KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

泉本 修一イズモト シュウイチ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位医学博士
専門脳腫瘍
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1397-izumoto-syuuichi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    悪性脳腫瘍、間脳下垂体腫瘍、良性脳腫瘍、小児脳腫瘍

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2016/3/4
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     「もやもや病」について
    ●2016/3/3
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     「脳リンパ腫」について

学歴・経歴

学歴

  •  - 1983年, 金沢大学, 医学部, 医学科

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 脳神経外科学

研究キーワード

  • 脳腫瘍

論文

  • Efficacy of Combination Therapy with MET and VEGF Inhibitors for MET-overexpressing Glioblastoma., Okuda T, Tasaki T, Nakata S, Yamashita K, Yoshioka H, Izumoto S, Kato A, Fujita M, Anticancer research, 37, 7, 3871, 3876,   2017年07月, 査読有り
  • IMPACT OF GENETIC ALTERATIONS ON TUMOR LOCATIONS AND LESION HETEROGENEITY FOR WHO GRADE 2 AND 3 GLIOMAS: A VOXEL-BASED LESION MAPPING AND IMAGE TEXTURE ANALYSIS OF 201 GLIOMAS, Kinoshita Manabu, Arita Hideyuki, Yoshimine Toshiki, Takahashi Masamichi, Narita Yoshitaka, Terakawa Yuzo, Tsuyuguchi Naohiro, Okita Yoshiko, Nonaka Masahiro, Moriuchi Shusuke, Fukai Junya, Izumoto Shuichi, Ishibashi Kenichi, Nakajima Yoshikazu, Takagaki Masatoshi, Shofuda Tomoko, Kodama Yoshinori, Mori Kanji, Ichimura Koichi, Kanemura Yonehiro, NEURO-ONCOLOGY, 18, 128,   2016年11月, 査読有り
  • Association of WT1 IgG antibody against WT1 peptide with prolonged survival in glioblastoma multiforme patients vaccinated with WT1 peptide., Oji Y, Hashimoto N, Tsuboi A, Murakami Y, Iwai M, Kagawa N, Chiba Y, Izumoto S, Elisseeva O, Ichinohasama R, Sakamoto J, Morita S, Nakajima H, Takashima S, Nakae Y, Nakata J, Kawakami M, Nishida S, Hosen N, Fujiki F, Morimoto S, Adachi M, Iwamoto M, Oka Y, Yoshimine T, Sugiyama H, International journal of cancer, 139, 6, 1391, 1401,   2016年09月, 査読有り
  • MET Expressed in Glioma Stem Cells Is a Potent Therapeutic Target for Glioblastoma Multiforme., Tasaki T, Fujita M, Okuda T, Yoneshige A, Nakata S, Yamashita K, Yoshioka H, Izumoto S, Kato A, Anticancer research, 36, 7, 3571, 3577,   2016年07月, 査読有り
  • Wilms tumor 1 peptide vaccination combined with temozolomide against newly diagnosed glioblastoma: safety and impact on immunological response., Hashimoto N, Tsuboi A, Kagawa N, Chiba Y, Izumoto S, Kinoshita M, Kijima N, Oka Y, Morimoto S, Nakajima H, Morita S, Sakamoto J, Nishida S, Hosen N, Oji Y, Arita N, Yoshimine T, Sugiyama H, Cancer immunology, immunotherapy : CII, 64, 6, 707, 716,   2015年06月, 査読有り
  • WT1 PEPTIDE VACCINATION FOR MALIGNANT GLIOMAS AS A PART OF MULTI-MODAL THERAPY, Hashimoto Naoya, Tsuboi Akihiro, Chiba Yasuyoshi, Hirayama Ryuichi, Takano Koji, Kijima Noriyuki, Oka Yoshihiro, Kagawa Naoki, Izumoto Shuichi, Sugiyama Haruo, Yoshimine Toshiki, NEURO-ONCOLOGY, 16,   2014年07月, 査読有り
  • [Primary CNS lymphoma: an update on its diagnosis and management]., Izumoto S, No shinkei geka. Neurological surgery, 42, 6, 507, 521,   2014年06月, 査読有り
  • The translation elongation factor eEF2 is a novel tumor‑associated antigen overexpressed in various types of cancers., Oji Y, Tatsumi N, Fukuda M, Nakatsuka S, Aoyagi S, Hirata E, Nanchi I, Fujiki F, Nakajima H, Yamamoto Y, Shibata S, Nakamura M, Hasegawa K, Takagi S, Fukuda I, Hoshikawa T, Murakami Y, Mori M, Inoue M, Naka T, Tomonaga T, Shimizu Y, Nakagawa M, Hasegawa J, Nezu R, Inohara H, Izumoto S, Nonomura N, Yoshimine T, Okumura M, Morii E, Maeda H, Nishida S, Hosen N, Tsuboi A, Oka Y, Sugiyama H, International journal of oncology, 44, 5, 1461, 1469,   2014年05月, 査読有り
  • ANALYSIS OF THE CORRELATION BETWEEN MALIGNANCY OF GLIOMAS AND FINDINGS ON 3D-PRESTO MRI SEQUENCE, Mori Kanji, Ishikura Reiichi, Tomogane Yusuke, Ando Kumiko, Izumoto Shuichi, NEURO-ONCOLOGY, 15, 200,   2013年11月, 査読有り
  • Usefulness of PRESTO magnetic resonance imaging for the differentiation of schwannoma and meningioma in the cerebellopontine angle., Tomogane Y, Mori K, Izumoto S, Kaba K, Ishikura R, Ando K, Wakata Y, Fujita S, Shirakawa M, Arita N, Neurologia medico-chirurgica, 53, 7, 482, 489,   2013年, 査読有り
  • Biased usage of T cell receptor β-chain variable region genes of Wilms' tumor gene (WT1)-specific CD8+ T cells in patients with solid tumors and healthy donors., Morimoto S, Oka Y, Tsuboi A, Tanaka Y, Fujiki F, Nakajima H, Hosen N, Nishida S, Nakata J, Nakae Y, Maruno M, Myoui A, Enomoto T, Izumoto S, Sekimoto M, Kagawa N, Hashimoto N, Yoshimine T, Oji Y, Kumanogoh A, Sugiyama H, Cancer science, 103, 3, 408, 414,   2012年03月, 査読有り
  • Peptide vaccine., Izumoto S, Advances in experimental medicine and biology, 746, 166, 177,   2012年, 査読有り
  • Immunohistological profiling by B-cell differentiation status of primary central nervous system lymphoma treated by high-dose methotrexate chemotherapy., Kinoshita M, Hashimoto N, Izumoto S, Okita Y, Kagawa N, Maruno M, Ohnishi T, Arita N, Yoshimine T, Journal of neuro-oncology, 99, 1, 95, 101,   2010年08月, 査読有り
  • A clear correlation between WT1-specific Th response and clinical response in WT1 CTL epitope vaccination., Fujiki F, Oka Y, Kawakatsu M, Tsuboi A, Tanaka-Harada Y, Hosen N, Nishida S, Shirakata T, Nakajima H, Tatsumi N, Hashimoto N, Taguchi T, Ueda S, Nonomura N, Takeda Y, Ito T, Myoui A, Izumoto S, Maruno M, Yoshimine T, Noguchi S, Okuyama A, Kawase I, Oji Y, Sugiyama H, Anticancer research, 30, 6, 2247, 2254,   2010年06月, 査読有り
  • [Treatment of pituitary adenomas: recent topics]., Izumoto S, Arita N, No shinkei geka. Neurological surgery, 38, 1, 79, 89,   2010年01月, 査読有り
