KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

神崎 真哉カンザキ シンヤ

プロフィール

所属部署名農学部 農業生産科学科 / 農学研究科 / 附属農場
職名准教授
学位博士(農学)
専門果樹園芸学
ジャンル経営・産業/農林
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/155-kanzaki-shinya.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/09/30

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    果物に関する研究をしています。特にカキやマンゴーの育種を効率よく進める方法をDNA解析等を利用して開発しています。その他の温帯果樹、熱帯果樹の栽培に関する研究も行っています。

研究活動情報

研究分野

  • 環境・農学, 園芸科学

研究キーワード

  • 果樹園芸学

論文

  • Analysis of genetic diversity of lychee (Litchi chinensis Sonn.) and wild forest relatives in the Sapindaceae from Vietnam using microsatellites, Hoa Tran, Shinya Kanzaki, Ludwig Triest, Inaki Hormaza, Na Jong Kuk, Ray Ming, Jean Bousquet, Damase Khasa, Patrick Van Damme, Genetic Resources and Crop Evolution, Genetic Resources and Crop Evolution, 66, 1653, 1669,   2019年12月01日
    概要:© 2019, Springer Nature B.V. We report on 14 microsatellites enriched in CT repeats obtained from a genomic library of lychee (Litchi chinensis Sonn.) cultivar “Hong Huay”. The polymorphisms revealed by these microsatellites were evaluated in a collection of 45 local Vietnamese lychee varieties and 4 Xerospermum noronhianum (Blume) Blume (Sapindaceae) collected from the wild. Samples were collected from local villages and forests in northern Vietnam. Genetic diversity parameters were estimated for the local Vietnamese varieties analyzed. The unweighted pair-group method of clustering using averages divided the lychee cultivars into three main groups: Cluster 1 (Group A) consisting of semi-natural lychees (“extremely early” lychee); Cluster 2 (Group B) consisting of cultivated cultivars (“intermediate” lychee); and Cluster 3 (Group C) representing X. noronhianum accessions. Using STRUCTURE, three subpopulations were also delimited among litchi accessions, including accessions with extremely early- and intermediate/late-maturing traits showing membership coefficients above 0.99 for Cluster 1 and Cluster 2, respectively. Accessions with early- and intermediate-maturing traits were identified as admixture forms with varying levels of membership shared between the two clusters, indicating their hybrid origin during litchi domestication. This is the first report on transferability of SSR markers developed from lychee (L. chinensis) to X. noronhianum. Results demonstrate the usefulness of microsatellites for identification, genetic diversity analysis and germplasm conservation in lychee and related Sapindaceae forest species.
  • Practical marker-assisted selection using two SCAR markers for fruit astrigency type in crosses of ‘Taiten’ × PCNA cultivars in persimmon breeding, Scientia Horticulturae, Scientia Horticulturae, 170, 219, 223,   2014年05月, 査読有り
  • SSRマーカーを用いたモミジの品種同定と遺伝的類縁関係の解析, 神崎 真哉, 井上 紘一, 宇都宮 直樹, 矢野 正善, 園芸学研究, 園芸学研究, 12, 1, 1, 7,   2013年
    概要:本研究では7種類のモミジSSRマーカーを開発し,それらを用いてモミジ園芸品種107品種の多様性解析を行った.全部で87個の対立遺伝子が検出され,遺伝子座当たりの対立遺伝子数は4~25個,平均12.43個となった.ほとんどの品種で独自のSSRプロファイルを持っており,品種識別マーカーとしての有効性が確認された.7遺伝子座すべてで同一のプロファイルを示したグループもいくつかあったが,それらは枝変わりや異名同種であると考えられた.主成分分析の結果,供試した107品種はイロハモミジ系品種群(Palmatumグループ)とオオモミジ・ヤマモミジ系品種群(Amoenumグループ)の2つのグループに分けられた.AMOVAによりこれらのグループ間の変異は有意であることが示された.また,園芸品種においては,オオモミジ系品種群とヤマモミジ系品種群を明確に区別することはできないことが示された.以上の結果より,イロハモミジ系品種の多くはオオモミジ・ヤマモミジ系品種とは離れて独自に発達してきたのに対し,モミジ園芸品種においてはA. amoenumの2つの変種を遺伝的に区別することはできないことが示された.
  • 当年生台木を用いたカキ幼苗接ぎ木法の検討, 脇坂 勝, 杉村 輝彦, 石森 朝哉, 神崎 真哉, 園芸学研究, 園芸学研究, 8, 4, 427, 432,   2009年
    概要:カキ(Diospyros kaki Thunb.)当年生台木を用いた幼苗接ぎ木法を開発するため,接ぎ木時期や台木の状態が活着率と苗の生育に及ぼす影響について検討した.加温施設下で播種110~195日後の当年生ポット台木を用いて4~8月に接ぎ木を行った結果,いずれの時期にも接ぎ木が可能であることが明らかとなった.カキ'法蓮坊'実生台木に葉を残した状態で4~7月に幼苗接ぎ木を行うと,葉を残さないものに比べ,活着率は高くなった.台木に葉を残すもしくは残さない状態で接ぎ木を行った個体について,光学顕微鏡にて癒合部における組織やカルス形成の状態を観察すると,葉を残した台木の場合,接ぎ木20日後には穂木が発芽していない個体も含めたすべての個体でカルスが形成されたのに対し,葉を残さない台木に接いだ場合にはカルスを形成した個体の割合は低かった.以上の結果より,ポット育苗の当年生実生台木を用いた接ぎ木は,4~8月に台木に葉を残して行うと活着率が高くその後の生育もよいことが示された.
  • Evaluation of RFLP analysis for discriminating PCNA genotype in some persimmon cultivars, S. Kanzaki, K. Yonemori, A. Sato, M. Yamada, A. Sugiura, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 69, 702, 704,   2000年12月01日
    概要:The cultivation of the PCNA (pollination-constant and non-astringent)-type persimmon is advantageous because of its natural loss of astringency on the tree. We previously found RFLP markers linked to the dominant alleles controlling the PCNA/non-PCNA trait and showed that the PCNA genotype could be distinguished from non-PCNA genotype by these markers in the breeding populations. In this study, RFLP markers were investigated with 33 persimmon cultivars. All PCNA cultivars except for Chinese 'Luo Tian Tian Shi', had identical banding pattern, whereas the non-PCNA cultivars exhibited many polymorphic bands. Thus, we could distinguish PCNA cultivars of Japanese origin from non-PCNA cultivars by the RFLP analysis, although 'Luo Tian Tian Shi' was mistakenly classified as a non-PCNA type. These results suggest that this marker system could be applied to distinguish PCNA cultivars of Japanese origin from non-PCNA ones.
  • カキ属植物の系統分類におけるcpDNA領域を利用したPCR-RFLP分析の有効性, 米森 敬三, Parfitt Dan E, 神崎 真哉, 杉浦 明, 宇都宮 直樹, SUBHADRABANDHU Suranant, 園芸学会雑誌, 園芸学会雑誌, 64, 4, 771, 777,   1996年03月15日
    概要:カキ属植物の系統分類を行うために, 葉から抽出した全DNAよりクロロプラストDNA (cpDNA) の一部領域をPCR (polymerase chain reaction) で増幅し,その増幅産物の制限酵素での切断断片長の多型を分析する方法 (PCR-RFLP法) がどの程度有効であるかを検討した. Arnoldら (1991) の方法に従い, PCRの反応温度サイクルを若干修正することにより, 供試した温帯および熱帯原産のカキ属植物14種からcpDNAのrbcLとORF106間の約3.2kbの領域を再現性よく増幅させることができた. この増幅産物を10種の制限酵素図 (<I>Ase</I> I, <I>Bfa</I> I, <I>Bst</I> NI, <I>Dde</I> I, <I>Msp</I> I, <I>Nco</I> I, <I>Rsa</I> I, <I>Scr</I> FI, <I>Sty</I> I, and <I>Taq</I> I) を用いて消化し, その多型を調査したところ, カキ (<I>Diospyroskaki</I>) の栽培品種15種類およびマメガキ (<I>D. lotus</I>)の3系統の間では調査した10種類の制限酵素でいずれも, 同一種内では同じ切断断片長パターンを示し多型は全く認められなかった. しかしながら, 種間では明らかな多型が認められ, 調査した14種のカキ属植物は<I>Scr</I> FIにより6グループ, <I>Bst</I> NIあるいは<I>Taq</I> Iにより5グループ, <I>Bfa</I> Iあるいは<I>Sty</I> Iにより4グループ, <I>Ase</I> I, <I>Dde</I> Iあるいは<I>Nco</I> Iにより3グループ,<I>Msp</I> Iあるいは<I>Rsa</I> Iにより2グループに分けることができた. これらの結果からcpDNAの一部領域を利用するPCR-RFLP法がカキ属植物の種間の類縁関係を調査するためにきわめて有効な手段であることが明らかとなった.
  • Ty-2 and Ty-3a conferred resistance are insufficient against Tomato yellow leaf curl Kanchanaburi virus from Southeast Asia in single or mixed infections of tomato, Sota Koeda, Ikuya Fujiwara, Yuki Oka, Elly Kesumawati, Sabaruddin Zakaria, Shinya Kanzaki, Plant Disease, Plant Disease,   2020年06月09日, 査読有り
  • Multiple non-pungent Capsicum chinense accessions with loss of function CaKR1 allele originating from South America, Sota Koeda, Ryutaro Nakano, Takaya Sawaki, Kosuke Sato, Yoshiyuki Tanaka, Shinya Kanzaki, The Horticulture Journal, The Horticulture Journal,   2020年, 査読有り
  • Pepper yellow leaf curl Aceh virus: a novel bipartite begomovirus isolated from chili pepper, tomato, and tobacco plants in Indonesia, Kesumawati Elly, Okabe Shoko, Homma Kanami, Fujiwara Ikuya, Zakaria Sabaruddin, Kanzaki Shinya, Koeda Sota, ARCHIVES OF VIROLOGY, ARCHIVES OF VIROLOGY, 164, 9, 2379, 2383,   2019年09月, 査読有り
  • Isolation of UDP:flavonoid 3-O-glycosyltransferase (UFGT)-like Genes and Expression Analysis of Genes Associated with Anthocyanin Accumulation in Mango 'Irwin' skin, Kanzaki Shinya, Kamikawa Shiori, Ichihi Asuka, Tanaka Yuta, Shimizu Kosuke, Koeda Sota, Utsunomiya Naoki, The Horticulture Journal, The Horticulture Journal, 88, 4, 435, 443,   2019年, 査読有り
    概要:<p>The red coloration of the mango 'Irwin' skin is an important factor determining its value in the Japanese domestic luxury fruit market. In the present study, to investigate the molecular mechanism underlying anthocyanin biosynthesis of mango fruit skin, UFGT-like genes were isolated and the expression profile of anthocyanin-related genes was determined. Several UFGT-like genes were identified in transcriptome data of red 'Irwin' mango skin and two genes, <i>MiUFGT1</i> and <i>MiUFGT3</i>, were considered to be involved in mango skin coloration. Deduced amino acid sequences of these genes exhibited high similarity to other plant UFGTs and contained the conserved PSPG box common to the glycosyltransferase family. The presence of a glutamine and a histidine residue at the C-terminus end of the PSPG box in <i>MiUFGT1</i> and <i>MiUFGT3</i>, respectively, implied that <i>MiUFGT1</i> and <i>MiUFGT3</i> use glucose and galactose, respectively, as a sugar donor; however, the actual function and sugar donor preference of these enzymes remain to be elucidated. Expression analysis of anthocyanin-related genes during skin coloration suggested that <i>MiCHS</i> and <i>MiANS</i>, as well as <i>MiUFGT1</i> and <i>MiUFGT3</i>, play important roles in the anthocyanin biosynthesis of mango fruit skin and that the expression of these genes is regulated by the MYB transcription factor, as reported in other plant species.</p>
