KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

泉 秀実イズミ ヒデミ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 食品安全工学科 / 生物理工学研究科
職名教授
学位農学博士
専門食品保全学・園芸利用学
ジャンルくらし/消費者問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1053-izumi-hidemi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    青果物やカット青果物を対象とした、食品の安全性と品質に関する研究です。食品の殺菌技術や貯蔵技術の開発とともに、国際的な衛生管理法・技術についても欧米の著書・論文が多数あります。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2014/10/29
     NHK総合「おはよう日本」
     ミニ柿「ベビーパーシモン」について。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1991年, 大阪府立大学, 農学研究科, (博士取得)
  •  - 1983年, 静岡大学, 農学研究科
  •  - 1981年, 静岡大学, 農学部, 園芸学科

経歴

  •   1984年,  - 1995年,  近畿大学附属農場 助手
  •   1992年,  - 1994年,  アメリカ農務省 博士研究員
  •   1995年,  - 2001年,  近畿大学生物理工学 講師
  •   2001年,  - 2005年,  近畿大学生物理工学部 助教授
  •   2005年, - 近畿大学生物理工学部 教授

研究活動情報

研究分野

  • 生活科学, 食生活学
  • 農学, 園芸学・造園学
  • 農芸化学, 食品科学

研究キーワード

  • 食品保全学, 食品安全学, 食品科学・栄養科学

論文

  • Review: Quality and safety of fresh horticultural commodities: Recent advances and future perspectives, 泉 秀実, Food Packaging and Shelf Life, 14, 2, 11,   2017年10月, 査読有り
  • Enumeration and Identification of Ethanol-Injured Coliform Bacteria Found on Harvest Equipment and it’s Cross-Contamination with Cabbage. , 泉 秀実, J. Food Nutr. Disor. , 6, 1, 5,   2017年, 査読有り
  • 青果物/カット青果物の微生物制御 4 酵素剥皮技術による制御法, 泉秀実, 日本防菌防黴学会誌, 44, 11, 591‐599,   2016年11月
  • 青果物/カット青果物の微生物制御 3 ガス環境(CA/MAP)による制御法, 泉秀実, 日本防菌防黴学会誌, 44, 10, 521‐528,   2016年10月
  • Enumeration and identification of coliform bacteria injured by chlorine or fungicide mixed with agricultural water, 泉 秀実, Journal of Food Protection, 79, 10, 1789, 1793,   2016年10月, 査読有り
  • 青果物/カット青果物の微生物制御 2 物理的制御法, 泉秀実, 日本防菌防黴学会誌, 44, 9, 469‐474,   2016年09月
  • 青果物/カット青果物の微生物制御 1 化学的制御法, 泉秀実, 日本防菌防黴学会誌, 44, 8, 403‐407,   2016年08月
  • Microbiological and visual quality of enzymatically peeled baby persimmons stored in high CO2 controlled atmospheres, Acta Horticulturae, 1071, 1, 203, 209,   2015年, 査読有り
  • Safety and qulaity assurance of fresh and fresh-cut produce: Current technologies developed in Japan, Procedings of FVHH, 1, 1, 63, 68,   2013年, 査読有り
  • レトルトパウチ詰コーンスープの原材料から分離されたフラットサワー菌の耐熱性と間欠滅菌法による制御の試み, 涌嶋三津子, 西川景子, 泉秀実, 鎌田洋一, 西川禎一, 日本食品微生物学会雑誌, 29, 3, 170, 174,   2012年09月, 査読有り
  • Microbiological and physicochemical quality of enzymatically peeled persimmon fruit for fresh-cut slices, HortScience, 47, 382, 385,   2012年, 査読有り
  • Microbiological quality and shelf life of enzyme-peeled fresh-cut persimmon slices stored in high CO2 atmospheres, HortScience, 47, 1758, 1763,   2012年, 査読有り
  • Changes in bacterial flora of Japanese cabbage during growth and potential source of flora , 泉 秀実, Journal of Food Protection, 74, 4, 645, 650,   2011年, 査読有り
  • くらしと微生物(22)冷蔵庫(講座), 日本防菌防黴誌、第39巻、715-723, 39, 715, 723,   2011年
  • Microbiological safety of fresh produce from the farm-to-table food chain, Memoirs of the School of BOST of Kinki University, 26, 3, 11,   2010年, 査読有り
  • Microbiological quality of fresh-cut cabbage treated with disinfectant and stored in active MAP, Acta Horticulture, 875, 303, 310,   2010年, 査読有り
  • Effects of high pressure treatment on microbiological and organoleptic quality of fresh-cut vegetables , Acta Horticulture, 875, 297, 301,   2010年, 査読有り
  • Development of technologies for safe fresh and fresh-cut produce in Japan (Review), Acta Horticulture, 875, 229, 236,   2010年, 査読有り
  • Development of technologies for safe fresh and fresh-cut produce in Japan., 泉 秀実, Acta Hort., 875, 229, 236,   2010年, 査読有り
  • Microbiological quality of fresh-cut cabbage treated with disinfectant and stored in active MAP. 875: 303-310., 泉 秀実, Acta Hort., 845, 303, 310,   2010年, 査読有り
  • Effects of high pressure treatment on microbiological and organoleptic quality of fresh-cut vegetables. 875: 297-302., 泉 秀実, Acta Hort., 875, 297, 302,   2010年, 査読有り
  • 栽培から収穫におけるウメ果実とその環境の微生物汚染状況, 日本防菌防黴学会誌, 37, 803, 812,   2009年, 査読有り
  • カット野菜の安全性と微生物制御技術(教育講座), 日本食品微生物学会誌, 26, 60, 67,   2009年, 査読有り
  • Combined effect of mustard and hop extract agents with emulsifier on microbial quality and physiology of fresh-cut vegetables , HAMANAKA Daisuke, HAMANAKA Daisuke, IZUMI Hidemi, Food Science and Technology Research, 14, 6, 565, 572,   2009年, 査読有り
  • 食品の殺菌手法-原理・特徴・現状・課題(4)化学的手法(2)食品の次亜塩素酸水による殺菌 その1.原理と特徴(講座), 泉 秀実, 日本防菌防黴誌, 36, 541, 548,   2008年
  • 青果物およびカット青果物の微生物学的安全性に関する研究(総説), 泉 秀実, 日本食品保蔵学会誌, 34, 2, 85, 95,   2008年
  • Sanitation and microbiological quality in production field and fruit packing shed of persimmon and Satsuma mandarin in Japan , Microbiology Insights, 1, 25, 40,   2008年, 査読有り
  • Quality and shelf life of fresh-cut ‘Nam Dok Mai’ mango stored in air and low O₂ atmospheres, Acta Horticulture, 804, 477, 483,   2008年, 査読有り
  • Potential sources of microbial contamination of Satsuma mandarin fruit in Japan, from production through packing shed, Journal of Food Protection, 71, 530, 538,   2008年, 査読有り
  • On-farm sources of microbial contamination of persimmon fruit in Japan , Journal of Food Protection, 71, 52, 59,   2008年, 査読有り
  • カット青果物の衛生管理法(1)米国におけるHACCPとQTVの現状(講座), 日本防菌防黴誌, 35, 47, 55,   2007年
  • Microbiological evaluation of fruits certified as specially grown agricultural products by accredited certification agency, Memoirs of the School of BOST of Kinki University, 20, 1, 8,   2007年, 査読有り
  • Storage quality of fresh-cut lettuce treated with ozonated water and stored in high CO₂ modified atmosphere packaging, Acta Horticulture, 746, 417, 423,   2007年, 査読有り
  • Current status of the fresh-cut produce industry and sanitizing technologies in Japan (Review), Acta Horticulture, 746, 45, 52,   2007年, 査読有り
  • Storage quality of fresh-cut lettuce treated with ozonated water and stored in high CO2 modified atmosphere packaging. , 泉 秀実, Acta Hort., 746, 417, 423,   2007年, 査読有り
  • Current status of fresh-cut industry and sanitizing technologies in Japan. , 泉 秀実, Acta Hort., 746, 45, 52,   2007年, 査読有り
  • 青果物の衛生管理法(1)米国におけるGAPの現状(講座), 日本防菌防黴誌, 34, 750, 755,   2006年
  • Microbiological quality of fresh-cut produce stored in CA/MAP(Review), Proceedings of the APEC Symposium on Assuring Quality and Safety of Fresh Produce, 119, 123,   2006年, 査読有り
  • On-the-farm contamination of satusma mandarin fruit at different orchards in Japan. , 泉 秀実, Acta Hort., 712, 551, 560,   2006年, 査読有り
  • カット野菜の微生物学的品質と微生物制御(総説), 日本食品科学工学会誌, 52、197-206,   2005年
  • 野菜の衛生管理法と微生物管理技術(総説), 園芸学研究, 4、1-6,   2005年
  • Physiology and microbiological quality of fresh-cut mango cubes as affected by high-O2 controlled atmospheres, J. Food Sci., 70, M286-M291,   2005年
  • Shelf life and microbial quality of fresh-cut mango cubes stored in high CO2 atmospheres, J. Food Sci., 70, M69-M74,   2005年
  • Use of disinfectant electrolyzed storong acidic and weak acidic water as food addtives in Japan, Proc. APEC synposium on quality management in postharvest systems, 143-151,   2005年
  • Physicochemical and microbiological characteristics of fresh-cut ‘Carabao’ mango stored in active MAP, Proceedings of APEC Symposium on Quality Management in Postharvest Systems, 183, 190,   2005年, 査読有り
  • 酸性電解水のカット野菜の殺菌剤としての利用効果, 日本防菌防微学会誌, 32, 2, 91, 97,   2004年
  • Technology for maintaining microbiological quality and safety of fresh-cut vegetables in japan, Proceedings of the APEC Symposium on Postharvest Handling Systems, 83-90,   2004年
  • Microbiological evaluation of fresh marketed vegetables, Mem. School BOST Kinki Univ., 13, 15-21,   2004年
  • カット青果物・切り花に見る微生物制御と包装技術, 日本包装学会, 12, 1, 29, 40,   2003年
  • 食品製造環境における酸性電解水の活用, 日本防菌防黴学会誌, 31, 7, 379, 384,   2003年
  • Physiology and Guality of fresh-cut mango is affected by low O2 controlled atmosphere storage, maturity and storage temperature, Acta Horticulture, 600, 2, 833, 838,   2003年
  • Effect of electrolyzed neutral water on the bacterial populations in a flower vase and in stems of cut roses, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 70(5), 599-601,   2001年
  • カット野菜の品貭特性と微生物的安全性, 日本食品保蔵科学会誌, 27, 3, 145, 156,   2001年
  • カット野菜の微生物汚染度とその制御, 日本防菌防黴学会誌, 29, 2, 107, 114,   2001年
  • Efficacy of electrolyzed was as a disinfectant for fresh-cut spinach. , 泉 秀実, Australian Center for International Agricultural Research Proc., 100, 216, 221,   2000年, 査読有り
  • Vase life of cut rose flowers harvested at different months and treated with poly(2-hydroxypropyldimethyammonium chloride)., 泉 秀実, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 7, 46, 52,   2000年, 査読有り
  • カンキツ果実の品質と貯蔵性に及ぼす栽培時の光環境の影響に関する研究, 日本食品保蔵科学会誌, 25, 2, 69, 80,   1999年
  • Electrolyzed water as a disinfectant for fresh-cut vegetables. 64:536-539., 泉 秀実, 64, 536, 539,   1999年, 査読有り
  • Ascorbic acid treatments reduce the occurrence and development of Kohansho in citrus Hassaku and tangor ‘Kiyomi’ fruits. , 泉 秀実, Food Preservation Sci. , 24, 81, 86,   1998年, 査読有り
  • Influence of light intensity during fruit growth on susceptibility of Hassaku fruit to Kohansho. Food Preservation Sci, 泉 秀実, Food Preservation Sci, 24, 189, 192,   1998年, 査読有り
  • AsA treatments reduce physiological bowning disorder in flavedo tissue discs of citurus Hassak and tangor 'Kiyomi' fruits, 泉 秀実, Food Proeservation Sci., 24, 31, 35,   1998年, 査読有り
  • Controlled Atmosphere and Subsequent Air Storage of Broccoli Florets at Various Temperatures., IZUMI Hidemi, WATADA Alley E., DOUGLAS Willard, Food Science and Technology International, Tokyo, Food Science and Technology International, Tokyo, 3, 1, 34, 40,   1997年, 査読有り
    概要:The physiology and quality of 'Greenbelt' broccoli florets (Brassica oleracea L. italica) were monitored during CA storage in 0.5% O2 and 10% CO2 at 0 and 5°C and in 1% O2 and 10% CO2 at 10°C and subsequent air storage at the same temperature. The CA reduced respiration, weight loss, and decay at all temperatures, yellowing and L-ascorbic acid loss at 5 and 10°C, and ethylene production and microbial growth at 10°C. Upon transfer of the florets to air following CA storage for 4, 3, and 1 weeks at 0, 5, and 10°C, respectively, respiration rate increased initially and then remained constant. Ethylene production continually increased. Decay, microbial count, odor, color, and L-ascorbic acid content remained essentially unchanged for a few days after the samples were transferred to air regardless of temperature.
  • Physiology and quality of fresh-cut spinach stored in low O2 controlled atmosphere at various temperatures, 泉 秀実, Proc. 7th International CA Research Conf., Davis, CA., 5, 130, 132,   1997年, 査読有り
  • 貯蔵温度別にみたエンドウ(むき実用種)の糖およびデンプン含量の変化(共著), 伊東 卓爾, 泉 秀実, 吉田 保治, 日本食品低温保蔵学会誌, 22, 3, 127, 131,   1996年
  • Optimum O2 or CO2 atmosphere for storing broccoli florets at various temperatures, 泉 秀実, J. Amer. Soc. Hort. Sci., 121, 127, 131,   1996年, 査読有り
  • Low O2 atmosphere affect storage quality of zucchini squash slices treated with calcium., 泉 秀実, J. Food Sci., 61, 317, 321,   1996年, 査読有り
  • Controlled atmosphere storage of carrot slices, sticks, and shreds, 泉 秀実, Postharvest Biol. Tech., 9, 165, 172,   1996年, 査読有り
  • Qualty Changes in Carrot Slices, Sticks and Shreds Stored at Vairous Temperatures., IZUMI Hidemi, WATADA Alley E., KO Nathanee P., Food Science and Technology International, Tokyo, Food Science and Technology International, Tokyo, 1, 2, 71, 73,   1995年, 査読有り
    概要:Quality changes in carrot slices, sticks, and shreds were not similar during storage at 0°, 5° and 10°C. The surface area per gram of tissue, respiration rate, and weight loss were greater with shreds than with slices or sticks. The total microbial count increased on all cuts during storage and the greatest increase was on shreds. Shear force of the sticks was greater than that of slices and shreds throughout storage. Chroma values for all types of cuts generally decreased during storage. These results indicate that carrot shreds quality cannot be maintained as well as that of slices and sticks during low temperature storage.
  • Calcium treatment to maintain qulaity of zucchini squash slices, 泉 秀実, J. Food Sci., 60, 789, 793,   1995年, 査読有り
  • Calcium treatment affect storage quality of shredded carrots., 泉 秀実, J. Food Sci, 59, 106, 109,   1994年, 査読有り
  • Effect of light intensity during the growing period on ascorbic acid content and its histochemical distribution in the leaves and peel, and fruits quality of satsuma mandarin., 泉 秀実, J. Japanese Soc. Hort. Sci, 61, 7, 15,   1992年, 査読有り
  • ウンシュウミカンの陽葉と陰葉のアスコルビン酸,糖及びクロロフィル含量の季節変動とその成分相互間の関係, 泉 秀実, 伊東 卓爾, 吉田 保治, 園芸学会雑誌, 59, 2, 389, 397,   1990年
  • 樹冠内・外層の着果位置別に採取した中晩生体カンキツ果実の貯蔵中における品質の変化, 日本食品低温保蔵学会誌, 16, 2, 51, 58,   1990年
  • 樹冠内・外層の着果位置別にみたウンシュウミカン果実の貯蔵中における品質の変化, 泉秀実, 伊東卓爾, 吉田保治, 園芸学会雑誌, 58, 4, 885, 893,   1990年
  • 樹冠内・外層の着果位置別にみたウンシュウミカン果実の発育中における糖とアスコルビン酸含量について, 泉秀実, 伊東卓爾, 吉田保治, 園芸学会雑誌, 58, 4, 877, 883,   1990年
  • 生育時におけるカンキツ果皮中のアスコルビン酸含量と糖含量との関係, 園芸学会雑誌, 57, 2, 304, 311,   1988年
  • ウンシュウミカンワインのアルコール発酵過程におけるもろみの数種性状の変化(共著), 吉田 保治, 山田 友紀子, 上田 茂登子, 伊東 卓爾, 泉 秀美, 園芸学会雑誌, 57, 1, 101, 108,   1988年
  • カンキツ果実の搾汁粕から調整した食物繊維のアマランス毒性の阻止効果(共著), 吉田 保治, 上田 茂登子, 伊東 卓爾, 泉 秀美, 日本食品工業学会誌, 35, 6, 387, 395,   1988年
  • そ菜類の低温耐性についてのアレニウスプロットによ解析, 泉 秀実, 辰巳 保夫, 邨田 卓夫, 吉田 保治, 日本食品低温保蔵学会誌, 13, 3, 77, 83,   1987年
  • カイワレ大根の品質及び成分に及ぼす製造中の光照射の影響, 日本食品工業学会誌, 31, 11, 704, 709,   1984年
  • キュウリ,カボチャ,サツマイモ及びジャガイモのアスコルビン酸含量の変化に及ぼす温度の影響, 泉 秀実, 辰巳 保夫, 邨田 卓夫, 日本食品工業学会誌, 31, 1, 47, 49,   1984年

