KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

柴田 直治シバタ ナオジ

プロフィール

所属部署名国際学部 国際学科 グローバル専攻
職名教授
学位文学士
専門東南アジア政治・経済・社会、ジャーナリズム論
ジャンル各国事情/アジア・オセアニア
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1456-shibata-naoji.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/09/30

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    新聞社でアジア総局長、マニラ支局長を務め、東南アジア、南アジアの現場で政治・経済・社会、歴史に関する報道に長く携わりました。現在も随時リポートを書いています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2019/10/19
     毎日新聞(夕刊)
     「タイのかたち」について
    ●2019/7/8
    シノドス掲載
    「タクシン時代、終焉へ――タイ政治、主役交代も分断修復の道筋見えず(東南アジア地域研究)」
    ●2019/7/6
    朝日新聞デジタルコメント掲載
    「イメルダ夫人、衰えぬ権勢の秘密 デヴィ夫人も仲良し」
    ●2019/5/31
    ハフィントンポスト掲載
    「フィリピン中間選挙でドゥテルテ派圧勝。高い人気の背景にアンチ・ポリコレの広がり」
    ●2019/5/24
    ハフィントンポスト掲載
    「昭和天皇と単独会見した伝説のジャーナリスト、バーナード・クリッシャーを悼む」
    ●2018/8/13
    ハフィントンポスト掲載
    「「歴史に残る輝かしい勝利を心に刻んで」 南シナ海領有権めぐる仲裁裁判で中国を撃破したフィリピン勝利の記録」
    ●2018/8/10
    ハフィントンポスト掲載 
    「フィリピン報道で初めてのピュリッツァー賞受賞 マニエル・モガト記者に聞く」
    ●2018/6
    岩波書店 世界 2018年6月号執筆
    「東南アジアに広がる権威主義のドミノ 」 
    ●2018/2/22
    ハフィントンポスト掲載
    「ドゥテルテ政権によるメディア選別と社会の分断が最大の課題/報道の自由とラップラー問題」 
    ●2017/12/22
    ハフィントンポスト掲載
    「アジア体験的トイレ考 経済発展の結果、普及する水洗トイレ」 
    ●2017/11/9
    文藝春秋オピニオン 2018年の論点100 (文春MOOK) 掲載
    「ドゥテルテ大統領はミンダナオ島のISを抑えられるか」
    ●2017/11/2
    ハフィントンポスト掲載
    「「不確実性の時代」に入ったタイ タクシン時代の終焉と新たな治世の始まり」掲載
    ●2017/9/10
    BS朝日コメント放映
    「世界を揺るがした女たち~独裁者の妻~ フィリピンの大統領夫人だったイメルダ・マルコスについて」
    ●2017/9/8
    岩波書店 『世界』 2017年10月号掲載
    「創設半世紀を迎えたASEAN」
    ●2017/8/30
    ハフィントンポスト掲載
    「混迷するフィリピン麻薬撲滅戦争 無抵抗の高校生射殺に過去最大のデモ」
    ●2017/7/28
    ハフィントンポスト掲載
    「ドゥテルテ大統領付き映像ディレクターが撮ったフィリピンの真実」
    ●2017/6/30
    ハフィントンポスト掲載
    「ドゥテルテ大統領、1年目の通信簿 外交・経済及第点も麻薬、汚職対策は低評価 社会分断深まる恐れも」
    ●2017/6/25
    ハフィントンポスト掲載
    「剛腕ドゥテルテでもダメか、イスラム過激派退治」
    ●2017/6/24
    朝日放送「教えて!NEWSライブ 正義のミカタ」 スタジオ生出演
    「フィリピンミンダナオ島におけるイスラム武装勢力について」
    ●2017/1/24
    ハフィントンポスト掲載
    「安倍首相のダバオ訪問で残された宿題 / 残留2世救済に政治決断を」
    ●2017/1/9
    ハフィントンポスト掲載
    「安倍首相を迎えるドゥテルテの里ダバオ / 大統領特需にも、暴言に割れる反応」
    ●2016/11/21
    ハフィントンポスト掲載
    「予見不能な未来がもたらすタイの不安/黒ずむ街バンコクを歩いてみた」
    ●2016/11/11
    ハフィントンポスト掲載
    「米大統領選で良かったただひとつのこと 政治王朝の足踏み。翻ってアジアは。そして日本は」
    ●2016/11/1
    ロシア国営通信社「スプートニク」
    ドゥテルテ大統領の言動について
    ●2016/10/29
    読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」出演
    「フィリピンのドゥテルテ大統領の来日について」
    ●2016/10/29
    朝日放送「おはよう朝日土曜日です」 スタジオ生出演
    「フィリピンのドゥテルテ大統領の来日について」
    ●2016/10/29
    The Japan Times(ジャパンタイムズ)コメント掲載
    「フィリピンのドゥテルテ大統領について」
    ●2016/10/27
    BSフジ「プライムニュース」スタジオ生出演
    「フィリピンのドゥテルテ大統領の来日について」
    ●2016/10/27
    テレビ朝日系列「報道ステーション」出演
    「フィリピンのドゥテルテ大統領の来日について」
    ●2016/10/24
    ハフィントンポスト掲載
    「ドゥテルテ台風上陸/中国との復縁、米国との縁切りを受け厳しい外交を迫られる日本」
    ●2016/10/22
    AERA掲載
    「日本を試す暴言王」
    ●2016/10/22
    朝日放送「教えて!NEWSライブ 正義のミカタ」 スタジオ生出演
    フィリピンのドゥテルテ大統領が来日について
    ●2016/10/22
    週刊金曜日掲載
    「タイ国王逝去で国民に募る不安」
    ●2016/10/15
    朝日新聞掲載
    「故プミポン・タイ国王評伝」
    ●2016/10/11
    日本テレビ系列「情報ライブ ミヤネ屋」スタジオ生出演
    フィリピンのドゥテルテ大統領の政策について
    ●2016/9/24
    朝日放送「教えて!NEWSライブ 正義のミカタ」 スタジオ生出演
    「ドゥテルテ大統領が「超法規的殺人」を奨励していることについて」

