KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

松本 幸三マツモト コウゾウ

プロフィール

所属部署名産業理工学部 生物環境化学科 / 産業理工学・産業技術研究科 / 産業理工学部 有害物質処理室
職名准教授
学位博士(工学)
専門高分子合成、有機合成、機能性高分子材料
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/360-matsumoto-kouzou.html
ホームページURLhttp://www.fuk.kindai.ac.jp/
メールアドレス
Last Updated :2017/09/22

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    高分子合成、有機合成、機能性高分子材料について研究しています。特に、リチウムイオンバッテリー用途の高分子電解質、二酸化炭素を利用した機能性高分子、ネットワークポリマー材料についてです。

学歴・経歴

学歴

  • 1990年04月 - 1994年11月, 京都大学大学院, 工学研究科, 工業化学専攻
  • 1986年04月 - 1990年03月, 京都大学, 工学部, 工業化学科

経歴

  •   2012年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2011年04月,  - 2012年03月, 近畿大学(准教授)
  •   2006年08月,  - 2011年03月, 近畿大学(講師)
  •   1995年02月,  - 2006年07月, 京都大学大学院(助手)
  •   1998年02月,  - 1999年01月, カリフォルニア工科大学(文部省在外研究員)
  •   1994年04月,  - 1995年01月, 日本学術振興会特別研究員

