KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

片岡 隆之カタオカ タカユキ

プロフィール

所属部署名工学部 情報学科 / 次世代基盤技術研究所 / システム工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門経営情報学
ジャンル科学・技術/情報技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/451-kataoka-takayuki.html
ホームページURLhttp://www.hiro.kindai.ac.jp
メールアドレス
Last Updated :2017/09/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    熟練管理技術の抽出法を研究しています。具体的には推論技術であるベイジアンネットワークを用い、生産計画の策定法やビジネス営業の感性度について、結果へと至る暗黙知を見える化しています。

学歴・経歴

学歴

  • 2014年09月 - 2015年08月, ミュンヘン工科大学(客員研究員)
  • 2000年04月 - 2004年03月, 広島大学, 工学研究科, 博士課程後期
  • 1998年04月 - 1999年03月, 広島大学, 工学研究科, 博士課程前期
  • 1994年04月 - 1995年03月, 広島大学 工学研究科 博士課程前期
  • 1990年04月 - 1994年03月, 広島大学, 第Ⅱ類(電気系)経営工学課程

経歴

  •   1995年04月,  - 2005年03月, 通商産業省(現経済産業省)

研究活動情報

研究分野

  • 社会・安全システム科学, 社会システム工学・安全システム

研究キーワード

  • 経営工学

論文

  • A Multi-Period Worker Assignment Model Considering Work Elements, Skills, Learning and Forgetting, Takayuki Kataoka, Katsumi Morikawa and Katsuhiko Takahashi, Proceedings of the 24th International Conference on Production Research,   2017年08月, 査読有り
  • A Multi-Objective Optimization Model to Minimize Temporary Workers Considering the Difficulty of Tasks and the Variety of Cycle Time, Takayuki Kataoka, Katsumi Morikawa and Katsuhiko Takahashi, Asia-Pacific Journal of Industrial Management, 7, 1, 20, 29,   2017年05月, 査読有り
  • An operator assignment model in reconfigurable labour-intensive manufacturing cells, Takayuki Kataoka, Katsumi Morikawa and Katsuhiko Takahashi, Proc. Of the 17th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference, 62, 69,   2016年12月, 査読有り
  • タクシー勤務時間の効率的配置(次世代研:サービス工学研究センター事業), 谷崎 隆士, 片岡 隆之, 日本経営システム学会誌, 33, 2, 153, 158,   2016年11月, 査読有り
  • A multi-objective optimization model to minimize temporary workers considering the difficulty of tasks, Takayuki Kataoka, Katsumi Morikawa and Katsuhiko Takahashi, Proceedings of the 13th International Conference on Industrial Management, 366, 373,   2016年09月, 査読有り
  • マルチエージェントシミュレーションを用いたレストランサービスプロセスのモデル化と解析(次世代研:サービス工学研究センター事業), 谷崎隆士, 片岡隆之, 新村 猛, 日本経営システム学会誌, 32, 3, 375, 380,   2016年03月, 査読有り
  • ロジスティクス分野の生産性向上に関する先進事例調査分析, 片岡隆之,森川克己,高橋勝彦, 日本ロジスティクスシステム学会誌, 15, 1, 147, 154,   2016年03月, 査読有り
    概要:近年,我が国の経済成長におけるGDPと雇用に占めるサービス産業の割合は年々増加しており,その重要性は高まっている.一方,製造業と比較すると,サービス産業の生産性は低いことから,サービス産業の生産性向上は我が国の政策課題と位置づけられており,その生産性向上に向けた様々な取り組みが産学官で実施されている.そこで,サービス産業に関する官公庁などの各種報告書に目を向けると,各業種において質が高いと評価されているサービス事例は散見されるものの,多くの場合,項目ごとの結果しか集計されておらず,業種及び地域間に存在する関連性分析や各カテゴリーの分類にまでは至っていない.そこで本研究では,サービス工学の視点からロジスティクス分野に関連の深い運輸業・卸小売業に焦点を当て,先進事例の概要を抽出するとともに,各事例の評価項目について統計的手法を用いて検証する.さらに,これらの分析結果から,運輸業・卸小売業における特徴や関連性を抽出するとともに,生産性向上戦略について考察する.
  • A mixed integer programming model to minimize the number of operators in labour-intensive manufacturing cells, Takayuki Kataoka, Stefan Minner, Proc. Of 19th International Working Seminar on Production Economics, 233, 243,   2016年02月, 査読有り
    概要:The advantage of cellular manufacturing (CM) has been widely documented in the literature. Generally, the literature has two streams of concepts. One deals with machine-intensive cells and the other with labour-intensive cells. In the field of labour-intensive cells, a hierarchical approach based on two phases has been adopted in many previous papers even though it has some shortcomings. For instance, as the configurations of operators are limited to maximize production rates in phase 1, the total number of operators cannot be decreased for production capacities in phase 2 even if there is a decrease in production rates caused by slack cells. However, it is difficult to solve the problem by integrating the two phases because it is non-linear. Furthermore, it is indispensable for an integrated model in the field of labour-intensive cells to define distinguished operators by simultaneously considering not only products, operations and cells, but also operators. In this paper, a new integrated mixed integer programming model without phases is proposed and compared with the 2-phase model. Firstly, the integrated model based on two phases is redefined by two new decision variables. One is to consider products, operations, cells, and operators simultaneously and the other is to use the takt time instead of the production rate. Secondly, the proposed model is solved by linearizing the nonlinear equation that multiplies continuous and binary variables. Using numerical experiments, we show cases where the proposed model leads to fewer operators than the 2-phase model.
