栗田 耕一(クリタ コウイチ)

工学部 電子情報工学科教授/システム工学研究科長

Last Updated :2024/06/18

■教員コメント

コメント

静電誘導等を利用した非接触センシング技術の開発について研究しています。非接触で生体の歩行動作を検出し、バイオメカニクスやセキュリティ技術などへ応用可能なシステムを構築しています。

■研究者基本情報

学位

  • 工学博士

科研費研究者番号

90455171

研究キーワード

  • 非接触脈波計測   歩行計測   セキュリティ   センシングシステム   

現在の研究分野(キーワード)

静電誘導等を利用した非接触センシング技術の開発について研究しています。非接触で生体の歩行動作を検出し、バイオメカニクスやセキュリティ技術などへ応用可能なシステムを構築しています。

研究分野

  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学
  • ライフサイエンス / 生体医工学

■経歴

経歴

  • 2022年10月 - 現在  近畿大学大学院システム工学研究科研究科長
  • 2011年04月 - 現在  近畿大学工学部電子情報工学科教授
  • 2018年04月 - 2022年03月  近畿大学次世代基盤技術研究所所長
  • 2017年04月 - 2017年09月  近畿大学工学部電子情報工学科学科長
  • 2012年10月 - 2016年09月  近畿大学工学部電子情報工学科学科長
  • 2006年04月 - 2011年03月  高知工業高等専門学校 電気情報工学科教授
  • 1986年04月 - 2006年03月  三菱重工業株式会社 技術本部 広島研究所

委員歴

  • 2022年06月 - 2023年08月   SENSORSMEET2023   Scientific Committee Member
  • 2021年04月 - 2023年03月   電気学会中国支部   協議員
  • 2019年04月 - 2022年03月   広島県立総合技術高等学校 学校運営協議会   会長
  • 2019年08月 - 2020年03月   科学研究費助成事業:科学研究費委員会審査第一部会 第21小委員会Ⅲ   審査委員
  • 2018年04月 - 2019年03月   科学研究費助成事業:国際科学研究費委員会 第21小委員会   審査委員
  • 2015年10月 - 2015年11月   広島県立総合技術研究所新規研究課題評価   外部評価委員
  • 2013年04月 - 2015年03月   電気学会中国支部   協議員
  • 2013年04月 - 2014年03月   科学研究費助成事業第1段審査(電気電子工学:計測工学)   審査委員
  • 2011年06月 - 2012年05月   Biomedical Engineering and Medical Applications (ICBEMA) 2012   A member of Technical Program Committee
  • 2008年04月 - 2012年03月   電気学会E部門   論文委員
  • 2008年04月 - 2012年03月   計測・自動制御学会四国支部   評議委員
  • 2010年10月 - 2011年11月   ICICI-BME 2011”Science and technology for health”   A member of Advisory Board
  • 2011年03月 - 2011年10月   Dynamics and Design Conference 2011   実行委員
  • 2008年09月 - 2009年09月   福祉工学シンポジウム2009   実行委員

■研究活動情報

受賞

  • 2022年11月 第31回計測自動制御学会中国支部学術講演会 第31回計測自動制御学会中国支部学術講演会奨励賞
     超高感度静電誘導と深層学習を用いた不自由歩行動作識別技術の開発 
    受賞者: 平野勝大;栗田耕一
  • 2022年10月 2022年度(第73回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 電気学会中国支部奨励賞
     超高感度静電誘導センシング技術を用いた負荷歩行動作の非接触識別手法の開発 
    受賞者: 平野勝大;栗田耕一
  • 2022年10月 2022年度(第73回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 電気学会中国支部奨励賞
     追尾装置を搭載した分光計測システムを用いた脈波と血圧波の非接触センシング技術 
    受賞者: 川原宗央;山方駿輔;栗田耕一
  • 2022年10月 2022年度(第73回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 電気学会優秀論文発表賞B
     分光脈波計測システムを用いた脈波中の個人固有のうなりの検出とAIによる個人識別 
    受賞者: 山方駿輔;川原宗央;栗田耕一
  • 2021年11月 第30回計測自動制御学会中国支部学術講演会 奨励賞
     高感度静電誘導とAIによる前かがみ歩行動作識別技術の開発 
    受賞者: 矢野大靖;松本洸太;栗田耕一
  • 2021年10月 2021年度(第72回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 電気学会中国支部奨励賞
     カスケード識別器を用いた手話動作の非接触識別技術の開発 
    受賞者: 矢野大靖;松本洸太;栗田耕一
  • 2021年09月 2021年電気学会 電子・情報・システム部門大会 優秀ポスター賞
     静電誘導センサを用いた非接触歩行動作計測技術とAIを用いた解析 
    受賞者: 松本 洸太;栗田耕一
  • 2020年12月 計測自動制御学会中国支部 第29回計測自動制御学会中国支部学術講演会 奨励賞
     マイクロ分光器を用いた非接触脈波計測技術とAIによる解析 
    受賞者: 藤原天馬;栗田耕一
  • 2020年11月 電気学会 電気学会中国支部奨励賞
     マイクロ分光器を用いた脈波と血圧波の非接触センシング技術 
    受賞者: 藤原天馬、栗田耕一
  • 2020年11月 電気学会 電気学会優秀論文発表賞B賞
     静電誘導センサと深層学習による入室動作識別技術 
    受賞者: 松本洸太;栗田耕一
  • 2019年11月 第28回計測自動制御学会中国支部学術講演会 奨励賞
     深層学習を用いた部屋の入室動作信号による個人識別技術 
    受賞者: 松本洸太;栗田耕一
  • 2019年09月 2019年電気学会 電子・情報・システム部門大会 優秀ポスター賞
     「マイクロ分光器を用いた顔表面色変動の計測技術」 
    受賞者: 高橋幸雄;栗田耕一
  • 2018年12月 第27回計測自動制御学会中国支部学術講演会 優秀賞
     「歩行動作で誘起される静電誘導波形を用いた機械学習による歩行動作評価技術」 
    受賞者: 栗田耕一
  • 2018年12月 第27回計測自動制御学会中国支部 学術講演会 奨励賞
     「手話動作により誘起される静電誘導電流の計測と解析」 
    受賞者: 森永将太;栗田耕一
  • 2018年10月 平成30年度(第69回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 電気学会中国支部奨励賞
     「マイクロ分光器を用いた血中ヘモグロビン濃度変動の非接触計測技術」 
    受賞者: 高橋幸雄;栗田耕一
  • 2018年10月 平成30年度(第69回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 電子情報通信学会中国支部連合大会奨励賞
     「マイクロ分光器を用いた血中ヘモグロビン濃度変動の非接触計測技術」 
    受賞者: 高橋幸雄;栗田耕一
  • 2018年09月 平成30年電気学会 電子・情報・システム部門大会 「超高感度静電誘導を用いた手の動作の非接触検出技術」
     優秀ポスター賞 
    受賞者: 森永将太;栗田耕一
  • 2018年03月 平成30年電気学会全国大会 電気学会全国大会優秀論文発表賞
     「超高感度静電誘導電流検出技術を用いた人体動作の検出技術とその応用」 
    受賞者: 森永将太;栗田耕一
  • 2017年12月 :第19回IEEE広島支部学生シンポジウム(HISS 19th) HISS優秀研究賞
     「バイク乗車・降車動作により誘起される静電誘導電流の解析」 
    受賞者: 森永将太;栗田耕一
  • 2017年10月 平成29年度(第68回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 奨励賞
     「部屋の入退室動作により誘起される静電誘導電流波形の解析」 
    受賞者: 森永将太;栗田耕一
  • 2016年10月 第67回電気・情報関連学会中国支部連合大会 連合大会奨励賞
     「リカレンスプロットを用いた歩行信号波形の解析」 
    受賞者: 武久尚矢;栗田耕一
  • 2016年09月 平成28年電気学会 電子・情報・システム部門大会 優秀ポスター賞
     「後方歩行運動の際に誘起される静電誘導電流波形の計測と解析」 
    受賞者: 武久尚矢;栗田耕一
  • 2015年11月 第17回IEEE広島支部 学生シンポジウム 優秀賞
     
    受賞者: 武久尚矢;栗田耕一
  • 2014年09月 平成26年電子・情報・システム部門大会 優秀ポスター賞
     「静電誘導電流検出技術を用いた個人認証システム」 
    受賞者: 福田朋大;栗田耕一
  • 2010年07月 平成22年電気学会全国大会 優秀論文発表賞受賞
     「独居高齢者等の安否確認システムの開発」 
    受賞者: 栗田耕一
  • 2009年08月 国際会議SICE International Conference 2009 Interactive Presentation Award
     「Detection of Human Walking Motion Based on Measurement of Current Generated by Electrostatic Induction」 
    受賞者: Koichi Kurita

論文

  • Koichi Kurita; Syota Morinaga
    IEEE Access 7 139226 - 139235 2019年10月 [査読有り]
  • Koichi Kurita; Syota Morinaga
    IEEE Sensors Journal 19 19 8934 - 8939 2019年10月 [査読有り]
  • Koichi Kurita
    Journal of Information and Communication Engineering 4 1 211 - 216 2018年 [査読有り]
  • 栗田耕一
    モバイル学会誌 7 1/2 37 - 41 2017年 [査読有り]
  • 栗田耕一
    電気学会論文誌C 135 5 492 - 497 2015年05月 [査読有り]
     
