KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

福田 誠フクダ マコト

プロフィール

所属部署名生物理工学部 医用工学科 / 生物理工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門医用化学工学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1248-fukuda-makoto.html
ホームページURL
メールアドレスfukuda[at]waka.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    メーカーでのモノ(人工腎臓)創り・造りを経て、本学に着任しました。これからの臨床工学技士には、医療現場で唯一の工学屋として、日本の医療技術産業を牽引していってほしいと願っています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1993年, 早稲田大学, 理工学研究科, 応用化学専攻
  •  - 1991年, 早稲田大学, 理工学部, 応用化学科

研究活動情報

研究分野

  • プロセス・化学工学, 生物機能・バイオプロセス, 人工腎臓、血液透析膜、人工肺

研究キーワード

  • 医用化学工学, 血液浄化, 代謝系人工臓器, 医用生体工学

論文

  • Technical characterization of dialysis fluid flow and mass transfer rate in dialyzers with various filtration coefficients using dimensionless correlation equation., 福田 誠, J.Artif.Organs, 20, 2, 145, 151,   2017年01月, 査読有り
  • Identical dependence of dialysate-side mass transfer coefficient on Reynolds number using dimensionless correlation based on the mass transfer model in newly developed dialyzers and a downsized dialyzer., 福田 誠, Advanced Biomedical Engineering, 5, 118, 123,   2016年06月, 査読有り
  • Poly(N-vinyl-2-pyrrolidone) elution from polysulfone dialysis membranes by varying solvent and wall shear stress., Namekawa K, Matsuda M, Fukuda M, Kaneko A, Sakai K, Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs, 15, 2, 185, 192,   2012年06月, 査読有り
  • Effects of fluid flow on elution of hydrophilic modifier from dialysis membrane surfaces., Matsuda M, Sato M, Sakata H, Ogawa T, Yamamoto K, Yakushiji T, Fukuda M, Miyasaka T, Sakai K, Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs, 11, 3, 148, 155,   2008年, 査読有り

書籍等出版物

  • なぜ?から学ぶ 血液浄化77, 福田 誠, 共著, 東京医学社㈱,   2017年06月
  • これからの透析医療のための新ハイパフォーマンスダイアライザUptoDate, 福田 誠, 編者,   2016年03月
  • 臨床工学講座 関係法規, 福田 誠, 分担執筆, 医歯薬出版㈱,   2013年07月
  • わかりやすい透析工学 血液浄化療法の科学的基礎, 福田 誠, 分担執筆, ㈱南江堂,   2012年05月
  • 臨床工学講座 生体機能代行装置学(血液浄化療法装置), 福田 誠, 分担執筆, 医歯薬出版㈱,   2011年01月
  • 臨床工学講座 医用物性・生体材料工学, 福田 誠, 分担執筆, 医歯薬出版㈱,   2010年08月
  • 透析膜の生体適合性, 福田 誠, 分担執筆, ㈱東京医学社,   2010年03月
  • 透析療法事典第2版, 分担執筆, ㈱医学書院,   2009年06月
  • ハイパフォーマンスダイアライザー2008 , 福田 誠, 監修,   2008年07月