  • Immunohistochemical study of multiple inflammatory pseudotumors with both brain and spinal cord involvement--case report., Ishihara M, Izumoto S, Iwatsuki K, Yoshimine T, Neurologia medico-chirurgica, 50, 3, 246, 250,   2010年, 査読有り
  • Posttransplant lymphoproliferative disorders of the central nervous system after kidney transplantation: single center experience over 40 years. Two case reports., Arita H, Izumoto S, Kinoshita M, Okita Y, Hashimoto N, Fujita T, Ichimaru N, Takahara S, Yoshimine T, Neurologia medico-chirurgica, 50, 12, 1079, 1083,   2010年, 査読有り
  • [Immunotherapy targeting the Wilms' tumor 1 gene product for patients with malignant brain tumors]., Hashimoto N, Tsuboi A, Chiba Y, Izumoto S, Oka Y, Yoshimine T, Sugiyama H, Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 61, 7, 805, 814,   2009年07月, 査読有り
  • Serial volumetric assessment of the natural history and growth pattern of incidentally discovered meningiomas., Hashiba T, Hashimoto N, Izumoto S, Suzuki T, Kagawa N, Maruno M, Kato A, Yoshimine T, Journal of neurosurgery, 110, 4, 675, 684,   2009年04月, 査読有り
  • Fractional anisotropy and tumor cell density of the tumor core show positive correlation in diffusion tensor magnetic resonance imaging of malignant brain tumors., Kinoshita M, Hashimoto N, Goto T, Kagawa N, Kishima H, Izumoto S, Tanaka H, Fujita N, Yoshimine T, NeuroImage, 43, 1, 29, 35,   2008年10月, 査読有り
  • Phase II clinical trial of Wilms tumor 1 peptide vaccination for patients with recurrent glioblastoma multiforme., Izumoto S, Tsuboi A, Oka Y, Suzuki T, Hashiba T, Kagawa N, Hashimoto N, Maruno M, Elisseeva OA, Shirakata T, Kawakami M, Oji Y, Nishida S, Ohno S, Kawase I, Hatazawa J, Nakatsuka S, Aozasa K, Morita S, Sakamoto J, Sugiyama H, Yoshimine T, Journal of neurosurgery, 108, 5, 963, 971,   2008年05月, 査読有り
  • Immunohistochemical analysis of adhesion molecules and matrix metalloproteinases in malignant CNS lymphomas: a study comparing primary CNS malignant and CNS intravascular lymphomas., Kinoshita M, Izumoto S, Hashimoto N, Kishima H, Kagawa N, Hashiba T, Chiba Y, Yoshimine T, Brain tumor pathology, 25, 2, 73, 78,   2008年, 査読有り
  • Reduced epinephrine reserve in response to insulin-induced hypoglycemia in patients with pituitary adenoma., Morita S, Otsuki M, Izumi M, Asanuma N, Izumoto S, Saitoh Y, Yoshimine T, Kasayama S, European journal of endocrinology / European Federation of Endocrine Societies, 157, 3, 265, 270,   2007年09月, 査読有り
  • A phase I/II trial of a WT1 (Wilms' tumor gene) peptide vaccine in patients with solid malignancy: safety assessment based on the phase I data., Morita S, Oka Y, Tsuboi A, Kawakami M, Maruno M, Izumoto S, Osaki T, Taguchi T, Ueda T, Myoui A, Nishida S, Shirakata T, Ohno S, Oji Y, Aozasa K, Hatazawa J, Udaka K, Yoshikawa H, Yoshimine T, Noguchi S, Kawase I, Nakatsuka S, Sugiyama H, Sakamoto J, Japanese journal of clinical oncology, 36, 4, 231, 236,   2006年04月, 査読有り
  • Detection of genetic and chromosomal aberrations in medulloblastomas and primitive neuroectodermal tumors with DNA microarrays., Kagawa N, Maruno M, Suzuki T, Hashiba T, Hashimoto N, Izumoto S, Yoshimine T, Brain tumor pathology, 23, 1, 41, 47,   2006年04月, 査読有り
  • Scoring radiologic characteristics to predict proliferative potential in meningiomas., Hashiba T, Hashimoto N, Maruno M, Izumoto S, Suzuki T, Kagawa N, Yoshimine T, Brain tumor pathology, 23, 1, 49, 54,   2006年04月, 査読有り
  • Short-term preoperative octreotide treatment of GH-secreting pituitary adenoma: predictors of tumor shrinkage., Oshino S, Saitoh Y, Kasayama S, Arita N, Ohnishi T, Kohara H, Izumoto S, Yoshimine T, Endocrine journal, 53, 1, 125, 132,   2006年02月, 査読有り
  • Chromosomal and genetic abnormalities in benign and malignant meningiomas using DNA microarray., Wada K, Maruno M, Suzuki T, Kagawa N, Hashiba T, Fujimoto Y, Hashimoto N, Izumoto S, Yoshimine T, Neurological research, 27, 7, 747, 754,   2005年10月, 査読有り
  • Inhibition of glioma cell proliferation by neural stem cell factor., Suzuki T, Izumoto S, Wada K, Fujimoto Y, Maruno M, Yamasaki M, Kanemura Y, Shimazaki T, Okano H, Yoshimine T, Journal of neuro-oncology, 74, 3, 233, 239,   2005年09月, 査読有り
  • [Role of neural cell adhesion molecule L1 in glioma invasion]., Izumoto S, Yoshimine T, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 63 Suppl 9, 74, 78,   2005年09月, 査読有り
  • Immunohistochemical detection of female sex hormone receptors in craniopharyngiomas: correlation with clinical and histologic features., Izumoto S, Suzuki T, Kinoshita M, Hashiba T, Kagawa N, Wada K, Fujimoto Y, Hashimoto N, Saitoh Y, Maruno M, Yoshimine T, Surgical neurology, 63, 6, 520, 5; discussion 525,   2005年06月, 査読有り
  • Combination gene therapy for glioblastoma involving herpes simplex virus vector-mediated codelivery of mutant IkappaBalpha and HSV thymidine kinase., Moriuchi S, Glorioso JC, Maruno M, Izumoto S, Wolfe D, Huang S, Cohen JB, Yoshimine T, Cancer gene therapy, 12, 5, 487, 496,   2005年05月, 査読有り
  • Long-term control of recurrent anaplastic ependymoma with extracranial metastasis: importance of multiple surgery and stereotactic radiosurgery procedures--case report., Kinoshita M, Izumoto S, Kagawa N, Hashimoto N, Maruno M, Yoshimine T, Neurologia medico-chirurgica, 44, 12, 669, 673,   2004年12月, 査読有り
  • Neural Cell Adhesion Molecule L1 Promotes Regeneration of Injured Optic Nerve of Rats., Izumoto S, Ohnishi T, Hirano SI, Hiraga S, Arita N, Restorative neurology and neuroscience, 12, 4, 247, 254,   1998年, 査読有り

