大和 勝幸 (ヤマト カツユキ)

  • 生物理工学部 生物工学科 教授/生物工学科長/植物センター長/学部教務委員会委員長
Last Updated :2021/01/20

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    ゼニゴケを使って、有性生殖のしくみを研究しています。雌雄を決定する性染色体の進化・機能、精子が卵に誘引され、卵と融合するしくみを中心に、「ゲノム」という視点で研究を進めています。

研究者情報

論文上での記載著者名

  • Katsuyuki T. Yamato
  • Yamato, Katsuyuki T.

J-Global ID

研究キーワード

  • 性染色体   ゼニゴケ   基部陸上植物   コケ植物   半数体   雌雄異株   生殖   精子   進化   

現在の研究分野(キーワード)

    ゼニゴケを使って、有性生殖のしくみを研究しています。雌雄を決定する性染色体の進化・機能、精子が卵に誘引され、卵と融合するしくみを中心に、「ゲノム」という視点で研究を進めています。

研究分野

  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学
  • ライフサイエンス / ゲノム生物学
  • ライフサイエンス / 応用生物化学
  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

経歴

  • 2016年04月 - 現在  近畿大学生物理工学部教授
  • 2010年04月 - 2016年03月  近畿大学生物理工学部准教授
  • 1999年04月 - 2010年03月  京都大学大学院生命科学研究科助手/助教
  • 1997年08月 - 1999年03月  京都大学大学院農学研究科助手
  • 1997年06月 - 1997年08月  ミズーリ大学コロンビア校生物科学科研究員
  • 1995年06月 - 1997年05月  ミズーリ大学コロンビア校生物科学科日本学術振興会海外特別研究員
  • 1993年06月 - 1995年05月  ミズーリ大学コロンビア校生物科学科分子生物学プログラム研究員
  • 1993年04月 - 1993年05月  京都大学大学院農学研究科研究員

学歴

  • 1988年04月 - 1993年03月   京都大学   大学院農学研究科   農芸化学専攻
  • 1984年04月 - 1988年03月   京都大学   農学部   農芸化学

所属学協会

  • 日本植物学会   日本植物生理学会   日本分子生物学会   日本農芸化学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 動植物の受精学
    大和 勝幸 (担当:分担執筆範囲:コケ・シダ植物の受精)化学同人 2014年02月 ISBN: 9784759815146 332 76-86
  • 農芸化学の事典, 農芸化学の事典
    大和 勝幸 (担当:共著範囲:)朝倉書店 2009年03月 
    「ミトコンドリアDNA」「オルガネラ」の2項目について解説
  • オルガネラゲノムの進化
    大山莞爾; 小倉 豊; 小田賢司; 大和勝幸; 太田英史; 中村保一; 竹村美保; 野里直子; 明石欣也; 鐘ヶ江健; 山田康之 (担当:共著範囲:)シュプリンガー・フェアラーク 1991年01月

