KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

加島 智子カシマ トモコ

プロフィール

所属部署名工学部 情報学科 / システム工学研究科
職名講師
学位博士(情報科学)
専門デザイン学・教育工学
ジャンル科学・技術/新技術
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/422-kashima-tomoko.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/30581219.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2020/09/02

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    主に、データ分析を行っております。近年は農業情報の分野において農業にICTを導入し、集めたデータの分析を行うことで新たなビジネスモデルの構築を行っております。

学歴・経歴

経歴

  •   2013年, 近畿大学 工学部 講師

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, デザイン学

論文

  • A Practical Study on the Information Sharing System for Producers., Tomoko Kashima, Shimpei Matsumoto, Takashi Hasuike, Human Interface and the Management of Information. Visual Information and Knowledge Management - Thematic Area, HIMI 2019, Held as Part of the 21st HCI International Conference, HCII 2019, Orlando, FL, USA, July 26-31, 2019, Proceedings, Part I, Human Interface and the Management of Information. Visual Information and Knowledge Management - Thematic Area, HIMI 2019, Held as Part of the 21st HCI International Conference, HCII 2019, Orlando, FL, USA, July 26-31, 2019, Proceedings, Part I, 524, 534,   2019年, 査読有り
  • Multiobjective crop planning consideringoptimal matching between retailers and farmers with contract,, Journal of Advanced Mechanical Design,Systems, and Manufacturing,, Journal of Advanced Mechanical Design,Systems, and Manufacturing,, 12, 3,   2019年01月, 査読有り
  • Consecutive Meals Planning by Using Permutation GA: Analysis of Meal's Characteristics in Optimum Solution, 加島 智子, Journal of Advances in Information Technology, Journal of Advances in Information Technology, 9, 3, 4550,   2018年08月, 査読有り
  • User-Friendly Information Sharing Sys-tem for Producers, 加島 智子, uman Interface and the Management ofInformation. Information in Applications and Services, Springer, uman Interface and the Management ofInformation. Information in Applications and Services, Springer, 589, 598,   2018年06月, 査読有り
  • Mathematical Modelling for Sustainable Agricultural Supply Chain Management Considering Preferences Between Farmers and Retailers., Takashi Hasuike, Tomoko Kashima, Shimpei Matsumoto, Advances in Production Management Systems. Production Management for Data-Driven, Intelligent, Collaborative, and Sustainable Manufacturing - IFIP WG 5.7 International Conference, APMS 2018, Seoul, Korea, August 26-30, 2018, Proceedings, Part I, Advances in Production Management Systems. Production Management for Data-Driven, Intelligent, Collaborative, and Sustainable Manufacturing - IFIP WG 5.7 International Conference, APMS 2018, Seoul, Korea, August 26-30, 2018, Proceedings, Part I, 43, 49,   2018年, 査読有り
  • 使いやすさを考慮した高齢生産者と消費者を繋ぐ双方向情報発 信システムの紹介, 加島 智子, アグリバイオ, 北龍館, アグリバイオ, 北龍館, 1, 13, 95, 97,   2017年12月
  • Consecutive Meals Planning by Using Permutation GA: The Case of Three Meal's Characteristics, 加島 智子, Information Engineering Express, International Institute of Applied Informatics, Information Engineering Express, International Institute of Applied Informatics, 3, 3, 1, 10,   2017年09月, 査読有り
  • 直感的インタフェースデザインの設計論の基礎的考察- 体制化と親近性の視点からのアプローチ, 日本感性工学会論文誌 Vol.13, No. 5, pp.543-554, 日本感性工学会論文誌 Vol.13, No. 5, pp.543-554, tomoko915,   2014年, 査読有り
  • Data-driven Food Supply Chain Optimization under Uncertain Crop Productions and Consumers' Demands, 8, 4, 150, 154,   2014年, 査読有り
  • Tomoko Kashima Shimpei Matsumoto Tatsuo Matsutomi, 加島 智子, 松冨 達夫, 松本 慎平, Online Communities and Social Computing, Online Communities and Social Computing, 8029, 296, 303,   2013年07月
  • Effects of Sharing Farmers' Information Using Content Management System., Tomoko Kashima, Shimpei Matsumoto, Tatsuo Matsutomi, Online Communities and Social Computing - 5th International conference, OCSC 2013, Held as Part of HCI International 2013, Las Vegas, NV, USA, July 21-26, 2013. Proceedings, Online Communities and Social Computing - 5th International conference, OCSC 2013, Held as Part of HCI International 2013, Las Vegas, NV, USA, July 21-26, 2013. Proceedings, 296, 303,   2013年, 査読有り
  • モビリティマネジメントに基づく観光地振興のための携帯通信端末活用法の提案, 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol.134, No.6, pp.821-831, 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol.134, No.6, pp.821-831,   2013年, 査読有り
  • 食料産業における適切な食材管理を目指した生産・流通・消費の情報共有システム, 加島 智子, 人工知能学会誌 Vol. 28 No. 4, pp.567-574, 人工知能学会誌 Vol. 28 No. 4, pp.567-574, tomoko915,   2013年, 査読有り
  • Development of Micro-Blog Based Discussion Environment for Participants in University Lecture, 加島 智子, IMECS 2012, IMECS 2012,   2012年03月
  • 区間分析を用いた製品の視覚的使いやすさ感, 加島 智子, 日本デザイン学会, 日本デザイン学会,   2012年
  • Applied Study of Method to Presume Decision Class by Variable Precision Rough Sets Model, 加島 智子, International journal of Reasoning-based Intelligent Systems, International journal of Reasoning-based Intelligent Systems, 4, 3, 140, 150,   2012年
  • Machi-POS - Point of Sales System for Restaurant District -, 加島 智子, 松冨 達夫, 松本 慎平, International Journal of Knowledge and Web Intelligence, International Journal of Knowledge and Web Intelligence, 3, 2, 130, 162,   2012年, 査読有り
  • Proposal of an e-Learning System with Skill-based Homework Assignments, 加島 智子, 井原 辰彦, 松本 慎平, Proceedings of IAENG International Conference on Operations Research, Proceedings of IAENG International Conference on Operations Research,   2011年03月