研究活動情報

研究分野

  • 基礎化学, 有機化学
  • 複合化学, 高分子化学

研究キーワード

  • 高分子合成, 高分子構造・物性(含繊維), 有機工業化学

論文

  • 重合促進剤としてトリフラート金属塩を用いたベンゾオキサジンの開環重合挙動, 疇地 基央, 尾家 浩章, 金得 雷一, 南 昌樹, 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 38, 5, 204, 211,   2017年10月, 査読有り
  • アリールメチルピリジニウムテトラキス(ペンタフルオロフェニル)ボラート塩類の合成とカチオン型の熱潜在性エポキシ樹脂硬化剤として応用, 松本 幸三, 玉川 純也, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 38 , 4, 166, 172,   2017年08月, 査読有り
  • Synthesis and thermal properties of polyesters bearing a carbosilane repeating unit, A. Karimata, K. Matsumoto, and T. Endo, Polym. Bull., 74, 6, 2391, 2399,   2017年06月, 査読有り
  • Design of networked polymers based on radical ring-opening polymerization of vinyloxiranes, S. Maeda, K. Matsumoto, and T. Endo, Polymer J., 49, 4, 363, 368,   2017年04月, 査読有り
  • Synthesis and Properties of Polycarbosilanes Having 5-Membered Cyclic Carbonate Groups as Solid Polymer Electrolytes, K. Matsumoto, M. Kakehashi, H. Ouchi, M. Yuasa, and T. Endo, Macromolecules, 49, 24, 9441, 9448,   2016年12月, 査読有り
  • 架橋ポリスチレン/ 液状ポリブタジエン二成分混合手法による性状変化, 米田 昌弘, 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 37, 6, 253, 259,   2016年11月, 査読有り
  • Synthesis and characterization of polyurethanes bearing carbosilane segments, A. Karimata, K. Matsumoto, and T. Endo, RSC Adv., 6, 97, 94803, 94808,   2016年10月, 査読有り
  • 隣接トリカルボニル構造を有するポリマーとポリエチレングリコールからなる可逆的な架橋―解架橋システムの構築 -架橋剤としてのポリエチレングリコールの濃度,分子量効果-, 柚木 辰也, 末次 翔, 米川 盛生, 松本 幸三, 冨田 育義, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 37, 4, 180, 187,   2016年09月, 査読有り
  • Synthesis and polymerization of epoxy monomers consisting of carbosilane segments and properties of the networked polymers, A. Karimata, K. Matsumoto, and T. Endo, Polymer, 103, 140, 145,   2016年09月, 査読有り
  • Hemithioketal formation of vicinal tricarbonyl compound with thiols and their recovery, T. Yuki, M. Yonekawa, K. Matsumoto, Y. Sei, I. Tomita, and T. Endo, Tetrahedron, 72, 32, 4783, 4788,   2016年08月, 査読有り
  • Synthesis of thiourethanes and poly(thiourethane)s bearing carboxylic groups by nucleophilic acylation using cyclic acid anhydrides, Y. Inoue, K. Matsumoto, and T. Endo, Polym. Bull., 73, 6, 1627, 1637,   2016年06月, 査読有り
  • Synthesis of Thermally Stable Aromatic Poly(spiroorthocarbonate)s Having a Cardo or Bent Structure, M. Moritsugu, R. Seto, K. Matsumoto, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 54, 10, 1409, 1416,   2016年05月, 査読有り
  • リン酸エステルとエポキシ樹脂の反応と硬化反応への応用, 玉祖 健一, 小川 亮, 松本 幸三, 遠藤 剛, , ネットワークポリマー, 37, 3, 108, 115,   2016年05月, 査読有り
  • Synthesis and Cross-linking of Copolymers Containing Dithiocarbonate and Phenol Moieties, Y. Inoue, K. Matsumoto, and T. Endo, ネットワークポリマー , 37, 3, 116, 121,   2016年05月, 査読有り
  • ネットワークポリマーを利用した新規高分子電解質の開発 , 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 37, 3, 145, 152,   2016年05月, 査読有り
  • Synthesis and Properties of Novel Poly(hydroxyurethane) from Difunctional Alicyclic Carbonate and m-Xylylenediamine and its Possibility as Gas-Barrier Materials, K. Matsumoto, A. Kokai, and T. Endo, Polym. Bull., 73, 3, 677, 686,   2016年03月, 査読有り
  • Construction of reversible crosslinking–decrosslinking system consisting of a polymer bearing vicinal tricarbonyl structure and poly(ethylene glycol), T. Yuki, M. Yonekawa, K. Matsumoto, I. Tomita, T. Endo, Polym. Bull., 73, 2, 345, 356,   2016年02月, 査読有り
  • Radical Copolymerization of Methacrylate Bearing Five-Membered Cyclic Dithiocarbonate Moiety and 2-Hydroxyethyl Methacrylate and Its Application to Networked Polymer Synthesis, Y. Inoue, K. Matsumoto, and T. Endo, ネットワークポリマー, 36, 6, 270, 276,   2015年11月, 査読有り
  • カテコール構造を持つポリ(γ-グルタミン酸)の室温水中でのネットワーク化と生体適合性接着剤への応用, 松本 幸三, 安德 悠, 山下 愛加, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 36, 6, 282, 288,   2015年11月, 査読有り
  • Synthesis of Polycarbosilanes Having Sugar-Derived Structures as Novel Materials for Cell Cultivation, K. Matsumoto, T. Fujiwara, M. Goto, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 53, 19, 2267, 2272,   2015年10月, 査読有り
  • エポキシ樹脂用リン系難燃剤, 玉祖 健一, 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 36, 5, 232, 238,   2015年09月, 査読有り
  • Cationic polymerization behavior of ß-methylglycidyl ether derivatives and physical properties of their cationically cured materials, K. Tamaso, R. Ogawa, K. Matsumoto, T. Endo, J. Appl. Polym. Sci., 132 , 32, 42377/1, 42377/6,   2015年08月, 査読有り
  • Water-Stable Copolymers Containing Isocyanate Moiety Protected by Hydrophobic Styrene Segment and Their Reaction with Amines, R. Seto, K. Matsumoto, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 53, 16, 1934, 1940,   2015年08月, 査読有り
  • Synthesis and Properties of Poly(thiourethane)s Having Soft Oligoether Segments, Y. Inoue, K. Matsumoto, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 53, 9, 1076, 1081,   2015年05月, 査読有り
  • Synthesis and Ring-Opening Polymerization of Functional Silacyclobutane Derivatives and their Application to Lithium Ion Batteries, K. Matsumoto and T. Endo, Macromolecular Symposia, 349, 1, 21, 28,   2015年05月, 査読有り
  • 水中に安定なシオチオシアナート構造をもつ共重合体の合成と水中での求核剤との反応及びジアミンによるネットワーク化, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 36, 1, 13, 20,   2015年01月, 査読有り
  • Polymerization of an Epoxy-Containing Silacyclobutane and its Application to Networked Polymer Synthesis, K. Matsumoto, Y. Goto, N. Nagao, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 52, 23, 3400, 3405,   2014年12月, 査読有り
  • 環状アミジン類によるエポキシ樹脂の硬化挙動, 佐藤 大輔, 小川 亮, 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 35, 6, 279, 284,   2014年11月, 査読有り
  • Cationic Polymerization of a Novel Oxetane Carrying Ionic Liquid Structure and Properties of the Obtained Poly(Ionic Liquid), K. Matsumoto, T. Chijiiwa, T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 52, 20, 2986, 2990,   2014年10月, 査読有り
  • (チオ)ウレタン構造をもつヒマシ油を基盤とするアルコキシシリル基による架橋系ポリマーの接着性評価, 乾 純, 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 35, 4, 154, 160,   2014年07月, 査読有り
  • 熱潜在性硬化剤としてのリン酸塩によるエポキシ樹脂の硬化挙動, 玉祖 健一, 小川 亮, 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 35, 4, 148, 153,   2014年07月, 査読有り
  • Selective Nucleophilic Additions to Poly(methacrylate)s Containing Isothiocyanate Moieties in the Side Chains and Their Application in Cross-Linking, R. Seto, K. Matsumoto, and T. Endo,, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 52, 13, 1832, 1842,   2014年07月, 査読有り
  • Synthesis and polymerization of styrene monomers bearing spiroorthoester structure and volume change during cross-linking by double ring-opening of the pendant spiroorthoesters of the obtained polymers, T. Miyara, K. Matsumoto, S. Yonemori, M. Watanabe, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem, 52, 13, 1790, 1795,   2014年07月, 査読有り
  • Composition Analysis of Polyurethane Prepolymer by SEC Technique, 乾 純, 大河原 義明, 松本 幸三, 遠藤 剛, 日本接着学会誌, 50, 6, 193, 198,   2014年06月, 査読有り
  • イソチオシアナト基の反応選択性を利用したアルコール性水酸基およびカルボキシ基をもつメタクリラートコポリマーのネットワーク化, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 35 , 3, 102, 109,   2014年05月, 査読有り
  • イソチオシアナート構造をもつモノマーの合成と重合およびその反応選択性を利用した高分子合成, 瀬戸 良太, 山﨑 龍, 松本 幸三, 遠藤 剛, JSRテクニカルレビュー, 121, 1, 9,   2014年04月, 査読有り
  • Copolymerization of 2-Isothiocyanatoethyl Methacrylate and 2-Hydroxyethyl Methacrylate or Methacrylic Acid Based on a Nucleophile-Tolerant Property of the Isothiocyanato Group, R. Seto, K. Matsumoto, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 51, 24, 5221, 5229,   2013年12月
    概要:Studies on Copolymerization of 2-Isothiocyanatoethyl Methacrylate and 2-Hydroxyethyl Methacrylate or Methacrylic Acid Based on a Nucleophile-Tolerant Property of the Isothiocyanato Group
  • 五員環環状カーボナート、ジチオカーボナート構造を持つスチレン系ポリマーとアミン類の反応およびネットワークポリマーへの応用, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 米森 重明, 渡部 昌司, ネットワークポリマー, 34, 6, 316, 322,   2013年11月
    概要:五員環環状カーボナート、ジチオカーボナート構造を持つスチレン系ポリマーとアミン類の反応およびネットワークポリマーへの応用に関する研究
  • Stable Heterocumulene Monomer in Water; Synthesis and Polymerization of (Meth)acrylates Having an Isothiocyanate Structure, R. Seto, K. Matsumoto, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 51, 21, 4522, 4529,   2013年11月
    概要:Studies on Stable Heterocumulene Monomer in Water; Synthesis and Polymerization of (Meth)acrylates Having an Isothiocyanate Structure
  • Synthesis of polymethacrylamides having a sugar moiety with an aliphatic hydrocarbon spacer and their application to control adhesion of hepatocytes cancer cells on the materials, M. Toyoshima, K. Matsumoto, M. Goto, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 51, 19, 4003, 4010,   2013年09月
    概要:Studies on Synthesis of polymethacrylamides having a sugar moiety with an aliphatic hydrocarbon spacer and their application to control adhesion of hepatocytes cancer cells on the materials
  • 植物油脂からの湿気硬化型接着剤の設計と架橋構造の体加水分解性のへの影響, 乾 純, 松本 幸三, 遠藤 剛, 佐藤 慎一, ネットワークポリマー, 34, 3, 128, 134,   2013年05月
    概要:植物油脂からの湿気硬化型接着剤の設計と架橋構造の体加水分解性のへの影響に関する研究
  • Anionic Ring-Opening Polymerization of a Five-Membered Cyclic Carbonate Having a Glucopyranoside Structure, M. Azechi, K. Matsumoto, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 51, 7, 1651, 1655,   2013年04月
    概要:Studies on Anionic Ring-Opening Polymerization of a Five-Membered Cyclic Carbonate Having a Glucopyranoside Structure
  • ポリカルボシランを用いたリチウムイオンバッテリー用の新規ゲル電解質の開発, 松本 幸三, 遠藤 剛, 勝田 耕平, 李 カンフェイ, 山田 欣司, JSRテクニカルレビュー, 120, 1, 6,   2013年03月
    概要:ポリカルボシランを用いたリチウムイオンバッテリー用の新規ゲル電解質の開発に関する解説
  • Synthesis and Radical Polymerization of Styrene-Based Monomer Having a 5-Membered Cyclic Dithiocarbonate Structure, T. Miyata, K. Matsumoto, T. Endo, M. Watanabe, S. Monemori, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 51, 6, 1398, 1404,   2013年03月
    概要:Studies on Synthesis and Radical Polymerization of Styrene-Based Monomer Having a 5-Membered Cyclic Dithiocarbonate Structure
  • Design and Synthesis of Ionic-Conductive Epoxy-Based Networked Polymers, K. Matsumoto, and T. Endo, Reactive & Functional Polymers, 73, 2, 278, 282,   2013年01月
    概要:Studies on Design and Synthesis of Ionic-Conductive Epoxy-Based Networked Polymers
  • エポキシドの開環重合における各種スルホニウム塩熱潜在性, 松本 幸三, 下川 瑛志, 遠藤 剛, 上野 卓朗, 河岡 良明, 高下 勝滋, ネットワークポリマー, 33, 6, 329, 335,   2012年11月
    概要:エポキシドの開環重合における各種スルホニウム塩熱潜在性に関する研究
  • Synthesis of polycarbosilanes having a 5-membered cyclic carbonate structure and their application to prepare gel polymer electrolytes for lithium ion batteries, K. Matsumoto, T. Endo, K. Katsuda, H. Lee, K. Yamada, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 50, 24, 5161, 5169,   2012年11月
    概要:5員環環状カーボナート構造を持つポリカルボシランの合成とリチウムイオンバッテリー用のポリマーゲル電解質としての応用に関する論文
  • Molecular Weight Dependence of Non-Surface Activity for Ionic Amphiphilic Diblock Copolymers, H. Matsuoka, H. Chen, and K. Matsumoto, Soft Matter, 8, 35, 9140, 9146,   2012年08月
    概要:イオン性両親媒性ブロックコポリマーの表面不活性性の分子量依存性に関する論文
  • Synthesis and Radical Polymerization of Styrene-Based Monomer Having a 5-Membered Cyclic Carbonate Structure, T. Miyata, K. Matsumoto, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 50, 15, 3046, 3051,   2012年06月
    概要:5員環環状カーボナート構造を有するスチレン系モノマーの合成と重合に関する論文
  • イオン液体構造を含むネットワークポリマーの合成と機能, 松本 幸三, 遠藤 剛, 未来材料, 12, 5, 15, 20,   2012年05月
    概要:イオン液体を閉じ込めたネットワークポリマー、イオン液体を形成イオン対の一方をネットワーク上に固定化した材料、ネットワークポリマーをイオン液体で膨潤させた材料などの合成と機能に関する著者らの研究を総合的に解説した論文
  • Conductive Networked Polymer Gel Electrolytes Composed of Poly(meth)acrylate, Lithium Salt, and Ionic Liquid, K. Matsumoto, S. Sogabe, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 50, 7, 1317, 1324,   2012年04月
    概要:ポリ(メタ)アクリラート、リチウム塩、イオン液体で構成されるイオン伝導性のネットワークポリマーゲル電解質の合成と性質に関する論文
  • Preparation and Properties of Ionic-Liquid-Containing Poly(ethylene glycol)-Based Networked Polymer Films Having Lithium Salt Structures, K. Matsumoto and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 16, 3582, 3587,   2011年08月, 査読有り
  • Synthesis of Networked Polymers by Copolymerization of Monoepoxy-Substituted Lithium Sulfonylimide and Diepoxy-Substituted Poly(ethylene Glycol), and their Properties, K. Matsumoto and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 49, 8, 1874, 1880,   2011年04月, 査読有り
  • Synthesis and Properties of Methacrylate-Based Ionic Networked Polymers Containing Ionic-Liquids: Comparison of Ionic and Non-Ionic Networked Polymers, K. Matsumoto, B. Talukdar, and T. Endo, Polym. Bull., 66, 6, 771, 778,   2011年04月, 査読有り
  • Preparation of Networked Polymer Electrolytes by Copolymerization of a Methacrylate With an Imidazolium Salt Structure and an Ethyleneglycol Dimethacrylate in the Presence of Lithium Bis(trifluoromethanesulfonyl)imide, K. Matsumoto, B. Talukdar, and T. Endo, Polym. Bull., 66, 6, 779, 784,   2011年04月, 査読有り
  • スルホン酸リチウム塩構造を持つ新規なエポキシドとポリエチレングリコール型二官能性エポキシドの共重合によるネットワークポリマーの合成と機能, 松本 幸三, 遠藤 剛, JSRテクニカルレビュー, 118, 1, 7,   2011年03月, 査読有り
  • Methacrylate-Based Ionic Liquid: Radical Polymerization/Copolymerization with Methyl Methacrylate and Evaluation of Molecular Weight of the Obtained Homopolymers, K. Matsumoto, B. Talukdar, and T. Endo, Polym. Bull., 66, 2, 199, 210,   2011年01月, 査読有り
  • Synthesis and Properties of Methacrylate-Based Networked Polymers Having Ionic Liquid Structures, K. Matsumoto, S. Sogabe, and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 48, 20, 4515, 4521,   2010年10月, 査読有り
  • Synthesis of Networked Polymers with Lithium Counter Cations from a Difunctional Epoxide Containing Poly(ethylene Glycol) and an Epoxide Monomer Carrying a Lithium Sulfonate Salt Moiety, K. Matsumoto and T. Endo, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 48, 14, 3113, 3118,   2010年07月, 査読有り
  • Synthesis and Radical Polymerization of Adamantyl Methacrylate Monomers having Hemiacetal Moieties, B. Barkakaty, K. Matsumoto, and T. Endo, Macromolecules, 42, 24, 9481, 9485,   2009年12月, 査読有り
  • Nanostructure of Poly(Acrylic Acid) Brush and its Transition in the Amphiphilic Diblock Copolymer Monolayer on the Water Surface, H. Matsuoka, Y. Suetomi, P. Kaewsaiha, and K. Matsumoto, Langmuir, 25, 24, 13752, 13762,   2009年12月, 査読有り
  • Synthesis of ion conductive networked polymers based on an ionic liquid epoxide having a quaternary ammonium salt structure, K. Matsumoto and T. Endo, Macromolecules, 42, 13, 4580, 4584,   2009年07月, 査読有り
  • 水溶性二官能性エポキシ化合物を用いたポリ(γ-グルタミン酸)の水中での架橋反応, 松本 幸三, 徳 都, 藤井 政幸, 七戸 誠, 遠藤 剛, ネットワークポリマー, 30, 3, 136, 141,   2009年05月, 査読有り
  • Synthesis and Characterization of Novel Functional Electrosterically Stabilized Colloidal Particles Prepared by Emulsion Polymerization Using a Strongly Ionized Amphiphilic Diblock Copolymer, P. S. Mohanty, H. Dietsch, L. Rubatat, A. Stradner, K. Matsumoto, H. Matsuoka, and P. Schurtenberger, Langmuir, 25, 4, 1940, 1948,   2009年02月, 査読有り
  • Confinement of Ionic Liquid by Networked Polymers based on Multifunctional Epoxy Resins, K. Matsumoto and T. Endo, Macromolecules, 41, 19, 6981, 6986,   2008年10月, 査読有り
  • Synthesis of Proton-Conducting Block Copolymer Membranes Composed of a Fluorinated Segment and a Sulfonic Acid Segment, K. Matsumoto, F. Ozaki, and H. Matsuoka, J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem., 46, 13, 4479, 4485,   2008年07月, 査読有り
  • Sphere-to-Rod Transition of Non-Surface-Active Amphiphilic Diblock Copolymer Micelles: A Small-Angle Neutron Scattering Study, P. Kaewsaiha, K. Matsumoto, and H. Matsuoka, Langmuir, 23, 18, 9162, 9169,   2007年11月, 査読有り
  • Salt Effect on the Nanostructure of Strong Polyelectrolyte Brushes in Amphiphilic Diblock Copolymer Monolayers on the Water Surface, P. Kaewsaiha, K. Matsumoto, and H. Matsuoka, Langmuir, 23, 13, 7065, 7071,   2007年11月, 査読有り
  • Synthesis of Water-Dispersible Fluorinated Particles with Grafting Sulfonate Chains by Core-Cross-Linking of Block Copolymer Micelles, K. Matsumoto, S. Kage, and H. Matsuoka, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 45, 7, 1316, 1323,   2007年04月, 査読有り
