山田 秀和 (ヤマダ ヒデカズ)

  • 医学部 客員教授
Last Updated :2024/02/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    近畿大学アンチエイジングセンターの一員として、医学・薬学。農学・運動に関する共同研究を行っている。
  • 報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧> ●2020/5/26  関西テレビ「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」  コーヒーの効能について ●2018/11/6  読売新聞  アトピー治療について ●2018/02/04  読売新聞  皮膚の病気について ●2017/3/21  テレビ大阪「カイシャ魂」  脱毛症等について ●2016/10/29  毎日放送「医のココロ」 「アトピー性皮膚炎」について ●2016/10/13  サンケイスポーツ  絶食の効果について ●2016/2/25  産経新聞  見た目の老化について ●2015/06/14  BS-TBS「 まるわかり!日曜ニュース深堀り」  見た目のアンチエイジングについて ●2014/07/15  テレビ朝日「スーパーJチャンネル」  暑い季節の頭皮の日焼けについて

研究者情報

ホームページURL

J-Global ID

プロフィール

  • 皮膚科学(免疫・アレルギー疾患)、アトピー性腸炎、腸脳皮膚相関、皮膚粗鬆症。

    抗加齢医学。アンチエイジングドック。見た目の科学(見た目のアンチエイジング;皮膚・容貌・体形)の確立。iPOPを含めたSystem Biology。

研究キーワード

  • 皮フ科学   Dermatology   

現在の研究分野(キーワード)

    近畿大学アンチエイジングセンターの一員として、医学・薬学。農学・運動に関する共同研究を行っている。

研究分野

  • ライフサイエンス / 人体病理学
  • ライフサイエンス / 免疫学
  • ライフサイエンス / ゲノム生物学
  • ライフサイエンス / 皮膚科学

学歴

  •         - 1988年   近畿大学   医学研究科   内科系皮膚科
  •         - 1988年   Kinki University   Graduate School, Division of Medicine
  •         - 1981年   近畿大学   医学部   医学科
  •         - 1981年   Kinki University   Faculty of Medicine

所属学協会

  • 日本抗加齢医学会   日本美容皮膚科学会   日本レーザー医学会   日本祷瘡学会   日本乾癬学会   日本癌学会   日本免疫学会   米国研究皮膚科学会   日本アレルギー学会   日本皮膚科学会   日本研究皮膚科学会   

研究活動情報

論文

  • 末吉 功治; 岸谷 讓; 西崎 絵理奈; 細本 宜志; 磯貝 理恵子; 山田 秀和
    日本内分泌学会雑誌 96 3 758 - 758 (一社)日本内分泌学会 2021年01月
  • Yoko Yamamoto; Yushiro Ohara; Erina Nishizaki; Takashi Hosomoto; Nozomi Yoshioka; Mutuko Muramoto; Rieko Isogai; Hidekazu Yamada
    Arerugi = [Allergy] 67 9 1286 - 1286 2018年
  • Ichiro Katayama; Michiko Aihara; Yukihiro Ohya; Hidehisa Saeki; Naoki Shimojo; Shunsuke Shoji; Masami Taniguchi; Hidekazu Yamada
    Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology 66 2 230 - 247 2017年04月 
    Given the importance of appropriate diagnosis and appropriate assessment of cutaneous symptoms in treatment of atopic dermatitis, the basics of treatment in this guideline are composed of (1) investigation and countermeasures of causes and exacerbating factors, (2) correction of skin dysfunctions (skin care), and (3) pharmacotherapy, as three mainstays. These are based on the disease concept that atopic dermatitis is an inflammatory cutaneous disease with eczema by atopic diathesis, multi-factorial in onset and aggravation, and accompanied by skin dysfunctions. These three points are equally important and should be appropriately combined in accordance with the symptoms of each patient. In treatment, it is important to transmit the etiological, pathological, physiological, or therapeutic information to the patient to build a favorable partnership with the patient or his/her family so that they may fully understand the treatment. This guideline discusses chiefly the basic therapy in relation to the treatment of this disease. The goal of treatment is to enable patients to lead an uninterrupted social life and to control their cutaneous symptoms so that their quality of life (QOL) may meet a satisfactory level. The basics of treatment discussed in this guideline are based on the "Guidelines for the Treatment of Atopic Dermatitis 2008" prepared by the Health and Labour Sciences Research and the "Guidelines for the Management of Atopic Dermatitis 2015 (ADGL2015)" prepared by the Atopic Dermatitis Guidelines Advisory Committee, Japanese Society of Allergology in principle. The guidelines for the treatment of atopic dermatitis are summarized in the "Japanese Guideline for the Diagnosis and Treatment of Allergic Disease 2016" together with those for other allergic diseases.
  • Kaori Kawasaki; Kiyofumi Yamanishi; Hidekazu Yamada
    International journal of dermatology 54 3 295 - 301 2015年03月 
    BACKGROUND: In vivo reflectance confocal microscopy is a useful technique for non-invasive biometry of cutaneous inner structures. In this study, the changes in the inner structures were examined in a wide age range of healthy Japanese using this technique. MATERIALS AND METHODS: Skin on the flexor side of the arm and on the face, which represent sun-protected and sun-exposed sites of the skin, respectively, was examined in 52 healthy Japanese subjects aged 6 months-81 years old using a reflectance confocal microscope Vivascope(®) 3000. RESULTS: The size of granular cells increased with age and was larger in the group aged over 50 years than in the young group aged 18-21 years old, at both sites. The size of prickle cells also increased with age in the face but not in the arm. The size of dermal papillae measured at depths of 50 μm (Z = 50 μm) and 80 μm (Z = 80 μm) from the surface decreased with age. The size at Z = 80 μm was smaller in the older group than in the younger group at both sites. However, the mean size of granular cells and dermal papillae was smaller in the face than in the arm. The number of dermal papillae decreased with age in the arm at Z = 50 μm and in the face at Z = 80 μm. CONCLUSIONS: Skin aging may be reflected in the size of granular and prickle cells and dermal papillae, and the extent varies in each sun-exposed or sun-protected skin site.
  • Ichiro Katayama; Yoichi Kohno; Kazuo Akiyama; Michiko Aihara; Naomi Kondo; Hidehisa Saeki; Shunsuke Shoji; Hidekazu Yamada; Koichiro Nakamura
    Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology 63 3 377 - 98 2014年09月 
    Given the importance of appropriate diagnosis and appropriate assessment of cutaneous symptoms in treatment of atopic dermatitis, the basics of treatment in this guideline are composed of (1) investigation and countermeasures of causes and exacerbating factors, (2) correction of skin dysfunctions (skin care), and (3) pharmacotherapy, as three mainstays. These are based on the disease concept that atopic dermatitis is a inflammatory cutaneous disease with eczema by atopic diathesis, multi-factorial in onset and aggravation, and accompanied by skin dysfunctions. These three points are equally important and should be appropriately combined in accordance with the symptoms of each patient. In treatment, it is important to transmit the etiological, pathological, physiological, or therapeutic information to the patient to build a favorable partnership with the patient or his/her family so that they may fully understand the treatment. This guideline discusses chiefly the basic therapy in relation to the treatment of this disease. The goal of treatment is to enable patients to lead an uninterrupted social life and to control their cutaneous symptoms so that their quality of life (QOL) may meet a satisfactory level. The basics of treatment discussed in this guideline are based on the "Guidelines for the Treatment of Atopic Dermatitis 2008" prepared by the Health and Labour Sciences Research and the "Guidelines for the Management of Atopic Dermatitis 2012 (ADGL2012)" prepared by the Atopic Dermatitis Guidelines Advisory Committee, Japanese Society of Allergology in principle. The guidelines for the treatment of atopic dermatitis are summarized in the "Japanese Guideline for the Diagnosis and Treatment of Allergic Disease 2013" together with those for other allergic diseases.
  • Rieko Isogai; Hidekazu Yamada
    The Journal of dermatology 40 12 1038 - 41 2013年12月 [査読有り]
     
    An infant skin disease with clusters of nodules in the diaper contact area was reported as granuloma gluteale infantum. Recently, the number of elderly patients with this condition has increased, and it has been reported as diaper-area granuloma of the aged. These lesions are presumably caused by irritation from feces and urine. We observed similar cutaneous symptoms in six elderly patients, five of whom revealed clusters of nodules arranged in a circular pattern in the gluteal region presenting a peculiar clinical picture. They were all bedridden and wore cloth diapers. We speculate that wearing a cloth diaper seems to be a major factor behind this condition. Another factor was sitting during the day. A subject had lesions with nodules on the scrotum. The distribution of nodules appeared to be related to the body position and vigorous movement of the patient. In all cases, topical steroid therapies were not effective. They were all positive for bacteriuria. Chronic urinary tract infection further irritates the skin. It is necessary to reduce urine contact and keep the lesion clean.
  • Hidekazu Yamada
    Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology 33 3 118 - 25 2010年 [査読有り]
     
    In this review, I summarized recent studies about nonatopic dermatitis, IgE associated atopic dermatitis and autoallergic atopic dermatitis in the natural history of atopic dermatitis with gene -gene and gene -environment interaction. Also, new hypothesis of the mechanism of atopic dermatitis which was called OUTSIDE-INSIDE-OUTSIDE story wes introduced.
  • Naohito Kawasaki; Tadao Takashima; Kazunori Sagawa; Hidekazu Yamada; Katsuhisa Shindo; Kazuaki Kakehi
    YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN 129 8 965 - 974 2009年08月 [査読有り]
     
    In April 2008, a system of special health checks and health guidance was initiated with the aim of identifying people with metabolic syndrome (visceral fat syndrome) and pre-metabolic syndrome. In this study, we investigated the relationship between health check results and abdominal circumference in 632 university faculty members. The standard value for abdominal circumference in women (>= 90) is set higher than that for men (>= 85). When this standard value is used, only 7.4% of women may be able to receive special health guidance. In the future, a follow-up survey of female subjects focusing on the difference in the standard value and an evaluation of its relationship with lifestyle-related diseases will probably be necessary. In the present study, significant positive correlations were seen between abdominal circumference and GPT and gamma-GTP, which are related to hepatic function, and between abdominal circumference and uric acid levels in mates. These results indicate the possibility that abdominal circumference is related to alcohol intake. In addition, white blood cell count, red blood cell count, hemoglobin level, and hematocrit level were significantly higher in subjects with large abdominal circumference, and there were differences in hematopoietic function. There have been virtually no studies on the relationship between visceral fat and hepatic and hematopoietic functions, and a follow-up study of the present subjects in the future may shed new light on risk factors for various diseases with abdominal circumference as an indicator.
  • Ryoji Tsuboi; Osamu Arano; Tooru Nishikawa; Hidekazu Yamada; Kensei Katsuoka
    The Journal of dermatology 36 8 437 - 46 2009年08月 [査読有り]
     
    Minoxidil is efficacious in inducing hair growth in patients with androgenetic alopecia by inducing hair follicles to undergo transition from the early to late anagen phase. Although the efficacy of 1% topical minoxidil has been confirmed in Japan, no controlled study of 5% topical minoxidil has been conducted using male Japanese subjects. The objective of this trial was to verify the superiority in clinical efficacy of 5% topical minoxidil to 1% topical minoxidil in a double-blind controlled study with male, Japanese androgenetic alopecia patients as the subjects. The trial included 300 Japanese male patients aged 20 years or older with androgenetic alopecia who were administered either 5% topical minoxidil (n = 150) or 1% topical minoxidil (n = 150) for 24 weeks. The mean change from the baseline in non-vellus hair/cm(2), the primary efficacy variable, was 26.4 (n = 142) in the 5% topical minoxidil group and 21.2 (n = 144) in the 1% topical minoxidil group at 16 weeks, the main time point for the evaluation. The difference between the groups was significant (P = 0.020). The incidence of adverse events was 8.7% (13/150) in the 5% group and 5.3% (8/150) in the 1% group, with no significant difference between the groups (chi(2)-test: P = 0.258). Our findings confirmed the superiority of 5% topical minoxidil to 1% topical minoxidil in treating Japanese men with androgenetic alopecia.
  • 「医食同源」または「食物アレルギー」
    山田 秀和
    大阪保険医雑誌 12 大阪府保険医協会 2007年12月
  • 水泳プール授業時のサンスクリーン剤使用
    西井貴美子; 山田 秀和; 笹川征雄; 平山公三; 櫻井真也; 船井龍彦; 二村省三; 寺尾祐一; 酒谷省子; 東 禹彦; 夜久正治; 吉川剛司
    The EM 教育医事新聞 10 - 20 ㈱教育医事新聞社 2007年06月
  • アンケート特集 「湿疹」という診断名を日常診療で使いますか? "湿疹"病名はなくならない
    山田 秀和
    皮膚病診療 29 3 343 - 344 (株)協和企画 2007年03月
  • 青木敏之; 山田 秀和; 笹川征雄; 北村公一; 遠藤秀彦; 平山公三; 幸野 健; 長野拓三; 櫻井真也; 玉置昭治
    日本臨床皮膚科医会雑誌 24 3 36 - 42 日本臨床皮膚科医会 2007年 
    アトピー性皮膚炎 (AD) は、近年なお減少の傾向を認めず、その診断、原因、病態、治療にはまだなお不明な点がたくさん残されている。診療中のADが悪化するとき、その原因を捉えることは容易ではない。その悪化が経年、年次、季節などによる恒常的変動なのか、それとも一人一人の個別的要因によるものなのか、あるいはそれらが同時進行的に起こっているのかの判断が難しいからである。そのために薬物療法以外の対応として何をすればよいのか苦慮する。そこで、新たに発症した症例を対象にすれば、発症状況がより単純に把握できて、発症要因の精査がより容易であり、それがすなわちADの悪化要因と認めることができるのではないかと考え、この調査を試みた。
    ADが初発した可能性のある110症例を収集し、年齢、初診月、初発月、初発部位、家族歴、既往歴、さらに職、住、食、生活、空気、皮膚環境、ストレスなどを調べた。発症前3ヶ月以内に新築入居が10.9%、居住地変更が21.8%に上ったほか、体調不良が21.8%、睡眠不足が47.3%、過労状態が30.9%もあった。ADを含む湿疹、皮膚炎の発症要因として、皮膚に対する各種の刺激、ストレス、住居環境、アレルギーなどが有力候補として推測できた。(オンラインのみ掲載)
  • Ryoji Tsuboi; Takao Tanaka; Tooru Nishikawa; Rie Ueki; Hidekazu Yamada; Kensei Katsuoka; Hideoki Ogawa; Katsuyuki Takeda
    EUROPEAN JOURNAL OF DERMATOLOGY 17 1 37 - 44 2007年01月 [査読有り]
     
    Minoxidil is effective in inducing hair growth in patients with androgenetic alopecia by stimulating hair follicles to undergo transition from early to late anagen phase. However, there have been no controlled studies of topical minoxidil in Asian women. The objective of this trial was to investigate the efficacy of 1% topical minoxidil for androgenetic alopecia in Japanese female patients using a double-blind controlled method. This trial included 280 Japanese female patients aged 20 years or older with androgenetic alopecia who were administered either 1% topical minoxidil (n = 140) or placebo (n = 140) for 24 weeks. The primary efficacy variable was mean change from baseline in non-vellus hair count/cm(2). The mean change was 8.15 in the 1% topical minoxidil group and 2.03 in the placebo group, with a significant difference between groups (p < 0.001) [difference: 6.12 (two-sided 95% confidence interval (CI): 3.29-8.96)]. Secondary variables included investigators' assessments and patients' self-assessments. As assessed by investigators, 29.2% (40/137) of the patients had moderate or better improvement in the 1% topical minoxidil group compared to 11.8% (16/136) in the placebo group (p < 0.001 versus placebo). The effect on hair growth was assessed as improved or better by 36.5% (50/137) of the patients themselves in the 1% topical minoxidil group compared to 23.5% (32/136) in the placebo group (p = 0.019 versus placebo). The patients tolerated treatment with 1% topical minoxidil well without significant adverse effects.
  • 酒さ
    山田 秀和
    アレルギーの臨床. 25 81 - 81 2005年
  • 熊本 貴之; 杉原 和子; 山田 秀和; 岡嶋 馨
    皮膚の科学 3 6 563 - 566 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 2004年12月 
    85歳男.約1年前に出現した左側頭部の痂皮・掻痒を伴う紅斑が悪化したため受診し,皮膚生検で日光角化症と診断された.高齢であり,心肺機能低下及び心筋梗塞の既往などからQOLを考慮し,放射線療法を施行した.治療終了から19ヵ月経過現在,腫瘍の再発は認めていない
  • 磯貝 理恵子; 川田 暁; 荒金 兆典; 手塚 正; 杉原 和子; 山田 秀和; 中野 敦
    皮膚の科学 2 5 466 - 470 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 2003年10月 
    4歳女児.右腋窩の赤色丘疹が集簇した局面を主訴とした.生後10ヵ月頃より右腋窩に多数の赤色丘疹が出現し,2歳時にリンパ管腫の診断にて切除術を受けたが,2年後に再び同部に皮疹が出現した.臨床的には"蛙の卵"様の外観を呈していた.表在性リンパ管腫と診断し,一塊として筋膜直上まで切除した.切除後3年6ヵ月経過するも,再発は認めていない.病理組織学的には,真皮深層までリンパ管の拡大がみられたことから,表在性・深在性混合型リンパ管腫と診断した
  • 松下 記代美; 山田 秀和; 荒金 兆典; 川田 暁; 手塚 正; 今野 元博
    皮膚の科学 2 5 462 - 465 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 2003年10月 
    48歳女.臍部腫瘤を主訴とした.子宮筋腫のため腹腔鏡下子宮摘出術を受け,3年後,臍部の腫瘤に気付いた.臍部全体に隆起性腫瘤を認め,自発痛,痒み,圧痛があった.腹部エコー及びCTにて腫瘤深部が腹膜と連続していることが確認された.ケロイドか間葉系または神経系の良性の皮膚腫瘤が考えられ,外科的切除を行った.組織学的には,表皮直下から腹膜にかけて広い範囲に線維芽細胞が増殖し,膠原線維の著明な増生がみられた.真皮深層では浅層に比較してより太い膠原線維束が集簇している部分がみられた.術後は経過観察のみ行い,4年経過の現在,ケロイドの再発は認めていない
  • 柳下 晃一; 杉原 和子; 山田 秀和
    皮膚の科学 2 4 282 - 284 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 2003年08月 
    47歳男.有機化合物を取り扱う仕事をしていた.全身のそう痒感が出現し,皮膚そう痒症と診断され,抗アレルギー剤内服で経過観察となったが,軽快しないため受診した.膠原病と腫瘍マーカーは陰性で,既往歴のB型肝炎と職歴より,肝癌を中心とした内臓悪性腫瘍を疑い,腹部MRIを施行した.肝内に大小多数の結節を認め,肝生検を施行したところ,肝細胞癌と判明した.シスプラチン,5-FUによる動脈内持続注入療法を行ったが,癌性腹水の出現と共に,掻痒は悪化した.そのため,デルモート軟膏の外用とアレジオン,デパスの内服に治療を変更した
  • 柳下 晃一; 杉原 和子; 山田 秀和
    皮膚の科学 2 4 327 - 329 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 2003年08月 
    42歳男.1年前より左下腿後面の皮下腫瘤に気づいたが,徐々に増大し,圧痛も自覚するようになり受診した.比較的境界明瞭な弾性硬の腫瘤を認め,被覆表皮は軽度隆起していた.下肢CTで筋膜直上に境界明瞭,辺縁平滑な皮下腫瘤を認め,内部は筋肉よりやや低密度を示した.所見より線維腫,神経原性腫瘍を疑い切除術を施行した.病理組織所見より神経鞘腫と診断した
  • 柳下 晃一; 杉原 和子; 山田 秀和
    皮膚の科学 2 4 310 - 312 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 2003年08月 
    38歳男.陰嚢全体に米粒大から小指頭大の黄白色半球状隆起した10個の皮下腫瘤を認めた.胸腹骨盤CTを施行し,陰嚢のみに,石灰沈着と思われる高密度域を認めた.組織像より,特発性陰嚢石灰化症を考え,上皮小体亢進症など石灰沈着をきたす疾患を検索した.検査所見で血清Ca,PTHは正常で,石灰沈着をきたす内科的基礎疾患はないと考え,組織像と併せ,特発性陰嚢石灰化沈着症と診断した.全結節を一塊として切除した
  • アトピー性皮膚炎の治療戦略―痒みへの対応を中心に―
    山田 秀和; 吉川 邦彦; 片岡 葉子; 長野 拓三
    Medical Triburn Medical Triburn 2 49 - 50 ㈱メディカルトリビューン 2003年
  • 山田 秀和; 手塚 正
    Interenational Dermatology 14 7 767 - 73 The Japanese Society for Immunology 2002年07月 
    Thymus and activation-regulated chemokine (TARC)/CCL17 and macrophage-derived chemokine (MDC)/CCL22 are a pair of CC chemokines known to selectively attract T(h)2 type memory T cells via CCR4. Here we examined circulating levels of TARC and MDC in patients with atopic dermatitis (AD) and control subjects by using plasma samples, which reflect blood contents of chemokines more accurately than serum samples. The plasma levels of TARC and MDC were significantly elevated in AD patients. These values also strongly correlated with disease severity and serum lactate dehydrogenase levels, and weakly correlated with serum total IgE levels and blood eosinophilia. Previous studies demonstrated TARC immunoreactivity in the epidermal layer of AD lesional skin and production of TARC by a human keratinocytic cell line HaCaT upon stimulation with IFN-gamma. Here we demonstrated MDC immunoreactivity in the epidermal layer of AD skin at levels stronger than that of TARC. Furthermore, primary epidermal keratinocytes expressed both TARC and MDC mRNA upon stimulation with IFN-gamma, but efficiently secreted only MDC. These results suggest a post-transcriptional regulation in TARC production. IFN-gamma also induced TARC and MDC mRNA in mouse skin. Collectively, both TARC and MDC play important roles in the local accumulation of T(h)2 cells in AD lesional skin. Production of T(h)2-attracting chemokines by epidermal keratinocytes upon treatment with IFN-gamma, which is also the potent inducer of T(h)1-attracting chemokines, may underline the pivotal role of IFN-gamma in the chronic phase of AD where both T(h)1 and T(h)2 responses are mixed.
  • 古賀 千律子; 荒金 兆典; 山田 秀和; 川田 暁; 手塚 正; 永澤 充子; 三沢 英世; 遠田 裕政
    皮膚の科学 1 2 113 - 117 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 2002年04月 
    ガングリオン2例(60歳男,63歳女)及び指趾粘液嚢腫1例(62歳男)に対して針治療を併用したところ,治療効果がみられた.3例とも再発を繰り返し,外科的治療に対して抵抗性で,潰瘍を伴っていた.潰瘍周囲と足三里に週に一度の針治療を併用したところ,3例とも4〜14ヵ月後には浸出液の減少と潰瘍の上皮化及び皮内結節の縮小化がみられた.以上より難治性のガングリオン及び指趾粘液嚢腫とそれらに合併した皮膚潰瘍の治療への補助的手段の一つとして,針治療も選択しうると考えられた
  • T Nakayama; R Fujisawa; H Yamada; T Horikawa; H Kawasaki; K Hieshima; D Izawa; S Fujiie; T Tezuka; O Yoshie
    INTERNATIONAL IMMUNOLOGY 13 1 95 - 103 2001年01月 
    Liver- and activation-regulated chemokine (LARC)/macrophage inflammatory protein (MIP)3 alpha/ CCL20 is a CC chemokine which is constitutively expressed by follicle-associated epithelial cells in the mucosa, and attracts cells expressing CCR6 such as immature dendritic cells and alpha (4)beta (high)(7) intestine-seeking memory T cells. Here, we examine LARC/CCL20 expression in the skin. LARC/CCL20 mRNA and protein were induced in primary human keratinocytes upon stimulation with proinflammatory cytokines such as IL-1 alpha and tumor necrosis factor (TNF)-alpha, In mice, intradermal injection of IL-l a and TNF-a rapidly induced a local accumulation of transcripts for LARC/CCL20 and its receptor CCR6 with a lag of several hours in the latter. In humans, immunostaining of LARC/CCL20 was weak if any in normal skin tissues but strongly augmented in lesional skin tissues with atopic dermatitis. Furthermore, massive infiltration of cells with markers such as CD1a, CD3 or HLA-DR was present in atopic skin lesions. Many infiltrating cells were also found to be CCR6(+) by a newly generated monoclonal anti-CCR6, However, Langerhans cells residing within the epidermis were hardly stained by anti-CCR6 in normal and atopic skin tissues. Furthermore, plasma levels of LARC/CCL20 were found to be elevated in patients with atopic dermatitis. Collectively, our results suggest that epidermal keratinocytes produce LARC/CCL20 upon stimulation with proinflammatory cytokines such as IL-1 alpha and TNF-alpha, and attract CCR6-expressing immature dendritic cells and memory/effector T cells into the dermis of inflamed skin such as atopic dermatitis. LARC/CCL20 may not, however, play a major role in homeostatic migration of Langerhans cells into the skin.
  • 皮膚とケモカイン
    山田 秀和
    日本皮膚科学会誌 日本皮膚科学会専門医テキスト集 111 3 144 - 158 2000年
  • アトピー性皮膚炎の漢方治療シンポジウム皮膚症状からのアプローチⅡ
    山田 秀和
    実地医家のためのThe Kampo 6 38 - 39 2000年
  • 松下 記代美; 阪本 ゆり; 杉原 和子; 荒金 兆典; 山田 秀和; 川田 暁; 手塚 正
    皮膚 41 4 407 - 408 (社)日本皮膚科学会-大阪地方会 1999年08月
  • 福井 憲; 山田 秀明; 原田 正; 織田 知明; 手塚 正
    皮膚 39 3 302 - 306 Meeting of Osaka Dermatological Association 1997年 
    58歳, 男性。アスベストの暴露歴あり。昭和63年頃よりレイノー症状があり, 平成3年1月頃より, 労作時呼吸困難と手指から前腕伸側に皮膚の硬化が出現, 拡大した。抗核抗体が陽性であり, 皮膚病理組織所見で, 膠原線維の増加, 皮膚付属器の減少を認めたので強皮症と診断した。Dペニシラミン100 mg/日, プレドニン15 mg/日で以後外来加療した。平成4年7月13日, 突然, 安静時呼吸困難が出現し胸部レントゲンにて左下肺野に胸水貯留像認め入院となった。胸水穿刺を行なったが胸水貯留は続き, 呼吸状態が悪化し永眠した。経過中, 胸膜生検で悪性胸膜中皮腫が疑われたが, 剖検の結果, 悪性線維性組織球腫と診断された。
  • M Matsukura; H Yamada; T Yudate; T Tezuka; J Chihara
    INTERNATIONAL ARCHIVES OF ALLERGY AND IMMUNOLOGY 114 51 - 54 1997年 [査読有り]
     
