KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

古沢 昌之フルサワ マサユキ

プロフィール

所属部署名経営学部 経営学科 / 商学研究科 / 経営イノベーション研究所
職名教授/経営学科長/経営学科イブニングコース主任
学位博士(経営学)
専門国際経営論、国際人的資源管理論
ジャンル経営・産業/経営
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/2101-furusawa-masayuki.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/09/30

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    日本企業の国際人的資源管理には、進出先での現地化の遅れや人事制度がグローバルに統一化されていないといった問題があり、それが海外の有能人材の採用・定着難につながっている。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2020/3/17
     日本経済新聞
     後継者難克服について
    ●2018/9/16
     朝日新聞
     金融危機について

学歴・経歴

学歴

  • 2009年03月, 兵庫県立大学、博士(経営学)
  • 2002年03月, 関西学院大学大学院, 商学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学
  • 1999年03月, 関西学院大学大学院, 商学研究科博士課程前期課程修了、修士(経営学)
  • 1986年03月, 関西学院大学, 経済学部卒業、学士(経済学)

経歴

  •   2019年,  - 現在, 一般財団法人アジア太平洋研究所上席研究員
  •   2018年,  - 現在, 近畿大学 経営イノベーション研究所 研究員
  •   2018年,  - 現在, 近畿大学大学院 商学研究科 教授(博士前期課程・博士後期課程担当)
  •   2017年,  - 現在, 近畿大学 経営学部 教授
  •   2015年,  - 現在, 株式会社ダイヘン 社外監査役
  •   2014年,  - 現在, 英国レディング大学 ヘンリービジネススクール ジョン・H・ダニング国際経営研究所研究員 (associate member)
  •   2016年,  - 2019年, 関西学院大学産業研究所共同研究プロジェクト客員研究員
  •   2008年,  - 2017年, 大阪商業大学 総合経営学部 教授 (大阪商業大学大学院 地域政策学研究科経営革新専攻 教授)
  •   2012年,  - 2013年, 英国レディング大学 ヘンリービジネススクール 客員研究員
  •   2004年,  - 2008年, 大阪商業大学 総合経営学部 助教授(准教授)
  •   2002年,  - 2004年, 大阪商業大学 総合経営学部 専任講師
  •   1986年,  - 2002年, 財団法人関西生産性本部 業務部課長・財団法人日本生産性本部 認定経営コンサルタント等

