川畑 篤史 (カワバタ アツフミ)

  • 薬学部 医療薬学科 教授/医療薬学科長
Last Updated :2022/06/16

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    神経細胞や癌細胞におけるイオンチャネルや生体内ガスの役割を解析し、新しいタイプの鎮痛薬、神経の再生を促進する薬、癌の副作用を抑える薬などの開発を製薬会社と協力して進めています。
  • 報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧> ●2020/1/9  毎日新聞  大麻使用による人格障害の影響について ●2016/11/29  TBS系列「Nスタ」  薬物依存者の再犯率が上がっていることについて ●2016/4/27  日本テレビ系列「newsevery.」  未成年の男子選手の大麻使用疑いについて ●2016/3/21  産経新聞  覚醒剤の危険性について ●2016/3/17  TBS系列「NEWS23」 薬物の危険性や今後の治療法などについて ●2016/3/17 TBS系列「ニュースバード」 薬物の危険性や今後の治療法などについて ●2016/3/16  産経新聞  大麻の危険性について

研究者情報

学位

  • 薬学修士
  • 薬学博士

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • ラジカル   プロテアーゼ   受容体   Radical   Protease   Receptor   

現在の研究分野(キーワード)

    神経細胞や癌細胞におけるイオンチャネルや生体内ガスの役割を解析し、新しいタイプの鎮痛薬、神経の再生を促進する薬、癌の副作用を抑える薬などの開発を製薬会社と協力して進めています。

研究分野

  • ライフサイエンス / 薬理学
  • ライフサイエンス / 薬理学
  • ライフサイエンス / 薬理学
  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学

学歴

  •         - 1985年   近畿大学   薬学系研究科   薬学
  •         - 1985年   Kinki University   Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences
  •         - 1983年   近畿大学   薬学部   薬学
  •         - 1983年   Kinki University   Faculty of Pharmaceutical Science

所属学協会

  • 日本疼痛学会   日本薬学会   日本薬理学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • H2S and pain: a novel aspect for processing of somatic, visceral and neuropathic pain signals. In Chemistry, Biochemistry and Pharmacology of Hydrogen Sulfide, edited by Moore, P.K. and Whiteman, M.
    Terada, Y; Kawabata, A (担当:共著範囲:)Springer 2015年 217-230
  • 香月 博志; 成田 年; 川畑 篤史 廣川書店 2015年 ISBN: 9784567495103
  • Disseminated intravascular coagulation (DIC)-like events produced by environmental stress and by lipopolysaccharide : Nitric oxide as a common key molecule.
    The Biology of Nitric Oxide Part 6(Portland Press, London) 1998年
  • NOの疼痛制御における役割の多様性
    医学のあゆみ別冊「NOのすべて」 1996年
  • Multiplicity of the role of nitric oxide in pain modulation
    1996年
  • NOと痛み
    NO(メジカルビュー社) 1995年
  • 痛みの情報伝達・制御とNO
    NO研究の最前線(実験医学・増刊号)(羊土社) 1995年
  • NO and Pain(共著)
    NO 1995年
  • The Role of NO in Pain Processing(共著)
    Nitric Oxide (Experimental Medicine) 1995年
  • The dual role of L-arginine in nociceptive processing in the brain : involvement of nitric oxide and kyotorphin(共著)
    Nitric Oxide-Roles in Neuronal Communication and Neurotoxicity (Japan Scientific Societies Press, and CRC Press) 1994年

