KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

橋本 剛幸ハシモト ヨシユキ

プロフィール

所属部署名経営学部 教養・基礎教育部門
職名准教授
学位修士(教育学)
専門体育・スポーツ
ジャンルスポーツ/スポーツ
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1250-hashimoto-yoshiyuki.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/09/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    健康的な生活を過ごしていくために、スポーツや運動とどのように付き合っていくかを、特に学校教育とのつながりを研究しています。

学歴・経歴

学歴

  • 2010年04月 - 2012年03月, 大阪教育大学大学院, 実践学校教育専攻
  • 1983年04月 - 1987年03月, 筑波大学, 体育専門学群

経歴

  •   1989年04月,  - 2014年03月, 近畿大学附属和歌山高等学校・中学校 保健体育科 教諭

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 体育、身体教育学

研究キーワード

  • ライフストーリー, ライフヒストリー, スポーツ指導者, コミュニティ・スポーツ, 生涯スポーツ

論文

  • 指導者としての成長 : 自らのライフヒストリーの振り返り, 橋本 剛幸, 教養・外国語教育センター紀要. 一般教養編 Kinki University, Center for Liberal Arts and Foreign Language Education journal, 教養・外国語教育センター紀要. 一般教養編 Kinki University, Center for Liberal Arts and Foreign Language Education journal, 9, 1, 1, 8,   2019年
  • 防災対策活動とスポーツイベントのコラボレーション -スポーツへの意識と防災への意識の融和、今後の課題と方向性-, 橋本 剛幸, 日本体育学会 第69回大会 体育社会学専門領域発表論文集, 日本体育学会 第69回大会 体育社会学専門領域発表論文集, 26, 117, 122,   2018年08月
  • 防災対策活動とスポーツイベントのコラボレーションと今後の課題 ―小中学校の関わり方に着目して―, 橋本 剛幸, スクールリーダー研究, スクールリーダー研究, 11, 36, 42,   2018年07月, 査読有り
  • 〈実践・事例報告〉防災対策活動とスポーツイベントのコラボレーションと今後の課題―自然災害に強い街づくりをめざして―, 橋本 剛幸, 近畿大学教養・外国語教育センター紀要. 一般教養編 = Kindai university center for liberal arts and foreign language education journal. Liberal arts edition, 近畿大学教養・外国語教育センター紀要. 一般教養編 = Kindai university center for liberal arts and foreign language education journal. Liberal arts edition, 8, 1, 15, 27,   2018年03月, 査読有り
  • 防災対策活動とスポーツイベントのコラボレーションと今後の課題 : 自然災害に強い街づくりをめざして, 橋本 剛幸, 教養・外国語教育センター紀要. 一般教養編 Kinki University, Center for Liberal Arts and Foreign Language Education journal, 教養・外国語教育センター紀要. 一般教養編 Kinki University, Center for Liberal Arts and Foreign Language Education journal, 8, 1, 15, 27,   2018年, 査読有り
  • スポーツへの意識と防災への意識の融和をめざしたコミュニティ・スポーツ形成に向けての取り組みー和歌山県岩出市におけるスポーツイベント実施から見えてきたこと―, 橋本 剛幸, 日本体育学会第68回大会体育社会学専門領域発表論文集, 日本体育学会第68回大会体育社会学専門領域発表論文集, 25, 31, 36,   2017年08月
  • 学生との協働による防災を意識したコミュニティ・スポーツ形成に向けての取り組み, 橋本 剛幸, 教養・外国語教育センター紀要. 一般教養編 Kinki University, Center for Liberal Arts and Foreign Language Education journal, 教養・外国語教育センター紀要. 一般教養編 Kinki University, Center for Liberal Arts and Foreign Language Education journal, 7, 1, 1, 18,   2017年, 査読有り
  • スポーツへの意識と防災への意識の融和-学生との協働によるコミュニティースポーツ形成に向けて―, 橋本 剛幸, 日本体育学会第67回大会体育社会学専門領域発表論文集, 日本体育学会第67回大会体育社会学専門領域発表論文集, 24, 160, 165,   2016年08月
  • アンケート調査から見たスポーツ・健康への意識--スポーツへの意識と防災への意識の融和に向けて, 橋本 剛幸, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 35, 51, 61,   2015年03月, 査読有り
    概要:[要旨] 本研究では, 地域における生涯スポーツの現状および課題を把握し, 未来へつながるコミュニティースポーツの創造を目指している. 今回は, 和歌山県岩出市で行われたスポーツに関するアンケート調査を分析し, 現状と課題の検討を行った. 先ずは地域の人々の意識をスポーツへ向けていくことが必要であり, そのための啓発・広報活動、気軽に参加できるスポーツプログラムの提供, 身近にある施設の充実, そこからスポーツの面白さや魅力を伝え, 最低週1回はスポーツを楽しむ習慣につなげていくことが必要であることが示唆された. また, コミュニティースポーツの創造が, 個人の健康と体力の向上, 人々のつながりを深めることから, 防災の観点からも重要であることが考えられ, 今後, スポーツと防災をつなげていくために何が必要かを調査・研究する必要性が認識された. [Abstract] The purpose of this research is to establish community sports leading to future by investigating the present conditions and problems of the lifelong sports in a community. In this study, surveys on sports were conducted targeting people in Iwade city, Wakayama. The results were analyzed and the present conditions and problems were examined. The results indicate that it is necessary to raise awareness of the people in the community to sports. To promote public awareness it is important to convey the fun and attractiveness of sports through publicity, improvement of facilities and offering attractive sports programs which can be easily participated that may lead to regularly enjoying sports at least once a week. Establishment of community sports is also important from the viewpoint of disaster prevention because participating in community sports improves personal physical strength, and deepens the relationships of people in the community. The relationship between sports and disaster prevention will be investigated in the future.
  • アンケート調査から見たスポーツ・健康への意識--スポーツへの意識と防災への意識の融和に向けて, 橋本 剛幸, 近畿大学生物理工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 近畿大学生物理工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 35, 51, 61,   2015年03月, 査読有り
