KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

今井 喜胤イマイ ヨシタネ

プロフィール

所属部署名理工学部 応用化学科 / 総合理工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門有機超分子化学
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/362-imai-yoshitane.html
ホームページURLhttp://www.apch.kindai.ac.jp/orgstchem-folder/index.html
メールアドレスy-imai[at]apch.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    従来の有機合成的手法をできるだけ用いずに、地球環境に配慮して、複数の有機分子を集合させることにより、機能性有機材料(3次元(3D)ディスプレイ用発光体など)の開発を行っています。

学歴・経歴

学歴

  • 1998年04月 - 2000年03月, 日本学術振興会特別研究員
  •  - 2000年03月, 大阪大学大学院, 工学研究科, 分子工学専攻
  •  - 1995年03月, 大阪大学, 工学部, 応用化学科

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2009年04月,  - 2015年03月, 近畿大学(講師)
  •   2007年04月,  - 2009年03月, 近畿大学(助教)
  •   2004年04月,  - 2007年03月, 近畿大学(助手)
  •   2000年04月,  - 2004年03月, 科学技術振興事業機構(博士研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 複合化学, 機能物質化学

研究キーワード

  • ペプチド, キラル, 超分子, 蛍光, 光学活性, ホスト, CPL, 分子認識, 円偏光二色性, 固体, 有機発光体, 円偏光発光, 発光

論文

  • Concentration-dependent circularly polarized luminescence (CPL) of chiral N,N '-dipyrenyldiamines: sign-inverted CPL switching between monomer and excimer regions under retention of the monomer emission for photoluminescence, Ito Suguru, Ikeda Kengo, Nakanishi Shoma, Imai Yoshitane, Asami Masatoshi, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 53, 47, 6323, 6326,   2017年06月14日, 査読有り
  • Circularly polarised luminescence of pyrenyl di- and tri-peptides with mixed D- and L-amino acid residues, Mimura Yuki, Nishikawa Tomoki, Fuchino Ryo, Nakai Shiho, Tajima Nobuo, Kitamatsu Mizuki, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 15, 21, 4548, 4553,   2017年06月07日, 査読有り
  • Complexes of Eu(III)(hfa)(3) with a planar chiral P(III) ligand (Phanephos): solvent-sensitive sign inversion of circularly polarised luminescence, Kono Yuki, Hara Nobuyuki, Shizuma Motohiro, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, DALTON TRANSACTIONS, 46, 16, 5170, 5174,   2017年04月28日, 査読有り
  • Heterocyclic effect for optical properties of naphthoquinone-based pigment: 2-methyl-3-heteroarylthio-1,4-naphthalenedione, Sako Akihiro, Okuda Koji, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Imai Yoshitane, TETRAHEDRON, 73, 15, 2068, 2073,   2017年04月13日, 査読有り
  • Propeller Chirality of Boron Heptaaryldipyrromethene: Unprecedented Supramolecular Dimerization and Chiroptical Properties, Toyoda Masataka, Imai Yoshitane, Mori Tadashi, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS, 8, 1, 42, 48,   2017年01月05日, 査読有り
  • Solvent-controlled sign inversion of circularly polarized luminescent binaphthylacetic acid derivative, Okazaki Mamoru, Mizusawa Takaya, Nakabayashi Kazuki, Yamashita Mao, Tajima Nobuo, Harada Takunori, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY, 331, 115, 119,   2016年12月01日, 査読有り
  • Binaphthyl luminophores with triphenylsilyl groups: sign inversion of circularly polarized luminescence and circular dichroism, Sato Takuya, Tajima Nobuo, Ueno Hiroki, Harada Takunori, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, TETRAHEDRON, 72, 44, 7032, 7038,   2016年11月03日, 査読有り
  • Solvent- and Substituent-controlled Circularly Polarised Luminescence of C-2-symmetric Binaphthyl Fluorophores, Mizusawa Takaya, Sato Takuya, Kitayama Yoko, Tajima Nobuo, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, CHEMISTRYSELECT, 1, 13, 3398, 3404,   2016年08月16日, 査読有り
  • Solvatochromic property switching of a naphthoquinone pigment: 2-methyl-3-arylthio-1,4-naphthalenedione, Akiyama Hirotaka, Sako Akihiro, Tajima Nobuo, Shizuma Motohiro, Kuroda Reiko, Imai Yoshitane, TETRAHEDRON, 72, 17, 2109, 2115,   2016年04月28日, 査読有り
  • Peptide Magic: Interdistance-Sensitive Sign Inversion of Excimer Circularly Polarized Luminescence in Bipyrenyl Oligopeptides, Nishikawa Tomoki, Kitamura Sayaka, Kitamatsu Mizuki, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, CHEMISTRYSELECT, 1, 4, 831, 835,   2016年04月, 査読有り
  • Non-Classically Controlled Signs in a Circularly Polarised Luminescent Molecular Puppet: The Importance of the Wire Structure Connecting Binaphthyl and Two Pyrenes, Nakabayashi Kazuki, Kitamura Sayaka, Suzuki Nozomu, Guo Sibo, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 1, 64, 69,   2016年01月, 査読有り
  • Can chiral P(III) coordinate Eu(III)? Unexpected solvent dependent circularly polarised luminescence of BINAP and Eu(III)(hfa)(3) in chloroform and acetone, Kono Yuki, Nakabayashi Kazuki, Kitamura Sayaka, Shizuma Motohiro, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, RSC ADVANCES, 6, 46, 40219, 40224,   2016年, 査読有り
  • Cryptochiral binaphthyl-bipyrene luminophores linked with alkylene esters: intense circularly polarised luminescence, but ultraweak circular dichroism, Nakanishi Shoma, Nakabayashi Kazuki, Mizusawa Takaya, Suzuki Nozomu, Guo Sibo, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, RSC ADVANCES, 6, 101, 99172, 99176,   2016年, 査読有り
  • pi-Expanded Axially Chiral Biaryls and Their Emissions: Molecular Design, Syntheses, Optical Resolution, Absolute Configuration, and Circularly Polarized Luminescence of 1,1 '-Bipyrene-2,2 '-diols, Hassan Kamrul, Yamashita Ken-ichi, Hirabayashi Kazunori, Shimizu Toshio, Nakabayashi Kazuki, Imai Yoshitane, Matsumoto Takashi, Yamano Akihito, Sugiura Ken-ichi, CHEMISTRY LETTERS, 44, 11, 1607, 1609,   2015年11月05日, 査読有り
  • A comparison of circularly polarised luminescent BINAP and BINAPO as chiral binaphthyl luminophores, Kono Yuki, Nakabayashi Kazuki, Kitamura Sayaka, Kuroda Reiko, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, TETRAHEDRON, 71, 23, 3985, 3989,   2015年06月10日, 査読有り
  • Circularly Polarized Luminescence of Chiral Binaphthyl with Achiral Terthiophene Fluorophores, Taniguchi Naoya, Nakabayashi Kazuki, Harada Takunori, Tajima Nobuo, Shizuma Motohiro, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, CHEMISTRY LETTERS, 44, 5, 598, 600,   2015年05月05日, 査読有り
  • Solid-state circularly polarised luminescence of atropisomeric fluorophores embedded in achiral myo-inositol-containing polyurethanes, Amako Tomoyuki, Nakabayashi Kazuki, Sudo Atsushi, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 13, 10, 2913, 2917,   2015年03月14日, 査読有り
  • Circularly polarized luminescence of biaryl atropisomers: subtle but significant structural dependency, Kitayama Yoko, Nakabayashi Kazuki, Wakabayashi Takashi, Tajima Nobuo, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, RSC ADVANCES, 5, 1, 410, 415,   2015年, 査読有り
  • Pyrene magic: chiroptical enciphering and deciphering 1,3-dioxolane bearing two wirepullings to drive two remote pyrenes, Amako Tomoyuki, Nakabayashi Kazuki, Suzuki Nozomu, Guo Sibo, Rahim Nor Azura Abdul, Harada Takunori, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 51, 39, 8237, 8240,   2015年, 査読有り
  • Photoexcited state chirality transfer. Hidden tunability of circularly polarized luminescent binaphthyl-anthracene tandem molecular systems, Kitamura Sayaka, Nakabayashi Kazuki, Wakabayashi Takashi, Tajima Nobuo, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, RSC ADVANCES, 5, 83, 67449, 67453,   2015年, 査読有り
  • Tunability of guest release properties and crystal structures in a supramolecular benzothiophene heterocyclic host complex, Wakabayashi Takashi, Kitamura Sayaka, Tabata Hideyuki, Kuroda Reiko, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 17, 16, 3064, 3069,   2015年, 査読有り
  • Circularly polarised luminescence and circular dichroism of L- and D-oligopeptides with multiple pyrenes, Nishikawa Tomoki, Tajima Nobuo, Kitamatsu Mizuki, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 13, 47, 11426, 11431,   2015年, 査読有り
  • Circularly Polarized Luminescence (CPL) Property of Chiral Binaphthyl Organic Fluorophore., Yoshitane Imai, J. Jpn. Soc. Colour Mater., 383, 387,   2015年
  • Nonclassical dual control of circularly polarized Luminescence modes of binaphthyl-pyrene organic fluorophores in fluidic and glassy media, Nakabayashi Kazuki, Amako Tomoyuki, Tajima Nobuo, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 50, 87, 13228, 13230,   2014年11月11日, 査読有り
  • Polymorphism of Supramolecular Charge-Transfer Complex Composed of 10,10 '-dihydroxy-9,9 '-biphenanthryl and p-benzoquinone, Ookuma Kouhei, Amako Tomoyuki, Aoyama Hiyori, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Imai Yoshitane, MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS, 592, 1, 209, 217,   2014年03月24日, 査読有り
  • Chiral Optical Properties of Phenyloxazoline Derivatives that Appear Only in the Solid State, Hirayama Masato, Kobayashi Yuhei, Tanaka Yuki, Sato Tomohiro, Harada Takunori, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 4, 719, 724,   2014年02月, 査読有り
  • Antimicrobial Activity of Cationic Gemini Surfactant Containing an Oxycarbonyl Group in the Lipophilic Portion against Gram-positive and Gram-negative Microorganisms, Tatsumi Taiga, Imai Yoshitane, Kawaguchi Kakuhiro, Miyano Naoko, Ikeda Isao, JOURNAL OF OLEO SCIENCE, 63, 2, 137, 140,   2014年02月, 査読有り
  • Characteristic solid-state color properties and crystal structures of 2-methyl-3-chlorophenylthio-1,4-naphthalenedione, Yotsumoto Eiki, Inoue Takafumi, Wakabayashi Takashi, Amako Tomoyuki, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Imai Yoshitane, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 1056, 189, 193,   2014年01月06日, 査読有り
  • Preparation and Guest Release Properties of Supramolecular 3-Chlorobenzo[b]thiophene Heterocyclic Host Complex, Wakabayashi Takashi, Amako Tomoyuki, Tabata Hideyuki, Kuroda Reiko, Imai Yoshitane, CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 14, 1, 32, 37,   2014年01月, 査読有り
  • Molecular recognition of a large bisphenol A derivative, alpha,alpha '-bis(4-hydroxyphenyl)-1,4-diisopropylbenzene, using p-benzoquinone derivatives, Iwase Noriaki, Shigeno Yuta, Wakabayashi Takashi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 16, 2, 159, 163,   2014年, 査読有り
  • Multiple optical properties of a naphthoquinone pigment: 2-methyl-3-( hydroxyphenylthio)-1,4-naphthalenedione, Akiyama Hirotaka, Inoue Takafumi, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Imai Yoshitane, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 12, 40, 7965, 7970,   2014年, 査読有り
  • Enhancing circularly polarised luminescence by extending the pi-conjugation of axially chiral compounds, Kitayama Yoko, Amako Tomoyuki, Suzuki Nozomu, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 12, 25, 4342, 4346,   2014年, 査読有り
  • Control of crystal structures of fluorescent two-component supramolecular systems by varying substituents and their positions, Tanaka Yuki, Tabata Hideyuki, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 16, 9, 1741, 1748,   2014年, 査読有り
  • Plasmon resonance-enhanced circularly polarized luminescence of self-assembled meso-tetrakis-(4-sulfonatophenyl)porphyrin-surfactant complexes in interaction with Ag nanoparticles, Harada Takunori, Kajiyama Naoki, Ishizaka Kei, Toyofuku Reona, Izumi Katsuki, Umemura Kazuo, Imai Yoshitane, Taniguchi Naoya, Mishima Kenji, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 50, 76, 11169, 11172,   2014年, 査読有り
  • Sign inversion of circularly polarized luminescence by geometry manipulation of four naphthalene units introduced into a tartaric acid scaffold, Amako Tomoyuki, Nakabayashi Kazuki, Mori Tadashi, Inoue Yoshihisa, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 50, 85, 12836, 12839,   2014年, 査読有り
  • Preparation of a Spontaneously Resolved Chiral Fluorescent System Containing 4-(2-Arylethynyl)benzoic Acid, Taniguchi Naoya, Shimomaki Ryutaro, Amako Tomoyuki, Sato Tomohiro, Tokutome Hayato, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2, 8, 681, 687,   2013年08月, 査読有り
  • Control of Solid-state Circularly Polarized Luminescence of Binaphthyl Organic Fluorophores through Environmental Changes, Kimoto Takaya, Amako Tomoyuki, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2, 5, 404, 410,   2013年05月, 査読有り
  • A comparison of circularly polarized luminescence (CPL) and circular dichroism (CD) characteristics of four axially chiral binaphthyl-2,2 '-diyl hydrogen phosphate derivatives, Amako Tomoyuki, Kimoto Takaya, Tajima Nobuo, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, TETRAHEDRON, 69, 13, 2753, 2757,   2013年04月01日, 査読有り
