KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

宮本 裕史ミヤモト ヒロシ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 遺伝子工学科 / 生物理工学研究科
職名教授/遺伝子工学科長/学生募集・広報委員長/生命倫理委員会委員長
学位博士(理学)
専門動物学、進化遺伝学
ジャンル科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/491-miyamoto-hiroshi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    海産無脊椎動物の特性を分子レベルで研究しています。特に、軟体動物や環形動物の高次分類群について、発生機構、形態、遺伝子についての情報からどのような類推が可能か検討しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1992年, 大阪大学, 理学研究科, 生物化学

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 分子生物学

研究キーワード

  • 分子生物学

論文

  • Bivalve-specific gene expansion in the pearl oyster genome: implications of adaptation to a sessile lifestyle., Zoological Lett., 2, 3,   2016年, 査読有り
  • Molecular characterization of glycine-rich shell matrix proteins in Pinctada fucata and Haliotis discus discus., Venus : journal of the Malacological Society of Japan, 72, 160,   2014年03月
  • 真珠から始まる貝殻タンパク質研究, 宮本 裕史, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 80, 1, 102, 102,   2014年
  • The diversity of shell matrix proteins: genome-wide investigation of the pearl oyster, Pinctada fucata., Miyamoto H, Endo H, Hashimoto N, Limura K, Isowa Y, Kinoshita S, Kotaki T, Masaoka T, Miki T, Nakayama S, Nogawa C, Notazawa A, Ohmori F, Sarashina I, Suzuki M, Takagi R, Takahashi J, Takeuchi T, Yokoo N, Satoh N, Toyohara H, Miyashita T, Wada H, Samata T, Endo K, Nagasawa H, Asakawa S, Watabe S, Zoological science, 30, 10, 801, 816,   2013年10月, 査読有り
  • Two novel glycine-rich proteins expressed in the mantle of the pearl oyster. Recent advances in pearl research. , Okumura, N. and Miyamoto, H., Recent advances in pearl research., 239, 244,   2013年, 査読有り
  • A new oyster carbonic anhydrase in Crassostrea gigas, Okumura, N. and Miyamoto, H., Mem.Inst. Advanced Tech. Kinki Univ., Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kinki University, 18, 18, 12, 20,   2013年03月, 査読有り
    概要:[Abstract]  In metazoans, carbonic anhydrase(CA)is a common enzyme that catalyzes the reversible hydration of carbon dioxide. CA plays important roles in many biological processes, and in molluscs several CA-like proteins are thought to be responsible for calcification in shell formation. As part of our investigation of the process of shell formation, we searched for a CA gene in the oyster Crassostrea gigas, with resultant identification of a single cDNA that encodes two CA domains. This atypical CA is similar to an α-CA and is mainly expressed in the egg. This suggests that the newly identified CA is responsible for production of bicarbonate in the early development phase prior to metamorphosis.       [要旨] 炭酸脱水酵素は後生動物に広く存在しており、二酸化炭素の水和を可逆的に触媒する。機能的には様々な生命過程で重要な役割を担っており、軟体動物では炭酸脱水酵素や類似タンパク質が貝殻形成における石灰化に関与していることが示唆されている。本論文では、貝殻形成の過程を調べる研究の中で同定したマガキの新規炭酸脱水酵素について報告する。単離したcDNA は、二つのCA ドメインを有しており、典型的な炭酸脱水酵素とは構造が異なっていたが、それぞれのCA ドメインはα タイプの炭酸脱水酵素との類似性を示した。また、今回同定した新規炭酸脱水酵素は卵での発現が著しく高く、変態前の重炭酸イオンの生成を担っていると推察される。
  • Sequence of the pearl oyster carbonic anhydrase-related protein and its evolutionary implications., Miyamoto H, Biochemical genetics, 50, 3-4, 269, 276,   2012年04月, 査読有り