    We investigated whether apoptosis of eosinophils is specific to atopic dermatitis (AD), or also occurs in other diseases with eosinophilia. We examined the survival of eosinophils cultured with corticosteroids: (I) Clinically, steroid administration significantly decreased high peripheral blood eosinophil cell counts in patients with AD. (2) Treatment with recombinant human (rh) IL-5 prolonged the life span of eosinophils derived from patients with AD and of those derived from non-AD patients with eosinophilia. However, there were differences in the survival rates in the presence of rhIL-5: the eosinophils from non-AD patients showed 1.4-fold higher survival rates than those from AD patients at 24 h. In the presence of steroids, the eosinophils from non-AD patients showed a survival rate double that of those from AD patients at 24 h. (3) In eosinophils from patients with AD, the survival rate decreased significantly in a time-and steroid-concentration-dependent manner. Steroid administration significantly inhibited the survival rate of eosinophils from patients with AD compared to those of monocytes and neutrophils. These findings suggest that apoptosis induced by steroids decreases the eosinophil count in vivo in patients with AD. There may be a difference in the incidence of steroid-induced apoptosis between eosinophil cells from patients with AD and those from patients with eosinophilia due to other underlying diseases.
  • 杉原 和子; 楠田 茂; 佐伯 光義; 栗本 圭久; 立田 七寿子; 山田 秀和; 手塚 正
    皮膚 38 2 238 - 242 Meeting of Osaka Dermatological Association 1996年 
    61歳, 男性。生下時より存在した脱毛局面が急激に腫瘤形成し, 出血, 悪臭を伴うようになった。腫瘍辺縁より3cm離して切除した。病理組織学的に悪性毛根鞘腫と診断した。抗サイトケラチンモノクローナル抗体 (PKK2, PKK3, 34βEl2, 34βB4, TYHF-1) で組織染色を行い, 外毛根鞘細胞と反応する34βE12, TYHF-1が陽性となり, 自験例の起源が外毛根鞘細胞であることを示した。
  • 浜 和子; 辻井 陽子; 山上 七寿子; 高橋 昌江; 山田 秀和; 吉田 正己; 手塚 正
    皮膚 33 2 102 - 106 Meeting of Osaka Dermatological Association 1991年 
    アンダーム®クリームによる接触皮膚炎の患者にアンダーム®クリームとその内容成分のパッチテストを行った。その結果, アンダーム®クリーム及びその主剤であるブフエキサマックと基剤成分の1つである乳酸に陽性反応を示した。しかし, 乳酸は原液のみに陽性を示し, 0.1%, 0.01%では陰性であった。アンダーム®クリーム中の乳酸の量はpH調整のために混入されており, 0.01%以下である。これらの結果よりブフェキサマックによる接触皮膚炎とした。ブフエキサマックはエタノールに0.1%, 0.01%, 0.001%まで希釈し検討した。0.1%で陽性, 0.01%, 0.001%では陰性であった。反応は72時間後がピークであったのでアレルギー反応と考えた。
  • 大熊 守也; 島田 和代; 浜 和子; 山田 秀和; 栗本 圭久; 高橋 喜嗣; 中野 朝益; 平井 玲子; 山崎 紘之; 吉田 正巳; 坪田 浩美; 手塚 正
    皮膚 24 6 908 - 913 Meeting of Osaka Dermatological Association 1982年 
    小児を対象として種々の皮膚疾患にリドメックス外用剤を試みた結果, 49症例中, 44.8%に治癒または著効, 36.7%に有効, 18.3%にやや有効, 無効は0%であった. 特に湿疹, 虫刺症に推奨される.

書籍

  • 現場レベルでの皮膚測定・評価~トラブル事例・対策~, かゆみの測定・評価のトラブル事例と対策
    山田 秀和 (担当:共著範囲:)サイエンス&テクノロジー 2007年02月
  • 皮膚科診療のコツと落とし穴①症候・症状・診断・検査, 全身の痒みを訴えているときに、どのように鑑別していくか?
    山田 秀和 (担当:共著範囲:)中山書店 2006年09月
  • 皮膚科診療のコツと落とし穴②疾患Ⅰ, レーザー治療における機器とその疾患の選択
    山田 秀和 (担当:共著範囲:)中山書店 2006年08月
  • 皮膚科疾患最新の治療2007-2008, 酒さ様皮膚炎
    山田 秀和 (担当:単著範囲:)南江堂 2006年03月
  • 皮膚科疾患最新の治療2005-2006
    南光堂 2005年
  • 小児疾患の身近な漢方療法3, アトピー性皮膚炎における免疫抑制外用剤と漢方治療
    山田 秀和 (担当:共著範囲:)メディカルビュー社 2004年
  • 小児疾患の身近な漢方療法3
    メディカルビュー社 2004年
  • 最新皮膚科学大系 全身疾患と皮膚病変
    中山書店 2003年
  • Functional cosmetology
    Substantiation of cosmetic Efficacy 2003年
  • 臨床看護
    へるす出版 2002年
  • 発熱をともなう発疹
    臨牀看護 2002年
  • 急性期病院での皮膚科医の将来
    臨床皮膚科 2002年
  • かゆみ抑制化粧品
    化粧品の有用性 2001年
  • 汗孔角化症
    皮膚疾患最新の治療2001-2002 2000年
  • 実地医家のためのThe Kampo アトピー性皮膚炎の漢方治療シンポジウム 皮膚症状からのアプローチⅡ
    ジャパンマーケティングサービス 2000年
  • やさしいアトピー性皮膚炎の自己管理-外用剤
    医薬ジャーナル 2000年
  • アトピー性皮膚炎の掻痒に及ぼす環境要因-イッチング・バス・スケールを用いて-
    痒みシンポジウム(8)・メディカルジャーナル 1999年
  • 大腸病変
    皮膚科診療プラクティス6・文光堂 1999年

講演・口頭発表等

  • 塗り薬以外の治療ってありますか?―アトピーにおける総合医療―  [通常講演]
    山田 秀和
    第58回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2007年10月 京都 第58回日本皮膚科学会中部支部学術大会
  • 皮膚科から見たアンチエイジング  [通常講演]
    山田 秀和
    第18回ODS 2007年09月 大阪 第18回ODS
  • アンチエイジングと体力科学  [通常講演]
    山田 秀和
    第62回日本体力医学会大会 2007年09月 宮城県 第62回日本体力医学会大会
  • アンチエイジングから見た漢方療法  [通常講演]
    山田 秀和
    第32回東海皮膚科漢方研究会 2007年09月 名古屋 第32回東海皮膚科漢方研究会
  • アンチエイジング外来と臨床―美容のアンチエイジングを含めて―  [通常講演]
    山田 秀和
    第1回阪奈近薬会 2007年05月 大阪 第1回阪奈近薬会
  • アンチエイジングドック  [通常講演]
    山田 秀和
    第6回KAMPO EYES シンポジウム 2007年03月 大阪 第6回KAMPO EYES シンポジウム
  • 脱毛自然発症モデルラット系統樹立とその応用  [通常講演]
    太田 善夫; 山田 秀和
    第53回 日本臨床検査医学会学術集会 2006年11月 弘前 第53回 日本臨床検査医学会学術集会
     
    兄妹交配を繰り返し、自然発症ラットの系統を樹立した。これらのラットに数種の発毛促進剤を塗布した所、一部の薬剤に発毛効果が見られた。これらのラットは薬剤効果の判定や脱毛機序の研究に極めて優れたモデル動物と考えられる。
  • 皮膚科のアンチエイジング  [通常講演]
    山田 秀和
    第3回抗加齢歯科医学研究会 2006年11月 東京 第3回抗加齢歯科医学研究会
  • 皮膚科医とアンチエイジング  [通常講演]
    山田 秀和
    第3回京都さくら会学術講演会 2006年11月 京都 第3回京都さくら会学術講演会
  • アンチエージングドックの皮膚科への導入法  [通常講演]
    山田 秀和
    第9回これからの皮膚科診療を考える会 2006年10月 大阪 第9回これからの皮膚科診療を考える会
  • 抗加齢医学と皮膚  [通常講演]
    山田 秀和
    第111回豊中市医師会皮膚科医会 2006年09月 大阪 第111回豊中市医師会皮膚科医会
  • アンチエイジング医学の基礎と臨床―初級編  [通常講演]
    山田 秀和
    第1回奈良抗加齢研究会 2006年07月 奈良 第1回奈良抗加齢研究会
  • アトピー性皮膚炎と癒し  [通常講演]
    山田 秀和
    第22回日本臨床皮膚科医会近畿支部学術大会 2006年07月 和歌山 第22回日本臨床皮膚科医会近畿支部学術大会
  • アンチエイジングと皮膚科  [通常講演]
    山田 秀和
    三重皮膚科勤務医会 2006年06月 三重県 三重皮膚科勤務医会
  • 肝斑におけるトランサミン?と桂枝茯苓丸併用療法の検討  [通常講演]
    熊本 貴之; 山田 秀和
    2006年06月 
    肝斑は、中年女性によくおこる疾患である。その原因は、ホルモン異常等が考えられているが、不明である。近年、肝斑の治療に皮膚局所療法がおこなわれる傾向があるが、全身的な治療が重要と考え、漢方療法を検討した。方法)1群;トラネキサム酸単独投与、2群;トラネキサム酸と桂枝茯苓丸(7.5mg分3)併用投与、3群;桂枝茯苓丸単独投与として、3ヶ月以上経過を観察できた患者を検討した。肝斑の程度で4段階に分類し、また寺沢のオ血スコアを参考にした。一部の症例には簡易更年期指数を測定した。治療としては、基本は1群とし、オ血スコアが高いものには2群を、漢方投与を希望し、且つオ血スコアが高いものには3群を選択した。結果)1群計7例;治癒1例(14.3%)・著効1例(14.3%)・有効3例(42.9%)・無効2例(28.6%)2群計23例;治癒3例(13.0%)・著効8例(34.9%)・有効6例(26.1%)・無効6例(26.1%)3群計4例 治癒1例(25.0%)・著効1例(25.0%)・有効3例(50.0%)・無効2例(50.0%)であ
  • 皮膚科外来小手術の術後感染と消毒法の検討(第2報)  [通常講演]
    熊本 貴之; 山田 秀和; 柳下 晃一; 澤本 学; 小田 香織
    395回皮膚科学会大阪地方会 2006年05月 大阪 395回皮膚科学会大阪地方会
     
    近年、外科的手術全般の術前、術後の消毒の有無が必要であるかについて疑問を投げか ける報告が多い。皮膚科領域においては、EBMに足りうる報告はない。 そこで、今回、我々はバイオパンチ?使用における皮膚科外来小手術後の、消毒の有無や術後の抗生剤の内服の有無、術中の未滅菌手袋の使用が術後感染に影響を与えるかどうか、1年を通じて検討を行った。 結果、240例の対象患者の内、Drop outとなった51例を除いて、プロトコー ル通りに処置できた患者は189例であった。189例の内、明らかな感染を疑う症例は1 年を通じて1件のみであった。 以上より、性別、年齢、部位、季節、未滅菌手袋による操作でも関係なく術後感染はほ とんど起こらなかった事より、皮膚科外来小手術後は消毒の有無や術後の抗生剤の内服、術中の未滅菌手袋の使用は術後感染に影響しないのではないかと考えた。
  • アトピー性皮膚炎治療のポイント  [通常講演]
    山田 秀和
    第12回アレルギー週間市民公開講座「アレルギー治療の最前線」 2006年02月 大阪市 第12回アレルギー週間市民公開講座「アレルギー治療の最前線」
  • 皮膚科領域におけるサプリメントに関する諸問題など  [通常講演]
    山田 秀和
    北和勉強会 2006年02月 北和勉強会
  • 脱毛症自然発症ラットモデル系統の樹立  [通常講演]
    山田 秀和; 臨床検査部
    第13回毛髪科学研究会 2005年11月 東京 第13回毛髪科学研究会
  • アンチエイジングについて  [通常講演]
    山田 秀和
    第47回奈良県病院薬剤師会学術講演会 2005年11月 奈良 第47回奈良県病院薬剤師会学術講演会
  • 皮膚とアンチエイジング  [通常講演]
    山田 秀和
    浜松医科大学関連皮膚科講演会 2005年11月 静岡 浜松医科大学関連皮膚科講演会
  • 抗加齢療法(アンチエイジング)と皮膚  [通常講演]
    山田 秀和
    第26回大阪皮膚科医会例会 2005年11月 大阪 第26回大阪皮膚科医会例会
  • 爪白癬症におけるイトラコナゾール400㎎パルス療法の効果  [通常講演]
    柳下 晃一; 山田 秀和; 熊本 貴之; 澤本 学
    第56回日本皮膚科学会中部支部総会・学術大会 2005年09月 大阪国際会議場 第56回日本皮膚科学会中部支部総会・学術大会
     
    爪白癬は、現在実質上内服治療としては塩酸テルビナフィンとイトラコナゾールが使用されている。英国の爪真菌症治療におけるガイドラインではテルビナフィンは250㎎/日、12週間連続投与が推奨され、イトラコナゾールは400㎎/日、1週間投与3週間休薬を1パルスとして3パルス実施することが推奨されている。当科にて2004年3月から2005年3月の間で爪白癬と診断し、イトラコナゾール400㎎パルス療法を施行した26例について検討した。26例のうち18例については効果判定を行うことができた。(5例が自己中断、3例が副作用で投薬中止となった。)18例中13例に治療効果を認め、5例は改善を認めなかった。副作用は2例が薬疹、1例が胃腸障害であった。以上の結果について統計的検討を加えて考察する。
  • 肝斑におけるトラネキサム酸と漢方併用療法の検討  [通常講演]
    熊本 貴之; 山田 秀和; 柳下 晃一; 澤本 学; 小田 香織
    日本美容皮膚科学会 2005年09月 京都 日本美容皮膚科学会
     
    肝斑発症の背景には多くの因子が指摘されている。われわれは患者更年期指数を検討したところ、肝斑患者ではあきらかに高値をしめしている。この治療に漢方的手法がよいと考え、駆於血剤の1つである桂枝茯苓丸を加えて加療し良好な成績を収めたので報告する。近畿大学医学部奈良病院皮膚科来院して肝斑と診断した患者を、皮疹の程度を3段階に分類し、全身については 漢方でいわれる?血状態を検討し、1群は、?血状態の顕著でないもの、2群は顕著なもの、3群は漢方のみの投与を希望したものと分類した。1群にトラネキサム酸単独、2群にトラネキサム酸+桂枝茯苓丸、3群には桂枝茯苓丸単独投与として、3ヶ月以上経過を観察できた患者を検討した。結果、1群は3ヶ月での改善例が7割を占め、2群は約7割、3群は約5割あった。肝斑の患者では?血状態を改善する必要のある症例も多く、桂枝茯苓丸の併用も有用と考えられる。
  • 皮膚科領域における抗加齢医学の進歩 しみ・しわの治療  [通常講演]
    山田 秀和
    堺市医師会皮膚科医会 2005年07月 堺市 堺市医師会皮膚科医会
  • 皮膚科における漢方治療  [通常講演]
    山田 秀和
    明日から使える漢方セミナー〔皮膚科編〕 2005年07月 大阪 明日から使える漢方セミナー〔皮膚科編〕
  • すぐに使える皮膚疾患の漢方治療  [通常講演]
    山田 秀和
    千里漢方学術セミナー 2005年06月 大阪 千里漢方学術セミナー
  • 教育セミナー8 アトピー性皮膚炎と誤りやすい皮膚疾患の病態  [通常講演]
    山田 秀和
    第17回日本アレルギー学会春季臨床大会 2005年06月 岡山 第17回日本アレルギー学会春季臨床大会
  • アトピー性皮膚炎の考えかたについて  [通常講演]
    山田 秀和
    山形プロトピック研究会 2005年04月 山形 山形プロトピック研究会
  • 高齢者に対して炭酸ガスレーザーを用いて治療した有棘細胞癌の3例  [通常講演]
    熊本 貴之; 山田 秀和; 柳下 晃一; 澤本 学
    皮膚科学会大阪地方会 2005年03月 大阪 皮膚科学会大阪地方会
     
    77歳男性、頭部のSCC。84歳男性、左頬部のSCC。85歳女性、両頬部のSCC。3人共に高齢であり、手術適応や家庭の諸事情にて入院にての外科切除が不可能であった。よって、外来にて炭酸ガスレーザーにてアブレーションを行った。内、2症例では比較的良好な結果が得られた。現在、本邦では高齢者が増加傾向にあり今後、以上のように外科手術の適応を考えさせられる症例が増加することが予想される。それに対し、どう対応していくかを考えていく必要性があるのではないだろうか。
  • 皮膚と抗加齢療法  [通常講演]
    山田 秀和
    若草会講演会 2005年02月 奈良 若草会講演会
  • 色素血管母斑症の1例  [通常講演]
    柳下 晃一; 山田 秀和; 熊本 貴之; 澤本 学
    第387回日本皮膚科学会大阪地方会 2005年02月 朝日生命ホール 第387回日本皮膚科学会大阪地方会
     
    1歳男児。出生時より左眼周囲から左頬部にかけて単純性血管腫と思われる赤色斑を認め、生後6ヶ月頃より左頬部に青色斑を生じたため当科受診。四肢に異常なく、眼科的所見、頭蓋骨、脳波等も異常なく全身性疾患の合併がないため、色素血管母斑症Ⅱa型と診断した。
  • VASの評価  [通常講演]
    山田 秀和
    第10回アトピー性皮膚炎治療研究会 2005年01月 大阪 第10回アトピー性皮膚炎治療研究会
  • 皮膚科におけるレーザー治療について  [通常講演]
    山田 秀和
    枚方市医師会学術講演会 2005年01月 枚方 枚方市医師会学術講演会
  • アトピー性皮膚炎の分類とその治療  [通常講演]
    山田 秀和
    兵庫県臨床皮膚科医学会総会 2004年11月 兵庫県臨床皮膚科医学会総会
  • 皮膚と内蔵  [通常講演]
    山田 秀和
    「皮膚の日」講演会 2004年11月 大阪 「皮膚の日」講演会
  • Qスイッチアレクサンドライトレーザーを用いた日光黒子の治療  [通常講演]
    山田 秀和
    第22回日本美容皮膚科学会 2004年10月 第22回日本美容皮膚科学会
  • 肝斑患者におけるアンケート調査  [通常講演]
    熊本 貴之; 山田 秀和; 柳下 晃一; 澤本 学; 織田 智明; 山田 啓子
    日本美容皮膚科学会 2004年10月 福岡 日本美容皮膚科学会
     
    しみを主訴として来院する患者のなかで、肝斑はレーザーが有効でないことが多く、漢方治療などが有効なことが多い。好発年齢が更年期障害の時期に一致することから、更年期障害の有無があるかなどをアンケートした。SMI指数、サプリメント内服の有無など質問した。結果、肝斑の患者は更年期障害が強い傾向があった。
  • ヒスタミン皮内投与に伴う皮膚反応に対する抗ヒスタミン薬の速効性の検討  [通常講演]
    山田 秀和; 柳下 晃一; 熊本 貴之; 澤本 学
    第55回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2004年09月 第55回日本皮膚科学会中部支部学術大会
  • 創傷治癒について  [通常講演]
    山田 秀和
    科研講演会 2004年09月 大阪 科研講演会
  • 夏場によくみられる皮膚疾患の漢方治療  [通常講演]
    山田 秀和
    第6回泉南臨床漢方研究会 2004年07月 大阪 第6回泉南臨床漢方研究会
  • シミレーザー治療  [通常講演]
    山田 秀和
    第1回キャンデラユーザーズミーティング 2004年07月 大阪 第1回キャンデラユーザーズミーティング
  • 皮膚科外来小手術の術後感染と消毒法の検討(第1報)  [通常講演]
    熊本 貴之; 山田 秀和; 柳下 晃一; 澤本 学
    皮膚科学会大阪地方会 2004年07月 大阪 皮膚科学会大阪地方会
     
