KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

山田 克宣ヤマダ カツノリ

プロフィール

所属部署名経済学部 経済学科 / 経済学研究科
職名准教授
学位博士(経済学)
専門マクロ経済学
ジャンル経済/経済理論
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1260-yamada-katunori.html
ホームページURLhttp://www.eonet.ne.jp/~kyamada/
メールアドレス
Last Updated :2020/06/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    経済成長と資産価格の関係、特に企業の無形資本(のれん価値など)がマクロ経済の中でのどのように蓄積され、市場で評価されているか分析しています。

学歴・経歴

学歴

  • 2001年04月 - 2006年03月, 京都大学, 大学院経済学研究科
  • 1996年04月 - 2000年03月, 京都大学, 経済学部

経歴

  •   2014年04月,  - 現在, 近畿大学 経済学部 准教授
  •   2011年04月,  - 2014年03月, 大阪大学 社会経済研究所 講師
  •   2013年08月,  - 2013年11月, Academia Sinica Visiting researcher
  •   2012年11月,  - 2013年07月, Universitat Autonoma de Barcelona Visiting researcher
  •   2008年10月,  - 2011年03月, 大阪大学 社会経済研究所 特任研究員(常勤)
  •   2010年10月,  - 2010年10月, Paris School of Economics Visiting researcher
  •   2006年04月,  - 2008年09月, 大阪大学 大学院経済学研究科
  •   2006年04月,  - 2008年09月, 大阪大学大学院 経済学研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
  •   2000年04月,  - 2000年12月, 東京三菱銀行

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 経済政策
  • 人文・社会, 経済政策
  • ライフサイエンス, 神経科学一般
  • ライフサイエンス, 神経科学一般
  • ライフサイエンス, 神経科学一般
  • ライフサイエンス, 神経科学一般

研究キーワード

  • 包括脳ネットワーク, 脳プロ, 行動経済学, マクロ経済学

論文

  • Pronoun Drop and Prosocial Behavior: Experimental Evidence from Japan, He, T, J. Riyanto, S. C. Tanaka, K. Yamada, Journal of the Economic Science Association, Journal of the Economic Science Association, Forthcoming,   2020年, 査読有り
  • The Joneses in Japan: Income Comparisons and Financial Satisfaction, Clark A, C. Senik, K. Yamada, Japanese Economic Review, Japanese Economic Review, Forthcoming,   2020年, 査読有り
  • Income-comparison Attitudes in the US and the UK: Evidence from Discrete-choice Experiments, Shigeoka, H, K. Yamada, Journal of Economic Behavior and Organization, Journal of Economic Behavior and Organization, 164, 414, 438,   2019年08月, 査読有り
  • Difference or Ratio: Implications of Status Preference on Stagnation, Ono, Y, K. Yamada, Australian Economic Papers, Australian Economic Papers, 57, 3, 346, 362,   2018年07月, 査読有り
  • Misperception of economics terms; evidence from a choice experiment in Japan, Jung, S, Y. Nakamoto, M. Sato, K. Yamada, International Journal of Applied Behavioral Economics, International Journal of Applied Behavioral Economics, 7, 2,   2018年, 査読有り
  • A Numerical Study on Assessing Sustainable Development with Future Genuine Savings Simulation, Sato, M, S. Samreth, K. Yamada, International Journal of Sustainable Development, International Journal of Sustainable Development, 15, 4, 293, 312,   2012年12月, 査読有り
  • Ordinal Reports of Subjective Well-Being as a Proxy for Cardinal Utility, Katsunori Yamada, Saori C. Tanaka, Fumio Ohtake, Neuroscience Research, Neuroscience Research, 68, Supplement 1, e412, e412,   2010年09月, 査読有り
  • Macroeconomic implications of conspicuous consumption: A Sombartian dynamic model,, Katsunori Yamada, Journal of Economic Behavior & Organization, Journal of Economic Behavior & Organization, 67, 1, 322, 337,   2008年07月, 査読有り
  • A Role of public finance in the Ghatak and Jiang model a comment, Katsunori Yamada, Economics Bulletin, Economics Bulletin, 4, 38, 1, 10,   2006年, 査読有り
  • Satisfaction and Comparison Income in Japan: evidence from data of Japanese union workers, Takashi Saito, Atsushi Sannabe, Katsunori Yamada, Economics Bulletin, Economics Bulletin, 4, 17, 1, 20,   2006年, 査読有り
  • Public versus Private Education in an Endogenous Growth Model with Social Status, Katsunori Yamada, Economics Bulletin, Economics Bulletin, 15, 11, 1, 9,   2005年, 査読有り
  • Education, Innovation, and Long-Run Growth, Hori, K, K. Yamada, Japanese Economic Review, Japanese Economic Review, 64, 3, 295, 318,   2013年09月, 査読有り
  • Another Avenue for Anatomy of Income Comparisons: Evidence from Hypothetical Choice Experiments, Yamada, K, M. Sato, Journal of Economic Behavior and Organization, Journal of Economic Behavior and Organization, 89, C, 35, 57,   2013年05月, 査読有り

MISC

  • Social Preference: Measurement Issues, Interventions, and Its Origin, 山田克宣, 日米先端科学シンポジウム,   2016年12月, https://vimeo.com/195547774
  • 技術力や組織力、ブランド… 日本の「真の生産能力」とは, 山田克宣, 日経ビジネス(気鋭の経済論点), 7/11, 124, 125,   2016年07月, 招待有り
  • アウトリーチ(順序尺度を用いた幸福度の報告における過剰報告バイアス), 山田克宣, NIPS Research,   2016年05月, http://www.nips.ac.jp/nips_research/2016/05/kitada20160513.html
  • アウトリーチ: 所得比較効果の経済実験, 山田克宣, 日経ビジネスONLINE(気鋭の論点),   2015年02月, 招待有り, http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20140514/264585/?rt=nocnt
  • ニック・ポータヴィー著『幸福の計算式』(書評), 山田克宣, 季刊 家計経済研究, 95,   2012年07月, 招待有り
  • 社会的地位選好と職業選択のある内生的成長モデル:信用市場が不完備であるケースにつ いての分析, 山田克宣, 京都大学経済論叢, 176, 2, 147, 165,   2006年08月, 査読有り

受賞

  •   2013年07月, 大阪大学, 総長奨励賞

競争的資金

  • 文部科学省, 基盤研究(B), 社会効用の発生メカニズムの解明と、効果的な介入政策デザインのための経済実験
  • 文部科学省, 若手研究A (16H05951), 経済実験と非侵襲脳活動イメージングによる言語が社会効用に与える影響の解明
  • 文部科学省, 挑戦的萌芽研究 (26590027), 貧困の罠がある資本蓄積モデルのマクロ経済実験
  • 文部科学省, 若手研究A (24683006), 主観的幸福度アプローチと仮想離散選択実験による相対効用効果の推定
  • 文部科学省, 挑戦的萌芽研究 (24653058), 非侵襲脳活動イメージングと仮想離散選択実験による社会効用の神経基盤の解明
  • 文部科学省, 若手スタートアップ (21830057), 社会的地位選好論の動学分析と実証研究

その他

  •   2015年04月, 仮想離散選択実験の非侵襲脳活動イメージングデータ解析による社会効用の神経基盤の解明, 近畿大学学内研究助成金 奨励研究助成金 SR01 研究内容: fMRIを用いた社会効用についての神経科学実験