KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

高木 宏幸タカギ ヒロユキ

プロフィール

所属部署名国際学部 国際学科 グローバル専攻 / 総合文化研究科
職名教授
学位博士(文学)
専門英語学
ジャンル社会/教育・学校・語学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/957-takagi-hiroyuki.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    英語を中心として、言語の文法や語法・意味に関する諸現象と、それらの背後にある認知的・構文論的な作用について研究しています。

学歴・経歴

学歴

  • 1996年04月 - 1999年03月, 大阪大学大学院, 文学研究科博士後期課程, 英文学専攻
  • 1994年04月 - 1996年03月, 大阪大学大学院, 文学研究科博士前期課程, 英文学専攻
  • 1985年04月 - 1990年03月, 神戸市外国語大学, 外国語学部, 英米学科

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 近畿大学国際学部(教授)
  •   2010年04月,  - 2016年03月, 近畿大学文芸学部(教授)
  •   2007年04月,  - 2010年03月, 近畿大学文芸学部(准教授)
  •   2003年04月,  - 2007年03月, 近畿大学文芸学部(助教授)
  •   1999年04月,  - 2003年03月, 近畿大学文芸学部(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 言語学, 英語学

研究キーワード

  • 認知言語学

論文

  • V the N out of NP構文の誇張解釈について, 高木 宏幸, 『言葉の真相:大庭幸男教授退職記念論文集』,   2015年
  • How a Goal-marker Can Be a Source-marker: The Case of the Japanese Particle -Ni "To", 高木 宏幸, Kyoto Working Papers in English and General Linguistics, 2, 159, 171,   2013年
  • Semantic Emergence of Control, 高木 宏幸, Kyoto Working Papers in English and General Linguistics, 1, 303, 319,   2011年
  • 認知文法における「冠詞」とkind of Nに出現する不定冠詞, 高木 宏幸, 英語語法文法研究, 18, 32, 45,   2011年
  • "On the Causal Interpretation of the English Ditransitive Construction", 高木 宏幸, 『文化・芸術・文学』(近畿大学文芸学部紀要), 20, 2, 59, 77,   2009年
  • 「留学で英語力は伸びるのか:文芸学部留学制度の記録から」, 高木 宏幸, 『渾沌』, 6, 131, 150,   2009年
  • 「コントロール特性」を決める意味的要因について, 高木 宏幸, 日本認知言語学会論文集, 7, 246, 256,   2007年
  • “On so-called ‘Obligatory Control’: A Cognitive Account”, English Linguistics, 18-1, 57-85, 1, 57, 85,   2001年
  • “On the Interpretation of Certain Modified NPs”, English Linguistics, 16-1, 104-120,   1999年
  • “Subjective Cognition and Inalienable Possession NPs”, JELS 15 (日本英語学会第15回大会研究発表論文集), 181-190,   1998年
  • “Constraints on the Distribution of Anaphors”, Osaka University Papers in English Linguistics, 3, 39-75,   1996年
  • 「心理動詞構文における逆行照応について」, Osaka Literary Review, 34, 98-108,   1995年

講演・口頭発表等

  • 「認知文法における「冠詞」とkind of Nに出現する不定冠詞」, 高木 宏幸, 英語語法文法学会第18回大会シンポジウム,   2010年10月, 英語語法文法学会第18回大会
  • 「セメスター留学とその効果」, 高木 宏幸, 日本英文学会関西支部第3回大会,   2008年12月, 日本英文学会関西支部第3回大会
  • 「「コントロール」特性を決める意味的要因について」, 高木 宏幸, 日本認知言語学会第7回大会,   2006年09月, 日本認知言語学会第7回大会
  • 「長距離再帰形の認知文法的考察」, 高木 宏幸, 日本英語学会第16回大会,   1998年11月, 日本英語学会第16回大会
  • 「主観的認知とInalienable Possession NP」, 高木 宏幸, 日本英語学会第15回大会,   1997年, 日本英語学会第15回大会
  • 「参照点構造の理論と照応形の分布」, 高木 宏幸, 第21回関西言語学会研究発表,   1996年11月, 第21回関西言語学会研究発表
  • 「照応形の分布についての認知文法的考察」, 高木 宏幸, 日本英文学会第68回大会,   1996年05月, 日本英文学会第68回大会