木村 貴明 (キムラ タカアキ)

  • 医学科 医学部講師
Last Updated :2021/02/05

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    救急一般、prehospital、自然災害、テロ
  • 報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧> ●2020/8/26  NHK「ニュースほっと関西」「ニュース845」  夜間の熱中症について ●2019/7/20  朝日新聞  京都アニメ放火「火災CO中毒」について ●2018/7/21  河北新報社・神戸新聞・愛媛新聞・佐賀新聞・宮崎日日新聞  西日本豪雨について ●2018/7/20  共同通信ニュース  西日本豪雨について

研究者情報

J-Global ID

現在の研究分野(キーワード)

    救急一般、prehospital、自然災害、テロ

研究活動情報

論文

  • 適切なドレナージが奏効した食道破裂の1救命例
    村尾 佳則; 横山 恵一; 松島 知秀; 木村 貴明; 石部 琢也; 畠中 剛久; 藤田 周作; 坂田 育弘; 石川 久; 大澤英寿
    日本臨床救急医学会雑誌 日本臨床救急医学会 2011年
  • 炎症性サイトカインmRNAの発現抑制からみた抗凝固剤の選択:メシル酸ナファモスタットは低分子ヘパリンより優れているのか?
    山本 雄豊; 高橋 均; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金澤 秀介; 木村 貴明; 太田育夫; 坂田 育弘
    ICUとCCU 30 78 - 80 医学図書出版株式会社 2006年02月
  • 閉鎖孔に回腸が嵌頓し穿孔を来した一例
    木村 貴明; 高橋 均; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 山本 雄豊; 坂田 育弘
    大阪救急 71 9 - 13 大阪府救急医療機関連絡協議会 2005年05月
  • 重症急性膵炎の治療方針におけるCRAI + CHDF + PLの意義
    高橋 均; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 芋縄 啓史; 金澤 秀介; 木村 貴明; 坂田 育弘
    ICUとCCU 29 別冊 S262 - S263 医学図書出版株式会社 2005年02月
  • 重症頭部外傷に対する手術のバリエーション-頭蓋腔拡大術-
    植嶋 利文; 高橋 均; 木村 貴明; 坂田 育弘; 種子田 護
    神経外傷 27 1 32 - 36 日本神経外傷学会 2004年12月
  • 重症頭部外傷に対する頭蓋腔拡大術の有用性
    植嶋 利文; 高橋 均; 木村 貴明; 坂田 育弘; 種子田 護
    神経外傷 26 2 92 - 97 神経外傷学会 2003年11月
  • Fisher症候群合併Guillain-Barre症候群の一例ー単純血漿交換の有用性についてー
    木村 貴明; 高橋 均; 植嶋 利文; 大澤 英寿; 金井 透; 坂田 育弘
    大阪救急 64 39 - 43 大阪府救急医療機関機関連絡協議会 2001年11月
  • EBMのための臨床データブック
    坂田 育弘; 木村 貴明; 田中 大吉
    臨床医 27 増刊 997 - 1000 中外医学社 2001年
  • ロングチューブによる減圧療法
    松島 知秀; 木村 貴明
    救急医学 24 7 848 - 851 へるす出版 2000年07月

書籍

  • 救急看護必携 検査データの読み方, 生化学検査1 総蛋白,アルブミン,A/G比
    木村 貴明; 高橋 均 (担当:共著範囲:)メディカ出版 2005年
  • 救急看護必携 検査データの読み方, 生化学検査2 AST,ALT,ALP,LDH,ChE
    木村 貴明; 高橋 均 (担当:共著範囲:)メディカ出版 2005年
  • 救急看護必携 検査データの読み方, 生化学検査3 アミラーゼとアイソザイム、リパーゼ
    木村 貴明; 高橋 均 (担当:共著範囲:)メディカ出版 2000年12月