  • Inoculation of capsicums with Pepper Yellow Leaf Curl Indonesia virus by combining agroinoculation and grafting, Sota Koeda, Kanami Homma, Yuri Tanaka, Daiki Onizaki, Elly Kesumawati, Sabaruddin Zakaria, Shinya Kanzaki, Horticulture Journal, Horticulture Journal, 87, 3, 364, 371,   2018年, 査読有り
    概要:© 2018 The Japanese Society for Horticultural Science (JSHS), All rights reserved. Indonesia is one of the world’s largest fresh pepper (Capsicum spp.) fruit-producing countries, and hot peppers are essential spices in Indonesian cuisine. During the last two decades, begomovirus, which is transmitted by the whitefly, Bemisia tabaci (Gennadius), and causes pepper yellow leaf curl disease, began to cause a huge economic loss by damaging pepper plants in Indonesia. In the present study, a highly efficient inoculation method was established for Pepper yellow leaf curl Indonesia virus (PepYLCIV), the most infectious bipartite begomovirus in pepper plants cultivated in North Sumatra, by combining agroinoculation and subsequent grafting. Partial tandem repeats of PepYLCIV DNA A and B were constructed and cloned into a binary pGreenII vector, and their infectivity was tested. Co-inoculation of Nicotiana benthamiana L. and Solanum lycopersicum L. ‘Momotaro’ with PepYLCIV DNA A and DNA B resulted in the production of typical begomoviral symptoms. Both the injection of the cotyledons with cultured agrobacteria and the inoculation of the hypocotyl with agrobacterial colonies induced viral symptoms in pepper No. 218 (C. annuum L.) seedlings in approximately 55–75%. When agroinoculated symptomatic No. 218 was grafted onto an uninfected ‘Takanotsume’ (C. annuum), all newly elongated shoots from the rootstock of ‘Takanotsume’ produced typical begomoviral symptoms. Agroinoculation combined with subsequent grafting provides a highly efficient method for introducing PepYLCIV into pepper plants.
  • Quantitative Genotyping for the Astringency Locus in Hexaploid Persimmon Cultivars using Quantitative Real-time PCR, AKAGI Takashi, TAKEDA Yumi, YONEMORI Keizo, IKEGAMI Ayako, KONO Atsushi, YAMADA Masahiko, KANZAKI Shinya, J Am Soc Hortic Sci, J Am Soc Hortic Sci, 135, 1, 59, 66,   2010年01月
  • Quantitative real-time PCR to determine allele number for the astringency locus by analysis of a linked marker in Diospyros kaki Thunb, Takashi Akagi, Shinya Kanzaki, Mai Gao, Ryutaro Tao, Dan E. Parfitt, Keizo Yonemori, Tree Genetics and Genomes, Tree Genetics and Genomes, 5, 3, 483, 492,   2009年07月
    概要:Persimmon (Diospyros kaki Thunb.) is a polyploidy fruit tree species of economic importance to East Asia. Natural astringency loss is an important trait in persimmon breeding programs. Quantitative real-time PCR was used to determine the number of AST/ast alleles for fruit astringency in persimmon (D. kaki Thunb.). To this end, the cultivar Jiro was transformed with one or two copies of a gene encoding NADP-dependent sorbitol-6-phosphate dehydrogenase (S6PDH), which was used as a standard for measuring the allele number of a sequenced marker tightly linked to the recessive ast locus for nonastringency. Primers for markers linked to the AST or ast allele were then used to measure the AST to ast ratio directly in the progeny of a full-sib cross. From determination of the AST to ast ratio and the results of the S6PDH copy number, the number of AST and ast alleles at the AST/ast locus was estimated. This research supported the hypothesis that D. kaki is a hexaploid with six AST and/or ast alleles. In addition to the determination of the allelic status of the AST locus, the application of real-time PCR for confirmation of the ploidy level and allelic composition of target genes in autopolyploids or allopolyploids was demonstrated. © 2009 Springer-Verlag.
  • Sequence analyses of the ITS regions and the matK gene for determining phylogenetic relationships of Diospyros kaki (persimmon) with other wild Diospyros (Ebenaceae) species, Keizo Yonemori, Chitose Honsho, Shinya Kanzaki, Hitofumi Ino, Ayako Ikegami, Akira Kitajima, Akira Sugiura, Dan E. Parfitt, Tree Genetics and Genomes, Tree Genetics and Genomes, 4, 2, 149, 158,   2008年04月
    概要:To elucidate the relationships among Diospyros kaki and species closely related in previous studies, the nuclear ribosomal internal transcribed spacer (ITS) DNA sequence and the chloroplast matK gene were sequenced and compared with those of nine Diospyros species from Thailand, four species from temperate regions, and one species of southern Africa, D. lycioides. Maximum parsimony, maximum likelihood, and neighbor joining analyses of the matK and ITS data sets revealed that D. kaki is closely related to two diploid species, D. oleifera and D. glandulosa. D. kaki, D. glandulosa, and D. oleifera were placed differently in the trees obtained from ITS and matK data sets, suggesting that hybridization and/or introgression may have occurred during the development of these species. D. kaki was not found to be closely related to D. ehretioides, a diploid species from Thailand. These results differed from a prior analysis of this genus performed with chloroplast DNA (cpDNA) restriction site mutations in 3.2- and 2.1-kb amplified sequences. The results supported Ng's hypothesis that D. glandulosa and D. kaki may share a common ancestor. D. oleifera was also closely associated with D. kaki. © 2007 Springer-Verlag.
  • Phylogenetic relationships of the common durian (Durio zibethinus Murray) to other edible fruited Durio spp. by RFLP analysis of an amplified region of cpDNA, Shinya Kanzaki, Keizo Yonemori, Akira Sugiura, Suranant Subhadrabandhu, Journal of Horticultural Science and Biotechnology, Journal of Horticultural Science and Biotechnology, 73, 3, 317, 321,   1998年
    概要:Phylogenetic relationships among seven species of the genus Durio, of which four produce edible fruits including the common durian (D. zibethinus), were investigated from RFLP analysis of PCR products from a variable region of cpDNA. The target region of cpDNA was reliably amplified from all Durio species tested, using total DNAs extracted by a modified CTAB method of Doyle and Doyle (1987) followed by an additional purification step. When restriction fragment polymorphisms of amplified products were examined with 19 restriction endonucleases (AseI, BamHI, BraI DraI, EcoRI, EcoRV, HindIII, KpnI, MspI, RsaI, ScaI, ScrFI, SalI, SmaI, SspI, StyI, TaqI, XbaI, XhoI), RFLPs were observed with 14 endonucleases. However, since all Durio species tested had length mutation on this amplified region of cpDNA, the most parts of diversities from 14 endonucleases were caused by the length mutations among species. Considering length mutation among species, a total of seven site mutations were detected as well as 12 length mutations, based on D. zibethinus. When unordered parsimony analysis was conducted using these data, the cultivated durian (D. zibethinus) did not show any close relationships to other three species producing edible fruits. D. zibethinus formed a cluster with wild species, D. griffithii, and other three species made two clusters with D. lowianus or D. mansoni. Our results indicated an independent evolutionary process among four edible species of the genus Durio.
  • Diospyros species in Thailand: Their distribution, fruit morphology and uses, Naoki Utsunomiya, Suranant Subhadrabandhu, Keizo Yonemori, Masayoshi Oshida, Shinya Kanzaki, Fumiaki Nakatsubo, Akira Sugiura, Economic Botany, Economic Botany, 52, 4, 343, 351,   1998年
    概要:Diospyros species distributed widely in Thailand were classified into four ecotypes, according to their habitat; constantly humid area, alternately dry and wet area, mountainous cool area and all area. Some of them inhabit near dwelling areas or in the paddy field in the village. The young fruit is covered with dense pubescence in most species. The size, shape, and color of mature fruit greatly vary greatly with the species. In most species, the mature fruit has a soft pulp and hard skin. The fruit of six species has been used for dying. Four species produce edible fruits, with color and flavor favorable for breeding of edible Diospyros species. The fruit of some species contains some chemicals useful as fish poisoning or of medicines, although the active components have not yet been identified. The edible fruit contained many tannin cells, but the fruit used as fish poisoning and medicines had only a few.

