福田 昌彦 (フクダ マサヒコ)

  • 近畿大学奈良病院 教授/部長
Last Updated :2022/08/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

  • コメント

    歯の根元を利用した人工角膜手術を行っています。この方法は日本では近畿大学でしか行っていない方法です。スチーブンス・ジョンソン症候群で視力を失った方が視力回復する可能性があります。  
  • 報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧> ●2018/7/31  日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」  15年前歯根部利用人工角膜の手術を日本で初めて行ったことについて

研究者情報

学位

  • 医学博士

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • ドライアイ   眼感染症   角膜移植   人工角膜   Dry eye   Ocular infectious disease   Keratoplasty   Keratoprosthesis   

現在の研究分野(キーワード)

    歯の根元を利用した人工角膜手術を行っています。この方法は日本では近畿大学でしか行っていない方法です。スチーブンス・ジョンソン症候群で視力を失った方が視力回復する可能性があります。  

研究分野

  • ライフサイエンス / 眼科学
  • ライフサイエンス / 眼科学

経歴

  • 2021年  近畿大学奈良病院眼科教授
  • 2019年  近畿大学奈良病院眼科准教授
  • 2010年  近畿大学医学部眼科学教室准教授
  • 1994年  - 近畿大学医学部眼科学教室講師
  • 1994年  - Assistant professor, Department of Ophthalmology,
  • 1992年 - 1993年  オーストラリア、ニュウーサウスウエールズ大学リサーチフェロー
  • 1992年 - 1993年  Research fellow, University of New South Wales,
  • 1985年 - 1988年  近畿大学大学院医学研究科
  • 1985年 - 1988年  PhD in Kinki University
  • Kinki University School of Medicine
  • Australia

学歴

  •         - 1983年   近畿大学   医学科
  •         - 1983年   Kinki University   Faculty of Medicine   Department of Ophthalmology
  •         -   近畿大学   医学研究科
  •         -   Kinki University   Graduate School, Division of Medicine

所属学協会

  • 日本眼感染症学会   The Association for Research in Vision and Ophthal mology U.S.A.   日本角膜学会   日本眼科学会   Japan ocular infection Society   Japan Cornea Society   Japan Ophthalmology Society   Association of Research in Vision and Ophthalmology.   

