Nakai; Noriomi Matsumura
    Healthcare 11 11 1619 - 1619 2023年06月 [査読有り]
     
    Background: Cervical cystic lesions encompass a range of benign and malignant pathologies. Magnetic resonance imaging or cytology alone cannot provide a definitive diagnosis, and conventional practice involves performing a cervical biopsy by conization to confirm the histology in cases exhibiting potential signs of lobular endocervical glandular hyperplasia (LEGH) or malignancy. However, as postoperative complications resulting from conization can impact future fertility and pregnancy, alternative diagnostic methods are needed for reproductive-age patients. This study aimed to establish the efficacy of a hysteroscopic biopsy for diagnosing cervical cystic lesions and compare it with conization. Methods: Thirteen patients with cervical cystic lesions suspected of LEGH or malignancy underwent a hysteroscopic biopsy, while 23 underwent conization. Patient background information, preoperative evaluation, histology, and postoperative outcomes were collected and compared retrospectively. Results: No significant differences were found between the hysteroscopy and conization groups in terms of mean patient age (45 vs. 48 years), operating time (23 vs. 35 min), blood loss (small amount vs. 43 mL), and postoperative hospitalization (1.1 vs. 1.6 days). Conclusion: A hysteroscopic biopsy allows for targeted resection of the cervix while maintaining diagnostic accuracy. It may serve as an efficient method for diagnosing cervical cystic lesions.
  • Toshihiro Shinohara; Kosuke Murakami; Noriomi Matsumura
    Diagnostics 13 9 1596  2023年04月 [査読有り][招待有り]
  • Ayako Suzuki; Aki Kido; Mitsuru Matsuki; Yasushi Kotani; Kosuke Murakami; Yukio Yamanishi; Isao Numoto; Hidekatsu Nakai; Tomoyuki Otani; Ikuo Konishi; Masaki Mandai; Noriomi Matsumura
    Diagnostics 2023年04月 [査読有り]
  • Hanako Sato; Kosuke Murakami; Risa Fujishima; Tomoyuki Otani; Kazuko Sakai; Kazuto Nishio; Noriomi Matsumura
    BMC Women's Health 23 1 2023年04月 [査読有り]
     
    Abstract Background Uterine angioleiomyoma is benign tumor that composed of smooth muscle cells and thick-walled vessels. It is a very rare condition reported to present as lower abdominal mass, accompanied by dysmenorrhea and hypermenorrhea. However, its clinical presentation is not known. Case presentation We report the case of a 44-year-old Japanese woman who developed severe anemia with disseminated intravascular coagulation without obvious external bleeding. The patient had a huge abdominal mass of over 20 cm in size, which was thought to be a uterine tumor. She received daily blood transfusions and her condition improved rapidly after she underwent hysterectomy. Pathological examination of the tumor revealed spindle-shaped cells with little atypia and mitosis, and numerous large vessels with smooth muscle and thrombus in the vessels. Conclusions Uterine angioleiomyoma was identified as the cause of the coagulation abnormality. CCND2 and AR gene amplification was detected in the tumor. Uterine tumors that present with coagulopathy despite a clinical course suggestive of benign disease should undergo differential diagnosis for uterine angioleiomyoma.
  • Yoko Kashima; Kosuke Murakami; Chiho Miyagawa; Hisamitsu Takaya; Yasushi Kotani; Hidekatsu Nakai; Noriomi Matsumura
    Healthcare 11 5 632 - 632 2023年02月 [査読有り][招待有り]
     
    According to the revision of the FIGO 2018 staging system, cervical cancer with pelvic lymph node metastases was changed to stage IIIC1. We retrospectively analyzed the prognosis and complications of locally resectable (classified as T1/T2 by TNM classification of the Union for International Cancer Control) stage IIIC1 cervical cancer. A total of 43 patients were divided into three groups: surgery with chemotherapy (CT) (ope+CT group) (T1; n = 7, T2; n = 16), surgery followed by concurrent chemoradiotherapy (CCRT), or radiotherapy (RT) (ope+RT group) (T1; n = 5, T2; n = 9), and CCRT or RT alone (RT group) (T1; n = 0, T2; n = 6). In T1 patients, recurrence was observed in three patients, but there was no difference among the treatment groups, and no patients died. In contrast, in T2 patients, recurrence and death were observed in nine patients (8 in ope+CT; 1 in ope+RT), and recurrence-free survival and overall survival were lower in the ope+CT group (p = 0.02 and 0.04, respectively). Lymphedema and dysuria were more common in the ope+RT group. A randomized controlled trial comparing CT and CCRT as an adjuvant therapy after surgery in T1/T2 patients, including those with pelvic lymph node metastases, is currently underway. However, our data suggest that performing CT alone after surgery in T2N1 patients is likely to worsen the prognosis.
  • Chiho Miyagawa; Hidekatsu Nakai; Tomoyuki Otani; Ryusuke Murakami; Shiki Takamura; Hisamitsu Takaya; Kosuke Murakami; Masaki Mandai; Noriomi Matsumura
    Journal of gynecologic oncology 34 2023年02月 [査読有り]
     
    OBJECTIVE: We have established 4 histopathologic subtyping of high-grade serous ovarian cancer (HGSOC) and reported that the mesenchymal transition (MT) type has a worse prognosis than the other subtypes. In this study, we modified the histopathologic subtyping algorithm to achieve high interobserver agreement in whole slide imaging (WSI) and to characterize the tumor biology of MT type for treatment individualization. METHODS: Four observers performed histopathological subtyping using WSI of HGSOC in The Cancer Genome Atlas data. As a validation set, cases from Kindai and Kyoto Universities were independently evaluated by the 4 observers to determine concordance rates. In addition, genes highly expressed in MT type were examined by gene ontology term analysis. Immunohistochemistry was also performed to validate the pathway analysis. RESULTS: After algorithm modification, the kappa coefficient, which indicates interobserver agreement, was greater than 0.5 (moderate agreement) for the 4 classifications and greater than 0.7 (substantial agreement) for the 2 classifications (MT vs. non-MT). Gene expression analysis showed that gene ontology terms related to angiogenesis and immune response were enriched in the genes highly expressed in the MT type. CD31 positive microvessel density was higher in the MT type compared to the non-MT type, and tumor groups with high infiltration of CD8/CD103 positive immune cells were observed in the MT type. CONCLUSION: We developed an algorithm for reproducible histopathologic subtyping classification of HGSOC using WSI. The results of this study may be useful for treatment individualization of HGSOC, including angiogenesis inhibitors and immunotherapy.
  • Hanako Sato; Kosuke Murakami; Tomoyuki Otani; Noriomi Matsumura
    Diagnostic Pathology 17 1 2022年10月 [査読有り]
     
    Abstract Background Vulvar cancer is a rare disease, accounting for approximately 5% of gynecological malignancies. Primary adenocarcinoma of intestinal-type of the vulva or its precancerous lesion is extremely rare, and details regarding its origin, evolution and related genetic mutations are unknown. Treatment options for this cancer have not been defined. Case presentation A 63-year-old Japanese woman came to the hospital because she was aware of a vulvar mass. There was a 1 cm mass on the dorsal side of the vulva, just outside the remains of the hymen. Biopsy revealed suspected adenocarcinoma, and wide local excision was performed. From histopathology and immunohistochemistry, the specimen was diagnosed as tubulovillous adenoma with high-grade dysplasia of the vulva. No other primary lesions were found, and the vulva was considered the primary site. A gene panel test (FoundationOneCDx assay) showed a high tumor mutational burden and mutations in TP53, KEL, RB1, RNF43, PTEN, GNAS, and PIK3CA. Conclusions The current case of tubulovillous adenoma with high-grade dysplasia of the vulva had a variety of cancer-associated mutations, despite being a precancerous lesion. In cases of intestinal-type neoplasms of the vulva, it may be helpful to check tumor mutational burden and gene mutations for treatment selection.
  • Hanako Sato; Yasushi Kotani; Chiho Miyagaw; Tamaki Yahata; Kosuke Murakami; Hidekatsu Nakai; Tomoyuki Otani; Noriomi Matsumura
    European Journal of Gynaecological Oncology 43 5 107 - 111 2022年10月 [査読有り]
     
    Ovarian low-grade serous carcinoma (LGSC) is usually a slow growing tumor with a relatively good prognosis. However, LGSC that have relapsed are highly resistant to chemotherapy, and there is currently no established treatment for them in contrast to high-grade serous carcinoma (HGSC). Here, we first review the literature on this topic and then describe a case of LGSC that relapsed and responded to Gemcitabine and Bevacizumab. The patient was a 37-year-old nulliparous woman who had undergone three cycles of topotecan after initial surgery at age 28.5 years as well as three months later during a disease-free interval. Intraperitoneal dissemination was observed and laparoscopic biopsy was performed. Histopathological examination revealed LGSC, and genetic testing revealed mutations in the neurofibromatosis type 1 (NF1) and TP53 genes. The mass of the disseminated lesion subsequently increased overall, and subileus was observed. The patient was treated, but the operation was incomplete. Postoperatively, Gemcitabine and Bevacizumab therapy was started. After six cycles, tumor markers became negative and Positron Emission Tomography-CT (PET-CT) showed decreased tumor activity. There were 20 cycles without any symptoms. LGSC is often resistant to anticancer drugs, but Gemcitabine and Bevacizumab therapy was able to suppress the lesions and symptoms in this case. With these findings, future genomic testing may assist in the treatment strategy for cases of LGSC recurrence, which are considered to be less likely to respond to anticancer drugs. Comprehensive genetic analysis will hopefully lead to the molecular mechanism of carcinogenesis for more effective and targeted therapies.
  • Akiko Kanto; Yasushi Kotani; Kosuke Murakami; Junko Tamaki; Yuho Sato; Sadanobu Kagamimori; Noriomi Matsumura; Masayuki Iki
    Menopause 29 10 1176 - 1183 2022年08月 [査読有り]
  • Masato Aoki; Hisamitsu Takaya; Tomoyuki Otani; Hidekatsu Nakai; Kosuke Murakami; Noriomi Matsumura
    International Cancer Conference Journal 11 4 231 - 237 2022年08月 [査読有り]
  • Shiro Takamatsu; Junzo Hamanishi; J B Brown; Ken Yamaguchi; Koji Yamanoi; Kosuke Murakami; Osamu Gotoh; Seiichi Mori; Masaki Mandai; Noriomi Matsumura
    Journal for immunotherapy of cancer 10 7 2022年07月 [査読有り]
     
    BACKGROUND: In cancer therapy, higher-resolution tumor-agnostic biomarkers that predict response to immune checkpoint inhibitor (ICI) therapy are needed. Mutation signatures reflect underlying oncogenic processes that can affect tumor immunogenicity, and thus potentially delineate ICI treatment response among tumor types. METHODS: Based on mutational signature analysis, we developed a stratification for all solid tumors in The Cancer Genome Atlas (TCGA). Subsequently, we developed a new software (Genomic Subtyping and Predictive Response Analysis for Cancer Tumor ICi Efficacy, GS-PRACTICE) to classify new tumors submitted to whole-exome sequencing. Using existing data from 973 pan-cancer ICI-treated cases with outcomes, we evaluated the subtype-response predictive performance. RESULTS: Systematic analysis on TCGA samples identified eight tumor genomic subtypes, which were characterized by features represented by smoking exposure, ultraviolet light exposure, APOBEC enzyme activity, POLE mutation, mismatch repair deficiency, homologous recombination deficiency, genomic stability, and aging. The former five subtypes were presumed to form an immune-responsive group acting as candidates for ICI therapy because of their high expression of immune-related genes and enrichment in cancer types with FDA approval for ICI monotherapy. In the validation cohort, the samples assigned by GS-PRACTICE to the immune-reactive subtypes were significantly associated with ICI response independent of cancer type and TMB high or low status. CONCLUSIONS: The new tumor subtyping method can serve as a tumor-agnostic biomarker for ICI response prediction and will improve decision making in cancer treatment.
  • Tomoyuki Otani; Kosuke Murakami; Masatomo Kimura; Mitsuru Matsuki; Takao Satou; Noriomi Matsumura; Akihiko Ito
    International journal of clinical and experimental pathology 15 7 296 - 300 2022年 [査読有り]
     
    Plasmablastic lymphoma is a mature B-cell neoplasm with plasmablastic differentiation, often associated with human immunodeficiency virus (HIV) infection and other forms of immunosuppression. Although it is usually an aggressive disease, spontaneous regression has been seen in a few cases. Plasmablastic lymphoma of the uterus is rare. We report a case of atypical lymphoplasmacytic proliferation resembling plasmablastic lymphoma associated with pyometra that disappeared completely as the pyometra resolved. A 76-year-old HIV-negative woman presented with abnormal vaginal bleeding. Ultrasound and MRI findings were consistent with pyometra diagnosis. Endometrial biopsy revealed large plasmablastoid cells with abundant cytoplasm and prominent nucleoli proliferating in the endometrium. Immunohistochemistry showed that large cells stained positive for CD138, CD79a, and MUM1, and negative for CD20, PAX5, CD3, and CD5. Ki67 labelled at least 80% of the large cells. Epstein-Barr virus was detected in a small number of cells. The histologic picture was highly indicative of lymphoma, especially plasmablastic lymphoma, though the clinical context was unusual. As the pyometra was treated and resolved, the intrauterine abnormality disappeared completely. The patient has been well after 16 months with no sign of recurrent disease. This case underscores the sometimes blurry distinction between benign inflammation and lymphoma.
  • Chiho Miyagawa; Kosuke Murakami; Takako Tobiume; Takafumi Nonogaki; Noriomi Matsumura
    BMC Women's Health 21 1 2021年12月 [査読有り]
     