    In this study, we develop an effective noncontact technique for detecting rolling over in bed. We propose a new method for detecting rolling motion by measuring the current generated due to a change in the capacitance between a given electrode and the human body. The technique involves the detection of electrostatic induction current of the order of approximately sub-picoamperes flowing through the electrode that is placed at a distance of 1 m from a subject. A theoretical model is proposed for the electrostatic induction current generated due to a change in the electric potential of the human body. This model can be used to effectively explain the behavior of the electrostatic induction current flowing through the measurement electrode. We apply the noncontact technique to detect the timing of rolling over in bed. Thus, we could quantitatively estimate the timing of rolling over in bed under noncontact and nonattached conditions. Our technique enables easy in-situ detection of the timing of rolling over in bed.
  • Koichi Kurita
    Journal of Science and Engineering 6 1 024 - 028 2015年 [査読有り]
  • Koichi Kurita
    IEEE TRANSACTIONS ON INDUSTRY APPLICATIONS 50 3 2213 - 2218 2014年05月 [査読有り]
     
    In this paper, I present an effective noncontact technique for the measurement of human hand motion with wireless portable motion detection sensors; this technique allows the detection of the subject's hand movements. This method involves the measurement of the current generated due to the difference in the capacitance between the subject's hand and the measurement electrodes in the motion detection sensor. The two motion detection sensors are capable of detecting the direction of the subject's hand movement by measuring the time difference of the peak of the electrostatic induction current. This technique allows us to recognize the direction of the hand movement with respect to the motion detection sensors under perfect noncontact conditions.
  • Koichi Kurita
    Kansei Engineering International Journal 11 4 183 - 189 2012年11月 [査読有り]
  • 栗田 耕一; 山島孝仁
    日本機械学会論文集(C編) 78 789 1420 - 1427 2012年 [査読有り]
     
    In this study, we develop an effective noncontact technique for analyzing sports motion. We propose a new method for detecting sports motion by measuring the current generated due to a change in the capacitance between a given electrode and the human body. The technique involves the detection of electrostatic induction current of the order of approximately sub-picoamperes flowing through the electrode that is placed at a distance of 3 m from a subject. An occurrence model is proposed for the electrostatic induction current generated due to a change in the electric potential of the human body. This model can be used to effectively explain the behavior of the electrostatic induction current flowing through the measurement electrode. We apply the noncontact technique to detect the timing of athlete's foot contact or off with the ground during pitching and batting motions in baseball. Thus, we could quantitatively estimate the timing of contact and noncontact of an athlete's foot with the ground from the time of occurrence of the peaks. Our technique enables easy in-situ detection of the timing of contact and noncontact of an athlete's foot with the ground during pitching and batting motions. © 2012 The Japan Society of Mechanical Engineers.
  • Koichi Kurita
    ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS (Springer) 17 97 - 101 2012年 [査読有り]
     
    We here present a method for measuring human physical activity, which is based on detecting the electrostatic induction current generated by the walking motion under non-contact and non-attached conditions. A theoretical model for the electrostatic induction current generated because of a change in the electric potential of the human body is also proposed. By comparing the obtained electrostatic induction current with the theoretical model, it becomes obvious that this model effectively explains the behavior of the waveform of the electrostatic induction current. The normal walking motions of daily living are recorded using a portable sensor measurement located in an ordinary house. The obtained results show that detailed information regarding physical activity such as a walking cycle can be estimated using our proposed technique. This suggests that the proposed technique, which is based on the detection of the walking signal, can be successfully applied to the estimation of human physical activity.
  • Koichi Kurita; Yusaku Fujii; Kazuhito Shimada
    SENSORS AND ACTUATORS A-PHYSICAL 170 1-2 66 - 71 2011年11月 [査読有り]
     
    In this paper, we propose a new concept for touch sensors that is based on measurement of the current generated by electrostatic induction. The proposed sensor can detect the timing of contact between two objects from a distance without contact with either object. When the human body comes in contact with an object, electrostatic charge is generated in the human body due to tribological interactions. We assume that the human body is a good conductor. As a result, an instantaneous change is observed in the electric potential of the human body. Therefore, contact can be detected via the change in the electric potential of the human body. We have developed an effective technique for measuring the change in the electric potential of the human body using a noncontact electrode. Such indirect measurement is made possible by the measurement of the instantaneous current flowing through the electrode, instead of measurement of the voltage of the electrode by the conventional capacitively coupled method. This new technique requires measurement of the electrostatic induction current generated due to changes in the electric potential of the human body. (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Koichi Kurita
    MEASUREMENT 44 8 1361 - 1366 2011年10月 [査読有り]
     
    In this study, we propose an effective non-contact and non-attached technique for detecting sports motion by measuring the current, which is approximately of the order of sub-picoamperes, generated because of a change in the capacitance between a given electrode and the human body. An occurrence model is proposed for the electrostatic induction current generated because of a change in the electric potential of the subject's body due to foot motions. We apply the proposed technique to determine the time for which an athlete's foot remains in contact with the ground and off the ground during pitching and batting motions while playing baseball. Thus, we can quantitatively estimate the time for which an athlete's foot is in contact with the ground and off the ground on the basis of the time at which peaks were observed in the waveforms of the electrostatic induction current. (C) 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Koichi Kurita; Shinya Ueta
    IEEE TRANSACTIONS ON INDUSTRY APPLICATIONS 47 2 1022 - 1027 2011年03月 [査読有り]
     
    We develop a new motion control technique for the stepping motion of a bipedal robot; this technique is based on an effective noncontact and nonattached technique that is used for the detection of human stepping motion and hand moving motion. Our technique involves the generation of an electrostatic current by a change in the potential of the human body during stepping or walking motions. The waveform of the induced current contains cadence components of both feet. The knee joint angle, which is estimated from the induced current waveform, is used as a motion control signal. For example, the motion of a commercially available bipedal robot is controlled in real time by the current generated in a human body while stepping and hand moving.
  • Koichi Kurita
    REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS 82 2 026105 - 026107 2011年02月 [査読有り]
     
    In this study, we developed an effective nonattached, noncontact technique for measurement of the human heartbeat. This method detects the human heartbeat by measuring the current generated by variations in the capacitance between a given electrode and the human body. An electrode is placed a few centimeters from the subject's chest, and the electrostatic induction current (on the order of picoamperes) flowing through the electrode is then detected. We propose an occurrence model for the electrostatic induction current generated by variations in the electrostatic capacitance generated because of the human heartbeat, with respect to a given measurement electrode. Furthermore, we compared waveforms of the human heartbeat simultaneously obtained by using conventional electrocardiography (ECG) and our proposed electrostatic induction method. The waveform obtained using the proposed method had the same cycle as that obtained using conventional ECG. This confirms that we can detect the human heartbeat under nonattached, noncontact conditions. (C) 2011 American Institute of Physics. [doi:10.1063/1.3541554]
  • Koichi Kurita
    International Journal of Automation Technology 5 2 232 - 235 2011年 [査読有り]
     
    The effective noncontact strategy we developed analyzes motion in sports, for example, by measuring the current generated by changes in capacitance between an electrode and the athlete's body, i.e., detecting subpicoampere-level electrostatic induction current flowing through an electrode 3 m from a subject. This occurrence model generates current based on changes in the body's electric potential. This model effectively explains the induction current flowing through the electrode. This detects foot contact with the ground, e.g., during a baseball game, enabling us to quantitatively estimate contact timing.
  • 栗田耕一; 今井一雅; 池 龍美; 野中 徹
    計測自動制御学会論文集 47 10 430 - 434 2011年 [査読有り]
  • Koichi Kurita
    Artificial Life and Robotics 15 2 181 - 184 2010年 [査読有り]
     
    In this study, we developed an effective technique for measuring human respiration using a noncontact and nonattached electrode. The technique requires the measurement of the current generated due to the difference in capacitance between a given electrode and the human body. The subpicoampere electrostatic induction current flowing through the electrode when placed a few centimeters from the subject is detected. We propose an occurrence model for the electrostatic induction current generated by the change in capacitance caused by the movement of the body surface while taking a breath. This model effectively describes the behavior of the current flowing through the measurement electrode. © 2010 International Symposium on Artificial Life and Robotics (ISAROB).
  • Koichi Kurita
    PRECISION INSTRUMENTATION AND MEASUREMENT 36 355  2010年 [査読有り]
     
    In this study, we propose a new concept for triboelectricity measurement technique based on the measurement of current generated by electrostatic induction. The proposed technique can detect the occurrence of triboelectricity from the contact between two objects under perfect noncontact and in situ conditions. An instantaneous change, which is generated on the object as a result of friction between the objects, is observed in the electric potential of the object. Therefore, we can detect the electrostatic induction current of the order of a few picoamperes flowing through an electrode that is placed at a distance of 50 cm from the object. In order to confirm the effectiveness of this technique, the electrostatic induction currents generated from prototype rotating equipment were measured. An occurrence model is proposed for the electrostatic induction current generated as a result of a change in the electric potential of the object.
  • Koichi Kurita; Michiaki Oyado; Hisashi Tanaka; Seiichi Tottori
    INFRARED PHYSICS & TECHNOLOGY 52 5 208 - 213 2009年09月 [査読有り]
     
