KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

佐藤 隆夫サトウ タカオ

プロフィール

所属部署名医学科
職名教授/副部長
学位医学博士
専門人体病理・神経病理
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/575-satou-takao.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    病理専門医、細胞診専門医として病理組織診断、細胞診診断、剖検業務を担当し、人体病理医として医療に参画しております。研究では主に脳外傷に関する実験的研究を行っています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1981年, 近畿大学, 医学部, 医学

経歴

  •   1956年,  - 1985年, 近畿大学 助手
  •   1985年,  - 1987年, 山梨医科大学 助手
  •   1987年,  - 1998年, 近畿大学 講師
  •   1998年,  - 2004年, 近畿大学 助教授

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 人体病理学

研究キーワード

  • 神経再生, 人体病理, 再生医療, , 外傷, 加齢

論文

  • Heart-bound adiponectin, not serum adiponectin, inversely correlates with cardiac hypertrophy in stroke-prone spontaneously hypertensive rats., Inoue T, Takemori K, Mizuguchi N, Kimura M, Chikugo T, Hagiyama M, Yoneshige A, Mori T, Maenishi O, Kometani T, Itoh T, Satou T, Ito A, Experimental physiology,   2017年08月, 査読有り
  • Contributions of MET activation to BCR-ABL1 tyrosine kinase inhibitor resistance in chronic myeloid leukemia cells., Tsubaki M, Takeda T, Kino T, Sakai K, Itoh T, Imano M, Nakayama T, Nishio K, Satou T, Nishida S, Oncotarget, 8, 24, 38717, 38730,   2017年06月, 査読有り
  • The sensitivity of head and neck carcinoma cells to statins is related to the expression of their Ras expression status, and statin-induced apoptosis is mediated via suppression of the Ras/ERK and Ras/mTOR pathways., Tsubaki M, Fujiwara D, Takeda T, Kino T, Tomonari Y, Itoh T, Imano M, Satou T, Sakaguchi K, Nishida S, Clinical and experimental pharmacology & physiology, 44, 2, 222, 234,   2017年02月, 査読有り
  • Mangiferin, a novel nuclear factor kappa B-inducing kinase inhibitor, suppresses metastasis and tumor growth in a mouse metastatic melanoma model., Takeda T, Tsubaki M, Sakamoto K, Ichimura E, Enomoto A, Suzuki Y, Itoh T, Imano M, Tanabe G, Muraoka O, Matsuda H, Satou T, Nishida S, Toxicology and applied pharmacology, 306, 105, 112,   2016年09月, 査読有り
  • Treatable Leukoencephalopathy in a Patient with Hypophosphatemia., Okazaki M, Hirano M, Iwatsu T, Yamana M, Suzuki H, Satou T, Kusunoki S, Case reports in neurology, 8, 3, 264, 271,   2016年09月, 査読有り
  • RANK-RANKL interactions are involved in cell adhesion-mediated drug resistance in multiple myeloma cell lines., Tsubaki M, Takeda T, Yoshizumi M, Ueda E, Itoh T, Imano M, Satou T, Nishida S, Tumour biology : the journal of the International Society for Oncodevelopmental Biology and Medicine, 37, 7, 9099, 9110,   2016年07月, 査読有り
  • Mangiferin enhances the sensitivity of human multiple myeloma cells to anticancer drugs through suppression of the nuclear factor κB pathway., Takeda T, Tsubaki M, Kino T, Kawamura A, Isoyama S, Itoh T, Imano M, Tanabe G, Muraoka O, Matsuda H, Satou T, Nishida S, International journal of oncology, 48, 6, 2704, 2712,   2016年06月, 査読有り
  • Mangiferin induces apoptosis in multiple myeloma cell lines by suppressing the activation of nuclear factor kappa B-inducing kinase., Takeda T, Tsubaki M, Kino T, Yamagishi M, Iida M, Itoh T, Imano M, Tanabe G, Muraoka O, Satou T, Nishida S, Chemico-biological interactions, 251, 26, 33,   2016年05月, 査読有り
  • Statins inhibited the MIP-1α expression via inhibition of Ras/ERK and Ras/Akt pathways in myeloma cells., Tsubaki M, Mashimo K, Takeda T, Kino T, Fujita A, Itoh T, Imano M, Sakaguchi K, Satou T, Nishida S, Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie, 78, 23, 29,   2016年03月, 査読有り
  • Human papilloma virus-infected genital warts in a girl with Costello syndrome, Oiso Naoki, Okamoto Nobuhiko, Akiduki-Yachi Mari, Tatebayashi Megumi, Itoh Tatsuki, Satou Takao, Kawada Akira, EUROPEAN JOURNAL OF DERMATOLOGY, 25, 2, 184, 185,   2015年04月, 査読有り
  • Mangiferin suppresses CIA by suppressing the expression of TNF-alpha, IL-6, IL-1 beta, and RANKL through inhibiting the activation of NF-kappa B and ERK1/2, Tsubaki Masanobu, Takeda Tomoya, Kino Toshiki, Itoh Tatsuki, Imano Motohiro, Tanabe Genzo, Muraoka Osamu, Satou Takao, Nishida Shozo, AMERICAN JOURNAL OF TRANSLATIONAL RESEARCH, 7, 8, 1371, 1381,   2015年, 査読有り
  • Statins improve survival by inhibiting spontaneous metastasis and tumor growth in a mouse melanoma model., Tsubaki M, Takeda T, Kino T, Obata N, Itoh T, Imano M, Mashimo K, Fujiwara D, Sakaguchi K, Satou T, Nishida S, American journal of cancer research, 5, 10, 3186, 3197,   2015年, 査読有り
  • Inhibition of the tumour necrosis factor-alpha autocrine loop enhances the sensitivity of multiple myeloma cells to anticancer drugs, Tsubaki Masanobu, Komai Makiko, Itoh Tatsuki, Imano Motohiro, Sakamoto Kotaro, Shimaoka Hirotaka, Ogawa Naoki, Mashimo Kenji, Fujiwara Daichiro, Takeda Tomoya, Mukai Junji, Sakaguchi Katsuhiko, Satou Takao, Nishida Shozo, EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 49, 17, 3708, 3717,   2013年11月, 査読有り
  • Overexpression of MDR1 and survivin, and decreased Bim expression mediate multidrug-resistance in multiple myeloma cells, Tsubaki Masanobu, Satou Takao, Itoh Tatsuki, Imano Motohiro, Komai Makiko, Nishinobo Minori, Yamashita Megumi, Yanae Masashi, Yamazoe Yuzuru, Nishida Shozo, LEUKEMIA RESEARCH, 36, 10, 1315, 1322,   2012年10月, 査読有り
  • Pathological Involvement of ubiquilin2 in Autophagy in Sporadic Amyotrophic Lateral Sclerosis, Hirano Makito, Shimada Keiji, Itoh Tatsuki, Mitsui Yoshiyuki, Saigoh Kazumasa, Sakamoto Hikaru, Ueno Shuichi, Satou Takao, Konishi Noboru, Nakamura Yusaku, Kusunoki Susumu, ANNALS OF NEUROLOGY, 72, S70,   2012年, 査読有り
  • Mangiferin Induces Apoptosis by Suppressing Bcl-xL and XIAP Expressions and Nuclear Entry of NF-kappa B in HL-60 Cells, Shoji Kaori, Tsubaki Masanobu, Yamazoe Yuzuru, Satou Takao, Itoh Tatsuki, Kidera Yasuhiro, Tanimori Yoshihiro, Yanae Masashi, Matsuda Hideaki, Taga Atsushi, Nakamura Haruyuki, Nishida Shozo, ARCHIVES OF PHARMACAL RESEARCH, 34, 3, 469, 475,   2011年03月, 査読有り
  • Sequential occurrence of non-small cell and small cell lung cancer with the same EGFR mutation, Morinaga Ryotaro, Okamoto Isamu, Furuta Kazuyuki, Kawano Yukiko, Sekijima Masaru, Dote Kensaku, Satou Takao, Nishio Kazuto, Fukuoka Masahiro, Nakagawa Kazuhiko, LUNG CANCER, 58, 3, 411, 413,   2007年12月, 査読有り
  • 脂肪肉腫成分を有した悪性葉状腫瘍の一例;細胞診像を主として, 佐藤 隆夫, 林 義之, 橋本 重夫, 松波 展輝, 藤木 千香 田中 浩平, Diagnostic Cytopathology, 22, 6, 364, 369,   2000年06月
    概要:悪性葉状腫瘍の悪性成分の中に脂肪肉腫を含む稀な一例を経験し,その組織像と細胞診像に関して報告した。本例では特に,脂肪芽細胞由来と考えられる異型細胞とともに核内空胞を有する異型細胞が認められた。(英文)
  • カイニン酸により誘発される癲癇痙攣後の星状膠細胞代謝型グルタメート受容体5の発現の増加, J. Ulas, 佐藤 隆夫, K.J. Ivins J.P. Kesslak C.W. Cotman R. Balazs, Glia, 30, 4, 352, 361,   2000年06月
    概要:カイニン酸の扁桃体への投与により誘発される癲癇痙攣発作後のラット海馬の星状膠細胞代謝型グルタメート受容体5(GluR-5)の発現を,免疫組織学的およびIn situ hybridization を用いて検討した。CA3およびCA4において,GluR-5の発現は増加した。(英文)
  • 広範な壊死のため診断に苦慮したワルチン腫瘍の1例, 木村 雅友, 古田 朋子, 佐藤 隆夫, 高野哲弘, 臨床病理, 48, 10, 971, 974,   2000年10月
    概要:広範な壊死のためにワルチン腫瘍に特徴的な組織像を見出せず診断に苦慮した1例を報告した.壊死があっても乳頭状構造のゴースト像に注目することで診断に到達する可能性をのべた.
  • Gastric gland heterotopiaと考えられる1例, 木村 雅友, 古田 朋子, 佐藤 隆夫, 診断病理, 17, 4, 376, 377,   2000年11月
    概要:頻度のかなり少ない胃粘膜下腫瘤として発生したgastric gland heterotopiaの1例を報告した.
  • FPF-1070の鶏胚後根神経節,毛様体神経節,交感神経幹からの培養神経細胞に及ぼす神経栄養因子的効果, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 橋本 重夫, 玉井 良尚, 大出 博功, A.J. Anderson, Journal of Neural Transmission, 107, 11, 1253, 1262,   2000年11月
    概要:FPF-1070の神経栄養因子的効果を鶏胚後根神経節,毛様体神経節,交感神経幹からの培養神経細胞を用いて検討した。FPF-1070は鶏胚後根神経節,交感神経幹に対してはNGF様の作用を示したが毛様体神経節に対してはCNTF様の効果は示さなかった。(英文)
  • bFGF,vimentin,GFAPを用いたラット実験的脳損傷における灰白質および白質の細胞反応の違い, 玉井 良尚, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 林義之, 橋本重夫, Neurotrauma Research, 12, 2000, 43, 47,   2000年
    概要:ラットの実験的脳損傷モデルを作成し、灰白質および白質での細胞反応の違いをbFGF,vimentin,GFAPを用いて検討した
  • 肉腫様変化を伴い多方向への分化を有する上皮性腫瘍を合併した脂腺母斑の1例, 大塚 佳世, 古田 朋子, 米田 円, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 木村 雅友, 蛭間 眞悟, 診断病理, 18, 1, 82, 84,   2001年01月
    概要:49歳,男性。以前から耳介に脂腺母斑があり,その一部から,種々の皮膚付属器への分化を伴い,良性と悪性の多彩な組織像を示す二次性腫瘍が発生した。肉腫像を呈する腫瘍が発生することはきわめて少なく,文献的考察を加えて報告した。
  • Cryptococcus cellulitis showing necrotizing vasculitis, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, Mycoses, 44, 3-4, 115, 118,   2001年05月
    概要: 一般に肉芽腫形成あるいは無反応がクリプトコッカス感染に対する組織反応の特徴であるが、今回壊死性血管炎を生じた症例を報告した。化膿性炎症も認められた。(英文)
  • Carcinoma of the urinary bladder with a lymphomatous appearance, 木村 雅友, 古田 朋子, 佐藤 隆夫, 柏木秀夫, Pathol Int, 51, 7, 555, 559,   2001年07月
    概要: 膀胱ガンのなかでかなり低分化な移行上皮ガンや未分化ガンでは,細胞結合性が弱くリンパ腫様にみえることがある.またガン胞巣にリンパ球浸潤が著明な場合もリンパ腫様に見えることがある.上記の両組織像を認めた膀胱ガンの例を報告した.(英文)
  • Pigmented variant of benign oncocytic lesion of the pharynxの1例, 門田 永治, 佐藤 隆夫, 土手 健作, 林 義之, 橋本 重夫, 蛭間 眞悟, 診断病理, 18, 3, 245, 247,   2001年07月
    概要:Kuriharaらによって最初に報告された"pigmented variant of benign oncocytic lesion of the pharynx"に一致する高齢者の咽頭に生じた褐色の粘膜隆起性病変を報告した。
  • ラットへのテトラベナジン反復投与により誘導される行動量および中脳黒質の変化, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 林 義之, 橋本 重夫, 玉井 良尚, Anderson AJ, Exp Toxicol Pathol, 53, 4, 303, 308,   2001年09月
    概要:7日間のテトラベナジン(TBZ)反復投与はTBZの単回投与とは異なり投与終了後も行動量は完全には回復せず,中脳黒質緻密層では不可逆性の神経細胞数の減少,萎縮をもたらした。TBZの反復投与がパーキンソン病の慢性モデルになる可能性が示唆された。(英文)
  • テトラベナジン反復投与による黒質-線条体の組織形態計測学的解析:実験的パーキンソン病モデルへの応用をめざして, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 林義之, 近畿大学医学雑誌, 26, 3, 153, 169,   2001年11月
    概要:テトラベナジン連続投与により作製された実験的パーキンソン病モデルは人に近く,発症初期から長期にわたり病態の理解に有用であると考えられた。
  • Biochemical and immunohistochemical study of TNF-α following experimental rat brain injury by using pneumatic control injury device, 林義之, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 橋本重夫, Neurotrauma Research, 13, 43, 46,   2001年12月
    概要:脳外傷におけるTNF-αの役割についての報告例は少ない。実験的脳損傷後に形成されるcavity、その周囲でのTNF-αの時間的な細胞分布の変化と蛋白量の変化を免疫組織染色、ELISA法にて形態計測学的、生化学的に解析した。(英文)
  • ラット脳外傷モデルにおける塩基性線維芽細胞成長因子の発現とアストロサイトおよび神経細胞の変化に関する経時的形態計測学的検討, 玉井 良尚, 伊藤 龍生, 林義之, 佐藤 隆夫, 近畿大学医学雑誌, 26, 4, 279, 291,   2001年
    概要:免疫組織学的手法および電子顕微鏡を用いて、ラット脳外傷モデルにおける受傷後の神経組織の反応過程を詳細に観察した。中枢神経損傷後に見られるアストロサイトの細胞質内のbFGFの発現が見られ、このことがアストロサイトに対する形態学的変化と神経線維に対するシナプス再構成を誘導する可能性が示唆される重要な所見と考えられた。
  • 直腸内分泌細胞癌の1例, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 佐藤 隆夫, 塩? 均, 安富 正幸, 手術, 56, 3, 401, 404,   2002年03月
  • Can GIST be diagnosed reliably by cytology?, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, Acta Cytologica, 46, 6, 1170, 1171,   2002年12月
    概要: GISTが細胞診で診断できるかどうかは議論のあるところである。今回2例のGISTについてその捺印細胞診を実施し,診断について検討した。結論として他の平滑筋肉腫などの間葉系腫瘍とは細胞診では確実に鑑別できないことが明らかとなった。(英文)
  • Chronological changes of TNFα following rats brain damage with pneumatic control injury device, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 土手 健作, 林義之, 伊藤 浩行, Neurotrauma Research, 14, 29, 33,   2002年12月
    概要:脳虚血実験モデルでTNFαの神経保護作用が指摘されており、今回の検討から脳損傷後に神経細胞が産生するTNFαは、マイクログリア、マクロファージが産生するTNFαと異なり神経細胞に対して保護的に働くと考えられた。(英文)
  • Type IV collagenase activity and ability of cell proliferation in human thyroid tumours, 楠 威志, 戸村 隆訓, 木本・木下 さおり, 西田 升三, 村田 清高, 佐藤 隆夫, Asian J Surg, 25, 304, 308,   2002年
    概要:ヒト甲状腺腫瘍と正常組織を用いて、IV型コラーゲン、増殖細胞核抗原、上皮成長因子レセプターについて免疫染色を行い、さらにIV型コラゲナーゼ活性を測定した。 細胞増殖の強い腫瘍ほどIV型コラゲナーゼ活性が高く、基底膜のIV型コラーゲンの欠損を認めた。
  • 肺腺癌原発と考えられた転移性甲状腺癌の一例, 楠 威志, 戸村 隆訓, 西田 升三, 佐藤 隆夫, 斉藤 啓, 村田 清高, 耳鼻と臨床, 47, 367, 373,   2002年
    概要:甲状腺癌による肺転移を考え、手術加療を行った61歳男性例について、病理組織検査の結果、原発性肺癌からの甲状腺転移が認められ、その診断、治療についての考察をのべた。
  • Type IV collagenase immunostaining of type IV collagen in human thyroid tumours, 楠 威志, 戸村 隆訓, 西田 升三, 木本・木下 さおり, 佐藤 隆夫, 村田 清高, Auris Nasus Larynx, 27, 161, 165,   2002年
    概要:ヒト甲状腺腫瘍組織を用いて4型コラーゲン分解能と細胞基底膜の4型コラーゲンについて免疫染色を行った。 腫瘍周囲組織についても同様に検討した。
  • Multifocal subcutaneous phaeohyphomycosis caused by phialophora verrucosa, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, 西村和子, Arch Pathol Lab Med, 127, 1, 91, 93,   2003年01月
    概要: 黒色真菌による皮膚感染症として,クロモミコーシスと異なる病型をとる黒色菌糸症の1例を報告した.本症例の起因菌であるフィアロフォラ・ヴェルコッザはクロモミコーシスの原因菌として有名であるが,今回は黒色菌糸症を生じた稀な例である.(英文)
  • 吸引細胞診にて異型リンパ球を認めた副腎リンパ管腫の一例, 佐藤 隆夫, 林 義之, 上杉 忠雄, 中井 由香, 今野 元博, 橋本 重夫, Diagn Cytopathol, 29, 2, 87, 90,   2003年08月
    概要:近年画像診断の発達とともにその生前での発見が増加している副腎嚢胞は内皮,上皮,寄生虫,偽嚢胞由来に分類される。今回,術中穿刺吸引細胞診で異型リンパ球を認め診断に苦慮したリンパ管腫を経験したので細胞像と組織像との比較を行った。(英文)
  • Expression of amyloid precursor protein following rats brain damage with pneumatic control injury device , 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 林義之, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Neurotrauma Research, 15, 4, 8,   2003年12月
    概要:APPは外傷後長期にわたり神経細胞に強く発現していた。長期にわたるAPPの過剰発現は結果的に Aβの沈着を促進する可能性が考えられることから外傷がアルツハイマー型痴呆の危険因子になる原因と考えられた。(英文)
  • The improvement effect of cerebral function by anti-APP antibody administration to the traumatic injury region of cerebrum, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Neurotrauma Research, 16, 10, 14,   2004年12月
    概要:脳損傷後、APPが損傷周囲のアストロサイトの活性を抑制し、さらに神経細胞に対して障害性に働くことにより、APPが脳機能の低下をもたらしていると考えられた。(英文)
  • Effect of bFGF on cultured rat neural stem cell in three-dimensional collagen gel, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 土手 健作, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Neurological Research, 27, 429, 432,   2005年06月
    概要:神経幹細胞はbFGF存在下の二次元培養では分化を起こさないが三次元培養では分化が認められ三次元培養はin vivoにより近い環境であると考えられた。(英文)
  • Isolation of neural stem cells from damaged rat cerebral cortex after traumatic brain injury, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 橋本重夫, NeuroReport, 16, 15, 1687, 1691,   2005年10月
    概要:ラット脳外傷において、損傷後、早期に損傷周囲で発現するnestin陽性細胞の単離はされていない。さらにそのnestin陽性細胞が神経再生に関与しているかどうかも調べられていない。今回、ラット脳外傷モデルを用いて大脳皮質に直接、脳損傷を与えた後、経時的にnestin陽性細胞の変化とその細胞を分離、培養を行い神経細胞やアストロサイトへの分化について調べた。脳損傷後、損傷周囲で24時間、72時間及び7日後でnestin陽性細胞が認められた。損傷後72時間では形態的にアストロサイトに似た大型のnestin陽性細胞が多数見られた。さらにnestin陽性面積が最大であった。損傷後24時間、7日後では損傷周囲の組織ではnestin陽性細胞の単離、培養はできなかった。しかし損傷後72時間ではsphereの単離ができた。単離されたsphereはnestin陽性でTuj1とVimentinは陰性でありsphereはneurosphereと考えられた。得られたneurosphere の培養液からbFGF及びEGFを取り除いた後、更に4日間培養すると培養細胞はTuj1とGFAPに陽
  • 脳外傷後に損傷周囲大脳皮質より得られた神経幹細胞の免疫組織学的解析, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 橋本重夫, Neurotrauma Research, 17, 18, 23,   2005年10月
    概要:ラット脳外傷において、損傷後、早期に損傷周囲で発現するnestin陽性細胞の単離はされていない。さらにそのnestin陽性細胞が神経再生に関与しているかどうかも調べられていない。今回、ラット脳外傷モデルを用いて大脳皮質に直接、脳損傷を与えた後、経時的にnestin陽性細胞の変化とその細胞を分離、培養を行い神経細胞、アストロサイト、オリゴデンドロサイトへの分化について調べた。脳損傷後、損傷周囲で1日、3日及び7日後でnestin陽性細胞が認められた。損傷後3日では細胞質及び突起にnestinを認める陽性細胞が多数見られた。さらにnestin陽性細胞数が最大であった。無処置および損傷後1日、7日後では損傷周囲の組織からnestin陽性細胞の単離、培養はできなかった。しかし損傷後3日からsphereの単離ができた。単離されたsphereはnestin陽性であった。得られたneurosphere の培養液からbFGF及びEGFを取り除いた後、更に4日間培養した分化誘導実験ではTuj1、GFAP、vimentin、S-100蛋白、O4に陽性を
  • 実験的ラット脳外傷後に損傷周囲大脳皮質より得られた神経幹細胞の免疫組織学的検討, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Neurotrauma Research, 17, 18, 23,   2005年12月
    概要:脳外傷において、損傷周囲で損傷後に神経幹細胞が存在するか報告されていない。今回、ラット脳外傷モデルを用いて大脳皮質に直接、脳損傷を与えた後、経時的にnestin陽性細胞の変化と損傷部位での神経幹細胞の分離、培養を行った。さらに分離した細胞を形態学的に調べた。脳損傷後、損傷周囲で損傷後1日で少数のnestin陽性細胞が見られた。損傷後3日では細胞質および突起にnestin陽性の大型の細胞が多数見られた。7日後では突起にnestin陽性を示す細胞が少数見られた。nestin陽性細胞数は損傷後3日で最大であった。損傷後3日の損傷周囲の組織のみからsphereの単離、培養が可能であった。そのsphereはnestinに陽性でTuj1とGFAPには陰性でありneurosphereと考えられた。Neurosphere の分化誘導実験ではTuj1、GFAP、vimentin、S-100とO4に陽性を示した。これらのことから単離されたneurosphereは神経細胞、アストロサイトとオリゴデンドロサイトへの分化が示された。損傷後、損傷周囲では神経細胞やグリア
  • レックリングハウゼン氏病に若年発症した悪性神経鞘腫の1例, 坂田 尚己, 上田悟史, 吉田 洋, 八木 誠, 佐藤 隆夫, 竹村 司, 小児がん学会学術雑誌, 43, 2, 241, 245,   2006年02月
    概要:症例報告
  • 胸腺腫摘出後に発症した重症筋無力症の1例ー病理学的考察をくわえてー, 砂山 真紀, 宮本 勝一, 塩山 実章, 佐藤 隆夫, 楠 進, 脳と神経, 58, 7, 615, 619,   2006年07月
  • 外傷性脳損傷の実験および神経病理学的検討, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 近畿大学医学雑誌, 31, 3, 87, 101,   2006年10月
    概要:多くの脳神経疾患は難治性であり,原因不明の疾患も多く,脳神経という臓器としての機能の特徴から社会的人道的にも様々な問題を包含している。脳神経の研究は癌研究とともに今後の医学生物学的研究課題として重要な位置を占めるとされている。分子生物学的方法,免疫学的方法,遺伝子レベルでの解析等の進歩により神経系疾患の原因・病態の解明,治療,予防に関する研究が現在飛躍的に進められているが,その中でわれわれは,現代社会においては必発する疾患群ととらえることができる外傷性脳損傷に関して実験モデルを用いて病理学的立場から検討してきた。その成果もふまえ脳外傷に関して総説的に報告した。
  • Cultured rat astrocytes give rise to neural stem cells, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 西田 升三, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Neurochemical Research, 31, 11, 1381, 1387,   2006年11月
    概要:ラットの脳外傷時に損傷付近に神経幹細胞が存在することを報告した。しかしながらその神経幹細胞の由来については不明である。今回、脳内に一番多く存在し分裂する能力を有する培養アストロサイトを用いて神経幹細胞の分離・培養を行った。生後24時間以内のラット脳のthe subventricular zone(SVZ)と海馬を除いた大脳皮質のみよりGFAP陽性100%のアストロサイトを得た。培養アストロサイトにbasic fibroblast growth factor (bFGF)、epidermal growth factor (EGF)を添加して培養することによりnestin陽性のsphereを得ることができた。得られたsphere の培養液からbFGF及びEGFを取り除いた後、sphereを構成する細胞はTuj1、GFAPおよびA2B5に陽性を示した。これらのことから得られたneurospereは神経細胞とグリア細胞への分化をした。大脳皮質に存在するアストロサイトは神経細胞やグリア細胞へ分化可能で、神示した。経再生に関与しうることが示された。脳損傷時に増殖分化するアストロサイトを利用することにより脳損
  • The chronological changes for stromal cell-derived factor-1α after rat traumatic brain injury, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 西田 升三, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Neurotrauma Research, 18, 8, 12,   2006年
    概要:Stromal cell-derived factor-1α (SDF-1α) has been considerd a important chemokine for neurogenesis during development. In this study, we investigated the temporal changes on SDF-1α around a damaged area of cerebral cortex using a rat traumatic brain injury (TBI) model, because the relationship between neurogenesis and SDF-1α after TBI has not yet been elucidated. SDF-1α protein synthesis in cerebral cortex did not increase although SDF-1α in spinal fluid increased due to proteinous analysis and SDF-1α immunopositive area increased due to immunohistochemical examination at 1 to 7 days after TBI. These results indicated that SDF-1α leaked from the injured area and diffused into the cortex after TBI. It has pointed that SDF-1α induces the neural stem cells migration and guides nerve fibers elongation of mature neurons. It is suggested the leaked SDF-1α facilitated neural stem cells migration as well as nerve fibers elongation to the damaged area of cerebral cortex after TBI.
  • The protein kinase C inhibitor, H7, inhibits tumor cell invasion and metastasis in mouse melanoma via suppression of ERK1/2, 西田 升三, 椿 正寛, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 楠 威志, 松岡 寛, 谷森 佳弘, 山本 知雅子, 加藤 知里, 尾垣 光彦, Clinical and Experimental Metastasis, 24, 431, 438,   2007年09月
    概要:Protein kinase C (PKC)は腫瘍形成、腫瘍浸潤及び転移に重要なシグナル伝達因子であることが示されている。近年の研究で、PKC阻害剤である7-hydroxystaurosporineが腫瘍浸潤を抑制することが報告された。しかし、腫瘍浸潤および転移の詳細な機序は不明のままである。この研究において我々はPKC阻害剤であるH7による腫瘍浸潤及び転移抑制の機序についてマウス悪性黒色腫細胞株B16BL6細胞を用い検討した。H7はB16BL6細胞の浸潤及び転移を抑制することを認めた。また、H7はマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)-1、-2、-9及びMT1-MMPのmRNA発現、活性化を抑制することも確認した。さらにH7はリン酸化ERK1/2の発現を抑制することも認めた。しかし、たのシグナル伝達因子であるp38MAPK及びJNK1/2には影響を示さなかった。また、U0126 (MEK1/2阻害剤)はH7と同様に腫瘍浸潤、転移及びMMPのmRNA発現、タンパク活性化を抑制した。このことはH7がPKC/MEK/ERK経路を抑制することを示し、これによりB16BL6細胞の浸潤、転移を
  • Immature and mature neurons coexist among glial scar after rat traumatic brain injury, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 西田 升三, 伊藤 浩行, 橋本重夫, Neurological Research, 29, 734, 742,   2007年10月
    概要:脳外傷において、損傷周囲ではglial scarが生じ損傷後の神経線維の伸長を阻害し神経網の再構成を阻害する。しかし、glial scar中での神経幹細胞の出現やその分化・成熟に関する報告はない。今回、ラット脳外傷モデルを用いて大脳皮質に直接、脳損傷を与えた後、経時的にnewly neuronの分化とgliosisの関係について調べた。脳損傷後、損傷周囲で損傷後24時間から7日までnestin陽性細胞が認められた。損傷後72時間では形態的にアストロサイトに似た大型のnestin陽性細胞が多数見られた。損傷周囲で損傷後24時間から30日まで小型で細胞質及び突起にDCX陽性の細胞が認められた。損傷後72時間及び7日でnestin及びGFAP陽性の細胞が認められた。損傷後7日ではgliosisが起こっている部位でDCX陽性細胞が認められた。損傷後30日ではglial scarの近傍及び内部にDCX陽性細胞が認められた。損傷後30日で一部のDCX陽性細胞にNeuN陽性像を認めた。以上の結果から損傷後にglial scar近傍及び内部に未熟なnewly neuronが存在
  • Macrophage inflammatory protein-1α (MIP-1α) enhances a receptor activator of nuclear factor κB ligand (RANKL) expression in mouse bone marrow stromal cells and osteoblasts through MAPK and PI3K/Akt pathways, 西田 升三, 椿 正寛, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 楠 威志, 谷森 佳弘, 藤原 季美子, 松岡 寛, 加藤 知里, 萬野 幸, 尾垣 光彦, Molecular Cellular and Biochemistry, 304, 53, 60,   2007年10月
    概要:骨破壊は骨髄腫の末期において、急速に進行し、この原因で起こる骨の痛みまたは骨折は顕著に患者のQOLを減少させる。骨破壊の病因に関して、骨髄腫患者においてMIP-1αが大量に存在し、これが骨髄間質細胞および骨芽細胞に作用し、間接的に破骨細胞を活性化させることが報告された。しかし、この過程の詳細は不明のままである。 この研究において、我々のグループは、MIP-1αによるRANKL発現機序及びMIP-1αによる破骨細胞の活性化について検討した。RANKL mRNAとRANKLタンパク発現は、MIP-1α濃度依存的に、ST2細胞とMC3T3-E1細胞で増加した。RANKL mRNA発現は、MIP-1αの添加後、1時間で増加し始め、2時間最大となり、その後、持続性発現が認められた。RANKLタンパクの増加も確認した。MIP-1αの添加後、コントロールの量と比較して、リン酸ERK1/2及びAktタンパク発現量は増加し、一方、リン酸化されたp38MAPKタンパク発現量は、MIP-1αの添加後、コントロールと比較して減少した。U0126(MEK1/2抑制剤
  • スキルス胃癌腹膜播種陽性症例に対するPaclitaxel腹腔内投与と逐次S-1+weekly paclitaxel併用療法, 今野 元博, 安田 卓司, 平井 紀彦, 新海 政幸, 彭 英峰, 安田 篤, 武本 智樹, 清川 厚子, 岩間 密, 中森 康浩, 今本 治彦, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 奥野 清隆, 塩﨑 均, 大柳 治正, 消化器科, 42, 2, 169, 175,   2007年
  • Nitrogen-containing bisphosphonate, YM529/ONO-5920, inhibits macrophage inflammatory protein 1α expression and secretion in mouse myeloma cells, 西田 升三, 椿 正寛, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 楠 威志, 藤原 季美子, 山添 譲, 加藤 知里, 西之坊 実里, 尾垣 光彦, Cancer Science, 99, 152, 158,   2008年03月
    概要:Macrophage inflammatory protein 1α(MIP-1α)は多発性骨髄腫患者で多量に検出され、多発性骨髄腫や骨破壊において重要な役割を担っていると考えられている。したがって、我々はYM529/ONO-5920がマウス骨髄腫細胞においてMIP-1α mRNA発現及び分泌を阻害するか検討した。この細胞にリポポリサッカライドで刺激するとMIP-1α mRNA発現及びタンパク分泌が増加することを認めた。YM529/ONO-5920は濃度依存的にMIP-1α mRNA発現及びタンパク分泌を阻害することを確認した。またリポポリサッカライド刺激時においてリン酸化ERK及びAktの一過性の活性化を認め、YM529/ONO-5920によりその活性化は抑制された。これらの結果はYM529/ONO-5920がRas/MEK/ERK経路及びRas/PI3K/Akt経路を抑制することでMIP-1αの発現、分泌を阻害することを示唆した。このことからYM529/ONO-5920は骨破壊やMIP-1α依存性の骨髄腫細胞増殖の治療に有効である可能性が示唆された。
  • Neuroprotective effects of an extract from the inflamed skin of rabbits inoculated with vaccinia virus on glutamate-induced neurotoxicity in cultured neuronal cell line, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 西田 升三, 椿 正寛, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Neurological Research, 30, 430, 434,   2008年05月
    概要:グルタミン酸レセプターの過剰な反応により引き起こされることが知られている慢性疼痛の治療薬にワクシニアウイルスを家兎皮膚に接種し、その炎症皮膚から抽出した非蛋白性の活性成分(Rosemorgen?)が用いられている。しかしながらRosemorgen?の薬理作用は未だ解明されていない。今回、Rosemorgen?がnon-NMDAレセプターのみを有するneural cell lineのN18-RE-105細胞に及ぼす影響をL-glutamic acidに誘導される細胞死を指標に検討した。L-glutamic acidを加えないphosphate-buffered saline (PBS)添加群では大型の細胞質と突起を有する多数の細胞が認められた。PBSとL-glutamic acidと同時添加した群ではPBSのみの添加群に比較し生存率に有意な低下が認められた。さらに細胞質を有さない球状の細胞や凝集した核が見られた。Rosemorgen?をL-glutamic acid と同時添加した系と、24時間前に添加した系の両方においてRosemorgen?による細胞死の抑制が認められた。Rosemorgen?投与群では大型の細胞質と突起を有する細胞が見られた。今回
  • 抗癌剤単回腹腔内投与+逐次複数回全身投与療法の腹膜播種を伴う胃癌症例に対する効果, 今野 元博, 安田 卓司, 平井 紀彦, 新海 政幸, 彭 英峰, 安田 篤, 白石 治, 武本 智樹, 西川 厚子, 岩間 密, 中森 康浩, 今本 治彦, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 奥野 清隆, 塩﨑 均, 大柳 治正, 癌の臨床, 54, 329, 336,   2008年
  • Expression of amyloid precursor protein after rat traumatic brain injury, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 西田 升三, 椿 正寛, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Neurological Research, 31, 1, 103, 109,   2009年02月
    概要:目的;最近の研究で脳障害の後にamyloid precursor protein (APP)が上昇することが報告されている。しかしながら脳外傷のAPP発現の経時的な変化の報告は見られない。本実験ではAPP発現の経時的な変化を調べた。 方法;ラット脳外傷後の脳内の経時的なAPP発現の変化を組織学的、生化学的手法を用いて調べた。 結果;脳外傷直後から慢性期である外傷後90日まで神経細胞内と障害された神経突起内にAPP発現が見られた。脳外傷後7日から神経細胞内で大量産生されたAPPを処理しているマクロファージやマイクログリアが見られた。しかしながら、アストログリアではAPP発現は見られなかった。 考察;脳外傷により長期間APPが発現することが組織学的、生化学的手法により明らかにされた。脳外傷はアルツハイマー型痴呆を誘発する重要な危険因子であると考えられる。(英文)
  • The relationship between SDF-1α/CXCR4 and neural stem cells appearing damaged area after traumatic brain injury in rats, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 石田 浩之, 西田 升三, 椿 正寛, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Neurological Research, 31, 1, 90, 102,   2009年02月
    概要:ケモカインの一つであるstromal cell-derived factor-1α (SDF-1α)とそのレセプターであるCXCR4が脳外傷後のneurogenesisとの関係が推測されているが、実験的なneurogenesisとSDF-1α / CXCR4に関する報告はない。今回、ラット脳外傷モデルを用いて大脳皮質に直接、脳損傷を与えた後、経時的にSDF-1α / CXCR4の発現とneurogenesisについて調べた。損傷直後より損傷周囲におけるSDF-1α mRNAと蛋白合成の促進は見られなかった。損傷後、障害組織からSDF-1αが漏出し、周囲組織に損傷後3日まで拡散することが認められた。損傷早期からnestin陽性細胞とCXCR4陽性細胞が多数認められ、nestin陽性細胞像とCXCR4陽性細胞像が一致した。さらにCXCR4陽性細胞像の一部はneurofilament陽性細胞像とも一致した。加えて、損傷早期にCXCR4 mRNAの発現と蛋白合成の増加が認められた。このことから脳外傷後に傷害を受けた細胞より逸脱したSDF-1αが神経幹細胞や損傷神経細胞のCXCR4発現を促進させ、神経幹細胞を誘導し、加えて障害を受けた神経
  • Improvement of cerebral function by anti-amyloid precursor protein antibody infusion after traumatic brain injury in the rat, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 西田 升三, 椿 正寛, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Molecular and Cellular Biochemistry, 324, 1-2, 191, 199,   2009年04月
    概要:アルツハイマー病の老人斑を形成するβアミロイド蛋白の前駆体であるamyloid precursor protein(APP)は脳外傷により長期にわたり発現する。しかしながら脳外傷後におけるAPPの機能は不明な点が多い。そこで今回、我々はAPPの影響を検討するためにラット実験的脳損傷後の損傷部位に抗APP抗体を直接投与し、脳機能評価と形態学的変化を検討した。抗APP抗体投与により脳機能評価で有意な改善が認められた。抗APP抗体投与により損傷部位の面積に有意な減少を示した。抗APP抗体投与により多数の大型のアストロサイトとGFAP陽性面積の有意な増加が認められた。抗APP抗体投与によりMAP-2陽性細胞数が有意に増加した。これらのことから脳損傷後、APPが損傷周囲のアストロサイトや神経細胞に対して障害性に働くと考えられた。(英文)
  • Tamoxifen inhibits tumor cell invasion and metastasis in mouse melanoma through suppression of PKC/MEK/ERK and PKC/PI3K/Akt pathways, 西田 升三, 椿 正寛, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 松岡 寛, 山添 譲 , 尾垣 光彦, 楠 威志, Experimental Cell Research, 315, 12, 2022, 2032,   2009年07月
    概要:悪性黒色腫は様々なシグナル伝達経路が恒常的に活性化している。その中でもprotein kinase C(PKC)は種々のシグナル伝達因子によって活性化され、悪性黒色腫においては、腫瘍進展に重要な役割を担っている。近年、抗エストロゲン薬であるタモキシフェンはエストロゲン陰性及びエストロゲン非依存性の悪性腫瘍細胞株においてPKCシグナルを阻害することが示されている。そこでタモキシフェンによる細胞浸潤及び転移抑制効果について検討を行った。タモキシフェンはB16BL6細胞増殖を抑制しない添加濃度において肺転移、細胞運動および浸潤を抑制することを明らかにした。また、タモキシフェンはMMPs mRNA及びタンパク活性を抑制することを認めた。さらに、タモキシフェンはPKCα及びPKCδの阻害を介してERK1/2及びAktの活性化を抑制することを確認した。この結果はタモキシフェンがPKC/MEK/ERK経路及びPKC/PI3K/Akt経路を抑制することで細胞浸潤、運動、及び転移を抑制することを示唆している。
  • Immunohistochemical analysis of brain lesions using S100B and glial fibrillary acidic protein antibodies in arunddic acid-(ONO-2506) treated stroke-prone spontaneously hypertensive rats, 東野 英明, 丹羽 淳子, 佐藤 隆夫, 太田 善夫, 田渕 正樹, 大島 佳奈, PL病院, Journal of Neural Transmission, 116, 10, 1209, 1219,   2009年09月
    概要:ONO-2506をSHRSPに投与して得た脳病変変化をS100B蛋白発現抑制の点から解析した。その結果、同薬物は脳卒中発症抑制と悪化抑制に効果的な薬物であることが明らかになった。
  • Dimethylfumarate inhibits tumor cell invasion and metastasis by suppressing the expression and activities of matrix metalloproteinases in melanoma cells, 西田 升三, 椿 正寛, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 山添 譲, 松岡 寛, 楠 威志, 木寺 康裕, 谷森 佳弘, 荘子 夏緒里, 中村 春行, 尾垣 光彦, 西浦 早織, Cell Biology International, 33, 10, 1087, 1094,   2009年10月
    概要:NF-κB阻害剤であるdimethylfumarate (DMF)による細胞浸潤及び転移抑制効果について検討を行った。DMFはB16BL6細胞増殖を抑制しない添加濃度において肺転移及び細胞浸潤を抑制することを明らかにした。また、DMFはMMPs mRNA及びタンパク活性を抑制することを認めた。さらに、DMFはNF-κBの核移行を阻害することを確認した。この結果はDMFがNF-κBの核移行を阻害することでMMPsの発現を抑制し、細胞浸潤及び転移を抑制することを示唆している。本章の結果はDMFが抗転移薬として臨床応用できる可能性を示唆している。
  • メサラジン投与中にCPK上昇を来たした潰瘍性大腸炎の1女児例, 田端 信忠, 杉本 圭相, 上田 悟史, 坂田 尚己, 岡田 満, 三宅 俊治, 篠原 徹, 八木 誠, 佐藤 隆夫, 竹村 司, Pediatr Int., 51, 5, 759, 760,   2009年10月
    概要:We report an unusual case of severe skeletal muscle damage during the administration of 5-ASA for ulcerative colitis. The specific pathogenesis of this muscle damage is unknown. Additionally a hypersensitive reaction to 5-ASA was also suggested.
  • The novel free radical scavenger, edaravone, increases neural stem cell number around the area of damage following rat traumatic brain injury, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 西田 升三, 椿 正寛, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Neurotoxicity Research, 16, 378, 389,   2009年11月
    概要:ラジカルスカベンジャーであるedaravoneは、臨床的に脳梗塞の治療薬として使用されているが外傷での適応は現在のところ無い。外傷的脳損傷に対するedaravoneの影響を今回実験的に検討した。特に損傷周囲に出現する神経幹細胞に注目し免疫組織化学的exvivo的方法により検討した。ラット脳外傷後にedaravoneを投与し群とsalineを投与した群を作製し経時的に屠殺した。免疫組織学的な検討に加えて、損傷周囲組織からの神経幹細胞の単離を試みた。脳損傷後、saline群において損傷周囲で1日、3日及び7日後でnestin陽性細胞が認められた。損傷後3日では形態的にアストロサイトに似た大型のnestin陽性細胞が多数見られた。1及び7日は小型のnestin陽性細胞であった。edaravone群でも同様にnestin陽性細胞が観察されるが損傷後7日でも大型のnestin陽性細胞が多数見られた。saline群に比較しedaravone群は損傷後3日及び7日でnestin陽性細胞数の有意な増加を示した。exvivoの実験においてsaline群では損傷
  • Dietary protein, but not carbohydrate, is a primary determinant of the onset of stroke in stroke-prone spontaneously hypertensive rats., Chiba T, 伊藤 龍生, 田渕 正樹, 佐藤 隆夫, Ezaki O, Stroke, 40, 8, 2828, 2835,   2009年
  • Edaravone投与による脳外傷後の神経機能回復効果の検討, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 西田 升三, 椿 正寛, 今野 元博, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Neurochemical Research, 35, 348, 355,   2010年02月
    概要:脳梗塞の治療薬として現在、ラジカルスカベンジャーであるedaravoneは使用されているが、脳外傷の治療薬としては使用されていない。今回、ラット脳外傷モデルを用いて脳外傷後のedaravone投与における神経保護作用と脳外傷後の脳機能の改善効果を組織学的、生化学的及び行動学的手法を用いて調べた。脳外傷後の早期にsaline群において損傷部位周囲組織でアポトーシスのマーカであるssDNA陽性細胞, 酸化ストレスのマーカーである 8-Hydroxy-2’-deoxyguanosine (8-OHdG)陽性細胞, 4-Hydroxy-2-nonenal (4-HNE)陽性細胞を多数認めた。しかし、edaravone群ではそれぞれの陽性細胞は少数であり、saline群に比較し有意な減少を認めた。加えてedaravone群ではsaline群に比較し、malondialdehyde (MDA)量の有意な減少を認めた。また、損傷部位周囲においてsaline群では多数のssDNAとHu, またはssDNAとglial fibrillary acidic protein (GFAP)の二重染色陽性細胞が認められた。しかしながらedaravone群ではssDNAとHu, GFAPの二重染色陽性細胞はほと
  • 脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)大脳における脳卒中発症後の神経幹細胞の出現に関する検討, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 竹森 久美子, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, Journal of molecular neuroscience, 41, 1, 55, 65,   2010年05月
    概要:脳において脳卒中などの循環障害がおこると病変部ならびに病変周囲の神経細胞は変性脱落する。近年、脳虚血再灌流モデルでthe subventricular zone(SVZ)や海馬でのneurogenesisが報告されている。しかし障害周囲組織でのneurogenesisは報告されていない。さらに、脳卒中自然発症ラットstroke-prone spontaneously hypertensive rats (SHRSP)を使った神経幹細胞や神経細胞の出現に関する報告はない。今回、SHRSPにおける発症周囲部位の神経幹細胞とnewly neuronの出現について調べた。SHRSPに5-bromo-2’-deoxyuridine (BrdU)を投与後にSHRSPを脳卒中発症時期により急性期群と慢性期群の二群に分け本実験を行った。急性期群と慢性期群において発症周囲でnestin+/GFAP+/SOX-2+陽性細胞が認められた。急性期群でnestin+/GFAP+/SOX-2+陽性細胞は有意に増加した。さらに急性期および慢性期群で細胞質及び突起にDCXをもつ細胞が認められた。急性期群と慢性期群で出現したDCX陽性細胞の一部はDCX+/BrdU+陽性を示した。慢性期ではNeuN+/BrdU+陽性細胞
  • Reduction of lung metastasis, cell invasion, and adhesion in mouse melanoma by statin-induced blockade of the Rho/Rho-associated coiled-coil-containing protein kinase pathway., 西田 升三, 椿 正寛, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 木寺 康裕, 山添 譲, 荘子 夏緒里, 中村 春行, 尾垣 光彦, 礒崎 美沙子, 金子 淳一, 谷森 佳弘, 栁江 正嗣, Journal of experimental & clinical cancer research,   2010年09月
    概要:スタチンによるマウス黒色腫細胞系B16BL6でがん細胞遊走、浸潤、接着と転移を阻害する機序について検討した。スタチンがB16BL6に対して細胞毒性を及ぼさない濃度で腫瘍細胞運動、浸潤、接着、及び転移を抑制することを明らかにした。スタチンはまた、マトリックスメタロプロテアーゼ(MMPs)のmRNA発現と酵素活性を阻害した。さらにスタチンはintegrin α2、integrin α4、及びintegrin α5 のmRNA及びタンパクの発現を抑制し、Rhoタンパク質の膜局在を減少させ、Rhoの下流にあるLIMK及びMLCの活性を阻害した。このことは、スタチンがRho/ROCK経路の抑制を介して腫瘍細胞運動、浸潤、接着、及び転移を抑制することを示した。さらにスタチンは臨床的な投与量においても有意に転移を抑制した。このことは、スタチンが悪性黒色腫において抗転移薬として臨床応用できる可能性を示唆している。
  • Nitrogen-containing bisphosphonate, YM529/ONO-5920, inhibits tumor metastasis in mouse melanoma through suppression of the Rho/ROCK pathway, 西田 升三, 椿 正寛, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 谷森 佳弘, 山添 譲, 木寺 康裕, 栁江 正嗣, 金子 淳一, Clinical and Experimental Metastasis, 27, 7, 529, 538,   2010年10月
    概要:低分子GタンパクであるRas及びRhoは腫瘍形成及び転移に関与している。我々は以前に新規bisphosphonateでるYM529/ONO-5920が低分子Gタンパクのプレニル化に必要なメバロン酸経路を阻害することを明らかにしている。そこで、悪性黒色腫細胞株であるB16BL6細胞を用いてYM529/ONO-5920が腫瘍細胞運動、浸潤、接着、及び転移を抑制するか否か検討を行った。本検討において、YM529/ONO-5920は細胞毒性を示さない投与濃度でB16BL6細胞における肺転移、細胞運動、浸潤、及び接着を抑制することを明らかにした。また、YM529/ONO-5920はmatrix metalloproteinases及びvery late antigensの発現を抑制することを見出した。さらにYM529/ONO-5920はRhoの活性化を抑制することを明らかにした。これらの結果はYM529/ONO-5920がRho/ROCK経路の抑制を介してB16BL6細胞の運動、浸潤、接着、及び転移を抑制することを示唆している。
  • Macrophage inflammatory protein-1α induces osteoclast formation by activation of the MEK/ERK/c-Fos pathway and inhibition of the p38MAPK/IRF-3/IFN-β pathway, 西田 升三, 椿 正寛, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 加藤 知里, 礒野 藍, 金子 淳一, 礒崎 美沙子, 木寺 康裕, 谷森 佳弘, 栁江 正嗣, Journal of Cellular Biochemistry, 111, 6, 1661, 1672,   2010年12月
    概要:多発性骨髄腫は骨破壊性病変を特徴とする悪性形質細胞腫である。近年、多発性骨髄腫細胞においてmacrophage inflammatory protein-1α(MIP-1α)が恒常的に分泌されていることが報告され、MIP-1αが破骨細胞形成を介して骨破壊を引き起こすことが示されている。しかし、MIP-1αによる破骨細胞形成の機序は明確にされていない。本研究ではmacrophage-like cell lineであるC7細胞を用いて、MIP-1αによる破骨細胞形成機序の検討を試みた。MIP-1αは破骨細胞形成を濃度依存的に誘導し、また、そのときIFN-β及びISGF3γの発現を抑制することを明らかにした。さらに、MIP-1αはリン酸化ERK1/2及びc-Fosの発現量を増加させ、一方でリン酸化p38MAPK及びIRF-3の発現量を減少させた。MEK阻害剤であるU0126はMEK/ERK/c-Fos経路の抑制により破骨細胞形成を阻害し、一方で、p38MAPK阻害剤であるSB203580はc-fos mRNA発現増加を介して破骨細胞形成を増加させた。また、SB203580はIFN-β及びIRF-3 mRNA発現を減少させた。これらのことはMIP-1αがMEK/ERK/c-
  • 出血を伴った胆管?胞腺癌の一例., 前川 清, 工藤 正俊, 畑中 絹世, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 石川 原, 土師 誠二, 佐藤 隆夫, Modern Physician Modern Physician, 30, 8, 1113, 1118,   2010年
  • Exercise increases neural stem cell proliferation surrounding the area of damage following rat traumatic brain injury, 伊藤 龍生, 今野 元博, 西田 升三, 椿 正寛, 伊藤 彰彦, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, Journal of Neural Transmission, 118, 193, 202,   2011年03月
    概要:運動は、海馬やthe subventricular zone(SVZ)での神経幹細胞の出現を増加させることが知られている。しかしながら外傷的脳損傷での損傷部周囲での神経幹細胞の出現に対する影響は調べられていない。そこで、外傷的脳損傷後に出現する神経幹細胞に対する運動の影響を今回実験的に検討した。ラット脳外傷後にトレッドミルにより運動を負荷した群と運動を行っていない非運動群を経時的に屠殺した。免疫組織学的な検討に加えて、損傷周囲組織からの神経幹細胞の単離を試みた。脳損傷後、非運動群において損傷周囲でnestin及びKi67陽性細胞が認められた。損傷後1日では運動群及び非運動群でnestin及びKi67陽性細胞は少数散見された。損傷後3日では両群で大型の多数のnestin陽性細胞と多数のKi67陽性細胞が見られた。損傷後7日では非運動群では少数の小型のnestin陽性細胞と少数のKi67陽性細胞が見られた。運動群では多数の大型のnestin陽性細胞と多数のKi67陽性細胞が見られた。非運動群に比較
  • Exercise inhibits neuronal apoptosis and improves cerebral function following rat traumatic brain injury, 伊藤 龍生, 今野 元博, 西田 升三, 椿 正寛, 伊藤 彰彦, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, Journal of Neural Transmission, 118, 9, 1263, 1272,   2011年09月, 査読有り
    概要:運動は、脳障害後の海馬における神経細胞のアポトーシス死を抑制し、記憶の改善効果を有することが知られている。しかしながら運動によって外傷的脳損傷での脳損傷部周囲での神経細胞のアポトーシス死の抑制と脳機能改善効果については調べられていない。今回、ラット脳外傷モデルを用いて脳外傷後の運動による神経保護作用と脳外傷後の脳機能の改善効果を組織学的及び行動学的手法を用いて調べた。脳外傷後の早期に損傷部位周囲でアポトーシスのマーカであるssDNA陽性細胞数は運動群では非運動群に比較し有意な減少を認めた(p<0.01)。また、損傷部位周囲において非運動群では多数のssDNAとNeuN, またはssDNAとglial fibrillary acidic protein (GFAP)の二重染色陽性細胞が多数認められた。運動群ではssDNAとNeuNまたはssDNAとGFAPの二重染色陽性細胞は少数認められた。さらに外傷後の慢性期において運動群で非運動群に比較しNeuN陽性細胞数で有意な増加を認めた(p<0.01)。外傷部位の大きさにい
  • (-)-epigallocatechin-3-gallate protects against neuronal cell death and improves cerebral function after traumatic brain injury in rats, 伊藤 龍生, 今野 元博, 西田 升三, 椿 正寛, 伊藤 彰彦, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, MolecularNeuro Medicine, 13, 4, 300, 309,   2011年12月
    概要:緑茶は世界で広く飲用されており、その主成分は (-)-epigallocatechin gallate (EGCG)であり、抗酸化作用を有することが報告されている。先に我々は、脳外傷後にフリーラジカルが産生され、フリーラジカルにより神経細胞のアポトーシスと脳機能障害が誘導されることを報告した。今回、ラット脳外傷モデルを用いてEGCG飲料による脳外傷後の神経保護作用と脳機能の改善効果を組織学的、生化学的及び行動学的手法を用いて調べた。6週齢Wistar rats に0.1%ECGC(ECGC群)またはwater(water群)を与えて飼育し、10週齢で脳外傷を受傷させた。脳外傷後の早期にwater飲料群においてECGC飲料群に比較し損傷部位周囲組織でアポトーシスのマーカであるssDNA陽性細胞, 酸化ストレスのマーカーである 8-Hydroxy-2’-deoxyguanosine (8-OHdG)陽性細胞, 4-Hydroxy-2-nonenal (4-HNE)陽性細胞の有意な増加認めた(p<0.001)。加えてEGCG飲料群ではwater飲料群に比較し、malondialdehyde (MDA)量の有意な減少を認めた(p<0.05)。また、損傷部位周囲においてwa
  • In vivo diagnostic imaging using micro-CT: Sequential and comparative evaluation of rodent models for hepatic/brain ischemia and stroke, 早坂 直人, 河尾 直之, 丹羽 淳子, 柏木 伸夫, 宮澤 正顯, 佐藤 隆夫, 東野 英明, 松尾 理, 村上 卓道, 吉岡芳親 森勇樹, 永井信夫, 重田博, PLoS One, 7, 2, 32342,   2012年02月
    概要:近年、疾患モデル動物の非侵襲的画像診断法は、病理解析や効率的薬効スクリーニング等におけるニーズが増しているが、マイクロCTによる軟部組織の画像診断は、技術的な障壁からこれまで実用化されていなかった。本論文では、臨床用造影剤の連続投与による造影CT法を新たに確立した。マイクロCTとマイクロMRIの同時撮像による比較解析により、4種類の脳・肝疾患モデルの病巣の定量的・定性的解析において、新たな造影CT法が、MRIに匹敵する正確な診断を可能にすることが明らかとなった。今回開発した診断・解析法が、今後創薬やトランスレーショナル・リサーチに広く応用されることが期待される。
  • アレルギー性真菌性副鼻腔炎の1例, 木村 雅友, 筑後 孝章, 佐藤 隆夫, 植田清文 上杉忠雄, 日本臨床細胞学会雑誌, 51, 4, 290, 294,   2012年07月
    概要:稀であるが近年増加傾向にあるアレルギー性真菌性副鼻腔炎の細胞診での特徴について報告した。
  • Delay of stroke onset by milk proteins in stroke-prone spontaneously hypertensive rats., Chiba T, 田渕 正樹, 伊藤 龍生, 大島 佳奈, 佐藤 隆夫, Ezaki O, Stroke, 43, 470, 477,   2012年
  • Interleukin-1β accelerates the onset of stroke in stroke-prone spontaneously hypertensive rats., Chiba T, 伊藤 龍生, 田渕 正樹, 佐藤 隆夫, Nakazawa T, Mediators Inflamm., 2012, 70197,   2012年
  • Conidiobolus属真菌による播種性感染症の1例, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 筑後 孝章, 土橋千琴 植田清文 上杉忠雄, 日本臨床細胞学会雑誌, 52, 5, 444, 447,   2013年09月
    概要:本邦ではじめて経験されたConidiobolus属真菌感染症剖検例で,生前に得られた気管支吸引細胞診での真菌形態について報告した。
  • 肝海綿状血管腫破裂により腹腔内出血を来した低出生体重児の1例, 竹村 司, 小西 悠平, 竹村 豊, 伊豆 亜加音, 丸谷 怜, 和田 紀久, 佐藤 隆夫, 近畿大学医学雑誌, 38, 3-4, 131, 134,   2013年
    概要: 腹腔内出血により死亡し、病理解剖にて肝海綿状血管腫の破裂と診断された低出生体重児の1例を経験した。症例は在胎31週4日、体重1500gで出生した品胎第3子の男児で、日齢4に腹腔内出血による循環血漿量減少性ショックで発症し、集中治療にも関わらず日齢14に死亡した。病理解剖にて肝臓に裂傷と暗赤色の腫瘍を認め、腫瘍は海綿状血管腫と診断された。腹腔内出血の原因は、肝左葉海綿状血管腫の破裂であった。新生児、特に低出生体重児では、一旦出血して全身状態が不良となれば治療方法は限定され救命は困難になりやすいため、早期発見・早期治療が極めて重要である。
  • 自然縮小を来した頸部デスモイド腫瘍の1例, 松久保 祐子, 村上 卓道, 柏木 伸夫, 佐藤 隆夫, 足利 竜一朗, 細野 眞, 森 一功, 土井 勝美, 臨床放射線, 58, 3, 459, 462,   2013年