講演・口頭発表等

  • 苔類ゼニゴケ雌性化抑制因子である長鎖ノンコーディングRNA SUFの作用機序の解析  [通常講演]
    梶原智明; 岡橋啓太郎; 久永哲也; 宮崎基; 岩崎美雪; 山岡尚平; 西浜竜一; 嶋村正樹; 大和勝幸; 中島敬二; 河内孝之
    2019年度近畿植物学会講演会 2019年11月 ポスター発表
  • 造精器特異的依存型イオンチャネルは苔類ゼニゴケの精子走化性および生殖に関与する  [通常講演]
    十川太輔; 末次憲之; 河内孝之; 大和勝幸
    2019年度近畿植物学会講演会 2019年11月 ポスター発表
  • 超低温保存した苔類精子の利用  [通常講演]
    十川太輔; 嶋村正樹; 大和勝幸
    2019年度近畿植物学会講演会 2019年11月 口頭発表(一般)
  • 日本産モモ品種「白鳳」のゲノム解析  [通常講演]
    井手大輔; 平川英樹; 石丸恵; 小田賢司; 大和勝幸
    2019年度近畿植物学会講演会 2019年11月 口頭発表(一般)
  • アンチセンスlong non-coding RNA SUFによる苔類ゼニゴケ雌性化因子MpFGMYB の発現抑制メカニズムの解明  [通常講演]
    梶原 智明; 岡橋 啓太郎; 久永 哲也; 岩﨑 美雪; 宮崎 基; 山岡 尚平; 西浜 竜一; 嶋村 正樹; 大和 勝幸; 中島 敬二; 河内 孝之
    日本植物学会第83回大会 2019年09月 口頭発表(一般)
  • 造精器特異的電位依存型イオンチャネルは苔類ゼニゴケの精子走化性および生殖に関与する  [通常講演]
    十川 太輔; 末次 憲之; 河内 孝之; 大和 勝幸
    日本植物学会第83回大会 2019年09月 口頭発表(一般)
  • Antheridium-specific voltage-gated ion channel is involved in sperm chemotaxis and male fertility in Marchantia polymorpha L.  [招待講演]
    Taisuke Togawa; Noriyuki Suetsugu; Takayuki Kohchi; Katsuyuki T. Yamato
    第12回国際環境生物資源シンポジウム 2019年08月 口頭発表(一般)
  • Identification of a putative sperm chemoattractant in the liverwort Marchantia polymorpha L.  [招待講演]
    Yumiko Yamasaki; Miho Takemura; Tetsuya Matsukawa; Katsuyuki T. Yamato; Shin’ichiro Kajiyama
    第12回国際環境生物資源シンポジウム 2019年08月 口頭発表(一般)
  • Molecular dissection of sperm chemotaxis in the liverwort Marchantia polymorpha L.  [招待講演]
    Taisuke Togawa; Yumiko Yamasaki; Miho Takemura; Tetsuya Matsukawa; Noriyuki Suetsugu; Takayuki Kohchi; Shin’ichiro Kajiyama; Katsuyuki T. Yamato
    第12回国際環境生物資源シンポジウム 2019年08月 口頭発表(一般)
  • ゼニゴケ (Marchantia polymorpha) の精子誘引物質の探索  [通常講演]
    山崎 由美子; 竹村 美保; 松川 哲也; 大和 勝幸; 梶山 慎一郎
    日本農芸化学会2019年度大会 2019年03月 口頭発表(一般)
  • 造精器特異的電位依存型イオンチャネルは苔類ゼニゴケの精子走化性および生殖に関与する  [通常講演]
    十川 太輔; 末次 憲之; 河内 孝之; 大和 勝幸
    日本農芸化学会2019年度大会 2019年03月 口頭発表(一般)
  • 苔類ゼニゴケにおけるX 染色体上の性決定遺伝子の探索  [通常講演]
    岩崎 美雪; 山岡 尚平; 梶原 智明; 宮﨑 基; 末次 憲之; 吉竹 良洋; 西浜 竜一; 大和勝幸; 河内孝之
    第60回 日本植物生理学会年会 2019年03月 口頭発表(一般)
  • ゼニゴケ Marchantia polymorpha と珪藻 Nitzschia sp. NIES4239 のゲノム解析  [通常講演]
    望月 孝子; 谷澤 靖洋; 山岡 尚平; 西浜 竜一; 金澤 建彦; Sean A. Montgomery; Chang Liu; Bence Galik; Frederic Berger; 上田 貴志; 大和 勝幸; 河内 孝之; 谷藤 吾朗; 神川 龍馬; 中村 保一
    第60回 日本植物生理学会年会 2019年03月 ポスター発表
  • 画像解析によるゼニゴケ精子走化性の定量化  [通常講演]
    十川 太輔; 大和 勝幸
    日本植物学会第 82 回大会 2018年09月 ポスター発表
  • ゼニゴケにおける DNA メチル化制御  [通常講演]
    池田 陽子; 西浜 竜一; 山岡 尚平; Mario. A Arteaga-Vazquez; Daniel Grimanelli; Robert A. Martienssen; Romain Pogorelcnik; Olivier Mathieu; 大和 勝幸; 河内 孝之; 平山 隆志
    日本植物学会第 82 回大会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • ゼニゴケゲノムに対する off target が少ない gRNA の網羅的な自動設計と遺伝子破壊技術の構築  [通常講演]
    田井 雅人; 石野 江太郎; 大和 勝幸; 西浜 竜一; 河内 孝之; 深尾 陽一朗; 菅野 茂夫
    日本植物学会第 82 回大会 2018年09月 ポスター発表
  • 陸上植物の生殖細胞分化に必要な転写因子BONOBOの同定と標的遺伝子の探索  [通常講演]
    山岡 尚平; 西浜 竜一; 吉竹 良洋; 石田 咲子; 井上 佳祐; 齊藤 美咲; 岡橋 啓太郎; 包 昊南; 西田 浩之; 山口 勝司; 重信 秀治; 石崎 公庸; 大和 勝幸; 河内 孝之
    日本植物学会第 82 回大会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • Germ cell differentiation requires the bHLH transcription factors BONOBOs evolutionarily conserved in land plants  [通常講演]
    Shohei Yamaoka; Ryuichi Nishihama; Yoshihiro Yoshitake; Sakiko Ishida; Keisuke Inoue; Katsushi Yamaguchi; Shuji Shigenobu; Kimitsune Ishizaki; Katsuyuki T. Yamato; Takayuki Kohchi
    EMBO Workshop: New shores in land plant evolution 2018年06月 口頭発表(一般)
  • DNA-free genome editing by microinjection in Marchantia polymorpha  [通常講演]
    Shuichiro Aso; Takashi Takeuchi; Kiminari Yajima; Yuto Seki; Yoshihiro Takikawa; Shigeo S. Sugano; Aino Komatsu; Shohei Yamaoka; Ryuichi Nishihama; Takayuki Kohchi; Katsuyuki T.Yamato
    EMBO Workshop: New shores in land plant evolution 2018年06月 ポスター発表
  • Cryopreservation of Marchantia polymorpha spermatozoa  [通常講演]
    Taisuke Togawa; Tohru Adachi; Daijiro Harada; Tasuku Mitani; Daisuke Tanaka; Kimitsune Ishizaki; Takayuki Kohchi; Katsuyuki T. Yamato
    EMBO Workshop: New shores in land plant evolution 2018年06月 ポスター発表
  • Development of Marchantia Gene Nomenclature Database  [通常講演]
    Yasuhiro Tanizawa; Takako Mochizuki; Shohei Yamaoka; Ryuichi Nishihama; Takehiko Kanazawa; Takashi Ueda; Katsuyuki T. Yamato; Takayuki Kohchi; Yasukazu Nakamura
    EMBO Workshop: New shores in land plant evolution 2018年06月 ポスター発表
  • MarpolBase: Construction of the Marchantia polymorpha Genome Database  [通常講演]
    Takako Mochizuki; Yasuhiro Tanizawa; Shohei Yamaoka; Ryuichi Nishihama; Takehiko Kanazawa; Takashi Ueda; Katsuyuki T. Yamato; Takayuki Kohchi; Yasukazu Nakamura
    EMBO Workshop: New shores in land plant evolution 2018年06月 ポスター発表
  • 藤波友樹; 児玉岳; 十川太輔; 松川哲也; 大和勝幸; 梶山慎一郎
    日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2018年03月
  • 山岡尚平; 西浜竜一; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2018年03月
  • 田中俊之; 池田彩菜; 志岐和美; 国広(長井)直子; 大和勝幸; 道羅英夫; 大西利幸; 肥塚崇男; 松井健二
    日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2018年03月
  • 十川太輔; 原田大士朗; 大和勝幸
    日本植物生理学会年会(Web) 2018年
  • 山岡尚平; 西浜竜一; 吉竹良洋; 石田咲子; 井上佳祐; 齊藤美咲; 岡橋啓太郎; BAO Haonan; 西田浩之; 山口勝司; 重信秀治; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会(Web) 2018年
  • Marpolbase: Construction of the Marchantia polymorpha genome database  [通常講演]
    Takako Mochizuki; Yasuhiro Tanizawa; Hideki Nagasaki; Shohei Yamaoka; Ryuichi Nishihama; Takehiko Kanazawa; Takashi Ueda; Katsuyuki T. Yamato; Takayuki Kohchi; Yasukazu Nakamura
    The 65th NIBB Conference: Marchantia Workshop 2017 2017年12月 ポスター発表
  • BONOBOs are evolutionarily conserved transcription factors required for germ cell fate determination in land plants  [通常講演]
    Shohei Yamaoka; Ryuichi Nishihama; Yoshihiro Yoshitake; Sakiko Ishida; Keisuke Inoue; Misaki Saito; Keitaro Okahashi; Haonan Bao; Hiroyuki Nishida; Katsushi Yamaguchi; Shuji Shigenobu; Kimitsune Ishizaki; Katsuyuki T. Yamato; Takayuki Kohchi
    The 65th NIBB Conference: Marchantia Workshop 2017 2017年12月 ポスター発表
  • Quantitative computational image analysis of spermatozoa motility of Marchantia polymorpha L.  [通常講演]
    Taisuke Togawa; Daijiro Harada; Daisuke Tanaka; Katsuyuki T. Yamato
    The 65th NIBB Conference: Marchantia Workshop 2017 2017年12月 ポスター発表
  • Development of the genome-wide gRNA design program which extracts gRNAs with reduced off-targets in Marchantia polymorpha  [通常講演]
    Masato Tai; Kotaro Ishino; Katsuyuki T. Yamato; Ryuichi Nishihama; Takayuki Kohchi; Yoichiro Fukao; Shigeo S. Sugano
    The 65th NIBB Conference: Marchantia Workshop 2017 2017年12月 ポスター発表
  • Development of two Gateway binary vector series for the assembly of three DNA fragments and promoter analysis in Marchantia polymorpha  [通常講演]
    Shoji Mano; Ryuichi Nishihama; Sakiko Ishida; Kazumi Hikino; Maki Kondo; Katsuyuki T. Yamato; Takayuki Kohchi; Tsuyoshi Nakagawa
    The 65th NIBB Conference: Marchantia Workshop 2017 2017年12月 ポスター発表
  • The role of DNA methylation in Marchantia polymorpha  [通常講演]
    Yoko Ikeda; Ryuichi Nishihama; Shohei Yamaoka; Mario A; Arteaga-Vazquez; Daniel Grimanelli; Robert A. Martienssen; Katsuyuki T. Yamato; Takayuki Kohchi; Takashi Hirayama
    The 65th NIBB Conference: Marchantia Workshop 2017 2017年12月 ポスター発表
  • Cryopreservation of Marchantia polymorpha  [招待講演]
    大和 勝幸
    The 65th NIBB Conference: Marchantia Workshop 2017 2017年12月 口頭発表(招待・特別)
  • Sex chromosomes - the unique and sexy in the Marchantia genome  [招待講演]
    大和 勝幸
    The 65th NIBB Conference: Marchantia Workshop 2017 2017年12月 口頭発表(招待・特別)
