KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

角谷 晃司カクタニ コウジ

プロフィール

所属部署名薬学総合研究所
職名教授
学位博士(農学)
専門機能性植物工学
ジャンル医療・健康/漢方・中医学
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/819-kakutani-kouji.html
ホームページURLhttp://www.phar.kindai.ac.jp/planteng/
メールアドレス
Last Updated :2020/09/02

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    付加価値の高い薬用植物の生産技術の開発研究を行っています。特に、資源の枯渇化や栽培が困難な我が国にとって重要な薬用植物をターゲットとしています。

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 環境、天然医薬資源学, 生薬学

研究キーワード

  • 生物環境工学, 植物細胞工学, 生薬学

論文

  • Quantitative analysis of the lifelong production of conidia released from single colonies of Podosphaera xanthii on melon leaves using electrostatic techniques, 48, 3, 297, 307,   2019年05月, 査読有り
  • A Simple Electrostatic Device for Eliminating Tobacco Sidestream Smoke to Prevent Passive Smoking, Yoshinori Matsuda, Koji Kakutani, Teruo Nonomura, Yoshihiro Takikawa, Kiyotsugu Okada, Manabu Shibao, Kazuhiro Miyama, Shinya Yokoo, Shin-ichi Kusakari, Hideyoshi Toyoda, Instrument, Instrument, 2, 13, 1, 10,   2018年06月, 査読有り
  • Electrocution of mosquitoes in a piggery by a novel electrostatic window screen to minimize mosquito transmission of Japanese encephalitis virus, Kakutani K, Matsuda Y, Takikawa Y, Nonomura T, Okada K, Shibao M, Kusakari S, Miyama K, Toyoda H, International Journal of Scientific Research, International Journal of Scientific Research, 7, 5, 47, 50,   2018年05月, 査読有り
  • Selective electrostatic eradication of Sitophilus oryzae nesting in stored rice., Yoshinori Matsuda, Yoshihiro Takikawa, Teruo Nonomura, Koji Kakutani, Kiyotsugu Okada, Manabu Shibao, Shin-ichi Kusakari, Kazuhiro Miyama, Hideyoshi Toyoda, Journal of Food Technology and Preservation, Journal of Food Technology and Preservation, 2, 1, 15, 20,   2018年04月, 査読有り
  • Successful single-truss cropping cultivation of healthy tomato seedlings raised in an electrostatically guarded nursery cabinet with non-chemical control of whiteflies., Kakutani K, Matsuda Y, Nonomura T, Takikawa Y, Okada K, Shibao M, Kusakari S, Toyoda H, Global Journal of Pests, Diseases and Crop Protection, Global Journal of Pests, Diseases and Crop Protection, 5, 4, 269, 275,   2017年07月, 査読有り
  • An electrostatic-barrier-forming window that captures airborne pollen grains to prevent pollinosis, Takikawa Y, Matsuda Y, Nonomura T, Kakutani K, Kusakari S, Toyoda H, International Journal of Environmental Research and Public Health, International Journal of Environmental Research and Public Health, 14, 82, 1, 5,   2017年02月, 査読有り
  • Electrostatic elimination of fine smoke particles by a newly devised air purification screen, Takikawa Y, Matsuda Y, Nonomura T, Kakutani K, Kusakari S, Toyoda H, International Journal of Scientific Research in Agricultural Sciences, International Journal of Scientific Research in Agricultural Sciences, 5, 1, 17, 21,   2017年02月, 査読有り
  • Elimination of whiteflies colonising greenhouse tomato plants using an electrostatic flying insect catcher., Takikawa Y, Matsuda Y, Nonomura T, Kakutani K, Okada K, Shibao M, Kusakari S, Toyoda H, International Journal of Current Advanced Research, International Journal of Current Advanced Research, 6, 8, 5517, 5521,   2017年, 査読有り
  • An electrostatic nursery shelter for raising pest and pathogen free tomato seedlings in an open-window greenhouse environment, Takikawa Y, Matsuda Y, Nonomura T, Kakutani K, Okada K, Morikawa S, Shibao M, Kusakari S, Toyoda H, Journal of Agricultural Science, Journal of Agricultural Science, 8, 13, 25,   2016年, 査読有り
  • rDNA ITS 領域の塩基配列による Salacia chinensis の鑑別, 中村恭子, 赤木淳二, 石伏史明, 谷 恭輔, 森川敏生, Pongpiriyadacha Yutana, 村岡 修, 早川堯夫, 角谷晃司, 生薬学雑誌, 生薬学雑誌, 69, 2, 53, 58,   2015年08月20日, 査読有り
  • 大和シャクヤクの休眠打破と人工栽培に関する研究, 中村恭子, 大野加奈, 森健太郎, 瀧川義浩, 角谷晃司, 薬用植物研究, 薬用植物研究, 37, 1, 22, 28,   2015年06月18日, 査読有り
  • Development of an electrostatic trap with an insect discharge recorder for multiple real-time monitoring of pests prowling in a warehouse, Takikawa Y, Matsuda Y, Nonomura T, Kakutani K, Kusakari S, Toyoda H, International Journal of Advance Agricultural Research, International Journal of Advance Agricultural Research, 3, 55, 63,   2015年, 査読有り
  • Prevention of whitefly entry from a greenhouse entrance by furnishing an airflow-oriented pre-entrance room guarded with electric field screens, 野々村照雄, 松田克礼, 角谷晃司, 瀧川義浩, 金原淳司, 納村和美, 草刈眞一, 豊田秀吉, Journal of Agricultural Science, Journal of Agricultural Science, 6, 172, 184,   2014年11月, 査読有り
  • Successional changes in powdery mildew pathogens prevailing in common and wild tomato plants rotation-cultivated in a greenhouse, T. Nonomura, Y. Matsuda, Y. Takikawa, K. Kakutani, H. Toyoda, 関西病虫研報, 関西病虫研報, 56, 17, 20,   2014年, 査読有り
  • 近畿大学農学部実験温室におけるトマト黄化葉巻病の発生とタバココナジラミバイオタイプの検定, 松田克礼, 瀬戸本真実, 吉本尚民, 野々村照雄, 角谷晃司, 瀧川義浩, 豊田秀吉, 近畿大学農学部紀要, 近畿大学農学部紀要, 46, 55, 58,   2013年
  • Practical Application of an Electric Field Screen to an Exclusion of Flying Insect Pests and Airborne Fungal Conidia from Greenhouses with a Good Air Penetration, Kakutani K, Matsuda Y, Nonomura T, Kimbara J, Kusakari S, Toyoda H, Journal of Agricultural Science, Journal of Agricultural Science, 4, 51, 60,   2012年, 査読有り
  • Pests and Airborne Fungal Conidia from Greenhouses with a Good Air Penetration., Kusakari S, Toyoda H, Eur. J. Plant Pathol., Eur. J. Plant Pathol., 134, 661, 670,   2012年, 査読有り
  • of their negative charge, Osamura K, Toyoda H, Journal of Agricultural Science, Journal of Agricultural Science, 4, 51, 60,   2012年, 査読有り
  • An Electric Field Screen can Create Pest-free Space with Better Air Penetration in Open-window Greenhouses, An Electric Field, Screen can Create Pest-free Space with Better Air Penetration in, Open-window Greenhouses, Acta Horticulturae, Acta Horticulturae, 952, 559, 566,   2012年, 査読有り
  • 野生種トマトの栽培とアンチエイジング物質の抽出に関する基礎的研究, 瀧川 義浩, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 16, 7, 18,   2011年
  • Direct RT-PCR amplification of mature mRNA in cytoplasm micropipetted from barley coleoptile epidermal cell ? A model system for analyzing gene expression in host cells attacked by powdery., 豊田 秀吉, 松田 克礼, 角谷 晃司, 近畿大学農学部紀要, 近畿大学農学部紀要, 36, 9, 18,   2005年03月
    概要:本実験では、顕微鏡下で標的とした単一細胞からマイクロピペットを用いて細胞内容物を吸引し、そこに存在するmRNAを鋳型とした単一細胞RT-PCR法を適用することとした。病原菌の感染によって発現が誘導される遺伝子(CHI2、GLUなど)を検索した。誘導型遺伝子の発現を厳密に評価するため、RT-PCRを行う際に、先の構成的発現遺伝子を増幅するプライマーを混合し、指標遺伝子として同時に増幅することにより、誘導型遺伝子の発現検出を行った。その結果、病原菌の感染を受けていない細胞およびその感染を受けている両者の細胞において指標とした構成的発現遺伝子は検出された。誘導型遺伝子として使用したCHI2遺伝子およびGLU遺伝子は病原菌の感染を受けていない細胞においてその発現が検出され、うどんこ病菌の感染過程において抑制される傾向にあった。
  • トマトうどんこ病ー動的解析法とその有効防除の確立をめざして 植物病の探究 In Pursuit of the Essence of Plant Pathogenesis, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 「植物病の探究」出版会, 「植物病の探究」出版会,   2004年
  • 異なる支持体を用いたカンゾウの水耕栽培によるグリチルリチン生産, 角谷 晃司, 薬学総合研究所紀要, 薬学総合研究所紀要, 12, 133, 138,   2003年03月
  • 甘草(Glycyrrhiza glabra L.)のグルクロン酸転移酵素遺伝子の解析, 角谷 晃司, 薬学総合研究所紀要, 薬学総合研究所紀要, 11, 105, 110,   2003年03月
    概要:ディデネレートプライマーを利用したRT.PCR法により、甘草根のtotal RNAから糖転移酵素遺伝子を増幅した。この遺伝子はエンドウのグルクルタン酸転移酵素遺伝子と高い相同性が示され、甘草のグリチルチリン生合成に関与する糖転移酵素遺伝子であると示唆された。
  • Direct RT-PCR amplification of mature mRNAs in single trichome cells of plant leaves, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, Recent Res. Devel. Cell Biol Recent Res. Devel. Cell Biol, Recent Res. Devel. Cell Biol Recent Res. Devel. Cell Biol,   2003年, 査読有り
  • Rapid Detection of Chitosanase Activity in Chitosanase Gene-Transformed Strain of Enterobacter cloacae by Lytic Infection of Specific Bacteriophages, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, J. Gen. Plant Pathol, J. Gen. Plant Pathol, 69, 131, 137,   2003年, 査読有り
  • Infectivity of a Japanese isolate of Oidium neolycopersici KTP-01 to a European tomato cultivar resistant to O. lycopersici., 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 大阪府環境農林水産総合研究所, J. Gen. Plant Pathol, J. Gen. Plant Pathol, 69, 406, 408,   2003年, 査読有り
  • Efficient Release of Overproduced Gene Products from Escherichia coli BL21(DE3) by Lytic Infection with Newly Isolated Bacteriophages, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, Biosci. Biotech. Biochem., Biosci. Biotech. Biochem., 67, 1, 198, 202,   2003年01月, 査読有り
  • 甘草のバイオテクノロジー, 角谷 晃司, KAMPO EYES KAMPO EYES, KAMPO EYES KAMPO EYES, 3, 4,   2002年09月
    概要:カンゾウ培養苗を用いた人工栽培によるグリチルリチン生産と、RAPD分析法によるカンゾウ種の簡易識別法について解説した。
  • アグロバクテリウム法を用いたシナカンゾウ(Glycyrrhiza echinata)の効率的な形質転換, 角谷 晃司, 近畿大学薬学総合研究所, 竹田薬品工, 竹田薬品工, 薬学総合研究所紀要, 薬学総合研究所紀要, 10, 47, 53,   2002年
  • カンゾウ属植物の Random Amplified Polymorphic DNA (RAPD) 分析による分類 特に Glycyrrhiza glabra L. と G. uralensis Fischer の識別, 角谷 晃司, 友田勝巳, 尾崎和男, 芝野真喜雄, 草野源次, Natural Medicines, Natural Medicines, 55, 6, 287, 293,   2001年, 査読有り
    概要:RAPD 分析により 5 種のカンゾウ属植物の分類を行うことができた。 さらに、 G. glabra と G. uralensis において特異的な PCR 増幅断片が得られ、 その塩基配列をもとに作製 RAPD マーカーは、 両者を効率的に識別することができた。
  • カンゾウ属植物の Random Amplified Polymorphic DNA (RAPD) 分析による分類 特に、 Glycyrrhiza glabra 種と G. uralensis 種の識別, 角谷 晃司, 友田勝巳, 薬学総合研究所紀要, 薬学総合研究所紀要, 9, 95, 102,   2001年01月
    概要:RAPD 分析により 5 種の異なる甘草を分類することが可能になった。 さらに、 本分析法により得られた種特異的断片の塩基配列より、 これまで識別が困難であった G. glabra 種と G. uralensis 種を区別できる RAPD マーカーを作製することができた。
  • Effects of light quality on conidiophore formation of the melon powdery mildew pathogen Podosphaera xanthii, Tomoko Suzuki, Shougo Nishimura, Kazuhiro Yagi, Ryousuke Nakamura, Yoshihiro Takikawa, Yoshinori Matsuda, Koji Kakutani, Teruo Nonomura, Phytoparasitica, Phytoparasitica, 46, 1, 31, 43,   2018年02月01日
    概要:© 2017, Springer Science+Business Media B.V., part of Springer Nature. The lengths of conidiophores in fungal colonies of the melon powdery mildew pathogen Podosphaera xanthii Pollacci KMP-6 N cultured under greenhouse (natural) conditions differed markedly from those cultured in a growth chamber. We hypothesized that light wavelength was responsible for the differences in conidiophore length. In this study, we examined the effects of light-emitting diode (LED) irradiation (purple, blue, green, orange, and red light) and white light on colony development and conidiophore formation in KMP-6 N using a stereomicroscope and a high-fidelity digital microscope. Colonies on leaves were flat under greenhouse conditions and under red LED light irradiation but were stacked under growth chamber conditions and under purple, blue, green, and orange LED light irradiation. In addition, KMP-6 N formed catenated conidia comprising six conidia per conidiophore under greenhouse conditions and red light but more than seven conidia per conidiophore under growth chamber conditions and purple, blue, green, and orange light. Furthermore, almost none of the conidia on top of the conidiophores grown under blue light were fully constricted. Therefore, these fungi could not scatter their conidia and spread infection. This is the first report of the effects of LED lights on conidiophore formation in the melon powdery mildew fungus P. xanthii. The results provide insight into the mechanisms underlying the responses of conidiophores to light of specific wavelengths and conidial scatter from conidiophores of melon powdery mildew fungi.
  • Trichomes: interaction sites of tomato leaves with biotrophic powdery mildew pathogens, Tomoko Suzuki, Tomoe Murakami, Yoshihiro Takizumi, Hiroyuki Ishimaru, Daiki Kudo, Yoshihiro Takikawa, Yoshinori Matsuda, Koji Kakutani, Yuling Bai, Teruo Nonomura, European Journal of Plant Pathology, European Journal of Plant Pathology, 150, 1, 115, 125,   2018年01月01日
    概要:© 2017, Koninklijke Nederlandse Planteziektenkundige Vereniging. The present study aimed to explore the possibility of using the type I trichomes of tomato (Solanum lycopersicum) to monitor the infection processes of powdery mildews by microscopy. Individual trichome cells of two tomato genotypes were inoculated with pathogenic and non-pathogenic powdery mildew species, Pseudoidium neolycopersici, Erysiphe trifoliorum and Podosphaera xanthii. On the trichome cells of the tomato cultivar Moneymaker, hyphae of the pathogenic Pseudoidium neolycopersici (isolates KTP-03 and KTP-04) grew vigorously; whereas hyphal growth of the non-pathogenic Erysiphe trifoliorum and Podosphaera xanthii ceased after appressorium formation, which was associated with papilla formation and hypersensitive cell death, respectively. Similar infection processes of the tested powdery mildews were seen in Moneymaker epidermal cells. Therefore, tomato trichomes are suitable for analysing, at individual cell level, the infection processes of different pathotypes of powdery mildews and for observing the cytological responses of plants by non-pathogenic powdery mildews. On the other hand, it was observed that both isolates KTP-03 and KTP-04 failed to produce conidiophores on the hyphae elongating on Moneymaker trichomes. Similarly, no conidiophores were produced on the hyphae elongating on trichomes of Solanum peruvianum LA2172, which is resistant to KTP-03 and susceptible to KTP-04. Interestingly, delayed cell death occurred in LA2172 epidermal cells, which were attacked by KTP-03 hyphae elongating from trichomes and conidiophores were formed on new hyphae growing from the leaf epidermal cells. Thus, leaf trichomes and epidermal cells of the wild tomato species LA2172 reacted differently to the avirulent isolate KTP-03.
  • An electrostatic-barrier-forming window that captures airborne pollen grains to prevent pollinosis, Yoshihiro Takikawa, Yoshinori Matsuda, Teruo Nonomura, Koji Kakutani, Shin Ichi Kusakari, Hideyoshi Toyoda, International Journal of Environmental Research and Public Health, International Journal of Environmental Research and Public Health, 14, 1,   2017年01月15日
    概要:© 2017 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland. An electrostatic-barrier-forming window (EBW) was devised to capture airborne pollen, which can cause allergic pollinosis. The EBW consisted of three layers of insulated conductor wires (ICWs) and two voltage generators that supplied negative charges to the two outer ICW layers and a positive charge to the middle ICW layer. The ICWs generated an attractive force that captured pollen of the Japanese cedar, Cryptomeria japonica, from air blown through the EBW. The attractive force was directly proportional to the applied voltage. At ≥3.5 kV, the EBW exerted sufficient force to capture all pollen carried at an air flow of 3 m/s, and pollen-free air passed through the EBW. The findings demonstrated that the electrostatic barrier that formed inside the EBW was very effective at capturing airborne pollen; thus, it could allow a home to remain pollen-free and healthy despite continuous pollen exposure.
  • Defence responses of Aphanoregma patens (Hedw.) Lindb. to inoculation with Pythium aphanidermatum (vol 37, pg 1, 2015), Takikawa Yoshihiro, Kida Satomi, Asayama Fuji, Nonomura Teruo, Matsuda Yoshinori, Kakutani Koji, Toyoda Hideyoshi, JOURNAL OF BRYOLOGY, JOURNAL OF BRYOLOGY, 37, 3, 250, 250,   2015年09月, 査読有り
  • Digital microscopic analysis of conidiogenesis of powdery mildew pathogens isolates from melon leaves, Takikawa Yoshihiro, Nonomura Teruo, Miyamoto Shouta, Okamoto Naoki, Murakami Tomoe, Matsuda Yoshinori, Kakutani Koji, Kusakari Shin-ichi, Toyoda Hideyoshi, Phytoparasitica, Phytoparasitica, 43, 4, 517, 530,   2015年09月, 査読有り
  • Electrostatic insect sweeper for eliminating whiteflies colonizing host plants: A complementary pest control device in an electric field screen-guarded greenhouse, Takikawa Y, Matsuda Y, Kakutani K, Nonomura T, Kusakari S, Okada K, Kimbara J, Osamura K, Toyoda H, Insects, Insects, 6, 2, 442, 454,   2015年05月12日, 査読有り
  • Defence responses of Aphanoregma patens (Hedw.) Lindb. to inoculation with Pythium aphanidermatum., Y. Takikawa, S. Kida, F. Asayama, T. Nonomura, Y. Matsuda, K. Kakutani, H. Toyoda, Journal of Bryology,, Journal of Bryology,, 37, 1, 1, 7,   2015年03月, 査読有り
  • Avoidance of an electric field by insects: Fundamental biological phenomenon for an electrostatic pest-exclusion strategy., Y Matsuda, T Nonomura, K Kakutani, J Kimbara, K Osamura, S Kusakari, H Toyoda, Journal of Physics: Conference Series, Journal of Physics: Conference Series, 646, 12003,   2015年, 査読有り
  • Safe housing ensured by an electric field screen that excludes insect-net permeating haematophagous mosquitoes carrying human pathogens, Matsuda Y, Kakutani K, Nonomura T, Kimbara J, Osamura K, Kusakari S, Toyoda H, Journal of Physics: Conference Series, Journal of Physics: Conference Series, 646, 12002,   2015年, 査読有り
  • The isolation and identification of a light-induced protein in alfalfa sprouts and the cloning of its specific promoter., X. Su, W. Xu, X. Liu, R. Zhuo, C. Wang, X. Zhang, K. Kakutani, S. You, Gene, Gene, 520, 2, 139, 147,   2013年05月, 査読有り
  • Natural woody plant, Mallotus japonicus, as an ecological partner to transfer different pathotypic conidia of Oidium neolycopersici to greenhouse tomatoes, T. Nonomura, Y. Matsuda, S. Yamashita, H. Akahoshi, Y. Takikawa, K. Kakutani, H. Toyoda, Plant Protection Science, Plant Protection Science, 49, S33, S40,   2013年, 査読有り
  • Tryptophan synthesis block-associated sugar response, a physiological marker for rapid selection of Arabidopsis thaliana transformants, marked with feedback-inhibition-insensitive anthranilate synthase gene., 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, Plant Breeding, Plant Breeding, 128, 3, 282, 289,   2009年06月, 査読有り
  • Collection of highly germinative pseudochain conidia of Oidium neolycopersici from conidiophores by electrostatic, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 豊田 秀吉, Mycological Research, Mycological Research, 113, 3, 364, 372,   2009年03月, 査読有り
  • Trichome exudates of Lycopersicon pennellii form a chemical barrier to suppress leaf-surface germination of Oidium neolycopersici conidia, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 瀧川 義浩, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, Plant Science, Plant Science, 176, 1, 31, 37,   2009年01月, 査読有り
  • Physical control of Powdery mildew (Oidium neolycopersici)on tomato leaves by exposure to corona discharge., 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 瀧川 義浩, 豊田 秀吉, Can. J. Plant Pathol, Can. J. Plant Pathol, 30, 4, 517, 524,   2008年10月, 査読有り
  • Antioxidant constituents in the dayflower (Commelina communis L.) and their a-glucosidase-inhibitory activity, 角谷 晃司, J. Nat. Med, J. Nat. Med, 62, 3, 349, 353,   2008年07月, 査読有り
  • Identification of DNA polymorphisms in Angelica acutiloba, 角谷 晃司, Plant Biotechnology, Plant Biotechnology, 25, 2, 157, 163,   2008年, 査読有り
  • Consecutive monitoring for conidiogenesis by Oidium neolycopersici on tomato leaves with a high-fidelity digital microscope, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 大阪府環境農林水産総合研究所, Journal of General Plant Pathology Journal of General Plant Pathology, Journal of General Plant Pathology Journal of General Plant Pathology, 70, 6, 329, 332,   2004年12月, 査読有り
  • Cytological events in tomato leaves inoculated with conidia of Blumeria graminis f. sp. hordei and Oidium neolycopersici KTP-01, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 大阪府環境農林水産総合研究所, Journal of General Plant Pathology Journal of General Plant Pathology, Journal of General Plant Pathology Journal of General Plant Pathology, 70, 1, 7, 10,   2004年02月, 査読有り