書籍等出版物

  • Stem Cell Research Trends, Expression of neuronal stem cells and neurogenesis after traumatic brain injury, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, PL病院 検査科病理, 共著, NOVA Publishers,   2007年09月
    概要:脳外傷では脳に直接的機械的な侵襲が加わり、障害を受けた中枢神経組織では神経細胞死や変性そして神経軸索の断裂や軸索の変性が引き起こされと考えられている。中枢神経で神経細胞の細胞死や変性により神経細胞が減少しても再生は起こらないとされていた。しかし、最近の研究ではヒト中枢神経において神経細胞やグリア細胞に分化することができる神経幹細胞がthe subventricular zone(SVZ)やthe subgranular zone(SGZ) at the dentate gyrus(DG)-hilus interfaceに存在し、神経組織が障害を受けたときに神経幹細胞(NSC)が増殖、分化することにより神経細胞死や変性した神経細胞におきかわることが報告された。しかしながら、脳外傷後の損傷周囲についての神経幹細胞の増殖、分化そしてneurogenesisについて不明な点が多く残されている。我々はラット脳外傷モデルを用いて大脳皮質に直接、脳損傷を与えた後、経時的に神経幹細胞のマーカーであるnestinの陽性細胞数の変化とそのnestin陽性細胞を分離、
  • Alzheimer's disease pathogenesis-core concepts, shifting paradigms and therapeutic targets, Expression and cerebral function of amyloid precursor protein after rat traumatic brain injury, 伊藤 龍生, 今野 元博, 西田 升三, 椿 正寛, 伊藤 彰彦, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 共著, Intech open access publisher,   2011年09月
    概要:アルツハイマー病の老人斑を形成するβアミロイド蛋白の前駆体であるamyloid precursor protein(APP)は脳外傷により長期にわたり発現する。しかしながら脳外傷後におけるAPPの機能は不明な点が多い。そこで今回、我々はAPPの影響を検討するためにラット実験的脳損傷後の損傷部位に抗APP抗体を直接投与し、脳機能評価と形態学的変化を検討した。抗APP抗体投与により脳機能評価で有意な改善が認められた。抗APP抗体投与により損傷部位の面積に有意な減少を示した。抗APP抗体投与により多数の大型のアストロサイトとGFAP陽性面積の有意な増加が認められた。抗APP抗体投与によりMAP-2陽性細胞数が有意に増加した。これらのことから脳損傷後、APPが損傷周囲のアストロサイトや神経細胞に対して障害性に働くと考えられた。(英文)