講演・口頭発表等

  • 異なる非辛味化因子を有するトウガラシ(Capsicum chinense)品種における果実の揮発性成分分析, 蓮真海, 尾崎早也佳, 大野公輝, 木下万智子, 富研一, 田中義行, 神崎真哉, 神崎真哉, 小枝壮太, 小枝壮太, 園芸学研究 別冊,   2018年09月22日
  • 新たに見出した組換え型PepYLCIVの感染性クローンを用いたベンサミアナタバコへの接種, 岡部祥子, KESUMAWATI Elly, ZAKARIA Sabaruddin, 神崎真哉, 小枝壮太, 園芸学研究 別冊,   2018年09月22日
  • Ty‐3a抵抗性トマト品種におけるTYLCKaVの増殖およびウイルスゲノムのメチル化, 藤原郁也, KESUMAWATI Elly, ZAKARIA Sabaruddin, 神崎真哉, 神崎真哉, 小枝壮太, 小枝壮太, 園芸学研究 別冊,   2018年09月22日
  • マンゴー‘愛紅’における交互結実栽培の有効性, 清水恒介, 巽賢太郎, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 園芸学研究 別冊,   2018年09月22日
  • マンゴーの花成誘導因子MiFTの発現量および発現時期が花芽形成に及ぼす影響, 巽賢太郎, 小枝壮太, 志水恒介, 神崎真哉, 園芸学研究 別冊,   2018年09月22日
  • マンゴーの果皮着色に関与する転写制御因子の機能解析, 一樋明日香, 小枝壮太, 志水恒介, 神崎真哉, 園芸学研究 別冊,   2018年09月22日
  • マンゴー品種間における果実着色機構の差異, 神崎真哉, 田中祐太, 一樋明日香, 山本雄介, 小枝壮太, 志水恒介, 園芸学研究 別冊,   2018年03月24日
  • インドネシアの園芸作物における黄化葉巻病に関連するベゴモウイルスの同定, KESUMAWATI Elly, 岡部祥子, 本間鹿波, 藤原郁也, ZAKARIA Sabaruddin, 神崎真哉, 小枝壮太, 園芸学研究 別冊,   2018年03月24日
  • Ty‐3a抵抗性トマト品種におけるTYLCKaVおよびPepYLCIVの増殖, 藤原郁也, KESUMAWATI Elly, ZAKARIA Sabaruddin, 神崎真哉, 小枝壮太, 園芸学研究 別冊,   2018年03月24日
  • 交互結実栽培を行ったマンゴー‘愛紅’の収量性, 志水恒介, 巽賢太郎, 神崎 真哉, 宇都宮直樹, 熱帯農業学会,   2017年10月22日
  • 収穫時期の異なるマンゴー品種間における花成及び結実特性の違い, 巽賢太郎, 志水恒介, 宇都宮直樹, 神崎 真哉, 熱帯農業学会,   2017年10月21日
  • マンゴーの果皮着色に関わる転写制御因子の解析, 一樋明日香, 神川汐里, 志水恒介, 小枝壮太, 神崎 真哉, 園芸学会,   2017年09月03日
  • マンゴー‘Irwin’における花成誘導因子MiFTの発現に関する諸要因の検討, 神崎 真哉, 志水恒介, 小枝壮太, 中田昌希, 河村征, 山本拓実, 木下直哉, 宇都宮直樹, 熱帯農業学会,   2016年10月09日
  • マンゴー‘愛紅’における剪定時期と着果が次年度における花芽形成に及ぼす影響, 志水恒介, 神崎 真哉, 宇都宮直樹, 熱帯農業学会,   2016年10月08日
  • マンゴーにおけるモノテルペン合成関連遺伝子の単離, 梅津貴子, 白石沙織, 矢森貴之, 小枝壮太, 志水恒介, 神崎 真哉, 園芸学会,   2016年09月10日
  • マンゴー‘Irwin’果皮における UFGT 様遺伝子の単離とその発現解析, 神川汐里, 一樋明日香, 野口成美, 小枝壮太, 志水恒介, 神崎 真哉, 園芸学会,   2016年09月10日
  • ベトナム北部山間農村に分布するカキ属植物の探索, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 佐藤明彦, 北島宣, HOA Tran Thi, 米森敬三, 園芸学研究 別冊,   2015年03月28日
  • マンゴー果皮におけるMYB転写因子の単離と発現解析, 兵頭由浩, 神崎真哉, 志水恒介, 文室政彦, 宇都宮直樹, 園芸学研究 別冊,   2014年09月27日
  • カンキツ類果実における香気成分の同定と品種間差異, 鎌谷昌明, 富研一, 神崎真哉, 志水恒介, 文室政彦, 林孝洋, 宇都宮直樹, 園芸学研究 別冊,   2014年03月29日
  • マンゴーの果実および葉に含まれる香気成分の同定と品種間差異, 岡崎俊和, 神崎真哉, 富研一, 林孝洋, 志水恒介, 文室政彦, 宇都宮直樹, 園芸学研究 別冊,   2013年09月20日
  • マンゴーの萌芽時における花成関連遺伝子の発現解析, 中川正博, 志水恒介, 本勝千歳, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 園芸学研究 別冊,   2011年09月24日
  • マンゴー果実における香気成分の品種間差異, 辻俊彦, 中川正博, 志水恒介, 神崎真哉, 文室政彦, 宇都宮直樹, 熱帯農業研究,   2011年03月28日
  • 晩生品種‘Sensation’を用いたマンゴーの抑制栽培技術の検討, 中川正博, 志水恒介, 神崎真哉, 文室政彦, 宇都宮直樹, 熱帯農業研究,   2011年03月28日
  • カキの甘渋性識別SCARマーカーを利用した完全甘ガキの選抜, 三谷宣仁, 河野淳, 山田昌彦, 神崎真哉, 佐藤明彦, 小林省藏, 伴雄介, 上野俊人, 白石美樹夫, 赤木剛士, 辻本誠幸, 米森敬三, 園芸学研究 別冊,   2011年03月20日
  • マンゴー‘Irwin’の花成関連遺伝子の発現に及ぼす温度の影響, 中川正博, 志水恒介, 神崎真哉, 本勝千歳, 文室政彦, 宇都宮直樹, 園芸学研究 別冊,   2011年03月20日
  • マンゴーの花成誘導期間中におけるジベレリン代謝関連遺伝子の発現解析, 中川正博, 志水恒介, 神崎真哉, 文室政彦, 宇都宮直樹, 熱帯農業研究,   2010年10月09日
  • カキの遺伝学的解析におけるマメガキの有用性, 辻本誠幸, 赤木剛士, 神崎真哉, 米森敬三, 園芸学研究 別冊,   2010年09月19日
  • マンゴーの果肉崩壊症に及ぼす嫌気呼吸活性の影響, 中川正博, 志水恒介, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 熱帯農業研究,   2010年03月27日
  • 光質と窒素施肥量がハーブの香気ケモタイプに及ぼす影響, 林孝洋, 中村美奈子, 吉岡侑美, 中川正博, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 笹岡元信, 市ノ木宗次, 吉見孝則, 島田知浩, 富研一, 松村康生, 園芸学研究 別冊,   2010年03月21日
  • ブラッドオレンジ果肉におけるin vitroでのアントシアニン形成に及ぼすショ糖濃度、温度、光の影響, 宇都宮 直樹, 神崎 真哉, 園芸学会平成21年度秋季大会,   2009年09月26日, 園芸学会平成21年度秋季大会
    概要:ブラッドオレンジの果肉におけるアントシアニン形成に及ぼすショ糖濃度、温度、光の影響を調査し、温度がその形成に強い影響を及ぼしていることを明らかにした。
  • イロハカエデのSSRマーカーの開発, 神崎真哉, 井上紘一, 宇都宮直樹, 矢野正義, 園芸学研究 別冊,   2009年09月26日
  • 1‐MCPおよびプロピオン酸カルシウム処理がマンゴー‘愛紅’果実の軟化に及ぼす影響, 中川正博, 志水恒介, 神崎真哉, 文室政彦, 宇都宮直樹, 熱帯農業研究,   2009年03月27日
  • マンゴー‘アーウィン’、および‘愛紅'の取り木発根向上のための処理方法, 文室 政彦, 宇都宮 直樹, 神崎 真哉, 佐々木 勝昭, 志水 恒介, 園芸学研究 別冊,   2009年03月19日
  • カキの落葉時葉色の品種・系統間差異と紅葉生産に適した品種・系統の選抜, 山田昌彦, 古閑陽介, 比嘉浩士, 横山貴充, 小林省藏, 河野淳, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 園芸学研究 別冊,   2009年03月19日
  • マンゴー‘アーウィン’、‘愛紅'および台湾在来種の取り木発根に及ぼすIBAとNAAの影響, 文室 政彦, 宇都宮 直樹, 神崎 真哉, 佐々木 勝昭, 志水 恒介, 園芸学会,   2008年09月27日, 園芸学会
  • ドラゴンフルーツにおける葉状茎の生長に及ぼす植物生長調節物質の影響, 文室 政彦, 宇都宮 直樹, 神崎 真哉, 佐々木 勝昭, 志水 恒介, 園芸学会,   2008年03月28日, 園芸学会
  • 収穫後の温度処理がブラッドオレンジ果実のアントシアニン形成に及ぼす影響, 橋本 寛子, 坂本 安希, 神崎 真哉, 宇都宮 直樹, 文室 政彦, 志水 恒介, 園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨,   2007年09月29日
