KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

野澤 昌弘ノザワ マサヒロ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門泌尿器腫瘍学
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/784-nozawa-masahiro.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/00441080.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    泌尿器癌の手術治療および薬物療法を主に行っています。

学歴・経歴

経歴

  •   2011年, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 腫瘍学, がん疫学・予防
  • 外科系臨床医学, 泌尿器科学

研究キーワード

  • セレニウム, CA9抗原, 腎細胞癌, ペプチド, VEGFR, 分子標的治療, 前立腺癌, 動物モデル, ペプチドワクチン, PDL, HIF-1α, CA9, ペプチドワクチン療法, EPOR, 腎癌

論文

  • Altered imprinting of insulin-like growth factor II gene in transitional-cell carcinoma., Nonomura N, 野澤 昌弘, Miki T Nishimura K Harada Y Kanno N Kojima Y Yokoyama M Okuyama A, Molecular Urol., 1, 287, 291,   1997年
  • Coexpression of multiple Sertoli cell and Leydig cell marker genes in the spontaneous testicular tumor of F344 rat: evidence for phenotypical bifurcation of the interstitial cell tumor., Kondoh G, 野澤 昌弘, Yomogida K Dohmae K Koga M Nonomura N Miki T Okuyama A Nishimune Y, Jpn. J. Cancer Res., 88, 839, 845,   1997年
  • Simultaneous bilateral testicular tumors with different cell types: a case report., 野澤 昌弘, Seguchi T Nonomura N Kokado Y Miki T Okuyama A, Acta Urol. Jpn., 43, 521, 524,   1997年
  • Inflammatory pseudotumor of the ureter., 野澤 昌弘, Namba Y Nishimura K Sugao H, J. Urol., 157, 945,   1997年
  • Angiogenesis inhibitor TNP-470 inhibits growth and metastasis of a hormone-independent rat prostatic carcinoma cell line., Miki T, 野澤 昌弘, Nonomura N Harada Y Nishimura K Kojima Y Takahara S Okuyama A, J. Urol., 160, 210, 213,   1998年
  • Molecular staging of testicular cancer using polymerase chain reaction of the testicular cancer-specific genes., Nonomura N, 野澤 昌弘, Imazu T Harada Y Ono Y Fukui T Nishimura K Okuyama A, Acta Urol. Jpn., 45, 593, 597,   1999年
  • Prostate-specific transcription factor hPSE is translated only in normal prostate epithelial cells., 野澤 昌弘, Yomogida K Kanno N Nonomura N Miki T Okuyama A Nishimune Y Nozaki M, Cancer Res., 60, 1348, 1352,   2000年
  • Bacillus calmette-Guerin perfusion therapy for the treatment of transitional cell carcinoma in situ of the upper urinary tract., Nonomura N, 野澤 昌弘, Ono Y Fukui T Harada Y Nishimura K Takaha N Takahara S Okuyama A, Eur Urol., 38, 701, 705,   2000年
  • Oral combination of cyclophosphamide, uracil plus tegafur and estramustine for hormone-refractory prostate cancer., Nishimura K, 野澤 昌弘, Nonomura N Ono Y Fukui T Harada Y Imazu T Takaha N Sugao H Miki T Okuyama A, Oncology, 60, 49, 54,   2001年
  • Activation of different Wnt/beta-catenin signaling components in mammary epithelium induces transdifferentiation and the formation of pilar tumors., Miyoshi K, 野澤 昌弘, Rosner A Byrd C Morgan F Landesman-Bollag E Xu X Seldin DC Schmidt EV Taketo MM Robinson GW Cardiff RD Hennighausen L, Oncogene, 21, 5548, 5556,   2002年
  • Utility of immunohistochemical detection of prostate-specific Ets for the diagnosis of benign and malignant prostatic epithelial lesions., Tsujimoto Y, 野澤 昌弘, Nonomura N Takayama H Yomogida K Nishimura K Okuyama A Nozaki M Aozasa K, Int. J. Urol., 9, 167, 172,   2002年
  • Activation of beta-catenin in prostate epithelium induces hyperplasias and squamous transdifferentiation., 野澤 昌弘, Bierie B Renou JP Shillingford JM Morgan F Oka T Taketo MM Cardiff RD Miyoshi K Wagner KU Robinson GW Hennighausen L, Oncogene, 22, 3875, 3887,   2003年
  • Biogenesis and function of mouse mammary epithelium depends on the presence of functional alpha-catenin., Nemade RV, 野澤 昌弘, Bierie B Bry C Smith GH Vasioukhin V Fuchs E Hennighausen L, Mech Dev., 121, 1, 91, 99,   2004年
  • 腎細胞癌に対する免疫療法の新しい可能性, 植村 天受, 野澤 昌弘, Urology View Urology View, 6, 73, 77,   2008年

