中山 隆志 (ナカヤマ タカシ)

  • 薬学部 医療薬学科 教授
Last Updated :2022/06/16

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    細胞遊走制御因子ケモカインはアレルギーなどの免疫疾患、感染症や癌の病態発症に重要な役割を果たすことが知られています。私達はケモカイン系を標的として免疫疾患、感染症や癌に対する新規創薬・ワクチンの開発を目指しています。

研究者情報

学位

  • 薬学修士(今本文男 教授)
  • 薬学博士(大阪大学薬学部、真弓忠範 教授)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • ケモカイン受容体   ケモカイン   Chemokine   

現在の研究分野(キーワード)

    細胞遊走制御因子ケモカインはアレルギーなどの免疫疾患、感染症や癌の病態発症に重要な役割を果たすことが知られています。私達はケモカイン系を標的として免疫疾患、感染症や癌に対する新規創薬・ワクチンの開発を目指しています。

研究分野

  • ライフサイエンス / 免疫学
  • ライフサイエンス / ウイルス学
  • ライフサイエンス / 分子生物学

経歴

  • 2012年 - 現在  近畿大学薬学部化学療法学研究室教授
  • 2004年 - 2012年  近畿大学医学部 講師Faculty of Medicine
  • 1999年 - 2003年  近畿大学医学部 助手Faculty of Medicine
  • 1994年 - 1998年  塩野義製薬医科学研究所 研究員

学歴

  •         - 2000年   大阪大学   薬学研究科(論文博士)
  •         - 2000年   大阪大学   Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences
  •         - 1992年   京都薬科大学   薬学部   生物薬学科
  •         - 1992年   京都薬科大学   Faculty of Pharmaceutical Science

所属学協会

  • 日本薬学会   日本癌学会   日本免疫学会   日本分子生物学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 新臨床腫瘍学 第4版.がん薬物療法専門医のために ”感染と発がん”
    中山 隆志 (担当:分担執筆範囲:)南江堂 2015年07月
  • 新臨床腫瘍学 第3版.がん薬物療法専門医のために ”感染と発がん”
    中山 隆志 (担当:分担執筆範囲:)南江堂 2012年12月
  • 臨床免疫・アレルギー科 サイトカインのすべて(完全改訂版)
    中山 隆志 (担当:分担執筆範囲:)科学評論社 2012年05月
  • アレルギー科 好酸球のヒスタミン受容体 ヒスタミンの新しい役割について
    藤澤 隆夫; 中山 隆志; 平井 浩一; 義江 修 (担当:共著範囲:)科学評論社 2004年10月
  • 最新医学 ヘルペスウイルス感染症とケモカイン
    中山 隆志; 義江 修 (担当:共著範囲:)最新医学社 2004年04月
  • 医学のあゆみ・別冊:免疫疾患, リンパ球サブセットとケモカイン受容体
    中山 隆志; 義江 修 (担当:共著範囲:)医歯薬出版 2002年03月
  • アレルギー科 リンパ球サブセットとケモカイン受容体
    中山 隆志; 義江 修 (担当:共著範囲:)科学評論社 2001年08月
  • Molecular Medicine 免疫反応制御因子としてのケモカイン
    中山 隆志; 義江修 (担当:共著範囲:)中山書店 2001年02月
  • ケモカインハンドブック:“ILC/CTACK” “MEC/CCL28” “MCV MC148R” “CCR10”
    中山 隆志 (担当:分担執筆範囲:)細胞工学・別冊 2000年11月
  • 臨床免疫・特別増刊号:免疫担当細胞上の細胞表面分子とその機能, CXCR1~CXCR5
    中山 隆志; 義江 修 (担当:共著範囲:)科学評論社 2000年07月
  • 臨床免疫・特別増刊号:免疫担当細胞上の細胞表面分子とその機能, CCR6~CCR9
    中山 隆志; 義江 修 (担当:共著範囲:)科学評論社 2000年07月

講演・口頭発表等

  • ウイルス学的シナプス形成によるCCR4陽性T細胞選択的HTLV-1伝播はHTLV-1感染細胞でのTax依存的なFosB誘導性CCL22発現に起因する.  [通常講演]
    樋口 智紀; 稗島 州雄; 中山 隆志; 義江 修
    日本癌学会 2012年10月 日本癌学会
  • Fra-2-SOX4 oncogenic cascade plays a critical role in cell growth of CCR4+ mature T-cell malignancies  [通常講演]
    樋口 智紀; 中山 隆志; 井上 暁子; 義江 修
    JSICR-MMCB2011 2011年05月 JSICR-MMCB2011
  • Common oncogenic role of Fra-2 in mature T-cell malignancies expressing CCR4.  [通常講演]
    義江 修; 中山 隆志; 樋口 智紀; 稗島 州雄
    Gordon Reserch Conferences 2010年06月 Gordon Reserch Conferences
  • CCR4発現T細胞リンパ腫における新規発癌遺伝子Fra-2.  [通常講演]
    中山 隆志; 樋口 智紀; 稗島 州雄; 義江 修
    第75回 日本インターフェロン・サイトカイン学会 2010年06月 第75回 日本インターフェロン・サイトカイン学会
  • Identification of Fra-2-SOX4 oncogenic cascade in CCR4+ mature T-cell malignancies  [通常講演]
    樋口 智紀; 中山 隆志; 重田 暁子; 白川 愛子; 稗島 州雄; 義江 修
    14th International Congress of Immunology 2010年 14th International Congress of Immunology
  • Common oncogenic role of FRA-2 in mature T-cell lymphoma expressing CCR4.  [通常講演]
    義江 修; 樋口 智紀; 中山 隆志
    International Association of Inflammation Societie T-cell Lymphoma Forum 2010年01月 International Association of Inflammation Societie T-cell Lymphoma Forum
  • ケモカインEotaxin-3/CCL26のCX3CR1を介した細胞傷害性リンパ球遊走作用.  [通常講演]
    中山 隆志; 樋口 智紀; 重田 暁子; 稗島 州雄; 義江 修; 渡邉賀子
    日本分子生物学会年会 2009年12月 日本分子生物学会年会
  • Taxによる翻訳伸長因子eEF1A2の誘導とそのHTLV-1によるT細胞がん化での役割の解明  [通常講演]
    稗島 州雄; 重田 暁子; 中山 隆志; 樋口 智紀; 義江 修
    第2回HTLV-1研究会 2009年08月 東京 第2回HTLV-1研究会
     
    我々は最近、Taxを発現しているHTLV-1感染細胞株においてTax siRNAにより発現が変動する遺伝子をマイクロアレイにより解析した結果、Tax依存性発現の可能性のある多数の遺伝子を同定した。その中に最近注目を浴びている翻訳伸長因子のeukaryotic elongation factor 1 alpha 2 (eEF1A2)が含まれていた。eEF1A2はEF-1αサブユニットのイソ型で、eEF1A1がハウスキーピング遺伝子として筋肉以外の多くの組織で発現しているのに対し、eEF1A2は主に筋肉と神経で発現している。両者は異なる染色体上にマップされ、92%のアミノ酸相同性を持つものの互いに排他的な発現調節を受けている。さらに興味深いことに、異所性に発現したeEF1A2はがん化との関連が報告されている。したがって、eEF1A2は発がん遺伝子としての性格も有しているが、その作用メカニズムについてはまだ十分明らかにされていない。 我々がeEF1A2に特に注目する理由は、最近明らかになってきているeEF1A2の翻訳伸長因子以外の作用である。eEF
  • CXCR7 induced by Tax promotes proliferation of HTLV-1 infected T cells  [通常講演]
    白川 愛子; 長久保 大輔; 中山 隆志; 稗島 州雄; 義江 修
    The 9th World Congress on Inflammation 2009年07月 Tokyo The 9th World Congress on Inflammation
  • The role of Fra-2 and c-Myb oncogenic cascade in CD4+ mature T-cell lymphomas  [通常講演]
    樋口 智紀; 中山 隆志; 長久保 大輔; 重田 暁子; 白川 愛子; 稗島 州雄; 義江 修
    日本癌学会 2009年 日本癌学会
  • Fra-2 and c-Myb oncogenic cascade is involved in cell growth in CD4+ mature T-cell lymphomas  [通常講演]
    樋口 智紀; 中山 隆志; 長久保 大輔; 重田 暁子; 白川 愛子; 稗島 州雄; 義江 修
    日本分子生物学会 2009年 日本分子生物学会
  • HTLV-1感染におけるTh2関連転写因子c-Mafの機能解析  [通常講演]
    稗島 州雄; 中山 隆志; 長久保 大輔; 重田 暁子; 樋口 智紀; 白川 愛子; 義江 修
    第68回 日本癌学会学術総会 2008年10月 名古屋 第68回 日本癌学会学術総会
  • Aberrantly expressed Fra-2 promotes CCR4 expression and cell proliferation in adult T-cell leukemia.  [通常講演]
    大磯 直毅; 中山 隆志; 稗島 州雄; 荒尾 徳三; 川原 繁; 西尾 和人; 義江 修; 川田 暁
    International Investigative Dermatology 2008年05月 Kyoto International Investigative Dermatology
     
