谷﨑 隆士 (タニザキ タカシ)

  • 工学部 情報学科 教授
Last Updated :2024/02/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    オペレーションズ・リサーチ等の最適化技術の製造業およびサービス産業への応用について、研究しています。製造業に25年間在籍し、最適化技術の現場適用上の課題と解決策を熟知しています。

研究者情報

学位

  • 博士(情報学)(京都大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 数理計画   サービス工学   組合せ最適化   スケジューリング   

現在の研究分野(キーワード)

    オペレーションズ・リサーチ等の最適化技術の製造業およびサービス産業への応用について、研究しています。製造業に25年間在籍し、最適化技術の現場適用上の課題と解決策を熟知しています。

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 安全工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学
  • 情報通信 / ウェブ情報学、サービス情報学
  • 情報通信 / ソフトコンピューティング
  • 情報通信 / 数理情報学

経歴

  • 2023年10月 - 現在  岡山大学大学院環境生命自然科学研究科非常勤講師
  • 2009年04月 - 現在  近畿大学工学部教授
  • 2008年09月 - 2020年03月  九州工業大学情報工学部非常勤講師
  • 1984年04月 - 2009年03月  住友金属工業(株)(現 日本製鉄(株))

学歴

  • 2002年04月 - 2005年03月   京都大学大学院   情報学研究科 システム科学専攻 博士後期課程
  • 1982年04月 - 1984年03月   京都大学大学院   工学研究科数理工学専攻 修士課程
  • 1978年04月 - 1982年03月   京都大学   工学部 数理工学科

所属学協会

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会   日本経営システム学会   サービス学会   日本経営工学会   スケジューリング学会   日本ロジスティクスシステム学会   

研究活動情報

論文

  • 輸送設備干渉を回避する生産計画問題に対する並列メタヒューリスティクスの適用
    伊藤 華菜; 橋本 聖也; 稲富 峰憲; 古川 昭仁; 黒川 哲明; 中川 繁政; 谷崎 隆士; 藤原 匠之介
    第66回自動制御連合講演会論文集 645 - 650 2023年10月
  • 食品製造工程におけるデータ駆動型制御システムの実験的検討
    福山 歩武; 谷崎 隆士
    スケジューリング・シンポジウム2023 講演論文集 158 - 161 2023年09月
  • 2台の干渉する搬送設備を有する生産ラインにおける散布探索法+パス間再結合法を用いたスケジューリングアルゴリズム
    藤原 匠之助; 谷崎 隆士
    スケジューリング・シンポジウム2023 講演論文集 56 - 60 2023年09月
  • 加工木材製造工場における梱包作業場と仮置きラックの最適容量設計
    有野 正英; 谷崎 隆士
    スケジューリング・シンポジウム2023 講演論文集 40 - 43 2023年09月
  • Hardness Control of Automotive Seat Materials Using a Hybrid Design Method of Machine Learning and Optimization
    Takashi Tanizaki
    Procedia CIRP 118 3 - 8 2023年08月 [査読有り]
  • 2台の干渉する搬送設備を持つ製造プロセスにおけるパス間接続法を用いたスケジューリングアルゴリズム
    藤原 匠之助; 谷崎 隆士
    2023 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手講演会論文集 28 - 30 2023年07月
  • 食品製造工程におけるデータ駆動型制御システムへのアプローチ
    福山 歩武; 谷崎 隆士
    2023 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手講演会論文集 13 - 16 2023年07月
  • Scheduling Algorithm Using Path Relinking for Production Process with Crane Interference
    Takashi Tanizaki; Kazuya Yamada; Shigemasa Nakagawa; Hideki Katagiri
    International Journal of Automation Technology 17 1 71 - 80 2023年01月 [査読有り]
  • Packing Algorithm for Pre-cut Timbers using Metaheuristics
    Takashi Tanizaki; Ryohei Yamashita
    Procedia CIRP 112 6 - 10 2022年09月 [査読有り]
  • ネットワークボロノイ分割を用いた連続鋳造設備のキャスト編成アルゴリズム
    山田 和弥; 谷﨑 隆士; 中川 繁政
    スケジューリング・シンポジウム2022 講演論文集 92 - 97 2022年09月
  • コロナ罹罹患者特徴情報導入による飲食店来店客数の予測精度向上
    上妻 駿佑; 谷崎 隆士; 新村 猛
    スケジューリング・シンポジウム2022 講演論文集 68 - 72 2022年09月
  • Application of Metaheuristics to Packing Formation Support Systems of Pre-Cut Lumber Factory
    Takashi Tanizaki; Ryohei Yamashita
    International Journal of Automation Technology 16 3 29 - 279 2022年05月 [査読有り]
  • 機械学習と移動平均法を用いた和食レストランチェーンの来店客数予測
    上妻 駿佑; 谷崎 隆士; 新村 猛
    スケジューリング・シンポジウム2021 講演論文集 100 - 105 2021年09月
  • メタ戦略を用いた加工木材の梱包形成アルゴリズム
    山下 凌平; 谷崎 隆士
    スケジューリング・シンポジウム2021 講演論文集 69 - 74 2021年09月
  • 干渉する搬送設備を有する生産プロセスにおけるパス再結合法を用いたスケジューリングアルゴリズム
    山田 和弥; 谷﨑 隆士; 中川 繁政
    スケジューリング・シンポジウム2021 講演論文集 63 - 68 2021年09月
  • Takashi Tanizaki; Takeshi Shimmura; Nobutada Fujii; Antonio Oliveira Nzinga Rene
    International Journal of Simulation and Process Modelling 15 6 571 - 583 2021年01月 [査読有り]
  • Application of Scatter Search with Path Relinking for scheduling Problems with Crane Interference
    Takashi Tanizaki; Yuto Masuda; Hideki Katagiri
    2020 International Symposium on Flexible Automation ISFA2020 9604  2020年07月 [査読有り]
  • Restaurants store management based on demand forecasting
    Takashi Tanizaki; Tomohiro Hoshino; Takeshi Shimmura; Takeshi Takenaka
    Procedia CIRP 88 580 - 583 2020年06月 [査読有り]
  • 飲食店の来店客数予測の統計的解析
    花山 裕太; 谷崎 隆士; 新村 猛
    第64回システム制御情報学会研究発表講演会予稿集 1160 - 1163 2020年05月
  • 工場における搬送業務自動化技術の回顧と展望
    谷崎 隆士
    システム制御情報学会誌 64 5 159 - 164 2020年05月
  • 搬送設備の干渉を考慮したジョブショップスケジューリング問題に対するヒューリスティクス解法
    片桐 英樹; 谷崎 隆士; 宇野 剛史
    第63回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集 198 - 201 2019年11月
  • Antonio Oliveira Nzinga Rene; Takashi Tanizaki; Takeshi Shimmura; Nobutada Fujii; Takeshi Takenaka
    Procedia CIRP 79 673 - 678 2019年03月 [査読有り]
     
    Restaurant industry is one of the key industries in Japan playing an important role in the economy of the country. In this study through modeling, we intend to optimize the efficiency of restaurant services by proposing a multi-agent simulation-based model as a decision-making support tool. The interaction between agents, namely customers, waitpersons and kitchen staffs is based on 2-dimensional cellular automata model. Not only analyzing the transition of agents through their interaction our interest focus also on finding the right time for cooking to increase benefits and the desirable satisfaction of customers. (C) 2019 The Authors. Published by Elsevier B.V.
  • Takashi Tanizaki; Tomohiro Hoshino; Takeshi Shimmura; Takeshi Takenaka
    Procedia CIRP 79 679 - 683 2019年03月 [査読有り]
     