  • An Approach to Make an Ambient Information Environments Based on Rough Sets, 加島 智子, Biomedical fuzzy and human sciences : the official journal of the Biomedical Fuzzy Systems Association, Biomedical fuzzy and human sciences : the official journal of the Biomedical Fuzzy Systems Association, 17, 1, 49, 55,   2011年
  • Feasibility of Integrated Menu Recommendation and Self-Order System for Small-Scale Restaurants, 加島 智子, 松本 慎平, 石井 博昭, AIP Conference Proceedings, AIP Conference Proceedings, 1285, 1, 132,   2010年10月
  • UsingRoughSetsforDecisionMakinginAmbientInformationEnvironments, 加島 智子,   2010年07月
  • Recommendation Method with Rough Sets in Restaurant Point of Sales System, 加島 智子, Proceedings of the IMECS 2010, Proceedings of the IMECS 2010, 2018, 2023,   2010年03月
  • Evaluation of Menu Planning Capability Based on Multi-dimensional 0/1 Knapsack Problem of Nutritional Management System, 加島 智子, IAENG International Journal of Applied Mathematics, IAENG International Journal of Applied Mathematics, 39, 3,   2009年09月
  • A Web-Based Menu Recommendation System with Interactive, 加島 智子,   2009年05月
  • A Fuzzy Reasoning Approach to Local Production for Local Consumption, 加島 智子,   2009年03月
  • Development of Web-Based Menu Planning Support System and its Solution Using Genetic Algorithm, 加島 智子, AIP Conference Proceedings, AIP Conference Proceedings, 1177, 1, 56,   2009年03月
  • Development of Menu Planning Support System with Nutritional Database Using Genetic Algorithm, 加島 智子, International MultiConference of Engineers & Computer Scientists, 2009, International MultiConference of Engineers & Computer Scientists, 2009, 1988,   2009年03月
  • A Web Application with Fuzzy Reasoning for Menu Search, 加島 智子,   2009年02月
  • A Rough Set Approach to Classification and Its Application for Creative City Development, Lee-Chuan Lin, 加島 智子, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, 5, 12(B), 4859, 4866,   2008年12月
  • Report on Learning Support of Graduation Research by Using SNS, 松本 慎平, 加島 智子,   2008年09月
  • ラフ集合と集合被覆問題によるバランスの取れた献立作成の提案, 加島 智子, ファジィシステムシンポジウム講演論文集(CD-ROM), ファジィシステムシンポジウム講演論文集(CD-ROM), 24th,   2008年09月
  • A Well-Balanced Menu Planning with Fuzzy Weight, 加島 智子, Engineering Letters, Engineering Letters, 16, 3,   2008年09月
  • On a Rough Set with Fuzzy Weights in Well-Balanced Menu Planning System, 加島 智子, Innovative Computing Information and Control (ISBN:978-0-7695-3161-8), Innovative Computing Information and Control (ISBN:978-0-7695-3161-8),   2008年06月
  • A Well-Balanced Menu Planning with Fuzzy Weight., Tomoko Kashima, Shimpei Matsumoto, Hiroaki Ishii, Engineering Letters, Engineering Letters, 16, 3, 419, 424,   2008年, 査読有り
  • Development of Lifestyle-Related Diseases Prevention System, 加島 智子,   2007年12月
  • A Suggestion for Improvement of Food processing Production Efficiency by Two-Tiered Modeling, 松本 慎平, 加島 智子,   2007年12月
  • Web Based Nourishment System for Health Care Management, 加島 智子,   2007年11月
  • Proposal of Well-Balanced Menu Planning by Using Fuzzy Mathematical Programming and Rough Set Theory, 加島 智子, International MultiConference of Engineers & Computer Scientists, International MultiConference of Engineers & Computer Scientists, 2008, 1942,   2007年02月
  • Fuzzy Rough Set Model in an Information System with Uncertainties, 韓 虎剛, 加島 智子,   2004年06月
  • Robust Agricultural Supply Chain Management with Various Random and Fuzzy Parameters., Takashi Hasuike, Tomoko Kashima, Shimpei Matsumoto, 6th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics, IIAI-AAI 2017, Hamamatsu, Japan, July 9-13, 2017, 6th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics, IIAI-AAI 2017, Hamamatsu, Japan, July 9-13, 2017, 11, 16,   2017年11月15日, 査読有り
  • Automatic Generation of C Source Code for Novice Programming Education., Shimpei Matsumoto, Koki Okimoto, Tomoko Kashima, Shuichi Yamagishi, Human-Computer Interaction. Theory, Design, Development and Practice - 18th International Conference, HCI International 2016, Toronto, ON, Canada, July 17-22, 2016. Proceedings, Part I, Human-Computer Interaction. Theory, Design, Development and Practice - 18th International Conference, HCI International 2016, Toronto, ON, Canada, July 17-22, 2016. Proceedings, Part I, 9731, 65, 76,   2016年, 査読有り
  • Development of Push-Based English Words Learning System by Using E-Mail Service., Shimpei Matsumoto, Masanori Akiyoshi, Tomoko Kashima, Human-Computer Interaction. Applications and Services - 15th International Conference, HCI International 2013, Las Vegas, NV, USA, July 21-26, 2013, Proceedings, Part II, Human-Computer Interaction. Applications and Services - 15th International Conference, HCI International 2013, Las Vegas, NV, USA, July 21-26, 2013, Proceedings, Part II, 8005, 2, 444, 453,   2013年, 査読有り
  • Development of Push-Based English Words Learning System by Using E-Mail Service, 加島 智子, Human-Computer Interaction. Applications and Services, Human-Computer Interaction. Applications and Services, 8005, 2, 444, 453,   2013年
  • Applied study of method to presume decision class by variable precision rough sets model: a case study of how to decide the design concept of a digital camera., Akira Sekiguchi, Katsuo Inoue, Tomoko Kashima, IJRIS, IJRIS, 4, 3, 140, 150,   2012年, 査読有り
  • A Rough Set Approach to Classification and Its Application for the Creative City Development, 加島 智子, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, 5, 12B, 4859, 4866,   2009年12月
  • Conceptual Menu Navigation System to Prevent Lifestyle-related Disease, 加島 智子, Automation Science and Engineering, 2008 (ISBN:978-1-4244-2022-3), Automation Science and Engineering, 2008 (ISBN:978-1-4244-2022-3), 633, 637,   2008年, 査読有り