  • A comprehensive analysis to achieve sustainable production planning in uncertain environments, Takayuki Kataoka, Katsumi Morikawa and Katsuhiko Takahashi, International Journal of Japan Association for Management Systems, 7, 1, 25, 30,   2015年12月, 査読有り
  • お互いに干渉するクレーンを有するジョブショップ工程スケジューリング問題の解法(次世代研:サービス工学研究センター事業), 谷崎隆士, 片岡隆之, 日本経営システム学会誌, 31, 3, 319, 324,   2015年03月, 査読有り
  • 製品寿命を考慮した倉庫容量制約付き多品目発注計画の一解法, 片岡 隆之, 森川克己, 高橋勝彦, 日本ロジスティクスシステム学会誌, 14, 1, 5, 13,   2014年12月, 査読有り
    概要:近年,食品業界において健康被害が起こるなど,製品寿命の扱いに対して非常に厳しい視線が向けられている.しかしながら,在庫スペースに厳しい制約のある小売業等において,なおかつ寿命,賞味期限のある商品を同時に取り扱った場合の在庫管理は非常に困難である.一方,寿命制約を考慮した在庫管理政策に関する先行研究は,取り扱う商品や需要量によって様々な変数や制約に基づき,より具体的なケースについて提案しており,その条件に合った商品でしか扱えない場合が多い.そこで本論文では,寿命制約のある様々な商品に適用出来るように,既存の倉庫容量制約付き在庫管理問題手法を拡張した,多品目発注計画モデルを提案し,その有効性について検証する.
  • タクシー待機場所におけるタクシー配置台数の最適化(次世代研:サービス工学研究センター事業), 谷崎隆士, 片岡隆之, 日本経営システム学会誌, 31, 2, 201, 206,   2014年03月, 査読有り
  • 運動能力に違いがあっても“テーラーメイドゲーム映像”により誰でも参加可能な運動療法ゲームシステム(科研費:連携研究者), 田中一基, 藤野貴之, 片岡隆之, 電子情報通信学会 信学技報(研究者間でB論文に統一), 2013, 133, 233, 236,   2014年03月, 査読有り
  • ハイ・サービス日本300選企業の生産性向上戦略に対する地域・業種別調査分析, 片岡 隆之, 谷﨑隆士, 日本経営システム学会誌, 30, 3, 251, 257,   2014年03月, 査読有り
    概要:本研究では,今後の日本経済復活の一翼を担うといわれているサービス産業の生産性向上に向けて,国内の様々な先進的成功事例を多変量解析によって分析し,地域・業種ごとの経営戦略を考察する.現在,少子高齢化が進む中で,持続的な経済成長の達成に向けてサービス産業の生産性向上が重視されている.しかしながら,各業種において質が高いと評価されているサービス事例は多数紹介されているものの,それらの事例を分析し,各業種の関連性や特徴を抽出するまでには至っていない.そこで本研究では,「ハイ・サービス日本300選」に選定された企業・団体の事例に対し,数量化Ⅲ類の拡張にあたるコレスポンデンス分析と対象分類を行うクラスター分析の適用を試みる.さらに,これらの分析結果から,各地域と業種に共通する特徴や関連性を抽出し,今後注目すべき生産性向上戦略について考察する.
  • A line balancing to achieve stable performance in uncertain production environments, Takayuki Kataoka, Katsumi Morikawa and Katsuhiko Takahashi, Proc. Of 18th International Working Seminar on Production Economics, 249, 261,   2014年02月, 査読有り
  • Integrating Bayesian Estimation and Ranked Positional Weight Technique in Production Planning, Takayuki Kataoka, Masakazu Kanezashia, Katsumi Morikawa and Katsuhiko Takahashi, Proc. Of the Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference 2013, 48,   2013年12月, 査読有り
  • A Plus Alpha Model Proposal for Long-Short Portfolio Replication Based on Genetic Algorithms(院生国際学会発表), Ryosuke Goto, Yukiko Orito, Takayuki Kataoka, Proc. Of the Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference 2013, 123,   2013年12月, 査読有り
  • 配車依頼データに基づくタクシー会社のサービス生産性向上(次世代研:サービス工学研究センター事業), 谷﨑隆士, 片岡隆之, 日本経営システム学会誌, 30, 2, 141, 147,   2013年11月, 査読有り
  • Sustainable Production Planning Using the Ranked Positional Weight Technique and Bayesian Estimation, Takayuki Kataoka,Atsushi Hanafuji,Masakazu Kanezashi,Katsumi Morikawa,Katsuhiko Takahashi, International Journal of Japan Association for Management Systems, 5, 1, 25, 30,   2013年11月, 査読有り
    概要:In recent years, almost every manufacturing site has been supported by a lot of part-time, temporary, or mid-career personnel, given the poor state of the economies all over the world. However, expert managers of front-line workers have to design more complex methods of production planning, when urgent orders due to uncertain elements like a disaster are taken into consideration. Therefore, this paper proposes a sustainable production planning model using an inference methodology. The method was suggested by Mahadevan et al. in the field of architecture, and some cases of its effectiveness have been shown. In this paper, we try to incorporate that method into our sustainable production planning model. First, a work element that overflows into another process is assumed to be a “Dummy Moving Element (DME)”. Next, DME estimation analysis and improvement using Bayesian estimation are discussed. Finally, the effectiveness of our model is verified by a numerical experiment.
