KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

宮本 圭ミヤモト ケイ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 遺伝子工学科 / 生物理工学研究科
職名准教授
学位博士(農学)
専門発生生物学、分子生物学
ジャンル科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1353-miyamoto-kei.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/08/10

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    発生が進んだ細胞(分化細胞)が、分化前の状態に戻る初期化現象に関して研究を行っています。また、生殖細胞及び受精後の胚が正常に発生する理由を分子レベルで解明する研究もしています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2019/3/12
     読売新聞
     朝日新聞
     毎日新聞
     日本経済新聞
     マンモス細胞核「マウス卵子内 分裂直前前の状態」について
    ●2017/4/17
     日本経済新聞
     クローン作製効率向上について

学歴・経歴

学歴

  • 2006年04月 - 2009年03月, 京都大学農学研究科博士後期課程 修了
  • 2004年04月 - 2006年03月, 京都大学農学研究科博士前期課程 修了
  • 2000年04月 - 2004年03月, 京都大学, 農学部

経歴

  •   2020年04月,  - 現在, 近畿大学 生物理工学部 准教授
  •   2015年04月,  - 2020年03月, 近畿大学生物理工学部 講師
  •   2012年04月,  - 2015年03月, ケンブリッジ大学ウォルソンカレッジフェロー
  •   2012年04月,  - 2015年03月, ハーチェルスミスリサーチフェロー
  •   2009年04月,  - 2015年03月, 英国ケンブリッジ大学 ガードン研究所ガードン研究室 博士研究員
  •   2010年04月,  - 2012年03月, 日本学術振興会海外特別研究員
  •   2007年04月,  - 2009年03月, 日本学術振興会特別研究員(DC2)

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 動物生命科学

研究キーワード

  • 遺伝子発現, エピジェネティックス, 核移植, リプログラミング, 分子発生生物学

論文

  • Perturbation of maternal PIASy abundance disrupts zygotic genome activation and embryonic development via SUMOylation pathway., Higuchi C, Yamamoto M, Shin SW, Miyamoto K, Matsumoto K, Biology open, Biology open,   2019年10月, 査読有り
  • Active Fluctuations of the Nuclear Envelope Shape the Transcriptional Dynamics in Oocytes., Almonacid M, Al Jord A, El-Hayek S, Othmani A, Coulpier F, Lemoine S, Miyamoto K, Grosse R, Klein C, Piolot T, Mailly P, Voituriez R, Genovesio A, Verlhac MH, Developmental cell, Developmental cell,   2019年10月, 査読有り
  • Signs of biological activities of 28,000-year-old mammoth nuclei in mouse oocytes visualized by live-cell imaging., Yamagata K, Nagai K, Miyamoto H, Anzai M, Kato H, Miyamoto K, Kurosaka S, Azuma R, Kolodeznikov II, Protopopov AV, Plotnikov VV, Kobayashi H, Kawahara-Miki R, Kono T, Uchida M, Shibata Y, Handa T, Kimura H, Hosoi Y, Mitani T, Matsumoto K, Iritani A, Scientific reports, Scientific reports, 9, 1, 4050,   2019年03月, 査読有り
  • Various nuclear reprogramming systems using egg and oocyte materials., Miyamoto K, The Journal of reproduction and development, The Journal of reproduction and development, 65, 3, 203, 208,   2019年02月, 査読有り
  • 受精卵およびクローン胚におけるエピジェネティックリプログラミング, 奥野智美, 松本和也, 宮本 圭, 日本胚移植学雑誌, 日本胚移植学雑誌, 40, 3, 117, 122,   2018年09月, 査読有り
  • Chromatin Accessibility Impacts Transcriptional Reprogramming in Oocytes., Miyamoto K, Nguyen KT, Allen GE, Jullien J, Kumar D, Otani T, Bradshaw CR, Livesey FJ, Kellis M, Gurdon JB, Cell reports, Cell reports, 24, 2, 304, 311,   2018年07月, 査読有り
  • Srf destabilizes cellular identity by suppressing cell-type-specific gene expression programs., Ikeda T, Hikichi T, Miura H, Shibata H, Mitsunaga K, Yamada Y, Woltjen K, Miyamoto K, Hiratani I, Yamada Y, Hotta A, Yamamoto T, Okita K, Masui S, Nature communications, Nature communications, 9, 1, 1387,   2018年04月, 査読有り
  • Combinational Treatment of Trichostatin A and Vitamin C Improves the Efficiency of Cloning Mice by Somatic Cell Nuclear Transfer., Azuma R, Miyamoto K, Oikawa M, Yamada M, Anzai M, J. Vis. Exp., J. Vis. Exp., 134, e57036,   2018年04月, 査読有り
  • 黒毛和種去勢牛の脂肪交雑を生体評価するバイオマーカー候補タンパク質の血清プロテオーム 解析による探索, 池上春香, 松橋珠子, 永井宏平, 宮本圭, 大林賢伍, 坂口慎一, 松本和也, 関西畜産学会報, 関西畜産学会報, 第175号,   2018年03月, 査読有り
  • Peroxiredoxin as a functional endogenous antioxidant enzyme in pronuclei of mouse zygotes., Morita K, Tokoro M, Hatanaka Y, Higuchi C, Ikegami H, Nagai K, Anzai M, Kato H, Mitani T, Taguchi Y, Yamagata K, Hosoi Y, Miyamoto K, Matsumoto K, The Journal of reproduction and development, The Journal of reproduction and development,   2018年03月, 査読有り
  • Ubiquitin-proteasome system modulates zygotic genome activation in early mouse embryos and influences full-term development., Higuchi C, Shimizu N, Shin SW, Morita K, Nagai K, Anzai M, Kato H, Mitani T, Yamagata K, Hosoi Y, Miyamoto K, Matsumoto K, The Journal of reproduction and development, The Journal of reproduction and development,   2017年12月, 査読有り
  • A new era of human assisted reproductive technology, K. Miyamoto, Journal of Mammalian Ova Research, Journal of Mammalian Ova Research, 33, 2, 77, 77,   2016年, 査読有り
  • 初期胚発生におけるDNA及びヒストンメチル化修飾の重要性, 塚口 智将, 守田 昴太郎, 宮本 圭, 松本和也, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 6号,   2015年03月, 査読有り
  • Maternal factors involved in nuclear reprogramming by eggs and oocytes, Kei Miyamoto, Journal of Mammalian Ova Research, Journal of Mammalian Ova Research, 30, 3, 68, 78,   2013年10月, 査読有り
  • Transcriptional regulation and nuclear reprogramming: roles of nuclear actin and actin-binding proteins., Miyamoto K, Gurdon JB, Cellular and molecular life sciences : CMLS, Cellular and molecular life sciences : CMLS, 70, 18, 3289, 3302,   2013年09月, 査読有り
  • Nuclear reprogramming of sperm and somatic nuclei in eggs and oocytes., Teperek M, Miyamoto K, Reproductive medicine and biology, Reproductive medicine and biology, 12, 4, 133, 149,   2013年06月, 査読有り
  • Nuclear actin and transcriptional activation., Miyamoto K, Gurdon JB, Communicative & integrative biology, Communicative & integrative biology, 4, 5, 582, 583,   2011年09月, 査読有り
  • Efficiencies and mechanisms of nuclear reprogramming, V. Pasque, K. Miyamoto, J.B. Gurdon, Cold Spring Harb Symp Quant Biol, Cold Spring Harb Symp Quant Biol, 75, 189, 200,   2010年11月, 査読有り
  • 無細胞抽出系を用いた培養細胞のリプログラミングとその応用, 宮本 圭, 今井 裕, 日本胚移植学雑誌, 日本胚移植学雑誌, 28, 2, 81, 87,   2006年05月, 査読有り
  • The Expression of TALEN before Fertilization Provides a Rapid Knock-Out Phenotype in Xenopus laevis Founder Embryos., Miyamoto K, Suzuki KT, Suzuki M, Sakane Y, Sakuma T, Herberg S, Simeone A, Simpson D, Jullien J, Yamamoto T, Gurdon JB, PloS one, PloS one, 10, 11, e0142946,   2015年11月, 査読有り
  • Histone H3 lysine 9 trimethylation is required for suppressing the expression of an embryonically activated retrotransposon in Xenopus laevis., Herberg S, Simeone A, Oikawa M, Jullien J, Bradshaw CR, Teperek M, Gurdon J, Miyamoto K, Scientific reports, Scientific reports, 5, 14236,   2015年09月, 査読有り
  • Manipulation and In Vitro Maturation of Xenopus laevis Oocytes, Followed by Intracytoplasmic Sperm Injection, to Study Embryonic Development., Miyamoto K, Simpson D, Gurdon JB, Journal of visualized experiments : JoVE, Journal of visualized experiments : JoVE, 96, e52496,   2015年02月, 査読有り
  • Nuclear Wave1 is required for reprogramming transcription in oocytes and for normal development., Miyamoto K, Teperek M, Yusa K, Allen GE, Bradshaw CR, Gurdon JB, Science (New York, N.Y.), Science (New York, N.Y.), 341, 6149, 1002, 1005,   2013年08月, 査読有り
  • Nuclear actin in transcriptional reprogramming by oocytes: are actin nucleators key players?, Miyamoto K, Pasque V, Gurdon JB, Cell cycle (Georgetown, Tex.), Cell cycle (Georgetown, Tex.), 10, 18, 3040, 3041,   2011年09月, 査読有り
  • Cell-free extracts from mammalian oocytes partially induce nuclear reprogramming in somatic cells., Miyamoto K, Tsukiyama T, Yang Y, Li N, Minami N, Yamada M, Imai H, Biology of reproduction, Biology of reproduction, 80, 5, 935, 943,   2009年05月, 査読有り
  • Reversible membrane permeabilization of mammalian cells treated with digitonin and its use for inducing nuclear reprogramming by Xenopus egg extracts., Miyamoto K, Yamashita T, Tsukiyama T, Kitamura N, Minami N, Yamada M, Imai H, Cloning and stem cells, Cloning and stem cells, 10, 4, 535, 542,   2008年12月, 査読有り

