KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

田中 智泰タナカ トモヤス

プロフィール

所属部署名経営学部 経営学科 / 商学研究科
職名准教授
学位博士(経営学)
専門公益事業論
ジャンル政治/行政
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/72-tanaka-tomoyasu.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    地方公営企業や地方自治体の出資法人のパフォーマンスの計測方法について研究しています。特に、公営企業や出資法人のガバナンスとパフォーマンスの関係について関心を持っています。

学歴・経歴

学歴

  • 2000年04月 - 2004年03月, 神戸大学大学院, 経営学研究科博士課程後期課程
  • 1998年04月 - 2000年03月, 神戸大学大学院, 経営学研究科博士課程前期課程
  •  - 1998年03月, 神戸大学, 経営学部

経歴

  •   2011年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2008年04月,  - 2011年03月, 近畿大学(講師)
  •   2004年04月,  - 2008年03月, 大阪府立産業開発研究所(研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 経済政策

研究キーワード

  • 公益事業論

論文

  • タクシー事業の規制政策と参入退出―車両数の変化への影響―, 田中智泰, 後藤孝夫, 交通学研究, 60, 119‐126,   2017年03月, 査読有り
  • 道路特定財源の一般財源化と地方自治体の財政支出行動, 田中 智泰, 後藤 孝夫, 高速道路と自動車 = Expressways and automobiles, 高速道路と自動車 = Expressways and automobiles, 60, 3, 32, 39,   2017年03月, 査読有り
  • タクシー事業の生産性の計測, 田中 智泰, 後藤 孝夫, 交通学研究 = The Japanese journal of transportation economics, 交通学研究 = The Japanese journal of transportation economics, 59, 149, 156,   2016年03月, 査読有り
  • Estimation of Optimal Metropolitan Size in Japan with Consideration of Social Costs, Fumitoshi Mizutani, Tomoyasu Tanaka, Noriyoshi Nakayama, Emprical Economics, 48, 4, 1713, 1730,   2015年06月, 査読有り
  • 第三セクターのガバナンス構造と費用に関する分析-近畿地方のケース-, 田中 智泰, 公益事業研究, 66, 1, 11, 18,   2014年07月, 査読有り
  • 地下鉄事業の費用構造と資本投入, 田中 智泰, 公益事業研究 = Journal of public utility economics, 公益事業研究 = Journal of public utility economics, 64, 3, 1, 7,   2013年03月, 査読有り
  • 公営地下鉄事業の投資行動, 田中 智泰, 公益事業研究, 62, 4, 1, 8,   2011年03月, 査読有り
  • Productivity Effects and Determinants of Public Infrastructure Investment, 水谷文俊, 田中 智泰, Annals of Regional Science, 44, 3, 493, 521,   2010年06月, 査読有り
  • 地下鉄事業の費用構造と生産性, 田中 智泰, 公益事業研究, 61, 3, 13, 19,   2010年01月, 査読有り
  • 地下鉄の生産性に補助金が与える影響, 中山 徳良, 田中 智泰, 公益事業研究, 公益事業研究, 60, 3, 1, 7,   2009年01月, 査読有り
  • 産業政策によって事業所の開業は増加するのか, 田中 智泰, 地域学研究, 地域学研究, 38, 4, 953, 965,   2008年, 査読有り
    概要:Since the 1980s, in manufacturing industry the number of new establishment closure has been more than that of establishment foundation. New establishment foundation contributes to the creation of employment and promotes competition. It is one of important factors that stimulate the regional economy. Therefore local governments explicitly implement policies related to promotion of the creation and opening of new businesses, invitation of firms and so on. It is important to verify whether or not local governments' industrial policies contribute to the increase of new establishment foundation in order to evaluate local industrial policies. In this paper, we examine whether or not local governments' industrial policies promote new establishment foundation in manufacturing industry. We use a pooled data set covering 47 prefectures and 5 time periods in Japan. Previous studies present demand, cost, human capital, agglomeration, industrial structure, accessibility of public transportation, public service and so on as the regional factors that determine new establishment foundation rate. However, there are few studies that focus on the relationships between new establishment foundation rate and industrial policies. In this study, we focus on industrial policies. We test whether or not prefectural industrial policies increase new establishment foundation rate. We obtained the following results. Firstly, prefectural industrial policies have contributed to raising new establishment foundation rate since the 1990s. Secondly, suitable sites for a factory that local governments prepare do not have a positive impact on new establish formation rate. Thirdly, except for industrial policies, the factors that determine new establishment foundation rate are growth of regional demand and labor force, agglomeration, existing large-scale establishments, transportation infrastructure and regional wage level.JEL Classification: R11, R58, H76
  • 補助金改革の経済効果, 田中 智泰, 国際公共経済研究, 17, 108, 116,   2006年10月, 査読有り
  • 自治体における情報化の効果, 田中 智泰, 地域学研究, 地域学研究, 36, 4, 1045, 1054,   2006年, 査読有り
    概要:In order to reduce fiscal expenditure, local governments attempt to implement policies, such as personnel reduction, private consignment of public services and so on. The introduction of information technology is also one of the policies related to cost reduction. However, we believe that due to the current fiscal crisis faced by many local governments, the implementation of information technology investment policy could contribute to a further financial burden because information technology investment is costly. Therefore, we think we should examine whether or not information technology investment within local governments is necessary and to what extent. In this paper, we investigate whether or not information technology contributes to cost efficiency in municipal governments in Kinki area, using the stochastic cost frontier analysis. The hypotheses that we test are whether or not, the use of information technology equipment (e.g. computer, software, telecommunication equipment) and outsourcing of information technology operations by local governments result in greater cost efficiency. The results show that the increased use of information technology equipment contributes to cost efficiency, however, outsourcing of information technology operations does not.JEL classification: H11, H72
  • 行政評価導入は効率性に影響するのか, 田中 智泰, 国際公共経済研究, 16, 60, 67,   2005年10月, 査読有り