    成人T細胞性白血病において、Fra-2の過剰発現がCCR4と細胞増殖を引き起こすことを報告した。
  • Liver-Expressed Chemokine/CCL16のヒスタミンH4レセプターを介した好酸球遊走作用.  [通常講演]
    中山 隆志
    第81回 日本薬理学会年会 2008年03月 横浜 第81回 日本薬理学会年会
  • Taxにより誘導されるCXCR7の発現はHTLV-1感染T細胞の増殖を促進する.  [通常講演]
    長久保 大輔; 白川 愛子; 中山 隆志; 重田 暁子; 樋口 智紀; 稗島 州雄; 義江 修; 竹川 澄男
    日本癌学会 2008年 日本癌学会
  • Induction of CCR10 expression by 1,25-Dihydroxyvitamin D3 in Terminally Differentiating Human B Cells  [通常講演]
    白川 愛子; 長久保 大輔; 稗島 州雄; 中山 隆志; 金 哲; 義江 修
    Keystone Symposia 2008 2008年01月 Keystone, Colorado, USA Keystone Symposia 2008
  • CCR4を発現するATLとCTCLにおけるFra-2の異常発現.  [通常講演]
    中山 隆志; 樋口 智紀; 長久保 大輔; 重田 暁子; 白川 愛子; 稗島 州雄; 義江 修; 竹川 澄男
    日本癌学会 2008年 日本癌学会
  • Role of Fra-2/JunD heterodimer in CCR4 expression and cell proliferation in adult T-cell leulemia  [通常講演]
    中山 隆志; 稗島 州雄; 金哲; 長久保 大輔; 白川 愛子; 義江 修
    第37回 日本免疫学会総会 2007年11月 第37回 日本免疫学会総会
  • Induction of CCR10 expression by 1,25-Dihydroxyvitamin D3 in Terminally Differentiating Human B Cells  [通常講演]
    白川 愛子; 長久保 大輔; 稗島 州雄; 中山 隆志; 金 哲; 義江 修
    第37回日本免疫学会総会 2007年11月 東京 第37回日本免疫学会総会
  • HTLV-1のCD4+T細胞への感染におけるケモカイン/ケモカイン受容体CCL22/CCR4の役割  [通常講演]
    稗島 州雄; 長久保 大輔; 中山 隆志; 白川 愛子; 金 哲; 義江 修
    第55回日本ウイルス学会学術集会 2007年10月 札幌 第55回日本ウイルス学会学術集会
     
    【目的と意義】HTLV-1が感染してから数十年の潜伏感染の後、一部の感染者に成人T細胞白血病(ATL)が発症する。ATL腫瘍細胞の特徴は、本来は末梢血CD4+T細胞の20%程度しか発現していないケモカイン受容体CCR4の高頻度発現(>90%)である。前回我々は、HTLV-1感染細胞がTax依存性にCCL22を産生し、末梢血CCR4+CD4+T細胞を選択的に遊走させることを報告した。今回、HTLV-1初期感染におけるCCL22/CCR4の役割をさらに追究し、CD4+T細胞への感染におけるCCL22/CCR4の役割を検討した。 【材料と方法】HTLV-1の感染様式を理解するために、①感染開始となる細胞間接着時、②感染早期(1週間前後)、③感染後期(2~3ヶ月)の各時期に分けて検討した。HTLV-1感染細胞株と末梢血CCR4+CD4+T細胞を共培養し、CCR4特異的阻害剤あるいは百日咳毒素(PTX)処理が細胞間結合に与える影響を検討した。また、マイトマイシンC処理したHTLV-1感染細胞とPHA処理した末梢血単核球細胞(PBMC)を共培養してHTLV-1感染実験
  • HTLV-1 Tax誘導性ケモカインCCL22のHTLV-1初期感染における役割  [通常講演]
    稗島 州雄; 中山 隆志; 長久保 大輔; 白川 愛子; 金 哲; 義江 修
    第66回 日本癌学会学術総会 2007年10月 横浜 第66回 日本癌学会学術総会
     
    We examined the effect of Tax on expression of CCL22, a ligand of CCR4. Most Tax-expressing HTLV-1+ T cell lines produced a large amount of CCL22 in their culture supernatants. Transient expression of Tax also induced CCL22. Knockdown of Tax gene by siRNA resulted in a reduction of CCL22 mRNA. These results indicate CCL22 is one of the target genes of Tax. Culture supernatants from the HTLV-1+ T cell lines selectively attracted primary CCR4+CD4+ T cells in chemotaxis assays. The migration was blocked by pretreatment of the supernatants with anti-CCL22 Ab or pretreatment of PBMCs with a CCR4-specific antagonist. Further, HTLV-1+ T cell lines showed significant CCR4-dependent cell-to-cell interactions with sorted primary CCR4+CD4+ T cells, and anti-CCL22 Ab inhibited HTLV-1 primary infection. These results indicate that HTLV-1-infected T cells produce CCL22 upon expression of Tax and selectively recruit CCR4+CD4+ T cells, resulting in preferential transmission of HTLV-1 to these cells.
  • Fra-2とJunDのヘテロダイマーはATL細胞におけるCCR4発現と細胞増殖を促進する  [通常講演]
    中山 隆志; 稗島 州雄; 金哲; 長久保 大輔; 白川 愛子; 義江 修; 山田恭暉; 藤井雅寛
    日本癌学会66回総会 2007年10月 日本癌学会66回総会
  • Potential role of CCR9 in gastrointestinal involvement of ATL cells.  [通常講演]
    長久保 大輔; 金哲; 稗島 州雄; 中山 隆志; 白川 愛子; 義江 修
    IMMUNOLOGY 2007, The American Association of Immunologists 2007年05月 IMMUNOLOGY 2007, The American Association of Immunologists
  • Involvement of fra-2 and JunD in CCR4 expression and cell proliferation in adult T cell leukemia  [通常講演]
    中山 隆志; 稗島 州雄; 金哲; 長久保 大輔; 白川 愛子; 義江 修; 山田恭暉; 藤井雅寛
    13th International Conference on Human Retrovirology HTLV and Related Viruses 2007年05月 13th International Conference on Human Retrovirology HTLV and Related Viruses
  • HTLV-1 Tax-induced CCL22 promotes cell-cell interactions between HTLV-1-infected cells and peripheral blood CCR4+CD4+ T cells  [通常講演]
    稗島 州雄; 長久保 大輔; 中山 隆志; 白川 愛子; 義江 修
    The 13th International Conference on Human Retrovirology; HTLV and Related Viruses 2007年05月 Hakone The 13th International Conference on Human Retrovirology; HTLV and Related Viruses
     
    Most Tax+ HTLV-1+ T cell lines produced large amounts of CCL22 in their culture supernatants. Transient Tax expression also expressed CCL22. siRNA-induced knockdown of Tax resulted in a significant reduction of CCL22 mRNA in Tax+ cells. These results indicated CCL22 is one of the target genes of Tax. By using PBMCs from healthy donors in chemotaxis assays, it was demonstrated that culture supernatants of Tax+ cells strongly mobilized CCR4+CD4+ T cells. The migration was blocked by pretreatment of the supernatants with anti-CCL22 neutralizing antibody or pretreatment of the PBMCs with a CCR4-specific inhibitor. Further, Tax+ cells showed significant CCR4-dependent cell-cell interactions with the sorted CCR4+CD4+ T cells. These results imply that HTLV-1+ T cells, which were vertically transmitted from the breast milk of a carrier mother, produced CCL22 upon expression of Tax and preferentially recruited CCR4+CD4+ T cells in the child.
  • CCL27 transgenic mice showed enhanced contact hypersensitivity reaction to repeated challenges with fluorescein isothiocyanate.  [通常講演]
    鑑慎司; 中山 隆志; 義江 修; 佐伯秀久; 常深祐一郎; 中村晃一郎; 小宮根真弓; 玉置邦彦
    Society for Investigative Dermatology Annual Meeting 2007年05月 Society for Investigative Dermatology Annual Meeting
  • 単純ヘルペスウイルス1型に対するケモカインの抗ウイルス活性の検討  [通常講演]
    白根 授美; 中山 隆志; 義江 修; 三島 弘; 下村 嘉一
    第111回日本眼科学会総会 2007年04月 大阪 第111回日本眼科学会総会
     