  • 夏季から冬季の温度処理がウメ'南高'の花芽及び葉芽の発達に及ぼす影響, 高松 善博, 大塚 麻代, 神崎 真哉, 宇都宮 直樹, 園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨,   2007年09月29日
  • 近畿地方に分布するサンショウの類縁関係の調査, 神崎 真哉, 原田 剛志, 中島 詳裕, 硲 佳永, 宇都宮 直樹, 園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨,   2007年03月24日
  • カキ'黒熊'由来のBC_1集団における果実脱渋性の分離とRFLPマーカーによる完全甘ガキの選抜, 神崎 真哉, 木村 未幸, 山田 昌彦, 三谷 宣仁, 赤木 剛士, 宇都宮 直樹, 米森 敬三, 園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨,   2007年03月24日
  • 接ぎ木時期と台木の葉の有無がカキ幼苗接ぎ木苗の生育に及ぼす影響, 脇坂 勝, 杉村 輝彦, 神崎 真哉, 園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨,   2007年03月24日
  • ドラゴンフルーツにおける果実形質間の相関関係およびGA3とCPPUが果実生長に及ぼす影響, 文室政彦, 宇都宮直樹, 佐々木勝昭, 志水恒介, 神崎真哉, 園芸学研究 別冊,   2007年03月24日
  • カキ‘黒熊’由来のBC1集団における果実脱渋性の分離とRFLPマーカーによる完全甘ガキの選抜, 神崎真哉, 木村未幸, 山田昌彦, 三谷宣仁, 赤木剛士, 宇藤宮直樹, 米森敬三, 園芸学研究 別冊,   2007年03月24日
  • ドラゴンフルーツにおける果実形質間の相関関係およびGA3とCPPUが果実生長に及ぼす影響, 文室 政彦, 宇都宮 直樹, 神崎 真哉, 佐々木 勝昭, 志水 恒介, 園芸学会,   2007年, 園芸学会
  • マンゴー‘Irwin’果実への低温処理が果実着色に及ぼす影響, 吉田真理子, 神崎真哉, 志水恒介, 文室政彦, 佐々木勝昭, 宇都宮直樹, 熱帯農業,   2007年
  • マメガキでの染色体歩行を用いたカキにおける甘渋性決定遺伝子(AST遺伝子)探索の可能性, 赤木 剛士, 増子 琢哉, 神崎 真哉, 三谷 宣仁, 山田 昌彦, 米森 敬三, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2006年09月23日
  • マイクロサテライトマーカーによる完全甘ガキ品種の識別, 神崎真哉, 前田康徳, 山田昌彦, 三谷宣仁, 岩本和彦, 宇都宮直樹, 園芸学会雑誌 別冊,   2006年03月29日
  • RFLPマーカーによるカキの甘渋性の識別, 神崎真哉, 米森敬三, 杉浦明, 佐藤明彦, 山田昌彦, 果樹研究成果情報,   2006年02月01日
  • 33. ムラサキクダモノトケイソウ果実の着色に及ぼす光と温度の影響(日本熱帯農業学会第98回講演会), 宇都宮 直樹, 井手 由季子, 山田 貴子, 神崎 真哉, 熱帯農業,   2005年10月15日
  • ムラサキクダモノトケイソウ果実の着色に及ぼす光と温度の影響, 宇都宮直樹, 井手由季子, 山田貴子, 神崎真哉, 熱帯農業,   2005年10月15日
  • マンゴーにおける自家および他家受粉が結実と果実生長に及ぼす影響, 宇都宮 直樹, 仲 仙一郎, 神崎 真哉, 佐々木 勝昭, 志水 恒介, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2005年10月01日
  • AFLP法によるサンショウ(Zanthoxylum piperitum)の系統解析, 神崎真哉, 武藤謙太, 中島詳裕, 硲佳永, 佐々木勝昭, 宇都宮直樹, 園芸学会雑誌 別冊,   2005年04月03日
  • ウメ‘南高’の花芽の発達と葉芽の萌芽に及ぼす温度の影響, 高松善博, 大塚麻代, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 園芸学会雑誌 別冊,   2005年04月03日
  • マンゴー‘アーウィン’果実における遮光処理がアントシアニン形成に及ぼす影響, 宇都宮直樹, 岡本智, 仲仙一郎, 神崎真哉, 佐々木勝昭, 志水恒介, 園芸学会雑誌 別冊,   2005年04月03日
  • 36. 数種のパッションフルーツ類における実生個体のAFLPによる多型分析(日本熱帯農業学会第97回講演会), 神崎 真哉, 朝倉 淳, 宇都宮 直樹, 熱帯農業,   2005年03月29日
  • 35. レイシの品種識別マーカーの開発(日本熱帯農業学会第97回講演会), 神崎 真哉, 高森 俊輔, 宇都宮 直樹, 熱帯農業,   2005年03月29日
  • ウメ'南高'の花芽の発達と葉芽の萌芽に及ぼす温度の影響, 高松 善博, 大塚 麻代, 神崎 真哉, 宇都宮 直樹, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2005年03月20日
  • マンゴー'アーウィン'果実における遮光処理がアントシアニン形成に及ぼす影響, 宇都宮 直樹, 岡本 智, 仲 仙一郎, 神崎 真哉, 佐々木 勝昭, 志水 恒介, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2005年03月20日
  • 45. ハウス栽培マンゴーにおける訪花昆虫と害虫(日本熱帯農業学会第96回講演会), 堀川 勇次, 櫻谷 保之, 香取 郁夫, 神崎 真哉, 宇都宮 直樹, 志水 恒介, 佐々木 勝昭, 熱帯農業,   2004年10月15日
  • 異なる生育時期の温度処理がウメ'南高'の花芽の発育に及ぼす影響, 高松 善博, 窪田 樹, 中條 明日香, 松井 規之, 神崎 真哉, 宇都宮 直樹, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2004年09月25日
  • 遮光処理がマンゴー'アーウィン'の果実着色に及ぼす影響, 岡本 智, 高松 善博, 神崎 真哉, 志水 恒介, 佐々木 勝昭, 宇都宮 直樹, 熱帯農業,   2003年09月25日
  • In vitroで得られたマンゴスチン幼植物体の生長に及ぼす諸要因の影響と接ぎ木の可能性, 植田晃央, 高松善博, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 熱帯農業,   2003年09月25日
  • ウメ'南高'の休眠現象と花芽の発達に及ぼす高温の影響, 高松 善博, 山田 慎一, 山本 浩貴, 神崎 真哉, 宇都宮 直樹, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2003年09月20日
  • 果樹育種のためのDNAマーカー開発に向けた研究戦略と将来展望 3. 完全甘ガキ識別マーカーの開発とその育種への利用, 神崎真哉, 園芸学会雑誌 別冊,   2003年09月20日
  • 分子マーカーによる完全甘ガキ選抜法の実用性の検証, 神崎 真哉, 佐藤 明彦, 山田 昌彦, 増子 豚哉, 宇都宮 直樹, 米森 敬三, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2003年04月04日
  • SSRマーカーを用いたカキの品種識別, 脇坂 聡, 神崎 真哉, 高松 善博, 宇都宮 直樹, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2003年04月04日
  • ハウス栽培マンゴーにおける摘花穂処理が収量および収益性に及ぼす影響, 志水 恒介, 佐々木 勝昭, 高松 義博, 神崎 真哉, 宇都宮 直樹, 熱帯農業,   2003年03月27日
  • パッションフルーツ類の節間組織からの個体再生, 植木 勧嗣, 高松 善博, 神崎 真哉, 宇都宮 直樹, 熱帯農業,   2003年03月27日
  • ウメ‘南高’の休眠現象と花芽の発達に及ぼす低温の影響, 高松善博, 阿部修久, 大山拓志, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 園芸学会雑誌 別冊,   2002年10月13日
  • カキのSSRマーカーの特徴とその分離, 脇坂 聡, 神崎 真哉, 高松 善博, 宇都宮 直樹, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2002年10月13日
  • In vitroでのパッションフルーツ類の個体再生の可能性, 宇都宮 直樹, 植木勧嗣, 神崎 真哉, 髙松 善博, 日本熱帯農業学会第92回講演会(奈良),   2002年09月28日, 日本熱帯農業学会第92回講演会(奈良)