  • 十川太輔; 原田大士朗; 田中大介; 田中大介; 大和勝幸
    日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web) 2017年09月
  • 竹田翔; 十川太輔; 西浜竜一; 三柴啓一郎; 大和勝幸; 河内孝之; 岩田雄二; 小泉望
    日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web) 2017年09月
  • 十川太輔; 原田大士朗; 大和勝幸
    日本植物学会大会研究発表記録 2017年09月
  • 金澤まい; 池田陽子; 西浜竜一; 山岡尚平; 大和勝幸; 河内孝之; 平山隆志; 平山隆志
    日本RNA学会年会要旨集 2017年07月
  • ゼニゴケにおけるプロモータースワップ用GatewayベクターR4pMpGWB,およびプロモーター解析用Gatewayベクター R4L1pMpGWBの開発  [通常講演]
    真野昌二; 西浜竜一; 石田咲子; 曳野和美; 近藤真紀; 西村幹夫; 大和勝幸; 河内孝之; 中川強
    第58回 日本植物生理学会年会 2017年03月 ポスター発表
  • ゼニゴケの精子形成・機能に関わる膜交通システムの解析  [通常講演]
    南野尚紀; 金澤建彦; 法月拓也; 西浜竜一; 大和勝幸; 石崎公庸; 河内孝之; 中野明彦; 上田貴志
    第58回 日本植物生理学会年会 2017年03月 口頭発表(一般)
  • ゼニゴケミトコンドリアmRNAポリA鎖長制御因子MpAHG2及びMpAGS1の解析  [通常講演]
    金澤 まい; 池田 陽子; 西浜 竜一; 山岡 尚平; 大和 勝幸; 河内 孝之; 平山 隆志
    第58回 日本植物生理学会年会 2017年03月 口頭発表(一般)
  • ゼニゴケを「スリープ」させる  [招待講演]
    大和 勝幸
    Cryopreservation Conference 2016 2016年11月 口頭発表(招待・特別)
  • 北島佐紀人; 三浦謙治; 青木航; 青木航; 大和勝幸; 平良東紀; 村上隆太; 油屋駿介
    日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集 2016年09月
  • 肥後あすか; 河島友和; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; BERGER Frederic; 荒木崇
    日本植物学会大会研究発表記録 2016年09月
  • 肥後あすか; 大和勝幸; 遠藤求; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物学会大会研究発表記録 2016年09月
  • 塚本成幸; 大和勝幸; 山口勝司; 重信秀治; 深城英弘; 三村徹郎; 河内孝之; 石崎公庸
    日本植物学会大会研究発表記録 2016年09月
  • 十川太輔; 原田大士朗; 池田陽子; 塚本成幸; 石崎公庸; 丹羽優喜; 荒木崇; 山口勝司; 重信秀治; 河内孝之; 大和勝幸
    日本植物学会大会研究発表記録 2016年09月
  • The transcription factor BONOBO plays a central role in transition from vegetative to reproductive growth in the liverwort Marchantia polymorpha  [通常講演]
    Yamaoka et
    EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution 2016年06月
  • Critical role of the R2R3-MYB gene GEMMA CUP-ASSOCIATED MYB1 for vegetative propagation in the liverwort Marchantia polymorpha L.  [通常講演]
    Tsukamoto e
    EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution 2016年06月
  • RNA processing in plastids and mitochondria with a limited number of pentatricopeptide repeat (PPR) proteins in Marchantia polymorpha  [通常講演]
    Takenaka et
    EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution 2016年06月
  • Membrane trafficking system plays important roles in sperm function of Marchantia polymorpha  [通常講演]
    Minamino et
    EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution 2016年06月
  • Cell type-specific reorientation of a trafficking pathway led to acquisition of new organelles during land plant evolution  [通常講演]
    Kanazawa et
    EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution 2016年06月
  • Analysis of the genes for plant spermiogenesis using a liverwort Marchantia polymorpha  [通常講演]
    Asuka Higo; Katsuyuki Yamato; Tomokazu Kawashima; Kimitsune Ishizaki; Takayuki Kohchi; Frederic Berger; Takashi Araki
    EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution 2016年06月
  • Genome and Genomics in Marchantia polymorpha  [通常講演]
    Takayuki Kohchi; Katsuyuki Yamato; Kimitsune Ishizaki; Shohei Yamaoka; Ryuichi Nishihama; John Bowman
    EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution 2016年06月
  • TOGAWA Taisuke; HARADA Daijiro; TSUKAMOTO Shigeyuki; ISHIZAKI Kimitsune; NIWA Masaki; ARAKI Takashi; YAMAGUCHI Katsushi; SHIGENOBU Shuji; KOHCHI Takayuki; YAMATO Katsuyuki T
    日本植物生理学会年会要旨集 2016年03月
  • YAMAOKA Shohei; INOUE Keisuke; TOMOGANE Hirokazu; NISHIHAMA Ryuichi; YAMAGUCHI Katsushi; SHIGENOBU Shuji; ISHIZAKI Kimitsune; YAMATO Katsuyuki T; KOHCHI Takayuki
    日本植物生理学会年会要旨集 2016年03月
  • TSUKAMOTO Shigeyuki; SUGAYA Tomomi; YAMATO Katsuyuki T; NISHIHAMA Ryuichi; KUBO Hiroyoshi; FUKAKI Hidehiro; MIMURA Tetsuro; KOHCHI Takayuki; ISHIZAKI Kimitsune
    日本植物生理学会年会要旨集 2016年03月
  • KANAZAWA Takehiko; ERA Atsuko; ERA Atsuko; MINAMINO Naoki; MORINAKA Hatsune; NORIZUKI Takuya; FUJIMOTO Masaru; UEMURA Tomohiro; NISHIHAMA Ryuichi; YAMATO Katsuyuki T; ISHIZAKI Kimitsune; NISHIYAMA Tomoaki; KOHCHI Takayuki; NAKANO Akihiko; NAKANO Akihiko; UEDA Takashi; UEDA Takashi
    日本植物生理学会年会要旨集 2016年03月
  • 藤本優; 海老根一生; 石崎公庸; 大和勝幸; 深尾陽一朗; 植村知博; 丸山桃子; 井坂奈々子; 堤伸浩; 河内孝之; 中野明彦; 中野明彦; 上田貴志; 上田貴志
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2016年
  • ゼニゴケゲノムから見える受精関連遺伝子群  [通常講演]
    大和 勝幸; 河内 孝之
    第38回 日本分子生物学会年会 2015年12月 口頭発表(招待・特別)
  • ゼニゴケ遺伝資源の-80℃保存技術の開発  [通常講演]
    田中大介; 福元達也; 加藤愛; 石崎公庸; 河内孝之; 大和勝幸
    Cryopreservation Conference 2015 2015年10月 ポスター発表
  • ゼニゴケ精子超低温保存法の開発  [招待講演]
    十川 太輔; 安達 徹; 田中 大介; 石崎 公庸; 河内 孝之; 大和 勝幸
    Cryopreservation Conference 2015 2015年10月 口頭発表(招待・特別)
  • Membrane traffic in spermatogenesis of Marchantia polymorpha  [通常講演]
    Minamino Naoki; Kanazawa Takehiko; Era Atsuko; Nishihama Ryuichi; Yamato Katsuyuki; Ishizaki Kimitsune; Kohchi Takayuki; Nakano Akihiko; Ueda Takashi
    日本植物学会大会 2015年09月
  • Toward understanding the molecular mechanism of spermatogenesis in plants using a liverwort Marchantia polymorpha as a model  [通常講演]
    Higo Asuka; Ishizaki Kimitsune; Yamato Katsuyuki; Kohchi Takayuki; Araki Takashi
    日本植物学会大会 2015年09月
  • The Sexy Genome and Cool Cryopreservation of Marchantia polymorpha  [招待講演]
    大和 勝幸
    German-Japanese Joint Seminar 2015 2015年09月 口頭発表(招待・特別)
  • ゼニゴケ精子超低温保存法の開発  [通常講演]
    十川太輔; 安達徹; 田中大介; 石崎公庸; 河内孝之; 大和勝幸
    日本植物学会大会研究発表記録 2015年09月
  • ゼニゴケ初期胚発生を制御する因子の探索  [通常講演]
    丹羽優喜; 酒井友希; 石田喬志; 西浜竜一; 石崎公庸; 大和勝幸; 澤進一郎; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物学会大会研究発表記録 2015年09月
  • ゼニゴケの杯状体形成を制御するGCAM1の機能解析  [通常講演]
    塚本成幸; 菅谷友美; 大和勝幸; 西浜竜一; 久保浩義; 深城英弘; 三村徹郎; 河内孝之; 石崎公庸
    日本植物学会大会研究発表記録 2015年09月
  • ゼニゴケのSNARE分子から観る膜融合装置の保存性と多様性  [通常講演]
    金澤建彦; 恵良厚子; 恵良厚子; 南野尚紀; 鹿野悠; 藤本優; 植村知博; 西浜竜一; 大和勝幸; 石崎公庸; 西山智明; 河内孝之; 中野明彦; 中野明彦; 上田貴志; 上田貴志
    日本植物学会大会研究発表記録 2015年09月
  • 転写因子BONOBOは苔類ゼニゴケの有性生殖器官形成を制御する  [通常講演]
    山岡尚平; 友金寛和; 西浜竜一; 山口勝司; 重信秀治; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2015年03月
  • R2R3‐MYB型転写因子GCAM1は苔類ゼニゴケの杯状体形成を制御する  [通常講演]
    塚本成幸; 菅谷友美; 大和勝幸; 西浜竜一; 久保浩義; 七條千津子; 深城英弘; 三村徹郎; 河内孝之; 石崎公庸
    日本植物生理学会年会要旨集 2015年03月
  • ゼニゴケゲノムアノテーションデータベースの構築  [通常講演]
    長崎英樹; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 中村保一
    日本植物生理学会年会要旨集 2015年03月
  • 苔類ゼニゴケの雄性配偶子形成過程を制御する分子機構の解析  [通常講演]
    肥後あすか; 丹羽優喜; 大和勝幸; 坂本智昭; 倉田哲也; 白川一; 重信秀治; 石崎公庸; 西浜竜一; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物生理学会年会要旨集 2015年03月
  • 基部陸上植物ゼニゴケにおけるRAB GTPaseの網羅的解析  [通常講演]
    南野尚紀; 金澤建彦; 恵良厚子; 西浜竜一; 大和勝幸; 石崎公庸; 西山智明; 河内孝之; 中野明彦; 上田貴志
    日本植物生理学会年会要旨集 2015年03月
  • ゼニゴケ精子凍結保存法の開発  [通常講演]
    十川太輔; 安達徹; 田中大介; 石崎公庸; 河内孝之; 大和勝幸
    日本植物生理学会年会要旨集 2015年03月
  • ゼニゴケアラキドン酸由来炭素数8揮発性化合物の代謝経路  [通常講演]
    木原弘友; 田中摩耶; 大和勝幸; 山田晶示; 喜多沙也加; 石崎公庸; 河内孝之; 赤壁善彦; 肥塚崇男; 松井健二
    日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web) 2015年01月
  • GEMMA CUP-ASSOCIATED MYB1 is essential for the development of gemmacup in the liverwort Marchantia polymorpha L.  [通常講演]
    S. Tsukamoto; T. Sugaya; K.T. Yamato; K. Yamaguchi; S. Shigenobu; H. Kubo; H. Fukaki; T. Mimura; T. Kohchi; K. Ishizaki
    Marchantia Workshop 2014 2014年12月 ポスター発表
  • Sperm cryopreservation in Marchantia polymorpha L.  [通常講演]
    T. Togawa; T. Adachi; D. Tanaka; K. Ishizaki; T. Kohchi; K. T. Yamato
    Marchantia Workshop 2014 2014年12月 ポスター発表
  • PPR proteins in Marchantia polymorpha - key factors of RNA processing in plant organelles  [通常講演]
    M. Takenaka; K. T. Yamato; Y. Matsuda; M. Shirakawa; S. Yamaoka; K. Ishizaki; T. Kohchi
