KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

藤井 政幸フジイ マサユキ

プロフィール

所属部署名産業理工学部 生物環境化学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名教授
学位理学博士
専門遺伝子医薬、核酸化学、生物有機化学
ジャンル科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/486-fujii-masayuki.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/06/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    病気の原因遺伝子に直接作用する新しい遺伝子医薬を研究しています。治療法のない難病やガンやエイズも副作用なく治療できます。近年、臨床応用も進み、世界中の製薬企業が注目しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1987年, 京都大学, 理学研究科
  •  - 1985年, 京都大学
  •  - 1983年, 京都大学, 理学部
  •  - 1983年, 京都大学

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学
  • ライフサイエンス, 生物有機化学
  • ナノテク・材料, 構造有機化学、物理有機化学
  • ナノテク・材料, 生物分子化学

研究キーワード

  • 医薬分子機能学, 核酸化学, 有機合成化学

論文

  • siRNAによる変異癌遺伝子KRAS(G12D)の選択的発現制御, 塩浜 康雄, 藤田 崇史, 神武 洋二郎, 岡田 斉, 藤井 政幸, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 = reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 = reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, 30, 30, 1, 7,   2019年, 査読有り
    概要:〈Abstract〉KRAS mutation is positive in 45% of colon cancer patients, 35% of lung cancer patients, 95% of pancreas cancer patients and 15% of melanoma patients and the patients do not benefit from anti-epidermal growth factor receptor (EGFR) chemotherapy and antibody therapy to have poor prognosis for survival. In colorectal cancer patients, 90 % of KRAS mutations are found in codons 12 and 13 of exon 2. It is highly challenging to target mutant KRAS gene by synthetic small nucleic acids and can be a breakthrough for undruggable cancers. In the present study, we investigated silencing of mutant KRAS(G12D) gene by siRNAs using HeLa cell with wild type KRAS and PK-45H cell with G12D mutation in both alleles. Four types of siRNAs, siRNAG12D(13), G12D(10), G12D(8), G12D(2), targeting mutant KRAS (G12D) mRNA at different positions neighboring the mutation point were investigated. The results indicated siRNAG12D(13) suppressed KRAS(G12D) expression by 90.9% at 100 nM and 75.1% at 1 nM while siRNAG12D(13) suppressed wild type KRAS expression by 55.4% at 100 nM and 23.3% at 1 nM, respectively. It is interesting that siRNAG12D(8) and siRNAG12D(2) suppressed both KRAS(G12D) and wild type KRAS strongly and the selectivity was quite low. It is also to be pointed out that siRNAG12D(10) which has a mutation point adjacent to the cleavage site of the target mRNA suppressed both mutant KRAS(G12D) and wild type KRAS only weekly and did not discriminate the mutant KRAS(G12D) from wild type KRAS.
  • Neutral and negatively charged phosphate modifications alter thermal stability, kinetics of formation and monovalent ion dependence of DNA G-quadruplexes, 藤井 政幸, Chemistry An Asian Journal, Chemistry An Asian Journal, 14, 1212, 1220,   2019年, 査読有り
  • Gapmerアンチセンス核酸による変異癌遺伝子KRAS(G12D)の選択的発現制御, 藤井 政幸, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 29, 1, 5,   2018年11月, 査読有り
  • miRNA様siRNAによる遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 25, 1, 6,   2017年12月, 査読有り
  • メジャーグルーブ修飾siRNAによる遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 26, 1, 10,   2017年07月, 査読有り
  • Delivery of therapeutic RNA-cleaving oligodeoxyribonucleotides (deoxyribozymes): from cell culture studies to clinical trials, 藤井 政幸, Expert Opinion of Drug Delivery, Expert Opinion of Drug Delivery, 2016, 1, 13,   2016年12月, 査読有り
  • 核酸医薬の分子デザイン;化学修飾、コンジュゲート、複合体, 藤井 政幸, Med Chem News, Med Chem News, 26, 1, 22, 28,   2016年01月, 査読有り
  • 新規合成ペプチドによるsiRNAの無毒性細胞導入と遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 23, 1, 4,   2015年12月, 査読有り
  • Gene Silencing by miRNA-like siRNAs Bearing Mismatches and Bulges, 藤井 政幸, Proceedings of the 42nd International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, Proceedings of the 42nd International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, 2015, 324, 325,   2015年11月, 査読有り
  • Gene Silencing by Chemically Modified siRNAs Bearing Cationic Charge on 5’-End, 藤井 政幸, Proceedings of the 42nd International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, Proceedings of the 42nd International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, 2015, 322, 323,   2015年11月, 査読有り
  • Synthesis, purification and delivery into mammalian cells of phosphoryl guanidine oligonucleotides (PGO) with either DNA or 2'-OMe RNA backbone, 藤井 政幸, Proceedings of the 42nd International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, Proceedings of the 42nd International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, 2015, 244, 245,   2015年11月, 査読有り
  • Rational Design of siRNA by Chemical Modification and Conjugation, 藤井 政幸, Proceeding of the 11th Oligonucleotide Therapeutic Society Annual Meeting, Proceeding of the 11th Oligonucleotide Therapeutic Society Annual Meeting, 2015, 138, 138,   2015年09月, 査読有り
  • Bioconjugation of oligodeoxynucleotides carrying 1,4-dicarbonyl groups via reductive amination with lysine residues, 藤井 政幸, Bioconjugate Chemistry, Bioconjugate Chemistry, 26, 8, 1830, 1838,   2015年08月, 査読有り
  • 化学修飾small interfering RNA (siRNA)による遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 24, 1, 5,   2015年07月, 査読有り
  • 核酸医薬における生物学的分子基盤と核酸分子設計, 藤井 政幸, 日本核酸医薬学会会報, 日本核酸医薬学会会報, 19, 1, 7, 7,   2015年04月
  • CATIONIC CHARGE ON SIRNA AND RNAI EFFECT, 藤井 政幸, Proceedings of the XXI Round Table on Chemical Biology of Nucleic Acids, Proceedings of the XXI Round Table on Chemical Biology of Nucleic Acids, 2014, 143, 143,   2014年10月, 査読有り
  • EFFICIENT TRANSFECTION OF SIRNA BY DESIGNED PEPTIDES, 藤井 政幸, Proceedings of International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, Proceedings of International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, 2014, 374, 375,   2014年09月, 査読有り
  • Gene Silencing by Cationic siRNA, 藤井 政幸, Proceedings of International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, Proceedings of International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, 2014, 328, 329,   2014年09月, 査読有り
  • Non-Toxic Delivery and Gene Silencing by siRNA-Peptide Complex, 藤井 政幸, Biopolymers, Biopolymers, 100, 3, 265, 265,   2013年12月, 査読有り
  • Structure of Human Argonaute2 Protein and Chemically Modified siRNA, 藤井 政幸, Proceedings of International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, Proceedings of International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, 2013, 318, 319,   2013年11月, 査読有り
  • Chemical modification of siRNAs and their silencing effects, 藤井 政幸, Proceedings of the 9th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society, Proceedings of the 9th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society, 2013, 108, 108,   2013年10月, 査読有り
  • Specific Delivery of siRNA by Amphiphilic Peptide-Signal Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Proceedings of International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, Proceedings of International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, 2012, 128, 129,   2012年09月, 査読有り
  • Non-toxic delivery of siRNA by amphiphilic peptides and silencing of hTERT, 藤井 政幸, 藤明修太郎, Journal of Peptide Science, Journal of Peptide Science, 18, 498, 499,   2012年09月
    概要:両親媒性ペプチドによるsiRNAの無毒性細胞内デリバリー法とヒトテロメア伸長逆転写酵素(hTERT)のサイレンシング法を開発した。
  • Base-pairing selectivity of a ureido-linked phenyl-2’-deoxycytidine derivative, 藤井 政幸, 甲南大学FIRST, 甲南大学FIRST, 甲南大学FIRST, 甲南大学FIRST, 甲南大学FIRST, Organic & Biomolecular Chemistry, Organic & Biomolecular Chemistry, 10, 48, 9664, 9670,   2012年
  • siRNA-NESコンジュゲートの合成、デリバリー、遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 15, 1, 6,   2011年12月, 査読有り
  • Specific Delivery of siRNA by Hybrid Peptides and Silencing of hTERT, 藤井 政幸, Proceedings of the 11thUS-Japan Symposium on Drug Delivery System, Proceedings of the 11thUS-Japan Symposium on Drug Delivery System, 2011, 29, 29,   2011年12月, 査読有り
  • Suppression of bcr/abl gene expression by siRNA conjugates, 藤井 政幸, Nucleic Acid Therapeutics, Nucleic Acid Therapeutics, 21, 5, 8, 8,   2011年11月, 査読有り
  • NON-TOXIC DELIVERY OF siRNA BY HYBRID PEPTIDES AND SILENCING OF hTERT, 藤井 政幸, Proceedings of the 7th Oligonucleotide Therapeutic Society Meeting, Proceedings of the 7th Oligonucleotide Therapeutic Society Meeting, 2011, 65, 65,   2011年10月, 査読有り
  • Suppression of bcr/abl gene expression by siRNA conjugates, 藤井 政幸, Proceedings of the 6th Cambridge Symposium, Proceedings of the 6th Cambridge Symposium, 2011, 26, 26,   2011年09月, 査読有り
  • Specific Delivery of siRNA by Hybrid Peptides and Silencing of hTERT, 藤井 政幸, Proceedings of International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, Proceedings of International Symposium of Nucleic Acid Chemistry, 2011, 108, 109,   2011年09月, 査読有り
  • Suppression of Telomerase Activity and Proliferation of Human Cancer Cells by anti-hTERT siRNAs and anti-hTR S-OligoDNA-Signal Peptide Conjugates, 藤井 政幸, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 14, 5, 21,   2011年07月, 査読有り
  • Synthesis, Delivery and Gene Silencing of siRNA-NES Conjugates, 藤井 政幸, Irmina Dila, Progress in Drug Delivery Systems, Progress in Drug Delivery Systems, 2011, 10, 91, 96,   2011年07月
    概要:siRNA-核外輸送シグナル(NES)ペプチドコンジュゲートを独自に開発した固相フラグメント縮合法により合成し、その細胞内デリバリーおよびRNA干渉効果を評価した。その結果、siRNA-核外輸送シグナル(NES)ペプチドコンジュゲートを市販リポフェクション導入剤を用いて細胞導入し、慢性骨髄性白血病細胞K562細胞に発現するbcr/ablmRNAを最高95%抑制することに成功した。
  • Suppression of Telomerase Activity and Proliferation of Human Cancer Cells by anti-hTERT siRNAs and anti-hTR S-OligoDNA-Signal Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Irmina Diala, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 近畿大学産業理工学部研究報告かやのもり, 14, 2, 5, 21,   2011年02月
    概要:3種類の癌細胞に発現するヒトテロメア伸長逆転写酵素mRNAに対するsiRNAおよびsDNA-シグナルペプチドコンジュゲートを用いてサイレンシングと細胞増殖抑制効果を評価した。
  • Use of Nucleic Acid Analogs for the Study of Nucleic Acid Interactions, 藤井 政幸, 甲南大学FIRST, 甲南大学FIRST, Journal of Nucleic Acids, Journal of Nucleic Acids, 2011, 1, 11,   2011年01月
    概要:シトシンおよびアデニンのアミノ基をアリールウレア基で化学修飾した新規ヌクレオシドを含む核酸アナログのハイブリッド形成特性を熱力学的に解析した。その結果、アリールウレア部位はダングリングエンドにあるときには末端の相手塩基にすたキングして、ハイブリッドを安定化し、中間の位置にあるときには相手塩基部分をフリップアウトさせていることが明らかとなった。
  • Synthesis of and gene silencing by oligonucleotide-peptide conjugates, 藤井 政幸, Peptide Science, Peptide Science, 2010, 380, 380,   2010年10月, 査読有り
  • Highly Enhanced Silencing of bcr/abl Gene by siRNA-NES Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Peptide Science, Peptide Science, 2010, 379, 379,   2010年10月, 査読有り
  • Synthesis of Oligonucleotide-Peptide Conjugates by Solid Phase Fragment Condensation, 藤井 政幸, Peptide Science, Peptide Science, 2010, 381, 381,   2010年10月, 査読有り
  • Controlled Intracellular Delivery and Antisense Inhibition of DNA-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Peptide Science, Peptide Science, 2010, 382, 382,   2010年10月, 査読有り
  • Specific Inhibition of Human Telomerase Activity by siRNA and Phosphorothioate Oligonucleotide-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Peptide Science, Peptide Science, 2010, 383, 383,   2010年10月, 査読有り
  • Synthesis of siRNA-Peptide Conjugates by Solid Phase Fragment Condensation, 藤井 政幸, Irmina Diala, Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, 29「, 8, 546, 547,   2010年08月
    概要:固相フラグメント縮合法によりsiRNA-ペプチドコンジュゲートを効率よく合成することに成功した。
  • Suppression of Telomerase Activity and Proliferation of Cancer Cell Lines by siRNA Targeting hTERT mRNA, 藤井 政幸, Irmina Diala, Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, 29, 8, 542, 543,   2010年08月
    概要:hTERT遺伝子のmRNAを標的とするsiRNAによってがん細胞中に発現するテロメラーゼの活性を抑制することに成功した。
  • Specific Suppression of bcr/abl mRNA by Chemically Modified siRNAs Targeting b3a2 Transcripts, 藤井 政幸, Irmina Diala, 中野修一, 杉本直己, Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, 29, 8, 548, 549,   2010年08月
    概要:bcr/abl遺伝子のb3a2転写産物を標的とした化学修飾ヌクレオシドを組み込んだsiRNAによりbcr/abl遺伝子mRNAのレベルを特異的に抑制することに成功した。
  • Highly Enhanced Silencing Effect by siRNA-Nuclear Eeport Signal Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Irmina Diala, Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, 29, 8, 544, 545,   2010年08月
    概要:siRNA^核外輸送シグナルペプチドコンジュゲートによりヒト慢性コ骨髄性白血病細胞に発現するbcr/abl遺伝子のサイレンシング効果を著しく向上させることができた。
  • 水溶性二官能性エポキシ化合物を用いたポリ(γ-グルタミン酸)の水中での架橋反応, 松本 幸三, 徳 都, 藤井 政幸, 遠藤 剛, 七戸 誠, ネットワークポリマー, ネットワークポリマー, 30, 3, 136, 141,   2009年12月
  • Organic Synthesis and Antisense Effects of Oligonucleotide-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, 村尾聡, Current Organic Chemistry, Current Organic Chemistry, 13, 14, 1366, 1377,   2009年08月
    概要:固相フラグメント縮合法によりオリゴヌクレオチドと任意の配列を持つペプチドとを効率的にコンジュゲートすることに成功し、それを用いてヒト白血病細胞に発現するテロメラーゼを特異的に抑制することに成功した。
  • Synthesis of Cross-linked Poly(?-glutamic acid)s by Using a Water-soluble Difunctional Epoxy Compound, 藤井 政幸, 松本幸三, 遠藤剛, ネットワークポリマー, ネットワークポリマー, 30, 3, 136, 141,   2009年06月
    概要:炭酸水素ナトリウム存在下、ポリ(γ-グルタミン酸)の水溶液にエチレングリコールジグリシジルエーテルを加えて加熱することでポリ(γ-グルタミン酸)内のカルボキシル基とエポキシ基の間にエステル結合を形成させてポリ(γ-グルタミン酸)架橋体ヒドロゲルを合成した。