書籍等出版物

  • 有害微生物の制御と管理, 泉 秀実, 共著,   2016年11月
  • Fresh-cut fruits and vegetables, technology, physiology, and safety, 共著, Chapter 7 Physiology and qulaity of fresh-cut produce in CA/MA storage, CRC Press,   2016年
  • 菌・カビを知る知る・防ぐの60の知恵, 泉 秀実, 共著, 化学同人,   2015年06月
  • High Pressure Bioscience Basic Concepts, Applications and Frontiers, 共著, Chapter 25. Use of pressure for improving storage qulaity of fresh-cut produce, Springer,   2015年
  • Encyclopedia of Food Microbiology, 2nd Edition, 共著, Volume 3. Process Hygiene, CRC Press,   2014年
  • 食品の腐敗と微生物, 泉 秀実, 共著, (株)幸書房,   2012年
  • カット野菜品質・衛生管理ハンドブック, 泉 秀実, 編者, (株)サイエンスフォーラム,   2009年
  • 園芸作物保蔵論-収穫後生理と品質保全-, 泉 秀実, 共著, 建帛社,   2007年
  • New Environmentally friendly technology to prevent spoilage and maintain quality of agricultural produce, CRC Press,   2005年
  • 食の安全(共著), (株)エヌ・ティー・エス,   2003年
  • 食品の鮮度・食べ頃辞典(共著), (株)サイエンスフォーラム,   2002年
  • 適正農業規範(GAP)導入の手引き―農産物の微生物的安全確保のために―(翻訳)(共著), 環境文化創造研究所,   2002年
  • カット野菜実務ハンドブック(共著), (株)サイエンスフォーラム,   2002年
  • カット青果物と切り花の生産及び品質管理技術(共著), エヌ・ティー・エス,   1999年