書籍等出版物

  • Human Interface and the Management of Information. Visual Information and Knowledge, 分担執筆, A Practical Study on the Information Sharing System for Producers,   2019年06月, 9783030226596
  • 統計学の要点: 基礎からRの活用まで, 加島 智子, 共著, 共立出版,   2017年11月09日
  • Advances in Swarm Intelligence: 8th International Conference, ICSI 2017, Fukuoka, Japan, July 27 – August 1, 2017, Proceedings, Part I (Lecture Notes in Computer Science), 加島 智子, 折登 由希子, 染谷 博司, 分担執筆, Consecutive Meals Planning by Using Permutation GA: Evaluation Function Proposal for Measuring Appearance Order of Meal’s Characteristics, Springer,   2017年06月26日, 3319618237
  • Human-computer interaction : theory, design, development and practice, Shimpei Matsumoto, Koki Okimoto, Tomoko Kashima, Shuichi Yamagishi, Automatic Generation of C Source Code for Novice Programming Education,   2016年07月, 9783319395098
  • サービス工学 51の技術と実践, 加島 智子, 共著, 朝倉書店,   2012年11月
  • ニューツーリズム読本~新しく考える地域の観光振興~, 加島 智子, 共著, ツーリズム研究会,   2012年09月
  • Book Chapter of IAENG Transaction on Engineering Technologies, Estimating The Difficulty of Exercises for Inactive Students in User-Based E-learning, 加島 智子, 共著, World Scientific,   2012年01月

