KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

水野 成人ミズノ シゲト

プロフィール

所属部署名近畿大学奈良病院
職名教授/部長
学位博士(医学)
専門消化器内科
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/1402-shigeto-mizuno.html
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/80368349.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2019/05/23

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    消化器疾患全般を対象としていますが、特に膵・胆道系疾患の画像診断と内視鏡的治療が専門分野です。

学歴・経歴

学歴

  • 1980年04月 - 1986年03月, 京都府立医科大学, 医学部

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学医学部奈良病院(教授)
  •   2007年04月,  - 2015年03月, 神戸薬科大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 消化器内科学
  • 社会医学, 疫学・予防医学
  • 薬学, 医療系薬学

研究キーワード

  • ヘリコバクター・ピロリ, 摂量調節ペプチド, インターフェロン, 摂食調節ペプチド, 臨床疫学研究, 消化器疾患, 糖尿病, 費用便益分析, 生活習慣病, 肥満, 減量手術, 医療経済

論文

  • CD44v-dependent upregulation of xCT is involved in the acquisition of cisplatin-resistance in human lung cancer A549 cells., Horibe S, Kawauchi S, Tanahashi T, Sasaki N, Mizuno S, Rikitake Y, Biochemical and biophysical research communications, 507, 1-4, 426, 432,   2018年12月, 査読有り
  • Association between α-Klotho and Deep White Matter Lesions in the Brain: A Pilot Case Control Study Using Brain MRI., Kuriyama N, Ozaki E, Mizuno T, Ihara M, Mizuno S, Koyama T, Matsui D, Watanabe I, Akazawa K, Takeda K, Takada A, Inaba M, Yamada S, Motoyama K, Takeshita W, Iwai K, Hashiguchi K, Kobayashi D, Kondo M, Tamura A, Yamada K, Nakagawa M, Watanabe Y, Journal of Alzheimer's disease : JAD, 61, 1, 145, 155,   2018年, 査読有り
  • Japanese female Kendo practitioners are associated with high radial bone mineral density., Matsui D, Watanabe I, Koyama T, Ozaki E, Kuriyama N, Mizuno S, Watanabe Y, Journal of sports sciences, 35, 18, 1, 6,   2017年09月, 査読有り
  • Association between loss of bone mass due to short sleep and leptin-sympathetic nervous system activity., Kuriyama N, Inaba M, Ozaki E, Yoneda Y, Matsui D, Hashiguchi K, Koyama T, Iwai K, Watanabe I, Tanaka R, Omichi C, Mizuno S, Kurokawa M, Horii M, Niwa F, Iwasa K, Yamada S, Watanabe Y, Archives of gerontology and geriatrics, 70, 201, 208,   2017年05月, 査読有り
  • Association between Mid-Regional Proadrenomedullin Levels and Progression of Deep White Matter Lesions in the Brain Accompanying Cognitive Decline., Kuriyama N, Ihara M, Mizuno T, Ozaki E, Matsui D, Watanabe I, Koyama T, Kondo M, Tokuda T, Tamura A, Yamada K, Akazawa K, Takeda K, Takada A, Mizuno S, Nakagawa M, Watanabe Y, Journal of Alzheimer's disease : JAD, 56, 4, 1253, 1262,   2017年, 査読有り
  • Down-regulation of hepatic CYP3A1 expression in a rat model of indomethacin-induced small intestinal ulcers., Kawauchi S, Nakamura T, Horibe S, Tanahashi T, Mizuno S, Hamaguchi T, Rikitake Y, Biopharmaceutics & drug disposition, 37, 9, 522, 532,   2016年12月, 査読有り
  • Serum albumin to globulin ratio is related to cognitive decline via reflection of homeostasis: a nested case-control study., Koyama T, Kuriyama N, Ozaki E, Matsui D, Watanabe I, Miyatani F, Kondo M, Tamura A, Kasai T, Ohshima Y, Yoshida T, Tokuda T, Mizuta I, Mizuno S, Yamada K, Takeda K, Matsumoto S, Nakagawa M, Mizuno T, Watanabe Y, BMC neurology, 16, 1, 253,   2016年12月, 査読有り
  • Self-expanding metallic stent improves histopathologic edema compared with transanal drainage tube for malignant colorectal obstruction., Takeyama H, Kitani K, Wakasa T, Tsujie M, Fujiwara Y, Mizuno S, Yukawa M, Ohta Y, Inoue M, Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society, 28, 4, 456, 464,   2016年05月, 査読有り
  • CD62-mediated activation of platelets in cerebral white matter lesions in patients with cognitive decline., Kuriyama N, Mizuno T, Yasuike H, Matsuno H, Kawashita E, Tamura A, Ozaki E, Matsui D, Watanabe I, Koyama T, Miyatani F, Kondo M, Tokuda T, Ohshima Y, Muranishi M, Akazawa K, Takada A, Takeda K, Matsumoto S, Mizuno S, Yamada K, Nakagawa M, Watanabe Y, Archives of gerontology and geriatrics, 62, 118, 124,   2016年01月, 査読有り
  • Preventative Effects of Sodium Alginate on Indomethacin-induced Small-intestinal Injury in Mice., Horibe S, Tanahashi T, Kawauchi S, Mizuno S, Rikitake Y, International journal of medical sciences, 13, 9, 653, 663,   2016年, 査読有り
  • Radiofrequency Ablation Guided by Contrast-Enhanced Sonography versus B-Mode Sonography for Hepatocellular Carcinoma after Transcatheter Arterial Chemoembolization., Kawasaki T, Hata KY, Kinoshita D, Takayama M, Okuda H, Mizuno S, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 692, 695,   2016年, 査読有り
  • Serologically Determined Gastric Mucosal Condition Is a Predictive Factor for Osteoporosis in Japanese Men., Mizuno S, Matsui D, Watanabe I, Ozaki E, Kuriyama N, Watanabe Y, Digestive diseases and sciences, 60, 7, 2063, 2069,   2015年07月, 査読有り
  • Cisplatin resistance in human lung cancer cells is linked with dysregulation of cell cycle associated proteins., Horibe S, Matsuda A, Tanahashi T, Inoue J, Kawauchi S, Mizuno S, Ueno M, Takahashi K, Maeda Y, Maegouchi T, Murakami Y, Yumoto R, Nagai J, Takano M, Life sciences, 124, 31, 40,   2015年03月, 査読有り
  • Downregulation of CYP3A and P-glycoprotein in the secondary inflammatory response of mice with dextran sulfate sodium-induced colitis and its contribution to cyclosporine A blood concentrations., Kawauchi S, Nakamura T, Miki I, Inoue J, Hamaguchi T, Tanahashi T, Mizuno S, Journal of pharmacological sciences, 124, 2, 180, 191,   2014年, 査読有り
  • Intestinal and hepatic expression of cytochrome P450s and mdr1a in rats with indomethacin-induced small intestinal ulcers., Kawauchi S, Nakamura T, Yasui H, Nishikawa C, Miki I, Inoue J, Horibe S, Hamaguchi T, Tanahashi T, Mizuno S, International journal of medical sciences, 11, 12, 1208, 1217,   2014年, 査読有り
  • [Contribution of clinical laboratory to the diabetes care team: efforts in physiological laboratory]., Komiyama Y, Fujita K, Ikeda K, Fujii K, Uchino Y, Takahashi M, Itami H, Ito T, Kitagawa Y, Mizuno S, Habu D, Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology, 61, 10, 955, 960,   2013年10月, 査読有り