研究活動情報

論文

  • Koji Sugioka; Teruo Nishida; Aya Kodama-Takahashi; Junko Murakami; Fukutaro Mano; Kiyotaka Okada; Masahiko Fukuda; Shunji Kusaka
    American journal of physiology. Cell physiology 2022年06月
  • Yoshitsugu Inoue; Yuichi Ohashi; Yoshikazu Shimomura; Chie Sotozono; Hiroshi Hatano; Masahiko Fukuda; Hiroshi Eguchi; Kaoru Araki-Sasaki; Takashi Suzuki; Saichi Hoshi; Seishi Asari; Atsuko Sunada; Keigo Kimura; Takashi Yaguchi; Koichi Makimura
    Japanese journal of ophthalmology 66 3 227 - 239 2022年05月
  • Keigo Kimura; Yoshitsugu Inoue; Seishi Asari; Atsuko Sunada; Yuichi Ohashi; Yoshikazu Shimomura; Chie Sotozono; Hiroshi Hatano; Masahiko Fukuda; Hiroshi Eguchi; Kaoru Araki-Sasaki; Takashi Suzuki; Saichi Hoshi; Toru Tobe; Takashi Yaguchi; Koichi Makimura
    Japanese journal of ophthalmology 66 3 240 - 253 2022年05月
  • コンタクトレンズで失明する?
    福田昌彦
    日本の眼科 93 1 84 - 86 2022年01月 [招待有り]
  • Back to the future: コンタクトレンズ関連角膜感染症
    福田昌彦
    日本コンタクトレンズ学会誌 63 3 92 - 93 2021年03月 [招待有り]
  • Takashi Ono; Yosai Mori; Ryohei Nejima; Takuya Iwasaki; Masahiko Fukuda; Keiichiro Minami; Kazunori Miyata
    Cornea 2020年09月
  • Keiichi Aomatsu; Koji Sugioka; Aya Kodama-Takahashi; Masahiko Fukuda; Hiroshi Mishima; Shunji Kusaka
    Case Reports in Oncological Medicine 2020 1 - 4 2020年07月
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症の診断と治療について教えてください
    福田昌彦
    あたらしい眼科 36 16 - 20 2019年11月 [招待有り]
  • Enomoto A; Fukuda M; Matsunaga K; Kusaka S; Shimomura Y; Hamada S
    Br J Oral and Maxillofac Surg 57 9 in press - 865 2019年08月 [査読有り]
  • 戻し電顕で遡及的に診断できたマイクロスポリディアの1例
    福田昌彦
    Annals of Clonocal Microbiology and Antimicrobials 18 17 2019年06月 [査読有り]
  • When there is no tooth-Looking beyond the Falcinelli MOOKP
    Venkata S. Avadhanam; Mehran Zarei-Ghanavati; Armed Shalaby Barden; Geetha Iyer; Bhaskar Srinivasan; Shweta Agarwal; Mohamed Goweida; Masahiko Fukuda; Konrad Hille; James Chodosh; Christopher S. Liu
    The Ocular Surface 17 1 4 - 8 2019年01月 [査読有り]
  • 眼瞼ヘルペス
    福田昌彦
    あたらしい眼科 35 11 1515  2018年11月 [招待有り]
  • A. Enomoto; K. Matsunaga; M. Fukuda; Y. Shimomura; S. Hamada
    British Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 56 6 554 - 555 2018年07月 [査読有り]
  • 人工角膜Boston keratoprosthesis移植後の真菌性角膜炎の検討
    小野 喬; 森 洋斉; 上田晃史; 李 真熙; 子島良平; 南 慶一郎; 福田昌彦; 宮田和典
    日本眼科学会雑誌 122 7 509 - 515 2018年07月
  • Aya Kodama-Takahashi; Koji Sugioka; Tomoko Sato; Koichi Nishida; Keiichi Aomatsu; Masahiko Fukuda; Yoshikazu Shimomura
    Case Report in Ophthalmological Medicine 2018 6815407 - 6815407 2018年05月 [査読有り]
  • Application of a resin handle for preparation of lamina for osteo-odontokeratoprosthesis
    A. Enomoto; K. Matsunaga; M. Fukuda; Y. Shimomura; S. Hamada
    Br J Oral Maxillofac surg 4 14 2018年04月 [査読有り]
  • Application of occlusal splint for conservative management of pediatric mandibular body fractures
    榎本明史
    ARC Journal of Clinical Case Reports 4 13 - 15 2018年04月 [査読有り]
  • Tomoko Sato; Koji Sugioka; Aya Kodama-Takahashi; Masahiko Fukuda; Hiroshi Mishima; Yoshikazu Shimomura
    Case Reports in Ophthalmology 9 1 114 - 118 2018年01月 [査読有り]
  • Aya Kodama-Takahashi; Masahiko Fukuda; Koji Sugioka; Akira Kobayashi; Yoshikazu Shimomura
    BMC Ophthalmology 18 1 2018年01月 [査読有り]
  • 高島康利; 木村雅友; 渡邊敬三; 福田昌彦; 下村嘉一; 清水重喜; 佐藤隆夫; 伊藤彰彦; 堤寛
    診断病理 35 1 54 - 58 (一社)日本病理学会 2018年01月 [査読有り]
  • Diagnostic Approach to Ocular Infections Using Various Techniques From Conventional Culture to Next-Generation Sequencing Analysis.
    Eguchi H; Hotta F; Kuwahara T; Imaohji H; Miyazaki C; Hirose M; Kusaka S; Fukuda M; Shimomura Y
    Cornea 2017 Sep 11. doi: 10.1097/ICO. 2017年09月 [査読有り]
  • Junko Tsukiyama; Yuko Miyamoto; Aya Kodama; Masahiko Fukuda; Yoshikazu Shimomura
    EYE & CONTACT LENS-SCIENCE AND CLINICAL PRACTICE 43 5 318 - 323 2017年09月 [査読有り]
  • 福田昌彦
    眼科 59 8 783 - 787 2017年08月 [招待有り]
  • Eguchi H; Kusaka S; Arimura-Koike E; Tachibana K; Tsujioka D; Fukuda M; Shimomura Y
    International ophthalmology 37 3 761 - 765 2017年06月 [査読有り]
  • 江口 洋; 日下 俊次; 堀田 芙美香; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    臨床眼科 71 4 509 - 513 (株)医学書院 2017年04月
  • 月山 純子; 宮本 裕子; 高橋 彩; 福田 昌彦; 糸井 素純; 下村 嘉一
    日本コンタクトレンズ学会誌 58 4 206 - 210 日本コンタクトレンズ学会 2016年12月
  • カラーコンタクトレンズの大きさが角膜浮腫に与える影響についての検討
    月山 純子; 宮本 裕子; 高橋 彩; 福田 昌彦; 糸井 素純; 下村 嘉一
    日本コンタクトレンズ学会誌 58 4 206 - 210 日本コンタクトレンズ学会 2016年12月
  • Koji Sugioka; Hiroshi Mishima; Aya Kodama; Motoki Itahashi; Masahiko Fukuda; Yoshikazu Shimomura
    CORNEA 35 S59 - S64 2016年11月 [査読有り]
  • カラーコンタクトレンズの着色による酸素透過率への影響
    児玉 彩; 月山 純子; 宮本 裕子; 杉岡 孝二; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 9 9 772 - 772 眼科臨床紀要会 2016年09月
  • 結膜炎症状で発症した眼窩蜂巣炎の1例
    平木 翔子; 岡本 紀夫; 山雄 さやか; 渡邊 敬三; 橋本 茂樹; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    あたらしい眼科 33 5 719 - 723 (株)メディカル葵出版 2016年05月
  • カラーコンタクトレンズの着色による酸素透過率への影響
    児玉 彩; 月山 純子; 宮本 裕子; 杉岡 孝二; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本コンタクトレンズ学会誌 58 1 19 - 23 日本コンタクトレンズ学会 2016年03月
  • The basic and clinical aspects of colored contact lenses
    Eguchi H; Tsukiyama J; Kodama A; Miyamoto Y; Fukuda M; Shimomura Y
    Ophta 22 5 349 - 350 2016年
  • 真菌性角膜炎に関する多施設共同前向き観察研究 真菌の同定と薬剤感受性検査について
    砂田 淳子; 浅利 誠志; 井上 幸次; 大橋 裕一; 鈴木 崇; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 外園 千恵; 秦野 寛; 江口 洋; 佐々木 香る; 星 最智; 矢口 貴志; 槇村 浩一; 横倉 俊二; 望月 清文; 門田 遊; 子島 良平
    日本眼科学会雑誌 120 1 17 - 27 (公財)日本眼科学会 2016年01月
  • 真菌性角膜炎に関する多施設共同前向き観察研究 患者背景・臨床所見・治療・予後の現況
    井上 幸次; 大橋 裕一; 鈴木 崇; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 外園 千恵; 秦野 寛; 江口 洋; 佐々木 香る; 星 最智; 砂田 淳子; 浅利 誠志; 矢口 貴志; 槇村 浩一; 横倉 俊二; 望月 清文; 門田 遊; 子島 良平
    日本眼科学会雑誌 120 1 5 - 16 (公財)日本眼科学会 2016年01月
  • Inoue Y; Ohashi Y; Suzuki T; Shimomura Y; Fukuda M; Sotozono C; Hatano H; Eguchi H; Araki-Sasaki K; Hoshi S; Sunada A; Asari S; Yaguchi T; Makimura K; Yokokura S; Mochizuki K; Monden Y; Nejima R; Multicenter Study; Group of Fungal; Keratitis in Japan
    Nippon Ganka Gakkai zasshi 120 1 5 - 16 2016年01月 [査読有り]
  • Sunada A; Asari S; Inoue Y; Ohashi Y; Suzuki T; Shimomura Y; Fukuda M; Sotozono C; Hatano H; Eguchi H; Araki-Sasaki K; Hoshi S; Yaguchi T; Makimura K; Yokokura S; Mochizuki K; Monden Y; Nejima R; Multicenter Study; Group of Fungal; Keratitis in Japan
    Nippon Ganka Gakkai zasshi 120 1 17 - 27 2016年01月 [査読有り]
  • 結膜炎症状で初発した眼窩蜂巣炎の1例
    平木 翔子; 岡本 紀夫; 山雄 さやか; 渡邊 敬三; 橋本 茂樹; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 8 12 916 - 917 眼科臨床紀要会 2015年12月
  • カラーソフトコンタクトレンズ装用者に生じたCLARE様病変の検討
    月山 純子; 宮本 裕子; 渡邊 敬三; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本コンタクトレンズ学会誌 57 3 181 - 184 日本コンタクトレンズ学会 2015年09月
  • 免疫クロマトグラフィ法による上皮型角膜ヘルペスの診断
    福田昌彦
    日本の眼科 86 9 42 - 43 2015年09月 [招待有り]
  • 結膜および強角膜裂傷
    福田昌彦
    眼科手術 28 3 347 - 351 2015年07月 [招待有り]
  • Shohei Komoto; Shiro Higaki; Masahiko Fukuda; Yoshikazu Shimomura
    JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 59 3 194 - 200 2015年05月 [査読有り]
  • 円錐角膜に角膜ヘルペスが生じた2症例
    河本 庄平; 福田 昌彦; 渡辺 敬三; 杉岡 孝二; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 8 3 180 - 180 眼科臨床紀要会 2015年03月
  • 下村 嘉一; 松本 長太; 福田 昌彦; 奥山 幸子; 國吉 一樹; 杉岡 孝二; 板橋 幹城; 橋本 茂樹; 青松 圭一; 七部 史; 野本 裕貴; 渡邊 敬三; 河本 庄平; 児玉 彩; 坂本 万寿夫; 日下 俊次; 檜垣 史郎; 小池 英子; 立花 都子; 辻岡 大志; 三島 弘; 阿部 考助; 萱澤 朋泰; 萱澤 真梨子; 藤田 貢; 義江 修
    日本眼科学会雑誌 119 3 145 - 167 (公財)日本眼科学会 2015年03月
  • Shiro Higaki; Masahiko Fukuda; Yoshikazu Shimomura
    JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 59 2 131 - 134 2015年03月 [査読有り]
  • カラーソフトコンタクトレンズの着色部位がレンズ形状に与える影響について
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 三浦 啓彦; 土屋 二郎; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 118 10 817 - 825 (公財)日本眼科学会 2014年10月
  • Tsukiyama J; Miyamoto Y; Fukuda M; Miura H; Tsuchiya J; Shimomura Y
    Nippon Ganka Gakkai zasshi 118 10 817 - 825 2014年10月 [査読有り]
  • Tsukiyama J; Miyamoto Y; Fukuda M; Miura H; Tsuchiya J; Shimomura Y
    Nippon Ganka Gakkai zasshi 118 10 817 - 825 2014年10月 [査読有り]
  • 木下 茂; 大橋 裕一; 村上 晶; 糸井 素純; 稲葉 昌丸; 植田 喜一; 宇津見 義一; 梶田 雅義; 金井 淳; 小玉 裕司; 澤 充; 下村 嘉一; 坪田 一男; 濱野 孝; 前田 直之; 吉野 健一; 渡邉 潔; 小川 旬子; 崎元 暢; 佐野 研二; 塩谷 浩; 高村 悦子; 針谷 明美; 福田 昌彦; 水谷 聡; 柳井 亮二; 日本コンタクトレンズ学会コンタクトレンズ診療ガイドライン編集委員会
    日本眼科学会雑誌 118 7 557 - 591 (公財)日本眼科学会 2014年07月
  • Masahiko Fukuda; Christopher Liu
    AMERICAN JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 158 1 3 - 4 2014年07月 [査読有り][招待有り]
  • ソフトコンタクトレンズによってCorneal Warpageを生じた3症例
    宮本 裕子; 月山 純子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本コンタクトレンズ学会誌 56 2 133 - 137 日本コンタクトレンズ学会 2014年06月
  • 眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症
    河本 庄平; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 下村 嘉一; 渡邊 敬三; 檜垣 史郎
    眼科臨床紀要 7 5 392 - 392 眼科臨床紀要会 2014年05月
  • 上野 覚; 國吉 一樹; 萱澤 朋泰; 渡邊 敬三; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    臨床眼科 68 5 695 - 699 (株)医学書院 2014年05月
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症の実態と治療
    福田昌彦
    Monthly Book OCULISTA 14 5 23 - 29 2014年05月 [招待有り]
  • マウス上皮型角膜ヘルペスに対する抗ヘルペス薬の効果
    河本 庄平; 檜垣 史郎; 渡邊 敬三; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 118 臨増 340 - 340 (公財)日本眼科学会 2014年03月
  • コンタクトレンズによる角膜感染症-リスクの評価と予防法の考察-
    福田昌彦
    日本コンタクトレンズ学会誌 56 1 47 - 51 2014年03月 [招待有り]
  • 福田 昌彦
    臨床眼科 67 13 1926 - 1930 医学書院 2013年12月
  • 重症コンタクトレンズ関連角膜感染症の発症地域と発症時期
    植田 喜一; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 大橋 裕一; 井上 幸次; 石橋 康久; 稲葉 昌丸; 宇野 敏彦; 江口 洋; 白石 敦; 外園 千恵; 田川 義継; 近間 泰一郎
    日本コンタクトレンズ学会誌 54 4 283 - 287 2013年12月
  • カラーソフトコンタクトレンズの色落ちについての検討
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 三浦 啓彦; 土屋 二郎; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 117 11 938 - 938 (公財)日本眼科学会 2013年11月
  • Core-Network of Ocular Infection
    浅利 誠志; 下村 嘉一; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 有賀 俊英; 井上 智之; 井上 幸次; 薄井 紀夫; 臼井 正彦; 内尾 英一; 宇野 敏彦; 江口 洋; 大橋 秀行; 大橋 裕一; 亀井 裕子; 北川 和子; 小早川 信一郎; 鈴木 崇; 外園 千恵; 中川 尚; 秦野 寛; 福田 正道; 星 最智; 松本 光希; 松本 治恵; 箕田 宏; 宮本 仁志; 横井 克俊
    Core-Network of Ocular Infection 15 1 - 28 2013年09月
  • Yoshitsugu Inoue; Yoshikazu Shimomura; Masahiko Fukuda; Dai Miyazaki; Yuichi Ohashi; Hiroshi Sasaki; Yoshitsugu Tagawa; Hiroshi Shiota; Noriko Inada; Shigeki Okamoto; Kaoru Araki-Sasaki; Tairo Kimura; Hiroshi Hatano; Hisashi Nakagawa; Satoshi Nakamura; Atsuko Hirahara; Kazumi Tanaka; Hirofumi Sakuma
    British Journal of Ophthalmology 97 9 1108 - 1112 2013年09月 [査読有り]
  • Peters奇形を伴った未熟児網膜症に対する治療
    南 毅; 国吉 一樹; 日下 俊次; 櫻本 宏之; 福田 昌彦; 松本 長太; 伊藤 久太郎; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 6 5 404 - 404 眼科臨床紀要会 2013年05月
  • 藤井 明子; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 6 4 274 - 277 眼科臨床紀要会 2013年04月
  • 臨床分離菌株における細菌性リパーゼ活性の検討
    渡邊 敬三; Zhu Hua; Markoulli Maria; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; Holden Brien; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 117 臨増 387 - 387 (公財)日本眼科学会 2013年03月
  • 持久性隆起性紅斑に伴った周辺部角膜潰瘍、強膜壊死の1例
    坂本 万寿夫; 福田 昌彦; 渡邊 敬三; 沼田 卓也; 下村 嘉一; 大磯 直毅; 川田 暁
    眼科臨床紀要 6 2 145 - 145 眼科臨床紀要会 2013年02月
  • 森 洋斉; 子島 良平; 南 慶一郎; 宮田 和典; 神谷 和孝; 福田 昌彦
    日本眼科学会雑誌 117 1 35 - 43 (公財)日本眼科学会 2013年01月
  • Chie Sotozono; Masahiko Fukuda; Masao Ohishi; Keiko Yano; Hideki Origasa; Yoshinori Saiki; Yoshikazu Shimomura; Shigeru Kinoshita
    BMJ OPEN 3 1 2013年 [査読有り]
  • 福田 昌彦
    日本コンタクトレンズ学会誌 54 4 303 - 305 日本コンタクトレンズ学会 2012年12月
  • 重症コンタクトレンズ関連角膜感染症の発症地域と発症時期
    植田 喜一; 大橋 裕一; 下村 嘉一; 井上 幸次; 石橋 康久; 稲葉 昌丸; 宇野 敏彦; 江口 洋; 白石 敦; 外園 千恵; 田川 義継; 近間 泰一郎; 福田 昌彦
    日本コンタクトレンズ学会誌 54 4 283 - 287 日本コンタクトレンズ学会 2012年12月
  • Koji Sugioka; Aya Kodama; Koji Yoshida; Kiyotaka Okada; Masahiko Fukuda; Yoshikazu Shimomura
    BMC OPHTHALMOLOGY 12 1 60  2012年11月
  • Peters奇形を伴った未熟児網膜症に対する治療
    南 毅; 國吉 一樹; 日下 俊次; 坂本 万寿夫; 櫻本 宏之; 杉岡 孝二; 福田 昌彦; 松本 長太; 伊藤 久太朗; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 5 11 1064 - 1064 眼科臨床紀要会 2012年11月
  • 福田 昌彦
    臨床眼科 66 11 226 - 230 医学書院 2012年10月
  • アカントアメーバ角膜炎における予後予測因子の多変量解析
    宮崎 大; 池田 欣史; 矢倉 慶子; 川口 亜佐子; 石倉 涼子; 井上 幸次; 水戸 毅; 白石 敦; 大橋 裕一; 檜垣 史郎; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 八木田 健司
    眼科臨床紀要 5 10 987 - 987 眼科臨床紀要会 2012年10月
  • コンタクトレンズ関連乳頭結膜炎の最近の傾向
    宮本 裕子; 月山 純子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本コンタクトレンズ学会誌 54 3 178 - 182 2012年09月
  • Shiro Higaki; Masahiko Fukuda; Chota Matsumoto; Yoshikazu Shimomura
    CORNEA 31 7 730 - 733 2012年07月 [査読有り]
  • 月山純子; 宮本裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦啓彦; 土屋
    日本コンタクトレンズ学会誌 54 2 98 - 103 日本コンタクトレンズ学会誌編集部 2012年06月
  • Yoshifumi Ikeda; Dai Miyazaki; Keiko Yakura; Asako Kawaguchi; Ryoko Ishikura; Yoshitsugu Inoue; Tsuyoshi Mito; Atsushi Shiraishi; Yuichi Ohashi; Shiro Higaki; Motoki Itahashi; Masahiko Fukuda; Yoshikazu Shimomura; Kenji Yagita
    OPHTHALMOLOGY 119 6 1111 - 1119 2012年06月 [査読有り]
  • 福田 昌彦; 下村 嘉一; 東京医療センター眼科; 京都府立医大眼科; 京都府立医大眼科; 愛媛大学眼科; 愛媛大学眼科; 東京歯科大眼科; 東京歯科大眼科; 大阪大学眼科; 大阪大学眼科; 東北大学眼科; 東北大学眼科; 東北大学眼科
    Advances in Therapy 29 4 339 - 349 Springer Healthcare 2012年04月 [査読有り]
  • ソフトコンタクトレンズへのタリビット眼軟膏湿布試験
    月山純子; 宮本裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦啓彦; 土屋
    日本コンタクトレンズ学会誌 54 1 23 - 26 2012年03月
  • 月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 三浦 啓彦; 土屋 二郎; 下村 嘉一
    日本コンタクトレンズ学会誌 54 1 23 - 26 日本コンタクトレンズ学会 2012年03月
  • IKK2阻害薬によるマウスヘルペス性角膜炎再活性化抑制時の遺伝子発現の検討
    河本 庄平; 檜垣 史郎; 渡邊 敬三; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 116 臨増 295 - 295 (公財)日本眼科学会 2012年03月
  • アイカップ法により得られた検体の細菌、真菌、ウイルスDNA
    河本 庄平; 檜垣 史郎; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 萱澤 朋泰; 青松 圭一; 立花 都子; 日下 俊次; 中尾 雄三; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 5 2 182 - 182 眼科臨床紀要会 2012年02月
  • Motoki Itahashi; Shiro Higaki; Masahiko Fukuda; Hiroshi Mishima; Yoshikazu Shimomura
    CORNEA 30 11 1233 - 1237 2011年11月 [査読有り]
  • Cetuximabによる大腸癌治療中に糸状角膜炎を生じた1例
    南 毅; 児玉 彩; 青松 圭一; 杉岡 孝二; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 4 11 1108 - 1108 眼科臨床紀要会 2011年11月
  • 結膜炎、ドライアイにおける涙液中単純ヘルペスウイルスDNAの定量
    河本 庄平; 檜垣 史郎; 板橋 幹城; 渡邊 敬三; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 4 6 615 - 615 眼科臨床紀要会 2011年06月
  • マウスヘルペス性角膜炎再活性化抑制時のMicro Array法による遺伝子発現の検討
    河本 庄平; 檜垣 史郎; 渡邊 敬三; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 115 臨増 280 - 280 (公財)日本眼科学会 2011年04月
  • 全層角膜移植術、角膜内皮移植術(DSAEK)を施行した緑膿菌性角膜潰瘍の一例
    坂本 万寿夫; 福田 昌彦; 菅原 大輔; 萱澤 朋泰; 七部 史; 岡崎 義久; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 4 4 406 - 406 眼科臨床紀要会 2011年04月
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症
    福田 昌彦
    あたらしい眼科 28 3 337 - 342 メディカル葵出版 2011年03月
  • アカントアメーバ角膜炎診断におけるReal Time PCR法の有用性
    檜垣 史郎; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 三島 弘; 下村 嘉一
    感染症学雑誌 85 臨増 298 - 298 (一社)日本感染症学会 2011年03月
  • 重症コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査
    宇野敏彦; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 大橋裕一; 石橋康久; 稲葉昌丸; 井上幸次; 植田喜一; 江口 洋; 白石 敦; 外園千恵; 田川義継; 近間泰一郎
    日本眼科学会雑誌 115 2 107 - 115 財団法人 日本眼科学会 2011年02月
  • Boston Keratoprosthesisが奏効した角膜移植後のカンジダ感染の1例
    渡邊 敬三; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 森 洋斉; 宮井 尊史; 宮田 和典
    眼科臨床紀要 4 2 194 - 195 眼科臨床紀要会 2011年02月
  • Uno T; Fukuda M; Ohashi Y; Shimomura Y; Ishibashi Y; Inaba M; Inoue Y; Ueda K; Eguchi H; Shiraishi A; Sotozono C; Tagawa Y; Chikama T
    Nippon Ganka Gakkai zasshi 115 2 107 - 115 日本眼科学会 2011年02月 [査読有り]
  • 角膜内のHSV DNA
    金子久俊; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 錫谷達夫
    29 1436 - 1439 2010年12月
  • Hisatoshi Kaneko; Shiro Higaki; Masahiko Fukuda; Yoshikazu Shimomura; Ken Ishioka; Eiko Fukushima; Yuka Sato; Tatsuo Suzutani
    CORNEA 29 12 1436 - 1439 2010年12月 [査読有り]
  • 緑膿菌性角膜潰瘍
    福田 昌彦
    あたらしい眼科 27 9 1229 - 1230 メディカル葵出版 2010年09月
  • アカントアメーバ角膜炎における細菌DNAの存在
    河本 庄平; 檜垣 史郎; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 3 8 837 - 837 眼科臨床紀要会 2010年08月
  • コンタクトレンズに対する化粧品とクレンジング剤の影響
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦 啓彦; 土屋 二郎
    日本コンタクトレンズ学会誌 52 2 101 - 107 日本コンタクトレンズ学会 2010年06月
  • 板橋 幹城; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    Arch Ophthalmol 128 5 535 - 540 2010年05月 [査読有り]
  • 近畿大学眼科におけるDSAEKの成績
    萱澤 真梨子; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 小林 顕
    眼科臨床紀要 3 5 502 - 502 眼科臨床紀要会 2010年05月
  • 重症コンタクトレンズ関連角膜感染症調査からみた危険因子の解析
    稲葉 昌丸; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 井上 幸次; 植田 喜一; 宇野 敏彦; 江口 洋; 大橋 裕一; 外園 千恵; 田川 義継; 近間 泰一郎; 古川 敏仁
    日本コンタクトレンズ学会誌 52 1 25 - 30 2010年03月
  • 単純ヘルペスウイルス迅速キットによる上皮型角膜ヘルペス診断の多施設における検討
    福田 昌彦; 下村 嘉一; 井上 幸次; HSVキットスタディグループ
    日本眼科学会雑誌 114 臨増 245 - 245 (公財)日本眼科学会 2010年03月
  • 知っておきたいCL合併症
    福田 昌彦
    日本コンタクトレンズ学会誌 52 1 67 - 68 2010年01月
  • 抗悪性腫瘍薬TS-1による角膜上皮障害の検討
    萱澤 朋泰; 福田 昌彦; 飯沼 直子; 高田 園子; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 中尾 雄三
    眼科臨床紀要 3 1 84 - 84 眼科臨床紀要会 2010年01月
  • 乳児角膜潰瘍の2症例
    藤井 明子; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 板橋 幹城; 佐藤 崇; 児玉 彩; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 2 11 1093 - 1093 眼科臨床紀要会 2009年11月
  • 杉岡 孝二; 福田 昌彦; 河本庄平; 板橋 幹城; 下村 嘉一; 山田昌和
    Clinical Ophthalmology 3 553 - 557 2009年10月 [査読有り]
  • シリコーンハイドロゲルレンズに対する化粧品とクレンジング剤の影響
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦 啓彦; 土屋 二郎
    日本眼科学会雑誌 113 10 1001 - 1002 (公財)日本眼科学会 2009年10月
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症全国症例調査
    福田 昌彦
    あたらしい眼科 26 9 1167 - 1171 メディカル葵出版 2009年09月
  • ソフトコンタクトレンズ装用後に認められたEpithelial microcystsの3例
    河本 庄平; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 前田 政徳; 田村 恭子
    眼科臨床紀要 2 9 874 - 874 眼科臨床紀要会 2009年09月
  • 近畿大学眼科におけるアカントアメーバ角膜炎の検討
    妙中 直子; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 2 9 862 - 862 眼科臨床紀要会 2009年09月
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症の実態と疫学
    福田 昌彦
    日本の眼科 80 6 693 - 698 社団法人 日本眼科医会 2009年06月
  • 人工角膜移植
    福田 昌彦
    Ophthamkic Foresight 14 6 - 7 株式会社 ファーマインターナショナル 2009年04月
  • マウスモデルを用いたHSV-1角膜炎再活性化抑制方法の検討
    渡邊 敬三; 檜垣 史郎; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 113 臨増 320 - 320 (公財)日本眼科学会 2009年03月
  • レシピエント角膜中のウイルス(CMV、HSV-1,2、VZV)DNA
    檜垣 史郎; 福田 昌彦; 金子 久俊; 錫谷 達夫; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 113 臨増 285 - 285 (公財)日本眼科学会 2009年03月
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査
    福田 昌彦; 下村 嘉一; 植田 喜一; 井上 幸次; 大橋 裕一
    日本眼科学会雑誌 112 10 902 - 902 (公財)日本眼科学会 2008年10月
  • 福田 昌彦; 下村 嘉一; 濱田 傑; Sussex Eye Hospital
    Cornea 27 8 S56 - S61 2008年09月 [査読有り]
  • OOKP(歯根部利用人工角膜)手術後のCT像
    桑原 雅知; 下野 太郎; 勝部 敬; 藤谷 哲也; 松久保 祐子; 足利 竜一朗; 細野 眞; 村上 卓道; 福田 昌彦; 濱田 傑
    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 44回 S500 - S500 (公社)日本医学放射線学会 2008年09月
  • Masahiko Fukuda; Tatsunori Deai; Shiro Higaki; Kozaburo Hayashi; Yoshikazu Shimomura
    Seminars in Ophthalmology 23 4 217 - 220 2008年07月 [査読有り]
  • 病期の異なる両眼性アカントアメーバ角膜炎の1例
    渡邊 敬三; 妙中 直子; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 1 7 649 - 652 2008年07月
  • 病期の異なる両眼性アカントアメーバ角膜炎の一例
    渡邊 敬三; 妙中 直子; 桧垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 1 7 649 - 652 眼科臨床紀要会 2008年07月
  • ひとまず覚えたい抗ウイルス薬
    福田 昌彦
    眼科ケア 9 6 30 - 31 メディカ出版 2008年06月
  • 結膜炎
    福田 昌彦
    眼科ケア 夏季増刊 104 - 111 メディカ出版 2008年06月
  • Fukuda M
    Shokuhin eiseigaku zasshi. Journal of the Food Hygienic Society of Japan 49 3 J - 242 2008年06月 [査読有り]
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)
    福田 昌彦
    NANO OPHTHALMOLOGY NANO OPHTHALMOLOGY 35 9 - 11 2008年05月
  • 歯根部利用人工角膜 -眼科と口腔外科のコラボレーション-
    福田 昌彦; 濱田 傑
    DENTAL DIAMOND DENTAL DIAMOND 33 470 67 - 71 2008年03月
  • オルソケラトロジーに対する意識調査
    月山 純子; 宮本 裕子; 野入 輝美; 福田 昌彦; 桧垣 史郎; 下村 嘉一
    日本コンタクトレンズ学会誌 50 1 46 - 52 日本コンタクトレンズ学会 2008年03月
  • COX阻害内服薬、点眼薬によるHSV-1潜伏感染マウス再活性化抑制効果
    桧垣 史郎; 渡邉 敬三; 板橋 幹城; 水野 真由美; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 112 臨増 281 - 281 (公財)日本眼科学会 2008年03月
  • 下村 嘉一; 松本 長太; 福田 昌彦; 奥山 幸子; 阿部 孝助; 国吉 一樹; 丸山 耕一; 桧垣 史郎; 高田 園子; 菅原 大輔; 妙中 直子; 出合 達則; 杉岡 孝二; 板橋 幹城; 白根 授美; 渡辺 敬三; 若山 曉美; 松本 富美子; 中尾 雄三; 三島 弘; 中山 隆志; 義江 修; 井上 幸次; 金子 久俊; 錫谷 達夫; 永井 宏; Hooper Laura C; 林 晧三郎; Hill James M
    日本眼科学会雑誌 112 3 247 - 265 (公財)日本眼科学会 2008年03月
  • 〔Case Report〕流行性角結膜炎後に発症したドライアイ
    福田 昌彦; 下村 嘉一
    Ophthalmology Update 23 3 8 - 9 2008年
  • 〔Review〕ドライアイの治療戦略
    福田 昌彦; 下村 嘉一
    Ophthalmology Update 23 3 3 - 7 2008年
  • 角結膜感染症におけるReal Time PCR法による菌同定と定量
    板橋 幹城; 桧垣 史郎; 水野 眞由美; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床紀要 1 1 79 - 79 眼科臨床紀要会 2008年01月
  • Junko Tsukiyama; Yuko Miyamoto; Shiro Higaki; Masahiko Fukuda; Yoshikazu Shimomura
    EYE & CONTACT LENS-SCIENCE AND CLINICAL PRACTICE 34 1 17 - 20 2008年01月 [査読有り]
  • Naoko Iinuma; Shiro Higaki; Tatsunori Deai; Masahiko Fukuda; Yoshikazu Shimomura
    JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 51 5 392 - 393 2007年09月
  • ソフトコンタクトレンズ装用後に認められたepithelial microcystsの2例
    河本 庄平; 福田 昌彦; 桧垣 史郎; 下村 嘉一; 前田 政徳; 田村 恭子
    眼科臨床医報 101 9 977 - 977 眼科臨床医報会 2007年09月
  • Naoko Iinuma; Shiro Higaki; Tatsunori Deai; Masahiko Fukuda; Yoshikazu Shimomura
    JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 51 5 392 - 393 2007年09月 [査読有り]
  • Naoko Taenaka; Masahiko Fukuda; Tsuyoshi Hibino; Yoko Kato; Eiko Arimura; Yasuo Ishii; Yoshikazu Shimomura
    CORNEA 26 7 876 - 879 2007年08月 [査読有り]
  • 特殊な医療材料を用いた角膜移植術
    福田 昌彦; 下村 嘉一; 江口 洋; 塩田 洋
    眼科 49 7 945 - 951 金原出版株式会社 2007年07月
  • 慢性涙嚢炎が原因と考えられた周辺部角膜潰瘍の3例
    芝野 宏子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 101 7 755 - 758 眼科臨床医報会 2007年07月
  • 【角膜移植再生医療】 特殊な医療材料を用いた角膜移植術
    福田 昌彦; 下村 嘉一; 江口 洋; 塩田 洋
    眼科 49 7 945 - 951 金原出版(株) 2007年07月
  • オルソケラトロジーにおける裸眼視力と屈折の変化および中止後の戻りについて
    宮本 裕子; 月山 純子; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本コンタクトレンズ学会誌 49 2 89 - 92 2007年06月
  • 眼科手術前後における涙液中HSV-DNAの定量
    渡邊 敬三; 桧垣 史郎; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 101 5 633 - 633 眼科臨床医報会 2007年05月
  • 両眼に発症したアカントアメーバ角膜炎の1例
    渡邊 敬三; 妙中 直子; 福田 昌彦; 桧垣 史郎; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 101 5 630 - 630 眼科臨床医報会 2007年05月
  • 涙液中へのHSV-DNAのsheddingについて(眼科手術前後の比較)
    渡邊 敬三; 桧垣 史郎; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 111 臨増 276 - 276 (公財)日本眼科学会 2007年03月
  • 下村 嘉一; 出合 達則; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 林 皓三郎; Hooper LC
    Cornea 26 2 190 - 193 2007年02月
  • Yoshikazu Shimomura; Tatsunori Deai; Masahiko Fukuda; Shiro Higaki; Laura C. Hooper; Kozaburo Hayashi
    CORNEA 26 2 190 - 193 2007年02月 [査読有り]
  • 檜垣 史郎; 板橋幹城; 出合達則; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    角膜 25 10 S64 - S67 LIPPINCOTT 2006年12月 [査読有り]
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)
    福田 昌彦
    眼科ケア 8 12 60 - 64 2006年12月
  • オルソケラトロジーにおける角膜後面曲率半径の検討
    月山 純子; 宮本 裕子; 桧垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 100 10 834 - 834 眼科臨床医報会 2006年10月
  • 近畿大学眼科における角膜内皮炎の検討
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 奥山 幸子; 桧垣 史郎; 下村 嘉一; 出合 達則
    眼科臨床医報 100 10 834 - 834 眼科臨床医報会 2006年10月
  • 近畿大学眼科における結膜腫瘍の検討
    前田 政徳; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 出合 達則; 白根 授美; 板橋 幹城; 下村 嘉一; 中尾 雄三
    眼科臨床医報 100 10 833 - 834 眼科臨床医報会 2006年10月
  • Acute hydrops後に発症した角膜ヘルペスの1例
    出合 達則; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 100 7 542 - 542 眼科臨床医報会 2006年07月
  • 角膜移植術後CandidaとMRSAの混合感染を生じた1例
    南里 勇勲; 妙中 直子; 福田 昌彦; 白根 授美; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 100 5 363 - 363 眼科臨床医報会 2006年05月
  • 上皮型角膜ヘルペスに対するバラシクロビル内服による効果
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 出合 達則; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 110 臨増 157 - 157 (公財)日本眼科学会 2006年03月
  • ベーチェット病に合併した角膜真菌症の1例
    七部 史; 丸山 耕一; 奥山 幸子; 福田 昌彦; 松本 長太; 下村 嘉一; 有村 英子
    眼科臨床医報 100 3 204 - 204 眼科臨床医報会 2006年03月
  • 腎盂腎炎に続発したMRSA眼内炎の1例
    佐藤 寿樹; 杉岡 孝二; 丸山 耕一; 松本 長太; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 100 1 67 - 67 眼科臨床医報会 2006年01月
  • Tsuyoshi Hibino; Yoshikazu Shimomura; Chota Matsumoto; Masahiko Fukuda; Naoki Uno; Masahiko Usui; Masaru Takeuchi; Tetsuya Asatani; Hiroshi Minoda
    Annals of Ophthalmology 38 4 311 - 316 2006年 [査読有り]
  • 近畿大学眼科における過去10年間に入院を要した細菌性角膜潰瘍の検討
    渡邊 敬三; 浅山 史; 妙中 直子; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 99 11 942 - 942 眼科臨床医報会 2005年11月
  • 近畿大学眼科における羊膜移植術の術後成績(羊膜移植術の術後成績)
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 奥山 幸子; 日比野 剛; 妙中 直子; 前田 政徳; 出会 達則; 板橋 幹城; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 99 11 942 - 942 眼科臨床医報会 2005年11月
  • 福田 昌彦
    臨床眼科 59 11 300 - 305 2005年10月
  • K Sugioka; JD Drake; DG Hwang; M Fukuda; Y Shimomura
    CURRENT EYE RESEARCH 30 10 863 - 869 2005年10月 [査読有り]
  • 【角膜ジストロフィ・角膜変性】 各論 角膜ジストロフィ Schnyder角膜ジストロフィ
    望月 弘嗣; 山田 昌和; 福田 昌彦
    NEW MOOK 眼科 10 83 - 87 金原出版(株) 2005年10月
  • M Fukuda; A Nakao; S Hamada; C Liu; Y Shimomura
    JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 49 5 423 - 424 2005年09月
  • ブロムフェナクナトリウム点眼液(ブロナック点眼液)の市販後調査-使用成績調査-
    福田 昌彦; 千寿製薬株式会社育薬部; 千寿製薬株式会社育薬部
    あたらしい眼科 22 9 1299 - 1308 2005年09月
  • 角膜ヘルペスの診断と治療
    福田 昌彦
    日本眼科紀要 56 710 - 713 2005年09月
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)の治療成績
    福田 昌彦; 中尾 彰; 浅山 史; 野本 裕貴; 中尾 彰; 下村 嘉一; 濱田 傑; Sussex Eye Hospital; righton, UK
    眼科臨床医報 99 7 612 - 612 眼科臨床医報会 2005年07月
  • 王 孝福; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    Seminars in Ophthalmology 20 53 - 62 Taylor & Francis 2005年05月
  • Christopher Liu; Bobby Paul; Radhika Tandon; Edward Lee; Ken Fong; Ioannis Mavrikakis; Jim Herold; Simon Thorp; Paul Brittain; Ian Francis; Colin Ferrett; Chris Hull; Andrew Lloyd; David Green; Valerie Franklin; Brian Tighe; Masahiko Fukuda; Suguru Hamada
    Seminars in Ophthalmology 20 2 113 - 128 2005年04月
  • 王 孝福; 下村 嘉一; 福田 昌彦
    Seminars in Ophthalmology 20 2 53 - 62 2005年04月 [査読有り]
  • Christopher Liu; Bobby Paul; Radhika Tandon; Edward Lee; Ken Fong; Ioannis Mavrikakis; Jim Herold; Simon Thorp; Paul Brittain; Ian Francis; Colin Ferrett; Chris Hull; Andrew Lloyd; David Green; Valerie Franklin; Brian Tighe; Masahiko Fukuda; Suguru Hamada
    Seminars in Ophthalmology 20 2 113 - 128 2005年04月 [査読有り]
  • シリコーンハイドロゲルソフトコンタクトレンズ(RD-677)長期連続装用の臨床報告
    崎元 卓; 野入 輝美; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 高橋 康造; 石川 隆; 村上 晶; 中安 清夫; 武田 桜子; 亀井 裕子; 松原 正男; 崎元 暢; 高浦 典子; 伏見 典子; 澤 充; 加島 陽二
    日本コンタクトレンズ学会誌 47 1 6 - 21 日本コンタクトレンズ学会 2005年03月
  • 近畿大学眼科における角膜ヘルペスの検討
    渡邊 敬三; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 妙中 直子; 菅原 大輔; 出合 達則; 白根 授美; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 99 3 264 - 264 眼科臨床医報会 2005年03月
  • 角膜実質細胞に対するSPARC由来ペプチド(TCDL)の影響
    阿部 考助; 前田 政徳; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    日本眼科学会雑誌 109 臨増 191 - 191 (公財)日本眼科学会 2005年02月
  • 結膜弁被覆を併用した人工角膜の組織学的評価(第2報)
    前田 政徳; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 石井 康雄; 渡邉 基成; 安田 章広; 安藤 一郎; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 109 臨増 89 - 89 (公財)日本眼科学会 2005年02月
  • Intrastromal hooking technique併用深層角膜移植術が有用であった瘢痕性角膜白斑の1例
    野本 裕貴; 福田 昌彦; 妙中 直子; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 日比野 剛
    眼科臨床医報 99 2 188 - 188 眼科臨床医報会 2005年02月
  • 檜垣 史郎; 出合達則; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    Cornea 23 8 S42 - S47 2004年11月
  • T Deai; M Fukuda; Y Tomoda; S Higaki; K Hayashi; Y Shimomura
    JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 48 6 570 - 572 2004年11月 [査読有り]
  • 全層角膜移植術を施行したInfectious Crystalline Keratopathyの1例
    辻岡 大志; 福田 昌彦; 奥山 幸子; 妙中 直子; 桧垣 史郎; 下村 嘉一; 石井 康雄
    眼科臨床医報 98 11 1054 - 1054 眼科臨床医報会 2004年11月
  • Shiro Higaki; Tatsunori Deal; Masahiko Fukuda; Yoshikazu Shimomura
    Cornea 23 8 S42 - S47 2004年11月 [査読有り]
  • 角膜移植手術者の立場から
    福田 昌彦
    臨床眼科(増刊号) 58 11 232 - 232 医学書院 2004年10月
  • 本邦初の歯根部利用人工角膜(OOKP)を行った2例
    福田 昌彦; 中尾 彰; 馬場 貴子; 野本 裕貴; 下村 嘉一; 濱田 傑; 青木 宏明; 古賀 義久; Liu Christopher
    近畿大学医学雑誌 29 2 50A - 50A 近畿大学医学会 2004年10月
  • Real time PCR法によりバラシクロビル内服の有効性が確認された角膜ヘルペスの1例
    青松 圭一; 檜垣 史郎; 出合 達則; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 98 10 927 - 927 眼科臨床医報会 2004年10月
  • M Fukuda; H Yokoyama; T Mizukami; H Ohgo; Y Okamura; Y Kamegaya; Y Horie; S Kato; H Ishii
    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY 19 10 1155 - 1162 2004年10月 [査読有り]
  • 杉岡 孝二; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 渡邉基成; 安藤一郎
    Japanese journal of ophthalmology 48 5 448 - 453 Springer-Verlag 2004年09月 [査読有り]
  • 深層角膜移植術
    福田 昌彦
    眼科 46 8 1033 - 1038 金原出版株式会社 2004年08月
  • 前眼部測定解析装置(PentacamTM)の使用経験
    山田 達生; 福田 昌彦; 妙中 直子; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 98 8 722 - 723 眼科臨床医報会 2004年08月
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)が奏効したスチーブンス・ジョンソン症候群の1例
    福田 昌彦; 中尾 彰; 下村 嘉一; 濱田 傑; Liu Christopher
    眼科臨床医報 98 4 349 - 349 眼科臨床医報会 2004年04月
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)
    福田 昌彦
    IOL&RS IOL&RS 18 1 22 - 25 日本眼内レンズ屈折手術学会 2004年03月
  • ACV点眼液のマウス角膜ヘルペスに対する効果
    檜垣 史郎; 福田 昌彦; 出合 達則; 下村 嘉一; 笠間 俊男; 花染 功; 岡本 智之
    日本眼科学会雑誌 108 臨増 287 - 287 (公財)日本眼科学会 2004年03月
  • 患者母角膜及び輸入ドナー強角膜片におけるHSVゲノムの定量
    出合 達則; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 108 臨増 192 - 192 (公財)日本眼科学会 2004年03月
  • 結膜弁被覆を併用した人工角膜の長期埋植試験と組織学的評価
    前田 政徳; 福田 昌彦; 日比野 剛; 杉岡 孝二; 渡邉 基成; 安田 章広; 安藤 一郎; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 108 臨増 191 - 191 (公財)日本眼科学会 2004年03月
  • T Deai; M Fukuda; T Hibino; S Higaki; K Hayashi; Y Shimomura
    CORNEA 23 2 125 - 128 2004年03月 [査読有り]
  • H Sato; M Fukuda; T Hibino; Y Shimomura; S Yamamoto
    JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 48 1 79 - 81 2004年01月 [査読有り]
  • 慢性涙嚢炎が原因と考えられた周辺部角膜潰瘍の3例
    芝野 宏子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 97 11 1039 - 1039 眼科臨床医報会 2003年11月
  • 福田 昌彦; 出合達則; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 近畿大学医学部堺病院; NIH
    Cornea 22 7 S55 - S60 Lippincot Williams & Wilkins 2003年10月
  • 電気刺激により再発した角膜ヘルペスの一例
    飯沼 直子; 出合 達則; 桧垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 97 10 911 - 911 眼科臨床医報会 2003年10月
  • 福田 昌彦
    臨床眼科 57 11 294 - 297 医学書院 2003年09月
  • ドミノ角膜移植を行った3例
    福田 昌彦; 加藤容子; 下村 嘉一; 近畿大学医学部堺病院; 鳥取大学医学部
    Japanese Journal of Ophthalmology 47 529 - 530 Elsevier 2003年09月
  • M Fukuda; Y Kato; T Hibino; Y Shimomura; Y Inoue
    JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 47 5 529 - 530 2003年09月
  • 全層角膜移植術後に発症した角膜ヘルペスの1例
    安井 由香; 福田 昌彦; 出合 達則; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 97 9 797 - 797 眼科臨床医報会 2003年09月
  • アシナガバチの眼刺傷による角膜炎に深層角膜移植術が奏功した1例
    妙中 直子; 日比野 剛; 前田 政徳; 芝野 宏子; 國吉 一樹; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 坂ノ下 和弘
    眼科臨床医報 97 7 604 - 604 2003年07月
  • 大阪府で見出された東洋眼虫症の1例
    高田 園子; 国吉 一樹; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    近畿大学医学雑誌 28 1 28A - 28A 近畿大学医学会 2003年07月
  • アシナガバチの眼刺傷による角膜炎に深層角膜移植術が奏効した1例
    妙中 直子; 日比野 剛; 前田 政徳; 芝野 宏子; 国吉 一樹; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 坂ノ下 和弘
    眼科臨床医報 97 7 604 - 604 眼科臨床医報会 2003年07月
  • Real-time PCR法が有効であった非定型的上皮型角膜ヘルペスの一例
    出合 達則; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 日比野 剛; 檜垣 史郎
    日本眼科紀要 54 4 298 - 301 2003年04月
  • 無虹彩症
    福田 昌彦
    あたらしい眼科 20 4 479 - 480 メディカル葵出版 2003年04月
  • Real-time PCR法が有効であった非定型的上皮型角膜ヘルペスの一例
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    日本眼科紀要 54 4 298 - 301 日本眼科紀要会 2003年04月
  • Real-Time Polymerase Chain Reaction(PCR)法が有効であった非定型的上皮型角膜ヘルペスの1例
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    日本眼科紀要 54 4 298 - 301 日本眼科紀要会 2003年04月
  • 治療的角膜移植を行った角膜真菌症の2例
    前田 政徳; 福田 昌彦; 飯沼 直子; 日比野 剛; 妙中 直子; 下村 嘉一; 石井 康雄
    眼科臨床医報 97 4 315 - 315 眼科臨床医報会 2003年04月
  • 眼部帯状ヘルペスによる前眼部病変とその治療
    福田 昌彦
    あたらしい眼科 20 3 303 - 307 メディカル葵出版 2003年03月
  • SPARC由来ペプチド(TCDL)が培養角膜実質細胞に及ぼす影響
    前田 政徳; 森下 亮子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    日本眼科学会雑誌 107 臨増 219 - 219 (公財)日本眼科学会 2003年03月
  • Real Time PCR法でHSV genomeが同定された壊死性強膜炎の1例
    服部 良太; 日比野 剛; 出合 達則; 留守 良太; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 97 3 234 - 234 眼科臨床医報会 2003年03月
  • Real time PCR法を用いた涙液,前房水,角膜中におけるHSVゲノムの定量
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 107 臨増 158 - 158 (公財)日本眼科学会 2003年03月
  • アカントアメーバ角膜炎
    福田 昌彦
    あたらしい眼科 20 2 219 - 220 メディカル葵出版 2003年02月
  • 化膿性肉芽腫
    福田 昌彦
    あたらしい眼科 20 1 75 - 76 メディカル葵出版 2003年01月
  • 歯根部利用人工角膜
    福田 昌彦; 下村 嘉一; 浜田 傑; Sussex Eye Hospital
    眼科手術 16 1 49 - 52 2003年01月
  • 眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症
    村田 恭子; 福田 昌彦; 妙中 直子; 杉岡 孝二; 出合 達則; 下村 嘉一
    眼科 45 1 97 - 102 金原出版(株) 2003年01月
  • MRSA、MRSE眼感染症とその対策
    福田 昌彦
    日本の眼科 73 11 1211 - 1213 社団法人 日本眼科医会 2002年11月
  • 改良型歯根部利用人工角膜の紹介
    Christopher Liu; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 浜田 傑
    日本眼科紀要 53 472 - 475 2002年11月
  • Automated Lamellar Therapeutic Keratoplastyを施行した1例
    佐藤 寿樹; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 山本 修士
    眼科臨床医報 96 10 1114 - 1114 眼科臨床医報会 2002年10月
  • 花火による角膜熱傷の3例
    佐藤 寿樹; 福田 昌彦; 山本 肇; 宇野 直樹; 日比野 剛; 下村 嘉一; 堀内 典子; 中村 陽一
    眼科臨床医報 96 8 892 - 892 眼科臨床医報会 2002年08月
  • Real-time PCR法を用いた涙液中HSVゲノムの定量
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一; 木村 宏; 林 皓三郎
    近畿大学医学雑誌 27 1 27A - 27A 近畿大学医学会 2002年06月
  • 改良型歯根部利用人工角膜の紹介
    福田 昌彦; 下村 嘉一; 濱田 傑
    日本眼科紀要 53 6 472 - 475 日本眼科紀要会 2002年06月
  • 阪和住吉総合病院におけるLaser In Situ Keratomileusis(LASIK)導入初期の成績と合併症
    友田 有美子; 岩垣 厚志; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本眼科紀要 53 6 439 - 443 日本眼科紀要会 2002年06月
  • 長期副腎ステロイド薬点眼使用中に再発を繰り返したメチシリン耐性黄色ぶどう球菌角膜炎の1例
    白根 授美; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本眼科紀要 53 1 31 - 35 2002年05月
  • MRSEによる白内障術後眼内炎の2例
    出合 達則; 福田 昌彦; 入船 元裕; 日比野 剛; 国吉 一樹; 留守 良太; 松本 長太; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 96 5 600 - 600 眼科臨床医報会 2002年05月
  • 全層型人工角膜の家兎眼への埋殖評価 (第3報)
    杉岡 孝二; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 石井 康雄; 渡邉 基成; 加藤 晴美; 安田 章広; 安藤 一郎
    日本眼科学会雑誌 106 臨増 95 - 95 (公財)日本眼科学会 2002年04月
  • 角膜真菌症2例の臨床経過及び組織学的検討
    前田 政徳; 福田 昌彦; 飯沼 直子; 日比野 剛; 妙中 直子; 下村 嘉一; 石井 康雄
    日本眼科学会雑誌 106 臨増 111 - 111 (公財)日本眼科学会 2002年04月
  • ラタノプロスト点眼のHSVマウス感染モデルにおける影響
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一; 木村 宏; 林 皓三郎
    日本眼科学会雑誌 106 臨増 112 - 112 (公財)日本眼科学会 2002年04月
  • SPARC由来ペプチドが培養角膜実質細胞に及ぼす影響
    森下 亮子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    日本眼科学会雑誌 106 臨増 103 - 103 (公財)日本眼科学会 2002年04月
  • type II transglutaminaseの角膜実質細胞における細胞増殖と細胞接着に及ぼす影響
    妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    日本眼科学会雑誌 106 臨増 102 - 102 (公財)日本眼科学会 2002年04月
  • 角膜移植術後に発症した単純ヘルペスウィルス2型角膜炎の1例
    出合 達則; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 村田 恭子; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 96 4 452 - 452 眼科臨床医報会 2002年04月
  • 大阪府で見い出された東洋眼虫症の1例
    髙田 園子; 國吉 一樹; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 宇仁 茂彦
    日本眼科紀要 53 2 150 - 153 日本眼科紀要会 2002年02月
  • Masahiko Fukuda; Hideyuki Ohashi; Chota Matsumoto; Soichiro Mishima; Yoshikazu Shimomura
    Cornea 21 7 S86 - S89 2002年
  • 長期副腎皮質ステロイド薬点眼使用中に再発を繰り返したメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)角膜炎の1例
    白根 授美; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本眼科紀要 53 1 31 - 35 日本眼科紀要会 2002年01月
  • 中村 靖子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 國吉 一樹; 古田 格; 前野 知子
    臨床眼科 55 12 1907 - 1910 2001年12月
  • 中村 靖子; 福田 昌彦; 国吉 一樹; 下村 嘉一; 前野 知子; 古田 格
    臨床眼科 55 12 1907 - 1910 (株)医学書院 2001年11月
  • Bandage SCL,EGF点眼の併用が有効であった角膜熱傷の1例
    渡辺 佳子; 福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 95 11 1145 - 1145 眼科臨床医報会 2001年11月
  • 黄斑下新生血管を合併した風疹網膜症
    木下 雅代; 国吉 一樹; 野入 輝美; 入船 元裕; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 95 8 846 - 847 眼科臨床医報会 2001年08月
  • 近畿大学眼科におけるコンタクトレンズによる細菌性角膜腫瘍
    白根 授美; 福田 昌彦; 宮本裕子; 下村 嘉一
    日本コンタクトレンズ学会誌 43 2 57 - 60 2001年06月
  • 近畿大学眼科におけるコンタクトレンズによる細菌性角膜潰瘍
    白根 授美; 福田 昌彦; 宮本 裕子; 下村 嘉一
    日本コンタクトレンズ学会誌 43 2 57 - 60 日本コンタクトレンズ学会 2001年06月
  • 涙小管炎8例の検討
    中村 靖子; 福田 昌彦; 国吉 一樹; 下村 嘉一; 前野 知子; 古田 格
    近畿大学医学雑誌 26 1 21A - 21A 近畿大学医学会 2001年04月
  • 無虹彩症の角膜所見について
    板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 日比野 剛
    日本眼科紀要 52 3 224 - 227 日本眼科紀要会 2001年03月
  • 人工角膜の移植成績と組織学的検討
    杉岡 孝二; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 渡邉 基成; 加藤 晴美; 安田 章広; 安藤 一郎
    日本眼科学会雑誌 105 臨増 198 - 198 (公財)日本眼科学会 2001年03月
  • 角膜上皮創傷治癒に対するプロスタグランジン誘導体の影響
    月山 純子; 三島 弘; 日比野 剛; 阿部 考助; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本眼科学会雑誌 105 臨増 188 - 188 (公財)日本眼科学会 2001年03月
  • type II transglutaminaseの角膜実質細胞における発現と細胞増殖に及ぼす影響
    妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    日本眼科学会雑誌 105 臨増 176 - 176 (公財)日本眼科学会 2001年03月
  • 眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症
    村田 恭子; 福田 昌彦; 妙中 直子; 杉岡 孝二; 出合 達則; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 95 2 202 - 202 眼科臨床医報会 2001年02月
  • 眼部帯状ヘルペスウイルスによる前眼部病変について教えてください。
    福田 昌彦
    あたらしい眼科 17 臨時増刊号 145 - 147 メディカル葵出版 2001年
  • 近畿大学眼科における全層角膜移植術後の続発緑内障
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 日比野 剛; 奥山 幸子; 三島 弘; 下村 嘉一
    あたらしい眼科 18 7 948 - 951 2001年
  • 近畿大学眼科における全層角膜移植術後緑内障
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 奥山 幸子; 日比野 剛; 下村 嘉一; 三島 弘
    眼科手術 14 臨増 223 - 223 (公社)日本眼科手術学会 2001年01月
  • LASIK導入初期の成績と合併症
    友田 有美子; 岩垣 厚志; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科手術 14 臨増 258 - 258 (公社)日本眼科手術学会 2001年01月
  • 角膜ドミノ移植を施行した一例
    田村 容子; 福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一
    眼科手術 14 臨増 223 - 223 (公社)日本眼科手術学会 2001年01月
  • 遷延性意識障害患者に発症した糸状角膜炎に対する治療用ソフトコンタクトレンズの効果
    野入 輝美; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    日本コンタクトレンズ学会誌 42 4 167 - 170 日本コンタクトレンズ学会 2000年12月
  • 外眼部感染症治療薬の副作用
    福田 昌彦
    あたらしい眼科 17 10 1337 - 1342 メディカル葵出版 2000年10月
  • 高齢者のブドウ球菌性結膜炎に対するクロラムフェニコール点眼治療
    大橋 秀行; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    感染症学雑誌 74 10 930 - 930 (一社)日本感染症学会 2000年10月
  • コンタクトレンズによる角膜潰瘍
    白根 授美; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 94 10 1289 - 1289 眼科臨床医報会 2000年10月
  • コンタクトレンズを装用して5年以上経過観察できた円錐角膜症例の検討
    宮本 裕子; 野入 輝美; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科 42 9 1159 - 1163 金原出版(株) 2000年09月
  • 全層角膜移植術を行ったシュナイダー角膜ジストロフィの一例
    月山 純子; 下村 嘉一; 日比野 剛; 福田 昌彦; 三島 弘; 病理学II; 病理学II
    眼紀 51 7 643 - 647 2000年07月
  • 全層角膜移植術を行ったシュナイダー角膜ジストロフィの1例
    山本 純子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 三島 弘; 下村 嘉一; 蛭間 眞吾; 橋本 重夫
    日本眼科紀要 51 7 643 - 647 日本眼科紀要会 2000年07月
  • 先天性無虹彩症の角膜所見について
    板橋 幹城; 福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 94 7 963 - 963 眼科臨床医報会 2000年07月
  • 9歳女児に発症した原田病の1例
    丸山 耕一; 坂根 靖子; 奥山 幸子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 94 7 962 - 963 眼科臨床医報会 2000年07月
  • 遷延性意識障害患者の糸状角膜炎に対する治療用SCLによる治療
    宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 木本 敦史
    近畿大学医学雑誌 25 1 19A - 19A 近畿大学医学会 2000年06月
  • 入船 元裕; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 妙中 直子; 原 英徳; 三島 弘
    臨床眼科 54 5 999 - 1002 2000年05月
  • 幼少時より再発を繰り返した束状角膜炎の1例
    西信亮子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 原 英徳; 日比野 剛; 三島 弘
    日本眼科紀要 51 4 393 - 395 2000年04月
  • MRSEによる術後眼内炎の1例
    出合 達則; 入船 元裕; 日比野 剛; 国吉 一樹; 松本 長太; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    眼科臨床医報 94 4 543 - 544 眼科臨床医報会 2000年04月
  • 高齢者のブドウ球菌性結膜炎に対するクロラムフェニコール点眼治療
    大橋 秀行; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    感染症学雑誌 74 臨増 220 - 220 (一社)日本感染症学会 2000年03月
  • 角膜実質細胞におけるTGF-βの作用に対するLAPの影響
    妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    日本眼科学会雑誌 104 臨増 130 - 130 (公財)日本眼科学会 2000年03月
  • 角膜実質細胞のコラーゲンゲル収縮作用に及ぼすSPARC活性ペプチドの影響
    西信 亮子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    日本眼科学会雑誌 104 臨増 130 - 130 (公財)日本眼科学会 2000年03月
  • 進行性全身性皮膚硬化症に合併したサルコイドーシスの1例
    坂根 靖子; 朝田 佳陽子; 丸山 耕一; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 中尾 雄三
    眼科臨床医報 94 2 244 - 245 眼科臨床医報会 2000年02月
  • クロラムフェニコール点眼が有効であった長期臥床高齢者に発症したMRSA角膜潰瘍の1例
    大橋 秀行; 福田 昌彦
    あたらしい眼科 17 2 237 - 240 (株)メディカル葵出版 2000年02月
  • 遷延性意識障害患者に発症した糸状角膜炎に対する治療用ソフトコンタクトレンズの効果
    野入 輝美; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 大鳥 利文
    眼科臨床医報 94 2 243 - 243 眼科臨床医報会 2000年02月
  • Propionibacterium propionicusによる涙小管炎の1例
    坂根 靖子; 福田 昌彦; 朝田 佳陽子; 国吉 一樹; 下村 嘉一; 前野 知子; 古田 格
    眼科臨床医報 93 11 1660 - 1661 眼科臨床医報会 1999年11月
  • Corneal epithelial dysplasiaの1例
    妙中 直子; 原 英徳; 日比野 剛; 福田 昌彦; 三島 弘; 大鳥 利文
    眼科臨床医報 93 8 1271 - 1272 眼科臨床医報会 1999年08月
  • 幼少時より再発を繰り返した束状角膜炎の1例
    西信 亮子; 原 英徳; 日比野 剛; 福田 昌彦; 三島 弘; 大鳥 利文
    眼科臨床医報 93 6 936 - 936 眼科臨床医報会 1999年06月
  • Yokoyama H; Fukuda M; Okamura Y; Mizukami T; Ohgo H; Kamegaya Y; Kato S; Ishii H
    Alcoholism, clinical and experimental research 23 Suppl s4 71S - 75S 1999年04月 [査読有り]
  • Nakamura Y; Yokoyama H; Okamura Y; Ohgo H; Fukuda M; Horie Y; Kato S; Ishii H
    Alcoholism, clinical and experimental research 23 Suppl s4 92S - 95S 1999年04月 [査読有り]
  • 老視を伴った強度近視患者におけるコンタクトレンズの使用状況と意識調査
    宮本 裕子; 安田 富美子; 立花 都子; 福田 昌彦; 大鳥 利文
    日本コンタクトレンズ学会誌 41 1 26 - 30 日本コンタクトレンズ学会 1999年03月
  • 大橋 秀行; 福田 昌彦
    臨床眼科 53 3 394 - 396 (株)医学書院 1999年03月
  • 耳側より発生した翼状片について
    入船 元裕; 妙中 直子; 原 英徳; 福田 昌彦; 三島 弘; 大鳥 利文
    眼科臨床医報 93 3 486 - 486 眼科臨床医報会 1999年03月
  • 視野検査法の基礎と臨床
    大鳥 利文; 中尾 雄三; 松本 長太; 三島 弘; 福田 昌彦; 田原 恭治; 宇山 令司; 宇山 孝司; 奥山 幸子; 山田 泰生; 岩垣 厚志; 宇野 直樹; 咲山 豊; 高田 園子; 中村 紀孔; 安田 富美子; 若山 曉美; 藤本 和博
    日本眼科学会雑誌 102 12 779 - 795 (公財)日本眼科学会 1998年12月
  • 高齢者の細菌性結膜炎からの検出菌の検討
    大橋 秀行; 福田 昌彦
    あたらしい眼科 15 12 1727 - 1729 (株)メディカル葵出版 1998年12月
  • 翼状片の術後合併症
    入船 元裕; 妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 三島 弘; 大鳥 利文
    眼科臨床医報 92 11 1663 - 1663 眼科臨床医報会 1998年11月
  • 高齢者の結膜嚢内MRSA保菌者に対する洗眼効果
    大橋 秀行; 福田 昌彦; 大鳥 利文; 田村 雅仁
    日本眼科紀要 49 11 903 - 905 日本眼科紀要会 1998年11月
  • 角膜フリクテン6例の臨床的検討
    西信 亮子; 原 英徳; 日比野 剛; 福田 昌彦; 大島 利文
    日本眼科紀要 49 10 821 - 825 日本眼科紀要会 1998年10月
  • サルファ剤点眼後に発症したStevens-Johnson症候群の1例
    藤津 喜久美; 佐野 仁美; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 三島 弘; 大鳥 利文
    眼科臨床医報 92 10 1481 - 1481 眼科臨床医報会 1998年10月
  • 角膜上皮形成術と全層角膜移植術の併用が奏効した水疱性角膜症の1例
    妙中 直子; 高田 園子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 大鳥 利文
    あたらしい眼科 15 9 1285 - 1288 (株)メディカル葵出版 1998年09月
  • 水疱性角膜症に発症したMRSA角膜炎の1例
    山本 純子; 日比野 剛; 福田 昌彦
    あたらしい眼科 15 4 565 - 568 (株)メディカル葵出版 1998年04月
  • 表層角膜移植術後母角膜に発症した角膜真菌症の1例
    妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦
    あたらしい眼科 15 2 233 - 236 (株)メディカル葵出版 1998年02月
  • 大橋 秀行; 福田 昌彦; 大鳥 利文
    あたらしい眼科 15 1 105 - 108 (株)メディカル葵出版 1998年01月
  • アトピー性皮膚炎患者の角膜形状について
    福田 昌彦; 松本 長太; 三島 弘
    日本眼科紀要 49 1 56 - 59 日本眼科紀要会 1998年01月
  • 全層角膜移植術後の角膜屈折力
    下出 綾; 阿部 考助; 福田 昌彦
    あたらしい眼科 14 9 1383 - 1385 (株)メディカル葵出版 1997年09月
  • 表層角膜移植術後に周辺部潰瘍を起こした1例
    野入 輝美; 福田 昌彦; 日比野 剛
    あたらしい眼科 14 9 1387 - 1390 (株)メディカル葵出版 1997年09月
  • 外傷後に発症したアカントアメーバ角膜炎の1例
    福田 昌彦; 山本 純子; 原 英徳
    日本眼科紀要 48 8 934 - 937 日本眼科紀要会 1997年08月
  • 近畿大学眼科で1995年より経験した11例の角膜真菌症の検討
    妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦
    日本眼科紀要 48 7 883 - 886 日本眼科紀要会 1997年07月
  • M Fukuda; H Mishima; T Otori
    JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 41 2 63 - 66 1997年03月 [査読有り]
  • 大橋 秀行; 福田 昌彦; 三島 弘
    臨床眼科 51 3 279 - 281 (株)医学書院 1997年03月
  • 翼状片術後に発生したPyogenic Granulomaの1例
    中塚 淳子; 藤津 喜久美; 福田 昌彦
    日本眼科紀要 47 12 1461 - 1463 日本眼科紀要会 1996年12月
  • 遷延性角膜上皮欠損に対し血清点眼が有効であった眼類天疱瘡の1例
    原 英徳; 福田 昌彦; 三島 弘
    日本眼科紀要 47 11 1329 - 1332 日本眼科紀要会 1996年11月
  • シュナイダー角膜変性症の一家系
    山本 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦
    日本眼科紀要 47 10 1161 - 1164 日本眼科紀要会 1996年10月
  • ヒト涙液中のヒアルロン酸の濃度について
    福田 昌彦
    日本眼科学会雑誌 100 臨増 128 - 128 (公財)日本眼科学会 1996年04月
  • M Fukuda; RJ Fullard; MDP Willcox; C BaleriolaLucas; F Bestawros; D Sweeny; BA Holden
    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 37 2 459 - 467 1996年02月
  • 近畿大学眼科における全層角膜移植術 過去9年間の成績
    福田 昌彦; 三島 弘; 宮本 裕子
    あたらしい眼科 12 11 1789 - 1791 (株)メディカル葵出版 1995年11月
  • 全層角膜移植術後29年目に拒絶反応を起こした円錐角膜の1例
    宮本 裕子; 福田 昌彦; 三島 弘
    あたらしい眼科 12 8 1273 - 1275 (株)メディカル葵出版 1995年08月
  • 毛虫の刺毛による角膜異物の1例
    丸山 耕一; 福田 昌彦; 田原 恭治
    あたらしい眼科 9 9 1565 - 1568 (株)メディカル葵出版 1992年09月
  • 宮本 裕子; 福田 昌彦; 安本 京子
    臨床眼科 45 12 1843 - 1846 (株)医学書院 1991年11月
  • ドライアイと角結膜上皮
    福田 昌彦; 西田 輝夫
    あたらしい眼科 8 7 1037 - 1042 (株)メディカル葵出版 1991年07月
  • 福田 昌彦; 遊佐 留実; 宮本 裕子
    臨床眼科 45 4 496 - 498 (株)医学書院 1991年04月
  • 王 孝福; 宮本 裕子; 福田 昌彦
    臨床眼科 45 4 515 - 517 (株)医学書院 1991年04月
  • コラーゲンシールドが有効であった細菌感染後の遷延性角膜上皮欠損の1例
    遊佐 留実; 宮本 裕子; 福田 昌彦
    あたらしい眼科 7 9 1369 - 1372 (株)メディカル葵出版 1990年09月
  • 安本 京子; 宮本 裕子; 福田 昌彦
    臨床眼科 42 5 546 - 547 (株)医学書院 1988年05月
  • Y KIHARA; Y SHIMOMURA; T OMOTO; M FUKUDA
    JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 32 1 31 - 34 1988年 [査読有り]
  • 白内障術後に生じた角膜乱視の経過と縫合糸切断の結果
    福田 昌彦; 西田 輝夫; 北谷 和章
    眼科臨床医報 81 8 1904 - 1909 眼科臨床医報会 1987年08月
  • コラーゲンゲル内における角膜実質細胞の変化について
    西田 輝夫; 福田 昌彦; 三島 弘
    コラーゲン研究会抄録 昭和61年度 87 - 89 マトリックス研究会 1987年03月
  • Y. Inoue; S. Sawai; H. Watanabe; Y. Shimomura; A. Sasaoka; Y. Ohashi; M. Fukuda; R. Manabe
    Journal of Japanese Ophthalmological Society 91 11 982 - 987 1987年 [査読有り]
  • T. Nishida; J. Yagi; M. Fukuda; T. Kusube; T. Otori
    Cornea 6 1 32 - 37 1987年 [査読有り]
  • 培養家兎角膜実質細胞におけるフィブロネクチンとアクチンの局在とその相互関係について
    福田 昌彦; 八木 純平; 安本 京子
    日本眼科学会雑誌 90 12 1506 - 1513 (公財)日本眼科学会 1986年12月
  • 同一家系内母子3例にみられたMarfan症候群
    福田 昌彦; 中尾 雄三; 大鳥 利文
    近畿大学医学雑誌 11 3 423 - 427 近畿大学医学会 1986年09月
  • 眼部帯状ヘルペスの眼所見および治療について
    八木 純平; 福田 昌彦; 安本 京子
    日本眼科紀要 37 7 1021 - 1026 日本眼科紀要会 1986年07月
  • フィブロネクチンによるポリメチールメタアクリル酸樹脂(PMMA)表面親水性処理について
    福田 さとり; 宮本 裕子; 福田 昌彦
    日本コンタクトレンズ学会誌 28 2 122 - 125 日本コンタクトレンズ学会 1986年06月
  • 細菌性潰瘍を併発し重篤な経過をとった眼部帯状ヘルペスの1症例
    福田 昌彦; 西田 輝夫; 大鳥 利文
    あたらしい眼科 3 6 866 - 871 (株)メディカル葵出版 1986年06月
  • M. Fukuda; J. Yagi; K. Yasumoto; H. Mishima; T. Nishida; T. Otori
    Journal of Japanese Ophthalmological Society 90 12 1506 - 1513 1986年 [査読有り]
  • 大鳥 利文; 中尾; 雄三; 松本 長太; 福田 昌彦; 楠部 亨; 岡村 和和世; 池田 雅晴
    臨床眼科 39 6 715 - 719 1985年06月 [査読有り]
  • コンタクトレンズによる角膜感染症-リスクの評価と予防法の考察-
    福田昌彦
    日本コンタクトレンズ学会誌 56 1 47 - 51 [招待有り]