  • Highly rearranged mitochondrial genome of the bivalve pearl oyster Pinctada fucata., Okumura, N., Oishi, M., Okayama, K. and Miyamoto, H., Mem. Faculty. B.O.S.T. Kinki Univ, 29, 1, 6,   2012年, 査読有り
  • SPARC is a common calcification-related molecule expressed in the mantle of Pinctada fucata and Haliotis discus discus., Miyamoto, H., Venus, 70, 90,   2012年
  • SPARC is a common mineralization-related molecule in bivalves and gastropods., Miyamoto, H. and Asada, F, Mem. Faculty. B.O.S.T. Kinki Univ, 27, 1, 6,   2011年, 査読有り
  • Comparison of shell proteins between Pinctada fucata and Haliotis discus discus., Miyamoto, H., Venus, 69, 108,   2010年, 査読有り
  • 日本産と中国産アコヤガイにおけるshematrin遺伝子の比較, 矢野昌人, 宮本裕史, Mem. School B.O.S.T. Kinki Univ, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 23, 23, 47, 53,   2009年03月, 査読有り
    概要:Departmental Bulletin Paper
  • Molecular characterization of genes expressed in the mantle of the pearl oyster., Miyamoto, H. and Yano, M., Proceedings of the WFC2008, 1, 2,   2008年, 査読有り
  • A novel nacre protein N19 in the pearl oyster Pinctada fucata., Yano M, Nagai K, Morimoto K, Miyamoto H, Biochemical and biophysical research communications, 362, 1, 158, 163,   2007年10月, 査読有り
  • Tyrosinase localization in mollusc shells., Nagai K, Yano M, Morimoto K, Miyamoto H, Comparative biochemistry and physiology. Part B, Biochemistry & molecular biology, 146, 2, 207, 214,   2007年02月, 査読有り
  • アコヤガイnacrein遺伝子の機能解析, 宮本 裕史, Venus : journal of the Malacological Society of Japan, Venus : journal of the Malacological Society of Japan, 64, 1,   2005年06月
  • The carbonic anhydrase domain protein nacrein is expressed in the epithelial cells of the mantle and acts as a negative regulator in calcification in the mollusc Pinctada fucata., 宮本 裕史, 三好史子, 河野 淳, Zool. Sci., 22, 3, 311, 315,   2005年03月, 査読有り
  • Shematrin: a family of glycine-rich structural proteins in the shell of the pearl oyster Pinctada fucata., Yano M, Nagai K, Morimoto K, Miyamoto H, Comparative biochemistry and physiology. Part B, Biochemistry & molecular biology, 144, 2, 254, 262,   2006年06月, 査読有り
  • Functional analysis of the nacrein gene in Pinctada fucata., Miyamoto, H., Venus, 64, 82,   2005年, 査読有り
  • Conserved Ribosomal Protein Sequences S5, S18, S27, S30 in the Pacific Oyster Crassostrea gigas and Crassostrea virginica., Miyamoto, H. and Kajihara, K., Mem. School B.O.S.T. Kinki Univ., Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 16, 1, 5,   2005年09月30日, 査読有り
    概要:マガキCrassostrea gigasの40Sリボソームタンパク質S5, S18, S27, S30に関して、cDNAを単離し塩基配列を決定した。予想されるアミノ酸配列は、いずれもCrassostrea virginica種において明らかにされている配列と高い相同性を示した。S30は、ユビキチン様ドメインと融合遺伝子として転写されており、Crassostrea gigasとCrassostrea virginicaにおいてひとつの転写ユニットであるにもかかわらず、ユビキチン様ドメインとS30領域では、相同性において明らかな違いがみられ、モザイク的な進化が生じた考えられる。発現様式は、それぞれのサブユニットごとに違いがみられ、S27では、閉殻筋での強い発現が認められた。
  • Molecular characterization of tubulin genes of the pacific oyster Crassostrea gigas., Miyamoto, H., Kohno, J. and Kajihara, K., Mem. School B.O.S.T. Kinki Univ., 10, 37, 41,   2005年, 査読有り
  • Various forms of carbonic anhydrase found in mollusc., Miyamoto, H., Nakanishi, S., and Kajihara, K., Zool. Sci., 21, 1344,   2004年, 査読有り