  • Effect of 18β-glycyrrhetinic acid and hydroxypropyl γcyclodextrin complex on indomethacin-induced small intestinal injury in mice., Ishida T, Miki I, Tanahashi T, Yagi S, Kondo Y, Inoue J, Kawauchi S, Nishiumi S, Yoshida M, Maeda H, Tode C, Takeuchi A, Nakayama H, Azuma T, Mizuno S, European journal of pharmacology, 714, 1-3, 125, 131,   2013年08月, 査読有り
  • Impact of Helicobacter pylori eradication on circulating adiponectin in humans., Ando T, Ishikawa T, Takagi T, Imamoto E, Kishimoto E, Okajima A, Uchiyama K, Handa O, Yagi N, Kokura S, Naito Y, Mizuno S, Asakawa A, Inui A, Yoshikawa T, Helicobacter, 18, 2, 158, 164,   2013年04月, 査読有り
  • Linoleoyl ethanolamide reduces lipopolysaccharide-induced inflammation in macrophages and ameliorates 2,4-dinitrofluorobenzene-induced contact dermatitis in mice., Ishida T, Nishiumi S, Tanahashi T, Yamasaki A, Yamazaki A, Akashi T, Miki I, Kondo Y, Inoue J, Kawauchi S, Azuma T, Yoshida M, Mizuno S, European journal of pharmacology, 699, 1-3, 6, 13,   2013年01月, 査読有り
  • Plasma ghrelin isoforms and gastric ghrelin O-acyltransferase expression are influenced by Helicobacter pylori status., Ando T, Mizuno S, Ishida T, Kondo Y, Miki I, Yoshida M, Azuma T, Ishikawa T, Takagi T, Yagi N, Kokura S, Naito Y, Yoshikawa T, Asakawa A, Inui A, Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.), 28, 10, 967, 972,   2012年10月, 査読有り
  • Soluble β-glucan from Grifola frondosa induces proliferation and Dectin-1/Syk signaling in resident macrophages via the GM-CSF autocrine pathway., Masuda Y, Togo T, Mizuno S, Konishi M, Nanba H, Journal of leukocyte biology, 91, 4, 547, 556,   2012年04月, 査読有り
  • AP1B plays an important role in intestinal tumorigenesis with the truncating mutation of an APC gene., Mimura M, Masuda A, Nishiumi S, Kawakami K, Fujishima Y, Yoshie T, Mizuno S, Miki I, Ohno H, Hase K, Minamoto T, Azuma T, Yoshida M, International journal of cancer, 130, 5, 1011, 1020,   2012年03月, 査読有り
  • Inhibitory effects of glycyrrhetinic Acid on DNA polymerase and inflammatory activities., Ishida T, Mizushina Y, Yagi S, Irino Y, Nishiumi S, Miki I, Kondo Y, Mizuno S, Yoshida H, Azuma T, Yoshida M, Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM, 2012, 650514,   2012年, 査読有り
  • THRB genetic polymorphisms can predict severe myelotoxicity after definitive chemoradiotherapy in patients with esophageal squamous cell carcinoma., Miki I, Nakamura T, Kuwahara A, Yamamori M, Nishiguchi K, Tamura T, Okuno T, Omatsu H, Mizuno S, Hirai M, Azuma T, Sakaeda T, International journal of medical sciences, 9, 9, 748, 756,   2012年, 査読有り
  • Helicobacter suis KB1 derived from pig gastric lymphoid follicles induces the formation of gastric lymphoid follicles in mice through the activation of B cells and CD4 positive cells., Yamamoto K, Tanaka H, Nishitani Y, Nishiumi S, Miki I, Takenaka M, Nobutani K, Mimura T, Ben Suleiman Y, Mizuno S, Kawai M, Uchiyama I, Yoshida M, Azuma T, Microbes and infection, 13, 7, 697, 708,   2011年07月, 査読有り
  • Vitamin K3 attenuates cerulein-induced acute pancreatitis through inhibition of the autophagic pathway., Chinzei R, Masuda A, Nishiumi S, Nishida M, Onoyama M, Sanuki T, Fujita T, Moritoh S, Itoh T, Kutsumi H, Mizuno S, Azuma T, Yoshida M, Pancreas, 40, 1, 84, 94,   2011年01月, 査読有り
  • Prescreening of a high-risk group for gastric cancer by serologically determined Helicobacter pylori infection and atrophic gastritis., Mizuno S, Miki I, Ishida T, Yoshida M, Onoyama M, Azuma T, Habu Y, Inokuchi H, Ozasa K, Miki K, Watanabe Y, Digestive diseases and sciences, 55, 11, 3132, 3137,   2010年11月, 査読有り
  • Monoacetylcurcumin strongly regulates inflammatory responses through inhibition of NF-kappaB activation., Nishida M, Nishiumi S, Mizushina Y, Fujishima Y, Yamamoto K, Masuda A, Mizuno S, Fujita T, Morita Y, Kutsumi H, Yoshida H, Azuma T, Yoshida M, International journal of molecular medicine, 25, 5, 761, 767,   2010年05月, 査読有り
  • Potential antitumor activity of a low-molecular-weight protein fraction from Grifola frondosa through enhancement of cytokine production., Kodama N, Mizuno S, Nanba H, Saito N, Journal of medicinal food, 13, 1, 20, 30,   2010年02月, 査読有り
  • Resolvin E1, an endogenous lipid mediator derived from eicosapentaenoic acid, prevents dextran sulfate sodium-induced colitis., Ishida T, Yoshida M, Arita M, Nishitani Y, Nishiumi S, Masuda A, Mizuno S, Takagawa T, Morita Y, Kutsumi H, Inokuchi H, Serhan CN, Blumberg RS, Azuma T, Inflammatory bowel diseases, 16, 1, 87, 95,   2010年01月, 査読有り
  • Synergistic effect of HLA class II loci and cytokine gene polymorphisms on the risk of gastric cancer in Japanese patients with Helicobacter pylori infection., Ando T, Ishikawa T, Kato H, Yoshida N, Naito Y, Kokura S, Yagi N, Takagi T, Handa O, Kitawaki J, Nakamura N, Hasegawa G, Fukui M, Imamoto E, Nakamura C, Oyamada H, Isozaki Y, Matsumoto N, Nagao Y, Okita M, Nakajima Y, Kurokawa M, Nukina M, Ohta M, Mizuno S, Ogata M, Obayashi H, Park H, Kitagawa Y, Nakano K, Yoshikawa T, International journal of cancer, 125, 11, 2595, 2602,   2009年12月, 査読有り
  • Maitake beta-glucan enhances therapeutic effect and reduces myelosupression and nephrotoxicity of cisplatin in mice., Masuda Y, Inoue M, Miyata A, Mizuno S, Nanba H, International immunopharmacology, 9, 5, 620, 626,   2009年05月, 査読有り
  • [Intracellular traffic and the immune surveillance by neonatal Fcgamma receptor for IgG]., Yoshida M, Masuda A, Fujishima Y, Nishiumi S, Mizuno S, Kutsumi H, Inokuchi H, Azuma T, Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 81, 4, 308, 314,   2009年04月, 査読有り
  • Role of Fc Receptors as a therapeutic target., Masuda A, Yoshida M, Shiomi H, Morita Y, Kutsumi H, Inokuchi H, Mizuno S, Nakamura A, Takai T, Blumberg RS, Azuma T, Inflammation & allergy drug targets, 8, 1, 80, 86,   2009年03月, 査読有り