講演・口頭発表等

  • アディポネクチン高分子多量体の心筋結合量は心筋細胞肥大と負の相関関係にある, 井上敬夫、竹森久美子、水口信行、木村雅友、筑後孝章、萩山満、米重あづさ、森樹史、前西修、米谷俊、伊藤龍生、佐藤隆夫、伊藤彰彦, 第71回 日本栄養・食糧学会大会,   2017年05月
  • 脂肪組織への進展を認め,悪性中皮腫との鑑別が問題と胸膜, 清水 重喜,筑後 孝章,武本 智樹,田中伴典,榎木英介,前西 修,木村雅友,伊藤 彰彦,光冨 徹夜,佐藤 隆夫, 第106回日本病理学会総会,   2017年04月27日
  • 炭酸ランタン療法中に生じた胃粘膜ランタン沈着の経時的変化, 榎木 英介,木村 雅友,田中 伴典,清水重喜,伊藤 彰彦,佐藤 隆夫,樫田 博史,長谷川 廣文, 第106回日本病理学会総会,   2017年04月27日
  • 気管無形性を伴ったVACTER association の1剖検例, 筑後 孝章,榎木 英介,前西 修,木村 雅友,佐藤 隆夫, 第105回日本病理学会総会,   2016年05月12日
  • 肺癌の表層壊死部にアスペルギルスの腐生が認められた1例, 榎木 英介,筑後 孝章,前西 修,木村 雅友,伊藤 彰彦,佐藤 隆夫,   2015年04月30日
  • 膵偽脂肪過形成の1例, 筑後 孝章,榎木 英介,前西 修,木村 雅友,佐藤 隆夫, 第104回日本病理学会総会,   2015年04月30日
  • 外傷的脳損傷の損傷局所に及ぼす運動の影響について, 佐藤 隆夫,伊藤 龍生,土手 健作,橋本 重夫,, 第104回日本病理学会総会,   2015年04月30日
  • 運動による実験的脳外傷後に出現する神経幹細胞への影響, 伊藤 龍生,橋本 重夫,佐藤 隆夫, 第104回日本病理学会総会,   2015年04月30日
  • 2型糖尿病患者の膵島における接着分子CADM1は細胞外ドメインの切断が亢進している, 井上 敬夫,萩山 満,米重 あづさ,榎木 英介,前西 修,筑後 孝章,木村雅友,佐藤 隆夫,伊藤 彰彦, 第104回日本病理学会総会,   2015年04月30日
  • 骨盤内に発生した若年性嚢胞性腺腫の1例, 大塚 佳代, 松本 成史, 古田 朋子, 米田 円, 林 義之, 蛭間 慎吾, 前倉 俊治, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 栗田 孝, 第70回病理医協会関西支部交見会,   1998年11月, 第70回病理医協会関西支部交見会
  • テトラベナジン連続投与による中脳黒質の形態学的変化, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 林 義之, 玉井 良尚, 蛭間 眞悟, 橋本 重夫, 第89回日本病理学会総会,   2000年04月, 第89回日本病理学会総会
    概要:7日間のテトラベナジン(TBZ)連続投与により,ラット中脳黒質の緻密層の神経細胞に萎縮と数的減少が認められた。それらの変化はTBZの単回投与とは異なり,非可逆的変化であった。TBZ連続投与がヒトパーキンソン病の動物モデルとして使用できると考えられた。
  • Gastrointestinal stromal tumor (GIST) の8手術例における病理組織学的および電子顕微鏡的検討, 米田 円, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 門田 永治, 木村 雅友, 酒谷 邦康, 第89回日本病理学会総会,   2000年04月, 第89回日本病理学会総会
    概要:Gastrointestinal stromal tumor(GIST)の細胞起源について調べるため、我々はGIST8症例のホルマリン固定材料を用い、病理組織学的及び電子顕微鏡的検討を行い、その発生起源はInterstitial cell of Cajalであると考えた。
  • "Pigmented variant of benign oncocytic lesion of the pharynx"の一例, 門田 永治, 佐藤 隆夫, 林 義之, 蛭間 眞悟, 橋本 重夫, 第89回日本病理学会総会,   2000年04月, 第89回日本病理学会総会
    概要:高齢者の咽頭に偶然発見された色素性病変について報告する。同病変は Kuriharaらにより最初の記載がなされた "pigmented variant of benign oncocytic lesion of the pharynx" に一致すると考えられた。電顕的観察も施行し、また、その発生機序に関して若干の考察も試みた。
  • リポポリサッカライドの投与によりラットの血液・脳関門を通過したシスプラチンの脳組織における酸化的障害, 並川 清博, 佐藤 隆夫, 門田 永治, 橋本 重夫,   2000年04月
    概要:【目的】ラットを用いてリポポリサッカライド(LPS)とシスプラチン(CDDP)を投与することにより脳組織に蓄積した白金(Pt)による早期の酸化的障害について、その消去系であるグルタチオンの変化を中心に検討を行った。【方法】Wister系雄性ラットにLPS(3mg/kg)を腹腔内投与し、3時間後にCDDP(3mg/kg)を静脈内投与して、投与2時間、1日後に大脳を摘出し組織中の過酸化脂質(LPO), Glutathione(GSH,GSSG)GlutathiomePeroxidase(GS8-Px)、組織中の重金属(Zn,Cu,MB,Fe)の測定を行った.また組織学的検査にはCR-3染色、Tunel染色も行った。【結果と考察】CDDP投与2時間後には、LPSを前投与した群でPtの蓄積が認められ、この量は投与1日後でも変化を示さなかった。Control群との比較で組織中のLPOには有意な変化は認められなかったが、LPSを前投与した群のGSHおよびGSH-Pxは有意に低値を示し、対照的にGSSGレベルは有意な上昇を示していた。また、CR-3染色では、海馬領域におけるグリア細胞の変化
  • 良性と悪性の多種類の腫瘍を合併した脂腺母斑の1例, 大塚 佳世, 古田 朋子, 米田 円, 林 義之, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 玉井 良尚, 第10回日本病理学会近畿支部学術集会,   2000年09月, 第10回日本病理学会近畿支部学術集会
    概要:49歳,男性.以前から存在した耳介の脂腺母斑から,多彩な組織像を示す二次性腫瘍が発症した稀な1例を報告した.脂腺,汗腺,毛包,表皮への分化を示す良性,悪性の上皮性腫瘍と肉腫様の腫瘍が認められた.
  • テトラベナジンによる黒質線状体の神経細胞の変化-実験的パーキンソン病モデルとして, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 林 義之, 大塚 佳世, 古田 朋子, 橋本 重夫, 玉井 良尚, 14th International Congress of Neuropathology,   2000年09月, 14th International Congress of Neuropathology
    概要:Tetrabenazineのラットへの7日間の投与により,中脳の黒質緻密層に形態学的変化をもたらすことを明らかにしてきたが,さらに,tyrosine hydrokinase等の免疫組織学的検討を加えた。中脳黒質緻密層におけるDopaminergic neuronの変化が明らかとなった。(英文)
  • 実験的脳損傷後における反応性astrocytesのVimentin及びb-FGFへの反応について, 橋本重夫, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 玉井 良尚, 林義之, 5th International Neurotrauma Symposium,   2000年10月, 5th International Neurotrauma Symposium
    概要:外傷による脳損傷修復の過程で重要な役割を果たすと考えられているastrocytesの動態を,bFGF染色及びVimentin染色等の免疫組織染色を用いて形態計測学的に解析した。これら蛋白の経時的変動発現がglia scar形成に重要に関わっている事が示唆された。(英文)
  •  老齢犬脳におけるアミロイドβ蛋白,APP,Bcl2,Baxに関する免疫組織化学的検討-年齢,痴呆評点との相関, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 玉井 良尚, 林義之, 橋本重夫, 日本神経化学会,   2000年10月, 日本神経化学会
    概要:ABの沈着の程度は加齢による記憶・学習の変化と関係した。AB、Bcl2、Baxの関係はABの沈着がアポトーシスを誘導する可能性を示唆した。老齢犬脳におけるABの沈着はAPPのupregulationなしに生じる可能性が年齢、APP陽性細胞数、ABの沈着の関係より示唆された。
  • 乳腺原発内分泌細胞癌の一例, 今野 元博, 林 義之, 佐藤 隆夫, 橋本重夫, 中井由香, 上杉忠夫, 黒田大介, 加藤道男, 大柳 治正, 第39回日本臨床細胞学会秋季大会,   2000年11月, 第39回日本臨床細胞学会秋季大会
    概要:まれな乳腺原発内分泌細胞癌の一例を報告した。
  • Immunostaining of type IV collagen, type IV collagenase and ability of cell proliferation in human thyroid cancers, 楠 威志, 戸村 隆訓, 西田 升三, 木本・木下 さおり, 佐藤 隆夫, 村田 清高, 国際甲状腺学会,   2000年12月, 国際甲状腺学会
    概要:ヒト甲状腺癌およびその周辺組織を用いて4型コラーゲン免疫染色にて細胞基底膜を観察した。 さらに癌組織にて4型コラーゲン分解能と細胞増殖能についても検討した。(英文)
  • 直腸内分泌細胞癌の1例, 所 忠男, 肥田 仁一, 吉藤 竹仁, 吉田 敏郎, 大東 弘治, 犬房 春彦, 奥野 清隆, 安富 正幸, 佐藤 隆夫, 第54回大腸癌研究会,   2001年01月, 第54回大腸癌研究会
  • 臨床的に脊髄炎と考えられた小児脊髄悪性膠腫の1剖検例, 林義之, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 玉井 良尚, 橋本重夫, 日本病理学会総会,   2001年04月, 日本病理学会総会
    概要:臨床的に脊髄炎と脊髄腫瘍との鑑別に苦慮した小児剖検例;急速な上行性麻痺、呼吸停止より急性脊髄炎が疑われた。MRI像(脊髄広範囲瀰漫性腫脹)と症状からは炎症と腫瘍の鑑別困難。剖検で広範囲髄液播種を伴った胸髄原発glioblastomaと確定。
  • B cell lymphomaと結核性病変が同一リンパ節で観察された一剖検例, 大塚 佳世, 古田 朋子, 米田 円, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 前倉 俊治, 蛭間 眞悟, 寺村一裕, 第90回日本病理学会総会,   2001年04月, 第90回日本病理学会総会
    概要:65歳,女性。剖検時にB細胞性リンパ腫細胞の浸潤と結核性滲出性病変が,同一のリンパ節において確認された。報告例が少ないので,文献的考察を加えて発表した。
  • テトラベナジン投与によるラット黒質線条体の変化;ドーパミンおよびその代謝産物の解析, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 林 義之, 橋本 重夫, 玉井 良尚, 蛭間 眞悟, 第90回日本病理学会総会,   2001年04月, 第90回日本病理学会総会
    概要:高速液体クロマトグラフィと電気化学検出器を用いてテトラベナジン(TBZ)反復投与したラットの脳のドーパミン(DA)及びその代謝産物を測定した。TBZ反復投与群はDAの減少,3,4-dihydroxyphenyl acetic acidの増加を示し,細胞内DAの代謝亢進が示された。
  • 臨床検査とサンプリングの諸問題:細胞診,組織診について, 佐藤 隆夫, 第15回サンプリング研究会,   2001年04月, 第15回サンプリング研究会
    概要:近畿大学医学部付属病院では細胞診,組織診に関する業務は病院病理部のもとで一括して行っている。病理部内での検体取り扱いに関してどのような取り組みを行っているかを報告し,標本作製上,固定などの条件が及ぼす影響を実験的に検討し報告した。
  • 脳mast cell (MC)の脱顆粒が血液脳関門(BBB)に及ぼす影響とNO系によるそのmodulationについて, 門田 永治, 佐藤 隆夫, 土手 健作, 橋本 重夫, 第90回日本病理学会,   2001年04月, 第90回日本病理学会
    概要:脳MCは種々の病態下で脱顆粒を生じ、活性物質を放出する。この脱顆粒が脳浮腫の一因たり得るかを、また、NO系のそれへの閑与を検討した。【対象と方法】wistar ratを用い、MCの脱顆粒はCompound 48/80(C48/80)の脳実質内注入で惹起し、8BBは免疫グロプリンの血管外漏出で評価した。また、NOS阻害剤(L-NAME)の前投与の影響も検討した。【結果と考察】脳内MCは大部分が血管周囲に存在した。C48/80細注入群ではvehicle注入群と比較して有意なMCの脱顆粒と顕著なグロプリンの血管外漏出が生じた。この脱顆粒と漏出はしNAMEで増強した。以上より、脳・血管周囲で生じるMCの脱耕粒は血管性脳浮腫の一因であり、脳NO系はその睨顆粒を抑制し、組織保護的に働いていることが示唆された。
  • 神経幹細胞のコラーゲンゲル培養下におけるbFGFの影響, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 玉井 良尚, 伊東良太, 林義之, 橋本重夫, 近畿大学医学会,   2001年06月, 近畿大学医学会
    概要:bFGFは二次元培養では神経幹細胞の細胞増殖に働き,三次元培養ではMAP2陽性細胞数の増加及びrosette形成と神経細胞への分化誘導を行い立体構造が重要である。In vivoでの細胞増殖因子の作用を検討する上で有用である。
  • 喀痰細胞診で厚膜分生子を認めた気管支内接合菌症, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, 第42回日本臨床細胞学会,   2001年06月, 第42回日本臨床細胞学会
    概要:気管支内接合菌症の喀痰細胞診で菌糸とともに厚膜分生子を認め、これがカンジダなどの他の真菌との鑑別対象となったことについて述べた。
  • Tetrabenazine連続投与による黒質-線条体の変化, 佐藤 隆夫, 第50回近畿大学医学会,   2001年06月, 第50回近畿大学医学会
    概要:Tetrabenazine(TBZ)反復投与による神経終末におけるドーパミンの代謝異常の誘導と,そのための組織形態学的変化から,TBZ反復投与ラットモデルがヒトパーキンソン病の実験モデルとして有用であることを生化学的,行動学的,組織計測学的に明らかにした。
  • 診断に苦慮した小児四肢麻痺の一剖検例, 林 義之, 佐藤 隆夫, 伊東 良太, 橋本 重夫, 第68回近畿脳腫瘍検討会,   2001年06月, 第68回近畿脳腫瘍検討会
    概要:生前、脊髄炎と脊髄腫瘍との鑑別に苦慮した小児剖検例;剖検にて広範囲髄液播種を伴った胸髄原発腫瘍であり、組織学的に腫瘍は種々多彩な像を呈し多形性、異型性に富む。glioblastomaを考えた。
  • Tetrabenazine連続投与による黒質-線条体の変化, 佐藤 隆夫, 第50回近畿大学医学会,   2001年06月, 第50回近畿大学医学会
    概要:Tetrabenazine(TBZ)は神経細胞内でのカテコールアミンの枯渇をもたらすことから舞踏病の治療薬として1950年代より使用されてきた。現在はそのラットへの単回投与により,主にうつ病の実験モデルとして用いられている。TBZは神経終末におけるシナプス小胞膜上に存在するvesicular monoamine transporter(VMAT)を阻害することにより,カテコールアミンのシナプス小胞内への取り込みを阻害する。カテコールアミンの一つであるドーパミンの異常がパーキンソン病で認められることは広く知られており近年ドーパミンの代謝の異常が黒質-線条体系に酸化ストレスを発生させ,その結果としてパーキンソン病に特有の神経細胞の変性,萎縮をもたらすと考えられている。TBZ投与,特に反復投与による神経終末におけるドーパミンの代謝異常の誘導とそのための形態学的変化が生じる可能性を想定しTBZ反復投与モデルの作製と黒質-線条体の形態学的変化および行動量の変化の検討を試み液体クロマトグラ
  • 副腎リンパ管腫の一例, 上杉 忠雄, 中井 由香, 今野 元博, 玉井 良尚, 林 義之, 橋本 重夫, 佐藤 隆夫, 第42回日本臨床細胞学会,   2001年06月, 第42回日本臨床細胞学会
    概要:術中に得られた嚢胞内容液中に異型細胞を観察し、疑陽性と診断した副腎リンパ管腫の一例を経験し、文献的 考察を加えて報告した。特に、悪性リンパ腫の細胞との鑑別について考察した。
  • 老齢犬脳におけるグリア細胞の変化とタウリン酸化に関する免疫組織化学的検討, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 玉井 良尚, 伊東良太, 林義之, 橋本重夫, 日本神経化学会,   2001年09月, 日本神経化学会
    概要:ABの沈着程度は加齢による記憶・学習の変化と相関し,犬のABはびまん型でヒトでいう初期の沈着像であり,アストログリアやマイクログリアの発現とタウリン酸化も認められないことからも老齢犬脳はヒトアルツハイマー病の初期モデルに相当すると考えられた。
  • 気管支内視鏡検査で,非上皮性と上皮性の異型細胞が異なった部位から確認された一例, 大塚 佳世, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 中井 由佳, 上杉 忠雄, 蛭間 眞悟, 第40回日本臨床細胞学会秋期大会,   2001年11月, 第40回日本臨床細胞学会秋期大会
    概要:悪性腫瘍の既往があり,気管支内視鏡で複数箇所の細胞診検査が出された場合,同一腫瘍の転移だけでなく,多重癌の可能性を考慮する必要がある.食道原発の悪性黒色腫の気管転移と肺胞上皮型の原発性肺癌が同時に診断された一例を報告した.
  • 胃腸管間質腫瘍(GIST)の一例, 上杉 忠雄, 中井 由香, 木村 雅友, 橋本 重夫, 佐藤 隆夫, 第40回日本臨床細胞学会秋期大会,   2001年11月, 第40回日本臨床細胞学会秋期大会
    概要:細胞診で腫瘍細胞の形態から良性悪性の判定しがたい例でも細胞増殖関連抗原(Ki-67)の陽性像を検出する ことが組織診と同様非常に有用であると報告した。
  • 硝子体の細胞診所見から悪性リンパ腫が疑われ画像診断で脳内に腫瘍が発見された一例, 中井 由香, 上杉 忠雄, 大塚 佳世, 橋本 重夫, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, 第40回日本臨床細胞学会秋季大会,   2001年11月, 第40回日本臨床細胞学会秋季大会
    概要:眼症状から発症した眼球内-中枢神経系悪性リンパ腫において硝子体の穿刺吸引細胞診が形態学的診断の唯一の根拠となった一例を報告した。
  • Pneumatic control injury deviceを用いたラット脳損傷後のTNF-αの生化学的,免疫組織学的検討, 林義之, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 玉井 良尚, 橋本重夫, 神経損傷の基礎シンポジウム,   2001年12月, 神経損傷の基礎シンポジウム
    概要:脳外傷におけるTNF-αの役割についての報告例は少ない。実験的脳損傷後に形成されるcavity、その周囲でのTNF-αの時間的な細胞分布の変化と蛋白量の変化を免疫組織染色、ELISA法にて形態計測学的、生化学的に解析した。
  • ラット脳損傷モデルでのbFGFに関する生化学的、免疫組織化学的検討, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 林 義之, 伊東 良太, 橋本 重夫, 玉井 良尚, 第91回日本病理学会総会,   2002年03月, 第91回日本病理学会総会
    概要:ラットの脳損傷後にbasic fibroblast growth factor(bFGF)がどのように変化するかをELISA法,および免疫組織化学的方法にて検討した。損傷部から発生するbFGFのグリア細胞への取り込みがグリア瘢痕形成のinitiatorとして作用する可能性が示唆された。
  • 著明な黒褐色色素沈着を伴った小腸GISTの-例, 門田 永治, 佐藤 隆夫, 土手 健作, 林 義之, 橋本 重夫, 第91回日本病理学会,   2002年04月, 第91回日本病理学会
    概要:色素沈着が著明な小腸gastrointestinal stromal tumor(以下GIST)の一例を報告する。【症例】69歳、女性。約2ヶ月前よりタール便を自覚し受診。腹部CTで小腸に腫瘤を発見。開腹術となる。【肉眼所見】腫瘍は黒褐色で2.9x2.1x2.0cm。空腸の漿膜面から突出してpeduncularに発育している。【組織像】腫瘍は紡錘形~多角形の細胞の増生からなり、束状~渦状の配列を示す。腫瘍細胞内には黒褐色微小顆粒が多数認められた。少数の核分裂像も散見される。黒褐色々素はFontanaMasson・陽性であった。免疫組織化学では腫瘍細胞はC-kit とVimemtinが陽性、CD34は部分陽性、S-100は±、BMB45やSMA、上皮系のマーカーは陰性であった。【電顕所見】腫瘍細胞にmelanosomeは存在せずelectron denseなlysosomal granuleを見るのみであった。【まとめ】 Melanosomeを欠きHMB-45も陰性であったことから軟部原発の悪性黒色 腫は否定された。黒褐色々素はライソゾーム由来のpseudomelamin と考えられ、pseudomelanomatous variant of GIST,low grade
  • Synaptophysin immunoreactivity in rat lumbar spinal cord injured by cortical impact device, 蛭間 眞悟, 佐藤 隆夫, 大塚 佳世, 橋本 重夫, 第91回日本病理学会,   2002年04月, 第91回日本病理学会
    概要:実験的脊髄損傷ラットを用いて損傷後の機能と組織形態学的変化とを検討した。機能はmagnetic stimuliによりthe motor evoked potential (MEP) and EMG(M wave, Fwave, H-reflex) を記録した。形態学的にはSynapto-physin immunoreactivity(SYN-IR) を調べた。損傷後1週間で脊髄損傷部の下方でシナプス入力が増加することが示された。(英文)
  • 老齢犬脳におけるユビキチンとアミロイドb蛋白沈着の免疫組織学的検討, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 林義之, 橋本重夫, 日本神経化学会,   2002年07月, 日本神経化学会
    概要:APPの代謝過程によりAbの沈着がもたらされると考えられるがその代謝系に関係するユビキチンの機能低下がAbの沈着をもたらす可能性が示唆され、ユビキチンシステムの破綻が神経細胞の変性、記憶・学習の障害と強く関係している可能性が示唆された。(英文)
  • 老齢犬脳におけるアミロイドβ蛋白沈着,年齢及び痴呆評点との相関, 伊藤 龍生, 林義之, 古河 惠一, 佐藤 隆夫, 近畿大学医学会,   2002年07月, 近畿大学医学会
    概要:老齢犬においてもAbの沈着と加齢および記憶・学習の変化は相関することが示され、初期のAbの沈着はすでに神経組織の機能の低下をあらわし、老齢犬脳の検討が人アルツハイマー病の初期像を理解する上で有用であると考えられた。(英文)
  • Pneumatic control injury deviceによるラット脳損傷後の経時的TNF-αの解析, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 土手 健作, 林義之, 橋本重夫, 伊藤 浩行, 神経損傷の基礎シンポジウム,   2002年11月, 神経損傷の基礎シンポジウム
    概要:脳損傷後のマイクログリア、マクロファージ由来のTNFαは細胞障害性に働き神経細胞及び膠細胞のapoptosisを誘導する可能性が示唆され、脳損傷後の神経細胞により合成されたTNFαは神経細胞に対して保護的に働く可能性が示唆された。
  • メサラジン投与中にCPK上昇を来した潰瘍性大腸炎のⅠ女児例, 戸田 常仁, 田端 信忠, 杉本圭相, 三宅 俊治, 篠原 徹, 八木 和郎, 森口 直彦, 竹村 司, 佐藤 隆夫, 八木 誠, 第16回近畿小児科学会,   2003年03月, 第16回近畿小児科学会
    概要:メサラジン投与中にCPK上昇を来した潰瘍性大腸炎のⅠ女児例を報告した。その機序として、メサラジンによる筋融解が推測された。
  • 右水腎症-水尿管-腎萎縮の像を伴った小児後腹膜黄色肉芽腫症の一例, 林義之, 伊藤 龍生, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 日本病理学会総会,   2003年04月, 日本病理学会総会
    概要:臨床的にも病理学的にも鑑別診断に苦慮した6歳女児の後腹膜黄色肉芽腫症の1例を経験した。病変は肝下面に癒着、上行結腸、右腎尿管を巻き込んで増生していた。後腹膜黄色肉芽腫症、黄色肉芽腫性腎盂腎炎、悪性線維性組織球腫が鑑別として問題となった。
  • 外傷的脳損傷後のglial fibrillary acidic proteinおよびvimentinの変動とbFGFとの関係, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 林 義之, 伊藤 浩行, 第92回日本病理学会総会,   2003年04月, 第92回日本病理学会総会
    概要:脳損傷後に生じるアストロサイト(AS)の反応とbFGFの関係を検討した。損傷後早い時期ではbFGFがASのglial fibrillary acidic protein誘導に作用した。2日より生じるbFGFの高濃度状態はvimentinを誘導し,脳内の線維化を促進すると考えられた。
  • 耳下腺膨大細胞癌の一例, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, 第44回日本臨床細胞学会総会,   2003年05月, 第44回日本臨床細胞学会総会
    概要: 膨大細胞癌は唾液腺悪性腫瘍の1%以下という稀な癌である.そのためこれまでその臨床細胞学的報告は極く少数であった.今回細胞像について報告するとともに,抗ミトコンドリア抗体を用いた免疫細胞化学を実施し,癌細胞にミトコンドリアが充満していることを明確にできた.
  • 老齢犬脳におけるアミロイド蛋白(1-40,1-42,1-43)に関する免疫組織化学的検討 - 年齢,痴呆評点との相関, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 林義之, 伊藤 浩行, 日本神経化学会,   2003年09月, 日本神経化学会
    概要:Aβ40の脳実質への沈着は個体差や別の因子が脳実質への沈着に関与し、Aβ42 、Aβ43は年齢やscoreと相関を示したことからヒトと同様、加齢とともに脳実質に長鎖のAβ42,43が早期から沈着し、老人斑を形成するのではないかと考えられた。(英文)
  • Pneumatic control injury deviceによるラット脳損傷後のAPP発現の解析, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 林義之, 伊藤 浩行, 神経損傷の基礎シンポジウム,   2003年11月, 神経損傷の基礎シンポジウム
    概要:APPは外傷後長期にわたり神経細胞に強く発現していた。長期にわたるAPPの過剰発現は結果的に Aβの沈着を促進する可能性が考えられることから外傷がアルツハイマー型痴呆の危険因子になる原因と考えられた。
  • 虚血性脳神経障害の電顕トモグラフィーによる検索, 土手健作, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 日本病理学会総会,   2004年06月, 日本病理学会総会
    概要:目的:従来、中枢神経障害の形態学的な検索は、免疫組織化学、通常の透過電顕(TEM)あるいは共焦点レーザー顕微鏡で行われているが、我々は超高圧電子顕微鏡(UHVEM)を用いて厚い切片を観察し、電顕トモグラフィーによる細胞レベルでの3次元解析を試みている。方法:脳卒中病変を発症した雄のSHRSPの大脳を、型のごとく電子顕微鏡用に固定・包埋し3uの切片を作製した。UHVEM(日立H-300)を用いて加速電圧2000KVで観察し、同一部位から傾斜を変えて70枚の写真を撮影した。コンピュータ上で再構成し、電顕トモグラフィーによる検索を行った。結果・考察:通常のTEMによる観察では、浮腫性病変部では単に神経組織の変性・融解が認められる以外には情報が得られなかったが、UHVEMによる観察では個々の神経線維の走行や病変を観察が可能であった。神経線維の変性・断裂部では、断裂した突起の先端近くに多数の水泡状構造が認められ、細胞膜の障害による変化が強く示唆された。UHVEMに
  • 高血圧性脳微小血管障害の3次元的解析, 石田 浩之, 伊藤 浩行, 土手 健作, 佐藤 隆夫, 第93回日本病理学会総会,   2004年06月, 第93回日本病理学会総会
    概要:[目的]脳微小血管障害は、脳卒中のみならず脳腫瘍や脳外傷などの際必発する病変であるが、その病変の詳細を検索するには通常の検索では限界があり、十分に明らかにされてはいない。我々は超高圧電子顕微鏡(UHVEM)を用いて厚い切片を観察することにより、微小血管特に内皮細胞の形態的変化を電顕トモグラフィーにより3次元的に解析することを試みている。 [方法]重症の高血圧を発症した雄のSHRSPの大脳皮質を型のごとく電顕用に固定・包埋し、3μの切片を作成した。UHVEMを用いて加速電圧2000KVで観察し。-70から+70まで2度おきに傾斜をつけて撮影した。コンピューター上で再構成し、電顕トモグラフィーによる構造解析を行った。 [結果・考察]微小血管の内皮細胞の表面には細胞膜から連続して多数の球状のcysticな突出がみられ、いくつかは重複しているのが認められた。これらは主に細胞の辺縁・細胞接着部付近に多い傾向が認められた。このような血管では、周囲のGFAP陽
  • ラット脳損傷後の学習能力とamyloid precursor proteinに関する検討, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, 日本病理学会総会,   2004年06月, 日本病理学会総会
    概要:脳外傷はアルツハイマー型痴呆(AD)の危険因子である。脳外傷とADとの関係を検討するために実験的脳損傷後のラット脳でのamyloid precursor protein(APP)の発現を形態学的,分子生物学的に検討した。方法;10周齢雄wistarラットの硬膜を露出し,pneumatic control injury deviceを用いて硬膜上より外力を与えた。受傷ラットを経時的に,watre mazeにて記憶学習能力の測定後,免疫組織染色用,遺伝子発現解析用,蛋白量測定用の三群に分け,屠殺した。結果;記憶学習は受傷後1日より対照群に比較して有意に低下し60日でも有意に低下を示した。APPは蛋白レベルでは受傷後6時間から12時間で有意な増加を示し60まで続いた。APPのRT-PCRでは受傷後1時間から6時間で有意な増加が認められ,60日まで続いた。免疫染色ではAPPは受傷直後は変性線維に一致して染色された。7日になると神経細胞の胞体に一致した染色性を示し一部ミクログリアにも陽性像が認められた。まとめ;受傷後APPの蛋白,RNAレベルでの増
  • 細胞診におけるカンジダの真性菌糸と仮生菌糸の形態的比較検討, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, 第45回日本臨床細胞学会総会,   2004年07月, 第45回日本臨床細胞学会総会
    概要:細胞診標本中でカンジダの酵母や仮生菌糸のみならず真性菌糸も認められることを報告した。
  • 実験的ラット脳外傷モデルにおけるエダラボン(ラジッカト)の影響, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 近畿大学医学会,   2004年07月, 近畿大学医学会
    概要: Edaravone投与により損傷範囲が小さく神経細胞や神経ネットワークの損傷が軽度であり脳外傷後におけるエダラボン投与は脳機能の改善に有効であると考えられた。
  • 講座内教員評価とその意義, 佐藤 隆夫, 木村 雅友, 河合 潤, 筑後 孝章, 前西 修, 伊藤 浩行, 第36回日本医学教育学会,   2004年07月, 第36回日本医学教育学会
    概要:2学年の病理学コースのなかで,37回の講義について毎回,学生による教員評価を行った。被評価者は教授1,助教授1,講師4で,担当時間数は異なっている(最高9,最低3)。評価項目は10項目で,5段階評価,無記名とした。平均回収率は58%であった。以下に項目ごとの結果を示す。数値は教員ごとの平均の最高,最低および全教員の平均を示している。1.説明が明快で全体としてまとまりがある(最高4.5,最低3.2  平均4.0)2.よく準備している(最高4.5,最低3.7  平均4.2)3.重点をうまく要約してくれる(最高4.5,最低3.2  平均4.0)4.授業を静粛に保つ配慮をしてくれる (最高4.2,最低3.6  平均3.9)5.教師の意見と違った別の見方も紹介してくれる(最高3.8,最低3.2  平均3.6)6.授業が興味深く触発されることが多い(最高4.1,最低3.1  平均3.7)7.学生に対して関心が深い(最高4.3,最低3.4  平均3.8)8.担当科目に情熱を持っている(最高4.
  • 基礎系教員からみた近畿大学テュートリアル教育について, 佐藤 隆夫, 第56回近畿大学医学会,   2004年07月, 第56回近畿大学医学会
    概要:本学医学部では基礎医学系教育にテュートリアル方式が導入され6年が経過し教育技法として本学でも確実に定着しつつある一方,学生も含め全体的にマンネリ化の傾向も感じられる。問題解決能力を育成し,自学自習を旨とするテュートリアル教育の本質を一層発展させるため大学としてはテュートリアル方式に対する学生のモチベーションを高いレベルで維持してもらう方策を常に考えるとともに事例作成者,週責任者,あるいはテューターとして参画する教員のテュートリアル教育に対する意識,理解を高いレベルで一致させ維持し続ける努力が必要と考えられる。現時点での基礎系教員のテュートリアル方式に対する意識,理解を探る目的でアンケート(55名回答)を行い,学生3年生(95名回答)との対比を試みた。その結果,本学における教員教育の効果と考えられるが基礎系教員のテュートリアルに対する意識,理解度は高いと考えられた。一方1年間テュートリアルを経験
  • 老齢犬脳におけるアミロイド前駆タンパク蛋白(APP)に関する免疫組織化学的検討―年令、痴呆評点との相関, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 古河 惠一, 伊藤 浩行, 日本神経化学会,   2004年09月, 日本神経化学会
    概要:加齢により軸索に異常が生じた結果APPが神経線維内で貯留した状態が出現していると考えられた。その結果としてAbの沈着が誘導される可能性が示唆された。それを基にして老人斑の形成が生じ、記憶・学習に変化をきたすと考えられた。(英文)
  • 脳損傷部位への抗APP抗体投与による脳機能改善効果, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 神経損傷の基礎シンポジウム,   2004年11月, 神経損傷の基礎シンポジウム
    概要:脳損傷後、APPが損傷周囲のアストロサイトの活性を抑制し、さらに神経細胞に対して障害性に働くことにより、APPが脳機能の低下をもたらしていると考えられた。
  • 発症時より脳脊髄播種が認められたanaplastic ependymomaの1幼児例, 杉本圭相, 坂田 尚己, 山田 公人, 寺本 佳史, 種子田 護, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 竹村 司, 原 純一, 第20回日本小児がん学会総会,   2004年11月, 第20回日本小児がん学会総会
    概要:稀な発症形式を示した脳室上衣腫の症例報告
  • 悪性像を伴った胆道系管内乳頭状粘液産生腫瘍の1例, 筑後 孝章, 前西 修, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 日本病理学会,   2005年04月, 日本病理学会
    概要:74歳,男性.肝内胆管腫瘍が疑われ摘出術が施行された.肉眼的には多房性腫瘍で,組織学的には乳頭状粘液産生腫瘍であった.多くは良性病変の組織型であったが,その一部に核異型,構造異型がみられ免疫染色の結果を考慮して一部に悪性化を伴ったものと判断された.
  • カリニ肺炎治療後にPMLを発症、HAART開始に伴って神経症状が急速に悪化して死亡した一症例, 松浦 基夫, 前田 裕弘, 佐藤 隆夫, 大成 功一, 第19回 日本エイズ学会学術集会総会,   2005年11月, 第19回 日本エイズ学会学術集会総会
  • von Recklinghausen病に若年発症した悪性神経鞘腫の1例, 坂田 尚己, 上田悟史, 吉田 洋, 八木 誠, 佐藤 隆夫, 竹村 司, 第21回日本小児がん学会総会,   2005年11月, 第21回日本小児がん学会総会
    概要:稀少症例の臨床報告
  • 脳外傷後に損傷周囲大脳皮質より得られた神経幹細胞の免疫組織学的解析, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 橋本重夫, 神経損傷の基礎シンポジウム,   2005年12月, 神経損傷の基礎シンポジウム
    概要:ラット脳外傷において、損傷後、早期に損傷周囲で発現するnestin陽性細胞の単離はされていない。さらにそのnestin陽性細胞が神経再生に関与しているかどうかも調べられていない。今回、ラット脳外傷モデルを用いて大脳皮質に直接、脳損傷を与えた後、経時的にnestin陽性細胞の変化とその細胞を分離、培養を行い神経細胞、アストロサイト、オリゴデンドロサイトへの分化について調べた。脳損傷後、損傷周囲で1日、3日及び7日後でnestin陽性細胞が認められた。損傷後3日では細胞質及び突起にnestinを認める陽性細胞が多数見られた。さらにnestin陽性細胞数が最大であった。無処置および損傷後1日、7日後では損傷周囲の組織からnestin陽性細胞の単離、培養はできなかった。しかし損傷後3日からsphereの単離ができた。単離されたsphereはnestin陽性であった。得られたneurosphere の培養液からbFGF及びEGFを取り除いた後、更に4日間培養した分化誘導実験ではTuj1、GFAP、vimentin、S-100蛋白、O4に陽性を
  • 外傷性脳損傷周辺に出現する未熟神経細胞に関する検討, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 土手 健作, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, 第47回日本神経病理学会総会学術研究会,   2006年05月, 第47回日本神経病理学会総会学術研究会
    概要:[目的]近年,中枢神経組織が傷害を受けたときに神経幹細胞の増殖,分化による神経再生の可能性が報告された。今回,損傷周辺部のグリア増生部での未熟な神経細胞の出現とその動態に注目し免疫組織学的に検討した。[方法]pneumatic control injury deviceを用いてwistar rats脳に脳外傷を加えた。損傷後24時間,72時間,7日,30日で4%パラホルムアルデハイドで還流固定し,脳を取り出し,Micro slicerを用いて損傷最大径の部分より厚さ50μmの連続切片を作製した。1)nestinの免疫染色を行いnestin陽性細胞数を計数した。2)doublecortin(DCX)の免疫染色を行い,DCX陽性細胞数を計数した。3)DCXとglial fibrillary acid protein(GFAP)の二重染色をした。4)DCXとNeuNの二重染色をした。5)nestinとGFAPの二重染色をした。[結果]nestin陽性細胞は損傷後24時間で損傷周囲に認められ(3.6±2.4)その数は72時間で最大数(69.2±25.8)を示し7日で減少(2.2±3.3)した。DCX陽性細胞は24時間,72時間では少
  • ラット脳外傷後のSDF-1α/CXCR4と神経幹細胞の発現について, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, 日本神経化学会,   2006年09月, 日本神経化学会
    概要:脳外傷において、ケモカインの一つであるstromal cell-derived factor-1α (SDF-1α)とそのレセプターであるCXCR4がneurogenesisと関係しているのではないかと指摘されている。しかしながら脳外傷後におけるneurogenesisとSDF-1α / CXCR4に関する報告はない。今回、ラット脳外傷モデルを用いて大脳皮質に直接、脳損傷を与えた後、経時的にSDF-1α / CXCR4の発現とneurogenesisについて調べた。損傷後、障害組織からSDF-1αが漏出し、周囲組織に損傷後3日まで拡散することが認められた。損傷早期からnestin陽性細胞とCXCR4陽性細胞が多数認められ、nestin陽性細胞像とCXCR4陽性細胞像が一致した。さらにCXCR4陽性細胞像の一部はneurofilament陽性細胞像とも一致した。このことから脳外傷後に傷害を受けた組織より漏出したSDF-1αが神経幹細胞や損傷神経細胞のCXCR4発現を促進させ、神経幹細胞や神経突起を損傷周囲へと誘導し、神経再生や神経の再構築に関与したと考えられた。損傷局所に存在するSDF1α / CXCR4をコントロールす
  • SDF-1a/CXCR4による神経幹細胞のchemotaxisの検討, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, 第18回神経損傷の基礎シンポジウム,   2006年12月, 第18回神経損傷の基礎シンポジウム
    概要:Stromal cell-derived factor-1α (SDF-1α) は神経発生時における重要なケモカインである。本研究は外傷的神経損傷ラットモデルにおける損傷周囲におけるSDF-1αの経時的変化に関して免疫組織化学,ELISA,RT-PCRを用いて検討した。RT-PCRの結果より損傷後SDF-1αの新規合成は生じていなかった。髄液中のSDF-1αの蛋白濃度のELISAによる解析より損傷後濃度の上昇がみられ,SDF-1αの脳組織の損傷周囲部で免疫組織学的陽性面積の増加が認められた。これらの結果より損傷後SDF-1αは破壊された脳組織より漏出し,損傷部周囲の脳組織に広がるものと考えられた。SDF-1αは神経幹細胞の移動を誘導し,成熟神経細胞の線維伸長をもたらすとされており,損傷後に漏出するSDF-1αが損傷部および損傷周囲の神経再生に多いに関与する可能性が示唆された。
  • 慢性活動性EBウイルス感染症の経過中にランゲルハンス細胞組織球症を合併した1女児例, 伊豆 亜加音, 坂田 尚己, 戸口 直美, 藤田 真輔, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 竹村 司, 第22回日本小児がん学会学術集会,   2006年, 第22回日本小児がん学会学術集会
  • 脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)の大脳における神経再生の検討, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 竹森 久美子, 伊藤 浩行, 第96回日本病理学会総会,   2007年03月, 第96回日本病理学会総会
    概要:背景:脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)は脳卒中を自然発症する唯一の動物であり、脳卒中発症後の脳病変周囲の神経細胞は変性脱落することが報告されている。しかしながら脳病変周囲組織の神経細胞の再生についての報告は見あたらない。そこで今回、SHRSPを用いて脳卒中発症後の脳病変周囲組織での神経再生について検討した。 方法:脳卒中発症前の16週齢雄性SHRSPにBrdUを連続二週間投与し、BrdU、幼弱な神経細胞のマーカーであるDCXおよび神経細胞のマーカーであるNeuNの免疫染色を経時的に行って神経再生の評価を行った。 結果:脳卒中発症直後ではDCX陽性細胞が多数見られ一部ではBrdUとDCX共に陽性を示す細胞が認められた。さらに発症約一ヶ月後ではBrdUとNeuN陽性の細胞が少数認められた。 考察:脳病変周囲で発症早期から新生神経細胞(DCX陽性)が出現し、成熟神経細胞(NeuN陽性)へ分化することが示された。このことから新生神経細胞をコントロールするこ
  • 実験的脳外傷ラットの大脳皮質損傷局所に出現する神経幹細胞の由来に関する検討, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 土手 健作, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, 第96回日本病理学会総会,   2007年03月, 第96回日本病理学会総会
    概要:[目的]近年,成熟脳においても神経幹細胞が生理的にも存在することが明らかにされた。我々は実験的脳外傷モデルでの脳損傷局所に神経幹細胞が出現することを報告してきたがそれら神経幹細胞の由来に関してはなお不明な点が多い。今回,我々は,Type1アストロサイト(AS)の純粋培養を試みそこからの神経幹細胞の分離を試みた。[方法]生後0-1日のWistarラット大脳皮質から,MacCarthyらの方法に準じてType1ASの純粋培養を行った。それにより得られた細胞をWeissらの方法に準じて,bFGFおよびEGFを加えた培養液にて培養する神経幹細胞選択培養法に従い12-13日培養したところ球状細胞塊が得られた。その細胞塊に対して分化誘導を試みた。球状の細胞塊および分化誘導後の細胞を用いて免疫組織学的にNestin,Tuj-1,GFAP,A2B5に関して検討した。[結果]球状細胞塊はNestin陽性を示した。分化誘導後,Tuj-1,GFAP,A2B5に関して各々陽性細胞が認められた。[考察]培養Type1ASから神経幹細胞が誘導され
  • 実験的脳外傷モデルにおけるstromal cell-derived factor-1 αとCXCR4に関する検討, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 土手 健作, 伊藤 浩行, PL病院 検査科 病理, 第48回日本神経病理学会総会,   2007年05月, 第48回日本神経病理学会総会
    概要:[目的]stromal cell-derived factor-1α(SDF1α)とそのレセプターであるCXCR4はともに神経発生時に細胞の移動に関与することが指摘されている。今回,我々は実験的ラット脳外傷モデルにおけるこれらの発現に関して検討した。[方法]pneumatic control injury deviceを用いてwistar rats脳に脳外傷を加えた。損傷後1日,3日,7日で屠殺した。一次抗体として抗SDF1α, CXCR4,nestin,microtubule associated protein 2 ( MAP-2),neurofilament(NF),glial fibrillary acidic protein(GFAP)を用い免疫染色を試みた。SDF1α陽性面積を測定した。CXCR4およびNestin陽性細胞数を計数した。損傷周囲大脳を採取し,SDF1αとCXCR4に関してRT-PCRを行った。損傷周囲大脳の脳組織および脳脊髄液のSDF1αの蛋白量をELISAにて測定し,さらにwestern blot analysisにて損傷周囲大脳組織のSDF1αとCXCR4の蛋白量測定を行った。[結果]損傷後1日から7日において損傷周囲にSDF1α陽性像が認められ,陽性面積は損傷後1日でピークを示した。nestin陽性細胞の出現が損傷辺
  • 脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)大脳における脳卒中発症後の神経幹細胞に関する検討, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 竹森 久美子, 伊藤 浩行, 第43回高血圧関連疾患モデル学会学術総会,   2007年09月, 第43回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
    概要:背景:脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)は脳卒中を自然発症する唯一の動物であり、脳卒中発症後の脳病変周囲の神経細胞は変性脱落することが報告されている。しかしながら脳病変周囲組織の神経細胞の再生についての報告は見あたらない。そこで今回、SHRSPを用いて脳卒中発症後の脳病変周囲組織での神経幹細胞の出現とその分化について検討した。 方法:脳卒中発症前の16週齢雄性SHRSPにBrdUを連続二週間投与し、SHRSPを脳卒中発症直後の急性期群と発症約一ヶ月の慢性期群の二群に分けて実験を行った。急性期群および慢性期群のラット脳切片を分裂細胞のマーカーであるBrdU、神経幹細胞のマーカーであるSOX-2、神経幹細胞および幼弱なアストロサイトのマーカーであるnestin、幼弱な神経細胞のマーカーであるdoublecortin (DCX)および神経細胞のマーカーであるNeuNの免疫組織染色を行って、神経幹細胞の出現およびその神経細胞への分化の評価を行った。 結果:急性期群の
  • 脳外傷後の損傷周囲大脳皮質からの神経幹細胞の単離, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, 第50回日本神経化学会大会,   2007年09月, 第50回日本神経化学会大会
    概要:ラット脳外傷において、損傷後、早期に損傷周囲で発現するnestin陽性細胞の単離はされていない。さらにそのnestin陽性細胞が神経再生に関与しているかどうかも調べられていない。今回、ラット脳外傷モデルを用いて大脳皮質に直接、脳損傷を与えた後、経時的にnestin陽性細胞の変化とその細胞を分離、培養を行い神経細胞やアストロサイトへの分化について調べた。脳損傷後、損傷周囲で24時間、72時間及び7日後でnestin陽性細胞が認められた。損傷後72時間では形態的にアストロサイトに似た大型のnestin陽性細胞が多数見られた。さらにnestin陽性面積が最大であった。損傷後24時間、7日後では損傷周囲の組織ではnestin陽性細胞の単離、培養はできなかった。しかし損傷後72時間ではsphereの単離ができた。単離されたsphereはnestin陽性でTuj1とVimentinは陰性でありsphereはneurosphereと考えられた。得られたneurosphere の培養液からbFGF及びEGFを取り除いた後、更に4日間培養すると培養細胞はTuj1とGFAPに陽
  • 肝転移を伴う胃癌症例におけるHER2遺伝子の増幅とタンパク過剰発現について, 今野 元博, 安田 卓司, 平井 紀彦, 新海 政幸, 彭 英峰, 安田 篤, 白石 治, 武本 智樹, 清川 厚子, 岩間 密, 中森 康浩, 今本 治彦, 上杉 忠雄, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 奥野 清隆, 塩﨑 均, 大柳 治正, 日本人類遺伝学会第52回大会,   2007年, 日本人類遺伝学会第52回大会
  • 肝転移を伴う胃癌症例におけるHER2遺伝子の増幅とタンパク過剰発現について, 今野 元博, 安田 卓司, 平井 紀彦, 新海 政幸, 彭 英峰, 上杉 忠雄, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 奥野 清隆, 塩﨑 均, 大柳 治正, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年, 第45回日本癌治療学会総会
  • 眼球突出を主訴とした神経芽腫の一例, 竹村 豊, 坂田 尚己, 竹村 司, 八木 誠, 吉田 洋, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 第30回 近畿小児がん研究会,   2008年02月, 第30回 近畿小児がん研究会
    概要:眼球突出を主訴とした進行性神経芽腫の一例を経験し、治療法として手術、化学療法の後に2回移植法を施行した。それについての症例報告を行った。
  • 脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)大脳における脳卒中発症後の神経幹細胞の出現に関する検討, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 竹森 久美子, 伊藤 浩行, 第97回日本病理学会総会,   2008年05月, 第97回日本病理学会総会
    概要:背景:脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)は脳卒中を自然発症する唯一の動物であり、脳卒中発症後の脳病変周囲の神経細胞は変性脱落することが報告されている。しかしながら脳病変周囲組織の神経細胞の再生についての報告は見あたらない。そこで今回、SHRSPを用いて脳卒中発症後の脳病変周囲組織での神経幹細胞の出現とその分化について検討した。 方法:脳卒中発症前の16週齢雄性SHRSPにBrdUを連続二週間投与し、分裂細胞のマーカーであるBrdU、神経幹細胞のマーカーであるSOX-2、神経幹細胞および幼弱なアストロサイトのマーカーであるnestin、幼弱な神経細胞のマーカーであるdoublecortin (DCX)および神経細胞のマーカーであるNeuNを用いて、免疫組織染色を経時的に行い、神経再生の評価を行った。 結果:脳卒中発症直後ではSOX-2+ / nestin+ 細胞及びBrdU+ / DCX+ 細胞が認められた。Subventricular zone(SVZ)ではSOX-2+ / nestin+ 細胞とDCX陽性細胞が多数認められた。発症約一ヶ月後ではBrdU+
  • 実験的脳外傷モデルにおける損傷局所へのstromal cell-derived factor-1αとCXCR4アンタゴニスト投与に関する検討, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, 第49回神経病理学会総会,   2008年05月, 第49回神経病理学会総会
    概要:[目的]stromal cell-derived factor-1α(SDF1α)とそのレセプターであるCXCR4はともに神経発生時に細胞の移動に関与することが指摘されている。我々はSDF1αおよびCXCR4が外傷的脳損傷後の局所においても作用していることを先に報告した。今回,実験的ラット脳外傷モデルの損傷局所にSDF1α投与およびCXCR4のアンタゴニスト投与を試みたので報告する。[方法]pneumatic control injury deviceを用いてwistar rats脳に脳外傷を加えた。損傷直後より損傷局所に滲透圧ポンプ(Alzet)を用いてSDF1α(50ng/ml)あるいはCXCR4のアンタゴニストであるAMD3100(5mg/ml)を2週間投与した。また,損傷直後より,尾静脈からBrdUを投与した。2週間後および1ヶ月後にラットを潅流固定した。固定後脳を取り出し,薄切切片を作製し染色に用いた。染色は一次抗体として抗SDF1α, CXCR4,nestin, DCX, BrdU, microtubule associated protein 2 ( MAP-2),neurofilament(NF),glial fibrillary acidic protein(GFAP)を用い免疫染色を試み観察した。損傷辺縁部のNestin
  • 脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)大脳における脳卒中発症後の神経幹細胞に関する検討(1), 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 竹森 久美子, 伊藤 浩行, HYPERTENSION,   2008年06月, HYPERTENSION
    概要:背景:脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)は脳卒中を自然発症する唯一の動物であり、脳卒中発症後の脳病変周囲の神経細胞は変性脱落することが報告されている。しかしながら脳病変周囲組織の神経細胞の再生についての報告は見あたらない。そこで今回、SHRSPを用いて脳卒中発症後の脳病変周囲組織での神経幹細胞の出現とその分化について検討した。 方法:脳卒中発症前の16週齢雄性SHRSPにBrdUを連続二週間投与し、SHRSPを脳卒中発症直後の急性期群と発症約一ヶ月の慢性期群の二群に分けて実験を行った。急性期群および慢性期群のラット脳切片を分裂細胞のマーカーであるBrdU、神経幹細胞のマーカーであるSOX-2、神経幹細胞および幼弱なアストロサイトのマーカーであるnestin、幼弱な神経細胞のマーカーであるdoublecortin (DCX)および神経細胞のマーカーであるNeuNの免疫組織染色を行って、神経幹細胞の出現およびその神経細胞への分化の評価を行った。 結果:急性期群の
  • 脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)大脳における脳卒中発症後の神経幹細胞に関する検討(2), 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 竹森 久美子, 伊藤 浩行, 13th International SHR Symposium,   2008年06月, 13th International SHR Symposium
    概要:背景:脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)は脳卒中を自然発症する唯一の動物であり、脳卒中発症後の脳病変周囲の神経細胞は変性脱落することが報告されている。しかしながら脳病変周囲組織の神経細胞の再生についての報告は見あたらない。そこで今回、SHRSPを用いて脳卒中発症後の脳病変周囲組織での神経幹細胞の出現とその分化について検討した。 方法:脳卒中発症前の16週齢雄性SHRSPにBrdUを連続二週間投与し、SHRSPを脳卒中発症直後の急性期群と発症約一ヶ月の慢性期群の二群に分けて実験を行った。急性期群および慢性期群のラット脳切片を分裂細胞のマーカーであるBrdU、神経幹細胞のマーカーであるSOX-2、神経幹細胞および幼弱なアストロサイトのマーカーであるnestin、幼弱な神経細胞のマーカーであるdoublecortin (DCX)および神経細胞のマーカーであるNeuNの免疫組織染色を行って、神経幹細胞の出現およびその神経細胞への分化の評価を行った。 結果:急性期群の
  • メサラジン投与中にCPK上昇を来たした潰瘍性大腸炎の1女児例, 田端 信忠, 杉本 圭相, 戸田 常仁, 三宅 俊治, 八木 和郎, 篠原 徹, 岡田 満, 竹村 司, 八木 誠, 佐藤 隆夫, 第18回日本小児リウマチ学会総会・学術集会,   2008年10月, 第18回日本小児リウマチ学会総会・学術集会
    概要:今回、潰瘍性大腸炎にてメサラジン投与中に横紋筋融解を認めた1女児例を経験した。自験例では、メサラジンに対するアレルギー反応が横紋筋傷害メカニズムに関与した可能性も推測された。
  • Edaravone投与によるラット脳外傷後の神経幹細胞の出現に関する検討, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, 第98回日本病理学会総会,   2009年05月, 第98回日本病理学会総会
    概要:目的;脳外傷によるfree radicalが神経細胞障害を引き起こすことは知られている。radical scavengerであるedaravoneは脳梗塞の治療薬として使用されているが外傷での適応は無い。今回、外傷的脳損傷に対するedaravoneの影響を脳損傷周囲部位に出現する神経幹細胞に注目し免疫組織化学的及び生化学的に検討した。 方法;10週齢ratを用いて脳外傷受傷ratを作製し、受傷直後にedaravone及びsalineを投与した。Sham operate処置でsalineを投与した群をsham群とした。受傷1, 3, 7日後に屠殺し、神経幹細胞のmarkerであるnestinによる免疫染色と脳内のmalondialdehyde(MDA)量の測定を行った。 結果;Edaravone及びsaline群においてnestin陽性細胞が見られ、edaravone群では損傷3, 7日後に大型のnestin陽性細胞が多数見られた。さらにnestin陽性細胞数の有意な増加を認めた。Saline群と比較しedaravone群でMDA量の有意な減少が認められた。Edaravoneとsham群ではMDA量には差は無かった。 考察;脳外傷後のedaravoneの投与は脳外傷によるfree rad
  • 脳外傷損傷局所へのSDF1αとCXCR4アンタゴニスト投与による局所反応の変化に関する免疫組織化学的検討, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, 第98回日本病理学会総会,   2009年05月, 第98回日本病理学会総会
    概要:stromal cell-derived factor-1α(SDF1α)とそのレセプターであるCXCR4は神経発生時に細胞の移動に関与することが指摘されている。SDF1αとそのCXCR4のアンタゴニストであるAMD3100の脳損傷局所への投与がもたらす影響を神経幹細胞およびその分化に注目して検討した。pneumatic control injury deviceを用いてwistar rats脳に外傷を加えた。損傷直後より損傷局所に滲透圧ポンプ(Alzet)を用いてSDF1α(50ng/ml)あるいはAMD3100(5mg/ml)を2週間投与した。損傷直後より,尾静脈からBrdUを投与した。2週間後および1ヶ月後にラットを潅流固定した。固定後脳を取り出し,薄切切片を作製し染色に用いた。一次抗体として抗 nestin, DCX, BrdU, Neu N抗体等を用い免疫染色を試みた。損傷辺縁部のnestin, DCX, BrdU陽性細胞数を計数した。SDF1α投与群では損傷局所におけるnestin,DCX,Neu N,BrdU陽性細胞数が有意に増加がした。AMD3100投与群ではnestin,DCX,Neu N, BrdU陽性細胞数は有意に減少した。SDF1α,AMD3100投与によりnestin陽性細胞数,幼若
  • Seborrheic keratosisにeccrine porocarcinomaとsquamous cell carcinomaを疑う異型性が認められた症例, 谷口 優子, 佐藤 隆夫, 土手 健作, 伊東 良太, 伊藤 浩行, 第98回日本病理学会総会,   2009年05月, 第98回日本病理学会総会
    概要:大腿部皮膚に発生したseborrheic keratosisの一部にeccrine porocarcinomaあるいはsquamous cell carcinomaを疑う異形性を伴う病変が認められた。 患者は92歳女性で数年前より大腿部に35×17mmの境界明瞭な黒褐色色素斑、角化があり精査目的による生検が行われた。組織学的には多稜形の少量の細胞質を有する腫瘍細胞の増生部分に少数ながらクチクラ構造が観察された。一部には真皮への不規則な浸潤増生を示す成分が認められた。それらの病変と連続して広い胞体を有し、異型細胞核を有する有棘細胞類似の腫瘍細胞が明瞭な角質形成を示し増生する部分が見られた。異型性の原因として悪性に向かう変化以外に再生性変化、ウイルス感染が考えられる。しかしseborrheic keratosisは癌の前駆病変である可能性がある。異型性が認められた場合には完全切除と定期的な経過観察が必要と考える。
  • 実験的脳外傷モデルにおける損傷局所での未熟神経細胞出現に関する検討, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 伊藤 浩行, 橋本 重夫, 第50回日本神経病理学会総会,   2009年06月, 第50回日本神経病理学会総会
    概要:我々は神経発生時に細胞の移動に関与することが指摘されているstromal cell-derived factor-1α(SDF1α)とそのレセプターであるCXCR4が外傷的脳損傷後の局所においても作用しており,SDF1αおよびCXCR4のアンタゴニストAMD投与により損傷局所に出現する神経幹細胞の数に変化が生じることを報告した。今回,神経幹細胞の移動を阻害すると想定される薬物を損傷局所に投与しその影響を検討した。pneumatic control injury deviceを用いてwistar rats脳に脳外傷を加えた。損傷直後より損傷局所に滲透圧ポンプ(Alzet)を用いてK252a, Cytochalasins-Bを2週間投与した。また,損傷直後より腹腔内にBrdUを投与した。損傷後1週間後および1ヶ月後にラットを潅流固定した。固定後脳を取り出し,薄切切片を作製し染色に用いた。染色は一次抗体として抗nestin,DCX, BrdU,glial fibrillary acidic protein(GFAP)他を用い免疫染色を試み観察した。損傷辺縁部のNestin陽性面積測定とDCX, BrdU陽性細胞数を計数した。K252投与群では損傷局所に
  • 小児頭部に発生したsolitary fibrous tumorの一例, 伊東 良太, 土手 健作, 谷口 優子, 伊藤 浩行, 佐藤 隆夫, 第98回日本病理学会総会,   2009年08月, 第98回日本病理学会総会
    概要:小児頭部に発生したsolitary fibrous tumorの一例を報告する。患者は10歳女児で生下時より頭部に2~3cmの腫瘤が見られた。1~2年で倍程度に増大したため、摘出を行った。摘出された腫瘍は肉眼的に白色~淡褐色の境界明瞭な腫瘍であった。組織学的に紡錘形細胞が密に増生しており、分裂像は14個/高倍率10視野であった 。免疫染色で腫瘍細胞はCD34(+)、CD99(+)、平滑筋アクチン(-)であった。成人のsolitary fibrous tumorにおける悪性の定義として、高い細胞密度、分裂像高倍率10視野4個以上、出血あるいは壊死が挙げられている。これまでに同様の定義を満たす小児のsolitary fibrous tumorの報告は一例認められる。しかし、今回のように腫瘍が生下時より存在していた症例は見つからず、臨床的にもinfantile fibrosarcomaとの鑑別が困難であった。
  • 脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)大脳における脳卒中発症後の神経再生に関する検討, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 竹森 久美子, 伊藤 浩行, 第45回高血圧関連疾患モデル学会学術総会,   2009年09月, 第45回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
    概要:背景:脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)は脳卒中を自然発症する唯一の動物であり、脳卒中発症後の脳病変周囲の神経細胞は変性脱落することが報告されている。しかしながら脳病変周囲組織の神経細胞の再生についての報告は見あたらない。そこで今回、SHRSPを用いて脳卒中発症後の脳病変周囲組織での神経再生について検討した。 方法:脳卒中発症前の16週齢雄性SHRSPにBrdUを連続二週間投与し、SHRSPを脳卒中発症直後の急性期群と発症約一ヶ月の慢性期群の二群に分けて実験を行った。急性期群および慢性期群のラット脳切片を分裂細胞のマーカーであるBrdU、神経幹細胞のマーカーであるSOX-2、神経幹細胞および幼弱なアストロサイトのマーカーであるnestin、幼弱な神経細胞のマーカーであるdoublecortin (DCX)および神経細胞のマーカーであるNeuNの免疫組織染色を行って、神経幹細胞の出現およびその神経細胞への分化の評価を行った。 結果:急性期群の脳病変周囲組織ではWK
  • ラット脳外傷後のEdaravone投与による神経幹細胞の出現に関する研究, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, Neuro 2010(第53回日本神経化学会大会),   2010年09月, Neuro 2010(第53回日本神経化学会大会)
    概要:ラジカルスカベンジャーであるedaravoneは、臨床的に脳梗塞の治療薬として使用されているが外傷での適応は現在のところ無い。外傷的脳損傷に対するedaravoneの影響を今回実験的に検討した。特に損傷周囲に出現する神経幹細胞に注目し免疫組織化学的exvivo的方法により検討した。ラット脳外傷後にedaravoneを投与し群とsalineを投与した群を作製し経時的に屠殺した。免疫組織学的な検討に加えて、損傷周囲組織からの神経幹細胞の単離を試みた。脳損傷後、saline群において損傷周囲で1日、3日及び7日後でnestin陽性細胞が認められた。損傷後3日では形態的にアストロサイトに似た大型のnestin陽性細胞が多数見られた。1及び7日は小型のnestin陽性細胞であった。edaravone群でも同様にnestin陽性細胞が観察されるが損傷後7日でも大型のnestin陽性細胞が多数見られた。saline群に比較しedaravone群は損傷後3日及び7日でnestin陽性細胞数の有意な増加を示した。exvivoの実験においてsaline群では損傷
  • 脳卒中発症後の神経幹細胞の出現へのSDF-1α/CXCR4 系の関与に関する検討, 伊藤 龍生, 竹森 久美子, 伊藤 浩行, 伊藤 彰彦, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 第100回日本病理学会総会,   2011年04月, 第100回日本病理学会総会
    概要:目的;脳卒中自然発症stroke-prone spontaneously hypertensive rats (SHRSP)を使って、病変周囲組織と脳室周囲において神経幹細胞と新生神経細胞が出現することを報告した。さらにstromal cell-derived factor-1α (SDF-1α) / CXCR4が脳外傷後の神経幹細胞の出現に関与していることを報告した。しかしながら脳梗塞後の神経幹細胞の出現とSDF-1α/CXCR4についての報告はない。方法; SHRSPを使って脳卒中発症後の病変周囲組織において神経幹細胞の出現とSDF-1α/CXCR4系について免疫組織学的及び生化学的に調べた。結果;発症周囲組織においてSDF-1α mRNAと蛋白合成の発現増加は認められなかった。発症後、発症周囲組織からSDF-1αが漏出し、周囲組織への拡散が見られ、脳脊髄液中でSDF-1α量の有意な増加が認められた。発症周囲組織ではCXCR4 mRNAと蛋白合成の発現の有意な増加が認められた。発症周囲組織ではnestin陽性細胞像とCXCR4陽性細胞像が一致した。結論;このことから脳卒中発症後に障害を受けた細胞より逸脱した
  • ラット脳損傷モデルへの抗アミロイド前駆蛋白質抗体投与による脳機能および組織学的変化の検討, 佐藤 隆夫, 伊藤 龍生, 伊藤 彰彦, 橋本 重夫, 第52回日本神経病理学会総会,   2011年06月, 第52回日本神経病理学会総会
  • 脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)大脳における脳卒中発症後の神経再生へのSDF-1α/CXCR4 系の関与に関する検討, 伊藤 龍生, 竹森 久美子, 伊藤 浩行, 伊藤 彰彦, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 第47回高血圧関連疾患モデル学会学術集会,   2011年09月, 第47回高血圧関連疾患モデル学会学術集会
    概要:目的;脳卒中自然発症stroke-prone spontaneously hypertensive rats (SHRSP)を使って、病変周囲組織と脳室周囲において神経幹細胞と新生神経細胞が出現することを報告した。さらにstromal cell-derived factor-1α (SDF-1α) / CXCR4が脳外傷後の神経幹細胞の出現に関与していることを報告した。しかしながら脳梗塞後の神経幹細胞の出現とSDF-1α/CXCR4についての報告はない。 方法; SHRSPを使って脳卒中発症後の病変周囲組織において神経幹細胞の出現とSDF-1α/CXCR4系について免疫組織学的及び生化学的に調べた。結果;発症周囲組織においてSDF-1α mRNAと蛋白合成の発現増加は認められなかった。発症後、発症周囲組織からSDF-1αが漏出し、周囲組織への拡散が見られ、脳脊髄液中でSDF-1α量の有意な増加が認められた。発症周囲組織ではCXCR4 mRNAと蛋白合成の発現の有意な増加が認められた。発症周囲組織ではnestin陽性細胞像とCXCR4陽性細胞像が一致した。 結論;このことから脳卒中発症後に障害を受けた細胞より逸
  • 運動による脳外傷後の脳機能改善効果の検討, 吉田 原規,伊藤 龍生,土手 健作,橋本 重夫,佐藤 隆夫, 第106回日本病理学会総会,   2017年04月27日