講演・口頭発表等

  • Disinfectant treatments to reduce microbial food safety risks for fresh and fresh-cut produce, 泉 秀実, IV ISHS Asia Postharvest Symposium,   2017年09月, 招待有り
  • 薬剤処理における損傷菌-野菜の栽培から加工においてー, 泉 秀実, 日本防菌防黴学会第44回年次大会,   2017年09月, 招待有り
  • Microbiological safety of fresh produce from the farm-to-table food chain, 泉 秀実, 10th International FRUTIC Symposium,   2017年02月, 招待有り
  • Development of technologies for safe fresh-cut produce in Japan, 泉 秀実, Fruit Logistica 2017,   2017年02月, 招待有り
  • 青果物の生産、一次加工、流通における衛生管理と微生物制御, 泉 秀実, 農水省技術会議「知の集積と活用の場」プラットホームセミナー,   2016年12月01日, 招待有り
  • Unit 5. Fresh-cut safety issues, International on-line course on postharvest and fesh-cut technologies,   2016年11月, 招待有り
  • 食品の衛生管理法GAP,HACCP,そして, 泉秀実, 日本防菌防黴学会年次大会要旨集,   2016年09月25日, 招待有り
  • 電解水によるカット野菜の洗浄殺菌, 泉 秀実, 日本食品保蔵科学会(HACCP教育コース),   2016年09月, 招待有り
  • 食品安全確保のための技術開発と人材育成, 泉 秀実, 日本食品工学会,   2016年08月04日, 招待有り
  • 野菜の栽培から流通環境における薬剤損傷菌の生残性, 泉 秀実, 損傷菌セミナー2016,   2016年07月, 招待有り
  • 次亜塩素酸水によるカット青果物の洗浄殺菌, 泉 秀実, 食の機能と安全研究会,   2016年05月, 招待有り
  • カット野菜の洗浄殺菌と次亜塩素酸水, 泉 秀実, 日本機能水学会,   2015年10月, 招待有り
  • Fresh-cut industry-academia panel, 泉 秀実, III International conference on fresh-cut produce,   2015年09月, 招待有り
  • 青果物/カット青果物の衛生管理法とその国際的動向, 泉 秀実, 食の機能と安全研究会,   2015年09月, 招待有り
  • 食品の微生物制御, 泉秀実, 日本防菌防黴学会年次大会要旨集,   2015年08月31日, 招待有り
  • 食の安全確保と食品保蔵科学, 泉秀実, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2015年06月27日, 招待有り
  • Microbiological and storage qulaity of enzymatically peeled baby persimmons stored in high CO2 atmospheres, Asia Pacific Sympsium (APS) 2014,   2014年, 招待有り
  • Safety and quality assurance of fresh and fresh-cut produce: Current technologies developed in Japan, The International Symposium on Quality Management of Fruits and Vegetables for Human Health,   2013年, 招待有り
  • 殺菌処理後にactiveMAP貯蔵されたカットレタスおよびカットホウレンソウの微生物的品質と貯蔵性, 泉 秀実, ヴァラコン リーラヴォラヴォン, 三木秀基, 田口佳秀, 石丸 恵, 日本食品保蔵科学会第60回大会,   2011年06月, 日本食品保蔵科学会第60回大会
    概要:カットレタスとホウレンソウに適した抗菌剤で殺菌処理後に,高二酸化炭素を充填したactiveMAP 貯蔵を行い,貯蔵中の微生物的品質と貯蔵性を調査した。
  • 殺菌処理後にactiveMAP貯蔵されたカットニンジンおよびダイコンの微生物的品質と貯蔵性, 泉 秀実, 三木秀基, ヴァラコン リーラヴォラヴォン, 村上ゆかり, 石丸 恵, 日本食品保蔵科学会第60回大会,   2011年06月, 日本食品保蔵科学会第60回大会
    概要:カットニンジンとダイコンに適した抗菌剤の組合わせで殺菌処理後に,高二酸化炭素を充填するactiveMAP貯蔵を行い,10℃貯蔵中の微生物的品質と貯蔵性を評価した。
  • 酵素剥皮およびナイフ剥皮されたカットカキの微生物叢と品質, 泉 秀実, 村上ゆかり, 足立卓弥, 石丸 恵, 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会第60回大会,   2011年06月, 日本食品保蔵科学会第60回大会
    概要:酵素剥皮行程中のカットカキの微生物叢を把握し,ナイフ剥皮されたカットカキと微生物汚染度および品質を比較した。
  • 青果物/カット青果物の安全性に及ぼすリスクの分析と管理, 泉 秀実, 第1回食の機能と安全研究会,   2011年04月, 第1回食の機能と安全研究会
    概要:青果物/カット青果物の安全性に及ぼす危害の中で,特に遺伝子組み換え体の安全・安心確保と微生物的安全性確保の技術について,概説した。
  • 一次加工果実のための新規安全性獲得・管理技術の開発, 泉 秀実, 地域イノベーションクラスタープログラム(都市エリア型)「和歌山の特産果実と独自技術を活用した新規機能性食品・素材の開発」平成22年度成果発表会,   2011年03月, 地域イノベーションクラスタープログラム(都市エリア型)「和歌山の特産果実と独自技術を活用した新規機能性食品・素材の開発」平成22年度成果発表会
    概要:都市エリア産学官連携促進事業のテーマの平成22年度成果発表会において,ウメおよびカキの一次加工中の微生物制御技術について発表した。
  • 食の安全・安心について考える~リスク評価・管理からリスクコミュニケーションまで~, 泉 秀実, 石井 營次, 石丸 恵, 第8回食の安全シンポジウム(和歌山県・近畿大学生物理工学部食品安全工学科),   2011年01月, 第8回食の安全シンポジウム(和歌山県・近畿大学生物理工学部食品安全工学科)
    概要:パネルディスカッション「食の安全・安心について考える~リスク評価・管理からリスクコミュニケーションまで~」において、コーディネーターを務めた。
  • 青果物/カット青果物の微生物汚染度と制御技術, 園芸学会平成23年度秋季大会公開シンポジウム,   2011年, 招待有り
  • Guidelines and technologies for safe fresh and fresh-cut produce in Japan, 12th ASEAN Food Conference 2011 “Food Innovation: Key to Creative Economy”,   2011年, 招待有り
  • Current status and perspective of the GAP: An overview, Multicountry Observation Study Mission on Good Agrix7cultural Practices (GAP),   2011年, 招待有り
  • 一次加工果実のための新規安全性獲得・管理技術の開発, 泉 秀実, 文部科学省・都市エリア産学官連携促進事業「和歌山の特産果実と独自技術を活用した新機能性食品・素材の開発」平成22年度全体研究会,   2010年12月, 文部科学省・都市エリア産学官連携促進事業「和歌山の特産果実と独自技術を活用した新機能性食品・素材の開発」平成22年度全体研究会
    概要:都市エリア産学官連携促進事業のテーマの中間報告として、ウメおよびカキの一次加工中の微生物制御に関する進捗を発表した。
  • 一人ひとりが考える残留農薬について, 泉 秀実, 食の安全タウンミーティング,   2010年10月, 食の安全タウンミーティング
    概要:昨年と同様に、残留農薬の安全・安心について、内閣府食品安全委員会主催のタウンミーティングでパネリストとして、パネルディスカッションに参加した。
  • 農業用水の塩素殺菌によるウメ果実栽培中の衛生管理, 泉 秀実, 三木秀基, 村上ゆかり, 日本防菌防黴学会第37回年次大会,   2010年09月, 日本防菌防黴学会第37回年次大会
    概要:ウメ圃場において、農業用水を塩素殺菌することによるウメ果実の衛生管理について検討し、管理法を報告した。
  • 酵素?皮技術を用いたカットカキ製造中の微生物叢, 泉 秀実, 村上ゆかり, 三木秀基, 尾崎嘉彦, 日本防菌防黴学会第37回年次大会,   2010年09月, 日本防菌防黴学会第37回年次大会
    概要:酵素?皮技術を利用してカットカキ(スライス)を作製し、製造中の微生物叢について報告した。
  • 高圧力処理が形状の異なるカットニンジンの微生物制御と品質に及ぼす影響, 泉 秀実, 荒川貴啓, 日本防菌防黴学会第37回年次大会,   2010年09月, 日本防菌防黴学会第37回年次大会
    概要:ニンジンシュレッド、スライス、スティックに高圧力処理を施した際の殺菌効果と品質変化を比較し、報告した。
  • Microbiological and organoloptic qulaity of fresh-cut vegetables treated with disinfectants and stored in high CO2 atmospheres, 泉 秀実, 村上ゆかり, 107th Annual Conference of American Society for Horticulural Science,   2010年08月, 107th Annual Conference of American Society for Horticulural Science
    概要:数種カット野菜に最適な殺菌剤の組合わせ処理および貯蔵に最適な高二酸化炭素濃度を決定し、報告した。(英文)
  • Microbiological and Organoleptic Quality of Fresh-cut Vegetables Treated with Disinfectants and Stored in High CO2 Atmospheres, Izumi Hidemi, Ueno Yurie, Matsuda Arisa, Murakami Yukari, HORTSCIENCE,   2010年08月
  • Enzymatic Properties of Yeast Expressed Tomato Beta-galactosidase (TBG)1, Ishimaru Megumi, Izumi Hidemi, Sakamoto Tatsuji, Kotake Toshihisa, Tsumuraya Yoichi, HORTSCIENCE,   2010年08月
  • Microbiology of enzymatically peeled persimmon fruit for fresh-cut slices, 泉 秀実, 尾崎嘉彦, Gordon Reserch Conference (Postharvest Physiology),   2010年06月, Gordon Reserch Conference (Postharvest Physiology)
    概要:酵素?皮処理を施したカットカキを作製し、その工程における微生物叢を明らかにした。(英文)
  • 高圧力処理がカットレタスの微生物制御と品質に及ぼす影響, 泉 秀実, 荒川貴啓, 日本食品保蔵科学会第59回大会,   2010年06月, 日本食品保蔵科学会第59回大会
    概要:カットレタスに高圧力処理を施すと、高い殺菌効果が得られたが、褐変等の品質低下が起こることを報告した。
  • 圃場における塩素殺菌を利用したハッサク果実の微生物制御, 泉 秀実, 村上ゆかり, 三木秀基, 日本食品保蔵科学会第59回大会,   2010年06月, 日本食品保蔵科学会第59回大会
    概要:農業用水を塩素殺菌することで、灌漑水と農薬が殺菌され、ハッサク果実の微生物制御が可能となったことを報告した。
  • 農業用水の塩素殺菌によるカキ果実栽培中の衛生管理, 泉 秀実, 三木秀基, 村上ゆかり, 日本食品保蔵科学会第59回大会,   2010年06月, 日本食品保蔵科学会第59回大会
    概要:カキ果実栽培中の農業用水を塩素殺菌することで、灌漑水と農薬の衛生管理が行えることを報告した。
  • 青果物に付着する微生物とその制御, 泉 秀実, 第66回日本溶液栽培研究会・大阪大会,   2010年05月, 第66回日本溶液栽培研究会・大阪大会
    概要:青果物の栽培から収穫にかけて付着する微生物の特徴とその制御方法について、講演した。
  • 一次加工ウメ果実の洗浄と工程における微生物制御, 泉 秀実, 園芸学会平成22年度春季大会,   2010年03月, 園芸学会平成22年度春季大会
    概要:一次加工ウメ果実の洗浄に塩素殺菌剤を用いることで、その後の工程の微生物制御が可能であることを報告した。
  • 一次加工果実のための新規安全性獲得・管理技術の開発, 泉 秀実, 文部科学省・都市エリア産学官連携促進事業「和歌山の特産果実と独自技術を活用した新機能性食品・素材の開発」平成21年度成果発表会,   2010年03月, 文部科学省・都市エリア産学官連携促進事業「和歌山の特産果実と独自技術を活用した新機能性食品・素材の開発」平成21年度成果発表会
    概要:都市エリア産学官連携促進事業のテーマの報告として、ウメ、カキ、ハッサク果実の栽培中の衛生管理に関する成果を報告した。
  • 青果物/カット青果物の安全性と衛生管理法, 泉 秀実, 「食」に関するフォーラム(大阪府立大学「動植物系教育融合による食の教育プログラム」),   2010年03月, 「食」に関するフォーラム(大阪府立大学「動植物系教育融合による食の教育プログラム」)
    概要:青果物およびカット青果物の微生物汚染度を解説し、その制御法と管理法について、講演した。
  • アフタヌーンカフェ~「安全な食べ物」って何だろう?~, 泉 秀実, 食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座(食品安全委員会・和歌山県),   2010年01月, 食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座(食品安全委員会・和歌山県)
    概要:青果物とその加工品を対象に、安全な食品についての基準と考え方について、講演した。
  • Disinfectant electrolysed acidic water and other antimicrobial agents as food additives for fresh and fresh-cut produce, Expert Consulation Meeting on Postharvest and Value Addition of Horticultural Produce 2010,   2010年, 招待有り
  • 高圧力処理のカット野菜への利用, 泉 秀実, 第38回カット野菜・果実技術研究会,   2009年12月, 第38回カット野菜・果実技術研究会
    概要:高圧力処理によるカット野菜への殺菌効果および品質変化について、講演した。
  • 青果物の安全・安心保証-微生物管理技術を中心に-, 泉 秀実, アグロ・イノベーション・カンファレンス,   2009年11月, アグロ・イノベーション・カンファレンス
    概要:青果物の栽培から加工に至るまでの微生物管理技術を紹介し、我が国の食の安全・安心の保証について、講演した。
  • 安全・安心な青果物を供給するために, 泉 秀実, 第5回講演会 安全・安心な食品原料の供給と調達(東洋食品工業短大),   2009年11月, 第5回講演会 安全・安心な食品原料の供給と調達(東洋食品工業短大)
    概要:安全・安心な青果物を消費者に供給するための衛生管理法および衛生管理技術について、講演した。
  • 一人ひとりが考える残留農薬, 泉 秀実, 食の安全タウンミーティング,   2009年10月, 食の安全タウンミーティング
    概要:残留農薬の安全・安心について、内閣府食品安全委員会主催のタウンミーティングでパネリストとして、パネルディスカッションに参加した。
  • カット野菜およびその付着菌に対する高圧力の殺菌効果, 泉 秀実, 文部科学省学術フロンティア推進事業「高圧力を利用する蛋白質の動態解析」中間成果発表会,   2009年10月, 文部科学省学術フロンティア推進事業「高圧力を利用する蛋白質の動態解析」中間成果発表会
    概要:高圧力処理によるカット野菜の殺菌効果について、in vitroとin vivo研究の成果について、発表した。
  • 高圧電場処理が野菜の微生物制御と品質保持に及ぼす影響, 泉 秀実, 村上ゆかり,  ウェンダコーンS.K., 日本防菌防黴学会第36回年次大会,   2009年09月, 日本防菌防黴学会第36回年次大会
    概要:高圧電場処理がホウレンソウおよびミニトマトの微生物制御と生理的品質保持に及ぼす影響について報告した。
  • 菌体を活用したカット野菜のバイオプリザベーションの検討, 泉 秀実, 荒川貴啓, ウェンダコーンS.K., 日本防菌防黴学会第36回年次大会,   2009年09月, 日本防菌防黴学会第36回年次大会
    概要:カット野菜に選択した菌体を接種して、微生物制御を行うバイオプリザベーションの効果について報告した。
  • 鮮度保持剤とActive MAPを組合わせたカットキュウリの微生物制御と品質保持, 泉 秀実, 村上ゆかり, ウェンダコーンS.K., 日本防菌防黴学会第36回年次大会,   2009年09月, 日本防菌防黴学会第36回年次大会
    概要:鮮度保持剤とオゾン水の組合わせ処理を施したカットキュウリを高二酸化炭素のActive MAP貯蔵した時の微生物制御と品質保持効果について、発表した。
  • ‘フードマイクロバイオロジー’を基にした食材(青果物)の品質保持研究, 泉 秀実, 第22回「e-食安全研究会」セミナー,   2009年09月, 第22回「e-食安全研究会」セミナー
    概要:青果物の品質保持ついて、微生物制御技術の面から、講演した。
  • Microbiological quality of fresh-cut cabbage treated with disinfectant and stored in active MAP, 泉 秀実, 村上ゆかり, ウェンダコーンS.K., Southeast Asia Symposium on Quality and Safety of Fresh and Fresh Cut Produce,   2009年08月, Southeast Asia Symposium on Quality and Safety of Fresh and Fresh Cut Produce