書籍等出版物

  • 次世代の核移植技術の利用に向けて、Campus & Conference探訪記、「実験医学」, 宮本圭, 羊土社,   2016年
  • 最先端と伝統が共存する場所、Lab Report、「実験医学」, 宮本圭, 羊土社,   2015年
  • 母性因子Wave1は転写のリプログラミングと正常な胚発生に必要である、「実験医学」, 宮本圭, 羊土社,   2014年
  • Biology & Pathology of the Oocyte, 宮本圭, John Gurdon, 分担執筆, Insights into the amphibian egg to understand the mammalian oocyte., Cambridge University Press,   2013年
  • ジョン・ガードン~リプログラミングの父「科学」, 宮本圭, 岩波書店,   2013年01月
  • 卵細胞抽出液を用いた体細胞のリプログラミング誘導、「幹細胞の分化誘導と応用」, 宮本圭, 今井 裕, エヌ・ティー・エス出版,   2009年

講演・口頭発表等

  • 「サイエンスクエスト そして科学者へ・・・」, 宮本圭, 和歌山県高等学校生徒科学研究発表会,   2019年12月19日, 招待有り
  • 受精卵の全能性を評価する方法の開発に向けて, 山本 真理, Nicole Cheung, 塚口 智将, 小林 久人, 神尾 明日香, 奥野 智美, 神谷 拓磨, 越智 浩介, 井橋 俊哉, 辻本 佳加理, 坂本 裕子, 笠原 善斗, 眞銅 大暉, 河野 友宏, 松本 和也, 宮本 圭, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月06日
  • 核移植における体細胞核の全能性獲得に関与する遺伝子の機能解析, 井橋 俊哉, 森 美樹, 今里 佑馬, 日下部 春奈, 梶栗 尚明, 松澤 由佳, 加地 正弥, 濱中 瑞斗, 神谷 拓磨, 奥野 智美, 山 本 真理, 越智 浩介, 坂本 裕子, 辻本 佳加理, 笠原 喜斗, 眞銅 大暉, 松橋 珠子, 伊川 正人, 松本 和也, 宮本 圭, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月06日
  • マウス初期胚発生における受精卵特異的重合化核アクチンの機能解析, 奥野 智美, Li Wayne Yang, 波多野 裕, 鷹巣 篤志, 山本 真理, 池田 善貴, Plessner Matthias, 坂本 裕子, 守田 昂太, 郎, 松本 和也, 山縣 一夫, Grosse Robert, 宮本 圭, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月06日
  • 細胞周期を停止したマウス初期胚による核リモデリング, 神谷 拓磨, 西浦 伊織, 奥野 智美, 山本 真理, 越智 浩介, 井橋 俊哉, 辻本 佳加理, 坂本 裕子, 笠原 善斗, 眞銅 大暉, 松橋 珠子, 松本 和也, 宮本 圭, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月06日
  • 核内アクチンタンパク質の重合化がマウス初期胚の細胞分裂に及ぼす影響, 坂本 裕子, 奥野 智美, Li Yang, 山本 真理, 神谷 拓磨, 越智 浩介, 井橋 俊哉, 辻本 佳加理, 笠原 喜斗, 眞銅 大暉, 松 橋 珠子, 松本 和也, Robert Grosse, 宮本 圭, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月05日
  • カエル卵母細胞を用いた転写リプログラミング機構の解析, 辻本 佳加理, 白水 宗, 小林 智輝, 西 満里奈, 辻村 翔子, 神谷 拓磨, 奥野 智美, 山本 真理, 越智 浩介, 井橋 俊哉, 坂本 裕子, 笠原 喜斗, 眞銅 大暉, 松橋 珠子, 松本 和也, Grosse Robert, 宮本 圭, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月05日
  • マウス初期胚発生における受精卵特異的重合化核アクチンの機能解析, 奥野 智美, Li Wayne Yang, 波多野 裕, 鷹巣 篤志, 山本 真理, 池田 善貴, Matthias Plessner, 坂本 裕子, 守田 昂太郎, 松本 和也, 山縣 一夫, Robert Grosse, 宮本 圭, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月05日
  • マウス受精卵前核の機能維持における核骨格タンパク質の役割, 奥野 智美, Yang Wayne Li, 波多野 裕, 鷹巣 篤志, 山本 真理, 池田 善貴, Matthias Plessner, 坂本 裕子, 守田 昂太郎, 松本 和也, 山縣 一夫, Robert Grosse, 宮本 圭, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月05日, 招待有り
  • マウス受精卵を用いた内在性核内繊維状アクチンの可視化法の検討, 眞銅 大暉, 坂本 裕子, 奥野 智美, Li Yang, 山本 真理, 神谷 拓磨, 越智 浩介, 井橋 俊哉, 辻本 佳加理, 笠原 喜斗, 松 橋 珠子, 松本 和也, Robert Grosse, 宮本 圭, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月04日
  • 肉用牛の出荷時の筋肉内脂肪中のオレイン酸含有割合を予測する血中バイオマーカータンパク質の検討, 越智 浩介, 池上 春香, 松橋 珠子, 邨上 正幸, 山本 真理, 笠原 喜斗, 眞銅 大暉, 宮本 圭, 加藤 博己, 高取 等, 松本 和也, 第42回日本分子生物学会年会,   2019年12月03日
  • 光遺伝学ツールを用いた核アクチン重合化の促進と転写リプログラミングにおけるクロマチンタンパク質の動態, 辻本佳加理, 白水宗, 小林智輝, 西満里奈, 辻村翔子, 守屋朱香, 國富瑞生, 松橋珠子, 松本和也, Robert Grosse, 宮本圭, 全能性プログラム:デコーディングからデザインへ 若手勉強会,   2019年11月21日
  • マウス初期胚における核内アクチンタンパク質と初期細胞分裂の関係性, 坂本裕子, 奥野智美, Wayne Yang Li, 眞銅太暉, 鷹巣篤志, 山本真理, 波多野裕, 池田善貴, Matthias Plessner, 守田昂太郎, 松本和也, 山縣一夫, Robert Grosse, 宮本圭, 全能性プログラム:デコーディングからデザインへ 若手勉強会,   2019年11月21日
  • 核移植における全能性獲得に関与する遺伝子の機能解析, 井橋 俊哉, 濱中瑞斗, 加地正弥, 森美樹, 今里佑馬, 日下部春奈, 梶栗尚明, 松澤由佳, 神谷拓磨, 奥野智美, 山本真理, 越智浩介, 坂本裕子, 辻本佳加理, 笠原喜斗, 松橋珠子, 松本和也, 伊川正人, 宮本圭, 全能性プログラム:デコーディングからデザインへ 若手勉強会,   2019年11月21日
  • 細胞分裂及びDNA複製非依存的新規核移植法による転写リプログラミング, 神谷拓磨, Christopher A. Penfold, 奥野智美, 山本真理, 越智浩介, 井橋俊哉, 辻本佳加理, 坂本裕子, 松橋珠子, 松本和也, 宮本圭, 全能性プログラム:デコーディングからデザインへ 若手勉強会,   2019年11月21日
  • マウス前核期胚における重合化核アクチンの機能解明に向けて, 奥野智美, Wayne Yang Li, 波多野裕, 鷹巣篤志, 山本真理, 池田善貴, Matthias Plessner, 坂本裕子, 守田昂太郎, 松本和也, 山縣一夫, Robert Grosse, 宮本圭, 全能性プログラム:デコーディングからデザインへ 若手勉強会,   2019年11月21日
  • 受精卵の全能性に関する母性転写産物の探索, 山本真理, 宮本圭, 全能性プログラム:デコーディングからデザインへ 若手勉強会,   2019年11月21日
  • 核内アクチン重合化は受精卵前核の機能維持と初期胚発生に必要である, 宮本圭, 全能性プログラム:デコーディングからデザインへ キックオフシンポジウム,   2019年11月21日, 招待有り
  • 分子マーカーを用いた受精卵の発生能予測, 宮本圭, 第64回 日本生殖医学会学術講演会・総会,   2019年11月08日, 招待有り
  • 光遺伝学ツールを用いた核アクチン重合化の促進と転写リプログラミングにおけるHP1ファミリータンパク質の動態, 辻本佳加理, 白水宗, 小林智輝, 西満里奈, 辻村翔子, 神谷拓磨, 奥野智美, 山本真理, 越智浩介, 井橋俊哉, 坂本裕子, 笠原喜斗, 松橋珠子, 松本和也, Robert Grosse, 宮本圭, 第92回日本生化学会大会,   2019年09月18日
  • 受精卵特異的重合化核アクチンの機能解析, 奥野智美, Wayne Yang Li, 波多野裕, 鷹巣篤志, 山本真理, 池田善喜, Matthias Plessner, 坂本裕子, 守田昂太郎, 松本和也, 山縣一夫, Robert Grosse, 宮本圭, 第92回日本生化学会大会,   2019年09月18日
  • A novel nucleoskeleton structure in mouse zygotes and its developmental functions, 宮本圭, 第92回日本生化学会大会,   2019年09月18日, 招待有り
  • 核移植における体細胞核の全能性獲得に関与する遺伝子の探索, 井橋 俊哉, 森 美樹, 今里 佑馬, 日下部 春奈, 梶栗 尚明, 松澤 由佳, 神谷 拓磨, 奥野 智美, 山本 真理, 越智 浩介, 坂本 裕子, 辻本 佳加理, 笠原 善斗, 松橋 珠子, 松本 和也, 宮本 圭, 第112回日本繁殖生物学会大会,   2019年09月05日
  • 受精卵の発生能を予測するシステムの開発, 山本 真理, Nicole CHEUNG, 塚口 智将, 小林 久人, 神尾 明日香, 奥野 智美, 神谷 拓磨, 越智 浩介, 井橋 俊也, 辻本 佳加理, 坂本 裕子, 笠原 善斗, 眞銅 大暉, 河野 友宏, 松本 和也, 宮本 圭, 第112回日本繁殖生物学会大会,   2019年09月05日
  • 3種類の化合物の組み合わせがブタ核移植胚の発生能に及ぼす影響, 岩元 正樹, 矢崎 智子, 井橋 俊哉, 山田 雅保, 宮本 圭, 第112回日本繁殖生物学会大会,   2019年09月04日
  • 受精後の母性タンパク質PIASyの分解は母性から胚性への移行に重要である, 樋口 智香, 山本 真理, 奥野 智美, 神谷 拓磨, 越智 浩介, 宮本 圭, 松本 和也, 第112回 日本繁殖生物学会大会,   2019年09月03日
  • 受精卵の発生能を予測するシステムの開発について, 山本真理, Nicole Cheung, 塚口智将, 小林久人, 神尾明日香, 奥野智美, 神谷拓磨, 越智浩介, 井橋俊也, 辻本佳加理, 坂本裕子, 笠原善斗, 眞銅大暉, 河野友宏, 松本和也, 宮本圭, 第3回日本胚移植技術研究会大会(和歌山大会),   2019年08月30日
  • 2万8千年前のケナガマンモスの筋肉組織と骨髄組織のプロテオーム解析, 永井 宏平, 宮本 裕史, 安齋 政幸, 東 里香, 西端 智也, 山縣 一夫, 加藤 博己, 宮本 圭, Kolodeznikov Igor I. Protopopov, Albert V. Plotnikov Valerii V, 細井 美彦, 三谷 匡, 松本 和也, 入谷 明, 日本プロテオーム学会2019年大会,   2019年07月26日