    In this paper, demand forecasting in restaurants using machine learning is proposed. Many researches have been proposed on demand forecasting technology using POS data. However, in order to make demand forecasts at a real store, it is necessary to establish a store-specific demand forecasting model in consideration of various factors such as the store location, the weather, events, etc. Therefore, we constructed a demand forecasting model that functionally combines the above mentioned data using machine learning. In this paper, the demand forecasting model using machine learning and the verification result of the model using real store data is discussed. (C) 2019 The Authors. Published by Elsevier B. V.
  • ベイジアンネットワークを用いた社会人基礎力分類モデルの適合度検証
    片岡 隆之; 高山; 智行; 谷崎; 隆士; 瀬尾 誠
    日本経営システム学会誌 35 3 255 - 261 2019年03月 [査読有り]
  • 従業員とロボットの混在職場における要員配置計画問題のモデル化と顧客満足,従業員満足,経営者満足の関係についての考察
    谷崎 隆士; 新村 猛
    日本経営システム学会誌 35 3 197 - 204 2019年03月 [査読有り]
  • Restaurant Store Management with Internal Data and External Data Existing Ubiquitous
    Takashi Tanizaki; Tomohiro Hoshino; Takeshi Shimmura; Takeshi Takenaka
    Conference Proceedings Joint International Conference of Service Science and Innovation and Serviceology – ICSSI2018 & ICServ 2018 - 27 - 30 2018年11月
  • Coalitional Game-Theoretic Model for Inventory Management
    António Oliveira; Nzinga René; Takashi Tanizaki; Nobuyuki Ueno; Eri Domoto; Koji Okuhara
    ICIC Express Letters 12 8 799 - 807 2018年08月 [査読有り]
  • おもてなし経営企業選のビジネスデータにおける数量化分析とクラスター分析を用いた一解析法
    片岡 隆之; 高山 智行; 谷崎 隆士
    日本経営システム学会誌 35 1 83 - 90 2018年07月 [査読有り]
  • Multiproduct Traditional Japanese Cuisine Restaurant Improves Labor Productivity by Changing Cooking Processes According to Service Product Characteristics
    Takeshi Shimmura; Syuichi Oura; Kenji Arai; Nobutada Fujii; Tomomi Nonaka; Takeshi Takenaka; Takashi Tanizaki
    International Journal of Automation Technology 12 4 449 - 458 2018年07月 [査読有り]
  • Takashi Tanizaki; Hedeki Katagiri; António; Oliveira Nzinga René
    International Journal of Automation Technology 12 3 297 - 307 2018年05月 [査読有り]
     
    This paper proposes scheduling algorithms using metaheuristics for production processes in which cranes can interfere with each other. There are many production processes that involve cranes in manufacturing industry, such as in the steel industry, so a general purpose algorithm for this problem can be of practical use. The scheduling problem for this process is very complicated and difficult to solve because the cranes must avoid interfering with each other plus each machine has its own operational constraints. Although several algorithms have been proposed for a specific problem or small-scale problem, general purpose algorithms that can be solved in real time (about 30 minutes or less) in the company’s production planning work have not been developed for large-scale problems. This paper develops some metaheuristic algorithms to obtain suboptimal solutions in a short time, and it confirms their effectiveness through computer experiments.
  • グループワークゲームを用いた社会人基礎力向上の一評価法
    片岡隆之; 高山智行; 谷崎隆士; 瀬尾誠
    日本経営システム学会誌 34 2 185 - 190 2017年11月 [査読有り]
  • Multiproduct Japanese Cuisine Restaurant Improves Labor Productivity by Changing Cooking Processes Using a Partial Refrigerator
    Takeshi Shimmura; Kenji Arai; Takeshi Yamamoto; Syuichi Oura; Tomomi Nonaka; Nobuatada Fujii; Takashi Tanizaki
    Proceedings of 5th International Conference on Serviceology Short papers and posters 169 - 177 2017年07月 [査読有り]
  • Scheduling Method for Production Process with Crane Interference using GA with Diversification Generator
    Takashi Tanizaki; Hideki Katagiri; Masahiro Aoe; Hiroyuki Miyai
    Proceedings of International Symposium on Scheduling 2017 69 - 71 2017年06月 [査読有り]
  • おもてなし経営企業選のビジネス事例に基づく数量化分析とクラスター分析
    片岡隆之; 高山智行; 谷崎隆士
    第58回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集 234 - 237 2017年05月
  • 人とロボットの協調職場における要員スケジューリング
    谷崎隆士; 新村
    第58回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集 80 - 83 2017年05月
  • 工学的アプローチを用いたサービス作業の改善点抽出と生産性向上
    桑原良弘; 谷崎隆士
    サービス学会第5回国内大会講演論文集 91 - 95 2017年03月
  • サービス財の変動性・同時性を考慮した調理プロセスの変更による多品種型和食レストランの労働生産性改善
    新村猛; 新井健治; 山本健; 大浦秀一; 藤井信忠; 野中朋美; 谷崎隆士
    サービス学会第5回国内大会講演論文集 49 - 52 2017年03月
  • 人とロボットの混在職場におけるCS,ES,MS の向上を目指した勤務計画の作成
    三川史家; 谷崎隆士; 藤井信忠; 新村猛
    サービス学会第5回国内大会論文集 9 - 12 2017年03月
  • 谷崎隆士; 片桐英樹
    日本経営システム学会誌 33 3 235 - 240 日本経営システム学会 2017年03月 [査読有り]
  • Takashi Tanizaki; Takeshi Shimmura; Nobutada Fujii
    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics) 10371 15 - 25 2017年 [査読有り]
     
    In this paper, shift scheduling method to improve customer satisfaction (CS), employee satisfaction (ES) and management satisfaction (MS) in service workplace where employees and robots collaborated is proposed. In service industry, it is important to introduce the labor force created as a result of operations efficiency improvement to the other business that creates added value. For this purpose, in recent years, it has been researched to introduce robots to service workplace. In restaurant business, it is necessary to improve CS, ES and MS together, because of increasing customers’ repeat and improving profitability. Therefore we started to research mentioned at the beginning. Since there are a trade-off relationship among CS, ES and MS, it is required to make a balanced plan. Therefore shift scheduling problem is modeled as multi-objective optimization problem so as to improve CS, MS, ES and formulated as a set cover problem. Finally, relationship of CS, ES, MS and method to create shift schedule to improve them are discussed based on numerical experiments.
  • Takashi Tanizaki; Takeshi Shimmura
    10TH CIRP CONFERENCE ON INTELLIGENT COMPUTATION IN MANUFACTURING ENGINEERING - CIRP ICME '16 62 84 - 89 2017年 [査読有り]
     