MISC

  • 炭酸ランタン療法中に生じた胃粘膜内ランタン沈着の経時的変化, 榎木 英介, 木村 雅友, 田中 伴典, 清水 重喜, 伊藤 彰彦, 佐藤 隆夫, 樫田 博史, 長谷川 廣文, 日本病理学会会誌, 106, 1, 378, 378,   2017年03月
  • 運動による脳外傷後の脳機能改善効果の検討, 吉田 原規, 伊藤 龍生, 土手 健作, 橋本 重夫, 佐藤 隆夫, 日本病理学会会誌, 106, 1, 392, 392,   2017年03月
  • 脂肪組織への進展を認め、悪性中皮腫との鑑別が問題となった胸膜Adenomatoid tumorの1例, 清水 重喜, 筑後 孝章, 武本 智樹, 田中 伴典, 榎木 英介, 前西 修, 木村 雅友, 伊藤 彰彦, 光冨 徹哉, 佐藤 隆夫, 日本病理学会会誌, 106, 1, 428, 428,   2017年03月
  • 気管支肺胞洗浄液細胞診が有用であったアレルギー性気管支肺アスペルギルス症の1例, 小林 彩香, 木村 雅友, 植田 清文, 田中 千琴, 榎木 英介, 筑後 孝章, 上杉 忠雄, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 55, 6, 401, 405,   2016年11月
    概要:背景:アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(allergic bronchopulmonary aspergillosis:ABPA)は、気管支喘息患者の気管支にアスペルギルスが持続的に腐生し、これに対するI型とIII型アレルギーが成立して発症する疾患群である。臨床像、血清検査、画像をもとに診断されることが多く、気管支内容物の細胞診を見る機会は少ない。今回ABPAの1例を経験し、その特徴的な細胞像について報告する。症例:79歳、女性。喘息発作で入院した。Rosenbergの診断基準を満たし、ABPAと診断された。気管支肺胞洗浄液細胞診で、粘液を背景に好酸球が孤立性および集団で認められ、隔壁を有するY字状分岐菌糸が散在し、シャルコー・ライデン結晶も認められた。培養でAspergillus属真菌が分離された。結論:気管支内容物の細胞診で、粘液を背景に好酸球の集団と隔壁を有するY字状分岐菌糸を認めた場合、ABPAを鑑別する必要がある。(著者抄録)
  • 多形性細胞異型目立った脊椎脊索腫の一例, 深田 知也, 筑後 孝章, 水野 瑶子, 白石 直樹, 田村 香奈子, 手島 優子, 田中 千琴, 植田 清文, 上杉 忠雄, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 55, Suppl.2, 630, 630,   2016年10月
  • 2次運動刺激の視野内・視野間提示による古典的仮現運動知覚, 金谷 英俊, 佐藤 隆夫, Vision, 28, 3, 113, 114,   2016年07月
  • 気管無形成を伴ったVACTER associationの1剖検例, 筑後 孝章, 榎木 英介, 前西 修, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 日本病理学会会誌, 105, 1, 486, 486,   2016年04月
  • 術中迅速でギムザ染色が有用であったALK陽性肺癌の1例, 白石 直樹, 森 香奈子, 手嶋 優子, 植田 清文, 上杉 忠雄, 榎木 英介, 前西 修, 筑後 孝章, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 55, Suppl.1, 168, 168,   2016年04月
  • EUS-FNAが組織型推定に有用であった膵転移性悪性黒色腫の1例, 土橋 千琴, 白石 直樹, 森 香奈子, 手嶋 優子, 植田 清文, 上杉 忠雄, 筑後 孝章, 榎木 英介, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 55, Suppl.1, 198, 198,   2016年04月
  • 離散運動錯視の神経相関 脳波計測による検討, 中山 遼平, 本吉 勇, 佐藤 隆夫, Vision, 28, 1, 69, 70,   2016年01月
  • 空間的ブラーの知覚におけるオン・オフ極性の効果(日本基礎心理学会第32回大会,大会発表要旨), 佐藤 弘美, 本吉 勇, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 32, 2,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009816225
  • Increased apoptotic neuronal cell death and cognitive impairment at early phase after traumatic brain injury in aged rats, Tatsuki Itoh, Motohiro Imano, Shozo Nishida, Masahiro Tsubaki, Nobuyuki Mizuguchi, Shigeo Hashimoto, Akihiko Ito, Takao Satou, Takao Satou, Brain Structure and Function, 218, 209, 220,   2013年01月01日, 10.1007/s00429-012-0394-5, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84872321723&origin=inward
    概要:Progressive age-associated increases in cerebral dysfunction have been shown to occur following traumatic brain injury (TBI). Moreover, levels of neuronal mitochondrial antioxidant enzymes in the aged brain are reduced, resulting in free radical-induced cell death. It was hypothesized that cognitive impairment after TBI in the aged progresses to a greater degree than in younger individuals, and that damage involves neuronal degeneration and death by free radicals. In this study, we investigated the effects of free radicals on neuronal degeneration, cell death, and cognitive impairment in 10-week-old (young group) and 24-month-old rats (aged group) subjected to TBI. Young and aged rats received TBI with a pneuma tic controlled injury device. At 1, 3 and 7 days after TBI, immunohistochemistry, lipid peroxidation and behavioral studies were performed. At 1, 3 and 7 days post-TBI, the number of 8-hydroxy-2′- deoxyguanosine-, 4-hydroxy-2-nonenal- and single-stranded DNA (ssDNA)-positive cells, and the levels of malondialdehyde around the damaged area after TBI significantly increased in the aged group when compared with the young group (P < 0.05). In addition, the majority of ssDNA-positive cells in both groups co-localized with neuronal cells around the damaged area. There was a significant decrease in the number of surviving neurons and an increase in cognitive impairment after TBI in the aged group when compared with the young group (P < 0.05). These results indicate that following TBI, high levels of free radicals are produced in the aged rat brain, which induces neuronal degeneration and apoptotic cell death around the damaged area, resulting in cognitive impairment. © 2012 Springer-Verlag.
  • On the graded quotients of the ring of Fricke characters of a free group : 畠中英里氏(東京農工大学)との共同研究 (Developments in Geometry of Transformation Groups), 佐藤 隆夫, 佐藤 隆夫, 数理解析研究所講究録, 1816, 83, 89,   2012年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009493292
  • 自由群の自己同型群のねじれ係数コホモロジーについて (有限群のコホモロジー論とその周辺), 佐藤 隆夫, 数理解析研究所講究録, 1784, 119, 134,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009322123
  • On the cokernel of the Johnson homomorphism of the mapping class group of a surface : 榎本直也氏(京都大学大学院理学研究科)との共同研究 (群の表現及び表現空間の幾何学的・解析的研究), 佐藤 隆夫, 数理解析研究所講究録, 1777, 88, 102,   2012年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008915137
  • On the lower central series of the IA-automorphism group of a free group (変換群と手術理論--RIMS研究集会報告集), 佐藤 隆夫, 数理解析研究所講究録, 1732, 75, 85,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008429811
  • THE COKERNEL OF THE JOHNSON HOMOMORPHISMS OF THE AUTOMORPHISM GROUP OF A FREE METABELIAN GROUP (Analysis and Topology of Discrete Groups and Hyperbolic Spaces), 佐藤 隆夫, 数理解析研究所講究録, 1660, 95, 113,   2009年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007197412
  • ON THE IMAGE OF THE BURAU REPRESENTATION OF THE IA-AUTOMORPHISM GROUP OF A FREE GROUP (Geometry of Transformation Groups and Related Topics), 佐藤 隆夫, 数理解析研究所講究録, 1612, 87, 98,   2008年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006868306
  • The Abelianization of the Congruence IA-Automorphism Group of a Free Group (変換群論の手法 RIMS研究集会報告集), 佐藤 隆夫, 数理解析研究所講究録, 1517, 60, 68,   2006年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004840120
  • On the Johnson Homomorphism of the Automorphism (双曲空間の複素解析と幾何学的研究), 佐藤 隆夫, 数理解析研究所講究録, 1518, 119, 131,   2006年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004840500
  • Some Remarks on the Johnson Homomorphism of the Automorphism Group of a Free Group (変換群論の新たな展開 RIMS研究集会報告集), 佐藤 隆夫, 数理解析研究所講究録, 1449, 56, 71,   2005年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120000901092
  • TWISTED SECOND COHOMOLOGY GROUP OF A FINITELY PRESENTED GROUP (Transformation Group Theory and Surgery), 佐藤 隆夫, 数理解析研究所講究録, 1393, 106, 114,   2004年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120000902549
  • TWISTED FIRST HOMOLOGY GROUP OF THE AUTOMORPHISM GROUP OF A FREE GROUP (Perspectives of Hyperbolic Spaces II), 佐藤 隆夫, 数理解析研究所講究録, 1387, 144, 149,   2004年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000953086
  • Twisted first homology group of the automorphism group of a free group (Topological Transformation Groups and Related Topics), 佐藤 隆夫, 数理解析研究所講究録, 1343, 25, 30,   2003年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000167709
  • 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部心理学研究室 : 佐藤研究室, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan, 7, 1, 70, 72,   2002年03月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013974296
  • 松果体細胞腫の1例, 佐藤 隆夫, 今野 元博, 赤井 文治, 藤井 宏一, 丹司 紅, 前田 光代, 蛭間 真悟, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 17, 4, 653, 659,   1994年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001242466
  • 〈症例〉肝海綿状血管腫破裂により腹腔内出血を来した低出生体重児の1例, 小西 悠平, 竹村 豊, 伊豆 亜加音, 丸谷 怜, 和田 紀久, 竹村 司, 佐藤 隆夫, 近畿大学医学雑誌 = Medical journal of Kinki University, 38, 3, 131, 134,   2013年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736708
    概要:[抄録] 腹腔内出血により死亡し, 病理解剖にて肝海綿状血管腫の破裂と診断された低出生体重児の1例を経験した. 症例は在胎31週4日, 体重1500gで出生した品胎第3子の男児で, 日齢4に腹腔内出血による循環血漿量減少性ショックで発症し, 集中治療にも関わらず日齢14に死亡した. 病理解剖にて肝臓に裂傷と暗赤色の腫瘍を認め, 腫瘍は海綿状血管腫と診断された. 腹腔内出血の原因は, 肝左葉海綿状血管腫の破裂であった. 新生児, 特に低出生体重児では, 一旦出血して全身状態が不良となれば治療方法は限定され救命は困難になりやすいため, 早期発見・早期治療が極めて重要である.
  • 陰影からの立体形状知覚 : 複数の制約条件の間の関係に関する検討(<特集>VR心理学5~脳機能計測とVR~), 細川 研知, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 18, 1, 7, 12,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009603409
    概要:The relationship between two constraints related to perception of 3 dimensional shape from shading was examined by using stimuli with temporal modulation in shading gradient (circular patches which appear either concave or convex). The temporal frequency was manipulated between 0.5 - 8 Hz. In experiments, observers reported perception from three alternatives: (1) surface deformation, (2) movement of light source, (3) flickering. Observers perceived either (1) or (2) when the frequency was below 4 Hz, and (3) for the frequency above 4 Hz. However, the two perception modes in lower frequency range varied when the stimulus configuration, i.e. number of patches, direction and homogeneity of shading gradient, was manipulated. However, all results can be accounted for by assuming the existence of the two constraints and additional assumption about homogeneity.
  • 顔認知における相対・絶対的空間周波数の役割(日本基礎心理学会第31回大会,大会発表要旨), 渡辺 真澄, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 31, 2,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009611813
  • コントラスト順応における輝度極性の効果(日本基礎心理学会第31回大会,大会発表要旨), 佐藤 弘美, 本吉 勇, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 31, 2,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009611821
  • 異なる座標系で運動する刺激の視覚探索(日本基礎心理学会第31回大会,大会発表要旨), 中山 遼平, 本吉 勇, 草野 勉, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 31, 2,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009611838
  • オブジェクト追跡に関与する処理メカニズムの低次特性(日本基礎心理学会第31回大会,大会発表要旨), 金谷 英俊, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 31, 2,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009611841
  • long-range motion知覚における低次メカニズムの検討(日本基礎心理学会第31回大会,大会発表要旨), 藤田 真新, 金谷 英俊, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 31, 2,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009611871
  • アレルギー性真菌性鼻副鼻腔炎の1例, 植田 清文, 木村 雅友, 筑後 孝章, 土橋 千琴, 上杉 忠雄, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 51, 4, 290, 294,   2012年07月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030501245
  • ADS-1-1 ボケと距離と大きさの不思議な関係 : ミニチュア効果はなぜ起こる(ADS-1.最新の3D映像技術とその品質評価,シンポジウムセッション), 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2012, "S, 71"-"S-72",   2012年03月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009460895
  • ADS-1-1 ボケと距離と大きさの不思議な関係 : ミニチュア効果はなぜ起こる(依頼講演,ADS-1.最新の3D映像技術とその品質評価,シンポジウムセッション), 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2012, 2, "S, 1"-"S-2",   2012年03月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009462280
  • PS-007-5 腹膜転移陽性胃癌症例に対する分子標的薬使用の可能性(PS-007 胃 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会), 彭 英峰, 今野 元博, 井上 啓介, 加藤 寛章, 錦 耕平, 白石 治, 安田 篤, 新海 政幸, 安田 卓司, 今本 治彦, 塩崎 均, 上杉 忠雄, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 日本外科学会雑誌, 113, 2,   2012年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009548755
  • 大規模空間のサーベイ知識学習における記憶処理の個人差(日本基礎心理学会第30回大会,大会発表要旨), 温 文, 石川 徹, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 30, 2,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009444894
  • 両眼視野闘争における知覚意識の生成を決定づける運動座標系(日本基礎心理学会第30回大会,大会発表要旨), 中山 遼平, 本吉 勇, 草野 勉, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 30, 2,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009444943
  • Crowding effectの生起する範囲の拡張(日本基礎心理学会第30回大会,大会発表要旨), 草野 勉, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 30, 2,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009444947
  • 習熟度によって文処理の時間特性が変化する(日本基礎心理学会第30回大会,大会発表要旨), 植月 美希, 丸谷 和史, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 30, 2,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009444964
  • アレルギー性真菌性副鼻腔炎の1例, 土手 健作, 佐藤 隆夫, 前西 修, 伊藤 彰彦, 木村 雅友, 診断病理 : Japanese journal of diagnostic pathology, 28, 4, 254, 256,   2011年10月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030443790
  • 中心視と周辺視における位置判断 : Classification image 法による検討, 草野 勉, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 111, 101, 31, 34,   2011年06月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008746558
    概要:副尺視力や間隔二等分課題によって測定される視野内の複数の対象の相対位置の判断の精度は,網膜偏心度の増加と共に急激に低下することが知られている.副尺視力に関しては,その要因として,視野周辺部では利用される空間周波数成分が中心窩と比べてより低空間周波数にシフトすることによって知覚的テンプレートがより粗いものになることが挙げられている.本発表では,間隔二等分課題にclassification image法を適用することで,知覚的テンプレートおよび実験参加者の回答の一貫性から推定される内部ノイズに対して,網膜偏心度の増加が与える影響を検討した.その結果,網膜偏心度の増加にともなう位置判断の精度の低下は,知覚的テンプレートの変化ではなく内部ノイズの増加によってもたらされることが見いだされた.
  • 中心視と周辺視における位置判断--Classification image法による検討 (ヒューマンインフォーメーション), 草野 勉, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 35, 25, 31, 34,   2011年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018924351
  • 内発的な運動情報が姿勢制御に及ぼす影響, 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 16, 1, 73, 78,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008712377
    概要:The static images of moving objects implied some kind of motion. This type of motion is named the implied motion. We examined whether the implied motion induces the shift of the gravity center of the subjects. The results indicate that the implied motion definitely had some effect to the posture control.
  • 大域運動順応は局所運動残効を増強しない, 中嶋 豊, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 16, 1, 99, 102,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008712381
    概要:The existence of top-down modulation from global- to local-motion mechanisms is examined by using motion-aftereffect (MAE) with four-patch pseudo-gabor stimuli containing either global (translation and rotation) or local (single patch) motion. MAE durations were measured with a stationary gabor test patch whose position coincided with one of the adaptation patches. The duration was almost equal between the three conditions. These results indicate that there is little top-down interaction from global- to local-motion mechanisms, and suggest that the flow of motion information is mainly bottom-up as long as MAE strength is concerned.
  • Motion binding に対する奥行きの影響, 中嶋 豊, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 34, 25, 73, 78,   2010年06月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007658378
    概要:前額平行面上で円軌道上を運動する正方形の全ての頂点付近を遮蔽すると,各辺(輪郭線)の物理的運動は往復運動となるが,正方形としての回転運動知覚が維持される(Motion binding).この現象について二次元平面における線分の配置の影響は示されているが三次元空間上の影響は不明である.本研究では菱形の各線分の奥行きを独立に操作し,三次元構造の違いがMotion bindingの知覚に与える影響を検討した.その結果,刺激が奥に知覚される状況においてMotion bindingの知覚が促進されること,また,二次元的な刺激布置が同じであっても,三次元構造に違いによりその知覚が異なることが示された.これらの結果は,二次元平面における形状の影響以上に三次元構造の違いがMotion bindingを制約する要因となる可能性を示す.
  • 空間知識の学習過程とワーキングメモリ : その符号化過程と方向感覚による違い, 温 文, 石川 徹, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 34, 25, 79, 82,   2010年06月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007658379
    概要:本研究は、大規模空間から空間知識を獲得する際の言語・視覚・空間ワーキングメモリが果たす役割を検討し、方向感覚の個人差が空間知識獲得のプロセスに与える影響を調べた。実験参加者にはビデオでルートを学習してもらい、学習の際に言語、視覚、或いは空間的な妨害を与え、各妨害条件で空間知識の学習成績がいかに低下するかを調べた。方向感覚のよい人は、ランドマークとルートの知識を、言語および空間ワーキングメモリを用いて符号化し、それらの知識をサーベイ知識に統合する際に、言語・視覚・空間ワーキングメモリのすべてを利用していることがわかった。一方、方向感覚のよくない人は、ランドマーク知識を言語的に符号化し、またルート知識を学習する際に特に視覚ワーキングメモリに頼る傾向が見られた。その結果、方向感覚のよくない人は、限られた学習ではサーベイ知識を効率的に獲得できないと考えられる。
  • 運動視差からの奥行き順序知覚における観察時間の影響, 細川 研知, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 34, 25, 83, 87,   2010年06月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007658380
    概要:一般的に,運動視差は観察者と対象の間に相対的並進運動があるという前提がある.しかし,並進運動によって生じる視覚的投影像であっても,そこから物体が回転運動していると解釈することが可能である.この実験では,運動視差をシミュレートした視覚的相対運動刺激を5分間観察した場合に,並進運動が起きていると仮定した場合の奥行き知覚と,回転運動が起きていると仮定した場合の奥行き知覚,両者の知覚交替現象が起きるかどうかを調べた.その結果,観察開始から2分までは並進運動があると仮定した場合の奥行きが知覚されたが,それ以降は並進運動と回転運動が交互に知覚されるようになった.また,並進運動が知覚されている場合と回転運動が知覚されている場合では,運動視差からの復元される奥行き順序が逆になることが分かった.
  • Motion binding に対する奥行きの影響, 中嶋 豊, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 110, 108, 73, 78,   2010年06月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008095329
    概要:前額平行面上で円軌道上を運動する正方形の全ての頂点付近を遮蔽すると,各辺(輪郭線)の物理的運動は往復運動となるが,正方形としての回転運動知覚が維持される(Motion binding).この現象について二次元平面における線分の配置の影響は示されているが三次元空間上の影響は不明である.本研究では菱形の各線分の奥行きを独立に操作し,三次元構造の違いがMotion bindingの知覚に与える影響を検討した.その結果,刺激が奥に知覚される状況においてMotion bindingの知覚が促進されること,また,二次元的な刺激布置が同じであっても,三次元構造に違いによりその知覚が異なることが示された.これらの結果は,二次元平面における形状の影響以上に三次元構造の違いがMotion bindingを制約する要因となる可能性を示す.
  • 空間知識の学習過程とワーキングメモリ : その符号化過程と方向感覚による違い, 温 文, 石川 徹, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 110, 108, 79, 82,   2010年06月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008095330
    概要:本研究は、大規模空間から空間知識を獲得する際の言語・視覚・空間ワーキングメモリが果たす役割を検討し、方向感覚の個人差が空間知識獲得のプロセスに与える影響を調べた。実験参加者にはビデオでルートを学習してもらい、学習の際に言語、視覚、或いは空間的な妨害を与え、各妨害条件で空間知識の学習成績がいかに低下するかを調べた。方向感覚のよい人は、ランドマークとルートの知識を、言語および空間ワーキングメモリを用いて符号化し、それらの知識をサーベイ知識に統合する際に、言語・視覚・空間ワーキングメモリのすべてを利用していることがわかった。一方、方向感覚のよくない人は、ランドマーク知識を言語的に符号化し、またルート知識を学習する際に特に視覚ワーキングメモリに頼る傾向が見られた。その結果、方向感覚のよくない人は、限られた学習ではサーベイ知識を効率的に獲得できないと考えられる。
  • 運動視差からの奥行き順序知覚における観察時間の影響, 細川 研知, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 110, 108, 83, 87,   2010年06月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008095331
    概要:一般的に,運動視差は観察者と対象の間に相対的並進運動があるという前提がある.しかし,並進運動によって生じる視覚的投影像であっても,そこから物体が回転運動していると解釈することが可能である.この実験では,運動視差をシミュレートした視覚的相対運動刺激を5分間観察した場合に,並進運動が起きていると仮定した場合の奥行き知覚と,回転運動が起きていると仮定した場合の奥行き知覚,両者の知覚交替現象が起きるかどうかを調べた.その結果,観察開始から2分までは並進運動があると仮定した場合の奥行きが知覚されたが,それ以降は並進運動と回転運動が交互に知覚されるようになった.また,並進運動が知覚されている場合と回転運動が知覚されている場合では,運動視差からの復元される奥行き順序が逆になることが分かった.
  • 「脳の叩き方」なんです!, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会誌, 64, 5, k13, k13,   2010年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009669159
  • 自分を見つめる視線に対する脳活動 : 光トポグラフィを用いた検討(日本基礎心理学会第28回大会,大会発表要旨), 磯谷 悠子, 小幡 亜希子, 佐藤 大樹, 山本 由香里, 佐藤 隆夫, 川上 憲人, 基礎心理学研究, 28, 2,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618397
  • チラッと見ても相手は気付く : 視線方向知覚と視線受信判断に対する提示時間の影響(日本基礎心理学会第28回大会,大会発表要旨), 中嶋 豊, 谿 雄祐, 磯谷 悠子, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 28, 2,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618398
  • 運動視差の運動情報源(2)(日本基礎心理学会第28回大会,大会発表要旨), 細川 研知, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 28, 2, 270, 271,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618431
  • 大規模空間の習得におけるワーキングメモリの役割(日本基礎心理学会第28回大会,大会発表要旨), 温 文, 石川 徹, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 28, 2,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618439
  • 提示時間操作による構造的曖昧文解釈の変化(日本基礎心理学会第28回大会,大会発表要旨), 植月 美希, 丸谷 和史, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 28, 2,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618446
  • 情動刺激処理が低次視覚処理に及ぼす影響(日本基礎心理学会第28回大会,大会発表要旨), 小泉 愛, 北川 智利, 佐藤 隆夫, 柏野 牧夫, 基礎心理学研究, 28, 2,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618497
  • 他者による指差しが示す領域の大きさの推定(日本基礎心理学会第28回大会,大会発表要旨), 谿 雄祐, 中嶋 豊, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 28, 2,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618502
  • 能動的観察による映像酔いの低減(<特集>VR心理学4), 松嵜 直幸, 原澤 賢充, 繁桝 博昭, 森田 寿哉, 伊藤 崇之, 齊藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 北崎 充晃, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 15, 1, 41, 44,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008722684
    概要:This paper investigated the effects of active/passive viewing on the visually induced motion sickness. Participants wearing a Head-Mount-Display (HMD) searched a target character in random dots and other characters projected on a screen using a video camera moved by them (active viewing). They could see a part of the screen and the movies displayed via the HMD were recorded. When they saw the recorded movie later (passive viewing) through the HMD, they felt motion sickness worth than before. This suggests that passive viewing induced severer motion sickness than active viewing.
  • 〈原著〉新たに作製したラット腹膜転移モデルを用いたpaclitaxel腹腔内投与の効果に関する検討, 西山 厚子, 今野 元博, 佐藤 隆夫, 今本 治彦, 安田 卓司, 塩﨑 均, 近畿大学医学雑誌 = Medical journal of Kinki University, 34, 1, 35, 44,   2009年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736557
    概要:[抄録]近年, taxane系薬剤を用いた腹腔内化学療法について多くの報告がなされているが,その腹膜浸透距離を論じた論文はない.本研究では,我々が新たに考案したラット腹膜転移モデルにpaclitaxel を腹腔内投与し,その腹膜浸透距離を検討した.まず, Fischer344ラットの壁側腹膜を擦過した後に1× 10^6個のRCN-9細胞を腹腔内投与すると, 2週間後に厚さ約1mmの板状腹膜転移巣を形成するという,ラット腹膜転移モデルを樹立した.このラット腹膜転移モデルにpaclitaxelの腹腔内投与(60mg/m^2) を施行した. paclitaxelの腹腔内投与は1週間間隔で3回行い,腹膜内投与後0.5,1, 2, 7日で腹膜の採取を行った.採取した腹膜に通常のHE染色を行い,形成された板状転移巣の腫瘍厚を測定した.またTUNEL法にてRCN-9細胞のapoptosisを検出し,腹膜転移巣表面からTUNEL陽性RCN-9細胞が集簇して出現している部分までの距離をもって薬剤浸透距離とした.その結果, paclitaxel 1回投与群では投与後2日で平均673μm の浸透距離を認めた.またすべての観察時点において, paclitaxel 3回投与群は1回投与群に比べ薬剤浸透距離は有意に浅くなった(p<0.01).本研究の結果, paclitaxel腹腔内投与により腹膜表層の腫瘍細胞に apoptosis が誘導される事が判明し, paclitaxel の腹腔内投与による直接的な抗腫瘍効果が確認された.また厚さ約670μm以下の腹膜転移巣には paclitaxel 腹腔内投与による抗腫瘍効果が期待できると考えられた.
  • Motion binding知覚における局所運動の役割(日本基礎心理学会第27回東北大会,大会発表要旨), 中嶋 豊, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 27, 2,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007228086
  • 運動対象の追跡における低次運動処理の役割(日本基礎心理学会第27回東北大会,大会発表要旨), 金谷 英俊, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 27, 2,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007228100
  • 運動視差定義の奥行き対比効果における面の傾きと奥行き量の影響(日本基礎心理学会第27回東北大会,大会発表要旨), 細川 研知, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 27, 2,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007228134
  • 長提示時間ガーデンパス文における理解低下の要因(日本基礎心理学会第27回東北大会,大会発表要旨), 植月 美希, 丸谷 和史, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 27, 2,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007228145
  • 同時複数音声の分散的聴取における知覚限界, 川島 尊之, 佐藤 隆夫, 日本音響学会誌, 65, 1, 3, 14,   2008年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007008561
    概要:同時に提示される複数音声のすべてを聞き取りの対象とする音源分離知覚(分散的聴取)についてその限界と限界の規定要因を研究した。実験では同時複数音声の後に,その中から無作為に選択する単独音声を提示し,参加者は単独音声が複数音声に含まれるか否かを回答した。実験の結果から単語(実験1)と文章(実験2)について話者数(3名から8,9名)に関わらず知覚の限界はおよそ2名程度であることが推定された。更に音声間の干渉による影響を見るため単独音声を複数音声の直前に提示する条件と結果を比較したところ,話者数が比較的多いときであっても,音響的干渉だけではなく,高次の処理効率が知覚限界を規定していることが示唆された。
  • 視線知覚に対する刺激の大きさ・観察距離の効果(日本基礎心理学会第26回大会,大会発表要旨), 磯谷 悠子, 丸谷 和史, 中嶋 豊, 谿 雄祐, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 26, 2,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006651657
  • 順応によるカフェウォール錯視の検討(日本基礎心理学会第26回大会,大会発表要旨), 谿 雄祐, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 26, 2,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006651678
  • 色運動の検出における相対運動の効果(日本基礎心理学会第26回大会,大会発表要旨), 猪熊 顕之, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 26, 2,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006651683
  • 視覚誘導性自己運動感覚(ヴェクション)誘発における地面の優位性(日本基礎心理学会第26回大会,大会発表要旨), 妹尾 武治, 金谷 英俊, 深澤 宏充, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 26, 2,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006651689
  • ガーデンパス文処理の時間的コストの定量化(日本基礎心理学会第26回大会,大会発表要旨), 植月 美希, 丸谷 和史, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 26, 2,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006651706
  • 初期視覚システムのベクションへの寄与, 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 13, 4, 461, 468,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008729128
    概要:Vection is an illusory motion perception of the body induced by visual motion stimuli. Recent brain-imaging studies emphasized the contributions of relatively high-level brain areas in vection induction. However, Gurnsey et. al. (1998) suggested involvements of lower-level motion processing by using psychophysical analyses. In this study, we examined the involvements of low-level visual system quantitatively by using 2f+3f stimuli (Nishida & Sato, 1995, where high-level and low-level motion move simultaneously in opposite directions). These stimuli enabled us to compare the contributions of both high-level and low-level motion signals to vection. Results showed the stronger vection inductions by low-level motion signals regardless of the balance between the motion signals of the two types. These results strongly suggest the importance of low-level visual processing in vection induction.
  • 裸眼によるドーム映像生成のための奥行き知覚の検討, 林 正絋, 妹尾 武治, 小木 哲朗, 佐藤 隆夫, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 9, 3, 101, 104,   2007年06月04日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019561409
  • 裸眼によるドーム映像生成のための奥行き知覚の検討, 林 正紘, 妹尾 武治, 小木 哲朗, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 107, 80, 101, 104,   2007年05月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006343917
    概要:Recently, an increasing number of planetariums are using digital technology. In a fully digital planetarium, the dome image is generated by computers and it is projected onto the dome screen using projection system. In such an environment the observers see the non-stereoscopic image without using 3D glasses, so they can not use binocular depth cues to perceive the depth of the displayed image correctly. In this paper, we made experiments using an immersive curved display and evaluate the depth perception of the user of the non-stereoscopic image. The purpose of this study is to systematize properties of the depth perception of the observer in dome display and to make an effective content which control the depth perception of the observers by using the background knowledge, as well as motion parallax effectively.
  • 輝度と彩度の相関に基づく複数色相のテクスチャー弁別, 齋藤 晴美, 竹内 龍人, 佐藤 隆夫, 光学, 36, 3, 154, 162,   2007年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018865427
  • 視知覚状態の推定に用いる脳血流反応の時空間的特徴(「BMI/BCI時代の心理学とVR」特集), 原澤 賢充, 比留間 伸行, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 12, 1, 37, 44,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008729008
    概要:Optical topography (OT) seems suitable for applicative brain-machine interface, since it is non-invasive and very easy to handle and maintain. There are, however, only few studies to estimate subjects' cognitive situations by using it. Here, we tried to decode the visual stimuli that subjects viewed in detecting visual coherent motion by classification using support vector machine from cerebral hemodynamic responses measured by OT. We investigated the effect of spatiotemporal characteristics of OT signals on classification performances by manipulating temporal frequency filters and positions of optical fiber probes. Consequently, classification performances varied along with them. Therefore it was suggested that temporal frequency of cerebral hemodynamic changes would be different according to brain regions or types of cognitive processing.
  • 会報 追悼記 梅岡義貴先生の追悼〔含 略歴,主要著書,主要論文〕, 佐藤 隆夫, 長谷川 寿一, 心理学研究, 77, 3, 285, 286,   2006年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007396173
  • 内発的な運動信号によるヴェクション生起の検討, 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告, 106, 143, 55, 57,   2006年07月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004810061
    概要:刺激に外発的な運動信号成分が無く、その刺激を見た人の内部でのみ生起される運動信号からでもヴェクションが生起するかを検討した。Fujimoto & Sato(2002, 2006)は、その場で歩行する人のムービーを用いた場合に、歩行方向とは逆方向の内発的な運動信号が生起するという報告をした(バックスクロール錯視)。この現象をヴェクション刺激に転用することで、内発的な信号のみの運動刺激の作成が可能になった。結果、歩行者数が4名の時に一般的なヴェクションに比べて十分に強いと言えるだけのヴェクションが生起した。しかし、歩行者が1名の時にはヴェクションはほとんど生起しなかった。以上の事から内発的な運動信号の強度が十分に強いときには、外発的な運動信号が無い場合にもヴェクションが生起することがわかった。
  • 内発的な運動信号によるヴェクション生起の検討, 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理, 106, 143, 55, 57,   2006年06月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018223462
  • 視覚研究とバーチャルリアリティ, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan, 11, 2, 119, 121,   2006年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10017996937
  • P-131 鼡径リンパ節腫大で血管系腫瘍が考えられた一例(骨軟部 2,一般演題・示説,第47回日本臨床細胞学会総会(春期大会)), 大橋 由香, 長松 光美, 水口 敬司, 上杉 忠雄, 筑後 孝章, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 45, 1,   2006年03月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005856415
  • 動きの予測に基づく映像酔いのモデル, 松嵜 直幸, 椿 郁子, 原澤 賢充, 繁桝 博昭, 森田 寿哉, 伊藤 崇之, 齋藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 映像情報メディア学会技術報告, 30, 22, 21, 24,   2006年03月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018132397
  • 視野角および映像の動きの振幅が映像酔いに及ぼす影響, 繁桝 博昭, 原澤 賢充, 松嵜 直幸, 椿 郁子, 森田 寿哉, 伊藤 崇之, 齊藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 映像情報メディア学会技術報告, 30, 22, 29, 32,   2006年03月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018132425
  • 光感受性発作を防止する映像変換技術の開発, 森田 寿哉, 椿 郁子, 比留間 伸行, 伊藤 崇之, 齊藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 映像情報メディア学会技術報告, 30, 22, 33, 36,   2006年03月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018132432
  • 企画趣旨(視覚表現と心理的リアリティ,2005年度第1回フォーラム), 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 24, 2,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004775757
  • 視覚の能動的な働きとリアリティ(視覚表現と心理的リアリティ,2005年度第1回フォーラム), 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 24, 2, 196, 200,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004775758
    概要:It is generally believed that the main principle for the system for low level vision is so called bottom-up processing and it operates rather passively. It is not really true. The information processing for low-level vision is realized by interactions between the bottom-up and the top-down information flows. Especially, the sub-systems involved in size and depth perception functions only when proper assumptions or constraints are provided. These are good examples of active aspects of the low-level visual system. In regard of psychological realities, the kind of perception that involves more active processing, such as the perception of subjective contour with Kanizsa figure may have higher psychological reality or impact to us. This idea is yet a speculative hypothesis, but it is worth while to pursue.
  • 文節の長時間提示によるガーデンパス文処理精度の低下(日本基礎心理学会第24回大会,大会発表要旨), 植月 美希, 丸谷 和史, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 24, 2,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004775820
  • カフェウォール錯視の起源(日本基礎心理学会第24回大会,大会発表要旨), 谿 雄祐, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 24, 2,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004775832
  • NIRSによるコヒーレント運動検出時の視覚野の計測(日本基礎心理学会第24回大会,大会発表要旨), 原澤 賢充, 小幡 亜希子, 森田 寿哉, 伊藤 崇之, 齊藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 基礎心理学研究, 24, 2,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004775874
  • 光源-遮蔽モデルベース推論と空間知覚(日本基礎心理学会第24回大会,大会発表要旨), 竹市 博臣, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 24, 2,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004775875
  • 両眼立体視における物体内と物体間の奥行きの知覚特性の相違(日本基礎心理学会第24回大会,大会発表要旨), 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 24, 2,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004775881
  • 歪んだプラッドパタンへの順応が顔の魅力の知覚に及ぼす影響(日本基礎心理学会第24回大会,大会発表要旨), 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 24, 2,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004775890
  • 表情知覚に利用される動き情報の検討(日本基礎心理学会第24回大会,大会発表要旨), 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 24, 2,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004775892
  • 輝度及び等輝度色刺激の運動残効に対する参照刺激の効果(日本基礎心理学会第25回大会,大会発表要旨), 猪熊 顕之, 丸谷 和史, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 25, 1,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005519031
  • 媒体を用いた視線コミュニケーション精度の測定と性格傾向との関係(日本基礎心理学会第25回大会,大会発表要旨), 磯谷 悠子, 丸谷 和史, 中嶋 豊, 谿 雄祐, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 25, 1,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005519046
  • 近赤外分光法を用いた視覚運動検出時の脳活動の計測, 原澤 賢充, 小幡 亜希子, 森田 寿哉, 伊藤 崇之, 齊藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 映像情報メディア学会技術報告, 29, 60, 21, 24,   2005年10月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016894155
  • 21-2 映像酔いにおいてディスプレイの実サイズが及ぼす影響(第21部門 ヒューマンインフォメーション), 繁桝 博昭, 原澤 賢充, 松嵜 直幸, 椿 郁子, 森 寿哉, 伊藤 崇之, 齋藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, 2005, "21, 2-1",   2005年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009469425
    概要:We investigated whether the symptom of visually induced motion sickness changed depending on physical display sizes with identical visual angles. Our results showed that a larger physical display size made the symptom of nausea severer when field of view is relatively large (42 deg).
  • 21-3 映像の運動方向の変化が酔いに与える影響(第21部門 ヒューマンインフォメーション), 原澤 賢充, 松嵜 直幸, 繁桝 博昭, 椿 郁子, 森田 寿哉, 伊藤 崇之, 齊藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, 2005, "21, 3-1"-"21-3-2",   2005年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009469426
    概要:映像酔いを起こしやすい視覚刺激の特性についてこれまでさまざまな研究がなされており,運動の最大速度や振動の時間周波数などが影響することが明らかにされている.いっぽう,家庭用ビデオカメラなどで撮影された手ぶれを多く含む映像が酔いを引き起こしやすいことが知られており,どのような揺れが酔いに結びつきやすいのかを調べることはより安全な映像を制作する上で必須の情報であると言える.だが,揺れの特性を記述する変数は多岐にわたっており,それらのすべてを網羅的に調べることは困難をともなう.本研究では,揺れに含まれる多様な成分のうち,運動方向の変化に着目し,映像酔いに与える影響について検討した.
  • 21-4 映像の動きの加速度,頻度,持続時間と映像酔いとの関係(第21部門 ヒューマンインフォメーション), 松嵜 直幸, 椿 郁子, 原澤 賢充, 繁桝 博昭, 川島 尊之, 森田 寿哉, 伊藤 崇之, 齋藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, 2005, "21, 4-1"-"21-4-2",   2005年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009469427
    概要:It is indicated that some range of frequency and duration of movement effectively induces the motion sickness and reducing the acceleration of the movement weakens the motion sickness.
  • 指差しコミュニケーションの知覚精度, 丸谷 和史, 谿 雄祐, 中嶋 豊, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理, 105, 165, 111, 115,   2005年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003272665
    概要:日常的によく使われるツールである指差しコミュニケーションの知覚精度について検討した.実験者と被験者が正対した状態で実験者が被験者を指差し, それについて被験者が判断を行った.結果, 観察距離を188から388cmまで変化させても精度はほぼ変化せず, 被験者の正面から左右2 arc deg以内を実験者が指差していると, 自分を差されたと被験者が感じること, さらに実験者が眼を閉じるとこの値は特に観察距離が短い条件において大きくなることが示された.これらの結果は, 指差しコミュニケーションの知覚精度と視線知覚の類似性, 及び視線情報の指差しコミュニケーションに対する寄与を示している.
  • CG顔を用いた視線方向知覚の検討, 室 彰浩, 佐藤 隆夫, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 7, 3, 1, 6,   2005年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015665939
  • 知覚と一致しない輝度定義の運動情報が重心動揺に及ぼす影響, 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 7, 3, 93, 95,   2005年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015666088
  • 網膜上相対運動から運動からの構造が復元される条件, 細川 研知, 佐藤 隆夫, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 7, 3, 97, 98,   2005年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015666092
  • CG顔を用いた視線方向知覚の検討, 室 彰浩, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 29, 31, 1, 6,   2005年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016588517
  • 知覚と一致しない輝度定義の運動情報が重心動揺に及ぼす影響, 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 29, 31, 93, 95,   2005年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016588666
  • 網膜上相対運動から運動からの構造が復元される条件, 細川 研知, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 29, 31, 97, 98,   2005年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016588670
  • CG顔を用いた視線方向知覚の検討(人工現実感), 室 彰浩, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 105, 106, 1, 6,   2005年05月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016576971
    概要:Gaze plays important roles in our social life, thus we need to perceive precisely where a person is looking. But there are two errors in gaze perception. One is that we overestimate the deviation of his gaze, and the other is that when his head is rotated, we perceive his gaze shifted in the direction opposite to his head turn. The results of our experiments with faces generated by computer graphics, demonstrate that these errors are induced by the only reason, eyelids shift pupil's relative position to width of the eye.
  • 知覚と一致しない輝度定義の運動情報が重心動揺に及ぼす影響(人工現実感), 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 105, 106, 93, 95,   2005年05月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016577120
    概要:We examined the effects of motion energy that is incoherent with perceived motion on body sway. Low contrast drift gratings combined with stationary ones having high contrast and the same spatial frequency were used. Those stimuli induce ambiguous motion perception although motion energy exists in one direction. Results showed that under the condition that motion perception was ambiguous, body sway was induced by motion energy not by perceived motion. This indicates that low level motion signals are very important to body controlling systems.
  • 網膜上相対運動から運動からの構造が復元される条件(人工現実感), 細川 研知, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 105, 106, 97, 98,   2005年05月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016577124
    概要:Retinal relative motion is able to be interpreted in various ways, typically in three patterns, rigid rotation, rigid translation, and nonrigid motion. Thus, Retinal relative motion is ambiguous. We, however, rarely experience such ambiguity. This implies that a mechanism reducing such ambiguity exists in the visual system. In the experiments, random dots were used for stimuli. Dots have moved in velocity gradients, which include two components, compress motion and shearing motion. Both are cue for the same rotation, although each represents different relative motion. Experiments revealed that coexistence of compress motion and shearing motion increases perception of rotation, on the one hand decreases perception of relative motion. These results suggest that accumulation of cue reduces interpretation ambiguity of retinal relative motion.
