山田 康枝 (ヤマダ ヤスエ)

  • 工学部 化学生命工学科 教授
Last Updated :2021/06/16

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    肝臓や神経系細胞への過酸化水素、アルコールや虚血などの酸化ストレスや細胞機能に対する日本酒、焼酎、ウコン、プロポリス、糖類などに含まれる新たな生理活性物質の効果の研究。

研究者情報

学位

  • 博士(医学)(山口大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • PSD-95   NMDA受容体   PKC   MALS-2   Xenopus oocyte   アフリカツメガエル卵母細胞   GKAP   二電極膜電位固定法   合成RNA   PDZ蛋白質   MAGUKs   Xenopus oocytes   ニコチン性アセチルコリン受容体   燐酸化   PDZ domain   アセチルコリン   インスリン   サクシニルコリン   プロテインキナーゼC   亜鉛   グルタミン酸受容体   SAP102   PDZ   src   筋弛緩薬   神経筋接合部   チロシンリン酸化酵素   PDZ protein   oocyte   

現在の研究分野(キーワード)

    肝臓や神経系細胞への過酸化水素、アルコールや虚血などの酸化ストレスや細胞機能に対する日本酒、焼酎、ウコン、プロポリス、糖類などに含まれる新たな生理活性物質の効果の研究。

研究分野

  • ライフサイエンス / 薬理学
  • ライフサイエンス / 神経科学一般
  • ライフサイエンス / 麻酔科学
  • ライフサイエンス / 機能生物化学
  • ライフサイエンス / 循環器内科学
  • ライフサイエンス / 医用システム

経歴

  • 2009年 - 現在  近畿大学工学部教授

所属学協会

  • 日本神経化学会   日本食品保蔵科学会   日本食品・機械研究会   日本醸造学会   日本アミノ酸学会   北米神経科学学会   日本神経科学学会   日本薬理学会   日本分子生物学会   日本生化学会   

