KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

谷川 大輔タニカワ ダイスケ

プロフィール

所属部署名工学部 建築学科 / システム工学研究科 / 次世代基盤技術研究所
職名准教授
学位博士(工学)
専門歴史意匠学
ジャンル文化/現代建築
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1146-tanikawa-daisuke.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/06/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    国内外の建築家について、また建築家の設計した建物について。特にデザイン的特徴と社会的・歴史的意義について。「芸術」としての建築について、また今時の若者が考える建築像について。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>

    ●2017/1/26
    中国新聞
     地方における定住者促進について

学歴・経歴

学歴

  •  - 2004年, 東京工業大学, 工学研究科, 建築学専攻
  •  - 1997年, 東京理科大学, 工学部, 建築学科

経歴

  •   2017年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2012年04月,  - 2017年03月, 近畿大学(講師)
  •   2007年04月,  - 2010年03月, 東京理科大学(助教)
  •   2006年04月,  - 2007年03月, 東京理科大学(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 建築史・意匠
  • 建築学, 都市計画・建築計画

研究キーワード

  • 現代日本の建築家の設計論, 歴史的建造物の保存活用, 空き家再生による地方創生, 中山間地域における移住定住

論文

  • 公立博物館建築の設計論における地域との関わりをもつ主題とその具体化公立文化施設の設計論における領域構成による地域性とビルディングタイプ (1), 谷川 大輔, 日本建築学会計画系論文集, 718, 2843, 2853,   2015年12月, 査読有り

書籍等出版物

  • アフォリズム・篠原一男の空間言説, 鹿島出版会,   2004年, 4-306-004436-X
  • 宮脇檀の住宅 1964-2000, TOTO出版,   2000年

講演・口頭発表等

  • 『ル・コルビュジエ全作品集』における工業化に関する言説の研究 作品解説における生産方法及び美学・情緒に着目した分析, 日本建築学会学術講演会,   2007年
  • アントニン・レーモンド設計の木造住宅作品の居間における開口部要素の変遷, 日本建築学会学術講演会,   2007年
  • マルセイユ・ユニテ・ダビタシオンの住居ユニットに着目した設計過程の考察, 日本建築学会学術講演会,   2007年
  • 戦中・戦後の建築雑誌に掲載された諸外国の工業化住宅に関する研究, 日本建築学会学術講演会,   2007年