  • Solid-state circularly polarised luminescence and circular dichroism of viscous binaphthyl compounds, Amako Tomoyuki, Harada Takunori, Suzuki Nozomu, Mishima Kenji, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, RSC ADVANCES, 3, 45, 23508, 23513,   2013年, 査読有り
  • Control of variable composition structures by fluorine substituent in supramolecular organic fluorophore composed of 2-naphthalenecarboxylic acid, Kobayashi Yuhei, Sato Tomohiro, Tanaka Yuki, Harada Takunori, Kuroda Reiko, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 15, 23, 4624, 4630,   2013年, 査読有り
  • Chiral anthracene fluorescence system using achiral 1-naphthylmethylamine, Kobayashi Yuhei, Tanaka Yuki, Sato Tomohiro, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 15, 31, 6259, 6263,   2013年, 査読有り
  • Dependence of circularly polarized luminescence due to the neighboring effects of binaphthyl units with the same axial chirality, Amako Tomoyuki, Kimoto Takaya, Tajima Nobuo, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, RSC ADVANCES, 3, 19, 6939, 6944,   2013年, 査読有り
  • Control of release properties of guest molecules by the type of benzoheterocyclic ring in supramolecular host complexes, Hige Shintaro, Shiota Naoki, Kobayashi Yuhei, Wakabayashi Takashi, Sato Tomohiro, Imai Yoshitane, TETRAHEDRON, 68, 48, 9999, 10004,   2012年12月02日, 査読有り
  • Control of Circularly Polarized Luminescence by Using Open- and Closed-Type Binaphthyl Derivatives with the Same Axial Chirality, Kimoto Takaya, Tajima Nobuo, Fujiki Michiya, Imai Yoshitane, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 7, 12, 2836, 2841,   2012年12月, 査読有り
  • Preparation, crystal structure, and solid-state optical property of a disulfonic acid/amine fluorescent complex composed of 4,4 '-biphenyldisulfonic acid and 2-naphthylethylamine, Shiota Naoki, Sakoda Yumeko, Kinuta Takafumi, Imai Yoshitane, JOURNAL OF INCLUSION PHENOMENA AND MACROCYCLIC CHEMISTRY, 74, 1-4, 369, 374,   2012年12月, 査読有り
  • Preparation and Crystal Structure of a Supramolecular Bithiophene Network Complex with 1D Channel-Like Cavities, Shiota Naoki, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Kimoto Takaya, Imai Yoshitane, LETTERS IN ORGANIC CHEMISTRY, 9, 8, 559, 562,   2012年10月, 査読有り
  • Control of circularly polarized photoluminescent property via dihedral angle of binaphthyl derivatives, Kinuta Takafumi, Tajima Nobuo, Fujiki Michiya, Miyazawa Mitsuo, Imai Yoshitane, TETRAHEDRON, 68, 24, 4791, 4796,   2012年06月17日, 査読有り
  • Preparation of a supramolecular heterocyclic host complex using chiral (1R,2S)-2-amino-1,2-diphenylethanol, Shiota Naoki, Hige Shintaro, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 1014, 32, 37,   2012年04月25日, 査読有り
  • Novel Means of Controlling the Solid-State Circular Dichroism Property in a Supramolecular Organic Fluorophore Comprising 4-[2-(Methylphenyl)ethynyl]benzoic Acid by Varying the Position of the Methyl Substituent, Nishiguchi Noriaki, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Nakano Yoko, Harada Takunori, Tajima Nobuo, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 12, 4, 1859, 1864,   2012年04月, 査読有り
  • Nonclassical Tunability of Solid-State CD and CPL Properties of a Chiral 2-Naphthalenecarboxylic Acid/Amine Supramolecular Organic Fluorophore, Nishiguchi Noriaki, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Nakano Yoko, Tokutome Hayato, Tajima Nobuo, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 7, 2, 360, 366,   2012年02月06日, 査読有り
  • Solid-state visible molecular recognition system of bisphenol A and its derivatives by solid co-grinding crystallization with benzoquinone, Iwase Noriaki, Kobayashi Yuhei, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 14, 24, 8599, 8605,   2012年, 査読有り
  • Polymorphic supramolecular organic fluorophore composed of 2-naphthalenecarboxylic acid and benzylamine, Kobayashi Yuhei, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Harada Takunori, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 14, 4, 1468, 1472,   2012年, 査読有り
  • Dependence of solid-state optical properties on binding groups in biphenyl acid/amine supramolecular organic complexes, Okuno Takahiro, Sakoda Yumeko, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Tokutome Hayato, Tajima Nobuo, Nakano Yoko, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 14, 14, 4819, 4825,   2012年, 査読有り
  • Preparation of novel polymorphic pigment 3,3 '-(4,4 '-biphenyldiylbisthio)bis-2-methyl-1,4-naphthoquinone and its polymorphic properties, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Matsubara Yoshio, Miyazawa Mitsuo, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 14, 3, 1016, 1020,   2012年, 査読有り
  • Chiral supramolecular thiophene fluorophore consisting of thiophenecarboxylic acid derivatives, Kimoto Takaya, Shiota Naoki, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Tokutome Hayato, Kuroda Reiko, Fujiki Michiya, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, TETRAHEDRON, 67, 40, 7775, 7779,   2011年10月07日, 査読有り
  • Solid-state chiral optical properties of axially chiral binaphthyl acid derivatives, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Nakano Yoko, Harada Takunori, Tajima Nobuo, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY, 220, 2-3, 134, 138,   2011年05月20日, 査読有り
  • Control of the Solid-State Chiral Optical Properties of a Supramolecular Organic Fluorophore Containing 4-(2-Arylethynyl)-Benzoic Acid, Nishiguchi Noriaki, Kinuta Takafumi, Nakano Yoko, Harada Takunori, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 6, 4, 1092, 1098,   2011年04月04日, 査読有り
  • Crystal Structures and Solid-State Optical Properties of Supramolecular Organic Fluorophore Composed of 1D Columnar Network Structure Consisting of Fluorescent 2-Naphthalenecarboxylic Acid, Nishiguchi Noriaki, Sato Tomohiro, Kinuta Takafumi, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 11, 3, 827, 831,   2011年03月, 査読有り
  • Solid-state fluorescence host complex formed by assembly of two-dimensional layered network structure composed of 2,6-naphthalenedicarboxylic acid and 2-naphthylethylamine, Shiota Naoki, Okuno Takahiro, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 13, 5, 1683, 1686,   2011年, 査読有り
  • Colored supramolecular charge-transfer host system using 10,10 '-dihydroxy-9,9 '-biphenanthryl and 2,5-disubstituted-1,4-benzoquinone, Ukegawa Tatsuya, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, TETRAHEDRON, 66, 45, 8756, 8762,   2010年11月06日, 査読有り
  • Control of relationship between conformational and color polymorphs of achiral 2-methyl-3-arylthio-1,4-naphthalenediones, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Harada Takunori, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 982, 1-3, 16, 21,   2010年10月08日, 査読有り
  • Solid-state thermochromism observed in charge-transfer complex composed of binaphthol and viologen, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 982, 1-3, 45, 49,   2010年10月08日, 査読有り
  • Tuning mechanism in helical columnar thiophene host system with 2-thienylacetic acid by using (1R,2S)-2-amino-1,2-diphenylethanol, Shiota Naoki, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, TETRAHEDRON, 66, 30, 5589, 5593,   2010年07月24日, 査読有り
  • Solid-state fluorescence property and crystal structure of biphenyl derivatives with carboxyl and n-alkyl groups, Imai Yoshitane, Komon Kensaku, Tajima Nobuo, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, JOURNAL OF LUMINESCENCE, 130, 6, 954, 958,   2010年06月, 査読有り
  • Preparation of Charge-transfer Host Complex Composed of [9,9 '-Biphenanthryl]-10,10 '-diol Having a Large and Widely pi-Conjugated Phenanthrene Ring, Ukegawa Tatsuya, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, CHEMISTRY LETTERS, 39, 3, 257, 259,   2010年03月05日, 査読有り
  • Preparation of Supramolecular Thiophene Host System Showing Solid-State Fluorescence by Using Chiral (1R,2S)-2-Amino-1,2-diphenylethanol, Shiota Naoki, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 10, 3, 1341, 1345,   2010年03月, 査読有り
  • A 2D Layered Chiral Supramolecular Organic Fluorophore Composed of 1-Amino-2-indanol and Carboxylic Acid Derivatives, Imai Yoshitane, Shiota Naoki, Kinuta Takafumi, Okuno Takahiro, Nakano Yoko, Harada Takunori, Sato Tomohiro, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 7, 1353, 1357,   2010年03月, 査読有り
  • Preparation of supramolecular host complex composed of 1D charge-transfer column-like structure using 6,6 '-disubstituted-1,1 '-bi-2-naphthol and methylviologen, Kinuta Takafumi, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 964, 1-3, 27, 30,   2010年02月14日, 査読有り
  • Molecular recognition of bisphenol A and its derivatives using p-benzoquinone, Iwase Noriaki, Kinuta Takafumi, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 12, 10, 3195, 3200,   2010年, 査読有り
  • Chiral crystallization of ether- and imide-bridged biphenyl compounds without any outside chiral source, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 12, 11, 3483, 3486,   2010年, 査読有り
  • Complexation behaviour of a CT complex composed of 9,10-bis(3,5-dihydroxyphenyl)anthracene and viologen derivatives, Kinuta Takafumi, Kamon Kensaku, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, SUPRAMOLECULAR CHEMISTRY, 22, 4, 221, 227,   2010年, 査読有り
  • Control of solid-state chiral optical properties of a chiral supramolecular organic fluorophore consisting of 1-pyrenesulfonic acid and chiral amine molecules, Imai Yoshitane, Murata Katuzo, Nakano Yoko, Harada Takunori, Kinuta Takafumi, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CRYSTENGCOMM, 12, 6, 1688, 1692,   2010年, 査読有り
  • Development of novel thioether compound for spontaneous chiral crystallization, Kinuta Takafumi, Yokoyama Emi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 12, 5, 1394, 1396,   2010年, 査読有り
  • 62. 固体蛍光を示す二成分系超分子ホスト錯体の創製, 今井喜胤, 化学工業, 865, 870,   2010年
  • Solid-State Chiral Supramolecular Organic Fluorophore Having a pi-Conjugated Phenylene Ethynylene Unit, Kinuta Takafumi, Kamon Kensaku, Harada Takunori, Nakano Yoko, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 33, 5760, 5764,   2009年11月, 査読有り
  • Charge-transfer host complex with channel-like cavity using disubstituted-1,1 '-bi-2-naphthol and benzylviologen, Kinuta Takafumi, Kise Yuko, Kamon Kensaku, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Imai Yoshitane, TETRAHEDRON LETTERS, 50, 42, 5786, 5789,   2009年10月21日, 査読有り
  • Direct Comparison of Chiral Substituent Effects for Viologens in Stereoselective Photoinduced Electron-Transfer Reactions with Zinc Myoglobin, Takashima Hiroshi, Shibata Satomi, Sekiguchi Yuka, Imai Yoshitane, Tsukahara Keiichi, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 82, 10, 1250, 1257,   2009年10月15日, 査読有り
  • Crystal Structure of 9,10-Dipentafluorophenylanthracene Host System, Imai Yoshitane, Kamon Kensaku, Kawaguchi Kakuhiro, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, LETTERS IN ORGANIC CHEMISTRY, 6, 7, 588, 592,   2009年10月, 査読有り
  • Multiple Molecular Recognition Host System using Charge-Transfer Complex of 3,3 '-Disubstituted-1,1 '-bi-2-naphthol and Methylviologen, Imai Yoshitane, Kamon Kensaku, Kinuta Takafumi, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 9, 9, 4096, 4101,   2009年09月, 査読有り
  • Solid-State Optical Properties of a Chiral Supramolecular Organic Fluorophore Consisting of Fluorescent 1-Pyrenesulfonic Acid and Amine Molecules, Imai Yoshitane, Murata Katuzo, Nakano Yoko, Harada Takunori, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 19, 3244, 3248,   2009年07月, 査読有り
  • Charge-transfer host system composed of 9,10-bis(3,5-dihydroxyphenyl)anthracene and methylviologen, Imai Yoshitane, Kinuta Takafumi, Kamon Kensaku, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, TETRAHEDRON, 65, 18, 3740, 3744,   2009年05月02日, 査読有り
  • Colored Supramolecular Host System Using a Charge-Transfer Complex Composed of 1,1 '-Bi-2-naphthol and 2,5-Substituted 1,4-Benzoquinone, Imai Yoshitane, Kamon Kensaku, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 15, 2519, 2525,   2009年05月, 査読有り
  • Complexation Behavior of Binaphthol/Tetrafluoro-1,4-benzoquinone Charge-Transfer Complex, Imai Yoshitane, Kinuta Takafumi, Kamon Kensaku, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 9, 5, 2393, 2397,   2009年05月, 査読有り
