KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

太田 壮哉オオタ マサヤ

プロフィール

所属部署名産業理工学部 経営ビジネス学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名准教授
学位博士(経営学)
専門マーケティング、消費者行動
ジャンル経営・産業/マーケティング
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1368-oota-masaya.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/06/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    消費者の特定の行動(ソーシャルプロダクツの購入等)の要因を明らかにし、どのようなコミュニケーションを行うことが効果的なのかを研究しています。

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 商学, マーケティング,消費者行動,社会心理学

研究キーワード

  • モチベーション, フェアトレード, 広告, 顧客満足, 選択行動, ソーシャルプロダクツ

論文

  • 不便さが商店街の愛着,満足,再利用意向に与える影響, 太田壮哉, 長谷川直樹, 小池博, 『都市計画論文集』, 『都市計画論文集』, 54, 3, 1275, 1282,   2019年10月, 査読有り
  • 居住地から目的地までの距離が愛着と満足の関係性に与える影響に関する研究, 小池 博, 太田 壮哉, 長谷川 直樹, 都市計画論文集, 都市計画論文集, 53, 3, 1138, 1144,   2018年, 査読有り
    概要:既往研究において、中心市街地活性化を目的とし、商店街の利用度の低い住民等に対して商店街と関わる機会を提供するイベントのことを「非日常的行事」と定義し、福岡県飯塚市にキャンパスを有する3大学の学生へ飯塚市中心市街地商店街に対する意識(愛着,イメージ,満足度等)に関するアンケート調査を実施している。その結果を分析した結果、商店街への「関わり(大切だと思う/なにかしたいと思う)」を商店街側から促すような施策(「非日常的行事」)は商店街の満足度を下げることに繋がる可能性があることが判明した。本論文では、既往研究1)において課題として上げられていたその他の要因、特に、愛着の醸成に対して影響を持つと考えられる商店街からの居住地の距離が商店街に対する満足度に与える影響について分析を行った。その結果、(1)商店街への「選好」因子の満足度への正の影響度は、遠くに住む学生ほど大きくなる傾向、(2)商店街への「自分の居場所」因子の満足度への正の影響度は、近くに住む学生ほど大きくなる傾向、(3)商店街への「関わり」因子の満足度への負の影響度は、近くに住む学生ほど大きくなる傾向の3つの傾向が看取できた。
  • 「非日常的行事」の商店街に対する満足度への負の影響に関する研究:福岡県飯塚市中心商店街に対する学生のアンケート調査の分析, 長谷川 直樹, 小池 博, 太田 壮哉, 都市計画論文集, 都市計画論文集, 52, 3, 309, 315,   2017年, 査読有り
    概要:一般的に、商店街での「非日常的行事(イベント等)」は、学生と商店街との関わりを確保する機会となり、商店街と学生の関係づくりにおいて有効であると考えられる。また、この取組は、学生の商店街に対する満足度形成にも有効であると考えられる。しかし、年間を通じて多くのイベントを開催している飯塚商店街においては、「非日常的行事」によって、学生の商店街に対する満足度を向上が発揮されていない可能性があることが想定された。本研究では、飯塚市内の学生を対象として商店街に対する意識調査を実施し、「非日常的行事」が与える負の影響について分析し、「非日常的行事」が商店街の満足度に負の影響を与える可能性があることを整理した。
  • フェアトレード情報の具体性が購買態度に与える影響, 太田壮哉, 坂田裕輔, 『流通:日本流通学会誌』, 『流通:日本流通学会誌』, 40, 1, 14,   2017年, 査読有り
  • Importance of Initial Satisfaction: Generating Satisfaction by Advertising, 太田壮哉, 明治大学大学院経営学研究科博士学位請求論文, 明治大学大学院経営学研究科博士学位請求論文,   2016年03月, 査読有り
  • 認知的不協和の文化的差異―顧客満足研究への一示唆―, 太田壮哉, 『かやのもり』, 『かやのもり』, 23, 17, 24,   2015年
  • The Importance of Transaction-Specific Satisfaction and Marketing Required in Information Age: From the Perspective of Two Types of Transaction-Specific Satisfaction, 太田壮哉, 『経営学研究論集』, 『経営学研究論集』, 42, 23, 39,   2015年, 査読有り
  • Consumer Satisfaction Communication: The Production of Assimilation Effect by Celebrity Endorsement Advertising, 太田壮哉, 『流通:日本流通学会誌』, 『流通:日本流通学会誌』, 34, 1, 15,   2014年, 査読有り
  • 取引限定的満足の現代的意義, 太田壮哉, 『次世代人文社會研究』, 『次世代人文社會研究』, 9, 21, 36,   2013年, 査読有り
  • 期待マネジメント: マーケティング・コミュニケーションによる顧客満足の事前統制, 太田壮哉, 『経営学研究論集』, 『経営学研究論集』, 36, 223, 242,   2012年, 査読有り
  • 顧客満足を説明する期待不一致効果, 太田壮哉, 『経営学研究論集』, 『経営学研究論集』, 35, 95, 107,   2011年, 査読有り
  • 顧客満足のメカニズム: Helsonの順応水準理論を主軸として, 太田壮哉, 『経営学研究論集』, 『経営学研究論集』, 34, 1, 19,   2011年, 査読有り
  • Fair trade information eliminates the positive brand effect: product choice behavior in Japan, Masaya Ota・Yusuke Sakata, Takao Iijima, Asian Journal of Sustainability and Social Responsibility, Asian Journal of Sustainability and Social Responsibility, 4, 1,   2019年12月, 査読有り

