KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

石丸 恵イシマル メグミ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 食品安全工学科 / 生物理工学研究科
職名准教授
学位博士(農学)
専門食品加工学、食品流通論、遺伝資源学
ジャンル経営・産業/農林
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/153-ishimaru-megumi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

     青果物の収穫後から消費者に届くまでの品質変化や品質制御技術について研究しています。特に、果実の軟化について、細胞壁の分解・再構築に関連する酵素について研究を進めています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1999年, 大阪府立大学, 農学研究科, 園芸農学

経歴

  •   2000年04月,  - 2010年03月, 大阪府立大学大学院(助教)
  •   2010年,  - 2012年, 近畿大学(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 生産環境農学, 園芸科学

研究キーワード

  • 細胞壁, 細胞壁分解酵素, 構造解析, ベレゾーン, 基質特異性, 組換えタンパク, 園芸利用, 果実軟化, ブドウ, 軟化, ストレス反応, 園芸利用学, 貯蔵技術, 品質保持

論文

  • Structural and functional analysis of tomato β-galactosidase 4: insight into the substrate specificity of the fruit softening-related enzyme., Masahiro Eda, Takashi Matsumoto, Tatsuji Sakamoto, Megumi Ishimaru, and Toshiji Tada, The Plant Journal, 86, 300, 307,   2016年06月, 査読有り
  • Expression, purification, crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of tomato β-galactosidase 4., Eda M, Ishimaru M, Tada T, Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications, 71, Pt 2, 153, 156,   2015年02月, 査読有り
  • Enzymatic activity and substrate specificity of the recombinant tomato β-galactosidase 1., Eda M, Ishimaru M, Tada T, Sakamoto T, Kotake T, Tsumuraya Y, Mort AJ, Gross KC, Journal of plant physiology, 171, 16, 1454, 1460,   2014年10月, 査読有り
  • Microbiological and Visual Quality of Enzymatically Peeled Baby Persimmons Stored in High CO2 Controlled Atmospheres., H. Izumi, Y. Murakami, M. Ishimaru, and Y. Ozaki , Acta Hort.,   2014年08月, 査読有り
  • Peculiarities and applications of galactanolytic enzymes that act on type I and II arabinogalactans., Sakamoto T, Ishimaru M, Applied microbiology and biotechnology, 97, 12, 5201, 5213,   2013年06月, 査読有り
  • Characterization of an exo-β-1,3-D-galactanase from Sphingomonas sp. 24T and its application to structural analysis of larch wood arabinogalactan., Tatsuji Sakamoto, Hiromasa Tanaka, Yuichi Nishimura, Megumi Ishimaru, Naoya Kasai, Appl Microbiol Biotechnol., 90, 1701, 1710,   2011年10月, 査読有り
  • Characterization of an exo-β-1,3-D-galactanase from Sphingomonas sp. 24T and its application to structural analysis of larch wood arabinogalactan, Tatsuji Sakamoto, Hiromasa Tanaka, Yuichi Nishimura, Naoya Kasai, 石丸 恵, Applied Microbiology and Biotechnology, 90, 5, 1701, 1710,   2011年06月, 査読有り
  • Changes in inner contents of ‘Kyoho’ grape berry during the growth and ripening period., T. Ban, A. Nakatsuka, K. Akaura, S. Matsumoto, M. Ishimaru and H. Itamura, Applied Horticulture, 12, 93, 96,   2010年12月, 査読有り
  • Enzymatic activity and substrate specificity of recombinant tomato beta-galactosidases 4 and 5., Ishimaru M, Smith DL, Mort AJ, Gross KC, Planta, 229, 2, 447, 456,   2009年01月, 査読有り
  • An anthocyanin regulator from grapes, VlmybA1-2, Produces reddish-purple plants, Yoshiko Koshita, 石丸 恵, Journal of the Japanese Society for Horticultural Sciences, 77, 33, 37,   2008年01月
  • Expression of three expansin genes during development and maturation of Kyoho grape berries, 石丸 恵, David L. Smith, Kenneth C. Gross, Shozo Kobayashi, Journal of Plant Physiology, 164, 12, 1675, 1682,   2007年12月, 査読有り
  • Physiological responses and quality attributes of chinese chive leaves exposed to CO2-enriched atmosphere, Yoshihiro Imahori,Yasutaka Suzuki Minako Kawagishi, Yoshinori Ueda, Kazuo Chachin, 石丸 恵, Postharvest Biology and Technology, 46, 160, 166,   2007年11月
  • )Effects of short-term exposure to low oxygen atmospheres on physical responses of sweetpotato roots, Yoshihiro Imahori, Mika Kota, Yoshinori Ueda, Kazuo Chachin, 石丸 恵, Journal of the Japanese Society for Horticultural Sciences, 76, 386, 393,   2007年07月
  • 果実軟化と細胞壁分解機構に関する研究~細胞壁分解酵素の分子生物学的アプローチ~, 石丸 恵, 日本食品保蔵科学会誌, 33, 2, 77, 83,   2007年03月
  • Effects of short-term anaerobic conditions on the production of volitiles, activity of alcohol acetyltransferase and other quality traits of ripened bananas, Wendakoon S.K., Y. Ueda, Y. Imahori, 石丸 恵, Journal of the Science of Food and Agriculture, 86, 1475, 1480,   2006年08月