  • Complexation Behavior of a Supramolecular Organic Fluorophore Prepared by Solid-State Co-Grinding Crystallization Using 2-Anthracenecarboxylic Acid and (R)-1-(2-Naphthyl)ethylamine and Its Optical Properties, Imai Yoshitane, Murata Katuzo, Kawaguchi Kakuhiro, Harada Takunori, Nakano Yoko, Sato Tomohiro, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 9, 1335, 1339,   2009年03月, 査読有り
  • Formation and Crystal Structure of Two-Component Host System Having Helical Chirality and Comprising 9,10-Dihydro-9,10-ethanoanthracene-11,12-diamine and 1,1 '-Binaphthyl-2,2 '-dicarboxylic Acid, Imai Yoshitane, Murata Katuzo, Kamon Kensaku, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 9, 1, 602, 605,   2009年01月, 査読有り
  • Conformational and color polymorphism of achiral 2-methyl-3-(2-naphthalenylthio)-1,4-naphthalenedione, Imai Yoshitane, Kinuta Takafumi, Nagasaki Keiko, Harada Takunori, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Sasaki Yoh, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CRYSTENGCOMM, 11, 7, 1223, 1226,   2009年, 査読有り
  • Formation and crystal structure of the chiral charge-transfer complex with axially chiral 1,1 '-bis-2-naphthol derivatives and tetracyanobenzene, Imai Yoshitane, Kamon Kensaku, Kido Shingo, Harada Takunori, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CRYSTENGCOMM, 11, 4, 620, 624,   2009年, 査読有り
  • Preparation of a spontaneous resolution chiral fluorescent system using 2-anthracenecarboxylic acid, Imai Yoshitane, Kamon Kensaku, Murata Katuzo, Harada Takunori, Nakano Yoko, Sato Tornohiro, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 6, 19, 3471, 3475,   2008年10月07日, 査読有り
  • Molecular recognition properties of a charge-transfer host system composed of 10,10 '-dihydroxy-9,9 '-biphenanthryl and viologen derivatives, Imai Yoshitane, Kamon Kensaku, Kido Shingo, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 28, 4784, 4789,   2008年10月, 査読有り
  • Preparation and crystal structure of guest-dependent charge-transfer host system using 1,1 '-bi-2-naphthol and 2-chloro-5-methyl-benzoquinone, Imai Yoshitane, Kamon Kensaku, Kinuta Takafumi, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 8, 10, 3493, 3496,   2008年10月, 査読有り
  • 2D layered supramolecular host system derived from a 2(1)-helical column, composed of 1,2-diphenylethylenediamine and N-phenyliminodiacetic acid, Imai Yoshitane, Murata Katuzo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, ORGANIC LETTERS, 10, 17, 3821, 3824,   2008年09月04日, 査読有り
  • Selective formation and optical property of a 2(1)-helical columnar fluorophore composed of achiral 2-anthracenecarboxylic acid and benzylamine, Imai Yoshitane, Murata Katuzo, Asano Natsuyo, Nakano Yoko, Kawaguchi Kakuhiro, Harada Takunori, Sato Tomohiro, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 8, 9, 3376, 3379,   2008年09月, 査読有り
  • A solid-state chiral fluorophore obtained from achiral fluorescent biphenyl-4-carboxylic acid and rac-phenylmethylamine derivatives, Imai Yoshitane, Murata Katuzo, Matsuno Hideki, Kamon Kensaku, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CHEMISTRY LETTERS, 37, 7, 726, 727,   2008年07月05日, 査読有り
  • Formation of chiral 2(1)-helical columnar host system with phenylacetylene unit by using (1R, 2S)-2-amino-1,2-diphenylethanol, Imai Yoshitane, Kawaguchi Kakuhiro, Matsuno Hideki, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, TETRAHEDRON, 64, 20, 4585, 4589,   2008年05月12日, 査読有り
  • Tuning mechanism in a two-component columnar host system composed of 1,2-diphenylethylenediamine and 1,1 '-binaphthyl-2,2 '-dicarboxylic acid, Imai Yoshitane, Kawaguchi Kakuhiro, Murata Katuzo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, ORGANIC LETTERS, 10, 3, 469, 471,   2008年02月07日, 査読有り
  • Multiple molecular response columnar host system composed of rac-2-amino-1,2-diphenylethanol and 1-fluorenecarboxylic acid, Imai Yoshitane, Nagasaki Keiko, Murata Katuzo, Kawaguchi Kakuhiro, Harada Takunori, Nakano Yoko, Sato Tomohiro, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CRYSTENGCOMM, 10, 8, 951, 953,   2008年, 査読有り
  • A coincident spontaneous resolution system for racemic 1,1' -binaphthyl-2,2'- dicarboxylic acid and 1,2-diphenylethylenediamine induced by water, Imai Yoshitane, Kawaguchi Kakuhiro, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 3, 362, 364,   2008年, 査読有り
  • A solid-state fluorescent host system with a 2(1)-helical column consisting of chiral (1R,2S)-2-amino-1,2-diphenylethanol and fluorescent 1-pyrenecarboxylic acid, Imai Yoshitane, Murata Katuzo, Kawaguchi Kakuhiro, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 3, 3, 625, 629,   2008年, 査読有り
  • Varied charge-transfer complex crystals formed between diols and benzoquinone in the solid and solution states, Kuroda Reiko, Sato Tomohiro, Imai Yoshitane, CRYSTENGCOMM, 10, 12, 1881, 1890,   2008年, 査読有り
  • Formation of supramolecular host system with multiple chiral points (central, axial, and helical) by using (1R,2S)-2-amino-1,2-diphenylethanol, Imai Yoshitane, Murata Katuzo, Matsuno Hideki, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CRYSTENGCOMM, 10, 8, 947, 950,   2008年, 査読有り
  • Control of circularly polarized luminescence (CPL) properties by supramolecular complexation, Imai Yoshitane, Kawano Kenta, Nakano Yoko, Kawaguchi Kakuhiro, Harada Takunori, Sato Tomohiro, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, NEW JOURNAL OF CHEMISTRY, 32, 7, 1110, 1112,   2008年, 査読有り
  • Guest inclusion style of 9,10-diphenylanthracene, Imai Yoshitane, Kawaguchi Kakuhiro, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS, 487, 153, 159,   2008年, 査読有り
  • A charge-transfer host system composed of a chiral 1,1 '-bi-2-naphthol cluster and benzylviologen, Imai Yoshitane, Kamon Kensaku, Kinuta Takafumi, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, TETRAHEDRON, 63, 48, 11928, 11932,   2007年11月26日, 査読有り
  • A charge-transfer complex. of 10,10 '-dihydroxy-9,9 '-biphenanthryl and methylviologen as a visual inclusion host system, Imai Yoshitane, Kido Shingo, Kamon Kensaku, Kinuta Takafumi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, ORGANIC LETTERS, 9, 24, 5047, 5050,   2007年11月22日, 査読有り
  • An isoselective and visual inclusion host system using charge-transfer complexes of 3,3'-disubstituted-1,1'-bi-2-naphthol and methylviologen, Imai Yoshitane, Kamon Kensaku, Kinuta Takafurni, Nobuo Tajima, Sato Tornohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, TETRAHEDRON LETTERS, 48, 36, 6321, 6325,   2007年09月03日, 査読有り
  • Tunable two-component host system with multiple chiral points composed of cyclohexanediamine and 1,1'-binaphthyl-2,2'-dicarboxylic acid, Imai Yoshitane, Kawaguchi Kakuhiro, Murata Katuzo, Sato Tomohiro, Kuroda' Reiko, Matsubara Yoshio, CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 7, 9, 1676, 1678,   2007年09月, 査読有り
  • A solid-state fluorescence sensing system consisting of chiral (1R,2S)-2-Amino-1,2-diphenylethanol and fluorescent 2-anthracenecarboxylic acid, Imai Yoshitane, Murata Katuzo, Kawaguchi Kakuhiro, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, ORGANIC LETTERS, 9, 17, 3457, 3460,   2007年08月16日, 査読有り
  • Formation of a chiral 2D-layered host system composed of (1R,2R)-1,2-diphenylethylenediamine and benzenediacetic acid derivatives, Imai Yoshitane, Kawaguchi Kakuhiro, Murata Katuzo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CHEMISTRY LETTERS, 36, 6, 812, 813,   2007年06月05日, 査読有り
  • Solid-state optical properties of a chiral supramolecular fluorophore consisting of chiral (1R,2R)-1,2-diphenylethylenediamine and fluorescent carboxylic acid derivatives, Imai Yoshitane, Kawaguchi Kakuhiro, Harada Takunori, Sato Tomohiro, Ishikawa Masaaki, Fujiki Michiya, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, TETRAHEDRON LETTERS, 48, 16, 2927, 2930,   2007年04月16日, 査読有り
  • Axial structures of biphenyl compounds linked by diethyl ether chains, Imai Yoshitane, Kitazawa Junichi, Sato Tomohiro, Tajima Nobuo, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, Yoshida Zen-ichi, TETRAHEDRON, 63, 9, 1995, 1999,   2007年02月26日, 査読有り
  • Chiral channel-like cavity which is tunable via changes in 2(1)-column packing structure, Imai Yoshitane, Kawaguchi Kakuhiro, Asai Katuzo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, CRYSTENGCOMM, 9, 6, 467, 470,   2007年, 査読有り
  • Development of a chiral host system tunable via changes in a 2(1)-column packing structure, Imai Yoshitane, Kawaguchi Kakuhiro, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, Matsubara Yoshio, TETRAHEDRON LETTERS, 47, 45, 7885, 7888,   2006年11月06日, 査読有り
  • Visualization of molecular recognition: A novel system based on charge-transfer complexes composed of 1,1 '-bi-2-naphthol derivatives and p-benzoquinone, Imai Yoshitane, Tajima Nobuo, Sato Tomohiro, Kuroda Reiko, ORGANIC LETTERS, 8, 14, 2941, 2944,   2006年07月06日, 査読有り
  • Formation of chiral charge-transfer complex with axially chiral 1,1'-bi-naphtol and viologen derivatives., Imai Yoshitane; Kinuta, T.; Sato, T.; Nobuo, T.; Kuroda, R.; Matubara, Y.; Yoshida, Z., Tetrahedron Lett., 3603, 3606,   2006年, 査読有り
  • Successive optical resolution of two compounds by one enantiopure compound, Imai Yoshitane; Takishita, M.; Sato, T.; Kuroda, R., Chem. Commun., 1070, 1072,   2006年, 査読有り
  • Efficient Optical Resolutionof Secondary Alkyl Alcohols by Chiral Supramolecular Hosts, Imai Yoshitane; Sato, T.; Kuroda, R., Chem. Comm., 3289, 3291,   2005年, 査読有り
  • Crystal to crystal transformation in the solid state., Kuroda, R.; Higashiguchi, K.; Hasebe, S.; Imai Yoshitane, Cryst.Eng.Comm, 463, 468,   2004年, 査読有り
  • Spontaneous rearrangement of hydrogen bonding in a crystalline state., Kuroda, R.; Imai Yoshitane, Men. Comm., 148, 149,   2003年, 査読有り
  • Direct structure determination of a multi-component molecular crystal prepared by a solid state grinding procedure., Cheung, E. Y.; Kitchin, S. J.; Harris, D. M.; Imai Yoshitane; Tajima, N.; Kuroda, R., J. Am. Chem. Soc., 14658, 14659,   2003年, 査読有り
  • Coloured Chiral Adduct Formation of 1,1’-Bi-2-naphthol Derivatives and Benzoquinone with a Third Compound., Imai Yoshitane; Tajima, N.; Sato, T.; Kuroda, R., Chirality, 604, 609,   2002年, 査読有り
  • Generation of Co-crystal Phases with Novel Coloristic Properties via Solid State Grinding Procedures., Kuroda, R.; Imai Yoshitane; Tajima, N., Chem. Comm., 2848, 2849,   2002年, 査読有り
  • Chirality Recognition in Solvent-free Solid-state Crystallization: Chiral Adduct Formation by Bis-β-naphthol Derivatives and Benzoquinone Crystals., Kuroda, R.; Imai Yoshitane; Sato, T., Chirality, 588, 594,   2001年, 査読有り
  • Novel C2-Symmetric Chiral Oxazolinyl Biaryl Ligands Bearing a Hydroxyl Group, Imai Yoshitane; Matsuo, S.; Zhang, W.; Kida, T.; Nakatsuji, Y.; Ikeda, I., SYNLETT, 239, 241,   2000年, 査読有り
  • Novel Chiral Bisoxazoline Ligands with a Biphenyl Backbone: Preparation, Complexation, and Application in Asymmetric Catalytic Reactions., Imai Yoshitane; Zhang, W.; Kida, T.; Nakatsuji, Y.; Ikeda, I., J. Org. Chem., 3326, 3333,   2000年, 査読有り
  • Oxazolinylferrocene Ligands for the Addition of Diethylzinc to Benzaldehyde: Effects of the Symmetry and the Substituent on the Oxazoline Ring of the Ligands on Asymmettric Catalysis., Zhang, W.; Yoshinaga, H.; Imai Yoshitane; Kida, T.; Nakatsuji, Y.; Ikeda, I., SYNLETT, 1512, 1514,   2000年, 査読有り
  • Perfect Control of Diastereomeric Complexationof C2-Symmetric Chiral 1,1’-Bis(oxazolinyl)ferrocene Ligands, Imai Yoshitane; Zhang, W.; Kida, T.; Nakatsuji, Y.; Ikeda, I., Chem. Lett., 243, 244,   1999年, 査読有り
  • Novel Axial Chiral Sulfur-oxazoline Ligands with a Biphenyl Backbone., Imai Yoshitane; Zhng, W.; Kida, T.; Nakatsuji, Y.; Ikeda, I., SYNLETT, 1319, 1324,   1999年, 査読有り
  • Diphenylphosphinooxazoline Ligands with a Chiral Binaphthyl Backbone for Pd-Catalyzed Allylic Alkylation., Imai Yoshitane; Zhang, W.; Kida, T.; Nakatsuji, Y.; Ikeda, I., Tetrahedron Lett., 4343, 4346,   1998年, 査読有り
  • Novel Axial Chiral Catalyst Derived from Biphenyl Ligand Bearing only Two ortho-Substituents, Imai Yoshitane; Zhang, W.; Kida, T.; Nakatsuji, Y.; Ikeda, I., Tetrahedron Lett., 2681, 2684,   1997年, 査読有り
  • Novel C2-Symmetric Chiral Bisoxazoline Ligands in Rhodium(I)-Catalyzed Asymmetric Hydrosilylation, Imai Yoshitane; Zhang, W.; Kida, T.; Nakatsuji, Y.; Ikeda, I., Tetrahedron Asym., 2453, 2462,   1996年, 査読有り