  • 2万8千年前のケナガマンモス組織から得られたタンパク質の翻訳後修飾の解析, 西端 智也, 永井 宏平, 山縣 一夫, 宮本 裕史, 安齋 政幸, 加藤 博己, 宮本 圭, 東 里 香, Kolodeznikov Igor, I. Protopopov, Albert V, Plotnikov Valerii V, 細井 美彦, 三谷 匡, 松本 和也, 入谷 明, 日本プロテオーム学会2019年大会,   2019年07月26日
  • Novel roles of nuclear actin polymerization in establishing nuclear structures and in embryonic development, 宮本圭, 19th HFSP Awardees Meeting and 30th anniversary celebration,   2019年07月12日
  • 転写リプログラミングにおけるクロマチン構造変化の階層的理解, 宮本圭, 第2回クロマチン潜在能領域会議,   2019年06月22日
  • カエル卵母細胞を用いた転写リプログラミング機構の解析, 辻本佳加理, 白水宗, 小林智輝, 西満里奈, 辻村翔子, 神谷拓磨, 奥野智美, 山本真理, 越智浩介, 井橋俊哉, 坂本裕子, 笠原喜斗, 松橋珠子, 松本和也, Robert Grosse, 宮本圭, 第2回クロマチン潜在能領域,   2019年06月20日
  • マウス受精卵における重合化核アクチンの役割, 奥野智美, Wayne Yang Li, 波多野裕, 鷹巣篤志, 山本真理, 池田善喜, Matthias Plessner, 坂本裕子, 守田昂太郎, 松本和也, 山縣一夫, Robert Grosse, 宮本圭, 第2回クロマチン潜在能領域会議,   2019年06月20日
  • 核内アクチンタンパク質の重合化がマウス初期胚の細胞分裂に及ぼす影響, 坂本 裕子, 奥野 智美, Yang Li, 山本 真理, 神谷 拓磨, 越智 浩介, 井橋 俊哉, 辻本 佳加理, 松橋 珠子, 松本 和也, Robert Grosse, 宮本 圭, 第60回日本卵子学会学術集会,   2019年05月25日
  • 低侵襲的に受精卵の発生能を予測する新規システムの開発に向けて, 宮本圭, 第15回東海ARTカンファレンス,   2019年02月24日, 招待有り
  • 受精卵の全能性を予測するシステムの開発にむけて, 山本真理, Nicole Cheung, 塚口智将, 小林久人, 神尾明日香, 奥野智美, 神谷拓磨, 越智浩介, 樋口智香, 井橋俊也, 辻本佳加理, 坂本裕子, 河野友宏, 松本和也, 宮本圭, 生物資源ゲノム解析拠点 研究報告会,   2019年02月15日
  • Actin polymerization in reprogramming nuclear structures, Kei Miyamoto, ASCB/EMBO 2018meeting,   2018年12月08日, 招待有り
  • マウス体細胞核移植胚と受精卵の全能性獲得に関わる分子機構, 宮本圭, 新学術領域研究 成果取りまとめ公開シンポジウム「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」,   2018年12月04日, 招待有り
  • 肉用牛の出荷時の筋肉内脂肪中のオレイン酸含有割合を生体評価する血中バイオマーカータンパク質の検討, 越智 浩介, 池上 春香, 松橋 珠子, 邨上 正幸, 樋口 智香, 奥野 智美, 神谷 拓磨, 山本 真理, 井橋 俊哉, 坂本 裕子, 辻本 佳加理, 宮本 圭, 永井 宏平, 加藤 博, 高取 等, 松本 和, 近大院生物理工, 近大生物理工, 近大先端研, 鳥取畜試, 第41回日本分子生物学会年会,   2018年11月30日
  • 核移植における体細胞核の全能性獲得に関与する遺伝子の探索, 井橋 俊哉, 森 美樹, 今里 佑馬, 日下部 春奈, 梶栗 尚明, 松澤 由佳, 樋口 智香, 神谷 拓磨, 奥野 智美, 山本 真理, 越智 浩介, 坂本 裕子, 辻本 佳加理, 松橋 珠子, 松本 和也, 宮本, 近大, 生物理工, 近大, 先技総研, 第41回日本分子生物学会年会,   2018年11月29日
  • レトロトランスポゾンMERVLの活性化機構の解析, 奥野 智美, 山口 壮輝, 樋口 智香, 神谷 拓磨, 山本 真理, 越智 浩介, 西野 亜理紗, 井橋 俊哉, 辻本 佳加理, 坂本 裕子, 松橋 珠子, 安齋 政幸, 黒坂 哲, 三谷 匡, 山縣 一夫, 細井 美彦, 松本 和也, 宮本 圭, 近畿大学生物理工学部, 近大先技総, 第41回日本分子生物学会年会,   2018年11月29日
  • 細胞周期を停止したマウス初期胚による転写リプログラミング, 神谷 拓磨, 西浦 伊織, 本上 遥, 久米 健太, 樋口 智香, 奥野 智美, 山本 真理, 越智 浩介, 井橋 俊哉, 辻本 佳加理, 坂本 裕子, 松橋 珠子, 細井 美彦, 松本 和也, 宮本 圭, 近畿大学生物理工, 近大先技総, 第41回日本分子生物学会年会,   2018年11月29日
  • 単一受精卵からの網羅的遺伝子発現解析法の最適化, 山本 真理, チャン ニコール, 塚口 智将, 小林 久人, 神尾 明日香, 奥野 智美, 神谷 拓磨, 越智 浩介, 樋口 智香, 井橋 俊也, 辻本 佳加理, 坂本 裕子, 河野 友宏, 松本 和也, 宮本 圭, 近大院生物理工, 東農大, 生物資源ゲノムセンタ, 第41回日本分子生物学会年会,   2018年11月29日
  • 光遺伝学ツールを用いた核アクチン重合化の促進と卵母細胞における転写リプログラミングへの影響, 辻本 佳加理, 白水 宗, 小林 智輝, 西 満里奈, 辻村 翔子, 樋口 智香, 神谷 拓磨, 奥野 智美, 山本 真理, 越智 浩介, 井橋 俊哉, 坂本 裕子, 松橋 珠子, 松本 和也, 宮本 圭, 近大生物理工, 近大先技総, 第41回日本分子生物学会年会,   2018年11月29日
  • Roles of actin family proteins in chromatin and nuclear functions, Nanako Machida, Shota Yamazaki, Yusuke Akiyama, Kei Miyamoto, Bertoldo Davide, Christian Heinis, Masahiko Harata, 国際3R+3C ミーティング(Replication Recombination Repair + Cell Cycle Chromosome Chromatin),   2018年11月13日, 開催責任者:白髭克彦(東京大学分子細胞生物学研究所・教授)
  • 初期胚特異的レトロトランスポゾンMERVLの活性化機構の解析, 奥野 智美, 樋口 智香, 神谷 拓磨, 山本 真理, 越智 浩介, 西野 亜理紗, 井橋 俊哉, 辻本 佳加理, 松橋 珠子, 安齋 政幸, 黒坂 哲, 三谷 匡, 山縣 一夫, 細井 美彦, 松本 和也, 宮本 圭, 第111回 日本繁殖生物学会大会,   2018年09月14日
  • 細胞分裂及びDNA複製非依存的リプログラミングシステムの構築, 神谷 拓磨, 本上 遥, 久米 健太, 樋口 智香, 奥野 智美, 山本 真理, 越智 浩介, 井橋 俊哉, 辻本 佳加理, 松橋 珠子, 細井 美彦, 松本 和也, 宮本 圭, 第111回 日本繁殖生物学会大会,   2018年09月14日
  • 受精後にユビキチン・プロテアソーム系による分解が必要な母性タンパク質の同定, 樋口 智香, 奥野 智美, 神谷 拓磨, 山本 真理, 越智 浩介, 宮本 圭, 松本 和也, 第111回 日本繁殖生物学会大会,   2018年09月13日
  • Nuclear actin polymerization in reprogramming nuclear structures, 宮本圭, 国立遺伝学研究所(セミナー),   2018年09月12日, 招待有り
  • DNA複製非依存的リプログラミングシステムの構築(A novel reprogramming system that does not require DNA replication), 神谷拓磨, 本上遥, 久米健太, 山口壮輝, 守田昂太郎, 樋口智香, 奥野智美, 山縣一夫, 細井美彦, 松本和也, 宮本圭, 2017年度生命科学系学会合同年次大会,   2017年12月07日
  • 初期胚特異的レトロトランスポゾンMERVLの活性化に伴う核内変化, 奥野智美, 山口壮輝, 濱田歩花, 竹林真理愛, 守田昂太郎, 樋口智香, 神谷拓磨, 安齋政幸, 山縣一夫, 細井美彦, Jerome Jullien, 松本和也, 宮本圭, 2017年度生命科学系学会合同年次大会,   2017年12月07日
  • Roles of nuclear actin in mouse embryonic development, 宮本圭, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017),   2017年12月07日, 招待有り
  • Nuclear actin polymerization in mouse embryonic development, 宮本圭, ASCB/EMBO2017meeting,   2017年12月02日, 招待有り
  • 核アクチンのマウス初期胚発生における役割, 守田昂太郎, 鷹巣篤志, 波多野裕, 簾新智, プレッスナーマティアス, 松本和也, 山縣一夫, グロッセロバート, 宮本圭, 第40回日本分子生物学会年会,   2017年12月
  • 核の初期化とマウス初期胚発生における核アクチンの役割, 宮本圭, 新学術領域研究・第5回公開シンポジウム,   2017年11月21日, 招待有り
  • Roles of nuclear actin in nuclear reprogramming and mouse embryonic development, Atsushi Takasu, Kohtaro Morita, Yu Hatano, Yang Li, Tomoki Kobayashi, Marina Nishi, Shoko Tsujimura, Shinji Misu, Matthias Plessner, Kazuya Matsumoto, Robert Grosse, Kazuo Yamagata, Kei Miyamoto, 第5回公開シンポジウム 生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御,   2017年11月
  • クローン動物から再生医療へ~細胞の初期化がもたらす未来~, 宮本圭, 平成29年度中央区民カレッジ,   2017年10月14日, 招待有り
  • Methylation of arginine 2 in histone H3.3 is important for minor zygotic genome activation in mouse pronuclear embryos, KohtaroMorita, Chika Higuchi, SokiYamaguchi, Tomomi Okuno, Takuma Kamiya, Tamako Matsuhashi, KoheiNagai, Masayuki Anzai, Kazuo Yamagata, Yoshihiko Hosoi, Kei Miyamoto, Kazuya Matsumoto, Histone variants: Molecular functions in health and disease Biomedical Center (BMC),   2017年09月06日