講演・口頭発表等

  • 乾燥・湿潤による透析膜表面構造変化の観察., 日本人工臓器学会大会(第40回)(人工腎4 60),   2002年
  • ポリスルホン透析膜の優れた生体適合性発現のメカニズム., 日本透析医学会学術集会・総会(第48回),   2003年
  • Nanometer Size Polyvinylpirrolidone Polymer Particles Determine Biocompatibility of Polysulfone Dialysis Membrane., World Congress of Nephrology 2003 ,   2003年
  • "Cushion Effect" of polyvinylpirrolidone Polymer Particles Improves Biocompatibility of Polysulfone Dialysis Membranes., ASAIO-ISAO Joint Conference ,   2003年
  • ポリスルホン透析膜のクッション効果による生体適合性向上., 日本人工臓器学会大会(第41回)(人工腎 97),   2003年
  • 内部濾過促進型ダイアライザの開発., 日本人工臓器学会大会(第41回)(人工腎 ),   2003年
  • 内部ろ過促進型血液浄化器. ―開発のコンセプトとその可能性―, 日本透析医学会学術集会・総会(第49回) (コンセンサスカンファレンス 血液浄化器の新分類 ~内部ろ過と透析液水質による再評価) ,   2004年
  • 透析器の透析液流動状態評価   -新しいAPS透析器と従来型透析器の比較-., 第20回ハイパフォーマンスメンブレン/次世代人工腎研究会 (膜の性能評価16),   2005年
  • ビタミンE固定化透析膜のスーパーオキシド消去能., 化学工学会 70年会,   2005年
  • ビタミンE固定化透析膜のスーパーオキシド消去に関する有効性., 日本医工学治療学会 第21回学術大会,   2005年
  • 内部濾過促進型ダイアライザの設計指針., 日本透析医学会学術集会・総会(第50回) (ワークショップ4 D-WS-4  血液浄化 ―治療法と浄化器の適正選択を考える―) ,   2005年
  • Visualizang Dialysate Flow in Hemodialyzers Using MR Imaging., American Society of Nephrology Reanal Week 2005 (TH-PO629),   2005年
  • APS-SA透析器における透析液流動状態の評価., 日本人工臓器学会大会(第43回)第11回HDF研究会 ジョイントセッション(J03) ,   2005年
  • 新しいAPSダイアライザー(APS-SA)の設計., 日本人工臓器学会大会(第43回)第11回HDF研究会 ジョイントセッション(J04) ,   2005年
  • QOLの向上を目指したダイアライザ開発と今後の展開., 第21回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 (ハイパフォーマンス・メンブレンを再検証する),   2006年
  • コンピュータシミュレーションによる高性能透析器の性能評価., 第21回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 (Ⅲ 14 基礎・開発),   2006年
  • JMS社全自動透析用コンソールを用いた、透析モードの違いによる内部ろ過促進型ダイアライザーの溶質除去量の検討., 第21回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 (Ⅲ 17 基礎・開発),   2006年
  • APS-SA透析器の性能評価., 日本医工学治療学会 第22回学術大会 (一般演題12 63),   2006年
  • 透析液流れの3次元解析による高性能透析器の性能評価., 日本透析医学会学術集会・総会(第51回) (O141),   2006年
  • Technical Evaluation of Dialysate Flow in Rexeed., ASAIO's Anniversary Conference (52th) ,   2006年
  • 湿潤PSフィルム表面のポリビニルピロリドンによるタンパク質吸着抑制効果., 機能性材料を利用した新規デバイス・プロセスに関するシンポジウム (ポスター 22),   2006年
  • シミュレーション解析による人工肺の至適血液流動., 機能性材料を利用した新規デバイス・プロセスに関するシンポジウム (ポスター 30),   2006年
  • ずり応力が透析膜の表面性状に与える影響., 化学工学会 第38回秋季大会 (Va 041),   2006年
  • PVP配合量およびγ線照射量が湿潤透析膜表面のタンパク質吸着特性に与える影響., 日本人工臓器学会大会(第44回) (G 031),   2006年
  • ウェーブ状中空糸膜と新しいハウジングを用いた透析器の性能評価., 日本人工臓器学会大会(第44回) (G 034),   2006年
  • シミュレーション解析による人工肺の至適設計., 日本人工臓器学会大会(第44回) (G 140),   2006年
  • 外部灌流膜型人工肺モジュール内の血液側流動., 日本人工臓器学会大会(第44回) (G 141),   2006年
  • 透析器の真のTMPの測定とUFRPの経時変化の検討., 日本人工臓器学会大会(第44回) (P36),   2006年
  • PVP配合が湿潤PSフィルム表面特性に与える影響., 日本医工学治療学会 第23回学術大会 (O 7),   2007年
  • 透析器軸方向および断面方向の親水化剤耐溶出性., 日本医工学治療学会 第23回学術大会 (O 8),   2007年
  • 人工肺モジュールにおける血液側流動., 日本医工学治療学会 第23回学術大会 (O 28),   2007年
  • コンピュータシミュレーションによる人工肺モジュールの設計., 日本医工学治療学会 第23回学術大会 (O30),   2007年
  • 透析時血中NO濃度の新規モニタリングシステム開発., 日本医工学治療学会 第23回学術大会 (O 49),   2007年
  • 透析器における拡散と濾過の役割., 日本医工学治療学会 第23回学術大会 (O 55),   2007年
  • 人工肺モジュールの血液側流動., 第9回化学工学会学生発表大会 (D 04),   2007年
  • 血液中のNOをモニタリングする新しいシステムの開発., 第22回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 (セッションⅠ 基礎Ⅰ 3.),   2007年
  • アルブミン漏出を抑制する非対称膜の構造., 第22回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 (セッションⅠ 基礎Ⅰ 4.),   2007年