書籍等出版物

  • Advances in Organic Crystal Chemistry , Yoshitane Imai, 分担執筆, Solid-State Circularly Polarized Luminescence of Chiral Supramolecular Organic Fluorophore, Springer,   2015年

MISC

  • 円偏光発光(CPL)を利用した光学活性ビナフチル‐ユーロピウムハイブリッド発光体の分子認識, 原伸行, 岡崎守, 靜間基博, 藤木道也, 今井喜胤, ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム講演要旨集, 15th, 115,   2017年06月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702217407127906
  • 光学活性ペプチド‐ピレン有機発光体による円偏光発光(CPL)を利用した分子認識特性, 味村優輝, 北村沙也香, 靜間基博, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム講演要旨集, 15th, 145,   2017年06月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702222297278831
  • 光学活性ビナフチル‐フェナントレン発光体による円偏光発光(CPL)を利用した分子認識特性, 中西章真, 黒田捺月, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム講演要旨集, 15th, 81,   2017年06月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702270670616402
  • ピレン‐ガドリニウム発光体による円偏光発光(CPL)を利用した分子認識特性, 原伸行, 北村拓也, 中井英隆, 今井喜胤, ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム講演要旨集, 15th, 146,   2017年06月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702278888002156
  • 軸不斉ビペリレン類の合成と光学的性質, 杉浦健一, 藤巻圭介, 今井喜胤, 五島健太, 有機合成シンポジウム講演要旨集, 111th, 46‐47,   2017年05月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702228320899253
  • 光学活性有機発光体の固体円偏光発光(CPL)特性, 今井喜胤, 機能材料, 37, 3, 55‐62,   2017年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702223811639135
  • キラルトランスファーを利用した発光性ピレン連結型軸不斉ビナフチル化合物の円偏光発光(CPL)特性, 奥田晃史, 谷本琴美, 味村優輝, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.2F8‐34,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702210680440085
  • ピレニル基を有するジベンゾフラン型キラルジアミンの円偏光発光(CPL)特性, 伊藤傑, 生田健悟, 中西章真, 今井喜胤, 淺見真年, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.2F8‐32,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702217438551265
  • 発光性ユニット連結型軸不斉ビナフチル化合物の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御, 黒田捺月, 中西章真, 水澤崇弥, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.2F8‐26,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702220016016048
  • 円偏光発光(CPL)特性を有するクリプトキラル型ビピレン有機発光体の創製, 柳井昌樹, 中西章真, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.2F8‐27,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702222784613402
  • 光学活性Phanephos/Tbハイブリッド発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 谷口彩乃, 原伸行, 高野祐樹, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.2PC‐067,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702228406611926
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性ペプチド/Euハイブリッド発光体の創製, 佐藤琢哉, 西恭平, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.2F8‐29,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702228869673397
  • 光学活性BINAP/Eu‐ポリマーマトリックスハイブリッド発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 高野祐樹, 原伸行, 谷口彩乃, 須藤篤, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.3PA‐099,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702242429335176
  • 光学活性DIOP/Euハイブリッド発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 原伸行, 森亮太, 静間基博, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.2F8‐28,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702275665859245
  • キモトリプシンを用いた新奇な円偏光発光(CPL)システムの構築, 日比野可奈子, 高島弘, 原伸行, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.1PB‐122,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702275687555308
  • 光学活性DL‐ペプチド‐ピレン有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 味村優輝, 西川智貴, 中井志保, 渕野遼, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.2F8‐33,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702283001457345
  • 鈴木‐宮浦カップリングを用いたビピレノールの化学修飾とその分光的性質, 澤田石愛実, 今井喜胤, 杉浦健一, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.4F7‐28,   2017年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702292078408011
  • 光学活性ビナフチル有機発光体の溶媒効果による円偏光発光(CPL)特性制御, 水澤崇弥, 佐藤琢哉, 北山陽子, 田じま暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 43rd, 81,   2016年12月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602236235225929
  • 円偏光発光(CPL)特性を有するパラシクロファン‐Tb(III)ハイブリッド発光体の創製, 谷口彩乃, 佐藤琢哉, 高野祐樹, 靜間基博, 藤木道也, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 43rd, 79,   2016年12月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602245003267689
  • 軸不斉クリプトキラル型ビピレン有機発光体の円偏光発光(CPL)特性, 柳井昌樹, 中西章真, 水澤崇弥, 藤木道也, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 43rd, 80,   2016年12月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602251530878596
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性ビナフチルーピレン有機発光体の創製, 奥田晃史, 谷本琴美, 味村優輝, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 43rd, 82,   2016年12月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602291222076895
  • 光学活性ビナフチル有機発光体の溶媒による円偏光発光(CPL)スイッチング, 岡崎守, 谷口彩乃, 藤木道也, 今井喜胤, 色材研究発表会講演要旨集, 2016, 120‐121,   2016年10月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602227976603566
  • 面不斉を有するTb(III)ハイブリッド発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 谷口彩乃, 佐藤琢哉, 靜間基博, 藤木道也, 今井喜胤, 色材研究発表会講演要旨集, 2016, 136‐137,   2016年10月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602244728164982
  • ケイ素ユニットを導入した光学活性ビナフチル有機発光体の円偏光発光(CPL)特性, 佐藤琢哉, 田島暢夫, 上野博毅, 原田拓典, 藤木道也, 今井喜胤, 色材研究発表会講演要旨集, 2016, 124‐125,   2016年10月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602259469966743
  • 軸不斉バイアリールを不斉源とするクリプトキラル型円偏光発光(CPL)材料の開発, 柳井昌樹, 中西章真, 藤木道也, 今井喜胤, 色材研究発表会講演要旨集, 2016, 132‐133,   2016年10月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602279924577913
  • 円偏光発光(CPL)特性を有するパラシクロファン‐ランタノイドハイブリッド発光体の創製, 高野祐樹, 谷口彩乃, 靜間基博, 藤木道也, 今井喜胤, 色材研究発表会講演要旨集, 2016, 140‐141,   2016年10月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602280936865498
  • クリプトキラル型光学活性ビナフチル‐ピレン有機発光体の合成と円偏光発光(CPL)特性, 中西章真, 中林和輝, 藤木道也, 今井喜胤, 色材研究発表会講演要旨集, 2016, 128‐129,   2016年10月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602286502722742
  • ペプチドを用いる光学活性有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 北村沙也香, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, 日本油化学会年会講演要旨集, 55th, 263,   2016年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602212088137249
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性DL‐ペプチド‐ピレン有機発光体の創製, 味村優輝, 西川智貴, 中井志保, 渕野遼, 北松瑞生, 今井喜胤, 日本油化学会年会講演要旨集, 55th, 262,   2016年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602217175331958
  • キモトリプシン(CHT)を用いる新奇な円偏光発光(CPL)システムの構築, 原伸行, 日比野可奈子, 高島弘, 今井喜胤, 日本油化学会年会講演要旨集, 55th, 286,   2016年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602242691486171
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性DIOP‐ユーロピウムハイブリッド発光体の創製, 原伸行, 森亮太, 藤木道也, 今井喜胤, 日本油化学会年会講演要旨集, 55th, 105,   2016年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602259885420777
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性DIOP‐ユーロピウムハイブリッド発光体の創製, 原伸行, 森亮太, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 27th, 243,   2016年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602214332073594
  • 光学活性ビナフチル有機発光体の溶媒効果による円偏光発光(CPL)特性制御, 水澤崇弥, 佐藤琢哉, 北山陽子, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 27th, 246,   2016年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602225320869389
  • 光学活性DL‐ペプチド‐ピレン有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 味村優輝, 西川智貴, 中井志保, 渕野遼, 北松瑞生, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 27th, 244,   2016年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602238337869852
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性パラシクロファン‐ランタノイドハイブリッド発光体の創製, 高野祐樹, 谷口彩乃, 靜間基博, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 27th, 245,   2016年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602264797460537
  • クリプトキラル型光学活性ビナフチル‐ピレン有機発光体の合成と円偏光発光(CPL)特性, 中西章真, 中林和輝, 鈴木望, GUO Sibu, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 27th, 244,   2016年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602273988320076
  • ケイ素ユニットを導入した光学活性ビナフチル有機発光体の円偏光発光(CPL)特性, 佐藤琢哉, 田島暢夫, 上野博毅, 原田拓典, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 27th, 167,   2016年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602284308683888
  • 光学活性ペプチド‐ピレン有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)スイッチング特性, 北村沙也香, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集, 14th, 84,   2016年06月04日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602224851151248
  • 光学活性両親媒性ビナフチル有機発光体の円偏光発光(CPL)特性, 岡崎守, 辻本真太郎, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.4F3‐16,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602222018097350
  • 光学活性ペプチド‐ピレン有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御, 北村沙也香, 西川智貴, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.4F3‐15,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602232186454350
  • 置換基による軸不斉ビナフチル化合物の円偏光発光(CPL)特性制御, 水澤崇弥, 北山陽子, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.2PA‐141,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602241236964551
  • 光学活性なビペリレノールの合成,光学分割,及びキロプティカル特性, 藤巻圭介, HASSAN Kamrul, 今井喜胤, 五島健太, 杉浦健一, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.4F2‐10,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602246953420419
  • クリプトキラル型光学活性ビナフチル‐ピレン有機発光体の合成と円偏光発光(CPL)特性, 中西章真, 中林和輝, 鈴木望, GUO Sibu, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.4F3‐18,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602252527329872
  • 光学活性BINAP‐ランタノイドハイブリッド型発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 高野祐樹, 北村沙也香, 靜間基博, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.3PA‐244,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602252826678358
  • 光学活性パラシクロファン‐ランタノイドハイブリッド型発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 高野祐樹, 北村沙也加, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.4F3‐17,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602266888862303
  • ナフトキノン系機能性色素の置換基による光学特性スイッチング, 左古章浩, 秋山弘毅, 田島暢夫, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.3PA‐243,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602267706277065
  • ナフタレンを発光ユニットとする光学活性有機発光体の円偏光発光(CPL)特性, 佐藤琢哉, 中林和輝, 田島暢夫, 北松瑞生, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.2PA‐142,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602279938766004
  • 1,1’‐ビ‐2,2’‐ビピレノールの化学修飾と顕著な溶媒依存性, 不破未来, 今井喜胤, 五島健太, 杉浦健一, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.4F2‐08,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602285927157542
  • 光学活性ビナフチル有機発光体における円偏光発光(CPL)特性, 今井喜胤, 色材協会誌, 88, 11, 383‐387,   2015年11月20日, 10.4011/shikizai.88.383, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502215588289849
  • 希土類‐ビナフチル‐マトリックスハイブリッド型有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 高野祐樹, 北村沙也香, 藤木道也, 今井喜胤, 色材研究発表会講演要旨集, 2015, 128, 129,   2015年10月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502218462342476
  • 光学活性発光体/マトリックス‐ハイブリッド型円偏光発光(CPL)材料の創製, 高野祐樹, 北村沙也香, 原田拓典, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 26th, 186,   2015年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502207311263068
  • アントラセン部位を有した有機発光体の創製と円偏光発光特性, 北村沙也香, 中林和輝, 若林卓志, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 26th, 187,   2015年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502208849687492
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性ペプチド有機発光体の創製, 西川智貴, 左古章浩, 北松瑞生, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 26th, 187,   2015年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502210005339400
  • 光学活性ビナフチル有機発光体の円偏光発光(CPL)特性に及ぼす置換基効果, 水澤崇弥, 北山陽子, 中林和輝, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 26th, 186,   2015年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502211628923249
  • 円偏光発光(CPL)型光学活性ペプチド有機発光体の創製, 西川智貴, 左古章浩, 北松瑞生, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 日本油化学会年会講演要旨集, 54th, 258,   2015年09月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502210568474982
  • 光学活性ビナフチル‐ピレン有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御, 中林和輝, 北村紗也香, 鈴木望, 藤木道也, 今井喜胤, 光化学討論会講演要旨集, 2015, CD-ROM, ROMBUNNO.1P041,   2015年09月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502214497252679
  • 光学活性ビナフチル有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御, 北山陽子, 太田安耶香, 中林和輝, 靜間基博, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 光化学討論会講演要旨集, 2015, CD-ROM, ROMBUNNO.1P040,   2015年09月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502221141801887
  • 局在表面プラズモン共鳴電場のキラル光学特性への影響, 梶山直樹, 梶山直樹, 石坂慶, 豊福玲於奈, 和泉勝樹, 梅村和夫, 谷口直哉, 今井喜胤, 三島健司, 原田拓典, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2015, 179 (JA),178 (EN),   2015年06月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602212974129099
  • 光学活性発光体/マトリックス‐ハイブリッド型円偏光発光(CPL)材料の創製, 高野祐樹, 北村沙也香, 飼馬康平, 原田拓典, 須藤篤, 藤木道也, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2015, 217 (JA),216 (EN),   2015年06月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602220568116370
  • ナフトキノン系機能性色素における光学特性に及ぼす置換基効果, 秋山弘毅, 左古章浩, 田島暢夫, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 95th, 4, 1119,   2015年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502205551044459
  • キラルトランスファーを利用した発光性ユニット連結型軸不斉ビナフチル化合物の円偏光発光(CPL)特性, 中林和輝, 尼子智之, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 95th, 4, 1119,   2015年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502207280515739
  • 複素環ユニットを有する芳香族カルボン酸/アミン系超分子ホスト錯体の生成と置換基効果, 北村沙也香, 若林卓志, 田端秀行, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 95th, 3, 758,   2015年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502209792149818
  • 光学活性ビナフチル誘導体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御, 北山陽子, 太田安耶香, 中林和輝, 靜間基博, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 95th, 4, 1119,   2015年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502212286238838
  • 複素環ユニットを有するナフトキノン系機能性色素の開発, 左古章浩, 秋山弘毅, 田島暢夫, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 95th, 4, 1506,   2015年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502224171174222
  • ベンゼンユニット連結型新規グアイアズレン誘導体の開発, 岡崎守, 大久保凌, 田島暢夫, 黒田玲子, 武隈真一, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 95th, 4, 1506,   2015年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502247105159093
