阿野 貴司 (アノ タカシ)

  • 生物理工学部 生物工学科 教授
Last Updated :2022/06/16

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    食品性廃棄物等の未利用有機資源に微生物を作用させ、農薬作用と肥料作用を有する資材に変換するという環境保全型農業に向けた技術開発を、拮抗微生物の探索、抗菌物質生産を中心に行っています。

研究者情報

学位

  • 工学博士(大阪大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 枯草菌   リポペプチド性物質   調節遺伝子   2,2-ジヒドロキシベンゾイルグリシン   バイオサーファクタント   サーファクチン   C5糖   バイオリアクター   シデロフォア-   大腸菌   遺伝子スイッチ   バイオマス   バクテリオファージMu   高磁場   バイオフィルム   クローニング   土壌定着性   beta-ガラクトシダーゼ   リアクター   微生物燃料電池   環境微生物   有機物の循環   バイオファーティライザー   微生物農薬   微生物   Environmental Microbiology   Recycling of Organic Materials   Biofertilizer   Biocontrol   Microbiology   

現在の研究分野(キーワード)

    食品性廃棄物等の未利用有機資源に微生物を作用させ、農薬作用と肥料作用を有する資材に変換するという環境保全型農業に向けた技術開発を、拮抗微生物の探索、抗菌物質生産を中心に行っています。

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学
  • ライフサイエンス / 応用生物化学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学
  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会
  • 環境・農学 / 環境影響評価

経歴

  • 東京工業大学 資源化学研究所 附属資源循環研究施設准教授

学歴

  •         - 1986年   大阪大学大学院工学研究科発酵工学専攻   工学研究科   醗酵工学専攻
  •         - 1986年   大阪大学   Graduate School, Division of Engineering
  •         - 1981年   大阪大学   工学部   醗酵工学科