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 経営学

研究キーワード

  • 国際経営論, 国際人的資源管理論, 新興国ビジネス論, 中国労使関係論

論文

  • The determinants of the boundary-spanning functions of Japanese self-initiated expatriates in Japanese subsidiaries in China: Individual skills and human resource management, Masayuki Furusawa, Chris Brewster, Journal of International Management, DOI: 10.1016/j.intman.2019.05.001, Journal of International Management, DOI: 10.1016/j.intman.2019.05.001,   2019年05月, 査読有り
  • 在外日系進出企業に勤務する現地採用日本人の「バウンダリー・スパニング機能」の規定要因に関する研究―在中国日系進出企業に対するアンケート調査に基づいて―, 古沢昌之, 商経学叢, 商経学叢, 65, 5, 103, 127,   2019年03月
  • 多国籍企業における新たな人材オプションとしての「現地採用本国人」の雇用に関する研究―英国の日系進出企業及び現地採用日本人社員に対するアンケート調査を踏まえて―, 古沢 昌之, 異文化経営研究, 異文化経営研究, 第15号, 1, 36,   2018年12月
  • 日本企業における「内なる国際化」の進展に関する一考察―「言語投資」の視点を中心として―, 古沢 昌之, 盛岡 貴昭, 安室 憲一, 地域と社会, 地域と社会, 第21号, 153, 183,   2018年12月, 査読有り
  • Japanese self-initiated expatriates as boundary spanners in Chinese subsidiaries of Japanese MNEs: Antecedents, social capital, and HRM practices, Masayuki Furusawa, Chris Brewster, Thunderbird International Business Review, Thunderbird International Business Review, 60, 6, 911, 919,   2018年11月, 査読有り
  • 在中国日系進出企業における「現地採用日本人」の実相―バウンダリー・スパナーとしての可能性と移動理由・キャリア・職務満足―, 古沢 昌之, 商経学叢, 商経学叢, 第64巻, 第3号, 177, 205,   2018年03月
  • 在中国日系進出企業における「現地採用日本人」の活用に関する研究―日系企業及び現地採用者本人に対する調査を踏まえて―, 古沢 昌之, 国際ビジネス研究, 国際ビジネス研究, 第9巻, 第1-2号, 19, 34,   2017年10月, 査読有り
  • 日本企業の国際人的資源管理における「現地化問題」を再検討するー変化の兆候とその背景ー, 古沢 昌之, 地域と社会, 地域と社会, 第19号, 57, 71,   2016年10月, 査読有り
  • 在日ブラジル人の「デカセギ・ビジネス」に関する一考察ー起業活動を巡る状況と経営の実相ー, 古沢 昌之, 大阪商業大学論集, 大阪商業大学論集, 第177号, 1, 18,   2015年06月
  • 多国籍企業の新たな人材オプションとしての“Self-initiated expatriates”に関する一考察ーその特性・実相と求められる研究の視座ー, 古沢 昌之, 大阪商業大学論集, 大阪商業大学論集, 第175号, 15, 30,   2015年01月
  • 日本企業のブラジル事業展開における「日系人」の活用に関する一考察-「バウンダリー・スパナー」としての可能性と人的資源管理面で求められる変革ー, 古沢 昌之, 異文化経営研究, 異文化経営研究, 第11号, 1, 20,   2014年12月
  • Expatriation issues in Japanese MNCs: HRM practices and their impact on adjustment and job performance, Masayuki Furusawa, Chris Brewster, Proceeding of IFSAM 2014 World Congress in Tokyo, Proceeding of IFSAM 2014 World Congress in Tokyo,   2014年09月
  • 現代ベトナムにおける「労使関係」の特質と留意点ー違法ストライキの急増など「集団的労使関係」面を中心としてー, 古沢昌之, 多国籍企業学会 多国籍企業研究, 多国籍企業学会 多国籍企業研究, 第7号, 19, 40,   2014年07月, 査読有り
  • 在ブラジル日系企業の人的資源管理に求められる変革ー「第三文化体」としての日系人の活用に向けてー, 古沢昌之, 海外日系人協会 季刊海外日系人, 海外日系人協会 季刊海外日系人, 第73号, 12, 21,   2013年10月
  • The potential of bi-culturals as cultural bridges: The case of the Nikkeijin for Japanese multinational corporations, Masayuki Furusawa, Chris Brewster, Proceedings of Advances in Business-Related Scientific Research Conference (ABSRC) 2013 VENICE, Proceedings of Advances in Business-Related Scientific Research Conference (ABSRC) 2013 VENICE,   2013年03月, 査読有り
  • Managing expatriation: The challenges of Japanese MNCs, Masayuki Furusawa, Chris Brewster, Proceedings of The European Institute for Advanced Studies in Management (EIASM) Workshop on New Analyses of Expatriation, Proceedings of The European Institute for Advanced Studies in Management (EIASM) Workshop on New Analyses of Expatriation,   2012年12月, 査読有り