    概要:[要旨] 本研究では, 地域における生涯スポーツの現状および課題を把握し, 未来へつながるコミュニティースポーツの創造を目指している. 今回は, 和歌山県岩出市で行われたスポーツに関するアンケート調査を分析し, 現状と課題の検討を行った. 先ずは地域の人々の意識をスポーツへ向けていくことが必要であり, そのための啓発・広報活動、気軽に参加できるスポーツプログラムの提供, 身近にある施設の充実, そこからスポーツの面白さや魅力を伝え, 最低週1回はスポーツを楽しむ習慣につなげていくことが必要であることが示唆された. また, コミュニティースポーツの創造が, 個人の健康と体力の向上, 人々のつながりを深めることから, 防災の観点からも重要であることが考えられ, 今後, スポーツと防災をつなげていくために何が必要かを調査・研究する必要性が認識された. [Abstract] The purpose of this research is to establish community sports leading to future by investigating the present conditions and problems of the lifelong sports in a community. In this study, surveys on sports were conducted targeting people in Iwade city, Wakayama. The results were analyzed and the present conditions and problems were examined. The results indicate that it is necessary to raise awareness of the people in the community to sports. To promote public awareness it is important to convey the fun and attractiveness of sports through publicity, improvement of facilities and offering attractive sports programs which can be easily participated that may lead to regularly enjoying sports at least once a week. Establishment of community sports is also important from the viewpoint of disaster prevention because participating in community sports improves personal physical strength, and deepens the relationships of people in the community. The relationship between sports and disaster prevention will be investigated in the future.
  • アンケート調査から見たスポーツ・健康への意識~スポーツへの意識と防災への意識の融和に向けて~, 橋本剛幸, Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ, Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ, 35, 51, 61,   2015年03月, 査読有り
  • 生涯スポーツにつながる小学校,中学校,高等学校の体育カリキュラムの提案 : スポーツの楽しさを重視した授業を目指して, 橋本 剛幸, 永浜 明子, 田中 俊弥, 大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育 = Memoirs of Osaka Kyoiku University, 大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育 = Memoirs of Osaka Kyoiku University, 63, 2, 65, 71,   2015年02月
    概要:本研究は,生涯スポーツへつながる学校教育の中の体育の役割を検討し,校種間の連携のとれたカリキュラムを提案し,今後のよりよい体育科教育のあり方を考えることを目的としている。今回は,今までに行ってきた研究を参考に,本研究の目的である校種間の連携のとれたカリキュラムを提案する。In this study, we have examined how physical education as a subject at school plays a role to lead to lifelong sports. Also, we suggest physical education curricula which will encourage improvement as students progress from elementary school to high school. The purpose of this study is to suggest how physical education can be taught in a better way from now on. We suggest the curriculum which there is for the purpose of this study in reference to the study that we performed so far this time.
  • 小学校,中学校,高等学校のカリキュラム比較から見る学校体育の現状と問題点 ―生涯スポーツにつながる授業を目指して―, 橋本 剛幸, 永浜 明子, 田中 俊弥, 大阪教育大学紀要 第Ⅴ部門 教科教育, 大阪教育大学紀要 第Ⅴ部門 教科教育, 63, 1, 93, 107,   2014年09月30日
    概要:本研究は,生涯スポーツへつながる学校教育の中の体育の役割を検討し,校種間の連携のとれたカリキュラムを提案し,今後のよりよい体育科教育のあり方を考えることを目的としている。今回は,各学校で作られ実施されている体育カリキュラムを収集し,その比較を行い,実情を理解して,その中にある問題点を明確にするために調査を行った。その結果,中学校,高等学校,および小学校においても系統だったカリキュラムを作ることが難しいという現実が明らかになった。今後,校種間連携によるカリキュラムの作成をどのように行っていけばよいか,その具体策を検討し,実践に近づけることが大きな課題である。In this study, we have examined how physical education as a subject at school plays a role to lead to lifelong sports. Also, we suggest physical education curricula which will encourage improvement as students progress from elementary school to high school. The purpose of this study is to suggest how physical education can be taught in a better way from now on. We conducted a survey and collected physical education curricula from different schools, compared them, and got a clear insight of the situation. As a result, it came to light that organizing curricula for elementary, junior high, and high schools is difficult. From now on, we will examine concrete measures of how we should create curricula which will encourage improvement as students progress from elementary school to high school, and put them into practice.
  • 小学校,中学校,高等学校のカリキュラム比較から見る学校体育の現状と問題点 : 生涯スポーツにつながる授業を目指して, 橋本 剛幸, 永浜 明子, 田中 俊弥, 大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育 = Memoirs of Osaka Kyoiku University, 大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育 = Memoirs of Osaka Kyoiku University, 63, 1, 93, 107,   2014年09月
  • 小学校,中学校,高等学校の教員から見た学校体育の現状と問題点 : 生涯スポーツにつながる授業を目指して, 橋本 剛幸, 永浜 明子, 田中 俊弥, 大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育 = Memoirs of Osaka Kyoiku University, 大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育 = Memoirs of Osaka Kyoiku University, 62, 2, 33, 43,   2014年02月