所属学協会

  • 米国微生物学会   日本農芸化学会   日本生物工学会   

研究活動情報

論文

  • Takashi Ano; Shohei Ebe; Tatsuya Ohike; Masahiro Okanami
    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 258 2019年08月 [査読有り]
  • Yuji Fukumoto; Shouhei Ebe; Tatsuya Ohike; Masahiro Okanami; Takashi Ano
    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 258 2019年08月 [査読有り]
  • Shohei Ebe; Tatsuya Ohike; Masahiro Okanami; Takashi Ano
    ZEITSCHRIFT FUR NATURFORSCHUNG SECTION C-A JOURNAL OF BIOSCIENCES 74 7-8 211 - 217 2019年07月 [査読有り]
  • Production of antifungal agents in a microbial fuel cell.
    Ano, T; Fukumoto, Y; Yukimoto, H; Ebe, S; Ohike, T; Okanami, M
    Advances in Recycling & Waste Management 4 40  2019年03月
  • Hiroshi Habe; Toshiaki Taira; Yuya Sato; Tomohiro Imura; Takashi Ano
    JOURNAL OF OLEO SCIENCE 68 11 1157 - 1162 2019年 [査読有り]
  • Shohei Ebe; Tatsuya Ohike; Tetsuya Matsukawa; Masahiro Okanami; Shin'ichiro Kajiyama; Takashi Ano
    JOURNAL OF PESTICIDE SCIENCE 44 1-2 33 - 40 2019年 [査読有り]
  • Evaluation of plant growth promotion and phytopathogen growth inhibition effects of PGPB.
    Sawada, S; Maruyama, D; Yoshida, Y; Yoshimizu, K; Nishiyama, A; Ano, T; Okanami, M
    Regulation of Plant Growth & Development 53 Suppl. 107  2018年10月
  • Evaluation of the mechanism of plant-growth promotion by rice husk biochar.
    Kuno, R; Ebe, S; Ohike, T; Okanami, M; Ano, T
    Regulation of Plant Growth & Development 53 Suppl. 105  2018年10月
  • Effect of power generation of the soil microbial fuel cell on plant growth.
    Yukimoto, H; Ebe, S; Ohike, T; Okanami, M; Ano, T
    Regulation of Plant Growth & Development 53 Suppl. 106  2018年10月
  • Biological Control Potential of Streptomyces sp. AR10 Producing Albocycline Isolated from Soil around Ant Nest
    Tatsuya Ohike; Tetsuya Matsukawa; Masahiro Okanami; Shin’ichiro Kajiyama; Takashi Ano
    Journal of Agricultural Science 10 3 54 - 61 2018年02月 [査読有り]
  • In vitro and in vivo assay for assessment of the biological control potential of Streptomyces sp. KT.,
    Ohike, T; Matsukawa, T; Okanami, M; Kajiyama, S-i; Ano, T
    Journal of Plant Studies 7 1 10 - 18 2018年01月 [査読有り]
  • Improved Performance of Soil Microbial Fuel Cell by Adding Earthworms
    阿野 貴司
    Journal of Renewable Energy and Environment 4 2&3 33 - 38. 2017年12月 [査読有り]
  • Effect of plant growth-promoting bacteria on plant growth.
    Nakaoka, T; Sawada, S; Nishiyama, A; Kobayashi, J; Ano, T; Okanami, M
    Regulation of Plant Growth & Development 52(Suppl.) 79  2017年10月
  • Analysis of the mechanisms of the growth enhancement of Bacillus sp. IA in the presence of rice husk biochar.
    Ebe, S; Ohike, T; Okanami, M; Ano, T
    5th International Symposium on Life Sciences & Biological Engineering, Conference Proceedings 625 - 627 2016年08月 [査読有り]
  • Potential of an actinobacterium for biological control.
    Ohike, T; Maeda, M; Uetsuki, Y; Matsukawa, T; Okanami, M; Kajiyama, S-i; Ano, T
    2016 Grobal Conference on Engineering and Applied Science, Conference Proceedings 1054 - 1055 2016年07月 [査読有り]
  • Construction of microbial fuel cells that produce beneficial compounds.
    Ebe, S; Ohike, T; Okanami, M; Ano, T
    2016 Grobal Conference on Engineering and Applied Science, Conference Proceedings 1050 - 1051 2016年07月 [査読有り]
  • Isolation and characterization of bacterium that promotes the antibotic production in the presence of rice husk biochar.
    Ebe, S; Ohike, T; Okanami, M; Ano, T
    2016 International Congress on Chemical, Biological and Environmental Sciences, Conference Proceedings 918 - 920 2016年05月 [査読有り]