  • 要員配置計画におけるリスケジューリングスキルの一抽出法, 片岡隆之,金指正和,森川克己,高橋勝彦, 日本ロジスティクスシステム学会誌, 13, 1, 113, 120,   2013年09月, 査読有り
    概要:近年,環境問題やニーズの多様化など,製造業を取り巻く環境が大きく変化する中,正規社員が減少する一方,非正規社員が増加し,作業者の能力差は拡大している.さらに,変化の激しい作業現場では,仕事の質や量によって作業者を適切に割り当てる必要があるが,それには熟練した技術が必要となる.しかしながら,適切な要員配置計画は熟練者の経験や勘に頼っている部分が大きく,非熟練者にはそれが補えていないのが現状である.そこで本研究では,熟練者と非熟練者の操作履歴を収集し,その収集した操作履歴からベイジアンネットワークモデルを構築するとともに,その結果から確率推論を行うことで,熟練者との計画操作の差を考察する.さらに,その改善方策に対する追加実証実験を行い,その有効性について検証する.
  • A therapeutic exercise game system with a “tailor-made video-game image” that accommodates anyone irrespective of athletic ability(科研費:連携研究者), Kazumoto Tanaka, Takayuki Kataoka , and Takayuki Fujino, Proc. of the 24th Information Technology & Teacher Education, 1203, 1208,   2013年03月, 査読有り
  • A Comprehensive Solution in Production Planning using Bayesian Estimation, 片岡 隆之, 金指 正和, 花藤篤史, Proc. Of the Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference 2012,   2012年12月, 査読有り
  • An Information Sharing Method for Skilled Management Operations Based on Bayesian Network Inference, 片岡 隆之, 田中 一基, 金指 正和, 長谷川誠, Proceedings of The 4th International Conference on Knowledge Management and Information Sharing,   2012年10月, 査読有り
  • A Solution of Improvement in Production Planning Using Bayesian Estimation(院生国際学会発表), 花藤篤史, 片岡 隆之, 金指 正和, Proceedings of the 11th International Conference on Industrial Management, 115, 120,   2012年08月, 査読有り
  • Improvement Method of Customer Acquisition for Taxi Company(次世代研:サービス工学研究センター事業), 谷﨑 隆士, 片岡 隆之, 上田 俊介, Proceedings of the Eleventh International Conference on Industrial Management, 140, 144,   2012年08月, 査読有り
  • A Study of Improvement and Analysis Points for HRP using Bayesian Networks, 片岡 隆之, 金指 正和, 高橋勝彦 森川克己, Proceedings of The 7th International Congress on Logistics and SCM Systems, 80,   2012年06月, 査読有り
  • ベイジアンネットワークを用いた管理作業スキル推定モデルの一提案, 片岡 隆之, 金指 正和, 高橋勝彦 森川克己, 日本ロジスティクスシステム学会誌, 11, 1, 37, 44,   2011年08月, 査読有り
  • An Inference Method of Management Operations using Bayesian Networks, 片岡 隆之, 金指 正和, 高橋勝彦 森川克己, Proceedings of 21st International Conference on Production Research, 230,   2011年08月, 査読有り
  • The Effect of Self-Position and Posture Information on Reaction Time(ベイズ推定を担当), Kazumoto Tanaka, Makoto Hasegawa, Takayuki Kataoka, and Katz, L, International Journal of Computer Science in Sport, 9, 3, 4, 14,   2010年12月, 査読有り
  • 振幅限定対数ラドン変換を用いた足跡画像の照合(推定モデルを担当), 長谷川 誠, 金指 正和, 田中 一基, 片岡 隆之, 電子情報通信学会論文誌D, J93-D, 11, 2483, 2494,   2010年11月, 査読有り
    概要:振幅限定対数ラドン変換を用いて足跡画像を照合する方法を検討した.足跡画像をラドン変換し,動径に沿って振幅成分を抽出し,更に動径を対数マッピングする.変換結果は動径の平行移動に不変となり,回転,拡大縮小は平行移動となる.変換画像を用いた位相限定相関法により,足跡の平行移動,回転,拡大縮小に頑強な足跡照合が可能となる.本方法は受信者動作特性(ROC)におけるEqual Error Rateが最も低く誤認識が少ない.
  • The Inference of Human Resource Planning Operation using Bayesian Networks, 片岡 隆之, 金指 正和, 高橋勝彦 森川克己, Proceedings of the 10th International Conference on Industrial Management, 537, 542,   2010年09月, 査読有り
  • Interactive Model for Human Resource Planning In Operating a group of Different Cycle Time, 片岡 隆之, 田中 一基, 長谷川 誠, Proc. of The 21st IASTED International Conference MODELLING AND SIMULATION, 322, 329,   2010年07月, 査読有り
  • Graphical Interactive Support Tool for Human Resource Planning Using PERT Concepts, 片岡 隆之, 金指 正和, 高橋勝彦 森川克己, Proceedings of The 20th National Conference of Australian Society for Operations Research, 55.1, 55.12,   2009年09月, 査読有り
  • Mass Customization Production Planning System for Multi-process, 上野信行, 片岡 隆之, 川崎雅也, 奥原浩之, 渋木宏明, 倉本敏明, Proceedings of International Symposium on Scheduling 2009, 185, 190,   2009年07月, 査読有り
  • Coordination Model of Small Wholesalers based on Activity-Based Costing and Analytical Hierarchy Process, Takayuki Kataoka, Katsumi Morikawa, Katsuhiko Takahashi, Asia-Pacific Journal of Industrial Management, 2, 2, 11, 21,   2009年, 査読有り