    近年、外科的手術全般の術前、術後の消毒の有無が必要であるかについて疑問を投げかける報告が多い。皮膚科領域においては、EBMに足りうる報告はない。そこで、今回、皮膚科外来小手術後、消毒の有無が術後感染に影響を与えるかどうかの検討を行った。対象は平成16年3月29日より6月15日までの期間、近畿大学医学部奈良病院皮膚科を受診し、皮膚科外来小手術、或いは生検を施行した患者の内、ID番号の下1桁が奇数なら消毒あり、偶数なら消毒無しという2群に分類して経過をみた。結果としては、消毒の有無に関わらず明らかな感染を疑う所見無し。皮膚科外来小手術後は消毒しなくても感染しないのではないかと考えた。
  • 褥瘡についての治療  [通常講演]
    山田 秀和
    近畿大学医学部奈良病院褥瘡講演会 2004年06月 奈良 近畿大学医学部奈良病院褥瘡講演会
  • イレッサによる薬疹の1例  [通常講演]
    熊本 貴之; 山田 秀和; 柳下 晃一; 澤本 学
    奈良県皮膚科研究会 2004年06月 奈良 奈良県皮膚科研究会
     
    検診にて左肺上葉の異常陰影を指摘。後日、当院呼吸器科受診。肺腺癌(Stage1A T1N0M0 )と診断され、左上葉切除術施行。しかし、約1年半後、画像上再発認めた為、イレッサ250mgを内服開始したところ、5日後から左上腕内側に?痒を伴う?瘡様発疹出現。イレッサ中止とし、当科紹介受診となった。イレッサによる薬疹と診断された。腫瘍が縮小傾向示した為、治療効果考え、投薬と休薬を繰り返している。
  • ?痒に対する診断と治療  [通常講演]
    山田 秀和
    近畿大学医学部奈良病院講演会 2004年05月 奈良 近畿大学医学部奈良病院講演会
  • かゆみのメカニズムと治療法について  [通常講演]
    山田 秀和
    北和アレルギー疾患勉強会 2004年05月 奈良 北和アレルギー疾患勉強会
  • アトピー性皮膚炎における臨床検査の意義  [通常講演]
    山田 秀和
    香川皮膚アレルギー研究会学術講演会 2004年05月 高松 香川皮膚アレルギー研究会学術講演会
  • 潰瘍性大腸炎出現後に皮疹が再燃した成人アトピー性皮膚炎の一例  [通常講演]
    山田 秀和; 松下 記代美; 熊本 貴之; 澤本 学; 南野 達夫
    第103回日本皮膚科学会総会 2004年04月 京都 第103回日本皮膚科学会総会
  • これからの皮膚科医の治療法について  [通常講演]
    山田 秀和
    第119回滋賀県皮膚科医会学術講演会 2004年03月 大津 第119回滋賀県皮膚科医会学術講演会
  • 明日から使える漢方処方  [通常講演]
    山田 秀和
    第3回北和漢方研究会 2004年02月 奈良 第3回北和漢方研究会
  • 皮膚石灰沈着症の2例  [通常講演]
    熊本 貴之; 山田 秀和; 松下 記代美; 澤本 学
    皮膚科学会大阪地方会 2004年02月 大阪 皮膚科学会大阪地方会
     
    0歳男児。2歳男児。低カルシウム血症のためグルコン酸カルシウム点滴。その後、同部位に皮下の硬結を伴う皮下結節が出現した。結節より結石状物質を採取し、分析したところリン酸カルシウムであった。
  • 吸入アレルゲン(ダニを含む)の関与と対策  [通常講演]
    山田 秀和
    第9回アトピー性皮膚炎治療研究会 2004年01月 名古屋 第9回アトピー性皮膚炎治療研究会
  • アトピー性皮膚炎の分類とその治療  [通常講演]
    山田 秀和
    奈良市地区医師会学術講演会 2004年01月 奈良 奈良市地区医師会学術講演会
  • 冬季における皮膚疾患の漢方治療  [通常講演]
    山田 秀和
    南大阪皮膚疾患漢方のつどい2004冬 2004年01月 堺市 南大阪皮膚疾患漢方のつどい2004冬
  • 移動性静脈炎の1例  [通常講演]
    熊本 貴之; 山田 秀和; 松下 記代美
    皮膚科学会大阪地方会 2003年12月 大阪 皮膚科学会大阪地方会
     
    47歳女性。左下腿内側に有痛性の発赤出現。近医受診するも改善なく当院当科受診。入院にて安静と消炎鎮痛剤、抗生剤内服にて改善得られた。しかし、退院後、発赤は遠心性に移動している。
  • 樹状細胞レセプターDectin-2の自然免疫における真菌認識機構とIL-4遺伝子発現  [通常講演]
    弓立 達夫; 山田 秀和; 手塚 正; Department of Dermatology; University of; Texas Southwestern Medical Center at Dallas; Department of Dermatology; University of; Texas Southwestern Medical Center at Dallas; Department of Dermatology; University of; Texas Southwestern Medical Center at Dallas
    第54回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2003年11月 大阪 第54回日本皮膚科学会中部支部学術大会
  • 新型フラッシュ光線療法を用いた日光黒子の治療  [通常講演]
    山田 秀和; 熊本 貴之; 杉原 和子
    第54回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2003年11月 大阪 第54回日本皮膚科学会中部支部学術大会
  • アトピー性皮膚炎の分類と治療法  [通常講演]
    山田 秀和
    第54回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2003年11月 大阪 第54回日本皮膚科学会中部支部学術大会
  • 美容皮膚科領域の最近の動向  [通常講演]
    山田 秀和
    第18回大阪皮膚科医会例会 2003年11月 大阪 第18回大阪皮膚科医会例会
  • 皮膚科における治療法の進歩―美容皮膚科からアトピー性皮膚炎まで―  [通常講演]
    山田 秀和
    生駒市医師会講演会 2003年11月 奈良 生駒市医師会講演会
  • 小児アトピー性皮膚炎の治療  [通常講演]
    山田 秀和
    奈良小児アレルギーカンファレンス 2003年11月 奈良 奈良小児アレルギーカンファレンス
  • 美容皮膚科領域の最近の動向  [通常講演]
    山田 秀和
    第18回大阪皮膚科医会例会 2003年11月 大阪 第18回大阪皮膚科医会例会
  • アトピー性皮膚炎の分類と治療法  [通常講演]
    山田 秀和
    第54回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2003年11月 大阪 第54回日本皮膚科学会中部支部学術大会
  • アトピー性皮膚炎における漢方療法―免疫抑制外用剤併用について―  [通常講演]
    山田 秀和
    福岡医師漢方研究会 2003年11月 福岡 福岡医師漢方研究会
  • テルビナフィンによる薬疹の2例  [通常講演]
    熊本 貴之; 山田 秀和; 松下 記代美; 澤本 学
    奈良県皮膚科研究会 2003年11月 奈良 奈良県皮膚科研究会
     
    30歳男性。63歳男性。共に足爪白癬の加療の為、テルビナフィン内服開始。共に約2週間にて躯幹を中心に?痒を伴う紅斑出現。テルビナフィンの内服中止と、抗アレルギー薬の内服にて改善を認めた。
  • 最近の皮膚科治療  [通常講演]
    山田 秀和
    第8回奈良病院皮膚科カンファレンス 2003年10月 奈良 第8回奈良病院皮膚科カンファレンス
  • 全身に対するタクロリムス軟膏外用療法―小児を中心に―  [通常講演]
    山田 秀和
    第95回福山皮膚科医会講演会 2003年10月 福山 第95回福山皮膚科医会講演会
  • A C-type Lectin Receptor Dectin-2 is Involved in Innate Immune Recognition of Fungal Hypae and in Upregulating IL-4 Gene Expression by Dendritic Cells  [通常講演]
    弓立 達夫; 山田 秀和; 手塚 正; Department of Dermatology; UT Southwestern Medical Center; Dallas, TX; USA; Department of Dermatology; UT Southwestern Medical Center; Dallas, TX; USA; Department of Dermatology; UT Southwestern Medical Center; Dallas, TX; USA
    8th International Workshop on Langerhans Cells 2003年09月 Tokyo, Japan 8th International Workshop on Langerhans Cells
  • 樹状細胞レセプターDectin-2は自然免疫における真菌認識機構とIL-4サイトカイン遺伝子発現に関与する  [通常講演]
    弓立 達夫; 山田 秀和; 手塚 正; Department of Dermatology; University of; Texas Southwestern Mwdical Center at Dallas; Department of Dermatology; University of; Texas Southwestern Mwdical Center at Dallas; Department of Dermatology; University of; Texas Southwestern Mwdical Center at Dallas
    第53回日本アレルギー学会総会 2003年09月 岐阜 第53回日本アレルギー学会総会
  • オンラインジャーナル“皮膚の科学”におけるカラーアトラスを用いた皮膚疾患の検索  [通常講演]
    山田 秀和; 西村 喜久男
    第35回日本医学教育学会総会 2003年07月 佐賀 第35回日本医学教育学会総会
  • アトピー性皮膚炎の治療―アトピー顔面紅斑―  [通常講演]
    山田 秀和
    第15回南眼科勉強会 2003年07月 大阪 第15回南眼科勉強会
  • アトピー性皮膚炎における免疫抑制外用剤と漢方療法  [通常講演]
    山田 秀和
    第4回日本小児漢方懇話会 2003年07月 名古屋 第4回日本小児漢方懇話会
  • アトピー性皮膚炎とロイコトリエンの関わり  [通常講演]
    山田 秀和
    第1回西日本メディエーター研究会 2003年07月 大阪 第1回西日本メディエーター研究会
  • 電子線療法が有効であった日光角化症の1例  [通常講演]
    熊本 貴之; 山田 秀和; 杉原 和子; 岡嶋 馨
    皮膚科学会大阪地方会 2003年07月 大阪 皮膚科学会大阪地方会
     
    85歳男性。左側頭部の?痒を伴う紅斑出現。生検したところ日光角化症と診断。高齢、既往歴、合併症等を考え、電子線療法を選択した。治療後、腫瘍は消失し、現在も再発を認めていない。
  • 夏場の漢方の使い方  [通常講演]
    山田 秀和
    ツムラ講演会 2003年06月 堺市 ツムラ講演会
  • 放射線療法が有用であった日光角化症の1例  [通常講演]
    熊本 貴之; 山田 秀和; 杉原 和子
    奈良県皮膚科研究会 2003年06月 奈良 奈良県皮膚科研究会
     
    85歳男性。左側頭部の紅斑を生検したところ日光角化症と診断。種々のリスクを考え、オペせずに放射線療法を選択した。その後の経過も良好である。
  • 重症成人アトピー性皮膚炎患者における腸内細菌叢の異常について  [通常講演]
    山田 秀和; 杉原 和子; 柳下 晃一; 田尻 義人
    第102回日本皮膚科学会総会 2003年05月 千葉 第102回日本皮膚科学会総会
  • 雑誌“皮膚の科学”のオンラインジャーナル化について  [通常講演]
    山田 秀和; 西村 喜久男
    第102回日本皮膚科学会総会 2003年05月 千葉 第102回日本皮膚科学会総会
  • 皮膚とウイルス  [通常講演]
    山田 秀和
    持田製薬講演会 2003年05月 奈良 持田製薬講演会
  • アトピー性皮膚炎と治療  [通常講演]
    山田 秀和
    田辺製薬講演会 2003年04月 奈良 田辺製薬講演会
  • アトピー性皮膚炎について  [通常講演]
    山田 秀和
    マルホ講演会 2003年03月 堺市 マルホ講演会
  • レーザー治療について  [通常講演]
    山田 秀和
    近畿大学奈良病院勉強会 2003年02月 奈良 近畿大学奈良病院勉強会
  • プロトピックの最近の話題に関して  [通常講演]
    山田 秀和
    第3回免疫調整外用剤研究会 2003年02月 名古屋 第3回免疫調整外用剤研究会
  • 先天性有毛性色素性母斑に対するQスイッチアレキサンドライトレーザー及び脱毛レーザーの併用経験  [通常講演]
    柳下 晃一; 山田 秀和; 杉原 和子
    第374回日本皮膚科学会大阪地方会 2002年12月 大阪科学技術センター 第374回日本皮膚科学会大阪地方会
     
    先天性有毛性色素性母斑の3例に対しQスイッチアレキサンドライトレーザー及びロングパルスアレキサンドライトレーザー(脱毛レーザー)を組み合わせた治療を施行したところ、3例とも改善傾向を認め有効な治療法の1つと考えることができた。
  • 陰嚢石灰化症の1例  [通常講演]
    柳下 晃一; 山田 秀和; 杉原 和子
    第372回日本皮膚科学会大阪地方会 2002年07月 大阪国際会議場 第372回日本皮膚科学会大阪地方会
     
    38歳男性。約2年前より陰嚢に多発性の皮下腫瘤を認めたため当科受診した。皮下腫瘤を生検したところ上皮成分のない線維性被膜に囲まれた結節状の石灰沈着を認めた。検査上石灰化をきたす基礎疾患はなく特発性石灰沈着症と診断し、全摘を施行した。
  • そう痒に対する診断と治療  [通常講演]
    山田 秀和
    第4回かゆみのコントロール学術講演会 2002年04月 大阪 第4回かゆみのコントロール学術講演会
  • 腓腹神経より発生した神経鞘腫の1例  [通常講演]
    柳下 晃一; 山田 秀和; 杉原 和子
    第370回日本皮膚科学会大阪地方会 2002年03月 天理よろず相談所病院7階講堂 第370回日本皮膚科学会大阪地方会
     
    42歳男性。約1年前より左下腿後面の皮下腫瘤に気付いたたため当科受診。腫瘤は腓腹皮神経と連続しており、できるだけ神経束を温存して摘出した。病理組織学的に神経鞘腫と診断した。
  • コンピューターシュミレーションによる人体内部応力の解析  [通常講演]
    山田 秀和
    第4回日本褥瘡学会 2002年 金沢 第4回日本褥瘡学会
  • 重症成人アトピー性皮膚炎患者における腸内細菌叢の異常について  [通常講演]
    山田 秀和; 杉原 和子; 柳下 晃一; 田尻 義人
    第53回日本皮フ科学会中部支部総会・学術大会 2002年 岐阜 第53回日本皮フ科学会中部支部総会・学術大会
  • タクロリムス軟膏の長期使用について(全身外用における長所と欠点)  [通常講演]
    山田 秀和
    第53回日本皮フ科学会中部支部総会・学術大会 2002年 岐阜 第53回日本皮フ科学会中部支部総会・学術大会
  • VASスケールにおける掻破と掻痒について  [通常講演]
    山田 秀和; 杉原 和子; 柳下 晃一
    第7回アトピー性皮膚炎治療研究会 2002年 京都 第7回アトピー性皮膚炎治療研究会
  • 皮膚疾患における非アトピー性好酸球性炎症  [通常講演]
    山田 秀和
    第14回日本アレルギー学会春季臨床大会 2002年 東京 第14回日本アレルギー学会春季臨床大会
  • アトピー性皮膚炎における大腸炎を目安とする漢方療法  [通常講演]
    山田 秀和
    第14回日本アレルギー学会春季臨床大会 2002年 東京 第14回日本アレルギー学会春季臨床大会
  • ケミカルピーリングにおけるニキビ対応スキンケア製品の効果  [通常講演]
    山田 秀和; 杉原 和子; 赤松 恵美; 酒井; 薫; 濱田; 和彦; 相生; 章博; 安河内; 恵里子
    第101回日本皮フ科学会総会 2002年 熊本 第101回日本皮フ科学会総会
  • NC/NgaマウスのAD様皮疹と腸病変  [通常講演]
    山田 秀和; 杉原 和子; 田尻 義人
    第52回日本アレルギー学会 2002年 横浜 第52回日本アレルギー学会
  • アトピー性皮膚炎における検査データーの臨床的意義  [通常講演]
    山田 秀和
    第32回日本皮膚アレルギー学会総会学術大会 2002年 大阪 第32回日本皮膚アレルギー学会総会学術大会
  • Dermatitis and Colitis in Nc/Nga MICE  [通常講演]
    山田 秀和; 杉原 和子; 田尻 義人
    6th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology 2002年 奈良 6th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology
  • アトピー性皮膚炎の治療戦略―かゆみへの対応を中心に  [通常講演]
    山田 秀和; 片岡 葉子; 長野 拓三
    大阪アトピー性皮膚炎座談会 2002年 大阪 大阪アトピー性皮膚炎座談会
  • アトピー性皮膚炎における腸内細菌叢について  [通常講演]
    山田 秀和; 杉原 和子; 柳下 晃一
    第23回近畿アトピー性皮膚炎談話会 2002年 大阪 第23回近畿アトピー性皮膚炎談話会
  • 近畿大学医学部奈良病院におけるリスクマネジメントと褥瘡治療の現状  [通常講演]
    山田 秀和
    寺下病院勉強会 2002年 和歌山市 寺下病院勉強会
  • 皮膚の悪性腫瘍について  [通常講演]
    山田 秀和
    三郷平郡医師会学術講演会 2002年 奈良 三郷平郡医師会学術講演会
  • アトピー性皮膚炎における漢方療法とタクロリムス軟膏の併用療法について  [通常講演]
    山田 秀和
    第43回名古屋臨床漢方研究会 2002年 名古屋 第43回名古屋臨床漢方研究会
  • 抗アレルギー剤の使用法  [通常講演]
    山田 秀和
    奈良アレルギーカンファランス・ 2002年 奈良 奈良アレルギーカンファランス・
  • アレルギーとアトピー性皮膚炎  [通常講演]
    山田 秀和
    第8回アレルギー週間市民講座 2002年 和歌山 第8回アレルギー週間市民講座
  • レーザー治療  [通常講演]
    山田 秀和
    第4回近畿大学奈良病院皮膚科紹介患者カンファランス・ 2002年 奈良 第4回近畿大学奈良病院皮膚科紹介患者カンファランス・
  • 皮膚アレルギーについて  [通常講演]
    山田 秀和
    ミノファーゲン製薬講演会 2002年 大阪 ミノファーゲン製薬講演会
  • 皮膚科における漢方療法  [通常講演]
    山田 秀和
    堺皮膚科漢方講習会 2002年 堺 堺皮膚科漢方講習会
  • 皮膚のレーザー治療について  [通常講演]
    山田 秀和
    生駒地区医師会学術講演会 2002年 奈良 生駒地区医師会学術講演会
  • アトピー性皮膚炎とEBM  [通常講演]
    山田 秀和
    泉南皮膚疾患研究会 2002年 堺市 泉南皮膚疾患研究会
  • 皮膚科の最新治療  [通常講演]
    山田 秀和
    西奈良地区雑学座談会 2002年 奈良 西奈良地区雑学座談会
  • 難治性皮膚疾患の漢方療法について  [通常講演]
    山田 秀和
    南大阪皮膚科漢方のつどい 2002年 堺 南大阪皮膚科漢方のつどい
  • タクロリムス軟膏の使用経験  [通常講演]
    山田 秀和
    第7回大阪皮膚科医会例会 2001年11月 大阪 第7回大阪皮膚科医会例会
  • 皮膚掻痒症から肝細胞癌がみつかった1例  [通常講演]
    柳下 晃一; 山田 秀和; 杉原 和子
    第367回日本皮膚科学会大阪地方会 2001年10月 近畿大学医学部大講堂 第367回日本皮膚科学会大阪地方会
     
    47歳男性。平成11年4月頃より全身の掻痒感が出現したため当科紹介受診。デルマドロームの可能性を疑い腹部MRIを施行したところ、多発肝内転移をきたした肝細胞癌がみつかった。抗癌療法を施行したが、癌性腹水の出現とともに急激に掻痒は悪化した。
  • アトピー性皮膚炎モデルマウスを用いたアトピー性皮膚炎治療への骨髄移植適応の検討  [通常講演]
    辰巳 陽一; 金丸 昭久; 木村 英嗣; 曽野弘士; 宮里肇; 嶋田 高広; 山田 秀和
    第30回国際実験血液学会総会・国際シンポジウム 2001年08月 東京 第30回国際実験血液学会総会・国際シンポジウム
     
    アトピ-性皮膚炎の治療への骨髄移植の適応について、アトピ-性皮膚炎モデルマウス(NC/Nga)を用い検討した。正常骨髄をアトピーマウスに移植する事により、皮膚所見、サイトカイン異常の改善を認め、重症アトピ-性皮膚炎の選択肢となると考えた。
  • 腫瘤形成ではじまった外陰部Paget病の1例  [通常講演]
    柳下 晃一; 山田 秀和; 杉原 和子
    第365回日本皮膚科学会大阪地方会 2001年06月 奈良県橿原文化会館小ホール 第365回日本皮膚科学会大阪地方会
     
    71歳男性。陰茎部右側に腫瘤が生じているのに気付き、近医にて切除。腺癌皮膚転移と診断され当科紹介受診。全身検索施行するも原発巣みつからず、経過観察していたが、3ヵ月後に再発した。再切除施行しPaget病と判明した。拡大切除施行し、経過観察中である。
  • 皮膚科領域の漢方治療Ⅱアトピー性皮膚炎の漢方療法  [通常講演]
    山田 秀和
    福岡漢方談話会 2001年05月 福岡 福岡漢方談話会
  • アトピー性皮膚炎における腹部症状とその治療  [通常講演]
    山田 秀和
    第6回アトピー性皮膚炎治療研究会 2001年 横浜 第6回アトピー性皮膚炎治療研究会
  • 文献検索  [通常講演]
    山田 秀和
    第100回日本皮膚科学会 2001年 東京 第100回日本皮膚科学会
  • タクロリムス軟膏の使いかた  [通常講演]
    山田 秀和
    第3回南大阪臨床皮膚科研究会 2001年 泉佐野市 第3回南大阪臨床皮膚科研究会
  • 伝染性膿痂疹におけるMRSAの頻度とAZMの効果  [通常講演]
    山田 秀和; 杉原 和子; 柳下 晃一
    第52回日本皮膚科学会中部支部総会 2001年 京都 第52回日本皮膚科学会中部支部総会
  • 皮膚掻痒症・診断と治療  [通常講演]
    山田 秀和
    奈良市医師会学術講演会 2001年 奈良 奈良市医師会学術講演会
  • 臨床例  [通常講演]
    山田 秀和
    大阪漢方研究会 2001年 大阪 大阪漢方研究会
  • エビデンス  [通常講演]
    山田 秀和
    大阪漢方研究会 2001年 大阪 大阪漢方研究会
  • アトピー性皮膚炎の内服療法  [通常講演]
    山田 秀和
    アレグラ学術講演会 2001年 大阪 アレグラ学術講演会
  • 皮膚とケモカイン  [通常講演]
    山田 秀和
    日本皮膚科学会専門医講習会 2001年 東京 日本皮膚科学会専門医講習会
  • 私の道具-モイスチャーチェッカー  [通常講演]
    山田 秀和
    第6回大阪皮膚科医会例会 2000年11月 大阪 第6回大阪皮膚科医会例会
  • アトピー性皮膚炎の治療  [通常講演]
    山田 秀和
    「皮膚の日」講演会 2000年11月 奈良 「皮膚の日」講演会
  • アトピー性皮膚炎患者におけるパッチテストについて-短時間パッチテストと48時間パッチテスト  [通常講演]
    山田 秀和; 杉原 和子; 柳下 晃一; 弓立 達夫; 手塚 正; 義江 修; 松倉 正治
    第51回日本皮膚科学会中部支部総会学術大会 2000年 大阪 第51回日本皮膚科学会中部支部総会学術大会
  • タクロリムス軟膏をどのように臨床に用いていくか  [通常講演]
    山田 秀和
    第51回日本皮膚科学会中部支部総会学術大会 2000年 大阪 第51回日本皮膚科学会中部支部総会学術大会
  • アトピー性皮膚炎患者における好酸球のケモカインレセプター発現について  [通常講演]
    山田 秀和; 杉原 和子; 弓立 達夫; 手塚 正; 中山 隆志; 義江 修; 松倉 正治
    第50回日本アレルギー学会総会 2000年 横浜 第50回日本アレルギー学会総会
  • アトピー性皮膚炎におけるCAP-RAST法を用いたSEA,SEB特異的IgE抗体の役割  [通常講演]
    山田 秀和; 杉原 和子; 弓立 達夫; 山崎 文恵; 手塚 正; 田中 昭; 松倉 正治
    第12回日本アレルギー学会春季大会 2000年 福岡 第12回日本アレルギー学会春季大会
  • Production of CC Chemokine LARC/MIP-3a by Epidermal Keratinocytes and ITS Role in Atopic Dermatitis  [通常講演]
    山田 秀和; 弓立 達夫; 手塚 正; 中山 隆志; 松倉 正治
    25th Annual Meeting 2000年 岐阜 25th Annual Meeting
  • アトピー性皮膚炎の漢方治療  [通常講演]
    山田 秀和
    第4回兵庫漢方医学談話会 2000年 神戸 第4回兵庫漢方医学談話会
  • アトピー性皮膚炎の漢方療法  [通常講演]
    山田 秀和
    第3回大阪漢方談話会 2000年 大阪 第3回大阪漢方談話会
  • 冬場の皮膚疾患の漢方療法について  [通常講演]
    山田 秀和
    奈良皮膚科漢方のつどい・ 2000年 奈良 奈良皮膚科漢方のつどい・
  • 好酸球とアトピー性皮膚炎-抗アレルギー剤の使用法  [通常講演]
    山田 秀和
    ベーリンガー学術講演会 2000年 堺市 ベーリンガー学術講演会
  • アトピー性皮膚炎の治療  [通常講演]
    山田 秀和
    日本アトピー協会講演会 2000年 奈良 日本アトピー協会講演会
  • アトピー性皮膚炎の治療ガイドラインについて  [通常講演]
    山田 秀和
    田方郡医師会学術講演会 2000年 静岡 田方郡医師会学術講演会
  • 夏場の皮膚疾患の漢方療法について  [通常講演]
    山田 秀和
    奈良皮膚科漢方のつどい 2000年 奈良 奈良皮膚科漢方のつどい
  • ヒト角化細胞からのLARC産出とアトピー性皮膚炎での役割  [通常講演]
    山田 秀和; 弓立 達夫; 松倉 正治; 中山 隆志
    日本研究皮膚科学会第25回年次学術大会総会プログラム 2000年 日本研究皮膚科学会第25回年次学術大会総会プログラム