講演・口頭発表等

  • オキサリプラチン誘起末梢神経障害の発症メカニズムの解析―HMGB1および内因性トロンボモジュリン/トロンビンの役割―  [招待講演]
    坪田真帆、川畑篤史
    第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月 口頭発表(招待・特別) 東大阪
  • 芳香族Lアミノ酸脱炭酸酵素阻害薬カルビドパはH2S産生酵素cystathionine-β-synthaseを阻害することで内臓痛を抑制する  [通常講演]
    井場祐里子、本夛泉侑、坪田真帆、川瀬篤史、岩城正宏、川畑篤史
    第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月 ポスター発表 東大阪
  • 芳香族Lアミノ酸脱炭酸酵素阻害薬カルビドパとベンセラジドは多発性骨髄腫細胞の生存・増殖を抑制する:H2S産生阻害作用の関与について  [通常講演]
    森口晴香、関口富美子、福島志歩、本夛泉侑、井場祐里子、坪田真帆、平本志於里、田中宏和、芦田隆司、松村到、川畑篤史
    第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月 ポスター発表 東大阪
  • プロテアソーム阻害薬はマクロファージからカスパーゼ依存性にHMGB1を遊離させる:多発性骨髄腫治療薬ボルテゾミブ誘発性末梢神経障害への関与について  [通常講演]
    青木葉優衣、池田裕哉、関口富美子、坪田真帆、川畑篤史
    第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月 ポスター発表 東大阪
  • トロンボモジュリンアルファは2型糖尿病db/dbマウスにおける有痛性末梢神経障害をトロンビン依存性に抑制する:ストレプトゾシン誘発1型糖尿病モデルとの違いについて  [通常講演]
    中野遥、冨田詩織、坪田真帆、川畑篤史
    第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月 ポスター発表 東大阪
  • オキサリプラチン誘起末梢神経障害への補体C5aの関与  [通常講演]
    田島和樹、圓尾賢悟、坪田真帆、西堀正洋、川畑篤史
    第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月 ポスター発表 東大阪
  • サルファイドによるCav3.2 T型Ca2+チャネル機能増強メカニズムの解析:ポリサルファイドとの違いと亜鉛の関与  [通常講演]
    南郷優希、増田寛志、笠波嘉人、関口富美子、大久保つや子、吉田 繁、川畑篤史
    第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月 ポスター発表 東大阪(大阪)
  • Cav3.2 T型Ca2+チャネルおよびHMGB1の役割  [通常講演]
    坪田真帆、川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2021 2021年08月 口頭発表(一般) 札幌 (ハイフレックス)
  • Thrombomodulin alfaによるoxaliplatin誘起末梢神経障害発症抑制作用に関与するメカニズムの解析:HMGB1不活性化作用とprotein C及びTAFI活性化作用の寄与について  [通常講演]
    圓尾賢悟、田島和樹、坪田真帆、西堀正洋、川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2021 2021年08月 ポスター発表 札幌 (ハイフレックス)
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルにおける結腸過敏へのマクロファージおよび腸管グリア細胞由来HMGB1の関与  [通常講演]
    佐々木花菜、Shin Eunkyung、野中結、梶谷梨絵、坪田真帆、西堀正洋、川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2021 2021年08月 ポスター発表 札幌 (ハイフレックス)
  • エストロゲンはマクロファージからのHMGB1遊離とHMGB1感受性を低下させることでパクリタキセル誘発性末梢神経障害を抑制的に制御する  [通常講演]
    貫戸綾乃、坪田真帆、平本志於里、松永浩明、宮本朋佳、小泉祐一、西堀正洋、川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2021 2021年08月 ポスター発表 札幌 (ハイフレックス)
  • T型カルシウムチャネル阻害活性を有する定型抗精神病薬pimozideの構造展開研究による新規難治性疼痛治療薬の創製  [通常講演]
    笠波嘉人、木野貴博、石川千浩、高島康宏、長南百香、岡田卓哉、関口富美子、吉田 繁、大久保つや子、豊岡尚樹、川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2021 2021年08月 ポスター発表 札幌 (ハイフレックス)
  • エストロゲンはマクロファージにおけるパクリタキセル誘起HMGB1遊離とマウスにおけるHMGB1誘起アロディニアを抑制する:エストロゲン低下によるパクリタキセル誘発性末梢神経障害重症化との関係について  [通常講演]
    貫戸綾乃、坪田真帆、平本志於里、松永浩明、宮本朋佳、小泉祐一、西堀正洋、川畑篤史
    第139回日本薬理学会近畿部会 2021年06月 口頭発表(一般) 名古屋(リモート)
  • H2S産生酵素cystathionine-β-synthaseの阻害薬はボルテゾミブ耐性を獲得した多発性骨髄腫細胞の生存・増殖を抑制する  [通常講演]
    関口富美子、福島志歩、森口晴香、平本志於里、田中宏和、芦田隆司、松村到、川畑篤史
    第139回日本薬理学会近畿部会 2021年06月 口頭発表(一般) 名古屋(リモート)
  • H2S供与体Na2Sのマウス頬皮内投与により誘起されるCav3.2依存性掻痒および疼痛に対する定型抗精神病薬pimozideとD2受容体遮断活性を減弱させた新規pimozide誘導体KTtp-5の作⽤  [通常講演]
    倉橋翔太郎、西山伊代、南野莉那、木野貴博、高島康宏、笠波嘉⼈、木野志織、西川裕之、石川千浩、岡田卓哉、関口富美子、坪田真帆、豊岡尚樹、川畑 篤史
    第139回日本薬理学会近畿部会 2021年06月 口頭発表(一般) 名古屋(リモート)
  • 抗精神病薬pimozideの構造展開による新規選択的T型カルシウムチャネル阻害薬の創製:新たな難治性疼痛治療薬の開発に向けて  [通常講演]
    木野貴博、笠波嘉⼈、石川千浩、高島康宏、長南百⾹、岡田卓哉、関口富美子、吉田繁、大久保つや子、豊岡尚樹、川畑篤史
    第139回日本薬理学会近畿部会 2021年06月 口頭発表(一般) 名古屋(リモート)
  • 内臓痛におけるマクロファージ由来HMGB1の役割と治療標的分子としての可能性  [招待講演]
    川畑篤史
    第126回日本解剖学会総会・全国学術集会と第98回日本生理学会大会の合同大会 口頭発表(招待・特別) 名古屋(リモート)
  • 女性癌患者におけるパクリタキセル誘発性末梢神経障害の発症・重症化に寄与する因子について  [通常講演]
    平本志於里、淺野肇、吉年正宏、栁江正嗣、宮本朋佳、竹上学、川畑 篤史
    日本薬学会 第142年会 ポスター発表 広島(リモート)
  • 新規T型カルシウムチャネル阻害剤の創製研究  [通常講演]
    田中博人、大井勲、廣瀬雅朗、小川亨、遠藤剛、山川富雄、川畑篤史
    日本薬学会 第141年会 ポスター発表 広島(リモート)
  • 学部生における一般名と商品名による医薬品認識に及ぼす病院実務実習の影響  [通常講演]
    家田正子、宮本朋佳、細見光一、高田充隆、竹上学、川畑篤史
    日本薬学会 第141年会 ポスター発表 広島(リモート)
  • 神経由来ATPはpaclitaxelによるマクロファージからのHMGB1遊離を促進する:化学療法誘発性末梢神経障害における神経-免疫連関媒介物質としてのATPの役割  [通常講演]
    堂本莉紗、釜口力、家村麻衣子、関口富美子、川畑篤史
    第94回日本薬理学会年会 ポスター発表 札幌 (ハイフレックス)
  • マウスおいて硫化物の頬皮内投与により誘起される痒みと痛み:Cav3.2 T型カルシウムチャネル遺伝子欠失の影響  [通常講演]
    倉橋翔太郎、西山伊代、南野莉那、西川裕之、関口富美子、坪田真帆、川畑篤史
    第94回日本薬理学会年会 ポスター発表 札幌 (ハイフレックス)
  • Repagermanium水解物はsulfideを捕捉することでH2SによるCav3.2チャネル活性上昇と内臓痛および体性痛を抑制する  [通常講演]
    小池寧々、杉本果歩、増田寛志、島田康弘、佐藤克行、中村宜司、山口浩明、田邉元三、丸本真輔、笠波嘉人、関口富美子、大久保つや子、吉田繁、川畑篤史
    第94回日本薬理学会年会 ポスター発表 札幌 (ハイフレックス)
  • 坐骨神経損傷マウスから摘出した後根神経節神経細胞の突起伸長促進にはマクロファージ由来HMGB1が関与する  [通常講演]
    関口富美子, 中武ゆい, 坪田真帆、西堀正洋、川畑篤史
    第94回日本薬理学会年会 ポスター発表 札幌 (ハイフレックス)
  • トロンビン阻害薬はHMGB1が関与する結腸痛と膀胱痛を増悪させる:内蔵痛制御における内因性トロンボモジュリン/トロンビン系の役割  [通常講演]
    山縣歩夢、松井和樹、坪田真帆、西堀正洋、川畑篤史
    第94回日本薬理学会年会 口頭発表(一般) 札幌 (ハイフレックス)
  • 卵巣摘出マウスにおけるパクリタキセル誘発性末梢神経障害およびHMGB1誘起アロディニアの増悪  [通常講演]
    貫戸綾乃、平本志於里、坪田真帆、松永浩明、宮本朋佳、小泉祐一、西堀正洋、川畑篤史
    第94回日本薬理学会年会 口頭発表(一般) 札幌 (ハイフレックス)
  • 前立腺癌の去勢抵抗性獲得と生活習慣病の関連性  [通常講演]
    林 友典、宮本朋佳、平田敦士、長井紀章、川畑篤史
    第138回日本薬理学会近畿部会 2020年11月 口頭発表(一般) 東大阪(リモート)
  • 糖尿病患者において抗凝固薬は末梢神経障害の発症を促進する:後ろ向きコホート臨床研究による基礎研究知見の検証  [通常講演]
    冨田詩織、田中雅幸、打谷和記、村中達也、川畑篤史
    第138回日本薬理学会近畿部会 2020年11月 口頭発表(一般) 東大阪(リモート)
  • 中分子ヘパリニルフェニルアラニンはRAGEが関与する痛みを抑制する  [通常講演]
    東本紅瑠美、上野山桐子、西川裕之、関口冨美子、坪田真帆、岡田卓哉、豊岡尚樹、川畑篤史
    第138回日本薬理学会近畿部会 2020年11月 口頭発表(一般) 東大阪(リモート)
  • 新規Cav3.2阻害剤NCP-1117の薬理プロファイル  [通常講演]
    田中博人、小川亨、中村英生、坪田真帆、小松隆男、今井利安、山川富雄、関口富美子、川畑篤史
    第138回日本薬理学会近畿部会 2020年11月 口頭発表(一般) 東大阪(リモート)
  • 有機ゲルマニウム化合物repagermaniumのH2S/Cav3.2を介した体性痛および内臓痛に対する抑制効果  [通常講演]
    関口富美子、小池寧々、島田康弘、杉本果歩、増田寛志、佐藤克行、中村宜司、山口浩明、田邉元三、丸本真輔、笠波嘉人、坪田真帆、川畑篤史
    第138回日本薬理学会近畿部会 2020年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 東大阪(リモート)
  • オキサリプラチン誘起末梢神経障害におけるHMGB1の役割とトロンボモジュリン/トロンビン系による抑制的制御  [通常講演]
    坪田 真帆、福田 亮太郎、林 佑亮、宮崎 貴也、上田慎、関口富美子、西堀正洋、川畑篤史
    第70回日本薬学会関西支部大会 2020年10月 口頭発表(一般) 草津(リモート)
  • 前立腺癌の去勢抵抗性獲得と臨床因子の関連性における探査研究  [通常講演]
    林 友典、宮本朋佳、平田敦士、長井紀章、川畑篤史
    第30回日本医療薬学会年会 2020年09月 口頭発表(一般) 名古屋(リモート)
  • 閉経後の乳がん患者はパクリタキセル誘発性末梢神経障害の発症・重症化リスクが高い  [通常講演]
    宮本朋佳、富士谷昌典、畑中重克、小泉祐一、川畑篤史
    第30回日本医療薬学会年会 2020年09月 口頭発表(一般) 名古屋(リモート)
  • 糖尿病性末梢神経障害の発現に及ぼす抗凝固薬の影響に関する後ろ向きコホート研究  [通常講演]
    冨田詩織、田中雅之、打谷和記、村中達也、岡崎和一、川畑篤史
    第30回日本医療薬学会年会 2020年09月 口頭発表(一般) 名古屋(リモート)
  • Schwann cells from neonatal rat sciatic nerves secrete high mobility group box 1 (HMGB1), a pro-inflammatory and pro-nociceptive mediator, in response to paclitaxel  [通常講演]
    Sekiguchi, F., Yamashita, R., Yasui, H., Kawabata, A
    12th FENS Forum of Neuroscience ポスター発表 Glasgow, UK(リモート)
  • Middle molecular weight heparinylphenylalanine selectively blocks RAGE and reduces HMGB1-dependent neuropathic and visceral pain in mice  [通常講演]
    Kawabata, A., Nishikawa, H. Higashimoto, K., Uenoyama, K., Sekiguchi, F., Tsubota1, M., Okada, T., Toyooka, N
    12th FENS Forum of Neuroscience ポスター発表 Glasgow, UK(リモート)
  • RAGE阻害活性を有する中分子ヘパリニルフェニルアラニンはマウスにおけるoxaliplatin誘発性末梢神経障害およびbutyrate誘起結腸痛を抑制する  [通常講演]
    東本久瑠美、上野山桐子、西川裕之、関口富美子、坪田真帆、豊岡尚樹、川畑篤史
    第93回日本薬理学会年会 ポスター発表 横浜(リモート)
  • エストロゲン欠乏によるパクリタキセル誘発性末梢神経障害の増悪:HMGB1の関与について  [通常講演]
    貫戸綾乃、平本志於里、坪田真帆、宮本朋佳、小泉祐一、西堀正洋、川畑篤史
    第93回日本薬理学会年会 ポスター発表 横浜(リモート)
  • RepagermaniumはH2Sと直接反応することでH2Sにより誘起されるCav3.2 T型カルシウムチャネル活性および痛み感受性の増大を抑制する  [通常講演]
    小池寧々、杉本果歩、増田寛志、島田康弘、佐藤克行、中村宜司、山口浩明、田邉元三、丸本真輔、笠波嘉人、関口富美子、大久保つや子、吉田 繁、川畑篤史
    第93回日本薬理学会年会 口頭発表(一般) 横浜(リモート)
  • 硫化水素産生酵素阻害薬はプロテアソーム阻害薬ボルテゾミブ耐性を獲得したヒト多発性骨髄腫KMS-11細胞の生存を抑制する  [通常講演]
    関口富美子、福島志歩、平本志於里、田中宏和、芦田隆司、松村 到、川畑篤史
    第93回日本薬理学会年会 ポスター発表 横浜(リモート)
  • 基礎と臨床の双方向性アプローチによる薬理学研究:がん患者における化学療法のリスク因子解析から見えてきたもの  [通常講演]
    川畑篤史
    第93回日本薬理学会年会 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 横浜(リモート)
  • Neuroimmune crosstalk in neuropathic and visceral pain: HMGB1 and ATP as key mediators  [通常講演]
    Kawabata, A
    第93回日本薬理学会年会 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 横浜(リモート)
  • 有機ゲルマニウム化合物repagermaniumはH2Sにより誘起されるCav3.2 T型カルシウムチャネル活性上昇とマウスにおけるアロディニアを直接的に阻害する  [通常講演]
    小池寧々; 杉本果歩; 増田寛志; 島田康弘; 佐藤克行; 中村宜司; 山口浩明; 田邉元三; 丸本真輔; 笠波嘉人; 関口富美子; 川畑篤史
    第136回日本薬理学会近畿部会 2019年11月 口頭発表(一般) 大阪(枚方)
  • パクリタキセル誘発性末梢神経障害のリスク因子解析:卵巣摘出マウスにおけるパクリタキセル誘発性末梢神経障害の増悪:HMGB1の関与について  [通常講演]
    平本志於里; 貫戸綾乃; 宮本朋佳; 坪田真帆; 小泉祐一; 西堀正洋; 川畑篤史
    第136回日本薬理学会近畿部会 2019年11月 口頭発表(一般) 大阪(枚方)
  • パクリタキセル誘発性末梢神経障害のリスク因子解析:がんの種類による違いと加齢の影響について  [通常講演]
    宮本朋佳; 平本志於里; 貫戸綾乃; 富士谷昌典; 畑中重克; 坪田真帆; 小泉祐一; 川畑篤史
    第136回日本薬理学会近畿部会 2019年11月 口頭発表(一般) 大阪(枚方)
  • ヒト多発性骨髄腫由来KMS-11細胞のボルテゾミブ耐性獲得における内因性硫化水素の役割  [通常講演]
    福島志歩; 平本志於里; 関口富美子; 田中宏和; 芦田隆司; 松村 到; 川畑篤史
    第69回日本薬学会関西支部総会・大会 2019年10月 ポスター発表 神戸
  • 生体内においてトロンビン・トロンボモジュリン系は内臓痛を抑制的に制御している  [通常講演]
    山縣歩夢; 松井和樹; 坪田真帆; 川畑篤史
    第69回日本薬学会関西支部総会・大会 2019年10月 ポスター発表 神戸
  • 肝障害によるオキサリプラチン誘発性末梢神経障害の増悪: 病原因子HMGB1を遊離する肝内細胞の探索  [通常講演]
    釜口 力; 堂本莉紗; 西村莉香; 関口富美子; 坪田真帆; 西堀正洋; 川畑篤史
    第69回日本薬学会関西支部総会・大会 2019年10月 ポスター発表 神戸
  • 中分子ヘパリニルフェニルアラニンのRAGE阻害活性とマウスにおけるoxaliplatin誘発性末梢神経障害およびbutyrate誘起結腸痛に対する抑制作用  [通常講演]
    東本紅瑠美; 上野山桐子; 西川裕之; 関口富美子; 坪田真帆; 岡田卓哉; 豊岡尚樹; 川畑篤史
    第69回日本薬学会関西支部総会・大会 2019年10月 ポスター発表 神戸
  • Role of T-type calcium channels in methamphetamine-induced hyperlocomotion and neuronal excitation in mice.  [通常講演]
    Koike, N; Yasui, H; Sekiguchi, F; Tanabe, G; Kawabata, A
    The 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress 2019年10月 ポスター発表 福岡
  • Involvement of HMGB1 in bortezomib-induced peripheral neuropathy in mice.  [通常講演]