書籍等出版物

  • An illustrated Manual of Electric Field Screens-Their Structures and Functions, 角谷 晃司, 共著, 静電場スクリーン研究会,   2019年03月
  • 図解 静電場スクリーン その構造と機能, 角谷 晃司, 共著, 静電場スクリーン研究会,   2019年01月
  • 薬用食品の開発Ⅱ(普及版)‐薬用・有用植物の機能性食品素材への応用‐, 角谷 晃司, 共著, シーエムシー出版,   2018年11月
  • 大地からの贈り物 サラシア, 角谷 晃司, 分担執筆, 種の分類, サラシア属植物普及協会,   2018年02月
  • 目で見る静電場スクリーンの構造と機能, 豊田秀吉, 松田克礼, 野々村照雄, 角谷晃司, 共編者(共編著者), 静電場スクリーン研究会,   2017年
  • Principles and applications of Electric Field Screens, Toyoda H, Y. Matsuda, Kusakari S, Nonomura T, Kakutani K, Takikawa Y, Research Association of Electric Field Screens,   2015年
  • 植物工場生産システムと流通技術の最前線, 角谷 晃司, 共著, 植物工場における薬用植物の栽培・生産技術, エヌ・ティー・エス,   2013年04月
  • 薬用食品の開発Ⅱ‐薬用・有用植物の機能性食品素材への応用‐, 角谷 晃司, 共著, 冬虫夏草の人工培養とアンチエイジング作用, シーエムシー出版,   2012年04月
  • 新農業環境工学, 角谷 晃司, 共著, 植物を利用した有用物質の生産2.製薬産業などへの展開, 養賢堂,   2004年09月
  • 植物病の探究, 角谷 晃司, 共著, トマトうどんこ病ー動的解析法とその有効防除の確立をめざして, 「植物病の探究」出版会,   2004年09月
  • Direct RT-PCR amplification of mature mRNAs in single trichome cells of plant leaves, 共著, Recent Res. Devel. Cell Bio,   2003年