  • 局在表面プラズモン共鳴による円偏光蛍光増強発光メカニズム解明, 原田拓典, 梶山直樹, 梅村和夫, 豊福玲於奈, 和泉勝樹, 三島健司, 今井喜胤, 谷口直哉, 日本化学会講演予稿集, 95th, 3, 653,   2015年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502268240906858
  • アキラルな拡張π電子系フェナントリルカルボン酸とアキラルなアミン分子を用いた超分子有機発光体の生成挙動, 西川智貴, 谷口直哉, 原田拓典, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 95th, 3, 758,   2015年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502272880548840
  • 光学活性ビナフチル発光体のマトリックス中における円偏光発光, 高野祐樹, 中林一輝, 若林卓志, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 95th, 3, 960,   2015年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502296151713187
  • 円偏光発光(CPL)特性を有するナフタレンジカルボン酸由来光学活性有機発光体の創製, 田中優希, 谷口直哉, 原田拓典, 藤木道也, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 41st, 121,   2014年11月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502215197143199
  • 複素環ユニットを有するナフトキノン系機能性色素の創製, 左古章浩, 秋山弘毅, 田島暢夫, 黒田玲子, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 41st, 140,   2014年11月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502227775826499
  • 光学活性ポリニッパム複合有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 北村沙也香, 若林卓志, 中林和輝, つる谷一真, 石船学, 藤木道也, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 41st, 120,   2014年11月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502232414754578
  • ヘテロ原子直結型ビナフチル化合物の円偏光発光(CPL)特性, 高野祐樹, 中林和輝, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 41st, 141,   2014年11月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502233131104107
  • クラウンエーテルユニットを有する光学活性ビナフチル発光体の円偏光発光(CPL)特性, 太田安耶香, 北山陽子, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 41st, 126,   2014年11月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502288756858699
  • 各種ベンゼンチオール誘導体を用いたナフトキノン系機能性色素の合成と特性変化, 秋山弘毅, 井上貴文, 尼子智之, 田島暢夫, 今井喜胤, 色材研究発表会講演要旨集, 2014, 126, 127,   2014年10月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402277066434404
  • フェニルエチニルベンゼン系機能性ホストの分子認識特性, 若林卓志, 田端秀行, 黒田玲子, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 25th, 252,   2014年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402201137768299
  • 発光性ピレンユニットを有する軸不斉ビナフチル発光体のマトリックスフィルム中における円偏光発光(CPL)特性, 中林和輝, 尼子智之, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 25th, 278,   2014年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402207712690483
  • 光学活性ポリニッパム複合有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 北村沙也香, 若林卓志, 中林和輝, 鶴谷一真, 石船学, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 25th, 252,   2014年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402214427144129
  • 軸不斉光学活性有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御, 北山陽子, 尼子智之, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 25th, 251,   2014年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402226408945720
  • 四つの発光性部位を有する光学活性有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御, 尼子智之, 森直, 井上佳久, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 25th, 277,   2014年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402234889938350
  • 天然物由来光学活性マトリックス複合有機発光体の創製と円偏光発光(CPL)特性, 尼子智之, 中林和輝, 須藤篤, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 25th, 278,   2014年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402238286045845
  • 発光性ナフタレンユニットの空間的配置制御に基づく円偏光発光(CPL)特性制御, 尼子智之, 森直, 井上佳久, 藤木道也, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2014, (JA)55,(EN)54,   2014年06月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402202279970091
  • ピレンユニットを導入した軸不斉ビナフチル化合物の円偏光発光(CPL)特性, 中林和輝, 尼子智之, 田島暢夫, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2014, (JA)57,(EN)56,   2014年06月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402209125201960
  • 表面プラズモン共鳴増強によるキラル光学特性評価, 梶山直樹, 石坂慶, 梅村和夫, 谷口直哉, 今井喜胤, 三島健司, 原田拓典, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2014, (JA)85,(EN)84,   2014年06月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402225776408844
  • 無溶媒結晶化法による円偏光発光(CPL)特性を有する光学活性超分子有機発光体の創製, 谷口直哉, 神吉翔太, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 94th, 4, 1527,   2014年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402200810085747
  • ビフェニルカルボン酸/ベンジルアミン系超分子有機発光体のフッ素置換基による構造制御, 田中優希, 平川弘明, 田端秀行, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 94th, 3, 940,   2014年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402203607657270
  • 酒石酸誘導光学活性有機発光体の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御, 尼子智之, 森直, 井上佳久, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 94th, 4, 1104,   2014年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402221633167239
  • ゲスト分子包接特性を有するフェニルエチニルベンゼン系光学活性超分子錯体の創製, 若林卓志, 尼子智之, 田端秀行, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 94th, 3, 940,   2014年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402224663518787
  • ヒドロキシル基を有するナフトキノン系機能性色素の合成と特性, 秋山弘毅, 井上貴文, 小林雄平, 尼子智之, 田島暢夫, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 94th, 3, 940,   2014年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402259495885858
  • 円偏光発光(CPL)特性を有するアリールエチニルベンゼン系光学活性超分子有機発光体の創製, 西川智貴, 谷口直哉, 原田拓典, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 94th, 3, 1024,   2014年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402276292591826
  • 光学活性バイアリール化合物のマトリックス中における円偏光発光(CPL)特性, 北山陽子, 尼子智之, 鈴木望, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 94th, 4, 1104,   2014年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402292129180393
  • ピレンユニットを有する軸不斉ビナフチル化合物の非古典的円偏光発光(CPL)特性制御, 中林和輝, 尼子智之, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 94th, 4, 1103,   2014年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402299850615710
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する天然物由来光学活性マトリックス複合有機発光体の創製, 尼子智之, 須藤篤, 藤木道也, 今井喜胤, 光化学討論会要旨集(CD-ROM), 2014, ROMBUNNO.2P036,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602251972973174
  • 円偏光発光特性を有する光学活性超分子有機発光体の無溶媒形成, 谷口直哉, 神吉翔太, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 40th, 207,   2013年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402203846117245
  • 置換基効果によるベンジルアミン/ナフタレンカルボン酸系超分子有機発光体の構造制御, 田中優希, 田端秀行, 黒田玲子, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 40th, 179,   2013年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402233141799823
  • 拡張π‐電子系カルボン酸誘導体を用いた円偏光発光特性を有する光学活性超分子有機発光体の創製, 西川智貴, 谷口直哉, 下牧龍太郎, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 40th, 201,   2013年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402235508184467
  • マトリックス固定化状態における粘稠性軸不斉ビナフチル化合物の円偏光発光特性, 尼子智之, 原田拓典, 鈴木望, 三島健司, 藤木道也, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 40th, 174,   2013年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402243113479207
  • ジエチルエーテル鎖を有する軸不斉ビナフチル化合物の円偏光発光特性, 中林和輝, 尼子智之, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 40th, 188,   2013年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402245856946520
  • クロロベンゾチオフェン系光学活性超分子ホスト‐ゲスト錯体の創製, 若林卓志, 田中優希, 田端秀行, 黒田玲子, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 40th, 184,   2013年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402248074577931
  • ヒドロキシル基を有するナフトキノン系機能性色素の分子認識特性, 井上貴文, 尼子智之, 中林和輝, 田島暢夫, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 40th, 192,   2013年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402253635133527
  • 光学活性ナフタレン化合物のマトリックス中における円偏光発光特性, 北山陽子, 尼子智之, 鈴木望, 藤木道也, 今井喜胤, 有機典型元素化学討論会講演要旨集, 40th, 205,   2013年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402287663122630
  • 軸不斉ビナフチル化合物のポリマーマトリックスによる円偏光発光(CPL)特性, 尼子智之, 若林卓志, 鈴木望, 藤木道也, 今井喜胤, 光化学討論会講演要旨集, 2013, 117,   2013年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302226818777801
  • 光学活性ビナフチル誘導体における円偏光発光(CPL)の置換基効果, 北山陽子, 中林和輝, 尼子智之, 若林卓志, 鈴木望, 藤木道也, 今井喜胤, 日本油化学会年会講演要旨集, 52nd, 228,   2013年09月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302244490684752
  • ヒドロキシル基を有するナフトキノン系機能性色素の開発と分子認識特性, 井上貴文, 小林雄平, 尼子智之, 田島暢夫, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 24th, 383,   2013年08月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302219000379464
  • ジエチルエーテル鎖を有する軸不斉ビナフチル化合物の各種マトリックス中におけるキラルな光学特性, 中林和輝, 尼子智之, 原田拓典, 三島健司, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 24th, 436,   2013年08月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302235083955068
  • 粘稠性軸不斉ビナフチル化合物の固体状態における円偏光発光特性, 尼子智之, 原田拓典, 鈴木望, 三島健司, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 24th, 435,   2013年08月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302245820626750
  • ベンジルアミン/ナフタレンカルボン酸系超分子有機発光体の結晶構造に及ぼす置換基効果, 田中優希, 田端秀行, 黒田玲子, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 24th, 382,   2013年08月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302251148624957
  • 光学活性ナフタレン化合物の各種マトリックス中におけるキラルな光学特性, 北山陽子, 尼子智之, 原田拓典, 三島健司, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 24th, 385,   2013年08月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302253528112773
  • 拡張π‐電子系カルボン酸誘導体と光学活性アミン分子による光学活性超分子有機発光体の創製, 西川智貴, 下牧龍太郎, 谷口直哉, 徳留隼人, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 24th, 384,   2013年08月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302259734483107
  • 円偏光発光特性を有する光学活性超分子有機発光体の無溶媒結晶化による創製, 神吉翔太, 谷口直哉, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 24th, 434,   2013年08月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302262329092908
  • クロロベンゾチオフェンユニットを有する光学活性超分子ホスト‐ゲスト錯体の創製, 若林卓志, 田中優希, 田端秀行, 黒田玲子, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 24th, 433,   2013年08月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302278845022103
  • 粘稠軸不斉ビナフチル化合物の外部環境による非古典的光学特性制御, 尼子智之, 赤木冬駒, 木本貴也, 鈴木望, 原田拓典, 三島健司, 藤木道也, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2013, (JA)119,(EN)118,   2013年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302268273037818
  • フッ素置換基が及ぼすベンジルアミン/ナフタレンカルボン酸系超分子錯体の結晶多形制御効果, 田中優希, 小林雄平, 黒田玲子, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2013, (JA)115,(EN)114,   2013年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302271734222397
  • π‐共役拡張カルボン酸誘導体とアミン分子による円偏光発光(CPL)特性を有する自然分晶型光学活性超分子有機発光体の創製, 谷口直哉, 下牧龍太郎, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2013, (JA)121,(EN)120-121,   2013年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302294313967270
  • 軸不斉ビナフチル化合物の外部環境による非古典的円偏光発光(CPL)特性制御, 尼子智之, 木本貴也, 田島暢夫, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2013, (JA)117,(EN)116,   2013年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302296334872301
  • π‐共役カルボン酸誘導体とフェニルエチルアミンによる自然分晶型光学活性超分子有機発光体の創製, 谷口直哉, 下牧龍太郎, 小林雄平, 徳留隼人, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 4, 1586,   2013年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302204718021161
  • ビスフェナントロール/ベンゾキノン系電荷移動錯体の結晶化条件における結晶多形特性, 大隈耕平, 青山日和, 小林雄平, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 4, 1586,   2013年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302231419107316
  • 各種クロロベンゼンチオール誘導体を用いたナフトキノン系機能性色素の創製, 井上貴文, 四元栄輝, 小林雄平, 田島暢夫, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 3, 818,   2013年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302245279428452
  • 固体フェニルオキサゾリン誘導体のキラルな光学特性, 小林雄平, 田中優希, 平山正登, 原田拓典, 田島暢夫, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 3, 1072,   2013年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302283379032270
  • 複素環系カルボン酸を用いた超分子ホスト錯体の生成とゲスト分子脱離特性制御, 若林卓志, 髭慎太郎, 小林雄平, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 3, 818,   2013年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302287046391847
  • 置換基を有する軸不斉ビナフチルリン酸化合物の円偏光発光(CPL)特性, 尼子智之, 木本貴也, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 3, 1072,   2013年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302294399537426
  • 軸不斉ビナフチル化合物の状態変化による円偏光発光(CPL)特性制御, 木本貴也, 尼子智之, 田島暢夫, 藤木道也, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 3, 818,   2013年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302294663588794
  • 「色」変化を利用した超高感度固体分子センシングシステムの開発, 今井喜胤, 島津科学技術振興財団研究成果報告書, 2011, 10, 14,   2013年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302270606281236
  • 2‐Methyl‐1,4‐naphthoquinone骨格を有するスルフィド系機能性色素のハロゲン効果, 井上貴文, 四元栄輝, 小林雄平, 田島暢夫, 今井喜胤, 中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演予稿集, 43rd, 123,   2012年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202232472985987
  • 電荷移動相互作用を利用する超分子錯体の結晶化条件による結晶多形特性, 大隈耕平, 青山日和, 小林雄平, 佐藤友宏, 黒田玲子, 今井喜胤, 中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演予稿集, 43rd, 123,   2012年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202263763557748
  • フッ素置換基によるベンジルアミン/ナフタレンカルボン酸系超分子有機発光体の結晶多形制御, 田中優希, 小林雄平, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 今井喜胤, 中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演予稿集, 43rd, 122,   2012年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202275656948619
  • ヘリカルカラム構造を有する複素環系光学活性超分子ホスト錯体の創製, 髭慎太郎, 小林雄平, 下牧龍太郎, 佐藤友宏, 今井喜胤, 複素環化学討論会講演要旨集, 42nd, 129, 130,   2012年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302279674513070
  • 軸不斉ビナフチル化合物の二面体角による円偏光発光(CPL)特性制御, 木本貴也, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 光化学討論会講演要旨集, 2012, 94,   2012年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302207648592165
  • 円偏光発光(CPL)特性に及ぼす軸不斉ビナフチル化合物のスタイル効果, 木本貴也, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 23rd, 319,   2012年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202207438562150
  • ベンジルアミン/ナフタレンカルボン酸系超分子有機発光体の結晶多形に及ぼすフッ素置換基効果, 田中優希, 小林雄平, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 23rd, 315,   2012年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202209567924304
  • 軸不斉ビナフチル化合物における円偏光発光(CPL)特性制御挙動, 尼子智之, 木本貴也, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 23rd, 318,   2012年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202220429790538
  • フェニルオキサゾリン誘導体の固体状態で特異的なキラル光学特性, 小林雄平, 平山正登, 佐藤友宏, 原田拓典, 田島暢夫, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 23rd, 314,   2012年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202260373729280