書籍

  • 眼科疾患最新の治療2022-2024
    福田昌彦 (担当:分担執筆範囲:ウイルス性眼瞼炎(単純ヘルペス眼瞼炎、眼部帯状ヘルペス))南江堂 2022年01月
  • 角膜クリニック
    福田昌彦 (担当:分担執筆範囲:人工角膜)医学書院 2021年07月
  • 前眼部アトラス
    福田昌彦 (担当:分担執筆範囲:涙小管炎による慢性結膜炎)総合医学社 2020年04月
  • 眼科学(第3版)
    福田昌彦 (担当:分担執筆範囲:角膜手術各論)文光堂 2020年04月
  • 人工角膜の現状と可能性
    福田昌彦 (担当:共著範囲:総説)2019年05月
  • 眼科疾患 最新の治療 2019-2021
    福田昌彦 (担当:分担執筆範囲:角膜ヘルペス:実質型)南江堂 2019年03月
  • 今日の治療指針
    福田昌彦 (担当:分担執筆範囲:屈折異常(眼鏡、コンタクトレンズ))医学書院 2019年01月
  • 人工角膜
    福田昌彦 (担当:分担執筆範囲:眼科手術の適応)金原出版株式会社 2017年09月
  • 今日の眼疾患治療指針(第3版)
    福田昌彦 (担当:分担執筆範囲:細菌性角膜炎)医学書院 2016年10月
  • 眼感染症の傾向と対策
    福田昌彦 (担当:分担執筆範囲:コンタクトレンズ関連角膜感染症の歴史的背景)医学書院 2016年10月
  • 眼感染症の傾向と対策(完全マニュアル)
    福田昌彦 (担当:編者(編著者)範囲:序文)医学書院 2016年10月
  • 角結膜疾患に治療戦略 薬物治療と手術の最前線
    福田昌彦 (担当:範囲:OOKP)医学書院 2016年04月 3 379-381
  • 一目でわかる眼疾患の見分け方 上巻 角結膜疾患、緑内障
    福田昌彦 (担当:範囲:角膜実質炎)メジカルビュー社 2016年04月 1 80
  • 眼科疾患 最新の治療 2016-2018
    福田昌彦 (担当:範囲:2. 角膜脂肪変性)南江堂 2016年03月 141
  • 専門医のための眼科診療クオリファイ 25 角膜混濁のすべて
    福田昌彦 (担当:分担執筆範囲:実質型角膜ヘルペス)中山書店 2014年11月
  • 眼感染症診療マニュアル
    福田昌彦 (担当:分担執筆範囲:角膜移植関連感染症)医学書院 2014年10月
  • 眼科診療のピットフォール 松本長太編, ステロイド点眼、内服治療中に生じた眼痛
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)金芳堂 京都市 2013年11月 
    ステロイド点眼、内服治療中に生じた眼痛についてカンジダ角膜炎の症例で解説した。
  • 眼科診療のピットフォール 松本長太編, コンタクトレンズ装用者の眼痛
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)金芳堂 京都市 2013年11月 
    コンタクトレンズ装用者の眼痛について緑膿菌性角膜潰瘍症例で解説した。
  • ドライアイスペシャリストへの道 横井則彦編, クリニカルクエスチョン(睡眠中に涙は出ているのでしょうか?また、その組成は起きているときと違うのでしょうか?)
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)中山書店 東京 2013年11月 
    睡眠中の涙液について解説した。
  • スリット所見で診るコンタクトレンズ合併症, Epithelial microcysts
    河本 庄平; 福田 昌彦 (担当:共著範囲:)株式会社メジカルビュー社 2013年07月
  • コンタクトレンズ合併症 渡邉 潔、前田直之編, Case11 緑膿菌性角膜潰瘍
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)株式会社 メジカルビュー社 東京 2013年07月 
    ソフトコンタクトレンズユーザーに発症した緑膿菌性角膜潰瘍について解説した。
  • 重篤副作用疾患別対応マニュアル第5集, 角膜混濁
    下村 嘉一; 福田 昌彦; 近間 泰一郎; 堀 裕一; 山田 昌和 (担当:共著範囲:)財団法人日本医薬情報センター(JAPIC) 2011年07月 
    角膜混濁の副作用について論じた
  • 眼科学 第2版, 角膜手術各論 1)角膜擦過、掻爬 2)anterior stromal puncture 3)角膜の縫合 4)角膜切除術 5)結膜被覆術 6)角膜熱形成術
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)株式会社 文光堂 2011年05月 
    角膜手術各論 1)角膜擦過、掻爬 2)anterior stromal puncture 3)角膜の縫合 4)角膜切除術 5)結膜被覆術 6)角膜熱形成術 の詳細について解説した。
  • 眼の感染症(下村嘉一編), 眼の感染症の特殊性
    檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一 (担当:共著範囲:)2010年11月
  • 角膜パーツ移植 坪田一男編集, 人工角膜移植
    福田 昌彦; 下村 嘉一 (担当:共著範囲:)文光堂 2010年01月 
    人工角膜の歴史、Alpha-Cor、Boston K-pro、OOKP(歯根部利用人工角膜)について解説した。
  • 眼科診療学ABC, 結膜の腫瘍とは?
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メジカルビュー社 2009年03月 
    結膜の腫瘍について解説した。
  • 眼科診療学ABC, アレルギー性結膜炎、春季カタルとは?
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メジカルビュー社 2009年03月 
    アレルギー性結膜炎、春季カタルについて簡単に解説した。
  • 眼科診療学ABC, アレルギー発症の機序と眼アレルギー疾患を簡単に解説せよ
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メジカルビュー社 2009年03月 
    アレルギー発症の機序と眼アレルギー疾患を簡単に解説した。
  • 前眼部アトラス, 無虹彩症、昆虫・植物による角膜障害、人工角膜
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)文光堂 2008年11月 
    無虹彩症、昆虫・植物による角膜障害、人工角膜について解説した。
  • 眼科インストラクションコース13、眼科の処置と小手術完全マスター, 結膜縫合術、角膜縫合術
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メジカルビュー社 2008年10月 
    結膜縫合術、角膜縫合術について、翼状片手術、角膜移植手術を題材に解説した。
  • 眼科プラクティス23 眼科薬物治療A to Z, 単純ヘルペス角膜炎、帯状ヘルペス角膜炎
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)文光堂 2008年09月 
    単純ヘルペス角膜炎、帯状ヘルペス角膜炎の診断と治療について解説した。
  • 眼科診療のコツと落とし穴1 手術-前眼部, 再発させない翼状片手術
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)中山書店 2008年09月 
    自分なりに工夫している翼状片手術方法について解説した。
  • 図解眼科, 涙器疾患
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)金芳堂 2008年05月 
    涙器疾患について解説した。
  • 図解眼科, 結膜疾患
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)金芳堂 2008年05月 
    結膜疾患について解説した。
  • 図解眼科, 涙器検査、眼球突出度測定
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)金芳堂 2008年05月 
    涙器検査、眼球突出度測定、結膜疾患、涙器疾患について解説した。
  • 今日の小児治療指針, 眼瞼・結膜炎
    福田 昌彦 (担当:単著範囲:)医学書院 2006年05月 
    小児の眼瞼疾患、結膜炎について解説した。
  • 角膜・結膜・眼瞼・涙器, 角膜移植、コメント
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)金原出版株式会社 2005年12月 
    角膜移植の最新のに手術方法について述べた。
  • NEW MOOK 眼科 10 角膜ジストロフィ・角膜変性, Schnyder角膜ジストロフィ
    福田 昌彦; 国立病院機構東京医療センター感覚器センター視覚研究部; 国立病院機構東京医療センター感覚器センター視覚研究部 (担当:共著範囲:)金原出版株式会社 2005年10月 
    Schnyder角膜ジストロフィにつき自験例を中心に解説した。
  • 眼科ケア, 全層角膜移植
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メディカ出版 2004年04月 
    全層角膜移植の術式についてアトラス形式で解説した。
  • 眼科診療ガイド, 急性涙腺炎、慢性涙腺炎
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)文光堂 2004年03月 
    急性涙腺炎、慢性涙腺炎について解説した。
  • 眼科薬物治療ガイド, カタル性角膜潰瘍、蚕食性角膜潰瘍
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)文光堂 2004年 
    カタル性角膜潰瘍、蚕食性角膜潰瘍について解説した。
  • 眼科診療プラクティス, 結膜・強膜・角膜
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)文光堂 2003年11月 
    小児眼科プライマリ・ケア特集号において小児の結膜、強膜、角膜疾患について解説した。
  • 日経メディカル, SJS患者の「目には歯を」
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)日経BP社 2003年09月 
    患者自身の歯の根元を人工角膜の支持部に利用するOOKPについて解説した。
  • 眼科ケア, MRSA,MRSE感染
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メディカ出版 2003年08月 
    眼科領域におけるMRSA,MRSE感染について解説した。
  • 眼科ケア, 手術アトラス 外来手術2
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メディカ出版 2003年05月 
    眼科の外来手術方法について解説した。
  • 眼科ケア, 手術アトラス 外来手術1
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メディカ出版 2003年04月 
    眼科の外来手術方法について解説した。
  • 眼科診療のリスクマネージメント, インフォームドコンセント 手術治療 眼感染症
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)金原出版 2003年01月 
    眼感染症の手術療法について注意すべき点を解説した。
  • 眼科診療のリスクマネージメント, インフォームドコンセント 薬物治療 眼感染症
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)金原出版 2003年01月 
    眼感染症の薬物治療に際し注意すべきことを解説した。
  • ドライアイ診療PPP, 眼類天疱瘡(OCP)
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メジカルビュー社 2002年05月 
    ドライアイを呈する疾患である眼類天疱瘡(OCP)について解説した。
  • ドライアイ診療PPP, 生活指導
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メジカルビュー社 2002年05月 
    ドライアイ患者が日常生活上注意すべき点につき解説した。
  • ドライアイ診療PPP, 人工涙液
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メジカルビュー社 2002年05月 
    ドライアイ時に使用される人工涙液の総説をおこなった。
  • ドライアイ診療PPP, 糸状角膜炎
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メジカルビュー社 2002年 
    ドライアイでおこる糸状角膜炎につきその発生メカニズム、対処法につき解説した。
  • 眼科診療プラクティス(角結膜疾患の薬物療法), ウイルス性角膜潰瘍
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)文光堂 2002年 
    ウイルス性角膜潰瘍に対する薬物療法の実際について解説した。
  • 眼科診療プラクティス(角結膜疾患の薬物療法), コラーゲンシールドとパンクタルプラグ
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)文光堂 2002年 
    コラーゲンシールドとパンクタルプラグの種類使用方法、合併症について解説した。
  • 眼科診療プラクティス(77涙液からみたコンタクトレンズ処方), ドライアイに対するコンタクトレンズ処方
    宮本裕子; 福田 昌彦 (担当:共著範囲:)文光堂 2001年11月 
    ドライアイに対するコンタクトレンズ処方の注意点につき解説した。
  • 月刊眼科診療プラクティス 角結膜疾患の手術療法 井上4幸次・田野保雄編集, 表層角膜移植(術後管理、合併症)
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)文光堂 2000年09月 
    自験例を中心に表層角膜移植術の術後管理と合併賞について解説した。
  • 眼科手術看護マニュアル 下村嘉一編, 角膜移植手術と介助のポイント
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メディカ出版 2000年09月 
    手術室の介助看護婦を対象に角膜移植手術方法と介助のポイントについて解説した。
  • 難治性オキュラーサーフェス疾患のレスキュー, 先天性無虹彩で徐々に視力が低下してきた
    福田 昌彦 (担当:共著範囲:)メジカルビュー社 2000年06月 
    先天性無虹彩症は角膜混濁や白内障を合併し視力低下を起こす場合がある。本稿では症例を呈示し角膜混濁の成因、治療方針について解説した。

講演・口頭発表等

  • コンタクトレンズと角膜感染症  [招待講演]
    福田昌彦
    第1回奈良眼疾患勉強会 2022年07月
  • 近畿大学奈良病院での状況(前眼部疾患を中心に)  [招待講演]
    奈良県眼科医会第14回医療機関連携集談会 2022年04月 口頭発表(招待・特別)
  • 人工角膜について  [招待講演]
    大阪医科薬科大学眼科オープンフォーラム 2022年04月 口頭発表(招待・特別)
  • 人工角膜  [招待講演]
    福田昌彦
    奈良県眼科医会学術定例会 2021年10月 口頭発表(招待・特別)
  • 人工角膜  [招待講演]
    福田昌彦
    Tokyo Ophthalmology Club 2021年01月 口頭発表(招待・特別)
  • 歯根部利用人工角膜  [招待講演]
    福田昌彦
    第43回日本眼科手術学会学術総会 2020年01月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 日本におけるコンタクトレンズ関連角膜感染症について  [招待講演]
    福田昌彦
    角膜セミナー(角膜カンファランス2019) 2019年02月 口頭発表(招待・特別)
  • 角膜感染症と抗微生物点眼薬について  [招待講演]
    福田昌彦
    堺市薬剤師会講演会 2019年01月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 日本におけるOOKPセンターの創立と現状  [通常講演]
    福田昌彦
    第11回国際人工角膜学会 2018年06月 口頭発表(一般)
  • 角膜外来30年  [通常講演]
    福田昌彦
    第35回近畿大学医学部眼科学教室同窓会 2018年03月 口頭発表(招待・特別)
  • 急激に進行し角膜穿孔、眼内炎となった角膜ヘルペスの1例  [通常講演]
    福田昌彦
    角膜カンファランス2018 2018年02月 ポスター発表
  • 角膜ヘルペスの治療-難治症例を中心にー  [通常講演]
    福田昌彦
    2017年度COI学術講演会 2017年10月 大阪
  • 人工角膜移植  [通常講演]
    福田昌彦
    第4回南河内眼科フォーラム 2017年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 大阪府富田林市
  • 人工角膜移植  [招待講演]
    福田昌彦
    角膜カンファランス2017 2017年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Review about Pharmacology, Immunology & Infection  [招待講演]
    福田昌彦
    The 22nd Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club 2016年11月 口頭発表(基調)
  • 〔特別講演〕角膜感染症  [通常講演]
    福田昌彦
    第9回北九州眼科臨床セミナー 2016年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 福岡県北九州市
  • Therapeutic Keratoplasty & Histological Study of Keratomycosis  [通常講演]
    福田昌彦
    10th KPro Study Group Meeting 2016年04月 口頭発表(一般)
  • A case of severe thermal burn treated with MOOKP  [通常講演]
    福田昌彦
    10th KPro Study Group Meeting 2016年04月 口頭発表(一般)
  • ウイルス感染症  [通常講演]
    福田昌彦
    第120回日本眼科学会総会 2016年04月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 仙台
  • 角膜感染症について  [通常講演]
    福田昌彦
    第3回旭川眼疾患研究会 2016年03月 口頭発表(招待・特別) 旭川
  • 角膜外来の紹介  [通常講演]
    福田昌彦
    第124回南大阪眼科勉強会 2016年02月 大阪
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)を施行した重症顔面熱傷の1例  [通常講演]
    福田昌彦; 渡邊敬三; 杉岡孝二; 下村嘉一; 濱田傑; Christopher Liu
    第32回日本角膜移植学会 2016年02月 軽井沢
  • 外傷性角膜穿孔  [通常講演]
    福田昌彦
    第39回日本眼科手術学会学術総会 2016年01月 福岡
  • 角膜感染症について  [招待講演]
    福田昌彦
    秋田眼科懇話会 2015年11月 口頭発表(招待・特別)
  • 〔ランチョンセミナー〕コンタクトレンズと角膜感染症-カラーコンタクトレンズについても考える-  [招待講演]
    福田昌彦
    第52回日本感染症学会 2015年07月 口頭発表(招待・特別)
  • 人工角膜について  [招待講演]
    福田昌彦
    大阪角膜フォーラム 2015年06月 口頭発表(招待・特別)
  • 単純ヘルペスウイルス角膜炎  [招待講演]
    福田昌彦
    日本眼科学会専門医制度第61回講習会 2015年04月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 角膜疾患最近の話題  [招待講演]
    福田昌彦
    第二回KCS 2015年03月 口頭発表(招待・特別)
  • 角膜感染症について  [招待講演]
    福田昌彦
    第1回黒潮眼科フォーラム 2015年03月 口頭発表(招待・特別)
  • 人工角膜について  [招待講演]
    福田昌彦
    堺市医師会学術講演会 2015年01月 口頭発表(招待・特別)
  • コンタクトレンズと角膜感染症  [招待講演]
    福田昌彦
    大阪コンタクトレンズ&ドライアイセミナー 2014年09月 口頭発表(招待・特別) 大阪府大阪市
  • 人工角膜について  [招待講演]
    福田昌彦
    第17回藤井寺・羽曳野病診連携会 2014年09月 口頭発表(招待・特別) 大阪府羽曳野市
  • コンタクトレンズと角膜感染症  [招待講演]
    福田昌彦
    第51回日本眼感染症学会 2014年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 東京都
  • 角膜疾患最近の話題  [招待講演]
    福田昌彦
    堺眼科勉強会 2014年05月 口頭発表(招待・特別) 大阪市堺市
  • A case of Ahmed glaucoma valve implantation for secondary glaucoma after MOOKP  [招待講演]
    福田昌彦
    9th KPro Meeting 2014年04月 ポスター発表 Salzburg, Austria
  • Modified Osteo-Odonto-Keratoprosthesis in Japan  [招待講演]
    福田昌彦
    9th KPro Meeting 2014年04月 口頭発表(招待・特別) Salzburg, Austria
  • Modified Osteo-Odonto-Keratoprosthesis in Japan  [通常講演]
    福田昌彦
    World Ophthalmology Congress 2014年04月 ポスター発表 Tokyo Japan
  • 角膜移植術の進歩  [招待講演]
    福田昌彦
    第2回高知眼科最新治療セミナー 2014年03月 口頭発表(招待・特別) 高知県高知市
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)術後緑内障に対しチューブシャント手術を行った1例  [通常講演]
    福田昌彦; 奥山幸子; 渡邊敬三; 杉岡孝二; 下村嘉一; 濱田傑; Liu Christopher; 千原悦夫
    角膜カンファランス2014 2014年01月 ポスター発表 沖縄県宜野湾市
  • 歯根部利用人工角膜  [招待講演]
    福田昌彦
    第40回水晶体研究会 2014年01月 口頭発表(招待・特別) 大阪府大阪市
  • 眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症  [通常講演]
    河本 庄平; 福田 昌彦; 渡邊 敬三; 杉岡 孝二; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第397回大阪眼科集談会 2013年12月 大阪 第397回大阪眼科集談会
     
    【目的】眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の皮疹の発現部位、眼合併症について検討したので報告する。 【対象および方法】2003年1月から2012年12月までの期間で、皮膚科にて確定診断され、眼科を受診した眼部帯状ヘルペス121例(平均60.4歳)、カポジ水痘様発疹症11例(平均21.2歳)を対象とした。各症例につき皮診の発現部位、眼合併症について検討した。 【結果】皮疹の発現部位は、眼部帯状ヘルペスでは片側性に三叉神経第一枝領域に多く、カポジ水痘様発疹症では両側性に眼周囲に生じる症例が多かった。角膜炎、虹彩炎などの重篤な眼合併症は、眼部帯状ヘルペスに多く、カポジ水痘様発疹症では結膜炎などの軽微な合併症が多かった。 【考察】両疾患は、眼周囲に強い発疹が生じることは共通しているが、皮疹の出現部位および眼合併症の頻度には相違点があり、それらを考慮して鑑別診断および治療にあたる必要があると考えられた。
  • 角膜移植術の進歩  [通常講演]
    福田 昌彦
    GKK講演会 2013年11月 大阪市 GKK講演会
     
    角膜移植術の進歩について解説した。
  • ドライアイの病態と治療  [通常講演]
    福田 昌彦
    八尾市薬剤師会学術研修会 2013年10月 大阪府八尾市 八尾市薬剤師会学術研修会
     
    ドライアイの病態と治療について解説した。
  • 角膜移植の進歩  [通常講演]
    福田 昌彦
    第7回大橋オフサルモロジー研究会 2013年10月 東京都 第7回大橋オフサルモロジー研究会
     
    角膜移植の進歩について解説した。
  • 角膜移植後の僚眼に見られた滲出性網膜剥離を伴うぶどう膜炎の1例  [通常講演]
    坂本 万寿夫; 丸山 耕一; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 児玉 彩; 渡邊 敬三; 下村 嘉一
    第47回日本眼炎症学会 2013年07月 第47回日本眼炎症学会
  • カラーソフトコンタクトレンズの着色部位がレンズ形状や物性に与える影響について  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦 啓彦; 土屋
    第56回日本コンタクトレンズ学会 2013年07月 第56回日本コンタクトレンズ学会
     
    平成25年7月13日
  • カラーソフトコンタクトレンズの色落ちについての検討  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦 啓彦; 土屋
    第56回日本コンタクトレンズ学会 2013年07月 第56回日本コンタクトレンズ学会
     
    平成25年7月13日
  • 抗ウイルス薬によるPKP後角膜ヘルペス再発抑制効果の検討  [通常講演]
    坂本 万寿夫; 渡邊 敬三; 檜垣 史郎; 河本 庄平; 杉岡 孝二; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第113回南大阪眼科勉強会 2013年05月 第113回南大阪眼科勉強会
  • 抗ウイルス薬による全層角膜移植術後角膜ヘルペス再発抑制効果の検討  [通常講演]
    坂本 万寿夫; 渡邊 敬三; 檜垣 史郎; 河本 庄平; 杉岡 孝二; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第25回ヘルペス研究会 2013年05月 第25回ヘルペス研究会
  • ドライアイと角膜移植 最近の知見  [通常講演]
    福田 昌彦
    第1回さかい眼科倶楽部 2013年03月 大阪府堺市 第1回さかい眼科倶楽部
     
    ドライアイと角膜移植の最近の知見について解説した。
  • 原因不明の角膜潰瘍による角膜穿孔症例における線溶系因子の免疫学的局在の検討  [通常講演]
    児玉 彩; 杉岡 孝二; 吉田 浩二; 岡田 清孝; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第37回日本角膜学会総会(角膜カンファランス) 2013年02月 白浜 第37回日本角膜学会総会(角膜カンファランス)
     
    原因不明の角膜潰瘍による角膜穿孔症例に対するurokinase type plasminogen activator(uPA),uPA receptor(uPAR),alpha-2-antiplasmin(A2AP)の角膜内局在について検討した。 角膜移植時に得られた角膜片のパラフィン切片を作成し、HE染色、蛍光染色を行った。HE染色では角膜潰瘍部に多数の炎症細胞と線維芽細胞を認めた。蛍光二重染色では同部位にuPA/uPAR陽性の細胞浸潤を認めた。A2APは角膜潰瘍周囲にみられた角膜瘢痕部に存在するαSMA細胞に多く共発現を認めた。
  • 歯根部利用人工角膜の治療成績  [通常講演]
    福田 昌彦; 渡邊 敬三; 杉岡 孝二; 下村嘉一; 濱田 傑; Sussex Eye Hospital
    角膜カンファランス2013 2013年02月 和歌山県白浜町 角膜カンファランス2013
     
    2003年から行っている当科での歯根部利用人工角膜の治療成績を検討した。
  • 角膜外来紹介  [通常講演]
    福田 昌彦
    第111回南大阪眼科勉強会 2012年11月 大阪狭山市 第111回南大阪眼科勉強会
     
    近畿大学眼科の角膜外来の歴史と現状について述べた
  • インターネットで購入したカラーSCLによるCL induced Corneal Warpageの症例  [通常講演]
    月山純子; 宮本裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第66回日本臨床眼科学会 2012年10月 京都市 第66回日本臨床眼科学会
     
    インターネットで購入した、カラーSCLにより生じたCL induced Corneal warpageの症例を経験したので報告を行った。
  • 持久性隆起性紅斑に見られた周辺部角膜潰瘍、強膜壊死の1例  [通常講演]
    坂本 万寿夫; 福田 昌彦; 渡邊 敬三; 沼田 卓也; 杉岡 孝二; 大磯 直毅; 川田 暁; 下村 嘉一; はら眼科クリニック
    第66回日本臨床眼科学会 2012年10月 京都 第66回日本臨床眼科学会
     
    緒言:持久性隆起性紅斑は皮膚に限局する壊死性血管炎を主とする自己免疫疾患であり、四肢伸側に好発する紅斑を特徴とし、膠原病や骨髄腫などの合併が報告されている。今回我々は持久性隆起性紅斑患者に見られた、特異な周辺部角膜潰瘍、強膜壊死の症例を経験したので報告する。 症例:59歳男性。平成18年に持久性隆起性紅斑を発症し治療中であった。平成23年1月より左眼鼻側に周辺部角膜潰瘍を認めたため近医にて経過観察されていたが6月下旬に流涙、眼痛出現、角膜穿孔を認めたため当院紹介受診となった。初診時左眼矯正視力0.04、浅前房と9時方向に角膜穿孔を認め3日後に表層角膜移植術を施行した。術後経過は良好であったが8月上旬より左眼鼻側に強膜壊死が出現した。抗菌薬とステロイド点眼にて経過観察していたが強膜壊死部は拡大し白内障の進行も認めたため、平成24年3月に白内障手術と強膜壊死部に対し表層角膜移植術を行った。しかし、4月に表層角膜移植部
  • 持久性隆起性紅斑に伴った周辺部角膜潰瘍、強膜壊死の1例  [通常講演]
    坂本 万寿夫; 福田 昌彦; 渡邊 敬三; 沼田 卓也; 杉岡 孝二; 大磯 直毅; 川田 暁; 下村 嘉一
    第390回大阪眼科集談会 2012年10月 第390回大阪眼科集談会
     
    緒言:持久性隆起性紅斑は皮膚に限局する壊死性血管炎を主とする自己免疫疾患であり、四肢伸側に好発する紅斑を特徴とし、膠原病や骨髄腫などの合併が報告されている。今回我々は持久性隆起性紅斑患者に見られた、特異な周辺部角膜潰瘍、強膜壊死の症例を経験したので報告する。 症例:59歳男性。平成18年に持久性隆起性紅斑を発症し治療中であった。平成23年1月より左眼鼻側に周辺部角膜潰瘍を認めたため近医にて経過観察されていたが6月下旬に流涙、眼痛出現、角膜穿孔を認めたため当院紹介受診となった。初診時左眼矯正視力0.04、浅前房と9時方向に角膜穿孔を認め3日後に表層角膜移植術を施行した。術後経過は良好であったが8月上旬より左眼鼻側に強膜壊死が出現した。抗菌薬とステロイド点眼にて経過観察していたが強膜壊死部は拡大し白内障の進行も認めたため、平成24年3月に白内障手術と強膜壊死部に対し表層角膜移植術を行った。しかし、4月に表層角膜移植部
  • 角膜手術、ドライアイ-最近の知見-  [通常講演]
    福田 昌彦
    第8回Three Arrowsの会 2012年09月 大阪市 第8回Three Arrowsの会
     
    近年進歩の著しい角膜手術とドライアイに関する講演を行った。
  • ウイルス性角膜炎  [通常講演]
    福田 昌彦
    日本眼科医会第64回生涯教育講座 2012年08月 福岡市 日本眼科医会第64回生涯教育講座
     
    日本眼科医会第64回生涯教育講座において、ウイルス性角膜炎(単純ヘルペス角膜炎、帯状ヘルペス角膜炎、サイトメガロウイルス角膜内皮炎)の講演を行った。
  • O2Optix治療的使用におけるタリビット眼軟膏併用について  [通常講演]
    月山純子; 宮本裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦啓彦; 土屋
    第55回日本コンタクトレンズ学会 2012年07月 横浜市 第55回日本コンタクトレンズ学会
     
    実際の日常臨床において、SHCLであるO2Optixに、タリビット眼軟膏を併用した症例のレンズを回収し、レンズの汚れ、形状の変化について検討を行った。
  • 眼表面、眼周囲におけるヒトヘルペス属DNAの検討  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第49回日本眼感染症学会 2012年07月 横浜市 第49回日本眼感染症学会
     
    アイカップ法とアイウォッシュ法により得た検体をreal time PCR法を用いて眼表面、眼周囲にEBV、HHV-6、HHV-7のDNAが存在しているか検討した。結果HHV-7のDNAが存在することが示された。
  • ウイルス性角膜炎  [通常講演]
    福田 昌彦
    日本眼科医会第64回生涯教育講座 2012年07月 神戸市 日本眼科医会第64回生涯教育講座
     
    日本眼科医会第64回生涯教育講座において、ウイルス性角膜炎(単純ヘルペス角膜炎、帯状ヘルペス角膜炎、サイトメガロウイルス角膜内皮炎)の講演を行った。
  • ウイルス性角膜炎  [通常講演]
    福田 昌彦
    日本眼科医会第64回生涯教育講座 2012年07月 東京都 日本眼科医会第64回生涯教育講座
     
    日本眼科医会第64回生涯教育講座において、ウイルス性角膜炎(単純ヘルペス角膜炎、帯状ヘルペス角膜炎、サイトメガロウイルス角膜内皮炎)の講演を行った。
  • ウイルス性角膜炎  [通常講演]
    福田 昌彦
    日本眼科医会第64回生涯教育講座 2012年07月 名古屋 日本眼科医会第64回生涯教育講座
     
    日本眼科医会第64回生涯教育講座において、ウイルス性角膜炎(単純ヘルペス角膜炎、帯状ヘルペス角膜炎、サイトメガロウイルス角膜内皮炎)の講演を行った。
  • 抗菌点眼薬の考え方と使い方  [通常講演]
    福田 昌彦
    第49回日本眼感染症学会 2012年07月 横浜市 第49回日本眼感染症学会
     
    フォーサム2012横浜(第49回日本眼感染症学会)のランチョンセミナーにおいて「抗菌点眼薬の考え方と使い方」についての講演を行った。
  • コンタクトレンズによる感染症の診断と治療  [通常講演]
    福田 昌彦
    第55コンタクトレンズ学会総会 2012年07月 横浜市 第55コンタクトレンズ学会総会
     
    フォーサム2012横浜(第55コンタクトレンズ学会総会)のコンタクトレンズ講習会において「コンタクトレンズによる感染症の診断と治療」の講演を行った。
  • Peters奇形を伴った未熟児網膜症に対する治療  [通常講演]
    南 毅; 日下 俊次; 國吉 一樹; 坂本 万寿夫; 櫻本 宏之; 福田 昌彦; 松本 長太; 下村 嘉一; 伊藤 久太郎
    日本小児眼科学会 2012年06月 名古屋 日本小児眼科学会
     
    Peters奇形を伴った未熟児網膜症に対して抗VEGF抗体の硝子体内投与、硝子体手術を施行した一例を経験した。抗VEGF抗体を早期に投与すれば手術を避けれた可能性も考えられた。
  • ドライアイと角膜移植-最近の知見-  [通常講演]
    福田 昌彦
    NOSCの会 2012年06月 奈良市 NOSCの会
     
    最近進歩の著しいドライアイと角膜移植について講演した。
  • Osteo-odonto-keratoprosthesis in Japan  [通常講演]
    福田 昌彦; 杉岡 孝二; 下村 嘉一; 濱田 傑; Christopher Liu; 山田昌和; 天野史郎
    8th KPro Study Group meeting 2012年05月 Miami,USA 8th KPro Study Group meeting
     
    日本における歯根部利用人口角膜の成績を発表した。
  • Boston keratoprosthesis is useful for the treatment of severe Candida keratitis after PKP  [通常講演]
    坂本 万寿夫; 福田 昌彦; 渡邊 敬三; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 宮田眼科医院; 宮田眼科医院
    8th KPro Study Group Meeting 2012年05月 Maiami USA 8th KPro Study Group Meeting
  • Evaluation of Deformation and Contamination of Soft Contact Lens  [通常講演]
    月山純子; 宮本裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦啓彦; 清松康弘; 土屋二郎
    ARVO2012 2012年05月 フォートローダデール ARVO2012
     
    ソフトコンタクトレンズ(SCL)の形状や汚れの評価は難しいが我々が独自に開発したCL imaging viewer,Ring Light Test を用いて、これまで分からなかった汚れや変形を確認する事ができた。
  • Petrs奇形を伴った未熟児網膜症に対する治療  [通常講演]
    南 毅; 日下俊次; 國吉 一樹; 坂本 万寿夫; 櫻本 宏之; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 伊藤 久太郎
    大阪眼科集談会 2012年04月 大阪 大阪眼科集談会
     
    Peters奇形を伴った未熟児網膜症に対して抗VEGF抗体の硝子体内投与、硝子体手術を施行した一例を経験した。抗VEGF抗体を早期に投与すれば手術を避けれた可能性も考えられた。
  • Peters奇形を伴った未熟児網膜症に対する治療  [通常講演]
    南 毅; 日下 俊次; 國吉 一樹; 坂本 万寿夫; 櫻本 宏之; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 伊藤 久太郎
    南大阪眼科勉強会 2012年03月 大阪 南大阪眼科勉強会
     
    Peters奇形を伴った未熟児網膜症に対して抗VEGF抗体の硝子体内投与、硝子体手術を施行した一例を経験した。抗VEGF抗体を早期に投与すれば手術を避けれた可能性も考えられた。
  • 全層角膜移植後のシクロスポリン点眼および全身投与の成績  [通常講演]
    児玉彩; 杉岡 孝二; 檜垣史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第28回角膜移植学会 2012年02月 東京 第28回角膜移植学会
     
    最近6年間に当科において全層角膜移植術を施行し、術後にシクロスポリン点眼および内服を行った症例の手術成績を検討した。 術后の角膜透明治癒率は術後平均観察期間12ヶ月で80.8%であり、全層角膜移植後の拒絶反応予防にシクロスポリン点、内服は有効であった。
  • 近畿大学における外傷性角膜潰瘍の検討  [通常講演]
    坂本 万寿夫; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    角膜カンファランス 2012年02月 東京 角膜カンファランス
     
    目的:外傷性角膜潰瘍はコンタクトレンズ(CL)、角膜移植と並び3大誘因の一つと考えられている。今回我々は、入院加療を行った外傷性角膜潰瘍症例について検討した。 対象と方法:2001年1月から2011年9月に当院にて入院加療を行った感染性角膜潰瘍326例のうち外傷性角膜潰瘍47例を対象とした。症例は、男性37例37眼、女性10例10眼、年齢は0~87歳、平均53.1±20.0歳であった。各症例についてretrospectiveに検討した。 結果:原因としては木の枝7例、鉄粉7例、農作業・草刈中の異物6例、石・砂6例、手指4例、転倒・打撲4例、薬品4例、その他竹・プラスチックなどであった。細菌培養は全例で行われ18例で菌が検出された。Streptococcus spが6株と最も多く、CNS3株、Fusarium sp3株、Pseudomonas aeruginosa2株、その他はMRSA、MSSA等が検出された。視力は治療前後で測定できた41症例のうち2段階以上改善したものが29例、不変が10例、悪化が2例であった。 結論:外傷性角膜潰瘍の原因は木の枝や農作業中
  • セツキシマブ(抗EGFR抗体)による大腸癌治療中に糸状角膜炎を生じた1例  [通常講演]
    南 毅; 杉岡 孝二; 児玉 彩; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    角膜学会総会 2012年02月 東京 角膜学会総会
     
    大腸癌に対してCetuximab(抗EGFR抗体)を投与したことにより発症した糸状角膜炎に対してEGF点眼が奏功した症例を経験した。
  • Filamentary keratitis under cetuximab (epidermal growth factor receptor antibody) treatment.  [通常講演]
    南 毅; 杉岡 孝二; 児玉 彩; 青松 圭一; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    World Ophthalmology Congress 2012年02月 アブダビ World Ophthalmology Congress
     
    大腸癌に対してCetuximab(抗EGFR抗体)を投与したことにより発症した糸状角膜炎に対してEGF点眼が奏功した一例を経験した。
  • ソフトコンタクトレンズとタリビッド(R)眼軟膏  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦 啓彦; 土屋
    第4回紀の川眼科研究会 2011年11月 伊都郡 第4回紀の川眼科研究会
     
    ソフトコンタクトレンズ(SCL)に対するタリビッド(R)眼軟膏に対する影響について検討した。タリビッド(R)眼軟膏をin vitroの条件で各種SCLに接触させ、汚れ、変形、接触角について検討したが、いずれも影響なく、併用できる可能性が示唆された。
  • コンタクトレンズ、外傷、角膜移植が誘因ではなかった感染性角膜潰瘍の検討  [通常講演]
    坂本 万寿夫; 福田 昌彦; 渡邊 敬三; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第107回南大阪眼科勉強会 2011年11月 大阪 第107回南大阪眼科勉強会
  • コンタクトレンズ、外傷、角膜移植が誘因ではなかった感染性角膜潰瘍の検討  [通常講演]
    坂本 万寿夫; 福田 昌彦; 渡邊 敬三; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第65回日本臨床眼科学会 2011年10月 東京 第65回日本臨床眼科学会
  • 角膜疾患の外科的治療の進歩  [通常講演]
    福田 昌彦
    2011年度眼科コメディカル教育講座 2011年10月 大阪市 2011年度眼科コメディカル教育講座
     
    2011年度眼科コメディカル教育講座において近年の角膜疾患の外科的治療の進歩について解説した。
  • 人工角膜手術について  [通常講演]
    福田 昌彦
    第52回山口眼科手術懇話会 2011年10月 宇部市 第52回山口眼科手術懇話会
     
    本邦で行われている人工角膜手術について解説した。
  • アイカップ法により得られた検体の細菌、真菌、ウイルスDNA  [通常講演]
    下村 嘉一; 檜垣 史郎; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 萱澤 朋泰; 青松 圭一; 立花 都子; 日下 俊次; 中尾 雄三; 河本 庄平
    2011年10月 
    【目的】正常者からアイカップ法により得られた検体中の細菌、真菌、ウイルスDNAの有無をreal time PCR法にて検討した。【方法】対象は眼疾患を認めない11例22眼(男性6例、女性5例)で平均年齢41.7歳であった。アイカップに生理食塩水1.5mlを入れ、眼周囲に密着させ数回の瞬目後にサンプルとして回収した。これらからDNAを検出し、S.aureus、S.pneumoniae、Psudomonas sp.、MRSA 、Candida sp.、Fusarium sp.、HSVに対してreal time PCRを施行した。【結果】11例中8例(22眼中11眼)で少なくとも1種類以上のDNAが陽性であった。11眼中Psudomonas sp.DNAは4眼(平均6.9±3.6×10copy)、MRSA DNAは3眼(平均1.4±1.1×103copy)、S.pneumoniae DNA 3眼(平均3.6±5.4×102copy) 、S.aureus DNA、HSV DNAは1眼で陽性であった。【結論】眼表面および眼周囲には、細菌、HSVなどのDNAが高率に存在することが示唆された。
  • コンタクトレンズ関連乳頭結膜尖の最近の傾向  [通常講演]
    宮本 裕子; 月山 純子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第54回日本コンタクトレンズ学会 2011年07月 京都 第54回日本コンタクトレンズ学会
     