  • Not local or foreign: The Nikkeijin - another option for international human resource management, Masayuki Furusawa, Chris Brewster, Proceedings of European International Business Academy (EIBA) 2012 Conference, Proceedings of European International Business Academy (EIBA) 2012 Conference,   2012年12月, 査読有り
  • 在ブラジル日系企業の人的資源管理に関する研究ー「日系人の活用」を中心としてー, 古沢昌之, 国際ビジネス研究学会 国際ビジネス研究, 国際ビジネス研究学会 国際ビジネス研究, 第4巻, 第1号,   2012年04月, 査読有り
  • 日本企業のブラジル事業展開における日系人の「第三文化体」としての可能性ー在日日系人への調査結果を踏まえてー, 古沢昌之, 大阪商業大学論集, 大阪商業大学論集, 第163号,   2012年
  • 中国における「労使間の摩擦」に関する一考察ー「農民工」と「工会」を巡る状況を踏まえてー, 古沢昌之, 社団法人国際経済労働研究所 Int'lecowk(国際経済労働研究), 社団法人国際経済労働研究所 Int'lecowk(国際経済労働研究), 第66巻, 第2号,   2011年
  • 日本企業の海外派遣者に対する人的資源管理の研究ー駐在経験者への調査を踏まえてー, 古沢昌之, 大阪商業大学論集, 大阪商業大学論集, 第159号,   2011年
  • グローバル人的資源管理に関する理論的及び実証的研究, 古沢昌之, 兵庫県立大学大学院経営学研究科博士論文, 兵庫県立大学大学院経営学研究科博士論文,   2009年
  • 国際人的資源管理における「規範的統合」と「制度的統合」ー「現地化問題」の批判的検討にもとづいてー, 古沢昌之, 社団法人世界経済研究協会 世界経済評論, 社団法人世界経済研究協会 世界経済評論, 第645号,   2009年
  • 日本企業の「グローバル人的資源管理」に関する一考察ー日産自動車の事例研究ー, 古沢昌之, 大阪商業大学論集, 大阪商業大学論集, 第151・152号,   2009年
  • 中国人事労務管理研究の視座ー「現地適応ーグローバル統合」論にもとづいてー, 古沢昌之, 社団法人国際経済労働研究所 Int'lecowk(国際経済労働研究), 社団法人国際経済労働研究所 Int'lecowk(国際経済労働研究), 第64巻, 第3号,   2009年
  • 多国籍企業における「調整メカニズム」に関する一考察, 古沢昌之, 大阪商業大学論集, 大阪商業大学論集, 第145号,   2007年
  • 中国の「労使関係」に関する一考察, 古沢昌之, 大阪商業大学比較地域研究所 地域と社会, 大阪商業大学比較地域研究所 地域と社会, 第9号,   2006年, 査読有り
  • 在中国日系企業の集団的労使関係に関する研究ー「工会」を巡る状況を中心にー, 古沢昌之, 国際ビジネス研究学会年報, 国際ビジネス研究学会年報, 第12号,   2006年, 査読有り
  • 日本企業における「現地化問題」の再考ー「メタナショナル企業」モデルの視点からー, 古沢昌之, 大阪商業大学論集, 大阪商業大学論集, 第139号,   2006年
  • 日本企業における国際人的資源管理の変革ー「統合ー現地適応」の両立に向けてー, 古沢昌之, 国際ビジネス研究学会年報, 国際ビジネス研究学会年報, 第11号,   2005年, 査読有り
  • 日本企業の国際人的資源管理における「第二のグラス・シーリング」ー「世界的学習能力」構築に向けての課題ー, 古沢昌之, 大阪商業大学論集, 大阪商業大学論集, 第137号,   2005年
  • 多国籍企業における「社会化」に関する考察ー「統合ー現地適応」の両立に向けてー, 古沢昌之, 大阪商業大学論集, 大阪商業大学論集, 第133号,   2004年
  • 国際人的資源管理の「グローバル統合」に関する考察ー日本企業の課題ー, 古沢昌之, 龍谷大学経営学論集, 龍谷大学経営学論集, 第44巻, 第3号,   2004年
  • 日本企業の国際人的資源管理の課題ー「統合ー現地適応」の議論にもとづいてー, 古沢昌之, 大阪商業大学論集, 大阪商業大学論集, 第131号,   2004年
  • 在中国日系企業の人事労務管理ー中小企業の状況を中心にー, 古沢昌之, 大阪商業大学論集, 大阪商業大学論集, 第129号,   2003年
  • 在中国日系企業における人的資源管理の変革, 古沢昌之, 大阪商業大学論集, 大阪商業大学論集, 第127号,   2003年
  • 中国の「ベンチャー企業」に関する考察ー「私営企業・個人企業」を巡る状況を中心にー, 古沢昌之, 関西学院商学研究, 関西学院商学研究, 第49号,   2001年
  • 中国における「能力主義・成果主義」人事の進展ーその実態と日系企業の課題ー, 古沢昌之, 関西学院商学研究, 関西学院商学研究, 第48号,   2001年
  • 中国の「地域格差」に関する考察ー労使関係面を中心にー, 古沢昌之, 関西学院商学研究, 関西学院商学研究, 第47号,   2000年
  • 中国の「労働争議」「労働者による集団的抗議行動・ストライキ」に関する考察ー『インダストリアリズム』のモデルの検証を通してみた労使関係の変容ー, 古沢昌之, 関西学院商学研究, 関西学院商学研究, 第45号,   1999年
  • 現代中国の労使関係ーその特性の検証と現地経営上の課題ー, 古沢昌之, 関西学院大学商学研究科修士論文, 関西学院大学商学研究科修士論文,   1999年
  • Normative and systems integration in human resource management in Japanese multinational companies, Masayuki Furusawa, Chris Brewster, Toshinari Takashina, Multinational Business Review, Multinational Business Review, 24, 2, 82, 105,   2016年07月18日, 査読有り
  • The bi-cultural option for global talent management: The Japanese Brazilian Nikkeijin example, Masayuki Furusawa, Chris Brewster, Journal of World Business, Journal of World Business, 50, 1, 133, 143,   2015年01月, 査読有り