  • Critical Brush Density for the Transition between Carpet-Only and Carpet/Brush Double-Layered Structures. 2. Hydrophobic Chain Length Dependence, H. Matsuoka, Y. Furuya, P. Kaewsaiha, E. Mouri, and K. Matsumoto, Macromolecules, 40, 3, 766, 769,   2007年02月, 査読有り
  • Nanostructure and Transition of a Strong Polyelectrolyte Brush at the Air/Water Interface, P. Kaewsaiha, K. Matsumoto, and H. Matsuoka, Langmuir, 23, 1, 20, 24,   2007年01月, 査読有り
  • Evaluation of Small Ion Distribution in the Polyelectrolyte Brush at the Air/Water Interface by Neutron Reflectivity, H. Matsuoka, E. Mouri, P. Kaewsaiha, Y. Furuya, Y. Suetomi, K. Matsumoto, and N. Torikai, Trans. MRS-J, 31, 1, 297, 302,   2007年, 査読有り
  • Characterization of Sodium Poly(4-styrenesulfonate)-Grafted Polymer Fine Particles Synthesized by Core-Cross-Linking of Block Copolymer Micelles, K. Matsumoto, H. Hasegawa, and H. Matsuoka, Science and Technology of Advanced Materials, 7, 6, 566, 571,   2006年09月, 査読有り
  • Synthesis of SiN-Based Ceramic Nanoparticles by Pyrolysis of Silazane Block Copolymer Micelles, K. Matsumoto, J. Nakashita, and H. Matsuoka, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 44, 15, 4696, 4707,   2006年08月, 査読有り
  • 精密合成された両親媒性高分子の特性と新規機能性材料への展開, 松岡 秀樹, 松本 幸三, 未来材料, 6, 6, 28, 33,   2006年06月, 査読有り
  • Synthesis and Characterization of Charged Polystyrene-Acrylic Acid Latex Particles, P. S. Mohanty, R. Kesavamoorthy, K. Matsumoto, H. Matsuoka, and K. A. Venkatesan, Langmuir, 22, 10, 4552, 4557,   2006年05月, 査読有り
  • 界面不活性両親媒性高分子--高分子性・イオン性・両親媒性の調和による特性発現と自己組織化—, 松岡 秀樹, プロイサイ ケウサイハ, 松本 幸三, 高分子加工, 55, 4, 3, 9,   2006年04月, 査読有り
  • Observation of two-step neutralization in Conductivity and Potentiometric Titration Curve in Polymer Grafted Charged Colloidal Systems, P. S. Mohanty, T. Harada, K. Matsumoto, and H. Matsuoka, Macromolecules, 39, 6, 2016, 2020,   2006年03月, 査読有り
  • Structure and reactivity of bis(iodozincio)methane solution, S. Matsubara, H. Yoshino, Y. Yamamoto, K. Oshima, H. Matsuoka, K. Matsumoto, K. Ishikawa, and E. Matsubara, J. Organomet. Chem., 690, 24-25, 5546, 5551,   2005年12月, 査読有り
  • Synthesis of Shell Cross-Linked Block Copolymer Micelles with Poly(p-styrenesulfonic Acid) in the Micelle Core, K. Matsumoto, T. Hirabayashi, T. Harada, and H. Matsuoka, Macromolecules, 38, 24, 9957, 9962,   2005年11月, 査読有り
  • 水面高分子電解質ブラシの反射率法によるイメージング, 松岡 秀樹, 松本 幸三, 毛利 恵美子, Ploysai KAEWSAIHA,, 高分子論文集, 62, 10, 449, 457,   2005年10月, 査読有り
  • Non-Surface Activity and Micellization of Ionic Amphiphilic Diblock Copolymers in Water --- Hydrophobic Chain Length Dependence and Salt Effect on Surface Activity and the Critical Micelle Concentration ---, P. Kaewsaiha, K. Matsumoto, and H. Matsuoka, Langmuir, 21, 22, 9938, 9945,   2005年10月, 査読有り
  • Synthesis of Core-Cross-Linked Carbosilane Block Copolymer Micelles and their Thermal Transformation to Silicon-Based Ceramics Nanoparticles, K. Matsumoto and H. Matsuoka, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 43, 17, 3778, 3787,   2005年09月, 査読有り
  • The Critical Brush Density for the Transition between Carpet-Only and Carpet/Brush Double Layer Structures, H. Matsuoka, Y. Furuya, P. Kaewsaiha, E. Mouri, and K. Matsumoto, Langmuir, 21, 15, 6842, 6845,   2005年07月, 査読有り
  • Structure of Bis(iodozincio)methane in THF Solution, S. Matsubara, K. Oshima, H. Matsuoka, K. Matsumoto, K. Ishikawa, and E. Matsubara, Chem. Lett., 34, 7, 952, 953,   2005年07月, 査読有り
  • Nanostructure of a “Carpet”-like Dense Layer/Polyelectrolyte Brush Layer in a Block Copolymer Monolayer at the Air-Water Interface, E. Mouri, K. Matsumoto, H. Matsuoka, and N. Torikai, Langmuir, 21, 5, 1840, 1847,   2005年03月, 査読有り
  • ynthesis of Ceramic Particles by Micellization, Cross-Linking, and Pyrolysis of Carbosilane Block Copolymers, K. Matsumoto, T. Nishiya, and H. Matsuoka, Trans. MRS-J, 30, 3, 683, 686,   2005年, 査読有り
  • Effect of Salt Concentration on the Nanostructure of Weak Polyacid Brush in Amphiphilic Polymer Monolayer at the Air/Water Interface, E. Mouri, P. Kaewsaiha, K. Matsumoto, H. Matsuoka, and N. Torikai, Langmuir, 20, 24, 10604, 10611,   2004年11月, 査読有り
  • Hyrdophilic Chain Length Dependence of Ionic Amphiphilic Polymer Monolayer---- Structure at the Air/Water Interface---, E. Mouri, Y. Furuya, K. Matsumoto, and H. Matsuoka, Langmuir, 20, 19, 8062, 8067,   2004年09月, 査読有り
  • Synthesis of Sodium-Polystyrenesulfonate-Grafted Nanoparticles by Core-Cross-Linking of Block Copolymer Micelles, (55) K. Matsumoto, H. Hasegawa, and H. Matsuoka, Tetrahedron, 60, 34, 7197, 7204,   2004年08月, 査読有り
  • Micellization of Non-surface active Diblock Copolymers in Water. --- Special Characteristics of Poly(styrene)-block-Poly(styrenesulfonate) ---, H. Matsuoka, S. Maeda, P. Kaewsaiha, and K. Matsumoto,, Langmuir, 20, 18, 7412, 7421,   2004年08月, 査読有り
  • Association Behavior of Fluorine-Containing and Non-Fluorine-Containing Methacrylate-Based Amphiphilic Diblock Copolymer in Aqueous Media, K. Matsumoto, T. Ishizuka, T. Harada, and H. Matsuoka, Langmuir, 20, 17, 7270, 7282,   2004年08月, 査読有り
  • X線および中性子反射率測定法による高分子単分子膜のナノ構造, 毛利 恵美子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 高分子, 53, 7, 486, 489,   2004年07月, 査読有り
  • Synthesis and Nanostructure of Strong Polyelectrolyte Brush in Amphiphilic Diblock Copolymer Monolayers on Water Surface, P. Kaewsaiha, K. Matsumoto, and H. Matsuoka, Langmuir, 20, 16, 6754, 6761,   2004年03月, 査読有り
  • Fluorinated Amphiphilic Vinyl Ether Block Copolymers: Synthesis and Characteristics of their Micelles in Water, K. Matsumoto, H. Mazaki, and H. Matsuoka, Macromolecules, 6, 37, 2256, 2267,   2004年03月, 査読有り
  • Synthesis of Ionic-Polymer-Grafted Nanoparticles by Core-Cross-Linking of Silicon-Containing Block Copolymer Micelles, K. Matsumoto, H. Hasegawa, and H. Matsuoka, Trans. MRS-J, 29, 1, 23, 26,   2004年, 査読有り
  • Fluorine-containing block copolymers: Synthesis and association behavior in aqueous media, K. Matsumoto and H. Matsuoka, Recent Res. Devel. Polymer Science, 8, 143, 164,   2004年
  • Carpetlike Dense-Layer Formation in a Polyelectrolyte Brush at the Air/Water Interface, E. Mouri, K. Matsumoto, and H. Matsuoka, J. Polym. Sci., Part B: Polym. Phys., 44, 16, 1921, 1928,   2003年08月, 査読有り
  • Polymer Micelle Formation without Gibbs Monolayer Formation---Synthesis and Characteristic Behavior of an Amphiphilic Diblock Copolymer having Strong Acid Groups---, H. Matsuoka, M. Matsutani, E. Mouri, and K. Matsumoto, Macromolecules, 36, 14, 5321, 5330,   2003年07月, 査読有り
  • Effect of pH on the nanostructure of an amphiphilic carbosilane/methacrylic acid block copolymer monolayer at air/water interface, E. Mouri, K. Matsumoto, H. Matsuoka, J. Appl. Cryst., 36, 3-1, 722, 726,   2003年06月, 査読有り
  • シラシクロプロパンのアニオン開環重合, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 高分子加工, 52, 4, 146, 150,   2003年04月
  • Anionic Ring-Opening Polymerization of Silacyclopropanes, K. Matsumoto and H. Matsuoka, Macromolecules, 36, 5, 1474, 1479,   2003年03月, 査読有り
  • X-ray Reflectivity Study of Anionic Amphiphilic Carbosilane Block Copolymer Monolayers on a Water Surface, E. Mouri, C. Wahnes, K. Matsumoto, H. Matsuoka, and H. Yamaoka, Langmuir, 18, 10, 3865, 3874,   2002年05月, 査読有り
  • Synthesis of Novel Silicon-containing Amphiphilic Diblock Copolymers and their Self-Assembly Formation in Solution and at Air/Water Interface,, K. Matsumoto, U. Mizuno, H. Matsuoka, and H. Yamaoka, Macromolecules, 35, 2, 555, 565,   2002年01月, 査読有り
  • Synthesis and micelle formation of fluorine-containing block copolymers, K. Matsumoto, T. Kitade, H. Mazaki, H. Matsuoka, and H. Yamaoka, Studies in Surface Science and Catalysis, 132, 61, 64,   2001年11月, 査読有り
  • Synthesis and Hydrogel Formation of Fluorine-Containing Amphiphilic ABA Triblock Copolymers, K. Matsumoto, R. Nishimura, H. Mazaki, H. Matsuoka, and H. Yamaoka, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 39, 21, 3751, 3760,   2001年11月, 査読有り
  • 芳香族置換基を持つシラシクロブタンのアニオン開環重合, 松本 幸三, 山岡 仁史, 高分子加工, 50, 4, 146, 152,   2001年04月
  • カルボシラン両親媒性ポリマーの合成と自己組織化, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 高分子論文集, 58, 4, 161, 170,   2001年04月, 査読有り
  • X線反射率 ─両親媒性高分子の水面上における二次元組織体の”その場” 観察─, 松岡 秀樹, 松本 幸三, 日本接着学会誌, 37, 3, 124, 131,   2001年03月
  • Direct in situ Investigation of the Nanostructure of Molecular and Macromolecular Assemblies at Air/Water Interface by X-Ray Reflectometry, H. Matsuoka, E. Mouri, and K. Matsumoto, Rigaku J., 18 , 2, 54, 68,   2001年02月, 査読有り
  • Synthesis of Anionic Amphiphilic Carbosilane Block Copolymer: Poly(1,1-diethylsilacyclobutane-block-Methacrylic Acid), K. Matsumoto, C. Wahnes, E. Mouri, H. Matsuoka, and H. Yamaoka, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 39 , 1, 86, 92,   2001年01月, 査読有り
  • Synthesis and Anionic Polymerization of Silacyclobutanes Bearing Naphthyl or Biphenyl Groups at the 3-Position, K. Matsumoto, M. Shinohata, and H. Yamaoka, Polym. J., 32, 12, 1022, 1029,   2000年12月, 査読有り
  • Perfluoroalkyl-philic Character of Poly(2-Hydroxyethyl Vinyl Ether)-block-Poly[2-(2,2,2-Trifluoroethyoxy)ethyl Vinyl Ether] Micelles in Water: Selective Solubilization of Perfluorinated Compounds, K. Matsumoto, H. Mazaki, R. Nishimura, H. Matsuoka, and H. Yamaoka, Macromolecules, 3, 22, 8295, 8300,   2000年10月, 査読有り
  • Organolithium-Induced Anionic Polymerization of 1,1,3,3-Tetramethyl-1,3-disilacyclobutane in the Presence of hexamethylphosphoramide, K. Matsumoto, M. Nishimura, and H. Yamaoka, Macromol. Chem. Phys., 201, 7, 805, 808,   2000年04月, 査読有り
  • Anionic Ring-Opening Polymerization of Phenylsilacyclobutanes, K. Matsumoto, M. Shinohata, and H. Yamaoka, Polym. J., 32, 4, 354, 360,   2000年04月, 査読有り
  • 新規両親媒性高分子のミセル形成挙動, 山岡 仁史, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 中野 実, 表面, 38, 2, 79, 92,   2000年02月
  • Water-Soluble Fluorine-Containing Amphiphilic Block Copolymer: Synthesis and Aggregation Behavior in Aqueous Solution., K. Matsumoto, M. Kubota, H. Matsuoka, and H, Yamaoka, Macromolecules, 32, 21, 7122, 7127,   1999年10月, 査読有り
  • Self-Assembly of Poly(1,1-diethylsilabutane)-block-poly(2-hydroxyethyl methacrylate) Block Copolymer. 1. Micelle Formation and Micelle-Unimer-Reversed Micelle Transition by Solvent Composition., M. Nakano, M. Deguchi, K. Matsumoto, H. Matsuoka, and H. Yamaoka, Macromolecules, 32, 22, 7437, 7443,   1999年10月, 査読有り
  • Self-Assembly of Poly(1,1-diethylsilabutale)-block-poly(2-hydroxyethyl methacrylate) Block Copolymer. 2. Monolayer at the Air-Water Interface., M. Nakano, M. Deguchi, H. Endo, K. Matsumoto, H. Matsuoka, and H. Yamaoka, Macromolecules, 32, 19, 6088, 6092,   1999年09月, 査読有り
  • Influence of Perfluoroarene-Arene Interactions on the Phase Behavior of Liquid Crystalline and Polymeric Materials, M. Weck, A. R. Dunn, K. Matsumoto, G. W. Coates, E. B. Lobkovsky, and R. H. Grubbs, Angew. Chem. Int. Ed., 38, 18, 2741, 2745,   1999年09月, 査読有り
  • Synthesis and Solution Behavior of the Silicon-Containing Amphiphilic Block Copolymer, Polystyrene-b-Poly(3-hydroxymethylsilacyclobutane)., K. Matsumoto, K. Miyagawa, H. Matsuoka, and H. Yamaoka, Polym. J., 31, 7, 609, 613,   1999年07月, 査読有り
  • Characterization of Micellization Behavior of Amphiphilic Polymers Having Octadecyl Group by Small-Angle X-ray and Neutron Scattering., M. Nakano, K. Matsumoto, H. Matsuoka, and H. Yamaoka, Macromolecules, 32, 12, 4023, 4029,   1999年06月, 査読有り
  • Synthesis of Carbosilane Block Copolymers by Means of a Living Anionic Polymerization of 1,1-Diethylsilacyclobutane., K. Matsumoto, M. Deguchi, M. Nakano, and H. Yamaoka, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 36, 15, 2699, 2706,   1998年11月, 査読有り
  • Synthesis and Characterization of Polysilabutane Having Oligo(oxyethylene)phenyl groups on the Silicon Atom, K. Matsumoto, H. Shimazu, and H. Yamaoka, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 36, 2, 225, 231,   1998年01月, 査読有り
  • Anionic Ring-Opening Polymerization of Silacyclobutane Derivatives, K. Matsumoto, H. Shimazu, M. Deguchi, and H. Yamaoka,, J. Polym. Sci., Part A: Polym. Chem., 35, 15, 3207, 3216,   1997年11月, 査読有り
  • ポリシラブタン-block-ポリビニルアルコール両親媒性ブロックコポリマーの合成, 松本幸三, 三浦裕文, 山岡仁史, 高分子論文集, 54, 10, 696, 701,   1997年10月, 査読有り
  • Anionic Polymerization of 3-Methylenesilacyclobutanes and Reactivity of Poly(3-methylenesilabutane)s, K. Matsumoto, K. Miyagawa, and H. Yamaoka, Macromolecules, 30, 8, 2524, 2526,   1997年04月, 査読有り
  • シラシクロブタン誘導体の精密重合, 山岡 仁史, 松本 幸三, 高分子加工, 45, 10, 452, 457,   1996年10月, 査読有り
  • シラシクロブタンの有機合成への利用, 有機合成化学協会誌, 54, 4, 289, 299,   1996年03月, 査読有り
  • Preparation of 3-Methylenesilacyclobutane and its Use in Organic Synthesis, K. Okada, K. Matsumoto, K. Oshima, and K. Utimoto, Tetrahedron Lett., 36, 44, 8067, 8070,   1995年11月, 査読有り
  • Living Anionic Ring-Opening Polymerization of 1,1-Dimethylsilacyclobutane, K. Matsumoto and H. Yamaoka, Macromolecules, 28, 20, 7029, 8031,   1995年09月, 査読有り
  • Triethylborane-Induced Radical Cyclization of 1-Allyloxy-2-halosilacyclopentane. Stereoselective Synthesis of 1,3,6-Triol Starting from Silacyclobutane, K. Matsumoto, K. Miura, K. Oshima, and K. Utimoto, Bull. Chem. Soc. Jpn., 68, 2, 625, 634,   1995年02月, 査読有り
  • Nucleophile-Induced Ring Enlargement of 1-(1-Iodoalkyl)silacyclobutane and 1-(1,2-Epoxyalkyl)silacyclobutane into Silacyclopentane. Application to the Syntheses of 1,4-Diol, 4-Alken-1-ol, and 1,4,5-Triol., K. Matsumoto, Y. Takeyama, K. Miura, K. Oshima, and K. Utimoto, Bull. Chem. Soc. Jpn., 68, 1, 250, 261,   1995年01月, 査読有り
  • Noncatalyzed Stereoselective Allylation of Carbonyl Compounds with Allylsilacyclobutanes, K. Matsumoto, K. Oshima, and K. Utimoto, J. Org. Chem., 59, 23, 7152, 7155,   1994年11月, 査読有り
  • The Use of -Trimethylsilyl-,-Unsaturated Ketones as 1-Acylethenyl Anion Synthon, K. Matsumoto, K. Oshima, and K. Utimoto, Chem. Lett., 1994, 7, 1211, 1214,   1994年07月, 査読有り
  • Generation of 2-Lithio-2-(trimethylsilyl)silacyclopentane and 2-Lithio-2-(phenythio)silacyclopentane and their Use for the Synthesis of 1,4-Butanediols and gamma-Hydroxyketone, K. Matsumoto, T. Yokoo, K. Oshima, K. Utimoto, and N. A. Rahman, Bull. Chem. Soc. Jpn., 67, 6, 1694, 1700,   1994年06月, 査読有り
  • Lithium Carbenoids Induced Ring Enlargement of Silacyclobutane into 2-Halo-1-silacyclopentane and its Use in Organic Synthesis., K. Matsumoto, Y. Aoki, K. Oshima, K. Utimoto, and N. A. Rahman, Tetrahedron, 49, 38, 8487, 8502,   1993年09月, 査読有り
  • Ytterbium Catalyzed Oxidation of Alcohols to Aldehydes and Ketones by Means of Iodobenzene, T. Yokoo, K. Matsumoto, K. Oshima, and K. Utimoto, Chem. Lett., 1993, 3, 571, 572,   1993年03月, 査読有り
  • Radical Cyclization of 1-Allyloxy-2-halo-1-silacyclopentane. Application to Stereoselective Synthesis of 1,4,6-Triols, K. Matsumoto, K. Miura, K. Oshima, and K. Utimoto, Tetrahedron Lett., 33, 46, 7031, 7034,   1992年11月, 査読有り
  • 2-Lithio-2-trimethylsilyl-1-silacyclopentane as a Synthetic Equivalent of 1-Lithio-1,4-butanediol., K. Matsumoto, T. Yokoo, K. Oshima, and K. Utimoto, Chem. Lett., 1992, 11, 2139, 2140,   1992年11月, 査読有り
  • Potassium t-Butoxide or Silver Acetate Induced Ring Enlargement of Silacyclobutane into Silacyclopentane. Application to the Synthesis of 1,4-Diol., K. Matsumoto, K. Miura, K. Oshima, and K. Utimoto, Tetrahedron Lett., 32, 44, 6383, 6386,   1991年11月, 査読有り
  • Base Induced Rearrangement of Oxiranylsilacyclobutane into Silacyclopentane. Application to Stereoselective Synthesis of 4-Alken-1-ol and 1,4,5-Triol., K. Matsumoto, Y. Takeyama, K. Oshima, and K. Utimoto, Tetrahedron Lett., 32, 35, 4545, 4548,   1991年09月, 査読有り
  • Palladium Catalyzed Reaction of Silacyclobutanes with Acetylenes, Y. Takeyama, K. Nozaki, K. Matsumoto, K. Oshima, and K. Utimoto, Bull. Chem. Soc. Jpn., 64, 5, 1461, 1466,   1991年05月, 査読有り
  • Stereoselective Formation of Silacyclopentanes by the Reaction of Silacyclobutane with Lithium Carbenoids, K. Matsumoto, K. Oshima, and K. Utimoto, Tetrahedron Lett., 31, 42, 6055, 6058,   1990年10月, 査読有り