  • Zohora Umme Salma; Ano Takashi; Rahman Mohammad Shahedur
    ADVANCES IN MICROBIOLOGY 6 6 424 - 431 2016年05月 [査読有り]
  • Tatsuya Ohike; Tetsuya Matsukawa; Masahiro Okanami; Shin'ichiro Kajiyama; Takashi Ano
    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 248 2014年08月 [査読有り]
  • Daichi Murata; Sayaka Sawano; Tatsuya Ohike; Masahiro Okanami; Takashi Ano
    Journal of environmental sciences (China) 25 Suppl 1 1 S127-31 - S131 2013年12月 [査読有り]
  • Umme Salma Zohora; Mohammad Shahedur Rahman; Abdul Wahab Khan; Masahiro Okanami; Takashi Ano
    Journal of environmental sciences (China) 25 Suppl 1 1 S2-7 - S7 2013年12月 [査読有り]
  • Tatsuya Ohike; Kohei Makuni; Masahiro Okanami; Takashi Ano
    Journal of environmental sciences (China) 25 Suppl 1 1 S122-6 - S126 2013年12月 [査読有り]
  • 日本の伝統的食品である納豆からの微生物農薬候補株の単離
    岡南 政宏; 村田 大地; 澤野 沙耶佳; 大池 達矢; 阿野 貴司
    近畿大学生物理工学部紀要 31 47 - 57 2013年03月
  • 村田大地; 澤野沙耶佳; 大池達矢; 岡南政宏; 阿野貴司
    Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University 31 47 - 57 2013年
  • Screening of biocontrol bacterial strains against fungal plant pathogens from endophytes.
    大池 達矢; 真国 紘平; 岡南 政宏; 阿野 貴司
    5th International Symposium on Environmental Economy and Technology, Extended Abstracts 84  2012年08月
  • Isolation of suppressive bacteria from fermented soybean, natto, as candidates for microbial pesticide.
    村田大地; 澤野沙耶佳; 大池達矢; 岡南 政宏; 阿野 貴司
    5th International Symposium on Environmental Economy and Technology, Extended Abstracts 46  2012年08月
  • Improvement of lipopeptide antibiotic iturin A production using novel peptone of fish protein medium.
    岡南 政宏; 阿野 貴司
    5th International Symposium on Environmental Economy and Technology, Extended Abstracts 34  2012年08月
  • Screening of biocontrol bacterial strains against fungal plant pathogens from endophytes.
    大池 達矢; 真国 紘平; 岡南 政宏; 阿野 貴司
    5th International Symposium on Environmental Economy and Technology, Extended Abstracts 84  2012年08月
  • Isolation of suppressive bacteria from fermented soybean, natto, as candidates for microbial pesticide.
    村田大地; 澤野沙耶佳; 大池達矢; 岡南 政宏; 阿野 貴司
    5th International Symposium on Environmental Economy and Technology, Extended Abstracts 46  2012年08月
  • Production of iturin A through glass column reactor (GCR) from soybean curd residue (okara) by Bacillus subtilis RB14-CS under solid state fermentation (SSF).
    岡南 政宏; 阿野 貴司
    Advances in Bioscience and Biotechnology 3 143 - 148 2012年04月 [査読有り]
  • ダイオキシン受容体型転写因子AhRの転写活性化コア領域
    岡南 政宏; 藤谷 純也; 阿野 貴司
    近畿大学生物理工学部紀要 28 1 - 11 2011年09月
  • ダイオキシン受容体型転写因子AhRの転写活性化コア領域
    岡南 政宏; 藤谷 純也; 阿野 貴司
    近畿大学生物理工学部紀要 28 1 - 11 2011年09月
  • Abdul Wahab Khan; Mohammad Shahedur Rahman; Umme Salma Zohora; Masahiro Okanami; Takashi Ano
    Journal of environmental sciences (China) 23 Suppl SUPPL. S63-5 - S65 2011年06月 [査読有り]
  • Jatropha curcasとJatropha integerrimaにおける発がんプロモーション活性物質フォルボールエステル類の分布
    大池 達矢; 松川 哲也; 岡南 政宏; 阿野 貴司; 梶山 慎一郎
    近畿大学生物理工学部紀要 27 29 - 37 2011年03月
  • Umme Salma Zohora; Abdul Wahab Khan; Masahiro Okanami; Takashi Ano; Mohammad Shahedur Rahman
    SCIENCE AND TECHNOLOGY AGAINST MICROBIAL PATHOGENS: RESEARCH, DEVELOPMENT AND EVALUATION 190 - 195 2011年 [査読有り]
  • 大池達矢; 松川哲也; 岡南政宏; 阿野貴司; 梶山慎一郎
    Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University 27 29 - 37 2011年
  • Utilization of fish protein in submerged and biofilm fermentation of Bacillus subtilis for production of lipopeptide antibiotic iturin A
    Umme Salma Zohora; Abdul Wahab Khan; Masahiro Okanami; Mohammad; Shahedur Rahman; 阿野 貴司; 岡南 政宏