書籍等出版物

  • 「現地採用日本人」の研究―在中国日系進出企業におけるSIEs(self-initiated expatriates)の実相と人的資源管理―(単), 単著, 文眞堂,   2020年
  • 関西復権の道―アジアとの共生を梃子として―(共), 共著, 中央経済社,   2020年
  • 未来の多国籍企業―市場の変化から戦略の革新、そして理論の進化―(共), 共著, 文眞堂,   2020年
  • 国際ビジネス入門(共編), 共編者(共編著者), 白桃書房,   2019年
  • International Human Resource Management: Contemporary HR Issues in Europe (3rd edition) (共), 共著, Routledge,   2016年
  • 新興国における人事労務管理と現地経営(共編), 共編者(共編著者), 白桃書房,   2015年
  • 国際ビジネスの新機軸(共), 共著, 同文舘,   2015年
  • Global Talent Management: Challenges, Strategies, and Opportunities(共), 共著, Springer,   2014年
  • 「日系人」活用戦略論ーブラジル事業展開における「バウンダリー・スパナー」としての可能性ー(単), 単著, 白桃書房,   2013年
  • 有斐閣経済辞典第5版(共), 分担執筆, 有斐閣,   2013年
  • 多国籍企業と新興国市場(共), 共著, 文眞堂,   2012年
  • 転換期を迎える東アジアの企業経営(共), 共著, 御茶の水書房,   2011年
  • グローバル人的資源管理論ー「規範的統合」と「制度的統合」による人材マネジメントー(単), 白桃書房,   2008年
  • 大学生のためのアントレプレナーシップ入門(共), 共著, 大阪商業大学,   2007年
  • ビジネスモデル・シンキング(共), 共著, 文眞堂,   2007年
  • 新グローバル経営論(共), 共著, 白桃書房,   2007年
  • 多様化する中小企業ネットワーク(共), 共著, ナカニシヤ出版,   2005年
  • 産業集積の再生と中小企業(共), 共著, 世界思想社,   2003年
  • 対中ビジネスの経営戦略(共), 共著, 蒼蒼社,   2003年
  • ホテル産業のグローバル戦略(共訳), 共訳, 白桃書房,   2002年
  • 中国の労使関係と現地経営(共), 共著, 白桃書房,   1999年
  • 日本企業の経営革新(共), 共著, 白桃書房,   1998年
  • 現場イズムの海外経営(共), 共著, 白桃書房,   1997年
  • 新グローバル組織論(共訳), 共訳, 白桃書房,   1995年
  • 「ビジネス・ウィーク」を読む(共), 共著, 生産性出版,   1994年
  • リストラクチャリングと組織文化(共), 共著, 白桃書房,   1993年