研究活動情報

論文

  • Yasue Yamada; Kazuya Nishii; Koji Kuwata; Masashi Nakamichi; Kei Nakanishi; Atsushi Sugimoto; Kazuto Ikemoto
    Heliyon 6 1 e03240 - e03240 2020年01月 [査読有り]
  • Physiological Activities of Perilla Frutescens Var. Frutescens Leaf Extracts and Storage Stability in Kneaded Noodles Food Science and Nutrition Studies
    Yoshiyuki Watanabe; Hiroko Kitayama; Mina Yamamoto; Yusuke Kono; Yasue Yamada; Masato Nomura
    Food Science and Nutrition Studies 2 2 2018年 [査読有り]
  • 嗜好品によるカプサイシン受容体の作用
    山田康枝
    AROMA RESEARCH 18 1 48 - 51 2017年 [査読有り]
  • Direct activation of GABAA receptors by substances in the organic acid fraction of Japanese sake.
    Izu H; Shigemori K; Eguchi M; Kawane S; Fujii S; KitamuraY; Aoshima H; YamadaY
    Food Chemistry 214 354 - 359 2016年07月 [査読有り]
  • Yasue Yamada; Kohei Ohtani; Akinori Imajo; Hanae Izu; Hitomi Nakamura; Kohei Shiraishi
    Toxicology Reports 2 729 - 736 2015年01月 [査読有り]
  • 日本酒および焼酎に含まれる香気成分の神経系受容体への効果
    山田康枝; 増田修一; 山本翔太; 伊豆英恵
    AROMA RESEARCH 16 1 66 - 73 2015年 [査読有り]
  • 日本酒および焼酎の香りと機能性
    山田康枝; 伊豆英恵
    AROMA RESEARCH 16 1 3 - 8 2015年 [査読有り]
  • 揮発性化学物質の神経系細胞への効果
    山田 康枝; 白石 浩平
    近畿大学工学部「近畿大学工学部研究報告」 46 1 - 5 2012年12月
  • 神経系細胞における化学物質の毒性評価
    白石 浩平; 杉山 一男; 山田 康枝
    近畿大学工学部研究報告 45 1 - 5 2011年10月
  • 生理活性を持つジペプチド
    山田 康枝
    食品加工技術 30 3 2010年
  • 温度応答性高分子を表面にもつ細胞アレイの調製
    山田 康枝; 白石 浩平; 杉山 一男
    工業技術研究所報告 9 14 - 19 2009年
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対するジペプチドの効果.,
    山田 康枝
    アミノ酸研究 2 2 155 - 157 2008年
  • T Iwamoto; Y Yamada; K Hori; Y Watanabe; K Sobue; M Inui
    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY 89 1 100 - 108 2004年04月
  • Y Yamada; T Iwamoto; Y Watanabe; K Sobue; M Inui
    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY 81 4 758 - 764 2002年05月
  • Y Yamada; Y Chochi; JA Ko; K Sobue; M Inui
    FEBS LETTERS 458 3 295 - 298 1999年09月 [査読有り]
  • Y Yamada; Y Chochi; K Takamiya; K Sobue; R Inui
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 274 10 6647 - 6652 1999年03月 [査読有り]
  • Sachiye Inouye; Yasue Yamada; Koshiro Miura; Haruko Suzuki; Keisuke Kawata; Koh Shinoda; Atsushi Nakazawa
    Biochemical and Biophysical Research Communications 254 3 618 - 622 1999年01月 [査読有り]
  • Sachiye Inouye; Misuzu Seo; Yasue Yamada; Atsushi Nakazawa
    Journal of Neurochemistry 71 1 125 - 133 1998年07月 [査読有り]
  • Characterization of the gntT gene encoding a high-affinity gluconate permease in Escherichia coli
    H Izu; T Kawai; Y Yamada; H Aoshima; O Adachi; M Yamada
    199 1-2 203 - 210 1997年10月 [査読有り]
  • Yasue Yamada; Hisamitsu Ujihara; Hideaki Sada; Takashi Ban
    FEBS Letters 377 3 390 - 392 1995年12月 [査読有り]
  • Y. Yamada; M. Yamada; A. Nakazawa
    Journal of Bacteriology 177 21 6064 - 6068 1995年 [査読有り]
  • Topological analysis of quinoprotein glucose dehydrogenase in Escherichia coli and its ubiquinone-binding site
    M Yamada; K Sumi; K Matsushita; O Adachi; Y Yamada
    Journal of Biological Chemistry 268 17 12812 - 12817 1993年06月 [査読有り]
  • Biological and biochemical characteristics of murine megakaryoblastic cell line L8057
    Y Ishida; J Levin; G Baker; P E Stenberg; Y Yamada; H Sasaki; T Inoue
    Experimental Hematology 21 2 289 - 298 1993年02月 [査読有り]
  • Characterization of the gcd gene from Escherichia coli K-12 W3110 and regulation of its expression
    M Yamada; S Asaoka; M; H Saier Jr; Y Yamada
    Journal of Bacteriology 175 2 568 - 571 1993年01月 [査読有り]
  • Insertion of the mannitol permease into the membrane of Escherichia coli. Possible involvement of an N-terminal amphiphilic sequence
    Y Yamada; Y Y Chang; G A Daniels; L F Wu; J M Tomich; M Yamada; M H Saier J
    Journal of Biological Chemistry 266 27 17863 - 17871 1991年09月 [査読有り]
  • Biological effects of recombinant erythropoietin, granulocyte-macrophage colony-stimulating factor, interleukin 3, and interleukin 6 on purified rat megakaryocytes
    Y Ishida; S Yano; T Yoshida; H Tanaka; Y Yamada; M Kawano; T Kaneko; N Matsumoto
    Experimental Hematology 19 7 608 - 612 1991年08月 [査読有り]
  • Nucleotide sequence and expression of the gutQ gene within the glucitol operon of Escherichia coli
    M Yamada; Y Yamada; M H Saier J
    DNA sequence 1 2 141 - 145 1990年 [査読有り]
  • Characterization of hemolysin in extracellular products of Pseudomonas cepacia
    T Nakazawa; Y Yamada; M Ishibashi
    Journal of Clinical Microbiology 25 2 195 - 198 1987年02月 [査読有り]
  • Membrane-bound, electron transport-linked, D-glucose dehydrogenase of Pseudomomas fluorecens. Interaction of the purified enzyme with ubiquinone or phospholiplid.
    Matsushita K; Yamada Y; Ohno Y; Shinagawa E; Adachi O; Ameyama M
    Agricultural Biological Chemistry 46 6 1007 - 1011 1982年 [査読有り]
  • Existence of a novel prosthetic group, PQQ, in membrane-bound, electron transport chain-linked, primary dehydrogenases of oxidative bacteria
    M Ameyama; K Matsushita; Y Ohno; E Shinagawa; O Adachi
    FEBS Letters 130 2 179 - 183 1981年08月 [査読有り]
  • Membrane-bound D-glucose dehydrogenase from Pseudumonas sp.: Solubilization, purification and characterization
    Matsushita K; Ohno Y; Shinagawa E; Adachi O; Ameyama M
    Agricultural Biological Chemistry 44 7 1505  1980年 [査読有り]

書籍

  • Advances In Chemistry Research Volume 34
    山田康枝 (担当:共著範囲:Chapter 3 Neurological Activities of Linalool and Other Fragrant Compounds)Nova Science Publishers 2017年01月