書籍等出版物

  • クリックケミストリー -基礎から実用まで-, 遠藤 剛, 松本 幸三, 宮田 高治, 分担執筆, 第13章 5員環ジチオカーボナート-アミンClick反応, シーエムシー出版,   2014年08月
  • 二酸化炭素の直接利用 最新技術 第3章, 第3節, 二酸化炭素とエポキシドから得られる五員環カーボナートを利用するポリウレタン類の合成, 落合 文吾, 松本 幸三, 遠藤 剛, 共著, NTS,   2013年04月
    概要:二酸化炭素とエポキシドから得られる五員環カーボナートを利用するポリウレタン類の合成に関する解説
  • 有機合成のための触媒反応103, 松本 幸三, 分担執筆, 第99節 開環メタセシス重合, 東京化学同人,   2004年03月
  • 表面解析・改質の化学, 松岡 秀樹, 松本 幸三, 分担執筆, X線反射率, 日刊工業新聞社,   2003年12月
  • X線分析の進歩 34, 松岡 秀樹, 毛利 恵美子, 松本 幸三, 共著, X線・中性子反射率法による高分子単分子膜および高分子電解質ブラシのナノ構造評価, pp27-39,   2003年01月
  • Encyclopedia of Polymer Science and Technology, K. Matsumoto, 分担執筆, Polycarbosilanes, ohn Wiley & Sons,   2003年
  • Precision Polymers and Nano-Organized Systems, Hitoshi Yamaoka and Kozo Matsumoto, 分担執筆, Novel Silicon-Containing Amphiphilic Polymers: Synthesis and Creation of Polymeric Nanostructures, Kodanshya,   2000年