書籍等出版物

  • 交通経済ハンドブック, 分担執筆, 費用構造と生産性の推計, 白桃書房,   2011年10月, 4561761926

講演・口頭発表等

  • 道路財源と道路支出~道路特定財源の一般財源化に注目して~, 田中 智泰, 公益事業学会2017年度全国大会,   2017年06月
  • 道路特定財源の一般財源化の地域経済に対する効果分析, 田中 智泰,後藤 孝夫, 高速道路調査会経済・経営研究部会,   2016年10月
  • タクシー事業の規制政策と参入退出, 田中 智泰,後藤 孝夫, 日本交通学会第75回研究報告会,   2016年10月
  • 道路特定財源の一般財源化の地域経済に対する効果分析, 田中 智泰,後藤 孝夫, 高速道路調査会研究発表会,   2016年09月
  • タクシー事業の生産性と規制政策, 田中 智泰,後藤 孝夫, 日本交通学会第74回研究報告会,   2015年10月
  • An Analysis of the Effects of the Compact City on Economic Activities in Japan, 水谷 文俊,中山 徳良,田中 智泰, The 55 Congress of the European Regional Science Association,   2015年08月
  • 地下鉄事業の費用構造と資本投入, 田中 智泰, 公益事業学会2012年度大会,   2012年06月, 公益事業学会2012年度大会
  • The Impact of Governance Structure on Firm Performance: Evidence from Japanese Local Mixed Enterprises, 田中 智泰, 後藤 孝夫, The 51th Congress of the European Regional Science Association,   2011年08月, The 51th Congress of the European Regional Science Association
  • 地下鉄の設備投資-横並び行動の検証-, 田中 智泰, 日本地域学会第47回年次大会,   2010年10月, 日本地域学会第47回年次大会
  • Quantitative Studies of Water and Sewerage Utilities in Japan: A Literature Survey, 田中 智泰, International Water Research Workshop,   2010年09月, International Water Research Workshop
  • 地下鉄事業の投資行動, 田中 智泰, 公益事業学会2010年度大会,   2010年06月, 公益事業学会2010年度大会
  • Economies of scale and scope in the Japanese water industry, 浦上 拓也, 田中 智泰, 4th International Symposium on Economic Theory, Policy and Applications,   2009年08月, 4th International Symposium on Economic Theory, Policy and Applications
  • 地下鉄事業の費用構造, 田中 智泰, 公益事業学会2009年度大会,   2009年06月, 公益事業学会2009年度大会
  • Estimation of Optimal City Size, 水谷文俊, 田中 智泰, 中山徳良, The 48th Congress of the European Regional Science Association,   2008年08月, The 48th Congress of the European Regional Science Association
  • 地下鉄の生産性に補助金が与える影響, 中山徳良, 田中 智泰, 公益事業学会2008年度大会,   2008年06月, 公益事業学会2008年度大会
  • 産業政策によって事業所の開業は増加するのか, 田中 智泰, 日本地域学会第44回年次大会,   2007年10月, 日本地域学会第44回年次大会
  • 地方自治体の効率性の計測とその要因, 田中 智泰, 日本地域学会第43回年次大会,   2006年10月, 日本地域学会第43回年次大会
  • Cost Efficiency in Japanese Local Governments: The Economic Effect of Information Technology in Japanese Local Governments, 田中 智泰, The 46th Congress of the European Regional Science Association,   2006年08月, The 46th Congress of the European Regional Science Association
  • 補助金改革の経済効果, 田中 智泰, 国際公共経済学会第20回研究大会,   2005年12月, 国際公共経済学会第20回研究大会
  • 自治体における情報化の効果, 田中 智泰, 日本地域学会第42回年次大会,   2005年10月, 日本地域学会第42回年次大会
  • Productivity Effects and Determinants of Public Infrastructure Investment, 水谷文俊, 田中 智泰, The 45th Congress of the European Regional Science Association,   2005年08月, The 45th Congress of the European Regional Science Association
  • 行政サービス生産の費用効率性の計測-行政評価導入は効率性に影響するのか-, 田中 智泰, 国際公共経済学会第19回研究大会,   2004年12月, 国際公共経済学会第19回研究大会
  • What Type of Public Capital Contributes to Private Production?, 水谷文俊, 田中 智泰, The 44th Congress of the European Regional Science Association,   2004年08月, The 44th Congress of the European Regional Science Association
  • 自治体の財源調達における経済効果, 田中 智泰, 日本地域学会第39回年次大会,   2002年10月, 日本地域学会第39回年次大会