    一日使いすてコンタクトレンズによる乳頭結膜尖は、眼瞼結膜の広範囲に発症するものが多く、ハードコンタクトレンズや最近処方されることが多くなったシリコーンハイドロゲルレンズによる乳頭結膜尖は、発症する範囲が狭い傾向が認められることがわかった。
  • アイカップ法により得られた検体のRealtimePCR法における結果  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 河本 庄平; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第48回日本眼感染症学会 2011年07月 京都 第48回日本眼感染症学会
     
    正常者からアイカップ法により得られた検体を、RealTimePCR法を用いて、眼表面と眼周囲の細菌、真菌、ウイルスDNAの有無を調べた。結果、眼表面と眼周囲には、細菌、ヘルペスウイルスなどのDNAが高率に存在することが示唆された。
  • シリコーンハイドロゲルレンズに対する化粧品汚染と各種洗浄剤の効果  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦 啓彦; 土屋
    第54回日本コンタクトレンズ学会総会 2011年07月 京都 第54回日本コンタクトレンズ学会総会
     
    シリコーンハイドロゲルレンズ(SHCL)への化粧品汚染に対する各種洗浄液の効果を検討した。アイライナー汚染に対してMPSと比較して洗浄液によるこすり洗いは効果的であるが、クレンジング汚染に対しては効果がなかった。
  • 小児角膜疾患の病態と治療  [通常講演]
    福田 昌彦
    第36回日本小児眼科学会総会 2011年07月 京都市 第36回日本小児眼科学会総会
     
    日本小児眼科学会総会の講習会(小児前癌部疾患の治療)において小児角膜疾患の病態と治療を解説した。
  • セツキシマブによる大腸癌治療中に糸状角膜炎を生じた1例  [通常講演]
    南 毅; 児玉 彩; 青松 圭一; 杉岡 孝二; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    大阪眼科集談会 2011年06月 大阪 大阪眼科集談会
     
    セツキシマブは上皮成長因子受容体(EGFR)に結合しEGFRの働きを阻害する分子標的治療薬の1つであり、近年、転移性大腸癌の治療薬などに使用されている。転移性大腸癌に対してセツキシマブを投与中に糸状角膜炎を発症した1例を経験したので発表した。
  • マウスヘルペス性角膜炎再活性化抑制時のMicro Array法による遺伝子発現の検討  [通常講演]
    下村 嘉一; 檜垣史郎; 渡邊 敬三; 板橋幹城; 福田 昌彦; 河本庄平
    2011年06月 
    【目的】マウスヘルペス性角膜炎モデルを用いて、IkappaB kinase β(IKK2)阻害薬の単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)再活性化抑制効果についてMicro Array法を施行し遺伝子発現の変化を検討した。 【方法】Balb/cマウスの角膜にHSV-1(Mckrae株、5×103PFU/EYE)を感染させ、感染後25日目からIKK2阻害薬腹腔内注射(腹注)、コントロール群としてジメチルスルホキシド(DMSO)腹注を、各々計5日間施行した。潜伏感染成立の感染後28日目にCyclophosphamide腹注による免疫抑制、29日目にDexamethasone腹注と熱ストレスによる再活性化を施行した。感染後30日目にマウス眼球と三叉神経節(TG)を採取し、Plaque AssayとReal-Time PCR法に供した。TGはRNAを抽出し、IKK2阻害薬腹注群とDMSO腹注群、IKK2阻害薬腹注群の再活性化施行群、未施行群についてMicro Array法を施行した。 【結果】Plaque Assayによる検討では、IKK2阻害薬腹注群はTGにおけるHSV-1陽性サンプル率が少なかった(IKK2阻害薬腹注群23%、DMSO腹注群43%)。Real-Time PCR法による検討で
  • 近畿大学眼科における加齢性下眼瞼内反症の手術成績  [通常講演]
    沼田 卓也; 渡邊 敬三; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    2011年05月 
    過去10年における当院での加齢性下眼瞼内反症の手術について、術式(Jones法)の手術成績について検討した。 当院における再発率は38%であり、軟部組織の縫合部位の張力が減弱したと思われる。 今後、再発を起こしにくい術式の検討が必要であると思われる。
  • Contamination of Silicone Hydrogel Contact Lenses by Cosmeties and the Cleaning Effect of Contact Lens Daily Cleaners  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦 啓彦; 土屋
    ARVO2011 2011年05月 フロリダ ARVO2011
     
    シリコーンハイドロゲルレンズ(SHCL)の化粧品汚染に対する各種洗浄液の効果を検討した。アイライナー汚染に対してMPSと比較して洗浄液によるこすり洗いは効果的であるが、クレンジング汚染に対しては効果がなかった。
  • ソフトコンタクトレンズへのタリビッド(R)眼軟膏塗布試験  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦 啓彦; 土屋
    Symposium of Ocular Surface and Infection 2011年05月 大阪 Symposium of Ocular Surface and Infection
     
    ソフトコンタクトレンズ(SCL)に対するタリビッド(R)眼軟膏に対する影響について検討した。タリビッド(R)眼軟膏をin vitroの条件で各種SCLに接触させ、汚れ、変形、接触角について検討したが、いずれも影響なく、併用できる可能性が示唆された。
  • IKK2阻害薬によるマウスヘルペス性角膜炎再活性化抑制時の遺伝子発現の検討  [通常講演]
    下村 嘉一; 檜垣史郎; 渡邊 敬三; 板橋幹城; 福田 昌彦; 河本庄平
    2011年04月 
    【目的】マウスヘルペス性角膜炎モデルにおけるIkappaB kinase β(IKK2)阻害薬による単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)再活性化抑制時の遺伝子発現の変化を、Micro Array法およびIngenuity Pathway Analysis (IPA)TMにて検討した。 【方法】Balb/cマウスの角膜にHSV-1(Mckrae株)を感染させ、感染後25日目からIKK2阻害薬腹腔内注射(腹注)、ジメチルスルホキシド(DMSO)腹注を5日間施行した。感染後28日目にCyclophosphamide(CPS)腹注、29日目にDexamethasone(DEX)腹注による免疫抑制と熱ストレスによる再活性化を施行した。感染後30日目に三叉神経節(TG)を採取し、Micro Array法およびIPATMにて検討した。 【結果】Micro Array法では、IKK2阻害薬腹注群で1812プローブが2倍以上発現増加し、262プローブが2倍以上減少していた。IPATMによる既知のパスウェイ解析では「Antigen Presentation Pathway」や「PTEN Signaling」が有意であり、IKK2阻害薬腹注群ではCPSおよびDEXによる免疫抑制効果が緩和されていることが示唆された。 【結論】IKK2阻害薬は、
  • 全層角膜移植術、角膜内皮移植術(DSAEK)を施行した緑膿菌性角膜潰瘍の一例  [通常講演]
    坂本 万寿夫; 福田 昌彦; 渡邊 敬三; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    APAO Sydney 2011 2011年03月 Sydney APAO Sydney 2011
  • MRSA keratitis  [通常講演]
    福田 昌彦
    APAO Sydney 2011 2011年03月 オーストラリア APAO Sydney 2011
     
    シンポジウム(Current Trends of Ocular Surface Infection)において日本におけるMRSA外眼部感染症について解説した。
  • 角膜手術 Up Date  [通常講演]
    福田 昌彦
    壮眼堺 2011年03月 堺市 壮眼堺
     
    近年進歩の著しい角膜手術全般について解説した。
  • 歯根部利用人工角膜(OOPK)が有効であった重症の化学熱傷の1例  [通常講演]
    福田 昌彦; 渡邊 敬三; 杉岡 孝二; 下村 嘉一; 濱田 傑
    角膜カンファランス2011 2011年02月 東京都 角膜カンファランス2011
     
    歯根部利用人工角膜(OOPK)が有効であった重症の化学熱傷の1例の症例報告を行った。
  • 角膜疾患の外科的治療  [通常講演]
    福田 昌彦
    第30回阪南眼科勉強会 2011年02月 泉大津市 第30回阪南眼科勉強会
     
    近年進歩の著しい角膜疾患の外科的治療について解説した。
  • IKK2阻害剤によるマウスヘルペス性角膜炎再活性化抑制時の遺伝子発現の変化  [通常講演]
    下村 嘉一; 檜垣史郎; 渡邊 敬三; 板橋幹城; 福田 昌彦; 河本庄平
    2011年02月 
    【目的】マウスヘルペス性角膜炎モデルを用いて、IkappaB kinase β(IKK2)阻害剤の単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)再活性化抑制時の遺伝子発現の変化をMicro Array法にて検討した。 【方法】Balb/cマウスの角膜にHSV-1(Mckrae株、5×103PFU/EYE)を感染させ、感染後25日目からIKK2阻害剤腹腔内注射(腹注)、ジメチルスルホキシド腹注を5日間施行した。潜伏感染成立の感染後28日目から免疫抑制と熱ストレスによる再活性化を施行した。感染後30日目にマウス眼球と三叉神経節(TG)を採取し、Plaque AssayとReal-Time PCR法に供し、TGについてはMicro Array法も施行した。 【結果】IKK2阻害剤腹注群は、Plaque AssayでTGにおけるHSV-1陽性サンプル率が少なく、Real-Time PCR法でTGにおけるHSV-1DNAコピー数の有意な減少を認めた。Micro Array法では約34000個の遺伝子のうち308遺伝子(interleukin 7 receptorなど)の発現が3倍以上上昇しており、351遺伝子(NF-kappa-Bなど)の発現が3倍以上減少していた。 【結論】IKK2阻害剤は、マウスヘルペス性角
  • 結膜炎、ドライアイにおける涙液中単純ヘルペスウイルスDNAの定量  [通常講演]
    下村 嘉一; 檜垣史郎; 板橋幹城; 渡邊 敬三; 福田 昌彦; 河本庄平
    2011年02月 
    【目的】結膜炎、ドライアイにおける単純ヘルペスウイルス(HSV)の無症候性排出を検討するため、涙液中HSV DNA量の定量を行った。 【対象と方法】対象は、結膜炎、ドライアイと診断された患者38眼(結膜炎15眼、ドライアイ23眼)の涙液と正常者12眼の涙液とした。eye wash法によりサンプルを採取し、real time PCR法にてHSV DNA量の定量を行った。 【結果】結膜炎で15眼中4眼(26.7%)、ドライアイで23眼中3眼(13.0%)にHSV DNAが検出された。HSV DNA copy数の平均は、結膜炎で8.3±8.0×103 copy ドライアイで3.2±1.6×104copyであった。正常眼では12眼中1眼(8.3%)で検出され、1.4×102copyであった。 【結論】結膜炎、ドライアイによりHSVの無症候性排出が増加する可能性があると考えられた。
  • 人工角膜手術について  [通常講演]
    福田 昌彦
    第381回大阪眼科集談会 2011年 大阪市 第381回大阪眼科集談会
     
    第381回大阪眼科集談会において人工角膜手術について特別講演を行った。
  • 角膜手術  [通常講演]
    福田 昌彦
    第34回日本眼科手術学会総会 コメディカルプログラム 2011年01月 京都市 第34回日本眼科手術学会総会 コメディカルプログラム
     
    コメディカルプログラム(眼科手術における周術期管理)において角膜手術全般についての解説を行った。
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)  [通常講演]
    福田 昌彦
    第34回日本眼科手術学会総会 モーニングクルズス3 2011年01月 京都市 第34回日本眼科手術学会総会 モーニングクルズス3
     
    モーニングクルズス(角膜手術アップデート)において、歯根部利用人工角膜(OOKP)の解説を行った。
  • 人工角膜  [通常講演]
    福田 昌彦
    第34回日本眼科手術学会総会 市民公開講座 2011年01月 京都市 第34回日本眼科手術学会総会 市民公開講座
     
    市民公開講座において、本邦で行われている人工角膜(歯根部利用人工角膜、ボストン人工角膜)について解説した。
  • 全層角膜移植、DSAKEを施行した緑膿菌性角膜潰瘍の一例  [通常講演]
    坂本 万寿夫; 福田 昌彦; 萱澤 朋泰; 菅原 大輔; 七部 史; 岡崎 能久; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    大阪眼科集談会 2010年12月 大阪眼科集談会
  • アカントアメーバ角膜炎における細菌DNA  [通常講演]
    檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 板橋幹城; 河本庄平
    The 2nd Asia Cornea Society Biennial Scientific Meeting 2010年12月 Kyoto, JAPAN The 2nd Asia Cornea Society Biennial Scientific Meeting
  • ドライアイ UP TO DATE  [通常講演]
    福田 昌彦
    北播眼科研究会 2010年12月 兵庫県小野市 北播眼科研究会
     
    最近のドライアイの考え方、トレンドについて解説した。
  • OOKP in Japan  [通常講演]
    福田 昌彦
    The 2nd Asia Cornea Society Biennial Scientific Meeting 2010年12月 京都 The 2nd Asia Cornea Society Biennial Scientific Meeting
     
    京都で開催された国際学会のシンポジウムで近畿大学で施行したOOKP5例の成績を報告した
  • 全層角膜移植、DSAEKを施行した緑膿菌性角膜潰瘍の一例  [通常講演]
    下村 嘉一; 坂本 万寿夫; 福田 昌彦; 萱澤 朋泰; 菅原 大輔; 七部 史; 岡崎 能久; 檜垣 史郎
    日本臨床眼科学会 2010年11月 日本臨床眼科学会
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査について  [通常講演]
    福田 昌彦
    第13回京阪地区眼科勉強会 2010年09月 守口市 第13回京阪地区眼科勉強会
     
    コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査の結果のまとめを発表した
  • アカントアメーバ角膜炎におけるReal-Time PCR法を使用した診断法  [通常講演]
    板橋 幹城; 杉岡 孝二; 児玉 彩; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 三島 弘; 下村 嘉一
    International Society for Eye Research 2010年07月 カナダ(モントリオール) International Society for Eye Research
     
    目的:近年、アカントアメーバ角膜炎は増加傾向にあるが、診断、治療に苦慮することが多い。今回、我々は患者の角膜擦過物より、Real Time PCR法を用いてアカントアメーバ(アメーバ)DNAの定性と定量を行い、経過を観察できたため報告する。 方法:経過観察できた症例は5例であった。それぞれの症例において、Real Time PCR法を用いて角膜擦過物よりアメーバDNAを定性、定量を行い、経時的な変化を追った。 結果: すべての症例で、角膜擦過物よりReal Time PCR法でアカントアメーバ量を定量する事ができ、DNAコピー量は平均5.6±4.9×10^3コピー(サンプル)であった。そして、治療経過においても経時的にReal Time PCR法でアカントアメーバ量を定量する事ができた。 結論:アカントアメーバ角膜炎の診断において、Real Time PCR法は、迅速、高率にアメーバDNAを検出でき、従来の塗沫鏡検、培養検査の優れた補助的診断法できると考えられた。また、その後の治療効果判定としても有用である
  • IKK2阻害剤によるマウスヘルペス性角膜炎再活性化の抑制  [通常講演]
    河本 庄平; 檜垣 史郎; 渡邊 敬三; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第47回日本眼感染症学会 2010年07月 新宿 第47回日本眼感染症学会
     
    【目的】マウスヘルペス性角膜炎モデルを用いて、IkappaB kinase β(IKK2)阻害剤の単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)再活性化抑制効果を検討した。 【方法】Balb/cマウス(メス、5週齢)の角膜にHSV-1(Mckrae株、5×103PFU/EYE)を感染させ、感染後4日目の角膜炎スコアが均等になるように2群に分類した。感染後25日目からIKK2阻害剤腹腔内注射(腹注)、コントロール群としてジメチルスルホキシド(DMSO)腹注を、各々計5日間施行した。潜伏感染成立の感染後28日目に免疫抑制と熱ストレスによる再活性化を施行し、感染後30日目にマウス眼球と三叉神経節(TG)を採取し、Plaque AssayとReal-Time PCR法に供した。 【結果】Plaque Assayによる検討では、IKK2阻害剤腹注群はTGにおけるHSV-1陽性サンプル率が少なかった(IKK2阻害剤腹注群23%、DMSO腹注群43%)。Real-Time PCR法による検討では、IKK2阻害剤腹注群はTGにおけるHSV DNAコピー数に有意な減少を認めた(IKK2阻害剤腹注群1.54±2.00×102/100ng of Tissue DNA、DMSO腹注群7.88±9.36×102/100ng of T
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症-最近のトレンド-  [通常講演]
    福田 昌彦
    第47回日本眼感染症学会ランチョンセミナー 2010年07月 東京都 第47回日本眼感染症学会ランチョンセミナー
     
    コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査の内容を中心に解説した。
  • コンタクトレンズ使用者のアイメイクに関する実態調査  [通常講演]
    児玉 彩; 月山純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三浦啓彦; 土屋
    第53回日本コンタクトレンズ学会総会 2010年07月 新宿 第53回日本コンタクトレンズ学会総会
     
    女性コンタクトレンズ使用者のアイメイクに関するアンケート調査 アイメイクには関心が高いがCLケアには関心が低い。化粧品等によるCL汚染やケア不足による眼障害を起こさぬ様患者指導が重要である。
  • Multicenter study of the herpes simplex virus immunochromatography kit for the diagnosis of herpetic epithelilal keratitis  [通常講演]
    井上 幸次; 下村 嘉一; 福田 昌彦; HSV kit; study group
    WOC2010 2010年06月 Berlin WOC2010
     
    ヘルペス性角膜炎の診断キットに関するマルチスタディーを報告した。
  • The effect of vancomycin eye ointment for MRSA/MRSE ocular surface infection  [通常講演]
    福田 昌彦; 下村 嘉一; 京都府立医大眼科学教室; 白根健生病院; 矢田眼科; 富山大学バイオ統計学; 臨床免疫学教室
    WOC2010 2010年06月 ベルリン、ドイツ WOC2010
     
    MRSA、MRSEによる眼感染症におけるバンコマイシン眼軟膏の治療成績について報告した
  • IKK2(IkppaB kinase-beta)阻害剤による角膜ヘルペス再活性化抑制の検討  [通常講演]
    河本 庄平; 檜垣 史郎; 渡邊 敬三; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第25回ヘルペスウイルス研究会 2010年05月 第25回ヘルペスウイルス研究会
     
    【目的】単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)による角膜ヘルペスでは、時に再発を繰り返し角膜混濁のために視力低下を引き起こすため、再発抑制が重要課題である。我々は、マウスヘルペス性角膜炎モデルを用いて、IKK2(IkppaB kinase-beta)阻害剤のHSV-1再活性化抑制効果を検討した。 【方法】Balb/cマウス(メス、5週齢)の角膜を注射針にて擦過し、HSV-1(Mckrae株、5×103PFU/EYE)を感染させ、感染後4日目の角膜炎スコアが均等になるようにIKK2阻害剤腹腔内注射(腹注)群、ジメチルスルホキシド(DMSO)腹注群の2群(各群25匹)に分類した。感染後25日目からIKK2阻害剤腹注、DMSO腹注を計5日間投与した。潜伏感染が成立したと考えられる感染後28日目に免疫抑制、29日目に免疫抑制と熱ストレスによる再活性化を施行した。感染後30日目にマウス眼球と三叉神経節(TG)を採取し、Plaque AssayとReal-Time PCR法を用いて検討した。 【結果】Plaque Assayによる検討では、IKK2阻害剤腹注群はTGにおけるHSV-1陽性サンプル率が少な
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査について  [通常講演]
    福田 昌彦
    第8回Symposium of Ocular Surface and Infection 2010年05月 大阪市 第8回Symposium of Ocular Surface and Infection
     
    コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査の結果をもとに最近の傾向と対策を述べた。
  • Real-Time PCR法による細菌性角膜炎、真菌性角膜炎、アカントアメーバ角膜炎の診断  [通常講演]
    檜垣 史郎; 板橋幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    2010年04月
  • アカントアメーバ角膜炎における細菌DNAの存在  [通常講演]
    河本 庄平; 檜垣 史郎; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第375回大阪眼科集談会 2010年04月 大阪 第375回大阪眼科集談会
     
    目的:アカントアメーバ角膜炎症例の角膜擦過物中に、細菌のDNAが存在するか否かを調べた。 方法:対象は放射状角膜神経炎を認めアカントアメーバ角膜炎と考えられた6例6眼。角膜擦過物を鏡検、培養検査に供し、角膜擦過物からDNAを抽出後、Acanthamoeba, S. aureus, S. pneumoniae, P. aeruginosa, MRSAに対して設計したプローブ、プライマーを使用し、real time PCR法に供した。 結果:6眼中5眼で、鏡検または培養検査でAcanthamoeba 陽性であった。6眼全てでAcanthamoeba DNAは陽性であった。6眼中3眼で、P. aeruginosa DNAが+で、平均は6.6×100±0.8コピー/サンプルであった。 結論:アカントアメーバ角膜炎症例の角膜擦過物中に、P. aeruginosa DNAが存在しうると考えられた。
  • 単純角膜ヘルペスウイルス迅速キットによる上皮型角膜ヘルペス診断の多施設における検討  [通常講演]
    福田 昌彦; 下村 嘉一; 鳥取大学医学部眼科学教室
    第114回日本眼科学学会総会 2010年04月 名古屋市 第114回日本眼科学学会総会
     
    単純角膜ヘルペスウイルス迅速キットによる上皮型角膜ヘルペス診断の多施設における検討結果を報告した。
  • Detection and Quantification of Pathogenic Bacteria and Fungi Using Real-Time PCR in Patients with Corneal Ulcer  [通常講演]
    檜垣 史郎; 福田 昌彦; 板橋幹城; 下村 嘉一
    2010年02月
  • 人工角膜について  [通常講演]
    福田 昌彦
    桜華会 関西女性眼科医の会 2010年02月 大阪市 桜華会 関西女性眼科医の会
     
    様々なタイプの人工角膜について解説した。
  • 治療的Boston Keratoprosthesisが奏効した角膜移植後のカンジダ感染の一例  [通常講演]
    福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 宮田眼科病院; 宮田眼科病院; 宮田眼科病院
    第26回角膜移植学会 2010年02月 仙台市 第26回角膜移植学会
     
    複数回角膜移植施行眼で難治性のカンジダ感染の一例にBoston Keratoprosthesisを施行して良好な結果を得たので報告した。
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症  [通常講演]
    福田 昌彦
    第4回神奈川Ocular Surface Symposium 2010年01月 横浜市 第4回神奈川Ocular Surface Symposium
     
    コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査の内容をもとに最近の傾向と対策について述べた。
  • 近畿大学眼科におけるDSAEKの成績  [通常講演]
    萱澤 真梨子; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 小林 顕
    第373回大阪眼科集談会 2009年12月 大阪 第373回大阪眼科集談会
  • 坑悪性腫瘍薬TS-1?内服による角膜上皮障害の検討  [通常講演]
    萱澤 朋泰; 福田 昌彦; 飯沼 直子; 檜垣 史郎; 中尾 雄三; 下村 嘉一; 高田 園子
    第63回 日本臨床眼科学会 2009年10月 福岡市博多区 マリンメッセ福岡 第63回 日本臨床眼科学会
     
    【目的】抗悪性腫瘍薬TS-1?は5-FUのプロドラッグであり、近年、角膜上皮障害の報告が散見される。今回当科で経験したTS-1?が関係したと思われる角膜上皮障害の7例を検討した。 【症例】症例は男性5例、女性2例で年齢は60から85(平均69.7)歳であった。角膜上皮障害の程度は軽症の点状表層角膜症(SPK)が2例、SPKとCrack lineを伴ったものが1例、SPK、Crack line、角膜上皮混濁を伴ったものが1例、SPK、Crack line、渦巻き状の角膜上皮障害を伴ったもの が例、遷延性角膜上皮障害が1例であった。遷延性角膜上皮欠損の症例は眼瞼内反症を伴っていた。TS-1?内服から症状発現までの期間は最短3週間であった。治療は防腐剤を含まない人工涙液点眼を中心に行ったがTS-1?内服継続中は上皮障害の著明な改善はなく、休薬あるいは中止により改善した。遷延性角膜上皮欠損の1例には羊膜移植、内反症手術(JONES法)を行った。TS-1?による角膜上皮障害は軽症で視力低下のないものから他の眼表面疾患と合
  • スチーブンス・ジョンソン症候群  [通常講演]
    福田 昌彦
    第63回日本臨床眼科学会 2009年10月 福岡市 第63回日本臨床眼科学会
     
    シンポジウム「難治性角結膜疾患への挑戦」においてスチーブンス・ジョンソン症候群の手術療法、特に歯根部利用人工角膜の成績について述べた。
  • CL関連角膜感染症サーベイランス 1.起炎菌と臨床像  [通常講演]
    福田 昌彦
    第63回日本臨床眼科学会 2009年10月 福岡市 第63回日本臨床眼科学会
     
    シンポジウム「コンタクトレンズ関連角膜感染症を考える」において、日本コンタクトレンズ学会と日本眼感染症学会が共同で行ったコンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査における起炎菌と臨床像について解説した。
  • 細菌性眼感染症と抗菌点眼薬  [通常講演]
    福田 昌彦
    テレフォンカンファレンス 2009年10月 堺市 テレフォンカンファレンス
     
    細菌性眼感染症と抗菌点眼薬の使用方法について解説した。
  • How to get started with offering clinical service  [通常講演]
    福田 昌彦
    7th KPro Study Group meeting 2009年10月 Portoroz, Slovenia 7th KPro Study Group meeting
     
    日本での歯根部利用人工角膜(OOKP)手術をどのように開始することができたかについて解説した。
  • Influence of Cosmetics and Cleansing Products for the Eyes on Soft Contact Lenses  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    CLAO INTERNATIONAL CONTACT LENS SUMMIT 2009年09月 カナダ CLAO INTERNATIONAL CONTACT LENS SUMMIT
     
    化粧品やクレンジング剤がコンタクトレンズに与える影響について検討を行った。プラズマコーティング以外のシリコーンハイドロゲルレンズにおいて、化粧品による汚染や、クレンジングオイルによる変形を認め、処方者や使用者は注意すべきであると思われる(英文)
  • アカントアメーバ角膜炎に対しReal Time PCR法が有用であった3症例  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 白根 授美; 咲山 豊; 福田 昌彦; 三島 弘; 下村 嘉一
    第98回南大阪勉強会 2009年09月 大阪狭山市 第98回南大阪勉強会
     
    アカントアメーバ角膜炎症例に対し、Real Time PCR法を用いてアカントアメーバ(アメーバ)の定量を行い、経過観察できた3例を経験したので報告した。そして、アカントアメーバ角膜炎の診断において、Real Time PCR法を用いる事で、菌の同定、定量が、鏡検や培養と比較して、確実に行うことができた。また治療効果判定としても有用であると考えられた。
  • 眼ヘルペス感染症におけるリアルタイムPCRの有用性  [通常講演]
    福田 昌彦
    第16回ヘルペス感染症フォーラム 2009年08月 札幌市 第16回ヘルペス感染症フォーラム
     
    眼ヘルペス感染症におけるリアルタイムPCRの有用性について発表した。
  • シリコーンハイドロゲルレンズに対する化粧品とクレンジング剤の影響  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第52回日本コンタクトレンズ学会 2009年07月 大阪 第52回日本コンタクトレンズ学会
     
    シリコーンハイドロゲル(SHCL)に対する化粧品とクレンジング剤の影響について検討を行った。プラズマコーティング以外のSHCLにおいて、クレンジングオイルをin vitro下で塗布した場合に、レンズの変形を認めた。
  • コンタクトレンズに対する化粧品とクレンジング剤の影響  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第52回日本コンタクトレンズ学会 2009年07月 大阪 第52回日本コンタクトレンズ学会
     
    化粧品とクレンジング剤のCLAの影響について検討を行った。実際の症例からCLAの汚染経路について考察を行なった。化粧品やクレンジング剤によってCLが汚染される可能性があるため、目元の化粧や化粧落としの方法に注意が必要である。
  • Real Time PCR法によるアカントアメーバ角膜炎診断  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 白根 授美; 咲山 豊; 福田 昌彦; 三島 弘; 下村 嘉一
    第46回日本眼感染症学会 2009年07月 大阪市 第46回日本眼感染症学会
     
    目的:アカントアメーバ角膜炎症例に対し、Real Time PCR法を用いてアカントアメーバ(アメーバ)の定量を行い、経過観察できた3例を経験したので報告する。症例:症例1) 27歳の男性。コンタクトレンズ(CL)を使用中に眼痛が出現しため受診。両眼の角膜炎を認めた。培養で起炎菌が検出されず、Real Time PCR法を施行しアメーバを2.0×102コピーを定量した。その後、鏡検にてアメーバを確認した。以後、アメーバ量を経時的に定量し、アメーバの減少および角膜炎の改善を認めた。症例2) 22歳の男性。CLを使用し左眼痛が出現したため受診。左眼角膜中央に混濁を認め、培養にてアメーバを検出した。治療を行い改善傾向であったが、以降の培養検査ではアメーバを検出できなかった。治療効果を判定するためReal Time PCR 法に供し、アメーバを2.8×101 コピー定量した。その後、Real Time PCR 法では陰性となり、点眼回数を減らし軽快した。症例3) 29歳の男性。CLを使用し両眼の眼痛、充血が出現したため
  • コンタクトレンズ装用者の角膜感染症:最近の傾向  [通常講演]
    福田 昌彦
    スリーサム・イン なにわ 2009年07月 大阪市 スリーサム・イン なにわ
     
    シンポジウム(クロスオーバーディスカッション)において、コンタクトレンズ装用者の角膜感染症の最近の傾向について解説した。
  • CLにまつわる噂の検証  [通常講演]
    福田 昌彦
    スリーサム・イン なにわ 2009年07月 スリーサム・イン なにわ
     
    ランチョンセミナーとしてCLの素材、ケア、フィッティングなどの最新知見を解説した。
  • MRSA・MRSE眼感染症の現状  [通常講演]
    福田 昌彦
    スリーサム・イン なにわ 2009年07月 大阪市 スリーサム・イン なにわ
     
    ランチョンセミナーとしてMRSA・MRSE眼感染症の現状を解説した。
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症の実態  [通常講演]
    福田 昌彦
    スリーサム・イン なにわ 2009年07月 大阪市 スリーサム・イン なにわ
     
    モーニングセミナーとして最近のコンタクトレンズ関連角膜感染症の実態について解説した。
  • 坑悪性腫瘍薬TS-1?内服による角膜上皮障害の検討  [通常講演]
    萱澤 朋泰; 福田 昌彦; 飯沼 直子; 檜垣 史郎; 中尾 雄三; 下村 嘉一; 高田 園子
    第370回 大阪眼科集談会 2009年06月 大阪市 毎日新聞オーバルホール 第370回 大阪眼科集談会
     
    【目的】 抗悪性腫瘍薬TS-1?は5-FUのプロドラッグであり、近年、角膜上皮障害の報告が散見される。今回当科で経験したTS-1?が関係したと思われる角膜上皮障害の7例を検討した。 【症例】 症例は男性5例、女性2例で年齢は60から85(平均69.7)歳であった。角膜上皮障害の程度は軽症の点状表層角膜症(SPK)が2例、SPKとCrack lineを伴ったものが1例、SPK、Crack line、角膜上皮混濁を伴ったものが1例、SPK、Crack line、渦巻き状の角膜上皮障害を伴ったものが例、遷延性角膜上皮障害が1例であった。遷延性角膜上皮欠損の症例は眼瞼内反症を伴っていた。TS-1?内服から症状発現までの期間は最短3週間であった。治療は防腐剤を含まない人工涙液点眼を中心に行ったがTS-1?内服継続中は上皮障害の著明な改善はなく、休薬あるいは中 止により改善した。遷延性角膜上皮欠損の1例には羊膜移植、内反症手術(JONES法)を行った。TS-1?による角膜上皮障害は軽症で視力低下のないものから他の眼表面疾患
  • 眼疾患と皮膚疾患(アレルギーと感染症を中心に)  [通常講演]
    福田 昌彦
    さくら会学術講演会 2009年06月 大阪市 さくら会学術講演会
     
    皮膚科医の勉強会において眼疾患と皮膚疾患のかかわりについて講演した。
  • 眼ヘルペス感染症におけるリアルタイムPCRの有用性  [通常講演]
    福田 昌彦
    近畿ヘルペス感染症研究会学術講演会 2009年06月 大阪市 近畿ヘルペス感染症研究会学術講演会
     
    眼ヘルペス感染症におけるリアルタイムPCRの有用性について解説した。
  • レシピエント角膜中のウイルス(CMV, HSV-1,2, VZV) DNA  [通常講演]
    檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 金子久俊; 錫谷達夫
    第113回日本眼科学会総会 2009年04月 東京 第113回日本眼科学会総会
  • 細菌・真菌・アカントアメーバ  [通常講演]
    福田 昌彦
    日本眼科医会障害教育講座第57回 角結膜診療のすべて 2009年04月 名古屋市 日本眼科医会障害教育講座第57回 角結膜診療のすべて
     
    日本眼科医会障害教育講座第57回 角結膜診療のすべて において細菌、真菌、アカントアメーバ感染法について解説した。
  • 細菌・真菌・アカントアメーバ  [通常講演]
    福田 昌彦
    日本眼科医会障害教育講座第57回 角結膜診療のすべて 2009年03月 福岡市 日本眼科医会障害教育講座第57回 角結膜診療のすべて
     
    日本眼科医会障害教育講座第57回 角結膜診療のすべて 細菌、真菌、アカントアメーバ感染症について解説した。
  • ソフトコンタクトレンズ装用者にみられたEpithelial microcystsの3例  [通常講演]
    福田 昌彦; 河本庄平; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 阪南中央病院眼科; 田村眼科
    第33回角膜カンファランス・第25回日本角膜移植学会 2009年02月 大阪市 第33回角膜カンファランス・第25回日本角膜移植学会
     
    ソフトコンタクトレンズ装用者にみられたEpithelial microcystsの3例について報告した。
  • 全層角膜移植術後の角膜ヘルペス  [通常講演]
    河本 庄平; 檜垣 史郎; 板橋 幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    角膜カンファランス 2009年02月 大阪 角膜カンファランス
     
    【目的】角膜ヘルペスの既往歴がある症例に対し、全層角膜移植術(PKP)施行後の角膜ヘルペスの発症について検討した。 【対象と方法】対象は、2006年1月から2008年10月までにPKPを施行した症例中、角膜ヘルペス感染症の既往歴がある22例23眼(男性12例、女性10例、平均年齢68.5±12.03歳)であった。原因疾患は、水疱性角膜症17眼(再移植9眼、角膜内皮炎後5眼、レーザー虹彩切開術後2眼、白内障術後1眼)角膜ヘルペス後角膜白斑5眼、円錐角膜1眼であった。既往の角膜ヘルペスの内訳は、上皮型14眼、実質型3眼、内皮炎6眼で、術後の抗ウイルス剤の予防的投与の有無、角膜ヘルペスの発症の有無について検討した。 【結果】PKP術後に予防的に抗ウイルス薬の投与を行ったのは18眼、予防的投与を行わなかったのは5眼であった。 塩酸バラシクロビル(VACV)(1000㎎/日)を投与した17眼中1眼にVACV投与終了2か月後に、またアシクロビル(ACV)(800mg/日)を投与した1眼中1眼にACV投与終了1年5か月後に、上皮
  • 細菌・真菌・アカントアメーバ  [通常講演]
    福田 昌彦
    日本眼科医会生涯教育講座 第57回 角結膜診療のすべて 2009年02月 神戸市 日本眼科医会生涯教育講座 第57回 角結膜診療のすべて
     
    細菌・真菌・アカントアメーバ感染症について解説した。
  • 細菌・真菌・アカントアメーバ  [通常講演]
    福田 昌彦
    日本眼科医会生涯教育講座 第57回 角結膜診療のすべて 2009年02月 東京都 日本眼科医会生涯教育講座 第57回 角結膜診療のすべて
     
    細菌・真菌・アカントアメーバ感染症について解説した。
  • ドライアイの診断 2009アップデート  [通常講演]
    福田 昌彦
    ドライアイ%クオリティアップセミナー 2009年02月 大阪市 ドライアイ%クオリティアップセミナー
     
    ドライアイの最新の診断について解説した。
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査について  [通常講演]
    福田 昌彦
    第96回南大阪眼科勉強会 2008年11月 大阪狭山市 第96回南大阪眼科勉強会
     
    コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査の結果を報告した。
  • 25Gシステムcore vitrectomy併用 PKP triple手術の成績  [通常講演]
    檜垣 史郎; 福田 昌彦; 松本 長太; 下村 嘉一
    第62回臨床眼科学会 2008年10月 東京 第62回臨床眼科学会
  • ソフトコンタクトレンズ装用後に認められたEpithelial microcystsの3例  [通常講演]
    河本 庄平; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 阪和住吉病院; 田村眼科
    大阪府眼科集談会 2008年10月 大阪府 大阪府眼科集談会
  • ニューキノロン系抗菌点眼薬のヒト角膜・房水への移行性の検討  [通常講演]
    福田 昌彦; 下村 嘉一; 東京医療センター; 京都府立医大; 京都府立医大
    第62回日本臨床眼科学会 2008年10月 東京都 第62回日本臨床眼科学会
     
    ニューキノロン系抗菌点眼薬のヒト角膜・房水への移行性の報告をした。
  • 歯根部利用人工角膜  [通常講演]
    福田 昌彦
    第62回日本臨床眼科学会 2008年10月 東京都 第62回日本臨床眼科学会
     
    インストラクションコース(人工角膜2008)において、歯根部利用人工角膜(OOKP)について解説した。
  • 歯根部利用人工角膜の成績  [通常講演]
    福田 昌彦
    第40回大阪眼科手術の会 2008年10月 大阪市 第40回大阪眼科手術の会
     
    日本における歯根部利用人工角膜の成績について解説した。
  • OOKP(歯根部利用人工角膜)手術後のCT像  [通常講演]
    桑原 雅知; 下野 太郎; 勝部 敬; 藤谷 哲也; 松久保 祐子; 足利 竜一朗; 福田 昌彦; 濱田 傑; 細野 眞; 村上 卓道
    第44回日本医学放射線学会秋季臨床大会 2008年10月 福島 第44回日本医学放射線学会秋季臨床大会
  • 生後2ヶ月児に認めた細菌性角膜潰瘍症例  [通常講演]
    檜垣 史郎; 佐藤崇; 板橋幹城; 菅原大輔; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第95回南大阪眼科勉強会 2008年09月 大阪狭山市 第95回南大阪眼科勉強会
  • 人工角膜について  [通常講演]
    福田 昌彦
    第10回兵庫県眼科フォーラム 2008年09月 兵庫県、神戸市 第10回兵庫県眼科フォーラム
     