    Marchantia Workshop 2014 2014年12月 ポスター発表
  • Phenotypic analyses of MpLFY knockout plants  [通常講演]
    M. Niwa; Y. Sakai; A. Higo; M. Endo; A. Yamaguchi; K. Ishizaki; K. T. Yamato; R. Nishihama; T. Kohchi; T. Araki
    Marchantia Workshop 2014 2014年12月 ポスター発表
  • Transformation of Marchantia polymorpha using the bar gene as a selection selection marker  [通常講演]
    T. Nishimura; T. Nakagawa; K. T. Yamato
    Marchantia Workshop 2014 2014年12月 ポスター発表
  • Phototropin encoded by a single-copy gene mediates chloroplast photorelocation movements in Marchantia polymorpha L.  [通常講演]
    A. Komatsu; M. Terai; K. Ishizaki; N. Suetsugu; H. Tsuboi; R. Nishihama; K. T. Yamato; M. Wada; T. Kohchi
    Marchantia Workshop 2014 2014年12月 ポスター発表
  • Toward understanding of the molecular mechanism regulating the formation of the male gametophyte  [通常講演]
    A. Higo; M. Niwa; T. Sakamoto; K. Ishizaki; K. Yamato; M. Shirakawa; M. Endo; T. Kurata; R. Nishihama; T. Kohch; T. Araki
    Marchantia Workshop 2014 2014年12月 ポスター発表
  • The Marchantia genome: the final progress report.  [招待講演]
    大和 勝幸
    Marchantia Workshop 2014 2014年12月 口頭発表(招待・特別)
  • Cryopreservation of Marchantia polymorpha.  [招待講演]
    大和 勝幸
    Marchantia Workshop 2014 2014年12月 口頭発表(招待・特別)
  • ガラス化法を用いたゼニゴケ無性芽および葉状体組織の超低温保存技術の確立  [通常講演]
    田中 大介; 塚本成幸; 平田千穂; 大和勝幸; 河内孝之; 石崎公庸
    Cryopreservation Conference 2014 2014年10月 ポスター発表
  • ゼニゴケ精子凍結保存法の開発  [通常講演]
    十川 太輔; 安達 徹; 田中 大介; 石崎 公庸; 河内 孝之; 大和 勝幸
    Cryopreservation Conference 2014 2014年10月 ポスター発表
  • 新興モデル生物ゼニゴケの長期安定保存法の開発  [招待講演]
    大和 勝幸; 田中 大介; 安達 徹; 十川 太輔; 塚本 成幸; 平田千穂; 石崎 公庸; 河内 孝之
    Cryopreservation Conference 2014 2014年10月 口頭発表(招待・特別)
  • C3/C4光合成相互転換植物Eleocharis viviparaを用いたC4光合成成立遺伝子の探索  [通常講演]
    原田大士朗; 坂本智昭; 倉田哲也; 大和勝幸; 泉井桂; 秋田求
    日本植物学会大会研究発表記録 2014年09月
  • ゼニゴゲの接合子におけるMpLFYの機能解析  [通常講演]
    丹羽優喜; 酒井友希; 肥後あすか; 遠藤求; 山口礼子; 石崎公庸; 大和勝幸; 西浜竜一; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物学会大会研究発表記録 2014年09月
  • ゼニゴケの栄養繁殖器官で発現するR2R3型MYB遺伝子の単離と機能解析  [通常講演]
    塚本成幸; 菅谷友美; 大和勝幸; 山口勝司; 重信秀治; 西浜竜一; 七條千津子; 久保浩義; 河内孝之; 深城英弘; 三村徹郎; 石崎公庸
    日本植物学会大会研究発表記録 2014年09月
  • ゼニゴケ無性芽の-80°Cフリーザーでの長期保存法の開発  [通常講演]
    田中大介; 大和勝幸; 石崎公庸; 河内孝之
    日本植物学会大会研究発表記録 2014年09月
  • 苔類ゼニゴケの造精器および精子の発生過程に関与する遺伝子発現プログラムを制御する機構の解析  [通常講演]
    肥後あすか; 丹羽優喜; 遠藤求; 石崎公庸; 大和勝幸; 西浜竜一; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物学会大会研究発表記録 2014年09月
  • ゼニゴケ炭素数8揮発性化合物の生合成経路の解明  [通常講演]
    木原弘友; 田中摩耶; 大和勝幸; 山田晶示; 喜多沙也加; 石崎公庸; 河内孝之; 赤壁善彦; 肥塚崇男; 松井健二
    日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集 2014年05月
  • ゼニゴケ研究地平への投射:オーキシン信号伝達を例に  [通常講演]
    河内孝之; 加藤大貴; 西浜竜一; 大和勝幸; 石崎公庸
    日本植物生理学会年会要旨集 2014年03月
  • 新興モデル生物ゼニゴケ無性芽の超低温保存法の開発  [通常講演]
    田中大介; 大和勝幸; 石崎公庸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2014年03月
  • ゼニゴケMpLFYノックアウト株の表現型解析  [通常講演]
    丹羽優喜; 酒井友希; 肥後あすか; 遠藤求; 山口礼子; 石崎公庸; 大和勝幸; 西浜竜一; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物生理学会年会要旨集 2014年03月
  • 次世代シーケンサーによるC3/C4光合成型Eleocharis viviparaのDe novoトランスクリプトーム解析  [通常講演]
    原田大士朗; 大和勝幸; 泉井桂; 秋田求
    日本植物生理学会年会要旨集 2014年03月
  • ゼニゴケゲノムアノテーションデータベースの構築  [通常講演]
    長崎英樹; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 中村保一
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2014年
  • ゼニゴケ無性芽のガラス化法による超低温保存  [通常講演]
    田中大介; 大和勝幸; 石崎公庸; 河内孝之
    低温生物工学会セミナー及び年会講演要旨集 2014年
  • Sex in Marchantia polymorpha.  [招待講演]
    大和 勝幸
    Marchantia Workshop 2013 2013年12月 口頭発表(招待・特別)
  • 基部陸上植物ゼニゴケにおける概日時計を介した成長相制御機構  [通常講演]
    久保田茜; 喜多祥吾; 村中智明; 石崎公庸; 大和勝幸; 青木摂之; 小山時隆; 西浜竜一; 河内孝之
    時間生物学 2013年10月
  • ゼニゴケ炭素数8揮発性化合物の生合成経路の解明  [通常講演]
    木原弘友; 田中摩耶; 大和勝幸; 山田晶示; 喜多沙也加; 石崎公庸; 河内孝之; 赤壁善彦; 松井健二
    香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集 2013年10月
  • C3,C4光合成型相互転換植物Eleocharis viviparaの成長点におけるトランスクリプトーム解析  [通常講演]
    原田大士朗; 坂本智昭; 倉田哲也; 大和勝幸; 泉井桂; 秋田求
    日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集 2013年08月
  • 陸上植物固有のR‐SNAREに存在する挿入配列の起源とその機能  [通常講演]
    藤本優; 海老根一生; 丸山桃子; 井坂奈々子; 植村知博; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 中野明彦; 上田貴志
    日本植物生理学会年会要旨集 2013年03月
  • 次世代シーケンサーによるC3/C4光合成型Eleocharis viviparaトランスクリプトームの比較  [通常講演]
    原田大士朗; 平田樹; 大和勝幸; 泉井桂; 秋田求
    日本植物生理学会年会要旨集 2013年03月
  • 基部陸上植物ゼニゴケにおける概日時計の分子ネットワーク  [通常講演]
    久保田茜; 喜多祥吾; 村中智明; 石崎公庸; 大和勝幸; 青木摂之; 小山時隆; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2013年03月
  • 原核生物型PEBPファミリータンパク質CORのシロイヌナズナとゼニゴケにおける機能解析  [通常講演]
    森花小百合; 竹本覚; 辻井由香; 有手友嗣; 竹村美保; 酒井友希; 山口礼子; 遠藤求; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物生理学会年会要旨集 2013年03月
  • ゼニゴケゲノム解析とゲノムアノテーションデータベースの構築  [通常講演]
    長崎英樹; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 中村保一
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2013年
  • Function of ANGUSTIFOLIA, a plant homolog of CtBP/BARS, in bryophytes  [通常講演]
    N. Minamisawa; Y. Hashida; K. Takechi; M. Kajikawa; K.T. Yamato; T. Ueda; H. Tsukaya; H. Takano
    Marchantia Workshop 2012 2012年11月 ポスター発表
  • Molecular analysis of circadian clock and growth-phase transition in M. polymorpha  [通常講演]
    A. Kubota; S. Kita; T. Muranaka; K. Ishizaki; K. T. Yamato; T. Oyama; S. Aoki; T. Kohchi
    Marchantia Workshop 2012 2012年11月 ポスター発表
  • Functional analysis of a Y chromosomal gene with a cytochrome b5 domain in Marchantia polymorpha L.  [通常講演]
    T. Hasegawa; K. Ishizaki; T. Kohchi; K. T. Yamato
    Marchantia Workshop 2012 2012年11月 ポスター発表
  • Transcriptomic and proteomic analyses on spermatozoa of Marchantia polymorpha.  [通常講演]
    S. Tsukamoto; S. Hirao; L. Yamada; H. Sawada; K. Ishizaki; T. Kohchi; K.T. Yamato
    Marchantia Workshop 2012 2012年11月 ポスター発表
  • Sexual reproduction in Marchantia polymorpha - sex chromosomes and sperm chemotaxis.  [通常講演]
    大和 勝幸
    Marchantia Workshop 2012 2012年11月 口頭発表(招待・特別)
  • Sperm Chemotaxis in the Liverwort Marchantia polymorpha L.  [招待講演]
    大和 勝幸
    International Symposium on the Mechanisms of Sexual Reproduction in Animals and Plants. Joint Meeting of the 2nd Allo-Authentication Meeting and the 5th Egg-Coat Meeting 2012年11月 口頭発表(招待・特別)
  • 和歌山県天然記念物キイシモツケの分子系統分類学的および生理形態的性格付け:イワシモツケおよびトサシモツケとの比較  [通常講演]
    明渡絵里朱; 平田智子; 上井和幸; 高木裕子; 水野隆文; 小林真; 小池孝良; 大和勝幸; 秋田求; 泉井桂
    日本植物学会大会研究発表記録 2012年09月
  • 次世代シーケンサーによるC3‐C4光合成相互転換植物Eleocharis viviparaのトランスクリプトーム解析  [通常講演]
    原田大士朗; 平田樹; 佐藤茜; 大和勝幸; 泉井桂; 秋田求
    日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集 2012年08月
  • C3‐C4光合成相互転換植物Eleocharis viviparaのin vitroにおける光合成型の切換え  [通常講演]
    原田大士朗; 溝端夏季; 横山加奈子; 大和勝幸; 泉井桂; 秋田求
    日本植物生理学会年会要旨集 2012年03月
  • 遺伝子機能を自在に研究できるモデルへ~ゲノム・突然変異体・形質転換~  [通常講演]
    石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2012年03月
  • 苔類ゼニゴケを用いた基部陸上植物の概日時計因子の解析  [通常講演]
    久保田茜; 喜多祥吾; 久保田佐綾; 村中智明; 石崎公庸; 大和勝幸; 青木摂之; 小山時隆; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2012年03月
  • 花芽形成のマスター制御因子LEAFYの祖先的機能の探索  [通常講演]
    酒井友希; 伊藤美沙; 川本麻美; 宮下結衣; 宇山和樹; 辻井由香; 遠藤求; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物生理学会年会要旨集 2012年03月
  • シロイヌナズナのホルムアルデヒドストレス応答と活性酸素種(ROS)の関与に関する解析  [通常講演]
    久保森; 榊原均; 来須孝光; 朽津和幸; 由理本博也; 阪井康能; 秋田求; 大和勝幸; 泉井桂
    日本植物生理学会年会要旨集 2012年03月
  • DDBJパイプラインによるゼニゴケゲノム解析とゲノムアノテーションデータベースの構築  [通常講演]
    長崎英樹; 藤澤貴智; 望月孝子; 猿橋智; 神沼英里; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 中村保一
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2012年
  • 苔類ゼニゴケにおけるLEAFY相同遺伝子MpLFYの直接制御標的の探索  [通常講演]