  • APS-DRY膜の表面キャラクタリゼーション., 第22回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 (セッションⅠ 基礎Ⅰ 5.),   2007年
  • 新しいモイスチャータイプダイアライザーCS-1.6Uの臨床評価., 第22回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 (セッションⅣ 東レ:PS膜の評価 19.),   2007年
  • 新型透析器のパルスレスポンス法と局所圧力測定による透析液流動評価., 第22回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 (セッションⅠ 基礎Ⅱ 34.),   2007年
  • 血液流動ストレスに対するポリスルホン膜内表面の親水化剤耐溶出性., 第22回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 (セッションⅠ 基礎Ⅱ 35.),   2007年
  • ビタミンE固定化ポリスルホン膜の抗酸化能評価., 日本膜学会 第29年会,   2007年
  • ずり応力に対する透析膜表面PVPの耐溶出性., 日本膜学会 第29年会,   2007年
  • 原子間力顕微鏡を用いた湿潤透析膜表面特性の新規評価手法., 日本膜学会 第29回年会,   2007年
  • 新しいモイスチャータイプダイアライザーCS-1.6Uの臨床評価., 日本透析医学会学術集会・総会(第52回),   2007年
  • Improved housing of a new dialyzer to optimize dialysate flow., XLIV ERA-EDTA Congress / Barcelona,   2007年
  • Visualization of blood flow in membrane oxygenator with varying number of outlet ports., American Society for Artificial Internal Organs (ASAIO) 53rd Annual Conference,   2007年
  • Characterization of wet PS/PVP film surfaces by atomic force microscopy., ESAO 2007 XXXIV Conference ,   2007年
  • ニプロ社製ダイアライザPES-210Sαに適したon-lineHDF条件の検討., 第13回日本HDF研究会,   2007年
  • 内部濾過促進型ダイアライザAPS-15EXとAPS-15E on-lineHDFの性能比較, 第13回日本HDF研究会 ,   2007年
  • 透析器における内部濾過が溶質除去特性に与える影響., 化学工学会 第39回秋季大会,   2007年
  • 透析患者の血中NO濃度を測定する新規デバイスの開発., 化学工学会 第39回秋季大会,   2007年
  • タンパク質吸着が透析膜構造および透水性におよぼす影響., 化学工学会 第39回秋季大会,   2007年
  • 透析膜内表面PVPの溶出特性., 第45回日本人工臓器学会大会 第2回国際人工臓器学術大会 ,   2007年
  • ドライタイプポリスルホン透析膜の内表面特性., 第45回日本人工臓器学会大会 第2回国際人工臓器学術大会 ,   2007年
  • 透析器ハウジング形状が透析液流動に及ぼす影響., 第23回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会,   2008年
  • 新型透析器における透析液側流動の無次元相関式による評価., 第23回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会,   2008年
  • 最新の合成高分子系血液透析膜の内表面特性評価., 第23回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会,   2008年
  • 透析膜表面PVP減少が表面特性に与える影響., 第23回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会,   2008年
  • 透析膜へのずり応力負荷が親水化剤溶出および表面構造に与える影響., 第23回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 ,   2008年
  • 原子間力顕微鏡による血液透析膜の生体適合性の評価., 第23回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会,   2008年
  • ニプロ社製ダイアライザPES-210Sαに適したon-lineHDF条件の検討., 第23回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会,   2008年
  • 内部濾過促進型ダイアライザAPS-15EXと他のⅤ型ダイアライザを用いたon-lineHDFとの性能比較., 第23回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会,   2008年
  • 無次元相関式を用いた血液透析器の透析液側流動状態の評価., 日本医工学治療学会 第24回学術大会,   2008年
  • 透析器ジャケットのテーパ形状が透析液流動に及ぼす影響., 日本医工学治療学会 第24回学術大会,   2008年
  • 新しい人工腎臓の血液透析膜に対するHSA吸着力の評価., 日本医工学治療学会 第24回学術大会,   2008年
  • 透析膜内表面からのPVP溶出., 日本医工学治療学会 第24回学術大会,   2008年
  • ニプロ社製ダイアライザPES-210Sαに適したon-lineHDF条件の検討., 日本透析医学会学術集会・総会(第53回),   2008年
  • ポリスルフォン膜ダイアライザを使用する症例において血小板活性化因と考えられる不具合への対応., 日本透析医学会学術集会・総会(第53回),   2008年
  • 小型O2-濃度測定装置の開発., 日本透析医学会学術集会・総会(第53回),   2008年
  • 透析膜の生体適合性を示す指標としてのHAS吸着力., 日本透析医学会学術集会・総会(第53回),   2008年
  • タンパク質吸着に伴う透析膜表面構造変化が濾過係数に及ぼす影響., 日本透析医学会学術集会・総会(第53回),   2008年
  • コンピュータシミュレーションによる透析器テーパ構造の至適設計., 日本透析医学会学術集会・総会(第53回),   2008年
  • (アルブミン漏出を再考する)膜構造制御によるアルブミン漏出の抑制., 第23回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会,   2008年