    Abstract Background Historically, hysterectomy has been the radical treatment for adenomyosis. Although, some patients may not want to have their uterus removed, patients often have to no choice but to request hysterectomy during conservative treatment. The factors necessitating these hysterectomies remain unknown. The purpose of this study was to determine which patients can continue conservative treatment for adenomyosis. Methods We selected women diagnosed with adenomyosis and provided with conservative treatment at the Kindai University Hospital and Osaka Red Cross Hospital in Osaka Japan from 2008 to 2017. Age at diagnosis, parity, uterine size, subtype of adenomyosis, type of conservative treatment, and timing of hysterectomy for cases with difficulty continuing conservative treatment were examined retrospectively. Results A total of 885 patients were diagnosed with adenomyosis, and 124 started conservative treatment. Conservative treatment was continued in 96 patients (77.4%) and hysterectomy was required in 28 patients (22.6%). The cumulative hysterectomy rate was 32.4%, and all women had hysterectomy within 63 months. In the classification tree, 82% (23/28) of women aged 46 years or younger were able to continue conservative treatment when parity was zero or one. In those with parity two and over, 95% (20/21) of those aged 39 years and older had hysterectomy. Conclusions Patients who continue conservative treatment for approximately 5 years are more likely to have successful preservation of the uterus. Multiparity and higher age at diagnosis are factors that contribute to hysterectomy after conservative treatment. Parity and age at diagnosis may be stratifying factors in future clinical trials of hormone therapy.
  • Tomoyuki Otani; Kosuke Murakami; Naoki Shiraishi; Man Hagiyama; Takao Satou; Mitsuru Matsuki; Noriomi Matsumura; Akihiko Ito
    Frontiers in Medicine 8 2021年12月 [査読有り]
     
    The clinicopathological, immunohistochemical, and molecular characteristics of α-fetoprotein (AFP)-producing endometrial carcinoma (AFP+ EC) are poorly understood. From 284 cases of endometrial carcinoma in our pathology archive, we identified five cases (1.8%) of AFP+ EC with fetal gut–like (4/5) and/or hepatoid (2/5) morphology. All cases exhibited lymphovascular infiltration. In addition, 24 cases of endometrial carcinoma with elevated serum AFP levels were retrieved from the literature. The patient age ranged from 44 to 86 years (median: 63). Of 26 cases whose FIGO (International Federation of Gynecology and Obstetrics) stage and follow-up information was available (mean follow-up 24 months), 15 were stage I or II and 11 were stage III or IV. Even in stage I or II disease, death or relapse occurred in more than half of the patients (8/15). Detailed analysis of our five cases revealed that, on immunohistochemistry, AFP+ EC was positive for SALL4 (4/5), AFP (3/5), and HNF1β (4/5) in >50% of neoplastic cells and negative for estrogen and progesterone receptors (5/5), PAX8 (4/5), and napsin A (5/5). Four cases exhibited aberrant p53 immunohistochemistry and were confirmed to harbor TP53 mutations by direct sequencing. No mutation was found in POLE, CTNNB1, or KRAS. In conclusion, AFP+ EC merits recognition as a distinct subtype of endometrial carcinoma, which occurs in 1.8% of endometrial carcinoma cases, are associated with TP53 abnormalities, exhibit lymphovascular infiltration, and can show distant metastasis even when treated in early stage.
  • Kosuke Murakami; Akiko Kanto; Kazuko Sakai; Chiho Miyagawa; Hisamitsu Takaya; Hidekatsu Nakai; Yasushi Kotani; Kazuto Nishio; Noriomi Matsumura
    Modern Pathology 34 11 2071 - 2079 2021年11月 [査読有り]
  • Hanako Sato; Yasushi Kotani; Shiro Takamatsu; Mamiko Ohta; Reona Shiro; Kiko Yamamoto; Kosuke Murakami; Noriomi Matsumura
    European Journal of Gynaecological Oncology 42 3 590 - 594 2021年06月 [査読有り]
  • Reona Shiro; Kosuke Murakami; Masaharu Miyauchi; Yasuhiro Sanada; Noriomi Matsumura
    Medicina 57 6 613 - 613 2021年06月 [査読有り]
     
    Background and Objectives: Maternal brain tumors diagnosed during pregnancy are very rare, and their clinical course remains incompletely understood. We recently experienced a case of a brain tumor diagnosed at 30 weeks of gestation, and the treatment was initiated after delivery at 32 weeks of gestation. In this study, we reviewed case reports of brain tumors diagnosed during pregnancy, focusing on whether the brain tumor was treated during pregnancy or after termination of pregnancy and on the timing of therapeutic intervention. Materials and Methods: We searched PubMed and Ichushi-Web for articles published after January 2000 that reported cases of maternal brain tumors diagnosed during pregnancy. The patients were divided into two groups according to whether the tumor was treated during pregnancy (Group A) or after termination of pregnancy (Group B). Results: In total, 42 patients were included in the study (13 (31%) in Group A and 29 (69%) in Group B). The most common symptoms before diagnosis were those caused by increased intracranial pressure (57.1%). The diagnosis was made at 18 ± 6 weeks of gestation in Group A and 26 ± 9 weeks of gestation in Group B (p = 0.007). In all cases diagnosed after 34 weeks of gestation, termination of pregnancy was followed by treatment. Treatment was initiated within two weeks of diagnosis in 50% of patients in Group A and 30% in Group B. Conclusions: When severe symptoms caused by increased intracranial pressure last for several weeks, imaging tests should be considered. Termination of pregnancy is a good option for a brain tumor diagnosed after 34 weeks of gestation, while comprehensive treatment decisions should be made based on the severity of symptoms and the course of pregnancy in other cases.
  • Yasushi Kotani; Kosuke Murakami; Risa Fujishima; Akiko Kanto; Hisamitsu Takaya; Masao Shimaoka; Hidekatsu Nakai; Noriomi Matsumura
    BMC women's health 21 1 219 - 219 2021年05月 [査読有り]
     
    BACKGROUND: Laparoscopic surgery has been described as a minimally invasive surgery. The purpose of this study is to clarify its minimal invasive features using a patient questionnaire on the postoperative quality of life (QOL) over various time periods following either laparoscopic hysterectomy (LH) or abdominal hysterectomy (AH) and to compare the results. METHODS: This study enrolled 28 patients who underwent total hysterectomy for uterine fibroids in 2012 (14 AH cases and 24 LH cases) were enrolled in this study. The 36-Item Short Form Survey (SF-36) questionnaire was completed on postsurgical day 3; weeks 1, 2, and 4; and month 6. The results were compared between the two groups. RESULTS: Patients who underwent LH scored significantly higher on physical functioning on postoperative day 3 and week 2; physical role and bodily pain on day 3 and week 1; general health on postoperative day 3, weeks 1, 2, and 4, and month 6; social functioning on day 3; and emotional role on day 3 and week 1. No significant differences were found between vitality and mental health at any time point or in the categories above at any other time point. CONCLUSIONS: Postoperative QOL in LH cases was improved on day 3 and week 1; however, no significant differences between the LH and AH groups were found in most categories at week 4 and month 6. LH leads to superior short-term QOL early in the postoperative period relative to AH.
  • Yasushi Kotani; Kosuke Murakami; Kiko Yamamoto; Risa Fujishima; Tamaki Yahata; Yoshie Yo; Masao Shimaoka; Noriomi Matsumura
    BMC pregnancy and childbirth 21 1 321 - 321 2021年04月 [査読有り]
     
    BACKGROUND: A uterine manipulator cannot be used to elevate the ovary in benign ovarian surgery during pregnancy. This report describes our method of elevation of the ovary using a metreurynter with the success rate of the procedure and a comparison of surgical results and pregnancy outcomes between the successful and unsuccessful cases. METHODS: Between August 2003 and February 2020, 11 pregnant patients with a tumor found sunk in the Cul-de-sac underwent laparoscopic cystectomy for a benign ovarian cyst with a metreurynter. The surgical results, success and failure of the elevation by a metreurynter, pregnancy outcomes, and fetal status at delivery were evaluated. RESULTS: Elevation of ovarian tumors with a metreurynter was successful in nine cases. However, it was unsuccessful in the remaining two cases wherein the ovary was lifted with forceps while the uterus was in a compressed state. The operative time was also longer in these cases. The pregnancy prognosis, however, was good for both, successful and unsuccessful cases. CONCLUSIONS: The metreurynter is an inexpensive and practical obstetric device, and its optimal use allows the performance of a procedure with minimal burden on a pregnant uterus. Therefore, we recommend the appropriate use of this method to enable effective laparoscopic cystectomy of ovarian tumors during pregnancy.
  • Yasushi Kotani; Kosuke Murakami; Akiko Kanto; Hisamitsu Takaya; Hidekatsu Nakai; Noriomi Matsumura
    GYNECOLOGY AND MINIMALLY INVASIVE THERAPY-GMIT 10 2 114 - 116 2021年04月 [査読有り]
     
    Laparoscopic sacrocolpopexy is one of the most difficult laparoscopic surgical techniques. In this study, we report on our efforts to safely perform this procedure, which consists of suturing a piece of mesh onto the anterior longitudinal ligament using a nonabsorbent suture during mesh fixation onto the prepromontorium layer, which can lead to massive bleeding if a mistake is made, by performing preoperative and intraoperative image evaluation. Preoperative contrast-enhanced computed tomography was performed. Images in DICOM format were acquired, and three-dimensional vessel reconstruction was performed. After performing a peritoneal incision in the presacral area, ultrasonography was performed using a probe inserted through a 12-mm trocar into the abdominal cavity to re-confirm the absence of vessels near the planned suturing area. After ultrasonography, an Ethibond (R) suture was inserted through the anterior longitudinal ligament. In our hospital, 126 patients underwent the procedure, and none had a serious hemorrhage or required blood transfusion, indicating the safety of this modified procedure without separation of a wide presacral area. We believe that these techniques can be performed safely with minimal incision. However, we did not examine the efficacy of these techniques in this paper. Further studies are needed to determine whether this approach is suitable.
  • Akiko Kanto; Yasushi Kotani; Kosuke Murakami; Chiho Miyagawa; Hidekatsu Nakai; Noriomi Matsumura
    BMC women's health 21 1 118 - 118 2021年03月 [査読有り]
     
    BACKGROUND: Extragonadal endometriosis is a rare condition, and its disease manifestation and long-term prognosis have not been elucidated. We report an extragonadal endometriosis case controlled by drug therapy for 14 years with analysis of the sex hormone receptor expression and PIK3CA mutation. CASE PRESENTATION: The patient was diagnosed with bladder endometriosis at age of 30 years, and underwent bilateral nephrostomy and GnRHa therapy with add-back therapy. The patient was switched to dienogest therapy at age 35 and had hematuria and bloody stools at age 38. PET-CT revealed a 6-cm mass in the bladder with fluorodeoxyglucose accumulation and the diagnosis of endometriosis in the bladder, sigmoid colon, and cecum was confirmed after the biopsy result. The lesion's tubular structures were positive for the estrogen receptor, but only 30% positive for the progesterone receptor, and the H1047R mutation in PIK3CA was found in tubular structures of the bladder lesion. GnRHa therapy caused the tumors to shrink. CONCLUSION: Decreased progesterone receptor expression and oncogenic mutations may influence the course of less common and rare site endometriosis. Rare site endometriosis often requires long-term hormone therapy, and management should be tailored to the patient's life stage, keeping in mind complications, such as decreased bone density.
  • Akiko Kanto; Kosuke Murakami; Yoshie Yo; Masao Shimaoka; Reona Shiro; Noriomi Matsumura
    ACTA MEDICA KINDAI UNIVERSITY 45 2 47 - 51 Kindai University Medical Association 2020年12月 [査読有り]
     
    [Abstract]HELLP syndrome, characterized by hemolysis,elevated liver enzymes, and low platelets,is one of the diseases related to hypertension in pregnancy. If the pregnancy is not terminated soon after HELLP is diagnosed, liver failure or disseminated intravascular coagulopathy (DIC)may occur. HELLP syndrome occurs in 0.2%–0.9% of all pregnancies; Onset before 24 weeks of gestation is extremely rare but is more likely to result in stillbirth. Women who have had a stillbirth often hope for another pregnancy soon after,but there is little information about the risks and outcomes for subsequent pregnancy in women who developed HELLP syndrome in early pregnancy.Thus, it is important to accumulate data on these outcomes in this population. Here, we report a case in which severe HELLP syndrome developed at 22 weeks of gestation, resulting in stillbirth, and was followed six months later by a pregnancy that with early intervention, produced a live birth.
  • Kosuke Murakami; Yasushi Kotani; Hidekatsu Nakai; Noriomi Matsumura
    Cancers 12 6 1676 - 1676 2020年06月 [査読有り]
     
    Endometrial cysts (ECs) are thought to be the origin of endometriosis-associated ovarian cancer (EAOC). A hypothesis that the oxidative stress of iron in cysts causes "malignant transformation of ECs" has been proposed, but this has not been verified. Several population-based studies showed that endometriosis was a risk factor but did not reflect the "malignant transformation of ECs". A review showed that most patients were diagnosed with EAOC early in monitoring following detection of ECs, and that these cases might have been cancer from the start. Epidemiologically, EAOC was reduced by hysterectomy rather than by cystectomy of ECs. Gene mutation analyses identified oncogenic mutations in endometriosis and normal endometrium and revealed that the same mutations were present at different endometriotic lesions. It was also shown that most of the gene mutations found in endometriosis occurred in normal endometrium. Taking together, EAOC might be caused by eutopic endometrial glandular epithelial cells with oncogenic mutations that have undergone menstrual blood reflux and engrafted in the ovary, rather than by low-risk ECs acquiring oncogenic mutations and becoming malignant. This review discusses the mechanisms of EAOC development and targeted therapy based on genetic variation in EAOC with a focus on eutopic endometrium.
  • Kosuke Murakami; Yasushi Kotani; Ayako Suzuki; Hisamitsu Takaya; Hidekatsu Nakai; Mitsuru Matsuki; Takao Sato; Masaki Mandai; Noriomi Matsumura
    Scientific reports 10 1 7945 - 7945 2020年05月 [査読有り]
     
    Sentinel lymph node (SLN) mapping using dye or radioisotopes has been performed in patients with uterine cancer. Superparamagnetic iron oxide (SPIO) can be handled safely and is taken up by lymph nodes (LNs); however, its efficacy in detecting SLNs in uterine cancer remains unknown. This pilot study evaluated the use of SPIO as a tracer for SLN detection in patients with uterine cancer. SPIO was injected into the uterine cervixes of 15 patients with uterine cancer scheduled for pelvic LN dissection. Magnetic resonance imaging (MRI) was performed preoperatively. Five patients also underwent radioisotope injection and single-photon emission computed tomography/computed tomography. Dissected LNs were stained with iron and examined pathologically. Of the radioisotope-positive LNs, 92% were also SPIO/MRI-positive. SPIO/MRI and iron staining were positively correlated. SLNs were identified by iron staining in 93% of cases. Iron staining was strongly positive in two of the five areas of LN metastasis; these were considered SLNs. Staining was negative or very weak in the other three areas and lymph flow disturbance was considered. SPIO and radioisotopes are taken up similarly by SLNs. SPIO/MRI and iron staining may thus be useful for detection of SLNs and diagnosis of LN metastasis in patients with uterine cancer.
  • Mamoru Shigeta; Yasushi Kotani; Risa Fujishima; Yoshie Yo; Kosuke Murakami; Hisamitsu Takaya; Hidekatsu Nakai; Ayako Suzuki; Isao Tsuji; Noriomi Matsumura
    Asian journal of endoscopic surgery 13 2 200 - 204 2020年04月 [査読有り]
     