    In this paper, we proposed modeling and analysis method of service process of restaurant hall. We proposed method to analyze relationship among seat layout, the number of waitpersons and customers queuing in crowded restaurant. Queuing theory is often adapted to above analysis. Queuing theory is effective analysis technique when a customer has a static relation with the waitperson. It is difficult to analyze service process in which waitperson and customer act mutually and move at a service place. Therefore in this research we modeled behavior of customers and waitpersons using two-dimensional cellular automata (henceforth: CA). The modeling result for above mentioned process was implemented on a computer using multi agent simulation (henceforth: MAS). Relationship among the seat layout, the number of waitpersons and customers queuing in crowded restaurant was analyzed with computer simulation. This analytical technique was applied to a restaurant crowded in lunch time and the policy to decrease customer queuing time was discussed. As a result, it was founded that the seat layout that the number of customer in group and the number of customers who can sit in the seat is equal has effect to decrease customer queuing time and the effectiveness of this modeling and analysis method was confirmed. (C) 2017 The Authors. Published by Elsevier B.V
  • 谷﨑隆士; 片岡隆之
    日本経営システム学会誌 33 2 153 - 158 日本経営システム学会 2016年11月 [査読有り]
  • 外食産業におけるサービス工学の導入事例
    新村猛; 藤井信忠; 竹中毅; 谷崎隆士; 野中朋美
    第59回自動制御連合講演会論文集 343 346 2016年10月
  • 干渉するクレーンを有するプロセスにおけるスケジューリング問題へのGA法の適用
    谷崎隆士; 片桐英樹; 青江正寛; 宮井浩行; 久保田大輝
    第59回自動制御連合講演会論文集 347 - 349 2016年10月
  • おもてなし経営企業選のビジネス事例に基づく地域・業種別定量分析
    片岡隆之; 高山智行; 谷崎隆士
    第57回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集 232 - 235 2016年10月
  • 干渉する搬送設備を有するスケジューリング問題へのGA法の適用
    谷崎 隆士; 片桐; 英樹; 青江; 正寛; 宮井; 浩行; 久保田; 大輝
    スケジューリング・シンポジウム2016講演論文集 109 - 112 2016年09月
  • Modeling of Restaurant Service Process using Cellular Automata
    Takashi Tanizaki; Takeshi Shimmura
    Proceedings of ICServ2016 83 - 87 2016年09月 [査読有り]
  • 谷崎 隆士
    システム制御情報学会誌 60 8 326 - 331 2016年08月
  • 干渉する搬送設備を有するジョブショップ工程スケジューリング問題の解法 – GA法を用いた解法 -
    谷崎 隆士; 片桐; 英樹
    第56回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集 142 - 145 2016年06月
  • グループワークゲームを用いた社会人基礎力の経年比較
    片岡 隆之; 高山; 智行; 谷崎; 隆士; 瀬尾 誠
    第56回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集 46 - 49 2016年06月
  • マルチエージェントシミュレーションを用いたレストランホールのサービスプロセスのモデル化
    谷崎 隆士; 新村
    サービス学会第4回国内大会講演論文集 160 - 163 2016年03月 [査読有り]
  • 谷崎 隆士; 片岡; 隆之 新村 猛
    日本経営システム学会誌 32 3 375 - 380 日本経営システム学会 2016年03月 [査読有り]
  • セルオートマトンを用いたレストランサービスプロセスのモデル化
    谷崎 隆士; 新村
    第58回自動制御連合講演会論文集 2015年11月
  • マルチエージェントシミュレーションを用いたレストランホールのレイアウト設計
    谷崎 隆士; 新村; 猛; 片岡 隆之
    第55回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集 42 - 45 2015年09月
  • Efficient Arrangement Method of Taxi Operation Time
    Takashi Tanizaki
    Proceedings of ICServ2015 2015年07月 [査読有り]
  • チョイスゲームを用いた社会人基礎力の効果測定
    片岡 隆之; 瀬尾; 誠; 高山; 智行; 谷崎 隆士
    近畿大学次世代基盤技術研究所報告 6 73 - 77 2015年06月
  • タクシー稼働時間配置の最適化
    谷崎 隆士; 片岡; 隆之
    サービス学会第3回国内大会講演論文集 230 - 233 2015年04月 [査読有り]
  • お互いに干渉するクレーンを有するジョブショップ工程スケジューリング問題の解法
    谷崎 隆士; 片岡; 隆之
    日本経営システム学会誌 31 3 319 - 324 2015年03月 [査読有り]
  • タクシー待機場所におけるタクシー配置台数の最適化
    谷崎 隆士; 片岡; 隆之
    日本経営システム学会誌 31 2 201 - 206 2014年12月 [査読有り]
  • タクシー稼動時間の最適配置
    谷崎 隆士; 片岡; 隆之
    第53回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集 236 - 239 2014年10月
  • 宮井 浩行; 片桐; 英樹; 谷崎 隆士
    2014 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手講演会論文集 73 - 76 IEEE SMC Hiroshima Chapter 2014年07月
  • 青江 正寛; 谷崎; 隆士
    2014 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手講演会論文集 57 - 60 IEEE SMC Hiroshima Chapter 2014年07月
  • 数理的手法を用いたタクシー配置の効率化
    谷崎 隆士; 片岡; 隆之
    サービス学会第2回国内大会講演論文集 101 - 104 2014年04月 [査読有り]
  • 片岡 隆之; 谷崎; 隆士
    日本経営システム学会誌 30 3 251 - 257 日本経営システム学会 2014年03月 [査読有り]
  • ハイ・サービス日本300選企業に対する地域・業種別調査分析
    片岡 隆之; 谷崎; 隆士
    第51回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集 160 - 163 2013年12月
  • 輸送型線形計画問題を用いたタクシー待機台数の最適化
    谷崎 隆士; 片岡; 隆之
    第51回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集 76 - 79 2013年12月
  • 谷崎 隆士; 片岡; 隆之
    日本経営システム学会誌 30 2 141 - 147 日本経営システム学会 2013年11月 [査読有り]
  • 菊池 賢吾; 谷崎; 隆士; 金指 正和
    2013 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手講演会論文集 83 - 86 IEEE SMC Hiroshima Chapter 2013年07月
  • タクシー会社のサービス生産性向上
    谷崎 隆士; 片岡隆之
    第49回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集 46 - 49 2012年12月
  • Takashi Tanizaki; Takayuki Kataoka; Shunsuke Ueda
    ICIM2012: PROCEEDINGS OF THE ELEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT 140 - 144 2012年 [査読有り]
     
    We propose improvement method of customer acquisition for Taxi Company rearranging taxi crew's, working hours. There are two customer acquisition methods for Taxi Company. One is to deliver taxi for telephone request, and the other is to get customer on road. There are many taxi companies in which the former customer acquisition ratio is higher than the latter especially those business domain is restricted in small city. First we analyze the frequency distribution for every per hour of the number of taxis in operation, and the number of telephone requests. We trace that peak hours of the number of taxis in operation and the number of telephone requests differed. We research service system so as to operate many taxis in the time zone with many taxi delivery demands by telephone requests. As a result, it turns out that it is effective strategy to increase taxi crews in midnight and early morning with many customers instead of deceasing taxi crews in daytime with few customers.
  • 谷﨑 隆士; 加島; 智子; 片岡 隆之
    知能と情報 23 3 306 - 311 2011年06月
  • 新たな分野「サービス工学」の展開
    谷﨑 隆士
    近畿大学次世代基盤技術研究所報告 1 83 - 87 近畿大学次世代基盤技術研究所 2011年03月
  • 株式会社善管支援報告
    谷﨑 隆士
    経済産業省中国経済産業局「ものづくりノウハウによるサービス産業イノベーション促進/付加価値向上運動展開事業」報告書 97 - 115 中国経済産業局 2011年02月
  • A Heuristic Scheduling Algorithm for Multi-Stage Job-Shop Scheduling Process with Crane Handling
    Takashi Tanizaki
    11th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference 2010 Proceedings 2010年12月 [査読有り]
  • Quality Improvement of Steel Products through Statistical Method based on Multivariate Analysis
    Shigemasa Nakagawa; Takashi Tanizaki; Yoshiaki Nakagawa; Manabu Kano
    Automation Systems 25 10 98 - 103 2009年10月 [査読有り]
  • 鉄鋼業におけるサプライチェーンマネジメント
    中川 義明; 谷﨑; 隆士
    スケジューリング・シンポジウム2009 講演論文集 13 - 23 2009年09月
  • 多変量解析を用いた統計的手法による鉄鋼製品の品質改善技術
    中川 繁政; 谷﨑; 隆士; 中川; 義明; 加納 学
    計測と制御 48 2 206 - 210 2009年02月 [査読有り]
  • 中川 義明; 谷﨑 隆士; 加納 学; 中川 繁政
    日本設備管理学会誌 19 4 220 - 227 日本設備管理学会 2008年02月 [査読有り]
  • サプライチェーン・マネジメントを活用した顧客業務の効率化支援
    谷﨑 隆士
    IEレビュー 48 3 85 - 90 2007年08月
  • 運転データに基づく品質改善のための運転条件推定方法の適用事例
    中川 繁政; 中川; 義明; 谷崎; 隆士; 加納 学
    電気学会 金属産業研究会資料 11 - 14 2007年03月
  • Yoshiaki Nakagawa; Shigemasa Nakagawa; Manabu Kano; Takashi Tanizaki
    PROCEEDINGS OF SICE ANNUAL CONFERENCE, VOLS 1-8 2421 - + 2007年 
    This paper describes quality improvement methods based on multivariate data analysis and their application to an industrial steel process. The PCA-LDA, which combines principal component analysis and linear discriminant analysis, is used for influential factor analysis of the qualitative quality variables. In addition, Data-Driven Quality Improvement (DDQI) is used to determine the optimal operating condition that can achieve the desired product quality under a given objective function and various constraints. The PCA-LDA and the DDQI can provide useful information to improve product quality. The experimental results show the effectiveness of the proposed methods.
  • Takashi Tanizaki; Takayoshi Tamura; Hideaki Sakai; Yutaka Takahashi; Taichi Imai
    Journal of the Operations Research Society of Japan 49 3 188 - 201 2006年09月 [査読有り]
     