講演・口頭発表等

  • 硬膜と硬組織の再建を要した開頭術後感染創に対する頭蓋形成の検討  [通常講演]
    諸富 公昭; 橋本 隆宏; 平野 成彦; 福田 智一; 松島 星夏; 眞田 寧皓; 木村 貴明; 磯貝 典孝
    第31回日本頭蓋顎顔面外科学会 2013年10月 名古屋 第31回日本頭蓋顎顔面外科学会
  • 中頭蓋窩の硬膜外血腫を伴った下顎骨関節突起骨折の一例  [通常講演]
    西脇 仁; 諸富 公昭; 福田 智一; 平野 成彦; 木村 貴明; 磯貝 典孝
    第5回日本創傷外科学会 2013年07月 京都 第5回日本創傷外科学会
  • 上腸間膜静脈血栓症による広範囲小腸壊死を呈した先天性無フィブリノーゲン血症の1例  [通常講演]
    山本 雄豊; 高橋 均; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金澤 秀介; 木村 貴明; 太田育夫; 坂田 育弘
    第42回 日本腹部救急医学会総会 2006年06月 東京 第42回 日本腹部救急医学会総会
     
    先天性無フィブリノーゲン血症にて加療中の患者が上腸間膜静脈血栓症による広範囲小腸壊死を呈し、緊急開腹術を施行した。血栓形成の原因としては、SIRE病態による過凝固状態下で、フィブリノーゲン製剤が投与されたためと考えられた。
  • ボツリヌス中毒として初期治療が行われていた重症Guillain-Barre症候群の1例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 金澤 秀介; 新山 文夫; 坂田 育弘; 塩山 実章; 三井 良之; 楠 進
    第8回南大阪救命医療研究会 2006年06月 大阪 第8回南大阪救命医療研究会
     
    当初ボツリヌス中毒として治療されていた症例が精査にて、Guillain-Barre症候群と診断され、血漿交換及び、大量免疫グロブリン療法にて四肢麻痺等の改善を認めた症例を報告した。
  • 魚骨の腸管外脱出を認めることなく発生した回腸穿孔の1例  [通常講演]
    中尾 隆美; 大澤 英寿; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 金井 透; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 木村 貴明; 横山 恵一; 坂田 育弘
    第93回 近畿救急医学研究会 2006年03月 滋賀県 第93回 近畿救急医学研究会
     
    魚骨の腸管外脱出を認める事なく、発生した回腸穿孔を腹部CTの多断面画像再構成を用い、異物の性状・位置を正確に把握することができ、術前診断に有用であった1例を経験したので報告した。
  • 近畿大学医学部附属病院救命救急センターに搬送された向精神薬による自殺企図患者の実態  [通常講演]
    横山 恵一; 坂田 育弘; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 木村 貴明; 中尾 隆美; 田村 善史; 人見 佳枝
    第26回日本中毒学会西日本部会 2006年02月 大阪 第26回日本中毒学会西日本部会
     
    2003年8月1日から2005年7月31日までの2年間に近畿大学医学部附属病院に来院した向精神薬の過量内腹による自殺企図患者の検討を行った。同じ患者が来院されるケースや夜間に来院されるケースが多く、これらのことが大きな問題と思われる。この問題点の解決のためには救急医と精神科医のさらなる連携が重要と思われる。
  • 穿孔性虫垂炎に合併したフルニエ症候群の一例  [通常講演]
    横山 恵一; 坂田 育弘; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 金井 透; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 木村 貴明; 中尾 隆美; 大澤 英寿
    近畿救命救急領域感染症懇話会 2006年01月 大阪 近畿救命救急領域感染症懇話会
     
    穿孔性虫垂炎による汎発性腹膜炎からフルニエ症候群を合併した症例を経験した。症例は68歳の男性、壊疽性虫垂炎の診断にて回盲部切除術、腹腔内洗浄ドレナージを行った。術後第2病日に鼠径部から会陰部にかけて発赤、腫脹が認められたため陰嚢部切開、排膿ドレナージ、デブリードメントを行った。
  • 熱傷におけるチーム医療  [通常講演]
    松島 知秀; 中尾 隆美; 横山 恵一; 太田 育夫; 木村 貴明; 新山 文夫; 山本 雄豊; 金澤 秀介; 大澤 英寿; 金井 透; 丸山 克之; 植嶋 利文; 坂田 育弘; 本田憲胤; 福田寛二
    第14回日本熱傷学会近畿地方会 2006年01月 大阪 第14回日本熱傷学会近畿地方会
     