  • 脳内仮想現実としての錯視・錯覚, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan, 10, 1, 6, 7,   2005年03月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10015575607
  • DS-1-2 動きの予測しやすさによる映像酔いに関する映像の評価(DS-1. マルチメディア品質の客観評価/監視法, 情報・システム2), 松嵜 直幸, 椿 郁子, 原澤 賢充, 繁桝 博昭, 川島 尊之, 森田 寿哉, 伊藤 崇之, 齋藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2005, 2, "S, 3"-"S-4",   2005年03月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004746496
  • 日心連の「心理学検定」について, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 23, 2, 218, 219,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004865037
  • 運動視差における視差量変化の検出(日本基礎心理学会第23回大会,大会発表要旨), 細川 研知, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 23, 2,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004865048
  • 注意トラッキング課題へのISI導入による上下視野非対称性の検討(日本基礎心理学会第23回大会,大会発表要旨), 金谷 英俊, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 23, 2,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004865062
  • 運動残効による運動統合過程の検討(日本基礎心理学会第23回大会,大会発表要旨), 中嶋 豊, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 23, 2,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004865068
  • 音源分離の限界を規定する要因の検討(日本基礎心理学会第23回大会,大会発表要旨), 川島 尊之, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 23, 2,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004865118
  • 線画顔刺激による奥行き次元定義図形の線運動錯視(日本基礎心理学会第23回大会,大会発表要旨), 伊藤 暢章, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 23, 2,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004865127
  • 皮質下の情報処理が自己移動の知覚に及ぼす影響(日本基礎心理学会第23回大会,大会発表要旨), 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 23, 2,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004865145
  • 顔の外部輪郭が視線方向知覚に与える影響(日本基礎心理学会第23回大会,大会発表要旨), 磯谷 悠子, 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 23, 2,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004865151
  • 書き割り効果のメカニズム, 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 10, 2, 249, 256,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008728893
    概要:Objects and people in stereograms typically appear flat as if they were cardboard cut-outs. This is still true when the angular size of objects in the stereograms is the same as those of original scene. Howard and Rogers (1995) suggested that the phenomenon occurs because stereo pictures are viewed at a much shorter distance than the original scene. We investigated this phenomenon in relation to this scaling problem and the results showed that although it causes a significant depth reduction, the scaling from viewing distance does not fully explain the phenomenon. However, when the disparity between object and background were added, the object appeared flatter. These results suggest a new aspect for the explanation of cardboard cut-out phenomenon.
  • 実験的ラット脳外傷モデルにおけるエダラボン (ラジッカト) の影響(一般演題抄録, 第56回近畿大学医学会学術講演会), 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 近畿大学医学雑誌, 29, 2,   2004年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004615517
  • 8-2 映像酔いに及ぼす動き予測の影響(第8部門 ヒューマンインフォメーションI), 松嵜 直幸, 椿 郁子, 原澤 賢充, 繁桝 博昭, 川島 尊之, 森田 寿哉, 伊藤 崇之, 齋藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, 2004, "8, 2-1"-"8-2-2",   2004年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009469185
    概要:The participants wearing HMD searched the specified character in random dots and other characters by moving video camera by themselves. They could see a part of dots and characters and what they saw was recorded. When they saw the recorded movie later, they felt worth than before. This suggests that unexpected motion in later induced severer motion sickness.
  • 8-3 映像酔いを引き起こしやすい映像のグローバルモーションの分析(第8部門 ヒューマンインフォメーションI), 椿 郁子, 松嵜 直幸, 繁桝 博昭, 原澤 賢充, 川島 尊之, 森田 寿哉, 伊藤 崇之, 齊藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, 2004, "8, 3-1"-"8-3-2",   2004年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009469186
    概要:Motion sickness is sometimes generated by watching videos with handheld camera shooting. We analyzed power spectrum of global motion for such videos in the time frequency domain. Motion sickness was examined using the Simulator Sickness Questionnaire (SSQ).
  • 8-4 同一な画角条件下においてディスプレイサイズが映像酔いに及ぼす影響(第8部門 ヒューマンインフォメーションI), 繁桝 博昭, 原澤 賢充, 松嵜 直幸, 椿 郁子, 川島 尊之, 森田 寿哉, 伊藤 崇之, 齋藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, 2004, "8, 4-1",   2004年08月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009469187
    概要:We investigated whether the symptom of visually induced motion sickness changed depending on display sizes with identical visual angles. Our results indicated that a larger display size made the symptom of visually induced motion sickness severer with larger field of view, while a smaller display size made them severer with smaller field of view
  • 209 細胞診におけるカンジダの真性菌糸と仮性菌糸の形態的比較検討(その他), 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 大橋 由香, 上杉 忠雄, 浦 雅彦, 古田 朋子, 日本臨床細胞学会雑誌, 43, 1,   2004年05月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001230576
  • ストリームの形成における注意の働きの検討(日本基礎心理学会第22回大会,大会発表要旨), 川島 尊之, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 22, 2,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864939
  • 形状知覚を反映する初期視覚野(日本基礎心理学会第22回大会,大会発表要旨), 神谷 信一郎, 丸谷 和史, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 22, 2,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864965
  • 2種の運動刺激間に見られる知覚的ずれのISI導入による反転(日本基礎心理学会第22回大会,大会発表要旨), 丸谷 和史, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 22, 2,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864994
  • 映像の縦揺れ時間周波数が映像酔いに及ぼす効果, 原澤賢充, 椿 郁子, 繁桝 博昭, 松嵜 直幸, 川島 尊之, 森田 寿哉, 伊藤 崇之, 齋藤 隆弘, 佐藤 隆夫, 相澤 清晴, 映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, 2004, 8, 1,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009469184
    概要:We examined effects of temporal frequency of pitch oscillation of characters in reading on visually-induced sickness. Elevation of SSQ score and reading time were measured. The frequency that induced the largest elevation in SSQ was different from that of vestibular stimulation. Difficulty of reading induced only smaller sickness.
  • 人間の臨場感の解明, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 27, 64, 39, 42,   2003年11月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011841948
  • 人間の臨場感の解明, 佐藤 隆夫, 電気学会研究会資料. EDD, 電子デバイス研究会, 2003, 60, 27, 30,   2003年11月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018989712
  • 招待講演 人間の臨場感の解明 (高臨場感ディスプレイフォーラム2003), 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告, 103, 413, 39, 42,   2003年11月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003268382
    概要:人間の知覚システムは多くのモジュールから成り立っている.そのうちの一つである奥行き知覚のシステムでは,多くの手かかり系が並列的に機能している.個々の手かかり系が一意な解を与えないことにある.視覚系は,こうした状況を,手かかり系間の相互作用と,制約条件と呼ばれる天下り的な仮定を持ち込むことによって解決している.本論では,こうした知覚システムの能動的な側面と,知覚されるりありてい一の関係について検討する.
  • 人間の臨場感の解明, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. EID, 電子ディスプレイ, 103, 413, 39, 42,   2003年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011855193
  • 同時複数音声の知覚限界を規定する要因の検討, 川島 尊之, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 = Proceedings of the Virtual Reality Society of Japan annual conference, 8, 77, 78,   2003年09月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013959449
  • 両眼立体視による物体内の奥行き構造知覚と物体間の奥行き差知覚の相違, 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 27, 31, 39, 42,   2003年06月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011627402
  • 視覚系のどの段階でカフェウォール錯視は生じるのか, 谿 雄祐, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 27, 31, 43, 46,   2003年06月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011627409
  • 線運動錯視を用いた視覚的注意の奥行き次元における特性の検討, 伊藤 暢章, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 27, 31, 47, 51,   2003年06月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011627417
  • 異なった種類の運動情報からの自己運動知覚, 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 27, 31, 69, 73,   2003年06月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011627455
  • 両眼立体視による物体内の奥行き構造知覚と物体間の奥行き差知覚の相違, 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 103, 107, 39, 42,   2003年06月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270299
    概要:We perceive surface shape of object and relative depth of objects from binocular disparity. These two types of depth should bc generated by different processes. We investigated whether the perception of surface shape and relative depth of objects show different performance. In Experiment 1, the detection thresholds were examined and the results revealed that the thresholds of detecting surface shape were higher than relative depth of objects. In Experiment 2, the detection threshold of connected surface was examined and the results showed that the thresholds of connected surface were higher than relative depth objects. This indicates that connected surface was processed as surface shape of one object. In Experiment 3, the matching task was used to examine whether the estimation of depth is different between these two types of depth. The results revealed that the surface shape was underestimated than relative depth of objects. We concluded from these experiments that in stereopsis the performance of detecting d estimating relative depth of objects is better than surface shape of object.
  • 視覚系のどの段階でカフェウォール錯視は生じるのか, 谿 雄祐, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 103, 107, 43, 46,   2003年06月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270300
    概要:We examined the role of the Fourier components of the grating on the Cafe wall illusion by using the missing-fundamental (MF) grating. The Cafe wall figure comprised square-wave (SQ) gratings and thin gray lines between them. We substituted MF gratings for SQ gratings and test thc direction of illusion. If the Fourier components of the grating had effects on the illusion, the direction of illusion of the figure consisted of MF gratings did not rule by the phase difference of the pattern, but of the 3f component. On the contrary, if the perceived pattern determined the direction of the illusion, both figure consisted of SQ gratings and of MF gratings caused the illusion of same direction. Consequently, we found that the direction of illusion was determined by the phase difference of the strongest Fourier component of the MF grating, although this component was invisible. So, we concluded that the Cafe wall illusion is dominantly a 1st order, or a luminance phenomenon.
  • 線運動錯視を用いた視覚的注意の奥行き次元における特性の検討, 伊藤 暢章, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 103, 107, 47, 51,   2003年06月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270301
    概要:When a brief lateral cue is presented and followed by a line, observers report a sensation of motion within the line from the cued end towards the uncued end. This phenomenon is called "illusory line-motion", and is thought to be driven by attention. Many researchers had used this stimulus to illuminate the characteristic of attention, but most of them used luminance-defined stimulus and revealed only the 2-D spatial characteristic of attention. In this study we investigated the characteristic of the visual attention in the depth dimension, using disparity-defined illusory line-motion by random dot stereogram. We found that the saliency of cue was not important, but the proximity between cue and line was. This finding suggests that the visual attention can process informations on different depth planes independently.
  • 異なった種類の運動情報からの自己運動知覚, 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 103, 107, 69, 73,   2003年06月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270305
    概要:Motion information is often divided into two classes. One is first-order motion that is processed with spatio-temporal filtering. The other is second-order motion that is processed at higher-levels. In this study, we used compound waves of 2f+3f (2+3f wave) with displacements of a half cycle of 2f where first- and second-order motion information exist at the same time and their directions are opposite. We examined the contribution of second-order motion to self-motion perception, named vection while varying the contrast of this wave. As a result, vection was well related to motion perceotion. With higher contrasts, the direction of perceived motion was in the direction of patterns shift. This indicates that second-order system is dominant for the motion perception in this condition. In this condition, vection was reported in the direction defined by second-order motion. With lower contrasts, on the other hand, first-order motion was dominant and vection was induced in the direction defined by first-order motion. Furthermore, first-order motion induced vection more effectively than second-order motion.
  • 両眼立体視による物体内の奥行き構造知覚と物体間の奥行き差知覚の相違, 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 5, 3, 99, 102,   2003年06月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013397004
  • 視覚系のどの段階でカフェウォール錯視は生じるのか, 谿 雄祐, 佐藤 隆夫, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 5, 3, 103, 106,   2003年06月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013397011
  • 線運動錯視を用いた視覚的注意の奥行き次元における特性の検討, 伊藤 暢章, 佐藤 隆夫, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 5, 3, 107, 111,   2003年06月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013397019
  • 異なった種類の運動情報からの自己運動知覚, 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 5, 3, 129, 133,   2003年06月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013397057
  • 耳下腺膨大細胞癌の一例, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 上杉 忠雄, 古田 朋子, 田原 義孝, 日本臨床細胞学会雑誌, 42, 1,   2003年03月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001231929
  • 歩く人・走る人の背景に知覚される仮現運動(発表要旨,日本基礎心理学会第21回大会), 藤本 清, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 21, 2,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864718
  • 高次運動の身体動揺・ベクションへの寄与(発表要旨,日本基礎心理学会第21回大会), 妹尾 武治, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 21, 2,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864749
  • 点光の動きからの表情知覚(発表要旨,日本基礎心理学会第21回大会), 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 21, 2,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864771
  • 2種の運動刺激間における知覚的ずれ(発表要旨,日本基礎心理学会第21回大会), 丸谷 和史, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 21, 2,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864787
  • パターン知覚を反映する視覚誘発電位(発表要旨,日本基礎心理学会第21回大会), 神谷 信一郎, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 21, 2,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864812
  • 奥行き知覚の並列性と階層性(第21回大会 シンポジウム1 認知プロセスにおける表象の創出と統合), 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 22, 1, 68, 75,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864842
    概要:In this review, the characteristics of modular and hierarchical structures of the visual system are reviewed by using the mechanism for depth perception as an example. The depth mechanism has several cue systems as sub-modules. Each cue system has its own restrictions especially those come from ill-posedness. The limitation is especially strong among the graphical cues. Even binocular disparity cue system is not free from the limitation especially when we consider the possibility of false matches. The depth system overcomes these limitations by incorporating constraints reflecting the structures of physical world within each cue system, and by embodying interactions among cue systems and from top-down information.
  • 「目が合う」ことの謎 : アイコンタクトの実験心理学的検討, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理, 102, 472, 13, 18,   2002年11月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003271895
    概要:視線の知覚,とりわけ「目が合う」という感覚は,我々の社会生活にとって重要な役割を果たしている.ここでは,我々の一連の研究から,視線知覚の水平方向での精度,それに対する距離の効果.眼球運動の検出の精度,視線知覚の奥行き方向での精度,視線知覚における目の形の効果,頭部回転効果と呼ばれる現象に関する実験的な検討を報告する.そのうち,もっとも興味深いものは,視線知覚の精度が観察距離に依存せず,視線供給者側の視線変移角としてほぼ一定になると言うことである.この結果は,視線知覚が,黒目のエッジなどの詳細な情報に依存せず,顔や目の幅などによって正規化された相対的な低解像度の要因に依存することを示している.
  • 「目が合う」ことの謎 : アイコンタクトの実験心理学的検討, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解, 102, 470, 13, 18,   2002年11月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003275942
    概要:視線の知覚,とりわけ「目が合う」という感覚は,我々の社会生活にとって重要な役割を果たしている.ここでは,我々の一連の研究から,視線知覚の水平方向での精度,それに対する距離の効果.眼球運動の検出の精度,視線知覚の奥行き方向での精度,視線知覚における目の形の効果,頭部回転効果と呼ばれる現象に関する実験的な検討を報告する.そのうち,もっとも興味深いものは,視線知覚の精度が観察距離に依存せず,視線供給者側の視線変移角としてほぼ一定になると言うことである.この結果は,視線知覚が,黒目のエッジなどの詳細な情報に依存せず,顔や目の幅などによって正規化された相対的な低解像度の要因に依存することを示している.
  • 6. 老齢犬脳におけるアミロイドβ蛋白沈着,年齢及び痴呆評点との相関, 伊藤 能生, 林 義之, 佐藤 隆夫, 古河 恵一, 近畿大学医学雑誌, 27, 2,   2002年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061862
  • 重畳音声における複数話者の知覚に関する検討, 川島 尊之, 佐藤 隆夫, 聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting, 32, 7, 443, 448,   2002年09月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020277992
  • 学生,教員から見たテュートリアル教育の効果と問題点, 上硲 俊法, 岡本 悦司, 上嶋 繁, 吉田 浩二, 佐藤 隆夫, 松尾 理, 医学教育, 33, 4, 239, 246,   2002年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009475687
  • 振幅包絡の両耳間時間差による定位残効, 川島 尊之, 佐藤 隆夫, 日本音響学会研究発表会講演論文集, 2002, 1, 453, 454,   2002年03月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018034047
  • カフェウォール図形における新しい錯視, 谿 雄祐, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解, 101, 712, 65, 70,   2002年03月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003275865
    概要:実際には平行であるモルタルが傾くと言うカフェウォール錯視と図形を構成する矩形波の空間周波数との関係を旧べた。すると、通常の錯視が生じる帯域よりも高い空間周波数の矩形波で、モルタルの連続感がなくなり、ノコギリの歯のようにギザギザに見えることがわかった。これはバンドパスフィルタリングによってモルタル部分に現れるねじれコードの局所的方位成分の傾きが大きくなり、モルタル全体の傾きへと統合されずに個別の方位成分として知覚された結果であると考えられる。
  • カフェウォール図形における新しい錯視, 谿 雄祐, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション, 101, 711, 65, 70,   2002年03月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003278875
    概要:実際には平行であるモルタルが傾くと言うカフェウォール錯視と図形を構成する矩形波の空間周波数との関係を調べた。すると、通常の錯視が生じる帯域よりも高い空間周波数の矩形波で、モルタルの連続感がなくなり、ノコギリの歯のようにギザギザに見えることがわかった。これはバンドパスフィルタリングによってモルタル部分に現れるねじれコードの局所的方位成分の傾きが大きくなり、モルタル全体の傾きへと統合されずに個別の方位成分として知覚された結果であると考えられる。
  • カフェウォール図形における新しい錯視, 谿 雄祐, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 101, 710, 65, 70,   2002年03月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003314560
    概要:実際には平行であるモルタルが傾くと言うカフェウォール錯視と図形を構成する矩形波の空間周波数との関係を調べた。すると、通常の錯視が生じる帯域よりも高い空間周波数の矩形波で、モルタルの連続感がなくなり、ノコギリの歯のようにギザギザに見えることがわかった。これはバンドパスフィルタリングによってモルタル部分に現れるねじれコードの局所的方位成分の傾きが大きくなり、モルタル全体の傾きへと統合されずに個別の方位成分として知覚された結果であると考えられる。
  • 記憶をめぐって : 企画の趣旨(記憶をめぐって,フォーラム), 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 20, 2,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864552
  • 奥行方向における視線知覚(発表要旨,日本動物心理学会第61回大会・日本基礎心理学会第20回大会合同大会), 佐藤 隆夫, 松嵜 直幸, 基礎心理学研究, 20, 2,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864589
  • 注意追跡運動知覚からの身体動揺における動的ランダムノイズドットの効果(発表要旨,日本動物心理学会第61回大会・日本基礎心理学会第20回大会合同大会), 北崎 充晃, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 20, 2,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864592
  • 一方向性の周波数変調検出における先行する周波数変調音の効果(発表要旨,日本動物心理学会第61回大会・日本基礎心理学会第20回大会合同大会), 茅原 拓朗, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 20, 2,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864597
  • バイオロジカル・モーションによる誘導運動(発表要旨,日本動物心理学会第61回大会・日本基礎心理学会第20回大会合同大会), 藤本 清, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 20, 2,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864601
  • 運動定義パターンの運動における局所運動の極性の有無が及ぼす影響(発表要旨,日本動物心理学会第61回大会・日本基礎心理学会第20回大会合同大会), 丸谷 和史, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 20, 2,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864604
  • 観察者の頭部運動に同期する運動の速度勾配の形状の視覚探索(発表要旨,日本動物心理学会第61回大会・日本基礎心理学会第20回大会合同大会), 大塚 聡子, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 20, 2,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864605
  • テクスチャ分離の時間特性と確率加算の関係(発表要旨,日本動物心理学会第61回大会・日本基礎心理学会第20回大会合同大会), 原澤 賢充, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 20, 2,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864615
  • 図と地における輝度コントラスト閾の違い : 奥行き定義の場合(発表要旨,日本動物心理学会第61回大会・日本基礎心理学会第20回大会合同大会), 伊藤 暢章, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 20, 2,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864624
  • 両眼立体視における凸面と凹面の検出の感度差(発表要旨,日本動物心理学会第61回大会・日本基礎心理学会第20回大会合同大会), 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 20, 2,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864626
  • 表情知覚の空間周波数特性のマスキングを用いた検討(発表要旨,日本動物心理学会第61回大会・日本基礎心理学会第20回大会合同大会), 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 20, 2, 234, 235,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864645
  • 脳内仮想現実 : いま見ている目の前の世界の不思議, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan, 6, 3, 168, 169,   2001年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013974089
  • <原著>ラット脳外傷モデルにおける塩基性線維芽細胞成長因子の発現とアストロサイトおよび神経細胞の変化に関する経時的形態計測学的検討, 玉井 良尚, 伊藤 龍生, 林 義之, 佐藤 隆夫, 近畿大学医学雑誌, 26, 4, 279, 291,   2001年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061797
    概要:中枢神経組織の可塑性に関与する細胞としてアストロサイトがあり, 重要な因子の一つに塩基性線維芽細胞成長因子(bFGF)がある.それらに注目し, 免疫組織学的手法および電子顕微鏡を用いて, ラット脳外傷モデルにおける受傷後の神経組織の反応過程を詳細に観察した.glial fibrillary acidic protein(GFAP)染色, vimentin染色では, それぞれの陽性アストロサイトの出現が皮質に比べ白質で早くから認められ, vimentin陽性アストロサイトが白質で長期にわたって存在した.bFGFは正常では核内に局在したが損傷後アストロサイトの細胞質に陽性像が認められた.その細胞質内の発現は損傷後皮質では3日, 白質では2日に最大となった.皮質, 白質におけるvimentin陽性細胞の出現と時期的に一致した.シナプトフィジン(syn)染色では, 損傷直後から損傷近傍での陽性像が高度に認められ, 損傷後3日以降で低下した.電顕でのシナプスの計数では損傷直後に減少したが, 3日以降で増加した.損傷後シナプス小胞の分布が変化したものと考えられた.シナプスの数が増加する時期もbFGFの細胞質発現の時期と一致した.このことから, 中枢神経損傷後にみられるアストロサイトの細胞質内のbFGF発現が見出され, このことがアストロサイトに対する形態学的変化と神経線維に対するシナプス再構成を誘導する可能性が示唆される重要な所見と考えられた.
  • <原著>大腸腫瘍における間質反応, 特に筋線維芽細胞の形態変化についての病理組織学的検討, 米田 円, 伊藤 龍生, 前倉 俊治, 佐藤 隆夫, 近畿大学医学雑誌, 26, 3, 139, 151,   2001年11月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061784
    概要:ヒトの良性, 悪性を含む大腸腫瘍組織および非特異的大腸炎において発現する筋線維芽細胞の形態的変化を微少計測用装置を用いて観察し, この細胞のもつ機能や臨床・病理組織診断への応用について検討した.腺腫, 粘膜内癌, 粘膜下浸潤癌になるにつれて, 腺管周囲に沿って見られる筋線維芽細胞であるpericryptal fibroblast (PF)の数は乏しくなり, また腺腫から粘膜内癌になると, 同細胞の核のクロマチンは粗大になった.他方, 腺管から離れて存在する筋線維芽細胞であるinterstitial myofibroblast (IM)の数は, 腺腫, 粘膜内癌, 粘膜下浸潤癌になるにつれて増加し, その核は増大し, クロマチンも粗大で, 核小体が目立つようになった.このことから病変の表層部から採取された微少な生検材料によって浸潤度を判断する際に, (1)腫瘍間質内にIMが目立って発現し, それらの核は増大し, クロマチンが粗大で, 核小体が明瞭に見られる場合, (2)腫瘍腺管のPFの数が乏しかったり, PFが見られても, その細胞質の大きさが増大している様な所見が得られた場合には, その腫瘍病変は粘膜下浸潤があることを示唆していると言える.この検討結果は, 上皮の腫瘍化や癌化そして浸潤の機序を検討する際の重要な参考所見になりえる.また臨床への応用として, 表層生検で観察した間質細胞の反応状態から, 浸潤性を推定しうることを示唆できた.
  • <原著>テトラベナジン反復投与によるラット黒質線条体の組織形態計測学的解析 : 実験的パーキンソン病モデルへの応用をめざして, 伊藤 龍生, 林 義之, 佐藤 隆夫, 近畿大学医学雑誌, 26, 3, 153, 169,   2001年11月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061785
    概要:Tetrabenazine(TBZ)は神経細胞内でカテコールアミン(CA)の枯渇をもたらすことから舞踏病の治療薬として1950年代より使用されてきた.現在は, ラットへの単回投与によりうつ病のモデルとして用いられる.TBZは神経終末におけるシナプス小胞膜上に存在するvesicular monoamine transporterの阻害により, CAのシナプス小胞内への取り込みを阻害する.CAの1つであるドーパミン(DA)の異常がパーキンソン病(PD)で認められることは広く知られており, 近年ドーパミンの代謝の異常による黒質-線条体系への酸化ストレスがPDに特有の神経細胞の変性, 萎縮を起こすと考えられている.TBZ反復投与の脳の形態学的検討はされておらず, 反復投与による神経終末のDA代謝異常に基づく形態学的変化の生じる可能性を想定しTBZ反復投与モデルにおける黒質-線条体の組織学的変化および行動量の変化の検討を試みた.単回投与群および従来PDの実験モデルとして用いられてきたMPTP, 6-OHDA投与群との比較を行った.TBZ反復投与では単回投与群とは異なり行動学的, 形態学的に不可逆な変化が認められた.TBZ反復投与により誘導される長期間のDAの代謝異常が神経細胞の変性, 萎縮を誘導したと考えられる.その変化は従来のMPTP, 6-OHDA投与モデルでの急性で高度な変化ではなく, 慢性で, 経時的に悪化傾向を示し, ヒトPDにより似たモデルと考えられた.
  • <特別講演抄録>特I.Tetrabenazine反復投与による黒質-線条体の変化, 佐藤 隆夫, 近畿大学医学雑誌, 26, 2,   2001年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061743
  • <一般演題抄録>30.神経幹細胞のコラーゲンゲル培養下におけるbFGFの影響, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 林 義之, 伊東 良太, 玉井 良尚, 橋本 重夫, 近畿大学医学雑誌, 26, 2,   2001年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061780
  • 視覚性身体動揺における輝度定義運動と注意追跡運動の効果, 北崎 充晃, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 = Proceedings of the Virtual Reality Society of Japan annual conference, 6, 247, 250,   2001年09月19日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009538086
  • 奥行き知覚による重心動揺の変化, 中村 優介, 西澤 哲, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 = Proceedings of the Virtual Reality Society of Japan annual conference, 6, 255, 256,   2001年09月19日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009538111
  • 174 硝子体の細胞診所見から悪性リンパ腫が疑われ、画像診断で脳内に腫瘍が発見された一例, 中井 由香, 上杉 忠雄, 古田 朋子, 大塚 佳世, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 40, 2,   2001年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001227253
  • 260 気管支内視鏡検査で, 非上皮性と上皮性の異型細胞が異なった部位から確認された一例, 大塚 佳世, 中井 由香, 上杉 忠雄, 蛭間 眞悟, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 40, 2,   2001年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001227339
  • 315 胃腸管間質性腫瘍(GIST)の一例, 上杉 忠雄, 中井 由香, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 40, 2,   2001年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001227394
  • 表情のカテゴリー知覚と意味的距離の関係, 渋井 進, 山田 寛, 佐藤 隆夫, 繁枡 算男, 心理學研究, 72, 3, 219, 226,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000240199
    概要:It has been argued whether the facial expression is recognized categorically or dimensionally. We investigated this issue using three sets of morphed photographic facial images (happiness to anger, surprise, and sadness). Our interest is whether the experimental data of categorical perception can be explained by the dimensional point of view. Experiment 1 examined the facial stimuli generated by FACS. In Experiment 2, subjects were asked to discriminate some pairs of faces and to categorize the emotion shown one at a time. The discrimination accuracy between categories was better than that within each category. In Experiment 3, subjects were asked to rate those stimuli following the semantic differential technique. Then we examined the relationship between the discrimination accuracy obtained in Experiment 2 and the semantic distances obtained in Experiment 3, defined by Euclidean distances between pairs of stimuli in the factor space that was constituted two factors interpreted as "pleasantness" and "activities". Discrimination accuracy within each category increased as a function of the semantic distances, whereas discrimination accuracy between categories remained high irrespective of the different semantic distances.
  • 3次元的曲線追跡に関する検討, 菅沼 睦, 横澤 一彦, 佐藤 隆夫, 心理學研究, 72, 5, 387, 396,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000240209
    概要:The time required in judging if two probes are on the same curve increased monotonically with the separation of the probes along that curve. This process is called "curve tracing" (Jolicoeur, Ullman & Mackay, 1986). In this study we examined whether curve tracing would occur on a three-dimensionally presented curve with depth variation. By comparing the performance on depth varying and no depth varying stimuli, we examined the properties of three-dimensional curve tracing. The mean RT on three-dimensional stimuli increased monotonically as the distance between two probes increased, which indicates that curve tracing also occurs on three-dimensional stimuli. The mean RT on three-dimensional stimuli was longer than that on two-dimensional stimuli. Our results suggest that three-dimensional structure of the stimuli caused additional costs on curve tracing.
  • ヴァーチャルリアリティーと実験心理学(2000年度 第1回フォーラム 実験的方法にこだわる1), 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 19, 2, 113, 116,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864414
    概要:A study on gaze perception was described to exemplify image processing and presentation techniques that are useful for psychophysical experiments. We perceive another person's gaze direction accurately from straight ahead, but the perception becomes inaccurate when the person's head is turned. This error has been attributed to the misjudgment of the gaze itself, but the error could stem from another source. To examining such a possibility we conducted several experiments. First, we measured the accuracy of gaze-direction estimation for full-size color photographs with several gaze and head-turn angles presented on CRT. Results indicate that gaze perception is accurate from straight ahead, but that a small but systematic error occurs for stimuli with a head turn. Next, we had subjects evaluate head turns for similar stimuli, and found that the head turn is generally underestimated. The results suggest that the error in estimating gaze direction is caused by underestimation of head turn. This possibility was further tested by presenting synthesized images in which underestimation of head turns was compensated by adding more head turn while keeping the eyes the same. The error was dramatically decreased for these pictures.
  • 空間周波数の操作によるテクスチャ分離知覚の二つのメカニズムの検討(研究発表B,VII.第19回大会発表要旨), 原澤 賢充, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 19, 2,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864441
  • 視覚が誘導する聴覚の運動感(研究発表B,VII.第19回大会発表要旨), 茅原 拓朗, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 19, 2,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864454
  • サッチャー顔とオリジナル顔の表情知覚(研究発表F,VII.第19回大会発表要旨), 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 19, 2, 145, 146,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864500
  • G-07 観察者の頭部運動に同期する運動の探索(研究発表G,VII.第19回大会発表要旨), 大塚 聡子, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 19, 2, 148, 149,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864513
  • オブジェクト間の奥行き差とオブジェクト内の奥行き構造の検出閾の検討(研究発表G,VII.第19回大会発表要旨), 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 19, 2,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864514
  • G-07 観察者の頭部運動に同期する運動の探索, 大塚 聡子, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 20, 1, 55, 56,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864538
    概要:We examined search performances for a target defined by motion that linked with observers' head movements to provide depth information by motion parallax. Observers, while having their head fix or move, searched for a moving or stationary target among stationary or moving distractors, respectively. The search for the moving target was more efficient compared with that for the stationary one regardless of whether observers' head was fixed or moving. Furthermore, a display size effect was smaller when the head was moving than when it was fixed. These results suggest that motion yoked to observers' movements is searched as depth feature.
  • 「VR空間における心理学」特集号について(<特集>VR空間における心理学), 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 6, 1,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008746741
  • 光点とランダムドットパタンの運動に誘導される聴覚運動(<特集>VR空間における心理学), 茅原 拓朗, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 6, 1, 37, 41,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008746746
    概要:The effect of moving visual stimuli on the perceived direction of moving sound was measured to investigate whether the visual motion induces motion sensation of static sound. The dynamic interaural time difference (ITD) was used as the cue for sound motion, and the effect of two types of moving visual stimuli (single point-light and random-dot patterm) on the dynamic ITD was examined. As a result, the induced motion sensation of static sound whose magnitude was dependent on the type of visual stimuli was obtained. With point light stimulus (1-deg disk), sound with static ITD moved to the same direction as that of moving visual stimulus. With 90-deg spreaded random-dot pattern, however, motion sensation of sound with static ITD was not obtained. These results suggest that the motion sensation of sound is calculated taking account of the information of visual motion and that the inference of causality between visual informantion and auditory information (1-deg disk was interpreted as a sound source, however, random-dot pattern was not) might underlie the calculation.
  • 188 乳腺原発内分泌細胞癌の一例, 今野 元博, 林 義之, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 中井 由香, 上杉 忠雄, 黒田 大介, 加藤 道男, 大柳 治正, 日本臨床細胞学会雑誌, 39, 2,   2000年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001226872
  • 運動視, 立体視の最前線, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers, 54, 9, 1239, 1244,   2000年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003692856
  • 視覚性身体動揺における自発的注意の効果, 北崎 充晃, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 = Proceedings of the Virtual Reality Society of Japan annual conference, 5, 75, 78,   2000年09月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013961722
  • 運動する視覚刺激によって引き起こされる聴覚の運動感, 茅原 拓朗, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 = Proceedings of the Virtual Reality Society of Japan annual conference, 5, 505, 508,   2000年09月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013962572
  • 視線の知覚における観察距離と解像度の効果, 佐藤 隆夫, 松嵜 直幸, 映像情報メディア学会技術報告, 24, 35, 47, 51,   2000年06月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003687830
    概要:Human performance in gaze perception was examined by using natural and low-pass filtered images presented at various viewing distances. The results indicated that there is little effect of viewing distance and cut-off frequency of the low-pass filtering. These results indicate that human gaze perception is not based on detailed information such as absolute position of pupil edge. Rather, the results suggest that gaze perception is based on position of low-frequency components relative to eye-width.
  • 「運動定義の図形」出現時の視覚誘発電位, 神谷 信一郎, 佐藤 隆夫, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 2, 2, 31, 37,   2000年06月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031133828
  • 表情知覚における倒立効果, 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 2, 2, 39, 42,   2000年06月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031133829
  • 色と両眼立体視, 伊藤 暢章, 佐藤 隆夫, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 2, 2, 43, 47,   2000年06月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031133830
  • 視線の知覚における観察距離と解像度の効果, 佐藤 隆夫, 松嵜 直幸, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 2, 2, 127, 131,   2000年06月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031133845
  • 「運動定義の図形」出現時の視覚誘発電位, 神谷 信一郎, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 24, 34, 31, 37,   2000年06月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003687813
    概要:We investigated the difference in visual evoked potentials (VEP) induced by the presentation of two checkerflag patterns. One was a ordinary luminace defined pattern reversal and the other was a motion defined pattern reversal using random dot kinematogram (RDK). The VEP wave forms elicited by both patterns revealed a similar triphasic NPN pattern. However the latency of P2 by RDK was much longer than that by pattern reversal. The difference was nearly 100 ms. Reduced checker's size and increased noise density in RDK presentation also increased the latency of P2. It was suggested that the discrepancy in the responses was resulted from different information processing in visual cortex.
  • 表情知覚における倒立効果, 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 24, 34, 39, 42,   2000年06月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003687814
    概要:We investigated the perception of facial expressions of the inverted faces. It is known that the inverted faces are hard to recognize ("inversion effect"). We used the biological motion like stimuli. The point lights representing faces were attached to endpoints and midpoints of eyebrows, eyes, and lips in 18 points condition or only endpoints in 10 points condition. We used the photographs of four emotional (angry, happy, sad, surprised) and the neutral faces as the original images to make the stimuli. We presented the neutral face and one emotional face sequentially. We manipurated the orientation, the order of two stimuli, and the Inter-Stimulus-Interval(ISI). Each face was presented for 80 msec. The subjects judged the facial expression of the stimuli by 4 Alternative-Forced-Choice procedure. The "inversion effect" is observed only when the neutral face is presented first and no ISI (apparent motion was percerved). This result indicates that the perception of the dynamic facial expressions is more dependent on the configural processing than the static. The difference of the dependence on the configural processing between the static and the dynamic information suggests that these two information may be processed by the different mechanisms in the perception of facial expressions.