    There are a large number of multi-stage job-shop processes in production plants. Steel making process is also modeled as of a multi-stage job-shop process with crane handling. In the steel making process if there are two or more overhead traveling cranes for material handling in a house, it becomes very difficult to obtain in practice an optimal or near optimal solution under consideration of restrictions concerning crane interference caused between them as well as many restrictions for each facility in the house of production plant. In this paper, we first present a formulation of the scheduling problem taking account of the crane interference and then propose a heuristic algorithm to find a sub-optimal solution which starts at feasible solutions and solves the problem in a finite time. The algorithm is characterized by restricting search space and using hybrid method of depth-first search and width-first search on an enumeration tree for crane assignment. We also discuss an availability of this algorithm using a numerical simulation for a practical steel making process.
  • 鉄鋼業におけるSCM
    谷﨑 隆士
    オペレーションズ・リサーチ 51 3 27 - 32 2006年03月
  • Multi-Stage Job-Shop Scheduling with Crane Interference
    Takashi Tanizaki; Hideaki Sakai; Yutaka; Takahashi Takayoshi Tamura; Taichi Imai
    Proceedings of SICE Annual Conference 2005 3231 - 3236 2005年08月 [査読有り]
  • 鉄鋼生産における操業管理システムの構築方法に関する研究
    谷﨑 隆士
    京都大学 博士論文 京都大学 大学院 情報学研究科 システム科学専攻 博士論文 2005年03月 [査読有り]
  • 製鋼物流効率化手法
    谷﨑 隆士
    第56回白石記念講座講演論文集 15 - 30 2005年01月
  • SA法による製鋼工程のスケジューリングアルゴリズムの開発
    伊藤 崇博; 谷﨑; 隆士; 田村; 隆善; 今井 太一
    日本経営工学会秋季研究大会予稿集 14 - 17 2004年10月
  • 搬送系を有する多段ジョブショップ工程スケジューリング問題の解法
    谷﨑 隆士; 酒井; 英昭; 高橋; 豊; 田村; 隆善; 今井 太一
    日本ロジスティクスシステム学会誌 5 1 11 - 37 2004年09月 [査読有り]
  • 異なるロット集約条件を持つ工程間のバッファ在庫量の統計的算定方法
    谷﨑 隆士; 酒井; 英昭; 高橋; 豊; 武田 勝徳
    日本ロジスティクスシステム学会誌 4 1 29 - 51 2003年09月 [査読有り]
  • 製鋼工程の操業スケジューリング問題に対する一解法
    田村 隆善; 谷﨑; 隆士; 今井; 太一; 熊本 和浩
    スケジューリング・シンポジウム2002 講演論文集 140 - 145 2002年10月
  • スタッフの生産性向上への取り組み ~シミュレーション技術の活用~
    谷﨑 隆士; 西山; 正一
    関西経営システム協会 2000年度 懸賞事例集 11 - 20 2001年02月 [査読有り]
  • R. Tamura; M. Nagai; Y. Nakagawa; T. Tanizaki; H. Nakajima
    International Transactions in Operational Research 5 3 189 - 199 1998年 [査読有り]
     
    An efficient two-stage algorithm has been developed to solve a large-scale multiobjective scheduling problem in steel sheets production. The heuristic algorithm is a blend of operator’s know-how and a mathematical solution. The two-stage procedure consists of a rough and detailed scheduling step based on order groping. It enables us to do synchronized scheduling for a multistage manufacturing process as well as to reduce the number of combinations. In addition, the dynamic programming supports efficient calculation. The scheduling system contributes to better-designed schedules and drastic reduction of scheduling time. © 1998 Blackwell Publishing Ltd.
  • 田村 亮二; 永井; 恵; 中川; 義之; 谷崎; 隆士; 中島 洋
    システム制御情報学会論文誌 8 10 592 - 601 一般社団法人 システム制御情報学会 1995年10月 [査読有り]
     
    A new functionally partitioned scheduling system has been developed to improve efficiency for cast-to-roll scheduling in steel sheet manufacturing. It is equipped with a two-stage algorithm, namely a, macro-scheduling and a micro-scheduling algorithm, which can solve a multiobjective assigning and sequencing problem in several tens of seconds. To achieve better efficiency of scheduling operation, it was divided into a human component and a computer component. The latter of which was further divided into a workstation component and a host computer component. This functionally partitioned but strategically integrated system, which can create a rather reasonable schedule, has helped operators a great deal and has contributed to drastic reduction of planning time.
  • 中川 義之; 田村; 亮二; 永井; 恵; 谷崎; 隆士; 上野 信行
    情報処理学会 研究報告 数理モデル化と問題解決(MPS) 1995 44 9 - 16 一般社団法人情報処理学会 1995年05月 
    鉄鋼業における生産・物流計画問題の多くは、数理モデルとして表現することができる。本稿では、最近実用化した薄板鋳込?圧延計画に対する新スケジューリングシステムについて紹介する。本スケジューリング問題は、鋳込・圧延工程における注文の割当て及び順序付けを行なう大規模多目的計画問題であるが、これを効率的に解く為に、2段階スケジューリングアルゴリズムを開発した。即ち、第1ステップではグルーピングされた注文群の鋳込み順序を決定するマクロ計画であり、第2ステップは動的計画法を活用し、注文とスラブ(鉄鋼半製品)の詳細な作業順序を決定するミクロ計画となっている。上記解法は、数十秒で極めて良好な解を得ることができ、本解法を製鉄所内生産管理システムに組込むことにより計画作業工数の大幅削減など大きな効果をあげている。A new scheduling system has been developed to improve efficiency for cast-to-roll scheduling in steel sheet manufacturing. The scheduling problem is a multi-objective assigning and sequencing one consisting of cast and roll scheduling. Because it is also large-scale, a new two-stage scheduling algorithm was developed in order to solve it quickly and synchronously. At the first macro-sceduling stage, rough sequence of groups of orders to be cast is determined. At the second micro-scheduling stage, detailed sequence of each order and slab with dynamic programming. The system equipped with this algorithm, which can create a rather reasonable schedule in several tens of seconds, has helped operators a great deal and has contributed to drastic reduction of planning time.
  • 永井 恵; 田村; 亮二; 中川; 義之; 谷崎; 隆士; 中島 洋
    オペレーションズ・リサーチ 40 5 25 - 30 1995年05月
  • 鉄鋼の多段製造工程における同期化スケジューリング法
    田村 亮二; 永井; 恵; 中川; 義之; 谷崎; 隆士; 中島 洋
    Proceedings of the Sixth RAMP Symposium 159 - 171 1994年11月
  • Ryoji Tamura; Megumi Nagai; Yoshiyuki Nakagawa; Takashi Tanizaki; Hiroshi Nakajima
    Proceedings of 1994 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation 3 1107 - 1113 1994年07月
  • Efficient Scheduling Algorithm for Steel Sheets Manufacturing
    Megumi Nagai; Yoshiyuki Nakagawa; Ryoji Tamura; Takashi Tanizaki; Hiroshi Nakajima
    Proceedings of APORS‘94 382 - 389 1994年07月 [査読有り]