  • Validation of the pepsinogen test method for gastric cancer screening using a follow-up study., Mizuno S, Kobayashi M, Tomita S, Miki I, Masuda A, Onoyama M, Habu Y, Inokuchi H, Watanabe Y, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 12, 3, 158, 163,   2009年, 査読有り
  • Fcgamma receptor regulation of Citrobacter rodentium infection., Masuda A, Yoshida M, Shiomi H, Ikezawa S, Takagawa T, Tanaka H, Chinzei R, Ishida T, Morita Y, Kutsumi H, Inokuchi H, Wang S, Kobayashi K, Mizuno S, Nakamura A, Takai T, Blumberg RS, Azuma T, Infection and immunity, 76, 4, 1728, 1737,   2008年04月, 査読有り
  • Association of killer cell immunoglobulin-like receptor genotypes with susceptibility to endometriosis., Kitawaki J, Xu B, Ishihara H, Fukui M, Hasegawa G, Nakamura N, Mizuno S, Ohta M, Obayashi H, Honjo H, American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989), 58, 6, 481, 486,   2007年12月, 査読有り
  • A role for pancreatic polypeptide in feeding and body weight regulation., Kojima S, Ueno N, Asakawa A, Sagiyama K, Naruo T, Mizuno S, Inui A, Peptides, 28, 2, 459, 463,   2007年02月, 査読有り
  • Mosapride improves food intake, while not worsening glycemic control and obesity, in ob/ob obese mice with decreased gastric emptying., Asakawa A, Ueno N, Katagi M, Ijuin Y, Morita Y, Mizuno S, Inui T, Sakamaki R, Shinfuku N, Uemoto M, Journal of diabetes and its complications, 20, 1, 56, 58,   2006年01月, 査読有り
  • Terminology and global standardization of endoscopic information: Minimal Standard Terminology (MST)., Fujino MA, Bito S, Takei K, Mizuno S, Yokoi H, Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference, 1, 2606, 2609,   2006年, 査読有り
  • Helicobacter pylori infection is associated with colon adenomatous polyps detected by high-resolution colonoscopy., Mizuno S, Morita Y, Inui T, Asakawa A, Ueno N, Ando T, Kato H, Uchida M, Yoshikawa T, Inui A, International journal of cancer, 117, 6, 1058, 1059,   2005年12月, 査読有り
  • Helicobacter pylori cytotoxin: a novel ligand for receptor-like protein tyrosine phosphatase beta (review)., Inui T, Mizuno S, Takai K, Nakagawa M, Uchida M, Fujimiya M, Asakawa A, Inui A, International journal of molecular medicine, 12, 6, 917, 921,   2003年12月, 査読有り

MISC

  • 胎児性Fcγ受容体による細胞内トラフィックと免疫監視機構, 吉田 優, 増田 充弘, 藤島 佳未, 西海 信, 水野 成人, 久津見 弘, 井口 秀人, 東 健, 生化學, 81, 4, 308, 314,   2009年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024916493
  • 【胆膵疾患内視鏡アトラス】 胆管 透亮像・陰影欠損 胆道出血, 水野 成人, 消化器内視鏡, 30, 増刊, 158, 159,   2018年10月
  • 【機能性消化管障害を診るコツ NERD/FD/IBSを中心に】 非心臓性胸痛の診断・治療のコツ, 羽生 泰樹, 西山 悟, 青井 一憲, 高橋 和人, 馬場 希一郎, 塩見 圭佑, 土屋 さやか, 高 貴範, 菅原 悦子, 水野 成人, 川井 啓市, 消化器の臨床, 14, 1, 40, 44,   2011年02月
    概要:胸痛患者の診療では、まず緊急性があり生命予後に影響する虚血性心疾患などの除外が重要である。心臓由来が否定されたものは非心臓性胸痛(non cardiac chest pain:NCCP)と呼ばれ、なかでも胃食道逆流症による胸痛(GERD関連NCCP)の重要性が強調されている。GERD関連NCCPの診断には、内視鏡検査およびプロトンポンプ阻害薬(proton pump inhibitor:PPI)による治療的診断(PPIテスト)が有用であり、治療はPPIが第一選択である。非GERD関連NCCPの治療薬は痛み調整薬が中心であり、亜硝酸薬やカルシウム拮抗薬も試みられることがあるが、効果は不確実で、注意深い使用が望ましい。難治例・重症例では心理的介入が必要な場合も多く、心身医学専門家への紹介を考慮すべきである。(著者抄録)
  • ダナパロイドナトリウムにより門脈血栓の改善を認めた1例, 福田 亘, 森 敬弘, 光本 保英, 廣瀬 亮平, 内藤 達志, 南 竜城, 森本 泰隆, 清水 香代子, 伊藤 正, 清水 誠治, 本庶 元, 水野 成人, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 16, 4, 193, 198,   2010年12月, 10.11423/jsph.16.193, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003378801
    概要:症例は80歳代女性.肝硬変で通院中であったが,平成21年1月急激な腹部膨満感,体重増加を認め当院受診.腹部超音波,CTにて多量の腹水と上腸間膜静脈から門脈本幹・右枝に血栓形成を認めたため当科入院となった.血液検査ではFDP,Dダイマーの上昇があり,門脈血栓症と診断しダナパロイドナトリウム投与を開始した.治療開始2週間後には門脈血栓の改善を認めたためアスピリンで維持療法を行ったが,維持療法開始2週間後門脈本幹に血栓の再発を認め,再度ダナパロイドナトリウムを投与した.その後再び門脈血栓は改善し,ワーファリンで維持療法を行ったところ現在まで再発を認めていない.門脈血栓症の治療にダナパロイドナトリウムの有効性が報告されているが,その後の維持療法は定まっていない.本症例の経過はダナパロイドナトリウムの有効性とその後の維持療法を検討する上で参考になる症例と考えられた.
  • 胆道出血を契機に診断された胆嚢管癌の1例, 水野 成人, 辻江 正徳, 若狭 朋子, 太田 善夫, 胆道, 32, 4, 763, 767,   2018年10月
    概要:胆道出血による肝胆道系酵素上昇が診断の契機となった胆嚢管癌の1例を経験した。症例は77歳男性、上腹部痛を訴え救急外来を受診した。肝胆道系酵素の上昇を認め、単純CTで総胆管・胆嚢管結石と診断した。抗血栓薬2剤を内服中であり、初回のERCでは胆管ステントを留置した。5日後のERC再検時、総胆管に明らかな結石は認めなかった。胆嚢管が造影されないため胆嚢管内の結石と判断し、手術を予定して一旦退院した。2ヵ月後に腹痛で再度救急受診した。単純CTで総胆管内に高吸収域を認め、胆道出血と診断した。ERCでは胆管口からの出血と胆管内に凝血塊を認めた。造影CTで胆嚢管に造影される腫瘤があり、胆嚢管癌を疑った。同部の擦過細胞診で腺癌と診断され、肝外胆管切除術が施行された。抗血栓療法中の患者が肝障害を認めた場合には、肝胆道系腫瘍からの出血の可能性を考慮する必要がある。(著者抄録)
  • 薬剤師の病棟薬剤関連業務に関する医療従事者への意識調査, 吉田 弥生, 岡橋 孝侍, 野田 能成, 三上 正, 柿原 浩明, 石田 司, 近藤 靖之, 三木 生也, 水野 成人, 医療薬学, 37, 10, 591, 598,   2011年10月, 10.5649/jjphcs.37.591, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004502659
    概要:The report of the Japan Council for Quality Health Care in 2009 shows that 26.4% of medical incidents were related to medication. In Japan, not pharmacists but ward nursing staff are mostly responsible for pharmacy tasks at present, and the involvement of pharmacists in such tasks is expected to improve medical security.Recently, the concept of 'skill mix', meaning bringing together the skills of various healthcare professionals in hospital medical teams, has been attracting attention. In order to clarify the expectations and needs of the professionals involved, we conducted a survey of 175 nurses, 29 pharmacists and 50 doctors. The collection rates of the completed survey from the nurses, pharmacists and doctors were 74.3%, 93.1% and 94% respectively.Many nurses were concerned about their knowledge of drugs, and they also felt that their performance of pharmacy tasks negatively affected the nursing services they provided. Nurses and doctors hoped that pharmacists could be present in wards and participate in pharmacy tasks. In particular, nurses hoped that they would carry out the mixing of injection drugs, preparation of premixed injection drugs and preparation of oral medicines. They also tended to want pharmacists to carry out pharmacy tasks which required neither close communication with patients nor special knowledge of diseases. However, nurses who worked with pharmacists constantly in the ward wanted them to participate in many kinds of pharmacy task which required close communication with patients.