    Conventionally, the inspection of elevated concrete structures requires the use of scaffolding or an aerial truck. In this study, elevated railway structures constructed of reinforced concrete were inspected using active infrared thermography. The inspection area corresponded to half of the middle slab covering an area of 16.8 m(2); one inspection was carried out that took about 15 min. A remote heating system consisting of a 6-kW air-cooled xenon arc lamp and a scanner system was developed to detect hidden defects in elevated concrete structures without the need for an aerial truck or scaffolding. The generation of a thermal image and irradiation are carried out simultaneously by the beam scanning. High-contrast infrared thermal images can be obtained by the simple image processing procedure that is proposed. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Koichi Kurita
    IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING 4 2 309 - 311 2009年03月 [査読有り]
     
    We have developed an effective noncontact technique for the measurement of the electric potential of the human body when performing a stepping motion. This technique is based on the detection of ail electrostatic-induced current generated by the stepping motion. The electric potential of the subject is determined by integrating the electrostatic-induced current flowing through an electrode that is placed at a distance of 1.5 m from the subject with respect to time. The values of the estimated electric potential are qualitatively in good agreement with those obtained in previous experiments by using an ordinary contact-type hand electrode. (C) 2009 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by John Wiley & Sons, Inc.
  • 栗田耕一; 今井一雅; 濱田知弥
    論文集「高専教育」 32 387 - 392 2009年 [査読有り]
  • 栗田耕一
    論文集「高専教育」 32 381 - 386 2009年 [査読有り]
  • Koichi Kurita
    Journal of Cybernetics and Systems 2 1 37 - 40 2009年 [査読有り]
  • Koichi Kurita
    MEASUREMENT SCIENCE AND TECHNOLOGY 19 7 075206  2008年07月 [査読有り]
     
    We have developed an ink thickness sensor by employing a photoacoustic technique in order to enable the online measurement of ink thickness for printing machines such as a sheet-fed press. This sensor enables the online measurement of black ink thickness, which was impossible using the conventional methods. In order to detect the photoacoustic signals from the ink on a rotating ink roller using a non-contact technique, the halogen light chopping frequency was made to coincide with the pipe acoustical resonance frequency of the photoacoustic cell. With this method, even though the photoacoustic cell is an open cell, the sensitivity of the photoacoustic cell could be improved as compared to the conventional non-resonant closed cell. Further, it was clarified both experimentally and theoretically that the photoacoustic signal strength of black ink corresponds to an ink film thickness when the optimum halogen light chopping frequency is selected. In addition, a study is made on the characteristics of the photoacoustic signal strength variation for the clearance between the resonance tube and the ink roller.
  • 大屋戸理明; 田中寿志; 鳥取誠一; 栗田耕一
    コンクリート工学論文集 18 3 37 - 46 2007年09月 [査読有り]
  • 田中寿志; 仁平達也; 鳥取誠一; 栗田耕一
    コンクリート工学年次論文集 27 1 1753 - 1758 2005年 [査読有り]
  • 栗田耕一; 岡井隆; 宮田信裕; 鳥取誠一
    検査技術 9 3 49 - 53 2004年 [査読有り]
  • 戸島敦嗣; 鳥取誠一; 宮田信裕; 菅原孝男; 井上正雄; 栗田耕一
    RTRI REPORT 17 3 7 - 12 2003年 [査読有り]
  • 鎌田卓司; 鳥取誠一; 栗田耕一
    コンクリート工学論文集 25 1 1763 - 1768 2003年 [査読有り]
  • 鳥取誠一; 宮田信裕; 長田文博; 栗田耕一
    非破壊検査 51 3 134 - 138 2002年 [査読有り]
  • E Hirai; K Teshima; K Kurita; S Takahara
    JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES B-FLUIDS AND THERMAL ENGINEERING 40 3 501 - 508 1997年08月 [査読有り]
     
    Axial velocity distribution in an It-seeded Ar free jet is investigated by the laser-induced fluorescence (LIF) technique using a ring dye laser with 500 kHz line width. Since the translational temperature in the flow region is low, the hyperfine structure due to the nuclear spin of It molecules is observed in the spectrum of It B-X bands. The spectrum shape is explained by the quantum mechanical theory and the simulated spectra coincide with our measurements. First, the possibility of the translational temperature measurement based on the hyperfine spectrum shape is discussed. Then, axial velocity measurement is performed and the results are found to be in good agreement with those of Ashkenas & Sherman. The applicability and the velocity resolution limit of our measurement technique are also discussed.
  • 平井悦郎; 手島光司; 栗田耕一; 高原茂
    日本機械学会論文集 162 599 2596 - 2603 1996年 [査読有り]
  • Koichi Kurita; Takashi Okai; Kazuaki Ueno; Noriyuki Kawada; Mitsuo Kato
    ANALYTICAL SCIENCES 7 2 1459 - 1462 1991年 [査読有り]
     
    The axial velocity and temperature distributions in an underexpanded argon jet produced by a sonic nozzle have been investigated by using the laser induced fluorescence technique. To apply the LIF method to rarefied gas flows, seed material used in this experiments is iodine. Doppler shift of the absorption line is exploited to extract velocity distribution on the flow axis. On the other hand, parallel temperature along with flow axis is determined by the Doppler broadening of the absorption line.
  • T FUJITA; K KURITA; K TAKIYAMA; T ODA
    JOURNAL OF LUMINESCENCE 39 4 175 - 180 1988年03月 [査読有り]
  • K KURITA; T FUJITA; K TAKIYAMA; T ODA
    PHYSICS LETTERS A 126 2 141 - 144 1987年12月 [査読有り]
  • T FUJITA; K KURITA; K TAKIYAMA; T ODA
    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN 56 10 3734 - 3739 1987年10月 [査読有り]
  • K KURITA; K TAKIYAMA; T FUJITA; T ODA; A FUJII
    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN 54 12 4787 - 4793 1985年12月 [査読有り]