作品

  • 東広島市福富町星降るテラス, 谷川 大輔, 芸術活動

MISC

  • 現代日本の地域集会施設の設計論における地域との接点領域, 井上 翔太, 谷川 大輔, 日本インテリア学会論文報告集, 27, 47, 54,   2017年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40021192355
  • 地域集会施設の建築設計論における地域と接点をもつ主題とその具体化, 井上 翔太, 峠 昇汰, 谷川 大輔, 日本建築学会計画系論文集, 82, 731, 71, 81,   2017年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005308887
    概要: This study is to illustrate thought on regionality from the point of view of space composition in design theories on Public Hall by contemporary Japanese architects, Through the investigation of their published articles after the Second World War. Public Hall is important to local communities as "open regionalism facilities". After the Great East Japan Earthquake, The designers of public architecture need to think for the local community. Recently, Public architecture was developed every major application (Building types). So, The thinking about the relationship between architecture and regions is the most important for the contemporary Japanese architects. Therefore, this report were described about the thinking of relationship between architecture and regions on design theories on Public Hall. Further after this paper, the some design theories of several building types (Public Museum, Public Theater, Public Hall, Public Library, etc.) are going to be compared.
     Firstly, the contents each design theory on Public Hall were analyzed, and several descriptions of “The subject” were extracted (Fig. 1). Next, the meaning of these comments was analyzed by applying the method created by Jiro Kawakita. Then, there were drawn a relationship diagram and 5 groups of meaning were found (Fig. 2). Next, those meanings were divided into two different groups (Fig. 2) ; “Phenomenon value” and “Physical value”. Then, the change of that relationship in terms of time was analyzed (Table 1).
     Secondly, the contents each design theory were analyzed again, and several descriptions of “The Realization by space composition” were extracted. And the space compositions were analyzed. So, these were classified into 2 space compositions (Table 2); “Singular area” and “Plural areas”. Then Singular area was classified into 3 areas; “Inside”, “Exterior” and “Outside”. So Plural areas were classified into 2 areas; “In site” and “Out site”. “In site” is things that have no relationship with “Out site”. “Out site” is things that have relationship with “Out site”. Furthermore each Plural areas were classified into 2 areas more ; “Adjacency” and “Non-adjacency”. As a result, “Plural areas” is the most large (Table 2). Then, the change of that relationship in terms of time was considered (Table 3).
     Finally, Between “The subject” and “The Realization by space composition” were analyzed (Table 4). Then, Relationships of “Phenomenon value and Plural areas” are large. Next, from the detailed analysis, 3 Patterns were found (Table 5). (1) The subjects with Phenomenon value, “Base of a group activity - Creation of much activity” and “Free space - Opening to a citizen”, are represented by “In site-Adjacency”. (2) The subjects with Phenomenon value, “Construction of the community - Solution to social problem”, are represented by “Exterior”. (3) The subjects with Physical value, “Continuation with the natural scenery”, are represented by relationship by “Out site-Non-adjacency”. Further, the change of that relationship in terms of time was considered (Table 6). So, The thought on regionality of the designers of Public Hall has changed from around 2000.
     Consequently, a definite meaning about thought on regionality in design theories on Public Hall was found. In this particular study, we have pointed out the design ideas of contemporary Japanese architects about public architecture after Second World War.
  • 現代日本の公立図書館の設計論における地域との接点領域, 檜垣 政宏, 井上 翔太, 谷川 大輔, 日本インテリア学会論文報告集, 26, 63, 70,   2016年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020827994
  • 現代日本の公立劇場・ホールの設計論における主題とその具体化, 井上 翔太, 谷川 大輔, 日本建築学会計画系論文集, 81, 725, 1503, 1513,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005254703