書籍

  • Advance in Production Management Systems Production Management Systems for Responsible Manufacturing, Service, and Logistics Futures, IFIP Advances in Information and Communication Technology Vol.691
    Takashi Tanizaki (担当:共著範囲:)Springer 2023年09月
  • Advances in Production Management Systems Artificial Intelligence for Sustainable and Resilient Production Systems, IFIP Advances in Information and Communication Technology Vol.632
    Takashi Tanizaki (担当:共著範囲:)Springer 2021年09月
  • Advances in Production Management Systems Towards Smart and Digital Manufacturing, IFIP Advances in Information and Communication Technology Vol.592
    Takashi Tanizaki (担当:共著範囲:)Springer 2020年09月
  • Service Engineering for Gastronomic Sciences An Interdisciplinary Approach for Food Study
    Takashi Tanizaki (担当:分担執筆範囲:)Springer 2020年06月
  • Advances in Production Management Systems The Path to Intelligent, Collaborative and Sustainable Manufacturing, IFIP Advances in Information and Communication Technology Vol.513
    Takashi Tanizaki (担当:共著範囲:)Springer 2017年09月
  • Serviceology for Services
    Takashi Tanizaki (担当:共著範囲:)Springer 2017年07月
  • Advances in Production Management Systems Innovative and Knowledge-Based Production Management in a Global-Local World,IFIP Advances in Information and Communication Technology Vol.438
    Takashi Tanizaki (担当:共著範囲:)Springer 2014年09月
  • Advances in Production Management Systems Sustainable Production and Service Supply Chains, IFIP Advances in Information and Communication Technology Vol.415
    Takashi Tanizaki (担当:共著範囲:)Springer 2013年09月
  • Advances in Production Management Systems Competitive Manufacturing for Innovative Products and Services, IFIP Advances in Information and Communication Technology Vol.398
    Takashi Tanizaki (担当:共著範囲:)Springer 2013年08月
  • サービス工学 -51の方法と実践-
    谷崎 隆士 (担当:分担執筆範囲:)朝倉書店 2012年11月
  • 鉄鋼便覧 (第7巻12章 (12.1 製鋼-熱延操業計画システム))
    永井 恵; 谷﨑; 隆士; 田村 亮二 (担当:共著範囲:)日本鉄鋼協会 2002年07月

