KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

家戸 敬太郎カト ケイタロウ

プロフィール

所属部署名水産研究所
職名教授/白浜実験場長/富山実験場長
学位博士(農学)
専門水産増殖学
ジャンル経営・産業/漁業
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/180-kato-keitarou.html
ホームページURLhttp://www.flku.jp/
メールアドレス
Last Updated :2020/02/19

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    海水魚の養殖および種苗生産に関係するいろいろな実用的な研究を、遺伝子解析などの手法を用いて行っています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2019/7/17
     朝日新聞
     「高級魚 遺伝子操作から世話まで」について
    ●2019/2/1
     日本テレビ「news every.」
     マッスルマダイについて
    ●2018/12/11
     富山テレビ「BBTチャンネル8」
     アナゴの研究について
    ●2018/12/7
     テレビ朝日「キャスト」
     マッスルマダイについて
    ●2018/4/28
     朝日放送「勝手に表彰!関西うまいもんアワード」
     各地域のマダイと近大マダイを食べ比べる
    ●2018/4/24
     NHK総合「ニュース シブ5時」
     マッスルマダイについて
    ●2018/01/05
     朝日新聞
     ゲノム編集で養殖「マッスルマダイ」について
    ●2018/01/05
     読売新聞
     瀬戸内アナゴの大不漁について
    ●2017/11/3
     産経新聞
     「堺もん」のアナゴについて
    ●2017/9/27
     日本経済新聞
     アナゴの完全養殖について
    ●2017/7/4
     日本経済新聞
     アナゴの水揚げの減少について
    ●2017/5/2
     産経新聞
     ご当地サーモン加速「国産で安心」養殖ブームについて
    ●2016/10/27
     朝日新聞
     魚の品種改良について
    ●2016/2/14
     朝日新聞
     マダイについて
    ●2015/07/29
     NHK総合「ニュースほっと関西」
     大きなマダイを育てる「ゲノム編集」技術について
    ●2015/07/29
     NHK総合「ニュース7」
     大きなマダイを育てる「ゲノム編集」技術について