    INTRODUCTION: Laparoscopic myomectomy (LM) has become increasingly common in recent years because it minimizes invasiveness. However, myoma can recur after myomectomy. Therefore, we began using laparoscopic ultrasonography, which involves inserting a probe into the peritoneal cavity via a trocar and placing it in direct contact with the uterus. During surgery, this enables the detection of myomas as a small as 1 mm in diameter, which are often undetectable on MRI. Here, we report the effectiveness of laparoscopic ultrasonography. METHODS: The subjects were 26 women who underwent LM at our institution from February 2015 to December 2016. Preoperative MRI was performed, and all myomas detected on MRI were removed during LM. Laparoscopic ultrasonography was then performed to assess for residual myomas, which were removed. RESULTS: In six patients (23%), residual myomas were identified on laparoscopic ultrasonography after the first enucleation of the myomas detected on preoperative MRI. All detected residual myomas, the largest of which was less than 10 mm in diameter, were removed. CONCLUSION: Small myomas undetectable on preoperative MRI were detected on laparoscopic ultrasonography and removed.
  • Hisamitsu Takaya; Hidekatsu Nakai; Kazuko Sakai; Kazuto Nishio; Kosuke Murakami; Masaki Mandai; Noriomi Matsumura
    Gynecologic oncology 156 2 415 - 422 2020年02月 [査読有り]
     
    OBJECTIVE: High-grade serous ovarian cancers (HGSOC) are genomically characterized by homologous recombination deficiency (HRD) and TP53 mutations, which lead to intratumor heterogeneity (ITH). This study aimed to reveal the relationship between HRD, ITH and prognosis and analyze their changes during treatment. METHODS: We obtained 573 SNP array and gene expression array data from The Cancer Genome Atlas. SNP array data were processed to calculate the Clonality Index (CI) and loss of heterozygosity (LOH) scores. Gene expression array data were used for classifying molecular subtypes. Additionally, we obtained 33 samples from 20 HGSOC patients, including 4 samples from interval debulking surgery (IDS) and 9 samples from recurrent surgery. RESULTS: We divided HGSOC samples into 2 groups. The high CI group showed a high recurrent risk, and the high LOH group showed a statistically good prognosis. Combining the two factors, the high LOH/low CI group showed a statistically good prognosis. In terms of molecular subtypes, the mesenchymal subtype, which had a poor prognosis, showed a high CI with statisitically significant difference and the immunoreactive subtype, which had a good prognosis, showed a tendency to have a high LOH score. Throughout treatment, the CI decreased to one at the IDS (n = 4) and then increased at recurrence (n = 3). LOH scores greatly decreased in two cases at the IDS. CONCLUSIONS: ITH and HRD were associated with prognosis in HGSOC. ITH decreased after neoadjuvant chemotherapy, suggesting that the chemo-resistant cancer clone remains after chemotherapy.
  • Kosuke Murakami; Yasushi Kotani; Reona Shiro; Hisamitsu Takaya; Hidekatsu Nakai; Noriomi Matsumura
    International journal of clinical oncology 25 1 51 - 58 2020年01月 [査読有り]
     
    BACKGROUND: Endometriosis is a risk factor for ovarian cancer. Endometriosis-associated ovarian cancer (EAOC), most commonly clear cell carcinoma, is believed to develop from ovarian endometrial cysts. In this study, we reviewed published cases of EAOC considered to have developed from endometrial cysts, and focused on the observation period. METHODS: We searched for articles published since January 2000 that reported cases of ovarian cancer thought to have originated from endometrial cysts using PubMed, Web of Science, and Ichushi-Web. The period from the start of follow-up of the endometrial cyst to the diagnosis of ovarian cancer was calculated. RESULTS: Seventy-nine cases were identified from 32 articles. The median period from the diagnosis of endometrial cysts to the diagnosis of ovarian cancer was only 36 months. Approximately 75% of cases developed into cancer within 60 months and most cases developed within 120 months. CONCLUSION: Our results suggest that clinically detectable cysts subsequently diagnosed as ovarian cancer might already have contained cancer cells. Therefore, the mechanism of EAOC development needs to be re-examined and appropriate management guidelines need to be developed.
  • Ayako Suzuki; Masato Aoki; Chiho Miyagawa; Kosuke Murakami; Hisamitsu Takaya; Yasushi Kotani; Hidekatsu Nakai; Noriomi Matsumura
    Healthcare (Basel, Switzerland) 7 4 2019年12月 [査読有り]
     
    MRI plays an essential role in patients before treatment for uterine mesenchymal malignancies. Although MRI includes methods such as diffusion-weighted imaging and dynamic contrast-enhanced MRI, the differentiation between uterine myoma and sarcoma always becomes problematic. The present paper discusses important findings to ensure that sarcomas are not overlooked in magnetic resonance (MR) images, and we describe the update in the differentiation between uterine leiomyoma and sarcoma with recent reports.
  • Hidekatsu Nakai; Eiji Koike; Kosuke Murakami; Hisamitsu Takaya; Yasushi Kotani; Rika Nakai; Ayako Suzuki; Masato Aoki; Noriomi Matsumura; Masaki Mandai
    Healthcare (Basel, Switzerland) 7 4 2019年11月 [査読有り]
     
    BACKGROUND: Because reports on the management of recurrent granulosa cell tumor have been sparse, a consensus as to which patients should undergo surgical resection and which patients should be considered for chemotherapy has not been established. METHODS: A total of 21 tumor recurrences in eight patients with granulosa cell tumor were reviewed. RESULTS: Surgery was performed as the main treatment for 13 recurrences, while chemotherapy was chosen as the main treatment for eight recurrences. Complete tumor resection could be accomplished in 13 of 16 surgeries (81.3%), which include all the ten recurrences without involvement of liver or diaphragm and without ascites. The number of recurrent masses was significantly higher in the early recurrence group (progression free survival < 2 years) than in the late recurrence (progression free survival > 2 years). All cases with a solitary recurrent tumor at an extra-peritoneal site presented a significantly longer progression free survival. CONCLUSIONS: For patients with recurrent granulosa cell tumor, surgery may provide the best disease control. In cases with complete resection, the number of recurrent masses was the predictive factor for the next recurrence, and adjuvant chemotherapy might be considered in such cases.
  • Takamatsu Shiro; Murakami Kosuke; Takaya Hisamitsu; Tobiume Takako; Nakai Hidekatsu; Suzuki Ayako; Mandai Masaki; Matsumura Noriomi
    MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY 9 1 82 - 86 2018年07月 [査読有り]
  • Hisamitsu Takaya; Hidekatsu Nakai; Kosuke Murakami; Takako Tobiume; Ayako Suzuki; Masaki Mandai; Noriomi Matsumura
    International Journal of Clinical Oncology 23 4 1 - 9 2018年03月 [査読有り]
     
    Objective: The aim of this study was to reveal the efficacy of weekly administration of paclitaxel and carboplatin for advanced ovarian cancer patients with poor performance status (PS). Methods: FIGO stage III/IV ovarian cancer or fallopian tube cancer patients who underwent interval debulking surgery (IDS) followed by neoadjuvant chemotherapy (NAC) were analyzed retrospectively. Patients were divided into two groups based on NAC: weekly paclitaxel and carboplatin (W-TC) and 3 weeks of paclitaxel and carboplatin (TW-TC). Toxicity, efficacy of NAC, surgery outcome, and prognosis were assessed by comparing the two groups. Results: Twenty patients treated with W-TC and 18 patients treated with TW-TC were analyzed. All of the W-TC patients were poor PS (PS ≥ 2), and all of the TW-TC patients were good PS (PS ≤ 1). The overall clinical response rates were 70% in W-TC and 83.4% in TW-TC. In the W-TC group, Grade 3/4 anemia and thrombocytopenia and greater than grade 2 neuropathy were significantly reduced compared to TW-TC patients. A frequency of treatment delay greater than 7 and 14 days, G-CSF support, blood transfusion, and dose reduction or regimen change were also significantly reduced in the W-TC group. The rate of IDS, optimal debulking surgery, complications during operation, and blood transfusion were similar between the W-TC and TW-TC groups. Progression-free survival and overall survival were also similar between the two groups. Conclusion: Our study suggested that NAC with W-TC for poor PS patients with non-treated ovarian cancer reduced the toxicity of chemotherapy and had the same efficacy as TW-TC.
  • Kosuke Murakami; Hidekatsu Nakai; Masato Aoki; Hisamitsu Takaya; Masayo Ukita; Yasushi Kotani; Masao Shimaoka; Takako Tobiume; Isao Tsuji; Ayako Suzuki; Masaki Mandai
    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY 38 4 541 - 546 2017年 [査読有り]
     
    Purpose of investigation: This pilot study aimed to assess the feasibility and efficacy of ultrasonic scalpel ablation for vaginal intraepithelial neoplasia (VAIN) Grade 3 lesions occurring after hysterectomy for cervical malignancies. Materials and Methods: A total of 11 cases of VAIN 3 that occurred after hysterectomy for cervical in-situ and invasive carcinoma were treated using ultrasonic scalpel ablation. The clinical courses and treatment outcomes of the cases were retrospectively analyzed along with four cases that were treated using conventional CO2 laser vaporization. A review of related articles was conducted to compare the therapeutic efficacy and indications for various treatments. Results: In all of the cases, the procedure was conducted safely with no significant complications. After treatment, the cytology of the vaginal stump was normalized in 14 cases (93.3%). One patient's cytology was not normalized; she was treated with a partial vaginectomy. Re-recurrence occurred in three of the four (75%) patients treated with CO2 laser vaporization and three of the 11 (27.3%) patients treated with ultrasonic ablation. All but one patient remained free of disease after the second treatment for VAIN. Conclusion: Ultrasonic ablation may be feasible and convenient and as effective as CO2 laser vaporization for the treatment of VAIN after hysterectomy.
  • Masayo Ukita; Masato Aoki; Kosuke Murakami; Hisamitsu Takaya; Yasushi Kotani; Masao Shimaoka; Takako Tobiume; Hidekatsu Nakai; Isao Tsuji; Ayako Suzuki; Masaki Mandai
    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL PATHOLOGY 35 2 127 - 133 2016年03月 [査読有り]
     
    Nontuberculous mycobacterial (NTM) infection is increasing across the world. Although the most common clinical manifestation of NTM disease is lung disease, a rare form of disseminated NTM disease has also been documented. Disseminated NTM usually develops in severely immunocompromised individuals, especially those with advanced AIDS. This manifestation is rare in non-HIV-infected hosts and is associated with immunosuppressed conditions. However, recent reports have suggested that disseminated NTM disease in immunocompetent patients without HIV infection has been increasing. Dissemination may involve any organ system, but a case in the female genital tract has never been reported. We report a case in a 67-yr-old previously healthy woman who presented with a disseminated NTM infection in the uterine cervix. The primary presentation was general fatigue and body weight loss. The patient also presented with a mass formation that mimicked cervical cancer on magnetic resonance imaging. In addition to the cervical mass, the patient presented with a mass formation in the omentum; wall thickening of the vagina, bladder, and ureter; and retention of pleural/peritoneal fluid. Vaginal cytology was negative. A diagnosis was made only after detecting acid-fast bacilli in a biopsy specimen of cervical mass, which was conducted under suspicion of cervical malignancy. Then, Mycobacterium aviumwas confirmed in a polymerase chain reaction test of cervical tissue. After administration of antimycobacterial therapy, the mass and other findings on magnetic resonance imaging disappeared. Infection in multiple organs leads to the diagnosis of disseminated NTM. This case indicates that, for prompt and accurate diagnosis, efforts to detect specific lesions by an imaging study and to confirm diagnosis pathologically are equally important, especially when local cytology is not convincing. The clinical course of this case may serve as a useful reference in the diagnosis and treatment of NTM.
  • Isao Tsuji; Nahoko Fujinami; Yasushi Kotani; Takako Tobiume; Masato Aoki; Kosuke Murakami; Akiko Kanto; Hisamitsu Takaya; Masayo Ukita; Masao Shimaoka; Hidekatsu Nakai; Ayako Suzuki; Masaki Mandai
    GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION 81 4 325 - 332 2016年 [査読有り]
     
    Aims: To analyze the detailed clinical course of infertile patients with uterine fibroids and to identify optimal and personalized treatment based on the patient or fibroid characteristics. Methods: Retrospective analysis of a case series was performed on 176 infertile patients with fibroids. The patients were classified into different groups according to different treatments (conservative infertility treatment, myomectomy and non-myomectomy surgery). Patient or fibroid characteristics for different groups were analyzed for a possible correlation with the reproductive outcome. Results: The cumulative pregnancy rates by conservative treatment plateaued in 1 year. Myomectomy improved the reproductive outcome in patients who did not conceive with conservative infertility treatments. The most important determinant of the reproductive outcome in patients by conservative treatment prior to surgery was a past patient history of pregnancy. The most important determinant of the reproductive outcome after myomectomy was patient age. Conclusion: Myomectomy should be considered when infertile patients with fibroids do not conceive within 1 year of conservative infertility treatments. The most important determinant of reproductive outcome after myomectomy is patient age. Therefore, for patients younger than 40, the treatment schedule should be carefully considered so that the patients can sufficiently benefit from myomectomy and assisted reproductive technology. (C) 2015 S. Karger AG, Basel

書籍

  • 産科婦人科手術で初めて執刀する時に必ずみておく教科書
    (担当:分担執筆範囲:Chapter 2 腹腔鏡下手術 7. 子宮頸癌手術)南江堂 2024年04月 ISBN: 9784524206728
  • 子宮内膜症・子宮腺筋症-診断アトラス&新たな治療戦略-
    (担当:分担執筆範囲:周閉経期・閉経後の管理(2)卵巣癌予防の観点)中山書店 2021年03月