  • Japanese-Style Coordination using Activity-Based Costing and Analytical Hierarchy Process in Smaller Wholesale Firms -- 2nd Report : Coordination Process and Case study --, 片岡隆之ほか, 日本ロジスティクスシステム学会誌, 9, 1, 29, 36,   2009年, 査読有り
  • Virtual Sport System for Optimum Exercising Based on a User Model(推定モデルを担当), K.Tanaka,T.Kataoka,M.Hasegawa, Lecture Notes in Computer Science, Vol.5670, 283, 290,   2009年, 査読有り
  • Reentrant Line Scheduling using Weighted Fair Queuing, 森川克己,高橋勝彦,広谷大助,片岡隆之, 日本経営工学会論文誌(英語版), Vol.60, No.3E, 183, 190,   2009年, 査読有り
  • Production Management System on the Technology Corresponding to Electromagnetic Compatibility for Electromagnetic Environment Preservation, 後藤 昌生, 片岡 隆之, Tetuji Watanabe, Proceedings of the 10th China-Japan International Conference on Industrial Management, 31, 41,   2008年09月, 査読有り
  • Coordination Model of Small Wholesalers Based on Activity-Based Costing and Analytical Hierarchy Process, 片岡 隆之, 高橋勝彦 森川克己, Proceedings of the 10th China-Japan International Conference on Industrial Management, 414, 419,   2008年09月, 査読有り
  • An Improved Ant Colony Optimization for Vehicle Routing Problem, 片岡 隆之, 金指 正和, Proceedings of 15th International Symposium on Inventories, 105,   2008年08月, 査読有り
  • Decision Support using Demand Forcasting System in Private Restaurant, 片岡 隆之, 高橋勝彦 森川克己, Proceedings of 15th International Symposium on Inventories, 160, 161,   2008年08月, 査読有り
  • Japanese-Style Coordination using Activity-Based Costing and Analytical Hierarchy Process in Smaller Wholesale Firms -- 1st Report : Questionnaires and Strategies --, 片岡隆之ほか, 日本ロジスティクスシステム学会誌, Vol.8, No.1, 63, 70,   2008年, 査読有り
  • Integrating Activity-Based Costing and Process Simulation for Strategic Human Planning, 片岡 隆之, 木村 有寿, Proceedings of International Conference on Advances in Production Management Systems, 273, 280,   2007年09月, 査読有り
  • Integrating Activity-Based Costing and Process Simulation in Human Planning Based on Workers' Skills, 片岡 隆之, 木村 有寿, Proceedings of the 19th International Conference on Production Research, 12,   2007年07月, 査読有り
  • Application of the fissiparous algorithm in the design of flexible mixed-product lines, 木村 有寿, 片岡 隆之, Proceedings of 19th International Conference on Production Research,   2007年07月, 査読有り
    概要:我々の提案する個体分裂アルゴリズムを用いたフレキシブル混合生産ラインの設計法について解説し,数値シミュレーションにより有効性を検証する.
  • Proposal of decision support using demand forecasting system In private management restaurant and case study, 片岡 隆之, Proceedings of the 8th China-Japan International Conference on Industrial Management, 920, 925,   2006年09月, 査読有り
  • 活動基準原価計算を考慮した中小卸売業における意思決定プロセスに関する研究, 片岡 隆之, 博士論文,   2004年03月
  • 地域卸売業の経営課題と今後の事業拡大方向に関する調査分析, 片岡隆之ほか, 日本経営工学会誌, Vol.54,No.1,pp.60–70,   2003年, 査読有り
  • プロセス・シミュレーションと活動基準原価計算を統合したビジネス・プロセス・リエンジニアリング・ツールとケーススタディ, 片岡隆之ほか, 日本ロジスティクスシステム学会誌, Vol.4,No.1,pp.15-28,   2003年, 査読有り
  • Strategic total coordination based on advantages of regional wholesale business in Japanese style distribution, 片岡 隆之, Proceedings of 2002 Japan-USA Symposium on Flexible Automation, 143, 146,   2002年07月, 査読有り
  • Decision support using activity-based costing for the coordination of smaller wholesale firms, 片岡 隆之, Proceedings of the 9th International Conference on Human-Computer Interaction, 353, 357,   2001年08月, 査読有り
  • Integrating activity-based costing and process simulation in business reengineering, 片岡 隆之, Proceedings of the 7th International Conference on Production Engineering, Design and Control, 283, 294,   2001年02月, 査読有り
  • 中国地域における中小卸売業の物流共同化戦略, 片岡隆之ほか, 日本ロジスティクスシステム学会誌, Vol.2, No.2, 13, 22,   2001年, 査読有り
  • Strategic decision support using activity-based costing and mathematical models in small distribution companies, 片岡 隆之, Proceedings of the 5th China-Japan International Symposium on Industrial Management, 287, 292,   2000年10月, 査読有り
  • Implementation of an activity-based costing system in a Japanese style small distribution company and proposal of benchmark, 片岡 隆之, Proceedings of the 4th International Symposium on Logistics: Logistics in the information age, 633, 638,   1999年07月, 査読有り