    川本麻美; 酒井友希; 宇山和樹; 辻井由香; 遠藤求; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物学会大会研究発表記録 2011年09月
  • 苔類ゼニゴケにおけるLEAFY相同遺伝子MpLFYの機能解析  [通常講演]
    酒井友希; 宮下結衣; 宇山和樹; 辻井由香; 遠藤求; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物学会大会研究発表記録 2011年09月
  • “基部陸上植物”の光応答戦略―フィトクロムを介した光形態形成の分子機構―  [通常講演]
    石崎公庸; 井上佳祐; 保坂将志; 片岡秀夫; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物学会大会研究発表記録 2011年09月
  • C3‐C4光合成の相互転換植物Eleocharis viviparaの先端分裂組織からの培養系の誘導とin vitroにおけるC3型とC4型の切り換え  [通常講演]
    原田大士朗; 溝端夏季; 横山加奈子; 吉村一恵; 大和勝幸; 泉井桂; 秋田求
    日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集 2011年09月
  • イネへのホルムアルデヒドの同化代謝系(リブロースモノリン酸経路)の導入  [通常講演]
    鈴木詩織; 明渡絵里朱; 中川強; 榊原均; 由里本博也; 阪井康能; 大和勝幸; 秋田求; 泉井桂
    日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集 2011年09月
  • ヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)に見出された病害抵抗性遺伝子(R遺伝子)に関する研究  [通常講演]
    谷垣悠介; 伊藤健司; 小阪安希子; LEHTONEN Mikko; THELANDER Mattias; 大和勝幸; 秋田求; VALKONEN Jari P. T
    日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集 2011年09月
  • The Genome of Marchantia polymorpha.  [招待講演]
    大和 勝幸
    XVIII International Botanical Congress, Melbourne, Australia 2011年07月 口頭発表(招待・特別)
  • 苔類ゼニゴケにおけるアブシジン酸応答性遺伝子発現機構の解析  [通常講演]
    金子緑; 小松憲治; AKTER Khaleda; 坂田洋一; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 竹澤大輔
    日本植物生理学会年会要旨集 2011年03月
  • γ線照射胞子より単離したゼニゴケオーキシン耐性株の解析  [通常講演]
    野々村麻衣子; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2011年03月
  • ゼニゴケVAMP72スプライシングバリアントの機能解析  [通常講演]
    藤本優; 丸山桃子; 海老根一生; 井坂奈々子; 植村知博; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 中野明彦; 上田貴志
    日本植物生理学会年会要旨集 2011年03月
  • 苔類ゼニゴケにおけるMpIAAを介したオーキシン信号伝達の機能解析  [通常講演]
    加藤大貴; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2011年03月
  • 苔類ゼニゴケにおける計時機構と生長相制御の解析  [通常講演]
    久保田茜; 久保田佐綾; 村中智明; 石崎公庸; 大和勝幸; 青木摂之; 小山時隆; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2011年03月
  • 苔類ゼニゴケにおける赤色光受容体フィトクロムを介した生長制御  [通常講演]
    井上佳祐; 石崎公庸; 保坂将志; 片岡秀夫; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2011年03月
  • 苔類ゼニゴケにおける分子遺伝学の基盤整備:T‐DNAタギング法による順遺伝学的解析手法の確立  [通常講演]
    増田晃秀; 石崎公庸; 齊田有桂; 水谷未耶; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2011年03月
  • 苔類ゼニゴケの青色光受容体フォトトロピンの単離と青色光応答の解析  [通常講演]
    小松愛乃; 坪井秀憲; 末次憲之; 石崎公庸; 大和勝幸; 和田正三; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2011年03月
  • 苔類ゼニゴケにおけるLEAFY相同遺伝子MpLFYの機能解析  [通常講演]
    酒井友希; 宮下結衣; 川本麻美; 宇山和樹; 辻井由香; 遠藤求; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物生理学会年会要旨集 2011年03月
  • 半数体植物ゼニゴケにおける順遺伝学的解析手法の確立  [通常講演]
    石崎公庸; 増田晃秀; 齊田有桂; 水谷未耶; 大和勝幸; 河内孝之
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2011年03月
  • リブロースモノリン酸経路(RuMP)の2種類の酵素の融合体をコードする合成遺伝子を導入したイネの作成と解析  [通常講演]
    鈴木詩織; 明渡絵里朱; 中川強; 榊原均; 由里本博也; 阪井康能; 大和勝幸; 秋田求; 泉井桂
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2011年03月
  • 苔類ゼニゴケの青色光応答と青色光受容体フォトトロピンの解析  [通常講演]
    小松愛乃; 坪井秀憲; 末次憲之; 石崎公庸; 大和勝幸; 和田正三; 河内孝之
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2011年03月
  • 苔類ゼニゴケにおける計時機構と生長相制御の解析  [通常講演]
    久保田茜; 久保田佐綾; 村中智明; 石崎公庸; 大和勝幸; 青木摂之; 小山時隆; 河内孝之
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2011年03月
  • 苔類ゼニゴケの光受容体フィトクロムを介した細胞分裂制御  [通常講演]
    井上佳祐; 石崎公庸; 保坂将志; 片岡秀夫; 大和勝幸; 河内孝之
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2011年03月
  • C3/C4光合成の相互転換植物,カヤツリグサ科のEleocharis viviparaのcDNAライブラリーの作成とC4型PEPCのゲノムDNA塩基配列の決定  [通常講演]
    原田大士朗; 近藤知栄; 米原亮; 大和勝幸; 秋田求; 泉井桂
    生化学 2011年
  • イネとタバコへのホルムアルデヒド固定能の付与:C1微生物のリブロースモノリン酸経路(RuMP)の2つの酵素の葉緑体における高発現にむけて  [通常講演]
    明渡絵里朱; 鈴木詩織; 福井崇人; 中川強; 榊原均; 由里本博也; 阪井康能; 大和勝幸; 秋田求; 泉井桂
    生化学 2011年
  • T‐DNAタギング法により単離された苔類ゼニゴケ気室形成異常株の解析  [通常講演]
    水谷未耶; 増田晃秀; 齊田有桂; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    生化学 2011年
  • 基部陸上植物ゼニゴケにおける概日時計関連因子の比較ゲノム解析  [通常講演]
    久保田茜; 喜多祥吾; 久保田佐綾; 村中智明; 石崎公庸; 大和勝幸; 青木摂之; 小山時隆; 河内孝之
    生化学 2011年
  • 苔類ゼニゴケにおける赤色光依存的な細胞分裂制御  [通常講演]
    井上佳祐; 石崎公庸; 保坂将志; 片岡秀夫; 大和勝幸; 河内孝之
    生化学 2011年
  • 苔類ゼニゴケにおける青色光依存的な葉緑体光定位運動と青色光受容体フォトトロピン  [通常講演]
    小松愛乃; 芦原悠紀子; 坪井秀憲; 末次憲之; 石崎公庸; 大和勝幸; 和田正三; 河内孝之
    生化学 2011年
  • γ線照射胞子から単離した苔類ゼニゴケオーキシン低感受性変異株の解析  [通常講演]
    石崎公庸; 野々村麻衣子; 大和勝幸; 河内孝之
    生化学 2011年
  • 苔類ゼニゴケにおけるアブシジン酸応答性遺伝子発現の解析  [通常講演]
    金子緑; 小松憲治; 坂田洋一; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 竹澤大輔
    日本植物学会大会研究発表記録 2010年09月
  • 苔類ゼニゴケにおけるLEAFY相同遺伝子MpLFYの機能解析  [通常講演]
    酒井友希; 宮下結衣; 宇山和樹; 辻井由香; 大門靖史; 遠藤求; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物学会大会研究発表記録 2010年09月
  • 陸上植物に固有の転写因子LFY  [通常講演]
    荒木崇; 酒井友希; 辻井由香; 宇山和樹; 宮下結衣; 川本麻美; 遠藤求; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物学会大会研究発表記録 2010年09月
  • モデル実験生物ゼニゴケのゲノム情報およびリソースの現状  [通常講演]
    大和勝幸
    日本植物学会大会研究発表記録 2010年09月
  • 苔類ゼニゴケにおけるPEBP family遺伝子の機能解析  [通常講演]
    竹本覚; 辻井由香; 有手友嗣; 竹村美保; 酒井友希; 遠藤求; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物学会大会研究発表記録 2010年09月
  • ゼニゴケ―アロ認証研究におけるモデル生物としての可能性  [通常講演]
    大和勝幸
    日本動物学会大会予稿集 2010年08月
  • ゼニゴケFLO/LFY相同遺伝子の機能解析  [通常講演]
    宇山和樹; 宮下結衣; 辻井由香; 大門靖史; 遠藤求; 石崎公庸; 大和勝幸; 福澤秀哉; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物生理学会年会要旨集 2010年03月
  • 苔類ゼニゴケを用いたフィトクロムを介する細胞応答の調節機構の解析  [通常講演]
    保坂将志; 石崎公庸; 井上佳祐; 片岡秀夫; 大和勝幸; 松永幸大; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2010年03月
  • 苔類ゼニゴケにおける分子遺伝学の基盤整備V:核ゲノム情報解析とT‐DNAタグライン  [通常講演]
    増田晃秀; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2010年03月
  • 基部陸上植物ゼニゴケにおけるオーキシン生理応答の観察と可視化  [通常講演]
    野々村麻衣子; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2010年03月
  • 種子植物特異的なR‐SNAREの進化細胞生物学的解析  [通常講演]
    藤本優; 海老根一生; 井坂奈々子; 植村知博; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 中野明彦; 上田貴志
    日本植物生理学会年会要旨集 2010年03月
  • 新規ゼニゴケ核ゲノム形質転換選抜用マーカーの開発  [通常講演]
    上田実; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 鹿内利治; 西村芳樹
    日本植物生理学会年会要旨集 2010年03月
  • 緑藻クラミドモナスのストレス応答をゲノムで見る:次世代シーケンサーを用いたゲノム発現データベースの構築  [通常講演]
    福澤秀哉; 久保雄昭; 大和勝幸; 鈴木穣; 菅野純夫; 伊藤武彦; 谷口丈晃; 黒木陽子; 豊田敦; 小原雄治; 藤山秋佐夫
    日本植物生理学会年会要旨集 2010年03月
  • 苔類ゼニゴケにおける光屈性と青色光受容体フォトトロピン遺伝子の解析  [通常講演]
    小松愛乃; 久保田茜; 末次憲之; 石崎公庸; 大和勝幸; 和田正三; 河内孝之
    生化学 2009年09月
  • 苔類ゼニゴケのフィトクロムを介する光応答  [通常講演]
    保坂将志; 片岡秀夫; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    生化学 2009年09月
  • 苔類ゼニゴケにおけるオーキシン信号伝達因子の同定  [通常講演]
    加藤大貴; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    生化学 2009年09月
  • 苔類ゼニゴケにおけるオーキシン応答の観察と可視化  [通常講演]
    野々村麻衣子; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    生化学 2009年09月
  • ゼニゴケFLO/LFY相同遺伝子の機能解析  [通常講演]
    宇山和樹; 辻井由香; 宮下結衣; 大門靖史; 遠藤求; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物学会大会研究発表記録 2009年09月
  • 苔類ゼニゴケにおけるABI1様プロテインホスファターゼの機能解析  [通常講演]
    東金賢; 小松憲治; BHYAN Salma Begum; 坂田洋一; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 竹澤大輔
    日本植物学会大会研究発表記録 2009年09月
  • コケ植物におけるオルガネラ動態の解析  [通常講演]
    恵良厚子; 海老根一生; 富永基樹; 石崎公庸; 大和勝幸; 桧垣匠; 朽名夏麿; 馳澤盛一郎; 中野明彦; 河内孝之; 上田貴志
    日本植物学会大会研究発表記録 2009年09月
  • 微細藻類の遺伝子資源をゲノムから探る:緑藻クラミドモナスのゲノムデータベースの構築と有用遺伝子の探索  [通常講演]
    福澤秀哉; 久保雄昭; 大和勝幸; 藤山秋佐夫; 豊田敦; 黒木陽子; 伊藤武彦; 谷口丈晃; 鈴木穣; 菅野純夫; 小原雄治
    マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集 2009年05月
  • ゼニゴケにおけるアクチン繊維のユニークな動き  [通常講演]
    惠良厚子; 海老根一生; 石崎公庸; 富永基樹; 齊藤知恵子; 大和勝幸; 中野明彦; 河内孝之; 上田貴志
    日本植物生理学会年会要旨集 2009年03月
  • ゼニゴケFLO/LFY相同遺伝子の単離と解析  [通常講演]
    辻井由香; 宇山和樹; 大門靖史; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物生理学会年会要旨集 2009年03月
  • 緑藻クラミドモナスの完全長cDNA配列解析とゲノム構造解析  [通常講演]
    久保雄昭; 大和勝幸; 山野隆志; 鈴木穣; 菅野純夫; 藤山秋佐夫; 小原雄治; 伊藤武彦; 福澤秀哉
    日本植物生理学会年会要旨集 2009年03月
  • 苔類ゼニゴケのフィトクロムを介する光応答  [通常講演]