講演・口頭発表等

  • 酸化ストレスおよび肝障害下のヒト肝ガン由来細胞株HepG2に対するポリフェノールの効果
    森 淳輝、山田康枝
    日本農芸化学会2021年度大会 2021年03月
  • ほうじ茶に特徴的な成分のGABAA受容体および神経芽細胞腫細胞株SK-N-SHへの効果
    山田康枝
    第93回日本生化学会大会 2020年09月
  • ほうじ茶に特異的に含まれる成分の機能解析
    山田 康枝、沖田 裕司、矢吹 智、西居 和哉、笹木 哲也
    日本農芸化学会2020年度大会 2020年03月
  • 芳香成分がマウスの運動/記憶機能におよぼす影響wα-ピネンおよびリモネンの加齢に対する効果  [通常講演]
    中村一美; 小川航平; 山田康枝
    生命ソフトウェア・感性工房 合同シンポジウム 2019年11月 口頭発表(一般)
  • New modulators of capsaicine receptor TRPV1 in fermented foods  [通常講演]
    山田康枝
    ISN-ASN 2019Meeting Canada 2019年08月 口頭発表(一般)
  • 正常ヒト表皮角化細胞の紫外線傷害および創傷に対する保護効果を持つ物質の検討  [通常講演]
    山田康枝; 脇本康平; 神谷晃平; 天野遼; 田谷郁実
    日本食品保蔵科学会第68回大会 2019年06月 福岡
  • Comparison of the biological effects of pyrroloquinoline quinone and imidazole pyrroloquinoline  [通常講演]
    Yasue.Yamada; Kazuya Nishii; Atsushi Sugimoto; Kazuto. Ikemoto
    European Congress on Biotechnology 2018年07月
  • Capsaicin受容体(TRPV1)に作用する新規物質の検討  [通常講演]
    山田康枝; 佐藤崇弘; 濱野芽衣; 井手元 静也
    第133回日本薬理学会近畿部会 2018年06月
  • ピロロキノリンキノンとイミダゾピロロキノリンの神経系細胞への効果の比較検討  [通常講演]
    西居和哉, 中西 慧, 中路昌志, 山田康枝
    2017生命科学系学会合同年次大会 2017年12月
  • Effect of amines on GluN1/GluN2A and GluN1/GluN2B subtypes of NMDA receptor.  [通常講演]
    Y Yamada,T Yabuki; K Nishii
    Society for Neuroscience 47th Annual Meeting 2017 2017年11月
  • ヒト神経芽細胞腫SK-N-SHに対するピロロキノリンキノンとイミダゾロピロロキノリンの効果の比較検討  [通常講演]
    西居 和哉; 中路 昌志; 中西 慧; 山田康枝
    院生サミット 2017年09月
  • Capsaicin受容体(TRPV1)活性に作用する物質の検討  [通常講演]
    山田康枝; 佐藤 崇弘; 濱野 芽衣; 井手元 静也
    第66回日本食品保蔵学会大会 2017年06月
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対するアミン類の効果  [通常講演]
    山田康枝; 矢吹智; 西居和哉; 則包潔人; 伊豆英恵
    第90回日本薬理学会年会 2017年03月
  • ピロロキノリンキノンとイミダゾピロロキノリンの神経系細胞への効果の比較検討  [通常講演]
    西居和哉; 中路昌志; 中西慧; 山田康枝
    日本農芸化学会 2017年度大会 2017年03月
  • ガラクトリシルグリセロールのヒト表皮角化細胞と神経系細胞への保護効果の検討  [通常講演]
    田谷郁実; 井上絢葵; 山田康枝
    日本農芸化学会 2017年度大会 2017年03月
  • 日本酒成分のNMDA型グルタミン酸受容体への効果  [通常講演]
    矢吹智; 則包潔人; 立溝博也; 伊豆英恵; 山田康枝
    日本農芸化学会 2017年度大会 2017年03月
  • The effect of an organophosphorus agent on human neuroblastomaagent cell line SK-N-SH.  [通常講演]
    山田康枝
    Society for Neuroscience 46th Annual Meeting 2016 2016年10月
  • 日本酒成分のNMDA型グルタミン酸受容体への効果  [通常講演]
    矢吹智; 則包潔人; 立溝博也; 伊豆英恵; 山田康枝
    日本アミノ酸学会10周年記念大会 2016年09月
  • ヒト神経芽細胞腫株SK-N-SHに対するピロロキノリンキノン(PQQ)とその誘導体の効果  [通常講演]
    山田康枝
    日本食品保蔵科学会第65回大会 2016年06月
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対する日本酒成分の効果  [通常講演]
    山田康枝
    日本農芸化学会 2016年度大会 2016年03月
  • ピロロキノリンキノンとイミダゾピロロキノリンのSK-N-SH細胞とHepG2細胞に対する効果の比較検討  [通常講演]
    西居和哉; 中路昌志; 野村宏基; 久保航大; 延谷直哉; 中西 慧; 山田康枝
