KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

青井 格アオイ イタル

プロフィール

所属部署名産業理工学部 教養・基礎教育部門
職名准教授
学位文学修士
専門アメリカ文学
ジャンル各国事情/アメリカ
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/19-aoi-itaru.html
ホームページURL
メールアドレスiaoi[at]fuk.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    19世紀アメリカ小説を中心に研究しています。当時の社会状況と文学との関連に注目しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1995年, 九州大学, 文学研究科, 英語学英文学
  •  - 1987年, 九州大学, 文学部, 英語学英文学

経歴

  •   1995年,  - 2002年,  近畿大学九州工学部 講師
  •   2002年, -  近畿大学九州工学部 助教授

研究活動情報

研究分野

  • 文学, 英米・英語圏文学

研究キーワード

  • アメリカ文学

書籍等出版物

  • ロマンスの迷宮, 高島まり子, 青井 格, 共著,   2013年03月
    概要:第2部第5章「『アメリカン・ノートブックス』再考」を執筆。

講演・口頭発表等

  • 緋文字を読む者、 『緋文字』 を読む者, 青井 格, 九州アメリカ文学会第 47 回大会 (福岡),   2001年05月, 九州アメリカ文学会第 47 回大会 (福岡)
    概要:ナサニエル・ホーソーンの代表作 『緋文字』 では、 登場人物達が主人公ヘスターの胸につけられた緋文字 A の意味を読み取ろうとするが、 これは我々読者が作品 『緋文字』 の意味を読み取ろうとする行為と対応する。 これら二つのレベルの読解の交錯を追究した。
  • 「ラパチーニの娘」を読む, 青井 格, 日本ナサニエル・ホーソーン協会第22回全国大会(東京),   2003年05月, 日本ナサニエル・ホーソーン協会第22回全国大会(東京)
    概要:ナサニエル・ホーソーンの短篇「ラパチーニの娘」について、4人の研究者が発表をおこない議論し合う形のワークショップ。発表は15年3月の論文「自己パロディとしての.Rappaccini’s Daughter.」に拠ったもの。
  • Hawthorneにおける光, 青井 格, 九州アメリカ文学会第51回大会,   2005年05月, 九州アメリカ文学会第51回大会

MISC

  • 緋文字を読む者、『緋文字』を読む者, 近畿大学九州工学部研究報告, (30), 127-131,   2002年
  • 自己パロディとしての "Rappaccini's Daughter", 近畿大学九州工学部研究報告, 31, 121, 126
  • ホーソンと海―The American Notebooksに関する一考察―, 近畿大学九州工学部研究報告, 32, 123, 127
  • "The Custom-House"-序文-, 九大英文学, 37, 83, 97,   1994年
  • 廃虚を模倣する-Nathaniel Hawthorneの┣DBThe Marble Faun(/)-┫DB, 近畿大学九州工学部教養論集, 6, 3, 13, 27,   1996年
  • ある語り手の悲劇--Nathaniel Hawthorneの ┣DBThe Blithedale Romance(/)-┫DB, 九州英文学研究, 14, 45, 62,   1997年
  • 我らが精神の比喩--Nathaniel Hawthorne's The Blithedale Romance, 近畿大学九州工学部教養論集, 6, 4, 1, 18,   1997年
  • ホーソーンの『七破風の家』に見る近代と文学, 近幾大学九州工学部研究報告, 27, 119, 125,   1999年
  • 罪としてのアレゴリー、アレゴリーとしての罪-Nathaniel Hanthorneの"Young Goodman Brown"再考, 近畿大学九州工学部研究報告, 29, 211, 216,   2001年
  • Nathaniel Hawthorneの「アレゴリ」に関する考察, 九州英文学研究, 10, 69, 84,   1993年
  • 物語に光をあてる--Nathaniel Hawthorne論, 青井 格, 近畿大学産業理工学部研究報告, 2, 47, 52,   2005年07月
  • 心理から神話へ--ナサニエル・ホーソーンの「ロジャー・マルビンの埋葬」, 青井 格, 近畿大学産業理工学部研究報告, 5, 51, 56,   2006年11月
    概要:ナサニエル・ホーソーンの短編小説「ロジャー・マルビンの埋葬」において、前半の心理小説的要素が後半の神話的要素へいかに転換していくか、そしてその転換はどのような意味を持つのかを考察した。
  • 罪と裁き--Nathaniel Hawthorne作 "Young Goodman Brown" の解釈, 青井 格, 近畿大学産業理工学部 研究報告 08, 8, 23, 28,   2008年07月
    概要:Nathaniel Hawthorneの短編小説 "Young Goodman Brown" を、読者のその作品に対する解釈行為自体をテーマにした作品、つまり一種のメタ小説として「解釈」を試みた。

競争的資金

  • ナサニエル・ホーソーン研究