KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

今宿 亙イマジュク ワタル

プロフィール

所属部署名産業理工学部 電気電子工学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門情報ネットワーク、光通信工学
ジャンル科学・技術/情報技術
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1495-imajuku-wataru.html
ホームページURLhttps://scholar.google.co.jp/citations?user=6UK5BFMAAAAJ&hl=ja
メールアドレス
Last Updated :2020/06/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    インターネットで使われている光通信技術に加え、最近は、可視光通信や暗号光通信の研究を行っています。
    20年以上通信会社に勤め、研究、実用化、通信規格の国際標準化、米国ビジネスまで経験しました。

研究活動情報

研究分野

  • 情報通信, 情報ネットワーク, インターネット工学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 通信工学, 光通信工学

研究キーワード

  • ネットワーク, 光通信, 通信工学

論文

  • XPM-induced phase noise mitigation by gain saturated parametric amplifiers, W. Imajuku, K. Mori, M. Fukutoku, Proc. of The 13th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO-Pacific Rim 2018), Proc. of The 13th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO-Pacific Rim 2018), W3A.17,   2018年08月, 査読有り
  • Quantum Noise Analysis of Gain Saturated Periodically Poled Lithium Niobate waveguides, T. Takemura, S. Noguchi, K. Mori, M. Fukutoku, W. Imajuku, Proc. of The 13th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO-Pacific Rim 2018), Proc. of The 13th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO-Pacific Rim 2018), W3A.99,   2018年08月, 査読有り
  • Analytical fiber transfer function with XPM-induced process in N-channel coherent WDM transmission systems, W. Imajuku, K. Mori, M. Fukutoku, Proc. of The 13th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO-Pacific Rim 2018), Proc. of The 13th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO-Pacific Rim 2018), W3A.16,   2018年08月, 査読有り
  • Aero-Aqua Optical Transmission System with Retroreflector and Self-Homodyne Receiver, W. Imajuku, K. Kosai, Y. Kakushi, Y. Hibino, R. Amano, Y. Mitsunaga, Y. Maeda, Proc. of 2018 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC2018), Proc. of 2018 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC2018), P1-29,   2018年07月, 査読有り
  • Position Tracking based on AOA and MIMO Combined Technique with Visible Light, K. Kosai, Y. Hirata, T. Furuta, T. Matsuzaki, W. Imajuku, Proc. of 2018 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC2018), Proc. of 2018 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC2018), P1-16,   2018年07月, 査読有り
  • Eigenvalue equation of optical transmission fiber considering cross-phase modulation (XPM) induced instability, Imajuku, W, REPORTS of Faculty of Humanity-Oriented Science and Engineering, REPORTS of Faculty of Humanity-Oriented Science and Engineering, 26, 1, 11, 20,   2017年07月
  • Nonlinear Phase Noise Reduction by Gain Saturated Parametric Amplifiers in Coherent Optical Transmission, W. Imajuku, T. Nakaishi, M. Kakoi, K. Mori, M. Fukutoku, Proc. of Nonlinear Optics (NLO) 2017, Optical Society of America (OSA), Proc. of Nonlinear Optics (NLO) 2017, Optical Society of America (OSA), NW4A.14A,   2017年07月, 査読有り
  • Adaptive and Efficient Multilayer Elastic Optical Network Planning, T. Tanaka, T. Inui, A. Kadohata, A. Hirano, W. Imajuku, Proc. of 42th European Conference on Optical Communication (ECOC2016), Proc. of 42th European Conference on Optical Communication (ECOC2016), Tu.3.D.1,   2016年09月, 査読有り
  • A Static traffic grooming algorithm for Optical Networks with Adaptive Modulation, T. Tanaka, T. Inui, W. Imajuku, Proc. of 2016 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC 2016), Proc. of 2016 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC 2016), TuA1-3,   2016年07月, 査読有り
  • Subcarrier Restoration for Survivable Multi-Flow Transponders in Elastic Optical Networks, T. Tanaka, T. Inui, W. Imajuku, Proc. of 21TH ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON COMMUNICATIONS (APCC2015), Proc. of 21TH ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON COMMUNICATIONS (APCC2015), 214, 217,   2015年10月, 査読有り
  • vConductor: An Enabler for Achieving Virtual Network Integration as a Service, W. SHEN, Y. Masahiro, M. Kenji, W. IMAJUKU, IEEE Commun Mag, IEEE Commun Mag, 53, 2, 116, 124,   2015年02月, 査読有り
  • MORSA: A multi-objective resource scheduling algorithm for NFV infrastructure., M. Yoshida, W. Shen, T. Kawabata, K. Minato, W. Imajuku, Proc. of The 16th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2014), Hsinchu, Taiwan, September 17-19, 2014, Proc. of The 16th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2014), Hsinchu, Taiwan, September 17-19, 2014,   2014年, 査読有り
  • vConductor: An NFV management solution for realizing end-to-end virtual network services., W. Shen, M, Yoshida,T. Kawabata, K. Minato, W. Imajuku, Proc. of The 16th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2014), Hsinchu, Taiwan, September 17-19, 2014, Proc. of The 16th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2014), Hsinchu, Taiwan, September 17-19, 2014,   2014年, 査読有り
  • Bandwidth Squeezed Restoration in spectrum-sliced elastic optical path networks, Y. Sone, A. Watanabe, W. Imajuku, Y. Tsukishima, B. Kozicki, H. Takara, M. Jinno, J. Optical Com. and Networking, Optical Society of America, J. Optical Com. and Networking, Optical Society of America, 3, 3, 223, 233,   2011年03月, 査読有り
  • Fast and Flexible Optical Path Accommodation Design Based on Pre-planning and Reconfiguration in Transparent Optical Mesh Networks, A. Kadohata, A. Watanabe, Y. Sone, T. Sakano, W. Imajuku, M. Jinno, Proc. of ONDM2010, Proc. of ONDM2010, 6-1, 1, 6,   2010年02月, 査読有り
  • Management and Control Scheme Employing Wavelength-Grouped Transmission-Guaranteed Link for Highly-Manageable and Cost-Efficient Transparent Optical Mesh Networks, Y. Sone, A. Kadohata, A. Watanabe, W. Imajuku, Proc. of 35th European Conference on Optical Communication (ECOC2009), Proc. of 35th European Conference on Optical Communication (ECOC2009), P5.14, 1, 2,   2009年09月, 査読有り
  • Highly survivable restoration scheme employing optical bandwidth squeezing in spectrum-sliced elastic optical path (SLICE) network, Y. Sone, A, Watanabe, W. Imajuku, Y. Tsukishima, B. Kozicki, H. Takara, M. Jinno, Proc. of 2009 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2009), Proc. of 2009 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2009), OthO2, 1, 3,   2009年03月, 査読有り
  • Empirical Design Technique for Management and GMPLS-Signaling Communication Networks, TANIGUCHI A, TSUKISHIMA Y, IMAJUKU W, SHIMIZU K, HAYASHI R, INOUE I, NOGUCHI K, JINNO M, URUSHIDANI S, Proc. of 14TH ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON COMMUNICATIONS (APCC2008), VOLS 1 AND 2, Proc. of 14TH ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON COMMUNICATIONS (APCC2008), VOLS 1 AND 2, 612, 616,   2008年10月, 査読有り
  • Operational Evaluation of ASON/GMPLS Interdomain Capability over a JGN II Network Testbed, T. ATSUSHI, Y, SAMESHIMA, S. OKAMOTO, T. OTANI, Y. OKANO, Y. TSUKISHIMA, W. IMAJUKU, IEEE Commun Mag, IEEE Commun Mag, 46, 5, 60, 66,   2008年05月, 査読有り
  • Service and operation of GMPLS-controlled photonic Internet exchanges, IMAJUKU W, KURAHASHI T, TARUI Y, SHAKE I, MATSUDA K, SHIMAGAMI J, ASABA T, MIYAKE N, TOYAMA K, Proc. of 2008 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2008), VOLS 1-8, Proc. of 2008 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2008), VOLS 1-8, 1179, 1184,   2008年03月, 査読有り
  • Lambda Sharing Demonstration via Traffic-Driven Lambda-on-Demand, Y. Tsukishima, A. Hirano, N. Nagatsu, W. Imajuku, Proc. of 33th European Conference on Optical Communication (ECOC2007), Proc. of 33th European Conference on Optical Communication (ECOC2007), 6.5.3, 1, 2,   2007年09月, 査読有り
  • Transpacific Ethernet Transport over GMPLS-based Three Administrative-Domain Photonic Networks, A. Taniguchi, S. Okamoto, J. Moore, Y. Sameshima, W. Imajuku, T. Otani, Y. Okano, Proc. of 33th European Conference on Optical Communication (ECOC2007), Proc. of 33th European Conference on Optical Communication (ECOC2007), 6.5.5, 1, 2,   2007年09月, 査読有り
  • GMPLS Based Survivable Photonic Network Architecture, IMAJUKU W, OHARA T, SONE Y, SHAKE I, SAMESHIMA Y, JINNO M, IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng), IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng), E90-B, 8, 1952, 1959,   2007年08月, 査読有り
  • Challenges and Requirements for ASON/GMPLS Photonic Networks, W. Imajuku, Y. Sameshima, Proc. of 2007 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC2007), Proc. of 2007 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC2007), 12A1-1, 1, 2,   2007年07月, 査読有り
  • The First Optically-Virtual-Concatenated Lambdas Over Multiple Domains in Chicago Metro Area Network Achieved Through Interworking of Network Resource Managers, Y. Tsukishima, A. Hirano, A. Taniguchi, W. Imajuku, Proc. of 2007 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC2007), Proc. of 2007 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC2007), 12A2-5, 310, 311,   2007年07月, 査読有り
  • Inter-Carrier Photonic Networking Developing Project in Japan, S. Okamoto, E. Oki, W. Imajuku, T. Otani, N. Yamanaka, iPOP 2007, T1-6, iPOP 2007, T1-6, June 2007,   2007年06月, 査読有り
  • Multiple Failure Recovery of Optical Paths Using GMPLS Based Restoration Scheme Escalation, Y. Sone, W. Imajuku, M. Jinno, Proc. of 2007 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2007), Proc. of 2007 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2007), JthA68, 1, 3,   2007年03月, 査読有り
  • Theoretical and Experimental Study of Statistical-Decision Method for Link-Capacity Adjustment in Photonic IX, S. Yamamoto, I. Shake, T. Kurahashi, Y. Tarui, M. Fukutoku, W. Imajuku, K. Sasayama, Proc. of 2007 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2007), Proc. of 2007 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2007), OthQ5, 1, 3,   2007年03月, 査読有り
  • GMPLS対応マルチレイヤネットワーク管理方式の提案, 大塚, 木村, 柳沼, 渡辺, 今宿, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信, 89, 11, 2103, 2116,   2006年11月, 査読有り
  • Stable IP-Routing Link Restoration: GUNI Restoration for Data Link Failure Between Routers in a Nationwide Photonic Network, Y. Tsukishima, A. Hirano, N. Nagatsu, T. Ohara, W. Imajuku, Proc. of 32th European Conference on Optical Communication (ECOC2006), Proc. of 32th European Conference on Optical Communication (ECOC2006), We. 4.1.4, 1, 2,   2006年09月, 査読有り
  • JGN II Testbed Demonstration of GMPLS Inter-Carrier Network Control with Actual Operational Consideration, Y. Sameshima, S. Okamoto, W. Imajuku, T. Otani, Y. Okano, Proc. of 32th European Conference on Optical Communication (ECOC2006), Proc. of 32th European Conference on Optical Communication (ECOC2006), We. 4.1.5, 1, 2,   2006年09月, 査読有り
  • Traffic-Driven Distributed LSP Control for MPLS / GMPLS Multi-layer Networks, A. Taniguchi, Y. Tsukishima, Y. Sameshima, W. Imajuku, M. Jinno, Proc. of 2006 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC2006), Proc. of 2006 Opto-Electronics and Communications Conference (OECC2006), 5E4-6, 1, 2,   2006年07月, 査読有り
  • Optical Path Restoration Scheme Escalation Achieving Enhanced Operation and High Survivability in Multiple Failure Scenarios, Y. Sone, N. Nagatsu, W. Imajuku, M. Jinno, Y. Takigawa, Proc. of WTC 2006, Proc. of WTC 2006, NW1.2, 1, 8,   2006年05月, 査読有り