講演・口頭発表等

  • グルコース由来構造を持つネットワークポリカルボシランの合成と性質, 宮野 達也, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第54回化学関連支部合同九州大会,   2017年07月01日
  • Sythesis of Polycarbosilanes Having 5-Memebered Cyclic Carbonate Groups and their Properties as Solid Polymer Electrolytes, K. Matsumoto, M. Kakehashi, H. Ouchi, H. Mitsuda, T. Endo, Advanced Polymers via Macromolecular Engineering (APME2017),   2017年05月24日
  • Synthesis and Evaluation of Polycarbosilanes Having 5-Membered Cyclic Carbonate Groups as Solid Polymer Electrolytes, K. Matsumoto, M. Kakehashi, H. Ouchi, and T. Endo, The 11th, SPSJ International Polymer Conference (IPC2016),   2016年12月16日
  • ポリ(γ-グルタミン酸)の修飾・架橋反応を利用した新規接着剤の開発, 松本 幸三, 石飛 幹康, 前田 匠, 才津 祐介, 藤山 学之, 遠藤 剛, 第66回ネットワークポリマー講演討論会,   2016年10月20日
  • リン酸エステルとエポキシ樹脂の反応と硬化反応への応用, 玉祖 健一, 小川 亮, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第66回ネットワークポリマー講演討論会,   2016年10月19日
  • アリールメチルピリジニウムテトラキス(ペンタフルオロフェニル)ボラート塩の合成と熱潜在性エポキシ硬化剤への応用, 玉川 純也, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第65回高分子討論会,   2016年09月16日
  • カルボシランセグメントを有する機能性ポリマーの合成と物性評価, 狩俣 歩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第65回高分子討論会,   2016年09月15日
  • 隣接トリカルボニル構造を有するポリマーとポリエチレングリコールから成る可逆的な架橋-解架橋システムの構築, 柚木 辰也, 末次 翔, 米川 盛生, 松本 幸三, 冨田 育義, 遠藤 剛, 第65回高分子討論会,   2016年09月15日
  • ポリ(γ-グルタミン酸)の部分修飾と架橋反応による接着剤への応用, 松本 幸三, 安徳 悠, 石飛 幹康, 前田 匠, 遠藤 剛, 第65回高分子討論会,   2016年09月14日
  • 5員環カーボナート構造を持つポリカルボシランの合成とイオン伝導性材料としての応用, 松本 幸三, 梯 実穂, 大内 博貴, 遠藤 剛, 第65回高分子討論会,   2016年09月14日
  • ピリジニウムボラート塩の合成と熱潜在性エポキシ硬化剤としての性質, 玉川 純也, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第53回化学関連支部合同九州大会,   2016年07月02日
  • 5員環カーボナート構造を持つポリカルボシランの固体高分子電解質としての性質, 松本 幸三, 梯 実穂, 遠藤 剛, 第65回高分子学会年次大会,   2016年05月27日
  • 5員環ジチオカーボナート基で修飾したポリ(γ-グルタミン酸)の生体適合性接着剤への応用, 松本 幸三, 前田 匠, 遠藤 剛, 第65回高分子学会年次大会,   2016年05月25日
  • 主鎖にカルボシランセグメントを有するポリウレタンおよびポリエステルの合成と物性, 狩俣 歩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第65回高分子学会年次大会,   2016年05月25日
  • Water-Stable Copolymers Containing Isocyanate Moiety Protected by Hydrophobic Styrene Segment and their Reaction with Amines, R. Seto, K. Matsumoto, T. Endo, 11th IUPAC Internatioanl Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering (APME2015),   2015年10月20日
  • Synthesis of Polycarbosilanes Carrying 5-Membered Cyclic Carbonate Structures and their Application to Solid Polymer Electrolytes, K. Matsumoto, Y. Taniguchi, M. Kakehashi, T. Endo, 11th IUPAC Internatioanl Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering (APME2015),   2015年10月19日
  • イソシアナート基の高分子効果による水中での保護とその応用展開-側鎖置換基による保護効果とネットワーク化- -水中でのイソシアナートへの選択的付加反応とネットワーク化-, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第65回ネットワークポリマー講演討論会,   2015年10月09日
  • カテコール構造を持つポリ(γグルタミン酸)のトリオキシエチレンジアミンによるネットワーク化と接着特性, 松本 幸三, 山下 愛加, 安徳 悠, 石飛 幹康, 遠藤 剛, 第65回ネットワークポリマー講演討論会, ,   2015年10月09日
  • 新規ピリジニウムボラート塩の合成と熱潜在性カチオン硬化剤としての性質, 玉川 純也, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第65回ネットワークポリマー講演討論会,   2015年10月08日
  • 隣接トリカルボニル構造をもつポリマーと水酸基含有ポリマー系による架橋-解架橋挙動, 柚木 辰也, 米川 盛生, 松本 幸三, 冨田 育義, 遠藤 剛, 第65回ネットワークポリマー講演討論会,   2015年10月07日
  • β-メチルグシジルエーテルのカチオン重合挙動と硬化物物性, 玉祖 健一, 小川 亮, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第65回ネットワークポリマー講演討論会,   2015年10月07日
  • 5員環環状カーボナート含有ポリカルボシランの合成と固体高分子電解質としての特性, 松本 幸三, 谷口 雄一郎, 梯 実穂, 遠藤 剛, 第64回高分子討論会,   2015年09月16日
  • カテコール構造を持つポリ(γ-グルタミン酸)のネットワーク化と生体適合性接着剤への応用, 松本 幸三, 山下 愛加, 安德 悠, 石飛 幹康, 遠藤 剛, 第64回高分子討論会,   2015年09月15日
  • ピリジニウムボラート塩の熱潜在性カチオン重合開始剤への応用, 玉川 純也, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第51回化学関連支部合同九州大会,   2015年06月27日
  • 糖由来構造を側鎖に持つポリカルボシランの合成と細胞培養評価, 松本 幸三, 藤原 崇典, 後藤 光昭, 遠藤 剛, 第64回高分子学会年次大会,   2015年05月29日
  • 5員環環状カーボナート構造を持つポリカルボシランの合成とイオン伝導性, 松本 幸三, 谷口 雄一郎, 遠藤 剛, 第64回高分子学会年次大会,   2015年05月27日
  • 隣接トリカルボニル構造をもつポリマーと水酸基含有ポリマー系による架橋-解架橋挙動, 柚木 辰也, 米川 盛生, 松本 幸三, 富田 育義, 遠藤 剛, 第64回ネットワークポリマー講演討論会,   2014年10月24日
  • イソシアナート基の高分子効果による水中での保護とその応用展開-水中でのイソシアナートへの選択的付加反応とネットワーク化-, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第64回ネットワークポリマー講演討論会,   2014年10月24日
  • 熱潜在性硬化剤としてのリン酸塩によるエポキシ樹脂の硬化挙動, 玉祖 健一, 小川 亮, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第64回ネットワークポリマー講演討論会,   2014年10月24日
  • 環状アミジン類によるエポキシ樹脂の硬化挙動, 佐藤 大輔, 小川 亮, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第64回ネットワークポリマー講演討論会,   2014年10月24日
  • エポキシ基含有シラシクロブタン類の開環重合によるカルボシラン系ネットワークポリマーの合成, 松本 幸三, 後藤 譲成, 長尾 尚紀, 遠藤 剛, 第64回ネットワークポリマー講演討論会,   2014年10月22日
  • 架橋時に非収縮性または低収縮性を示すスチレン系ポリマーの合成, 宮田 高治, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第64回ネットワークポリマー講演討論会,   2014年10月22日
  • 高分子効果による水中でのイソシアナート基の保護-水中でのイソシアナート構造を持つ共重合体の反応の特徴とネットワークポリマーへの展開, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第63回高分子討論会,   2014年09月26日
  • 架橋時に非収縮性を示すスチレン系ポリマーの合成と架橋反応, 宮田 高治, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第63回高分子討論会,   2014年09月25日
  • 隣接トリカルボニル構造をもつポリマーと水酸基含有ポリマー系による架橋-解架橋挙動, 柚木 辰也, 米川 盛生, 松本 幸三, 冨田 育義, 遠藤 剛, 第63回高分子討論会,   2014年09月25日
  • 脂環式エポキシドから誘導される2官能性5員環脂環式カーボナートとジアミンの重付加によるポリヒドロキシウレタンの合成, 小海 亜梨沙, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第63回高分子討論会,   2014年09月24日
  • ネットワークポリマー合成の基礎と先端, 松本 幸三, (1) 第5回基礎先端高分子・繊維研究会,   2014年09月18日, 招待有り
  • Adhesive property evaluation of castor-oil-based alkoxysilyl-terminated crosslinkable prepolymers with (thio)urethane structures, J. Inui, K. Matsumoto, and T. Endo, The 5th World Congress on Adhesion and Related Phenomena (WCARP-V),   2014年09月09日
  • Polymerization of Silacyclobutane Having an Epoxy Functional Group and its Application to Networked Polymer System, K. Matsumoto and T. Endo, 248th American Chemical Society fall National Meeting & Exposition,   2014年08月13日
  • 隣接トリカルボニル構造をもつポリマーと水酸基含有ポリマー系による架橋-解架橋挙動, 柚木 辰也, 米川 盛生, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第63回高分子学会年次大会,   2014年05月30日
  • 糖構造を持つシラシクロブタンの合成と重合, 松本 幸三, 後藤 光昭, 遠藤 剛, 第63回高分子学会年次大会,   2014年05月29日
  • 五員環環状カーボナートおよびジチオカーボナート構造を持つスチレン類のRAFT重合挙動, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第63回高分子学会年次大会,   2014年05月29日
  • ポリカルボシラン骨格を含むポリマーの合成と機能, 遠藤 剛, 松本 幸三, 2014年度第1回精密ネットワークポリマー研究会,   2014年04月18日, 招待有り
  • エポキシ基を持つシラシクロブタンの重合とネットワークポリマー合成への応用, 松本 幸三, 後藤 譲成, 長尾 尚紀, 遠藤 剛, ネットワークポリマー講演討論会,   2013年10月, ネットワークポリマー講演討論会
    概要:エポキシ基を持つシラシクロブタンの重合とネットワークポリマー合成への応用に関する研究発表
  • スピロオルトエステル構造を持つスチレン系モノマーの重合およびネットワーク化, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー講演討論会,   2013年10月, ネットワークポリマー講演討論会
    概要:スピロオルトエステル構造を持つスチレン系モノマーの重合およびネットワーク化に関する研究発表
  • イソシオシアナート構造を持つ水溶性ポリマーの合成と反応選択性を利用した水中でのネットワーク形成, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, ネットワークポリマー講演討論会,   2013年10月, ネットワークポリマー講演討論会
    概要:イソシオシアナート構造を持つ水溶性ポリマーの合成と反応選択性を利用した水中でのネットワーク形成に関する研究発表
  • Synthesis and Ring-Opening Polymerization of Silacyclobutane Derivatives and their Development to Functional Polymers, 松本 幸三, 遠藤 剛, IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2013,   2013年09月, IUPAC International Symposium on Ionic Polymerization 2013
    概要:Studies on Synthesis and Ring-Opening Polymerization of Silacyclobutane Derivatives and their Development to Functional Polymers
  • Synthesis of Polycarbosilanes Having Five-Membered Cyclic Carbonate Structures and their Applications to Gel Polymer Electrolytes, 松本 幸三, 遠藤 剛, 勝田 耕平, 李 カンフェイ, 山田 欣司, IUPAC 10th International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering,   2013年08月, IUPAC 10th International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering
    概要:Studies on Synthesis of Polycarbosilanes Having Five-Membered Cyclic Carbonate Structures and their Applications to Gel Polymer Electrolytes
  • カルド構造を有する耐熱性ポリスピロオルトカーボナートの合成, 森次 正樹, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第62回高分子学会年次大会,   2013年05月, 第62回高分子学会年次大会
    概要:カルド構造を有する耐熱性ポリスピロオルトカーボナートの合成に関する研究
  • p-クロロメチルスチレンから誘導される五員環環状カーボナートおよびスピロオルトエステル構造を持つスチレン系モノマーのRAFT重合, 宮田 隆浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第62回高分子学会年次大会,   2013年05月, 第62回高分子学会年次大会
    概要:p-クロロメチルスチレンから誘導される五員環環状カーボナートおよびスピロオルトエステル構造を持つスチレン系モノマーのRAFT重合に関する研究
  • 反応選択性に着目したイソチオシアナトエチルメタクリラートとヒドロキシエチルメタクリラートおよびメタクリル酸との共重合, 松本 幸三, 瀬戸 良太, 遠藤 剛, 第62回高分子学会年次大会,   2013年05月, 第62回高分子学会年次大会
    概要:反応選択性に着目したイソチオシアナトエチルメタクリラートとヒドロキシエチルメタクリラートおよびメタクリル酸との共重合に関する研究
  • 5員環環状ジチオカーボナートおよびカーボナート構造を持つポリメタクリラートの合成と、アミノ基を有する機能性物質の導入, 豊島 雅幸, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第62回高分子年次大会,   2013年05月, 第62回高分子年次大会
    概要:5員環環状ジチオカーボナートおよびカーボナート構造を持つポリメタクリラートの合成と、アミノ基を有する機能性物質の導入に関する研究
  • イオン伝導性ネットワークポリマーの合成と機能, 松本 幸三, 合成樹脂工業協会,   2012年10月, 合成樹脂工業協会
    概要:イオン伝導性ネットワークポリマーの合成と機能に関する受賞講演
  • 側鎖にイソチオシアナート構造を導入したポリ(メタ)アクリラートのネットワークポリマーへの展開, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 合成樹脂工業協会,   2012年10月, 合成樹脂工業協会
    概要:側鎖にイソチオシアナート構造を導入したポリ(メタ)アクリラートのネットワークポリマーへの展開に関する研究発表
  • 5員環環状カーボナート構造を有するポリカルボシランで構成されるネットワークポリマーの合成とゲル電解質への応用, 松本 幸三, 遠藤 剛, 合成樹脂工業協会,   2012年10月, 合成樹脂工業協会
    概要:5員環環状カーボナート構造を有するポリカルボシランで構成されるネットワークポリマーの合成とゲル電解質への応用に関する研究発表
  • p-クロロメチルスチレンから誘導されるスピロオルトエステル構造を持つ新規スチレン系モノマーの合成と重合およびネットワークポリマーへの応用, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 米森 重明, 合成樹脂工業協会,   2012年10月, 合成樹脂工業協会
    概要:p-クロロメチルスチレンから誘導されるスピロオルトエステル構造を持つ新規スチレン系モノマーの合成と重合およびネットワークポリマーへの応用に関する研究発表
  • トリアジン環を有する三官能ベンゾオキサジンの合成と重合挙動, 鷲田 照明, 松本 幸三, 遠藤 剛, 合成樹脂工業協会,   2012年10月, 合成樹脂工業協会
    概要:トリアジン環を有する三官能ベンゾオキサジンの合成と重合挙動に関する研究発表
  • イソチオシアナート構造を持つポリ(メタ)アクリラートの合成と性質, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年10月, 高分子学会
    概要:イソチオシアナート構造を持つポリ(メタ)アクリラートの合成と性質に関する研究発表
  • p-クロロメチルスチレンから誘導されるスピロオルトエステル構造を持つ新規スチレン系モノマーの合成と重合および生成ポリマーの架橋反応, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 米森 重明, 高分子学会,   2012年09月, 高分子学会
    概要:p-クロロメチルスチレンから誘導されるスピロオルトエステル構造を持つ新規スチレン系モノマーの合成と重合および生成ポリマーの架橋反応に関する研究
  • フルオレン骨格を有する耐熱性ポリスピロオルトカーボナートの合成, 瀬戸 良太, 森次 正樹, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年09月, 高分子学会
    概要:フルオレン骨格を有する耐熱性ポリスピロオルトカーボナートの合成に関する研究
  • 5員環環状カーボナート構造を持つシラシクロブタンの重合によるリチウムイオンバッテリー用ゲル電解質の合成, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年09月, 高分子学会
    概要:5員環環状カーボナート構造を持つシラシクロブタンの重合によるリチウムイオンバッテリー用ゲル電解質の合成に関する研究発表
  • メチレン鎖をスペーサーとする糖鎖高分子の合成とその応用展開(細胞培養), 豊島 雅幸, 松本 幸三, 後藤 光昭, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年09月, 高分子学会
    概要:メチレン鎖をスペーサーとする糖鎖高分子の合成とその応用展開(細胞培養)に関する研究
  • 5員環環状カーボナート構造を持つシラシクロブタンの合成と重合, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年05月, 高分子学会
    概要:5員環環状カーボナート構造を持つシラシクロブタンの合成と重合に関する研究発表
  • クロロメチルスチレンから誘導されるスピロオルソエステル構造を持つ新規スチレン系モノマーの合成と重合, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 米森 重明, 高分子学会,   2012年05月, 高分子学会
    概要:クロロメチルスチレンから誘導されるスピロオルソエステル構造を持つ新規スチレン系モノマーの合成と重合に関する研究
  • イソチオシアナート構造を持つ(メタ)アクリラートの合成と重合, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年05月, 高分子学会
    概要:イソチオシアナート構造を持つ(メタ)アクリラートの合成と重合に関する研究
  • メチレン鎖をスペーサーとするラクトース構造を持つメタクリルアミドの合成と重合, 豊島 雅幸, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高分子学会,   2012年05月, 高分子学会
    概要:メチレン鎖をスペーサーとするラクトース構造を持つメタクリルアミドの合成と重合に関する研究発表
  • ポリカルボシランを用いたリチウムイオンバッテリー用の新規ゲル電解質の開発, 松本 幸三, 遠藤 剛, 勝田 耕平, イ ホジン, 山田 欣司, 高分子学会,   2012年05月, 高分子学会
    概要:ポリカルボシランを用いたリツム員バッテリー用の新規ゲル電解質の開発に関する研究発表
  • テトラキス(ペンタフルオロフェニル)ボラートをアニオンとするスルホニウム塩によるエポキシドの開環重合挙動, 下川 瑛志, 松本 幸三, 遠藤 剛, 高下 勝滋, 高分子学会,   2012年05月, 高分子学会
    概要:テトラキス(ペンタフルオロフェニル)ボラートをアニオンとするスルホニウム塩によるエポキシドの開環重合挙動に関する研究発表
  • ビニルモノマーの重合によるイオン液体含有ネットワークポリマーの合成と機能, 松本 幸三, 曽我部 翔太, 遠藤 剛, 第61回ネットワークポリマー講演討論会,   2011年10月12日
  • CO2, CS2のエポキシドへの付加による新規モノマーの合成とその重合、ならびにジアミンを用いたネットワークポリマーの合成, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 米森 重明, 渡部 昌司, 第61回ネットワークポリマー講演討論会,   2011年10月12日
  • 五員環環状カーボナートおよびジチオカーボナート構造を有するスチレン系モノマーの合成と重合, 宮田 高浩, 松本 幸三, 遠藤 剛, 米森 重明, 渡部 昌司, 第60回高分子討論会,   2011年09月28日
  • イオン液体中での単官能/多官能(メタ)アクリラートの共重合によるイオン液体含有ネットワークポリマーの合成と物性, 松本 幸三, 曽我部 翔太, 遠藤 剛, 第60回高分子討論会,   2011年09月28日
  • Design and synthesis of ionic-conductive epoxy-based networked polymers, 松本 幸三、 遠藤 剛, (5) 3rd International Symposium on Networked Polymers (Baekeland 2011),   2011年09月12日, 招待有り
  • Synthesis and properties of ionic liquid containing networked polymers by copolymerization of monofunctional / difunctional (meth)acrylates in ionic liquids, K. Matsumoto, S. Sogabe, T. Endo, IUPAC 9th International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering (APME2011),   2011年09月07日
  • (メタ)アクリラートモノマー類をイオン液体中で重合して得られるイオン液体含有ネットワークポリマーのイオン伝導性, 松本 幸三, 曽我部 翔太, 遠藤 剛, 第60回高分子学会年次大会,   2011年05月25日
  • 5員環環状カーボナートおよびジチオカーボナート構造を有するスチレン系モノマーの合成とラジカル重合, 宮田 高治, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第60回高分子学会年次大会,   2011年05月25日
  • カウンターイオンとしてビススルホニルアミドをもつベンジルスルホニウム塩の合成とそれを熱潜在性カチオン開始剤とするエポキシドの開環重合, 下川 瑛志, 松本 幸三,須藤 篤 遠藤 剛, 第60回高分子学会年次大会,   2011年05月25日
  • 高イオン解離性のリチウム塩構造を有するポリエチレングリコール系ネットワークポリマーの合成と物性, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第60回ネットワークポリマー講演討論会,   2010年10月15日
  • リチウム塩のイオン液体溶液を含有するポリエチレングリコール系ネットワークポリマーの合成と物性, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第60回ネットワークポリマー講演討論会,   2010年10月14日
  • リチウム塩のイオン液体溶液を含有するメタクリル酸エステル系ネットワークポリマーの合成と物性, 松本 幸三, 曽我部 翔太, 遠藤 剛, 第60回ネットワークポリマー講演討論会,   2010年10月14日
  • スルホン酸リチウム塩構造およびスルホニルイミドリチウム塩構造を有するポリエチレングリコール系ネットワークポリマーの合成と物性, 松本 幸三、遠藤 剛,   2010年09月15日
  • ポリエチレングリコール系ネットワークポリマーとイオン液体からなるイオンゲルの調製と物性, 松本 幸三、遠藤 剛, 第59回高分子討論会,   2010年09月15日
  • リチウム塩のイオン液体溶液を含有するメタクリル酸エステル系ネットワークポリマーの合成と機能, 曽我部 翔太、松本 幸三、遠藤 剛, 第59回高分子討論会,   2010年09月15日
  • イオン液体存在下でのメタクリル酸エステル系ネットワークポリマーの合成と物性, 曽我部 翔太, 松本 幸三, 遠藤 剛,   2010年05月26日
  • スルホン酸リチウム塩構造を有するポリエチレングリコール系ネットワークポリマーの合成とイオン伝導性, 第59回高分子学会年次大会,   2010年05月26日
  • イオン液体存在下での多官能性メタクリル酸エステルの重合による機能性ネットワークポリマーの合成, 松本 幸三, 曽我部 翔太, 松本 幸三, 遠藤 剛,   2010年02月10日
  • Synthesis of Ion Conductive Epoxy-Based Networked Polymers, K. Matsumoto and T. Endo, 51. 11th Pacific Polymer Conference (PPC11),   2009年12月06日
  • アンモニウムあるいはイミダゾリウム塩構造を有するエポキシ系ネットワークポリマーの合成と物性, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第59回ネットワークポリマー講演討論会,   2009年10月15日
  • ポリ(γグルタミン酸)の水中での架橋反応による高吸水性ゲルの合成, 松本 幸三, 遠藤 剛, 七戸 誠, 第59回ネットワークポリマー講演討論会,   2009年10月15日
  • イオン基を持つエポキシネットワークポリマーの合成と物性, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第58回高分子討論会,   2009年09月16日
  • 四級アンモニウム塩構造を有するエポキシネットワークポリマーの合成とイオン伝導性, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第58回高分子年次大会,   2009年05月27日
  • 側鎖にイミダゾリウム塩構造を有するメタクリラートネットワークポリマーによるイオン液体の封じ込め, タルクダール バンダナ, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第58回高分子年次大会,   2009年05月27日
  • イオン液体中でのエポキシドの硬化反応と得られる硬化物のモルホロジー, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第58回ネットワークポリマー講演討論会,   2008年10月09日
  • 多官能性エポキシドの硬化反応によるイオン液体の封じ込めと得られる硬化物の性質, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第58回ネットワークポリマー講演討論会,   2008年10月09日
  • 多官能性エポキシ樹脂を用いるネットワークポリマーによるイオン液体の封じ込め, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第57回高分子討論会,   2008年09月24日
  • Synthesis and Radical Polymerization of Novel Adamantyl Methacrylate Monomers having Hemiacetal Moieties, 松本 幸三, 第57回高分子学会年次大会,   2008年05月28日
  • Synthesis and Radical Polymerization of Methacrylate Based Ionic Liquid Monomer and it’s Copolymerization with Methyl Methacrylate, B. Talukdar, K. Matsumoto, T. Endo, 第57回高分子学会年次大会,   2008年05月28日
  • イオン液体含有エポキシネットワークポリマーの合成, 松本 幸三, 遠藤 剛, 第57回高分子学会年次大会,   2008年05月28日
  • Formation and Properties of Polysilazane-Cobalt Complexes, S. Hara, K. Matsumoto, H. Matsuoka, 63. 10th Pacific Polymer Conference (PPC10),   2007年12月14日
  • ポリシラザン‐コバルト複合体の形成とその性質, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第60回コロイドおよび界面化学討論会,   2007年09月20日
  • Poly(4-(phenylazophenoxymethyl)styrene)を含有した高分子フィルムの光応答, 田中斎文, 松本 幸三, 須藤 篤, 西田 治男, 遠藤 剛, 第56回高分子討論会,   2007年09月19日
  • α-アミノ酸のカルバメート誘導体を用いたポリペプチドセグメントを有するブロック共重合体の合成, 亀井 康孝, 永井 篤志, 松本 幸三, 須藤 篤, 西田 治男, 菊川 清, 遠藤 剛, 第56回高分子討論会,   2007年09月19日
  • α-アミノ酸のカルバメート誘導体の環化反応によるアミノ酸-N-カルボキシ無水物(NCA)の合成, 古賀 孝一, 藤田 幸宏, 松本 幸三, 須藤 篤, 西田 治男, 遠藤 剛, 第56回高分子討論会,   2007年09月19日
  • ポリシラザンとコバルトカルボニルの複合化による遷移金属含有ポリマーの合成, 松本 幸三,   2007年09月19日