講演・口頭発表等

  • 外国人労働者の雇用と海外事業展開の連動―株式会社中農製作所のベトナム現地化戦略の事例研究―, 古沢 昌之, 近畿大学研究シーズ発表会,   2019年07月04日
  • 在中国日系進出企業における「現地採用日本人」の雇用とバウンダリー・スパニング機能に関する研究―M-GTA(Modified Grounded Theory Approach)による中国ヒアリング調査結果の分析―, 古沢 昌之, 多国籍企業学会西部部会,   2019年06月01日
  • 海外現地経営における新たな人材オプションとしての「現地採用日本人」の活用―在中国日系進出企業への調査を踏まえて―, 古沢 昌之, 近畿大学経営イノベーション研究所第21回研究報告会,   2019年05月22日
  • 現地化戦略に関する一考察ー株式会社中農製作所(東大阪市所在の中小企業)のベトナム進出の事例からー, 古沢 昌之, 異文化経営学会関西部会,   2019年02月09日
  • 在中国日系進出企業に勤務する「現地採用日本人」のバウンダリー・スパナ―としての可能性とキャリア・職務満足ー現地採用者本人への調査に基づいてー, 古沢 昌之, 異文化経営学会関西部会,   2018年09月22日
  • 日本企業における言語投資と内なる国際化を巡る状況ーヒアリング調査に基づいてー, 古沢 昌之, 盛岡 貴昭, 異文化経営学会関西部会,   2018年03月03日
  • 文献レビューの重要性と方法論ー私の取り組みを踏まえてー, 古沢 昌之, 国際ビジネス研究学会第24回全国大会,   2017年10月29日
  • 国際ビジネス研究における文献レビューについて考えるー目的・方法・留意点ー, 古沢 昌之, 国際ビジネス研究学会関西部会,   2017年09月30日
  • 在中国日系進出企業における「現地採用日本人」のバウンダリー・スパナ―としての可能性ー日本人SIEsの中国語能力等属性と人的資源管理ー, 古沢 昌之, 異文化経営学会関西部会,   2017年09月23日
  • 海外ジャーナルへの投稿について考えるー査読プロセスへの対応を中心にー, 古沢 昌之, 国際ビジネス研究学会関西部会,   2016年12月17日
  • The Nikkeijin in Brazil: Potential boundary-spanners for Japanese MNCs, Masayuki Furusawa, KAIB (Korean Academy of International Business) 2016 Autumn Conference,   2016年11月11日, 招待有り
  • 多国籍企業の海外現地経営における「現地採用本国人」の活用に関する研究ー在中国日系進出企業へのアンケート調査・ヒアリング調査に基づいてー, 古沢 昌之, 国際ビジネス研究学会第23回全国大会,   2016年10月23日
  • ブラジルの日系人と日本企業ー日系人活用に向けての課題ー, 古沢 昌之, 都市文化・地域経済研究学堂 都市・地域経済研究会,   2016年04月30日, 招待有り
  • 日本企業の「現地化問題」を再考するー変化の兆候とその背景ー, 古沢 昌之, 国際ビジネス研究学会関西部会,   2016年03月19日
  • Expatriation issues in Japanese MNCs: HRM practices and their impact on adjustment and job performance, Masayuki Furusawa, Chris Brewster, IFSAM 2014 World Congress in Tokyo,   2014年09月03日
  • 日本企業のブラジル事業展開における「日系人」の活用に関する研究ー「バウンダリー・スパナー」としての可能性と人的資源管理面での課題ー, 古沢 昌之, 異文化経営学会2014年第1回研究大会,   2014年03月08日
  • 国際人的資源管理における新たな人材オプションとしての"Self-initiated expatriates"に関する研究ーその特性と求められる分析視角ー, 古沢 昌之, 多国籍企業学会西部部会,   2013年12月21日
  • ベトナムにおける「労使関係」面でのリスク―「社会主義指向市場経済」下の「集団的労使関係」の機能不全―, 古沢 昌之, 多国籍企業学会第6回全国大会,   2013年07月13日, 招待有り
  • The potential of bi-culturals as cultural bridges: The case of the Nikkeijin for Japanese multinational corporations, Masayuki Furusawa, Chris Brewster, Advances in Busines-Related Scientific Research Conference (ABSRC) 2013 VENICE,   2013年03月20日