講演・口頭発表等

  • 各種糖及び人工甘味料の摂食がショウジョウバエの 寿命に与える影響, 中野 千鶴, 天野 耕政, 角谷 晃司, 日本薬学会第139年会,   2019年03月21日
  • サフラン(Crocus sativus)の人工栽培に関する研究, 角谷 晃司, 日本生薬学会第65回年会(広島),   2018年09月16日
  • 各種人工栽培法によるサフラン球根の生産, 角谷晃司, 森健太郎, 第36回日本植物細胞分子生物学会(金沢)大会,   2018年08月26日
  • 植物工場における薬用植物など機能性植物の栽培・生産の展望, 角谷 晃司, 技術情報センター,   2018年06月27日, 招待有り
  • サフラン雌蕊抽出成分と2単糖類のαグルコシダーゼ阻害効果, 角谷晃司, 角谷晃司, 河村夏季, 香川真由美, 中村恭子, 日本薬学会138年会,   2018年03月27日
  • トガリスズメバチタケ(Ophiocordyceps oxycephala)の菌糸体から得た分泌成分の研究につ いて, 吉田真梨奈, 角谷晃司, 第67回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2017年10月14日
  • 組換えZeaxanthin cleavage dioxygenase(ZCD)を用いたcrocetin 生産法の開発, 香川真由美, 角谷晃司, 第67回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2017年10月14日
  • 蟾酥成分がショウジョウバエの寿命に与える影響, 中村恭子, 津川 舜, 清水康晴, 角谷晃司, 日本生薬学会第63回年会,   2016年09月, 日本生薬学会第63回年会
  • Crocetin生産を目的としたZCD遺伝子の活用, 香川真由美, 古川明典, 市川智康, 阿野友里, 岡部真依, 森井由梨, 角谷晃司, 日本生薬学会第63回年会,   2016年09月, 日本生薬学会第63回年会
  • トガリスズメバチタケ(Ophiocordyceps oxycephala)が生産するトリプシン様プロテアーゼの諸性質について, 吉田真梨奈, 角谷晃司, 日本生薬学会第63回年会,   2016年09月, 日本生薬学会第63回年会
  • ゼアキサンチン高含量素材を用いた組換えZCDによるcrocetin産生, 市川智康, 古川明典, 阿野友里, 香川真由美, 森井由梨, 角谷晃司, 第34回日本植物細胞分子生物学会大会,   2016年09月, 第34回日本植物細胞分子生物学会大会
  • Insect-mediated model system for screening antiaging substances: Prolonged life span of vinegar fly Drosophila melanogaster by the uptake of plant- and animal?originated Na/K-ATPase inhibitors, Koji Kakutani, Interuniversity Workshop on Biological Responses to External Stimuli,   2015年12月, Interuniversity Workshop on Biological Responses to External Stimuli
  • サフラン柱頭様組織の分化とクロシン産生, 角谷晃司, 森健太郎, 石川理英, 安尾みなみ, 古川明典, 中村恭子, 福田浩三, 日本生薬学会第62年会,   2015年09月, 日本生薬学会第62年会
  • 植物工場に利用できる機能性および薬用植物の栽培・生産技術, 角谷晃司, 最新研究から見る完全制御型植物工場における新しい植栽植物の可能,   2015年08月, 情報機構
  • 植物工場における薬用植物栽培の可能性, 角谷晃司, 平成26年度 「第2回 植物工場研究会」,   2015年01月, 新潟県工業技術総合研究所
  • A field investigation of the bryophyte distribution in the mountainous campus of Kinki University: Collection and cytological observation of liverworts as a potential source of nutraceuticals, 瀧川 義浩, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, MOSS 2011, The 14th annual international conference,   2011年09月, MOSS 2011, The 14th annual international conference
  • The flat liverwort thallus surface is the site of interactions with falling airborne fungal spores: Specification of conidial germination by powdery mildew on a thalloid surface, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, MOSS 2011, The 14th annual international conference,   2011年09月, MOSS 2011, The 14th annual international conference
  • Leaf surface of the moss is the site for trapping airborne fungal spores as nutritional targets, 瀧川 義浩, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, MOSS 2011, The 14th annual international conference,   2011年09月, MOSS 2011, The 14th annual international conference
  • ショウジョウバエを用いた各種ポリフェノール化合物の抗加齢効果の検討, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 早川 堯夫, 近畿大学大学院農学研究科, 第59回日本薬学会近畿支部例会,   2009年10月, 第59回日本薬学会近畿支部例会
  • トマトに含まれるポリフェノール類の動物培養細胞に及ぼす影響, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 早川 堯夫, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 第59回日本薬学会近畿支部例会,   2009年10月, 第59回日本薬学会近畿支部例会
  • 各種エリシター処理によるResveratrol生合成関連遺伝子の発現解析, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 早川 堯夫, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 日本農芸化学会2009年度大会,   2009年03月, 日本農芸化学会2009年度大会
  • 既知ポリフェノール類のSIRT1活性促進効果, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 早川 堯夫, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 日本薬学会129年会,   2009年03月, 日本薬学会129年会
  • タバココナジラミ(バイオタイプQ)を用いた寿命検定法の開発, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 日本農芸化学会2009年度大会,   2009年, 日本農芸化学会2009年度大会
  • 大和シャクヤクの生長点培養における褐変化の抑制, 角谷 晃司, 近畿大学薬学総合研究所, 福田商店, 第26回日本植物細胞分子生物学会大会,   2008年09月, 第26回日本植物細胞分子生物学会大会
  • 大和シャクヤクの生長点培養, 角谷 晃司, 近畿大学薬学総合研究所, 福田商店, 日本生薬学会第54回年会,   2008年09月, 日本生薬学会第54回年会
  • 組織培養のおける大和シャクヤクの生長点組織の褐変化抑制, 角谷 晃司, 近畿大学薬学総合研究所, 福田商店, 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年03月, 日本農芸化学会2008年度大会
  • 冬虫夏草(Cordyceps sinensis)菌糸の分離と培養条件の検討, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 森川 敏生, 二宮 清文, 村岡 修, 掛樋 一晃, 薬学部, 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年, 日本農芸化学会2008年度大会
  • RAPD分析による大和トウキと北海トウキの識別, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 福田商店, 福田商店, 日本生薬学会第53回年会,   2007年09月, 日本生薬学会第53回年会
  • Resveratrol合成関連酵素を利用したResvertarolおよびその前駆体4-coumaroyl CoAの生合成, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 近畿大学大学院農学研究科, 日本生薬学会第54回年会,   2007年09月, 日本生薬学会第54回年会
  • わが国に自生するツユクサの遺伝子多型解析-オオボウシバナの識別, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 第24回日本植物細胞分子生物学会(つくば)大会,   2007年07月, 第24回日本植物細胞分子生物学会(つくば)大会
  • トウキ・シャクヤクの遺伝子多型の解析, 角谷 晃司, 第24回日本植物細胞分子生物学会(つくば)大会,   2007年07月, 第24回日本植物細胞分子生物学会(つくば)大会
  • 腫瘍細胞表面で発現するCD98hc抗原領域の探索, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 瀧川 義浩, 益子 高, 近畿大学大学院農学研究科, 2007年度日本農芸化学会大会,   2007年03月, 2007年度日本農芸化学会大会
  • 酵母細胞膜表面で固定化したResvertrol合成関連酵素による、 Resvertrolおよびその前駆体4-coumaroyl CoAの生合成, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 2007年度日本農芸化学会大会,   2007年03月, 2007年度日本農芸化学会大会
  • アルギニントランスポーターを利用した出芽酵母細胞膜上における固定化酵素の作出, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 第126回日本薬学会年会,   2007年03月, 第126回日本薬学会年会
  • 高解像能デジタルマイクロスコープによるトマトうどんこ病菌分生胞子発芽の連続観察, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 大阪府立農林技術センター, 平成17 年度日本植物病理学会大会,   2006年03月, 平成17 年度日本植物病理学会大会
  • オムギうどんこ病菌による子葉鞘細胞において傷害刺激で誘導されるキチナーゼ遺伝子の能動的抑制, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 平成17 年度日本植物病理学会大会,   2006年03月, 平成17 年度日本植物病理学会大会
  • エンド型およびエキソ型ポリガラクツロナーゼ遺伝子の塩基置換を利用したトマト根腐萎凋病菌菌株間での識別マーカーの開発, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 平成17 年度日本植物病理学会大会,   2006年03月, 平成17 年度日本植物病理学会大会
  • Production of wholesome plants by introduction of genes for tumor-specific protein (CD98),, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, XVII Interntional Botanical Congress,   2005年06月, XVII Interntional Botanical Congress
  • ミヤコグサ(Lotus japonicus)におけるトランスポーター遺伝子の発現解析, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 第45回日本植物生理学会年会,   2004年08月, 第45回日本植物生理学会年会
  • ミヤコグサにおけるトランスポーター遺伝子の発現解析, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 益子 高, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, かずさDNA研, かずさDNA研, 日本農芸化学学会平成15年度大会,   2004年08月, 日本農芸化学学会平成15年度大会
  • トマト栽培品種における迅速かつ効率的な再分化条件の確立, 角谷 晃司, 第22回日本植物細胞分子生物学会,   2004年08月, 第22回日本植物細胞分子生物学会
  • ミヤコグサにおける硝酸およびアミノ酸トランスポーター遺伝子の発現解析, 角谷 晃司, 第22回日本植物細胞分子生物学会,   2004年08月, 第22回日本植物細胞分子生物学会
  • キチン質分解性微生物を利用したトマトうどんこ病および灰色かび病の生物防除?キチン質分解性細菌Alcaligenes paradoxus KPM.012A を利用した食葉性害虫ニュジュウヤホシテントウの生物防除, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 藤原圭一, 野々村 照雄, 桜谷保之, 角谷 晃司, 大津康成, 土佐幸雄, 眞山滋志, 平成15 年度日本植物病理学会関西部会(奈良),   2003年10月, 平成15 年度日本植物病理学会関西部会(奈良)
    概要:本実験では、トマトから葉圏に生息するキチナーゼ生産性細菌を分離し、ニジュウヤホシテントウの生物防除を試みた。まず、最も高いキチン分解活性を示す細菌KPM.012A を中腸ペリトロフィック膜に処理したところ、キチナーゼによる分解が確認された。
  • キチン質分解性微生物を利用したトマトうどんこ病および灰色かび病の生物防除?キチン質分解性細菌Pseudomonas fluoresc KPM.018P を利用した食葉性害虫ニュジュウヤホシテントウの生物防除, 豊田 秀吉, 藤原圭一, 松田 克礼, 野々村 照雄, 桜谷保之, 角谷 晃司, 大津康成, 土佐幸雄, 眞山滋志, 平成15 年度日本植物病理学会関西支部(奈良),   2003年10月, 平成15 年度日本植物病理学会関西支部(奈良)
    概要:本実験では、トマト葉圏から幼虫に対して食害抑制効果を示す細菌の分離を試み、生物防除資材への適用を検討した。トマト葉圏から分離された細菌を幼虫の経口から直接導入し、一定期間トマト葉を摂食させることにより食害抑制効果を示す細菌の選抜を行った。
  • キチン質分解性微生物を利用したトマトうどんこ病および灰色かび病の生物防除?キチン質分解性細菌Pseudomonas fluorescens KPM.018P の植物葉面定着性の検討, 豊田 秀吉, 東希望, 松田 克礼, 藤原圭一, 野々村 照雄, 澤邊 昭義, 角谷 晃司, 大津康成, 土佐幸雄, 眞山滋志, 平成15 年度日本植物病理学会関西支部(奈良),   2003年10月, 平成15 年度日本植物病理学会関西支部(奈良)
    概要:本実験では、KPM.18P の特性を調査し、さらに定着能力を強化することとした。一般に高度葉面定着を示す細菌は生物界面活性剤を生産することが報告されていることから、本細菌の生物界面活性剤生産能について検討した。
  • ガン細胞特異タンパク質CD98遺伝子を導入した機能性農作物の作出, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 森浦展行, 岩崎健太, 畑太一, 益子 高, 日本植物生理学会2003年度年会(大阪),   2003年03月, 日本植物生理学会2003年度年会(大阪)
    概要:ガン細胞特異タンパク質であるCD98の遺伝子をミヤコグサに導入し、その遺伝子の発現とタンパク質の翻訳について報告した。これらの植物はガン予防を目的とした経口ワクチンとしての利用が示唆された。
  • Microinjection-in situ PCR(MI.PCR)によるオオムギ子葉鞘単一細胞からの遺伝子クローニング(?)細胞内吸引法を利用した遺伝子発現の特異的検出, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 鮫島武, 和夛泉季, 野々村 照雄, 藤田和久, 角谷 晃司, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京),   2003年03月, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京)
    概要:オオムギうどんこ病菌の感染を受けた子葉鞘細胞およびその隣接細胞に単一細胞RT.PCR法を適用し、感染特異的に発現する遺伝子の解析を進めている。本研究では、単一細胞から細胞内容物を吸引し、そこに存在するmRNAを鋳型としたRT.PCRを試みた。
  • 5.フルオロインドール(5.FI)によるフザリウム病菌の抑制と5.FI耐性植物の作出(?)シロイヌナズナ由来アントラニル酸合成酵素変異遺伝子(masa遺伝子)のクローニング, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 福元健志, 松田 克礼, 小牧伸一郎, 角谷 晃司, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京),   2003年03月, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京)
    概要:5.フルオロインドール(5.FI)耐性植物の作出を目的として、シロイヌナズナ(品種コロンビア)からアントラニル酸合成酵素遺伝子をクローニングした後、フィードバック阻害を受けない変異遺伝子の作製を試みた。
  • トマトにおけるレトロトランスポゾンの発現解析, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 笹尾真理, 日本農芸化学関西支部大会(奈良),   2002年10月, 日本農芸化学関西支部大会(奈良)
    概要:トマトのレトロトランスポゾンの発現をRT?PCR法により検出した。Ty1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域は、葉ならびにカルス細胞で発現していた。
  • ガン特異的タンパクCD98遺伝子を導入した形質転換体の作出, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 森浦展行, 岩崎健太, 畑太一, 益子 高, 日本農芸化学関西支部大会(奈良),   2002年10月, 日本農芸化学関西支部大会(奈良)
    概要:ガン特異的タンパク質であるCD98の全長遺伝子を植物へ導入した。組み込まれたCD98遺伝子の発現をRT?PCR法で検出するとともに、発現タンパク質の生産をウエスタンブロット分析で調べた。
  • カンゾウの人工栽培におけるグリチルリチン生産, 角谷 晃司, 友田勝巳, 尾崎和男, 渡, 生薬学会第49回年会(福岡),   2002年09月, 生薬学会第49回年会(福岡)
    概要:カンゾウの培養苗を用いた人工栽培によるグリチルリチン生産を目的とし、水耕栽培に用いるロックウールや種々の支持体が、カンゾウの生育特性、根の肥大化ならびにグリチルリチン生産に及ぼす影響を検討した。
  • Pricking RT?PCRによるオオムギうどんこ病菌からの遺伝子クローニング?, 豊田 秀吉, 鮫島武, 松田 克礼, 藤田和久, 木多景子, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 池田成志, 平成14年度日本植物病理学会関西部会(三重),   2002年09月, 平成14年度日本植物病理学会関西部会(三重)
    概要:本菌は絶対寄生菌であることから、特定の分子ステージにあるうどんこ病菌を大量に得ることは非常に困難であり、それぞれの器官で発現する遺伝子の解析が必ずしも容易ではない。本実験ではPricking RT?PCR法を用い、単一器官を標的として発現遺伝子の解析を行った。
  • トマトにおけるTy1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンのクローニング, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 笹尾真理, 玉井智子, 日本育種学会第102回年会(帯広),   2002年08月, 日本育種学会第102回年会(帯広)
    概要:トマトのレトロトランスポゾンをゲノムからクローニングし、その遺伝子解析を試みた。ゲノム上には多数のレトロトランスポゾンが存在しており、また、培養栽培において発現している新規のTy1/copia型レトロトランスポゾンをクローニングした。
  • トマトレトロトランスポゾンの発現解析, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 中川真樹, 笹尾真理, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良),   2002年07月, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)
    概要:Ty1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域で保存されているアミノ酸配列からプライマーを合成し、RT?PCR分析に用いた。トマト葉およびカルスにおいて、これらは発現しており、既知Ty1/copia型とは異なる断片がカルスより増幅した。
  • ガン特異的タンパクCD98遺伝子を導入した形質転換体の作出, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 森浦展行, 益子 高, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良),   2002年07月, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)
    概要:経口ガンワクチンの開発を目的とし、ガン細胞特異的タンパク質CD98遺伝子を植物へ導入した。その遺伝子発現をRT?PCRで検出し、さらにタンパク質の翻訳をウエスタンブロット分析で調べた。その結果、組換え植物はCD98タンパク質を生産しており経口ワクチンの可能性が示唆された。
  • Microinjection in situ PCR (MI PCR) によるオオムギ子葉鞘単一細胞からの遺伝子クローニング (?) プライマーと温度設定による増幅遺伝子の調節, 豊田 秀吉, 平井康晴, 松田 克礼, 相場政人, 藤田和久, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 平成 13 年度日本植物病理学会関西部会 (高知),   2001年10月, 平成 13 年度日本植物病理学会関西部会 (高知)
    概要:オオムギ子葉鞘の単一細胞から RT PCR により遺伝子をクローニングするため、 基礎的条件として常時発現している遺伝子のプライマーを構築し、 PCR 時の反応温度および増幅量について検討した。
  • カンゾウ培養細胞で発現している配糖化酵素遺伝子の解析, 角谷 晃司, 黄鵬宇, 林宏明, 井上謙一郎, 日本生薬学会第 48 回年会 (金沢),   2001年09月, 日本生薬学会第 48 回年会 (金沢)
    概要:カンゾウ培養細胞で発現している配糖化酵素遺伝子のスクリーニングを行った。 すなわち、 肥大根で発現している RGUTI 遺伝子をプローブとして cDNA ライブラリーをスクリーニングしたところ、 3 種の新規なクローンを分離し、 その機能と解析を報告した。
  • カンゾウ属植物の RAPD 分析による分類 特に Glycyrrhiza glabra L. 種と G. uralensis F. 種の識別, 角谷 晃司, 尾崎和男, 渡, 日本生薬学会第 48 回年会 (金沢),   2001年09月, 日本生薬学会第 48 回年会 (金沢)
    概要:RAPD 分析により 5 種の甘草属植物を分類することができた。 G. glabra 種と G. uralensis 種のグループと G. echirata 種、 G. pallidiflora 種および G. squamulosa 種のグループに分類され、 両者はそれぞれ近縁種であることが判明した。
  • カンゾウ (Glycyrrhiza glabra L.) 根のグルクロン酸転移酵素の精製と諸性質, 角谷 晃司, 第 19 回日本植物細胞分子生物学会 (東京),   2001年07月, 第 19 回日本植物細胞分子生物学会 (東京)
    概要:カンゾウの薬用成分であるグリチルリチンの生合成を明らかにするため、 それらに関与するグルクロン酸転移酵素を生根より抽出、 精製した。 約 50 KPa の分子量のタンパク質であり、 作用 PH が異なる 2 種のタンパクがグリチルリチン生合成に関与していた。
  • 甘草のグリチルリチン生産に関する基礎的研究と応用的アプローチ, 角谷 晃司, 甘草に関するシンポジウム (塩山),   2001年07月, 甘草に関するシンポジウム (塩山)
    概要:甘草のグリチルリチンに関する生合成メカニズムや遺伝子機能等の基礎的研究からグリチルリチンの生産に至るまでの応用的研究について述べた。
  • 甘草のグルクロン酸転移酵素の精製と性質, 角谷 晃司, 友田勝巳, 渡辺斉, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都),   2001年03月, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都)
    概要:甘草の主成分であるグリチルリチンは、 グリチルレチン酸の 3 位にグルクロン酸 2 分子が結合したトリテルペンサボニンである。 今回、 グリチルリチン生合成に関与するグルクロン酸転移酵素を生根より精製し、 その諸性質について詳細な検討を試みた。

