KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

藤本 和則フジモト カズノリ

プロフィール

所属部署名経営学部 経営学科 / 商学研究科
職名教授/MIPS演習科目主任/広報・編集委員会委員長
学位博士(情報学)
専門ネットビジネス論、人工知能
ジャンル情報・メディア/インターネット
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/240-fujimoto-kazunori.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    ネット上のクチコミを分析するための人工知能、特に、レコメンデーションの技術とビジネスモデルの研究をしています。モデライズ㈱技術顧問(元取締役兼CTO)。

研究活動情報

研究分野

  • 情報学, 知能情報学

論文

  • Is Confirmation Bias Related to the Number of Recalled Happy Events? If so, How?, 藤本 和則, 布施 匡章, 佐々木俊一郎, マルデワ・グジェゴシュ, Proceedings of the Joint 17th World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems,   2017年06月, 査読有り
  • Active Bayesian Observer Correcting Overconfidence Effects Due to E-type Confirmatory Bias, 藤本 和則,村松 純, Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 1443, 1448,   2016年10月, 査読有り
  • Differentiating Superlative-type eWOM Messages to Derive Potency-magnitude Relations Based on Inference Space Model, 藤本 和則, Proceedings of the IEEE International Conference on Granular Computing, 55, 60,   2014年10月, 査読有り
  • Modeling Two Effects of Superlative Expressions in eWOM Messages on Consumer's Evaluative Inference, 藤本 和則, Proceedings of the International Conference on Cognitive Informatics and Cognitive Computing, 361, 369,   2014年08月, 査読有り
  • Characterizing Bipolar Rating Scales to Investigate Potency of eWOM Messages Involving Attitude Direction Without Its Strength, Kazunori Fujimoto, Proceedings of the International Conference on Cognitive Informatics and Cognitive Computing, 292, 299,   2013年07月, 査読有り
  • Unexplored Hypotheses on Potency-Magnitude Relations of eWOM Messages with Intensified Comparative Expressions, Kazunori Fujimoto, International Journal of Software Science and Computational Intelligence, 5, 2, 15, 36,   2013年06月, 査読有り
  • Investigation of Potency-magnitude Relations of eWOM Messages with a Focus on the Distinction Between Attitude Direction and Strength, Kazunori Fujimoto, Proceedings of the 2012 International Workshop on Intelligent Web Interaction, 69, 73,   2012年12月, 査読有り
  • Investigation of Potency-magnitude Relations of eWOM Messages with a Focus on Intensified Comparative Expressions, Kazunori Fujimoto, Proceedings of the International Conference on Cognitive Informatics and Cognitive Computing, 163, 173,   2012年08月, 査読有り
  • Computational Approach to Prediction of Attitude Change Through eWOM Messages Involving Subjective Rank Expressions, Kazunori Fujimoto, Journal of Emerging Technologies in Web Intelligence, 4, 1, 15, 25,   2012年02月, 査読有り
  • 主観ランク表現を伴うeクチコミメッセージの効力差異予測に関する一考察, 藤本 和則, 商経学叢, 58, 2, 449, 459,   2011年12月
  • A Computational Account of Potency Differences in eWOM Messages Involving Subjective Rank Expressions, Kazunori Fujimoto, Proceedings of the 2011 International Workshop on Intelligent Web Interaction, 138, 142,   2011年08月, 査読有り
  • 商品,商品属性の二つのレイヤの初期態度に着目したeクチコミ情報の効力に関する一検討, 藤本 和則, 玉置 了, 知能と情報, 22, 6, 824, 830,   2010年12月, 査読有り
  • An Evaluation Framework for Analytical Methods of Integrating Electronic Word-of-Mouth Information, Kazunori Fujimoto, Database Systems for Advanced Applications (M. Yoshikawa et al. ed.), Springer., 296, 307,   2010年09月, 査読有り
  • An Investigation of Potency of eWOM Messages with a Focus on Subjective Rank Expressions, Kazunori Fujimoto, Proceedings of the 2010 International Workshop on Intelligent Web Interaction, 97, 101,   2010年08月, 査読有り
  • eクチコミを活用するレコメンデーションサービスの可能性に関する定量調査, 藤本 和則, 玉置 了, 商経学叢, 56, 3, 617, 637,   2010年03月
  • PLASIU: A System that Facilitates Creative Decision-making in Job-hunting, Hiroko Shoji, Kazunori Fujimoto, Koichi Hori, AI & Society, 23, 2, 265, 279,   2007年07月, 査読有り
    概要:情報と接することにより価値観が変わる「創造的意思決定」の理論を提案
  • 関西文化学術研究都市に必要とされる地域クラスター政策事業, 藤本 和則, 坂倉 孝雄, 人工知能学会論文誌, 22, 3, 383, 391,   2007年05月
  • 事業フェーズという視点を導入したネットワーク形成過程の分析, 坂倉 孝雄, 藤本 和則, ITEC Working Paper, 06, 12,   2006年12月
