KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

長谷川 由美ハセガワ ユミ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 教養・基礎教育部門
職名准教授
学位博士(言語学)
専門英語教授法、電算言語学
ジャンル社会/教育・学校・語学
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1014-hasegawa-yumi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2020/09/30

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    外国語学習者のリーディング力向上を目的としたオンライン教材の研究をしています。学習者のレベルにあった読みたい分野の読み物を、自動的に探してくるシステムの開発と実験を行っています。

報道関連出演・掲載一覧

    ●2020/8/29
     FMはしもと81.6「防災ファイルはしもと特別編」
     防災情報について

学歴・経歴

学歴

  • 2000年03月 - 2007年02月, 高麗大学大学院, 言語学部

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 近畿大学 生物理工学部 教養・基礎教育部門 准教授
  •   2016年04月,  - 2018年03月, 立命館大学 文学部 非常勤講師
  •   2013年04月,  - 2016年03月, 近畿大学 生物理工学部 教養・基礎教育部門 講師
  •   2010年04月,  - 2013年03月, 滋賀県立大学 全学共通教育推進機構 特任准教授
  •   2007年03月,  - 2010年02月, 大眞大学校(大韓民国) 教養学部教養学科 講師
  •   2005年03月,  - 2007年02月, 壇国大学校(大韓民国) 人文科学大学 非常勤講師

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 言語学, 手話
  • 人文・社会, 日本語教育
  • 人文・社会, 外国語教育