    概要:殺菌処理後のカットキャベツを高二酸化炭素充填のactive MAPに貯蔵した時の微生物的品質について、発表した。(英文)
  • Effects of high pressure treatment on microbiological and organoleptic quality of fresh-cut vegetables, 泉 秀実, ウェンダコーンS.K., 松尾博史, Southeast Asia Symposium on Quality and Safety of Fresh and Fresh Cut Produce,   2009年08月, Southeast Asia Symposium on Quality and Safety of Fresh and Fresh Cut Produce
    概要:高圧力処理がカット野菜の殺菌と品質に及ぼす影響について、報告した。(英文)
  • 一次加工果実のための新規安全性獲得・管理技術の開発, 泉 秀実, 都市エリア産学官促進事業-和歌山の特産果実と独自技術を活用した新機能性食品・素材の開発-「キックオフセミナー」,   2009年08月, 都市エリア産学官促進事業-和歌山の特産果実と独自技術を活用した新機能性食品・素材の開発-「キックオフセミナー」
    概要:都市エリア産学官連携促進事業のテーマとして、一次加工果実の安全性獲得のための管理技術の開発に関して概説した。
  • カット野菜のバイオプリザベーションに利用する菌体の選択, 泉 秀実, 荒川貴啓, ウェンダコーンS.K., 日本食品保蔵科学会第58回大会,   2009年06月, 日本食品保蔵科学会第58回大会
    概要:カット野菜のバイオプリザーバティブとして最適な菌体を約50菌株から選択した。
  • 塩素殺菌を利用したウメ果実の栽培から一次加工(梅漬け)工程の微生物制御法の検討, 泉 秀実, 村上ゆかり, 日本食品保蔵科学会第58回大会,   2009年06月, 日本食品保蔵科学会第58回大会
    概要:ウメ果実の栽培から一次加工(梅漬け)行程中の使用水に、塩素殺菌を施すことで、微生物制御効果が得られることを報告した。
  • HACCP管理者資格の認定制度, 泉 秀実, 日本食品保蔵科学会第58回大会,   2009年06月, 日本食品保蔵科学会第58回大会
    概要:日本食品保蔵科学会に立ち上げたHACCO管理者資格の認定制度について、シンポジウムにおいて、講演した。
  • カット野菜・果実の品質・衛生管理の現状と課題, 泉 秀実, カット野菜・果実の安全性シンポジウム2009,   2009年06月, カット野菜・果実の安全性シンポジウム2009
    概要:基調講演として、カット野菜・果実の品質および衛生管理に関する技術と今後の課題について、講演した。
  • 食の安全について~食材の衛生管理を中心に~, 泉 秀実, 栄養士研修会(和歌山県紀北地方),   2009年03月, 栄養士研修会(和歌山県紀北地方)
    概要:栄養士・調理師を対象に、食材の衛生管理技術と管理法について、講演した。
  • 果実の生産環境と微生物汚染-カキ果実を中心として-, 泉 秀実, (独)農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所セミナー,   2009年01月, (独)農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所セミナー
    概要:カキ果実の事例を中心に、果樹生産環境における微生物汚染について、講演した。
  • .HACCP管理者資格の認定制度, 第58回日本食品保蔵科学会シンポジウム,   2009年, 招待有り
  • Sanitization of raw materials of processed food in Japan, 2nd International Forum for Food Safety,   2009年, 招待有り
  • Development of technologies for safe fresh and fresh-cut produce in Japan, Southeast Asia Symposium on Quality and Safety of Fresh and Fresh Cut Produce,   2009年, 招待有り
  • Technologies and guidelines for safe fresh and fresh-cut produce in Japan, 106th Annual International Conference of American Society for Horticultural Science,   2009年, 招待有り
  • 食品の化学的・物理的・生物的微生物制御技術, 泉 秀実, 食品技術研究会,   2008年11月, 食品技術研究会
    概要:食品の化学的殺菌(殺菌剤利用)、物理的殺菌(熱水・過熱水蒸気処理)および生物的殺菌(バイオプリザベーション利用)により微生物制御技術について、講演した。
  • 野菜生産から流通に至る微生物制御, 泉 秀実, 平成20年度農林水産省委託プロ(加工プロ)現地検討会,   2008年10月, 平成20年度農林水産省委託プロ(加工プロ)現地検討会
    概要:キャベツとキュウリを対象として、その生産から流通に至る微生物制御の技術と衛生管理法について講演した。
  • オゾン水と鮮度保持剤の組み合わせ処理がカットキュウリの微生物制御と品質保持に及ぼす影響, 泉 秀実, ウェンダコーン スミトラ, 稲田雅貴, 日本防菌防黴学会,   2008年09月, 日本防菌防黴学会
    概要:オゾン水と鮮度保持剤(カラシ・ホップ抽出物製剤)を組み合わせて処理することにより、カットキュウリの微生物制御と品質保持に有効であることを報告した。
  • 塩素系殺菌剤を用いたキャベツ栽培中の微生物制御の検討, 泉 秀実, 村上ゆかり, 世良佳央里, 日本防菌防黴学会,   2008年09月, 日本防菌防黴学会
    概要:キャベツ栽培中の微生物汚染源である農業用水の微生物制御のために、塩素系殺菌剤を用いることの有効性を報告した。
  • 食品生産現場における微生物汚染と衛生管理, 泉 秀実, 食品技術研究会,   2008年09月, 食品技術研究会
    概要:食品の生産現場における環境接触物からの微生物汚染原因とそれらの防除をするための衛生管理技術について、講演した。
  • Microbiological and physiological quality of fresh-cut letuce treated with ozonated water and stored in high CO2 MAP, 泉 秀実, ウェンダコーン スミトラ, 稲田 雅貴, 村上 友樹, 105th Annual conference of American Society for Horticultural Science,   2008年07月, 105th Annual conference of American Society for Horticultural Science
    概要:オゾン水処理したカットレタスは褐変が生じるため、10%CO2を充填したActiveMAPを試みたところ、褐変関連酵素と共に褐変抑制が認められた。(英文)
  • Potential souces of microbial contamination of Japanese apricot fruit during development and harvest, 泉 秀実, 村上 ゆかり, 栗栖 勇輝, 105th Annual Conference of American Society for Horticultural Science,   2008年07月, 105th Annual Conference of American Society for Horticultural Science
    概要:ウメ果実の栽培中の微生物汚染度を調査し、腸管出血性大腸菌がDNAレベルで検出された農業用水が最も重要な汚染源であることを報告した。(英文)
  • Efficacy of disinfectant is affected by endogenous microbial population on fresh-cut vegetables, 泉 秀実, 世良 佳央里, 山本 祐次, ウェンダコーン スミトラ, 105th Annual Conference of American Society for Horticultural Science,   2008年07月, 105th Annual Conference of American Society for Horticultural Science
    概要:キャベツとキュウリを用いて、初発菌数の違いが切断後の殺菌剤の効果に影響を及ぼすことを報告した。(英文)
  • Efficacy of disinfectants is affected by endogenous microbial population on fresh-cut vegetables, Izumi Hidemi, Sera Kaori, Yamamoto Yuji, Wendakoon Sumithra, HORTSCIENCE,   2008年07月
  • Potential sources of microbial contamination of Japanese apricot fruit during development and harvest, Murakami Yukari, Kurisu Yuki, Izumi Hidemi, HORTSCIENCE,   2008年07月
  • Microbiological and physiological quality of fresh-cut lettuce treated with ozonated water and stored in high CO2 MAP, Wendakoon Sumithra, Inada Maki, Murakami Tomoki, Izumi Hidemi, HORTSCIENCE,   2008年07月
  • ウメ果実の収穫から一時加工(梅漬け)中の微生物叢とその汚染源, 泉 秀実, 村上 ゆかり, 平岡 麻紀, 日本食品保蔵科学会,   2008年06月, 日本食品保蔵科学会
    概要:ウメ果実の栽培から塩蔵の一時加工に至るまでの微生物汚染源を解明した。塩蔵中は、菌数が未検出となるが、一時洗浄水の汚染対策が必要であることを報告した。
  • 数種殺菌剤の組合せ処理がカットキャベツの微生物制御と品質保持に及ぼす影響, 泉 秀実, ウェンダコーン スミトラ, 稲田 雅貴, 小杉 友美, 日本食品保蔵科学会,   2008年06月, 日本食品保蔵科学会
    概要:数種鮮度保持剤とオゾン水との組合せ処理がカットキャベツの微生物制御と褐変を含めた品質保持に及ぼす影響を検討し、焼成カルシウム製剤とオゾン水との組合せが最も有効であることを報告した。
  • 青果物およびカット青果物の安全対策-微生物汚染と残留農薬を対象に-, 泉 秀実, NTSセミナー,   2008年04月, NTSセミナー
    概要:依頼講演。青果物とカット青果物を対象に、微生物汚染度と残留農薬汚染度を解説し、その安全対策について講演した。
  • 給食調理に関わる衛生管理法について, 泉 秀実, 有田川町栄養士・調理師会,   2008年04月, 有田川町栄養士・調理師会
    概要:依頼講演。学校給食に関わる栄養士・調理師を対象に、必要な衛生管理法について講演した。
  • 青果物の栽培から出荷までの衛生管理について, 泉 秀実, 平成19年度和歌山県農業技術成果発表会,   2008年02月, 平成19年度和歌山県農業技術成果発表会
    概要:和歌山県から依頼の記念講演。和歌山県の栽培状況に基づき、果実・野菜の栽培から出荷までの微生物汚染と衛生管理法について、講演した。
  • カット野菜の安全性と微生物制御技術, 第29回日本食品微生物学会教育講演,   2008年, 招待有り
  • GAPに基づいて栽培・収穫されたカキ果実の微生物学的安全性, 泉 秀実, 村上 ゆかり, 福本 梨津子, 塚田 有美, 世良 佳央里, 日本防菌防黴学会第34回年次大会,   2007年08月, 日本防菌防黴学会第34回年次大会
    概要:先端技術を活用した農林水産研究高度化事業の一環。カキ果実の栽培・収穫のためのGAPプランとチェックリストを作成、実際に実施して、その効果を検討した。
  • キュウリのハウス栽培中の微生物汚染度とその汚染原因, 泉 秀実, 世良 佳央里, 堀井 陽子, 村上 ゆかり, 日本防菌防黴学会第34回年次大会,   2007年08月, 日本防菌防黴学会第34回年次大会
    概要:農水省加工プロジェクトの一環。ハウス栽培のキュウリについて、発育中の微生物汚染度を把握し、その汚染源を推定した。
  • Storage quality of fresh-cut lettuce treated with ozonated water and stored in high CO2 modified atmosphere packaging, 泉 秀実, Jutatip Poubol, 稲田 雅貴, 滝口 祐, International Conference on Quality Management of Fresh Cut Produce,   2007年08月, International Conference on Quality Management of Fresh Cut Produce
    概要:オゾン水処理したカットレタスの褐変防止のため、高二酸化炭素充填したMAPで貯蔵したところ、15%二酸化炭素処理が最も褐変を防止した。(英文)
  • 次亜塩素酸ナトリウム、酸性電解水およびオゾン水処理されたカットレタスの貯蔵性, 泉 秀実, 稲田 雅貴, 平沼 美也, Jutaitp Poubol, 日本食品保蔵科学会第56回大会,   2007年06月, 日本食品保蔵科学会第56回大会
    概要:カットレタスへの殺菌効果と貯蔵中の品質への影響について、次亜塩素酸ナトリウム、酸性電解水およびオゾン水で比較した。
  • GAPに基づいて栽培・収穫されたウンシュウミカン果実の微生物学的安全性, 泉 秀実, 村上 ゆかり, 塚田 有美, 世良 佳央里, Jutaitp Poubol, 日本食品保蔵科学会第56回大会,   2007年06月, 日本食品保蔵科学会第56回大会
    概要:先端技術を活用した農林水産研究高度化事業の一環。ウンシュウミカン果実栽培のためのGAPプランおよびチェックリストを作成し、実際に実施して、その効果を検討した。
  • キャベツ栽培中の微生物汚染度とその汚染源, 泉 秀実, 世良 佳央里, 鈴木 義憲, 村上 ゆかり, Jutatip Poubol, 日本食品保蔵科学会第56回大会,   2007年06月, 日本食品保蔵科学会第56回大会
    概要:農水省プロジェクトの一環として実施した。キャベツ種子から栽培中の微生物汚染度を把握し、その汚染源を推定した。
  • カット青果物に求められる衛生管理技術-実務課題と展望, 泉 秀実, カット野菜・果実の安全性シンポジウム2007,   2007年06月, カット野菜・果実の安全性シンポジウム2007
    概要:基調講演。カット野採産業界にとって必要な衛生管理法として、栽培中のGAPおよび一次加工中のHACCPについて、解説した。
  • 遺伝子レベルで見た果実生産環境の微生物汚染度, 泉 秀実, Jutatip Poubol, 第27回カット野菜・果実技術研究会,   2007年03月, 第27回カット野菜・果実技術研究会
    概要:研究会の話題提供。果実の生産環境にある微生物汚染源を見極めるためのバイオテクノロジー技術について、解説した。
  • 青果物およびカット青果物の微生物学的安全性に関する研究, 第56回日本食品保蔵科学会受賞講演,   2007年, 招待有り
  • Current status of the fresh-cut produce industry and sanitizing technologies in Japan, International Conference on Quality Management of Fresh Cut Produce,   2007年, 招待有り
  • Study and commercialization of electrolyzed water and other antimicrobial agents in fresh-cut industry in Japan, 104th Annual International Conference of American Society for Horticultural Science,   2007年, 招待有り
  • 食品生産現場における衛生管理, 泉 秀実, 和歌山県第2回食の安全安心公開講座,   2006年11月, 和歌山県第2回食の安全安心公開講座
    概要:依頼講演。和歌山県民を対象に、青果物の栽培から加工に至るまでの衛生管理法について、講演した。
  • 衛生管理法に基づいた給食管理について, 泉 秀実, 平成18年度給食施設研修会,   2006年10月, 平成18年度給食施設研修会
    概要:依頼講演。和歌山県南部地域の給食施設関係栄養士・調理士を対象に、給食現場における衛生管理法について、講演した。
  • これからの農産物流通に求められる衛生課題と安全・安心に対する取り組み, 泉 秀実, 卸売業者・仲卸業者・関連事業者活性化講演会,   2006年09月, 卸売業者・仲卸業者・関連事業者活性化講演会
    概要:依頼講演。神戸市の卸売業者、仲卸業者、関連事業者を対象に、市場で取り組むべき衛生管理について解説し、今後の管理法の方向性について講演した。
  • 食品に及ぼす危害とそのリスク管理, 泉 秀実, 第1回食品の安全を支える技術研究交流会,   2006年09月, 第1回食品の安全を支える技術研究交流会
    概要:依頼講演。和歌山県の産学官研究交流会の会員を対象に、食品の危害をリストアップし、それぞれのリスク管理に関して、講演した。
  • Effects of ozonated water on microbiological and physicochemical qualities of fresh-cut lettuce and cabbage, 泉 秀実, 木根 崇, 稲田 雅貴, 27th International Horticultural Congress and Exhibition,   2006年08月, 27th International Horticultural Congress and Exhibition
    概要:オゾン水処理したカットレタスおよびカットキャベツの微生物的品質と生理学的品質を比較し、オゾン水処理は、カットキャベツに有効であることを報告した。(英文)