講演・口頭発表等

  • 大相撲の割最適化のための進化計算における局所探索方法の検討, 平成27年 電気学会 電子・情報・システム部門大会,   2015年08月
  • 視線追跡に基づくプログラミング技能評価に関する研究 ‐データ分析ソフトウェアの開発‐, 2014年度教育システム情報学会,   2015年
  • プログラム読解学習支援システムの開発とプログラムコードの困難度定量化, 2014年度教育システム情報学会学生研究発表会,   2015年
  • プログラミング読解学習教材の適応提供システム, 2015年度人工知能学会全国大会(第29回),   2015年
  • 機械学習処理に基づいたプログラミング読解中の視線軌道の自動分類, 2015年度人工知能学会全国大会(第29回),   2015年
  • プログラム読解中の注視箇所分析支援システムの開発, 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会,   2015年
  • プログラミング読解過程中の視線運動のプログラム構造に基づく解析, 平成27年 電気学会 電子・情報・システム部門大会,   2015年
  • 情報共有システムにおける色彩情報の決定手法の提案, 加島 智子,   2013年09月
  • Web情報を用いた観光コンシェルジュシステムの構築と提案, 松本 智子,   2013年09月
  • Development of Management Function in Farmaers Information System to Obtain Skillful Farmer's Knowledge, 加島 智子, 松冨 達夫, 松本 慎平, 伊勢田 博志, The First Asian Conference on Information Systems,   2012年12月, The First Asian Conference on Information Systems
  • 多期間献立計画問題に対する食育評価エントロピーの提案と分布推定アルゴリズムによる最適化, 加島 智子, 折登由紀子, 山本 久志, 進化計算学会,   2012年09月, 進化計算学会
  • イメージ情報を考慮した魅力的な色彩推奨手法の提案, 加島 智子, 松本慎平, 井上勝雄, 日本感性工学会,   2012年08月, 日本感性工学会
  • Potential of Information Management System for Farmers Market Manager, 加島 智子, 8th Korea Japan Workshop,   2012年08月, 8th Korea Japan Workshop
  • 英語学習における理解度確認手法の提案と解析 ‐テキストマイニング手法を用いて‐, 加島 智子, 松本慎平, 教育システム情報学会,   2012年08月, 教育システム情報学会
  • 黒瀬町ユニバーサルデザインマップのサイト提案, 加島 智子, 清岡,城根, 川崎, 井上勝雄, 日本感性工学会,   2012年08月, 日本感性工学会
  • 店舗群販売時点管理システムと農業情報システムの統合, 加島 智子, 栗栖 大輝, 松本 慎平, 金上 直樹, 松井 孝典, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers Workshop,   2012年07月, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers Workshop
  • 理工系学生を対象とした英語学習支援システムの運用と効果検証, 加島 智子, 教育システム情報学会,   2012年07月, 教育システム情報学会
  • 満足度を考慮した対話型観光スケジューリングの提案, 加島 智子, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers Workshop,   2012年07月, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers Workshop
  • 飲食店における情報管理システムの環境支援に向けての可能性, 加島 智子, 松本 慎平, 松井 孝典,   2012年06月
  • 生産情報共有のための農業情報システム, 加島 智子, 松冨 達夫, 電気学会,   2012年03月, 電気学会
  • ホテル情報における顧客評価の要因分析, 加島 智子,   2012年
  • RFIDを用いた学生食堂のための在庫管理, 加島 智子,   2012年
  • 都市型直売所の農業情報システムのモデル化と取り組み, 加島 智子, 日本経営工学会第2回若手研究会,   2012年, 日本経営工学会第2回若手研究会
  • 短文投稿形式に基づく対話支援システムの利用とその効果に関する基礎分析, 加島 智子, 松本慎平, 松岡 伸彦, 電気学会,   2012年, 電気学会
  • 学生個々の達成度を考慮した傾向別課題作成法の提案, 加島 智子, 松本 慎平, 石井 博昭, 京都大学数理解析研究所RIMS研究集会「不確実性下における意思決定問題」,   2011年11月, 京都大学数理解析研究所RIMS研究集会「不確実性下における意思決定問題」
  • サービス工学研究の現状と今後について, 谷﨑 隆士, 片岡 隆之, 加島 智子, 第2回サービス数学セミナー,   2011年07月, 第2回サービス数学セミナー
  • 中国地方における地域密着型のサービス工学研究への取り組み, 谷﨑 隆士, 片岡 隆之, 加島 智子, 日本経営システム学会「サービスサイエンスによる地域活性化と経営システム」研究部会,   2011年06月, 日本経営システム学会「サービスサイエンスによる地域活性化と経営システム」研究部会
  • 情報技術に関するキーワード間の関係抽出と学習支援への応用, 加島 智子, 松本 慎平, 松井 孝典, 第55回システム制御情報学会研究発表講演会,   2011年05月, 第55回システム制御情報学会研究発表講演会
  • 近畿大学におけるサービス工学研究への取り組み, 片岡 隆之, 谷﨑 隆士, 加島 智子, 伊藤 昭夫, 日本経営工学会中国四国支部平成22年度第2回若手研究会,   2011年03月, 日本経営工学会中国四国支部平成22年度第2回若手研究会
  • 献立提案機能の販売時点管理システムへの統合, 加島 智子, 松本 慎平, 石井 博昭,   2010年11月
  • ファジィ推論を用いた意思決定支援システム, 加島 智子, 松本 慎平, 石井 博昭,   2010年09月
  • 陳腐化商品を取り扱う在庫管理システムの開発と意思決定支援法実装に向けての展望, 松本 慎平, 加島 智子, 松井 孝典, 横尾 和磨, 石井 博昭,   2010年09月
  • ラフ集合に基づいた意思決定支援システムとその応用と可能性, 加島 智子,   2010年05月
  • Fuzzy Reasoning with Rough Sets for Menu Planning in Ambient Kitchen Environments, 加島 智子, ライプニッツ 賢治, 石井 博昭,   2010年03月
  • ラフ集合を用いたアンビエント情報環境における意思決定, 加島 智子, ライプニッツ 賢治, 石井 博昭,   2009年12月
  • ウェブ技術による栄養成分データベースと連携した食材管理ソフトウェア, 横尾 和麿, 加島 智子, 松本 慎平, 石井博昭,   2009年09月
  • 研究活動におけるナレッジマネジメントのためのソーシャルネットワーキングサービス, 板井 依香, 加島 智子, 松本 慎平,   2009年09月
  • ラフ集合を用いた献立推奨システム, 加島 智子,   2009年08月
  • A Decision Support System for Health Care Based on Multi-Constraints 0-1 Integer Programming, 加島 智子, 石井 博昭,   2009年06月
  • ラフ集合を実装したウェブアプリケーションの開発, 加島 智子, 松本 慎平, 石井 博昭,   2009年03月
  • 携帯情報端末を利用した在庫管理システムの提案, 松本 慎平, 加島 智子,   2008年12月
  • ラフ集合を用いた分類とその適用, 加島 智子, Sophia-Lin, 石井 博昭, 和多田 淳三,   2008年12月
  • 献立作成における数理計画の応用, 加島 智子,   2008年09月
  • ラフ集合理論を用いたWeb ベース食品推奨システムの開発, 頭島 龍正, 加島 智子,   2008年09月
  • ファジィクラスタリングを用いた食材分類による献立作成支援, 加島 智子, 石井 博昭,   2008年09月
  • ラフ集合と集合被服問題によるバランスの取れた献立作成の提案, 加島 智子, 石井 博昭,   2008年09月
  • ラフ集合による個人嗜好対応型献立作成の提案, 加島 智子, 石井 博昭,   2008年05月
  • 遺伝的アルゴリズムによる個人嗜好対応型献立提案システム, 加島 智子, 松本 慎平, 韓 虎剛, 石井 博昭,   2008年03月
  • 地産地消型の学校給食献立システムについて, 加島 智子,   2008年01月