  • Design of MPLS/GMPLS multilayer network considering protection and restoration, IMAJUKU W, OHARA T, TAKESHIMA R, UYEMATSU T, SATO K, Proc. of 2006 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2006), VOLS 1-6, Proc. of 2006 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2006), VOLS 1-6, OWQ6, 1011, 1013,   2006年03月, 査読有り
  • The first application-driven Lambda-on-demand field trial over a US nationwide network, TSUKISHIMA Y, HIRANO A, NAGATSU N, OHARA T, IMAJUKU W, JINNO M, TAKIGAWA Y, HAGIMOTO K, RENAMBOT L, JEONG B, LEIGH J, DEFANTI T, VERLO A, WINKLER L, Proc. of 2006 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2006), VOLS 1-6, Proc. of 2006 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2006), VOLS 1-6, PDP48, 2783, 2785,   2006年03月, 査読有り
  • Demonstration of automatic multi-reliability service class LSP provisioning via coordination of GMPLS/OIF-OUNI, OHARA T, IMAJUKU W, FUKUTOKU M, JINNO M, Proc. of 2006 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2006), VOLS 1-6, Proc. of 2006 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2006), VOLS 1-6, OWQ5, 1008, 1010,   2006年03月, 査読有り
  • Router-OXC cooperation for fault recovery employing GMPLS control plane for photonic IX, FUKUTOKU M, KURAHASHI T, TARUI Y, SHAKE I, IMAJUKU W, YAMAMOTO S, SASAYAMA K, Proc. of 2006 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2006), VOLS 1-6, Proc. of 2006 Optical Fiber Communication Conference/National Fiber Optic Engineers Conference (OFC/NFOEC2006), VOLS 1-6, OWQ7, 1014, 1016,   2006年03月, 査読有り
  • Experiments on Optical Link Capacity Adjustment for Photonic IX, I. Shake, M. Fukutoku, O. Moriwaki, T. Kurahashi, Y. Tarui, Y. Tsukishima, W. Imajuku, Proc. of 31th European Conference on Optical Communication (ECOC2005), Proc. of 31th European Conference on Optical Communication (ECOC2005), 2005, CP502, 217, 218,   2005年09月, 査読有り
  • Applications of Optical Parametric Process, A. Takada, W. Imajuku, T. Morioka, K. Hagimoto, Proc. of OAA2005, Proc. of OAA2005, WC-1, 1, 3,   2005年08月, 査読有り
  • Dynamic Multilayer Routing Schemes in GMPLS-Based IP+Optical Networks, OKI E, SHIOMOTO K, SHIMAZAKI D, YAMANAKA N, IMAJUKU W, TAKIGAWA Y, IEEE Commun Mag, IEEE Commun Mag, 43, 1, 108, 114,   2005年01月, 査読有り
  • Restoration Path Accommodation Design for Limited Range Wavelength Convertible Photonic Network, W. Imajuku, N. Nagatsu, Y. Takigawa, Proc. of 30th European Conference on Optical Communication (ECOC2004), Proc. of 30th European Conference on Optical Communication (ECOC2004), Tu.1.6.4, 172, 173,   2004年09月, 査読有り
  • GMPLS Functionality and Control Plane Architecture for Fault-Tolerant Photonic-IP Network, W. Imajuku, K. Shimano, Proc. of OECC/COIN-PS 2004 15B2, Proc. of OECC/COIN-PS 2004 15B2, 15B2, 1, 2,   2004年07月, 査読有り
  • Performance Evaluation of Dynamic Multi-Layer Routing Schemes in Optical IP Networks, OKI E, SHIOMOTO K, KATAYAMA M, IMAJUKU W, YAMANAKA N, TAKIGAWA Y, IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng), IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng), E87-B, 6, 1577, 1583,   2004年06月, 査読有り
  • Scalable shared-risk group management in shared mesh restorable wavelength routed networks, K. Shiomoto, W. Imajuku, E. Oki, S. Okamoto, N. Yamanaka, Proc. of HPSR 2003, Proc. of HPSR 2003, S6-2, 189, 194,   2003年06月, 査読有り
  • Performance of Dynamic Multi-Layer Routing Schemes in IP+Optical Networks., OKI E, SHIOMOTO K, KATAYAMA M, IMAJUKU W, YAMANAKA N, Proc. of HPSR 2003, Proc. of HPSR 2003, S8A-4, 233, 238,   2003年06月, 査読有り
  • Performance of Distributed. Controlled Dynamic Wavelength・ Conversion GMPLS Networks, E. Oki, D. Shimazaki, K. Shiomoto, N. Matsuura, W. Imajuku, Proc. of International Conference on Optical Communication Networks 2002, Proc. of International Conference on Optical Communication Networks 2002, 355, 358,   2002年11月, 査読有り
  • Optical Path Generation Strategy and Network Performance in dynamic multi-layered ip+photonic GMPLS networks, W. Imajuku, N. Nagatsu, Y. Takigawa, E. Oki, K. Shiomoto, N. Yamanaka, Proc. of 28th European Conference on Optical Communication (ECOC2002), Proc. of 28th European Conference on Optical Communication (ECOC2002), 10.2.4,   2002年09月, 査読有り
  • Dynamic multi-layer traffic engineering in GMPLS networks, K. Shiomoto, E. Oki, M. Katayama, W. Imajuku, N. Yamanaka, Proc. of WTC/ISS 2002, Proc. of WTC/ISS 2002, TS-07.1, 1, 6,   2002年09月, 査読有り
  • Adaptive transparent photonic network control techniques based on photonic-GMPLS-router network, N. Yamanaka, S. Okamoto, K. Shomoto, E. Oki, W. Imajuku, Proc. of WTC/ISS 2002, Proc. of WTC/ISS 2002, TS-07.3, 1, 6,   2002年09月, 査読有り
  • Performance Evaluation of Optical Label Switching Path Routing Algorithms in Photonic Networks, M. Katayama, E. Oki, K. Shiomoto, N. Yamanaka, W. Imajuku, Proc. of PS2002, Proc. of PS2002, PS.ThA2, 217, 219,   2002年06月, 査読有り
  • Heuristic multi-layer optimum topology design scheme based on traffic measurement for IP+ photonic networks, E. Oki, K. Shiomoto, S. Okamoto, W. Imajuku, N. Yamanaka, Proc. OFC2002, Proc. OFC2002, TuP5, 104, 105,   2002年03月, 査読有り
  • GMPLS-Based Photonic Multilayer Router (Hikari Router) Architecture: An Overview of Traffic Engineering and Signaling Technology., SATO K, YAMANAKA N, TAKIGAWA Y, KOGA M, OKAMOTO S, SHIOMOTO K, OKI E, IMAJUKU W, IEEE Commun Mag, IEEE Commun Mag, 40, 3, 96, 101,   2002年03月, 査読有り
  • コヒーレント光増幅器, 高田, 今宿, レーザー研究, レーザー研究, 29, 9, 599, 604,   2001年09月, 査読有り
  • Investigation of number of network elements and costs for virtually grouped wavelength path routing networks, J. Yamawaku, W. Imajuku, At. Takada, S. Okamoto, T. Morioka, Proc. of OECC2001, Proc. of OECC2001, TUJ, 194, 105,   2001年07月, 査読有り
  • Coherent Optical Amplifiers, A. Takada, W. Imajuku, Proc. of 26th European Conference on Optical Communication (ECOC2000), Proc. of 26th European Conference on Optical Communication (ECOC2000), 4.1.2, 87, 90,   2000年09月, 査読有り
  • Ultrafast packet ring network employing optical label switching, J.H. Park, A Takada, W. Imajuku, Y Yamabayashi, Proc. of 26th European Conference on Optical Communication (ECOC2000), Proc. of 26th European Conference on Optical Communication (ECOC2000), 12A2-3, 90, 91,   2000年07月, 査読有り
  • Inline coherent optical amplifier with noise figure lower than 3dB quantum limit., IMAJUKU W, TAKADA A, YAMABAYASHI Y, IET Electron Lett, IET Electron Lett, 36, 1, 63, 64,   2000年01月, 査読有り
  • Gain Characteristics of Coherent Optical Amplifiers Using a Mach-Zehnder Interferometer with Kerr Media., IMAJUKU W, TAKADA A, IEEE J Quantum Electron, IEEE J Quantum Electron, 35, 11, 1657, 1665,   1999年11月, 査読有り
  • Low-noise amplification under the 3dB noise figure in high-gain phase-sensitive fibre amplifier., IMAJUKU W, TAKADA A, YAMABAYASHI Y, IET Electron Lett, IET Electron Lett, 35, 22, 1954, 1955,   1999年10月, 査読有り
  • In-line coherent optical amplifier with noise figure under the 3-dB quantum limit, W. Imajuku, A. Takada, Proc. of 25th European Conference on Optical Communication (ECOC'99), Proc. of 25th European Conference on Optical Communication (ECOC'99), PDP1-1, 2, 3,   1999年09月, 査読有り
  • Theoretical noise figure of phase-sensitive amplifier using Mach-Zender interferometer with lossy Kerr media., IMAJUKU W, TAKADA A, Opt Amplif Appl, Opt Amplif Appl, ThD2, 347, 350,   1999年07月, 査読有り
  • In-Line Optical Phase-Sensitive Amplifier with Pump Light Source Controlled by Optical Phase-Lock Loop., IMAJUKU W, TAKADA A, IEEE J Lightwave Technol, IEEE J Lightwave Technol, 17, 4, 637, 646,   1999年04月, 査読有り
  • Pulse Form Reshaping of Chirped Pulse using Optical Phase-Sensitive Amplifier., IMAJUKU W, TAKADA A, Proc. of 1999 Optical Fiber Communication Conference (OFC'99), Proc. of 1999 Optical Fiber Communication Conference (OFC'99), TUJ4.1-TUJ4.3,   1999年02月, 査読有り
  • Error-free operation of in-line phase-sensitive amplifier., IMAJUKU W, TAKADA A, IET Electron Lett, IET Electron Lett, 34, 17, 1673, 1674,   1998年08月, 査読有り
  • Error-free operation of in-line phase-sensitive amplifier, W. Imajuku, A. Takada, Proc. of OECC’98, Proc. of OECC’98, PD1-9, 18, 19,   1998年07月, 査読有り
  • Theoretical Analysis of System Limitation for AM-DD/NRZ Optical Transmission Systems Using In-Line Phase-Sensitive Amplifiers., IMAJUKU W, TAKADA A, IEEE J Lightwave Technol, IEEE J Lightwave Technol, 16, 7, 1158, 1170,   1998年07月, 査読有り
  • In-line optical phase-sensitive amplifier employing pump laser injection-locked to input signal light., TAKADA A, IMAJUKU W, IET Electron Lett, IET Electron Lett, 34, 3, 274, 276,   1998年02月, 査読有り
  • In-line phase-sensitive amplifier with optical-PLL-controlled internal pump light source., IMAJUKU W, TAKADA A, IET Electron Lett, IET Electron Lett, 33, 25, 2155, 2156,   1997年12月, 査読有り
  • Linewidth Narrowing and Optical Phase Control of Mode-Locked Semiconductor Ring Laser Employing Optical Injection Locking., TAKADA A, IMAJUKU W, IEEE Photonic Technol Lett, IEEE Photonic Technol Lett, 9, 10, 1328, 1330,   1997年10月, 査読有り
  • Optical phase-sensitive amplifier with pump laser phase-locked to input signal light., TAKADA A, IMAJUKU W, Proc. of ECOC'97, Proc. of ECOC'97, Tu2B5, 448 Vol.2, 98, 101,   1997年09月, 査読有り
  • Optical phase-sensitive amplification using two phase-locked light sources., IMAJUKU W, TAKADA A, IET Electron Lett, IET Electron Lett, 33, 16, 1403, 1404,   1997年07月, 査読有り
  • Reduction of fiber-nonlinearity-enhanced amplifier noise by means of phase-sensitive amplifiers., IMAJUKU W, TAKADA A, OSA Opt Lett, OSA Opt Lett, 22, 1, 31, 33,   1997年01月, 査読有り
  • The improvement of signal to noise ratio with nonlinear amplification in inline phase-sensitive amplifier systems, A. Takada, W. Imajuku, Proc. of OAA’96, Proc. of OAA’96, SN15, 374, 376,   1996年07月, 査読有り
  • Theoretical analysis of lightwave systems using phase-sensitive amplifiers, W. Imajuku, A. Takada, Proc. of OECC’96, Proc. of OECC’96, 17P-18, 246, 247,   1996年07月, 査読有り
  • Amplitude noise suppression by using high-gain phase-sensitive amplifier as limiting amplifier., TAKADA A, IMAJUKU W, Opt Fiber Commun Conf 1996, Opt Fiber Commun Conf 1996, WA5, 94, 95,   1996年02月, 査読有り
  • Theoretical Design of 460 nm ZnCdSSe Laser Diodes., IMAJUKU W, TAKAHASHI M, KOBAYASHI M, YOSHIKAWA A, Jpn J Appl Phys Part 1, Jpn J Appl Phys Part 1, 34, 4A, 1861, 1866,   1995年04月, 査読有り
  • Laser tracking system for aquatic organisms, Y. Kakushi, Y. Hibino, C. Yang, R. Amano, W. Imajuku, Y. Mitsunaga, S. Torisawa, Y. Maeda, Proc. of The 13th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO-Pacific Rim 2018), Proc. of The 13th Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO-Pacific Rim 2018), W3A.75, 査読有り
  • GMPLS-Based Multiple Failure Recovery Employing Restoration Scheme Escalation in Optical Path Networks, SONE Y, IMAJUKU W, NAGATSU N, JINNO M, IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng), IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng), E92B, 1, 46, 58,   2009年01月, 査読有り