MISC

  • 【脳腫瘍学-基礎研究と臨床研究の進歩-】 脳腫瘍の予後因子 頭蓋内血管周皮腫の他臓器遠隔転移と予後因子, 泉本 修一, 眞田 寧晧, 友金 祐介, 日本臨床, 74, 増刊7 脳腫瘍学, 307, 312,   2016年09月
  • 頭蓋咽頭腫の長期機能予後と視床下部障害, 押野 悟, 後藤 雄子, 北村 哲弘, 大月 道夫, 木下 学, 泉本 修一, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一, 日本内分泌学会雑誌, 92, Suppl.HPT, 21, 23,   2016年07月
    概要:頭蓋咽頭腫70例を対象に、長期の生命と機能予後を後方視的に調査し、関連する因子を検討した。機能予後は最終観察時のKarnofsky Performance Statusが70%以下、つまり家事を含む就労・就学ができない状態を機能不良とした。経過中(平均観察期間13年)の死亡は9例で、死亡時の年齢は平均60歳であり、術後平均6年が経過していた。5例の死因は感染などを契機にした全身状態の悪化や突然死といった「急変」であった。最終診察時に機能不良と分類されたのは19例で、機能不良を説明変数とした単変量解析では高次脳機能障害、放射線治療が有意な因子であった。高次脳機能障害や治療を要する精神症状がある患者は18例で、その要因を後方視的に調査したところ、認知症様症状での発症、周術期合併症を含む脳血管障害の併発等が要因であった。18例中14例に放射線治療が施行され、うち3例は放射線治療が高次脳機能障害の原因と疑われた。
  • 頭蓋内血管周皮腫(SFTの亜型として)の診断、治療と長期予後, 泉本 修一, 友金 祐介, 奥田 武司, 眞田 寧晧, 加藤 天美, Neuro-Oncologyの進歩, 23, 1, 27, 34,   2016年04月
    概要:Meningeal hemangiopericytoma(M-HPC)は、画像上、髄膜腫やsolitary fibrous tumor(SFT)と確実に区別することは難しい。2016年の新WHO分類では、HPCはSFTに含まれることとなるが、頭蓋内のM-HPCはHPC/SFTとして細分類して扱われる。術後15年ほどの間で局所再発、他臓器遠隔転移が高率であり、長期の経過観察が必須である。M-HPCの自験例を報告すると共に、集学的な治療戦略についてまとめ、さらにSFTの亜型とされる根拠や頭蓋内病変特有とされる相違点について述べた。
  • 胸膜に血行性転移をきたした膠芽腫の1例, 田崎 貴之, 奥田 武司, 岡本 邦男, 吉岡 宏真, 藤田 貢, 泉本 修一, 中川 和彦, 加藤 天美, 脳神経外科ジャーナル, 24, 3, 192, 198,   2015年03月
    概要:62歳、男性。右側頭葉膠芽腫にて開頭腫瘍摘出術施行。肉眼的全摘出後にテモゾロミドを併用した放射線化学療法を追加した。以後はテモゾロミド単独の維持化学療法を行った。術後17ヵ月で摘出腔内側に再発を認め、その後、大量胸水にて緊急入院となった。胸部CTにて胸膜に多発する腫瘤を認め、生検による病理診断の結果、膠芽腫の胸膜への血行性転移と判明した。(著者抄録)
  • 中枢神経系原発悪性リンパ腫の診断と治療 最近の動向, 泉本 修一, Neurological Surgery, 42, 6, 507, 521,   2014年06月
    概要:中枢神経系原発悪性リンパ腫(PCNSL)は脳腫瘍全体の3.1%を占め、年齢分布では70歳以上が28.1%、60歳以上では61.8%にのぼる。95%以上は非ホジキンリンパ腫とされている。PCNSLの診断、手術、病理、治療前評価について概説し、PCNSLの治療では、初期治療、自己血液幹細胞移植併用大量化学療法、リツキシマブ、テモゾロミド、放射線治療、難治性/再発時治療、高齢者治療、移植後リンパ球増殖症、遅発性神経毒性、進行中の臨床試験について述べた。PCNSLは他臓器の悪性リンパ腫に比べて予後が不良である。現在は標準的治療として、メトトレキサート大量化学療法/全脳放射線治療が選択されることが多いが、長期生存者になるほど、遅発性神経毒性が問題となる。
  • 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 腫瘍性疾患 嚢胞性病変 類表皮嚢胞, 泉本 修一, 友金 祐介, 有田 憲生, 日本臨床, 別冊, 神経症候群III, 414, 418,   2014年06月
  • 頭頂葉腫瘍症例におけるGerstmann症候の検討, 上田 順二, 友金 祐介, 泉本 修一, 森 鑑二, 三刀屋 由華, 道免 和久, 大門 貴志, 有田 憲生, 兵庫医科大学医学会雑誌, 38, 1, 89, 96,   2013年11月
    概要:脳腫瘍症例を対象として頭頂葉高次機能を検討した報告は極めて限られている。とくに髄膜腫のような髄外腫瘍を含めた多数例の検討は文献上報告がない。本研究では、頭頂葉腫瘍手術症例における術前の高次脳機能障害について解析した。<対象および方法>対象は開頭腫瘍摘出術を行った28例(男性13例、女性15例、平均年齢60.1歳)で、病理組織診断は髄膜腫10例、神経節膠腫1例、星細胞腫3例、膠芽腫7例、転移性腫瘍7例、右病変8例、左病変19例、両側1例(大脳鎌髄膜腫)であった。表在性病変は頭頂間溝を基準として外側および内側病変に、また深部白質に主座がある病変は深部病変として分類した。高次脳機能検査としては、術前に書字、計算、左右失認、手指失認テストを行い、これら4症候の有無と年齢、性別、利き手、腫瘍の局在、最大径、脳浮腫の程度との相関を比較検討した。<結果>腫瘍の局在は外側型7例、内側型16例、内外側型1例、深部型4例であった。28例中10例では全く異常を認めなかった。残り18例では、4症候中少なくとも1項目以上で障害を認めた。Fisher's exact testでは、手指失認は内側病変より外側病変に多い(p<0.05)、悪性腫瘍(膠芽腫、転移性腫瘍)では良性腫瘍(髄膜腫、神経節膠腫、星細胞腫)より失書が多い(p<0.01)、の2項目でのみ有意差を認めた。Gerstmann症候群、すなわち4症候すべてを認めた症例は4例のみで、右利きの左外側あるいは深部悪性腫瘍であった。右利き、右病変で、4症候のうち少なくとも1つ以上を認めた例は3例であった。髄外病変である髄膜腫10例中7例でも少なくとも1つ以上の症候を認めた。<結論>頭頂葉腫瘍では、純粋なGerstmann症候群は少ない。髄内病変のみでなく、髄外病変である髄膜腫でも4症候が種々の組み合わせで出現することを明らかにできた。(著者抄録)
  • 専門医に求められる最新の知識 脳腫瘍 血管周皮腫をどう治療するか, 泉本 修一, 森 鑑二, 友金 祐介, 内田 和孝, 阪本 大輔, 上田 順二, 有田 憲生, 脳神経外科速報, 23, 1, 66, 73,   2013年01月
    概要:血管周皮腫(meningeal hemangiopericytoma)は頭蓋内では硬膜から発生する腫瘍で、画像上髄膜腫との鑑別は難しい。しかし腫瘍血管が豊富なこと、術後の再発率が髄膜腫よりかなり高く、経過中、遠隔転移を生じることがある、全身の軟部組織にも同様な腫瘍が原発する、などの点で髄膜腫とはまったく異なる腫瘍である。その発生頻度が低いため標準治療は確立していないが、治療方針として次のことが挙げられる。可能であれば出血をコントロールするために術前腫瘍血管塞栓を行う。全摘出例では再発までの期間が長く、生存期間が長いとされるので、手術は全摘出を目的とする。術後は全摘出できても放射線治療を行う。再発様式は局所再発以外に、骨、肺、肝などへの頭蓋外転移が認められる。そのため長期の経過観察を要し、頭部MRI以外にPETなどでの全身検索を行う。(著者抄録)
  • 【新時代の脳腫瘍学 診断・治療の最前線】 脳腫瘍の病理 PNET, 泉本 修一, 友金 祐介, 森 鑑二, 有田 憲生, 日本臨床, 68, 増刊10 新時代の脳腫瘍学, 184, 187,   2010年12月
  • 悪性脳腫瘍と非腫瘍性疾患との鑑別が困難であった症例に関する臨床的組織学的検討, 森 鑑二, 友金 祐介, 藤田 重一, 泉本 修一, 有田 憲生, Neuro-Oncologyの進歩, 19, 1, 7, 11,   2010年12月
    概要:悪性脳腫瘍と非腫瘍性疾患との鑑別が困難であった症例について臨床的組織学的検討を行った。脳腫瘍が疑われて入院した手術症例で、手術標本のみで脳腫瘍と診断確定できなかった症例と、病理学的診断が非腫瘍性疾患であった12例について、入院時の診断、手術法、病理組織所見、臨床診断、治療と予後について調べ、問題点などについて検討した。入院時の診断はglioma 6例、悪性リンパ腫3例であった。手術術式は8例で開頭生検術、3例で定位的生検術、1例のみ病変の全摘出が行われた。リンパ腫が疑われた4例のうち3例は炎症性細胞浸潤で悪性所見を認めず、悪性所見を認めた1例は免疫組織化学でsubtypeが確定しなかった。術後2ヵ月から60ヵ月間経過しているが臨床経過は全て術後診断と矛盾せず、診断が変更された症例は無い。
