KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

山縣 正幸ヤマガタ マサユキ

プロフィール

所属部署名経営学部 経営学科 / 商学研究科
職名教授
学位博士(商学)
専門企業行動論
ジャンル経営・産業/経営
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/125-yamagata-masayuki.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    「企業発展はいかにして可能か」を理論的に解明することが、研究の基本テーマです。その際、価値創造過程やステイクホルダーとの関係性の構築について、学説研究を軸に研究しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 2001年, 関西学院大学, 商学研究科, 商学専攻
  •  - 2004年, 関西学院大学, 商学研究科
  •  - 1999年, 関西学院大学, 商学部

経歴

  •   2017年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2009年04月,  - 2017年03月, 近畿大学(准教授)
  •   2006年04月,  - 2009年03月, 奈良産業大学 経営学部 経営学科(助教授,准教授)
  •   2003年04月,  - 2006年03月, 奈良産業大学(専任講師)

研究活動情報

研究分野

  • 経営学, 経営学

研究キーワード

  • 経営学

書籍等出版物

  • ビジネスをデザインする, 足立 辰雄(編著), 山縣 正幸ほか, 共著, 第1章「会社経営の理念と仕組み」, ミネルヴァ書房,   2016年03月, 9784623075423
  • サステナビリティと中小企業, 足立 辰雄, 井上 尚之, 山縣 正幸, 長岡 正, 服部 静枝, 長谷川 直哉, 中道 眞, 関 智宏, 久富 健治, 小松 史朗, 同友館,   2013年, 9784496049668
  • 組織デザインの原理 : 構想・原則・構造, Frese Erich, 井藤 正信, 宮田 将吾, 山縣 正幸, 柴田 明(経営学), 清水 敏允, 文眞堂,   2010年, 9784830946820
  • 企業発展の経営学 : 現代ドイツ企業管理論の展開, 山縣 正幸, 千倉書房,   2010年, 9784805109571
  • 企業発展の経営学 : 現代ドイツ企業管理論の展開, 山縣 正幸, 千倉書房,   2007年, 9784805108734
  • 『ヒューマン・リソース・マネジメント』(共訳), 税務経理協会,   2000年
  • ブライヒャー統合的企業管理論の基本思考, 経営学史学会編『現代経営と経営学史の挑戦―グローバル化・地球環境・組織と個人―』文眞堂,203-213ページ,   2003年
  • 『企業発展の経営学』, 千倉書房,   2007年, 978-4-8051-0873-4
  • 「企業発展と持続可能性 ―ドイツ企業におけるCSRの規範的マネジメントへの包摂―」, 片岡信之/海道ノブチカ編『現代企業の新地平』千倉書房,第6章,   2008年