書籍等出版物

  • IETF RFC 7579: General Network Element Constraint Encoding for GMPLS-Controlled Networks, G. Bernstein, Y. Lee, D. Li, W. Imajuku, J. Han, 共著, InternetEngineering Task Force,   2015年06月
  • IETF RFC 7581: Routing and Wavelength Assignment Information Encoding for Wavelength Switched Optical Networks, G. Bernstein, Y. Lee, D. Li, W. Imajuku, J. Han, 共著, IETF RFC 7581: Routing and Wavelength Assignment Information Encoding for Wavelength Switched Optical Networks, InternetEngineering Task Force,   2015年06月
  • IETF RFC 7446: Routing and Wavelength Assignment Information Model for Wavelength Switched Optical Networks, Y. Lee, G. Bernstein, D. Li, W. Imajuku, 共著, InternetEngineering Task Force,   2015年02月
  • IETF RFC 6163: Framework for GMPLS and Path Computation Element (PCE) Control of Wavelength Switched Optical Networks (WSONs), Y. Lee, G. Bernstein, W. Imajuku, 共著, InternetEngineering Task Force,   2011年04月
  • 1997 Tops Optical Amplifiers and Their Applications (OSA Trends in Optics and Photonics), W. Imajuku, A. Takada, 分担執筆,   1997年07月, 1557525056