    保坂将志; 片岡秀夫; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2009年03月
  • 苔類ゼニゴケにおける分子遺伝学の基盤整備 IV〈GatewayバイナリーベクターとT‐DNAタグライン〉  [通常講演]
    石崎公庸; 湯川嘉康; 増田晃秀; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2009年03月
  • 苔類ゼニゴケにおける分子遺伝学の基盤整備 III〈EST情報の蓄積と遺伝地図の作製〉  [通常講演]
    友金寛和; 大和勝幸; 千代田将大; 石崎公庸; 鈴木穣; 菅野純夫; 新井理; 小原雄治; 福澤秀哉; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2009年03月
  • 苔類ゼニゴケにおける青色光応答の解析  [通常講演]
    久保田茜; 小松愛乃; 片岡秀夫; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2009年03月
  • プロテインホスファターゼ2Cによる苔類アブシジン酸応答の制御  [通常講演]
    東金賢; 小松憲治; 坂田洋一; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 竹澤大輔
    日本植物生理学会年会要旨集 2009年03月
  • プラスチドDNAはrRNAオペロンの下流領域に複製フォーク障壁をもつ  [通常講演]
    千代田将太; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2009年03月
  • ゼニゴケFLO/LFY相同遺伝子の単離と解析  [通常講演]
    辻井由香; 大門靖史; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之; 荒木崇
    日本植物学会大会研究発表記録 2008年09月
  • 苔類ゼニゴケにおける分子遺伝学の基盤整備 I〈交配法の確立と遺伝地図の作製〉  [通常講演]
    友金寛和; 大和勝幸; 千代田将大; 片岡秀夫; 石崎公庸; 福澤秀哉; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2008年03月
  • 苔類ゼニゴケをモデルとしたフィトクロムシグナル伝達の解析  [通常講演]
    片岡秀夫; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2008年03月
  • 苔類ゼニゴケにおけるプラスチドDNAの複製と遺伝様式の解析  [通常講演]
    千代田将大; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2008年03月
  • 苔類ゼニゴケにおける分子遺伝学の基盤整備 II〈簡便かつ高効率なアグロバクテリウムによる形質転換〉  [通常講演]
    石崎公庸; 千代田将大; 大和勝幸; 福澤秀哉; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2008年03月
  • 可変領域および動物型DNAメチルトランスフェラーゼドメインをもつゼニゴケLTR‐レトロトランスポゾン様転移因子DREの構造解析  [通常講演]
    大和勝幸; 八巻新; 土本卓; 福澤秀哉; 河内孝之
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2008年03月
  • 苔類ゼニゴケクリプトクロム遺伝子の単離と構造解析  [通常講演]
    久保田茜; 片岡秀夫; 石崎公庸; 大和勝幸; 福澤秀哉; 河内孝之
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2008年03月
  • ゼニゴケ染色体の全構造に基づく性染色体の進化様式  [通常講演]
    大山莞爾; 大和勝幸; 石崎公庸; 藤澤雅樹; 岡田祥子; 中山繁樹; 藤下まり子; 坂東弘樹; 淀谷幸平; 林紀和子; 坂東倫行; 蓮見明子; 西尾朋久; 坂田亮子; 山本昌幸; 八巻新; 西出拓; CHOI Seung‐Hyuk; 新井理; 小原雄治; 河内孝之; 福澤秀哉
    日本植物学会大会研究発表記録 2007年09月
  • 緑藻クラミドモナスのゲノムから見た光合成と生殖機能  [通常講演]
    福澤秀哉; 山野隆志; 佐竹知也; 藤田晃光; 大西紀和; 小日向務; 山原洋佑; 辻川友紀; 大和勝幸
    日本植物学会大会研究発表記録 2007年09月
  • ゼニゴケゲノムにはDNAメチルトランスフェラーゼドメインをもつ新規転移因子が存在する  [通常講演]
    大和勝幸; 八巻新; 土本卓; 福澤秀哉; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2007年03月
  • 緑藻クラミドモナスのゲノム構造解析と完全長cDNA配列解析  [通常講演]
    佐竹知也; 山野隆志; 豊田敦; 成田貴則; 新井理; 黒木陽子; 鈴木穣; 伊藤武彦; 菅野純夫; 小原雄治; 藤山秋佐夫; 大和勝幸; 福澤秀哉
    生化学 2007年
  • ゼニゴケゲノムにはDNAメチルトランスフェラーゼドメインをコードするLTR‐レトロトランスポゾン様の転移因子が存在する  [通常講演]
    大和勝幸; 八巻新; 土本卓; 福澤秀哉; 河内孝之
    生化学 2007年
  • 緑藻クラミドモナスの脂肪酸不飽和化酵素を用いた高度不飽和脂肪酸ピノレン酸のタバコにおける生産  [通常講演]
    梶川昌孝; 松井啓祐; 大和勝幸; 田中良和; 福澤秀哉
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2006年03月
  • ゼニゴケゲノムにはDNAメチルトランスフェラーゼドメインをもつ新規転移因子が存在する  [通常講演]
    大和勝幸; 八巻新; 福澤秀哉; 河内孝之; 大山莞爾
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2006年03月
  • ゼニゴケのアラキドン酸およびエイコサペンタエン酸に対する鎖長延長酵素遺伝子の単離と機能解析  [通常講演]
    梶川昌孝; 大和勝幸; 阪井康能; 大山莞爾; 福澤秀哉; 河内孝之
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2006年03月
  • 比較ゲノム解析に向けた緑藻クラミドモナスのゲノム情報の確立  [通常講演]
    山野隆志; 佐竹知也; 甲津嘉人; 鈴木穣; 菅野純夫; 藤山秋佐夫; 大和勝幸; 河内孝之; 福澤秀哉
    日本植物生理学会年会要旨集 2006年03月
  • 苔類ゼニゴケにおけるフィトクロムと光形態形成の解析  [通常講演]
    片岡秀夫; 村本拓也; 大和勝幸; 河内孝之
    日本植物生理学会年会要旨集 2006年03月
  • ゼニゴケ培養細胞を用いた高効率プラスチド形質転換系  [通常講演]
    千代田将大; LINLEY Philip J; 大和勝幸; 福澤秀哉; 横田明穂; 河内孝之
    日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集 2006年
  • 苔類ゼニゴケフィトクロムの遺伝子同定と大腸菌再構成系を用いた分光学的解析  [通常講演]
    片岡秀夫; 向川佳子; 駒井信洋; 大和勝幸; 河内孝之
    日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集 2006年
  • ゼニゴケY染色体の構造と進化  [通常講演]
    八巻新; 大和勝幸; 淀谷幸平; 坂東弘樹; 梶川昌孝; 中山繁樹; 藤下まり子; 新井理; 小原雄治; 河内孝之; 福沢秀哉; 大山莞爾
    日本分子生物学会年会講演要旨集 2005年11月
  • ゼニゴケY染色体の構造  [通常講演]
    大和勝幸; 八巻新; 淀谷幸平; 坂東弘樹; 梶川昌孝; 中山繁樹; 藤下まり子; 新井理; 小原雄治; 河内孝之; 福沢秀哉; 大山莞爾
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2005年03月
  • ゼニゴケ由来酵素遺伝子の導入による高度不飽和脂肪酸生産タバコの創出  [通常講演]
    梶川昌孝; 松井啓祐; 田中良和; 大和勝幸; 大山莞爾; 福沢秀哉; 河内孝之
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2005年03月
  • ゼニゴケY染色体のドラフト塩基配列  [通常講演]
    大山莞爾; 八巻新; 大和勝幸; 淀谷幸平; 坂東弘樹; 中山繁樹; 藤下まり子; 新井理; 小原雄治
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 2004年11月
  • 緑藻クラミドモナスのピノレン酸生合成を担うω13不飽和化酵素遺伝子の単離と機能解析  [通常講演]
    梶川昌孝; 大和勝幸; 甲津嘉人; 庄司信一郎; 阪井康能; 福沢秀哉
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 2004年11月
  • 生殖器官を恒常的に形成するゼニゴケ変異体の単離と解析  [通常講演]
    山岡尚平; 竹中瑞樹; 葉名尻勤; 清水(上田)木綿; 西田浩之; 大和勝幸; 福沢秀哉; 大山莞爾
    日本植物生理学会年会要旨集 2004年03月
  • ゼニゴケY染色体の構造解析:ドラフト塩基配列の取得と解析  [通常講演]
    大山莞爾; 大和勝幸; 淀谷幸平; 坂東弘樹; 八巻新; 石崎公庸; 中山繁樹; 藤下まり子; 新井理
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2004年03月
  • ゼニゴケY染色体の構造解析:Y染色体DNAマーカーrsm40を含む530kbの遺伝子領域の推定  [通常講演]
    八巻新; 淀谷幸平; 坂東弘樹; 大和勝幸; 福沢秀哉; 新井理; 小原雄治; 大山莞爾
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2004年03月
  • ゼニゴケ高度不飽和脂肪酸生合成経路のメタノール資化性酵母Pichia pastorisでの再構成  [通常講演]
    梶川昌孝; 大和勝幸; 甲津嘉人; 庄司信一郎; 野尻増俊; 桜谷英治; 清水昌; 阪井康能; 大山莞爾
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2004年03月
  • 高等植物の葉の極性伸長制御遺伝子ANGUSTIFOLIAのゼニゴケ(Marchantia polymorpha)における相同遺伝子MpANの単離と解析  [通常講演]
    上野華子; KIM G‐T; 塚谷裕一; 梶川昌孝; 大和勝幸; 大山莞爾; 小野莞爾; 高野博嘉
    日本植物生理学会年会要旨集 2002年03月
  • クラミドモナスcDNAマクロアレイを用いたCO2シグナル伝達因子CCM1標的遺伝子の検索  [通常講演]
    三浦謙治; 小日向務; 能岡智; 浅水恵理香; 中村保一; 田畑哲之; 大和勝幸; 大山莞爾; 福沢秀哉
    日本植物生理学会年会要旨集 2002年03月
  • ゼニゴケの性染色体のゲノム解析 XI X色染体特異的クローンpMF28‐62B12にコードされる遺伝子  [通常講演]
    石崎公庸; 坂田亮子; 藤沢雅樹; 林紀和子; 西尾朋久; 坂東弘樹; 淀谷幸平; 大和勝幸; 大山莞爾
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2002年03月
  • ゼニゴケ性染色体のゲノム解析 X X染色体特異的rDNAクラスターの構造解析  [通常講演]
    藤沢雅樹; 西尾朋久; 中山繁樹; 藤下まり子; 林紀和子; 大和勝幸; 福沢秀哉; 大山莞爾
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2002年03月
  • クラミドモナスcDNAマクロアレイを用いたCO2濃度変化に応答する遺伝子の網羅的解析  [通常講演]
    福沢秀哉; 三浦謙治; 小日向務; 能岡智; 浅水恵理香; 中村保一; 田畑哲之; 大和勝幸; 大山莞爾
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2002年03月
  • 植物進化における受容体型プロテインキナーゼ遺伝子族の多様化  [通常講演]
    佐々木剛; 加藤和貴; 岩部直之; 大和勝幸; 大山莞爾; 宮田隆
    日本遺伝学会大会プログラム・予稿集 2001年08月
  • ゼニゴケの性の分化・決定機構に関する研究 IV RDA法を用いたXおよびY染色体の構造解析  [通常講演]
    藤沢雅樹; 中山繁樹; 林紀和子; 藤下まり子; 岡田祥子; 大和勝幸; 福沢秀哉; 大山莞爾
    日本農芸化学会誌 2001年03月
  • ゼニゴケの性の分化・決定機構に関する研究 V PACクローンpMM2D3にコードされる遺伝子群  [通常講演]
    石崎公庸; 上田木綿; 岡田祥子; 安田智晴; 坂東倫行; 大和勝幸; 福沢秀哉; 大山莞爾
    日本農芸化学会誌 2001年03月
  • ゼニゴケY染色体由来PACクローンpMM2D3にコードされる遺伝子群  [通常講演]
    石崎公庸; 大和勝幸; 岡田祥子; 藤沢雅樹; 上田木綿; 坂東倫行; 福沢秀哉; 大山莞爾
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 2000年11月
  • ゼニゴケのRLK(Receptor Like protein Kinase)遺伝子族に属する遺伝子の単離と解析  [通常講演]
    佐々木剛; 岩部直之; 大和勝幸; 大山莞爾; 宮田隆
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1999年11月
  • パーティクルガンを用いたゼニゴケ葉状体の形質転換系の確立  [通常講演]
    竹中瑞樹; 山岡尚平; 葉名尻勤; 清水木綿; 大和勝幸; 福沢秀哉; 大山莞爾
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1999年11月
  • ゼニゴケゲノム解析 -未熟雌性生殖器官由来ESTの解析  [通常講演]
    大和 勝幸; 長井 純一; 坂井田 恵美; 福澤 秀哉; 大山 莞爾
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1998年12月
  • 高等陸上植物と異なり下等陸上植物の苔類ゼニゴケ(Marchantia polymorpha)では, 55rDNAと18S-5.8S-26S rDNAが同一繰り返し配列内に存在する  [通常講演]
    曽根 岳史; 藤澤 雅樹; 竹中 瑞樹; 中川 菜子; 大和 勝幸; 福澤 秀哉; 大山 莞爾
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1998年12月
  • ゼニゴケゲノム解析 未熟雌性生殖器官由来ESTの解析  [通常講演]
    大和勝幸; 長井純一; 坂井田恵美; 福沢秀哉; 大山莞爾
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1998年11月
  • 高等陸上植物と異なり下等陸上植物の苔類ゼニゴケ(Marchantia polymorpha)では,5S rDNAと18S‐5.8S‐26S rDNAが同一繰り返し配列内に存在する  [通常講演]
    曽根岳史; 藤沢雅樹; 竹中瑞樹; 中川菜子; 大和勝幸; 福沢秀哉; 大山莞爾
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1998年11月
  • イネミトコンドリアゲノムにおいてリボソームタンパク質遺伝子はクラスターを成していない  [通常講演]
    石川繭子; 門脇光一; 大和勝幸; 大山莞爾; 中園幹生; 平井篤志; 内藤忠雄; 原田久也
    Jpn J Breed 1993年