MISC

  • ステイクホルダー型企業理論としてのニックリッシュ・モデル : その現代的意義と可能性, 山縣 正幸, 日本経営学会誌, 36, 49, 61,   2015年12月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010015345
    概要:This paper aims to clarify the contemporary significance of Heinrich Nicklisch's concept. In particular, we argue that his model of "Value Dynamics (Wertumlauf)" can be applied to explicate the relationship between a firm and its stakeholders which is referred to as a "value exchange relationship (=Austauschungsbeziehungen)" Nicklisch's Value Dynamics Model is focused on both value creation for the "desire satisfaction" and the distribution for contribution by various stakeholders. The latter aspect is very important to actualize the sustainable development of the firm in a dynamic environment. The reason is that a stakeholder's expectation (=desire) for firms may changes or expands rapidly. In such situations, firms should do what they can to capture necessary resources and capabilities from the stakeholders with satisfaction of their desires and expectations. Nevertheless, they have long been overlooked in previous studies on the stakeholder view of the firms/stakeholder theory. It seems necessary that we build a framework that seeks to explain the value exchange relationship with Nicklisch's concept as it may offer elucidation for the mechanism of this relationship. We have divided the paper into three sections; First, we point out that Nicklisch's framework focuses on the stream of the values (=value creation process). This framework is established to explain the process to transform various resources and capabilities into products and services with book keeping and accounting. Next, we examine his three laws of organization (=organizing laws), "Free (Frei)", "Design (Gestaltung)", and "Maintenance (Erhaltung)". These laws have been repeatedly criticized in their normativity, in particular, "the Law of Free". However, Nicklisch has advocated them based on empirical facts and the economic theories (Austrian school and Marginal Utility Theory). Through the integration of the three laws and the stream of the values, he has argued the possibility of two equilibriums of (1) activities for the value creation, and (2) distribution and contribution in the stakeholders relationship. In the final section, we apply his model to the elucidation of the stakeholders relationship in a contemporary firms with associating value added accounting and New Institutional Economics/the findings of the positive economic analysis. Through this inquiries, we make an attempt to reposition Nicklisch's concept in the history of management thought, and posit that his model can be extended into stakeholder-oriented firm theory.
  • ニックリッシュ学説の再検討 : 規範学派か?, 山縣 正幸, 商経学叢, 61, 3, 723, 766,   2015年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020542412
  • <論文>ニックリッシュ学説の再検討--規範学派か?, 山縣 正幸, 商経学叢, 61, 3, 195, 238,   2015年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005626193
    概要:I. 序 II. 欲望満足と主観的価値学説--ニックリッシュにおける価値概念の基調 III. 組織生成の原理としての協働 / 共同体思考IV. 組織法則と経営経済学--経営共同体思考の導入 V. ニックリッシュの理論枠組としての価値循環モデル VI. ニックリッシュ学説の限界と可能性 VII. 結[概要] ドイツ経営経済学の創成期における巨匠の一人に数えられるニックリッシュ(Nicklisch, Heinrich)の学説はシェーンプルーク(Schönpflug, Fritz)によって規範学派に分類されて以来, その規範性や1933年以降のナチス政権成立以降にみられる全体主義的傾向に議論の焦点が当てられてきた. たしかに, ニックリッシュ学説にそのような傾向をうかがわせる言明があるのは事実である. しかし, これは必ずしもニックリッシュの本意を捉えたものであるとは言えない. そこで, 本稿では, ニックリッシュ学説の再検討を通じて, 彼の主張の狙いを探ると同時に, その現代的可能性や意義, そして限界について考察する. [Abstract] The aim of this paper is to clarify the contemporary significance of the Heinrich Nicklisch's concept. Since his concept was classified the normative school in the German Business Administration Concepts by Fritz Schonpflug, the focus is on the normativity of Nicklisch's claim and an approximation to the "Nationalsozialismus". However, this approach is incomplete to estimate the Nicklisch's concept totally. So in this paper, weinquire to the Nicklisch's concept, notably "Wertbewegung / Wertumlauf (Value circulation net)" model and "Betriebsgemeinschaft" thought. This model is focused on the value creation for the "desire satisfaction" and distribution for the contribution by various stakeholders. This point have important implications to analyze the modern corporate behavior. Through this work, we present a contemporary and realistic significance ofthe Nicklisch's concept.
  • 価値創造の成就としての企業発展 : ドイツ経営経済学における展開を軸に, 山縣 正幸, 商経学叢, 61, 1, 123, 149,   2014年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005496979
