KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

田中 貴士タナカ タカシ

プロフィール

所属部署名東洋医学研究所
職名助教
学位博士(医学)
専門
ジャンル
コメンテータガイド
ホームページURL
メールアドレスt-tanaka[at]kanazawa-med.ac.jp
Last Updated :2017/09/15

学歴・経歴

経歴

  •   2017年09月,  - 現在, 金沢医科大学(助教)
  •   2017年04月,  - 2017年08月, 大阪大学大学院(特任研究員)
  •   2014年04月,  - 2017年03月, 近畿大学(助教)
  •   2012年04月,  - 2014年03月, 日本学術振興会(特別研究員(DC1))
  •   2011年04月,  - 2014年03月, 大阪大学大学院 医学系研究科(博士課程(分子神経科学))
  •   2009年04月,  - 2011年03月, 大阪大学大学院 医学系研究科(修士課程(神経生物学))

研究活動情報

研究分野

  • 神経科学, 神経解剖学・神経病理学
  • 神経科学, 神経生理学・神経科学一般
  • 人間医工学, リハビリテーション科学・福祉工学

研究キーワード

  • 包括脳ネットワーク, 脳損傷, 脳卒中, リハビリテーション, 神経再生, 老化, 炎症, マウス, 細胞骨格, 不安障害

論文

  • Decreased cohesin in the brain leads to defective synapse development and anxiety-related behavior., Fujita Y, Masuda K, Bando M, Nakato R, Katou Y, Tanaka T, Nakayama M, Takao K, Miyakawa T, Tanaka T, Ago Y, Hashimoto H, Shirahige K, Yamashita T, The Journal of Experimental Medicine, 214, 5, 1431, 1452,   2017年05月, 査読有り
  • Absence of Sema4D improves oligodendrocyte recovery after cerebral ischemia/reperfusion injury in mice., Wada T, Sawano T, Tanaka T, Furuyama T, Fukumoto M, Yamaguchi W, Saino O, Takeda Y, Kogo M, Matsuyama T, Inagaki S, Neuroscience Research, 108, 6, 11,   2016年07月, 査読有り
  • Association between chronic stress-induced structural abnormalities in Ranvier nodes and reduced oligodendrocyte activity in major depression., Miyata S, Taniguchi M, Koyama Y, Shimizu S, Tanaka T, Yasuno F, Yamamoto A, Iida H, Kudo T, Katayama T, Tohyama M, Scientific Reports, 6, 23084,   2016年03月, 査読有り
  • 遺伝子操作の新しい手法 double-nicking strategyによる標的特異的なゲノム編集の可能性, 宮田 信吾, 田中 貴士, 清水 尚子, 遠山 正彌, 脳21, 18, 3, 203, 210,   2015年07月
  • Sgk1 regulates desmoglein 1 expression levels in oligodendrocytes in the mouse corpus callosum after chronic stress exposure., Miyata S, Yoshikawa K, Taniguchi M, Ishikawa T, Tanaka T, Shimizu S, Tohyama M, Biochemical and Biophysical Research Communications, 464, 1, 76, 82,   2015年08月, 査読有り
  • The Kampo Medicine Yokukansan Decreases MicroRNA-18 Expression and Recovers Glucocorticoid Receptors Protein Expression in the Hypothalamus of Stressed Mice., Shimizu S, Tanaka T, Takeda T, Tohyama M, Miyata S, BioMed Research International, 2015, 797280,   2015年, 査読有り
  • Yokukansan normalizes glucocorticoid receptor protein expression in oligodendrocytes of the corpus callosum by regulating microRNA-124a expression after stress exposure., Shimizu S, Tanaka T, Tohyama M, Miyata S, Brain Research Bulletin, 114, 49, 55,   2015年05月, 査読有り
  • Suppression of SHP-1 promotes corticospinal tract sprouting and functional recovery after brain injury., Tanaka T, Fujita Y, Ueno M, Shultz LD, Yamashita T, Cell Death & Disease, 4, e567,   2013年04月, 査読有り
  • Clinical assessment of mental rotation in hemiplegic patients after stroke, Tanaka T, Yamada M, Inagaki S, Journal of Physical Therapy Science, 23, 1, 71, 74,   2011年01月, 査読有り
  • 脳卒中片麻痺患者の運動イメージ鮮明性に影響を及ぼす因子の検討, 田中 貴士, 坂本 勝哉, 松尾 恵利香, 山田 実, 理学療法ジャーナル, 理学療法ジャーナル, 44, 10, 927, 932,   2010年10月, 査読有り
  • 脳血管障害者における注意機能・身体機能が転倒に及ぼす影響, 田中 貴士, 山田 実, 理学療法科学, 理学療法科学, 25, 2, 199, 202,   2010年04月, 査読有り