  • 悪性脳腫瘍治療におけるWT1免疫療法の可能性, 泉本 修一, 兵庫医科大学医学会雑誌, 35, 1, 71, 76,   2010年12月
  • 悪性転化を伴った脳幹部類表皮嚢胞の1例, 古川 佳孝, 石蔵 礼一, 若田 ゆき, 高田 惠広, 安藤 久美子, 廣田 省三, 泉本 修一, 臨床放射線, 55, 12, 1665, 1669,   2010年11月
    概要:63歳女性。患者は左上下肢のしびれを主訴に近医を受診、脳幹部腫瘍を指摘され、著者らの施設へ紹介となった。所見では精査中に両側中大脳動脈瘤が認められ、破裂のリスクが高かったため、開頭クリッピング術が施行された。だが、術後のCTでは中脳背側に石灰化を伴う腫瘤がみられ、MRIでは腫瘤はT1、T2強調像ともに低信号で、周囲に浮腫状変化が認められた。更に造影T1強調像では辺縁および内部が斑状に増強効果が示された。以上より、治療として脳室・腹腔短絡術が施行されたが、発症20ヵ月目に石灰化像の増大が確認され、再度手術が施行された。だが、腫瘍は石灰化による周囲との癒着が強く、部分摘出で終了することとなった。尚、本症例は病理組織学的に悪性転化を伴った脳幹部類表皮嚢腫で、術後に症状はやや軽快するも持続し、目下は放射線治療の目的のため転院となった。
  • 【この1冊でパーフェクトマスター! 脳神経疾患の画像の見かた】 実践!画像の見かた 疾患編 脳腫瘍 悪性リンパ腫, 森 鑑二, 泉本 修一, 有田 憲生, Brain Nursing, 2010夏季増刊, 165, 169,   2010年08月
  • 脳神経外科疾患治療のスタンダード 下垂体腺腫の治療 最近の話題, 泉本 修一, 有田 憲生, Neurological Surgery, 38, 1, 79, 89,   2010年01月
  • 【脳腫瘍研究の最前線 遺伝子解析から治療まで】 WT1遺伝子産物を標的とする脳腫瘍の免疫療法, 橋本 直哉, 坪井 昭博, 千葉 泰良, 泉本 修一, 岡 芳弘, 吉峰 俊樹, 杉山 治夫, BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩, 61, 7, 805, 814,   2009年07月
  • 専門医に求められる最新の知識 脳腫瘍 Gliomaの免疫治療 WT1ペプチドワクチン療法を中心に, 泉本 修一, 脳神経外科速報, 19, 2, 170, 177,   2009年02月
    概要:中枢神経系でも腫瘍抗原特異的な獲得性免疫反応が働き、(1)抗原提示細胞による腫瘍抗原の認識・抗原提示、キラーT細胞の活性化と、(2)活性化キラーT細胞の腫瘍局所への到達や腫瘍細胞への攻撃の一連のプロセスが行われている。その反応を利用し、腫瘍抗原ペプチドをワクチンとして患者に投与し、体内でキラーT細胞を誘導するワクチン療法がある。WT1がgliomaでも高発現することより、WT1ペプチドワクチン療法を再発glioblastoma患者に行ったところ、安全性があり、かつ生存期間の延長が得られた。今後、gliomaにおける腫瘍免疫抑制系の働きを理解したうえで、集学的治療としてのWT1免疫療法が期待できる。(著者抄録)
  • Central Nervous System Tumor 脳腫瘍 グリオーマ グリオーマに対する最新の免疫療法, 泉本 修一, 吉峰 俊樹, 癌と化学療法, 35, 6, 926, 930,   2008年06月
  • 非機能性巨大下垂体腺腫の手術治療とその術後経過・遅発性合併症, 泉本 修一, 有田 英之, 木下 学, 齋藤 洋一, 吉峰 俊樹, 日本内分泌学会雑誌, 83, Suppl., 25, 27,   2007年06月
    概要:手術を施行した長径5cm以上の非機能性下垂体腺腫25例(男12例・女13例・平均49.3歳)の成績を報告した。手術の内訳は、正中方向への腫瘍進展に対する経蝶形骨洞腫瘍摘出術11例(A群)、前方あるいは側方進展に対する開頭腫瘍摘出術4例(B群)、側方および正中進展に対する開頭術+経蝶形骨洞摘出術10例(C群)であった。周術期死亡はなく、視機能障害は改善20例、不変4例、悪化1例であった。経過中、再増大による神経機能の悪化はなかった。術後合併症は、汎下垂体機能障害5例のほか、A群では重症髄膜炎を1例に、B群では穿通枝梗塞と永続性動眼神経麻痺を各1例に、C群では遅発性髄液漏を2例に、髄膜炎、視機能障害悪化、脳膿瘍を各1例に認めた。C群は遅発性合併症が多かったが、部分摘出でも放射線治療により良好なコントロールが得られた症例も存在した。
  • 悪性グリオーマの標準治療と新しい治療, 泉本 修一, 吉峰 俊樹, Neuro-Oncologyの進歩, 16, 1, 27, 33,   2007年06月
  • 専門医に求められる最新の知識 脳腫瘍 悪性グリオーマの標準治療, 泉本 修一, 吉峰 俊樹, 脳神経外科速報, 17, 1, 66, 73,   2007年01月
  • 非定型的視機能障害,下垂体機能障害を呈した鞍隔膜部腫瘍, 泉本 修一, 齋藤 洋一, 丸野 元彦, 吉峰 俊樹, 日本内分泌学会雑誌, 82, Suppl., 82, 84,   2006年06月
    概要:症例1:27歳女.右視力低下,尿崩症が出現し,MRIで下垂体茎を後方に圧排し鞍結節に至る鞍上部腫瘍を認めた.前頭側頭開頭で腫瘍を全摘し,視機能は回復した.症例2:69歳女.左視力低下で鞍上部腫瘍を認め,症例1と同様の摘出術で視機能は回復した.症例3:33歳女.網膜色素変性症と診断されたが,5年の経過で症状が進行した.鞍上部腫瘍を認め,前頭下接近で視交叉の間から腫瘍を摘出した.下垂体茎との癒着が強く一部残存したが,視力は改善した.症例4:60歳女.9年前に鞍上部腫瘍の診断で開頭術を受けたが,視力視野障害が進行した.鞍上部腫瘍が鞍背から下垂体茎を取り込み,前面に進展していた.腫瘍は石灰化,骨化,癒着が強く,部分摘出となった.ガンマナイフ治療を行い,視機能は保たれている.症例5:58歳男.右眼義眼,左眼視野視力低下,汎下垂体機能低下があった.トルコ鞍内から上方に進展する腫瘍を認め,経蝶形骨洞腫瘍摘出術を行った.腫瘍は一部残存したが,視野視力は回復した
  • 第三脳室を占拠した混合性胚細胞性腫瘍の診断と治療, 沖田 典子, 丸野 元彦, 和田 晃一, 鈴木 強, 泉本 修一, 原 純一, 吉峰 俊樹, Neuro-Oncologyの進歩, 15, 1, 31, 38,   2006年06月
    概要:血清腫瘍マーカー値又は組織学的にmixed germ cell tumorと診断した患者に対してcyclophosphamide(CPA)・etoposide(VP16)・cisplatin(CDDP)・vincristine(VCR)の4剤による化学療法を先行させたプロトコールを使用して良好な転帰を得た2症例を経験した。症例1は、12歳の男児で、多飲多尿に続いて学力低下と傾眠傾向が認められ、更に嘔吐と右手の不随意運動が出現したことを契機に、MRIにて松果体部から第三脳室を占める腫瘍性病変を認めた。多毛・記銘力障害・Parinaud徴候・輻輳麻痺・右手巧緻運動障害・右手不随意運動を認めた。AFP・HCG・HCG-βの異常高値と下垂体機能の異常を認めた。組織診断を行わず、mixed germ cell tumorとして化学療法を施行したところ、嘔吐が頻回となり、頭部CTで水頭症を認めたことから両側VPシャント術を行い、化学療法を3クール終了した時点で腫瘍は松果体部左側に増強される部分を除いてほぼ消失し、腫瘍マーカーも感度以下となった。化学療法を継続し、放射線療法を併用したところ、5クールで腫瘍は完全に消失し、その後は2年半を経過した時点でも再発を認めていない。症例2は16歳の女児で、無月経に続いて口渇感と多飲多尿が出現し、更に記憶障害、嘔気・嘔吐と体重減少が3ヵ月間に次々に出現し、更に3ヵ月後には傾眠傾向が出現したことを契機にMRIにてトルコ鞍から第三脳室・側脳室に及ぶ腫瘍性病変を認めた。AFP高値・汎下垂体機能低下症と高Na血症を認め、開頭腫瘍摘出術を施行したところ、組織学的にmixed germ cell tumorと診断され、化学療法を開始し、第4クールからは放射線療法を併用したが、腫瘍が残存したためにsalvage surgeryにてトルコ鞍内以外の腫瘍を摘出し、組織診はmature teratomaであり、退院となった。
  • 無症候性髄膜腫治療におけるデータベースの活用, 羽柴 哲夫, 丸野 元彦, 橋本 直哉, 泉本 修一, 吉峰 俊樹, 脳神経外科速報, 15, 12, 1143, 1149,   2005年12月