    概要:パッションフルーツ数種類を用いて、カルス誘導と個体再生およびプロトプラスト培養の可能性について検討した。
  • 46. In vitro でのパッションフルーツ類の個体再生の可能性, 植木 勧嗣, 高松 善博, 神崎 真哉, 宇都宮 直樹, 熱帯農業,   2002年09月28日
  • 41. ハウス栽培マンゴーにおける冬季のせん定処理が花穂形成と果実生長に及ぼす影響, 志水 恒介, 佐々木 勝昭, 高松 義博, 神崎 真哉, 宇都宮 直樹, 熱帯農業,   2002年09月28日
  • 40. 花粉親の違いがマンゴーの着果及び胚発育に及ぼす影響, 沢田 稔晴, 高松 義博, 神崎 真哉, 志水 恒介, 佐々木 勝昭, 宇都宮 直樹, 熱帯農業,   2002年09月28日
  • ハウス栽培マンゴーにおける冬季のせん定処理が花穂形成と果実生長に及ぼす影響, 志水恒介, 佐々木勝昭, 高松義博, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 熱帯農業,   2002年09月28日
  • 花粉親の違いがマンゴーの着果及びはい発育に及ぼす影響, 沢田稔晴, 高松義博, 神崎真哉, 志水恒介, 佐々木勝昭, 宇都宮直樹, 熱帯農業,   2002年09月28日
  • ウメ 南高 の葉芽と花芽の発達に及ぼす日長の影響, 髙松 善博, 阿部修久, 大山拓志, 神崎 真哉, 宇都宮 直樹, 園芸学会平成 14 年度春季大会 (千葉),   2002年04月03日, 園芸学会平成 14 年度春季大会 (千葉)
    概要:ウメ南高の鉢植え樹を用いて、 日長が葉芽および花芽の発達に及ぼす影響を検討し、 あまり影響を及ぼさないことを明らかにした。
  • カキのSSRマーカーの単離, 脇坂 聡, 神崎 真哉, 高松 善博, 宇都宮 直樹, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2002年04月03日
  • 中国湖北省羅田県に存在する甘ガキ品種・系統の調査, 佐藤 明彦, 神崎 真哉, 米森 敬三, 池上 礼子, 山田 昌彦, 羅 正栄, 王 仁梓, 楊 勇, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2002年04月03日
  • In vitroでのマンゴスチン幼植物体からの個体再生, 宇都宮直樹, 知念容子, 神崎真哉, 高松義博, 熱帯農業,   2002年03月27日
  • 熱帯果樹における花器の形態的特色, 宇都宮直樹, 神崎真哉, 井上弘明, SUBHADRABANDHU S, 杉浦明, 熱帯農業,   2001年10月
  • AFLP法によるマンゴスチンの多様性解析の有効性, 脇坂聡, 高松善博, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 熱帯農業,   2001年10月
  • ムラサキクダモノトケイソウを中心とするパッションフルーツ類の交配による種間雑種の可能性, 宇都宮 直樹, 神崎 真哉, 髙松 善博, 園芸学会平成 13 年度秋季大会 (弘前),   2001年09月23日, 園芸学会平成 13 年度秋季大会 (弘前)
    概要:ムラサキクダモノトケイソウを種子親としたパッションフルーツ類の交配の可能性と交配個体の生育特性について論じた。
  • PCRを利用した完全甘ガキ個体の簡易判別法の可能性, 野坂光範, 神崎真哉, 米森敬三, 佐藤明彦, 山田昌彦, 杉浦明, 園芸学会雑誌 別冊,   2001年09月23日
  • 走査型電子顕微鏡による4種の核果類の花芽および葉芽の観察, 高松善博, 沓掛陽子, 神崎真哉, 佐々木勝昭, 竹林晃男, 宇都宮直樹, 園芸学会雑誌 別冊,   2001年09月23日
  • PCRを利用した完全甘ガキ個体の簡易判別法の可能性, 野坂 光範, 神崎 真哉, 米森 敬三, 佐藤 明彦, 山田 昌彦, 杉浦 明, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2001年09月01日
  • 走査型電子顕微鏡による4種の核果類の花芽および葉芽の観察, 高松 善博, 沓掛 陽子, 神崎 真哉, 佐々木 勝昭, 竹林 晃男, 宇都宮 直樹, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2001年09月01日
  • マンゴー‘金こう’由来の実生の特性, 神崎真哉, 国土和孝, 今村留依, 佐々木勝昭, 宇都宮直樹, 園芸学会雑誌 別冊,   2001年04月04日
  • AFLP 法を用いた日本および中国原産の完全甘ガキ品種群の遺伝的類縁関係の解析, 神崎 真哉, 米森 敬三, 佐藤 明彦, 山田 昌彦, 杉浦 明, 園芸学会雑誌,   2000年11月15日
    概要:完全甘ガキ品種群は遺伝的変異が小さく, 比較的新しい時期に日本において独自に発達してきたと考えられているが, 一方で, 中国原産の完全甘ガキ'羅田甜柿'と日本の完全甘ガキ品種群との関係は明確ではない.これらの完全甘ガキ品種群の類縁関係を明らかにするため, '羅田甜柿'を含めた完全甘ガキ19品種と非完全甘ガキ14品種についてAFLP法を用いた解析を行った.多型を示した138のAFLPマーカーの類似性に基づき系統樹を作成したところ, 日本の完全甘ガキ品種群は比較的近縁関係にあることが確認された.一方, '羅田甜柿'は日本の品種とは離れた関係にあることが示され, 日本の完全甘ガキ品種群の成立に'羅田甜柿'は関与していないことが示唆された.日本の完全甘ガキ品種群の中では岐阜県原産の品種の近縁性が顕著であり, これらの品種の起源はこの地方の限られた在来品種に由来していることが示唆された.また, 日本の完全甘ガキの起源であると考えられている'御所'は岐阜原産の完全甘ガキ品種群とは異なるクラスターに属し, 岐阜原産の品種群とは異なる遺伝的背景を持つことが示唆された.
  • 「アーウィン」マンゴー樹における冬季の切り戻しせん定処理が開花・結実に及ぼす影響, 佐々木勝昭, 志水恒介, 高松義博, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 熱帯農業,   2000年10月
  • ITS領域の塩基配列情報に基づいたタイの Mangifera 属植物の系統分類, 本勝 千歳, 神崎 真哉, 米森 敬三, イエットン ウィチャン, 杉浦 明, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2000年09月26日
  • In vitro 下におけるイチジク幼果からのシュート形成に関する研究, 仙頭 愛, 神崎 真哉, 高松 善博, 宇都宮 直樹, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2000年09月26日
  • AFLP法による栽培ガキ品種の遺伝的類縁関係の解析, 野坂 光範, 神崎 真哉, 米森 敬三, 佐藤 明彦, 山田 昌彦, 杉浦 明, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2000年09月26日
  • 中国で生じた完全甘ガキ'羅田甜柿'の甘渋性に関する遺伝的特性, 池上 礼子, 米森 敬三, 佐藤 明彦, 山田 昌彦, 神崎 真哉, 杉浦 明, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2000年09月26日
  • 窒素肥料としての汚泥コンポストがポット植えイチゴの果実肥大生長と品質に及ぼす影響, 田嶋 晃, 神崎 真哉, 高松 善博, 宇都宮 直樹, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2000年09月26日
  • 完全甘ガキ選抜のために同定したRFLPマーカーの品種および交雑実生における有効性, 神崎 真哉, 米森 敬三, 佐藤 明彦, 山田 昌彦, 杉浦 明, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   2000年03月26日
  • 完全甘ガキの早期選抜のための分子マーカーの同定, 神崎 真哉, 米森 敬三, 山田 昌彦, 佐藤 明彦, 杉浦 明, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表,   1999年04月03日
  • cpDNA領域を利用したPCR‐RFLP分析によるタイのマンゴー属植物の類縁関係 (予報), EIADTHONG W, 神崎真哉, 米森敬三, 杉浦明, 宇都宮直樹, 中坪文明, SUBHADRABANDHU S, 園芸学会雑誌 別冊,   1997年03月
  • PCR‐RFLP法によるArtocarpus(パンノキ)属植物の系統分類, 神崎真哉, 米森敬三, 杉浦明, SUBHADRABANDHU S, 園芸学会雑誌 別冊,   1996年03月