    概要:本研究は,生涯スポーツへつながる学校教育の中の体育の役割を検討し,校種間の連携のとれたカリキュラムを提案し,今後のよりよい体育科教育のあり方を考えることを目的としている。今回は,小学校,中学校,高等学校の教員へのアンケート調査を実施・分析し,実際に授業を行う教員が現在の学校体育をどのように捉え,どのような問題を抱えているかを把握し,カリキュラム作成の上の注意点を明確にした。その結果,教員の問題,施設・用具の問題,生徒の問題,授業実施における問題の4つが明らかになった。また,児童生徒の将来に向けた健康的な生活の確立のため,もう一度体育の授業の目的を再確認し,そのための授業作りを個人で行うのではなく,学校の全教員で議論することが必要であり,校種を超えた話し合いや情報交換により,さらに系統立ったカリキュラムの作成が望まれることが示唆された。In this study, we have examined how physical education plays a role to lead to lifelong sports. Also, we suggest physical education curricula which encourage improvement as students progress from elementary school to high school. The purpose of this study is to suggest how physical education can be taught in a better way from now on. We, at first, conducted a survey on teachers of elementary school, junior high school, and high school, analyzed it, made it clear how well teachers understand the current education being taught at school and what sort of problems they have, and clarified the important points in creating curricula. As a result, the following four problems came to light; teachers, facilities and equipment, students and lessons. For students to lead a healthy life, it is most important to confirm the purposes of physical education again, and it should not be a single teacher that makes a lesson plan but all the teachers of a school should discuss it. In short, it is essential for elementary, junior high, and high schools to exchange information and create and organize curricula.
  • 児童生徒のアンケート分析からみた学校体育カリキュラムの研究 : 生涯スポーツにつながる授業を目指して, 橋本 剛幸, 永浜 明子, 大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育 = Memoirs of Osaka Kyoiku University, 大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育 = Memoirs of Osaka Kyoiku University, 62, 1, 79, 93,   2013年09月
    概要:本研究は,生涯スポーツへつながる学校教育の中の体育の役割を検討し,校種間の連携のとれたカリキュラムを提案し,今後のよりよい体育科教育のあり方を考えることを目的としている。今回は,児童生徒へのアンケート調査を実施・分析し,カリキュラム作成の上の注意点を明確にした。その結果,生涯スポーツにつなげていくためには,児童生徒にいわゆる「体育嫌い」の意識を持たせずに,スポーツの楽しさを感じさせることが重要であり,小学校から中学校,高等学校へとつながりを持ったカリキュラム,すなわち「あそび」から「スポーツ」への移行をスムーズに行えるカリキュラムの作成の重要性が示唆された。In this study, we have examined how physical education plays a role to lead to lifelong sports. Also, we suggest physical education curricula which encourage improvement as students progress from elementary school to high school. The purpose of this study is to suggest how physical education can be taught in a better way from now on. We, at first, conducted a survey on students, analyzed it, and clarified the important points in creating curricula. As a result, we came to the conclusion that it is necessary for students not to dislike physical education but for them to experience the pleasure in sports. It is most important to create curricula which are linked between elementary school, junior high school and high school. In short, it is essential to create curricula where the transition from "play " to "sports" is conducted.
  • 生涯スポーツにつながる小学校,中学校,高等学校の体育カリキュラムの研究(第1報)スポーツの楽しさを重視した授業を目指して : 生徒のアンケート分析から, 橋本 剛幸, 永浜 明子, 大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育, 大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育, 61, 2, 61, 72,   2013年02月
    概要:本研究は,生涯スポーツへつながる学校教育の中の体育の役割を検討し,校種間の連携のとれたよりよいカリキュラムを提案し,今後のよりよい体育科教育のあり方を考えることを目的としている。その第Ⅰ報として,生徒へのアンケート調査と分析を行い,カリキュラム作成の上の注意点を明確にした。その結果,学校体育において,早い時期からさまざまなスポーツを経験させ,そのつながりを明確化させることが必要であり,選択授業などのスポーツの楽しさや爽快感を感じるような楽しい体育の授業を行うこと,体力や運動能力を上げるためのトレーニングを行うことの両方をうまく組み入れたカリキュラム作成の重要性が示唆された。In this study, we have examined how physical education in schools can lead to lifelong involvement in sports. We suggest physical education curricula which encourage improvement as students progress from elementary school to high school. The purpose of this study is to suggest how physical education should be taught from now on. We, at first, conducted a survey to students, analyzed it, and clarified the important points in creating curricula. As a result, we came to the conclusion that it is necessary to have students experience various sports at an early stage of development and to make it clear to them how continuous physical education encourages them to progress. What counts is to create curricula which present the pleasure and have the students feel refreshed in elective physical education class, and train them in order to improve their strength and exercise capacity.
  • 生涯スポーツにつながる小学校、中学校、高等学校の体育カリキュラムの研究ースポーツの楽しさを重視した授業を目指してー, 橋本 剛幸, 大阪教育大学大学院教育学研究科, 大阪教育大学大学院教育学研究科,   2012年02月, 査読有り