講演・口頭発表等

  • F344-Jcラット自然発生精巣腫瘍におけるLeydigおよびSertoli cellマーカー遺伝子の発現, 野澤 昌弘, 近藤玄 蓬田健太郎 堂前嘉代子 野々村祝夫 児島康行 三木恒治 西宗義武 奥山明彦 ,   1997年
  • 腎細胞癌におけるFasリガンドに関する研究, 野々村祝夫, 野澤 昌弘, 原田泰規 高田剛 今津哲夫 菅野展史 西村和郎 児島康行 三木恒治 奥山明彦 ,   1997年
  • Doxifluridine(5'DFUR)のヒト腎細胞癌株移植マウスにおける悪液質改善効果, 高田剛, 野澤 昌弘, 児島康行 原田泰規 今津哲夫 菅野展史 野々村祝夫 大西哲郎 三木恒治 奥山明彦 ,   1997年
  • マイクロ波凝固によるブタ腎実質変化の組織学的検討, 福井辰成, 野澤 昌弘, 野々村祝夫 児島康行 黒田秀也 吉岡俊昭 清原久和 三木恒治 奥山明彦 ,   1997年
  • 精巣腫瘍におけるWT-1遺伝子発現の検討, 原田泰規, 野澤 昌弘, 野々村祝夫 高田剛 今津哲夫 児島康行 三木恒治 奥山明彦 ,   1997年
  • 進行性精巣腫瘍に対する神経温存後腹膜リンパ節郭清術(RPLND)の検討, 野澤 昌弘, 三木恒治 野々村祝夫 近藤雅彦 黒田秀也 山中幹基 吉村一宏 三宅修 北村雅哉 松宮清美 小角幸人 高原史郎 児島康行 奥山明彦 ,   1998年
  • 前立腺多所生検による腫瘍細胞播種の可能性に関するRT-PCR法による検討, 小野豊, 野澤 昌弘, 野々村祝夫 児島康行 原田泰規 申勝 西村和郎 安永豊 三木恒治 奥山明彦 ,   1998年
  • 腎細胞癌患者血清中の可溶性Fasに関する検討, 野々村祝夫, 野澤 昌弘, 小野豊 原田泰規 高田剛 今津哲夫 高羽夏樹 西村和郎 児島康行 三木恒治 奥山明彦 ,   1998年
  • 腎細胞癌におけるWT1遺伝子のアリル特異的発現の検討, 原田泰規, 野澤 昌弘, 小野豊 高羽夏樹 野々村祝夫 児島康行 三木恒治 奥山明彦 ,   1998年
  • 前立腺特異的転写因子PSEの発現制御機構の解析, 野澤 昌弘, 蓬田健太郎 野崎正美 西宗義武 菅野展史 野々村祝夫 奥山明彦 ,   1999年
  • アンドロゲンレセプター供役因子のクローニング, 西村和郎, 野澤 昌弘, 小野豊 福井辰成 原田泰規 高田剛 今津哲夫 野々村祝夫 奥山明彦 Chawushang Chang,   1999年
  • 精巣腫瘍におけるMAGE geneの発現, 今津哲夫, 野澤 昌弘, 福井辰成 小野豊 原田泰規 高田剛 西村和郎 野々村祝夫 奥山明彦 ,   1999年
  • 膀胱癌患者における尿中hTERTの発現, 福井辰成, 野澤 昌弘, 野々村祝夫 小野豊 原田泰規 西村和郎 奥山明彦,   1999年
  • 精巣腫瘍におけるKRAS2遺伝子発現の検討, 原田泰規, 野澤 昌弘, 野々村祝夫 小野豊 福井辰成 西村和郎 奥山明彦,   1999年
  • アンドロゲン非依存性前立腺癌に対するdexamethasoneによる抗腫瘍効果の検討, 佐藤英一, 野澤 昌弘, 西村和郎 時実孝至 小野豊 福井辰成 原田泰規 安永豊 野々村祝夫 奥山明彦,   2000年
  • 血清PSA10ng/ml以下における前立腺全摘術の臨床病理所見, 安永豊, 野澤 昌弘, 野々村祝夫 時実孝至 佐藤英一 小野豊 福井辰成 原田泰規 西村和郎 高山仁志 申勝 青笹克之 奥山明彦,   2000年
  • 前立腺癌に対するNeoadjuvant療法の評価, 野々村祝夫, 野澤 昌弘, 安永豊 時実孝至 佐藤英一 小野豊 福井辰成 原田泰規 西村和郎 高山仁志 申勝 青笹克之 奥山明彦 ,   2000年