講演・口頭発表等

  • 輸送設備干渉を回避する製造計画問題に対する並列メタヒューリスティクスの適用  [通常講演]
    橋本 聖也; 伊藤 華菜; 稲富 峰憲; 古川 昭仁; 黒川 哲明; 中川 繁政; 谷崎 隆士; 藤原 匠之介
    日本鉄鋼協会 2023年秋季(第186回)講演大会 2023年09月
  • 反復局所探索を用いた加工木材の梱包形成アルゴリズム  [通常講演]
    山下 凌平; 谷崎 隆士
    第11回近畿大学大学院院生サミット2023 in Hiroshima 2023年08月
  • プレカット材製造工場の梱包作業場と仮置きラックの設計法  [通常講演]
    有野 正英; 谷崎 隆士
    第11回近畿大学大学院院生サミット2023 in Hiroshima 2023年08月
  • データの急激な変動に対応可能な飲食店来店客数の予測手法とその分析
    上妻 駿佑,谷崎 隆士
    日本経営工学会第49回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2023年02月
  • 干渉する搬送設備を持つ生産プロセスにおける外挿パス生成法を用いたスケジューリングアルゴリズム <優秀研究発表賞>
    山田 和弥; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第49回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2023年02月
  • Res-LSTMを用いた飲食店来店客数の予測
    大島 穂東; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第49回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2023年02月
  • 加工木材製造工場における梱包作業場と梱包仮置きラックの設計
    田中 裕太; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第492回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2023年02月
  • 機械学習+0-1整数計画ハイブリッド手法を用いた食品製造工程の最適操業条件の求解法
    福山 歩武; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第49回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2023年02月
  • 干渉する搬送設備を持つ生産プロセスにおけるパス間接続法を用いたスケジューリングアルゴリズム
    藤原 匠之介; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第49回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2023年02月
  • メタヒューリスティクスとその産業応用  [招待講演]
    谷崎 隆士
    自律分散スケジューリング研究会 2023年01月
  • 加工木材倉庫運用効率化問題のモデル化と実用的解法
    有野 正英; 谷崎 隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR 2022年11月
  • コロナ罹患者特徴情報有無による飲食店来店客数の予測精度の分析
    上妻 駿佑; 谷崎 隆士
    2022年11月
  • ネットワークボロノイ分割+順列生成アルゴリズムを用いた 連続鋳造設備のキャストスケジューリング <論文賞、発表賞>
    山田 和弥; 谷崎 隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR 2022年11月
  • メタヒューリスティクスを用いたプレカット材倉庫運用効率化アルゴリズム <学生研究発表優秀賞>
    有野 正英; 谷崎 隆士
    第69回日本経営システム学会全国研究発表大会 2022年10月
  • 機械学習と最適化のハイブリッド手法を用いた自動車用座席素材に対する最適製造条件の設計法
    花山 裕太; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第48回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2022年02月
  • ILS+Or-opt 法を用いた加工木材倉庫運用効率化 <優秀研究発表賞>
    有野 正英; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第48回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2022年02月
  • 機械学習を用いた飲食店の来店客数予測におけるコロナ罹患者データ導入による精度向上
    深町 憲史郎; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第48回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2022年02月
  • 自動車用座席素材の硬度予測モデルに基づく制御変数のコントロール
    田中 大貴; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第48回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2022年02月
  • コロナ禍における飲食店の来店予測に対する移動平均法の適用  [通常講演]
    上妻 駿佑; 谷崎 隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR 2021年11月
  • 干渉する搬送設備を有する生産プロセスにおける散布探索法とパス再結合法を用いたスケジューリングアルゴリズム <最優秀論文賞>  [通常講演]
    山田 和弥; 谷崎 隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR 2021年11月
  • 機械学習と最適化のハイブリッド手法を用いた自動車用座席素材の硬度コントロール <優秀発表賞>  [通常講演]
    花山 裕太; 谷崎 隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR 2021年11月
  • メタ戦略に魅せられて  [招待講演]
    谷崎 隆士
    日本経営工学会関西支部令和3年度特別講演会 2021年06月
  • 機械学習と統計的手法を用いたデータ解析とその産業応用について  [招待講演]
    谷崎 隆士
    IEEE SMC Hiroshima Chapter Special Lecture 2021年04月
  • 干渉する搬送設備を持つ生産プロセスにおける遅れ時間優先移動戦略を有する散布探索法を用いたスケジューリングアルゴリズム <最優秀研究発表賞>
    山田 和弥; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第47回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2021年02月
  • 加工木材の梱包形成アルゴリズムに対するOR-opt近傍を用いた反復局所探索法 -3方向の回転シミュレーション-
    山下 凌平; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第47回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2021年02月
  • K分割交差検証を用いた自動車用シート素材の硬度変化要因分析
    根角 滉一; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第47回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2021年02月
  • 機械学習と深層学習を用いた飲食店の来店客数予測 <最優秀研究発表賞>
    上妻 駿佑; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第47回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2021年02月
  • 干渉する搬送設備を持つ生産スケジューリングの散布探索法を用いた解法  [招待講演]
    谷崎 隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会第9回不確実性状況下における意思決定とその周辺研究会 2020年11月
  • 自動車用座席素材の硬度の制御変数に関する分析 <論文賞>
    花山 裕太; 谷崎 隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR 2020年11月
  • ネットワークボロノイ図を用いた連続鋳造設備のキャスト編成アルゴリズム
    宮本 知弥; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第48回学生論文発表大会予稿集(オンラインZoom) 2020年02月
  • 干渉する搬送設備を持つ生産プロセスに対する散布探索法を用いたスケジューリングアルゴリズム  [通常講演]
    辰己 大貴; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第46回学生論文発表大会予稿集(広島会場) 2020年02月
  • 2台の干渉する搬送設備を有する生産プロセスにおけるスケジューリング問題における散布探索法を用いた解法の研究
    増田 悠人; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第46回学生論文発表大会予稿集(広島会場) 2020年02月
  • 機械学習を用いた飲食店の需要予測に関する研究
    星野 智洋; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第46回学生論文発表大会予稿集(広島会場) 2020年02月
  • 機械学習と統計的手法を用いた飲食店の来客客数予測と傾向分析
    花山 裕太; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第46回学生論文発表大会予稿集(広島会場) 2020年02月
  • 加工木材の梱包形成アルゴリズムに対するOR-opt近傍を用いた反復局所探索法
    金田 圭弘; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第46回学生論文発表大会予稿集(広島会場) 2020年02月
  • 最適化技術の製造業、サービス業への応用  [招待講演]
    谷崎 隆士
    広島経済同友会広島中央支部2月度講演会 2020年02月
  • 干渉する搬送設備を持つ生産プロセスの散布探索法を用いた生産スケジュール <最優秀研究賞>  [通常講演]
    増田 悠人; 谷崎 隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR 2019年11月
  • 飲食店における機械学習を用いた注文量及び発注量予測  [通常講演]
    河上 竜之奨; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第45回学生論文発表大会予稿集(広島会場) 2019年03月
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた加工木材の梱包形成に関する研究  [通常講演]
    大山 拓海; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第45回学生論文発表大会予稿集(広島会場) 2019年03月
  • ランダムフォレストを用いた飲食店の来店客数予測  [通常講演]
    井上 晴樹; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第45回学生論文発表大会予稿集(広島会場) 2019年03月
  • ITを活かす経営  [招待講演]
    谷崎 隆士
    東広島商工会議所 次世代技術研究会,第1回技術講演会 2018年12月
  • 機械学習を用いた飲食店運営の高度化への取組み  [通常講演]
    星野 智洋; 谷崎 隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR 2018年09月
  • 干渉する搬送設備を持つ生産プロセスの摂動法を用いた生産スケジュール <最優秀論文賞>  [通常講演]
    増田 悠人; 谷崎 隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR 2018年09月
  • 干渉する搬送設備を持つ生産プロセスの生産スケジューリング  [招待講演]
    谷崎 隆士
    システム制御情報学会 スマート・フレキシブル・オートメーション研究分科会第11回例会 2018年07月
  • 機械学習を用いた飲食店運営の効率化へのアプローチ  [通常講演]
    星野智洋; 谷崎隆士; 新村猛 竹中毅
    2018年度人工知能学会全国大会(第32回) 2018年06月
  • 干渉する搬送設備を持つ生産ラインの生産計画に関する研究 – エリート解集合に摂動法を用いた解法アルゴリズム - <優秀研究発表賞>  [通常講演]
    増田悠人; 谷崎隆士
    日本経営工学会第44回学生論文発表大会(岡山会場) 2018年03月
  • 飲食店の店舗運営への機械学習の導入  [通常講演]
    星野智洋; 谷崎隆士
    日本経営工学会第44回学生論文発表大会(岡山会場) 2018年03月
  • 木材加工ラインの設備構成に関する研究 <優秀研究発表賞>  [通常講演]
    岸田和憲; 谷崎隆士
    日本経営工学会第44回学生論文発表大会(岡山会場) 2018年03月
  • クレーンを有する生産プロセスにおけるスケジューリング問題について  [通常講演]
    増田悠人; 谷崎隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区 SSOR 2017年09月
  • 数理手法の実務応用への研究  [招待講演]
    谷崎隆士
    日本OR学会中国四国支部講演会 2017年03月
  • 干渉する搬送設備を有するスケジューリング問題の解法に対する多様化生成機構の適用  [通常講演]
    谷崎隆士; 片桐英樹