MISC

  • Classification Technique for Degree of Inconvenient Walking using Non-contact Walking Motion Measurement Technique
    Koichi Kurita SICE Annual Conference 2021, Paper WeA08.3, pp. 198-201, September 8-10, 2021 2021年09月 [査読有り]
  • Novel Walking Ability Classification Technique Using Ultra-Sensitive Electrostatic Induction Sensor
    Koichi Kurita ICNSE International Congress on Natural Sciences and Engineering 2020, Japan, 20-22 Jan. 69 -73 2020年01月 [査読有り]
  • Noncontact pulse wave detection technique using micro-spectrometer
    Yukio Takahashi; Koichi Kurita SICE Annual Conference 2019 2019年09月 [査読有り]
  • Activity Evaluation Technique of Human Body Motion Such as Walking Motion based on Ultra High-Sensitive Electrostatic Induction
    Koichi Kurita The 6th Annual Conference on Engineering and Information Technology 441 -442 2019年03月 [査読有り]
  • Identification Technique of Walking Motion in Daily Performance based on Ultra High-Sensitive Electrostatic Induction
    Koichi Kurita 2019 Asian Conference on Engineering and Natural Science (2019ACENS), Japan, 22-24 January 159 -160 2019年01月 [査読有り]
  • Person Identification by Deep Learning using Walking Signals Detected by Ultra-Sensitive Electrostatic Induction Technique
    Syota Morinaga; Koichi Kurita Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems in conjunction with Intelligent Systems Workshop 2018, Japan, 274 -278 2018年12月 [査読有り]
  • New Estimation Method for Daily Performance based on Ambient Sensing Technology
    栗田耕一 The 5th Annual Conference on Engineering and Information Technology (ACEAIT 2018) 616 -617 2018年03月 [査読有り]
  • Visualization of Individual Feature Amount Appearing in Daily Performance based on Electrostatic Induction
    栗田耕一 International Conference on Intelligent Informatics and BioMedical Sciences (ICIIBMS 2017) 2017 24 -26 2017年11月 [査読有り]
  • Motion Identification Technique in Daily Performance based on Ultra High-Sensitive Electrostatic Induction
    栗田耕一 2017 The Annual Conference on Engineering and Applied Science (2017 ACEAT) 329 -330 2017年11月 [査読有り]
  • Walking Activity Estimation Method by Using Electrostatic Induction
    栗田耕一 Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems 949 -950 2016年08月 [査読有り]
  • NON-CONTACT DETECTION SYSTEM FOR MEASUREMNT OF SIGNAL GENERATED DURING HUMAN MOTION OF STEPPING
    栗田耕一 IASTEM- 60th International Conference on Recent Advances in Engineering and Technology (ICRAET) 2016 37 -40 2016年08月 [査読有り]
  • An Analysis Method Using Recurrence Plot for Walking Signal Generated by Electrostatic Induction
    栗田耕一 2016 Global Conference on Engineering and Applied Science (2016 GCEAS) 1186 -1187 2016年07月 [査読有り]
  • A Feature Amount Extracting form Walking Signal Generated by Electrostatic Induction
    栗田耕一 Annual Conference on Engineering and Information Technology 2016 1193 -1194 2016年03月 [査読有り]
  • Evaluation of Educational Attempt of Reverse Engineering on Electrical Engineering Class
    栗田耕一 2016 Asia-Pacific Symposium on Social Science and Management (APSSSM) 65 -68 2016年02月 [査読有り]
  • Detection System for Survivor Under the Rubble Based on Electrostatic Induction
    栗田耕一 Asian Conference on Engineering and Natural Science (ACENS 2016) 721 -728 2016年02月 [査読有り]
  • Temporal Change in Plantar Surface Contact Area in Walking Motion
    栗田耕一 The 21th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2016 AROB 21th 857 -860 2016年01月 [査読有り]
  • Personal Verification Using Electrostatic Induction Generated due to Walking Motion
    栗田耕一 International Scientific Conference on Engineering and Applied Sciences 2015 581 -589 2015年07月 [査読有り]
  • Monitoring Technique for Movement of Human Body under Noncontact Conditions
    栗田耕一 International Conference on Engineering and Applied Science 2015 796 -803 2015年07月 [査読有り]
  • Analysis of electrostatic induction current generated due to walking motion
    栗田耕一 The 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015 AROB 20th 717 -720 2015年01月 [査読有り]
  • Cepstrum Analysis of Human Walking Signal
    栗田耕一 2014 Tokyo International Conference on Engineering and Applied Science (TICEAS 2014) 1100 -1110 2014年12月 [査読有り]
  • Electrostatic Induction Methods for Human Walking Motion Detection
    栗田耕一 Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS 2014) 1591 -1594 2014年11月 [査読有り]
  • Non-contact Moving Vehicle Detection Method based on Electrostatic Induction Technique
    栗田耕一 Asia–Pacific Conference on Computer Science and Electrical Engineering (APCSEE) 2014, Kuala Lumpur 270 -274 2014年11月 [査読有り]
  • Non-Contact Human Movement Monitoring Technique for Security Control System Based on Electrostatic Induction
    栗田耕一 ICAMSE 2014: XII International Conference on Aerospace and Mechanical Systems Engineering2014, Osaka (2014) 2014年10月 [査読有り]
  • A LabVIEW Based Personal Authentication System using Electrostatic Induction Technique
    Koichi Kurita; Tomohiro Fukuda The Inaugural Asian Conference on the Life Sciences & Sustainability (ACLS) 2014 0115 2014年08月 [査読有り]
  • Noncontact and Nonattached Human Physical Activity Measurement Method by using Variation in Electric Potential of Human Body
    Koichi Kurita The Inaugural Asian Conference on the Life Sciences & Sustainability (ACLS) 2014 0118 2014年08月 [査読有り]
  • Human Respiration Detection Technique based on Measurement of Current Generated by Electrostatic Induction
    Koichi Kurita International Conference on Engineering and Applied Science 2014 2273 -2281 2014年07月 [査読有り]
  • Non-Contact Detection Technique for Triaboelectricity Based on Electrostatic Induction
    Koichi Kurita The 3rd International Conference on Engineering and Applied Science 2013 (ICEAS 2013) 1825 -1830 2013年11月 [査読有り]
  • Remote monitoring Technique for Physical Activity Estimation by means of the Internet
    Koichi Kurita The 18th ISfTeH International Conference in Japan Proceedings 113 2013年10月 [査読有り]
  • Human Physical Activity Measurement Method Based on Electrostatic Induction
    Koichi Kurita 11th International Symposium on Measurement and Quality Control 2013 ID127 2013年09月 [査読有り]
  • Electrostatic Induction Sensor for Traffic Surveillance
    Koichi Kurita; Syoutaro Miyakawa International Conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration 1683 -1684 2013年09月 [査読有り]
  • Measurement of Foot Contact Area in Walking Motion
    Koichi Kurita; Daisuke Hihara International Conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration 1679 -1682 2013年09月 [査読有り]
  • Human Identification Technique from Walking Motion based on Electrostatic Induction
    Koichi Kurita; Tomohiro Fukuda International Conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration 1673 -1678 2013年09月 [査読有り]
  • Human Respiration Detection Technique based on Measurement of Current Generated by Electrostatic Induction
    Koichi Kurita 35th Annual International Conference of the IEEE EMBS 6877 -6880 2013年07月 [査読有り]
  • Koichi Kurita Proceedings - 2nd IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics, IIAI-AAI 2013 268 -269 2013年 [査読有り]
  • Koichi Kurita 2013 INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIOMETRICS AND KANSEI ENGINEERING (ICBAKE) 87 -90 2013年 [査読有り]
  • New Approach to Estimate Friction Caused by Biped Robot Walking Based on Electrostatic Induction
    Koichi Kurita Proceedings of the 2012 International Conference on Advanced Mechatronic Systems 680 -683 2012年09月 [査読有り]
  • New Measurement Technique for Electrocardiography under Perfect Noncontact Conditions
    Koichi Kurita The International Conference on Electrical Engineering 2012 1484 -1489 2012年08月 [査読有り]
  • Koichi Kurita 2012 IEEE SENSORS PROCEEDINGS 691 -694 2012年 [査読有り]
  • K. Kurita 2012 15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRICAL MACHINES AND SYSTEMS (ICEMS 2012) DS3G3 -9 2012年 [査読有り]
  • Koichi Kurita 2012 PROCEEDINGS OF SICE ANNUAL CONFERENCE (SICE) 988 -992 2012年 [査読有り]
  • Koichi Kurita 2012 PROCEEDINGS OF SICE ANNUAL CONFERENCE (SICE) 993 -998 2012年 [査読有り]
  • Non-contact physical activity estimation method based on electrostatic induction technique
    栗田耕一 AROB17th 1151 -1154 2011年 [査読有り]
  • Detection Technique for Triboelectricity of Insulator/Metal Interface under Perfect Noncontact Conditions
    栗田耕一 ISSS-6 2011 4PN-71 2011年 [査読有り]
  • Koichi Kurita 2011 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2011 1831 -1836 2011年 [査読有り]
  • Koichi Kurita Proceedings - International Conference on Instrumentation, Communication, Information Technology and Biomedical Engineering 2011, ICICI-BME 2011 29 -34 2011年 [査読有り]
  • Implementation and evaluation of a disassembly analysis by reverse engineering on electrical engineering education
    栗田耕一 ACEE 2011 1 -6 2011年 [査読有り]
  • Non-Contact Detection of Electric Potential of Human Body Based on Measurement of Current Generated by Electrostatic Induction on Daily Living
    Koichi Kurita ICHES 2011 439 -443 2011年 [査読有り]
  • Koichi Kurita Proceedings - 2011 International Conference on Biometrics and Kansei Engineering, ICBAKE 2011 232 -237 2011年 [査読有り]
  • Wireless Portable Sensor for Real-Time Data Collection in Human Walking Motion
    Koichi Kurita SICE Annual Conference 2011 1844 -1848 2011年 [査読有り]
  • A Novel Non-Contact Hand Motion Classification Technique for Application to Human Machine Interface
    Koichi Kurita SICE Annual Conference 2011 1838 -1843 2011年 [査読有り]
  • Visualization of Electric Potential of Human Body Caused by Walking Motion under Non-Contact Conditions
    Koichi Kurita The 11th Asian Symposium on Visualization CD ROM AVS-14 2011年 [査読有り]
  • Visualization of Internal Defects in Concrete Structures using Active Infrared Thermographic Inspection Technique
    Koichi Kurita; Michiaki Oyado The 11th Asian Symposium on Visualization CD ROM ASV-13 2011年 [査読有り]
  • New Detection Technique for Timing of Contact and Noncontact of Athlete’s Foot with the Ground in Sports
    Koichi Kurita 10th International Symposium on Measurement and Quality Control ISMQC 2010 0021 -0024 2010年 [査読有り]
  • Koichi Kurita EMERGING TRENDS IN MOBILE ROBOTICS 973 -980 2010年 [査読有り]
  • Koichi Kurita EMERGING TRENDS IN MOBILE ROBOTICS 965 -972 2010年 [査読有り]
  • New Approach to Touch Sensing Technique Based on Measurement of Current Generated by Electrostatic Induction
    Koichi Kurita The International Symposium on Artificial Intelligence, Robotics and Automation in Space i-SAIRAS 2010 89 2010年 [査読有り]
  • Development of a Human Motion Measurement System for Application to the Human Machine Interface
    Koichi Kurita SICE Annual Conference 2010 in Taiwan 3536 -3539 2010年 [査読有り]
  • Measurement of Human Heartbeat using a Novel Sensing Technique Based on Measurement of Current Generated by Electrostatic Induction
    Koichi Kurita; Taiki Nonaka; Hitoshi Kumon SICE Annual Conference 2010 in Taiwan 3340 -3343 2010年 [査読有り]
  • New Precision Detection Technique for Triboelectricity under Perfect Noncontact and In-situ Condition
    Koichi Kurita International Conference on Precision Instrumentation and Measurement 2010 (CPIM2010) A045 2010年 [査読有り]
  • Detection of Human Respiration Based on Measurement System of Current Generated by Electrostatic Induction
    Koichi Kurita The Fifteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2010 AROB 15th ‘10 717 -720 2010年 [査読有り]
  • K. Kurita; S. Ueta 2009 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRICAL MACHINES AND SYSTEMS, VOLS 1-3 875 -879 2009年 [査読有り]
  • Detection of Human Walking Motion Based on Measurement of Current Generated by Electrostatic Induction
    Koichi Kurita; Ryo Takizawa; Hitoshi Kumon ICROS-SICE International Joint Conference 2009 5552 -5555 2009年 [査読有り]
  • Development of a Human Motion Measurement System for Application to the Human Machine Interface
    Koichi Kurita ICROS-SICE International Joint Conference 2009 5485 -5488 2009年 [査読有り]
  • Koichi Kurita; Michiaki Oyado; Hisashi Tanaka; Seiichi Tottori 2009 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON NETWORKING, SENSING AND CONTROL, VOLS 1 AND 2 649 -652 2009年 [査読有り]
  • Development of Non-Contact Measurement System of Human Stepping
    Koichi Kurita SICE Annual Conference 2008, 1067 -1070 2008年 [査読有り]