    Proceedings of International Conference on Antimicrobial Research (ICAR2010) 295  Formatex Research Center 2010年11月
  • Utilization of fish protein in submerged and biofilm fermentation of Bacillus subtilis for production of lipopeptide antibiotic iturin A
    Umme Salma Zohora; Abdul Wahab Khan; Masahiro Okanami; Mohammad; Shahedur Rahman; 阿野 貴司; 岡南 政宏
    Proceedings of International Conference on Antimicrobial Research (ICAR2010) 295  2010年11月
  • Xuesong He; Yan Tian; Lihong Guo; Takashi Ano; Renate Lux; David R. Zusman; Wenyuan Shi
    MICROBIAL ECOLOGY 60 3 665 - 676 2010年10月 [査読有り]
  • Biosurfactant production by Bacillus subtilis using pentose carbohydrate.
    Abdul Wahab Kahn; 岡南 政宏; 阿野 貴司; Mohammad Shahedur Rahman Umme Salma Zohora
    4th International Symposium on Environmental Economy and Technology, Extended Abstracts 2010年06月
  • Utilization of pentose carbohydrate and production of iturin A by Bacillus subtilis
    Abdul Wahab Khan, Mohammad; Shahedur Rahman; Umme Salma Zohora; 阿野 貴司; 岡南 政宏
    ISEET-2010 The 4th International Symposium on Environmental Economy and Technology Extended Abstract 58 - 60 Dalian Jiaotong University 2010年06月
  • Biosurfactant production by Bacillus subtilis using pentose carbohydrate.
    Abdul Wahab Kahn; 岡南 政宏; 阿野 貴司; Mohammad Shahedur Rahman Umme Salma Zohora
    4th International Symposium on Environmental Economy and Technology, Extended Abstracts 2010年06月
  • Utilization of pentose carbohydrate and production of iturin A by Bacillus subtilis
    Abdul Wahab Khan, Mohammad; Shahedur Rahman; Umme Salma Zohora; 阿野 貴司; 岡南 政宏
    ISEET-2010 The 4th International Symposium on Environmental Economy and Technology Extended Abstract 58 - 60 2010年06月
  • A general consideration toward the sustainable society
    阿野 貴司
    埼玉工業大学先端科学研究所アニュアルレポート 7 33 - 35 埼玉工業大学先端科学研究所 2009年03月
  • A general consideration toward the sustainable society
    阿野 貴司
    埼玉工業大学先端科学研究所アニュアルレポート 7 33 - 35 2009年03月
  • Mohammad Shahedur Rahman; Takashi Ano
    Journal of environmental sciences (China) 21 Suppl 1 1 S36-9 - S39 2009年 [査読有り]
  • Abdul Wahab Khan; Mohammad Shahedur Rahman; Takashi Ano
    Journal of environmental sciences (China) 21 Suppl 1 1 S33-5 - S35 2009年 [査読有り]
  • Umme Salma Zohora; Mohammad Shahedur Rahman; Takashi Ano
    Journal of environmental sciences (China) 21 Suppl 1 1 S24-7 - S27 2009年 [査読有り]
  • Takashi Ano; Guang Yuan Jin; Shinji Mizumoto; Mohammad Shahedur Rahman; Kasumasa Okuno; Makoto Shoda
    Journal of environmental sciences (China) 21 Suppl 1 1 S162-5 - S165 2009年 [査読有り]
  • Noriyasu Iwase; Mohammad Shahedur Rahman; Takashi Ano
    Journal of environmental sciences (China) 21 Suppl 1 1 S28-32 - S32 2009年 [査読有り]
  • Y Hayashi; A Okino; E Hotta
    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS 94 1 749 - 755 2003年07月 [査読有り]
  • Y Hayashi; E Hotta
    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS 42 7A 4571 - 4575 2003年07月 [査読有り]
  • Y Hayashi; E Hotta
    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 2-LETTERS 42 7B L869 - L872 2003年07月 [査読有り]
  • Y Hayashi; E Hotta
    BEAMS 2002 650 65 - 68 2002年 [査読有り]
  • Y Hayashi; A Okino; E Hotta
    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS 40 12 7135 - 7139 2001年12月 [査読有り]
  • Y Hayashi; A Okino; E Hotta
    PPPS-2001: PULSED POWER PLASMA SCIENCE 2001, VOLS I AND II, DIGEST OF TECHNICAL PAPERS 1374 - 1377 2001年 [査読有り]
  • K TANAKA; H TAKAHASHI
    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA 1089 1 113 - 119 1991年05月 [査読有り]