    2017年日本OR学会春季研究発表会 2017年03月
  • 人とロボットの混在職場におけるスケジューリングに関する研究  [通常講演]
    三川史家; 谷崎隆士
    日本経営工学会第43回学生論文発表大会(広島会場) 2017年03月
  • 干渉する搬送設備を持つ生産ラインの生産計画に関する研究-反復局所探索法を用いた解法アルゴリズム-  [通常講演]
    小西恭平; 谷崎隆士
    日本経営工学会第43回学生論文発表大会(広島会場) 2017年03月
  • プレカット加工ラインの生産計画に関する研究  [通常講演]
    田中宏享; 谷崎隆士
    日本経営工学会第43回学生論文発表大会(広島会場) 2017年03月
  • マルチエージェントシミュレーションを用いたレストランサービスプロセスのモデル化  [通常講演]
    谷崎隆士; 新村
    計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2016 2016年12月
  • 外食産業におけるサービス工学の導入事例  [通常講演]
    新村猛; 藤井信忠; 竹中毅; 谷崎隆士; 野中朋美
    計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2016 2016年12月
  • 干渉する搬送設備を有するスケジューリング問題の解法に対するGA法の適用  [通常講演]
    谷崎隆士; 片桐英樹
    2016年日本OR学会秋季研究発表会 2016年09月
  • サービス産業の生産性向上  [招待講演]
    谷崎 隆士
    真庭市 サービス産業活性化セミナー 2016年03月
  • 2台の干渉する搬送設備を有する生産プロセスにおけるスケジューリング問題に対する解法 <優秀研究発表賞>  [通常講演]
    青江 正寛; 谷崎; 隆士
    日本経営工学会第42回学生論文発表大会(愛媛会場) 2016年02月
  • サービス産業の生産性向上の現状と今後  [招待講演]
    谷崎 隆士
    鳥取県西部商工会産業支援センター サービス業生産性向上支援研修 2016年01月
  • グループワークゲームを用いた社会人基礎力向上の可能性評価  [通常講演]
    片岡 隆之; 高山; 智行; 谷崎; 隆士; 瀬尾 誠
    日本経営工学会秋季大会 2015年11月
  • A Scheduling Algorithm for Multi-Stage Job-Shop Process with Crane Handling  [招待講演]
    Takashi Tanizaki; Hideki Katagiri; Masahiro Aoe; Hiroyuki Miyai
    Asia Steel International Conference 2015 2015年10月
  • マルチエージェントシミュレーションを用いたレスランサービスプロセスのモデル化  [通常講演]
    谷崎 隆士; 新村
    015年日本OR学会秋季研究発表会 2015年09月
  • タクシー勤務時間の最適配置  [通常講演]
    谷崎 隆士
    第25回ソフトサイエンスワークショップ 2015年03月
  • タクシーの勤務シフト最適配置 – シミュレーションを用いた分析 -  [通常講演]
    中蔦 嘉人; 谷崎; 隆士
    日本経営工学会第41回学生論文発表大会(広島会場) 2015年03月
  • マルチエージェントシミュレーションを用いたレストランサービスプロセスの設計  [通常講演]
    重安 啓孝; 谷崎; 隆士
    日本経営工学会第41回学生論文発表大会(広島会場) 2015年03月
  • タクシーの勤務シフト最適配置 – 数理最適化手法を用いた解法 -  [通常講演]
    宇田 孝; 谷崎; 隆
    日本経営工学会第41回学生論文発表大会(広島会場) 2015年03月
  • タクシー・オペレーションへの数理手法の適用  [通常講演]
    谷崎 隆士
    精密工学会総合生産システム専門委員会第2回サービス生産システム小委員会 2015年01月
  • タクシー待機問題への数理手法の適用  [通常講演]
    谷崎 隆士
    日本ロジスティクスシステム学会中国四国支部2014年度第3回研究会 2015年01月
  • 数理手法のタクシー配置問題への適用  [通常講演]
    谷崎 隆士
    近畿大学研究公開フォーラム 2014年10月
  • 環境配慮と生産性向上~商売が儲かることが、実は環境配慮型経営である~  [招待講演]
    谷崎 隆士
    島根県地球温暖化対策協議会講演会 2014年10月
  • タクシー配置問題におけるオペレーションズ・リサーチの応用  [通常講演]
    谷崎 隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会第8回不確実性システムにおける意思決定研究会 2014年06月
  • 情報技術と倫理  [招待講演]
    谷崎 隆士
    平成26年度高砂市危険物安全大会 2014年06月
  • サービス産業における産学連携事例  [通常講演]
    新村 猛; 大隈; 隆史; 貝原; 俊也; 藤井; 信忠; 谷崎; 隆士; 桑原 良弘
    日本経営工学会春季大会 2014年05月
  • 二次元セルオートマトンを用いたサービスプロセス設計の研究  [通常講演]
    芝池 智哉; 谷崎; 隆士
    日本経営工学会第40回学生論文発表大会(広島会場) 2014年03月
  • タクシー乗務員の勤務時間の最適配置に関する研究‐シミュレーションを用いた分析‐  [通常講演]
    大久保; 将博; 谷崎 隆士
    日本経営工学会第40回学生論文発表大会(広島会場) 2014年03月
  • タクシー勤務時間の最適配置‐数理最適化手法を用いた解法‐  [通常講演]
    村岡 佑樹; 谷崎; 隆士
    日本経営工学会第40回学生論文発表大会(広島会場) 2014年03月
  • 干渉する搬送設備を有する多段階ジョブショップ工程スケジューリング問題の解法‐Discrete Differential Evolutionを用いた解法アルゴリズム‐ <優秀研究発表賞>  [通常講演]
    青江 正寛; 谷崎; 隆士
    日本経営工学会第40回学生論文発表大会(広島会場) 2014年03月
  • 干渉する搬送設備を有する多段階ジョブショップ工程スケジューリング問題の解法‐GA法を用いた解法アルゴリズム‐  [通常講演]
    宮井 浩行; 谷崎; 隆士
    日本経営工学会第40回学生論文発表大会(広島会場) 2014年03月
  • 2台のクレーンを有するジョブショップ工程スケジューリング問題の解法‐採否領域限定型ランダム探索法の有効性の確認‐  [通常講演]
    菊池 賢吾; 谷崎; 隆士; 金指 正和
    第51回日本経営システム学会全国研究発表大会 2013年12月
  • タクシー会社のサービス生産性向上について~勤務時間帯変更によるアプローチ~  [通常講演]
    谷崎 隆士
    日本ロジスティクスシステム学会中国四国支部2013年度第2回研究会 2013年07月
  • サービス産業の生産性向上の現状と今後  [招待講演]
    谷崎 隆士
    三朝温泉地域活性化セミナー ~旅館・サービス産業の経営改革のヒント~ 2013年03月
  • サービス産業の生産性向上について ~工学的視点からサービス業を見る~  [招待講演]
    谷崎 隆士
    広島商工会議所 平成24年度 第1回商業・流通委員会 2012年06月
  • 中国地方におけるサービス生産性向上への取り組み  [招待講演]
    谷﨑 隆士
    日本オペレーションズ・リサーチ学会平成23年度ORサロン 2012年02月
  • サービス産業の生産性向上について  [通常講演]
    谷﨑 隆士
    日本ロジスティクスシステム学会中国四国支部2011年度第4回研究会 2012年01月 日本ロジスティクスシステム学会中国四国支部2011年度第4回研究会
  • サービス工学研究の現状と今後について  [通常講演]
    谷﨑 隆士; 片岡; 隆之; 加島 智子
    第2回サービス数学セミナー 2011年07月
  • 中国地方における地域密着型のサービス工学研究への取り組み  [通常講演]
    谷﨑 隆士; 片岡; 隆之; 加島 智子
    日本経営システム学会「サービスサイエンスによる地域活性化と経営システム」研究部会 2011年06月
  • 近畿大学におけるサービス工学研究への取り組み  [通常講演]
    片岡 隆之; 谷﨑; 隆士; 加島; 智子; 伊藤 昭夫
    日本経営工学会中国四国支部平成22年度第2回若手研究会 2011年03月 愛媛県
  • 鉄鋼業におけるサプライチェーンマネジメント  [通常講演]
    谷﨑 隆士
    日本生産管理学会平成22度中国・四国支部正規研究会「サプライ・チェイン・マネジメント」 2010年12月
  • サービス工学研究センター紹介  [通常講演]
    谷崎 隆士
    近畿大学研究公開フォーラム 2010年10月
  • 最適化手法を用いたサービス産業の生産性向上  [通常講演]
    谷崎 隆士; 片岡 隆之
    東広島市産学官連携推進協議会「大学研究室訪問」 2010年09月
  • 鉄鋼業におけるサプライチェーンマネジメント  [通常講演]
    谷﨑 隆士
    日本OR学会 「ソフトコンピューティングと最適化」研究部会 平成21年度第4回研究集会 2009年12月
  • 鉄鋼業におけるサプライチェインマネジメント  [招待講演]
    谷﨑 隆士
    日本経営工学会 中国四国支部 平成21年度第1回講演会 2009年05月
  • 鉄鋼業の操業計画問題に対する最適化技術の適用  [通常講演]
    谷﨑 隆士
    日本OR学会 九州支部 2007年度第2回 講演会・研究会 2007年10月
  • 質的品質情報の定量化と品質改善のための運転条件の推定  [通常講演]
    中川 繁政; 谷﨑; 隆士; 中川 義明; 加納 学
    日本鉄鋼協会 秋季講演大会 2007年09月
  • 鉄鋼スケジューリング問題に対するシステムアプローチ  [通常講演]
    谷﨑 隆士
    本ロジスティクスシステム学会 九州支部 平成19年度 講演会・研究会 2007年06月
  • 統計的アプローチによる品質改善実現力の取組み ~鉄鋼プロセスへの適用事例を中心に ~  [通常講演]
    中川 義明; 谷﨑; 隆士; 中川; 繁政; 加納 学
    日本設備管理学会 西部支部 改善技術研究会第4回研究会 2007年03月
  • 鉄鋼業におけるサプライチェーン・マネジメント  [通常講演]
    谷﨑 隆士
    日本ロジスティクスシステム学会 九州支部 平成18年度 講演会・研究会 2006年12月
  • 統計的アプローチによる品質改善技術の開発  [通常講演]
    中川 繁政; 谷﨑; 隆士; 中川; 義明; 加納 学
    日本鉄鋼協会 制御技術部会 2006年11月
  • 鉄鋼業でのサプライチェーン・マネジメントの適用  [招待講演]
    谷﨑 隆士
    日本鉄鋼協会 計測・システム・制御システム工学部会 第3回フォーラム「生産計画全体最適化技術の現状と展望」 2006年09月
  • 鉄鋼業における操業計画問題とモデル化  [招待講演]
    谷﨑 隆士
    日本OR学会秋季研究発表会 2006年09月
  • サプライチェーン・マネジメントを用いた業務効率化  [通常講演]
    谷﨑 隆士
    日本鉄鋼連盟 第136回IE・システム事例研究会 2006年05月
  • 鉄鋼業におけるSCM  [通常講演]
    谷﨑 隆士
    九州支部 2006年度第1回 講演会・研究会 2006年03月
  • 搬送系を有する多段ジョブショップ工程スケジューリング問題の解法  [通常講演]
    谷﨑 隆士; 酒井; 英昭; 高橋; 豊; 田村; 隆善; 今井 太一
    日本ロジスティクスシステム学会 九州支部 平成17年度 第1回 講演会・研究会 2005年05月
  • 異なるロット集約条件を持つ工程間のバッファ在庫量の統計的算定方法  [通常講演]
    谷﨑 隆士; 酒井; 英昭; 高橋; 豊; 武田 勝徳
    日本OR学会 九州支部 2003年度第2回 講演会・研究会 2004年03月
  • 鉄鋼薄板製造における機能分割型スケジューリング・システム  [通常講演]
    谷崎 隆士
    日本OR学会 九州支部 1995年度 第2回 講演会・研究会 1995年11月
  • 鋳込-圧延操業計画立案システムの開発  [通常講演]
    永井 恵; 中島; 洋; 田村; 亮二; 谷崎; 隆士; 中川 義之
    日本鉄鋼協会講演論文集「材料とプロセス」 1994年11月
  • 鉄鋼薄板製造における機能分割型スケジューリング・システム  [通常講演]
    田村 亮二; 永井; 恵; 中川; 義之; 谷崎; 隆士; 中島 洋
    日本OR学会秋季研究発表会 1994年09月
  • New Efficient and Flexible Solving for Production Scheduling of Continuous Casting and Hot Strip Mill  [通常講演]
    Takashi Tanizaki; Nobuyuki Ueno; Kaoru Kosaka; Yoshio Tanimoto; Yoshiaki Honma
    14th International Symposium on Mathematical Programming 1991年08月
  • 鉄鋼生産における大規模スケジューリング問題とその解法  [通常講演]
    谷崎 隆士; 上野; 信行; 小坂; 薫; 谷本; 善男; 本間 嘉明
    日本OR学会秋季研究発表会 1990年09月
  • Consistent Production Scheduling System for Cold Strip Mill  [通常講演]
    Takashi Tanizaki; Hidekazu Yasuda Makoto Kobori
    TIMS '89 1989年07月
  • 分岐・合流のある多段階工程のスケジューリング法  [通常講演]
    安田 秀一; 谷崎; 隆士; 永井 俊夫
    日本OR学会秋季研究発表会 1987年10月
  • 冷延鋼帯製造工場の一貫操業スケジューリング  [通常講演]
    谷崎 隆士; 安田; 秀一; 家長; 吉行; 大西; 英行; 小堀 誠
    日本OR学会春季研究発表会 1987年05月
  • 低次元化モデルマッチング法を用いたディジタルコントローラの設計  [通常講演]
    谷崎 隆士; 酒井; 英昭; 得丸 英勝
    第27回 自動制御連合講演会 1984年11月