    (目的)ケモカインは白血球の主要な遊走制御因子であるが、近年、一部のケモカインにおいて抗菌活性を有することが報告された。抗菌ペプチドの一部はエンベロープウイルスに対しても抗ウイルス活性を持つことから、今回、ケモカインによる抗ウイルス活性について検討を行った。 (方法)単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)のプラーク解析を指標に、ケモカインによる抗ウイルス活性を探索した。結合解析によりケモカインとHSV-1との直接の結合を確認した。ケモカインのHSV-1粒子構造への影響を電子顕微鏡により検討した。さらに、ヘルペス性角膜実質炎(HSK)モデルマウスを用いて、ケモカインによる治療効果についても検討を行った。 (結果)22のケモカインのうちRANTES、MIP-1aおよびMIP-1bを含む8つのケモカインはHSV-1のVero細胞への感染を優位に抑制した。これらのケモカインは直接HSV-1と結合し、その結合はエンベロープタンパクgBに対する中和抗体で特異的に阻害された
  • 大腸癌におけるCXCL16の発現と腫瘍浸潤リンパ球および予後との関連  [通常講演]
    北條荘三; 中山 隆志; 義江 修; 橋本伊佐也; 小泉桂一; 有田貴久; 南貴之; 篠原看奈; 櫻井宏明; 済木育夫; 塚田一博
    日本外科学会 2007年 日本外科学会
  • Rapamycin投与による胃癌腹膜播種抑制  [通常講演]
    橋本伊佐也; 中山 隆志; 義江 修; 北條荘三; 小泉桂一; 南貴之; 篠原看奈; 櫻井宏明; 済木育夫; 塚田一博
    日本外科学会 2007年 日本外科学会
  • HTLV-1感染細胞におけるケモカインMDC/CCL22遺伝子発現誘導機構の解析  [通常講演]
    稗島 州雄; 中山 隆志; 長久保 大輔; 白川 愛子; 金 哲; 義江 修; 藤井 雅寛
    第54回日本ウイルス学会学術集会 2006年11月 名古屋 第54回日本ウイルス学会学術集会
     
    目的と意義】HTLV-1が感染してから数十年の潜伏感染の後、一部の感染者に成人T細胞白血病(ATL)が発症する。我々は以前、ATL腫瘍細胞の特徴として、本来末梢血CD4+T細胞で高々10%程度しか発現していないケモカイン受容体CCR4が高頻度に発現していることを報告した(Blood, 2002)。今回、ATL細胞がCCR4+CD4+T細胞に集束されるメカニズムの1つとして、HTLV-1感染初期に発現すると考えられるTax蛋白との関係に注目した。Taxは、細胞遺伝子の発現制御や発がん関連遺伝子の修飾を通して腫瘍化の初期に重要な役割を果たすと考えられている。我々はCCR4発現細胞を選択的に細胞遊走するケモカインMDCとTaxとの関係を検討した。 【材料と方法】各種HTLV-1感染細胞株、Tax発現誘導系細胞株JPX-9、Jurkat T細胞株などを用いて、RT-PCR、ELISA、siRNA、プロモーター解析、Noshift転写因子解析などにより検討した。 【結果】HTLV-1感染細胞株の多くがTaxを強発現しており、解析したTax発現細胞のほとんどでMDCの遺
  • 破骨細胞分化に伴うCCL22の発現亢進と肺がんの骨転移機序  [通常講演]
    小泉 桂一; 義江 修; 中山 隆志; 小林 光夫; 中村エリアネ静; 済木 育夫
    第71回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2006年07月 西宮市 第71回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会
  • ケモカインCXCR4を介した新たな胃癌腹膜播種成立機序の解明  [通常講演]
    安本 和生; 義江 修; 中山 隆志; 小泉 桂一; 川島 篤弘; 済木 育夫; 高橋 豊
    第71回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2006年07月 西宮市 第71回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会
  • 大腸癌におけるCXCL16の発現と予後との関連  [通常講演]
    北條荘三; 中山 隆志; 義江 修; 小泉桂一; 有田貴久; 篠原看奈; 南貴之; 橋本伊佐也; 櫻井宏明; 塚田一博; 済木育夫
    日本癌学会65回総会 2006年 日本癌学会65回総会
  • Senile/Age-Related EBV+B-Cell Lymphoproliferative Disorder(SLPD)におけるケモカイン発現と腫瘍局所浸潤T細胞の解析  [通常講演]
    金哲; 中山 隆志; 白川 愛子; 長久保 大輔; 稗島 州雄; 義江 修; 中村栄男
    日本癌学会65回総会 2006年 日本癌学会65回総会
  • Chemokine receptor CXCR4阻害による胃癌腹膜播種の抑制  [通常講演]
    安本和生; 中山 隆志; 義江 修; 小泉桂一; 済木育夫; 川島篤弘; 高橋豊
    日本癌学会65回総会 2006年 日本癌学会65回総会
  • CCL27トランスジェニックマウスはFITCによるcontact hypersensitivityが亢進する  [通常講演]
    鑑慎司; 中山 隆志; 義江 修; 佐伯秀久; 常深祐一郎; 中村晃一郎; 玉置邦彦
    日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム31回 2006年 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム31回
  • 成人T細胞白血病の腸管浸潤におけるケモカイン受容体CCR9の役割  [通常講演]
    長久保 大輔; 義江 修; 金 哲; 中山 隆志; 稗島 州雄
    日本免疫学会総会 2005年12月 横浜 日本免疫学会総会
  • ドーパミンレセプターD3を介したナイーブCD8陽性T細胞の遊走とリンパ節ホーミング  [通常講演]
    渡邊 賀子; 義江 修; 中山 隆志; 長久保 大輔; 稗島 州雄
    日本免疫学会 2005年12月 横浜 日本免疫学会
  • Senile EBV+ B-cell lymphoproliferative disorder (SLPD)におけるケモカイン発現と病態形成  [通常講演]
    金 哲; 義江 修; 中山 隆志; 長久保 大輔; 稗島 州雄
    日本免疫学会総会 2005年12月 横浜 日本免疫学会総会
  • 破骨細胞分化誘導に伴うCCL22産生とヒト小細胞肺癌株SBC-5細胞の骨転移機構の解明  [通常講演]
    小泉 桂一; 義江 修; 中山 隆志; 小林 光夫; 中村; エリアネ静; 斎藤; 百合花; 櫻井; 宏明; 済木; 育夫; 亀田 陽一
    第64回日本癌学会学術総会 2005年09月 札幌 第64回日本癌学会学術総会
  • ヒト前立腺癌細胞株におけるDHT-AR誘導によるケモカイン受容体の発現亢進と細胞機能の変化について  [通常講演]
    明石 拓也; 義江 修; 中山 隆志; 永川 修; 布施; 有田 貴久; 小泉; 桂一; 斎藤; 百合花; 篠原; 看奈; 南; 貴久; 櫻井; 宏明; 済木 育夫
    第64回日本癌学会学術総会 2005年09月 第64回日本癌学会学術総会
  • Chemokine receptor CXCR4発現胃癌が腹膜播種形成に関与する  [通常講演]
    安本 和生; 義江 修; 中山 隆志; 稗島 州雄; 高橋 豊; 麿伊; 小泉 桂一; 櫻井; 宏明; 済木 育夫; 川島 篤弘
    第64回日本癌学会学術総会 2005年09月 札幌 第64回日本癌学会学術総会
  • CCL21により誘導されるマウス肺癌細胞の転移関連因子の検索およびその受容体CCR7の発現機構の解析  [通常講演]
    有田 貴久; 義江 修; 中山 隆志; 稗島 州雄; 小泉 桂一; 櫻井; 宏明; 済木 育夫
    第64回日本癌学会学術総会 2005年09月 札幌 第64回日本癌学会学術総会
  • 成人T細胞白血病細胞の腸管浸潤におけるケモカイン系の役割  [通常講演]
    長久保 大輔; 義江 修; 金 哲; 中山 隆志; 稗島 州雄
    第70回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2005年07月 京都 第70回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会
  • Senile EBV+ B-cell lymphoproliferative disorderにおけるケモカイン/ケモカインレセプターの発現解析  [通常講演]
    金 哲; 義江 修; 中山 隆志; 長久保 大輔; 稗島 州雄; 竹川 澄男; 尾山 卓; 中村
    第70回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2005年07月 京都 第70回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会
  • ヒト前立腺癌細胞株におけるケモカイン受容体の発現に及すアンドロゲンの影響について  [通常講演]
    明石拓也; 義江 修; 中山 隆志; 稗島 州雄; 永川修; 小泉桂一; 中村エリアネ静; 小林光夫; 済木育夫; 布施秀樹
    日本泌尿器科学会 2005年03月 日本泌尿器科学会
  • IL-12とCCL27の併用による抗腫瘍効果増強機構の解明  [通常講演]
    杉田敏樹; 義江 修; 中山 隆志; 高建青; 金川尚子; 飯田恵介; 本村吉章; 畑中豊; 谷一; 水口裕之; 早川尭夫; 岡田直貴; 堤康央; 弓忠範; 中川晋作
    日本薬学会123年会講演 2005年03月 日本薬学会123年会講演
  • senile EBV+ B-Cell lymphoproliferative disorderにおけるケモカイン発現とリンパ球浸潤  [通常講演]
    金哲; 中山 隆志; 竹川澄男; 長久保 大輔; 稗島 州雄; 義江 修; 尾山卓 中村栄男
    EBウイルス研究会シンポジウム 2005年 EBウイルス研究会シンポジウム
  • IgA抗体産生細胞の腸管粘膜固有層へのホーミングを誘導するケモカインの解析  [通常講演]
    稗島 州雄; 中山 隆志; 長久保 大輔; 義江 修
    日本免疫学会 2004年12月 第34回日本免疫学会総会・学術集会(札幌) 日本免疫学会
  • 角膜上皮細胞と角膜実質細胞におけるケモカイン産生能の解析  [通常講演]
    白根 授美; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 中山 隆志; 稗島 州雄; 義江 修
    第70回日本中部眼科学会 2004年11月 大阪 第70回日本中部眼科学会
     