書籍

  • Science and Technology Against Microbial Pathogens
    岡南 政宏; 阿野 貴司 (担当:共著範囲:)World Scientific 2011年09月
  • Bacterial growth under strong magnetic field electricity and magnetism in biology and medicine
    Kuwar Academic/Plenum Publishers 1999年
  • Bacterial growth under strong magnetic field electricity and magnetism in biology and medicine
    Kuwar Academic/Plenum Publishers 1999年
  • Recombinant Microbes for Industrial and Agricultural Applications (分担)
    Marcel Dekker, Inc 1993年
  • Recombinant Microbes for Industrial and Agricultural Applications (分担)
    Marcel Dekker, Inc 1993年

講演・口頭発表等

  • 植物葉を利用した新しい微生物農薬候補株の単離  [通常講演]
    大池 達矢; 岡南 政宏; 阿野 貴司
    日本農芸化学会2013年度大会 2013年03月 仙台 日本農芸化学会2013年度大会
  • シロイヌナズナの側根伸長を促進するPseudomonas fluorescensの解析  [通常講演]
    津田 高佑; 玉置 友樹; 田中 亜里彩; 阿野 貴司; 岡南 政宏
    日本農芸化学会2013年度大会 2013年03月 仙台 日本農芸化学会2013年度大会
     
    シデロフォア形成能、リン可溶化能、フィチン可溶化能を指標として、環境微生物をスクリーニングした結果、複数の微生物株が単離された。中でもA-2株は、これらについて最も強い能力を示した。さらに、A-2株は、シロイヌナズナ芽生えの側根数の増加や根毛の増加、地上部の生長促進などを引き起こし、PGPRとしての特徴を示した。A-2株は、紫外線照射下において蛍光を発すること、および、16S rRNA遺伝子の塩基配列から、Pseudomonas fluorescensであることが強く示唆された。一方、A-2株は、植物病原菌Fusarium oxysporumとRhizoctonia solaniの増殖を抑制することができた。
  • シロイヌナズナの側根伸長がPseudomonas fluorescensによって促進されるメカニズムの解析  [通常講演]
    岡南 政宏; 田中 亜里彩; 玉置 友樹; 向井 一真; 津田 高佑; 硲 美貴; 阿野 貴司
    第54回日本植物生理学会年会 2013年03月 岡山 第54回日本植物生理学会年会
     
    シロイヌナズナ芽生えの側根伸長を促進する土壌微生物A-2株を単離した。16S rRNA遺伝子の塩基配列から、このA-2株はPseudomonas fluorescensであることが示唆された。実際に、この微生物はシデロフォアを形成し、リンとフィチンの可溶化能を有しており、紫外線照射下において蛍光を発した。また、A-2株は、植物病原菌Fusarium oxysporumとRhizoctonia solaniの増殖を抑制することができた。
  • Jatropha curcasの種子採油残渣を用いた微生物農薬の開発  [通常講演]
    吉川 諒; 大池 達矢; 松川 哲也; 岡南 政宏; 梶山 慎一郎; 阿野 貴司
    日本農芸化学会2012年度大会 2012年03月 日本農芸化学会2012年度大会
  • ジャトロファフォルボールエステル分解微生物の探索  [通常講演]
    大池 達矢; 松川 哲也; 岡南 政宏; 梶山 慎一郎; 阿野 貴司
    日本農芸化学会2012年度大会 2012年03月 日本農芸化学会2012年度大会
  • 食品(納豆)を用いた微生物農薬の開発  [通常講演]
    澤野 沙耶佳; 村田 大地; 岡南 政宏; 阿野 貴司
    日本農芸化学会2012年度大会 2012年03月 日本農芸化学会2012年度大会
  • Microbial fuel cell mediated by wine yeast.  [通常講演]
    松原 健太; 渡辺 雄介; 阪井 智彦; 岡南 政宏; 阿野 貴司
    International Union of Microbial Societies 2011 2011年09月 International Union of Microbial Societies 2011
  • Isolation of phorbol ester degrading microbes for Jatropha bio-diesel production.  [通常講演]
    大池 達矢; 三倉 健; 赤井 一樹; 松川 哲也; 岡南 政宏; 梶山 慎一郎; 阿野 貴司
    International Union of Microbial Societies 2011 2011年09月 International Union of Microbial Societies 2011
  • Isolation and characterization of bacteria as a candidate for biological control.  [通常講演]
    村田 大地; 岡南 政宏; 阿野 貴司
    International Union of Microbial Societies 2011 2011年09月 International Union of Microbial Societies 2011
  • 地球環境問題解決へのアプローチ  [通常講演]
    阿野 貴司
    社会環境学会 2010年07月 明治大学(東京) 社会環境学会
     