MISC

  • メロンうどんこ病菌単一菌叢あたりの生涯分生子生産数の測定, 野々村照雄, 中村亮介, 瀧川義浩, 角谷晃司, 松田克礼, 日本菌学会大会講演要旨集, 62nd, 72,   2018年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802263977286178
  • ショウジョウバエを用いたクロシン摂食によるブルーライト(BL)傷害抑制効果, 天野耕政, 角谷晃司, 角谷晃司, 日本生薬学会年会講演要旨集, 64th, 261, 261,   2017年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802265717855631
  • メロンうどんこ病菌の分生子柄形成に及ぼす光の影響, 野々村照雄, 西村祥吾, 瀧川義浩, 角谷晃司, 松田克礼, 日本菌学会大会講演要旨集, 60th, 76,   2016年09月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602296552331346
  • トガリスズメバチタケ(Ophiocordyceps oxycephala)が生産するトリプシン様プロテアーゼの諸性質について, 吉田真梨奈, 角谷晃司, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63rd, 131, 131,   2016年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602225537671191
  • 蟾酥成分がショウジョウバエの寿命に与える影響, 中村恭子, 津川舜, 清水康晴, 角谷晃司, 角谷晃司, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63rd, 191, 191,   2016年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602282925905016
  • Crocetin生産を目的としたZCD遺伝子の活用, 香川真由美, 古川明典, 市川智康, 阿野友里, 岡部真依, 森井由梨, 角谷晃司, 日本生薬学会年会講演要旨集, 63rd, 108, 108,   2016年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602286097727784
  • ゼアキサンチン高含量素材を用いた組換えZCDによるcrocetin産生, 市川智康, 古川明典, 阿野友里, 香川真由美, 森井由梨, 角谷晃司, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 34th, 171,   2016年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602212371920696
  • サフラン柱頭様組織の分化とクロシン産生, 角谷晃司, 森健太郎, 石川理英, 安尾みなみ, 古川明典, 中村恭子, 福田浩三, 日本生薬学会年会講演要旨集, 62nd, 215, 215,   2015年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602242030918338
  • アンチエイジング解析を目的としたタバココナジラミ利用システムの検討, 瀧川義浩, 坂本純一, 松田克礼, 野々村照雄, 豊田秀吉, 角谷晃司, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 20, 43, 48,   2015年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502235177925698
  • アンチエイジング解析を目的としたタバココナジラミ利用システムの検計, 瀧川 義浩, 坂本 純一, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 角谷 晃司, 近畿大学先端技術総合研究所紀要 = Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kinki University, 20, 43, 48,   2015年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736507
    概要:[要旨] 本研究は, アンチエイジング解析を目的として, タバココナジラミを使用した寿命評価システムの確立について検討した. すなわち, 異なる寄主植物であるインゲンとキャベツで飼育したタバココナジラミの寿命について, 成虫の生存率が100% を下回る時期(ポイントA ), 50% ならびに0% に到達した時期(ポイントB およびC)の飼育日数を調査したところ, 幼虫期の環境より, むしろ成虫期における飼育環境がタバココナジラミの生存に影響を及ぼす傾向が認められ, 本システムの利用の有効性が確認された. [Abstract] In the present study, we described that whitefly was suitable to study anti-aging mechanisms. Moreover, we examined point A, B and C represent the days showing the survival rates of 100, 50 and 0%. In comparative analysis of survivability of the whitefly on different combinations of host plants before and after emergence and stage I and II, there was difference in the test points between pea bean and cabbage seedlings in adult stage.近畿大学先端技術総合研究所紀要編集委員会
  • ResveratrolおよびFisetinにより誘導する抗加齢関連遺伝子の発現解析, 角谷晃司, 西川恵未, 中村恵実, 中村恭子, 瀧川義浩, 早川堯夫, 日本生薬学会年会講演要旨集, 61st, 281,   2014年08月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402235757842385
  • ResveratrolおよびFisetinによる誘導する抗加齢関連遺伝子の発現解析, 角谷 晃司, 西川 恵未, 中村 恵実, 中村 恭子, 瀧川 義浩, 早川 堯夫, 日本生薬学会年会講演要旨集, 61回, 281, 281,   2014年08月
  • サフラン茎組織から分化させた柱頭様組織のクロシン産生, 森健太郎, 松尾早希子, 安村美紀, 古川明典, 中村恭子, 福田浩三, 角谷晃司, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 32nd, 103,   2014年07月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402255632695837
  • カンゾウのフラボノイド系グルコース転移酵素遺伝子の単離と発現解析, 古川明典, 宮崎潤一郎, 桑原侑己, 角谷晃司, 日本生薬学会年会講演要旨集, 60th, 219, 219,   2013年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402206867943519
  • グルコアルカロイドtomatineのNa+/K+ATPase阻害効果及び寿命延長効果の検討, 森健太郎, 田中優華, 角谷晃司, 日本生薬学会年会講演要旨集, 60th, 160,   2013年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402292784525360
  • グルコアルカロイドtomatineのNa+/K+ATPase阻害効果及び寿命延長効果の検討, 森 健太郎, 田中 優華, 角谷 晃司, 日本生薬学会年会講演要旨集, 60回, 160, 160,   2013年08月
  • 近畿大学農学部実験温室におけるトマト黄化葉巻病の発生とタバココナジラミバイオタイプの検定, 松田克礼, 瀬戸本真実, 吉本尚民, 野々村照雄, 角谷晃司, 瀧川義浩, 豊田秀吉, 近畿大学農学部紀要, 46, 55, 58,   2013年03月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302290003290770
  • カンゾウ(Glycyrrhiza glabra L.)のフラボノイド系ポリフェノール配糖化酵素遺伝子の単離と解析, 桑原侑己, 東江直樹, 瀧川義浩, 早川堯夫, 角谷晃司, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013, 2C16P15 (WEB ONLY),   2013年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302242332078842
  • 〈原著〉近畿大学農学部実験温室におけるトマト黄化葉巻病の発生とタバココナジラミバイオタイプの検定, 松田 克礼, 瀬戸本 真実, 吉本 尚民, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Agriculture of Kinki University, 46, 55, 58,   2013年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005734780
    概要:[Synopsis] A typical yellow leaf curl disease severely occurred in tomato plants of our greenhouses. The symptom was similar to the disease caused by tomato yellow leaf curl virus (TYLCV). To identify a causal pathogen, tomato plants showing the typical symptom and whiteflies on the plants were tested for their viruliferousness with a commercial TYLCV detection kit. All tomato plants and whiteflies tested were positive for infection with TYLCV. Moreover, biotypes of collected whiteflies were examined using the same PCR method. The present survey revealed that 31 whiteflies were biotype B and five whiteflies were biotype Q of Bemisia tabaci.
  • 冬虫夏草(Cordyceps sinensis)菌糸抽出タンパク質のMatrix metalloproteinase阻害作用, 角谷晃司, 鎌田夏樹, 瀧川義浩, 日本生薬学会年会講演要旨集, 59th, 140, 140,   2012年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302205067201375
  • 各種サラシア属植物のITS領域の比較, 角谷晃司, 塩崎有里, 石伏史明, 谷恭輔, 瀧川義浩, 村岡修, 吉川雅之, 日本薬学会年会要旨集, 132nd, 2, 202,   2012年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202277641414335
  • ナス科植物アルカロイドトマチンの細胞増殖抑制効果と寿命延長効果, 角谷晃司, 立川由佳, 池内隼人, 小西実可子, 田中優華, 瀧川義浩, 日本生薬学会年会講演要旨集, 58th, 218, 218,   2011年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302268134603230
  • 野生種トマトの栽培とアンチエイジング物質の抽出に関する基礎的研究, 瀧川義浩, 河村洋樹, 角谷晃司, 野々村照雄, 松田克礼, 豊田秀吉, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 16, 7, 18,   2011年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102212707811681
  • ナス科植物アルカロイドの腫瘍細胞増殖抑制効果とアンチエイジング効果の検討, 角谷晃司, 辻村亜貴, 田中宏範, 木坊子敏生, 田中優華, 瀧川義浩, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011, 222,   2011年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102205661267926
  • トマチンの腫瘍細胞増殖抑制効果とアンチエイジング効果, 角谷晃司, 辻村亜貴, 田中宏範, 木坊子敏生, 田中優華, 瀧川義浩, 日本薬学会年会要旨集, 131st, 2, 259, 259,   2011年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102207487790102
  • 各種サラシア属植物のITS領域の遺伝子解析, 角谷晃司, 石伏史明, 谷恭輔, 瀧川義浩, 村岡修, 吉岡雅之, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011, 304,   2011年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102209787230896
  • 静電場スクリーンを用いた花粉症予防に関する研究, 桑原侑己, 今関尭之, 角谷晃司, 瀧川義浩, 野々村照雄, 松田克礼, 豊田秀吉, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011, 167,   2011年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102278181825675
  • トマチンの腫瘍細胞増殖抑制効果とアンチエイジング効果の検討, 角谷晃司, 辻村亜貴, 田中宏範, 木坊子敏生, 瀧川義浩, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 466th, 49,   2010年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002281920350803
  • トマトうどんこ病菌の分生子柄に形成された偽鎖生分生子は高い発芽力を有し同調的に分化する, 野々村照雄, 松田克礼, 角谷晃司, 瀧川義浩, 豊田秀吉, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2010, 70,   2010年03月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002237000053000
  • 大和シャクヤクの効率的な育苗方法, 角谷晃司, 大野加奈, 日本薬学会年会要旨集, 130th, 2, 227,   2010年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002236066967855
  • 既知ポリフェノール類のSIRT1活性促進効果, 角谷晃司, 中村文亮, 吉田明寿香, 瀧川義浩, 早川堯夫, 日本薬学会年会要旨集, 129th, 3, 160, 160,   2009年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203337813968
  • 各種エリシター処理によるResveratrol生合成関連遺伝子の発現解析, 角谷晃司, 岩崎友美, 瀧川義浩, 早川堯夫, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009, 303,   2009年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231737339681
  • 野生種トマトからアンチエイジング物質を求めて, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, KAMPO EYES KAMPO EYES, 45, 16, 18,   2009年
  • 大和シャクヤクの生長点培養, 角谷晃司, 豊坂加奈, 福田眞三, 日本生薬学会年会講演要旨集, 55th, 144,   2008年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902243393192447
  • アルゴンエキシマランプ照射によるヒメツリガネゴケの生育に及ぼす影響, 瀧川義浩, 戸出真由美, 瀧川靖雄, 佐々木亘, 角谷晃司, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008, 59,   2008年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902250332608396
  • 冬虫夏草(Cordyceps sinensis)菌糸の分離と培養条件の検討, 角谷晃司, 齋藤裕介, 瀧川義浩, 森川敏生, 二宮清文, 村岡修, 吉川雅之, 掛樋一晃, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008, 83,   2008年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278310222500
  • 大和シャクヤクの生長点培養における褐変化の抑制, 角谷晃司, 豊坂加奈, 福田眞三, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 26th, 205,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002243711323719
  • Resveratrol合成関連酵素を利用したResveratrolおよびその前駆体4-coumaroyl CoAの生合成, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 瀧川 義浩, 日本生薬学会年会講演要旨集, 54回, 98, 98,   2007年09月
  • Resveratrol合成関連酵素を利用したResvertarolおよびその前駆体4‐coumaroyl CoAの生合成, 角谷晃司, 永本真也, 野々村照雄, 松田克礼, 豊田秀吉, 瀧川義浩, 日本生薬学会年会講演要旨集, 54th, 98,   2007年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902216138345798
  • 腫瘍細胞表面で発現するCD98hc抗原領域の探索, 角谷晃司, 瀧川義浩, 前田博祥, 益子高, 豊田秀吉, 松田克礼, 野々村照雄, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007, 179,   2007年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902215833962750
  • 抗体医薬品のコストダウンを目指した基礎検討, 段林正明, 池田達哉, 角谷晃司, 伊藤邦彦, 橋本嘉幸, 益子和恵, 益子高, 日本薬学会年会要旨集, 127th, 2, 31, 31,   2007年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902219928412370
  • 酵母細胞膜表面で固定化したResveratrol合成関連酵素による,Resveratrolおよびその前駆体4‐coumaroyl CoAの生合成, 角谷晃司, 永本真也, 谷本惠津子, 野々村照雄, 松田克礼, 豊田秀吉, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007, 38,   2007年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902228483062560
  • RAPD分析による大和トウキと北海トウキの識別, 角谷晃司, 青山知佳, 野々村照雄, 松田克礼, 豊田秀吉, 橋本隆, 大木宏之, 福田眞三, 福田浩三, 日本生薬学会年会講演要旨集, 53rd, 138, 138,   2006年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902228442814344
  • アルギニントランスポーターを利用した出芽酵母細胞膜上における固定化酵素の作出, 永本真也, 角谷晃司, 野々村照雄, 松田克礼, 豊田秀吉, 日本薬学会年会要旨集, 126th, 3, 18, 18,   2006年03月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902204277566547
  • ポリガラクツロナーゼ遺伝子の塩基置換を利用したトマト根腐萎凋病菌菌株間での識別マーカーの開発(関西部会講演要旨,平成17年度地域部会講演要旨), 岡田 真美, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 72, 1,   2006年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004702713
  • 分子生物学的手法を用いた機能性植物の選抜と生産に関する研究, 角谷 晃司,   2005年11月
  • (147) エンド型およびエキソ型ポリガラクツロナーゼ遺伝子の塩基置換を利用したトマト根腐萎凋病菌菌株間での識別マーカーの開発(平成17年度日本植物病理学会大会講演要旨), 岡田 真美, 野々村 照雄, 田島 弘美, 真田 美和, 角谷 晃司, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 71, 3,   2005年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002770113
  • (174) 高解像能デジタルマイクロスコープによるトマトうどんこ病菌分生胞子発芽の連続観察(平成17年度日本植物病理学会大会講演要旨), 平井 達雄, 松田 克礼, 鮫島 武, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 西村 浩明, 草刈 眞一, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 71, 3,   2005年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002770140
  • (175) 野生種トマトにおけるトマトうどんこ病菌Oidium neolycopersici抵抗性系統の選抜(平成17年度日本植物病理学会大会講演要旨), 阪野 洋平, 松田 克礼, 森 義典, 樽本 浩司, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 西村 浩明, 草刈 眞一, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 71, 3, 231, 232,   2005年08月25日, 10.1270/jsbbs.55.355, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002770141
  • (176) オオムギうどんこ病菌による子葉鞘細胞において傷害刺激で誘導されるキチナーゼ遺伝子の能動的抑制(平成17年度日本植物病理学会大会講演要旨), 松田 克礼, 藤田 和久, 森浦 展行, 和多 泉季, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 71, 3,   2005年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002770142
  • Selection and Production of Functional Plant using Molecular Techniques, 角谷 晃司,   2005年06月
  • オオムギ子葉鞘表皮細胞から顕微抽出した細胞質に存在するmRNAの Direct RT-PCR 法による増幅-植物病原菌感染宿主細胞における遺伝子発現解析のモデルシステム, 森浦 展行, 松田 克礼, 藤田 和久, 和夛 泉季, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部紀要, 38, 9, 18,   2005年03月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004615569