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 水圏生産科学

研究キーワード

  • 水産増殖学, Science of Aquaculture

論文

  • An effective microinjection method for genome editing of marine aquaculture fish: tiger pufferfish Takifugu rubripes and red sea bream Pagrus major, Kenta Kishimoto, Youhei Washio, Yu Murakami, Takashi Katayama, Miwa Kuroyanagi, Keitaro Kato, Yasutoshi Yoshiura, Masato Kinoshita, Fisheries Science, Fisheries Science, 85, 1, 217, 226,   2019年01月, 査読有り
  • Production of a breed of red sea bream Pagrus major with an increase of skeletal muscle muss and reduced body length by genome editing with CRISPR/Cas9, Aquaculture, Aquaculture, 495, 415, 417,   2018年10月, 査読有り
  • 水産育種へのゲノム編集技術の応用と課題, 岸本謙太, 鷲尾洋平, 豊田 敦, 吉浦康寿, 家戸敬太郎, 木下政人, DNA鑑定, DNA鑑定, 9, 45, 50,   2017年11月, 査読有り
  • 水産育種へのゲノム編集技術の応用と課題, 岸本謙太, 家戸敬太郎, 木下政人, 水産育種, 水産育種, 47, 1, 1, 10,   2017年10月, 査読有り
  • Fish meal replacement by soy protein from soymilk in the diets of red sea bream (Pagrus major), Biswas, A, Araki H, Sakata Y, Nakamori T, Kato K, Takii K, Aquacult. Nutr., Aquacult. Nutr., 23, 6, 1379, 1389,   2017年03月, 査読有り
  • Phylogenetic study of the genus Kudoa (Myxozoa: Multivalvulida) with a description of Kudoa rayformis sp. nov. from the trunk muscle of Pacific sierra Scomberomorus sierra, Molecular Phylogenetics and Evolution, Molecular Phylogenetics and Evolution, 98, 337, 345,   2016年02月, 査読有り
  • Epidemiological studies of Flavobacterium psychrophilum in ayu Plecoglossus altivelis caught in Lake Biwa and the inflowing rivers from 1998 to 2011, Fish Pathology, Fish Pathology, 50, 3, 97, 104,   2015年08月, 査読有り
  • mRNA levels of kisspeptins, kisspeptin receptors, and GnRH1 in the brain of chub mackerel during puberty, Comparative Biochemistry and Physiology, Part A, Comparative Biochemistry and Physiology, Part A, 179, 104, 112,   2015年01月, 査読有り
  • Development of DNA Vaccines against Nocardia seriolae Infection in Fish, Fish Pathology, Fish Pathology, 49, 4, 165, 172,   2014年12月, 査読有り
  • Improved survival and growth performances with stocking density manipulation and shelter availability in bagrid catfish Mystus nemurus (Cuvier & Valenciennes 1840) larvae, Aquaculture Research, Aquaculture Research, 45, 12, 2000, 2009,   2014年12月, 査読有り
  • Effects of dietary taurine levels on epidermal thickness and scale loss in red sea bream, Pagrus major, Aquaculture Research, Aquaculture Research, 45, 11, 1818, 1824,   2014年10月, 査読有り
  • Flow field control via aeration adjustment for the enhancement of larval survival of the kelp grouper Epinephelus bruneus (Perciformes:Serranidae), Aquaculture Research, Aquaculture Research, 45, 5, 874, 881,   2014年08月, 査読有り
  • Gonadal Development and Gonadotropin Gene Expression During Puberty in Cultured Chub Mackerel (Scomber japonicus), Zoological Science, 31, 6, 398, 406,   2014年06月, 査読有り
  • Improved survival and growth performances with photoperiod and feeding schedule manipulation in bagrid catfish Mystus nemurus (Valenciennes 1840) larvae, 家戸 敬太郎, Aquaculture Research, Aquaculture Research, 45, 3, 501, 508,   2014年02月, 査読有り
  • Use of acceleration loggers in aquaculture to determine net-cage use and field metabolic rates in red sea bream Pagrus major, Tohya Yasuda, Kazuyoshi Komeyama, Keitaro Kato, Yasushi Mitsunaga, Fisheries Science, Fisheries Science, 78, 2, 229, 235,   2012年03月, 査読有り
  • Effect of Taurine Supplementation on Skin Thickness and Scale Detachability in Red Sea Bream Pagrus major, Keitaro KATO, Masato YAMAMOTO, Nguyen Phuc HUNG, Haruhisa FUKADA, Amal BISWAS, Shinji YAMAMOTO, Kenji TAKII, Osamu MURATA, Shigeru MIYASHITA, Aquaculture Sci., Aquaculture Sci., 60, 1, 59, 64,   2012年03月, 査読有り
  • Effect of salinity on egg development, hatching and larval deformation in the marble goby Oxyeleotris marmoratus, Siew Ing NGUANG, Yoshizumi NAKAGAWA, Sho SHIRAKASHI, Keitaro KATO, Osamu MURATA, Kenji TAKII, Shigeru MIYASHITA, Shigeharu SENOO, Aquaculture Sci., Aquaculture Sci., 60, 1, 1, 9,   2012年03月, 査読有り
  • Effects of delayed first feeding on the survival and growth of tiger grouper, Epinephelus fuscoguttatus (Forsskal, 1775), larvae, Ching Fui Fui, Yoshizumi Nakagawa, Keitaro Kato, Osamu Murata, Shigeru Miyashita, Aquaculture Research, Aquaculture Research, 43, 2, 303, 310,   2012年01月, 査読有り
  • Development of Morphology, Sensory Organs and Behavior of Larval Bagrid Catfish Mystus nemurus, Sharifah RAHMAH, Shinji YAMAMOTO, Yoshizumi NAKAGAWA, Keitaro KATO, Shigeharu SENOO, Osamu MURATA, Aquaculture Sci., Aquaculture Sci., 59, 3, 443, 450,   2011年09月, 査読有り
  • Population Structure of Marble Goby Oxyeleotris marmorata (Bleeker) in Southeast Asia Inferred from Mitochondrial DNA, Hou Chew Ha, Shigeharu Senoo, Kazunobu Tsunemoto, Yoshizumi Nakagawa, Shigeru Miyashita, Osamu Murata, Keitaro Kato, Aquaculture Sci., Aquaculture Sci., 59, 3, 383, 391,   2011年09月, 査読有り
  • Vaccine efficacy of Mycobacterium bovis BCG against Mycobacterium sp. infection in Amberjack Seriola dumerili, Kato G, Kato K, Saito K, Pe Y, Kondo H, Aoki T, Hirono I, Fish Shellfish Immunol., Fish Shellfish Immunol., 30, 2, 467, 472,   2011年02月, 査読有り
  • 稚魚,および成魚マダイ体表の黒色化に与える遮光飼育の影響, 足立亨介, 家戸敬太郎, 水産増殖, 水産増殖, 58, 2, 181, 187,   2010年06月, 査読有り
  • Developing 23 new polymorphic microsatellite markers and simulating parentage assignment in the Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis, Kagayaki Morishima, Hiroshi Yamamoto, Yoshifumi Sawada, Shigeru Miyashita, Keitaro Kato, Molecular Ecology Resources, Molecular Ecology Resources, 9, 3, 790, 792,   2009年, 査読有り