    理学療法士(PT)に早期よりチームに参加してもらい、四肢関節の拘縮予防他、呼吸リハビリテーションも積極的に行うようにした.
  • 単球系細胞における炎症性サイトカイmRNA発現産生を増幅させるのはLPS、ANA、2AGのいずれか?:抗凝固剤の役割をふまえて  [通常講演]
    山本 雄豊; 高橋 均; 大澤 英寿; 木村 貴明; 坂田 育弘
    第24回日本アフェレシス学会関西地方会 2005年10月 大阪 第24回日本アフェレシス学会関西地方会
     
    FUTは、LPSによる炎症性サイトカイン発現を抑制するも、ANAおよび2-AG刺激による発現には影響を及ぼさず、FUTのサイトカインmodulationは、LPS刺激すなわち、高エンドトキシン血症時に 有用であると示唆された。
  • 重症急性膵炎を発症した有機リン中毒の一例~早期消化管除洗の必要性について~  [通常講演]
    濵口 満英; 高橋 均; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 新山 文夫; 木村 貴明; 太田 育夫; 坂田 育弘
    第12回河内救急医療懇話会 2005年10月 東大阪市 第12回河内救急医療懇話会
     
    有機リン中毒により重症急性膵炎を発症した一例を経験し早期消化管除洗の必要性について発表した。
  • 発症急性期腎不全合併劇症肝炎における血液浄化療法の限界:発症急性期腎不全合併例を中心として  [通常講演]
    丸山 克之; 高橋 均; 松島 知秀; 大澤 英寿; 芋縄 啓史; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 木村 貴明; 坂田 育弘
    第16回日本急性血液浄化学会学術集会 2005年09月 東京 第16回日本急性血液浄化学会学術集会
     
    当院救命救急センターで,1982年6月から2004年12月の間に入院した劇症肝炎を腎不全群と非腎不全群に分け,救命率,血液浄化療法などの検討を行った。
  • 脳死後の著しい血清Naの変動により電撃的横紋筋融解症を来した1例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 新山 文夫; 太田 育夫; 坂田 育弘
    第92回 近畿救急医学研究会 2005年07月 大阪 第92回 近畿救急医学研究会
     
    交通事故により臨床的脳死後、血清Naの著しい変動により横紋筋融解症を来した。横紋筋融解症は文献的には高Na血症や低Na血症で発症することが知られている。自験例では脳死からの電解質異常により発症したものであり、発症機序について考察し報告した。
  • 頭蓋内刺入創の5例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 植嶋 利文; 坂田 育弘
    第19回日本神経救急学会学術集会 2005年06月 東京 第19回日本神経救急学会学術集会
     
    当科において5例の頭蓋内刺入創を経験した。頭蓋内刺入創は早期の異物除去及び抗生剤の投与は必須事項である。また異物が有機物などでは単純X-Pでは確認困難な症例も、頭部CT撮影は有効であり、異物がどこまで刺入されたか推測するのに有効であった。頭蓋内刺入創において頭部CT撮影が不可欠と考えられる。
  • 非クロストリジウム性ガス壊疽を発症した一酸化炭素中毒の一例  [通常講演]
    浜口満英; 高橋 均; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 新山 文夫; 木村 貴明; 太田育夫; 坂田 育弘
    第11回河内救急医療懇話会 2005年04月 東大阪市 第11回河内救急医療懇話会
     
    29歳、男性。一酸化炭素中毒にて救急搬送となる。入院後非クロストリジウム性ガス壊疽を発症した。
  • 左閉鎖孔に回腸が嵌頓し穿孔を来した症例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 坂田 育弘
    第41回 日本腹部救急医学会 2005年03月 名古屋 第41回 日本腹部救急医学会
     
    閉鎖孔ヘルニアは比較的まれな疾患であり嵌頓した小腸がしばしば絞扼を起こし重篤な状態に陥る。今回我々は左閉鎖孔ヘルニアの嵌頓腸管が穿孔を来し、重篤な絞扼性イレウスに陥った症例を経験したので報告した。
  • 膵仮性嚢胞破裂により急性腹症を呈した1例  [通常講演]
    山本 雄豊; 高橋 均; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金澤 秀介; 木村 貴明; 坂田 育弘
    第41回 日本腹部救急医学会 2005年03月 名古屋 第41回 日本腹部救急医学会
     