研究キーワード

  • 日本語教育, リメディアル教育, e-learning, 教材開発, 英語教育

論文

  • 通常時・災害時におけるコミュニティ放送局のソーシャルメディア利用の現状 ―在日・在留外国人と聴覚障がい者に伝わる災害情報を目指して―, 長谷川 由美, 宮本 淳子, 情報メディア研究, 情報メディア研究, 19, 1, 19, 28,   2020年, 査読有り
  • 手指形状と誤りで描く指文字マップ, 田中省作, 本田久平, 長谷川由美, 統計数理研究所共同研究リポート, 統計数理研究所共同研究リポート,   2019年03月
  • 『わたしたちの手話 新しい手話』にみられる指文字結合手話, 長谷川 由美, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 42, 53, 67,   2018年10月, 査読有り
  • 簡略化を用いた例示型英文書作成支援ツールの開発と検証, 天野 翼, 宮崎 佳典, 田中 省作, 長谷川 由美, 統計数理研究所共同研究リポート, 統計数理研究所共同研究リポート, 394, 13, 24,   2018年03月
  • 韓国の高校英語教科書のライティング活動に関する調査, 長谷川 由美, アジア英語研究, アジア英語研究, 10, 19, 33,   2017年06月, 査読有り
  • G-TELPの結果と英語履修科目の関連性に関する一考察, 服部圭子, 長谷川由美, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 39, 39, 46,   2017年04月, 査読有り
  • コーパスを用いた技術英文書作成援用ツールの開発とその評価(その2), 天野 翼, 宮崎 佳典, 田中 省作, 長谷川 由美, 統計数理研究所共同研究リポート, 統計数理研究所共同研究リポート, 382, 41, 52,   2017年03月
  • 学習継続を志向したリーディング学習Webアプリケーション並びに個人向け語彙リスト構築, 鈴木 竣丸, 宮崎 佳典, 長谷川 由美, 日本e-Learning学会2016年度学術講演会, 日本e-Learning学会2016年度学術講演会, 16, 23,   2016年11月, 査読有り
  • 近畿大学生物理工学部新入生のプレースメントテストスコアの分析, 長谷川 由美, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 38, 21, 34,   2016年10月, 査読有り
  • 個人用リーダビリティ公式生成によるによる日本語学習支援環境の構築, 宮崎佳典, 長谷川由美, 法月健, 日本e-Learning学会論文誌, 日本e-Learning学会論文誌, Vol.16, 73, 82,   2016年, 査読有り
  • 外来動物アライグマの世界侵略について(1)ヨーロッパにおける現状調査, 長谷川 由美, 宮下 実, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 36, 43, 53,   2015年09月, 査読有り
  • 大学で学びたい英語に関する一考察 -遺伝子工学科1年生のアンケート調査よりー, 長谷川 由美, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 36, 55, 68,   2015年09月, 査読有り
  • 高校における英語ライティング学習の分析:大学でより効果的な学習を実現するために-文系学生と理系学生の比較-, 長谷川由美, 吉田佳代, 英語授業研究学会研究紀要, 英語授業研究学会研究紀要, 23, 87, 101,   2014年11月, 査読有り
  • ハワイにおける日本語学習者の学習動機について, 長谷川 由美, 日本語教育研究, 日本語教育研究, 60, 57, 71,   2014年11月, 査読有り
  • 難語率算出に向けた個人向け英語語彙リストの構築, 大城敬人, 宮崎佳典, 長谷川由美, 日本e-Learning学会論文誌, 日本e-Learning学会論文誌, 14, 25, 33,   2014年07月, 査読有り
  • ランゲージスペース参加向上を目的としたアンケート結果 −ランゲージスペーススケジューリングに関する一考察−, 長谷川由美, 服部圭子, 坂田直樹, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 33, 25, 34,   2014年03月, 査読有り
  • iPhoneを使ったカタカナ語学習アプリケーション開発に向けて, 長谷川 由美, 日本語教育研究, 日本語教育研究, 58, 159, 176,   2013年01月, 査読有り
  • 韓国・初級日本語会話テキストに含まれるカタカナ語調査, 長谷川 由美, 日本語教育研究, 日本語教育研究, 57, 172, 187,   2011年12月, 査読有り
  • Comparing Motivation to Study English :‘Bunkei’ vs ‘Rikei’, Yumi Hasegawa, Karl Headberg, 滋賀県立大学国際教育センター研究紀要, 滋賀県立大学国際教育センター研究紀要, 16, 65, 75,   2011年11月, 査読有り
  • 日本と韓国における大学生の英語学習意識・動機の比較研究, 長谷川 由美, アジア英語研究, アジア英語研究, 13, 21, 37,   2011年06月, 査読有り
  • 個人用リーダビリティ式自動生成によるリーディング学習システムREXの学習効果について, 長谷川由美, 宮崎佳典, 影山功, 滋賀県立大学国際教育センター研究紀, 滋賀県立大学国際教育センター研究紀, 15, 93, 104,   2010年11月, 査読有り
  • 『孝』の伝承に関する比較研究−日中韓三カ国の大学生を中心に−, 中林眞佐男, 長谷川由美, 楊奕, 伝承とコミュニケーション, 伝承とコミュニケーション, 6, 95, 133,   2008年02月, 査読有り
  • 韓国修能試験と日本センターテストのリスニングにおける語彙の比較-Frequency Level, 品詞、意味、機能という観点から-, 長谷川 由美, アジア英語研究, アジア英語研究, 9, 39, 55,   2007年06月, 査読有り
  • A Comparison of Role of Models Among Japanese, Korean and Chinese University Students, Masao Nakabayashi, Yumi Hasegawa, Yang Yi, Human Communication A Journal of the Pacific and Asian Communication Association, Human Communication A Journal of the Pacific and Asian Communication Association, 10, 3, 352, 377,   2007年, 査読有り
  • 日韓のリスニングテストの比較∸リスニングパッセージにおける使用単語、文、シラブルの計量的分析を中心に, 長谷川 由美, アジア英語研究, アジア英語研究, No.8, 25, 44,   2006年06月, 査読有り
  • アジアを視野に入れた英語教育−アジアイメージと中学校英語教科書分析―, 淺川和也, 佐藤凉子, 長谷川由美, アジア英語研究, アジア英語研究, 3, 101, 105,   2001年06月, 査読有り