    日本における人工角膜の現状について解説した。
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査について  [通常講演]
    福田 昌彦
    2008 CLAO annual meeting 2008年09月 Las Vegas, USA 2008 CLAO annual meeting
     
    コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査の結果を報告した。
  • 生後2ヶ月児の細菌性角膜潰瘍  [通常講演]
    檜垣 史郎; 佐藤崇; 板橋幹城; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第45回日本眼感染症学会 2008年07月 福岡 第45回日本眼感染症学会
  • 小児にオルソケラトロジーレンズを装用し、角膜潰瘍を生じた一例  [通常講演]
    児玉 彩; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    スリーサムイン福岡 2008年07月 福岡 スリーサムイン福岡
     
    小児がオルソKを使用する場合、その管理の困難さなどから、本症例のように合併症を惹起することがあり、適切な管理の元で使用する必要があると考えられた。
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査  [通常講演]
    福田 昌彦; 下村 嘉一; ウエダ眼科
    第51回日本コンタクトレンズ学会総会 2008年07月 福岡県、福岡市 第51回日本コンタクトレンズ学会総会
     
    コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査の結果を報告した。コンタクトレンズケアの不備が角膜感染症を起こしている実態が明らかとなった。
  • 小児の眼感染症  [通常講演]
    福田 昌彦
    第45回日本眼感染症学会 2008年07月 福岡県、福岡市 第45回日本眼感染症学会
     
    第45回日本眼感染症学会のイブニングセミナーにおいて小児の眼感染症について解説した。
  • 新しい抗菌薬の評価・使用法  [通常講演]
    福田 昌彦
    第45回日本眼感染症学会 2008年07月 福岡県、福岡市 第45回日本眼感染症学会
     
    日本眼感染症学会のシンポジウム(細菌性眼感染症の現状)において新しい抗菌薬の評価・使用法について解説した。
  • オルソケラトロジーでの角膜前後面形状、前房深度の変化について  [通常講演]
    福田 昌彦
    World Ophthalmology Congress 2008 2008年07月 Hong Kong World Ophthalmology Congress 2008
     
    国際眼科学会のシンポジウムで、オルソケラトロジーでの角膜前後面形状、前房深度の変化を報告した。
  • Real Time PCR法における蛍光検出方法の違いによるHSV DNA量の比較検討  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第45回日本眼感染症学会 2008年07月 福岡市 第45回日本眼感染症学会
     
    目的:Real Time PCR法には、数種類の方法があり、今回我々は蛍光検出方法の違いによる、単純ヘルペスウイルス(HSV) DNA量の比較検討をした。方法: HSV-1(McKrae株)(2.5×10^0、4.8×10^2、5.0×10^3、4.0×10^4 (PFU/ml))から、各力価6サンプルずつDNAを抽出した。Real Time PCR法における蛍光検出方法として、TaqMan プローブ法(A法)、A法と同配列のプライマーを用いたSYBR Green法(B法)、サイクリングプローブ法(C法)、C法と同配列のプライマーを用いたSYBR Green法(D法)の計4方法を用いた。結果:各サンプルウイルス力価2.5×10^0、4.8×10^2、5.0×10^3、4.0×10^4 (PFU/ml)の平均HSV DNA量は、A法 3.7×10^1 、2.3×10^2、2.5×10^3 、2.7×10^5、B法 6.5×10^1 、1.1×10^3、1.9×10^4 、3.8×10^5、C 法 3.9×10^0 、3.6×10^1、3.4×10^2 、3.6×10^3、D 法 2.6×10^0 、4.3×10^1、4.9×10^2 、5.9×10^3 (コピー/サンプル)であった。結論:Real Time PCR法においては、蛍光検出方法の違いにより、結果として得られるHSV DNA量に違いが生じる可能性があり、それぞれの特徴を
  • MRSA、MRSE眼感染症  [通常講演]
    福田 昌彦
    スリーサム・イン東京、第52回ICD講習会 2008年07月 東京都 スリーサム・イン東京、第52回ICD講習会
     
    MRSA、MRSE眼感染症の最近の傾向について解説した。
  • 単純ヘルペスウイルス1型に対するケモカインの抗ウイルス活性の検討  [通常講演]
    福田 昌彦; 白根授美; 三島 弘; 下村 嘉一; 中山隆志; 義江 修
    第23回ヘルペスウイルス研究会 2008年06月 鳥取県、西伯郡 第23回ヘルペスウイルス研究会
     
    単純ヘルペスウイルス1型に対するケモカインの抗ウイルス活性について報告した。
  • 難症例でディスカッション  [通常講演]
    福田 昌彦
    第2回箱根ドライアイクラブ 2008年05月 神奈川県、箱根町 第2回箱根ドライアイクラブ
     
    ドライアイ重症例での歯根部利用人工角膜(OOKP)の成績について解説した。
  • COX阻害内服薬、点眼薬によるHSV-1潜伏感染マウス再活性化抑制効果  [通常講演]
    檜垣 史郎; 渡邉敬三; 板橋幹城; 水野眞由美; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第112回日本眼科学会総会(、平成2008年4月17日-20日)4月18日 2008年04月 横浜 第112回日本眼科学会総会(、平成2008年4月17日-20日)4月18日
  • 薬剤移行性で感染症に立ち向かえ  [通常講演]
    福田 昌彦
    第112回日本眼科学会総会 2008年04月 第112回日本眼科学会総会
     
    ランチョンセミナーにおいて、合成抗菌薬の眼内への薬物移行性と眼内炎について解説した。
  • 最近の角膜移植:全層移植からパーツ移植へ  [通常講演]
    福田 昌彦
    第112回日本眼科学会総会 2008年04月 神奈川県、横浜市 第112回日本眼科学会総会
     
    教育セミナー(角膜疾患:治療の原則)において最近の角膜移植について解説した。
  • 人工角膜について  [通常講演]
    福田 昌彦
    第50回和歌山眼科談話会 2008年03月 和歌山県、和歌山市 第50回和歌山眼科談話会
     
    日本における人工角膜の現状について解説した。
  • ドナー角膜1片を2症例に使用した角膜移植の4症例  [通常講演]
    檜垣 史郎; 南里勇; 七部史; 渡邉敬三; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    2008年03月
  • 生体レーザー共焦点顕微鏡が有用であったEpithelial microcystsの2例  [通常講演]
    河本 庄平; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 阪和住吉病院眼科; 田村眼科
    角膜カンファレンス 2008年02月 東京 角膜カンファレンス
  • ドナー角膜の取り扱い  [通常講演]
    福田 昌彦
    第31回日本眼科手術学会総会 2008年02月 第31回日本眼科手術学会総会
     
    教育セミナー(角膜移植の基本手技)においてアイバンクでのドナー角膜の取り扱いについて解説した。
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)4例の成績  [通常講演]
    福田 昌彦; 杉岡 孝二; 下村 嘉一; 濱田 傑; Sussex Eye Hospital; 東京医療センター
    第32回角膜カンファランス、第24回日本角膜移植学会 2008年02月 千葉県、浦安市 第32回角膜カンファランス、第24回日本角膜移植学会
     
    日本での歯根部利用人工角膜(OOKP)4例の成績を報告した。
  • 角膜潰瘍に対するReal Time PCR法による菌同定と定量  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 水野 眞由美; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第32回角膜カンファレンス 2008年02月 浦安市 第32回角膜カンファレンス
     
    目的:角膜潰瘍の診断のため、サイクリングプローブを用いたReal Time PCR法(Cycleave PCR)にて、短時間で起炎菌(細菌、真菌)の同定と定量を行った。方法:角膜潰瘍の患者で起炎菌同定のため、角膜擦過により検体を採取し、培養検査を行った23眼に対して、同時にEye Wash法にて涙液を採取した。サンプル涙液よりDNAを抽出し、S. aureus, S. pneumoniae, P. aeruginosa, MRSA, Candida sp., Fusarium sp.に対して設計したサイクリングプローブ、プライマーを使用し、同じ反応系を用いる事により、1回の測定で同時に起炎菌の同定、定量を行った。培養結果とCycleave PCR法の結果を比較検討した。結果:培養結果とCycleave PCR法とによる結果が11眼において一致し、これらの起炎菌はS. aureus 2眼(平均 2.6±1.8×10 コピー)、S. pneumoniae 3眼(8.4±6.6×10^3)、Candida sp. 3眼(7.1±3.6×10^3)、P. aeruginosa 2眼(3.8±1.2×10^2)、MRSA 1眼(3.8±1.2×10^2)であった。結果が一致しなかった9眼では、培養で菌が検出されなかったか、上記検出菌以外の菌が
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)の日本での成績  [通常講演]
    福田 昌彦
    The 13th Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club 2007年12月 京都市 The 13th Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club
     
    歯根部利用人工角膜(OOKP)の日本での成績について解説した。
  • HSV-1臨床分離株の判別  [通常講演]
    檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 近畿大学奈良
    第61回臨床眼科学会 2007年10月 京都 第61回臨床眼科学会
     
    HSV-1臨床分離株の判別について発表
  • 人工角膜2007  [通常講演]
    福田 昌彦; 下村 嘉一; 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部視覚病態学分野; 慶応大学医学部眼科学教室
    第61回日本臨床眼科学会 2007年10月 京都市 第61回日本臨床眼科学会
     
    インストラクションコースとして、人工角膜開発の歴史、現在本邦で行われているOOKPとAlphaCorの成績と将来の人工角膜の可能性について報告した。
  • ニューキノロン系抗菌点眼薬の角膜、房水、結膜への移行性  [通常講演]
    福田 昌彦; 杉岡 孝二; 渡邊敬三; 河本 庄平; 下村 嘉一; 板橋幹城; 山田昌和
    第61回日本臨床眼科学会 2007年10月 京都市 第61回日本臨床眼科学会
     
    ニューキノロン系抗菌点眼薬の角膜、房水、結膜への移行性に関する家兎での実験結果を報告した。モキシフロキサシンの移行が最も良かった。
  • Cycleave PCR法による角結膜感染症に対する菌同定と定量  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 水野 眞由美; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第61回 日本臨床眼科学会 2007年10月 京都 第61回 日本臨床眼科学会
     
    目的:角結膜感染症の診断のため、サイクリングプローブを用いたReal Time PCR法(Cycleave PCR)にて、起炎菌の同定、定量を行った。方法:角膜潰瘍、結膜炎の患者計11例に対して、角膜または結膜嚢擦過により検体を採取し、培養検査を行った。また同症例よりDNAを抽出し、Cycleave PCR法を行った。S. aureus, S. pneumoniae, P. aeruginosa, Candida sp., Fusarium sp.に対して設計したサイクリングプローブ、プライマーを使用し、同じ反応系を用いる事により、1回の測定で同時に起炎菌の同定、定量を行った。そして、培養結果とCycleave PCR法の結果を比較検討した。結果:培養結果とCycleave PCR法とによる結果が7症例において一致し、これらの起炎菌はS. aureus 3例(平均 1.1±1.1×10^5 コピー)、S. pneumoniae 2例(3.8±1.2×10^2)、Candida sp. 2例(1.3±0.4×10^4)であった。結果が一致しなかった4症例では、培養で菌が検出されなかったか、上記検出菌以外の菌が検出された。結論:角結膜感染症例において、Cycleave PCR法では従来の鏡
  • 近大眼科における入院を要した過去10年間の眼外傷  [通常講演]
    佐藤 寿樹; 國吉 一樹; 松本 長太; 福田 昌彦; 奥山 幸子; 丸山 耕一; 阿部 考助; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第61回日本臨床眼科学会 2007年10月 京都 第61回日本臨床眼科学会
     
    近畿大学医学部附属病院眼科における過去10年間の眼外傷症例217例について調査検討した。最近の眼外傷は過去に見られた交通外傷によるものは減少している。
  • 実質型角膜ヘルペスにカンジダ角膜炎を合併した1例  [通常講演]
    河本 庄平; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 青松 圭一; 板橋 幹城; 妙中 直子; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第44回日本眼感染症学会 2007年07月 東京 第44回日本眼感染症学会
     
    目的:実質型角膜ヘルペス治療中にカンジダ角膜炎を合併した症例を経験したので報告する。症例:79歳女性。平成17年4月より実質型角膜ヘルペスにて経過観察していた。平成18年1月には上皮型の再発を認めた。病変は沈静化したが1月23日に右眼に遷延性角膜上皮欠損を認めた。1月30日には上皮欠損内に白色病変を認め、前房蓄膿も伴っていたため角膜真菌症を疑い、入院加療となった。モキシフロキサシン点眼、クロラムフェニコール点眼、塩酸セフメノキシム点眼、フルコナゾール点眼、アシクロビル眼軟膏、オフロキサシン眼軟膏の投与、フロモキセフナトリウム、フルコナゾール点滴を行った。病変部の培養検査ではCandida albicansを検出した。入院後、フルコナゾールの結膜下注射とイトラコナゾール内服を追加し、病変は徐々に治療に反応したが2月16日に角膜実質の浮腫が増悪した。実質型角膜ヘルペスの再発を疑い、フルオロメトロン点眼を追加したところ、角膜は透明化し、前
  • ソフトコンタクトレンズ装用後に認められたEpithelial microcystsの2例  [通常講演]
    河本 庄平; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 前田 政徳; 田村 恭子
    第50回日本コンタクトレンズ学会総会 2007年07月 東京 第50回日本コンタクトレンズ学会総会
     
    目的:Epithelial microcystsとはソフトコンタクトレンズ(SCL)の連続装用などに伴って観察される上皮内の変化であるが通常は視力障害をおこすことは少ない。生体レーザー共焦点顕微鏡(HRTⅢ-RCM)を使用し、Epithelial microcystsと診断可能であった2例を経験したので報告する。症例:症例1は32歳男性、頻回交換SCL装用していたが両眼の充血、羞明、眼痛が出現した。両眼の角膜上皮のび慢性混濁を認めたがフルオレセインで染色される点状表層角膜炎は混濁に比較して軽度であった。生体レーザー共焦点顕微鏡(HRTⅢ-RCM)で観察すると両眼ともに上皮内に多数のcystの集積を認めた。症例2は36歳女性、シリコンハイドロジェルSCLを装用していたが左眼の充血、眼痛が出現した。症例1同様、角膜上皮のび慢性混濁を認めた。混濁は周辺部から徐々に軽快し約10日間で消失した。4ヶ月後に左眼に同様の症状、所見が再発した。HRTⅢ-RCMで観察すると上皮表層に多数のcystの集積が
  • オルソケラトロジーに対する意識調査  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 野入 輝美; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第50回日本コンタクトレンズ学会 2007年07月 東京都 第50回日本コンタクトレンズ学会
     
    オルソケラトロジーに対する意識調査を施行した。オルソケラトロジーに対する関心は高いが、可逆性であることは充分に認知されておらず、今後本邦での健全なオルソケラトロジーの発展のためには、正しい情報伝達が必要不可欠であると思われた。
  • COX阻害内服薬、点眼薬によるHSV-1潜伏感染マウス再活性化抑制  [通常講演]
    檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 近畿大; 近畿大奈良; 近畿大
    第44回日本眼感染症学会 2007年07月 東京 第44回日本眼感染症学会
     
    COX阻害内服薬、点眼薬によるHSV-1潜伏感染マウス再活性化抑制
  • 角結膜感染症におけるCycleave PCR法による菌同定と定量  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 水野 眞由美; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第44回 日本眼感染症学会 2007年07月 東京 第44回 日本眼感染症学会
     
    目的:角結膜感染症の診断に際し、角結膜の擦過培養、菌の顕微鏡検鏡を行う事が多いが、所要時間、原因菌が同定されない等の問題がある。そこで、今回我々は、サイクリングプローブを用いたReal Time PCR法(Cycleave PCR)にて、細菌と真菌の特定原因菌に対して短時間で菌同定と定量を行う事について検討した。方法:角膜潰瘍、結膜炎の患者で原因菌同定のため、シードスワブにて検体を採取し培養を行った7例に対して、同時にEye Wash法にて涙液を採取した。サンプル涙液は、DNA抽出キットにてDNAを抽出した。その後、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、緑膿菌、カンジダ菌に対して設計したプライマー、サイクリングプローブを使用し、同じ反応系を用いる事により、1回のCycleave PCR法で同時に菌同定と定量を行った。培養結果とCycleave PCR法での結果とを比較検討した。結果:培養結果と、Cycleave PCR法とによる結果が一致していた原因菌として、黄色ブドウ球菌2例、肺炎球菌1例、カンジダ菌2
  • 実質型角膜ヘルペスにカンジダ角膜炎を合併した一例  [通常講演]
    河本 庄平; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 青松 圭一; 板橋 幹城; 妙中 直子; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第359回大阪眼科集談会 2007年06月 大阪 第359回大阪眼科集談会
     
    目的:実質型角膜ヘルペス治療中にカンジダ角膜炎を合併した症例を経験したので報告する。症例:79歳女性。平成17年4月より実質型角膜ヘルペスにて経過観察していた。平成18年1月には上皮型の再発を認めた。病変は沈静化したが1月23日に右眼に遷延性角膜上皮欠損を認めた。1月30日には上皮欠損内に白色病変を認め、前房蓄膿も伴っていたため角膜真菌症を疑い、入院加療となった。モキシフロキサシン点眼、クロラムフェニコール点眼、塩酸セフメノキシム点眼、フルコナゾール点眼、アシクロビル眼軟膏、オフロキサシン眼軟膏の投与、フロモキセフナトリウム、フルコナゾール点滴を行った。病変部の培養検査ではCandida albicansを検出した。入院後、フルコナゾールの結膜下注射とイトラコナゾール内服を追加し、病変は徐々に治療に反応したが2月16日に角膜実質の浮腫が増悪した。実質型角膜ヘルペスの再発を疑い、フルオロメトロン点眼を追加したところ、角膜は透明化し、前
  • 角膜ヘルペス再発に関するアンケート調査  [通常講演]
    福田 昌彦; 渡邊敬三; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第22回ヘルペスウイルス研究会 2007年06月 福岡市 第22回ヘルペスウイルス研究会
     
    角膜ヘルペス再発に関するアンケート調査について報告した。患者側の背景としては睡眠不足、肩こり、ストレスなどが誘因となっていた。
  • 術前減菌法スタディの結果2)薬剤感受性と細菌叢の変化  [通常講演]
    福田 昌彦
    第46回日本白内障学会総会、第22回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 2007年06月 愛媛県松山市 第46回日本白内障学会総会、第22回日本眼内レンズ屈折手術学会総会
     
    術後感染予防の現状と未来のシンポジウムの中で、術前減菌法に関する多施設共同研究で得られた結果のうち薬剤感受性に関する部分を解説した。
  • ソフトコンタクトレンズ装用後に認められたEpithelial microcystsの2例  [通常講演]
    河本 庄平; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 前田 政徳; 田村 恭子
    第90回南大阪眼科勉強会 2007年05月 大阪 第90回南大阪眼科勉強会
     
    目的:Epithelial microcystsとはソフトコンタクトレンズ(SCL)の連続装用などに伴って観察される上皮内の変化であるが通常は視力障害をおこすことは少ない。生体レーザー共焦点顕微鏡(HRTⅢ-RCM)を使用し、Epithelial microcystsと診断可能であった2例を経験したので報告する。症例:症例1は32歳男性、頻回交換SCL装用していたが両眼の充血、羞明、眼痛が出現した。両眼の角膜上皮のび慢性混濁を認めたがフルオレセインで染色される点状表層角膜炎は混濁に比較して軽度であった。生体レーザー共焦点顕微鏡(HRTⅢ-RCM)で観察すると両眼ともに上皮内に多数のcystの集積を認めた。症例2は36歳女性、シリコンハイドロジェルSCLを装用していたが左眼の充血、眼痛が出現した。症例1同様、角膜上皮のび慢性混濁を認めた。混濁は周辺部から徐々に軽快し約10日間で消失した。4ヶ月後に左眼に同様の症状、所見が再発した。HRTⅢ-RCMで観察すると上皮表層に多数のcystの集積が
  • Changes in the auterior and posterior radii of the corneal curvature and auterior chamber depth by orthokeratology  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    2007 ARVO 2007年05月 Fort Lauderdale 2007 ARVO
     
    オルソケラトロジーにおける角膜前面、後面の曲率及び前房深度について検討した。角膜前面曲率はフラット化したが、後面曲率と前房深度は変化なく、オルソケラトロジーは角膜前面の形状変化が主なメカニズムであると考えられた。
  • ソフトコンタクトレンズ装用後に認められたEpithelial microcystsの2例  [通常講演]
    河本 庄平; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 前田政徳; 田村恭子
    第357回大阪眼科集談会 2007年04月 第357回大阪眼科集談会
     
    目的:Epithelial microcystsとはソフトコンタクトレンズ(SCL)の連続装用などに伴って観察される上皮内の変化であるが通常は視力障害をおこすことは少ない。生体レーザー共焦点顕微鏡(HRT?-RCM?)を使用し、Epithelial microcystsと診断可能であった2例を経験したので報告する。症例:症例1は32歳男性、頻回交換SCL装用していたが両眼の充血、羞明、眼痛が出現した。両眼の角膜上皮のび慢性混濁を認めたがフルオレセインで染色される点状表層角膜炎は混濁に比較して軽度であった。生体レーザー共焦点顕微鏡(HRT?-RCM?)で観察すると両眼ともに上皮内に多数のcystの集積を認めた。症例2は36歳女性、シリコンハイドロジェルSCLを装用していたが左眼の充血、眼痛が出現した。症例1同様、角膜上皮のび慢性混濁を認めた。混濁は周辺部から徐々に軽快し約10日間で消失した。4ヶ月後に左眼に同様の症状、所見が再発した。HRT?-RCM?で観察すると上皮表層に多数のcystの集積が確
  • Osteo-odonto-keratoprosthesis(OOKP)-日本での成績-  [通常講演]
    福田 昌彦
    第111回日本臨床眼科学会総会 2007年04月 大阪市 第111回日本臨床眼科学会総会
     
    シンポジウム「人工角膜」の中でOsteo-odonto-keratoprosthesis(OOKP)-日本での成績-について解説した。
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)  [通常講演]
    福田 昌彦
    第111回日本眼科学会総会 2007年04月 大阪市 第111回日本眼科学会総会
     
    ランチョンセミナー人工角膜の進歩-AlphaCorとOOKPにおいて歯根部利用人工角膜(OOKP)の解説を行った。
  • 角膜ヘルペス再発に関するアンケート調査  [通常講演]
    福田 昌彦; 渡邊敬三; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第31回角膜カンファランス、第23回日本角膜移植学会 2007年02月 宮崎市 第31回角膜カンファランス、第23回日本角膜移植学会
     
    角膜ヘルペス再発に関するアンケート調査について報告した。患者側の背景としては睡眠不足、肩こり、ストレスなどが誘因となっていた。
  • 眼科手術における周術期の減菌法-眼内炎をおこさないために-  [通常講演]
    福田 昌彦
    第7回やまぐち眼科フォーラム 2007年02月 山口県周南市 第7回やまぐち眼科フォーラム
     
    眼科手術における周術期の減菌法について解説した。
  • 結膜炎、ドライアイにおける涙液中単純ヘルペスウイルスDNAの定量  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 水野 眞由美; 渡邊 敬三; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第31回 角膜カンファレンス 2007年02月 宮崎 第31回 角膜カンファレンス
     
    目的:結膜炎、ドライアイにおける単純ヘルペスウイルス(HSV)の無症候性排出を検討するため、涙液中HSV DNA量の定量を行い調査した。方法:対象は、平成18年8月から10月までの2ヶ月間に眼科受診し、結膜炎、ドライアイと診断された患者16眼の涙液と、正常者10眼の涙液とした。それぞれ、結膜炎は11眼、平均年齢が66歳から91歳(平均76.5歳)、ドライアイは5眼、平均年齢が59歳から75歳(平均64.4歳)であった。正常者の平均年齢は34歳から61歳(平均50.8歳)であった。方法は、結膜炎、ドライアイと診断された日に、eye wash法によりサンプルを採取し、real time PCR法にてHSV DNA量の定量を行った。また、正常者も同様に行った。結果: 結膜炎よりHSV DNAが検出されたのは11眼中3眼(27.3%)で、3眼のHSV DNAコピー数の平均は1.1±0.8×104 コピーであった。ドライアイでは、5眼中2眼(40.0%)で、2眼のHSV DNAコピー数の平均は4.8±0.5×104 コピーであった。また、正常眼では検出されなかった。結論:結膜炎、ドラ
  • 眼感染症アップデート  [通常講演]
    福田 昌彦
    第38回神戸眼科臨床懇話会 2006年11月 神戸市 第38回神戸眼科臨床懇話会
     
    眼感染症の最近の傾向について解説した。
  • 眼感染症up to date  [通常講演]
    福田 昌彦
    兵庫県姫路市眼科医会特別講演会 2006年11月 姫路市 兵庫県姫路市眼科医会特別講演会
     
    眼感染症の最近の傾向について解説した。
  • 角膜ヘルペス再発に関するアンケート調査  [通常講演]
    福田 昌彦; 渡邊敬三; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第88回南大阪眼科勉強会 2006年11月 大阪狭山市 第88回南大阪眼科勉強会
     
    再発を繰り返す角膜ヘルペス患者に、再発要因に関するアンケート調査を行った。疲労、肩こり、睡眠不足など疲労に関する回答が多かった。
  • オルソケラトロジーにおける角膜前面曲率半径と角膜厚の戻りについて  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第60回日本臨床眼科学会 2006年10月 京都 第60回日本臨床眼科学会
     
    オルソケラトロジー終了後の角膜形状の戻りについて、Pentacam(TM)を用いた解析を行った。オルソケラトロジーでは、レンズ装用を中止すれば、2ヶ月までに角膜前面曲率半径と角膜厚はほぼ元に戻るのではないかと考えられた。
  • 眼感染症:細菌  [通常講演]
    福田 昌彦
    ビジョンケアセミナー2006 2006年10月 東京都 ビジョンケアセミナー2006
     
    細菌性の眼感染症の最近の動向について解説した。
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)  [通常講演]
    福田 昌彦
    第60回日本臨床眼科学会 2006年10月 京都市 第60回日本臨床眼科学会
     
    歯根部利用人工角膜(OOKP)の手術方法、成績について解説した。
  • コンタクトレンズによる角膜障害:傾向と対策  [通常講演]
    福田 昌彦
    オキュラーサーフェズシンポジウム2006 2006年09月 東京都 オキュラーサーフェズシンポジウム2006
     
    コンタクトレンズによる角膜障害について解説した。
  • コンタクトレンズによる角膜障害:傾向と対策  [通常講演]
    福田 昌彦
    オキュラーサーフェスシンポジウム2006 2006年09月 大阪 オキュラーサーフェスシンポジウム2006
     
    コンタクトレンズによる角膜障害について解説した。
  • 急性期バラシクロビル内服による上皮型角膜ヘルペスの再活性化時における効果  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第43回 日本眼感染症学会 2006年07月 米子市 第43回 日本眼感染症学会
     
    目的:上皮型角膜ヘルペスに対し、急性期にアシクロビル(ACV)のプロドラッグであるバラシクロビル(VCV)を内服し、ウイルス再活性化時における効果を検討した。 方法:角膜に単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)を感染させ、それぞれVCV内服50mg/kg、100mg/kg、ACV内服50mg/kg、ACV眼軟膏、ACV点眼、プラセボ投与の計6群に分類し、感染後3日目から5日間投与した。潜伏感染が成立した28日目に生存しているマウスを、免疫抑制薬と熱ストレスを用いて再活性化を行う群と、行わない群に分類した。角膜ヘルペスの程度を涙液中のウイルスの有無にて観察し、眼球と三叉神経節を採取し、ウイルス力価をPlaque Assayにより求めた。さらにReal-Time PCRを用いて三叉神経節内のHSV DNA量を定量した。 結果:涙液中からウイルス検出率は、再活性化群でVCV内服群は、プラセボ投与群より低下していた。また、潜伏感染群は検出されなかった。眼球と三叉神経節のPlaque Assayでは、再活性化群のVCV内服群は、プラセボ投与
  • 淋菌性結膜炎4症例の検討  [通常講演]
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 妙中 直子; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第43回日本眼感染症学会 2006年07月 米子 第43回日本眼感染症学会
     
    淋菌性結膜炎4症例について、その薬剤感受性、臨床経過について検討した。淋菌性結膜炎はニューキノロン耐性のことが多いため眼脂塗抹検査で淋菌が疑われたら薬剤感受性の検討が重要であると考えられた。
  • Acute hydrops後に発症した角膜ヘルペスの1例  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第43回日本眼感染症学会 2006年07月 米子 第43回日本眼感染症学会
     
    円錐角膜に急性水腫を生じ、その後角膜ヘルペスを発症した1例を経験した。急性水腫が角膜ヘルペスを誘発する可能性が考えられた。
  • オルソケラトロジーにおける裸眼視力と屈折の経時的変化  [通常講演]
    宮本 裕子; 月山 純子; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第49回日本コンタクトレンズ学会 2006年07月 米子 第49回日本コンタクトレンズ学会
     
    オルソケラトロジーレンズ装用による屈折状態の変化について、装用前から装用を中止した後の経時的変化について検討した。裸眼視力が上昇し、等価球面度数や角膜曲率半径は減少し、レンズ装用中止後、個人差はあるものの約2ヶ月までにもとの状態に戻った。
  • 単純ヘルペスウイルス1型におけるマウス再活性化モデルの検討  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一; Department of Ophthalmology; LSU Eye Center; Louisiana State; University Health Sciences Center; New Orleans, LA; Department of Ophthalmology; LSU Eye Center; Louisiana State; University Health Sciences Center; New Orleans, LA
    第21回 ヘルペスウイルス研究会 2006年06月 岐阜 第21回 ヘルペスウイルス研究会
     
    目的: 単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)は、個体に様々な誘因が加わると再活性化を起し、角膜状態、視力を悪化させる。そこで、今回我々は家兎の血清を用いて、マウスにおけるHSV-1再活性化モデルを検討した。 方法: Balb/cマウスを用いて、両眼の角膜上皮を擦過した後、HSV-1(McKrae株)を5.0×105 PFU/Eyeで感染させ、HSV-1に対する家兎血清力価640、力価320を腹腔内注射する群と6.25×103 PFU/Eyeで感染させ経過観察する群に分類した。感染の状態を確認するため、上皮型角膜ヘルペスの程度を細隙灯顕微鏡下で角膜を観察し、感染後14日目に生存しているマウスより、生存率を求めた。潜伏感染が成立した28日目にそれぞれの群を、免疫抑制薬と熱ストレスを用いて再活性化を行う群と、行わない群に分類し、涙液中ウイルスの有無とReal-Time PCRを用いて三叉神経節内のHSV DNA量を定量し、最終的な生存率を求めた。 結果: 上皮型角膜ヘルペスの程度より、すべてのグループにおいて上皮型角膜ヘルペ
  • Long term survival and histological study of our original keratoprosthesis  [通常講演]
    福田 昌彦; 前田政徳; 杉岡 孝二; 日比野 剛; 下村 嘉一; ニュービジョン眼科研究所; 株式会社メニコン; 株式会社メニコン; 株式会社メニコン
    6th Kpro Study Group Meeting 2006年05月 Miami, Florida, USA 6th Kpro Study Group Meeting
     
    我々の開発している人工角膜の長期成績について解説した。
  • Osteo-odonto-keratoprosthesis (OOKP) results in Japan  [通常講演]
    福田 昌彦; 杉岡 孝二; 出合達則; 下村 嘉一; 濱田 傑; Sussex Eye Hospital
    6th Kpro Study Group Meeting 2006年05月 Miami, Florida, USA 6th Kpro Study Group Meeting
     
    歯根部利用人工角膜(OOKP)の日本での成績について解説した。
  • 角膜専門医から見たレーザー虹彩切開術後の水疱性角膜症  [通常講演]
    福田 昌彦
    第35回大阪眼科手術の会 2006年05月 大阪市 第35回大阪眼科手術の会
     
    近年、レーザ虹彩切開術後の水疱性角膜症が増加している。この病態についてレビューをした。
  • オルソケラトロジーにおける角膜後面曲率半径の検討  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第351回大阪眼科集談会 2006年04月 大阪 第351回大阪眼科集談会
     
    オルソケラトロジーの屈折矯正メカニズムを知るために、Pentacam(TM)を用いて、角膜後面の曲率半径について検討した。角膜後面曲率半径は変化なく、角膜全体が彎曲しているのではなく、角膜前面の形状変化が主なメカニズムであると考えられる。
  • 近畿大学における結膜腫瘍の検討  [通常講演]
    前田 政徳; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 出合 達則; 白根 授美; 下村 嘉一; 中尾 雄三
    第351回大阪眼科集談会 2006年04月 大阪 第351回大阪眼科集談会
     
    昭和51年から平成17年までに近畿大学病院眼科を受診した結膜腫瘍156例についてレトロスペクティブに検討した。良性腫瘍が93%、悪性腫瘍が7%を占めていた。疾患別ではProgenic granalomaが最多で30例を占めていた。
  • 上皮型角膜ヘルペスに対するバラシクロビル内服による効果  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 出合 達則; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第110回 日本眼科学会 2006年04月 大阪 第110回 日本眼科学会
     
    VCV内服群はプラセボ投与群と比較して、抗ウイルス作用を示した。ウイルス力価をPlaque Assayより測定し、VCV内服群は、ACV内服、ACV点眼、ACV眼軟膏群と同等の効果を示した。また、再活性化後、Real-Time PCRより、VCV内服群はHSV-1量が低下していた。VCV内服は、上皮型角膜ヘルペスに対して有効性を示し、再活性化を抑制する効果を認めた。
  • 眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症  [通常講演]
    福田 昌彦
    2006年03月 株式会社マッキャン・ヘルスケア
     
    眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症につき解説した。
  • 人工角膜  [通常講演]
    福田 昌彦
    社団法人大阪府眼科医会教育ゼミナール 2006年03月 大阪市 社団法人大阪府眼科医会教育ゼミナール
     
    人工角膜、特に歯根部利用人工角膜(OOKP)とAlpha-Corを中心に解説した。
  • 人工角膜手術  [通常講演]
    福田 昌彦
    第8回ボーダーレス臨床眼科研究会 2006年03月 大阪市 第8回ボーダーレス臨床眼科研究会
     
    現在本邦にて実用化されている歯根部利用人工角膜(OOKP)とAlpha-Corについて解説した。
  • オルソケラトロジーにおける角膜後面曲率半径の検討  [通常講演]
    月山純子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 宮本裕子
    第30回角膜カンファレンス 2006年03月 東京 第30回角膜カンファレンス
     
    オルソケラトロジーにおける屈折矯正メカニズムについて知るために、角膜後面曲率半径について検討した。オルソケラトロジーレンズ装用により、有意に近視屈折矯正効果を得ることができた。レンズ装用前後で角膜後面曲率半径に有意な差は認められなかった。オルソケラトロジーでは角膜全体が彎曲するというよりも、角膜前面の形状変化が主な屈折矯正メカニズムであると考えられた。
  • オルソケラトロジーにおける角膜後面曲率半径の検討  [通常講演]
    月山 純子; 宮本 裕子; 野入 輝美; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第30回角膜カンファランス 2006年02月 東京 第30回角膜カンファランス
     
    オルソケラトロジーの、屈折矯正メカニズムを知るために、Pentacam(TM)を用いて、角膜後面の曲率半径について検討した。角膜後面曲率は変化なく、角膜全体が彎曲している可能性は否定的で、角膜前面の形状変化が主なメカニズムであると考えられる。
  • 近畿大学における結膜腫瘍の検討  [通常講演]
    前田 政徳; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 出合 達則; 白根 授美; 下村 嘉一; 中尾 雄三
    第30回角膜カンファランス 2006年02月 東京 第30回角膜カンファランス
     
    昭和51年から平成17年までに近畿大学病院眼科を受診した結膜腫瘍156例についてレトロスペクティブに検討した。良性腫瘍が93%、悪性腫瘍が7%を占めていた。疾患別ではPyogenic grannlomaが最多で30例を占めていた。
  • 角膜移植術後CandidaとMRSAの混合感染を生じた1例  [通常講演]
    妙中 直子; 福田 昌彦; 南里 勇; 白根 授美; 下村 嘉一
    第30回角膜カンファランス,第22回日本角膜移植学会 2006年02月 東京都 第30回角膜カンファランス,第22回日本角膜移植学会
     
    角膜移植術後にCandidaとMRSAの混合感染を生じたが内科的治療により治癒した.
  • 急性水腫後に発症した角膜ヘルペスの1例  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第30回角膜カンファランス 2006年02月 東京 第30回角膜カンファランス
     
    円錐角膜に急性水腫を生じ、その後角膜ヘルペスを発症した1例を経験した。急性水腫が角膜ヘルペスを誘発する可能性が考えられた。
  • 日本におけるオルソケラトロジー  [通常講演]
    檜垣 史郎; 月山純子; 宮本裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    World Ophthalmology Congress 2006 2006年02月 サンパウロ World Ophthalmology Congress 2006
     
    日本におけるオルソケラトロジーについて、シンポジウム講演した。
  • 結膜腫瘍  [通常講演]
    福田 昌彦
    第30回角膜カンファランス 2006年02月 東京都 第30回角膜カンファランス
     
    近畿大学眼科における結膜腫瘍の統計解析と代表症例を供覧した。
  • バラシクロビル内服による上皮型角膜ヘルペスに対する効果  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 出合 達則; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第30回角膜カンファレンス 2006年02月 東京 第30回角膜カンファレンス
     
    急性期にVCV内服群はプラセボ投与群と比較して、抗ウイルス作用を示した。角膜上皮障害の程度より、VCV内服50mg/kg群は、ACV内服、ACV点眼の群と同等の効果を示し、VCV内服100mg/kg群は、ACV眼軟膏群と同等の効果を示した。生存率は、VCV内服グループは87.5%であった。また、再活性化後、VCV内服群ではHSV-1量が低下していた。上皮型角膜ヘルペスに対して、VCV内服はACV内服、眼軟膏と同等の有効性を示し、再活性化を抑制する効果を認めた。
  • 人工角膜  [通常講演]
    福田 昌彦
    京都府眼科医会冬季集談会 2006年02月 京都市 京都府眼科医会冬季集談会
     