  • Molecular cloning and daily mRNA levels of prolactin and somatolactin in aquacultured Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis), Kohsuke Adachi, Keitaro Kato, Masayoshi Yamamoto, Katsuya Ishimaru, Toru Kobayashi, Osamu Murata, Hidemi Kumai, Aquaculture, Aquaculture, 296, 1-2, 110, 116,   2009年, 査読有り
  • Generation of transgenic medaka expressing claudin7-EGFP for imaging of tight junctions in living medaka embryos, Miyamoto T, Momoi A, Kato K, Kondoh H, Tsukita S, Furuse M, Furutani-Seiki M, Cell Tissue Res., Cell Tissue Res., 335, 2, 465, 471,   2009年, 査読有り
  • Pulsed expression of growth hormone mRNA in the pituitary of juvenile Pacific bluefin tuna under aquacultured conditions, Kohsuke Adachi, Keitaro Kato, Masayoshi Yamamoto, Katsuya Ishimaru, Toru Kobayashi, Osamu Murata, Hidemi Kumai, Aquaculture, Aquaculture, 281, 1-4, 158, 161,   2008年, 査読有り
  • Construction of an expression vector containing a β-actin promoter region for gene transfer by microinjection in red sea bream Pagrus major, Keitaro Kato, Masayoshi Takagi, Yutaka Tamaru, Shin-ichi Akiyama, Takafumi Konishi, Osamu Murata, Hidemi Kumai, Fisheries Science, Fisheries Science, 73, 2, 440, 445,   2007年
  • 飼育下におけるマサバの成長と生殖腺の発達, 熊井 英水, 村田 修, 山本 眞司, 家戸 敬太郎, 宮下 盛, 水産増殖, 水産増殖, 2006, 54, 195, 200,   2006年
  • Application of the Arming System for the Expression of the 380R Antigen from Red Sea Bream Iridovirus (RSIV) on the Surface of Yeast Cells: A First Step for the Development of an Oral Vaccine, Yutaka Tamaru, Masanori Ohtsuka, Keitaro Kato, Sadao Manabe, Kouichi Kuroda, Mitsuaki Sanada, Mitsuyoshi Ueda, Biotechnol. Prog., Biotechnol. Prog., 22, 4, 949, 953,   2006年
  • The histological analysis, colorimetric evaluation, and chemical quantification of melanin content in ‘suntanned’ fish, Kohsuke Adachi, Keitaro Kato, Kazumasa Wakamatsu, Shosuke Ito, Katsuya Ishimaru, Takashi Hirata, Osamu Murata, Hidemi Kumai, Pigment Cell Res., Pigment Cell Res., 18, 465, 468,   2005年
  • 魚類におけるクローン作出技術とその利用, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修, Bio Industry Bio Industry, Bio Industry Bio Industry, 2004, 21, 7, 17,   2004年
  • Ontogeny of digestive and immune system organs of larval and juvenile kelp grouper Epinephelus bruneus reared in the laboratory, K. Kato, K. Ishimaru, Y. Sawada, J. Mutsuro, S. Miyashita, O. Murata, H. Kumai, Fisheries Science, Fisheries Science, 70, 6, 1061, 1069,   2004年
  • Gonadal sex differentiation and sex control in red sea bream, Pagrus major, Fish Physiology and Biochemistry, Fish Physiology and Biochemistry, 28(1-4), 155-156,   2003年
  • Ontogeny of immune system organs in northern bluefin tuna (Thunnus orientalis, Temminck and Schlegel 1844), Aquaculture Research, Aquaculture Research, 34, 13-21,   2003年
  • Gonadal sex differentiation and sex control in red sea bream, Pagrus major, Fish Physiology and Biochemistry, Fish Physiology and Biochemistry, 28(1-4), 155-156,   2003年
  • Production of cloned red sea bream, Pagrus major by chromosome manipulation, Aquaculture, Aquaculture, 207, 1-2, 19, 27,   2002年
  • Induction of all-male groups in red sea bream, Pagrus major, by oral administration of 17α-methyltestosterone, Keitaro KATO, Ritsuko HAYASHI, Toru KASUYA, Shinji YAMAMOTO, Osamu MURATA, Hidemi KUMAI, Suisanzoshoku, Suisanzoshoku, 49, 3, 339, 345,   2001年
  • Viability, growth and external morphology of meiotic- and mitotic-gynogenetic diploids red sea bream, Pagrus major, J. Appl. Ichthyol., J. Appl. Ichthyol., 17, 3, 97, 103,   2001年
  • Growth and morphological development of larval and juvenile Epinephrine bruneus (Perciformes : Serranidae), Ichthyological Research, Ichthyological Research, 46, 3, 245, 257,   1999年
  • Gonadal sex differentiation of red sea bream of a selected strain, Keitaro KATO, Ritsuko HAYASHI, Yutaka ISHITANI, Shinji YAMAMOTO, Shigeru MIYASHITA, Osamu MURATA, Hidemi KUMAI, Suisanzoshoku, Suisanzoshoku, 47, 1, 29, 34,   1999年
  • Development of Digestive system and digestive enzyme activities of larval and juvenile bludfin tuna, ┣DBThunnus thynnus(/)-┫DB, reared in the laboratory, Shigeru MIYASHITA, Keitaro KATO, Yoshifumi SAWADA, Osamu MURATA, Yutaka ISHITANI, Kiyokazu SHIMIZU, Shinji YAMAMOTO, Hidemi KUMAI, Suisanzoshoku, Suisanzoshoku, 46, 1, 111, 120,   1998年
  • Genetic Variability, External Morphology, and Feeting of Selected and Non-selected Strains of Red sea Bream., Keitaro KATO, Osamu MURATA, Takashi NAKAARAI, Toshiro NASU, Shigeru MIYASHITA, Hidemi KUMAI, Suisanzoshoku, Suisanzoshoku, 46, 2, 203, 212,   1998年
  • Selective Breeding for Growth in red sea bream, Fisheries Science, Fisheries Science, 62, 6, 845, 849,   1996年
  • Comparison of growth and chemical composition between diploid and triploid Japanese parrot fish, 42, 3,   1994年
  • Qualitative Water-Soluble Vitamin Requirements of Tiger Puffer, Keitaro Kato, Yasunori Ishibashi, Osamu Murata, Toshiro Nasu, Shizunori Ikeda, Hidemi Kumai, Fisheries Science, Fisheries Science, 60, 5, 589, 596,   1994年
  • Effects of dietary ascorbic acid on tolerance to intermittent hypoxic stress in Japanese parrotfish, Yasunori Ishibashi, Keitaro Kato, Shizunori Ikeda, Osamu Murata, Toshiro Nasu, Hidemi Kumai, Bulletin of the Japanese society of Scientific Fisheries, Bulletin of the Japanese society of Scientific Fisheries, 58, 11, 2147, 2152,   1992年
  • Effect of Dietary ascorbic acid on the Tolerance for Low oxygen stress in fish, Bulletin of the Japanese society of Scientific Fisheries, Bulletin of the Japanese society of Scientific Fisheries, 58, 8, 1555,   1992年