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 地域研究, 東南アジア政治・社会・経済・文化
  • 人文・社会, 国際関係論, 東南アジア政治

研究キーワード

  • ベトナム, ASEAN, 難民, 移民, グローバリズム, 東南アジア諸国連合, 東南アジア, 新聞, ジャーナリズム, ミャンマー, タイ, フィリピン, アジア

論文

  • タクシン時代、終焉へ――タイ政治、主役交代も分断修復の道筋見えず, 柴田直治, シノドス, シノドス,   2019年07月
  • フィリピン中間選挙でドゥテルテ派圧勝 高い人気の背景にアンチ・ポリコレの広がり, 柴田直治, ハフィントンポスト, ハフィントンポスト,   2019年05月

書籍等出版物

  • バンコク燃ゆ タックシンと「タイ式」民主主義, 柴田直治, 単著, めこん

MISC

  • 世界の潮 東南アジアに広がる権威主義のドミノ, 柴田 直治, 世界, 909, 25, 30,   2018年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40021533271
  • 〈Essay〉アジア体験的トイレ考―経済発展の結果、普及する水洗トイレ格差にともない広がり方は、まだら模様―, 柴田 直治, Journal of International Studies, 2, 91, 98,   2017年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006380823
    概要:[Abstract]Lee Kuan Yew, the founder of modern Singapore, once observed "Air conditioning was a most important invention for us". He meant that air conditioners have relieved people from the heat and dampness of South and Southeast Asia. Cooler room temperatures permitted people there to work more diligently and effectively generating rapid regional economic development. Assuming the air conditioner was a major factor of Asian economic growth, one remarkable outcome has been the spread of flush toilets. However, the divergence in the number and sophistication of clean restrooms in the different countries of the region is symbolic of the economic wealth gap that exists among them. For more than four decades I have witnessed the evolution of Asian toilets. This article introduces my experiences and observations of the contribution of economic growth to comfortable lifestyles and overall rising living standards of Asia in the context of improved sanitation.
  • 世界の潮 創設半世紀を迎えたASEAN, 柴田 直治, 世界, 900, 30, 34,   2017年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40021303783
  • 勃興するアジアと民主主義の実態 : タイの実例など, 柴田 直治, 国際理解, 39, 3, 24,   2013年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020253797
  • 世界の潮 タイの洪水が示した東南アジアの勃興, 柴田 直治, 世界, 825, 25, 28,   2012年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019074098
  • 滞日タクシン観察の記, 柴田 直治, タイ国情報, 45, 5, 9, 19,   2011年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019038232
  • 選挙が遠い民主主義/「タイ式」民主主義の行方 (特集 タイの司法と民主主義), 柴田 直治, タイ国情報, 44, 6, 20, 27,   2010年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017650053
  • 世界の潮 PADの造反有理--愛国無罪を許すタイの社会構造, 柴田 直治, 世界, 787, 25, 28,   2009年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016391935
  • 世界の潮 タイでいま、何が起きているか, 柴田 直治, 世界, 784, 29, 32,   2008年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016255288
  • 二一世紀のクーデターと「タイ式民主主義」, 柴田 直治, 世界, 782, 240, 247,   2008年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016175520
  • ODAのあり方(5)援助理念を確立し、効率性・透明性の追求を (特集 21世紀型社会を築くための日本の争点12), 柴田 直治, 論座, 46, 54, 59,   1999年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005180777