MISC

  • 「次世代農産物流通システム」について, 蓮池隆, 加島智子, 松本慎平, アグリバイオ, 3, 8, 765‐769, 769,   2019年08月20日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902256604300586
  • 農産物産直流通モデルにおける全体最適化に関する一考察, 蓮池隆, 加島智子, 松本慎平, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会講演論文集, 2019, 95‐96,   2019年03月11日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902272997523095
  • 生産者と消費者をつなぐコミュニケーションデザインを考慮したアプリケーションの開発, 加島 智子, 研究報告知能システム(ICS), 2019-ICS-193, 3, 1, 5,   2019年02月
  • 書かせること以外のプログラミング指導から見えてきたこと, 松本 慎平, 山岸 秀一, 加島 智子, 林 雄介, 平嶋 宗, JSAI大会論文集, 2016, 0, 1C5OS13b2, 1C5OS13b2,   2018年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/130007421712
  • 消費借入計画問題の最適化 : 借入計画に対する局所探索操作の検討 (システム 産業計測制御合同研究会 最適化とエージェントの最新動向と産業応用ベンチマーク問題), 折登 由希子, 加島 智子, 井澤 裕司, マルデワ グジェゴシュ, 岡村 誠, 電気学会研究会資料. ST, 2017, 65, 1, 5,   2017年12月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40021435283
  • 献立支援システムにおける時系列献立計画問題の最適化 : 順列表現型GAによる解の検証 (情報システム研究会 知識抽出技術とその応用,その他一般), 加島 智子, 折登 由希子, 染谷 博司, 電気学会研究会資料. IS, 2017, 1, 1, 6,   2017年03月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40021168125
  • アルゴリズム体験ゲームとプログラミング学習後の成績の関係分析, 松本慎平, 山岸秀一, 加島智子, 教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM), 42nd, ROMBUNNO.I2‐23,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802237485869203
  • 潜在ランク理論によるプログラミング学習者のソースコード読解学習のログ分析と比較, 沖本恒輝, 松本慎平, 山岸秀一, 加島智子, 電気学会情報システム研究会資料, IS-16, 27-38.41, 43‐44,   2016年10月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602220600303490
  • 農業における情報技術活用 : われわれのこれまでの取り組み (特集 ICTを活用した経営工学の新展開), 加島 智子, 松本 慎平, 蓮池 隆, 経営システム, 26, 3, 157, 164,   2016年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020979878
  • 大相撲の割最適化のための進化計算における局所探索方法の検討, 尾川僚, 折登由希子, 加島智子, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM), 2015, ROMBUNNO.GS3-6,   2015年08月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502201572407506
  • プログラミング読解過程中の視線運動のプログラム構造に基づく解析, 沖本恒輝, 松本慎平, 山岸秀一, 加島智子, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM), 2015, ROMBUNNO.OS4-2,   2015年08月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502202622837147
  • 直感的なインタフェースデザインの10原則の提案, 井上勝雄, 広川美津雄, 岩城達也, 加島智子, 日本デザイン学会研究発表大会概要集(CD-ROM), 62nd, 238, 239,   2015年05月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502213957178891
  • 直感的なインタフェースデザインのガイドライン化, 広川美津雄, 井上勝雄, 岩城達也, 加島智子, 日本デザイン学会研究発表大会概要集(CD-ROM), 62nd, 236, 237,   2015年05月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502220996200698
  • 機械学習処理に基づいたプログラミング読解中の視線軌道の自動分類, 花房亮, 山岸秀一, 松本慎平, 加島智子, 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM), 29th, ROMBUNNO.3N3-2,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502207268220848
  • プログラミング読解学習教材の適応提供システム, 松本慎平, 山岸秀一, 加島智子, 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM), 29th, ROMBUNNO.1N2-4,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502220745532128
  • 直感的なインタフェースデザインの原則, 広川美津雄, 井上勝雄, 岩城達也, 加島智子, 日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM), 10th, ROMBUNNO.2B-01,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502241220888726
  • 対話型進化計算による献立作成システムにおける嗜好抽出の性能評価, 松本怜, 染谷博司, 加島智子, 折登由希子, 電気学会システム研究会資料, ST-14, 18-19.21.23-25, 1, 4,   2014年12月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502244254288964
  • 大相撲の割を組む進化計算のデザイン:平成22年秋場所, 尾川僚, 折登由希子, 加島智子, 日本経営工学会秋季大会予稿集, 2014, 210, 211,   2014年11月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502237199032266
  • 資格試験の自学学習を支援するためのe‐Learningシステムの開発, 栗栖大輝, 松本慎平, 不動雄樹, 加島智子, 電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 65th, ROMBUNNO.28-20,   2014年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402259051098671
  • 食材廃棄量最小化と品質保持を目指したグリーンサプライチェーンマネジメントの一考察, 蓮池隆, 加島智子, 松本慎平, スケジューリング・シンポジウム講演論文集, 2014, 123, 128,   2014年09月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402213936981270
  • プログラミング学習における視線データを活用した理解度の調査, 松本慎平, 山岸秀一, 青木真吾, 竹野英敏, 加島智子, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM), 2014, ROMBUNNO.OS11-6,   2014年09月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402212529916786
  • 食料産業のためのコンテンツ・マネジメント・システムを活用した地域における循環型社会形成, 加島智子, 松本慎平, 蓮池隆, 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM), 28th, 0, ROMBUNNO.1B3-OS-02B-4, 1B3OS02b4,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402221798275737
    概要:<p>食流通の効率化を目指したコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)を開発した.これにより,生産から流通・消費までの間で,食材情報の統合管理や情報共有が可能となる.生産者,流通業者,販売業者,消費者が利用可能であり,利用者は役割に応じて利益を得られる.本発表では,このCMSを地域に活用することで,循環型社会形成を支援するモデルを提案すると共に,これまでの取り組みを報告する.</p>
  • 環境配慮型食材流通サプライチェーンにおける数理モデルの貢献, 蓮池隆, 加島智子, 松本慎平, 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM), 28th, 0, ROMBUNNO.1B3-OS-02B-3, 1B3OS02b3,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402278588346439
    概要:<p>食材の生産から飲食店での消費までの一括した食材流通サプライチェーンにおいて,生産量や消費者需要量などに不確実性が存在する状況下で,利益を確保しつつ,環境に配慮した食材廃棄量低減を目指すために,食材仕入量を適切に設定することが重要となる.本発表では,より客観的かつ妥当な意思決定を可能とするために基本となる数理モデルを構築,定式化し,解法の構築および拡張可能性を議論する.</p>
  • プログラミングトレース学習の思考過程推定法の提案, 沖本恒輝, 松本慎平, 加島智子, 山岸秀一, 青木真吾, 教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM), 39th, ROMBUNNO.SG1‐2,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602212637984106
  • 多期間献立計画問題に対する食育評価モデルの提案と分布推定アルゴリズムによる最適化, 加島 智子, 折登 由希子, 山本 久志, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 5, 119, 128,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020162343
  • 農業分野における地域活性化のための双方向情報発信基盤の開発, 加島智子, 松本慎平, 横幹連合コンファレンス(CD-ROM), 5th, 18, 19,   2013年12月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402255634554661
  • 多期間献立計画問題における献立グループの類似度を考慮した食育評価モデルの提案と最適化 (システム研究会 確率最適化アルゴリズム全般), 加島 智子, 折登 由希子, 電気学会研究会資料. ST, 2013, 108, 37, 41,   2013年11月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019889625