講演・口頭発表等

  • 当科における進行卵巣癌のPDS R0達成率を上昇させるための試み
    太田 真見子; 加嶋 洋子; 佐藤 華子; 宮川 知保; 青木 稚人; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集 2022年07月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 子宮体がん1A期に対する子宮悪性腫瘍手術における腹腔鏡下手術とロボット支援下手術の比較検討
    加嶋 洋子; 小谷 泰史; 佐藤 華子; 太田 真見子; 宮川 知保; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集 2022年07月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 卵巣明細胞癌マウスモデルの腫瘍免疫の解析および抗IL-6抗体・抗PD-L1抗体の治療効果に関する検討
    宮川 知保; 村上 幸祐; 高村 史記; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集 2022年07月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 子宮頸部嚢胞性病変における子宮鏡下生検の有用性に関する検討
    太田 真見子; 小谷 泰史; 城 玲央奈; 青木 稚人; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 松村 謙臣
    産婦人科手術 2022年06月 (株)メジカルビュー社
  • 子宮体部の胎児腸管様および肝様癌は、AFP産生・脈管侵襲・TP53変異と関連し、早期に遠隔転移する
    大谷 知之; 村上 幸祐; 白石 直樹; 佐藤 隆夫; 松木 充; 松村 謙臣; 伊藤 彰彦
    日本病理学会会誌 2022年03月 (一社)日本病理学会
  • 臨床的侵入奇胎治療後動静脈瘻をみとめIVRを施行した症例
    山本 貴子; 村上 幸祐; 佐藤 華子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 貫戸 明子; 小谷 泰史; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2022年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 子宮頸癌の骨盤リンパ節転移と治療法が予後に及ぼす影響 新IIIC1期に対する最良の治療は何か?
    加嶋 洋子; 佐藤 華子; 太田 真見子; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2022年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 近畿大学病院での女性患者の妊孕性温存療法の実際
    村上 幸祐; 佐藤 華子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 貫戸 明子; 藤浪 菜穂子
    日本がん・生殖医療学会誌 2022年01月 (一社)日本がん・生殖医療学会
  • 当院における男性妊孕性温存療法の現状と問題点
    宮川 知保; 村上 幸祐; 佐藤 華子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 貫戸 明子; 藤浪 菜穂子
    日本がん・生殖医療学会誌 2022年01月 (一社)日本がん・生殖医療学会
  • 腹腔鏡下腟式子宮全摘術と全腹腔鏡下子宮全摘術における比較検討
    笹井 奈穂; 太田 真見子; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2021年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腹腔鏡用超音波検査を用いた腹腔鏡下子宮筋腫核出術における再発予防の工夫と術後再発率の検討
    加嶋 洋子; 小谷 泰史; 佐藤 華子; 太田 真見子; 山本 貴子; 甲斐 冴; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2021年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術時に発生した静脈損傷への対応
    佐藤 華子; 小谷 泰史; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2021年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 山本 貴子; 村上 幸祐; 笹井 奈穂; 太田 真見子; 加嶋 洋子; 森内 芳; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 川崎 薫; 小谷 泰史; 中井 英勝; 松村 謙臣
    産婦人科の進歩 2021年10月 「産婦人科の進歩」編集室
  • 進行卵巣癌における審査腹腔鏡を用いた治療方針決定に関する検討
    太田 真見子; 小谷 泰史; 佐藤 華子; 加嶋 洋子; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2021年09月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術後における周産期予後に対する検討
    笹井 奈穂; 太田 真見子; 佐藤 華子; 加嶋 洋子; 山本 貴子; 森内 芳; 宮川 知保; 青木 稚人; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2021年09月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術における適応の限界と自己血輸血の必要性についての検討
    加嶋 洋子; 小谷 泰史; 笹井 奈穂; 太田 真見子; 佐藤 華子; 森内 芳; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 川崎 薫; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2021年09月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫瘍核出術における腹腔鏡用超音波検査を用いた再発予防の工夫と検討
    小谷 泰史; 村上 幸祐; 笹井 奈穂; 佐藤 華子; 加嶋 洋子; 太田 真見子; 山本 貴子; 森内 芳; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 川崎 薫; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2021年09月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 同一のミスマッチ修復分子の欠損を示すも、組織型が異なる子宮・卵巣の重複がんの一例
    太田 真見子; 佐藤 華子; 宮川 知保; 青木 稚人; 村上 幸祐; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集 2021年07月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 近交系卵巣明細胞癌マウスモデルの樹立と腫瘍免疫の解析
    村上 幸祐; 宮川 知保; 加藤 茂樹; 高村 史記; 宮澤 正顯; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集 2021年07月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 絨毛膜羊膜炎による早産症例の胎盤のマイクロバイオームついての検討
    城 玲央奈; 葉 宜慧; 太田 真見子; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 村上 幸祐; 小谷 泰史; 松村 謙臣
    日本周産期・新生児医学会雑誌 2021年06月 (一社)日本周産期・新生児医学会
  • 腹腔鏡下広汎子宮全摘術での膀胱子宮靱帯の安全に行う手術操作と病理学的検討
    小谷 泰史; 村上 幸祐; 佐藤 華子; 太田 真見子; 城 玲央奈; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    産婦人科手術 2021年06月 (株)メジカルビュー社
  • ロボット時代を見据えた悪性鏡視下手術での後腹膜腔へのアプローチ
    村上 幸祐; 小谷 泰史; 太田 真見子; 佐藤 華子; 城 玲央奈; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    産婦人科手術 2021年06月 (株)メジカルビュー社
  • 山本 貴子; 小谷 泰史; 笹井 奈穂; 太田 真見子; 城 玲央奈; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    産婦人科の進歩 2021年05月 「産婦人科の進歩」編集室
  • 子宮留膿腫に関連して生じた内膜偽リンパ腫
    大谷 知之; 村上 幸祐; 木村 雅友; 松木 充; 佐藤 隆夫; 松村 謙臣; 伊藤 彰彦
    日本病理学会会誌 2021年03月 (一社)日本病理学会
  • 腹腔鏡下子宮体癌手術後に生じた下腿コンパートメント症候群の一例と文献的考察
    佐藤 華子; 小谷 泰史; 太田 真見子; 村上 幸祐; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2021年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 当院で経験したTwin Anemia-Polycythemia Sequence(TAPS)の2例
    山本 貴子; 葉 宜慧; 太田 真見子; 佐藤 華子; 城 玲央奈; 宮川 知保; 青木 稚人; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 小谷 泰史; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2021年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 婦人科腫瘍におけるマイクロサテライト不安定性(MSI)の頻度
    青木 稚人; 中井 英勝; 笹井 奈穂; 太田 真見子; 佐藤 華子; 山本 貴子; 宮川 知保; 八幡 環; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2021年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 当院でのプラチナ製剤感受性再発卵巣癌に対するオラパリブ投与症例の臨床学的検討
    笹井 奈穂; 太田 真見子; 佐藤 華子; 城 玲央奈; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2021年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 腹腔鏡下子宮全摘術における術式の比較検討(TLH vs.LAVH)
    小谷 泰史; 村上 幸祐; 城 玲央奈; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2021年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 当科での内視鏡下手術の教育法について
    八幡 環; 小谷 泰史; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2021年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 子宮体がん1A期に対するロボット支援下手術での腹腔鏡下手術との比較検討
    小谷 泰史; 太田 真見子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2021年01月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 卵巣高異型度漿液性癌の形態学的サブタイプに基づくベバシズマブの効果予測
    宮川 知保; 中井 英勝; 太田 真見子; 城 玲央奈; 山本 貴子; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2021年01月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 卵巣明細胞癌と子宮内膜のPIK3CA遺伝子変異の解析
    村上 幸祐; 城 玲央奈; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2021年01月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 当科における早期子宮頸癌における内視鏡下広汎子宮全摘術の手術成績の後方視的検討
    八幡 環; 小谷 泰史; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2021年01月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 多彩な組織像を呈したovarian teratoid carcinosarcomaの一例
    青木 稚人; 大谷 知之; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2021年01月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 自然破裂を来した卵巣漿液粘液性境界悪性腫瘍3症例
    太田 真見子; 山本 貴子; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2021年01月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 婦人科疾患に対するロボット支援下手術の適応と限界 ロボット支援下手術の教育方法 若手医師への適応と限界
    小谷 泰史; 村上 幸祐; 笹井 奈穂; 太田 真見子; 城 玲央奈; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2020年11月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 若手医師に対する腹腔鏡手術の教育 国内留学を通じてTLHの教育を受け、技術認定医を目指す(教わる側)
    八幡 環; 小谷 泰史; 笹井 奈穂; 太田 真見子; 山本 貴子; 城 玲央奈; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高谷 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2020年11月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術時に発生した静脈損傷への対応
    宮川 知保; 小谷 泰史; 太田 真見子; 山本 貴子; 城 玲央奈; 藤島 理沙; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2020年11月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 進行子宮頸癌に対する腹腔鏡下傍大動脈リンパ節生検術の有用性と安全性の検討
    宮川 知保; 村上 幸祐; 太田 真見子; 山本 貴子; 城 玲央奈; 藤島 理沙; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2020年11月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下手術におけるリデューサースリーブとEndoロールを用いたセプラフィルムの挿入、貼付方法
    笹井 奈穂; 小谷 泰史; 太田 真見子; 城 玲央奈; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2020年11月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下仙骨腟固定術の術後に発症した腸閉塞の1例
    貫戸 明子; 小谷 泰史; 笹井 奈穂; 太田 真見子; 山本 貴子; 城 玲央奈; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2020年11月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 卵巣腫瘍茎捻転に対する機能温存手術 卵巣腫瘍茎捻転における卵巣機能温存を目指した腹腔鏡下手術
    山本 貴子; 小谷 泰史; 笹井 奈穂; 太田 真見子; 城 玲央奈; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2020年11月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清 傍大動脈リンパ節郭清術におけるロボット支援下手術と腹腔鏡下手術の有効性
    青木 稚人; 小谷 泰史; 笹井 奈穂; 太田 真見子; 城 玲央奈; 山本 貴子; 宮川 知保; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2020年11月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 卵巣癌における低侵襲手術 進行卵巣癌における腹腔鏡下腫瘍生検に関する検討
    太田 真見子; 小谷 泰史; 笹井 奈穂; 城 玲央奈; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2020年11月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 子宮体癌に対する腹腔鏡手術(術式選択やセンチネルリンパ節生検含む) 超常磁性酸化鉄(Super Paramagnetic Iron Oxide:SPIO)を用いた、早期子宮体癌のリンパ節郭清範囲およびセンチネルリンパ節についての検討
    村上 幸祐; 小谷 泰史; 笹井 奈穂; 太田 真見子; 佐藤 華子; 城 玲央奈; 山本 貴子; 甲斐 冴; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2020年11月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 卵巣明細胞癌と子宮内膜のPIK3CA変異の関係
    村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本癌学会総会記事 2020年10月 (一社)日本癌学会
  • 機械学習によるコルポスコープ画像における白色上皮領域検出の基礎的検討
    篠原 寿広; 天野 裕太; 村上 幸祐; 中迫 昇; 松村 謙臣
    日本医用画像工学会大会予稿集 2020年09月 日本医用画像工学会
  • 子宮吊り上げ後方アプローチ式腹腔鏡下広汎子宮全摘出術の術者間再現性について
    安彦 郁; 堀江 昭史; 伊藤 美幸; 吉岡 信也; 村上 幸祐; 池田 愛紗美; 鈴木 直宏; 渡部 光一; 江本 郁子; 天野 泰彰; 宇治田 麻里; 高尾 由美; 高倉 賢二; 小西 郁生
    産婦人科手術 2020年08月 (株)メジカルビュー社
  • 腹腔鏡下手術での新たなセプラフィルムの挿入、貼付方法(のの字法とEndoロール法)
    城 玲央奈; 小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    産婦人科手術 2020年08月 (株)メジカルビュー社
  • 鏡視下時代の手術教育〜どのように教えるか?〜 大学病院において、若手医師や医学部生に教える内視鏡下手術
    小谷 泰史; 太田 真見子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    産婦人科手術 2020年08月 (株)メジカルビュー社
  • 腹腔鏡下手術において発症したトロッカーサイトヘルニアに対する検討  [通常講演]
    山本 貴子; 小谷 泰史; 太田 真見子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 八幡 環; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    産婦人科の進歩 2020年05月 「産婦人科の進歩」編集室
  • Cervical elastography for predicting time to labor onsetat third trimester(和訳中)  [通常講演]
    Yo Yoshie; Yamamoto Kiko; Shiro Reona; Murakami Kosuke; Takaya Hisamitsu; Fujishima Risa; Kai Sayaka; Suzuki Ayako; Nakai Hidekatsu; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2020年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • Management strategies for brain tumors during pregnancy:A case report and literature review(和訳中)  [通常講演]
    Shiro Reona; Yamamoto Kiko; Kai Sayaka; Fujishima Risa; Aoki Masato; Yahata Tamaki; Yo Yoshie; Murakami Kosuke; Kanto Akiko; Takaya Hisamitsu; Suzuki Ayako; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2020年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • Placental abruption led to the diagnosis of Acute promyelocytic leukemia during pregnancy:A Case Report(和訳中)  [通常講演]
    Miyagawa Chiho; Ohta Mamiko; Yamamoto Kiko; Fujishima Risa; Aoki Masato; Yahata Tamaki; Murakami Kosuke; Takaya Hisamitsu; Kotani Yasushi; Nakai Hidekatsu; Suzuki Ayako; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2020年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • Relationship between PIK3CA mutations in ovarian clear cell carcinoma and the endometrium(和訳中)  [通常講演]
    Murakami Kosuke; Ohta Mamiko; Shiro Reona; Kai Sayaka; Aoki Masato; Yahata Tamaki; Yo Yoshie; Kanto Akiko; Takaya Hisamitsu; Kotani Yasushi; Nakai Hidekatsu; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2020年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • Homologous recombination deficiency and copy number alteration varies in a course of treatment in high grade serous ovarian cancer(和訳中)  [通常講演]
    Takaya Hisamitsu; Nakai Hidekatsu; Suzuki Ayako; Kotani Yasushi; Murakami Kosuke; Yahata Tamaki; Aoki Masato; Miyagawa Chiho; Shiro Reona; Ohta Mamiko; Kai Sayaka; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2020年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • マイクロサテライト不安定性(MSI)の頻度とその実情  [通常講演]
    青木 稚人; 中井 英勝; 太田 真見子; 山本 貴子; 城 玲央奈; 宮川 知保; 八幡 環; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2020年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 早期子宮頸癌における内視鏡下広汎子宮全摘術の手術成績の後方視的検討  [通常講演]
    八幡 環; 小谷 泰史; 太田 真見子; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2020年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 子宮筋腫と肉腫のMRI画像による鑑別方法とその限界  [通常講演]
    鈴木 彩子; 山本 貴子; 城 玲央奈; 宮川 知保; 藤島 理沙; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2020年03月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術における再手術に関する解析  [通常講演]
    藤島 理沙; 小谷 泰史; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2019年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 子宮頸癌IB1期に対する内視鏡下広汎子宮全摘術と腹式広汎子宮全摘術の比較検討  [通常講演]
    八幡 環; 小谷 泰史; 甲斐 冴; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2019年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 子宮体癌に対する腹腔鏡手術の中期成績と合併症 早期子宮体癌に対する腹腔鏡手術の手術成績と予後の関する検討  [通常講演]
    佐藤 華子; 小谷 泰史; 大須賀 拓真; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2019年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC):有用性と合併症対策 骨盤臓器脱に対する腹腔鏡下仙骨腟固定術の手術成績とその他の術式との比較検討  [通常講演]
    小谷 泰史; 村上 幸祐; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2019年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術:術式の工夫 当施設における腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術の安全で定型化した術式  [通常講演]
    大須賀 拓真; 小谷 泰史; 藤島 理沙; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2019年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 子宮腺筋症に対する機能温存手術-開腹か腹腔鏡下か 子宮腺筋症切除術における腹腔鏡下手術と開腹手術の術後妊娠率と再手術率での比較検討  [通常講演]
    小谷 泰史; 藤島 理沙; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2019年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 子宮頸癌に対する低侵襲手術(MIS)への取り組み 安全・確実な腹腔鏡下広汎子宮全摘術の確立  [通常講演]
    村上 幸祐; 小谷 泰史; 甲斐 冴; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2019年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 子宮筋腫と肉腫のMRI画像による鑑別方法とその限界  [通常講演]
    鈴木 彩子; 城 玲央奈; 藤島 理沙; 宮川 知保; 甲斐 冴; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 中井 英勝; 辻 勲; 松木 充; 松村 謙臣
    近畿大学医学雑誌 2019年12月 近畿大学医学会
  • 円錐切除後の子宮頸管狭窄/閉鎖症に対して子宮鏡下手術を併用して頸管拡張を行った4例  [通常講演]
    城 玲央奈; 小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本子宮鏡研究会雑誌 2019年11月 日本子宮鏡研究会
  • 長期間GnRHa療法を使用している重症子宮内膜症の2症例での骨密度について  [通常講演]
    小谷 泰史; 甲斐 冴; 葉 宜慧; 八幡 環; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本骨粗鬆症学会雑誌 2019年09月 (一社)日本骨粗鬆症学会
  • 高悪性度漿液性卵巣癌(HGSOC)の組織病理学的サブタイプと腫瘍の微小血管密度との関連性(The association between high-grade serous ovarian carcinoma(HGSOC) histopathological subtypes and tumor microvessel density)  [通常講演]
    Ohsuga Takuma; Nakai Hidekatsu; Satou Hanako; Kai Sayaka; Aoki Masato; Yo Yoshie; Murakami Kosuke; Kanto Akiko; Takaya Hisamitsu; Kotani Yasushi; Tsuji Isao; Matsumura Noriomi
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 2019年08月 John Wiley & Sons Australia, Ltd
  • SPIO法による骨盤リンパ節転移の診断(SPIO method for the diagnosis of pelvic lymph node metastasis)  [通常講演]
    Murakami Kosuke; Suzuki Ayako; Ohsuga Takuma; Kai Sayaka; Fujishima Risa; Aoki Masato; Yo Yoshie; Takaya Hisamitsu; Kotani Yasushi; Nakai Hidekatsu; Tsuji Isao; Matsumura Noriomi
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 2019年08月 John Wiley & Sons Australia, Ltd
  • Retained products of conceptionに対する保存的治療中の出血(Bleeding during conservative management of retained products of conception)  [通常講演]
    Fujishima Risa; Shimaoka Masao; Satou Hanako; Shiro Reona; Yo Yoshie; Murakami Kosuke; Kanto Akiko; Takaya Hisamitsu; Kotani Yasushi; Tsuji Isao; Suzuki Ayako; Matsumura Noriomi
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 2019年08月 John Wiley & Sons Australia, Ltd
  • クローン性とヘテロ接合性の消失は高悪性度漿液性卵巣癌の予後および分子サブタイプと関連する(Clonality and loss of heterozygosity are associated with prognosis and molecular subtypes in high grade serous ovarian cancer)  [通常講演]
    Takaya Hisamitsu; Nakai Hidekatsu; Satou Hanako; Shiro Reona; Ohsuga Takuma; Kai Sayaka; Aoki Masato; Yo Yoshie; Murakami Kosuke; Kotani Yasushi; Suzuki Ayako; Matsumura Noriomi
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 2019年08月 John Wiley & Sons Australia, Ltd
  • 大須賀 拓真; 小谷 泰史; 城 玲央奈; 藤島 理沙; 甲斐 冴; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2019年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 佐藤 華子; 小谷 泰史; 大須賀 拓真; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2019年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 村上 幸祐; 小谷 泰史; 城 玲央奈; 大須賀 拓真; 甲斐 冴; 藤島 理沙; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2019年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 八幡 環; 小谷 泰史; 城 玲央奈; 甲斐 冴; 藤島 理沙; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2019年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 小谷 泰史; 村上 幸祐; 藤島 理沙; 青木 稚人; 八幡 環; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣; 杉本 真樹
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2019年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 小谷 泰史; 藤島 理沙; 城 玲央奈; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 八幡 環; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2019年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • ランダム化比較試験におけるバーチャルリアリティシミュレーターを用いた医学教育実習の有用性の検討  [通常講演]
    小谷 泰史; 藤島 理沙; 城 玲央奈; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    医学教育 2019年07月 (一社)日本医学教育学会
  • 臨床実習での腹腔鏡トレーニングボックス実習と賞罰の効果  [通常講演]
    藤島 理沙; 小谷 泰史; 城 玲央奈; 甲斐 冴; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿充; 中井 英勝; 鈴木 彩子
    医学教育 2019年07月 (一社)日本医学教育学会
  • 明細胞癌に合併し未熟奇形種から発生した横紋筋肉腫の一例  [通常講演]
    青木 稚人; 村上 幸祐; 中井 英勝; 大須賀 拓真; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2019年06月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • SPIO-MRIと鉄染色は、子宮頸癌・体癌のセンチネルリンパ節同定およびリンパ節転移診断に有用である  [通常講演]
    村上 幸祐; 鈴木 彩子; 佐藤 華子; 城 玲央奈; 大須賀 拓真; 甲斐 冴; 藤島 理沙; 青木 稚人; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 中井 英勝; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2019年06月
  • 小谷泰史; 佐藤華子; 大須賀拓真; 藤島理沙; 青木稚人; 葉宜慧; 村上幸祐; 貫戸明子; 高矢寿光; 中井英勝; 鈴木彩子; 松村謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2019年02月
  • 辻勲; 藤島理沙; 佐藤華子; 城玲央奈; 甲斐冴; 青木稚人; 葉宜慧; 村上幸祐; 貫戸明子; 小谷泰史; 鈴木彩子; 松村謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2019年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 高グレード卵巣漿液性がん(HGSOC)の組織病理学的なサブタイプと腫瘍微小血管密度の関連性(The association between high-grade serous ovarian carcinoma(HGSOC) histopathological subtypes and tumor microvessel density)  [通常講演]
    Ohsuga Takuma; Nakai Hidekatsu; Satou Hanako; Kai Sayaka; Aoki Masato; Yo Yoshie; Murakami Kosuke; Kanto Akiko; Takaya Hisamitsu; Kotani Yasushi; Tsuji Isao; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2019年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 骨盤リンパ節転移の診断のためのSPIO検査法(SPIO method for the diagnosis of pelvic lymph node metastasis)  [通常講演]
    Murakami Kosuke; Suzuki Ayako; Ohsuga Takuma; Kai Sayaka; Fujishima Risa; Aoki Masato; Yo Yoshie; Takaya Hisamitsu; Kotani Yasushi; Nakai Hidekatsu; Tsuji Isao; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2019年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 妊娠産物の温存治療中の出血(Bleeding during conservative management of retained products of conception)  [通常講演]
    Fujishima Risa; Shimaoka Masao; Satou Hanako; Shiro Reona; Yo Yoshie; Murakami Kosuke; Kanto Akiko; Takaya Hisamitsu; Kotani Yasushi; Tsuji Isao; Suzuki Ayako; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2019年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 高グレード卵巣漿液性がんにおいてクローン性および不均質性の喪失は予後および分子的なサブタイプと関連している(Clonality and loss of heterozygosity are associated with prognosis and molecular subtypes in high grade serous ovarian cancer)  [通常講演]
    Takaya Hisamitsu; Nakai Hidekatsu; Satou Hanako; Shiro Reona; Ohsuga Takuma; Kai Sayaka; Aoki Masato; Yo Yoshie; Murakami Kosuke; Kotani Yasushi; Suzuki Ayako; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2019年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 卵巣子宮内膜症性嚢胞の癌化に関する新見解  [通常講演]
    城 玲央奈; 大須賀 拓真; 甲斐 冴; 藤島 理沙; 青木 稚人; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2019年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 卵巣子宮内膜症性嚢胞の前癌病変の評価についての検討  [通常講演]
    甲斐 冴; 中井 英勝; 佐藤 華子; 城 玲央奈; 藤島 理沙; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2019年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 腹腔鏡下広汎子宮全摘術における膀胱子宮靱帯の安全に行う手術操作とその解剖  [通常講演]
    小谷 泰史; 佐藤 華子; 大須賀 拓真; 藤島 理沙; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2019年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 村上幸祐; 鈴木彩子; 佐藤華子; 城玲央奈; 山本貴子; 大須賀拓真; 甲斐冴; 藤島理沙; 青木稚人; 葉宜慧; 貫戸明子; 高矢寿光; 小谷泰史; 中井英勝; 辻勲; 石井一成; 柏木伸夫; 佐藤隆夫; 榎木英介; 松村謙臣
    近畿大学医学雑誌 2018年12月
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術における針の種類からみた縫合時間の検討  [通常講演]
    佐藤 華子; 小谷 泰史; 藤島 理沙; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2018年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腹腔鏡下広汎子宮全摘術における安全に膀胱子宮靱帯処理を行う手術手技  [通常講演]
    大須賀 拓真; 小谷 泰史; 佐藤 華子; 藤島 理沙; 甲斐 冴; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2018年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 困難例に対する腹腔鏡下異所性妊娠手術  [通常講演]
    藤島 理沙; 小谷 泰史; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2018年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 婦人科ロボット手術保険収載後の検証:現状と未来 婦人科領域におけるロボット支援手術の現状と今後の課題  [通常講演]
    小谷 泰史; 鈴木 彩子; 佐藤 華子; 藤島 理沙; 甲斐 冴; 大須賀 拓真; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2018年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 婦人科領域での骨盤内解剖に基づいたロボット支援下手術の利点  [通常講演]
    村上 幸祐; 小谷 泰史; 佐藤 華子; 大須賀 拓真; 藤島 理沙; 青木 稚人; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2018年12月
  • 未成年における腹腔鏡下手術の現状とその特徴について  [通常講演]
    甲斐 冴; 小谷 泰史; 佐藤 華子; 山本 貴子; 城 玲央奈; 藤島 理沙; 大須賀 拓真; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本女性医学学会雑誌 2018年10月 (一社)日本女性医学学会
  • 腹腔鏡下仙骨腟固定術を安全に行うための工夫 造影CTで仙骨前面の血管を明らかにする  [通常講演]
    小谷 泰史; 村上 幸祐; 佐藤 華子; 山本 貴子; 城 玲央奈; 藤島 理沙; 大須賀 拓真; 甲斐 冴; 青木 稚人; 葉 宜慧; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本女性医学学会雑誌 2018年10月 (一社)日本女性医学学会
  • 精度の高い診断と安全に子宮鏡下手術を行うための外来子宮鏡検査  [通常講演]
    小谷 泰史; 辻 勲; 佐藤 華子; 城 玲央奈; 藤島 理沙; 甲斐 冴; 大須賀 拓真; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    産婦人科の進歩 2018年09月 「産婦人科の進歩」編集室
  • Takaya Hisamitsu; Nakai Hidekatsu; Murakami Kosuke; Tobiume Takako; Suzuki Ayako; Mandai Masaki; Matsumura Noriomi
    International Journal of Clinical Oncology 2018年08月 シュプリンガー・ジャパン(株)
     