    地球環境の危機的状況が指摘される中、循環型社会への転換という持続可能な文明に向けての解決案も有している。環境問題の根源的原動力について考え、本質的な解決を望むには、その原動力を支える価値観の転換が必要であること、そのためには残された時間の認識、視野の拡大などが重要であることを指摘した。
  • ジャトロファ種子1粒を用いた脂質およびフォルボールエステル類の分析  [通常講演]
    松川 哲也; 岡南 政宏; 阿野 貴司; 梶山 慎一郎
    2010年03月
  • 微生物製剤の開発を目的とした油脂分解菌の単離  [通常講演]
    中尾 日路岐; 岡南 政宏; 阿野 貴司; 多田 宜文
    日本農芸化学会2010年度大会 2010年03月 東京都目黒区 日本農芸化学会2010年度大会
     
    厨房グリストラップや土壌から油脂を分解できる菌を単離した。これらは実際に高いリパーゼ活性を持っていた。製剤化へ向けて、単離菌の凍結保存を試みた。
  • Microbes and environment  [通常講演]
    The 2nd China-Japan-Korea joint symposium on environmental economy and technology 2007年
  • Microbes and environment  [通常講演]
    The 2nd China-Japan-Korea joint symposium on environmental economy and technology 2007年
  • Biosurfactant production by Bacillus subtilis using pentose carbohydrate  [通常講演]
    Abdul Wahab Khan, Mohammad; Shahedur Rahman; Umme Salma Zohora; 阿野 貴司; 岡南 政宏
    ISEET-2010 The 4th International Symposium on Environmental Economy and Technology 2006年06月 Dalian (China) ISEET-2010 The 4th International Symposium on Environmental Economy and Technology
     
    非常に高い界面活性能を示すことからバイオサーファクタントが注目されている。産業利用には大量生産が必須であり、そのためには安価な培養基が必要である。未利用資源としての植物性バイオマスの一つである、ヘミセルロースに着目し、その主構成成分であるキシロースとアラビノースを用いて培養を行ったところ、高いサーファクタントの生産が認められ、その原因として糖消費のスピードが抑制され生産期間が長期に亘ったことが示唆された。(英文)
  • Application of Secondary Emission Electron Gun on Bacterial Inactivation  [通常講演]
    3rd Asia-Pacific International Symposium on the Basic and Application of Plasma Technology 2003年 ポスター発表
  • Application of secondary emission electron gun on bacterial inactivation  [通常講演]
    3rd Asia-Pacific International Symposium on the Basic and Application of Plasma Technology (APSBAPT) 2003年
  • Application of Secondary Emission Electron Gun on Bacterial Inactivation  [通常講演]
    3rd Asia-Pacific International Symposium on the Basic and Application of Plasma Technology 2003年 ポスター発表
  • Application of secondary emission electron gun on bacterial inactivation  [通常講演]
    3rd Asia-Pacific International Symposium on the Basic and Application of Plasma Technology (APSBAPT) 2003年
  • Effect of high magnetic fields on GASP(Growth Advantage in Stationary Phase)  [通常講演]
    2000年 ポスター発表
  • Effect of high magnetic fields on GASP(Growth Advantage in Stationary Phase)  [通常講演]
    2000年 ポスター発表
  • GASP(Growth Advantage in Stationary Phase)への高磁場の影響  [通常講演]
    平成11年度日本生物工学会大会 1999年
  • 大腸菌の定常期における生存菌数への高温培養の影響  [通常講演]
    日本農芸化学会1999年度大会 1999年 ポスター発表
  • 高磁場は大腸菌のrpoS遺伝子の発現を促進する  [通常講演]
    日本生物工学会1999年度大会 1999年
  • High magnetic field enhances rpoS transcription of Escherichia coli in stationary phase.  [通常講演]
    1999年
  • Effect of storng magnetic fields on the bacterial growth in SBS.  [通常講演]
    1997年
  • 高磁場下で培養した大腸菌の培養液上清の特性  [通常講演]
    日本生物工学会1997年度大会 1997年
  • Effect of storng magnetic fields on the bacterial growth in SBS.  [通常講演]
    1997年
  • Characteristics of the supernatant of E. coli cultivated under high magnetic field.  [通常講演]
    1997年
  • Effect of homogeneous and inhomogeneous high magnetic fields on bacterial growth measured under a newly developed superconducting magnet biosystem  [通常講演]
    Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology 1996年
  • Effect of homogeneous and inhomogeneous high magnetic fields on bacterial growth measured under a newly developed superconducting magnet biosystem  [通常講演]
    Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology 1996年
  • 高磁場が対数増殖期の大腸菌に及ぼす影響  [通常講演]
    日本生物工学会1995年度大会 1995年
  • 高磁場が枯草菌の培養に及ぼす影響  [通常講演]
    日本生物工学会1994年度大会 1994年
  • 大腸菌増殖に対する超高磁場の影響  [通常講演]
    日本生物工学会1994年度大会 1994年
  • 電気パルス印加に対する Escherichia coli の応答  [通常講演]
    日本醗酵工学会1992年度大会 1992年
  • Escherichia coliの増殖に対する超高磁場(均一直流高磁場)の影響の温度依存性  [通常講演]
    日本農芸化学会1992年度大会 1992年
  • エレクトロポーレーションを用いた電気ストレスに対するEscherichia coliの応答の解析  [通常講演]
    日本農芸化学会1992年度大会 1992年
  • 均一直流高磁場(11.7T)下における大腸菌の増殖速度へのアミノ酸添加効果  [通常講演]
    日本醗酵工学会1991年度大会 1991年
  • λ溶原菌に対する均質直流高磁場の影響  [通常講演]
    日本農芸化学会1991年度大会 1991年
  • 大腸菌の増殖に対する超高磁場(均一直流高磁場)の影響  [通常講演]
    日本農芸化学会1990年度大会 1990年
  • Stenotrophomonas maltophiliaエステラーゼの活性解析と機能向上の試み
    前田謙太郎; 矢田凪紗; 土橋大地; 阿野貴司; 岡南政宏
    日本農芸化学会2021年度大会 2021年3月