    概要:オオムギうどんこ病菌 (Blumeria graminis f. sp. hordai) は、宿主植物であるオオムギに接触すると、速やかに宿主認識を行い、数分後には第一次発芽管を伸長する。その後、植物組織へ付着する器官として新たに付着器を分化し、表皮細胞への侵入を試みるとともにその細胞内に栄養吸収器官である吸器を形成する。一方、本病原菌の感染を受けた表皮細胞は、その感染過程の進行に対応し、異なる反応を示すと考えられている。しかしながら、これらの宿主細胞の反応が感染を受けている細胞に限定されること、また、その反応が数分単位で進行することから、病原菌の感染過程で誘導される遺伝子の発現を解析するためには、顕微鏡下で感染過程を連続的に観察し、感染を受けている特定細胞において遺伝子発現を検出する細胞レベルの解析系が必須となる。そこで本実験では、顕微鏡下で標的とした単一細胞からマイクロピペットを用いて細胞内容物を吸引し、そこに存在するmRNAを鋳型とした単一細胞 RT-PCR/nested PCR 法を適用することとした。実験材料としては、うどんこ病菌の感染過程が顕微鏡下で観察可能なオオムギ子葉鞘の内表皮細胞を供試した。まず、既に報告されているオオムギの構成発現遺伝子を検索し、Vacuolar ATPase B subunit(ATP-B)、Cytosolic triosephosphate isomerase(cTPI)、Glycolytic glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase(gGAPDH) について、その塩基配列をもとにプライマーを構築した。また、核由来の増幅産物とmRNA由来の産物を識別するため、増幅産物にイントロン配列が含まれる位置にプライマーを設計し、スプライスの有無からその由来を判別することとした。顕微鏡下で標的細胞から細胞内容物を吸引する際には、細胞内に核を残存させ、核を含まない内容物を鋳型として RT-PCR/nested PCR を行った。その結果、イントロン配列がスプライスされた増幅産物のみが検出され、核を含まない細胞質を吸引することにより実際に発現している遺伝子のPCR検出が可能となった。次に、病原菌の感染によって発現が誘導される遺伝子を検索し、Chitinase 2(CHI2)、β-1, 3-glucanase(GLU)、について、前述と同様にイントロン配列を含む位置にプライマーを設計した。誘導型遺伝子の発現を厳密に評価するため、PCRを行う際に先の構成的発現遺伝子を増幅するプライマーを混合し、指標遺伝子として同時に増幅することにより、誘導型遺伝子の発現検出を行った。その結果、病原菌の感染を受けていない細胞およびその感染を受けている両者の細胞において指標とした構成的発現遺伝子は検出された。誘導型遺伝子として使用したCHI2遺伝子およびGLU遺伝子は病原菌の感染を受けていない細胞においてその発現が検出され、本菌の感染過程において抑制される傾向にあった。
  • トマトおけるTy3/gypsy型レトロトランスポゾン逆転写酵素領域の分子進化系統解析, 角谷晃司, 笹尾真理, 南条綾子, 中川真樹, 高畑智香子, 樫尾智子, 玉井智子, 森浦展行, 田中正起, 近畿大学薬学総合研究所紀要, 13, 103, 111,   2005年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266152128390
  • トマトおけるTy3/gypsy型レトロトランスポゾン逆転写酵素領域の分子進化系統解析, 角谷 晃司, 笹尾 真理, 南條 綾子, 薬学総合研究所紀要, 13, 103, 111,   2005年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007000279
  • (66)5-フルオロインドール(5-FI)によるフザリウム病菌の抑制と5-FI耐性植物の作出(V) : シロイヌナズナおよびトマトへのアントラニル酸突然変異遺伝子の導入と発現解析(平成16年度日本植物病理学会大会講演要旨), 小牧 伸一郎, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 70, 3,   2004年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002767726
  • (119)フザリウム病菌の4つのポリガラクチュロナーゼ遺伝子を利用した分子系統解析(平成16年度日本植物病理学会大会講演要旨), 宮本 蓉子, 野々村 照雄, 岡田 真美, 角谷 晃司, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 70, 3,   2004年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002767779
  • (158)デジタルマイクロスコープを利用したトマト葉上におけるOidium neolycopersiciによる分生胞子形成の連続観察(平成16年度日本植物病理学会大会講演要旨), 大市 航, 松田 克礼, 鮫島 武, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 西村 浩明, 草刈 眞一, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 70, 3, 232, 233,   2004年08月25日, 10.1007/s10327-004-0136-5, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002767818
  • (159)デジタルマイクロスコープを利用した単一胞子PCRによるうどんこ病菌ITS領域の解析(平成16年度日本植物病理学会大会講演要旨), 井上 加奈子, 松田 克礼, 鮫島 武, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 西村 浩明, 草刈 眞一, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 70, 3, 233, 233,   2004年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002767819
  • (160)デジタルマイクロスコープを用いたうどんこ病菌の感染挙動と単一胞子RT-PCR/Nested PCRによる遺伝子発現の動的解析(平成16年度日本植物病理学会大会講演要旨), 鮫島 武, 松田 克礼, 藤田 和久, 大市 航, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 西村 浩明, 草刈 眞一, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 70, 3,   2004年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002767820
  • ミヤコグサ(Lotus japonicus)におけるトランスポーター遺伝子の発現解析, 瀧川義浩, 角谷晃司, 森浦展行, 横山大聡, 野々村照雄, 松田克礼, 豊田秀吉, 日本植物生理学会年会要旨集, 45th, 243,   2004年03月20日, 10.14841/jspp.2004.0.560.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902229836947370
  • ミヤコグサにおけるトランスポーター遺伝子の発現解析, 森浦展行, 角谷晃司, 瀧川義浩, 横山大聡, 佐藤修正, 浅水恵里香, 田畑哲之, 益子高, 野々村照雄, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2004, 303,   2004年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262461919240
  • 異なる支持体を用いたカンゾウの水耕栽培によるグリチルリチン生産, 角谷晃司, 近畿大学薬学総合研究所紀要, 12, 133, 138,   2004年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266301194112
  • 緑色蛍光タンパク質生産遺伝子発現を利用したトマト毛状根形成効率の遺伝子工学的解析, 福元健志, 野々村照雄, 松田克礼, 小牧伸一郎, 森浦展行, 沢辺昭義, 角谷晃司, 豊田秀吉, 近畿大学薬学総合研究所紀要, 12, 99, 106,   2004年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266840074538
  • 異なる支持体を用いたカンゾウの水耕栽培によるグリチルリチン生産, 角谷 晃司, 薬学総合研究所紀要, 12, 133, 138,   2004年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001180584
  • (47)トマトgypsy様レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域における変異の解析(関西部会講演要旨)(平成15年度地域部会講演要旨), 田中 正起, 角谷 晃司, 笹尾 真理, 戸田 亜希子, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 70, 1, 68, 69,   2004年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002767574
  • (50)キチン質分解性細菌Alcaligenes paradoxus KPM-012Aを利用した食葉性害虫ニジュウヤホシテントウの生物防除(関西部会講演要旨)(平成15年度地域部会講演要旨), 松田 克礼, 大津 康成, 藤原 圭一, 野々村 照雄, 桜谷 保之, 角谷 晃司, 土佐 幸雄, 眞山 滋志, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 70, 1,   2004年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002767577
  • (51)キチン質分解性細菌Pseudomonas fluorescens KPM-018Pを利用した食葉性害虫ニジュウヤホシテントウの生物防除(関西部会講演要旨)(平成15年度地域部会講演要旨), 藤原 圭一, 大津 康成, 松田 克礼, 野々村 照雄, 桜谷 保之, 角谷 晃司, 土佐 幸雄, 眞山 滋志, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 70, 1, 69, 70,   2004年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002767578
  • (52)キチン質分解性細菌Pseudomonas fluorescens KPM-018Pの植物葉面定着性の検討(関西部会講演要旨)(平成15年度地域部会講演要旨), 東 希望, 松田 克礼, 藤原 圭一, 馬場 啓之, 大津 康成, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 沢辺 昭義, 土佐 幸雄, 眞山 滋志, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 70, 1,   2004年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002767579
  • ミヤコグサ(Lotus japonicus)におけるトランスポーター遺伝子の発現解析, 瀧川 義浩, 角谷 晃司, 森浦 展行, 横山 大聡, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2004, 0, 560, 560,   2004年, 10.14841/jspp.2004.0.560.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/130006988595
    概要:植物は土壌中の無機窒素、主に硝酸イオンやアンモニウムイオンを根から吸収し有機態窒素に同化している。このような無機窒素源の吸収や転流は様々な物質輸送に関与するトランスポーターが機能しているがアミノ酸や無機態窒素を輸送するトランスポーターについては不明な点が多い。そこで、本研究では、マメ科モデル植物であるミヤコグサ(<I>Lotus japonicus</I>)を用い、かずさDNA研究所より分譲された12種のトランスポーター遺伝子について、窒素添加および窒素無添加条件下で発現する遺伝子についてRT-PCR分析した。まず、窒素無添加培地上で60日間生育させたミヤコグサの根、茎及び葉からtotal RNAを抽出し、それらを鋳型にRT-PCRを行った。その結果、いずれの組織でも発現するクローンや茎および葉組織で発現するクローンが認められた。次に、窒素無添加条件で生育させた植物を窒素添加条件に移植し、同様の発現解析を試みたところ、窒素添加にかかわらず、恒常的な発現を示すクローンや24時間以内に発現量が増加もしくは抑制するクローンが確認された。特に窒素添加によって発現するクローンの中には硝酸トランスポーターやアミノ酸トランスポーターと相同性の高いクローンが含まれており、今後はそれらの詳細な解析を行う予定である。
  • トマトにおけるTy3/gypsy型レトロトランスポゾン逆転写酵素領域の分子進化系統解析, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 薬学総合研究所紀要, 13, 103, 111,   2004年
    概要:トマトのレトロトランスポゾンをゲノムからクローニングし、その遺伝子解析を試みた。ゲノム上には多数のレトロトランスポゾンが存在しており、また、培養栽培において発現している新規のTy1/copia型レトロトランスポゾンをクローニングした。
  • PCR法で調べる遺伝子の情報, 角谷晃司, 日本農業気象学会全国大会日本生物環境調節学会大会合同大会講演要旨, 2003, 414,   2003年09月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263784870734
  • (78)Microinjection-in situ PCR (MI-PCR)によるオオムギ子葉鞘単一細胞からの遺伝子クローニング(IX)細胞内吸引法を利用した遺伝子発現の特異的検出(平成15年度日本植物病理学会大会講演要旨), 藤田 和久, 松田 克礼, 鮫島 武, 和夛 泉季, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 69, 3,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002767062
  • (89)トマトうどんこ病菌Oidium neolycoprsiciの感染挙動解析およびその宿主範囲の検討(平成15年度日本植物病理学会大会講演要旨), 樫本 晃一, 松田 克礼, 松谷 和美, 鮫島 武, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 岡田 清嗣, 草刈 眞一, 中田 健吾, 高松 進, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 69, 3,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002767073
  • (216)5-フルオロインドール(5-FI)によるフザリウム病菌の抑制と5-FI耐性植物の作出(IX)シロイヌナズナ由来アントラニル酸合成酵素変異遺伝子(masa遺伝子)のクローニング(平成15年度日本植物病理学会大会講演要旨), 小牧 伸一郎, 野々村 照雄, 福元 健志, 角谷 晃司, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 69, 3,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002767200
  • 甘草(Glycyrrhiza glabra L.)のグルクロン酸転移酵素遺伝子の解析, 角谷晃司, 近畿大学薬学総合研究所紀要, 11, 105, 110,   2003年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902249345386955
  • (26)Pricking RT-PCRによるオオムギうどんこ病菌からの遺伝子クローニング(I), 鮫島 武, 松田 克礼, 藤田 和久, 木多 景子, 池田 成志, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 69, 1, 57, 58,   2003年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002716742
    概要:本菌は絶対寄生菌であることから,特定の分子ステージにあるうどんこ病菌を大量に得ることは非常に困難であり,その為,それぞれの器官で発現する遺伝子の解析が必ずしも容易ではない.そこで,本実験では,Pricking RT-PCR法を用い,単一の器官を標的として,それらで発現する遺伝子の解析を試みた.まず,あらかじめ作製したEST(うどんこ病菌感染イタリアンライグラスから作製したライブラリー)をクラスター分類し,塩基配列を決定した11,137個のグローンから,構成的に発現するキチン合成酵素遺伝子(chs1,chs2)とβ-tubulin遺伝子(tub2)のホモログを得た.次に,これらを特異的に増幅するPCR-プライマーを分生胞子や付着器に導入し,得られたPCR産物の塩基配列を決定したところ,遺伝子内のイントロン配列がスプライスされたPCR産物が得られた.このような結果から,本法はin situ・RT-PCR法として,うどんこ病菌の単一の分化器官における遺伝子発現解析に適用できるものと結論した.
  • ガン細胞特異タンパク質CD98遺伝子を導入した機能性農作物の作出, 角谷 晃司, 森浦 展行, 岩崎 健太, 畑 太一, 益子 高, 豊田 秀吉, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2003, 0, 252, 252,   2003年, 10.14841/jspp.2003.0.252.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/130006989242
    概要:CD98は、ガン化した細胞の膜に存在し、アミノ酸トランスポーターや細胞接着などの機能を有し、腎臓、小腸、精巣および卵巣等の様々な組織で過剰発現することにより細胞の悪性化を引き起こすことが知られている。演者の研究室では、ガン予防を目的として、CD98遺伝子を導入した農作物を作出し、CD98に対する経口ワクチンの開発を進めている。まず、本実験ではマメ科モデル植物であるミヤコグサ(<I>Lotus japonicus</I>)を供試し、アグロバクテリウム法によりCD98遺伝子を導入した。バイナリーベクターpIG-121Hmのgus遺伝子領域をCD98遺伝子に置換したプラスミドを<I>A. tumefaciens</I> EHA101株へ導入し、ミヤコグサ胚軸切片への接種に使用した。ハイグロマイシン抵抗性を示す不定芽を誘導した後、多数の再分化植物を作出した。RT-PCR分析により、ハイグロマイシン抵抗性を示す全ての植物体においてCD98遺伝子の発現を確認し、さらに、ウエスタン分析により約90kDa付近にCD98組換えタンパクの生産を検出した。今後、これらの組換え植物を用いたCD98に対する免疫原性作用の有効性について検討する予定である。
  • トマトにおけるTy1/copia型およびTy3/gyspy型レトロトランスポゾンのクローニング, 角谷 晃司, 南條 綾子, 笹尾 真理, 玉井 智子, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 育種学研究 = Breeding research, 4,   2002年08月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010403276
  • (26)Microinjection-in situ PCR(MI-PCR)によるオオムギ子葉鞘単一細胞からの遺伝子クローニング(VIII)細胞内RT-PCRにおける指標遺伝子の検索(平成14年度 日本植物病理学会大会講演要旨), 平井 康晴, 松田 克礼, 相場 政人, 藤田 和久, 鮫島 武, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 68, 2,   2002年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002752616
  • (96)Sphingobacterium multiborumが生産するキトサナーゼによるFusarium oxyporumの菌糸伸長の抑制とキトサナーゼ遺伝子(csnSM1)のクローニング(平成14年度 日本植物病理学会大会講演要旨), 飯田 祐一郎, 松田 克礼, 篠木 武, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 68, 2,   2002年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002752686
  • (272)トマトにおけるTy1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンのクローニング(平成14年度 日本植物病理学会大会講演要旨), 角谷 晃司, 中川 真樹, 南條 綾子, 笹尾 真理, 高畑 智香子, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 68, 2,   2002年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002752862
  • (273)トマトレトロトランスポゾンの発現解析(平成14年度 日本植物病理学会大会講演要旨), 南條 綾子, 角谷 晃司, 中川 真樹, 笹尾 真理, 高畑 智香子, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 68, 2, 229, 230,   2002年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002752863
  • トマトレトロトランスポゾンの発現解析, 南条綾子, 角谷晃司, 中川真樹, 笹尾真理, 野々村照雄, 松田克礼, 豊田秀吉, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 20th, 73,   2002年07月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902131097534259
  • 単一細胞RT‐PCR法による標的細胞発現遺伝子の解析 単一細胞内RT‐PCRにおける指標遺伝子の検索, 藤田和久, 松田克礼, 鮫島武, 木多景子, 角谷晃司, 野々村照雄, 豊田秀吉, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 20th, 46,   2002年07月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902146836270858
  • ガン特異的タンパクCD98遺伝子を導入した形質転換体の作出, 角谷晃司, 森浦展行, 益子高, 野々村照雄, 松田克礼, 豊田秀吉, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 20th, 160,   2002年07月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902181815775623
  • Microinjection-in situ PCR(MI-PCR)によるオオムギ子葉鞘単一細胞からの遺伝子クローニング(VII)プライマーと温度設定による増幅遺伝子の調節(関西部会講演要旨), 平井 康晴, 松田 克礼, 相場 政人, 藤田 和久, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 日本植物病理學會報, 68, 1,   2002年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002752526
  • トマト葉原基への変異誘起剤処理条件ならびに変異葉からの個体再生条件の解析, 角谷晃司, 池田千亜紀, 野々村照雄, 松田克礼, 豊田秀吉, 生物環境調節, 40, 1, 99, 105,   2002年03月31日, 10.2525/ecb1963.40.99, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182179114596
  • キャピラリー電気泳動による糖タンパク質糖鎖の超微量分析 (2) DNAシークエンサーを利用する分析, 木下充弘, 清一雄, 下戸友里, 角谷晃司, 掛樋一晃, 日本薬学会年会要旨集, 122nd, 3, 78, 78,   2002年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902102665152684
  • キャピラリー電気泳動による糖タンパク質糖鎖の超微量分析 (1), 木下充弘, 清一雄, 下戸友里, 角谷晃司, 掛樋一晃, 日本薬学会年会要旨集, 122nd, 3, 78, 78,   2002年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902112536183277
  • アグロバクテリウム法を用いたシナカンゾウ(Glycyrrhiza echinata)の効率的な形質転換, 角谷晃司, 尾崎和男, 渡辺斉, 友田勝巳, 近畿大学薬学総合研究所紀要, 10, 47, 53,   2002年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902125387919324
  • Sphingobacterium multivolum KST‐009からのキトサナーゼ遺伝子のクローニングとその構造解析, 松田克礼, 飯田祐一郎, 篠木武, 瀧川義浩, 角谷晃司, 野々村照雄, 豊田秀吉, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2002, 132,   2002年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902137154446122
  • バクテリオファージを利用したキチナーゼ遺伝子導入Enterobacter cloacae KPM‐007E/chiの迅速検出, 瀧川義浩, 森裕文, 大津康成, 松田克礼, 野々村照雄, 角谷晃司, 土佐幸雄, 真山滋志, 豊田秀吉, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2002, 180,   2002年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902187344796445
  • カンゾウ属植物のRandom Amplified Polymorphic DNA(RAPD)分析による分類 特に,Glycyrrhiza glabra L.とG.uralensis Fischerの識別, 角谷晃司, 尾崎和男, 渡辺斉, 芝野真樹雄, 草野源次郎, 友田勝巳, Nat Med, 55, 6, 287, 293,   2001年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902159286258221
  • キャピラリーDNAシーケンサーを用いる糖タンパク質糖鎖の超微量分析, 木下充弘, 清一雄, 下戸友里, 中野三弥子, 角谷晃司, 小田泰雄, 掛樋一晃, キャピラリー電気泳動シンポジウム講演要旨集, 21st, 95, 96,   2001年12月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902158635829103