  • Isolation and characterization of an elongation factor-1[alpha] gene in Porphyra yezoensis (Rhodophyta), Fukuda, S., Kitade, Y., Miyamoto, H., Nagashima, S., Takahashi, S., Ohba, T., Asada, K., Kato, I., and Saga, N., J Applied Phycol, 15, 81, 86,   2003年, 査読有り
  • Similarities in the structure of nacrein, the shell-matrix protein, in a bivalve and a gastropod., Miyamoto, H., Yano, M., and Miyashita, T., J. Moll. Stud., 69, 87, 89,   2003年, 査読有り
  • Molecular characterization of tubulin genes of the pacific oyster Crassostrea gigas., 宮本 裕史, 河野 淳, 梶原清高, Mem. School B.O.S.T. Kinki Univ., 10, 37, 41,   2005年03月
    概要:マガキチューブリン遺伝子の構造解析
  • The ribosomal protein S2 from the pacific oyster Crassostrea gigas., 宮本 裕史, 梶原清高, Mem.Inst. Advanced Tech. Kinki Univ., 15, 15, 20,   2005年03月
    概要:マガキリボソームタンパク質遺伝子の構造解析
  • アコヤガイ感染症原因の分子生物学的手法による解析, 宮本裕史, 農林水産技術会議「魚介類の新興及び再興感染症の病害防除技術の開発, 399, 67, 76,   2002年
  • Analysis of genes expressed in the mantle of oyster Crassostrea gigas. , Miyamoto, H., Hagamuchi, M., and Okoshi, K., Fisheries Sci., 68, 651, 658,   2002年, 査読有り
  • A novel isoform of actin in the pacific oyster., Miyamoto, H., Mem. School B.O.S.T. Kinki Univ., 9, 1, 4,   2002年, 査読有り
  • Miyashita, T., Takagi, Y., Miyamoto, H., and Matsushiro, A., Miyashita, T., Takagi, Y., Miyamoto, H., and Matsushiro, A., The Veliger., 45, 250, 255,   2002年, 査読有り
  • Complementary DNA cloning and characterization of Pearlin, a new class of matrix protein in the nacreous layer of oyster pearls., Miyashita, T., Takagi, Y., Miyamoto, H., Nishikawa, E., and Matsushiro, A., Marine Biotechnol., 2, 409, 418,   2000年, 査読有り
  • Sequence of a cDNA encoding a novel basic protein expressed in rabbit placenta., Miyamoto, H., Matsumoto, K., Hosoi, Y., Saeki, K., Matsushiro, A., and Iritani, A., Jpn. J. Fertil. Steril. , 日本不妊学会雑誌 = Japanese journal of fertility and sterility, 45, 4, 37, 39,   2000年10月01日, 査読有り
  • Cloning and expression of the mouse Pse gene encoding a novel Ets family member., Yamada, N., Tamai, Y., Miyamoto, H., and Nozaki, M., Gene, 241, 267, 274,   2000年, 査読有り
  • 真珠層形成の分子機構, 宮下知幸, 宮本裕史, 松代愛三, Mem. School B.O.S.T. Kinki Univ., 近畿大学生物理工学研究所紀要, 5, 5, 1, 8,   2000年11月, 査読有り
    概要:継続後誌:近畿大学先端技術総合研究所紀要= Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kinki University
  • Characteristics of stx-converting phages of EHEC O157., Matsushiro, A, Sato, K., and Miyamoto, H., Yamamura, T. and Honda, T., Mem. Research Inst. B.O.S.T. Kinki Univ., 2, 6, 10,   1999年, 査読有り
  • アコヤ貝稜中層の可溶性マトリックスタンパク質における炭酸脱水酵素活性, 宮下 知幸, 高木 良介, 宮本 裕史, 松代 愛三, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 1, 36, 40,   1998年11月