書籍等出版物

  • 理系のための教育実習ガイドブック, 橋本 剛幸, 共著, 第2章、第11章(1)(2), 近畿大学生物理工学部教職課程発行,   2018年03月

講演・口頭発表等

  • 和歌山県岩出市スポーツ推進委員会の新たなる取り組み -学生スポーツ推進委員の今後の課題と方向性-, 橋本 剛幸, 日本体育学会 第70回大会,   2019年09月12日
  • 防災対策活動とスポーツイベントのコラボレーション -スポーツへの意識と防災への意識の融和、今後の課題と方向性-, 橋本 剛幸, 日本体育学会 第69回大会,   2018年08月24日
  • 防災対策活動とスポーツイベントのコラボレーションと今後の課題 ―産官学連携をめざしての取組み―, 橋本 剛幸, 大阪体育学会,   2018年03月11日
  • 防災対策活動とスポーツイベントのコラボレーションと今後の課題 ―小中学校の関わり方に着目して―, 橋本 剛幸, スクールリーダー研究会,   2018年03月04日
  • スポーツへの意識と防災への意識の融和をめざしたコミュニティ・スポーツ形成に向けての取り組みー和歌山県岩出市におけるスポーツイベント実施から見えてきたこと―, 橋本 剛幸, 日本体育学会第68回大会,   2017年09月09日
  • スポーツへの意識と防災への意識の融和をめざした地域コミュニティ・スポーツの創造, 橋本 剛幸, 大阪体育学会,   2017年03月12日
  • スポーツへの意識と防災への意識の融和, 橋本 剛幸, 日本体育学会,   2016年08月26日
  • スポーツへの意識と防災への意識の融和をめざした地域コミュニティースポーツの創造, 橋本 剛幸, 大阪体育学会,   2016年03月13日