    ステージIII/IVの卵巣癌または卵管癌に罹患し、早期腫瘍縮小手術を施行され、その術前と術後に補助化学療法を施行された症例を後ろ向きに調査し、化学療法としてパクリタキセル+カルボプラチンのweekly投与を行った20例(1W群)と3週おき投与を行った18例(3W群)の成績を比較した。どちらの投与スケジュールで化学療法を行うかはパフォーマンスステータス(PS)に基づいて判定し、PSが1以下で良好な患者は3W群、不良な患者は1W群に割り付けられた。全臨床的奏効率は1W群では70%、3W群では83.4%であった。グレード3/4の貧血や血小板減少症、およびグレード2以上のニューロパチーの事象数は3W群に対し1W群で有意に少なかった。治療の7日間および14日間の遅れ、顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)支援療法、輸血治療、投与量の減量やレジメンの変更、の各事象の頻度は1W群の方が有意に低かった。無増悪生存期間や全生存期間などについては両群間で有意差は認められなかった。PS不良な未治療卵巣癌患者に対し補助化学療法をweekly投与で行った場合、化学療法の毒性は低減されつつ、3週おき投与の場合と同じ有効性が得られることが示唆された。
  • 腹腔鏡下広汎子宮全摘術における膀胱子宮靱帯処理を安全に行う手術手技の確立 できる限り膀胱を剥離し、安全に血管の処理を行う  [通常講演]
    小谷 泰史; 鈴木 彩子; 佐藤 華子; 山本 貴子; 城 玲央奈; 藤島 理沙; 大須賀 拓真; 甲斐 冴; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 辻 勲; 中井 英勝; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2018年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 遺伝性乳癌卵巣癌症候群に対するリスク低減卵巣卵管切除術を施行した3例  [通常講演]
    甲斐 冴; 小谷 泰史; 佐藤 華子; 山本 貴子; 城 玲央奈; 藤島 理沙; 大須賀 拓真; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2018年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下仙骨腟固定術と従来式手術での手術成績と術後再発率の比較検討  [通常講演]
    貫戸 明子; 小谷 泰史; 佐藤 華子; 山本 貴子; 城 玲央奈; 藤島 理沙; 大須賀 拓真; 甲斐 冴; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2018年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下広汎子宮全摘術と全腹腔鏡下子宮全摘術との共通点を意識した腹腔鏡下仙骨腟固定術  [通常講演]
    小谷 泰史; 村上 幸祐; 佐藤 華子; 山本 貴子; 城 玲央奈; 藤島 理沙; 大須賀 拓真; 甲斐 冴; 青木 稚人; 葉 宜慧; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2018年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 当施設における腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術の手術成績と合併症の検討  [通常講演]
    大須賀 拓真; 小谷 泰史; 佐藤 華子; 城 玲央奈; 山本 貴子; 藤島 理沙; 甲斐 冴; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2018年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 小谷泰史; 飛梅孝子; 山本貴子; 藤島理沙; 宮川知保; 青木稚人; 葉宜慧; 高松士朗; 村上幸祐; 高矢寿光; 島岡昌生; 中井英勝; 鈴木彩子; 辻勲; 松村謙臣
    日本エンドメトリオーシス学会会誌 2018年07月
  • 子宮腺筋症の妊孕性温存手術 腹腔鏡下子宮腺筋症切除術における術後妊娠率と再手術率 開腹手術との比較検討  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 高松 士朗; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本エンドメトリオーシス学会会誌 2018年07月 日本エンドメトリオーシス学会
     