  • Suppression of bcr-abl mRNA by Chemically Modified siRNA, 藤井 政幸, Irmina Diala, 村尾聡, Nucleic Acids Symp. Ser., Nucleic Acids Symp. Ser., 52, 499, 500,   2008年09月
    概要:新規化学修飾塩基をダングリングエンドに導入したsiRNAによって、ヒト慢性骨髄性白血病細胞に発現するbcr-abl遺伝子を特異的に抑制することに成功した。
  • Antisense Inhibition of Human Telomerase by Phosphorothioate Oligonucleotide-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Irmina Diala, 村尾聡, Nucleic Acids Symp. Ser., Nucleic Acids Symp. Ser., 52, 679, 680,   2008年09月
    概要:ヒトテロメラーゼRNAテンプレートに相補的な配列を有するホスホロチオエートオリゴヌクレオチドに各種シグナルペプチドをコンジュゲートして、がん細胞に発現するテロメラーゼを特異的に阻害することに成功した。
  • 擬似塩基対ヌクレオシドによるDNAの機能化, 藤井 政幸, 上西一也, 岡博仁, 中野修一, 魚谷由紀, 杉本直己, Nucleic Acids Symposium Series, Nucleic Acids Symposium Series, 51, 151, 152,   2007年11月
    概要:擬似ワトソン・クリック塩基対ヌクレオシドを組み入れたDNAの機能化について研究した。
  • 擬似塩基対の塩基対形成能, 藤井 政幸, 上西一也, 中野修一, 杉本直, Nucleic Acids Symposium Series, Nucleic Acids Symposium Series, 51, 71, 72,   2007年11月
    概要:ワトソン・クリック塩基対の擬似ヌクレオシドを組み込んだDNAの塩基対形成能について定量的に解析した。
  • Recognition of the base pair-mimic nucleosides by DNA polymerase, 中野修一, 藤井 政幸, 杉本直樹, Nucleic Acids Research, Nucleic Acids Research, 50, 201, 202,   2006年11月
    概要:擬似ワトソン・クリック塩基対ヌクレオシドをデザインし合成した。その新規人工ヌクレオシドがDNAポリメラーゼにより認識され、DNA中に酵素的に取り込まれることを証明した。(英文)
  • Mechanism of reaction efficiency enhancement in microchannels studied by spectroscopic visualization and numerical simulation, 河濟 博文, 菅野 憲一, 藤井 政幸, AIST, AIST, Micro Total Analysis Systems 2006, Micro Total Analysis Systems 2006, 1336, 1338,   2006年
  • Suppression of bcr/abl chimeric gene by conjugate DNA enzymes in human cells, 藤井 政幸, 大庭英樹, Nucelic Acids Research, Nucelic Acids Research, 49, 333, 334,   2005年09月
    概要:RNA切断活性を有するDNA酵素の5'-末端にシグナルペプチドをコンジュゲートしたコンジュゲートDNA酵素を化学合成し、それを用いてヒト白血病細胞フィラデルフィア染色体に発現するbcr/abl遺伝子を強く抑制することを証明した。(英文)
  • Highly sensitive inhibition of hTERT mRNA expression and telomerase activity by DNA-signal peptide conjugates, 藤井 政幸, 大庭英樹, Nucleic acids Research, Nucleic acids Research, 49, 337, 338,   2005年09月
    概要:DNA-シグナルペプチドコンジュゲートを固相フラグメント縮合法により化学合成し、それによってヒト白血病細胞に発現するヒトテロメア伸長逆転写酵素(hTERT)とテロメラーゼ活性が著しく阻害されることを証明した。
  • Controlled Intracellular Localization and Enhanced Antisense Effect of Oligonucleotides by Chemical Conjugation, 藤井 政幸, 大庭英樹, Organic and Biomolecular Chemistry, Organic and Biomolecular Chemistry, 3, 3257, 3259,   2005年03月
    概要:固相フラグメント縮合法により合成したDNA-シグナルペプチドコンジュゲートにより遺伝子導入剤を用いることなくDNAを細胞内に効率よく導入することができ、かつ、シグナルペプチドを選択することにより、DNAを細胞内の適所(核内および細胞質)に選択的にデリバリーすることができることを証明した。また、ヒトテロメラーゼ鋳型RNA に相補的なDNA-ペプチドコンジュゲートによりテロメラーゼを効率よく阻害できることも立証した。
  • Synthesis, Biological Properties and Antisense Effects of Olionucleotide-Peptide Conjugates., Kubo T, Bakalova R, Zhelev Z, Ohba H, Fujii M, Frontiers in Organic Chemistry, Frontiers in Organic Chemistry, 1, 167, 170,   2005年, 査読有り
  • DNAzymeによる効率的なRNA消化、細胞内取込み向上、局在化, 菅野 憲一, 藤井 政幸, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 15, 1, 167, 170,   2005年01月
  • 精密に制御されたDNA-ペプチドコンジュゲートの細胞内輸送, 菅野 憲一, 藤井 政幸, Nucleic Acids Symposium Series, Nucleic Acids Symposium Series, 48, 99, 100,   2005年
  • シグナルペプチドを使った細胞内オリゴヌクレオチド輸送と遺伝子発現, 菅野 憲一, 藤井 政幸, Nucleic Acids Symposium Series, Nucleic Acids Symposium Series, 48, 303, 304,   2005年
  • Control of intracellular delivery of oligonucleotides by signal peptides and genetic expression in human cells, 藤井 政幸, Nucelic Acids Symp. Ser, Nucelic Acids Symp. Ser, 48, 303, 304,   2004年11月, 査読有り
  • Precisely controlled interacellular delivery of DNA-peptide conjugates, 藤井 政幸, Nucelic Acids Symp. Ser, Nucelic Acids Symp. Ser, 48, 99, 100,   2004年11月, 査読有り
  • Conformational change of a nucleotide by a base-pair mimic nucleoside in the complementary DNA strand, 藤井 政幸, Nucelic Acids Symp. Ser, Nucelic Acids Symp. Ser, 48, 259, 260,   2004年11月, 査読有り
  • Precisely controlled interacellular delivery of DNA-peptide conjugates, 藤井 政幸, 大庭英樹, Nucleic Acids Research, Nucleic Acids Research, 48, 99, 100,   2004年10月
    概要:固相フラグメント縮合法により合成したDNA-ペプチドコンジュゲートを遺伝子導入剤を用いることなくヒト細胞中へ効率よく導入し、かつその細胞核および細胞質への選択的局在化に成功した。
  • Control of intracellular delivery of oligonucleotides by signal peptides and genetic expression in human cells, 藤井 政幸, 大庭英樹, Nucleic Acids Research, Nucleic Acids Research, 48, 303, 304,   2004年10月
    概要:固相フラグメント縮合法により合成したDNA-ペプチドコンジュゲートを用いて遺伝子導入剤を用いないヒト細胞への効率的遺伝子導入と細胞内での局在化および特定の遺伝子発現抑制に成功した。
  • Atypical protein-kinase Cbut neither conventional Ca2+-dependent protein-kinase C isoenzymesnor Ca2+-calmodulin, participates in regulation of telomerase activity in Burkitt's lymphoma cells, 藤井 政幸, Cancer Chemother. Pharmacol, Cancer Chemother. Pharmacol, 54, 161, 172,   2004年09月, 査読有り
  • Atypical protein-kinase C???but neither conventional Ca2+-dependent protein-kinase C isoenzymes?nor Ca2+-calmodulin, participates in regulation of telomerase activity in Burkitt's lymphoma cells, Rumiana Bakalova, 藤井 政幸, 大庭英樹, Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Cancer Chemotherapy and Pharmacology, 54, 161, 172,   2004年02月
    概要:アンチセンスオリゴヌクレオチドによりバーキットリンパ腫細胞中に発現するテロメラーゼ活性を抑制することに成功した。
  • Visualization of Fluidic and Reaction Dynamics in Microchannels, 河濟 博文, 菅野 憲一, 藤井 政幸, A.Muraki, H.Maeda, The first international symposium on micro & nano technology, The first international symposium on micro & nano technology,   2004年
    概要:イクロチップの流路内の流体挙動を,顔料インクの色分析から明らかにする比較的簡便な方法を提案し,流体の混合の様子を解析した。
  • Synthesis and Biological Activity of Phosphorothioate DNA-Peptide Conjugate, 藤井 政幸, Annals, Annals, 2003, 106, 109,   2003年10月, 査読有り
  • Synthesis of DNA-Peptide Conjugate by Solid Phase Fragment Condensation, 藤井 政幸, 金野潤, 久保貴紀, Peptide Science, Peptide Science, 2001, 339, 342,   2002年02月
    概要:固相フラグメント縮合法と称する新規DNA?ペプチドコンジュゲートの合成法を開発した。
  • DNA超分子, 藤井 政幸, 化学と教育, 化学と教育, 50, 2, 3, 6,   2002年02月
    概要:DNA超分子の合成と機能について総説した。
  • A Novel Approach for the Solid Phase Synthesis of DNA Peptide Conjugates, 藤井 政幸, 久保貴紀, Krishna K. Dubey, Peptide Science, Peptide Science, 2000, 23, 26,   2001年
    概要:DNA ペプチドコンジュゲートの新規合成法の開発に成功した。
  • Conformational changes of the phenyl and naphthyl isocyanate-DNA adducts during DNA replication and by minor groove binding molecules, 藤井 政幸, Nucleic Acids Research, Nucleic Acids Research, 41, 18, 8581, 8590,   2013年10月, 査読有り
  • Dynamics and energetics of the base flipping conformation studied with base pair-mimic nucleosides, 藤井 政幸, Biochemistry, Biochemistry, 48, 47, 11304, 11311,   2009年12月, 査読有り
  • Dynamics and energetics of the base flipping conformation studied with base pair-mimic nucleosides, 藤井 政幸, 上西和也, 甲南大学理工学部, 甲南大学理工学部, 甲南大学理工学部, 甲南大学理工学部, Biochemistry, Biochemistry, 48, 47, 11304, 11311,   2009年12月
    概要:ワトソン・クリック塩基対を模倣した新規修飾ヌクレオシドを含むオリゴヌクレオチドが形成する二重鎖における相補鎖の塩基のフリッピングの熱力学パラメーターを評価した。

書籍等出版物

  • 「核酸科学ハンドブック」監修 杉本直己, 藤井 政幸, 分担執筆, 第2部ペプチド核酸コンジュゲート, 講談社サイエンティフク,   2020年01月
  • 中分子医薬開発に資するペプチド・核酸・糖鎖の合成・高機能化技術, 藤井 政幸, 分担執筆, 第9章 核酸コンジュゲートの合成, シーエムシー出版,   2018年02月
  • 第5版マクマリー・生物有機化学, 藤井 政幸, 共訳, 第4章 生化学エネルギーの発生, 丸善,   2018年01月
  • 核酸医薬の創製と応用展開, 藤井 政幸, 分担執筆, 第III編 DDS 第6章 新規ペプチドによるsiRNAの無毒性細胞導入, ㈱シーエムシー出版,   2016年02月
  • 遺伝子治療・診断の最先端技術と新しい医薬品・診断薬の開発, 藤井 政幸, 分担執筆, 6章 遺伝子の導入・改変技術における適切なプロトコールとトラブル回避策, (株)技術情報協会,   2014年05月
  • Non-viral Gene Therapy: Gene Design and Delivery,, Controlled Intracellular Localization of Oligonucleotides by Chemical Conjugation, 藤井 政幸, 大庭英樹, 共著, Springer-Verlag,   2005年05月
    概要:オリゴヌクレオチドを各種機能性化合物とコンジュゲートすることにより遺伝子導入剤を用いることなく効率よく細胞内に導入し、細胞内での局在化を任意に制御できる手法を確立した。
  • Fronteers in Organic Chemistry, Synthesis, Biological Properties, and Antisense Effects of Oligonucleotide-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, 大庭英樹, 共著, Bentham Science Publisher Ltd,   2005年01月
    概要:オリゴヌクレオチドーペプチドコンジュゲートの固相フラグメント縮合法による化学合成、生化学的特性、アンチセンス効果を主にヒト白血病細胞を用いて研究史、従来法に勝る効果を発揮することを立証した。
  • ゲノムケミストリー, 藤井 政幸, 共著, 講談社,   2003年03月
    概要:ゲノム情報の解析、ゲノム情報の人工制御を化学的な見地から行った最新の研究を総合的にまとめた。
  • 異分子コンジュゲート, ゲノムケミストリー(分担執筆),講談社,   2003年
  • J.McMurry, M.Costellion, マクマリー・生物有機化学(共訳) 丸善,   2002年
  • W.H.Brown, ブラウン基本有機化学(共訳) 廣川書店,   1999年