  • Reduction of natural microbial population with antimicrobial agents and susequent washing treatments of fresh-cut vegetables, 泉 秀実, 山下 岳史, 稲田 雅貴, 103rd Annual Internatinal Conference of American Society for Horticultural Science,   2006年07月, 103rd Annual Internatinal Conference of American Society for Horticultural Science
    概要:数種抗菌剤と洗浄剤を組合わせた処理によるカット野菜の洗浄方法について、野菜別に見た最適方法を報告した。(英文)
  • カット野菜の洗浄方法について, 泉 秀実, カット野菜・果実技術研究会,   2006年07月, カット野菜・果実技術研究会
    概要:技術講演。カット野菜・果実技術研究会の会員を対象に、カット野菜の洗浄方法について、殺菌剤および品質保持剤の組合せ効果を解説した。
  • Reduction of natural microbial population with antimicrobial agents and subsequent washing treatments of fresh-cut vegetables, Izumi Hidemi, Yamashita Takeshi, Inada Maki, HORTSCIENCE,   2006年07月
  • ウンシュウミカン果実及びカキ果実の栽培から収穫にかけての残留農薬の実態, 泉 秀実, JA和歌山県農, 日本食品保蔵科学会第55回大会,   2006年06月, 日本食品保蔵科学会第55回大会
    概要:農林水産研究高度化事業の一環として実施した。栽培中のウンシュウミカンとカキ果実を対象に、果実への残留農薬量を定期的に測定し、汚染度を把握した。
  • ウンシュウミカン果実の栽培から出荷にかけての微生物汚染原因の解明, 泉 秀実, 世良 佳央里, 篠田 奈美, 塚田 有美, Jutaitp Poubol, 日本食品保蔵科学会第55回大会,   2006年06月, 日本食品保蔵科学会第55回大会
    概要:農林水産研究高度化事業の一環として実施した。ウンシュウミカン果実の栽培から出荷にかけての微生物汚染度とその汚染源を調査した。
  • 天然系抗菌剤および酸性電解水を利用したカットレタスの微生物制御, 泉 秀実, 稲田 雅貴, 桜井 史一, Jutaitp Poubol, 日本食品保蔵科学会第55回大会,   2006年06月, 日本食品保蔵科学会第55回大会
    概要:数種天然系抗菌剤と酸性電解水処理を組合せ、カットレタスの微生物制御と品質保持に有効な方法を見出した。
  • 青果物の衛生管理のためのGAPについて, 泉 秀実, 和歌山県施設栽培野菜における食品安全GAP導入手引書の普及講習会,   2006年06月, 和歌山県施設栽培野菜における食品安全GAP導入手引書の普及講習会
    概要:依頼講演。和歌山県が進める施設栽培野菜における食品安全GAP導入手引書の作成と実施にあたり、トマトを対象に、作成委員長として取り組んできたが、その普及講習会として、GAPの説明とその必要性について、講演した。
  • 青果物の法律規範とリスク管理-残留農薬と病原微生物を対象として-, 泉 秀実, シンポジウム「食資源生産の現場から消費者へ」,   2006年06月, シンポジウム「食資源生産の現場から消費者へ」
    概要:依頼講演。青果物の危害としての残留農薬および病原微生物について、研究データと法律規範を基に、講演した。
  • カキ果実の栽培から収穫にかけての微生物汚染原因の解明, 泉 秀実, 塚田 有美, Jutatip Poubol, 世良 佳央里, 坂本 悠樹, 日本防菌防黴学会第33回年次大会,   2006年05月, 日本防菌防黴学会第33回年次大会
    概要:農林水産研究高度化事業の一環として、カキ果実の栽培から収穫にかけての微生物汚染度と汚染原因の解明を行った。
  • カット野菜の洗浄方法の評価に関する研究, 泉 秀実, 青果物カット事業協議会研究会,   2006年05月, 青果物カット事業協議会研究会
    概要:依頼講演。カット青果物産業界でのマニュアル化を目指して実施した委託研究の成果について、青果物カット事業協議会の会員を対象に、講演した。
  • 果物の微生物汚染とGAP, 泉 秀実, 農水省果樹研究所 常緑果樹研究会,   2006年02月, 農水省果樹研究所 常緑果樹研究会
    概要:依頼講演。農水省および府県農水部の研究者・技術者を対象に、果樹栽培における衛生管理法(GAP)について、講演した。
  • カット野菜の微生物汚染とその制御技術, 泉 秀実, 包装食品技術協会第164回講演会,   2006年01月, 包装食品技術協会第164回講演会
    概要:依頼講演。食品業界の研究者・技術者を対象に、カット野菜の微生物制御のための実用的な技術について、講演した。
  • 農産物生産におけるリスク分析について~特に病原微生物の汚染実態とその制御対策, 泉 秀実, 東京海洋大学「食品安全管理者コース」第2回認定セミナー,   2006年01月, 東京海洋大学「食品安全管理者コース」第2回認定セミナー
    概要:依頼講演。東京海洋大学セミナー聴講の企業関係者を対象に、農産物の衛生管理法としてのGAPについて、講演した。
  • 衛生管理のGAPについて, 泉 秀実, 近畿農政局 食品安全GAP近畿ブロック研修会,   2006年01月, 近畿農政局 食品安全GAP近畿ブロック研修会
    概要:依頼講演。近畿府県農政関係者および農業団体関係者を対象に、青果物の生産中の衛生管理法のGAPについて、解説した。
  • 青果物栽培の衛生管理法としてのGAP, 第55回日本食品保蔵科学会小集会,   2006年, 招待有り
  • 食品リスク管理における衛生項目について, 第18回食・農・環境情報ネットワーク全国大会(農業情報学会シンポジウム),   2006年, 招待有り
  • Current status of the Japanese fresh-cut produce industry and sanitizing technology, KFPA/NHRISymposium on Enhancement of Food Safety of Fresh-cut Produce,   2006年, 招待有り
  • カット野菜洗浄方法に関する委託研究中間結果について, 泉 秀実, 第56回カット青果物研究会(青果物カット事業協議会),   2005年12月, 第56回カット青果物研究会(青果物カット事業協議会)
    概要:依頼講演。委託研究を受けたカット野菜の洗浄方法のマニュアルに関する研究の中間報告として、講演した。
  • 21世紀COEプログラム:遺伝子改変ブタって安全?, 泉 秀実, 21世紀COEプログラム公開シンポジウム「食の安全を科学するシンポジウム」,   2005年12月, 21世紀COEプログラム公開シンポジウム「食の安全を科学するシンポジウム」
    概要:21世紀COEプログラムの事業担当者として、一般公開シンポジウムにおいて、遺伝子改変ブタの安全性について講演し、「食の安全を科学する」パネルディスカッションの座長を務めた。
  • LAMP法を利用した遺伝子組換え豚肉の識別に関する研究, 泉 秀実, 濱中 大介, 喜田 香織, 農業環境工学関連7学会2005年合同大会,   2005年09月, 農業環境工学関連7学会2005年合同大会
    概要:FAD2遺伝子を導入した豚肉おゆおびマウス乳から、導入遺伝子を迅速に識別方法として、LAMP法を利用する方法を開発した。
  • 青果物の衛生管理法(GAP)について, 泉 秀実, 農水省近畿農政局和歌山農政事務所 第2回消費者団体との意見交換会,   2005年09月, 農水省近畿農政局和歌山農政事務所 第2回消費者団体との意見交換会
    概要:依頼講演。和歌山県関係者、消費者団体および生産者団体を対象に、主に米国のGAPについて、講演した。
  • 青果物/カット青果物の微生物汚染と品質保全技術, 泉 秀実, 日本食品工業倶楽部品質保証懇話会,   2005年09月, 日本食品工業倶楽部品質保証懇話会
    概要:依頼講演。食品業界の会員を対象に、青果物と一次加工青果物(カット青果物)の微生物汚染度と、衛生および品質を保持するための技術について、講演した。
  • カット野菜殺菌のすべて-化学的、物理的および生物学的微生物制御-, 泉 秀実, 第2回カット野菜・果実技術研究会公開セミナー,   2005年09月, 第2回カット野菜・果実技術研究会公開セミナー
    概要:公開セミナーの主催および講演。カット野菜の殺菌技術について、化学的殺菌、物理的殺菌および生物学的殺菌の効果と利用現状について、講演した。
  • Application of mustard and hop extract agents mixed with sucrose fatty acid as a food preservative for fresh-cut vegetables, 泉 秀実, 濱中 大介, 渡壁 隆志, 北野 一行, 102nd Annual International Conference of American Society for Horticultural Science,   2005年07月, 102nd Annual International Conference of American Society for Horticultural Science
    概要:数種カット野菜に対して、カラシ抽出製剤とホップ抽出製剤の浸漬処理ならびにショ糖脂肪酸エステルの組み合わせ処理を施したところ、生理活性および微生物制御の効果が得られた。
  • カット果実の抗酸化能とそれに及ぼすCA貯蔵の影響, 塚田有美, 泉 秀実, Jutatip Poubol, 濱中大介, 日本食品保蔵科学会第54回大会,   2005年06月, 日本食品保蔵科学会第54回大会
    概要:4種類の果実(マンゴー,パパイヤ,バナナ,パイナップル)の中では,マンゴーの抗酸化能が高く,ポリフェノールが寄与する物質であると考えられた。カットマンゴーを低酸素のCA下に貯蔵したが,呼吸,褐変,低温性細菌の増殖に対しては効果がみられたものの,CAは抗酸化能には影響を及ぼさなかった。
  • ウメ果実栽培中の微生物汚染度と酸性電解水による微生物制御, 喜田香織, 泉 秀実, 東尾篤, 濱中大介, 日本食品保蔵科学会第54回大会,   2005年06月, 日本食品保蔵科学会第54回大会
    概要:ウメ果実の栽培中から収穫にかけての微生物層を把握し,微生物汚染源として,土壌おゆおび収穫用器具が示唆された。収穫後のウメ果実を酸性電解水に浸漬処理することで,その後の加工のための微生物制御が可能であることを認めた。
  • 特別栽培農産物認証青果物の安全性評価, 泉 秀実, 第20回カット野菜・果実技術研究会,   2005年06月, 第20回カット野菜・果実技術研究会
    概要:依頼講演。和歌山県特別栽培農産物の概要と認証された青果物の安全性(残留農薬および微生物)について,解説した。
  • 酸性電解水と食品用乳化剤の混合処理がカットキャベツの微生物制御に及ぼす影響, 濱中大介, 泉 秀実, 渡壁隆志, 堀部敦子, 日本防菌防黴学会第32回年次大会,   2005年05月, 日本防菌防黴学会第32回年次大会
    概要:強酸性あるいは微酸性電解水に食品用乳化剤(ショ糖脂肪酸エステル)を添加した場合のカットキャベツへの殺菌効果を検討した。ショ糖脂肪酸エステルの添加による有効塩素濃度の減少は,カットキャベツのみの添加の場合と変わらず,超音波処理を併用することで,電解水のみの処理よりも殺菌効果が高まることを確認した。
  • 分子生物学的手法による食の安全, 泉 秀実, 第19回カット野菜・果実技術研究会,   2005年04月, 第19回カット野菜・果実技術研究会
    概要:依頼講演。食の微生物学的安全性並びに遺伝子組換え食品の安全性を確保するための分子生物学的手法について解説した。
  • 当別栽培農産物に認証された果実類の微生物学的品質, 泉 秀実, 喜田香織, 東尾篤, 濱中大介, 日本食品防菌防黴学会第32回年次大会,   2005年03月, 日本食品防菌防黴学会第32回年次大会
    概要:和歌山県特別栽培農産物に認証された果実類(ウメ,スモモ,カキ,ウンシュウミカン)の微生物学的評価を行い,これらの果実類の微生物叢はカビが主体をなし,病原細菌は存在しないことを認めた。
  • 食品製造環境における微生物危害について, 泉 秀実, 第2回「e-食安全研究会」,   2005年03月, 第2回「e-食安全研究会」
    概要:依頼講演。第2回「e-食安全研究会」実践講習会の「実践HACCPプランの作成」において,一次加工食品を例に,HACCPおよびその前提条件のGAP,さらに認証システムのQTVについて,受講者に講演した。
  • 青果物およびカット青果物の衛生管理における酸性電解水の利用, 第7回関西ウォーター研究会講演会,   2005年, 招待有り
  • 我が国の青果物の衛生規範と物流の問題点, 日本食品保蔵科学会シンポジウム,   2005年, 招待有り
  • 野菜の殺菌, ウォーター研究会第35回セミナー,   2005年, 招待有り
  • Microbiological quality of fresh-cut vegetables stored in CA/MAP, APEC symposium on assuring quality and safety of fres produce,   2005年, 招待有り
  • タイ国における青果物/カット青果物の生産と流通状況, Jutatip Poubol, 泉 秀実, 第17回カット野菜技術研究会,   2004年10月, 第17回カット野菜技術研究会
    概要:依頼講演。タイにおいて、熱帯青果物およびカット青果物の生産と流通に関わる法規と現在の状況を紹介した。
  • カット野菜の微生物汚染度と衛生管理法, 泉 秀実, 第2回食品殺菌技術研究交流会,   2004年10月, 第2回食品殺菌技術研究交流会
    概要:招待講演。野菜およびカット野菜の微生物汚染度について述べ、これらの衛生管理法であるGAP、HACCP、QTVについて解説した。
  • Physiology and microbiology of fresh-cut cabbage stored in CA/MAP in relation to high CO2 atmosphere, 橘 盛俊, 泉 秀実, 喜田 香織, 渡壁 隆志, 第4回国際COEシンポジウム,   2004年09月, 第4回国際COEシンポジウム
    概要:カットキャベツを5~20%の高二酸化炭素CAおよびMAPで貯蔵し、貯蔵中の生理と微生物的品質を調べた。CA、MAPともに、二酸化炭素濃度が20%を超えると、乳酸菌が増殖し、腐敗を誘導することが確認された。
  • Active MAP storage of fresh-cut mango, Jutatip Poubol, 泉 秀実, 第4回国際COEシンポジウム,   2004年09月, 第4回国際COEシンポジウム
    概要:カットマンゴーの品質保持と微生物的安全性を高めるために、10%の二酸化炭素ガスを充填するactive MAP貯蔵を試みた。通常のMAPに比べて、フィルム内の10%二酸化炭素濃度への平衡に達する期間を短縮でき、品質向上が認められた(英文)。
  • Microbiological quality and safety of marketed and genetically modified pork, 濱中 大介, 泉 秀実, 第4回国際COEシンポジウム,   2004年09月, 第4回国際COEシンポジウム
    概要:COEの担当として、遺伝子改変ブタの安全性の研究において、遺伝子改変をしていない市販ブタとの間で、微生物的実質的同等性があるかどうかを検討した。微生物叢では同等性が認められたが、貯蔵中の微生物の変遷に若干の差が見られたことから、今後はこれらの差異と導入遺伝子との関係についての検討が必要である。
  • カット野菜とカット果実の鮮度保持技術-その共通点と相違点-, 泉 秀実, カット野菜・果実技術研究会公開セミナー,   2004年07月, カット野菜・果実技術研究会公開セミナー
    概要:招待講演。野菜と果実の形態的、生理的特長の違いから影響されるカット野菜とカット果実の品質特性を比較し、鮮度保持技術の共通点と相違点を解説した。
  • Physiology and microbiological characteristics of fresh-cut cucumber stored in CA/MAP in relation to high CO2 atmospheres, 泉 秀実, 橘 盛俊, 山本 知佳, 長野 美緒, 101st Annual International Conference of American Soceity for Horticultural Sceince,   2004年07月, 101st Annual International Conference of American Soceity for Horticultural Sceince
    概要:カットキュウリを5~20%のCA貯蔵あるいはMAP貯蔵し、生理と微生物的品質を調べた。18%を超える高二酸化炭素下では、エチレン生成と乳酸菌の増殖が見られ、品質劣化に繋がることが明らかとなった。
  • Physiological and Microbiological Characteristics of Freshcut Cucumber Stored in CA/MAP in Relation to High CO2 Atmosphere, Izumi Hidemi, Tachibana Moritoshi, Yamamoto Chika, Nagano Mio, HORTSCIENCE,   2004年07月
  • キュウリおよびカットキュウリの電解水殺菌に及ぼすショ糖脂肪酸エステルの前処理効果, 渡壁 隆志, 泉 秀実, 木戸口 佳代, 長野 美緒, 第53回日本食品保蔵科学会大会,   2004年06月, 第53回日本食品保蔵科学会大会
    概要:表皮にワックス層が存在するキュウリ果実およびカットキュウリに対して、酸性電解水の展着効果を高める目的で、ショ糖脂肪酸エステルの前処理を試みた。超音波前処理を行うことで、キュウリ果実およびカットキュウリともに、電解水の殺菌効果を高めることができた。
  • LAMP法による遺伝子改変豚肉の導入遺伝子迅速識別, 長野 美緒, 泉 秀実, 喜田 香織, 第53回日本食品保蔵科学会大会,   2004年06月, 第53回日本食品保蔵科学会大会
    概要:LAMP法を用いて、遺伝子(FAD2)を導入した豚肉と非組替え体の豚肉を迅速に識別する方法を見出した。調理した豚肉から、約2時間で導入遺伝子を識別することが可能となった。
  • 減農薬・減化学肥料栽培された認証青果物の微生物的評価, 喜田 香織, 泉 秀実, 鵜飼 悟史, 長野 美緒, 平田 行正, 第53回日本食品保蔵科学会大会,   2004年06月, 第53回日本食品保蔵科学会大会