    概要:継続後誌:近畿大学先端技術総合研究所紀要 = Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kinki University貝殻は無脊椎動物における典型的な硬組織であり、方解石あるいはアラレ石構造の炭酸カルシウムの結晶からなる。アコヤ貝の硬組織についてみると、外側は稜中層と呼ばれ、方解石構造の炭酸カルシム結晶であり、また、真珠層と呼ばれる内側は同様に炭酸カルシムの結晶であるが、アラレ石構造である。これらの硬組織形成には以前から炭酸脱水酵素が関与することが指摘されてきたが、アコヤ貝稜中層よりEDTAで抽出した可溶性マトリックスタンパク質中にも真珠層と同様に炭酸脱水酵素の存在が確認された。この酵素は稜中層における方解石構造形成過程で働くものと思われ、真珠層のナクレインに対応するものと考えられる。また、一般的に、炭酸脱水酵素は硫化ナトリウムやスルファニルアミドで活性が阻害されるが、可溶性マトリックス中の酵素は硫化ナトリウムに抵抗性であることが解かった。 (英文) Mollusk shells are typical hard tissue in invertebrate, and composed of either calcite or aragonite, differ with polymorphs of CaCO_3. Shell of pearl oysters (Pinctada fucata) consists of both layers, one is outer prismatic layer which is bearing calcite, another is inner nacreous layer which is bearing aragonite. It is already suggested that carbonic anhydrases that catalyze the interconversion of CO_2 and H_2O (CO_ 2 + H_2O ⇔ HCO_3^- + H^+) are participate in the process of calcification. We have detected a carbonic anhydrase activity in the soluble matrix proteins from the prismatic layer in Pinctada fucata. A putative molecular weight is about 60KDa. It is assumed that this enzyme is responsible for the formation of prismatic layer and corresponds to nacrein in the nacreous layer. Sulfanilamide and sodium sulfate are generally inhibitors of carbonic anhydrases. However, these enzymes in the soluble matrix proteins are resistance to sodium sulfate.
  • 経精巣遺伝子導入法により得られたトランスジェニックマウスの解析, 松本 和也, 細井 美彦, 豊川 弘治, 中上 佳世子, 宮本 裕史, 佐伯 和弘, 入谷 明, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 1, 31, 35,   1998年11月
    概要:継続後誌:近畿大学先端技術総合研究所紀要 = Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kinki University微小ガラス針を使って受精卵前核に遺伝子溶液を注入する顕微注入法に代わる簡便なトランスジェニックマウスの作製方法を検討するために、外来遺伝子を雄マウスの精巣に直接注入して雌マウスと交配させることによって、トランスジェニックマウスを作製することを検討した。DNA/リポソーム複合体を4匹の雄マウスの精巣に直接注入したのち静置させ、1週間後に雌マウスと交配させたところ、計38匹の産子を獲得した。離乳後各マウスの尾部組織より抽出したゲノムDNAを使ったサザンプロット解析の結果、5匹のマウスに導入遺伝子の組込みが認められた。そのうち、次世代へ導入遺伝子の伝達が認められたトランスジェニックマウスは、2匹であった。また、トランスジェニックマウスのゲノムDNAから導入遺伝子と考えられる遺伝子断片の一部を増幅し、ダイレクトシークエンスでその塩基配列を決定したところ、導入遺伝子がマウス染色体へ組込まれていることが確認された。以上の結果より、経精巣遺伝子導入法によるトランスジェニックマウスの作製の可能性が示唆された。しかし、精巣に導入されたDNAと精子の結合様式、また卵子と受精後の染色体への組込み機序については未だ不明な点が多く、今後さらに検討が必要と考えられた。 (英文) DNA transfer mediated by sperm has the potential to simplify the production of transgenic animals, but the possibility in mice has been controversial. On the other hand, the ability of animal spermatozoa to capture foreign DNA has been suggested. In this study, we investigated the feasibility to produce transgenic mice by direct injection of foreign DNA in mouse testis. DNA/liposome complex was injected through a needle into testes bilateral testis of four mature mice. After all males were mated with female mice, 38 pups were delivered. In Southern blot analysis and direct sequencing, the foreign DNA was shown to be integrated in host genome of five mice (13%). However, only two trangenic mice exhibited the transmission of transgene to next generation. Thus, direct introduction of exogenous DNA/liposome complex into the testis will provide a simple methodin generation of transgenic mice, and further investigations are also necessary to determine molecular mechanisms based on the uptake of foreign DNA by sperm.
  • Molecular Analyses of Nacrein, a Common Carbonic Anhydrase involved in Mollusk Shell formation., Miyamoto, H., Miyashita, T., and Matsushiro, A., Symposium on Molecular Bioengineering of Food Animals., 31, 38,   1998年, 査読有り
  • 有機マトリックスタンパク質nacreinの構造と真珠層形成における機能, 松代 愛三, 宮下 知幸, 宮本 裕史, 本津 茂樹, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 1, 24, 30,   1997年02月