    Ikeda, Y; Miyazak, T; Tsubota, M; Tomita, S; Sekiguchi, F; Nishibori, M; Kawabata, A
    The 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress 2019年10月 ポスター発表 福岡
  • Endogenous thrombin plays a preventive role against oxaliplatin-induced peripheral neuropathy: involvement of thrombomodulin-dependent inactivation of HMGB1 by thrombin.  [通常講演]
    Tsubota, M; Fukuda, R; Hayashi, Y; Miyazaki, T; Ueda, S; Nishibori, M; Kawabata, A
    The 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress 2019年10月 ポスター発表 福岡
  • Paclitaxel, an anti-cancer drug, causes extracellular release of HMGB1, a pro-inflammatory and pro-nociceptive mediator, in Schwann cells derived from neonatal rat sciatic nerves.  [通常講演]
    Sekiguchi, F; Yamashita, R; Yasui, H; Kawabata, A
    The 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress 2019年10月 ポスター発表 福岡
  • Role of HMGB1 and PRRs in pain processing.  [通常講演]
    Kawabata, A
    The 6th Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) Congress 2019年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 福岡
  • Crosstalk between the HMGB1/RAGE and CSE/H2S/Cav3.2 pathways involved in cystitis-related bladder pain in mice.  [通常講演]
    Hiramoto, S; Tsubota, M; Yamaguchi, K; Okazaki, K; Tanaka, J; Sekiguchi, F; Ishikura, H; Nishibori, M; Kawabata, A
    11th Congress of the European Pain Federation EFIC (2019 Pain in Europe XI), 2019年09月 ポスター発表 Valencia, Spain
  • Hepatic injury aggravates oxaliplatin-induced peripheral neuropathy in mice: possible involvement of HMGB1.  [通常講演]
    Domoto, R; Fukuda, R; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Nishibori, M; Kawabata, A
    11th Congress of the European Pain Federation EFIC (2019 Pain in Europe XI), 2019年09月 ポスター発表 Valencia, Spain
  • Critical role of Cav3.2 T-type calcium channels in H2S-dependent somatic and visceral pain signaling in mice.  [通常講演]
    Matsui, K; Fukushi, S; Koike, N; Yamagata, A; Tsubota, M; Mukai, Y; Oita, A; Takada, M; Kawabata, A
    11th Congress of the European Pain Federation EFIC (2019 Pain in Europe XI), 2019年09月 ポスター発表 Valencia, Spain
  • 6-Prenylnaringenin and its derivative, KTt45, are mixed T-type Ca2+ channel inhibitors/CB2 receptor agonists: antinociceptive activity in neuropathic and visceral pain models.  [通常講演]
    Sekiguchi, F; Kasanami, Y; Onishi, R; Tsubota, M; Miyazaki, T; Hiramoto, S; Okazaki, K; Nguyen, H.D; Okada, T; Toyooka, N; Yoshida, S; Ohkubo, T; Kawabata, A
    11th Congress of the European Pain Federation EFIC (2019 Pain in Europe XI), 2019年09月 ポスター発表 Valencia, Spain
  • Dietary ascorbic acid restriction in GNL/SMP30-knockout mice unveils the role of ascorbic acid in regulation of Cav3.2-dependent pain.  [通常講演]
    Kawabata, A; Tsubota, M; Uebo, K; Miki, K; Sekiguchi, F; Ishigami, A
    11th Congress of the European Pain Federation EFIC (2019 Pain in Europe XI), 2019年09月 ポスター発表 Valencia, Spain
  • 有機ゲルマニウム化合物repagermanium水解物は気体メディエーターH2Sを捕捉することでアロディニアを抑制する.  [通常講演]
    小池寧々; 杉本果歩; 島田康弘; 佐藤克行; 中村宣司; 山口浩明; 田邉元三; 関口富美子; 川畑篤史
    次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2019年08月 口頭発表(一般) 東京
  • オキサリプラチン誘起末梢神経障害におけるHMGB1系とトロンボモジュリン/トロンビン系の相反的役割.  [通常講演]
    坪田真帆; 福田亮太郎; 林 佑亮; 宮崎貴也; 上田 慎; 関口富美子; 西堀正洋; 川畑篤史
    次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2019年08月 口頭発表(一般) 東京
  • エストロゲンはパクリタキセル誘発性末梢神経障害に対して抑制的に作用する:マクロファージ由来HMGB1との関係について.  [通常講演]
    貫戸綾乃; 平本志於里; 宮本朋佳; 坪田真帆; 小泉祐一; 西堀正洋; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2019 2019年08月 ポスター発表 東京
  • Repagermanium水解物3-(trihydroxygermyl)propanoic acid (THGP)はH2Sに直接作用し外因性および内因性H2Sによるアロディニアを抑制する.  [通常講演]
    杉本果歩; 小池寧々; 島田康弘; 佐藤克行; 中村宜司; 山口浩明; 田邉元三; 関口富美子; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2019 2019年08月 ポスター発表 東京
  • 覚醒剤メタンフェタミンにより誘起されるマウスの行動量増加と脳内cFos発現におけるT型カルシウムチャネルの役割.  [通常講演]
    小池寧々; 安井洋樹; 関口富美子; 田邉元三; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2019 2019年08月 ポスター発表 東京
  • 化学療法誘発性末梢神経障害のリスク因子解析とHMGB1を標的とする予防戦略:基礎研究と臨床研究の融合による新知見とイノベーション.  [通常講演]
    川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2019 2019年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 東京
  • Role of peripheral HMGB1 and thrombomodulin/thrombin in neuropathic pain.  [通常講演]
    Kawabata, A
    第42回日本神経科学会 2019年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 新潟
  • マウスにおけるbortezomib誘発性末梢神経障害の発症および維持におけるHMGB1の役割とその起源.  [通常講演]
    池田裕哉; 宮崎貴也; 坪田真帆; 冨田詩織; 関口富美子; 西堀正洋; 川畑篤史
    第135回日本薬理学会近畿部会 2019年06月 口頭発表(一般) 岐阜
  • マウスにおいて肝障害により放出されるHMGB1はボルテゾミブ誘発性末梢神経障害を増悪させる.  [通常講演]
    堂本莉紗; 宮本朋佳; 関口富美子; 坪田真帆; 小泉祐一; 西堀正洋; 川畑篤史
    第135回日本薬理学会近畿部会 2019年06月 口頭発表(一般) 岐阜
  • 肝障害はボルテゾミブ誘発性末梢神経障害の発症リスクを増大させる.  [通常講演]
    宮本朋佳; 富士谷昌典; 堂本莉紗; 畑中重克; 福山紘基; 関口富美子; 小泉祐一; 川畑篤史
    第135回日本薬理学会近畿部会 2019年06月 口頭発表(一般) 岐阜
  • Distinct effects of T-type Ca2+ channel blockers and genetic deletion of Cav3.2 on somatic and visceral hypersensitivity.  [通常講演]
    Kawabata, A
    International Calcium Channel Meeting 2019 2019年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 大阪
  • マウスにおけるbortezomib誘発性末梢神経障害に関与するHMGB1の起源と標的分子:発症期と維持期における違いについて.  [通常講演]
    池田裕哉; 宮崎貴也; 坪田真帆; 冨田詩織; 関口富美子; 西堀正洋; 川畑篤史
    第92回日本薬理学会年会 2019年03月 ポスター発表 大阪
  • T型カルシウムチャネルはマウスにおいてメタンフェタミンにより誘起される行動量増加および脳内特定部位におけるcFos発現に関与する.  [通常講演]
    小池寧々; 安井洋樹; 関口富美子; 田邉元三; 川畑篤史
    第92回日本薬理学会年会 2019年03月 ポスター発表 大阪
  • PaclitaxelによるマクロファージからのHMGB1遊離におけるcystathionine γ-lyase/H2S系の役割と末梢神経障害への関与  [通常講演]
    山口一樹; 堂本莉紗; 関口富美子; 坪田真帆; 川畑篤史
    第92回日本薬理学会年会 2019年03月 ポスター発表 大阪
  • T型カルシウムチャネル、カンナビノイド受容体および難治性疼痛に及ぼすホップ成分6-prenylnaringeninとその誘導体KTt45の効果.  [通常講演]
    笠波嘉人; 大西伶佳; 木野貴博; 関口富美子; 坪田真帆; 宮崎貴也; 平本志於里; 岡崎杏子; Nguyen Huy Du; 岡田卓哉; 豊岡尚樹; 吉田 繁; 大久保つや子; 川畑篤史
    第92回日本薬理学会年会 2019年03月 ポスター発表 大阪
  • マウスにおいて膀胱炎に伴う疼痛シグナル発生に関与するHMGB1/RAGE系とCSE/H2S/Cav3.2系のクロストーク:ATPによるマクロファージ活性化の役割.  [通常講演]
    平本志於里; 鳥山祐希; 榮木彩; 山口薫; 坪田真帆; 田中潤一; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第92回日本薬理学会年会 2019年03月 ポスター発表 大阪
  • ヒトおよびマウスにおいて肝障害はオキサリプラチン誘発性末梢神経障害の増悪因子である:HMGB1が関与する可能性について.  [通常講演]
    堂本莉紗; 宮本朋佳; 西村莉香; 福田亮太郎; 関口富美子; 坪田真帆; 小泉祐一; 西堀正洋; 川畑篤史
    第92回日本薬理学会年会 2019年03月 口頭発表(一般) 大阪
  • 硫化水素によるCav3.2を介する疼痛シグナルの調節.  [通常講演]
    坪田真帆; 川畑篤史
    第92回日本薬理学会年会 2019年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 大阪
  • 前立腺がん細胞における低電位活性化Cav3.2 T型カルシウムチャネルの役割.  [通常講演]
    関口富美子; 川畑篤史
    第92回日本薬理学会年会 2019年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 大阪
  • HMGB1を標的とする化学療法誘発性末梢神経障害の発症予防.  [通常講演]
    川畑篤史
    第92回日本薬理学会年会 2019年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 大阪
  • マクロファージにおいてパクリタキセルにより誘発される内因性H2Sに依存したHMGB1遊離:化学療法誘発性末梢神経障害への関与  [通常講演]
    堂本莉紗; 山口一樹; 関口富美子; 坪田真帆; 川畑篤史
    痛み研究会2018 2018年12月 ポスター発表 岡崎
  • 化学療法誘発性末梢神経障害の原因物質としてのHMGB1の役割:臨床データ解析と基礎研究を駆使したアプローチ.  [通常講演]
    川畑篤史
    痛み研究会2018 2018年12月 口頭発表(一般) 岡崎
  • マウスにおいて覚醒剤メタンフェタミンにより誘起される行動量増加と脳内cFos発現に及ぼすT型カルシウムチャネル阻害薬の効果  [通常講演]
    小池寧々; 安井洋樹; 関口富美子; 田邉元三; 川畑篤史
    第134回日本薬理学会近畿部会 2018年11月 口頭発表(一般) 神戸
  • トロンボモジュリン/トロンビン系はHMGB1を不活性化することでオキサリプラチン誘発性末梢神経障害の発症を抑制的に制御している.  [通常講演]
    林 佑亮; 坪田真帆; 福田亮太郎; 宮崎貴也; 西堀正洋; 川畑篤史
    第134回日本薬理学会近畿部会 2018年11月 口頭発表(一般) 神戸
  • マウスにおいてオキサリプラチン誘発性末梢神経障害は肝障害によって増悪する.  [通常講演]
    堂本莉紗; 西村莉香; 関口富美子; 坪田真帆; 宮本朋佳; 小泉祐一; 西堀正洋; 川畑篤史
    第134回日本薬理学会近畿部会 2018年11月 口頭発表(一般) 神戸
  • オキサリプラチン誘発末梢神経障害のリスク因子:肝機能障害との関係について.  [通常講演]
    宮本朋佳; 福山紘基; 畑中重克; 富士谷昌典; 堂本莉紗; 関口富美子; 小泉祐一; 川畑篤史
    第134回日本薬理学会近畿部会 2018年11月 口頭発表(一般) 神戸
  • Cav3.2 T型カルシウムチャネル − どこで何をしているのか?  [通常講演]
    川畑篤史
    第134回日本薬理学会近畿部会 2018年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 神戸
  • 内臓痛発現における硫化水素および過硫化物の役割.  [通常講演]
    坪田真帆; 川畑篤史
    第91回日本生化学会大会 2018年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 京都
  • Azelastine attenuates RAGE-dependent allodynia in mice: a discovery by a drug reprofiling/repositioning approach.  [通常講演]
    Wakitani, K; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Nakamura, S; Nakanishi, I; Kawabata, A
    17th World Congress on Pain. 2018年09月 ポスター発表 Boston, USA
  • Pharmacological blockade and genetic deletion of Cav3.2 T-type Ca2+ channels abolish butyrate-induced colonic hypersensitivity in mice.  [通常講演]
    Matsui, K; Nakano, M; Tomochika, K; Tsubota, M; Kawabata, A
    17th World Congress on Pain. 2018年09月 ポスター発表 Boston, USA
  • Middle Molecular Weight Heparinylphenylalanine Prevents the Development of Chemotherapy-Induced Peripheral Neuropathy in Mice.  [通常講演]
    Kawabata, A; Nishikawa, H; Uenoyama, K; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Okada, T; Toyooka, N
    17th World Congress on Pain. 2018年09月 ポスター発表 Boston, USA
  • DAMPsと痛み.  [通常講演]
    川畑篤史
    第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学大会合同年会 2018年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 神戸
  • オキサリプラチン誘起末梢神経障害に対するトロンボモジュリンアルファの予防効果に及ぼす抗凝固薬の影響.  [通常講演]
    林 佑亮; 坪田真帆; 福田亮太郎; 宮崎貴也; 西堀正洋; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2018 2018年08月 ポスター発表 福岡
  • Cyclophosphamide誘起膀胱炎マウスにおいてATP/HMGB1/RAGE系はCSE/H2S/Cav3.2系の上流シグナルとして膀胱痛の発症に関与する  [通常講演]
    平本志於里; 鳥山祐希; 榮木?彩; 坪田真帆; 山口 薫; 田中潤一; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2018 2018年08月 ポスター発表 福岡