講演・口頭発表等

  • B-2-2 航空レーザ測深(ALB)を用いた水棲生物追跡システムの研究, 角至,天野, 今宿,光永, 鳥澤,前田, 電子情報通信学会総合大会,   2019年03月
  • B-10-41 光ファイバ線路における小信号解析法の評価, 林,村松,今宿, 電子情報通信学会総合大会,   2019年03月
  • B-10-42 WDM光伝送システムにおける相互位相変調雑音の小信号解析, 今宿, 電子情報通信学会総合大会,   2019年03月
  • Challenges and Solution for ICT deployment in rural area, Imajuku, W, IEEE International Conference on ICT for Rural Development,   2018年10月17日, 招待有り
  • B-10-21 利得飽和PPLN 光増幅器の雑音特性解析, 岳村, 野口,今宿, 電子情報通信学会総合大会,   2018年03月
  • B-10-22 利得飽和パラメトリック光増幅器を用いた非線形位相雑音の抑圧, 今宿,野口, 岳村,森,福徳, 電子情報通信学会総合大会,   2018年03月
  • B-10-32 海洋生物バイオログ転送のための空間光伝送システム設計, 今宿, 小佐井, 光永, 日比野, 角至,前田, 電子情報通信学会総合大会,   2018年03月
  • B-10-35 空間光伝送技術の高精度位置検出システムへの応用に関する一検討, 小佐井, 平田, 古田,今宿, 電子情報通信学会総合大会,   2018年03月
  • Impact of Highly Adaptive Elastic Optical Paths on Dynamic Multi-layer Network Planning, T. Tanaka, T. Inui, A. Kadohata, W. Imajuku, ipop2016,   2016年06月16日
  • NFV and Transport SDN Orchestration: Possible Use Cases and Issues Toward Commercialization, Imajuku, W, OFC 2015,   2015年03月23日, 招待有り
  • B-7-33 NFVI資源最適化のための多目的遺伝アルゴリズムの適用(B-7.情報ネットワーク,一般セッション), 吉田, 沈, 湊, 今宿, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2014年09月09日
  • B-7-12 仮想化サービスオーケストレータの初期検討(B-7.情報ネットワーク,一般セッション), 吉田, 沈, 川幡, 湊, 今宿, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2014年03月04日
  • B-7-13 ネットワーク資源を考慮したNFV基盤管理モジュールの初期検討(B-7.情報ネットワーク,一般セッション), 吉田, 沈, 川幡, 湊, 今宿, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2014年03月04日
  • BT-2-2 Network Functions Virtualization技術に対する期待と課題(BT-2.ますます面倒になるNW管理!?〜NFV/SDNの本質とその運用課題に迫る〜,チュートリアルセッション,ソサイエティ企画)), 今宿, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2014年03月04日, 招待有り
  • B-14-2 Ethernet OAMを用いたイーサネット回線のEnd-to-End監視方式(B-14.情報通信マネジメント,一般セッション), 岡田, 原田, 永尾, 薄井, 今宿, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2010年08月31日
  • BP-4-1 100Gbpsベース光トランスポート網の構築に向けた主要課題(BP-4.フォトニックネットワークの将来技術と展望,パネルセッション,ソサイエティ企画), 今宿, 浦畑, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2010年08月31日, 招待有り
  • B-12-34 伝送保証波長リンクを利用したトランスペアラント光網管理制御(B-12.フォトニックネットワーク,一般セッション), 曽根, 門畑, 渡辺, 今宿, 神野, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2010年03月02日
  • B-12-1 帯域可変光パス網における帯域スクイージングリストレーション(B-12.フォトニックネットワーク,一般セッション), 曽根, 渡辺, 今宿, 築島, コジッキー, 高良, 神野, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2009年09月01日
  • Management and Control Architecture of Intelligent Transparent Optical Networks, Imajuku, W, OFC 2009 NMD3,   2009年03月23日, 招待有り
  • B-7-29 トランスペアレント光網における光パス収容設計方式の比較(B-7.情報ネットワーク,一般セッション), 門畑, 渡辺 篤, 曽根, 今宿, 神野 正彦, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2009年03月04日
  • BK-1-11 GMPLS制御による太平洋横断3ドメイン光ネットワークにおけるEthernet伝送(BK-1. JGN2の研究開発成果と次世代インターネットへの展開,ソサイエティ特別企画,ソサイエティ企画), 谷口, 岡本, Moore, 鮫島, 今宿, 大谷, 岡野, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2008年03月05日
  • Multi-area MPLS/GMPLS Interoperability Trial Over 14-Vendor Packet/TDM/ROADM/OXC Network, Imajuku, W, OFC 2008,   2008年02月25日, 招待有り
  • B-12-13 パス故障救済の公平性向上を目指したGMPLS制御容量可変リストレーション方式の提案(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 曽根, 山本 秀人, 今宿, 神野 正彦, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2007年08月29日
  • B-12-14 マルチドメインに対応した波長パスバーチャルコンカチネーション技術の実証(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 築島 幸男, 平野 章, 谷口 篤, 今宿, 神野 正彦, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2007年08月29日
  • Challenges and Requirements for ASON/GMPLS Photonic Networks, Imajuku, W, OECC2007 12A1-1,   2007年07月12日, 招待有り
  • B-12-25 GMPLS故障救済方式エスカレーションによる光パス多重故障救済実験(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 曽根, 今宿, 神野 正彦, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2007年03月07日
  • B-12-16 多重故障救済における光パスリソース選択方式の検討(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 曽根, 今宿, 神野, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2006年09月07日
  • B-12-20 JGN IIを用いたMPLS/GMPLS連携によるカットスルーパス制御実験(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 鮫島, 谷口, 今宿, 築島, 大原, 岡野, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2006年09月07日
  • B-12-15 光IXにおけるIPルータ/OXC連携故障復旧技術の検証(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 福徳, 倉橋, 樽井, 社家, 今宿, 山本, 笹山, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2006年03月08日
  • B-12-16 光IXにおけるマルチレイヤ連携故障復旧技術の検証(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 社家, 倉橋, 樽井, 福徳, 山本, 今宿, 笹山, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2006年03月08日
  • B-12-6 GMPLS/OIF-OUNI協調動作によるマルチ信頼性クラス光パスプロビジョニングのデモンストレーション(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 大原, 今宿, 福徳, 神野, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2006年03月08日
  • B-12-17 光IXにおけるTDM/光パス連携可変容量技術の検証(B-12.フォトニックネットワーク,一般講演), 山本, 倉橋, 樽井, 福徳, 社家, 今宿, 笹山, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2006年03月08日
  • B-12-17 多重故障救済における光パス経路選択方式の検討(B-12.フォトニックネットワーク, 通信2), 曽根, 長津, 今宿, 滝川, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   2005年09月07日
  • Photonic IP Network Technology - The State-of-The-Art and Challenging Issues, Imajuku, W, 2004 Japan-America Frontiers of Engineering Symposium,   2004年11月05日, 招待有り
  • GMPLS Functionality and Control Plane Architecture for Fault-Tolerant Photonic-IP Network, Imajuku, W, OECC/COIN-PS 2004 15B2,   2004年07月15日, 招待有り
  • B-10-87 RSVP-TEベースM:Nリストレーションプロトコルの検討(B-10. 光通信システムB(光通信)), 今宿, 島野, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2004年03月08日
  • B-10-89 リストレーションを考慮したフォトニックIPネットワークの最適設計に関する研究(B-10. 光通信システムB(光通信)), 竹嶋, 植松, 今宿, 佐藤, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2004年03月08日
  • SB-2-3 フォトニックネットワークを指向したGSMP技術(SB-2. フォトニックネットワークアーキテクチャとその要素技術), 島野, 今宿, 佐原, 築島, 渡辺, 古賀, 滝川, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2004年03月08日
  • B-6-97 階層型 SRG に基づくリストレーション方式, 塩本, 今宿, 大木, 岡本, 山中, 滝川, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2003年03月03日
  • B-10-63 GMPLS 網制御 Plane 構造の検討と Link Management Protocol の開発, 今宿, 島野, 滝川 好比郎, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2003年03月03日
  • Coherent optical amplifier using degenerative parametric process in silica fiber, Imajuku, W, 2001 International Symposium on Signals, Systems TH3-B4,   2001年07月26日, 招待有り
  • B-10-110 波長群パスルーティングネットワークの設備量評価, 山涌, 今宿, 高田, 岡本, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2001年03月07日
  • B-10-111 波長群パスルーティング用パラメトリック波長変換回路の提案, 今宿, 山涌, 高田, 盛岡, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2001年03月07日
  • 4p-N-4 Kerr媒質を用いたコヒーレント光増幅器の雑音指数解析, 今宿,高田, 第61回応用物理学会学術講演会,   2000年09月04日
  • B-10-109 超高速光パケットADMリングネットワークの構成法, 朴, 高田, 今宿, 山林, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2000年03月07日
  • B-10-117 標準量子雑音限界以下の低雑音コヒーレント光増幅, 今宿, 高田, 山林, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2000年03月07日
  • B-10-70 位相感応型光増幅器を用いた超高速光信号波形整形, 今宿, 高田, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   1999年03月08日
    概要:位相感応型光増幅器(PSA)は、光非線形媒質中の縮退パラメトリック(縮退四光波混合)過程により、光位相に依存した光信号利得を実現する。そのためPSAは、伝送ファイバの分散及び非線形効果に起因したチャープでパルス幅の広がった信号光パルスを波形整形できることが理論的に指摘されている。しかしながら、励起光-信号光間の光位相同期が困難であり、実験的な検証はこれまでされていなかった。本稿では励起光-信号光間の光位相同期を光PLLで実現し、PSAの光位相依存利得特性を用いた信号光波形整形動作を実験的に確認したので報告する。
  • B-10-169 光位相同期励起光を用いた四光波混合によるコヒーレント波長変換, 高田, 今宿, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   1999年03月08日
    概要:光周波数偏移幅がマイクロ波発信器の精度で、かつ信号光の光位相を保持したままでの光波長変換技術は将来の光位相を利用する光リンク/ネットワークの構築上重要である。今回、信号光の有する光位相を維持したコヒーレントな波長変換を目指して、入射する信号光にオフセット光位相同期したレーザ光で励起されたファイバ四光波混合実験を行った。その結果、入射光の線幅が保存された波長変換に成功したので報告する。
  • B-10-149 光注入ー光PLL併用法を用いた位相感応光増幅器のエラーフリー動作, 今宿, 高田, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   1998年09月
  • 29a-SW-10 能動モード同期半導体リングレーザの光パルス注入による光位相同期, 高田, 今宿, 第45回応用物理学関係連合講演会,   1998年03月29日
  • B-10-158 光注入同期と光PLLの併用による位相感応型光増幅器の安定化, 今宿, 高田, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   1998年03月06日
  • B-10-181 光PLLを用いた光位相同期光源による光位相感応増幅実験, 今宿, 高田, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   1997年08月13日
    概要:位相感応型光増幅器(PSA)は、標準量子限界(NF=3dB)以下の低雑音性、変調不安定性の抑圧効果を有するため、中継器としての適用が期待できる。このPSAでは、励起光と信号光の光位相同期が必要であるが、従来実現されていなかった。光位相同期には光注入同期法と光位相同期ループ(光PLL)を用いる方法があるが、今回初めて光PLLにより信号光と励起光の光位相を同期させ、安定に光位相依存光増幅動作を実現したので報告する。
  • B-10-149 光注入同期により光位相同期した励起光源を用いた光位相感応増幅実験, 高田, 今宿, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,   1997年08月13日
    概要:位相感応型光増幅器(PSA:Phase Sensitive Amplifier)は、無雑音で変調不安定性抑圧機能等があるため中継増幅器としての適用が期待できる。PSAを中継器として適用するためには、信号光に位相同期した励起光を用いることが必要であるが従来実現していなかった。光位相同期の達成には光位相同期ループを用いる方法と光注入同期法によるものがあるが、今回光注入同期により信号光に光位相同期した励起光を用いたPSA実験に初めて成功したので報告する。
  • B-10-148 位相感応光増幅器を用いた変調不安定性の抑圧, 今宿, 高田, 電子情報通信学会総合大会,   1997年03月
  • 23aVII3 モード同期半導体リングレーザの光位相同期-光PLL及び光注入同期特性, 高田, 今宿, 片桐, 西, レーザー学会学術講演会第17回年次大会講演予稿集,   1997年01月
  • 光力一効果を用いた位相感応光増幅器の基本特性, 高田, 今宿, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   1996年03月11日
    概要:入射光の位相に依存した利得を与える位相感応光増幅器(PSA:Phase Sensitive Amplifier)は、無雑音でかつチャープパルスの波形整形機能があるため中継増幅器としての適用が期待できる。今回、光カー効果を用いたPSAの基本特性について、理論的、実験的に検討したので報告する。
  • 位相感応光増幅器(PSA)を用いた多中継光伝送系の最大再生中継間隔, 今宿, 高田, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   1996年03月11日
    概要:入射光の位相に依存した利得を与える位相感応光増幅器(PSA :Phase Sensitive Amplifier)は、無雑音[1]でかつチャープパルスの波形整形機能がある[2]ため中継増幅器としての適用が期待できる。今回、PSA多中継伝送系の最大再生中継間隔について理論的に検討し、初めて明らかにしたので報告する。
  • 30a-W-2 ZnSe量子井戸レーザの活性層歪が動作特性に及ぼす影響, 今宿,加治, 小林,吉川, 第41回応用物理学関係連合講演会,   1994年03月30日
  • 30p-HB-6 室温で460nm発振を可能にするZnCdSSeレーザ構造としきい電流密度の解析, 今宿, 小林, 吉川, 第54回応用物理学会学術講演会,   1993年09月30日
  • 1a-ZN-6 ZnCdSe/ZnSSeレーザ素子の解析, 今宿, 高橋, 小林, 吉川, 第40回応用物理学関係連合講演会,   1993年04月01日