    概要: This study is to illustrate thought on regionality from the point of view of space composition in design theories on Public Theater by contemporary Japanese architects, Through the investigation of their published articles after the Second World War. Public Theater is important to local communities as "New open space". After the Great East Japan Earthquake, The designers of public architecture need to think for the local community. Recently, Public architecture was developed every major application (Building types). So, The thinking about the relationship between architecture and regionality is the most important for the contemporary Japanese architects. Therefore, this study is described about the thinking of relationship between architecture and regionality on design theories on Public Theater. Further after this paper, the some design theories of several building types (Museum, Theater, Public Hall, Library, etc.) are going to be compared.
     Firstly, the contents each design theory on Public Theater were analyzed, and several descriptions of “The subject on regionality” were extracted(Fig. 1). Next, the meaning of these comments was analyzed by applying the method created by Jiro Kawakita. Then, there were drawn a relationship diagram and 7 groups of meaning were found (Fig. 2). Next, those meanings were divided into two different types (Fig. 2); “Phenomenon value and Physical value” and “Universality and Locality”. Then, the change of that relationship in terms of time was analyzed (Table 1).
     Secondly, the contents each design theory were analyzed again, and several descriptions of “The Realization by space compositon” were extracted. And the space compositions were analyzed. So, these were classified into 2 space compositions (Table 2); “Singular area” and “Plural areas”. Then Singular area was classified into 3 areas; “Inside”, “Exterior” and “Outside” (Table 3). So Plural areas were classified into 2 areas; “In site” and “Out site”. “In site” is things that have no relationship with “Out site”. “Out site” is things that have relationship with “Out site”. As a result, “Inside” is the most large (Table 4). And “Exterior-Out site” is large. Then, the change of that relationship in terms of time was considered (Table 5).
     Finally, Between “The subject on regionality” and “The Realization by space composition” were analyzed (Table 6). Then, Relationships of “Phenomenon value and Singular area” and “Physical value and Plural areas” are large. Next, from the detailed analysis, 3 Patterns were found (Table 7). (1) The subjects with Phenomenon value, “Art culture”, are represented by “Inside”. (2) The subjects with Phenomenon value, “Life culture”, are represented by “Exterior”. (3) The subjects with Physical value, “Continuation with neighboring scenery”, are represented by relationship between “Exterior” and “Out site”. Further, the change of that relationship in terms of time was considered (Table 8). So, The thought on regionality of the designers of Public Theater has changed from around 2000.
     Consequently, a definite meaning about thought on regionality in design theories on Public Theater was found. In this particular study, we have pointed out the design ideas of contemporary Japanese architects about public architecture after Second World War.
  • BCS賞受賞作品探訪記(5)第二六回受賞作品(一九八五年) 国立能楽堂, 谷川 大輔, 建設業界, 1, 10, 42, 46,   2011年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019036875
  • BCS賞受賞作品探訪記(4)第一四回受賞作品(一九七三年) 平安神宮会館, 谷川 大輔, 建設業界, 1, 9, 44, 48,   2011年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019036867
  • BCS賞受賞作品探訪記(3)第一六回受賞作品(一九七五年) 日本学士院会館, 谷川 大輔, 建設業界, 1, 8, 42, 46,   2011年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018961762
  • BCS賞受賞作品探訪記(2)第六回受賞作品(一九六五年) 神戸ポートタワー, 谷川 大輔, 建設業界, 1, 7, 42, 46,   2011年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018927943
  • 創造都市時代における新しい公共空間の可能性, 谷川 大輔, 建築雑誌, 126, 1614,   2011年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008464922
  • 9289 マルセイユ・ユニテ・ダビタシオンの適正規模に着目した住居ユニットの面積構成比に関する研究 : 実現した5つのユニテ・ダビタシオンを通して(作家論・作品論(2),建築歴史・意匠), 大村 李恵, 筆野 望, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2009, 577, 578,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981980
  • 9290 マルセイユ・ユニテ・ダビタシオンの金属製床構造における設計過程の考察 : ル・コルビュジエとジャン・プルーヴェの協同(その4)(作家論・作品論(3),建築歴史・意匠), 遠藤 僚, 米倉 夏, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2009, 579, 580,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981981
  • 9291 ル・コルビュジエによるアーメダバドの文化センター・美術館の設計過程の考察 : 展示空間の採光方法に着目して(作家論・作品論(3),建築歴史・意匠), 田口 亮太, 木下 康理, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2009, 581, 582,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981982