  • α-アミノ酸誘導体からのポリペプチドの新規合成法, 亀井 康孝, 永井 篤志, 松本 幸三, 須藤 篤, 西田 治男, 菊川 清, 遠藤 剛, 第56回高分子学会年次大会,   2007年05月29日
  • ビスアリールカーボナートを用いたα-アミノ酸-N-カルボキシ無水物(NCA)の新規合成法, 藤田 幸宏, 古賀 孝一, 松本 幸三, 須藤 篤, 西田 治男, 遠藤 剛, 第56回高分子学会年次大会,   2007年05月29日
  • 含フッ素含スルホン酸ブロックコポリマー架橋自立膜の合成, 尾崎 文亮, 鹿毛 崇至, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第56回高分子学会年次大会,   2007年05月29日
  • 界面不活性両親媒性高分子が水中で形成するミセルのナノ構造と塩濃度依存性, ケウサイハ プロイサイ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第56回高分子学会年次大会,   2007年05月29日
  • 界面不活性含フッ素両親媒性ジブロックコポリマーの水中での会合挙動, 鹿毛 崇至, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第56回高分子学会年次大会,   2007年05月29日
  • 気液界面におけるポリアクリル酸ブラシの構造転移, 末富 喜子, ケウサイハ プロイサイ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第56回高分子学会年次大会,   2007年05月29日
  • ポリシラザンとコバルトカルボニルの複合体形成, 原 彰太, 松本 幸三, 松岡 秀樹,   2007年05月27日, 招待有り
  • 界面不活性両親媒性高分子の特異な性質と自己組織化挙動, 松岡 秀樹, ケウサイハ プロイサイ, 松本 幸三, 第55回高分子討論会,   2006年09月20日
  • 界面不活性含フッ素両親媒性ジブロックコポリマーの水中での会合挙動, 鹿毛 崇至, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第55回高分子討論会,   2006年09月20日
  • 水面高分子単分子膜中でのポリアクリル酸ブラシのナノ構造, 末冨 喜子, ケウサイハ プロイサイ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第55回高分子討論会,   2006年09月20日
  • 界面不活性両親媒性高分子を乳化剤として合成したイオン性高分子グラフトラテックスの特性評価, 松岡 秀樹, モハンティープリティ, 松本 幸三, 第55回高分子討論会,   2006年09月20日
  • イオン性両親媒性高分子水面単分子膜の塩濃度・温度依存性, ケウサイハ プロイサイ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第55回高分子討論会,   2006年09月20日
  • 含スルホン酸ブロックコポリマー自己組織架橋膜の合成と性質, 松本 幸三, 鹿毛 崇至, 松岡 秀樹, 第55回高分子討論会,   2006年09月20日
  • 界面不活性両親媒性高分子を乳化剤として合成した高分子電解質グラフト微粒子の特性, 松岡 秀樹, Priti Sundar Mohanty, 松本 幸三, 第56回 コロイドおよび界面化学討論会,   2006年09月13日
  • スルホン酸基を有するブロックコポリマーの架橋膜の合成と性質, 松本 幸三・鹿毛 崇至・松岡 秀樹, 第56回 コロイドおよび界面化学討論会,   2006年09月13日
  • 界面不活性両親媒性高分子の特性と自己組織化, 松岡 秀樹, プロイサイ ケウサイハ, 松本 幸三, 第56回 コロイドおよび界面化学討論会,   2006年09月13日
  • イオン性両親媒性高分子の自己組織化単分子膜の塩濃度依存性, Ploysai Kaewsaih, 末冨 喜子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第56回 コロイドおよび界面化学討論会,   2006年09月13日
  • 環状ケイ素化合物とブロックコポリマーミセルでできること, 松本 幸三, 第66回高分子若手研究会[関西],   2006年08月05日, 招待有り
  • Micellization of “Non-Surface Active” Amphiphilic Block Copolymers, H. Matsuoka, P. Kaewsaiha, and K. Matsumoto, 8th International Conference on Small-angle Scattering (SAS2006),   2006年07月09日
  • Ionic Amphiphilic Diblock Copolymer as an Emulsifier for Stabilization of Colloidal Particle, P. S. Mohanty, K. Matsumoto, and H. Matsuoka, 8th International Conference on Small-angle Scattering (SAS2006),   2006年07月09日
  • Structural Analysis of Silazane Block Copolymer Micelles, K. Matsumoto, J. Nakashita, and H. Matsuoka, 8th International Conference on Small-angle Scattering (SAS2006),   2006年07月09日
  • Salt Effect on the Nanostructure of Amphiphilic Diblock Copolymer Monolayer having Poly(acrylic acid) on the Water Surface, Y. Suetomi, P. Kaewsaiha, K. Matsumoto, and H. Matsuoka, 8th International Conference on Small-angle Scattering (SAS2006),   2006年07月09日
  • Study of Ionic Amphiphilic Diblock Copolymer Monolayer at the Air/Water Interface by X-Ray Reflectivity Technique, P. Kaewsaiha, K. Matsumoto, and H. Matsuoka, 8th International Conference on Small-angle Scattering (SAS2006),   2006年07月09日
  • Synthesis and Association Behavior in Water of Fluorine-Containing Amphiphilic Block Copolymer, S. Kage, K. Matsumoto, and H. Matsuoka, 86. 8th International Conference on Small-angle Scattering (SAS2006),   2006年07月09日
  • Stabilization of Colloidal Particles Using Ionic Amphiphilic Diblock Copolymer, Priti Sunder Mohanty, Ploysai Kaewsaiha, Tamotsu Harada, Kozo Matsumoto, and Hideki Matsuoka, 第55回高分子年次大会,   2006年05月24日
  • 含スルホン酸ブロックコポリマー架橋膜の合成と性質, 松本 幸三, 鹿毛 崇至, 松岡 秀樹, 第55回高分子年次大会,   2006年05月24日
  • 含フッ素/含スルホン酸セグメントからなるジブロックコポリマーの合成とその水中での会合挙動, 鹿毛 崇至, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第55回高分子年次大会,   2006年05月24日
  • スルホン酸基を有する両親媒性ジブロックコポリマーの自己組織化挙動, プロイサイ ケウサイハ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第55回高分子年次大会,   2006年05月24日
  • 強酸性/弱酸性/疎水性トリブロックコポリマーのミセル構造へのシーケンス, 添加塩, pHの影響, 松原 繁宏, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第55回高分子年次大会,   2006年05月24日
  • シラザンブロックコポリマーの合成とミセル構造の解析, 中下純一, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第55回高分子年次大会,   2006年05月24日
  • ポリアクリル酸を親水鎖とする両親媒性ジブロックコポリマーの合成と気液界面における自己組織化挙動, 末冨 喜子, ケウサイハ プロイサイ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第55回高分子年次大会,   2006年05月24日
  • Non-surface active ionic amphiphilic block copolymers: Special characteristics and micellization, H. Matsuoka, P. Kaewsaiha, S. Matsubara, P. S. Mohanty, and K. Matsumoto, 231st ACS National Meeting,   2006年03月26日
  • Synthesis of Si,N-containing ceramic particles via micellization, cross-linking, and pyrolysis of silazane block copolymers, Junichi Nakashita, Kozo Matsumoto, and Hideki Matsuoka, 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005),   2005年12月14日
  • Synthesis of cross-linked block copolymer micelles with polyelectrolyte confined in the micelle core, Kozo Matsumoto, Tetsuo Hirabayashi, Tamotsu Harada, and Hideki Matsuoka, 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005),   2005年12月14日
  • Ionic amphiphilic diblock copolymer monolayer on water surface, Ploysai Kaewsaiha, Kozo Matsumoto, and Hideki Matsuoka, 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005),   2005年12月14日
  • Non surface activity and micellization of ionic amphiphilic diblock copolymers, Ploysai Kaewsaiha, Kozo Matsumoto, and Hideki Matsuoka, 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005),   2005年12月14日
  • Synthesis of A/B/C ionic amphiphilic triblock copolymer and their self-assembling behavior in water, Shigehiro Matsubara, Tamotsu Harada, Kozo Matsumoto, and Hideki Matsuoka, 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005),   2005年12月14日
  • ブロックコポリマーのミセル形成による新しいナノ構造化材料の合成, 松本 幸三, 第20回中国四国地区高分子若手研究会,   2005年11月11日, 招待有り
  • シラザンブロックコポリマーミセルを利用したSiN系セラミック微粒子の合成, 中下 純一, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第54回高分子討論会,   2005年09月20日
  • X線および中性子反射率測定による水面高分子単分子膜・高分子電解質ブラシのナノ構造解析, 松岡 秀樹, ケウサイハ プロイサイ, 末冨 喜子, 松本 幸三, 第54回高分子討論会,   2005年09月20日
  • 強酸性鎖/弱酸性鎖/疎水性鎖を有するトリブロックコポリマーの合成とその自己組織化挙動, 松原 繁宏, 原田 保, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第54回高分子討論会,   2005年09月20日
  • ブロックコポリマーミセルの架橋によるポリスチレンスルホン酸を有するコア-シェル微粒子の合成, 松本 幸三, 長谷川 博彦, 平林 哲雄, 原田 保, 松岡 秀樹, 第54回高分子討論会,   2005年09月20日
  • 界面不活性両親媒性高分子の特異な自己組織化挙動, ケウサイハ プロイサイ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第54回高分子討論会,   2005年09月20日
  • 高分子電解質ブラシ層を有する水面高分子単分子膜のナノ構造, 松岡 秀樹, 松本 幸三, プロイサイ ケウサイハ, 末冨 喜子, 第49回日本学術会議 材料研究連合講演会,   2005年09月15日
  • 界面不活性両親媒性高分子の自己組織化挙動とミセル構造, ケウサイハ プロイサイ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第58回コロイドおよび界面化学討論会,   2005年09月08日
  • シラザンブロックコポリマーのミセル形成を利用したSi-N系微粒子の合成, 中下 純一, ○松本 幸三, 松岡 秀樹,   2005年09月08日
  • Synthesis and Characterization of Polyelectrolyte Grafted Charged Colloidal Particles Using Block Copolymer as an Emulsifier, Priti Sunder Mohanty, Tamotsu Harada, Kozo Matsumoto, and Hideki Matsuoka, 第58回コロイドおよび界面化学討論会,   2005年09月08日
  • イオン性両親媒性高分子の水面単分子膜ナノ構造とブラシ密度依存性, Ploysai Kaewsaiha, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第58回コロイドおよび界面化学討論会,   2005年09月08日
  • Synthesis of SiN-Based Ceramic Nanoparticles from Silazane Block Copolymer, 松本 幸三, The 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2005),   2005年07月26日
  • Non-Surface Active Amphiphilic Diblock Copolymers, 松本 幸三, The 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2005),   2005年07月26日
  • Polyelectrolyte Brush in Amphiphilic Diblock Copolymer Monolayer on Water Surface, Ploysai Kaewsaiha, Yasuyuki Furuya, Kozo Matsumoto, and Hideki Matsuoka, The 8th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2005),   2005年07月26日
  • Synthesis, Characterization and Light Scattering Studies on Polymer Grafted Colloidal Particles, 松本 幸三, Priti Sunder Mohanty, Tamotsu Harada, Kozo, Matsumoto, and Hideki Matsuoka,   2005年07月26日
  • ポリアクリル酸-ポリイソプレン両親媒性時ブロックコポリマーの水面単分子膜形成挙動, 末冨 喜子, Ploysai Kaewsaiha, 原田 保, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第51回高分子研究発表会(神戸),   2005年07月22日
  • 含フッ素セグメント/含スルホン酸セグメントからなるジブロックコポリマーの合成と自己組織化, 鹿毛 崇至, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第51回高分子研究発表会(神戸),   2005年07月22日
  • Strong Polyelectrolyte Brush on Water Surface, Ploysai Kaewsaiha, Kozo Matsumoto, and Hideki Matsuoka, 121. ACS Colloid and Surface Science Symposium,   2005年06月12日
  • X線および中性子反射率法によるイオン性ジブロックコポリマー水面単分子膜のナノ構造解析, 毛利 恵美子, 古谷 康幸, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 鳥飼 直也, 第52回高分子学会年次大会,   2005年05月28日
  • ポリスチレンスルホン酸をコア成分とするミセル架橋微粒子の合成, 平林 哲雄, 原田 保, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第54回高分子年次大会,   2005年05月25日
  • シラザンブロックコポリマーの合成とそのミセル化を利用したSiN系セラミックス微粒子の合成, 中下 純一, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第54回高分子年次大会,   2005年05月25日
  • 強酸性鎖/弱酸性鎖/疎水性鎖を有するトリブロックコポリマーの合成とその自己組織化挙動, 松原 繁宏, 原田 保, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第54回高分子年次大会,   2005年05月25日
  • 界面不活性両親媒性ジブロックコポリマーが形成するミセルのナノ構造, ケウサイハ プロイサイ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第54回高分子年次大会,   2005年05月25日
  • 弱電解質両親媒性高分子水面単分子膜のナノ構造に対する親水性ブラシ密度の影響, 古谷 康幸, ケウサイハ プロイサイ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第54回高分子年次大会,   2005年05月25日
  • Synthesis and Characterization of Polymer Grafted Charged Colloidal Particles, Priti S. Mohanty, Tamotsu Harada, Kozo Matsumoto, Hideki Matsuoka, 第54回高分子年次大会,   2005年05月25日
  • カルボシランブロックコポリマーのミセル形成、架橋、および、その熱分解によるシリコンカーバイド微粒子の合成, 松本 幸三, 西矢 隆志, 松岡 秀樹, 第15回日本MRS学術シンポジウム,   2004年12月23日
  • 強イオン性両親媒性ジブロックコポリマーの特異な界面特性とミセル形成挙動, プロイサイ ケウサイハ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 日本中性子科学会第4回年会,   2004年12月16日
  • 中性子反射率法によるイオン性高分子ブラシ内の小イオン分布の評価, 毛利 恵美子, プロイサイ ケウサイハ, 古谷 康幸, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 日本中性子科学会第4回年会,   2004年12月16日
  • SYNTHESIS AND NANOSTRUCTURE OF STRONG POLVELECTROLYTE BRUSH IN AMPHIPHILIC DIBLOCK COPOLYMER MONOLAVERS ON WATER SURFACE, KAEWSAIHA Ploysai, MATSUMOTO Kozo, MATSUOKA Hideki, Regional Symposium on Chemical Engineering 2004 (Thailand),   2004年12月01日
  • 気液界面における高分子単分子膜のナノ構造, 毛利 恵美子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 成形加工シンポジア '04,   2004年11月23日
  • 強酸基を有する両親媒性ジブロックコポリマーの気水界面での特異な自己組織化挙動, KAEWSAIHA Ploysai, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第53回高分子討論会,   2004年09月15日
  • イオン性ジブロックコポリマーのミセル形成と気液界面への吸着挙動, 原田 保, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第53回高分子討論会,   2004年09月15日
  • 弱イオン性ジブロックコポリマー水面単分子膜のナノ構造の親水鎖ブラシ密度依存性, 古谷 康幸, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第53回高分子討論会,   2004年09月15日
  • 強酸基を有する水面高分子ブラシのナノ構造と電荷状態, KAEWSAIHA Ploysai, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第53回高分子討論会,   2004年09月15日
  • カルボシランジブロックコポリマーミセルの熱分解を用いたSiCナノ粒子の合成, 西矢 隆志, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第53回高分子討論会,   2004年09月15日
  • Nanostructure of polyelectrolyte brush at the air/water interface studied by X-ray and neutron reflectivity, Emiko Mouri, Ploysai Kaewsaiha, Yasuyuki Furuya, Kozo Matsumoto, Hideki Matsuoka, Naoya Torikai, 138. Interfaces and Colloidal Systems -Structure and Dynamics of Polymers and Colloidal Systems-,   2004年09月10日
  • 強酸基を有する両親媒性高分子の気液界面における特異挙動, Ploysai Kaewsaiha, 松本 幸三, 松岡 秀樹,   2004年09月09日
  • 含ケイ素高分子ミセルのコア架橋と熱分解によるSiCナノ粒子の合成, 松本 幸三, 西矢 隆志, 松岡 秀樹, 第57回コロイドおよび界面化学討論会,   2004年09月09日
  • 強酸基を有するイオン性ジブロックコポリマーのミセル形成挙動, 原田 保, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第57回コロイドおよび界面化学討論会,   2004年09月09日
  • 強酸基を有する水面高分子ブラシの特性とナノ構造, Ploysai Kaewsaiha, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第57回コロイドおよび界面化学討論会,   2004年09月09日
  • ポリシラザン骨格を有するブロックコポリマーの合成とそのミセルコア架橋, 中下 純一, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第50回高分子研究発表会(神戸),   2004年07月15日
  • カルボシランブロックコポリマーミセルのコア架橋とその熱分解によるSiC微粒子の合成, 松本 幸三, 西矢 隆志, 松岡 秀樹, 第50回高分子研究発表会(神戸),   2004年07月15日
  • 新規な刺激応答型イオン性ブロックポリマーの特性と自己組織化挙動, 小澤 英史, 小林 和法, 原田 保, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第50回高分子研究発表会(神戸),   2004年07月15日
  • Synthesis of Polycarbosilane Fine Particles and their Transformation to SiC Fine Particles, Kozo. Matsumoto, Takashi Nishiya, and Hideki Matsuoka, IUPAC World Polymer Congress MACRO 2004, 40th International Symposium on Macromolecules,   2004年07月04日
  • Surface Properties and Self-Assembling Behavior of Ionic Amphiphilic Diblock Copolymers, H. Matsuoka, P. Kaewsaiha, Y. Furuya, T. Harada, E. Mouri, and K. Matsumoto,, 78th ACS Colloid and Surface Science Symposium,   2004年06月20日
  • 弱イオン性ポリマー水面単分子膜における高分子電解質ブラシのX線反射率法によるナノ構造解析, 原田 保, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第53回高分子学会年次大会,   2004年05月25日
  • 反射率法による弱イオン性ポリマーブラシの構造とイオン分布の評価 , 毛利 恵美子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 鳥飼 直也, 第53回高分子学会年次大会,   2004年05月25日
  • イオン性ジブロックコポリマーの特異的会合挙動と静電的相互作用, 原田 保, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第53回高分子学会年次大会,   2004年05月25日
  • 強酸基を有する両親媒性ジブロックコポリマーの気水界面での特異挙動, ケウサイハ プロイサイ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第53回高分子学会年次大会,   2004年05月25日
  • ポリシラシクロブタン-block-ポリスチレンのミセルコア架橋によるカルボシラン微粒子の合成とその熱分解, 松本 幸三, 西矢 隆志, 松岡 秀樹, 第53回高分子学会年次大会,   2004年05月25日
  • ポリシラシクロブタン-block-ポリメタクリル酸メチルのミセルコア架橋によるカルボシラン微粒子の合成とその熱分解, 松本 幸三, 西矢 隆志, 松本 幸三, 松岡 秀樹,   2004年05月25日
  • ミセルコア架橋を用いる強イオン性ポリマーが表面グラフトした高分子微粒子の合成と水溶液中での性質, 長谷川 博彦, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第53回高分子学会年次大会,   2004年05月25日
  • 両親媒性ジブロックコポリマーが水面で形成する強イオン性ポリマーブラシのX線反射率法によるナノ構造解析, ケウサイハ プロイサイ, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第53回高分子学会年次大会,   2004年05月24日
  • Synthesis of Ionic-Polymer-Grafted Nanoparticles by Core-Cross-Linking of Silicon-Containing Block Copolymer Micelles, Kozo Matsumoto, Hirohiko Hasegawa, and Hideki Matsuoka, The 8th IUMRS International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM 2003),   2003年10月12日
  • Design and Synthesis of Novel Nano-Scale Materials by Utilizing Micelle Formation of Silicon-Containing Block Copolymers, 松本 幸三、松岡 秀樹, (8) 日本金属学会2003年秋期大会公募テーマシンポジウム,   2003年10月12日, 招待有り
  • 含ケイ素ブロック共重合体のミセル形成を利用したSiCセラミックス前駆体超微粒子の合成, 西矢 隆志, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第52回高分子討論会,   2003年09月24日
  • 両親媒性ブロック共重合体が水面で形成する弱イオン性高分子ブラシの構造に対する添加塩の効果, 毛利 恵美子, 古谷 康幸, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 鳥飼 直也, 第52回高分子討論会,   2003年09月24日
  • 両親媒性ジブロックコポリマーが形成する強イオン性水面高分子ブラシの特性とナノ構造, Ploysai Kaewsaiha, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第52回高分子討論会,   2003年09月24日
  • イオン性ポリマーが表面グラフトしたミセルコア架橋高分子微粒子の合成, 長谷川 博彦, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第52回高分子討論会,   2003年09月23日
  • スルホン酸基を有する両親媒性ジブロックコポリマーの合成と水面強電解質性高分子ブラシのナノ構造, Ploysai Kaewsaiha, 松本 幸三, ○松岡 秀樹, 第56回コロイドおよび界面化学討論会,   2003年09月08日
  • 弱電解質両親媒性ジブロックコポリマー水面単分子膜のナノ構造解析 -親水鎖長・親水性ブラシ密度の影響-, 古谷 康幸, 松本 幸三, ○松岡 秀樹, 第56回コロイドおよび界面化学討論会,   2003年09月08日
  • 高分子ミセルのコア架橋によるイオン性ポリマーグラフト化高分子超微粒子の合成, 長谷川 博彦, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第56回コロイドおよび界面化学討論会,   2003年09月08日
  • X線及び中性子反射率法による弱電解質両親媒性ジブロックコポリマー水面単分子膜のナノ構造解析 -添加塩効果の検討-, 毛利 恵美子, 古谷 康幸, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 鳥飼 直也, 第56回コロイドおよび界面化学討論会,   2003年09月08日
  • 親水部に弱酸基を有する含ケイ素両親媒性高分子の合成とその水面単分子膜の親水鎖依存性, 古谷 康幸, 毛利 恵美子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第49回高分子研究発表会(神戸),   2003年07月10日
  • ブロックコポリマーミセルのコア内部架橋によるカルボシラン系高分子超微粒子の合成, 西矢 隆志, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第49回高分子研究発表会(神戸),   2003年07月10日
  • 含ケイ素ブロック共重合体ミセルのヒドロシリル化コア架橋による高分子微粒子の合成, 西矢 隆志, 松本 幸三, 松岡 秀樹,   2003年05月28日
  • 含ケイ素ブロック共重合体ミセルの開環コア架橋による高分子微粒子の合成, 長谷川 博彦, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第52回高分子学会年次大会,   2003年05月28日
  • スルホン酸基を有する両親媒性ジブロックコポリマーの特性と気水界面および水溶液中での集合体形成, 前田 真一, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第52回高分子学会年次大会,   2003年05月28日
  • 中性子散乱によるリビング重合機構の解明 [I] スチレン/ベンゼン系に対する予備的実験, 松岡 秀樹, 松本 幸三, 第52回高分子学会年次大会,   2003年05月28日