書籍等出版物

  • キーフレーズで学ぶ理工系学生のための実用基礎英語, 長谷川由美, James Horvat, 共著, 金星堂,   2018年02月
  • TOEIC® LISTENING AND READING TESTへのプライマリープラクティス, 長谷川由美, Karl Hedberg, ハーバート久代, 田村朋子, 香林綾子, 共著, 三修社,   2017年02月
  • 楽しんで読む最新科学, 服部圭子, 山下弥生, 長谷川由美, Robert Perkins, 共著, 金星堂,   2017年02月
  • 日本語能力試験模試と対策2N3, 松岡龍美, 谷誠司, 長谷川由美, 共著, アスク出版,   2012年04月
  • 日本語能力試験模試と対策2N2, 松岡龍美, 谷誠司, 長谷川由美, 共著, アスク出版,   2012年04月
  • 日本語能力試験模試と対策2N1, 松岡龍美, 谷誠司, 長谷川由美, 共著, アスク出版,   2012年04月
  • 新日本語能力試験U-CAN模擬テストN1, 長谷川 由美, その他, 時事日本語社,   2010年06月
  • U-CANの日本語能力試験 予想問題集N1, 長谷川 由美, その他, 自由国民社,   2010年05月
  • 新JLPTこんな問題が出題される!N2, 松岡龍美, 青山豊, 青山美佳, 谷誠司, キム・チョウン, 長谷川由美, 恩塚千代, 共著, 時事日本語社,   2009年12月
  • 新JLPTこんな問題が出題される!N1, 松岡龍美, 青山豊, 青山美佳, 谷誠司, キム・チョウン, 長谷川由美, 恩塚千代, 共著, 時事日本語社,   2009年12月
  • 初級日本語キラチャビ, イム・ミョンス、チャ・イルグン, チェ・ソッワン, 今井尚義, 長谷川由美, 早矢仕智子, 共著, 語文社,   2009年08月
  • きらきら日本語 ブリッジ会話, 長谷川由美, イム・ジェソク, 共著, See and Talk,   2009年06月
  • きらきら日本語Step4, 長谷川由美, イム・ジェソク, 共著, See and Talk,   2008年05月
  • きらきら日本語Step3, 長谷川由美, イム・ジェソク, 共著, See and Talk,   2008年03月
  • きらきら日本語Step2, 長谷川由美, イム・ジェソク, 共著, See and Talk,   2008年02月
  • きらきら日本語Step1, 長谷川由美, イム・ジェソク, 共著, See and Talk,   2008年01月
  • A+ Campus 日本語 下巻, 長谷川由美, 田畑光子, 共著, ネクサス,   2007年06月
  • 日本語作文の急所190, 山村俊夫, 長谷川由美, チョ・ハンナ, 共著, 時事日本語社,   2007年05月
  • A+ Campus 日本語 上巻, 長谷川由美, 田畑光子, 共著, ネクサス,   2006年11月
  • うきうき日本語会話コース 初級版, 長谷川 由美, 監修, ネクサス,   2006年05月
  • 新TOEICテスト対応プラクティカルイングリッシュ, 長谷川由美, 今西恭子, 西田晴美, 正田久美, Danielle Talerico, 田村朋子, 吉田佳代, 共著, 三修社,   2006年04月
  • TOEICテストボキャブラリー攻略, 小山内大, 長谷川由美, 小林裕子, 吉澤小百合, 共著, 三修社,   2004年04月
  • 英語指導のスキル, 淺川和也, 植松茂夫, 飯野厚, 池山和子, 岡田順子, 亀山隆, 河野淳子, 小杉弥生, 佐藤凉子, 杉村寛子, 竹田恒美, 田浦秀幸, 塚越博史, 難波和彦, 長谷川由美, 水口香, 箕浦永生, 吉澤朋子, 共著, 日本書籍,   2001年08月
  • A World in Common: Global Perspectives for the Future, 淺川和也, John, W.Casey, 長谷川由美, 佐藤凉子, 宇田川晴義, 共著, 三修社,   2000年02月