    現在本邦にて実用化されている歯根部利用人工角膜(OOKP)およびAlpha-Corについて解説した。
  • 角膜移植術後CandidaとMRSAの混合感染を生じた1例  [通常講演]
    南里 勇; 妙中 直子; 福田 昌彦; 白根 授美; 下村 嘉一
    第349回大阪眼科集談会 2005年12月 大阪 第349回大阪眼科集談会
     
    角膜移植術後CandidaとMRSAの混合感染を生じ,抗MRSA薬と抗真菌薬にて治癒した1例を報告した.
  • 近畿大学眼科における羊膜移植術の術後成績  [通常講演]
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 奥山 幸子; 日比野 剛; 妙中 直子; 前田 政徳; 出合 達則; 板橋 幹城; 下村 嘉一
    大阪府眼科集談会 2005年11月 大阪 大阪府眼科集談会
     
    羊膜は上皮の伸展、増殖に対する基質として働き眼表面再建に有用とされている。今回、当科における羊膜移植術について検討した。原因疾患は遷延性角膜上皮欠損(PED)8眼、再発性翼状片4眼、眼類天疱瘡(OCP)4眼、Stevens-Johnson症候群(SJS)3眼、幹細胞疲弊症2眼、角結膜熱傷2眼、PKP後の角膜穿孔1眼、緑内障術後濾過胞穿孔1眼だった。PEDでは8眼中6眼は経過良好であったが、2眼で術後観察中に再発を認めた。再発性翼状片では全例経過良好であった。SJSでは術後予後不良となった。OCPでは2眼は経過良好で2眼でPEDを繰り返した。幹細胞疲弊症においては1眼は経過良好、1眼は角膜石灰沈着を認めた。角結膜熱傷では1眼は予後不良であった。緑内障術後濾過胞穿孔は経過良好であった。羊膜移植術はPED、再発性翼状片に対しては有用であったがOCP、SJSに関しては長期予後は不良例が多かった。
  • ドライアイ検査から診断まで2005アップデート  [通常講演]
    福田 昌彦
    ドライアイ&角膜診療クオリティアップセミナー2005 2005年11月 大阪市 ドライアイ&角膜診療クオリティアップセミナー2005
     
    ドライアイの最新の診断と治療について解説した。
  • Susceptibility of Human Corneal Endothelial Cells to HSV-1 Infection  [通常講演]
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 下村 嘉一; University of California; San Francisco; University of California; San Francisco
    4th International conference on ocular infections 2005年10月 北海道 4th International conference on ocular infections
     
    目的:角膜ヘルペスの中で角膜内皮炎は最も頻度の少ない疾患のひとつである。その理由のひとつとして角膜内皮細胞はHSV-1に対して感受性が低いという可能性があげられる。今回我々は角膜内皮細胞のHSV-1に対する本質的な感受性を、培養細胞を用いて検討した。方法:ヒト角膜内皮細胞と、対象としてCV-1細胞を、confluentになるまで培養した。HSV-1(McKrae株)を5multiplicities of infection(MOI)と10-4MOIの濃度で感染させた。各細胞に対するHSV-1の吸着力とウイルスの複製量を評価するために、吸着率、総ウイルス産生量の2項目を50% tissue culture infectious dose( TCID50)により検討した。さらに各細胞のconfluent monolayerにHSV-1を10-4MOIの濃度で感染させ、ウイルスの拡がりの様相を顕微鏡学的に比較した。結果:HCEC、CV-1に対するHSV-1の吸着率は同程度であった。しかしながらそれぞれのウイルス生産量の最大値はHCECがCV-1に比べ4倍以上高かった。そしてウイルス感染細胞の拡がりもウイルス生産量に相関し
  • 羊膜移植術の術後成績  [通常講演]
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 奥山 幸子; 日比野 剛; 妙中 直子; 前田 政徳; 出合 達則; 板橋 幹城; 下村 嘉一
    第59回日本臨床眼科学会 2005年10月 北海道 第59回日本臨床眼科学会
     
    [目的]羊膜は上皮の伸展、増殖に対する基質として働き、眼表面再建に有用であるとされている。今回、当科における羊膜移植術の対象疾患と成績について検討した。[対象および方法]2000年9月から2005年1月までに当科で羊膜移植術を施行した23例25眼を対象とし、レトロスペクティブに検討した。年齢は15歳から95歳、原因疾患は遷延性角膜上皮欠損(PED)8例8眼、再発性翼状片4例4眼、眼類天疱瘡(OCP)3例4眼、Stevens-Johnson症候群(SJS)2例3眼、トラコーマ後幹細胞疲弊症2例2眼、角結膜熱傷2例2眼、PKP後の角膜穿孔1例1眼、緑内障術後濾過胞穿孔1例1眼だった。 [結果] PEDでは8眼中6眼は経過良好であったが、2眼で術後観察中に再発を認めた。再発性翼状片では全例経過良好であった。SJSでは全例角膜移植と輪部移植を併用したが術後3~9ヶ月で角膜びらんが出現しその後予後不良となった。OCPでは2眼は経過良好で2眼でPEDを繰り返した。幹細胞疲弊症においては1眼は経過良好、1眼は角膜石灰沈着
  • The Effect of Valacyclovir for Internal Use on Mice with HSV-1 Corneal Epithelial Keratitis  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    4th International Conference on Ocular Infections 2005年10月 札幌 4th International Conference on Ocular Infections
     
    We determined the effect of oral valacyclovir(VCV), a prodrug of acyclovir (ACV), on mice with Herpes Simplex Virus -1(HSV-1) specific corneal epithelial keratitis. Oral VCV has equivalent antiviral effectiveness in treating mice with HSV-1 epithelial keratitis as compared to oral ACV and ACV ointment. Besides, HSV DNA decreased in the reactivated mice of the oral VCV groups.
  • 定量PCRにて診断された両眼性ヘルペス性強膜炎の1例  [通常講演]
    妙中 直子; 出合達則; 丸山 耕一; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 日比野 剛
    第59回日本臨床眼科学会 2005年10月 札幌 第59回日本臨床眼科学会
     
    定量PCRにてHSVゲノムが検出され,抗ウイルス薬で改善した両眼性強膜炎の1例を報告した.
  • ベーチェット病に合併した角膜真菌症の1例  [通常講演]
    浅山 史; 丸山 耕一; 奥山 幸子; 有村 英子; 福田 昌彦; 松本 長太; 下村 嘉一
    2005年10月
  • 歯を利用した視力回復手術、歯根部利用人工角膜で光を取り戻す  [通常講演]
    福田 昌彦
    近畿大学公開講座2005、特別講演 2005年10月 東大阪市 近畿大学公開講座2005、特別講演
     
    最近の角膜移植術の進歩ならびに、歯根部利用人工角膜の手術方法、臨床成績について解説した。
  • Therapeutic Keratoplasty for Keratomycosis  [通常講演]
    福田 昌彦; 檜垣 史郎; 妙中 直子; 下村 嘉一; 阪和住吉総合病院眼科; ニュービジョン眼科研究所
    4th International Conference on Ocular Infections 2005年10月 札幌 4th International Conference on Ocular Infections
     
    角膜真菌症に対する全層角膜移植術の成績と病理所見について解説した。
  • 人工角膜2005  [通常講演]
    福田 昌彦; 下村 嘉一; 阪和住吉病院眼科; 徳島大学医学部眼科学教室; 慶応義塾大学医学部眼科学教室
    第59回日本臨床眼科学会、インストラクションコース 2005年10月 札幌 第59回日本臨床眼科学会、インストラクションコース
     
    人工角膜のインストラクションコースの中で、歯根部利用人工角膜の手術方法、臨床成績について解説した。
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)  [通常講演]
    福田 昌彦
    第59回日本臨床眼科学会、シンポジウム 2005年10月 札幌 第59回日本臨床眼科学会、シンポジウム
     
    歯根部利用人工角膜(OOKP)の手術方法、臨床成績について解説した。
  • 角膜移植手術up to date  [通常講演]
    福田 昌彦
    興和株式会社講演会、特別講演 2005年09月 堺市 興和株式会社講演会、特別講演
     
    最近の角膜移植手術の進歩について解説した。
  • 急性眼感染症入門  [通常講演]
    福田 昌彦
    滋賀県眼科セミナー、特別講演 2005年09月 大津市 滋賀県眼科セミナー、特別講演
     
    急性眼感染症につき解説した。
  • ヘルペス性角膜上皮炎に対するVVGCV, GVACVの効果  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一; Banmeet S.Anand; Ashim K.Mitra; James M.Hill; Soumyajit Majumdar
    第42回日本眼感染症学会 2005年08月 横浜 第42回日本眼感染症学会
     
    ガンシクロビル、アシクロビルをもとに、2分子のアミノ酸を結合して作成したProdrugである、Val-Val-Gancyclovir (VVGCV), Gly -Val-Acyclovir (GVACV)の2種類の抗ウイルス薬の点眼を用いて、ヘルペス性角膜上皮炎への効果を検討した。VVGCV は、角膜上皮障害スコアにおいて、ヘルペス性角膜上皮炎に対して高い有効性を示し、TFTと比較した結果、より効果的であった。さらに、GVACVについては、TFTとほぼ同等の効果が得られた。
  • 眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症  [通常講演]
    福田 昌彦
    第12回ヘルペス感染症フォーラム 2005年08月 小樽市 第12回ヘルペス感染症フォーラム
     
    眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症について解説した。
  • ヒト培養角膜内皮細胞におけるHSV-1の感受性実験  [通常講演]
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 下村 嘉一; University of California; San Francisco; University of California; San Francisco
    第42回日本眼感染症学会 2005年07月 横浜 第42回日本眼感染症学会
     
    目的:角膜ヘルペスの中で角膜内皮炎は最も頻度の少ない疾患のひとつである。その理由のひとつとして角膜内皮細胞はHSV-1に対して感受性が低いという可能性があげられる。今回我々は角膜内皮細胞のHSV-1に対する本質的な感受性を、培養細胞を用いて検討した。方法:ヒト角膜内皮細胞と、対象としてCV-1細胞を、confluentになるまで培養した。HSV-1(McKrae株)を5multiplicities of infection(MOI)と10-4MOIの濃度で感染させた。各細胞に対するHSV-1の吸着力とウイルスの複製量を評価するために、吸着率、総ウイルス産生量の2項目を50% tissue culture infectious dose( TCID50)により検討した。さらに各細胞のconfluent monolayerにHSV-1を10-4MOIの濃度で感染させ、ウイルスの拡がりの様相を顕微鏡学的に比較した。結果:HCEC、CV-1に対するHSV-1の吸着率は同程度であった。しかしながらそれぞれのウイルス生産量の最大値はHCECがCV-1に比べ4倍以上高かった。そしてウイルス感染細胞の拡がりもウイルス生産量に相関し
  • ベーチェット病に合併した角膜真菌症の1例  [通常講演]
    浅山 史; 丸山 耕一; 奥山 幸子; 有村 英子; 福田 昌彦; 松本 長太; 下村 嘉一
    第42回日本眼感染症学会総会 2005年07月 横浜 第42回日本眼感染症学会総会
  • Valaciclovir(VCV)内服による角膜ヘルペスに対する有効性  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 出合 達則; 杉岡 孝二; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第20回ヘルペス研究会 2005年06月 名古屋 第20回ヘルペス研究会
     
    アシクロビル(ACV)のプロドラッグである、バラシクロビル(VCV) (バルトレックス?)の内服を用いて、上皮型角膜ヘルペスへの効果を検討した。上皮型角膜ヘルペスの程度より、VCV内服50mg/kgグループは、ACV内服50mg/kg、3%ACV点眼のグループと、同等の効果を示し、VCV内服100mg/kgは、ACV眼軟膏グループと同等の効果を示した。また、角膜と三叉神経のPlaque Assayより、VCV内服50mg/kg、100mg/kgグループは、プラセボ投与グループと比較して、HSV-1の抗ウイルス作用を示した。VCV内服は、上皮型角膜ヘルペスに対して有効性を示した。
  • 角膜トリプル手術の術前処置  [通常講演]
    福田 昌彦
    第44回日本白内障学会総会、第20回日本眼内レンズ屈折矯正手術学会総会 2005年06月 京都 第44回日本白内障学会総会、第20回日本眼内レンズ屈折矯正手術学会総会
     
    角膜トリプル手術のシンポジウムにおいて角膜トリプル手術の術前処置について報告した。
  • 術後眼内炎の阻止方法  [通常講演]
    福田 昌彦
    第75回九州眼科学会、ランチョンセミナー 2005年05月 福岡市 第75回九州眼科学会、ランチョンセミナー
     
    白内障術後眼内炎の傾向と対策のセミナーにおいて、術後眼内炎の阻止方法について解説した。
  • Tissue transglutaminase promotes cell adhesion and collagen gel contraction  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 阿部 考助; 福田 昌彦; 三島 弘; 下村 嘉一
    ARVO 2005年05月 Fort Louderdale ARVO
     
    外因性Tissue transglutaminaseは角膜実質細胞の細胞接着とコラーゲンゲル収縮を促進した.
  • 角膜手術 up to date (歯根部利用人工角膜を中心に)  [通常講演]
    福田 昌彦
    第33回大阪眼科手術の会 2005年04月 大阪市 第33回大阪眼科手術の会
     
    角膜手術の最近の進歩について解説し、歯根部利用人工角膜(OOKP)についても述べた。
  • 結膜弁被覆を併用した人工角膜の組織学的評価第2報  [通常講演]
    前田 政徳; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 石井 康雄; 安田 章広; 安藤
    第109回日本眼科学会総会 2005年03月 京都 第109回日本眼科学会総会
     
    開発中の人工角膜を家兎に埋植し、光学顕微鏡と電子顕微鏡を使用して、その摘出眼の組織評価を行った。慢性炎症反応を呈しており、術後約20週項より支持部ポリウレタンは貪食され角膜組織に置換されて良好な生着を示していた。
  • ヒト培養角膜内皮細胞におけるHSV-1の感受性の検討  [通常講演]
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 下村 嘉一; University of California; San Francisco; University of California; San Francisco
    第29回角膜カンファレンス 2005年02月 徳島 第29回角膜カンファレンス
     
    目的:角膜ヘルペスの中で角膜内皮炎は最も頻度の少ない疾患のひとつである。その理由のひとつとして角膜内皮細胞はHSV-1に対して感受性が低いという可能性があげられる。今回我々は角膜内皮細胞のHSV-1に対する本質的な感受性を、培養細胞を用いて検討した。方法:ヒト角膜内皮細胞と、対象としてCV-1細胞を、confluentになるまで培養した。HSV-1(McKrae株)を5multiplicities of infection(MOI)と10-4MOIの濃度で感染させた。各細胞に対するHSV-1の吸着力とウイルスの複製量を評価するために、吸着率、総ウイルス産生量の2項目を50% tissue culture infectious dose( TCID50)により検討した。さらに各細胞のconfluent monolayerにHSV-1を10-4MOIの濃度で感染させ、ウイルスの拡がりの様相を顕微鏡学的に比較した。結果:HCEC、CV-1に対するHSV-1の吸着率は同程度であった。しかしながらそれぞれのウイルス生産量の最大値はHCECがCV-1に比べ4倍以上高かった。そしてウイルス感染細胞の拡がりもウイルス生産量に相関し
  • 歯根部利用人工角膜(Osteo-odonto-keratoprosthesis)に関して  [通常講演]
    福田 昌彦
    第29回角膜カンファランス、第21回日本角膜移植学会、シンポジウム 2005年02月 徳島市 第29回角膜カンファランス、第21回日本角膜移植学会、シンポジウム
     
    人工角膜の現状を未来のシンポジウムにて歯根部利用人工角膜(Osteo-odonto-keratoprosthesis)の報告を行った。
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)の治療成績  [通常講演]
    福田 昌彦; 浅山 史; 野本裕貴; 中尾 彰; 下村 嘉一; 浜田 傑; Sussex Eye Hospital
    第344回大阪眼科集談会 2005年02月 大阪市 第344回大阪眼科集談会
     
    歯根部利用人工角膜(OOKP)の治療成績について報告した。
  • 結膜弁被覆を併用した人工角膜手術第2報  [通常講演]
    前田 政徳; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 日比野 剛; 渡邉 基成; 田; 章広; 安藤 一郎
    第21回日本角膜移植学会 2005年02月 徳島 第21回日本角膜移植学会
     
    開発中の人工角膜を家兎20羽20眼に埋植し、長期経過観察を行った。結果は15眼で生着、3眼が脱落、2眼が突出であった。平均観察期間は29週間で、その間感染症を認めなかった。我々の人工角膜は結膜弁被覆を併用する事により、良好な結果を得た。
  • tissue transglutaminaseの角膜実質細胞における細胞接着とコラーゲンゲル収縮に及ぼす影響  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 阿部 考助; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    第29回角膜カンファレンス,第21回角膜移植学会 2005年02月 徳島 第29回角膜カンファレンス,第21回角膜移植学会
     
    外因性tissue transglutaminaseは角膜実質細胞とコラーゲンゲル収縮を促進した.
  • VVGCV, GVACVのヘルペス性角膜上皮炎への効果  [通常講演]
    板橋 幹城; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一; Banmeet S. Anand; Ashim K. Mitra; James M. Hill
    第29回角膜カンファランス 2005年02月 徳島 第29回角膜カンファランス
     
    抗ウイルス薬の点眼であるVal-Val-Gancyclovir (VVGCV)、Gly -Val-Acyclovir (GVACV)を、家兎における上皮型角膜ヘルペスに対して使用し、角膜上皮の観察と、HPLC法を用いた薬剤濃度を定量した結果、これらの点眼は高い有効性を示した。
  • Intrastromal hooking technique併用深層角膜移植術が有効であった1例  [通常講演]
    野本 裕貴; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 妙中 直子; 檜垣 史郎; 日比野 剛
    第29回角膜カンファレンス・第21回日本角膜移植学会 2005年02月 徳島市 第29回角膜カンファレンス・第21回日本角膜移植学会
     
    角膜白斑の1症例に対し、深層角膜移植術(DLKP)中のデスメ膜露出法としてIntrastromal hooking techniqueを用いた。デスメ膜剥離等の合併症もなくデスメ膜露出ができた。DLKP時のデスメ膜露出法としてIntrastromal hooking techniqueは有効である。
  • 角膜移植術後に発症した単純ヘルペスウイルス2型角膜炎の一例  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 村田 恭子; 下村 嘉一
    第16回ヘルペスウイルス研究会 2005年 大阪 第16回ヘルペスウイルス研究会
     
    角膜移植術後に、HSV-2による角膜炎、眼瞼炎を呈した1例を経験した。手術侵襲およびステロイド投与が誘因となり、HSVが再活性化され発症したと考えられた。
  • 人工角膜  [通常講演]
    福田 昌彦
    関西医科大学オープンカンファランス、特別講演 2005年01月 守口市 関西医科大学オープンカンファランス、特別講演
     
    人工角膜、特に歯根部利用人工角膜(OOKP)について解説した。
  • Intrastromal hooking technique併用深層角膜移植術が有効であった1例  [通常講演]
    野本 裕貴; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 妙中 直子; 檜垣 史郎; 日比野 剛
    第28回日本眼科手術学会 2005年01月 大阪市 第28回日本眼科手術学会
     
    角膜白斑の1症例に対し、深層角膜移植術(DLKP)中のデスメ膜露出法としてIntrastromal hooking techniqueを用いた。デスメ膜剥離等の合併症もなくデスメ膜露出ができた。DLKP時のデスメ膜露出法としてIntrastromal hooking techniqueは有効である。
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)  [通常講演]
    福田 昌彦
    第58回日本臨床眼科学会インストラクションコース 2004年11月 東京 第58回日本臨床眼科学会インストラクションコース
     
    歯根部利用人工角膜の成績を中心に解説をした。
  • 涙点プラグによる治療法  [通常講演]
    福田 昌彦
    第70回日本中部眼科学会、ランチョンセミナー 2004年11月 大阪市 第70回日本中部眼科学会、ランチョンセミナー
     
    ドライアイに対する涙点プラグによる治療法を解説した。
  • 角膜ヘルペス  [通常講演]
    福田 昌彦
    第70回日本中部眼科学会、シンポジウム 2004年11月 大阪市 第70回日本中部眼科学会、シンポジウム
     
    角膜ヘルペスの最近の知見について解説した。
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)が奏効したスチーブンス・ジョンソン症候群の2例  [通常講演]
    福田 昌彦; 中尾 彰; 下村 嘉一; 野本裕貴; 浜田 傑; PL病院; Sussex Eye Hospital
    第58回日本臨床眼科学会 2004年11月 東京 第58回日本臨床眼科学会
     
    本邦初となる歯根部利用人工角膜(OOKP)の2例を報告した。
  • 再発する角膜糸状物の病態と治療  [通常講演]
    福田 昌彦
    第58回日本臨床眼科学会、専門別研究会(オキュラーサーフェス) 2004年11月 東京 第58回日本臨床眼科学会、専門別研究会(オキュラーサーフェス)
     
    再発する角膜糸状物の病態と治療の病態と治療について解説した。
  • 強角膜片におけるHSVゲノムの定量  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第52回日本ウイルス学会学術集会・総会 2004年11月 横浜 第52回日本ウイルス学会学術集会・総会
     
    母角膜及び輸入ドナー強角膜片中のHSVゲノムの検出,定量を試みた結果、角膜ヘルペス後の角膜内には相当数のHSV-1-DNAが残存していたが,明かな既往歴のない角膜においてもHSV-1-DNAを検出した。HSV-2,VZVの混合感染は認めなかった。
  • 眼ヘルペス感染症におけるHSV-1,2型判別の検討  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 林 皓三郎
    第70回日本中部眼科学会 2004年11月 大阪 第70回日本中部眼科学会
     
    Real-time PCR法を用いて角膜ヘルペス、ぶどう膜炎におけるHSVゲノムの定量とHSV-1,2型感染を検討した結果、角膜ヘルペス症例では全例HSV-1、ぶどう膜炎ではHSV-1,2両者を検出し、同手法は型判別と同時にDNA定量が可能であり有用であった。
  • 角膜上皮細胞と角膜実質細胞におけるケモカイン産生能の解析  [通常講演]
    白根 授美; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 中山 隆志; 稗島 州雄; 義江 修
    第70回日本中部眼科学会 2004年11月 大阪 第70回日本中部眼科学会
     
    角膜上皮細胞と角膜実質細胞は炎症性サイトカインやHSV-1感染により、様々なケモカインの発現を誘導した。マウスヘルペス性角膜実質炎では、その急性期には細胞性免疫を担うTh1、一方治癒に向かう後期には液性免疫を担うTh2が優勢な環境が形成されることが示唆された。
  • 母角膜および輸入ドナー強角膜片におけるHSVゲノムの定量  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第3回オキュラーインフェクションフォーラム 2004年09月 大阪 第3回オキュラーインフェクションフォーラム
     
    母角膜及び輸入ドナー強角膜片中のHSVゲノムの検出,定量を試みた結果、角膜ヘルペス後の角膜内には相当数のHSV-1-DNAが残存していたが,明かな既往歴のない角膜においてもDNAを検出した。HSV-2,VZVの混合感染は認めなかった。
  • ドライアイの診断と治療  [通常講演]
    福田 昌彦
    第14回津山眼科集談会、特別講演 2004年08月 津山市 第14回津山眼科集談会、特別講演
     
    ドライアイの最新の診断と治療について解説した。
  • Intrastromal hooking technique併用深層角膜移植術が有効であった1例  [通常講演]
    野本 裕貴; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 妙中 直子; 檜垣 史郎; 日比野 剛
    第341回大阪眼科集談会 2004年08月 大阪市 第341回大阪眼科集談会
     
    角膜白斑の1症例に対し、深層角膜移植術(DLKP)中のデスメ膜露出法としてIntrastromal hooking techniqueを用いた。デスメ膜剥離等の合併症もなくデスメ膜露出ができた。DLKP時のデスメ膜露出法としてIntrastromal hooking techniqueは有効である。
  • 院内感染の現状と対策:細菌  [通常講演]
    福田 昌彦
    第41回日本眼感染症学会、ランチョンセミナー 2004年07月 札幌 第41回日本眼感染症学会、ランチョンセミナー
     
    MRSAなどの院内感染について解説した。
  • 本邦初の歯根部利用人工角膜(OOKP)を行った2例  [通常講演]
    福田 昌彦; 中尾 彰; 野本裕貴; 下村 嘉一; 浜田 傑; PL病院; Sussex Eye Hospital
    第56回近畿大学医学会総会 2004年07月 大阪狭山市 第56回近畿大学医学会総会
     
    本邦初となる歯根部利用人工角膜(OOKP)の2例を報告した。
  • アカントアメーバ角膜炎に対して外科的治療を行った2例  [通常講演]
    妙中 直子; 福田 昌彦; 辻岡 大志; 加藤 容子; 日比野 剛; 下村 嘉一
    第41回日本眼感染症学会 2004年07月 札幌 第41回日本眼感染症学会
     
    保存的治療に抵抗したアカントアメーバ角膜炎の2例に対し、PTKあるいは深層角膜移植術を行い、良好な結果を得た。
  • 角膜ヘルペスにおけるケモカイン系の役割  [通常講演]
    白根 授美; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 中山 隆志; 稗島 州雄; 義江 修
    第19回ヘルペスウイルス研究会 2004年07月 名古屋 第19回ヘルペスウイルス研究会
     
    角膜上皮細胞と角膜実質細胞は炎症性サイトカインやHSV-1感染により、それぞれ独自のパターンで、未熟樹状細胞、単球やT細胞などを遊走するケモカインを産生することが明らかとなった。マウスヘルペス性角膜実質炎では、その急性期には細胞性免疫を担うTh1、一方治癒に向かう後期には液性免疫を担うTh2が優勢な環境が形成されることが示唆された。
  • Real time PCR法によりバラシクロビル内服が有効と考えられた角膜ヘルペスの1例  [通常講演]
    檜垣 史郎; 青松圭一; 福田 昌彦; 出合達則; 下村 嘉一
    第41回日本眼感染症学会 2004年07月 札幌 第41回日本眼感染症学会
     
    Real time PCR法によりバラシクロビル内服が有効と考えられた角膜ヘルペスの1例を報告した。
  • 人工角膜  [通常講演]
    福田 昌彦
    兵庫医科大学眼科オープンカンファレンス 2004年06月 西宮市 兵庫医科大学眼科オープンカンファレンス
     
    歯根部利用人工角膜の成績を中心に人工角膜の解説をした。
  • 眼ヘルペス感染症におけるHSV-1,2型感染の検討  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 木村 宏
    第19回ヘルペスウイルス研究会 2004年06月 知多郡 第19回ヘルペスウイルス研究会
     
    Real-time PCR法を用いて角膜ヘルペス、ぶどう膜炎におけるHSVゲノムの定量とHSV-1,2型感染を検討した結果、角膜ヘルペス症例では全例HSV-1、ぶどう膜炎ではHSV-1,2両者を検出した。同手法は型判別と同時にDNA定量が可能であり有用であった。
  • 角膜ヘルペス、ぶどう膜炎におけるHSV-1,2型感染の検討  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第41回日本眼感染症学会 2004年06月 札幌 第41回日本眼感染症学会
     
    Real-time PCR法を用いて角膜ヘルペス、ぶどう膜炎におけるHSVゲノムの定量とHSV-1,2型感染を検討した結果、角膜ヘルペス症例では全例HSV-1、ぶどう膜炎ではHSV-1,2両者を検出した。同手法は型判別と同時にDNA定量が可能であり有用であった。
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)  [通常講演]
    福田 昌彦
    SJS患者会総会 2004年05月 東京 SJS患者会総会
     
    歯根部利用人工角膜の成績を中心に解説をした。
  • 母角膜および輸入ドナー強角膜片におけるHSVゲノムの定量  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第78回南大阪眼科勉強会 2004年05月 大阪狭山 第78回南大阪眼科勉強会
     
    母角膜及び輸入ドナー強角膜片中のHSVゲノムの検出,定量を試みた結果、角膜ヘルペス後の角膜内には相当数のHSV-1-DNAが残存していたが,明かな既往歴のない角膜においてもDNAを検出した。HSV-2,VZVの混合感染は認めなかった。
  • 角膜真菌症の組織学的検討  [通常講演]
    福田 昌彦; 妙中 直子; 下村 嘉一; 阪和住吉病院; 近畿大学医学部堺病院; ニュービジョン眼科研究所
    2004 ARVO Annual Meeting 2004年04月 Fort Lauderdale 2004 ARVO Annual Meeting
     
    組織学的検討を行った角膜真菌症の2例について報告した。(英文)
  • Sodium butyrateの角膜実質細胞における細胞増殖とコラーゲンゲル収縮に及ぼす影響  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 三島 弘; 下村 嘉一
    ARVO 2004年04月 Fort Lauderdale ARVO
     
    Sodium butyrateは角膜実質細胞の細胞増殖とコラーゲンゲル収縮を濃度依存性に抑制した。(英文)
  • 強角膜片におけるHSVゲノムの定量  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 林 皓三郎
    ARVO 2004 Annual Meeting 2004年04月 Fort Lauderdale, USA ARVO 2004 Annual Meeting
     
    母角膜及び輸入ドナー強角膜片中のHSVゲノムの検出,定量を試みた結果、角膜ヘルペス後の角膜内には相当数のHSV-1-DNAが残存していたが,明かな既往歴のない角膜においてもHSV-1-DNAを検出した。HSV-2,VZVの混合感染は認めなかった。
  • 患者母角膜および輸入ドナー強角膜片におけるHSVゲノムの定量  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第108回日本眼科学会総会 2004年04月 東京 第108回日本眼科学会総会
     
    母角膜及び輸入ドナー強角膜片中のHSVゲノムの検出,定量を検討した結果、角膜ヘルペス後の角膜内に相当数のHSV-1-DNAが残存していたが,既往歴のない角膜においてもHSV-1-DNAを検出した。HSV-2,VZVの混合感染は認めなかった。
  • CCL20のヒト角膜組織における発現誘導とマウスヘルペス性角膜実質炎における役割  [通常講演]
    白根 授美; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 中山 隆志; 長久保 大輔; 稗島 州雄; 義江 修
    第108回日本眼科学会総会 2004年04月 東京 第108回日本眼科学会総会
     
    炎症性サイトカインやHSV-1感染により角膜上皮細胞や角膜実質細胞からCCL20が産生されることが分かった。また、ヘルペス性角膜実質炎において、CCL20はその受容体であるCCR6を介した樹状細胞浸潤を誘導することにより、ヘルペス性角膜実質炎の病態形成に重要な役割を果たすと考えられた。
  • ACV点眼液のマウス角膜ヘルペスに対する効果  [通常講演]
    檜垣 史郎; 出合達則; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 笠間俊男; 花染 功; 岡本智之
    第108回日本眼科学会総会 2004年04月 東京 第108回日本眼科学会総会
     
    ACV点眼液のマウス角膜ヘルペスに対する効果について発表した
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)が奏効したスチーブンス・ジョンソン症候群の1例  [通常講演]
    福田 昌彦; 中尾 彰; 下村 嘉一; 浜田 傑; Sussex Eye Hospital
    第28回角膜カンファランス第20回日本角膜移植学会 2004年02月 米子市 第28回角膜カンファランス第20回日本角膜移植学会
     
    本邦初となる歯根部利用人工角膜(OOKP)の1例を報告した。
  • Sodium butyrateの角膜実質細胞における細胞増殖とコラーゲンゲル収縮に及ぼす影響  [通常講演]
    妙中 直子; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 日比野 剛; 三島 弘
    第28回角膜カンファランス第20回日本角膜移植学会 2004年02月 米子 第28回角膜カンファランス第20回日本角膜移植学会
     
    Sodium butyrateは角膜実質細胞の細胞増殖とコラーゲンゲル収縮を濃度依存性に抑制した。
  • 結核で強膜がとけるのか~両眼性壊死性強膜炎の1例~  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 飯沼 直子; 飯田 知子
    第28回角膜カンファランス第20回日本角膜角膜移植学会イブニングほよ酔いセミナー 2004年02月 米子 第28回角膜カンファランス第20回日本角膜角膜移植学会イブニングほよ酔いセミナー
     
    結核が原因と考えられた両眼性壊死性強膜炎の1例を経験した。
  • 臨床サンプルにおけるreal-time PCR法を用いたHSV-1,2型判別の検討  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 林 皓三郎
    第28回角膜カンファランス第20回日本角膜移植学会 2004年02月 米子 第28回角膜カンファランス第20回日本角膜移植学会
     
    Real-time PCR法を用いて角膜ヘルペス、ぶどう膜炎におけるHSVゲノムの定量とHSV-1,2型判別の検討を試みた結果、角膜ヘルペス症例では全例HSV-1、ぶどう膜炎ではHSV-1,2両者を検出し、同手法による型判別とDNA定量法を確立した。
  • 培養ヒト角膜内皮細胞のHSV-1に対する感受性の検討  [通常講演]
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 下村 嘉一; Jonathan Drake; David Hwang
    2004 ARVO Annual Meeting 2004年 Fort Lauderdale 2004 ARVO Annual Meeting
     
    培養ヒト角膜内皮細胞(HCEC)を用いてHSV-1の感受性を検討した。対照としてCV-1細胞を用い比較検討した。HCECはCV-1と同程度以上に感受性が高いことを証明した。(英文)
  • 人工角膜  [通常講演]
    福田 昌彦
    大阪医科大学眼科オープンカンファレンス、特別講演 2004年01月 高槻市 大阪医科大学眼科オープンカンファレンス、特別講演
     
    歯根部利用人工角膜の成績を中心に人工角膜の解説をした。
  • アシナガバチの眼刺傷による角膜炎に深層角膜移植術が奏効した1例  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 前田 政徳; 芝野 宏子; 國吉 一樹; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 坂ノ下 和弘
    第331回大阪眼科集団会 2003年12月 大阪 第331回大阪眼科集団会
     
    アシナガバチの眼刺傷による重篤な角膜炎に対し,深層角膜移植術を施行し透明治癒をえた1例を経験した.
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)が奏効したスチーブンス・ジョンソン症候群の1例  [通常講演]
    福田 昌彦; 中尾 彰; 下村 嘉一; 浜田 傑; Sussex Eye Hospital
    第76回南大阪眼科勉強会 2003年11月 大阪狭山市 第76回南大阪眼科勉強会
     
    歯根部利用人工角膜(OOKP)とは患者自身の歯の根元を利用する人工角膜移植法である。今回我々は、本邦初のOOKPの成功例を報告した。
  • 自動表層角膜移植法  [通常講演]
    福田 昌彦; 下村 嘉一
    第57回日本臨床眼科学会、スキルトランスファー 2003年11月 名古屋 第57回日本臨床眼科学会、スキルトランスファー
     
    スキルトランスファーとして、マイクロケラトームを使ったALTKの方法の解説と実習を行った。
  • MRSA・MRSE感染  [通常講演]
    福田 昌彦
    専門医制度第39回講習会 2003年11月 名古屋 専門医制度第39回講習会
     
    日本眼科学会主催の専門医制度講習会において、眼科におけるMRSA・MRSE感染について解説した。
  • Automted Lamellar Therapeutic Keratoplasty  [通常講演]
    前田 政徳; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 板橋 幹城; 檜垣 史郎; 佐藤 寿樹; 日比野 剛
    第57回日本臨床眼科学会 2003年11月 名古屋市 第57回日本臨床眼科学会
     
    表層角膜移植にマイクロケラトームと人工前房装置を使用したAutomated Lamellar Therapeutic Keratoplasty(ALTK)を11例11眼施行した。ALTKは手技が簡便であり、また切除面が平滑なため術後の層間混濁が少なく、術後乱視の軽減も期待できる。
  • 慢性涙嚢炎が原因と考えられた周辺部角膜潰瘍の3例  [通常講演]
    芝野 宏子; 日比野 剛; 妙中 直子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第57回日本臨床眼科学会 2003年11月 名古屋 第57回日本臨床眼科学会
     
    連鎖球菌による慢性涙嚢炎が高齢者に生じる周辺部角膜潰瘍の原因の一つとして挙げられ、涙道閉塞の確認が診断に重要であると考えられた。
  • 白内障はこわくない  [通常講演]
    福田 昌彦
    目の愛護デー 2003年10月 大阪市 目の愛護デー
     
    大阪府眼科医会主催の目の愛護デーにおいて、白内障について講演した。
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)が奏効したスチーブンス・ジョンソン症候群の1例  [通常講演]
    福田 昌彦; 中尾 彰; 下村 嘉一; 浜田 傑; Sussex Eye Hospital
    第336回大阪眼科集談会 2003年10月 大阪市 第336回大阪眼科集談会
     
    歯根部利用人工角膜(OOKP)とは患者自身の歯の根元を利用する人工角膜移植法である。今回我々は、本邦初のOOKPの成功例を報告した。
  • Clinical evaluation of the new foldable blue blocker IOL〔HMY〕  [通常講演]
    日比野 剛; 宇野直樹; 福田 昌彦; 松本 長太; 下村 嘉一
    2003 ESCRS 2003年09月 Munich 2003 ESCRS
     
    新しく開発した着色のfoldable眼内レンズの臨床評価を報告した.
  • 抗真菌薬投与後の治療的角膜移植が奏功した難治性角膜真菌症の一例  [通常講演]
    馬場 貴子; 下村 嘉一; 妙中 直子; 福田 昌彦; 日比野 剛; 檜垣 史郎; 石井 康雄
    第75回南大阪眼科勉強会 2003年08月 大阪 第75回南大阪眼科勉強会
     
    重症の角膜真菌症は時として外科的治療を必要とする場合がある。広範な難治性角膜真菌症に治療的角膜移植を行う場合、保存的治療で病変部を縮小させた後に病巣部を完全に除去する方法が有効である。
  • 全層角膜移植術後に発症した角膜ヘルペスの1例  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 安井 由香; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第40回日本眼感染症学会 2003年07月 大阪 第40回日本眼感染症学会
     
    全層角膜移植術直後に上皮型角膜ヘルペスを発症し、real-time PCR法にて涙液および術中採取した母角膜組織からHSVゲノムを定量し、再手術に至った際の母角膜組織からも再度HSVゲノムを検出した。手術侵襲、術後ステロイド投与が誘因と考えられた。
  • 蛍光蛋白発現単純ヘルペスウイルスを用いたウイルス伝播経路の検討  [通常講演]
    丸山 耕一; 福田 昌彦; 下村 嘉一; Bryan M. Gebhardt; James M. Hill
    題40回日本眼感染症学会 2003年07月 大阪 題40回日本眼感染症学会
     