講演・口頭発表等

  • Gapmer ASOおよびsiRNAによるKRAS遺伝子1塩基変異の識別, 藤井 政幸, 日本核酸医薬学会第5回年会,   2019年07月10日
  • Selective Suppression of Mutant KRAS(G12D) Gene by Antisense Oligonucleotides and siRNAs, 藤井 政幸, The 45th International Symposium of Nucleic Acid Chemistry,   2018年11月07日
  • Chemistry and Biology of Nucleic Acid Conjugates as Therapeutic Agents, 藤井 政幸, Advances in Noncanonical Nucleic Acids 2018,   2018年10月25日, 招待有り
  • マルチコンジュゲートアンチセンス核酸のユニバーサル合成, 藤井 政幸, 日本核酸医薬学会第4回年会,   2018年07月09日
  • 核酸マルチコンジュゲートのケモエンザイマティック合成, 藤井 政幸, 第55回化学関連支部合同九州大会,   2018年06月30日
  • A Universal Synthesis of DNA/RNA Multiple Conjugates by Chemo-Enzymatic Approach, 藤井 政幸, 第44回核酸化学国際シンポジウム,   2017年11月14日
  • A Facile Synthesis of DNA/RNA Multiple Conjugates by Chemo-enzymatic Approach, 藤井 政幸, 13th Annual Meeting Oligonucleotide Therapeutics Society,   2017年09月24日
  • Peptide conjugates of oligonucleotide analogues as potential antisense therapeutics, 藤井 政幸, 12th International scientific conference on bioorganic chemistry,   2017年09月18日
  • Chemo-enzymatic approach to the synthesis of oligonucleotide multiple conjugates, 藤井 政幸,   2017年07月24日, 招待有り
  • 核酸マルチコンジュゲートのケモエンザイマティック合成, 藤井 政幸, 第3回日本核酸医薬学会年会,   2017年07月12日
  • 化学修飾siRNAのRNA干渉効果への影響, 藤井 政幸, 第2回日本核酸医薬学会年会,   2016年11月15日
  • A Novel Approach to Multiple DNA/RNA Conjugates, 藤井 政幸, New Generation of RNA-targeting oligonucleotide derivatives as a platform for designing innovative therapeutics, International Research Workshop“ Targeting the RNA World”,   2016年11月01日, 招待有り
  • Effects of Chemical Structure of siRNA on RNA interference, 藤井 政幸, The 2nd International Symposium of Chemistry and Biology of RNA Interference,   2016年09月30日, 招待有り
  • A Novel Synthesis of Multiple RNA Conjugates, 藤井 政幸, 第43 回国際核酸化学シンポジウム,   2016年09月27日
  • A Novel Synthesis of Multiple DNA Conjugates, 藤井 政幸, 第43 回国際核酸化学シンポジウム,   2016年09月27日
  • Chemical Modification and Conjugation of siRNA, 藤井 政幸, New Generation of RNA-targeting oligonucleotide derivatives as a platform for designing innovative therapeutics, International Research Workshop “ Targeting the RNA World”,   2016年07月24日, 招待有り
  • RNA Interference by siRNAs Bearin 5’-Amino-5’-deoxythymidine, 藤井 政幸, XXII International Round Table on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids,   2016年07月18日
  • ミスマッチまたはバルジ構造を有するmiRNA様siRNAの遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 日本核酸医薬学会第1回年会,   2015年11月30日
  • 5’-アミノTを有するsiRNAの遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 日本核酸医薬学会第1回年会,   2015年11月30日
  • Gene Silencing by miRNA-like siRNAs Bearing Mismatches and Bulges, 藤井 政幸, 第42回国際核酸化学シンポジウム,   2015年09月23日
  • Gene Silencing by Chemically Modified siRNAs Bearing Cationic Charge on 5’-End, 藤井 政幸, 第42回国際核酸化学シンポジウム,   2015年09月23日
  • Rational Design of siRNA by Chemical Modification and Conjugation, 藤井 政幸, 11th Oligonucleotide Therapeutic Society Annual Meeting,   2015年09月11日
  • 固相フラグメント縮合法による核酸コンジュゲートの合成, 藤井 政幸, 第9回バイオ関連化学シンポジウム,   2015年09月10日
  • 新規ハイブリッドペプチドによるsiRNAの無毒性細胞内導入, 藤井 政幸, 第9回バイオ関連化学シンポジウム,   2015年09月10日
  • 5’-アミノTを有するsiRNAの遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 第9回バイオ関連化学シンポジウム,   2015年09月10日
  • miRNA様siRNAの遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 第9回バイオ関連化学シンポジウム,   2015年09月10日
  • siRNA-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Targeting the RNA World: Using Chemistry to Understand RNA Biology,   2015年08月24日, 招待有り
  • 化学修飾核酸の新規合成法, 藤井 政幸, 第52回化学関連支部合同九州大会,   2015年06月27日
  • 新規βシート型ハイブリッドペプチドによるsiRNAの無毒性細胞内導入, 藤井 政幸, 第52回化学関連支部合同九州大会,   2015年06月27日
  • ミスマッチ塩基対またはバルジ構造を有するmiRNA様siRNAの遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 第52回化学関連支部合同九州大会,   2015年06月27日
  • カチオン性5’-末端を有するsiRNAの遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 第52回化学関連支部合同九州大会,   2015年06月27日
  • カチオン修飾siRNAによる遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 日本化学会第95春季年会,   2015年03月26日
  • EFFICIENT TRANSFECTION OF SIRNA BY DESIGNED PEPTIDES, 藤井 政幸, The 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry,   2014年11月05日
  • GENE SILENCING BY CATIONIC SIRNA, 藤井 政幸, The 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry,   2014年11月05日
  • siRNA-ペプチド複合体の細胞内導入と遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 第4回CSJ化学フェスタ2014,   2014年10月14日
  • カチオン性siRNAの遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム2014,   2014年09月08日
  • CATIONIC CHARGE ON SIRNA AND RNAI EFFECT, 藤井 政幸, XXI Round Table on Chemical Biology of Nucleic Acids,   2014年08月24日
  • Synthesis and Gene Silencing by siRNA-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, EMBO Conference, Chemical Biology 2014,   2014年08月20日
  • 新規両親媒性ペプチドコンジュゲートによるsiRNAの細胞内導入と遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 第51回化学関連支部合同九州大会,   2014年06月28日
  • 5'-末端修飾siRNAの遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 第51回化学関連支部合同九州大会,   2014年06月28日
  • 核酸コンジュゲートの新規固相フラグメント縮合法, 藤井 政幸, 第51回化学関連支部合同九州大会,   2014年06月28日
  • カチオン電荷を有するsiRNAのサイレンシング効果, 藤井 政幸, 第51回化学関連支部合同九州大会,   2014年06月28日
  • Structure of Human Argonaute2 Protein and Chemically Modified siRNA, 藤井 政幸, 第40回国際核酸化学シンポジウム,   2013年11月13日
  • ヒトアルゴノート2タンパクの機能構造と化学修飾siRNAのサイレンシング効果, 藤井 政幸, CSJ化学フェスタ2013,   2013年10月21日
  • 核酸コンジュゲートを用いる細胞内デリバリー制御と遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 第29回日本DDS学会学術集会,   2013年07月04日
  • 新規ペプチドによるsiRNAの無毒性細胞導入と遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 第29回日本DDS学会学術集会,   2013年07月04日
  • Non-Toxic Delivery and Gene Silencing by siRNA-Peptide Complex, 藤井 政幸, 23rd American Peptide Symposium,   2013年06月22日
  • シグナルペプチドコンジュゲートによるsiRNAの細胞内デリバリーと遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 日本化学会第93春期年会,   2013年03月22日
  • siRNA-ペプチド複合体による細胞内デリバリーと遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 藤明修太郎, 小幡淳一, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム,   2012年11月28日, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム
    概要:両親媒性ペプチド‐siRNA複合体による無毒性細胞内デりバリー法と遺伝子サイレンsにング法を開発した。
  • Specific Delivery of siRNA by Amphiphilic Peptide-Signal Peptide Conjugates, 藤井 政幸, 小幡淳一, 藤明修太郎, 第39回国際核酸化学シンポジウム,   2012年11月, 第39回国際核酸化学シンポジウム
    概要:両親媒性ペプチドとシグナルペプチドとのコンジュゲートによりsiRNAを特異的に細胞内デリバリーする方法を開発した。
  • 核酸とペプチドの機能融合によるbcr/abl遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 藤明修太郎, 小幡淳一, 2012年日本化学会西日本大会,   2012年11月, 2012年日本化学会西日本大会
    概要:アンチセンスDNAおよびsiRNAと機能性ペプチドとのコンジュゲートと新規両親媒性ペプチドとの複合体による効率の高い遺伝子サイレンシング法を開発した。
  • 新規小ペプチドによるsiRNAの無毒性細胞導入, 藤井 政幸, 藤明修太郎, 小幡淳一, 第49回ペプチド討論会,   2012年11月, 第49回ペプチド討論会
    概要:小分子ペプチドとsiRNAとの複合体による無毒性細胞導入法を開発した。
  • Non-toxic Delivery and Gene Silencing by siRNA-Hybrid Peptide Complex, 藤井 政幸, 藤明修太郎, 小幡淳一, 8th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society,   2012年10月, 8th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society
    概要:siRNA-ハイブリッドペプチド複合体を用いる無毒性細胞導入法と遺伝子サイレンシング法を開発した。
  • ペプチド‐siRNA複合体の無毒性細胞導入と遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 藤明修太郎, 第2回CSJ化学フェスタ2012,   2012年10月, 第2回CSJ化学フェスタ2012
    概要:両親媒性ペプチド-siRNA複合体を用いる無毒性細胞導入法と遺伝子サイレンシング法を開発した。
  • 両親媒性ハイブリッドペプチドによるsiRNA特異的無毒性細胞導入, 藤井 政幸, 藤明修太郎, 小幡淳一, 第22回アンチセンスシンポジウム,   2012年09月, 第22回アンチセンスシンポジウム
    概要:両親媒性ハイブリッドペプチドによるsiRNAの無毒性細胞導入法を開発した。
  • Non-toxic delivery of siRNA by amphiphilic peptides and silencing of hTERT, 藤井 政幸, 藤明修太郎, 32nd European Peptide Symposium,   2012年09月, 32nd European Peptide Symposium
    概要:両親媒性ペプチドによるsiRNAの無毒性細胞導入法を開発し、ヒトテロメア伸長逆転写酵素(hTERT)のサイレンシングを評価した。
  • NON-TOXIC INTRACELLULAR DELIVERY AND EFFICIENT GENE SILENCING BY FUNCTIONAL FUSION OF SIRNA AND PEPTIDES, 藤井 政幸, 藤明修太郎, XX International Roundtable on Nucleosides Nucleotides and Nucleic Acids,   2012年08月, XX International Roundtable on Nucleosides Nucleotides and Nucleic Acids
    概要:塩基性ペプチドによるsiRNAの細胞内デリバリー法とsiRNA-シグナルペプチドコンジュゲートとの組み合わせにより、効率的な遺伝子サイレンシング法を開発した。
  • 新規ハイブリッドペプチドによるsiRNAの細胞導入, 藤井 政幸, 藤明修太郎, 行武 陽介, 第49回化学関連支部合同九州大会,   2012年07月, 第49回化学関連支部合同九州大会
    概要:両親媒性ペプチドと各種シグナルペプチドとの新規ハイブリッドペプチドを用いるsiRNAの細胞導入法を開発した。
  • 新規両親媒性ペプチドによるsiRNAの無毒性細胞導入とhTERT遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 池辺 貴彦, 橋本 武志, 第49回化学関連支部合同九州大会,   2012年07月, 第49回化学関連支部合同九州大会
    概要:新規両親媒性ペプチドを用いるsiRNAの無毒性細胞導入法を開発し、ヒトテロメア伸長逆転写酵素(hTERT)のサイレンシングを評価した。
  • 塩基性両親媒性ペプチドと二重鎖核酸との相互作用, 藤井 政幸, 西川 勇輝, 増田 春菜, 松原 愛, 第49回化学関連支部合同九州大会,   2012年07月, 第49回化学関連支部合同九州大会
    概要:塩基性両親媒性ペプチドと2重鎖DNAおよびRNAとの相互作用を円二色性スペクトロメーターにより解析し、その結合様式を明らかにした。
  • 核酸とペプチドの機能融合によるbcr/abl遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 小幡 淳一, 山岡 史典, 第49回化学関連支部合同九州大会,   2012年04月, 第49回化学関連支部合同九州大会
    概要:アンチセンスDNAおよびsiRNAと機能性ペプチドとのコンジュゲートを用いて、ヒト慢性骨髄性白血病細胞に発現するbcr/abl遺伝子のサイレンシング効果を評価した。
  • siRNA-ペプチド機能融合によるデリバリー、遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 藤明修太郎, 日本薬学会第132年会,   2012年03月, 日本薬学会第132年会
    概要:siRNAと機能性ペプチドとのコンジュゲートを用いる細胞内デリバリー法を開発し、遺伝子サイレンシング法に応用した。
  • ペプチドと核酸の機能融合による細胞内デリバリーと遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 藤明修太郎, 日本化学会第92回春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92回春季年会
    概要:siRNAをシグナルペプチドで修飾し、さらに両親媒性ペプチドと複合体を形成させることにより、細胞内へのデリバリを可能とし、標的の遺伝子をサイレンシングする方法を開発した。
  • 両親媒性ペプチドによるsiRNAの無毒性細胞内デリバリーとhTERTサイレンシング, 藤井 政幸, 藤明修太郎, 日本化学会第92回春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92回春季年会
    概要:両親媒性ペプチドを用いるsiRNAの無毒性細胞内デリバリー法を開発し、ヒトテロメア伸長逆転写酵素(hTERT)の発現制御を評価した。
  • Specific Delivery of siRNA by Hybrid Peptides and Silencing of hTERT, 藤井 政幸, Irmina Diala, 11thUS-Japan Symposium on Drug Delivery System,   2011年12月, 11thUS-Japan Symposium on Drug Delivery System
    概要:ハイブリッドペプチドを用いるsiRNAの細胞内デリバリー法の開発とヒトテロメア伸長逆転写酵素(hTERTmRNAのサイレンシング効果を評価した。
  • Specific Delivery of siRNA by Hybrid Peptides and Silencing of hTERT, 藤井 政幸, Irmina Diala, 第38回核酸化学シンポジウム,   2011年11月, 第38回核酸化学シンポジウム
    概要:ハイブリッドペプチドを用いるsiRNAの細胞内デリバリー法の開発とヒトテロメラーゼ伸長逆転写酵素(hTERT)mRNAのサイレンシング効果を評価した。
  • siRNA-NESコンジュゲートの合成、デリバリー、遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, Irmina Diala, 第20回DDSカンファランス,   2011年09月, 第20回DDSカンファランス
    概要:siRNA-核外輸送シグナル(NES)ペプチドコンジュゲートを独自の固相フラグメント縮合法により合成し、竿の細胞内へのデリバリーおよび遺伝子サイレンシング効果を評価した。
  • NON-TOXIC DELIVERY OF siRNA BY HYBRID PEPTIDES AND SILENCING OF hTERT, 藤井 政幸, Irmina Diala, 核酸治療学会 7th Oligonucleotide Therapeutic Society Meeting,   2011年09月, 核酸治療学会 7th Oligonucleotide Therapeutic Society Meeting
    概要:両親媒性ペプチドによるsiRNAの無毒性細胞内デリバリーとヒトテロメア伸長逆転写酵素mRNAのサイレンシング効果を評価した。
  • Suppression of bcr/abl gene expression by siRNA conjugates, 藤井 政幸, Diala Irmina, 6th Cambridge Symposium,   2011年09月, 6th Cambridge Symposium
    概要:siRNAとシグナルペプチドとのコンジュゲートにより慢性骨髄性白血病細胞K562に発現するbcr/abl遺伝子の抑制効果を評価した。
  • 核酸とペプチドの機能融合による細胞内局在化制御と遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, RNAi研究会シンポジウム,   2011年08月, RNAi研究会シンポジウム
    概要:アンチセンスDNAおよびsiRNAとシグナルペプチドとのコンジュゲート体を独自の固相合成法により合成し、その細胞内デリバリー、遺伝子サイレンシング効果を評価した。
  • siRNA-NESペプチドコンジュゲートの固相合成と遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 清竹 俊輔, 藤明 修太郎, 第48回化学関連九州山口支部合同大会,   2011年07月, 第48回化学関連九州山口支部合同大会
    概要:siRNA-NESペプチドコンジュゲートを独自に開発した固相フラグメント縮合法により合成し、遺伝子サイレンシング技術に応用した。
  • ペプチド‐糖コンジュゲートの固相合成, 藤井 政幸, 赤城 雄一, 亀井 拓哉, 玉城 龍一, 第48回化学関連九州山口支部合同大会,   2011年07月, 第48回化学関連九州山口支部合同大会
    概要:ペプチドと糖鎖とのコンジュゲート体の固相合成法について検討した。
  • 酵素的固相ペプチド合成法の開発 リパーゼによる固相担体からの切り出し反応における加速効果, 藤井 政幸, 赤城雄一, 青島 大祐, 山本 裕太, 第48回化学関連九州山口支部合同大会,   2011年07月, 第48回化学関連九州山口支部合同大会
    概要:酵素を用いる固相ペプチド合成法の開発を目的として、リパーゼによる固相担体からの切り出し反応における加速効果につて検討し、有機溶媒、超音波照射、マイクロ波照射、イオン性液体などにより反応が加速されることを見出した。
  • siRNA-NESコンジュゲートによる bcr/abl遺伝子発現制御, 藤井 政幸, Irmina Diala, 第6回日本ケミカルバイオロジー学会年会,   2011年05月, 第6回日本ケミカルバイオロジー学会年会
    概要:siRNA-NESコンジュゲートを用いて慢性骨髄性白血病細胞K562に発現するbcr/abl遺伝子を最高95%抑制することに成功した。
  • Specific Inhibition of Human Telomerase Activity by siRNA and Phosphorothioate Oligonucleotide-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Irmina Diala, The 5th International Peptide Symposium,   2010年12月, The 5th International Peptide Symposium
    概要:siRNAおよびホスホロチオエートオリゴヌクレオチド-ペプチドコンジュゲートによるヒトテロメラーゼ阻害効果を評価した。
  • Controlled Intracellular Delivery and Antisense Inhibition of DNA-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Irmina Diala, The 5th International Peptide Symposium,   2010年12月, The 5th International Peptide Symposium
    概要:DNA-ペプチドコンジュゲートの細胞内デリバリー制御とアンチセンス阻害効果をヒト白血病細胞および子宮頸がん細胞を用いて評価した。
  • Synthesis of Oligonucleotide-Peptide Conjugates by Solid Phase Fragment Condensation, 藤井 政幸, 青島大祐, 赤城雄一, Irmina Diala, The 5th International Peptide Symposium,   2010年12月, The 5th International Peptide Symposium