  • PaclitaxelによるマクロファージからのHMGB1放出はニューロン由来ATPによって促進される:化学療法誘起末梢神経障害における神経系−免疫系クロストークの役割  [通常講演]
    堂本莉紗; 関口富美子; 坪田真帆; 西堀正洋; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2018 2018年08月 ポスター発表 福岡
  • Effect of extracellular HMGB1 on neuritogenesis in mouse dorsal root ganglion neurons and its inhibition by thrombomodulin alfa.  [通常講演]
    Nakatake, Y; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Tsujita, R; Honda, G; Kawabata, A
    11thFENS Forum of Neuroscience. 2018年07月 ポスター発表 Berlin, Germany
  • ATP and HMGB1 mediate H2S-dependent bladder pain in mice with cyclophosphamide-induced cystitis.  [通常講演]
    Hiramoto, S; Tsubota, M; Yamaguchi, K; Toriyama, Y; Tanaka, J; Sekiguchi, F; Ishikura, H; Nishibori, M; Kawabata, A
    11thFENS Forum of Neuroscience. 2018年07月 ポスター発表 Berlin, Germany
  • Molecular mechanisms for the HMGB1-dependent mechanical allodynia following intraplantar administration of lipopolysaccharidein mice.  [通常講演]
    Domoto, R; Yamasoba, D; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Nishibori, M; Kawabata, A
    11thFENS Forum of Neuroscience. 2018年07月 ポスター発表 Berlin, Germany
  • A. Agonistic activity of 6-prenylnaringenin, a novel T-type Ca2+ channel inhibitor, toward cannabinoid CB1 receptors in neural progenitor-like NG108-15 cells and CB1-transfected HEK293 cells.  [通常講演]
    Sekiguchi, F; Noda, S; Kasanami, Y; Onishi, R; Ono, S; Murata, K; Matsuda, H; Nguyen, H.D; Toyooka, N; Harada, N; Kawabata, A
    11thFENS Forum of Neuroscience. 2018年07月 ポスター発表 Berlin, Germany
  • Cav3.2 T-type calcium channels as therapeutic targets for bortezomib-induced peripheral neuropathy in mice.  [通常講演]
    Kawabata, A; Tomita, S; Miyazaki, T; Deguchi, T; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Nguyen, H.D; Okada, T; Yoshida, S; Toyooka, N
    11thFENS Forum of Neuroscience. 2018年07月 ポスター発表 Berlin, Germany
  • Molecular mechanisms for the recombinant soluble thrombomodulin-induced suppression of HMGB1-dependent allodynia in mice: Roles of the N-terminal domains of thrombomodulin.  [通常講演]
    Hayashi, Y; Tsubota, M; Tsujita, R; Honda, G; Kawabata, A
    18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology 2018年07月 ポスター発表 Kyoto, Japan
  • Macrophage-derived HMGB1 is a key molecule in paclitaxel-induced peripheral neuropathy in mice: involvement of ROS generation and NF-κB activation.  [通常講演]
    Domoto, R; Yamasoba, D; Yamanishi, H; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Nishibori, M; Kawabata, A
    18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology 2018年07月 口頭発表(一般) Kyoto, Japan
  • Middle molecular weight heparinylphenylalanine is an analgesic with reduced risk of hemorrhage.  [通常講演]
    Nishikawa, H; Uenoyama, K; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Kawabata, A
    18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology 2018年07月 ポスター発表 Kyoto, Japan
  • High mobility group box 1 suppresses smooth muscle tension in rat aorta via Toll-like receptor 4-dependent upregulation of iNOS.  [通常講演]
    Sekiguchi, F; Yagura, A; Kawabata, A
    18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology 2018年07月 ポスター発表 Kyoto, Japan
  • Role of Cav3.2 T-type calcium channels in the butyrate-induced colonic hypersensitivity in the mouse, a model for irritable bowel syndrome  [通常講演]
    Tsubota, M; Matsui, K; Nakano; M. Tomochika, K; Sekiguchi, F; Kawabata, A
    10th International Symposium on Cell/Tissue Injury and Cytoprotection/Organoprotection. 2018年06月 ポスター発表 Kyoto, Japan
  • RAGEを標的とした化学療法誘起末梢神経障害治療薬の探索: In silicoドラッグ・リプロファイリング/リポジショニングからのアプローチ  [通常講演]
    脇谷航平; 関口富美子; 坪田真帆; 中村真也; 仲西功; 川畑篤史
    第40回日本疼痛学会 2018年06月 ポスター発表 長崎
  • 急性および慢性術後痛におけるHMGB1の役割  [通常講演]
    川端柚希; 林愛理沙; 坪田真帆; 中武ゆい; 辻田隆一; 関口富美子; 西堀正洋; 川畑篤史
    第40回日本疼痛学会 2018年06月 口頭発表(一般) 長崎
  • 中分子ヘパリニルフェニルアラニンは化学療法誘起末梢神経障害を抑制する  [通常講演]
    西川裕之; 上野山桐子; 関口富美子; 坪田真帆; 岡田卓哉; 豊岡尚樹; 川畑篤史
    第40回日本疼痛学会 2018年06月 口頭発表(一般) 長崎
  • 内臓痛におけるマクロファージ由来 HMGB1の役割と治療標的分子としての可能性  [通常講演]
    川畑篤史
    第40回日本疼痛学会 2018年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 長崎
  • AzelastineはRAGEが関与する化学療法誘起末梢神経障害の発症を抑制する − ドラッグ・リプロファイリング/リポジショニング研究からの知見  [通常講演]
    脇谷航平; 関口富美子; 坪田真帆; 中村真也; 仲西功; 川畑篤史
    第133回日本薬理学会近畿部会 2018年06月 口頭発表(一般) 広島
  • T型Ca2+チャネル阻害活性を有するホップ成分6-prenylnaringeninは結腸痛を抑制する  [通常講演]
    坪田真帆; 松井和樹; 中野真希; 友近拳; 関口富美子; 川畑篤史
    第133回日本薬理学会近畿部会 2018年06月 口頭発表(一般) 広島
  • がん化学療法誘起末梢神経障害モデルマウスにおける中分子ヘパリニルフェニルアラニンの抗アロディニア作用  [通常講演]
    西川裕之; 上野山桐子; 関口富美子; 坪田真帆; 岡田卓哉; 豊岡尚樹; 川畑篤史
    第133回日本薬理学会近畿部会 2018年06月 口頭発表(一般) 広島
  • 慢性疼痛におけるCav3.2 T型カルシウムチャネルの役割と治療標的分子としての可能性  [通常講演]
    川畑篤史
    第61回日本糖尿病学会年次学術集会 2018年05月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 東京
  • HMGB1 による痛みの増強に対するヒト型可溶性トロンボモジュリンの抑制作用に関与する分子メカニズム  [通常講演]
    辻田隆一; 坪田真帆; 林佑亮; 佐伯晴香; 本田剛一; 川畑篤史
    痛み研究会2017(痛みを中心とする有害状況適応の神経戦略バイオロジー) 2017年12月 口頭発表(一般) 名古屋
  • T型カルシウムチャネルを標的とする難治性疼痛の治療.ワークショップ「カルシウムシグナル動態制御の分子基盤と疾患治療戦略  [通常講演]
    川畑篤史
    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 神戸
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬6-prenylnaringeninとその誘導体はカンナビノイドCB1受容体を介して神経前駆NG108-15細胞の神経様突起伸長を誘起する  [通常講演]
    関口富美子; 野田紗友理; 洞口大和; 山岡 桜; 笠波嘉人; 大野 菫; Nguyen Huy Du; 豊岡尚樹; 村田和也; 松田秀秋; 吉田 繁; 原田成信; 伊藤由香里; 大久保つや子; 川畑篤史
    第132回日本薬理学会近畿部会 2017年11月 口頭発表(一般) 豊中
  • Cyclophosphamide誘起膀胱炎マウスにおけるH2S/Cav3.2系を介する膀胱痛の発現:NF-κB系の役割と亜鉛による制御  [通常講演]
    尾崎友香; 松岡順紀; 坪田真帆; 冨田詩織; 関口富美子; 南武志; 川畑篤史
    第132回日本薬理学会近畿部会 2017年11月 口頭発表(一般) 豊中
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルマウスの知覚神経過敏におけるCav3.2 T型Ca2+チャネルの役割  [通常講演]
    坪田真帆; 川畑篤史
    第45回日本潰瘍学会 2017年11月 口頭発表(一般) 京都
  • Involvement of HMGB1 in postoperative pain.  [通常講演]
    Kawabata, Y; Tsubota, M; Tsujita, R; Nishibori, M; Kawabata, A
    Neuroscience 2017 2017年11月 ポスター発表 Washington DC, USA
  • Thrombin-dependent inhibition of HMGB1-induced mechanical allodynia by thrombomodulin in mice.  [通常講演]
    Hayashi, Y; Tsubota, M; Tsujita, R; Honda, G; Kawabata, A
    Neuroscience 2017 2017年11月 ポスター発表 Washington DC, USA
  • HMGB1-induced neurite outgrowth in mouse dorsal root ganglion neurons and its inhibition by thrombomodulin  [通常講演]
    Nakatake, Y; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Tsujita, R; Honda, G; Kawabata, A
    Neuroscience 2017 2017年11月 ポスター発表 Washington DC, USA
  • Macrophages and NF-κB signaling mediate peripheral HMGB1-induced mechanical allodynia in mice.  [通常講演]
    Domoto, R; Nakashima, K; Tsubota, M; Sekiguchi, F; Kawabata, A
    Neuroscience 2017 2017年11月 ポスター発表 Washington DC, USA
  • Tacrolimus, a calcineurin inhibitor, promotes capsaicin-induced colonic pain in mice  [通常講演]
    Matsui, K; Terada, Y; Tsubota, M; Kawabata, A
    Neuroscience 2017 2017年11月 ポスター発表 Washington DC, USA
  • Involvement of Cav3.2 T-type calcium channels in zinc deficiency-induced mechanical allodynia in mice.  [通常講演]
    Sekiguchi, F; Tomita, S; Shikimi, S; Tsubota, M; Kawabata, A
    Neuroscience 2017 2017年11月 ポスター発表 Washington DC, USA
  • The critical role of Cav3.2 T-type calcium channels in the peripheral neuropathy induced by bortezomib, a proteasome-inhibiting chemotherapy agent, in mice.  [通常講演]
    Kawabata, A; Tomita, S; Deguchi, T; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Yoshida, S
    Neuroscience 2017 2017年11月 ポスター発表 Washington DC, USA
  • 核内タンパクhigh mobility group box 1はラット胸部大動脈においてiNOS発現誘導を促進することでフェニレフリン収縮を抑制する.  [通常講演]
    矢倉綾乃; 関口富美子; 川畑篤史
    第67回日本薬学会近畿支部大会 2017年10月 ポスター発表 神戸
  • Cyclophosphamide誘起膀胱炎マウスにおける亜鉛欠乏による膀胱痛増強メカニズム ―Cav3.2 T型Ca2+チャネルの機能増強と発現増加の関与―  [通常講演]
    尾崎友香; 松岡順紀; 坪田真帆; 冨田詩織; 関口富美子; 南武志; 川畑篤史
    第67回日本薬学会近畿支部大会 2017年10月 口頭発表(一般) 神戸
  • プロテアソーム阻害作用を有する多発性骨髄腫治療薬bortezomibによって誘起されるマウスの神経障害性疼痛には一次知覚神経におけるCav3.2 T型Ca2+チャネルの発現量増加が関与する.  [通常講演]
    関口富美子; 冨田詩織; 出口智代; 坪田真帆; 吉田繁; 川畑篤史
    第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会 合同年会 2017年09月 ポスター発表 札幌
  • Bortezomib誘起神経障害性疼痛へのマクロファージ由来HMGB1の関与  [通常講演]
    宮崎貴也; 坪田真帆; 冨田詩織; 出口智代; 関口富美子; 西堀正洋; 川畑篤史
    次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2017 2017年08月 口頭発表(一般) 京都
  • マウスにおいてHMGB1足底内投与により誘起される機械的アロディニアにはNF-κBシグナルとマクロファージが関与する  [通常講演]
    堂本 莉紗; 中島夏奈; 関口富美子; 坪田真帆; 川畑篤史
    次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2017 2017年08月 口頭発表(一般) 京都
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルマウスにおける結腸痛へのマクロファージ由来HMGB1の関与  [通常講演]
    坪田真帆; 梶谷梨絵; 野中結; 石井優子; 関口富美子; 西堀正洋; 川畑篤史
    次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2017 2017年08月 口頭発表(一般) 京都
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルマウスにおける結腸の知覚神経過敏におけるCav3.2 T型Ca2+チャネルの役割.  [通常講演]
    松井和樹; 中野真希; 友近拳; 坪田真帆; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2017 2017年08月 ポスター発表 京都
  • 術後痛におけるHMGB1シグナルの役割と治療標的分子としての可能性.  [通常講演]
    川端柚希; 坪田真帆; 辻田隆一; 西堀正洋; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2017 2017年08月 ポスター発表 京都
  • レドックス状態の異なるHMGB1による機械的アロディニアの発現メカニズムの解析:Toll-like receptor 5、NMDA受容体およびNF-κBの関与とマクロファージの役割.  [通常講演]