    日本農芸化学会 2016年度大会 2016年03月
  • Effects of components of sake of GluN1/GluN2A and GluN1/GluN2B subtypes of NMDA receptor.  [通常講演]
    Tomo Yabuki; K; Norikane Y; Uemura H Izu Y Yamada
    International society for Neurochemistry 25th Meeting Cairns Australia 2015年08月
  • The effect of an organophosphorus agent on human neuroblastoma cell line SK-H-SH  [通常講演]
    Kosuke Yamada; H Shiraishi; A Namera; Y Arima M Nagao; Y Yamada
    International society for Neurochemistry 25th Meeting Cairns Australia 2015年08月
  • NMDA 型グルタミン酸受容体に対する日本酒成分の効果  [通常講演]
    山田康枝; 矢吹 智
    第5回院生サミット 近畿大学和歌山キャンパス 2015年07月
  • ヒト神経芽細胞腫SK-N-SHへのサリン類似有機リン剤の毒性作用  [通常講演]
    山田耕資; 白石弘章; 奈女良昭; 有馬陽介; 長尾正崇; 山田康枝
    第42日本毒性学会学術年会 金沢 2015年06月
  • 日本酒および焼酎に含まれる香気成分の神経系受容体への効果  [通常講演]
    山田康枝; 増田修一; 山本翔太; 伊豆英恵
    日本食品保蔵科学会創立40周年大会(第64回大会) 東京農業大学 2015年05月
  • Propolis components suppresses collagen production and cell proliferation in activated hepatic stellate cells  [通常講演]
    小川智弘; 平尾凌; 寺田拓実; 山田康枝; 兵庫秀幸; 河田則文
    Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2015 2015年05月
  • ピロロキノリンキノン(PQQ)とその誘導体の生理活性の比較  [通常講演]
    中路昌志; 池本一人; 中野昌彦; 山田康枝
    日本農芸化学会2015年度大会 岡山
  • ヒト神経芽細胞腫SK-N-SHへのサリン類似有機リン剤の毒性作用  [通常講演]
    山田耕資; 白石弘章; 奈女良昭; 有馬陽介; 長尾正崇; 山田康枝
    日本農芸化学会2015年度大会 岡山 2015年03月
  • 新たなCapsaicin受容体(TRPV1) 作用物質およびCapsaicinによる神経細胞保護効果の検討  [通常講演]
    佐藤崇弘; 山岡裕磨; 岡田芳治; 青島 均; 伊豆英恵; 山田康枝
    日本農芸化学会2015年度大会 岡山 2015年03月
  • NMDAグルタミン酸受容体に対する日本酒成分の効果  [通常講演]
    矢吹 智; 上村勇貴; 曽我部直哉; 黒沢 幹; 則包潔人; 伊豆英恵; 山田康枝
    日本農芸化学会2015年度大会 岡山 2015年03月
  • 酸化ストレスと創傷への糖類の効果  [通常講演]
    山田康枝; 鈴木直人; 安藤正隆; 片井優二; 中西 慧
    日本農芸化学会2015年度大会 岡山 2015年03月
  • Protective effects of PQQ against the cell death caused by 6-hydroxydopamine and hydrogen peroxide.  [通常講演]
    Y. Yamada; M. Nakamichi
    Society for Neuroscience 45th Annual Meeting 2015年
  • Capsaicin受容体(TRPV1)活性に作用する物質の検討  [通常講演]
    佐藤 崇弘; 山田 康枝
    第7回トランスポーター研究会九州部会 2014年11月
  • “GABAA receptor agonist activity and anxiolytic effects of organic acids  [通常講演]
    Y. Yamada; K. Shigemori; M Eguchi; S. Kawane; H. Izu
    Society for Neuroscience 44th Annual Meeting (2014) Washington D.C. 2014年11月
  • The effect of a sarin-like organophosphorus agent on human neuroblastoma cell line SK-N-SH  [通常講演]
    K. Yamada; H. Shiraishi; A. Namera; Y. ArimaM. Nagao; Y; Yamada
    第87回 日本生化学会大会 京都 2014年10月
  • 発酵食品に含まれるアミン類の生理活性  [通常講演]
    山田康枝
    第41回機能性食品用ペプチド研究会 大阪 2014年06月
  • Capsaicin 受容体 (TRPV1)活性に作用する物質の検討  [通常講演]
    佐藤 崇弘; 青島 均; 伊豆 英恵; 山田 康枝