    概要:企業提携における共同経験の役割を分析
  • 意思決定支援の研究領域から見たWebインテリジェンスとインタラクション, 藤本 和則, 庄司 裕子, 知能と情報, 18, 2, 149, 160,   2006年04月, 査読有り
    概要:Web上の情報を自動獲得して利用する意思決定支援システムについて論述
  • A System That Facilitates Creative Decision-making in Career Design, Hiroko Shoji, Kazunori Fujimoto, Koichi Hori, Proceeding of the fifth International Workshop of Social Intelligence Design, 165, 172,   2006年03月, 査読有り
    概要:就職活動における気づきの推移を観察し、規則性を抽出
  • 人工知能研究者から見たクラスター形成(Ⅰ)--オープンイノベーションのための知識伝搬を中心に, 藤本 和則, 人工知能学会論文誌, 21, 2, 203, 209,   2006年03月
  • Royalty Rate of Business Method Patents for Large Scale Software Applications, Shigeo Kaneda, Takuya Senbo, Kazunori Fujimoto, Proceeding of the Third International Conreference on Information Technology and Applications, 1, 76, 81,   2005年07月, 査読有り
    概要:特許のロイヤリティの決め方について現状の問題点を論述
  • 人工知能研究者から見たオープンイノベーションアプローチ--研究成果のネット公開によるアプローチを中心に, 藤本 和則, 人工知能学会論文誌, 20, 4, 463, 470,   2005年07月
  • The Role of Open Internet Community for Finding Market Values of Software Inventions, Kazunori Fujimoto, Proceedings of the Fifth Annual Hawaii International Conference on Business, 1123, 1125,   2005年05月, 査読有り
    概要:技術移転におけるインターネットコミュニティの役割を論述
  • ネット上の主観情報を獲得して利用する意思決定過程における知識獲得精度, 藤本 和則, 山本 裕, 人工知能学会論文誌, 19, 6, 571, 579,   2004年11月, 査読有り
    概要:意思決定のための知識について、最低限必要となる知識獲得精度の計算法を提案
  • DSIU:ネットユーザのための意思決定支援 --研究の進捗と数理モデル構築へ向けたチャレンジを中心に, 藤本 和則, 島津 光伸, 山本 裕, 人工知能学会論文誌, 18, 1, 36, 44,   2003年01月, 査読有り
    概要:ネット上の情報を使って意思決定するシステムの数理モデルを提案
  • DSIU:ネットユーザのための意思決定支援 --個人ページの利用価値とプロトタイプの構築を中心に, 藤本 和則, 島津 光伸, 人工知能学会論文誌, 17, 2, 162, 165,   2002年03月, 査読有り
    概要:個人ページの利用価値について論述
  • Selection of preferable abductive hypotheses, Akinori Abe, Kazunori Fujimoto, Proceedings of Int. Joint Conference of Artificial Intelligence Workshop on Abductive Reasoning, 1, 6,   2001年08月, 査読有り
    概要:仮説推論における仮説の選定に関して新しい考え方を提案
  • ネット情報を使った意思決定支援DSIUにおける知識獲得技術, 藤本 和則, 賀沢秀人 佐藤浩史 島津光伸 北寿郎, 人工知能学会論文誌, 16, 1, 120, 129,   2001年01月, 査読有り
    概要:ネット上のテキストから知識獲得する手法を提案
  • Generative User Models for Adaptive Information Retrieval, Yoichi Motomura, Kaori Yoshida, Kazunori Fujimoto,, Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man & Cybernetics,   2000年10月, 査読有り
    概要:新しいデータに適応するモデリング手法について提案
  • Do you think content on the Internet is easy to understand?, Kazunori Fujimoto, Kazumitsu Matsuzawa, Toshiro Kita, Proceedings of the Tenth Annual Internet Society Conference,   2000年07月, 査読有り
    概要:インターネット上の情報の利用について問題点を指摘
  • A New Approach to Semantic Word-matching for Knowledge Acquisition from Text Containing Daily-used Words, Hiroshi Sato, Kazunori Fujimoto, Advances in Intelligent Systems: Theory and Applications, 135, 140,   2000年01月, 査読有り
    概要:単語の意味的な類似性を自動判定する手法を提案
  • DSIUシステム:Decision Support for Internet Users, 藤本 和則, 賀沢秀人 佐藤浩史 阿部明典 松澤和光, 人工知能学会論文誌, 15, 1, 61, 64,   2000年01月, 査読有り
    概要:ネット上の情報を使って意思決定支援する枠組みを提案
  • Grading Properties According to the Location of Their Descriptions in Press Releases, Hideto Kazawa, Kazunori Fujimoto, Proceedings of the Fourth Australian Knowledge Acquisition Workshop, 30, 43,   1999年12月, 査読有り
    概要:ネット上のテキストから知識獲得する手法を提案
  • An Elicitation Principle of Subjective Probabilities from Satements on the Internet, Kazunori Fujimoto, Kazumitsu Matsuzawa Hideto Kazawa, Proceedings of the Third International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Enginee, 459, 463,   1999年09月, 査読有り
    概要:知識の不確実性を扱う新しい手法を提案
  • Attribute Dependency Acquisition from Formatted Text, Hideto Kazawa, Kazunori Fujimoto, Kazumitsu Matsuzawa, Proceedings of the Third International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Enginee, 464, 468,   1999年09月, 査読有り
    概要:ネット上のテキストから知識獲得する手法を提案
  • Intelligent Systems Using Web-pages As Knowledge Base for Statistical Decision Making, Kazunori Fujimoto, Kazumitsu Matsuzawa, New Generation Computing, 17, 4, 349, 358,   1999年01月, 査読有り
    概要:ネット上の情報を使って意思決定支援する枠組みを提案