  • π‐共役拡張カルボン酸誘導体とフェニルエチルアミンによる自然分晶型光学活性超分子有機発光体の創製, 谷口直哉, 下牧龍太郎, 小林雄平, 徳留隼人, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 23rd, 316,   2012年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202280353749960
  • 複素環ユニットを有する光学活性超分子ホスト錯体の創製, 髭慎太郎, 小林雄平, 下牧龍太郎, 佐藤友宏, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 23rd, 317,   2012年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202294868090236
  • 光学活性アミン分子を用いたmethylphenylethynyl系光学活性超分子有機発光体の創製とその光学特性, 下牧龍太郎, 佐藤友宏, 中野陽子, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2012, (JA)155,(EN)154,   2012年05月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302203556200168
  • 軸不斉ビナフチル化合物の二面体角による円偏光発光(CPL)特性制御, 絹田貴史, 木本貴也, 田島暢夫, 藤木道也, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2012, (JA)228,(EN)227,   2012年05月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302265618208093
  • キラルなフルオロベンジルアミンによるナフタレン系光学活性超分子有機発光体の創製, 小林雄平, 汐田直貴, 絹田貴史, 徳留隼人, 黒田玲子, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2012, (JA)163,(EN)162,   2012年05月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302268218776075
  • アキラルなブリッジ型ビフェニル誘導体の合成とその光学特性, 青山日和, 木本貴也, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2012, (JA)159,(EN)158,   2012年05月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302277292102484
  • 円偏光発光(CPL)特性を有する拡張π電子系スルホン酸‐アミン型光学活性超分子有機発光体の創製, 木本貴也, 奥野峻大, 迫田夢子, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 今井喜胤, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 61, 1, ROMBUNNO.2PB028,   2012年05月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202238707025674
  • 軸不斉ビナフチル化合物の二面体角による光学特性制御, 絹田貴史, 田島暢夫, 藤木道也, 宮澤三雄, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 4, 1623,   2012年03月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202242802960612
  • π‐共役拡張カルボン酸誘導体と各種光学活性アミン分子による光学活性超分子有機発光体の作製とその光学特性, 下牧龍太郎, 西口範昭, 佐藤友宏, 中野陽子, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 3, 1031,   2012年03月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202255439188516
  • フルオロベンジルアミンと2‐ナフトエ酸を用いた結晶多形特性を有する超分子有機発光体の創製, 小林雄平, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 3, 1032,   2012年03月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202288505228236
  • 固体状態でキラリティーを発現するアキラルなビフェニル誘導体の創製とその結晶構造, 青山日和, 木本貴也, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 3, 1032,   2012年03月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202291404251386
  • 円偏光発光特性を有するπ‐共役拡張型スルホン酸‐アミン系光学活性超分子有機発光体の創製, 木本貴也, 奥野峻大, 迫田夢子, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 4, 1623,   2012年03月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202293642347637
  • スルフィド結合を有するナフトキノン系機能性色素の合成とpolymorphism特性, 井上貴文, 絹田貴史, 佐藤友宏, 田島暢夫, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 3, 1032,   2012年03月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202294239130942
  • 非古典的手法による拡張π電子系次世代有機EL用発光材料の開発, 今井喜胤, 村田学術振興財団年報, 25, 155, 163,   2011年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202265366628674
  • 無溶媒混合結晶化法による2成分系光学活性超分子有機発光体の作製とその結晶構造, 神吉翔太, 西口範昭, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2011, 129,   2011年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202203600738947
  • π‐共役拡張型スルホン酸/アミン系光学活性超分子有機発光体の創製, 奥野峻大, 迫田夢子, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 中野陽子, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2011, 128,   2011年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202210807889836
  • π‐共役拡張カルボン酸誘導体と各種アミン分子による光学活性超分子有機発光体の作製とその光学特性, 下牧龍太郎, 西口範昭, 佐藤友宏, 徳留隼人, 中野陽子, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2011, 130,   2011年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202212577191136
  • ヘリカルカラム構造を有する光学活性超分子有機発光体の非古典的キラル光学特性制御, 絹田貴史, 西口範昭, 佐藤友宏, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 宮澤三雄, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2011, 130,   2011年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202220625143540
  • 固体状態でキラリティーを発現するアキラルなイミドビフェニル誘導体の合成とその結晶構造, 青山日和, 木本貴也, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2011, 131,   2011年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202253259466914
  • チオフェンカルボン酸‐アミン系光学活性超分子有機発光体におけるアミン誘導体効果, 木本貴也, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 藤木道也, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2011, 129,   2011年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202265124527172
  • スルフィド結合を有するナフトキノン系機能性色素の生成と結晶構造, 井上貴文, 絹田貴史, 佐藤友宏, 田島暢夫, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2011, 132,   2011年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202283275474141
  • アキラルなフルオロベンジルアミンによるナフタレン型光学活性超分子有機発光体の創製, 小林雄平, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2011, 131,   2011年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202292735656161
  • 固体混合結晶化法を用いたビスフェノールA誘導体の錯形成と認識挙動, 岩瀬憲昭, 絹田貴史, 佐藤友宏, 田島暢夫, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 29, 62,   2011年10月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202222633346305
  • ナフトール誘導体を用いた電荷移動ホスト錯体の創製と各種ゲスト分子に対する包接挙動, 前嶋康太郎, 絹田貴史, 受川達也, 佐藤友宏, 田島暢夫, 黒田玲子, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 29, 66,   2011年10月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202239966981253
  • ナフトキノン系機能性色素のカラーポリモルフィズム特性と結晶構造, 絹田貴史, 井上貴文, 佐藤友宏, 田島暢夫, 黒田玲子, 宮澤三雄, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 29, 72,   2011年10月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202246714601063
  • ナフタレンカルボン酸/アミン系光学活性超分子有機発光体の新奇なキラル光学特性制御, 絹田貴史, 西口範昭, 佐藤友宏, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 29, 75,   2011年10月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202289111517360
  • チオフェンユニットを有する2‐成分系光学活性超分子有機発光体の創製, 木本貴也, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 複素環化学討論会講演要旨集, 41st, 131, 132,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102284622252960
  • 1‐(2‐Naphthyl)ethylamineを基本構成分子とする超分子錯体のゲスト分子包接挙動, 汐田直貴, 奥野峻大, 絹田貴史, 佐藤友宏, 田島暢夫, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 22nd, 401,   2011年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102200396813911
  • ビフェニル骨格を有する光学活性アミン系超分子有機発光体の置換基による光学特性制御, 奥野峻大, 田丸宗一郎, 迫田夢子, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 22nd, 403,   2011年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102207081350039
  • 無溶媒直接混合結晶化法による2成分系光学活性超分子有機発光体の創製, 神吉翔太, 西口範昭, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 22nd, 399,   2011年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102257189286776
  • スルフィド結合を有するナフトキノン系機能性色素の生成, 井上貴文, 絹田貴史, 佐藤友宏, 田島暢夫, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 22nd, 400,   2011年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102257320136858
  • ヘリカルカラム構造により不斉誘起した光学活性超分子有機発光体の非古典的キラル光学特性制御, 絹田貴史, 西口範昭, 佐藤友宏, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 宮澤三雄, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 22nd, 404,   2011年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102257609528070
  • 固体状態でキラリティーを発現するアキラルなビフェニル誘導体の創製とその光学特性, 青山日和, 木本貴也, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 22nd, 402,   2011年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102268294128916
  • 2‐ナフトエ酸と各種アミン分子を用いた光学活性超分子有機発光体の光学特性, 西口範昭, 小林雄平, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 今井喜胤, 光化学討論会講演要旨集, 2011, 78,   2011年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102255729767024
  • 軸不斉化合物及びアミン誘導体との超分子錯体における円偏光発光(CPL)特性, 絹田貴史, 汐田直貴, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 藤木道也, 松原凱男, 宮澤三雄, 今井喜胤, 光化学討論会講演要旨集, 2011, 113,   2011年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102262039384331
  • アキラルな構成分子によるナフタレン系光学活性超分子有機発光体の創製, 小林雄平, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 光化学討論会講演要旨集, 2011, 78,   2011年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102284055736527
  • フェニルスルホン酸誘導体とキラルなアミン誘導体を用いた光学活性超分子有機発光体の創製, 奥野峻大, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 中野陽子, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 光化学討論会講演要旨集, 2011, 113,   2011年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102297454668343
  • 非古典的手法による次世代有機ディスプレイ用発光材料の創成, 今井喜胤, マツダ財団研究報告書(科学技術振興関係), 23, 31, 39,   2011年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102257095501525
  • 軸不斉化合物とアミン誘導体を用いた機能性超分子錯体の創製, 絹田貴史, 汐田直貴, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 藤木道也, 松原凱男, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2011, (JA)120,(EN)119,   2011年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102216503896985
  • ナフタレンカルボン酸を用いた結晶多形特性を有する超分子有機発光体の創製, 小林雄平, 絹田貴史, 佐藤友宏, 原田拓典, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2011, (JA)54,(EN)53,   2011年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102223937929047
  • フェニルスルホン酸誘導体とキラルなアミン誘導体を用いた光学活性超分子有機発光体の創製, 奥野峻大, 田丸宗一郎, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 中野陽子, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2011, (JA)68,(EN)67,   2011年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102252575333043
  • チオフェンカルボン酸誘導体を用いた光学活性超分子有機発光体の置換基効果, 木本貴也, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2011, (JA)108,(EN)107,   2011年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102261713323509
  • チャンネル型空孔を有するチオフェン系超分子ホスト発光体の創製, 汐田直貴, 木本貴也, 絹田貴史, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2011, (JA)86,(EN)85,   2011年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102263486907860
  • π‐共役拡張型光学活性超分子有機発光体の置換基効果による分子配列及び光学特性制御, 西口範昭, 下牧龍太郎, 絹田貴史, 佐藤友宏, 中野陽子, JAHAN Ishrat, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2011, (JA)72,(EN)71,   2011年05月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102283983308211
  • 10‐(2‐Hydroxynaphthyl)‐9‐phenanthrolと各種電子アクセプターを用いた超分子電荷移動(CT)錯体の創製, 受川達也, 佐藤友宏, 田嶋暢夫, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 91st, 4, 1587,   2011年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102212879520280
  • 固体混合結晶化法を用いたBisphenol A誘導体のCT錯体形成と分子認識挙動, 岩瀬憲昭, 絹田貴史, 佐藤友宏, 田島暢夫, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 91st, 4, 1563,   2011年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102224834219730
  • チオフェンジカルボン酸誘導体を用いた発光性超分子ホスト錯体の創製, 汐田直貴, 木本貴也, 絹田貴史, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 91st, 4, 1563,   2011年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102224863129767
  • 置換基位置効果によるπ‐共役拡張型光学活性超分子有機発光体の光学特性制御, 西口範昭, 絹田貴史, 佐藤友宏, 中野陽子, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 91st, 4, 1562,   2011年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102230010408860
  • 芳香族アミン‐ナフタレンカルボン酸を用いた結晶多形特性を有する超分子有機発光体の創製, 小林雄平, 絹田貴史, 佐藤友宏, 原田拓典, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 91st, 4, 1563,   2011年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102231326794955
  • 軸不斉化合物を構成分子とする多成分系超分子錯体の錯形成挙動, 絹田貴史, 汐田直貴, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 藤木道也, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 91st, 4, 1585,   2011年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102236093783798
  • 各種光学活性アミン分子とπ‐共役拡張カルボン酸誘導体による光学活性超分子有機発光体の創製, 下牧龍太郎, 西口範昭, 佐藤友宏, 中野陽子, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 91st, 4, 1585,   2011年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102254283884122
  • 発光性スルホン酸‐光学活性アミン誘導体を用いた光学活性超分子有機発光体の創製とキラルな光学特性, 奥野峻大, 田丸宗一郎, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 中野陽子, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 91st, 4, 1588,   2011年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102255388164709
  • チオフェンカルボン酸‐アミン系光学活性超分子有機発光体の創製, 木本貴也, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 91st, 4, 1585,   2011年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102292161878619
  • チオエーテル結合を有するナフトキノン系化合物のポルモルフィズム特性, 絹田貴史, 佐藤友宏, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 91st, 4, 1563,   2011年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102293910198847
  • 固体蛍光特性を有するチオフェン系光学活性超分子ホスト発光体の創製, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 秋元利夫, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2010, 305,   2010年11月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102203467068405
  • アキラルな構造分子によるナフタレン型光学活性超分子有機発光体の創製, 小林雄平, 絹田貴史, 佐藤友宏, 原田拓典, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2010, 307,   2010年11月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102229825766615
  • π‐共役拡張型光学活性超分子有機発光体の置換基位置効果による光学特性制御, 西口範昭, 絹田貴史, 佐藤友宏, 中野陽子, 徳留隼人, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2010, 306,   2010年11月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102232795389049
  • 架橋構造を有するビフェニル及びビナフチル誘導体の固体結晶状態におけるキラル光学特性, 絹田貴史, 佐藤友宏, 中野陽子, 原田拓典, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2010, 306,   2010年11月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102256578234025
  • 発光性スルホン酸 光学活性アミン誘導体を用いた光学活性超分子有機発光体の創製, 奥野峻大, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 徳留隼人, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2010, 305,   2010年11月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102275211438443
  • 三次元世界のキラリティ資源 固体蛍光を示す二成分系超分子ホスト錯体の創製, 今井喜胤, 化学工業, 61, 11, 865, 870,   2010年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002262888324167
  • ナフトキノン骨格を有するスルフィド化合物の合成とそのポリモルフィズム特性, 絹田貴史, 佐藤友宏, 原田拓典, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 27, 55,   2010年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102255453967539
  • チオフェンジカルボン酸―アミン系超分子ホスト錯体の創製, 汐田直貴, 木本貴也, 絹田貴史, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 27, 80,   2010年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102278982593725
  • Bisphenol A誘導体を用いた固体混合結晶化法によるCT錯体の創製, 岩瀬憲昭, 絹田貴史, 佐藤友宏, 田島暢夫, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 27, 53,   2010年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102286661427605
  • π‐共役拡張カルボン酸/アミン系光学活性超分子有機発光体の固体円偏光発光(CPL)特性, 今井喜胤, 西口範昭, 絹田貴史, 中野陽子, 原田拓典, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 日本油化学会年会講演要旨集, 49th, 332,   2010年09月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002244956128110