  • Roles of nuclear actin in nuclear reprogramming and mouse embryonic development, 宮本圭, HMGU-Japan Epigenetics and Chromatin Symposium,   2017年09月04日, 招待有り
  • Methylation of arginine 2 in histone H3.3 is important for minor zygotic genome activation in mouse pronuclear embryos, KohtaroMorita, Chika Higuchi, SokiYamaguchi, Tomomi Okuno, Takuma Kamiya, Tamako Matsuhashi, KoheiNagai, Masayuki Anzai, Kazuo Yamagata, Yoshihiko Hosoi, Kei Miyamoto, Kazuya Matsumoto, 1st München-Japan Mini Symposium,   2017年09月04日
  • Involvement of H3R2me2s in mouse preimplantation development., Kohtaro Morita, Chika Higuchi, Soki Yamaguchi, Tamako Matsuhashi, Kouhei Nagai, Masayuki Anzai, Hiromi Kato, Kazuo Yamagata, Yoshihiko Hosoi, Kei Miyamoto, Kazuya Matsumoto, Fourth World Congress of Reproductive Biology (WCRB2017),   2017年09月
  • Proper degradation of a maternal protein during maternal-to-zygotic transition is important for normal development., Chika Higuchi, Kohtaro Morita, Soki Yamaguchi, Tamako Matsuhashi, Kohei Nagai, Masayuki Anzai, Kazuo Yamagata, Yoshihiko Hosoi, Kei Miyamoto, Kazuya Matsumoto, Fourth World Congress of Reproductive Biology,   2017年09月
  • Open chromatin configuration at primed promoters is formed during embryogenesis and accelerates transcriptional activation during differentiation and nuclear reprogramming, 宮本圭, EMBO Conference The Nucleosome:From Atoms to Genomes,   2017年08月31日
  • マウス初期胚発生の進行に重要な受精後に分解される母性タンパク質の探索, 樋口智香, 守田昂太郎, 山口壮輝, 奥野智美, 神谷拓磨, 松橋珠子, 永井宏平, 安齋政幸, 山縣一夫, 細井美彦, 宮本圭, 松本和也, 新学術領域「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」3領域合同若手勉強会,   2017年06月07日
  • 受精後のユビキチン・プロテアソーム系による母性タンパク質の分解はマウス初期胚発生に重要である, 樋口 智香, 守田 昂太郎, 山口 壮輝, 松橋 珠子, 永井 宏平, 安齋 政幸, 山縣 一夫, 細井 美彦, 宮本 圭, 松本 和也, 第58回日本卵子学会,   2017年06月03日
  • マウス初期胚発生過程におけるH3R2me2s の役割, 守田 昂太郎, 樋口 智香, 山口 壮輝, 松橋 珠子, 永井 宏平, 安齋 政幸, 加藤 博己, 山縣 一夫, 細井 美彦, 宮本 圭, 松本 和也, 第58回日本卵子学会,   2017年06月03日
  • ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤が異種間核移植胚の発生に与える影響, 東里香, 村井仁志, 小笠原里奈, 小木曽力, 鷲津朱理, 宮本圭, 宮下実, 松本和也, 細井美彦, 安齋政幸, 第64回日本実験動物学会総会,   2017年05月25日
  • クローン動物がもたらした可能性, 宮本圭, 平成29年度大阪府高等学校生物教育研究会,   2017年05月19日, 招待有り
  • Efficient nuclear reprogramming of somatic cells towards totipotency is supported by synergistic effects of small molecules, K. Miyamoto, Y. Tajima, K. Yoshida, M. Oikawa, R. Azuma, M. Mori, Y. Imasato, G.E. Allen, T. Tsujikawa, T. Tsukaguchi, C.R. Bradshaw, J. Jullien, K. Yamagata, K. Matsumoto, M. Anzai, H. Imai, J.B. Gurdon, M. Yamada, 第50回 日本発生生物学会,   2017年05月10日, 招待有り
  • HVJ Envelope Cell Fusion kit を用いた異属間体細胞核移植操作による再構築卵子の作製, 東里香, 村井仁志, 小笠原里奈, 小木曽力, 鷲津朱理, 宮下実, 宮本圭, 細井美彦, 安齋政幸, 日本実験動物技術者協会関東支部第42回懇話会,   2017年03月18日
  • Nuclear actin in the regulation of transcription and nuclear structure, 宮本圭, Human Frontier Science Program Kick-off Symposium,   2017年01月26日, 招待有り
  • 野生マウス由来線維芽細胞を用いた不活化ウイルス膜タンパク質による体細胞核移植法の開発, 東里香, 村井仁志, 小橋朱里, 折杉卓哉, 小笠原里奈, 小木曽力, 鷲津朱理, 宮下実, 宮本圭, 細井美彦, 安齋政幸, 第39回日本分子生物学会年会,   2016年12月01日
  • Mechanisms of nuclear reprogramming in eggs and oocytes, 宮本圭, アブドラ王立科学技術大学,   2016年11月30日, 招待有り
  • Mechanisms of nuclear reprogramming in eggs and oocytes, 宮本圭, ニューヨーク大学アブダビ校,   2016年11月28日, 招待有り
  • 体細胞の全能性獲得に関わる分子機構「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御-ステムセルエイジングから解明する疾患原理.卵と初期発生」, 宮本圭, 新学術領域研究第4回公開シンポジウム,   2016年11月16日, 招待有り
  • 黒毛和種去勢牛の枝肉成績と関連する血清中バイオマーカー候補マイクロRNA の探索, 松橋珠子, 池上春香, 森本 学, 永井宏平, 山口壮輝, 塚口智将, 樋口智香, 守田昂太郎, 宮本 圭, 坂口慎一, 松本和也, 関西畜産学会第66回大会,   2016年10月15日
  • 肥育期間中の黒毛和種牛の血清中バイオマーカー候補タンパク質の動態と出荷時の枝肉形質の相関性の検討, 池上春香, 松橋珠子, 森本 学, 永井宏平, 山口壮輝, 塚口智将, 樋口智香, 守田昂太郎, 宮本 圭, 坂口慎一, 松本和也, 関西畜産学会第66回大会,   2016年10月15日
  • クローン動物がもたらした可能性「ノーベル賞の中の繁殖生物学」, 宮本圭, 第109回日本繁殖生物学会大会市民公開講座,   2016年09月11日, 招待有り
  • 受精卵の全能性を評価する新手法開発の取組み, 塚口智将, Nicole Chung, 小林久人, 神尾明日香, 守田昂太郎, 樋口智香, 山口壮輝, 河野友宏, 松本和也, 宮本圭, 生物資源ゲノム解析拠点シンポジウム、東京農業大学,   2016年09月06日
  • The improved culture condition for mouse nuclear transfer embryos enables highly efficient nuclear reprogramming, K. Miyamoto, Y. Tajima, K. Yoshida, T. Tsukaguchi, C.R. Bradshaw, G.E. Allen, M. Mori, Y. Imazato, J. Jullien, K. Matsumoto, H. Imai, J.B. Gurdon, M. Yamada, The 3rd China-Japan-Korea reproduction meeting,   2016年08月19日, 招待有り
  • アフリカツメガエル卵母細胞を用いたリプログラミングとクロマチン動構造の解析, 宮本圭, 次世代両生類研究会第二回会合,   2016年08月08日, 招待有り
  • 受精卵の全能性を評価する新手法開発の取組み, 塚口智将, Nicole Chung, 小林久人, 神尾明日香, 守田昂太郎, 樋口智香, 山口壮輝, 河野友宏, 松本和也, 宮本圭, 新学術領域「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」合同若手勉強会2016,   2016年07月27日
  • マウス2細胞期胚特異的レトロトランスポゾンの発現制御機構の解明に向けて, 山口壮輝, 濱田歩花, 竹林真理愛, 守田昂太郎, 樋口智香, 塚口智将, 細井美彦, 山縣一夫, 松本和也, 宮本圭, 新学術領域「動的クロマチン構造と機能」クロマチン動構造ワークショップ,   2016年07月07日
  • Dynamic expression of PRMT5 and histone H3 symmetrically dimethylated at arginine 8 in mouse embryos during the 1-cell stage, Tomomasa Tsukaguchi, Kohtaro Morita, Chika Higuchi, Sho Uchibori, Tasuku Mitani, Yoshihiko Hosoi, Kei Miyamoto, Kazuya Matsumoto, International Symposium on the Future of Nuclear Transfer and Nuclear Reprogramming,   2016年03月10日
  • The role of Prdx in reducing H2O2 in pronuclei of mouse zygotes. International Symposium on the Future of Nuclear Transfer and Nuclear Reprogramming, Kohtaro Morita, Mikiko Tokoro, Chika Higuchi, Sho Uchibori, Tomomasa Tsukaguchi, Kohei Nagai, Masayuki Anzai, Kazuo Yamagata, Yoshihiko Hosoi, Kei Miyamoto, Kazuya Matsumoto, International Symposium on the Future of Nuclear Transfer and Nuclear Reprogramming,   2016年03月10日