    2014年度農芸化学会大会 2014年03月
  • 各種温度応答性高分子を表面修飾したマイクロアレイの調製と熱・レーザー光照射による細胞はく離の評価  [通常講演]
    農宗 辰己; 今城 明典; 神埼 有加; 山田 康枝; 白石 浩平; 河濟 博文
    第63回高分子討論会 長崎 2014年
  • PEG鎖固定化マイクロアレイによるU937細胞とヒト人工染色体(HAC)ベクター含有微小核細胞の高効率融合  [通常講演]
    今城 明典; 神崎 有加; 山田 康枝; 白石 浩平
    第63回高分子討論会 長崎 2014年
  • 低温プラズマ-ポスト重合法によるPNiPAAm固定化ポリアセチレン系酸素富化膜の調製と細胞接着・増殖と温度刺激はく離  [通常講演]
    農宗 辰己; 山田 康枝; 白石 浩平
    第63回高分子学会年次大会 名古屋 2014年
  • SI-ATRP法により鎖長を制御したPNiPAAm固定化マイクロアレイの調製と細胞接着およびはく離  [通常講演]
    今城 明典; 農宗 辰己; 神崎 有加; 山田 康枝; 白石 浩平; 中谷 達行
    第63回高分子学会年次大会 名古屋 2014年
  • The beneficial effect of propolis on fat accumulation and lipid metabolism in NASH model  [通常講演]
    小川智弘; 山田康枝; 兵庫秀幸; 河田則文
    Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2014 Australia 2014年
  • Effects of polyamines and monoamines on GluN1/GluN2A and GluN1/GluN2B subtypes of NMDA receptor  [通常講演]
    山田康枝; 則包潔人; 松丸克己; 伊豆英恵
    Neuroscience 2013 2013年11月
  • 自動車室内の快適性・空気質に関する基礎研究  [通常講演]
    中村 一美; 樹野 淳也; 米原 牧子; 山田 康枝; 竹原 伸
    第15回日本感性工学会大会 2013年09月 第15回日本感性工学会大会
  • 車室内空間の快適性向上を目指して  [通常講演]
    中村 一美; 樹野 淳也; 米原 牧子; 山田 康枝; 竹原 伸
    生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会 (LIFE2013) 2013年09月 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会 (LIFE2013)
  • 悪臭物質がマウスの自発運動能におよぼす影響  [通常講演]
    中村 一美; 山田 康枝; 樹野 淳也; 米原 牧子; 竹原 伸
    第40回日本毒性学会学術年会 2013年06月 第40回日本毒性学会学術年会
  • 揮発性有機化合物の神経系細胞への効果  [通常講演]
    山田 康枝; 白石 浩平
    第40回 日本毒性学会学術年会 2013年06月 千葉 第40回 日本毒性学会学術年会
  • ヒト神経芽細胞腫SK-N-SHに対する酸化ストレス保護効果  [通常講演]
    中路昌志; 小川智弘; 山田康枝
    日本農芸化学会中四国支部第36回講演会 2013年06月
  • カプサイシン受容体(TRPV1)活性に作用する物質の検討  [通常講演]
    佐藤崇弘; 青島均; 山田康枝
    日本農芸化学会中四国支部第36回講演会 2013年06月
  • 細胞マイクロアレイによるU937細胞とヒト人工染色体(HAC)ベクター含有微小核細胞の高効率融合  [通常講演]
    白石 浩平; 杉山 一男; 山田 康枝; 中谷 達行
    第62回高分子学会年次大会 2013年05月 京都 第62回高分子学会年次大会
  • UCST型温度応答性ポリマーを表面修飾した基板の調製と熱・レーザー光照射による細胞はく離の評価  [通常講演]
    白石 浩平; 杉山 一男; 山田 康枝; 河濟 博文; 中谷 達行
    第62回高分子学会年次大会 2013年05月 京都 第62回高分子学会年次大会
  • 香気成分のNMDA型グルタミン酸受容体および不安に対する効果  [通常講演]
    山田康枝; 増田 修一; 伊豆 英恵; 松丸 克己; 青島 均
    日本農芸化学会2013年度大会 2013年03月
  • プロポリスの脂肪肝や非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)対する予防および治療効果の検討  [通常講演]
    小川智弘; 山田康枝; 兵庫秀幸; 河田則文
    第40回日本肝臓学会西部会 岐阜 2013年
  • ST-ATRP法によりPNiPAAm鎖長を制御した固定化ガラス基板の調製と間葉系幹細胞(MSC)の接着およびはく離  [通常講演]
    今城明典; 朝井麻奈人; 山田康枝; 白石浩平; 中谷達行
    第62回高分子討論会 金沢 2013年
  • ST-ATRP法によりUCST型温度応答性Poly(acrylamide-co-acrylonitrile)を表面修飾したガラス基板の調製と加温による細胞はく離  [通常講演]
    伊藤大時; 農宗辰己; 山田康枝; 白石浩平; 河濟博文; 中谷達行
    第62回高分子討論会 金沢 2013年