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 栗田耕一
    令和6年電気学会全国大会 K308-C2,3-101 2024年03月
  • 非接触分光血圧波計測と深層学習による自律神経評価のための新たなアプローチ  [通常講演]
    山方 駿輔; 栗田 耕一
    第32回計測自動制御学会中国支部 学術講演会, 3C-2, pp. 95 - 96 2023年11月
  • 平野 勝大; 栗田 耕一
    第32回計測自動制御学会中国支部 学術講演会,3D-5, pp. 111 – 112 2023年11月
  • 非接触分光血圧波検出技術を用いた腹式呼吸が血圧波形状に及ぼす影響の評価  [通常講演]
    山方 駿輔; 栗田 耕一
    2023年度(第74回)電気・情報関連学会中国支部連合大会, R23-14-03 2023年10月
  • 平野 勝大; 栗田 耕一
    2023年度(第74回)電気・情報関連学会中国支部連合大会, R23-24-02 2023年10月
  • 超高感度静電誘導と深層学習を用いた不自由歩行動作識別技術の開発  [通常講演]
    平野 勝大; 矢野 大靖; 栗田 耕一
    第31回計測自動制御学会中国支部学術講演会,1A-5 2022年11月 口頭発表(一般)
  • 非接触分光血圧波計測と深層学習による脈波識別技術の開発  [通常講演]
    山方 駿輔; 川原 宗央; 栗田 耕一
    第31回計測自動制御学会中国支部学術講演会,1A-4 2022年11月 口頭発表(一般)
  • 超高感度静電誘導センサを用いた腕振り動作が歩行に及ぼす影響の識別技術  [通常講演]
    栗田 耕一
    日本機械学会シンポジウム:スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2022, B-3-2 2022年11月 口頭発表(一般)
  • 追尾装置を搭載した分光計測システムを用いた脈波と血圧波の非接触センシング技術  [通常講演]
    川原宗央; 山方駿輔; 栗田耕一
    2022年度(第73回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 R22-14-02 2022年10月 口頭発表(一般)
  • 超高感度静電誘導センシング技術を用いた負荷歩行動作の非接触識別手法の開発  [通常講演]
    平野勝大; 矢野大靖; 栗田耕一
    2022年度(第73回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 R22-15-08 2022年10月 口頭発表(一般)
  • 分光脈波計測システムを用いた脈波中の個人固有のうなりの検出とAIによる個人識別  [通常講演]
    山方駿輔; 川原宗央; 栗田耕一
    2022年度(第73回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 R22-23-04 2022年10月 口頭発表(一般)
  • 静電誘導センサと AI を用いた腕振りの程度が歩行動作に及ぼす影響の評価技術  [通常講演]
    矢野大靖; 平野勝大; 栗田 耕一
    2022年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集 PS2-6 2022年08月
  • マイクロ分光器を用いた非接触血圧変動検出技術の開発  [通常講演]
    川原宗央; 山方駿輔; 栗田 耕一
    2022年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集 PS1-6 2022年08月 ポスター発表
  • 超高感度静電誘導センサと AI を用いた負荷歩行動作の識別技術  [通常講演]
    栗田耕一
    日本機械学会 第34回バイオエンジニアリング講演会 2022年06月
  • 非接触分光脈波計測と深層学習による脈波識別技術の開発  [通常講演]
    川原 宗央; 藤原 天馬; 栗田耕一
    第30回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 4C-3, 2021年11月26日 2021年11月 口頭発表(一般)
  • 高感度静電誘導とAIによる前かがみ歩行動作識別技術の開発  [通常講演]
    矢野大靖; 松本洸太; 栗田耕一
    第30回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 4C-2, 2021年11月26日 2021年11月 口頭発表(一般)
  • カスケード識別器を用いた手話動作の非接触識別技術の開発  [通常講演]
    矢野大靖; 松本洸太; 栗田耕一
    2021年度(第72回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 R21-15-12, 2021年10月23日 2021年10月 口頭発表(一般)
  • 非接触脈波計測技術を用いた個人固有の特徴の検出  [通常講演]
    藤原 天馬; 栗田 耕一
    2021年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集,PS4-7, pp.1299-1300, 2021年9月15日 2021年09月 ポスター発表
  • 静電誘導センサを用いた非接触歩行動作計測技術とAIを用いた解析  [通常講演]
    松本 洸太; 栗田 耕一
    2021年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集,PS1-5, pp.1248-1249, 2021年9月15日 2021年09月 ポスター発表
  • 超高感度静電誘導を用いた負荷歩行動作の非接触検出技術  [通常講演]
    栗田耕一
    日本機械学会2021年度年次大会,J232-06,(令和3年9月8日) 2021年09月 口頭発表(一般)
  • マイクロ分光器を用いた非接触脈波計測技術とAIによる解析  [通常講演]
    藤原 天馬; 栗田 耕一
    第29回計測自動制御学会中国支部学術講演会, pp.57-58 2020年11月 口頭発表(一般)
  • 深層学習による手話動作の非接触識別技術の開発  [通常講演]
    松本 洸太; 栗田 耕一
    第29回計測自動制御学会中国支部学術講演会, pp.55-56 2020年11月 口頭発表(一般)
  • 静電誘導センサと深層学習による入室動作識別技術  [通常講演]
    松本 洸太; 栗田耕一
    2020年度(第71回)電気・情報関連学会中国支部連合大会, R20-15-02-01 2020年10月 口頭発表(一般)
  • マイクロ分光器を用いた脈波と血圧波の非接触センシング技術  [通常講演]
    藤原天馬; 栗田耕一
    2020年度(第71回)電気・情報関連学会中国支部連合大会,R20-14-01-03 2020年10月 口頭発表(一般)
  • 分光器を用いた脈波と血圧派の非接触検出技術  [通常講演]
    高橋幸雄; 栗田耕一
    日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2019 2019年12月 ポスター発表
  • 深層学習を用いた部屋の入室動作信号による個人識別技術  [通常講演]
    松本洸太; 栗田耕一
    第28回計測自動制御学会中国支部 学術講演会 2019年11月 口頭発表(一般)
  • 非接触歩行動作計測技術を用いた歩行動作の不自由度の識別技術  [通常講演]
    栗田耕一
    第62回自動制御連合講演会 1E3-04 2019年11月 口頭発表(一般)
  • 歩行動作中の人体電位の非接触計測技術の開発  [通常講演]
    大下耕平; 久保田宇大; 栗田耕一
    2019年度(第70回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 R19-14-02-04 2019年10月 口頭発表(一般)
  • 不自由歩行動作で誘起された静電誘導電流を用いた深層学習による識別技術  [通常講演]
    栗田耕一
    2019年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集,pp. 1154-1157 2019年09月 口頭発表(一般)
  • マイクロ分光器を用いた顔表面色変動の計測技術  [通常講演]
    高橋幸雄; 栗田耕一
    2019年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集,pp. 1532-1533 2019年09月 ポスター発表
  • 歩行動作で誘起された静電誘導電流を用いた深層学習による歩行動作評価技術  [通常講演]
    栗田耕一
    電子情報通信学会2019年総合大会 2019年03月 口頭発表(一般)
  • マイクロ分光器を用いた生体の非接触脈波計測技術  [通常講演]
    高橋幸雄; 森永将太; 栗田耕一
    第27回計測自動制御学会中国支部 学術講演会 2018年12月 口頭発表(一般)
  • 手話動作により誘起される静電誘導電流の計測と解析  [通常講演]
    森永将太; 栗田耕一
    第27回計測自動制御学会中国支部 学術講演会 2018年12月 口頭発表(一般)
  • 歩行動作で誘起される静電誘導波形を用いた機械学習による歩行動作評価技術  [通常講演]
    栗田耕一
    第27回計測自動制御学会中国支部 学術講演会 2018年12月 口頭発表(一般)
  • 深層学習を用いた歩行動作の個人識別技術  [通常講演]
    栗田耕一
    計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2018 2018年11月 ポスター発表
  • 超高感度静電誘導を用いた非接触人体電位計測技術  [通常講演]
    大下耕平; 森永将太; 栗田耕一
    2018年10月 口頭発表(一般)
  • マイクロ分光器を用いた血中ヘモグロビン濃度変動の非接触計測技術  [通常講演]
    高橋幸雄; 森永将太; 栗田耕一
    平成30年度(第69回)電気・情報関連学会中国支部連合大会,R18-14-05 2018年10月 口頭発表(一般)
  • 椅子の乗り移り時に誘起される静電誘導電流波形の検出と解析  [通常講演]
    森永将太; 栗田耕一
    平成30年度(第69回)電気・情報関連学会中国支部連合大会,R18-14-06 2018年10月 口頭発表(一般)
  • 超高感度静電誘導を用いたアンビエントな不審者検出技術  [通常講演]
    栗田耕一; 森永将太
    平成29年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集,pp. 1378-1381 2018年09月 口頭発表(一般)
  • 超高感度静電誘導を用いた手の動作の非接触検出技術  [通常講演]
    森永将太; 栗田耕一
    平成30年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集,pp. 1490-1491 2018年09月 ポスター発表
  • 静電誘導を用いた日常動作中の人体電位の非接触計測技術  [通常講演]
    大下耕平; 森永将太; 栗田耕一
    第35回センシングフォーラム計測部門大会,2P1-15 2018年08月 ポスター発表
  • 人体動作により検出された静電誘導電流波形を用いた個人識別技術  [通常講演]
    本間慶裕; 森永将太; 栗田耕一
    第35回センシングフォーラム計測部門大会,2P1-16 2018年08月 ポスター発表
  • マイクロ分光器を用いた顔面皮膚の非接触計測技術  [通常講演]