    角膜上皮細胞と角膜実質細胞は炎症性サイトカインやHSV-1感染により、様々なケモカインの発現を誘導した。マウスヘルペス性角膜実質炎では、その急性期には細胞性免疫を担うTh1、一方治癒に向かう後期には液性免疫を担うTh2が優勢な環境が形成されることが示唆された。
  • ケモカイン発現ベクターの腫瘍内投与による抗腫瘍効果と免疫細胞浸潤  [通常講演]
    岡田直貴; 義江 修; 中山 隆志; 中川晋作; 畑中豊; 谷洋一; 水口裕之; 早川高夫; 藤田卓也; 山本昌
    日本免疫学会総会 2004年11月 日本免疫学会総会
  • Liver-Expressed Chemokine/CCL16のヒスタミンH4レセプターに対する作用と好酸球遊走  [通常講演]
    中山 隆志; 稗島 州雄; 長久保 大輔; 義江 修; 加藤佳子; 藤
    第34回 日本免疫学会総会・学術集会 2004年11月 第34回 日本免疫学会総会・学術集会
  • IL-12及びCCL27発現アデノウイルスベクターの併用投与による抗腫瘍効果と免疫系細胞の浸潤(会議録)  [通常講演]
    杉田敏樹; 義江 修; 中山 隆志; 畑中豊 谷洋一; 水口裕之; 早川高夫; 岡田直貴; 堤康央; 真弓忠範; 中川晋作
    日本免疫学会総会・学術集会記録 2004年11月 日本免疫学会総会・学術集会記録
  • EBV感染B細胞におけるケモカイン発現の網羅的解析  [通常講演]
    中山 隆志; 長久保 大輔; 稗島 州雄; 義江 修
    第27回 日本分子生物学会年会 2004年11月 第27回 日本分子生物学会年会
  • IgA抗体産生細胞の腸管ホーミングに関与するケモカイン系の解析  [通常講演]
    川崎ゆり; 義江 修; 稗島 州雄; 花本 仁; 中山 隆志; 長久保 大輔; 金丸 昭久
    近畿大学医学雑誌 2004年10月 近畿大学医学雑誌
  • マウス肺癌のリンパ節転移に対するCCR7の発現とCCL21/Secondary Lymphoid-tissue Chemokine (SLC) の影響  [通常講演]
    有田貴久; 義江 修; 中山 隆志; 稗島 州雄; 小林光夫; 小澤陽子; 大橋養賢; 中村エリアネ静; 青塚保志; 斉藤百合花; 櫻井宏明; 小泉桂一; 済木育夫
    Cancer Science 2004年09月 Cancer Science
  • 角膜ヘルペスにおけるケモカイン系の役割  [通常講演]
    白根 授美; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 中山 隆志; 稗島 州雄; 義江 修
    第19回ヘルペスウイルス研究会 2004年07月 名古屋 第19回ヘルペスウイルス研究会
     
    角膜上皮細胞と角膜実質細胞は炎症性サイトカインやHSV-1感染により、それぞれ独自のパターンで、未熟樹状細胞、単球やT細胞などを遊走するケモカインを産生することが明らかとなった。マウスヘルペス性角膜実質炎では、その急性期には細胞性免疫を担うTh1、一方治癒に向かう後期には液性免疫を担うTh2が優勢な環境が形成されることが示唆された。
  • ホジキン細胞/Reed-Sternberg細胞におけるケモカインCCL28の発現と好酸球/形質細胞浸潤との関連性の検討  [通常講演]
    花本 仁; 金丸 昭久; 宮里肇; 辰巳 陽一; 中山 隆志; 竹川澄男; 稗島 州雄; 義江 修
    第44回日本リンパ網内系学会学術総会 2004年07月 京都 第44回日本リンパ網内系学会学術総会
  • EBV感染B細胞でのケモカイン/ケモカインレセプター発現の網羅的解析  [通常講演]
    義江 修; 中山 隆志; 稗島 州雄
    第1回EBウイルス研究会シンポジウム 2004年07月 札幌 第1回EBウイルス研究会シンポジウム
  • CCL20のヒト角膜組織における発現誘導とマウスヘルペス性角膜実質炎における役割  [通常講演]
    白根 授美; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 中山 隆志; 長久保 大輔; 稗島 州雄; 義江 修
    第108回日本眼科学会総会 2004年04月 東京 第108回日本眼科学会総会
     