MISC

産業財産権

  • 特許6646564号:プレカットラインの制御データ生成装置とプレカットシステム  
    村田明宏, 谷崎隆士
  • 特開2006-128856:情報交換装置及び電子鍵管理システム  
    中川義明, 谷崎隆士, 佐々木伸一
  • 特許第3412382号:生産計画方法及びシステム、並びに鉄鋼製品生産計画方法及びシステム    2003年03月
    堤 早苗, 谷﨑, 隆士, 田村 亮二
  • 特許第3042362号:データ処理装置    2000年03月
    杉原 誠, 外嶋, 成留, 谷崎 隆士
  • 特許第2964866号:鋳込-圧延操業計画作成方法及びその装置    1999年08月
    永井 恵, 谷崎, 隆士, 田村 亮二
  • 特許第2037383号:冷間圧延鋼帯製造工場の物流制御装置    1986年03月
    谷崎 隆士, 安田, 秀一

受賞

  • 計測自動制御学会2008年度計測自動制御学会 学会賞(技術賞)
  • スケジューリング学会 2007年度スケジューリング学会賞(技術賞)
  • 日本鉄鋼協会 計測・制御・システム研究賞
  • 関西経営システム協会 第12回懸賞事例 貢献賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 木材製品の梱包台数または仮置ラック数の最小化アルゴリズムの研究 Step2
    研究期間 : 2023年07月 -2024年06月
  • 製造最適化技術の開発
    研究期間 : 2023年05月 -2024年03月
  • 木材製品の梱包台数または仮置ラック数の最小化アルゴリズムの研究
    研究期間 : 2022年07月 -2023年06月
  • 製造最適化技術における基本技術の調査・事前検討
    研究期間 : 2022年07月 -2023年03月
  • 最適スケジューリング技術の開発
    研究期間 : 2021年08月 -2022年06月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • 木材製品梱包効率化のための木取作成アルゴリズムの研究
    研究期間 : 2021年07月 -2022年06月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • ウレタンフォームの硬度を、高い精度で制御する為の、品質管理条件を見出す研究
    研究期間 : 2021年03月 -2022年02月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • 製品出荷荷姿の自動作成アルゴリズムの研究 Step3
    研究期間 : 2020年07月 -2021年06月
  • 最適スケジューリング技術の開発
    研究期間 : 2020年04月 -2021年03月
  • つながる中小製造業でスマートものづくり
    広島県:平成30年度AI/IoT実証プラットフォーム事業実施業務
    研究期間 : 2018年08月 -2021年03月 
    代表者 : デジタルソリューション; 谷崎 隆士; 津田製作所; 小松金属; 広陵発條製作所; 近藤工業; アブストウェブ; 広島県中小企業診断協会
  • ウレタンフォームの硬度を高い精度で制御する為の生産管理条件を見出す研究
    受託研究:
    研究期間 : 2020年03月 -2021年02月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • 製品出荷荷姿の自動作成アルゴリズムの研究 Step2
    受託研究:
    研究期間 : 2019年07月 -2020年06月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • 製品出荷荷姿の自動作成アルゴリズムの研究
    受託研究:
    研究期間 : 2018年07月 -2019年06月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • 未来予測情報を起点とするサービスシステムの設計・運用に関する研究
    日本学術振興会:平成28年度科学研究費(科学研究費補助金)(基盤研究B)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • プレカット加工機シミュレータの開発と能力評価
    受託研究:
    研究期間 : 2017年07月 -2018年06月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • プレカット加工機シミュレーションモデルの開発
    受託研究:
    研究期間 : 2016年07月 -2017年06月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • プレカット加工機シミュレーションモデルと最適生産順序ロジックの開発
    受託研究:
    研究期間 : 2015年07月 -2016年06月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • タクシー運行の効率化研究
    受託研究:
    研究期間 : 2013年09月 -2015年03月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • 生産性向上のための業務分析・診断技術の開発
    (公財)高橋産業経済研究財団:平成25年度研究および活動助成
    研究期間 : 2013年04月 -2014年03月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • 菓子製造工場の生産性向上
    受託研究:
    研究期間 : 2012年08月 -2013年07月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • 高断熱ふろふた生産工程改善
    受託研究:
    研究期間 : 2012年06月 -2013年05月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • タクシー運行の効率化研究
    受託研究:
    研究期間 : 2010年10月 -2012年03月 
    代表者 : 谷崎 隆士
  • サービスイノベーションによるサービス産業の生産性向上に関する研究
    (財)サタケ技術振興財団:平成22年度大学研究助成
    研究期間 : 2010年04月 -2011年03月 
    代表者 : 谷崎 隆士

委員歴

  • 2023年05月 - 現在   日本経営システム学会   組織委員会 委員
  • 2023年04月 - 現在   日本オペレーションズ・リサーチ学会   理事
  • 2023年02月 - 現在   FAオープン推進協議会   学術委員
  • 2022年08月 - 現在   サービス学会   出版委員会 査読委員
  • 2020年03月 - 現在   日本オペレーションズ・リサーチ学会   中国・四国支部支部長
  • 2019年10月 - 現在   スケジューリング学会   評議員
  • 2017年06月 - 現在   日本経営システム学会   理事
  • 2017年04月 - 現在   日本経営システム学会   中国四国支部支部長
  • 2015年04月 - 現在   東広島市公共事業評価監視委員会   委員
  • 2020年05月 - 2022年03月   国立研究開発法人科学技術振興機構   研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)トライアウト専門委員
  • 2019年10月 - 2021年09月   スケジューリング学会   スケジューリングシンポジウム2021 実行委員長
  • 2020年07月 - 2021年06月   独立行政法人日本学術振興会   特別研究員等審査会専門委員,卓越研究員候補者選考委員会書面審査員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員
  • 2017年06月 - 2021年05月   日本経営システム学会   大会委員会委員
  • 2018年02月 - 2020年03月   国立研究開発法人科学技術振興機構 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)機能検証フェーズ   専門委員
  • 2017年12月 - 2019年11月   独立行政法人日本学術振興会   科学研究費委員会専門委員
  • 2018年02月 - 2019年09月   日本オペレーションズ・リサーチ学会   2019年秋季研究発表会シンポジウム実行委員長
  • 2015年10月 - 2019年09月   スケジューリング学会   理事
  • 2017年04月 - 2019年05月   日本経営工学会   支部委員会委員
  • 2017年04月 - 2019年05月   日本経営工学会   中国四国支部支部長
  • 2015年05月 - 2017年05月   日本経営システム学会   評議員
  • 2016年04月 - 2017年03月   サービス学会   第5回国内大会実行委員長
  • 2012年12月 - 2016年06月   サービス学会   企画委員会委員長
  • 2012年12月 - 2016年06月   サービス学会   理事
  • 2013年10月 - 2015年09月   スケジューリング学会   評議員
  • 2012年09月 - 2015年03月   独立行政法人産業技術総合研究所研究ユニット評価委員会(サービス工学研究センター)   委員
  • 2012年08月 - 2013年03月   独立行政法人情報処理推進機構「クラウドの利活用促進のための自立的なネットワーク形成と新たなビジネスモデルの構築に関する調査等における中国地域調査」   全体会議委員長
  • 2011年08月 - 2012年03月   経済産業省 サービス工学推進委員会   委員
  • 2011年03月 - 2011年04月   経済産業省 平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(サービス工学研究開発分野) 技術審査委員会   審査委員
  • 2011年02月 - 2011年03月   経済産業省平成22年度ITとサービスの融合による新市場創出促進事業 ITとサービス工学の連携評価・推進委員会   委員
  • 2010年07月 - 2011年03月   経済産業 サービス工学研究開発事業四半期報告会   委員
  • 2010年09月 - 2011年02月   経済産業省中国経済産業局 ものづくりノウハウによるサービス産業イノベーション促進/付加価値向上運動展開事業   学術アドバイザー
  • 2003年03月 - 2005年02月   日本インダストリアルエンジニアリング協会   文懸賞選考委員

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.