  • 動脈内エタノール注入にて止血した肝細胞癌破裂の一例, 菊池 香織, 高島 英隆, 森 敬弘, 横溝 千尋, 池田 京平, 小木曽 聖, 福田 亘, 上島 浩一, 伊藤 正, 富岡 秀夫, 山下 政矩, 中迫 由里, 林 奈津子, 加藤 武晴, 水野 成人, 清水 誠治, 肝臓, 58, 9, 510, 518,   2017年09月
    概要:81歳女性。2015年9月にC型肝硬変症を背景に肝細胞癌初発。多発再発に対して治療中、2016年8月、胆嚢に接したS5表面に、胆嚢動脈の分枝から栄養される径20mmの再発を認めた。TACE(transcatheter arterial chemoembolization)を試みたが、胆嚢動脈から分岐する栄養血管を選択できず、Lip-TAI(lipiodol-transcatheter arterial infusion chemotherapy)施行、1ヵ月後、同部位の肝細胞癌破裂にて救急受診となった。TAE(transcatheter arterial embolization)は施行困難で切除も希望されなかったため、エタノール注入による止血を試みた。第1、2病日に、経皮的エタノール注入施行、第3病日のdynamic CTでは、腫瘍右側の早期濃染は残存しており、同部位はエタノール貯留が困難と考えた。そのため、ドップラーエコー下に栄養血管を21G PEITニードルで穿刺、血液逆流を確認後、エタノールを血管内注入した。注入後、血液逆流の消失、ドップラーエコーで血流消失を確認、dynamic CTにて腫瘍濃染の消失を確認した。本症例は、肝細胞癌破裂に対して血管内へのエタノール注入にて止血した初の報告である。(著者抄録)
  • 閉塞性大腸癌に対する術前減圧法として大腸ステントは経肛門イレウス管と比較して病理組織学的な浮腫を改善させる, 竹山 廣志, 木谷 光太郎, 若狭 朋子, 辻江 正徳, 藤原 由規, 水野 成人, 湯川 真生, 太田 善夫, 井上 雅智, Gastroenterological Endoscopy, 59, 6, 1444, 1453,   2017年06月
    概要:【背景と目的】閉塞性大腸癌症例における術前減圧法としての大腸ステント(self-expanding metallic stent:SEMS)の有用性を経肛門イレウス管(transanal drainage tube:TDT)および減圧不成功により緊急手術となった症例(emergency surgery after failure of decompression:ESFD)と、病理組織学的変化を含めて比較検討した。【対象と方法】2010年1月から2015年6月までの術前減圧処置を試みた閉塞性大腸癌患者39例のデータを解析した。留置成功率、臨床的減圧成功率、切除標本の病理組織学所見について解析した。浮腫の程度については病理組織学的に評価を行った。【結果】留置成功率はSEMS群で100%、TDT群で78.9%であった。臨床的な減圧成功率はSEMS群で100%、TDT群で80.0%であった。術後腸閉塞はSEMS群でTDT群より有意に少なかった(P=0.014)。病理組織学的な浮腫の程度はSEMS群でTDT群より有意に改善していた(P<0.0001)。TDT群において、浮腫の程度は減圧期間と相関を認めなかった(P=0.629)、一方SEMS群はすべての症例で浮腫は軽度であった(浮腫grade 0-2)。人工肛門造設率は浮腫の程度が強い群(浮腫grade 3)において低浮腫群(浮腫grade 0-2)よりも高かった(P=0.003)。病理組織学的に穿孔を認めた症例は認めなかった。【結論】SEMSはTDTと比較して病理組織学的に有意に浮腫を改善させていた。この結果はSEMSがTDTと比較して、臨床的に良好な成績を得ている一因を示唆していると考えられる。(著者抄録)
  • 悪性黒色腫に対しニボルマブ投与中に潰瘍性大腸炎類似の大腸炎を認めた1例, 高山 政樹, 大原 裕士郎, 秦 康倫, 木下 大輔, 奥田 英之, 川崎 俊彦, 水野 成人, 若狭 朋子, 太田 善夫, 工藤 正俊, Gastroenterological Endoscopy, 59, 4, 450, 455,   2017年04月
    概要:症例は89歳、男性。2015年3月より悪性黒色腫に対しニボルマブ投与が開始され、今回8回目の投与目的で入院となった。投与後より腹痛・下痢・下血を認め、当科に紹介された。下部消化管内視鏡検査にて潰瘍性大腸炎類似の所見を認めたため、ニボルマブによる免疫有害事象と判断し、ステロイド治療を開始した。その後臨床症状、内視鏡所見は著明に改善した。ニボルマブによる免疫有害事象による腸炎は、注目すべき病態と考える。(著者抄録)
  • 男性剣道有段者における橈骨骨密度の検討, 松井 大輔, 渡邉 功, 眞野 功, 小山 晃英, 尾崎 悦子, 栗山 長門, 水野 成人, 渡邊 能行, 日本骨粗鬆症学会雑誌, 2, 3, 267, 273,   2016年08月
    概要:目的:先行研究において,剣道は成長期の骨塩量の獲得や高齢者における健康増進および骨密度の維持に有効であることが示唆されている.しかし,これらの報告は,剣道の運動特性に着目した踵骨骨密度を検討した研究であり,竹刀操作の影響に着目した橈骨骨密度を計測した報告はない.そこでわれわれは,男性剣道有段者と定期的な運動歴のない者における橈骨の海綿骨骨密度の差を比較検討した.方法:男性剣道有段者80人(剣道群:平均年齢61.2歳),定期的な運動歴のない男性109人(対照群:平均年齢56.6歳)を解析対象とした.橈骨は超音波骨密度計(LD-100)を用いて,海綿骨骨密度,皮質骨厚,海綿骨厚,座屈比を測定した.剣道群と対照群の橈骨の海綿骨骨密度,皮質骨厚,海綿骨厚,座屈比の差について共分散分析を用いて検討を行った.結果:海綿骨骨密度は剣道群が218.5±67.0mg/cm3,対照群が205.9±50.2mg/cm3であり剣道群が有意に高かった.皮質骨厚は剣道群が5.28±1.03mm,対照群が4.57±0.77mmであり剣道群が有意に高かった.座屈比は剣道群が2.75±0.56,対照群が2.89±0.51であり剣道群が有意に低かった.結論:剣道の継続が橈骨の海綿骨骨密度および皮質骨厚の減少に抑制的に働いている可能性が示唆された.(著者抄録)
  • ペプシノゲン法によって判定した萎縮性胃炎の背景因子の検討, 松川 泰子, 瀬古 千佳子, 松井 大輔, 渡邉 功, 小山 晃英, 尾崎 悦子, 栗山 長門, 水野 成人, 渡邊 能行, 日本消化器がん検診学会雑誌, 54, 2, 248, 258,   2016年03月
    概要:2011年6月〜2012年3月に日本多施設共同コホート研究に参加に同意した京都在住の35〜69歳の男女1894人中、採血できなかった4人、調査協力取り消し請求者6人、除外基準対象者268人、質問票回答欠損者336人を除く1280人(男性419人、51.4±10.7歳、女性861人、50.6±9.7歳)を対象に、ペプシノゲン(PG)値で判定された萎縮性胃炎(AG)と食習慣を含む生活習慣との基準との関連を解析し、その背景要因について検討した。Helicobacter pylori(Hp)感染陽性者の割合は60歳代が最も高く男性が44.7%、女性が44.5%であった。AGの陽性者の割合も同様に60歳代が最も高く男性が28.8%、女性が27.3%であった。Hp感染とAGの組み合わせではともに陰性であった者の割合が最も高く68.8%(男性67.3%、女性69.5%)、次いでHp感染陽性かつAG陰性15.2%、Hp感染、AGともに陽性14.2%、Hp感染陰性かつAG陽性1.8%であった。年齢、喫煙状況、アルコール摂取の有無で調整し、ロジスティック回帰解析を行うと、男性においては牛豚肉摂取、女性においてはヘモグロビン低値、受動喫煙がリスク要因、男性の単変量解析においては歯の本数が予防要因として検出されたが、横断的調査で、前向き研究として検討する必要があると考えられた。