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対する日本酒に含まれるアミン類の効果  [通常講演]
    山田 康枝; 伊豆 英恵; 松丸
    第85回 日本生化学会大会 2012年12月 福岡 第85回 日本生化学会大会
  • 揮発性化学物質の神経系細胞への効果  [通常講演]
    山田 康枝; 白石 浩平
    第85回 日本生化学会大会 2012年12月 福岡 第85回 日本生化学会大会
  • Effects of various fragrant compounds on GluN1/GluN2A and GluN1/GluN2B subtypes of NMDA receptor.  [通常講演]
    山田 康枝; 伊豆 英恵; 松丸; 克己; 青島 均
    Neuroscience 2012 2012年10月 New Orleans Neuroscience 2012
  • 抗体担持MPCポリマー修飾マイクロアレイ上でのHACをもつ微小核細胞と血球系細胞の融合  [通常講演]
    白石 浩平; 杉山 一男; 山田 康枝; 中谷 達行
    第61回高分子討論会 2012年09月 名古屋 第61回高分子討論会
  • GABA受容体に対する日本酒成分の効果  [通常講演]
    山田 康枝; 伊豆 英恵; 松丸
    日本醸造学会 2012年大会 2012年09月 東京 日本醸造学会 2012年大会
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対する日本酒成分の効果  [通常講演]
    山田 康枝; 伊豆 英恵; 松丸 克己
    日本醸造学会 2012年大会 2012年09月 東京 日本醸造学会 2012年大会
  • 細胞診断と回収を目的としたUCSTあるいはLCST系温度応答性ポリマーを表面修飾した基板の調製と細胞の接着とはく離  [通常講演]
    白石 浩平; 伊藤 大時; 朝井 麻奈人; 石原 達也; 河濟 博文; 中谷 達行; 山田 康枝; 杉山 一男
    第61回高分子学会討論会 2012年05月 横浜 第61回高分子学会討論会
  • Protein A/G担持MPCポリマーを表面修飾したマイクロアレイの調製と選択的細胞接着性の評価  [通常講演]
    白石 浩平; 今城 明典; 冨永 明裕; 河濟 博文; 中谷 達行; 山田 康枝; 杉山 一男
    第61回高分子学会討論会 2012年05月 横浜 第61回高分子学会討論会
  • 揮発性化学物質の神経系細胞への効果  [通常講演]
    山田 康枝; 白石 浩平; 独立行政法人酒類総合研究所; 理
    日本農芸化学会 2012年大会 2012年03月 京都 日本農芸化学会 2012年大会
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対する日本酒に含まれるアミン類の効果  [通常講演]
    山田 康枝; 独立行政法人酒類総合研究所
    日本農芸化学会 2012年大会 2012年03月 京都 日本農芸化学会 2012年大会
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対する香気成分の効果  [通常講演]
    山田 康枝; 独立行政法人酒類総合研究所
    第84回 日本生化学会大会 2011年09月 京都 第84回 日本生化学会大会
  • 酸化ストレスに対するヒト肝ガン由来細胞株HepG2への日本酒に含まれる成分の効果  [通常講演]
    山田 康枝; 独立行政法人酒類総合研究所
    第84回 日本生化学会大会 2011年09月 京都 第84回 日本生化学会大会
  • 日本酒成分のGABAA受容体に対する効果  [通常講演]
    山田 康枝; 独立行政法人酒類総合研究所
    第84回 日本生化学会大会 2011年09月 京都 第84回 日本生化学会大会
  • 酸化ストレスに対するヒト肝ガン由来細胞株HepG2への日本酒に含まれる成分の効果  [通常講演]
    山田 康枝; 独立行政法人酒類総合研究所
    第84回 日本生化学会大会 2011年09月 京都 第84回 日本生化学会大会
  • 細胞診断と細胞回収のための温度応答性ポリマー固定化マイクロアレイの調製  [通常講演]
    白石 浩平; 今城 明典; 河濟 博文; 中谷 達行; 岡本 圭司; 新田 祐樹; 山田 康枝; 杉山 一男
    第60回高分子学会討論会 2011年09月 岡山 第60回高分子学会討論会
  • 抗体担持MPCポリマーを表面修飾した基材の調製と選択的細胞接着性の評価  [通常講演]
    白石 浩平; 冨永 明裕; 今城 明典; 山田 康枝; 杉山 一男
    第60回高分子学会討論会 2011年09月 岡山 第60回高分子学会討論会
  • 細胞マイクロアレイへの可視光レーザー照射による細胞診断と目的外細胞の除去システムの開発  [通常講演]
    白石 浩平; 石原 達也; 小林 良太; 朝井 麻奈人; 河濟 博文; 中谷 達行; 岡本 圭司; 新田 祐樹; 山田 康枝; 杉山 一男
    第60回高分子学会討論会 2011年09月 岡山 第60回高分子学会討論会
  • ヒト神経芽細胞腫SK-N-SH細胞の神経細胞への分化とその応用  [通常講演]
    山田 康枝
    第52回 日本生化学会 中国・四国支部例会 2011年05月 第52回 日本生化学会 中国・四国支部例会
  • NMDA型グルタミン酸に対する神経ペプチドNAAGとNAAの効果  [通常講演]
    山田 康枝