MISC

  • 透析膜の変遷と将来, 福田誠, 古薗勉, 日本透析医学会雑誌, 48, Supplement 1, 391,   2015年05月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502237119544393
  • BIOREX膜《AM‐BC‐F》の膜構造と膜内表面平滑性の関係およびその効果, 福田誠, 宮崎誠, 日吉辰夫, 人工臓器(日本人工臓器学会), 28, 2, 458, 464,   1999年04月15日, 10.11392/jsao1972.28.458, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902184141037701
  • 対称グラジエント孔構造を有するBIOREX膜《AM‐BC‐X》の特徴, 小川一, 松山家久, 福田誠, 宮崎誠, 日吉辰夫, 西田治, 人工臓器(日本人工臓器学会), 28, 1, 138, 144,   1999年02月15日, 10.11392/jsao1972.28.138, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902128610668656
  • 透析器の至適設計, 福田誠、細矢範行、金森敏幸、酒井清孝、錦戸條二、渡邉哲夫、伏見文良, 人工臓器, 20, 1, 59, 64,   1991年, 10.11392/jsao1972.20.59
  • 各種膜評価法による透析膜構造および溶質の膜透過機構の検討, 福田誠、阿波加徹、金森敏幸、酒井清孝, 人工臓器, 21, 3, 861, 866,   1992年06月, 10.11392/jsao1972.21.861, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902096476720221
  • 濃度境膜抵抗に着目した透析器至適設計法の検討, 青木美貴、福田誠、阿波加徹、金森敏幸、酒井清孝, 人工臓器, 21, 3, 982, 986,   1992年, 10.11392/jsao1972.21.982
  • 吸光法による中空糸膜内外物質輸送現象の検討, 阿波加徹、福田誠、青木美貴、内藤明、金森敏幸、酒井清孝, 人工臓器, 21, 3, 873, 876,   1992年06月, 10.11392/jsao1972.21.873, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902078792044981
  • Highly permeable membraneの溶質透過性の検討, 金森敏幸、福田誠、酒井清孝, 膜, 17, 19, 26,   1992年
  • Determination of Optimal Fiber Density of Conventional and High Performance Dialyzers , M.Fukuda、N.Hosoya、T.Kanamori、K.Sakai、J.Nishikido、T.Watanabe、F.Fushimi, Artif.Organs Today, 2, 205, 214,   1992年
  • 改質再生セルロース膜のPEG鎖の散漫層が溶質透過係数に及ぼす影響, 福田誠、金森敏幸、酒井清孝, 人工臓器, 22, 1, 47, 52,   1992年, 10.11392/jsao1972.22.47, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902190444075649
  • AM-PC膜におけるPEG鎖長と溶質透過性の関係, 金森敏幸、福田誠、酒井清孝、山下康彦, 腎と透析, 34, 別冊, 48, 51,   1993年
  • An Improvement on the Method of Determining the Solute Permeability of Hollow-Fiber Dialysis Membrane Photometrically Using Optical Fiber and Comparison of the Method with Ordinary Techniques , T.Kanamori、K.Sakai、T.Awaka、M.Fukuda, J.Membr.Sci, 88, 2/3, 159, 165,   1994年, 10.1016/0376-7388(94)87003-9
  • 血液透析膜に含まれる水の状態と膜内拡散係数の関係, 金森敏幸、酒井清孝、福田誠, 人工臓器, 23, 3, 578, 584,   1994年06月, 10.11392/jsao1972.23.578, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902153162793724
  • Mass Transfer in Laminar Flows Around Single Hollow-Fiber Membranes for Hemodialysis , T.Kanamori、K.Sakai、T.Awaka、M.Fukuda, J.Chemical Engineering of Japan, 27, 6, 830, 832,   1994年, 10.1252/jcej.27.830