  • ヘリコバクター・ピロリ感染者における慢性萎縮性胃炎の進展に及ぼす因子 摂取栄養素分析による検討, 瀬古 千佳子, 松井 大輔, 松川 泰子, 小山 晃英, 渡邉 功, 尾崎 悦子, 栗山 長門, 水野 成人, 渡邊 能行, 日本消化器がん検診学会雑誌, 54, 1, 30, 41,   2016年01月
    概要:ヘリコバクター・ピロリ(H.pylori)感染から慢性萎縮性胃炎への進展過程における摂取食品との関連については多くの先行研究が行われているが、栄養摂取素量との関連についての報告は少ない。そこで、本研究ではH.pylori感染者における慢性萎縮性胃炎陽性者と陰性者の栄養素摂取量の差異について検討した。対象は京都在住の35歳から69歳までの健診参加者4330名中、H.pylori感染陽性者1251名であった。このうち解析対象者は栄養素摂取量算出を完了した女性296名とし、年齢・喫煙・ビタミン剤服用・エネルギーによる補正を行い、各栄養素摂取量を三分位(少量・中量・多量摂取)に分けた。その結果、慢性萎縮性胃炎陽性群は142名(平均年齢57.9±8.8歳)、陰性者群は154名(54.5±9.3歳)であり、年代の増加に伴い有意に陽性群の割合が増加していた。また、ロジスティック回帰分析ではカルシウムの中等量摂取、多量摂取および多価不飽和脂肪酸の中等量摂取が有意に慢性萎縮性胃炎のリスクを低めていた。以上より、これらの栄養素が慢性萎縮性胃炎伸展の抑制と関連している可能性が示唆された。
  • 【ポリファーマシー-不要な薬に立ち向かう-】 薬剤師のEBM教育の現状, 佐々木 順一, 水野 成人, 高垣 伸匡, 福岡 敏雄, 治療, 96, 12, 1692, 1695,   2014年12月
    概要:<プライマリ・ケアにおけるポイント>薬剤師は医師に対して疑義を照会する義務があり、保険薬局では服薬状況の確認、残薬整理、服薬支援の業務がある。ポリファーマシーに対処するためには、処方された薬を俯瞰的に理解して不必要な薬を減らすなど、薬剤師の関与が必要である。医療者全体がお互いの職能を理解し、一層密に連携することが重要と考えられる。そのためには、薬剤師の臨床能力の向上、とくに臨床論文の判断能力、多職種が連携したEBM(evidence-based medicine)の実践能力が問われる。6年制薬学教育におけるEBM教育はまだ十分とはいえないが、関西の複数の薬科大学では、2010年度よりStudent CASPワークショップに取り組み、課外活動としてEBM教育を始めている。医学生、現場の医師、薬剤師などとの多職種協働学習を、学生の早い段階から経験するこの取り組みは、学生へのメリットだけでなく、医療者が職種の垣根を越えてお互いを理解し、処方に関して話し合う場も提供している。(著者抄録)
  • 日本人閉経女性における肥満と骨質に関する検討, 尾崎 悦子, 栗山 長門, 松井 大輔, 渡邉 功, 稲葉 雅章, 今西 康雄, 水野 成人, 宮谷 史太郎, 山本 俊郎, 金村 成智, 堀井 基行, 渡邊 能行, Osteoporosis Japan, 22, 3, 465, 468,   2014年07月
    概要:日本人閉経女性903名(平均年齢60.5±5.8歳)を対象に、肥満度と骨質の関連性について検討を行った。身長、体重、腹囲の計測、橈骨遠位部の超音波骨密度計による(透過波減衰、皮質骨厚、海綿骨骨密度、海綿骨弾性定数、座屈比、断面係数)測定、生活習慣、推定栄養素摂取量の算出を行い、BMI値を基にやせ群(18.5kg/m2未満)、標準群(18.5kg/m2以上25kg/m2未満)、肥満群(25kg/m2)に分類した。その結果、肥満群は他の群と比べて透過波減衰、海綿骨骨密度、座屈比が有意に高く、皮質骨厚、断面係数は有意に低く、肥満は骨質を劣化し骨全体の強度を低下させることを示した。やせ群は海綿骨弾性定数が他の群より有意に低く、骨粗鬆症の危険性が高いことが判明した。また、肥満群は標準群と比べて脂肪摂取量が有意に多く、ビタミンB1やカルシウムの摂取量が他の群より少なかった。以上より、肥満、やせは骨質に悪い影響を与え、骨脆弱性に関与すると推察した。
  • 腹部超音波における脂肪肝分類のための新たな指標(肝臓径計測と脂肪厚測定), 小宮山 恭弘), 森 敬弘, 伊藤 正, 清水 誠治, 水野 成人, 羽生 大記, 日本消化器がん検診学会雑誌, 50, 6, 707, 715,   2012年11月, 10.11404/jsgcs.50.707, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004554092
    概要:検診における腹部超音波スクリーニングで, 脂肪肝は最も頻度の高い所見であるが, この中から個別指導や精査の必要な病的意義の大きい脂肪肝を抽出する指標を考案した。脂肪肝群130例を対象として, 肝左葉75mm以上, 右葉125mm以上を基準値とした肝腫大と脂肪厚10mm以上を基準値とした脂肪厚肥厚を新たな評価法として加えた。超音波による皮下及び内臓脂肪厚測定と, 腹部CTによる皮下・内臓脂肪面積は, 皮下脂肪r=0.781, 内臓脂肪r=0.532と高い相関が見られた。超音波にて脂肪肝に肝腫大を伴った群は, 腹囲, BMI, 収縮期血圧, CTによる内臓脂肪面積, 中性脂肪値が高値であり, メタボリック症候群及び予備群の頻度も高く, 肝機能異常も高度であった。脂肪肝所見に皮下あるいは腹部脂肪厚の肥厚を伴った群は, 体重, BMI, 腹囲が高値で, CTによる内臓脂肪面積, 空腹時血糖, HbA1cが高値であり, メタボリック症候群診断項目の異常の度合いが高頻度であり, 肝機能異常も高度であった。以上から脂肪肝に肝腫大や脂肪厚の肥厚を併存した症例については, 生活習慣病のハイリスク群として, 厳密な経過観察が必要である。
  • 超音波レポートシステムを用いた糖尿病フットケアシステムの更新について, 小宮山 恭弘, 水野 成人, 医療情報学連合大会論文集, 33回, 238, 239,   2013年11月
  • 薬剤師の病棟業務進出に関する医療経済学的分析, 柿原 浩明, 水野 成人, 日本医療・病院管理学会誌, 49, 1, 9, 17,   2012年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004555031
    概要:臨床能力の高い薬剤師を育てるために,薬学部の薬剤師教育課程は6年制になった。薬学部の新設により薬剤師の過剰が懸念される一方,医師・看護師不足は解決の見通しがない。薬剤師は,病棟薬剤業務へ進出するのが自然である。病棟の薬剤業務を薬剤師に任せることができれば,看護師は固有業務に専念できる。そのためには,薬剤師に注射実施を可能にさせることと,診療報酬上,看護基準と同様に薬剤師をカウントすることが必要と考えた。看護業務に占める薬剤業務の割合等について調査した。看護業務量の約3割が薬剤業務で,看護師の多くは薬剤師の常駐を希望していた。薬剤師の注射について,薬剤師非常駐病棟の看護師は49%の賛成であったが,常駐病棟の看護師は65%が賛成していた。薬剤師に注射実施を認め,病棟配置に診療報酬上カウントすれば,医療の質と安全性が向上し,医師・看護師不足,薬剤師過剰を解決できる可能性がある。