  • 1-E-8 Web情報を用いた観光コンシェルジュシステムの構築と提案(特別セッション 観光情報と意思決定), 加島 智子, 松本 慎平, 市位 直人, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 2013, 94, 95,   2013年09月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009757881
  • 食料産業における適切な食材管理を目指した生産・流通・消費の情報共有システム(<特集>グリーンAI), 加島 智子, 松本 慎平, 蓮池 隆, 松井 孝典, 人工知能学会誌, 28, 4, 567, 574,   2013年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009615734
  • 区間分析を用いた製品の視覚的使いやすさ感 : 電気製品を事例にして, 酒井 祐輔, 井上 勝雄, 加島 智子, 酒井 正幸, デザイン学研究, 59, 5, 61, 68,   2013年01月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031139132
  • 農業分野における双方向情報発信基盤の開発とその導入による環境負荷低減活用, 加島智子, 松本慎平, 松冨達夫, 伊勢田博志, 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM), 27th, 0, ROMBUNNO.3K3-OS-08B-3, 3K3OS08b3,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302254933845296
    概要:<p>近年、農産物直売所の数はコンビニの店舗数を超え人気を得ている。しかし、農家にとって課題も多い。生産者の高齢化、安い輸入農産物、安心・安全の問題など国内農業への影響を懸念する声もある。これらの問題により今後、環境に与える影響も大きくなると予想される。そこで本研究では農業の知恵の継承、輸送コスト削減、露地栽培での生育時期の調整という目標を掲げ、農業分野における環境問題を解決するための仕組みを提案する。</p>
  • 多期間献立計画問題に対する食育評価モデルの提案と分布推定アルゴリズムによる最適化, 加島 智子, 折登 由希子, 山本 久志, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = IEEJ transactions on electronics, information and systems, 133, 8, 20, 1585,   2013年, 10.1541/ieejeiss.133.1576, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003363387
    概要:The menu planning problem deals with determining the dishes on a menu that satisfy some nutritional constraints, preferences of an individual, cost of food, etc. while optimizing the given objective functions. Many researchers have studied "one-period" menu planning problems with linear programming. However, our focus is on a "multi-period" menu planning problem as a combinatorial optimization problem. In this paper, we propose the model of nutrition education as the objective function for this problem. Our model of nutrition education employs entropy based on the menu diversity and order of appearance for the multi-period menu. We apply an estimation of distribution algorithm (EDA) to optimize this problem and then show that our algorithm has better ability to find good solutions.
  • 短文投稿形式に基づく対話支援システムの利用とその効果に関する基礎分析, 松本慎平, 松岡伸彦, 加島智子, 電気学会全国大会講演論文集, 2012, 1, 15,   2012年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202242546524435
  • 生産情報共有のための農業情報システム, 加島智子, 松冨達夫, 松本慎平, 伊勢田博志, 電気学会全国大会講演論文集, 2012, 3, 45,   2012年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202274065024357
  • 飲食店における情報管理システムの環境支援に向けての可能性, 松本慎平, 松井孝典, 加島智子, 中村憲明, 人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM), 26th, ROMBUNNO.3F1-OS-19-5,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202204569439916
  • イメージ情報を考慮した魅力的な色彩推奨手法の提案, 加島智子, 松本慎平, 井上勝雄, 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM), 14th, ROMBUNNO.B6-06,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202229576606219
  • 理工系学生を対象とした英語学習支援システムの運用と効果検証, 加島智子, 松本慎平, 教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM), 37th, ROMBUNNO.F2-2,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402278570950860
  • 地方における地域密着型のサービス工学研究 : サービス工学研究センターでの活動と今後の展望, 谷崎 隆士, 加島 智子, 片岡 隆之, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 3, 117, 122,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019383074
  • 対話場における討議活動支援に向けた短文投稿掲示板の効果検証, 松本 慎平, 川本 祐太郎, 加島 智子, 舟本 研司, 電気学会研究会資料. IS, 情報システム研究会, 2011, 75, 51, 56,   2011年11月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030326898
  • クラウドを用いた都市型農作物直売所のための情報システム, 加島智子, 松本慎平, 伊勢田博志, 松冨達夫, 石井博昭, 電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 62nd, 51, 52,   2011年10月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302253005556384
  • 個人対応の学習支援環境構築のための機能要求の抽出とデータ設計, 加島智子, 松本慎平, 教育システム情報学会全国大会講演論文集, 36th, 118, 119,   2011年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102277542174325
  • 地方における地域密着型のサービス工学研究 : サービス工学研究センターでの活動と今後の展望, 谷崎 隆士, 加島 智子, 片岡 隆之, 知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics, 23, 3, 306, 311,   2011年06月15日, 10.3156/jsoft.23.3_306, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029133901
  • 情報技術に関するキーワード間の関係抽出と学習支援への応用, 加島智子, 松本慎平, 松井孝典, システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM), 55th, ROMBUNNO.H46-3,   2011年05月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102279090126231
  • 学習者個々の到達度を考慮した傾向別課題作成法の提案 (不確実性下における意思決定問題), 加島 智子, 松本 慎平, 井原 辰彦, 石井 博昭, 数理解析研究所講究録, 1734, 1, 8,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008436017
    概要:プロセッサ技術のめざましい発展の一方で、2次記憶の機械的制約によるボトルネックがますます顕著になり、この問題の早急な解決が望まれている。動的配列シリンダディスク(DACYD)は、2次記憶内のデータを物理的に一定な長さで区切り利用頻度順に動的に再配列を行い、ヘッドシーク時間を短縮してコンピュータシステムの性能向上をめざすものである。ここでは、データをいくつかのアクセス頻度グループにクラス分けしておき、アクセス頻度の変動が少なく再配置後も同一グループ内にとどまるデータは再配置を省略する簡便法を提案する。この簡便法は、各グループの区間の幅を適切に設定すれば、2、3のグループ化程度で平均シーク距離をかなり短縮できるので、コスト対効果バランスの優れたデータモデルである。さらに、データ再配置操作の実行間隔の目安を明らかにし実現可能なモデルであることも示す。While CPU technology has made remarkable progress, the performance bottleneck between the main mamory and the secondary storage becomes more serious and must be solved immediately. Dynamically Arranged Cylinder Disk (DACYD) is aimed to reduce the wasteful head seek time through data rearrangement in the secondary strage. Here, instead of perfect data rearrangement, we introduce a convenient method which divides data into several access frequency groups within a disk. If the size of each group is adequately decides, this method can decrease the head seek distance effectively even through in the case of a few data gourps. Then, the necessary period between data rearrangement is showed to be equivalent to practicable I/O counts; i times of cylinder number.
  • レストラン「賀露幸」経営方針のイノベーション, 加島 智子, 谷﨑 隆士, ものづくりノウハウによるサービス産業イノベーション促進/付加価値向上運動展開調査議場 報告書,   2011年02月