  • キャピラリー電気泳動による糖タンパク質のグライコフォーム解析, 木下充弘, 清一雄, 下戸友里, 中野三弥子, 角谷晃司, 掛樋一晃, キャピラリー電気泳動シンポジウム講演要旨集, 21st, 63, 64,   2001年12月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902184017841985
  • カンゾウ属植物のRandom Amplified Polymorphic DNA(RAPD)分析による分類 特に,Glycyrrhiza glabra L.とG.uralensis Fischerの鑑別, 角谷 晃司, 尾崎 和男, 渡辺 斉, 芝野 真樹雄, 草野 源次郎, 友田 勝巳, Natural Medicines, 55, 6, 287, 293,   2001年12月
    概要:標題の識別目的に両者のRAPD分析を行った結果,各々の種に特異的な増幅DNA断片が得られ,この断片の塩基配列から合成したプライマーが識別プライマーとして利用できることが示唆された
  • カンゾウ培養細胞で発現している配糖化酵素遺伝子の解析(2), 黄 鵬宇, 林 宏明, 井上 謙一郎, 角谷 晃司, 友田 勝巳, 日本生薬学会年会講演要旨集, 48回, 66, 66,   2001年09月
  • カンゾウ属植物のRAPD分析による分類 特に,Glycyrrhiza glabra L.種とG.uralensis F.種の識別, 角谷 晃司, 友田 勝巳, 尾崎 和男, 渡辺 斉, 日本生薬学会年会講演要旨集, 48回, 136, 136,   2001年09月
  • カンゾウ属植物のRAPD分析による分類 特に,Glycyrrhiza glabra L.種とG.uralensis F.種の識別, 角谷晃司, 友田勝巳, 尾崎和男, 渡辺斉, 日本生薬学会年会講演要旨集, 48th, 136,   2001年08月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902163237690735
  • カンゾウ培養細胞で発現している配糖化酵素遺伝子の解析 (2), 黄鵬宇, 林宏明, 井上謙一郎, 角谷晃司, 友田勝巳, 日本生薬学会年会講演要旨集, 48th, 66,   2001年08月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902197425546210
  • オオムギうどんこ病抵抗性発現におけるトリプトファンデカルボキシラーゼ遺伝子の役割, 瀧川義浩, 松田克礼, 木多景子, 角谷晃司, 野々村照雄, 豊田秀吉, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 19th, 106,   2001年07月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902152637833860
  • マイクロインジェクション・RT‐PCR法による標的細胞発現遺伝子の解析 オオムギcDNAマクロアレイによるうどんこ病菌感染誘導性遺伝子の発現解析, 平井康晴, 松田克礼, 森浩一, 角谷晃司, 野々村照雄, 豊田秀吉, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 19th, 107,   2001年07月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902190840316055
  • カンゾウ(Glycyrrhiza glabra L.)根のグルクロン酸転移酵素の精製と諸性質, 角谷晃司, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 19th, 93,   2001年07月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902192630828820
  • Burkholderia cepaciaからクローニングしたキチナーゼ遺伝子の塩基配列決定, 松田克礼, 豊田秀吉, 野々村照雄, 角谷晃司, 池田成志, 玉井隆行, 桑原精宏, 大内成志, 近畿大学農学総合研究所報告, 9, 129, 140,   2001年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902173250548919
  • 甘草のグルクロン酸転移酵素の精製と性質, 角谷晃司, 渡辺斉, 友田勝巳, 日本農芸化学会誌, 75, 191,   2001年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182807637560
  • Burkholderia cepaciaからクローニングしたキチナーゼ遺伝子の塩基配列決定, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 池田 成志, 玉井 隆行, 桑原 精宏, 大内 成志, 近畿大学農学総合研究所報告, 9, 129, 140,   2001年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736285
    概要:[Synopsis] In this study, we cloned a chitinase gene from Burkholderia cepacia and identified a nucleotide sequence. A genomic library was constructed by the use of λEMBL3, and then phage clones producing chitinase were selected by using 4-MU chitotrioside as a substrate. The inserted DNA was subcloned into a pBluescript vector with restriction enzymes to make pBlueCAK12 (4.4 kb) clone including a chitinase gene. The DNA fragment was deleted by exonuclease III and the chitinase-coding region was determined by chitinase activity detected by the use of 4-MU chitotrioside. The nucleotide sequence of chitinase gene (2.98 kb) was determined by primer walking method, in which ORF of chitinase gene was amplified by specific primers including the expected start and stop codons. The amplified DNA was inserted into a pBluescript vector, and then chitinase activity was detected by the use of 4-MU chitotrioside.
  • カンゾウ属植物のRandom Amplified Polymorphic DNA(RAPD)分析による分類 特に,Glycyrrhiza glabra L.種とG.uralensis F.種の識別, 角谷晃司, 尾崎和男, 渡辺斉, 友田勝巳, 近畿大学薬学総合研究所紀要, 9, 95, 102,   2000年12月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170215000111
  • カンゾウ属植物の Random Amplified Polymorphic DNA(RAPD) 分析による分類:特に Glycyrrhiza glabra L. 種と G.uralensis F. 種の識別, 角谷 晃司, 尾崎 和男, 渡辺 斉, 友田 勝巳, 薬学総合研究所紀要, 9, 95, 102,   2000年12月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560722
  • 甘草主根の配糖化酵素遺伝子のクローニング, 角谷晃司, 友田勝巳, 渡辺斉, 日本生薬学会年会講演要旨集, 47th, 211,   2000年08月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902100832752378
  • カンゾウ培養細胞で発現している配糖化酵素遺伝子の解析, 林宏明, 黄鵬宇, 井上謙一郎, 角谷晃司, 友田勝巳, 日本生薬学会年会講演要旨集, 47th, 162,   2000年08月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902178986430682
  • ジスルフィラムの亜セレン酸惹起白内障ラット水晶体iNOS mRNA発現に対する影響, 伊藤吉将, 鍋倉智裕, 角谷晃司, 寺尾求馬, 友広雅之, 日本薬学会年会要旨集, 120th, 2, 185,   2000年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902116454399790
  • 甘草属植物の不定胚形成と植物体再生, 角谷 晃司, 尾崎 和男, 渡辺 斉, 薬学総合研究所紀要, 8, 73, 78,   1999年12月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560707
  • RAPD法によるカンゾウ属植物の分類, 角谷晃司, 尾崎和男, 渡辺斉, 友田勝巳, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 411th, 94,   1999年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902101506116140
  • 甘草のグリチルリチン生合成酵素遺伝子の解析 (2), 角谷晃司, 友田勝巳, 渡辺斉, 日本生薬学会年会講演要旨集, 46th, 130,   1999年08月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902157445071127
  • スペインカンゾウ(Glycyrrhiza glabra L.)のグルクロン酸転移酵素遺伝子の解析, 角谷晃司, 渡辺斉, 友田勝巳, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 406th, 49,   1998年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902142051680996
  • Agrobacterium tumefaciensを用いたシナカンゾウへの外来遺伝子の導入, 角谷晃司, 友田勝巳, 渡辺斉, 日本生薬学会年会講演要旨集, 45th, 249,   1998年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902133886233010
  • 甘草(Glycyrrhiza glabra L.)の主根に存在するグルクロン酸転移酵素遺伝子の解析, 角谷晃司, 渡辺斉, 友田勝巳, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集, 16th, 55,   1998年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902125326664005
  • Preparation of licorice seedling by node culture, and Glycyrrhizin production by several nutricultures using the seedling, Koji Kakutani, Kazuo Ozaki, Hitoshi Watanabe, Katsumi Tomoda, Natural Medicines, 51, 447, 451,   1997年12月01日, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0031434390&origin=inward
    概要:Seedlings of Glycyrrhiza glabra L. were efficiently propagated from the meristem tissue of buds by the node culture method, and transferred to nutriculture apparatus following acclimatization Attempts were made to produce glycyrrhizin in the tap-root of G. glabra L. by several nutricultures using the seedlings. In water culture, many adventitious roots were formed, but the tap-root did not swell. In spray culture, plant height did not extend and only thin roots were formed. However, in rockwool culture, the tap-root swelled well and its glycyrrhizin content reached 1.2% after 6-month-culture. This demonstrated that efficient production of glycyrrhizin, which is not possible by tissue culture or hairy root culture, is possible by a systematic culture of G. glabra L.
  • 節培養によるカンゾウ苗の調製とその培養苗を用いた各種水耕栽培法によるグリチルリチン生産, 角谷 晃司, 尾崎 和男, 渡辺 斉, 友田 勝巳, Natural medicines = 生薬學雜誌, 51, 5, 447, 451,   1997年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008731779
    概要:Seedlings of Glycyrrhiza glabra L. were efficiently propagated from the meristem tissue of buds by the node culture method, and transferred to nutriculture apparatus following acclimatization. Attempts were made to produce glycyrrhizin in the tap-root of G. glabra L. by several nutricultures using the seedlings. In water culture, many adventitious roots were formed, but the tap-root did not swell. In spray culture, plant height did not extend and only thin roots were formed. However, in rockwool culture, the tap-root swelled well and its glycyrrhizin content reached 1.2% after 6-month-culture. This demonstrated that efficient production of glycyrrhizin, which is not possible by tissue culture or hairy root culture, is possible by a systematic culture of G. glabra L.
  • 節培養によるカンゾウ苗の調製とその培養苗を用いた各種水耕栽培法によるグリチルリチン生産, 角谷晃司, 尾崎和男, 渡辺斉, 友田勝巳, Nat Med, 51, 5, 447, 451,   1997年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902144078776610
  • 第4回 薬学総合研究所主催展示会 「薬用植物の今昔」, 角谷 晃司, 薬学総合研究所紀要, 6,   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560687
  • 異なる水耕栽培法によるカンゾウの生育とグリチルリチン生産, 角谷晃司, 尾崎和男, 渡辺斉, 友田勝巳, 近畿大学薬学総合研究所紀要, 5, 101, 104,   1996年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902128063346169
  • カンゾウ培養苗を用いた水耕栽培によるグリチルリチン生産, 角谷晃司, 渡辺斉, 友田勝巳, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 396th, 21,   1996年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902132266291189
  • 異なる水耕栽培法によるカンゾウの生育とグリチルリチン生産, 角谷晃司, 友田勝巳, 尾崎和男, 渡辺斉, 日本生薬学会年会講演要旨集, 43rd, 79,   1996年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902114232352008
  • 種々のカンゾウにおける不定はい形成と再分化, 角谷晃司, 渡辺斉, 尾崎和男, 友田勝巳, 植物細胞分子生物シンポジウム講演要旨集, 5th, 119,   1996年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902112294466040
  • 第10回 薬学総合研究所サイエンス・フォーラム 「アンデス・アマゾンの薬用資源植物」, 友田 勝巳, 角谷 晃司, 佐竹 元吉, 薬学総合研究所紀要, 5,   1996年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560671
  • 異なる水耕栽培法によるカンゾウの生育とグリチルリチン生産, 角谷 晃司, 尾崎 和男, 渡辺 斉, 薬学総合研究所紀要, 5, 101, 104,   1996年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560668
  • (44) 組織培養系を用いて作出した青枯病抵抗性トマト系統の後代検定 (関西部会), 豊田 秀吉, 道後 充恵, 加藤 靖也, 野村 毅, 松田 克礼, 反保 宏行, 茶谷 和行, 角谷 晃司, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 61, 6,   1995年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002731800
  • 組織培養を利用したカンゾウ培養苗の調製における各種条件の検討, 角谷晃司, 友田勝巳, 尾崎和男, 渡辺斉, 日本生薬学会年会講演要旨集, 42nd, 115,   1995年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902118485010087
  • メロンおよびタバコ毛状根を用いた富栄養化水の生物浄化システム, 豊田秀吉, 細井好之, 西村貴宗, 角谷晃司, 松田克礼, 東浦優, 大内成志, 植物組織培養学会大会,シンポジウム講演要旨集, 14th, 152,   1995年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902104463454428
  • 組織培養を利用したカンゾウ培養苗の効率的調製, 角谷晃司, 尾崎和男, 渡辺斉, 友田勝巳, 植物組織培養学会大会,シンポジウム講演要旨集, 14th, 177,   1995年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902181919271210
  • トマト青枯病菌染色体からのプロモーターの分離と宿主ベクター系の構築, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 田和 直子, 川上 孝雄, 松田 克礼, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 61, 2, 137, 140,   1995年04月25日, 10.3186/jjphytopath.61.137, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002731948
    概要:トマト青枯病菌の染色体からプロモーターを分離するため, プロモーター欠失型 lux 遺伝子オペロンを有するトランスポゾン Tn4431 を接合伝達法で本菌染色体に導入した。発光能を獲得した形質転換体から染色体ライブラリーを作製し, 得られたクローンを lux 遣伝子とハイブリダイズさせ, 陽性クローンの DNA を GUS 遺伝子に連結して, その遺伝子発現活性の有無からプロモーターを選択した。その結果, 高いプロモーター活性の認められるサブクローンが得られたので, その全塩基配列を決定した。また, このプロモーターを既存のプラスミドに導入し, さらに若干の制限酵素部位を付加して, 青枯病菌で有効に機能できる形質転換ベクターを構築した。
  • 植物細胞工学による病害抵抗性植物の育成(I) 体細胞変異選抜技術を用いた病害抵抗性系統の作出, 松田克礼, 豊田秀吉, 大内成志, 茶谷和行, 角谷晃司, 近畿大学農学総合研究所報告, 3, 59, 70,   1995年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902116212273767
  • 第8回 薬学総合研究所サイエンス・フォーラム 「生命維持における活性酸素とNOの役割」, 友田 勝巳, 角谷 晃司, 井上 正康, 薬学総合研究所紀要, 4,   1995年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560657
  • <展示会>第3回 薬学総合研究所主催展示会, 角谷 晃司, 薬学総合研究所紀要, 4, 100, 101,   1995年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560659
  • トマト青枯病菌染色体からのプロモーターの分離と宿主ベクター系の構築, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 田和 直子, 川上 孝雄, 松田 克礼, 大内 成志, 日本植物病理学会報, 61, 2, 137, 140,   1995年, 10.3186/jjphytopath.61.137, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003914290
    概要:トマト青枯病菌の染色体からプロモーターを分離するため,プロモーター欠失型<i>lux</i>遺伝子オペロンを有するトランスポゾンTn4431を接合伝達法で本菌染色体に導入した。発光能を獲得した形質転換体から染色体ライブラリーを作製し,得られたクローンを<i>lux</i>C遺伝子とハイブリダイズさせ,陽性クローンのDNAをGUS遺伝子に連結して,その遺伝子発現活性の有無からプロモーターを選択した。その結果,高いプロモーター活性の認められるサブクローンが得られたので,その全塩基配列を決定した。また,このプロモーターを既存のプラスミドに導入し,さらに若干の制限酵素部位を付加して,青枯病菌で有効に機能できる形質転換ベクターを構築した。
  • トマト青枯病菌汚染圃場から分離された溶菌型バクテリオファージの諸特性, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 後藤 幸雄, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 60, 4, 531, 534,   1994年08月25日, 10.3186/jjphytopath.60.531, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002737256
    概要:Virulent bacteriophages (phages) were isolated from a field soil infested with the host bacterium, Pseudomonas solanacearum (strain K-101) and examined for their physical and chemical properties. The phages were classified into two types on the basis of their plaque morphologies (small obscure or large clear plaques against the indicator bacterium K-101), and the phages were isolated and purified through a series of plaque isolation. An electron microsopic observation indicated that the phage isolate forming a small plaque had a polygonal head with three tails and the other a smaller head with two tails. The electrophoretic patterns of DNA fragments obtained by the digestion with some restriction endonucleases were completely different between these two types of isolated phages. The RFLP was detected among the small plaque-forming phage isolates, although there was no difference in morphology of phage particle and infectivity against some different strains of the host bacterium.
