KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

中村 恭子ナカムラ キョウコ

プロフィール

所属部署名薬学総合研究所
職名講師
学位博士(生命科学)
専門分子生物学、糖尿病
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/742-nakamura-kyouko.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/10512197.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2020/07/08

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    糖尿病の発症について興味があり、特に食後高血糖の機序に関する研究を行ってきた。現在は、薬用植物の代謝酵素に関する研究を行っている。

学歴・経歴

経歴

  •   2013年, 近畿大学 医学部 助教

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 栄養学、健康科学
  • ライフサイエンス, 代謝、内分泌学

研究キーワード

  • 肝糖代謝, グルココルチコイド, ストレス, IGFBP-1, 肝臓代謝, 糖尿病, 運動習慣, 脳卒中, 機能回復, 神経新生, 脳血管障害, 運動処方と運動療法, 造血幹細胞, 血管内皮前駆細胞, 血管新生, 神経幹細胞, SHRSP

論文

  • Effect of electrolyzed water produced using carbon electrodes on HeLa cell proliferation., Biosci Trends, Biosci Trends, 11, 6, 688, 693,   2017年11月, 査読有り
  • Cell-cycle arrest in mature adipocytes impairs BAT development but not WAT browning, and reduces adaptive thernogenesis in mice., Scientific Reports, Scientific Reports, 7, 1,   2017年07月, 査読有り
  • rDNA ITS領域の塩基配列による Salacia chinensis の鑑別, 中村 恭子, 赤木 淳二, 石伏 史明, 谷 恭輔, 森川 敏生, Pongpriyadacha Yutana, 村岡 修, 早川 堯夫, 角谷 晃司, 生薬学雑誌, 生薬学雑誌, 69, 2, 53, 58,   2015年, 査読有り
  • 大和シャクヤクの休眠打破と人工栽培に関する研究, 中村 恭子, 大野 加奈, 瀧川 義浩, 角谷 晃司, 薬用植物研究, 薬用植物研究, 37, 1, 22, 28,   2015年, 査読有り
  • Proliferative and antiapoptotic signaling stimulated by nuclear-localized PDK1 results in oncogenesis., Kikani CK, Verona EV, Ryu J, Shen Y, Ye Q, Zheng L, Qian Z, Sakaue H, Nakamura K, Du J, Ji Q, Ogawa W, Sun LZ, Dong LQ, Liu F, Sci. Signal., Sci. Signal., 249, 5,   2012年11月, 査読有り
  • Differential changes of aorta and carotid vasodilation in type 2 diabetic GK and OLETF rats: Paradoxical roles of hyperglycemia and insulin., Zhong MF, Shen WL, Tabuchi M, Nakamura K, Chen YC, Qiao C, He J, Yang J, Zhang C, Kamenov ZA, Higashino H, Chen H, Exp.Diabetes Res., Exp.Diabetes Res.,   2012年01月, 査読有り
  • Changes of endothelium-dependent vasodilation in aortae from obese and non-obese type 2 diabetic rats and the roles of hyperglycemia/hyperosmolarity., Chen YC, 田渕 正樹, 中村 恭子, 東野 英明, Zhou D Zhong MF, Yang J Teng, L, Gu JZ, Chen H, Chin. J. Hypertens., Chin. J. Hypertens., 19, 6, 529, 537,   2011年06月, 査読有り
  • Effects of Gorei-san: A traditional Japanese Kampo Medicine, on aquaporin 1,2,3,4 and V2R mRNA expression in rat kidney and forebrain, 東野 英明, 栗田 隆, 中村 恭子, 田渕 正樹, 織田 眞智子, 大島 佳奈, J Med Sci, J Med Sci, 11, 1, 1, 9,   2011年01月, 査読有り
    概要:漢方薬の五苓散をラットに投与してアクアポリン(AQP)1,2,3,4とバゾプレッシン2受容体mRNAをリアルタイムPCR法で測定した。その結果、五苓散は腎皮質のAQP3と腎髄質のAQP2と3mRNA発現を抑制して利尿が起こることが明らかになった。
  • PDK1 regulates cell proliferation and cell cycle progression through control of cyclin D1 and p27Kip1 expression., Nakamura K, Sakaue H, Nishizawa A, Matsuki Y, Gomi H, Watanabe E, Hiramatsu R, Tamamori-Adachi M, Kitajima S, Noda T, Ogawa W, Kasuga M, J. Biol. Chem., J. Biol. Chem., 283, 25, 17702, 17711,   2008年06月, 査読有り