  • The ubiquitin-proteasome system which modulates the proper regulation of the onset of zygotic genome activation is involved in full term development of mice., Chika Higuchi, Natsumi Shimizu, Kohtaro Morita, Sho Uchibori, Tomomasa Tsukaguchi, Kohei Nagai, Masayuki Anzai, Kazuo Yamagata, Yoshihiko Hosoi, Kei Miyamoto, Kazuya Matsumoto, International Symposium on the Future of Nuclear Transfer and Nuclear Reprogramming,   2016年03月10日
  • Dynamic expression of PRMT5 and histone H3 symmetrically dimethylated at arginine 8 in mouse embryos during the 1-cell stage, Tomomasa Tsukaguchi, Kohtaro Morita, Chika Higuchi, Sho Uchibori, Tasuku Mitani, Yoshihiko Hosoi, Kei Miyamoto, Kazuya Matsumoto, International Symposium on Epigenome Dynamics and Regulation in Germ Cells,   2016年02月17日
  • Peroxiredoxins reduce hydrogen peroxide in pronuclei of mouse zygotes, Kohtaro Morita, Mikiko Tokoro, Chika Higuchi, Sho Uchibori, Tomomasa Tsukaguchi, Kohei Nagai, Masayuki Anzai, Kazuo Yamagata, Yoshihiko Hosoi, Kei Miyamoto, Kazuya Matsumoto, International Symposium on Epigenome Dynamics and Regulation in Germ Cells,   2016年02月17日
  • The proper regulation of the onset of zygotic genome activation via ubiquitin-proteasome system is involved in full term development of mice, Chika Higuchi, Natsumi Shimizu, Kohtaro Morita, Sho Uchibori, Tomomasa Tsukaguchi, Kohei Nagai, Masayuki Anzai, Kazuo Yamagata, Yoshihiko Hosoi, Kei Miyamoto, Kazuya Matsumoto, International Symposium on Epigenome Dynamics and Regulation in Germ Cells,   2016年02月17日
  • Reprogramming of somatic nuclei towards totipotency is greatly facilitated by small molecules through epigenetic alterations, K. Miyamoto, Y. Tajima, K. Yoshida, M. Oikawa, T. Tsukaguchi, C.R. Bradshaw, G.E. Allen, J. Jullien, K. Matsumoto, H. Imai, J.B. Gurdon, M. Yamada, International Symposium on Epigenome Dynamics and Regulation in Germ Cells,   2016年02月17日, 招待有り
  • 卵細胞における体細胞核の階層的クロマチン構造の変化と転写リプログラミングにおける役割, 宮本圭, ジェローム・ジュリアン, ビンセント・パスク, ジョージ・アレン, チャールズ・ブラッドシャー, ジョン・ガードン, BMB2015,   2015年12月04日, 招待有り
  • PRMT5及びヒストンH3R8対称性ジメチル化は受精後の胚においてその局在が変化する, 塚口智将, 守田昂太郎, 樋口智香, 内堀翔, 三谷匡, 細井美彦, 宮本圭, 松本和也, 第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会大会合同大会,   2015年12月01日
  • Peroxiredoxinはマウス受精卵の核内で酸化ストレス軽減に関与している, 守田昂太郎, 野老美紀子, 樋口智香, 内堀翔, 塚口智将, 永井宏平, 安齋政幸, 山縣一夫, 細井美彦, 宮本圭, 松本和也, 第38回日本分子生物学会,   2015年12月01日
  • マウス初期胚においてユビキチン・プロテアソーム系は胚性ゲノム活性化の開始を制御し、その後の産仔への発生に関与する, 樋口智香, 清水なつみ, 守田昂太郎, 内堀翔, 塚口智将, 永井宏平, 安齋政幸, 山縣一夫, 細井美彦, 宮本圭, 松本和也, 第38回日本分子生物学会年会,   2015年12月01日
  • 還元型コエンザイムQ10はマウス体外老化卵母細胞において酸化的修飾タンパク質量の減少を導き、初期胚発生を改善する, 内堀翔, 樋口智香, 守田昂太郎, 塚口智将, 安齋政幸, 山縣 一夫, 細井 美彦, 宮本 圭, 松本 和也, 第33回日本受精着床学会学術講演会,   2015年11月26日
  • 初期胚発生及びリプログラミングにともなうオープンクロマチン構造の変化と転写との関係, 宮本圭, G.E. Allen, C.R. Bradshaw, J.B. Gurdon, 第108回日本繁殖生物学会,   2015年09月20日, 招待有り
  • PRMT5及びヒストンH3R8対称性ジメチル化は受精後の胚においてその局在が変化する, 塚口智将, 守田昂太郎, 樋口智香, 内堀翔, 三谷匡, 細井美彦, 宮本圭, 松本和也, 第108回日本繁殖生物学会大会,   2015年09月17日
  • コエンザイムQ10がマウス体外老化卵母細胞の受精とその後の発生に及ぼす影響, 内堀翔, 樋口智香, 守田昂太郎, 塚口智将, 安齋政幸, 山縣一夫, 細井美彦, 宮本圭, 松本和也, 第108回日本繁殖生物学会大会,   2015年09月17日
  • マウス前核期胚の核内においてPeroxiredoxin(Prdx)が過酸化水素の消去に関与する, 守田昂太郎, 野老美紀子, 樋口智香, 内堀翔, 塚口智将, 永井宏平, 安齋政幸, 山縣一夫, 細井美彦, 宮本圭, 松本和也, 第108回日本繁殖生物学会大会,   2015年09月17日
  • マウス胚におけるプロテアソーム系の一過性の阻害は胚性ゲノム活性化の開始を遅延し、産仔への発生を損なう, 樋口智香, 清水なつみ, 守田昂太郎, 内堀翔, 塚口智将, 永井宏平, 安齋政幸, 山縣一夫, 細井美彦, 宮本圭, 松本和也, 第108回日本繁殖生物学会大会,   2015年09月17日
  • アフリカツメガエル卵母細胞を用いたリプログラミング機構の解明, 宮本圭, 次世代両生類研究会第一回会合,   2015年08月25日, 招待有り
  • Genome-wide analysis of transcription-associated open chromatin regions during embryonic development and nuclear reprogramming, K. Miyamoto, G.E. Allen, C.R. Bradshaw, J.B. Gurdon, International Symposium on Chromatin Structure, Dynamics and Function,   2015年08月24日
  • マウス体細胞核の全能性獲得に関与する分子機構, 宮本圭, 第4回発生工学研究センターセミナー,   2015年08月18日, 招待有り
  • 初期胚発生及びリプログラミングにともなうオープンクロマチン構造の変化と転写との関係, 宮本圭, 和歌山県立医科大学,   2015年07月15日, 招待有り
  • Mechanisms of transcriptional reprogramming in oocytes and eggs; nuclear actin and actin-binding proteins as key players, 宮本圭, Protein Research (IPR) seminar “Nuclear organization and actin-dependent mechanisms in genome stability”,,   2015年05月18日, 招待有り
  • 初期胚発生及びリプログラミングに伴う網羅的オープンクロマチン解析, K. Miyamoto, G.E. Allen, C.R. Bradshaw, J.B. Gurdon, 第60回日本生殖医学会学術講演会,   2015年04月26日, 招待有り
  • Mechanisms of nuclear reprogramming in eggs and oocytes, 宮本圭, The 78th of Stem Cell Biology and Regenerative Medicine Forum,   2015年03月04日, 招待有り
  • Genome-wide analysis of open chromatin regions during early embryonic development and nuclear reprogramming, K. Miyamoto, G.E. Allen, C.R. Bradshaw, M. Teperek, J.B. Gurdon, The 1st Gurdon Institute Post-doc Association symposium,   2014年11月27日
  • Mechanisms of transcriptional reprogramming in oocytes and eggs; nuclear actin and actin-binding proteins as key players, 宮本圭, BPC seminar,   2014年11月06日, 招待有り
  • Nucleosome positioning during transcriptional reprogramming in oocytes, K. Miyamoto, G.E. Allen, C.R Bradshaw, The 87th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society (日本生化学学会),,   2014年10月18日, 招待有り
  • 卵子及び卵母細胞におけるリプログラミング機構, 宮本圭, The 123rd RIKEN BRC seminar,   2014年10月15日, 招待有り
  • 卵子及び卵母細胞におけるリプログラミング機構, 宮本圭, 九州大学,   2014年10月10日, 招待有り