書籍等出版物

  • Advances in Tuna Aquaculture from Hatchery to Market, 共著, Tuna Farming in Japan and Mexico, Elsevier,   2015年12月
  • メジナ 釣る? 科学する?, 家戸敬太郎, 熊井英水, 共著, メジナとイシダイの雑種-幻になった”メジナ”-, 恒星社厚生閣,   2011年07月
  • 食のバイオ計測の最前線―機能解析と安全・安心の計測を目指して―, 家戸 敬太郎, 共著, 完全養殖クロマグロのブランド化とトレーサビリティ手法, シーエムシー出版,   2011年05月
  • 水産物の色素-嗜好性と機能性, 足立亨介, 家戸敬太郎, 共著, 養殖マダイのメラニン-その誘発因子と化学的定量, 恒星社厚生閣,   2008年03月
  • 水産増養殖システム4 アトラス, 恒星社厚生閣,   2007年
  • 水産増養殖システム1 海水魚, 恒星社厚生閣,   2005年
  • 養殖・畜養システムと水管理, 恒星社厚生閣,   2004年
  • 水の特性と新しい利用技術 農業・食品・医療分野への応用, エヌ・ティー・エス,   2004年
  • Aquatic Genomics. Steps toward a great future, Springer-Verlag,   2003年
  • 最新海産魚の養殖, 湊文社,   2000年
  • Advances in Marine Aquaculture,   2000年