MISC

  • 「行動するスクールリーダー」第112回 スポーツの意識と防災の意識の融和をめざすスポーツイベント③ ~学生運営スタッフの成長~, 橋本 剛幸, 教育PRO, 49, 16, 26, 27,   2019年07月, 招待有り
  • 「行動するスクールリーダー」第111回 スポーツの意識と防災の意識の融和をめざすスポーツイベント② ~小・中学生の役割と意識変化に向けて~, 橋本 剛幸, 教育PRO, 49, 15, 26, 27,   2019年07月, 招待有り
  • 「行動するスクールリーダー」第110回 スポーツの意識と防災の意識の融和をめざすスポーツイベント, 橋本 剛幸, 教育PRO, 49, 14, 26, 27,   2019年06月, 招待有り
  • 防災対策活動とスポーツイベントのコラボレーションと今後の課題―産官学連携をめざしての取組み―, 橋本剛幸, 大阪体育学研究, 56 Supplement, 22,   2018年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802290014517353
  • スポーツへの意識と防災への意識の融和をめざした地域コミュニティ・スポーツの創造―和歌山県岩出市におけるスポーツイベントへの取り組み―, 橋本剛幸, 大阪体育学研究, 55 Supplement, 19,   2017年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702218416066850
  • スポーツへの意識と防災への意識の融和をめざした地域コミュニティースポーツの創造―意識調査およびインタビュー調査から見た現状と課題―, 橋本剛幸, 大阪体育学研究, 54 Supplement, 31,   2016年02月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602204994566263
  • 02社−26−口−27 スポーツへの意識と防災への意識の融和, 橋本 剛幸, 日本体育学会大会予稿集, 67, 0, 104_3, 104_3,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005244923
    概要:<p> 地震など災害に対して避難するためには、体力が必要である。自分の命はまず自分で守ること(自助)は災害時の基本であり、そのうえで周りの人々と協力をして避難すること(共助)が人的被害ゼロをめざすうえで重要である。地域の人たちのつながりも重要であることを過去の教訓から学び、そのいずれも会得した街を作っていくことが重要であり、防災における自助、共助の観点は、健康のために個人の体力を向上させ、周りの人々とスポーツを楽しんで行うコミュニティースポーツのめざす方向と一致したものである。また、災害時、大学が地域に対して何ができるのか、学生たちが地域の人々と協力して避難生活を支えていけるのかということも非常に重要なことであるが、起きる前から地域の人々とのつながりを持っていることは、その力を何倍にもする原動力となりうるものであろうと考える。本研究ではスポーツへの意識と防災への意識の融和をめざした地域コミュニティースポーツの創造を目標に、学生との協働によるコミュニティースポーツづくりを行うため、その基礎研究として意識調査などの分析、検討を行い、実際の活動につなげていくことを目的とするものである。</p>

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 和歌山県教員免許更新講習, 講師, 和歌山大学,   2018年08月16日
  • 第5回近大スポーツフェスティバル, 企画, 近大スポーツフェスティバル実行委員会,   2018年07月16日
  • 岩出マラソン, 運営参加・支援, 和歌山県岩出市・岩出市教育委員会,   2018年03月11日
  • ニュースポーツ体験会, 実演, 和歌山県岩出市スポーツ推進委員会,   2018年01月13日
  • ニュースポーツ体験会, 助言・指導, 和歌山県岩出市スポーツ推進委員会,   2017年12月16日
  • 岩出市防災訓練, 助言・指導, 和歌山県岩出市,   2017年12月03日
  • 和歌山大学教員免許状更新講習, 講師, 和歌山大学,   2017年08月17日
  • 第3回近大スポーツフェスティバル, 企画, 近大スポーツフェスティバル実行委員会,   2017年07月16日
  • キンボール講習会, 助言・指導, 和歌山県海草郡紀美野町立小川小学校,   2017年02月13日
  • 近大スポーツフェスティバル㏌山崎北小, 企画, 近大スポーツフェスティバル実行委員会,   2016年12月11日
  • 和歌山県岩出市ニュースポーツ体験会, 実演, 和歌山県岩出市スポーツ推進委員会,   2016年11月19日
  • 和歌山県岩出市民運動会, 運営参加・支援, 和歌山県岩出市・岩出市教育委員会,   2016年10月10日
  • ねごろスポーツフェスティバル, 企画, 近大スポーツフェスティバル実行委員会,   2016年08月11日
  • 和歌山大学教員免許状更新講習, 講師, 和歌山大学,   2016年08月10日
  • 和歌山大学教員免許状更新講習, 講師, 和歌山大学,   2015年08月09日