KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

山田 克宣ヤマダ カツノリ

プロフィール

所属部署名経済学部 経済学科 / 経済学研究科
職名准教授
学位博士(経済学)
専門マクロ経済学
ジャンル経済/経済理論
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1260-yamada-katunori.html
ホームページURLhttp://www.eonet.ne.jp/~kyamada/
メールアドレス
Last Updated :2017/11/22

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    経済成長と資産価格の関係、特に企業の無形資本(のれん価値など)がマクロ経済の中でのどのように蓄積され、市場で評価されているか分析しています。

学歴・経歴

学歴

  • 2001年04月 - 2006年03月, 京都大学, 大学院経済学研究科
  • 1996年04月 - 2000年03月, 京都大学, 経済学部

経歴

  •   2014年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2013年08月,  - 2013年11月, Academia Sinica(Visiting researcher)
  •   2012年11月,  - 2013年07月, Universitat Autonoma de Barcelona(Visiting researcher)
  •   2011年04月,  - 2014年03月, 大阪大学 社会経済研究所(講師)
  •   2010年10月,  - 2010年10月, Paris School of Economics(Visiting researcher)
  •   2008年10月,  - 2011年03月, 大阪大学 社会経済研究所(特任研究員(常勤))
  •   2006年04月,  - 2008年09月, 大阪大学大学院 経済学研究科(日本学術振興会特別研究員(PD))
  •   2000年04月,  - 2000年12月, 東京三菱銀行

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 応用経済学
  • 神経科学, 神経科学一般

研究キーワード

  • マクロ経済学, 行動経済学, 包括脳ネットワーク, 脳プロ

論文

  • When Experienced and Decision Utility Concur: The Case of Income Comparisons, Clark, A., C. Senik, and K. Yamada, Journal of Behavioral and Experimental Economics, Forthcoming,   2017年, 査読有り
  • Appraising Unhappiness in the Wake of the Great East Japan Earthquake, Ohtake, F., K. Yamada, and S. Yamane, Japanese Economic Review, 67, 4, 403, 417,   2016年12月, 査読有り
  • Overstatement in happiness reporting with ordinal, bounded scale, S.C. Tanaka*, K. Yamada*, R. Kitada, S. Tanaka, S.K. Sugawara, F. Ohtake, and N. Sadato, Scientific Reports, 6, 21321, 1, 8,   2016年02月, 査読有り
  • Caste comparisons: Evidence from India, Fontaine, X. and K. Yamada, World Development, 64, 407, 419,   2014年12月, 査読有り
  • Neural Mechanisms of Gain-Loss Asymmetry in Temporal Discounting, Tanaka, SC., K. Yamada, H. Yoneda, and F. Ohtake, Journal of Neuroscience, 34, 16, 5595, 5602,   2014年04月, 査読有り
  • Education, Innovation, and Long-Run Growth, Hori, K. and K. Yamada, Japanese Economic Review, 64, 3, 295, 318,   2013年09月, 査読有り
  • Another Avenue for Anatomy of Income Comparisons: Evidence from Hypothetical Choice Experiments, Yamada, K. and M. Sato, Journal of Economic Behavior and Organization, 89, C, 35, 57,   2013年05月, 査読有り
  • A Numerical Study on Assessing Sustainable Development with Future Genuine Savings Simulation, Sato, M., S. Samreth, and K. Yamada, International Journal of Sustainable Development, 15, 4, 293, 312,   2012年12月, 査読有り
  • Japan's Intangible Capital and Valuation of Corporations in a Neoclassical Framework, Arato, H. and K.Yamada, Review of Economic Dynamics, 15, 4, 459, 478,   2012年10月, 査読有り
  • Macroeconomic implications of conspicuous consumption: A Sombartian dynamic model,, Katsunori Yamada, Journal of Economic Behavior & Organization, 67, 1, 322, 337,   2008年07月, 査読有り
  • A Role of public finance in the Ghatak and Jiang model a comment, Katsunori Yamada, Economics Bulletin, 4, 38, 1, 10,   2006年, 査読有り
  • Satisfaction and Comparison Income in Japan: evidence from data of Japanese union workers, Takashi Saito, Atsushi Sannabe, and Katsunori Yamada, Economics Bulletin, 4, 17, 1, 20,   2006年, 査読有り
  • Public versus Private Education in an Endogenous Growth Model with Social Status, Katsunori Yamada, Economics Bulletin, 15, 11, 1, 9,   2005年, 査読有り

MISC

  • Social Preference: Measurement Issues, Interventions, and Its Origin, 山田克宣, 日米先端科学シンポジウム,   2016年12月
  • 技術力や組織力、ブランド… 日本の「真の生産能力」とは, 山田克宣, 日経ビジネス(気鋭の経済論点), 7/11, 124, 125,   2016年07月, 招待有り
  • アウトリーチ(順序尺度を用いた幸福度の報告における過剰報告バイアス), 山田克宣, NIPS Research,   2016年05月
  • アウトリーチ: 所得比較効果の経済実験, 山田克宣, 日経ビジネスONLINE(気鋭の論点),   2015年02月, 招待有り
  • ニック・ポータヴィー著『幸福の計算式』(書評), 山田克宣, 季刊 家計経済研究, 95,   2012年07月, 招待有り
  • Ordinal Reports of Subjective Well-Being as a Proxy for Cardinal Utility, Katsunori Yamada, Saori C. Tanaka, and Fumio Ohtake, Neuroscience Research, 68, Supplement 1, e412, e412,   2010年09月, 査読有り
  • 社会的地位選好と職業選択のある内生的成長モデル:信用市場が不完備であるケースにつ いての分析, 山田克宣, 京都大学経済論叢, 176, 2, 147, 165,   2006年08月, 査読有り

受賞

  •   2013年07月, 大阪大学, 総長奨励賞

競争的資金

  • 文部科学省, 若手研究A (16H05951), 経済実験と非侵襲脳活動イメージングによる言語が社会効用に与える影響の解明, 山田克宣
  • 文部科学省, 挑戦的萌芽研究 (26590027), 貧困の罠がある資本蓄積モデルのマクロ経済実験, 山田克宣
  • 文部科学省, 若手研究A (24683006), 主観的幸福度アプローチと仮想離散選択実験による相対効用効果の推定, 山田克宣
  • 文部科学省, 挑戦的萌芽研究 (24653058), 非侵襲脳活動イメージングと仮想離散選択実験による社会効用の神経基盤の解明, 山田克宣
  • 文部科学省, 若手スタートアップ (21830057), 社会的地位選好論の動学分析と実証研究, 山田克宣

その他

  •   2015年04月, 仮想離散選択実験の非侵襲脳活動イメージングデータ解析による社会効用の神経基盤の解明, 近畿大学学内研究助成金 奨励研究助成金 SR01 研究内容: fMRIを用いた社会効用についての神経科学実験