    中島夏奈; 堂本莉紗; 関口富美子; 坪田真帆; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2017 2017年08月 ポスター発表 京都
  • マウス後根神経節細胞においてthrombomodulin alfaは還元型HMGB1により誘起される神経突起伸長をトロンビン依存的および非依存的に抑制する.  [通常講演]
    中武ゆい; 関口富美子; 坪田真帆; 辻田隆一; 本田剛一; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2017 2017年08月 ポスター発表 京都
  • トロンボモジュリンアルファはトロンビン依存的にHMGB1を分解し炎症性疼痛を抑制する.  [通常講演]
    林 佑亮; 佐伯晴香; 坪田真帆; 辻田隆一; 本田剛一; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2017 2017年08月 ポスター発表 京都
  • HMGB1 and pain.  [通常講演]
    Kawabata, A
    第40回日本神経科学大会 2017年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 千葉
  • Cav3.2 T型カルシウムチャネルを標的とするオキサリプラチン誘起末梢神経障害の治療  [通常講演]
    坪田 真帆; 福田 亮太郎; 宮崎 貴也; 川畑 篤史
    第40回日本神経科学大会 2017年07月 ポスター発表 千葉
  • 6-prenylnaringeninは神経前駆様NG108-15細胞においてT型カルシウムチャネル阻害活性とカンナビノイドCB1受容体アゴニスト活性を示す.  [通常講演]
    関口富美子; 野田紗友理; 大野 菫; 洞口大和; 笠波嘉人; Nguyen Huy Du; 豊岡尚樹; 村田和也; 松田秀秋; 原田成信; 伊藤由香里; 川畑篤史
    第40回日本神経科学大会 2017年07月 ポスター発表 千葉
  • マウス脊髄後根神経節細胞におけるHMGB1誘起神経突起伸長とそれに対する遺伝子組み換えヒト可溶性thrombomodulinの効果  [通常講演]
    中武ゆい; 関口富美子; 坪田真帆; 辻田隆一; 本田剛一; 川畑篤史
    第131回日本薬理学会近畿部会 2017年06月 口頭発表(一般) 名古屋
  • 末梢組織中のチオール型およびジスルフィド型high mobility group box 1により誘起される痛覚増強へのマクロファージの関与.  [通常講演]
    中島夏奈; 堂本莉紗; 関口富美子; 坪田真帆; 川畑篤史
    2017年06月 口頭発表(一般) 名古屋
  • マクロファージ由来high mobility group box1はbortezomib誘起神経障害性疼痛に関与する.  [通常講演]
    宮崎貴也; 坪田真帆; 冨田詩織; 出口智代; 関口富美子; 西堀正洋; 川畑篤史
    2017年06月 口頭発表(一般) 名古屋
  • トロンボモジュリンアルファはトロンビン依存性にHMGB1誘起痛覚過敏を抑制する  [通常講演]
    辻田隆一; 林佑亮; 坪田真帆; 本田剛一; 川畑篤史
    第39回日本疼痛学会 2017年06月 ポスター発表 神戸
  • プロテアソーム阻害薬bortezomib誘起神経障害性疼痛には一次知覚神経におけるCav3.2 T型カルシウムチャネルのタンパク量増加が関与する.  [通常講演]
    関口富美子; 冨田詩織; 出口智代; 坪田真帆; 吉田繁; 川畑篤史
    第39回日本疼痛学会 2017年06月 ポスター発表 神戸
  • シクロホスファミド誘起間質性膀胱炎様マウスモデルにおける膀胱痛はATP/HMGB1/H2Sシグナルを介して発現する.  [通常講演]
    平本 志於里; 山口薫; 坪田真帆; 田中潤一; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第39回日本疼痛学会 2017年06月 口頭発表(一般) 神戸
  • オキサリプラチン誘起神経障害性疼痛の発症メカニズムの解析:Cav3.2 T型カルシウムチャネルとHMGB1の関与.  [通常講演]
    坪田真帆; 福田亮太郎; 関口富美子; 宮崎貴也; 堂本莉紗; 安井洋樹; 山下莉加; 上田慎; 西田武司; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第39回日本疼痛学会 2017年06月 口頭発表(一般) 神戸
  • パクリタキセルによるマクロファージからのHMGB1遊離の分子メカニズム:化学療法誘起末梢神経障害の発症における役割.  [通常講演]
    第90回日本薬理学会年会 2017年03月 ポスター発表 長崎
  • マウスにおけるシクロホスファミド誘起膀胱炎・膀胱痛は反復寒冷ストレスにより軽減される:ストレスによるマクロファージ機能低下の関与について.  [通常講演]
    宮本朋佳; 坪田真帆; 昼馬佐紀; 川畑篤史
    第90回日本薬理学会年会 2017年03月 ポスター発表 長崎
  • 結腸痛発症メカニズムの解析:侵害受容ニューロン発現分子TRPV1、PAR2およびCav3.2の役割.  [通常講演]
    松井和樹; 中野真希; 石井優子; 寺田侑加; 坪田真帆; 川畑篤史
    第90回日本薬理学会年会 2017年03月 ポスター発表 長崎
  • トロンボモジュリンアルファのHMGB1誘起痛覚過敏に対する抑制効果はトロンビンに依存する.  [通常講演]
    林佑亮; 坪田真帆; 辻田隆一; 本田剛一; 川畑篤史
    第90回日本薬理学会年会 2017年03月 口頭発表(一般) 長崎
  • HMGB1は術後痛に関与する.  [通常講演]
    川端柚希; 坪田真帆; 辻田隆一; 西堀正洋; 川畑篤史
    第90回日本薬理学会年会 2017年03月 口頭発表(一般) 長崎
  • がん薬ボルテゾミブにより誘起される神経障害性疼痛にはCav3.2 T型カルシムチャネルの発現増加が関与する.  [通常講演]
    冨田詩織; 出口智代; 関口富美子; 坪田真帆; 川畑篤史
    第90回日本薬理学会年会 2017年03月 口頭発表(一般) 長崎
  • Oxaliplatin誘起神経障害性疼痛におけるHMGB1とその標的分子の役割:マクロファージ非依存的機序の関与について  [通常講演]
    坪田真帆; 福田亮太郎; 関口富美子; 宮崎貴也; 堂本莉紗; 安井洋樹; 西田武司; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第90回日本薬理学会年会 2017年03月 口頭発表(一般) 長崎
  • Paclitaxel誘起痛覚過敏へのマクロファージ由来high mobility group box 1の関与  [通常講演]
    堂本莉紗; 山岨大智; 山西広樹; 関口富美子; 坪田真帆; 西堀正洋; 川畑篤史
    み研究会2016「痛みの理解を目指した先端的アプローチ」 2017年01月 口頭発表(一般) 岡崎
  • 抗がん薬オキサリプラチン誘起神経障害性疼痛へのCav3.2 T型Ca2+チャネルとHMGB1の関与について.  [通常講演]
    坪田真帆; 福田亮太郎; 関口富美子; 宮崎貴也; 堂本莉紗; 安井洋樹; 山下莉加; 西田武司; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    2017年01月 口頭発表(一般) 岡崎
  • トロンボモジュリンアルファのHMGB1誘起痛覚過敏に対する抑制作用の分子メカニズムとトロンビン依存性の解析.  [通常講演]
    林佑亮; 坪田真帆; 辻田隆一; 本田剛一; 川畑篤史
    第130回日本薬理学会近畿部会 2016年11月 口頭発表(一般) 京都
  • シクロホスファミド誘起膀胱痛の発現メカニズムの解析:マクロファージ由来HMGB1によるRAGE活性化を介するH2S産生酵素の発現誘導の関与.  [通常講演]
    平本志於里; 山口薫; 坪田真帆; 田中潤一; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第130回日本薬理学会近畿部会 2016年11月 口頭発表(一般) 京都
  • ヒト前立腺癌細胞におけるinterleukin-6誘起神経内分泌様分化に伴うCav3.2 T型カルシウムチャネルの発現増加に関与する細胞シグナルの解析.  [通常講演]
    上田舞; 深海和樹; 浅野絵莉茄; 関口富美子; 吉田繁; 川畑篤史
    第130回日本薬理学会近畿部会 2016年11月 口頭発表(一般) 京都
  • Bortezomib誘起神経障害性疼痛への核内タンパクhigh mobility group box1の関与.  [通常講演]
    宮崎貴也; 坪田真帆; 冨田詩織; 出口智代; 関口富美子; 山岨大智; 西堀正洋; 川畑篤史
    第130回日本薬理学会近畿部会 2016年11月 ポスター発表 京都
  • A role of macrophage-derived HMGB1 in paclitaxel-induced peripheral neuropathy in mice.  [通常講演]
    Domoto, R; Yamasoba, D; Yamanishi, H; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Nishibori, M; Kawabata, A
    The 12th International Conference on Protein Phosphatase 2016年10月 ポスター発表 Higashi-Osaka, Japan
  • Interleukin-6-induced neuroendocrine-like differentiation of human prostate cancer cells: cell signaling and upregulation of Cav3.2 T-type calcium channels.  [通常講演]
    Fukami, K; Ueda, M; Asano, E; Sekiguchi, F; Yoshida, S; Kawabata, A
    The 12th International Conference on Protein Phosphatase 2016年10月 ポスター発表 Higashi-Osaka, Japan
  • Cav3.2 T-type calcium channels as therapeutic targets for the oxaliplatin-induced peripheral neuropathy.  [通常講演]
    Miyazaki, T; Fukuda, R; Tsubota, M; Kawabata, A
    The 12th International Conference on Protein Phosphatase 2016年10月 ポスター発表 Higashi-Osaka, Japan
  • Molecular mechanisms for the upregulation of Cav3.2 T-type calcium channels in the neuropathic pain.  [通常講演]
    Tomita, S; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Kawabata, A
    The 12th International Conference on Protein Phosphatase 2016年10月 口頭発表(一般) Higashi-Osaka, Japan
  • Targeting HMGB1 and its downstream molecules for treatment of oxaliplatin-induced peripheral neuropathy.  [通常講演]
    Tsubota, M; Fukuda, R; Miyazaki, T; Domoto, R; Kamitani, N; Nishida, T; Sekiguchi, F; Ishikura, H; Nishibori, M; Kawabata, A
    The 12th International Conference on Protein Phosphatase 2016年10月 口頭発表(一般) Higashi-Osaka, Japan
  • 神経前駆様NG108-15細胞において新規T型Ca2+チャネル阻害薬6-prenylnaringeninはカンナビノイドCB1受容体を介して神経突起伸長を促進する.  [通常講演]
    野田紗友理; 大野菫; 関口富美子; 村田和也; 松田秀秋; Nguyen, H; D; 豊岡尚樹; 川畑篤史
    第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会 2016年10月 ポスター発表 高槻
  • 新規T型カルシウムチャネル阻害薬6-prenylnaringeninのイオンチャネル選択性に関する検討:2S体とラセミ体の比較.  [通常講演]
    洞口大和; 山岡 桜; 大野 菫; 関口富美子; Nguyen, H; D; 藤田友代; 村田和也; 松田秀秋; 吉田 繁; 大久保つや子; 豊岡尚樹; 川畑篤史
    第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会 2016年10月 ポスター発表 高槻
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルマウスにおける結腸痛覚過敏へのCav3.2 T型Ca2+チャネルの関与.  [通常講演]
    中野真希; 松井和樹; 石井優子; 坪田真帆; 川畑篤史
    第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会 2016年10月 ポスター発表 高槻
  • マウスの坐骨神経部分結紮誘起神経障害性疼痛には知覚神経におけるCav3.2 T型カルシウムチャネルの発現増加が関与する:転写因子Egr-1および脱ユビキチン化酵素USP5の役割.  [通常講演]
    式見仕勇; 冨田詩織; 関口富美子; 坪田真帆; 岸岡史郎; 川畑 篤史
    第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会 2016年10月 ポスター発表 高槻
  • 6-Prenylnaringeninをリード化合物とした新規T型Ca2+チャネル阻害薬の探索:電気生理学的検討.  [通常講演]
    山岡桜; 洞口大和; Nguyen, H.D; 北村 駿; 岡田卓哉; 大野 菫; 関口富美子; 西川裕之; 吉田 繁; 村田和也; 松田秀秋; 大久保つや子; 豊岡尚樹; 川畑篤史
    第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会 2016年10月 ポスター発表 高槻
  • Mechanisms of Cav3.2 upregulation in neuropathic pain models.  [通常講演]
    Tomita, S
    2016 International Calcium channel Meeting 2016年10月 口頭発表(一般) Hoi An, Vietnam
  • Involvement of Cav3.2 T-type Ca2+channels in the oxaliplatin-induced neuropathic pain.  [通常講演]
    Tsubota, M
    2016 International Calcium channel Meeting 2016年10月 口頭発表(一般) Hoi An, Vietnam
  • Impact of zinc or ascorbic acid deficiency on Cav3.2-dependent pain.  [通常講演]
    Kawabata, A
    2016 International Calcium channel Meeting 2016年10月 口頭発表(招待・特別) Hoi An, Vietnam
  • Macrophage-derived HMGB1 participates in lipopolysaccharide-induced inflammatory hyperalgesia and paclitaxel-induced neuropathic pain in mice.  [通常講演]
    Domoto, R; Yamasoba, D; Yamanishi, H; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Nishibori, M; Kawabata, A
    16th World Congress on Pain 2016年09月 ポスター発表 Yokohama, Japan
  • Cav3.2 T-type calcium channels contribute to oxaliplatin-induced neuropathic pain in mice.  [通常講演]
    Miyazaki, T; Fukuda, R; Tsubota, M; Kawabata, A
    16th World Congress on Pain 2016年09月 ポスター発表 Yokohama, Japan
  • Tacrolimus causes relapse of pancreatic pain through TRPV1 activation during the recovery from cerulein-induced pancreatitis in mice.  [通常講演]
    Terada, Y; Tsubota, M; Sekiguchi, F; Wada, K; Kuwahara, T; Takada, M; Kawabata, A
    16th World Congress on Pain 2016年09月 ポスター発表 Yokohama, Japan
  • Roles of TLR4 and RAGE targeted by high mobility group box 1 in inflammatory and chemotherapy-induced peripheral neuropathy.  [通常講演]
    Kawabata, A
    16th World Congress on Pain 2016年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) Yokohama, Japan
  • HMGB1研究の新展開 〜免疫系と神経系のクロストークにおける役割〜.  [通常講演]
    川畑篤史
    第31回日本救命医療学会総会・学術集会 2016年09月 口頭発表(招待・特別) 福岡
  • トロンボモジュリンアルファの内臓痛治療への応用.  [通常講演]
    川畑篤史
    第44回日本潰瘍学会 2016年09月 口頭発表(招待・特別) 旭川
  • Oxaliplatin誘起神経障害性疼痛へのCav3.2 T型カルシウムチャネルの関与.  [通常講演]
    坪田真帆; 福田亮太郎; 宮崎貴也; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2016 2016年08月 ポスター発表 仙台
  • シクロホスファミド誘起膀胱痛にはマクロファージ由来HMGB1によるRAGEを介するH2S産生酵素の発現誘導が関与する.  [通常講演]
    平本志於里; 山口薫; 坪田真帆; 田中潤一; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2016 2016年08月 ポスター発表 仙台