MISC

産業財産権

受賞

  • 2013年09月 日本植物学会 論文賞2013
     Visualization of auxin-mediated transcriptional activation using a common auxin-responsive reporter system in the liverwort Marchantia polymorpha. 
    受賞者: Ishizaki, K;Nonomura, M;Kato, H;Yamato, K.T;Kohchi, T
  • 2009年03月 2008年度日本農芸化学会論文賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(S)
    研究期間 : 2017年10月 -2022年03月 
    代表者 : 河内 孝之; 中島 敬二; 大和 勝幸; 山岡 尚平
     
    陸上植物は多細胞の配偶体世代nと胞子体世代2nを繰り返すという特徴がある(世代交代)。これまでに被子植物を材料として有性生殖の誘導や雌雄性分化の仕組みが調べられてきたが、これらは主に胞子体世代の器官分化を扱った研究であり、配偶体世代の有性生殖誘導の制御機構の解析は材料的な制約のために遅れていた。そこで、陸上植物進化の基部に位置する苔類のモデルであるゼニゴケを用いて、環境依存的な生殖細胞系列決定、可塑的な性分化、遺伝的頑健性を与える性決定機構に関する研究を進めた。 ゼニゴケは実験室環境では遠赤色光補光により、有性生殖を誘導する。遠赤色光を必要としない機能獲得型変異体より、bHLH転写因子MpBONOBOを同定した。この因子が生殖細胞系列を決定するのに必要十分な因子であることを明らかにした。また、シロイヌナズナの相同遺伝子は、花粉における雄原細胞分化に必須な因子であることもわかった。つまり、陸上植物に共通した生殖細胞決定の機構を明らかにし、成果を論文として公表した。 生殖細胞系列決定の下流には雌雄分化がある。雌性分化を制御する転写因子に注目し、逆遺伝学的に遺伝子の機能解析を進めた。雌特異的に発現するFGMYB遺伝子を破壊すると、遺伝的な雌株が雄器托と造精器を分化した。この遺伝子座には、アンチセンス長鎖非翻訳RNAであるSUFがコードされ、雄特異的に発現していた。この遺伝子の破壊雄株は、雄株であるにも関わらず、FGMYBが発現し雌器托と造卵器を分化した。本年度はFGMYBとSUFからなる性分化制御モジュールの機能解析のため、遺伝子のプロモーターや転写物の蓄積に関して実験を進めた。 ゼニゴケは性染色体により遺伝的な性が決定する。ゲノム解析により明らかにされた性染色体上の遺伝子について、遺伝子の構造および発現特異性に関する解析を進め、ゲノム編集株の作出などの実験に着手した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
    研究期間 : 2013年06月 -2018年03月 
    代表者 : 荒木 崇; 大和 勝幸; 遠藤 求; 丹羽 優喜; 田岡 健一郎; 丹羽 優喜; 肥後 あすか; 井上 圭佑; 冨田 由妃
     
    植物が有性生殖を実現するための発生ロジックを理解することを目指して、シロイヌナズナとゼニゴケを用いて、代謝を基盤とする花成を支える成長・発生ロジック、有性生殖の開始から成就に至る過程を支える発生ロジックの2つの研究項目で研究をおこなった。カリウムによる花成制御経路の解明、フロリゲン(FT蛋白質)輸送過程の時間的側面の解明と輸送に関わるFT蛋白質上のアミノ残基の同定、ゼニゴケの雄性生殖器官・配偶子形成過程の遺伝子発現レベルの枠組みの構築、生殖系列の分化と維持、精細胞形成などに関わる因子の同定、環境要因に応答した生殖器官誘導に関わる因子の同定、受精・胚発生や胞子形成に関する知見などの成果を挙げた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2015年 -2017年 
    代表者 : 大和 勝幸
  • 新興モデル生物ゼニゴケの長期安定保存法の開発
    基礎生物学研究所IBBPセンター:生物遺伝資源新規保存技術開発共同利用研究
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 大和 勝幸
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2012年 -2014年 
    代表者 : 大和 勝幸
     