講演・口頭発表等

  • 能動的運動による脳損傷後の機能回復メカニズム, 田中 貴士、山下 俊英, 第24回 脳機能とリハビリテーション研究会学術集会,   2017年08月20日
  • Overexpression of MARCKSL1 induces anxiety-like behavior via hyperactivation of the basolateral amygdala, Tanaka T, Shimizu S, Tohyama M, Miyata S, 第59回 日本神経化学会大会,   2016年09月10日
  • 持続的運動による脳損傷後の効果的な神経再生メカニズム, 田中 貴士、山下 俊英, 第1回 基礎理学療法学 夏の学校,   2016年08月20日
  • MARCKS-like 1 protein is associated with the pathogenesis of anxiety and depressive disorders, Tanaka T, Miyata S, Shimizu S, Tohyama M, 第39回 日本神経科学大会,   2016年07月21日
  • 遺伝子改変の新しい手法CRISPR/Cas9による特異的な遺伝子抑制, 田中 貴士、宮田 信吾, 第2回 日本基礎理学療法学会学術集会/日本基礎理学療法学会 第20回学術大会 合同学会,   2015年11月15日
  • 中枢神経系の発達における細胞骨格制御因子MARCKSL1の役割, 田中 貴士、宮田 信吾、清水 尚子、遠山 正彌, 第68回 日本自律神経学会,   2015年10月30日
  • 神経回路形成における細胞骨格制御因子MARCKSL1の機能解析, 田中 貴士、宮田 信吾、清水 尚子、遠山 正彌, 第16回 ORIGIN 神経科学研究会 夏のワークショップ,   2015年08月29日
  • 中枢神経損傷後の機能回復メカニズムとリハビリテーションへの展望, 田中 貴士, 第1回 再生リハビリテーションセミナー,   2015年08月01日, 招待有り
  • Double nicking by CRISPR/Cas9 enhances genome editing specificity, Tanaka T, Shimizu S, Tohyama M, Miyata S, 第2回 グリアアセンブリ 夏のワークショップ,   2015年07月10日
  • Suppression of SHP-1 promotes corticospinal tract sprouting and functional recovery after brain injury, Tanaka T, Fujita Y, Ueno M, Yamashita T, The 43rd Annual Meeting of the Society for Neuroscience,   2013年11月12日
  • チロシン脱リン酸化酵素SHP-1による脳損傷後の皮質脊髄路の可塑性制御, 田中 貴士、藤田 幸、上野 将紀、山下 俊英, 第14回 包括脳ネットワーク 夏のワークショップ,   2013年08月31日
  • Downregulation of SHP-1 activity enhances corticospinal tract remodeling after brain injury, Tanaka T, Fujita Y, Ueno M, Yamashita T, 第35回 日本神経科学大会,   2012年09月19日
  • 脳損傷後の皮質脊髄路再編成におけるSHP-1シグナル抑制の効果, 田中 貴士, 藤田 幸, 上野 将紀, 山下 俊英, 第47回 日本理学療法学術大会,   2012年05月26日
  • SHP-1の抑制は脳損傷後の皮質脊髄路再編成を高める, 田中 貴士, 藤田 幸, 上野 将紀, 山下 俊英, 第3回 日本ニューロリハビリテーション学会学術集会,   2012年02月25日
  • Proliferation and differentiation of oligodendrocytes after ischemic injury of Sema4D-deficient mice, Tanaka T, Wada T, Yamaguchi W, Kogo M, Inagaki S, 第116回 日本解剖学会学術集会,   2011年03月28日
  • 脳虚血後に誘導される新生細胞の分化・生存の特徴, 田中 貴士, 奥野 晃司, 山口 航, 稲垣 忍, 第50回 近畿理学療法学術大会,   2010年11月21日
  • Temporal profile of regenerative cells in the adult brain after stroke, Tanaka T, Yamaguchi W, Inagaki S, 第33回 日本神経科学大会,   2010年09月03日
  • 脳卒中片麻痺患者の運動イメージ鮮明性への影響因子, 田中 貴士, 坂本 勝哉, 松尾 恵利香, 山田 実, 第45回 日本理学療法学術大会,   2010年05月29日
  • 脳虚血マウスにおける新生細胞の動向, 田中 貴士, 和田 剛信, 山口 航, 稲垣 忍, 第45回 日本理学療法学術大会,   2010年05月28日
  • Clinical assessment of the mental rotation after stroke patients, Tanaka T, Yamada M, The 8th International Meeting of Physical Therapy Science,   2010年03月28日
  • 回復期脳血管障害者における転倒には注意機能低下が関係する, 田中 貴士, 山田 実, 第49回 近畿理学療法学術大会,   2009年11月22日
  • 脳卒中片麻痺患者の運動イメージへの影響因子, 田中 貴士, 坂本 勝哉, 松尾 恵利香, 第10回 日本認知運動療法研究会学術集会,   2009年07月04日
  • 脳卒中片麻痺患者の運動イメージ想起能力について, 田中 貴士, 坂本 勝哉, 坂田 理江, 桑田 稔丈, 三宮 克彦, 第139回 熊本リハビリテーション研究会,   2009年03月14日

受賞

  •   2017年08月, 第24回 脳機能とリハビリテーション研究会学術集会, 優秀発表賞(基礎研究部門)

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究 (B)), 高齢期の脳内炎症を標的とした脳損傷後の神経回路再建へのアプローチ, 田中 貴士
  • 近畿大学, 学内研究助成金, 脳損傷後における効果的な神経回路再建への挑戦, 田中 貴士
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究 (B)), 脳損傷後の神経回路再建および臨床応用への統合的研究, 田中 貴士
  • 阪本精神疾患研究財団, 医学研究助成, 不安障害における海馬の細胞分化関連因子の解析, 田中 貴士
  • 日本学術振興会, 特別研究員奨励費, 中枢神経損傷後の神経軸索伸長やシナプス形成におけるチロシン脱リン酸化酵素の役割, 田中 貴士

その他

  •   2016年04月, 認定理学療法士(脳卒中)
  •   2014年03月, 認定理学療法士(動物・培養細胞を対象とした基礎領域)

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 解剖生理学, 大阪医療福祉専門学校
  • 解剖学実習, 大阪医療福祉専門学校