  • Preferable Structure of Poly(ethylene glycol) for Grafting onto a Cellulosic Membrane to Increase Hemocompatibility ithout Reduction in solute Permeability of the Membrane, T.Kanamori、K.Sakai、M.Fukuda、Y.Yamashita, J.Applied Polymer Science, 55, 11, 1601, 1605,   1995年, 10.1002/app.1995.070551111
  • Structural Analysis of Hemodialysis Membranes by Evaluating Distribution Volume of Water Contained in the Membranes, T.Kanamori、 M.Fukuda、K.Sakai, J.Colloid and Interface Science, 171, 2, 361, 365,   1995年, 10.1006/jcis.1995.1191
  • ポリエチレングリコールをグラフトした再生セルロース膜の中空糸内流動状態と抗血栓性, 小久保謙一、竹脇幸治、酒井清孝、福田誠、日吉辰夫, 腎と透析, 50, 別冊, 52, 55,   1996年
  • 対称グラジエント孔構造セルロース膜《PT-X》の構造と各種特性について, 福田誠、日吉辰夫、宮崎誠, 人工臓器, 26, 1, 165, 170,   1997年02月, 10.11392/jsao1972.26.165, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902158739018115
  • 対称グラジエント型セルロース血液透析膜の構造と特性について, 宮崎誠、福田誠、日吉辰夫, 膜, 22, 2, 74, 80,   1997年, 10.5360/membrane.22.74
  • 濾過方向により阻止率が異なる透析膜における物質移動の異方性, 大西豪、小久保謙一、酒井清孝、日吉辰夫, 人工臓器, 26, 3, 734, 738,   1997年06月, 10.11392/jsao1972.26.734, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902112226853337
  • 透析液からエンドトキシンが流入しにくい非対称透析膜の構造, 小久保謙一、大西豪、酒井清孝、福田誠、日吉辰夫, 腎と透析, 51, 別冊, 46, 49,   1997年
  • 再生セルロース透析膜の表面粗さが抗血栓性に与える影響, 角田奈々絵、小久保謙一、酒井清孝、福田誠、宮崎誠、日吉辰夫, 人工臓器, 27, 2, 475, 479,   1998年04月, 10.11392/jsao1972.27.475, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902199954792296
  • PEGグラフト再生セルロース膜《AM-BC-F》の特徴, 福田誠、宮崎誠、日吉辰夫、本郷智子、上坂正利、 前川知輝、藪下肇、松山家久、小川一, 人工臓器, 27, 1, 212, 216,   1998年02月, 10.11392/jsao1972.27.212, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902138973823985
  • 透析膜の表面粗さが抗血栓性に及ぼす影響, 小久保謙一、角田奈々絵、 酒井清孝、福田誠、宮崎誠、日吉辰夫, 腎と透析, 52, 別冊, 12, 14,   1998年
  • Anisotropic Differences in Solute Transfer Rate through Asymmetric Membranes for Blood Purification Accompanied by Filtration , M.Fukuda、K.Kokubo、K.Sakai、G.Onishi、T.Hiyoshi, Biochemical Engineering J., 2, 2, 127, 136,   1998年, 10.1016/S1369-703X(98)00024-2
  • 対称グラジエント孔構造を有するBIOREXR AM-BC-150Xの特徴研究, 岩本和子、大塚孝幸、小川一、松山家久、福田誠、日吉辰夫、西田治, 腎と透析, 47, 別冊, 34, 37,   1999年
  • BIOREXR AM-BC-X膜の透析液汚染物質侵入抑制効果について, 佐藤良和、鈴木隆慈、伊東由紀枝、河合華代、酒井貞子、田山宏典、新倉一彦、衣笠えり子、秋澤忠男、出浦照國、福田誠、日吉辰夫、西田治、渡邊哲夫, 腎と透析, 47, 別冊, 38, 41,   1999年
  • Newly Development Biocompatible Membrane and Effects of its Smoother Surface on Anti-thrombogenisity, M.Fukuda、M.Miyazaki、T.Hiyoshi, M.Iwata、T.Hongou, J.Applied Polymer Science, 72, 10, 1249, 1256,   1999年, 10.1002/(SICI)1097-4628(19990606)72:10<1249::AID-APP3>3.0.CO;2-5