    概要:軟体動物による結晶形成は、一般的に酸性の高分子によって制御されている。本研究では、真珠貝の真珠層から主要なタンパク質であるnacreinタンパク質を同定し、そのcDNAをクローニングすることに成功した。単離したcDNAから予想されるポリペプチドはカーボニックアンヒドラーゼと相同なドメインとカルシウム結合ドメインと思われる領域を有していた。このことは、nacreinが構造タンパク質であると同時に酵素タンパク質としても機能していることを示唆する。また、nacrein存在下においてin vitroでのアラレ石結晶の形成が観察されたことから、nacreinは結晶化の開始と結晶型の決定において重要な役割を担っていると推察される。
  • 有機マトリックスタンパク質nacreinの構造と真珠層形成における機能., Matsushiro, A., Miyashita, T., Miyamoto, H. and Hontsu, S., Mem. School B.O.S.T. Kinki Univ, 近畿大学生物理工学部紀要, 1, 1, 24, 30,   1997年02月, 査読有り
  • A carbonic anhydrase from the nacreous layer in oyster pearls., Miyamoto, H., Miyashita, T., Okushima, M., Nakano, S., Morita, T. and Matsushiro, A., Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 93, 9657, 9660,   1996年, 査読有り
  • Genetic and molecular analysis of a canoe, a pattern formation locus of Drosophila melanogaster., Yamamoto, D. and Miyamoto, H., Basic Neuroscience in Invertebrates, 111, 121,   1996年, 査読有り
  • Molecular characterization of the drosophila MO25 gene, which is conserved between drosophila, mouse, and yeast., Nozaki, M. Onishi, Y., Togashi, S. and Miyamoto,H., DNA Cell Biol., 15, 505, 509,   1996年, 査読有り
  • Genetic interactions of pokkuri with seven in absentia, tramtrach and downstream components of the sevenless pathways in R7 photoreceptor induction in Drosophila melanogaster., Yamamoto, D., Nihonmatsu, I., Matsuo, T. Miyamoto, H. Kondo,S., Hirata, K. and Ikegami, Y., Roux's Arch. Dev. Biol., 205, 215, 224,   1996年, 査読有り
  • canoe encodes a novel protein containing a GLGF/DHR motif and functions with Notch and scabrous in common developmental pathway in Drosophila., Miyamoto, H., Nihonmatsu, I., Kondo, S. Ueda, R. Togashi, S. Hirata, K. Ikegami, Y. Yamamoto,D., Genes Dev., 9, 612, 625,   1995年, 査読有り
  • Molecular cloning of a novel mRNA sequence expressed in cleavage stage embryo., Miyamoto, H., Matsushiro, A. and Nozaki, M., Mol. Reprod. Dev., 34, 1, 7,   1993年, 査読有り
  • Molecular cloning and expression of misty gene required for development of drosophila photoreceptor cells., Miyamoto, H., Ikegami, Y., Hirata, K., Nihinmatsu, I. and Yamamoto,D., Neurosci. Res., 18, 80,   1993年, 査読有り
  • Structure and expression of the gene encoding mouse t-complex polypeptide (Tcp-1)., Kubota, H., Willison, K., Ashworth, A., Nozaki, M., Miyamoto, H., Yamamoto,H., Matsushiro, A. and Morita, T., Gene, 120, 207, 215,   1992年, 査読有り
  • Molecular cloning and characterization of cDNA encoding mouse cytokeratin No19., Ichinose, Y., Hashido, K., Miyamoto, H., Nagata, T., Nozaki, M., Morita, T. and Matsushiro,A., Gene, 80, 315, 323,   1989年, 査読有り
  • Characterization of the cDNA clone (MO25) screened by differential hybridization of a mouse 8-cell morula cDNA library. Cell Differ. and Develop., Nozaki, M., Miyamoto, H., Morita, T. and Matsushiro, A., Cell Differ. and Develop., 27, 146,   1989年, 査読有り
  • Analyses of mouse 8-cell cDNA clones., Nozaki, M., Miyamoto, H., Morita, T. and Matsushiro, A., Develop. Growth & Differ., 30, 447, 447,   1988年10月, 査読有り
  • Searches and characterization of shell matrix proteins common in molluscs., Venus, 74, A-18,   2016年