  • 強酸基を有する両親媒性ジブロックコポリマーの合成と会合挙動, KAEWSAIHA Ploysai, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第52回高分子学会年次大会,   2003年05月28日
  • 中性子反射率測定による水中における高分子ブラシの構造解析, 松岡 秀樹, 毛利 恵美子, 松本 幸三, 鳥飼 直也, 第2回中性子科学会年会,   2002年12月09日
  • スルホン酸基を有する両親媒性ジブロックコポリマーミセルの特性およびナノ構造, 前田 真一, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第2回中性子科学会年会,   2002年12月09日
  • 中性子小角散乱によるスチレンアニオン重合溶液中の会合体の構造解析, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第2回中性子科学会年会,   2002年12月09日
  • 含フッ素メタクリル酸系ブロック共重合体が水中で形成するミセルのナノ構造とその特性, 石塚 友和, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第2回中性子科学会年会,   2002年12月09日
  • Synthesis and Characteristics of Fluorine-Containing Amphiphilic Block Copolymer, Kozo Matsumoto, Hiroaki Mazaki, and Hideki Matsuoka, IUPAC Polymer Conference on the Mission and Challenges of Polymer Science and Technology (IUPAC-PC2002),   2002年12月05日
  • Nanostructure of Amphiphilic Diblock Copolymer Monolayer at Air/Water Interface, Emiko Mouri, Kozo Matsumoto, and Hideki Matsuoka, IUPAC Polymer Conference on the Mission and Challenges of Polymer Science and Technology (IUPAC-PC2002),   2002年12月05日
  • スルホン酸基を有する両親媒性ジブロックコポリマーの特性と水溶液中での会合挙動, 前田 真一, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第51回高分子討論会,   2002年10月24日
  • 含フッ素メタクリル酸系ブロック共重合体が水中で形成するミセルの特性, 石塚 友和, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第51回高分子討論会,   2002年10月24日
  • シラシクロプロパン誘導体の開環重合, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第51回高分子討論会,   2002年10月24日
  • イオン性両親媒性高分子水面単分子膜系における弱電解質ブラシ構造, 毛利 恵美子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第51回高分子討論会,   2002年10月24日
  • 強酸基を有する両親媒性ブロックコポリマーの合成とその界面活性ぽよびミセル形成能, 松谷 美帆子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第55回コロイドおよび界面化学討論会,   2002年09月12日
  • イオン性両親媒性高分子単分子膜系におけるポリメタクリル酸のブラシ構造, 毛利 恵美子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第55回コロイドおよび界面化学討論会,   2002年09月12日
  • Anionic Ring-Opening Polymerization of Silacyclopropanes, Kozo Matsumoto and Hideki Matsuoka, 224th ACS National Meeting,   2002年08月18日
  • スルホン酸を有する表面グラフトポリマーの合成, Ploysai Kaewsaiha, 池田 俊, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第48回高分子研究発表会(神戸),   2002年07月12日
  • シラシクロプロパンのアニオン開環重合, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第48回高分子研究発表会(神戸),   2002年07月12日
  • 気液界面高分子電解質ブラシのナノ構造, 毛利 恵美子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第48回高分子研究発表会(神戸),   2002年07月12日
  • シラシクロプロパンのアニオン開環重合, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第51回高分子学会年次大会,   2002年05月29日
  • メタクリル酸セグメントのスルホプロピル化による強酸基を有する両親媒性ジブロックコポリマーの合成と自己組織化, 松谷 美帆子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第51回高分子学会年次大会,   2002年05月29日
  • 含フッ素メタクリル酸系両親媒性ブロック共重合体の水溶液中での会合挙動, 石塚 友和, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第51回高分子学会年次大会,   2002年05月29日
  • 含ケイ素イオン性ジブロックコポリマーの水面単分子膜構造と親水鎖長の相関, 毛利 恵美子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第51回高分子学会年次大会,   2002年05月29日
  • 含フッ素ビニルエーテル系両親媒性ブロックコポリマーのミセル構造に関する詳細な検討, 眞崎 宏明, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第51回高分子学会年次大会,   2002年05月29日
  • リビングラジカル重合によるスルホン酸基を有する両親媒性ジブロックコポリマーの合成と水溶液中における会合挙動, 前田 真一, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第51回高分子学会年次大会,   2002年05月29日
  • 新しい両親媒性ブロックコポリマーの合成とミセルの形成, 松本 幸三, (9) 2001 京都大学工学研究科高分子化学専攻-KIPS ジョイントシンポジウム,   2001年12月20日, 招待有り
  • X線および中性子小角散乱による含フッ素両親媒性ブロックコポリマーミセルの構造解析, 松岡 秀樹, 眞崎 宏明, 石塚 友和, 松本 幸三, 日本中性子科学会第1回年会,   2001年12月06日
  • 高分子電解質を親水鎖とする含ケイ素両親媒性ジブロックコポリマー水面単分子膜の構造, 毛利 恵美子, 松谷 美帆子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第54回コロイドおよび界面化学討論会,   2001年09月16日
  • 含フッ素ビニルエーテル系両親媒性ブロック共重合体ミセルのナノ構造解析, 眞崎 宏明, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第54回コロイドおよび界面化学討論会,   2001年09月16日
  • 含フッ素メタクリル酸系両親媒性ブロック共重合体ミセルの構造と特性, 石塚 友和, ○松本 幸三, 松岡 秀樹, 第50回高分子討論会,   2001年09月12日
  • 低イオン強度下における荷電高分子微粒子間相互作用の実験的検証, 山本 泰右, 原田 保, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第50回高分子討論会,   2001年09月12日
  • 強酸基を有する両親媒性ジブロックコポリマーの合成とその会合挙動, 松谷 美帆子, 毛利 恵美子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第50回高分子討論会,   2001年09月12日
  • 弱酸基を有する両親媒性ジブロックコポリマー水面単分子膜のナノ構造, 毛利 恵美子, 松谷 美帆子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第50回高分子討論会,   2001年09月12日
  • 含フッ素ビニルエーテル系両親媒性ブロック共重合体が形成するミセルの構造解析, 眞崎 宏明, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第50回高分子討論会,   2001年09月12日
  • Micelle Structure and Fluoro-philic Character of Fluorine-containing Amphiphilic Block Copolymer, Kozo Matsumoto, Hiroaki Mazaki, Hideki Matsuoka, and Hitoshi Yamaoka, 222th ACS National Meeting,   2001年08月26日
  • 強酸-弱酸ジブロックコポリマーの水溶液中における会合挙動の解析−pH依存性の評価−, 前田 真一, 松本 幸三, 松岡 秀樹, S. P. Armes, S. A. Furlong, 第47回高分子研究発表会(神戸),   2001年07月06日
  • アニオン性含フッ素両親媒性ブロックコポリマーが形成するミセルの構造と性質, 石塚 友和, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第47回高分子研究発表会(神戸),   2001年07月06日
  • 強酸-弱酸ジブロックコポリマーの水溶液中での挙動, 前田 真一, 松本 幸三, 松岡 秀樹, Shaun A. Furlong, and Steven P. Armes, 第50回高分子学会年次大会,   2001年05月23日
  • 含フッ素メタクリル酸系ブロック共重合体ミセルの特性, 石塚 友和, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第50回高分子学会年次大会,   2001年05月23日
  • 含フッ素ジブロック共重合体ミセルの機能と構造解析, 眞崎 宏明, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第50回高分子学会年次大会,   2001年05月23日
  • 高分子電解質を親水鎖とする両親媒性ジブロックコポリマー水面単分子膜のナノ構造解析, 毛利 恵美子, 松谷 美帆子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第50回高分子学会年次大会,   2001年05月23日
  • イオン性ジブロックコポリマーの合成とその会合挙動, 松谷 美帆子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第50回高分子学会年次大会,   2001年05月23日
  • 含フッ素ABA型トリブロック共重合体の合成とゲル形成, 西村 竜二, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 第50回高分子学会年次大会,   2001年05月23日
  • Micelle Formation of Novel Amphiphilic Carbosilane Block Copolymer, Kozo Matsumoto, H. Matsuoka, H. Yamaoka, 212. 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2000),   2000年12月16日
  • Living Ring-Opening Polymerization of Various Silacyclobutane Monomers, 松本 幸三、松岡 秀樹、山岡 仁史, (10) 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2000),   2000年12月15日, 招待有り
  • Micelle Formation of Fluorine-Containing Block Copolymers, Kozo Matsumoto, Ryuji Nishimura, Hiroaki Mazaki, Hideki Matsuoka, and Hitoshi Yamaoka, コロイド界面科学国際学会,   2000年11月07日
  • シラシクロブタン両親媒性ポリマーが形成するミセルおよび単分子膜の構造解析, 水野 歌子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第49回高分子討論会,   2000年09月27日
  • X線反射率法によるイオン性ジブロックコポリマー水面単分子膜のナノ構造解析, 毛利 恵美子, 松谷 美帆子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡仁史, 第49回高分子討論会,   2000年09月27日
  • 含フッ素トリブロックコポリマーの水中での会合挙動, 西村 竜二, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第49回高分子討論会,   2000年09月27日
  • 含フッ素ジブロックコポリマーミセルによるフッ素化合物の水中への選択的可溶化, 松本 幸三, 眞崎 宏明, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第49回高分子討論会,   2000年09月27日
  • 含フッ素ブロックコポリマーミセルによるフッ素化合物の水中への選択的可溶化, 眞崎 宏明, 西村 竜二, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第46回高分子研究発表会(神戸),   2000年07月07日
  • 両親媒性高分子が形成する気液界面集合体のナノ構造解析, 松谷 美帆子, 毛利 恵美子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第46回高分子研究発表会(神戸),   2000年07月07日
  • 3位に種々の芳香族置換基を持つシラシクロブタンの開環重合, 篠畑 雅亮, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第49回高分子年次大会,   2000年05月29日
  • X線反射率法による両親媒性高分子水面単分子膜のナノ構造解析, 毛利 恵美子, 松谷 美帆子, Christian Wahnes, 籠 恵太郎, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第49回高分子年次大会,   2000年05月29日
  • シラシクロブタン両親媒性ポリマーの溶液中での会合挙動におけるケイ素上の置換基の影響, 水野 歌子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第49回高分子年次大会,   2000年05月29日
  • 含フッ素ビニルエーテル系トリブロックコポリマーの合成とその特性, 西村 竜二, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第49回高分子年次大会,   2000年05月29日
  • 含フッ素両親媒性ブロック共重合体の水面ならびに水溶液中での性質, 松本 幸三, 久保田 純, 北出 拓, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第52回コロイドおよび界面化学討論会,   1999年10月16日
  • シクロブテンのメタセシス重合を利用したエチレンと1-アルケンの交互共重合体の合成, 松本 幸三, Robert H. Grubbs, 第48回高分子討論会,   1999年10月06日
  • シラシクロブタンのアニオン重合性におけるフェニル置換基の影響, 篠畑 雅亮, 松本 幸三, 山岡 仁史,   1999年10月06日
  • 精密合成された両親媒性高分子の水溶液中における集合体形成, 山岡 仁史, 松岡 秀樹, 松本 幸三, 第48回高分子討論会,   1999年10月06日
  • フルオロアルキル基を持つビニルエーテル系両親媒性ブロック共重合体の合成と水溶液中での挙動, 松本 幸三, 北出 拓, 久保田 純, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第48回高分子討論会,   1999年10月06日
  • Synthesis and Aggregation Behavior of Amphiphilic Carbosilane Block Copolymer, Kozo Matsumoto, Hideki Matsuoka, and Hitoshi Yamaoka, IUPAC INTERNATIONAL SYNPOSIUM ON IONIC POLYMERIZATION,   1999年07月19日
  • シラシクロブタン両親媒性ポリマーの会合挙動におけるケイ素上の置換基の影響, 水野 歌子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第45回高分子研究発表会(神戸),   1999年07月08日
  • ペンタフルオロプロポキシ基, ペンタフルオロブトキシ基を持つビニルエーテル系両親媒性ポリマーの合成, 松本 幸三, 北出 拓, 久保田 純, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第48回高分子年次大会,   1999年05月27日
  • ケイ素上の種々のアルキル基を持つポリシラブタン-b-PHEMAの合成, 出口 正樹, 水野 歌子, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第48回高分子年次大会,   1999年05月27日
  • フェニル基を持つシラシクロブタンのアニオン重合, 篠畑 雅亮, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第48回高分子年次大会,   1999年05月27日
  • X線小角散乱法およびX線反射率測定法による含ケイ素両親媒性ポリマーの会合挙動の調査, 中野 実, 出口 正樹, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第48回高分子年次大会,   1999年05月27日
  • ビニルエ−テル系両親媒性高分子ミセルの構造の親水・疎水鎖長依存性, 中野 実, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第50回コロイドおよび界面化学討論会,   1998年10月08日
  • ビニルエ−テル系両親媒性高分子ミセルの球-棒状転移, 中野 実, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第47回高分子討論会,   1998年09月30日
  • 含フッ素両親媒性コポリマーの合成とその水中でのミセル形成挙動, 久保田純, 松本幸三, 松岡秀樹, 山岡仁史, 第47回高分子討論会,   1998年09月30日
  • 新規含ケイ素両親媒性コポリマーの精密合成および水溶液中での会合挙動の解析, 出口正樹, 松本幸三, 松岡秀樹, 山岡仁史, 第47回高分子討論会,   1998年09月30日
  • 含ケイ素両親媒性ポリマーの溶液中でのミセル形成挙動および気–水界面における微細構造解析, 出口正樹, 松本幸三, 松岡秀樹, 山岡仁史, 第44回高分子研究発表会(神戸),   1998年07月10日
  • ビニルエーテル系含フッ素両親媒性ブロックポリマーの合成と水溶液中での挙動, 久保田 純, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第44回高分子研究発表会(神戸),   1998年07月10日
  • ビニルエ−テル系両親媒性ポリマーの鎖長および温度変化によるミセル構造転移, 中野 実, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第47回高分子年次大会,   1998年05月27日
  • 含フッ素両親媒性ブロック共重合体の合成および水中での会合挙動, 久保田 純, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第47回高分子年次大会,   1998年05月27日
  • 含ケイ素両親媒性ポリマーの種々の溶媒中での会合挙動及び気水界面における微細構造評価, 出口 正樹, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第47回高分子年次大会,   1998年05月27日
  • シラシクロブタンを利用したポリカルボシランの精密合成, 松本 幸三, 第49回高分子若手研究会[関西],   1997年11月29日, 招待有り
  • 1,1-ジエチルシラシクロブタンのリビング開環重合とそのブロックポリマー合成への応用, 松本 幸三, 出口 正樹, 山岡 仁史, 第46回高分子討論会,   1997年10月01日
  • 3-メチレンシラシクロブタンの開環重合とそのブロックポリマ-の合成への応用, 宮川 佳奈, 松本 幸三, 山岡 仁史, 第46回高分子討論会,   1997年10月01日
  • オリゴオキシエチレンフェニル基を持つポリカルボシランの合成その溶液中での形態, 島津 宏宣, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第46回高分子討論会,   1997年10月01日
  • X 線・中性子小角散乱によるビニルエ−テル系両親媒性高分子ミセルの構造とその転移挙動の解析, 中野 実, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第46回高分子討論会,   1997年10月01日
  • Synthesis of Novel Amphiphilic polysilabutane, 松本 幸三, 214th ACS National Meeting,   1997年09月07日
  • 1,1-ジメチルシラシクロブタンと1,1-ジメチル-3-メチレンシラシクロブタンのブロックコポリマーの合成, 宮川 佳奈, 松本 幸三, 山岡 仁史, 第43回高分子研究発表会(神戸),   1997年07月11日
  • オリゴオキシエチレンフェニル基を持つポリカルボシランの極性溶媒中での挙動, 島津 宏宣, 松本 幸三, 山岡 仁史, 第43回高分子研究発表会(神戸),   1997年07月11日
  • 3-メチレンシラシクロブタンの開環重合を利用した含ケイ素ブロックポリマ-の合成, 宮川 佳奈, 松本 幸三, 山岡 仁史, 第46回高分子年次大会,   1997年05月24日
  • 極性官能基を有するシラシクロブタンの重合, 島津 宏宣, 松本 幸三, 山岡 仁史, 第46回高分子年次大会,   1997年05月24日
  • ペルフルオロアルキルシラシクロブタンの開環重合, 松本 幸三. 隅田 将一, 山岡 仁史, 第46回高分子年次大会,   1997年05月24日
  • 末端にペルフルオロアルキル基を持つポリ(2-ヒドロキシルビニルエ−テル)の合成とその溶液中での挙動, 松本 幸三, 山田 昌宏, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第46回高分子年次大会,   1997年05月24日
  • ビニルエ−テル系両親媒性ブロックコポリマ−の構造対するブロック鎖長の影響, 中野 実, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第46回高分子年次大会,   1997年05月24日
  • 含ケイ素両親媒性ブロックコ共重合体の合成とその溶液中における挙動, 三浦 裕文, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第45回高分子討論会,   1996年10月01日
  • 極性を有するポリシラブタン誘導体の合成, 松本 幸三, 島津 宏宣, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第45回高分子討論会,   1996年10月01日
  • 3-メチレンシラシクロブタン誘導体の開環, 宮川 佳奈, 松本 幸三, 山岡 仁史, 第45回高分子討論会,   1996年10月01日
  • ポリ(2-ヒドロキシエチルビニルエーテル)系両親媒性ブロック共重合体の溶液中における挙動, 山田 昌宏, 中野 実, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第45回高分子討論会,   1996年10月01日
  • X線および中性子小角散乱法による両親媒性ブロック共重合体のミセル構造解析, 中野 実, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第45回高分子討論会,   1996年10月01日
  • 散乱法による両親媒性ブロック共重合体ミセルの構造解析, 松岡秀樹, 中野 実, 松本 幸三, 山岡 仁史, 第49回コロイドおよび界面化学討論会,   1996年09月19日
  • Synthesis of hydrophilic Polysilabutane. Anionic Polymerization of 1,1-Bis[4-(2-siloxyeythoxy)phenyl]silacyclobutane and 1,1-Bis(4-{2-[2-(2-siloxyethoxy)ethoxy]ethoxy}phenyl)silacyclobutane, Kozo Matsumoto, Hironobu Shimazu, Hideki Matsuoka, and Hitoshi Yamaoka, 212th ACS National Meeting,   1996年08月25日
  • ポリ(3-メチレンシラブタン)の合成とその反応性, 宮川 佳奈, 松本 幸三, 山岡 仁史, 第42回高分子研究発表会(神戸),   1996年07月12日
  • 親水性ポリシラブタンの合成とその極性溶媒中での性質, 島津 宏宣, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第42回高分子研究発表会(神戸),   1996年07月12日
  • ポリ(2-ヒドロキシエチルビニルエーテル-b-スチレン)両親媒性ブロックポリマーの合成およびミセル形成挙動, 山田 昌宏, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第42回高分子研究発表会(神戸),   1996年07月12日
  • ポリ(シラブタン-b-ビニルアルコール)両親媒性ブロックコポリマーの合成とその溶液中における挙動, 三浦 裕文, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第42回高分子研究発表会(神戸),   1996年07月12日
  • ビニルエーテル系両親媒性ブロック共重合体ミセルの小角散乱による構造評価, 中野 実, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第42回高分子研究発表会(神戸),   1996年07月12日
  • 3-メチレンシラシクロブタンのアニオン開環重合, 宮川佳奈, 松本 幸三, 山岡 仁史, 第45回高分子学会年次会,   1996年05月27日
  • 3-リチオベンズアルデヒドジメチルアセタールを用いたポリ(シラブタン-b-ビニルアルコール)ブロックコポリマーの合成, 三浦 裕文, 松本 幸三, 山岡 仁史, 第45回高分子学会年次会,   1996年05月27日
  • X線および中性子小角散乱法によるビニルエーテル系両親媒性ブロック共重合体のミセル構造解析, 中野 実, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第45回高分子学会年次会,   1996年05月27日
  • ポリ(2-ヒドロキシエチルビニルエーテル-b-スチレン)両親媒性ブロックポリマーの合成およびミセル形成挙動, 山田 昌宏, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第45回高分子学会年次会,   1996年05月27日
  • 強制レイリー散乱法による両親媒性ブロックポリマーミセルノ動的挙動の評価, 中野 実, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, M.Hamersky, T.P.Lodge, 第45回高分子学会年次会,   1996年05月27日
  • Living Anionic Ring-Opening Polymerization of 1,1-Dimethylsilacyclobutane, Kozo Matsumoto and Hitoshi Yamaoka, 211th ACS National Meeting,   1996年03月24日
  • シラシクロブタン誘導体のリビングアニオン開環重合, 松本 幸三, 三浦 裕文, 山岡 仁史, 第44回高分子討論会,   1995年09月17日
  • オキサゾリン誘導体を用いた両親媒性高分子のミセル形成挙動, 垂水 健康, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第44回高分子討論会,   1995年09月17日
  • ビニルエーテル系両親媒性ポリマーの水および有機溶媒中におけるミセル形成, 中野 実, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第44回高分子討論会,   1995年09月17日
  • 1,1-ジメチルシラシクロブタンのリビングアニオン開環重合, 松本 幸三, 山岡 仁史, 第41回高分子研究発表会(神戸),   1995年07月07日
  • オキサゾリン誘導体両親媒性高分子のミセル形成挙動, 垂水 健康, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第41回高分子研究発表会(神戸),   1995年07月07日
  • 非イオン性高分子界面活性剤の合成とそのミセル構造解析, 中野 実, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第41回高分子研究発表会(神戸),   1995年07月07日
  • ビニルエーテル系両親媒性ポリマーのミセル形成の鎖長依存性, 山田 昌宏, 花田 暁, 松本 幸三, 松岡 秀樹, 山岡 仁史, 第41回高分子研究発表会(神戸),   1995年07月07日
  • 3-メチレンシラシクロブタンの有機合成への利用, 岡田 賢治, 松本 幸三, 大嶌 幸一郎, 内本 喜一朗, 日本化学会第69回春季年次大会,   1995年03月27日
  • シラシクロブタンを用いる新しい有機合成反応, 松本 幸三, 大嶌 幸一郎, 内本 喜一朗, 日本化学会第68回秋季年次大会,   1994年10月01日
  • SYNTHETIC USE OF SILACYCLOBUTANES AND -IODOACYLSILANE, Kozo Matsumoto, Yoshihiro Horiuchi, Masahiko Taniguchi, Koichiro Oshima, and Kiitiro Utimoto, 有機金属討論会,   1994年10月
  • アリルシラシクロブタンによるカルボニル化合物の立体選択的アリル化反応, 松本 幸三, 大嶌 幸一郎, 内本 喜一朗, 日本化学会第67回春季年次大会,   1994年03月29日
  • Ring Enlargement of Silacyclobutane into Silacyclopentane and Its Application to Organic Synthesis, Kozo Matsumoto, Yoshitaka Aoki, Koichiro Oshima, and Kiitiro Utimoto, 286. 7th IUPAC INTERNATIONAL SYNPOSIUM ON ORGANOMETALLIC CHEMISTRY DIRECTED TOWARD ORGANIC SYNTHESIS,   1993年08月
  • α-トリメチルシリル-α,β-不飽和ケトンの1-アシルエテニル陰イオン等価体としての利用, 松本 幸三, 大島 幸一郎, 内本 喜一朗, 日本化学会第65回春季年次大会,   1993年03月28日
  • 2-トリメチルシリル-1-シラシクロブタンならびに2-トリメチルシリル-1-シラシクロペンタンの有機合成への利用, 横尾敏明, 松本 幸三, 大嶌 幸一郎, 内本 喜一朗, 日本化学会第63回春季年次大会,   1992年03月28日
  • 1-アリロキシ-2-ハロ-1-シラシクロペンタンのラジカル環化と1,4,6-トリオール合成への利用, 松本 幸三, 大嶌 幸一郎, 内本 喜一朗, 日本化学会第63回春季年次大会,   1992年03月28日
  • シラシクロブタンのシラシクロペンタンへの環拡大反応を用いる1,4-ジオールの合成, 松本 幸三, 大嶌 幸一郎, 内本 喜一朗, 日本化学会第61回春季年次大会,   1991年03月29日
  • シラシクロブタンのシラシクロペンタンへの環拡大反応を利用したビスホモアリルアルコールの立体選択的合成反応, 武山佳祐, 松本 幸三, 大嶌 幸一郎, 内本 喜一朗, 日本化学会第61回春季年次大会,   1991年03月29日
  • 1,1-ジメチル-1-シラシクロブタンに対するリチウムカルベノイド類の反応, 松本 幸三, 大嶌 幸一郎, 内本 喜一朗, 日本化学会第59回春季年次大会,   1990年04月01日