講演・口頭発表等

  • 災害時におけるコミュニティ放送局のソーシャルメディア使用ー外国人に対する情報保障の視点からー, 宮本淳子、長谷川由美, 第6回震災問題研究交流会,   2020年03月20日
  • 複数の視覚センサを用いた指文字計測と認識に関する研究, 岩本一希, 浜野遼太郎, 本田久平, 長谷川由美, 田中省作, 第81回情報処理学会全国大会,   2019年03月15日
  • 誤りデータを考慮した多次元尺度構成法による指文字の布置, 田中省作, 本田久平, 長谷川由美, 情報処理学会九州支部火の国情報シンポジウム2019,   2019年03月02日
  • Unityを用いた手指計測データ管理システムの構築, 宇都宮優佳, 本田久平, 長谷川由美, 田中省作, 平成30年度電気学会九州支部高専研究講演会,   2019年03月02日
  • New Signs (JSL) With Fingerspelling, 長谷川 由美, 全国語学教育学会・第44回年次国際大会,   2018年11月26日
  • 災害時の聴覚障がい者支援を見据えたコミュニティラジオの在り方~ソーシャルメディアの使用状況と展望~, 長谷川由美, 宮本淳子, 第43回(2018年度)地域安全学会研究発表会(秋季),   2018年11月02日
  • OpenPoseによる指文字認識に関する研究, 浜野遼太郎, 熊代明, 本田久平, 長谷川由美, 田中省作, 電気・情報関係学会九州支部第71回連合大会,   2018年09月28日
  • 大学英語教材の教師用マニュアルの分析とその傾向, 服部圭子, 長谷川由美, 山下弥生, 大学英語教育学会(JACET)第57回国際大会(仙台、2018),   2018年08月30日
  • 構造的簡略化を用いた例示型英文書作成支援Webアプリケーションの開発と評価, 天野 翼, 宮崎 佳典, 田中 省作, 長谷川 由美, 情報処理学会第80回全国大会,   2018年03月13日
  • 構造的簡略化を用いた例示型英文書作成支援Webアプリケーション, 天野 翼, 宮崎 佳典, 田中 省作, 長谷川 由美, 2017年度JSiSE(教育システム情報学会)学生研究発表会(東海地区),   2018年03月06日
  • 指文字認識を用いたロボット操作に関する研究, 矢野将彦, 本田久平, 長谷川由美, 田中省作, 第70回電気・情報関係学会九州支部連合大会,   2017年09月27日
  • Hand Gesture Recognition for Robot Control Using the Leap Motion Controller, Kyuhei Honda, Masahiko Yano, Yumi Hasegawa, Shosaku Tanaka, The 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017,   2017年09月08日
  • Kahoot!で簡単クイズを作ってみよう, 長谷川 由美, 外国語教育メディア学会関西支部2017年度春季研究大会,   2017年06月10日
  • A web application to support technical writing for non-native (EFL) English speakers, 長谷川由美, 宮崎佳典, 天野翼, 31st Annual Hawaii Association of Language Teachers,   2017年04月01日
  • 学習継続を志向したリーディング学習Webアプリケーション並びに個人向け語彙リスト構築, 鈴木 竣丸, 宮崎 佳典, 長谷川 由美, 日本e-Learning学会2016年度学術講演会,   2016年11月18日
  • 韓国の高校英語教科書におけるライティング課題に関する調査, 長谷川 由美, 日本「アジア英語」学会 第38回全国大会,   2016年06月25日
  • コーパスを用いた技術英文書作成援用ツールの開発とその評価, 戸沢伸晴, 宮崎佳典, 長谷川由美, 田中省作, 日本e-Learning学会第18回学術講演会,   2015年10月23日
  • 日本語ボランティアの言語意識養成を目指すWeb教材, 服部圭子, 長谷川由美, 6th International Conference on Computer Assisted Systems For Teaching & Learning Japanese,   2015年08月
  • ゲーミフィケーションを活用した語学学習の学習継続効果ならびにパーソナライゼーション, 宮岸祐成, 宮崎佳典, 長谷川由美, 大城敬人, 情報処理学会第77回全国大会,   2015年03月
  • ゲーミフィケーションを活用したリーディング学習アプリケーションの構築, 宮岸祐成, 宮崎佳典, 長谷川由美, 大城敬人, 第13回情報科学技術フォーラム,   2014年09月
  • iPhone site to learn katakana words found in Nakama, 長谷川 由美, 28th Annual Hawaii Association of Language Teachers,   2014年04月
  • 学習継続に向けたリーディング学習Webアプリケーションの構築, 大城敬人, 宮崎佳典, 長谷川由美, 外国語教育メディア学会中部支部第82回支部研究大会,   2013年11月
  • 高校における英語ライティング学修の分析:大学でより効果的な学習を実現するために—文系学生と理系学生の比較, 長谷川由美, 吉田佳代, 2013年度大学英語教育学会関西支部秋季大会,   2013年11月
  • Web Application for Building Readability Formulas and personalized Readability Equation Based on Individual Learner’s Reading Study Log, Yoshinori Miyazaki, Takato Oshiro, Yumi Hasegawa, IIAI International Conference on Advanced Information Technologies,   2013年11月
  • 難語率算出に向けた個人向け英語語彙リストの構築, 大城敬人, 宮崎佳典, 長谷川由美, 日本e-Learning学会2013年度学術講演会,   2013年10月
  • 日本語学習者のハワイにおける学習動機について, 長谷川 由美, 第56回韓国日本語教育学会, 第19回日韓日語文学学会総合学術発表大会,   2013年09月
  • 理系学生のための授業外言語文化教育―B.O.S.T. Language Spaceにおける取り組み―, 服部圭子, 長谷川由美, 大学英語教育学会第53回国際大会,   2013年08月