    概要:固相フラグメント縮合法によりオリゴヌクレオチド-ペプチドコンジュゲートの合成に成功した。
  • Highly Enhanced Silencing of bcr/abl Gene by siRNA-NES Peptide Conjugates, 藤井 政幸, 赤城雄一, The 5th International Peptide Symposium,   2010年12月, The 5th International Peptide Symposium
    概要:siRNA-NESペプチドコンジュゲートによりbcr/abl遺伝子を高い効率でサイレンシングすることに成功した。
  • Synthesis of and gene silencing by oligonucleotide-peptide conjugates, 藤井 政幸, The 5th International Peptide Symposium,   2010年12月, The 5th International Peptide Symposium
    概要:オリゴヌクレオチド-ペプチドコンジュゲートの合成とそれによる遺伝子サイレンシング効果を評価した。
  • siRNA-NESペプチドコンジュゲートの合成、デリバリー、サイレンシング効果, 藤井 政幸, 赤城雄一, Irmina Diala, 第20回アンチセンスシンポジウム,   2010年12月, 第20回アンチセンスシンポジウム
    概要:siRNA-NESコンジュゲートを固相フラグメント縮合法により合成し、その細胞内デリバリー遺伝子サイレンシング効果を評価した。
  • Synthesis and Silencing Effect of siRNAs-NES Conjugates, 藤井 政幸, Irmina Diala, The 11th International Kyoto Conference on New Aspect of Organic Chemistry,   2010年11月, The 11th International Kyoto Conference on New Aspect of Organic Chemistry
    概要:siRNA-NESコンジュゲートを固相フラグメント縮合法により合成し、ヒト白血病細胞中に発現するbcr/abl遺伝子を特異的に抑制することに成功した。
  • Specific Inhibition of Human Telomerase Activity by siRNA and Phosphorothioate Oligonucleotide-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Irmina Diala, The 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society,   2010年11月, The 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society
    概要:ヒトテロメラーゼの発現をsiRNAおよびホスホロチオエートオリゴヌクレオチド-ペプチドコンジュゲートにより特異的に抑制することに成功した。
  • Synthesis, Controlled Intracellular Delivery and Antisense Inhibition of DNA-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Irmina Diala, The 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society,   2010年11月, The 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society
    概要:固相フラグメント縮合法により合成した。DNA-ペプチドコンジュゲートは細胞内の特定の部位に局在化し、特定の遺伝子の発現を強く抑制することを明らかにした。
  • Highly Enhanced Silencing Effect by siRNA-NES Peptide Conjugates, 藤井 政幸, Irmina Diala, The 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society,   2010年11月, The 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society
    概要:固相フラグメント縮合法により合成したsiRNA-NESペプチドコンジュゲートにより、ヒト白血病細胞中に発現するbcr/abl遺伝子を著しく強く抑制することに成功した。
  • Synthesis of siRNA-Peptide Conjugates by Solid Phase Fragment Condensation, 藤井 政幸, Irmina Diala, The 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society,   2010年11月, The 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society
    概要:固相フラグメント縮合法によりsiRNA-ペプチドコンジュゲートを合成した。
  • 酵素的固相ペプチド合成法の開発(3)リパーゼによる固相担体からの切り出しにおけるマイクロ波照射の効果, 藤井 政幸, 第47回化学関連支部合同九州大会,   2010年07月, 第47回化学関連支部合同九州大会
    概要:酵素的固相ペプチド合成法の開発を目的として、リパーゼによる固相担体からの切り出し反応におけるマイクロ波および超音波照射の効果を検討した。
  • 酵素的固相ペプチド合成法の開発(2)イオン性液体中でのリパーゼによる固相担体からの切り出し, 藤井 政幸, 第47回化学関連支部合同九州大会,   2010年07月, 第47回化学関連支部合同九州大会
    概要:酵素的固相ペプチド合成法の開発を目的としてイオン性液体中でのリパーゼによる固相担体からの切り出しを検討した。
  • 酵素的固相ペプチド合成法の開発(1) リパーゼによる固相担体からの切り出し, 藤井 政幸, 第47回化学関連支部合同九州大会,   2010年07月, 第47回化学関連支部合同九州大会
    概要:固相ペプチド合成における切り出し反応をリパーゼによる加水分解反応によって行った。
  • 化学修飾siRNAによるbcr/abl遺伝子サイレンシング, 藤井 政幸, 第90回日本化学会春季年会,   2010年03月, 第90回日本化学会春季年会
    概要:新規修飾塩基を含む化学修飾siRNAを合成し、ヒト白血病細胞中のbcr/abl遺伝子を特異的にサイレンシングすることに成功した。
  • Synthesis and Silencing Effect of Chemically Modified siRNA, 藤井 政幸, 村尾聡, Irmina Diala, 九州大学,   2009年11月, 九州大学
    概要:ダングリングエンドを化学修飾した新規siRNAを合成し、ヒト白血病細胞に発現するbcr/abl遺伝子を特異的に抑制することに成功した。
  • 鎖交換を利用する遺伝子変異のFRET検出, 藤井 政幸, 第46回化学関連支部合同九州大会,   2009年07月, 第46回化学関連支部合同九州大会
  • 固相フラグメント縮合法による核酸-糖鎖コンジュゲート合成, 藤井 政幸, 第46回化学関連支部合同九州大会,   2009年07月, 第46回化学関連支部合同九州大会
  • 化学合成核酸コンジュゲートの細胞内局在化制御, 藤井 政幸, 第46回化学関連支部合同九州大会,   2009年07月, 第46回化学関連支部合同九州大会
  • 新規化学修飾siRNAの合成と遺伝子サイレンシング効果, 藤井 政幸, 第46回化学関連支部合同九州大会,   2009年07月, 第46回化学関連支部合同九州大会
  • 新規イミダゾール系熱潜在性硬化剤の開発とエポキシ硬化系への応用, 藤井 政幸, 上西和也, 遠藤剛, 第58回日本高分子学会年次大会,   2009年05月, 第58回日本高分子学会年次大会
  • 熱解離を駆動力とするイミダゾール系熱潜在性開始剤の開発, 藤井 政幸, 上西和也, 遠藤剛, 精密ネットワークポリマー研究会 第2回若手シンポジウム,   2009年03月, 精密ネットワークポリマー研究会 第2回若手シンポジウム
  • Suppression of bcr/abl mRNA by chemically modified siRNA, 藤井 政幸, XVIII International Round Table on Nucleosides, Nucleotides & Nucleic Acids,   2008年09月, XVIII International Round Table on Nucleosides, Nucleotides & Nucleic Acids
    概要:新規化学修飾ヌクレオシドをダングリングエンドに取り込んだsiRNAによってヒト慢性骨髄性白血病細胞に発現するbcr/abl遺伝子を従来法よりも強く抑制することに成功した。
  • Antisense inhibition of human telomerase by Phosphorothioate oligonucleotide-peptide conjugates, 藤井 政幸, XVIII International Round Table on Nucleosides, Nucleotides & Nucleic Acids,   2008年09月, XVIII International Round Table on Nucleosides, Nucleotides & Nucleic Acids
    概要:ホスホロチオエートオリゴヌクレオチド-核局在化シグナルペプチドコンジュゲートを用いてヒト急性リンパ性白血病細胞に発現するテロメラーゼを従来法を格段に上回る効率で抑制することに成功した。
  • 鎖交換による遺伝子変異検出法, 藤井 政幸, 大上博子, 岡本小百合, 村尾聡, 第45回化学関連支部合同九州大会,   2008年07月, 第45回化学関連支部合同九州大会
    概要:蛍光色素と消光剤で標識した2重鎖DNAプローブを用いて遺伝子変異を特異的に検出する方法を開発することに成功した。
  • アンチセンスペプチド-DNAコンジュゲートによるテロメラーゼ阻害, 藤井 政幸, Irmina Diala, 村尾聡, 第45回化学関連支部合同九州大会,   2008年07月, 第45回化学関連支部合同九州大会
    概要:アンチセンスDNA-ペプチドコンジュゲートを合成し、それを用いてヒトがん細胞に発現するテロメラーゼを特異的に阻害することに成功した。
  • 細胞内精密デリバリー制御のためのDNA/RNA-ペプチドコンジュゲートの合成, 藤井 政幸, 大庭英樹, 遺伝子・デリバリー研究会第7回シンポジウム,   2007年05月, 遺伝子・デリバリー研究会第7回シンポジウム
    概要:遺伝子導入剤を用いない細胞内精密遺伝子導入法のために固相フラグメントを拡張してさまざまな構造のDN/RNA コンジュゲートの合成に成功した。
  • Synthesis, Controlled Delivery and Antisense Effects of Oligonucleotide-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, 大庭英樹, 膜透過ペプチド国際ミニシンポジウム,   2006年11月, 膜透過ペプチド国際ミニシンポジウム
    概要:オリゴヌクレオチドの固相フラグメント縮合法による化学合成、細胞内への選択的デリバリー、アンチセンス効果について検討した。
  • Antisense Inhibition of Human Telomerase by Phosphorothioate Oligonucleotide-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第16回アンチセンスシンポジウム,   2006年11月, 第16回アンチセンスシンポジウム
    概要:固相フラグメント縮合法により化学合成したホスホロチオエートオリゴヌクレオチドーペプチドコンジュゲートを用いてヒトテロメラーゼをアンチセンス阻害することに成功した。
  • 多価陽イオン性新規遺伝子導入剤の開発, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第43回化学関連支部合同九州大会,   2006年07月, 第43回化学関連支部合同九州大会
    概要:多価陽イオン性界面活性剤を用いて新規遺伝子導入剤を開発した。
  • 芳香族多価陽イオン性新規遺伝子導入剤の開発, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第43回化学関連支部合同九州大会,   2006年07月, 第43回化学関連支部合同九州大会
    概要:芳香族骨格を有する多価陽イオン性界面活性剤を用いて新規遺伝子導入剤を開発した。
  • 芳香族陽イオン性新規遺伝子導入剤の開発, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第43回化学関連支部合同九州大会,   2006年07月, 第43回化学関連支部合同九州大会
    概要:芳香族骨格を有する2価陽イオン性界面活性剤を用いて新規遺伝子導入剤を開発した。
  • 陽イオン性新規遺伝子導入剤の開発, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第43回化学関連支部合同九州大会,   2006年07月, 第43回化学関連支部合同九州大会
    概要:2価陽イオン性界面活性剤を用いて新規遺伝子導入剤を開発した。
  • Specific Suppression of Bcr/abl Gene in Human Cells by synthetic DNA Enzymes, 藤井 政幸, 大庭英樹, The Fukuoka Symposium, New Horizon of Natural Product and Biological Chemistries,   2006年07月, The Fukuoka Symposium, New Horizon of Natural Product and Biological Chemistries
    概要:固祖フラグメント縮合法により化学合成したDNAエンザイムを用いてヒト細胞中でbcr/abl遺伝子の特異的発現制御に成功した。
  • ビーズ埋めこみ型PMMA製マイクロチャンネルの作成と濃度勾配形成, 菅野 憲一, 藤井 政幸, 第43回化学関連支部合同九州大会,   2006年07月, 第43回化学関連支部合同九州大会
    概要:マイクロ空間の特性を生かし、微量成分の分離を行う装置の開発研究に関する発表
  • 新規芳香族性多価陽イオン遺伝子導入剤, 藤井 政幸, 大庭英樹, 遺伝子・デリバリー研究会第6回シンポジウム,   2006年05月, 遺伝子・デリバリー研究会第6回シンポジウム
    概要:芳香族骨格を有する新規多価陽イオン性遺伝子導入剤を合成し、ヒト白血病細胞、HeLa細胞を用いて細胞導入性を共焦点レーザ蛍光顕微鏡、およびフローサイトメーターを用いて解析した。
  • 新規多価陽イオン遺伝子導入剤, 藤井 政幸, 大庭英樹, 遺伝子・デリバリー研究会第6回シンポジウム,   2006年05月, 遺伝子・デリバリー研究会第6回シンポジウム
    概要:新規多価陽イオン性遺伝子導入剤を合成し、ヒト白血病細胞、HeLa細胞を用いて細胞導入性を共焦点レーザ蛍光顕微鏡、およびフローサイトメーターを用いて解析した。
  • ヒト細胞中でのオリゴヌクレオチドコンジュゲートによるデリバリー制御とジーンサイレンシング, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会年会
    概要:固相フラグメント縮合法により化学合成したオリゴヌクレオチドーペプチドコンジュゲートを用いてヒト白血病細胞への精密デリバリー制御と特定遺伝子の発現抑制に成功した。
  • PMMA製マイクロチャンネルの表面修飾と物質の分離, 菅野 憲一, 藤井 政幸, 日本化学会西日本大会,   2005年10月, 日本化学会西日本大会
    概要:物質分離を目的としたマイクロリアクター構造を設計し、酸、アルカリなどの濃度勾配形成を調べた。
  • Highly sensitive inhibition of hTERT mRNA exression and telomerase activity by DNA-signal peptide conjugates, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第4回 国際核酸化学シンポジウム,   2005年09月, 第4回 国際核酸化学シンポジウム
    概要:固相フラグメント縮合法により化学合成したDNA-シグナルペプチドコンジュゲートによりヒト白血病細胞中に発現するhTERT遺伝子とテロメラーゼの抑制に成功した。
  • Supppression of bcr/abl chimeric gene by conjugate DNA enzymes in human cells, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第4回 国際核酸化学シンポジウム,   2005年09月, 第4回 国際核酸化学シンポジウム
    概要:RNA切断活性を有するDNAエンザイムに固相フラグメント縮合法によりDNAエンザイムーペプチドコンジュゲートを化学合成し、ヒト白血病細胞中に発現するbcr/abl遺伝子を特異的に抑制することに成功した。
  • Suppression of Genetic Expression by Oligonucleotides Conjugates, 藤井 政幸, 大庭英樹, The 8th SPSJ International Polymer Conference,   2005年09月, The 8th SPSJ International Polymer Conference
    概要:固相フラグメント縮合法により合成したオリゴヌクレオチドーペプチドコンジュゲートにより特定の遺伝子発現を抑制することに成功した。
  • コンジュゲートDNAエンザイムによるヒト細胞内遺伝子発現制御, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第42回化学関連支部合同九州大会,   2005年07月, 第42回化学関連支部合同九州大会
    概要:固相フラグメント縮合法によりRNA切断活性を有するDNAエンザイムに機能性ペプチドをコンジュゲートしヒト白血病細胞に発現する遺伝子を特異的に抑制することに成功した。
  • PMMA microchannel reactor;chemical modification and immobilization of enzyme, 菅野 憲一, 藤井 政幸, The 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2005),   2005年07月, The 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2005)
    概要:物質分離を行うためのマイクロチャンネルの設計。PMMA表面への官能基導入を検討した。
  • マイクロチャンネルによる分離技術の開発, 菅野 憲一, 藤井 政幸, 第42回化学関連支部合同九州大会,   2005年07月, 第42回化学関連支部合同九州大会
    概要:溶質分離を目的としたマイクロチャンネルの設計
  • オリゴヌクレオチドコンジュゲートの細胞内デリバリー制御とアンチセンス特性, 藤井 政幸, 大庭英樹, 遺伝子・デリバリー研究会第5回シンポジウム,   2005年05月, 遺伝子・デリバリー研究会第5回シンポジウム
    概要:固相フラグメント縮合法を用いて化学合成したオリゴヌクレオチドコンジュゲートの細胞内デリバリー制御と特定遺伝子のアンチセンス抑制に成功した。
  • PMMA製マイクロチャンネル表面の化学修飾による機能化, 菅野 憲一, 藤井 政幸, 第11回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,   2005年05月, 第11回化学とマイクロ・ナノシステム研究会
    概要:PMMA製マイクロチャンネル表面をカチオン化など、種々の化学修飾を試み、チャンネル内を流した溶質の濃度勾配形成を調べた。
  • コンジュゲートDNAエンザイムによるヒト細胞中での遺伝子発現抑制効果, 藤井 政幸, 大庭英樹, 日本化学会第85春季年会,   2005年03月, 日本化学会第85春季年会
    概要:RNA切断活性を有するDNAエンザイムに固相フラグメント縮合法を用いて機能性ペプチドをコンジュゲートし、ヒト白血病細胞中で特定の遺伝子発現を抑制することに成功した。
  • コンジュゲートDNAエンザイムの細胞導入と遺伝子発現抑制効果, 藤井 政幸, 大庭英樹, 日本化学会第85春季年会,   2005年03月, 日本化学会第85春季年会
    概要:RNA切断活性を有するDNAエンザイムに固相フラグメント縮合法を用いてシグナルペプチドをコンジュゲートし、ヒト細胞内で特異的にbcr/abl遺伝子の発現を抑制することに成功した。
  • DNA-ペプチドコンジュゲートの細胞内デリバリー, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第14回アンチセンスシンポジウム,   2004年12月, 第14回アンチセンスシンポジウム
    概要:固相フラグメント縮合法により化学合成したDNA-ペプチドコンジュゲートの細胞内精密デリバリー法の開発に成功した。
  • シグナルペプチドによるオリゴヌクレオチドの細胞内デリバリー制御とヒト細胞中における遺伝子発現制御, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第31回核酸化学シンポジウム,   2004年11月, 第31回核酸化学シンポジウム
    概要:シグナルペプチドを固相フラグメント縮合法によりオリゴヌクレオチドにコンジュゲート氏、細胞内でのデリバリー制御を行うとともにヒト白血病細胞中で遺伝子発現を抑制することに成功した。
  • DNA-ペプチドコンジュゲートの精密細胞内デリバリー, 藤井 政幸, 大場英樹, 第31回核酸化学シンポジウム,   2004年11月, 第31回核酸化学シンポジウム
    概要:固相フラグメント縮合法により化学合成したDNA-ペプチドコンジュゲートを用いて遺伝子導入剤を用いない精密細胞内デリバリー法の開発に成功した。
  • DNA二重鎖に導入した擬塩基対ヌクレオシドによる相補鎖ヌクレオチドの構造変化, 藤井 政幸, 杉本直己, 中野修一, 第31回核酸化学シンポジウム,   2004年11月, 第31回核酸化学シンポジウム
    概要:デザイン、合成した擬似ワトソンクリック塩基対を組み入れたDNA二重鎖中の相補鎖ヌクレオチドの構造変化について分光学的に解明した。
  • 生体分子合成のためのマイクロリアクター, 菅野 憲一, 藤井 政幸, 高分子学会,   2004年11月, 高分子学会
    概要:マイクロリアクターの設計と、微小空間における有機合成についての依頼講演
  • The development of the amino acid sensor, 菅野 憲一, 藤井 政幸, 16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists,   2004年11月, 16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists
    概要:センサーへの酵素修飾と、バイオセンサーによるアミノ酸分析を報告
  • Development of sugar coloring matter and lectin response, 菅野 憲一, 藤井 政幸, 16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists,   2004年11月, 16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists
    概要:指示薬などに用いられるフェノールフタレインなどへの糖鎖修飾を行った。
  • Enhanced catalytic efficiency of conjugate DNAzymes, 藤井 政幸, 大庭英樹, XVI International Round Table "Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids",   2004年09月, XVI International Round Table "Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids"
    概要:固相フラグメント縮合法により合成したDNAエンザイムーペプチドコンジュゲートを用いてRNA切断活性を向上させることに成功した。
  • Highly efficient inhibition of human telomerase by antisense oligonucleotide-peptide conjugates, 藤井 政幸, 大庭英樹, XVI International Round Table "Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids",   2004年09月, XVI International Round Table "Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids"
    概要:固相フラグメント縮合法により化学合成したアンチセンスオリゴヌクレオチドーペプチドコンジュゲートによりヒトテロメラーゼを遺伝子導入剤を用いることなく効率よく阻害することに成功した。
  • コンジュゲートDNAエンザイムによるRNA切断, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
    概要:RNA切断活性を有するDNAエンザイムに機能性ペプチドをコンジュゲートし、RNA切断活性を向上させることに成功した。
  • DNA結合性ベータシートペプチドのデザインと合成, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
    概要:二本鎖DNAに特異的に結合するベータシート構造を有するカチオン性両親媒性ペプチドをデザイン、合成し、DNA結合能と安定化能を分光学的に評価した。
  • 機能性ペプチドによるオリゴヌクレオチドの細胞内デリバリー制御, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