書籍等出版物

  • 真珠研究の最前線, 宮本 裕史, 分担執筆, 貝殻基質タンパク質にもとづいた貝殻・真珠の形成,   2014年09月
  • 貝殻基質タンパク質にもとづいた貝殻・真珠の形成, 宮本 裕史, 共著,   2014年
  • Genetic and molecular analysis of a canoe, a pattern formation locus of Drosophila melanogaster, 宮本 裕史, 共著,   1996年

講演・口頭発表等

  • 真珠から始まる貝殻タンパク質研究., 宮本裕史., 日本水産学会シンポジウム「真珠研究の最前線‐真珠養殖技術の革新を目指して‐」,   2013年
  • クロアワビとアコヤガイにおけるグリシンリッチタンパク質の解析., 宮本裕史., 日本貝類学会平成25年度大会,   2013年
  • アコヤガイ貝殻タンパク質の多様性., 宮本裕史., 第83会日本動物学会シンポジウム「多様な軟体動物研究の魅力と新しい展開」,   2012年
  • Molecular characterization of a noncollagenous matrix protein SPARC and glycine-rich proteins from Pinctada fucata and Haliotis discus discus., N.Okumura,H.Miyamo, The International Symposium on Pearl Reasearch,   2011年
  • SPARCはアコヤガイとクロアワビの外套膜で共通して発現する石灰化関連因子である., 宮本裕史., 日本貝類学会平成23年度大会,   2011年
  • アコヤガイとクロアワビの貝殻タンパク質の比較., 宮本裕史., 日本貝類学会平成22年度大会,   2010年
  • 二枚貝類と腹足類に存在するグリシンリッチな貝殻タンパク質., 宮本裕史., 第80回日本動物学会年会,   2009年
  • 軟体動物外套膜で発現するグリシンリッチタンパク質., 深井美穂,藤田督,田中祐也,矢野昌人,宮本裕史., 第31回日本分子生物学会年会.,   2008年
  • アコヤガイ外套膜に発現するphenoloxidase関連遺伝子の配列および局在比較., 矢野昌人,宮本裕史., 第31回日本分子生物学会年会.,   2008年
  • アコヤガイ貝殻タンパク質の同定., 矢野昌人,宮本裕史., 日本動物学会第79回大会,   2008年
  • アコヤガイ真珠層タンパク質の解析., 矢野昌人,永井宏平,森本康一,宮本裕史, 第11回マリンバイオテクノロジー学会,   2008年
  • バイオミネラリゼーションにおけるプロテオーム解析の応用., 矢野昌人,永井宏平,森本康一,宮本裕史, 第56回日本質量分析学会,   2008年
  • アコヤガイ貝殻に存在する新規tyrosinase., 矢野昌人,永井宏平,森本康一,宮本裕史, 第10回マリンバイオテクノロジー学会大会,   2007年
  • 真珠タンパク質の多様性., 宮本裕史, 特許ビジネスフェアinわかやま,   2007年
  • アコヤガイ新規真珠層タンパク質の解析., 矢野昌人,永井宏平,森本康一,宮本裕史, 第2回バイオミネラリゼーションワークショップ,   2007年
  • アコヤガイ外套膜に発現するグリシンリッチタンパク質:, 矢野昌人,永井宏平,森本康一,宮本裕史, バイオミネラリゼーションワークショップ,   2006年
  • Molecular analysis of genes expressed in the mantle of the pearl oyster and characterization of proteins in the nacreous layer of shells., M.Yano,K.Nagai,K.Morimoto,H.Miyamoto, 20thIUBMB/第20回国際生化学・分子生物学会議,   2006年
  • アコヤガイ貝殻有機マトリックスタンパク質の同定., 矢野昌人,永井宏平,森本康一,宮本裕史, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年
  • 牡蛎の新規炭酸脱水酵素遺伝子., 谷本隼教,宮本裕史, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年
  • アコヤガイ外套膜で発現する遺伝子の解析., 大岩辰徳,宮本裕史, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年
  • 軟体動物における石灰化の制御因子nacrein., 三好史子,宮本裕史, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年
  • Nacrein acts as a negative regulator in calcification in the mollusc Pinctada fucata., H.Miyamoto,F.Miyoshi, 第78回日本生化学会大会,   2005年
  • バイオミネラルとしての真珠の形成, 宮本 裕史, 和歌山県地域結集型共同研究事業第1回公開シンポジウム,   2004年03月, 和歌山県地域結集型共同研究事業第1回公開シンポジウム
    概要:真珠養殖の過程と真珠層形成に関与する遺伝子nacreinについて紹介した。
  • 軟体動物における炭酸脱水酵素の多様性, 宮本 裕史, 第75回日本動物学会,   2004年09月, 第75回日本動物学会
    概要:軟体動物の新しい炭酸脱水酵素の遺伝子クローニングに関して報告した。
  • 軟体動物外套膜で発現する新規グリシンリッチタンパク質, 三好史子, 宮本 裕史, 神戸,   2004年09月, 神戸