    概要:Ⅰ. 序 II. 企業維持・企業成長・企業発展 III. ブライヒャーによる企業発展の概念規定 IV. "価値創造の成就"としての企業発展V. 結[概要] 現代の社会経済において, 企業が必要不可欠な存在となっていることは, ほぼ共通認識となっているといってよい. ただ, ここでいかなる企業観に立脚するのかによって, その先に展開される議論は多岐に分かれる. そのなかで, 稿者はこれまでドイツ経営経済学における利害多元的な企業モデルに立脚する諸学説に焦点を当てて考察を進めてきた. この諸学説に通底するのが, 「価値創造(Wertschopfung)の重視」と「指導原理としての企業発展(Unternehmungsentwicklung)」という2つの考え方である. 本稿では, ドイツ経営経済学におけるこれらの考え方の展開を踏まえて, 「企業発展」という概念を「価値創造の成就」という観点から捉え返す. それによって, 価値創造志向的経営経済学の理論枠組を構築するための基点を明確化したい.[Abstract] The aim of this paper is to clarify the concept of the "corporate development (die Unternehmungsentwicklung)" with focus on the theory of business administration in German-speaking region(die Betriebswirtschaftslehre). Especially, the "value creation view" of the firm(wertschopfungsorientierte Betriebswirtschaftslehre)attaches special importance to corporate development derived from the value creation for diversestake- holders. This paper attempts to make clear that concept of the corporate development in business administration in German-speaking region. By so doing, we suggest one approach to constract the base of theoretical framework for the "value creation view" of the firm.
  • 書評 なぜ経営学史は在るのか、なぜ要るのか 柴田明著『ドイツ・システム論的経営経済学の研究』, 山縣 正幸, 経営哲学, 11, 1, 66, 69,   2014年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020091261
  • 動態的主観主義にもとづく企業理論の可能性, 山縣 正幸, 商経学叢, 169, 523, 554,   2013年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005442021
  • 企業用具説の基本思考 (綿田弘先生退任記念号), 山縣 正幸, 商経学叢, 58, 2, 461, 477,   2011年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120004206366
    概要:[概要] ステイクホルダー型企業モデルに関する研究は, 少なからず存在する。にもかかわらず, 社会的側面に焦点があてられることが多いためか, ステイクホルダーと企業とのあいだの交換関係に重点を置いた研究はあまりみられない。そこで, 本稿においては, ステイクホルダーと企業とのあいだの交換関係を捉えようとしたシュミット(Schmidt, R.-B.)の「企業用具説」(Das Instrumentalthese der Unternehmung)について考察する。この学説は, コジオール(Kosiol, E)の収支的貸借対照表や, その源にあるシュマーレンバッハ(Schmalenbach, E), ニックリッシュ(Nicklisch, H), ワルプ(Walb, E)などによって展開された「価値の流れ」の考え方を下敷きにしつつ, 企業をとりまくステイクホルダーとの関係性を捉えうる枠組を提供している。本稿では企業用具説の基本思考について考察し, 続稿で予定している「成果使用」(Erfolgsverwendung) に関する検討へとつなげたい。 [Abstract] The aim of this paper is to clarify the instrumental thesis of the firm, that is advocated by Ralf- Bodo Schmidt. Recently, Stakeholder-oriented Models of Corporation are suggested by many scholars of the business administration. Nevertheless, we don't have many models that take the focus on the (economic) exchange relation between stakeholders and the corporation. So in this paper, we inquire to the instrumental thesis of the firm. This thesis is based on the concept "Corporate Process (Unternehmungsprozess)" advocated by Erich Kosiol, Schmalenbach's concept of "dynamische Bilanz", Nicklisch's concept of "Value circulation net" and Walb's thesis of convectional kinetics of value etc. Furthermore, this thesis offers a framework to grasp the relationship between Stakeholders and the Corporation. In this paper, we consider and argue about the fundamental thought of the instrumental thesis of the firm.
  • 価値創造過程としての企業--コジオール学派における動態的企業観に関する一考察, 山縣 正幸, 商経学叢, 57, 2, 419, 449,   2010年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120003002914
    概要:目次, I.序, II.動態的企業観としての企業過程, III.価値創造理論としての経営経済学, IV.知的資産の企業過程/価値創造過程への定位, V.結[概要] 近年,企業をフロー(流れ)として捉えるというアプローチが示されるなど, 企業の動態的把捉は経営学における一つの課題として位置づけられる。このような観点は, ドイツ経営経済学において長くうけつがれてきた。そこで, 本稿においては, ドイツ経営経済学において一定の影響力を今なお保っているコジオール(Kosiol, E.)とその流れを汲む研究者, とりわけキュッパー(Kupper, H.-U.)の企業観に関する所説を検討する。コジオール学派の企業観は, シュマーレンバッハ(Schmalenbach, E)の「動的貸借対照表論」やニックリッシュ(Nicklisch, H.)の「価値循環思考」から影響をうけつつ, 管理や組織の問題も視野に入れた「企業過程論」として構築されてきた。キュッパーは, 企業過程論をさらに理論的に彫琢し, 価値創造過程理論としての経営経済学という構想を打ち出している。これらの所説の特質を検討し, さらに補完すべき点や克服すべき課題を明らかにすることで, 動態的企業観ないし企業理論を構築する手掛かりを得たい。[Abstract] The aim of this paper is to clarify the dynamic view of the firm, that is advocated by Erich Kosiol and Hans-Ulrich Kupper. Many scholars of the business administration in Germany (Betriebswirtschaftslehre) succeed to the dynamic view of the firm. Especially, Kosiol advocated the concept "Corporate Process (Unternehmungsprozess)". This concept is based on Schmalenbach's concept of "dynamische Bilanz" and Nicklisch's concept of "Value circulation net", and furthermore subsumes Problems on Management and Organization. Kupper's concept "Value Creating Process Theory as Business Administration (Wertschopfungstheorie als Betriebswirtschaftslehre)" is based on Kosiol's concept, and polishes up with production-, cost-, finance-, human resource management-, and organization theory. In this paper, these concepts are considered and argued about the supplemented contemporary themes. Through this argument, we suggest one approach of the concept of the dynamic view of the contemporary corporation.
  • 書評 宮坂純一著『道徳的主体としての現代企業』, 山縣 正幸, 産業と経済, 24, 3, 141, 156,   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017067907