書籍等出版物

  • ものづくりに役立つ 経営工学の事典-180の知識-, 片岡 隆之, 分担執筆, 朝倉書店,   2014年01月
  • 生産マネジメント概論(技術編)分担執筆, ㈱文眞堂,   2009年, 978-4-8309-4658-5
  • 生産マネジメント概論(戦略編)分担執筆, ㈱文眞堂,   2010年, 978-4-8309-4672-1
  • モノづくりマネジメント便覧①ー構築・維持ー分担執筆, ㈱新技術開発センター,   2010年

講演・口頭発表等

  • 再編成可能な労働集約型セルにおけるオペレーター総数最小化モデルの研究, 橋爪琢馬,片岡隆之, 日本オペレーションズリサーチ学会 中国・四国地区SSOR予稿集,   2017年09月07日
  • ベイジアンネットワークを用いたライン設計最適化条件の感度分析, 片岡隆之,森川克己,高橋勝彦, 日本ロジスティクスシステム学会 平成29年度第20回全国大会予稿集,   2017年07月16日
  • おもてなし経営企業選のビジネス事例に基づく数量化分析とクラスター分析, 片岡 隆之,高山智行,谷崎隆士, 日本経営システム学会 第58回全国研究発表大会講演論文集,   2017年05月28日
  • 再編成可能な労働集約型セルにおけるオペレーター総数最小化モデル, 橋爪琢馬,片岡隆之, 日本経営工学会中国四国支部 第43回学生論文発表会予稿集,   2017年03月04日
  • おもてなし経営企業選のビジネス事例に基づく地域・業種別定量分析, 片岡 隆之,高山智行,谷崎隆士, 日本経営システム学会 第57回全国研究発表大会講演論文集,   2016年10月16日
  • 固定作業と作業スキルを考慮した臨時要員数最小化問題, 片岡 隆之,森川克己,高橋勝彦, 日本ロジスティクスシステム学会平成28年度第19回全国大会,   2016年06月05日
  • グループワークゲームを用いた社会人基礎力向上の経年比較, 片岡 隆之,高山智行,谷崎隆士,瀬尾 誠, 日本経営システム学会第56回全国研究発表大会,   2016年06月04日
  • ドイツの現地大学における実学教育と自動車分野研究事例紹介, 片岡 隆之, 日本ロジスティクスシステム学会中国四国支部2015年度第3回研究会,   2015年12月19日
  • グループワークゲームを用いた社会人基礎力向上の可能性評価, 片岡 隆之,高山智行,谷崎隆士,瀬尾 誠, 日本経営工学会平成27年度秋季研究大会,   2015年11月28日
  • ドイツにおける現地大学の実学教育システム及び産学連携の実態と研究事例, 片岡 隆之, 日本経営工学会中国四国支部平成27年度第1回勉強会,   2015年11月13日
  • 品種別寿命を考慮した倉庫容量制約付き多品目発注計画, 片岡 隆之,森川克己,高橋勝彦, 日本ロジスティクスシステム学会平成26年度第17回全国大会,   2014年05月
  • 非正規労働者の特性を考慮した組立ラインの要員最小化モデル, 片岡 隆之, 日本ロジスティクスシステム学会中国四国支部2014年度第4回研究会,   2014年01月
  • ハイ・サービス日本300選企業に対する地域・業種別調査分析, 片岡 隆之, 谷崎隆士, 日本経営システム学会第51回全国研究発表大会,   2013年12月
  • 運輸・卸小売業の生産性向上に関する調査分析, 片岡 隆之, 金指 正和, 森川克己, 高橋勝彦, 日本ロジスティクスシステム学会平成25年度第16回全国大会,   2013年05月
  • A therapeutic exercise game system with a “tailor-made video-game image”that accommodates anyone irrespective of athletic ability, 田中 一基, 片岡 隆之, 藤野 貴之, SITE,   2013年03月, SITE
  • ロングショートポートフォリオのレプリケーション関係に対するプラスアルファモデルの提案, 五島綾祐, 片岡 隆之, 折戸由希子, 日本経営システム学会,   2012年11月, 日本経営システム学会
  • 地域・業種別のサービス産業生産性向上に関する戦略考察, 片岡 隆之, 日本ロジスティクスシステム学会中国四国支部2012年度第2回研究会,   2012年07月, 日本ロジスティクスシステム学会中国四国支部2012年度第2回研究会
  • 資産運用能力教育支援システムに関する研究~学生向けシステムの設計開発とその効果(第3報)~, 片岡 隆之, 金指 正和, 五島綾祐, 日本経営工学会平成24年度春季研究大会,   2012年05月, 日本経営工学会平成24年度春季研究大会
  • 分枝限定法とベイズ推定を用いた緊急発注対応型生産計画改善法の一提案, 花藤篤史, 片岡 隆之, 日本経営システム学会第47回全国研究発表大会,   2011年12月, 日本経営システム学会第47回全国研究発表大会
  • ベイズ推定によるロバストネス性を考慮した生産計画法の一提案, 花藤篤史, 片岡 隆之, 近畿大学第2回サイエンスネットワーク院生サミット,   2011年11月, 近畿大学第2回サイエンスネットワーク院生サミット
  • 動的ベイジアンネットワークによる複雑システムの信頼性モデリングとその応用, 花藤篤史, 片岡 隆之, 日本経営工学会中国四国支部平成23年度第1回若手研究会予稿集,   2011年08月, 日本経営工学会中国四国支部平成23年度第1回若手研究会予稿集
  • サービス工学研究の現状と今後について, 谷﨑 隆士, 片岡 隆之, 加島 智子, 第2回サービス数学セミナー,   2011年07月, 第2回サービス数学セミナー