    第52回 日本生化学会 中国・四国支部例会 2011年05月 第52回 日本生化学会 中国・四国支部例会
  • 可視光レーザーによる細胞診断/回収用基材としてのMPCと温度応答性ポリマーを修飾した細胞マイクロアレイの調製  [通常講演]
    白石 浩平; 石原 達也; 小林 良太; 朝井 麻奈人; 河濟 博文; 中谷 達行; 岡本 圭司; 山田 康枝; 杉山 一男
    第60回高分子学会討論会 2011年05月 大阪 第60回高分子学会討論会
  • 抗体結合MPCポリマーを表面修飾した基材の調製と細胞の選択的接着性の評価  [通常講演]
    白石 浩平; 冨永 明裕; 今城 明典; 山崎 啓太; 山田 康枝; 杉山 一男
    第60回高分子学会討論会 2011年05月 大阪 第60回高分子学会討論会
  • ヒト神経芽細胞腫SK-N-SH細胞の神経細胞への分化  [通常講演]
    山田 康枝
    日本農芸化学会 2011年大会 2011年03月 日本農芸化学会 2011年大会
  • 香気成分のNMDA型グルタミン酸受容体に対する効果  [通常講演]
    山田 康枝; 独立行政法人酒類総合研究所
    日本農芸化学会 2011年大会 2011年03月 日本農芸化学会 2011年大会
  • 酸化ストレスに対するヒト肝ガン由来細胞株HepG2への日本酒成分の効果  [通常講演]
    山田 康枝; 独立行政法人酒類総合研究所
    日本農芸化学会 2011年大会 2011年03月 日本農芸化学会 2011年大会
  • 日本酒成分のGABAA受容体に対する効果  [通常講演]
    山田 康枝; 独立行政法人酒類総合研究所
    日本農芸化学会 2011年大会 2011年03月 日本農芸化学会 2011年大会
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対するジペプチドの効果  [通常講演]
    山田 康枝
    第83回日本薬理学会年会 2011年03月 大阪国際会議場 第83回日本薬理学会年会
  • MAGUKファミリータンパク質SAP102による NR1/NR2AおよびNR1/NR2BサブタイプNMDA受容体チャンネル活性の制御  [通常講演]
    山田 康枝; 乾 誠
    Soceity for Neuroscience 2010 2010年11月 San Diego CA USA Soceity for Neuroscience 2010
  • 日本酒成分のGABAA受容体に対する効果  [通常講演]
    山田 康枝; 独立行政法人酒類総合研究所
    2010年06月 農芸化学会中四国支部 第27回講演会
  • 香気成分のNMDA型グルタミン酸受容体に対する効果  [通常講演]
    増田修一; 青島 均; 山田 康枝
    2010年06月 広島大学 農芸化学会中四国支部 第27回講演会
  • α―エチルグルコシドのホスホジエステラーゼ活性阻害効果  [通常講演]
    山田 康枝; 伊豆 英恵; 須藤 茂俊
    2010年06月 広島大学 農芸化学会中四国支部 第27回講演会
  • PQQの細胞増殖に対する効果  [通常講演]
    藤原弘宣、中森啓輔、篠原達也、松下一信、山田康枝
    2010年06月 広島大学 農芸化学会中四国支部 第27回講演会
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対するジペプチドの効果  [通常講演]
    山田 康枝; 立溝 博也
    2010年03月 大阪国際会議場 第83回日本薬理学会年会
  • グルタミン酸受容体とジペプチド-NMDA型グルタミン酸受容体とGABAA受容体に対するジペプチドの効果-  [通常講演]
    山田 康枝
    2010年02月 大阪国際会議場 第25回 機能性食品用ペプチド研究会
  • Subtype-specific modulation of the channel activity of the NMDA receptor by PSD-95 and GKAP.
    Yasue Yamada; Makoto Inui
    Society for Neuroscience annual meeting 2009
  • SK-N-SH細胞の神経細胞への分化  [通常講演]
    富重 将二; 山田 康枝
    2009年10月 琉球大学千原キャンパス 日本農芸化学会関西、中四国、西日本支部2009年度合同沖縄大会
  • NMDA型グルタミン酸受容体とGBABA受容体に対するL-テアニンの効果
    山田康枝; 立溝博也
    日本アミノ酸学会第3回学術大会 2009年09月
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対するジペプチドの効果
    立溝博也; 黒下主悠; 山田康枝
    日本アミノ酸学会第3回学術大会 2009年09月
  • GABAA受容体に対する日本酒成分の効果
    山田康枝; 江口将也; 伊豆英恵; 後藤邦康
    日本醸造学会大会
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対するジペプチドの効果
    立溝博也、黒下主悠、山田康枝
    日本アミノ酸学会第2回学術大会
  • NMDA型グルタミン酸受容体に対するジペプチドの効果
    立溝博也; 黒下主悠; 山田康枝
    日本農芸化学会中四国支部第22回講演会 (2008年度支部大会)
  • PSD-95 はNR1/NR2AサブタイプNMDA受容体のMK801への感受性を変える