  • Transcriptional Reprogramming of Sperm and Somatic Nuclei in Xenopus Laevis Oocytes and Eggs, 宮本圭, The 8th NIBB International Practical Course and The 3rd NIBB-TLL-DBS/NUS Joint International Practical Course,   2014年09月24日, 招待有り
  • Reprogramming of sperm and somatic nuclei in oocytes and eggs, 宮本圭, FIRM (Future Investigators of Regenerative Medicine) Symposium,,   2014年09月08日, 招待有り
  • Transcriptional reprogramming of mammalian nuclei by maternal factors, 宮本圭, King’s College London,   2014年04月07日, 招待有り
  • Transcriptional reprogramming of mammalian nuclei by maternal factors, 宮本圭, Centre for Genomic Regulation (CRG),   2014年02月24日, 招待有り
  • Transcriptional reprogramming of mammalian nuclei by maternal factors, 宮本圭, 広島大学,   2013年12月12日, 招待有り
  • Transcriptional reprogramming of mammalian nuclei by maternal factors, 宮本圭, 名古屋大学,   2013年12月09日, 招待有り
  • Transcriptional reprogramming of mammalian nuclei by maternal factors, 宮本圭, Chromatin Dynamics Symposium,   2013年12月07日, 招待有り
  • 核の初期化と胚発生における核アクチンと核アクチン結合タンパク質―胚性遺伝子の転写制御における重要な役割に関して, 宮本圭, 第36回日本分子生物学会,   2013年12月05日, 招待有り
  • Nuclear actin and nuclear actin-binding protein as new players in embryonic development and reprogramming, 宮本圭, Developmental Biology Seminar Series, University of Cambridge,   2013年11月01日, 招待有り
  • Mechanisms of nuclear reprogramming by eggs and oocytes, 宮本圭, 理化学研究所,   2012年12月28日, 招待有り
  • The mechanisms of nuclear reprogramming by eggs and oocytes, 宮本圭, Experimental Animals,   2012年06月11日, 招待有り
  • Nuclear WAVE1 is necessary for transcriptional reprogramming by Xenopus eggs and oocytes, K. Miyamoto, J.B. Gurdon, International Society for Stem Cell Research (ISSCR) Meeting,   2012年06月
  • Mechanisms of nuclear reprogramming by eggs and oocytes, 宮本圭, Stem Cells & Bioprocessing Europe,   2012年06月, 招待有り
  • WAVE1 is required for transcriptional reprogramming by Xenopus eggs and oocytes, K. Miyamoto, J.B. Gurdon, British Society for Cell Biology (BSCB), British Society for Developmental Biology (BSDB) and Japanese Society for Developmental Biologists (JSDB) Joint Spring Meeting,   2012年04月
  • Mechanisms of nuclear reprogramming by eggs and oocytes, 宮本圭, 東北大学,   2011年12月26日, 招待有り
  • Nuclear actin in transcriptional reprogramming by Xenopus laevis oocytes, 宮本圭, The WGF symposium “Actin and actin-associated proteins from gene to polysomes”,   2011年09月, 招待有り
  • Nuclear actin polymerization is required for transcriptional reprogramming of Oct4 by oocytes, K. Miyamoto, V. Pasque, J. Jullien, J.B. Gurdon, 1st annual Cambridge Stem Cell international symposium: Pluripotency and Development,   2011年07月
  • Identification of reprogramming factors in oocytes by a novel screening method, K. Miyamoto, J.B. Gurdon, BSCB and BSDB Joint Spring Meeting,   2010年04月13日
  • Establishment of novel systems for unraveling reprogramming, 宮本圭, 近畿大学,   2010年02月, 招待有り
  • Reprogramming in the oocyte cell-free system, 宮本圭, 近畿大学,   2009年04月03日, 招待有り
  • Mammalian oocyte extracts induce chromatin remodeling and dedifferentiation of somatic cells, but do not global demethylation, K. Miyamoto, T. Tsukiyama, N. Minami, M. Yamada, H. Imai, International Congress on Animal Reproduction (ICAR),   2008年07月14日
  • Reprogramming of somatic cells in cell-free extracts from mammalian oocytes and identification of reprogramming-related proteins, 宮本圭, New Bolton Center; University of Pennsylvania,   2008年06月17日, 招待有り
  • Reversible permeabilization of mammalian somatic cells treated with digitonin for reprogramming and dedifferentiation by Xenopus cell-free system, K. Miyamoto, T. Yamashita, N. Minami, M. Yamada, H. Imai, ISSCR,   2008年06月11日
  • DNA demethylation associated with nuclear reprogramming of the somatic cell genome in cell-free extracts from mammalian oocytes, K. Miyamoto, T. Tsukiyama, Y. Yang, N. Li, N. Minami, M. Yamada, H. Imai, Society for the Study of Reproduction (SSR),   2008年05月27日
  • Differential nuclear reprogramming of somatic cells by porcine germinal vesicle and metaphase II oocyte extracts, K. Miyamoto, T. Tsukiyama, N. Minami, M. Yamada, H. Imai, Asian Reproductive Biotechnology Society (ARBS),   2007年11月25日
  • Nuclear reprogramming of porcine cells and their use as donor cell for nuclear transfer after treatment in Xenopus egg extracts, K. Miyamoto, M. Ohnuki, N. Minami, M. Yamada, H. Imai, The International Embryo Transfer Society (IETS) Meeting,   2007年01月07日
  • Reprogramming of intact and permeabilized mammalian somatic cells by Xenopus egg extract, K. Miyamoto, M. Ohnuki, N. Minami, M. Yamada, H. Imai, ARBS,   2006年11月30日
  • Nuclear reprogramming of porcine fibroblast cells by Xenopus egg extracts, K. Miyamoto, Y. Nagao, N. Minami, M. Yamada, K. Ohsumi, H. Imai, IETS Meeting,   2006年01月08日
  • Imai. Reprogramming events of porcine fibroblast cells in Xenopus egg extracts, K. Miyamoto, T. Furusawa, T. Tokunaga, Y. Nagao, N. Minami, M. Yamada, K. Ohsumi, H. Imai, International Symposium on Germ Cells, Epigenetics, Reprogramming and Embryonic Stem Cells,   2005年11月18日
  • Cell cycle synchronization of donor cells at G1 phase and developmental ability of nuclear transfer embryos in miniature pigs, K. Miyamoto, Y. Hoshino, Y. Nagao, N. Minami, M. Yamada, H. Imai, IETS Meeting,   2005年