  • 中国地方における地域密着型のサービス工学研究への取り組み, 谷﨑 隆士, 片岡 隆之, 加島 智子, 日本経営システム学会「サービスサイエンスによる地域活性化と経営システム」研究部会,   2011年06月, 日本経営システム学会「サービスサイエンスによる地域活性化と経営システム」研究部会
  • ベイジアンネットワークを用いた要員配置計画の改善方策に関する研究, 片岡 隆之, 近畿大学大学院, 広島大学大学院, 広島大学大学院, 日本ロジスティクスシステム学会平成23年度第14回全国大会予稿集,   2011年06月, 日本ロジスティクスシステム学会平成23年度第14回全国大会予稿集
  • 中国地域で活躍するサービス工学研究, 片岡 隆之, 日本経営工学会平成23年度春季研究大会予稿集,   2011年05月, 日本経営工学会平成23年度春季研究大会予稿集
  • 遺伝的アルゴリズムを用いたナーススケジューリング問題の一解法, 田中 彰, 片岡 隆之, 日本経営工学会中国四国支部第37回学生論文発表会予稿集,   2011年03月, 日本経営工学会中国四国支部第37回学生論文発表会予稿集
  • 近畿大学におけるサービス工学研究への取り組み, 片岡 隆之, 谷﨑 隆士, 加島 智子, 伊藤 昭夫, 日本経営工学会中国四国支部平成22年度第2回若手研究会,   2011年03月, 日本経営工学会中国四国支部平成22年度第2回若手研究会
  • サービス業にも対応可能な対話型要員計画支援ツールの研究, 片岡 隆之, 日本ロジスティクスシステム学会中国四国支部2010年度第4回研究会,   2011年01月, 日本ロジスティクスシステム学会中国四国支部2010年度第4回研究会
  • 異タクト集合方式における要員配置計画支援ツールの開発, 片岡 隆之, 金指 正和, 広島大学大学院, 広島大学大学院, 日本ロジスティクスシステム学会平成21年度第12回全国大会予稿集,   2009年06月, 日本ロジスティクスシステム学会平成21年度第12回全国大会予稿集
  • 購買型MCPSとδ強制法の提案, 上野信行, 片岡 隆之, 川崎雅也, 奥原浩之, 渋木宏明, 倉本敏明, システム制御情報学会平成21年度全国大会予稿集,   2009年05月, システム制御情報学会平成21年度全国大会予稿集
  • 資産運用能力教育支援システムに関する研究~学生向けシステムの設計開発とその効果(第2報)~, 片岡 隆之, 金指 正和, 広島大学大学院, 広島大学大学院, 日本経営工学会平成21年度春季研究大会予稿集,   2009年05月, 日本経営工学会平成21年度春季研究大会予稿集
  • マスカスタマイゼーション対応型のリードタイムを考慮した多段階工程生産計画法の提案, 上野信行, 片岡 隆之, 川崎雅也, 奥原浩之, 渋木宏明, 倉本敏明, 日本経営工学会平成20年度秋季研究大会予稿集,   2008年10月, 日本経営工学会平成20年度秋季研究大会予稿集
  • マスカスタマイゼーション対応の多段階工程生産計画法の提案, 上野信行, 片岡 隆之, 川崎雅也, 奥原浩之, 渋木宏明, 倉本敏明, スケジューリング学会創立10周年記念シンポジウム予稿集,   2008年09月, スケジューリング学会創立10周年記念シンポジウム予稿集
  • 配送先を考慮した輸送用梱包材リユースシステムの多期間配送計画の立案, 石原良晃, 片岡 隆之, 金指 正和, 平木秀作, 徐 祝淇, 宿 元明, 日本ロジスティクスシステム学会平成20年度第11回全国大会予稿集,   2008年06月, 日本ロジスティクスシステム学会平成20年度第11回全国大会予稿集
  • PERT図によるグラフィカルな簡易要員計画支援ツールの開発, 片岡 隆之, 金指 正和, 高橋勝彦 森川克己, 日本ロジスティクスシステム学会平成20年度第11回全国大会予稿集,   2008年06月, 日本ロジスティクスシステム学会平成20年度第11回全国大会予稿集
  • 資産運用能力教育支援システムに関する研究~学生向けシステムの設計開発とその効果(第1報)~, 片岡 隆之, 森川克己, 日本経営工学会平成20年度春季研究大会予稿集,   2008年05月, 日本経営工学会平成20年度春季研究大会予稿集
  • 要員スキルと部品投入における確率変動の影響を考慮した稼動分析に関する研究, 片岡 隆之, 日本経営工学会平成19年度秋季研究大会予稿集,   2007年10月, 日本経営工学会平成19年度秋季研究大会予稿集
  • 組立セルの構成と運営のための個体分裂アルゴリズムを用いる作業集団支援ツール, 天田 三郎, 木村 有寿, 片岡 隆之, 日本経営工学会平成18年度秋季研究大会予稿集,   2006年11月, 日本経営工学会平成18年度秋季研究大会予稿集
  • 構造形成遺伝子を操作する個体分裂アルゴリズムを用いる混合品種ライン設計法, 天田 三郎, 片岡 隆之, 日本経営工学会平成18年度春季研究大会予稿集,   2006年05月, 日本経営工学会平成18年度春季研究大会予稿集
  • 中小卸売業における物流活動の共同化に関する研究, 片岡 隆之, 日本経営工学会平成13年度春季大会予稿集,   2001年05月, 日本経営工学会平成13年度春季大会予稿集
  • 中小卸売業の物流活動におけるコスト分析とパフォーマンス評価に関する研究, 片岡 隆之, 日本経営工学会平成12年度秋季研究大会予稿集,   2000年11月, 日本経営工学会平成12年度秋季研究大会予稿集
  • 中国地域の物流戦略について, 片岡 隆之, OR学会創立40周年記念事業第2回研究発表会,   2000年09月, OR学会創立40周年記念事業第2回研究発表会
  • 中国地域における卸売業の物流戦略, 片岡 隆之, 日本ロジスティクスシステム学会平成12年度第3回全国大会予稿集,   2000年07月, 日本ロジスティクスシステム学会平成12年度第3回全国大会予稿集