    概要:「無症候性髄膜腫のデータベース」を作成し,実際の診療に役立てているので紹介した.入力項目は現病歴,既往歴,画像所見などで,特に画像データは詳細に入力し,内訳はMRIの信号強度,浮腫の有無,脳-腫瘍境界の状態,腫瘍形状,石灰化の有無,発生部位,初診時体積などである.また,容易に経過観察の状況を検索できるよう,最終外来日や次回受診予定日,観察期間なども入力している.2005年4月現在,約80例を登録した.症例の多くは初診時の腫瘍体積が小さく,増大も緩徐であるため,経過観察を継続している.1年以上観察を行った56例のうち,14例は明らかな増大を認めず,42例は何らかの増大を認めた.増大群のなかでも増大速度は様々であり,tumor doubling time(Td)は11〜462ヵ月と幅広い分布を示している.増大因子とされる「男性」や「T2強調像での高信号」は増大群で高頻度に認められた.算出されたTd値をもとに実際に治療方針の決定を行った代表例を提示した
  • 悪性リンパ腫再発時の治療, 泉本 修一, 丸野 元彦, 吉峰 俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 14, 12, 772, 777,   2005年12月
    概要:中枢神経系原発悪性リンパ腫の再発時治療について,欧米で行われている具体的方法を概説し,自施設での成績を報告した.自施設では,初期治療(MTX大量療法と全脳照射)終了時PRの症例には引き続き残存造影剤増強部位に定位放射線照射を施行し,初回治療によりCRとなった症例には外来で3〜4ヵ月に一度MRI検査を行い再発時にその部位に定位放射線照射を施行している.これまでに初期治療終了時PRで照射を実施した 7例において腫瘍再増大までの期間は中央値19ヵ月であり,対照群(初期治療終了時PRでそのまま経過をみていた群)の6ヵ月に比べて有意に長かった.これまでに初回治療終了時CRで再発時に照射を実施した7例において再発時治療終了時からの生存期間は中央値27ヵ月であり,対照群(再発時化学療法群)に比べて長かった
  • 【脳腫瘍の診断と治療 最新の研究動向】 脳腫瘍の生物学 細胞浸潤機構 細胞浸潤と神経細胞接着分子, 泉本 修一, 吉峰 俊樹, 日本臨床, 63, 増刊9 脳腫瘍の診断と治療, 74, 78,   2005年09月
  • GH産生下垂体腫瘍の術後長期フォロー, 齋藤 洋一, 泉本 修一, 笠山 宗正, 吉峰 俊樹, 日本内分泌学会雑誌, 80, Suppl., 114, 115,   2004年09月
    概要:先端巨大症(GHoma)の治癒基準は変遷し,現在はわが国でもコルチナコンセンサスを基にした判定法が提唱された.しかし,長期予後に対して本基準を満たす必要性があるか否かは不明である.今回,術後5年を経過した43例について,血中ランダムGH,IGF-I,高血圧,糖尿病の経過,生命予後を検討した.集学的治療では,GHoma患者の高血圧,糖尿病の治癒を得るのは困難ではあったが,フォローされている43例の5年後の生命予後は概ね良好であった.現在の治療法のみでは,コルチナコンセンサスが示す「治癒」基準を達成し得ない症例も少なくない.そのため,先端巨大症の生命予後を正常化するための内分泌学的治療目標値の設定が望まれた
  • ラトケ嚢胞の自然経過と手術適応, 中平 理恵, 齋藤 洋一, 泉本 修一, 吉峰 俊樹, 日本内分泌学会雑誌, 79, Suppl., 83, 85,   2003年08月
    概要:1995年1月〜2002年12月に経験したラトケ嚢胞61例の内,6ヵ月以上followできた54例(手術例25例,非手術例29例)を対象とし,retrospectiveに検討した.手術例,非手術例における初発症状,神経学的所見,内分泌学的所見,MRI上の嚢胞径を比較検討し,手術例では手術後における神経症状,内分泌機能の改善率,非手術例では経過観察中の画像上の大きさの変化,また,それに伴う神経症状,内分泌機能の変化について検討した.その結果,ラトケ嚢胞の経過観察中29例中9例に自覚症状のないMRI上の縮小を認め,その内8例が女性であった.手術を施行しても,尿崩症,汎下垂体機能低下症は全例で改善しなかった.経過観察中,症状を呈しても手術の時期が適切であれば症状は改善すると考えられた
  • Prolactinomaの治療方針 170例の経蝶形骨洞手術結果からの検討, 齋藤 洋一, 泉本 修一, 中平 理恵, 吉峰 俊樹, 日本内分泌学会雑誌, 78, Suppl., 20, 22,   2002年12月
    概要:1975年〜2001年の間に経蝶形骨洞手術が施行されたプロラクチノーマ170例を,手術年度により前期98例と後期72例に分け,手術成績を比較検討した.その結果,前期,後期の間で手術成績に差異はなかった.前期の手術成績を分析したところ,大型腺腫は手術による根治性が乏しく,術後薬物治療を要したため,後期は小型腺腫に積極的に手術を勧めた.後期は大型腺腫に対して原則的に薬物治療を優先的に選択した.すべての症例において経蝶形骨洞手術と薬物治療でコントロール可能であったため,radiosurgeryは行わなかった.なお,死亡,神経症状の悪化等の重大な合併症は存在しなかった.以上より,小型腺腫で,比較的若い女性で妊娠出産を希望する場合は積極的に手術を勧め,大型の腫瘍の場合は薬物療法を優先させるべきであると考えられた
  • 頭蓋咽頭腫における性ホルモン受容体の発現と腫瘍増大の生物学的検討, 泉本 修一, 鈴木 強, 齋藤 洋一, 丸野 元彦, 吉峰 俊樹, 日本内分泌学会雑誌, 78, Suppl., 129, 132,   2002年12月
    概要:腫瘍の再増大する可能性の評価及び性ホルモンに起因した発生,発育の可能性を評価する目的で,頭蓋咽頭腫治療例42例を対象に組織学的検討を行った.その結果,Estrogen Receptor(ER),Progesterone Receptor(PR)は頭蓋咽頭腫の約3割に検出できた.その発現と臨床像とを検討すると,Ki-67染色率の高値は再増大の可能性を,ER,PRの検出は組織の高分化性を示唆すると考えられた.ER,PRの発現の検討は,頭蓋咽頭腫の全摘出ができなかった場合の術後放射線治療あるいは再手術の適応判断の一助となると考えられた.また,性ホルモンを用いた治療の可能性も示唆された
  • ラトケ嚢胞の手術治療選択と長期成績, 泉本 修一, 大西 丘倫, 森内 秀祐, 吉峰 俊樹, 日本内分泌学会雑誌, 78, Suppl., 66, 69,   2002年06月
    概要:2000年8月までの過去5年間のラトケ嚢胞に対する手術症例16例,および2000年に外来受診歴のある保存的経過観察例15例を振り返り,その手術適応について検討した.ラトケ嚢胞と画像診断し,手術を行った大多数の症例では,視野障害の改善が認められたが,汎下垂体機能低下,あるいは尿崩症を認めた症例ではその改善は得られなかった.また,軽度の下垂体機能障害は,手術により,機能改善の傾向がみられた.したがって,視力視野障害がなく,汎下垂体機能低下,あるいは尿崩症を認めた症例では,術後,これらの症状改善が乏しいことを考慮し,手術適応の決定には慎重である必要が,逆に,経過観察中,軽度の下垂体機能低下が出現した場合には,早い段階で積極的に手術治療を考慮する必要があると考えられた
  • 【脳神経外科 手術マニュアル】 脳神経外科における代表的な手術手技 脳室腹腔シャント, 泉本 修一, 吉峰 俊樹, オペナーシング, 2002春季増刊, 136, 140,   2002年03月
  • PTEN mutations in malignent gliones and their relation with meningeal gliomatesis, J.Neuro-Oncd, 53, 21-26/,,   2001年
  • Immunohistochemical detection of female sex hormone receptors in craniopharyngiomas: Correlation with clinical and histological features., Surg Neurol, 63:520-525,   2005年
  • Clinicopatological study of cellular proliferation and invasion in gliomatosis cerebri –Important role of neural cell adhesion molecule L1 in tumor invasion-, J Clin Pathol, 58:166-171,   2005年