MISC

  • 電力産業における規制改革の効果に関する文献研究 : 2000年代の欧文文献を中心に, 田中 智泰, 商経学叢, 61, 1, 77, 94,   2014年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005738009
    概要:[概要] 本稿の目的は, 電力産業の規制改革の効果について実証分析を行った結果をサーベイすることである. 世界各国で電力産業の規制改革が行われ,改革による費用, 生産性, 効率性, 電力料金への影響が多くの研究者によって分析されてきた. これらの分析結果のうち, 2000年代に海外学術雑誌に公刊された研究についてサーベイする. 本稿で注目する規制改革とは, 所有形態の改革(民営化), アンバンドリング(発送電分離), 卸電力市場の設置, 参入自由化と競争導入である. [Abstract] The purpose of this paper is to survey empirical results on effects of regulatory reforms in electricity industry. A lot of researchers have examined how regulatory reforms in electric power sector influence cost, productivity, efficiency, electricity prices and so on. We focus on findings published in international journals in the 2000s. Regulatory reforms that we pointed out in this paper are follows: privatization, unbundling, introduction of a wholesale electric power spot market, entry liberalization and competition introduction.
  • 地下鉄事業の現状と生産性, 田中 智泰, 公営企業, 43, 5, 12, 18,   2011年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018974700
  • 体系的学習と記述式小テストの教育効果の分析 : ミクロ経済学およびビジネスエコノミクスのケース (寺岡義伸先生退任記念号), 浦上 拓也, 後藤 孝夫, 田中 智泰, 商経学叢, 58, 3, 919, 931,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005737762
    概要:[概要] 本研究の目的は, 学年別に配置されている科目間における体系的学習と記述方式による小テストの実施による教育効果を分析することにある。具体的に, 経営学部の第1学年に配置されている基礎科目のミクロ経済学と第2学年に配置されている関連科目のビジネスエコノミクスにおいて, ミクロ経済学の履修がビジネスエコノミクスの学習に影響があるかどうか, および両科目において実施した記述式の小テストが, 講義内容の理解に効果があったかどうかを分析した。分析の結果, ミクロ経済学の履修がビジネスエコノミクスの評価に有意にプラスの影響があったこと, および記述式の小テストが講義内容の理解に有効であったことが明らかにされた。 [Abstract] The purpose of this paper is to clarify education effects of a systematic learning and a descriptive mini-test in the lectures of Microeconomics and Business Economics, by using descriptive statistics and multiple regression analysis. The Microeconomics is opened for the first year students and Business Economics is opened for the second year students in the Faculty of Business Administration, Kinki University. The obtained results are that a descriptive mini-test contributes to students' understanding of lecturers as well as a choice of Microeconomics course in the first year contributes to deepen students' understanding of lecturers in Business Economics.
  • 第三セクターのガバナンス構造とパフォーマンス-近畿地方のケース-, 田中 智泰, 商経学叢, 61, 3, 139, 153,   2015年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005738032
    概要:[概要] 本研究では, 近畿2府4県の市町村が出資する第三セクターのガバナンス構造とパフォーマンスの関係について分析する. 具体的には, 地方自治体の出資割合, 地方自治体からの補助割合, 役員規模と役員構成, そして負債が第三セクターの総資産経常利益率(ROA)にどのような影響を与えるのかを分析する. 結果は次のとおりである. 第1に, 地方自治体の出資割合と第三セクターの ROA の関係は明確ではない. 第2に, 地方自治体からの補助割合が高いほど第三セクターのROA は低くなる. 第3に, 第三セクターの役員に占める地方自治体出資者が多ければ ROA は低くなる. 第4に, 第三セクターの負債比率と ROA との間に関係があるとは言えない. [Abstract] Using the data from local mixed enterprises owned by municipal governments in Kinki area, this paper evaluates the impact of governance structure on their performance. We consider four factors that affect ROA: the share of municipal government ownership, grants from municipal government, board size and composition, and debt. The main results are as follows: the relationship between the percentage of municipal government ownership and ROA is not clear. The more a local mixed enterprise receives grants from municipal governments, the worse its ROA is. As for the board composition, there is a negative relationship between the percentage of board members retired or dispatched from local governments and ROA. Finally, it is not clear that deficit-ridden local mixed enterprises have an incentive to improve ROA.
  • コンパクトシティ評価のための都市経済モデル, 水谷 文俊, 田中 智泰, 中山 徳良, 国民経済雑誌, 203, 3, 19, 37,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008146638
  • 地方公営企業の資本ストックの試算-公営地下鉄のケース-, 田中 智泰, 商経学叢, 57, 1, 223, 238,   2010年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005737678
    概要:本研究の目的は, わが国の公営地下鉄の資本ストックを推計することである。推計する期間は1976年度から2007年度で, 粗資本ストックと純資本ストックの両方推計する。最初に資本ストックの具体的な推計方法について説明し, 次に事業者別に推計結果を提示する。推計した結果, 公営地下鉄の資本ストックは相次ぐ新線開業によって増加が続いている。しかし, 新線開業がない事業者の資本ストックは大きく変化していないか減少している場合があるということが明らかになった。また, 多くの事業者で資本ストックの増加ほど輸送量は増加していないことも明らかになった。 (英文) The aim of this paper is to estimate the capital stock in Japanese public subway. The series cover the period from 1976 to 2007. We estimate both the gross capital stock and the net capital stock. We explain how we estimate the capital stock in the public subway and show the estimation results of the capital stock company by company. As a result, subway companies continue to open new lines and capital stocks increase over time. However, if a subway company does not open a new line, the capital stock does not change substantially or decreases. In most companies, the passenger—kilometer does not increase compared with the capitastock.
  • 大阪府内製造業の成長と構造変化に関する分析, 田中 智泰, 産開研論集, 20, 20, 86, 94,   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016106753
  • 近畿における製造業の生産構造-2府5県パネルデータによる全要素生産性の計測-, 田中 智泰, 産開研論集, 18, 18, 1, 8,   2006年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015223406
  • 大阪府内産業の生産性の計測, 田中 智泰, 産開研論集, 17, 17, 15, 22,   2005年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006790447