  • Regulation of O2 levels in controlled atmosphere storage on the respiratory and activity of TCA cycle relates enzymes in cucumber fruit, Srilaong V., Tatsumi Y., 石丸 恵, Acta Horticulturae, 712, 661, 664,   2006年04月
  • Pathway of acetate ester formation in banana fruit pulp., Wendakoon S.K., Ueda Y., Imahori Y., Ishimaru M., Journal of Japanese Association of Food Preservation Science, 30, 17, 21,   2004年10月, 査読有り
  • Inhibition of acetate ester biosynthesis in banana (Musa sapientum L.) fruit pulp under anaerobic conditions., Wendakoon SK, Ueda Y, Imahori Y, Ishimaru M, Journal of agricultural and food chemistry, 52, 6, 1615, 1620,   2004年03月, 査読有り
  • Effects of the storage conditions of burdock (Arctium lappa L.) root on the quality of heat-processed burdock sticks., Ishimaru M., Kagoroku K., Chachin K., Imahori Y., Ueda Y., Scientia Horticulturae, 101, 1, 10,   2004年01月, 査読有り
  • ブルーベリー果実の貯蔵・流通技術の現状と今後の展望, 石丸 恵, 農業および園芸, 78, 12, 1281, 1287,   2003年12月
  • Abscisic acid and 2,4-dichlorophenoxyacetic acid affect the expression of anthocyanin biosynthetic pathway genes Kyoho grape berries., Ban T., Ishimaru M., Kobayashi S., Shiozaki S., Goto-yamamoto N., Journal of Horticultural Science & Biothecnology, 78, 586, 589,   2003年10月, 査読有り
  • Regulation of fermentative metabolism in tomato fruit under low oxygen stress., Imahori Y., Matsushita K., Kota M., Ueda Y., Ishimaru M., Chachin K., Journal of Horticultural Science & Biothecnology, 78, 386, 393,   2003年06月, 査読有り
  • Aliphatic and aromatic alcohol acyltranferase from melon (Cucumis melo L. cv. Prince Melon)., Khanom M., Ueda Y., Imahori Y., Ishimaru M., Noichinda S., Applied Biological Science, 7, 71, 83,   2003年04月, 査読有り
  • カキ‘刀根早生’果実のβ-D-galactosidaseの部分精製とその特性, 石丸 恵・茶珎和雄・上田悦範, 日本食品保蔵科学会誌, 29, 6, 323, 327,   2003年03月, 査読有り
  • HPLCによるブルーベリー果実およびジャム中のアントシアニンの分析., 伴 琢也・石丸 恵・於勢貴美子・山口雅篤・植田尚文, 日本食品保蔵科学会誌, 29, 3, 153, 157,   2003年02月, 査読有り
  • Relationship between volatiles and other factors indicating quality of melon (Cucumis melo cv. Prince Melon) during fruit development and storage., Khanom M., Ueda Y., Ishimaru M., Scientific Report of Graduate School of Agriculture & Biological Sciences, Osaka Prefecture University, 55, 7, 14,   2003年01月, 査読有り
  • 脱渋方法の異なるハウスカキ‘刀根早生’果実のβ-D-galactosidase活性の変化と軟化の関係., 石丸 恵・茶珎和雄・上田悦範, 日本食品保蔵科学会誌, 29, 2, 89, 93,   2003年01月, 査読有り
  • Physiological response and quality attributes of Japanese pear Kosui fruit kept in low oxgen atmospheres., Imahori Y., Kishioka I., Uemura K., Yoshioka H., Ueda Y., Ishimaru M., Chachin K., Journal of Horticultural Science & Biotechnology, 77, 677, 682,   2002年12月, 査読有り
  • Myb-related genes of the Kyoho grape (Vitis labruscana) regulated anthocyanin biosynthesis., Kobayashi S., Ishimaru M., Hiraoka K., Honda C., Planta, 215, 924, 933,   2002年10月, 査読有り
  • Expression of a xyloglucan endo-transglycosylase gene is closely related to grape berry softening., 162, 621, 628,   2002年09月, 査読有り
  • Regulation of ethanolic fermentation in bell pepper fruit under low oxygen stress., Imahori Y., Kota M., Ueda Y., Ishimaru M., Chachin K., Postharvest Biology & Technology, 25, 159, 167,   2002年08月, 査読有り
  • ‘平核無’と‘富有’カキ果実のペクチン質およびへミセルロースの変化と軟化との関係., 石丸 恵・茶珎和雄・和田安規・上田悦範, 日本食品保蔵科学会誌, 28, 3, 119, 125,   2002年06月, 査読有り
  • Comparison of UDP-glucose:flavonoid 3-O-glucosyltransferase (UFGT) gene sequences between white grapes (Vitis vinifera) and their sports with red skin., Kobayashi S., Ishimaru M., Ding CK., Yakushiji H., Goto N., Plant Science, 160, 543, 550,   2001年12月, 査読有り
  • 脱渋方法の異なるカキ‘平核無'果実のペクチン質およびへミセルロースの変化と軟化との関係, 石丸 恵・茶珎和雄・和田安規・上田悦範, 日本食品保蔵科学会誌, 27, 4, 197, 204,   2001年06月, 査読有り
  • ハウスカキ‘刀根早生’果実のCO2脱渋におけるCO2濃度の漸次低下処理がエチレン生成に及ぼす影響., 石丸 恵・森岡 啓・山本貴司・上田悦範・茶珎和雄, 園芸学会雑誌, 68, 4, 890, 896,   1999年12月, 査読有り
  • ハウスカキ‘刀根早生’果実のCO2脱渋におけるCO2濃度の漸次低下処理が果実硬度に及ぼす影響., 石丸 恵・山本貴司・茶珎和雄, 園芸学会雑誌, 67, 5, 812, 814,   1998年10月, 査読有り
  • Effects of on-tree removal of astringency by ethanol treatment on β-D-galacosidase gene expression of Japanese persimmon Tonewase fruit., Ishimaru M., Kobayashi S., Imahori Y., Ueda Y., Applied Biological Science, 4, 77, 83,   1998年10月, 査読有り
  • カットレタスおよびカットキャベツのアスコルビン酸含量に及ぼす次亜塩素酸ナトリウム処理の影響, 石丸 恵・今堀義洋・辰巳保夫・茶珎和雄, 日本食品保蔵科学会誌, 24, 4, 243, 247,   1998年06月, 査読有り