    高橋幸雄; 森永将太; 栗田耕一
    第35回センシングフォーラム計測部門大会,2P1-17 2018年08月 ポスター発表
  • 静電誘導を用いた日常動作に現れる個人固有の特徴の非接触検出技術  [通常講演]
    森永将太; 栗田耕一
    第35回センシングフォーラム計測部門大会,2C1-2 2018年08月 口頭発表(一般)
  • 超高感度静電誘導型センサで検出した歩行信号のリカレンス解析  [通常講演]
    栗田耕一
    2018年電子情報通信学会総合大会,H2-7 ,pp. 183 2018年03月 口頭発表(一般)
  • 超高感度静電誘導電流検出技術を用いた人体動作の検出技術とその応用  [通常講演]
    森永将太; 栗田耕一
    平成30年電気学会全国大会,3-120, pp. 190 2018年03月 口頭発表(一般)
  • 人体動作で誘起される微弱静電誘導電流の計測技術とその応用  [通常講演]
    栗田耕一
    電気学会研究会資料 2017年11月 口頭発表(一般)
  • 部屋の入退室動作により誘起される静電誘導電流波形の解析  [通常講演]
    森永将太; 栗田耕一
    平成29年度 (第68回) 電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集 2017年10月 口頭発表(一般)
  • 日常動作により誘起される静電誘導電流に現れる個人固有の特徴  [通常講演]
    森永将太; 栗田耕一
    平成29年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集,MC3-5, pp. 946-949 2017年09月 ポスター発表
  • 高感度静電誘導型センサを用いた着座・退座動作検出技術  [通常講演]
    栗田耕一
    2017年電子情報通信学会総合大会 2017年03月 口頭発表(一般)
  • 超高感度静電誘導を用いた椅子への乗移り動作の検出  [通常講演]
    栗田耕一
    平成29年電気学会全国大会 2017年03月 口頭発表(一般)
  • 人体動作非接触検出技術を用いた個人固有の特徴の検出  [通常講演]
    栗田耕一
    シンポジウム「モバイル‘17」 2017年03月 口頭発表(一般)
  • リカレンスプロットを用いた歩行信号波形の解析  [通常講演]
    武久尚矢; 栗田耕一
    平成28年度(第67回)電気・情報関連学会 中国支部連合大会 (連合大会奨励賞受賞) 2016年10月 口頭発表(一般)
  • 前方歩行運動と後方歩行運動の際に誘起される静電誘導電流波形の比較  [通常講演]
    栗田耕一; 武久尚矢
    日本機械学会Life2016,pp. 667-669 2016年09月 口頭発表(一般)
  • 静電誘導を用いた日常動作に現れる個人固有の特徴の可視化  [通常講演]
    栗田耕一
    平成28年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集,MC3-5, pp. 946-949 2016年09月 口頭発表(一般)
  • 後方歩行運動の際に誘起される静電誘導電流波形の計測と解析  [通常講演]
    武久尚矢; 栗田耕一
    平成28年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集,PS2-2, pp. 1269-1270 2016年08月 ポスター発表
  • 歩行運動により誘起された静電誘導電流波形のリカレンスプロットを用いた解析  [通常講演]
    栗田耕一
    平成28年電気学会全国大会 2016年03月
  • 静電誘導を用いた歩行中の足裏接地面積経時変化の推定法  [通常講演]
    武久尚矢; 栗田耕一
    平成27年度(第66回)電気・情報関連学会 中国支部連合大会 2015年10月
  • 歩行運動により誘起される静電誘導電流波形の歩行速度依存性  [通常講演]
    栗田耕一; 福田朋大
    日本機械学会2015年度年次大会 2015年09月 口頭発表(一般)
  • 超高感度静電誘導電流検出法を用いた非接触・無装着人体動作検出技術  [通常講演]
    栗田耕一
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 2015年09月 口頭発表(一般)
  • 非接触歩行信号計測による運動機能推定法  [通常講演]
    栗田耕一
    平成27年電気学会 電子・情報・システム部門大会 2015年08月 口頭発表(一般)
  • 静電誘導電流波形を用いた歩行中の足裏接地面積推定法  [通常講演]
    栗田耕一; 宮川 翔太郎
    平成27年電気学会全国大会講演論文集 2015年03月 口頭発表(一般)
  • ワイヤレスセンサを用いたリアルタイム歩行動作解析システム  [通常講演]
    福田朋大; 栗田耕一
    第23回計測自動制御学会中国支部学術講演会 2014年11月 口頭発表(一般)
  • 歩行信号波形の歩行周期変動依存性  [通常講演]
    福田朋大; 栗田耕一
    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会 中国支部連合大会 2014年10月
  • 非接触歩行信号波形検出技術による歩行動作の解析  [通常講演]
    宮川翔太郎; 栗田耕一
    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会 中国支部連合大会 2014年10月
  • 静電誘導を用いた非接触人体電位計測方法  [通常講演]
    中村広樹; 栗田耕一
    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会 中国支部連合大会 2014年10月
  • 自動車運転動作の非接触検出と解析  [通常講演]
    日原大輔; 栗田耕一
    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会 中国支部連合大会 2014年10月
  • 歩行中の人体電位変動に起因する静電誘導電流検出技術  [通常講演]
    栗田耕一
    静電気学会論文集2014 2014年09月
  • 非接触歩行信号計測による運動機能推定法  [通常講演]
    栗田耕一
    平成26年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集 2014年09月
  • 静電誘導電流検出技術を用いた個人認証システム  [通常講演]
    福田朋大; 栗田耕一
    平成26年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集 2014年09月
  • 高感度静電誘導型センサを用いた歩行信号検出技術  [通常講演]
    栗田耕一
    2014年電子情報通信学会総合大会 2014年03月
  • 静電誘導センサと加速度センサを併用した歩行リハビリ支援技術  [通常講演]
    栗田 耕一
    第26回バイオエンジニアリング講演会論文集 2014年01月
  • 静電誘導型ワイヤレスセンサを用いた寝返り検出技術  [通常講演]
    栗田 耕一
    平成25年 第22回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集 2013年11月
  • 非接触無装着歩行信号検出技術とその応用  [通常講演]
    宮川翔太郎; 栗田 耕一
    平成25年 第22回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集 2013年11月
  • 高感度静電誘導型ワイヤレスセンサを用いたセキュリティ技術  [通常講演]
    福田朋大; 栗田 耕一
    平成25年 第22回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集 2013年11月
  • 日常の所作により誘起される静電誘導電流の解析と応用  [通常講演]
    日原大輔; 栗田 耕一
    平成25年 第22回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集 2013年11月
  • 静電誘導電流検出による寝床上の体動モニタリング技術  [通常講演]
    栗田 耕一
    シンポジウム:スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス2013 2013年11月 シンポジウム:スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス2013
  • 静電誘導電流検出法による車両検知技術  [通常講演]
    栗田 耕一
    平成25年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集 2013年09月
  • 静電誘導センサを用いた歩行信号検出技術とその応用  [通常講演]
    栗田 耕一
    平成25年電気学会 全国大会講演論文集 2013年03月 名古屋大学 平成25年電気学会 全国大会講演論文集
  • 静電誘導型ワイヤレスセンサを用いた人体活動量検出技術とその応用  [通常講演]
    宮川翔太郎; 栗田 耕一
    第21回計測自動制御学会中国支部 学術講演会論文集 2012年11月
  • 高感度静電誘導型ワイヤレスセンサを用いた車両速度検出技術  [通常講演]
    淵尻泰祐; 栗田 耕一
    第21回計測自動制御学会中国支部 学術講演会論文集 2012年11月
  • スポーツ動作中の接地・離地のタイミング検出技術とその応用  [通常講演]
    横島康裕; 栗田 耕一
    第21回計測自動制御学会中国支部 学術講演会論文集 2012年11月
  • 静電誘導電流検出による歩行信号検出技術  [通常講演]
    高田和希; 栗田 耕一
    第21回計測自動制御学会中国支部 学術講演会論文集 2012年11月
  • 静電誘導型ポータブルワイヤレスセンサを用いた人体活動量検出技術  [通常講演]
    栗田 耕一
    日本機会学会 第23回バイオフロンティア講演会 2012年10月
  • 静電誘導電流検出法による人物及び車両検知技術  [通常講演]
    栗田 耕一
    第29回センシングフォーラム計測部門大会~センシング技術の新たな展開と融合~ 2012年09月
  • 非接触人体活動量計測技術の開発とその応用  [通常講演]
    栗田 耕一
    平成24年電気学会電子・情報・システム部門大会 2012年09月 弘前大学 平成24年電気学会電子・情報・システム部門大会
  • 静電誘導電流検出による歩行検出技術とその応用  [通常講演]
    栗田耕一
    第32回バイオメカニズム学術講演会 2011年11月
  • 歩行に伴う足裏接地面積の時間変化は個人認証に使えるか?  [通常講演]
    栗田耕一
    第1回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム 2011年11月
  • 静電誘導型車両検出センサの開発  [通常講演]
    石川貴芳; 栗田耕一
    2011年度計測自動制御学会四国支部学術講演会 2011年11月
  • 室内人物移動検出技術の開発  [通常講演]
    仙頭直樹; 栗田耕一
    2011年度計測自動制御学会四国支部学術講演会 2011年11月
  • 携帯型スポーツ動作検出技術  [通常講演]
    山島孝仁; 栗田耕一
    2011年度計測自動制御学会四国支部学術講演会 2011年11月
  • 心電信号の非接触検出技術の開発  [通常講演]
    仲 真澄; 栗田耕一