  • Surface Roughness of Cellulose Hollow Fiber Dialysis Membranes and Platelet Adhesion. , N.Tsunoda、 K.Kokubo、K.Sakai、 M.Fukuda、M.Miyazaki、T.Hiyoshi, ASAIO J., 45, 5, 418, 423,   1999年
  • BIOREX《AM-BC-X》膜の対称グラディエント孔構造と物質透過の異方性, 福田誠、日吉辰夫、酒井清孝、小久保謙一, 人工臓器, 29, 2, 411, 418,   2000年, 10.11392/jsao1972.29.411
  • 血液浄化膜の構造と特性, 渡邉哲夫、福田誠、西田治、日吉辰夫, 膜, 25, 233, 235,   2000年
  • (特集 血液透析入門)ダイアライザの構造と機能 , 福田誠, Clinical Engineering, 13, 4, 287, 292,   2002年
  • Technical evaluation of dialysate flow in a hollow-fiber dialyzer., Ishiwata K, Yamamoto K, Kohori F, Sakai K, Fukuda M, Hiyoshi T, J.Artif.Organs Vol.5 (No.4), 5, 4, 251, 256,   2002年, 10.1007/s100470200047
  • 生体適合性発現のメカニズム ―PS膜ダイアライザを例として-, 葉山順代,酒井清孝,福田誠,日吉辰夫, 臨床透析, 20, 5, 517-520(21-24),   2004年
  • Development of a dialyzer with enhanced internal filtration to increase the clearance of low molecular weight proteins., Fujimura T, Uchi Y, Miyazaki M, Fukuda M, Uezumi S, Hiyoshi T, J.Artif.Organs, 7, 3, 149, 154,   2004年, 10.1007/s10047-004-0257-9
  • APS-150Eとその中空糸充填率を増加させた試作品との血漿系透析実験における性能比較, 石森勇,佐藤雄一,金子岩和,峰島三千男,秋葉隆,福田誠, 腎と透析, 58, 別冊, 37, 40,   2004年
  • 新しいAPSダイアライザー(APS-SAシリーズ)の設計と評価, 宮崎美和,福田誠,上住敏士, 日吉辰夫, 腎と透析, 59, 別冊, 106, 111,   2005年
  • 透析器の透析液流動状態評価   -新しいAPS透析器と従来型透析器の比較-., 山本健一郎, 樋渡道士,小堀 深,酒井清孝,福田誠,日吉辰夫, 腎と透析, 59, 別冊, 112, 114,   2005年
  • 内部濾過促進型APSダイアライザの開発., 福田誠,上住敏士,日吉辰夫,内幸彦,藤村崇保, 腎と透析, 59, 別冊, 115, 119,   2005年
  • (特集 内部濾過促進型血液透析 ―新しい血液浄化療法としての可能性を考える―)内部濾過促進型ダイアライザの設計に関する基本的な考え方. , 福田誠, Clinical Engineering, 16, 10, 1025, 1032,   2005年
  • Membrane fouling and dialysaate flow pattern in an internal filtration-enhancing dialyzer. , Yamamoto K, Hiwatari M, Kohori F, Sakai K, Fukuda M, Hiyoshi T, J.Artif.Organs , 8, 3, 198, 205,   2005年, 10.1007/s10047-005-0303-2
  • Design and Assessment of a New APS Dialyzer (APS-SA Series)., Fukuda M, Miyazaki M, Uezumi S, Yoshida M, J.Artif.Organs, 9, 3, 192, 198,   2006年, 10.1007/s10047-006-0344-1
  • 新しいAPSダイアライザー(APS-SA)の設計., 福田誠,宮崎美和,上住敏士,吉田一, 腎と透析61 (別冊) HDF療法’06, 61, 別冊, 240, 247,   2006年
  • QOLの向上をめざしたダイアライザ開発への取り組みと今後の展開., 福田誠,吉田一, 腎と透析, 60, 別冊, 12, 18,   2006年
  • JMS社全自動透析用コンソールを用いた、透析モードの違いによる内部ろ過促進型ダイアライザーの溶質除去量の検討., 宮崎美和,福田誠,上住敏士,吉田一,高橋卓,渡邉哲夫,正岡勝則,山中邦彦, 腎と透析, 60, 別冊, 126, 132,   2006年