    概要:減農薬・減化学肥料栽培された和歌山特別栽培農産物を対象として、微生物調査を行った。サルモネラ、大腸菌O157:H7は、LAMP法ですべて陰性であることが確認された。果実類では、細菌種よりも真菌種が多く検出されたが、ヒトに疾病を引き起こすレベルの微生物汚染は見られなかった。
  • 高二酸化炭素CAおよびMAP貯蔵されたカットキャベツの生理と微生物的品質, 橘 盛俊, 泉 秀実, 山本 知佳, 長野 美緒, 第53回日本食品保蔵科学会大会,   2004年06月, 第53回日本食品保蔵科学会大会
    概要:5~20%の高二酸化炭素CA下とMAP内でカットキャベツを貯蔵したところ、10%二酸化炭素濃度がカットキャベツの品質保持には有効で、20%を超えると乳酸菌の増殖とそれに起因する水浸状の腐敗が誘導された。
  • カット青果物の生化学的・微生物学的特性と品質保全技術, 泉 秀実, カット野菜・果実の安全性シンポジウム2004,   2004年04月, カット野菜・果実の安全性シンポジウム2004
    概要:招待講演。カット青果物の生化学特性と微生物学的特性を述べ、褐変、エチレン生成、微生物増殖などを抑制する技術について、海外の事例も含めて講演した。
  • 食の安全とバイオテクノロジー~果物・野菜の微生物的安全性の確保に向けて~, 泉 秀実, 岩出町生活研究グループ協議会大会,   2004年02月, 岩出町生活研究グループ協議会大会
    概要:依頼講演。果物と野菜の微生物的危害について述べ、これらの解析と疫学に使用する分子学的技術を平易に解説した。
  • 電解水のカット青果物産業における有効利用, 日本食品科学工学会関西支部第36回シンポジウム,   2004年, 招待有り
  • Use of disinfectant electrolyzed strong acidic and weak acidic water as food additives in Japan, APEC Symposium on Quality Management in Postharvest Systems,   2004年, 招待有り
  • Physiology and quality responses of fresh-cut ‘Carabao’ mango to high O2 controlled atmosphere, 泉 秀実, ポウボルジュタティップ, 木村守男, 大島美穂, American Society for Horticultural Science Centennial Conference 2003(アメリカ),   2003年10月, American Society for Horticultural Science Centennial Conference 2003(アメリカ)
    概要:ポスター発表。カット. Carabao .マンゴーを60%の高酸素濃度の下で5℃と13℃に貯蔵したところ、5℃では生理と品質に影響を与えなかったが、13℃では呼吸量や微生物増殖に悪影響を及ぼした。(英文)
  • Comparison of electrolyzed strong acidic and weak acidic water on microbicidal effect for fresh-cut vegetables, 泉 秀実, 土肥由樹, 小原基正, 長野美緒, 阿知波信夫, American Society for Horticultural Science Centennical Conference 2003(アメリカ),   2003年10月, American Society for Horticultural Science Centennical Conference 2003(アメリカ)
    概要:ポスター発表。食品添加物指定された強酸性電解水と微酸性電解水の殺菌効果をin-vitroとin-vivo で比較したところ、どちらもグラム陰性菌よりもグラム陽性菌に対する効果が高く、カット野菜に対しては同等の殺菌力を示すことが認められた。(英文)
  • Studies on quality and microbiological safety of perishable foods. PartⅣ . Low O2 controlled atmosphere storage of fresh-cut mango, 泉 秀実, ポウボルジュタティップ, 大島美穂, 第2 回国際COE シンポジウム(泉佐野),   2003年09月, 第2 回国際COE シンポジウム(泉佐野)
    概要:ポスター発表。カットマンゴーを低酸素の下で貯蔵することによって、褐変の発生、呼吸量および微生物増殖を抑制することが明らかとなった。(英文)
  • Studies on quality and microbiological safety of perishable foods. Part Ⅲ . Use of lactic acid bacteria as biopreservative agents for fresh-cut vegetables, 泉 秀実, 渡壁隆志, 橘盛俊, 第2 回国際COE シンポジウム(泉佐野),   2003年09月, 第2 回国際COE シンポジウム(泉佐野)
    概要:ポスター発表。2 種の乳酸菌を用いて、in-vitro で大腸菌に対する抑制効果を、in-vivoでカットキュウリの付着菌に対する抑制効果を見たところ、温度依存性ではあるが、乳酸菌がバイオプリザーバティブとして有効であることが確認された。(英文)
  • Studies on quality and microbiological safety of perishable foods. Part Ⅱ . Effect of chlorinated water on bacterial flora of bean seeds and sprouts, 泉 秀実, 喜田香織, 長野美緒, 第2 回国際COE シンポジウム(泉佐野),   2003年09月, 第2 回国際COE シンポジウム(泉佐野)
    概要:ポスター発表。モヤシ種子と生育モヤシを酸性電解水で殺菌後、細菌数と細菌種を調査し、生育モヤシをフィルム包装貯蔵して、微生物挙動を調べた。収穫後のモヤシの殺菌処理は、貯蔵中の微生物制御にも有効であった。(英文)
  • Studies on quality and microbiological safety of perishable foods. Part Ⅰ . comparison of phenotypic and genotypic techniques for identification of bact eria isolated from meats and vegetables, 泉 秀実, 長野美緒, 第2 回国際COE シンポジウム(泉佐野),   2003年09月, 第2 回国際COE シンポジウム(泉佐野)
    概要:ポスター発表。生鮮食品の食肉類および野菜類に付着していた438 菌株について、Microlog システムとMicroSeq システムで同定を試みたところ、遺伝形質を利用するMicroSeq システムがこれらの細菌種の同定に適していることが確認された。(英文)
  • Quality and shelf life of fresh-cut ‘Nam Dok Mai’ mango stored in air and low O2 atmospheres, 泉 秀実, ポウボルジュタティップ, 大島美穂, 21st ASEAN/3rd APEC Seminar on Postharvest Technology(インドネシア),   2003年08月, 21st ASEAN/3rd APEC Seminar on Postharvest Technology(インドネシア)
    概要:品質保持期間の短いカット‘Nam Dok Mai .マンゴーを0.5 ~ 2%の低酸素下で1、5、13℃に貯蔵したところ、1 および5℃では、低酸素によって品質保持期間が1 日間延長されることをポスター発表で報告した。(英文)
  • 高二酸化炭素CAがカット‘Carabao’および‘Nam Doc Mai’マンゴーの品質に及ぼす影響, 泉 秀実, 大島美穂, ポウボルジュタティップ, 田中麻衣, 長野美緒, 日本食品保蔵科学会第52回大会(厚木),   2003年06月, 日本食品保蔵科学会第52回大会(厚木)
    概要:鮮度保持期間の異なる2品種のカットマンゴーを5℃と13℃下で、高二酸化炭素貯蔵したところ、‘Carabao’は13℃で、‘Nam Doc Mai’は5℃で品質保持効果がみられ、特に10%二酸化炭素貯蔵は、両品種の細菌増殖を抑制することを発表した。
  • 野菜付着細菌を対象とした16SrDNA塩基配列とバイオログパターンを利用した同定方法の比較, 泉 秀実, 長野美緒, 矢野泉, 日本防菌防黴学会第30回年次大会(豊中),   2003年05月, 日本防菌防黴学会第30回年次大会(豊中)
    概要:野菜付着細菌242菌株に対して、遺伝形質を基にした方法と表現形質を基にした方法で同定を行ったところ、前者では239菌株、後者では124菌株に対して信頼性のある同定結果が得られたことを発表した。
  • 電解水の概要と食品添加物指定の意義, 日本防菌防黴学会 第30回年次大会シンポジウム,   2003年, 招待有り
  • 生産・流通上の微生物的安全確保, 日本食品保蔵科学会 第52回大会シンポジウム,   2003年, 招待有り
  • 野菜生産におけるHACCP・トレーサビリティの動向, 日本防菌防黴学会微生物制御システム研究部会,   2003年, 招待有り
  • 野菜の微生物管理技術, 園芸学会 平成15年度秋季大会シンポジウム,   2003年, 招待有り
  • 果実・野菜の安全性と法律規範, 日本食品保蔵科学シンポジウム,   2003年, 招待有り
  • Technology for maintaining microbiological quality and safety of fresh-cut Vegetables in Japan, APEC Symposium on Postharvest Handling Systems,   2003年, 招待有り
  • Introduction of electrolyzed water and its generator, 泉 秀実, Special Seminar: Innovative Packaging Technology for Postharvest of Fresh Produce(タイ),   2002年10月, Special Seminar: Innovative Packaging Technology for Postharvest of Fresh Produce(タイ)
    概要:依頼講演。電解水生成器の紹介と、電解水の食品分野への利用と応用について、日本での事例を含めて講演した。(英文)
  • 収穫直後および流通後の野菜のバクテリアルフローラについて, 泉 秀実, 長野美緒, 他2名, 園芸学会平成14年度秋季大会(熊本),   2002年10月, 園芸学会平成14年度秋季大会(熊本)
    概要:表現形質を利用する方法と遺伝形質を利用する方法が、野菜に付着の細菌の同定を行い、収穫直後および流通後の野菜のバクテリアフローラを比較して、野菜の微生物汚染状況について口頭発表した。
  • トレーサビリティについて, 泉 秀実, 平成14年度近畿中国四国地域情報研究推進部会(和歌山),   2002年10月, 平成14年度近畿中国四国地域情報研究推進部会(和歌山)
    概要:依頼講演。日本における青果物のトレーサビリティシステムへの取り組みおよび米国における青果物の微生物的安全性とトレースバックシステムについて講演した。
  • 製造環境における微生物汚染対策の基礎?電解酸性水の活用, 泉 秀実, 第21期環境殺菌工学研究部会(日本防菌防黴学会) (大阪),   2002年08月, 第21期環境殺菌工学研究部会(日本防菌防黴学会) (大阪)
    概要:依頼講演。電解酸性水(次亜塩素酸水)の特徴を述べ、食品調理・製造場/喫食場および一次加工食品への有効利用法について講演した。
  • 青果物の安全保障    微生物汚染と残留農薬の現状と対策   , 泉 秀実, 食の安全セミナー (東京),   2002年06月, 食の安全セミナー (東京)
    概要:依頼講演。 青果物の微生物汚染と安全性および青果物の残留農薬と安全性について解説し、 安全保障された完全な青果物の捉え方に関する講演を行った。
  • 市販野菜のバクテリアルフローラについて, 泉 秀実, 尾崎嘉彦 他2名, 園芸学会平成 14 年度春季大会 (千葉),   2002年04月, 園芸学会平成 14 年度春季大会 (千葉)
    概要:市販野菜類の細菌数およびバイオログパターンを利用して得られた菌種について発表した。
  • 青果物の安全性とトレーサビリティ    その重要性と今後の確立について   , 泉 秀実, 青年持続農業者連盟シンポジウム (東京),   2002年03月, 青年持続農業者連盟シンポジウム (東京)
    概要:基調講演。 青果物の安全性について微生物的危害を中心に説明し、 青果物の安全性確保のためのトレーサビリティシステムの基本概念を解説した。
  • 環境製造における微生物制御対策の基礎(1)電解酸性水の活用, 日本防菌防微学会第21期環境殺菌工学研究部会,   2002年, 招待有り
  • カット野菜・果実の品質保持を目的とした水の利用と問題, 日本食品保蔵科学会シンポジウム,   2002年, 招待有り
  • 食の安全・安心の確保とトレーサビリティー, 第7回テクノフェスタ,   2002年, 招待有り
  • Physiological and quality of fresh-cut produce in CA/MA storage, Seminar on Innovative Packaging Technology for Postharvest of Fresh Produce,   2002年, 招待有り
  • 遺伝形質を利用した野菜付着菌の同定法, 泉 秀実, 長野美緒, 日本食品機械研究会:第 6 回カット野菜・果実技術研究会 (大阪),   2001年11月, 日本食品機械研究会:第 6 回カット野菜・果実技術研究会 (大阪)
    概要:野菜付着菌の同定法として、 16S リボソーム RNA をコードする遺伝子 (16SrDNA) の塩基配列を決定する遺伝形質を利用した方法を紹介し、 表現形質に基づいた同定方法との比較について解説した。
  • カット青果物の衛生管理法と品質保全技術, 泉 秀実, 第 10 回フードサニテーションパートナー会 (東京),   2001年11月, 第 10 回フードサニテーションパートナー会 (東京)
    概要:基調講演。 カット青果物の生理・化学的変化、 微生物汚染、 衛生管理法について述べ、 新しい微生物制御方法と品質保持技術について講演した。
  • Effect of hot water treatement on the bacterial flora of fresh-cut cucumber in a commercial produce plant, 泉 秀実, 安藤奈緒, 木村理絵, 尾崎嘉彦, 宮井正博, 20th ASEAN/2nd APEC Seminar of Postharvest Technology (Ching Mai),   2001年09月, 20th ASEAN/2nd APEC Seminar of Postharvest Technology (Ching Mai)
    概要:カット野菜工場において、 カットキュウリ製造工程中の微生物汚染度を調べ、 工程中に組み入れた 100℃の熱湯処理の殺菌効果を検討した。 熱湯処理は、 カットキュウリの一般生菌数と大腸菌群の減少に対して、 画期的な効果を示した。 (英文)
  • 青果物/カット青果物の微生物危害と安全性確保, 泉 秀実, 第 1 回青果物/カット青果物保全研究部会 (平成 13 年度産学官研究交流会) (和歌山),   2001年08月, 第 1 回青果物/カット青果物保全研究部会 (平成 13 年度産学官研究交流会) (和歌山)
    概要:青果物およびカット青果物に関わる微生物について解説し、 それぞれの衛生管理法 GAP および HACCP について講演した。
  • カット野菜の洗浄殺菌, 泉 秀実, 食品の洗浄殺菌技術シンポジウム (大阪),   2001年07月, 食品の洗浄殺菌技術シンポジウム (大阪)
    概要:カット野菜の洗浄殺菌への先進的取り組みとして、 数種食品添加物 (殺菌剤、 塩化カルシウム、 可食性被膜剤など) の研究成果について、 講演した。
  • カット青果物の衛生管理法と品質保全技術, 泉 秀実, 第 9 回フードサニテーションパートナー会 (大阪),   2001年06月, 第 9 回フードサニテーションパートナー会 (大阪)
    概要:基調講演。 カット青果物の特徴、 微生物汚染、 衛生管理法について述べ、 新しい微生物制御方法と品質保全技術について解説した。
  • カット青果物の微生物的安全性確保について, 泉 秀実, 青果物カット事業協議会平成 13 年度通常総会 (東京),   2001年05月, 青果物カット事業協議会平成 13 年度通常総会 (東京)
    概要:特別講演。 カット青果物の微生物汚染度と衛生管理法 (GAP、 GMP、 HACCP) について述べ、 カット青果物製造時の微生物制御対策の実例を挙げて講演した。
  • 殺菌/静菌剤・包装材を利用したカット青果物の品質保持, 泉 秀実, 日本食品機械研究会 : 第 3 回カット野菜・果実技術研究会 (大阪),   2001年04月, 日本食品機械研究会 : 第 3 回カット野菜・果実技術研究会 (大阪)
    概要:カット青果物の品質保持に有効な電解水や塩化カルシウム (殺菌/静菌剤) および EC や MAP (包装材) の利用法について講演した。
  • 生鮮農産物と微生物的安全性, 泉 秀実, 和歌山大学地域共同センター公開セミナー (和歌山),   2001年02月, 和歌山大学地域共同センター公開セミナー (和歌山)
    概要:農産物に関わる微生物について解説し、 微生物制御の技術と衛生管理方法について、 講演した。
  • カット野菜・果実の生理・化学的特性ならびに流通・貯蔵技術の現状と問題, 園芸学会平成13年度春季大会公開シンポジウム(園芸学会雑誌別冊),   2001年, 招待有り
  • カット野菜の微生物汚染度とその制御, 食品微生物制御システム研究部会(日本防菌防黴学会),   2000年, 招待有り
  • カット青果物の品質特性と安全管理, 第49回日本食品保蔵科学会シンポジウム,   2000年, 招待有り
  • 中性電解水によるカット野菜の除菌効果, 第7回機能水シンポジウム,   2000年, 招待有り
  • カット野菜・果実の環境ガス制御による品質保持と微生物制御, 日本食品保蔵科学会セミナー,   1999年, 招待有り
  • 青果物の貯蔵と温度, 関西伝熱セミナー'99,   1999年, 招待有り
  • Maintenance of quality and safety of fresh-cut vegetables, 1st Int. Symposium of APRC,   1999年, 招待有り
  • カンキツ果実の品質と貯蔵性に及ぼす栽培時の光環境の影響に関する研究, 第47回日本食品保蔵科学会大会,   1998年, 招待有り