特許

  • Epoxy resin composition containing phosphorus-containing flame retardant, a prepreg, and an epoxy resin laminated plate, T. Endo, K. Matsumoto, K. Tamaso, C. Asakura, R. Ogawa, 特願2015-059611, WO2016/152839 A1
  • Flame-retardant epoxy resin composition, prepreg formed using this, and laminate plate, T. Endo, K. Matsumoto, K. Tamaso, C. Asakura, R. Ogawa, , 特願2015-15549, WO2016/121750 A1
  • Novel Compound and Epoxy Composition containing Same, T. Endo, K. Matsumoto, D. Sato, R. Ogawa, 特願2014-021055, 2014-76349, WO2015/118952 A1
  • Phosphorous-Containing Compound, and Curable Epoxy Resin Composition Containing them, T. Endo, K. Matsumoto, K. Tamaso, R. Ogawa, 特願2013-206637, WO2015/049965 A1
  • Phosphorus-Containing Compound, and Curable Epoxy Resin Composition Containing Same, T. Endo, K. Matsumoto, K. Tamaso, R. Ogawa, 特願2013-171940, WO2015/025904 A1
  • 新規化合物およびそれを含有しているエポキシ樹脂組成物, 遠藤 剛, 松本 幸三, 佐藤 大輔, 小川 亮, 特願2014-76349, 特開2015-196671
  • 新規化合物およびそれを含有しているエポキシ樹脂組成物, 遠藤 剛, 松本 幸三, 佐藤 大輔, 小川 亮, 特願2014-21055, 特開2015-147742
  • エポキシ樹脂組成物, 遠藤 剛, 松本 幸三, 玉祖 健一, 小川 亮, 特願2013-226181, 特開2015-86296
  • 新規重合体及びその製造方法, 豊島 雅幸, 松本 幸三, 後藤 光昭, 遠藤 剛, 特願2013-97459, 特開2014-218560
  • イソシアネート変性ポリヒドロキシウレタン樹脂、ラミネート用接着剤、ラミネートフィルムおよびコートフィルム, 福岡 弘直, 辻本 智雄, 遠藤 剛, 松本 幸三, 特願2013-96324, 特開2014-218539
  • 硫黄原子とシアノ基を有する重合性化合物及び重合体、重合体を含む組成物, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 西村 幸生, 特願2013-96096, 特開2014-218438
  • 感放射線性樹脂組成物、硬化膜、パターン形成方法, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 山崎 龍, 遠藤 剛, 一戸 大吾, 特願2013-96539, 特開2014-219452
  • 新規(メタ)アクリル酸エステルおよびその重合体, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 特願2012-193130, 特開2013-253068
  • 化合物、重合体、表面処理剤および生体適合性材料, 遠藤 剛, 豊島 雅幸, 後藤 光昭, 松本 幸三, 特願2012-191811, 特開2014-47170
  • 重合体、重合体の製造方法、硬化性樹脂組成物及び硬化膜, 瀬戸 良太, 松本 幸三, 遠藤 剛, 特願2012-102916, 特開2013-231106
  • スチレン誘導体、その製造方法、その重合体および架橋体, 松本 幸三, 宮田 高浩, 遠藤 剛, 米森 重明, 特願2012-95446, 特開2013-221142
  • 化学反応装置, 升田 修, 清涼 富留人, 森永 傅, 遠藤 剛, 松本 幸三, 青柳 直人, 特願2012-76438, 特開2013-203959
  • 新規カルボシラン、電解質、蓄電デバイスおよび電解質形成用組成物, 松本 幸三, 遠藤 剛, 勝田 耕平, イ ホジン, 山田 欣司, 特願2012-56825, 特開2013-189556
  • スチレン誘導体およびその重合体, 松本 幸三, 宮田 高浩, 遠藤 剛, 米森 重明, 特願2011-104215, 特開2012-232954
  • 電解質組成物, 松本 幸三, 曽我部 翔太, 遠藤 剛, 特願2011-15264, 特開2012-156054
  • 電解質組成物, 松本 幸三, 遠藤 剛, 特願2010-151740, 特開2012-12350
  • イオン性官能基含有エポキシ樹脂, 松本 幸三, 遠藤 剛, 特願2010-028797, 特開2011-46915
  • 環状カーボナートおよびその製造方法, 松本 幸三, 遠藤 剛, 特願2009-253244, 特開2011-98897
  • イオン性ポリマー及びその製造方法, 遠藤 剛, 松本 幸三, バンダナ タルクダー, 特願2009-093909, 特開2009-287012
  • イオン液体含有エポキシ樹脂組成物の製造方法, 松本 幸三, 遠藤 剛, 特願2008-226097, 特開2009-256574
  • 重合体, 遠藤 剛, 松本 幸三, バラカ バラカカテー, 特願2008-081028, 特開2009-235184
  • 重合性化合物, 遠藤 剛, 松本 幸三, バラカ バラカカテー, 特願2008-080987, 特開2009-234956
  • 新規化合物, 遠藤 剛, 松本 幸三, バラカ バラカカテー, 特願2008-063279, 特開2009-215264
  • Epoxy resin composition containing phosphorus-containing flame retardant, a prepreg, and an epoxy resin laminated plate, T. Endo, K. Matsumoto, K. Tamaso, C. Asakura, R. Ogawa, WO2016/152839 A1, WO2016/152839 A1

受賞

  •   2015年, 合成樹脂工業協会, 学術賞
  •   2011年, 合成樹脂工業協会, 学術奨励賞
  •   2008年, ネットワークポリマー講演討論会ベストプレゼンテーション賞
  •   2002年, 高分子学会, 高分子研究奨励賞

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究C), 5員環環状カーボナート構造を持つ高イオン伝導性高分子の開発, 松本 幸三
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究C), 側鎖回転運動を利用した高イオン伝導性高分子固体電解質の創製, 松本 幸三
  • 飯塚市, 飯塚市大学支援補助金, 新規生体適合性接着材料の開発, 松本 幸三
  • 近畿大学, 近畿大学学内研究助成金(奨励), 3次元網目高分子を用いた新しい電解質材料の開発, 松本 幸三
  • 旭硝子財団, 旭硝子財団奨励研究助成, 含フッ素含スルホン酸ブロックコポリマーの自己組織化を利用した, 松本 幸三
  • 新化学発展協会, 新化学発展協会研究奨励金, シラザンブロックコポリマーの自己組織化と熱分解による, 松本 幸三
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究B), 含フッ素ポリマーでできた水溶性超微粒子の合成, 松本 幸三
  • 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO), 産業技術研究助成, 炭化ケイ素ナノマテリアルの創製, 松本幸三
  • 徳山科学技術振興財団, 徳山科学技術振興財団 研究助成金, 環状炭化ケイ素化合物の開環重合による新規ポリカルボシランの合成, 松本 幸三
  • 文部省, 科学研究費補助金(奨励研究A), シラシクロブタンの開環重合による新規含フッ素ポリカルボシランの精密合成, 松本 幸三
  • カシオ科学振興財団, カシオ科学振興財団 研究助成金, 炭化ケイ素ポリマーの精密合成による新規な機能性高分子の開発, 松本 幸三
  • 文部省, 科学研究費補助金(奨励研究A), シラシクロブタン誘導体のアニオン重合による含ケイ素高分子化合物の精密合成, 松本 幸三
  • 文部省, 科学研究費補助金(特別研究員奨励費), シクロトリメチレンシリル基の有機合成への利用, 松本 幸三

教育活動情報

担当経験のある科目

  • セミナーII, 近畿大学大学院
  • セミナーI, 近畿大学大学院
  • 材料化学特論, 近畿大学大学院
  • 生物環境化学演習, 近畿大学
  • 生物環境化学実験, 近畿大学
  • 生物環境化学基礎実験, 近畿大学
  • 合成および測定実験(合成実験), 京都大学
  • 工業化学実験基礎(分析実験), 京都大学
  • 工業化学実験第5(高分子合成実験), 京都大学
  • 有機材料化学特論, 近畿大学大学院
  • 分子材料化学特論, 近畿大学大学院
  • 物質化学実験, 近畿大学
  • 基礎ゼミI, 近畿大学
  • 基礎ゼミII, 近畿大学
  • 環境と化学, 近畿大学
  • 物質化学基礎実験, 近畿大学
  • 物質化学演習, 近畿大学
  • 有機化学I, 近畿大学
  • 有機合成化学, 近畿大学
  • 高分子合成化学, 近畿大学