  • 膀胱癌患者の膀胱洗浄液中剥離細胞におけるhTERT発現の検討, 福井辰成, 野澤 昌弘, 野々村祝夫 小野豊 原田泰規 時実孝至 佐藤英一 西村和郎 安永豊 奥山明彦 ,   2000年
  • 精巣腫瘍におけるWT1遺伝子発現の検討, 原田泰規, 野澤 昌弘, 小野豊 西村和郎 安永豊 野々村祝夫 奥山明彦 ,   2000年
  • 高齢者に対する尿道メタルステント留置術の経験, 野澤 昌弘, 吉岡厳 細木茂,   2002年
  • 多発性骨髄腫による慢性腎不全に対するCAPD導入の1例, 野澤 昌弘, 吉岡厳 細木茂,   2003年
  • 当院におけるエコーガイド下経会陰的前立腺生検の検討, 吉岡厳, 野澤 昌弘, 細木茂 月川真 鄭則秀 ,   2003年
  • 再燃性前立腺癌に対する低用量ドセタキセル療法の経験, 野澤 昌弘, 谷川剛 細木茂,   2004年
  • Tamoxifenが奏効したステロイド抵抗性後腹膜線維症の1例, 吉岡厳, 野澤 昌弘, 細木茂 月川真 嶺尾郁夫,   2004年
  • 前立腺全摘徐術後のPSA再発の臨床的検討, 谷川剛, 野澤 昌弘, 細木茂,   2005年
  • 自然破裂を来たした腎細胞癌の1例, 谷川剛, 野澤 昌弘, 細木茂 花房隆範,   2005年
  • Clinically malignant behavior を呈した骨盤内multilocular cystic epithelial-stromal tumorの1例, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 能勢 和宏, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 土手 健作, 伊藤 浩行, 杉山 高秀, 第44回日本癌治療学会総会学術集会,   2006年10月, 第44回日本癌治療学会総会学術集会
    概要:症例は33歳男性で、2003年10月頃より軽度排尿困難を認め12月に尿閉となり近医受診、超音波および膀胱鏡検査にて膀胱腫瘍を疑われ精査加療目的で当科紹介となった。既往はファロー四徴症手術(2歳時)のみで、染色体異常は認めなかった。膀胱尿道鏡検査で腫瘍は尿道精阜付近より膀胱内に突出する形状の腫瘍で、骨盤CTおよびMRIでは左側前立腺および精嚢腺から膀胱側に占拠するモザイク状パタンを示す充実性腫瘍と左側後腹膜腔を占拠する充実性腫瘍であった。尿路側と後腹膜腔側の腫瘍の交通性は不明であった。まず経尿道的腫瘍切除術を施行、病理診断はmultilocular cystic epithelial-stromal tumorで悪性所見は認められなかった。経過観察していたが半年後に再度腫瘍の膀胱尿道内再発による尿閉状態となり、後腹膜腫瘍摘除術および経尿道的腫瘍切除術を施行した。病理診断は同様で悪性所見は認めなかった。その後も度々腫瘍の再発による尿閉を繰り返し、経尿道的腫瘍切除術を計3回
  • Phase I/II study if CA9 peptide vaccination with interferon-alpha in cytokine refractory renal cancer patients, 植村 天受, 田中 基幹, 野澤 昌弘, 松本 成史, 上島 成也, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,   2007年10月, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association