MISC

  • トランスペアレント光網における光パス再収容設計方式の提案, 門畑, 渡辺, 曽根, 坂野, 今宿, 神野, 電子情報通信学会技術研究報告. PN, フォトニックネットワーク, 109, 172, 47, 52,   2009年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007356244
  • GMPLSと連携したマルチレイヤパス構成管理システムの提案(GMPLS管理,情報通信マネジメント,一般), 山田, 曽根, 今宿, 神野, 電子情報通信学会技術研究報告. ICM, 情報通信マネジメント, 108, 123, 13, 17,   2008年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006990053
  • JGN2テストベットでのASON/GMPLSドメイン間相互接続実験(フォトニックネットワーク/制御,光制御(波長変換・スイッチング等),光波/量子通信,GMPLS,アクセス網技術,一般), 谷口, 鮫島, 岡本, 大谷, 築島, 今宿, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 108, 83, 15, 20,   2008年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006951332
  • Standardization of IP and Optical Networking Technologies, INOUE, I, OKI E, TAKEDA T, SHIOMOTO K, IMAJUKU W, Technical Review of research laboratory, 6, 4,   2008年04月, 査読有り
  • IPオプティカルネットワーキング技術の標準化動向, 井上, 大木, 武田, 塩本, 今宿, 民間企業研究所 紀要論文, 20, 2, 83, 86,   2008年02月, 査読有り
  • フォトニックトランスポートネットワークアーキテクチャと制御管理技術 (特集 フォトニックネットワークの最新技術動向), 神野, 今宿, 鮫島, 民間企業研究所 紀要論文, 19, 10, 20, 25,   2007年10月, 査読有り
  • グリッドにおける計算資源と光パスネットワーク資源のコアロケーション実験, 竹房, 林, 長津, 中田, 工藤, 宮本, 大谷, 田中, 鮫島, 今宿, 神野, 滝川, 岡本, 田中, 関口, 情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC), 2006, 20, 121, 126,   2006年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004710271
  • 標準化が進むIPオプティカルネットワーキング技術の実証, 岡本, 大木, 清水, 今宿, 民間企業研究所 紀要論文, 18, 2, 68, 71,   2006年02月, 査読有り
  • フォトニックネットワークの多重故障救済方式の検討(フォトニックネットワーク向けデバイス, GMPLS, 光バースト/パケットスイッチング, 一般), 曽根, 長津, 今宿, 滝川, 電子情報通信学会技術研究報告. PN, フォトニックネットワーク, 105, 236, 65, 70,   2005年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003223763
  • 光パス制御技術の動向, 成瀬, 他, 名, 今宿, 滝川, 民間企業研究所 紀要論文, 16, 10, 38, 41,   2004年10月, 査読有り
  • フォトニックネットワーク制御の高度化のための標準スイッチ管理プロトコル(MP(Lambda)S, フォトニックネットワーク/制御,光波長変換・スイッチング,一般), 今宿, 島野, 佐原, 築島, 渡辺, 古賀, 滝川, 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式, 104, 80, 69, 74,   2004年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003282119
  • フォトニックネットワーク制御の高度化のための標準スイッチ管理プロトコル(MP(Lambda)S, フォトニックネットワーク/制御,光波長変換・スイッチング,一般), 今宿, 島野, 佐原, 築島, 渡辺, 古賀, 滝川, 電子情報通信学会技術研究報告. PN, フォトニックネットワーク, 104, 84, 69, 74,   2004年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003223737
  • リストレーションを考慮したマルチレイヤフォトニックIPネットワークの設計法の検討((フォトニック)インターネット・フォトニックネットワークアプリケーション,一般), 竹嶋, 植松, 今宿, 佐藤, 電子情報通信学会技術研究報告. PN, フォトニックネットワーク, 104, 1, 5, 10,   2004年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003223643
  • GMPLSネットワークにおけるマルチレイヤダイナミックルーチング(フォトニックネットワークシステム/制御,GMPLS,一般), 大木, 塩本, 片山, 今宿, 山中, 滝川, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 103, 69, 7, 12,   2003年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003285291
  • SRGを用いたリストレーション方式, 塩本, 今宿, 大木, 岡本, 山中, 滝川, 電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム, 102, 647, 21, 24,   2003年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003172391
  • IP+Photonicピアモデルネットワークにおける動的光パス設定方式, 今宿, 大木, 塩本, 山中, 長津, 滝川, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 102, 104, 35, 40,   2002年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003286155
  • 波長群ルーティングNWの設備量評価と一括波長変換デバイスについての一検討, 山涌, 高田, 今宿, 長津, 盛岡, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 102, 104, 11, 16,   2002年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003286151
  • IP+Photonicピアモデルネットワークにおける動的光パス設定方式, 今宿, 大木, 塩本, 山中, 長津, 滝川, 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式, 102, 102, 35, 40,   2002年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003281785
  • 光ネットワークにおける光パスルーティングアルゴリズムの性能評価, 片山, 大木, 塩本, 山中, 今宿, 電子情報通信学会技術研究報告. PS, 光スイッチング, 102, 1, 37, 41,   2002年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004024863
  • MPLambdaSネットワークにおける動的マルチレイヤトラヒックエンジニアリング, 塩本, 大木, 片山, 今宿, 山中, 電子情報通信学会技術研究報告. PS, 光スイッチング, 102, 1, 55, 60,   2002年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004024866
  • 分散制御によるダイナミック波長変換GMPLSネットワークの性能評価, 大木, 島崎, 塩本, 松浦, 今宿, 山中, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 102, 40, 5, 10,   2002年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004024799
  • フォトニックIPネットワークにおけるマルチレイヤトラヒックエンジニアリング, 大木, 塩本, 岡本, 今宿, 山中, 電子情報通信学会技術研究報告. PS, 光スイッチング, 101, 584, 43, 46,   2002年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003183033
  • 波長群パスの収容設計とネットワーク設備量評価, 山涌, 今宿, 高田, 岡本, 盛岡, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 101, 394, 7, 12,   2001年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003286122
  • 光ファイバーを使ってみませんか?, 今宿, 光学, 30, 5, 340, 342,   2001年05月, 査読有り, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012332138
  • コヒーレント光増幅器, 今宿, 高田, 応用物理, 69, 11, 1320, 1324,   2000年, 査読有り, 招待有り, 10.11470/oubutsu1932.69.1320, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003594081
  • コヒーレント光増幅器の雑音特性, 今宿, 高田, 山林, 電子情報通信学会技術研究報告. OPE, 光エレクトロニクス, 99, 465, 61, 66,   1999年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003303860
  • 非線形ファイバSagnac干渉計型位相感応光増幅器の利得特性, 今宿, リム ハン チュエン, 高田, 電子情報通信学会技術研究報告. OPE, 光エレクトロニクス, 98, 415, 13, 18,   1998年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003303189
  • 光位相同期励起光源を有する位相感応型光増幅器の実験検討, 高田, 今宿, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 97, 408, 13, 18,   1997年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003285476
  • 変調不安定性を抑圧したPSA多中継伝送システムの設計, 今宿, 高田, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 96, 538, 71, 76,   1997年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003285536
  • ファイバ非線形ループミラを用いた位相感応型光増幅器, 高田, 今宿, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 96, 335, 7, 12,   1996年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003285581
  • 位相感応型光増幅器を用いた多中継伝送特性の理論検討, 今宿, 高田, 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 96, 59, 29, 36,   1996年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003285622