    膵仮性嚢胞破裂による腹腔内出血は非常にまれであり、死亡率は高率である。膵仮性嚢胞を経過観察するにあたり、保存的治療が長期に及びことで合併症併発を招き、生命的危機に至ることがある。膵仮性嚢胞に伴う合併症を念頭に置き、診療に携わる必要がある。
  • 多彩な臨床症状を呈した黄色ブドウ球菌敗血症の一例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 北岸英樹; 植嶋 利文; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 坂田 育弘; 芋縄 啓史; 福西健至
    第82回 日本救急医学会近畿地方会 2005年 大阪 第82回 日本救急医学会近畿地方会
  • 抗凝固剤メシル酸ナファモスタットと低分子ヘパリンは、単球の炎症性サイトカインmRNAの発現を抑制できるのか。  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 大澤 英寿; 芋縄 啓史; 山本 雄豊; 坂田 育弘
    日本アフェレーシス学会(西日本部会) 2004年12月 広島 日本アフェレーシス学会(西日本部会)
     
    Severe sepsisにおける炎症性メディエーター対策としての血液浄化療法はその有効性に関して多くの報告がなされている。血液浄化時の抗凝固剤メシル酸ナファモスタット及び低分子ヘパリンの炎症性メディエーター抑制について比較検討した。
  • 救命救急医療における医療費包括下の損得と諸問題  [通常講演]
    坂田 育弘; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 木村 貴明; 高橋 均; 北岸 英樹
    第32回 日本救急医学会総会 ワークショップ 2004年10月 千葉県幕張市 第32回 日本救急医学会総会 ワークショップ
     
    医療費包括化に伴って生じる諸問題について救命救急医療における出来高医療費との差を検討し報告した。平成15年度1年間の外傷・中毒・一般疾病で包括医療対象となった症例では外傷や中毒の患者にマイナスが生じる結果を得た。
  • 重症急性膵炎の治療方針におけるCRAI+CHDF+PLの意義  [通常講演]
    高橋 均; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 芋縄 啓史; 金澤 秀介; 木村 貴明; 坂田 育弘
    第15回日本急性血液浄化学会学術集会 2004年09月 名古屋市 第15回日本急性血液浄化学会学術集会
     
    重症急性膵炎の治療方針において,我々の施設ではCT Grade Vに対してCRAI+CHDF+PLの併用療法を行い,好成績をあげている.今回,血中サイトカインの変動から,その意義を検討した.
  • 過高熱により発症したCPM(central pontine myelinolysis)の1例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 新山 文夫; 坂田 育弘
    第90回 日本救急医学会近畿地方会 2004年07月 大阪 第90回 日本救急医学会近畿地方会
     
    CPMは血清Na濃度の急激な変化によりおきることがよく知られている。今回我々は、血清Na濃度の変化なしに,悪性症候群よりの高熱にておきたCPMの一例を経験したので報告する。
  • 広範囲肝梗塞、広範囲壊死性虚血性陽炎により電撃的経過を示した2例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 新山 文夫; 坂田 育弘
    第7回南大阪救命医療研究会 2004年06月 大阪 第7回南大阪救命医療研究会
     
    広範囲肝梗塞と広範囲壊死性虚血性陽炎をおこし、各種治療を行うも、電撃的経過により死亡した2例を報告する。
  • 重症頭部外傷に対する手術のバリエーション-頭蓋腔拡大術-  [通常講演]
    植嶋 利文; 高橋 均; 木村 貴明; 坂田 育弘; 種子田 護
    第27回 神経外傷学会 2004年03月 東京 第27回 神経外傷学会
     
    重症頭部外傷に対する新しい手術法として、我々が考案した、頭蓋腔拡大術をビデオで供覧し報告、討議を行った。
  • 頸椎損傷に対する急性期治療とその予後について  [通常講演]
    木村 貴明; 田辺英樹; 田村陽史; 住岡真也; 池永透; 安田宗一郎; 横山邦生; 近藤明悳
    第31回 日本救急医学会総会 2003年11月 東京 第31回 日本救急医学会総会
     