    概要:軟体動物であるマガキを材料として、外套膜で発現する新規グリシンリッチタンパク質の構造と機能に関して報告した。
  • A novel carbonic anhydrase found in pacific oyster Crassostrea gigas, 河野 淳, 宮本 裕史, 近畿大学21世紀COEプログラム・和歌山県地域結集型共同研究事業ジョイントシンポジウム,   2004年09月, 近畿大学21世紀COEプログラム・和歌山県地域結集型共同研究事業ジョイントシンポジウム
    概要:マガキで同定された新規炭酸脱水酵素に関して報告した。
  • Two novel glycine-rich proteins expressed in the mantle of the pacific oyster, 三好史子, 宮本 裕史, 近畿大学21世紀COEプログラム・和歌山県地域結集型共同研究事業ジョイントシンポジウム,   2004年09月, 近畿大学21世紀COEプログラム・和歌山県地域結集型共同研究事業ジョイントシンポジウム
    概要:マガキの新規グリシンリッチタンパク質に関して報告した。
  • マガキの新規炭酸脱水酵素様遺伝子の解析, 宮本 裕史, 近畿大学先端技術総合研究所公開シンポジウム,   2004年10月, 近畿大学先端技術総合研究所公開シンポジウム
    概要:マガキの新規炭酸脱水酵素様遺伝子の構造解析に関して報告した。
  • Analysis of carbonic anhydrase-like genes expressed in the mantle of mollusc, 宮本 裕史, VIII International Congress on Medical and Applied Malacology,   2004年11月, VIII International Congress on Medical and Applied Malacology
    概要:軟体動物に存在する炭酸脱水酵素用遺伝子に関して報告した。
  • 軟体動物に存在する炭酸脱水酵素様遺伝子の解析, 河野 淳, 宮本 裕史, 第27回日本分子生物学会年会,   2004年12月, 第27回日本分子生物学会年会
    概要:軟体動物に存在する炭酸脱水酵素様遺伝子の塩基配列を報告した。
  • Crassostrea属2種のカキにおけるリボソームタンパク質遺伝子の解析, 梶原清高, 宮本 裕史, 第27回日本分子生物学会年会,   2004年12月, 第27回日本分子生物学会年会
    概要:日本産およびアメリカ産カキのリボソームタンパク質遺伝子の比較を行った。
  • マガキ外套膜で発現する新規グリシンリッチタンパク質, 三好史子, 宮本 裕史, 第27回日本分子生物学会年会,   2004年12月, 第27回日本分子生物学会年会
    概要:マガキ外套膜で発現する新規グリシンリッチタンパク質の炭酸カルシウム形成に与える影響を検討した。
  • 軟体動物における炭酸脱水酵素遺伝子の多様性, 宮本 裕史, 仲 幸彦, 和歌山県地域結集型共同研究事業第 平成16年度研究成果報告会,   2005年03月, 和歌山県地域結集型共同研究事業第 平成16年度研究成果報告会
    概要:軟体動物における炭酸脱水酵素遺伝子の構造と機能の特性に関して報告した。
  • アコヤガイNacrein遺伝子の機能解析, 宮本 裕史, 三好史子, 平成17年度日本水産学会大会,   2005年04月, 平成17年度日本水産学会大会
    概要:アコヤガイに存在するnacrein遺伝子の炭酸カルシウム結晶形成に与える影響を検討した。
  • マガキグリシンリッチタンパク質の構造と機能, 三好史子, 宮本 裕史, 仲 幸彦, 平成17年度日本水産学会大会,   2005年04月, 平成17年度日本水産学会大会
    概要:マガキグリシンリッチタンパク質の一次構造と組換えタンパク質の機能を調べた。
  • アコヤガイ外套膜で発現する遺伝子の網羅的解析, 大岩辰徳, 宮本 裕史, 平成17年度日本水産学会大会,   2005年04月, 平成17年度日本水産学会大会
    概要:アコヤガイ外套膜で発現する遺伝子のEST解析に関して報告した。
  • マガキの卵特異的炭酸脱水酵素様遺伝子, 谷本隼教, 宮本 裕史, 平成17年度日本水産学会大会,   2005年04月, 平成17年度日本水産学会大会
    概要:マガキの卵特異的に発現する新規炭酸脱水酵素様遺伝子の塩基配列を報告した。
  • アコヤガイnacrein遺伝子の機能解析, 宮本 裕史, 日本貝類学会平成17年度大会,   2005年04月, 日本貝類学会平成17年度大会
    概要:アコヤガイnacrein遺伝子の機能解析を行った。
  • Molecular analyses of cytoskeletal proteins expressed in the mantle of the pacific oyster Crassostrea gigas, 宮本 裕史, International Marine Biotechnology Conference 2005,   2005年06月, International Marine Biotechnology Conference 2005
    概要:軟体動物の外套膜で発現する細胞骨格様の遺伝子のいくつかに関してcDNAを単離し、その塩基配列を決定した。
  • アコヤガイ外套膜で発現する遺伝子の網羅的解析, 宮本 裕史, 第75回日本動物学会,   2005年10月, 第75回日本動物学会
    概要:アコヤガイ外套膜で発現する遺伝子を報告した。
  • Nacreinの外套膜特異的発現と炭酸カルシウム結晶形成への抑制的な効果, 宮本 裕史, 三好史子, 第75回日本動物学会,   2005年10月, 第75回日本動物学会