書籍等出版物

  • 意思決定支援とネットビジネス, 藤本 和則, 本村 陽一, 松下 光範, 庄司 裕子, 共著, オーム社,   2005年10月
    概要:インターネット上のサービスの技術革新へ向けて、ネットユーザの意思決定支援という視点から、最新の人工知能技術を紹介・解説

講演・口頭発表等

  • Limitations of Implicit Conclusion Effects on Decision-making Through eWOM Communication, 藤本 和則, 26th Annual Meeting of the Society for Text & Discourse,   2016年07月26日

MISC

  • Web Trust 研究動向, 相良 毅, 井口 誠, 藤本 和則, 人工知能学会論文誌, 21, 4, 430, 437,   2006年07月, 招待有り
  • インターネット上の生情報から利用可能な知識へ, 土方 嘉徳, 井口 誠, 藤本 和則, 松下 光範, 知能と情報, 15, 5, 489, 497,   2003年10月, 招待有り

受賞

  • 2001年度 人工知能学会 全国大会ベストプレゼンテーション賞 受賞
  • Japanese Society of Artificial Intelligence, Best Presentation Prize 2001

競争的資金

  • 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成事業(基盤C), 推論空間モデルに基づくeクチコミ文の態度変容効果仮説の検証, 藤本 和則

その他

  •   2015年04月, 近畿大学21世紀研究開発奨励金, 行動経済学の知見を活かしたマーケティング手法の開発~実証データと実験による新しい試み~ 2015年4月~2018年3月 共同研究者