    頸椎損傷に対しては、早期診断と早期の治療方針の決定が重要である。1999年9月~2003年8月までに入院した44名の患者について検証した結果、当院で行われた急性期治療により早期リハビリが可能となり、何らかのADLの改善を認めた。
  • 臓器移植法施行後の組織移植医療に対する諸問題・臓器移植と組織移植は関連すべきか否か  [通常講演]
    松島 知秀; 高橋 均; 植嶋 利文; 丸山 克之; 山本 雄豊; 新山 文夫; 木村 貴明; 中尾 隆美; 坂田 育弘; 福西 健至
    第31回 日本救急医学会総会 2003年11月 東京 第31回 日本救急医学会総会
     
    当救命救急センターでは臓器移植法施行後、組織移植ならびに臓器移植は低下している。法律をからめて、組織移植の問題点をあげた。
  • 重傷頭部外傷に対する頭蓋腔拡大術の有用性  [通常講演]
    植嶋 利文; 木村 貴明; 柳原 章; 高橋 均; 坂田 育弘; 種子田 護
    第26回 日本神経外傷学会 2003年03月 奈良市 第26回 日本神経外傷学会
     
    我々の開発した新しい頭部外傷に対する術式である頭蓋腔拡大術と従来の手術法である広範囲減圧開頭術を比較し、頭蓋腔拡大術の有用性が認められたので報告を行った。
  • 頭部外傷に対する新しい手術手技 -頭蓋腔拡大術-  [通常講演]
    植嶋 利文; 木村 貴明; 柳原 章; 坂田 育弘; 種子田 護
    第61回 日本脳神経外科学会 2002年10月 松本市 第61回 日本脳神経外科学会
     
    重症頭部外傷に対する新しい手術手技として頭蓋腔拡大術を考案し、その有用性について報告した。
  • 重症急性膵炎における膵酵素阻害剤・抗生物質持続動注療法を中心とする特殊治療下における血中サイトカインの変動  [通常講演]
    高橋 均; 北岸 英樹; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 山本 雄豊; 金澤 秀介; 新山 文夫; 田中 大吉; 木村 貴明; 坂田 育弘
    第30回 日本救急医学会総会 2002年10月 札幌 第30回 日本救急医学会総会
     
    重症急性膵炎の特殊治療として膵酵素阻害剤・抗生物質持続動注療法を試み、急性期における血中サイトカインの変動を経時的に観察した。
  • 成人発症インフルエンザ脳症の1救命例-血中サイトカインの変動を中心として  [通常講演]
    高橋 均; 北岸 英樹; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 山本 雄豊; 金澤 秀介; 新山 文夫; 田中 大吉; 木村 貴明; 坂田 育弘
    第30回 日本救急医学会総会 2002年10月 札幌 第30回 日本救急医学会総会
     
    成人発症のインフルエンザ脳症の1例を救命し得、経過中における血中サイトカインの変動を明らかにした。
  • 多発性肺化膿症を併発したANCA関連血管炎の1例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 北岸英樹; 植嶋 利文; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 田中大吉; 坂田 育弘; 福西健至; 柳原章; 芋縄 啓史
    第81回 近畿救急医学研究会 2002年02月 神戸 第81回 近畿救急医学研究会
     
    63歳の男性。平成11年5月上旬より全身倦怠感出現。肺炎の診断で近医入院。感染症に対して抗生物質と抗真菌薬の投与を行い,ANCA関連病変に対しては血漿交換,mPSLパルス療法を施行し,腎不全と全身状態の改善をみた。
  • 急性胆管炎により発症した敗血症性門脈血栓症の1救命例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 植嶋 利文; 丸山 克之; 山本 雄豊; 坂田 育弘
    第164回 日本内科学会近畿地方会 2001年06月 大阪 第164回 日本内科学会近畿地方会
  • 重症破傷風にみられる自律神経過緊張状態にバルビツレート療法はすべて有効か?  [通常講演]
    高橋 均; 北岸 英樹; 植嶋 利文; 丸山 克之; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 田中 大吉; 木村 貴明; 坂田 育弘
    第4回 日本臨床救急医学会総会 2001年04月 名古屋 第4回 日本臨床救急医学会総会
     