書籍等出版物

  • 食品加工・保蔵学, 石丸 恵, 分担執筆,   2017年07月
  • 地球変動研究の最前線を訪ねる, 小川利紘,及川武久,陽 捷行, 石丸 恵, 共著, 清水弘文堂,   2010年02月

講演・口頭発表等

  • 青果物の収穫後の高温環境による生理化学変化とその利用, 石丸 恵, 日本食品保蔵科学会第66回大会,   2017年06月24日, 招待有り
  • 食の安全・安心について考える~リスク評価・管理からリスクコミュニケーションまで~, 泉 秀実, 石井 營次, 石丸 恵, 第8回食の安全シンポジウム(和歌山県・近畿大学生物理工学部食品安全工学科),   2011年01月, 第8回食の安全シンポジウム(和歌山県・近畿大学生物理工学部食品安全工学科)
    概要:パネルディスカッション「食の安全・安心について考える~リスク評価・管理からリスクコミュニケーションまで~」において、コーディネーターを務めた。
  • 酵素剥皮およびナイフ剥皮されたカットカキの微生物叢と品質, 泉 秀実, 村上ゆかり, 足立卓弥, 石丸 恵, 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会第60回大会,   2011年06月, 日本食品保蔵科学会第60回大会
    概要:酵素剥皮行程中のカットカキの微生物叢を把握し,ナイフ剥皮されたカットカキと微生物汚染度および品質を比較した。
  • 殺菌処理後にactiveMAP貯蔵されたカットニンジンおよびダイコンの微生物的品質と貯蔵性, 泉 秀実, 三木秀基, ヴァラコン リーラヴォラヴォン, 村上ゆかり, 石丸 恵, 日本食品保蔵科学会第60回大会,   2011年06月, 日本食品保蔵科学会第60回大会
    概要:カットニンジンとダイコンに適した抗菌剤の組合わせで殺菌処理後に,高二酸化炭素を充填するactiveMAP貯蔵を行い,10℃貯蔵中の微生物的品質と貯蔵性を評価した。
  • トマトβ-ガラクトシダーゼ (TBG) 4の結晶化, 石丸 恵, 枝 真広,多田俊治, 日本食品保蔵科学会,   2011年06月, 日本食品保蔵科学会
  • バナナ果実(cv. Senorita) におけるアミノ酸からアルコール残酸基の供給経路の解明, ウェンダコーン S.K., 石丸 恵, 上田悦範, 日本食品保蔵科学会,   2011年06月, 日本食品保蔵科学会
  • 殺菌処理後にactiveMAP貯蔵されたカットレタスおよびカットホウレンソウの微生物的品質と貯蔵性, 泉 秀実, ヴァラコン リーラヴォラヴォン, 三木秀基, 田口佳秀, 石丸 恵, 日本食品保蔵科学会第60回大会,   2011年06月, 日本食品保蔵科学会第60回大会
    概要:カットレタスとホウレンソウに適した抗菌剤で殺菌処理後に,高二酸化炭素を充填したactiveMAP 貯蔵を行い,貯蔵中の微生物的品質と貯蔵性を調査した。

MISC

  • Effects of continuous exposure to 100% CO2 or a combination of 100% CO2 and its gradual reduction to 0% on ethylene production in Japanese persimmon 'Tonewase' fruit, Megumi Ishimaru, Takashi Yamamoto, Akira Morioka, Yoshinori Ueda, Kazuo Chachin, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 68, 890, 896,   1999年07月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0032787725&origin=inward
    概要:Immature and mature Japanese persimmon 'Tonewase' fruit were treated with 1) 100% CO2 for 24 hr (control) or 2) 100% CO2 for 17 hr and gradual reduction to 0% CO2 for 7 hr (combination treatment) to remove their astringency; a third group was left untreated. The levels of 1-aminocyclopropane-1-carboxylic acid (ACC) and ACC synthase and ACC oxidase activities in their extracts were analyzed. The effects of adding catechin and bovine serum (BSA) separately to the extraction medium on the enzyme activities were also determined. 1. The ACC content in immature untreated and control fruit rapidly increased during storage at 20 °C, whereas that in fruits exposed to the combination treatment remained low during storage. Mature treated fruits responded similarly to the immature treated ones. 2. The ACC synthase activity of immature fruit exposed to the combination treatment remained very low compared to the untreated and control fruit. The ACC synthase activity of immature fruit was significantly inhibited by the combination treatment compared to that of mature fruit. 