MISC

  • 見た目のアンチエイジング総論
    山田 秀和 Aesthetic Dermatology 30 (2) 98 -98 2020年09月
  • 美容医療合併症実態調査とガイドライン作成 令和元年度厚労科研特別研究報告
    大慈弥 裕之; 山田 秀和; 吉村 浩太郎; 橋本 一郎; 田中 純子; 秋田 定伯 Aesthetic Dermatology 30 (2) 126 -126 2020年09月
  • 美容ガイドライン(主に美容皮膚科領域)
    山田 秀和 Aesthetic Dermatology 30 (2) 127 -127 2020年09月
  • 美容皮膚科講義(第15回) エクソソームと老化
    山田 秀和; 高市 美佳; 林田 美佳 Bella Pelle 5 (3) 199 -199 2020年09月
  • 【高齢者の美容医療】アンチエイジングと食品
    山田 秀和 美容皮膚医学Beauty 3 (8) 94 -105 2020年08月
  • 養生とEpigenetic Clock
    山田 秀和 和漢医薬学会学術大会要旨集 37回 25 -25 2020年08月
  • 【緊急"新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策"】換気とコロナウイルス感染症
    山田 秀和 アンチ・エイジング医学 16 (3) 384 -384 2020年06月
  • 【緊急"新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策"】新型コロナウイルス感染症と皮膚症状と病態
    山田 秀和 アンチ・エイジング医学 16 (3) 385 -385 2020年06月
  • 美しさの本質を考える 見た目とアンチエイジングの考え方 美から健康
    山田 秀和 日本香粧品学会誌 44 (2) 99 -104 2020年06月
  • 山田 秀和; 高市 美佳; 根本 美穂 Bella Pelle 5 (2) 117 -117 2020年05月
  • 高齢者の皮膚老化-基礎から臨床まで- 老化の考え方とアンチエイジング Epigenetic Clockの観点から
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 130 (5) 1067 -1067 2020年05月
  • 肥厚性瘢痕予防の新たな考え方
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 130 (5) 1301 -1301 2020年05月
  • 【美容皮膚科と漢方】アンチエイジングと漢方
    山田 秀和 美容皮膚医学Beauty 3 (4) 23 -30 2020年04月
  • 山田 秀和 ファルマシア 56 (3) 229 -233 2020年03月
  • 細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 山本 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 19 (1) 1 -6 2020年03月
  • 生検後に消退した右足底皮膚原発未分化大細胞リンパ腫の1例
    細本 宜志; 大原 裕士郎; 西崎 絵理奈; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 19 (1) 55 -55 2020年03月
  • 山田 秀和; 高市 美佳; 根本 美穂 Bella Pelle 5 (1) 47 -47 2020年02月
  • 超高齢者の有棘細胞癌に対して放射線治療を選択した症例
    大原 裕士郎; 西崎 絵理奈; 細本 宜志; 山本 容子; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 和田 祐太郎; 大熊 康央; 福田 浩平; 岡嶋 肇 日本皮膚科学会雑誌 130 (1) 110 -110 2020年01月
  • 山田 秀和 日本医事新報 (4990) 48 -49 2019年12月
  • 磯貝 理恵子; 細本 宜志; 山本 容子; 山田 秀和; 花田 宗一郎 皮膚科の臨床 61 (12) 1817 -1820 2019年11月
  • 磯貝 理恵子; 吉岡 希; 山田 秀和; 湯川 真生 臨床皮膚科 73 (12) 1002 -1006 2019年11月
  • 山田 秀和; 根本 美穂; 高市 美佳 Bella Pelle 4 (4) 291 -291 2019年11月
  • 磯貝 理恵子; 細本 宜志; 吉岡 希; 山田 秀和 皮膚科の臨床 61 (11) 1605 -1609 2019年10月
  • 渡邉 尚子; 岡村 勝正; 山田 秀和; 緒方 文彦; 川崎 直人 FRAGRANCE JOURNAL 47 (10) 27 -33 2019年10月
  • 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 18 (4) 204 -210 2019年08月
  • Behcet病とSweet病の遺伝的背景を伴い難治性の結節性紅斑を生じた1例
    多良 安紀子; 光井 康博; 小川 浩平; 浅田 秀夫; 山本 容子; 山田 秀和 皮膚の科学 18 (4) 242 -242 2019年08月
  • 頸部に生じた皮膚原発mucoepidermoid carcinomaの1例
    西崎 絵理奈; 大原 裕士郎; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 18 (4) 248 -249 2019年08月
  • Epigenetic Clockと見た目のアンチエイジング
    山田 秀和 Aesthetic Dermatology 29 (2) 101 -101 2019年07月
  • personalized skin care Personalized skin careとAnti-Aging
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 19回 157 -157 2019年06月
  • 紫外線ケアに新たな潮流 貼るUVブロックフィルム『FILMOR』を用いた紫外線ケアの実践
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 19回 268 -268 2019年06月
  • 肥厚性瘢痕予防及び治療 新たな提唱
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 129 (5) 1129 -1129 2019年05月
  • 当院の水疱性類天疱瘡患者におけるDPP-4阻害薬投与患者についての検討
    岸谷 讓; 末吉 功治; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 糖尿病 62 (4) 272 -272 2019年04月
  • 岸谷 讓; 末吉 功治; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本内分泌学会雑誌 95 (1) 436 -436 2019年04月
  • 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 18 (2) 79 -84 2019年04月
  • 肛門管癌の皮膚浸潤によるPaget現象の1例
    大原 裕士郎; 西崎 絵理奈; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 18 (2) 126 -126 2019年04月
  • 皮膚-腸管の免疫クロストーク解析
    池上 侑希; 藤本 暁妃; 田山 智貴; 倉本 康平; 豊田 啓士; 蒲 尚子; 水口 信行; 山田 秀和; 佐藤 隆夫; 郡 俊之; 伊藤 龍生 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 73回 289 -289 2019年04月
  • 血漿交換療法と大量免疫グロブリン療法の併用が有効であった難治性水疱性類天疱瘡
    磯貝 理恵子; 西崎 絵理奈; 大原 裕士郎; 細本 宜志; 山本 容子; 吉岡 希; 山田 秀和; 丹正 幸佑; 美馬 晶 臨床皮膚科 73 (3) 227 -232 2019年03月
  • 磯貝 理恵子; 西崎 絵理奈; 大原 裕士郎; 細本 宜志; 山本 容子; 吉岡 希; 山田 秀和; 丹正 幸佑; 美馬 晶 臨床皮膚科 73 (3) 227 -232 2019年03月
  • 山田 秀和 Bella Pelle 4 (1) 51 -51 2019年02月
  • 見た目のアンチエイジングを考える
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 129 (2) 203 -203 2019年02月
  • 手術後に発症した水疱性類天疱瘡の3例
    大原 裕士郎; 西崎 絵理奈; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 129 (2) 220 -220 2019年02月
  • 顔面に生じたびまん浸潤型皮膚サルコイドの1例
    西崎 絵理奈; 大原 裕士郎; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 18 (1) 51 -51 2019年02月
  • 岸谷 讓; 末吉 功治; 西崎 絵理奈; 細本 宜志; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本内分泌学会雑誌 94 (4) 1257 -1257 2018年12月
  • 山本 容子; 大原 裕士郎; 西崎 絵里奈; 細本 宜志; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 湯川 真生; 綿谷 正弘; 山田 秀和 皮膚の科学 17 (6) 317 -323 2018年12月
  • 顔面に生じたびまん浸潤型皮膚サルコイドの1例
    西崎 絵理奈; 大原 裕士郎; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 17 (6) 367 -367 2018年12月
  • 山田 秀和 Bella Pelle 3 (4) 301 -301 2018年11月
  • 山本 容子; 大原 裕士郎; 西崎 絵里奈; 細本 宜志; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 17 (5) 239 -244 2018年10月
  • イピリムマブ投与後に大腸炎を認めインフリキシマブが著効した1例
    大原 裕士郎; 西崎 絵理奈; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 木下 大輔; 岡本 英之 皮膚の科学 17 (5) 285 -285 2018年10月
  • 山本 容子; 大原 裕士郎; 西崎 絵里奈; 細本 宜士; 吉岡 希; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 アレルギー 67 (8) 1020 -1026 2018年09月
  • 見た目のアンチエイジングとは何か 運動・食事・精神・環境の重要性
    山田 秀和 皮膚と美容 50 (3) 98 -107 2018年09月
  • 山田 秀和 Bella Pelle 3 (3) 223 -223 2018年08月
  • エクリン母斑の1例
    西崎 絵理奈; 大原 裕士郎; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 17 (4) 228 -228 2018年08月
  • 村本 睦子; 細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚病診療 40 (6) 603 -606 2018年06月
  • 山田 秀和 アンチ・エイジング医学 14 (3) 414 -415 2018年06月
  • 川崎直人; 川崎直人; 渡邉尚子; 岡村勝正; 緒方文彦; 山田秀和; 山田秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 18th 185 -185 2018年05月
  • 肥厚性瘢痕予防及び治療 新たな提唱
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 128 (5) 1085 -1085 2018年05月
  • A2E:Anti-Aging Environmentアンチエイジングの環境
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 18回 85 -85 2018年05月
  • 光環境とエイジング 日焼けはやっぱりやめておく?
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 18回 88 -88 2018年05月
  • 見た目がうつくしく老いるには 腸脳皮膚相関 腸脳皮膚相関からみた、見た目のアンチエイジングの現状
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 18回 141 -141 2018年05月
  • 男性型脱毛症(AGA)とヘモグロビン量またはストレスとの関連性に関する基礎研究
    川崎 直人; 渡邉 尚子; 岡村 勝正; 緒方 文彦; 山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 18回 185 -185 2018年05月
  • 岸谷 讓; 末吉 功治; 西崎 絵理奈; 細本 宜志; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本内分泌学会雑誌 94 (1) 420 -420 2018年04月
  • 腸内フローラバランスの変化によるマウスアトピー性皮膚炎の発症抑制効果
    池上 侑希; 倉本 康平; 豊田 啓士; 蒲 尚子; 水口 信行; 山田 秀和; 佐藤 隆夫; 伊藤 龍生 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 72回 283 -283 2018年04月
  • 歩行障害を伴った尋常性乾癬の1例
    大原 裕士郎; 西崎 絵理奈; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 塩山 実章 皮膚の科学 17 (2) 112 -112 2018年04月
  • 毛方向性菌状息肉症に対してベキサロテンを用いた1例
    西崎 絵理奈; 大原 裕士郎; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 17 (2) 123 -123 2018年04月
  • 抗SRP抗体陽性壊死性ミオパチーを合併した悪性黒色腫の1例
    大原 裕士郎; 西崎 絵理奈; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 128 (2) 257 -257 2018年02月
  • 山田 秀和 アンチ・エイジング医学 13 (6) 780 -783 2018年01月
  • マダニの幼虫による多発刺咬症の1例
    西崎 絵里奈; 大原 裕士郎; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 16 (6) 441 -441 2017年12月
  • 山田 秀和 Bella Pelle 2 (4) 313 -313 2017年11月
  • 知的障害患者の後頭部の巨大基底細胞癌に対して放射線治療を施行した1例
    西崎 絵理奈; 大原 裕士郎; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 椋棒 圭子 皮膚の科学 16 (5) 372 -372 2017年10月
  • 山田 秀和 日本美容外科学会誌 53 (1-2) 23 -24 2017年09月
  • 山田 秀和 Bella Pelle 2 (3) 192 -194 2017年08月
  • 抗TIF1抗体陽性であった肺癌を合併したamyopathic dermatomyositisの1例
    山本 容子; 西崎 絵里奈; 大原 裕士郎; 細本 宜志; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 16 (4) 278 -278 2017年08月
  • 良性色素性病変に対するピコセカンドレーザー治療について 適切な治療を行うための準備と照射法の手順書
    根岸 圭; 山田 秀和; 中野 俊二; 宮脇 剛司 Aesthetic Dermatology 27 (2) 43 -55 2017年07月
  • 最新のアンチエイジング治療 見た目のアンチエイジングとは
    山田 秀和 Aesthetic Dermatology 27 (2) 126 -126 2017年07月
  • 川崎直人; 川崎直人; 佐川和則; 佐川和則; 山田秀和; 山田秀和; 緒方文彦 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 17th 212 -212 2017年06月
  • 皮膚生検が早期診断の契機となったブラウ症候群の1例
    松田 智子; 神戸 直智; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 岡本 祐之 西日本皮膚科 79 (3) 318 -319 2017年06月
  • 機能性表示食品を抗加齢医学に活かす! 機能性表示食品の女性のアンチエイジングへの応用
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 17回 128 -128 2017年06月
  • 遺伝子診断の活用 アンチエイジングドックにおける遺伝子診断をどうするか?
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 17回 153 -153 2017年06月
  • 大学生の朝食欠食と身体的・精神的健康指標との関連性
    川崎 直人; 佐川 和則; 山田 秀和; 緒方 文彦 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 17回 212 -212 2017年06月
  • 皮膚の老化とサプリメント
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 17回 243 -243 2017年06月
  • 松田 智子; 神戸 直智; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 岡本 祐之 皮膚の科学 16 (3) 191 -194 2017年06月
  • バゾパニブ投与を行った頭部血管肉腫の1例
    細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 山本 容子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 16 (3) 229 -229 2017年06月
  • 山田 秀和 Bella Pelle 2 (2) 143 -143 2017年05月
  • 見た目のアンチエイジングと美容医療
    山田 秀和 日本美容外科学会プログラム・抄録集 105回 80 -80 2017年05月
  • 顔面皮膚腫瘍にて皮膚科を受診される患者についての実態調査
    杉原 昭; 河合 修三; 山田 秀和; 磯ノ上 正明; 平山 公三; 寺尾 祐一; 北村 公一; 笹川 征雄; 足立 準; 幾井 宣行; 内田 健一郎; 巽 祐子; 西井 貴美子; 原田 正; 東山 真里; 船井 龍彦; 持田 和伸; 八代 典子 日本臨床皮膚科医会雑誌 34 (2) 305 -305 2017年04月
  • 乳房Paget病の1例
    山本 容子; 細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 16 (2) 159 -159 2017年04月
  • ニボルマブ投与中に多種の有害事象を発症した高齢者の悪性黒色腫の一例
    椋棒 圭子; 細本 宜志; 大原 裕士郎; 高山 政樹; 川崎 俊彦; 吉岡 希; 山本 容子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 加齢皮膚医学セミナー 12 (1) 33 -38 2017年04月
  • ニボルマブ投与中に潰瘍性大腸炎を発症した高齢者の悪性黒色腫の一例
    椋棒 圭子; 細本 宜志; 吉岡 希; 山本 容子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 加齢皮膚医学セミナー 12 (1) 56 -56 2017年04月
  • 皮膚の加齢変化に対する真皮乳頭突起形状の関与
    上田 浩士; 森田 美穂; 森田 哲史; 山田 秀和 加齢皮膚医学セミナー 12 (1) 57 -57 2017年04月
  • Nd YAGレーザーを用いた爪白癬に対する治療40例
    根本 美穂; 村本 陸子; 山田 秀和 加齢皮膚医学セミナー 12 (1) 59 -59 2017年04月
  • 山田 秀和 Bella Pelle 2 (1) 53 -53 2017年02月
  • 当科におけるHelicobacter pylori(HP)除菌療法による薬疹の検討
    山本 容子; 細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 127 (2) 176 -176 2017年02月
  • PICOレーザーにおけるスポットサイズの選択には出力設定に注意が必要
    山田 秀和; 磯貝 理恵子; 細本 宣志; 椋棒 圭子; 吉岡 希; 村本 睦子 日本皮膚科学会雑誌 127 (2) 193 -193 2017年02月
  • 臍部乳房外パジェット病の1例
    山本 容子; 細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 16 (1) 98 -98 2017年02月
  • 結節性紅斑を伴った肉芽腫性乳腺炎の1例
    山本 容子; 細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 15 (6) 514 -514 2016年12月
  • 山田 秀和 Bella Pelle 1 (2) 125 -125 2016年11月
  • 山田 秀和 White 4 (2) 230 -235 2016年09月
  • Pigmented fungiform papillae on the tongueの1例
    村本 睦子; 細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 山本 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 15 (4) 308 -309 2016年08月
  • 見た目とその対策 全体像について
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 16回 135 -135 2016年06月
  • 特定健診・特定保健指導による行動変容パターンと腹囲とメタボリックシンドロームとの関連性
    川崎 直人; 緒方 文彦; 山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 16回 195 -195 2016年06月
  • 皮膚科における機能性表示食品
    山田 秀和 大阪皮膚科医会会報 18 (1) 40 -57 2016年06月
  • 乾癬治療に関するアンケート調査 2009年と2014年の比較検討
    東山 真里; 河合 修三; 山田 秀和; 磯ノ上 正明; 寺尾 祐一; 平山 公三 日本臨床皮膚科医会雑誌 33 (2) 309 -309 2016年04月
  • 岸谷 讓; 末吉 功治; 奥田 英之; 秦 康倫; 木下 大輔; 高山 政樹; 水野 成人; 川崎 俊彦; 細本 宜志; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 家根 旦有 日本内分泌学会雑誌 92 (1) 268 -268 2016年04月
  • ベムラフェニブによる薬疹の1例
    細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 15 (1) 29 -29 2016年02月
  • 都築 啓晃; 渡邉 尚子; 岡村 勝正; 山田 秀和; 緒方 文彦; 川崎 直人 FRAGRANCE JOURNAL 44 (1) 14 -20 2016年01月
  • 岸谷 讓; 末吉 功治; 奥田 英之; 秦 康倫; 木下 大輔; 高山 政樹; 水野 成人; 川崎 俊彦; 細本 宜志; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 家根 旦有 日本内分泌学会雑誌 91 (Suppl.Branch) 237 -237 2015年12月
  • 岸谷 讓; 末吉 功治; 奥田 英之; 秦 康倫; 木下 大輔; 高山 政樹; 水野 成人; 川崎 俊彦; 細本 宜志; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 家根 旦有 日本内分泌学会雑誌 91 (2Suppl.) 109 -109 2015年11月
  • レーザー・光治療器の治療の進歩
    山田 秀和 Aesthetic Dermatology 25 (2) 133 -133 2015年07月
  • 【美容皮膚科の「守・破・離」-今日から役立つ基礎・応用・オリジナル】(Part4.)オリジナル講座 美容医家のために(オリジナル05) 運動とアンチエイジング
    山田 秀和 Visual Dermatology 14 (6) 726 -730 2015年05月
  • おしゃれによる皮膚障害の実態調査 学童から大学生を中心として
    巽 祐子; 河合 修三; 山田 秀和; 磯ノ上 正明; 東山 真里; 平山 公三; 笹川 征雄; 北村 公一; 西井 貴美子 日本臨床皮膚科医会雑誌 32 (3) 440 -440 2015年05月
  • 見た目研究の最前線 機能性食品と皮膚老化
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 15回 117 -117 2015年05月
  • 脱毛の簡易分類およびAGAに影響を及ぼす生活習慣の年代別傾向
    川崎 直人; 渡邉 尚子; 都築 啓晃; 加藤 瑞; 岡村 勝正; 中川 園子; 高田 香織; 緒方 文彦; 山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 15回 240 -240 2015年05月
  • 抗PD-1抗体治療中に甲状腺機能異常を呈した肛門部悪性黒色腫の1例
    細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 家根 旦有; 岸谷 譲 皮膚の科学 14 (2) 93 -94 2015年04月
  • 山田 秀和; 根本 美穂 成人病と生活習慣病 45 (2) 226 -230 2015年02月
  • 感染性心内膜炎を合併した尋常性天疱瘡の1例
    細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 125 (2) 268 -268 2015年02月
  • 肛門部に生じた悪性黒色腫の1例
    細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 村本 睦子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 14 (1) 31 -31 2015年02月
  • 山田 秀和 アンチ・エイジング医学 10 (6) 856 -863 2014年12月
  • 【The酒さ-酒さ・赤ら顔のベストな対処法を探る】(Part1.)診断方法と治療方法を見直す(総説03) 酒さ・赤ら顔のレーザー治療
    山田 秀和 Visual Dermatology 13 (8) 866 -870 2014年07月
  • 共焦点レーザー顕微鏡により観察された真皮乳頭突起構造と皮膚性状の相関解析
    土田 克彦; 成田 美穂; 森田 哲史; 山田 秀和 Aesthetic Dermatology 24 (2) 213 -213 2014年07月
  • レゴラフェニブによる皮膚障害の1例
    細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 13 (3) 199 -199 2014年06月
  • なぜ、若く見せたいのか? なぜ 見た目が若いが重要なのか? 臨床の立場から
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 14回 133 -133 2014年06月
  • 美容におけるファンクショナルフードの評価 美容における評価法
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 14回 151 -151 2014年06月
  • 禿頭自然発症ラットをもちいた禿頭遺伝子解析へのアプローチ
    志水 秀郎; 中神 啓徳; 山田 秀和; 勝谷 友宏; 森下 竜一 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 14回 348 -348 2014年06月
  • 吉岡希; 細本宜志; 椋棒圭子; 磯貝理恵子; 山田秀和; 中川由美子; 大橋正和; 上田吉生 日本皮膚科学会雑誌 124 (4) 820 -820 2014年04月
  • 根本 美穂; 山田 秀和 Anti-aging medicine 10 (2) 252 -254 2014年04月
  • 加水分解小麦(グルパール19S)含有石鹸による小麦アレルギーの経過
    細本 宜志; 山田 秀和; 吉岡 希; 西原 清子; 内田 健一郎; 磯ノ上 正明; 河合 修三; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 小塚 雄民 日本臨床皮膚科医会雑誌 31 (2) 324 -324 2014年04月
  • レーザー治療における局所麻酔クリーム塗布時間の検討
    椋棒 圭子; 細本 宜志; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 124 (5) 969 -969 2014年04月
  • 年齢推定可視化技術による顔面の加齢変化の検討
    山田 秀和; 横山 紗和子; 山本 一真; 磯部 翔; 増田 誠 日本皮膚科学会雑誌 124 (4) 774 -774 2014年04月
  • 山田 秀和; 根本 美穂 産婦人科の実際 63 (3) 427 -433 2014年03月
  • レーザー、光治療器の現状 主として皮膚の血管病変、色素病変に対するLaser・光治療機器
    山田 秀和; 根本 美穂 Aesthetic Dermatology 24 (1) 35 -51 2014年03月
  • 山田 秀和; 根本 美穂 Anti-aging medicine 10 (1) 92 -94 2014年02月
  • 当院における5年間の蜂アレルギーのまとめ
    吉岡 希; 細本 宜志; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 13 (1) 48 -48 2014年02月
  • 山田 秀和; 根本 美穂 日本医事新報 (4680) 39 -41 2014年01月
  • 非塩素系剥離剤による化学熱傷の1例
    細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 12 (6) 453 -453 2013年12月
  • 山田 秀和 Derma. (211) 7 -10 2013年11月
  • 椋棒 圭子; 吉岡 希; 高田 香織; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 12 (5) 343 -347 2013年10月
  • シクロスポリンが有効であった慢性光線性皮膚炎の2例
    吉岡 希; 細本 宜志; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 12 (5) 348 -349 2013年10月
  • 椋棒 圭子; 細本 宜志; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 上田 吉生; 岡嶋 馨 皮膚の科学 12 (5) 331 -335 2013年10月
  • 高田 香織; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 板橋 幹城 皮膚病診療 35 (9) 837 -840 2013年09月
  • 岸谷譲; 清水昌子; 奥田英之; 木下大輔; 秦康倫; 川崎俊彦; 吉岡希; 椋棒圭子; 磯貝理恵子; 山田秀和 糖尿病合併症 27 (Supplement 1) 114 2013年08月
  • 細本 宜志; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 12 (4) 310 -310 2013年08月
  • 【薬疹を診る-注意点とその対応】医薬品による副作用の被害救済制度