  • コンピュータシミュレーションによる高性能透析器の性能評価., 岩島重人,湯浅修司,小堀深,酒井清孝,福田誠,日吉辰夫, 腎と透析, 60, 別冊, 119, 121,   2006年
  • Evaluation of asymmetrical structure dialysis membrane by tortuous capillary pore diffusion model., Yamamoto K, Hayama M, Matsuda M, Yakushiji T, Fukuda M, Miyasaka T, Sakai K, Journal of Membrane Science, 287, 1, 88, 93,   2007年, 10.1016/j.memsci.2006.10.018
  • Technical Evaluation of Dialysate Flow in a Newly Designed Dialyzer., Yamamoto K, Matsukawa H, Yakushiji T, Fukuda M, Hiyoshi T, Sakai K, ASAIO J., 53, 1, 36, 40,   2007年, 10.1097/01.mat.0000245525.83936.79
  • Antioxidation property of vitamin E-coated polysulfone dialysis membrane and recovery of oxidized vitamin E by vitamin C treatment., Yamamoto K, Matsuda M, Okuoka  M, Yakushiji T, Fukuda M, Miyasaka T, Sakai K, Journal of Membrane Science, 302, 1-2, 115, 118,   2007年, 10.1016/j.memsci.2007.06.038
  • 血液中のNOをモニタリングできる新しいシステムの開発., 松川裕章,奥岡眞視,松田雅人,山本健一郎,酒井清孝,薬師寺大二,福田誠,宮坂武寛, 腎と透析63 (別冊) ハイパフォーマンスメンブレン’07, 63, 38, 40,   2007年
  • アルブミン漏出を抑制する非対称膜の構造. , 南めぐみ,松田雅人,山本健一郎,薬師寺大二,福田誠,宮坂武寛,酒井清孝, 腎と透析63 (別冊) ハイパフォーマンスメンブレン’07, 63, 31, 43
  • APS-DRY膜の表面キャラクタリゼーション. , 松田雅人,山本健一郎,薬師寺大二,福田誠,宮坂武寛,小泉智徳,吉田一,酒井清孝, 腎と透析63 (別冊) ハイパフォーマンスメンブレン’07, 63, 44, 46,   2007年
  • 新しいモイスチャータイプダイアライザーCS-1.6Uの臨床評価. , 河野桂子,福田利恵,小野和子,吉上早苗,坂下亨,大塚孝幸,松山家久,福田誠,薬師寺大二,宮坂武寛, 腎と透析63 (別冊) ハイパフォーマンスメンブレン’07, 63, 121, 126,   2007年
  • 新型透析器のパルスレスポンス法と局所圧力測定による透析液流動評価., 長谷川真衣、山本健一郎、酒井清孝、薬師寺大二、福田誠、宮坂武寛, 腎と透析63 (別冊) ハイパフォーマンスメンブレン’07, 63, 62, 65,   2007年
  • 血液流動ストレスに対するポリスルホン膜内表面の親水化剤耐溶出性., 佐藤美佳,小川貴久,松田雅人,山本健一郎,薬師寺大二,福田誠,宮坂武寛,酒井清孝, 腎と透析63 (別冊) ハイパフォーマンスメンブレン’07, 63, 66, 68,   2007年
  • 透析器の軸方向および断面方向における親水化剤溶出性., 佐藤美佳,松田雅人,薬師寺大二,福田誠,宮坂武寛,山本健一郎,酒井清孝, 医工治療, 19, 4, 251, 255,   2007年
  • Nanotechnological evaluation of protein adsorption on dialysis membrane surface hydrophilized with polyvinylpyrrolidone., Matsuda M, Yamamoto K, Yakushiji T, Fukuda M, Miyasaka T, Sakai K, Journal of Membrane Science, 310, 1-2, 219, 228,   2007年, 10.1016/j.memsci.2007.10.054
  • 臨床工学技士に薦める今月の一冊 「バイオサイエンスの統計学 ―正しく活用するための実践理論―」 , 福田誠, Clinical Engineering, 16, 5, 565,   2008年

特許

  • 中空糸膜及びその製造方法, WO98/34719
  • POLYSULFONE HEMODIALYZER, IB2005002134

受賞

  •   2009年, 日本人工臓器学会論文賞
  •   1995年, 日本人工臓器学会論文賞
  •   2001年, 日本人工臓器学会論文賞
  •   2004年, 日本人工臓器学会技術賞, 内部濾過促進型ダイアライザ

競争的資金

  • 官民連帯共同研究, 血液浄化器および血液浄化膜の設計原理に関する研究