MISC

  • Nuclear reprogramming:From one cell type to another, 宮本圭, Research Outreach, 109, 14, 17,   2019年08月, 招待有り
  • 核内アクチンタンパク質の重合化がマウス初期胚の細胞分裂に及ぼす影響, 坂本裕子, 奥野智美, LI Yang, 山本真理, 神谷拓磨, 越智浩介, 井橋俊哉, 辻本佳加理, 松橋珠子, 松本和也, GROSSE Robert, 宮本圭, Journal of Mammalian Ova Research, 36, 1, S49,   2019年04月22日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902228819978023
  • 核移植における体細胞核の全能性獲得に関与する遺伝子の探索, 井橋 俊哉, 越智 浩介, 坂本 裕子, 辻本 佳加理, 笠原 善斗, 松橋 珠子, 松本 和也, 宮本 圭, 森 美樹, 今里 佑馬, 日下部 春奈, 梶栗 尚明, 松澤 由佳, 神谷 拓磨, 奥野 智美, 山本 真理, 日本繁殖生物学会 講演要旨集, 112, 0, P, 98-P-98,   2019年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130007719383
    概要:<p>雌性生殖細胞である卵子は精子と受精することにより分化全能性を獲得する。一方,除核した卵子に体細胞核を移植すると,体細胞核が卵子内因子の働きにより初期化され核移植胚が発生を開始する。しかし,体細胞核移植胚の発生率は依然として低い。また,核移植胚の低発生率に関与する特定の遺伝子は明らかになっていない。我々の研究グループは近年,マウス核移植胚をTricostatin A(TSA)で処理後に連続してVitamin C(VC)添加培地で一定時間培養することで,TSA単独の発生率よりも4倍近く高い発生能を示し,約15%の核移植胚が産仔にまで発生することを発見した。そこで本研究では,核移植胚の発生率が大幅に向上する条件下で発現変動を示す遺伝子群に着目し,核移植胚の発生に関与する特定の遺伝子の同定を目指す。まず,RNAシークエンシングを用いてTSAとVCで処理した核移植胚と通常核移植胚のトランスクリプトームを比較し,2細胞期胚において通常核移植胚より発現が上昇している遺伝子141個を同定した。それら141個の遺伝子の内,受精卵と比較して通常の核移植胚で発現の低下する遺伝子を16個にまで絞り込んだ。これらの遺伝子は,核移植胚の発生率が向上した際に発現上昇するが,通常の核移植胚では受精卵と比較して発現抑制されている。同定した16個の遺伝子の胚発生における役割を調べるため,マウス受精卵へsiRNAインジェクションを行い,各遺伝子を発現抑制して胚盤胞期胚までの発生率への影響を調べた。その結果,16個の候補遺伝子のうち2つの遺伝子で,siRNAインジェクションにより胚盤胞期までの発生率が有意に低下した。この2つの遺伝子はいずれも核内因子であり,初期胚の核内での局在を確認している。今後,本実験で同定した遺伝子が体細胞核移植胚の全能性獲得に関与しているか調べるために,機能解析を進めていく。</p>
  • 初期胚特異的レトロトランスポゾンMERVLの活性化機構の解析, 奥野智美, 樋口智香, 神谷拓磨, 山本真理, 越智浩介, 西野亜理紗, 井橋俊哉, 辻本佳加理, 松橋珠子, 安齋政幸, 黒坂哲, 三谷匡, 山縣一夫, 細井美彦, 松本和也, 宮本圭, Journal of Reproduction and Development, 64, Suppl Japanese Issue, j125, 70-P-70,   2018年09月05日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802285393389434
    概要:<p>【目的】哺乳類ゲノムの約半分は,トランスポゾン由来の配列で構成されている。特に,Murine Endogenous RetroVirus-L(MERVL)と呼ばれるレトロトランスポゾンは,マウス2細胞期胚にかけてその発現が一過的に上昇する独特な発現様式を示し,2細胞期胚特異的に発現する遺伝子群の転写活性を制御している。また,マウスES細胞においてもMERVLを発現する細胞群が存在する。しかし,MERVLの活性化機構の全容は未だ明らかにされていない。そこで本研究では,マウスES細胞を用いて,MERVLの遺伝子発現調節領域(LTR領域)の活性化が誘導される条件を検討した。【方法】マウスES細胞E14Tg2a株を用い,ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤であるTrichostatin A(TSA)及びクロマチンのメチル化状態を変化させるVitamin C(VC)を培地に添加した。まず,10 nM TSA添加区,10 ng/µl VC添加区,10 nM TSA及び10 ng/µl VC添加区において,RT-qPCRを用いて2細胞期胚で強発現する遺伝子の転写量を比較した。さらに,2C::td Tomatoベクターをゲノム上に組み込み,MERVL-LTR領域の活性化を可視化できるES細胞を用いて,各培養条件下におけるMERVL-LTR領域活性化細胞数の割合を調べた。【結果】7日間TSAを添加した培養条件下において,2細胞期胚特異的遺伝子群の転写量が有意に上昇していた。また,TSA処理継続時間に比例してMERVL-LTR領域活性化細胞数の割合が約5%まで増加することがわかった。以上の結果より,ES細胞においてMERVL-LTR領域を活性化する培養条件を示した。また,TSA処理によるMERVL活性化促進の結果より,ゲノムワイドなクロマチン弛緩がMERVL-LTR領域の活性化につながる可能性が示唆された。現在,クロマチン脱凝縮を誘導する因子の過剰発現がMERVL活性化を促すか検討を進めている。</p>
  • 細胞分裂及びDNA複製非依存的リプログラミングシステムの構築, 神谷拓磨, 本上遥, 久米健太, 樋口智香, 奥野智美, 山本真理, 越智浩介, 井橋俊哉, 辻本佳加理, 松橋珠子, 細井美彦, 松本和也, 宮本圭, Journal of Reproduction and Development, 64, Suppl Japanese Issue, j117, 54-P-54,   2018年09月05日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802285849451967
    概要:<p>【目的】分化した体細胞核を未受精卵子内に移植することにより,リプログラミングが誘導され,クローン動物の作出が可能となる。未受精卵を用いてクローン胚を作成する場合,細胞分裂やDNA複製を経て,移植された体細胞核から胚性遺伝子が発現を開始するため,細胞分裂やDNA複製は転写のリプログラミングに不可欠な要素の一つと考えられてきた。そこで本研究では,転写リプログラミングにおける細胞分裂やDNA複製の寄与を明らかにするため,マウス初期胚を用いて細胞分裂及びDNA複製非依存的に体細胞核の転写リプログラミングを誘導する核移植法の開発を目指す。【方法】C57BL/6雌マウスとDBA/2雄マウスを用いてIVFを行い,その後mKSOM培地で4細胞期胚まで培養した。4細胞期胚をDemecolcine添加培地に移し,細胞周期をG2/M期に停止した。G2/M期停止4細胞期胚にTransgeneによりトレース可能な細胞株を移植し,24時間後に免疫染色を行い,共焦点顕微鏡下で移植細胞核の構造的な変化を観察した。また,G2/M期停止4細胞期胚にC2C12筋芽細胞を核移植し,α-amanitinによって転写を阻害した区と非添加区に分け24時間培養後,RNA-seqによって遺伝子発現を調べた。【結果】免疫染色の結果,移植した細胞核が24時間以内に急速なリモデリングを受け,胚由来の核と似た構造を示すことが分かった。移植核中には2番目のセリンがリン酸化を受けたRNA PolIIが確認され,移植後の細胞核は転写活性を有することが分かった。次にRNA-seqの結果,初期胚で高発現する遺伝子の多くが核移植した4細胞期胚から新たに転写されることが分かった。さらに,Utf1やEsrrbなど4細胞期からES細胞にかけて発現の高い遺伝子の転写も確認した。以上の結果より,マウス4細胞期胚を用いた新規核移植法を示した。また,本実験で発展した核移植法により,細胞分裂及びDNA複製非依存的に体細胞核の転写リプログラミングが誘導できる可能性が示唆された。</p>
  • 畜産領域へのリキッドバイオプシーの展開 2:牛の枝肉成績を肥育中に予測する血清バイオマーカータンパク質の探索, 松橋珠子, 池上春香, 越智浩介, 大林賢伍, 佐野文美, 森隆史, 本廣多胤, 奥野智美, 神谷拓磨, 永井宏平, 宮本圭, 吉廣卓哉, 坂口慎一, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 124th, 184,   2018年03月28日, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802243958807831
  • レトロトランスポゾンMERVLの活性化機構の解析, 奥野智美, 山口壮輝, 樋口智香, 神谷拓磨, 山本真理, 越智浩介, 西野亜理紗, 井橋俊哉, 辻本佳加理, 坂本裕子, 松橋珠子, 安齋政幸, 黒坂哲, 三谷匡, 山縣一夫, 細井美彦, 松本和也, 宮本圭, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 41st, ROMBUNNO.2P‐0413 (WEB ONLY),   2018年, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802273880748976
  • 核アクチンのマウス初期胚発生における役割, 守田昂太郎, 鷹巣篤志, 波多野裕, 簾新智, プレッスナー マティアス, 松本和也, 山縣一夫, グロッセ ロバート, 宮本圭, 第40回日本分子生物学会,   2017年12月
  • 動物におけるリプログラミング現象の解明から、細胞初期化の要素を特定する〜, 宮本圭, Top Researchers,   2017年09月, 招待有り
  • Efficient nuclear reprogramming of somatic cells towards totipotency is supported by synergistic effects of small molecules., K. Miyamoto, Y. Tajima, K. Yoshida, M. Oikawa, R. Azuma, M. Mori, Y. Imasato, G.E. Allen, T. Tsujikawa, T. Tsukaguchi, C.R. Bradshaw, J. Jullien, K. Yamagata, K. Matsumoto, M. Anzai, H. Imai, J.B. Gurdon, M. Yamada, the 50th annual meeting of Japan Society of Developmental Biologists,   2017年05月, 査読有り, 招待有り
  • 受精後のユビキチン・プロテアソーム系による母性タンパク質の分解はマウス初期胚発生に重要である, 樋口智香, 守田昂太郎, 山口壮輝, 松橋珠子, 永井宏平, 安齋政幸, 安齋政幸, 山縣一夫, 細井美彦, 宮本圭, 松本和也, 日本卵子学会誌, 2, 1, S48, S48,   2017年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702240011137048
  • マウス初期胚発生過程におけるH3R2me2sの役割, 守田昂太郎, 樋口智香, 山口壮輝, 松橋珠子, 松橋珠子, 永井宏平, 安齋政幸, 安齋政幸, 加藤博巳, 加藤博巳, 山縣一夫, 細井美彦, 宮本圭, 松本和也, 日本卵子学会誌, 2, 1, S47, S47,   2017年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702274754974238
  • The improved culture condition for mouse nuclear transfer embryos enables highly efficient nuclear reprogramming., K. Miyamoto, Y. Tajima, K. Yoshida, T. Tsukaguchi, C.R. Bradshaw, G.E. Allen, M. Mori, Y. Imazato, J. Jullien, K. Matsumoto, H. Imai, J.B. Gurdon, M. Yamada, The 3rd China-Japan-Korea reproduction meeting,   2016年08月, 査読有り, 招待有り
  • Reprogramming of somatic nuclei towards totipotency is greatly facilitated by small molecules through epigenetic alterations, Kei Miyamoto, Tomomasa Tsukaguchi, Charles R Bradshaw, George E Allen, Jerome Jullien, Kazuya Matsumoto, J. B. Gurdon, Masayasu Yamada, 国際シンポジウム "生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御",   2016年02月, 査読有り, 招待有り
  • マウス胚におけるプロテアソーム系の一過性の阻害は胚性ゲノム活性化の開始を遅延し,産仔への発生を損なう, 樋口 智香, 清水 なつみ, 守田 昂太郎, 内堀 翔, 塚口 智将, 永井 宏平, 安齋 政幸, 山縣 一夫, 細井 美彦, 宮本 圭, 松本 和也, 日本繁殖生物学会 講演要旨集, 108, 0, P, 12-P-12,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005492035
  • マウス前核期胚の核内においてPeroxiredoxin(Prdx)が過酸化水素の消去に関与する, 守田 昂太郎, 野老 美紀子, 樋口 智香, 内堀 翔, 塚口 智将, 永井 宏平, 安齋 政幸, 山縣 一夫, 細井 美彦, 宮本 圭, 松本 和也, 日本繁殖生物学会 講演要旨集, 108, 0, P, 15-P-15,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005492029
  • コエンザイムQ10がマウス体外老化卵母細胞の受精とその後の発生に及ぼす影響, 内堀 翔, 樋口 智香, 守田 昂太郎, 塚口 智将, 安齋 政幸, 山縣 一夫, 細井 美彦, 宮本 圭, 松本 和也, 日本繁殖生物学会 講演要旨集, 108, 0, P, 10-P-10,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005492071
  • 卵子および卵母細胞に特異的なタンパク質は移植された体細胞核に階層的にはたらきかけ急速かつゲノムワイドな転写のリプログラミングを誘導する, 宮本 圭, Jerome Jullien・Vincent Pasque・John, B. Gurdon, ライフサイエンス新着論文レビュー(ライフサイエンス統合データベースセンター),   2014年08月, 査読有り, 招待有り
  • 核内Wave1は卵母細胞における転写の初期化と正常な発生に必要である, 宮本圭, Japanese Scientist in Science 2013, 60, 61,   2014年, 査読有り, 招待有り
  • アクチン結合タンパク質Wave1は卵母細胞の核における転写プログラムの初期化と正常な発生に必要である, 宮本圭, ライフサイエンス新着論文レビュー(ライフサイエンス統合データベースセンター),   2013年09月, 査読有り, 招待有り
  • The roles of Hsp90 in reprogramming process in mouse preimplantation embryonic development, Luong PQ, Matsumoto M, Suzuki S, Kitamura N, Miyamoto K, Minami N, Yamada M, Imai H, CiRA International Symposium,   2012年, 査読有り
  • 「Xenopus卵抽出液による哺乳類細胞のリプログラミング, 宮本 圭, 古澤 軌, Goel Sandeep, 南 直次郎, 山田 雅保, 徳永 智之, 大隅 圭太, 今井 裕, 日本畜産学会第105回大会 九州大学,   2006年03月29日
  • ドナー細胞の細胞周期制御とミニブタ核移植胚の発生能:G1期あるいはG0/G1期への細胞周期同期化による影響, 宮本 圭, 星野 洋一郎, 長尾 恭光, 南 直次郎, 山田 雅康, 今井 裕, 日本畜産学会第104回大会、東京大学,   2006年03月29日, 査読有り
  • Mammalian oocyte extracts induce chromatin remodeling and dedifferentiation of somatic cells, but do not global demethylation, Miyamoto, K, Tsukiyama, T, Minami, N, Yamada, M, Imai, H, REPRODUCTION IN DOMESTIC ANIMALS, 43, 194, 194,   2008年07月, 査読有り
  • DNA demethylation associated with nuclear reprogramming of the somatic cell genome in cell-free extracts from mammalian oocytes, Miyamoto, Kei, Tsukiyama, Tomoyuki, Yang, Yang, Li, Ning, Minami, Naojiro, Yamada, Masayasu, Imai, Hiroshi, BIOLOGY OF REPRODUCTION, 55, 55,   2008年, 査読有り