    重症破傷風4例にみられた自律神経過緊張状態に対して行ったバルビツレート療法の治療成績を報告した.
  • 脳実質に達した頭蓋内刺入創の3例  [通常講演]
    植嶋 利文; 高橋 均; 北岸英樹; 松島 知秀; 大澤 英寿; 山本 雄豊; 木村 貴明; 田中大吉; 太田 育夫; 米矢 吉宏; 坂田 育弘
    第83回 日本救急医学会近畿地方会 2001年03月 滋賀 第83回 日本救急医学会近畿地方会
     
    脳実質に達した頭蓋内刺入創の3例を画像診断と治療の観点から発表を行った。
  • 回盲部近傍の異常小腸間膜裂孔にS状結腸が嵌入し絞扼性イレウスを呈した1例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 北岸英樹; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 坂田 育弘
    第36回 日本腹部救急医学会総会 2001年03月 小倉 第36回 日本腹部救急医学会総会
     
    74歳男性。腹痛にて入院。検査にて著明な代謝性アシドーシスとX-Pにてcoffee bean signを認め,S状結腸軸捻転による絞扼性イレウスと診断した。内ヘルニアは画像上診断するのが難しく,高度のアシドーシスを呈する症例は腸管壊死を考える必要がある。
  • Bickerstaff型脳幹脳炎合併重症Guillain-Barre症候群における単純血漿交換の有用性  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 大澤 英寿; 坂田 育弘; 結城伸泰
    第7回大阪血液浄化・体外循環研究会 2001年02月 大阪 第7回大阪血液浄化・体外循環研究会
     
    Bickerstaff型脳幹脳炎合併重症Guillain-Barre症候群の1例を経験した。病因としてIgG抗GQ1b抗体が陽性になることが知られており,治療とし単純血漿交換を施行し,IgG抗GQ1b抗体の除去により臨床症状の改善を認めた。
  • 敗血症性ガス産生性肝膿瘍の治療方針:当救命救急センターで経験した3症例を中心として  [通常講演]
    高橋 均; 北岸 英樹; 松島 知秀; 山本 雄豊; 木村 貴明; 田中 大吉; 坂田 育弘
    第7回 南大阪感染症フォーラム 2001年02月 堺 第7回 南大阪感染症フォーラム
     
    敗血症性ガス産生性肝膿瘍の3例を治療する機会を得,本邦の報告例を含めて,近畿大学医学部附属病院救命救急センターにおける治療方針を報告した.
  • Fisher症候群合併Guillain-Barre症候群における単純血漿交換の有用性  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 大澤 英寿; 植嶋 利文; 金井 透; 坂田 育弘; 結城伸泰
    第163回 日本内科学会近畿地方会 2000年12月 京都 第163回 日本内科学会近畿地方会
  • 高齢者腹部救急疾患におけるリスク評価と予後についての検討  [通常講演]
    松島 知秀; 高橋 均; 北岸 英樹; 植嶋 利文; 大澤 英寿; 金井 透; 木村 貴明; 太田 育夫; 米矢 吉宏; 坂田 育弘
    第28回 日本救急医学会総会 2000年11月 東京 第28回 日本救急医学会総会
     
    高齢者腹部救急疾患におけるリスク評価と予後についての検討
  • ボツリヌス中毒として初期治療が行われていたBickerstaff型脳幹脳炎合併重症Guillain - Barre症候群の1例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 大澤 英寿; 金井 透; 坂田 育弘; 塩山 実章; 三井 良之; 薄敬一郎; 結城
    第162回 日本内科学会近畿地方会 2000年06月 和歌山 第162回 日本内科学会近畿地方会
     
    48歳男性,下痢を発症した後全身の筋力低下,球症状等を呈しボツリヌス中毒と診断され治療を受けていた。当センターに転院後,杭ガングリオシド抗体陽性が判明しBickerstaff型脳幹脳炎合併重症Guillain - Barre症候群と判明し救命し得た。
  • 特発性下腿血腫により発症したコンパ-トメント症候群の一例  [通常講演]
    嶋田 亘; 高橋 均; 北岸 英樹; 植嶋 利文; 松島 知秀; 大澤 英寿; 木村 貴明; 坂田 育弘
    第三回南大阪救急カンファレンス(堺) 2000年06月 堺市 第三回南大阪救急カンファレンス(堺)
     