  • 難治性腎細胞癌に対する分子標的薬の使用経験, 植村 天受, 田中 基幹, 野澤 昌弘, 上島 成也, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第45回日本癌治療学会総会
  • 前立腺癌密封小線源治療後の排尿状態についての検討, 清水 信貴, 林 泰司, 南 高文, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 石井 徳味, 植村 天受, 田原秀男, 第9回 南近畿排尿障害懇話会,   2008年02月, 第9回 南近畿排尿障害懇話会
  • 慢性透析患者に発生した進行腎がんに対するソラフェニブの使用経験, 植村 天受, 大関 孝之, 野澤 昌弘, 吉川 元清, 中川 勝弘, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 田中 基幹, 梅川 徹, 石井 徳味, 第58回日本泌尿器科学会中部総会,   2008年11月, 第58回日本泌尿器科学会中部総会
  • 膀胱原発腺癌に対しTS-1+CDDP療法を行った2症例, 林 泰司, 野澤 昌弘, 大関 孝之, 石井 徳味, 植村 天受, 第59回日本泌尿器科学会中部総会,   2009年10月, 第59回日本泌尿器科学会中部総会
  • A phase II study of VEGFR1 peptide vaccines for metastatic renal cell carcinoma, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 野澤 昌弘, 南 高文, 吉村 一宏, 2010 ASCO-GU,   2010年03月, 2010 ASCO-GU
  • Sorafenib inhibits tumor development and growth in a transgenic mouse model of prostate cancer, 植村 天受, 畑中 祐二, 泉 あやか, 岡崎 絵莉奈, 土井 万貴子, 田中 基幹, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 西尾 和人, デベラスコ マルコ アントニオ, 愛知医科大学, 102nd Auual Meeting AACR,   2011年04月, 102nd Auual Meeting AACR
  • A phase I trial of vegfr1 peptide vaccines for patients with metastatic renal cell carcinoma, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, AUA Auual Meeting,   2011年05月, AUA Auual Meeting
  • Use of prostate-specific PTEN conditional knockout mice in prostate cancer prevention and intervention research, 植村 天受, 田中 基幹, 小池 浩之, 山本 豊, 畑中 祐二, 王 一, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 西尾 和人, デベラスコ マルコ アントニオ, 愛知医科大学, 第70回日本癌学会総会,   2011年10月, 第70回日本癌学会総会