  • 9292 「識別」の概念の適応に着目したチャンディガール都市計画におけるオープンハンドの考察 : 図面整理と実測調査を通して(作家論・作品論(3),建築歴史・意匠), 飯田 寿一, 山名 善之, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2009, 583, 584,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981983
  • 9297 ジャン・プルーヴェの組立住宅におけるポルティークの材料に着目した接合部の比較考察(作家論・作品論(4),建築歴史・意匠), 出間 由美, 渡辺 裕輔, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2009, 593, 594,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981988
  • 9315 坂倉準三設計の四谷加納邸における実測に基づ<調査研究 : 平面及び構成部材に着目した戦争組立建築との比較考察(作家論・作品論(7),建築歴史・意匠), 磯部 大喜, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2009, 629, 630,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007982006
  • 9318 鬼頭梓設計による図書館建築のモデュラープランニングに関する研究 : 公共建築と大学図書館の比較をとおして(作家論・作品論(7),建築歴史・意匠), 岩下 亮, 森 喜彦, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2009, 635, 636,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007982009
  • 9319 鬼頭梓設計による公共図書館のモデュラープランニングに関する研究 : 大学図書館との比較をとおして(作家論・作品論(7),建築歴史・意匠), 内山 崇, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2009, 637, 638,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007982010
  • 9286 ル・コルビュジエによるパリの一連の都市計画に関する研究 : アンリ・プロストによるパリ地域圏計画との比較考察を通して(作家論・作品論(2),建築歴史・意匠), 岡崎 幹史, 張 小美, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2009, 571, 572,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981977
  • 国立西洋美術館の照明ギャラリーにおける採光方法に着目した設計変遷に関する考察-設計図面と往復書簡をとおして-, 道明祥江, 福田 京, 谷川 大輔, 山名 善之, 日本建築学会学術講演梗概集F-2, 2009.8, 587, 588,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981985
  • 9157 前川國男設計のプレモスの部材構成に着目した開発過程に関する考察(日本近代:建築家(3),建築歴史・意匠), 内山 崇, 山名 善之, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2008, 313, 314,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007073277
  • 9317 斜面敷地における「226×226×226」の開発過程及び適用に関する考察 : ロクとロブの設計過程をとおして(西洋近代:20世紀(3):ル・コルビュジエ(2),建築歴史・意匠), 渡辺 裕輔, 山名 善之, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2008, 633, 634,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007073473
  • 現代日本の建築家の設計論における社会的枠組みとしての都市環境に関する研究 (特集 第45回[東京理科大学]学位取得者記念講演会・祝賀会), 谷川 大輔, 理大科学フォーラム, 25, 1, 30, 32,   2008年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015792810
  • モデュロールの適用に着目した国立西洋美術館の波動式ガラス壁面に関する考察-ル・コルビュジエの実現作品の実測調査による相互比較をとおして-, 松屋龍喜, 広田 彰紀, 谷川 大輔, 山名 善之, 日本建築学会学術講演梗概集F-2, 2009.8, 589, 590,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981986
  • 9144 マルセイユ・ユニテ・ダビタシオンの住居ユニットに着目した設計過程の考察(西洋近代:20世紀(3),建築歴史・意匠), 小川 寛之, ニノ宮 正行, 山名 善之, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2007, 287, 288,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006643166
  • 9233 アントニン・レーモンド設計の木造住宅作品の居間における開口部要素の変遷(日本近代:住宅(2),建築歴史・意匠), 丸山 貴之, 山名 善之, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2007, 465, 466,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006643255
  • 9235 戦中・戦後の建築雑誌に掲載された諸外国の工業化住宅に関する研究(日本近代:住宅(2),建築歴史・意匠), 島崎 絵里, 山名 善之, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2007, 469, 470,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006643257
  • 9281 『ル・コルビュジエ全作品集』における工業化に関する言説の研究 : 作品解説における生産方法及び美学・情緒に着目した分析(作家論・作品論(2),建築歴史・意匠), 岡崎 幹史, 山名 善之, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2007, 561, 562,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006643303
  • 5357 構法と平面計画からみる住宅営団「組立住宅」の開発過程に関する研究(構法の変遷, 建築計画I), 山名 善之, 森 大輔, 塚本 麻衣, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2006, 725, 726,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006328312
  • 9109 「図面作成帳簿」によるル・コルビュジエ・アトリエに在籍した日本人建築家の関わったプロジェクトの特定とその考察(西洋近代建築史:19-20世紀の都市, フランス・イタリア, 建築歴史・意匠), 山名 善之, 上杉 昌史, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2006, 217, 218,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006329252
  • 9299 モデュラープランニングによる図書館の設計過程に関する研究(1) : 鬼頭梓設計による大学図書館の竣工時を事例として(意匠論:スケール, 建築歴史・意匠), 北川 剛司, 山田 裕史, 韓 相美, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2006, 597, 598,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006329442
  • 9300 モデュラープランニングによる図書館の設計過程に関する研究(2) : 鬼頭梓設計による大学図書館の設計過程を事例として(意匠論:スケール, 建築歴史・意匠), 山田 裕史, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2006, 599, 600,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006329443
  • 9377 「バティマン・ドゥ・ラ・ゲール」から「戦争組立建築」への研究開発に関する考察(1) : プロジェクトの特定とその位置付け(作家論:作品論(3), 建築歴史・意匠), 山名 善之, 池田 直哉, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2006, 753, 754,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006329520