  • チオフェンユニットを有する機能性超分子ホスト発光体の創製, 今井喜胤, 汐田直貴, 佐藤友宏, 秋元利夫, 黒田玲子, 松原凱男, 複素環化学討論会講演要旨集, 40th, 301, 302,   2010年09月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002255966437147
  • 円偏光発光(CPL)特性を有するπ‐共役拡張カルボン酸/アミン系光学活性超分子有機発光体の創製, 今井喜胤, 西口範昭, 絹田貴史, 原田拓典, 中野陽子, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 光化学討論会講演要旨集, 2010, 130,   2010年09月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002289913714817
  • 有機発光体を指向した結晶多形特性を有する芳香族アミン‐カルボン酸系超分子錯体の創製, 小林雄平, 絹田貴史, 佐藤友宏, 原田拓典, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 21st, 366,   2010年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002213092137780
  • 架橋ビフェニルおよびビナフチル誘導体の結晶構造とキラルな光学特性, 絹田貴史, 中野陽子, 原田拓典, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 21st, 236,   2010年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002231689642882
  • ナフトキノン骨格を有するチオエーテル化合物のポリモルフィズム特性, 絹田貴史, 原田拓典, 田島暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 21st, 323,   2010年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002232307269750
  • π共役拡張型ビナフトール誘導体―メチルベンゾキノン系CTホスト錯体の創製, 受川達也, 絹田貴史, 佐藤友宏, 田島暢夫, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 21st, 278,   2010年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002233095623180
  • チオフェンカルボン酸‐アミン系超分子ホスト発光体の創製, 汐田直貴, 木本貴也, 絹田貴史, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 21st, 363,   2010年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002258379420540
  • チオフェンカルボン酸誘導体を用いる光学活性超分子有機発光体の創製, 木本貴也, 汐田直貴, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 21st, 364,   2010年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002263874385178
  • π‐共役拡張型超分子有機発光体のキラル光学特性制御, 西口範昭, 絹田貴史, 佐藤友宏, 中野陽子, 原田拓典, 田島暢夫, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 21st, 367,   2010年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002273723962900
  • π‐共役拡張カルボン酸誘導体と各種アミン分子による光学活性超分子有機発光体の創製, 下牧龍太郎, 西口範昭, 佐藤友宏, 徳留隼人, 中野陽子, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 21st, 277,   2010年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002276715130546
  • 電荷移動相互作用を利用したベンゾキノン類とビスフェノールA類縁体の錯形成挙動, 岩瀬憲昭, 佐藤友宏, 田島暢夫, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 基礎有機化学討論会要旨集, 21st, 365,   2010年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002285612141107
  • 分子包接特性を有するジカルボン酸‐アミン系光学活性超分子発光体の創製, 汐田直貴, 奥野峻大, 絹田貴史, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2010, (JA)40,(EN)39,   2010年07月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002230386386763
  • 固体蛍光を示すチオフェン系超分子ホスト錯体の創製, 汐田直貴, 絹田貴史, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2010, (JA)38,(EN)37-38,   2010年07月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002265708858249
  • ポリモルフィズム特性を有するスルフィド化合物の合成と性質, 絹田貴史, 原田拓典, 田島暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2010, (JA)36,(EN)35,   2010年07月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002272274939764
  • ピレン骨格を有する光学活性超分子有機発光体のキラル光学特性制御, 今井喜胤, 絹田貴史, 中野陽子, 原田拓典, 田島暢夫, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 59, 1 Disk1, ROMBUNNO.3PA051,   2010年05月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002280294406692
  • ジフェニル骨格をコアーとする発光体の合成, 野々村きくの, 今井喜胤, 山口仁宏, 松原凱男, 吉田善一, 日本化学会講演予稿集, 90th, 4, 1508,   2010年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002206549806988
  • ピレンスルホン酸―アミン系光学活性超分子有機発光体のキラル光学特性制御, 絹田貴史, 村田勝三, 中野陽子, 原田拓典, 田島暢夫, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 90th, 4, 1090,   2010年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002234390636206
  • π‐共役拡張カルボン酸誘導体とアミン分子による光学活性超分子有機発光体の創製, 西口範昭, 絹田貴史, 原田拓典, 中野陽子, 田島暢夫, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 90th, 4, 1090,   2010年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002238458737036
  • 電荷移動相互作用を利用したBisphenol A及びその誘導体の錯形成と認識挙動, 岩瀬憲昭, 絹田貴史, 田島暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 90th, 4, 1489,   2010年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002244390266900
  • 光学活性2次元層状型超分子有機発光体の創製, 奥野峻大, 汐田直貴, 絹田貴史, 中野陽子, 原田拓典, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 90th, 4, 1482,   2010年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002258828364820
  • 2‐メチル‐1,4‐ナフトキノンユニットを有するスルフィド化合物の合成と性質, 絹田貴史, 橋本武憲, 原田拓典, 田島暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 90th, 4, 1450,   2010年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002263384486120
  • チャンネル型空孔を有するジカルボン酸‐アミン系発光性ホスト錯体の創製, 汐田直貴, 奥野峻大, 絹田貴史, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 90th, 4, 1482,   2010年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002275229783540
  • ビナフトール誘導体―メチルベンゾキノン系超分子電荷移動ホスト錯体の創製, 受川達也, 絹田貴史, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 日本化学会講演予稿集, 90th, 4, 1089,   2010年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002289043259906
  • 蛍光性シンノリン誘導体の合成, 藤田夕介, 今井喜胤, 山口仁宏, 松原凱男, 吉田善一, 日本化学会講演予稿集, 90th, 4, 1529,   2010年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002292098412194
  • 円偏光発光を指向した固体超分子有機発光体の開発, 今井喜胤, 未来材料, 10, 3, 2, 8,   2010年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002283703337931
  • ビナフトール誘導体及びメチルベンゾキノン誘導体を用いた超分子型電荷移動ホスト錯体の創成, 受川達也, 絹田貴史, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 25, 75,   2009年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002206361426410
  • ベンゾキノン類との電荷移動相互作用を利用したビスフェノールA類縁体との錯形成挙動, 岩瀬憲昭, 絹田貴史, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 25, 87,   2009年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002231118633037
  • π‐共役拡張カルボン酸誘導体とアミン分子による超分子錯体形成挙動, 西口範昭, 絹田貴史, 原田拓典, 中野陽子, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 25, 86,   2009年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002235031709407
  • 円偏光発光(CPL)特性を有するアミノインダノール/カルボン酸系光学活性超分子有機発光体の創成, 汐田直貴, 絹田貴史, 奥野峻大, 中野陽子, 原田拓典, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 25, 79,   2009年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002256835675618
  • 2次元層状構造を有する光学活性超分子有機発光体の創成, 奥野峻大, 汐田直貴, 絹田貴史, 中野陽子, 原田拓典, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 25, 77,   2009年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002270764091981
  • チャンネル型空孔を有するジカルボン酸‐アミン系超分子ホスト錯体の創成, 汐田直貴, 奥野峻大, 絹田貴史, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 25, 85,   2009年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002277027262230
  • 2‐メチル‐1,4‐ナフトキノン骨格を有するスルフィド化合物の創成, 絹田貴史, 橋本武憲, 原田拓典, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 25, 81,   2009年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002277380481507
  • チャンネル型空孔を有するジカルボン酸‐アミン系超分子ホスト錯体の創成, 汐田直貴, 絹田貴史, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学討論会要旨集, 20th, 466,   2009年09月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203711155759
  • 光学活性2次元層状型超分子有機発光体の創成, 絹田貴史, 奥野峻大, 西口範昭, 今井喜胤, 原田拓典, 中野陽子, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学討論会要旨集, 20th, 379,   2009年09月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278935978840
  • アキラルな電子ドナー・アクセプター分子を用いる光学活性CTホスト錯体の創成, 絹田貴史, 掃部顕作, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2009, 209, 211,   2009年05月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002242064108286
  • ピレンスルホン酸/アミン系光学活性有機超分子発光体の円偏光発光特性, 村田勝三, 絹田貴史, 今井喜胤, 中野陽子, 原田拓典, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2009, 212, 214,   2009年05月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002254162546346
  • スルホン酸/アミン系光学活性有機超分子発光体の円偏光発光特性, 村田勝三, 今井喜胤, 中野陽子, 原田拓典, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 89th, 2, 1574,   2009年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902202327848643
  • バイアリールアルコール/メチルベンゾキノン系電荷移動型ホストシステムの創成, 掃部顕作, 絹田貴史, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 89th, 2, 1579,   2009年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231928288840
  • チャンネル型空孔を有するテトラヒドロキシビナフチル系電荷移動錯体の創成, 掃部顕作, 木瀬裕子, 絹田貴史, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 89th, 2, 1578,   2009年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232204316325
  • π‐共役拡張型光学活性21‐helical columnar発光性ホストシステムの創成, 掃部顕作, 菅崎寛, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 89th, 2, 1573,   2009年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257595611590
  • ビフェニル骨格を発光ユニットとする光学活性超分子発光体の創成, 掃部顕作, 今井喜胤, 原田拓典, 中野陽子, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2008, 231,   2008年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282410027922
  • 固体混合結晶化法を用いる光学活性helical columnar超分子発光体の生成, 村田勝三, 川口覚博, 今井喜胤, 原田拓典, 中野陽子, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学討論会要旨集, 19th, 389,   2008年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205866981577
  • π共役拡張型光学活性21‐helical columnar有機発光体の創成, 掃部顕作, 菅崎寛, 村田勝三, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学討論会要旨集, 19th, 390,   2008年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902216383489738
  • ビオロゲン誘導体を用いるテトラヒドロキシビナフチル系電荷移動錯体の創成, 絹田貴史, 木瀬祐子, 掃部顕作, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学討論会要旨集, 19th, 387,   2008年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902228099675899
  • 酸/塩基相互作用を利用したhelical columnar超分子発光体の生成挙動, 村田勝三, 掃部顕作, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学討論会要旨集, 19th, 476,   2008年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232616523937
  • ビフェニル骨格を発光ユニットとする光学活性helical columnar超分子発光体の創成, 掃部顕作, 今井喜胤, 原田拓典, 中野陽子, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学討論会要旨集, 19th, 388,   2008年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902255290139376
  • 自然分晶を利用したアントラセン型光学活性21‐helical columnar有機発光体の生成, 掃部顕作, 村田勝三, 川口覚博, 今井喜胤, 原田拓典, 中野陽子, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 光化学討論会講演要旨集, 2008, 354,   2008年09月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902274478908444
  • 光学活性ビオローゲン・アクリジニウムイオンの開発と亜鉛ミオグロビンとの立体選択的光誘起電子移動反応, 柴田早斗未, 関口由佳, 齋藤薫, 山田薫, 今井喜胤, 高島弘, 塚原敬一, 配位化合物の光化学討論会講演要旨集, 21st, 180, 181,   2008年08月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902236797658680
  • π共役拡張型光学活性21‐helical columnar有機発光体の創製, 村田勝三, 掃部顕作, 今井喜胤, 原田拓典, 中野陽子, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2008, (JA)142-143,(EN)141-143,   2008年05月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202227702598186
  • 発光性カルボン酸とフェニルエチルアミンによるヘリカルカラム型超分子発光体の創製, 村田勝三, 松野秀規, 川口覚博, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 57, 1 Disk1, 1PC117,   2008年05月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902281093555784
  • ビニルエーテルあるいはアリルエーテルとアニリンとの高原子価パラジウム触媒反応によるキノリン誘導体の生成, 松原凱男, 平河沙織, 堂谷昌平, 今井喜胤, 山口仁宏, 吉田善一, 日本化学会講演予稿集, 88th, 2, 1244,   2008年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902236028446727
  • 発光性酢酸誘導体を用いる光学活性超分子発光体の生成と発光挙動, 川口覚博, 河野健太, 今井喜胤, 中野陽子, 原田拓典, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 88th, 2, 1475,   2008年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257820137593
  • フルオレン系超分子錯体によるマルチ分子認識ホストシステムの創製, 長崎圭子, 村田勝三, 川口覚博, 今井喜胤, 中野陽子, 原田拓典, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 88th, 2, 1475,   2008年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262584292144
  • Benzylamineと2‐anthracenecarboxylic acidによる光学活性超分子発光体の生成, 村田勝三, 川口覚博, 今井喜胤, 朝野夏世, 中野陽子, 原田拓典, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 88th, 2, 1442,   2008年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267814649227
  • 固体混合結晶化法を用いるナフチルエチルアミン系光学活性超分子発光体の生成, 川口覚博, 松野秀規, 今井喜胤, 中野陽子, 原田拓典, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 88th, 2, 1443,   2008年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298894113953
  • 亜鉛ミオグロビンと光学活性ビオローゲン,アクリジニウムイオンとの立体選択的光誘起電子移動反応, 柴田早斗未, 山田薫, 齋藤薫, 関口由佳, 今井喜胤, 高島弘, 塚原敬一, 酸化反応討論会講演要旨集, 40th, 95, 97,   2007年11月16日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902221167679828
  • アキラルなbenzylamineと2‐anthracenecarboxylic acidを用いる光学活性超分子発光体の創製, 村田勝三, 川口覚博, 今井喜胤, 朝野夏世, 中野陽子, 原田拓典, 佐藤友宏, 藤木道也, 黒田玲子, 松原凱男, 構造有機化学討論会講演予稿集, 37th, 341,   2007年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902295198204228
  • カルボン酸―アミン結合ネットワークを利用した光学活性フルオレン型超分子発光体の創製, 村田勝三, 長崎圭子, 川口覚博, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 光化学討論会講演要旨集, 2007, 262,   2007年09月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206818739418
  • ヘリカルカラム構造を利用した光学活性ピレン型超分子発光体の創製, 村田勝三, 川口覚博, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 光化学討論会講演要旨集, 2007, 261,   2007年09月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902276951384680
  • 光学活性ジフェニルエチレンジアミンとビフェニル酢酸により形成した21‐カラム骨格による光学活性チャンネル型空孔の生成, 今井喜胤, 川口覚博, 浅井勝三, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 56, 1 Disk1, 2PE073,   2007年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902210846029229
  • 新規ナノチアベンゾ大環状化合物―合成と土星型超分子錯体の創製―, 福島惇, 村田創平, 今井喜胤, 山口仁宏, 松原凱男, 吉田善一, 日本化学会講演予稿集, 87th, 2, 1547,   2007年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200906850584
  • 光学活性ビナフトールクラスターとビオロゲンを用いた分子包接型光学活性電荷移動錯体の生成, 掃部顕作, 絹田貴史, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 87th, 2, 1604,   2007年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902234120844213
  • ビニルエーテルとアニリンとの銀触媒反応によるテトラハイドロキノリン誘導体の生成, 平河沙織, 今井喜胤, 山口仁宏, 松原凱男, 吉田善一, 日本化学会講演予稿集, 87th, 2, 1535,   2007年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902243798102577
  • 光学活性ジフェニルエタノールアミンとピレンカルボン酸を用いるキラル蛍光性超分子錯体の創製, 川口覚博, 浅井勝三, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 87th, 2, 1112,   2007年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902274411727259
  • 固相・液相におけるアキラル化合物の光反応の位置およびエナンチオ選択性, 黒田玲子, 今井喜胤, 田島暢夫, 佐藤友宏, 長谷部三養子, 日本化学会講演予稿集, 87th, 2, 807,   2007年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275606691379
  • 電荷移動相互作用により形成したカラム骨格によるラセミビナフトール系ホスト錯体の創製, 絹田貴史, 掃部顕作, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 87th, 2, 1113,   2007年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902277438615079