競争的資金

  • 公益財団法人 高速道路調査会, 道路特定財源の一般財源化の地域経済に対する効果分析, 田中 智泰
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ネットワークインフラ整備の制度と構造分離に関する分析, 浦西 秀司, 本研究の目的は、ネットワークインフラの整備と維持管理に関する諸問題について、制度、理論、実証といった複数アプローチからの分析を行うことである。このような問題は、鉄道や水道、電力、都市ガスといったネットワーク産業を対象とした構造分離をともなう競争政策の導入に際しての重要な検討課題である。本研究の分析結果に基づき得られる知見は、今後のわが国のネットワーク産業において競争政策の導入または拡大を検討する際、ネットワークインフラを「誰が整備・維持管理するのか」や、「どのようなルールに従って費用分担するのか」といった課題について、持続可能な制度設計に有用な情報を提供するものであると思われる。本年度は、文献調査や初期分析において設定した検討すべき項目の分析を行う。すなわち、ネットワーク産業への上下分離導入に関する諸問題について、制度、理論、実証の各アプローチからの分析を行う。また、分析にあたっては、主として我々がこれまで郵便や鉄道、高速道路などを対象に行ってきた実証分析手法を用いるが、それ以外にも制度分析や経済モデルを用いた理論分析などを取り入れることも検討している。現在可能と考えているのは、Mizutani and Uranishi (2008)で用いた確率フロンティア関数や、Mizutani and Uranishi(2010)で用いている計測手法を用い、電力産業などのネットワーク産業における上下分離が費用構造に与える影響の分析を行うことである。また、Mizutani and Uranishi (2003)で行っている要因分解手法を用い、事業者の生産性に与える影響について分析することも考えている。