  • 市庁舎建築の設計論における領域構成からみた地域性建築設計論における社会的枠組みに関する研究(2), 奥山信一, 日本建築学会計画系論文集学会計画系論文集, 70, 595, 25, 32,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004836710
    概要:The aim of this report is to illustrate what contemporary Japanese architects think of city halls through the investigation of their published articles after the Second World War. Firstly, the content of each article was considered, and some descriptions about community were extracted from each theory. Then, they were abstracted into two different levels; the level of the domain of representation and the level of the subject. Secondly, the domain of representation was classified into 6 categories. Addition each relationship of those categories was analyzed. And meanings of subject were analyzed by applying the method created by Jiro Kawakita. Then 7 groups of meaning were found. Next those meanings were divided into two different types; UNIVERSALITY and LOCALITY. Thirdly, a relationship between the subject and the area of representation was analyzed. Consequently, the change of that relationship in terms of time was considered.
  • 現代日本の建築家の設計論における都市環境認識 : 建築設計論における社会的枠組みに関する研究(3), 谷川 大輔, 加藤 拓郎, 奥山 信一, 日本建築学会計画系論文集 = Transactions of AIJ. Journal of architecture, planning and environmental engineering, 630, 1699, 1706,   2008年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006880524
    概要:The aim of this report is to illustrate the thoughts on urban environment in design theories by contemporary Japanese architects. At first, some comments on the thoughts on urban environment and the relationship-method between buildings and urban environment were extracted from each theory. Secondly, the meanings of those comments was analyzed through the KJ method originated by Kawakita Jiro. Next we connected thoughts on urban environment with the range that architects recognized the urban environment and the relationship-method between buildings and urban environment. Then it was found some definite meanings. Finally we made it clear how contemporary Japanese architects recognized the urban environment.
  • 9245 国立西洋美術館の図面と文書の整理による設計過程の考察(作家論:作品論(6),建築歴史・意匠), 吉川 和博, 島崎 絵里, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2008, 489, 490,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007071781
  • 戦後「新建築」誌での商業建築の設計論における外形表現からみた都市認識, 塩崎太伸、奥山信一, 日本建築学会計画系論文集学会計画系論文集, 71, 600, 57, 64,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004836869
    概要:The aim of this report is to illustrate how contemporary Japanese architects think of commercial buildings in the city, through studying their published articles after World War II. Firstly, the contents of each article were considered and some descriptions about the exterior expression of building were extracted. Then, these descriptions were abstracted into two different levels; what the concept and how they represent the exterior expression of building. Secondly, the meaning of concept was analyzed by applying the KJ method. After that those meanings were divided, from a viewpoint of vector in the concept, into two different types; from city to building and from building to city. Thirdly, the representation for exterior expression of building was classified into three types; skin, volume, and space. Consequently, a relationship between the concept for city and the representation of exterior expression of building was found.
  • 9318 ル・コルビュジエの「無限発展美術館」の主題に着目した実現作品における設計過程の考察(西洋近代:20世紀(3):ル・コルビュジエ(2),建築歴史・意匠), 広田 彰紀, 島崎 絵里, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2008, 635, 636,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007071811
  • 9319 住居ユニットにおける面積構成比に着目した住戸セルの「適正規模」に関する考察 : マルセイユからナント・ルゼへのユニテ・ダビタシオン計画をとおして(西洋近代:20世紀(3):ル・コルビュジエ(2),建築歴史・意匠), 森 喜彦, 越石 まどか, 小川 寛之, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2008, 637, 638,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007073305
  • 9321 アトリエ・ル・コルビュジエにおける吉阪隆正のプロジェクト担当箇所の特定と考察 : 設計図面及び日記の調査をとおして(西洋近代:20世紀(3):ル・コルビュジエ(2),建築歴史・意匠), 福田 京, 島崎 絵里, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2008, 641, 642,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007073469
  • 9320 マルセイユ・ユニテ・ダビタシオンの住居ユニットに着目した設計過程の考察 その2 : 住戸セルの組み合わせを通して(西洋近代:20世紀(3):ル・コルビュジエ(2),建築歴史・意匠), 遠藤 僚, 小川 寛之, 谷川 大輔, 山名 善之, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2008, 639, 640,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007073471
  • 現代日本の建築家の設計論における都市環境認 建築設計論における社会的枠組みに関する研究(3), 谷川 大輔,加藤 拓郎,奥山 信一, 日本建築学会計画系論文集, 73, 630, 1699, 1706,   2008年