MISC

  • カキの甘渋性識別SCARマーカーを利用した完全甘ガキの選抜, 三谷宣仁, 河野淳, 山田昌彦, 神崎真哉, 佐藤明彦, 小林省藏, 伴雄介, 上野俊人, 白石美樹夫, 赤木剛士, 辻本誠幸, 米森敬三, 園芸学研究 別冊, 10, 1, 39,   2011年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102263324962698
  • 光質と窒素施肥量がハーブの香気ケモタイプに及ぼす影響, 林孝洋, 中村美奈子, 吉岡侑美, 中川正博, 神崎真哉, 宇都宮直樹, 笹岡元信, 市ノ木宗次, 吉見孝則, 島田知浩, 富研一, 松村康生, 園芸学研究 別冊, 9, 1, 212,   2010年03月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002271847594809
  • Phylogeny and cultivar development of Diospyros kaki: A survey based on molecular analyses, K. Yonemori, S. Kanzaki, C. Honsho, T. Akagi, D. E. Parfitt, Advances in Horticultural Science, 22, 261, 268,   2008年12月09日, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=57149106746&origin=inward
    概要:The relationships of Diospyros kaki to 14 Diospyros species, including D. glandulosa which was assumed as a progenitor of D. kaki by Ng (Malaysian Forester 41: 43-50), were studied by a combined data set of the sequences for ITS region and matK gene. Maximum parsimony, maximum likelihood, and neighbor joining analyses revealed that D. oleifera, a species native to China, was much closer to D. kaki than D. glandulosa. However, both D. oleifera and D. glandulosa were more closely related to D. kaki, compared with other species analyzed, indicating that these two diploid species might be involved in the origin of D. kaki, most of which is hexaploid. In addition, as for D. kaki, 102 Japanese, 20 Korean, and 24 Chinese cultivars were studied for their genetic relationships by comparing 496 AFLP markers to investigate cultivar development of D. kaki in Asia. An unrooted cladogram constructed by neighbor joining analysis indicated independent cultivar development in China, Korea, and Japan. Furthermore, pollination constant non-astringent (PCNA) type cultivars of Japanese origin were clearly separated from non-PCNA type cultivars in the cladogram, also indicating independent development of PCNA cultivars in Japan. Cultivar development of D. kaki in Asia is discussed further in the work, with focus on the astringency trait.
  • ハウス栽培マンゴーにおける訪花昆虫と害虫, 堀川 勇次, 佐々木 勝昭, 宇都宮 直樹, 神崎 真哉, 志水 恒介, 香取 郁夫, 櫻谷 保之, 近畿大学農学部紀要, 38, 19, 30,   2005年03月
    概要:マンゴーハウスに出現する害虫,訪花昆虫を調べ,効果的な防除法と受粉法について検討した。
  • Current situation of molecular markers for selecting pollination-constant and non-astringent type from breeding populations of Japanese persimmon, Yonemori, K, S. Kanzaki, A. Sugiura, Proc. 1st Mediterranean Sym. on Persimmon, 81, 86,   1999年
  • Development of EST-SSR markers derived from diospyros kaki, T. Tsujimoto, T. Akagi, K. Yonemori, S. Kanzaki, Acta Horticulturae, 996, 133, 137,   2013年, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84880441457&origin=inward
    概要:For genetic analysis of persimmon (Diospyros kaki) and its relatives, we investigated the development of SSR markers with expression sequence tags (ESTs). Of 9475 EST data from the NCBI database which had isolated from D. kaki, 746 sequences contained SSRs which had more than four (tetranucleotide) or five (dinucleotide and trinucleotide) repeats. Tested on two species, D. kaki and D. lotus (a diploid relative of D. kaki), of primer pairs based on 65 SSR-containing EST sequences, 52 primer pairs resulted in proper PCR products. Some of these candidate EST-SSR markers showed polymorphism among cultivars and seedlings of D. kaki and D. lotus. Among tested seven clones of D. lotus, 32 of 52 candidate EST-SSR markers showed polymorphism. For molecular phylogenetic analysis, linkage mapping and whole genome mapping of Diospyros species, EST-SSR markers appear to be as useful as genomic SSR markers. In addition, development of EST-SSR markers seems to be easy and cost-effective when compared with genomic SSR markers.
  • Construction of a reliable PCR marker for selecting pollination constant and non-astringent (PCNA) type offspring among breeding population of persimmon (Diospyros kaki Thunb.), K. Yonemori, T. Akagi, S. Kanzaki, Acta Horticulturae, 839, 625, 629,   2009年, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=75649102794&origin=inward
    概要:Pollination constant and non-astringent (PCNA) type persimmons, which lose their astringency naturally on the tree, are the most desirable for fresh fruit consumption. The trait of natural astringency-loss in PCNA type is recessive and controlled by a single locus, known as AST locus. Because PCNA type cultivars are of recent origin and exist only in a small number of cultivars, inbreeding depression resulting from repeated crosses among very few cultivars and/or selections is a major challenge facing the current breeding of new PCNA type cultivars. One solution to overcome this inbreeding depression is to include non-PCNA cultivars in the breeding project to extend the genetic pool by utilizing the wide diversity found in non-PCNA cultivars. However, to date, F1 populations resulting from crosses between PCNA and non-PCNA type cultivars/selections have yielded only non-PCNA offspring. To obtain PCNA offspring, F1 progeny needs to be backcrossed to PCNA type cultivars/selections. As persimmon is hexaploid, the obtainable rate of PCNA offspring in a backcross population is only 10-15%. Although we identified AFLP and RFLP markers tightly linked to the trait of natural astringency-loss in persimmon, these markers could not distinguish some non-PCNA progenies in other breeding populations. Previously, we demonstrated that RFLP markers derived from fosmid clones of D. lotus, diploid relatives of D. kaki, could be used to distinguish between PCNA and non-PCNA types of D. kaki, and established the possibility of extending this approach to PCR based markers. In this study, we describe the development of PCR-based markers derived from fosmid clones of D. kaki and D. lotus, and confirm their effectiveness across diverse progenies to select PCNA type.
  • Existence of several pollination constant non-astringent type persimmons in China, Keizo Yonemori, Ayako Ikegami, Akira Kitajima, Akihiko Sato, Akihiko Sato, Masahiko Yamada, Zhengrong Luo, Yong Yang, Renzi Wang, Shinya Kanzaki, Acta Horticulturae, 685, 685, 77, 83,   2005年, 10.17660/ActaHortic.2005.685.7, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=57149115285&origin=inward