MISC

  • 野菜/カット野菜の化学的殺菌技術の現状と今後の動向, 泉 秀実, FFI ジャーナル, 221, 4, 284, 290,   2016年, 招待有り
  • 数種果実の微生物汚染源としての農業用水と農薬溶液の影響, 近畿大学生物理工学部紀要, 34, 27, 34,   2014年, 査読有り
  • 安全で高品質な食品を求めて, 泉 秀実,   2011年05月
    概要:放送大学の第1学期面接授業。生鮮食品の中心に,食品の品質と安全性について,2日間に亘り,講義した。
  • 一次加工野菜の生産から流通に至る微生物制御システムの確立, 泉 秀実, 「低コストで質の良い加工・業務用農産物の安定供給技術の開発」1系野菜 平成22年度試験研究成績書, 218, 224,   2011年02月
    概要:数種カット野菜に最適な殺菌処理を施した後に、高二酸化炭素を充填するactive MAPで貯蔵した時の微生物制御と品質について報告した。
  • 野菜の微生物制御法の確立, 泉 秀実, 野菜情報, 82, 1, 59, 63,   2011年01月
    概要:「加工・業務用野菜の品種および技術研究最前線」として、農水省・加工プロジェクトの成果(野菜栽培中の微生物制御)をまとめた。
  • 安全で安心な和歌山の果物を, 泉 秀実, 和歌山の果樹, 11, 9,   2010年11月
    概要:安全で安心な和歌山の果物について、巻頭言で紹介した。
  • 弁当および惣菜の衛生管理, 泉 秀実,   2010年10月
    概要:戦略的大学連携支援事業の集合講義として、「和歌山だから作れるお弁当」のための衛生管理について、サラダ等を中心に講義した。
  • 植物バイオサイエンス特別講義A, 泉 秀実,   2010年08月
    概要:大阪府立大学大学院(生命環境科学研究科)の集中講義。食品の安全性と品質について、2日間にわたり、講義した。
  • 一次加工野菜の生産から流通に至る微生物制御システムの確立, 泉 秀実, 「低コストで質の良い加工・業務用農産物の安定供給技術の開発」1系野菜 平成21年度試験研究成績書, 89, 90,   2010年02月
    概要:カットレタス、ホウレンソウ、ニンジンおよびダイコンを対象に、効果的な殺菌技術とCA貯蔵条件を検討し、報告した。
  • 青果物に付着する微生物とその制御, ハイドロポニックス, 24, 1, 38, 39,   2010年, 招待有り
  • 菌体を活用したカット野菜のバイオプリザベーション, 泉 秀実, 平成20年度旗影会研究報告概要集, 63,   2009年11月
    概要:カット野菜のバイオプリザーバティブに最適な菌体を50菌株から選択し、バイオプリザベーションとして利用できる技術を開発した。
  • 植物バイオサイエンス特別講義A, 泉 秀実,   2009年08月
    概要:大阪府立大学大学院(生命環境科学研究科)の集中講義。生鮮食品を中心に、食品の安全性と品質保持について、2日間に亘り、講義した
  • 野菜の栽培から一次加工野菜の生産・流通に至る微生物制御技術の確立, 泉 秀実, 「低コストで質の良い加工・業務用農産物の安定供給技術の開発」1系野菜 平成20年度試験研究成績書, 95, 96,   2009年02月
    概要:キャベツとキュウリを対象に、殺菌後のカット野菜をactive MAP貯蔵して、流通中の静菌効果を報告した。
  • 青果物の安全性評価と法律規範, 泉 秀実,   2008年07月
    概要:大阪府立大学大学院の集中講義。リレー講義の一つとして、青果物の安全性評価法と日本における法律規範について、口述した。
  • 野菜の栽培から一時加工野菜の生産・流通に至る微生物制御法の確立, 泉 秀実, 「低コストで質の良い加工・業務用農産物の安定供給技術の開発」1系野菜の平成19年度試験研究報告書, 109, 110,   2008年02月
    概要:平成18-20年度の加工プロの19年度の報告書。キャベツおよびキュウリの栽培中および切断後の殺菌技術の確立のため、塩素殺菌および抗菌剤の組合せ処理について報告した。
  • 植物バイオサイエンス特別講義A, 泉 秀実,   2007年08月
    概要:大阪府立大学大学院(生命環境科学研究科)の集中講義。生鮮食品を中心に、食品の安全性と品質保持について、3日間に亘り、講義した。
  • 食の安全とバイオテクノロジー~果物・野菜の微生物学的安全性の確保に向けて~, 泉 秀実,   2007年06月
    概要:近畿大学公開講座。大学主催の公開講座として、果物と野菜の微生物学的安全性に関するバイオテクノロジー技術と、現行の衛生管理法について、解説した。
  • 食の安全とバイオテクノロジー~果物・野菜の微生物学的安全性の確保に向けて~, 泉 秀実,   2007年05月
    概要:生物理工学部公開講座。果物・野菜の微生物学的安全性の確保のためのバイオテクノロジー技術について、実験風景を紹介しながら説明し、衛生管理法についても言及した。
  • 野菜の栽培から一次加工野菜の生産・流通に至る微生物制御法の確立, 泉 秀実, 「低コストで質の良い加工・業務用農産物の安定供給技術の開発」平成18年度試験研究成績, 107, 108,   2007年01月
    概要:農水省の加工プロジェクトの平成18年度試験研究成績。野菜(キャベツおよびキュウリ)の栽培中の微生物汚染度と汚染源を明らかにした。
  • 食の安全とバイオテクノロジー~果物・野菜の微生物学的安全性の確保に向けて~, 泉 秀実,   2006年05月
    概要:公開講座。食の安全を支えるバイオテクノロジー技術について、研究室での実験風景を見せるとともに、衛生管理法についても解説した。
  • カット野菜の洗浄方法の評価に関する研究, 泉 秀実, 青果物カット事業協議会平成17年度研究報告書, 1, 53,   2006年03月
    概要:青果物カット事業協議会からの委託研究の報告書として、カット青果物産業界の洗浄マニュアルの位置づけとなるようにまとめ、製本された。
  • カット野菜の微生物制御, 泉 秀実, 食品の包装, 37, 2, 50, 54,   2006年03月
    概要:依頼原稿。カット野菜の微生物制御方法について、化学的および物理的殺菌技術を中心に解説した。
  • カット野菜の鮮度保持技術, フレッシュフードシステム, 35, 2, 34, 38,   2006年, 招待有り
  • カット向け原料野菜に必要な衛生管理技術, 施設と園芸, 135, 27, 30,   2006年, 招待有り
  • 食の安全とバイオテクノロジー~果物・野菜の微生物学的安全性の確保に向けて~, 泉 秀実,   2005年09月
    概要:公開講座。一般の聴衆者に対して、果物・野菜の微生物的安全性確保のためのバイオテクノロジー技術を、研究室での実験風景を交えて解説し、衛生管理法への応用についても説明した。
  • タイ国における果実/カット果実の生産と流通状況, 泉 秀実, Jutatip Poubol, 食品と科学, 47, 7, 35, 39,   2005年07月
    概要:タイ国における熱帯果樹およびカット果実類の生産と流通状況について、タイ国内の法規と照らし合わせながら、解説した。
  • 「食品保全学」研究最前線, 泉 秀実, 朝日新聞(九州版),   2005年04月
    概要:食品保全工学研究室の研究紹介,COEプログラムなどについて,インタービューに答える形式で,記事紹介された。
  • 21世紀COEプログラム:遺伝子改変ブタって安全?, 近畿大学21世紀COEプログラム公開シンポジウム「食の安全をやさしく科学するシンポジウム」, 7,   2005年
  • Physiological and microbiological characteristcs of fresh-cut 'Carabao' mango stored in active MAP, Proc. APEC symposium on quality management in postharvest sysytems, 183-190,   2005年
  • Effect of acidic electrolyzed water mixed with emulsifying agent on control of bacterial population of cabbage shreds, Abstract of symposium on assuring quality and safety of fresh produce, P36,   2005年
  • Antagonistic effect of lactic acid bacteria on microflora of shredded cabbage in high CO2 modified atmosphere packaging, 102nd Annual conference of ASHS, 1134,   2005年
  • Application of masutard and hop extract agents mixed with sucrose fatty acid esters as a food preservative for fresh-cut vegetables, 102nd Annual conference of ASHS, 1092,   2005年
  • 特別栽培農産物認証青果物の安全性評価, 第20回カット野菜・果実技術研究会, 4-6,   2005年
  • 分子生物学的手法による食の安全, 第19回カット野菜・果実技術研究会, 4-6,   2005年
  • 野菜およびカット野菜の安全性, 和歌山県栄養士会平成17年度生涯学習研究会,   2005年
  • 青果物の微生物汚染度と衛生管理, 兵庫県青果地方卸売協会第2回実務者セミナー,   2005年
  • 青果物の衛生管理法(GAP)について, 近畿農政局平成17年度第2回消費者団体との意見交換会,   2005年
  • 青果物/カット青果物の微生物汚染と品質保全技術, 日本食品工業倶楽部「品質保証懇話会」大阪部会,   2005年
  • カット野菜殺菌のすべて-化学的、物理的および生物的微生物制御-, 第2回カット野菜・果実技術研究会公開セミナー, 7-9,   2005年
  • 青果物の生産から一次加工に至る衛生管理法, 第46回近畿食品衛生監視員研修会特別講演,   2005年
  • カット青果物製造・流通のための殺菌と静菌技術, カット野菜・果実の安全性シンポジウム2005, 2-1-2-10,   2005年
  • 食品製造環境における微生物危害について, 第2回「e-食安全研究会」実践講習会, 61-66,   2005年
  • 食の安全と安心を考える, 泉 秀実, 築野 富美, 中野 秀晃,   2004年10月
    概要:食の安全タウンミーティングの中で、一般市民の参加者からの食の安全に関わる様々な質問に対して、助言者として回答を行った。
  • 生鮮食品の品質保全と安全評価, 泉 秀実,   2004年09月
    概要:大学院集中講義。青果物を中心に生鮮食品の特性と安全危害を解説し、それらに関わる国際的法規ならびに分子生物学的手法を中心に取り入れた防御技術について口述した。
  • 青果物の安全性評価法の確立とそれを付与したトレーサビリティシステムの構築, 泉 秀実, 山脇 伸行, 長野 美緒, 内芝 清典 芝 晃丞 森口 仁文, 尾崎 嘉彦, 平成15年度きのくにコンソーシアム研究開発調査事業報告書, 68, 77,   2004年03月
    概要:和歌山特別栽培農産物に認証された青果物を対象に、残留農薬量と微生物数を迅速検出し、それらを基にした情報を加えたトレーサビリティシステムの構築を試みた。HPを作成し、これらの情報がWebサイトで見られるように、デモとして公開した。
  • カット青果物の品質保全と安全性対策, 泉 秀実,   2004年01月
    概要:依頼講演。カット青果物の品質特性を述べ、生理・化学的な面からの品質保全技術と、微生物的な面からの安全性確保技術について、解説した。
  • キュウリおよびカットキュウリの電解水殺菌に及ぼすショ糖脂肪酸エステルの前処理効果, 日本食品保蔵科学会第53回大会,   2004年
  • 高二酸化炭素、CAおよびMAP貯蔵されたカットキャベツの生理と微生物的品質, 日本食品保蔵科学会第53回大会,   2004年
  • カット野菜の微生物汚染度と衛生管理法, 第2回食品殺菌技術研究交流会,   2004年
  • カット野菜とカット果実の鮮度保有技術―その共通点と相違点―, カット野菜・果実技術研究会公開セミナー,   2004年
  • カット青果物の生化学的・微生物学的特性と品質保全技術, カット野菜・果実の安全性シンポジウム2004,   2004年
  • カット野菜製造における酸性電解水の利用, 調理食品と技術, 10, 2, 61, 68,   2004年
  • 熱水/蒸熱処理を用いた、カット野菜の病原菌殺菌方法の開発, 泉 秀実, 弘中修, 日佐和夫,   2003年05月
    概要:品質事故未然防止技術開発支援事業補充研究として、カット野菜の迅速な同定技術の改良と過熱蒸気処理を有効に行うための装置の改善を行い、平成14年度研究概要報告書にまとめた。
  • 減農薬・減化学肥料栽培された認証青果物の微生物学的評価, 日本食品保蔵科学会第53回大会,   2003年
  • Physiology and guality responses of fresh-cut 'Carabao' mango to high O2 controlled atmospheres, 100th Annual International Congerence of the American Society Horticulfuul Science,   2003年
  • Comparison of electrokyzed strong acidic and weak acidic water on microbicidal effect for fresh-cut vegetables, 100thAnnual International Conference of the American Society for Horticultural Science,   2003年
  • 数種市販アブラナ科芽もの野菜の抗酸化能と微生物的品質, 園芸学会 平成15年度秋季大会,   2003年
  • Quality and shelf life of fresh-cut 'Nam Dok Mai' mango stored in air and low O2 atmospheres, 21stASEAN/3rdAPEC Seminar on Postharvest Technology,   2003年
  • Microbiological quality of bean seeds and sprouts treated with chlorinated water, 21stASEAN/3rdAPEC seminar on Postharrest Technology,   2003年
  • 微生物的安全性とトレーザビリティー, 食品と科学, 45, 7, 73, 77,   2003年
  • 高二酸化炭素CAがカット'Carabao'および'Nam Doc Mai'マンゴーの品質に及ぼす影響, 日本食品本保蔵科学会 第52回大会,   2003年
  • 青果物の安全性とGAP(適正農業規範)について, 日本食品保全研究会報, 8, 2, 31, 36,   2003年
  • 本邦産カンキツ果実のリモノイド配糖体含量およびそれに及ぼす発育中の着果位置の影響(共著), 日本食品保蔵科学誌, 29, 3, 135, 140,   2003年
  • Effect of hot water treatment on the Bacterial flora of fresh-cut cucumber in a commercial produce plant, Proceedingo of 20th ASEAN/2ndAPEC Aeminar on Postharvest Technology, 26-30,   2003年
  • 野菜付着細菌を対象とした16SrDNAの塩基配列とバイオログパターンを利用した同定方法の比較, 日本防菌防黴学会 第30回年次大会,   2003年
  • モヤシ種子およびモヤシの微生物汚染度, 日本防菌防黴学会 第30回年次大会,   2003年
  • 乳酸菌を利用したカット野菜の微生物制御, 日本防菌防黴学会 第30回年次大会,   2003年
  • カット野菜の製造工程中における微生物汚染度, 園芸学会平成15年度春季大会,   2003年
  • 米国に学ぶ、カット青果物産業の微生物的安全対策, カット野菜・果実の安全性シンポジウム,   2003年
  • 青果物の安全性とトレーサビリティについて, 和歌山県農業士認定,   2003年
  • Ensuring the microbiological safety of fresh-whole and fresh-cut produce, 泉 秀実,   2002年08月
    概要:非公式セミナー講演。米国農務省ベルツビル研究所の青果物品質安全研究室において、化学的あるいは物理的殺菌によるカット野菜の微生物制御効果について講演した。(英文)
  • 青果物の衛生管理とトレーサビリティ   安全な果物と野菜を安心して食べるために  , 泉 秀実,   2002年05月
    概要:岩出町女性研修学級生に対して、 青果物の安全性確保のための衛生管理とトレーサビリティ (栽培履歴) について、 講演した。
  • 適正農業規範 (GAP) 導入の手引き    農産物の微生物的安全確保のために   , 泉 秀実, 日佐和夫,   2002年03月
    概要: 日本施設園芸協会からの依頼で、 米国農務省、 食品医薬品局、 疾病管理予防センターらが発表した、 青果物の安全性に関する産業用ガイダンスを翻訳した。
  • カットフルーツの安全性と鮮度保持技術, 第3回リージョナルフルーツプロセシング研究部会,   2002年
  • 細菌の同定方法の比較と野菜付着細菌の菌種について(共同発表), 第9回カット野菜・果実技術研究会,   2002年
  • カット野菜の衛生認証システムとトレーサビリティ, 第8回カット野菜・果実技術研究会,   2002年
  • 収穫直後および流通後の野菜のバクテリアルフローラについて, 園芸学会別冊2, 71(2), 470,   2002年
  • トレイサビリティーについて, 近畿中国四国農業試験研究推進会議情報研究推進部会問題別研究会,   2002年
  • 青果物の安全性とGAP(適正農業規範)について, 日本食品保全研究会,   2002年
  • 食品の安心と安全(微生物), 農産物流通技術年報, 31(5), 120-125,   2002年
  • カット青果物産業における電解水の有効利用に向けて, 食品加工技術, 22(3), 146-150,   2002年
  • 16SrRNA塩基配列およびバイオログパターンを利用した野菜付着細菌の同定(共同発表), 日本食品保蔵科学会第51回大会,   2002年
  • 青果物の安全保障―微生物汚染と残留農薬の現状と対策―, 食の安全セミナー,   2002年
  • 電解水を活用した食品製造環境の洗浄・殺菌の最近の成果, 食品の洗浄殺菌技術シンポジウム(関西2000),   2002年
  • 大学食堂内の細菌分布と電解水利用による衛生改善, 日本防菌防黴学会第29回年次大会,   2002年
  • カット青果物産業における電解水の有効利用に向けて, 日本食品機械研究会セミナー,   2002年
  • カット野菜製造における電解水の有効性, 第7回カット野菜・果実技術研究会,   2002年
  • 市販野菜のバクテリアルフローラについて, 園芸学会別冊1, 71(1), 333,   2002年
  • 青果物/カット青果物の衛生管理Ⅱ、カット青果物の微生物汚染とHACCP/QTV, 月刊HACCP, 8(4), 70-76,   2002年
  • カット野菜の製造・流通中における微生物制御システムの確立, 科学研究費補助金報告書,   2002年
  • 青果物の安全性とトレーサビリティ―その重要性と今後の確立について―, 青年持続農業者連盟シンポジウム,   2002年
  • 熱水/蒸熱処理を用いたカット野菜の病原菌殺菌方法の開発, 品質事故未然防止技術開発支援事業成果発表会概要集,   2002年
  • 青果物/カット青果物の衛生管理Ⅰ、青果物の微生物汚染とGAP/GMP, 月刊HACCP, 8(3), 70-75,   2002年
  • カット青果物の微生物制御―その新しい動き―, 食品と科学, 44(1), 77-82,   2002年
  • 青果物 (果物と野菜) の功罪〈後〉えっ? 果物・野菜で医者いらず!?, 泉 秀実, まんすりー La Femme, 6, 2,   2001年09月
    概要:青果物の 「功」 として、 果物・野菜に含まれる機能性成分とその効用について、 一般読者に分かりやすく解説した。
  • 青果物 (果物と野菜) の功罪〈前〉えっ? 果物・野菜でも食中毒!?, 泉 秀実, まんすりー La Femme, 5, 2,   2001年08月
    概要:青果物の 「罪」 として、 果物・野菜が媒介物となる食中毒の発生の原因と、 その対策について、 一般読者に分かりやすく解説した。
  • カット青果物の衛生管理と安全性    えっ!果物・野菜でも食中毒!?   , 泉 秀実,   2001年02月
    概要:カット青果物の腐敗原因菌と食性病原菌に関わる食品としての安全性およびそれらを対象とした現状の衛生管理について講述した。
  • 青果物の安全保障―微生物汚染と残留農薬検査の最前線―, 大阪府立大学大学院公開セミナー,   2001年
  • 遺伝形質を利用した野菜付着菌の同定法(共同発表), 第6回カット野菜・果実技術研究会,   2001年
  • 青果物/カット青果物に関わる検査認証制度について―米国におけるQTVプログラム―, 第2回青果物/カット青果物保全研究部会,   2001年
  • 青果物/カット青果物の微生物的安全性の確保―GAPとHACCP導入について―, 国際HACCP/GAPセミナー,   2001年
  • 海外におけるカット青果物の生産・消費事情, 第5回カット野菜・果実技術研究会,   2001年
  • Effect of hot water treatment on the bacterial flora of fresh-cut cucumber in a commercial produce plant, 20th ASEAN/2nd APEC Seminar of Postharvest Technology,   2001年
  • 青果物/カット青果物の微生物的危害と安全性確保, 第1回青果物/カット青果物保全研究部会,   2001年
  • Microbiology and quality of fresh-cut vegetables treated with electrolyzed water and sodium hypochlorite solution, 98th International Conference of the American Society for Horticultural Science,   2001年
  • Physiology and quality of fresh-cut mango is affected by low O2 controlled atmosphere storage, maturity and storage temperature, 8th International Controlled Atmosphere Research Conference,   2001年
  • カット野菜の洗浄殺菌, 食品の洗浄殺菌技術シンポジウム[関西2001], 4-1-1 ― 4-1-8,   2001年
  • カット青果物の衛生管理法と品貭保全技術, 第9回および第10回フードサニテーションパートナー会, 1, 13,   2001年
  • カット青果物の微生物的安全性確保について, 青果物カット事業協議会, 1, 9,   2001年
  • 殺菌/静菌剤・包装材を利用したカット青果物の品貭保持, 第3回カット野菜・果実技術研究会, 1, 18,   2001年
  • 生鮮農産物と微生物的安全性, 和歌山大学地域協同センター公開セミナー, 1, 2,   2001年
  • カット青果物の衛生管理と安全性, 第3回及び第5回近畿大学生物理工学部公開講座, 1, 7,   2000年
  • カット青果物産業の動向と衛生上の新たな問題(]G5195[), 第1回カット野菜・果実技術研究会, 1, 15,   2000年
  • カット青果物産業の動向と今後の問題(]G5195[), 第1回カット青果物の品貭保持に関する研究会, 1, 7,   2000年
  • 数種本邦産カンキツ果実のリモノイド配糖体含量及びそれに及ぼす栽培時の光環境の影響, 第49回日本食品保蔵科学会大会, 47,   2000年
  • 青果物およびカット青果物のHACCP上の問題点, HACCP管理者研修講座(日本工業技術振興協会),   2000年
  • CA/MA貯蔵されたキュウリ果実およびカットキュウリの生理と品質, 園芸学会雑誌別冊, 69, 1, 417,   2000年
  • 青果物およびカット青果物の衛生上の問題点, 生食用野菜のHACCP国際セミナー(CSD),   2000年
  • 青果物の品質特性と貯蔵技術, 和海地方青年農業経営者協議会研修会,   2000年
  • カット野菜の微生物制御に及ぼす電解中性水処理と次亜塩素酸ナトリウム溶液処理との比較, 第48回日本食品保蔵科学会大会, 6,   1999年
  • カット野菜の衛生規範と微生物制御, 食品と科学, 41, 5, 82, 87,   1999年
  • 海外におけるカット青果物の製造・流通事情と日本における将来展望, 青果物カット事業協議会10年のあゆみ, 22, 25,   1999年
  • バラ切り花の呼吸量とベンネックの発生, 園芸学会別冊1, 68, 312,   1999年
  • HICPおよび電気分解水を利用したバラ切り花の鮮度保持に関する研究, 平成9年度わかやま学研究成果報告書, 162, 187,   1999年
  • CA/MA貯蔵によるカット野菜の保存, 食品加工技術, 19, 1, 19, 25,   1999年
  • CA/MA貯蔵によるカット野菜の保存, 日本食品機械研究会セミナー, 11, 15,   1998年
  • サラダ(カット野菜)の微生物制御と品質保持技術, ジャパンフードサイエンス, 37, 9, 26, 33,   1998年
  • 米国におけるカット野菜のHACCPシステムとQTVプログラム, ジャパンフードサイエンス, 37, 7, 63, 69,   1998年
  • 洗浄剤あるいはガス環境調節によるカット野菜の微生物制御, NTS「カット青果物・切り花」セミナー, 47, 60,   1998年
  • カット青果物の微生物制御方法と我国における衛生規範, 日本食品保蔵科学会シンポジウム, 24, 31,   1998年
  • アスコルビン酸処理によるタンゴール'清見'の果皮障害抑制効果, 第46回日本食品保蔵科学会大会, 5,   1997年
  • CA貯蔵研究の世界的動向と米国西海岸におけるCA貯蔵設備(2), 食品と科学, 39, 12, 36, 38,   1997年
  • CA貯蔵研究の世界的動向と米国西海岸におけるCA貯蔵設備(1), 食品と科学, 39, 11, 28, 31,   1997年
  • バラ切り花のベントネックの発生と茎内の細菌数及び電解質漏出割合との関係, 園芸学会雑誌別冊1, 66, 434, 435,   1997年
  • CA貯蔵されたカットニンジンの生理及び品質, 園芸学会別冊1, 65, 516, 517,   1996年
  • カットニンジン(スティック)のCA貯蔵に対する反応, 第42回日本食品低温保蔵学会大会, 5,   1995年
  • カットズッキーニの品質保持に及ぼすカルシウム処理の影響, 園芸学会別冊1, 63, 52,   1994年
  • 高糖系ウンシュウミカン果実の貯蔵中の糖とアスコルビン酸含量の変化, 第32回食品低温保蔵学会大会, 5,   1990年
  • アスコルビン酸がハッサクのこ斑症発生に及ぼす影響, 園芸学会別冊2, 59, 698, 699,   1990年
  • 中晩生カンキツ果実の貯蔵中におけるアスコルビン酸含量について, 第30回日本食品低温保蔵学会大会, 25,   1989年
  • 日照条件の違いがウンシュウミカン果汁中の糖とアスコルビン酸含量に及ぼす影響, 園芸学会昭和63年度春季大会, 512, 513,   1988年
  • ウンシュウミカン果実発育中の日照条件の違いが貯蔵中の品質特にアスコルビン酸含量に及ぼす影響, 園芸学会昭和63年度秋季大会, 582, 583,   1988年
  • ウンシュウミカン果実のアスコルビン酸含量と光合成産物との関係, 園芸学会昭和62年度春季大会, 464, 465,   1987年
  • 冬季におけるハッサク葉内成分量の経時的変動と長期の防寒被覆の影響(共著), 農業および園芸, 61, 5, 667, 668,   1986年
  • カイワレダイコン栽培中の品質及び成分に及ぼす光照射の影響, 園芸学会昭和59年度秋季大会, 500, 501,   1984年
  • サツマイモ・ジャガイモの低温耐性についての生理学的研究, 園芸学会昭和57年度秋季大会, 442, 443,   1982年
  • 電解水を利用した製造環境における微生物汚染対策, 第10回カット野菜・果実技術研究会
  • 食品添加物を利用した鮮度保持技術, 第3回カット青果物の品質保持に関する研究会, 1, 1-7