特許

  • マルチレーン伝送方法及びマルチレーン伝送システム, 田中,乾, 手島, 山田,小林, 新宅,今宿, 特願2016-43693, 特開2017-163216, 特許第6633428
  • 伝送路終端装置及び伝送管理方法, 田中,乾, 手島, 山田,小林, 新宅,今宿, 特願2016-91537, 特開2017-200130, 特許第6530347
  • マルチレーン伝送システム及びマルチレーン伝送方法, 田中,乾, 手島, 山田,小林, 新宅,今宿, 特願2016-75290, 特開2017-188754, 特許第6530344
  • データブロック配置変更方法及びデータブロック配置変更装置, 田中,乾, 手島, 山田,小林, 新宅,今宿, 特願2016-75289, 特開2017-188753, 特許第6527484
  • ネットワーク管理装置、復旧手順決定方法及びプログラム, 門畑, 田中, 渡辺, 犬塚, 今宿, 特願2015-232162, 特開2017-98894, 特許第6514092号
  • 通信システム、端末位置学習方法、ゲートウェイスイッチ装置、コントローラ装置及びコンピュータプログラム, 今宿,小林,乾, 田中,山中, 岡本,中島, 特願2016-58769, 特開2017-175363, 特許第6491616号
  • 伝送品質推定システム、伝送品質推定装置、及び、伝送品質推定方法, 小田, 乾, 平野, 今宿 他, 特願2015-230876, 特開WO2017/090616, 特許第6491762号
  • 通信システム及び故障検出方法, 小田, 乾, 平野, 今宿 他, 特願2017-552663, 特開WO2017/090611, 特許第6480601号
  • 監視制御システム及び監視制御方法, 山田, 小林, 平野, 今宿, 特願2015-86262, 特開2016-208191, 特許第6404767号
  • 通信システム及びコネクタ, 小田, 乾, 平野, 小林, 田中, 今宿, 特願2017-552669, 特許第6368438号
  • 通信装置及び通信方法, 小林, 山田, 平野, 今宿, 特願2015-86261, 特開2016-208190, 特許第6348870号
  • ルータ装置、経路制御方法及びコンピュータプログラム, 田中,今宿,乾, 小林 正啓, 山中, 岡本 聡, 中, 特願2016-117216, 特開2017-224891
  • 仮想ネットワークサービス構築システム, 沈, 吉田, 川幡, 湊, 今宿, 特願2014-38116, 特開2015-162843, 特許第6133224号
  • 伝送路障害検知方法及び光通信システム, 小林, 山田, 小田, 新宅, 今宿, 特願2015-211893, 特開2017-85355
  • ネットワーク機能仮想化基盤管理システム及びネットワーク機能仮想化基盤管理方法, 沈, 吉田, 川幡, 湊, 今宿, 特願2014-037848, 特開2015-162147
  • ネットワーク設定装置、VPN終端装置、ネットワーク設定方法、及びプログラム, 坪井, 佐藤, 原田, 古澤, 浦畑, 上野, 薄井, 渡邊, 今宿, 特願2011-218345, 特開2013-078088, 特許第5784447号
  • VPN終端装置、通信システム、パケット転送方法、及びプログラム, 坪井, 佐藤, 原田, 古澤, 浦畑, 上野, 薄井, 渡邊, 今宿, 特願2011-218344, 特開2013-078087, 特許第5713865号
  • オーバレイトンネル制御システム及びオーバレイトンネル制御方法, 吉田, 山崎, 谷口, 川幡, 坂井田, 今宿, 特願2015-6243, 特開2016-134659, 特許第6285877号
  • ネットワーク監視装置、ネットワーク試験方法、パス情報管理方法、及びプログラム, 永尾, 浦畑, 今宿, 菅野, 高瀬, 特願2011-070949, 特開2012-205286, 特許第5480189号
  • 管理制御システム及び管理装置, 門畑, 曽根, 今宿, 渡辺, 神野, 特願2008-273631, 特開2010-103781, 特許第5090312号
  • 光クロスコネクト装置及び波長群収容方法, 佐原, 平野, 高田, 高良, 今宿, 特願2007-101968, 特開2008-259128, 特許第5038001号
  • 通信ノード装置及び通信システム及び通信路制御プログラム, 曽根,今宿, 門畑, 渡辺, 神野 正彦, 特願2008-273630, 特開2010-103780, 特許第5027776号
  • ネットワーク設計管理方法及び装置及び光ネットワークシステム, 門畑, 渡辺, 今宿, 曽根,神野, 特願2009-041413, 特開2010-199891, 特許第4987023号
  • サーバ装置、ネットワークシステム、及びプログラム, 有馬, 山口, 内田, 今宿, 特願2010-222525, 特開2012-080263
  • Device and method for correcting a path trouble in a communication network, W. Imajuku, K. Shimano, Y. Takigawa, E. Oki, Y. Okazaki, US Patent 8,134,920
  • 通信装置および通信システム, 今宿, 大原, 曽根, 特願2006-277965, 特開2008-098934, 特許第4878536号
  • ノード装置及び通信網及びパス設定方法及びプログラム, 曽根, 今宿, 築島, 門畑, 特願2007-220269, 特開2009-055357, 特許第4852499号
  • 光クロスコネクトスイッチ機能部及び光クロスコネクト装置, 今宿, 平野, 高良, 神野, 曽根,門畑, 特願2007-196197, 特開2009-033543, 特許第4852491号
  • 光クロスコネクト装置及び光クロスコネクトシステム及び光クロスコネクト装置における信号制御方法, 平野, 高田, 高良, 今宿, 佐原, 特願2007-101973, 特開2008-259133, 特許第4809802号
  • 光クロスコネクト装置及び光クロスコネクト装置における信号制御方法, 平野, 高田, 高良, 今宿, 佐原, 特願2007-101975, 特開2008-259135, 特許第4809803号
  • 光クロスコネクトシステム及び光クロスコネクトシステムにおける信号制御方法, 平野, 高田, 高良, 今宿, 佐原, 特願2007-101971, 特開2008-259131, 特許第4809801号
  • 波長群ネットワークにおける波長選択方法及び装置及びプログラム, 高良, 平野, 今宿, 高田, 佐原, 特願2007-101970, 特開2008-259130, 特許第4768661号
  • データパケット転送制御方法及びシステム及びプログラム, 築島, 平野, 長津, 鮫島, 山田, 谷口, 今宿, 曽根 松田, 特願2007-117221, 特開2008-278006, 特許第4758387号
  • リソース予約制御方法及び装置及びプログラム, 築島, 平野, 長津, 鮫島, 山田, 谷口, 今宿, 曽根,松田, 特願2007-117224, 特開2008-278009, 特許第4758388号
  • パス自動構成方法および装置, 山本, 社家, 今宿, 福徳, 倉橋, 樽井, 特願2007-062254, 特開2008-227849, 特許第4728985号
  • ノード装置およびパス設定方法, 曽根 今宿, 神野, 特願2006-351950, 特開2008-166942, 特許第4717796号
  • クラスタノードおよびクラスタノード構成方法, 築島, 今宿, 平野, 鮫島, 特願2006-320289, 特開2008-135949, 特許第4717788号
  • 通信システムおよび故障復旧方法, 今宿, 曽根 築島, 特願2006-283685, 特開2008-103893, 特許第4704311号
  • 通信ノード装置、通信システム、パスリソース割当方法、及びプログラム, 曽根,今宿, 長津, 築島, 山田, 谷口, 特願2008-538707, 特許第4700738号
  • ネットワーク制御装置, 今宿, 島野, 滝川, 大木, 岡崎, 特願2009-137396, 特開2009-201155, 特許第4663021号
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置及び方法, 今宿, 島野, 滝川, 大木, 岡崎, 特願2009-137397, 特開2009-201156, 特許第4663022号
  • リソース予約制御方法及び装置及びシステム及びプログラム, 平野, 長津, 築島, 曽根, 鮫島, 谷口, 山田, 今宿, 松田, 特願2007-117225, 特開2008-278010, 特許第4635026号
  • マルチレイヤネットワークにおける経路探索方法及び装置及びプログラム, 築島, 平野, 曽根,今宿, 長津, 鮫島, 山田, 松田, 特願2007-145546, 特開2008-301225, 特許第4621228号
  • 接続情報管理方法及び装置及びプログラム, 築島, 平野, 長津, 鮫島, 山田, 谷口, 今宿, 曽根,松田, 特願2007-117223, 特開2008-278008, 特許第4589939号
  • 故障復旧方法および管理ノードならびに通信ノード, 曽根, 長津, 尚英, 今宿, 特願2005-230556, 特開2007-049336, 特許第4547314号
  • 自律システムおよびパス経路計算装置および方法, 今宿, 曽根 大木, 特願2008-071453, 特開2009-231894, 特許第4495226号
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置及び方法, 今宿, 島野, 滝川, 大木, 岡崎, 特願2007-041237, 特開2007-129782, 特許第4459973号
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置及び方法, 今宿, 島野, 滝川, 大木, 岡崎, 特願2006-281881, 特開2007-014032, 特許第4446453号
  • 高速スイッチ制御装置, 今宿, 曽根, 特願2004-292969, 特開2006-109100, 特許第4432711号
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置, 今宿, 島野, 滝川, 大木, 岡崎, 特願2006-281882, 特開2007-053793, 特許第4377401号
  • ノード装置および通信路制御方法, 曽根 門畑, 顕博, 今宿, 特願2007-278917, 特開2009-111477
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置及び方法, 今宿, 島野, 滝川, 大木, 岡崎, 特願2006-281880, 特開2007-014031, 特許第4237789号
  • グループパス予約制御方法及び経路予約装置及びシステム及びプログラム, 曽根,築島, 平野, 今宿, 特願2007-117222, 特開2008-278007
  • 光クロスコネクト装置を用いた光ネットワークシステム, 平野, 高田, 高良, 今宿, 佐原, 特願2007-101969, 特開2008-259129
  • 波長選択スイッチ及び光クロスコネクト装置及び波長選択方法及び光クロスコネクト装置における信号制御方法, 平野, 高田, 高良, 今宿, 佐原, 特願2007-101974, 特開2008-259134
  • ルーティング装置、経路情報交換方法、通信システムおよびコンピュータプログラム, 山本, 社家, 今宿, 福徳, 倉橋, 樽井, 特願2007-062253, 特開2008-227848
  • 部分波長変換ノード制御装置及び部分波長変換ノード制御方法, 今宿, 島野, 岡崎, 特願2003-406288, 特開2005-167840, 特許第4182871号
  • Upper layer node, lower layer node, and node control method, N. Yamanaka, E. Oki, K. Shiomoto, S. Okamoto, W. Imajuku, US Patent 7,333,424
  • パケット転送方法及びパケット転送装置, 社家, 福徳, 今宿, 島野, 特願2005-204671, 特開2006-174406, 特許第4074304号
  • パケット転送方法及び転送装置, 島野, 今宿, 社家, 福徳, 特願2004-207593, 特開2005-102157, 特許第4074268号