    概要:Pollination constant non-astringent (PCNA) type persimmons are unique in that they originate in Japan in recent era. The development of the PCNA type cultivars is not so advanced, since only six PCNA type cultivars were reported among more than 1,000 cultivars by a nationwide survey in Japan in 1912. The PCNA type cultivars are known to have very narrow genetic variability, and it causes a serious problem for breeding of new cultivars because of inbreeding depression in breeding population. On the other hand, in 1982, a new PCNA type cultivar, 'Luotian tianshi', was reported to be found in Luotian county in Hubei province. This PCNA type cultivar has a different genetic background from Japanese PCNA cultivars, since a cross between 'Luotian tianshi' and Japanese PCNA 'Taishu' yielded astringent type offspring in addition to PCNA type offspring. This means that the Chinese PCNA cultivar may provide a new strategy for persimmon breeding in the future. In addition to 'Luotian tianshi', it is believed that several non-astringent type persimmons exist in the same area of Luotian county in Hubei province where 'Luotian tianshi' was found. In this study, we have collected the fruits from several cultivars assumed to be a non-astringent type in Luotian county and determined whether or not those are true non-astringent cultivars of PCNA type by measuring tannin cell sizes of the fruits, which is a good criterion for distinguishing a PCNA type from a non-PCNA type. As a consequence, we could demonstrate that several PCNA type persimmons exist in Luotian county. These cultivars should be an important addition to persimmon germplasm and should have a potential role for breeding in the future.
  • Unique features of tannin cells in fruit of pollination constant non-astringent persimmons, Keizo Yonemori, Ayako Ikegami, Shinya Kanzaki, Akira Sugiura, Acta Horticulturae, 601, 601, 31, 35,   2003年, 10.17660/ActaHortic.2003.601.3, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=28844456013&origin=inward
    概要:Among the four types of persimmon, the fruit of pollination constant nonastringent (PCNA) cultivars has a different development pattern of tannin cells in the flesh than the other three (PVNA, PNA, and PCA) types. The development of tannin cells in PCNA types seems to cease at early stages of fruit growth, so that tannin concentration in the flesh gradually decreases with fruit development by dilution. In order to clarify this difference between PCNA and non-PCNA types, the tannin cell size of 42 cultivars was investigated at fruit maturity in this study. Tannin cells were collected after EDTA maceration of the flesh, and the areas and both major and minor axes of 100 tannin cells were measured in each cultivar using computer imagery. Among the 42 cultivars examined, tannin cell sizes of all 15 PCNA cultivars were much smaller than all 27 non-PCNA cultivars. Even considering the density of tannin cells in the flesh, tannin cells of PCNA fruit occupied much smaller volumes (less than one-fifth on average) per weight of flesh than in non-PCNA cultivars. These results clearly show that the dilution of tannins is the main cause of natural astringency-loss in PCNA persimmons.
  • Molecular marker for selecting pollination-constant non-astringent (PCNA) type persimmon at the Juvenile stage, Keizo Yonemori, Akira Sugiura, Akihiko Sato, Masahiko Yamada, Shinya Kanzaki, Acta Horticulturae, 622, 622, 189, 203,   2003年, 10.17660/ActaHortic.2003.622.16, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=80052772185&origin=inward
    概要:Persimmon (Diospyros kaki Thunb.) is classified into four types depending on the nature of astringency-loss and the change in the flesh color. Among them, the pollination constant and non-astringent (PCNA) type is the most desirable for fruit consumption. Since natural astringency loss in PCNA type persimmon is qualitatively inherited and recessive to the non-PCNA trait, an investigation to find dominant markers for the trait was carried out for efficient selection of PCNA type plants in breeding populations. Amplified fragment length polymorphism (AFLP) technique was applied for this purpose using bulked segregant analysis (BSA). A total of 128 primer combinations were tested and one AFLP marker was found to be linked to the dominant allele controlling the trait for astringency. This marker, EACC/MCTA 400, was absent in all of the PCNA-type plants tested, but present in about half of the non-PCNA type plants tested. Furthermore, RFLP analysis using this marker as a probe enabled the detection of the other dominant allele, and all PCNA-type plants could be distinguished from non-PCNA type plants. The effectiveness of this RFLP markers was confirmed by the same analysis to different breeding progenies and to existing cultivars. Currently, we are trying to establish an effective system for the selection of PCNA plants from breeding populations by applying this RFLP analysis.
  • Chemotaxonomic studies on some Diospyros species by flavonoid compositions in leaves, S. Kanzaki, A. Sugiura, K. Yonemorr, N. Utsunomiya, S. Subhadrabandhu, Acta Horticulturae, 436, 436, 93, 99,   1997年, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=13744260059&origin=inward
    概要:Flavonoid compositions in the leaves of 24 Diospyros species were surveyed by HPLC for chemotaxonomic purpose. The species analyzed include D.areolata, D. castanea, D.buxifolia, D.confertiflora, D.decandra, D.discolor, D.ehretioides, D. glandulosa, D.gracilis, D.malabarica var. siamensis, D.mollis, D.montana, D. pyrrhocarpa, D.rhodocalyx, D.sandwicensis, D.sumatrcma, D.toposia, D.variegata, and D.wallichii, all for tropical and subtropical origin, and D.lotus, D.oleifera, D.kaki, D. rhombifolia and D.virginiana, for temperate origin. Among these species, D.areolata, D. castanea, D.confertiflora, D.gracilis, D.malabarica var. siamensis, D.pyrrhocarpa, D. toposia and D.variegata showed no peak for flavonoids by HPLC, while the others had 1 to 10 peaks. Species native to temperate regions had more peaks than those native to tropical and subtropical regions. When cluster analysis by UPGM was done based on dissimilarities of these peaks, temperate species showed close relationship to each other, except for D. rhombifolia. D.glandulosa, which is supposed to be closely related to D. kaki by its similarity in morphology, could not show a close relationship to D.kaki in the present study.