    炎症性サイトカインやHSV-1感染により角膜上皮細胞や角膜実質細胞からCCL20が産生されることが分かった。また、ヘルペス性角膜実質炎において、CCL20はその受容体であるCCR6を介した樹状細胞浸潤を誘導することにより、ヘルペス性角膜実質炎の病態形成に重要な役割を果たすと考えられた。
  • リンパ組織移行性を増強した樹状細胞ワクチンの創製  [通常講演]
    森直樹; 義江 修; 中山 隆志; 岡田直貴; 是友良介; 岡田裕香; 水口裕之; 早川尭夫; 中川晋作; 真弓忠範; 藤田卓也; 山本昌
    日本薬学会124年会講演 2004年03月 日本薬学会124年会講演
  • ケモカイン発現ベクターの腫瘍内投与を併用した樹状細胞ワクチンの抗腫瘍効果  [通常講演]
    佐々木明徳; 義江 修; 中山 隆志; 岡田直貴; 丹羽正和; 岡田裕香; 畑中豊; 谷洋一; 水口裕之; 早川尭夫; 中川晋作; 真弓忠範; 藤田卓也; 山本昌
    日本薬学会124年会講演 2004年03月 日本薬学会124年会講演
  • ヒト胃癌腹膜播種形成におけるSDF-1a/CXCR-4リガンド・レセプターシステムの関与  [通常講演]
    安本和生; 中山 隆志; 稗島 州雄; 義江 修; 小泉桂一; 済木育夫; 櫻井宏明; 川島篤弘; 高橋豊; 磨伊正義
    第63回 日本癌学会総会 2004年 第63回 日本癌学会総会
  • ドーパミンレセプターD3を介したCD8陽性T細胞の遊走  [通常講演]
    渡辺賀子; 中山 隆志; 長久保 大輔; 稗島 州雄; 義江 修
    第34回 日本免疫学会総会 2004年 第34回 日本免疫学会総会
  • EBV感染B細胞でのケモカイン/ケモカインレセプター発現の網羅的解析  [通常講演]
    義江 修; 中山 隆志; 金哲; 長久保 大輔; 稗島 州雄
    第69回 日本インターフェロン・サイトカイン学会 2004年 第69回 日本インターフェロン・サイトカイン学会
  • CCL21/Secondary lymphoid-tissue chemokine(SLC)によるヒト非小細胞肺癌(NSCLC)のリンパ節転移亢進の可能性  [通常講演]
    小泉桂一; 中山 隆志; 稗島 州雄; 義江 修; 小澤陽子; 大橋養賢; 中村エリアネ静; 青塚保志; 小林光夫; 斉藤百合花; 有田貴久; 桜井宏明; 済木育夫; 土岐善紀; 一木克之
    第17回富山癌治療懇話学会術講演会 2004年 第17回富山癌治療懇話学会術講演会
  • 腸管免疫におけるケモカインCCL28/CCR10系の役割  [通常講演]
    稗島 州雄; 川崎ゆり; 花本 仁; 中山 隆志; 義江 修
    日本免疫学会 2003年12月 第33回日本免疫学会総会・学術集会(福岡) 日本免疫学会
  • ケモカインCCL28/MECの唾液腺における役割(学会奨励賞受賞講演)  [通常講演]
    稗島 州雄; 伊澤 大; 中山 隆志; 川崎ゆり; 義江 修; 斎藤 卓也; 大谷明夫
    日本唾液腺学会 2003年12月 第48回日本唾液腺学会(東京) 日本唾液腺学会
  • 細胞外基質蛋白による好酸球遊走の活性化  [通常講演]
    加藤佳子; 義江 修; 中山 隆志; 藤澤隆夫
    炎症・再生 2003年11月 炎症・再生
  • ケモカイン遺伝子導入を併用したDC癌免疫療法プロトコールの有効性評価  [通常講演]
    佐々木明徳; 義江 修; 中山 隆志; 岡田直貴; 畑中豊; 谷洋一; 中川晋作; 真弓忠範; 早川高夫; 藤田卓也; 山本昌
    日本免疫学会総会・学術集会 2003年11月 日本免疫学会総会・学術集会
  • ケモカインファミリー分子の多くはスカベンジャー受容体活性を有する  [通常講演]
    島岡猛士; 義江 修; 中山 隆志; 稗島 州雄; 米原伸
    日本免疫学会総会・学術集会 2003年11月 日本免疫学会総会・学術集会
  • EBV不死化B細胞におけるケモカイン発現とその制御機構の解析  [通常講演]
    中山 隆志; 長久保 大輔; 稗島 州雄; 義江 修
    第33回 日本免疫学会総会・学術集会 2003年11月 第33回 日本免疫学会総会・学術集会
  • CCケモカインレセプター(CCR7)遺伝子を導入した樹状細胞のin vitro及びin vivo遊走能  [通常講演]
    森直樹; 義江 修; 中山 隆志; 岡田直貴; 井上恵美子; 中川晋作; 真弓忠範; 早川高夫; 藤田卓也; 山本昌
    日本免疫学会総会・学術集会 2003年11月 日本免疫学会総会・学術集会
  • ATLLにおけるケモカインレセプター発現の網羅的解析  [通常講演]
    義江 修; 中山 隆志; 長久保 大輔; 稗島 州雄
    日本免疫学会総会・学術集会 2003年11月 日本免疫学会総会・学術集会
  • MEC/CCL28 Has Dual Functions in Mucosal Immunity as a Chemoattractant with Broad-Spectrum Antimicrobial Activity  [通常講演]
    稗島 州雄; 川崎ゆり; 中山 隆志; 義江 修
    日本樹状細胞研究会、12th International Symposium on Molecular and Cellular Biology of Macrophages 2003年06月 宇都宮 日本樹状細胞研究会、12th International Symposium on Molecular and Cellular Biology of Macrophages
  • 樹状細胞免疫療法の有効性改善を目指したケモカイン発現ベクターの併用  [通常講演]
    佐々木明徳; 義江 修; 中山 隆志; 岡田直貴; 大久保米起; 岡田裕香; 水口裕之; 早川尭夫; 中川晋作; 真弓忠範; 藤田卓也; 山本昌
    Drug Delivery System 2003年05月 Drug Delivery System
  • 気道上皮細胞によるTh2細胞のトランスマイグレーション  [通常講演]
    加藤佳子; 義江 修; 中山 隆志; 藤澤隆夫; 森昌
    アレルギー 2003年03月 アレルギー
  • ケモカイン発現RGDファイバーミュータントアデノウイルスベクターの樹状細胞免疫療法への応用に関する基礎的検討  [通常講演]
    佐々木明徳; 義江 修; 中山 隆志; 岡田直貴; 大久保米起; 岡田裕香; 水口裕之; 早川尭夫; 中川晋作; 真弓忠範; 藤田卓也; 山本昌
    日本薬学会123年会講演 2003年03月 日本薬学会123年会講演
  • ケモカイン及びサイトカイン発現アデノウイルスベクターの併用による癌遺伝子治療の最適化  [通常講演]
    高建青; 義江 修; 中山 隆志; 形山和史; Soares Alexandre Learth; 水口裕之; 早川尭夫; 堤康央; 真弓忠範; 中川晋作
    薬剤学 2003年03月 薬剤学
  • CCL28 has a dual role in mucosal immunity as chemokine with a broad-spectrum antimicrobial activity.  [通常講演]
    稗島 州雄; 伊澤 大; 中山 隆志; 川崎ゆり; 義江 修; 斎藤 卓也; 大谷明夫
    Keystone Symposia 2003 2003年01月 Breckenridge, Colorado, U.S.A. Keystone Symposia 2003
  • Anti-tumor effect by a CC chemokine, CCL27, introduces into tumor cells through a recombinant adenovirus vector  [通常講演]
    Gao JQ; 中山 隆志; 義江 修; Tsuda Y Katayama; K; Hatanaka; Y; Tani; Y; Mizuguchi H; Hayakawa; T; Tsutsumi Y; Mayumi T; Nakagawa S
    2003年
  • ケモカインCCL28/MECの唾液腺における役割  [通常講演]
    稗島 州雄; 伊澤 大; 中山 隆志; 義江 修; 斎藤 卓也; 大谷明夫
    日本免疫学会 2002年12月 第32回日本免疫学会総会・学術集会(東京) 日本免疫学会
  • 大腸癌先進部におけるケモカイン及びケモカインレセプターの発現  [通常講演]
    武者宏昭; 義江 修; 中山 隆志; 溝井賢幸; 大谷明夫; 椎葉健一; 佐々木巖
    日本癌学会61回総会 2002年10月 日本癌学会61回総会
  • 大腸癌先進部におけるケモカイン及びケモカインレセプターの発現  [通常講演]
    武者宏昭; 義江 修; 中山 隆志; 椎葉健一; 溝井賢幸; 大谷明夫; 佐々木巖
    日本免疫学会総会・学術集会 2002年10月 日本免疫学会総会・学術集会
  • ヒト骨髄腫細胞及び骨髄形質細胞におけるケモカイン受容体CXCR4,CXCR6とCCR10の選択的発現  [通常講演]
    中山 隆志; 稗島 州雄; 伊澤 大; 義江 修
    第32回 日本免疫学会総会・学術集会 2002年10月 第32回 日本免疫学会総会・学術集会
  • ヒト非小細胞肺癌(NSCLC)に対するSecondary Lymphoid-tissue Chemokine (SLC) のリンパ節転移亢進因子としての可能性  [通常講演]
    小泉桂一; 義江 修; 中山 隆志; 小澤陽子; 大橋養賢; 中村エリアネ静; 櫻井宏明; 済木育夫
    日本癌学会61回総会 2002年10月 日本癌学会61回総会
  • ヒト巨核球によるthymus and activation-regulated chemokine (TARC/CCL17) 産生 アレルギー炎症における血小板関与の可能性  [通常講演]
    西森久史; 義江 修; 中山 隆志; 藤澤隆夫; 加藤佳子; 勝又元 熱田純
    日本免疫学会総会・学術集会 2002年10月 日本免疫学会総会・学術集会
  • ケモカイン活性とスカベンジャー受容体活性を有するSR-PSOX/CXCL16の自然免疫と獲得免疫における役割解析  [通常講演]
    島岡猛士; 義江 修; 中山 隆志; 米原伸
    日本免疫学会総会・学術集会 2002年10月 日本免疫学会総会・学術集会
  • 気道上皮細胞が好酸球トランスマイグレーションに果たす役割について  [通常講演]
    加藤佳子; 義江 修; 中山 隆志; 藤澤隆夫
    炎症・再生 2002年06月 炎症・再生
  • 新しいケモカイン その生理活性と臨床的意義 ケモカイン活性とスカベンジャー受容体活性を有するSR-PSOX/CXCL16の自然免疫と獲得免疫における役割解析  [通常講演]
    島岡猛士; 義江 修; 中山 隆志; 久米典昭; 南学; 林田和隆; 北徹 米原伸
    炎症・再生 2002年06月 炎症・再生
  • Cell Delivery による癌治療法の開発 新規ケモカインILCのin vivoにおける細胞遊走能評価と癌治療への応用  [通常講演]
    津田育宏; 義江 修; 中山 隆志; 形山和史; 畑中豊; 谷洋一; 水口裕之; 早川尭夫; 中川晋作; 真弓忠範
    薬剤学 2002年03月 薬剤学
  • 転写因子NF-κBによるケモカインLARC/CCR20遺伝子の活性化機構  [通常講演]
    稗島 州雄; 伊澤 大; 中山 隆志; 藤澤 隆一; 義江 修; 藤家 悟; 大柳 治正
    日本免疫学会 2001年12月 第31回日本免疫学会総会・学術集会(大阪) 日本免疫学会
  • ケモカインによるLFA-1/ICAM-1の接着性亢進にはRap 1及びCdc42が関与する  [通常講演]
    下中美香; 義江 修; 中山 隆志; 稗島 州雄; 片桐晃子; 前田明人; 木梨達雄
    日本免疫学会総会・学術集会 2001年12月 日本免疫学会総会・学術集会
  • EBV不死化B細胞におけるケモカイン受容体の発現制御機構の解析  [通常講演]
    中山 隆志; 藤澤 隆一; 伊澤 大; 稗島 州雄; 義江 修; 高田 賢蔵
    第31回 日本免疫学会総会・学術集会 2001年12月 第31回 日本免疫学会総会・学術集会
  • ケモカインを用いた癌免疫療法の基礎的検討  [通常講演]
    津田育宏; 義江 修; 中山 隆志; 中川晋作; 塚田有希子; 水口裕之; 早川尭夫; 真弓忠範
    薬剤学 2001年03月 薬剤学
  • CCケモカインLARC/MIP-3α/CCL20のケラチノサイトにおける発現誘導とアトピー性皮膚炎における役割  [通常講演]
    中山 隆志; 藤澤 隆一; 稗島 州雄; 伊澤 大; 義江 修; 山田秀和; 手塚 正; 藤家 悟; 河崎 寛
    第23回 日本分子生物学会年会 2000年12月 第23回 日本分子生物学会年会
  • アトピー性皮膚炎患者における好酸球のケモカインレセプター発現について  [通常講演]
    山田 秀和; 杉原 和子; 弓立 達夫; 手塚 正; 中山 隆志; 義江 修; 松倉 正治
    第50回日本アレルギー学会総会 2000年 横浜 第50回日本アレルギー学会総会
  • Production of CC Chemokine LARC/MIP-3a by Epidermal Keratinocytes and ITS Role in Atopic Dermatitis  [通常講演]
    山田 秀和; 弓立 達夫; 手塚 正; 中山 隆志; 松倉 正治
    25th Annual Meeting 2000年 岐阜 25th Annual Meeting