    山田 秀和 日本医師会雑誌 142 (3) 544 -544 2013年06月
  • レーザー、光治療器の現状 フラクショナル機器について
    山田 秀和; 中川 園子 Aesthetic Dermatology 23 (2) 89 -94 2013年06月
  • しわ、しみ、たるみの診断
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 13回 172 -172 2013年06月
  • ビタミンD経口摂取量による血中濃度に及ぼす影響
    田村 忠司; 井村 聡介; 村山 望美; 佐々木 貴生; 永田 善子; 田中 孝; 山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 13回 230 -230 2013年06月
  • モガムリズマブによる皮膚障害の1例
    椋棒 圭子; 細本 宜志; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 12 (3) 224 -224 2013年06月
  • 吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本小児皮膚科学会雑誌 32 (2) 139 -142 2013年06月
  • 右鎖骨の溶骨性変化を伴い前胸部の悪性腫瘍が疑われた二次性糖尿病の一例
    岸谷 讓; 宮部 欽生; 清水 昌子; 奥田 英之; 木下 大輔; 秦 康倫; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 川崎 俊彦 糖尿病 56 (Suppl.1) S -446 2013年04月
  • 椋棒 圭子; 池田 容子; 高田 香織; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 12 (2) 88 -91 2013年04月
  • Undifferentiated pleomorphic sarcomaの1例
    吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 12 (2) 142 -142 2013年04月
  • 山田 秀和 Modern Physician 33 (2) 248 -251 2013年02月
  • インスリンアスパルト混合製剤(70Mix)でのみ局所インスリンアレルギーを生じた1例
    岸谷 讓; 宮部 欽生; 清水 昌子; 茂山 朋広; 奥田 英之; 川崎 俊彦; 磯貝 理恵子; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 山田 秀和 糖尿病 56 (2) 128 -128 2013年02月
  • 吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 12 (1) 35 -38 2013年02月
  • 放射線治療後に拡大切除術を行ったアポクリン腺癌の1例
    椋棒 圭子; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 12 (1) 49 -50 2013年02月
  • 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 122 (13) 3473 -3475 2012年12月
  • 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 122 (13) 3571 -3573 2012年12月
  • ドキソルビシン漏出による皮膚潰瘍の1例
    吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 11 (6) 558 -558 2012年12月
  • 山田 秀和 Anti-aging Science 4 (3) 190 -190 2012年11月
  • 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 122 (12) 2869 -2874 2012年11月
  • 山田 秀和 医と食 4 (5) 226 -228 2012年10月
  • 山田 秀和 アレルギー 61 (9-10) 1304 -1304 2012年10月
  • ステロイドで内服治療を行った皮膚血管腫の2例
    椋棒 圭子; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 11 (5) 442 -442 2012年10月
  • 吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 11 (4) 304 -307 2012年08月
  • 爪下に生じたエクリン汗孔腫の1例
    吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 11 (4) 324 -324 2012年08月
  • 蛍雪の功 光学医療とアンチエイジング 見た目のアンチエイジングにおける光(波)治療の現状
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 12回 142 -142 2012年06月
  • 大学生における野菜・果物摂取が酸化ストレスに及ぼす効果
    成川 輝明; 安在 由記; 村上 哲男; 山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 12回 196 -196 2012年06月
  • Agingにともなう肌理(キメ)の変化
    中川 園子; 山田 秀和; 田宮 正規 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 12回 200 -200 2012年06月
  • 皮膚科医ができる体を癒す治療「漢方」 アンチエイジングからみた東洋医学の使い方
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 122 (7) 1784 -1784 2012年06月
  • アンチエイジングのための東西融合医学の実践
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 122 (4) 1067 -1067 2012年04月
  • 皮膚科の診療パワーアップツール 文献検索の手法
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 122 (4) 1083 -1083 2012年04月
  • 40.68MHzの高周波で実現する、安全で痛みのないアンチエイジングトリートメント
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 122 (4) 1120 -1120 2012年04月
  • フラクショナルレーザー、ならびに中空法をもちいた美容皮膚治療
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 122 (4) 1131 -1131 2012年04月
  • お茶石鹸により生じた小麦アレルギーの4例
    吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 11 (2) 180 -180 2012年04月
  • 山田 秀和 アンチ・エイジング医学 8 (2) 201 -206 2012年04月
  • 【外来で役立つにきび治療マニュアル】にきびに対する内服療法
    山田 秀和 PEPARS (62) 16 -20 2012年02月
  • 母娘に認められた弾性線維性仮性黄色腫の1例
    椋棒 圭子; 吉岡 希; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 11 (1) 107 -107 2012年02月
  • 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 121 (13) 3167 -3169 2011年12月
  • 見た目のアンチエイジング 見た目老化の総合診療 老化度の計測
    山田 秀和 日本美容外科学会会報 33 (4) 222 -222 2011年12月
  • 吉岡 希; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 菅原 奈津子; 中川 由美子; 上田 吉生; 熊本 貴之 皮膚の科学 10 (6) 526 -527 2011年12月
  • ビューティフルエイジングを考える 見た目のアンチエイジングの重要性 老けて見える人は、内臓も老化している!?
    山田 秀和 Anti-aging Science 3 (Suppl.1) 310 -310 2011年11月
  • 肌理について(第2報) キメからみたシミの検討
    山田 秀和; 中川 園子; 磯貝 理恵子; 椋棒 圭子; 高田 香織 Aesthetic Dermatology 21 (2) 168 -168 2011年09月
  • 美容ローラーの有効性および安全性評価
    中川 園子; 吉岡 希; 椋棒 圭子; 山本 容子; 高田 香織; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 Aesthetic Dermatology 21 (2) 189 -189 2011年09月
  • 異物混入が原因であった皮膚潰瘍の1例
    椋棒 圭子; 吉岡 希; 高田 香織; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 10 (4) 333 -334 2011年08月
  • 【ほくろ診療ABC】先天性母斑
    中川 園子; 山田 秀和 Derma. (181) 49 -53 2011年07月
  • 山田 秀和 Functional Food 5 (1) 22 -26 2011年07月
  • 明日から使える漢方実践服薬指導(シリーズ29) 十味敗毒湯
    山田 秀和; 光岡 千賀子; 立花 貞信 漢方医薬学雑誌 19 (1) 4 -12 2011年05月
  • よくわかる黄連解毒湯、白虎加人参湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯の使い方
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 121 (5) 898 -899 2011年04月
  • In vivo共焦点レーザー顕微鏡を用いた扁平母斑に対するレーザー治療の効果検討
    川崎 加織; 中川 園子; 椋棒 圭子; 高田 香織; 池田 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 121 (5) 920 -920 2011年04月
  • 肝転移を契機にDICを発症したAmelanotic melanomaの1例
    池田 容子; 椋棒 圭子; 高田 香織; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 121 (5) 929 -929 2011年04月
  • 美容皮膚科 最新の情報 美容医療の新知見up-to-date 2011 見た目のアンチエイジング
    山田 秀和 日本臨床皮膚科医会雑誌 28 (3) 296 -296 2011年04月
  • 高齢者における慢性臀部肉芽腫様皮疹
    椋棒 圭子; 山本 容子; 高田 香織; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本臨床皮膚科医会雑誌 28 (3) 400 -400 2011年04月
  • 見た目のアンチエイジング(皮膚・容貌・体型の変化と対策の現状) ダーモポローシスと見た目
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 11回 101 -101 2011年04月
  • アンチエイジングのための酸化ストレス疾患予防 酸化ストレスと皮膚老化 Nutricosmeticsにむけて
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 11回 173 -173 2011年04月
  • 眼力について なぜ眼力か?
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 11回 179 -179 2011年04月
  • 皮膚科医が知っておきたい漢方の知識 知っておきたいアンチエイジングと東洋医学
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 121 (3) 467 -467 2011年03月
  • 40.68MHzの電波が実現するスキンタイトニング
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 121 (3) 501 -501 2011年03月
  • Nd:YAG/Er:YSGG/CO2 fractional laserの比較検討
    中川 園子; 椋棒 圭子; 高田 香織; 山本 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 121 (3) 567 -567 2011年03月
  • 毛包性ムチン沈着症の1例
    高田 香織; 椋棒 圭子; 山本 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 10 (1) 84 -84 2011年02月
  • 川崎 加織; 中川 園子; 椋棒 圭子; 池田 容子; 高田 香織; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 9 (6) 521 -525 2010年12月
  • 高田 香織; 飯塚 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 9 (6) 541 -544 2010年12月
  • 角結膜炎を合併した酒さの1例
    高田 香織; 椋棒 圭子; 山本 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 9 (6) 572 -572 2010年12月
  • 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 120 (13) 2683 -2686 2010年12月
  • 山本 容子; 椋棒 圭子; 高田 香織; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 4 (5) 399 -399 2010年11月
  • アトピー性皮膚炎と漢方治療 アトピー性皮膚炎の自然史
    山田 秀和 皮膚の科学 9 (Suppl.15) 1 -5 2010年11月
  • 山田 秀和 MEDICAL REHABILITATION (124) 71 -75 2010年11月
  • 【厳選!皮膚科医が選ぶお役立ち症例29】すすめよう「病診連携」 乾癬のQOL向上をめざした治療ネットワークの構築 病診連携の必要性・重要性(アンケート結果より)
    東山 真里; 西井 貴美子; 原田 正; 尾本 晴代; 河合 修三; 寺尾 祐一; 山田 秀和; 平山 公三 Visual Dermatology 9 (10) 1086 -1088 2010年09月
  • 見た目のアンチエイジングにとりくむ内的老化と外的老化
    山田 秀和 皮膚と美容 42 (3) 2 -7 2010年09月
  • 肌理(キメ)の成因についての検討(1)
    山田 秀和; 中川 園子; 川崎 加織; 磯貝 理恵子; 池田 容子; 高田 香織; 椋棒 圭子 Aesthetic Dermatology 20 (2) 199 -199 2010年08月
  • 肺悪性腫瘍を伴った皮膚筋炎の1例
    椋棒 圭子; 池田 容子; 高田 香織; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 9 (4) 398 -398 2010年08月
  • 陰核包皮に発生した扁平上皮癌の1例
    椋棒 圭子; 池田 容子; 高田 香織; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 9 (3) 296 -296 2010年06月
  • 山田 秀和 日本臨床免疫学会会誌 33 (3) 118 -125 2010年06月
  • 見た目のアンチエイジング 顔面の老化度評価と予防 見た目のアンチエイジングのための皮膚老化度評価法
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 10回 131 -131 2010年05月
  • アンチエイジングドック受診者における栄養摂取と血中抗酸化物濃度の関係
    成川 輝明; 上田 誉子; 村上 哲男; 磯貝 理恵子; 中川 園子; 山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 10回 156 -156 2010年05月
  • 乾癬のQOL向上をめざした治療ネットワークの構築 病診連携の必要性・重要性-アンケート結果より
    東山 真里; 西井 貴美子; 原田 正; 尾本 晴代; 河合 修三; 寺尾 祐一; 山田 秀和; 平山 公三 日本臨床皮膚科医会雑誌 27 (2) 272 -272 2010年04月
  • ガス壊疽を契機に診断し得た成人T細胞白血病の1例
    高田 香織; 椋棒 圭子; 池田 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 9 (2) 183 -183 2010年04月
  • レーザー治療入門 赤いアザ、黒いアザ 皮膚関連レーザー治療の基本原理 機器原理と施設、機器安全基準
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 120 (3) 508 -508 2010年03月
  • 山田 秀和 Functional Food 3 (3) 273 -278 2010年02月
  • DICを併発した皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫の1例
    磯貝 理恵子; 椋棒 圭子; 池田 香織; 池田 容子; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 120 (2) 259 -259 2010年02月
  • 共焦点レーザー生体顕微鏡を用いたFractional laser照射部の"きめ"検討
    中川 園子; 椋棒 圭子; 池田 香織; 池田 容子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 120 (2) 272 -272 2010年02月
  • 抗加齢医療の基礎と臨床 皮膚老化とアンチエイジング
    山田 秀和 日本美容外科学会会報 31 (4) 210 -210 2009年12月
  • 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 119 (13) 2761 -2763 2009年12月
  • 中川 園子; 川崎 加織; 高田 香織; 池田 容子; 椋棒 圭子; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本レーザー医学会誌 30 (3) 365 -365 2009年11月
  • 【美容皮膚科治療戦略】しみの治療 診断と治療
    熊本 貴之; 山田 秀和 Derma. (158) 9 -13 2009年10月
  • 【美容皮膚科治療戦略】皮膚老化における内的老化の対応法 食事、運動、サプリメント、ホルモン療法など
    山田 秀和 Derma. (158) 137 -143 2009年10月
  • 【美容皮膚科治療戦略】レーザー治療の適応とその選択
    山田 秀和 Derma. (158) 151 -158 2009年10月
  • 池田 容子; 山田 秀和; 椋棒 圭子; 池田 香織; 磯貝 理恵子 Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 3 (4) 307 -307 2009年10月
  • 【美容皮膚科治療戦略】総説 見た目のアンチエイジング
    山田 秀和 Derma. (158) 1 -6 2009年10月
  • 酒さにおけるダイレーザーの有効性についての検討
    山田 秀和; 池田 佳織; 澤本 学; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子 Aesthetic Dermatology 19 (3) 254 -254 2009年08月
  • 川崎 直人; 高島 規郎; 佐川 和則; 山田 秀和; 新藤 勝久; 掛樋 一晃 薬学雑誌 129 (8) 965 -974 2009年08月
  • 高齢者の栄養管理 アンチエイジングドック外来における2例の栄養摂取量の検討
    成川 輝明; 村上 哲男; 山田 秀和 New Diet Therapy 25 (2) 87 -87 2009年08月
  • 皮膚科領域で漢方薬を活用するために『皮膚科漢方10処方』の発刊にあたって
    石井 正光; 山田 秀和; 夏秋 優 伝統医学 12 (2) 1 -13 2009年06月
  • 【皮膚真菌症】臨床例 白癬性肉芽腫 壊疽性膿皮症と鑑別がむずかしかった例
    池田 香織; 小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚病診療 31 (4) 419 -422 2009年04月
  • 美容医学によるアンチエイジング しわ・きめの評価
    山田 秀和 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 9回 94 -94 2009年04月
  • Scleroderma spectrum disorderを合併したびまん浸潤型サルコイドーシスの1例
    磯貝 理恵子; 池田 香織; 飯塚 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 119 (5) 955 -956 2009年04月
  • Hunt症候群の1例
    池田 香織; 出口 文華; 澤本 学; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 8 (2) 249 -249 2009年04月
  • レーザー療法の基礎と実際 レーザー治療の基本原理
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 119 (4) 576 -576 2009年03月
  • 特定健診における腹囲と血液検査との関連性に関する統計解析
    川崎 直人; 村上 悦子; 高島 規郎; 山田 秀和; 掛樋 一晃 日本薬学会年会要旨集 129年会 (3) 276 -276 2009年03月
  • 山田 秀和 Functional Food 2 (4) 367 -373 2009年01月
  • 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 118 (13) 2987 -2989 2008年12月
  • 熊本 貴之; 小田 香織; 澤本 学; 柳下 晃一; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 7 (6) 654 -658 2008年12月
  • 【メスを使わない美容治療 実践マニュアル】美容治療の今後の展望 アンチエイジングドック
    山田 秀和 Derma. (144) 159 -161 2008年10月
  • 左第5趾に生じたamelanotic melanomaの1例
    池田 香織; 小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 7 (5) 618 -619 2008年10月
  • 澤本 学; 池田 香織; 飯塚 香織; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 2 (4) 361 -361 2008年10月
  • PDTにおけるアミノレブリン酸濃度に関する安全性についての検討
    山田 秀和; 岩森 茂樹; 澤本 学; 熊本 貴之; 小田 香織; 池田 香織; 磯貝 理恵子 Aesthetic Dermatology 18 (3) 221 -221 2008年08月
  • 澤本学; 池田香織; 小田香織; 熊本貴之; 磯貝理恵子; 山田秀和; 上田吉生; 中山剛之 日本皮膚科学会雑誌 118 (8) 1558 -1558 2008年07月
  • 塗り薬以外の治療ってありますか? アトピーにおける統合医療
    山田 秀和; 磯貝 理恵子; 熊本 貴之; 澤本 学; 小田 香織; 池田 香織 日本皮膚科学会雑誌 118 (8) 1535 -1535 2008年07月
  • 美容医学でのアンチエイジング しわ・たるみはどこまで改善するか? しわ、きめの評価について
    山田 秀和; 市橋 正光; 岩切 康二 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 8回 89 -89 2008年06月
  • Subcutaneous panniculitis-like T-cell lymphomaの1例
    磯貝 理恵子; 山田 秀和; 川原 繁; 川田 暁 西日本皮膚科 70 (3) 353 -353 2008年06月
  • 【美容鍼灸】美容と鍼灸を語る
    北川 毅; 山田 秀和; 山本 澄代; 吉田 美智子; 尾崎 朋文; 青井 晃子; 井上 悦子 鍼灸Osaka 24 (1) 10 -34 2008年05月
  • 臀部、外陰部に発生した皮膚腫瘍の2例
    澤本 学; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 山田 秀和; 岡嶋 馨 日本皮膚科学会雑誌 118 (6) 1128 -1129 2008年05月
  • 爪白癬症におけるイトラコナゾール400ミリグラムパルス療法の効果について
    柳下 晃一; 澤本 学; 熊本 貴之; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 118 (6) 1134 -1134 2008年05月
  • 病院診療所の皮膚疾患専門領域サブスペシャリティー調査
    笹川 征雄; 平山 公三; 山田 秀和; 北村 公一; 磯ノ上 正明; 尾本 晴代; 酒谷 省子; 寺尾 祐一; 巽 祐子; 茶之木 美也子; 土居 敏明; 西井 貴美子; 原田 正; 二村 省三; 船井 龍彦 日本臨床皮膚科医会雑誌 25 (2) 205 -205 2008年04月
  • 池田 香織; 小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 7 (2) 217 -221 2008年04月
  • 澤本 学; 池田 香織; 小田 香織; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子; 中山 剛之; 山田 秀和 皮膚の科学 7 (2) 222 -225 2008年04月
  • 壊疽性膿皮症と鑑別の難しかった白癬性肉芽腫の1例
    池田 香織; 小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 7 (2) 280 -280 2008年04月
  • 皮膚疾患に対する養生と漢方治療の実際
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 118 (4) 663 -663 2008年03月
  • 色素血管母斑症II型にたいして2種のレーザー治療を用いて有効であった1例
    熊本 貴之; 小田 香織; 澤本 学; 池田 香織; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 118 (4) 805 -805 2008年03月
  • 水泳プール授業時のサンスクリーン剤使用がプール水の水質におよぼす影響について
    西井 貴美子; 笹川 征雄; 平山 公三; 山田 秀和; 北村 公一; 長野 拓三 日本皮膚科学会雑誌 118 (4) 855 -855 2008年03月
  • チンチラから感染したと思われる体部白癬の1例
    池田 香織; 小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 7 (1) 75 -75 2008年02月
  • テルビナフィンとイトラコナゾールの比較
    柳下 晃一; 小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 118 (1) 71 -71 2008年01月
  • 悪性リンパ腫に随伴した天疱瘡の1例
    小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 山田 秀和; 花本 仁; 椿 和央; 岸谷 譲; 小川 力; 石井 文人; 橋本 隆 日本皮膚科学会雑誌 118 (1) 85 -85 2008年01月
  • 澤本 学; 小田 香織; 磯貝 理恵子; 池田 香織; 熊本 貴之; 山田 秀和 Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 1 (Suppl.1) 164 -164 2007年12月
  • 歯周病より生じたガス壊疽の1例
    小田 香織; 池田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 6 (6) 659 -659 2007年12月
  • 山田 秀和 皮膚の科学 6 (6) 643 -648 2007年12月
  • 山田 秀和; 熊本 貴之; 澤本 学; 小田 香織 皮膚の科学 6 (Suppl.9) 44 -49 2007年12月
  • 山田 秀和 アンチ・エイジング医学 3 (4) 447 -458 2007年11月
  • 小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 6 (5) 468 -472 2007年10月
  • 皮膚を若々しく保つには
    山田 秀和 2007年10月
  • 皮膚は内臓の鏡
    山田 秀和 2007年10月
  • 皮膚から見たアンチエイジング
    山田 秀和 2007年10月
  • 山田 秀和 2007年10月
  • 【下腿潰瘍】低補体血症を呈した皮膚型結節性多発動脈炎
    澤本 学; 池田 香織; 小田 香織; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚病診療 29 (9) 1035 -1038 2007年09月
  • 皮膚転移を認めた胸腺癌の1例
    池田 香織; 小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 磯貝 理恵子; 山田 秀和 皮膚の科学 6 (4) 398 -398 2007年08月
  • 肌の若さはアンチエイジングの第一歩 スキンエイジングチェック
    山田 秀和; 市橋 正光; 岩切 康二 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 7回 62 -62 2007年07月
  • 西井 貴美子; 笹川 征雄; 平山 公三; 山田 秀和; 北村 公一; 酒谷 省子; 櫻井 真也; 寺尾 祐一; 土居 敏明; 原田 正; 東 禹彦; 二村 省三; 船井 龍彦; 夜久 正治; 吉川 剛司 皮膚の科学 6 (3) 235 -241 2007年06月
  • 一般医にもできるアンチエイジングドック
    山田 秀和 2007年05月
  • 大阪府下の学校における水泳プール授業時のサンスクリーン剤使用の実態調査
    西井 貴美子; 笹川 征雄; 平山 公三; 山田 秀和; 北村 公一 日本臨床皮膚科医会雑誌 24 (2) 168 -168 2007年04月
  • 熊本 貴之; 澤本 学; 松下 記代美; 山田 秀和 皮膚の科学 6 (2) 175 -179 2007年04月
  • 皮膚生検後に退縮したメルケル細胞癌の1例
    小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 117 (4) 675 -675 2007年03月
  • テルビナフィンの効果
    柳下 晃一; 小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 117 (4) 708 -708 2007年03月
  • レーザーフェーシャル1年間照射における手背の皮膚年齢の改善効果について 生理学、組織学的皮膚年齢の検討
    山田 秀和; 目片 秀明; 熊本 貴之; 小田 香織; 澤本 学; 柳下 晃一 Aesthetic Dermatology 17 (1) 15 -19 2007年03月
  • 【ダーモスコピーを使ってみよう!】ダーモスコピーを使ってもよくわからなかった症例 足底の真皮型色素細胞母斑
    澤本 学; 山田 秀和 Visual Dermatology 6 (3) 266 -267 2007年02月
  • ダーモスコピーで特異な所見を呈した足底色素性母斑の1例