受賞

  •   2018年09月, 日本繁殖生物学会, 奨励賞, 卵内リプログラミング機構に関する研究
  •   2018年04月, 文部科学大臣表彰 若手科学者賞, 「卵内初期化機構に関する研究」
  •   2016年07月, ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム, Human Frontier Project Grant(2016年7月-2019年6月), Nuclear actin assembly in chromatin structure and dynamics for cell cycle control and reprogramming
  •   2012年04月, Herchel Smith Postdoctoral Fellowship award(2012年4月-2015年3月)
  •   2007年11月, Asian Reproductive Biotechnology Society (ARBS), Asian Reproductive Biotechnology Society (ARBS), 「First Prize, Outstanding Presentation Award」
  •   2006年12月, Asian Reproductive Biotechnology Society (ARBS), 「Outstanding Presentation Award.」
  •   2006年03月, 第106回日本畜産学会, 優秀発表賞
  •   2006年01月, The International Embryo Transfer Society (IETS) Meeting, 「Student Research Competition Finalist」

競争的資金

  • 科学研究費助成事業(科学研究費補助金), 新学術領域研究(研究領域提案型), 全能性細胞の核構築原理
  • 公益財団法人 武田科学振興財団, ライフサイエンス研究助成, 核内アクチンタンパク質の生物学的意義の解明
  • 文部科学省科学研究費助成事業, 若手研究(A), 転写解析特化型核移植系を用いたリプログラミング因子の同定
  • 公益財団法人 内藤記念科学振興財団, 第50回(2018年度) 内藤記念科学奨励金・研究助成, 非侵襲的に高発生能の受精卵を選抜する手法の開発
  • 科学研究費助成事業(科学研究費補助金), 新学術領域研究, 転写リプログラミングにおけるクロマチン構造変化の階層的理解
  • Human Frontier Science Program, ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム, Nuclear actin assembly in chromatin structure and dynamics for cell cycle control and reprogramming
  • 文部科学省科学研究費助成事業, 新学術領域研究, 時空間的核アクチン重合化制御によるクロマチン構造と転写状態の変動
  • 文部科学省科学研究費助成事業, 新学術領域研究, 体細胞核の全能性獲得に関る分子機構
  • 公益財団法人 住友財団, 奨学寄附金, 細胞分裂に依存しない新規リプログラミング系の構築
  • 文部科学省科学研究費助成事業, 研究活動スタート支援, マウス胚を用いた細胞分裂非依存的リプログラミング系の構築
  • Herchel Smith Postdoctoral Fellowship Research Grant
  • The Great Britain Sasakawa Foundation Grant, collaboration work with Central Institute for Experimental Animals on marmoset
  • Research Fellowship Program, The Grant from the Japan Society for the Promotion of Science

その他

  •   2018年02月, 「世界をリードする最先端の分子発生工学研究室」, 週刊 東洋経済 第6772号 2018年2月3日発行 P111

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生殖工学実験, 近畿大学
  • 遺伝子工学, 近畿大学
  • 遺伝子発現制御とエピジェネティクス, 近畿大学
  • 統計学, 近畿大学