    2011年度計測自動制御学会四国支部学術講演会 2011年11月
  • 静電誘導電流検出によるスポーツ動作中の足の接地離地のタイミング計測法の開発  [通常講演]
    栗田耕一
    シンポジウム:スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス2011講演論文集 2011年10月
  • 高知IPv6マイコンボードによるユビキタスセンシングに関する研究開発  [通常講演]
    栗田耕一; 今西孝也; 池 龍美; 野中 徹; 高橋利典; 川原尚人; 中城一明; 佐藤 学
    ICTイノベーションフォーラム2011 2011年10月
  • 非接触動作識別技術のヒューマンマシンインターフェイスへの応用  [通常講演]
    仙頭直樹; 栗田耕一
    Dynamics and Design Conference 2011 2011年09月
  • 静電誘導電流を用いたスポーツ動作検出のための新しい非接触検出技術  [通常講演]
    山島孝仁; 栗田耕一
    Dynamics and Design Conference 2011 2011年09月
  • 非接触心電信号計測技術  [通常講演]
    栗田耕一
    Dynamics and Design Conference 2011 2011年09月
  • 全学生・全教職員が活用する高知高専Gmailの運用について  [通常講演]
    今井一雅; 栗田耕一; 浜田知弥
    高等専門学校情報処理教育研究発表会論文集第31号 2011年08月
  • 全学生がiPod touchを使う高知高専の次世代ICT活用教育について  [通常講演]
    今井一雅; 栗田耕一; 浜田知弥; 村本 真; David Grant; 武内秀樹
    高等専門学校情報処理教育研究発表会論文集第31号 2011年08月
  • 全教員がiPad2を使う高知高専の次世代ICT活用教育支援について  [通常講演]
    今井一雅; 栗田耕一; 浜田知弥; 村本 真; David Grant; 武内秀樹
    高等専門学校情報処理教育研究発表会論文集第31号 2011年08月
  • 鉄道土木構造物の維持管理と温度計測技術の活用  [通常講演]
    大屋戸理明; 栗田耕一
    計測自動制御学会主催 第131回温度計測部会講演会「鉄道・自動車・航空宇宙産業における温度計測」 2011年01月
  • 2足歩行ロボットの歩行運動の非接触検出技術  [通常講演]
    栗田耕一
    2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会 2010年11月
  • 災害時の人体安否確認技術の開発  [通常講演]
    大石晃平; 栗田耕一
    2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会 2010年11月
  • 静電誘導を利用した接触摩擦現象の非接触計測技術  [通常講演]
    栗田耕一
    53回自動制御連合講演会 2010年11月
  • 静電誘導電流検出技術の人感センサーへの応用  [通常講演]
    秋月大弥; 栗田耕一
    53回自動制御連合講演会 2010年11月
  • 摩擦帯電の非接触検出技術の開発  [通常講演]
    栗田耕一
    第27回センシングフォーラム(センシング技術の新たな展開と融合) 2010年09月
  • 静電誘導現象を利用した室内人物移動検出技術の開発  [通常講演]
    栗田耕一; 今井一雅; 池 龍美; 野中 徹
    第27回センシングフォーラム(センシング技術の新たな展開と融合) 2010年09月
  • 静電誘導電流検出による非接触ヒューマンマシンインターフェイスの開発  [通常講演]
    栗田耕一
    第25回生体・生理工学シンポジウム論文集 2010年09月
  • 静電誘導電流検出による生体の呼吸・心電信号の非接触計測技術の開発  [通常講演]
    栗田耕一
    第25回生体・生理工学シンポジウム論文集 2010年09月
  • 高知IPv6マイコンボードの開発  [通常講演]
    今井一雅; 栗田耕一; 今西孝也; 池 龍美; 野中 徹; 上田真也
    平成22年度電気関係学会四国支部連合大会(愛媛大学)講演論文集 16-3 2010年09月
  • 携帯情報端末(iPod touch)1000 台導入プロジェクト -高専における次世代 ICT 活用教育に向けて-  [通常講演]
    今井一雅; 栗田耕一; デーヴィッド グラント; 成行泰裕; 村本 真; 浜田知弥
    情報処理教育研究発表会論文集第30号,第30回高等専門学校情報処理教育研究発表会 2010年08月
  • 静電誘導現象を利用した摩擦帯電量の非接触計測技術  [通常講演]
    小松誉宙; 栗田耕一
    応用物理学会中国四国支部2010年度支部学術講演会 2010年07月
  • 静電誘導を利用した微弱電流検出技術の開発  [通常講演]
    大石晃平; 栗田耕一
    応用物理学会中国四国支部2010年度支部学術講演会 2010年07月
  • 人体電位変動の非接触検出技術に基づいた新しい接触センサの提案  [通常講演]
    栗田耕一
    応用物理学会中国四国支部2010年度支部学術講演会 2010年07月
  • 独居高齢者等の安否確認システムの開発  [通常講演]
    栗田耕一; 今井一雅; 池 龍美; 野中 徹; 今西考也; 高橋利典; 川原尚人; 中城一明
    平成22年電気学会全国大会 2010年03月
  • 静電誘導電流検出技術の歩行分析への応用  [通常講演]
    栗田耕一
    第30回バイオメカニズム学術講演会 2009年11月
  • アクティブ赤外線法による構造物の遠隔剥離検知技術の実用化に関する研究  [通常講演]
    栗田耕一
    平成21年度「建設施工と建設機械シンポジウム」 2009年11月
  • 非接触心電計測技術の開発  [通常講演]
    野中大旗; 栗田耕一
    2009年度計測自動制御学会四国支部学術講演会 2009年11月
  • 非接触動作検出技術のスポーツ支援システムへの応用  [通常講演]
    小松誉宇; 安岡真; 大石晃平; 原田拓斗; 栗田耕一
    2009年度計測自動制御学会四国支部学術講演会 2009年11月
  • 次世代携帯情報端末(iPod touch)を使ったICT活用教育の可能性について  [通常講演]
    今井 一雅; 栗田 耕一; デービット・グラント; 成行 泰裕; 上田 真也; 浜田 知弥
    情報処理教育研究発表会論文集第29号、高等専門学校・情報処理教育研究委員会 2009年08月
  • 静電誘導電流検出による非接触歩行運動センシング技術の開発  [通常講演]
    濵田恒平; 大﨑友也; 西窪健太; 野中大旗; 栗田耕一; 滝沢 良; 久門 仁
    ROBOMEC 2009 2009年05月
  • 非接触歩行運動検出技術を応用した歩行リハビリテーション支援システム  [通常講演]
    大﨑友也; 西窪健太; 野中大旗; 濵田恒平; 栗田耕一
    ROBOMEC 2009 2009年05月
  • 歩行運動中の人体電位の非接触センシング技術の開発  [通常講演]
    野中大旗; 濵田恒平; 西窪健太; 大﨑友也; 栗田耕一; 滝沢 良; 久門 仁
    ROBOMEC 2009 2009年05月
  • 人体動作の非接触センシング技術を用いたマンマシンインターフェイスの開発  [通常講演]
    西窪健太; 濵田恒平; 大﨑友也; 野中大旗; 栗田耕一
    ROBOMEC 2009 2009年05月
  • 非接触人体動作検出技術を用いたモーションキャプチャ高精度化技術  [通常講演]
    栗田耕一; 西窪健太; 野中大旗; 濵田恒平; 大﨑友也
    ROBOMEC 2009 2009年05月
  • 非接触歩行センサを用いた歩行リハビリテーション支援技術  [通常講演]
    栗田耕一; 久岡卓哉; 藤田 歩; 松沢侑介
    第21回バイオエンジニアリング講演会論文集 2009年01月
  • 非接触歩行信号計測技術の開発  [通常講演]
    栗田耕一
    第29回バイオメカニズム学術講演会講演論文集 2008年10月
  • 高知高専における次世代教育用パソコンシステムの導入と運用  [通常講演]
    今井 一雅; 栗田 耕一; 西内 悠祐; 浜田 知弥; 上田 真也
    情報処理教育研究発表会論文集第28号、高等専門学校・情報処理教育研究委員会 2008年08月
  • 聴覚バイオフィードバックシステムを用いたリハビリテーション支援システムの開発  [通常講演]
    栗田耕一; 久岡卓哉; 藤田 歩; 松沢侑介
    日本機械学会年次大会講演論文集 2008年08月
  • 高知高専における次世代教育用パソコンシステムの導入と運用  [通常講演]
    今井 一雅; 栗田 耕一; 西内 悠祐; 浜田 知弥; 上田 真也
    情報処理教育研究発表会論文集第28号、高等専門学校・情報処理教育研究委員会 2008年08月
  • 光音響効果を用いた非接触インキ膜厚計の開発  [通常講演]
    栗田耕一
    平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集 2007年09月
  • ヒトの足踏み信号の非接触計測技術の開発  [通常講演]
    栗田耕一
    平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集 2007年09月
  • 遠赤外線照射を用いたアクティブ赤外線法における連続走行試験結果  [通常講演]
    田辺将樹; 菅原孝男; 栗田耕一; 戸島敦嗣
    土木学会第58回年次学術講演会 2003年09月
  • 遠赤外線照射を用いたアクティブ赤外線法による変状検出に必要な照射エネルギー  [通常講演]
    戸島敦嗣; 鳥取誠一; 石坂利一; 栗田耕一
    土木学会第58回年次学術講演会 2003年09月
  • 遠赤外線照射を用いたアクティブ赤外線法による可視画像と赤外線画像取得方法  [通常講演]
    栗田耕一; 岡井隆; 柳沢有一郎; 鳥取誠一
    土木学会第58回年次学術講演会 2003年09月
  • 遠赤外線照射法によるトンネル覆工の変状検知(その1)  [通常講演]
    吉田幸司; 鳥取誠一; 栗田耕一; 大澤純一郎
    土木学会第57回年次学術講演会 2002年09月
  • 遠赤外線照射法によるトンネル覆工の変状検知(その2)  [通常講演]
    栗田耕一; 井上政雄; 菅原孝男; 鳥取誠一
    土木学会第57回年次学術講演会 2002年09月
  • 遠赤外線照射法によるトンネル覆工の変状検知(その3)  [通常講演]
    柳沢有一郎; 古谷兼市; 東川孝治; 栗田耕一
    土木学会第57回年次学術講演会 2002年09月
  • 光加熱法によるコンクリート劣化性状調査  [通常講演]
    寺本尚夫; 栗田耕一; 柳沢栄一
    土木学会第55回年次学術講演会 2000年09月
  • 電子線照射によるPCB脱塩素技術の開発  [通常講演]
    栗田耕一; 若元郁夫; 森末明秀
    廃棄物学会 1997年10月
  • 空気の発光現象を利用した電子線モニタリング技術  [通常講演]
    栗田耕一; 若元郁夫; 森末明秀; 谷口良一
    放射線利用総合シンポジウム 1996年07月
  • 光音響効果を応用した膜厚計測技術の開発  [通常講演]
    栗田耕一
    日本機械学会 1995年06月
  • 光音響効果を利用した膜厚センサの開発  [通常講演]
    栗田耕一
    応用物理学会 1994年09月
  • 高周波プラズマ中の電子密度と温度分布  [通常講演]
    栗田耕一; 松田直彦; 加藤光男
    日本機械学会 1994年09月