  • 色と両眼立体視, 伊藤 暢章, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 24, 34, 43, 47,   2000年06月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003687815
    概要:Precedent studies suggests that color has parcel effect on steropsis. But these studies used equiluminant stimulus that might not exactly be isoluminant. We developped the method called "depth nulling paradigm" using the novel stimuli 'dymamic random-phase stereogram stereogram (DRPS)' and directly compared the amount of color information with luminance information on stereopsis. The results show that the equivalent luminance contrast of red-green opponent color grating is 0.25. Further investigation with depth nulling paradigm will lead to illumination onto the interaction of color and luminance on stereopis that reveals the mechanism of it.
  • 表情知覚における倒立効果 (第10回〔日本バーチャルリアリティ学会〕「人工現実感」研究会), 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 「人工現実感」研究会, 10, 39, 42,   2000年06月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006044470
  • 視線の知覚における観察距離と解像度の効果 (第10回〔日本バーチャルリアリティ学会〕「人工現実感」研究会), 佐藤 隆夫, 松嵜 直幸, 「人工現実感」研究会, 10, 127, 131,   2000年06月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006044486
  • 視線の知覚における観察距離と解像度の効果, 佐藤 隆夫, 松嵜 直幸, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 100, 109, 47, 51,   2000年06月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270867
    概要:Human performance in gaze perception was examined by using natural and low-pass filtered images presented at various viewing distances. The results indicated that there is little effect of viewing distance and cut-off frequency of the low-pass filtering. These results indicate that human gaze perception is not based on detailed information such as absolute position of pupil edge. Rather, the results suggest that gaze perception is based on position of low-frequency components relative to eye-width.
  • 「運動定義の図形」出現時の視覚誘発電位, 神谷 信一郎, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 100, 108, 31, 37,   2000年06月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270850
    概要:We investigated the difference in visual evoked potentials(VEP) induced by the presentation of two checkerflag patterns. One was a ordinary luminance defined pattern reversal and the other was a motion defined pattern reversal using random dot kinematogram(RDK). The VEP wave forms elicited by both patterns revealed a similar triphasic NPN pattern. However the latency of P2 by RDK was much longer than that by pattern reversal. The difference was nearly 100ms. Reduced checker's size and increased noise density in RDK presentation also increased the latency of P2. It was suggested that the discrepancy in the responses was resulted from different information processing in visual cortex.
  • 表情知覚における倒立効果, 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 100, 108, 39, 42,   2000年06月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270851
    概要:We investigated the perception of facial expressions of the inverted faces. It is known that the inverted faces are hard to recognize("inversion effect"). We used the biological motion like stimuli. The point lights representing faces were attached to endpoints and midpoints of eyebrows, eyes, and lips in 18points condition or only endpoints in 10points condition. We used the photographs of four emotional(angry, happy, sad, surprised)and the neutral faces as the original images to make the stimuli. We presented the neutral face and one emotional face sequentially. We manipurated the orientation, the order of two stimuli, and the Inter-Stimulus-Interval(ISI). Each face was presented for 80msec. The subjects judged the facial expression of the stimuli by 4 Alternative-Forced-Choice procedure. The "inversion effect" is observed only when the neutral face is presented first and no ISI(apparent motion was percerved). This result indicates that the perception of the dynamic facial expressions is more dependent on the configural processing than the static. The difference of the dependence on the configural processing between the static and the dynamic information suggests that these two information may be processed by the different mechanisms in the perception of facial expressions.
  • 色と両眼立体視, 伊藤 暢章, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 100, 108, 43, 47,   2000年06月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270852
    概要:Precedent studies suggests that color has parcel effect on steropsis. But these studies used equiluminant stimulus that might not exactly be isoluminant. We developped the method called "depth nulling paradigm" using the novel stimuli 'dymamic random-phase stereogram stereogram(DRPS)' and directly compared the amount or color information with luminance information on stereopsis. The results show that the equivalent luminance contrast of red-green opponent color grating is 0.25. Further investigation with depth nulling paradigm will lead to illumination onto the interaction of color and luminance on stereopis that reveals the mechanism of it.
  • 174 胞巣状軟部肉腫の一例 : 胞体内顆粒に注目して, 玉井 良尚, 林 義之, 上杉 忠雄, 中井 由香, 蛭間 眞悟, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 39, 1,   2000年03月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001226439
  • 両耳間時間差の弁別における学習効果とその転移, 川島 尊之, 柏野 牧夫, 佐藤 隆夫, Journal of the Acoustical Society of Japan (E), 21, 4, 227, 228,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003106265
  • 企画の趣旨(1999年度 第1回フォーラム ことばの発達と異常), 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 18, 2,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864276
  • 点で表現した顔の表情知覚における倒立効果(研究発表B,AVプレゼンテーション,VII.第18回大会発表要旨), 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 18, 2, 193, 194,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864314
  • 曖昧運動からの身体動揺(研究発表C,AVプレゼンテーション,VII.第18回大会発表要旨), 北崎 充晃, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 18, 2,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864331
  • 視差検出における空間周波数の相互作用(研究発表E,AVプレゼンテーション,VII.第18回大会発表要旨), 柳 淳二, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 18, 2, 202, 203,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864353
  • 両眼視差の検出閾に対する輻輳角の効果(研究発表E,AVプレゼンテーション,VII.第18回大会発表要旨), 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 18, 2,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864354
  • 視線知覚における観察距離の効果(研究発表E,AVプレゼンテーション,VII.第18回大会発表要旨), 佐藤 隆夫, 松嵜 直幸, 基礎心理学研究, 18, 2,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864359
  • テクスチャ分離知覚への時間加重の効果(研究発表E,AVプレゼンテーション,VII.第18回大会発表要旨), 原澤 賢充, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 18, 2, 204, 205,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864361
  • 音の運動知覚における周波数成分の群化の効果(研究発表E,AVプレゼンテーション,VII.第18回大会発表要旨), 川島 尊之, 柏野 牧夫, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 18, 2,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864366
  • 周波数変調検出機構の帯域間相互作用(研究発表E,AVプレゼンテーション,VII.第18回大会発表要旨), 茅原 拓朗, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 18, 2,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864369
  • E-01 視差検出における空間周波数の相互作用, 柳 淳二, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 19, 1, 39, 40,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864399
    概要:Using two superimposed sinusoidal gratings (target and inducer), we investigated the spatial frequency interaction in binocular stereopsis. The depth of target was ambiguous since the phases for both eyes were reversed, while we devised the inducer so that its depth was perceived unambiguously. We found that the perceived target depth was assimilated to the inducer when inducer spatial frequency was lower than target frequency. Under reversed spatial frequency relationship, on the other hand, target depth was perceived in the depth direction opposite the inducer. Such results suggest that, in addition to the depth assimilation from lower to higher spatial frequency, there might be an inhibitory interaction from higher to lower frequency.
  • E-02 両眼視差の検出閾に対する輻輳角の効果, 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 19, 1, 41, 42,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864400
    概要:Our previous study indicates that the small binocular disparity can cause the depth perception in the longer distance, but not in the shorter distance (Sato, Shindate & Shigemasu, 1999). This result suggests that the threshold for disparity detection would depend on the viewing distance. In this study, we investigated whether or not the disparity detection threshold depends on convergence, which is a low level cue for distance estimation. It is found that the disparity detection is significantly more sensitive at the smaller vergence angle (262 min) than at the larger vergence angle (524 min). This result suggests that the sensitivity to binocular disparity is modulated by convergence. This hypothesis is supported by the physiological study (Trotter, 1995).
  • 聴覚、視覚手がかりによる空間的注意が音源移動方向判断に与える影響(<特集>音), 茅原 拓朗, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 5, 3, 1005, 1011,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008746725
    概要:In this study, we investigated whether the preceding sound or light point (cue stimulus) biases perceived directions of moving sound (target stimulus) to evaluate the effect of cross-modal attention on the spatial information processing in the human auditory system. First, a narrow band noise, as an auditory cue, was presented in various cue-lead time and at various place (auditory cue experiment). Thejudgment of the target-motion direction was biased when a cue was presented in the opposite direction to that of a target motion and in shorter cue-lead time. The effect of the distance between a cue and a target was not significant. Next, a light point emitted form LED, as a visual cue, was presented in various cue-lead time and at various place (visual cue experiment). Thejudgment of the target-motion direction was biased when a cue was presented in the opposite direction to that of a target motion. The effect of cue-lead time and distance between a cue and a target was not significant. These results suggest that modality-nonspecific attention might affect on spatial-information processing (judgment of movement direction) in the human auditory system.
  • <一般演題抄録>4.Pneumatic control injury deviceを用いた脳損傷後のCavity面積とGFAP陽性領域との関連, 林 義之, 玉井 良尚, 伊藤 龍生, 蛭間 眞悟, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 近畿大学医学雑誌, 24, 2,   1999年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061582
  • 皮下黒色菌糸症の1例, 前倉 俊治, 薗 雅宏, 寺村 一裕, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, 米田 円, 橋本 重夫, 木村 雅友, 臨床病理, 47, 10, 676, 679,   1999年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005194840
  • 視覚と現実感, 佐藤 隆夫, 日本機械学会誌, 102, 971, 621, 623,   1999年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002439174
  • 視覚性自己運動知覚における自発的注意の効果と両眼視差奥行きの効果の比較 (日本バーチャルリアリテイ学会第4回大会) -- (視覚特性), 北崎 充晃, 佐藤 隆夫, 日本バ-チャルリアリティ学会大会論文集, 4, 9, 12,   1999年09月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005144075
  • 表情のカテゴリカル知覚と意味的距離, 渋井 進, 山田 寛, 佐藤 隆夫, 繁桝 算男, 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎, 99, 289, 1, 7,   1999年09月04日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004028422
    概要:表情の認知過程の研究には2つの対立する立場がある。1つはCategorical Approachであり、もう1つはContinuous (Dimensional) Approachである。本実験ではEtcoffらに代表されるCategotical Perceptionの実験を追試するとともに、それらが意味空間上でどのように処理されるかを検討した。刺激系列には、実画像をモーフィングした喜びと驚き、悲しみと喜び、怒りと喜びの3系列を用いた、実験の結果、カテゴリーの影響は、物理的刺激空間においてよりも、SD法によって測定された意味空間においてより顕著に見られた。この事は意味空間上でのカテゴリーの影響の重要性を示している。
  • 表情のカテゴリカル知覚と意味的距離, 渋井 進, 山田 寛, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告, 99, 289, 1, 7,   1999年09月04日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004657297
  • 周波数変化残効に見られる周波数変調処理の帯域間相互作用, 茅原 拓朗, 佐藤 隆夫, 日本音響学会研究発表会講演論文集, 1999, 2, 407, 408,   1999年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004964685
  • 末梢神経修復の実験的研究 : ハンセン病末梢神経障害治療への応用の可能性, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy, 68, 2, 77, 82,   1999年07月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008625646
    概要:神経細胞が生きている限り,神経線維が切断されても中枢断端からsproutingを極めて活発に萌芽するので,切断部分での適切な処置,そして末梢効果器に機能が保存されている条件下に,末梢神経線維の再接触が達せられるならば,形態的,機能的な修復が可能である。ほとんどの実験的,臨床的努力は切断部分の処置による有効なsproutingの萌芽と末梢への再支配を目的としたものである。その関係の論文も極めて多い。このうち移植を含めた外科的方法は現在臨床の主流であるが,多くの問題点を伴っている。これに替わる方法として実験的には切断端をtubeにて包むtubulationが盛んである。tubeの材料もきわめて種々のものが古くから試みられてきている。幾つかの理由により我々はsilicone tubeを用いることに基本をおき,筋細胞への神経再支配を検索してきた。その臨床応用の実際については,ごく最近にいたり,末梢神経損傷患者にsilicone tubeを用い,従来のmicrosurgeryの方法と比較して遜色ない結果が発表(G.Lundborgら,1997)されている。一方で,ハンセン病患者の末梢神経障害に対する外科的治療はほとんど行われていない現状のようである。しかしJ. H. Pereiraら(1991)は1.5から7年間の知覚障害をもった10例の患者に対し,神経断端に氷結変性させた自家縫工筋移植を行って7例の患者において手や足の知覚や発汗の回復を得たと報告している。このことは筋移植より容易に操作が可能なsilicone tubeをハンセン病患者に応用できる可能性を示唆している。本reviewでは神経再支配の所見とハンセン病患者への臨床応用の可能性について述べた。
  • 表情知覚における形態情報と運動情報, 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎, 99, 123, 1, 5,   1999年06月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003271631
    概要:顔を点先によって表現した刺激を用いて、表情知覚における運動情報の役割について検討した。ある表情(表情1)からなる先行刺激とその表情1に別の表情2を混合した後続刺激を系時提示した。両刺激の時間間隔が無く仮現運動が生じる運動条件と間隔が長く仮現運動が生じない非運動条件での表情判断を比較した。その結果、運動条件では表情2の判断が多くなったのに対して、非運動条件では表情1と2の判断が同じ割合でなされた。そのようなバイアスは、先行刺激と後続刺激の差分を妨害すると減少したが、先行刺激のパターンを妨害しても影響は無かった。こうした結果から、形態情報には依存しない運動情報からの表情知覚、メカニズムが存在していると考えられる。
  • 両眼立体視における奥行き対比と観察距離の効果, 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, 1, 2, 81, 86,   1999年06月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031133780
  • 両眼立体視における奥行き対比と観察距離の効果, 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 99, 102, 81, 86,   1999年06月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270764
    概要:In stereo pichres, objects and people often appear flat like cardboard cut-outs. Previous study suggests that this phenomenon occurs because of neat viewing distance and disparity discontinuity between objects and backgrounds. In experiment 1, we investigated whether the inhibition of depth perception from disparity discontinuity is caused by depth contrast or binocular rivalry. The results show that the inhibition is caused by lateral inhibition of classical center-surround mechanism, which underlie depth contrast effect, Thus, the mechanism of depth contrast is analogous to those of luminance domani. In experiment 2, the effect of vergence angels on disparity detection was investigated. In results, it is more sensitive to disparity when vergence angle becomes smaller. This results suggest that the sensitivity of disparity is modulated by vergence. Because binocular disparity vary inversely with the square of the distance, this hypothesis is ecologically valid to keep depth constancy.
  • 両眼立体視ニおける奥行き対比と観察距離の効果, 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 23, 36, 81, 86,   1999年06月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003686861
    概要:In stereo pictures, objects and people often appear flat like cardboard cut-outs. Previous study suggests that this phenomenon occurs because of near viewing distance and disparity discontinuity between objects and backgrounds. In experiment 1, we investigated whether the inhibition of depth perception from disparity discontinuity is caused by depth contrast or binocular rivalry. The results show that the inhibition is caused by lateral inhibition of classical center-surround mechanism, which underlie depth contrast effect. Thus, the mechanism of depth contrast is analogous to those of luminance domain. In experiment 2, the effect of vergence angles on disparity detection was investigated. In results, it is more sensitive to disparity when vergence angle becomes smaller. This results suggest that the sensitivity of disparity is modulated by vergence. Because binocular disparity vary inversely with the square of the distance, this hypothesis is ecologically valid to keep depth constancy.
  • 運動視における上下視野非対称性, 丸谷 和史, 久保寺 俊朗, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 23, 36, 95, 99,   1999年06月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003686863
    概要:We investigated mechanisms mediate motion perception of missing fundamental (MF) gratings at interstimulus intervals (ISIs) of about 40 ms. At ISIs grater than about 40ms, apparent motion for MF gratings was perceived in the direction of displacement (Georgeson & Harris, 1990^<[1]>). At ISIs greater than about 160msec, clearer apparent motion in the direction of displacement is perceived when exposed in lower visual field than in upper visual field (Mugishima & Sato, 1998^<[2]>). However, there is no asymmetry between the upper and lower visual field at ISIs of about 40 ms. This asymmetry suggests the participation of the process of feature tracking in motion detection. Therefore, there seems no contribution of the feature tracking process at these ISIs. In Experiment 1, no motion aftereffect was induced after adaptation to apparent motion using MF grating at ISIs 40ms. In Experiment 2, attention was divided by dual task. One is direction discrimination of apparent motion using MF grating presented peripheral visual field. The other is to read English letters presented central visual field. The result was that apparent motion was seen in the reversed direction under all conditions at ISIs 20-160 ms. These results suggest (a) a higher-order motion detection mechanisms mediate apparent motion in the direction of displacement at ISIs of about 40 ms, and (b) attention plays some role in these mechanisms in the different manner of featuretracking.
  • 両眼立体視における奥行き対比と観察距離の効果, 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 「人工現実感」研究会, 9, 81, 86,   1999年06月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005386459
  • 運動視における上下視野非対称性, 丸谷 和史, 久保寺 俊朗, 佐藤 隆夫, 「人工現実感」研究会, 9, 95, 99,   1999年06月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005386461
  • Controlled cortical impact deviceを用いた実験的脊髄損傷後のシナプトフィジンの免疫組織化学的研究, 蛭間 眞悟, 大塚 佳世, 古田 朋子, 林 義之, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology, 19,   1999年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010058091
  • 654 膵癌の進展におけるurokinase type plasminogen activator system:PAsの役割について, 西川 正康, 今野 元博, 加藤 道男, 酒井 健一, 中山 剛之, 平井 久也, 藤家 悟, 朝野 聡, 河村 史朗, 泉谷 良, 黒田 大介, 大柳 治正, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 松尾 理, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 6,   1999年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001354748
  • 運動視における上下視野非対称性 (第2回ヒューマンインタフェース学会「人工現実感」), 丸谷 和史, 久保寺 俊朗, 佐藤 隆夫, ヒュ-マンインタフェ-ス学会研究報告集, 1, 2, 95, 99,   1999年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005230608
  • 回転平面の傾斜角残効の方位角特異性 (第2回ヒューマンインタフェース学会「人工現実感」), 瀬山 淳一郎, 佐藤 隆夫, ヒュ-マンインタフェ-ス学会研究報告集, 1, 2, 101, 104,   1999年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005230609
  • 末梢神経修復の実験的研究, 橋本 重夫, 佐藤 隆夫, 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy, 68, 1, 39, 40,   1999年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009617529
  • 異なる持続時間における周波数変化残効の変化率依存性, 茅原 拓朗, 佐藤 隆夫, 日本音響学会研究発表会講演論文集, 1999, 1, 409, 410,   1999年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002750591
  • P-780 乳癌骨転移に関するOsteopontinの役割, 西川 正康, 今野 元博, 加藤 道男, 酒井 健一, 中山 剛之, 平井 久也, 藤家 悟, 黒田 大介, 大柳 治正, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 日本外科学会雑誌, 100, 0,   1999年02月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003938913
  • 示II-192 膵癌urokinase type plasminogen activator system発現におけるApoptosisと細胞増殖能の関連についての検討, 西川 正康, 今野 元博, 加藤 道男, 酒井 健一, 中山 剛之, 平井 久也, 藤家 悟, 朝野 聡, 河村 史朗, 泉谷 良, 黒田 大介, 大柳 治正, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 松尾 理, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 2,   1999年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001353108
  • テクスチャ分離における領域間比較と要素間比較の時間的特性(研究発表A,VI.第17回大会発表要旨), 原澤 賢充, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 17, 2,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864189
  • 聴覚における周波数変化方向検出器の構成(研究発表C,VI.第17回大会発表要旨), 茅原 拓朗, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 17, 2,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864211
  • 両眼視差による曲面弁別 : なぜ縦筒は横筒よりも奥行きが見えにくいのか(研究発表C,VI.第17回大会発表要旨), 北崎 充晃, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 17, 2, 141, 142,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864214
  • 画鋲プローブの限界 : 円盤の像による傾斜角の測定(研究発表E,VI.第17回大会発表要旨), 瀬山 淳一郎, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 17, 2,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864232
  • 対象の運動速度の過大視・過小視(研究発表E,VI.第17回大会発表要旨), 柳 淳二, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 17, 2,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864238
  • 運動情報による表情知覚(研究発表F,VI.第17回大会発表要旨), 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 17, 2,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864240
  • 視線の知覚に対する頭部回転の効果(研究発表F,VI.第17回大会発表要旨), 佐藤 隆夫, 繁桝 博昭, 基礎心理学研究, 17, 2,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864242
  • 相対運動からの相対運動検出と奥行き検出, 大塚 聡子, 氏家 弘裕, 佐藤 隆夫, 斎田 真也, 基礎心理学研究, 18, 1, 23, 37,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864253
    概要:Relative retinal motion yields depth perception when combined with an observer's head movement to form motion parallax, as well as relative motion perception when the observer's head is stationary. The present study compared detection thresholds of relative motion and depth from identical random dots patterns containing sinusoidally modulated velocity gradients, to explore relation of their processings. In Exp. 1, the detection thresholds were determined as a function of the spatial frequencies (SFs) of the velocity gradient. SF threshold functions of the motion and depth showed U-shapes similar except that the depth threshold was elevated above the motion threshold and increased more considerably in the higher SFs. In Exp. 2, the detection thresholds were determined as a function of viewing distance. The depth threshold decreased with the viewing distance, whereas the motion threshold did not change. These results suggest that the relative motion detector and the depth detector are different in the following respects: (1) the depth detector is located later in the processing path, (2) it has larger receptive field area, and (3) it includes distance information.
  • 両眼視差による曲面弁別 : なぜ縦筒は横筒よりも奥行きが見えにくいのか(C-07), 北崎 充晃, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 18, 1, 87, 88,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864261
    概要:Human visual system has an anistropy in sensitivity to the discrimination of depth curvature defined by binocular disparity depending on modulation directions. Shear curvature (depth modulation in vertical direction) is easier to perceive than compressive curvature (depth modulation in horizontal direction). To explore this anisotropy we measured the performance for concave-convex discrimination using random-dot stereogram with varied duration and density. Discrimination performance increased monotonically with duration increase for shear curvature. For compressive curvature, however, the performance first peaked at a short duration (33 ms). It, then, degraded for a while, and increased again at longer durations. The first peak probably reflects the local processing of disparity, and the second increase might reflect the global-integration processing.
  • 対象の運動速度の過大視・過小視(E-09), 柳 淳二, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 18, 1, 95, 96,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864265
    概要:Speed perception from movements of motion-defined boundaries was investigated. A field of random dots (target) moved over a rectangular field of the same random dots (background). When random dots within target area had motion relative to its boundary motion (scroll) in addition to the absolute movement of the target itself (drift), speed perception of the drifting target was overestimated if its scroll direction was the same as the drift. This overestimation of speed was enhanced when background moved oppositely to the drift of target. Such enhancement is not predicted if the overestimation of speed is caused by "motion capture", where the boundary-defining motion captures the motion-defined boundary. Contribution of motion-contrast detectors seems appropriate for the cause of overestimation of speed of the motion-defined boundary.
  • 運動情報による表情知覚(F-01), 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 18, 1, 97, 98,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864266
    概要:We investigated the role of motion for perceiving facial expressions by using the stimuli depicting the eyebrows, eyelids, and lips by 18 point-lights. The positional differences of corresponding point-lights between the neutral and the emotional faces were calculated. Two stimuli were presented sequentially. The first stimulus was composed by adding the difference of one facial expression (E1) to the neutral. The second stimulus was composed by adding the difference of another facial expression (E2) to the first. The task was to judge the facial expression by 4 AFC. In the long-ISI condition, no motion was perceived and the subjects equally perceived E1 and E2. Meanwhile, in the no-ISI condition, apparent motion was perceived and the subjects dominantly perceived E2. This dominance disappeared when E2 was disturbed. The results showed that the motion is useful for perceiving facial expressions.
  • 自発的注意が決定する視覚性自己運動知覚(<特集>プロジェクション型没入ディスプレイ), 北崎 充晃, 佐藤 隆夫, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 4, 3, 505, 510,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008746660
    概要:Visual motions in large region, retinal periphery, and in far depth elicit the inevitable perception of self motion (vection) in the opposite direction to those visual motions. We investigated whether voluntary attention affects the perceived vection direction. The opponent-directional motions were presented on a CAVE-type display where the size, the eccentricity, and the depth were identical in opponent motions. The subject was instructed to pay attention to one direction of visual motion and to judge the perceived vection direction. Vection was perceived in the direction opposite to the non-attended motion, indicating the non-attended motion dominates vection. Next, attentional effect on the uni-directional motion was compared with that on the opponent motions. In the uni-directional-motion condition, the vection was perceived in the opposite direction to the attended motion or the whole motion. This is consistent with the previous findings without attention manipulation. The present study suggested that the attentional modulation of the vection occurs when the opponent-directional motions were applied or the visual motion has unstable components.
  • 112 脂肪肉腫成分を伴う乳腺悪性葉状腫瘍の一例, 佐藤 隆夫, 松並 展輝, 田中 浩平, 藤木 千香, 竹田 繁美, 今野 元博, 林 義之, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 37, 2,   1998年09月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001224922
  • 22) 両眼立体視における過渡系と定常系の役割(〔ヒューマンインフォメーション研究会 ネットワーク映像メディア研究会〕合同), 佐藤 隆夫, 柳 淳二, 映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア, 52, 9,   1998年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003692398
  • 23) 相反運動刺激による視覚性自己運動知覚(〔ヒューマンインフォメーション研究会 ネットワーク映像メディア研究会〕合同), 北崎 充晃, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア, 52, 9,   1998年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003692399
  • 24) 書き割り効果のメカニズム(〔ヒューマンインフォメーション研究会 ネットワーク映像メディア研究会〕合同), 繁桝 博昭, 新舘 俊輔, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア, 52, 9,   1998年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003692400
  • 「目があう」ってほんとかしら, 佐藤 隆夫, 赤木 章信, 繁桝 博昭, 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理, 98, 276, 23, 30,   1998年09月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003272276
    概要:視覚は人間のコミュニケーションにとって時に言語以上に重要な意味を持つ, 視線の知覚は, 相手が正対している時には驚くほど高い精度を持っているが, 顔が回転し, 「流し目」になると視線の移動量の過大視が起こり, 受け手から見ると視線が行き過ぎてしまう.この「頭部回転効果」は従来, 眼の偏移そのものの知覚の誤差であると考えられてきたが, 原理的には, 眼の偏移の他に, 頭部回転量の過小視も原因となりうる.こうした仮説のもとに, いくつかの実験を行い, 頭部回転の過小評価が頭部回転効果に大きく影響していることが明らかになった.
  • テクスチャによる領域分割知覚のメカニズム, 原澤 賢充, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理, 98, 276, 51, 57,   1998年09月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003272280
    概要:テクスチャ分離には、領域内の同質性からなる過程と領域間の異質性からなる過程とが存在すると考えられる。本研究ではこれらの空間的特性を調べるため、傾いた短い線分からなるテクスチャを使って実験を行った。結果、テクスチャ要素の大きさに依存しない過程と依存する過程の二つの異なった空間的特性を持った過程があることが示された。テクスチャ分離過程は領域内の一様性が低く領域境界の特徴の差が一定のときに前者を用い、領域内の一様性が高いか領域境界の特徴の差が一定でないときに後者を用いる傾向が見られた。前者は領域境界部分での要素間の相互作用に基づく過程で、後者は統合された領域全体の間の相互作用に基づく過程であると考えられる。
  • 奥行き視における輻輳情報の有効性, 四本 裕子, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理, 98, 276, 59, 66,   1998年09月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003272281
    概要:人は奥行きを知覚するのにさまざまな手がかりを使用する。本研究では、これら手がかりのうち、輻輳角、相対視差、絶対視差に注目した。一般に、輻輳角の変化は奥行き知覚の手がかりであるとされている。しかし一方で、輻輳角の変化のみでは、奥行きの知覚は生じないという研究も報告されている。そこで、本研究では、輻輳角、相対視差、絶対視差の3種類の手がかりを同じ刺激を用いて比較した。その結果、奥行き判断の手がかりとしては、相対視差、絶対視差、輻輳角の順に有効であることがわかった。また、最も弱い手がかりである輻輳角については、輻輳角を変化させても、知覚される奥行きが変化しているという明確な印象は生じなかったことから、輻輳情報は他のメカニズムに情報をおくっていて、奥行き知覚に直接有効にはたらかないと考察した。
  • 両耳間時間差の弁別における知覚学習, 川島 尊之, 柏野 牧夫, 佐藤 隆夫, 日本音響学会研究発表会講演論文集, 1998, 2, 435, 436,   1998年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004298963
  • 順応音の周波数変化幅が周波数変化残効に及ぼす効果, 茅原 拓朗, 佐藤 隆夫, 日本音響学会研究発表会講演論文集, 1998, 2, 459, 460,   1998年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004299015
  • <一般演題抄録>4.培養中脳神経細胞に対する塩酸セレギリンの影響(2), 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 近畿大学医学雑誌, 23, 1,   1998年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061446
  • <一般演題抄録>5.突然死を来した延髄背外側梗塞を伴う喉頭室気腫(laryngocele)の1例, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 内藤 武夫, 近畿大学医学雑誌, 23, 1,   1998年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061447
  • Controlled cortical impact device を用いた実験的脊髄損傷後のnNOSの免疫組織化学的研究, 蛭間 眞悟, 大塚 佳世, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 千葉 淳, 秩父 志行, 胡 建国, 田原 浩司, 景山 努, 神経組織の成長・再生・移植, 10, 1, 81, 82,   1998年06月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10014133389
  • 176 慢性膵炎組織におけるUrokinase-type Plasminogen Activator System発現の免疫組織化学的検討(第52回日本消化器外科学会総会), 西川 正康, 今野 元博, 加藤 道男, 平井 久也, 藤家 悟, 朝野 聡, 河村 史朗, 泉谷 良, 黒田 大介, 大柳 治正, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 松尾 理, 日本消化器外科学会雑誌, 31, 6,   1998年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001329042
  • 両眼立体視における過渡系と定常系の役割, 佐藤 隆夫, 柳 淳二, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 98, 97, 137, 144,   1998年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270727
    概要:Stereo detection performance was measured with rendom-dot stereograms with interocular delay. When a 10 ms pattern pulse was presented at various point of a 200 ms presentation to the other eye, detection decayed quickly and reached the chance level around 50 ms SOA, but detection was almost perfect up to 200 ms SOA when contrast was high. However, when two paterns had an equal duration(50-150 ms), and were presented successively with no ISI, detection declined around 80 ms SOA regardless of contrast level, which suggest limited duration of transient responses even at higher contrasts.
  • 相反運動刺激による視覚性自己運動知覚, 北崎 充晃, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 98, 97, 145, 151,   1998年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270728
    概要:Physically stationary observer perceives illusory self motion in the direction opposite to that of large-field visual motion(visually induced self motion ; vection). It is known that visual motions in large region, retinal periphery, and in far depth affect the self-motion perception. We introduced the oppenent-motion stimuli without any difference in size, eccentricity, or depth, in order to see the effect of voluntary attention on self motion. In results, the vection was perceived mainly in the direction opposite to that of non-attended motion(i.e., in the same direction as that of attended motion). Thus, the non-attended visual motion dominated the visually induced self motion. Since retinal-periphery, far-depth, and non-attended motions were generally perceived as 'ground' in the ecological environment, these results suggest 'ground' rather than 'figure' determines the direction of vection.
  • 書き割り効果のメカニズム, 繁桝 博昭, 新舘 俊輔, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 98, 97, 153, 160,   1998年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270729
    概要:Objects and people in stereograms typically appear flat as if they are cardboard cut-outs. This is still true when the angular size of objects in the stereograms is the same as those of original scene. Howard and Rogers(1995)suggested that the structure from the binocular disparity become flattened because the viewing distance is much smaller than the original scene. We investigated this hypothesis and revealed that in addition to the effect of viewing distance the effect of depth contrast is necessary to produce cardboard cut-out phenomenon.
  • 両眼立体視における過渡系と定常系の役割, 佐藤 隆夫, 柳 淳二, 映像情報メディア学会技術報告, 22, 28, 137, 144,   1998年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003689887
    概要:Stereo detection performance was measured with random-dot stereograms with interocular delay. When a 10 ms pattern pulse was presented at various point of a 200 ms presentation to the other eye, detection decayed quickly and reached the chance level around 50 ms SOA, but detection was almost perfect up to 200 ms SOA when contrast was high. However, when two patterns had an equal duration (50-150 ms), and were presented successively with no ISI, detection declined around 80 ms SOA regardless of contrast level, which suggest limited duration of transient responses even at higher contrasts.
  • 相反運動刺激による視覚性自己運動知覚, 北崎 充晃, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 22, 28, 145, 151,   1998年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003689888
    概要:Physically stationary observer perceives illusory self motion in the direction opposite to that of large-field visual motion (visually induced self motion; vection). It is known that visual motions in large region, retinal periphery, and in far depth affect the self-motion perception. We introduced the oppenent-motion stimuli without any difference in size, eccentricity, or depth, in order to see the effect of voluntary attention on self motion. In results, the vection was perceived mainly in the direction opposite to that of non-attended motion (i.e., in the same direction as that of attended motion). Thus, the non-attended visual motion dominated the visually induced self motion. Since retinal-periphery, far-depth, and non-attended motions were generally perceived as 'ground' in the ecological environment, these results suggest 'ground' rather than 'figure' determines the direction of vection.
  • 書き割り効果のメカニズム, 繁桝 博昭, 新舘 俊輔, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 22, 28, 153, 160,   1998年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003689889
    概要:Objects and people in stereograms typically appear flat as if they are cardboard cut-cuts. This is still true when the angular size of objects in the stereograms is the same as those of original scene. Howard and Rogers (1995) suggested that the structure from the binocular disparity become flattened because the viewing distance is much smaller than the original scene. We investigated this hypothesis and revealed that in addition to the effect of viewing distance the effect of depth contrast is necessary to produce cardboard cut-out phenomenon.
  • 194 術中迅速にて経験し得た膵芽細胞腫の捺印塗抹細胞診, 前倉 俊治, 尾鼻 康朗, 蛭間 眞悟, 上杉 忠雄, 中井 由香, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 米倉 竹夫, 窪田 昭男, 日本臨床細胞学会雑誌, 37, 1,   1998年03月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001224544
  • 同時マスキングにおける学習効果と移転, 川島 尊之, 柏野 牧夫, 佐藤 隆夫, 日本音響学会研究発表会講演論文集, 1998, 1, 439, 440,   1998年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002746881
  • 部分音の選択的聴取と分散的聴取, 柏野 牧夫, 川島 尊之, 佐藤 隆夫, 日本音響学会研究発表会講演論文集, 1998, 1, 441, 442,   1998年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002746886
  • 過去3ヵ年の炎症性筋炎と診断された生検骨格筋の免疫染色, 蛭間 眞悟, 大塚 佳世, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, 木村 雅友, 橋本 重夫, 臨床病理, 46, 2, 168, 175,   1998年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005475496