  • (163) 組織培養系を利用して選抜した青枯病抵抗性トマトの自殖後代における抵抗性検定 (日本植物病理学会大会), 豊田 秀吉, 川上 孝夫, 道後 充恵, 角谷 晃司, 加藤 靖也, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 60, 3,   1994年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002737084
  • Pseudomonas solanacearumに対するインドールおよびその関連化合物の抗細菌活性 : (第5報)トマト葉中における3-インドールプロピオン酸の主要代謝物の同定, 松田 一彦, 豊田 秀吉, 西田 隆次, 西尾 仁美, 道後 充恵, 角谷 晃司, 駒井 功一郎, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 60, 2, 233, 235,   1994年04月25日, 10.3186/jjphytopath.60.233, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002736904
    概要:青枯病菌に対して選択的に抗細菌活性を示す3-インドールプロピオン酸(IPA)の代謝反応をトマト切枝を用いて調べた。薄層クロマトグラフィーを用いて分析したところ, トマト葉中にとり込まれたIPAは, 時間の経過とともにIPAよリRf値の低い化合物に変換されることがわかった。新たに検出された化合物はトマト葉中でIPAが代謝されたために生じたものと考え, IPAを24時間処埋したトマト葉から同代謝物を単離した後, 化学構造を解析した。その結果, IPAの主要代謝物は 1-O-(3-indolepropionyl)-β-D-glucopyranoseであると同定した。IPAは2.5μg/mlで青枯病菌の増殖を完全に抑制するのに対し, IPAの主要代謝物として同定されたグルコース配糖体は100μg/mlでも全く抗細菌活性を示さなかった。
  • 体細胞変異選抜したトマト青枯病抵抗性系統における抵抗性機構の解析(I), 角谷晃司, 豊田秀吉, 加藤靖也, 道後充恵, 大内成志, 日本植物組織培養学会植物組織培養シンポジウム講演要旨集, 4th, 142, 143,   1994年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902131574066491
  • 第4回 薬学総合研究所サイエンス・フォーラム 「エリスロポエチン : その発見から臨床応用まで」, 友田 勝巳, 角谷 晃司, 浅野 克彦, 薬学総合研究所紀要, 3,   1994年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560641
  • <展示会>第2回 薬学総合研究所主催展示会, 友田 勝巳, 角谷 晃司, 薬学総合研究所紀要, 3,   1994年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560644
  • Pseudomonas solanacearumに対するインドールおよびその関連化合物の抗細菌活性(第5報), 松田 一彦, 豊田 秀吉, 西田 隆次, 西尾 仁美, 道後 充恵, 角谷 晃司, 駒井 功一郎, 大内 成志, 日本植物病理学会報, 60, 2, 233, 235,   1994年, 10.3186/jjphytopath.60.233, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003914216
    概要:青枯病菌に対して選択的に抗細菌活性を示す3-インドールプロピオン酸(IPA)の代謝反応をトマト切枝を用いて調べた。薄層クロマトグラフィーを用いて分析したところ,トマト葉中にとり込まれたIPAは,時間の経過とともにIPAよりRf値の低い化合物に変換されることがわかった。新たに検出された化合物はトマト葉中でIPAが代謝されたために生じたものと考え,IPAを24時間処理したトマト葉から指代謝物を単離した後,化学構造を解析した。その結果,IPAの主要代謝物は1-O-(3-indolepropionyl)-&beta;-D-glucopyranoseであると指定した。IPAは2.5&mu;g/mlで青枯病菌の増殖を完全に抑制するのに対し,IPAの主要代謝物として指定されたグルコース配糖体は100&mu;g/mlでも全く抗細菌活性を示さなかった。
  • 組織培養を利用したカンゾウ苗の効率的生産・・・とくに培地組成について, 角谷 晃司, 長瀬 由典, 渡辺 斉, 薬学総合研究所紀要, 3, 54, 57,   1994年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560636
  • 組織培養系を利用して選抜した青枯病抵抗性トマトの自殖後代における抵抗性検定, 角谷晃司, 豊田秀吉, 道後充恵, 茶谷和行, 田中徳夫, 加藤靖也, 大内成志, 植物組織培養学会大会,シンポジウム講演要旨集, 13th, 157,   1993年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902111156672287
  • (200) インドール類縁化合物の青枯病菌に対する抗菌活性 (日本植物病理大会), 豊田 秀吉, 道後 充恵, 松田 一彦, 角谷 晃司, 西田 隆次, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 59, 3,   1993年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002736520
  • A208 置換インドールプロピオン酸類の置換基構造と青枯病菌に対する抗菌活性との関係, 松田 一彦, 西田 隆次, 西尾 仁美, 脇田 恵子, 豊田 秀吉, 道後 充恵, 角谷 晃司, 濱田 昌之, 大内 成志, 講演要旨集, 18,   1993年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001799885
  • (72) 青枯病菌phageの外被タンパク遺伝子のクローニング (関西部会), 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 西田 武博, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 59, 1,   1993年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002736220
  • 第1回 薬学総合研究所サイエンス・フォーラム 「植物触媒と薬学」, 友田 勝巳, 角谷 晃司, 古谷 力, 薬学総合研究所紀要, 2,   1993年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560628
  • <展示会>薬学総合研究所主催展示会, 友田 勝巳, 角谷 晃司, 薬学総合研究所紀要, 2, 183, 184,   1993年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560631
  • 抗菌性根面棲息性細菌とキチン分解性放線菌によるトマト萎ちょう病の生物防除, 豊田 秀吉, 森本 正幸, 角谷 晃司, 森川 正章, 深溝 慶, 後藤 幸男, 寺田 彦次郎, 大内 成志, 日本植物病理学会報, 59, 4, 375, 386,   1993年, 10.3186/jjphytopath.59.375, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003749978
    概要:トマトの萎ちょう病菌を防除するため,抗菌性根面棲息性細菌とキチン分解性放線菌を併用した生物防除法を確立した。まず,トマト根磨砕液から分離した根面細菌(<i>Serratia marcescens</i>)を<i>lux</i>遺伝子およびテトラサイクリン抵抗性遺伝子で標識し,トマト種子をコーティングした後,土壌に播種してその挙動を追跡した。本菌は新たに形成されたトマト根にも定着したが,その細菌密度は根の伸長とともに低下した。そこで,本菌がキチン分解産物を資化できることに着目し,コーティング種子をキチン分解性放線菌(<i>Streptomyces anulatus</i>)を優先化させたキチン添加土壌に播種した。その結果,伸長した根においても高密度の根面細菌が分離され,萎ちょう病に高い防除効果を示したので,キチン分解性放線菌によって得られた分解産物が根面細菌の増殖を促進したことにより効果的な防除結果が得られたものと考え,本法をBinary microbe systemと名付けた。
  • <総説>外来遺伝子の導入とその発現解析, 豊田 秀吉, 角谷 晃司, 松田 克礼, 薬学総合研究所紀要, 2, 44, 60,   1993年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560614
  • Pseudomonas solanacearum に対するインドールおよびその関連化合物の抗細菌活性 : (第3報)トマト切枝および遺伝子標識病原細菌を用いたイジドール誘導体の抗細菌活性検定, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 一彦, 西田 隆次, 道後 充恵, 坂 秀樹, 濱田 昌之, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 58, 5, 784, 788,   1992年12月25日, 10.3186/jjphytopath.58.784, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002736060
    概要:植物体に処理したインドール誘導体の抗細菌活性を検討するため, トマト切枝葉によるアッセイ系を確立した。青枯病菌の染色体に検出マーカー遣伝子(lux オペロンと tet^r 遺伝子)を接合伝達法で導入し, 病原菌の増殖をテトラサイクリン抵抗性と発光能によって追跡した。次に, 遺伝子標識細菌を切枝葉に接種して病原性が保持されていることを確認した後, 各種濃度のインドール, 3-インドールプロピオン酸および3-インドールアクリル酸を切枝葉に処理して病原菌増殖に対する影響を検討した。その結果, 3-インドールプロピオン酸処理によって病原菌の増殖ならびに萎凋出現がもっとも効果的に抑制された。これらの効果から, 本法は各種化合物の in vivo 抗細菌活性の測定に有効であると考えた。
  • (226) 3-Indolepropionic acid および関連化合物の構造と青枯病菌に対する抗菌活性の関係 (日本植物病理学会大会), 松田 一彦, 西田 隆次, 豊田 秀吉, 道後 充恵, 坂 秀樹, 角谷 晃司, 濱田 昌之, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 58, 4,   1992年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002735890
  • (227) インドール類縁化合物の青枯病菌に対する抗菌活性の in vivo 検定 (日本植物病理学会大会), 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 一彦, 道後 充恵, 西田 隆次, 坂 秀樹, 濱田 昌之, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 58, 4,   1992年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002735891
  • (235) トマト青枯病菌のプロモーター領域の検索 (日本植物病理学会大会), 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 田和 直子, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 58, 4,   1992年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002735899
  • (22) 細菌間の接合伝達による形質転換体の作出 (関西部会), 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 梁井 恵美, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 58, 1,   1992年01月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002735479
  • Pseudomonas solanacearumに対するインドールおよびその関連化合物の抗細菌活性(第3報), 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 一彦, 西田 隆次, 道後 充恵, 坂 秀樹, 濱田 昌之, 大内 成志, 日本植物病理学会報, 58, 5, 784, 788,   1992年, 10.3186/jjphytopath.58.784, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003914090
    概要:植物体に処理したインドール誘導体の抗細菌活性を検討するため,トマト切枝葉によるアッセイ系を確立した。青枯病菌の染色体に検出マーカー遺伝子(<i>lux</i>オペロンと<i>tet</i><sup>r</sup>遺伝子)を接合伝達法で導入し,病原菌の増殖をテトラサイクリン抵抗性と発光能によって追跡した。次に,遺伝子標識細菌を切枝葉に接種して病原性が保持されていることを確認した後,各種濃度のインドール,3-インドールプロピオン酸および3-インドールアクリル酸を切枝葉に処理して病原菌増殖に対する影響を検討した。その結果,3-インドールプロピオン酸処理によって病原菌の増殖ならびに萎凋出現がもっとも効果的に抑制された。これらの効果から,本法は各種化合物の<i>in vivo</i>抗細菌活性の測定に有効であると考えた。
  • Pseudomonas solanacearumに対するインドールの抗細菌活性 : 第2報 : インドール誘導体の抗細菌活性, 豊田 秀吉, 松田 一彦, 道後 充恵, 角谷 晃司, 赤座 啓史, 山下 修司, 今西 由香, 松田 克礼, 濱田 昌之, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 57, 5, 716, 719,   1991年12月25日, 10.3186/jjphytopath.57.716, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002735344
    概要:青枯れ病防除薬剤の開発を目的として, インドールおよびその誘導体10種について, P. solanacearumに対する抑制効果を検討した。その結果, インドール, 3-インドールプロピオン酸(I-3P)および3-インドールアクリル酸(I-3A)に強い抑制作用が認められたので, さらに7系統のP. solanacearumと4種のPseudomonas属細菌を供試し, これらの化合物の細菌増殖に及ぼす効果を調べた。その結果, I-3PとI-3Aはインドールの5〜10倍の抑制効果を示し, P. solanacearumの増殖のみを選択的に抑制することが明らかとなった。
  • (150) 青枯病菌の増殖を抑制するインドール化合物の作用機作 (日本植物病理学会大会), 豊田 秀吉, 道後 充恵, 角谷 晃司, 松田 一彦, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 57, 3,   1991年07月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002735178
  • (202) 青枯病菌 virulent phage の宿主認識機構とその遺伝子解析 : IlI. Virulent phage のRFLP分析 (日本植物病理学会大会), 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 星野 香織, 賀本 耕二, 田中 博, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 57, 3, 444, 445,   1991年07月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002735230
  • (91) Klebsiella oxytoca の生産する抗細菌物質の分離とその化学構造の決定 (関西部会), 角谷 晃司, 松田 一彦, 豊田 秀吉, 赤座 啓史, 山下 修司, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 57, 1, 114, 115,   1991年01月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002734911
  • (92) 青枯病菌の増殖に及ぼすインドール化合物の抑制効果 (関西部会), 豊田 秀吉, 道後 充恵, 角谷 晃司, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 57, 1,   1991年01月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002734912
  • Pseudomonas solanacearumに対するインドールの抗細菌活性 (第2報), 豊田 秀吉, 松田 一彦, 道後 充恵, 角谷 晃司, 赤座 啓史, 山下 修司, 今西 由香, 松田 克礼, 濱田 昌之, 大内 成志, 日本植物病理学会報, 57, 5, 716, 719,   1991年, 10.3186/jjphytopath.57.716, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003914008
    概要:青枯れ病防除薬剤の開発を目的として,インドールおよびその誘導体10種ついて,<i>P. solanacearum</i>に対する抑制効果を検討した。その結果,インドール,3-インドールプロピオン酸(I-3P)および3-インドールアクリル酸(I-3A)に強い抑制作用が認められたので,さらに7系統の<i>P. solanacearum</i>と4種の<i>Pseudomonas</i>属細菌を供試し,これらの化合物の細菌増殖に及ぼす効果を調べた。その結果,I-3PとI-3Aはインドールの5&sim;10倍の抑制効果を示し,<i>P. solanacearum</i>の増殖のみを選択的に抑制することが明らかとなった。
  • (4) 青枯病菌Virulent phageの宿主認識機構とその遺伝子解析 : II. Virulent phageのtransfection (関西部会講演要旨), 豊田 秀吉, 角谷 晃司, 池田 成志, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 56, 1, 116, 117,   1990年01月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002749247
  • (69) 抗菌性根面細菌による土壌病害防除法の検討 (関西部会講演要旨), 豊田 秀吉, 森本 正幸, 寺田 彦次郎, 角谷 晃司, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 56, 1,   1990年01月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002749312
  • (176) 青枯病菌virulent phageの宿主認識機構とその遺伝子解析 : (1) Virulent phageの物理化学的・生物学的性質 (平成元年度日本植物病理学大会講演要旨), 豊田 秀吉, 角谷 晃司, 後藤 幸男, 田中 博, 大内 成志, 日本植物病理學會報, 55, 4,   1989年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002748851
  • Somatic embryogenesis and plantlet regeneration on several species of licorice, Koji Kakutani, Kazuo Ozaki, Hitoshi Watanabe, Katsumi Tomoda, Plant Biotechnology, 16, 3, 239, 241,   1999年, 10.5511/plantbiotechnology.16.239, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=53149124066&origin=inward
    概要:Leaf explants of four species of licorice (Glycyrrhiza glabra L., G. uralensis F., G. echinata L., and G. squamulosa F.) were cultured on Murashige and Skoog (MS) basal medium. G. glabra L. and G. uralensis F. formed adventitious roots from calli on the medium containing NAA (1mgl-1). Both calli induced from G. echinata L. and G. squamulosa F. formed somatic embryos on the medium containing NAA (1mgl-1) and BAP (1mgl-1), or 2,4- D (0.5mgl-1) alone. Plantlets regenerated from the somatic embryos were transplanted to soil.
  • Evaluation of stable resistance expression in self-pollinated progenies of bacterial wilt resistant regenerants obtained from leaf callus of tomato, Hideyoshi Toyoda, Nobuhiro Kita, Koji Kakutani, Yoshinori Matsuda, Mitsue Dogo, Yasunari Kato, Tsuyoshi Nomura, Miki Bingo, Hiroyuki Tampo, Hiroyuki Tampo, Kazuyuki Chatani, Kazuyuki Chatani, Kunihiko Shimizu, Kunihiko Shimizu, Seiji Ouchi, Plant Biotechnology, 14, 2, 105, 110,   1997年, 10.5511/plantbiotechnology.14.105, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0011840488&origin=inward
    概要:The bacterial wilt resistant line LNSR-7 of tomato was isolated from self-pollinated progenies of leaf-callus derived regenerants by directly inoculating a bacterial wilt pathogen Pseudomonas solanaceanum into injured roots of tested plants. The subsequent self-pollinated progenies of the line were examined for their fruit quality and resistance expression under natural cultivation conditions in a pathogen-infested tomato field. During three generations of progenies, the tomato plants showing both the bacterial wilt resistance and the high fruit qualities comparable to the parental cultivar were selected in order to fix commercial characteristics of the line. The stable inheritance of the resistance in the subsequent self-pollinated progenies was further examined by directly inoculating the pathogen into the roots of test plants. Inoculated plants were planted in soil heavily infested with the pathogen to ensure exposure to the pathogen. Under these artificial inoculation conditions, the selected line was shown to be highly resistant to the disease. The resistance mechanism in the line was analyzed by examining multiplication and translocation of the pathogen in planta. The precise monitoring of infection behavior of the pathogen was successfully achieved using the genetically marked P. solanacearum. Consequently the present line LNSR-7 strictly limited secondary multiplication and translocation of the pathogen and suppressed the wilt induction by the pathogen,.