    概要:固相フラグメント縮合法により合成したオリゴヌクレオチドとシグナルペプチドを用いて細胞内背の精密なデリバリー制御法を開発した。
  • DNAコンジュゲートによる細胞内デリバリー制御, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
    概要:DNA-シグナルペプチドコンジュゲートを利用して遺伝子導入剤を用いない新規遺伝子導入法と細胞内での局在化制御法を開発した。
  • DNAコンジュゲートによるミスマッチ塩基対認識, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
    概要:DNA-ポリアミン、カチオン性ペプチドコンジュゲートを利用してDNAにノン差のミスマッチ配列を認識した特異的安定化効果について詳細を明らかにした。
  • DNAコンジュゲートによる鎖交換反応, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
    概要:DNAと機能性分子のコンジュゲートを利用してミスマッチ配列を認識した2本鎖DNAの鎖交換反応の開発に成功した。
  • コンジュゲートオリゴヌクレオチドによる遺伝子発現制御, 藤井 政幸, 大庭英樹, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
    概要:DNA-シグナルペプチドコンジュゲートを用いる新しい遺伝子発現制御法を開発することに成功した。
  • マイクロ空間を利用した分離・抽出に関する基礎的研究, 菅野 憲一, 藤井 政幸, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
    概要:金属製マイクロチャンネルの流路片側表面を化学修飾し、中を流れる溶質の濃度勾配形成を調べた。
  • マイクロ空間を利用したグリコシド化反応, 菅野 憲一, 藤井 政幸, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
    概要:マイクロ空間においては、物質の移動が効率よく行われたり、放熱が効率よく行われたり、様々な利点があるため、マイクロ空間でグリコシル化反応を行い、フラスコでの反応と比較した。
  • Controlled Intracellular Delivery of Oligonucleotide-Peptide Conjugates and Antisense Inhibition of Human Telomerase, 藤井 政幸, 大庭英樹, 7th World Biomaterial Congress,   2004年05月17日, 7th World Biomaterial Congress
    概要:固相フラグメント縮合法により化学合成したアンチセンスオリゴヌクレオチドーペプチドコンジュゲートを用いてヒトテロメラーゼ活性を阻害することに成功した。
  • Precisely Controlled Intracellular Delivery and Localization of DNA-Peptide Conjugates, 藤井 政幸, 大庭英樹, 7th World Biomaterial Congress,   2004年05月, 7th World Biomaterial Congress
    概要:固相フラグメント縮合法により化学合成したDNA-ペプチドコンジュゲートを用いて、精密な細胞内での局在化制御に成功した。
  • コンジュゲート核酸を用いる新しい標的遺伝子ノックダウン法, 藤井 政幸, 兵庫バイオテクノロジー研究会特別講演会,   2004年05月, 兵庫バイオテクノロジー研究会特別講演会
    概要:DNA/RNAと各種機能性分子とのコンジュゲートを用いる新しい遺伝子ノックダウン法についての研究成果を講演した。
  • シグナルペプチドによるオリゴヌクレオチドの細胞内デリバリー制御と遺伝子発現抑制, 藤井 政幸, 大庭英樹, 遺伝子デリバリー研究会シンポジウム,   2004年05月, 遺伝子デリバリー研究会シンポジウム
    概要:各種シグナルペプチドをオリゴヌクレオチドにコンジュゲートし、遺伝子導入剤を用いない遺伝子導入と細胞内での局在化制御に成功した。
  • Characterization of oligonucleotide conjugates, affinities, cellular uptake, nuclease resistance, intracellular localization and antisense inhibition, 藤井 政幸, 大庭英樹, XVI International Round Table "Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids",   2004年04月, XVI International Round Table "Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids"
    概要:固相フラグメント縮合法により化学合成したオリゴヌクレオチドコンジュゲートの親和性、細胞導入、ヌクレアーゼ耐性、細胞内局在化、アンチセンス阻害効果について検討した。
  • コンジュゲートDNA による細胞内局在化制御とアンチセンス特性, 藤井 政幸, 第13 回アンチセンスシンポジウム(吹田),   2003年12月, 第13 回アンチセンスシンポジウム(吹田)
    概要:DNA シグナルペプチドによる細胞内局在化制御とヒトテロメラーゼおよびチロシンキナーゼに対するアンチセンス効果について検討した。
  • アンチセンスコンジュゲートDNA によるヒトテロメラーゼ阻害, 藤井 政幸, 第13 回アンチセンスシンポジウム(吹田),   2003年12月, 第13 回アンチセンスシンポジウム(吹田)
    概要:コンジュゲート型アンチセンスDNA による急性リンパ性白血病細胞に発現するテロメラーゼ阻害について評価した。
  • Investigation of Micro-Separation Channel for Organic Synthesis, 菅野 憲一, 藤井 政幸, Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists,   2003年11月, Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists
    概要:金属製マイクロチャンネル表面の化学修飾と溶質の分離
  • Organic Carbohydrate Synthesis in Microspace, 菅野 憲一, 藤井 政幸, 15th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists in Saga, Saga University, Japan,   2003年11月, 15th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists in Saga, Saga University, Japan
    概要:マイクロチャンネル構造の加工と、その中での有機合成反応について。
  • Development of Novel Linkers in Solid Mrase Fragment Condeusation, 藤井 政幸, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡),   2003年11月, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡)
    概要:固相フラグメント縮合法を利用するDNA コンジュゲート合成のための新規リンカーの開発について検討した。
  • Conjugate DNA zymes, 藤井 政幸, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡),   2003年11月, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡)
    概要:コンジュゲート型DNA エンザイムについて、そのRNA 切断活性および遺伝子発現抑制効果について評価した。
  • Selective Protection and Deprotection of Sagars in μ .Reactor, 藤井 政幸, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡),   2003年11月, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡)
    概要:マイクロチャネルリアクターを利用する糖分子の選択的保護 脱保護について検討した。
  • Acceleration of Amide Boud Formation in μ .Reactor, 藤井 政幸, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡),   2003年11月, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡)
    概要:マイクロチャネルリアクターを利用するアミド結合形成反応について速度論的に解析した。
  • Seguence Specific Recognition of Double Stranded DNA by Strand Invading DNA Conjugates, 藤井 政幸, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡),   2003年11月, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡)
    概要:鎖侵入をおこすDNA コンジュゲートを利用した二本鎖DNA の塩基配列特異的認識について検討した。
  • Control of Intracellular Delivery of Oligonucleotide by DNA Conjugates, 藤井 政幸, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡),   2003年11月, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡)
    概要:DNA ペプチドコンジュゲートを利用した細胞内のデリバリー制御について検討した。
  • Solution Phase Peptide Synthesis in Micro Channel Reactor, 藤井 政幸, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡),   2003年11月, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡)
    概要:マイクロチャネルリアクターを利用するペプチドの連続液相合成法の開発について検討した。
  • PCR with DNA Conjugate Primers and Gene Delivery, 藤井 政幸, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡),   2003年11月, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡)
    概要:DNA コンジュゲートをプライマーとするPCR 反応とその遺伝子導入について検討した。
  • Synthesis of Multifunctional DNA Conjugates by Solid Phase Fragment Condensation, 藤井 政幸, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡),   2003年11月, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡)
    概要:固相フラグメント縮合法を利用する多機能集積型DNA コンジュゲートの合成について検討した。
  • Intracellular Delivery and Antisense Effects of DNA.Peptide Conjugates, 藤井 政幸, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡),   2003年11月, 第15 回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー(福岡)
    概要:DNA シグナルペプチドを利用した細胞内局在化制御をアンチセンス阻害効果について評価した。
  • Control of Intracellular Delivery and Inhibition of Genetic Expression by DNA.Peptide Conjugates, 藤井 政幸, 3rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry,   2003年09月, 3rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry
    概要:DNA ペプチドコンジュゲートの細胞内デリバリー制御を遺伝子発現阻害効果について評価した。
  • Antisense Effects of DNA.Deptide Conjugates, 藤井 政幸, 3rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry(札幌),   2003年09月, 3rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry(札幌)
    概要:DNA ペプチドコンジュゲートを利用したアンチセンス効果について評価した。
  • Conjugate DNA zymes, 藤井 政幸, 5th Cambridge Symposium,   2003年08月, 5th Cambridge Symposium
    概要:コンジュゲート型DNA エンザイムの動力学的特性と遺伝子発現抑制効果について評価した。(英文)
  • マイクロリアクタ中の流体および反応挙動の可視化, 河濟 博文, 菅野 憲一, 藤井 政幸, 村木晃子, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州),   2003年07月, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    概要:マイクロメータのサイズのマイクロ流路中の酵素反応の高効率化につき、流体や反応を可視化、画像計測する方法を開発し、検討した。
  • マイクロ反応場を利用する糖への選択的保護基導入, 藤井 政幸, 第40 回化学関連支部合同九州大会,   2003年07月, 第40 回化学関連支部合同九州大会
    概要:マイクロ反応場を利用したα . Dーグルコースへの選択的保護基導入について検討した。
  • マイクロ反応場を利用するバイオコンジュゲートの合成, 藤井 政幸, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州),   2003年07月, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    概要:マイクロチャネルリアクターを利用するバイオコンジュゲート合成について評価した。
  • マイクロ反応場を利用する液相ペプチド合成, 藤井 政幸, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州),   2003年07月, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    概要:マイクロチャネルリアクター中でのペプチド液相合成法の開発について検討した。
  • DNA コンジュゲートを利用するPCR 反応と核内デリバリー, 藤井 政幸, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州),   2003年07月, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    概要:DNA 核局在化シグナルペプチドをプライマーとするPCR 反応とその生成物の核内デリバリーについて検討した。
  • DNA コンジュゲートの細胞質内局在化, 藤井 政幸, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州),   2003年07月, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    概要:DNA ペプチドコンジュゲートによる細胞質内局在化制御をヒト白血病細胞を用いて検討した。
  • DNA コンジュゲートの核内局在化, 藤井 政幸, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州),   2003年07月, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    概要:DNA 核局在化シグナルペプチドコンジュゲートによる核内局在化制御についてヒト白血病細胞を用いて評価した。
  • 鎖侵入型DNA コンジュゲートによる二本鎖DNA の塩基配列特異的認識, 藤井 政幸, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州),   2003年07月, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    概要:DNA コンジュゲートによる二本鎖DNA への配列特異的鎖侵入について検討した。
  • 固相フラグメント縮合法による複合DNA コンジュゲートの合成, 藤井 政幸, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州),   2003年07月, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    概要:固相フラグメント縮合法を利用した機能集積型DNA コンジュゲートの合成について検討した。
  • コンジュゲート型DNA によるアンチセンス効果, 藤井 政幸, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州),   2003年07月, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    概要:コンジュゲートDNA エンザイムによるヒト白血病細胞に発現するチロシンキナーゼ阻害効果を評価した。
  • コンジュゲート型DNA エンザイム, 藤井 政幸, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州),   2003年07月, 第40 回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    概要:RNA 切断活性を有するDNA エンザイムにポリアミン、ペプチドなどをコンジュゲートし、その活性について評価した。
  • マイクロチャンネルを利用したグリコシル化反応, 河濟 博文, 菅野 憲一, 藤井 政幸, 前田英明, 宮崎, 第7回化学とマイクロシステム研究会(札幌),   2003年04月, 第7回化学とマイクロシステム研究会(札幌)
    概要:マイクロメータのサイズのマイクロ流路中の酵素反応の高効率化につき検討した。
  • マイクロリアクターを用いるバイオ分子構築, 藤井 政幸, 化学工学会九州支部第27回講習会(北九州),   2002年12月, 化学工学会九州支部第27回講習会(北九州)
    概要:マイクロリアクターを用いるバイオ分子の合成法と機能解析について講演した。(特別講演)
  • Novel Synthesis of 2’?O Moditied Oligonucleotides by Solid Phase Fragment Condensation, 藤井 政幸, 佐々木琴美, 久保貴紀, 上木亮二, 矢野真由佳, 阿武洋介, 大庭英樹, 第14回日韓合同若手有機合成セミナー(飯塚),   2002年11月, 第14回日韓合同若手有機合成セミナー(飯塚)
    概要:固相フラグメント縮合法を利用した2’?O修飾オリゴヌクレオチドの新しい合成法を開発した。
  • Control of Intracellular Delivery of Oligonucleotides by Signal Peptides, 藤井 政幸, 矢野真由佳, 久保貴紀, 上木亮二, 菅野 憲一, 大庭英樹, 第14回日韓合同若手有機合成セミナー(飯塚),   2002年11月, 第14回日韓合同若手有機合成セミナー(飯塚)
    概要:シグナルペプチドとのDNAコンジュゲートにより、オリゴヌクレオチドの細胞内デリバリー制御法を開発した。
  • Sequence Specific Recognition of Double Stranded DNA by Strand Invasion by DNA Conjugate, 藤井 政幸, 上木亮二, 菅野 憲一, 大庭英樹, 第14回日韓合同若手有機合成セミナー(飯塚),   2002年11月, 第14回日韓合同若手有機合成セミナー(飯塚)
    概要:二本鎖DNAに対して鎖交換する形でその塩基配列を認識するDNAコンジュゲートの合成に成功した。
  • Selective Protection and Deprotection of Sugars Using Aryl Boronic Acids, 藤井 政幸, 田窪善人, 田村優弥, 菅野 憲一, 前田英明, 第14回日韓合同若手有機合成セミナー(飯塚),   2002年11月, 第14回日韓合同若手有機合成セミナー(飯塚)
    概要:マイクロリアクター中での流体特性を利用して、糖分子の選択的保護基導入法を開発した。
  • Solution Phase Syuthesis of Bioconjugate Molecules, 藤井 政幸, 岡元美樹, 菅野 憲一, 前田英明, 宮崎真佐也, 第14回日韓合同若手有機合成セミナー(飯塚),   2002年11月, 第14回日韓合同若手有機合成セミナー(飯塚)
    概要:マイクロリアクターを用いるバイオコンジュゲート分子合成法を開発した。
  • Solution Phase Peptide Syuthesis, 藤井 政幸, 田村優弥, 藤本智史, 菅野 憲一, 前田英明, 宮崎真佐也, 第14回日韓合同若手有機合成セミナー(飯塚),   2002年11月, 第14回日韓合同若手有機合成セミナー(飯塚)
    概要:マイクロリアクターを用いる連続的液相ペプチド合成法を開発した。
  • 多機能性DNAコンジュゲートの合成と性質, 藤井 政幸, 阿武洋介, 久保貴紀, 大庭英樹, 森川全章, 2002年日本化学会西日本大会(北九州),   2002年11月, 2002年日本化学会西日本大会(北九州)
    概要:DNAと様々な機能性分子とのコンジュゲート体合成法を開発し、その特性を解明した。
  • 2’?O?修飾オリゴヌクレオチドの新規固相合成法と性質, 藤井 政幸, 佐々木琴美, 久保貴紀, 大庭英樹, 森川全章, 2002年日本化学会西日本大会(北九州),   2002年11月, 2002年日本化学会西日本大会(北九州)
    概要:固相フラグメント縮合法を利用した2’?O修飾オリゴヌクレオチドの新規合成法を開発した。
  • オリゴヌクレオチドの細胞内デリパリー制御, 藤井 政幸, 矢野真由佳, 久保貴紀, 大庭英樹, 森川全章, 2002年日本化学会西日本大会(北九州),   2002年11月, 2002年日本化学会西日本大会(北九州)
    概要:DNAコンジュゲートを用いるオリゴDNAの細胞内デリパリー制御法を開発した。
  • DNAコンジュゲートによる二本鎖DNA認識, 藤井 政幸, 上木亮二, 久保貴紀, 大庭英樹, 森川全章, 2002年日本化学会西日本大会(北九州),   2002年11月, 2002年日本化学会西日本大会(北九州)
    概要:二本鎖DNAに対して鎖交換する形でその配列を特異的に認識するDNAコンジュゲートの合成に成功した。
  • DNAコンジュゲートによる新機能核酸の創製, 藤井 政幸, 久保貴紀, 大庭英樹, 森川全章, 2002年日本化学会西日本大会(北九州),   2002年11月, 2002年日本化学会西日本大会(北九州)
    概要:DNAコンジュゲートの新しい機能について解析した。
  • DNAコンジュゲートの鎖侵入による二本鎖DNAの塩基配列特異的認識, 藤井 政幸, 上木亮二, 菅野 憲一, 大庭英樹, 第12回アンチセンスシンポジウム(大阪),   2002年11月, 第12回アンチセンスシンポジウム(大阪)
    概要:DNAコンジュゲートを用いて鎖侵入する形で二本鎖DNAの塩基配列を特異的に認識する手法を開発した。
  • DNA?コンジュゲートによる新機能性DNAエンザイムの開発, 藤井 政幸, 久保貴紀, 菅野 憲一, 大庭英樹, 第12回アンチセンスシンポジウム(大阪),   2002年11月, 第12回アンチセンスシンポジウム(大阪)
    概要:DNAコンジュゲートによるDNAエンザイムの開発とその機能解析を行なった。
  • 核酸とペプチドの機能融合による新たな分子設計, 藤井 政幸, 日本化学会生体機能関連化学部会中国四国支部講演会(広島),   2002年10月, 日本化学会生体機能関連化学部会中国四国支部講演会(広島)
    概要:核酸 ペプチドコンジュゲートによる新機能性核酸の創製について講演した。(特別講演)
  • 核酸とペプチドの機能融合による新規分子の創製, 藤井 政幸, 第35回若手ペプチド夏の勉強会(佐賀),   2002年08月, 第35回若手ペプチド夏の勉強会(佐賀)
    概要:核酸 ペプチドコンジュゲートに関する研究成果について、ペプチド学会の若手研究者向けに講演した。(特別講演)
  • マイクロリアクターを利用する糖の選択的保護脱保護, 藤井 政幸, 田窪善人, 田村優弥, 菅野 憲一, 前田英明, 宮崎真佐也, 有森奏, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡),   2002年07月, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡)
    概要:マイクロリアクター中での流体特性を利用して糖分子の選択的保護基導入法を開発した。
  • マイクロリアクターを利用するDNAコンジュゲートの合成, 藤井 政幸, 岡元美樹, 田村優弥, 菅野 憲一, 前田英明, 宮崎真佐也, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡),   2002年07月, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡)