  • 糖尿病診療への検査部の貢献 生理検査部門での取り組み, 小宮山 恭弘, 藤田 幸二, 池田 桂子, 藤井 和則, 内野 義彦, 高橋 未和, 伊丹 宏之, 伊藤 正, 北川 良裕, 水野 成人, 羽生 大記, 臨床病理, 61, 10, 955, 960,   2013年10月
  • 【胃癌リスク診断を巡って-現状と問題点】 胃癌リスク診断の臨床疫学的課題, 渡邊 能行, 水野 成人, 松川 泰子, 廣畑 弘, 尾崎 悦子, 栗山 長門, 臨床消化器内科, 28, 8, 1097, 1100,   2013年06月
    概要:わが国では胃癌に対する血清学的スクリーニングとして血清Helicobacter pylori抗体価測定とペプシノゲン法を併用して,胃癌罹患の高危険群に対しておもに胃内視鏡検査による画像診断を実施するいわゆる胃がんABC検診が広まりつつある.その胃癌のリスク診断については,A群からD群へと,慢性萎縮性胃炎の進展順にリスクの上昇が認められているわが国における複数の観察的疫学研究があり,根拠としての疫学的証拠はすでに得られている.しかし,その胃癌死亡率の減少効果は未だ示されていないので,症例対照研究やコホート研究といった観察的疫学研究を用いてABC検診についての科学的根拠を実証していくことが急務である.(著者抄録)
  • 【実践!!薬効モニタリング】 薬効モニタリングの実践 胃食道逆流症, 水野 成人, 羽生 泰樹, 薬局, 62, 9, 3180, 3184,   2011年08月
    概要:<Key Points>◎胃食道逆流症は、ヘリコバクター・ピロリ保有率の低下、肥満人口の増加、高齢化の進行などから増加傾向にあり、注目を集めている。◎内視鏡的な粘膜傷害の程度と症状の強さが必ずしも一致しないため、治療効果の判定材料として自覚症状の軽減・消失が重要である。◎治療効果をモニタリングするツールとしては、症状または食事・動作と症状の関連性を頻度によってスコア化する、Fスケールが適している。(著者抄録)
  • 結石が原因による小腸イレウスの二例, 小宮山 恭弘, 内野 義彦, 藤田 幸二, 内田 卓弥, 池田 桂子, 森 敬弘, 光本 保英, 清水 誠治, 水野 成人, 大見 甫, Modern Physician, 30, 9, 1215, 1219,   2010年09月
    概要:症例1は70歳代男で、1週間前より腹痛・嘔吐で食事摂取が不能となり精査加療目的で入院した。腹部膨満、左下腹部圧痛、炎症反応、腎機能障害および強い脱水を認め、腹部X線で正中〜左上腹部にKerckring皺襞とニボー像を認めた。超音波検査でも小腸の拡張、液体貯留と3cm大の結石を認め、肛門側の腸管は虚脱していた。さらに胆嚢は萎縮し、肝下面にガス像と思われる高エコーを認めた。CTで左下腹部・空腸内にisodensityな結石を認めた。以上より、胆石イレウスと診断して緊急手術を施行し、拡張した空腸の切開で肛門側に3cm大の結石を認め摘出した。症例2は60歳代女で、2日前よりの腹痛嘔吐で入院した。軽度腹部膨満、炎症反応の上昇を認め、X線で左上腹部に小腸ガス、ニボー像を認め、超音波で空腸にkeyboard signと液体貯留、回腸末端付近に表面凹凸で音響陰影を伴わない内部不均一で低エコーの3.5cm大の腫瘤像を認めた。CTで回腸に境界明瞭な含気性腫瘍を認めた。イレウス管を挿入して保存的治療を行ったが6日後に下血し、下部消化管内視鏡検査にて、直腸に黒褐色調・表面粗造の塊状物を認めたため用手的に摘出した。98%がタンニンで柿の大量摂取が原因の胃石による機械的イレウスと診断した。
  • 【直腸肛門部病変の鑑別診断 最新の知見を含めて】 直腸肛門部の炎症性疾患 そのほかの直腸潰瘍性病変, 清水 誠治, 南 竜城, 内藤 達志, 川浦 由起子, 廣瀬 亮平, 三宅 清花, 森本 泰隆, 光本 保英, 森 敬弘, 伊藤 正, 平山 哲也, 富岡 秀夫, 鹿田 潮, 水野 成人, 本庶 元, 胃と腸, 45, 8, 1339, 1349,   2010年07月
    概要:IBD,感染性腸炎,粘膜脱症候群,cap polyposis以外の直腸潰瘍の概念,症状,診断,治療について概説した.本稿で取り上げた疾患は放射線性腸炎,虚血性直腸炎,急性出血性直腸潰瘍,直腸Dieulafoy潰瘍,宿便性潰瘍,NSAID坐剤起因性直腸炎である.放射線性腸炎やNSAID坐剤起因性直腸炎は,病歴からの診断が比較的容易である.直腸Dieulafoy潰瘍も特徴的な内視鏡像から容易に診断できる.しかし,虚血性直腸炎,急性出血性直腸潰瘍,宿便性潰瘍についてはそれぞれ病像が異なるものの,十分に理解されていないため混同される傾向がある.一方で直腸潰瘍の疾患概念がなお混沌としているのも事実であり,今後サイトメガロウィルス感染の関与を含めて明らかにしていく必要がある.(著者抄録)
  • 【広がりつつある胃酸関連疾患 新ガイドラインに基づく最新治療を取り上げます!】 胃酸分泌抑制薬の知っておくべき副作用, 羽生 泰樹, 青井 一憲, 高橋 和人, 馬場 希一郎, 小野田 芙美, 住本 貴美, 丸岡 隆太郎, 土屋 さやか, 高 貴範, 菅原 悦子, 水野 成人, 川井 啓市, 治療, 92, 3, 413, 418,   2010年03月
    概要:<プライマリ・ケアにおけるポイント>酸分泌抑制薬(プロトンポンプ阻害薬、H2受容体拮抗薬)の安全性は高い。頻度は低いが、重篤な副作用の報告もあり、その存在と対処法を知ることは重要である。腫瘍催起性については、今まで臨床上の問題とはなっていない。腸管感染症、肺炎、大腿骨頸部骨折については、PPI長期使用により、リスクがわずかに増大する可能性を示唆する報告が見られ、今後も注意深い観察が必要である。酸分泌抑制薬を適切に使用することで得られるベネフィットは大きく、臨床における薬剤の使用は、ベネフィットとリスクのバランスのうえで決定されるべきである。適切な適応症例においては、投与期間について明確な制限は存在しないが、必要に応じた最小限の用量を心がけるべきである。(著者抄録)
  • 【基本薬の選び方と使い方のコツ ゴールデンスタンダードを使いこなす】 抗潰瘍薬, 水野 成人, 臨床研修プラクティス, 6, 6, 68, 72,   2009年05月
  • 薬剤師の病棟業務拡充における可能性の探索(一般演題(口頭)6,職能拡大・スキルミックス,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 松本 祥治, 吉田 弥生, 三上 正, 近藤 靖之, 三木 生也, 古川 直樹, 水野 成人, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21,   2011年09月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008909282
  • 病棟における薬剤関連業務の実態調査(一般演題(口頭)6,職能拡大・スキルミックス,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 古川 直樹, 吉田 弥生, 三上 正, 近藤 靖之, 三木 生也, 松本 祥治, 水野 成人, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21,   2011年09月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008909283