  • 9364 フランスにおけるオフィスビルから住居へのコンバージョンに関する事例研究 : ベースビルの特性に着目した改造後の平面構成の分析(意匠論:形態(2), 建築歴史・意匠), 山名 善之, 島崎 絵里, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2006, 727, 728,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006329507
  • 9372 標準化ユニットの組合せ・乾式構法に着目したル・コルビュジエによるルシュール型住宅の設計過程の考察(作家論:作品論(2), 建築歴史・意匠), 山名 善之, 小川 寛之, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2006, 743, 744,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006329515
  • 9375 アントニン・レーモンド設計の木造住宅における架構表現に関する研究(作家論:作品論(2), 建築歴史・意匠), 山名 善之, 丸山 貴之, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2006, 749, 750,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006329518
  • 現代日本の建築家の設計論における社会的枠組みとしての都市環境に関する研究, 東京工業大学・博士論文,   2006年
  • 9346 「大阪万博」以後の博覧会建築にみられる建築家の設計根拠(建築社会論,建築歴史・意匠), 奥山 信一, 溝口 恵美, 谷川 大輔, 横山 天心, 中島 俊明, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2004, 691, 692,   2004年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007072201
  • 市庁舎建築の設計論にみる社会と建築の接点における設計意図 建築家の設計論における建築の社会性に関する研究 (2), 谷川大輔, 奥山 信一, 谷川 大輔, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004. 8, 687, 688,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007071425
  • 市庁舎建築の設計論にみる社会と建築の接点となる領域 建築家の設計論における建築の社会性に関する研究 (1), 谷川大輔, 谷川 大輔, 奥山 信一, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2004. 8, 685, 686,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007072202
  • 9133 建築家の自邸にみられる生活の認識 : 建築家の住宅設計論に関する研究 その12(意匠論・設計(2),建築歴史・意匠), 高椿 礎生一, 谷川 大輔, 奥山 信一, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2003, 265, 266,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006642796
  • 9134 建築家の自邸にみられる生活の認識と実現手法 : 建築家の住宅設計論に関する研究 その13(意匠論・設計(2),建築歴史・意匠), 高椿 礎生一, 谷川 大輔, 奥山 信一, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2003, 267, 268,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006642797
  • 9135 1990年代以降の建築設計論にみられるモダニズムに対する認識(意匠論・設計(2),建築歴史・意匠), 奥山 信一, 中島 俊明, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2003, 269, 270,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006642798
  • 9136 近年の建築家の言説にみられる建築家の存在意義(意匠論・設計(2),建築歴史・意匠), 大西 康文, 奥山 信一, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2003, 271, 272,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006642799
  • 住宅作品の解説文にみられる環境要素 : 建築家の住宅設計論に関する研究 その10(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集), 小林 陽一, 谷川 大輔, 奥山 信一, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2002, 557, 558,   2002年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004539735
  • 住宅作品の解説文にみられる敷地環境の認識 : 建築家の住宅設計論に関する研究 その11(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集), 小林 陽一, 奥山 信一, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2002, 559, 560,   2002年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004539736
  • 建築家の設計論にみられる技術の種類 : 技術と設計の関係1(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集), 村上 修平, 奥山 信一, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2002, 587, 588,   2002年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004539750
  • 建築家の設計論にみられる技術の認識 : 技術と設計の関係2(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集), 村上 修平, 奥山 信一, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2002, 589, 590,   2002年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004539751
  • 9267 街路型商業建築における外部動線空間の構成(意匠論・形態(3),建築歴史・意匠), 奥山 信一, 宮脇 康起, 横山 天心, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2001, 533, 534,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006597069
  • 9280 建築家の設計論にみられるアナロジー表現 : 言語による建築・空間表現の研究 その3(意匠論・設計(1),建築歴史・意匠), 奥山 信一, 大村 卓, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2001, 559, 560,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006597082
  • 9281 建築家の設計論にみられるアナロジー表現と実現手法 : 言語による建築・空間表現の研究 その4(意匠論・設計(1),建築歴史・意匠), 大村 卓, 奥山 信一, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2001, 561, 562,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006597083
  • 9282 地域施設に関する建築家の設計論における主題(意匠論・設計(1),建築歴史・意匠), 奥山 信一, 高椿 礎生一, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2001, 563, 564,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006597084
  • 9298 建築家の集合住宅設計論にみられる生活像 : 建築家の住宅設計論に関する研究-その7(意匠論・設計(4),建築歴史・意匠), 奥山 信一, 小林 徹也, 加藤 拓郎, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2001, 595, 596,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006597100