    EGFPを感染細胞内に発現っせるHSV-1を用いて、BALB/cマウスにおけるウイルス伝播経路を、ウイルスの前房内接種により検討した。
  • 全層角膜移植術後の眼内レンズ落下に対する内視鏡手術の一例  [通常講演]
    留守 良太; 下村 嘉一; 松本 長太; 福田 昌彦
    第42回白内障学会第16回日本眼内レンズ屈折手術学会 2003年06月 京都 第42回白内障学会第16回日本眼内レンズ屈折手術学会
     
    アトピー性皮膚炎患者の円錐角膜に全層角膜移植術および眼内レンズ二次挿入術を行い、12年後に眼内レンズ除去、硝子体切除術および眼愛レンズ縫着術を行った一例を報告する。
  • 全層角膜移植術後の眼内レンズ落下に対する内視鏡的硝子体手術の一例  [通常講演]
    留守良太; 下村 嘉一; 松本 長太; 福田 昌彦
    第42回白内障学会第16回日本眼内レンズ屈折手術学会 2003年06月 京都 第42回白内障学会第16回日本眼内レンズ屈折手術学会
     
    アトピー性皮膚炎患者の円錐角膜移植術および眼内レンズ二次挿入術を行い、12年後に眼内レンズが硝子体中に落下した症例に対し、内視鏡を使用し落下眼内レンズ除去、硝子体切除術および眼内レンズが硝子体中に落下した症例に対し、内視鏡を使用し落下眼内レンズ除去、硝子体切除術および眼内レンズ縫着術を行った1例を報告する。
  • 誘発筋電図検査により再発したと考えられた角膜ヘルペスの一例  [通常講演]
    檜垣 史郎; 飯沼直子; 出合達則; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第18回ヘルペスウイルス研究会 2003年06月 小豆島 第18回ヘルペスウイルス研究会
     
    誘発筋電図検査により再発したと考えられた角膜ヘルペスの一例について報告した。人間での電気刺激が誘因となった、最初の報告と考えられる。
  • ウイルス伝播経路の検討におけるEGFP発現HSV-1の有用性  [通常講演]
    丸山 耕一; 下村 嘉一; 福田 昌彦; LSU EYE CENTER; Louisiana State University; LSU EYE CENTER; Louisiana State University
    第18回ヘルペスウイルス研究会 2003年06月 小豆島 香川 第18回ヘルペスウイルス研究会
     
    蛍光蛋白(EGFP)を発現するHSV-1をマウスの片眼前房内に感染させ、ウイルス接種眼から非接種眼への伝播経路を検討した。その結果、非接種眼の毛様神経節を含む自律神経系経路が関与していることが示唆された。
  • 全層角膜移植術後の眼内レンズ落下に対する内視鏡的硝子体手術の一例  [通常講演]
    留守 良太; 下村 嘉一; 松本 長太; 福田 昌彦
    第74回南大阪眼科勉強会 2003年05月 大阪狭山 第74回南大阪眼科勉強会
     
    アトピー性皮膚炎患者の円錐角膜に全層角膜移植術および眼内レンズ二次挿入術を行い、12年後に眼内レンズが硝子体中に落下した症例に対し、内視鏡を使用し落下眼内レンズ除去、硝子体切除術および眼内レンズ除去、硝子体切除術および眼内レンズ縫着術を行った一例を報告する。
  • SPARC由来ペプチド(TCDL)が培養角膜実質細胞に及ぼす影響  [通常講演]
    前田 政徳; 下村 嘉一; 森下 亮子; 日比野 剛; 阿部 考助; 福田 昌彦; 三島 弘
    第107回日本眼科学会総会 2003年04月 福岡 第107回日本眼科学会総会
     
    角膜実質細胞のⅠ型コラーゲンへの接着・伸展に対するTCDLの影響をコラーゲンゲル収縮モデルと走査型電子顕微鏡での細胞形態観察で評価した。TCDLは角膜実質細胞のⅠ型コラーゲンへの接着・伸展を阻害するため角膜創傷治癒を調査する可能性がある。
  • Real time PCR法を用いた涙液、前房水、角膜中におけるHSVゲノムの定量  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第107回日本眼科学会総会 2003年04月 福岡 第107回日本眼科学会総会
     
    種々のヘルペス性眼疾患の臨床サンプル中におけるHSVゲノム量について検討した結果、活動期実質型角膜ヘルペス、角膜ヘルペスによる遷延性角膜上皮欠損、角膜ヘルペス既往眼の角膜内には相当数のHSVゲノムが存在していた。
  • 当科における角膜手術の現状  [通常講演]
    福田 昌彦
    第73回南大阪眼科勉強会 2003年02月 大阪狭山市 第73回南大阪眼科勉強会
     
    当科における角膜手術の現状について解説した。
  • 角膜移植スキルトランスファー  [通常講演]
    福田 昌彦
    第26回日本眼科手術学会、スキルトランスファー 2003年02月 京都 第26回日本眼科手術学会、スキルトランスファー
     
    角膜移植スキルトランスファーにおいて、角膜移植法について解説した。
  • 抗真菌薬投与後の治療的角膜移植が奏功した難治性角膜真菌症の一例  [通常講演]
    馬場 貴子; 下村 嘉一; 妙中 直子; 福田 昌彦; 日比野 剛; 檜垣 史郎; 石井 康雄
    第27回角膜カンファランス・第19回日本角膜移植 2003年02月 北佐久 第27回角膜カンファランス・第19回日本角膜移植
     
    重症の角膜真菌症は時として外科的治療を必要とする場合がある。広範な難治性角膜真菌症に治療的角膜移植を行う場合、保存的治療で病変部を縮小させた後に病巣部を完全に除去する方法が有効である。
  • 全層型人工角膜の家兎眼への埋植後の組織学的評価  [通常講演]
    前田 政徳; 下村 嘉一; 杉岡 孝二; 日比野 剛; 福田 昌彦; 渡邊基成; 安田章弘; 安藤一郎
    第27回角膜カンファランス・第19回日本角膜移植学会 2003年02月 北佐久市 第27回角膜カンファランス・第19回日本角膜移植学会
     
    家兎に埋植した人工角膜とホスト角膜との接合部の変化を経時的な角膜実質細胞内のスポンジ部内への侵入を認めた。角膜上皮の伸展が今後の課題である。
  • アシナガバチの眼刺傷による角膜炎に深層角膜移植術が奏効した1例  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 前田 政徳; 芝野 宏子; 國吉 一樹; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 坂ノ下 和弘
    第26回日本眼科手術学会総会 2003年01月 京都 第26回日本眼科手術学会総会
     
    アシナガバチの眼刺傷は一般に予後良好と考えられているが,深層角膜移植を必要とするような重篤な角膜炎を生じる場合がある.
  • アシナガバチの眼刺傷による角膜炎に深層角膜移植術が奏功した1例  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 前田 政徳; 芝野 宏子; 國吉 一樹; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 坂ノ下 和弘
    第331回大阪眼科集談会 2002年12月 大阪 第331回大阪眼科集談会
  • 角膜ヘルペスにおけるreal time PCR  [通常講演]
    福田 昌彦
    第8回Kyoto Cornea Club、シンポジウム 2002年12月 京都 第8回Kyoto Cornea Club、シンポジウム
     
    角膜ヘルペスにおけるreal time PCRの有用性について解説した。
  • 大阪府下で見い出された東洋眼虫症の1例  [通常講演]
    髙田 園子; 國吉 一樹; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第53回近畿大学医学会 2002年12月 大阪狭山 第53回近畿大学医学会
     
    24歳の男性の結膜嚢に2隻の虫を見い出した。2隻の虫体は雌の東洋眼虫と同定した。軽度の結膜炎のみで視機能障害を残すことなく、洗眼と抗菌薬のみで治癒した。本報告は大阪府で診断されたヒトの東洋眼虫症の第3例目である。
  • 眼部帯状ヘルペス  [通常講演]
    福田 昌彦
    第68回中部眼科学会、シンポジウム 2002年11月 大阪市 第68回中部眼科学会、シンポジウム
     
    シンポジウム「外眼部感染症実戦教室」の中で眼部帯状ヘルペスについて解説した。
  • 翼状片  [通常講演]
    福田 昌彦
    第28回大阪眼科手術の会 2002年11月 大阪市 第28回大阪眼科手術の会
     
    「外来小手術のイロハ」のテーマの一つとして翼状片について解説した。
  • 角膜手術up to date  [通常講演]
    福田 昌彦
    第10回飛蝗の会、特別講演 2002年11月 堺市 第10回飛蝗の会、特別講演
     
    角膜移植手術の最近の進歩について解説した。
  • Automated Lamellar Therapeutic Keratoplastyに羊膜移植と輪部移植を併用した2例  [通常講演]
    前田 政徳; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 檜垣 史郎; 日比野 剛
    第56回日本臨床眼科学会 2002年10月 盛岡 第56回日本臨床眼科学会
     
    ALTKはマイクロケラトームと人工前房装置を使用して行う表層角膜移植術であり、手技が簡便、切除面が平滑である。幹細胞疲弊症のある角膜白班2例に対してALTKと羊膜移植、輪部移植を施行し、良好な結果を得た。
  • real time PCRで経過を追えた全層角膜移植術後の角膜ヘルペスの一例  [通常講演]
    安井 由香; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 出合 達則; 檜垣 史郎
    第68回日本中部眼科学会 2002年10月 大阪市 第68回日本中部眼科学会
     
    real time PCRで経過を追えた全層角膜移植術後の角膜ヘルペスの一例について報告した。母角膜からヘルペスウイルスDNAが検出できたことにより水包性角膜症の原因の一つとしてヘルペスの関与が考えられた。
  • 眼ヘルペス感染症におけるPCR、real time PCR、Microarray法  [通常講演]
    福田 昌彦; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第56回日本臨床眼科学会、スキルトランスファー 2002年09月 盛岡市 第56回日本臨床眼科学会、スキルトランスファー
     
    スキルトランスファーとして、PCR、real time PCRを担当した。主に角膜ヘルペスにおける有用性について解説した。
  • MRSA、MRSE眼感染症とその対策  [通常講演]
    福田 昌彦
    第56回日本臨床眼科学会、シンポジウム 2002年09月 盛岡市 第56回日本臨床眼科学会、シンポジウム
     
    シンポジウム「眼感染症ー現在の問題点と将来の展望」の中で、MRSA、MRSE眼感染症の最近の動向とその対策について述べた。
  • Real time PCR法でHSV genomeが同定された壊死性強膜炎の一例  [通常講演]
    日比野 剛; 出合 達則; 服部良太; 留守良太; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第56回日本臨床眼科学会 2002年09月 盛岡 第56回日本臨床眼科学会
     
    壊死性強膜炎にて強膜穿孔が生じた症例に,涙液のreal time PCR法を施行したところHSVが検出され,治療によりHSV genomeの減少および眼所見の改善を認めた.
  • 角膜ヘルペスによる遷延性角膜上皮欠損患者におけるHSVゲノムの定量  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 木村 宏
    第56回日本臨床眼科学会 2002年09月 盛岡 第56回日本臨床眼科学会
     
    角膜ヘルペスによる遷延性角膜上皮欠損の成因にウイルス感染自体の関与は少ないと考えられているが、同疾患6例全症例の涙液中にreal-time PCR法にて相当数のHSVゲノムを検出したことから同疾患の成因にウイルスが関与していることが示唆された。
  • 甲状腺機能亢進症に合併した両眼性モーレン様角膜潰瘍  [通常講演]
    檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 前田政徳; 日比野 剛
    第56回日本臨床眼科学会 2002年09月 盛岡 第56回日本臨床眼科学会
     
    甲状腺機能亢進症に合併した両眼性モーレン様角膜潰瘍について症例報告した。
  • 眼ヘルペス感染症の検査  [通常講演]
    下村 嘉一; 檜垣 史郎; 福田 昌彦
    第56回日本臨床眼科学会 2002年09月 盛岡 第56回日本臨床眼科学会
     
    眼ヘルペス感染症の検査、microarrayについてスキルトランスファーした。
  • ALTKを施行した輪部デルモイドの2例  [通常講演]
    板橋 幹城; 福田 昌彦; 前田 政徳; 日比野 剛; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 佐藤 寿樹
    第56回日本臨床眼科学会 2002年09月 盛岡 第56回日本臨床眼科学会
     
    輪部デルモイドの2例に対し、人工前房装置とマイクロケラトームを使用して移植片を作成し表層角膜移植術を施行した。移植片の作成が簡便、切開面も平滑、大きさや厚みもコントロールも可能なため、輪部デルモイドにも応用できると考えられた。
  • Real time PCR法でHSV genomeが同定された壊死性強膜炎の一例  [通常講演]
    服部 良太; 下村 嘉一; 日比野 剛; 出合 達則; 留守 良太; 福田 昌彦
    第329回大阪眼科集談会 2002年08月 大阪 第329回大阪眼科集談会
     
    涙液、結膜上皮からPCR法にてHSV-DNAが検出され、治療による臨床症状の変化に伴いHSV-DNA量も変化した。保存角膜移植術およびステロイドとアシクロビル全身投与にて病勢は鎮静化した。壊死性強膜炎の原因にHSV感染も考慮する必要がある。
  • Real time PCR法でHSV genomeが同定された壊死強膜炎の一例  [通常講演]
    服部 良太; 下村 嘉一; 日比野 剛; 出合 達則; 留守 良太; 福田 昌彦
    第39回日本眼感染症学会 2002年07月 愛媛 第39回日本眼感染症学会
     
    涙液、結膜上皮からPCR法にてHSV-DNAが検出され、治療による臨床症状の変化に伴いHSV-DNA量も変化した。保存角膜移植術およびステロイドとアシクロビルの全身投与にて病勢は鎮静化した。壊死性強膜炎の原因にHSV感染も考慮する必要がある。
  • 治療的角膜移植を行った角膜真菌症の2例  [通常講演]
    前田 政徳; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 飯沼 直子; 日比野 剛; 妙中 直子; 石井康雄
    第39回日本眼感染症学会 2002年07月 松山 第39回日本眼感染症学会
     
    治療的角膜移植を行った角膜真菌症の2例を報告した。症例1は2回の治療的角膜移植に抵抗し眼球内容物除去に至った。症例2は2回の治療的角膜移植の後、病巣は除去され鎮静化した。角膜真菌症は時に重篤であり、早期の治療的角膜移植が必要である。
  • 治療用ソフトコンタクトレンズ処方例の検討  [通常講演]
    野入 輝美; 下村 嘉一; 宮本 裕子; 日比野 剛; 福田 昌彦
    第45回日本コンタクトレンズ学会総会 2002年07月 愛媛市 第45回日本コンタクトレンズ学会総会
     
    治療用SCLは様々な眼疾患で使用されるため、平成11年4月から平成14年3月までの3年間に近畿大学眼科外来において治療用SCLの処方した症例を対象として年齢、性別、疾患名、処方間隔、合併症について検討した。
  • ラタノプロスト点眼後に発症した角膜ヘルペスの2例  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 髙田 園子; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 木村 宏; 林 皓三郎
    第39回日本眼感染症学会 2002年07月 松山 第39回日本眼感染症学会
     
    ラタノプロスト点眼後に発症、再発しreal-time PCR法を用い涙液中のHSV-DNAを定量した角膜ヘルペスの2例を経験した。ラタノプロスト点眼は角膜ヘルペスを誘発する可能性があり、角膜ヘルペス既往のある患者への投与は注意が必要と考えられた。
  • 高齢者のMRSA結膜炎100例について臨床的に検討した。  [通常講演]
    大橋 秀行; 下村 嘉一; 福田 昌彦
    第39回日本眼感染症学会 2002年07月 松山市 第39回日本眼感染症学会
     
    高齢者のMRSA結膜炎100例について臨床的に検討した。
  • ドライアイの診断と治療  [通常講演]
    福田 昌彦
    第27回栃木県眼科医会研究会、特別講演 2002年06月 宇都宮市 第27回栃木県眼科医会研究会、特別講演
     
    ドライアイに関する最新の診断法と治療法について解説した。
  • ラタノプロスト(プロスタグランジンF2α誘導体)点眼後に発症した角膜ヘルペスの2例  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 髙田 園子; 檜垣 史郎; 下村 嘉一; 木村 宏; 林 皓三郎
    第17回ヘルペスウイルス研究会 2002年06月 東京 第17回ヘルペスウイルス研究会
     
    Prostaglandin F2α誘導体であるラタノプロスト点眼後に発症し、real-time PCR法を用い涙液中のHSVゲノムを定量した上皮型角膜ヘルペスの2例を報告した。
  • 全層型人工角膜の家兎眼への埋殖評価-第3報-  [通常講演]
    杉岡 孝二; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 石井康雄; 渡邉基成; 加藤晴美; 安田章広; 安藤一郎
    第106回日本眼科学会総会 2002年05月 仙台 第106回日本眼科学会総会
     
    全層型人工角膜を家兎に埋殖しその生着率を検討した。人工角膜のデザインは周辺支持部に孔を有するものと有しないものを作成し、両者の生着期間について検討した。
  • 角膜真菌症2例の臨床経過および組織学的検討  [通常講演]
    前田 政徳; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 飯沼 直子; 日比野 剛; 妙中 直子; 石井 康雄
    第106回日本眼科学会総会 2002年05月 仙台市 第106回日本眼科学会総会
     
    治療的角膜移植を重症の角膜真菌症2例に施行し、その臨床経過と母角膜の病理組織の検討をした。重症の角膜真菌症では真菌は前房内に侵入しているため、内科的治療に反応しない場合、早急に治療的角膜移植を行う必要があると考えられた。
  • ラタノプロスト点眼のHSVマウス感染モデルにおける影響  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一; 木村 宏; 林 皓三郎
    第106回日本眼科学会総会 2002年05月 仙台 第106回日本眼科学会総会
     
    Prostaglandin F2α誘導体であるラタノプロスト点眼の、HSV複製、HSV急性期感染、HSV潜伏感染、INF-γ産生に対する影響を検討した。
  • Type Ⅱtransglutaminaseの角膜実質細胞における細胞増殖と細胞接着に及ぼす影響  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    第106回日本眼科学会総会 2002年05月 仙台 第106回日本眼科学会総会
     
    TypeⅡtransglutaminaseは角膜実質細胞の細胞増殖および細胞接着を促進した.
  • Real-time PCR法を用いた涙液中HSVゲノムの定量  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一
    第51回近畿大学医学会学術講演会 2002年05月 大阪狭山 第51回近畿大学医学会学術講演会
     
    ヘルペス性角膜炎患者を対象に、Real-time PCR法を用い涙液中のHSVゲノムの定量を試みた。
  • ドライアイの診断  [通常講演]
    福田 昌彦
    第1回ドライアイ研究会認定講習会 2002年04月 大阪市 第1回ドライアイ研究会認定講習会
     
    ドライアイに関する最新の診断法につき解説した。
  • Automated Lamellar Therapeutic Keratoplasty(ALTK)を施行した一例  [通常講演]
    佐藤 寿樹; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 山本 修士
    第327回大阪眼科集談会 2002年04月 大阪 第327回大阪眼科集談会
     
    新しい褒章角膜移植の方法である、Automated Lamellar Therapeutic Keratoplasty(ALTK)を施行した一例について術式などを報告した。
  • 治療用ソフトコンタクトレンズ処方例の検討  [通常講演]
    野入 輝美; 下村 嘉一; 宮本 裕子; 日比野 剛; 福田 昌彦
    第70回南大阪眼科勉強会 2002年04月 大阪狭山市 第70回南大阪眼科勉強会
     
    治療用SCLは様々な眼疾患で使用されるため、平成11年4月から平成14年3月までの3年間に近畿大学眼科外来において治療用SCLの処方した症例を対象として年齢、性別、疾患名、処方間隔、合併症について検討した。
  • 病型および治療的角膜切除術前後における涙液中HSVゲノムの変化  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一; 岩垣 厚志; 友田 有美子; 木村 宏; 林 皓三郎
    XXIXth INTERNATIONAL CONGRESS OF OPHTHALMOLOGY 2002年04月 Sydney, Australia XXIXth INTERNATIONAL CONGRESS OF OPHTHALMOLOGY
     
    種々のヘルペス性角膜炎患者およびエキシマーレーザー照射眼ににおける涙液中のHSVゲノムを定量した。
  • 前眼部感染症の最近の傾向と対策  [通常講演]
    福田 昌彦
    第13回阪南眼科勉強会 2002年03月 堺市 第13回阪南眼科勉強会
     
    MRSA、MRSEなどによる最近の前眼部の感染症について解説した。
  • Bandage SCL,EGF点眼の併用が有効であった遷延性角膜上皮欠損の2例  [通常講演]
    福田 昌彦; 下村 嘉一; 富田林病院; 近畿大学医学部堺病院
    第26回角膜カンファランス 2002年02月 横浜 第26回角膜カンファランス
     
    遷延性角膜上皮欠損を伴った角膜熱傷、無虹彩症の2例に対しBandage SCL,EGF点眼の併用療法を行い良好な結果をとったので報告した。
  • 花火による角膜熱傷の3例  [通常講演]
    佐藤 寿樹; 福田 昌彦; 山本 肇; 宇野 直樹; 日比野 剛; 下村 嘉一; 堀内 典子; 中村 陽一
    第26回角膜カンファランス 第18回日本角膜移植学会 2002年02月 横浜 第26回角膜カンファランス 第18回日本角膜移植学会
     
    打ち上げ花火による角膜熱傷は若年者の角膜熱傷の原因の一つであり重篤な経過をとることが多い。今回、花火による角膜熱傷の3例の臨床経過について報告した。
  • 花火による角膜熱傷の3例  [通常講演]
    佐藤 寿樹; 福田 昌彦; 山本 肇; 宇野 直樹; 日比野 剛; 下村 嘉一; 堀内 典子; 中村 陽一
    第326回大阪眼科集談会 2002年02月 大阪 第326回大阪眼科集談会
     
    打ち上げ花火による角膜熱傷は若年者の角膜熱傷の原因の一つであり重篤な経過をたどることが多い。今回、花火による角膜熱傷の3例の臨床経過について報告した。
  • HSVマウス感染モデルにおけるラタノプロスト点眼の影響  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一; 木村 宏; 林 皓三郎
    第26回角膜カンファランス第18回日本角膜移植学会 2002年02月 横浜 第26回角膜カンファランス第18回日本角膜移植学会
     
    Prostaglandin F2α誘導体であるラタノプロスト点眼の、HSV複製、HSV急性期感染、潜伏感染に対する影響を検討した。
  • plasminの角膜実質細胞の細胞増殖およびTGF-βの活性化に及ぼす影響  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    第26回角膜カンファレンス,第18回角膜移植学会 2002年02月 横浜 第26回角膜カンファレンス,第18回角膜移植学会
     
    plasminは角膜実質細胞の増殖を促進するとともに潜在型TGF-βを活性化した.
  • 抗ウイルス薬 A-5021 の HSV-1マウス感染モデルに対する効果  [通常講演]
    杉岡 孝二; 出合 達則; 菅原 大輔; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 林皓三郎
    第39回日本眼感染症学会総会 2002年 松山 第39回日本眼感染症学会総会
     
    A5021はアシクロビルと同様の作用機序をもち、約20倍の作用を持つ。マウス角膜HSV感染モデルを用い作用について検討した結果、角膜内のHSVを完全に抑制したが、三叉神経節内のHSVに関しては部分的な抑制にとどまった。
  • 新しいデザインの人工角膜の家兎への埋殖評価  [通常講演]
    杉岡 孝二; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 石井康雄; 渡邉基成; 加藤晴美; 安田章広; 安藤一郎
    2002 ARVO Annual Meeting 2002年 Fort Lauderdale 2002 ARVO Annual Meeting
     
    全層型人工角膜を家兎に埋殖し、その生着率を検討した。デザインの異なる2種類の人工角膜を家兎に埋殖し、組織学的に評価した。
  • 近畿大学眼科における全層角膜移植術後緑内障  [通常講演]
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 日比野 剛; 奥山 幸子; 三島 弘; 下村 嘉一
    XXIXth INTERNATIONAL CONGRESS OF OPHTHALMOLOGY 2002年 Sydney, Australia XXIXth INTERNATIONAL CONGRESS OF OPHTHALMOLOGY
     
    過去15年間の近大眼科における全層角膜移植術後緑内障について検討した。緑内障の発症率は原疾患別では角膜ヘルペス、外傷に多く、術式別では前部硝子体切除を併用した例に多い傾向を認めた。
  • 全層型人工角膜の家兎眼への埋殖評価、第2報  [通常講演]
    杉岡 孝二; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 渡邉基成; 加藤晴美; 安田章広; 安藤一郎
    第18回日本角膜移植学会 2002年 横浜 第18回日本角膜移植学会
     
    全層型人工角膜を家兎に埋殖し、生着率を検討した。また、人工角膜とホスト角膜の接合部を組織学的に検討した。
  • Real-time PCR法を用いた涙液中HSVゲノムの検出  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 檜垣 史郎; 下村 嘉一
    第1回Ocular Infection Forum 2002年 大阪 第1回Ocular Infection Forum
     
    HSVが関与した種々の眼疾患における涙液中のHSVゲノムをreal-time PCR法を用い定量した結果、実質型角膜ヘルペス、壊死性強膜炎、遷延性角膜上皮欠損などにおいても相当数のHSVゲノムを検出した。
  • Automated Lamellar Therapeutic Keratoplasty  [通常講演]
    佐藤 寿樹; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 山本 修士
    第25回日本眼科手術学会総会 2002年01月 広島 第25回日本眼科手術学会総会
     
    新しい表層角膜移植の方法である、Automated Lamellar Therapeutic Keratoplasty(ALTK)を施行した1例について術式などの報告をした。
  • 治療的角膜移植を行った角膜真菌症の2例  [通常講演]
    前田 政徳; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 飯沼 直子; 日比野 剛; 妙中 直子; 石井 康雄
    第330回大阪眼科集談会 2002年01月 大阪 第330回大阪眼科集談会
     
    治療的角膜移植を行った角膜真菌症の2例を報告した。症例1は2回の治療的角膜移植に抵抗し眼球内容除去に至った。症例2は2回の治療的角膜移植の後、病巣は除去され鎮静化した。角膜真菌症は時に重篤であり、早期の治療的角膜移植が必要である。
  • 眼科におけるMRSA,MRSE感染症  [通常講演]
    福田 昌彦
    第7回Kyoto Cornea Club、シンポジウム 2001年12月 京都 第7回Kyoto Cornea Club、シンポジウム
     
    眼科領域でのMRSA,MRSE感染症につき解説した。
  • Relal-timePCR法を用いた涙液中HSVゲノムの定量  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一; 岩垣 厚志; 友田 有美子; 木村 宏; 林 皓三郎
    第10回国際ヘルペス会議 2001年11月 大阪 第10回国際ヘルペス会議
     
    Real-time PCR法を用いて角膜ヘルペス患者およびPTK施行患者における涙液中のHSVゲノムの定量を試みた。臨床所見の改善に伴いウイルスゲノム数は減少し、またPTK施行後の涙液中にHSVゲノムを検出し、excimer laser 照射によりHSVが再活性したと考えられた。
  • 眼科におけるMRSA,MRSE感染症  [通常講演]
    福田 昌彦
    第55回日本臨床眼科学会(ランチョンセミナー) 2001年10月 京都 第55回日本臨床眼科学会(ランチョンセミナー)
     
    眼科領域でのMRSA,MRSE感染症につき解説した。
  • 豚眼を用いた角膜移植Wet Lab  [通常講演]
    福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一; 三島 弘
    第55回日本臨床眼科学会、スキルトランスファー 2001年10月 京都 第55回日本臨床眼科学会、スキルトランスファー
     
    スキルトランスファーとして豚眼を用いて角膜移植のWet Labを行った。
  • 近畿大学眼科において虹彩コンタクトレンズを処方した症例  [通常講演]
    村田恭子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 宮本裕子; 野入輝美; 月山純子
    第44回日本コンタクトレンズ学会総会 2001年10月 東京 第44回日本コンタクトレンズ学会総会
     
    近畿大学眼科で虹彩付きコンタクトレンズを処方した症例について、その処方目的や効果などを知る目的で、Retrospective に検討した。
  • MRSEによる白内障術後眼内炎の2例  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 入船 元裕; 日比野 剛; 國吉 一樹; 留守 良太; 松本 長太; 下村 嘉一
    第 324回大阪眼科集談会 2001年10月 大阪 第 324回大阪眼科集談会
     
    メチシリン耐性表皮ぶどう球菌(MRSE)による白内障術後眼内炎の2例を経験し、適切な薬剤投与と硝子体手術により良好な視力予後を得た。白内障術後眼内炎の起因菌としてMRSEが増加していると考えられた。
  • MRSEによる白内障術後眼内炎の2例  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 入船 元裕; 日比野 剛; 松本 長太; 下村 嘉一
    第55回日本臨床眼科学会 2001年10月 京都 第55回日本臨床眼科学会
     
    メチシリン耐性表皮ぶどう球菌(MRSE)による白内障術後眼内炎の2例を経験し、適切な薬剤投与と硝子体手術により良好な視力予後を得た。白内障術後眼内炎の起因菌としてMRSEが増加していると考えられた。
  • SPARC由来ペプチドの培養角膜実質細胞の接着・伸展に及ぼす影響  [通常講演]
    森下 亮子; 下村 嘉一; 日比野 剛; 福田 昌彦; 三島 弘
    第8回眼創傷治癒研究会 2001年09月 金沢 第8回眼創傷治癒研究会
     
    角膜実質細胞のコラーゲンゲル収縮作用を抑制した、SPARC由来の合成ペプチド4.2aを用い、角膜実質細胞とⅠ型コラーゲンとの接着に対する影響を検討した。ペプチド4.2aは角膜実質細胞のⅠ型コラーゲンマトリックス上での伸展を阻害する可能性が示唆された。
  • MRSEによる白内障術後眼内炎の2例  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 入船 元裕; 国吉 一樹; 松本 長太; 留守 良太; 下村 嘉一
    第67回南大阪眼科勉強会 2001年08月 大阪狭山 第67回南大阪眼科勉強会
     
    メチシリン耐性表皮ぶどう球菌(MRSE)による白内障術後眼内炎の2例を経験し、適切な薬剤投与と硝子体手術により良好な視力予後を得た。白内障術後眼内炎の起因菌としてMRSEが増加していると考えられた。
  • 眼科におけるMRSA、MRSE感染症の出現とその対策  [通常講演]
    福田 昌彦
    第38回日本眼感染症学会、シンポジウム 2001年06月 東京 第38回日本眼感染症学会、シンポジウム
     
    MRSA、MRSEによる眼感染症は高齢者、アトピー性皮膚炎患者を中心に近年増加している。我々の調査結果をその対策について述べた。
  • 大阪府下で見い出された東洋眼虫症の1例  [通常講演]
    髙田 園子; 國吉 一樹; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 宇仁 茂彦
    第38回日本眼感染症学会 2001年06月 東京 第38回日本眼感染症学会
     
    24歳の男性の結膜嚢に2隻の虫を見い出した。2隻の虫体は雌の東洋眼虫と同定した。軽度の結膜炎のみで視機能障害を残すことなく、洗眼と抗菌薬のみで治癒した。本報告は大阪府で診断されたヒトの東洋眼虫症の第3例目である。
  • Type Ⅱtransglutaminaseの角膜実質細胞における発現と細胞増殖に及ぼす影響  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    第105回日本眼科学会総会 2001年06月 横浜 第105回日本眼科学会総会
     
    ヒト角膜実質細胞にtype Ⅱtransglutaminaseの発現が確認された.さらにtransglutaminase阻害剤であるcystamineは,角膜実質細胞の増殖を促進した.
  • Relal-timePCR法を用いた涙液中HSVゲノムの定量  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一; 岩垣 厚; 友田 有美子; 木村 宏; 林 皓三郎
    第38回日本眼感染症学会 2001年06月 東京 第38回日本眼感染症学会
     
    角膜ヘルペスに罹患した症例に対しreal-time PCR法を用いて涙液中のHSVゲノムを定量し、そのモニタリングを行った。臨床所見の改善に伴いウイルスゲノム数は減少した。
  • 抗緑内障点眼薬と角膜ヘルペスの再発について  [通常講演]
    福田 昌彦
    キサラタンシンポジウム 2001年05月 東京 キサラタンシンポジウム
     
    抗緑内障点眼薬による角膜ヘルペスの再発について過去の報告と我々の研究成果を報告した。
  • 新しいデザインの人工角膜の試作  [通常講演]
    杉岡 孝二; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 渡邉基成; 加藤晴美; 安田章広; 安藤一郎
    The association of for research in vision and ophthalmology 2001年05月 For Lauderdale The association of for research in vision and ophthalmology
     
    PMMAとポリウレタンからなる人工角膜を家兎5眼に埋殖した。平均生着期間は178日であった。さらに埋殖眼の組織学評価をトルイジンブルー染色にて検討した。組織評価ではポリウレタン細孔に細胞の侵入を認めた。
  • 角膜移植術後に発症した単純ヘルペスウイルス2型角膜炎の1例  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 杉岡 孝二; 村田 恭子
    第 323回大阪眼科集談会 2001年05月 大阪狭山 第 323回大阪眼科集談会
     
    角膜移植術後に、HSV-2による角膜炎、眼瞼炎を呈した1例を経験した。手術侵襲およびステロイド投与が誘因となり、HSVが再活性化され発症したと考えられた。
  • Bandage SCL, EGF点眼の併用が有効であった角膜熱傷の1例  [通常講演]
    渡辺 佳子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 日比野 剛
    第321回大阪眼科集談会 2001年04月 大阪 第321回大阪眼科集談会
     
    Bandage SCL, EGF点眼の併用は強い角膜上皮再生効果がある。
  • 角膜上皮創傷治癒に対するプロスタグランジン誘導体について  [通常講演]
    月山 純子; 下村 嘉一; 三島 弘; 日比野 剛; 阿部 考助; 福田 昌彦
    2001ARVO meeting 2001年04月 Fort LAuderdale 2001ARVO meeting
     
    実験的角膜上皮創傷治癒モデルにおけるEGFとNSADsの影響と検討し、ELISA法を用いてこの時の角膜上皮細胞によるプロスタグランジン産生能についても調べた。EGFに依存した角膜上皮創傷治癒にプロスタグランジンの関与の可能性が示唆された。
  • 角膜上皮創傷治癒に対するプロスタグランジン誘導体の影響  [通常講演]
    月山 純子; 下村 嘉一; 三島 弘; 日比野 剛; 阿部 考助; 福田 昌彦
    第105回日本眼科学会総会 2001年04月 横浜 第105回日本眼科学会総会
     
    角膜上皮創傷治癒モデルを用い、角膜上皮創傷治癒に対する表皮成長因子(EGF)とプログランジンの相互作用を検討した。EGFの上皮創傷治癒促進作用にプロスタグランジンが関与し、さらにFPレセプターを介している可能性が示唆された。
  • 豚眼を用いた角膜移植Wet Labの試み  [通常講演]
    福田 昌彦; 下村 嘉一
    第25回角膜カンファランス、第17回角膜移植学会 2001年02月 泉佐野市 第25回角膜カンファランス、第17回角膜移植学会
     
    豚眼を用いた全層角膜移植術、角膜トリプル手術、深層角膜移植術の方法を開発し発表した。
  • 人工角膜(Keratoprosthesis)の歴史  [通常講演]
    福田 昌彦
    第25回角膜カンファランス、第17回角膜移植学会ランチョンセミナー 2001年02月 泉佐野市 第25回角膜カンファランス、第17回角膜移植学会ランチョンセミナー
     
    人工角膜の歴史と最近の進歩について述べ、当教室における新しいデザインの人工角膜の基礎実験の結果を紹介した。
  • 当科におけるLASIK導入初期の成績と合併症  [通常講演]
    友田 有美子; 下村 嘉一; 岩垣 厚志; 福田 昌彦
    第25回角膜カンファランス・第17回日本角膜移植学会 2001年02月 泉佐野 第25回角膜カンファランス・第17回日本角膜移植学会
     
    LASIKにおける合併症は、導入初期に多いとされているため当院における導入時から現在までの成績と合併症について報告した。結果は適応疾患を考慮すると、術中術後の合併症はかなり減少し、LASIKは安全な手術と考えられた。
  • 眼帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症  [通常講演]
    村田恭子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 妙中 直子; 杉岡 孝二; 出合達則
    第25回角膜カンファランス・第17回日本角膜移植学会 2001年02月 泉佐野 第25回角膜カンファランス・第17回日本角膜移植学会
     
    眼帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症は眼周囲に強い発疹があることは共通しているが眼合併症の頻度とタイプには違いがある。今回我々は当科で経験した眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症を比較検討した。
  • 角膜上皮創傷治癒におけるプログランジンの作用機序について  [通常講演]
    月山 純子; 下村 嘉一; 三島 弘; 日比野 剛; 阿部 考助; 福田 昌彦
    第25回角膜カンファランス 第17回日本角膜移植学会 2001年02月 泉佐野 第25回角膜カンファランス 第17回日本角膜移植学会
     
    実験的角膜上皮創傷治癒モデルにおけるEGFとNSADsの影響を検討し、ELISA法を用いてこの時の角膜上皮細胞によるプロスタグランジン産生能についても調べた。EGFに依存した角膜上皮創傷治癒にプロスタグランジンの関与の可能性が示唆された。
  • 大阪府で見い出された東洋眼虫症の1例  [通常講演]
    髙田 園子; 國吉 一樹; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 宇仁 茂彦
    第65回南大阪眼科勉強会 2001年02月 大阪狭山 第65回南大阪眼科勉強会
     
    24歳の男性の結膜嚢に2隻の虫を見い出した。2隻の虫体は雌の東洋眼虫と同定した。軽度の結膜炎のみで視機能障害を残すことなく、洗眼と抗菌薬のみで治癒した。本報告は大阪府で診断されたヒトの東洋眼虫症の第3例目である。
  • 長期ステロイド使用中に再発を繰り返したMRSA角膜炎の1例  [通常講演]
    白根 授美; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第25回角膜カンファランス 2001年02月 泉佐野 第25回角膜カンファランス
     