特許

  • 静電苗シェルター及びこれに使用される静電場スクリーン発生装置, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 瀧川 義浩, 草刈 眞一, 岡田 清嗣, 森川 信也, 柴尾 学, 特願2015-191050, 特開2017-063655
  • 携帯型害虫誘引捕捉装置及び携帯型静電場スクリーン発生装置, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 瀧川 義浩, 岡田 清嗣, 草刈 眞一, 園田 隆博, 川上 幸一, 特願2015-111080, 特開2016-220629
  • 静電場スクリーン発生装置、食材保管装置及びコンテナ, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 草刈 眞一, 金原 淳司, 園田 隆博, 特願2015-092969, 特開2016-209783
  • 静電場発生装置、飛動生物除去装置及び植物保護装置, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 草刈 眞一, 金原 淳司, 納村 和美, 特願2016-029479, 特開2016-154539
  • 誘電分極を用いた分生子吸着による防カビ方法、飛動生物除去装置、及び植物保護装置, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 草刈 眞一, 東 勝秀, 特願2008-500512, 特許第5599564号
  • シャクヤクの育苗方法, 角谷 晃司, 特願2010-185700, 特開2011-142903, 本発明は、シャクヤクの効率的な育苗方法に関するものである。より詳細にはシャクヤ クの根茎を休眠打破し、次いで根茎を分割し、ハウス栽培等促成栽培にて萌芽形成・成熟 させることを特徴とするシャクヤクの効率的な育苗方法に関するものである。さらに得ら れた苗を圃場に定植し栽培することを特徴とするシャクヤクの効率的な栽培方法に関する ものである。
  • 飛動生物除去装置及び植物保護装置, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, カゴメ株式会社, カゴメ株式会社, 大阪府, 特願2006-014135, 特開2007-195404, 特許第4771310号
  • シャクヤクの組織培養法および褐変化抑制方法, 角谷 晃司, 特願2008-079428, 特開2009-232691, 本発明は、シャクヤク(Paeonia lactifloara Pallas)を 含む木本植物の組織培養における培養物の褐変化抑制方法、ならびにその方法を用いるシ ャクヤクの組織培養法に関するものである。具体的には大和シャクヤク(Paeonia lactiflora Pallas var. trichocarpa Bung e)の組織培養において、褐変化を抑制する条件下にて、根茎の生長点からシュートを誘 導する方法、得られたシュートを発根培地で発根させることにより大和シャクヤクの植物 体を得る方法に関するもので、大和シャクヤクの大量増殖法に繋がる技術に関する。
  • 誘電分極を用いた分生子吸着による防カビ方法、飛動生物除去装置、及び植物保護装置, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 草刈 眞一, 東 勝秀, JP2007052562, WO2007-094339
  • 飛動生物除去装置及び植物保護装置, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 東 勝秀, 太田 喜章, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 草刈 眞一, 特願2006-014135, 特開2007-195404
  • 植物病害の治療方法および治療装置, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, カゴメ株式会社, カゴメ株式会社, 大阪府, 特願2006-014136, 特開2007-195405
  • 大和トウキの識別方法、その識別用材料、およびその応用製品, 角谷 晃司, 橋本 隆, 大木, 宏之, 村田 純, 特願2007-227285, 特開2008-086309, 大和トウキ(Angelica acutiloba Kitagawa)および北海トウキ(Angelica acutiloba var. sugiyamae Hikino)の識別用DNAマーカー、およびそのDNAマーカーをPCRにより選択的に増幅する識別用プライマー対、その識別用プライマー対を用いる大和トウキと他生産地トウキとの識別方法、ならびにその識別用プライマー対を含有するキットなどを提供する。
  • 誘電分極を用いた分生子吸着による防カビ方法、飛動生物除去装置、及び植物保護装置, 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, カゴメ株式会社, カゴメ株式会社, 大阪府, 特願2006-036509, 特開2006-255690
  • トマト糖脂質による農園芸用抗カビ剤, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 東 勝秀, 特願2005-039938, 特開2006-225304