  • Fiber-tracking does not accurately estimate size of fiber bundle in pathological condition: initial neurosurgical experience using neuronavigation and subcortical white matter stimulation., NeuroImage, 25:424-429,   2005年
  • Combination gene therapy for glioblastoma involving herpes simplex virus vector-mediated codelivery of mutant IkBa and HSV thymidine kinase., Cancer Gene Therapy, 12:487-496,   2005年
  • Ganglioside GM3 inhibits proliferation and invasion of glioma., J Neuro-Oncol, 71:99-106,   2005年
  • Long-term control of recurrent anaplastic ependymoma with extracranial metastasis:-importance of multiple surgery and stereotactic radiosurgery procedures-,   2004年
  • Genetic analysis of human glioblastomas using a genomic microarray system., Brain Tumor Pathology, 21:27-34,   2004年
  • Chromosomal and genetic aberrations differ with meningioma subtype., Brain Tumor Pathology, 21(3)127-133,   2004年
  • 悪性リンパ腫に対するMTX大量化学療法;先端医療技術研究所編、脳腫瘍の最新医療, 先端医療技術研究所,   2003年
  • Primary malignant lymphoma of the trigeminal region treated  with rapid infusion of high-dose MTX and radiation case report and review of the literature., Sur Neuro, l60:343-348,   2003年
  • Neural Stem Cellを用いたグリオーマ細胞の増殖抑制-in vivoおよびin vitroでの検討-。田淵和雄編、ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療, 九州大学出版会,   2002年
  • Gliomatosis cerebri の細胞浸潤性における神経細胞接着分子L1の関与。田淵和雄編、ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療, 九州大学出版会,   2002年
  • 脳室腹腔シャント。有田憲生編、オペナーシング、ニュー脳神経外科手術マニュアル, メディカ出版,   2002年
  • 松果体部腫瘍の手術。長尾省吾編、脳腫瘍の外科-最新のテクノロジーを用いた正中部および脳幹・間脳腫瘍の手術, メディカ出版,   2001年
  • PTEN mutations in malignant gliomas and their relation with meningeal gliomatosis., J Neuro-Oncol, 53: 21-26,   2001年
  • Central neurocytoma presennting with intratumoral hemorrhage., Neurosurg Rev,   2001年
  • Neuroradiological evaluation of the cerebellar atrophy associated with X-linked hydrocephalus., Current Tr Hyd, 10:1-4,   2000年
  • Isolation and expression analysis of a novel human homologue of the Drosophilia glial cells missing (gcm) gene., FEBS Letters, 442: 151-156,   1999年
  • Neural cell adhesion molecule L1 in gliomas: correlation with TGF-b and p53., J Clin Pathol, 51: 13-17,   1998年
  • Telomerase activity and alterations in telomere length in human brain tumors., Cancer Res, 58: 2117-2125,   1998年
  • Role of fibronectin-stimulated cell migration in glioma invasion in vivo: clinical significance of Ohnishi T, Hiraga S, Izumoto S, Matsumura H, Kanemura Y, Arita N, Hayakawa T, Clin Exp Metastasis, 16:729-741,   1998年
  • Neural cell adhesion molecule L1 promotes regeneration of injured optic nerve rats., Restor Neurol Neurosci, 12: 247-254,   1998年
  • Fibronectin-mediated cell migration promotes glioma cell invasion through chemokinetic activity., Clin Exp Metastasis, 15: 538-546,   1997年
  • 優位半球側脳室三角部腫瘍に対する手術アプローチ。久保田紀彦編、髄膜腫の外科, メディカ出版,   1997年
  • Establishment of spontaneously immortalized rat type 1 astroglial cell lines: the role of p53 in astroglial carcinogenesis., Glia, 18: 185-199,   1996年
  • Antisense inhibition of the RAD51 enhances radiosensitivity., Biochem Biophys Res Commun, 223: 434-438,   1996年
  • Ventriculolumbar perfusion chemotherapy with methotrexate and cytosine arabinoside for meningeal carcinomatosis: a pilot study in 13 patients., Surg Neurol, 45: 256-264,   1996年
  • A new mutaiton of the L1CAM gene in an X-linked hydrocephalus family., Child Nerv Sys, 12: 742-747,   1996年
  • Homozygous deletion of the p16 gene in malignant glioma. in Nagai M(ed): Brain Tumor Research and Therapy, Springer-Verlag,   1996年
  • Expression of L1CAM in brain tumors: immunohistochemical study using anti-L1CAM antibodies. in Nagai M(ed): Brain Tumor Research and Therapy, Springer-Verlag,   1996年
  • Expression and biological functions of L1 cell adhesion molecule in malignant glioma cells. in Nagai M(ed): Brain Tumor Research and Therapy, Springer-Verlag,   1996年