3. The ACC oxidase activity in both immature and mature fruit was less inhibited by the combination treatment, compared to ACC synthase activity. 4. The ACC synthase activity was inhibited by the addition of catechin in the extraction medium but it was promoted by the addition of BSA. These results indicate that the inhibition of ethylene evolution by Japanese persimmon 'Tonewase' with 100% CO2 for 24 hr or the combination treatment in which CO2 is reduced to 0% may be attributed to the blockage of S-adenosylmethionine conversion to ACC.
  • ハウスカキ'刀根早生'果実のCO2の脱渋におけるCO2濃度の漸次低下処理がエチレン生成に及ぼす影響, 石丸 恵, 山本 貴司, 森岡 啓, 上田 悦範, 茶珍 和雄, 園芸学会雑誌, 68, 4, 890, 896,   1999年, 10.2503/jjshs.68.890
  • Effects of the combination of continuous exposure and gradual reduction of carbon dioxide (CO2) on the firmness of Japanese persimmon 'Tonewase' fruit, Megumi Ishimaru, Takashi Yamamoto, Kazuo Chachin, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 67, 812, 814,   1998年09月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0032464185&origin=inward
    概要:Two experiments were conducted to test the effects of exposing Japanese persimmon 'Tonewase' fruit harvested at different maturies to varying concentrations of carbon dioxide on firmness, the evolution of ethylene and respiration: In Phase I, the fruits were exposed to ambient air and to 100% carbon dioxide for 24 hr (control) and subsequently stored at 20 °C. In Exp. I, Phase I was repeated on immature fruit and the third treatment was added in which the carbon dioxide concentration was decreased from 100% to 0% after 17 hr. In Exp. II, the procedure was similar to that in Exp. I, except that more mature fruits were used and the carbon dioxide concentration was reduced from 100% to 0% after 6, 12 and 20 hr. 1. The fruits of the Japanese persimmon 'Tonewase' exposed to ambient air and those treated continuously with 100% carbon dioxide softened equally fast and ripened within 6 days. 2. Slightly immature fruits exposed to air and 100% carbon dioxide softened as in Phase I, whereas those exposed to 100% carbon dioxide for 17 hr were still firm after 2 weeks in storage. 3. Fruits exposed to air and 100% carbon dioxide softened as did those in Phase I, whereas those exposed to 100% carbon dioxide for 6, 12 and 20 hrs maintained their firmness longer during storage.
  • ハウスカキ'刀根早生'果実の樹上脱渋処理がB-D-galactosidase遺伝子の発現に及ぼす影響, 4, 77, 83,   1998年
  • ハウスカキ'刀根早実'果実のCO2脱渋におけるCO2濃度の漸次低下処理が果実硬度に及ぼす影響, 石丸 恵, 山本 貴司, 茶珍 和雄, 園芸学会雑誌, 67, 5, 812, 814,   1998年, 10.2503/jjshs.67.812