  • トップ・マネジメント機関の形成 : 企業体制の形成理論(上), 山縣 正幸, 奈良産業大学産業と経済, 18, 4, 473, 490,   2004年06月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005859412
  • 統合的企業管理論の基本構想, 関西学院大学大学院商学研究科研究会, 『関西学院商学研究』, 49, 49, 223, 238,   2001年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000051097
  • [共同研究]衣笠家良の生涯(上) : 生誕から内大臣致仕まで, 野中 和孝, 山縣 正幸, 活水論文集. 現代日本文化学科編, 46, 1, 21,   2003年03月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000040615
    概要:At the world of tanka on Gosaga-in(後嵯峨院), the eighty-second emperor, leyoshi Kinugasa(衣笠家良) is a famous poet in thirteenth century. He is established as a poet of anti-Mikohidari's sect(反御子左派). Certainly we can follow his action of the tanka's world as such with Shinkan(真観) and Rokujo-Tomoie(六条杜知家) and Kujo-M otoie(九条基家). But on the other hand we can not say that he is not an anti-Mikohidari's sect by the various estimations. Many scholars already have argued for leyoshi Kinugasa's achievements. And we can know by two texts of his poem collection. By reference to these studies and texts I would like to take hold of his whole life.
  • <研究>企業政策の形成過程, 山縣 正幸, 商學論究, 50, 3, 85, 101,   2003年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000185871
  • <研究>ブライヒャーの企業理念論, 山縣 正幸, 関西学院商学研究, 50, 175, 195,   2002年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000051112
  • 企業政策論の基本思考, 関西学院大学大学院商学研究科研究会, 『関西学院商学研究』, 51, 51, 167, 186,   2002年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000051140
  • ブライヒャーの企業理念論, 関西学院大学大学院商学研究科研究会, 『関西学院商学研究』, 50, 175, 195,   2002年
  • 企業政策の形成過程, 関西学院大学商学研究会, 『商学論究』, 50, 3, 85, 101,   2003年
  • 統合的企業管理論における企業体制, 関西学院大学大学院商学研究科研究会, 『関西学院商学研究』, 52, 52, 103, 121,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000051150
  • 統合的企業管理論における企業文化, 奈良産業大学経済経営学会, 『産業と経済』, 20, 2, 61, 80,   2005年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005859428
  • ヨーロッパ統合とドイツ企業経営 ―現代ドイツ企業管理論の生成背景―, 奈良産業大学経済経営学会, 『産業と経済』, 21, 2, 33, 55,   2006年03月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005859454
  • トップ・マネジメント機関の形成 ―企業体制の形成理論(上)―, 奈良産業大学経済経営学会, 『産業と経済』, 18, 4, 473, 490,   2003年
  • 企業の包括的枠組としての規範的マネジメント ―ブライヒャー企業管理論の中心問題―, 日本経営学会, 『日本経営学会誌』, 16, 3, 15,   2006年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006951922
    概要:The aim of this paper is to clarify the critical points at issue of "Normative Management". The concept "Normative Management" is advocated by Prof. Dr. Knut Bleicher (University St. Gallen). This concept, it is attempted to systematize the functions of corporate executives ("Unternehmungsfuhrung" in Germany). "Normative Management" is placed at the highest level in Bleicher's concept of "Integrated Management" and its primary task is to establish the justification for existence of the corporation to bring its development to fruition. "Normative Management" is composed of four factors, namely Corporate Philosophy (Unternehmungsphilosophie), Business Policy (Unternehmungspolitik), Decision-Making and Supervising Structure (Unternehmungsverfassung), and Corporate Culture (Unternehmungskultur). Corporate Philosophy explains the meaning for existence of the corporation in the society and determines the course of development of the corporation. Business Policy is placed on Corporate Philosophy, and its core issue is to set missions as goals that guide effective use of resources and potentials of the corporation. When setting such missions, it is important to take account of economic and social aspects. The social aspects include the relationship between a corporation and its stakeholders, and ecological problems etc. Decision-Making and Supervising Structure is a formal rule system for executing Business Policy. For example, it regulates top management organization, the style of alliance between other corporation, and management-holding structure. Lastly, Corporate Culture is to direct behavioral assumptions of members for corporate development. Compared with "Unternehmungsverfassung" as a formal rule system, "Unternehmungskultur" acts as an informal rule system (an unwritten rule). In a complex and dynamic environment, corporate executives must realize corporate development through managing appropriately these four factors. This issue strongly relates to the current problems of "Corporate Governance", "Corporate Social Responsibility", and "Business Ethics". This paper suggests that "Normative Management" provides useful approach to cope with these issues.
  • 企業発展とトップ・マネジメントの役割 ―「規範的マネジメント」論の意義をめぐって―, 奈良産業大学経済経営学会, 『産業と経済』, 21, 2, 119, 139,   2006年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006454356

競争的資金

  • その他の研究制度, 経営管理論(日欧比較を中心に)
  • その他の研究制度, 経営学説史および社会科学方法論
  • 比較企業経営論(日欧比較を中心に)
  • 企業論