    当院で子宮腺筋症切除術を施行した28例を対象に、術式別に腹腔鏡下手術(A)群16例と開腹手術(B)群12例に分け、術後妊娠率と再手術率について比較検討した。その結果、術後妊娠率はA群が38%、B群が40%と有意差を認めなかった。術後再手術率はA群は13%、B群は50%と、B群で有意に多かったが、累積再手術率については2群間で有意差は認められなかった。
  • 産婦人科内視鏡手術の安全に配慮したスキルアップ 若手医師に対する安全に配慮した内視鏡下手術の教育  [通常講演]
    藤島 理沙; 小谷 泰史; 佐藤 華子; 山本 貴子; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本外科系連合学会誌 2018年05月 日本外科系連合学会
  • 若手医師へ、内視鏡手術スキルアップの秘訣 ゆとり世代の若手医師に教える腹腔鏡下子宮全摘術  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 佐藤 華子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 青木 稚人; 葉 宜慧; 高松 士朗; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本外科系連合学会誌 2018年05月 日本外科系連合学会
  • 村上幸祐; 鈴木彩子; 佐藤華子; 山本貴子; 藤島理沙; 青木稚人; 高松士朗; 葉宜慧; 貫戸明子; 高矢寿光; 小谷泰史; 飛梅孝子; 中井英勝; 辻勲; 松村謙臣
    産婦人科の進歩 2018年05月
  • 子宮頸管エラストグラフィーを用いた分娩時期の予測に関する検討  [通常講演]
    島岡 昌生; 葉 宜慧; 佐藤 華子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    超音波医学 2018年04月 (公社)日本超音波医学会
  • 高悪性度漿液性卵巣癌における化学療法後のoligoclonality(Oligoclonality following chemotherapy in high grade serous ovarian cancer)  [通常講演]
    Takaya Hisamitsu; Nakai Hidekatsu; Tobiume Takako; Suzuki Ayako; Murakami Kosuke; Takamatsu Shiro; Shimaoka Masao; Yo Yoshie; Aoki Masato; Fujishima Risa; Sato Hanako; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2018年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 腺筋症患者におけるホルモン療法の限界(Limitations of hormonal therapy in adenomyosis patients)  [通常講演]
    Miyagawa Chiho; Tobiume Takako; Kotani Yasushi; Yamamoto Kiko; Fujishima Risa; Aoki Masato; Yo Yoshie; Murakami Kosuke; Takaya Hisamitsu; Nakai Hidekatsu; Suzuki Ayako; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2018年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 骨盤リンパ節転移のSPIOを用いた診断法(SPIO method for the diagnosis of pelvic lymph node metastasis)  [通常講演]
    Murakami Kosuke; Suzuki Ayako; Sato Hanako; Fujishima Risa; Aoki Masato; Takamatsu Shiro; Yo Yoshie; Kanto Akiko; Takaya Hisamitsu; Tobiume Takako; Nakai Hidekatsu; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2018年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 残存筋腫を退縮させるためのLM手術中腹腔鏡下超音波検査の有効性(The effectiveness of laparoscopic ultrasonography during LM operation to reduce residual myomas)  [通常講演]
    Shigeta Mamoru; Kotani Yasushi; Yamamoto Kiko; Aoki Masato; Takamatsu Shiro; Yo Yoshie; Murakami Kosuke; Takaya Hisamitsu; Shimaoka Masao; Tobiume Takako; Tsuji Isao; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科学会雑誌 2018年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • バーチャルリアリティシミュレーターを用いた医学教育実習は解剖学的知識の増加に役立つか?  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 青木 稚人; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 貫戸 明子; 島岡 昌生; 中井 英勝; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2018年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • チョコレート嚢胞合併不妊の手術適応に関する検討  [通常講演]
    辻 勲; 藤島 理沙; 山本 貴子; 青木 稚人; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2018年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 子宮筋腫核出術術後妊娠における周産期予後に関する解析 腹腔鏡手術と開腹手術との比較  [通常講演]
    藤島 理沙; 小谷 泰史; 山本 貴子; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 貫戸 明子; 島岡 昌生; 中井 英勝; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2018年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 卵巣腫瘍(高カルシウム血症型小細胞癌),Stage IVにVPCBAE療法を施行した1例  [通常講演]
    佐藤 華子; 鈴木 彩子; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 葉 宜慧; 高松 士朗; 青木 稚人; 山本 貴子; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2018年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • ジエノゲスト長期投与継続の工夫  [通常講演]
    飛梅 孝子; 小谷 泰史; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 貫戸 明子; 島岡 昌生; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2018年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 当院におけるOncofertilityの現況について
    青木 稚人; 辻 勲; 佐藤 華子; 藤島 理沙; 葉 宜慧; 高松 士朗; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 松村 謙臣
    日本産科婦人科学会雑誌 2018年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 上皮性卵巣癌のクローン組成とコピー数変異(Clonal composition and copy number variation of epithelial ovarian cancer)  [通常講演]
    Takaya Hisamitsu; Nakai Hidekatsu; Ukita Masayo; Murakami Kosuke; Shigeta Mamoru; Fujishima Risa; Miyagawa Chiho; Takamatsu Shiro; Tobiume Takako; Suzuki Ayako; Tsuji Isao; Mandai Masaki
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 2017年12月 John Wiley & Sons Australia, Ltd
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術における術中出血量推定因子としての筋腫サイズと自己血輸血の必要性についての検討  [通常講演]
    宮川 知保; 小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 重田 護; 高松 士朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2017年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 子宮内膜癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術 当院での取り組み・成績・応用  [通常講演]
    飛梅 孝子; 小谷 泰史; 中井 英勝; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 鈴木 彩子
    日本内視鏡外科学会雑誌 2017年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 鼠径ヘルニアを合併した卵巣茎捻転を繰り返す症例に腹腔鏡下で卵巣固定と鼠径ヘルニア縫合を行った1例  [通常講演]
    青木 稚人; 小谷 泰史; 山本 貴子; 高松 士朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子
    日本内視鏡外科学会雑誌 2017年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 妊孕性温存のための術後癒着と再発予防に配慮した腹腔鏡下子宮筋腫核出術  [通常講演]
    藤島 理沙; 小谷 泰史; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 護; 高松 士朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 鈴木 彩子
    日本内視鏡外科学会雑誌 2017年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 骨盤臓器脱の手術 腹腔鏡下仙骨腟固定術を安全に行う工夫と若手医師への教育  [通常講演]
    小谷 泰史; 村上 幸祐; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 護; 高松 士朗; 葉 宜慧; 高矢 寿光; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 松村 謙臣
    日本内視鏡外科学会雑誌 2017年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 筋腫摘出術後の再発率に関する研究 直視下筋腫摘出術と腹腔鏡下筋腫摘出術の比較(A study of recurrence rate after myomectomy: open myomectomy vs laparoscopic myomectomy)  [通常講演]
    Kotani Yasushi; Tobiume Takako; Fujishima Risa; Shigeta Mamoru; Murakami Kosuke; Takaya Hisamitsu; Nakai Hidekatsu; Suzuki Ayako; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2017年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 早期子宮体癌におけるセンチネルリンパ節の腹腔鏡生検の導入と評価(Introduction and evaluation of laparoscopic biopsy of sentinel lymph nodes in early-stage uterine corpus carcinoma)  [通常講演]
    Kotani Yasushi; Murakami Kosuke; Takamatsu Shiro; Yo Yoshie; Takaya Hisamitsu; Nakai Hidekatsu; Tobiume Takako; Tsuji Isao; Suzuki Ayako; Matsumura Noriomi
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2017年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡手術において発症したトロッカー穿刺による合併症に関する検討  [通常講演]
    山本 貴子; 小谷 泰史; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 雅人; 重田 護; 高松 士郎; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2017年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術における腹腔鏡超音波検査の有効性の検討  [通常講演]
    重田 護; 小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 高松 士朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2017年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 困難症例に対する腹腔鏡下子宮全摘術 子宮内膜症、頸部筋腫、巨大子宮の当科での対応  [通常講演]
    高矢 寿光; 小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 護; 高松 士朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 島岡 昌生; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2017年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 子宮鏡技術認定医として育成を目指した子宮鏡下手術  [通常講演]
    小谷 泰史; 小池 英爾; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 護; 高松 士朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2017年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 研修医に教えるステップ式腹腔鏡下子宮全摘術  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 護; 高松 士朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2017年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 子宮内膜癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術 当院での取り組み・成績・応用  [通常講演]
    飛梅 孝子; 小谷 泰史; 高松 志朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 松村 謙臣; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2017年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術での手術適応から術後成績 過去の成績に基づいた当科での指針  [通常講演]
    藤島 理沙; 小谷 泰史; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 護; 高松 士郎; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 辻 勲; 松村 謙臣
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2017年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • バーチャルリアリティシミュレーターを用いた医学教育実習の導入と有用性の検討  [通常講演]
    小谷 泰史; 鈴木 彩子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 護; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 辻 勲; 松村 謙臣
    医学教育 2017年08月 (一社)日本医学教育学会
  • 村上幸祐; 鈴木彩子; 山本貴子; 藤島理沙; 宮川知保; 重田護; 高松士朗; 葉宜慧; 貫戸明子; 高矢寿光; 小谷泰史; 島岡昌生; 飛梅孝子; 中井英勝; 辻勲; 万代昌紀
    日本婦人科腫よう学会雑誌 2017年06月
  • 子宮頸部・子宮内膜・卵巣に異なる組織型の浸潤癌を同時に認めた3重複癌の1例  [通常講演]
    高松 士朗; 重田 護; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2017年06月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 子宮体癌に対するロボット支援下傍大動脈リンパ節郭清における開腹術との比較検討  [通常講演]
    小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 護; 葉 宜慧; 高松 士朗; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2017年06月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 婦人科手術における3D-CT画像を用いた術前シミュレーションの有用性  [通常講演]
    鈴木 彩子; 村上 幸祐; 小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 重田 護; 高松 志朗; 葉 宜慧; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 万代 昌紀
    産婦人科手術 2017年06月 (株)メジカルビュー社
  • 悪性腫瘍を疑った膀胱および腸管子宮内膜症の1例  [通常講演]
    貫戸 明子; 小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 護; 高松 士朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    産婦人科の進歩 2017年05月 「産婦人科の進歩」編集室
  • 帝王切開術後に出血を繰り返し、術後管理に難渋した臨床的急性妊娠脂肪肝の1例  [通常講演]
    山本 貴子; 島岡 昌生; 葉 宜慧; 藤島 理沙; 宮川 知保; 重田 護; 高松 士朗; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    産婦人科の進歩 2017年05月 「産婦人科の進歩」編集室
  • 抗凝固療法中に妊娠36週で子宮内胎児死亡となった本態性血小板血症合併妊娠の1例  [通常講演]
    藤島 理沙; 山本 貴子; 宮川 知保; 重田 譲; 高松 士朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    産婦人科の進歩 2017年05月 「産婦人科の進歩」編集室
  • 上皮性卵巣癌のクローン組成とコピー数変異(Clonal composition and copy number variation of epithelial ovarian cancer)  [通常講演]
    Takaya Hisamitsu; Nakai Hidekatsu; Ukita Masayo; Murakami Kosuke; Shigeta Mamoru; Fujishima Risa; Miyagawa Chiho; Takamatsu Shiro; Tobiume Takako; Suzuki Ayako; Tsuji Isao; Mandai Masaki
    日本産科婦人科学会雑誌 2017年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 婦人科手術における3D-CT画像を用いた術前シミュレーションの有用性  [通常講演]
    鈴木 彩子; 村上 幸祐; 小谷 泰史; 藤島 理沙; 宮川 知保; 高松 士朗; 高矢 寿光; 貫戸 明子; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2017年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 子宮筋腫核出術における術後再手術に関する検討  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 山本 貴子; 重田 護; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 中井 英勝; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2017年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • ジエノゲスト継続治療困難症例の検討  [通常講演]
    飛梅 孝子; 小谷 泰史; 宮川 知保; 藤島 理沙; 高松 士朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 島岡 昌生; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2017年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 子宮頸癌IIB期に対するTC療法を用いた術前化学療法の有用性について  [通常講演]
    高松 士朗; 中井 英勝; 高矢 寿光; 重田 護; 村上 幸祐; 藤島 理沙; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 宮川 知保; 山本 貴子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2017年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • severe FGRと重症PIHを発症した発作性夜間血色素尿症合併妊娠の1例  [通常講演]
    山本 貴子; 葉 宜慧; 島岡 昌生; 藤島 理沙; 宮川 知保; 重田 護; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2017年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 村上幸祐; 鈴木彩子; 山本貴子; 重田護; 高松士朗; 葉宜慧; 貫戸明子; 高矢寿光; 小谷泰史; 中井英勝; 辻勲; 万代昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2017年02月
  • 腹腔鏡手術後に発症したトロッカー穿刺部血腫についての検討  [通常講演]
    山本 貴子; 小谷 泰史; 宮川 知保; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2016年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 妊娠中の卵巣腫瘍に対する開腹手術と腹腔鏡手術における手術における手術成績と妊娠予後についての検討  [通常講演]
    葉 宜慧; 小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 重田 護; 高松 士朗; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2016年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 当科における早期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の治療成績  [通常講演]
    高松 士朗; 小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 重田 護; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2016年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 当科における腹腔鏡下子宮全摘術の標準化と術式の定型化  [通常講演]
    高矢 寿光; 小谷 泰史; 山本 貴子; 宮川 知保; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2016年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 当科での内視鏡下子宮全摘術における若手医師への教育の現状  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 重田 護; 高松 士朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2016年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 全腹腔鏡下子宮全摘術における出血させない手法 4K内視鏡システムを用いた安全で緻密な手術  [通常講演]
    宮川 知保; 小谷 泰史; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2016年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術 各施設の工夫 腹腔鏡下子宮筋腫核出術における術後再発率と再発予防の工夫 腹腔鏡用超音波検査を用いた手法  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 重田 護; 高松 士朗; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2016年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腹腔鏡下・ロボット支援下骨盤外科の新しい試み 膀胱全摘と婦人科悪性腫瘍 子宮頸癌に対するロボット支援下広汎子宮全摘術の現状 ロボット支援下、腹腔鏡下、開腹術の比較検討  [通常講演]
    鈴木 彩子; 小谷 泰史; 宮川 知保; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2016年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 藤島理沙; 島岡昌生; 宮川知保; 青木稚人; 葉宜慧; 村上幸祐; 貫戸明子; 高矢寿光; 浮田真沙世; 小谷泰史; 飛梅孝子; 中井英勝; 辻勲; 鈴木彩子; 万代昌紀
    産婦人科の進歩 2016年08月
  • 反復性卵巣捻転に対して腹腔鏡下に卵巣固定を行った1例  [通常講演]
    青木 稚人; 小谷 泰史; 山本 貴子; 宮川 知保; 藤島 理沙; 重田 護; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2016年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術における腹腔鏡用エコーの有用性  [通常講演]
    重田 護; 小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2016年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下仙骨腟固定術の標準化をめざした当科における工夫 術前造影CTによる血管走行の確認と術中腹腔鏡用超音波を用いる手法  [通常講演]
    小谷 泰史; 村上 幸祐; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 護; 葉 宜慧; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2016年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 周産期と婦人科内視鏡手術 卵巣腫瘍合併妊娠に対する開腹手術と腹腔鏡手術における手術成績と妊娠予後についての検討 腹腔鏡手術は妊娠中安全に行えるか?  [通常講演]
    葉 宜慧; 小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 譲; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 辻 勲; 島岡 昌生; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2016年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 術後を考慮した筋腫・腺筋症への安全な機能温存手術 腹腔鏡下子宮筋腫核出術術後の妊娠例における周産期予後に関する検討  [通常講演]
    藤島 理沙; 小谷 泰史; 山本 貴子; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 重田 護; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 辻 勲; 島岡 昌生; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2016年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 骨盤腹腔鏡手術の若手教育 当科における内視鏡下子宮全摘術における若手医師へのステップ式教育と現状  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 護; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2016年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下婦人科悪性腫瘍手術の適応拡大 当科における広汎子宮全摘術(ロボット支援下手術、腹腔鏡手術、開腹手術)の各アプローチ法による比較検討 どの方法がベストか?  [通常講演]
    中井 英勝; 小谷 泰史; 山本 貴子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 重田 護; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2016年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 村上幸祐; 小谷泰史; 山本貴子; 藤島理沙; 宮川知保; 青木稚人; 重田護; 葉宜慧; 貫戸明子; 高矢寿光; 島岡昌生; 飛梅孝子; 中井英勝; 辻勲; 鈴木彩子; 万代昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2016年08月
  • 医学教育実習における腹腔鏡トレーニングボックスと腹腔鏡シミュレーターを用いた教育の導入と経験  [通常講演]
    小谷 泰史; 鈴木 彩子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 島岡 昌生; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 辻 勲; 万代 昌紀
    医学教育 2016年07月 (一社)日本医学教育学会
  • 卵巣癌におけるベバシズマブ投与中・投与後の増悪に関する検討  [通常講演]
    高矢 寿光; 中井 英勝; 村上 幸祐; 浮田 真沙世; 小谷 泰史; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2016年06月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 当科における腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術 教室員全員を術者として育成する  [通常講演]
    小谷 泰史; 中井 英勝; 宮川 知保; 藤島 理沙; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2016年06月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 高齢者に対するweekly Paclitaxel+Carboplatin療法の後方視的検討  [通常講演]
    飛梅 孝子; 中井 英勝; 宮川 知保; 藤島 理沙; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2016年06月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 当科における腹腔鏡下子宮体癌手術の工夫  [通常講演]
    浮田 真沙世; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    産婦人科手術 2016年06月 (株)メジカルビュー社
  • 当科における腹腔鏡下仙骨腟固定術の導入における工夫  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 辻 勲; 中井 英勝; 島岡 昌生; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 葉 宜慧; 青木 稚人; 藤島 理沙; 宮川 知保; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    産婦人科手術 2016年06月 (株)メジカルビュー社
  • 子宮頸管エラストグラフィーを用いた分娩時期の予測に関する検討  [通常講演]
    島岡 昌生; 貫戸 明子; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 村上 幸祐; 小谷 泰史; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2016年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術の術後再発までの期間に関与する因子の検討  [通常講演]
    小谷 泰史; 辻 勲; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 島岡 昌生; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 葉 宜慧; 宮川 知保; 藤島 理沙; 貫戸 明子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2016年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 子宮頸部嚢胞性病変におけるMRI画像所見と病理診断の対比  [通常講演]
    鈴木 彩子; 宮川 知保; 藤島 理沙; 青木 稚人; 貫戸 明子; 村上 幸祐; 浮田 真沙世; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2016年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 茎捻転を繰り返した小児卵巣広汎性浮腫の一例  [通常講演]
    青木 稚人; 鈴木 彩子; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 小谷 泰史; 藤島 理沙; 宮川 知保; 貫戸 明子; 村上 幸祐; 島岡 昌生; 中井 英勝; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2016年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • Glassy cell cervical carcinoma 23例の補助療法・再発治療について  [通常講演]
    葉 宜慧; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 飛梅 孝子; 小谷 泰史; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 宮川 知保; 藤島 理沙; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2016年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 子宮頸癌術後の補助化学療法は妥当か?  [通常講演]
    中井 英勝; 宮川 知保; 鈴木 彩子; 飛梅 孝子; 藤島 理沙; 小谷 泰史; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 貫戸 明子; 村上 幸祐; 葉 宜慧; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2016年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 婦人科癌患者の積極的治療とQOL維持のために産婦人科医ができること  [通常講演]
    飛梅 孝子; 辻 勲; 鈴木 彩子; 中井 英勝; 島岡 昌生; 小谷 泰史; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 葉 宜慧; 青木 稚人; 貫戸 明子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2016年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 飛梅 孝子; 辻 勲; 鈴木 彩子; 中井 英勝; 島岡 昌生; 小谷 泰史; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 葉 宜慧; 青木 稚人; 貫戸 明子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科學會雜誌 2016年 日本産科婦人科学会
  • Murakami Kosuke; Suzuki Ayako; Aoki Masato; You Yoshie; Takaya Hisamitsu; Ukita Masayo; Kotani Yasushi; Shimaoka Masao; Tobiume Takako; Nakai Hidekatsu; Tsuji Isao; Mandai Masaki
    日本産科婦人科學會雜誌 2016年 日本産科婦人科学会
  • Takaya Hisamitsu; Nakai Hidekatsu; Aoki Masato; Yo Yoshie; Murakami Kosuke; Ukita Masayo; Kotani Yasushi; Shimaoka Masao; Tobiume Takako; Suzuki Ayako; Tsuji Isao; Mandai Masaki
    日本産科婦人科學會雜誌 2016年 日本産科婦人科学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術における術後再発、再手術に関する検討  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 島岡 昌生; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2015年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • A STUDY OF OPTIMAL ADMINISTRATION CYCLE OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY FOR ADVANCED OVARIAN CANCER.  [通常講演]
    M. Ukita; R. Fujishima; C. Miyagawa; M. Aoki; K. Murakami; H. Takaya; Y. Kotani; M. Shimaoka; T. Tobiume; H. Nakai; I. Tsuji; A. Suzuki; M. Mandai
    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER 2015年10月 LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS
  • 当院における高齢出産に関する検討  [通常講演]
    藤島 理沙; 島岡 昌生; 宮川 知保; 青木 稚人; 葉 宜慧; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 小谷 泰史; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    産婦人科の進歩 2015年10月 「産婦人科の進歩」編集室
  • 村上幸祐; 中井英勝; 藤島理沙; 宮川知保; 青木稚人; 葉宜慧; 貫戸明子; 高矢寿光; 浮田真沙世; 小谷泰史; 島岡昌生; 飛梅孝子; 辻勲; 鈴木彩子; 万代昌紀
    産婦人科の進歩 2015年10月
  • 婦人科癌患者の終末期の症状と療養先  [通常講演]
    飛梅 孝子; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 島岡 昌生; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 万代 昌紀
    日本癌治療学会誌 2015年09月 (一社)日本癌治療学会
  • 子宮 子宮体がん治療の新たな工夫 子宮筋腫と肉腫の鑑別に有用なMRI画像所見の設定とその解析  [通常講演]
    鈴木 彩子; 青木 稚人; 藤島 理沙; 宮川 知保; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本癌治療学会誌 2015年09月 (一社)日本癌治療学会
  • 進行卵巣癌の術前化学療法におけるweekly TC療法の有用性  [通常講演]
    高矢 寿光; 中井 英勝; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 浮田 真沙世; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本癌治療学会誌 2015年09月 (一社)日本癌治療学会
  • 卵巣 卵巣がん治療の個別化に向けて 進行卵巣癌の術前化学療法の至適投与サイクル数-Long NACかShort NACか?  [通常講演]
    浮田 真沙世; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本癌治療学会誌 2015年09月 (一社)日本癌治療学会
  • 高矢寿光; 中井英勝; 青木稚人; 村上幸祐; 浮田真沙世; 小谷泰史; 島岡昌生; 飛梅孝子; 辻勲; 鈴木彩子; 万代昌紀
    産婦人科の進歩 2015年08月
  • 当科の近年における広汎子宮全摘術の現状 ロボット支援下手術、腹腔鏡手術と開腹手術の比較検討  [通常講演]
    中井 英勝; 小谷 泰史; 辻 勲; 飛梅 孝子; 島岡 昌生; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 青木 稚人; 藤島 理沙; 宮川 知保; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2015年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • ドライボックスでの癒着防止剤の使用比較  [通常講演]
    青木 稚人; 小谷 泰史; 宮川 知保; 藤島 理沙; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2015年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 良性疾患に対する腹腔鏡下腟式子宮全摘術(LAVH)と全腹腔鏡下子宮全摘術(TLH)の比較検討  [通常講演]
    高矢 寿光; 小谷 泰史; 藤島 理沙; 宮川 知保; 青木 稚人; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 浮田 真沙世; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2015年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術における自己血輸血の適応に関する検討  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 辻 勲; 中井 英勝; 島岡 昌生; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 青木 稚人; 藤島 理沙; 宮川 知保; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2015年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 村上幸祐; 小谷泰史; 藤島理沙; 宮川知保; 青木稚人; 貫戸明子; 高矢寿光; 浮田真沙世; 島岡昌生; 飛梅孝子; 中井英勝; 辻勲; 鈴木彩子; 万代昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2015年08月
  • 当科におけるクリニカル・クラークシップへの講義型実習の導入の意義  [通常講演]
    鈴木 彩子; 小谷 泰史; 青木 稚人; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 万代 昌紀
    医学教育 2015年07月 (一社)日本医学教育学会
  • 腹腔鏡トレーニングボックスを用いた医学教育実習の導入と経験  [通常講演]
    小谷 泰史; 鈴木 彩子; 辻 勲; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 島岡 昌生; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 青木 稚人; 万代 昌紀
    医学教育 2015年07月 (一社)日本医学教育学会
  • 村上幸祐; 青木稚人; 高矢寿光; 浮田真沙世; 小谷泰史; 島岡昌生; 飛梅孝子; 中井英勝; 辻勲; 鈴木彩子; 万代昌紀
    日本婦人科腫よう学会雑誌 2015年06月
  • 婦人科癌患者の終末期医療の現状と課題  [通常講演]
    飛梅 孝子; 中井 英勝; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 鈴木 彩子; 辻 勲; 村上 幸祐; 小谷 泰史; 万代 昌紀
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2015年06月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 進行卵巣癌における術前化学療法の至適投与サイクル数についての検討  [通常講演]
    浮田 真沙世; 青木 稚人; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2015年06月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 卵巣癌の術前化学療法におけるweekly TC療法の有用性  [通常講演]
    高矢 寿光; 中井 英勝; 村上 幸祐; 浮田 真沙世; 小谷 泰史; 飛梅 孝子; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2015年06月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 手術療法の新展開 当科におけるロボット支援下広汎子宮全摘術の現状 同時期に行った開腹広汎子宮全摘術と比較検討  [通常講演]
    小谷 泰史; 鈴木 彩子; 辻 勲; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 島岡 昌生; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 青木 稚人; 万代 昌紀
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 2015年06月 (公社)日本婦人科腫瘍学会
  • 腹腔鏡手術における新たなセプラフィルム貼付法の検討  [通常講演]
    青木 稚人; 小谷 泰史; 辻 勲; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 小池 英爾; 島岡 昌生; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    産婦人科手術 2015年06月 (株)メジカルビュー社
  • MRI画像を用いた子宮筋腫と肉腫の鑑別診断に関する検討  [通常講演]
    鈴木 彩子; 青木 稚人; 小谷 泰史; 辻 勲; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 小池 英爾; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 万代 昌紀
    産婦人科手術 2015年06月 (株)メジカルビュー社
  • 当科におけるロボット支援手術の導入における工夫  [通常講演]
    小谷 泰史; 鈴木 彩子; 辻 勲; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 小池 英爾; 島岡 昌生; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 青木 雅人; 万代 昌紀
    産婦人科手術 2015年06月 (株)メジカルビュー社
  • 初期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の導入  [通常講演]
    高矢 寿光; 小谷 泰史; 青木 雅人; 村上 幸祐; 浮田 真沙世; 島岡 昌生; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 小池 英爾; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    産婦人科手術 2015年06月 (株)メジカルビュー社
  • 排卵誘発ならびに妊娠に成功したPOI(primary ovarian insufficiency)の1例  [通常講演]
    藤島 理沙; 辻 勲; 藤浪 菜穂子; 青木 稚人; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    産婦人科の進歩 2015年05月 「産婦人科の進歩」編集室
  • 大量の腹腔内出血を呈した子宮漿膜内膜症の1例  [通常講演]
    青木 稚人; 飛梅 孝子; 浮田 真沙世; 中井 英勝; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    産婦人科の進歩 2015年05月 「産婦人科の進歩」編集室
  • 当科における初期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の導入と安全性・術後ADLの検討  [通常講演]
    高矢 寿光; 小谷 泰史; 青木 稚人; 村上 幸祐; 浮田 真沙世; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2015年03月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
     