    概要:マイクロリアクターを特性を利用することにより多段階反応よりなるDNAコンジュゲートの液相合成を連続的に行なうことに成功した。
  • マイクロリアクターを利用する液相ペプチド合成, 藤井 政幸, 田村優弥, 藤本智史, 久保貴紀, 菅野 憲一, 前田英明, 宮崎真佐也, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡),   2002年07月, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡)
    概要:マイクロリアクターを用いて連続的な液相ペプチド合成法を開発した。
  • 2’?O?修飾オリゴヌクレオチドのポスト固相合成, 藤井 政幸, 佐々木琴美, 上木亮二, 久保貴紀, 菅野 憲一, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡),   2002年07月, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡)
    概要:固相フラグメント縮合法を応用した2’?O?修飾オリゴヌクレオチドの新規合成法を開発した。
  • 核局在化シグナルペプチドによるDNAの核内輸送, 藤井 政幸, 矢野真由佳, 上木亮二, 久保貴紀, 菅野 憲一, 大庭英樹, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡),   2002年07月, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡)
    概要:DNAと核局在化シグナルペプチドとのコンジュゲート体の合成法の確立と核内へのデリバリー制御について解析した。
  • 核外輸送シグナルペプチドによるDNAの細胞質局在化, 藤井 政幸, 上木亮二, 久保貴紀, 菅野 憲一, 大庭英樹, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡),   2002年07月, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡)
    概要:DNAと核外輸送シグナルペプチドとのコンジュゲート体合成法の確立と細胞質内への局在化制御について解析した。
  • 固相フラグメント縮合法による多機能性DNAペプチドコンジュゲートの合成, 藤井 政幸, 阿武洋介, 久保貴紀, 菅野 憲一, 大庭英樹, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡),   2002年07月, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡)
    概要:固相フラグメント縮合法によるDNAペプチドコンジュゲートの合成とその多機能性について解析した。
  • DNAコンジュゲートによる新機能性DNAエンザイムの開発, 藤井 政幸, 久保貴紀, 菅野 憲一, 大庭英樹, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡),   2002年07月, 第39回化学関連支部合同九州大会(福岡)
    概要:DNAコンジュゲートを用いて新しい機能を有するDNAエンザイムの合成に成功し、その機能を解明した。
  • DNA ペプチドコンジュゲートによる細胞内デリバリー制御, 藤井 政幸, 久保貴紀, 土木亮二, 矢野真由佳, 大庭英樹, 遺伝子・デリバリー研究会第 2 回シンポジウム (京都),   2002年05月, 遺伝子・デリバリー研究会第 2 回シンポジウム (京都)
    概要:DNA ペプチドコンジュゲートの細胞内デリバリー制御について、 各シグナルペプチドの特性及びその組み合せによる効果を評価した。
  • 酵素担持マイクロチャネルリアクターの開発, 藤井 政幸, 宮崎真佳也, 金野潤, 中村浩之, 前田英明, 第5回化学とマイクロシステム研究会(京都),   2002年03月, 第5回化学とマイクロシステム研究会(京都)
    概要:マイクロチャネルへの酵素担持法の開発と酵素反応の解析について発表した。
  • DNA ペプチドコンジュゲートの合成と性質, 藤井 政幸, 久保貴紀, 横山絹子, 金野潤, 佐々木琴美, 矢野真由佳, 第 11 回アンチセンスシンポジウム (吹田),   2001年11月, 第 11 回アンチセンスシンポジウム (吹田)
    概要:固相フラグメント縮合法により合成した DNA と各種ペプチドフラグメントとのコンジュゲート体のアンチセンス、 アンチジーン医薬としての機能を評価し、 発表した。
  • マイクロリアクターによる糖の選択的保護、 脱保護, 藤井 政幸, 山本伸太郎, 菅野 憲一, 前田英明, 宮崎真佐也, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚),   2001年11月, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚)
    概要:マイクロリアクターを用いて、 そのマイクロチャネル中での流体特性を活かした糖水酸基の選択的な連続保護反応の開発に成功し、 発表した。
  • マイクロリアクターによる相間移動反応, 藤井 政幸, 村瀬隆一, 山本伸太郎, 武下和仁, 菅野 憲一, 前田英明, 宮崎真佐也, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚),   2001年11月, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚)
    概要:マイクロリアクターを用いる二層系の反応により、 特異的な相間移動反応の開発に成功した。
  • マイクロリアクターによるバイオコンジュゲートの合成, 藤井 政幸, 田村優弥, 武下和仁, 山本伸太郎, 菅野 憲一, 前田英明, 宮崎真佐也, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚),   2001年11月, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚)
    概要:マイクロリアクターを用いて、 その特性を活かした二層系の反応により、 高効率的なバイオコンジュゲートの合成法の開発に成功した。
  • 固相ポスト修飾法による多官能性オリゴヌクレオチドの合成と性質, 藤井 政幸, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野 憲一, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚),   2001年11月, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚)
    概要:固相ポスト修飾法により様々な機能性分子をオリゴ DNA にコンジュゲートした多官能性オリゴヌクレオチドを合成し、 その機能について評価した結果を発表した。
  • ホスホチオエート DNA ペプチドコンジュゲートの合成と性質, 藤井 政幸, 矢野真由佳, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野 憲一, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚),   2001年11月, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚)
    概要:固相フラグメント縮合法により合成したホスホロチオエート DNA と各種ペプチドとのコンジュゲート体の化学、 生化学特性について評価した結果を発表した。
  • DNA ポリアミン、 DNA RecA ペプチドコンジュゲートの合成と性質, 藤井 政幸, 上木亮治, 横山絹子, 久保貴紀, 菅野 憲一, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚),   2001年11月, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚)
    概要:固相フラグメント縮合法により合成した DNA ポリアミン、 塩基性ペプチドのコンジュゲート体の化学、 生化学的特性について評価し、 発表した。
  • DNA 結合ペプチドのデザイン、 合成、 特性, 藤井 政幸, 阿武洋介, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野 憲一, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚),   2001年11月, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚)
    概要:DNA に強く結合することのできるモチーフをデザイン、 合成しその分光学的特性、 熱力学的特性、 生化学的特性を評価し、 発表した。
  • コンジュゲート型機能性オリゴヌクレオチドの合成, 藤井 政幸, 荻原光隆, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野 憲一, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚),   2001年11月, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚)
    概要:RNA 切断活性を有する DNA エンザイムに各種機能性分子をコンジュゲートさせることにより、 新しい機能を獲得したスーパー DNA エンザイムの構築を目指した研究について発表した。
  • 固相フラグメント縮合法による DNA ペプチドコンジュゲートの合成, 藤井 政幸, 金野潤, 久保貴紀, 菅野 憲一, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚),   2001年11月, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚)
    概要:固相フラグメント縮合法により合成した DNA ペプチドコンジュゲート合成の応用範囲を拡張するために、 様々な官能基の反応性を検討し、 発表した。
  • オリゴヌクレオチドの固相ポスト修飾, 藤井 政幸, Krishna K. Dubey, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野 憲一, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚),   2001年11月, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚)
    概要:固相ポスト修飾法により 2′ O 修飾オリゴヌクレオチドを合成し、 アンチセンス医薬としての特性を評価し、 発表した。
  • DNA 糖鎖コンジュゲートの合成と性質, 藤井 政幸, 佐々木琴美, 横山絹子, 久保貴紀, 菅野 憲一, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚),   2001年11月, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚)
    概要:固相フラグメント縮合法により合成した DNA 糖鎖コンジュゲートのハイブリッド形成能や細胞膜透過性などを評価し、 発表した。
  • DNA 核局在化シグナルペプチドコンジュゲートの生化学的特性, 藤井 政幸, 横山絹子, 久保貴紀, 菅野 憲一, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚),   2001年11月, 平成 13 年度産学官連携中小企業技術交流会 (飯塚)
    概要:固相フラグメント縮合法により合成した DNA 核局在化シグナルペプチドコンジュゲート体の細胞導入、 細胞内安定性などの生化学的特性を評価し、 発表した。
  • DNA Peptide コンジュゲートの合成と生化学的性質, 藤井 政幸, 久保貴紀, 横山絹子, 佐々木琴美, Krishna K. Dubey, 第 28 回核酸化学シンポジウム (横浜),   2001年11月, 第 28 回核酸化学シンポジウム (横浜)
    概要:固相フラグメント縮合法によりオリゴ DNA と各種ペプチドとのコンジュゲート体を合成し、 アンチセンス医薬としての生化学特性について評価し、 発表した。
  • DNA Sugar コンジュゲートの合成と生化学的性質, 藤井 政幸, 横山絹子, 久保貴紀, Krishna K. Dubey, 武下和仁, 菅野 憲一, 第 28 回核酸化学シンポジウム (横浜),   2001年11月, 第 28 回核酸化学シンポジウム (横浜)
    概要:固相フラグメント縮合法を応用して、 オリゴ DNA と糖分子とのコンジュゲート体を合成し、 その生化学的特性について評価し、 発表した。
  • ホスホチオエート DNA ペプチドコンジュゲートの合成と生化学活性, 藤井 政幸, 矢野真由佳, 久保貴紀, 第 38 回ペプチド討論会 (長崎),   2001年10月, 第 38 回ペプチド討論会 (長崎)
    概要:固相フラグメント縮合法を応用してホスホロチオエート DNA とペプチドのコンジュゲート体を合成し、 その特性について評価し、 発表した。
  • 固相フラグメント縮合による DNA ペプチドコンジュゲートの合成, 藤井 政幸, 金野潤, 久保貴紀, 第 38 回ペプチド討論会 (長崎),   2001年10月, 第 38 回ペプチド討論会 (長崎)
    概要:固相フラグメント縮合による DNA ペプチドコンジュゲートの合成において、 その応用範囲を拡張するため、 様々な官能基の反応性について検討し、 発表した。
  • DNA 核局在化シグナルペプチドコンジュゲートの合成と生化学活性, 藤井 政幸, 横山絹子, 久保貴紀, 第 38 回ペプチド討論会 (長崎),   2001年10月, 第 38 回ペプチド討論会 (長崎)
    概要:オリゴ DNA 核局在化シグナルペプチドコンジュゲートを合成し、 細胞導入効率、 細胞内安定性について評価し、 発表した。
  • Synthesis of bioconjugate Molecule on a Microreactor, 藤井 政幸, 村瀬隆一, 山本伸太郎, 菅野 憲一, 前田英明, 宮崎真佐也, Inter national Symposium on Microchemistry and Microsystems (東京),   2001年09月, Inter national Symposium on Microchemistry and Microsystems (東京)
    概要:マイクロリアクターを用いて、 そのチャネル内での流体特性を利用したバイオコンジュゲート分子の合成法を開発し、 発表した。
  • A Preliminary Study Towards a Solution Phase Peptide Synthesis on A Microreactor, 藤井 政幸, 山本伸太郎, 菅野 憲一, 前田英明, 宮崎真佐也, Inter national Symposium on Microchemistry and Microsystems (東京),   2001年09月, Inter national Symposium on Microchemistry and Microsystems (東京)
    概要:マイクロリアクターを用いてそのチャネル内での流体特性を利用して液相ペプチド合成について研究し、 発表した。
  • DNA コンジュゲートによる次世代遺伝子医薬の開発, 藤井 政幸, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野 憲一, Krishna K. Dubey, 第 50 回高分子討論会 (東京),   2001年09月, 第 50 回高分子討論会 (東京)
    概要:様々な生体分子をオリゴ DNA にコンジュゲートすることによりそれらの機能の融合をはかり、 遺伝子医薬として高い機能を有する分子の構築を目指す試みについて講演した。
  • マイクロリアクターによるヌクレオシドの選択的保護、 脱保護, 藤井 政幸, 山本伸太郎, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:マイクロリアクターを用いて、 そのチャネル内での流体特性を利用したヌクレオシドの選択的保護、 脱保護反応について研究し、 発表した。
  • マイクロリアクターによるアルキル化反応, 藤井 政幸, 村瀬隆一, 山本伸太郎, 武下和仁, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:マイクロリアクターを用いて、 そのチャネル内での流体特性を利用した特異的なアルキル化反応、 特に糖鎖の化学修飾について研究し、 発表した。
  • マイクロリアクターによる相間移動反応, 藤井 政幸, 武下和仁, 山本伸太郎, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:マイクロリアクターを用いて、 そのチャネル内での流体特性を利用した特異的な相間移動反応を開発し、 発表した。
  • 固相ポスト修飾法による多官能性オリゴヌクレオチドの合成と性質, 藤井 政幸, 田村優弥, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:固相ポスト修飾法により多種類の分子をオリゴヌクレオチド上にコンジュゲートした分子の合成とその特性について発表した。
  • 2′ O 修飾 araRNA を含むオリゴヌクレオチドの合成と性質, 藤井 政幸, 佐々木琴美, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:固相ポスト修飾法による 2′ O 修飾 araRNA を含むオリゴヌクレオチドの新規合成法の開発に成功し、 その化学、 生化学特性と合わせて発表した。
  • ホスホチオエート DNA ペプチドコンジュゲートの合成と性質, 藤井 政幸, 矢野真由佳, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:アンチセンス医薬として重要なホスホチオエート DNA のさらなる機能向上を目指してペプチドとのコンジュゲート体を合成し、 その性質を評価した。
  • DNA 結合ペプチドのデザイン、 合成、 特性, 藤井 政幸, 阿武洋介, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:DNA に親和性よく結合するα ヘリックス、 β シート、 β ヘアピン構造を有するペプチドのデザイン、 合成、 特性の評価を行ない発表した。
  • 固相フラグメント縮合法による DNA ペプチドコンジュゲートの合成, 藤井 政幸, 金野潤, 久保貴紀, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:オリゴ DNA ペプチドコンジュゲート体の新規合成法として、 固相フラグメント縮合法を開発し、 その生成物の特性について評価した。
  • DNA ポリアミン、 DNA RecA ペプチドコンジュゲートの合成と性質, 藤井 政幸, 上木亮治, 横山絹子, 久保貴紀, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:鎖交換による二本鎖 DNA の塩基配列を認識して結合する修飾オリゴヌクレオチドの開発を目指して、 DNA ポリアミンコンジュゲートを合成し、 評価した。
  • 固相フラグメント縮合法による機能性オリゴヌクレオチドの合成, 藤井 政幸, 荻原光隆, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:固相フラグメント縮合法により合成した DNA コンジュゲートを新規 DNA エンザイムとして機能を評価した。
  • オリゴヌクレオチドの固相ポスト修飾, 藤井 政幸, Krishna K. Dubey, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:固相ポスト修飾法による 2′ 修飾オリゴヌクレオチドの合成について研究し、 発表した。
  • DNA 糖鎖コンジュゲートの合成と性質, 藤井 政幸, 横山絹子, 久保貴紀, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:オリゴ DNA に糖鎖をコンジュゲートさせる新手法として、 固相フラグメント縮合法を応用し、 その生成物の化学、 生化学的特性について評価した。
  • DNA 核局在化シグナルペプチドコンジュゲートの生化学的特性, 藤井 政幸, 久保貴紀, 菅野 憲一, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡),   2001年07月, 第 38 回化学関連支部合同九州大会 (福岡)
    概要:遺伝子医薬としてのオリゴ DNA と核局在化シグナルペプチド (NLS) とのコンジュゲート体の細胞導入特性について研究し、 発表した。
  • マイクロリアクター技術の応用, 藤井 政幸, 河濟 博文, 阪口 利文, 菅野 憲一, 第 3 回マイクロリアクター技術研究会@九州研究講演会 (福岡),   2001年07月, 第 3 回マイクロリアクター技術研究会@九州研究講演会 (福岡)
    概要:マイクロリアクターによる機能性分子の化学的および生化学的合成、 微生物を利用した環境モニタリング等の技術開発及びその展望について講演した。
  • ペプチドと核酸の機能の融合 次世代遺伝子医薬の創製を目指して, 藤井 政幸, 高分子学会九州支部有機材料研究会セミナー : テーラーメード生命化学 (福岡),   2001年03月03日, 招待有り, 高分子学会九州支部有機材料研究会セミナー : テーラーメード生命化学 (福岡)
    概要:ペプチドと核酸のコンジュゲートを用いた、 新規機能性核酸及び機能性遺伝子医薬の開発について講演した。
  • 2′ 水酸基修飾オリゴヌクレオチドの新規合成法と生化学的性質, 藤井 政幸, 久保貴紀, 長瀬慎也, 横山絹子, Krishnak Dubey, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸)
    概要:固相ポスト修飾法によるオリゴヌクレオチドの 2′ 水酸基修飾とその生成物の生化学的性質について研究し、 発表した。
  • DNA Peptide コンジュゲート分子の新規固相合成法, 藤井 政幸, 久保貴紀, Krishnak Dubey, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸)
    概要:DNA と各種ペプチドとのコンジュゲートの固相合成法を開発することに成功した。 本手法により任意のアミノ酸配列を有するペプチドをコンジュゲートすることが可能となった。
  • 2′ 水酸基修飾オリゴヌクレオチドの新規合成法と生化学的性質, 藤井 政幸, 久保貴紀, 長瀬慎也, 横山絹子, Krishna Dubey, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸)
    概要:固相ポスト修飾法により合成した 2′ 水酸基修飾オリゴヌクレオチドの生化学的性質をスペクトル解析および酵素解析により分析した。
  • オリゴヌクレオチドの 2′ 水酸基の固相上での修飾, 藤井 政幸, 久保貴紀, 長瀬慎也, 横山絹子, Krishna Dubey, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸)
    概要:固相自動合成したオリゴヌクレオチドの 2′ 水酸基を選択的に修飾する効率的手法を開発した。
  • DNA Peptide コンジュゲートの新規固相合成法, 藤井 政幸, 久保貴紀, Krishna Dubey, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸)
    概要:固相フラグメント縮合法により DNA と各種機能性ペプチドとのコンジュゲート体を効率的かつ簡便に合成することに成功した。
  • DNA Peptide コンジュゲート分子の新規固相合成と生化学的性質, 藤井 政幸, 久保貴紀, Krishna Dubey, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸)
    概要:DNA ペプチドコンジュゲート体の新規固相合成法の開発と得られたコンジュゲート体の生化学的性質について検討した。
  • DNA ペプチドコンジュゲートによる次世代遺伝子医薬の創出, 藤井 政幸, 久保貴紀, 横山絹子, 上木亮治, 阿部信也, 後藤孝一郎, Krishna Dubey, 第 3 回生命化学研究会シンポジウム (神戸),   2001年01月, 第 3 回生命化学研究会シンポジウム (神戸)
    概要:遺伝子医薬としての応用が期待されるオリゴヌクレオチドに各種機能性ペプチドをコンジュゲートさせることにより、 次世代型高機能遺伝子医薬を開発した。
  • DNA-Peptideコンジュゲートの新規固相合成と生化学的性質, 藤井 政幸, 第10回アンチセンスシンポジウム,   2000年12月01日
  • 新規非環状ヌクレオチドの合成と性質, 藤井 政幸, 第27回核酸化学シンポジウム,   2000年10月31日
  • DNA結合性ペプチドの構造と親和性, 藤井 政幸, 第27回核酸化学シンポジウム,   2000年10月31日
  • Design and synthesis of curcumin-bioconjugates to improve systemic delivery, 藤井 政幸, 27回核酸化学シンポジウム,   2000年10月31日
  • DNA-Peptideコンジュゲートの新規固相合成法, 藤井 政幸, 第37回ペプチド討論会,   2000年10月18日
  • DNA結合ペプチドのデザイン、合成、評価, 藤井 政幸, 第37回ペプチド討論会,   2000年10月18日
  • DNAコンジュゲートの新規固相合成法, 藤井 政幸, 中小企業産学官技術交流会,   2000年10月03日
  • リボソーム不活性化細胞毒素阻害剤のデザインと合成, 藤井 政幸, 中小企業産学官技術交流会,   2000年10月03日
  • 病原性毒素と細胞膜糖鎖受容体の相互作用, 藤井 政幸, 中小企業産学官技術交流会,   2000年10月03日
  • DNA結合ペプチドのデザイン、合成、評価, 藤井 政幸, 中小企業産学官技術交流会,   2000年10月03日
  • DNA結合ペプチドの生化学的特性, 藤井 政幸, 中小企業産学官技術交流会,   2000年10月03日
  • A novel solid phase synthesis of DNA conjugates, 藤井 政幸, XIV International Round Table, Nucleosides, Nucleotides and Their Biological Applications,   2000年09月10日