    澤本 学; 小田 香織; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 山田 秀和 皮膚の科学 6 (1) 56 -56 2007年02月
  • 皮膚とアンチエイジング
    山田秀和 アンチエイジング医学 3 (4) 63(447)~74(458) 2007年
  • 「湿疹」という病名を日常診療で使いますか?“湿疹”病名はなくならない
    山田秀和 皮膚病診療 29 (3) 343 -344 2007年
  • 本音で語るかゆみ治療対策―抗ヒスタミン薬のエビデンス、真実と誤解―
    山田 秀和 メディカルトリビューン 2007年
  • 太田 善夫; 山田 秀和 臨床病理 54 (補冊) 250 -250 2006年10月
  • 小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 山田 秀和; 諸富 公昭; 上田 吉生; 太田 善夫 皮膚の科学 5 (5) 367 -367 2006年10月
  • 皮膚科領域における抗加齢療法
    山田 秀和 2006年10月
  • レーザーフェーシャルによる皮膚年齢の改善効果について 手背部での長期照射例
    山田 秀和; 目片 秀明; 熊本 貴之; 小田 香織; 澤本 学; 柳下 晃一 Aesthetic Dermatology 16 (3) 240 -240 2006年08月
  • 小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 山田 秀和 皮膚の科学 5 (4) 298 -302 2006年08月
  • 皮膚科外来小手術時の消毒法と術後感染の検討(第2報)
    熊本 貴之; 小田 香織; 澤本 学; 柳下 晃一; 山田 秀和 皮膚の科学 5 (4) 319 -319 2006年08月
  • 運動誘発性アナフィラキシーの2例
    澤本 学; 小田 香織; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 山田 秀和 日本皮膚アレルギー学会総会・日本接触皮膚炎学会総会合同学術大会プログラム・抄録集 36回・31回 149 -149 2006年07月
  • 奈良病院のアンチエイジングドック紹介
    山田 秀和 2006年06月
  • 脱毛モデルラットをもちいた発毛の検討
    山田 秀和; 太田 善夫; 柳下 晃一; 熊本 貴之; 澤本 学; 小田 香織 日本皮膚科学会雑誌 116 (5) 846 -846 2006年05月
  • 熊本 貴之; 山田 秀和 日本東洋医学雑誌 57 (別冊) 228 -228 2006年05月
  • 笹川 征雄; 北村 公一; 酒谷 省子; 櫻井 真也; 土居 敏明; 西井 貴美子; 原田 正; 東 禹彦; 二村 省三; 船井 龍彦; 夜久 正治; 吉川 剛司; 山田 秀和; 平山 公三 日本臨床皮膚科医会雑誌 23 (2) 123 -125 2006年01月
  • アンケート調査によって明らかとなった肝斑患者の簡易更年期指数の高値について
    熊本 貴之; 柳下 晃一; 澤本 学; 山田 秀和; 織田 知明; 山田 啓子 Aesthetic Dermatology 15 (3) 246 -249 2005年12月
  • 背部に生じた平滑筋肉腫の1例
    小田 香織; 澤本 学; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 山田 秀和 皮膚の科学 4 (6) 618 -618 2005年12月
  • 池澤 善郎; 金子 史男; 中川 秀己; 西岡 清; 塩原 哲夫; 十字 文子; 溝口 昌子; 松永 佳世子; 片岡 葉子; 山田 秀和; 古川 福実; 秀 道広; 古江 増隆 アレルギー・免疫 12 (12) 1728 -1736 2005年11月
  • ディベート2005 アトピー性皮膚炎の治療マーカーを考える 自覚症状と治療反応性 かゆみ(VAS)の評価
    山田 秀和; 柳下 晃一; 熊本 貴之; 澤本 学 皮膚の科学 4 (Suppl.5) 35 -40 2005年10月
  • 皮膚型結節性多発動脈炎の1例
    澤本 学; 小田 香織; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 山田 秀和 皮膚の科学 4 (5) 499 -499 2005年10月
  • 山田 秀和; 柳下 晃一; 熊本 貴之; 澤本 学 皮膚の科学 4 (5) 488 -491 2005年10月
  • 肝斑におけるトラネキサム酸と漢方併用療法の検討
    熊本 貴之; 山田 秀和; 柳下 晃一; 澤本 学; 小田 香織 Aesthetic Dermatology 15 (2) 169 -169 2005年09月
  • 下腿潰瘍を伴った悪性関節リウマチの1例
    澤本 学; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 115 (9) 1354 -1354 2005年08月
  • ヒスタミン皮内投与に伴う皮膚反応に対する抗ヒスタミン薬の即効性の検討
    山田 秀和; 柳下 晃一; 熊本 貴之; 澤本 学 日本皮膚科学会雑誌 115 (9) 1359 -1359 2005年08月
  • 山田 秀和; 青木 敏之; 遠藤 秀彦; 酒谷 省子; 櫻井 真也; 高石 公子; 寺尾 祐一; 原田 正; 東 禹彦; 二村 省三; 船井 龍彦; 夜久 正治; 平山 公三; 笹川 征雄; 北村 公一 日本臨床皮膚科医会雑誌 22 (5) 350 -357 2005年07月
  • 高齢者に対し炭酸ガスレーザーを用いて治療したの有棘細胞癌の3例
    熊本 貴之; 澤本 学; 柳下 晃一; 山田 秀和 皮膚の科学 4 (3) 324 -325 2005年06月
  • シックハウス症候群に関する皮膚科医の認識度実態調査 誤解されているシックハウス症候群の実態と医学的解説
    笹川 征雄; 北村 公一; 平山 公三; 山田 秀和 日本臨床皮膚科医会雑誌 22 (3) 196 -196 2005年04月
  • 色素血管母斑症の1例
    柳下 晃一; 澤本 学; 熊本 貴之; 山田 秀和 皮膚の科学 4 (2) 218 -218 2005年04月
  • シックハウス症候群皮膚科医実態調査
    笹川 征雄; 北村 公一; 平山 公三; 山田 秀和 皮膚の科学 4 (2) 219 -219 2005年04月
  • アトピー性皮膚炎の分類とその治療法 東洋医学的手法を加えて
    山田 秀和 皮膚の科学 4 (2) 221 -221 2005年04月
  • Qスイッチアレキサンドライトレーザーを用いた日光黒子に対する治療成績 特に炎症後色素沈着の改善の経緯
    山田 秀和; 傘木 和子; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 澤本 学 Aesthetic Dermatology 15 (1) 58 -63 2005年04月
  • 山田 秀和 アレルギー 54 (3-4) 280 -280 2005年04月
  • 脱毛症モデルラット系統の樹立
    山田 秀和; 太田 善夫; 柳下 晃一; 熊本 貴之; 澤本 学 日本皮膚科学会雑誌 115 (3) 449 -449 2005年03月
  • アレルギー相談室Q&A アトピー性皮膚炎を漢方で治すことはできますか?
    山田 秀和 アレルギーの臨床 25 (1) 81 -81 2005年01月
  • 皮膚の免疫機構とアレルギー反応の作用機序
    山田秀和 Pharmastage 5 (3) 52 -60 2005年
  • かゆみ(VAS)の評価
    山田秀和; 柳下晃一; 熊本貴之; 澤本学 皮膚の科学 4 (5) 35 -40 2005年
  • 抗アレルギー薬の再検証;抗アレルギー薬の使い方をもう一度考えなおしてみませんか?かゆみ止めではかわいそう
    山田 秀和 Medical Triune Medical Triune 2005年
  • 皮膚と抗加齢療法
    山田 秀和 2005年
  • 研究最前線(アトピー性皮膚炎)
    山田 秀和 2005年
  • アミロイド沈着を伴った脂肪萎縮症の1例
    柳下 晃一; 澤本 学; 熊本 貴之; 山田 秀和 皮膚の科学 3 (6) 657 -657 2004年12月
  • 吸入アレルゲン(ダニを含む)の関与と対策
    山田 秀和 皮膚の科学 3 (Suppl.4) 38 -42 2004年12月
  • 新型フラッシュ光線療法を用いた日光黒子の治療 Qスイッチアレキサンドライトレーザーとの比較
    山田 秀和; 熊本 貴之; 杉原 和子 Aesthetic Dermatology 14 (3) 180 -184 2004年12月
  • 皮膚と抗加齢療法
    山田 秀和 2004年12月
  • 肝斑患者におけるアンケート調査
    熊本 貴之; 柳下 晃一; 澤本 学; 山田 秀和; 織田 智明; 山田 啓子 Aesthetic Dermatology 14 (2) 138 -138 2004年10月
  • Qスイッチアレキサンドライトレーザー(ALEX)を用いた日光黒子に対する5年間の治療成績
    山田 秀和; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 澤本 学 Aesthetic Dermatology 14 (2) 139 -139 2004年10月
  • 上口唇に生じたmixed tumor of the skinの1例
    澤本 学; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 山田 秀和 皮膚の科学 3 (5) 530 -530 2004年10月
  • 皮膚科外来小手術時の術後感染と消毒法の検討(第1報)
    熊本 貴之; 澤本 学; 柳下 晃一; 山田 秀和 皮膚の科学 3 (5) 532 -532 2004年10月
  • 山田 秀和 臨床研修プラクティス 1 (5) 114 -120 2004年07月
  • かゆみの治療 日本薬学協会 薬学の時間
    山田 秀和 日本薬学協会 薬学の時間 2004年07月
  • 皮膚壊死から発現された糖尿病の1例
    澤本 学; 熊本 貴之; 柳下 晃一; 山田 秀和; 野田 剛弘 皮膚の科学 3 (3) 323 -323 2004年06月
  • 新型フラッシュ光線療法を用いた日光黒子の治療
    山田 秀和; 熊本 貴之; 杉原 和子 日本皮膚科学会雑誌 114 (6) 1150 -1150 2004年05月
  • 樹状細胞レセプターDectin-2の自然免疫における真菌認識機構とIL-4遺伝子発現
    弓立 達夫; 山田 秀和; 手塚 正; 盆子原 誠; Cruz Jr. PD; 有泉 清志 日本皮膚科学会雑誌 114 (6) 1159 -1159 2004年05月
  • 山田 秀和 綜合臨床 53 (5) 1723 -1729 2004年05月
  • 皮膚石灰沈着症の2例
    熊本 貴之; 松下 記代美; 澤本 学; 山田 秀和 皮膚の科学 3 (2) 247 -247 2004年04月
  • 潰瘍性大腸炎出現後に皮疹が再燃した成人アトピー性皮膚炎の1例
    山田 秀和; 松下 記代美; 熊本 貴之; 澤本 学; 南野 達夫 日本皮膚科学会雑誌 114 (3) 581 -581 2004年03月
  • 移動性静脈炎の1例
    熊本 貴之; 松下 記代美; 山田 秀和 皮膚の科学 3 (1) 109 -110 2004年02月
  • 【アトピー性皮膚炎の漢方治療】アトピー性皮膚炎における免疫抑制剤外用療法と漢方治療
    山田 秀和 小児疾患の身近な漢方治療 3 117 -134 2004年02月
  • アトピー性皮膚炎の分類とその治療
    山田秀和 奈良市医師会雑誌 38 53 2004年
  • アトピー性皮膚炎における漢方療法 免疫抑制剤併用について
    山田 秀和 福岡医師漢方研究会会報 24 (12) 1 -14 2003年12月
  • シクロスポリンが無効であった膿疱性乾癬の1例
    古賀 千律子; 杉原 和子; 山田 秀和 皮膚科の臨床 45 (13) 1773 -1776 2003年12月
  • アトピー性皮膚炎の生活上の注意について
    山田 秀和 2003年11月
  • 電子線療法が有効であった日光角化症の1例
    熊本 貴之; 杉原 和子; 山田 秀和; 岡嶋 馨 皮膚の科学 2 (5) 473 -473 2003年10月
  • 山田 秀和; 西村 喜久男 皮膚の科学 2 (5) 379 -383 2003年10月
  • ケミカルピーリングにおけるキトサン配合ローションの効果
    赤松 恵美; 杉原 和子; 酒井 薫; 相生 章博; 濱田 和彦; 山田 秀和 Aesthetic Dermatology 13 (2) 101 -106 2003年09月
  • 弓立 達夫; 盆子原 誠; 山田 秀和; 手塚 正; クルーズ・ポンチアーノ; 有泉 清志 アレルギー 52 (8-9) 831 -831 2003年09月
  • 弓立 達夫; 山田 秀和; 手塚 正; Cruz PD; 有泉 清志 日本臨床免疫学会会誌 26 (4) 211 -211 2003年08月
  • 体幹・四肢のアトピー タクロリムス軟膏の長期使用について(全身外用における長所と欠点)
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 113 (9) 1450 -1451 2003年08月
  • 血栓性静脈炎の早期診断の試み
    杉原 和子; 柳下 晃一; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 113 (9) 1454 -1454 2003年08月
  • 重症成人アトピー性皮膚炎患者における腸内細菌叢の異常について
    山田 秀和; 杉原 和子; 柳下 晃一; 田尻 義人; 久米村 恵 日本皮膚科学会雑誌 113 (9) 1457 -1457 2003年08月
  • オンラインジャーナル"皮膚の科学"におけるカラーアトラスをもちいた皮膚疾患の検索
    山田 秀和; 西村 喜久男 医学教育 34 (Suppl.) 76 -76 2003年07月
  • 重症成人アトピー性皮膚炎患者における腸内細菌叢の異常について(第2報)
    山田 秀和; 杉原 和子; 柳下 晃一; 田尻 義人; 久米村 恵 日本皮膚科学会雑誌 113 (5) 727 -727 2003年04月
  • 乾癬皮疹部のビクニン陽性マスト細胞の分析 アトピー性皮膚炎との比較
    杉原 和子; 山田 秀和; 高橋 昌江; 愛須 きぬ代; 手塚 正 日本皮膚科学会雑誌 113 (5) 769 -769 2003年04月
  • 雑誌"皮膚の科学"のオンラインジャーナル化について
    山田 秀和; 西村 喜久男 日本皮膚科学会雑誌 113 (5) 836 -836 2003年04月
  • 伝染性膿痂疹におけるMRSAの頻度とAZMの効果
    山田 秀和; 杉原 和子; 柳下 晃一 日本皮膚科学会雑誌 113 (2) 203 -203 2003年02月
  • 先天性有毛性色素性母斑に対するQスイッチアレキサンドライトレーザー及びロングパルスアレキサンドライトレーザー(脱毛レーザー)の併用経験
    柳下 晃一; 杉原 和子; 山田 秀和 皮膚の科学 2 (1) 66 -66 2003年02月
  • 皮膚感染症の外来治療に求められるアジスロマイシンの評価
    最新の疾患別治療マニュアル 7 (4) 1 -4 2003年
  • アトピー性皮膚炎における検査データの臨床的意義
    マルホ皮膚科セミナー 163 18 -20 2003年
  • かゆみの一般的治療
    山田 秀和 2003年
  • アトピー性皮膚炎における臨床検査の意義
    山田 秀和 2003年
  • アトピー性皮膚炎における検査データの臨床的意義
    山田 秀和 2003年
  • 脱毛予防
    山田 秀和 読売ファミリー 791 4 2003年
  • 陰嚢石灰化症の1例
    柳下 晃一; 杉原 和子; 山田 秀和 皮膚の科学 1 (6) 432 -432 2002年12月
  • VASスケールにおける掻破と掻痒について 皮膚疾患による違いについて
    山田 秀和; 杉原 和子; 柳下 晃一 皮膚の科学 1 (Suppl.2) 45 -48 2002年12月
  • 山田 秀和; 杉原 和子; 田尻 義人; 久米村 恵 アレルギー 51 (9-10) 950 -950 2002年10月
  • 角田 昌也; 藤村 明輝; 津久井 知子; 山田 秀和 日本褥瘡学会誌 4 (2) 265 -265 2002年08月
  • 腓腹神経より発生した神経鞘腫の1例
    柳下 晃一; 杉原 和子; 山田 秀和 皮膚の科学 1 (4) 298 -298 2002年08月
  • 津久井 知子; 山田 秀和; 杉原 知子; 藤村 明輝 難病と在宅ケア 8 (4) 53 -55 2002年07月
  • 弓立 達夫; 矢島 あゆみ; 荒金 兆典; 山崎 文恵; 川田 暁; 山田 秀和; 手塚 正 皮膚の科学 1 (3) 237 -244 2002年06月
  • アンケート特集 皮膚の消毒 私はこう思う アトピー性皮膚炎と強酸性水
    山田 秀和 皮膚病診療 24 (6) 676 -676 2002年06月
  • 成人性アトピー性皮膚炎に対するタクロリムス軟膏(プロトピック)の臨床的有用性の検討 顔面以外の皮疹に対して
    古賀 千律子; 矢島 あゆみ; 弓立 達夫; 荒金 兆典; 山田 秀和; 川田 暁; 手塚 正 日本皮膚科学会雑誌 112 (5) 650 -650 2002年05月
  • ケミカルピーリングにおけるニキビ対応スキンケア製品の効果
    赤松 恵美; 酒井 薫; 濱田 和彦; 相生 章博; 安河内 恵里子; 杉原 和子; 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 112 (5) 669 -669 2002年05月
  • アトピー性皮膚炎における大腸炎を目安とする漢方療法
    山田 秀和 アレルギーの臨床 22 (5) 394 -397 2002年05月
  • 山田 秀和; 柳田 薫; 佐藤 章 産婦人科の実際 51 (2) 235 -243 2002年02月
  • 皮膚掻痒症から肝細胞癌がみつかった1例
    柳下 晃一; 杉原 和子; 山田 秀和 皮膚の科学 1 (1) 67 -67 2002年02月
  • アトピー性皮膚炎および急性蕁麻疹患児では血漿エオタキシン濃度が上昇
    Reference Scope from the express 1.2 (3) 2 2002年
  • 塩酸オロパタジン投与後、掻痒は良好に改善、重症度も中等症に至る
    Medical Tribune 35 (47) 27 2002年
  • 腸を鍛えてアトピー性皮膚炎と闘う
    大伸社 15 -18 2002年
  • アトピー性皮膚炎に対するタクロリムス軟膏の全身使用について
    医報フジ 119 9 -12 2002年
  • ランゲルハンス細胞
    山田 秀和 2002年
  • 角田 昌也; 吉永 寛; 藤村 明輝; 津久井 知子; 山田 秀和 関西支部講演会講演論文集 2002 (77) "1 -9"-"1-10" 2002年
  • 腫瘤形成ではじまった外陰部Paget病の1例
    柳下 晃一; 杉原 和子; 山田 秀和 皮膚 43 (6) 414 -414 2001年12月
  • 辰巳 陽一; 木村 英嗣; 金丸 昭久; 山田 秀和 無菌生物 31 (2) 67 -67 2001年12月
  • 山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 111 (12) 1929 -1930 2001年11月
  • 【最新アトピー性皮膚炎診療マニュアル】検査データーを治療にどのように反映させるか
    山田 秀和 Derma. (54) 119 -123 2001年10月
  • アトピー性皮膚炎における腹部症状とその治療
    山田 秀和; 杉原 和子; 柳下 晃一; 弓立 達夫; 松倉 正治; 手塚 正 皮膚 43 (Suppl.23) 76 -79 2001年10月
  • 平成11年度大阪皮膚科医会薬疹調査報告
    北村 公一; 山田 秀和; 高橋 邦明; 橋本 梯三; 遠藤 秀彦; 笹川 征雄; 大阪皮膚科医会 大阪医学 35 (2) 138 -138 2001年09月
  • 津久井 知子; 北畠 由美; 杉原 和子; 山田 秀和; 藤村 明輝 日本褥瘡学会誌 3 (2) 175 -175 2001年08月
  • 即時型と遅延型アレルギーの合併 アトピー性皮膚炎患者におけるパッチテストについて 短時間パッチテストと48時間パッチテスト
    山田 秀和; 杉原 和子; 柳下 晃一; 弓立 達夫; 松倉 正治; 手塚 正; 義江 修 日本皮膚科学会雑誌 111 (6) 974 -974 2001年05月
  • シクロスポリンが無効であった膿疱性乾癬の1例
    古賀 千律子; 杉原 和子; 山田 秀和 皮膚 43 (2) 146 -146 2001年04月
  • 木村 英嗣; 辰巳 陽一; 宮里 肇; 山田 秀和; 金丸 昭久 近畿大学医学雑誌 26 (1) 31 -41 2001年04月
  • アトピー性皮膚炎局所ではセリンプロテアーゼインヒビター,ビクニンが増加している
    磯貝 理恵子; 松倉 章子; 松倉 正治; 弓立 達夫; 山田 秀和; 川田 暁; 手塚 正 日本皮膚科学会雑誌 111 (3) 443 -443 2001年02月
  • 文献検索
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 111 (3) 543 -543 2001年02月
  • 山田 秀和; 柳田 薫; 佐藤 章 日本産科婦人科學會雜誌 53 (2) 371 -371 2001年
  • タウロリムス軟膏の使用経験
    大阪皮膚科医会会報 2 (3) 13 -17 2001年
  • 薬剤選択の基本と実際②アトピー性皮膚炎
    薬のサイエンス 7 71 -76 2001年
  • ケモカインとアトピー性皮膚炎
    山田 秀和 2001年
  • アトピー性皮膚炎の細菌感染について
    山田 秀和 2001年
  • 山崎 文恵; 松倉 正治; 矢島 あゆみ; 弓立 達夫; 手塚 正; 山田 秀和 皮膚 42 (6) 551 -556 2000年12月
  • 山田 秀和; 松倉 正治; 弓立 達夫; 杉原 和子; 手塚 正; 中山 隆志; 義江 修 アレルギー 49 (9) 2000年10月
  • アトピー性皮膚炎モデルマウス(NC/Nga)における骨髄移植を用いた病態解析
    木村 英嗣; 辰巳 陽一; 金丸 昭久; 山田 秀和; 松田 浩珍 臨床血液 41 (10) 1140 -1140 2000年10月
  • 山田 秀和; 松倉 正治; 弓立 達夫; 杉原 和子; 手塚 正; 中山 隆志; 義江 修 アレルギー 49 (9-10) 906 -906 2000年10月
  • 山田 秀和 アレルギー・免疫 7 (11) 1486 -1491 2000年10月
  • 矢島 あゆみ; 松倉 正治; 三軒 佳子; 弓立 達夫; 吉田 正己; 川田 暁; 手塚 正; 山田 秀和 アレルギー 49 (9-10) 994 -994 2000年10月
  • ヒト角化細胞からのLARC産生とアトピー性皮膚炎での役割
    山田 秀和; 中山 隆志; 弓立 達夫; 松倉 正治; 手塚 正; 義江 修 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム 25回 67 -67 2000年09月
  • T Sekiya; M Miyamasu; M Imanishi; H Yamada; T Nakajima; M Yamaguchi; T Fujisawa; R Pawankar; Y Sano; K Ohta; A Ishii; Y Morita; K Yamamoto; K Matsushima; O Yoshie; K Hirai JOURNAL OF IMMUNOLOGY 165 (4) 2205 -2213 2000年08月
  • 血管炎を伴った全身性単純ヘルペス感染症の1例
    杉原 和子; 山田 秀和; 堀江 清繁 皮膚 42 (4) 471 -471 2000年08月
  • 急性混合型白血病に合併した壊疽性膿皮症の1例
    浅井 睦代; 山下 裕嗣; 中野 敦; 杉原 和子; 山田 秀和; 手塚 正; 嶋田 高広; 金丸 昭久 西日本皮膚科 62 (3) 424 -424 2000年06月
  • 成人型アトピー性皮膚炎患者の好酸球接着分子(CD11b/CD18)に及ぼす塩酸エピナスチン(アレジオン)の影響
    山崎 文恵; 松倉 正治; 弓立 達夫; 山田 秀和; 手塚 正 日本皮膚アレルギー学会雑誌 8 (1) 124 -124 2000年06月
  • 北村 公一; 遠藤 秀彦; 大国 剛; 須貝 哲郎; 武井 美保子; 高橋 邦明; 田口 博; 畑 清一郎; 橋本 梯三; 森田 兼光; 森田 吉和; 山田 秀和; 山本 正勝 日本臨床皮膚科医学会雑誌 = Journal of the Japan Organization of Clinical Dermatologists (64) 95 -100 2000年04月
  • アトピー性皮膚炎における睡眠導入剤の有用性についての検討
    弓立 達夫; 山田 秀和; 三軒 佳子; 矢島 あゆみ; 玉木 文恵; 浅井 睦代; 磯貝 理恵子; 松倉 正治; 川田 暁; 手塚 正 日本皮膚科学会雑誌 110 (4) 671 -671 2000年04月
  • 北村 公一; 遠藤 秀彦; 大国 剛; 須貝 哲郎; 武井 美保子; 高橋 邦明; 田口 博; 畑 清一郎; 橋本 悌三; 森田 兼光; 森田 吉和; 山田 秀和; 山本 正勝 日本臨床皮膚科医学会雑誌 (64) 6 -11 2000年04月
  • 指趾のガングリオンと粘液嚢腫の3例と針治療
    古賀 千津子; 中野 敦; 弓立 達夫; 川田 暁; 手塚 正; 永澤 充子; 三沢 英世; 遠田 裕政; 杉原 和子; 山田 秀和 皮膚 42 (2) 292 -292 2000年04月
  • 山田 秀和; 田中 昭; 弓立 達夫; 松倉 正治; 杉原 和子; 山嵜 文恵; 手塚 正 アレルギー 49 (2-3) 280 -280 2000年03月
  • トシル酸トスフロキサシンによる固定薬疹の1例
    三軒 佳子; 矢島 あゆみ; 浅井 睦代; 中野 敦; 弓立 達夫; 川田 暁; 手塚 正; 山田 秀和 皮膚 42 (1) 125 -125 2000年02月
  • 【抗菌薬の選択と適正使用】各種病態における抗菌薬の選択と適正使用 バンコマイシン耐性腸球菌の治療法
    山田 秀和; 柳田 薫; 佐藤 章 治療薬 5.1 103 -106 2000年02月
  • アトピー性皮膚炎とタクロリムス軟膏
    大阪皮膚科医会会報 1 (2) 7 -50 2000年
  • 浅井 睦代; 弓立 達夫; 川田 暁; 手塚 正; 山田 秀和 Environmental Dermatology 6 (Suppl.1) 74 -74 1999年12月
  • 皮下型サルコイドーシスの1例
    矢島 あゆみ; 山田 秀和; 遠藤 英樹; 杉原 和子; 川田 暁; 手塚 正 皮膚 41 (6) 720 -720 1999年12月
  • 山田 秀和; 弓立 達夫; 松倉 正治; 手塚 正 呼吸 18 (12) 1369 -1373 1999年12月
  • 山田 秀和; 西村 喜久男; 手塚 正 日本皮膚科学会雑誌 109 (12) 2069 -2070 1999年11月
  • 山田 秀和; 西村 喜久男; 手塚 正 日本皮膚科学会雑誌 109 (12) 2069 -2070 1999年11月
  • 高橋 邦明; 武井 美保子; 船井 龍彦; 山田 秀和; 谷村 実一; 北村 公一; 遠藤 秀彦 日本臨床皮膚科医学会雑誌 = Journal of the Japan Organization of Clinical Dermatologists 62 67 -67 1999年10月
  • アトピー性皮膚炎モデルマウス(NC/Nga)骨髄移植システムを用いた原因因子決定と骨髄移植応用についての検討
    木村 英嗣; 辰巳 陽一; 佐野 徹明; 嶋田 高広; 前田 裕弘; 金丸 昭久; 山田 秀和 臨床血液 40 (9) 983 -983 1999年09月
  • 木村 英嗣; 辰巳 陽一; 佐野 徹明; 嶋田 高広; 山田 秀和; 前田 裕弘; 金丸 昭久 アレルギー 48 (8-9) 1011 -1011 1999年09月
  • 織田 知明; 山田 秀和; 手塚 正 Skin Cancer 14 (2) 172 -177 1999年09月
  • 前田 晃; 荒金 兆典; 弓立 達夫; 山田 秀和; 川田 暁; 手塚 正 アレルギー 48 (8-9) 986 -986 1999年09月
  • 山田 秀和; 木村 英嗣; 辰巳 陽一; 弓立 達夫; 手塚 正; 松田 浩珍 アレルギー 48 (8-9) 1013 -1013 1999年09月
  • 炭本 至康; 辰巳 陽一; 岩本 一郎; 前田 裕弘; 椿 和央; 金丸 昭久; 弓立 達夫; 山田 秀和; 手塚 正 近畿大学医学雑誌 24 (1) 16A -16A 1999年06月
  • 分節型無汗症の1例
    杉原 和子; 山田 秀和; 野田 剛弘; 手塚 正; 木原 幹洋 日本皮膚科学会雑誌 109 (6) 925 -926 1999年05月
  • アトピー性皮膚炎モデルマウス(NC/Nga)のマウス骨髄移植システムを用いた原因因子決定と骨髄移植応用についての検討
    木村 英嗣; 辰巳 陽一; 嶋田 高広; 佐野 徹明; 山田 秀和; 堀内 房成; 前田 裕弘; 入交 清博; 堀内 篤; 金丸 昭久 International Journal of Hematology 69 (Suppl.1) 237 -237 1999年04月
  • 北村 公一; 武井 美保子; 高橋 邦明; 谷村 実一; 船井 龍彦; 山田 秀和 日本臨床皮膚科医学会雑誌 (60) 31 -37 1999年04月
  • Acquired digital fibrokeratoma
    田倉 学; 弓立 達夫; 山田 秀和; 吉田 正己; 手塚 正 皮膚 41 (2) 299 -299 1999年04月
  • 弓立 達夫; 山田 秀和; 野田 剛弘; 松倉 正治; 手塚 正 アレルギー 48 (2) 379 -379 1999年03月
  • インターネット上での"皮膚"誌検索システムの試み
    山田 秀和; 手塚 正; 西村 喜久男 日本皮膚科学会雑誌 109 (3) 542 -542 1999年03月
  • アトピー性皮膚炎患者末梢好酸球におけるCD11の変動
    山田 秀和; 松倉 正治; 弓立 達夫; 野田 剛士; 手塚 正; 蔵下 俊次 日本皮膚科学会雑誌 109 (3) 459 -459 1999年03月
  • 【重大な副作用と処置】症状各論 全身性エリテマトーデス
    山田 秀和 医薬ジャーナル 35 (3) 877 -881 1999年03月
  • アトピー性皮膚炎の治療
    山田 秀和 千里丘山田臨床医学談話会会報 17 (3) 49 -52 1999年03月
  • 山田 秀和 アレルギー 48 (2-3) 271 -271 1999年03月
  • 山田 秀和; 野田 剛弘; 弓立 達夫; 手塚 正 アレルギー 48 (2-3) 319 -319 1999年03月
  • 磯貝 理恵子; 山田 秀和; 杉原 和子; 野田 剛弘; 手塚 正 皮膚 41 (1) 1 -2 1999年02月
  • 野田 剛弘; 山田 秀和; 弓立 達夫; 杉原 和子; 福井 憲; 手塚 正 和漢医薬学雑誌 15 (5) 460 -461 1999年02月
  • H Yamada; S Kurashimo; J Chihara; M Matsukura; T Yudate; T Tezuka INTERNATIONAL ARCHIVES OF ALLERGY AND IMMUNOLOGY 120 (suppl1) 100 -103 1999年
  • 重大な副作用と処置-SLE
    医薬ジャーナル 35 (3) 877 -881 1999年
  • H Yamada; S Kurashimo; J Chihara; M Matsukura; T Yudate; T Tezuka INTERNATIONAL ARCHIVES OF ALLERGY AND IMMUNOLOGY 120 (suppl1) 100 -103 1999年
  • 遠藤 英樹; 弓立 達夫; 森 有紀; 杉原 和子; 山田 秀和; 手塚 正 Environmental Dermatology 5 (Suppl.1) 106 -106 1998年12月
  • アトピー性皮膚炎と黄色ブドウ球菌 S.aureusと好酸球活性
    山田 秀和; 弓立 達夫; 松倉 正治; 手塚 正 皮膚 40 (Suppl.20) 107 -110 1998年12月
  • 山田 秀和; 弓立 達夫; 野田 剛弘; 手塚 正 日本小児皮膚科学会雑誌 = Journal of pediatric dermatology 17 (2) 59 -63 1998年11月
  • 外科的切除により治癒した表在性リンパ管腫の1症例
    磯貝 理恵子; 杉原 和子; 中野 敦; 山田 秀和; 手塚 正 日本小児皮膚科学会雑誌 17 (2) 145 -145 1998年11月
  • 脂腺母斑症候群の1例
    玉木 文恵; 山田 秀和; 野田 剛弘; 杉原 和子; 手塚 正; 奥田 和人; 木原 幹洋 皮膚科紀要 93 (4) 637 -637 1998年11月