  • 光学活性ジフェニルエタノールアミンとアントラセンカルボン酸を用いるキラル蛍光性超分子錯体の創製, 浅井勝三, 川口覚博, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 87th, 2, 1112,   2007年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288891240487
  • 光学活性ジフェニルエチレンジアミンとビフェニル酢酸を用いる光学活性チャンネル型空孔の生成, 川口覚博, 浅井勝三, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 87th, 2, 1112,   2007年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298944135619
  • 2‐(2‐arylthio)‐3‐metyl‐2‐cyclohexene‐1‐oneの多形制御メカニズム, 長谷部三養子, 黒田玲子, 関谷亮, 今井喜胤, 有機結晶部会ニュースレター, 19, 39,   2006年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224446771571
  • 2‐Amino‐1,2‐diphenylethanolと2‐anthracenecarboxylic acidを用いる分子包接型超分子発光体の創製, 浅井勝三, 川口覚博, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学連合討論会予稿集, 18th, 299,   2006年10月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902207220524960
  • 発光性カルボン酸(2‐anthracenecarboxylic acid及び1‐pyrenecarboxylic acidを用いる光学活性超分子発光体の創製, 川口覚博, 浅井勝三, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学連合討論会予稿集, 18th, 162, 163,   2006年10月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902256915080177
  • 2‐Arylthio‐3‐methylcyclohexene‐1‐oneの固体光学特性, 横山絵美, 川口覚博, 長谷部三養子, 津田佳奈子, 今井喜胤, 原田拓典, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学連合討論会予稿集, 18th, 391,   2006年10月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902258858620189
  • 電荷移動相互作用を利用する分子包接型21‐カラム骨格の構築, 絹田貴史, 掃部顕作, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学連合討論会予稿集, 18th, 230,   2006年10月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902270336165376
  • 21‐カラムの自己集合を利用する超分子錯体の動的認識挙動:ブタノール誘導体の包接挙動, 川口覚博, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学連合討論会予稿集, 18th, 431,   2006年10月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902285151874360
  • ビオロゲン系光学活性電荷移動錯体の合成と分子認識特性, 掃部顕作, 絹田貴史, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 基礎有機化学連合討論会予稿集, 18th, 318,   2006年10月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902292594002558
  • カルボン酸‐アミン結合ネットワークを利用するアントラセン型超分子発光体の創製, 今井喜胤, 川口覚博, 浅井勝三, 原田拓典, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 光化学討論会講演要旨集, 2006, 420,   2006年09月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902270840727075
  • ビオロゲンを用いた新規光学活性電荷移動錯体の生成, 今井喜胤, 絹田貴史, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 86th, 2, 1227,   2006年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902227723093283
  • ビナフトール誘導体によるビオロゲン系電荷移動錯体の構造制御, 今井喜胤, 金振圭吾, 絹田貴史, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 86th, 2, 1457,   2006年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902249921918283
  • クロス型テトラキスフェニルエチニルベンゼン類の合成と発光特性, 高木崇, 今井喜胤, 山口仁宏, 松原凱男, 吉田善一, 日本化学会講演予稿集, 86th, 2, 1274,   2006年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275793014423
  • ピラゾリン誘導体を用いる光学活性固体発光体の創製, 今井喜胤, 勝井達也, 原田拓典, 田島暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 86th, 2, 1274,   2006年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902289407556870
  • 21‐カラム構造を有する光学活性蛍光性超分子錯体の創製, 今井喜胤, 川口覚博, 原田拓典, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 日本化学会講演予稿集, 86th, 2, 1227,   2006年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290926871269
  • 超分子錯体に取り込まれる2級アルコールのエナンチオ選択性の逆転, 長谷部三養子, 今井喜胤, 黒田玲子, 構造有機化学討論会講演予稿集, 35th, 382,   2005年08月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902226041275308
  • ビオロゲンを用いた新規電荷移動錯体の生成挙動, 今井喜胤, 絹田貴史, 佐藤友宏, 田嶋暢夫, 黒田玲子, 松原凱男, 吉田善一, 構造有機化学討論会講演予稿集, 35th, 355,   2005年08月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902228057672873
  • 異なるドナー分子とベンゾキノンを用いた電荷移動錯体の構築と応用, 今井喜胤, 津田佳奈子, JIANG Biying, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 構造有機化学討論会講演予稿集, 35th, 26, 27,   2005年08月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902252681801236
  • 分子不斉化合物のscaffolding crystallization, 黒田玲子, 長谷部三養子, 今井喜胤, 竹下昌利, 構造有機化学討論会講演予稿集, 35th, 32, 33,   2005年08月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262450177365
  • 光学活性ジフェニルエチレンジアミンを用いるキラル超分子錯体の構築と応用, 今井喜胤, 川口覚博, 佐藤友宏, 原田拓典, 黒田玲子, 松原凱男, 吉田善一, 構造有機化学討論会講演予稿集, 35th, 354,   2005年08月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268512984929
  • 二種のナフトール誘導体を用いた超分子型CT錯体の形成, 今井喜胤, 津田佳奈子, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 1325,   2005年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902221090787134
  • ビフェニル骨格を有する新規クラウンエーテルの合成と性質, 北沢潤一, 坂口尚徳, 今井喜胤, 山口仁宏, 松原凱男, 吉田善一, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 1576,   2005年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902235708039992
  • カルボン酸‐アミン結合ネットワークを利用する超分子錯体の構築挙動, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 松原凱男, 吉田善一, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 1299,   2005年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902260362943586
  • 固相結晶化による電荷移動錯体結晶の生成:rac‐binaphthol,biphenol誘導体がbenzoquinoneとつくる2成分結晶の結晶化挙動の比較, 長谷部三養子, 東口顕士, 今井喜胤, 田嶋暢夫, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 1325,   2005年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261569253586
  • 結晶化法に基ずく結晶の可逆的な多形制御, 黒田玲子, 今井喜胤, 長谷部三養子, 津田加奈子, 佐藤友宏, 東口顕士, 竹下昌利, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 1156,   2005年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264446377700
  • ピラゾリン誘導体の蛍光特性に及ぼす置換基効果の検討, 木村篤, 池尻繁敏, 今井喜胤, 山口仁宏, 松原凱男, 吉田善一, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 1575,   2005年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264547736299
  • ピラゾリン及びアントラセンの耐光性に及ぼすフッ素置換基効果の検討, 木村篤, 今井喜胤, 山口仁宏, 松原凱男, 吉田善一, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 1275,   2005年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267109660998
  • ビフェノール類がベンゾキノンとつくる二成分電荷移動錯体の結晶, 東口顕士, 長谷部三養子, 今井喜胤, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 1325,   2005年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297686968558
  • 光学活性ジアミンを用いる超分子型包接空間の形成挙動, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 吉田善一, 松原凱男, 基礎有機化学連合討論会予稿集, 17th, 364,   2004年09月23日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206799495456
  • 固相結晶化による電荷移動錯体結晶の生成:rac‐binaphthol,2,2′‐biphenol,4,4′‐biphenolがbenzoquinoneとつくる2成分結晶の結晶化挙動の比較, 黒田玲子, 東口顕士, 長谷部三養子, 今井喜胤, 基礎有機化学連合討論会予稿集, 17th, 58, 59,   2004年09月23日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902272345777921
  • ベンゾキノン含有結晶の特異的結晶化挙動, 黒田玲子, 今井喜胤, 加藤徳明, 佐藤友宏, 日本化学会講演予稿集, 84th, 2, 968,   2004年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902229142019573
  • 異なるドナー分子を組合せたCT錯体の錯形成挙動, 今井喜胤, 津田佳奈子, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 84th, 2, 1361,   2004年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232691710670
  • 光学活性ジアミンを用いる超分子型包接錯体の形成, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 84th, 2, 1362,   2004年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902242846724902
  • バイアリール誘導体を利用する超分子錯体形成と応用, 今井喜胤, 竹下昌利, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 84th, 2, 963,   2004年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268777326966
  • 結晶化条件に基づく超分子ホスト錯体のゲスト選択性制御, 黒田玲子, 今井喜胤, 佐藤友宏, 日本化学会講演予稿集, 84th, 2, 964,   2004年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902274346271439
  • 超分子ホストシステムを利用した分子認識挙動, 黒田玲子, 今井喜胤, 竹下昌利, 佐藤友宏, 構造有機化学討論会講演予稿集, 33rd, 10, 12,   2003年10月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232018535114
  • 新規超分子ホストシステムの構築と分子認識への応用, 今井喜胤, 竹下昌利, 佐藤友宏, 黒田玲子, 構造有機化学討論会講演予稿集, 33rd, 454, 455,   2003年10月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266636411932
  • ビフェニル誘導体を利用する軸不斉の固定化と分子認識への応用, 今井喜胤, 竹下昌利, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 83rd, 2, 716,   2003年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205971876487
  • ビフェニル構造を基本骨格とするイミド誘導体の結晶化挙動, 今井喜胤, 田島暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 83rd, 2, 1374,   2003年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902209510035818
  • ビナフチル誘導体を利用した包接錯体形成とその応用, 今井喜胤, 竹下昌利, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 83rd, 2, 1375,   2003年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275320259100
  • CT錯体形成を利用する固体分子認識, 今井喜胤, 田島暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 83rd, 2, 716,   2003年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286704667143
  • 硫黄含有化合物(2-アリールチオ-3-メチルシクロヘキセン-1-オン)を用いる固体状態光環化反応, 黒田玲子, 今井喜胤, 竹下昌利, 田島暢夫, 佐藤友宏, 日本化学会講演予稿集, 83rd, 2, 1295,   2003年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902299349529669
  • 固体状態を利用する分子認識システム, 黒田玲子, 今井喜胤, 田島暢夫, 佐藤友宏, 基礎有機化学連合討論会予稿集, 16th, 160, 161,   2002年10月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902111223779059
  • ビフェニル誘導体を用いた軸不斉の誘起・固定化, 今井喜胤, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 基礎有機化学連合討論会予稿集, 16th, 264,   2002年10月03日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902165650175558
  • 軸性キラリティーを有する光学活性化合物を用いた新規CT錯体の生成と応用, 今井喜胤, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 82nd, 98,   2002年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902115309647096
  • 硫黄含有化合物(2‐アリールチオ‐3‐メチルシクロヘキセン‐1‐オン)のキラル結晶化誘導, 黒田玲子, 今井喜胤, 本間武聖, 佐藤友宏, 日本化学会講演予稿集, 81st, 2, 770,   2002年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902106310035526
  • 1,1′‐ビ‐2‐ナフトールを用いるCT錯体の形成挙動, 黒田玲子, 今井喜胤, 田島暢夫, 佐藤友宏, 日本化学会講演予稿集, 81st, 2, 771,   2002年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902151647471170
  • biphenyl系およびbinaphthyl系キラル化合物に関する理論的研究, 田島暢夫, 今井喜胤, 佐藤友宏, 中村朝夫, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 81st, 1, 573,   2002年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902159087367860
  • 固体混合による新規キラルCT錯体の生成, 今井喜胤, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 81st, 2, 1491,   2002年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902165344180815
  • アキラルな化合物(2‐アリールチオ‐3‐メチルシクロヘキセン‐1‐オン)の絶対不斉光環化反応, 今井喜胤, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 中村朝夫, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 81st, 2, 1004,   2002年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902168802196393
  • 固体状態における軸不斉制御, 今井喜胤, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 中村朝夫, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 81st, 2, 1265,   2002年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902183593902179
  • 光学活性1,1′‐ビ‐2‐ナフトール誘導体を用いた新規CT錯体の生成と応用, 今井喜胤, 田嶋暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 81st, 2, 1264,   2002年03月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902189580844666
  • 1,1′‐bi‐2‐naphthol...p‐benzoquinone系多成分結晶の構造と着色に関する理論的研究, 田島暢夫, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 構造有機化学討論会講演予稿集, 31st, 320,   2001年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902107868310996
  • 多成分系の固体結晶化を利用する分子認識, 黒田玲子, 今井喜胤, 田島暢夫, 佐藤友宏, 構造有機化学討論会講演予稿集, 31st, 210, 211,   2001年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902129680363271
  • 固体混合による1,1′‐ビ‐2‐ナフトール包接結晶の選択的結晶化, 黒田玲子, 今井喜胤, 田島暢夫, 佐藤友宏, 日本化学会講演予稿集, 79th, 2, 660,   2001年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902103252564093
  • p‐benzoquinone...binaphthol複合体結晶における分子間相互作用に関する理論的研究, 田島暢夫, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 79th, 1, 545,   2001年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902110673184970
  • 包接結晶の自発的結晶変換挙動, 黒田玲子, 今井喜胤, 佐藤友宏, 先崎真美, 戸田芙三夫, 日本化学会講演予稿集, 79th, 2, 1361,   2001年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902148579063687
  • 2‐Arylthio‐3‐methycyclohexen‐1‐oneを用いる結晶光環化反応, 黒田玲子, 今井喜胤, 本間武聖, 田島暢夫, 佐藤友宏, 日本化学会講演予稿集, 79th, 2, 650,   2001年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902174220369897
  • 光学活性1,1′‐ビ‐2‐ナフトール誘導体を用いる包接結晶の固体結晶化挙動, 黒田玲子, 今井喜胤, 佐藤友宏, 日本化学会講演予稿集, 79th, 2, 1361,   2001年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902175855268635
  • フェロセン構造を基本骨格とする新規C2‐対称N,N,O,O‐四座ビスオキサゾリン配位子の開発, ZHANG W, 吉永英史, 今井喜胤, 木田敏之, 中辻洋司, 池田功, 日本化学会講演予稿集, 79th, 2, 1257,   2001年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902188207389502
  • 固体混合による1,1′‐ビ‐2‐ナフトール誘導体,p‐ベンゾキノンを含む多成分系の選択的結晶化, 今井喜胤, 田島暢夫, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 79th, 2, 1362,   2001年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902190274366082
  • アキラルな化合物(2‐アリールチオ‐3‐メチルシクロヘキセン‐1‐オン)のキラル結晶化誘導, 本間武聖, 今井喜胤, 佐藤友宏, 黒田玲子, 日本化学会講演予稿集, 79th, 2, 650,   2001年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902196212293346
  • ビス‐β‐ナフトール及びビフェノールとベンゾキノンとの包接結晶の構造, 黒田玲子, 先崎真実, 今井喜胤, 佐藤友宏, 戸田芙三夫, 基礎有機化学連合討論会予稿集, 15th, 399,   2000年09月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902166347165872
  • オキサゾリン環上の置換基に配位可能部位を有するマルチキラルビスオキサゾリン配位子の開発, 今井喜胤, 松尾成晃, ZHANG W, 中辻洋司, 池田功, 日本化学会講演予稿集, 78th, 2, 1038,   2000年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136793361514
  • 軸不斉を有する新規C1‐対称マルチキラルオキサゾリン配位子の開発, 今井喜胤, 吉永英史, ZHANG W, 中辻洋司, 池田功, 日本化学会講演予稿集, 78th, 2, 1443,   2000年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902166881778375
  • オキサゾリンユニットを有するビアリール系マルチキラル配位子の開発, 今井喜胤, 松尾成晃, ZHANG W, 木田敏之, 中辻洋司, 池田功, 日本化学会講演予稿集, 76th, 2, 1472,   1999年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902119057692498
  • 軸不斉を有する新規マルチキラルオキサゾリン配位子の開発, 今井喜胤, ZHANG W, 木田敏之, 中辻洋司, 池田功, 日本化学会講演予稿集, 76th, 2, 897,   1999年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902156226035445
  • C2‐対称キラル1,1′‐ビスオキサゾリンフェロセン配位子の錯形成挙動, 今井喜胤, 島貫孝, ZHANG W, 木田敏之, 中辻洋司, 池田功, 日本化学会講演予稿集, 76th, 2, 898,   1999年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902173759055270
  • マルチキラリティーを有する新規P,N‐配位子の合成と不斉触媒反応への応用, 今井喜胤, ZHANG W, 木田敏之, 中辻洋司, 池田功, 日本化学会講演予稿集, 74th, 2, 1029,   1998年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902142215850804
  • 内部自由回転軸を有するキラルビフェニル配位子の錯形成挙動, 今井喜胤, ZHANG W, 木田敏之, 中辻洋司, 池田功, 日本化学会講演予稿集, 74th, 2, 1485,   1998年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902172198973596
  • 二つのオルト置換基のみを有するビフェニル配位子から誘導された軸不斉キラル触媒, 今井喜胤, 木田敏之, 中辻洋司, 池田功, ZHANG W, 日本化学会講演予稿集, 72nd, 2, 805,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902180186234740
  • 新規C2対称ビスオキサゾリンキラル配位子の合成と不斉ヒドロシリル化反応, ZHANG W, 今井喜胤, 木田敏之, 中辻洋司, 平尾俊一, 池田功, 日本化学会講演予稿集, 70th, 2, 1317,   1996年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902150537627933

受賞

  • コニカミノルタ画像科学進歩賞(平成21年)