  • Specific binding and stabilization of DNA and phosphorothioate DNA by amphiphilic -helical peptides, 藤井 政幸, XIV International Round Table, Nucleosides, Nucleotides and Their Biological Applications,   2000年09月10日
  • Amphiphilic -sheet peptides can bind to double and triple stranded DNA, 藤井 政幸, XIV International Round Table, Nucleosides, Nucleotides and Their Biological Applications,   2000年09月10日
  • 新規非環状アデシンアナログの合成と生理活性, 藤井 政幸, 第37回化学関連支部合同九州大会,   2000年07月18日
  • レクチン蛋白と化学修飾糖鎖受容体の相互作用, 藤井 政幸, 第37回化学関連支部合同九州大会,   2000年07月18日
  • DNA結合性-ヘリックスペプチドにおける疎水基の効果, 藤井 政幸, 第37回化学関連支部合同九州大会,   2000年07月18日
  • DNA-ペプチドコンジュゲートの新規合成法, 藤井 政幸, 第37回化学関連支部合同九州大会,   2000年07月18日
  • グラミシジンS誘導体とDNAとの相互作用, 藤井 政幸, 第37回化学関連支部合同九州大会,   2000年07月18日
  • b-ヘアピン型ペプチドとDNAとの相互作用, 藤井 政幸, 第37回化学関連支部合同九州大会,   2000年07月18日
  • 両親媒性ペプチドとDNAとの相互作用の定量的解析, 藤井 政幸, 第37回化学関連支部合同九州大会,   2000年07月18日
  • Design, synthesis and characterization of DNA binding peptides, 藤井 政幸, Gordon Research Conference on Nucleic Acids,   2000年06月25日
  • 両親媒性ベータシートペプチドによるDNAハイブリッドの安定化, 藤井 政幸, 日本化学会第78春季年会,   2000年03月28日
  • 両親媒性alphaヘリックスペプチドによるDNAハイブリッドの安定化, 藤井 政幸, 日本化学会第78春季年会,   2000年03月28日
  • DNA結合ペプチドのデザインと評価, 藤井 政幸, 第2回生命化学研究会,   2000年01月07日
  • 両親媒性合成ペプチドによるDNAハイブリッドの安定化, 藤井 政幸, 第11回若手研究者のための有機合成化学日韓合同セミナー,   1999年11月20日
  • 両親媒性環状ペプチドによるDNAハイブリッドの安定化, 藤井 政幸, 第11回若手研究者のための有機合成化学日韓合同セミナー,   1999年11月20日
  • カチオニック-ヘリックスペプチドとホスホロチオエートDNAハイブリッドとの相互作用, 藤井 政幸, 第26回核酸化学シンポジウム,   1999年11月10日
  • 両親媒性環状ペプチドと二本鎖、三本鎖DNAとの相互作用, 藤井 政幸, 第26回核酸化学シンポジウム,   1999年11月10日
  • Specific Stabilization of Phoshporothioate DNA Hybrids by Cationic a-Helical Peptide, 藤井 政幸, 第36回ペプチド化学討論会,   1999年10月21日
  • Specific Stabilization of Double and Triple Stranded DNA by Amphiphilic Cyclic Peptides, 藤井 政幸, 第36回ペプチド化学討論会,   1999年10月21日
  • A Practical Solid Phase Synthesis of DNA Conjugate, 藤井 政幸, The Sixth International Symposium Solid Phase Synthesis & Combinatorial Libraries,   1999年09月04日
  • 両親媒性alpha-ヘリックスペプチドと核酸との相互作用, 藤井 政幸, 第36回化学関連支部合同九州大会,   1999年07月09日
  • 両親媒性環状ペプチドの二本鎖DNAとの相互作用, 藤井 政幸, 第36回化学関連支部合同九州大会,   1999年07月09日
  • Amphiphilic -Helical or -Sheet Peptides As Advanced Functional Group for Antisense and Antigene Oligonucleotides, 藤井 政幸, Gordon Research Conference on Purines, Pyrimidines Related Substance,   1999年07月04日
  • 二本鎖、三本鎖DNAと両親媒性ヘリックスペプチドとの特異的相互作用, 藤井 政幸, 日本化学会第76春季年会,   1999年03月28日
  • 両親媒性カチオン-ヘリックスペプチド存在下における二本鎖、三本鎖DNAの熱力学的安定性, 藤井 政幸, 第1回生命化学研究会シンポジウム,   1999年01月08日
  • A Novel and Convenient Method for the Synthesis of DNA Conjugate, 藤井 政幸, 第35回ペプチド化学討論会,   1998年10月07日
  • Thermal Stability of Double and Triple Stranded DNA in the Presence of Cationic Amphiphilic -Helix Peptide, 藤井 政幸, 第35回ペプチド化学討論会,   1998年10月07日
  • 両親媒性-ヘリックスペプチドによる二本鎖、三本鎖DNAの安定化, 藤井 政幸, 第25回核酸化学シンポジウム,   1998年09月18日
  • Convinient Method for the Synthesis of DNA Conjugate, 藤井 政幸, XIII International Round Table, Nucleosides, Nucleotides and their Biological Applications,   1998年09月06日
  • Enhancement of Stability of Double and Triple Stranded DNA by Cationic Amphiphilic -Helix Peptide, 藤井 政幸, XIII International Round Table, Nucleosides, Nucleotides and their Biological Applications,   1998年09月06日
  • Nucleic Acid Analog Peptide Containing b-Aminoalanine Modified with Nucleobases, 藤井 政幸, XIII International Round Table, Nucleosides, Nucleotides and their Biological Applications,   1998年09月06日
  • オキシムレジンを用いるDNAコンジュゲートの簡便合成法, 藤井 政幸, 第35回化学関連支部合同九州大会,   1998年07月10日
  • 両親媒性-ヘリックスペプチドによる二本鎖、三本鎖DNAの安定化, 藤井 政幸, 第35回化学関連支部合同九州大会,   1998年07月10日
  • オキシムレジンを用いるDNA-ペプチドコンジュゲートの合成, 藤井 政幸,   1998年03月27日
  • Hybridization Properties of Nucleic Acid Analogs Bearing Peptide Backbone, 藤井 政幸, 1st International Peptide Symposium,   1997年11月30日
  • Preparation of DNA-Peptide Conjugate Using Oxime Resin, 藤井 政幸, 第24回核酸化学シンポジウム,   1997年11月10日
  • Hybridization Properties of Nucleic Acid Analogs Bearing Peptide Backbone, 藤井 政幸, 4th Cambridge Symposium, Oligonucleotide Chemistry and Biology,   1997年08月31日
  • Syntheses and Hybridisation Properties of Nucleic Acid Analog Peptides (NAAP), 藤井 政幸, Gordon Research Conference on Bioorganic Chemistry,   1997年06月15日
  • 新規DNAアナログペプチドの合成と遺伝子認識能, 藤井 政幸, 日本化学会第72春季年会,   1997年03月27日
  • カテキン-銅(II)錯体によるDNAの切断, 藤井 政幸, 日本化学会第72春季年会,   1997年03月27日
  • 茶カテキン類の立体構造のDNA切断に及ぼす影響, 藤井 政幸, 日本化学会第72春季年会,   1997年03月27日
  • 分子キャビティー内に水酸基を有する"Twin-coronet"ポルフィリンの高効率合成とその新しいヘムモデルへの誘導, 藤井 政幸, 日本化学会第72春季年会,   1997年03月27日
  • トリプルヘリックス形成オリゴヌクレオチドの機能化, 藤井 政幸, 第2回生体分子化学フォーラム,   1997年02月01日, 招待有り
  • Syntheses and Properties of Nucleic Acid Analogs Containing b-Aminoalanine Modified with Nucleobases, 藤井 政幸, 1996九州大学機能物質科学研究所国際セミナー,   1996年11月21日
  • 核酸塩基修飾b-アミノアラニンを含む核酸アナログの合成と性質, 藤井 政幸, 第23核酸化学シンポジウム,   1996年11月16日
  • ペプチド骨格を有する核酸アナログによるDNA、RNAとのハイブリッド形成特性, 藤井 政幸, 第34ペプチド化学討論会,   1996年10月16日
  • ペプチド結合を有する核酸アナログの合成とハイブリッド形成能の評価, 藤井 政幸, 日本化学会第71秋季年会,   1996年10月06日
  • CG塩基対認識のための新規塩基のデザイン, 藤井 政幸, 第11回生体機能関連化学シンポジウム,   1996年10月05日
  • ペプチド骨格を導入したDNAアナログによる遺伝子認識, 藤井 政幸, 第29回若手ペプチド夏の学校,   1996年08月04日, 招待有り
  • 核酸塩基修飾b-アミノアラニンを含む核酸アナログの合成と性質, 藤井 政幸, 日本化学会第70春季年会,   1996年03月28日
  • 三本鎖形成オリゴヌクレオチド(TFO)の機能変革を目指して, 藤井 政幸, 高分子九州支部フォーラム,   1996年01月13日, 招待有り
  • Synthesis and Properties of Nucleic Acid Analogues with Peptide Backbone, 藤井 政幸, 1995環太平洋国際化学会議,   1995年12月17日
  • Synthesis and Properties of Nucleic Acid Analogue with Peptide Backbone, 藤井 政幸, The 4th International Conference on Heteroatom Chemistry,   1995年09月01日
  • Transition Metal Catalyzed Reduction by NAD(P)H Models, 藤井 政幸, 第31回有機金属化学討論会,   1995年08月29日
  • Synthesis and Properties of b-Aminoalanine Deeived Nucleic Acid Analogue, 藤井 政幸, The 4th International Conference on Heteroatom Chemistry,   1995年07月25日
  • -アミノアラニン修飾核酸類似ペプチドの合成と核酸認識能, 藤井 政幸, 第13回有機合成化学夏季大学,   1995年07月18日
  • ペプチド結合DNAアナログの合成と核酸認識能, 藤井 政幸, 第13回有機合成化学夏季大学,   1995年07月18日
  • -アミノアラニン由来核酸類似ペプチドの合成と評価, 藤井 政幸, 第32回化学関連支部合同九州大会,   1995年07月10日
  • ペプチド骨格を有する核酸類似ペプチドの合成と性質, 藤井 政幸, 第32回化学関連支部合同九州大会,   1995年07月10日
  • Synthesis and Properties of Nucleic Acid Analogues with Peptide Backbone, 藤井 政幸, 第33回ペプチド化学討論会,   1995年07月10日
  • Syntheisis and Properties of Nucleic Acid Analogues with Novel Linkage, 藤井 政幸, 第8回物理有機化学九州国際会議,   1995年07月02日
  • 二本鎖DNAの塩基配列特異的認識, 藤井 政幸, 若手研究者のための有機化学セミナー,   1994年11月02日, 招待有り
  • 軸不斉を有する補酵素NADHモデルによる立体選択的還元反応, 藤井 政幸, 第7回生体機能関連化学シンポジウム,   1992年05月10日
  • 石炭の溶液膨潤に於ける活性化パラメーター, 藤井 政幸, 日本化学会第63春季年会,   1992年03月27日
  • 2成分系溶媒中での石炭の膨潤特性, 藤井 政幸, 日本化学会第63春季年会,   1992年03月27日
  • 炭酸ガスの有効利用(1), 藤井 政幸, 日本化学会第63春季年会,   1992年03月27日
  • 共役ニトロオレフィンの新規合成法, 藤井 政幸, 日本化学会第63春季年会,   1992年03月27日
  • 光学活性アミノ酸修飾無機金属酸化物粉体の合成と反応, 藤井 政幸, 日本化学会第63春季年会,   1992年03月27日
  • A Novel Coenzyme NADH Model with Axial Chirality. Its preparation and Stereoselectivity, 藤井 政幸, The Third International Conference on Heteroatom Chemistry,   1992年
  • Coenzyme NAD(P)+-NAD(P)H Models with Atropisomerism, 藤井 政幸, 第4回物理有機化学九州国際会議,   1991年10月15日
  • Importance of One-Electron Transfer Process in the Oxidative Conversion of Trivalent Phosphorus Compounds, 藤井 政幸, 第4回物理有機化学九州国際会議,   1991年10月10日
  • 共役ニトロオレフィンの新規合成法, 藤井 政幸, 日本化学会中国四国・同九州支部合同大会,   1991年10月01日
  • アトロープ異性を有する補酵素NAD(P)Hモデル, 藤井 政幸, 日本化学会中国四国・同九州支部合同大会,   1991年10月01日
  • 三価燐化合物による還元反応, 藤井 政幸, 日本化学会中国四国・同九州支部合同大会,   1991年10月01日
  • アトロープ異性を有する補酵素NAD(P)Hモデル, 藤井 政幸, 日本化学会第62秋季年会,   1991年09月25日
  • Coenzyme NAD(P)+-NAD(P)H Models with Atropisomerism, 藤井 政幸, 1991 International Symposium on Organic Reactions,   1991年08月03日
  • アトロープ異性を有する補酵素NAD(P)Hモデル, 藤井 政幸, 第6回生体機能関連化学シンポジウム,   1991年06月23日
  • 石炭の溶液膨潤特性に及ぼす電子受容体の効果, 藤井 政幸, 日本化学会第61春季年会,   1991年04月01日
  • 石炭ゲルを用いる石炭の液化(2)還元ピッチ膨潤炭による常圧液化, 藤井 政幸, 日本化学会第61春季年会,   1991年04月01日
  • 粘土存在下に於けるアミンとエポキシドとの反応, 藤井 政幸, 日本化学会第61春季年会,   1991年04月01日
  • 三価リン化合物によるジアゾニウム塩の還元反応, 藤井 政幸, 日本化学会第61春季年会,   1991年04月01日
  • 三価燐化合物によるジアゾニウム塩の還元, 藤井 政幸, 日韓交流有機合成若手セミナー,   1990年12月20日
  • アトロープ異性を有する補酵素NAD+モデルの合成, 藤井 政幸, 日韓交流有機合成若手セミナー,   1990年12月20日
  • アトロープ異性を有する補酵素NAD(P)+-NAD(P)Hモデル, 藤井 政幸, 日韓有機化学フォーラム,   1990年12月07日
  • NAD(P)H モデルを用いる光触媒還元的脱スルホニル化反応, 藤井 政幸, 第5回生体関連化学シンポジウム,   1990年06月18日
  • Ru2+存在下NAD(P)Hモデルによるβ-ケトスルホンの脱スルホニル化反応, 藤井 政幸, 日本化学会第59春季年会,   1990年04月01日
  • シリカゲル触媒存在下に於けるHantzschエステルによる還元反応, 藤井 政幸, 第17回ヘテロ原子化学討論会,   1990年01月06日
  • A HIGHLY SELECTIVE REDUCTION OF IMINES WITH HANTZSCH ESTER (HEH) BY THE AID OF SILICA GEL, 藤井 政幸, 第2回ヘテロ原子化学国際会議,   1989年07月28日
  • 石炭の溶液膨潤特性に及ぼす加熱処理の影響, 藤井 政幸, 日本化学会九州支部・中国四国支部合同大会,   1989年07月22日
  • 酸化アルカリ分解による有効な石炭の化学脱硫法の開発, 藤井 政幸, 日本化学会九州支部・中国四国支部合同大会,   1989年07月22日
  • NAD(P)Hモデルによるイミンの還元, 藤井 政幸, 日本化学会九州支部・中国四国支部合同大会,   1989年07月22日
  • α-ニトロラクトンの新規合成法, 藤井 政幸, 日本化学会九州支部・中国四国支部合同大会,   1989年07月22日
  • Dibenzothiophene 1-oxideと求核試薬との反応, 藤井 政幸, 日本化学会九州支部・中国四国支部合同大会,   1989年07月22日
  • 加熱処理石炭の溶液膨潤特性とカルボキシル基含有量との関係, 藤井 政幸, 日本化学会第58春季年会,   1989年04月01日
  • 種々の化学処理石炭のアルカリ水溶液による液化, 藤井 政幸, 日本化学会第58春季年会,   1989年04月01日
  • 水添タールピッチ膨潤炭による石炭液化, 藤井 政幸, 日本化学会第58春季年会,   1989年04月01日
  • 光学活性基を有するオレフィンとチオールの反応に対する固体酸化物の影響, 藤井 政幸, 日本化学会第58春季年会,   1989年04月01日
  • HEH-SiO2系によるイミンの還元−立体選択性、官能基選択性への考察, 藤井 政幸, 日本化学会第58春季年会,   1989年04月01日
  • 光学活性環状リン酸アミド化合物の合成と反応, 藤井 政幸, 日本化学会第58春季年会,   1989年04月01日
  • 2−ニトロシクロヘキサノンの触媒的不斉ヒドロキシメチル化, 藤井 政幸, 日本化学会第58春季年会,   1989年04月01日
  • 五酸化バナジウムを用いた第2アリルアルコールのエポキシ化, 藤井 政幸, 日本化学会第58春季年会,   1989年04月01日
  • Kinetic Study on the Solvent Swelling of Coal, 藤井 政幸, 第3回物理有機化学九州シンポジウム,   1988年10月16日
  • 膨潤特性を用いる石炭の構造研究に於ける問題点, 藤井 政幸, 第55回燃料協会大会,   1988年10月04日
  • 触媒官能基を導入したイオン交換樹脂を用いた不斉反応, 藤井 政幸, 日本化学会第55秋季年会,   1988年10月01日
  • NAD(P)Hモデル化合物によるイミンの還元, 藤井 政幸, 日本化学会第57秋季年会,   1988年09月13日
  • Coal Gel Chemistry 1. An Aspect of Synergistic Effects on the Solvent Swelling of Coal, 藤井 政幸, 196th Amer.Chem.Soc.,Meeting,   1988年09月10日
  • Coal Gel Chemistry 2. Coal Liquefaction by Binary Solvent System, 藤井 政幸, 196th Amer.Chem.Soc.,Meeting,   1988年09月07日
  • NAD(P)H Models-A Highly Selective Reducing Agents in Organic Synthsis, 藤井 政幸, 16th International Symposium on the Chemistry of Natural Products,   1988年06月10日
  • Kinetic Study on the Interaction between Coal and Solvent Molecule, 藤井 政幸, 日中石炭シンポジウム,   1988年05月25日
  • 石炭中への溶媒分子浸透の際現れる立体規制と石炭化度との関係, 藤井 政幸, 日本化学会第56春季年会,   1988年04月01日
  • チオールとオレフィンの付化反応における固体酸の影響, 藤井 政幸, 日本化学会第56春季年会,   1988年04月01日
  • 有効なビフェニルサルタインの合成法, 藤井 政幸, 日本化学会第56春季年会,   1988年04月01日
  • 光学活性N-置換アミド化合物の環化反応, 藤井 政幸, 日本化学会第56春季年会,   1988年04月01日
  • 五酸化バナジウムを用いたアリルアルコールのエポキシ化, 藤井 政幸, 日本化学会第56春季年会,   1988年04月01日
  • NAD(P)Hモデルによるオレフィンの還元-Juvabioneの合成, 藤井 政幸, 日本化学会第56春季年会,   1988年04月01日
  • NAD(P)Hモデルによるニトロオレフィンの還元, 藤井 政幸, 日本化学会第55秋季年会,   1987年10月01日
  • イミダゾリル基を有する環状ジペプチドを用いた不斉反応, 藤井 政幸, 日本化学会第55秋季年会,   1987年10月01日
  • 光学活性環状リン酸アミド化合物の合成とその反応性, 藤井 政幸, 日本化学会第55秋季年会,   1987年10月01日
  • 光学活性環状化合物を用いたジアステレオ面区別付加反応, 藤井 政幸, 日本化学会第55秋季年会,   1987年10月01日
  • 2-チエニルスルホキシドと有機金属化合物との反応, 藤井 政幸, 日本化学会第55秋季年会,   1987年10月01日
  • 光学活性メタクリルアミド誘導体とチオール類との反応, 藤井 政幸, 日本化学会第55秋季年会,   1987年10月01日
  • α-ニトロエステルの不斉ヒドロキシメチル化反応, 藤井 政幸, 日本化学会第55秋季年会,   1987年10月01日
  • α-ヒドロキシメチル-α-ニトロエステルからの不斉脱ニトロ水素化反応, 藤井 政幸, 日本化学会第55秋季年会,   1987年10月01日
  • 金属酸化物存在下オリゴビニル化合物の合成, 藤井 政幸, 日本化学会第55秋季年会,   1987年10月01日
  • The Mechanism of the Silica Gel-Catalyzed Reduction of α,β-Unsaturated Carbonyl Compounds by a Model of NAD(P)H, 藤井 政幸, First Conference on Heteroatom Chemistry,   1987年07月26日
  • A Highly Selective Reduction of Olefins with NAD(P)H Models, 藤井 政幸, First Conference on Heteroatom Chemistry,   1987年07月26日
  • NAD(P)Hモデルによるα、β-不飽和ケトンの還元-シリカゲル触媒機構の定量的解析, 藤井 政幸, 日本化学会第54春季年会,   1987年04月01日
  • NAD(P)Hモデルを用いるジエノアルデヒド、ジエノケトンの位置選択的還元, 藤井 政幸, 日本化学会第54春季年会,   1987年04月01日
  • NAD(P)Hモデルを用いたβ-ケトスルホンからのラジカル的環化反応, 藤井 政幸, 日本化学会第51秋季年会,,   1986年10月01日
  • NAD(P)Hモデルを用いるα,β-不飽和ケトン、アルデヒドの選択的水素化反応, 藤井 政幸, 日本化学会第53秋季年会,   1986年10月01日
  • NAD(P)Hモデルによるニトロオレフィンの還元, 藤井 政幸, 日本化学会第50春季年会,   1986年04月01日
  • NAD(P)Hモデルを用いた還元的脱スルホン化反応, 藤井 政幸, 日本化学会第50春季年会,   1986年04月01日
  • NAD(P)Hモデルによる還元におけるシリカゲルの触媒作用, 藤井 政幸, 日本化学会第52春季年会,   1986年04月01日
  • NAD(P)Hモデルを用いるα,β-不飽和ケトン、アルデヒドの選択的水素化反応, 藤井 政幸, 日本化学会第54春季年会,   1986年04月01日
  • 有機合成反応剤としてのNAD(P)Hモデル, 藤井 政幸, 生体関連化学シンポジウム,   1984年05月11日
  • シリカゲルを触媒とするNAD(P)Hモデルによるオレフィンの還元, 藤井 政幸, 日本化学会第49春季年会,   1984年04月01日
  • NAD(P)Hモデルによるα、β-不飽和カルボニル化合物の還元, 藤井 政幸, 日本化学会第48秋季年会,   1983年08月27日
  • α-ニトロカルボニル化合物からα-メチレンカルボニル化合物の合成, 藤井 政幸, 日本化学会第47春季年会,   1983年04月01日