  • 9299 現代住宅作品における主室空間の外延性 : 空間のかたちに関する研究(3)(意匠論・設計(4),建築歴史・意匠), 奥山 信一, 森谷 英和, 横山 天心, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2001, 597, 598,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006597101
  • 現代日本の建築家の設計論における公共性 : 建築設計論における社会的枠組みに関する研究, 谷川 大輔, 奥山 信一, 日本建築学会計画系論文集, 66, 550, 157, 164,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004660384
    概要:By means of studying articles published by contemporary Japanese architects, this report aims to illustrate their ideas on public architecture. At first, the content of each article was studied, and some comments were extracted from each theory. Then, they were abstracted into two different levels: the level of the subject and the level of the representation. Next, the meaning of these comments was analyzed by applying the method created by Jiro Kawakita. Those theories were then distracted on the basis of certain ideas. The subject was correlated with the representation, and their relationship was studied. Consequently, a definite meaning was found. In this particular study, we have pointed out the design ideas of contemporary Japanese architects about public architecture after the Second World War.
  • 建築家の都市環境認識に対する関係手法 現代日本の建築家の言説における都市環境認識に関する研究 (2), 加藤拓郎, 奥山 信一, 谷川 大輔, 日本建築学会大会学術講演梗概集 (関東), 2001. 9, 569, 570,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006597087
  • 7436 街路型建築の低層部の形成する都市空間 : ファサードの連続性により形成された都市空間に関する研究(3), 奥山 信一, 東 伸明, 山田 秀徳, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2000, 871, 872,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004499088
  • 7437 屋外広告によるファサードの表現 : ファサードの連続性により形成された都市空間に関する研究(4), 山田 秀徳, 加藤 拓郎, 奥山 信一, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2000, 873, 874,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004499089
  • 7438 屋外広告によるファサードの連続性 : ファサードの連続性により形成された都市空間に関する研究(5), 山田 秀徳, 奥山 信一, 谷川 大輔, 加藤 拓郎, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 2000, 875, 876,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004499090
  • 9244 都市型商業建築におけるファサード空間の設計意図 : 商業建築の設計手法に関する研究, 奥山 信一, 塩崎 太伸, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2000, 487, 488,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004499712
  • 9245 現代におけるピロティ形式住宅の設計意図 : 建築家の住宅設計論に関する研究-その3, 奥山 信一, 原田 慎也, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2000, 489, 490,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004499713
  • 9246 住宅作品の言説にみられる屋根の設計根拠 : 建築家の住宅設計論に関する研究-その4, 奥山 信一, 村上 修平, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2000, 491, 492,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004499714
  • 9247 建築家による工業化住宅の設計意図 : 建築家の住宅設計論に関する研究-その5, 谷川 大輔, 奥山 信一, 丸山 美紀, 浅田 麻里, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2000, 493, 494,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004499715
  • 9248 建築家による工業化住宅にみられる生活像 : 建築家の住宅設計論に関する研究 その6, 丸山 美紀, 奥山 信一, 谷川 大輔, 浅田 麻里, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2000, 495, 496,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004499716
  • 9271 建築家の都市的イメージのアナロジー表現 : 建築家の集合住宅設計論にみられる都市像 (1), 橘内 英俊, 大村 卓, 奥山 信一, 谷川 大輔, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2000, 541, 542,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004499739
  • 9272 建築家の都市的イメージのアナロジー表現と都市の現状認識 : 建築家の集合住宅設計論にみられる都市像 (2), 橘内 英俊, 奥山 信一, 谷川 大輔, 大村 卓, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 2000, 543, 544,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004499740
  • 9325公共建築の設計論における主題 : 現代日本の建築家の設計論における公共性の意味内容に関する研究 (1), 谷川 大輔, 奥山 信一, 橘内 英俊, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1999, 649, 650,   1999年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004153466
  • 9326 公共建築の設計論における主題と表現 : 現代日本の建築家の設計論における公共性の意味内容に関する研究 (2), 谷川 大輔, 奥山 信一, 橘内 英俊, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠, 1999, 651, 652,   1999年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004153467

競争的資金

  • 現代日本の建築家の設計論における社会的枠組みとしての都市環境に関する研究, 戦後の日本において建築家によって著された多様な論説の中から、都市環境論、および公共建築、市庁舎建築、商業建築に関する設計論として位置づけられる論考を、特に建築家の建築設計における社会的枠組みとしての都市環境に関する認識の意味の広がりを捉える重要な論考として取り上げ、それらを相対的に検討することから、建築家が都市環境における建築を設計する際に建築と都市環境との接点をどのように捉え、具体化に結びつけているかといった建築家の建築設計における社会的枠組みとしての都市環境に関する認識の一端を明らかにすることを目的とするもの

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 建築設計演習1.2.3, 近畿大学工学部
  • 建築設計製図, 近畿大学工学部
  • 建築基本製図, 近畿大学工学部
  • 建築図法, 近畿大学工学部
  • インテリア史, 近畿大学工学部
  • 西洋建築史, 近畿大学工学部
  • 日本建築史, 近畿大学工学部

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 東広島市地方創生審議委員会委員, その他,  - 現在