  • Gene expression of neural cell adhesion molecule L1 in maligant gliomas and biological; significance of L1 in glioma invasion., Cancer Res, 56: 1440-1444,   1996年
  • Transformation of type 1 astrocytes with N-ethyl-N-nitrosourea: establishment of an in vitro system and the role of the p53 gene., Glia, 13: 51-63,   1995年
  • A clinicoradiological study of X-linked hydrocephalus in Japan., J Neurosurg, 83: 50-55,   1995年
  • Homozygous deletions of p16INK4A/MTS1 and p15INK4B/MTS2 genes in glioma cells and primary glioma tissues., Cancer Letters, 97: 241-247,   1995年
  • anti-proliferative effects of TNP-470 on human malignant glioma in vivo: potent inhibition of tumor angiogenesis., J Neuro-oncol,   1994年
  • Long-term effects of radiation for medulloblastoma on intellectual and physical development., Cancer, 73: 2450-2455,   1994年
  • Cis-diamminedichloroplatinum (CDDP) therapy for brain metastasis of lung cancer. II. Clinical effects., 16: 69-76,   1993年
  • Extradural temporal meningioma directly extended to cervical bone- case report-., Neurol Med Chir (Tokyo), 33: 458-462,   1993年
  • Widespread constitutive expression of HSP90 messenger RNA in rat brain., J Neurosc Res, 35: 20-28,   1993年
  • Cis-diamminedichloroplatinum (CDDP) therapy for brain metastasis of lung cancer. I. Distribution within the central nervous system after intravenous and intracarotid infusion., J Neuro-oncol, 16: 61-67,   1993年
  • Shifting of dural arteriovenous malformation from the cavernous sinus to the sigmoid sinus to the transverse sinus after transvenous embolization-a case of left spontanous carotid-cavernous sinu fistula., Surg Neurol, 37: 30-38,   1992年
  • Diagnosis and treatment of patients with meningeal carcinomatosis., J Neuro-oncol, 13: 81-89,   1992年
  • Measurements of CSF biochemical tumor markers in patients with meningeal carcinomatosis and brain tumors., J Neuro-oncol, 12: 111-120,   1992年
  • Cultured choroids-plexus carcinoma forms papollae which synthesize and secrete transthyretin., J Neuropath Exp Neurol, 51:362-362,   1992年
  • Angiomatoid choroids-plexus epithelioma- ultrastructural, immunohistochemical, and molecular diagnosis., vv,   1992年
  • Vitous opacification in familial amyloidotic polyneuropathy- a new transthyretin mutation., Inv Ophthal Visual Sci, 33:860-860,/,,   1992年
  • Familial amyloidotic polyneuropathy presenting with carpal tunnel syndrome and a new transthyretin mutation, asparagine 70.,   1992年
  • Transthyretin synthesis in primary choroid plexus neoplasms., 2nd international symposium on familial amyloidotic polyneuropaty, 59-60, 1992/,,   1992年
  • 2 transthyretin(TTR) mutations and causing euthyroid hyperthyroxinemia., Clin Res, 40:A374-A374,   1992年
  • Two transthyretin mutations associated with euthyroid hyperthyroxinemia., 2nd international synposium on familial amyloidotic polyneuropathy,   1992年
  • モルフォリノアンスラサイクリン系化合物MX2の脳組織内分布 動注および静注後の比較, 泉本 修一, 有田 憲生, 早川 徹, 癌と化学療法, 18, 3, 371, 375,   1991年03月
    概要:ラット頸動脈内投与で,投与側大脳半球におけるMX2濃度は投与5分後で対側脳の25倍,静注時の20倍以上の濃度を示した.脳内濃度ははじめの30分で速やかに低下したが,動注側における投与後120分までの濃度曲線下面積は,対側の8.0倍,静注時の7.3倍を示した.急性毒性試験では,3 mg/kg以上動注群では投与4日目までに全例死亡したが,2 mg/kg以下では死亡例をみず,静注より毒性が高いという結論は得られなかった.MX2はpharmacokineticsの面より,脳腫瘍に対する動注化学療法に適する薬剤である
  • 転移性脳腫瘍におけるCDDPの濃度 静注と内頸動脈動注における腫瘍および腫瘍近接脳におけるCDDP濃度の差, 中川 秀光, 藤田 敏晃, 泉本 修一, 癌と化学療法, 18, 1, 103, 109,   1991年01月
    概要:肺癌よりの転移性脳腫瘍のうち,単発性で実質内腫瘍の21例を対象として,8例の内頸動脈領域に占拠する腫瘍に対してcisplatin 100 mg/m2を20分で動注し,13例に対し同量のcisplatinを同じく20分かけ静注し,投与終了時の血漿濃度,腫瘍濃度,腫瘍近接脳濃度を測定して動注例と静注例を比較検討した.また3例では腫瘍が再発時に摘出が行われ,この際初回と反対のcisplatinの投与方法をとり,同一症例の動注と静注におけるそれぞれの濃度を比較検討した.動注,静注ともにその血漿濃度に差はなく,近接脳においてもbrain/plasma ratioに統計学的な差はなかった.しかし同一症例で動注と静注を比較したものでは,動注の場合は静注に比し2〜7倍の高い腫瘍近接脳での濃度がみられ,ニトロソウレア抗癌剤を用いた動注例の報告と一致した.腫瘍では,そのtumor/plasma ratio, tumor/brain ratioともに動注例は静注例の2倍を示し,いずれも高い値を示した.副作用は嘔気・嘔吐が全例みられ,クレアチニン-クリアランスが術後有意に低下したが,問題になるほどでなかった