  • 平成22年秋季研究発表会ルポ(情報の窓), 加島 智子, 佐々木 美裕, 蓮池 隆, オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学, 56, 2, 120, 124,   2011年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008465018
  • 献立提案機能の販売時点管理システムへの統合, 加島智子, 松本慎平, 石井博昭, 日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集, 45th, 70, 71,   2010年11月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102274828651911
  • 1-B-1 曖昧性を考慮した設問回答方式に基づく献立探索法の検討(医療・福祉), 加島 智子, 松本 慎平, 石井 博昭, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 2010, 22, 23,   2010年09月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007977226
  • 陳腐化商品を取り扱う在庫管理システムの開発と意思決定支援法実装に向けての展望, 松本 慎平, 加島 智子, 松井 孝典, ファジィシステムシンポジウム講演論文集, 26, 618, 623,   2010年09月13日, 10.14864/fss.26.0.141.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019530755
  • ファジィ推論を用いた意思決定支援システム, 加島 智子, 松本 慎平, 石井 博昭, ファジィシステムシンポジウム講演論文集, 26, 806, 809,   2010年09月13日, 10.14864/fss.26.0.184.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019531680
  • 曖昧性を考慮した設問回答方式に基づく献立探索法の検討, 加島 智子, 松本 慎平, 石井 博昭,   2010年09月
  • 電子メールを利用した英単語の自学自習支援法の提案, 松本 慎平, 加島 智子, 伊延 詩織, 全国大会講演論文集, 72, 0, 611, 612,   2010年03月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008105628
  • 汎用的情報端末を用いたWeb技術に基づく販売時点管理手法の提案, 横尾 和磨, 松本 慎平, 加島 智子, 石井 博昭, 中村 憲明, 全国大会講演論文集, 72, 0, 735, 736,   2010年03月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008105689
  • Wordpressを用いたコンバージョン率向上手法の提案, 二橋 宣友, 松本 慎平, 加島 智子, 末並 晃, 中村 憲明, 全国大会講演論文集, 72, 0, 737, 738,   2010年03月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008105690
  • BS-3-7 Fuzzy Reasoning with Rough Sets for Menu Planning in Ambient Kitchen Environments, 加島 智子, ライプニッツ 賢治, 石井 博昭, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010, 2, "S, 36"-"S-37",   2010年03月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007869811
  • ラフ集合を実装したウェブアプリケーションの開発, 加島智子, 松本慎平, 石井博昭, ソフトサイエンス・ワークショップ講演論文集, 19th, 57, 58,   2009年03月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297769405130
  • 食材分類による献立作成の提案 (21世紀の数理計画 : 最適化モデルとアルゴリズム), 加島 智子, 石井 博昭, 数理解析研究所講究録, 1629, 1, 7,   2009年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007027103
  • ラフ集合を用いた分類とその適用, 加島 智子, Sophia Lin, 石井 博昭, 和多田 淳三, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2008, 126, 57, 60,   2008年12月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007114805
    概要:本論文ではラフ集合によってデータの分類を行っている.細分された部分集合がより大きな目的の集合に分類することがでるか否かの識別を行う.ラフ集合のアルゴリズムによって,私たちはデータを自動的に分類することができるモデルを作成した.このモデルではデータ分類を効率的に実現することを目的としている.その適用として現在の社会問題である高齢化社会の問題を取り上げて議論を行っている.近年,高齢化社会の問題は世界中で大きな問題となっている.その国々は高齢化社会の問題に直面し,解決しなければならない.そこで本論文での識別問題として,様々な都市が高齢化社会の都市に分類するか否かを議論している.The objective of this paper is to realize a simple classification method in a rough set approach that distinguishes whether a subset can be classified in the target set or not. The algorithms of Rough Set will be used to analyze the data and in order to illustrate the method, we just use some artificial data in this paper. As its application, we discuss the aged society that should influences on policy making. The problem of aged society has become more and more severe all over the world. Almost all the countries have to face and solve this problem. In this problem the distinguish is done whether cities can be classified into an aged one or not.
  • ラフ集合を用いた分類とその適用, 加島 智子, Sophia Lin, 石井 博昭, 和多田 淳三, 情報処理学会研究報告バイオ情報学(BIO), 2008, 126, 57, 60,   2008年12月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007126885
    概要:本論文ではラフ集合によってデータの分類を行っている.細分された部分集合がより大きな目的の集合に分類することがでるか否かの識別を行う.ラフ集合のアルゴリズムによって,私たちはデータを自動的に分類することができるモデルを作成した.このモデルではデータ分類を効率的に実現することを目的としている.その適用として現在の社会問題である高齢化社会の問題を取り上げて議論を行っている.近年,高齢化社会の問題は世界中で大きな問題となっている.その国々は高齢化社会の問題に直面し,解決しなければならない.そこで本論文での識別問題として,様々な都市が高齢化社会の都市に分類するか否かを議論している.The objective of this paper is to realize a simple classification method in a rough set approach that distinguishes whether a subset can be classified in the target set or not. The algorithms of Rough Set will be used to analyze the data and in order to illustrate the method, we just use some artificial data in this paper. As its application, we discuss the aged society that should influences on policy making. The problem of aged society has become more and more severe all over the world. Almost all the countries have to face and solve this problem. In this problem the distinguish is done whether cities can be classified into an aged one or not.
  • 1-E-8 ファジィクラスタリングを用いた食材分類による献立作成支援(組合せ最適化(2)), 加島 智子, 石井 博昭, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 2008, 90, 91,   2008年09月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007070775
  • ラフ集合による個人嗜好対応型献立作成の提案, 加島 智子, 石井 博昭, 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2008, 41, 1, 4,   2008年05月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006783525
    概要:近年の食生活の変化に伴う生活習慣病に対して,その予防を目指し,本研究ではラフ集合を用いて個人の嗜好と対応した献立作成の提案を行う.献立は単品料理をいくつか組み合わせることによって,一食分の献立を作成する.すべての料理には,ユーザの嗜好情報,栄養素の所要量と他の料理との相性などの情報を与えており,ユーザの嗜好に合い,かつ栄養バランスの取れた献立を作成する.嗜好のルール抽出にはラフ集合理論によって得る.また,メニュー計画にはファジイ数理計画問題によって得る.Recently, there are lifestyle-related diseases by change in Japanese eating habits. In this research, we discuss the system which used rough set and fuzzy mathematical programming. A menu is created. The menu combines some dishes. All the dishes have information, including a user's taste, a nutrient, the affinity of cooking, etc. The well-balanced menu is created by liking of a user. The rule of taste is obtained by rough-sets theory. Moreover, menu planning can be based on the fuzzy mathematical plan problem.
  • D-13-2 遺伝的アルゴリズムによる個人嗜好対応型献立提案システム(D-13. 知能ソフトウェア工学,一般セッション), 加島 智子, 松本 慎平, 韓 虎剛, 石井 博昭, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2008, 2,   2008年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006869039
  • 食材分類による献立作成の提案, 加島 智子,   2008年02月