所属学協会

  • 応用物理学会   計測自動制御学会   電気学会   日本機械学会   電子情報通信学会   

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 栗田 耕一
  • 科学研究費基金 基盤研究(C)
    研究期間 : 2017年04月 -2021年03月 
    代表者 : 栗田耕一
  • 高齢者の歩行能力の質を定量評価する簡便な計測システムの開発
    科学研究費基金 基盤研究(C)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 栗田耕一
  • 非接触人体検出技術を用いた独居高齢者の元気度モニタリングシステムの開発
    科学研究費補助金 基盤研究(B)
    研究期間 : 2011年04月 -2014年03月 
    代表者 : 栗田耕一
  • ホームネットワークを用いた高齢者安否確認システムと人材育成に関する研究開発
    総務省:戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)
    研究期間 : 2011年04月 -2013年03月 
    代表者 : 栗田耕一
     
    プライバシーを考慮した画像センサとフィジカルセンサ(レーダ、超音波、静電誘導等)を組み合わせたセンシングシステムを開発する。このシステムと「高知IPv6マイコンボード」を組み合わせた新しいセンサネットワークを構築し、高齢者の安否を確認するシステムを開発する。
  • 高知IPv6マイコンボードによるユビキタスセンシングに関する研究開発
    総務省:戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)
    研究期間 : 2009年04月 -2011年03月 
    代表者 : 今井一雅; 栗田耕一
  • アクティブ赤外線法による構造物の遠隔剥離検知技術の実用化に関する研究
    (社)日本建設機械化協会(JCMA):平成19年度研究開発助成
    研究期間 : 2008年01月 -2010年03月
  • 非接触歩行信号検出技術を利用したリハビリテーション支援システムの開発
    JST:地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム シーズ発掘試験 A:発掘型
    研究期間 : 2008年04月 -2009年03月 
    代表者 : 栗田耕一

産業財産権

  • 特許第7041869号・KD1315:活性度推定装置  
    近畿大学工学部, 栗田耕一, マツダ株式会社, 渡邊雅之, 道田奈々江, 岸篤秀, 西川 一男
  • 特許4813781:検査装置付クレーン  
    栗田耕一, 益本 雅典
  • 特許4929312:クレーン  
    田口 俊夫, 烏田 修之, 草野 利之, 益本 雅典, 栗田耕一
  • 特許KR Pat. No. 710093:Container  
    Koichi Kurita, Masanori Masumoto, Masato Kobayashi
  • 特許TW Pat. No. 200616879:Loading and unloading machine for container, container management system, and loading and unloading method for container  
    Koichi Kurita, Masanori Masumoto, Takashi Chikura
  • 特許US Pat. No. 7216806:Container handling apparatus, conatainer management system, and method of container handling  
    Koichi Kurita, Masanori Masumoto, Tkashi Chikura
  • 特許US Pat. No. 7216548:Crane equipped with inspection device  
    Koichi Kurita, Masanori Masumoto, Toshiyuki Kusano, Koji Uchida
  • 特許US Pat. No. 74301174:Non-destructive inspection apparatus and crane having the same  
    Koichi Kurita, Masanori Masumoto
  • 特許4243393:還元鉄の製造方法及び装置  
    栗田耕一, 石橋直彦, 岡井隆
  • 特許4241541:非破壊検査装置及び非破壊検査装置を有するクレーン  
    栗田耕一, 益本雅典
  • 特許4370126:コンテナ検査システム,コンテナ検査方法,コンテナ検査装置  
    田口俊夫, 烏田修之, 草野利之, 千蔵孝, 益本雅典, 栗田耕一
  • 特許03886875:トンネル覆工の内部欠陥検査装置  
    栗田耕一, 岡井隆
  • 特許03795001:トンネル覆工の内部欠陥検出装置  
    栗田耕一, 岡井隆
  • 特許03876149:構造物の遠隔検査方法及び遠隔検査装置  
    栗田耕一, 岡井隆
  • 特許03776794:構造物の内部欠陥検出装置  
    栗田耕一, 岡井隆
  • 特許03886798:赤外線照射装置システム  
    栗田耕一, 岡井隆
  • 特許03322606:板幅・蛇行検出方法及び装置  
    岡井隆, 栗田耕一
  • 特許03137564:ビーム照射部の監視装置  
    栗田耕一
  • 特許03229158:ビーム照射部監視装置  
    若元郁夫, 栗田耕一
  • 特許02809361:音響信号測定用開放型セル  
    栗田耕一
  • 特許02934531:インキ膜厚の非接触測定方法  
    栗田耕一

その他のリンク