    近年、眼科領域においてメチシリン耐性黄色ぶどう球菌感染症が増加している。今回ステロイド長期使用中に再発を繰り返したMRSA角膜炎を経験したので報告する。
  • DLKが奏功したアカントアメーバ角膜炎の一例  [通常講演]
    下村 嘉一; 田村 容子; 有村 英子; 日比野 剛; 福田 昌彦; ニュービジョン研究所
    第25回角膜カンファランス・第33回日本角膜移植学会 2001年02月 泉佐野 第25回角膜カンファランス・第33回日本角膜移植学会
     
    アカントアメーバ角膜炎を診断させた16才女性患者に、フルコナゾール、ミコナゾールの点眼、点滴、病巣、の3者併用療法を2ヶ月間行ったが治癒しなかった為、深層角膜移植(DLK)を施行した。術後矯正視力1.0まで回復し、再発も認めていない。
  • 黄斑下新生血管を合併した風疹網膜症  [通常講演]
    木下 雅代; 下村 嘉一; 國吉 一樹; 野入 輝美; 入船 元裕; 福田 昌彦
    第320回大阪眼科集談会 2001年02月 大阪狭山市 第320回大阪眼科集談会
     
    症例は49歳の男性。主訴は左眼の視力低下。矯正視力は右0.7、左0.06であった。眼底は色素上皮の変性があり、視野、網膜電図は正常。両眼角膜は菲薄化していた。左黄斑部に脈絡膜新生血管があった。風疹網膜症は時に黄斑下新生血管を生じ、注意を要する。
  • 人工角膜の移植成績と組織学的検討  [通常講演]
    杉岡 孝二; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 渡邉基成; 加藤晴美; 安田章広; 安藤一郎
    第105回日本眼科学会 2001年 横浜 第105回日本眼科学会
     
    PMMAとポリウレタンからなる人工角膜を家兎に埋殖し、生着期間を検討し、組織学的評価を検討した。生着期間は平均178日で、組織検討ではスポンジ構造となっているポリウレタンによる微細孔に細胞の侵入を認めた。
  • 新しいデザインの人工角膜の試作  [通常講演]
    杉岡 孝二; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 渡邉基成; 加藤晴美; 安田章広; 安藤一郎
    第17回日本角膜移植学会 2001年 泉佐野 第17回日本角膜移植学会
     
    PMMAとポリウレタンからなる人工角膜を試作し、家兎5眼に埋殖し生着率を検討した。平均生着期間は178日で、最長生着眼の生着期間は270日であった。
  • 近畿大学眼科における全層角膜移植術後緑内障  [通常講演]
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 日比野 剛; 奥山 幸子; 三島 弘; 下村 嘉一
    第24回日本眼科手術学会 2001年 大阪 第24回日本眼科手術学会
     
    最近15年間に近畿大学眼科で全層角膜移植術を施行し、術後続発緑内障を惹起した症例を原疾患別、術式別にレトロスペクチブに検討した。
  • 定量PCRを施行した上皮型角膜ヘルペス  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 下村 嘉一
    第65回南大阪眼科勉強会 2001年 大阪狭山 第65回南大阪眼科勉強会
     
    角膜ヘルペスに罹患した3症例に対しreal-time PCR法を用いて涙液中のHSVゲノムを定量し、そのモニタリングを行った。臨床所見の改善に伴いウイルスゲノム数は減少した。
  • 角膜ドミノ移植を施行した一例  [通常講演]
    田村 容子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 日比野 剛
    第24回日本眼科手術学会総会 2001年 大阪 第24回日本眼科手術学会総会
     
    症例は72才の女性。右眼に水液性角膜症、左眼角膜は透明だが視神経萎縮であったので角膜ドミノ移植を施行。左眼にドナー角膜を移植し、摘出した左眼角膜を右眼に移植し、同時にECCE+IOLを施行。術前視力(0.2)から術後(0.5)まで回復した。
  • LASIK導入初期の成績と合併症  [通常講演]
    友田 有美子; 下村 嘉一; 岩垣 厚志; 福田 昌彦
    第24回日本眼科手術学会総会 2001年01月 大阪 第24回日本眼科手術学会総会
     
    LASIKにおける合併症は、導入初期に多いとされているため導入時から現在までの成績と合併症について報告した。結果は適応疾患を考慮すると、術中術後の合併症はかなり減少し、LASIKは安全な手術と考えられた。
  • 涙小管炎8例の検討  [通常講演]
    下村 嘉一; 中村 靖子; 福田 昌彦; 國吉 一樹; 前野 知子; 古田 格
    第49回近畿大学医学会学術講演 2000年12月 大阪狭山 第49回近畿大学医学会学術講演
     
    涙小管炎8例について検討した。起因菌はactinomyces israeliiが最も多いとされているが、形態学的に類似の菌であるpropionibacterium propionicus 等で発症することがある。再発することもあるので、充分な菌塊除去と抗生物質による治療が必要である。
  • 涙小管炎8例の検討  [通常講演]
    中村 靖子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 國吉 一樹; 前田 知子; 古田 格
    第64回南大阪眼科勉強会 2000年11月 大阪狭山 第64回南大阪眼科勉強会
  • 日常よくみる眼科疾患(眼精疲労を含む)  [通常講演]
    福田 昌彦
    コーワ堺OTCセミナー(堺) 2000年11月 堺 コーワ堺OTCセミナー(堺)
     
    日常よくみる眼科疾患として眼精疲労、特にVDT症候群、ドライアイについて解説した。
  • 顔面のヘルペス感染症と眼合併症  [通常講演]
    福田 昌彦
    第6回近畿ヘルペス感染症研究会 2000年11月 大阪 第6回近畿ヘルペス感染症研究会
     
    眼周囲を広範囲に侵すヘルペスウイルス感染症である眼部帯状ヘルペスとアトピー性皮膚炎に合併主るカポジ水痘様発疹症の眼合併症について発表した。眼部帯状ヘルペスに角膜炎、虹彩炎、続発緑内障などの重症例が多かった。
  • 涙小管炎8例の検討  [通常講演]
    中村 靖子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 國吉 一樹; 前野 知子; 古田 格
    第64回南大阪眼科勉強会 2000年11月 大阪狭山 第64回南大阪眼科勉強会
     
    涙小管炎8例について検討した。起因菌はactinomyces israeliiが最も多いとされているが、形態学的に類似の菌であるpropionibacterium propionicus 等で発症することがある。再発することもあるので、充分な菌塊除去と抗生物質による治療が必要である。
  • 表皮成長因子刺激による角膜上皮細胞のプロスタグランジン産生  [通常講演]
    月山 純子; 下村 嘉一; 阿部 考助; 福田 昌彦; 日比野 剛; 三島 弘
    第66回日本中部眼科学会関連研究会 眼創傷治癒研究会 2000年11月 高松 第66回日本中部眼科学会関連研究会 眼創傷治癒研究会
     
    実験的角膜上皮創傷治癒モデルを用いて、創傷治癒に対する表皮成長因子(EGF)とプロスタグランジ(PG)の影響を検討した。EGFによって角膜上皮細胞のPG産生が促進され、EGFによる角膜上皮創傷治癒促進作用に関与していることが示唆された。
  • 定量 PCR を施行した角膜ヘルペス  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 日比野 剛; 妙中 直子; 下村 嘉一; 木村 宏
    第54回日本臨床眼科学会 2000年11月 東京 第54回日本臨床眼科学会
     
    角膜ヘルペスに罹患した3症例に対しreal-time PCR法を用いて涙液中のHSVゲノムを定量し、そのモニタリングを行った。臨床所見の改善に伴いウイルスゲノム数は減少した。
  • 眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症  [通常講演]
    村田恭子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 妙中 直子; 杉岡 孝二; 出合達則
    第317回大阪眼科集談会 2000年08月 大阪 第317回大阪眼科集談会
     
    眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症は眼周囲に強い発疹があることは共通しているが眼合併症の頻度とタイプには違いがある。今回我々は当科で経験した眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症を比較検討した。
  • 9歳女児に発症した原田病の一例  [通常講演]
    中村 靖子; 下村 嘉一; 奥山 幸子; 福田 昌彦; 丸山 耕一
    第34回日本眼炎症学会 2000年07月 金沢 第34回日本眼炎症学会
     
    視力低下と充血を主訴に近畿大学眼科を受診した9歳女児の原田病について報告した。眼圧上昇、虹彩後癒着、虹彩嚢胞ならびに角膜混濁がみられ、強い前眼部炎症をきたしていた、ステロイド全身治療により眼所見の改善が得られた。
  • 長期ステロイド使用中に発生したMRSA角膜炎の2例  [通常講演]
    白根 授美; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 中村陽一; 肥田裕美; 新里悦朗
    第37回日本眼感染症学会、第34回日本眼炎症学会合同学会 2000年07月 金沢 第37回日本眼感染症学会、第34回日本眼炎症学会合同学会
     
    ステロイド長期使用中に発生したMRSA角膜炎の2例を経験した。そのうち1例は再発を繰り返した。長期ステロイドを使用する場合はMRSAによる感染症を念頭において治療にあたるべきであると考えられた。
  • MRSE による術後眼内炎の一例  [通常講演]
    出合 達則; 福田 昌彦; 入船 元裕; 日比野 剛; 松本 長太; 下村 嘉一
    第37回日本眼感染症学会・第34回日本眼炎症学会合同学会 2000年07月 金沢 第37回日本眼感染症学会・第34回日本眼炎症学会合同学会
     
    メチシリン耐性表皮ぶどう球菌(MRSE)による白内障術後眼内炎の1例を経験し、良好な視力予後を得た。
  • HSVー2型の関与が疑われたアカントアメーバ角膜炎の一例  [通常講演]
    田村 容子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 有村 英子; 妙中 直子; 日比野 剛; 石井康雄
    第37回眼感染症学会 2000年07月 金沢市 第37回眼感染症学会
     
    HSV-2型とアカントアメーバ角膜炎の合併が疑われた症例を経験した。症例は16歳の女性で、TFT点眼、フルコナゾールとミコナゾールの点眼、点滴、グルコン酸クロルヘキシジン点眼、イトラコナゾールの内服に抵抗したが表層角膜移植で治癒した。
  • 眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症  [通常講演]
    村田恭子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 妙中 直子; 杉岡 孝二; 出合達則
    第15回ヘルペスウイルス研究会 2000年06月 札幌 第15回ヘルペスウイルス研究会
     
    眼周囲を広範囲に侵すヘルペス性疾患には眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症があるが、発疹の出現部位、眼合併症には違いがあると考えられ、両疾患の眼合併症について比較検討した。
  • 近畿大眼科におけるコンタクトレンズによる細菌性角膜潰瘍  [通常講演]
    白根 授美; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第43回日本コンタクトレンズ学会総会 2000年06月 小郡 第43回日本コンタクトレンズ学会総会
     
    1989年から1999年に入院を要したコンタクトレンズ(CL)による細菌性角膜潰瘍14例15眼を対象に装用していたCLの種類、細菌検査の結果、全身合併症、視力予後についてretrospectiveに検討した。
  • SPARCの活性ペプチドが角膜実質細胞のコラーゲンゲル収縮抑制作用を示す  [通常講演]
    西信 亮子; 下村 嘉一; 日比野 剛; 福田 昌彦; 三島 弘
    The association for research in vision and Ophthalmology 2000年05月 Fort Lauderdale The association for research in vision and Ophthalmology
     
    SPARC は角膜実質細胞のコラーゲンゲル収縮作用を促進し角膜実質の創傷治癒に重要な役割を演じている。SPARC はいくつかの生物学的活性をもつドメインから構成されており、ドメインⅥ領域由来のぺプチドはコラーゲンゲル収縮抑制作用を示した。
  • 放線菌による涙小管炎の3症例  [通常講演]
    第43回日本臨床病理学会近畿支部総会 2000年05月 大阪狭山 第43回日本臨床病理学会近畿支部総会
     
    放線菌による涙小管炎と診断された3例を経験し、うち2例はPropionibacterium propionicus、1例がActinomyces israeliiによる放線菌症であった。3例とも難治性の結膜炎症状を示し、菌塊の発見・掻爬により治癒した症例であった。
  • The interaction between TGF-β and LAP on the cellular functions of keratocytes  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 三島 弘; 下村 嘉一
    ARVO 2000年05月 Fort Lauderdale ARVO
  • 角膜実質細胞のコラーゲンゲル収縮作用に及ぼすSPARC活性ペプチドの影響  [通常講演]
    西信 亮子; 下村 嘉一; 日比野 剛; 福田 昌彦; 三島 弘
    第104回日本眼科学会総会 2000年04月 京都 第104回日本眼科学会総会
     
    SPARCは角膜実質細胞のコラーゲンゲル収縮作用を促進し、角膜実質の創傷治癒に重要な役割を演じている。SPARCはいくつかの生物学的活性をもつドメインから構成されており、ドメインⅥ領域由来のペプチドはコラーゲンゲル収縮抑制作用を示した。
  • 角膜実質細胞におけるTGF-βの作用に対するLAPの作用  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    第104回日本眼科学会総会 2000年04月 京都 第104回日本眼科学会総会
     
    LAPは,TGF-βと結合することにより角膜実質細胞に対するTGF-βの作用を阻害した.
  • コンタクトレンズによる細菌性角膜潰瘍  [通常講演]
    白根 授美; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 下村 嘉一
    第315回大阪眼科集談会 2000年04月 大阪 第315回大阪眼科集談会
     
    1989年から1999年に入院を要したコンタクトレンズ(CL)による細菌性角膜潰瘍14例15眼を対象に装用していたCLの種類、細菌検査の結果、全身合併症、視力予後についてretrospectiveに検討した。
  • 高齢者のブドウ球菌性結膜炎に対するクロラムフェニコール点眼治療  [通常講演]
    下村 嘉一; 福田 昌彦; 大橋 秀行
    第74回日本感染症学会総会 2000年04月 福岡 第74回日本感染症学会総会
     
    高齢者の難治性結膜炎にはMRSAによるものが多く、これらの症例に対してクロラムフェニコールが有効であることを報告した。
  • SPARCの活性ペプチドが角膜実質細胞のコラーゲンゲル収縮作用に及ぼす影響  [通常講演]
    西信亮子; 下村 嘉一; 日比野 剛; 福田 昌彦; 三島 弘
    第24回角膜カンファランス・第16回日本角膜移植学会 2000年02月 浦安 第24回角膜カンファランス・第16回日本角膜移植学会
     
    SPARCは角膜実質細胞のコラーゲンゲル収縮作用を促進し、角膜実質の創傷治癒に重要な役割を演じている。SPARCはいくつかの生物学的活性をもつドメインから構成されており、ドメインⅥ領域由来のペプチドはコラーゲンゲル収縮抑制作用を示した。
  • 角膜実質細胞におけるTGF-βの作用に対するLAPの影響  [通常講演]
    妙中 直子; 日比野 剛; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 三島 弘
    第24回角膜カンファレンス,第16回角膜移植学会 2000年02月 浦安 第24回角膜カンファレンス,第16回角膜移植学会
     
    LAPは活性型TGF-βと結合することにより角膜実質細胞に対するTGF-βの作用を阻害した.
  • 全層角膜移植術後の続発緑内障についての検討  [通常講演]
    杉岡 孝二; 福田 昌彦; 日比野剛; 奥山 幸子; 下村 嘉一
    第16回日本角膜移植学会 2000年02月 浦安 第16回日本角膜移植学会
     
    過去15年間に近大病院眼科で全層角膜移植術を施行し、術後続発緑内障をきたした16例18眼について検討した。術式別、疾患別に緑内障を検討し、眼圧コントロール、視力予後についても検討した。
  • コンタクトレンズを装用して5年以上経過観察できた円錐角膜症例の検討  [通常講演]
    宮本 裕子; 下村 嘉一; 野入 輝美; 福田 昌彦
    第24回角膜カンファランス・第16回角膜移植学会 2000年02月 浦安 第24回角膜カンファランス・第16回角膜移植学会
     
    ハードコンタクトレンズ(HCL)を装用して5年間以上経過観察できた円錐角膜(KC)症例40例77眼を対象に、retrospectiveにPhoto-keratoscopeによるKCの程度の変化、角膜混濁の発生、HCLの種類について調べた。
  • 遷延性意識障害患者の糸状角膜炎に対する治療用ソフトコンタクトレンズによる治療  [通常講演]
    宮本 裕子; 下村 嘉一; 福田 昌彦; 木本 敦史
    第47回近畿大学医学会学会学術講演会 2000年01月 大阪狭山市 第47回近畿大学医学会学会学術講演会
     
    遷延性意識障害患者に発症した糸状角膜炎に対して、治療用ソフトコンタクトレンズを装着し、加療を試みた。糸状角膜炎の消失には非常に有効であるが、完治は難しく長期の経過観察が必要である。
  • 角膜感染症  [招待講演]
    福田昌彦
    第74回和歌山眼科談話会 口頭発表(招待・特別) 和歌山県和歌山市

作品等

  • 人工角膜
  • Keratoprosthesis

MISC

  • 武田麻希; 西田功一; 福田昌彦; 高橋彩; 江口洋; 濱田傑; 天野史郎; 日下俊次 眼科臨床紀要 12 (9) 727 2019年09月
  • 佐藤朋子; 福田昌彦; 西田功一; 高橋彩; 南毅; 日下俊次 眼科臨床紀要 12 (6) 511 -511 2019年06月
  • 術前眼表面の培養結果と分離菌のキノロン感受性
    西田 功一; 江口 洋; 堀田 芙美香; 立花 都子; 辻岡 大志; 日下 俊次; 福田 昌彦; 下村 嘉一 日本眼科学会雑誌 121 (臨増) 199 -199 2017年03月
  • Corynebacterium oculiの薬剤感受性
    堀田 芙美香; 江口 洋; 日下 俊次; 福田 昌彦; 下村 嘉一; 今大路 治之; 桑原 知巳; Bernard Kathryn; Vandamme Peter 日本眼科学会雑誌 121 (臨増) 198 -198 2017年03月
  • 角膜全層移植術に至ったPre-Descemet Corneal Dystrophyの1例
    上野 覚; 福田 昌彦; 西田 功一; 渡邊 敬三; 杉岡 孝二; 下村 嘉一 日本眼科学会雑誌 121 (臨増) 270 -270 2017年03月
  • ランドルト環型角膜上皮症の1例
    西田 功一; 岡本 紀夫; 高田 園子; 杉岡 孝二; 高橋 彩; 福田 昌彦; 下村 嘉一 眼科臨床紀要 10 (2) 172 -172 2017年02月
  • 江口 洋; 福田 昌彦; 下村 嘉一 Medical photonics 2017 (1) 49 -52 2017年01月
  • 帯状疱疹を契機に再発性角膜びらんを繰り返し、細菌性角膜潰瘍をきたした1例
    佐藤 朋子; 杉岡 孝二; 高橋 彩; 南里 勇; 青松 圭一; 平木 翔子; 福田 昌彦; 下村 嘉一 眼科臨床紀要 10 (1) 84 -84 2017年01月
  • 下村 嘉一; 福田 昌彦 臨床眼科 70 (11) 1 -320 2016年10月
  • 角膜移植術における術中real-time OCT(RESCAN 700)
    江口 洋; 小池 英子; 立花 都子; 辻岡 大志; 日下 俊次; 福田 昌彦; 下村 嘉一 日本眼科学会雑誌 120 (臨増) 295 -295 2016年03月
  • 臨床力向上のための角膜疾患の診断と治療のコツ ウイルス感染症
    福田 昌彦 日本眼科学会雑誌 120 (臨増) 90 -90 2016年03月
  • 1日使い捨てカラーコンタクトレンズによる色素付着を伴う角膜上皮障害例の考察
    宮本 裕子; 月山 純子; 児玉 彩; 福田 昌彦; 下村 嘉一 日本コンタクトレンズ学会誌 58 (1) 39 -42 2016年03月
  • 角膜移植講座 人工角膜
    福田昌彦 Eye Bank Journal 20 (1) 30 -35 2016年03月
  • 眼科医の手引 免疫クロマトグラフィ法による上皮型角膜ヘルペスの診断
    福田 昌彦 日本の眼科 86 (9) 1284 -1285 2015年09月
  • 眼感染症View Point 単純ヘルペスウイルス免疫クロマト法 チェックメイトヘルペスアイ
    福田 昌彦 Core-Network of Ocular Infection 17 8 -9 2015年08月
  • 【手術を要する眼科救急疾患の初期対応】 結膜および強角膜裂傷
    福田 昌彦 眼科手術 28 (3) 347 -351 2015年07月
  • ヘルペス角膜炎発症におけるCCR6陽性Tリンパ球および樹状細胞の役割
    坂本 万寿夫; 藤田 貢; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 義江 修; 下村 嘉一 日本眼科学会雑誌 119 (臨増) 255 -255 2015年03月
  • 【眼科の手術看護パーフェクトマニュアル】 (第2章)実践編 術式別の術中看護マニュアル 結膜 翼状片
    福田 昌彦 オペナーシング (2015臨時増刊 眼科の手術看護パーフェクトマニュアル) 81 -88 2015年03月
  • 【眼科の手術看護パーフェクトマニュアル】 (第2章)実践編 術式別の術中看護マニュアル 角膜 角膜内皮移植
    福田 昌彦 オペナーシング (2015臨時増刊 眼科の手術看護パーフェクトマニュアル) 119 -127 2015年03月
  • 【最新 コンタクトレンズ処方の実際と注意点】 コンタクトレンズ関連角膜感染症の実態と治療
    福田 昌彦 OCULISTA (14) 23 -29 2014年05月
  • 福田 昌彦 臨床眼科 67 (13) 1926 -1930 2013年12月
  • 【感染性角膜炎診療ガイドライン(第2版)】
    木下 茂; 塩田 洋; 浅利 誠志; 石橋 康久; 稲田 紀子; 井上 智之; 井上 幸次; 宇野 敏彦; 江口 洋; 大橋 裕一; 岡本 茂樹; 亀井 裕子; 北川 和子; 小泉 範子; 下村 嘉一; 白石 敦; 鈴木 崇; 外園 千恵; 高村 悦子; 田川 義継; 豊川 真弘; 内藤 毅; 秦野 寛; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 星 最智; 松本 光希; 宮崎 大; 日本眼感染症学会感染性角膜炎診療ガイドライン第; 版作成委員会 日本眼科学会雑誌 117 (6) 467 -509 2013年06月
  • 小児角膜疾患の病態と治療
    福田 昌彦 眼科臨床紀要 5 (5) 468 -468 2012年05月
  • 人工角膜手術について
    福田 昌彦 眼科臨床紀要 4 (8) 807 -807 2011年08月
  • 多施設共同研究から考える眼感染症 コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査
    福田 昌彦 日本眼科学会雑誌 115 (臨増) 89 -89 2011年04月
  • 【眼感染症治療戦略アップデート2011】 コンタクトレンズ関連角膜感染症
    福田 昌彦 あたらしい眼科 28 (3) 337 -342 2011年03月
  • 人工角膜
    福田 昌彦 眼科 52 (13) 1903 -1912 2010年12月
  • コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査患者アンケート最終報告
    宇野 敏彦; 福田 昌彦 日本眼科学会雑誌 114 (10) 897 -897 2010年10月
  • 写真セミナー 緑膿菌性角膜潰瘍
    福田 昌彦 あたらしい眼科 27 (9) 1229 -1230 2010年09月
  • 知っておきたいCL合併症(第34回)
    福田 昌彦 日本コンタクトレンズ学会誌 52 (1) 67 -68 2010年03月
  • 【眼感染症Now!】 眼感染症診療におけるEBM 多施設共同研究で得られたもの 最近の重症コンタクトレンズ関連角膜感染症の日本での動向は?
    福田 昌彦 あたらしい眼科 26 (臨増) 57 -60 2010年01月
  • 【コンタクトレンズ関連角膜感染症】 コンタクトレンズ関連角膜感染症全国症例調査
    福田 昌彦 あたらしい眼科 26 (9) 1167 -1171 2009年09月
  • 【眼科薬物治療A to Z】 疾患別治療戦略と処方の実際 結膜・角膜疾患 単純ヘルペス角膜炎・帯状ヘルペス角膜炎
    福田 昌彦 眼科プラクティス 23 66 -67 2008年09月
  • 医学最新情報 歯根部利用人工角膜 眼科と口腔外科のコラボレーション
    福田 昌彦; 濱田 傑 DENTAL DIAMOND 33 (4) 67 -71 2008年03月
  • 角膜疾患 治療の原則 最近の角膜移植 全層移植からパーツ移植へ
    福田 昌彦 日本眼科学会雑誌 112 (臨増) 150 -150 2008年03月
  • 眼科手術における周術期の減菌法 眼内炎をおこさないために
    福田 昌彦 山口県医学会誌 (42) 145 -145 2008年03月
  • 知っておきたいCL合併症(第26回)
    河本 庄平; 福田 昌彦 日本コンタクトレンズ学会誌 49 (4) 287 -288 2007年12月
  • 【前眼部アトラス】 結膜 化膿性肉芽腫
    福田 昌彦 眼科プラクティス 18 88 -88 2007年11月
  • 【前眼部アトラス】 角膜 無虹彩症
    福田 昌彦 眼科プラクティス 18 232 -232 2007年11月
  • 【前眼部アトラス】 角膜 昆虫・植物による角膜障害
    福田 昌彦 眼科プラクティス 18 286 -286 2007年11月
  • 【前眼部アトラス】 角膜 人工角膜
    福田 昌彦 眼科プラクティス 18 325 -325 2007年11月
  • 【感染性角膜炎診療ガイドライン】
    井上 幸次; 大橋 裕一; 浅利 誠志; 石橋 康久; 宇野 敏彦; 木下 茂; 塩田 洋; 下村 嘉一; 田川 義継; 秦野 寛; 松本 光希; 岡本 茂樹; 亀井 裕子; 北川 和子; 外園 千恵; 高村 悦子; 内藤 毅; 中川 尚; 檜垣 史郎; 福田 昌彦; 宮崎 大; 日本眼感染症学会感染性角膜炎診療ガイドライン作成委員会 日本眼科学会雑誌 111 (10) 769 -809 2007年10月
  • 角膜ヘルペス再発に関するアンケート調査
    渡邊 敬三; 福田 昌彦; 桧垣 史郎; 下村 嘉一 眼科臨床医報 101 (9) 974 -974 2007年09月
  • 【患児と親へのよりよい対応のために子どもの目の病気とケア】 実践編 子どもの目の代表的疾患を理解しよう 結膜炎
    福田 昌彦 眼科ケア (2007夏季増刊) 104 -111 2007年06月
  • 【まずはこれだけ覚えよう!よく使う点眼薬50】 ひとまず覚えたい抗ウイルス薬
    福田 昌彦 眼科ケア 9 (6) 562,538 -563,538 2007年06月
  • 人工角膜 Osteo-odonto-keratoprosthesis(OOKP) 日本での成績
    福田 昌彦 日本眼科学会雑誌 111 (臨増) 79 -79 2007年03月
  • K. Sugioka; J. Drake; M. Fukuda; Y. Shimomura; D. G. Hwang CURRENT EYE RESEARCH 32 (3) 299 -299 2007年
  • 顕微鏡下の角膜外科 全層角膜移植 手術方法
    福田 昌彦 眼科プラクティス 13 92 -95 2007年01月
  • Advanced Techniques 歯根を使った人工角膜
    福田 昌彦 眼科プラクティス 13 139 -141 2007年01月
  • ケアに生かす 手術アトラス 歯根部利用人工角膜(OOKP)
    福田 昌彦 眼科ケア 8 (12) 1144 -1148 2006年12月
  • 福田 昌彦 臨床眼科 59 (11) 300 -305 2005年10月
  • M Fukuda; A Nakao; S Hamada; C Liu; Y Shimomura JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 49 (5) 423 -424 2005年09月
  • M Fukuda; A Nakao; S Hamada; C Liu; Y Shimomura JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 49 (5) 423 -424 2005年09月
  • 眼感染症 診断と治療・予防のポイント 角膜ヘルペスの診断と治療
    福田 昌彦 日本眼科紀要 56 (9) 710 -713 2005年09月
  • 下村嘉一; 松本長太; 福田昌彦; 丸山耕一; 日比野剛; 桧垣史郎; 宇野直樹; 菅原大輔; 妙中直子; 出合達則; 白根授美; 有村英子; 渡辺敬三; 義江修; 中山隆志; 長久保大輔; ひえ島州雄; 林こう三郎 臨床眼科 59 (6) 816 -825 2005年06月
  • 林 研; 天野 史郎; 妹尾 正; 福田 昌彦; 福山 誠; 山田 昌和 IOL & RS : Japanese journal of cataract and refractive surgery : 日本眼内レンズ屈折手術学会誌 18 (5) 117 -122 2005年03月
  • N Taenaka; T Hibino; K Abe; M Fukuda; H Mishima; H Mishima; Y Shimomura INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 46 2005年
  • 宮本裕子; 野入輝美; 福田昌彦; 村田恭子; 下村嘉一; 斎藤博; 細井文子; 永本敏之; 藤原隆明; 俊野敦子; 宇野敏彦; 大橋裕一; 石橋健; 野洲美代子; 横井則彦; 木下茂; 武田桜子; 亀井裕子; 松原正男; 宮永嘉隆 日本眼薬理学会プログラム・講演抄録集 25th 100 2005年
  • 斎藤博; 細井文子; 永本敏之; 藤原隆明; 宮本裕子; 野入輝美; 福田昌彦; 村田恭子; 下村嘉一; 俊野敦子; 宇野敏彦; 大橋裕一; 石橋健; 野洲美代子; 横井則彦; 木下茂; 武田桜子; 亀井裕子; 松原正男; 宮永嘉隆 日本眼薬理学会プログラム・講演抄録集 25th 99 2005年
  • 【術後眼内炎】 術後眼内炎の基礎 抗菌薬の使い方
    福田 昌彦 眼科プラクティス 1 243 -245 2005年01月
  • 【眼科薬物治療ガイド】 疾患別:薬の使い方 眼瞼・結膜・角膜 変性への対応 カタル性角膜潰瘍
    福田 昌彦 眼科薬物治療ガイド (眼科診療プラクティス編集委員・編) 062 -063 2004年09月
  • 【眼科薬物治療ガイド】 疾患別:薬の使い方 眼瞼・結膜・角膜 変性への対応 蚕食性角膜潰瘍
    福田 昌彦 眼科薬物治療ガイド (眼科診療プラクティス編集委員・編) 063 -064 2004年09月
  • 【眼表面の再建手術】 深層角膜移植術
    福田 昌彦 眼科 46 (8) 1033 -1038 2004年08月
  • 歯根部利用人工角膜(OOKP)
    福田 昌彦 NANO OPHTHLMOLOGY NANO OPHTHLMOLOGY 28 23 -26 2004年05月
  • N Taenaka; T Hibino; M Fukuda; H Mishima; Y Shimomura INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 45 U537 -U537 2004年04月
  • T Deai; M Fukuda; S Higaki; K Hayashi; Y Shimomura INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 45 U594 -U594 2004年04月
  • K Sugioka; JD Drake; M Fukuda; Y Shimomura; DG Hwang INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 45 U595 -U595 2004年04月
  • ケアに生かす 手術アトラス 全層角膜移植
    福田 昌彦 眼科ケア 6 (4) 357 -360 2004年04月
  • 涙器 急性涙腺炎
    福田 昌彦 眼科診療ガイド (眼科診療プラクティス編集委員・編) 46 -46 2004年03月
  • 涙器 慢性涙腺炎
    福田 昌彦 眼科診療ガイド (眼科診療プラクティス編集委員・編) 47 -47 2004年03月
  • 【角膜の新しい手術治療】 歯根部利用人工角膜(Osteo-Odonto-Keratoprosthesis:OOKP)
    福田 昌彦 IOL & RS 18 (1) 22 -25 2004年03月
  • 福田 昌彦; 下村 嘉一 あたらしい眼科 21 (2) 173 -177 2004年02月
  • 【小児眼科プライマリ・ケア】 眼疾患 前眼部 結膜・強膜・角膜
    福田 昌彦 眼科診療プラクティス 100 36 -40 2003年11月
  • 歯根部利用人工角膜
    福田 昌彦 眼科手術 16:49-52 (4) 274 -275 2003年10月
  • 歯根部利用人工角膜
    福田 昌彦 アイバンクジャーナル 7 (3) 12 -15 2003年09月
  • 【コメディカルがカギをにぎる眼科感染対策】 医療行為と関連の強い感染症 MRSA,MRSE感染症
    福田 昌彦 眼科ケア (2003夏季増刊) 170 -174 2003年07月
  • 【角膜移植】 ALTK(Automated Lamellar Therapeutic Keratoplasty)
    福田 昌彦 眼科手術 16 (3) 321 -324 2003年07月
  • M Maeda; M Fukuda; K Sugioka; T Hibino; M Watanabe; A Yasuda; Ando, I; Y Shimomura INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 44 U620 -U620 2003年05月
  • N Taenaka; T Hibino; M Fukuda; H Mishima; Y Shimomura INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 44 U245 -U245 2003年05月
  • T Deai; M Fukuda; T Hibino; S Higaki; Y Shimomura; K Hayashi INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 44 U487 -U487 2003年05月
  • ケアに生かす 手術アトラス 外来手術(1)
    福田 昌彦 眼科ケア 5 (4) 337 -340 2003年04月
  • 幹細胞疲弊症
    福田 昌彦 EYE 4 (4) 10 -11 2003年04月
  • 【眼とウイルス感染症】 眼部帯状ヘルペスによる前眼部病変とその治療
    福田 昌彦 あたらしい眼科 20 (3) 303 -307 2003年03月
  • わかりやすい臨床講座 MRSA,MRSE眼感染症とその対策
    福田 昌彦 日本の眼科 73 (11) 1211 -1213 2002年11月
  • K Sugioka; T Hibino; M Fukuda; Y Shimomura; M Watanabe; H Kato; A Yasuda; Ando, I INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 43 U1185 -U1185 2002年05月
  • 【角結膜疾患の薬物療法】 疾患別薬物治療の進め方/6.感染性角膜潰瘍 ウイルス性角膜潰瘍
    福田 昌彦 眼科診療プラクティス 79 63 -65 2002年02月
  • 【角結膜疾患の薬物療法】 疾患別薬物治療の進め方 点状表層角膜症 コラーゲンシールドとパンクタルプラグ
    福田 昌彦 眼科診療プラクティス 79 59 -59 2002年02月
  • 【涙液からみたコンタクトレンズ処方】 ドライアイに対するコンタクトレンズ処方(私はこうしている) ドライアイに対するコンタクトレンズ処方
    宮本 裕子; 福田 昌彦 眼科診療プラクティス 77 80 -81 2001年12月
  • J Yamamoto; H Mishima; T Hibino; K Abe; M Fukuda; Y Shimomura INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 42 (4) S886 -S886 2001年03月
  • K Sugioka; T Hibino; M Fukuda; Y Shimomura; M Watanabe; H Kato; A Yasuda; Ando, I INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 42 (4) S270 -S270 2001年03月
  • 【角結膜疾患の手術療法】 術後管理・合併症 表層角膜移植
    福田 昌彦 眼科診療プラクティス 63 60 -61 2000年10月
  • 【眼科の診療薬 薬の副作用】 外眼部感染症治療薬の副作用
    福田 昌彦 あたらしい眼科 17 (10) 1337 -1342 2000年10月
  • 【眼科手術看護マニュアル】 角膜移植手術と介助のポイント
    福田 昌彦 オペナーシング 15 (11) 1074 -1078 2000年09月
  • エキシマレーザー角膜切除後のHSV-1角膜炎の再発
    福田 昌彦 Mecical Briefs in Virus Infection 12 (4) 2 -3 2000年04月
  • N Taenaka; T Hibino; M Fukuda; H Mishima; Y Shimomura INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 41 (4) S698 -S698 2000年03月
  • 【角膜混濁の診断】 角膜の発生と透明性
    福田 昌彦 眼科 40 (12) 1571 -1579 1998年11月
  • 藤津 喜久美; 佐野 仁美; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 三島 弘; 大鳥 利文; 野田 剛弘; 阪本 ゆり; 山田 秀和 あたらしい眼科 = Journal of the eye 14 (8) 1227 -1230 1997年08月
  • M Fukuda; C Matsumoto; H Mishima; H Yamada; M Itoi; T Otori INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 38 (4) 5105 -5105 1997年03月
  • C Matsumoto; T Otsuki; M Fukuda; H Mishima; T Otori; H Yamada INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 38 (4) 5246 -5246 1997年03月
  • 福田 昌彦; 三島 弘; 宮本 裕子; 日比野 剛; 大鳥 利文 近畿大学医学雑誌 21 (1) 24A 1996年06月
  • Y Miyamoto; M Fukuda; H Mishima; T Otori INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 37 (3) 4646 -4646 1996年02月
  • 高田 園子; 宮良 祐子; 大橋 秀行; 宮本 裕子; 福田 昌彦; 三島 弘; 大鳥 利文 あたらしい眼科 = Journal of the eye 12 (10) 1579 -1582 1995年10月
  • M FUKUDA; F BESTAWROS; C BALERIOLALUCAS; RJ FULLARD; D SWEENEY; BA HOLDEN INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE 34 (4) 1468 -1468 1993年03月
  • 培養角膜上皮細胞の伸展における細胞内骨格の役割について
    福田 昌彦 近畿大学医学雑誌 14 (1) 67 -79 1989年03月
  • M FUKUDA; J YAGI; K YASUMOTO; H MISHIMA; T NISHIDA; T OTORI JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 32 (1) 6 -13 1988年
  • フィブロネクチン・マトリックス上での角膜上皮細胞伸展に対する細胞内骨格重合阻害剤(コルヒチン,サイトカラシンB)の影響について
    福田 昌彦 結合組織 19 (3〜4) 228 -229 1987年12月
  • 培養家兎角膜上皮細胞の接着,伸展における細胞内骨格(アクチンおよびチュブリン)の役割について
    福田 昌彦 日本眼科学会雑誌 91 (臨増) 149 -149 1987年04月
  • 母子(3例)に見られたMarfan症候群
    福田 昌彦 眼科臨床医報 79 (2) 279 -279 1985年02月

受賞

  • 2003年 近畿大学医学会賞
     JPN

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 人工角膜
  • 人工角膜の開発
  • Keratoprosthesis
  • Keratoprosthesis, Keratoplasty, ocular infection, dry eye

委員歴

  • 日本眼感染症学会   評議委員   日本眼感染症学会

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.