受賞

  •   2011年03月, 園芸学会, 年間優秀論文賞, SCAR markers for practical application of marker-assisted selection in persimmon (Diospyros kaki) breeding.
  •   2010年03月, 園芸学会, 奨励賞, 完全甘ガキ個体選抜のための分子マーカーの構築とそれを利用したカキの遺伝様式の解析

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), マンゴーの花成誘導を制御する分子機構の解明, 平成25年度は、気温とジベレリン(GA)処理がマンゴーの花芽形成および葉におけるFT遺伝子の発現に及ぼす影響を調査した。4月に温室内で開花している鉢植えのマンゴー樹を用い、花穂を全て除去した後に温室外に移動して低温に遭遇させると、2週間後には葉におけるFT発現量が低温遭遇前の10倍以上に増加した。このFT発現量の増加は一時的なものであり、4週間後には低温遭遇前とほぼ同じレベルに戻っていたが、低温遭遇開始後2ヶ月間で萌芽した芽に占める花芽の割合は58%となり、温室内で栽培し続けた場合の14%と比べ高くなったことから、低温による一時的なFT発現量の増加は花成を促すことが示された。また、GA処理によって、低温によるFT発現量の増加は抑制され、花芽形成率も低下した。初冬まで温室外で栽培すると、最低気温が10℃を下回り始める11月初旬にFT発現量の増加が確認された。特に、新梢の葉でその発現量が高くなる傾向が見られた。その後、マンゴー樹を温室内に移動するとFT発現量は速やかに減少した。しかし、FT発現量の増加が確認された個体においても、その後萌芽した芽に花芽は確認できなかった。このことから、FT発現量の増加は必ずしも花成に結びつくわけではないことが示された。FT以外の花成関連遺伝子群の単離を試みたが、これまでに単離には至っていない。また、平成25年度は非低温要求型品種について夏季の花成がみられず、解析することができなかった。これらの課題については、26年度以降に対応していく予定である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), マンゴーの交雑特性の解明と育種基盤の確立, マンゴー交雑実生の効率的な親子識別法を確立するため、多型頻度の高い SSRマーカーの選抜およびマルチプレックス PCR法の開発を行った。この手法を用いて、 'Irwin'と'紅キーツ'が混植されているハウスで得られた自然交雑実生の親子識別を行ったところ、'Irwin'と'紅キーツ'ともに他家受粉が積極的に起こっていることが示された。一方、果皮色に関連する遺伝子としてアントシアニン合成に関わる Myb転写因子をマンゴーから単離し、その構造を解析した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 熱帯果樹の果実着色機構と高温下でのアントシアニン合成, 近年、日本でマンゴーのハウス栽培が拡大しつつあり、高級果物としての需要が高まっている。日本では主に‘Irwin'が栽培されており、成熟期に鮮やかな赤色を呈するのが特徴である。温帯果樹のリンゴやブドウでは、高温によりアントシアニン合成が阻害されることが示されており、30℃を超える条件で栽培すると、果実着色は不良となる。一方、マンゴー‘Irwin'は40℃を超える高温下で栽培されているにも関わらず、着色への影響はあまり見られない。本研究では、マンゴーの着色と気温との関係を明らかにするために、低温処理がマンゴーの着色に及ぼす影響について調査した。低温処理(果実周辺温度を20〜25℃に保つ)した果実では、アントシアニン含量は対照区(果実周辺気温25〜45℃)と差がなかったが、クロロフィル含量の減少が抑制され、果皮はくすんだような赤色になった。一方、アントシアニン合成系(PAL, CHS, ANS)の遺伝子発現は、低温処理によって増加していた。夜間のみ低温処理を行った果実でも、アントシアニン含量は対照区と同程度であり、低温によるアントシアニン合成の促進は見られなかった。それに対し、遮光処理を行うと、アントシアニン含量は著しく抑制され、また、夜間低温処理と遮光を組み合わせると、アントシアニン蓄積とクロロフィル分解が共に抑制されることが示された。マンゴー果皮におけるアントシアニン合成系遺伝子群の発現量はアントシアニン含量と相関が低く、低温や遮光が遺伝子発現に及ぼす影響は明確でない。以上の結果から、マンゴー‘Irwin'の果皮におけるアントシアニン蓄積は、30℃以上の高温でもほとんど阻害されることなく、気温の影響は光の影響と比較して小さいことが明らかとなった。20〜25℃程度の低温は、成熟を遅延させ、クロロフィルの分解を妨げることから、赤色を鮮やかに発色させるためには適さないと考えられた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 完全甘ガキの自然脱渋性を支配する遺伝子の探索とその構造解析, 本研究では完全甘ガキの自然脱渋性を支配する遺伝子の探索を進めるために1)ゲノムライブラリーの作成と甘渋性識別マーカー周辺領域の単離、2)甘渋性に連鎖した新規マーカーの探索、を試みた。以下、その概要を記す。1)ゲノムライブラリーの作成と甘渋性識別マーカー周辺領域の単離カキ品種'次郎'(完全甘ガキ)由来のゲノムライブラリーを作成し、甘渋性識別マーカーを用いてスクリーニングを行った結果、約27kbのインサートを持つクローンが単離された。このインサートについて甘渋性識別マーカー周辺領域の簡単な制限酵素マップを作成した。現在、単離されたゲノム断片について、より詳細な調査を行っている。2)甘渋性に連鎖した新規マーカーの探索これまでに同定されている甘渋性に連鎖したマーカーのみでは、遺伝子の探索を進めるにあたり十分な情報が得られないため、ゲノミックサブトラクション法を用いて新規マーカーの探索を試みた。サブトラクション後のPCR増幅断片をいくつか単離し、プローブに用いてRFLP分析を行っているが、現在までに甘渋性に連鎖した新規のマーカーは得られていない。今後は異なる制限酵素を用いたゲノミックサブトラクションを試みていく予定である。
  • その他の研究制度, 熱帯果樹類の遺伝・育種
  • その他の研究制度, カキの甘渋判別マーカーの探索