講演・口頭発表等

  • マアナゴ天然魚と養殖魚との美味しさの比較, 家戸敬太郎, 尾賀光輔, 竹内芳恵, 森 喜代美, 山田伸一, 升間主計, 平成29年度日本水産学会春季大会,   2017年03月29日
  • Increment of Skeletal Muscle Mass by CRISPR/Cas9 Genome Editing System in Red Sea Bream (Pagrus major), 家戸 敬太郎, Aquaculture Europe 2016,   2016年09月21日
  • ゲノム編集による海水養殖魚の品種改良とその産業化に向けた課題, 家戸敬太郎, 鷲尾洋平, 安齋 賢, 豊田 敦, 吉浦康寿, 黒柳美和, 片山貴士, 今井 正, 瀬水研, 岸本謙太, 村上 悠, 木下政人, 平成28年度日本水産学会秋季大会,   2016年09月09日
  • アナゴ・サクラマス, 家戸 敬太郎, 平成28年度日本水産学会秋季大会水産増殖懇話会第2回講演会「魚類養殖の新たしいビジネスモデル」,   2016年09月08日
  • 海水魚の完全養殖とその産業化, 家戸 敬太郎, 生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー2014,   2014年07月12日, 招待有り
  • 田辺湾養殖漁場の底泥に蓄積する有機物量の増減パターン, 中瀬 玄徳, 江口 充, 家戸 敬太郎, 宮下 盛, 谷口 亮人, 諏訪 剛, 平成24年度日本水産学会春季大会,   2012年03月, 平成24年度日本水産学会春季大会
  • クロマグロ人工種苗生産の産業化, 岡田 貴彦, 倉田 道雄, 高岡 治, 向井 良夫, 田村 利博, 石橋 泰典, 宮下 盛, 澤田 好史, 滝井 健二, 家戸 敬太郎, 村田 修, 熊井 英水, 半澤 淳也, 若杉 金市郎, 日本水産学会 平成22年度日本水産学会 春季大会,   2010年03月, 日本水産学会 平成22年度日本水産学会 春季大会
  • マダイα-アクチン遺伝子3種の発現解析およびプロモーター活性, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修, 木下 政人,   2006年04月
  • 海産魚類の初期胚操作のための技法開発, 小林 徹, 大谷 哲, 家戸 敬太郎, 宮下 盛, 日本水産学会,   2006年04月, 日本水産学会
  • トラフグ種苗生産へのフグ毒(TTX)利用の影響, 熊井 英水, 村田 修, 山本 眞司, 家戸 敬太郎,   2006年03月
  • 低水温飼育によって誘発されるマダイ稚魚の変色, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修, 伊藤 祥輔, 若松, 石丸 克也,   2006年03月
  • 海殖魚プロラクチン、ソマトラクチンの概日発見とその相関, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修, 石丸 克也,   2006年03月
  • マダイ胚cDNAデーターベースの構築とcDNAマイクロアレイの作成, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修, 川路 英哉, 田丸 浩,   2005年12月
  • The Necessity of Disease Management in the Seedling Production of the Marine Finfish, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修,   2005年10月
  • Annottions and expression profiles of 9,408 clones from embryonic cDNA libraries of red sea bream,Pagrus major, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 澤田 好史, 村田 修, 秋山 真一,   2005年06月
  • Expression profile of GH and IGF-I for Pacific biuefin tuna at early phase.-Comparative analyis for the species with variant growth rate, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修, 岡田 貴彦,   2005年06月
  • Development of transgenic technology for red sea bream,, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修, 高木 優喜, 秋山 真一, 田丸 浩,   2005年06月
  • マダイ体表のユーメラニン,フェオメラニンの定量, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修, 石丸 克也, 米島 久司, 若松 一雅, 伊藤, 平田 孝,   2005年04月
  • マダイ胚のDNAライブラリー構築と解析, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 澤田 好史, 村田 修, 秋山 真一, 川路 英哉,   2005年04月
  • マアナゴのレプトケファルスからの飼育, 熊井 英水, 村田 修, 家戸 敬太郎, 宮下 盛, 米島 久司,   2005年04月
  • クロマグロ稚魚の成長ホルモン概日リズムに関する研究, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修,   2005年04月
  • 養成クロマグロの産卵環境と4才魚の生殖線発達, 熊井 英水, 瀬岡 学, 坂本 亘, 家戸 敬太郎, 村田 修, 向井 良夫, 八木 洋樹,   2005年04月
  • マダイにおける初期発生過程, 長谷川 徹, 大谷 哲, 大原 学, 上野 紘一, 家戸 敬太郎, 小林 徹, 日本水産学会,   2005年04月, 日本水産学会
  • 串本および奄美大島におけるクロマグロの産卵, 熊井 英水, 瀬岡 学, 家戸 敬太郎, 村田 修, 宮下 盛, 坂本 亘, 岡田 貴彦, 八木,   2004年04月
  • 奄美大島におけるクロマグロ3才魚の生殖腺の発達, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 瀬岡 学, 村田 修, 宮下 盛, 坂本 亘, 向井 良夫,   2004年04月
  • 海産魚の遺伝子導入用発現ベクターの開発, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修, 田丸 浩,   2003年12月
  • 海産魚の遺伝子導入発現ベクターの開発, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修, 田丸 浩,   2003年11月
  • クエの卵子化および初期飼育に及ぼす水温の影響, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 山田 伸一, 村田 修,   2003年10月
  • Breeding in red sea bream,Pagrus major in Japan Inteanational Marine Biotechnology Conference 2003, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 宮下 盛, 村田 修,   2003年09月
  • Gonadal sex differentation and sex control in red sea bream,Pagrus major 7th International Symposium on Reproductive physiology of Fish, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 宮下 盛, 村田 修,   2003年05月
  • 雌性発生二倍体マダイおよびそれらの子孫性比, 熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修, 宮下 盛,   2002年11月
  • エストラジオール経口投与によるマダイの雌化誘導法の検討, 熊井 英水, 村田 修, 宮下 盛, 家戸 敬太郎,   2002年03月