  • Abdominal cyst formation following ventriculoperitoneal shunt in a case of hydrocephalus due to cryptococcal meningitis., Surg Neurol, 36: 394-399,/,,   1991年
  • Allele loss on chromosome 10 in human glioblastomas. in Tabuchi K(ed): Biological Aspects of Brain Tumors, Springer-Verlag,   1991年
  • Late-onset familial amyloidotic polyneuropathy(FAP)- a new variant heterozygous for transthyretin (TTR)(Asn-70).,   1991年
  • 悪性グリオーマにおける第10番染色体上遺伝子欠失, 泉本 修一, 日本外科宝函, 59, 5, 431, 432,   1990年09月
  • 癌抑制遺伝子 (anti-oncogene) に関する研究。成人病の研究、第九巻, 財団法人成人病医学研究振興財団,   1990年
  • Effect of MX2, a new morpholino anthracycline, against experimental brain tumors., Anticancer Res, 10: 735-740,   1990年
  • Motility factor produced by malignant glioma cells: role in tumor invasion., J Neurosurg, 73: 881-888,   1990年
  • T98 glioma cells have nicks in DNA in quiescent phase., Ex Cell Res, 190(2): 212-217,   1990年
  • Epidermal growth factor receptor in human glioma., J Neurosurg, 70: 916-919,   1989年
  • Rapid growth of a meningioma during pregnancy: relation with estrogen receptors - case report., Neurol Med Chir (Tokyo), 29(5): 440-443,   1989年
  • 実験脳腫瘍に対するACNU静脈内および髄腔内投与の効果 抗BrdU抗体を用いた免疫組織学的検討, 泉本 修一, 有田 憲生, 生塩 之敬, 脳と神経, 40, 11, 1095, 1099,   1988年11月
    概要:Walker 256腫瘍大槽内移植により作成したラット髄膜癌腫症モデルにACNU静脈内または髄腔内投与を行い,両投与法の腫瘍細胞増殖能におよぼす影響を抗BrdU抗体を用いた合成期細胞核標識率(labeling index:L.I.)より検討した.ACNU 15 mg/kg静脈内投与後の合成期細胞核のL.I.は12時間後まで40%台と高値のままであったが,24時間後以降10%台に低下し,その後腫瘍細胞は減少する.ACNU 1.5 mg/kg髄腔内投与後のL.I.は4時間後の早期より20%台に低下し,48時間後までは10%台を示したが,96時間後上昇し,増殖能は回復する.本実験脳腫瘍モデルでは,ACNUの静脈内および髄腔内投与は腫瘍増殖能に対し,異なった影響を示した
  • モルフォリノアンスラサイクリン系化合物MX-2のグリオーマに対する抗腫瘍効果, 泉本 修一, 日本外科宝函, 57, 5, 463, 463,   1988年09月
  • モルフォリノアンスラサイクリン系化合物MX-2の実験的脳腫瘍に対する抗腫瘍効果, 泉本 修一, 有田 憲生, 早川 徹, 癌と化学療法, 15, 5, 1765, 1769,   1988年05月
    概要:in vitroあるいはin vivoにおいて,脳腫瘍に対するMX-2の抗腫瘍効果を検討した.ラット誘発脳腫瘍9 Lおよびヒト脳腫瘍KNS-42細胞の増殖能はMX-2により著しく抑制され,IC50は9 L細胞で18 ng/ml, KNS-42細胞で1.8 ng/mlを示した.この値は,すでに報告されているP 388白血病細胞における効果と同等であった.Walker 256 carcinosarcoma細胞を経皮的に大槽内移植して作成したラット髄膜癌腫症モデルをMX-2で治療すると,平均生存期間は有意に延長した.すなわち,腫瘍移植1, 5, 9日目にMX-2を一回量それぞれ1.5, 1.0, 0.75および0.375 mg/kg静脈内投与して得られたILS (increased life span)は40%,40%,40%(p<0.01)および20%(p<0.05)であった
  • モルフォニルアンスラサイクリン系化合物MX-2の実験脳腫瘍に対する効果, 泉本 修一, 日本外科宝函, 57, 1, 129, 130,   1988年01月
  • Intrathecal ACNU - a new therapeutic approach against malignant leptomeningeal tumors, J Neuro-oncol, 6: 221-226,   1988年
  • Expression of WT1 protein and correlation with cellular proliferation in glial tumors., Neurol Med Chir (Tokyo), 47:165-170, 2007,   2007年
  • 脳腫瘍の外科ー脳腫瘍手術の進歩と限界:前頭蓋窩巨大髄膜腫の摘出と前頭葉症状の改善 田淵和雄編, メディカ出版, 130-135,   2006年
  • Skull metastasis from papillary thyroid carcinoma accompanied by neurofibromatosis type 1 and pheochromocytoma: report of a case., Brain Tumor Pathol, 23:97-100, 2006.,   2006年
  • 脳神経外科―専門医にきく最新の臨床:中枢神経系原発悪性リンパ腫に対して、放射線照射を行わずにメソトレキセート大量療法単独で治療できるのか., 中外医学社, pp196-198,   2006年
  • グリオーマー病態と治療―田淵和雄編:分子標的治療(含抗体療法), シュプリンガーフェアラーク東京株式会社,   2006年
  • Scoring radiological characteristics to predict proliferative potential in meningiomas, Brain Tumor Pathology,   2006年
  • 脳神経外科大系 第15巻インフォームドコンセント2章インフォームドコンセント各論10. 悪性リンパ腫, 中山書店,   2006年
  • Detection of genetic and chromosomal aberration in medulloblastomas and primitive neuroectodermal tumors (PNET) using DNA microarray, Brain Tumor Pathol,   2006年
  • Increased expression of Wilms’ tumor gene WT1 in gliomas at recurrence., Cancer Lett,   2005年
  • 細胞浸潤と神経細胞接着分子。脳腫瘍の診断と治療―最新の研究動向, 日本臨床社, pp74-78,   2005年
  • Intrasellar arachnoid cystの1症例, 泉本 修一, 臨床神経学, 27, 8, 1089, 1090,   1987年08月
  • 腫瘍増殖能よりみた実験脳腫瘍におけるACNUの治療効果 ACNU感受性および耐性株の比較, 泉本 修一, 日本外科宝函, 56, 4, 449, 450,   1987年07月

受賞

  •   1997年, 第6回日本脳腫瘍カンファレス「星野賞」
  •   1997年, 第5回「星野賞」
  •   2006年, 第65回社団法人日本脳神経外科学会総会優秀ポスター賞

競争的資金

  • 悪性グリオーマの病態解明と治療