  • 山田 秀和; 弓立 達夫; 野田 剛弘; 手塚 正 日本小児皮膚科学会雑誌 17 (2) 131 -135 1998年11月
  • 在宅医療と皮膚科 府内における実態調査
    武井 美保子; 川津 智是; 北村 公一; 山田 秀和; 田口 博; 山本 正勝 大阪医学 32 (1) 148 -148 1998年10月
  • 弓立 達夫; 山田 秀和; 野田 剛弘; 手塚 正; 松倉 正治 皮膚 40 (5) 516 -524 1998年10月
  • 遠藤 英樹; 杉原 和子; 阪本 ゆり; 福井 憲; 荒金 兆典; 山田 秀和; 手塚 正 皮膚 40 (5) 484 -487 1998年10月
  • 脂肪類壊死の1例
    遠藤 英樹; 杉原 和子; 阪本 ゆり; 山田 秀和; 手塚 正 皮膚 40 (5) 533 -533 1998年10月
  • 山田 秀和; 弓立 達夫; 手塚 正; 辰巳 陽一; 松田 浩珍 アレルギー 47 (9-10) 1047 -1047 1998年10月
  • 抗fas-ligand抗体染色で陽性を示した表皮母斑上に発生した基底細胞上皮腫の1例
    阪本 ゆり; 山田 秀和; 弓立 達夫; 前田 晃; 松倉 正治; 手塚 正 日本皮膚科学会雑誌 108 (9) 1184 -1184 1998年08月
  • 矢島 あゆみ; 野田 剛弘; 森 有紀; 杉原 和子; 荒金 兆典; 山田 秀和; 手塚 正; 矢野 泰弘; 高田 伸弘; 増澤 俊幸; 西村 茂彦 皮膚 40 (4) 399 -402 1998年08月
  • 【好酸球と皮膚疾患】好酸球とアトピー性皮膚炎
    山田 秀和; 手塚 正 アレルギー科 6 (2) 107 -113 1998年08月
  • Hailey-Hailey病の1例
    玉木 文恵; 山田 秀和; 松倉 正治; 野田 剛弘; 阪本 ゆり; 杉原 和子; 手塚 正 皮膚 40 (3) 323 -323 1998年06月
  • 木原 幹洋; 高橋 光雄; 山田 秀和; 森上 智恵美; 手塚 正 皮膚 40 (3) 231 -235 1998年06月
  • 高橋 邦明; 赤枝 民世; 遠藤 秀彦; 大国 剛; 北村 公一; 須貝 哲郎; 武井 美保子; 田口 博; 橋本 悌三; 畑 清一郎; 森田 兼光; 森田 吉和; 山田 秀和; 山本 正勝 日本臨床皮膚科医学会雑誌 = Journal of the Japan Organization of Clinical Dermatologists (56) 122 -125 1998年04月
  • 武井 美保子; 北村 公一; 山田 秀和 日本臨床皮膚科医学会雑誌 (56) 126 -130 1998年04月
  • アトピー性皮膚炎における腸病変と皮膚病変におけるRANTES発現
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 108 (4) 534 -534 1998年04月
  • 痒み発生に対する交感神経の役割 QSRT法による検討
    木原 幹洋; 西川 正悟; 高橋 光雄; 山田 秀和; 弓立 達夫; 手塚 正 発汗学 5 (1) 16 -18 1998年04月
  • 山田 秀和 アレルギー 47 (2〜3) 358 -358 1998年03月
  • 福田 昌彦; 松本 長太; 三島 弘; 大鳥 利文; 山田 秀和; 糸井 素純 日本眼科紀要 = Folia ophthalmologica Japonica 49 (1) 56 -59 1998年01月
  • H Yamada; J Chihara; K Hamada; M Matsukura; T Yudate; K Maeda; K Tubaki; T Tezuka JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY 100 (6) S73 -S76 1997年12月
  • 藤津 喜久美; 佐野 仁美; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 三島 弘; 大鳥 利文; 野田 剛弘; 阪本 ゆり; 山田 秀和 あたらしい眼科 = Journal of the eye 14 (8) 1227 -1230 1997年08月
  • 天津 朗典; 山田 秀和; 栗本 圭久 皮膚 39 (4) 403 -408 1997年08月
  • 山田 秀和; 高橋 邦明; 橋本 悌三 日本臨床皮膚科医学会雑誌 (53) 157 -162 1997年07月
  • 佐藤 章; 柳田 薫; 山田 秀和 周産期医学 27 (6) 829 -834 1997年06月
  • 松倉 正治; 山田 秀和; 弓立 達夫 皮膚 39 (3) 344 -348 1997年06月
  • アトピー性皮膚炎患者に対する黄色ブドウ状球菌の役割とその対策
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 107 (7) 891 -891 1997年06月
  • 皮膚の角化細胞(ケラチノサイト)からのサイトカイン産生
    山田 秀和; 手塚 正 アレルギー科 3 (5) 479 -485 1997年05月
  • 弓立 達夫; 山田 秀和; 野田 剛弘; 松倉 正治; 手塚 正 アレルギー 46 (2) 321 -321 1997年03月
  • 中野 敦; 織田 知明; 前田 晃; 山田 秀和; 手塚 正 Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 11 (3) 465 -470 1997年03月
  • 山田 秀和 アレルギー 46 (2〜3) 324 -324 1997年03月
  • アトピー性皮膚炎患者における黄色ブ菌TOXIN産生株の関与
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 107 (2) 252 -252 1997年02月
  • VASスケールによるかゆみの定量
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 107 (2) 376 -376 1997年02月
  • 野田 剛弘; 山田 秀和; 弓立 達夫 皮膚 39 (1) 24 -28 1997年02月
  • H Yamada; M Matsukura; T Yudate; J Chihara; G Stingl; T Tezuka INTERNATIONAL ARCHIVES OF ALLERGY AND IMMUNOLOGY 114 28 -32 1997年
  • アトピー性皮膚炎の治療効果判定法 VAS法(Visual Analogue Scale)を用いた痒みの評価法について
    山田 秀和; 野田 剛弘; 松倉 正治 皮膚 38 (Suppl.18) 71 -77 1996年12月
  • 原 英徳; 福田 昌彦; 三島 弘; 大鳥 利文; 山田 秀和 日本眼科紀要 = Folia ophthalmologica Japonica 47 (11) 1329 -1332 1996年11月
  • 1995年度大阪地区における薬疹の統計
    山田 秀和 日本臨床皮膚科医学会雑誌 (50) 297 -297 1996年10月
  • 福井 憲; 山田 秀和; 野田 剛弘 皮膚 38 (5) 511 -515 1996年10月
  • 嘉数 朝一; 茆原 順一; 津田 晃; 浦山 修; 斎藤 厚; 山田 秀和 アレルギー 45 (8) 890 -890 1996年09月
  • 松倉 正治; 山田 秀和; 弓立 達夫; 手塚 正 アレルギー 45 (8) 944 -944 1996年09月
  • 山田 秀和 アレルギー 45 (8〜9) 1005 -1005 1996年09月
  • 野田 剛弘; 山田 秀和; 福井 憲 皮膚 38 (4) 412 -416 1996年08月
  • 杉原 和子; 山田 秀和; 楠田 茂 皮膚 38 (3) 381 -385 1996年06月
  • Kim LeeHwa; 山田 秀和; 手塚 正 皮膚 38 (3) 310 -314 1996年06月
  • 天津 朗典; 織田 知明; 山田 秀和 皮膚 38 (3) 315 -318 1996年06月
  • 福井 憲; 山田 秀和; 遠藤 英樹 皮膚 38 (3) 319 -322 1996年06月
  • 前田 晃; 織田 知明; 天津 朗典; 山田 秀和; 手塚 正 Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 11 (1) 91 -94 1996年05月
  • アトピー性皮膚炎における漢方治療 サーモグラフィーにおける治療判定
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 106 (5) 826 -826 1996年05月
  • 感染性心内膜炎を併発したアトピー性皮膚炎の1例
    野田 剛弘; 山田 秀和; 瀬口 得二 皮膚科の臨床 38 (5) 719 -721 1996年05月
  • 山田 秀和 アレルギー 45 (2〜3) 220 -220 1996年03月
  • 泉谷 敦子; 山田 秀和; 瀬口 得二 皮膚 38 (1) 42 -46 1996年02月
  • Elevated Plasma RANTES Levels in Patients with Atopic Dermatitis
    Journal of Clinical and Laboratory Immnology 48 87 -91 1996年
  • H Yamada; R Izutani; J Chihara; T Yudate; M Matsukura; T Tezuka INTERNATIONAL ARCHIVES OF ALLERGY AND IMMUNOLOGY 111 19 -21 1996年
  • Serum Levels of Anti-Staphylococcus aureus-specific IgE in patients with Atopic Dermatitis.
    Journal of Clinical and Laboratory Immnology 48 167 -175 1996年
  • IgE欠損マウスにおけるアナフィラキシー
    山田 秀和; 茆原 順一 臨床免疫 27 (12) 1498 -1504 1995年12月
  • 伊東 香代子; 瀬口 得二; 山田 秀和 皮膚 37 (5) 501 -502 1995年10月
  • 松倉 正治; 山田 秀和; 山下 裕嗣 皮膚 37 (5) 563 -569 1995年10月
  • Kim Lee Hwa; 山田 秀和; 手塚 正 皮膚 37 (5) 544 -548 1995年10月
  • H YAMADA; J CHIHARA; T TEZUKA INTERNATIONAL ARCHIVES OF ALLERGY AND IMMUNOLOGY 108 (2) 203 -203 1995年10月
  • H YAMADA; J CHIHARA; T TEZUKA INTERNATIONAL ARCHIVES OF ALLERGY AND IMMUNOLOGY 108 (2) 203 -203 1995年10月
  • 茆原 順一; 倉知 大; 山本 高宏; 東元 一晃; 安里 和代; 嘉数 朝一; 中島 重徳; 山田 秀和; 大利 隆行; 滝沢 始 アレルギー 44 (8) 986 -986 1995年08月
  • 茆原 順一; 嘉数 朝一; 東元 一晃; 倉知 大; 山本 高宏; 中島 重徳; 山田 秀和; 弓立 達夫; 松倉 知明; 手塚 正 アレルギー 44 (8) 987 -987 1995年08月
  • 弓立 達夫; 山田 秀和; 松倉 正治; 手塚 正 アレルギー 44 (8) 996 -996 1995年08月
  • 安場 広高; 茆原 順一; 山田 秀和; 川口 英人; 加藤 幹夫; 山下 哲次; 栗本 文彦 アレルギー 44 (8) 1041 -1041 1995年08月
  • 山田 秀和 アレルギー 44 (8) 987 -987 1995年08月
  • 山田 秀和 アレルギー 44 (8) 995 -995 1995年08月
  • 皮下腫瘤から発症した急性単球性白血病の1例
    おの田 真知子; 山田 秀和; 瀬口 得二 皮膚のリンフォーマ XIV 72 -75 1995年07月
  • H. Yamada; K. Kurooka; S. Funai; Y. Fujii; Y. Imanishi; S. Sato; M. Watatani; K. Shindo; M. Yasutomi Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy 22 Suppl 2 186 -191 1995年06月
  • H YAMADA; J CHIHARA; T TEZUKA LANCET 345 (8960) 1314 -1314 1995年05月
  • 茆原 順一; 安場 広高; 山田 秀和; 東元 一晃; 嘉数 朝一; 山本 高宏; 倉知 大; 中島 重徳 アレルギー 44 (3) 394 -394 1995年03月
  • 松倉 正治; 山田 秀和; 弓立 達夫; 手塚 正 アレルギー 44 (3) 411 -411 1995年03月
  • 田中 明; 茆原 順一; 沢口 博千代; 岩永 賢司; 野上 壽二; 原口 龍太; 波津 龍平; 藤田 悦生; 大川 健太郎; 東田 有智; 長坂 行雄; 大石 光雄; 中島 重雄; 山田 秀和 アレルギー 44 (3) 435 -435 1995年03月
  • アトピー性皮膚炎におけるRANTES発現
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 105 (3) 391 -391 1995年03月
  • 血管拡張性肉芽腫に対するCO2レーザー治療
    山田 秀和; 福井 憲; 天津 朗典 皮膚科の臨床 37 (3) 391 -394 1995年03月
  • 山田 秀和 アレルギー 44 (3-2) 276 -276 1995年03月
  • H YAMADA; NAGAOKA, I; K TAKAMORI; H OGAWA ARTIFICIAL ORGANS 19 (1) 98 -102 1995年01月
  • 免疫アレルギーからみた皮膚疾患
    フレグランスジャーナル 23 (5) 27 -33 1995年
  • 織田 知明; 山田 秀和; 森川 和宏 Skin Cancer 9 (3) 354 -359 1994年12月
  • 局所サイトカインプロファイル アトピー性皮膚炎における重症化因子
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 104 (13) 1645 -1647 1994年11月
  • 成人Still病の2例
    杉原 和子; 山田 秀和; 立田 七寿子 皮膚科の臨床 36 (9) 1289 -1292 1994年08月
  • 当科におけるT細胞性悪性リンパ腫31症例の統計的解析
    杉原 和子; 山田 秀和; 手塚 正 皮膚のリンフォーマ XIII 90 -92 1994年08月
  • 山田 秀和 アレルギー 43 (8) 965 -965 1994年08月
  • 山田 秀和 ぶんせき 234 433 -440 1994年06月
  • 佐伯 光義; 桑折 慶長; 山田 秀和 皮膚 36 (3) 255 -261 1994年06月
  • S. Funai; K. Kurooka; Y. Fujii; H. Inufusa; H. Yamada; Y. Imanishi; S. Sato; K. Shindo; M. Yasutomi Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy 21 Suppl 1 102 -107 1994年05月
  • アトピー性皮膚炎における重症化因子と局所サイトカインの発現
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 104 (3) 361 -361 1994年03月
  • アトピー性皮膚炎における大腸粘膜病変について
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 104 (3) 461 -461 1994年03月
  • 弓立 達夫; 山田 秀和; 手塚 正 アレルギー 43 (2) 378 -378 1994年02月
  • 山田 秀和 アレルギー 43 (2-2) 336 -336 1994年02月
  • H. Yamada; Y. Suga; K. Takamori; H. Ogawa Journal of Dermatology 21 (6) 394 -396 1994年
  • 弓立 達夫; 山田 秀和; 織田 知明 皮膚 35 (5) 611 -616 1993年10月
  • 茆原 順一; 瀬口 光代; 毛利 俊子; 山本 高宏; 倉知 大; 中島 重徳; 山田 秀和; 林 野花; 嘉数 朝一 アレルギー 42 (9) 1332 -1332 1993年09月
  • 好酸球と皮膚
    山田 秀和 アレルギーの臨床 13 (8) 564 -565 1993年07月
  • 接着分子(ICAM-1/CD54)とアトピー性皮膚炎 可溶性ICAM-1
    山田 秀和; 弓立 達夫; 茆原 順一 Biotherapy 7 (7) 1060 -1065 1993年06月
  • 山田 秀和 アレルギー 42 (3-2) 379 -379 1993年03月
  • アトピー性皮膚炎患者皮疹部におけるサイトカインの発現
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 103 (3) 386 -386 1993年02月
  • 接着分子(1CAM-1/CDr4)とアトピ-性皮フ炎
    バイオセラピー 7 (7) 1060 1993年
  • 体外循環光化学療法の効果
    12 (1) 643 1993年
  • 乾痛癬疹部,無疹部におけるサイトカインプロファイル
    第8回日本乾癬学会記録集 8 (1) 111 1993年
  • アトピー性皮フ炎療法知識における好酸性顆抱タンパク(MBP、EPO)の分布
    日本皮フアレルギー学会雑誌 1 (2) 354 1993年
  • adhesion molecule and AD
    BIOTHERAPY 7 (7) 1060 1993年
  • The Effect of Photopheresis
    Therapeatic Plasmapheresis (XII) 12 (1) 643 1993年
  • Cytokine profilein Psoriasis-moolved and non-involved lesions
    8 (1) 111 1993年
  • Distribution of eosrophilic granula proteins in Atopic dermatitis
    The Japanese Journal of Dermatoallergology 1 (2) 354 1993年
  • 佐伯 光義; 瀬口 得二; 織田 知明; 金 梨花; 佐藤 浩子; 楠田 茂; 山田 秀和; 吉田 正己; 手塚 正; 黒住 望; 上石 弘 近畿大学医学雑誌 17 (4) 1992年12月
  • 権藤 美香; 山田 秀和; 楠田 茂 皮膚 34 (6) 691 -694 1992年12月
  • 小倉 孝文; 浜田 傑; 山田 秀和 日本口腔外科学会雑誌 38 (10) 1574 -1575 1992年10月
  • 日光角化症に関する統計的研究
    山田 秀和; 佐伯 光義; 楠田 茂 近畿大学環境科学研究所研究報告 (20) 427 -431 1992年10月
  • 山田 秀和; 弓立 達也; 織田 智明; 手塚 正; 茆原 順一; 中島 重徳 アレルギー 41 (8) 1992年08月
  • 茆原 順一; 黄 瑾; 瀬口 光代; 毛利 俊子; 山本 高宏; 倉知 大; 中島 重徳; 山田 秀和; 手塚 正 アレルギー 41 (8) 1023 -1023 1992年08月
  • 浜 和子; 山田 秀和; 手塚 正 皮膚 34 (2) 177 -181 1992年04月
  • Cytokine Mapping in Human Ketatinocytes and Keratinocyte Cell Line by Reverse Transcriprase-Polymerase Chain Reaction (RT-PCR)Method.
    Journal of Dermatology 19 719 -721 1992年
  • 皮膚とインターロイキン
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 101 (13) 1609 -1610 1991年11月
  • 弓立 達夫; 山田 秀和; 織田 知明 Skin Cancer 6 (2) 289 -292 1991年10月
  • 山田 秀和; 佐伯 光義; 楠田 茂 近畿大学環境科学研究所研究報告 19 (19) 345 -350 1991年10月
  • アレルギーの臨床に寄せる(159) アトピー性皮膚炎の治療方針 近畿大学皮膚科における生活指導の要点
    山田 秀和; 手塚 正 アレルギーの臨床 11 (6) 458 -465 1991年06月
  • 小児汎発性膿疱性乾癬の2例
    佐藤 浩子; 山田 秀和; 佐伯 光義 皮膚科の臨床 33 (4) 531 -535 1991年04月
  • 山田 秀和; 佐藤 浩子; 田村 隆弘 西日本皮膚科 53 (2) 348 -352 1991年04月
  • 骨髄移植後のGM-CSFとアトピー性皮膚炎様皮疹
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 101 (3) 281 -281 1991年03月
  • 山田 秀和; 瀬川 陽子; 佐藤 浩子 日本輸血学会雑誌 37 (1) 77 -80 1991年02月
  • アトピー性ヒフ炎の発祥と GM-CSF
    19 (、395) 1991年
  • Sezary syndromeにおける体外循環光化学療法におけるサイトカインの変化
    10 1991年
  • Case report of psoriasis unlgaris by Cyclosporia freatnet
    53 (2、345-350) 1991年
  • Dose recombinant granulocyte-macrophage colony -stimulating factor(GM-DCSF)play acrucial colony-stimulating of atopic dermatitis after bone marrow fransplantation (BMT)?
    Med.Sci.Res. 19 (、395) 1991年
  • A change of cytokines in photopheresis treatment in a case of Sezary syndrome
    Lymphomas of skin 10, 85-94 1991年
  • Skin and Interleukin
    101 (13) 1991年
  • Treatment of Atopic dermatitis
    11 (6) 1991年
  • 山田 秀和; 辻井 陽子; 山上 七寿子 西日本皮膚科 52 (6) 1202 -1207 1990年12月
  • 山田 秀和 日本臨床細胞学会雑誌 29 (5) 688 -688 1990年09月
  • 山田 秀和; 手塚 正 医学のあゆみ 154 (7) p415 -418 1990年08月
  • 山田 秀和; 手塚 正 医学のあゆみ 154 (7) 415 -418 1990年08月
  • 荒金 兆典; 山田 秀和; 原田 正; 織田 知明; 手塚 正 近畿大学医学雑誌 15 (2) 15A -16A 1990年06月
  • マウス接触皮膚過敏反応におけるTranilast (Rizaben(R))の効果
    織田 知明; 山田 秀和; 手塚 正 皮膚 32 (Suppl.8) 67 -71 1990年06月
  • 山田 秀和 日本輸血学会雑誌 36 (2) 258 -258 1990年05月
  • An effect of saireito to atopic dermatitis
    52 (6) 1990年
  • Keratinocytes and IL-6
    154 (7) 1990年
  • ケラチノサイトのIL-6産生に関するサイトカインの役割
    山田 秀和 日本免疫学会総会・学術集会記録 19 (89) 351 -351 1989年10月
  • 原田 正; 山田 秀和; 手塚 正 西日本皮膚科 51 (4) 801 -804 1989年08月
  • 織田 知明; 佐伯 光義; 山田 秀和 皮膚 31 (3) 421 -427 1989年06月
  • 山田 秀和; 椿 和央; 佐伯 光義 Skin Cancer 4 (1) 244 -248 1989年05月
  • E TSCHACHLER; G STEINER; H YAMADA; A ELBE; K WOLFF; G STINGL JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY 92 (5) 763 -768 1989年05月
  • Photopheresisを用いたSezary症候群,ATLの治療
    山田 秀和 皮膚 31 (2) 290 -290 1989年04月
  • 角化細胞に対するインターロイキン6の働き
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 99 (3) 314 -314 1989年03月
  • 樹枝状T細胞
    92 (3) 1989年
  • A431,K-TL-1におけるチモタクティク因子の産生
    1 (179) 1989年
  • The effects of Lympheresis of Cutarner Tiell Lymphema
    Skicanser 4 (1、244-248) 1989年
  • H YAMADA; T ORITA; M HARADA; T TEZUKA DERMATOLOGICA 179 (179) 120 -120 1989年
  • ケラチノサイトのIL-6産生機構
    山田 秀和 日本免疫学会総会・学術集会記録 18 274 -274 1988年11月
  • 山田 秀和 近畿大学医学雑誌 13 (3) 423 -431 1988年09月
  • 山田 秀和 近畿大学医学雑誌 13 (2) 317 -326 1988年06月
  • 角化細胞におけるBSF-2(IL6)様活性について
    山田 秀和; 松田 正; 原田 正; 平野 俊夫; 岸本 忠三; 手塚 正 日本皮膚科学会雑誌 98 (2) 203 -203 1988年02月
  • Thy -1+ 樹枝状細胞株のClone とその 機能
    近畿大医誌 13 (3、423-431) 1988年
  • Thy-1+ 樹枝状細胞の細胞株樹立
    近畿大医誌 13 (2、317-326) 1988年
  • THY-1+樹枝状細胞はT3抗原とT細胞抗原レセプターγ鎖を発現している.
    84 (11) 1988年
  • THY-1+樹枝状細胞株におけるT3関連γ(]J1151[)T細胞抗原レセプターの決定
    236 (8) 1988年
  • Clone of thy1+dendritic Epiclermal cell and thefunctions
    13 (3、423-431) 1988年
  • Celllne of thy1+Dendritic Fpideral cell
    13 (2、317-326) 1988年
  • Identification of a T3-associated γ CT cell receptor on Thy-1+dendritice pidermal cell lines
    Science 236 (8) 1988年
  • Thyl+樹枝状細胞の細胞株樹立とTCRγ鎖の発現
    山田 秀和 代謝 24 (臨増) 45 -52 1987年12月
  • Thy1+DEC (dendritic epidermal cell)におけるT細胞抗原レセプターγδ鎖の発現
    山田 秀和 日本免疫学会総会・学術集会記録 17 413 -413 1987年10月
  • 第二のT細胞抗原レセプター候補分子としてのγ/δ鎖
    山田 秀和 細胞工学 6 (9) 718 -726 1987年09月
  • アクリノールによる接触皮膚炎の1例
    荒金 兆典; 原田 正; 山田 秀和 皮膚 29 (増刊3) 増237 -増241 1987年08月
  • 山田 秀和; 手塚 正; TSCHACHLER Erwin; STINGL Georg 近畿大学医学雑誌 12 (2) 23A 1987年06月
  • 柳原 宏四; 荒金 兆典; 山田 秀和; 手塚 正 近畿大学医学雑誌 12 (2) 55A -56A 1987年06月
  • 原田 正; 山田 秀和; 手塚 正 西日本皮膚科 49 (3) 488 -491 1987年06月
  • 栗本 圭久; 山田 秀和; 柳原 宏四 臨床皮膚科 41 (7) 531 -535 1987年06月
  • 山田 秀和 近畿大学医学雑誌 12 (2) 23A -23A 1987年06月
  • イオントフォレーシス法による帯状疱疹後神経痛に対する治療について
    柳原 宏四; 荒金 兆典; 山田 秀和 皮膚科の臨床 29 (4) 355 -358 1987年04月
  • Thyl+DEC (Dendritic Epidermal Cell)に関する研究 細胞株の樹立に関して
    山田 秀和 皮膚 29 (2) 358 -358 1987年04月
  • H YAMADA; K TAKAMORI; H OGAWA ARCHIVES OF DERMATOLOGICAL RESEARCH 279 (3) 194 -197 1987年
  • Thy -1+ 樹枝状細胞の細胞株樹立とTCRr鎮の発現
    代謝 24 (、45-52) 1987年
  • Thy1+Pendritic Epidernal cell clone expression of TCR chain
    24 (、45-52) 1987年
  • 手塚 正; 山田 秀和 臨床皮膚科 39 (1) 41 -44 1985年01月
  • 壊疽性膿瘡 縫縮術後に再発した1例
    山田 秀和 日本小児皮膚科学会雑誌 3 (2) 426 -426 1984年11月
  • 家族性皮膚アミロイド症か
    山田 秀和 西日本皮膚科 46 (4) 1031 -1032 1984年08月
  • Atopic dermatitis (AD)患者の重症群と軽症群における,OKT4/OKT8と好酸球数,IgE, RAST SCOREの相関
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 94 (4) 425 -425 1984年04月
  • アカツキ病の1例
    山田 秀和; 吉田 正己 皮膚病診療 6 (2) 141 -142 1984年02月
  • アカツキ病の1例
    山田 秀和 日本小児皮膚科学会雑誌 2 (2) 248 -248 1983年11月
  • 線状扁平苔癬の一例
    山田 秀和 皮膚 25 (4) 788 -788 1983年08月
  • 大熊 守也; 山田 秀和; 中野 朝益 皮膚 25 (3) 339 -343 1983年06月
  • 大熊 守也; 山田 秀和; 中野 朝益 皮膚科の臨床 25 (5) 477 -480 1983年05月
  • 軟骨腫の1例
    山田 秀和 日本皮膚科学会雑誌 93 (5) 561 -561 1983年04月
  • アミロイド苔癬の1例
    山田 秀和 皮膚 25 (2) 307 -307 1983年04月
  • 中野 朝益; 山田 秀和; 栗本 圭久 皮膚 25 (1) 141 -145 1983年02月
  • 糖尿病性水疱
    大熊 守也; 山田 秀和; 高橋 喜嗣 皮膚科の臨床 25 (1) 80 -81 1983年01月
  • 栗本 圭久; 山田 秀和; 大熊 守也; 手塚 正 近畿大学医学雑誌 7 (4) 1982年12月
  • 大熊 守也; 山田 秀和; 島田 和代 皮膚 24 (6) 871 -873 1982年12月
  • 顔面に生じた難治性瘻孔の1例
    山田 秀和 日本小児皮膚科学会雑誌 1 (2) 126 -126 1982年11月
  • 下口唇の皮膚外科
    上石 弘; 黒住 望; 山田 秀和 皮膚病診療 4 (10) 945 -948 1982年10月
  • いわゆる静脈石を伴った血管腫の一例
    山田 秀和 皮膚 24 (5) 815 -815 1982年10月
  • HSG-2525錠の皮膚疾患に対する使用経験
    大熊 守也; 山田 秀和; 栗本 圭久 診療と新薬 19 (9) 2659 -2662 1982年09月
  • アミロイド苔癬の1例
    山田秀和 皮膚 24 (3) 427 -427 1982年06月
  • Solitarymastocytosisの1例
    山田秀和 皮膚 24 (3) 430 -430 1982年06月
  • 平井玲子; 山田秀和; 栗本圭久 基礎と臨床 16 (6) 3591 -3595 1982年05月
  • A role of cytokines for IL-6 production in Keratinosytes
    19 (89)