作品

  • 食資源動物の科学,   1997年 - 2001年
  • Comparison of growth and chemical composition between diploid and triploid in Japanese parrot fish,   1989年 - 1992年
  • 海水養殖魚におけるトランスジェニック技術の開発,   2000年
  • 染色体操作によるクローンマダイの作出,   1998年
  • Production of cloned red sea bream by chromosme manipulation,   1998年
  • マダイの性統御に関する研究,   1997年
  • 選抜育種マダイの性分化過程,   1997年
  • Studies on the Sex Control in Red Sea Bream,   1997年
  • Gonadal sex differentiation of a selected strain of red sea bream,   1997年
  • 選択系と非選択系マダイとの成長,飼料効率などの比較,   1996年
  • Comparison of growth and feed efficiency between selection strain and non-selection strain in red sea bream,   1996年
  • 雌性発生二倍体マダイの作出,   1995年
  • 人工孵化クエ仔稚魚の成長に伴う消化系の発達,   1995年
  • Production of Gynogenetic Diploids of Red Sea Bream,   1995年
  • Development of digestive system and digestive system of larvae and juvenile kelp grouper,   1995年
  • 人工孵化クロマグロ仔稚魚の消化系の発達と消化酵素活性,   1994年
  • Development of digestive system and digestive enzyme activities of larvae and juvenile bluefin tuna,   1994年
  • Population genetic analysis of red sea bream seedling produced by selective breeding,   1994年
  • Suitable Protein and Lipid Levels in Diet-for Fingerlings of Goldstriped Amberjack,   1993年
  • Suitable Protein and Lipid Levels in Diet for Fingerlings of Purplish Amberjack,   1993年
  • Qualitative Requirements of the Tiger Puffer for Water-Soluble Vitamins,   1992年

競争的資金

  • 科学研究費補助金, グロマグロの成熟・産卵に関する研究
  • Grant-in-Aid for Scientific Research, Study on reproduction of bluefin tuna
  • 腸内細菌によるマダイのエドワジェラ症予防, 腸内細菌叢をコントロールすることでマダイのエドワジェラ症を予防する技術を開発する
  • 日長調節による海水養殖魚の成熟抑制に関する研究, 日長調節によってブリやマダイなどの海水養殖魚の成熟を抑制し,養殖生産効率の向上を図る
  • クロマグロの初期発育と種苗生産に関する研究
  • 海水養殖魚の遺伝・育種に関する研究
  • Study on early development and seedling production of bluefin tuna, ┣DBThunnus thynnus(/)-┫DB
  • Study on genetics and breeding of cultured marinfish