MISC

産業財産権

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2014年 -2016年 
    代表者 : 阿野 貴司
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 阿野 貴司
     
    バイオマスの糖化後に得られる、グルコースを主とする6炭糖(C6糖)とキシロースを主とする5炭糖(C5糖)の内、一般的に微生物は、C6糖を資化することはできるが、C5糖を資化することができないものが多い。そこでC5糖を有効利用することができる枯草菌を用い、C5糖の有効利用という観点からC5糖による有用抗菌物質をモデル物質として生産を試みた結果生産性が高まることが示され、C5糖の有用性が示唆された。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1995年 -1995年 
    代表者 : 阿野 貴司
     
    鉄イオンは、生物の生育にとり必須の成分であるが、土壌環境中に住む微生物にとってもそれは例外ではない。大部分の鉄原子は酸化された状態で存在するため、常に土壌中は鉄欠乏状態である。極微量の鉄イオンを利用するために、多くの生物はシデロフォア-と呼ばれる鉄キレートペプチドを生産する。我々は、植物病原菌を強く抑制し微生物農薬として利用できる菌のスクリーニングをする中で、抗生物質イチュリンと共にバイオサーファクタントであるサーファクチンを同時に生産する新しい枯草菌を見い出した。また、この枯草菌がイト-酸と呼ばれるシドロフォア-(2,3-ジヒドロキシベンゾイルグリシン)を生産しており、この物質の生産も上記遺伝子により制御されていることを見いだした。この遺伝子の物質生産における機能解析を、遺伝子の小型化や生産性の低い類似遺伝子との組換えによりハイブリッド遺伝子の作製を行った。得られた遺伝子を、遺伝子の欠損株である宿主に導入することにより物質生産の比較を行った。その結果、上記リポペプチド性抗生物質やシデロフォア-の生産において、短くなった遺伝子における生産性がいずれの場合も減少したため、遺伝子産物のカルボキシル末端が重要な働きをしていることが示された。また、この遺伝子欠損株の土壌中における定着性を元株と比較したところ、他の拮抗微生物が存在しない滅菌土壌においては、あまり差が認められなかったが、土着の微生物が存在する非滅菌土壌においては、定着率の現象が観察された。従って、リポペプチド性抗生物質やシデロフォア-の生産が、枯草菌が微生物農薬として土壌に定着する際に重要な役割を果たしていることが示唆された。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1994年 -1994年 
    代表者 : 阿野 貴司
     