作品

  • コンピュータプログラム利用許諾(プレスプール場レイアウト支援プログラム), 片岡 隆之, 金指 正和, 高橋勝彦 森川克己, その他,   2008年03月

MISC

  • ロジスティクス分野の生産性向上に関する先進事例調査分析(再録), 片岡隆之,森川克己,高橋勝彦, 近畿大学次世代基盤技術研究所 次世代基盤技術研究所報告, 8, 129, 136,   2017年06月
  • 科学研究費助成金報告書(平成28年度)最終報告書, 片岡 隆之,   2017年03月
  • 特集「地域経済分析を大きく躍進させるRESAS」を企画して, 片岡 隆之, 日本経営工学会 経営システム誌, 26, 4, 191,   2017年01月
  • マルチエージェントシミュレーションを用いたレストランサービスプロセスのモデル化と解析(再録), 谷崎隆士, 片岡隆之, 新村 猛, 近畿大学次世代基盤技術研究所 次世代基盤技術研究所報告, 7, 101, 106,   2016年07月
  • 製品寿命を考慮した倉庫容量制約付き多品目発注計画の一解法(再録), 片岡 隆之,森川克己,高橋勝彦, 近畿大学次世代基盤技術研究所 次世代基盤技術研究所報告, 7, 107, 115,   2016年07月
  • 科学研究費助成金報告書(平成27年度), 片岡 隆之,   2016年03月
  • チョイスゲームを用いた社会人基礎力の効果測定, 片岡隆之,瀬尾 誠,高山智行,谷崎隆士, 近畿大学次世代基盤技術研究所 次世代基盤技術研究所報告, 6,   2015年06月
    概要:In this paper, effect measurements of Fundamental Competencies for Working Persons (:FCWP) using CHOICE GAME are addressed. In February, 2006, the Ministry of Economy, Trade and Industry defined the basic abilities required in working together with various people in the workplace and in the local communities as “Fundamental Competencies for Working Persons” which consist of the following three competencies (12 competency factors), (1) Ability to step forward (action); (2) Ability to think through (thinking); (3) Ability to work in a team (teamwork), at a committee comprising of intellectuals in the businesses and universities. We adopted a new card game, CHOICE GAME, into a lesson and measured the effectiveness of FCWP by questionnaires. As the result, the following 4 competency factors, (1) Initiative; (2) Ability to listen closely and carefully; (3) Ability to grasp situations; (4) Ability to control stress, were improved.
  • 科学研究費助成金報告書(平成26年度), 片岡 隆之,   2015年03月
  • 配車依頼情報に基づくタクシー会社のサービス生産性向上(再録), 谷﨑隆士, 片岡隆之, 近畿大学次世代基盤技術研究所 次世代基盤技術研究所報告, 5, 103, 109,   2014年06月
  • ハイ・サービス日本300選企業の生産性向上戦略に対する地域・業種別調査分析(再録), 片岡 隆之, 谷崎隆士, 近畿大学次世代基盤技術研究所 次世代基盤技術研究所報告, 5, 111, 117,   2014年06月
  • 科学研究費助成金報告書(平成25年度)最終報告書, 片岡 隆之,   2014年03月
  • A Comprehensive Solution in Production Planning using Bayesian Estimation(再録), 片岡 隆之, 金指 正和, 花藤篤史, 近畿大学次世代基盤技術研究所次世代基盤技術研究所報告, 4, 131, 137,   2013年06月
  • 科学研究費助成金報告書(平成24年度), 片岡 隆之,   2013年03月