  • REXを活用したパーソナライゼーション方略―学習者のモチベーション維持を志向して, 宮崎佳典, 大城敬人, 長谷川由美, 外国語メディア学会第53回全国研究大会,   2013年08月
  • L2 motivation: Natural Sciences vs. Liveral Arts, Karl Hedberg, Yumi Hasegawa, 全国語学教育学会,   2012年10月
  • REXを活用したパーソナライゼーション方略―学習者のレベルに適合したテキスト抽出, 宮崎佳典, 大城敬人, 長谷川由美, 外国語メディア学会第52回全国研究大会,   2012年08月
  • A Preliminary Report on the Application Development of Katakana Words found in Nakama, 長谷川 由美, 26th Annual Hawaii Association of Language Teachers Conference,   2012年04月
  • Solving Students’Worry for Online Course, Satoru Shinagawa, Yumi Hasegawa, The 2011 American Council on the Teaching of Foreign Languages Annual Convention,   2011年11月
  • 日本と韓国における大学生の英語学習意識・動機の比較研究, 吉田佳代, 長谷川由美, 全国語学教育学会,   2011年11月
  • Online Teaching – Worries and Solution –, Satoru Shinagawa, Yumi Hasegawa, The 25th Annual Hawaii Association of Language Teachers Conference,   2011年03月
  • オンライン日本語教育の現状と実践~問題点と対処法例~, 品川覚, 長谷川由美, 2010 International Conference on Japanese Language Education,   2010年08月
  • 自分のレベルに合った記事を読もう!‐Readability式を用いたオンライン日本語学習サイトの実験結果報告‐, 影山功, 長谷川由美, 2010 International Conference on Japanese Language Education,   2010年08月
  • Try REX to Read the Articles Matching Your Reading Proficiency, Yumi Hasegawa, Yoshinori Miyazaki, Tsutomu Kageyama, The 24th Annual Hawaii Association of Language Teachers Conference,   2010年03月
  • Readability式を用いたオンライン外国語学習環境の構築, 影山功, 宮崎佳典, 長谷川由美, 第8回情報科学技術フォーラム,   2009年09月
  • Issues concerning student satisfaction with university, Yumi Hasegawa, Chindia Research Institute International Conference,   2009年05月
  • Utilizing software to derive personalized Japanese readability equations, 長谷川由美, The 23rd Annual Hawaii Association of Language Teachers Conference,   2009年04月
  • 個人レベルの日本語Readability式導出ならびにそれを応用したネット上日本語学習援用プログラムの開発, 宮崎佳典, 影山功, 周英斐, 長谷川由美, 日本語教育学世界大会2008,   2008年07月
  • ブログで情報共有力を伸ばす, 青島幸子, 長谷川由美, 4th International Conference on Computer Assisted Systems For Teaching & Learning Japanese,   2007年08月
  • A Comparison of Role Models -Among Japanese, Korean and Chinese University Students-, Masao Nakabayashi, Yumi Hasegawa, Yang Yi, 6th Biennial Pacific and Asian Communication Association Convention,   2007年01月
  • Vocabulary in English Textbooks and Exams in Korea and Japan, 長谷川 由美, The 14th Annual KOTESOL 2006 International Conference,   2006年10月
  • 日中韓三カ国の大学生の家庭観に関する比較研究-主に「孝」という視点から-, 中林眞佐男, 長谷川由美, 楊奕, 日本コミュニケーション学会 第36回大会,   2006年06月
  • 日韓の大学入試センターテストの比較~リスニング・テスト中心に~, 長谷川 由美, 日本コミュニケーション学会 第35回大会,   2005年06月
  • センター試験(日本)と修学能力試験(韓国)を多角度から見る~Readabilityという観点を中心にして~, 長谷川 由美, 日本「アジア英語」学会 第13回全国大会,   2003年06月
  • アジアを視野に入れた英語教育, 浅川和也, 佐藤凉子, 長谷川由美, 日本国際理解教育学会第9回大会,   1999年06月
  • How Do Students Find English Information About Asia?, 長谷川由美, 第2回 Pan-Asian ConferenceKOTESOL,   1999年02月
  • Modification of Question Sentences in Teacher Talk: The Forms and Functions of Questions, Masako Tanaka, Yumi Hasegawa, 全国語学教育学会第24回年次国際大会,   1998年10月
  • Material Development with Asian Perspectives, Mayumi Ishii, Yumi Hasegawa, Ryoko Sato, 全国語学教育学会,   1997年10月
  • E-mail を用いた英語教育の試み, 長谷川由美, 佐藤凉子, 田中雅子, 日本時事英語学会第38回年時大会,   1996年10月