    概要:Nacreinタンパク質が炭酸カルシウム結晶形成に与える影響を調べた。
  • 硬組織形成の遺伝的制御機構., 宮本裕史, 近畿大学生物理工学研究所公開シンポジウム,   2000年
  • タンパク質を基盤とした真珠層形成の分子機構. , 宮本裕史, 和歌山テクノフェスティバル2000,   2000年
  • Profile of genes expressed in the mantle of the mollusk Crassostrea gigas., H.Miyamoto,K.Okoshi,M.Hamaguchi, 5th International Marine Biotechnology Conference Townsvill, Australia,   2000年
  • Genomic organization of Stx2-converting phage VT2-Sa., H.Miyamoto,W.Nakai,N.Yajima,A.Fujibayashi,T.Higuchi,K.Sato,A.Matsushiro., International Conference on Microbial and Model Genomes. Paris,   2000年
  • VT2ファージのゲノム構造. , 宮本裕史,中井 渉,藤林明美,樋口智紀,佐藤弘毅,松代愛三, 第22回日本分子生物学会年会,   1999年
  • Stx-converting phageの全塩基配列の決定とベロ毒素産生機構の解析., 松代愛三,宮本裕史,中井 渉,藤林明美,樋口智紀,佐藤弘毅, 第4回腸管出血性大腸菌感染症シンポジウム,   1999年
  • アコヤガイコレシストキニンレセプターの構造. , 宮本裕史,宮下知幸,松代愛三, 第3回マリンバイオテクノロジー学会,   1999年
  • ナクレインタンパク質の構造と機能., 宮本裕史, 共同利用シンポジウム「海洋生物におけるバイオミネラリゼーションの分子生物学」東京大学海洋研究所,   1998年
  • 軟体動物マトリックスタンパク質nacreinによる炭酸カルシウム結晶化の制御. 第, 宮本裕史,中井渉,矢島昌人,矢島直人,宮下知幸,松代愛三, 第21回日本分子生物学会年会,   1998年
  • Nacrein, a novel carbonic anhydrase, is conserved in mollusk., H.Miyamoto, 6th International Conference on the Chemistry and Biology of Mineralized Tissues Vittel, France,   1998年
  • 海洋生物におけるバイオミネラリゼーション. , 宮本裕史, 日本学術振興会・未来開拓学術研究推進事業「食資源動物の科学」研究推進委員会主催.第1回公開シンポジウム「食資源動物の分子生物工学」,   1998年
  • 海産動物の石灰化と発生分化への分子生物学アプローチ. , 宮本裕史, 東海大学先端技術研究所一周年記念シンポジウム「海洋生物研究の新しい展開へ期待する」,   1997年
  • Identification of a novel carbonic anhydrase in organic matrices of mollusk., H.Miyamoto, 4th International Marine Biotechnology Conference,Italy,   1997年
  • 軟体動物有機マトリックスタンパク質の遺伝子解析., 宮本裕史,宮下知幸,松代愛三, 第19回日本分子生物学会年会,   1996年
  • 真珠構成タンパク質とその遺伝子に関する分子生物学的研究., 宮本裕史,宮下知幸,松代愛三, シンポジウム「バイオミネラリゼーション:反応過程の解析と有機マトリックス研究」東京大学海洋研究所,   1995年
  • 真珠構成タンパク質の分子生物学., 宮本裕史,宮下知幸,松代愛三, 第67回日本遺伝学会年会.シンポジウム「これからの育種と遺伝学的基礎」,   1995年
  • ショウジョウバエ複眼形成に関わる遺伝子, 宮本裕史,平田加奈子,近藤俊三,上田 龍,冨樫 伸,二本松伊都子,山元大輔, 第27回日本発生生物学会年会,   1994年
  • ショウジョウバエ光受容細胞形成に関わる遺伝子, 宮本裕史,池上佑子,平裕加奈子,二本松伊都子,山元大輔, 第17回日本神経科学会年会,   1993年
  • ショウジョウバエ光受容細胞の分化異常を起こす突然変異体, 宮本田史,佐藤華奈子,平田加奈子,上田龍,冨樫伸,二本松伊都子,山元大輔, 第15回日本分子生物学会年会,   1992年
  • マウス桑実胚由来遺伝子, 宮本裕史,野崎正美,森田隆,松代愛三, 第12回日本分子生物学会年会,   1989年
  • マウス初期胚で発現している遺伝子について. , 宮本裕史,野崎正美,森田隆,松代愛三, 第11回日本分子生物学会年会,   1988年

MISC

  • 有機マトリックス分子による炭酸カルシウム結晶の構築制御 (総特集 バイオミネラリゼ-ション), 宮本 裕史, 海洋, 28, 11, 669, 674,   1996年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004804745

特許

  • マガキの炭酸脱水酵素遺伝子, 宮本 裕史, 特願200582068, マガキの新規炭酸脱水酵素を利用して貝類養殖の効率的に行う。
  • 変異型nacrein, 宮本 裕史, 特願200588644, 変異型nacrein遺伝子を利用することにより効率的に真珠養殖を行う。

競争的資金

  • その他の研究制度, 細胞分化を制御する情報伝達系の解明
  • その他の研究制度, 無脊椎動物における石灰化の分子機構