  • 腹部エコー上の高輝度膵を有する脂肪肝は, メタボリック症候群を高頻度に併存する, 小宮山 恭弘, 百木 和, 羽生 大記, 森 敬弘, 伊藤 正, 清水 誠治, 水野 成人, 日本消化器がん検診学会雑誌, 52, 1, 61, 69,   2014年01月, 10.11404/jsgcs.52.61, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004554115
    概要:目的:腹部超音波では脂肪肝が最多の所見だが, 全例の精査は困難である。近年異所性脂肪の内, 膵内脂肪が動脈硬化の危険因子として注目されている。そこで肝腎コントラストに膵脾コントラスト値(以下膵脾差)を加えることで, メタボリック症候群(以下MetS)を合併した脂肪肝を効率よく抽出可能か検討を行った。
    対象と方法:人間ドックを受診した脂肪肝患者121例を対象とした。MetSの併存をアウトカムに, 膵脾差について高膵脾差群と低膵脾差群に分け病態を比較した。
    結果:ROC解析より, カットオフ値は膵脾差45であり, 感度0.652 特異度0.702であった。高膵脾差群はMetSを高率に併存し, CT上の内臓脂肪面積も高値, 体重, BMI, ウエスト周囲径も高値であり, より動脈硬化症のリスクの大きい脂肪肝であることが示唆された。
  • 内服不可能となった甲状腺機能低下症患者にレボチロキシン坐薬を作成し使用した一症例(一般演題(口頭)11,調剤・処方鑑査・リスクマネジメント(3)・院内製剤・薬局製剤,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 鈴木 渉太, 岡田 裕, 伊藤 有祐, 三木 生也, 近藤 靖之, 笠原 優瑠, 水野 成人, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21,   2011年09月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008909310
  • 神戸薬科大学における模擬患者のアンケートによる意識調査(一般演題(口頭)28,薬学教育(実務実習)(2)他,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 奥村 幸恵, 横山 郁子, 猪野 彩, 沼田 千賀子, 溝口 常男, 近藤 靖之, 三木 生也, 水野 成人, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21,   2011年09月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008909391
  • 大学教育と実務実習における薬剤使用目的の相違による学生の戸惑い : ステロイドを通じて(一般演題(口頭)28,薬学教育(実務実習)(2)他,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 笠原 優瑠, 多田 絢子, 鈴木 渉太, 河内 正二, 長谷川 豊, 沼田 千賀子, 近藤 靖之, 三木 生也, 水野 成人, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21,   2011年09月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008909392
  • Helicobacter pylori制圧に向けたキノロン感受性サーベイランス(一般演題(口頭)34,感染制御(治療薬)(2)他,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 坂東 寛, 三木 生也, 近藤 靖之, 上原 啓史, 水野 成人, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21,   2011年09月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008909417
  • Helicobacter pylori再除菌療法におけるレボフロキサシンの有効性とgyrA変異の解析(一般演題(口頭)34,感染制御(治療薬)(2)他,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 上原 啓史, 三木 生也, 近藤 靖之, 坂東 寛, 水野 成人, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21,   2011年09月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008909418
  • 薬剤師の病棟業務進出に関する医療経済学的分析, 柿原 浩明, 水野 成人, 日本医療・病院管理学会誌 = Journal of the Japan Society for Healthcare administration, 49, 1, 9, 17,   2012年01月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031187611
  • 腹部超音波における脂肪肝分類のための新たな指標(肝臓径計測と脂肪厚測定), 小宮山 恭弘, 森 敬弘, 伊藤 正, 清水 誠治, 水野 成人, 羽生 大記, 日本消化器がん検診学会雑誌 = Journal of gastroenterological cancer screening, 50, 6, 707, 715,   2012年11月15日, 10.11404/jsgcs.50.707, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031130318
  • 【GERDの臨床 最近の進歩】 Non-erosive reflux disease(NERD)の臨床, 羽生 泰樹, 久恒 洋, 熊本 倫子, 栗島 亜希子, 水野 成人, 川井 啓市, 臨床消化器内科, 24, 5, 543, 548,   2009年04月
    概要:非びらん性逆流症(non-erosive reflux disease;NERD)は,逆流症状があり健康な生活が障害されるにもかかわらず食道にびらんを認めない疾患である.NERDはびらん性胃食道逆流症(GERD)と比較して有病率はより高く,疫学背景も異なる集団である.病因も,胃酸の逆流のみならず,酸以外の逆流も関与しており,臨床的には逆流現象を伴わない症例との区別が困難な場合も多い.診断には病歴聴取と内視鏡検査が必要であるが,病態の解析には種々の検査が行われる.治療についてはプロトンポンプ阻害薬が第一選択であるが,有効性はびらん性GERDの場合より,やや低い.無効例では,推定される病態により種々の治療が試みられる.(著者抄録)
  • 【早期胃癌2009】 酢酸・インジゴカルミン撒布・水洗法, 本庶 元, 南 竜城, 三原 美香, 福田 亘, 清水 香代子, 光本 保英, 森 敬弘, 鹿田 潮, 伊藤 正, 富岡 秀夫, 清水 誠治, 水野 成人, 胃と腸, 44, 4, 762, 766,   2009年04月