  • 作業間マッチングを評価可能なスタッフスケジューリング問題の一解法, 片岡 隆之, 金指 正和, 近畿大学工学部研究報告, 47, 27, 30,   2013年
  • タクシー会社のサービス生産性向上, 谷崎 隆士, 片岡 隆之, 第49回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集, 46, 49,   2012年12月
  • ベイジアンネットワークを用いた管理作業スキル推定モデルの一提案(再録), 片岡 隆之, 金指 正和, 高橋勝彦, 森川克己, 近畿大学次世代基盤技術研究所次世代基盤技術研究所報告, 3, 101, 108,   2012年06月
  • 科学研究費助成金報告書(平成23年度), 片岡 隆之,   2012年03月
  • 動線と評価関数を用いた回避行動シミュレーションに関する研究, 片岡 隆之, 金指 正和, 近畿大学工学部研究報告, 45, 17, 20,   2011年12月
  • 地方における地域密着型のサービス工学研究 - サービス工学研究センターでの活動と今後の展望 -, 谷﨑 隆士, 加島 智子, 片岡 隆之, 知能と情報, 23, 3, 306, 311,   2011年06月
  • The Inference of Human Resource Planning Operation using Bayesian Networks(再録), 片岡 隆之, 金指 正和, 高橋勝彦, 森川克己, 近畿大学次世代基盤技術研究所次世代基盤技術研究所報告, 2, 125, 130,   2011年06月
  • 粒子群最適化と近傍探索を融合したジョブショップスケジューリング問題の一解法, 片岡 隆之, 金指 正和, 近畿大学工学部研究報告, 43, 65, 68,   2009年12月
  • 作業スキル対応型要員計画における活動基準原価計算手法とプロセスシミュレーションの融合, 片岡 隆之, 近畿大学工業技術研究所研究報告書, 8, 29, 36,   2009年02月
  • マスカスタマイゼーション対応の多段階工程生産計画システムの提案, 上野信行, 片岡 隆之, 川崎雅也, 奥原浩之, 県立広島大学経営情報学部論集, 1, 183, 192,   2009年02月
  • 医療プロセスのモデル化と患者の待ち時間短縮シミュレーションに関する研究, 片岡 隆之, 金指 正和, 田中 稔次朗 藤原 宗幸, 近畿大学工学部研究報告, 42, 27, 32,   2008年12月
  • 科学研究費補助金報告書(平成19年度), 片岡 隆之,   2008年03月
  • 科学研究費補助金報告書(平成18年度), 片岡 隆之,   2007年03月
  • 簡易ABC(活動基準原価計算)手法の提案とケーススタディ, 片岡隆之ほか, 広島大学大学院工学研究科研究報告, Vol.51,No.1,pp.47-54,   2004年

受賞

  •   2016年09月, The 13th International Conference on Industrial Management, Hiroshima, - Excellent Paper Award 受賞 -
  •   2000年09月, The 5th China-Japan International Symposium on Industrial Management -Presentation Award-

競争的資金

  • 科学研究費助成事業, 人間とロボットの共創作業を考慮したベイズ学習機能付動的ラインセル混成生産システム, 片岡 隆之
  • 公益財団法人高橋産業経済研究財団, 人とロボットの協調係数を含む再構成可能なスマート生産システムの開発, 片岡 隆之
  • 公益財団法人科学技術融合振興財団, 寄附研究, チョイスゲームによる学生と社会人との社会人基礎力向上プロセス差異分析とベイジアンネットワークに基づく診断支援ソフトの開発, 片岡 隆之
  • 科学研究費助成事業, ベイジアンネットを応用した作業者スキル適応型動的ロバスト混成生産システムの開発, 片岡 隆之
  • 科学研究費助成事業, ベイジアンネットを応用した操作者スキル適応型動的フィードバック生産システムの開発, 片岡 隆之
  • 受託研究, ベイズ推定を応用した危機管理操作における操作者スキル適応型支援エンジンの開発, 片岡 隆之
  • 受託研究, ダイバーシティマネジメントに対応可能なスキル対応型異タクト集合要員配置計画支援ツールの開発, 片岡 隆之
  • 受託研究, 製造業の生産性向上を目的とした異タクト集合要員配置計画支援ツールの開発, 片岡 隆之
  • 共同研究, プレスプール場レイアウト支援プログラム
  • 科学研究費補助金, 活動基準原価計算手法を応用したスキル対応型人材派遣要員計画スケジューラの開発, 片岡 隆之