    初期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の導入と安全性・術後ADLについて検討した。腹腔鏡下子宮体癌根治術を施行した10例を対象とした。平均手術時間273.9分、平均出血量40g、平均摘出リンパ節数21.6個であった。術中合併症は認めず、輸血症例もなかった。初回歩行は全例で術翌日から開始し、食事開始は6例で術翌日から開始できた。周術期合併症は1例で術後リンパ嚢胞への感染を認め、治療を要したため、術後在院日数が2週間以上となったが、それ以外は1週間前後であった。術前の病理学的所見は、全例が類内膜腺癌G1またはG2であったが、術後1例が類内膜腺癌G3の診断となった。リンパ節転移は認めなかったが、1例で卵巣への顕微鏡的な転移を認めた。1例で著明な静脈侵襲を認め、術後補助化学療法を施行した。腹水細胞診は3例で陽性であったが、他のリスク因子がない場合は術後治療は行わなかった。
  • 子宮筋腫と肉腫の鑑別に有用なMRI画像所見の設定とその解析  [通常講演]
    鈴木 彩子; 青木 稚人; 小谷 泰史; 辻 勲; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2015年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術における術者としての手術適応に関する研究  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 辻 勲; 中井 英勝; 島岡 昌生; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 青木 稚人; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2015年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 当科における再発卵巣癌に対するベバシズマブの使用経験  [通常講演]
    中井 英勝; 青木 稚人; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 鈴木 彩子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2015年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 卵巣癌の術前化学療法の至適投与サイクル数についての検討  [通常講演]
    浮田 真沙世; 青木 稚人; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2015年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 子宮頸癌に対する術前化学療法についての検討  [通常講演]
    高矢 寿光; 中井 英勝; 青木 稚人; 村上 幸祐; 浮田 真沙世; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2015年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 前置胎盤症例に対する分娩後バルーンとparallel vertical compression suturesの比較検討  [通常講演]
    青木 稚人; 島岡 昌生; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 小谷 泰史; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 辻 勲; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2015年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 当院における妊孕能温存を目的とした卵子・胚・卵巣組織凍結の現況について  [通常講演]
    辻 勲; 小谷 泰史; 青木 稚人; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 貫戸 明子; 浮田 真沙世; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2015年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 末期癌患者に対する腹水貯留例のCARTの有効性  [通常講演]
    飛梅 孝子; 小谷 泰史; 辻 勲; 鈴木 彩子; 中井 英勝; 島岡 昌生; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 貫戸 明子; 青木 稚人; 万代 昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2015年02月 (公社)日本産科婦人科学会
  • 村上幸祐; 中井英勝; 青木稚人; 高矢寿光; 浮田真沙世; 小谷泰史; 島岡昌生; 飛梅孝子; 鈴木彩子; 辻勲; 万代昌紀
    日本産科婦人科学会雑誌 2015年02月
  • 村上幸祐; 中井英勝; 藤島理沙; 宮川知保; 青木稚人; 貫戸明子; 高矢寿光; 浮田真沙世; 小谷泰史; 島岡昌生; 飛梅孝子; 辻勲; 鈴木彩子; 万代昌紀
    日本癌治療学会学術集会(Web) 2015年
  • 子宮内膜症手術における再発の検討  [通常講演]
    飛梅 孝子; 小谷 泰史; 中井 英勝; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2014年10月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 当院における初期子宮体癌に対する腹腔鏡下子宮体がん根治手術の導入  [通常講演]
    高矢 寿光; 小谷 泰史; 村上 幸祐; 島岡 昌生; 小池 英爾; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2014年10月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術 手術成績からみた適応とその限界 腹腔鏡下子宮筋腫核出術における手術成績からみた適応と限界  [通常講演]
    小谷 泰史; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 小池 英爾; 島岡 昌生; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 万代 昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2014年10月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 卵巣癌術後化学療法におけるGnRHアナログの卵巣機能保護についての検討  [通常講演]
    高矢 寿光; 中井 英勝; 青木 稚人; 村上 幸祐; 浮田 真沙世; 小谷 泰史; 島岡 昌生; 飛梅 孝子; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    産婦人科の進歩 2014年10月 「産婦人科の進歩」編集室
  • 初期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の導入と成績  [通常講演]
    高矢 寿光; 小谷 泰史; 青木 雅人; 村上 幸祐; 浮田 真沙世; 島岡 昌生; 中井 英勝; 飛梅 孝子; 小池 英爾; 辻 勲; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2014年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 卵巣チョコレートのう胞の術後再発率に関する検討  [通常講演]
    浮田 真沙世; 飛梅 孝子; 小谷 泰史; 辻 勲; 中井 英勝; 小池 英爾; 島岡 昌生; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 青木 稚人; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2014年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 婦人科腹腔鏡手術後の術後QOLに対する研究  [通常講演]
    小谷 泰史; 辻 勲; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 小池 英爾; 島岡 昌生; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 青木 稚人; 鈴木 彩子; 小畑 幸四郎; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2014年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 腹腔鏡手術における新たなセプラフィルム挿入、貼付における工夫  [通常講演]
    青木 稚人; 小谷 泰史; 辻 勲; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 小池 英爾; 島岡 昌生; 浮田 真沙世; 高矢 寿光; 村上 幸祐; 鈴木 彩子; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2014年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 子宮筋腫と肉腫の鑑別に有用なMRI画像所見に関する検討  [通常講演]
    鈴木 彩子; 青木 稚人; 小谷 泰史; 辻 勲; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 浮田 真沙世; 小池 英爾; 飛梅 孝子; 中井 英勝; 万代 昌紀
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2014年08月 (一社)日本産科婦人科内視鏡学会
  • 村上幸祐; 福原健; 重田護; 大石さやか; 矢内晶太; 伊尾紳吾; 桐野智江; 上田あかね; 大塚由有子; 内田崇史; 中堀隆; 高橋晃; 長谷川雅明
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2014年08月
  • 村上幸祐; 大石さやか; 矢内晶太; 伊尾紳吾; 桐野智江; 上田あかね; 大塚由有子; 内田崇史; 福原健; 中堀隆; 高橋晃; 朴泰範; 長谷川雅明
    産婦人科手術 2014年05月
  • 村上幸祐; 小谷泰史; 高矢寿光; 島岡昌生; 小池英爾; 飛梅孝子; 中井英勝; 万代昌紀
    日本内視鏡外科学会雑誌 2014年
  • 福原健; 内田崇史; 西田吉伸; 福永文緒; 村上幸祐; 久保田真通; 高橋章仁; 渡部晋一; 長谷川雅明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 2012年06月
  • 村上幸祐; 伊尾紳吾; 福永文緒; 横内妙; 堀川直城; 内田崇史; 福原健; 長谷川雅明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 2012年06月
  • 村上幸祐; 矢内晶太; 伊尾紳吾; 桐野智江; 福永文緒; 堀川林; 横内妙; 大塚由有子; 堀川直城; 森本明美; 加計麻衣; 内田崇史; 福原健; 中堀隆; 本田徹郎; 高橋晃; 長谷川雅明
    現代産婦人科 2011年