MISC

産業財産権

受賞

  • 2011年 日本インターフェロン・サイトカイン学会・マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウム Excellent Poster Award
     
    受賞者: 中山 隆志

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 乾癬におけるケモカイン受容体CCR4を介したTh17細胞増殖の病理的役割の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 中山 隆志; 松尾 一彦
  • P2受容体を標的としたメモリーCTL誘導ワクチンシステムの開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 松尾 一彦; 中山 隆志
  • ケモカインELC/CCL19の新規受容体同定とその乾癬における役割の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 中山 隆志; 松尾 一彦
     
    本研究の目的は、ケモカインELC/CCL19とその新規受容体の相互作用解析を通じて、ELC/CCL19の新規受容体を介した生理的および病的役割を解明することにある。 研究代表者は、これまでにELC/CCL19はGPCR#13に対して既知受容体であるCCR7と同様に強い細胞遊走活性を示すことを見出した。そして、ヒト末梢血正常細胞において、GPCR#13は既知受容体CCR7の発現していないエフェクター細胞に広く発現することを明らかにした。 平成30年度は、ヒト乾癬患者の皮膚臨床検体のreal-time PCR解析により、ELC/CCL19および新規受容体GPCR#13の発現が認められ、特に重症度の高い患者の検体で高い値を示すことを明らかにした。 これらの結果は、ELC/CCL19はGPCR#13に対する機能的な新規アゴニストであり、エフェクター細胞の遊走を介して乾癬の病態形成において重要な役割を果たすことが示唆された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2015年04月 -2017年03月 
    代表者 : 池渕 良洋; 戸村 道夫; 楠本 豊; 守屋 大樹; 寺口 俊介; 中山 隆志; 松尾 一彦
     
    光変換蛋白質KikGRを発現するマウスによって同定可能な炎症皮膚に「来た」「留まった」制御性T細胞(Treg)を対象に、シングルセル遺伝子・蛋白質多因子発現解析を行い、異なるTreg機能分子を発現する複数のサブセットを同定した。サブセット間を比較すると、発現する遊走関連分子も、皮膚に「留まる」性質も異なった。機能分子と遊走関連分子の多因子発現解析により、KikGR発現データを用いずに皮膚に「来た」「留まった」Tregを区別した。Tregサブセットの分化責任因子の同定及び炎症皮膚への集積法の樹立も試みた。本研究により、異なる機能分子を発現するTregは異なる炎症組織間遊走を行うことが示唆された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 義江 修; 中山 隆志; 角田 郁生; 樋口 智紀; 金井 亨輔; 藤田 貢
     
    CCL28遺伝子欠損マウスでは、大腸粘膜でのIgA産生細胞の減少と分布異常、糞便中のIgA量の著明な減少、および個々のIgA産生細胞のIgA産生量の低下が見いだされ、CCL28は大腸粘膜でのIgA産生に重要な役割を担っていることが確認された。さらにCCL28遺伝子欠損マウスの糞便ではバシラス綱が相対的に増加していた。大腸でのIgA産生量の低下と細菌叢の変化と関連して、CCL28遺伝子欠損マウスではデキストラン硫酸誘発腸炎の増悪が見られ、それは抗菌薬投与で軽減された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 中山 隆志; 松尾 一彦
     
    これまでに研究代表者は和漢薬ライブラリーを用いて細胞遊走阻害活性を指標としたケモカインアンタゴニストの探索を行ってきた。本研究において、麻黄エキスがケモカイン受容体CCR3、CCR4、およびCCR8特異的なアンタゴニスト活性を示し、そのアンタゴニスト活性が麻黄エキスの酢酸エチル非可溶性分画に存在することを明らかとした。また、このアンタゴニスト成分による阻害活性にリガンド特異性はなく、受容体を直接阻害することが示唆された。 CCR3、CCR4、およびCCR8は、いずれもTh2細胞あるいは好酸球や好塩基球に選択的に発現することから、アレルギー性疾患において重要な役割を果たすと考えられる。
  • ヘルペスウイルス誘導性特発性肺線維症の発症機序とガレクチン9による制御機構の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2012年04月 -2014年03月 
    代表者 : 渡部 明子; 義江 修; 中山 隆志
     
    近年、特発性肺線維症(IPF)の9割にEBウイルス(EBV)を始めとしたヘルペスウイルス感染が報告され、ヘルペスウイルスのIPF発症・増悪化への関与が示唆されている。IPFは肺上皮細胞の障害に伴う慢性炎症を基盤とする難治性疾患であり、筋線維芽細胞が産生する細胞外基質の過剰沈着を主体とする。しかしその病態発症機序については未だ不明な点が多い。 ガレクチン9(Gal-9)は上記肺線維症の発症要因とされる炎症促進作用や細胞外基質産生誘導能を有するβ-ガラクトシド認識結合タンパクである。本研究ではこのGal-9がヘルペスウイルス感染肺上皮細胞に強く発現したことから、EBVに相同性の高いマウスγヘルペスウイルス(MHV68)による肺線維症モデルを構築し、Gal-9の肺線維化における役割を解析してきた。 本年度までに肺線維症モデルマウスを構築し、Gal-9欠損マウスではMHV68感染による炎症反応および肺線維化が著しく軽減されることを明らかにした。さらにMHV68感染後の野生型マウス肺で検出されたIL-27の発現がGal-9欠損マウスで顕著に低下していたため、IL-27に対する中和抗体をMHV68感染後の野生型マウスに連続投与したところ、感染後の肺に認められた一連のケモカイン発現上昇および炎症細胞亜集団の浸潤が劇的に抑制された。また組織学的解析およびハイドロキシプロリン量測定によりMHV68誘導性の肺線維化もIL-27中和抗体投与により有意に抑制された。以上のことから、Gal-9に制御されるIL27が肺線維化を抑制するための治療標的分子となる可能性を示した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 義江 修; 中山 隆志; 樋口 智紀
     