特許

  • 遺伝子組換え動物の組織又は分泌物が混入しているか否かを判別する方法, 泉 秀実, 九州大学大学院農学研究院, 高知大学理学部, 特開2007-181435, 被判別資料に遺伝子組換え動物の組織または分泌物が混入しているかどうかを簡便、迅速、かつ低コストで判別できる方法を提供する。

受賞

  •   2010年, アメリカ園芸学会, 国際園芸研究者賞(ASHS Outstanding International Horticulturist)
  •   2007年, 日本食品保蔵科学会, 学会賞
  •   1998年, 日本食品保蔵科学会, 奨励賞

競争的資金

  • コンソーシアム和歌山, 大学等地域貢献促進事業, 紀州金山寺味噌の衛生的製造・出荷とその普及, 泉 秀実
  • 文科省, 科学研究費, カット青果物の酵素的褐変に及ぼす微生物の関与とその機構, 泉 秀実
  • 農水省, 食品の安全性と動物衛生の向上のためのプロジェクト, 損傷菌の発生機序の解明と検出・制御技術の開発
  • 農水省, 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業, 酵素剥皮技術の剥皮を核としたカンキツ果実新商材の開発と事業化方策の策定
  • 文科省, 科学研究費, 青果物への農業用水・農薬溶液を介した水系由来の微生物汚染の機構解明, 泉 秀実
  • 農水省, 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業, 果実の新市場を創成する食べ切り・手間なし「ベビーパーシモン」の生産供給技術の開発, 泉 秀実
  • 文科省, 都市エリア産学官連携促進事業, 和歌山の特産果実と独自技術を活用した新機能性食品・素材の開発
  • 文科省, 学術フロンティア, 高圧力を利用する蛋白質の動態解析
  • 農水省, 農林水産省委託プロジェクト研究, 低コストで質の良い加工・業務用農産物の安定供給技術の開発
  • 農水省, 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業, 果樹生産におけるGAPの導入と認証システムの構築, 泉 秀実
  • 文科省, 21世紀COEプログラム, 食資源動物分子工学研究拠点
  • 和歌山県, きのくにコンソーシアム, 青果物の安全性評価法の確立とそれを付与したトレーサビリティシステムの構築, 泉 秀実
  • (財)食生活研究会, 研究助成金, CA/MAPを用いたカット青果物の微生物制御, 泉 秀実
  • 食品産業センター, 品質事故未然防止技術開発支援事業, 熱水/蒸熱処理を用いたカット野菜の病原菌殺菌方法の開発, 泉 秀実
  • 文科省, 科学研究費, カット野菜の製造・流通中における微生物制御システムの確立, 泉 秀実
  • 和歌山県, 研究助成金(わかやま学), 和歌山県特産カンキツ果実におけるリモノイド配糖体の挙動と分布に関する研究, 泉 秀実
  • 和歌山県, 研究助成金(わかやま学), HICPおよび電気分解水を利用したバラ切り花の鮮度保持に関する研究, 泉 秀実