    山田康枝; 乾 誠
    第30回日本神経科学大会
  • PSD-95 はNR1/NR2AサブタイプNMDA受容体のアンタゴニストへの感受性を変える
    山田康枝、乾 誠
    第80回日本薬理学会年会
  • SAP102によるNR1/NR2AサブタイプNMDA受容体チャンネル制御
    山田康枝; 乾 誠
    第79回日本薬理学会年会
  • SAP102によるNR1/NR2BサブタイプNMDA受容体チャンネル制御
    山田康枝; 乾 誠
    第78回日本薬理学会年会
  • AGUKsファミリー蛋白質SAP102のNR1/NR2B NMDA型グルタミン酸受容体に対する効果
    山田康枝; 乾 誠
    第57回日本薬理学会西南部会
  • PSD-95とGKAPのNMDA受容体各サブタイプチャンネル活性に及ぼす効果
    山田康枝; 乾 誠
    第27回 日本神経科学会
  • PSD-95とGKAPのNMDA受容体各サブタイプチャンネル活性に及ぼす効果
    山田康枝; 乾 誠
    第77回日本薬理学会年会 2004年03月
  • NR2サブタイプNMDA受容体に対するPSD-95の効果に必須な領域の解析
    山田康枝; 岩本 敬; 乾 誠
    第56回日本薬理学会西南部会
  • PSD-95はNR1/NR2A とNR1/NR2BサブタイプNMDA受容体チャンネル活性を異なった様式で制御する
    山田康枝; 岩本 敬; 乾 誠
    第76回日本薬理学会年会
  • PDZ-domainタンパク質によるNMDA受容体の表面膜への発現調節
    山田康枝; 岩本 敬; 釘宮成二; 乾 誠
    第55回日本薬理学会西南部会
  • Comparison of the effects of PSD-95 and MALS-2 on the channel activity of the NR1/NR2B-subtype NMDA receptor
    岩本 敬; 山田康枝; 小田隆将; 渡辺義文; 祖父江憲治; 乾 誠
    第45回日本神経化学会
  • PDZ domainタンパク質によるNMDA受容体チャンネル制御
    山田康枝; 岩本 敬; 祖父江憲治
    第25回日本神経科学会
  • PDA domain タンパク質によるNMDA受容体チャンネル活性化への効果
    岩本 敬; 山田康枝; 乾 誠
    第54回日本薬理学会西南部会
  • SD-95によるNMDA受容体チャンネル活性化への効果のサブタイプ間の比較検討
    山田康枝; 岩本 敬; 乾 誠
    第54回日本薬理学会西南部会
  • チロシンリン酸化酵素によるNR1/NR2AサブタイプNMDA受容体チャンネル活性化へのPSD-95の効果
    山田康枝; 岩本 敬; 乾 誠
    第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会
  • SrcによるNMDA受容体活性化へのPSD-95の効果
    山田康枝; 岩本 敬; 乾 誠
    2001年3月 第74回日本薬理学会年会
  • PSD-95によるNR1/NR2AサブタイプNMDA受容体の機能制御
    山田康枝; 岩本 敬; 祖父江憲治; 乾 誠
    第43回日本神経化学会
  • チロシンリン酸化酵素によるNR1/NR2AサブタイプNMDA受容体チャンネル活性化へのPSD-95の効果
    山田康枝; 乾 誠
    第53回日本薬理学会西南部会
  • サクシニルコリンの成体型及び胎児型ウシニコチン性アセチルコリン受容体に対する作用
    伴隆志; 山田康枝
    第51回日本生理学会中国四国地方会
  • PSD-95によるε2/1 NMDA受容体チャンネルの制御機構
    山田康枝; 帖地康世; 祖父江憲治; 乾 誠
    第72回日本薬理学会年会 1999年03月
  • アセチルコリン及びサクシニルコリンに対する胎児型、成体型ニコチン性アセチルコリン受容体の脱感作からの回復  [通常講演]
    伴隆志; 佐田英明; 山田康枝
    第69回日本薬理学会年会
  • NMDA受容体サブタイプに対する鉛イオンの影響  [通常講演]
    山田康枝; 氏原久充; 佐田英明; 伴隆志
    第69回日本薬理学会年会1996年3月
  • ドーパミン D1 受容体を介する培養線条体ニューロン興奮性シナプス後電位の抑制.  [通常講演]
    氏原久充; 田村豊; 中田典孝; 山田康枝; 伴隆史; 笹征史; 赤池昭紀
    第 67 回日本薬理学会年会
  • ColE1プラスミドにおける同種プラスミドの侵入排除機構の解析  [通常講演]
    山田康枝; 山田守; 中澤淳
    第14回日本分子生物学会年会
  • マウス巨核芽球白血病細胞株L1807(FCS株)の分化  [通常講演]
    山田康枝; 石田陽治; 田仲弘行; 矢野秀; 吉田剛; 兼子俊男; 松本昇; 佐々木秀樹; 井上達
    第51回日本血液学会総会
  • Pseudomonas cepaciaの産生するにヘモリジンについて  [通常講演]
    中澤晶子; 石橋雅弘; 山田康枝
    日本細菌学会中国・四国支部総会
  • Pseudomonas cepaciaの産生する菌体外毒素—特にヘモリジンについてー  [通常講演]
    山田康枝; 中澤晶子; 小栗豊子; 猪狩 淳
    第19回 緑膿菌研究会

MISC

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.