特許

  • 植物親和性材料およびその利用, 石丸 恵・古薗 勉・河邉カーロ和重, 特願2017-3695

受賞

  • 日本食品保蔵科学会奨励賞(2006)

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 青果物の長距離輸送におけるストレス処理を利用した品質保持技術の検討並びに評価, 山内直樹
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 果実軟化機構の分子構造基盤研究:トマト果実をモデルとして, 石丸 恵, 本研究課題は,トマト果実をモデルとして果実の発育・成熟過程における細胞壁分解酵素の一つであり,トマト果実の軟化に重要な役割を果たしていると考えられるβ-ガラクトシダーゼについて,酵素特性や基質認識機構を明らかにすることを目的とした.トマトβ-ガラクトシダーゼ(TBG)4は果実軟化に重要な役割を果たしているため,酵母による発現系を構築し,X線結晶構造解析を行った.その結果,植物では初めてβ-ガラクトシダーゼの構造を明らかにすることができた.また,TBG1の酵素特性も明らかにし,TBG4とは異なる基質特異性を持つことを明らかにした.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 園芸作物の品質に及ぼすストレス処理の影響と新たな貯蔵技術の確立, 山内 直樹, 本研究はストレス処理(高温,エタノール,UV-B,過酸化水素)による園芸作物の貯蔵中における品質保持効果について,生理・生化学・分子生物学的側面から追究し,各作物に最適なストレス処理についての検討を行った.得られた結果から,ストレス処理による活性酸素生成と消去システム活性化,エチレン生成制御および内容成分保持が貯蔵中の品質保持効果につながっていることを解明するとともに,ストレス処理が新たな貯蔵技術の発展に寄与する可能性を持つものと推察した.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ブドウ果実の成熟過程における果実軟化機構の分子細胞生物学的アプローチ, 石丸 恵, 本研究は, ブドウ果実の成熟過程に起こる急速な軟化現象を細胞壁構造と細胞壁分解酵素遺伝子の発現から明らかにしようと試みたものである.その結果, ブドウ果実の内部の組織の違いにより軟化過程の速度もしくは構造変化が異なること, ベレゾーン期の急速な軟化は細胞壁のヘミセルロース, 特にキシログルカンの低分子化によって起こるであることが明らかとなった.今後組換えタンパクなどを用いて詳細に調査する必要がある.
  • ブドウ果実の成熟関連遺伝子の単離と解析
  • メロン果実の香気生成酵素遺伝子の単離と解析

その他

  •   2015年04月, バイオマテリアルを応用した新規接ぎ木技術の開発とメカニズムの解明, 近畿大学学内研究助成金 21 世紀研究開発奨励金(共同研究助成金) KD04 研究内容:当該研究課題は,ハイドロキシアパタイト(HAp)ナノ粒子複合体を用いた種々の医療用生体材料による果樹の接ぎ木活着率の向上および活着期間の短縮を目的とした効率的接ぎ木技術の開発とそのメカニズムの解明を目指す.

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 食品生物学実験, 近畿大学
  • 食品安全工学実験, 近畿大学
  • 食品加工実習, 東京農工大学,大阪大谷大学,羽衣国際大学
  • 食品加工学, 近畿大学,東京農工大学,大阪大谷大学
  • 食品流通論, 近畿大学
  • 遺伝資源学, 近畿大学
  • 植物生理学, 近畿大学