受賞

  •   2018年03月, International Symposium on Artificial Intelligence, Best Paper Award
  •   2014年07月, 2014 IEEE SMC Hiroshima Chapter, ソフトウェアコンテスト佳作
  •   2014年03月, 教育システム情報学会2013 年度, 学生研究発表会優秀発表賞
  •   2012年12月, Royal University of Phnom Penh President Award
  •   2010年04月, International Association of Engineers, Best Student Paper Award
  •   2009年03月, International Association of Engineers, Best Paper Award
  •   2009年03月, ベストプレゼンテーション賞, 日本知能情報ファジィ学会ソフトサイエンス研究会
  •   2009年03月, International Conference on Planning and Design, Best Paper Award
  •   2008年04月, International Association of Engineers, Best Paper Award

競争的資金

  • 文科省科学研究費補助金, 学術研究助成基金助成金(基盤研究(C)), カード操作によるプログラミング学習システムにおけるコンパイラとの対話機能の開発
  • 文科省科学研究費補助金, 若手研究, 使いやすさを考慮した高齢生産者と消費者を繋ぐ双方向システムに関する研究
  • 文科省科学研究費補助金, 学術研究助成基金助成金(基盤研究(B)), 就農者の経営安定化に資する農産物サプライチェーンマネジメントの数理的研究
  • 呉地域オープンカレッジネットワーク
  • 公益財団法人マツダ財団, 小学生対象の感動を与えるプログラミング教室
  • 文部省科学研究費補助金, 学術研究助成基金助成金 (基盤研究(C)), 記述知識の段階的定量化によるソースコードの困難度推定と適応的学習課題提示法の検討
  • 呉地域オープンカレッジネットワーク, 呉地域の農産物イノベーションプロジェクト
  • (公財)サタケ技術振興財団, 平成30年度大学研究助成, 高齢生産者と消費者を繋ぐ食の安全情報発信システムに関する研究
  • 文部省科学研究費補助金, 学術研究助成基金助成金 (基盤研究(C)), プログラム読解学習のための学習教材の自動生成方式と学習者の技能定量化手法の提案
  • 呉地域オープンカレッジネットワーク, アイディアを実現するプログラミング教室
  • 文部省科学研究費補助金, 学術研究助成基金助成金(若手研究(B))(平成25年度), 使いやすいデザインと情報推奨を考慮した高齢農家のための情報共有システムの研究
  • 文部省科学研究費補助金, 学術研究助成基金助成金(若手研究(C))(平成26年度)分担, プログラミングにおける成熟的学習活動を可能とする視線追跡に基づくスキル標準の構築
  • 一般財団法人 人工知能研究振興財団, 農作物の付加価値創造を支援するCGMシステムの開発
  • 文部省科学研究費補助金, 学術研究助成基金助成金(基盤研究(c))(平成24年度)分担, 直感的インタフェースデザインとその評価
  • 文部省科学研究費補助金, A-STEP フィージビリティスタディ【FS】ステージ(平成24年度), CMSを用いた農家情報システム構築と情報発信における販売効果と評価
  • 財団法人 サタケ技術振興財団, ユーザ評価自動収集による携帯端末の魅力的システムインタフェースの構築
  • 文部省科学研究費補助金, A-STEP フィージビリティスタディ【FS】ステージ(平成23年度), 都市型農作物直売所におけるトレーサビリティシステムの環境構築
  • 有限会社 サポート・エムツゥ (平成22年度), 「菊陽町商工会」着地型旅行及び農商工連携におけるニーズ調査
  • 財団法人NEC C&C 財団 国際会議論文発表助成