    我々は、成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)でのCCR4発現に関わる転写因子としてAP-1ファミリーのFRA-2を同定し、FRA-2はJUNDと共同してATLの増殖を促進するとともにc-Myb、SOX4などの原癌遺伝子の発現を誘導することを明らかにした。本研究では、ATLおよび皮膚T細胞リンパ腫(CTCL)でのCCR7発現に関与する転写因子を検討し、新規DNA結合配列GAGGAGを同定し、その部位にはZFYVE19が結合することを明らかにした。本研究から、ATLやCTCLでの新たな発がん遺伝子カスケードの存在が示唆され、これらの成熟型T細胞性腫瘍の診断や治療に有用な情報が提供された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 樋口 智紀; 義江 修; 中山 隆志
     
    これまでに我々は、成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)や皮膚T細胞リンパ腫(CTCL)でFra-2が一貫して発現し、CCR4発現誘導や細胞増殖に関与することを明らかにしてきた。本研究では、ATLとCTCL発癌におけるSOX4発現とその役割について検討した結果、ATLとCTCLにおいて、Fra-2-JunDが直接SOX4の転写活性を促進し、SOX4下流標的遺伝子として見出したGCKR、NAP1、HDAC8を発現誘導することでこれらの腫瘍の細胞増殖能を高めることを明らかにした。したがって、これらの知見からFra-2-SOX4経路はATLとCTCL発癌において重要な役割を有することが示唆された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 中山 隆志; 義江 修; 樋口 智紀
     
    本研究において研究代表者は、成熟T細胞リンパ腫での新規c-Myb標的遺伝子として薬物トランスポーターABCG2/BCRPを同定した。c-MybとABCG2/BCRPは、成熟T細胞リンパ腫において共発現することが確認された。さらにABCG2/BCRP特異的阻害剤であるKo143は、ドキソルビシンのATLL細胞株に対する抗腫瘍活性を優位に促進した。これらの結果より、c-Myb-ABCG2/BCRP経路は成熟T細胞リンパ腫の抗がん剤耐性機構において重要な役割を果たすことが示唆された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2009年 -2010年 
    代表者 : 中山 隆志
     
    本研究において研究代表者は、Fra-2とc-Mybが皮膚T細胞リンパ腫に普遍的に発現し、細胞増殖に関与することを見出した。また、c-MybはFra-2の直接的な標的遺伝子であることが示された。さらに細胞増殖に関わるc-Mybの下流標的遺伝子としてRas活性化因子であるRASGRP2を同定した。Fra-2-c-Myb経路は発癌遺伝子カスケードとして機能し、細胞増殖に寄与することが示唆された。
  • 新規ATL発がん遺伝子Fra-2の発現と機能解析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特定領域研究
    研究期間 : 2008年 -2009年 
    代表者 : 義江 修; 中山 隆志; 白川 愛子; 稗島 州雄
     
    CCR4はTh2細胞、制御性T細胞、皮膚指向性T細胞などに選択的に発現するケモカイン受容体である。我々は成人T細胞白血病(ATL)でのCCR4の高頻度発現を初めて報告した(Yoshie et al., Blood 2002)。そしてATLでのCCR4発現の転写制御機構を調べることにより、ATLではAP-1ファミリーのFra-2が構成的に異常発現しており、Fra-2はJunDとヘテロダイマーを形成することにより、ATLでのCCR4の発現を誘導し、さらにc-Myb、MDM2、Bcl-6などの原がん遺伝子の発現も誘導していることを明らかにした(Nakayama et al., Oncogene 2008)。ATLでFra-2やこれらの原がん遺伝子の構成的発現が示されたのは初めてである。そこで本年度は、Fra-2/JunDによるc-Mybの発現誘導を転写レベルで証明した。また皮膚T細胞リンパ腫(CTCL)は菌状息肉腫やCD30陽性未分化大細胞型リンパ腫などの多様な成熟型T細胞リンパ腫よりなるが、ATLと同様にCCR4を高頻度で発現する。そこでCTCLでのFra-2の発現と役割を検討した。そ.の結果、CTCLでもCCR4の発現とともにFra-2とJunDの構成的な発現が確認され、ATLと同様にFra-2とJunDはCTCLの増殖に関与すること、さらにFra-2とJunDはCCR4の発現だけでなく、c-Myb、MDM2、Bcl-6の発現も誘導していることを明らかにした。これらの結果は、Fra-2の構成的発現と発がんにおける役割はATLに限られるものではなく、CTCLも含めてCCR4を発現する成熟型T細胞由来の白血病/リンパ腫に普遍的に当てはまるものであることを示す。そしてFra-2で発現が誘導されるCCR4はこれらの悪性腫瘍の有用な腫瘍マーカーであるとともに有望な治療標的でもあると言える。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2007年 -2009年 
    代表者 : 義江 修; 稗島 州雄; 中山 隆志; 長久保 大輔; 白川 愛子
     
    CCR4はTh2細胞、制御性T細胞、皮膚指向性T細胞などに選択的に発現するケモカイン受容体である。我々はTh2型のマウス気道炎症で低分子CCR4阻害剤の治療効果を示した。またCCR4とそのリガンドMDC/CCL22 は腸管膜リンパ節での樹状細胞と制御性T 細胞の相互作用を誘導して免疫寛容を誘導することを示した。さらにEB ウイルスやHTLV-1といったヒトの腫瘍ウイルスは共通してCCR4のリガンド、特にMDC/CCL22の発現を感染細胞に誘導し、それによって感染細胞の周囲にCCR4陽性のTh2細胞や制御性T細胞を動員して免疫回避やウイルス伝播に役立てていることを明らかにした。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 中山 隆志
     
    ケモカインeotaxin-3/CCL26は、好酸球に高発現するCCR3のリガンドであり、炎症局所への好酸球浸潤に重要な役割を果たすことが報告されている.本研究において研究代表者は、CCL26が細胞傷害性リンパ球に高発現するCX3CL1受容体/CX3CR1の新しい機能的リガンドであることを見出した.CCL26は好酸球だけでなく細胞傷害性リンパ球も同時に炎症巣に誘導することにより、アレルギー性疾患の病態形成においてこれまで理解されていた以上の役割を果たすことが示唆された.
  • ATLにおけるケモカイン受容体CCR4高頻度発現と発がん機構との関係の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特定領域研究
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 義江 修; 稗島 州雄; 中山 隆志; 長久保 大輔
     
    CCR4のプロモーター解析によりATLでの転写活性化サイトとしてGATA-3サイトとAP-1サイトを同定した。GATA-3はTh2細胞で選択的に発現し、CCR4のTh2選択的発現に関係すると考えられた。一方、AP-1はFosファミリーとJunファミリーのホモダイマーあるいはヘテロダイマーとして機能する。そこでAP-1ファミリーのATLでの発現を検討した。その結果、ATLの臨床検体ではFra-2、JunD、JunBの構成的発現が見られた。さらにCCR4プロモーターの活性化はFra-2/JunDおよびFra-2/JunBのヘテロダイマーがきわめて特異的に誘導することを見出した。さらにFra-2の発現はHTLV-1の転写因子Taxでは誘導されないことも確認した。発がん遺伝子Fra-2の正常T細胞での発現やATLでの構成的活性化はいまだ報告されていない。そこでATLでのFra-2、JunD、JunBの役割をsiRNAノツクダウンで検討した。その結果、Fra-2とJunDのsiRNAがCCR4発現および細胞増殖を抑制した。またFra-2あるいはJunDをJurkatで強制発現すると細胞増殖を促進した。そこでATLでのFra-2の下流標的遺伝子をFra-2 siRNAによるノックダウンとマイクロアレイ解析で検討した。その結果、Fra-2のsiRNAによりATL細胞株で少なくとも49の遺伝子が3倍以上の低下を示した。この中には発がん遺伝子c-Myb、Bc1-6、MDM2も含まれていた。そしてこれらの発がん遺伝子の発現はJunDのsiRNAでも抑制され、Fra-2/JunDヘテロダイマーの下流遺伝子であることが示された。さらにATLの臨床検体でもこれらの発がん遺伝子の構成的発現が確認された。発がん遺伝子Fra-2、c-Myb、Bc1-6、MDM2のATLでの構成的発現は初めての知見である。
  • 形質細胞分化にともなうケモカイン受容体CCR10発現の転写制御機構
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 義江 修; 稗島 州雄; 中山 隆志; 長久保 大輔; 白川 愛子
     