  • Oxaliplatin誘起神経障害性疼痛の発現メカニズムの解析:HMGB1とその標的分子の関与について.  [通常講演]
    坪田真帆; 福田亮太郎; 宮崎貴也; 堂本莉紗; 上谷夏生; 西田武司; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2016 2016年08月 口頭発表(一般) 仙台
  • Oxaliplatin誘起神経障害性疼痛へのHMGB1の関与:その由来と標的分子について.  [通常講演]
    坪田真帆; 福田亮太郎; 宮崎貴也; 川畑篤史
    次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2016 2016年08月 口頭発表(一般) 仙台
  • シクロホスファミド誘起間質性膀胱炎様マウスにおける膀胱痛に関与するHMGB1/RAGE系とH2S/Cav3.2系の相互関係.  [通常講演]
    平本志於里; 山口薫; 坪田真帆; 田中潤一; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2015 2016年08月 口頭発表(一般) 仙台
  • High mobility group box 1 mediates substance P-induced bladder pain in mice, a model for bladder pain syndrome.  [通常講演]
    Maeda, M; Irie, Y; Tsubota, M; Kubo, L; Sekiguchi, F; Ishikura, H; Nishibori, M; Kawabata, A
    Physiology 2016 2016年07月 ポスター発表 Dublin, Ireland
  • Macrophage-derived high mobility group box 1 mediates H2S-dependent bladder pain in mice with cyclophosphamide-induced cystitis.  [通常講演]
    Hiramoto, S; Tsubota, M; Yamguchi, K; Tanaka, J; Sekiguchi, F; Ishikura, H; Nishibori, M; Kawabata, A
    Physiology 2015 2016年07月 ポスター発表 Dublin, Ireland
  • Involvement of macrophage-derived high mobility group box 1 in paclitaxel-induced neuropathic pain in mice.  [通常講演]
    Domoto, R; Yamasoba, D; Yamanishi, H; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Nishibori, M; Kawabata, A
    Physiology 2014 2016年07月 ポスター発表 Dublin, Ireland
  • Macrophage-derived high mobility group box 1 enhances neuritogenesis via NMDA receptors in neuron-like NG108-15 cells.  [通常講演]
    Sekiguchi, F; Sugimoto, R; Imanishi, M; Ueda, N; Kawabata, A
    Physiology 2013 2016年07月 ポスター発表 Dublin, Ireland
  • High mobility group box 1 mediates pancreatic pain in mice.  [通常講演]
    Kawabata, A; Irie, Y; Tsubota, M; Sekiguchi, F; Ishikura, H; Nishibori, M
    Physiology 2012 2016年07月 ポスター発表 Dublin, Ireland
  • 結腸痛の発症における侵害受容ニューロン発現分子TRPV1、PAR2およびCav3.2の役割について.  [通常講演]
    松井和樹; 中野真希; 石井優子; 寺田侑加; 坪田真帆; 川畑篤史
    第129回日本薬理学会近畿部会 2016年06月 口頭発表(一般) 広島
  • マウス後根神経節細胞において硫化水素ドナーおよび膜透過性cyclic AMPアナログはT型Ca2+チャネルを介して神経突起伸長を誘起する:細胞サイズによる効果の違いについて.  [通常講演]
    天羽一騎; 大野菫; 関口富美子; 川畑篤史
    第129回日本薬理学会近畿部会 2016年06月 口頭発表(一般) 広島
  • Oxaliplatin誘起神経障害性疼痛にはマクロファージ以外の細胞に由来するHMGB1が関与する.  [通常講演]
    坪田真帆; 福田亮太郎; 宮崎貴也; 西田武司; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第129回日本薬理学会近畿部会 2016年06月 口頭発表(一般) 広島
  • マクロファージ由来HMGB1はlipopolysaccharide誘起炎症性疼痛とpaclitaxel誘起神経障害性疼痛に関与する.  [通常講演]
    堂本莉紗; 山岨大智; 山西広樹; 関口富美子; 坪田真帆; 西堀正洋; 川畑篤史
    第38回日本疼痛学会 2016年06月 口頭発表(一般) 札幌
  • ラットあるいはマウスの神経障害性疼痛に関与する一次知覚神経におけるCav3.2 T型Ca2+チャネルの発現誘導メカニズム.  [通常講演]
    冨田詩織; 式見志勇; 関口富美子; 坪田真帆; 川畑篤史
    第38回日本疼痛学会 2016年06月 口頭発表(一般) 札幌
  • T-type calcium channels and neuropathic/visceral pain. Symposium entitled “Ion channels and pain: current research trends” organized by Kawabata, Tanabe and Zamponi,  [通常講演]
    Kawabata, A
    日本薬学会第136年会 2016年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 横浜
  • Cyclophosphamide誘起膀胱炎・膀胱痛マウスにおける硫化水素/T型Ca2+チャネル系の役割-下部尿路機能障害に対する新たな治療標的分子としての可能性-.院生シンポジウム「次世代若手研究者の挑戦!〜難治性疾患に対する新たな創薬ストレテジー〜」(オーガナイザー:福重・尾崎)  [通常講演]
    尾崎友香; 坪田真帆; 川畑篤史
    日本薬学会第136年会 2016年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 横浜
  • 亜鉛キレーターはT型Ca2+チャネルの機能増強によりcyclophosphamide誘起膀胱炎に伴う膀胱痛を増強する.  [通常講演]
    松岡順紀; 尾崎友香; 坪田真帆; 川畑篤史
    第89回日本薬理学会年会 2016年03月 ポスター発表 横浜
  • 末梢組織中においてレドックス状態の異なるHMGB1により誘起される痛覚過敏メカニズムの相違.  [通常講演]
    坪田真帆; 山岨大智; 堂本莉紗; 関口富美子; 西堀正洋; 川畑篤史
    第89回日本薬理学会年会 2016年03月 ポスター発表 横浜
  • 神経およびマクロファージ由来HMGB1はNMDA受容体を介して神経前駆様NG108-15細胞の神経突起伸張を促進する.  [通常講演]
    関口富美子; 杉本 陵; 今西未己; 川畑篤史
    第89回日本薬理学会年会 2016年03月 ポスター発表 横浜
  • Substance P誘起間質性膀胱炎/膀胱痛症候群モデルマウスにおけるマクロファージ由来HMGB1の役割.  [通常講演]
    前田真理子; 入江悠平; 坪田真帆; 久保里紗; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第89回日本薬理学会年会 2016年03月 口頭発表(一般) 横浜
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬sophoraflavanone Gと6-prenylnaringeninの薬理作用解析:電気生理学的性質の違いとマウスにおける痛覚過敏抑制作用.  [通常講演]
    大野 菫; 山岡 桜; 関口富美子; 市井真貴; 藤田友代; 出口貴浩; 坪田真帆; 西川裕之; 吉田 繁; 村田和也; 松田秀秋; 豊岡尚樹; 大久保つや子; 川畑篤史
    第89回日本薬理学会年会 2016年03月 口頭発表(一般) 横浜
  • 亜鉛欠乏により誘起されるマウス痛覚過敏:Cav3.2 T型Ca2+チャネルとhigh mobility group box 1の関与.  [通常講演]
    冨田詩織; 式見仕勇; 関口富美子; 坪田真帆; 白井亮洋; 西堀正洋; 川畑篤史
    第89回日本薬理学会年会 2016年03月 口頭発表(一般) 横浜
  • 急性膵炎に伴う膵臓痛へのマクロファージ由来HMGB 1の関与:RAGEおよびCXCR4の標的分子としての役割.  [通常講演]
    入江悠平; 坪田真帆; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第89回日本薬理学会年会 2016年03月 口頭発表(一般) 横浜
  • マクロファージ由来high mobility group box 1はセルレイン誘起急性膵炎およびサブスタンスP誘起間質性膀胱炎/膀胱痛症候群モデルにおける内臓痛に関与する.  [通常講演]
    入江悠平; 坪田真帆; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    痛み研究会2015 2015年12月 口頭発表(一般) 岡崎
  • 神経障害性疼痛モデル動物の後根神経節におけるCav3.2 T型カルシウムチャネルの発現誘導メカニズムの解析.  [通常講演]
    冨田詩織; 式見志勇; 関口富美子; 坪田真帆; 川畑篤史
    痛み研究会2015 2015年12月 口頭発表(一般) 岡崎
  • Sophoraflavanone Gとその類縁体6-prenylnaringeninのT型Ca2+チャネル阻害作用の電気生理学的特徴と各種疼痛モデルでの有効性.  [通常講演]
    大野菫; 山岡桜; 関口富美子; 市井真貴; 藤田友代; 出口貴浩; 坪田真帆; 西川浩之; 吉田繁; 村田和也; 松田秀秋; 豊岡尚樹; 大久保つや子; 川畑篤史
    第128回日本薬理学会近畿部会 2015年11月 口頭発表(一般) 豊中
  • Cyclophosphamide誘起膀胱炎マウスにおける膀胱痛は亜鉛欠乏により増強される:T型Ca2+チャネルの関与について.  [通常講演]
    尾崎友香; 松岡順紀; 坪田真帆; 冨田詩織; 関口富美子; 南武志; 川畑篤史
    第128回日本薬理学会近畿部会 2015年11月 口頭発表(一般) 豊中
  • High mobility group box 1はsubstance P誘起膀胱痛症候群モデルマウスにおける関連痛覚過敏の発現・維持に関与する.  [通常講演]
    入江悠平; 前田真理子; 久保理沙; 坪田真帆; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第128回日本薬理学会近畿部会 2015年11月 口頭発表(一般) 豊中
  • マクロファージ由来high mobility group box 1はマウスにおけるlipopolysaccharide誘起炎症性痛覚過敏及び抗癌剤paclitaxel誘起神経障害性疼痛に関与する.  [通常講演]
    堂本莉紗; 山岨大智; 山西広樹; 関口富美子; 坪田真帆; 西堀正洋; 川畑篤史
    第128回日本薬理学会近畿部会 2015年11月 口頭発表(一般) 豊中
  • Molecular mechanisms for the upregulation of Cav3.2 T-type calcium channels in the dorsal root ganglion of rats with spinal nerve injury-induced neuropathy: involvement of Egr-1 and USP5.  [通常講演]
    Tomita, S; Sekiguchi, F; Tsubota, M; Kawabata, A
    Neuroscience 2015 2015年10月 ポスター発表 Chicago, USA
  • The electrophysiological property and antihyperalgesic activity of sophoraflavanone G and 6prenylnaringenin, novel T-type calcium channel blockers.  [通常講演]
    Ono, S; Ichii, M; Yamaoka, S; Sekiguchi, F; Fujita, T; Deguchi, T; Tsubota, M; Nishikawa, H; Yoshida, S; Murata, K; Matsuda, H; Toyooka, N; Ohkubo, T; Kawabata, A
    Neuroscience 2015 2015年10月 ポスター発表 Chicago, USA
  • Chronic stress enhances the hyperthermia in response to acute restraint stress.  [通常講演]
    Miyamato, T; Funakami, Y; Kawasita, E; Nomura, A; Sugimoto, N; Ichida, S; Kawabata, A
    Neuroscience 2015 2015年10月 ポスター発表 Chicago, USA
  • Zinc deficiency aggravates bladder pain accompanying cyclophosphamide-induced cystitis through the enhanced activity of Cav3.2 T-type Ca2+ channels in mice.  [通常講演]
    Ozaki, T; Matsuoka, J; Tsubota, M; Tomita, S; Sekiguchi, F; Minami, T; Kawabata, A
    Neuroscience 2015 2015年10月 ポスター発表 Chicago, USA
  • Macrophage-derived high mobility group box 1 participates in the development and maintenance of pancreatic pain through the activation of RAGE and CXCR4 in mice with cerulein-induced acute pancreatitis.  [通常講演]
    Irie, Y; Tsubota, M; Sekiguchi, F; Ishikura, H; Nishibori, M; Kawabata, A
    Neuroscience 2015 2015年10月 ポスター発表 Chicago, USA
  • Hydrogen sulfide and intracellular cyclic AMP enhance T-type calcium channel-dependent neurite outgrowth in distinct subpopulations of isolated and dissociated mouse dorsal root ganglion neurons.  [通常講演]
    Sekiguchi, F; Amo, I; Ono, S; Kawabata, A
    Neuroscience 2015 2015年10月 ポスター発表 Chicago, USA
  • Bladder pain accompanying cyclophosphamide-induced mouse cystitis involves HMGB1 release upstream of the cystathionine-gamma-lyase/H2S/Cav3.2 pathway in the bladder tissue.  [通常講演]
    Kawabata, A; Tsubota, M; Yamaguchi, K; Hiramoto, S; Sekiguchi, F; Tanaka, J; Ishikura, H; Nishibori, M
    Neuroscience 2015 2015年10月 ポスター発表 Chicago, USA
  • 硫化水素によって惹起された外有毛細胞のTRPV4受容体を介したストア作動性カルシウム流入  [通常講演]
    原田成信; 伊藤由香里; 高嶋一平; 王子田彰夫; 川畑篤史
    第25回日本耳科学会総会 2015年10月 ポスター発表 長崎
  • Vitamin C deficiency aggravates hydrogen sulfide-induced pain/hyperalgesia and chemotherapy-induced neuropathy in mice: possible involvement of T-type calcium channels.  [通常講演]
    Kawabata, A; Tsubota, M; Uebo, K; Miki, K; Sekiguchi, F; Fukuda, R; Kondo, Y; Takahashi, K; Masutomi, H; Ishigami, A
    9th Congress of the European Pain Federation EFIC 2015年09月 ポスター発表 Vienna
  • ラット第5腰神経切断により誘起される神経障害性疼痛および脊髄後根神経節におけるCav3.2 T型Ca2+チャネル発現増加への転写調節因子Egr-1と脱ユビキチン化酵素USP5の関与  [通常講演]
    冨田詩織; 関口富美子; 坪田真帆; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2015 2015年08月 ポスター発表 船橋
  • 新規T型カルシウムチャネル阻害薬sophoraflavanone Gおよび6-prenylnaringeninの電気生理学的性質と痛覚過敏抑制効果  [通常講演]
    大野 菫; 市井真貴; 山岡 桜; 関口富美子; 藤田友代; 出口貴浩; 坪田真帆; 西川裕之; 吉田 繁; 村田和也; 松田秀秋; 豊岡尚樹; 大久保つや子; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2015 2015年08月 ポスター発表 船橋
  • 内臓痛の新しい治療標的分子:T型Ca2+チャネルとHMGB1  [通常講演]
    川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2015 2015年08月 船橋
  • PAR2と痛み  [通常講演]
    川畑篤史
    日本ペインクリニック学会第49回大会 2015年07月 口頭発表(招待・特別) 大阪
  • Cerulein誘起マウス急性膵炎モデルにおける膵臓痛の発現・維持にはマクロファージ由来high mobility group box 1によるRAGEおよびCXCR4の活性化が関与する  [通常講演]
