WATANABE Shinji

Department of LawProfessor/Manager

Last Updated :2024/07/20

■Researcher comments

Comments

___ 民事訴訟法演習 ___ 講義で学ぶ一般的な知識をふまえ、具体的な事案においてそれらの知識がどう活用されるかということを実践的に学びます。問題となる具体的事案の検討は、著名な最高裁判例の事案が参考になるため、まずは重要判例を素材に、事案分析と判例の示す法解釈を研究することになります。最終的には、学生自らが関心をもったテーマに沿って自分の頭で考えることを目的とし、演習内で他の学生から出た反対意見をふまえて、何らかの解決策を起案・発表するところまで到達して欲しいと思っています。

■Researcher basic information

Current research field

___ 民事訴訟法演習 ___ 講義で学ぶ一般的な知識をふまえ、具体的な事案においてそれらの知識がどう活用されるかということを実践的に学びます。問題となる具体的事案の検討は、著名な最高裁判例の事案が参考になるため、まずは重要判例を素材に、事案分析と判例の示す法解釈を研究することになります。最終的には、学生自らが関心をもったテーマに沿って自分の頭で考えることを目的とし、演習内で他の学生から出た反対意見をふまえて、何らかの解決策を起案・発表するところまで到達して欲しいと思っています。

Research Field

  • Humanities & social sciences / Civil law

■Career

Career

  • 2019/04 - Today  Kindai UniversityFaculty of Law Department of Lawprofessor
  • 2011/04 - 2020/03  Kindai UniversityLaw School教授
  • 2005/04  - , 信州大学大学院法曹法務研究科助教授
  • 2005/04  - ,
  • 2003/04  - , 平成国際大学法学部法ビジネス学科助教授
  • 2003/04  - ,
  • 2000/04  - , 平成国際大学法学部法ビジネス学科専任講師 民事訴訟法,倒産法,知的所有権法
  • 2000/04  - ,

Educational Background

  •        - 2000  Keio University  Graduate School of Law  Major in Civil Law
  •        - 2000  Keio University  Graduate School of Law  Division of Civil Law
  •        - 1996  Keio University  Graduate School of Law  Major in Civil Law
  •        - 1996  Keio University  Graduate School of Law  Division of Civil Law

■Research activity information

MISC

  • 特許権侵害訴訟における再審主張制限とその射程 ~平成23年法改正による特許法第104条の4の創設を契機として~
    渡辺森児  近畿大学法科大学院論集  2013/03
  • 特許権侵害訴訟の判決の既判力をめぐる今日的問題
    渡辺森児  信州大学法学論集  2011/03  [Refereed]
  • 地域団体商標制度施行後における地域ブランドの活用について
    渡辺森児  信州大学法学論集  2010/10
  • 特許権侵害訴訟における再審の訴えの許容性 -特許争訟のダブルトラック現象の問題解決へ向けて-
    渡辺森児  信州大学法学論集  2010/10  [Refereed]
  • 刑訴法47条所定の文書に対する民事訴訟上の文書提出命令の可否について
    渡辺森児  信州大学法学論集  2007/03
  • EUの特許裁判制度における技術系裁判官の導入について
    渡辺森児  平成法政研究  8-  (1)  167  -186  2003
  • 渡辺森児  平成法政研究  8-  (1)  167  -186  2003
  • 特許無効に基づく再審と補充性の原則
    渡辺森児  『EU法・ヨーロッパ法の諸問題~石川明教授古稀記念論文集』  385  -402  2002
  • 特許無効に基づく再審と補充性の原則
    渡辺森児  『EU法・ヨーロッパ法の諸問題~石川明教授古稀記念論文集』  385  -402  2002
  • ドイツにおける特許権侵害訴訟の中止規定の運用について
    渡辺森児  『EU法の現状と発展 ~ゲオルグ・レス教授65歳記念論文集』  297  -308  2001
  • ドイツにおける特許権侵害訴訟の中止規定の運用について
    渡辺森児  『EU法の現状と発展 ~ゲオルグ・レス教授65歳記念論文集』  297  -308  2001
  • 特許無効を先決問題とする侵害訴訟の対処と展望
    渡辺森児  法学政治学論究  (45)  107  -138  2000
  • 渡辺森児  法学政治学論究  (45)  107  -138  2000
  • 渡辺森児  法学政治学論究  (43)  309  -346  1999
  • 特許無効を先決問題とする侵害訴訟の対処-ドイツおよびオーストリアの法制との比較を中心として-
    渡辺森児  比較法研究  (60)  164  -170  1999
  • 特許争訟における手続的相剋の解消
    渡辺森児  法学政治学論究  (43)  309  -346  1999
  • 特許無効を先決問題とする侵害訴訟の対処-ドイツおよびオーストリアの法制との比較を中心として-
    渡辺森児  比較法研究  (60)  164  -170  1999
  • 特許争訟手続の迅速化に関する立法論的考察
    渡辺森児  経営実務法研究  (1)  3  -16  1998
  • 特許争訟手続の迅速化に関する立法論的考察
    渡辺森児  経営実務法研究  (1)  3  -16  1998
  • ドイツ連邦特許裁判所の手続にみる一元化と集中
    渡辺森児  法学政治学論究  (35)  375  -407  1997
  • ドイツ民事訴訟法における不作為執行制度について-不作為執行の実効性確保に関する比較法的研究序説
    渡辺森児  慶応義塾大学大学院法学研究科論文集  (38)  63  -86  1997
  • 渡辺森児  法学政治学論究  (35)  375  -407  1997
  • 渡辺森児  慶応義塾大学大学院法学研究科論文集  38-  (38)  63  -86  1997

Books and other publications

  • 「第6章 民事訴訟の審理」, 「第7章 事実の認定」
    2005
  • 「4章 法の解釈と適用」
    2005
  • 「第6章 民事訴訟の審理」, 「第7章 事実の認定」
    2005
  • 「4章 法の解釈と適用」
    2005
  • 「第2編 4 基本原理」, 「第2編 5 天皇」
    2002
  • 「第2編 4 基本原理」, 「第2編 5 天皇」
    2002

Lectures, oral presentations, etc.

  • 日本民事訴訟法学会個別報告  2012
  • 特許無効を先決問題とする侵害訴訟の対処  [Not invited]
    比較法学会大陸法部会個別報告  1998
  • 特許無効を先決問題とする侵害訴訟の対処  [Not invited]
    比較法学会大陸法部会個別報告  1998
  • 特許無効を先決問題とする侵害訴訟におけるジレンマの解消  [Not invited]
    日本ビジネス法学会研究報告  1997
  • 特許無効を先決問題とする侵害訴訟におけるジレンマの解消  [Not invited]
    日本ビジネス法学会研究報告  1997