    平成25年度も前年度に引き続き,X染色体配列の探索を行った。まず,X染色体遺伝子の一部は雌生殖器官特異的に発現していると考えられるので,造卵器あるいは雌器床特異的に発現している遺伝子を探索した。RNA-seqデータの解析により,雌生殖器特異的遺伝子を23個見いだした。これらの遺伝子を含むゲノム配列を米国Joint Genome Instituteの未公開ゲノムデータ(JGI ver 0.6)より取得し,それぞれの配列に対するPCR用プライマーを作成した。しかし,いずれのプライマーも雄株および雌株で増幅が見られたため,今回評価した雌生殖器官特異的遺伝子は常染色体に存在すると結論づけた。次に,雌ゲノム(BC4;標準雌株Takaragaike-2を4回戻し交配して得られた株)情報から雄ゲノム(標準雄株Takaragaike-1)情報を差し引いて,X染色体の配列を探索したところ,8 kb以上の配列が12本得られた。それぞれについて,雌雄特異性を雌雄標準株およびそれらのF1個体を用いたゲノミックPCRにより判定を行い,5配列が雌特異であることが判明した。これまでに得られたX染色体配列について,類似性検索およびRNA-seqデータのマッピングにより遺伝子コード領域を探索している。見いだされた遺伝子についてRNA-seqおよびRT-PCR法による発現解析を行い,雌特異的遺伝子を絞り込んでいる。さらに,これらの遺伝子のプロモーターを単離し,レポーター遺伝子による発現解析も進行中である。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 : 2012年 -2013年 
    代表者 : 大和 勝幸
     
    トランスクリプトーム解析で得られた雄器床特異的配列のうち,実際に精子でタンパク質として発現しているものを探索した。得られた候補配列の中に,電位依存性イオンチャンネル遺伝子が含まれていた。興味深いことに,この遺伝子のホモログは動物や藻類など鞭毛を有する生物種には広く分布し,被子植物には存在しない。従って,このイオンチャネルの鞭毛機能への関与が示唆される。雄器床特異的に発現する転写産物に,塩基性アミノ酸に富むプロタミン様タンパク質をコードする遺伝子MpPRMが見いだされた。一般に,プロタミンは精子においてヒストンの代わりにDNAに結合している。MpPRM遺伝子に蛍光タンパク質Citrine遺伝子を融合させたコンストラクトPRMCを発現させたところ,精子そのものに強い蛍光が観察された。目視ではPRMC発現精子の運動能に異常は見られず,KClに対する正の走化性も観察された。野生株雌株とPRMC発現株を交配したところ,正常に胞子が形成された。得られた胞子の約半数がハイグロマイシン耐性を示した。以上の結果より,PRMC精子の稔性は正常であると結論づけた。さらに,野生株雌器床にPRMC精子懸濁液をかけ,30分後に造卵器を観察したところ,多数のPRMC精子が造卵器内に認めらた。一部のPRMC精子は卵に到達していた。コケ植物やシダ植物において,これまで造卵器内進入後の精子の挙動をリアルタイムで追跡することは難しかったが,今回作成したPRMC精子によりそれが容易になると期待される。さらに,配偶子が融合した後の精子核の挙動の観察にも利用できる。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 : 2010年 -2011年 
    代表者 : 大和 勝幸
     
    被子植物に見られる重複受精のしくみは複雑であるが,元は基部陸上植物の生殖機構に近いものから進化したと考えられる。従って,陸上植物に共通する配偶子認識・融合のしくみを理解するために,基部陸上植物ゼニゴケは有用なモデルとなりうると考えた。精子が卵に到達・融合するには,精子細胞膜に存在する膜タンパク質が重要である。そこで,ゼニゴケ精子特異的に発現する膜タンパク質遺伝子を探索するため,まず次世代シーケンサを用いて約60万リードの雄器床由来ESTを取得した。これまでに得た葉状体や受精前後の雌器床などに由来する約250万リードのESTとの比較および整列化により,雄器床由来ESTのみに存在する4,099配列を得た。これらのうち,37配列は他生物種の膜タンパク質と相同性を示し,かつ推定膜貫通ドメインを有していた。これらのうち,少なくとも10配列は実際に雄器床特異的に発現していることをRT-PCRにより確認した。米国Joint Genome Instituteとのゲノムプロジェクトで予備的なゲノム情報が利用可能となり,推定膜貫通ドメインをもつ他の配列についても同様に解析している。さらに,ゼニゴケ精子が卵そのものではなく,造卵器基部に強く誘引されることを見いだし,精子誘引実験系として利用できるようになった。また,Kイオンに対する走化性をもつという古い報告があったが,その再現性も確認した。最近可能となったゼニゴケ遺伝子破壊系と併せて,精子膜タンパク質遺伝子の機能解析を行っている。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 大和 勝幸; 河内 孝之; 石崎 公庸
     
    本研究で注目するY染色体領域に存在する遺伝子のうち、8個は発現パターンから必須遺伝子と予測される。これらのうち、M547D3.1のホモログであるM547D3.1FがX染色体にも存在する。他の7個の遺伝子についてもX染色体にホモログが存在すると期待された。JGIより提供されたゲノムデータを解析した結果、これらの7遺伝子以外の39遺伝子についてもそのX染色体ホモログと考えられる候補を得ることができた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 大和 勝幸; 河内 孝之; 福澤 秀哉
     
    これまでに見いだしたゼニゴケY染色体上の遺伝子群のうち、雄ゲノムにのみ存在し、かつ雄生殖器官のみで発現している14個を「雄の生殖機能に必要な遺伝子」の候補とした。本年度はF-boxタンパク質をコードするM350E4.4遺伝子について機能解析を実施した。これまでゼニゴケの形質転換にはパーティクルボンバードメントを利用していたが、胞子を発芽させて得られた未成熟葉状体およびアグロバクテリウムを用いた高効率の形質転換法の開発に成功した(Ishizaki et al.,投稿中)。また、GFPの改変種であるmCitrineがゼニゴケにおけるレポーターとしてsGFPよりも優れていることを見いだした。M350E4.4遺伝子の発現部位を特定するため、上流約2kbをGUS遺伝子に連結したコンストラクトを作成し、アグロバクテリウム法によりゼニゴケに導入した。これまで葉状体でのGUS遺伝子の発現は認められず、生殖器官については現在解析中である。CaMV35Sプロモーターを用いて、M350E4.4遺伝子の異所発現株、発現抑制株(雄生殖器官におけるM350E4.4遺伝子の発現抑制については確認中)、F-boxドメイン部分のみあるいはF-boxドメインを欠失させたコンストラクトの過剰発現株を作成したが、これまで形態異常を示す株は得られていない。しかし、CaMV35SプロモーターでGUS遺伝子あるいはmCitrine遺伝子を発現させた形質転換体の解析から、少なくともメリステム付近でこのプロモーターが十分に機能していないことが判明した。従って、メリステム同様分裂中の細胞が多いと考えられる雄生殖器官、特に造精器においてもCaMV35Sプロモーターが十分に機能していない可能性がある。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 大和 勝幸
     
    植物において、花成などの有性生殖器官の分化誘導は、栄養生長相から生殖生長相への転換点であり、その遺伝的制御機構の解明は発生学上重要な研究対象である。本研究では、下等植物における有性生殖器官の分化誘導の制御に関わる遺伝子を探索するためにゼニゴケ生殖器官誘導変異株の解析を行った。ゼニゴケ変異株hpt2040は、野性型が生殖器官を形成しない培養条件でも生殖器官を形成する。昨年度、2040p-169株(hpt2040株と野生株との交配で得られたF1株の1つ)において、ゲノム中の3箇所の欠失がhpt2040株の表現型と連鎖していることを明らかにした。そこで、これらの欠失領域近傍にあたる野生株のゲノム配列中のタンパク質コード遺伝子を探索した。複数の遺伝子モデル予測プログラムを用いて配列を解析し、エキソンの予測が集中する7個の領域を見いだした。RT-PCRを行ったところ、いずれの領域についても2040p-169では転写産物は検出されなかったが、野生株においては3個の領域で検出した。これら3領域が変異原因遺伝子の候補であると仮定し、二重鎖RNA発現コンストラクトの導入によるRNA干渉実験、およびそれぞれの遺伝子候補を含むゲノミッククローンの導入による相補実験を実施した。いずれのコンストラクトについても形質転換体は得られたが、RNA干渉による変異表現型の再現および変異の相補を示す形質転換体は得られなかった。変異原因遺伝子を同定するには、他の変異アレルを単離することが必要であると考えられる。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1998年 -1999年 
    代表者 : 大和 勝幸
     
    前年度から単離したY染色体由来PACクローンpMM4G7には、BamHl2.4kbの反復配列が存在する。この反復配列はサザンハイブルダイゼーションおよびPCRの結果より、Y染色体に特異的であることが明らかになった。すなわちBamHl2.4kb断片と相同な配列を持つPACクローンはY染色体由来であると考えられる。そこで、この反復配列をプローブとしてコロニーハイブリダイゼーションを行い、PACクローン429個を得た。これらのうち、雄ゲノムDNAにのみハイブリダイズするPACクローンは70個であった。クローン整列化に必要な分子マーカーを得るため、Y特異的PACクローンからpMM4G7とそれを含むpMM29D7を除いた68個のDNA混合物のショットガンシークエンスを行い、その塩基配列情報からマーカーとして利用できるプライマーセットを53組設計した。これらのプライマーセットを利用し、pMM4G7を起点に総全長1.6Mbpにわたる5つのコンティングを作製した。これらのコンティングに属する雄特異的PACクローンの一部については塩基配列を決定し、遺伝子コード領域を発見した。この中には、転写因子やリングフィンガーモチーフをもつタンパク質がコードされていた。Y染色体DNA中に見いだされた新奇な遺伝子の機能を解析するため、ゼニゴケの形質転換系を開発した。無性芽播種後約2週間のゼニゴケ葉状体に、パーティクルガンを用いてCaMV35Sプロモ-タで発現するハイグロマイシン耐性遺伝子を導入した。約2ヶ月でハイグロマイシン耐性株が得られ、その過程で植物ホルモンの調製による脱分化・再分化操作の必要がないことから、遺伝子操作による機能解析に極めて有用であると言える。
  • ゼニゴケの脂肪酸生合成機能の活用
  • Structure of sex chromosomes in liverwort.

担当経験のある科目

  • 分子生物学実験京都大学
  • 生物工学基礎生化学実験近畿大学
  • バイオインフォマティクス近畿大学
  • 細胞工学近畿大学
  • 細胞生物学近畿大学

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.