MISC

  • 医道白寿2-2-4 次世代の泌尿器癌治療戦略 : ワクチン療法について(次世代の尿路癌治療,第2部:ワークショップ,2.尿路癌の薬物療法,医道白寿企画,第99回日本泌尿器科学会総会), 吉村 一宏, 石井 徳味, 野澤 昌弘, 辻 秀憲, 林 泰司, 南 高文, 山本 豊, 清水 信貴, 植村 天受, 山田 亮, 野口 正典, 角田 卓也, 中村 祐輔, 日本泌尿器科學會雜誌, 102, 2,   2011年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008611752
  • APP-015 転移性腎細胞癌に対するソラフェニブ再投与療法の臨床効果(総会賞応募ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), 野澤 昌弘, 松村 直紀, 安田 宗生, 奥田 康登, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 102, 2,   2011年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008611959
  • PP-056 近畿大学泌尿器科における精巣腫瘍の臨床的検討(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), 松村 直紀, 安田 宗生, 奥田 康登, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 102, 2,   2011年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008612430
  • PP-111 骨転移前立腺癌に対する初回MAB療法の成績(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), 安田 宗生, 野澤 昌弘, 松村 直紀, 奥田 康登, 清水 信貴, 山本 豊, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 102, 2,   2011年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008612485
  • PP-140 近畿大学泌尿器科におけるBrachytherapyの検討(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), 南 高文, 松村 直紀, 安田 宗生, 奥田 康登, 清水 信貴, 山本 豊, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 102, 2,   2011年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008612513
  • PP-260 前立腺神経内分泌癌に対してドセタキセル+シスプラチン療法が奏功した症例(一般演題ポスター発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), 林 泰司, 大關 孝之, 齋藤 允孝, 奥田 康登, 野澤 昌弘, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 102, 2,   2011年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008612633
  • PP-767 エベロリムス投与における口内炎予防対策の検討(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), 永江 幸子, 西垣 こずえ, 持田 有香, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 辻 秀憲, 林 泰司, 南 高文, 山本 豊, 清水 信貴, 梅川 徹, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 102, 2,   2011年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008613140
  • OP-042 前立腺癌密封小線源療法前後のPressure Flow Studyを用いた排尿機能の検討(前立腺腫瘍/放射線治療5,一般演題口演,第98回日本泌尿器科学会総会), 清水 信貴, 南 高文, 沖 貴士, 林 泰司, 小池 浩之, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 梅川 徹, 石井 徳味, 吉村 一宏, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 101, 2,   2010年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007867960
  • OP-302 進行性腎細胞癌に対する三次治療としてのスニチニブの有効性の検討(腎腫瘍/薬物療法2,一般演題口演,第98回日本泌尿器科学会総会), 野澤 昌弘, 沖 貴士, 清水 信貴, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 小池 浩之, 梅川 徹, 吉村 一宏, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 101, 2,   2010年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007868219
  • OP-436 進行性腎癌に対するスニチニブによる有害事象の検討(腎腫瘍/薬物療法1,一般演題口演,第97回日本泌尿器科学会総会), 野澤 昌弘, 永江 幸子, 西垣 こずえ, 持田 有香, 大関 孝之, 吉川 元清, 中川 勝弘, 南 高文, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 100, 2,   2009年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007229051
  • PP-573 近畿大学泌尿器科におけるBrachytherapyの検討(前立腺腫瘍/放射線治療3,一般演題ポスター,第97回日本泌尿器科学会総会), 南 高文, 大関 孝之, 吉川 元清, 中川 勝弘, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 梅川 徹, 石井 徳味, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 100, 2,   2009年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007229360
  • WS4-3 腎細胞癌に対する新規分子療的治療の展開(新薬総括:新薬を理解しどう使い分けるか,第96回日本泌尿器科学会総会), 田中 基幹, 野澤 昌弘, マルコ デベラスコ, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 99, 2,   2008年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006653150
  • APP-033 膀胱癌細胞におけるVEGFR2の発現(尿路上皮腫瘍・精巣腫瘍/臨床,尿路上皮腫瘍・精巣腫瘍/基礎,総会賞応募ポスター,第96回日本泌尿器科学会総会), 野澤 昌弘, 有馬 良一, 渡邉 絵美, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 南 高文, 林 泰司, 田中 基幹, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 99, 2,   2008年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006653257
  • OP-260 進行性腎癌に対する分子標的薬治療による有害事象の検討(腎腫瘍/薬物療法2,一般演題口演,第96回日本泌尿器科学会総会), 野澤 昌弘, 永江 幸子, 大関 孝之, 齋藤 允孝, 南 高文, 林 泰司, 田中 基幹, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 99, 2,   2008年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006653599
  • OP-335 核磁気共鳴法を用いた膀胱癌由来尿中乳酸測定の意義(腎孟・尿管腫瘍/臨床、膀胱腫瘍/診断・マーカー,一般演題口演,第96回日本泌尿器科学会総会), 石井 徳味, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 99, 2,   2008年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006653674
  • OP-279 泌尿器腫瘍におけるFDG-PETの展望(第95回日本泌尿器科学会総会), 田中 基幹, 斎藤 允孝, 清水 信貴, 森 康範, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 松本 成史, 野澤 昌弘, 石井 徳味, 植村 天受, 細野 眞, 日本泌尿器科學會雜誌, 98, 2,   2007年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006294141
  • PP-142 核磁気共鳴法を用いた膀胱癌特異分子同定の試み(第95回日本泌尿器科学会総会), 石井 徳味, 松本 成史, 野澤 昌弘, 田中 基幹, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 98, 2,   2007年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006294401
  • PP-318 前立腺上皮細胞における beta-catenin の過剰発現は前立腺上皮細胞の増殖と表皮様構造への transdifferentiation を引き起こす(第95回日本泌尿器科学会総会), 野澤 昌弘, 南 高文, 田中 基幹, 上島 成也, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 98, 2,   2007年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006294577