  • The bicultural option for international human resource management in Japanese MNCs: The Nikkeijin in Brazil, Masayuki Furusawa, IBS Research Seminar, Henley Business School, University of Reading,   2013年02月27日
  • Managing expatriation: The challenges for Japanese MNCs, Masayuki Furusawa, Chris Brewster, European Institute for Advanced Studies in Management (EIASM) Workshop on New Analyses of Expatriation,   2012年12月13日
  • Not local or foreign: The Nikkeijin - another option for international human resource management, Masayuki Furusawa, Chris Brewster, European International Business Academy (EIBA) 2012 Conference,   2012年12月09日
  • ブラジル進出企業における「日系人の活用」等に関するアンケート調査・報告ー日系企業の人的資源管理の現状と課題ー, ブラジル日本商工会議所コンサルタント部会,   2012年02月, 招待有り
  • 在ブラジル日系進出企業の人的資源管理―「日系人の活用」を中心に―, 国際ビジネス研究学会第18回全国大会,   2011年10月
  • 日本企業のブラジル事業展開における日系人の活用に関する研究ー在日日系人への調査結果を踏まえてー, 多国籍企業学会第4回全国大会,   2011年07月
  • 日本企業の国際人的資源管理の現状と課題ー「現地化」を越えた「グローバル人的資源管理」へ向けてー, ブラジル日本商工会議所コンサルタント部会,   2011年03月, 招待有り
  • 中国における「労使間の摩擦」に関する考察ー「農民工」問題と「工会」の動向ー, 多国籍企業学会西部部会,   2011年02月
  • 新興企業の経営に求められるもの, 中国(瀋陽)国際中小企業大会,   2009年10月, 招待有り
  • グローバル人的資源管理に関する事例研究ー日産自動車における「規範的統合」と「制度的統合」に向けた取り組み, 多国籍企業学会第2回全国大会,   2009年07月
  • 日本企業の「グローバル人的資源管理」に関する研究ー日産自動車の事例からー, 国際ビジネス研究学会関西部会,   2009年02月
  • 在中国・米国系企業における「集団的労使関係」ー日系企業との比較研究ー, 国際ビジネス研究学会第13回全国大会,   2006年11月
  • 在中国日系企業の「工会」に関する研究, 大阪商業大学比較地域研究所・中国上海財経大学亜州経済研究所・韓国江原大学校産業経済研究所第7回国際シンポジウム,   2006年10月
  • 在中国日系企業の労使関係ー「工会法」改正を踏まえてー, 日本経営学会第80回大会(全国大会),   2006年09月
  • 現代中国における労使関係ー進出日系企業の現状と課題ー, 日本経営学会関西部会,   2005年11月
  • 在中国日系企業における集団的労使関係に関する研究ー「工会」を巡る状況を中心にー, 国際ビジネス研究学会第12回全国大会,   2005年10月
  • 日本企業における国際人的資源管理の変革ー「統合ー現地適応」の両立に向けてー, 国際ビジネス研究学会第11回全国大会,   2004年11月
  • 日本企業における国際人的資源管理の課題ー「統合ー現地適応」の視点からー, 大阪商業大学商経学会第239回研究発表会,   2004年01月
  • 日本企業における国際人的資源管理の新たなフレームワークー「統合ー現地適応」の両立に向けてー, 多国籍企業研究会西部部会,   2003年11月
  • 在中国日系企業の人事労務管理ー中小企業の状況についてー, 国際ビジネス研究学会第10回全国大会,   2003年10月
  • 在中国日系企業における人的資源管理の変革ーオムロンの現地ソフトウェア開発会社の事例ー, 国際ビジネス研究学会第9回全国大会,   2002年10月
  • 中国の人事・雇用制度に関する研究, 大阪商業大学商経学会第228回研究発表会,   2002年05月
  • 中国の「ベンチャー企業」に関する考察ー「私営企業・個人企業」を巡る状況を中心にー, 多国籍企業研究会西部部会,   2002年01月
  • 中国の地域格差に関する一考察ー労使関係面を中心にー, 多国籍企業研究会西部部会,   2000年10月
  • 中国における人事労務管理・労使関係と工会, 多国籍企業研究会第31回東西合同研究会(全国大会),   1998年07月
  • 中国の工会と労使関係, 多国籍企業研究会西部部会,   1998年06月