  • Node used in photonic network, and photonic network, E. Oki, W. Imajuku, K. Shiomoto, N. Yamanaka, D. Shimazaki, N. Nagatsu, Y. Takigawa, US Patent 7,313,328
  • Node, an optical/electrical path integrated network using the node, and a program which controls the node, E. Oki, K. Shiomoto, M. Katayama, W. Imajuku, US Patent 7,313,094
  • 光通信システム監視制御網, 島野, 今宿, 渡辺, 特願2003-159934, 特開2004-363944, 特許第4046227号
  • 光ネットワーク, 島崎, 今宿, 大木, 塩本, 特願2002-099161, 特開2003-304563, 特許第4040344号
  • Optical path communication network, node, and optical path setup method, N. Matsuura, N. Yamanaka, W. Imajuku, E. Oki, US Patent 7,289,730
  • ノード装置, 今宿, 島野, 特願2002-340978, 特開2004-179759, 特許第4017506号
  • パケット転送方法及びパケット転送装置, 社家, 福徳 光師, 今宿, 島野, 特願2007-134278, 特開2007-209040
  • ルーティング装置およびネットワーク, 今宿, 福徳, 光徳, 社家, 特願2005-375383, 特開2007-180775
  • ルーティング方法及び装置と光パスネットワーク, 今宿, 島野, 大木, 塩本, 特願2002-031398, 特開2003-234824, 特許第3969108号
  • 光クロスコネクト装置の波長変換装置数と変換数の決定装置および方法, 島崎, 大木, 山中, 今宿, 特願2002-055969, 特開2003-259404, 特許第3967152号
  • 波長多重通信網における網的切替方法および網的切替装置, 渡辺, 島野, 今宿, 相澤, 特願2003-273620, 特開2005-033725, 特許第3956914号
  • 光パス通信網およびノードおよび光パス設定波長検索方法, 山中, 大木, 今宿, 特願2002-118101, 特開2003-318952, 特許第3938708号
  • 通信ネットワークにおけるパスの故障救済を行うための装置及び方法, 今宿, 島野, 滝川, 大木, 岡崎, 特願2005-502780, 特許第3900194号
  • 光増幅器, 今宿, 高田, 特願2003-205405, 特開2004-006943, 特許第3889729号
  • ノード制御方法およびノード制御装置, 今宿, 特願2002-345141, 特開2004-180067, 特許第3843062号
  • ノード装置及びノード制御装置, 今宿, 岡本, 滝川, 高橋, 特願2001-276578, 特開2003-087307, 特許第3831219号
  • 光パス新設方法, 今宿, 長津, 大木, 滝川, 特願2002-053184, 特開2003-258886, 特許第3825341号
  • 予備光パス帯域確保方法および光パス切替装置, 今宿, 塩本 公平, 島野, 松浦, 特願2002-106343, 特開2003-304274, 特許第3822518号
  • 光ネットワークのノード監視制御装置, 島野, 渡辺, 今宿, 佐原, 岡崎 康敬, 曽根,築島, 特願2003-296407, 特開2005-065193, 特許第3816909号
  • スイッチングハードウェア管理制御装置及び方法, 今宿, 渡辺, 島野, 佐原, 岡崎, 築島, 曽根, 特願2003-359521, 特開2005-124067, 特許第3804652号
  • マルチレイヤ光ネットワークおよびそのパス設定方法ならびに中継用光ルータ, 塩本, 大木, 山中, 今宿, 特願2002-100186, 特開2003-298517, 特許第3801943号
  • リンク状態公告装置, 今宿, 岡本, 特願2002-193474, 特開2004-040384, 特許第3789862号
  • マルチレイヤ光ネットワークおよび当該ネットワークにおけるトラヒックエンジニアリング方法, 塩本 公平, 大木, 島崎, 今宿, 山中, 特願2002-134459, 特開2003-333090, 特許第3789850号
  • Method and apparatus for controlling optical wavelength based on optical frequency pulling, W. Imajuku, K. Yoshitada, US Patent 7,023,887
  • 光ネットワークおよび光カットスルーパス設定方法, 山中, 大木, 塩本 公平, 島崎, 今宿, 岡本, 特願2002-060142, 特開2003-259403, 特許第3784733号
  • 光IP通信網およびノード, 大木, 塩本 公平, 今宿, 山中, 特願2002-031343, 特開2003-234761, 特許第3785100号
  • パケットスイッチ・光スイッチ統合制御装置, 今宿, 大木, 島崎, 山中, 特願2002-055252, 特開2003-258874, 特許第3782362号
  • Optical parametric circuit, W. Imajuku, K. Mori, A. Takada, US Patent 7,012,740
  • マルチレイヤ光ネットワークにおけるパス設定情報広告方法およびノード, 島崎, 大木, 塩本 公平, 今宿, 山中, 特願2002-134091, 特開2003-333081, 特許第3777141号
  • マルチレイヤ光ネットワークおよびノードおよびパス設定方法, 島崎, 大木, 塩本 公平, 今宿, 山中, 特願2002-133074, 特開2003-324465, 特許第3777140号
  • 光電気パス統合網およびノード, 塩本 公平, 大木, 今宿, 特願2002-054247, 特開2003-258862, 特許第3699407号
  • Method and apparatus for controlling optical wavelength based on optical frequency pulling, W. Imajuku, K. Yoshitada, US Patent 6,909,732
  • ネットワークおよびノードおよびプログラムおよび記録媒体, 山中, 大木, 塩本 公平, 岡本 聡, 今, 特願2002-060435, 特開2003-258904, 特許第3689057号
  • マスタ/スレーブ通信方法及びシステム, 築島, 渡辺, 島野, 今宿, 佐原, 岡崎, 曽根, 特願2003-377237, 特開2005-142843
  • 光ネットワークのノード監視制御装置, 島野, 今宿, 特願2003-344290, 特開2005-110175
  • 光ネットワーク設計方法及び光ネットワーク設計プログラム, 島野, 今宿, 特願2003-318596, 特開2005-086675
  • Optical parametric circuit, W. Imajuku, K. Mori, A. Takada, US Patent 6,867,903
  • 光バースト転送ネットワーク設計方法, 今宿, 島野, 大木, 特願2003-172988, 特開2005-012402
  • 超高速光パケット転送リングネットワーク、光挿入分岐型多重分離ノード装置及び光挿入分岐型多重分離ノード装置の動作方法, 高田, 朴, 今宿, 山林, 特願2000-052461, 特開2001-244980, 特許第3578960号
  • 光パラメトリック回路, 今宿, 森, 高田, 特願2001-062608, 特開2002-182256, 特許第3575434号
  • ビット位相同期局発光パルス列生成回路, 内山, 橋本, 今宿, 特願2000-011420, 特開2001-201774, 特許第3549801号
  • 光パラメトリック回路, 今宿, 高田, 特願平11-309481, 特開2001-125159, 特許第3545660号
  • 光増幅器, 今宿, 高田, 特願平11-309480, 特開2001-125154, 特許第3545977号
  • フォトニックネットワークおよびノードおよびフォトニックネットワークの構成方法, 山中, 塩本, 今宿, 特願2002-167277, 特開2004-015512
  • 光パスネットワークおよびノードおよび光チャネル選択方法, 今宿, 大木, 松浦, 山中, 特願2002-144733, 特開2003-339064
  • ネットワークおよびノードおよびパス設定方法, 松浦, 塩本 公平, 山中, 今宿, 特願2002-122695, 特開2003-318969
  • ネットワークおよびノードおよびパス設定方法, 松浦, 片山, 塩本 公平, 特願2002-122704, 特開2003-318970
  • 光増幅器および光増幅中継伝送システム, 今宿, 高田, 特願平8-179680, 特開平9-222622, 特許第3473811号
  • 光通信ネットワークおよび光ノードおよび光波長パス設定方法, 山中, 今宿, 大木, 島崎, 特願2002-035719, 特開2003-244098
  • 光通信ネットワークおよび光ノードおよび光波長パス設定方法, 山中, 今宿, 大木, 島崎, 特願2002-035726, 特開2003-244078
  • 高次パス設定方法及び高次パス削除方法及び高次パス共有方法及び、高次パス設定プログラム及び高次パス削除プログラム及び高次パス共有プログラム及び高次パス設定プログラムを格納した記憶媒体及び高次パス削除プログラムを格納した記憶媒体及び高次パス共有プログラムを格納した記憶媒体, 今宿, 特願2002-033106, 特開2003-234772
  • 多階層ノード装置及び多階層ノード制御プログラム及び多階層ノード制御プログラムを格納した記憶媒体, 今宿, 特願2002-033107, 特開2003-234773
  • 光パス接続方法, 今宿, 岡本, 滝川, 山中, 特願2002-031285, 特開2003-234706
  • 波長パス通信網および光クロスコネクト装置, 大木, 塩本, 今宿, 島崎, 特願2002-031326, 特開2003-235061
  • 光位相同期光源, 今宿, 高田, 特願平9-301690, 特開平11-133472, 特許第3459166号
  • 全光型光位相同期方法および光位相同期光源, 今宿, 高田, 特願平9-154032, 特開平11-002846, 特許第3434169号
  • Bit-phase synchronized optical pulse stream local generator, K. Uchiyama, E. Hashimoto, W. Imajuku, US Patent 6,560,007
  • 光位相同期光源および光周波数同期光源, 今宿, 高田, 特願平10-232760, 特開2000-068580, 特許第3411832号
  • 光通信網および光パスクロスコネクト装置, 今宿, 山涌, 高田, 特願2001-057191, 特開2002-262319
  • Method and apparatus for controlling optical wavelength based on optical frequency pulling, W. Imajuku, Y. Katagiri, US Patent 6,370,169
  • 光波長制御装置および光波長制御方法, 今宿, 片桐, 特願平11-112744, 特開2000-010138, 特許第3242898号
  • 分布光増幅システムおよび分布光増幅方法, 今宿, 高田, 山林, 特願平11-312461, 特開2001-133818
  • 光信号増幅器, 高田, 今宿, 特願平7-142008, 特開平8-334800
  • 光増幅器および前置増幅器, 今宿, 高田, 猿渡, 特願平7-001175, 特開平8-190112
  • 光増幅器, 高田, 今宿, 特願平6-276772, 特開平8-136959
  • Device and method for correcting a path trouble in a communication network, W. Imajuku, K. Shimano, Y. Takigawa, E. Oki, Y. Okazaki, European Patent EP 1596539