MISC

  • Hand Gesture Recognition for Robot Control Using the Leap Motion Controller, K. Honda, M. Yano, Y. Hasegawa, S. Tanaka, Proc. of the 5th International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017, 83, 88,   2017年08月, 査読有り
  • 生物理工学部 専門英語の手引き(ver.6)~, 服部圭子, 長谷川由美, 山下弥生, 上村・ナオミ・バッケス, 木村じゅりあ,   2015年03月
  • 英語によるコンテンツ中心の講義における討論活性化のためのチームプロトコルメソッドの活用研究(翻訳), 長谷川 由美, 近畿大学養・語学教育センター紀要, 5, 2, 217, 244,   2014年11月, 査読有り

受賞

  •   2018年03月, 2017年度JSiSE学生研究発表会(東海地区), 優秀発表賞, 構造的簡略化を用いた例示型英文書作成支援Webアプリケーションの開発と評価
  •   2018年03月, 情報処理学会第80回全国大会, 学生奨励賞受賞, 構造的簡略化を用いた例示型英文書作成支援Webアプリケーションの開発と評価
  •   2016年11月, 日本e-Learning学会2016年度学術講演会, 優秀賞, 学習継続を志向したリーディング学習Webアプリケーション並びに個人向け語彙リスト構築
  •   2015年03月, 情報処理学会第77回全国大会, 学生奨励賞, , ゲーミフィケーションを活用した語学学習の学習継続効果ならびにパーソナライゼーション
  •   2013年11月, 日本e-Learning学会2013年度学術講演会, 学生奨励賞(, 難語率算出に向けた個人向け英語語彙リストの構築
  •   2009年02月, 独立行政法人日本貿易振興機構, 感謝状(BJTビジネス日本語能力テスト関連)

競争的資金

  • 公益信託高橋信三記念放送文化振興基金, 2020年度助成金, ラジオと地域で促す早期避難への試み-「いつも」を「もしも」に活かすために-
  • 公益財団法人放送文化基金, 助成金 [人文社会・文化], コミュニティFMラジオ局の情報弱者に対す る配慮の実際~その共通点と独自性~
  • 近畿大学生物理工学部, 平成31年度生物理工学部戦略的研究, 全国手話検定試験における手話単語の難易度と親密度に関する一考察
  • 公益信託高橋信三記念放送文化振興基金, 平成30年度助成金, 災害時におけるコミュニティFMの情報発信に関する調査 ‐情報弱者に伝えるために‐
  • 近畿大学生物理工学部, 平成30年度生物理工学部 戦略的研究, 災害時におけるコミュニティFMの役割に関する調査
  • 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成基事業(基盤C), パターン認識技術を併用した指文字(手話)のゆらぎの解明
  • 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成事業(挑戦的研究<萌芽>), SLA,・CV・ NLP融合研究としての手話指文字学習システムの開発
  • 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成事業(基盤C), チャンク情報を考慮した例示型英文書作成支援Webアプリケーションの開発
  • 近畿大学生物理工学部, 戦略的研究, 専門英語を取り込んだリメディアル教材の開発に向けての基礎研究
  • 近畿大学生物理工学部, 戦略的研究, 量的データに基づく英語カリキュラム開発の試み
  • 日本「アジア英語」学会, 2013年度研究助成費, 韓国の高校英語ライティング教科書における作文課題に関する調査

その他

  •   2020年04月, 和歌山県、紀の川市 登録手話通訳者
  •   2011年11月, 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 宇宙教育リーダー
  •   2009年07月, NPO留学協会 海外留学アドバイザー
  •   2017年04月, 高等教育機関コンソーシアム和歌山 平成29年度大学等地域貢献促進事業(学生共同プロジェクト研究), 大学生から見た災害非常時の聴覚障がい者への情報伝達のあり方について ―熊本の体験を紀北に活かす― (代表指導教員)

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 日本語会話(初級~上級), 大真大学,壇国大学
  • 言語文化学入門(視覚言語<手話>分野), 近畿大学
  • 日本文化演習, 立命館大学大学院
  • リスニング, 滋賀県立大学
  • 総合英語, TOEIC, 理系英語, 近畿大学
  • TOEIC, 関西外国語大学