作品

  • 在英国日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2020年
  • 在中国日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2019年
  • 在ドイツ日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2019年
  • 日本の大学・大学院で学ぶ「外国人留学生の就職問題」に関する調査,   2019年
  • 在ベトナム日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2019年
  • 在ベトナム日系企業における「現地化戦略」に関する研究,   2018年
  • 在ドイツ日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2018年
  • 在タイ日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2018年
  • 在英国日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2017年
  • 在米国日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2017年
  • 在中国日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2016年
  • マレーシア・シンガポールの「人事労務管理」に関する調査,   2016年
  • 在英国日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2016年
  • バングラデシュの「人事労務管理」に関する調査,   2015年
  • マレーシア・シンガポールの「人事労務管理」に関する調査,   2015年
  • 在英国日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2015年
  • 在中国日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2015年
  • 日本国のインド・ミャンマーにおける「ODA人材育成研修」の事後評価と日系進出企業の「人的資源管理」に関する調査,   2015年
  • バングラデシュにおける「BOPビジネス」に関する調査,   2014年
  • 在英国日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2014年
  • マレーシアの「人事労務管理」に関する調査,   2014年
  • ベトナム・インドネシアの「労使関係」に関する調査,   2013年
  • マレーシア・シンガポールの「人事労務管理」に関する調査,   2013年
  • 在欧州日系企業における「日本人の現地採用」に関する調査,   2013年
  • 在欧州日系企業の「人事労務管理」に関する調査,   2012年
  • ブラジル進出企業における「日系人の活用」に関する調査,   2012年
  • ベトナム・シンガポールの「人事労務管理」に関する調査,   2011年
  • ブラジル進出企業における「日系ブラジル人の活用」に関する調査,   2011年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   2010年
  • ベトナムの「人事労務管理」に関する調査,   2010年
  • 中国の「人事労務管理」に関する調査,   2010年
  • ブラジル進出企業における「日系ブラジル人の活用」に関する調査,   2010年
  • 中国の「人事労務管理」に関する研究,   2009年
  • 中国の「人事労務管理」に関する調査,   2008年
  • 米国の企業・大学における「人材育成」(教育力)に関する調査,   2008年
  • 米国における「大学マネジメント」に関する調査,   2007年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   2007年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   2006年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   2005年
  • 台湾の「人事労務管理」に関する調査,   2005年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   2004年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   2003年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   2002年
  • 米国における「人的資源管理」に関する調査,   2001年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   2000年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   1999年
  • インドの「労使関係」に関する調査,   1998年
  • 東南アジアにおける「通貨危機」後の経営戦略に関する調査,   1998年
  • 中国の「人事労務管理」に関する調査,   1998年
  • インドの「労働事情」に関する調査,   1997年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   1997年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   1996年
  • ベトナムの「労働事情」に関する調査,   1995年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   1995年
  • 中国の「労使関係」に関する調査,   1994年
  • 東欧の「経済・経営事情」に関する調査,   1993年
  • 米国における「人的資源管理」に関する調査,   1993年
  • 中国「上海・華南経済圏」に関する調査,   1993年
  • 「北米自由貿易協定」への対応戦略に関する調査,   1992年
  • 欧州における「経営現地化・企業市民活動」に関する調査,   1991年
  • 東南アジアにおける「経営現地化」に関する調査,   1990年

受賞

  •   2020年07月, 多国籍企業学会 「第11回学会賞 入江猪太郎賞」
  •   2017年07月, 異文化経営学会, 「2017年度学会賞(論文の部)」
  •   2015年07月, 多国籍企業学会, 「第6回学会賞 入江猪太郎賞」
  •   2014年07月, 異文化経営学会, 「2014年度学会賞(著書の部)」
  •   2013年03月, ABSRC (Advances in Business-Related Scientific Research Conference) 2013 VENICE, "BEST PAPER AWARD"
  •   2010年07月, 多国籍企業学会, 「第1回学会賞」
  •   2009年07月, 日本公認会計士協会, 「第37回学術賞-MCS賞」