    特発性下腿血腫により発症したコンパ-トメント症候群の一例について発表した。
  • Bickerstaff型脳幹脳炎の合併も考えられたGuillain-Barre症候群の1例  [通常講演]
    塩山 実章; 山西敏之; 三井 良之; 木原幹洋; 高橋光雄; 木村 貴明; 大澤 英寿; 高橋 均; 坂田 育弘
    第47回近畿大学医学会学術講演会 2000年06月 大阪狭山市 第47回近畿大学医学会学術講演会
     
    症例は47才男性。下痢、発熱の後に四肢麻痺、意識障害、呼吸困難出現。髄液検査所見、電気生理学的所見、血清中抗ガングリオシド抗体陽性からGuillain-Barr症候群と考えられた。しかし、意識障害の存在よりBickerstaff型脳幹脳炎の合併も否定できなかった。
  • 多剤耐性緑膿菌に対するCPR+AMKの併用効果の検討  [通常講演]
    高橋 均; 北岸 英樹; 植嶋 利文; 嶋田 亘; 松島 知秀; 大澤 英寿; 金井 透; 田中 大吉; 木村 貴明; 横山 恵一; 坂田 育弘
    第1回 河内救急医療懇話会 2000年04月 東大阪 第1回 河内救急医療懇話会
     
    多剤耐性緑膿菌感染症に対する抗生物質併用療法の効果について報告した.
  • 多発性肺化膿症,血球貪食症候群ならびに特発性血小板減少症を発症した重症EBV感染症の1救命例  [通常講演]
    金井 透; 高橋 均; 北岸 英樹; 植嶋 利文; 松島 知秀; 大澤 英寿; 木村 貴明; 坂田 育弘; 福西 健至
    第3回 日本臨床救急医学会総会 2000年04月 東京 第3回 日本臨床救急医学会総会
     
    EBV感染症により発症した多発性肺化膿症,血球貪食症候群ならびに特発性血小板減少症の症例を経験した。経過中に各種サイトカインを測定し,臨床経過とサイトカインの変動が一致していた事を報告した。
  • 多発性肺化膿症を発症したANCA関連腎炎の1例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 大澤 英寿; 金井 透; 坂田 育弘; 岩永 賢司; 福岡 正博; 岩本一郎; 金丸 昭久
    第159回 日本内科学会近畿地方会 1999年09月 京都 第159回 日本内科学会近畿地方会
     
    P-ANCAは壊死性血管炎で陽性となることが知られてる。本例はANCA関連病変により,何らかの免疫異常を呈し,肺感染症を合併したものと考える。
  • 血球貪食症候群を来して急激な転帰をとった劇症型EBV肝炎の1例  [通常講演]
    木村 貴明; 高橋 均; 福西健至; 北岸英樹; 松島 知秀; 金井 透; 大澤 英寿; 丸山次郎; 坂田 育弘
    第22回 近畿MOF研究会 1999年07月 大阪 第22回 近畿MOF研究会
     
    血球貪食症候群の病態は依然不明なことが多いが腫瘍,感染により増殖,活性化されたT細胞やNK細胞が多種多様なサイトカインを産生することにより起こると考えられている。今回の症例はEBVの感染が原因で血球貪食症候群を引き起こしたものと考える。
  • 敗血症性門脈血栓症の1例:画像診断を中心として  [通常講演]
    木村 貴明; 丸山次郎; 高橋 均; 福西健至; 北岸英樹; 柳原章; 植嶋 利文; 丸山 克之; 大澤 英寿; 金井 透; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 坂田 育弘
    第44回 近畿大学医学会学術講演会 1998年07月 大阪 第44回 近畿大学医学会学術講演会
     
    上行結腸憩室炎を原因とする敗血症性門脈血栓症の1救命例を経験した。門脈ならびに上腸間膜静脈動脈にカテーテルを留置し,抗生物質,ウロキナーゼ,ヘパリン,抗菌剤等の投与を行いこれらが奏効した。本例の画像診断を中心に臨床経過について報告した。

MISC

  • 発症急性期腎不全合併劇症肝炎における血液浄化療法の限界:発症急性期腎不全合併例を中心として
    丸山 克之; 高橋 均; 松島 知秀; 大澤 英寿; 芋縄 啓史; 金澤 秀介; 山本 雄豊; 木村 貴明; 坂田 育弘 ICUとCCU 30 (別冊) 174 -175 2006年

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.