  • 精巣網にパジェット様進展して腫瘤を形成した精細管内胚細胞腫瘍, 木村 雅友, 若杉 英子, 植松 邦夫, 宮里 肇, 古田 朋子, 寺村 一裕, 大塚 佳世, 前倉 俊治, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 臨床病理, 46, 2, 186, 189,   1998年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005475527
  • 82 膵癌肝転移症例におけるPlasminogen activator inhibitor (PAI)-1, PAI-2の発現に関する免疫組織化学的検討, 西川 正康, 今野 元博, 加藤 道男, 平井 久也, 藤家 悟, 朝野 聡, 土師 誠二, 河村 史朗, 泉谷 良, 黒田 大介, 橋本 直樹, 野村 秀明, 大柳 治正, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 松尾 理, 日本消化器外科学会雑誌, 31, 2,   1998年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001327142
  • 表情のカテゴリー化モデルの検討, 渋井 進, 山田 寛, 厳島 行雄, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎, 97, 506, 1, 8,   1998年01月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003271537
    概要:顔面表情のカテゴリー化に関して、同じカテゴリーに分類される表情の中の最も典型的な表情 (プロトタイプ) からの距離によって分類されるというモデルと、カテゴリーの一般的あるいは抽象的概念そのものからの距離によって分類されるという2つの仮説を立てた。表情刺激にはコンピュータグラフィックスの手法により合成された21の平均顔を用いた。実験1ではこれらの刺激および6つの情動概念 (喜び、悲しみ、驚き、怒り、嫌悪、恐れ) をSD法で評定させた。その結果両者は快・不快、活動性の2次元で構成される同一の空間で認知されることが示された。実験2では表情刺激をカテゴリー判断させた。分析の結果プロトタイプモデルの概念モデルに対する優位を示す傾向が見られた。
  • 実験室を飛び出す心理学(1997年度 第1回フォーラム), 佐藤 隆夫, 坂上 貴之, 基礎心理学研究, 16, 2,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864106
  • 光源が観察者方向に存在する場合の反射率地図の補正(研究発表A,IV.第16回大会発表要旨), 瀬山 淳一郎, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 16, 2, 112, 113,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864117
  • 遮蔽された物体上での視覚的注意の広がり : 空間的手がかり課題による検討(研究発表C,IV.第16回大会発表要旨), 河原 純一郎, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 16, 2,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864144
  • A-09 光源が観察者方向に存在する場合の反射率地図の補正, 瀬山 淳一郎, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 17, 1, 43, 44,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864169
    概要:Subjects observed images of cylinders illuminated from the viewer direction, and judged surface slant and crosssectional shape of perceived shapes. The reflectance maps used by the visual system were estimated from the relationship between the perceived shapes and the stimulus image intensity. The reflectance maps obtained from the judged slant varied depending on the stimuli, but those from the judged crosssectional shape were almost the same. These results suggest that when the light source exists in the viewer direction, the reflectance map is calibrated for slant perception, but a 'default' reflectance map is used for depth perception.
  • C-03 遮蔽された物体上での視覚的注意の広がり : 空間的手がかり課題による検討, 河原 純一郎, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 17, 1, 47, 48,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864171
    概要:To examine the characteristics of representation on which visual attention operates, we observed the cuing effects on a visual search of a target letter presented on partially occluded two-dimensional objects. Four rectangles were arranged in a woven tick-tack-toe grid. A cue was flashed at one end of a rectangle. Subjects judged the identity of the target letter presented on a rectangle. Reaction time was delayed when another object bisected the cued and the target location than when there was no occlusion between them. This indicated that visual attention does not operate solely on spatial or independent object-centered representation, but on a more elaborated one that is affected by occlusion.
  • 18)両眼立体視と運動立体視の統合過程に関する検討(〔ヒューマンインフォメーション研究会 ネットワーク映像メディア研究会〕合同), 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア, 51, 9,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003691797
  • 19)人間の顔はなぜでっぱってみえるのか? : 反転視差錯視の実験的検討(〔ヒューマンインフォメーション研究会 ネットワーク映像メディア研究会〕合同), 佐藤 隆夫, 大久保 隆史, 繁桝 博昭, 映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア, 51, 9,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003691798
  • 21)表情認知とバイオロジカルモーション(〔ヒューマンインフォメーション研究会 ネットワーク映像メディア研究会〕合同), 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア, 51, 9,   1997年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003691799
  • 胃捺印細胞診で腺癌と小細胞癌の共存が診断できた胃癌の1例 : 第36回日本臨床細胞学会学術集会 : 消化器I, 上杉 忠雄, 中井 由香, 前西 修, 太田 善夫, 蛭間 眞悟, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 36, 2,   1997年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001231221
  • 真菌性下腿菌腫, 木村 雅友, 古田 朋子, 前倉 俊治, 寺村 一裕, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 小武内 優, 小野田 尚佳, 尾松 準之祐, 臨床病理, 45, 8, 801, 804,   1997年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005474524
  • 肺アスペルギルス症で認めた蓚酸カルシウム結晶, 上杉 忠雄, 木村 雅友, 中井 由香, 蛭間 真悟, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 36, 4, 450, 451,   1997年07月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001227935
  • 肺クリプトコッカス症の1例, 中井 由香, 木村 雅友, 上杉 忠雄, 蛭間 真悟, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 36, 4, 452, 453,   1997年07月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001227936
  • 多数の菌体を真皮内に確認できた皮膚スポロトリコーシスの一例, 古田 朋子, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 臨床病理, 45, 6, 599, 601,   1997年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005474083
  • 両眼立体視と運動立体視の統合過程に関する検討, 繁桝 博昭, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 97, 85, 105, 112,   1997年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270517
    概要:In this paper, the effect of combination of stereopsis and structure from motion was investigated. We discussed whether the addition of motion information overcomes the stereo distance scaling problem. We manipulated the richness of monocular depth cues and examined the effect. Our results reveal that when stereo cue and motion cue are integrated the richness of information of monocular depth cues effects the perception of depth and stronger depth cue determined the integrated depth perception.
  • 人間の顔はなぜでっぱってみえるのか? : 反転視差錯視の実験的検討, 佐藤 隆夫, 大久保 隆史, 繁桝 博昭, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 97, 85, 113, 120,   1997年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270518
    概要:When the two pictures of a stereo pair are interchanged, binocular disparity is completely reversed. Thus we should perceive reversed depth, if perception is solely determined by disparity. However, we tend to perceive normal depth, i.e. a normal convex face instead of concave face (reversed disparity illusion). This interesting phenomenon was studied systematically through several psychological experiments with photographs of human face. The illusion weakened when disparity was exaggerated, or when the familiarity of the stimulus was decreased by presenting negative or up-side-down photographs. These results indicate that the illusion occurs through complex dynamics among different depth cue systems.
  • 表情認知とバイオロジカルモーション, 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫, 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, 97, 85, 131, 136,   1997年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003270520
    概要:Johansson(1973) showed that human movements such as walking can be recognized from a small number of dots fixed at various parts of the body (biological motion). We investigate whether people can also recognize facial expressions of emotion from movement of a small number of dots and the roll of motion information on recognition of facial expressions. Our results reveal that motion of as few as 18 dots attached to appropriate locations on a human face provides sufficient information to recognize facial expressions.
  • 両眼立体視と運動立体視の統合過程に関する検討, 繁枡 博昭, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 21, 33, 105, 112,   1997年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003690634
    概要:In this paper, the effect of combination of stereopsis and structure from motion was investigated. We discussed whether the addition of motion information overcomes the stereo distance scaling problem. We manipulated the richness of monocular depth cues and examined the effect. Our results reveal that when stereo cue and motion cue are integrated the richness of information of monocular depth cues effects the perception of depth and stronger depth cue determined the integrated depth perception.
  • 人間の顔はなぜでっぱってみえるのか?- 反転視差錯視の実験的検討, 佐藤 隆夫, 大久保 隆史, 繁桝 博昭, 映像情報メディア学会技術報告, 21, 33, 113, 120,   1997年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003690635
    概要:When the two pictures of a stereo pair are interchanged, binocular disparity is completely reversed. Thus we should perceive reversed depth, if perception is solely determined by disparity. However, we tend to perceive normal depth, i.e. a normal convex face instead of concave face (reversed disparity illusion). This interesting phenomenon was studied systematically through several psychological experiments with photographs of human face. The illusion weakened when disparity was exaggerated, or when the familiarity of the stimulus was decreased by presenting negative or up-side-down photographs. These results indicate that the illusion occurs through complex dynamics among different depth cue systems.
  • 表情認知とバイオロジカルモーション, 松崎 直幸, 佐藤 隆夫, 映像情報メディア学会技術報告, 21, 33, 131, 136,   1997年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003690637
    概要:Johansson (1973) showed that human movements such as walking can be recognized from a small number of dots fixed at various parts of the body (biological motion). We investigate whether people can also recognize facial expressions of emotion from movement of a small number of dots and the roll of motion information on recognition of facial expressions. Our results reveal that motion of as few as 18 dots attached to appropriate locations on a human face provides sufficient information to recognize facial expressions.
  • II-345 肝転移の有無別にみた膵癌細胞と周囲間質細胞における uPA・uPAR 発現の免疫組織化学的検討(<特集>第50回日本消化器外科学会総会), 西川 正康, 今野 元博, 加藤 道男, 平井 久也, 原之村 博, 黒田 大介, 橋本 直樹, 野村 秀明, 大柳 治正, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 松尾, 日本消化器外科学会雑誌, 30, 6,   1997年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001298430
  • 扁平上皮癌を伴い腺癌的な分化も呈した子宮頚部神経内分泌癌の1例 : 第38回日本臨床細胞学会総会学術集会 : 子宮頸部VII, 野中 喜代美, 西 一典, 烏野 美千代, 門田 永治, 立山 一郎, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 36, 1,   1997年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001227723
  • アスペルギルス症の1例 : 真菌用蛍光染色液を用いた重染色の試み, 古田 朋子, 木村 雅友, 大塚 佳世, 上杉 忠雄, 筑後 孝章, 八木 祐吏, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 36, 1, 39, 43,   1997年01月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001227855
  • 特集にあたって--認知科学と心理学 (特大号・認知科学), 佐藤 隆夫, 遺伝, 51, 1, 12, 13,   1997年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40000132729
  • 両眼立体視における定常,過渡メカニズムの関与(セッションA,VI.第15回大会発表要旨), 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 15, 1,   1996年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004864057
  • 脳研究における心理物理学的手法, 佐藤 隆夫, 光学, 24, 1, 14, 19,   1995年01月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10001694380
  • A-16 胆嚢上皮におけるOsteopontinの発現, 今野 元博, 赤井 文治, 大柳 治正, 佐藤 隆夫, 西川 正康, 加藤 道男, 橋本 重夫, 鈴木 淳夫, 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集, 36,   1995年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003158486
  • 2)空間周波数の異なる運動間の相互作用(視聴覚技術研究会), 柳 淳二, 西田 眞也, 佐藤 隆夫, テレビジョン学会誌, 48, 12,   1994年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003704404
  • 先天性胆道拡張症に肝門部胆管癌を合併した1例, 今野 元博, 佐藤 隆夫, 大柳 治正, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 33, 6, 1177, 1178,   1994年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001242844
  • 悪性リンパ腫との鑑別に穿刺吸引細胞診が有用であった壊死性リンパ節炎の1例, 佐藤 隆夫, 今野 元博, 丹司 紅, 宇野 重利, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 33, 6, 1179, 1180,   1994年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001242845
  • 空間周波数の異なる運動間の相互作用 : 視聴覚技術, 柳 淳二, 西田 眞也, 佐藤 隆夫, テレビジョン学会技術報告, 18, 51, 7, 12,   1994年09月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003679232
    概要:To Investigate interactions between movements of different spatial frequencies, we measured the perceived direction of a counterphasing sinusoidal grating (target) superimposed on a drifting grating (inducer). Target was perceived to move in the same direction as inducer (i.e., motion assimilation) when the spatial frequency (SF) of inducer was lower than target SF, and the temporal frequency (TF) of inducer was low. On the other hand, when inducer SF was higher than target SF, or when inducer SF was low but its TF and contrast were sufficiently high, target was perceived to move in the direction opposite to inducer (i.e., motion contrast).
  • 76. 術中捺印細胞診にて悪性を強く疑った小腸平滑筋肉腫の一例.(消化器II)(第35回日本臨床細胞学会総会学術集会), 今野 元博, 佐藤 隆夫, 前田 光代, 上杉 忠雄, 宇野 重利, 大柳 治正, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 33, 2,   1994年06月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001834003
  • 93. 上顎洞真菌症の診断に細胞診が有用であった1例(脳・頭頸部II)(第35回日本臨床細胞学会総会学術集会), 木村 雅友, 宇野 重利, 上杉 忠雄, 前田 光代, 蛭間 真悟, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 33, 2,   1994年06月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001834020
  • 102. 子宮頸癌の治療効果判定における抗PCNA抗体染色の有用性(子宮頸部II)(第35回日本臨床細胞学会総会学術集会), 烏野 美千代, 西 一典, 野中 喜代美, 門田 永治, 立山 一郎, 橋井 康二, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 33, 2,   1994年06月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001834029
  • 上顎洞真菌症の1例, 木村 雅友, 宇野 重利, 上杉 忠雄, 前田 光代, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 33, 3, 575, 576,   1994年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001242474
  • <症例>食道にヘルペスウイルス, カンジダ, 細菌の混合感染を認めた子宮体癌術後の1剖検例, 木村 雅友, 佐多 徹太郎, 中村 吉伸, 前田 光代, 寺村 一裕, 今野 元博, 前倉 俊治, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 近畿大学医学雑誌, 18, 4, 593, 599,   1993年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061017
    概要:An autopsy case of herpetic esophagitis which concomitantly showed proliferation of Candida and bacteria in the same lesion was reported. The patient was a 66-year old Japanese female who had been treated for uterine endometrial carcinoma. Autopsy revealed esophagitis with cytologic changes due to viral infection in the esophageal epithelium along with pseudomycelia and bacterial colonies. Immunohistochemistry using monoclonal antibody to herpes-simplexvirus type 1 (HSV-1) revealed HSV-1 antigen in the esophageal epithelium. The pseudomycelia was positive to the anti-Candida antiserum. It is useful to detect antigens of pathogens by immunohistochemistry in addition to morphological differentiation for a confirming diagnosis.
  • 喀痰および穿刺細胞診にて腎細胞癌成分の肺転移および局所再発が示されたベリニ管癌,混合型の1例, 佐藤 隆夫, 今野 元博, 前田 光代, 前倉 俊治, 久保田 勝明, 郡 健二郎, 栗田 孝, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 32, 6, 980, 986,   1993年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001426087
  • 喉頭蓋嚢胞3剖検例の検討, 木村 雅友, 前田 光代, 上杉 忠雄, 宇野 重利, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 32, 6, 1149, 1150,   1993年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001426117
  • <症例>皮膚悪性血管内皮腫の肺転移により両側血・気胸を呈した1剖検例, 細川 宏一, 木村 雅友, 前倉 俊治, 今野 元博, 寺村 一裕, 前田 光代, 佐藤 隆夫, 織田 知明, 波津 龍平, 西村 直己, 毛利 俊子, 橋本 重夫, 近畿大学医学雑誌, 18, 3, 449, 456,   1993年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061006
    概要:An autopsy case of malignant hemangioendothelioma with multiple hemorrhagic pulmonary metastasis was reported. A 77-year-old Japanese male had a history of recurrent erythema and crusting of the parietal scalp for more than one year. Tumor finally developed and was diagnosed as malignant hemangioendothelioma on biopsy. Interleukin-2 was administered, but reduction of the tumor was not achieved. Although surgical excision of the scalp tumor was performed, he died of bilateral hemo-pneumothorax due to pulmonary metastasis 7 months after the initial biopsy and 28 months after the appearance of erythema. Characteristic vascular channels and reticulin stained vascular boundaries were detected in the biopsied scalp and metastatic lesions of the diaphragm. Endothelial tufts and atypical hyperchromatic nuclei of the endothelial cells are important characteristics of malignant hemangioendothelioma. Whereas Kaposi's sarcoma does not demonstrate these features, it shows spindle cell proliferation and slit-like spaces which malignant endothelioma does not contain, Subpleural pulmonary metastasis and accompanying hemorrhage were the main causes of the frequent hemopneumothorax.
  • 281 喀痰および穿刺細胞診にて腎細胞癌成分の肺転移および局所再発が示されたベリニ管癌,混合型の一例(泌尿器III)(示説演題)(第32回日本臨床細胞学会秋期大会学術集会), 佐藤 隆夫, 今野 元博, 前田 光代, 郡 健二郎, 栗田 孝, 宇野 重利, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 32, 5,   1993年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001426006
  • 308 組織学的に嚢胞状リンパ管腫と診断された腸間膜嚢腫の一例(中皮・体腔液IV)(示説演題)(第32回日本臨床細胞学会秋期大会学術集会), 今野 元博, 佐藤 隆夫, 窪田 昭男, 大柳 治正, 上杉 忠雄, 宇野 重利, 前田 光代, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 32, 5,   1993年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001426033
  • 組織学的に嚢胞状リンパ管腫と診断された腸間膜嚢腫の1例, 佐藤 隆夫, 今野 元博, 窪田 昭男, 大柳 治正, 上杉 忠雄, 宇野 重利, 前田 光代, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 32, 4, 557, 561,   1993年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001425690
  • 乳腺アポクリン癌の1例, 佐藤 隆夫, 今野 元博, 宇野 重利, 西 一典, 寺村 一裕, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 32, 3, 422, 428,   1993年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001425664
  • 80. 喉頭蓋嚢胞の細胞診(消化器II), 前田 光代, 上杉 忠雄, 宇野 重利, 木村 雅友, 寺村 一裕, 今野 元博, 前倉 俊治, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 32, 2,   1993年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001242143
  • <一般演題抄録>14.末梢神経再生モデルによるヒラメ筋と長趾伸筋の筋枝神経および筋内神経, 運動終板の電顕計測による経時的動向, 堀内 志厚, 細川 宏一, 蛭間 真悟, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 近畿大学医学雑誌, 17, 4,   1992年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060921
  • 動きを見るしくみ, 佐藤 隆夫, 日本音響学会誌, 48, 11, 820, 826,   1992年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003110461
  • ものの動きを見る--運動の知覚 (知覚の現象学<特集>), 佐藤 隆夫, 科学, 62, 6, p363, 368,373,   1992年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40000395145
  • ラトケ裂嚢胞の1例, 西 一典, 烏野 美千代, 野中 喜代美, 佐藤 隆夫, 門田 永治, 日本臨床細胞学会雑誌, 31, 3, 485, 488,   1992年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001425219
  • 104. 術中擦過細胞診が診断に有効であった肝門部胆管癌を合併した先天性胆道拡張症の一例(消化器III)(一般講演・口演)(第33回日本臨床細胞学会総会), 今野 元博, 佐藤 隆夫, 寺村 一裕, 橋本 重夫, 蛭間 眞悟, 前田 光代, 上杉 忠雄, 宇野 重利, 日本臨床細胞学会雑誌, 31, 2,   1992年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001496037
  • 359. 腟原発悪性黒色腫の一例 : HMB-45の診断的有用性(婦人科III)(一般講演・示説)(第33回日本臨床細胞学会総会), 野中 喜代美, 西 一典, 烏野 美千代, 立山 一郎, 橋井 康二, 佐藤 隆夫, 門田 永治, 日本臨床細胞学会雑誌, 31, 2,   1992年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001496292
  • 視覚誘発電位をもちいた両眼立体視の解析, 佐藤 隆夫, 計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers, 31, 2, 312, 315,   1992年02月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006394937
  • 695 術前確定診断が困難であった肝細胞腺腫の一例(<特集>第39回日本消化器外科学会総会), 川上 義行, 森賀 威雄, 中村 敏夫, 土谷 利晴, 西村 一郎, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 日本消化器外科学会雑誌, 25, 2,   1992年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001348760
  • <一般演題抄録>3.空管移植術による神経再生時の筋肉, 筋内神経及び神経接合部の経時的変化, 堀内 志厚, 細川 宏一, 蛭間 眞悟, 佐藤 隆夫, 浅川 隆, 橋木 重夫, 近畿大学医学雑誌, 16, 2,   1991年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060755
  • 286. 乳腺アポクリン癌の一症例(乳腺II)(第32回日本臨床細胞学会総会), 寺村 一裕, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 蛭間 真悟, 前田 光代, 西 一典, 日本臨床細胞学会雑誌, 30, 2,   1991年03月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001241939
  • 示-157 右下腹部腫瘤を形成しイレウス状態で発症した小腸結核の一例(<特集>第37回日本消化器外科学会総会), 中村 敏夫, 森賀 威雄, 三瀬 昌宏, 土谷 利晴, 西村 一郎, 北嶋 伸, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 日本消化器外科学会雑誌, 24, 2,   1991年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001324103
  • 気管および気管支に腫瘍細胞の浸潤を認めた非ホジキン悪性リンパ腫のl例, 木村 雅友, 増田 一吉, 酒谷 邦康, 前田 光代, 蛭間 眞悟, 佐藤 隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 30, 1, 135, 136,   1991年01月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001241585
  • クリプトコッカス蜂巣織炎の1例, 木村 雅友, 門田 永治, 佐藤 隆夫, 蛭間 眞悟, 前田 光代, 酒谷 邦康, 日本臨床細胞学会雑誌, 30, 1, 137, 138,   1991年01月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001241586
  • 帯域制限ランダムドットに誘導される正方向の運動残効(B-I.運動視・立体視,VI.第10回大会発表要旨), 西田 眞也, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 10, 1,   1991年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004855966
  • 86.トリコスポロン属真菌と他の真菌との細胞診における菌形態の比較(骨・軟部組織, 一般講演・口演, 第31回日本臨床細胞学会総会学術集会), 木村 雅友, 酒谷 邦康, 丹司 紅, 蛭間 真悟, 前田 光代, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 29, 2,   1990年03月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001279874
  • 播種性トリコスポロン症の1例, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 丹司 紅, 蛭間 真悟, 前田 光代, 高橋 学, 酒谷 邦康, 日本臨床細胞学会雑誌, 29, 1, 53, 58,   1990年01月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001282601
  • <症例>腹部大動脈に限局した解離性大動脈瘤の1例, 山下 圭造, 石川 欽司, 香取 瞭, 佐藤 隆夫, 丹司 紅, 橋本 重夫, 近畿大学医学雑誌, 14, 4, 629, 636,   1989年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060557
    概要:We report a case of aortic dissecting aneurysm limited to the abdominal aorta. A 65-year-old man was admitted because of acute shearing abdominal pain and lumbago. Neither nitroglycerin nor morphine chloride relieved the pain. Ultrasonography, CT-scanning, and angiography showed a large aortic dissecting aneurysm just below the level of the renal artery and extending to the aortic bifurcation. Surgery was planned because of retroperitoneal bleeding. However, just before starting the operation, the patient suddenly exhibited cardiovascular collapse and died. The classification of dissecting aneurysm of the aorta is based upon the location of the originating intimal defect. DeBakey's classification has found wide acceptance because it combines both anatomical description and a basis for management. However, this case suggests that a new category of dissecting aneurysm is needed.
  • 第51回日本肺癌学会関西支部会 : 1.フローボリウム曲線で典型的な上気道閉塞パターンを呈した肺小細胞癌の1例, 毛利 俊子, 東田 有智, 岩崎 剛和, 山本 淳, 久保 裕一, 高木 洋, 津谷 泰夫, 中島 重徳, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 肺癌, 29, 7,   1989年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003119560
  • アスペルギルスの判定に細胞診が有用であった1例, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 門田 永治, 丹司 紅, 蛭間 真悟, 前田 光代, 橋本 重夫, 高橋 学, 酒谷 邦康, 日本臨床細胞学会雑誌, 28, 4, 547, 551,   1989年07月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001281264
  • <症例>CO_2ナルコーシスに陥った糖原病II型(若年型)の1例, 高橋 均, 坂田 育弘, 泉本 源太郎, 安富 正幸, 足立 幸彦, 山本 俊夫, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 石神 互, 西本 潤史, 乾 幸治, 岡田 伸太郎, 近畿大学医学雑誌, 13, 4, 647, 654,   1988年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060300
    概要:The patient was a 15-year-old female. Since about eight years of age, she noticed difficulty in climbing stairs. She was diagnosed as having a limb-girdle type of muscular dystrophy and was treated at a certain outpatient clinic. At 15 years of age, dyspnea appeared, and she was treated with oxygen inhalation at a local hospital, which resulted in CO_2 narcosis, with coma ensuing. On physical examination, severe scoliosis and generalized muscular atrophy, particularly in the proximal limb muscles, were detected. The serum GOT, GPT, LDH and CPK levels were elevated, and electromyographic evaluation revealed low muscle action potentials, in general. Quadriceps muscle biopsy revealed an increase in fiber size and extensive vacuolization. Some vacuoles contained homogenous materials with eosinophilic granules stained by PAS. The acid-alpha-glucosidase activities in peripheral blood lymphocytes and cultured skin fibroblasts were markedly deficient. Based on these findings, a childhood type of glycogenosis type II was diagnosed. As seen in the present case, inadequate administration in the oxygen therapy for the treatment of dyspnea in the presence of hypoventilation induced by dystrophic respiratory muscles may cause CO_2 narcosis. Due care should therefore be taken in the oxygen therapy.
  • Electron microscopic study of cysts developing in the soft tissue of the oral region. Part 2. A case of mucous cyst, T. Miyamoto, S. Kusumoto, Y. Oga, S. Taketatsu, S. Hashimoto, A. Sakamoto, H. Wakae, T. Tomioka, T. Satou, Fukuoka Shika Daigaku Gakkai zasshi, 14, 409, 414,   1988年12月01日, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0024147290&origin=inward
  • <原著>剖検における心臓真菌症27例の臨床病理学的検討, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 丹司 紅, 細川 宏一, 前倉 俊治, 水原 恭治, 浅川 隆, 橋本 重夫, 鈴木 庸之, 高橋 学, 近畿大学医学雑誌, 13, 3, 363, 370,   1988年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060276
    概要:Twenty seven autopsy cases with fungal infections of the heart were studied. The patients ranged in age from 19 to 86 years old ; 16 were male, and 11 female. Underlying diseases to the infections were leukemia in 8 patients, other blood diseases in 5,cancer in 6 and miscellaneous in 9. Antineoplastic agents, antibiotic drugs and/or corticosteroid were administered to 24 of the patients. Fungal endocarditis was observed in 1 of the patients, myocarditis in 20 and pancarditis in 3. The myocardium and the endocardium were involved in 2 of the patients, and the myocardium and the epicardium also in 2. Candida (18/27) was the organism most frequently found in our cases. Aspergillus was found in 7 of the patients and Trichosporon in 1. The lungs and kidneys were most frequently involved in the infections besides the heart. New ECG changes, in the clinical course, were observed in 7 of the patients, a vegetation view by echocardiography in 1 and a heart murmur in 1. Antemortem cultures for fungi were positive in 6 of the patients, and all the organisms found in the cultures were Candida. Only one of the 27 cases was diagnosed as endocarditis in life. Establishing the diagnosis of mycotic infection in life is so important that specific therapy for the case is available, which is summarized in the following : repeated blood culture, echocardiography and ECG should be more frequently adopted as a means of early diagnosis in such cases.
  • <一般演題抄録>4.スナネズミ脳虚血モデルでのアクチンおよびチュブリンの免疫組織化学的検討, 佐藤 隆夫, 高橋 学, 下戸 隆, 橋本 重夫, 赤井 文治, 井奥 匡彦, 近畿大学医学雑誌, 13, 2, 17A, 18A,   1988年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060251
  • IB-18 脳虚血後の細胞骨格蛋白, 特にアクチンの変化について, 赤井 文治, 井奥 匡彦, 蛭間 真悟, 佐藤 隆夫, 丹司 紅, 橋本 重夫, 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集, 29,   1988年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003157582
  • 高速CRTディスプレイを用いた視覚刺激提示装置(B.パネル発表,VI.第7回大会発表要旨), 横澤 一彦, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 7, 1,   1988年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004855755
  • <原著>コラーゲン・ゲル・マトリックスを使った末梢神経再生機序に関する実験的形態学的研究, 佐藤 隆夫, 近畿大学医学雑誌, 11, 3, 407, 422,   1986年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060026
    概要:The effect of collagen gel matrix on the regeneration of a severed peripheral nerve was electromyographically and morphologically investigated in order to clarify the mechanism of regeneration. The bilateral sciatic nerve in Wistar rats was resected by 5 mm in length, and both the proximal and distal stumps were inserted into a silicone tube, by leaving 5 mm between both stumps on empty gap. On the test side, the gap in the tube was injected with liquid collagen gel matrix. On the control side, the gap was left empty. Sciatic nerves were removed chronologically from days 7 up to days 70 after the operation. Evoked electromyography was examined in some of the rats before sacrifice. The nerves were examined light microscopically as usual. Furthermore immunohistochemical staining on tubulin was performed for light microscopic observation. Electron microscopic findings and fiber-frequency histograms of regenerating nerve axons in the tubes were examined. Results were as follows. 1. Recovery, as estimated by electromyographic reaction, was faster on the test side. 2. Axonal elongation and arrival at the distal stumps were faster on the test side. 3. Proliferation in fascicular arrangement of Schwann cells was more remarkable on the test side. 4. Immunostaining for tubulin revealed clearly regenerating axons and Schwann cells in the earlier stages in the test side. 5. Electron microscopy of proliferating Schwann cell processes revealed a number of microtubules. Thinly myelinated and unmyelinated axons were prominent in the earlier stages on the test side. 6. On the other hand, the fiber-frequency histograms of myelinated and unmyelinated axons showed no distinct differences between the test and the control sides. Thence the results suggest that collagen gel matrix injected into silicone tubes may exert a beneficial influence on axonal elongation and maturation, perhaps not putting forth such a striking effect on the number of sprouting axons.
  • <症例報告>外傷後に顕症化した進行性核上麻痺(Steele-Richardson-Olsezewski症候群)のー剖検例, 小林 槙雄, 佐藤 隆夫, 林 正高, 新谷 周三, 斉藤 誠, 山梨医科大学雑誌, 1, 2, 59, 65,   1986年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000499624
  • 時・空間視のモデルとX, Y細胞(V.1985年度日本基礎心理学フォーラム発表要旨), 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 4, 2, 102, 103,   1986年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004855524
  • 等輝度ランダムドットパターンによる仮現運動(知覚4(運動知覚2),研究発表B-IV,VII.第5回大会プログラム及び発表要旨), 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 5, 1, 46, 47,   1986年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004855574
  • コラーゲン・ゲル・マトリツクスを使つた未梢神経再生機序に関する実験的形態学的研究, 近畿大学医学雑誌, 11, 3,   1986年
  • Repetitive administration of tetrabenazine induces irreversible changes in locomotion and morphology of the substantia nigra in rats, Exp. Tpxic Pathol. , 53, 303-308,   2001年
  • Case of adrenal lymphangioma with atypical lymphocytes in aspirate cyotology, Diagnostic Cytopathology, 29, 2, 87-90,   2003年
  • 脳外傷後の運動による神経再生促進効果の研究, 伊藤 龍生, 佐藤 隆夫, 2008~2010年度 科学研究費補助金(基盤研究(C)研究成果報告書,   2011年03月
    概要:運動は、ラット脳外傷後にトレッドミルにより強制運動を負荷した群と運動を行っていない非運動群を経時的に屠殺した。免疫組織学的な検討に加えて、損傷周囲組織からの神経幹細胞の単離を試みた。脳損傷後、非運動群において損傷周囲で1日、3日及び7日後でnestin(神経幹細胞のマーカー)及びKi67(分裂細胞のマーカー)陽性細胞が認められた。特に運動群では多数の大型のnestin陽性細胞と多数のKi67陽性細胞が見られ、nestin陽性細胞はKi67陽性を示した。さらに非運動群に比較し運動群は損傷後3日及び7日でnestin及びKi67陽性細胞数の有意な増加を示した。Exvivoの実験において非運動群では損傷後3日の損傷周囲組織からのみsphereの単離ができたが運動群では損傷後3日及び7日でsphereの単離ができた。単離されたsphere数は非運動群に比較し運動群で有意な増加が見られた。Sphereは神経細胞、アストロサイト及びオリゴデンドログリアへの分化を示す、neurosphereと考えられた。運動
  • 1B2 ラット坐骨神経の切断後再生時におけるtubulinの免疫染色性について, 佐藤 隆夫, 小林 槙雄, 川生 明, 蛭間 真悟, 高橋 学, 丹司 紅, 橋本 重夫, 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集, 26,   1985年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003157387
  • 視運動機能の分析:その発達と障害(1)(研究発表 A-IV,VII. 第4回大会プログラム及び発表要旨), 山上 精次, 鹿取 廣人, 鳥居 修晃, 佐藤 隆夫, 小田 浩一, 基礎心理学研究, 4, 1,   1985年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004855502
  • 視運動機能の分析:その発達と障害(2)(研究発表 A-IV,VII. 第4回大会プログラム及び発表要旨), 鹿取 廣人, 鳥居 修晃, 山上 精次, 佐藤 隆夫, 小田 浩一, 基礎心理学研究, 4, 1,   1985年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004855503
  • 視運動機能の分析:その発達と障害(3)(研究発表 A-IV,VII. 第4回大会プログラム及び発表要旨), 鳥居 修晃, 鹿取 廣人, 望月 登志子, 山上 精次, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 4, 1,   1985年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004855504
  • <一般演題抄録>6.末梢神経再生に関する研究(1)コラーゲンゲルの影響, 佐藤 隆夫, 蛭間 真悟, 西田 升三, 田村 善貞, 榎本 好起, 水原 恭治, 丹司 紅, 橋本 重夫, 近畿大学医学雑誌, 9, 4, 607, 608,   1984年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000060453
  • II-27 正常時の血管内皮細胞表面におけるレクチンの反応性に関する実験的研究, 西田 升三, 蛭間 真悟, 前田 光代, 門田 永治, 佐藤 隆夫, 丹司 紅, 橋本 重夫, 赤井 文治, 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集, 25,   1984年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003157260
  • III-48 ラット脳血管内皮細胞のアクチンに関する免疫組織化学的検索, 蛭間 真悟, 前田 光代, 佐藤 隆夫, 高橋 学, 丹司 紅, 橋本 重夫, 赤井 文治, 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集, 25,   1984年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003157318
  • 視運動機能の発達とその障害(1)(第3回大会発表要旨), 山上 精次, 鹿取 廣人, 佐藤 隆夫, 小田 浩一, 基礎心理学研究, 3, 1,   1984年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004855425
  • 視運動機能の発達とその障害(2)(第3回大会発表要旨), 鹿取 廣人, 山上 精次, 佐藤 隆夫, 小田 浩一, 基礎心理学研究, 3, 1,   1984年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004855426
  • 220.悪性腫瘍細胞中のアクチンを検索する試み(第28群 免疫細胞化学, 示説, 第22回日本臨床細胞学会秋期大会), 蛭間 眞悟, 前田 光代, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 宇野 重利, 上杉 忠雄, 秋山 利行, 酒谷 邦康, 佐藤 清, 日本臨床細胞学会雑誌, 22, 4,   1983年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001274853
  • 原発性心内膜線維弾性症(contracted type)の18才女性例 : 日本循環器学会第53回近畿地方会, 中村 好秀, 砂川 晶生, 篠原 徹, 横山 達郎, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, Japanese circulation journal, 47, 0,   1983年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002615114
  • 気道出血に対するフィブリノゲン, トロンビン局所注入の止血効果に対する検討(気道出血), 高木 洋, 幸田 友子, 山崎 公世, 坂本 和久, 藤本 知久, 菅野 可世子, 大川 健太郎, 中島 重徳, 高橋 学, 内田 永治, 佐藤 隆夫, 橋本 重夫, 気管支学, 5, 4, 455, 464,   1983年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002824794
    概要:血痰や喀血に対し, 気管支ファイバースコープを用いてフィブリノゲン溶液とトロンビン溶液の注入止血を試み, 臨床例, 実験例ともに有効であった。気道出血モデルを用い, トロンビン溶液単独注入と比較した。TBBでは止血時間は短く, 再出血もみられなかった。TBLBでは, 止血時間はやや延長するが, 再出血は1例のみであった。本法は, 無気肺やその他の感染症もみられず, 止血効果, 安全性, および手技の容易さなどからも有用性の高い止血方法と考えられた。
  • <原著>糖尿病生検筋の所見 : 特に筋肉内の神経について, 佐藤 隆夫, 前田 光代, 蛭間 真悟, 門田 永治, 高橋 学, 田村 善貞, 水原 恭治, 北尾 勉, 酒谷 邦康, 橋本 重夫, 仙波 恵美子, 並川 清博, 近畿大学医学雑誌, 7, 4, 379, 387,   1982年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000059645
    概要:Since we noticed that the biopsied skeletal muscle revealed significant "neurogenic changes" in all of the given 13 cases of diabetics, electron microscopically we have studied thoroughly the changes of intramuscular nerve which might contain motor nerve axons. As far as the studies of peripheral nerves in the reports of diabetics the investigators are mostly referred to the sural nerve. We summarize the results as follows. (a) Changes of the motor end plates. 1. Degenerative changes with appearance of the myelin bodies in the nerve terminals. 2. Existence of "empty folds of synaptic clefts". (b) Changes of intramuscular nerve bundle. 1. Existence of perineurium in which the axon has reduced and/or disappeared. We (tentatively) call them "empty perineurium". 2. Degeneration of the remaining axons. 3. We have confirmed the morphologic changes in the intramuscular nerve which endorse the neurogenic changes of the muscle fibers.
  • 80.肺癌症例群と非肺癌症例群の喀痰細胞診 : 特に"背景"の比較(II)(呼吸器II(細胞像), 示説, 第21回日本臨床細胞学会秋期大会), 前田 光代, 蛭間 真悟, 佐藤 隆夫, 門田 永治, 高橋 学, 酒谷 邦康, 宇野 重利, 上杉 忠雄, 日本臨床細胞学会雑誌, 21, 4,   1982年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001274097
  • <症例>著明な肺動脈狭窄及び広汎な肺塞栓を呈した右心室横紋筋肉腫の一例, 森井 茂夫, 森下 昌亮, 林 健郎, 香取 瞭, 佐藤 隆夫, 酒谷 邦康, 近畿大学医学雑誌, 7, 2, 189, 196,   1982年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000059624
    概要:A 55-year-old woman with rhabdomyosarcoma of the right ventricle is reported. In spite of the intensive therapy, she died of right heart failure on the 37th hospital day. The autopsy revealed a primary rhabdomyosarcoma of the right ventricle growing across the pulmonary valve, which almost obstructed the pulmonary trunk. Many emboli were found in the pulmonary arteries in both lungs. Metastasis was found also in the left adrenal gland. In this case, it was difficult to identify intracardiac tumor in spite of recognition of the abnormal echoes from the right ventricle. The problem of echocardiographic diagnosis of this disease was discussed.
  • 108.石綿肺合併例を含む肺腺癌症例群と非癌症例群の喀痰細胞診、特に"背景"の比較(第28群:呼吸器〔住民検診・感染〕, 一般講演および示説, 第23回日本臨床細胞学会総会), 酒谷 邦康, 佐藤 隆夫, 宇野 重利, 上杉 忠雄, 古河 恵一, 日本臨床細胞学会雑誌, 21, 2,   1982年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001273854
  • 視覚系のパタン処理機能の発達とその生理学的基礎 : X・Y細胞によるモデルの可能性, 佐藤 隆夫, 基礎心理学研究, 1, 2, 101, 113,   1982年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004855235
    概要:近年の視力・CSFに関する乳児精神物理学的研究の進展,ネコを用いた視覚系の細胞レベルでの発達研究の進展によって人間の視覚パタン処理機能の発達を生理学的レベルから整理検討することが可能になって来た.ここでは乳児のCSFの発達を網膜神経節・外側膝状体におけるX・Y細胞の発達と関連づけて検討することを試みた.乳児の視覚機能の発達に関して生後1-2ヶ月の時期に質的な変化が生起することは従来から指摘されて来たところであるが,これはCSFの発達に関しても認めることが出来る.CSF発達上の不連続は従来言われていたような中脳(上丘)視覚系から主視覚系(外側膝状体-視覚皮質系)への機能主体の移行として捉えるよりは,主視覚系内部の,特にX細胞系の急速な成熟と関連づけて考えるべきことと筆者には思われる.一方,Y細胞に関してほ生後2-3ヶ月間は機能していないことを示唆する事実を見出すことができる.次に人間の視力発達過程に関して,行動的方法(PL法)および生理学的方法(VEP法)によって推定されるものが大きく食違うという問題を論じた.人間とネコにおける行動・細胞レベルでの発達研究を比較検討した結果,人間の視力発達の指標としては行動的視力の発達過程がより妥当なものと筆者は考えた.しかしながら,パタン視機能の発達の神経的基礎を考える上で欠落している情報もまだ多い.とりわけ,乳児のCSFおよびネコの細胞レベルのCSFに対する時間周波数の影響,Y細胞の発達(特に細胞レベルでのCSF),ネコの行動的CSFの発達などに関する研究の進展が望まれる.
  • 74 同時性多発胃癌症例の検討(<特集>第11回日本消化器外科学会総会), 小澤 正則, 杉山 譲, 小館 昭示, 佐藤 隆夫, 井上 茂章, 大内 清太, 日本消化器外科学会雑誌, 11, 2,   1978年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001345482
  • 討 16 バッチ型タイトコイル焼鈍炉の冷却について(III 圧延材の冷却, 第 91 回講演大会討論会講演概要), 佐藤 隆夫, 羽田 隆司, 鶴 博彦, 鐵と鋼 : 日本鐡鋼協會々誌, 62, 2, A61, A64,   1976年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001843497
  • 超音波鋳造, 佐藤 隆夫, 鐵と鋼 : 日本鐡鋼協會々誌, 47, 5, 734, 744,   1961年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001485226