書籍等出版物

  • グローバル・マーケティング零, 大石芳裕, 原田将, 井上真里, 古川裕康, 孫蘊祺, 唐沢龍也, 舟橋豊子, 川端康子, 井上善美, 植木美知瑠, 分担執筆, 4章「ダイキン中国のチャネルモチベーション」,   2017年06月
  • マーケティング零, 大石芳裕, 原田将, 井上真里, 古川裕康, 原木英一, 唐沢龍也, 舟橋豊子, 川端康子, 井上善美, 植木美知瑠, 分担執筆, 6章「価格戦略」及び10章「顧客満足マネジメント」, 白桃書房,   2015年07月

講演・口頭発表等

  • フェアトレード大学商品は好まれない-フェアトレード大学認証の必要性-, 坂田裕輔, 太田壮哉, 飯島高雄, アジア市場経済学会,   2018年
  • Does The Information Difference In Fair-Trade Products Change The Consumers' Purchasing Behavior, 太田壮哉, 坂田裕輔, J.I.S.R.I. e-ASIA 2016,   2016年12月
  • 些細なことが私たちの行動を変えている, 近畿大学産業理工学部公開講座,   2016年10月, 招待有り
  • 若者視点からの飯塚本町商店街, 飯塚市中心商店街調査結果報告会,   2016年09月, 招待有り
  • Consumer Satisfaction Communication: Required Communication in the Times When Information Distribution about Product’s Evaluation is Fast, 日本流通学会第28回全国大会,   2014年11月
  • 現代における取引限定的満足の重要性と帰属コミュニケーションの可能性, 第11回韓日次世代学術フォーラム,   2014年06月
  • 広告がもたらす製品への満足感: 推奨型広告による期待はずれの抑制効果, 日本広告学会第44回全国大会,   2013年11月
  • 取引限定的満足の現代的意義:消費者の情報探索行動と消費者レビューに焦点を当てて, 第3回全国研究報告会(日本商業学会),   2012年12月
  • 顧客満足の事前統制, 第9回韓日次世代学術フォーラム,   2012年07月

競争的資金

  • JSPS: 科学研究費, フェアトレード情報が購買態度に与える影響に関する研究

教育活動情報

担当経験のある科目

  • マーケティングリサーチ, 近畿大学
  • 消費者行動論, 近畿大学
  • 特別講義Ⅱ(論理的思考・グループワーク), 近畿大学
  • 広告論, 近畿大学
  • 経営数学Ⅱ, 近畿大学
  • マーケティング論, 近畿大学
  • 外書講読Ⅰ, 近畿大学
  • マーケティング論Ⅱ, 明海大学
  • マーケティング論Ⅰ, 明海大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 小田急グループマーケティング研究会, 講師,   2013年 - 現在
  • 経営ビジネス講習会:経営力を有する人材になるために, 講師, 飯塚地域雇用創造協議会,   2020年02月20日 - 2020年02月20日
  • 小田急交通マーケティングセミナー, 講師,   2014年09月 - 2014年09月