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2014年04月 -2015年03月 
    代表者 : 八木 雅之; 米井 嘉一; 山田 秀和
     
    【研究の目的】アンチエイジングの観点から糖化ストレスによる皮膚老化の評価法確立するため、皮膚角層サンプルを非侵襲的に採取し、糖化反応最終生成物(advansed glycation end products: AGEs)の一種であるNε-(carboxymethyl)lysine: CML)を測定する方法を構築するとともに、皮膚角層中CMLが皮膚の糖化や老化進行にどのように関わるかを解析することを目的とした。 【研究の方法】市販の粘着シートを被験者の頬または上腕内側部に貼り付けて角層を剥離採取後、界面活性剤を含む緩衝液中で角層蛋白を抽出し、蛋白あたりのCML量を測定した(テープストリッピング法)。被験者として20~60歳代の健康女性66名の上腕内側部角層中CMLを測定すると共に、キュートメーターによって皮膚弾力、AGE Readerによって皮膚中AGEs蓄積量を測定した。 【研究の結果】テープストリッピング法による蛋白の添加回収率は98.2~99.5%で良好であった。角層蛋白あたりのCML量は、頬よりも上腕内側が多かった。健康女性66名の上腕内側部角層CML量は、蛋白1mgあたり67±33.7μgであった。角層CML量は被験者の年齢および皮膚中AGEs蓄積量と正の相関性を示した。一方、角層CML量は皮膚弾力性指標とは負の相関性を示した。 【結論】テープストリッピング法による角層CMLの測定が可能になった。角層CMLは加齢、皮膚弾力、皮膚中AGEs蓄積量との関連性を示したことから、糖化ストレスによる皮膚老化の評価指標として応用できる可能性を確認した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1996年 -1998年 
    代表者 : 濱田 傑; 山田 秀和
     
    同種骨髄移植後の急性および慢性GVHDの早期診断における口唇生検の有用性を検討するために以下のことを片った。 【目的】同種骨髄移植後に急性および慢性GVHDと思われる口腔症状を呈した症例の口唇生検を行い、組織学的所見を検討して肉眼的口腔臨床所見との比較を行う。 【対象】白血病、骨髄異型性症候群、重症再生不良性貧血などのため、同胞または骨髄バンクから同種骨髄移植を受けた後、口腔症状を呈した例。 【方法】口腔の肉眼的所見とその後の臨床経過、および口唇生検材料のH-E染色と免疫組織化学的染色による検討を行った。 【結果】慢性GVHDの比較的早期に、口腔には口腔乾燥症と共にいわゆる口腔扁平苔癬とは肉眼的にも識別できる病変が出現した。口唇生検材料の組織所見では上皮下、小唾液腺へのCD4、CD8細胞浸潤、上皮および上皮下のHLA-DR、ICAM-1陽性所見、上皮基底細胞および唾液腺細胞の破壊が見られた。臓器別に慢性GVHD症状の発現する頻度を検討した結果、皮膚・眼・肝臓よりも口腔が発現頻度が高く早期に症状が出現し、他臓器を観察するよりも口腔を観察する方が有利であると考えられた。例数を重ねると、口唇生検の組織所見に対応する口腔の肉眼的所見が推測できるようになり、口腔の肉眼的所見から診断ができる例もあることがわかり、これを「慢性GVHD口内炎」と呼んで6つの型別((1)白色化・粘膜粗造化、(2)扁平苔癬様糜爛、(3)血管拡張様糜爛、(4)潰瘍形成・粘膜壊死、(5)粘膜壊死・瘢痕化、(6)粘膜萎縮)に分類し肉眼的識別の判断基準を作ろうと試みた。急性GVHDでは、口腔症状は肉眼的所見のみでは識別しにくかったが、組織学的には慢性と同様の所見が認められた。急性GVHDの早期診断には皮膚の方が口腔よりも有利であり、逆に慢性GVHDの早期診断には口腔の方がより有意義であると考えられた。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1995年 -1997年 
    代表者 : 山田 秀和; 手塚 正; 弓立 達夫
     
    アレルギー疾患とくにアトピー性皮膚炎をモデルとして浸潤細胞と上皮ならびに線維芽細胞都の関連は臓器特異性を理解する上で重要と思われる。今年度は、アトピー性皮膚炎様皮疹を生じた骨髄移植後のGVHDの患者の組織を検討し、好酸球浸潤や、上皮細胞とリンパ球の接着にどのような関与があるのかを検討した。その結果、近年のBRMをもちいたBMTにおいては、従来よりも早くGVHDが起こること。好酸球浸潤はGM-CSF投与においてあきらかに増加すること。HLA-DR,ICAM-1の上皮細胞での発現がAGVHDでは重要であることを示していた。また、GVHDのなかで、アトピー性皮膚炎様皮疹を示した症例は、いずれもG-CSFでは発現しておらず、GM-CSF投与後に発症しており、IgEも高値であった。この2例の症例はアトピー性皮膚炎の発症にGM-CSFが関与しているか、好酸球が関与していることを疑わせる。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1993年 -1994年 
    代表者 : 山田 秀和; 手塚 正; 泉谷 良; 茆原 順一
     
    皮膚、腸管、肺における上皮と血液細胞とくに好酸球との関連について検討することを目的としてのサイトカインの発現に関する検討を行った。はじめにこれら組織よりサイトカインをタンパクレベルで測定する事が困難と考え、RT-PCR法(revesed transcriptase polymerase chain reaction)法を用いる事とした.最初に検討したのは皮膚、腸管、肺胞洗浄液でのサイトカインのμRNAの発現を見る為にRNAが取れるかという点であった.結論的には皮膚に関しては2mmパンチ生検組織から又腸管では大腸ファイバーでの生検組織1mmパンチ2個あるいは肺胞洗浄液10mlでもmRNAが安定して取り出す事が出来る様になった.この事は今後の更なる検討に有用と考えている.又単に定性的に検討するだけでは不十分と考え、定量性を持たせる為に、サイトカインのcDNAよりmutantDNAを作成し、これをRNA発現ベクスターに組み込みmutantRNAを作成、更にこれと同時に測定に必要なサンプルのRNAを加え、RT-PCRを同一チューブ内でp32を用いて実施し、これを元にして、電気泳動でサイズを決定しイメージスキャナで取り込み、定量化して較べた.この方法を用いると、μRNAをRT-PCRのレベルでも定量出来ると考えられる.今回の測定に関してサイトカインとしてTNTα、IL-8を用いた.好酸球の検討に際して上皮との関連を検討するとの観点から、2つの疾患を選んだ。対象として尋常性乾癖とアトピー性皮膚炎を用いた.アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患として多様な病態を示すと考えられ好酸球との関りが重要視され,又尋常性乾癖はその病態として上皮の異常が指摘されている.アトピー性皮膚炎成人型では重症例では腸管でも慢性大腸炎を示している事が明らかになり,さらにRANTESがいずれの組織においても検出される事が明らかとなった.この事は好酸球の出現にSALT,GALT,BALTのうち少くともSALT,GALTがケモカインを介して関連している可能性を示している.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1992年 -1992年 
    代表者 : 山田 秀和
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1991年 -1991年 
    代表者 : 山田 秀和
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1990年 -1990年 
    代表者 : 山田 秀和
  • アトピー性皮フ炎と腸管
  • 皮フと免疫
  • 抗加齢療法
  • 漢方治療
  • レーザー治療学
  • アレルギーと上皮
  • ケラチノサイトのサイトカイン産
  • アトピー性皮フ炎
  • Colon and Atopic dermatitis
  • Skin and Immunology
  • allergy and epidermis (epithelium)
  • The production of Cytokines in Keratinocyte
  • Atopic dermatitis

委員歴

  • 2015年06月 - 現在   日本抗加齢医学会   副理事長
  • 2010年09月 - 現在   日本美容皮膚科学会   理事
  • 2005年05月 - 現在   日本東洋医学会   評議員
  • 1997年   日本皮膚科学会   評議員   日本皮膚科学会
  • 1992年   日本研究皮膚科学会   評議員   日本研究皮膚科学会
  • 1989年   日本アレルギー学会   評議員   日本アレルギー学会

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.