競争的資金

  • 運動が及ぼす加齢ラット脳外傷後の神経再生促進効果及び脳機能改善効果に関する研究, 佐藤 隆夫
  • 緑茶及ぼす加齢ラット脳外傷後の脳機能改善効果及び神経再生促進効果に関する研究, 佐藤 隆夫
  • 運動が及ぼす加齢ラット脳外傷後の神経再生促進効果及び脳機能改善効果に関する研究, 佐藤 隆夫
  • 緑茶が及ぼす脳外傷局所に出現する神経幹細胞の成熟、分化への影響に関する研究, 佐藤 隆夫
  • 脳外傷後の長期運動による神経再生促進効果の研究, 佐藤 隆夫
  • 緑茶飲料による脳外傷後の神経再生及び長期記憶改善効果の検討, 佐藤 隆夫
  • 脳外傷後の緑茶飲料による神経保護作用及び神経再生促進効果の研究, 佐藤 隆夫
  • 脳外傷後の運動による神経再生促進効果の研究, 佐藤 隆夫
  • 脳外傷後のedaravone投与による神経保護及び神経再生に関する研究, 佐藤 隆夫
  • 脳外傷後の運動による神経再生促進効果の研究, 佐藤 隆夫
  • アルツハイマー病におけるAB proteinの沈着とアポトーシス
  • 神経損傷と再生の形態学的研究
  • その他の研究制度, 脳外傷における神経再生の可能性, 脳損傷局所に生じる細胞増生と神経再生,gliosisとの関係を形態学的,病理学的に検討している。