    CCR10は皮膚特異的に発現するケモカインCCL27の受容体として同定され、皮膚指向性T細胞での発現が報告されたが、さらに各種の粘膜組織で発現しているCCL28の受容体であることも明らかにされた。そして我々はCCR10がB細胞では形質細胞の段階で発現してくることを世界に先駆けて報告した。またCCR10の発現はIgA産生細胞の腸管粘膜への帰巣に重要であることも報告した。形質細胞の分化にはXBP-1やBlimp-1などの転写因子が重要な役割をはたす。しかしながらCCR10のプロモーター領域にはこれらの転写因子の認識配列は存Eしない。そこで本研究では形質細胞におけるCCR10発現に関わる転写因子を同定し、それによって形質細胞分化における新たな転写制御機構を明らかにすることを目的とした。 活性化ヒトB細胞をIL-21の存在下で培養すると形質細胞に分化することが報告された。そこでこの分化系を用いてCCR10の発現を検討した。その結果、IL-21のみではCCR10の発現は誘導されないが、活性型ビタミンD3(VD3)を加えるとCCR10の発現が誘導された。そこでCCR10の開始コドンから上流-1500bpまでをクローニングし、pGL3に挿入してCCR10を発現しているヒト骨髄腫細胞株に導入してレポーターアッセイを行った。その結果、-71〜-62bpの領域に存在するEts-1認識配列がCCR10の発現誘導に基本的に重要であることが示された。そしてEts-1の結合を確認した。さらに-124〜-110bpにVD3応答サイトと見なしえる配列を見出し、そこに点変異を導入することによりVD3に対する反応性の消失を確認した。そしてVD3レセプターのVD3依存的結合を確認した。VD3は粘膜免疫を誘導することが報告されており、形質細胞でのCCR10発現誘導もそのメカニズムのひとつと考えられる。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 中山 隆志
     
    上皮細胞でのケモカイン発現に対するEBV感染の影響を明らかにするため、上咽頭癌(NPC)細胞株、EBV陽性と陰性の上皮細胞株を用いてケモカインの網羅的発現解析を行ってきた。これまでに、これらのEBV感染上皮細胞とEBV感染B細胞におけるケモカイン発現プロファイルの比較解析により、EBV感染B細胞ではTh2型ケモカインTARC/CCL17とMDC/CCL22の発現が特異的に誘導され、EBV感染上皮細胞では対照的にTh1型ケモカインMIG/CXCL9とIP-10/CXCL10の発現が特異的に誘導されることを明らかにしている。 今回、EBV関連上皮系腫瘍の病態形成におけるケモカインの役割を臨床検体で明らかにするため、NPC腫瘍組織を用いてケモカインおよびケモカインレセプターの免疫染色を行った。その結果、NPCの腫瘍細胞はMIG/CXCL9とIP-10/CXCL10を強く発現していた。さらに、腫瘍細胞の周囲には、それらのレセプターであるCXCR3陽性の多数のT細胞浸潤が認められた。以上の結果から、MIG/CXCL9とIP-10/CXCL10の産生はCXCR3を介してTh1細胞を誘導することが示唆された。また、腫瘍細胞の周囲には、Foxp3^+IL-10^+CD69^-制御性T細胞の多数の浸潤が認められ、これらの細胞は従来報告されていたCCR4に加えてCXCR3を発現していた。NPC組織では、CCR4のリガンドであるTARC/CCL17とMDC/CCL22の発現は認められなかったため、制御性T細胞はCXCR3を介してNPC組織に誘導され腫瘍細胞に対する免疫反応の抑制に関与すると考えられた。
  • ATLにおけるケモカイン受容体CCR4高頻度発現と発がん機構との関係
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特定領域研究
    研究期間 : 2005年 -2005年 
    代表者 : 義江 修; 稗島 州雄; 中山 隆志; 長久保 大輔
     
    我々は、ATLではケモカイン受容体CCR4が高頻度・強陽性であること、CCR4発現はATLの高頻度皮膚浸潤を説明するとともに、ATLの起源がTh2あるいは制御性T細胞であることを示唆することを報告した(Blood, 2002)。このようなATLでのCCR4高頻度・高レベル発現は、ATLの発がん機構と転写レベルで密接に関係している可能性がある。そこで本研究では、ATLでのCCR4発現に関わる転写因子を明らかにし、それらのATL発がんへの関与を検討する。まずATL細胞におけるCCR4の転写開始部位を5'-RACEによってマップした。その結果、ATL細胞でのCCR4転写はエクソン1の上流と第1イントロン内の2領域で開始されており、それぞれ第1プロモーターと第2プロモーターと命名した。そこで第1プロモーター1-kbおよび第2プロモーター2-kbをルシフェレースレポータープラスミドにクローニングし、レポーターアッセイを行った。その結果、これらのプロモーターはATL細胞で強い転写活性を示した。そこで、それぞれのプロモーター領域を5'側から削っていってレポーターアッセイを繰り返し、発現に必要な領域を絞り込んだ。そしてこれらの必要領域に存在する候補エレメントに次々と点変異を導入し、必要エレメントの同定を行っている。第1プロモーターおよび第2プロモーターともにTh2分化に関わるGATA-3の認識配列が重要であることをみいだしたが、それ以外にも共同して作用するエレメントが存在することが明らかになってきた。現在、これらのエレメントに結合する転写因子の同定とクローニングを進めている。今後はCCR4の発現に関与することが明らかになった転写因子について、それらのATL発がんにおける役割を強制発現系やsiRNAによるノックダウン実験によって明らかにする。さらに、ATL細胞でのこれらの転写因子の構成的な発現および機能亢進のメカニズムを分子レベルで明らかにする。それによっていまだ不明なところの多い遺伝子レベルでのATLの発がん機構に関して新たな知見をもたらす。
  • がん細胞のリンパ節転移に関与するケモカイン及び受容体の探索と分子標的治療への応用
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特定領域研究
    研究期間 : 2004年 -2004年 
    代表者 : 済木 育夫; 櫻井 宏明; 小泉 桂一; 義江 修; 稗島 州男; 中山 隆志
     
    1.マウス肺がんのリンパ節転移に対するCCR7の発現とCCL21/Secondary Lymphoid-tissue Chemokine (SLC)による運動能の亢進 本研究では、同様にC57BL/6マウスにリンパ節転移を引き起こす肺がん細胞(LLC)を用いて、CCL21及びCCR7とリンパ節転移との関連性について検討した。その結果、LLC細胞におけるCCR7の発現がmRNAレベルで確認され、運動能についてもCCL21の濃度に依存して亢進することが明らかとなった。更に、CXCR5、CXCR6の発現も確認され、それぞれの受容体に対するケモカインにより、濃度依存的に運動能の亢進が確認出来た結果から、CCR7以外にもリンパ節転移に関与する新たな受容体を同定するに到った。種々がん細胞のリンパ節転移は、リンパ管新生の惹起により亢進することが明らかとなってきている。(発表論文1.) 2.リンパ節転移性マウス肺がん細胞(LLC)に対するCCL21によるシグナル伝達系の解明 上記(1)でリンパ節転移性マウス肺がん細胞(LLC)にCCR7の発現が確認されたことで、次に、CCL21によるシグナル伝達系の解明を、行った。その結果、細胞増殖や生存に関与するシグナル伝達分子であるAkt及びErkのリン酸化の亢進が確認できた。今回、我々はAkt及びErk分子により、マウス結腸がんの肺転移が制御されている事を報告した。(発表論文2-3.) 3.がん細胞におけるケモカイン受容体、CCR7の発現亢進メカニズムの解明 現在までに、ケモカイン受容体の発現とがん転移の関連性に関する研究は、著しい知見の集積がなされている現在ではあるが、がん細胞におけるケモカイン受容体発現亢進のメカニズムは全く解明されていない。最近我々は、サイトカインががん転移を含むがん細胞の増悪化を引き起こすことを報告した。(発表論文3.)
  • ケモカイン系の腫瘍、アレルギー性疾患やウイルス感染症における役割の解明
    科学研究費補助金
    研究期間 : 2000年
  • Study on Chemokine
    Grant-in-Aid for Scientific Research

担当経験のある科目

  • 化学療法学近畿大学薬学部
  • 微生物学近畿大学医学部・薬学部

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.