堀 英祐 (ホリ エイスケ)

  • 産業理工学部 建築・デザイン学科 講師
Last Updated :2022/01/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    環境負荷を抑えた建築設備計画や災害時にインフラが停止した場合の建物機能を継続させる自立型の建築設備についての研究を行っています。

研究者情報

学位

  • 博士(工学)(2021年07月 早稲田大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 都市エネルギーシステム   

現在の研究分野(キーワード)

    環境負荷を抑えた建築設備計画や災害時にインフラが停止した場合の建物機能を継続させる自立型の建築設備についての研究を行っています。

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築環境、建築設備

経歴

  • 2016年04月 - 現在  近畿大学産業理工学部講師
  • 2009年04月 - 現在  一級建築士事務所Eurekaパートナー
  • 2012年04月 - 2016年03月  早稲田大学理工学術院助教
  • 2011年09月 - 2016年03月  国士舘大学理工学部非常勤講師
  • 2009年04月 - 2012年03月  早稲田大学理工学術院助手

学歴

  • 2007年04月 - 2010年03月   早稲田大学   大学院創造理工学研究科   建築学専攻 博士後期課程
  • 2005年04月 - 2007年03月   早稲田大学   大学院創造理工学研究科   建築学専攻
  • 2000年04月 - 2004年03月   早稲田大学   理工学部   建築学科

所属学協会

  • アジア都市環境学会   都市環境エネルギー協会   空気調和・衛生工学会   日本建築学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 日本建築学会 (担当:分担執筆範囲:)森北出版 2020年04月 ISBN: 9784627553514 v, 332p
  • 都市環境から考えるこれからのまちづくり
    都市環境学教材編集委員会編 (担当:分担執筆範囲:)森北出版 2017年07月
  • 東京新創造 災害に強く環境にやさしい都市
    編著; 尾島俊雄; 著; 中嶋浩三; 市川徹; 渋田玲; 堀英祐; 松本美怜 (担当:共著範囲:)早稲田大学出版部 2017年01月

講演・口頭発表等

受賞

  • 2021年01月 土木学会 2020年度土木学会デザイン賞奨励賞
     奈義町多世代交流広場ナギテラス 
    受賞者: 星野 裕司;山田 裕貴;稲垣 淳哉;佐野 哲史;永井 拓生;堀 英祐;山本 良太;佐々木 知幸;浪本 浩一;加藤 幸枝;熊本大学景観デザイン研究室;奈義町役場まちづくり戦略室;奈義町役場地域整備課
  • 2020年05月 空気調和・衛生工学会 令和元年度第17回功績賞
     環境配慮・防災併活用設備システム計画の動向と事例整理 
    受賞者: 地球環境委員会 環境配慮・防災併活用設備システム計画小委員会
  • 2017年10月 日本デザイン振興会 グッドデザイン賞 2017年度グッドデザイン・ベスト100
     賃貸長屋 [竜美丘コートビレジ] 
    受賞者: Eureka
  • 2016年08月 日本建築学会 2016年建築作品選集新人賞
     
    受賞者: 堀 英祐

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 長谷見 雄二; 鈴木 淳一; 鍵屋 浩司; 堀 英祐; 上川 大輔
     
    学校教室程度以上の規模の大規模居室の天井を不燃化し、壁内装を可燃材料で仕上げた場合のフラッシュオーバーの発生の有無を予測する方法を開発した。その主な内容は以下の通りである。①大規模居室の部分火災段階における煙層・壁内装間の表面熱伝達率の計算モデルを実大規模実験により誘導した。②区画火災のゾーンモデルに(1)の表面熱伝達率モデルを活用して、壁表面の熱収支を予測できるようにした。③木材等の代表的な内装材料の火炎伝播予測に必要な物性を把握した。④目視内装の熱収支に重大な影響を与える木材内部の水分移動の測定法を開発した。
  • 避難生活拠点セーフティネットとしての二地域居住に関する研究
    旭硝子財団:自然科学系「研究奨励」
    研究期間 : 2017年04月 -2019年03月 
    代表者 : 堀 英祐
  • 東京23区における熱負荷特性を考慮した清掃工場排熱の広域的熱利用に関する検討
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2012年04月 -2014年03月 
    代表者 : 堀 英祐
  • -

委員歴

  • 2021年04月 - 現在   日本建築学会九州支部   建築九州賞(作品賞)選考委員
  • 2021年04月 - 現在   日本建築学会   ニューノーマルに対応した都市環境設備のあり方検討小委員会
  • 2021年04月 - 現在   日本建築学会   安全街区構築指針検討小委員会
  • 2019年07月 - 現在   飯塚市   飯塚市環境審議会委員
  • 2019年04月 - 現在   日本建築学会   都市環境・都市設備運営委員会
  • 2017年04月 - 現在   日本建築学会   環境情報活用小委員会
  • 2018年06月 - 2021年03月   日本建築学会   中長期地域エネルギーシステム戦略検討小委員会
  • 2017年04月 - 2020年03月   日本建築学会   都市環境工学刊行小委員会
  • 2017年04月 - 2019年03月   日本建築学会   都市環境デザイン小委員会
  • 2015年06月 - 2018年03月   空気調和・衛生工学会   地球環境委員会 環境配慮・防災併活用設備システム計画小委員会
  • 2015年04月 - 2018年03月   日本建築学会   都市・地域エネルギーインフラ研究小委員会

担当経験のある科目

  • 建築環境・設備特論近畿大学大学院産業理工学研究科
  • 建築設備設計及び演習近畿大学産業理工学部
  • 建築設備の計画近畿大学産業理工学部
  • 建築設備の基礎近畿大学産業理工学部

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.