    バイオサーファクタントは、優れた界面活性剤としての機能の他に、安全性が高く生分解性を受けるため、環境保護の点からも重要な物質である。中でもサーファクチンはバイオサーファクタントとしては、表面張力低下能が大きいリポペプチド系界面活性剤として知られている。しかし生産性の低さから実用化には至っていない。我々は、新しいサーファクチン生産菌をスクリーニングし、本物質の生産に関わる遺伝子のクローニングに成功している。この遺伝子(lpa-14)はサーファクチン生産のみならずリポペプチド性抗生物質イチュリンAの生産にも関与している事が別途確認されている。先ず、lpa-14遺伝子の破壊株に対する形質転換を行った。この遺伝子破壊によりこの菌株は両物質の生産能を失っている。その結果、lpa-14遺伝子が保持されている場合は、全ての形質転換体がサーファクチンの生産能を回復した。しかし、その生産性は、lpa-14の隣接領域の有無により大きく異なることが示された。この隣接した領域をlpa-14遺伝子と同時に形質転換するとサーファクチン生産性が約3倍に増加する事を見いだした。この生産性増加に関与する領域を限定するために数種のサブクローンを構築した。これらの遺伝子を用いて同様の形質転換を行いサーファクチンの生産性への影響を調べたところ、lpa-14の下流域の約2kbpが生産性の増強に関与していることが示された。しかし、この領域は抗生物質イチュリンAの生産性には全く影響を示さないことが判明した。従って、この増強機構はサーファクチン特有のものであることが示唆された。部分的ではあるが、本領域の塩基配列の決定を行った所、DNA結合ドメインを持つ読み枠(ORF)が見いだされたため、この生産性増強遺伝子とサーファクチン生合成遺伝子との相互作用が類推された。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1993年 -1993年 
    代表者 : 阿野 貴司
     
    磁場の生物に与える影響を調べ、その有効利用を図るために、遺伝子解析の最も進んだ大腸菌を用いてその影響を調べた。地球磁場の10万倍以上という超高磁場を、大腸菌のlambdaファージ溶原株に印加したところファージのプラーク形成能が、超高磁場中では約10倍に増大することが示され、磁場の影響は増殖開始のオン・オフを制御する遺伝子スイッチへの影響であると考えられた。そこで本研究では、より誘導能の高い遺伝子スイッチの探索と、超高磁場による遺伝子スイッチの制御を研究目的とした。超高磁場中において遺伝子発現が誘導される菌株を構築するために、Muファージを用いbeta‐ガラクトシダーゼの構造遺伝子を導入した遺伝子ライブラリーの構築を行った。Muファージは大腸菌の染色体にランダムに挿入され、挿入を受けた遺伝子の発現制御を受けるため、未知の遺伝子の探索とその発現パターンの解析を行うことができる。また、誘導因子として高磁場の他にパルス電場も用い、その特性の比較も試みた。約、1000株についてスクリーニングを行った所、パルス電場に応答する菌株は数株得られたが、明確に磁場により誘導が認められる遺伝子挿入株は発見されていない。しかし、大腸菌自身の増殖は磁場中において明かな影響を受けていることと、二次元ゲル電気泳動の結果から、磁場の有無によって発現の増大したタンパク質や、逆に減少したものが認められた。従って、今後はこれらのタンパク質に焦点を絞って解析を行い、磁場応答遺伝子の解析を行うことが興味深いと考えられる。
  • 高磁場の生物におよぼす影響
  • 微生物農薬の開発に関する研究
  • Study on the Effect of Super-High Magnetic Field on the Biological Systems
  • Study on the Development of a new Biological Control Agent

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.