受賞

  •   2015年06月, 特許実施補償表彰 特級
  •   2014年09月, APNOMS 2014, Best Paper Award
  •   2008年07月, OECC/IOOC 2007, Best Paper Award
  •   2003年09月, HPSR 2003, Best Paper Award
  •   2000年03月, 電子情報通信学会, 平成11年度 学術奨励賞

競争的資金

  • 一般財団法人 テレコム先端技術研究支援センター, 研究助成, 非線形位相雑音耐力のある光伝送路符号化方式の研究 (H31-R2)
  • 公益財団法人 電気通信普及財団, 研究調査助成, 非線形伝送符号化を用いた光伝送方式の研究 (H30-R1)
  • 福岡県飯塚市, 研究助成, 地盤・建造物の温度・歪同時計測を可能とする 低コスト光ファイバセンサの研究開発 (H29-R1)
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 利得飽和型パラメトリック増幅器と非線形伝送路符号を適用した次世代光伝送方式の研究 (H29-R1)
  • 民間企業, 受託研究, 光中継ノードにおける波長変換光回路の研究 (H30)
  • 民間企業, 受託研究, 光中継ノードにおける非線形位相ノイズ補償技術の研究 (H28-H29)
  • 情報通信機構, 高度通信・放送研究開発委託研究, エラスティック光通信ネットワーク構成技術の研究開発(H26-H27)
  • 総務省, 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE: Strategic Information and Communications R&D Promotion Program) 国際技術獲得型研究開発, 光ネットワークのキャリア間インタフェイスの標準化(H18-H20)