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 日本企業の海外現地経営における「現地採用日本人」の活用に関する研究
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 日本企業の国際人的資源管理における「日系ブラジル人の活用」に関する研究, 平成21年度は、ブラジルの投資環境や労働事情、日系人を巡る状況等に関する関連文献のサーベイと日本国内でのヒアリングを行うとともに、3月にはブラジル現地調査を実施し、進出企業への訪問調査、日系企業関連団体・日系人関連団体他へのインタビュー調査を重ねた。新たな「成長のフロンティア」としてのブラジルに対する関心が高まる中、目系人は、文化の橋渡し役としての「第三文化体」になりえる存在であると考えられる。しかしながら、今日のブラジルでは、日系のホワイトカラー人材にとって日系企業は必ずしも魅力的なキャリア機会を提供しているとは言い難い状況にある。その背景には、1.現地化の遅れ、2.優良欧米系企業に比して見劣りする賃金水準、3.公私の区別が曖昧な職場風土など人的資源管理上の問題があると考えられる。一方、ブラジルの日系社会については、ブラジル社会への同化が進む一方で、目系人の日本語能力の低下やアイデンティティに関する問題が顕在化しており、言語と文化の継承がコミュニティとしての課題になっている。さらに30万人とも言われる日本へ出稼ぎ者に対する出国前・日本滞在中・帰国後のケアも日系社会の懸案事項の一つである。こうした中、進出日系企業と日系社会が共存共栄を図るためには、日系の地場企業である「コロニア企業」も含め、相互の人的交流の強化に努めるとともに、日本への出稼ぎを通して日本語や日本の文化を体得し...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 日・中・韓の多国籍企業が行う国際経営に関する比較研究, 日本、韓国と中国の多国籍企業によるグローバル展開に関する比較を行い、それぞれの組織体制と経営戦略の違いを明らかにした。特に、新興国の市場開拓において、韓国企業に比べて日本企業が現地の消費者のニーズをうまく捉えていない局面が多い。近年、中国企業による海外進出が活発化し、日本企業が中国企業に買収されるケースが増えている。しかし、中国企業は情報公開が不十分で、経営ビジョンも不明確なケースが多く、今後改善していく必要がある。
  • 大阪商業大学研究奨励助成費, 日本企業の国際人的資源管理
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 世界各国の中小・中堅企業にみる成功するビジネスモデルの発見と理論化, 本研究の目的は,世界各国の中小・中堅企業のビジネスモデルについて調査を行い,日本の中小・中堅企業が参考にできるような形でビジネスモデルを一般化することにある。序章では,本研究における中心概念となるビジネスモデルの概念について考察し,分析枠組みとして「ビジネスモデル分析」を提示した。また,ビジネスモデル分析を構成する評価軸としてAlan Afuah (2003) Business Models, A Strategic Management ApproachによるVRISA分析を取り上げ、詳細な検討を加えた。第1章から第16章では,序章において提示されたビジネスモデル分析の枠組みに則り,世界各国の中小・中堅企業のビジネスモデルについてケーススタディを実施した。分析対象とした企業の事業概要は以下の通りである。第1章:ポンプレウ(スペイン;生鮮食品を中心とするスーパー),第2章:ステューデンツフォン・ドット・コム(スペイン;留学生対象の携帯電話レンタル事業),第3章:ザラ(スペイン;ITを活用した衣料品の製造・販売),第4章:H&M(スウェーデン;ファブレスによる衣料品販売),第5章:ISS(デンマーク:ファシリティサービス),第6章:B-Bridge(アメリカ:日本とアメリカとのブリッジングに注目したバイオベンチャー),第7章:Yaegaki Corporation of USA...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 在中国の日・米・欧多国籍企業における集団的労使関係の比較研究, 中国の「改革・開放」以降の雇用システムの変革は、企業経営において「能力主義・成果主義」人事や労働力の「流動化」を促進することにより人材と組織を活性化させるとともに、中国全体の高度経済成長に寄与したものと考えられる。しかし、一連の改革が「格差問題」を誘発し、労働争議やストライキなど「労使間の摩擦」を顕在化させたという側面も否定できない。このような状況下、中国政府・共産党は、2001年に「工会法」を改正し、「工会設立の義務づけ」や「工会の機能強化」により労使関係の安定を企図しようとしている。その結果、近年の中国では「基層工会」数や「労働協約締結企業」数が驚異的な伸びを示すなど「マクロ」面で目覚しい成果を挙げている。また、筆者のアンケート調査によると、在中国日系企業は米国系企業に比べ「改正工会法」に対し、より積極的な反応を示していることが明らかになった。しかし、日系企業の集団的労使関係には以下のような課題が残されていると考えられる。第一は、「上からの労使関係」の様相が感じ取れるという点である。それは、日系企業における労働協約締結が社内の労使の必要性よりも社外の労働関係機関の意向を反映した事象であること、経営側と工会の「定期協議・情報交換」といった日常的なコミュニケーションが少ないことなどに現れている。第二は、「労使一体」の様相である。具体的には、日系企業では工会主席の「専従化」が進...
  • 科学研究費補助金, ブラジル進出企業における日系ブラジル人の活用
  • 科学研究費補助金, 在中国日系企業の労使関係

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 新興国ビジネス論, 近畿大学
  • 中国の人的資源管理, 龍谷大学大学院
  • 国際ビジネス論, 大阪商業大学大学院
  • アントレプレナー論, 大阪商業大学
  • 経営学, 近畿大学
  • 経営管理論, 同志社大学大学院
  • 人的資源管理論, 徳島大学, 大阪商業大学
  • 国際人的資源管理論, 大阪商業大学
  • 異文化マネジメント, 立命館大学大学院
  • 国際経営論, 近畿大学, 大阪商業大学
  • 国際経営特論, 近畿大学大学院