作品

  • 遺伝子ノックダウン法の開発,   2001年

MISC

  • 第3版マクマリー・生物有機化学, 藤井 政幸,   2011年03月
    概要:第20章「化学メッセンジャー:ホルモン、神経伝達物質、薬物」pp.650-680
    第21章「生化学エネルギーの発生」pp.682-715
    を分担
  • 第2版マクマリー・生物有機化学, 藤井 政幸,   2007年03月
    概要:学部生向け教科書「Bioorganic Chemistry」(McMarry著)の第20章「化学メッセンジャー:ホルモン、神経伝達物質、薬物」pp.646-675、第21章「生化学エネルギーの発生」pp.676-709を翻訳した。
  • ヒト細胞中でのオリゴヌクレオチドコンジュゲートによるデリバリー制御とジーンサイレンシング, 久保貴紀, ZHELEV Zhivko, BAKALOVA Rumiana, 大庭英樹, 土井佳子, 藤井政幸, 日本分子生物学会年会講演要旨集, 28th, 222,   2005年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266072064919
  • コンジュゲートDNAエンザイムの細胞導入と遺伝子発現抑制効果, 高森堅悟, 久保貴紀, BAKALOVA Rumiana, ZHELEV Zhivko, 大庭英樹, 藤井政幸, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 1476,   2005年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902221911540345
  • コンジュゲートDNAエンザイムによるヒト細胞中での遺伝子発現抑制効果, 高森堅悟, 久保貴紀, BAKALOVA Rumiana, ZHELEV Zhivko, 大庭英樹, 藤井政幸, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 1376,   2005年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288228303700
  • 高機能性遺伝子医薬によるヒト白血病細胞テロメラーゼ発現抑制, 久保貴紀, 大庭英樹, 藤井政幸, 近畿大学産業理工学部研究報告, 1, 1, 8,   2005年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264659335696
  • His-Tagを介したマイクロ流路への効率的な酵素固定化とマイクロリアクターへの応用, 宮崎真佐也, 金野潤, 山折進, 本田健, Maria Portia, P. Briones, 上原正人, 有馬一成, 菅野憲一, 山下健一, 山口佳子, 中村裕之, 米沢博夫, 藤井政幸, 前田英明, Protein and Peptide Letters, 12, 207,   2005年, 10.2174/0929866053005854
  • コンジュゲートDNAエンザイムによるヒト細胞内遺伝子発現制御, 高森賢悟, 久保貴紀, VAKALOBA Rumiana, ZHELEV Zhivko, 大庭英樹, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集, 42nd, 242,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902293761522417
  • シグナルペプチドによるオリゴヌクレオチドの細胞内デリバリー制御と遺伝子発現抑制, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 遺伝子・デリバリー研究会シンポジウム要旨集, 4th, P.1,   2004年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902285830405638
  • 多機能DNAコンジュゲートの新規合成法, 高水新, 今西高司, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 41st, 133,   2004年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902226862452135
  • DNAコンジュゲートによるミスマッチ塩基対認識, 村尾聡, 長谷川敦子, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 41st, 134,   2004年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232594024206
  • コンジュゲートオリゴヌクレオチドによる遺伝子発現抑制, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 41st, 131,   2004年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902235463285160
  • コンジュゲートDNAエンザイムによるRNA切断, 高森堅悟, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 41st, 131,   2004年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275380588642
  • DNAコンジュゲートによる鎖交換反応, 長谷川敦子, 村尾聡, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 41st, 133,   2004年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290482093990
  • DNA結合性ベータシートペプチドのデザインと合成, 小林芳明, 原田真実, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 41st, 134,   2004年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290630350778
  • 機能性ペプチドによるオリゴヌクレオチドの細胞内デリバリー制御, 長田聡, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 41st, 132,   2004年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902293036284764
  • DNAコンジュゲートによる細胞内デリバリー制御, 今西高司, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 41st, 132,   2004年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297286814403
  • 全能アンチセンスDNAを構築する!, 化学, 59(5), 72, 73,   2004年
  • コンジュゲート型遺伝子医薬によるヒトテロメラーゼ活性阻害, バイオインダストリー, 21(5), 30, 35,   2004年
  • 次世代型合成デバイス:マイクロリアクター, ケミカルエンジニアリング, 49, 40, 46,   2004年
  • 細胞内ナノマシーンを利用するオリゴヌクレオチドの細胞内デリバリー精密制御, 藤井 政幸,   2003年09月
    概要:オリゴDNA シグナルペプチドコンジュゲートを利用した精密細胞内輸送制御について講演した。
  • 生体分子の機能融合による新しい遺伝子医薬設計, 藤井 政幸,   2003年09月
    概要:生体機能分子のコンジュゲートを利用する新機能性核酸の創製および遺伝子医薬開発について講演した。
  • コンジュゲート型DNAエンザイム, 高森堅悟, 久保貴紀, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 40th, 143,   2003年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206471638144
  • 固相フラグメント縮合法による複合DNAコンジュゲートの合成, 阿武洋介, 久保貴紀, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 40th, 144,   2003年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206489452307
  • コンジュゲート型DNAによるアンチセンス効果, 久保貴紀, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 40th, 144,   2003年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902238093248803
  • DNAコンジュゲートを利用するPCR反応と核内デリバリー, 佐々木琴美, 久保貴紀, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 40th, 146,   2003年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902244154618722
  • DNAコンジュゲートの細胞質局在化, 丸谷庸輔, 矢野真由佳, 久保貴紀, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 40th, 146,   2003年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266231361490
  • 鎖侵入型DNAコンジュゲートによる二本鎖DNAの塩基配列特異的認識, 木原亮治, 阿武洋介, 久保貴紀, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 40th, 145,   2003年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902283111105255
  • DNAコンジュゲートの核内局在化, 矢野真由佳, 久保貴紀, 大庭英樹, RUMIANA B, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 40th, 145,   2003年07月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298009805053
  • 核酸とペプチドの機能融合による高活性遺伝子医薬の創製, 藤井 政幸,   2003年07月
    概要:オリゴDNA と各種ペプチドとのコンジュゲートを利用した新しい高活性遺伝子医薬の開発研究に関して講演した。
  • コンジュゲートDNAエンザイムの合成と機能評価, 久保貴紀, 大庭英樹, 藤井政幸, 日本化学会講演予稿集, 83rd, 2, 1115,   2003年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902235449388533
  • DNAコンジュゲートのアンチセンス効果, 久保貴紀, 大庭英樹, 藤井政幸, 日本化学会講演予稿集, 83rd, 2, 1353,   2003年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264042107386
  • DNAコンジュゲートによるヒトテロメレースのアンチセンス阻害, 久保貴紀, 大庭英樹, 藤井政幸, 日本化学会講演予稿集, 83rd, 2, 1115,   2003年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267959931125
  • コンジュゲートDNAエンザイムのRNA切断能の動力学的解析, 久保貴紀, 大庭英樹, 藤井政幸, 日本化学会講演予稿集, 83rd, 2, 1353,   2003年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268776566203
  • コンジュゲートDNAによる細胞内局在化制御とアンチセンス特性, 久保貴紀, RUMIANA Bakalova, 大庭英樹, 明日山康生, 松木園美穂, 藤井政幸, アンチセンスシンポジウム講演要旨集, 13th, 61,   2003年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902217602667392
  • アンチセンスコンジュゲートDNAによるヒトテロメーラゼ活性阻害, 久保貴紀, RUMIANA Bakalova, 大庭英樹, 明日山康生, 松木園美穂, 藤井政幸, アンチセンスシンポジウム講演要旨集, 13th, 19,   2003年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902236152048926
  • Evaluating the immune responses stimulated by CpG oligodeoxynucleotides, Nucleic Acids Res.Suppl., 3, 323-324,   2003年
  • Control of Intracellular Delivery and Inhibition of Genetic Expression by DNA-Peptide Conjugates, Nucleic Acids Res.Suppl., 3, 237-238,   2003年
  • Conjugate DNAzymes, Nucleic Acids Res.Suppl., 3, 177-178,   2003年
  • Large stacking stability of a base pair-mimic nucleotide on the DNA duplex, Nucleic Acids Res.Suppl., 3, 79-80,   2003年
  • Synthesis of DNA-Peptide Conjugates by Solid Phase Fragment Condensation, Org. Lett., 5, 2623-2626.,   2003年, 10.1021/ol034721p
  • 多官能性DNAコンジュゲートの合成と性質, 阿武洋介, 久保貴紀, 大庭英樹, 森川全章, 藤井政幸, 日本化学会西日本大会講演予稿集, 2002, 388,   2002年11月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902103185288329
  • DNAコンジュゲートによる新機能核酸の創製, 久保貴紀, 大庭英樹, 森川全章, 藤井政幸, 日本化学会西日本大会講演予稿集, 2002, 392,   2002年11月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902140227847318
  • オリゴヌクレオチドの細胞内デリバリー, 矢野真由佳, 久保貴紀, 大庭英樹, 森川全章, 藤井政幸, 日本化学会西日本大会講演予稿集, 2002, 390,   2002年11月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902160404291288
  • 2’‐0‐修飾オリゴヌクレオチドの新規固相合成と性質, 佐々木琴美, 久保貴紀, 大庭英樹, 森川全章, 藤井政幸, 日本化学会西日本大会講演予稿集, 2002, 389,   2002年11月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902166094170653
  • DNAコンジュゲートによる二本鎖DNA認識, 上木亮治, 久保貴紀, 大庭英樹, 森川全章, 藤井政幸, 日本化学会西日本大会講演予稿集, 2002, 391,   2002年11月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902186866636662
  • DNA‐NLSペプチドコンジュゲートの核内輸送, 矢野真由佳, 上木亮治, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, 藤井政幸, 高分子学会予稿集, 51, 14, 3659,   2002年09月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902115937578079
  • 2′‐O‐修飾オリゴヌクレオチドのポスト固相合成と性質, 佐々木琴美, 上木亮治, 久保貴紀, 大庭英樹, 藤井政幸, 高分子学会予稿集, 51, 14, 3661,   2002年09月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902145680026432
  • 固相フラグメント縮合法による多官能性DNAコンジュゲートの合成と性質, 阿武洋介, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, 藤井政幸, 高分子学会予稿集, 51, 14, 3656,   2002年09月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902147596170520
  • コンジュゲートDNAエンザイムの合成と特性, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, 藤井政幸, 高分子学会予稿集, 51, 14, 3657,   2002年09月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902163339111900
  • DNA‐NESペプチドコンジュゲートの合成と細胞内デリバリー, 上木亮治, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, 藤井政幸, 高分子学会予稿集, 51, 14, 3658,   2002年09月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902175363097436
  • 固相フラグメント縮合法による多機能性DNA‐ペプチドコンジュゲートの合成, 阿武洋介, 久保貴紀, 管野憲一, 大庭英樹, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 39th, 168,   2002年07月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902109495106520
  • DNA‐コンジュゲートによる新機能性DNAエンザイムの開発, 久保貴紀, 管野憲一, 大庭英樹, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 39th, 167,   2002年07月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902112115824451
  • 核外輸送シグナルペプチドによるDNAの細胞質局在化, 上木亮治, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 39th, 168,   2002年07月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902118049434157
  • 核局在化シグナルペプチドによるDNAの核内輸送, 矢野真由佳, 上木亮治, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 39th, 169,   2002年07月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136608315072
  • 2′‐O‐修飾オリゴヌクレオチドのポスト固相合成, 佐々木琴美, 上木亮治, 久保貴紀, 菅野憲一, 大庭英樹, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 39th, 169,   2002年07月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902187370554123
  • DNA‐ペブチドコンジュゲートの合成とアンチセンス特性, 久保貴紀, 横山絹子, 大庭英樹, 藤井政幸, 化学工学会年会研究発表講演要旨集, 67th, 986,   2002年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902154332479228
  • DNA結合ベプチドのデザインと機能, 阿武洋介, 久保貴紀, 横山絹子, 上木亮二, 新留拓郎, 青柳東彦, 藤井政幸, 化学工学会年会研究発表講演要旨集, 67th, 987,   2002年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902185847149975
  • マクマリー・生物有機化学, 藤井 政幸,   2002年03月
    概要:学部生向け教科書「Bioorganic Chemistry」(McMarry著)の第9章「化学メッセンジャー」pp.276-301、第10章「生化学エネルギーの発生」pp.302-331を翻訳した。
  • マイクロ流路表面の簡易な修飾法, Jun Kaneno, Ryo Kohama, Masaya Miyazaki, Masato Uehara, Kenichi Kanno, Masayuki Fujii, Hazime Shimizu, Hideaki Maeda, New Journal of Chemistry, 27, 1765,   2002年
  • 化学と教育, DNA超分子(DNA Super Molecules)(総説), 2, 89, 93,   2002年
  • Enhanced Enzymatic Reactions in a Microchannel Reactor, Australian Journal of Chemistry,, 55, 687-690,   2002年, 10.1071/CH02171
  • Microreactor - New Device for Organic and Enzymatic Synthesis -, Synthetic Organic Chemistry, 60, 701-707,   2002年, 10.5059/yukigoseikyokaishi.60.701
  • DNA Super Molecules, Cehmistry and Education, 2, 89-93,   2002年
  • Rapid enzymatic transglycosylation and oligosaccharide synthesis in a microchip reactor, Lab on a Chip, 2, 3-6,   2002年
  • Synthesis and Biological Activity of Phosphorothioate DNA-Peptide Conjugate, Peptide Science, 2001, 335-338,   2002年
  • Synthesis of DNA-Peptide Conjugate by Solid Phase Fragment Condensation, Peptide Science, 2001, 339-342,   2002年
  • Synthesis and Biological Activity of DNA-NLS Peptide Conjugate, Peptide Science, 2001, 313-316,   2002年
  • マクマリー・生物有機化学 (共訳) J. McMurry, M. Castellion 著 菅原二三男監訳 第 10 章 「生化学エネルギーの発生」, 藤井 政幸, マクマリー・生物有機化学, 302, 331,   2002年
    概要:学部、 大学院学生向けテキスト 「Bioorganic Chemistry」 (McMurry 著) の翻訳。 第 10 章 「生化学エネルギーの発生」 を分担。
  • マクマリー・生物有機化学 (共訳) J. McMurry, M. Castellion 著 菅原二三男監訳 第 9 章 「化学メッセンジャー」, 藤井 政幸, マクマリー・生物有機化学, 276, 301,   2002年
    概要:学部、 大学院学生向けテキスト 「Bioorganic Chemistry」 (McMurry 著) の翻訳。 第 9 章 「化学メッセンジャー」 を分担。
  • DNA‐ペプチドコンジュゲートの合成と性質, 久保貴紀, 横山絹子, 金野潤, 佐々木琴美, 矢野真由佳, 藤井政幸, アンチセンスシンポジウム講演要旨集, 11th, 22,   2001年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902113335433832
  • DNAコンジュゲートによる次世代遺伝子医薬の開発, 久保貴紀, 横山絹子, 菅野憲一, DUBEY K, 藤井政幸, 高分子学会予稿集, 50, 14, 3749, 3750,   2001年08月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902180522833576
  • 2′‐水酸基修飾オリゴヌクレオチドの新規合成法と生化学的性質, 久保貴紀, 長瀬慎也, DUBEY K K, 横山絹子, 藤井政幸, 日本化学会講演予稿集, 79th, 2, 1321,   2001年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902144688433871
  • オリゴヌクレオチドの2′‐水酸基の固相上での修飾, 久保貴紀, 長瀬慎也, DUBEY K K, 横山絹子, 藤井政幸, 日本化学会講演予稿集, 79th, 2, 948,   2001年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902187243866264
  • Synthesis and Biological Properties of DNA-Peptide Conjugates, Nucleic Acids Res., Suppl., 1, 75-76,   2001年
  • Synthesis and Biological Properties of DNA-Sugar Conjugates, Nucleic Acids Res., Suppl., 1, 73-74,   2001年
  • A Novel Solid Phase Synthesis of DNA Conjugates, Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, 20, 1321-1324,   2001年, 10.1081/NCN-100002546
  • Amphiphilic b-Sheet Peptides Can Bind to Double and Triple Stranded DNA, Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids,, 20, 1317-1320,   2001年, 10.1081/NCN-100002545
  • Specific Binding and Stabilization of DNA and Phosphorothioate DNA by Amphiphilic α-Helical Peptides, Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, 20, 1313-1316,   2001年, 10.1081/NCN-100002544
  • DNA‐Peptideコンジュゲートの新規固相合成と生化学的性質, 久保貴紀, DUBEY K K, 藤井政幸, アンチセンスシンポジウム講演要旨集, 10th, 50,   2000年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902169172579988
  • DNA‐ペプチドコンジュゲートの新規合成法, 久保貴紀, 横山絹子, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 37th, 118,   2000年07月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902110135577199
  • DNA結合性α‐ヘリックスペプチドによる疎水基の効果, 後藤孝一郎, 久保貴紀, 横山絹子, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 37th, 117,   2000年07月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126688882058
  • グラミシジンS誘導体とDNAとの相互作用, 横山絹子, 久保貴紀, 岩隈薫, 安藤勢津子, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 37th, 119,   2000年07月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902140462040430
  • 両親媒性ペプチドとDNAとの相互作用の定量的解析, 阿部信也, 久保貴紀, 横山絹子, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 37th, 119,   2000年07月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902143702041969
  • β‐ヘアピン型ペプチドとDNAとの相互作用, 上木亮治, 久保貴紀, 横山絹子, 小野慎, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 37th, 118,   2000年07月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902177855406321
  • 両親媒性ベータシートペプチドによるDNAハイブリッドの安定化, 横山絹子, 久保貴紀, 藤井政幸, 日本化学会講演予稿集, 78th, 2, 733,   2000年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902181990017049
  • 両親媒性alphaヘリックスペプチドによるDNAハイブリッドの安定化, 藤井政幸, 久保貴紀, 新留拓郎, 青柳東彦, 日本化学会講演予稿集, 78th, 2, 734,   2000年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902191466584101
  • 両親媒性α‐ヘリックスペプチドと核酸との相互作用, 久保貴紀, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 36th, 102,   1999年07月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902117680766386
  • 両親媒性環状ペプチドの二本鎖DNAとの相互作用, 横山絹子, 久保貴紀, 藤井政幸, 化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 36th, 101,   1999年07月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902142489107881
  • ブラウン基本有機化学, 藤井 政幸, 奥山格,   1999年03月
    概要:学部生向け有機化学の教科書「Organic Chemistry」(Brown著)を共訳した。

特許

  • Method for transfecting nucleic acid to cell and nucleic acid complex, 藤井 政幸, 特願2011800341138, 特許China Patent 2310709
  • Method for transfecting nucleic acid to cell and nucleic acid complex, 藤井 政幸, 特許EU2594638
  • Method for transfecting nucleic acid to cell and nucleic acid complex, 藤井 政幸, 特許US9,057,067
  • 細胞への核酸導入方法および核酸複合体, 藤井 政幸, 特願2012-524532, 特許5738862
  • 細胞への核酸導入方法、核酸キャリア及び核酸複合体, 藤井 政幸, PCT/JP2011/065612, 両親媒性ペプチドを用いて2重鎖核酸とくにsiRNAを細胞内へ導入する方法を開発した。この方法によれば、毒性なく効率よくsiRNAを細胞内へ導入することができ、細胞内でのsiRNAの半減期を大きく伸ばすとこができ、標的の遺伝子を高い効率でサイレンシングすることができる。
  • 細胞への核酸導入方法、核酸キャリアおよび核酸複合体, 藤井 政幸, 特願2010-157367, 細胞への新規核酸導入剤を開発した。

受賞

  •   2013年10月, 日本学術振興機構, 特別研究員等審査会専門委員および国際事業委員会書面審査員表彰
  •   2008年07月, 有機合成化学協会, 第45回化学関連支部合同九州大会ポスター賞, アンチセンスペプチド-DNAコンジュゲートによるテロメラーゼ阻害
  •   1996年, 有機合成化学協会武田薬品工業研究企画賞
  •   1995年, 有機合成化学協会中外製薬研究企画賞
  •   1991年, 有機合成化学協会九州・山口支部奨励賞
  • 第41回化学関連支部合同九州大会ポスター賞
  • 平成13年 日本化学会第79春季年会 ポスター賞
  • 平成12年 XIV International Round Table, Nucleosides, Nucleotides and their Biological Applications ポスター賞
  • 平成12年度 第37回化学関連支部合同九州大会ポスター賞

競争的資金

  • 味の素株式会社, 革新的核酸医薬開発のための核酸マルチコンジュゲートのユニバーサル合成法
  • 一般財団法人難病治療研究振興財団, 日本・ロシア難病に関する共同研究プロジェクト, 抑制的ガイダンス分子a(RGMa)を標的とする多発性硬化症治療のための核酸医薬の開発
  • 農林水産省, 国際共同研究パイロット事業, 核酸誘導体を用いる鳥インフルエンザウイルス感染治療薬の開発
  • 近畿大学, 21世紀研究開発奨励金, 核酸医薬による変異K-RAS遺伝子発現制御と革新的抗癌薬の開発
  • 科学技術振興機構, マッチングプランナープログラム「企業ニーズ解決試験」, 新規無毒性ペプチド遺伝子導入試薬の開発
  • 日本科学協会, 海外発表促進助成, 第22回国際円卓会議
  • 日本科学協会, 海外発表促進助成, RNA INTERFERENCE by siRNAs BEARING 5’-AMINO-5’-DEOXYTHYMIDINE
  • 近畿大学, 学内研究助成金(共同研究), 分子標的創薬、細胞医療基盤技術の開発
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般), ヒトアルゴノートタンパク2の機能構造に基づくsiRNAの最適化学構造の探索
  • 日本学術振興機構, 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般), ヒトアルゴノートタンパク2の機能構造に基づくsiRNAの最適化学構造の探索
  • 文部科学省, 私立学校施設整備費補助金, RNA機能解析システム
  • 文部科学省, 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般), 細胞内デリバリー制御可能な多機能siRNAの創製と遺伝子サイレンシング
  • 飯塚市, 飯塚市大学支援補助金, 有用微生物および動物細胞の遺伝子定量解析
  • 文部科学省, 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般), 細胞質局在化コンジュゲートsiRNAによる遺伝子発現制御
  • 日本私立学校振興・共済事業団, 学術研究振興資金, 革新的生細胞内遺伝子解析システムの開発
  • 科学技術振興機構, イノベーションプラザ事業化のための育成研究, ゲノム創薬のための革新的遺伝子ノックダウン法の開発
  • 九州経済産業局, 産学連携戦略・次世代産業創出事業, 生細胞内遺伝子解析システムの開発
  • 文部科学省, 私立学校施設整備費補助金, 超伝導NMRシステム
  • 福岡県産業・科学技術振興財団, マッチングコーディネート事業実用化可能性試験, 塩素系環境汚染物質オンサイト処理プロセスの開発
  • 福岡県産業・科学技術振興財団, RSP事業育成試験, 塩素系環境汚染物質オンサイト処理プロセスの開発
  • 文部省, 病原性大腸菌産生ベロ毒素治療薬の開発
  • 文部省, 科学研究費補助金基盤研究C一般, RNAアナログによる病原性大腸菌産生ベロ毒素阻害剤の開発
  • 日産科学振興財団, 日産科学振興財団学術研究助成, 遷移状態アナログを用いるべろ毒素阻害剤の開発
  • 文部科学省, 私立学校施設整備費補助金, レーザー励起飛行時間型質量分析装置
  • 飯塚市, 飯塚市研究テーマ探索事業補助金, べろ毒素除去フィルターの開発
  • 九州産業技術センター, 産学R&D推進事業研究助成, GB3アナログを用いるべろ毒素阻害剤の開発
  • 公益信託三菱油化, 化学研究奨励基金研究助成, べろ毒素阻害剤の開発
  • 福岡県産業・科学技術振興財団, テーマ探索・シーズ発掘事業研究助成, RNAアナログによるべろ毒素阻害剤の開発
  • 文部省, 科学研究費補助金奨励研究(A), 軸不斉複素環化合物を用いる機能性化合物の開発
  • 日本科学協会, 笹川科学研究助成, 軸不斉芳香族複素環化合物を用いる機能性化合物の開発
  • 伊藤科学振興会, 伊藤科学振興会研究助成, 軸不斉芳香族複素環化合物を用いる不斉反応
  • 若い化学者たちの市来崎基金, 若い化学者たちの市来崎基金研究助成, A Novel Coenzyme NADH Model with Axial Chirality. Its preparation and Stereoselectivity
  • 文部省, 科学研究費補助金奨励研究(A), 軸不斉複素環化合物を用いる機能性化合物の開発
  • 塩基配列認識能をもつ人工制限酵素の開発
  • DNA,RNAの塩基配列特異的認識化合物の開発
  • 文部科学省, 私立学校施設整備費補助金, 生細胞解析イメージングシステム

その他

  •   2017年04月, 核酸医薬による変異K-RAS遺伝子発現制御と革新的抗癌薬の開発, 核酸医薬を用いて変異K-RAS遺伝子の発現を選択的に抑制することにより、あるいは、抗変異K-RAS核酸医薬とセツキシマブ等のモノクロナール抗体医薬やエルロチニブ等の分子標的薬との併用により革新的な変異K-RAS依存性がんの治療薬を開発する。

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 化学英語, 近畿大学
  • 分子遺伝学, 近畿大学
  • 生化学, 近畿大学
  • 物理化学, 近畿大学
  • 有機化学, 近畿大学