    入江悠平; 坪田真帆; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第127回日本薬理学会近畿部会 2015年06月 口頭発表(一般) 岐阜
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルマウスにおける結腸痛覚過敏へのT型Ca2+チャネルおよびHMGB1の関与  [通常講演]
    坪田真帆; 石井優子; 中野真希; 梶谷梨絵; 西堀正洋; 川畑篤史
    第127回日本薬理学会近畿部会 2015年06月 口頭発表(一般) 岐阜
  • シクロホスファミド誘起膀胱炎マウスにおけるポラプレジンクの予防・治療効果  [通常講演]
    村上(中山)雅裕; 昼馬佐紀; 坪田真帆; 関口富美子; 松山賢治; 木村健; 森山雅弘; 川畑篤史
    日本薬学会第135年会 2015年03月 ポスター発表 神戸
  • 高グルコース条件下で培養した神経内分泌様分化ヒト前立腺癌LNCaP細胞におけるCav3.2 T型Ca2+チャネルの糖鎖修飾による機能増強と分泌機能亢進  [通常講演]
    浅野絵莉茄; 深海和樹; 関口富美子; 泰川未来; 笠松隆二; 吉田繁; 川畑篤史
    日本薬学会第135年会 2015年03月 ポスター発表 神戸
  • HMGB1はoxaliplatin誘起神経障害性疼痛の発現および維持に関与する  [通常講演]
    福田亮太郎; 山西広樹; 坪田真帆; 関口富美子; 西田武司; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    日本薬学会第135年会 2015年03月 ポスター発表 神戸
  • マウス後根神経節細胞において硫化水素ドナーNa2SはT型Ca2+チャネルを介して神経突起伸長を促進する:細胞の大きさによる効果の違いについて  [通常講演]
    天羽一騎; 大野 菫; 関口富美子; 川畑篤史
    日本薬学会第135年会 2015年03月 ポスター発表 神戸
  • 急性膵炎・膵臓痛動物モデルを用いた病態解析:T型?Ca2+チャネルおよびTRPチャネルの役割  [通常講演]
    寺田侑加; 坪田真帆; 関口富美子; 和田恭一; 原健; 高田充隆; 川畑篤史
    日本薬学会第135年会 2015年03月 神戸
  • 亜鉛含有製剤ポラプレジンクのcyclophosphamide誘起膀胱炎・膀胱痛に対する予防および治療効果  [通常講演]
    昼馬佐紀; 村上(中山)雅裕; 坪田真帆; 関口富美子; 松山賢治; 木村健; 森山雅弘; 川畑篤史
    第88回日本薬理学会年会 2015年03月 口頭発表(一般) 名古屋
  • 神経障害性疼痛ラットの知覚神経におけるCav3.2 T型Ca2+チャネル発現誘導には転写因子Egr-1および脱ユビキチン化酵素USP5が関与する  [通常講演]
    冨田詩織; 関口富美子; 坪田真帆; 川畑篤史
    第88回日本薬理学会年会 2015年03月 口頭発表(一般) 名古屋
  • マクロファージ由来HMGB1はNF-kB系を介して炎症性痛覚過敏に寄与する  [通常講演]
    山岨大智; 関由加里; 山西広樹; 坪田真帆; 関口富美子; 八木秀樹; 益子 高; 西堀正洋; 川畑篤史
    第88回日本薬理学会年会 2015年03月 口頭発表(一般) 名古屋
  • 神経内分泌様分化した前立腺癌LNCaP細胞において高グルコース条件下でのCav3.2 T型カルシウムチャネルのN-結合型グリコシル化により分泌機能が亢進する  [通常講演]
    深海和樹; 浅野絵莉茄; 関口富美子; 泰川未来; 笠松隆二; 吉田繁; 川畑篤史
    第88回日本薬理学会年会 2015年03月 口頭発表(一般) 名古屋
  • HMGB1を標的とする内臓痛治療  [通常講演]
    坪田真帆; 川畑篤史
    第88回日本薬理学会年会 2015年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 名古屋
  • Involvement of high mobility group box 1 in substance P-induced cystitis-related bladder pain in mice  [通常講演]
    Irie, Y; Kubo, L; Tsubota, M; Sekiguchi, F; Ishimura, H; Nishibori, M; Kawabata, A
    Pharmacology 2014 2014年12月 ポスター発表 London, UK
  • The novel cognitive enhancer ST101 induces neurite outgrowth in NG108-15 cells and hyperalgesia in mice through T-type Ca2+ channels  [通常講演]
    Ohno, S; Kanaoka, D; Ide, H; Sekiguchi, F; Yoshida, S; Fukunaga, K; Kawabata, A
    Pharmacology 2014 2014年12月 ポスター発表 London, UK
  • The NK1 receptor antagonist prevents the cyclophosphamide-induced cystitis-related bladder pain and upregulation of cystathionine-γ-lyase, an H2S-generating enzyme, in mice  [通常講演]
    Ozaki, T; Tsubota, M; Kawabata, A
    Pharmacology 2014 2014年12月 ポスター発表 London, UK
  • Effect of tacrolimus on caerulein-induced pancreatitis-related pain in mice  [通常講演]
    Terada, Y; Tsubota, M; Sekiguchi, F; Wada, K; Kuwahara, T; Takada, M; Kawabata, K
    Pharmacology 2014 2014年12月 ポスター発表 London, UK
  • High mobility group box 1 as a target for prevention and therapeutic treatment of chemotherapy-induced neuropathic pain.  [通常講演]
    Kawabata, A; Kawaishi, Y; Nishida, T; Yamanishi, H; Kamitani, N; Tsubota, M; Sekiguchi, F; Ishikura, H; Nishibori, M
    Pharmacology 2014 2014年12月 口頭発表(一般) London, UK
  • マクロファージ由来HMGB1の炎症性痛覚過敏への関与と分子作用メカニズムの解析  [通常講演]
    山岨大智; 関由加里; 山西広樹; 坪田真帆; 関口富美子; 八木秀樹; 益子 高; 西堀正洋; 川畑篤史
    第126回日本薬理学会近畿部会 2014年10月 口頭発表(一般) 和歌山
  • 第5腰神経切断神経障害性疼痛ラットにおけるCav3.2 T型Ca2+チャネル発現増加機序の解析:転写調節因子Egr-1と脱ユビキチン化酵素USP5の挙動について  [通常講演]
    冨田詩織; 関口富美子; 坪田真帆; 川畑篤史
    第126回日本薬理学会近畿部会 2014年10月 口頭発表(一般) 和歌山
  • Calcineurin阻害薬tacrolimusはcapsaicin誘起結腸痛およびcerulein誘起急性膵炎関連痛を増強する  [通常講演]
    寺田侑加; 松井和樹; 坪田真帆; 関口富美子; 和田恭一; 原 健; 田充隆; 川畑篤史
    第126回日本薬理学会近畿部会 2014年10月 口頭発表(一般) 和歌山
  • Mechanims for upregulation of cystathionine-gamma-lyase, a hydrogen sulfide-generating enzyme, in mice with cyclophosphamide-induced cystititis: Involvement of substance P/NK1 pathway and NF-kappaB signals.  [通常講演]
    Ozaki, T; Tsubota, M; Kawabata, A
    International Symposium “Gasotransmitters: Physiology and Pathophysiology” 2014年09月 ポスター発表 Kazan, Russia
  • Hydrogen sulfide: Importance of T-type calcium channels as the molecular target  [通常講演]
    Kawabata, A
    International Symposium “Gasotransmitters: Physiology and Pathophysiology” 2014年09月 口頭発表(招待・特別) Kazan, Russia
  • Capsaicin誘起結腸痛に対するcalcineurin阻害薬FK506の増強効果  [通常講演]
    松井和樹; 寺田侑加; 坪田真帆; 関口富美子; 川畑篤史
    次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014 2014年08月 ポスター発表 東大阪
  • Histone deacetylase阻害薬は内因性high mobility group box 1遊離を介して神経前駆細胞株NG108-15細胞の神経突起伸長を誘起する  [通常講演]
    杉本陵; 上田菜生; 関口富美子; 川畑篤史
    次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014 2014年08月 ポスター発表 東大阪
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬RQ-00311651の電気生理学的性質および神経障害性疼痛に対する抑制効果  [通常講演]
    冨田詩織; 瓦侑馬; 関口富美子; 川石雄大; 坪田真帆; 吉田 繁; 大久保つや子; 川畑篤史
    次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014 2014年08月 ポスター発表 東大阪
  • Exploration of novel T-type Ca2+ channel inhibitors for treatment of intractable pain  [通常講演]
    Sekiguchi, F; Kawabata, A
    生体機能と創薬シンポジウム2014 2014年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 東大阪
  • ナノ化技術を用いた新規注射用製剤の開発とその有用性評価 −シロスタゾール静脈内投与による脳梗塞治療−  [通常講演]
    田辺 航; 松下 翔子; 西本 夏海; 長井 紀章; 伊藤 吉將; 西川 裕之; 川畑 篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2014 2014年08月 ポスター発表 東大阪
  • ポラプレジンクを使用した含嗽液の安定性と放射線性口腔粘膜炎に対する臨床評価  [通常講演]
    中山雅裕; 中村豪志; 東 剛史; 松山賢治; 森山雅弘; 木村 健; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2014 2014年08月 ポスター発表 東大阪
  • ポラプレジンクはcyclophosphamide誘起膀胱炎マウスにおける炎症症状および膀胱痛を抑制する  [通常講演]
    昼馬佐紀; 中山雅裕; 坪田真帆; 関口富美子; 松山賢治; 木村健; 森山雅弘; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2014 2014年08月 ポスター発表 東大阪
  • Calcineurin阻害薬tacrolimusはTRPV1を介してcerulein誘起急性膵炎関連痛を増強する  [通常講演]
    寺田侑加; 坪田真帆; 関口富美子; 和田恭一; 桑原 健; 髙田充隆; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2014 2014年08月 ポスター発表 東大阪
  • ヒト可溶性トロンボモジュリンを用いた痛みの治療:HMGB1吸着・分解促進作用の関与  [通常講演]
    坪田真帆; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2014 2014年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 東大阪
  • Sophoraflavanone G as a novel T-type Ca2+ channel inhibitor: electrophysiological evidence in Cav3.2-expressing HEK293 cells and anti-hyperalgesic activity in mice  [通常講演]
    th FENS Forum; of European Neuroscience
    9th FENS Forum of European Neuroscience 2014年07月 ポスター発表 Milan, Italy
  • Prevention and reversal of chemotherapy-induced neuropathic pain by HMGB1 neutralization in rodents  [通常講演]
    th FENS Forum; of European Neuroscience
    9th FENS Forum of European Neuroscience 2014年07月 ポスター発表 Milan, Italy
  • ヒト胃癌由来AGS細胞における内因性硫化水素の細胞増殖への関与とその下流シグナルの解析  [通常講演]
    小椋彩加; 関本晃己; 関口富美子; 川畑篤史
    第125回日本薬理学会近畿部会 2014年06月 ポスター発表 岡山
  • Cav3.2 T型Ca2+チャネルを阻害するascorbic acidの欠乏は硫化水素による体性痛・内臓痛およびpaclitaxel誘起神経障害性疼痛を増強する  [通常講演]
    上坊健太; 三木好輝; 坪田真帆; 関口富美子; 近藤嘉高; 高橋経太; 増富裕文; 石神昭人; 川畑篤史
    第125回日本薬理学会近畿部会 2014年06月 口頭発表(一般) 岡山
  • Cyclophosphamide誘起マウス膀胱炎モデルにおける膀胱痛発症メカニズムの解析:核内蛋白HMGB1と内因性H2Sの役割  [通常講演]
    山口薫; 田中潤一; 坪田真帆; 関口富美子; 関由加里; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第125回日本薬理学会近畿部会 2014年06月 口頭発表(一般) 岡山
  • 可溶性トロンボモジュリンおよび抗HMGB1中和抗体はlipopolysaccharideあるいはsubstance P膀胱内注入により誘起される膀胱痛を抑制する  [通常講演]
    久保里紗; 坪田真帆; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第125回日本薬理学会近畿部会 2014年06月 口頭発表(一般) 岡山
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬sophoraflavanone Gの薬理学的特徴と痛覚過敏抑制効果  [通常講演]
    関口富美子; 川畑篤史
    第36回日本疼痛学会 2014年06月 口頭発表(一般) 大阪
  • Roles of hydrogen sulfide and T-type calcium channels in neuroendocrine-differentiated prostate cancer cells at androgen-independent stage  [通常講演]
    Fukami, K; Kawabata, A
    Anti-Aging International Mini-Symposium 2014: Cell Signaling and Therapeutic Targets for Geriatric and Inflammatory Diseases 2014年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) Higashi-Osaka
  • Ascorbic acid deficiency augments hyperalgesia induced by hydrogen sulfide in mice  [通常講演]
    Tsubota, M; Uebo, K; Miki, K; Sekiguchi, F; Kondo, Y; Takahashi, K; Masutomi, H; Ishigami, A; Kawabata, A
    Third International Conference on Hydrogen Sulfide in Biology and Medicine 2014年06月 ポスター発表 Kyoto
  • Involvement of endogenous hydrogen sulfide and T-type calcium channels in cyclic AMP-induced neuronal differentiation in NG108-15 cells  [通常講演]
    Sekiguchi, F; Takeda, Y; Kanaoka, D; Yoshida, S; Kawabata, A
    Third International Conference on Hydrogen Sulfide in Biology and Medicine 2014年06月 ポスター発表 Kyoto
  • Roles of the hydrogen sulfide-Cav3.2 T-type calcium channel pathway in neuronal and neuroendocrine differentiation  [通常講演]
    Kawabata, A
    Third International Conference on Hydrogen Sulfide in Biology and Medicine 2014年06月 口頭発表(招待・特別) Kyoto
  • 結腸の疼痛および炎症におけるガス状情報伝達物質硫化水素の役割  [通常講演]
    坪田真帆; 川畑篤史
    日本薬学会第134年会 2014年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 熊本
  • Roles of Cav3.2 T-type Ca2+ channels in prostate cancer cells: impact on an androgen-independent stage  [通常講演]
    Kawabata, A