    概要:早期胃癌に対する内視鏡治療の適応拡大に伴い,病変の側方進展範囲診断はますます重要性を増している.当院では通常の内視鏡機器を用いて,酢酸・インジゴカルミン撒布後に病変部を水洗することで,早期胃癌の側方進展範囲診断を行ってきた.この方法では腫瘍部のインジゴカルミンが水洗で除去されるのに対し,非腫瘍部のインジゴカルミンは残存するため,腫瘍の進展範囲が明瞭に描出される.酢酸・インジゴカルミン撒布・水洗法は特殊な機器を必要とせず,腫瘍進展範囲の全体像が簡便かつ明瞭に認識できる手法である.自験例では正診率が94.9%と高く,有用な手法と考えられた.(著者抄録)
  • 消化管上皮細胞の機能分子とその解析法 消化管上皮における免疫グロブリンレセプターの役割とその解析法, 藤島 佳未, 吉田 優, 増田 充弘, 西海 信, 水野 成人, 久津見 弘, 東 健, 分子消化器病, 6, 1, 69, 75,   2009年03月
    概要:ヒトの分泌液中には多量のIgGが存在しているが、IgGがどのように管腔内へ分泌され、さらには分泌されたIgGがどのような役割をもっているのかはまだ解明されていない。われわれは、培養細胞レベルでneonatal Fc receptor for IgG(FcRn)がIgGを双方向性に輸送すること、抗原-IgG免疫複合体もFcRn依存的に輸送されることを明らかにした。さらに、動物モデルを用いて、IgGがFcRn依存的に基底側から管腔側へ輸送されること、管腔側に分泌されたIgGが抗原-IgG免疫複合体を形成し基底側へ輸送されること、輸送された抗原-IgG免疫複合体は抗原提示細胞に取り込まれ、抗原特異的なCD4陽性T細胞を活性化することを明らかにした。これらの知見より、FcRnが管腔内抗原を抗原-IgG免疫複合体として粘膜下に取り込み、粘膜免疫システムを制御している可能性が示唆された。今後の更なるIgG-FcRn相互作用の解明が、腸管感染症におけるワクチン開発や炎症性腸疾患の病態解明、治療法開発に大きく寄与するものと期待される。本稿では、粘膜免疫システムにおけるFcRnの機能解析の手法について概説した。(著者抄録)
  • 超音波診断に苦慮した肝腫瘍性病変の2例, 小宮山 恭弘, 藤田 幸二, 内田 卓弥, 藤井 和則, 内野 義彦, 池田 桂子, 森 敬弘, 光本 保英, 福田 亘, 三原 美香, 南 竜城, 本庶 元, 富岡 秀夫, 清水 誠治, 杉野 成, 鹿田 潮, 伊藤 正, 水野 成人, 大見 甫, Modern Physician, 29, 2, 279, 282,   2009年02月
    概要:超音波診断に苦慮した肝腫瘍性病変の2例を経験した。症例1(50歳代男)。アルコール性肝障害で通院中であった。右季肋部痛が持続するため、腹部超音波検査を施行し、肝右葉に腫瘤を指摘された。腹部超音波検査では肝S7ドーム直下に径13cm境界明瞭、辺縁ヤツガシラ状低エコーで内部高エコーの巨大な肝腫瘤を認め、周囲にbull's-eye patternを呈する低エコー腫瘍を多数認めた。肝腫瘍生検による病理組織検査で、肝内胆管癌と診断した。症例2(70歳代女)。C型慢性肝炎があり、定期的に腹部超音波検査を施行していた。今回、肝S5に3cm大の腫瘤を認めた。血管造影では腫瘍は淡く染まり、肝内胆管癌として矛盾しないものであった。肝腫瘍生検で、肝内胆管細胞癌と診断した。
  • 既存システムを拡張した糖尿病足病変画像情報の共有化, 小宮山 恭弘, 藤田 幸二, 池田 桂子, 内田 卓弥, 藤井 和則, 内野 義彦, 水野 成人, 医療情報学連合大会論文集, 28回, 626, 627,   2008年11月
  • 【胃食道逆流症(GERD)の診かた】 総論 医療経済の観点から見たGERD, 羽生 泰樹, 小野田 芙美, 住本 貴美, 丸岡 隆太郎, 熊本 倫子, 栗島 亜希子, 丸野 貴久, 久恒 洋, 土屋 さやか, 菅原 悦子, 水野 成人, 川井 啓市, 治療, 90, 6, 1874, 1877,   2008年06月
    概要:胃食道逆流症(GERD)についてわが国で医療経済的研究が行われており、その結果より以下の治療方針が推奨される。薬物治療について、プロトンポンプ阻害薬(PPI)が第一選択薬として推奨される。内視鏡的に重症のびらん性GERDでは積極的な維持療法が望ましい。PPIによるon demand療法は、PPI初期治療に反応する非びらん性胃食道逆流症(NERD)の合理的な治療戦略である。(著者抄録)
  • 腸内細菌防御とFcγレセプター, 塩見 英之, 吉田 優, 増田 充弘, 高川 哲也, 小畑 大輔, 森田 圭紀, 久津見 弘, 水野 成人, 井口 秀人, 東 健, 臨床免疫・アレルギー科, 49, 5, 599, 605,   2008年05月
  • 【EMR vs.ESD】 早期胃癌治療におけるESDと従来法EMRの医療経済的評価, 羽生 泰樹, 久恒 洋, 丸岡 隆太郎, 水野 成人, 渡邊 能行, 川井 啓市, 臨床消化器内科, 23, 1, 71, 78,   2007年12月
    概要:早期胃癌治療における内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)と従来法による内視鏡的粘膜切除術(EMR)の医療経済的評価を行った.保険診療下で,ガイドライン病変に対し,初回治療後3年間の効果,医療費の計算が可能な決断分析モデルを作成し,比較評価した.患者QOLに影響するすべての指標で,ESDは従来法より優れていた.ESDの完全切除率を96%とすると,ESDより総医療費が高額にならない従来法EMRの完全切除率の閾値を求めると,81%となった.ESDは従来法に比べて,アウトカムおよび費用対効果に優れた治療法であり,より望ましい医療技術であると位置づけられた.従来法は完全切除率がかなり高い条件に限定して施行する場合に限り,ESDに匹敵する経済効率が可能である.(著者抄録)
  • 内視鏡シンポジウム 人医療最前線!ここまでできる診断と治療 人に対する内視鏡検査・治療, 水野 成人, 動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 28回, 3, 255, 257,   2007年11月
  • 【H.pylori除菌療法Up to Date】 肝薬剤代謝酵素CYP2C19遺伝子多型は除菌効果に影響を与えるのか, 羽生 泰樹, 小野田 芙美, 福井 由理, 熊本 倫子, 栗島 亜希子, 丸野 貴久, 久恒 洋, 土屋 さやか, 水野 成人, 川井 啓市, 消化器の臨床, 10, 4, 379, 384,   2007年08月
    概要:CYP2C19遺伝子多型が除菌率に影響するか否かについては、一定の見解が得られていない。プロトンポンプ阻害薬(PPI)+アモキシシリン(AMPC)+クラリスロマイシン(CAM)(PPI-AC)3剤併用1週間投与では、除菌の成否に関する最重要因子はCAM耐性であり、PPI+AMPCの2剤併用療法と比較して、CYP2C19遺伝子多型が除菌率に及ぼす影響はより小さいが、PPIの種別では、オメプラゾール(OPZ)、ランソプラゾール(LPZ)に比してラベプラゾールナトリウム(RPZ)では各遺伝子型間の差が小さい傾向がみられる。したがって個別化としては、(1)OPZ,LPZではhomo-EM例でPPIの倍量投与を行う、(2)PMではOPZまたはLPZを、homo-EMではRPZを使い分ける、ことなどが考えられる。また情報がない場合、RPZを第一選択として用いることも現実的な選択となりうると考えられる。(著者抄録)
  • 下部消化管超音波内視鏡の手技と読影の要点, 清水 誠治, 富岡 秀夫, 水野 成人, 多田 正大, Gastroenterological Endoscopy, 48, 11, 2664, 2673,   2006年11月