MISC

受賞

  • 2022年07月 近畿大学医学会賞
  • 2022年03月 近畿大学大学院部長賞
  • 2021年04月 JSOG Congress Encouragement Award

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2023年04月 -2026年03月 
    代表者 : 貫戸 明子; 松村 謙臣; 村上 幸祐
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2022年04月 -2025年03月 
    代表者 : 村上 幸祐
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2023年 -2024年 
    代表者 : 村上 幸祐
  • HERA Ovarian Cancer Foundation:Outside-the-Box-1 (OSB-1) Seed Grant
    研究期間 : 2023年01月 -2023年12月 
    代表者 : Kosuke Murakami
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2020年07月 -2023年03月 
    代表者 : 松村 謙臣; 村上 幸祐; 高矢 寿光; 宮澤 正顯
     
    内膜症関連卵巣癌である卵巣明細胞癌および卵巣類内膜癌について、以下の検討を行った。 卵巣明細胞癌症例について、腫瘍の上皮部分および間質部分、正所性子宮内膜腺上皮および間質、合併する子宮内膜症腺管について、レーザーマイクロダイセクションによってサンプルを回収し、PIK3CAのhot spot変異を調べた。すると、PIK3CA変異を伴わない卵巣明細胞癌症例の正所性子宮内膜において、非常に多くのPIK3CA変異を認めることが明らかとなった。また、子宮内膜症腺管と卵巣癌の間には、PIK3CA変異は共通していなかった。また、卵巣明細胞癌の腫瘍組織を詳細に解析すると、腫瘍上皮部分のPIK3CA変異の有無は不均一であり、ある箇所でPIK3CA変異があっても、別の箇所ではPIK3CA変異が認められないことがしばしばあった。さらに驚いたことに、腫瘍間質部分にも頻繁にPIK3CA変異が認められた。これらの結果から、卵巣明細胞癌において、PIK3CA変異は、発癌時点のみならず発癌後に獲得するケースも多いこと、そして、本手法では正所性子宮内膜との関連を見出すことができないことが明らかになった。この研究内容は、2021年にModern Pathology誌に掲載された。 卵巣明細胞癌190例のRNAシークエンシングデータを取得した。 CREを卵巣に注入し卵巣にPik3ca/Arid1a共変異を生じさせる手法で、卵巣明細胞癌のモデルマウスを作成した。 卵巣類内膜癌39例について、遺伝子パネル検査を行い、その変異プロファイルを明らかにした。PIK3CA変異、KRAS変異、CTNNB1変異、TP53変異が主な変異として認められた。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 村上 幸祐
     
    2019年度は、近交系ARID1A-PIK3CA共変異マウスを確立するために、C57BL/6マウスの戻し交配を進めることを中心に研究を行った。 具体的には、米国の研究グループからCre/loxPシステムを用いたコンディショナルなARID1A-PIK3CA変異を有する雑系CD-1マウスの精子の移譲を受け、雌のC57BL/6マウスから採卵し体外受精を行って胚移植し、第1世代の出生までを2018年度に行っていたため、そこから引き続き戻し交配を進めた。特に大きなトラブルなく順調に進めることができ、2019年度末の時点で第7世代の出生までを終えた。また、戻し交配にある程度時間がかかってしまうため、ARID1A-PIK3CAともにヘテロの遺伝子変異を有する第4世代同士を交配させ、ARID1A変異をhomo化させた発癌マウスの作成を行った。まだ個体数が十分に確保できておらず、現在個体数を増やすべく、交配を繰り返しているところである。実際にウイルスを投与して発癌させるには至っていないが、個体数を確保でき次第投与できるよう準備を進めた。 また、Cre発現アデノウイルスを入手したため、Cre/loxPシステムによるコンディショナル蛍光発現マウス(GFP/RFP)を用いて、実際に卵巣に顕微鏡下でウイルスを投与し、卵巣に蛍光が生じることを確認した。したがって、手技およびCre発現アデノウイルスの機能については問題ないことが確認できた。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 鈴木 彩子; 松村 謙臣; 村上 幸祐; 佐藤 隆夫; 柏木 伸夫
     
    本研究では,超常磁性酸化鉄(Super Paramagnetic Iron Oxide: SPIO)を用いた子宮頸癌・体癌における新規リンパ節転移診断法の開発を目指している. 第一の目的である子宮頸部にSPIOを局所投与した造影MRI検査による,術前の新たなリンパ節転移診断法の確立についてであるが,骨盤内リンパ節郭清を予定 された子宮頸癌・体癌27症例でSPIO造影MRIを行ったところ,LN転移診断は,感度40%,特異度95%,陽性的中率67%,陰性的中率86%,正診率85%であった.この正 診率は,CT (67%) や PET-CT (71%)よりも高いという結果であり,SPIO造影MRIが子宮頸癌・体癌の転移リンパ節診断に有用である可能性が示唆された. 第二に,SPIOをトレーサーとして用いたradiation-freeな術中センチネルリンパ節(SLN)生検法の開発であるが,今年度は,子宮頸癌・体癌症例のSLN同定の ために,多数の施設で用いられているラジオアイソトープ(RI)法同様に,SPIOをトレーサーとしてSLNが検出可能かどうかを検討した.具体的には,上記の子 宮頸癌・体癌27症例中5例において,SPIOに加えてRI(Tc99m)も子宮頸部に局注し,SPECT-CTを行った.その結果,SPIO-MRIとSPECT-CTの両方で同一のSLNとし て検出できたLNは92%(12/13)であり,SPIOがRIに代わるトレーサーになりうる可能性が示唆された. また上記27例中23例において,SPIO造影MRI後に摘出されたリンパ節に鉄染色を施行し,22例(96%)において鉄染色陽性であることを確認した。これらの結果から、SPIOを用いてセンチネルリンパ節の同定が可能と考えられた。
  • AMED:未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業「低侵襲がん診療装置研究開発プロジェクト」
    研究期間 : 2018年04月 -2019年03月 
    代表者 : 関野 正樹、村上 幸祐
  • 近畿大学学内奨励研究助成金:
    研究期間 : 2016年04月 -2017年03月 
    代表者 : 村上幸祐

委員歴

  • 2021年 - 現在   日本産科婦人科内視鏡学会 評議員
  • 2016年10月 - 2018年09月   日本産科婦人科学会   未来委員会 若手委員

社会貢献活動

  • FLAT・ふらっと 婦人科がんプログラム臨床アドバイザー
    役割 : 運営参加・支援

学術貢献活動

  • the 56th Annual Congress of TAOG & Young Doctors' Extension Exchange Program
    期間 : 2017年03月
    役割 : その他
    種別 : 学会・研究会等

その他

  • 日本がん・生殖医療学会 認定がん・生殖医療ナビゲーター
  • 日本ロボット外科学会 専門医 (国内B)
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会認定 腹腔鏡技術認定医
  • 日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(母体・胎児)
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本専門医機構 産婦人科専門医

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.