    第87回日本薬理学会年会 2014年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 仙台
  • 中和抗体と遺伝子組換えヒト可溶性トロンボモジュリンによるHMGB1不活化はラットおよびマウスにおけるパクリタキセル誘起神経障害性疼痛を抑制する  [通常講演]
    川石雄大; 山西広樹; 坪田真帆; 関口富美子; 西田武司; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第87回日本薬理学会年会 2014年03月 ポスター発表 仙台
  • 新規認知機能改善薬ST101により誘起されるNG108-15細胞における神経突起伸長促進作用とマウスにおける痛覚過敏へのT型Ca2+チャネルの関与  [通常講演]
    大野 菫; 金岡大樹; 井手洋樹; 関口富美子; 吉田 繁; 福永浩司; 川畑篤史
    第87回日本薬理学会年会 2014年03月 ポスター発表 仙台
  • カルシニューリン阻害薬タクロリムスはカプサイシン誘起結腸痛を増強する  [通常講演]
    寺田侑加; 坪田真帆; 関口富美子; 和田恭一; ?原 健; 田充隆; 川畑篤史
    第87回日本薬理学会年会 2014年03月 ポスター発表 仙台
  • 苦参由来sophoraflavanone Gおよびその類縁体のT型カルシウムチャネル阻害活性と痛覚過敏抑制効果  [通常講演]
    関口富美子; 藤田友代; 出口貴浩; 市井真貴; 西川裕之; 吉田 繁; 村田和也; 松田秀秋; 大久保つや子; 川畑篤史
    第87回日本薬理学会年会 2014年03月 ポスター発表 仙台
  • ビンクリスチン誘起神経障害性疼痛ラットにおける抗HMGB1中和抗体と遺伝子組換えヒト可溶性トロンボモジュリンの予防・治療効果  [通常講演]
    西田武司; 川石雄大; 山西広樹; 坪田真帆; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    第87回日本薬理学会年会 2014年03月 口頭発表(一般) 仙台
  • Involvement of high mobility group box 1 in cyclophosphamide-induced cystitis-related bladder pain in mice.  [通常講演]
    Kawabata, A; Tanaka, J; Yamaguchi, K; Ishikura, H; Tsubota, M
    Pharmacology 2013 2013年12月 ポスター発表 London, UK
  • Recombinant human soluble thrombomodulin abolishes bladder pain accompanying cyclophosphamide-induced cystitis in mice  [通常講演]
    Tanaka, J; Ishikura, H; Yamaguchi, K; Tsubota, M; Sekiguchi, F; Seki, Y; Kawabata, A
    Neuroscience 2013 2013年11月 ポスター発表 San Diego, USA
  • Roles of TRPA1 channels in addition to Cav3.2 or TRPV1 as the downstream signal of hydrogen sulfide or proteinase-activated receptor-2 in the development of pancreatic pain  [通常講演]
    Terada, Y; Fujimura, M; Nishimukra, S; Tsubota, M; Kawabata, A
    Neuroscience 2013 2013年11月 ポスター発表 San Diego, USA
  • RQ-00311651, a novel T-type Ca2+ channel blocker: electrophysiological characterization and anti-hyperalgesic/anti-allodynic activity in somatic and visceral pain models.  [通常講演]
    Sekiguchi, F; Kawara, Y; Kanaoka, D; Kawaishi, Y; Tsubota, M; Kawakami, E; Ozaki, T; Yoshida, S; Okubo, T; Kawabata, A
    Neuroscience 2013 2013年11月 ポスター発表 San Diego, USA
  • Facilitation of T-type calcium currents by endogenous and exogenous hydrogen sulfide in Cav3.2-expressing HEK293 cells  [通常講演]
    Kawabata, A; Miyamoto, Y; Sekiguchi, F; Kanaoka, D; Yoshida, S; Ohkubo, T
    Neuroscience 2013 2013年11月 ポスター発表 San Diego, USA
  • マウスにおいてprostaglandin E2により誘起されるT型Ca2+チャネルを介する機械的痛覚過敏の特徴:EP2/PKA経路における足場タンパクAKAP150の重要性とEP1/PKC経路の関与について  [通常講演]
    竹中秀; 中村早織; 坪田真帆; 関口富美子; 川畑篤史
    第124回日本薬理学会近畿部会 2013年11月 ポスター発表 京都
  • Cav3.2 T型Ca2+チャネル発現HEK293細胞において内因性および外因性硫化水素はチャネル機能を増強する  [通常講演]
    関口富美子; 宮本陽介; 金岡大樹; 井手洋樹; 吉田 繁; 大久保つや子; 川畑篤史
    第124回日本薬理学会近畿部会 2013年11月 口頭発表(一般) 京都
  • 新規認知機能改善薬ST101はT型Ca2+チャネルを介してNG108-15細胞における神経突起伸長とマウスにおける痛覚過敏を誘起する  [通常講演]
    大野 菫; 金岡大樹; 井手洋樹; 関口富美子; 吉田 繁大野; 金岡大樹; 井手洋樹; 関口富美子; 吉田 繁; 福永浩司; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2013 2013年08月 ポスター発表 福岡
  • シクロホスファミド誘起膀胱炎マウスにおけるヒト可溶性トロンボモジュリンの膀胱痛抑制効果:HMGB1吸着・不活化作用の関与  [通常講演]
    山口薫; 田中潤一; 関由加里; 石倉宏恭; 坪田真帆; 関口富美子; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2013 2013年08月 ポスター発表 福岡
  • ヒト可溶性トロンボモジュリンはHMGB1シグナルを抑制することで炎症性疼痛を抑制する  [通常講演]
    関由加里; 田中潤一; 山口薫; 石倉宏恭; 坪田真帆; 関口富美子; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2013 2013年08月 ポスター発表 福岡
  • NG108-15細胞におけるdibutyryl cyclic AMP誘起神経分化への内因性硫化水素とCav3.2 T型Ca2+チャネルの関与  [通常講演]
    竹田優希; 金岡大樹; 関口富美子; 吉田繁; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2013 2013年08月 ポスター発表 福岡
  • Lipopolysaccharide膀胱内注入により誘起されるマウス膀胱炎・膀胱痛に対する可溶性トロンボモジュリンの効果:投与量による違い  [通常講演]
    久保里紗; 坪田真帆; 関口富美子; 石倉宏恭; 西堀正洋; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2013 2013年08月 ポスター発表 福岡
  • マウスにおけるCav3.2 T型Ca2+チャネルを介する硫化水素の痛み促進効果はアスコルビン酸欠乏により増大する:SMP30/GNLノックアウトマウスを用いた検討  [通常講演]
    上坊健太; 三木好輝; 坪田真帆; 関口富美子; 近藤嘉高; 高橋経太; 増富裕文; 石神昭人; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2013 2013年08月 ポスター発表 福岡
  • 膵臓痛発現におけるH2S下流シグナル分子としてのCav3.2およびTRPA1の役割:健常時と急性膵炎発症時の違い  [通常講演]
    寺田侑加; 藤村茉由子; 西村幸容; 坪田真帆; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2013 2013年08月 ポスター発表 福岡
  • TRPA1はPAR2の下流シグナル分子としてTRPV1とともに膵炎関連痛覚過敏の発症・維持に寄与する  [通常講演]
    寺田侑加; 藤村茉由子; 西村幸容; 坪田真帆; 川畑篤史
    生体機能と創薬シンポジウム2013 2013年08月 ポスター発表 福岡
  • シクロホスファミド誘起膀胱炎・膀胱痛に対するNK1受容体拮抗薬およびcurcuminの効果:硫化水素 / T型カルシウムチャネル系の上流シグナルの解析  [通常講演]
    尾崎友香; 坪田真帆; 西浦佳那恵; 川畑篤史
    第123回日本薬理学会近畿部会 2013年07月 口頭発表(一般) 名古屋
  • 苦参由来T型Ca2+チャネル阻害物質の検索:ヒトCav3.2発現HEK293細胞における電気生理学的検討とマウスにおける硫化水素誘起痛覚過敏に対する抑制効果の評価  [通常講演]
    藤田友代; 関口富美子; 出口貴浩; 吉田 繁; 村田和也; 松田秀秋; 大久保つや子; 川畑篤史
    第123回日本薬理学会近畿部会 2013年07月 口頭発表(一般) 名古屋
  • ヒト前立腺癌由来LNCaP細胞におけるcyclic AMP誘起神経内分泌様分化に伴うH2S/Cav3.2系の機能増強とその分子メカニズム  [通常講演]
    泰川未来; 深海和樹; 笠松隆二; 関口富美子; 吉田 繁; 川畑篤史
    第123回日本薬理学会近畿部会 2013年07月 口頭発表(一般) 名古屋
  • 遺伝子組換えヒト可溶性トロンボモジュリンはHMGB1シグナルを抑制することでパクリタキセル誘起神経障害性疼痛モデルにおいて予防および治療効果を示す  [通常講演]
    川石雄大; 山西広樹; 坪田真帆; 西堀正洋; 石倉宏恭; 川畑篤史
    第123回日本薬理学会近畿部会 2013年07月 口頭発表(一般) 名古屋
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬RQ-00311651の電気生理学的特徴と体性痛・内臓痛モデルにおける鎮痛効力  [通常講演]
    関口富美子; 坪田真帆; 川畑篤史
    第35回日本疼痛学会 2013年07月 口頭発表(一般) さいたま
  • 遺伝子組換えヒト可溶性トロンボモジュリンの炎症性疼痛および癌化学療法誘起神経障害性疼痛に対する予防・治療効果:HMGB1吸着・不活化作用の関与について  [通常講演]
    川畑篤史; 坪田真帆; 関口富美子
    第35回日本疼痛学会 2013年07月 口頭発表(一般) さいたま
  • 硫化水素の生理機能と病態への関与:特に内臓痛および内臓炎症における役割  [通常講演]
    坪田真帆; 川畑篤史
    第90回日本生理学会大会 2013年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 東京
  • Modulation of Cav3.2 T-type calcium channels by endogenous mediators: impact on pain signals and others  [通常講演]
    Kawabata, A
    3rd International Calcium Channel Conference 2013年03月 Krabi, Thailand
  • 知覚神経細胞におけるcyclic AMP誘起神経突起伸長に対するT型Ca2+チャネルおよびK+チャネルの関与  [通常講演]
    前田貴史; 山縣亮介; 三谷健治; 田中友香里; 関口富美子; 川畑篤史
    第122回日本薬理学会近畿部会 2012年11月 口頭発表(一般) 豊中
  • NG108-15細胞とラット後根神経節細胞におけるCav3.2 T型Ca2+チャネル機能のcyclic AMP依存性増強メカニズムの解析  [通常講演]
    金岡大樹; 山中瑠美; 関口富美子; 吉田 繁; 川畑篤史
    第122回日本薬理学会近畿部会 2012年11月 口頭発表(一般) 豊中
  • 遺伝子組み換え可溶性ヒト・トロンボモジュリンのマウス間質性膀胱炎モデルにおける膀胱痛抑制効果  [通常講演]
    田中潤一; 山口 薫; 関由加里; 石倉宏恭; 坪田真帆; 関口富美子; 川畑篤史
    第122回日本薬理学会近畿部会 2012年11月 口頭発表(一般) 豊中
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬RQ-00311651は各種内臓痛を抑制する  [通常講演]
    坪田真帆; 川上絵理; 尾崎友香; 関口富美子; 井上 義; 奥村貴子; 川畑篤史
    第122回日本薬理学会近畿部会 2012年11月 口頭発表(一般) 豊中
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬RQ-00311651のチャネル阻害効果の特徴および体性痛覚過敏に対する抑制効果  [通常講演]
    関口富美子; 瓦 侑馬; 金岡大樹; 川石雄大; 坪田真帆; 吉田 繁; 大久保つや子; 山澤美緒; 我謝徳一; 大城博行; 井上 義; 川畑篤史
    第122回日本薬理学会近畿部会 2012年11月 口頭発表(一般) 豊中
  • Roles of endogenous hydrogen sulfide in the cyclic AMP-induced neuronal differentiation in NG108-15 cells  [通常講演]
    Kanaoka, D; Takeda, Y; Sekiguchi, F; Yoshida, S; Kawabata, A
    Neuroscience 2012 2012年10月 ポスター発表 New Orleans, USA
  • Molecular mechanisms for the neurite outgrowth caused by prostaglandin E2 in mouse dorsal root ganglion cells  [通常講演]
    Maeda, T; Mitani, K; Yamagata, R; Sekiguchi, F; Kawabata, A
    Neuroscience 2012 2012年10月 ポスター発表 New Orleans, USA
  • Recombinant soluble human thrombomodulin abolishes inflammatory hyperalgesia in rats  [通常講演]
    Tanaka, J; Seki, Y; Yamaguchi, K; Ishikura, H; Tsubota, M; Sekiguchi, F; Kawabata, A
    Neuroscience 2012 2012年10月 ポスター発表 New Orleans, USA
  • Blocking T-type calcium channels protects against the brain injury induced by middle cerebral artery occlusion and reperfusion in mice  [通常講演]
    Kawabata, A; Nishikawa, H; Matsuda, S; Fukatsu, A; Kurokawa, Y; Tsubota-Matsunami, M; Tokuyama, S
    Neuroscience 2012 2012年10月 ポスター発表 New Orleans, USA
  • Roles of endogenous hydrogen sulfide in proliferation of gastric cancer cells.  [通常講演]
    Sekiguchi, F; Sekimoto, T; Ogura, A; Kawabata, A
    7th International Symposium on Cell/Tissue Injury and Cyotoprotection/Organoprotection 2012年09月 口頭発表(一般) Honolulu, Hawaii, USA
  • Roles of Cav3.2 and TRPA1 channels targeted by hydrogen sulfide in processing of visceral pain signals in the colon, pancreas and bladder  [通常講演]
    Kawabata, A
    7th International Symposium on Cell/Tissue Injury and Cyotoprotection/Organoprotection 2012年09月 Honolulu, Hawaii, USA
  • 遺伝子組換えヒト可溶性トロンボモジュリンはシクロホスファミド誘起膀胱炎マウスにおける膀胱痛を抑制する  [通常講演]
    山口薫; 田中潤一; 関由加里; 石倉宏恭; 坪田真帆; 関口富美子; 川畑篤史
    第86回日本薬理学会年会 ポスター発表 福岡
  • 遺伝子組換えヒト可溶性トロンボモジュリンはラットにおいてHMGB1依存炎症性疼痛を抑制する  [通常講演]
    関由加里; 田中潤一; 山口薫; 石倉宏恭; 坪田真帆; 関口富美子; 川畑篤史
    第86回日本薬理学会年会 ポスター発表 福岡
  • 新規T型カルシウムチャネル阻害薬RQ-00311651の各種内臓痛に対する治療効果  [通常講演]
    川上絵理; 坪田真帆; 尾崎友香; 関口富美子; 井上義; 奥村貴子; 川畑篤史
    第86回日本薬理学会年会 ポスター発表 福岡
  • 新規T型カルシウムチャネル阻害薬RQ-00311651:膜電流およびカルシウム流入に対する抑制効果と鎮痛効力  [通常講演]
    瓦 侑馬; 関口富美子; 金岡大樹; 川石雄大; 坪田真帆; 吉田 繁; 大久保つや子; 山澤美緒; 我謝徳一; 大城博行; 井上 義; 川畑篤史
    第86回日本薬理学会年会 ポスター発表 福岡

MISC

産業財産権

受賞

  • 2000年 日本薬学会近畿支部奨励賞
     JPN
  • 1998年 Annual Award 1998 of The Pharmacological Society of Canada

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • プロテアーゼ受容体に関する研究
  • 疼痛制御メカニズムに関する研究
  • Study on protease-activated receptors
  • Study on pain modulation systems.

委員歴

  • 日本疼痛学会   評議員   日本疼痛学会
  • 日本薬理学会   学術評議員   日本薬理学会

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.