KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

谷川 大輔タニカワ ダイスケ

プロフィール

所属部署名工学部 建築学科 / システム工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門歴史意匠学
ジャンル文化/現代建築
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1146-tanikawa-daisuke.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    国内外の建築家について、また建築家の設計した建物について。特にデザイン的特徴と社会的・歴史的意義について。「芸術」としての建築について、また今時の若者が考える建築像について。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>

    ●2017/1/26
    中国新聞
     地方における定住者促進について

学歴・経歴

学歴

  •  - 2004年, 東京工業大学, 工学研究科, 建築学専攻
  •  - 1997年, 東京理科大学, 工学部, 建築学科

経歴

  •   2012年04月,  - 現在, 近畿大学(講師)
  •   2007年04月,  - 2010年03月, 東京理科大学(助教)
  •   2006年04月,  - 2007年03月, 東京理科大学(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 建築史・意匠

研究キーワード

  • 建築設計論

論文

  • 公立博物館建築の設計論における地域との関わりをもつ主題とその具体化公立文化施設の設計論における領域構成による地域性とビルディングタイプ (1), 谷川 大輔, 日本建築学会計画系論文集, 80, 718, 2843, 2853,   2015年12月, 査読有り

書籍等出版物

  • アフォリズム・篠原一男の空間言説, 鹿島出版会,   2004年, 4-306-004436-X
  • 宮脇檀の住宅 1964-2000, TOTO出版,   2000年

講演・口頭発表等

  • 『ル・コルビュジエ全作品集』における工業化に関する言説の研究 作品解説における生産方法及び美学・情緒に着目した分析, 日本建築学会学術講演会,   2007年
  • アントニン・レーモンド設計の木造住宅作品の居間における開口部要素の変遷, 日本建築学会学術講演会,   2007年
  • マルセイユ・ユニテ・ダビタシオンの住居ユニットに着目した設計過程の考察, 日本建築学会学術講演会,   2007年
  • 戦中・戦後の建築雑誌に掲載された諸外国の工業化住宅に関する研究, 日本建築学会学術講演会,   2007年

MISC

  • 現代日本の建築家の設計論における都市環境認 建築設計論における社会的枠組みに関する研究(3), 谷川 大輔,加藤 拓郎,奥山 信一, 日本建築学会計画系論文集, 73, 630, 1699, 1706,   2008年
  • 市庁舎建築の設計論における領域構成からみた地域性建築設計論における社会的枠組みに関する研究(2), 奥山信一, 日本建築学会計画系論文集学会計画系論文集, 595, 25, 32,   2005年
  • 現代日本の建築家の設計論における社会的枠組みとしての都市環境に関する研究, 東京工業大学・博士論文,   2006年
  • 戦後「新建築」誌での商業建築の設計論における外形表現からみた都市認識, 塩崎太伸、奥山信一, 日本建築学会計画系論文集学会計画系論文集, 600, 57, 64,   2006年

競争的資金

  • 現代日本の建築家の設計論における社会的枠組みとしての都市環境に関する研究, 戦後の日本において建築家によって著された多様な論説の中から、都市環境論、および公共建築、市庁舎建築、商業建築に関する設計論として位置づけられる論考を、特に建築家の建築設計における社会的枠組みとしての都市環境に関する認識の意味の広がりを捉える重要な論考として取り上げ、それらを相対的に検討することから、建築家が都市環境における建築を設計する際に建築と都市環境との接点をどのように捉え、具体化に結びつけているかといった建築家の建築設計における社会的枠組みとしての都市環境に関する認識の一端を明らかにすることを目的とするもの